魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その8

728:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/18(土) 23:25:21 ID:Tywmh/VE





        魔導砲兵サブカルなのは Soldiers




                      , ----- 、
       , -‐‐‐ 、, <´ ̄ ̄:.`:.ヽく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
    /--=:.ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、\:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.:|',:.:.:.:.:.:.:.:.: |
    /:.:.:.:.:.:.:l:.:.|:.|:.|:!:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:ヽ|:.i:.:.:.:.:.:.: : |
   ,':.:.:.:/:.:|:|:.:.|:.|:.|:.',:.:.:.:',ヽ斗---i、:.:i:./:}:.:.:.:.:.:.:.:|
   i:.:.:/:.:. |:.:',:.:ゝ--\:.:.| ,示气、.|:.:.}:l_||:.:.:.:.:.:.: |
   .',:.:i.{:.:.:|:.:.ヽ:〃沁、 ヾ、. {:::::Ⅳ|:./:|ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.|
   ',:.| ',:.:.|\:ヽ`.',:::j     .ゞソ 〃:|/:.:.:.:.:.:.:.:.: |
.     リ ヽ|  ヽヽ._ゞ′,     /|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
        |   |:.:ト、  _   /:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |      ←放送年代的にはガラケーに
          |ヽヽ>  _ ∠ //| .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|       じゃらじゃらストラップ付けるのが流行っていた頃の人
           r‐‐`ヽ-./|ヽ / /.| 、:.:.:.:.:.:.:.: : |
         |:::::::::::<´  .| /.|  / .ヽ::::`::ヽ 、:.|
          _|:::::,-- >.‐Ⅳ/.Ⅸ| >`::::::::::::::::::`ヽ
         { |:::/  |   |`:ヽ/ ヽ- `ヽ、:::::::::::__./
    _   .{ |::/!  |  |::::/   / .|  /l::::〃  }
    | |> 、7/   i! .|:/ >´    |/ .|::{{   ,'
    .|.|  ./      .ヽ|/  == .|   |::` - ′
    |.|  .{      0ゝ       |/  |::/:. |
   r、r、  ', .       /          |/   .|/: . |
   ゝ` ̄ヽヽ、__ .i         ./   / /:.: . |
    }    /` ヾ- __ ゚{- 、 ____ / /  ,′:.:.:|
   ヽ、 ,′  // ` ヽ-- __ rニニ--  /:.:.:.:.: |
   .{ヽヽi    i.i         ヽ\  /:.:.:.:.:.: |
   .rヽ-└t- _.|_|          ヽ /:.:.:.:.:.:.:. |
   .ト、`_コ/_| |‐‐ ̄-ニニ--- 、  /:.:.:.:.:.:.:.:. |
    `ヽT/  ` ヽ---┘--_| |--- `ヒ:.:.:.:.:.:.:.:. : |
      /、    /::| .    `      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |

730:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/18(土) 23:29:52 ID:Tywmh/VE






     諸々の変化がありつつ、そして本来の時流よりも一年ほど早く物語は幕を開く

     まぁ、切片が違っただけで物語とは大きく変わってしまうものだ

     深く考えたって仕方があるまい

     全日本女子校生という肩書きが似合わない選手権でも首位に食い込めそうな砲兵

     彼女が今年で高校も卒業かぁ、という感慨を抱きながら出勤して来たある日の事である



                              _____
                ___         〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、
     , イ ̄ ̄ ̄ ヽ  , ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヽ       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i
.  / -- ,ァ:.:.:.:.`ヽ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. `ヽ、 i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
. 〃´   /:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ`ヽ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
./   /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:/:/||ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
   /:.:.:/:.:./:.:./:.:.:.:.:.:.:.l:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ//',|:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
.  ,':.:.:/:.:./:.:.:.i:.:.:.:/:.l:. |:.:.|:.:.:|:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:、:.:.:.:.:',:.:.:/ }:.:.:.:. : i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
  i:.:/i:.:.,':.:.:.:.{:.{:.:.i:.:.|:.:|:.:.| !:.:!:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.',:.:ヽ:.}/: ,'|:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
  |/ |:/!:.:.:.:.!:.!:.:.:!:.:.!:.:!:.,| ',:‐廴---- 、:i:.:.:.:i:i:.:.:.!!:.:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
  |   !i ',:.:.:.:|:.:',:.:',斥云、| ヾ、〃笊㍉ヽ:}:.:.:j:.j-/ |:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      く、クラスメイト2~3回はと買い食いとかしたことあるから、
.    リ. ',:.:.:{',:.{ヽ:.', ,' {心     ',:::::::Ⅵ }:./イ }. |:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|       その評価は……
      ヽ:.| ヾ、ヽ ヽ弋リ    .乂シ´〃:. }/ !:.:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       ヾ、.\:.{ \ - ´       ̄ / |:.:.:!  |:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|      
            ヽ',人   ヽ          イ: /.  |:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            ` {:.へ、 ‐‐     イ }: /≠、 !:.:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                ヽ:.:.:! > 、 イ, -  / /  /\:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
             \|  /! /∨  /  /:::::::::\: : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
               ヽ/::/ |./只∨./  i::::::::::::::::::`:ヽ 、:.:.:.:.:. : |
            ,、r´:::::::/ |〃|| /   |:::::::::::::::::/`::ヽ:ヽ:.:.:.: |
           /、:::::::::::/,'  .|__./ |   ノ',/:::::::/::::::::::::::::::}:.:.:.: |
           i::::', イ i ゝ‐|::::::/ ヽ<   {ヽ/:.:.:.:.:.:.:.:_//:.:.: : |
           /||:::::∨/ !´  .|::::/    >  .|//-:::::::::〃 ‐ ヽ:.:.:.:.:.|
            {、|::::r i  ',  |::/   /    !/ |:::::::{ {    }:.:.:.:.:.|
            |::::| .{   i  |/  /      /  |::::::::ヽヽ-/:.:.:.:. |

732:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/18(土) 23:33:38 ID:Tywmh/VE





    一応社会人として見られる身分にあった薄化粧を施し、平素の如くどんなブートキャンプの
     先任軍曹であろうと悪罵の一つも口に出来ないほど整った装具を纏って彼女は管理局を闊歩していた

    顔が映り込むほど磨き上げられた軍靴やベルトのバックル

    皺や埃など微塵も無く、極めて丁寧にプレスされた海仕様の管理局制服

    何一つ普段と変わることは無い、全く以て非の打ち所の無い軍属らしい姿

    そんな彼女の目に、一つのビラが目にとまった

    広報用の掲示板に画鋲で適当に貼り付けられた、実に有り触れたビラである



                    ,イ
                      // __
                --/ //:.:.:.:.:.:.:.:.二ニ―
          ,  ≠――:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.―― 、
       , イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__:.:.:.:.:.:.\
      〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.ヽ
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽヽ:.:.i
    ,':.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:.:.‘,ヽ}
   {:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:/:.:ト:.:.i_ヽ:.ヽ:.l:‘,:.ヘ:.:.:.:.:i  ′
   i:.:.:.:.i:.:.:. l:.:斗丁7:.:.┼/ }7 |:.| ヽ}:l:.:.:l',:.:.i ヘ:. |
   ',:.:.:.:l:.:.:.:l:.:/:.y≦才、/  ,イ圷、/:.リl:.:.ll }: !  i:j
.   ヽ:.: l:.:.:.:l:〃孑::::::|    |:刈 } ノ / /| l:.l   リ
    ヽr ',:.:.:':.ヽ らツ少    ヒシ /,イ//: | リ
     ヽ ヽ、ヽ ゝ¨     ,   / l:.l/:.:. |        ん?
      ゝl:.:.:T`             人/:.:.:. |
        l:.:. l ト 、     `  イ |:.:.:|:.:.:.:.|
        ',:.:.ヘ|_  > _<. |:.:|:.:/:.:. : |
        ヽ:.ヽ ゝ≦  / ll`ゝ/:.:.:.:.:. |
     ,、r::´:/ lヽヽ l  /  l:::::::::::::::` ヽ--、
   /::::::::::::::/   l/ 只ヽ/    l::::::::::::::::::::::::/::ヽ
   i::::::::::::::::ヽ / l //|| / l >―`ヽ、:::::::::〃:::::::::i
   |:::r  ̄ /   |≠--'   `ヽ、  l  /:::::::r ≠
  /l::::l /  ∨  |::::::/    /    l /  l::::::{ {  }
 ゝ|::::,'   ヽ  l: /   /      l { l  l::::::ヽヽ/
.   !:::ll      \ ヽ  /       ヽ l   l:::::::::ゝ|
  |/ {      ヽヽ'          ヽ  ` ヽ::::|
  |  ',       }           |     ゝi|
  |  ヽ      o{             イ      l
  |   i        i             /:.∨     il

733:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/18(土) 23:38:23 ID:Tywmh/VE




     実にシンプルにして地味なビラであった

     真っ白な紙に、何処か古くさいフォントの縦書きで宣伝文句が書き付けられている様は、
      作成者が虚飾を嫌ったと言うよりは……

     面倒だしこれでいいや とワープロで5分ほどででっち上げたような適当さだ

     故にこそ、カラフルで写真を多用としたビラの中で、それは酷く目だった

     足を止めた砲兵は文章の羅列を追いながら思う

     シャクルトン郷のパクリじゃねーか、誰だやらかしたセンスのねー奴はと


                        _
      ,. -‐-、             /:/⌒
   .. /: : : : : :ヽ   . . .-――-. . 、 l: :/-‐:  ̄ ̄`ヽ
  ./: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : `ヽ: : :-==ニ ̄`\
  i: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\
  |: : : : : : : : /: : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : :i: : : : :\ヽ: ヽ
  | : : : : : : : !:{:{: : : : : : : : :\: : : : : : : : : : :l: : :l: : ヽ:ヽ ヽl
  | : : : : : : : l: l lヽ: : : : : : : : : :\: : : : : : : l: : : l: : : i: :l  }     新規の“広域特務部隊”募集
  |: : : : : : : : l: l:l: :\: : : : : : : : : : : : : : : :/'´}: :l:/: : l: :l
  |: : : : : : : : ヘ: : : : : : : : : : : : : : : : : : r‐/〉': // : : ハ: l       求む“兵士”
  |: : : :l: : : : : :|ヽ: : : : : : : : : : : : : : /{ l .l'イl /|: : / .}/
  |: : :/ : : : : : l _ヽ: :⊥: _: : : : : /  〈イ: l/' l:/          至難の戦場
  |: :/: : : : : : /./'⌒l´   `ー ´    .l: :l  '
  |:/: : : : : : / r-'====_-、 /   /l: ,リ              僅かな報酬
  |': : : : : : :/ ./___    `、ュ_/  l:/
  /: : : : : : :/'´::::::::::::::::::::: ̄:::::::ー`-... /'                艱苦
 i: : : : : : : :l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::.....、
 l: : : : : : : l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::⌒i              極限の任務
 !: : : : : : :l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::r=、
. l: : : : : : :l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::{{  ヽ             絶えざる未知と危険……
. |: : : : : : l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::ヾ、 /

735:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:39:55 ID:CVTANXmQ
>>センスのねー奴
どう考えてもやる夫で草生えるwww

736:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:40:13 ID:t3Y1Uec.
北極点にでも行くのか?w

740:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/18(土) 23:44:06 ID:Tywmh/VE





     なんだかどっか南極にでも行くようなビラだ

     当時はこれでもロマンだとか男心を擽られた男が(後女性も何名か)居たらしいが……

     割と現代ナイズされたミッドで、しかも何を主任務とする部隊かすら分からぬ部隊の募集

     その募集の危険さにも気付けず、更に釣られるセンスの古い阿呆は居まいと砲兵は鼻で嗤った

     そして、このビラを貼り出させた馬鹿は誰かと目線を動かし……



                         ,――==―
               , -‐…‐-=-...ゝ/:./__´_
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:__:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽヽ:.\
        //:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.l:.:|:.ヽヽヽヽ:.:ヽ\:.:.ヽ\ヽ
       i./:.:.:.:.:.l:.:|:.:||:./|:.ハ:.:i、i、i:.:i:.:l:.i:.:.i:.:.:.:i |:.i
       ||:.|:.:|:./圦斥=≦ .|≧云トl:.:|:.|:|:.:.|丶:| .|
       ヘ|:.|:.:|:.|/r爪:个  .´{:::。:メ,|/:.|:.:|:.:| .i:.:|
       ヽヽ:.ヽゝう:::::}    b_::7〃l/:./|:.:| |/      生還の確約能わず
            小、ミゝ…´   `¨‐‐//;,l/|:.|/:|/
          |:.:ゝ       `  //:.|:.:.:|/::.|        任務達成の暁には名誉と賞賛を得る……
          |:.:.|ヽ、  -‐‐  ,∠:.:.|:.:.::|:.:.:|
             |:.:|. |> 、 _ イ  |:.:|:.:.:.:.!:.:.|         北極か南極にでも飛ばされるの?
          |:.|/|――, ― |、 |/:.:.:.:.:|:.:.:!
        ,、r´:|:::| ヘ  /><l l ヽ|`ヽ:.:.:|:.:.|          えーと、広告掲示許可責任者は……
     ,、r::´::::::::::::::| ヘ、/ 只ヽ|  ヽ:::::::`ヽ:.!
  ,、r::´:::::::::::::::::::::::::::|  .ヘ /||ヽ |  ヽ:::::::::::::::::`ヽ
 |:::ヽ::::::::::::::::::::::::::r L__lヽ‐‐‐yヽ/ `ヽ、:::::::/|
 |:::::::::\:::::::,、r ´   / ヘ:::::::::|  `<   `ヽ/::::|
 |rヽヽ:::::/     .<   丶:|   ./     |::::|}

744:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:49:33 ID:irLeNhYE
でも実にいい訳だよこれ、ロマンがこもってる

745:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/18(土) 23:49:54 ID:Tywmh/VE





      前言撤回、超センスに溢れてるわ

      と原子炉制御棒を維持するモーター並みの回転で掌をひっくり返した

      ビラの端っこに踊ってた名は、何を隠そう“閣下”と二佐の分際で呼ばれるあの男性だ

      既に青年から壮年の域に達した面倒見の良いお兄ちゃん

      彼の名を見つけた瞬間、砲兵は募集要項のくっそ細かい字に目を皿のようにして飛びついた



             __         __
             /: 7:.T: \     /´:/⌒
          /: : 厶斗―┷‐-: : : : :∠ __
            /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : \⌒
       / : : : : : : : : : /: : : : : : : : : : :l: :ヽ: :Y: : : ヽ
      .: : : : : : : : : : :′: : : :./: : ハ: :ハ: : | : | : : ト ハ
       {: : : : :ー----|: | : : : |:斗冖ナ|: :ハ: :| : : } ソ
       : : : : : : : : : : |: |: : :| |ノ xf=ミレ: /}ハ:.:/
       V : 辷―‐--ヘ八 |.:N 〃ん} V   レ′
          \: \: : :/んl: : \{ N ヒツ  ゛、
          |: \ : ー ゞ_」 : : 「         /       …………二佐?
          |: | : \: :ζ |: : :|      _ノ
          |: |: : | : Y 八: : ゝ     〈ィ′
          |: |: : |: ┌=- _\|      /
          |: |: : | 厂 -= 二辷厂 ̄
          |: |: : /―‐ 、`  、 H_
          |: |: /::::::::::::::::\  \〕ト、
          |: |/-――― 、::ゝ-rイ \- 、
          |: |:::::::::::::::::::::::::\ / 〈   \}            _
          |: |マ、::::::::_:::::::::}   ` ・ 、 \         / へヽ
          |: |: Y、〃⌒ヽ、:::|        `  ハ   __ /  _つァ フ、
          |: |: :「、{{、_ノ八|           } / T   ノ r〈/イ
          |: | : |::::::Y__「:::::::|          〈  八  ̄ .ノ レ
          |: |: : |:::::::::::::::::/Y        人、   ヽ へ
          |: |: : :| ヽ:::::::/   辷=-   彡彳ハ》、 __ /∠ヽ〉_
          |: |: : : |   ̄   ノ、   _ r斗 冖Τ    ―‐イ
          |: |: : : :|    / 〉匕冖   |:|    |    __ニフ
          |: |: : : : |           |:|    |-‐

746:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:50:42 ID:3hjrm6M2
露骨w

747:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:52:00 ID:mXeoR1c2
掌グルングルンw

750:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:54:46 ID:oFB1u.mw
そういうのはスバルたちの持ちネタだろwwww

751:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/18(土) 23:55:34 ID:Tywmh/VE





      周りの人間からすれば、何があったのかと気になっても聞けない鬼気迫り方であった

      敵対する物は原子レベルで分解されると専ら噂の一人銀河帝国艦隊

      かなり柔らかな物言いでもエースオブエースの彼女がビラに張り付かんばかりの勢いで見ている様は……

      何というか酷く異常であった

      募集要項事態は、至極普通の内容である

      新兵や能なしを弾く最低限の参加資格、そして書類選考と面接の後の実地選抜

      極めて普通の新設部隊選抜訓練の内容と言えよう




        // /::/: : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : \/―-、: : : : ヽ
        //  /:,/::/ ,: : : : : : : : : : : : : : ::ヽ:--==l: : : : :ヽ: : : :
         /イ ,///: ://:://::i: |: :i: : i::ヽ: :、:\: : ヽ; /|: : : : : : :ヽ: :
         ///: :// / :l: :|: h: l、::ト、: :ヽヽ :|:: : ::|::/l: : :i: : : : : ヽ:
          // ,': /:{: i:|: :ハ_l;;ハヽヽヾ\::ヽ::j:: : ::|: /l:: ::|: : : : : : :',
          V |: li ::Vi:l: lィヘ  V /i ̄`iヽlj:j: : //::/::j: :::|. : : : : : : ',    魔道師・非魔道師問わず いける
             l: |l ::iヽヽ{ {:::::l     l、_:::j /jリノへヽ:/l: : :l:. : : : : : : :
           ',:|ヽ::|::lヽl弋ン    `ー' /イ: ::|ノ// |: :::l:.: : : : : : :      ランク制限なし いける
           l| ヽ|ヽゝl  、       j: :::jノ/  .l: : :l::: : : : : : :
                 ヽl:ヽ  - ‐      /j:://   !: : :l::: : : : : : :       三年以上の勤務実績 いける
                |: :liヽ、      イ//‐l、    |::::::::l::::. : : : :
                l: :リ  ` ー‐r '´-// / T 、 |::::::: |:::::..: : : :        二回以上の戦闘従事 いける
 __________V     ,イ「冂 '" /  |:::::`ー-、:l:::::::::: : :
 V三三三三三三三三三VA_//.| ,ハ  ,/   ト、:::::::::::::::`ー--           特殊技能賞を評価にふくむ
  V              VA::::::/ |/∧ヽ /   j ヽ:::::::::::::::::/
  V              VA::/  |V V/   /    \::::/              よし、三等空戦技能記章に強襲空挺降下記章、
   V              VAl  l⌒ヽ/  /    i  /Y   __             準二等議会勲章と一等格闘記章
   V              VA,  l   / /     | ,/ /  /r⌒

752:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:58:18 ID:3hjrm6M2
絶対やる夫の想定と違う方向に転がって行ってますね

753:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:58:25 ID:WNt5zqj6
ヒエッ

754:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/18(土) 23:58:40 ID:t3Y1Uec.
コラコラコラwwww

759:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:02:55 ID:9LyGMB0o







     しかし、彼女の目を惹いたのは“原隊の所属問わず志を持つ者を求む”という……

     陸海の確執が異様に激しく、互いに互いを見下げ合っている現状では非常に珍しい内容にあった

     そう、つまり何ができるかというと、今まで海の所属であったが故

     陸の部隊を指揮する立場であった尊敬するお兄ちゃんとは指揮系統が違ったが為に昔から憧れていた

     彼の指揮下に入って仕事をする

     という長年の大望を果たせるかも知れないのだ




                 ,. .- ‐― - __ __
                 /: : : :_: : : :/: : :.\: :\
                    /: : :.:.: : : : : /: : : : : :.ト\:.\
                 i : : : :..::::::.:.:〈:.: i: : : : : :|: : Y^`
                 |.:.:.:.:.:.::::.:::: . 丶|: : : : :|:ト :.:.l
                 |.:.{ :.::.:.:.:.::.:.:.:.:. l: : : : :|八}:ノ       ん、400時間以上の魔導外骨格着装経験者優遇……
              八{::: : : :: :.::::.:./|: : : : :|
                 "^\:、-‐- _乂: : : : :|          これは無理だけど、推薦文は何とでもなるか
                  ===≠, , |: : : : :|
                     /       ヽ|: : : : :|          ……よしっ、いける!
                   /.:::: ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : :|ヽ
                  〈::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : :|:::l
              ‘;:::::{::::::::::::::::::::::::|: : : : :|:::l
              ‘,:::{::::::::::::::::::::::::|: : : : :|:::|

761:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:04:26 ID:2TOa3i56
あんたにとっては拘束具だから要らねえよ!

766:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:06:35 ID:7NQJ8Rs.
絶対これジェダイマスターもきてるぞw

767:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:07:45 ID:9LyGMB0o






      かつて無いほどの軽い足取りで

      しかし準士官としてのプライドによって走ることは無く、砲兵は自身の職場へと急いだ

      そこで個人端末を開き、早速志願書だとか転属願いだとかを認め、上官に提出するつもりなのだ

      30分後、苦虫をダース単位で噛み潰し、それを飲み下すのに失敗したような上官の姿が
       アグレッサー部隊のデスクワーク部屋にあったとかなんとか……




   /:.:.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.l:.:.:.:.||:.:ハ:.ヽ:.:.:.ヽ、,-:.┼--___:|:.:.:.:.:.:.:.|:.:/:.:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
   |:.:/.,':.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:| |:.:lヽ:.\:.:´\ヽ≧云、:.:.|`:.:.:.:.:.:|^、/:.!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
    |/ |:.:.:.:.:.〃:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|:|≦卞|`ヽ ヽヽヽ 〃て::、 弋o|:.:.:.:.:.:.|´ ヽ:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
   |  |:.:.:.:.:.:||:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:イ |≠云う丶  \  {:::::::ヽ-} 〃:.:/:./|  ./:!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
     {:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:メ ん:::::::}      つ -:少 イ:.:/|:/:.:|/:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
     .∨:.:.:|.∨:.:.:i:.:.ヽ:.:.:.:.` つ-´j      ‐`‐‐┴/:.///:.:.:|:.:.:.:.:!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
      ∨:.:| .∨:.:ヽ、:.\:.:.\.ゝ´          ///〃:.:.:.:|:.:.:.:..!:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:!
       ヽ:.|  ヽ:.ヽヽ、:.`ヽ__ヽ_    ′      //,イ:.:.:.:|:.|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|      転属願いのフォーマットは
         ヽ|  ヽヽ \:.:.|:ヘ       ‐ ‐ ´     / ,':.:.:./l.,':.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|       共有サーバーの何処のフォルダだったかな
          ヽ    .\   マ:|:.:.ヽ、         / ,':.:/:|/:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
                    |∧:.:.:.:.|`> .、    イ  // /ヽ、:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
                 || ヽ:.:.:.|     ._`T´  _ -/   ./ .|\_:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:|
                    |  \:.| ,、r ´/ヽv<´    /  |:::::::::: ̄`― 、:.:!
                  ,、r -ヽ:/  ,'/l./ .ヽ    /   .|:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
              ,、r::"´:::::::::::::::/   / ヽy‐ 7´ヽ  /   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、
                ,'|:::::::::::::::::::::::/  ./  l≠´.|  >´    .|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::---‐ヽ
                | |::::::|_-- <   / ./ / ヽ | ./     ト- 、_::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/
                |:::|:::::|     \イ ニ   .y |  ,.><´    >-<__/:::::::::::::::::::::::/
           /´,':::::/   ≠<´ |´::::::::ヽ /  `` 、   Eニニコ   ./ |::::::::::::::::::::::::|
              / //::./    ヽ   .|::::::::::::/      /        ./   |::::::::::::::::::::::::|

768:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:07:53 ID:kYrINxEw
あっ(察し

769:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:08:54 ID:zdeOA6JA
>400時間以上の魔導外骨格着装経験者
そんなん人狼部隊以外にどこにいるんだwwwww

772:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:11:33 ID:lxhCX4bs
>>769
一般人がひょんな事で不幸な事故に巻き込まれて打ち捨てられてたのを装着することになって
戦場に巻き込まれて半年以上戦ったとかそんな事がこの世界だと有るかもシレナイ

773:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:13:08 ID:9LyGMB0o




     時を同じくして、金色のジェダイマスターの同じビラを別のセクションで目にしていた

     いつも通り茶褐色の暖かそうな長いローブを羽織り、書類片手に廊下を歩いていた彼女なのだが

     ジェダイの第六感染みた感覚によって、何故かそのビラに惹き付けられたのだ

     そして、文章を読んで同じような感想を抱き、同じように掌をくるっと翻し……




.           -――-
    ./                 ミ ー <
.   /                     `  __` 、
  /                    ヽ ` \
                          ハ
  i                      i
  |                       i  }
  |                 '  i  ! :!
  |                   i  :! ' /
                   i   :!  } /
  ’                   |  |  i/           …………ん?
  ',                 |  | /
   ',                |  |
   i          ′ ::|  |
   }          ,   :!   |
    i                ,   |
..r≦.           ′  , ュ、 !
.:.:.:.: '         ,′   :.:.:.:.:≧ュ、
.:.:.:. '               :i :.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
:.:.:.:'         ′     :|:.:.:.:.:.:.:.:.:=≦≧
:.:.:.'                |:..:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.}
.:.:.'                  !.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
:.:.'               ,.:.:,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
:.,                '.:.:i :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
.            .:    '.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
            .:    '.:.:.:.|:.:.::.:. γ⌒ヽ.}
           .:    '.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:{{  :}}:〉
          .:     '..:.:.:.: |.:.:.:.:.:.:ゝ_丿}

774:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:14:48 ID:zdeOA6JA
おい、やめろwwww管理局内の勢力図を崩壊させるなwwwww

775:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:15:04 ID:2TOa3i56
ああ“志を持つ者を求む”の志ってそういう……

777:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:15:36 ID:3LeJpJM.
>>774
お、胃痛中将の胃が溶けるかな?

779:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:19:19 ID:9LyGMB0o





    これ以上、おっかない供回りを量産して、あの義兄はどうするつもりなのかと冷や汗を一つ垂らした

    このジェダイマスター、まぁフォースをキめてはいても割と常識人である

    あおんあおんと景気良く吠えたくる、躾の行き届いた狂犬を引き連れた血の繋がらない家族を酷く心配していた

    あれじゃお友達ができなくなっちゃう……!

    と何かズレたベクトルで、ではあるが



    _,ィ  /    /"    \   ヽ   ヽ  ヽ \ヘ   ヽ  ヽ
ィチ" /  /   /         ヽ   ヘ   '   ヘ  ヘハ   ハ   ヘ
/   //  / / '   ’          `   ハ   . |  ハ.  ハ '   j
.  //  / / .|.  '        ,   _ハ_  |   |   ハ  i |  |    ’
  //   ' /i.  {.   |      { /  ハ\_|ハ_|__  .}.  l |  |    ハ
. ///  | .'| ハ.  | /`          |.  } i ハ ̄ '|.  l |  |   .| |
/' |  |. | | 」斗匕´             | / .} / . i /.|  .l |  |    .| |
  |  | .| |  i、   |             } / ,ム_ |V' .|  .|.|  |_   .| |
  l.   l .| |  | >、‐ト         /クxチ―‐-ミx、 |  .}.|  ト ヘ  | |
.. | .! i .| ト、 |, ,xチ三三ミ、     '  '/ γ⌒ヽ ヾ、 / | |i | .| |
.   i  '. ' i {ヽメ//γ⌒ヽヾ         { 、旦 } ム' ,イ .j  .lノ ,  | |     ……また突拍子の無いことして、おにいちゃんは
   '  ハ ヽ V //.  {. 旦 }         弋_ノ ,z// /   | ./  | |
   ハ  ヘ  ハ ヾx 弋_ノ    i       ー==彡´ / /   .|/  .| |     ……駄目だ、法務統括部門は規定で移動できない
    ト、 ヽ、 ヽ x。,,___,      l          /イ     |   | |
ヽ   | \ \ \  ̄       ;          i´ j.    |    | |      ……となると……
 \ . |   ` 、込ー`        、          じ /...   j    | |
   \ ハ    ハ                       ,    ,     .| |
    ` }              ,   - 、      i           | |
.      |       介        (    )     /j     ハ    | |
.      |.       |   、      ` ー‐ '    , イ ,     , i     | |
.      |.       |    >         / j      { l     | |
.      |.       l.     |  }     .   /  λ j.     | |    .| |
.      |.       |    j λ    `´     ト_ i      | |   j .ノ
.      |.       |    / イ`ミx ___ xヂ" Y     | ノ   , /
.      |.       |,..ィチ"/  \  __ , <     |.      |>   ム_
.      |..     j,/  .| 、    ><    ,、.|..    ト、     >
    ,ィ|     /     .| 〈 \  /i  ∧  / 〉、     | ハ

780:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:20:19 ID:IW5YfetQ
……え?>常識人

785:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:24:27 ID:tcyeC3hc
常識的なシグルイ

786:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:24:56 ID:lxhCX4bs
(極まった人と比較すると)常識的

787:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:27:02 ID:9LyGMB0o





    あの義兄は昔から常識人のように見えて、色々とぶっ飛んでいる所があった

    まー、もとが5歳児に宇宙の戦士を読み聞かせる狂人の類縁だ

    変でヤバそうな部隊を作るくらい、今までの罪状と比べたなら、まーだマシな方と言えよう

    それこそ裏でどうやって部隊編成費用と人事権をもぎ取ってきたのかという話であり

    一体このビラが正式に認可印を押されて張り出されるまでに何人の胃壁が溶けたことやら

    考えるだけで恐ろしかった…………




             /        /       \ / 二ニ=‐―
           /           /    /         ̄ ヽ、
           .         i    / / / /    、   ヽ、____
            ,′           |   / / / / /ヽ‘, ヽ____/
         ′    /  r 、 |   i/ ≧ュ、___/ /  .  ヘ
           i     /  {   :!    || 《えュ、/ / } l  l ヘ
           |:     /  ヘ  :|    |   ら /  r、/ /  }', i
           |    /     :l  |    |   ゞ/  ん' / }  i i |
           |:   /  /   :l  |    |:      {/ / i  ! リ
           |  /  /     : |   !      ゝ/ :| /
           |: /  /    /  :|    |    ー,イ /  | /
           |/  /    /   |    |   /И   И
           |  /   ノ     |    | ___/ |            ……見込みのあるパダワンを何人か推薦してみる?
           |: /  /\    :|    ||   :!
           |/‐=7: :{   \  !:  |   |            あ、いや、待てよ、法務顧問枠空いてるかな
     ,x≦    |: : ヘ    / |    | {   :|
,x≦    > ´:.:.:.:|: : :.ヘ  /ゞ !:  |i   :|            一度法務局に掛け合ってみよう
\  >:.:.´:.:.:.:.:.:.: : |: : :.:.:.Ⅵ〈 /|    |:. ‘, !、
:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: : : : ヽ ¨ ノ    : ヽ:.ヽ:|:.:.\
:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \: : :.:.ヽ/    /: : :}:.:.ヽ:.:.|:.:i
:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ: /   /|: : :,':.:.:.:.i、:.l:.:.l
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{  /ヽ: :|: :./:.:.:.:.:} ヽ:.:.|
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/二ニ=‐‐===---i 〃ヽ: :ヽ|: /:.__:.:/ /:.: !
:.:.:.:.:.:.:.:.//: : : : : : : : : : : : :| / ̄ ̄ヽヽ/: : :.//: :ヽ|

788:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:29:42 ID:7NQJ8Rs.
あ、やっぱり…w

791:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:34:14 ID:9LyGMB0o






      そんな兄を補佐するのも自分の役目である

      と自称可愛らしい妹分はこっそりと微笑んで呟いたが……

      聞く人が聞けば、その言葉には何か酷く重く……どろりとした何かが滲んでいると気付いただろう

      知らぬは本人と、その本人を未だに九つの子共のような可愛がり方をする義兄ばかりであった




                       ,′       /  /                `¨¨ヽ
                    / /        /  /      .:´                ,
                      / /        /  i.       ,′                ,
                  / /        /   ,|       /  1        ヽ  、 ',
                    / /        /   ノ,'|.      l _,' !          i | \ '
                / /        / Y⌒ヽ!      l ./ |ト、|    i|  l| |  `’
                 /        /   { i´ ト|i     |/.、__|i. |ヽ ハ  i|  l| |
                  ,' /        /  . : 廴  |i    Ⅳ  ゞミ、 |. / | i|  l| !
                 , /        / .:.:.:.:.:.:.:! `. |i    !.       |/ /レ′ 八 |
             , /        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:l  |i  l |          〈: : ::|/  リ
              〃       .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   |i  l |           >: :|
             /       ′.:.:.:.:.:.:..:.:.:.!   |i  リ   ヽ二マ x ´: : :|       もう、ほんと、私が居ないと駄目なんだから
                  ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  |   |、    /: : : : : : :|
           ,       .:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人  |   |.:.:.┬ .´: :!: : : : : : ::|
                     ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  ̄` |   |: : ::i: : : : |: : : : : : : !
           i       ,.:.:.:.:.:.:.:__/≧ュ _|   |: : ::l: : : : |: : : : : : : |
           |        i.:.:.:.:./二二二二≧ュ|   |_::l: : : : |: : : : : : : |
            |       l.:./::::::::::::::::::::::::::::\::|   |丶}-、: : ::ト,: : : : : :|
            |       レ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   ヽ≧ュ\へ} : : : : : |           ノ`Y__
            |       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  \::::::≧ュ\: : : : :|            /  ノヽ ヽ-、
            |       |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} i   \-―‐\: : ::)            /   {_/  八}、
             |      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::卜!    |::::::::::::::::::\;’         /       ′ 〉
             |      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::リ   |::::::::::::::::::::::::ヽ         i

792:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:35:09 ID:2TOa3i56
ヒエッ

794:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:35:15 ID:7NQJ8Rs.
別方面でもっとヤバイ方だった件…(ヤンヤン

795:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:35:49 ID:V0IfWCpQ
コワァイ!

797:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:38:37 ID:9LyGMB0o






     また、時を同じくして管理局のF.O.Eこと白子のハヤテリックも事態に気付いていた

     といっても、彼女は別に何時もの如く管理局内をワンダリングしていたのではない

     かの悪名高き特機隊の根城と化した棟、その地下区画にあるかの壮年の執務室を掃除していた

     そのついでにドサドサと昨日辺りから大量に届いた書類の仕分けをしていたのだ

     データはのぞき見される危険性があるが、厳封処理をして非透過性素材で作った紙は比較的見づらいこともあり

     今も重要なデータは紙でやりとしていたりするのだが……




                  __,.- 、__
              ,. : : ´: :/: : : :\`ヽ、
             / : : ,: : : : :-=、: : :\: ヽ
             ,:': : : : /: : : : : : : 、\-l|_ヽ: .
          /: : :,: : :|: : : :∨: : : ∨ヽl⌒V: .
          .': : :/: :l: |l: : : : |_: : :∨:∧: :V:.
          |: : :|: : |_:|{_:{: :´|{\:`:l∧: ∧: |: |
          |: : :|: ´|: { 从: : ィ笊雫ミ:∧|∧:l: |
          |: : :|{: :{ィ雫ミ \} Vzり |/_リ': :リ: |        なんや凄い量の書類やな
          |: : :{:\: 、Vリ ,      八 : : |:リ
          |: |: :\:∧    、   イ| ∧: リ
          ∨: :、 : : 个: . __ //⌒〉⌒ヽ
            \} \:_」-/⌒∧ /  / /⌒\_
             _「..{   ///∨   ' /\>、....{、
              「∨..〉 / {'// ∧/.'..\//  ∨ 〉
             / ノイ| / ///∨ /....、/.../   V
              / /|....| /// //\.../........{     |
           { ,....|....∨--'/..'\.. /..........|     {
           Ⅳ... |/.|//\..../ ............ |    ∧
          / {......|.......V\..../................/..|  ,   ∧
           〈  ......|.../|..../............... /...∧   / :
          ` |......∨.....V.....................´.....,  乂_/  |
           l |.........|__{.............................{   }___,.イ
           l/........ |..o..|............................∧  |   |
          〈 ......... |....._|................................{  |
          /..\.....|..... |................................| /⌒  /
         /{..............|..... |...............................,:    /

798:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:40:29 ID:tcyeC3hc
おっさんの根城に幼女とな?!

799:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:41:28 ID:7NQJ8Rs.
相変わらず劇物の癖に癒し系な行動をとるお方や…(昇天

800:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:43:47 ID:9LyGMB0o






     重要な物は重要な所に集まってくるので、彼の部屋は色々と凄かった

     ボックスファイルや個別ファイルがうずたかく積まれて、そこいらにちり紙のような適当さで

     とっぷしーくれっと だとか あいずおんりー だとか朱い判子で押された用紙が散らばっているのだ

     流石にガチで秘匿すべき物はきっちり隠匿されているのだろうが、何かもう形容しがたい有様である

     これではスパイが入り込んでも、全てが意味深そうで「どれ持ってったらええんや」と困惑すること必至である



                 ____
           _,. : :/⌒\: : : : : : :`ヽ、
         ,. :´: : : /: : : : : : :\: : : : : : : :\
       /: : : : : : ,. -- 、: : : : :、:.、: : : : : : :\
       .': : : : : : : : : : : : : :`ヽ、-::|:L、 : : : : : : :ヽ
      /: : , : : : :/: : : : : :ヽ:ヽ: : ヽ|:「¨ヽ: : : : : : : : .         って、あーもー、また読みかけの書類を放置して
     .': : /:/ : : |: : :、: : : : :V: マニム、: : : V: : : : : : : :.
     / : /:.': l: : :|:|: : :V: :|: : |: 、〈ニム: ヽ : V : : : : |: :|         あかんで、幾ら此処が機密区画やゆーたかて
    .' : /: :|: |: : ,|:{: : 、|_,ム斗: }∧: : V∧: ∨: : : :|: :|
    |: |:|:|: |: |: :/{∧: : ィチ雫≧ 、V: :|: |ハ : V :|: :|: :|          コーヒーも飲みっぱなしやしー
    |: |:|:{: |:_|ノ/l: ∧: :|  _):::ハ }'∧:l|: |}∧: |从 :|: :|_
    |: |:{∧{: |:ィチ雫ミ∨  Vzソ   Ⅳ:.:|: |∧}⌒ヽ ̄\ ̄`ヽ、     んー? 履歴書やな
    |: |: : 八:{从、Vリ         u  }∧:|:/.....∨⌒\.....|\   ∧
    |: |,: :{: : \∧  '  _  - 、   八リ'..\/    `ヽ、.|\、 }     の割に あいず おんりー?
    Ⅵ ,: : : :|: :|:込、  ヽ'   ノ  // /..../,  ´ ̄\  V、...|..V
     ヾ Ⅵ : |Ⅳ 「.../≧:..... _ /' /.∨/        、 }.Ⅵ..ノ
       ∨: |リ {∨....∧  `\/ ∨/            V.....∨
          \}  ,\、/...∧  | V///            /...........ヽ
            {  \.{....\/ }/,イ            ,....\..........\
           |     ∨.......∨./           /..........ヽ............ヽ
           ∧     \......V           ,...................\........∧
           { \    \..{            /....................... ∨./..∧

801:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:44:54 ID:7NQJ8Rs.
おかん…

802:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:48:33 ID:hl/WtV8A
3人娘が1部署に揃ってしまうのか?

803:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:49:59 ID:pdKBp8d2
>>802
何人死ぬかな(ストレス性胃炎で)

804:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:50:38 ID:9LyGMB0o




      送られてきているのは履歴書の束だったらしい

      それも同じ封筒で同じように厳封処理し、同じように覗き見防止の魔法が掛かっている辺り、
       一つの部署で纏めて出してきたのだろう

      まぁ、その部署が問題なのだが

      直属の上司が評価に用いることもあり、普段であれば黒塗りになっているブラックオプの部分も
       隠蔽せずに書かれた履歴書を見て、白子のハヤテリックは首を傾げた

      外部の人間は素顔を見る機会は全くないが、彼等の主人が許しているということもあり、
       ハヤテリックは結構な数の猟犬の素顔を把握している

      そんな彼等の書類が今更何で、と疑問に思ったのだ



                 ,. ― 、
           ,. : :´ ̄ ̄´: : : : \、
          /: : : : : : : : : : : :、:ヽ:ヽ: 、
         :´: : : : : : /: : : : : : : :V∨:ト,:ヽ
        /: : :/: , : : {: : : : :l: : : : :V:V: ∨
       .': : /: :/: --|、:|: : :|,:|--|: |: :V : |:|
       |: : ':|: :|,ィ≠ミ从: : |ィ≠ミ: |: : ト: :{:|
       |:|: {:|: :|!{:::::(_  \}{:::::(_ V}: |∧|:|
       |:|: l八:{ Vzり    Vzり/:ハ:|: |リ:|
       |:|: |: : \    ,     /イ: :リ:/: :|     あー、これアレやな
       ∨:|:|: 人    _    人/イ : /
          V|从: 个   ‘ ’   イ-く :/:イ      データでは[削除済み]とか[編集済み]とか……
         ∨ \} ⌒ } ` ´ { .' /⌒}...ヽ
         /「⌒∨{::/   /| /  /......∧     黒ベタで潰されとる猟犬部隊の人らの履歴書やな
        /..∧  l∧{-、 r/::| .'  /\./.....〉
         {..../..∧ }、 V-- /:/{ /\./⌒「      きちんと筆跡ちゃうってことは、態々書いたんか?
        ∨\..∧j、:::::{⌒7':/|∧..../{  |
         |  /\_| \|::::/イ/{'.../.......}         しかし、なんやってまた
         { ,...........}\:|:::{:.:/ ,イ........... |   l
        ∨...........l   |:::l'´ |.................|   |
        {............ l   |:::|   |.................|
          |............ l  {=ll   |.................|
          /..............{       |...............∧  }
        ,.................|   l:    |............/.....}
         {.................|  l:::.  |....................|  .
         ∧...............| l: ,::..  |..................∧
      ,.....∧............|  、 \ |.............../\\l

805:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:54:09 ID:2TOa3i56
ああ猟犬部隊の連中も改めてそこからなのね

806:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:55:38 ID:7NQJ8Rs.
公平である

807:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 00:56:18 ID:9LyGMB0o





    面子を集めると言うことは、何か人手が必要になる事をおっぱじめようとしているのだろう

    そして特機隊設立から外骨格の普及、ミッドの治安向上まで含めて……

    あの御免なさい案件製造マッスィーンが動いて穏便に終わったことなど無い

    またおっかない連中を集めておっかないことを企画しているに違いない

    しかし、そこまで考えた所でハヤテリックは心配するのを止めた




               _,. :‐:、_
            ,. :´: : : : :ヽ: |: \
           /:,: : : /: :/: lX|: : : :ヽ
          /: :/: /_/: : |==l: |: : : : : .
           ':/:{イ: /}/ lヽ:|==,: |: : : | : |
         /イ:/:_∨ ==ミ:/|: /: :|: : : | : |
          |:{ 「    ゝ∨:イ: : |: : : | : |    また、ぞろ危ないことでも考え始めたんかなぁ……
       ~ |:l人 ⌒Y´_ Ⅵ: :/: : :/: :,
       ~ |:|从> 乂  V:イ: : :/: :/     ま、ええか、今日はモーンブレイドもついとるし
            从 「../∧ 〉 '|`ヽ ̄`ヾ
            ∧.{ {-V,:  ,.../⌒∨ノ      いざとなったらストームブリンガーと私もついていけば終いやし
          /、∧Vイ,'  {/   }'
            {- 、{....V...!  八   ∧
 _____r-イ⌒Y...|o{   '  }   '_ノ
       乂,ノ_j_ノ)-{.人_,.<_,イ

808:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:56:39 ID:nxq/zwHY
猟犬の中からも選りすぐるのか
蟲毒かなにか?(錯乱)

809:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 00:59:23 ID:3LeJpJM.
穏便に終わったことなどない、って断言されるあたり業が深いw

810:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:00:01 ID:A4ONr2kQ
うーんこのおかん気質(の戦略核)
いかんでしょ

812:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 01:01:34 ID:9LyGMB0o




     いざ自分が出張って、それを止められる奴が居るか?

     今や一個のロストロギアに成り果てた童女の精神は、一つの解を持っている

     己にこと戦闘面においてやってやれぬことなど殆ど無いと

     なればこそ、彼女は恩がある、或いは大事な物の為に我が身を擲つことを厭わない

     虚数空間にブチ込まれようと、原子レベルで分解されようと、17の肉片に解体されたとて己は死なぬのだ

     否、死ねないのである




             _,. : :――- 、
          ,. : ´: : : : : : : : : : : :`ヽ、
         /: : : : : : : : : :\: : : : \: \
       / : /: : : : : : ヽ: :V: \- 、:∧: : ヽ
        /: : :|: :|:|: : |: : :| l:_∨: :∨ 〉:∧: : : .
      .': :|:|:|: :|:{: : |: : :|´}:/\: :∨∧_!: : : ::.
       |: :l|:|:|:_:l_|!: :}:,: ,イ笊雫`Y∧: : :|: : : : |
       {: ,:|:{ Ⅵ_|∨: :/} Vノり Ⅵl: : :|: : : : |
      |: :从,ィ斧雫V   `¨  }:|,: : :, : : |: |
      |: :l : :从マソ ,      /イ: : /: : |:|'リ        ま、私がついててどうこうされる……
      |: :∨ : ム    _     ム:/: /:/リ
      |: / : : : 込、   `   イ/:/: /}/ '          いや、できるってこともあらへんやろし
      ∨从:∧: : {≧=r-- ´ |:/}:/ /
        /⌒∨{⌒\.._   ム〉7⌒ヽ、_          いつも通り心穏やかに悪巧みしてもらおか
       ∧    \ ∧ ` ´/:/´l  /   \
        ∧.... 、 \  ∨ }\:Y:/ / /  / ∧
       /⌒\ \   | ∨  }:::{  {/  / /...∧
     ,:    ∨∧  | ∧__/::::|/|   ´ /.\/ |
      /       \∧ /V  /:::::/  {  ∧.、./  ∧
    ,      ∨\.V   {::::/   / /イV   / }
     {       {........Ⅵ   ∨   {/.../...}       |
    |       ∧.........|   | |   |/ .... 八    |
    ∨      / ∧ ... |   | |   |........../      /

813:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:03:19 ID:3LeJpJM.
うわーい信頼されてるなぁw

814:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:04:17 ID:xhmWjI/c
あかんこれも覚悟キメてますわ……

815:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 01:05:38 ID:9LyGMB0o





      死なないからこそ、戦いに自身の存在を用いることに恐怖も迷いも無かった

      何故なら、恐ろしい物はもっと他にあるからだ

      死は恐ろしくない、こと自分の死に関しては

      だが……別離は恐ろしかった。それが誰より長く、ロストロギアである自分と付き合い、
       恐れもせず、差別もせず、理解しようと努めてくれた、最も家族に近い存在であるなら尚更だ

      ハヤテリックは主不在の座り心地の良い椅子に身体を預け、微睡む中で祈った

      我が剣が全ての災禍を払わんことを




                      /⌒\
           _,. : : : : ̄ ̄/: : : : : : \
        ,. : ´: : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : :\
      . :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: :\: : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、\: :\: : : : 、
     . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : :ヽ: :_ 、__,∧
   /: : ,: : : : : : : :/: :/: : : : : | : : : : : | : : |:∨ 〉∨/ム
   .': : /: : :/: : : :/: :/: : : /: :,: : : : : : :| : : |: :∨ 〉V⌒',          さてと、ちょっとお昼寝してからこの惨状を何とかしよか
   |: :/: : :/: : : :/: :/: : : /: :/: : : : : : /: ': :|: : :∨:∧ : : .
  , -./: : ://: : / : /: : : /__/:/|: : : : :/_/_|: : : :',:.∧: : ',         ふー、一眠り一眠りっと……
/..,...|: : /: |: : :|: : |: :ィ:´: /:/ ,: : : : /:∧: :イ : |: :∧: :∧: : .
... /....|: ∧: {: : l!: : |:/|:/}:/:/ }: : /l/ }:/ }: /: /}∧:|:∧: :}
'...\..|/...∧|: :∧: 从、___,.ィ/:/ / ー=イ/: イ:/: :,リ: :∧:|_
 ̄ ` |、...{...rⅥー∨:|   ̄ /         ムイ: /,: ://リ Y
    `/⌒ リ\}:个:...._    '  _,. -=个':イ..../:イ>-- 〈
 /´ ̄`{ /⌒ヽ >---`―`  ー ´  /´\.イ-- 、     }
,:  /´ と,/¨¨´             、___)=-、 \ ∧
 /   ´            _,.   ¨¨´      \ }/' |
_∧           _,.   ´               ∨  |
、__,\        . <   _,.......____             }ノ  ,_____
    ゙ー   ´    `¨´        ¨¨¨¨¨    ― '_/

817:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:06:53 ID:7NQJ8Rs.
なんだかんだでハヤテの感情が一番穏当に感じる…
なんでや!

818:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 01:07:57 ID:9LyGMB0o






            それぞれがそれぞれの想いを抱いている中……








               /: . : . : . : . /: . : . : . : . : . \: . : \
             /: ./: . : . : . ,': . : . : . : . : . : . : `ーヘ: ..\
.             /:/: ./: . : . :./: /|: . : . : . l: . : .丶: . : . : .ヽ: . \
            /:/: ./: . : . :./: ′l: .l: . : . :l: . : . : . : . : . : . :\: . ヽ
.           /:/ !:/: . : / /Ⅳト、y: !: . : . l: |、: . : .i: . :!: . : . : .ヽ: . ヘ
           j:/ |:l!: . ::l: .| xィラタトリ从:ト、ハ:l \: . !: ..|: . : .l: . :ハ: . ハ
          l:i  l:l: . : .l: .|  ん.::゚} ヽ: ..l ィ≧ミト: i: . |: . : .|: . : l: . : |
             八: . : l: .| 弋炒'  \! ん::゚圷バ :|: . : .|: . : |: . : |
            !  \从j  ::::::      弋zうリノ}::/l: . : |: . : |: . : |         しっ、失礼致します!!
                八リメ:ゝ   ′   ::::::`¨ //:∧: . |ハ: ..}: . :|
              /: }:|]入     _      ///: . !: ..i: l: イ: . : |
            /: . :.ヘ:l: . :.\  (  __)   /'/: . : |: /: . : l: . : .|
     _ ___ ,ィ: . : . : . : i!: . : . :>  ´   ィ /、: . : :j/ : . :八: . : |
    /´:(´: . : . : . : . : . : r---─..ァ≦::7`≦   ,ィ  /::\__: . : . : . :\人
   八: . 丶: .ヽ: . : . : . /::::::::::::/:::::/ ヘ--<   /:::::::::::rへ: . : . : . :丶:\
     \: . :`- --r‐‐7::::::::/:::::::::/ r‐、 xへ     /:::::::::::::|::::::::丶、: . : . : . : .ヽ
      ` ─、: ..ノ::::/:ーヘ::::::::::::/ >: : <´   /:::::::::::::::|::::::::::::::::\: . : . : . :!
        __/::::/:::::::::::ヘ:::::::/  L: :へ: :\/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::\: . : . |
      //::::::::::::::/ 「´::::::::ト、 _ノ   `/::::::::::::::::::::::::/::::::::::::/::::::::::::::\: .:l
     //:::::::::::::::/::::{:::::::::::|::::::::::::`ーァ '::::::::::::::__::::x≦::::::::::::::/::::::::::::::::::::::Vj
   /:::::::::::::::::/::::::::::::V::::::::|:::::::::::::::/::::::::::::: く::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::|'
  /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::V::::::|:::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::|
/:::::::::::::::::::::::: {::::::::::::::::::::::::ヽ::::|:::/:::::::::::::::::::::::x<:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::}

819:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:09:33 ID:3LeJpJM.
出たな凡人()!

820:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:10:03 ID:ZwBSoXkA
はやてちゃんマジ天使
なお本体性能

821:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 01:12:12 ID:9LyGMB0o






        理不尽を振るわれ、また振るう宿命に至った二人の少女も……






                  /
                 /::|   ,   ------
                 {:::{  /:::::::::::::::::, ----、:::`ヽ、
                  \V:::::/⌒:::::/::::::::::::::::`ヽ、:::\
                /⌒::::::/::::::::::::/::::::::::::::::、:::::::::::\::ヽ
                :'::/::/:::::/::::::/:::::|::::::::::::::::::::V:::∨:::::∨:'.
               /::/::/:::::/::::::/:::/::|::|::::::::::::::::::}:::|:::V::::::∨:
              .'::/::/:::::/::::::/:_/___{∧:::::::::::::/|__|__:|:::::|:::|::|
              /イ::::|:::::::':::::::|{:/|:::/` ∧::::::::/´}:/:イ:|:::::|:::|::|
               |::::||::::::|:::::::| イ笊_;ミ{从::::/イ笊_;ミ j::::/:/:〈         お、同じく失礼します!!
               V::|{::::::{:::::::|  Vzり  ∨ Vzり /::::::/|、::'.
               、八:::::|:: 从  `¨      ¨´ /::イ:/::| \〉
                 \|、::::∧ :.:.:.:    '   :.:.:. /:∧::{
                    \:人      ,..,     人/ \
                   <::::V::|>         <{:/::::::>
               r<::::::::::::::::::∧  \ `´ / ∧:::::::::::::::::::>、
               /::::::::::::l:::::::: / ∧  ∧ー∧ /  V::::::::::::::::::::::ハ
               {::::::::::::::}:::::::〈 /  ∨、 ∨ ,∨|   〉:::::::::::::::::/:::|
               |::::::::::::/|:::::::::∨   ∨_∧_〉V  /:::::::::::::::::/::::::|
               |:::::::::/ , \__\  \|_/  , ____/|:::::: |
               |:::::::/ /      \   \' /         ∨:::|
               |:::_/ {        \   V            }、::|
               |   人         \ }        人`|
               |     、    o   o V       ,.::   }

822:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:12:28 ID:7NQJ8Rs.
( ゚∀゚)o彡

823:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:12:38 ID:2TOa3i56
やっと(まだ)正常な面子が登場したな……

824:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/03/19(日) 01:13:59 ID:lXQ7SdzQ
どっかで葉隠精神を注入されてないだろうなw

825:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/03/19(日) 01:15:01 ID:9LyGMB0o








      この御免なさい案件製造マシーンに、土下座を要求できる権利を得ようとしていた……













                          _____
                        /           ヽ
                       /               \
                     / 、                \
                    /   `ー-               ヽ      ん、ご苦労
                    |  、__               |
                    ノ   └┘               |      ま、楽にしたまえ
                    (、                     |
                    {`ー-'                  /
                     \  ,, -===ニニニニ====-、_/
                       ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
                   ___〉:/       |i     \/_
                 /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
                /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|                        今日はここまで

スポンサーサイト

魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その7

572:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:00:45 ID:G5aPMKEQ





       なのは 魔法少女伝説

       もとい、サブカルなのはSoldiers




                                                 _
                    r=ァ rァ                    _  -≦///}
                     斥圦/リ}                  _  -≦/////////}
             //}    {‐刈≠个:、          _  -≦/少'´/ ̄i}i////∨
            _,イ///}    {‐刈{! i|}圦_         {/////__./  /{///,∨
          /斗‐=、/圦  辷{‐刈廴..|_ ≧=-  _    Ⅶi/㌻リ{{_,/  {i//∨
           {//  ///}     Ⅶ77¨Ⅶ斧――――'   _}}_㌫㌦__示__ノ  ,'////
        ,イ/{__/,///ア  __,r=< i|〈O〉|i i|           ///// ̄}㎜/  ‐== _/
         /////// ̄==斗...{,f斗i|i V i|i i|          ,////{{_/=ヘi∨イ//¨-‐== _
      ///////:.:.:.:.:.:.:.:.}¨`ヽ}..|i   i|i i|_        ////////////∧∨////  ¨‐== _
       ///,'/ {7=‐-(,ィ=‐‐--v|..|i   i|i i|:.〕iト、   /////////‐== _/〉 ̄ ̄      ¨‐== _
       |//   /  /.,、:.:.:.:.:.:.:.::.|..|i   i|i i|.:.:.:.:.:.:.〕iト.//////////¨-‐== _           ̄ ̄
            '  /:i:.i:.lfrァ、:.:.}.:.:.|..|Ⅶ/i|i i|:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト.//////  ¨‐== _
          {  レヘノ7  ノイ/.: |..| i}{ |i i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト.       ¨‐== _
          ∨/  _\¨ ノイ:i|..| i}{ |i i|¨¨¨77=z__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚。         ¨‐== _
          { {   { ̄ ̄}=7レi|..| i}{ |i i|  イ/////ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i             ̄
          圦 _,f=¬イ:.:.:.{i |..| i}{ |i i| //////イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /¨`ヽ:.:.:.:.:. /=:、|..| i}{ |i i|、―‐彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          i    /⌒¨{ /i|..| i}{ |i i| }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         ,圦   :     ∨ |..| i}{ |i i|ノ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          ̄≧=f‐、   ∧i、|..| i}{ |i i|:.:.:.:.:.:.:.:.:._  - ¨
              _} i|  ≧=--∧|..| i}{ |i i|_  - ¨          _____
  ` ―‐--  イソ' i|     /:.:.:|..| i}{ |i i|`              {///////////≧=-  _
     --‐―'/'   i|    ._圦/|..| i}{ |i i|              __ノ//////////////////
  /     /〈   i|    `ー‐ヘ |..| i}{ |i i|    \_ _   ‐=/////∧///////////////
  {    /:.:. /\_/\_/⌒i} |..| i}{ |i i|゚。   /ム////////////}/////////////
      /:.:.:.:.イ  i    ,.:   圦|..| i}{ |i i| ト、_/:i:i:i∨//////////}///////////

574:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:04:48 ID:G5aPMKEQ
                                 推奨BGM ttps://www.youtube.com/watch?v=pgxvBQov5TY






     一人の少女が居た

     穢れを知らぬ、何処にでも居る無垢な少女

     純粋に彼女は正義を信じ、正義に奉仕する兄に憧れていた

     両親が居ない自分を守るため、そして正義のために戦っていた兄を……




                        ____
                   , --、,. :´ , -、, -:、_`: .、 ,.-、
                  /,.- /: '⌒: : : : : : : : `:⌒\\
                 /イ/:V : ,: : : : : : : : : : : : : : :ヽ-、
                /,ィ´: {: /: :/:/:|: : 、: : : |: :|: : :V: : V \
               <//: ,:,ハ:': :/: l ̄`l∧: : :|⌒:V: :V: :∧\>
                .': : | | ||:イ: :ィ笊テミ∧: ィ斧ミ}: : :|: l: ∧
                |:|: :{ | |{∧从V)り  ∨V)リ∧:/}∧: l:|
                |:|: :| L|乂Ⅵ     ,  イ:/}'/' |: |:|
                八从    |込、  v:: ァ  人:}  /:イ/
                  \   リ  }≧=-r ´  リ  /'
                       イ∨\_∧「≧=ミ
                    /........\\〈ioi |..|.........>、
                   /...................\\_//......l...........}
                  ,.'............../...........\_/.........}......../.〉、
                  {..............,.................................,: ーく  ヽ
                  7ー-イ.................................{    ,.-  〉
                  /   / V............................. |   ,:   /
                 ,:  /  }........................... ∧ /   ,
                /   /   /.........................../....∨、 ,:
                ,       /.......................................} ノ
               /  /   /..........................................「´
               /  /   /`:::......_______,∧

575:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:04:51 ID:IbMHm0y.
きたぜ ぬるりと

578:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:08:18 ID:RnXhVZAc
教育しなきゃ

579:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:08:53 ID:jfGyicJQ
名字のせいで、かませ感半端なかった銃型デバイス使いさんじゃないですかー!ww

580:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:12:52 ID:G5aPMKEQ





     正義とは尊い物で皆が大好きだ

     故にこそ誰しもが正義を掲げ、子供達はそのお題目を信じる

     正義は負けず、正義は屈せず、正義は死なない絶対なものだと

     されど彼等は知らないのだ

     正義という概念には暴力という名前の、醜い双子の兄が寄り添っていることを

     そして、それらが非常に仲が良く、互いを補完し合っている事実を

     成ればこそ、正義を実現する物には死が寄り添う

     まるで別ちがたい血を分けた同胞の如く




                                           ,ィ劣王ミ::、..___
                                      ,...._    寸圭圭圭圭圭}
                                    r:升圭少    ``x圭圭少´
                                     `¨´             ̄   ___
                              <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                                       {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
                                    __........__寸圭圭圭圭圭リ
                         ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
                         `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
                           `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
                             {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                              {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                               寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                                     ̄

581:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:13:35 ID:80HsdbkE
何!正義とは鉄と火薬のことではないのか!?

582:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:14:41 ID:RnXhVZAc
力こそ正義

583:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:15:35 ID:5sTmDz5Y
なのはさんは軍の信奉者、フェイトはジェダイ、はやては不老不死の怪物
ティアナはナニになっちゃうの…?

584:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:16:52 ID:G5aPMKEQ





     彼女の兄もまた、正義の擁立者として辿りうる結末を辿ったに過ぎない

     混乱期のミッドチルダの首都クラナガンにおいて陸士・空士問わず殉職は珍しくも無かった

     慣れは感覚を混乱させる

     上官として取るべき態度、同胞として取るべき態度すら忘れさせるほど

     死者にむち打つような悪態を葬儀場で吐く、それが如何に遺族の心を痛めつけるであろうか

     本来であれば惜しまれて送り出されるべき死者の名誉……

     それが傷つけられる事は形容しがたいほど、死者よりも生者を傷つけるのである


                                               __
                                             . :'´  }
                                                 /   .:’
                                  .. .-- ‐‐┐       .′   ’     __
                                      .’     _}    .    '´  レ‐
                          .       ‘:. __ .. '     , ' `      ′ .'´  i
                           /   .     /                .'   i   !    |
                        . '       ヽ ノ                 /  ,. ’、 |   |
                       .:′         `ヽ‐‐ -- . . :'’       . '       ’.、  レ‐ 、
                    /            ‘,    : .`: . .  /__ ...‘.、  ′  /
                      /              :       : . : . ヽ´       l   .′  i
                  .'              }      . : . : . : . : .  .-‐‐-‘.、  i
                      ′                      . : . : . : . : . : Υ          ヘ    '
               >''” ヽ.            ‘''  .. . . : . : . : . : . : . : . : . : .!      .:´     .′
             .>''”                       ` ¨¨ '''' ‥ ‥   …  '' ¨ ¨~ヽ.     ',:;,..
         > ''”       ,. '´                                   /.:,. , .
    .. * ''”                                             ...  ´,: .; ,: .;
                           : .                      ... .'' ”:. ,; .: ,., :; ; ,,.''
                          : : : . . . . . . . .      . . . : . : . >''”:., ;.: ,; .: ,.:;. :; ;; . , ''
                      . . . : . :>‐‐ -- ... . : . : . : . '”. ,: .,:; .,''   ,:. ; ,''
                    . : . : . : .c '”: .;,:. ;.. ..; .,: ;.,`¨. , .,¨´      ,: .; ,:.;.: , ;.'   ,:. ;, :;,.
                . : . : . : . :>''”:.;,: .;,.:; . ;;; ;.. ...; ., ,:; ., :.         _ ,: .: ;, ..''   '' '' ''
            . : . : . : .>''”.,: ;. :,; .,..:.. '':,. :,; .:''  ''   ' '      
        . : . : . : . >'”:;;: ;,:; ,;,:: .,.: ,;.:, ;.:               
        . : . : . : .*'”.: ,;. : ;.: ,;. :,;.:, ;. ,:; :,;               ,.: ;
     . : . : . : .*''’;.,:;. ,:; .,:; .,: ;,:,:,., : ::''  ''             '' :;
    . : . : o ’:,;.:,; .; .:,;. , :;. ,:;., .:''

585:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:18:08 ID:VIVk..nw
>>581
ガスとウィルスを忘れるな

586:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:19:54 ID:0zDjCvwo
正義とは砲の下にある

587:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:20:50 ID:G5aPMKEQ






     心に酷い傷を負った少女は、その傷を抱えながらも将来正義を担おうとするだろう

     しかし、そこで一つの……ほんの小さな歪みが彼女の道をねじ曲げた

     親族もおらず、義理で参加する上官と同僚しか居ない寂しい葬儀

     そこで少女は酷く落ち込んで全てが終わる筈であった……あの人狼共が現れなければ





                              __       │
                            ∠:_::::`ヽ.    |
                           〈::o::::o、:ハ   |  |}
                            Lrミ::_::」八   |  ||
                           f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                           ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|
                          , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|   ギィ……
                         /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|
                         〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
                         ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/
                          ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/     閣下、こちらです
                          /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′
                         〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
                         /\:::::/:::::::/:::::i::|
                       /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|
                      /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
                    /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|
                   /  / └r──′:::{:::::::{: |
                 /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
               ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
              .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}
             .く/          〈::::::::::::::::::::{::::::::{
                          ヽ_:::::::::::::_〉:-‐:〉
                           i::::::::::::::|::::::::|

588:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:22:32 ID:yC2qCRqU
ヒエッ

591:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:24:20 ID:5sTmDz5Y
来てしまった…

593:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:25:45 ID:9BE5KlNI
葬儀場の格好じゃねぇよw

594:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:25:46 ID:VC1jYUgI
人狼に魅入られた狼少女が誕生するのか

595:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:26:38 ID:G5aPMKEQ






     当時、特機隊は設立直後の黎明期

     強襲・伏撃・騙し討ち、魔導発生ガスによる特殊攻撃すら辞さぬ広範囲制圧……

     あらゆる手段で敵を撃滅する最悪の戦闘集団として恐れられていた時期だ

     ミッドのあらゆる犯罪者、時には同じ正義を擁立する者からすら恨まれ……

     四六時中重装備の警備に纏わり付かれた、当時三佐の青年は葬儀の場に現れた

     空との共同戦線を張り、その中で出た数少ない殉職者を伴う為、喪服にも似た特機隊の制服を纏って




.           , .、         '   ̄ ̄   、
          /  ヘ     /          \
        l ミ  ヘ    /            ヽ
        l ミ  .∧.  /  `ー- 、        ‘,
         _j_7ヘ   ∧. 冫   、___ ,            }
      _r">’、 ヘ   ∧/     ̄            /_
     「; i !  .r.、 ,  j ヘ.、    )         / .7
     l! .j .ヘ  l _! ,   ゝ-ゝ- ' 一 = 一 "    ,'        ん、ご苦労
.     !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
.     ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉        それと、閣下はよせ
      ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ
      ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l
        ヽ  ,ィ≧x\//>'┘  ./  ≧≠="   .!
      ィチ≦'"´ .j j// l   .i/ '      `ヽ  .!
      〈 ̄       ハ/j = l  ,'   _ z = z ヘ  l
      l    _zイ.ヤlj   .j  l ,   ,.        j  !
      lzzzzイ'    Ⅵ  ,'  j!  /      /,イ  l
         V     \ /  / イ _ z    /7 .   !
        V      ー.v< _      ./j7   l
            V     ,イ j! 、       ,ム/    .j
          V      / l! ヾ      .///     ,'
          ,ィ.、       .j!       ///    イ
          //l \          イ//'     l
           //7l   丶       ,.'// 7       .!

596:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:28:15 ID:9BE5KlNI
どう見てもvip

597:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:30:36 ID:bwWYGGV.
これは心酔しますわ

598:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:31:33 ID:G5aPMKEQ






     物騒な弔問客を見て、今まで心ない言葉を放っていた上官は押し黙った

     流石に関係の無い部署から見て、今の発言がどうとられるか位は分かったのだろう

     剰え、戦線を共にした相手である……

     特機隊の黒喪に少女は怯えた。威圧感のある紅いバイザーの視線、ぎらつく装甲、輝くデバイス

     正しく暴力と死の権化。正義を下支えする薄ら暗い双子がこの世に姿を以て産み落とされたかのような威容

     だが、本当に恐ろしかったのは、それではない




                         _r-------ヵ、_
                        //       .∧',
                       //,       ∧',
                       //         ∧ム
             .          //,'           .∧;ム
                     /./,            ∧;ム
                     /./,'              ∧iム
             .       /;/,'     .r======ヵ   .∧;;ム
             .        /l/,'    i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!   ∧i;ム
                   /;;/,'    └===┘    .∧;;;ム
                  /;;//                 ∧;;;;ム
                .  /;;/マ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨∧
                 /;;;;ム─────────────∨∧
                ..仏ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニマ
                  ∨  r≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡7 /
                   ∨ .∨ ,ィ<二二≧≦二二>、 ./ /
                    ∨ .∨  _,/ ¥ ∨_  / /
             .          ∨ .ヾ>_、__二二二__, ィ<./ /
             .         ムニニニニニニニニニニニゝ

599:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:39:25 ID:G5aPMKEQ






    黒衣の獣共を纏わり付かせ、圧倒的な暴力を臭わせたこの男が怖かった

    これだけの異常を引き連れながら、男は何処までも自然で普通であったから……

    それこそ普通のスーツを着込み、タイを締めれば勤め人と見分けが付かないほど

    まるで、この様が自信の平常であり、当たり前なのだと言わんがばかりに

    恐ろしく苛烈な暴力の臭い……だのに恐ろしいほどに平静

    むしろ無謬とすら言えるほどの自然さが怖かった

    犬……いや、狼たちの主人は跪き、形式上の喪主である童女に問うた

    彼女に出来るのは、恐怖に押されて無意識に頷くことのみ……



                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.       君がランスター一等空尉の妹君かな?
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i

601:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:41:43 ID:yC2qCRqU
こんなん、聞かれたら漏らしてしまうわww

602:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:43:30 ID:Qo7YWojw
でも、死んだ親族にちゃんと敬意を示してくれたなら、心酔するのも分かるわ

603:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:44:30 ID:qLL0F1go
特進済みかなぁ

604:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:46:28 ID:G5aPMKEQ






      跪いた男からかけられた言葉は印象の恐ろしさに反し、何処までも優しい声音のものであった

      そして、彼は少女の手に小さなコインを握らせる

      ……いや、コインではない。それはメダルだった

      鈍色に輝く、狼の容が刻まれた勲章

      特機隊が設立に伴い陸セクションから受勲権をもぎ取った特別戦傷章

      黎明期の特機隊において、彼等が主導する作戦は大変危険な物であった

      実戦テストを兼ねた極限の戦場への投入、自爆にも似た戦術テスト……あらゆる危険が伴う

      その危険を贖い、せめてもの償いをするためのメダルであったが……

      時にそれは、人狼の主人から、彼の主導する作戦において活躍し、戦死した者へも贈られるものであった


                                        _, -‐ ´
                                   _, -‐' ´
                                   , '´
                             _ ,/            _
                           /´         ,  -‐ ´ ̄
                              / /        l              ……そうか
                        /   l    , -   ,'
                          / 、_ノ   l'´ 、―‐ '               悔やんでも悔やみきれない
                        /  ,イ ,'   ,l  l
                      / .〃 /   八  .l                  我々は優秀な同胞を失った
                    / ノ / く_ イ l | /
                    '-‐' ./ / _l   / ヽ'__ _                これが補填になりはしない事など百も承知だが
                , -- 、  く_ノ,ィ=/,' ヽく ..,.'´ /´ ./―ァ
――---―――‐z_ __,彡、    ̄、 ̄ _, l.l  .l´ /  ./  / /               せめて故人の栄誉を忘れぬように
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /  '´  `ヽ、   `-<、ゝ-.' ,/ / .ノ/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:: .::,'        ヽ、    >- '  / /ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'::: .::i           ー―'´  > //
::.::.::.::.::....:.:.:.:.,'::: ::::ト、--- 、          ,_∠ニ==┴'
::.::.::.::.::.::.::.:.:.i::::: :::l:.:.|     `` ‐、_, --' ´
:::.:::.:::.:::.:::.::.:.!::::::::::l ,'
::::::::::::::::::::::├┬‐`´
⌒::::::⌒:::::::し'
 ̄ ̄ ̄ ̄´

605:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:48:07 ID:GmicSSCg
パープルハートは名誉だぜ

606:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:49:28 ID:yC2qCRqU
これは心ふるえる

607:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:51:02 ID:71teilfY
ここまで人心掌握が決まると仕込みかな?とも思ってしまうわw

608:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:51:49 ID:G5aPMKEQ





     叙勲されるとき、そのメダルは大抵殉職者のデバイスに添えて写真が撮られた

     背景に叙勲者の棺を映しながら

     恩給が出るわけでも無い、出世に関わるわけでも無い

     しかし、彼女にはそのちっぽけなメダルが何よりも尊い物に見えた

     彼女の兄が信じた正義を共に信じ、墓標に傅く者が居る

     その証明であったから




                               ――- .        .||
                          /: : : : : : : : : : : ` 、       ||
                         /: : : : : : : : : : : : : : : .‘,     ||     「覚えておいて欲しい
                         !: : : : : : : : : : : : : : : : : :i       ||
                         }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ||      狼が群を忘れられないように……
                         !:: __.... 斗-―-= .....__: : |       ||
                         .|: :------------‐‐ァ |       || i      群もまた、狼を忘れない」
                        //ソゝ ◯ __ニ__ ◯ ._ノソ.∧    || i
                        ノ/  !ヘュ/  .|  \.ュ勹  ゙ヘ    || .ハ
                        `  ヾ    ィニニト、 .イ /      ハ}ニ{
                        ノ‐ ヘ`-彡ハ___ハ `ー´)二` 、.  | |}ニ{        ……閣下、お時間が
                       /-=ュ f ∧ { | 三ミ| ./ ノ)-‐ l   | |}ニ{
               _斗-=_  .=-{ニ‐、 .ノ ハl |__厂} l / .l"-‐  1⌒冖| |/`: :>ー- _
            ..-‐´: : : / rヽ/: :/ `〉ム- _/ .ソ   (/⌒j_/: : : ://./: : : : : :/´.`Y: :\___    「ああ、そうだな。我らは外様だ
          /: : : : : : : {  { |: :{  .f  .(  rイ     丿 ./丿‐-.//〈:: : : : : :弋___/: : : : : 、 : ,>    そろそろお暇しよう」
         /: : : : : : : : : ∧∧/ー弋 ゝ、_ ∨∧_,,,...斗´  ノ`: : : : : .l .}: : : : : : : : : : : : : : : >´、
       /: : : : : : : : : : : ./ | |: : : : : ヽ、 .ノ/: :二 ∧ヘ__ ..-‐´ 「二」: : : l ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
       ノ.: : : : : : : : : : : : :| |│-‐: :´: : ヽ〈: : : : : : : 〉/ ̄⌒ 冖‐- 、 .{( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
      │: : : : : : : : : : : : :| | ソ.__: : : : : ヽヽ_ :/: : : : : : : .,,.: : :_: ヘ‘, ∨: : : : : : : : : : : : : : : : r‐.、、
  .    /\__...--、.: : : : :.l !イヽ-.. \: : : : `: :|: : : : : : : / _....---'゛ .| .|`Y ‐- = __: : : : : : : : : : :|  ( )
     /: : : : : : : : : :.>‐ニ´ .{l,,..__\J: : : : : :」: : : : : : !__-'´....----: :| .| |/二彡 .冫: : : : : : : : : `‐´.∧
    ./: : : : : : : : : /キ二二二.! ` ‐-.\: : : : : :「: : : : : : : : _/ ,..---': :| .| /二二ノ  \: : : : : : : : : : : : ∧
    ': : : : : ,.イ ̄ キキ二ミミ.ニ| -ー 、゙ー‐: : : : |: : : : : : : 丨_..‐ ,......--- .j 〈二二ニン.|    \: : : : : : : : : : :∧
 .  {: : : :/´.ハ / ././二二ミ |.: :` ー.\: ::::__|____: : : ゙/ ...--‐'': :ノィマ 二 彡ニ.| | |  \.: : : : : : : : : ∧

609:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:52:34 ID:za2Dhq9Q
戦場で散った兵士への心無い罵倒て、ミッドは本当怖いところや
やっぱ閣下がいないとダメだな!(ぐるぐるおめめ)

612:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:55:03 ID:G5aPMKEQ






    唐突に現れた物騒な弔問客の集団は、同じく慌ただしく去って行った

    数十分後に幾らか離れたブロックで発破音と盛大な魔法攻撃の応酬が始まった事から、
     本当に忙しい間を縫ってきたのであろう

    去って行く黒喪の背中を呆然と眺め……






     \        -―――-
       \       ´ ̄ ̄`
         \        ,.¬ー-,ッ-‐- ,,_               それではお暇させていただくよ
           \   _,,.-'゙::: : : '"      ` 丶、
              `ヾ '"         :..,! _,,. --ュヽ           まだ我々が狩るべき者は多い
 \   、                   ‐-=-''"   〈.. ノ ゙:、
   \  ` 、      ,,                  /丶、 ゙'ヽ
     ヾ:::::...... 、   ''"           ,.- '′   ` く
       ゙:、::::::  .,,_           _,.-''゛   、    \
       /> --''"``丶、、zz==''"         ゙、      ヽ
     /ィ'´       ,'                  ゙、      i.
   /'゛/      ,'       ゙:、           ゙、     .i
  /  /        i          ゙、     :、   ゙:.       i

616:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:58:13 ID:G5aPMKEQ






     この日、一人の少女の精神は死に

     一匹の獣……

     獣の皮を被った人間では無く、人の皮を被った狼

     人狼の一人が生まれ落ちた






:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>-‐…‐- _:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/        >、:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY            ム:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:>-‐== .!             :}:i:i:i:,'7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i< ´    :/        O :O O:,’:i:i/.7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i〈   ヘ  :< ` 、       O O  !:i:i/ 7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i〕  :ヘ:  7.¨o、 ._` ニ冖ー i   > ゝ、 .7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i,,.。< ´ :7i:i:i:iィ 〇 ̄.}   ¨´    イ -、.:i:i:i:i:>‐- <  〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:iヘ .ャ≦´:i:i:i/  ヘ_ ノ |     :>、´.、ー、-,/´:i:i)    ヽ__:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:ifヘ   :i/^¨Y    人,,.ャ≦ 三 Y Y } }:i:i:i/  > ´ ゝ、):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i/ヘ:ヘ:i:i:i>ヘ 彡゙ヘャ≦  |三彡彡,. =ニヾ} .| |:i/   ヘ   / ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
iヘ  :Yノ   イ}  」  ,,.ャ≦彡三三.f  `.ノ  } ノ     ゝ´   ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:ヘ  :( .<´  ^⌒斤ミ三 彡三三三|  .Y  !ノ            f--、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:iヘ :}≧、`ニ‐- ..._ミ 三三三三彡 .!   {  〈ヽ.           ヽ  >:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:iヘ ! r ´≧‐-ュ、_ ⌒>-、r 、    〉   }  ヘ )            ゝ,´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:f-.| :`! :i:ヘ ヘ  > 、ノヽ `⌒.ノ   ノ  〈ノ              Y:i:i:i:i:i:. ャ<
:i:i:i:i/ :人 |>-ヘ  >r 、< 彡,r 、ュ´ .>´ > <            __  ! ャ<´> ´
:i:i://  < > ´ゝ 〃 }ー‐= ^} }-'´ノ冖=.、 冫ヽャ≦⌒^.Y ,,.。 *f ( > ´  ャ<
:i:i:i\   :/     心 `ー― ´ノ>'´  ,.. 、 { ノ彡三彡<´ 、.( 〉 .〉 ,ャ<´ >
:i:i:i:i:i:⌒≧=- __    ム.__O__ノ  >''´  .) 〉'彡<´|   ,,.。 ノ/_{ (j´ > ´:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧、__   :|    /  /´ ャ<´    ,,.。 *''"> ヘ 八:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧ 、:}_r― 、 < |   ,,.。 *''"  > ¨^ `斤:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

617:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:58:39 ID:RnXhVZAc
あーあーw

619:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:00:47 ID:za2Dhq9Q
残念でもないし当然。むしろ期待の新人と言える

620:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:01:20 ID:KpBJ33.U
あーあw

621:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:03:12 ID:G5aPMKEQ






      正式に彼女が人狼の群に加わったのは、それから数年後

      15歳、特機隊養成学校の最低志願年齢に達した時の事である

      特機隊は志願年齢が士官学校よりもかなり高めに制限されている

      これは彼等の主戦力である魔導外骨格の大きさに対応するためと……

      高度に戦術的な動作を要求されるため、ある程度の年齢的成熟に伴って
       習得される社会的帰属本能を必要とするためであった

      魔導適正を持ちながらも特機隊を志願する者は珍しくは無いが、多くも無い

      空士としては難しくとも、通常の陸士学校には問題なく入校できる彼女であったが……

      群を知った狼が群れに帰りたがるのは、極めて自然な流れであった



               /: : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /: :/: : : : : : : /ヽ: : : : : : : : : : : : :, --: ヽ-、
          //: : : : : : /|: : \\: : : : : : /: : : : : :ヽ´: : i‐┐__
          /: : : : : : /: |: : : : : : : :ヽ: : /: : : : : : : : : : : : :.|: :|: ::|
        /: : : : : :/:.|: : :l : : : : : : : : /: : /: : : : : : : : : : : : : : : :!
       /: : : : : ://: : :{: : : : : : : :,:--/: :/: :,: : :メ、: :/: /: :|: : : : ヽ
        /: : : : :/ ./: : : ∧: : : : : /  /:/: : /: : /: : メ/:/.|: : |: : : |: : }
.      /: : : : :/  /: : : /. ',: : : : :', ./〃: : /: :〃 ァ≠、ヽ |:,': ,': : : :|: : i
     /: : : : :/  /: : : /.   ',: : : :,ゝ〃|: :////.`ん,.ヘ , '/: / |: : : |: :.|
     /: : : :/.   {: : :/ .     |: / /フ: |: :,′/.  ヾ、'  .////: /: : :.,'|: /
.    ,': : : :/.    |: :.{      /     |/|: :!.          !//:./ |: : /|:/
    {: : : /     |: ,'   /\ヽ .     |: |        ゝ: :/ .,': / /
.   |: : :.{.      |: |/:::\  .\\   |:.|     r フ_.イ´// .//
.   !: : ,′    .|≠:.:\:::::ヽ、 \\ _|:| 、  , イ´  /  /
.   |: :,′   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::ヽ  \/ リ ` ´
   |:|.   /-----:.:、:.:.:.:.:ヽ:::::ヽ  /|
   N   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヽ、:.:.:\:.:ヽ/||.、
.      ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:ヽ::ヽⅨヽ、
      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヽ:::ヾゝ:.:.:ヽ
.      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::::ヽヽ:.:.:.ヽ

622:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:03:18 ID:A27DBlB6
なんだこの悪質なナデポw

626:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:06:29 ID:crJZx3LY
最低志願年齢か……平均合格年齢はいくつですか……?(震え声)

627:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:09:27 ID:cK.ppklM
まーたいたいけな少女を自分色に染めやがったwww

628:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:10:10 ID:G5aPMKEQ





     特機隊の訓練は苛烈を極める

     単調ながら苦しい基礎体力作りのトレーニング

     その合間合間、身体を休めるインターバルの如く密度の高い座学が詰め込まれ

     肉体は兎も角精神的には休まる間も無い訓練が続けられるのだ

     それは、これほどまでしなければ、装備があっても非魔道師、或いは低ランクの魔道師は
      高ランクの犯罪者にすら勝てないという……

     魔法全盛世界の悲しい現実を彼等に叩き込んでいった




                       __       │
                     ∠:_::::`ヽ.    |
                 〈::o::::o、:ハ   |  |}
                  Lrミ::_::」八   |  ||
                  f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|   いいか貴様ら、俺達は劣った者だ
                 , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|
              /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|   劣ったからコレを着ている
               〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
               ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/    劣ったからこんな長物を背負っている
                   ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/
                   /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′     劣ったから様々な装備を担いでる
               〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
               /\:::::/:::::::/:::::i::|      
            /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|        だが、特機は、俺達の群は誰にも劣っちゃいない
           /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
          /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|        つまり、俺達も誰にも劣らぬ存在になれるってことだ
         /  / └r──′:::{:::::::{: |
        /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
    ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
   .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}

629:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:10:40 ID:KazhMifM
悪堕ち案件カナ?

630:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:11:33 ID:jyQ0mLNM
>>629
あっ(納得

631:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:16:52 ID:G5aPMKEQ





     魔導外骨格は素晴らしい兵器だ

     二機の並列魔導炉と魔導核は攻撃と移動、移動と防御、攻撃と防御を同時に実現させる

     よしんば防御術式を抜かれても、堅牢な魔導鍛造外骨格は多くの魔導攻撃を防ぎ

     ランクの低いバリアジャケットであれば貫通し得る質量兵器すら凌ぐ

     そして軽機関銃じみた、通称「人狼の電気ノコギリ」と呼ばれるデバイスは……

     魔力を封入したカードリッジを使うことで、恐ろしく低コストな実体弾を打ち出す魔術を連続して行使する

     されども、そんな兵器を操るのは脆い人体なのだ

     習熟し、戦う事に特化せねば、存在が兵器と言える魔道師を圧倒することは適わない


      /
     /   __
     ,' , ´: : : : `≧ 、
   . //: : : : : : : : : : :、 ` 、
   /,.' : : O .O: :O: : : マ: : Y
   <: : : : : :O: :O: : : : :7: : :7            /
  //>.、 : :  ̄二: :_,: :_: : 〈           /   /
.-=´≧ 、ミ>、 : : /! ()丈¨゙         /_r-辷 、/
人(  ィ^>、ミ| ¨ハ   ヘ 〉.__       / ゝ、>、ヘ Y
: :≧ 、ヽ   >〈  \> ´ヘ l    , 、/   人 .ヽ ヘ .{       そして如何に強力な魔道師とて所詮人間だ
: : : : : ヽヽ/´.ヽ\ ./   } 〉>-=//    ノミノ   /
: : : : : : : :Y`v.¨ヘミヘ >'´< : : :</7 ノ 、´{    r': :|        いいか、殺せば死ぬ
 : : : : : :〈: :トヘ ヘ__三弋ン.`i./  ⌒./ .!`ニ=/: :o:ノ
: : : : : : : :`、: : ヘ `ヽ.t‐―^/    /ヘ .,':7: : :イo:::イ          だが俺達は死なない
>、,r 、 : :/> ´`ヽノ个./`ヽ   .与: :〈 .7-{ : : :}/ {
: : : : : >: : / ⊂ヽ, ヘ /    ヽ/ ヘ._∨ :|.: :r ´: : |            俺達は人狼……狼の群
:/¨´ /: : / ⊂ヽ, ヽ/     / 彡三.〈ゝ:|.: :|: : : : :>
ミ} .〉 :!: : :{ ⊂ヽ,ヽノ \\  Y ノ 彡 /乂ヽ!.: :l.: :/ :|             群が生きる限り、群狼は死なない
ミノ : 〈 : :└、 ` .ノ     .>.ノ、 彡彡三^>| : : Y: : : :|
ノ=‐- :`、 : : `:>´    ィヽ)〉 ∨三彡( ! |: : : :|: : : :l
: : : : : : :≧、/    ノ ム^)  └七 ^ー- > 、:|: :/
≧ 、...___ /___,...  /´ ヽ.  ヘ.           レ´

632:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:18:22 ID:9BE5KlNI
こいつらコワイ

634:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:18:42 ID:4MDzAMzg
全体主義? いいえ、群れの掟です

638:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:23:36 ID:G5aPMKEQ





     なればこそ、特機は高度な装備を用い高度な連携を要求する

     綿密に戦術トレーニングを行い、連携を強化し、偵察・調査に重きを置き

     強襲、伏撃、騙し討ちを良しとする

     特機と……それによって育まれた陸士の外骨格部隊は、正しく狼なのだ

     魔道師と正義を侵す者達を狩り殺す群狼…………



            , - ' :: :::::::::::::::::::::::::::::: :: ' ー 、
              /  :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   ヽ
            /  :: :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: :: :: ' ,
         /  :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::  ヽ
        ,'  :: :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   i
        /  :: :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   i
        i  :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   i
      /ヽ 、_:: :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: _ , ヘ
      /     ::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー - '    ヽ       常に警戒しろ
.     /   :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :   イ
.     ハ    :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   / i        一人の特機では負ける
    |ヽr _  :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: :: _,イ  !
     |  上 ` t , _ :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::: :: :: :: :: :: :: _ ィ '  |   i       常に意識しろ
-一ヽ、 .`'´ ヽ .// ' ー--t- =====-r 一 ' ' 弋 !l_ - ' `ー ´
::: ::: ::: |    _イ二l i l      } ,イ^ト、. {.     ツニi二!            数は力だ
::: ::: ::: | _,.厂、   ヾ= .,, __ノ./_ 八 _ヽヽ、_ _〃    >、
::: ::: :::上 `ミ、ヽ   i     ナ'      弋        /  イ          常に狙え
::: ::::/ヽヽ _ミ iヽ/ ゝ  /    i⌒i   ヽ _ ノ   l / ,<_
::: ::ヒ二 ミ上´::: :::∨   ~     /   i        /K/::: ::ヽ、         そして、油断していれば魔道師はタダの人間だ
:::/二二/:: <ヽ、::: :!、' ,   /    ヽ、   , ' /::: ::: ::: ::: :::`‐、
:::ヒ二シ ::: :kヨ::: ::: ::ヽ、  Y        ヽ / ,.∠-i::: ::: ::: ::: :::
:::i-ニ=┤::: :ヒコ::: ::: ::: :::ヽ |  , =-‐- 、  }.|/ i///i::: ::: ::: ::: ::: : :::
::: トー-イ、::: |ニi::: ::: ::: ::: ::: ::`ヒ iニ ̄ ヾY/ ! []上ヾ>::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::`<二/>、!ミi::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: 弋 ̄二|::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::: ヽ三シ-Yソ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::`<-弋::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::

643:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:28:46 ID:J3RQK1SU
うーんこの殺戮部隊っぷり…

644:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:29:22 ID:G5aPMKEQ






    並々ならぬ情熱と魔道師としての才能

    そして魔道師が持つ並列思考や常人より頑強な肉体

    複数の要素が相まって、彼女は子犬と俗称される訓練校生時代から非凡であった

    あれだけ凡人凡人と自他から言われる人間だが……

    熱意と方向性が噛み合った時、人は想わぬ飛躍を遂げる者である





                   /⌒\         ,. - 、
                 -< ̄ ̄ ̄: : : : : : .、/: ,:-: ミ:、
              ,、/:Y: : :V⌒\-: 、: : : : : :\-、_: : : \
             /: : : : : : : : : :`: :\:\: : : : : :∧_〉\ : : ヽ
           .:': : : : : : :/: : : : : : : : : : : \: : :/: :|:|:\: : : : |
           /: /: : : : ,ィ: : : { : : : : : : : : : : \ : : |:|: : :\: : l      「ランスター候補生、当該状況において
          .': /: ,:,:-/-|、:| : V,、--:、- 、: :ヽ: : \: :|V: : : : : :.       貴様が分隊長であった時に取り得る戦術を述べよ」
          /:イ': :|: :イ  l:∧: :∨\:_}\:ヽ : V、: :∨ '.: : :、: : :.
          { {|: :{: {卞雫ミ \:{ィチ雫下}:∧: |、:\∨ ∨: \: :.
           八: |、:|ム Vj   `  Vzり/:イ∧}ノ:/ ヽ  V: : :`: :
             `>}':|:l}  ,         /'/:/_,.リ:/       V : : : |     はっ、敵が警戒していないのであれば
            /: :V|込、 、  _,   /:イ |:/         '.: : : : .      静音術式を発動させ、分隊で左右の部屋へ侵入。
          / : : /|: | \ ー    ィ{/_|`_         ,: 、: : .      壁越しの斉射で撃破します
         /: : :イ  |:,:    ` - r ≦/::::/ヽ }        }:∧: : :.
       /: /      / __,...ィ7/〉/ ̄ / /::\      |/ ,: : :|
        ,: :/   r<::::::::::::: //{/∧   / ,:':::::::::::\    /   ,: 从   「警戒していた場合は。護衛も伴っていることとする」
       /:イ   /::|:::::::::::::::/ ,' ノo ∧/  /::::::::::::::::::::`::...、    }/ }
      {   _{::::|::::::,::::::::|  {__⌒} /   〉::::::::::::::::::::/⌒\  /
         「:::::::::::/:::::::::,  | `/   イ:::::::::::::::: /::::::::::::::::}       パンツァーファウスト(型の使い捨て大型カードリッジ)
       r- ':::::::,:,:- 、:::::::::::∨ {/> ´::::::::::::::::::/::/:::::::::::::::::::::|         の爆砕術式で一室毎粉砕。駆り出した後に
      ノ:::::: //    ̄\_∨`\______,{:/ ::::::::::::::::::::::: |          特殊攻撃(魔導依存ガス)で無力化します
     /-- '  {     「 {|  /         ∧:::::::::::::::::::::::: |
    /     八       \|l/  [二_]      l∧:::::::::::::::::::::::,
  /          ∧      |!          | ∧::::::::::::::::::::{

647:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:31:02 ID:Y4jZzRsg
パンツァーファウスト
魔法使いの杖

648:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:31:36 ID:GmicSSCg
笑顔で人をぶち殺すための算段を立てる少女

コワイ!

655:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:34:05 ID:J3RQK1SU
詐欺だ!w

657:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:34:30 ID:G5aPMKEQ





     斯くして人狼は群に受け入れられることとなる

     優秀な人材というのは、何処であろうと歓迎されるのだ

     それが冷酷に作戦を実行でき、法規を熟知した職業軍人であれば尚更……




          _     , --‐,', ̄ ̄ ` ヽ、   , 、
        /: :`ヽ、/:/ `ヽ::ヽ/ ヽ: lヽ: : ヽ<: : :\
        /: : : : ://::ヽ: : : : : : : : : : : : \`:_ヽ: : : ::\
        /: : : : /: : /: : :/l:l: : : :ヽ:ヽヽ: : :\:/:i: :\ : i
        .i: : : : / /:/: : /: |:|: |: : : :',: | |ヽ.ヽ: ヽ: |: : : ヽ|      「結構。では、奇襲性を確保するため避難誘導を一切
       |: : : : i: i: :i:-/‐‐云_メ_: : :|_|斗云|‐、ヽ|: : : : :|        実施しない、市街地での作戦であると仮定した場合は」
.         |: : : :|: :|: :|: :,〃行圷ミヽ: :| |行灯ゝ|ヽ|: : : : |
       .|/: : |:/|: :| ,'、ヽ 辷.ン  ',: | 辷シ ',:|ヽ. |: : : : :|
.       ,′//: :| |、|、ヽミ     |/    /: |/ ',: : : : :|       同じく静音術式を用い警戒している見張りを排除
       /: : /: /|:.| `ヽヽ.    /`    .//  . ',: : : : ',
      /: : : : / .|:|.  ヽヽ、   ̄  ,∠//    i |: : : ',      見張りを立てず、部屋に立てこもっているようであれば
      ,': : :/:/  .l     \ > 、_ ∠| /     } |: : : :}       手順を省き左右の部屋に一人配置
       i: : /:/       /7 、_  __‐.|ヽ       |:|: : : : ',
     .|: /|: |      /::::|   /,/ ,ゝ .|::iヽ 、    | |: : : : }     上階に二人を配置して床をブリーチ
     |: :|: :|  ,、r:.´:.:.:.:|::::::| 、// /、ヽヽ|:::i!:.:.:.:`:ヽL_: : : : :i
     |: | ,、r:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::ヘ  ` } `´ |::::i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,'ヽ:|     同時に左右の部屋から挟撃します
      ゞヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::ヘ   , -- _/:::::::i!:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.i′
     .i:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:::::ヽ´:::::::::::,'::::::::/:.:.:.:.:l:.:.:/:.:.:.|       全週魔導障壁を貼るようなら音響攻撃にて対処
     .|:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:\:::ヘ:::::::::::/:::::/:.:.:.:._:-|:./、:./|
      |:.:.:.:.:.:.:.ゝ--|-------ヘ、ヽ ./::/::、::"´:::::::|´:|:./:|       格闘戦に持ち込めれば数で押し包みます
        |:.:.:.:.:.:.:|::ヽ::|:::::::::::::::/:::::::::`ヽ/::::::/:::::::::::::::|::::|/:.|
      |:.:.:.:.:.:.:|::::`y:::::::::::::::::`:ヽ、::::ヽ<::::::::::_::-‐‐;}/|:.:.:.|
       .|:.:.:.:.:.:.:|::::::|::::´::::::::`ヽ 、__:`ヽ、ヽ´:::::::::::::::/:::ヽ:.:|
        |:.:.:.:.:..,'::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::/、::::`:.:|
       |--::´:::::::::|、:::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::i:::::::/,'::::ヽ::::::|

658:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:36:07 ID:yC2qCRqU
淀みなく最適解を答えられる指揮官有能

659:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:40:10 ID:J3RQK1SU
問題はイレギュラーレベルにどう対処するかだ…

660:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:40:25 ID:Y4jZzRsg
>>658
最(も効率的に)敵(を)解(せる解答)

661:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:40:26 ID:G5aPMKEQ




    まぁ、元々、どの辺が凡人なんだっけ? と首を傾げる才能の持ち主だ

    そりゃ収まるところに収まれば優秀になるとも

    元がそうだったんだから、多少歪んだところで変わるはずも無し





       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ--ヽヽ: : : \
      ./: : /: :/: : :/: : /: : : :|: : : : : : : : : : : :\/ヽ|: : : : : ヽ
     ./: :,〃: : / : : /: :/| |: : : :|: : |: :l: :ヽ: : :ヽ: : :ヽ,'|: : : : : : ',
     /: ://: : :/: : : /|:/ |: |: : : |: : |、:|、__ヽ: : : ',: : : ヽ: : : : : : :i     「結構。では更に条件を追加する。
    ,': :/ ,': : :,',-: ナ┼--ト|',: : : |_メ七´\丁 ‐-',\: ヽ: : : : : :|      対象がSSSクラスの怪物であったとすれば」
.     / / .|: : : :|: : ,'〃ら云、 ヽ: : :| .,≠う卞7、、: :i、ヽヽヽ: : : : : |
    .i i  |: : : /: /ヽ 代:::う  \:| .´代:::::::j 〃y: |ゝi ヽi: : : : : : |
.     | |  .l: : /:|: i:ヽ 、辷シ    ヽ ..辷_メ ´ /:ヽ|ヽ| ':|: : : : : : |      ……教官、前提が破綻します
.     |:|  |: :,' |:|:\ヽ    ,        //: /.||/  i: |: : : : : |
     |   |: i: :/||: :ハ \    `        / /:/´.|    ',:|: : : : : |     一個連隊での包囲殲滅作戦に変更
        .||: :/ | | |人     r  ヽ    //      ',:|: : : : : |
        .||:/: / |:|.  ヽ、   ̄     .イ|//          i: :|: : : :|     或いは戦術クラスの魔導兵器使用許可が必要です
       .|:/: :,'   |     >.、_   <´ //l         .|: :|: : : : |
       ,'/: :/       /_|    _/ |ヽ           |: :|、: : : |     もしくは諜報謀殺を採るべき相手ですので、
      |/: : ,'       ./:| ./‐‐、' ´   ./:::::ゞ 、        }: :| }: : : |      撤退を具申します
      /: :/:|    ,、r´,'::/ // .,ゝ、  /:::::::::|:.:`ヽ、    .|: | |: : :|
.       ,': : |.L,、r:.´:.:.:.:/::://./ /、 ヽ 〃:::::::::::|:.:.:.:.:.`:.ヽ..、 | ,' .}: :/
     ,、 r:.´:.:.:.:.:.:.:.:./:::::/´//lヽ_|   ヽ,':::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ、L_/     「……大変結構だランスター候補生」
   ./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::,' ___|     /::::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./`ヽ、
   i:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::|::´:::::::::`:ヽ  /:::::::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.i

662:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:41:27 ID:qMG6nhp2
すばらしい、ちゃんと撤退を具申できるw

664:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:42:39 ID:xQiXltXY
教官(すごいの来ちゃった)

665:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:42:45 ID:JAmzdoBE
やっぱ暗殺なんだよな・・・
コスト安いし

669:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:45:19 ID:G5aPMKEQ




     さて……残念な事に将来が歪んだ少女は一人では無かった

     厳格にして完璧な人狼の資質を持つ少女には……

     まるで運命に導かれたように青い髪の少女が訓練校の同室に割り当てられていた

     そして、訓練の多くでツーマンセルを組む戦友でもある

     誰とでも連携できるよう、ツーマンセルは細かく入れ替えられるが……

     それでも同室というのは別ちがたい縁であるのだ


                  _
                //⌒`
              -- 、{,ィ^V⌒\-- 、
            ⌒>::/:::::::::::::::::::::ヽ::::\
              /:::::/::::/::/::::::::::::::::: ∨:::::ヽ
           /:::/::〃::/:/|:::|:::/:l ::|::::::∨_ハ
            '::イ:://::/|、-|::::Vム斗:V:::∨_}
          /' |/':|::/ィ斧V:::| ィ=ミ、|::|:::V::、} 、
            |::{::V} り ∨ ん斧|∧::|、/ー\
            |八:::{  ,    vzツ//∧}/ー  ノ
                }込、 、 _     /:イ:|リ| |-く
              ,|/-、\__,.  <{/j/}l | |
            /    〈 , - }-「 ̄/  ∧| |
           /_   r-/:r-く:|___/_ヽ }
           {  V /∧::::::7'::∧ /   `ヽ
            、  V,.:'::::\/_,/ 〉:'        '.
           /  /::::::::},.::::/ /         }
             /  ,:l:::::::::::/::::/ /___  (_) 〈
          /  {:{::::::::::,::::/|イ{     \  _}
          ,   人〉:::::::{::::l::|/人        ∨ ,
      _ r    /|>-人::l::|{// 〉、     __ イ
     _///|  \_ /    { ` | ー,   ==- /   |
    /-ニ>- 、   }    ':. |__/  -= /___」
    /ニ<()>->------、 ノ_r' -== /   /
   J/ V::イ〈: :(__): :>: :\\`ヽ、  /   {__
  r-'---乂_V∨: : :「: : : : //    ,:    ∨}
  |V===Vミ、=\、: : V: : 「::「---== ≦---- <::|
  〈乂===∨ミ、=/ ーr---rイ: :/: : 〈:::o___>:::∧

670:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:46:21 ID:RnXhVZAc
銀姉泣くんじゃないかなw

674:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:49:05 ID:G5aPMKEQ





     意外にも戦術や法務の座学において大変優等な成績を誇る彼女……

     特機の活躍もあって、彼女が魔道師に憧れる切片であった空港の爆破テロが起こっていなかった

     というか仮にも首都であるミッドの大事な大事な空港がテロで吹っ飛び

     剰え対応が後手後手になって陸士の派遣が遅く、後から来た中卒魔王の幼体が先に到着するとか何やねん

     という話である……

     が、どうやら彼女、あまり穏やかな星の下に生まれていないらしく……いやまぁ、出自で言えば明らかだが、
      ともあれ荒事と縁が多かった。幼少期に銀行強盗に巻き込まれているのだ


                    /:,′
                     {:.{    __
                   _ .弋...-‐.:.:.ヽ:,:.:.:.:⌒:、
                    ...:.´:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ`...、
                 ....:´:.  .´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:ヽ
              /; < /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:..
                {´ヽ: /:.:.:.;/:.:.:./:.:.:.:.:.:./',:.:.:.:.|  ヽ:.:.:.:.:.:.:.',:.:.',
               |、 : /:.:.:/′:〃:.:.:.:.:.:/ }Ⅳ:.: |、   ',:.:.:.:.:.:',:.:
               |: : :{:.:./ i!:.:.{′:.:.:.:./ / ! ',:.| \  ',:.:.}:.:.:ヽ:.}
               |: : :{:/ : |:.:.:{:.:.:./:.:// .! ',l    ー┼ :.}:.:.:.:.:.\
               |: : :{′: |:./{:. /― ´_    }:}  ≠ニミ.、:.ト、:.:.:.ヾ \
               |: : : ヽ、:|/: |:∧  r ⌒   }′    } ヽ }fヽ:、:.:',
               |: : : : i!k、ヽ|'; fヘ       !   //ハ  ハ }:.i!ヽ:.}
               |: :',///:ヽ.!;八}:i //ハ          / メノ  }′
               |: : Ⅵ////\ }'',    r―‐ ,   /:´ ´
              |: : :.∨/////.\.j:.`...、   ー ′ ..イ:.:ハ
                ハ: : : :ヽ///////≧ 、:ハ_r  _  イ从|:/ }
             / : : : : : : ∨/////// /:fミュェェ≦オ: ',、
              〈: : : : : : : : :ハ/////./: : :{  〕ニ[ .|: : Ⅷヽ
           ',: : : : : : : : Ⅷ// : : : : l /{:l___l:} }: : :Ⅵ/ へ
               ',: : : : : : : :Ⅷ,: : : : : : l′〔::::〕.∨: : : ∨///会 、
                 、 : : : : : :.キ.∧: : : : : : ! /:ハ:',}: : : : :ノ//////会 、
              ',: : : : :.キ/∧: : : : : l _  ,′: : :///////////ム
                    ',: : : : :.}//∧: : : : ヤ: : :`y : : ///////////// |!

676:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:49:51 ID:o12aEfHk
あっ(察し

677:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:49:59 ID:79jcyMVk
あっ(さっし

678:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:50:08 ID:RnXhVZAc
幼体てwww

679:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:54:54 ID:G5aPMKEQ






      そこに颯爽と現れたのは白い魔王様……

      等では無い

      というか、どうあってもあの砲兵が出て来てはならない状況だ

      全ての攻撃が必殺であり、小手調べだの牽制だのという小賢しい技がない最終兵器

      そりゃー人質全員死亡でも解決ってことにしてもいいんなら、このミッドが誇る
       一人デス・スターを放り込んでも良かろう

      だが世論は犯罪者と人質を混ぜ合わせたネギトロを前にして、成功と言い張るのを良しとしない

      ……むしろ、コレが正式に引っ張り出される事態ってなんだろうか



                 ,. .- ‐― - __ __
                 /: : : :_: : : :/: : :.\: :\
                    /: : :.:.: : : : : /: : : : : :.ト\:.\
                 i : : : :..::::::.:.:〈:.: i: : : : : :|: : Y^`
                 |.:.:.:.:.:.::::.:::: . 丶|: : : : :|:ト :.:.l
                 |.:.{ :.::.:.:.:.::.:.:.:.:. l: : : : :|八}:ノ
              八{::: : : :: :.::::.:./|: : : : :|         や、そこまで暇じゃないです
                 "^\:、-‐- _乂: : : : :|
                  ===≠, , |: : : : :|
                     /       ヽ|: : : : :|
                   /.:::: ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : :|ヽ
                  〈::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : :|:::l
              ‘;:::::{::::::::::::::::::::::::|: : : : :|:::l
              ‘,:::{::::::::::::::::::::::::|: : : : :|:::|

680:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:55:34 ID:3KKsZk4k
恐ろしい…

682:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:57:57 ID:RnXhVZAc
遺体が残るのか?

683:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:59:54 ID:sZTI4u9w
銀行強盗程度で戦略兵器が出張って来たらそりゃたまらんwww

684:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:00:16 ID:G5aPMKEQ




      この頃、ミッドは治安の引き締めを大いに行っており、犯罪者を吊し上げることで
       一罰百戒の治安維持に重点を置いていた

      そして、即応性の高い特機隊に対し、胃痛を抱えた中将が出撃を要請したのだ

      何をやっても構わんから人質に死者は出さず、強盗は全員無力化しろと

      普通ならば困難極めるオーダーを特機は……

      あの虚ろとさえ言えるほど普通の雰囲気を醸し出す御免なさい案件製造マシーンはやってのけた



                        __
                      /:::::`ヽ
                      .′::::::::::::ハ
                      r::o ̄o:ヽ}
                     ∧_,ィヽ._j/∨
                    _f iヽ{n}:_}∠_}_
                 -‐/:::| 廴::く:ー-/:/´::/ ̄く>‐. 、
               /::::::::::厂:Lニ〔`ー}ニ<::∧:::::::::::::::::::\      ゾロゾロ
              く:::::::::::::::{:´=ミ::::: ̄´r==:::::}::}::::::::::::::::::::::::\
              /::⌒X/|::=ミ:::::::::::::::r==::::|:::ヽ:/\:::::::::::::::>
             .//::::ノ   \::::/ ̄:\::::x:<:: | {   \:::/
            厶、/|   ./_`i::::::::::::: ヽ_/{_::|∧    {´
               ,」__/./::、_|::::::::::::::::}___/:ノ ∧   .ノ
              /::::::: / 〈::::::∧::::::::::::/:::::::>:{   }_r::::::ハ
             .'::::::: /\_\:::∧:::::::/::f:て {::::〉  |弋:::::::|
              i :::::/   | /E{ー--一く::::::厂::ハ  l. |::::: }
              | ::/   〈}   |::::::::::::::::::::}:/::::::::::|  | |:::::/
              }:/   /   |:::::::::::::::/〈::::::::::::|  | l::/
             {::/   /    .|::::::::::::/   .∨:::::::| 介、;ハ
            //   /:i    ー一く    ∨::: |(rz 〈::ノ
           .//、  //:|       ハ \   ∨::| `⌒
           { | >介xミx、     | }      ヽ}
           ,ソ' 〉/   }=}    | i        }、
           /' 〉/    f彡_    } ハ     /::::}
          ./' 〉/    三}:::\__ノ   \___ノ:::::/
          ′〉/     三}:::::::::く   〈:::::::::::::イ
          . 〉/      {彡:::::::::::i     ∨:::::::::ハ
          〉/       ゙彡::::::::::|     |::::::::::::::i
          /           ゙:彡:::::::|     |::::::::::::::|
                   |:゙:彡:::|     ∨::::::::::|

685:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:02:49 ID:G5aPMKEQ





     ミッドでドンパチやるのになれた特機の仕事は迅速である

     彼等は最初から市街戦に重点を置いた戦術に特化している

     そして、指揮官は延々とこの手駒を使うことを考えさせられてきたのだ

     四六時中、それこそ夢に戦術シミュレーションが出るほど魔女にしごき倒され、
      彼女が納得する運用構想レポートが出るまで頑張らされたのである

     そこまでやれば、凡人だって名将と同じ事ができる

     彼の速さを重視する御仁も言っていただろう。凡人でも百年あれば名作は書けると

     大体はそれと同じ理屈だ



           .!
           .|!
           li
     .      |j ,. :" ̄: :ー: .、
         l!  |/: : : : : : : : : : ヽ
          |',  |∵: : : : : : : : : : :',
         !」..../: :∵ : : : : : : : : : {
        /三 !: : : : : :........ ____... 〉__
      ./ : : : : .弋: :/ ベー´ヘ`´!: : : : Y
    ./ : : : : : /ソf. 彡>ヾ _ノ=ヘv.、 l : : !
   /_: : : :/ン : : 'ー-ニ ヽゝ、/f .{. .j }∨ .|        閣下よりのオーダーはシンプルだ
  │: : : : ̄.Y.. ャ≦¨≧ .\`., 弋゛>.ノ: :∨l
  │‐-: : : 冫: : : : : : : : : ` ,ヽ`zム´.l : : 〈`          「銃を持ちて彼を撃滅せよ」
  !⌒ヽ: :|/: : : : : : : : : : : : :ヽ‐ ー-''´.: : : :}
  弋__ ..!: : i ..---‐--.....-_/ニ.、j.: : : : : :ソ:\          我らの仕事だ、変わらず弛まずこなせ
  //ニ : : !: : : : : : : : : : : : :l ‐-J: : : ∠ \: : \
  !: : : : Y :ミ : : : : : : : : : __/ ‐-J :/l : : } : :`--.、:\
  弋__ノく |‐‐: :=: :-ノ: : : : : : /ノ: : ノ`ー', ‐-\`、
       ニ1: : : : : :/ ≧=‐- ノ「 ./`\  ゙J 彡j._l
      Y .>{___/  ≧l_: : ン|/: :/: :ヘoヽ  `‐"
       `>‐´|| 冫⌒ヘ l 二二ンノ¨.〉.-キ ’,    _
       !r匕||コ{: : : :  ̄ヽ `-´: :Yャ≦¨ `≧- /:i:ム
       lい  .|│: : : : : : ヘ>: : : : { ー‐--    ヽ:i:iム
  .     l.{--‐}ノ\: : : : : : ヘ: : : : |,,.. -‐=冖⌒   ゚̄。ハ

686:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:10:03 ID:aEsDF4TM
何をやってもはいかんでしょ

687:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:12:27 ID:G5aPMKEQ





     まず、あの野郎は堂々と前面に部隊を配置し、更にマスコミと野次馬を騒がせるに任せた

     その上、部下にネゴシエーションまでさせたのだ

     しかしながら、それは全て陽動……

     気が散っている間に隣のビル経由で二個分隊が建物へ浸透

     空気の振動伝達を阻害する静音術式を用いて各隊員は強盗の頭上に移動し

     精密爆砕術式を補助するテープ型のカードリッジを敷設

     何をしようとしているかと言えば、注意を前に惹き付けた上で、上階からダイナミックお邪魔しますをかましたのだ




                /      > …… <
            ‐〈  ./      /: : : : : : : : : : :Y
           ,' .7  /.      / : : : : : : : : : : : }
         ュ.,' 7 ,.〈   ィ=、 ノー- 、_: : : : : :∴l
        /> └ /-'ニ二 .|∠ - 、: : : :个‐--: : {__
.       /:ミミ : :// 、 <: :\>.、_: : ≧、冖==i´ィ.┐ェュ_
       /: :ミミ ://、 : : >、>ュ,_ヽ、>-、 \三 / .l .Y ー ┤
     /¨〉: : : : //ミミミ: : /: : : : :>、` 冖\ |r-,`Y‐┘.ニニT ,、
     └': : : : ://: : : : : : / /¨j__ : : ノ: :>‐==-!、」冖―¨_.。イィ'
     / : : : : //: : : : : r./, // > 、j / _ノ : : : : : : ム   |ヘ _ .|
 .   `l_< :〈/ : : : : 〈//.// / ///: :| : : : : : : : : : ム  .| | ノ }      静音術式始動
     .| .| ` <: : : : /¨lへ 〈.///: :ノ== 、  __.} f¨ニ´  }
    / l : : : :/ 〉:,ノ、: :`> 、ミ/: : }:iム |__ ^⌒ : : : :| >-'´ヘ ./      床面ブリーチ準備……各員、ズレは無いな?
  . Y  { l´.> /./ : : |.: : : : : : :/、: : :ヘ:i:i三}`l、: : : : : :|‐": : : :片
   {  | {   ,' 7>、/: : : : : :/ : : >、_ \lミ} ヘ: : : : :|ミ: : : :/        一撃で後頭部を殴り昏倒させろ
   `>.j   .!.,'  彡⌒.Y¨^¨>、 : : / 〈 .|ミ 二二゚j、 : : /
    , ャ≦>|.|  :f f / .〉!⌒冖=‐-ノ彳  ヽミー‐彡 |: /          強盗の指先をぴくりともさせるなよ
    | l:i:{ \}>、{弋 ノ三ミー―--〈ァ    ゝミ三彡'´}/
    ./〈Y\ ノ.===/i: : 《  |   i: :ヽ,
   / ,':{  \,..。 -‐/: :',: :∥ |  .|: : : :i
   ! 7:il   {   :〈: : : :, :∥ └ 、ノ! : : :|
.   , 7:i八      ト、: : : ,: 乂    | : : |
   77:i:i:i:i>、}   :ムミヘ: : ', : : >l ∥: : |
   |7i:i:i:i:i:i:iヘミ>、 ムミヘ: : , : : : : | ∥: : |ヽ
   !,'^¨    寸ミ> 、ミヘ: : : : : : :ー: : : |ミム
.  ┘       }三三.>ヘ : : : : : : : : : :| 三.ム   }',

688:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:14:13 ID:RnXhVZAc
爆砕w

689:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:14:37 ID:U3Fq7VGI
酷すぎて草

690:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:16:14 ID:GmicSSCg
強盗団「敵が真面目に交渉してきたと思ったら頭の上から天井ごと降ってきたでござる」

692:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:20:58 ID:G5aPMKEQ





    斯くして強盗は駆逐され、一発もぶっ放すこともぶっ放されることも無く……

    上階から床をブチ抜いて降ってきた特機がかます特殊警棒の一撃で事件は終息した

    そして、強盗にデバイスを突きつけられて震えていた少女は、白い魔王ではなく

    黒喪の狼に助け出された

    犬科の動物は得てして子供に優しいという法則は、人狼も適用範囲内なのだろうか?

    何か写真映えも欲しいしとの主からのオーダーを組み、一人の人狼は
     救出した少女を外骨格の肩に載せてやり、銀行から出て来たという……

    後々、人狼共が話題になると度々持ち出される印象的な一枚なのだが



                               ――- .        .||
                          /: : : : : : : : : : : ` 、       ||
                         /: : : : : : : : : : : : : : : .‘,     ||
                         !: : : : : : : : : : : : : : : : : :i       ||
                         }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ||
                         !:: __.... 斗-―-= .....__: : |       ||         怪我は?
                         .|: :------------‐‐ァ |       || i
                        //ソゝ ◯ __ニ__ ◯ ._ノソ.∧    || i
                        ノ/  !ヘュ/  .|  \.ュ勹  ゙ヘ    || .ハ
                        `  ヾ    ィニニト、 .イ /      ハ}ニ{
                        ノ‐ ヘ`-彡ハ___ハ `ー´)二` 、.  | |}ニ{
                       /-=ュ f ∧ { | 三ミ| ./ ノ)-‐ l   | |}ニ{
               _斗-=_  .=-{ニ‐、 .ノ ハl |__厂} l / .l"-‐  1⌒冖| |/`: :>ー- _
            ..-‐´: : : / rヽ/: :/ `〉ム- _/ .ソ   (/⌒j_/: : : ://./: : : : : :/´.`Y: :\___
          /: : : : : : : {  { |: :{  .f  .(  rイ     丿 ./丿‐-.//〈:: : : : : :弋___/: : : : : 、 : ,>
         /: : : : : : : : : ∧∧/ー弋 ゝ、_ ∨∧_,,,...斗´  ノ`: : : : : .l .}: : : : : : : : : : : : : : : >´、
       /: : : : : : : : : : : ./ | |: : : : : ヽ、 .ノ/: :二 ∧ヘ__ ..-‐´ 「二」: : : l ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
       ノ.: : : : : : : : : : : : :| |│-‐: :´: : ヽ〈: : : : : : : 〉/ ̄⌒ 冖‐- 、 .{( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
      │: : : : : : : : : : : : :| | ソ.__: : : : : ヽヽ_ :/: : : : : : : .,,.: : :_: ヘ‘, ∨: : : : : : : : : : : : : : : : r‐.、、
  .    /\__...--、.: : : : :.l !イヽ-.. \: : : : `: :|: : : : : : : / _....---'゛ .| .|`Y ‐- = __: : : : : : : : : : :|  ( )
     /: : : : : : : : : :.>‐ニ´ .{l,,..__\J: : : : : :」: : : : : : !__-'´....----: :| .| |/二彡 .冫: : : : : : : : : `‐´.∧
    ./: : : : : : : : : /キ二二二.! ` ‐-.\: : : : : :「: : : : : : : : _/ ,..---': :| .| /二二ノ  \: : : : : : : : : : : : ∧
    ': : : : : ,.イ ̄ キキ二ミミ.ニ| -ー 、゙ー‐: : : : |: : : : : : : 丨_..‐ ,......--- .j 〈二二ニン.|    \: : : : : : : : : : :∧
 .  {: : : :/´.ハ / ././二二ミ |.: :` ー.\: ::::__|____: : : ゙/ ...--‐'': :ノィマ 二 彡ニ.| | |  \.: : : : : : : : : ∧

694:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:24:03 ID:fBGa.l5M
比較的穏当な事件なんだろうなぁ…w

696:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:29:19 ID:G5aPMKEQ



     その時、肩に担がれていたのが何を隠そう彼女である

     人狼に助け出された少女が悉く人狼になっているとか伝染病感が半端ないな

     とはいえ、砲兵と同じく火力の信奉者になってみたり

     ジェダイに戦争されて電波な挨拶をかましたりするのとどっちがマシなのだろうか

     本当にまぁ、世界とはこんな筈じゃなかったって事で溢れているものだ



                         //
                       {.:.:{  へ __, 、
                            ヾ/.:.:.:.:∨.:.:.\-、
                     ∠二 ̄/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ
                   ///.:.:.:./.:/l.:.:.:i.:.{.:.:.:.:.:.:∨ヘ
                       /.:./.:./.:.:_;厶/!:l.:.:.:|.:.∨ハ.:.:.:.∨ハ
                   /,:7.:./.:.:.:./j∧j≧.:.:|、--=ミ.:.:.:.∨j
                      /.:./レ!.:.;伝c卞‘,.:', 込_:\.:.l.:.:!{      「初動に失敗し、敵対組織に立て籠もられた
                   l.:./.:/{.:イ 辷リ   \! らCハ;.:.|.:.八       ケースだが……ナカジマ候補生」
                   j/ |.:l !/l          ゞシ '∧jハヘ \
                         Ⅵj:人   、_ '     /少  ヾ     
                          \   `¨   //lノ         はい、航空機から爆砕術式を投射。拠点ごと吹き飛ばし、
                              l>-  </レ             残敵は火力の集中で飛び立つ前に叩き落とします
                             _人_ ィ个l_、
                   _ -ニ/{ 〉-r </ |ニ-_
                     /ニニニニ/ .K〉〈 ∨ /ニニニニー-_、      「では、次に繋げるため、リーダーの拿捕を
                 |ニiニニニ〈  l〈∧〉 ′/ニニニニニ /ニヽ      必要条件として付け加える」
                 |ニlニ/ニニ∧ |⌒ン /ニニニニニ /ニニ}
                 lニ∨ ─-/`{ / く ---───-レ仁ニ/
                      !/     \ レ /          ハニニi      見張りが居るなら拿捕し、敵組織の前で軽く
                     {         く           } |ニニ!       “友好”を示す戦術を採ります
                 ‘,          \          / lニニl
                    Y             _ ノ/ ヽニニ」      差し出せば仲良くする度合いは軽くなる、と告げて
                       |    O  O  〉     ′ /   l
                       |            /      , /   l
                       |        /      {       j      「結構だナカジマ候補生」
                      /     O  O/         Y
                  /         /        ∨  /
                      ′         /    ┌─‐┐}  /
                 :        /         ̄ ̄  ∨

697:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:30:27 ID:.Y6NOTKo
有効()

698:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:31:10 ID:aEsDF4TM
外道ォ!

699:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:33:32 ID:G5aPMKEQ






     そして時間は前回の最後……

     最も人狼らしい人狼が特機隊養成学校に顔を出し、訓練を覗いて居た時期に戻る

     彼はモニター室で訓練を監督していた責任者から、目を惹いた二人のデータを受け取り

     丁寧に読み込んで暫くしてから言った

     これからもきっと、世界はこんなはずじゃなかったことにしておくために…………

     ま、本人に何一つとして自覚は無いんだがね



                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',     最近さ、若手の選抜ってのを考えててさ
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |     私の直轄部隊で新しいやり方試してみたいんだけど
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉                         今日はここまで

700:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:33:33 ID:GmicSSCg
なんということ(をしてくれたの)でしょう

ミッドのいたいけな魔法少女がどんどん人狼になっていっています
もうとりかえしがつきません

701:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:34:26 ID:JAmzdoBE
ようやく判った
ミッドっで南米の地域覇権国家だ
人種の混在
治安の悪さ
でも一定以上の文明
あっちこっちから、有能な犯罪者が逃げてくる・・・

702:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:35:22 ID:QcrMPgC.
乙ーーー!
二度目のやる夫色に染める事案が!

703:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:36:42 ID:qiFaBVuI
人生リフォームの匠ェ…

704:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:37:00 ID:TAamj/2U
>>701
しかも有能な警察官は軍隊(海外派遣10割)に引っこ抜かれるので都市部はガバガバだぞ!

705:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:37:18 ID:sZTI4u9w
>>703
刺激的ビフォーアフターwww

706:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:37:27 ID:IbMHm0y.
でも原作の六課の余所では役に立たなそうな身内人事の上げ膳据え膳な環境で働くよりはマシかも?

魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その6

971:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 19:54:47 ID:LPJG6jy.



                  少女 SHO-JO

                なのは、魔法少女伝説



                                         ___          .|
                                     ,. ‐ ´: : : : ` .      |
                                     ./: : : : : : : : : : : `.    .l|
             .                       l: : : : : : : : : : : : : : l     l|
                                    | : : __xニニ=‐- 、: : l     .l|
                                    r ´◯`‐´ ◯ ヘヘ|    l|
                                   ノ:i:| ___ .i‐!‐i‘,  .f゚。ヘ   .||
                                   〈:i:i弋 /{ 7ヽ=,Y´l:i:i` 〉  ノ|.ハ
                                    ` ‐ヒ.彡二! マo゚/-‐´   | |}ニ{     .、
                                    ノニ ヤ  ィ゚| .|/..)`ヽ  .| |}.. x=‐-<´: :〉
                            ..-‐=‐、   ( ンミ( 〈  三彡{ ミ}>‐-〈 : : : : : : : : : >
                         .ィ´: : : :|i:i:i∧_,..-(f 7 .‘,‘,ミン シ .i⌒j : : : : ) : : : : : : : : : : : \
                        イ: : : : : : ∧:i/:i/: : : { ≧、.‐し ‐- ... ィ≦ ノ=‐- :〈: : : : __ : : : : : : : : : 、. __
           x‐=         ∧ |: : : : : : : : : /l: :l=≦´:`‐、/: :‐‐‐: : キ-‐= ´、.: ": : : :>彡ニキ` .、: : : : : : : <: :!
     ,,-‐''"´    `'-...,,,__x‐=/ ヘ : : /;;;}: : : :|:i:i|: :|__,.ャ≦´ \__/: : : : : :-‐≧=''´二ンミキ  \ : : : : ∧"
    /                  て| ノ  ./';ソ⊂ニニ.ヽ,: : : : : :|: : : : : :≠≠≠≠≠≠ ヘ. ミキ   キ\.: : : :∧
  /                     ソ  /../! ⊂ニニ.ヽ..J : : : : 。g,/`≧ =‐- .: /: :≠ヘ三.キ   キ:i:iヽ-‐ .)
   Y                      Y//´ |: :⊂ニ、 ヾJ : : c9゚ ./ ク: : !j: : :ク: :∧ヘ: : : ≠ヘ_.ン=‐__. |\:i:i:i:i:ノ
   |                       <  __...-‐''''ニ=- J 。d゚  /{ュェ===ェェ_ 、/ .∧ヘ: :| ≠´    .Yj  `.^´
   ゝ                      -´‐-、-‐='''´ ..。a゚/i ̄/      .ィ |  .∧ヘ.|.≠
    \                    / ._  co∞9゚: :// : : : :l |  ||.  }l / / : : : : : : ≠
      ⌒冖、                 ヘ \゛''‐ 、,, ..-‐=≦⌒´{  jl,,,,/,z'ノ: : : : : : : |≠
          \             .l  ヘ\ ゛''‐...,,ヾ. -‐= ⌒ ̄ `"´: : : : : : : : : : : : : |≠
          ∠,, -‐ー 、       ノ.lヘ .∨\  }: :` : : | : : : : : : : : : : : : : .ャ≦ ⌒: : |≠

974:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 19:56:21 ID:LPJG6jy.






      もとい 魔導砲兵サブカルなのは Soldiers







         __        __       ,x≦ ヽ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ,x≦:.:.:.:.:.:.:.≧ュ、   /:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /¨¨¨二ニ=‐--:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽr、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
      /:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
     /:.:.:.:.:.:ァ:.:.:.:.:.:. :,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.‘,:.:.:.:.:.:.:.:.: |
     .::.:.://:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    .:./ /:.:.:/:.: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:. : |
   {/  :.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:l:.:.:.:.:.:.:.:. : |
   ′  l:.:/i:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:. |:. : |_|:. |:.: : |_|:.:.}:.:.:.:.:.i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
       |: { |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|斗: ´|:.:.:|:.:.|:.:.:´!:.:.:|` ヽ:.: : }|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |    (タイトルの物騒具合は変わらないのでは……?)
      Ⅳ {:.:.:.:.:.::.:.:.:.|:.:|:. : |:.:.:|:.:.|:.: : |: : |:.:.:}:.:.:.:/:|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
         .::.:.:.:.ヽ:.:.: ゝ===‐'| /|:/ゞ==7:.:.:.:イ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         マ:.:lヽト:.、ヽ   |′,     /:/:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
           マ{ |:.:.:.:|ヽ、   r ュ   /}:.:.: ! |:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
            ヽ ヽ:. !   ト     イ、 i:.:. / |:.:.:.:.:.:.:.:. : |
           ___ゝ{-,/| \>< /} ヽ|/、 :|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
       r‐‐=ニ二::::::::::::::/ |   〉r〈   i ‘,:::::::::::≧ュ、:.:.:.:.: |
     /::::::}:::::::::::::::::::::_/  |  /{≠{∨ |  .::::::::::::::::::::::::: 7、:!
      /:::::::::i ‐=ニ   《   :|/ //l l ∨/l   }ニ=‐::::::::::::: /:: }|
    /ヽヽ:: ∧ ,    ヽ__/ l  `__Ll  ′≪     ` /:::::::i__
   .:  //:: / ∨     〈    l〃:::::::::ヽ,'    7    l / ',::::{{ ヽ
   {_ノノ:::/  /       ∨  :l:::::::::::::::::,'    /     l:/   ',::ゝ', ',

976:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 19:59:55 ID:LPJG6jy.







    さて、物語開始前に高校生、開始時には大学生だったごめんなさい案件製造マシーン

    色々あって出世して、管理局で二佐の階級章と

    特務機関といえる特機隊の指揮官を任じられている、ミッドに劇物をばらまくことに余念の無い男

    10年も経てば、三十路を越えてしまうわけで

    まー色々あった。具体的に言うと告白未遂事件で軽く演習場が焦土と化したり

    暗殺未遂事件が両手の指で収まらないくらい起こったり

    そりゃあもう、色々あった






                       ____
                   /      \
                  / ─    ─ \      何だろう、スカさんにマルドゥックスクランブル貸してから、
                /   (●)  (●)  \      彼の娘さんから何か怖い物を見るような目で見られている
                 |      (__人__)     |
                \     `⌒´    ,/     そんな気がしてならんお
                /     ー‐    \

979:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:03:18 ID:etMesIxQ
ナンバーズがカトル・カール?

980:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:03:43 ID:LPJG6jy.





     ことある事に人狼行列、なんぞと揶揄される護衛を引き連れて局内を闊歩する彼だが

     最も人狼らしい人狼、という異名というか忌名というか

     そんな呼び方をされているのは伊達ではない

     元々単なるSF作家志望の大学生が、どうしてこんな怪物に化けてしまったのか

     それにはちょっとした絡繰りがある




                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i    (あ、そういえばこの前の実験の案件
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!     あそこの課にお世話んなったんだっけ)
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉

981:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:05:17 ID:GsrxjK2Y
あの容姿でマルドック貸したら怯えられるわ!

982:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:06:06 ID:LPJG6jy.





    めっちゃくちゃフットワークが軽いのだ、大御所とは思えないほど

    元々かれはド庶民であり、更には貧乏性で色々な所に気が回る

    挙げ句の果てに面倒臭いことが嫌いで、大勢引き連れて歩くのは趣味では無いのだ

    そして軍隊教育は速成であり、オマケにどっか普通の部隊で兵卒として勤めたことも無い

    要するに、感覚として庶民と普通の会社員の中間くらいの心持ちでいやがるのだ

    つまり、それが何を引き起こすかってーと…………



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !     (護衛連れてくのも大仰だし
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |      一人で挨拶行ってくるかお)
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

985:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:09:30 ID:VNJs8.dY
お前はロンメルかっ!

986:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:10:04 ID:LPJG6jy.




     こんな具合に、目立ちたくないからとこっそり出かけやがるのである

     しかも供回りも付けず、局内の構造を利用として配下にもしられずひっそりと

     その足でどっかで菓子折調達して、ぶらぶらと目立たない格好で彷徨くのだ

     とはいえ、彼は管理局でも十指に入る有名な人物

     顔も隠さないで出歩いて、気付かれないのか? という疑問は残るが……

     これがちいとも気付かれないのである


                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|.     =≡=   =='' ',
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ     (この黒い特機隊制服は目立つから嫌なんだお
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ     下士官時代の制服出してっと
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |     階級章は一応付けないとまずいけど、制服は絶対に
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |      士官用じゃないとダメって規則はないしねー)
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |

988:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:11:20 ID:weSVt/wY
どこの三男坊だよw

989:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:11:25 ID:Pb4Vsm.Y
変装の達人かな?

990:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:11:52 ID:KODs2iwc
何を隠そうやる夫は変装の達人!!(蝶のマスクをかぶりながら)

992:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:12:49 ID:LPJG6jy.




     こいつが悪目立ちするのはアレである

     黒喪の集団を分隊規模で連れ歩いているからなのだ

     コレに囲まれて、黒い特機隊制服と私物の重々しいカシミアのコートなんぞを羽織って歩けば否応なく目立つ

     しかしそれは、同時に強いイメージをすり込むことになるのだ

     人狼の主達は、常に人狼を連れて大仰に更新する、陰気な葬儀屋染みた雰囲気の男であると

     ……が、元々のごめんなさい案件製造マッスィーンはクッソ地味な薄味顔をしたアジア人に過ぎない



           .!
           .|!
           li
     .      |j ,. :" ̄: :ー: .、
         l!  |/: : : : : : : : : : ヽ
          |',  |∵: : : : : : : : : : :',
         !」..../: :∵ : : : : : : : : : {
        /三 !: : : : : :........ ____... 〉__
      ./ : : : : .弋: :/ ベー´ヘ`´!: : : : Y
    ./ : : : : : /ソf. 彡>ヾ _ノ=ヘv.、 l : : !
   /_: : : :/ン : : 'ー-ニ ヽゝ、/f .{. .j }∨ .|
  │: : : : ̄.Y.. ャ≦¨≧ .\`., 弋゛>.ノ: :∨l
  │‐-: : : 冫: : : : : : : : : ` ,ヽ`zム´.l : : 〈`
  !⌒ヽ: :|/: : : : : : : : : : : : :ヽ‐ ー-''´.: : : :}
  弋__ ..!: : i ..---‐--.....-_/ニ.、j.: : : : : :ソ:\
  //ニ : : !: : : : : : : : : : : : :l ‐-J: : : ∠ \: : \
  !: : : : Y :ミ : : : : : : : : : __/ ‐-J :/l : : } : :`--.、:\
  弋__ノく |‐‐: :=: :-ノ: : : : : : /ノ: : ノ`ー', ‐-\`、
       ニ1: : : : : :/ ≧=‐- ノ「 ./`\  ゙J 彡j._l
      Y .>{___/  ≧l_: : ン|/: :/: :ヘoヽ  `‐"
       `>‐´|| 冫⌒ヘ l 二二ンノ¨.〉.-キ ’,    _
       !r匕||コ{: : : :  ̄ヽ `-´: :Yャ≦¨ `≧- /:i:ム

995:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:16:27 ID:Pb4Vsm.Y
そして神出鬼没(に見える)フットワークと。
コワイ!

996:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:16:42 ID:e.1.HI/A
地味…ッ!それは個性…ッ!そう、スパロボのラッセルのように…ッ!

997:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:18:00 ID:LPJG6jy.





    下士官制服を着込んで、目立たないようひっそりと階級章を付ければびっくりするほど目立たない

    たまに非公式なお礼なんぞで私服のスーツを着込んだときは、目立たなさ倍率ドンだ

    何か用事で来た一般人だな、くらいの勢いでスルーされてしまう

    その上、用事で訪れた先でも腰が低く、アポはお持ちですか? 無いなら時間が掛かりますが と
     秘書に言われた場合……

    あ、じゃあ前で待ってますー とにこやかに微笑んで待つくらいの低姿勢なのである


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \     あ、その贈答用の菓子折一つ下さい
      (l、__)          |
        ⌒´         /     熨斗紙つけてもらっていいですか?
       `l          \
        l           \    領収書もお願いします。宛名は自分で書きますんで

998:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:23:57 ID:LPJG6jy.





    そして、訪ねていった先の人物を恐怖のどん底に叩き込むのだ

    考えても見て欲しい。絶対に無碍に扱っては成らないはずの人物

    それが自分の部屋の前で30分も一時間も立って、或いは他の雑事で訪れた人物に混ざって
     座らされていた時の気持ちを

    例えて言うなら、絶対に仲良くしていたい取引先が廊下で立ち惚けて居たような驚愕だ

    外から帰ってきて、或いは居留守使っていたから何食わぬ顔で部屋から出て来て……

    直ぐそこでコイツの顔を見るのである



                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \       あっ、一佐殿! この間の件ではどーもお世話に!
           /                       \
              l                         l
              |                          |       「ファッ!?」
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

999:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:26:45 ID:weSVt/wY
www

1000:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:28:15 ID:VNJs8.dY
恐怖である。
自分の首が(物理的に)飛ぶ危機である!

4:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:31:20 ID:LPJG6jy.




     しかも、大抵の場合は他の「どーでもいい人物」と混ざって長いすに窮屈そうに座ってたり

     長時間立ちっぱなしだったせいで、ちょっとしんどそうにしているのだ

     胆は液体窒素をぶっかけられたかのような勢いで冷えることであろう

     あ、これそう遠くない内に俺は事故に遭うわ

     と考えるのも仕方有るまい。なんと言っても一時期はミッドでコイツが主導した撃ち合いが発生しない
      日は存在しないとまで言われた、虐殺機関の長なのだから

     その上、こんな社交辞令(意味深)が飛んできたら何をか況んやである



,,..-''"´      '' -..,,
   ''"⌒ヽ、     `ヽ
    _       -‐ヽ
 /´(;;;c)ヽ      _ ',
 ヽ、_ 丿    /r;;cヽ|        「えっ? ええっ、いっ、いつおいでに!?」
   /´     .ヽ ヽ-' ',
   ヽ       ',`¨´ ',
    l  ̄ ヽ .__丿     l       一時間くらい前ですかね?
    ヽ、  ノ       ,'
_____.  ̄        /       ご多忙ということで、ここで待たせて頂いておりました
 :::::::::::::::::`ヽ、   _,,..-''´
`''-..,,_::::::::::::::. r''"´  
        ヽ、            「そっ、それは……」
          ヽ、
            ヽ 
                 ',         いやぁ、他のセクションの仕事を見る機会が少なくて
              |          良い体験ができたので、お気になさらず
               |
                 | 
             |

5:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:32:22 ID:IXVt3mEQ
一佐(脅されてる!?)

7:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:34:56 ID:e.1.HI/A
脂汗が吹き出すわwwwwwwww

8:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:18 ID:L8KCItVs
抜き打ち捜査されてる気分?

9:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:38 ID:.J0TzinY
先に秘書の首が飛ぶなww

10:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:40 ID:XCJASl.E
これ待たさせた部下なんか気絶してそうwww

11:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:53 ID:Pb4Vsm.Y
立て乙
(肝)ヒエッヒエですよ

12:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:36:37 ID:S.dxMuP6
これはひどいwww

13:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:37:08 ID:LPJG6jy.





      因みに発言には特に裏は無く、全てが素で発せられた物だ

      別段コイツは怒っても居ないし、まぁアポとってねーからなーと納得すらしている

      だが、人間の想像力というのは逞しい物で……

      これを恐ろしい何かだと認識したならば、後にはもう全ての発言が意味深長に聞こえてくる

      それもかぎりなーく物騒な意味深さにだ

      シャツが絞れるほど冷や汗を待たせる判断をした部下と共にかくこと請け合いであろう



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',     いやぁ、一佐の部隊は足並みが揃っていていいですなぁ
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l     特別扱いは無し、規律正しく正確に
     .',       ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ     吾が隊も斯くありたい物で
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l

14:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:37:35 ID:cT/397Vs
この勘違い系主人公め!

15:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:39:11 ID:xkHhtuus
なんて迷惑な奴だwww

17:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:41:17 ID:LPJG6jy.




    座っていた椅子に汗が染み込むほど嫌な時間を過ごした後

    執務室やら応接室から出たら此奴らが居並んでいるコンボ付きだ

    彼等も無能では無く、魔女の入れ知恵で抜け出すのが得意な上司が抜け出しても、
     流石に待たされている間に察知して追いかけてくる

    そして見計らったようなタイミングで迎えに来るのだ

    掻く冷や汗の量もましましだな!!



                               ――- .        .||
                          /: : : : : : : : : : : ` 、       ||
                         /: : : : : : : : : : : : : : : .‘,     ||
                         !: : : : : : : : : : : : : : : : : :i       ||
                         }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ||
                         !:: __.... 斗-―-= .....__: : |       ||      閣下、お迎えにあがりました
                         .|: :------------‐‐ァ |       || i
                        //ソゝ ◯ __ニ__ ◯ ._ノソ.∧    || i
                        ノ/  !ヘュ/  .|  \.ュ勹  ゙ヘ    || .ハ
                        `  ヾ    ィニニト、 .イ /      ハ}ニ{
                        ノ‐ ヘ`-彡ハ___ハ `ー´)二` 、.  | |}ニ{
                       /-=ュ f ∧ { | 三ミ| ./ ノ)-‐ l   | |}ニ{
               _斗-=_  .=-{ニ‐、 .ノ ハl |__厂} l / .l"-‐  1⌒冖| |/`: :>ー- _
            ..-‐´: : : / rヽ/: :/ `〉ム- _/ .ソ   (/⌒j_/: : : ://./: : : : : :/´.`Y: :\___
          /: : : : : : : {  { |: :{  .f  .(  rイ     丿 ./丿‐-.//〈:: : : : : :弋___/: : : : : 、 : ,>
         /: : : : : : : : : ∧∧/ー弋 ゝ、_ ∨∧_,,,...斗´  ノ`: : : : : .l .}: : : : : : : : : : : : : : : >´、
       /: : : : : : : : : : : ./ | |: : : : : ヽ、 .ノ/: :二 ∧ヘ__ ..-‐´ 「二」: : : l ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
       ノ.: : : : : : : : : : : : :| |│-‐: :´: : ヽ〈: : : : : : : 〉/ ̄⌒ 冖‐- 、 .{( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
      │: : : : : : : : : : : : :| | ソ.__: : : : : ヽヽ_ :/: : : : : : : .,,.: : :_: ヘ‘, ∨: : : : : : : : : : : : : : : : r‐.、、
  .    /\__...--、.: : : : :.l !イヽ-.. \: : : : `: :|: : : : : : : / _....---'゛ .| .|`Y ‐- = __: : : : : : : : : : :|  ( )
     /: : : : : : : : : :.>‐ニ´ .{l,,..__\J: : : : : :」: : : : : : !__-'´....----: :| .| |/二彡 .冫: : : : : : : : : `‐´.∧
    ./: : : : : : : : : /キ二二二.! ` ‐-.\: : : : : :「: : : : : : : : _/ ,..---': :| .| /二二ノ  \: : : : : : : : : : : : ∧
    ': : : : : ,.イ ̄ キキ二ミミ.ニ| -ー 、゙ー‐: : : : |: : : : : : : 丨_..‐ ,......--- .j 〈二二ニン.|    \: : : : : : : : : : :∧
 .  {: : : :/´.ハ / ././二二ミ |.: :` ー.\: ::::__|____: : : ゙/ ...--‐'': :ノィマ 二 彡ニ.| | |  \.: : : : : : : : : ∧
   {: : ::/ 〈 弋 ././ミミ.二二‘,: : : :`ー'' ./,―――‐∧: :l,,./´: : : /.イ二彡ニ彡'ニ | | ‐- 、 \: :__...-‐- .、」
   {: : / 〈∧/ ././ 二ヾ三 二.l_: : : : : : //: : : : : : : : :∧: : : : : イ⌒:/ |二二二二,ノ| | .r‐- 、.} ´

18:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:41:46 ID:Pb4Vsm.Y
全て意訳されて聞こえてるんやろなぁ……

24:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:44:50 ID:mxpB65rY
胃がwwwww胃が死ぬwwwwwwwwwwwww

25:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:45:10 ID:LPJG6jy.





    位置を探るときに待たされている事を察せられたのか、紅いレンズから注がれる視線は実に冷ややかだ

    よくも俺達の上司を無碍に扱ってくれたな、今度タマとったらぁ

    とでも言っているかのような威圧感すら放っている

    そんなのに囲まれて、私物のコートを丁寧に肩に掛けて貰いながら振り返り、こんなことを宣うのだ

    もう言われている方には脅しにしか感じられまいて




                    ., '                     ヽ.
                   , '                     ,__、\    ヽ
                 , '                   イ  \ \    `ヽ、
               , '                        || ,ilililili;\ \    ',
             ,'                      || lilil∩ilil `.  `    ',      ん、ご苦労。戻ろうか
              ,'                      \lilil| |ilil |      ;
              ,'                        \Ulilil ,!      ;、      それでは一佐殿、お騒がせいたしました
            ;                           ` ー'        ヽ.
              ;                                       ヽ.     今後も何卒よしなに
            .j                                        ;
           ;              __,,....,,___ __                ,  ;
             Ⅳ        _,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、     ,___   ____ノ  ,'
              キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、     ̄    `ヽノ
               ,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /´
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、           ※恐怖フィルターかかっています
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
           .ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
      ._,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i
     il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
     .||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i

26:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:46:48 ID:SJH0WTYY
フーシェかな?

27:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:49:55 ID:GsrxjK2Y
翌日、いや今晩にでも妻子だけでも、離婚届けにサインして別世界への船に乗せる案件

28:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:50:36 ID:LPJG6jy.




    更にこの男、何があれかっていうと普通の社会人っぽく色々気が回る

    それこそ、一緒に仕事した相手の家族環境を把握し、目出度いことがあれば祝う程度には

    ……だが、このやりとりの後で出されたら、もう意味深長なんてレベルではなかろう

    こういったやりとりがあり、局内に噂が蔓延するのだ

    「人狼とは人に紛れた狡猾な獣だとするのなら……奴は最も人狼らしい人狼だ」と

    ひどい勘違いもあったもんだね



                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',      あっ、そうだった、忘れておりました
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',     確か娘様が来月士官学校入学だとか
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',    おめでとうございます、後で祝いの品を
           .;: : : : : : : .                                  i     届けさせますので
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }    またその時に
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i

29:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:51:04 ID:XCJASl.E
ヤクザのやり口だからそれ!www

30:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:51:37 ID:KODs2iwc
違訳:おめぇの娘の命(逆らったら)ねぇから!

31:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:52:47 ID:LPJG6jy.
う、すまん、ちょっと中座……

32:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:53:01 ID:LwZtgLq2
内臓がイズミ先生みたいになっちゃう!

33:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:53:12 ID:cT/397Vs
「私はあなたの娘を知っています」

34:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:53:13 ID:SJH0WTYY
誤訳:お前の娘の顔と名前知ってるよ?^^

42:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:01:05 ID:mxpB65rY
完全に脅し文句に聞こえてまうwww

43:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:02:41 ID:LPJG6jy.
ふぅ、復活……

45:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:05:52 ID:LPJG6jy.






     そして周囲からの扱いが良くなれば、或いは恐れられていけば……

     配下もまた引き締まり、自身の首輪を握る者に傾倒していくのだ

     いやぁ、世の中どう転がるか分かんないねって

     あ、そうそう、余談だけど持っていった菓子折には誰も手をつけられなかったとか



                       __       │
                     ∠:_::::`ヽ.    |
                 〈::o::::o、:ハ   |  |}
                  Lrミ::_::」八   |  ||
                  f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|
                 , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|
              /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|
               〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
               ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/      ゾロゾロ
                   ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/
                   /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′
               〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
               /\:::::/:::::::/:::::i::|             「(ひぃぃ、めっちゃ見られてる……)」
            /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|
           /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
          /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|
         /  / └r──′:::{:::::::{: |
        /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
    ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
   .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}
  .く/          〈::::::::::::::::::::{::::::::{
                 ヽ_:::::::::::::_〉:-‐:〉
                 i::::::::::::::|::::::::|

46:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:07:07 ID:KODs2iwc
菓子折りに罪はないやろ!!

49:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:11:40 ID:LPJG6jy.




    そろそろ関係各所から連名で「マジ勘弁して下さい、アポ取ってくれたら何してても時間空けますから」

    という嘆願が来そうな閣下(二佐)であるが……

    今日も今日とて気ままに出歩いていた

    白子のハヤテリックがお昼を食べ終えて、愛剣の膝に頭を預けて昼寝をする時分

    今日も気楽な下士官制服に官給品のぺらい方のコートを羽織って、本来であれば護衛も付くだろうお偉いが……

    何故か安価な公共交通機関に腰を落ち着けてだ




                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }      (……あれ? これ前読んだやつだな
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _      しまった、新刊と間違えて買ってしまった)
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |

50:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:13:06 ID:KODs2iwc
やめぇや・・・。                     やめぇや。

その既刊を処分するつもりでしょ!! ごめんなさい案件みたいに!ごめんなさい案件みたいに!(ry

51:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:14:14 ID:xkHhtuus
今度は誰だw

52:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:15:03 ID:Pb4Vsm.Y
新しい被害者が増えてしまうのか……

53:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:15:20 ID:LPJG6jy.




    理由は単純、車を使うと流石に部下に見つかるからだ

    この元青年、現オッサンは自前の車を持っていない

    これも理由は単純で、危なっかしいからである。決まった車なんぞ爆破してくれと言うようなもの

    車で移動する時は、専ら管理局の官用車を部下が二時間かけてフルチェックしてから使うのだ

    大仰な、と当人は思っているが……実際、こいつが死ぬだけで犯罪は今の倍以上やりやすくなるので、
     実際には過剰でもなんでもないのだ

    しかし、資格も思うまい。そのターゲットが下士官服着て公共交通機関でブラブラしてるなんて


         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.
  { ∪ "'               、、 }        いや、ほら、車って借りると目立つし?
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_         この方が市街の雰囲気もつかめるからさ
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´

54:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:20:50 ID:2NFAqb3A
ある意味最終安全装置だもんなw

55:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:22:11 ID:dbJS8PZA
なんというステルス能力w

56:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:22:33 ID:KODs2iwc
え? コイツが死んだらミッドが滅ぶやろ。

一人銀英伝艦隊と一人デススターが暴れるんやで?

58:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:23:55 ID:LPJG6jy.




    ちょっと歳食ったなー、記憶力が落ちてきたなー……とブルーになった奴が向かった先

    それはクラナガンの中央からバスやら何やらでゴトゴトと一時間半ほど揺られた所にある

    妙にすっきりさっぱり何も無い区画だった

    アレである。以前の話で解説した、都市区画を整地する勢いで行った軍事演習の名残だ

    本来なら来年辺り、便利な訓練兼ガチ戦闘の舞台として使われていた旧放棄都市区画

    がらんどうのそこに訪れたのは、一つの理由があった



                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ       (参ったな、同じの2冊買っちゃった
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,     歳かおー……記憶力が……
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、   まぁ、ミッド製の普通の本だから安いんだけどさ)
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

66:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:27:24 ID:LPJG6jy.







     そこから更に歩いたところに軍事基地がぽつんと建っている

     彼の目的地はそこだったのだ

     規模も大きく設備も整ったそこだが、雰囲気はミッドの管理局らしくなく、むしろ地球の基地に近い

     車両やヘリが待機し、忙しそうに人が行き来している

     そこに彼はぽてぽてと無遠慮に踏み入っていく……守衛は止めようとして、顔を数秒じっと見た後で

     「あっ、やべっ」 と呟いて、構えかけたデバイスを下ろす

     きっと、他の部署のようなやりとりが何度かあったのだろう。身内にも厳しい職場である





                                o|
                             ◯<()
                     只只只 | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
__┌―| __  |                        |  |            ___            _
三三三三三三三\|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ           /三三/_\        /三
三三三三三三三三\                        |  |____   /三三/ 三三 \   /三三.
 ̄|| ̄ ̄||丁 ̄|| ̄ ̄|| ]   []  []  []  []  [] r==ュ_====ュ_    |  || ̄|| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄|| ̄||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ工工|三三三三三三|| ̄||/_|_|/======<二二二]||  _     || | ̄ ̄ ̄ ̄
                      |〒〒|三三三三三三|| ̄||`'ャo―`q  rァ仁三三三三三二|   || |
                      |⊥⊥{叮工六工工丁|L.六ヘ_|_ {f冊_| ―ヾ<◎,◎,,◎,,◎,◎ソ   _|| |
―――――――――――┘       ̄ヽ゚ノノ┴冖┴ヽ゚ノノ ̄ヽノノ     `¨^¨^¨^¨^¨^¨´       └―――‐

67:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:28:15 ID:gg6n9lYQ
部隊の訓練施設かしら?

70:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:32:04 ID:LPJG6jy.





     そんな軍事施設か何かの収容所にしか思えない場所

     ごめんなさい案件製造マシーンの目的地には、こういった看板が掛かっていた

     特機隊選抜訓練学校 と

     そう、特機隊が結構な規模になると同時にやらかしたのだ、この男

     新規製造ラインと武器実験セクションと新兵訓練できる所纏めたら効率良いじゃん

     場所はこないだ作ったし、箱物作る所は余裕でしょ 

     等と宣って、立派なのをこさえてしまったのだ



                        _|
                        0◯()
___ /                  ]「[
‐-+‐/ヽ/                | ̄ ̄| ̄|
‐-+‐|ヾ|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
‐-+‐|ヾ|  | ̄| ̄=| ̄| ̄=| ̄| ̄=| ̄| ̄|| ̄|| ̄|
 ̄ ̄|ヽ|  |  |_ =|  |_ =|  |_ =|  |  ||  ||  |                 ________
: : : : |:.:.| ̄| ̄=| ̄| ̄=| ̄| ̄|| ̄|| ̄|  ||  ||  |                  /l|   …………   |
: : : : |:.:.|  |_ =|  |_ =|  |  ||  ||  |  ||  ||  |   ゚Y゚        _ ...-‐  丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l   ゚Y゚
: : : : |:.:.|  |_ =|  |_ =|  |  ||  ||  |  ||  ||  |  |      |_ ...-‐  丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   |
: : : : |γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γ',|γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γ
: : : : lffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||

71:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:33:01 ID:e.1.HI/A
つまり変態のすくつか

72:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:33:51 ID:Pb4Vsm.Y
おっ狼の巣かな?

79:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:38:19 ID:LPJG6jy.





    しかし、管理局には無駄に訓練校がある

    士官学校だけではなく空士、陸士訓練学校からレンジャーにと列記すれば限りが無い

    そこに特機隊選抜学校まで作ったら流石に若者の数の都合で人が来ないのでは?

    と作った後でアホは思ったが……

    割と志願者は多かった。今まで管理局では下働きしかできないようなリンカーコアを持たない、
     或いはCランク以下で実戦部隊には組み込まれない人員がどっと流れ込んできたのだ

    また、適正が低いために陸士としても燻るしなかさそーな人材もこっちにやってくる

    それもそうだろう。装備を適切に扱えれば、BからAランクの局員と同じ働きが出来るという触れ込み

    今まで力と才能の無さに歯がみした人間も多かろう。であるが故に、この学校の人気は中々に高かった



               _____
             /           ヽ
           /               \
          / 、                \      さーて、みんな頑張ってるかねー
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |
         ノ   └┘               |
        (、                     |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|

81:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:39:53 ID:x3PjKxKk
人狼の群れとか怖すぎるやろw

83:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:40:43 ID:KODs2iwc
(狼の巣・・・)

85:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:42:06 ID:LPJG6jy.






    顔パスで色々な色々な所を練り歩いた閣下は、とある場所で腰を落ち着けた

    訓練用施設のコントロールルームだ

    ミッドでよくある銀行、商店、オフィスビルなど、あらゆる犯罪によりハードネゴに発展しうる場所を再現した
     部屋が並ぶ施設をコントロールする発令所

    無数に居並ぶモニターの中では、多数の魔導強化外骨格がぶつかり合っていた

    訓練は弱者を想定して実施してはならない

    最低限でも自分たちと同じ装備を持ち、同じ練度を持っていると考えてやるべきである

    その理念に従い、多くの訓練生や転換訓練中の兵士が教官と、或いは出向してきた海や陸の魔道師とぶつかり合っている




           .ャ≦¨: : ≧: . 、
         / : : : : : : : : : : : : : ヽ
        7: : : :O: :O: :O: : : : : : : :Y
    .   ,' : : : : O: :O : : : : : : : : : {
       ノ=ー――==: :.r‐==-.、ヘ
      〆: : : : : : : : : : ノ、 .(()ミ、
      、^⌒三ミ三 ⌒ト.、 >‐ ^ ヘ
    /  ≧ミ、 三三| | .> 、 __「'、
 /⌒^>=: :⌒≧ 、/` ┐    ヽ、   .!
´ Y´: : : : : : : : : : : >、.ノ\  /ヽ ) ./>
> , : : : : : : : : : : : : : : : : : ムヽ/< /./ .Y            n
\ノ : : : : : : : __: : : : : : : : : : ム   ^,彡.ノ二ニ=====―‐-- ^ ニ= 、____   ____                .n
/ : : : : : : : :f´=´ヘ : : : : : : : : へ,. 彡 /「ェェェ ニニニニニニニニニニ三三┐ lニニ ,.ィ.'¨⌒¨ ヽ、_ iニi二二二二iニニニ――――}‐}
.,: : : : : : : : :|    〉: : : : : : : :', ヽ、.´__||__lェェ  ≡≡三三三_」_ェェェ_.i,.イ⌒ ,イ ン- 、._`=-、┘二二二二二、二l.二二二二.l l
..,: : : : : : : : 冖 ´ : : : : : : : : : ヘ三へ    γ='´ノ.__{{.,__ .}} j  _,.イミ,ィチ: : : :ム    ) _,.ゝ――――‐--斤 ――――} .}
..!マ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.!三二-.、 / `ミ 、ゝ ヘ、_}ノ _,.イミミィチ: : : : : : : :ム`⌒冖彳.                 ∪
.., マ: : : : : :,,。 ――=冖=‐、: : }ミミ三三`、  廴__〉=_,.イミミ,.ィチ: : : : : : : : : : : ノ
.ヘ .マ冫⌒          ムヘ.‐三.彡.‐= ´ム ´ミY´ミ ! <: : : : : : : : : : :> ´
 ヘ .^ マ           ムヘ.三三三三三ノ三三}三三∨: : : : : > ´

87:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:43:11 ID:e.1.HI/A
なるほど
控えめに言って蠱毒ですね!

88:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:43:36 ID:Rji6tzfk
蠱毒の壺だよなあ

89:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:44:17 ID:cT/397Vs
待遇と誇りに恵まれなかった若者達に、
彼らが渇望して止まないそれらを与えるなんて
とても素晴らしいお仕事ですね!

90:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:48:09 ID:LPJG6jy.





    バラバラとばらまかれるカードリッジの魔力を消費して放たれる単純な射出魔法

    そのマズルフラッシュが方々で煌めくので、室内は異様に賑やかだ

    中央に急いで運び込まれた一等上等な椅子に腰を下ろし、暖かな湯気を立てる
     完璧な香気を放つ紅茶を受け取ってアホは言った

    ある種異様な光景だ……なんといっても、その大半は「実弾」を容赦なくぶっぱなしているのだから

    実弾と言っても設定は非殺傷である。便利だよね、非殺傷、痛くなければ覚えませぬができるのだから

    実戦と同じ装備で、下手をすれば実戦と同じ痛みを味わう

    それがこの訓練校で行われる訓練の鉄則である……死ななきゃ安いとはいうが、トラウマになりそうだ



               _ _
              /      ` ,
              {       }
            __rニ二二ミメ、_           おー、やっとるやっとる
           /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄\
             /:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ       今期生はどんな具合か?
            /:.:.{:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.〈
          /:.:.:.:.V:.:.://:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ハ
        i:.:.:.:.:.:.:|:.//:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.∧      「有望なのが多う御座います、閣下
         |:.:.:.:.:.:.:|:./:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.}
        \__//:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:./       22番のモニタをご覧下さい」
           \___〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.├‐ '
           `T「 ̄| ̄「 T`ミ〒彳
            ||__j  | |   | |
            |     |   ̄´  |
            |     |     |

92:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:53:03 ID:LPJG6jy.




      どらどら、とモニターに目をやれば、二機の外骨格が戦っていた

      室内の様子を見るに、分隊同士での防衛・制圧訓練の最中なのだろう

      派手にやり合った結果、赤と青のチーム共に一機ずつのみ生き残ったという具合だろうか

      守手側の青い識別票を付けた機体が、タマを無駄にしない正確な指切り射撃で赤の識別票を
       貼り付けた寄せ手側を牽制している

      その手腕は実に見事だ

      射撃は正確、無駄玉は無く、ベルトリンクされた弾丸が下手に長いせいで視覚的な余裕を擽り、
       熟練者でも無駄撃ちしがちな火器を丁寧に扱っている



                               _...-―- 、      n
                                  /       ヽ、     ||
                              /            }    ||
                                /_ ===== ._ |     ||
                             //(◯`f_f´◯) 7ヽ」    {_〕
                           / /-<>'⌒<>ァ-、|∧    ||
                           ヽ fヽ }-/_ム-' / }}]∧    ||_,ィヽ
                           γ}ヽ<《〉‐-〈_》- ー'/-={  /´/、 _|- .._
                           _ -‐ァァくヽママム-=〉ニ〈=/-=≧=‐7   `ー'   `ヽ、__
                    /  〃ニ≧、 \=/ミx/ヽ≧=‐=ニミ|           _ -=¬<
              n_         /     {{ニ[コ]≧≦≧f´/≦[コ]r¬ュミ|       _ -、 \_/
               ///     /  _ - ア´ =- _ヾイrz_ `-=ニ =≦ニ>ミ|>_ - ¨\\\ _/
   __   _///      7ヽ」二/     〃 /      _ _ - ¨      ,ィ 、\\\
 〃⌒ヾヽ`ヽs。]7//      / /.ニl ,、 , 、  {{. {     _ - _ \        《f狼ム \\\
 {{::::::::::刈 } } 三≧s。_    -ムイ二二l{// /   |  |    rヽ二二=\\     \」_》  \〉/
  ゞ=彡' '_ノ三三三三≧s/  /二二ニ\ ' _ ャァ ァャx、   マム二=/ニ\\          //
    ` ¨ 、-=≡ =-ク 三三≧s。/二ニ7ァ」ニ/ |。| ̄|。| ム- _マr≦三ミx \\       //
       `ーr、‐ ´  <三三三三}}7/三=ュ |。|  |。|   ム _∠ア´三ミx マム \\    /, ' ′
       〃タニ=、‐-E}ヌ /Z∧<三///fニ8マ `' └'   〉'´‐- ̄_ ‐ _ マムムV \\  , ′
       {{ {{ 〃 }ニ=7`l三二ニ=- ̄_ヽ/ニ8 マ      f(_) ‐- _ ‐- _マムリ」j/// , ′
       `¨ -' - '__,ノ三三三三三二ニ=- ≧_    /三/ 〉(_)_(_)_(_)_/ミ// .//, ′
                ̄  r-=ニ二三三三三三三.7三/ /三/三 「三}ノ´  〈_, ′
                  ヾミア三8}| l丁⊂ニ⊃/三/ /三/, 三/.三}`l

93:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:55:14 ID:Pb4Vsm.Y
ふぇぇ、人狼が養成されてるよう……

94:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:55:52 ID:c.x9k2Gg
練度を上げるのは大事だからね(震え声

95:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:58:52 ID:GsrxjK2Y
卒業式には、閣下から直接、短剣を授与されると

96:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:59:01 ID:LPJG6jy.




     射撃が正確なだけではない。戦い方が“上手い”のだ

     普通の賃貸マンションの一角を再現した部屋の中で、青の機体は実に器用に動く

     家具を遮蔽とし、壁際に隠れ、半開きの扉を目隠しにし

     時には被弾して実戦と同じに呻いている味方や敵を間に挟むことで、間合いを
      詰められないように立ち回っているのだ

     赤の識別票を付けた寄せ手は攻めあぐねている。否、攻め切れていない

     既にベルトリンクされたカードリッジは底をつき、最装填の暇はあるまい




  ,..-''"  ̄ ̄ ̄ "''-、
/              \
      -‐-..,,_..    \
      ___ `''‐‐'  、_ノ
     ヽ _・_`     __i       ……上手いな
         /     '_’l
            {      ヽ l       本当に初年生か?
           ヽ---‐、__ノ !
              ー‐一  ,′
  、              /         「ええ、閣下。最初は並かと思いましたが、
''-.,,_`''-..,,_         /            まるでスポンジのように技術を習得していきまして
: : : : :`''-、 `¨"7''―‐<       
: : : : : :/ヽi :::/: : : :/⌒ヽ           今では教官すら危ういことがあるほどですよ」
: : : : : l: : :L_ `ヽ: :{: : : : l     
\__/: :/O: 7、_∧:.ヽ _\‐-..,,_  
: : : : : :./: : :////∧: : :|: : : : : : :/| 
: : : : :./: : ://////∧: .|: : : : : :/_
: : : :./: : :////////∧:.l: : : : //
: : :./: : ://////////∧∨: : / 
: : :i: O:.i///////////∧ヽ./

97:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:01:14 ID:aeBQj/hc
やる夫もやる夫でもう逸範人なんやなって

98:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:04:28 ID:LPJG6jy.






    このまま攻めきれず終わりか? と思っていると、今まで隣で解説していたコントロールルームの
     責任者が楽しそうに言った

    ではどうなるかと思えば、遮蔽物を挟んでの追いかけっこのその一瞬……

    ほんの僅かな間、遮蔽物が無く直線が生まれた

    本当に一瞬だ。駆け寄ることもできない一瞬、普通であれば補足できないチャンスとも言えないチャンス

    だが、紅い識別票を付けた機体は、そのチャンスをモノにした

    弾が切れて用なしになった機銃型のデバイスをぶん投げ、相手のデバイスを叩き落としたのだ




      /
     /   __
     ,' , ´: : : : `≧ 、
   . //: : : : : : : : : : :、 ` 、
   /,.' : : O .O: :O: : : マ: : Y
   <: : : : : :O: :O: : : : :7: : :7            /
  //>.、 : :  ̄二: :_,: :_: : 〈           /   /
.-=´≧ 、ミ>、 : : /! ()丈¨゙         /_r-辷 、/        「ですが、向こうも中々有望でして
人(  ィ^>、ミ| ¨ハ   ヘ 〉.__       / ゝ、>、ヘ Y
: :≧ 、ヽ   >〈  \> ´ヘ l    , 、/   人 .ヽ ヘ .{         見ていて下さい」
: : : : : ヽヽ/´.ヽ\ ./   } 〉>-=//    ノミノ   /
: : : : : : : :Y`v.¨ヘミヘ >'´< : : :</7 ノ 、´{    r': :|
 : : : : : :〈: :トヘ ヘ__三弋ン.`i./  ⌒./ .!`ニ=/: :o:ノ
: : : : : : : :`、: : ヘ `ヽ.t‐―^/    /ヘ .,':7: : :イo:::イ
>、,r 、 : :/> ´`ヽノ个./`ヽ   .与: :〈 .7-{ : : :}/ {
: : : : : >: : / ⊂ヽ, ヘ /    ヽ/ ヘ._∨ :|.: :r ´: : |
:/¨´ /: : / ⊂ヽ, ヽ/     / 彡三.〈ゝ:|.: :|: : : : :>
ミ} .〉 :!: : :{ ⊂ヽ,ヽノ \\  Y ノ 彡 /乂ヽ!.: :l.: :/ :|
ミノ : 〈 : :└、 ` .ノ     .>.ノ、 彡彡三^>| : : Y: : : :|
ノ=‐- :`、 : : `:>´    ィヽ)〉 ∨三彡( ! |: : : :|: : : :l
: : : : : : :≧、/    ノ ム^)  └七 ^ー- > 、:|: :/
≧ 、...___ /___,...  /´ ヽ.  ヘ.           レ´
: : : : :>=‐--‐´チ ! 〆: :ヘ ⌒)               >

103:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:09:11 ID:LPJG6jy.




    腰を落とし、拳を固めて一足飛びに突っ込んでいく赤の機体

    対し、全く動ずること無く腰から拳銃型のサブデバイスを抜いて迎え撃つ青の機体

    実に見応えのある展開だ

    互いに一歩も譲らぬ本機の戦い……訓練校であると知らねば、本物の特機隊相撃と
     勘違いしかねない気合いの入り方と熱気である

    感心したごめんなさい案件製造マッスィーンは、珍しく責任者に「あれは誰か? と問うた」



                /      > …… <
            ‐〈  ./      /: : : : : : : : : : :Y
           ,' .7  /.      / : : : : : : : : : : : }
         ュ.,' 7 ,.〈   ィ=、 ノー- 、_: : : : : :∴l
        /> └ /-'ニ二 .|∠ - 、: : : :个‐--: : {__
.       /:ミミ : :// 、 <: :\>.、_: : ≧、冖==i´ィ.┐ェュ_
       /: :ミミ ://、 : : >、>ュ,_ヽ、>-、 \三 / .l .Y ー ┤
     /¨〉: : : : //ミミミ: : /: : : : :>、` 冖\ |r-,`Y‐┘.ニニT ,、
     └': : : : ://: : : : : : / /¨j__ : : ノ: :>‐==-!、」冖―¨_.。イィ'       ジャキッ
     / : : : : //: : : : : r./, // > 、j / _ノ : : : : : : ム   |ヘ _ .|
 .   `l_< :〈/ : : : : 〈//.// / ///: :| : : : : : : : : : ム  .| | ノ }
     .| .| ` <: : : : /¨lへ 〈.///: :ノ== 、  __.} f¨ニ´  }
    / l : : : :/ 〉:,ノ、: :`> 、ミ/: : }:iム |__ ^⌒ : : : :| >-'´ヘ ./
  . Y  { l´.> /./ : : |.: : : : : : :/、: : :ヘ:i:i三}`l、: : : : : :|‐": : : :片
   {  | {   ,' 7>、/: : : : : :/ : : >、_ \lミ} ヘ: : : : :|ミ: : : :/
   `>.j   .!.,'  彡⌒.Y¨^¨>、 : : / 〈 .|ミ 二二゚j、 : : /
    , ャ≦>|.|  :f f / .〉!⌒冖=‐-ノ彳  ヽミー‐彡 |: /
    | l:i:{ \}>、{弋 ノ三ミー―--〈ァ    ゝミ三彡'´}/
    ./〈Y\ ノ.===/i: : 《  |   i: :ヽ,
   / ,':{  \,..。 -‐/: :',: :∥ |  .|: : : :i
   ! 7:il   {   :〈: : : :, :∥ └ 、ノ! : : :|
.   , 7:i八      ト、: : : ,: 乂    | : : |
   77:i:i:i:i>、}   :ムミヘ: : ', : : >l ∥: : |
   |7i:i:i:i:i:i:iヘミ>、 ムミヘ: : , : : : : | ∥: : |ヽ
   !,'^¨    寸ミ> 、ミヘ: : : : : : :ー: : : |ミム
.  ┘       }三三.>ヘ : : : : : : : : : :| 三.ム   }',

104:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:10:15 ID:mxpB65rY
誰なんやろ…ww

105:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:11:22 ID:74oQo1ds
よし、もう嫌な予感しかしないぞ!

106:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:13:19 ID:vZTKGjUw
ダレナンダロウナー(棒)

107:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:14:03 ID:LPJG6jy.






     すると、打てば響くというばかりのタイミングで情報が寄越される

     立体投影スクリーンが目の前に現れ、指揮官に情報を供給する……やはり
      責任者もまた、ここの責任を任される所以がある優秀な人物だったのだろう

     映っている資料には、未だ年若い少女の情報が載っていた

     まぁ一桁就労が認められているミッドだ。例えハイスクールの学生と同じ年代の人間が
      特殊部隊の選抜訓練に放り込まれていたとしても不思議でも何でも無い

     逆にちょっと遅咲きなんじゃね? とか言われてもおかしくないほどである



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j     えーと……?
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

108:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:15:35 ID:x3PjKxKk
誰が来たかな?

109:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:16:17 ID:KODs2iwc
おお、かみよ・・・

110:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:16:59 ID:cT/397Vs
さーて中身は誰かなー

111:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:17:03 ID:LPJG6jy.




     その少女の名を ティアナ・ランスターと言った

     そう、まただ、またなのである

     この男、ついに時分から本とか押しつけないで人の道をねじ曲げる領域に至ったのだ

     なんと言うことでしょう、凡人(笑)もおかしな運命の流れに巻き込まれていたのです

     生足が目映いバリアジャケットから、あんな重々しい肌色成分0の外骨格に身を包むことになろうとは

     全国の大きなお友達もがっかりでしょう


                ¨¨¨¨¨
          /一   ー  \
         ′___  __        __
        {                }  マム{ }
           (__人__)     。s≦ /マム :}       ランスター……?
          ゝ      。s≦   。s≦\マム}
              ≧==ハ。s≦-- 、.............マ 〉       ……なんか覚えのある名だな
                  マ..厶 --- 、 ∨.........∨
                  ′{     } }/............,        えーと、ほら、アレだよ、えーと……
                 ,......|     }ノ.................,
              ,.......|     |....................}
               {.......|     |....................}

112:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:18:03 ID:cT/397Vs
やっぱかー。凡人は凡人を極める道を選んだんやなー。

114:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:18:19 ID:J2EG/i5w
BONJINやんけ

115:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:18:51 ID:2NFAqb3A
BON-JIN

116:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:19:08 ID:epGyttds
ティアナこっちィ!?

121:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:22:07 ID:LPJG6jy.




    いやー、まだ記憶力死んでなくてえがったー とほっこりしつつ宣うアホ

    しかし責任者はちょっと戦慄していた

    そんな何年も前の作戦で、しかも特機隊以外から出た戦死者の名前を危うげとはいえ
     覚えてるとか、この人なんなのという話である

    まぁ、特別な背景なんてなく、人間は連鎖的に物事を思い出せる脳の作りをしているので、
     名前がエピソード記憶を結びついただけに過ぎないのだろうが




                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ     あっ! 思い出した!
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /     何年か前の合同討伐で戦死した局員!
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,     葬式顔出したから覚えてる!!
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ     「(よく覚えてるな、この人)」
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ

122:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:23:44 ID:SJH0WTYY
この記憶力で佐官とかビビらせたんだろうなぁ

123:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:24:32 ID:2NFAqb3A
身内すらも戦慄させる人狼(コワイ!)

124:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:24:37 ID:YFHDVBtk
殉死だゾ

127:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:25:27 ID:LPJG6jy.





    しみじみと呟く阿呆……その懐からは一冊の本が覗いており、責任者にはタイトルがちらっと見えた

    優秀な人材を育成するには――青田刈りするなら手元に置こう――

    という頭の悪そうなミッド製の新書であったのだが……

    彼は「成る程成る程」と要らん深読みをしてしまった

    そしてまた、道が歪み始めた彼女の道は深く歪んでいくのだ……




                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \       そっかー、こっちの道に来ちゃったかー……
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!                       どうしてこうなった……言え!!(責任転嫁)

魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その5

982:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 12:51:49 ID:BzUcVNSg





                 魔法管理職りりかるまねーじゃー

                         もとい

                 魔導砲兵サブカルなのはSoldiers






                      |ニ/     `ー--一'´     マニニ/
.                     |ニ′               iニニ|
                    _ .|li{、     、           _}三|
.                   / `|/´  __   ',  ,        マニニ!
                   l 入! ´ ̄ \ 、   /     ,,、   il/´ヽ
.                    l  |.  ヘニ`'≧、 '、___r≦、ァ、 ヽ /i′i }
.                     ヘ_/!   ` ̄´ /    \ ̄´    !l|) /      どっちも魔法適正無いんだがな
                    /lll|、     /           ,,/l|-′
                >/´:/ム!| i    /       、     r´/ニ|}ヽ
           > -‐ ´  ./:::: i ムニ}   ,,- ‐≧ヘ__,へ〉    /三| !:::ヽ、
     > ´ ̄    _>/::::::::|.ム三`≦二ニ>-‐‐-<ニ≧、__./ニニ!.|::::::ム ≧ 。
     ___ r ┬ 7 ̄/ /.//::::::::::|ム三三/ ‐=ニニニ二ニ- 、 `ヽニニニ||:::::::::ハ 、_ _ _ ≧  。
     /// / / / /./ ム::::::::::| ヾ三三≧、 `フ三ニニ-‐   ノニニ/ム:::::::::ハ i |`l i |`‐- ___
      /// / / / // i ム::::::::::|  \三三三三三三`ー≦ニニ./ .ム::::::::::::ハ| | | | | | | | | |
     i i !  | .!/ | | |ム:::::::::::!.     `<三三三三ニニニニ/  ./:::::::::::::::::ハ | | | |、| | | | |
     | | ! .|___|-┴`ム::::::::::::|      `ー=======一' ´    ./::::::::::::::::::::::|人|| | !| | | | |

983:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:52:51 ID:5D11GY.g
ヒャッハー!

984:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 12:54:40 ID:BzUcVNSg





     さて、この御仁だが長年陸の兵力不足に嘆いており、色々と対策を講じようと胃を痛めていた

     増える犯罪率、戦死者が増えるにつれて輪をかけて進行する就業年齢の低年齢化

     海との確執も激しく、剰え緑っぽい宇宙要塞の方をホームと感じているのかミッドの本局に
      じぇんじぇん興味がないのか、いざという時に護ってくれるかも若干あやしい関係……

     これら全部ひっくるめて、物資資源予算人員全部絞られながら対処せねばならぬのである




             _,.ィ7777777777> 、_
        _,..</\/////ィ7 ̄7>、/ ∧
       {///7777 ヽr77////////////!
          ∨////////ィ'''''´ ̄ ̄ヽ////,{
          ∨/!´ ̄ `   ,    、 {///∧
         ∨{      /  _   { ∨//-'、
         |/l   - 、 {_/_,.ィ  {//ィi }
         }/{  -r-。,=-、_`ー゚' ノ ∨/' /
         ∨!   ¨ { l }     /∧' 、__
          }ハ__ j  l ヽ __///∧ /}::::\
        _,.. ////// '=-=- '///////// , !::::::::} ̄ > 、
     _, <  {//////, -――- 、ヽ//// / !::::::::|       `> 、
  _/      \/////777777///// /  j:::::::::{
 ´       _/::::\//////////_/ /   /:::::::::|__
     > '´ /::::::/ \  ̄ ̄ ̄´ /    /:::::::::::l i i i i i` <_
  > '´i i i i i /:::::::::{ <\ `丶、_ / /> /,:::::::::::::| i i i i i i i i i i i
´i i i i i i i i i i,:::::::::::::|、 \> /三三\</ / ,::::::::::::::! i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i i/::::::::::::::| \_/三三三/\_/ l::::::::::::::| i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i/:::::::::::::::::!   >---- く     /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i
i_i_i_i__,イ /::::::::::::::::::::!  /三三三ニ〉   /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i i

985:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:56:31 ID:gX8P2YAQ
(´;ω;`)ブワッ

986:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:57:04 ID:5d4GDpqk
ほんに可哀想なおかた……

987:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 12:58:51 ID:BzUcVNSg




    酷い無理ゲーである

    天帝難易度でパンゲアの中央に配置され、周囲にはシャカ、アレク、ナポレオン、モンテに囲まれているようなもんだ

    無理ゲーに挑む人間の脳内は、中々面白い思考に偏りがちであり、この御仁も一時期は結構狂っていた

    あの人型核弾頭が3つ生産され、ごめんなさい案件が来る前の話である

    無理ゲーを無理ゲーでなくするため、彼はチートの導入を試みた




                  _- -   ── ‐- -..、
               ,<.' "             \
              f´. ` 、___   ___ ,. . -‐‐  \
                 ∨    ,イノ ̄            ',
                ∨ヽ.  |      ,-‐‐‐-彡    |
                    /  \ |  / ̄  u   `、.    |
                 /     ヘ|/          /    |
             / u.  三三          ヽ  |彡   |
                 {_    三        _', /.     |
                |  \  l  L_-‐‐'  ̄   |/⌒}. !
              ', 《にフ> |   ヽ、に7.ゝ u.  |    |. ト、
                 |  / .イ    ` ̄´     /|.   | ./  `ヽ
                _|u.    ,ノ  ム_       \   |∧     >‐--,
            ,.'  ̄.  |   f´ ̄ゝ-‐″ `丶   u  ハ_,ノ ∧         >..
.      r-‐′     \ { l ̄`Y´ ̄`‐- ', u.   |. /   |            `>、
     /          .∧! | r-―─―┐l `、.    |/.    |              \
    /||.         | ∧ヽr'‐-----`ノ   ヾv-‐7!      |                / >、
  /||. ||            | ∧  ̄ 二 ̄   /   /. |      |二二二二二_ ヽ   / /  }
./  .||. ||二二二二二ni |  ∧`丶/\__/    /  |     |        ヽヽ/ /.    |
    ||. ||        /   ∧________/  |     |         | | ̄|      |
    ||. ||          /      j     只       /.      !          | |  |      |

988:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:58:54 ID:j0pgv55Y
苦労人すぎる…

989:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:59:39 ID:dTlAxJfk
胃袋「・・・ヘルプ!」

991:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:01:47 ID:gX8P2YAQ
なお、運営にBANされる前に超大型アプデに成功した模様w

992:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:02:24 ID:BzUcVNSg





    そのチートが、この胡散臭い年齢不詳のにーちゃんである

    色々拗らせた三人娘と負けず劣らずの変態であるが、そこは後で語るとしよう

    とまれ次元犯罪者とか大嫌いで排斥派の最先鋒がそれを頼るとか、余程追い詰められていたのだろう

    彼がチートを使って手に入れようとした物は二つある

    一つは海を頼らずとも、どうにか地上を護れ治安を維持する抑止力となる兵器

    もう一つは、陸が意図して“生産”できる優秀な戦力である





                   /:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                   /:.: /:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',
              ,.:′/:.:.: : /:.:.:.:.:∧!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.: i
                 /:://:.:.: /:.:./.:.:.:.:.:i| |:::.:.:.:.:.:|:::i:::ヘ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.:.l
             /:://:.:.: /:.:./.:.:.: : /:| Ⅵ:i:.:.:.:|:::l、:::ヽ、、:: Y:.:.:.:.: ∧.:.:.:.: : :l
               i:/ i:.:.:.:/:.:.:从/:.才メ、、!:.:|:.:.: Ⅵ \::::ヾ\:|__.:.:.:.:.i .:.:.:.:.:.l
               |′|: : ハ:.:.:|:.:.i:|: :;代ぇヾⅥ:.:._厶孑七气 ̄:リ:::::i:l:!::::!.:.:.:.:.:.:l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|:/ `ー‐' ∨V::. ィ丐ソ ̄>7:://i::/.:.:.:.:.:.:.l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|ハ      /  ∨:. ` ̄ ̄´ / ////.:.:.:.:.:.:.: l
                  Ⅵ| Ⅵハハi    /   `\     /イ//:′.:.:.:.:.:.:.:.l
               \ Ⅵ::::\\  〈          -=彡′.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
                 /才 : /:八  `ヽ          イ:/.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::∧
                  -=彡イ.:/:::/:::::::∧  、..__       //.:.:.:.:.:.::::::::::::: : ヽ::\
                // : /:::/: : :::::::∧   ...,,, ̄ ̄´ /才:::::イ::::::::::::::::::::::ヘ:::\::\
                  // : /:::/: :.:.:.:::::::::∧       ///:: //:::::::::::::::::: i|::::::Ⅵ:.:ヾ:.:≧=ー
              /イ: : ハi :.:.:.:.:.:::::::∧ハ、__    / ,':::://:::::::::::::::::: : lト、:::!i ` ̄ ̄
               |:.:.:i:::::|: : :.:.:.::::::::::∧     ̄´_   |:://:: /:::::::::::::::: ∧:::Ⅵ
               厶斗::::|: : : ::::::::::::::::∧     〉-〈i/∧:/::::::::::::::::::/! iヽく
       . . -  ´   |:::∧: : : ::::::::::∨ \    /!二!∨ ∧:::::::::::::::://  l  `  ..
  . .   "            ∨ ∨: : ::::::::::|:      / :!同!: ∨:::::::::::::::: //   !      `

994:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:04:22 ID:j0pgv55Y
ほんとどうしてこんなになるまで追い詰めたんだ! って感じw

995:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:06:35 ID:BzUcVNSg





     外からの外敵に対抗し、更に威圧感あるモニュメントをブッ建てる事で治安の維持を図る……

     一つ目のオーダーはアインへリアルと名付けた巨大な固定砲台にになわせる筈だった

     見た目はまるっきり巨大な46サンチ三連装砲であり、それをミッド周囲の稜線に三機配備するのだ

     ……正直威圧感より何か間抜けな光景であるような気がする

     その上、大抵の惑星をぶっつぶすような連中は静止衛星軌道より上から攻撃してくるのだ

     自転速度や相対速度に合成速度を考えると、地上からぶっ放して次元航行艦

     或いは人型かそれより少し大きなロストロギアであれば命中させるのは至難所ではあるまい

     例え便利な誘導術式を組み込んだ魔導砲撃であったとしてもだ




              _,.. -――--_、
              {7ュ<7 ̄7 ̄ィ}
              } ヽ-' ´ ̄ }__: :l
               l        トミr}
                  { ェォ  rtォ ヽ:.}、)
                  l / 、   ィ: !''}              あの頃は疲れてたんだよ……
                }ィゞii'wx、 /ミ{ノ}\_
            ,.. {i: ´_ ̄_`>´::i/ /::////> 、
         _,...</ィi\i_Y:_ヽ/  /::{i i </////>、
      ,.<//イi i i/::{ 介、      /::::li i i i i i i i<///>、
     /i i i i i i i//::/V/:::ハ.  /:::::/;;;;;;\i i i i i i i;;;;;;;;;;}
     {;;li i >'´;;;;;;/:::{ /::::{  `/::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<i i {;;;;;;;;;;l
     |;;;;;/;;;;/:::::{::::::l /::::/ ,/::::::::/:::::::`ヽ、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;< ̄ヽ
     |;;;/´:::::::::::::::',::::|{:::://::::::::/___::::::::::::`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;\ }
     |;/:::::::::::::::::::::∨!/イ:::::::/:::::: ̄ ̄::::::::::::::{::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;从_
     l;{:::::::::::::::::::::::::∨::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::<;;;;;;;;;;l
     l:|:::::::::::::::::::::::::::∨_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ
     |:|::::::::::::::::::::::::::::/o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::}

998:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:08:19 ID:j0pgv55Y
海が悪いよー 海がー

999:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:11:05 ID:BzUcVNSg





     だが、現在はミッドを見回しても、そんなアホな物の姿は見当たらない

     計画変更になって、結局ペーパープランから実装に移されなかった為である

     理由は定かではない

     宇宙からの侵攻にも対応できるようになったからだとか、SFオタに真顔で論破されたとか、魔女から超ディスられたとか……

     単純に頭が冷えたんだろうという憶測混じりの噂が飛び交うだけだ

     まぁ、実際はその全てだったのかもしれないが



            ,.....-―――-.....
           /.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\.:.:`ヽ
           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ.:.:.:...、
          ′:/:.:.:,:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.:.::.
          /.:.::..′/.:/:./:/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:ヽ.:.:.:,
       '.:.:.:.:!.:.,:.:./:./:/ {:.:.:.:.,.:.:.;、:.',\/',:.:.,
         l.:.:.:.:l.:.:l.:.l:./:/  v:.:.:l:.:.:,、: :',> ヽ!.:.:.     |
         l.:.:.:.:|.:.:|:.:!':/ \  \ト、ハ: :.';^ヽl:.:.}   _ 人 __
         l.:.:.:.:l.:.:l:.:l'三三     三三 l,:.:.:l:.:.l    `Y´
       V.:.:.:l.:.|.:.l       ,      j:',.:.l:.:ハ.    |
.          V.:.:.Vヽ|           ,:l:.:V:.:l
           Ⅵ.:.,、ト.   「 ア   ィ:.:l.:.ハ:|
         从:ハ:.从≧  _, ィ:.:从:.l/  l|
           __,r 、Vー"、   }‐从l_ `
          厂V//Λ   `‐-、 .〉 V/>、_
      ,.<ニニヽ /Λ   /|/介マ///〉ニヽ
     /二ヽニニヽ/Λ/`Y⌒寸 l///ニニ〉
      {二ニニヽ二二ヽΛ  V//} !//ニニ/ニ}
      |二二ニニヽ二ニヽ!   }⌒{ .j./ニ/,二|
      |ニニニニニ\ニニ|   |//| i/./二iニニ!
     |ニニニニニ|ニ`ー-|   |//| |´二ニニ!==|

1000:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:11:29 ID:gX8P2YAQ
レジアスさんフルボッコw

>>1000ならレジアスさんの胃が回復し、普通の食卓を囲めるようになったらいいな……

13:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:15:38 ID:jo8nH1Rc
ちくせう、ハヤテリックが良い顔してやがるw

14:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:15:42 ID:BzUcVNSg



     第二案は、変態による人造魔道師によってになわれる予定であった

     製造方法? クローニングだとか機械強化とかの現行法だとバリッバリ違法な物だ

     どうやってこっそり使うつもりだったのだろうか

     でっち上げた素性不明の優秀な陸士がガンガン増えたら、それこそ海から監査を食らうだろうに

     諜報戦闘で全部弾ける自信があったのかもしれないが……

     多分、これも頭がちょっと茹だっていたのだろう



                       __
                   . . : :´: : : : : : :¨: : . .
                r≦ア´ ̄: : : : : : : : :  ̄\\
                 /;|=7: : :/: : : |: |: :ヽ:.\\: `守ュ
             ./:/:|/: : /: : :/: : j:/i:.:|: |: : |: :|: : : |三〉
            /:/: :./: : /: : :.:|: : /イ |: |: |: : |: :|: : : |=∧
              /:/i: : i: : イ: :./:|:|: : :./: |: |: |: : i!: |: : : |7:.:.|
           |: | |: /|:/.:|: : ト从: :/: :/斗/!‐/|: |: : :/: : :.|
           |: | |: | !{: :ハ: :|fヘぅV/ >ャぅァ|: |:.:.:.|: : : ′
           ヽ| ヽ:. ヾ{:.:j从  /      /〃:.:.:|: : :|
            {  \:Ⅵ 八 〈        /' /: : : |: : :|
                 |: : :|\  ‐-    /: : : /: :∨
                 |: : :|: :.:\    イ/: : : /: : : :.\
                 /: : /: : : : :`≦zz./: : : /: : : : : : : \
                    /: : /:_:/ス「 ̄:/: : : :.|―<: : : : : :}
             r::::::::7: : /::::/イ I ∧::::{: : : : /:::::::::::`:..<:/
           /|:::::/: :./:/´/`ii´ |::∧: : : {::::::::::::::::::::::::`::..
           /::::::|::/: : /¨´/ / ||  j/  〉: : |、:::::::::::::::::::::::::::::>、
          /::::::://イ/  / /  .||     \: | \:::::::::::::::::/:::::::/
      ./:::::::/   {'   ./ /   |」      )  Y::::::::/::::::::::/
    /_; -.r'―――ァ  / / 「 ̄ ̄ ̄ ̄ \     j:::/:::::::::::::/
  .//  /  / ̄i.  / / ∧          \ ./イ:::::::::::::::::::{
 .:':/    P/    ヽ./ /  i  \ ○ ___/,/  |::::::::::::::::::::〉\
. |/   -=ミ<{       〉 |  |   `i¨「    ./ {!   |:::::::::::::::::∧、: :\
. {     .イ\    /|  !.  \  .| |    /  |  |::::::::::::::::::::::〉\: :ヽ
 !      |: ∧`ー ´  ヽ ヽ    \ V   /  /!   |:::::::::::::::::::(: : /): : }
 |      ∨:∧     }  }     `¨¨  ̄ イ〉:/!   |:::::::::::::::::::::〉//: :/
  ',      ∨i:∧    / /           /{: { |  |:::::::::::::::::://〈:/

17:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:20:30 ID:BzUcVNSg



     実際優秀ではある

     クローン元から魔法特性だとかレアスキルとかまで引き継げる上、実質サイボーグなので再生力も高い

     これが量産できたなら、ストームトルーパーも真っ青の兵団が編成できたことであろう

     姿消したり物質透過する諜報部隊とか、ただただ硬くて火力も出せる兵士の群とか酷い話だ

     しかし、世間からのバッシングとか露見した後のことを考えるとやはり……

     陸セクションお偉方全員の首が飛んでも足りなそうな不祥事だな

     まだ「人間じゃないから!」と言い訳できるプロテクトギアの魔導中枢のが数段マシである


                /    /              \
               /  , '7´                  ヽ、
                /  /  /                      ヽ
            i  i'  /               !、 ∧
             |  | /          /       |_V_| i   i   |
             |  i /      / /      l   | l!  |   i
             |  レ│     ,イ /!    ,ィ !   | ||  !   i
             |  |/! ,i  / ! / l   // /   .レ l !    !
             |  /´! i ! 7ーi/_ |_ / //  _,-‐´レ'    !
             | 〈  ヽ! | /ャ=r ‐テ、  '  ∠=テア/    !
             |  マ | V! ` ―‐'     `ー'  /    l
           l   `ー!  |                l    l
              l     !  |                 /!   ∧
           l      !  iヽ、         '   / !   ! l
              l        |  | | ` 、  ` ̄ '  /  !   i │
          l      |  |rト、  `  _ ィゝ   |   |   i
            l      -|  | `ヽ`ー‐ ニフ´ l `r 、.|   |   i
          l   ,.. ´  |  | ,ヘ `Y ´ .,、 |  i  |   |、  |
        _ ⊥ ´    /  l `´ / \</ |  l  !   | ` ┴  _
    _   ´        l  l  ./i    ∧  /!  l   !   |       ` ヽ
   !ヽ           l  !レ'   i  /  V !    l  !. |        / |
    l ヽ          l  !    ├┤    l    |  ! |       /  l
    |  ヽ           |   |     i  i    |    ! / /     /     !

18:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:20:31 ID:gn0/DjU6
搾取する側の海の思考が既に茹だってるんで今さらだ。
首都がボロボロなのに他所の平和まで守ろうとかww 無茶無理無謀な背伸び乙ww

19:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:21:48 ID:5d4GDpqk
管理局の中だけで見ると閥とか年齢とかでオーリスさんあたりヤッルの嫁の最有力候補に思われそう

21:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:23:07 ID:j0pgv55Y
>>19
だよなぁ…w

22:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:24:07 ID:BzUcVNSg





   しかし、自分の娘に退魔忍とかBETA世界線の衛士みたいな服着せた上、自分の再生用
    受精卵孕ませておくとかホント良い趣味した変態である

   さぞかし毎日良い空気を吸っていることであろう

   そんなこんなで、より上のお歴々の思惑も絡みながら破綻が目に見えている陸再生プロジェクトが
    ぐだぐだと進められていた

   その間に信頼していた小飼の部隊がこの案件に触れてアボンしたり、筆舌し難い事件が二つ連続で
    起こってミッドに巨大な核弾頭が転がり込んできたりもしたが

   全ては過去のことである



      |: : : /: : : : |: |: : : /: : : : :|: : ハ :|.: : :.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      |: : /|.: : : :.:|: |: : /:|: : : : ハ.:.:| | :!: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      |: / .|: : /:.:.|/|: /|: |: : : :|斗┼┼| ┬┼: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      |/  |: : |: : : :|/:.:|: | : : : !==‐- ト、 |: :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        |: : |: : : :|.: :.|∧: : : |仄テ=> |: :|: : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        |: /|: : : :|: : : :∧: :/ ヒリ/"  !:./ : : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :
        |/ .|: : :ハ: :/  ∨ ' ̄    .|/|: : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :
            |: / /              / .|: /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :
            |/ ヽ                |/: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :
             \                /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                  ノ             /: :/ : : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : /:
              \___ , 一    ./, イ/: :イ:./: : : : : : : : : : : : : : : : : :/|: :
               / ̄            //|:./.:.: : : : : : : : : : : : : : : :.:/ :|: :
               ヽ            ./   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                }               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                |          /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :
                |        /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :
                └─   -‐ /: : /.: : : : : : : : : : : : : : : :.:/: : :./|: : :
                   /: : /: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : :/.:.:.:./ .|/|: :

29:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:30:16 ID:BzUcVNSg




    しかし、もっとお手軽で露見しても非難が少なそうな人員強化案が提出され

    ギリギリ管理できそうな、全ての侵略者を相手にしてもミッドを守り抜けるであろうロストロギアも手に入った

    後はやばそうな核弾頭二つ含めての制御装置まで、半ば棚ぼたで手に入ったのである

    本当は全部欲しかったであろう海への意趣返しにもなる上、冷静になると なんやこれ…… となるプランの
     代替まで手に入って、疲れ果てた中将の頭はやっとこ冷えたのである

    後は無茶なプランが止まって浮いた予算を、軍内部の政治に気を付けて全部注ぎ込んでおけばよい

    ……実の所を言うと、特機隊は彼の思惑からも少し外れた所ではったが、それはまた別の話である



                         .:.:i:.:.:.7. .:. .: .: . :. .. . . .. .:ヽ:.丶v.:.\.:..\
                     ;:.i:.:.7. .:.':./∧:. :. .. . . .. . :ハ.:.:|: :. :.vへ:.:\
                     |:. i:.7. .:.:i∧i「^V、.. .. .. . . .:.:i:.:|:. :. :.ト、 `¨~`
                     |:.:И..j.:..i|‐-|i--vヘ : : : :. :.:.:.|:.:|::. :. :| !i
                     |:.:.レ:.:.|¬─jj‐--vヘ :. :. : .:i:.|:.:|::i::;:.:| !i
                     |:.:从:.::.::代旡Z``\\.:.i:.:i:.|:.:|::i:.i:.:j jj
                     |:.:.{ vヘ:.i i      | \`j:.:i:.j:.:|::レレ゙
                     |:.:人从:.:\     j〉  )jレレ':.:.l:::.:|  _,,...-‐=ニ二Ξ二ニ==‐-  ..,,_
                     |:.:.:.:./´⌒>‐、  _ _//,ムl::.:l:i斗<                    ____`ヽ、
             _,,...-‐=ニ二Ξ>'´  /   i 〉 `¨´ ´ ,イ 1::.l.:|         _三Ξニ=-‐   ´
 _,,...-‐=ニ二Ξ ̄         /く    /  ,ィ==j> .. イ ト、|;:.:i:.l          /
‘──────────<>、/i:》 》, 厶イ r‐’ノ竺竺竺竺! |i:.:;:.:l      /_
                んZi:i:i:i》 》////.:.:丁__`¨¨¨¨¨¨´| l:i:.:.从    /'///ミ>、       そ、よかったわね
                  / 〕i:i:i:/ /.:j///.:.:.:/\ `¨¨ヽ、 ,ノ|:.i :.:.:.:.\/////////∧
                   |  ]i:i:/ /.:i7'// .:.:/>.、\      乂:.:.:.:.:.:.:.:.≧=‐-ミ,'///ハ      這いつくばって感謝なさいな
                   |  ]レ゙ ,イ.: .i|//:.:.:/     >.、_,r───┬=≦-=ミ:.:‐-:.`Y///ハ
              f⌒~/レ゙. : : :i|/:.:.:んニ=孑'⌒^ア`ー‐┬‐‐' ̄ ̄ ̄|: :`Y:.:.:.:|,'///ハ
                i| '/: : : : : : :.i| i:.:.|////7: : : /      :.         |: : :.|:.i:.:.i|/////ト、
                iL/: : : : : : : .:i乂.:ij'///7.: : :/      :.       |: : :.|:.i:.:jj/i///,j/ヘ、
                _j7: : : : : : : : .:i:i:i:i:)'///7: : :《          :.       i: : :.乂レ゙i/i///j//∧
              ィ⌒!: : : : : : : :.:i:i:i:i://///i: : : : \       ,へ    /: : : : ム'/i/i///j////!
               い__{: : : : : : :.:i:i:i:i:i厶////|: : : : : : \ ____人人__/.: : : ;イ///i/i//,'j'////!
              Z⌒ニ八: : : : : .:i:i:i/ \゙///|: : : : : : : : : : : ;イY∀Y≧=‐=≦'/////i/i///j////!
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ /|///|≧=‐-,-‐=≦: : :.:∧:. : : : : : : : |,'////i/i//」L」L」L、
      |┌────────┐l  l |///|'//; ; : : : __r‐……‐---┐____ 」L⊥L」/i⌒ヽ   vヘ
      |└────────┘|  | `~~´V//: : /く`ー=七 Z⌒ニ=‐-<⌒ニ=ミ     \  vヘ

30:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:31:05 ID:gX8P2YAQ
>冷静になると なんやこれ…… となる
ワロタw

31:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:31:31 ID:j0pgv55Y
地獄から見下ろさないでください妙齢()魔女さん!

32:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:32:02 ID:dTlAxJfk
>這いつくばって感謝なさいな
おっぱい見た後に足を舐めるように眺めるのか・・・

36:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:34:19 ID:7SHVxmxg




     じゃあもう、これ要らんのとちゃうのん? 刑務所ブチ込んで、吊して綺麗にしちまおうぜ!

     と中将は一瞬考えたが……残念ながら色々知られすぎている上、コイツ自身すらロストロギア級の厄ネタである

     上との折衝も色々あって、今もコイツは大手を振って、堂々とではないが管理局に出入りしていた

     後はそっと触らないようにしつつ、時期が来たら都合良く死んでくれねーかなー と祈るばかり

     実際、変態の主人は主人で、別の安定法が見つかったらええか、とすら思っていただろう




          // // //ⅴ ヽーヾ、ヾ ヽ
          j/ / // //  ヾヾ ヾ 、ヽ
          i// // //,,,,ヾヽヾ ヾ ヾ.ヽ
          ii ii i// //_ ヾヾヾ,,,ヾヾ ヾヽ
          ii ii ii  ,イ伐''‐ ヾ仗 j j ii i、 j
          iヾヾヽ .ヽ   i.ヾ //ii/j /
         jヾ iヾ ヽ,,ヾ  .'__. /ヽ/ii/
         j,jj/ヾヾ ヽ、  ̄ /ヾ ヽ、
         / jヽヾヾヽ `/'´、ヾヾj ヽ.ヽ、
       / ヾヽiヽヾ ij   ,,,‐、ヾヽヽ  j
      /    ヽヽヾjiヾ-‐‐ニ iiヾj ` /i
     / ̄`ヽ、 、  ヽj j'''´ ̄     j / j
     !    ヽj  、          i/ j
     i     ゝ、 i          /  /、                    ,,,,,--、
     j      ヽヽj     /    /  j j               _,,,,,,-‐'''´    .\
    ヽヽ      j i    /    /   ! j          ,,,,,,- く´          _,,,\
     jヽ、     i/   /    /   / .j     ,,,,,-‐'''''´    \       ,,,,-'''´  ヾ 、
     i ヽ     j       /i   / j,,,,- '''´´          \   /    ,,,,,-‐‐‐ヽ
     j  ヽ ヽ   ヽ      /-j  /  ヽ               \ ヽ   ,-''´     \
      j  ヽ \  ヽ      i i / -‐ j                \ \/          \
      〉  ヽ  \ヽ‐--  / ヽヽ    j                  \ \          ,,,,ゝヽ
    ,,‐j ヽ  ヽ     ヽ      ヽ    j                   \\     ,,,,-''´   ヽヽ
-‐'''´´  .i   ヽ      ヽ     ヽ__,,,,ゝ-- 、_                \\  /      ,,,,,,ゝ\
      i     ヽ     ヽ     / ヽ  ヽ      `'''''‐- 、            \\l    ,,,-''´   / .\
     ヽ     ヽ   ,,,,/、    /  ゝ‐‐‐'ヽ          ` ヽ 、         \\ /   ,,,,,-''´    .\
      j     `'''''ヽ  ヽ、 /   ヽ:: :: :: ヽ      ,,,,,--‐‐   ヽ          \ ヽ‐‐''''´         .\
      j  _,,,,-------j,,/ ::ヽ     cj:: :: ;;;ィ     ノ/      j           \              ヽ
      '<i       ヽ :: :: :: ヽcccc゚‐ゝ''´ ヽ‐‐‐‐/        j             \          ,,,,-'´7
     /  i        ヽ;;;/ \    j    j /         /              \     ,,,,-‐''´  /

37:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:35:34 ID:j0pgv55Y
厄介者あつかいやんけw
貴重な頭脳なのにw

38:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:36:16 ID:I6Xodam6
なんとも哀愁漂うAAだなw

45:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:39:57 ID:BzUcVNSg





    どっか適当に餌くれてやって飼い殺しにできねーかなー……

    とか思っていた直に、核弾頭の制御装置(当時三尉)から声がかかる

    何かと思って話を聞いてみると、今後役立つ人材リストなるものが魔女の遺産に含まれていたらしい

    なんだ、また新しい研究でもするのか。コイツも魔女の薫陶受けてんだから、それもまぁ……

    みたいな感じで中将は軽い気持ちでリストを開いたのであろう

    が、魔女はそこまで中将にも彼の胃にも優しい存在では無かった








                        ____
                      /      \        中将、ちょっと紹介していただきたい人が……
                     / ─    ─ \
                   /   (●)  (●)  \
                   |      (__人__)     |
                   \     `⌒´    ,/
                   /     ー‐    \

46:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:41:26 ID:5d4GDpqk
弱った胃に赤から鍋ぶちこむが如き所業!

47:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:41:59 ID:5D11GY.g
なのは=純SF フェイト=SW ハヤテリック=ハイファンタジー

この順番だからロウファンタジー系じゃないか?
魔法と科学の融合!(プロテクトギアとチン◯姉を見ながら)

49:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:43:11 ID:j0pgv55Y
>>47 ベルガ系文化が危ない!?

味方なのにwww

50:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:44:07 ID:BzUcVNSg




     リストには、この変態の名前が載っていたのである。しかもトップに

     リストを開いた時、中将が噴出した白湯には紅い色が混ざっていたとか

     元々魔女はコイツの存在を知っていたのである。プロジェクトF、つまりは一人ジェダイオーダーを
      生産する技術の下地を作った人間であったから

     そして魔女は自身の目的のため、変態すら使おうと考えた

     今後のプロテクトギアの発展とか諸々含めて、娘と娘の庇護者に力を与えるため

     死せる魔女、生ける中将の胃を破壊するとは洒落になっているのかなっていないのか



                 /                           ヽ
                 /   /                          ゚.
               /     /      N{
                 /     .:         ;^ヘ      i i          i
             .'  /   i       / /  ‘,   | |           |
              { /    :|    _/_/____ ‘,  | !  ト、 i  i  |
             ∨i  / :l {   / /__、\\ :|斗-ァ―-|   l   {          人気者はつらいねー
               | l!   Ⅵ-=彡' `弋zリ¨ヽ  ヽlVr===彡|  /.:  ‘,
                ∨{  /{ V  |    ̄   i         ノイ i   ‘,
                     \{ \ ト、|        |          /|: /     \
                       /ヾ ‘,      〈|       / V       \\___
                      / /   ヽ    、__,    イ     ト、   }¨¨´
                    /   /    \    `こ´   / :l       | ‘, /
                 /1: /      /\      / /l       |  V
                   |: /       /\ ` ー‐´ / /       :|
                   |/i }!     ∧  >―-、r<   {     ハ}
                      _,.V |    .'/∧   /`^ヽ  /∧    / ニ=- ..,
             __   -=ニ    |    i//∧  ./「 ̄ i| ゚.///ハ } /       ニ=--  __
     __  -=ニ          ‘, } |///ハ ./ :|i_  l|  ∨//,}ハ'′              ニ=-、

52:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:45:48 ID:j0pgv55Y
せっかく直りつつあった中将の胃が…w

56:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:47:39 ID:gn0/DjU6
中将の得意な宴会芸は喀血ですね

57:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:49:50 ID:H6802kzU
胃薬「もう大丈夫、私が来た!」

58:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:49:54 ID:BzUcVNSg




    魔女と核弾頭制御装置の存在は、上でも結構重要な案件として当時から注目されていた

    こういったブツが届いてしまった以上、議題に挙げない訳にもいかない

    中将閣下は薬を飲みながら会議に出席し、紹介するとかダメですよね? と期待を込めて問うたが……

    変態を暇にさせとくと何かやらかしかねんから、仕事継続で

    とプロジェクトの一部を生かしたまま、制御装置のオブザーバとして接触が認められることになってしまった




                  _- -   ── ‐- -..、
               ,<.' "             \
              f´. ` 、___   ___ ,. . -‐‐  \       あの……ダメですよね?
                 ∨    ,イノ ̄            ',
                ∨ヽ.  |      ,-‐‐‐-彡    |
                    /  \ |  / ̄  u   `、.    |     (ダメって言えダメって言えダメって言え……)
                 /     ヘ|/          /    |
             / u.  三三          ヽ  |彡   |
                 {_    三        _', /.     |       「無役にしとくよりはいいだろう」
                |  \  l  L_-‐‐'  ̄   |/⌒}. !
              ', 《にフ> |   ヽ、に7.ゝ u.  |    |. ト、
                 |  / .イ    ` ̄´     /|.   | ./  `ヽ         ええー……
                _|u.    ,ノ  ム_       \   |∧     >‐--,
            ,.'  ̄.  |   f´ ̄ゝ-‐″ `丶   u  ハ_,ノ ∧         >..
.      r-‐′     \ { l ̄`Y´ ̄`‐- ', u.   |. /   |            `>、
     /          .∧! | r-―─―┐l `、.    |/.    |              \
    /||.         | ∧ヽr'‐-----`ノ   ヾv-‐7!      |                / >、
  /||. ||            | ∧  ̄ 二 ̄   /   /. |      |二二二二二_ ヽ   / /  }
./  .||. ||二二二二二ni |  ∧`丶/\__/    /  |     |        ヽヽ/ /.    |
    ||. ||        /   ∧________/  |     |         | | ̄|      |

65:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:55:01 ID:BzUcVNSg





    以上のような紆余曲折を経て、この変態はごめんなさい案件製造マシーンの茶飲み友達となったのである

    この変態の主な仕事は、プロテクトギア製造プラントの技術面での維持だ

    魔女がブラックボックス化した部分には触れさせてもらっていないのだが(魔女たっての指示である)

    運行、細かなメンテについては全て彼の手が入っている

    何度か中枢のアップグレードも試みたようだが、魔女の遺言には妙に忠実な制御装置によって阻まれたとか

    流石に彼も無茶してまで娘を使ってどうこうとは考えなかったらしい



        ,r'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ∧::::::::::::::::::::ヽ
       .,r':::::;:::::::::/:::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::',
      ,r'::::/:;:::::/:::::::::::∧|:::::::::::i:::i:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::i
    .,r':::::/::::/::::/:::::::::::::|¨'|:::::i:::::| ::|::::::i:::::::ヽ:::::::::::::::';::::::::::::::::::|
    /:::,:イ:::::::|:::::i:::::::::::::::i  |:::;i!::::i!:::|、:::::i;:::::::ヽ:::::::::::::::i:::::::::::::::::|
   .i::/ .|::::::::|::::i:::i:::::::-x、  |::!.|::::|.|::| ヽ、ヽ::::::::i,:::::::::::::|::::::::::::::::|
   l:{' .|:::::::|:::::|::|:::::::::/合=;N .|:::| .|:|r-キテセ7i‐-i:::::i!:::::::::::::::|
   .i!  |::::/|:::::|:::!:::::;ィ`ゝ-'-` .|::| i!ィてソ ̄ア|::/::::i!::::::::::::::::|      ああ、盟友、今回のも面白かったよ
       .|::| |:::|::::',,r'::!    / |:|   ` ̄´ ,i',ィ::::/:::::::::::::::::|
      |{  ',::|ヽ::ヽ',!   ./  i!      .〃/::/::::::::::::::::::::|      
       ゙  ',|:::::ヽ|ヾ、  /.   !      ´/ィ::::::::::::::::::::::::|
        /::゙::::::|::::ヽ  ヽ         //::::::::::::::::::::::::::::|
     -=彡//::::|:::::::::ヽ  、_        /::::::::::::::::::::::::::::::::' ,
      /:::::/ i:::|:::::::::::::ヽ  、__ ー ´   イ:::;::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     /;ィ'::::i':::i::::| ::::::::::::::|'.,.      / !:/.i::::::::::::::::::::::i::::::',ヽ、;:`ヽ、
      !´i::::::|::::|:::::|:::::::::::::::|`ヽ、_  /   i/,r|::::::::::::::::::::::|::::::::i    ̄ ̄
      .|::::::|:::,|::::::!::::::::::::::|   `ヽ、   ,、r!´ .|::::::::::::::::::::::!i:::::::::|
     ,、r- ' |::|.|:i:::::::::::::::::::|      7`ヘ   |::::::::::::::::::::::! |`ヽ、|
,、r- ' ´    |:| |:|:::::::::::::::::::|     /|三|ヘ  |::::::::::::::::::::::! |  `ヽ、
         i! i!:::::::::::::::::::|    / |三| ヘ|::::::::::::::::::::/  |    `ヽ、

66:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:56:02 ID:j0pgv55Y
やっぱ改造しようとしてたのかw
して今度はなにを…

67:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:57:39 ID:BDXd2yAQ
だから何に染めたんだよぉ!

68:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:57:47 ID:HL/LU18c
やる夫ーおめぇ、スカさんに何見せたー?

69:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:57:48 ID:BzUcVNSg





     そして場面は前回の終わりに戻る

     変態は持ってきていた紙袋から数冊の文庫本を取り出して、机に置いた

     二佐は「楽しんで頂けたなら何より」と微笑んで文庫本を受け取る

     そう、またなのだ

     察しの良い諸兄らなら既にお気づきであっただろう。またなのである


                    , :‐:、
               _, . : -/: : : : `ヽ、、
             ,. :´: : : : :': : : : : : : : : : \: 、
           / : : : : : : : : : : : -- 、: : : : |ト、\
          /: : : : : : : : : : : : : : 、: : \ニ_||ニ:、: ヽ
         ': :,: : : : : : : : : : :\: : :\//\||: : ヽ: : .
         /: :/: : : /: :|: : : : 、: :ヽ、__|_\/⌒、 : : Ⅵ:l
        .': : ': : l: :|: : |: : |: : :\: ´: ハ: `ヽ:.、: :∨、: Ⅵ
        |: : |: : |: :|: :ムイ {: : : :ヽ: :| |: :|从:l\: :,:\: :',
        |: : |: : l: :ィ': :|: : |∧: : : : Yテ震≧、|: ∧:∨:ヽ: :.       なんや、またSF?
        |: : |: : : : |: :,ィ≦雫\}、: | 比::刈ノ}: :|∧:| : ∧:|
        |: : ∨:|: : V{ 比::刈   V ヒこソ/イ:.|_ノ:リ: :,:| リ       自分らがSFの極みみたいな存在やのに
        ,: : :Ⅵ: : 从 マzソ   ,        |: |:|: |: :/:|
         ,: : :∧:、: :.:>        _     ム:|:|: |:イ从        飽きへんねぇ……
         ∨: |: :\:,ィァ、    V  ノ  イ : l/:|: リ /
          、:.| : / ノ:个     ____/ |:/'-く:/
          :,:∨ /: : : |: : :|:_ : |       |'   `ー- 、
            ∨ ハァ从/´ / {      |`Y     }
              /{ '⌒-Y {  イ::: |_    _/::∧    /⌒ヽ、
          {〈  ´ ⌒}  ∧:: \`ー' /:::/::!∨   ,  /..ハ
           /⌒∧  イノ /:| \:::}  /:/ |:| }  / /、......|..|
        {...../..∧  「 l {|::|  V⌒V  _,|:|_∧ '/..|....|__,.ィ
         `¨Tヽ_..}  V∨ィ∧ー...〉-〈...´./∧...}/..|_...!イ/ |
              |  八「  ∧.....{:::::::}...//  Ⅵ...V....{.../   ;
          |  |  {....|   ∧...|::::::|.//   }..∨......V   :
              ,   ....|   マ:∨::::::∨   |../............:.  |
            | ,′   l..|   Ⅵ::::::::: |    |'............... |

80:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:04:28 ID:BzUcVNSg





    楽しそうに語る変態

    出自が出自故、変態はそういったものに馴染みは無かったし、今まで興味も無かったらしい

    だが、茶飲み友達になったごめんなさい案件製造マシーンから奨められて手を出したら……

    これが結構波長があったのか、嵌まってしまったのだ

    今では「こんな感じの物語はないかな?」と自らリクエストしてくるくらいに

    子供の頃に娯楽に触れる機会が少ないと、大人になってからどっぷり嵌まるというのは良くある話だが

    そんな彼が二佐に返した本は……


       /::::::::: |: : : : : : :、: : : :.: :./ |.: : : : : :.|: : : : : : : : : : : i
.      / :::::::::: |: : : : : : : : : メ/ .   |.: : : : : :.|: : : : : : : : : : : .',
     /::::::::::::::::|: : : : : : : : :/ \.  |: :i: : : : :|: : : : : : : : : : : : :.
.    /::::::::::::::::: |: : : : : : :/下==、\|: :l: : : : :!: : :i: : : : : : : : : : ',
   / :::::::::::::::::: |: : : : :/|. 弋  tッ\ト、|.: : : :.| : /| : : : : i: : : : : :',
.  /::::::::: : : : : : |: : :/|:./      ̄¨¨ リ |: : : : |_/斗.: : : :.|: : : : : :ハ
  ′::::.: : : : : :.:.|: : : : :|:|             |: : : 圷、 |: : : : :|: : : : : : :|
 /::::::::: : : : : : : :.|: : : : :|:|           ',:.:.弋ソ `ゝ: : : /: : : : : : :.|    いやいや、物語と現実は別でね
./:::::::::: /::.: : : :.:.八 : : : |:|          i/   ̄¨/: : :/: :i : : : : : ′
イ::::::::::/:::: : : : : :.:.:.ハ.:.: :|:!          |    / : : /: : :|: : : : :/    今まで触れる機会が無かったが、面白い物だよ
:|::::::::/::::: . ::: : : : : :.ハ: : !     r 、       ノ    /|: : /: : :/|: : : :/
:|:::::/::::::: ...::: : : : : : :,ハヾ    \`ヽ _     / .|: /: : :/ .|: : :/     第一それを言えば、君こそ中々にファンタジーな存在だ
:|: /|: /::: :::::: : : : : : : :ハ      ヽ、__ア   /: : !/|: : /  !: /
:|/ .|/:::::..:::::: : : : : : :∧`           / : |: / |: /   .|/      それでも未だに君は本が好きだろう?
 ̄¨::::::::::::::::: : : : : : : :∧          /: : i:.:|/  .|/
_/}:::::i:::::::::::.: : : : : : : : ',  \      /.: : : :.|: |
  |::: |::::::::::i: : : : : : : : :.i    \___/:::i : : : : |: |
  |:: ハ :::::: |.: : : : : : : :.:|.     /:::::::::l : : : :.ル'
  |:/ }:::::: |.: : : : : : : :.:|    /::::::::::::l : : : : |

81:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:05:14 ID:j0pgv55Y
遅れてきた厨二病…?

82:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:05:21 ID:eu99Ynyo
せやなwww>はやてがファンタジー

86:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:01 ID:BzUcVNSg






      作者が沖方 丁 と 伊藤 計劃 の作品群であった

      だから読ませる相手を考えろド阿呆!!







                  __,.- 、__
              ,. : : ´: :/: : : :\`ヽ、
             / : : ,: : : : :-=、: : :\: ヽ
             ,:': : : : /: : : : : : : 、\-l|_ヽ: .
          /: : :,: : :|: : : :∨: : : ∨ヽl⌒V: .
          .': : :/: :l: |l: : : : |_: : :∨:∧: :V:.
          |: : :|: : |_:|{_:{: :´|{\:`:l∧: ∧: |: |
          |: : :|: ´|: { 从: : ィ笊雫ミ:∧|∧:l: |       んー、そんなもんなんかなぁ
          |: : :|{: :{ィ雫ミ \} Vzり |/_リ': :リ: |
          |: : :{:\: 、Vリ ,      八 : : |:リ       まぁ、確かにかなりおファンタジカルな
          |: |: :\:∧    、   イ| ∧: リ          存在やっちゅー自覚はあるんやけどね
          ∨: :、 : : 个: . __ //⌒〉⌒ヽ
            \} \:_」-/⌒∧ /  / /⌒\_
             _「..{   ///∨   ' /\>、....{、
              「∨..〉 / {'// ∧/.'..\//  ∨ 〉
             / ノイ| / ///∨ /....、/.../   V
              / /|....| /// //\.../........{     |
           { ,....|....∨--'/..'\.. /..........|     {
           Ⅳ... |/.|//\..../ ............ |    ∧
          / {......|.......V\..../................/..|  ,   ∧
           〈  ......|.../|..../............... /...∧   / :
          ` |......∨.....V.....................´.....,  乂_/  |
           l |.........|__{.............................{   }___,.イ
           l/........ |..o..|............................∧  |   |
          〈 ......... |....._|................................{  |
          /..\.....|..... |................................| /⌒  /

87:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:24 ID:EhQwXz7U
(あ……)

88:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:42 ID:gn0/DjU6
マルド○ックスクランブル?

90:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:54 ID:4PCeQglA
(無言の敬礼)

92:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:00 ID:j0pgv55Y
後者は夭折、前者は…

93:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:02 ID:Dxy4lYYw
マルドゥック?

94:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:19 ID:EnV6veXk
マルドゥック!?

95:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:22 ID:7gUb4Y9Q
ファフナっちゃうぅぅぅぅ!?

97:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:10:42 ID:azca6DhE
もうダメだ……おしまいだあ……。(某中将の胃が)

101:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:11:42 ID:RjZiYC6M
>作者が沖方 丁 と 伊藤 計劃 の作品群であった
ああ…、ああ…、ああ(膝から落ちる)

105:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:12:52 ID:5d4GDpqk
ひでぇことになるwwww(確信

106:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:13:52 ID:BzUcVNSg




    マルドゥック・スクランブルやシュピーゲルシリーズ

    虐殺機関を筆頭として遺稿が完成させられた死者の帝国

    他にもあの馬鹿は色々読ませていた

    初期SFの傑作であるニューロマンサーだとか、この変態に波長が合いそうな諸々をだ

    挙げ句この変態、地球世界のネットに接続して、波長が合いそうだったりネタになりそうなものを探しだしはじめる始末



      /:: レへ,、::/`ヽ::::;|M:::::::::::::::::';::::::::::_,,,,k /l';:::::::',
       /::::;ィ ,.、/! x ァ一;"!ヘlヽニ二二二,, --‐ー、/i ';:::::::i
     ./::::;'::ル':;':::::l/:;∨::::;:':/  ';:::l::::ヘ:::::l、::i:::::::l::l::::::::::::l:::::::l
      .i::::/i::::::;':::::::{::::;:::::;:'::/   ヽj:::::::';:::|ヾil::::::|::iヘ::i::::::l:::::::l     そんなものさ
     .∨ |::::;i::::::::ヘ:::l::;:':ノ二ニ≧弋、:::',:|;斗lチ」二 リ::::: l:::::::l
         |/ |:::i::::::ヾlメ:ヘ ヽ__廴)_ゝ ヾ;:::'i弋て乃_ノ l:::::ソ:::::::',     私も科学者達に共感を覚えることもあるし
        ` l::l\::::::::::トヽ      i 卞   ̄  ,ノ!:::;'.::::::::::',
           ヾ  X:::lヾi        .|       ム:;'.::::::';::::::',     インスピレーションにもなる
           /::::ヾ.::ハ         ::l       /:j;'.:::::::::';::::::ヘ
          ,;';:::::::/ハ:::::ヽ        ,   ,イ::::::::::∧:::i、:::iベ、    できる手段で模倣するには、どうすれば
         〃!:::::/、 ヘ::::::::`i 、  ` ̄ ̄  /i:::::::::::::/ ,、;::| ヾl `    いいだろうかと考えるのも楽しいものさ
        ,′|::;/::::ヘ/:::::::::ソ、 \    / ,ム::::::ヽ /::::';:;| `
           .lノ::::::::::::::::::::/ ヽ ` ー ´ / l:::::::::::::::::::::i!:|
           l::j!:::::::::::::/ |   `'>:-i-<´   l|::::::::::::::::::::||::!
         _,、|/|:::::i:::::/  |   / r‐一ハ   | ヽ:::::::::::::::|゙リ-、
     _,、-‐''´/l!ハ::::|:::::!  |  / |!  |!ハ  j゙  }:::;:::::::::ハヽ `''ー-,、
 _,、-‐''´   / / ヾ:iヘ::|   l、/  |L,,,,,」! ヽ/l  ノ::ハ:::::/ ヘ ヽ    `''‐-,、

111:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:17:16 ID:BzUcVNSg






     科学者というのは元来凝り性で変態でなくば成り立たないものだ

     狂気にも似た拍車こそが、複雑な思索と無限と思える試行の末に新たな技術を生み出すのだから

     故に変態の凝り方は、そりゃあもう凄かった

     ずぶずぶ嵌まって小説以外の媒体にも手を伸ばしてしまうのだから

     この茶会も、何回かに一回は映画鑑賞会になることがあったそうな




                   /:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                   /:.: /:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',
              ,.:′/:.:.: : /:.:.:.:.:∧!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.: i
                 /:://:.:.: /:.:./.:.:.:.:.:i| |:::.:.:.:.:.:|:::i:::ヘ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.:.l
             /:://:.:.: /:.:./.:.:.: : /:| Ⅵ:i:.:.:.:|:::l、:::ヽ、、:: Y:.:.:.:.: ∧.:.:.:.: : :l
               i:/ i:.:.:.:/:.:.:从/:.才メ、、!:.:|:.:.: Ⅵ \::::ヾ\:|__.:.:.:.:.i .:.:.:.:.:.l
               |′|: : ハ:.:.:|:.:.i:|: :;代ぇヾⅥ:.:._厶孑七气 ̄:リ:::::i:l:!::::!.:.:.:.:.:.:l    ああ、そうそう所で盟友
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|:/ `ー‐' ∨V::. ィ丐ソ ̄>7:://i::/.:.:.:.:.:.:.l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|ハ      /  ∨:. ` ̄ ̄´ / ////.:.:.:.:.:.:.: l    このタイトルを次は持ってきて欲しいのだが……
                  Ⅵ| Ⅵハハi    /   `\     /イ//:′.:.:.:.:.:.:.:.l
               \ Ⅵ::::\\  〈          -=彡′.:.:.:.:.:.:.:.: ∧    ネットで見かけて興味を惹かれてね
                 /才 : /:八  `ヽ          イ:/.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::∧
                  -=彡イ.:/:::/:::::::∧  、..__       //.:.:.:.:.:.::::::::::::: : ヽ::\
                // : /:::/: : :::::::∧   ...,,, ̄ ̄´ /才:::::イ::::::::::::::::::::::ヘ:::\::\
                  // : /:::/: :.:.:.:::::::::∧       ///:: //:::::::::::::::::: i|::::::Ⅵ:.:ヾ:.:≧=ー
              /イ: : ハi :.:.:.:.:.:::::::∧ハ、__    / ,':::://:::::::::::::::::: : lト、:::!i ` ̄ ̄
               |:.:.:i:::::|: : :.:.:.::::::::::∧     ̄´_   |:://:: /:::::::::::::::: ∧:::Ⅵ
               厶斗::::|: : : ::::::::::::::::∧     〉-〈i/∧:/::::::::::::::::::/! iヽく
       . . -  ´   |:::∧: : : ::::::::::∨ \    /!二!∨ ∧:::::::::::::::://  l  `  ..
  . .   "            ∨ ∨: : ::::::::::|:      / :!同!: ∨:::::::::::::::: //   !      `

117:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:03 ID:BzUcVNSg








     この馬鹿は、その内ぼちぼち手を出してしまったゲームも教えかねない

     あれはあれで厄ネタの巣窟なのだ

     特にR技研関係は拙い。混ぜるな危険の洗剤を混ぜるよりやばい

     そしてまた……






                   _____
                   /
              /                  \
             /                     \
            /                       \      はいはい、おやすい御用で
           /                          ',
          /                               ',     えーと、老人と宇宙
        i                              .
        |                              i     地球戦線シリーズ……ああ、これは家にあるお
        |                              |
        .                                   ん?
         '.                             }
           __',_______________      ノ
      /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\   /
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}/
     }二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ∧
     i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ

118:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:34 ID:sok00Inc
R……ぅわぁぁぁ……

119:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:40 ID:5D11GY.g
ゲッター「じゃぁウチで」

120:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:49 ID:EnV6veXk
やっぱりあった老人と宇宙wwwww

121:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:23:50 ID:DqnrZaoQ
Civでもスカさんに渡しとけば時間を浪費してくれそうじゃない?

122:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:24:00 ID:BzUcVNSg






      危険物が特大の危険物をかぎ分けてしまったらしい

      さて、これでごめんなさい案件は幾つ目であっただろうか……

      極めて業が深いことに、これで案件が最後では無いのが何とも言えないな






                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                        /: : : : : : : : : : : : :/ヽ: :/:ヽ/ヽ/ヽ : /ヽ
                     ′: : : : : : /ヽ/ヽ/: : ∨: : : : : : : : :∨ : ハ
                        | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .      「永い後日談のネクロニカ? 聞いたことの無い
                        |: : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .       タイトルだお。小説?」
                    /: :|: : : :/: : : : : : : i : : : : : : : : | : : : : : : : : : : |
                      /: : :|: : :/: : : : : : /: M/^|.:.: : : :.:|: :|: :|: : :|: : : : ト、
                    /: : : :|: :/: : : : : : /: : |  :!:i.:.:.: : :|: :|: :|: : :|: : : : | ハ     いや、違うようだが気になってね
                  ∠/: /: : :|: i: : |: : : |/:l: :/   |:|: : : : |:ハ!: :!.: :.|: | : : | : |
                      //|: : : : :|: : |.: :.十ナ/==‐-|ト、: : 斗七ナ|: : |: | : : | : |     私や君みたいな生体工学に造詣がある
                  / / |: |: :|: |: /|: : : |弋 込ソミ.リ ∨ : 杙ソ ア: /:.リi : :,: :/      人間向けの物語らしいよ
                / .|/|: :|: |/八.: :.:| ー  -‐   ∨:.|   /|:/: //: :/|/\
                    / .     メ| : : : : \:|           リ:.:|  / |: ://|: /.    \
             イ       | : i : : :小        |∨ /: :ル'|/:.|/            「何や物騒なタイトルやなぁ……
             /         乂|: : : : :ハ   、__イ_ /!: : : : : i : |         |       大人しく氷と炎の歌でも読んどこ」
           /             |:i : : : : |\      /  |: : : :i: :|乂       /
         /              |ハ: : : : :,  \    / .|  |: : : ハ: |      /  |
        { ̄ ̄`ヽ              .}\: :ト廴. |`ー‐'|.  |  |: : / .}/     |/.  |
             \           |.  ヽ!   / 只.|.  |  |: / .|       |   |
        |         `ヽ         |    ヽ__/  { } ヽ__|  !/   |       |                    埋まったしここまで

124:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:24:41 ID:RjZiYC6M
ウワアアア!!<ネクロニカ

125:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:24:47 ID:EhQwXz7U
乙ダッツ

(アカンコレ)

127:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:32 ID:RjZiYC6M
投下乙でした

128:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:43 ID:j0pgv55Y
肉メダロットはやめろぉーー!!
乙ーー

129:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:45 ID:gX8P2YAQ
おっつおっつ ヒエッ

130:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:56 ID:gn0/DjU6

タイトルにネクロ○○なんて付いてるのをこいつに勧めちゃいかんでしょww

131:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:06 ID:EnV6veXk
何でポストアポカリプスな作品をwww

132:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:14 ID:dTlAxJfk
乙ー
義娘に手を出す父親なお話を勧めたれw

133:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:18 ID:7gUb4Y9Q
TRPGに手を出すとは…

134:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:39 ID:EnV6veXk
乙でしたー

135:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:27:38 ID:Dxy4lYYw
また世界を滅ぼす気かゾンビ!
乙乙

136:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:28:08 ID:Z1qWHOdc
聞いたことないからググってみたらTRPGかこれ

137:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:28:17 ID:OAflVkzM

138:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:28:28 ID:BzUcVNSg
数の子にネクロマンサーを強いるスカさん……?
むしろドール役をやってもらってニヤニヤするスカさん……?

数の子が不死身にアップグレードされるようです

さて、買い物行くかぁ……

魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その4

556:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 20:50:29 ID:8DZB9yLg
開発したDLCが某所に売れて楽しかったので何かやろう……

557:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 20:51:52 ID:LZ5XcMTM
ヒャッハー

558:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 20:52:21 ID:j3LS2RWk
茶番!

559:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 20:53:14 ID:lEhlW8dI
ひゃっはー

560:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 20:54:42 ID:N/UUhHPM
ゾンビが引率しても後ろの方の人見えないよねっ(脱兎

561:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 20:55:27 ID:Gym5aFU.
プラネタリアンが想像以上にスカベな件

562:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 20:55:48 ID:8DZB9yLg
捕まえろ憲兵……! シベリアで木の数を数えるとか生ぬるい……!

サンクチュアリヒルズに世界中のジャンクを徒歩でかき集めさせてやる……!!

563:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 20:57:07 ID:8DZB9yLg





                         Nano-Ha 魔法少女伝説

                             もとい
                        
                       魔法砲兵サブカルなのはSoldiers



     ./;;;;;;;;;;;;;;: : : ;;;;;;;;;;;;''''        l       _ -‐- 、: : : : : ';;: : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::’,
    /;;;;;;;;;;;;;;;;;: : ;;;;;;: :           |      Y.三三三三’,: : : : : : : : : : : : ;;;;;: : ;;: : : : : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::’,
    ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :.           |    . |.三三三三三l      : : : ;;;;: : : : ;;;: : : : : : :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::‘,
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : :            |     l.三三三三三.{  : : :    ;;;: : : : : : : :    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::l
  :/:::::;;;;;;;;;;;;;: : : ;;: : : : : .        l  |     ,'三 〇三 〇三∨: : :   ;;; ;;;;;;;;;;;;;;: : : : : :    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::l
 Y:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : .       }.{  |    〈..三三三三三三〉;;;;    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;::::::|
. l::::::;;;;;;;;;: : ;;;;;;;;;: : : : : : : :        }.{ H    .ア三三三三三ヒ´    .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : :    : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;:::::|
::|:::::;;;;;;;;;: : : : :   : : :         _ ノ└==- 、__Y.三三三三三三`ヽ... _  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: :   :    : : : ;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::|
..|::::;;;;;;;;: : ;;;;;    : : :      <.>´三三三三三三三三三三三三三三三`ヽ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : :     : : : : : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::|
..|::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : :       /.三三三三三三三三三三三三三三三三三`Y;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : :   : : : : : ;;;;;;:::::;;;;;;;;::::|
..|:::::;;;;;;;;;;;: ;;;;;;: : :  : : : :    r-´ 三三三三三三三三三三三三三三三三三三.’,;;;; : : : : : : : : : : :    : : : : ::::::::;;;;;;;;;;:::|
. |::::::;;;;;;;;: :;;;;: : :   : :    〉 .三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 ∧;: : : : : : : : : : : : :    : :   :::;;;;;;;;;;;;;:::|
 |:::::;;: : : : ;;: : : : .      /.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三__三∧  : : : : : : : : : :    : :   ;;;;;;;;;;;;;;;::l
 :l::::;;;;;;;;;;: : : : : : : .     { 三三三三三三三三三三三三三三三三三三三 {  ’,i   : : : : : : :        ;; ;;;;:::::::l
  ',::::;;;;;: : : :  : :       ! ⌒ Y 三三三三三三三三三三三三三三三三三 ゝ、 .ヘ!    : : : : :         ;;;;;;;;;;;;;l
  ',:::;;;;: : : : : :           |三三三三三三三三三三三三三三三三三`ーK : : : : :    : : :         ;;;;;;;;;:;/
   ',;;;;;;;;: :;;: : : :;;;          ̄}三三三三三三三三三三三三三三三三三三`>、:     : :          ;;;;;;:;/
   ',:::;;;: : : :  : : : :         .{ 三三三三三三三三三三三三三三三三y三三三. `>、  :         ;;;;;;;;/
   ‘,;;;;: : : : : : : : :       丿 三三三三三三三三三三三三三三、三三三三三三三 `>..   : : : : : ;;;;;;;;/
    :‘,;;;;;;: : : : ;;;;;: : :      .〈 三三三三三三三三三三三三三三三!三三三三≧三三三三 .≧ォ  ..ャ: : ;;;;;;;/
     ‘,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : :    ∨ 三三三三三三三三三三三三三三`ー、三三/ミイ⌒‐、三三三三ミュ..ノ\;;;;;/
      ‘,;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : :.   ∨三三三三三三三三三三三三三三三ヘ....乂       ⌒! 三三三.⌒‐、 >
       ‘,;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : | 三三三三三三三三三三三三三三三..∧          ミニ‐-、 三三 ⌒‐、

565:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:00:59 ID:8DZB9yLg




     高層ビル群が建ち並び、繁華街には豪華な店が軒を連ね、車が無数に行き交う都市

     ミッドチルダの外見は、まぁ陳腐なSF的世界観な先端都市といっても過言では無いが……

     その実酷いところが多かった

     中央を一歩離れれば、崩壊した都市群が未整備のまま放置されている上、陸士隊規模では
      対応できない犯罪とかがザラに起こって、やれ対応が遅いだのやれ陸士が弱いだのと散々言われてきた

     それもこれもおまんま食い上げな予算配分がアカンのやないか! と陸は血涙を流して叫んだ

     が、海としては「世界が滅べば此処も終わるんやで」という話であり、遠慮無く予算と人員を召し上げていく

     どっちにも理があるんだが、どっちもどっちなのが何ともまぁ……


                                           ______
                              \           ,__| |=i=i=i=i=|
     _i'vk_                        _i^i三i        rIi^i:::| |=i=i=i=i=|
      |ーi|:lll|l                     |三l三|       |iil :liii| |=i=i=i=i=|
      |iiiI|:lll||                     _|三l三|__     |iil :liii| |=i=i=i=i=|
     _|iiiI|:lll|l     。                 |三:|三::|::|__.    |iil :liii| |::,==、===.、
      | ̄| ̄ |:┐   |              |三:|三::|::l::_l__l__ :liii| | |≡:|≡≡|
      |==| ==|ロl   li,     ,..、----:、   ,..、┴‐‐:、I:::| |三l l三|:::|Iiii| | |≡:|≡≡|
      |==| ==|ロl  _hi!. ┌: |=| ==== |i===i|| ==== | ̄| |三l l三|:::|Iiii| | |≡:|≡≡|__
  _l~|  l  |ロl⌒l:::lー┴ェ|=| ==== |ー一!!I==== |iHi| |三l l三|:::|lHl二二l_,.-'⌒i:::
 r‐ェ l┌┬| ̄ ̄| ̄|.  r‐─゙rェ::| ==== |:l:l:l:l:l|| ==== |iHi| __,.-' ̄| ̄l┴‐‐┴┐ _r==k
_,ェ‐┐ r=r‐、 r‐‐r‐‐:|lllllllll:|::| ̄ ̄l_,i^lHl_:l:l|_へ^丶 r‐‐‐:ェ:::I|::| i i i i i i |/  /::::::::|
::┴─┐___ _l^i,__i__.三:|lllllllll:|::| コココ|ェェ|ェェ|「llllL |::| i三iiiiiil I::I|::| i i i .:r──┐::::::::|
= = =I|::l  |:.|::| lニlニニlii.コココ|ェェ|ェ┌─┬┐ <二二il二>__lr─┘   : |::::::::|
=.   |  l     ::|  | | llll    ココ|ェ   _|  |    lilー   |              | ::::::::

566:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:02:23 ID:lEhlW8dI
もう陸士みんなに魔導スーツ着せるしかないじゃないッ!

571:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:06:27 ID:8DZB9yLg




      最も警備が厚くて然るべき空港とかが吹っ飛んだりする辺り、そのヤバさを察していただけるだろうか

      その上、そんな重要な所が吹っ飛んでも直ぐに人を派遣できない有様……

      組織体質云々以前に何かがおかしいやろ! 常駐しとる奴らはおらんのか!!

      という突っ込みはさておき、ここ暫くでミッドチルダには大きな変革が幾つも起こっていた





         __
     _ 「| _ | ||                          |i_
    lll:|l| l l | ||               _        i|   |L三i      i|_
    lll:|l| l l | ||              「iiiii|| _i|_ _i|=.  |ii|_| |     「=|Tl
    lll:|l| ___::::::::::::: __i__    ___    :|iiiiii|| :|iii|匚| |L| | :::|ii| | |     |:=|:l:|         |i_
    ' -= /iiii||   「i| L|   |iii|」 |   :|iiiiii||_:|iii||| |L|_|┌i|ii|_| |     |:=|:l:|      「「冂
       |iiiiii||   |:i| | |   |iii|T.|┌┬i|iiiiii|| :|iii||| |L| ||l|ii| | |_    |:=|:l:|: _ _     |tt|=|
       |iiiiii||   |:i| | | _|iii|T:||||lTlli|| :|iii||| |L| ||l|ii| |「ll|| __ lTTlil:l:| |ii|_|    | _|-|
       |ii〕-〔 _  .|:i| | |::| ll |ii「三冂||──il -「||三|iil |l 「i\_「「|L| |l:| |i|┐|ii|_|  ┌::| _|-|_ ┌、
       |i| __:l|=l┐|:i| | |::| ll |..|:三|i |||三三|l|=|:||三|「| ̄|-tii i|:|:|iii| ||t |i|┝|ii|_|_├l:| _|-|┐|ii||
       |i「ii 丁:l|Π--t| ll |lll「| ̄|「 ̄|三「ll|l|-|:||三||:|  |==|i |:|:|iii| || l| |i|┤冂i|三|l-l:| _|-|ii|┝||
      _|i|:ll |liTl|「l liiiiil|:| ll |lll|:|┐||:_|三|i__l|-|:||三||:| 「ニ 「| ̄| ̄|il|冂 |i|┤|=|l|三|l‐┐_|-|ii|三「|  ┌┬、
 liiヨl「T‐-「ii「l┐|三i!| ̄lTl|:| |「ニil:ニニfl 三|_≧!= 冖≦ ]Tli 「==::|iiiii|三|il||=| |i|┤|「|li||iL==_l|i|-|i「 「 |  |iiii|7|
 | 「L_|iiii||iii|E:|ii ̄T|lllll|fニニニ{!≧=¨≦二____ ≧-L! |iii||iiiii|_|il|Π_|i|||=||i||iL_」|i|-|i| l| l|  |iiii|/l|
 | |=「l|┌┐-t┬t=iiL!-=≡≧¨   i|i\二二___∠i¨l =t ≧-liiiii|三|「 ̄|三|i|Tlii| ̄|三|¨| ̄|i| l| l| 「「l|iiii| |
 | |「三||Ei|i| |ヨ|_」ロ≧¨_へ、|[[il、  i|i _/   /   / | | |Π‐┐__ _¨≧=-_ii|三|i|┌┐::|三|=|三|Π| 冂¨l三l ̄l
 l l:!:≡!!L. ≧‐¨ l、|l、l|| \\  i|i-ニニニニ─--<-! | |冂トil|L_||=`┴ ¨´ <=≧-::_|三|-|三|i冂 「| ̄|l三L_ L
  \≦¬─---- .___\\ 「「「l冖l二 ̄ ̄ ̄¨¨ 、i|Π> ¨-пΠ┐_ 冂、¬-、 ≧-_|三|i|_l| |,,-''"::::::::::::::::

572:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:09:45 ID:iHywQ9V.
この状況を掬う救世主が!

573:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:11:17 ID:VKOw1oII
この世界に巣食う救世主が?

574:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:12:39 ID:8DZB9yLg








     一つは陸士の異形化……もとい重武装化である

     魔法適正が無くても魔道師に対抗できるようになり、あったとしても着れば燃費向上と補佐が受けられて
      純粋に戦闘能力が上がる魔導強化外骨格、通称プロテクトギアをどいつもコイツも着始めた

     特機隊が実績を上げて以後、ミッドの部隊には優先的に配備され、市街警邏から立哨までこれを着ているのだ

     何か威圧感が半端ない。悪いことして無くても目が合ったら逃げ出したくなるおっかなさだ
      それこそ子供に“特機隊呼ぶよ!”と言えば、どんな我が儘なガキでも黙ってしまいそうなほどに

     誰かが「いやアレ見た目に魔法感なさ過ぎてやばくないか?」と言うのも頷ける

     だが魔術動力で動いてたら何でも良いことにされるので仕方がない。お上が良いって言ってんだからいいんだよ!!


                             __       │
                           ∠:_::::`ヽ.    |
                          〈::o::::o、:ハ   |  |}
                          Lrミ::_::」八   |  ||
                          f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                          ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|
                         , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|
                        /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|
                        〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
                        ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/
                         ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/
                         /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′
                        〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
                        /\:::::/:::::::/:::::i::|
                      /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|
                    /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
                   /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|
                 /  / └r──′:::{:::::::{: |
                /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
              ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
            .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}
           .く/          〈::::::::::::::::::::{::::::::{
                         ヽ_:::::::::::::_〉:-‐:〉
                          i::::::::::::::|::::::::|

580:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:16:13 ID:8DZB9yLg



     次にだが、訓練用に一部の区画を残して放置されていた廃都市区画が……

     盛大に爆砕されて更地になった

     「こんなモンがあるから治安が悪くなるんだよ!」とどっかの中将が吹っ切れて、再整備を
      諦めて陸海合同の派手な軍事演習序でにお掃除したのだ

     普段使えない重火器やら重兵器を使って都市を的に演習するのは、それはもう気持ちよかったとは
      参加者諸氏からの反応である

     一応非殺傷設定の飽和攻撃が終わった後、瓦礫に潰された犯罪者とかが結構掘り出されたのは……
      ちょっとしたお茶目かナニカだよ

     ま、納税してない奴護る義務はないし、多少はね?



          | |            ||| l l | |  `l                 |::::|[l | |  | ||_|-´|_-‐|'´ |
          | |            |||_l l | |¬-|       i  i         |::::| l | |  | || |l : |   |  |
          | |            ||| l l | | ̄¬┐   __lニニl___  _| ̄|::::| l_| |  | || |l : |   |  |
          | |            ||| l l |、| |i l|   |三三三三|  li|  |::::|_l | |  | || |l : |   |  |_.-‐
          | |            ||| l l | | |i i├┐ |三三三三|  li|  |iiii|_l | | [| ||_|-´|-‐¬  ̄|
          | |            |||_「iil |.._| |i i┝┿_|三三三三|  li|  |::::| l | | [| || |l : |   |  |
_____| |            ||| l l |_| |i i│┥_|三三三三|_「:li|  |::::| l | il|  | || |l : |   |  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            ||| l l  | _.!| |i i|i]i|_|三三三三|::|::li|  |::::| l 「 ̄  ̄ l!|| |l : |   |  |
          | |            |||-tニlニi!冂| |i i||_i|_|三三三三|::|::li|  |::::| l |__|  ||_|l_:_|__l___l|___
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i├|_:| |三三三三|::|::li|  |::::| l | ̄ ̄|  || |l : |   |  |
          | |            ||| :|__l!_i|l| :|| |i i|| :| |三三三三|::|::li|  |::::| l |    |  || |l : |   |  |
          | |            |||:二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二i|| |l : |   |  |
          | |            ||| __|l___|l___|l___[二二]___|l___|l__||_|l_:_|_  |  |
          | |            |||::l:::l|::::|::::/  /    ̄ l  ヽ \::::::::|!i===i:]:[ 三三三三 || |l : |  ̄|¬-i|_
          | |            |||::l:::l|::::,'/ il/      il   ヽ \::|!::||::::::i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || |l : |   |  | ̄`¨
          | |            |||_,-[ooo]/____________________________ \_|::::::l┐         ||_|l : |   |  |
_____| |            |||._____/- - - - - - - - - - - - -\_i_____ || |─|‐-_|  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |            |||                          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| |l : |   |¬-i|_
          | |            |||                                   || |l : |   |  |`-._
          | |            |||__                      __ ]i]__||_|l_:_|l、 |  |
          | |            |||:  /                       ヽ     || il || |l : | 、\  l|
          | |            |||  /                            ヽ   || , . :|| |l_:_| |:::\\l|
          | |            |||: / =================================ヽ. || il ヽ_l :| |:::   \\
          | |            |||/ ================== ヽト  il  ̄\: :     \\

581:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:16:13 ID:3BRR8pc2
個人が特定できない暴力と公権力の恐ろしさだな

582:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:17:20 ID:VKOw1oII
市民「には」被害は出ませんでした(公式発表)

583:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:17:40 ID:bIpgvyi.
絶対巻き込まれた犯罪者シェルショック起こしてるだろwww

589:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:21:43 ID:8DZB9yLg






     余談だが、その際に超暴れ回った奴が居るそうだが、関係者は頑として口を開かなかった

     誓約書にサイン云々というのもあるのだろうが……

     大抵は「語っても信じないだろうし、そもそも語りたくない」という部分が多かろう

     誰だって人型兵器が2ユニット好き勝手暴れた光景なんて、思い出したくはなかろうて

     夢想してしまうであろうから。その矛先が、自分たちに向けられた光景を


             _, :― /⌒ヽ: ―- 、
           ,. :´: : : :/: : : : : :\: : : : `: .、
         /: : : : : : : : : :⌒ヽ、: : i:、: : : : : :ヽ
        ,:': : ,: : : : : : : : : : : :、,=\l∧: : : : : : :.
        / : /: :, : : /: : 、 : : 、: \=ム|^V : : : : : |
       .' : /: /: : : |: : : :∨: :|: : 、:\|: :∨: : : : :|
       |: |:|: :|: : : ,:{: : 、_ム斗'、:V: ∧: :∨: : : :|
       |: |:|: :|: : :/从: {\l\} \:V: ∧: : V: : :{
       |: |:{: :|ハ:-l' 、{` \、_ノ _| : |∧ : |:|: |:|        もー、君にしかでけへんとか、しゃーないなー
       |: |:从{: ム、__ \   :.:rく丶}イくム: |:|: |:|
       |: |: : \:∧:.:. ´v-'´ ヽヽヽ Y | ∧|:Ⅵ`\       人の動かし方よーわかっとるわー
       ∨:、:、: : 、人   ヽ _ノ ノ ' ' ノ⌒リ ̄>--、
     「 Y \:、: : :\:≧=----r/   /  ∧_{_」__∧
      ',ヽ  `\: :、: >: :\「 {  イ  ∧/.../´ ̄∨../
        〉 \    ̄  /∨| 人  :. ∧// ´ ̄ }.〈
     r-「 >- `ヽ   /,' ... |/|' ム   V..///   ∧ノ
     乂V     、 / {....../..「 /∧   Vイ    ∧_〉
      ーと_,/⌒Y  ∨ j......|_.」 {/ ∧   ∨    /|イ
       乂 乂  V { ......マム////∧    .    ' |イ}
          `¨l   V ........∨}////l∧   ∨   ノ...|
           l    : ...........∨\/..∧    ヽ_〉'..... |
           ∧   |...............\..\/......、   /......./

590:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:21:48 ID:cqAHQMoA
レジアスさんがついにキレたww

591:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:22:25 ID:3BRR8pc2
浮浪児や貧困層児童に、無料の給食と高等教育を授けるだけで
次世代の犯罪率激減するんだけどね

594:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:23:12 ID:cqAHQMoA
>>591
海「そんなもんに予算割けるか。それより最新型の次元航行艦はよう」

595:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:23:41 ID:gDPAhDyY
>>591
管理出来るならね

597:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:24:33 ID:j3LS2RWk
>>591
人間がいなければ問題は起きない、死は全てを解決する

600:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:24:59 ID:iHywQ9V.
>>591
仮にそれやっても雇用がなければ結局な…

602:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:25:47 ID:vApe1jRY
>>591
イギリスがそれやろうとしたけど移民問題が悪化したせいで大失敗してるどころか
本来うけるべき人材が受けられなかったり排斥されたりしてるから

603:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:25:49 ID:8DZB9yLg




     そして最後に 「平穏とは血によって舗装された基礎の上に立つ物」 という誰かの発言に基づき……

     苛烈なまでに犯罪者を捜し出して叩きつぶす捜査態勢が再び敷かれたことであろうか

     重要施設には特機隊が張り付き、機動戦力が毎日日にち飽きもせずに犯罪者を刈り始める

     一時期のミッドでは「ミッドで魔法攻撃音を聞く音は200%」という冗談が流行ったほどだとか

     100%は特機隊が大立ち回りを始める意味で、残りの50%が犯罪者が応射する音

     そして、残りの50%は特機隊が犯罪者の反撃を10倍にして応射する音の意である

     ヨハネスブルクか何か? ああ、そうだ、安心して欲しい。今は大体25%くらいまで下がったそうだ



           .ャ≦¨: : ≧: . 、
         / : : : : : : : : : : : : : ヽ
        7: : : :O: :O: :O: : : : : : : :Y
    .   ,' : : : : O: :O : : : : : : : : : {
       ノ=ー――==: :.r‐==-.、ヘ
      〆: : : : : : : : : : ノ、 .(()ミ、
      、^⌒三ミ三 ⌒ト.、 >‐ ^ ヘ
    /  ≧ミ、 三三| | .> 、 __「'、
 /⌒^>=: :⌒≧ 、/` ┐    ヽ、   .!
´ Y´: : : : : : : : : : : >、.ノ\  /ヽ ) ./>
> , : : : : : : : : : : : : : : : : : ムヽ/< /./ .Y            n
\ノ : : : : : : : __: : : : : : : : : : ム   ^,彡.ノ二ニ=====―‐-- ^ ニ= 、____   ____                .n
/ : : : : : : : :f´=´ヘ : : : : : : : : へ,. 彡 /「ェェェ ニニニニニニニニニニ三三┐ lニニ ,.ィ.'¨⌒¨ ヽ、_ iニi二二二二iニニニ――――}‐}
.,: : : : : : : : :|    〉: : : : : : : :', ヽ、.´__||__lェェ  ≡≡三三三_」_ェェェ_.i,.イ⌒ ,イ ン- 、._`=-、┘二二二二二、二l.二二二二.l l
..,: : : : : : : : 冖 ´ : : : : : : : : : ヘ三へ    γ='´ノ.__{{.,__ .}} j  _,.イミ,ィチ: : : :ム    ) _,.ゝ――――‐--斤 ――――} .}
..!マ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.!三二-.、 / `ミ 、ゝ ヘ、_}ノ _,.イミミィチ: : : : : : : :ム`⌒冖彳.                 ∪
.., マ: : : : : :,,。 ――=冖=‐、: : }ミミ三三`、  廴__〉=_,.イミミ,.ィチ: : : : : : : : : : : ノ
.ヘ .マ冫⌒          ムヘ.‐三.彡.‐= ´ム ´ミY´ミ ! <: : : : : : : : : : :> ´
 ヘ .^ マ           ムヘ.三三三三三ノ三三}三三∨: : : : : > ´

605:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:26:46 ID:iHywQ9V.
非犯罪者は過ごしやすくなったよ!(震え声

606:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:26:55 ID:zvZ4gUN6
下がってるなら対応に問題ないんじゃないかな

607:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:27:03 ID:H1JT6KpE
それでも多いわwwww<25%

609:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:30:37 ID:8DZB9yLg




     現在ミッドの治安は、まぁまぁマシな感じだ

     空港やら発電所みたいな重要施設がテロの標的にされることはないし

     結構な頻度で強盗が起こったりしていた市街も、以前と比べれば静かになった

     代わりに辻に何か物騒なのが立つようになったが、オシャレなモニュメントか何かと思えばいいだろう

     そして、一時期話題になっていた謎の自動機械も活動が大人しくなっていた

     専ら、特機隊と陸士が出てくる度にわらわら集まって包囲殲滅してたからだろうと噂されている

     誰だって成果の上がらない攻撃は続けたくないだろうな、という至極当然の論法に基づくのであろう



                                         ___          .|
                                     ,. ‐ ´: : : : ` .      |
                                     ./: : : : : : : : : : : `.    .l|
             .                       l: : : : : : : : : : : : : : l     l|
                                    | : : __xニニ=‐- 、: : l     .l|
                                    r ´◯`‐´ ◯ ヘヘ|    l|
                                   ノ:i:| ___ .i‐!‐i‘,  .f゚。ヘ   .||
                                   〈:i:i弋 /{ 7ヽ=,Y´l:i:i` 〉  ノ|.ハ
                                    ` ‐ヒ.彡二! マo゚/-‐´   | |}ニ{     .、
                                    ノニ ヤ  ィ゚| .|/..)`ヽ  .| |}.. x=‐-<´: :〉
                            ..-‐=‐、   ( ンミ( 〈  三彡{ ミ}>‐-〈 : : : : : : : : : >
                         .ィ´: : : :|i:i:i∧_,..-(f 7 .‘,‘,ミン シ .i⌒j : : : : ) : : : : : : : : : : : \
                        イ: : : : : : ∧:i/:i/: : : { ≧、.‐し ‐- ... ィ≦ ノ=‐- :〈: : : : __ : : : : : : : : : 、. __
           x‐=         ∧ |: : : : : : : : : /l: :l=≦´:`‐、/: :‐‐‐: : キ-‐= ´、.: ": : : :>彡ニキ` .、: : : : : : : <: :!
     ,,-‐''"´    `'-...,,,__x‐=/ ヘ : : /;;;}: : : :|:i:i|: :|__,.ャ≦´ \__/: : : : : :-‐≧=''´二ンミキ  \ : : : : ∧"
    /                  て| ノ  ./';ソ⊂ニニ.ヽ,: : : : : :|: : : : : :≠≠≠≠≠≠ ヘ. ミキ   キ\.: : : :∧
  /                     ソ  /../! ⊂ニニ.ヽ..J : : : : 。g,/`≧ =‐- .: /: :≠ヘ三.キ   キ:i:iヽ-‐ .)
   Y                      Y//´ |: :⊂ニ、 ヾJ : : c9゚ ./ ク: : !j: : :ク: :∧ヘ: : : ≠ヘ_.ン=‐__. |\:i:i:i:i:ノ
   |                       <  __...-‐''''ニ=- J 。d゚  /{ュェ===ェェ_ 、/ .∧ヘ: :| ≠´    .Yj  `.^´
   ゝ                      -´‐-、-‐='''´ ..。a゚/i ̄/      .ィ |  .∧ヘ.|.≠
    \                    / ._  co∞9゚: :// : : : :l |  ||.  }l / / : : : : : : ≠
      ⌒冖、                 ヘ \゛''‐ 、,, ..-‐=≦⌒´{  jl,,,,/,z'ノ: : : : : : : |≠
          \             .l  ヘ\ ゛''‐...,,ヾ. -‐= ⌒ ̄ `"´: : : : : : : : : : : : : |≠
          ∠,, -‐ー 、       ノ.lヘ .∨\  }: :` : : | : : : : : : : : : : : : : .ャ≦ ⌒: : |≠
                `¨ヽ r‐./|  |ヘ  .∨ \ ト: : \ \ : : : : : : : : : Y : : : : : : : : : |≠

612:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:32:46 ID:cqAHQMoA
>25%くらいまで
安心できねぇよwww
つーかいまだにヨハネスブルグと比されるくらいひどいのかよwww

613:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:33:02 ID:iHywQ9V.
スカさんwww

615:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:34:03 ID:JwwLSUt6
AMFの影響下でこのプロテクトギアって動くんだろうか

618:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:35:21 ID:8DZB9yLg
>>615
 相当至近距離じゃなければバリアジャケットも展開できてるし、アシスト機構は余裕だろう
 後は加速度とかまで魔法が発生源が消せるならお手上げだが……

 魔法を動力として飛翔体を射出して「魔法やから! 魔法やから!」と言い張るスタイルなら対処可能かと

620:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:36:22 ID:eT0ZF89A
>>618
マッハで撃ったらそれ魔法無しでもミンチ待ったなしだよなぁ……()

622:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:38:15 ID:8DZB9yLg





      さて、そんなこんなでミッドチルダの中央に陸セクションの本局は今日も元気に聳えている

      主塔の外殻をぐるっと高層ビルが霞む塔が囲む建物は外見的にはSFチックかつオシャレだが……

      実際に勤務する者達からは頗る評判が悪かった

      なんつったって実用性がアレだ。デカイ建物は移動が大変な上、更に対面に行くとなれば主塔を横断するか、
       ぐるーっと他の塔を回っていかねばならない。不便以外の何物でも無い

      新兵は対岸のセクションに書類のお使いに出されれば絶望するし、訪れた市民は「あ、それあっちの管轄です」
       とお役所特有のたらい回しを食らったら更に顔面が面白い色になることであろう






                           _____
                           .|==|::::|=|
                           .|==|::::|=|
                           .|==|::::|=|
                           .|==|::::|=|
                           .|==|::::|=|
                           .|==|::::|=|
                           .|==|::::|=|
                           .|==|::::|=|
   ____                 /二二/_:_'l,二'l,                         |
   |llllllll|lll|                    |==|::| |::|=|               _ _      llll
   |llllllll|lll|                    |==|::| |::|=|                 |三 :|.    llllll _ _
   |llllllll|lll| __ _             |==|::| |::|=|       _     .|三 :|   _ |||||||三|ll|
   |llllllll|lll|. |三三|ll|             |==|::| |::|=|         |  ┐...___|三 :|_ |三| l|||||||‐┐:─┬┐
_.._.. |llllllll|lll|. |三三|ll|.._....._.._.....__....,...,,.__.|==|::| |::|=|   . .__  |lllllll|llll|三|ll|:三三:|:=|:┌||||||||||:=|ll===|llll|
=ュiil|llllllll|lll|jl|三三|ll|_.._.ュ-k=liュliiik:=|ヨヨヨヨヨヨヨヨ| ̄ ̄ ̄|ll| j|llllllll|: |lllllll|llll|三|ll|:三三:|;; |:│||||||||||:=|ll===|llll|
ililii;;:==ュ㌍::li|三三|ll|;;:lliΠュ=__;;;:|ヨヨヨヨヨヨヨヨ|ヨヨヨヨヨヨ|ll|┌lllllll|; |lllllll|ll | ̄ ̄| ̄l|:: ||三|┐:;|||||||  ̄| ==|llll|
三三|;;;:ュllilil┌┐ェェェェ ll;::l;l;;::|三三|ii|ヨヨヨヨヨヨヨヨ|ヨヨヨヨヨヨ|=:┐ lllll|i;;l;ュ;;:;il: |====|  l|_.._.ュ-k=liュli┌─┬─┐
三三|;;:::==- | =|=|===|ll _;;ilュ|三三|ii|ヨヨヨヨヨヨヨヨ|ヨヨヨヨヨヨ|ュ;;l|;;;kュ==kikiiュュ|====|  l|--lli=ュiilk=;; |ヨヨヨi| :;..lヨ|

625:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:39:10 ID:8DZB9yLg
尚、主に私が始めて本局を見た時の反応である……

631:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:43:50 ID:8DZB9yLg



 


    何か地球で19世紀くらいに活躍した偉い人が、兵隊は歩くのが仕事とか上手いこと言ったらしい

    何やら未だに紙媒体の書類が結構出回っている本局では、新人は本当に方々へ歩かされる

    やれ陸士第何課へ資料もってけだの、仕事の打ち合わせがあるから二個先の塔にある会議室に行けだの

    とかく方々を行き来するせいで、まぁなんというか確率が高い

    何のかって? ダンジョン歩くとエンカウントするだろ色々




                                                i
                                                 _ _j|_,,
                      j|                         i . ===|
                     j[[[[[[[[[[[[[[ =                     i  .::.:::|
                       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               i  .::.:::|
                       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               i .::.: ::|
       _ __;i,,,,___         |[[[[[[[[[[[[[[ |llli               l ;;: ::::|
.      :.\/:|三|       |[[[[[[[[[[[[[[ |llli     : r - ┐      i'' ̄| ̄ ̄ ̄|
       i  ;; ::.|三|       |「l 「l 「l 「l 「l |llli    ニニl二二二i    l 三|三三三|
       l   ;;::.|三|      ;;i=|「l 「l 「l 「l 「l |llli   :::ill ll|三三三|   :l lllll|三三三|
       l   ;;::.|三|  ┌ -l .:|[[[[[[[[[[[[[[ |llli   :::lll ll|三三三|┐ .,,rl lllll|三三三| .l//iiii|
      !  ;;::|三|   「|EEl ::|「l 「l 「lr======:j品[]- |「「「 |llll|三|└i"El lllll|三三三| 「」/iiii|
 ., ================,┌ .┬┬┐r┴┴┴-jニニニニ::|「「「 |llll|三|::::::::::::l lllll|三三三|「ll[]iiii|
 |FFFFFFFFFFFFF i ̄l|┌ ─┐r'' ロ ロ ロ ロ:| [] [] [::|「「「 |llf===== iiiiiiiIIIIIIIII ::i司三三!!!!!!

634:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:45:27 ID:vApe1jRY
FOEはアカン(アカン)

641:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:49:57 ID:8DZB9yLg





      最近エンカウントして驚くのは……

      例えばローブを着て動き回る謎の集団とかだろうか

      妙に統制が取れている上、足音を殆どさせず、引きずるほど長いのに全く汚れない褐色のローブ集団

      その中央にはテレパスだと噂されるジェダイマスターが居るのだ

      隠し見ているつもりでいたら、ばっちりばれて微笑まれて驚いた、とは彼女のファンの言である


              -、、
               _ ヽ\
       、   _ -‐´ `'  `´ ̄ `  、
       .\ ̄    r ,          \
         ー// レ     A     ヽ lヽ
         ∠イ  /   /_i__l l _」_l__i  ヽ .i
           // l  r 7l/l / l, イ/ヽl` i l |
           /'l  l  l, / ´      ヽl l |
            |/l ヘ ト、l ミ=-    ー='ノ/ /リ.l
.             ヘ| l` l`   '   /イ l |
              l .l  l゙\  ` ´  イ  .| |
               l .l  l   r≧‐__´l,、.l   l |
.           r-⊥/ /-ァ,l  r‐i   l/  / |
          ∧=./  /:::::l_ , <Yゝ、 /  /、_ .l
          //:/  />:´| <,介、>/   /:l、:`::ヽ、
.         i":/  '/:::::::|/`\,/   /‐´:::゙ヲ:´{
        // /:ヽ::::::::l:::::::/::/   /」ヽ::/::{{r=.、
.        |/  /:::::::::::ヘ::::::l:::/::/  /=ュ:::Y::::::::ゞゝイ
        /  {::::::::::::::::ヘ:::レ::;/ /::::::::::::l、::::::::::|L_{
         l   ∧:::::::::::::::::\<l /::::::::::::::::::} ヽ:::::::: ̄ヘ
       /| /::::}\::::::::::::::::〉|'::::::::::::::::::ノ  /ヽ:::::::::::::ヘ
        / .|/|::::::::::!:::::::::::::::::::{:::::::::::::::::イ  /  ヘ_:ム::::::::ヘ
      i  {' |::::::::<、:::::::::::::::::}::::::::::::::::/   /    /::::::::::::::::〉
        l  .|:::::r〈`ー-,、_:::::〈:::::::::::::__:> ./    /::::::::::::::::/
      l  |::::/:::`':::L_[ ̄] ̄::{_ム'   ャ==、、::::::::/
     , ヘ l  |/:::::::::::::::::::::::::T:: ̄::::::::::::ヘ  /:::::::::::ヾ∨
     /:::::ヾ、/:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ヘ<r 、:::::::::::::>'

642:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:50:22 ID:iHywQ9V.
コワイ! 眼福!

644:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:50:53 ID:H1JT6KpE
おっぱい!おっぱい!!

645:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 21:51:03 ID:FrU7Og8M
ファンかよw

648:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 21:54:12 ID:8DZB9yLg




     次にビクッと来るのは、知らぬ者のない首都防空隊所属のアグレッサー部隊連中であろうか

     曲がりなりにコレを部隊に編成して統制を保ち、連携と戦術を組むトップガンの集団だ

     記章を見ただけで「あ、やばい奴らだ」と誰しもが察するのである

     その中でも一等ヤバイのが、偉い奴であればあるほど面を見ると苦そうな顔をする、という噂の……

     軍人という概念を鋳型に注いで作ったようだと言われる高町准空尉である

     曲がり角でエンカウントした海の少々閣下が卒倒したという話がまことしやかに囁かれているが……さてどうなのだろう


                      , ----- 、
       , -‐‐‐ 、, <´ ̄ ̄:.`:.ヽく:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、
    /--=:.ァ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、\:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
   //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.ヽ:.:|',:.:.:.:.:.:.:.:.: |
    /:.:.:.:.:.:.:l:.:.|:.|:.|:!:.:.:.:ヽ:.:.ヽ:.:.:.ヽ:.:ヽ|:.i:.:.:.:.:.:.: : |
   ,':.:.:.:/:.:|:|:.:.|:.|:.|:.',:.:.:.:',ヽ斗---i、:.:i:./:}:.:.:.:.:.:.:.:|
   i:.:.:/:.:. |:.:',:.:ゝ--\:.:.| ,示气、.|:.:.}:l_||:.:.:.:.:.:.: |
   .',:.:i.{:.:.:|:.:.ヽ:〃沁、 ヾ、. {:::::Ⅳ|:./:|ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.|
   ',:.| ',:.:.|\:ヽ`.',:::j     .ゞソ 〃:|/:.:.:.:.:.:.:.:.: |
.     リ ヽ|  ヽヽ._ゞ′,     /|:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
        |   |:.:ト、  _   /:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
          |ヽヽ>  _ ∠ //| .!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
           r‐‐`ヽ-./|ヽ / /.| 、:.:.:.:.:.:.:.: : |
         |:::::::::::<´  .| /.|  / .ヽ::::`::ヽ 、:.|
          _|:::::,-- >.‐Ⅳ/.Ⅸ| >`::::::::::::::::::`ヽ
         { |:::/  |   |`:ヽ/ ヽ- `ヽ、:::::::::::__./
    _   .{ |::/!  |  |::::/   / .|  /l::::〃  }
    | |> 、7/   i! .|:/ >´    |/ .|::{{   ,'
    .|.|  ./      .ヽ|/  == .|   |::` - ′
    |.|  .{      0ゝ       |/  |::/:. |
   r、r、  ', .       /          |/   .|/: . |
   ゝ` ̄ヽヽ、__ .i         ./   / /:.: . |
    }    /` ヾ- __ ゚{- 、 ____ / /  ,′:.:.:|
   ヽ、 ,′  // ` ヽ-- __ rニニ--  /:.:.:.:.: |
   .{ヽヽi    i.i         ヽ\  /:.:.:.:.:.: |
   .rヽ-└t- _.|_|          ヽ /:.:.:.:.:.:.:. |
   .ト、`_コ/_| |‐‐ ̄-ニニ--- 、  /:.:.:.:.:.:.:.:. |
    `ヽT/  ` ヽ---┘--_| |--- `ヒ:.:.:.:.:.:.:.:. : |
      /、    /::| .    `      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
      /::::::\  /:::::|     __ -::´∧:.:.:.:.:.:.:.:.: |

657:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:03:37 ID:8DZB9yLg




      そして10年前から変わらず存在する、公然の秘密にして陸セクション最大の都市伝説……

      本局陸セクションを徘徊するロストロギアこと白子のハヤテリック

      管理局勤めが長い人間は彼女を極端に恐れるか、比較的気軽に接するかの二択に分かれるそうな

      エンカウントして世間話をしたり、挨拶をすれば御菓子をくれる最凶のF.O.Eであるが、治安維持活動に
       投入されていたりして、一部では評判が悪くないのだ

      それでも本局勤めになった新人には「良いか、絶対に話しかけるなよ?」と先輩からマジ顔で言われる
       くらいには恐れられているのだが

      当人は本を読みあさったりしているだけで、基本的には無害なんだけどね



               _,. :‐:、_
            ,. :´: : : : :ヽ: |: \
           /:,: : : /: :/: lX|: : : :ヽ
          /: :/: /_/: : |==l: |: : : : : .
           ':/:{イ: /}/ lヽ:|==,: |: : : | : |
         /イ:/:_∨ ==ミ:/|: /: :|: : : | : |
          |:{ 「    ゝ∨:イ: : |: : : | : |
       ~ |:l人 ⌒Y´_ Ⅵ: :/: : :/: :,
       ~ |:|从> 乂  V:イ: : :/: :/
            从 「../∧ 〉 '|`ヽ ̄`ヾ
            ∧.{ {-V,:  ,.../⌒∨ノ
          /、∧Vイ,'  {/   }'
            {- 、{....V...!  八   ∧
 _____r-イ⌒Y...|o{   '  }   '_ノ
       乂,ノ_j_ノ)-{.人_,.<_,イ

658:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:05:17 ID:iHywQ9V.
いい子なんだけどなぁ…
胃に悪いけど!

660:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:08:27 ID:8DZB9yLg





    そのびびられる連中の中に、数年前であれば特機隊もカテゴライズされていた

    もっと遡れば、資料分室の運用実験部隊の時からだ

    そりゃもう、こんな見た目おっかないのが群れを成して歩くのだ。総回診もかくやの勢いで
     人混みが左右に分かれたとか……

    だが、今でもプロテクトギアでびびられる連中の例外がある

    それは何か……




                       ,::::': ̄::ヽ
                       |:::::::::::::::::{
                      _ノ_::::::ニ:::::::)     __
                      ノアr= !!(うr(ツL __//う
                     / {ニii(ニ)iiコニ==≠''-<
                     `Y ヽ/  ハ:::∨  (_)了
                     /ミ / 三弐/:::::∨   ∨
                     ヽ=-=少´ ∧:::::::::\___\
                   .r/{_}r==マ /_ノ:::::::::ノ=/7乏
                   /∧ }.{不 jー':::::::::j弌へ //_  7
                  /∧/:|:フー':::::::::::::::::rn <j//  \/
         .          ///u爪ノ弋=―=シ::j⌒! //  \/
                 y.之∧:::::::| 乂 〉::::::l :|.// >+< /
                //イ.∧:::::::::!  /:::::::::{少レ込  /
         .       / L/..j/ヽ」::::|ミ=!:::::::::::::7‐八 \/
               ///. ,'  /ーァ! |'⌒ヾY⌒ヽ:テー'
              /ツ   j__/ !:::::乃‐'   ∨   ∨!
         .    .r//   /゚ヽ.ノ::/      ∨  ‐i!、
              ̄   ..> _ノ`l        (   (
                  |ノ\::j         ヾ'::::::ト
                 i|  /j           ゞ≠'∧
                 l|  //_           ∨ / ∧
                 j! ./7イ           ∨ / ∧

661:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:09:29 ID:0oAyhOAQ
私だ

662:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:09:40 ID:CXTFUCSM
お前だったのか

663:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:10:02 ID:LZ5XcMTM
お前だったのか

664:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:10:26 ID:FrU7Og8M
お前だったのか

665:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:11:20 ID:8DZB9yLg





      主塔へ続く広い廊下をとある一団が行く

      今ではすっかり見慣れた黒喪のプロテクトギアの集団……であるが、その中央には
       一人の生身の人間が居た

      管理局の制服を黒に染め、細部のデザインを弄った特機隊制服を着込んだ男

      そろそろ中年と言って良い年齢になりつつある男は、周囲を固めるようにプロテクトギアの一団を伴っている






                           !       i
                           ,L. __    /'
                           Y´ ̄二 /〉
                           |       /!
                           |    ./ 」!
                            l       !l
                            |        |ム
                           │     | ∧
                            !      |'/∧
                            |        ! /L_
                            |        l / ̄〉
                            |       |  /∧
                            |     /`i ′,∧
                            |L... _     │ /'/∧.
                            「 ̄ `   /  ′/ ∧.
                             |..__ , /〕、   _」.
                            / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                           ∠.. _     /!-‐=ニ />..
                         ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉
                      r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
                      iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'
                      `  ̄ ̄ ̄ ̄ ´  ` ̄  ̄ ̄´

667:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:11:47 ID:gIpHtyV2
もう中年かぁ…

668:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:13:28 ID:kgB/PbFo
小太りに見えてもスモウレスラーばりのマッチョ太りなんだろうなぁ

670:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:15:57 ID:8DZB9yLg





    一際重武装の、出撃する訳でも無いのに武装を担いだ彼等……

    彼等でなくば、すわクーデターでも始まったかと思われるであろう一団には何も無かった

    出自、所属、階級、その一切を示す、軍人であれば身につけて当然の全てが

    有るのはただ黒と紅いバイザーの二色だけ

    ただ一人の人間を囲んで歩く彼等は、精鋭揃いの特機隊の中でも最精鋭……実在し噂こそ囁かれ、
     あらゆる役割、戦果が不明とされる人狼部隊であった

    階級の高低、やましい所の有無に関わらず陸士達は壁際に張り付くように避けていった……



            , - ' :: :::::::::::::::::::::::::::::: :: ' ー 、
              /  :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   ヽ
            /  :: :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: :: :: ' ,
         /  :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::  ヽ
        ,'  :: :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   i
        /  :: :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   i
        i  :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   i
      /ヽ 、_:: :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: _ , ヘ
      /     ::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー - '    ヽ
.     /   :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :   イ
.     ハ    :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   / i
    |ヽr _  :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: :: _,イ  !
     |  上 ` t , _ :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::: :: :: :: :: :: :: _ ィ '  |   i
-一ヽ、 .`'´ ヽ .// ' ー--t- =====-r 一 ' ' 弋 !l_ - ' `ー ´
::: ::: ::: |    _イ二l i l      } ,イ^ト、. {.     ツニi二!
::: ::: ::: | _,.厂、   ヾ= .,, __ノ./_ 八 _ヽヽ、_ _〃    >、
::: ::: :::上 `ミ、ヽ   i     ナ'      弋        /  イ
::: ::::/ヽヽ _ミ iヽ/ ゝ  /    i⌒i   ヽ _ ノ   l / ,<_
::: ::ヒ二 ミ上´::: :::∨   ~     /   i        /K/::: ::ヽ、
:::/二二/:: <ヽ、::: :!、' ,   /    ヽ、   , ' /::: ::: ::: ::: :::`‐、
:::ヒ二シ ::: :kヨ::: ::: ::ヽ、  Y        ヽ / ,.∠-i::: ::: ::: ::: :::
:::i-ニ=┤::: :ヒコ::: ::: ::: :::ヽ |  , =-‐- 、  }.|/ i///i::: ::: ::: ::: ::: : :::
::: トー-イ、::: |ニi::: ::: ::: ::: ::: ::`ヒ iニ ̄ ヾY/ ! []上ヾ>::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::`<二/>、!ミi::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: 弋 ̄二|::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::: ヽ三シ-Yソ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::`<-弋::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::

674:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:19:18 ID:LZ5XcMTM
これが、インガオホー

676:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:20:37 ID:iHywQ9V.
食事は毎食オカユ…

677:名前:普通の名無しさん <hage> : 2016/07/08(金) 22:21:07 ID:VXeAus8.
やる夫どんだけおっかねえ存在になってんだよwwwww

678:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:21:35 ID:8DZB9yLg





    特機隊秘蔵の秘密作戦部隊

    しかし、実際に彼等が何をしているかは誰も知らない

    存在自体は知られているのにだ。一体何処で何をしたか、何と戦ったか、何を残したか

    軍集団であれば残る痕跡が何一つとして残されない

    存在は知っている。だが何をしているかは全く分からない……その謎が威圧感となり、
     風紀と統率を引き締める

    真に恐ろしいのは不定形、知っているようで知らない存在なのだ

    首輪の見えぬ猟犬たちは、自らの主人に伴われ、声も音も無く本局を闊歩する



:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>-‐…‐- _:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/        >、:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY            ム:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:>-‐== .!             :}:i:i:i:,'7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i< ´    :/        O :O O:,’:i:i/.7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i〈   ヘ  :< ` 、       O O  !:i:i/ 7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i〕  :ヘ:  7.¨o、 ._` ニ冖ー i   > ゝ、 .7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i,,.。< ´ :7i:i:i:iィ 〇 ̄.}   ¨´    イ -、.:i:i:i:i:>‐- <  〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:iヘ .ャ≦´:i:i:i/  ヘ_ ノ |     :>、´.、ー、-,/´:i:i)    ヽ__:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:ifヘ   :i/^¨Y    人,,.ャ≦ 三 Y Y } }:i:i:i/  > ´ ゝ、):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i/ヘ:ヘ:i:i:i>ヘ 彡゙ヘャ≦  |三彡彡,. =ニヾ} .| |:i/   ヘ   / ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
iヘ  :Yノ   イ}  」  ,,.ャ≦彡三三.f  `.ノ  } ノ     ゝ´   ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:ヘ  :( .<´  ^⌒斤ミ三 彡三三三|  .Y  !ノ            f--、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:iヘ :}≧、`ニ‐- ..._ミ 三三三三彡 .!   {  〈ヽ.           ヽ  >:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:iヘ ! r ´≧‐-ュ、_ ⌒>-、r 、    〉   }  ヘ )            ゝ,´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:f-.| :`! :i:ヘ ヘ  > 、ノヽ `⌒.ノ   ノ  〈ノ              Y:i:i:i:i:i:. ャ<
:i:i:i:i/ :人 |>-ヘ  >r 、< 彡,r 、ュ´ .>´ > <            __  ! ャ<´> ´
:i:i://  < > ´ゝ 〃 }ー‐= ^} }-'´ノ冖=.、 冫ヽャ≦⌒^.Y ,,.。 *f ( > ´  ャ<
:i:i:i\   :/     心 `ー― ´ノ>'´  ,.. 、 { ノ彡三彡<´ 、.( 〉 .〉 ,ャ<´ >
:i:i:i:i:i:⌒≧=- __    ム.__O__ノ  >''´  .) 〉'彡<´|   ,,.。 ノ/_{ (j´ > ´:i:i:i:i:i:i:

680:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:23:25 ID:3BRR8pc2
出身世界に里帰りしたら、同窓会とかで、入り口、裏口、階上、階下、
室内に、複数の外国人が居て、お帰りのときに、さりげなくガードに入る身分
・・・あいつって、仕事なにやってんだ?

682:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:24:16 ID:JwwLSUt6
>>680
そんな同窓生はいやだww

684:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:24:39 ID:iHywQ9V.
>>680
こわすぎぃ!!!ww

685:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:25:42 ID:fMUSYyVQ
全て秘匿されてるなら、この特別部隊の隊員が退役する際は、履歴書にはなんて書かれるんだろ?

686:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:26:06 ID:8DZB9yLg




     黒喪の一団は人混みを割りながら、主塔に備わった一つのエレベーターへと辿り着く

     将官、あるいは彼等と深く関わる人間だけが使える最高セキュリティのエレベーターは、
      将官達の執務室や統合作戦本部へ直結している

     正しく選ばれし者のみがくぐれる扉であった

     人狼達は忠実にエレベーターの周囲をかため、主人の盾となる

     見送りの言葉に男は、閣下はよせといって操作盤に手を伸ばした。生体認証が通らなければ
      押した瞬間に警備がすっ飛んでくるパネルへ、まるで自宅の扉を手をかけるような気軽さで……



                            __
                          /:::::`ヽ
                         .′::::::::::::ハ
                         r::o ̄o:ヽ}
                         ∧_,ィヽ._j/∨
                        _f iヽ{n}:_}∠_}_           閣下、我々は此処で待機いたします
                     -‐/:::| 廴::く:ー-/:/´::/ ̄く>‐. 、
                  /::::::::::厂:Lニ〔`ー}ニ<::∧:::::::::::::::::::\     何卒お気を付けて
                 く:::::::::::::::{:´=ミ::::: ̄´r==:::::}::}::::::::::::::::::::::::\
                 /::⌒X/|::=ミ:::::::::::::::r==::::|:::ヽ:/\:::::::::::::::>
                .//::::ノ   \::::/ ̄:\::::x:<:: | {   \:::/
                厶、/|   ./_`i::::::::::::: ヽ_/{_::|∧    {´
                   ,」__/./::、_|::::::::::::::::}___/:ノ ∧   .ノ
                  /::::::: / 〈::::::∧::::::::::::/:::::::>:{   }_r::::::ハ
                 .'::::::: /\_\:::∧:::::::/::f:て {::::〉  |弋:::::::|
                 i :::::/   | /E{ー--一く::::::厂::ハ  l. |::::: }
                 | ::/   〈}   |::::::::::::::::::::}:/::::::::::|  | |:::::/
                 }:/   /   |:::::::::::::::/〈::::::::::::|  | l::/
                {::/   /    .|::::::::::::/   .∨:::::::| 介、;ハ
                //   /:i    ー一く    ∨::: |(rz 〈::ノ
               .//、  //:|       ハ \   ∨::| `⌒
               { | >介xミx、     | }      ヽ}
               ,ソ' 〉/   }=}    | i        }、
              /' 〉/    f彡_    } ハ     /::::}
             ./' 〉/    三}:::\__ノ   \___ノ:::::/
             ′〉/     三}:::::::::く   〈:::::::::::::イ

688:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:26:51 ID:8DZB9yLg
>>685
 適当な擬装身分or特機隊養成学校へ一切の前歴不明として教官に

692:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:29:48 ID:8DZB9yLg




     人狼に見送られて非常に堅牢に防御され、セキュリティも硬いエレベーターは上っていく

     護衛の多くは解散するが、それでも一個分隊4人は装備を担いだままその場に佇んだ

     きっと、自分たちの主人が戻ってくるまでずっと待ち続けるのであろう

     それが自分たちの役目であると言わんばかりに……

     そして主人は主塔の上層に辿り着くと、勝手知ったる庭のように廊下を歩いて、扉を幾つか潜る

     それから……




                                  __       │
                                ∠:_::::`ヽ.    |
                               〈::o::::o、:ハ   |  |}
                               Lrミ::_::」八   |  ||
                               f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                               ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|
                              , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|
                             /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|
                             〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
                             ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/
                              ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/
                              /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′
                             〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
                             /\:::::/:::::::/:::::i::|
                           /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|
                         /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
                        /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|
                      /  / └r──′:::{:::::::{: |
                     /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
                   ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
                 .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}
                .く/          〈::::::::::::::::::::{::::::::{
                              ヽ_:::::::::::::_〉:-‐:〉
                               i::::::::::::::|::::::::|
                               |::::::::::::::|::::::::|
                               ∨::::::::::|::::::::|
                                }:::::::::::|::::::::|

694:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:31:14 ID:fMUSYyVQ
30になるかどうかで将官とは出世したなやる夫

695:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:31:50 ID:fMUSYyVQ
クロノは25位で准将だか少将相当だけど

696:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:34:12 ID:FrU7Og8M
ミッドの就業年齢は驚くほど低い
→年齢と位階が合ってない事例の多発

698:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:35:08 ID:8DZB9yLg










    めっちゃくちゃ軽いノリで、入り込んだ先にいた人物へ問うた






                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \         レジアス閣下、うちの子お邪魔してません?
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!

699:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:35:45 ID:H1JT6KpE
うちの子ワロタwww


・・・この聞き方だとハヤテリックかな?

700:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:36:53 ID:QiUg7qpU
F.O.E回収班wwwww

703:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:39:27 ID:Fe0xcb.Y
 かるぅいw

711:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:42:41 ID:8DZB9yLg




     それに対して、部屋に居た人物も階級章の重さの割に実に気軽に答えてくれる

     テーブルの上には、まだ暖かなハーブティーと茶菓子があった

     中将閣下の痛んだ胃を気遣った、ストレス緩和と消化に優しいものだ

     はぁ、じゃあ遠慮無く、と近所のおっちゃんに対応するような気軽さで男……



             ,. -―――- 、
             ∧>-、 _____`ヽ
              /V⌒ヾ、| l7フ7///|
           /V     `´ ̄ ̄ ̄Vミ|       さっきまで居たが、ケーブルテレビで再放送があるから
           ハ|/           |ミ|        とか言って塒へ帰って行ったぞ
         { f/  -、         {ミ|
         ヘ|  ゞ・>ソ {xニニ.    |:;ハ       折角だ、彼女が置いていった茶菓子がある
          ∧   ̄ }   ゞ゚ー'   |{ }|
         //}    /       r /:|,r'        かけるといい
       ./////X777Xァァイvx / /-―-、
_.. ‐ ニニ/:::::∨//\ ー-__ ,,`ヾハT ⌒ヽ \_
「「「「「「「「|:::::::::|\///>、/7ハ..x<7{ ̄´       ヽ「「Tゞ、
| l l l l l l |:|:::::::::l.  \//// | | | | { ̄    \ \ ∨///ク
|」」」」」」|/::::::::::|、〈ヽ `フー‐r―‐ゞヘ    ヽ   ∨/:::
:::::::::::::: /:::::::::::::|∧ ヘ〉∧::::::∧ にシ‐\        ノ|>、:::
:::::::::::::::|:::::::::::::::| ∨ / / ̄|ヘ__/  /::>r―   />':\
:::::::::::::::|:::::::::::::::| ヽ∨ |:::::::::|     /::::::::::∟  -' /:::::::::
:::::::::::::::|:::::::::::::::|    |:::::::::|   /:::::::::::::/::\_/:::::::::::::::ノ

712:名前:普通の名無しさん : 2016/07/08(金) 22:43:30 ID:DjDy9i8M
ふぇいとそんか

713:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:44:42 ID:zvZ4gUN6
よかった、ハーブティと茶菓子が食えるぐらいには回復したんだ

714:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:44:55 ID:fp.LZkoo
時代劇の再放送か

717:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:48:06 ID:8DZB9yLg






    何故か周囲から 閣下 と呼ばれているのに、二佐の階級章をぶら下げた特機隊指揮官は、
     一枚のクッキーを摘んで食べた

    時空管理局陸セクション二等陸佐にして特機隊長官

    そして未だにロストロギアを管理する資料分室長の肩書きを預かる男は、全くその職責に見合った
     重々しさを感じない調子で語る

    年齢の割に見た目はまだ若く見えるが、その職責を感じさせない態度と外見が人を惑わさせる

    部隊の指揮界隈では「最も人狼らしい人狼」の異名を冠する理由がそこにある

    曰く、真に恐ろしい者は同類と見分けの付かぬ異種であるとして…………




          ____
        /      \
       /        \
     /             \      あ、美味しいですね、これ
     |               |
      \            ,/      
      /⌒          ⌒ヽ
      /             ヽ
    /              ヽ
    |                |

719:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:49:11 ID:QiUg7qpU
出世したなぁw

721:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 22:49:43 ID:kgB/PbFo
二佐で閣下呼ばわりとは2階級上の扱いかw

725:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 22:55:17 ID:8DZB9yLg






     ま、当人にそんなつもりはさらさら無いのだが

     暫く「胃の調子どうです?」「ここ暫く唾液の色は綺麗だ。幸いな事に」みたいな
      世間話をしたあとで、中将閣下は物騒な話題を切り出した

     尚、このちょっとした予算というのは、本来今頃であればミッドから見える山の稜線に
      何でかデカデカとそびえ立っていた三機の46サンチ3連装砲の予算である

     ちょっと使える物が転がり込んできて冷静になった結果、やっぱ効率悪くていらんやん……
      と気付いたらしい

     まぁ、アレで治安守り始めたらそれこそ虐殺だよって話だし至極当然の流れであった




              _,.. -――--_、
              {7ュ<7 ̄7 ̄ィ}         しかし、また派手にやらかしたな
              } ヽ-' ´ ̄ }__: :l
               l        トミr}         “ちょっとした予算”の使い道が変わって
                  { ェォ  rtォ ヽ:.}、)          多少なりとて余裕があるとはいえ
                  l / 、   ィ: !''}
                }ィゞii'wx、 /ミ{ノ}\_        派手にやり過ぎだ
            ,.. {i: ´_ ̄_`>´::i/ /::////> 、
         _,...</ィi\i_Y:_ヽ/  /::{i i </////>、     海に訝られるぞ
      ,.<//イi i i/::{ 介、      /::::li i i i i i i i<///>、
     /i i i i i i i//::/V/:::ハ.  /:::::/;;;;;;\i i i i i i i;;;;;;;;;;}
     {;;li i >'´;;;;;;/:::{ /::::{  `/::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<i i {;;;;;;;;;;l
     |;;;;;/;;;;/:::::{::::::l /::::/ ,/::::::::/:::::::`ヽ、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;< ̄ヽ
     |;;;/´:::::::::::::::',::::|{:::://::::::::/___::::::::::::`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;\ }
     |;/:::::::::::::::::::::∨!/イ:::::::/:::::: ̄ ̄::::::::::::::{::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;从_
     l;{:::::::::::::::::::::::::∨::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::<;;;;;;;;;;l
     l:|:::::::::::::::::::::::::::∨_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ
     |:|::::::::::::::::::::::::::::/o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::}

732:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 23:00:34 ID:8DZB9yLg





    派手にやらかした、というのは前日の別惑星に逃げた犯罪者掃討作戦のことであろう

    実は「功績稼がせてやるから揚陸艦の航路護衛頼むよー」と、この男が菓子折持って
     提督親子に頼み込み、海も巻き込んで予算を都合させていたのだ

    そういう小技というか軍政にちょっとした機転が利いてしまうからこそ、人狼ゲームの
     人狼みたいな扱いされてしまうのだろうが

    そして、魔女の後継者 だの 閣下 だの 最も人狼らしい人狼 だのと色々囁かれる
     ごめんなさい案件製造マシーンは……

    実はまだ色々なごめんなさい案件を製造していた。それも人知れず




  ,..-''"  ̄ ̄ ̄ "''-、
/              \
      -‐-..,,_..    \
      ___ `''‐‐'  、_ノ
     ヽ _・_`     __i
         /     '_’l
            {      ヽ l
           ヽ---‐、__ノ !      言うてあの人ら、こっちが何やっても難癖付けるでしょ
              ー‐一  ,′
  、              /       私達がやるのと同じように
''-.,,_`''-..,,_         /      
: : : : :`''-、 `¨"7''―‐<          まぁ、どっちもどっちではあるんでしょうけど
: : : : : :/ヽi :::/: : : :/⌒ヽ     
: : : : : l: : :L_ `ヽ: :{: : : : l         それに今回は小遣い握らせたし平気ですよ
\__/: :/O: 7、_∧:.ヽ _\‐-..,,_  
: : : : : :./: : :////∧: : :|: : : : : : :/|     何よりも、何するにしても周囲は治安良くしておきたいですから
: : : : :./: : ://////∧: .|: : : : : :/_
: : : :./: : :////////∧:.l: : : : //
: : :./: : ://////////∧∨: : / 
: : :i: O:.i///////////∧ヽ./

734:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:01:50 ID:QiUg7qpU
まだwww

738:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:03:39 ID:Fe0xcb.Y
アレ意外に増やしてんのかよw

740:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:04:33 ID:/ZJ4t1b6
あんたって人はーーっ!w

742:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 23:06:07 ID:8DZB9yLg




    行かせてみればいいんじゃないです? 綺麗な教会とか観光したいっつってたし

    あのね、修学旅行じゃないんだから

    どうせ御菓子押しつけてなぁなぁに帰ってきますって

    と物騒な話題なのに妙に気の抜けた話題をしつつ、陸セクションで偉い人間リストの上位数名に
     間違いなく該当する二人はしばしのお茶会を楽しんだ




             _,.ィ7777777777> 、_
        _,..</\/////ィ7 ̄7>、/ ∧
       {///7777 ヽr77////////////!
          ∨////////ィ'''''´ ̄ ̄ヽ////,{     そうはいうがな、最近は教会のお歴々まで苦言を呈している
          ∨/!´ ̄ `   ,    、 {///∧
         ∨{      /  _   { ∨//-'、     ……表に出しすぎるなよ?
         |/l   - 、 {_/_,.ィ  {//ィi }
         }/{  -r-。,=-、_`ー゚' ノ ∨/' /       面会させろとせっつかれているんだ
         ∨!   ¨ { l }     /∧' 、__
          }ハ__ j  l ヽ __///∧ /}::::\      なにせ散逸した貴重な歴史すら握っている可能性がある
        _,.. ////// '=-=- '///////// , !::::::::} ̄ > 、   存在なのだから
     _, <  {//////, -――- 、ヽ//// / !::::::::|       `> 、
  _/      \/////777777///// /  j:::::::::{             
 ´       _/::::\//////////_/ /   /:::::::::|__
     > '´ /::::::/ \  ̄ ̄ ̄´ /    /:::::::::::l i i i i i` <_
  > '´i i i i i /:::::::::{ <\ `丶、_ / /> /,:::::::::::::| i i i i i i i i i i i
´i i i i i i i i i i,:::::::::::::|、 \> /三三\</ / ,::::::::::::::! i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i i/::::::::::::::| \_/三三三/\_/ l::::::::::::::| i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i/:::::::::::::::::!   >---- く     /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i
i_i_i_i__,イ /::::::::::::::::::::!  /三三三ニ〉   /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i i

750:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 23:09:29 ID:8DZB9yLg




    じゃあ、当ても外れたし帰りますわ、といって二佐は部屋を辞した

    それに、この後ちっと人に会う予定もありますんでと付け足して

    中将閣下はそれを見送って、副官である娘に食器を片付けさせた

    空になった皿を見て、娘はほっと胸をなで下ろしたとか。よかった、きちんと固形物が食べられてると……

    そして、下ではまた人狼行列が繰り広げられるのである





               _____
             /           ヽ
           /               \
          / 、                \      あ、そうだ閣下
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |     そろそろ特機隊養成校の卒業シーズンなんで
         ノ   └┘               |
        (、                     |      暇だったら挨拶頼んでいいですかお?
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/       「ま、暇だったらな」
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|

754:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:10:47 ID:Fe0xcb.Y
娘さんも気苦労が絶えんねw

755:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:10:52 ID:zvZ4gUN6
なんのかんのいってるが結局ハヤテリックを取られるのがいやなのね

756:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:11:37 ID:QiUg7qpU
付き合い長いしなぁ

761:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 23:12:57 ID:8DZB9yLg





    二佐は人狼達を供なって自分たちの塒へと帰ってきた

    本局第5番塔は、過半が特機隊のテリトリーと言って良い場所だが……

    その地下は魔女の塒と呼ばれる、人狼達の主人とごく一部だけが立ち入る領域だ

    恭しく頭を垂れて主人を見送る人狼を残して、ごめんなさい案件製造マシーンは地下に降りる

    そこに彼の執務室と自室、あとは応接間があるのだ

    上の談話室に居ないということは、こっちなんだろうなーと思って応接室を開ければ……




                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i

762:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:13:56 ID:iHywQ9V.
なんか物々しい割りにやってることがなぁw

767:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 23:17:31 ID:8DZB9yLg




     案の定居た。赤い目と白い髪が特徴となる、史上最悪のロストロギア

     ソファーに座った自らの愛剣、嵐の運び手の膝に座った彼女はご機嫌そうだ

     黒の剣も主人が親しくしている男へ挨拶をした

     テーブルの上には用意万端のお茶会セットが並んでいた。人数は四人分

     白子のハヤテリックと嵐の運び手、そして人狼の他に一人饗するためのものであり、
      既に饗されるべき人物も座席に着いていた

     そして、客は美味そうに味わっていたハーブティーのカップを下ろし、人狼へと微笑みかけた




                   ___
              , . ‐/⌒\: : :`: : : .、
           ,. : ´: : : : : : 、: : : \ : : : : : \
          /,: : : : : : : : : : \: : : ヽ: : : :、: : ヽ
        /: / : ,: : : : : ヽ : : : ∨:__∧: : : :\: : :.
          /: : / : : | : : : : : : V===ム_:::|∧: : : : :ヽ: : .
       ': : / : : : |: : :{: : :__{:∨== |:V/:∧ : 、: : :∨:|
       / : : |: |: : : {: : : Y、: :∨:V: : |: ∨: :V : \: {: ::.      あ、やる夫さん、遅いでー
      .':.|:|: :|{:{:ィ-从 : : { \_Ⅵ、: :l|: :|ヽ: :V : : |\:|`ー
      |: |:|: :|l∧: :{ \:_:、´ ̄`ヽⅥ|: :|-∧:∨: :|: : :|       先始めてもーてるで?
      Ⅵ:|: :|: :从ィ=ミ ,     "" リ|:/| ノ }Ⅵ: : |: /リ
      リ |: :|: : :/)   _,. - 、  rく^∨、_ノ: リ: : :V⌒\
         Ⅵ|:/イア  V     }  ヽ } } }、_、: >イ,.-<...>、
          ∨{ 「(込、 ヽ  ノ   / j // |/__/´ ̄......∨...>、
         }∧`  ̄`> ..._,.イ¨´    人_/..............ヽ....∨.../..〉
          ` ー、   У     イ/...., ...................}.....}..、...{
            { }   {、_ー rく /..../......................|...∧..∨
            |.,:   |、_(_)ノ/\../........................∨....∨
            〃   :|     {'_,.....イ............................/.......∧
            //   ,|    |乂..................................,......../..∧
             {,    /|    |.../---- 、................/.........../.....〉
           /   ,...{|    ∨--- 、  \...../..................{
            /    {、.|      V⌒\\_У.......................∧
           ,      , Ⅵ       }   >、__(........................../....|
            {     / ,ハ        /................................ /..... |
          .      /  〉、     /......................................'.......∧
              、   /  〈....\_,...く.....\......................................./....}
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|....../.........、
                                |....,..............}

769:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:18:40 ID:iHywQ9V.
サブカル娘のお茶会w

770:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:20:44 ID:bbNI0G3s
ああー楽しそうなんじゃーw

771:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 23:21:16 ID:8DZB9yLg





     顔色の悪い優男……

     隣に座る史上最悪のロストロギアと並んで性質の悪い次元犯罪者

     無限の欲望 そうあだ名される狂科学者は、まるで十年来の友にするように人狼へと笑顔を見せた

     いや、それは別に比喩表現ではない

     事実、彼等は付き合いの長い“友人”であったのだから…………




                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                        /: : : : : : : : : : : : :/ヽ: :/:ヽ/ヽ/ヽ : /ヽ
                     ′: : : : : : /ヽ/ヽ/: : ∨: : : : : : : : :∨ : ハ
                        | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                        |: : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
                    /: :|: : : :/: : : : : : : i : : : : : : : : | : : : : : : : : : : |       やぁ、盟友
                      /: : :|: : :/: : : : : : /: M/^|.:.: : : :.:|: :|: :|: : :|: : : : ト、
                    /: : : :|: :/: : : : : : /: : |  :!:i.:.:.: : :|: :|: :|: : :|: : : : | ハ      息災そうで何よりだ
                  ∠/: /: : :|: i: : |: : : |/:l: :/   |:|: : : : |:ハ!: :!.: :.|: | : : | : |
                      //|: : : : :|: : |.: :.十ナ/==‐-|ト、: : 斗七ナ|: : |: | : : | : |
                  / / |: |: :|: |: /|: : : |弋 込ソミ.リ ∨ : 杙ソ ア: /:.リi : :,: :/
                / .|/|: :|: |/八.: :.:| ー  -‐   ∨:.|   /|:/: //: :/|/\
                    / .     メ| : : : : \:|           リ:.:|  / |: ://|: /.    \
             イ       | : i : : :小        |∨ /: :ル'|/:.|/
             /         乂|: : : : :ハ   、__イ_ /!: : : : : i : |         |
           /             |:i : : : : |\      /  |: : : :i: :|乂       /
         /              |ハ: : : : :,  \    / .|  |: : : ハ: |      /  |
        { ̄ ̄`ヽ              .}\: :ト廴. |`ー‐'|.  |  |: : / .}/     |/.  |
             \           |.  ヽ!   / 只.|.  |  |: / .|       |   |
        |         `ヽ         |    ヽ__/  { } ヽ__|  !/   |       |                   ごめんなさい案件Verなんてもう忘れたよ(堂々と

772:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:21:17 ID:3BRR8pc2
砲兵OF砲兵と、ジェダイオーダーを婚姻で
閨閥に取り込むことを考えない高官は海陸ともに
居ないと思う

773:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:21:29 ID:bbNI0G3s
ふぁ!!?

774:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:21:49 ID:Fe0xcb.Y
えぇ…(困惑)

775:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:21:59 ID:u2f6LKhI
!?

776:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:22:03 ID:FaKcsUjQ
そういやなのはとフェイト、少しは仲良くなったのかな。微妙に反目しあってるぽかったし

777:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:22:23 ID:LZ5XcMTM
おお・・!?

778:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:22:34 ID:9bMvfCYQ
その人かいw

779:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:22:39 ID:6LIGkDsg
ネットで出会った友達かな?

780:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:22:41 ID:2YHa2Bwg
これは確かにごめんなさい案件だわwww

781:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:22:54 ID:H1JT6KpE
スカさんwwwww

これはヒドイwwww

782:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:23:02 ID:bIpgvyi.
wtf!!?

783:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:23:29 ID:N/UUhHPM
ぎゃーっw

784:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:23:39 ID:JwwLSUt6
>>779
いくら課金してでも望むガチャを引き当てる、「無限の欲望」ということか

785:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:24:03 ID:fMUSYyVQ
ゼスト隊壊滅して無いから恨みも買わずに強力できてるのか

786:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:24:37 ID:kgB/PbFo
まさか、顔の出せない人狼の中身はナンバーズでは!?

787:名前:普通の名無しさん <hage> : 2016/07/08(金) 23:24:42 ID:VXeAus8.
最早ごめんなさいじゃすまねえwwwwwwwwww

789:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:25:25 ID:vApe1jRY
スカさんまでサブカルに染まったのか(驚愕

790:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:25:41 ID:iHywQ9V.
ファー!!!?

791:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:26:02 ID:iHywQ9V.
おっと 乙ー
結局スカさんにまで影響与えたのかよwww

792:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/08(金) 23:26:15 ID:vv.Y7YbQ
やる夫無しでは生きられない状態にされたんか?(棒

793:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/08(金) 23:26:33 ID:8DZB9yLg
>>785
 あ、いや、残念ながら時系列的に壊滅はしているんだ……

 小飼の一番優秀なのがアボンして胃が更に死んだ、という描写はBPでしたはず……