魔道砲兵 サブカルなのは EC 02

301:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:02:38 ID:H7/z5toQ




    真の孤独とは、自分一人がぽつんと佇む事によって訪れるのでは無い

    群衆の中に孤立する事によって作り出されるのだ

    それを鑑みるに、八神 はやて という少女は紛れもなく孤独であった

    生活に困らぬ程度の金と、済むに不自由しないバリアフリーの家があれど、どうしようもなく彼女は孤独だった


                                        |    /\
                          ____________A.__// \\
                     _r‐'三三三三三三三三三三三三三三// ┌┐ \\
                  _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三//―‐┤├‐─\\
         _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三三三//     └┘     \\
       ┌<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三//              \\
       └─┬───────────―┬────‐'|/    ┌──┬──┐    \|
           |      ┌──┬──┐    |  ┌─┐  |     |    |    │     |
           |      | // │ // │    |  ├─┤  |     | // | // │     |
         ┌┴―──┴──┴──┴─―┤  └─┘  |     |    |    |     |
         |                    |          |     ├──┴──┤     |
         |                    ├─────┤     |          |     |
.      , -‐┴―――――‐-、_________|          |     |          |     |爻爻
   ∠二二二二二二二二二}            ├┬───┬┤     |          |     爻爻爻爻
    ||  ||  |       ┌──┬──┐    ||三三三||     ├──┬──┤   爻爻爻爻爻
    ||  ||  |,,       | // | // │ ,;i、 ||三冂三||     | // | // |  爻爻爻 爻爻
┌r‐r‐|| ,";;;`,,";;;`,    | /  .| /  .| 彡ミミ.|..|┨凵三|| ┌─┼─┬┴┬─┼─千┴干┴千‐

302:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:03:17 ID:K.E3z.lk
そこら辺はエロゾンビに任せます(チラッ

303:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:03:57 ID:f0sRjdL.
この時間からか!

304:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:05:07 ID:H7/z5toQ
>>303
 唐揚げがきっちり漬かるまで暇だから……

305:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:07:29 ID:pu7xJZfg
>唐揚げが漬かるまで
揚げ始める頃にディップ持って顔ださなきゃ……

306:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:07:57 ID:H7/z5toQ






     分かち合う者の居ない食卓の何と空虚なことか

     出迎える者の居ない家の何と薄ら寒いことか

     この孤独は、到底普通の九歳児に耐えきれるものではない。通常なら壊れるか非行に走っていただろう

     しかし、彼女には非行に走れる健全な体は無く。壊れるほど弱い精神が無かった

     彼女は毅かった。あってはならないほど心が毅くあってしまった


                       /: : / : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ : : : : : 。
                   /: : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : °
                       . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : : : : :
                   . : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : _/| : : : : :|
                      |: : |: : : : : :| : : : :/|: : : : : : : :|_/|∨〉|: :|
                      | : : |: : :_i: :⊥.... : | |人 _」L....」_: : |〉〈 :|: :|
                      | : : |: : : |: : |ヽ: : :|   \|\_| : : |∧〉|: :|
                      | : : |: : : |\| __\|  ,__   | : : |: : : |: :|
                      | : : |: : : |====    ==== | : : |: : : |: :|
                     |: : : : : : |^^    、     ^^ | : : | : : :|: :|
                       : : : : : : |\     _ _     |: : : : : :M/
                      : : :\|: : :〕iト  __   イハ|/| : : :
                      \: : 「\|{^Y⌒Y⌒Y⌒Y^} | : :/
                       \|  _人{   {  }  }人」 :/
                        .   ´       __/   |/ `丶、
                       / ,ノ                   く    \
                     /  |  丿          {   丿     `丶
                 /  , 人  〈           人  〈       {  |
                    ,ノ}  } |   丿         {   丿     \人

307:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:08:59 ID:FKG1kg3U
強いことは良いことな気がするがさて…?

308:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:13:23 ID:H7/z5toQ


      壊れる事も逃げる事もできなかった心は、孤独の鋳型に嵌まっていびつに歪んでいった

      だから、彼女としては大好きなおファンタジカルな存在にタッチしたことよりも

      ともに炬燵にはいって夕飯を共にしてくれる存在が何よりも嬉しかった

      長らく奪われていた物が帰ってきたのだ。その依存ぶりは推して知るべし

      人間は一人では生きていけないのだ



                        . -‐'^ ̄ ̄ ̄¨  _
                      /::::::::...   :::::::::::::::::::`丶、
                   r―'::::::::::::::::::::..... .   :::::::::::::  ..\
                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.....     ....::::::ヽ
                  ./::::/::::::::/:::::/:::::::::::ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                 /:::::/:::::::厶∠..,_///:::::::::::ノ }::::::::::::::::::::::,
                 l::::::i::::i:::::/  /`  /:::::::/ |八:::::::::::::::::::::|
                 !::/::::::::/       /::::/ `メ、|:::::::::::::::::::│
                 l::|::::::i { ≠=ミ  //  /  '|〓/:::::::::::::!
                 l:|::::::iハ ::::::         .._    |::;/V ∠:/;'
                 l从::::::{:      .     ⌒ヾ /> , -/;.'
                〈´こ)V人   、    :::::: /r-<::::::; '
                 ヽ  ̄ ̄\    ̄   _厶- 〉〉从
                , ' `ー -____}\_  .. /    //
               /   f ! ! !人 i i i i i i:{___,. ´ `ミ、
               { }}  f ̄ ̄ ̄}  ̄  ̄ } ! ! ! ! }     i
               ∧{{  }     } ))  ))f ̄ ̄ ̄ヽ  i i
              ::ハ ii  リ     リ((  (( {,      ハ ! i
              ', {{  ノ〉    ノ))   ))「        } l l

309:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:14:11 ID:gFt1NFNk
言われてみるとこの笑顔が辛いね…

310:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:14:19 ID:K.E3z.lk
この依存っぷりは納得
というか初めてやる夫に過剰に依存しない娘なんじゃないか?

311:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:16:46 ID:H7/z5toQ



     しかし、ふと考えてしまうのである。彼女たちも、何時か姿を消してしまうのでは? と

     彼女の愛読者の主人公達は常に孤独であった。病で、事故で、時に自らの手によって
      愛した人や理解者を失い続け、宿命によって永遠の孤独に落ちていった

     だからこそ、孤独に浸った彼女は考える。何時か、また孤独になるのではなかろうか と。

     最も辛い事は、与えられた後に奪われる事だ。暖かさを知らなければ、寒さに震える事も無いのに


: : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
: : /: : : : : : : : / : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
: ,' : : : : : : : : :!: : : :!: : : : : : : : : : : : : : : : : ,: : :,: : : :',
: !: : : : : : : : : i : : : i: : : : : : : : : : : : : i: : : : :',: : ',: : : '
: !: : : : : : : : : i : : : !: : : : : : : :!:!: : : : :i!: : : : :',: : ',、: :.!
: i: : : : : : : : : :!: : : :!: : : : : :!: :!:!: : :i: : !i: : : i: i : : !、Y.!
: :!: : : : : : : : : !: : : :!: : i: : : !: :!:! : : !: :!.!: : :i!: !: : :!':イ'!
: :i: : : : : : : : : i : : : i: : :!: : :i!: :i!i!: : i!: i i: : :!i!!i: :i: i: : i
: :.! : : : : : : /`.!:!: : :!: : !: i: i',: !i:!!: :i !:i .!:.:/i:.!: i:.i!:i: : i
: :.i:i: : : : : : !  i:!: : :!:,: !i: !i:.! ィ彡千気i:./気i:,'!,'i:!: :!:!
: : !:!: : : : : :',、 !!: : :!:',:i:i!:i ',! '、iっ:/  レ i:i: i':i!: i!: :i:!
: : !:!: : : : : : ヽ .!i: : :!: ',',i!i i!   ゞ'     '、: : :i: : :,'!:!
:.!; !i: : : : :i: : !: !i!i: : i: : ',!i!            〉 : i: : ,'.!,'
:.i!: ii:!: : : :i: : !: !i ',: : !: : i         / : : i!: :' .i!
i:!!: !i!!: : : i!: :i:/i! .',: :i!:.!:i.       -‐/ i:!:!:!:,'!:./ !
!i:.,' i ',: :,' !:/i!___',: !i:.!:! ,、   _/:/ i!!:,'!,'i:/
 i,'   !:/| !' !    ':i !:!i ̄!!:!i!.i:i: ,!:/i!   ! i' i'
 i!  i'ィ!.i!      i! !:!! | i! i'iイi/ i!    !
   /  /` ー----i!.i:!i!.、|

312:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:18:38 ID:pu7xJZfg
美味しい白パンの味を知らなければ堅い黒パンに辟易したりしなかったように

313:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:20:10 ID:9NvIdHlY
でも黒パンの方が栄養あんねんで?

314:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:20:33 ID:tYC5egNY
幸福といふ物差しが不幸を規定するのである

315:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:21:44 ID:p7IaQD5U
エルリックは残当なので・・・

316:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:21:51 ID:tc6IwY36
この年代に子供に与えるファンタジーって、ナルニアとか借りぐらしシリーズだと
思ってた

317:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:22:25 ID:yhHmXNhw
絶望とは希望からの落差である

318:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:22:48 ID:H7/z5toQ



    しかし、毅い彼女は弱さを見せない。普段通り明るく、軽い調子のおちゃらけた態度をとり続ける

    一時の砲兵と似た境遇なれど、彼女には救いが無かった。だからこそ産まれた差であろう

    結局は、幻想も彼女を救い出しはしなかったのだから

    それでも彼女は“腹案”とやらを抱き続けながら、平素と変わらず過ごし続ける


         , -‐- 、     、_-―――- 、 ヽヽ
       /::::::::::::::::ヽ、 /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘヽl/ヽ
      /::::::::::::::::::::::::y:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::l::::::::::ヽ
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::l:::lヽヽ:::::ヽ
    /:::::::::::::::::::::/l爪l:::::::::::l::::::/::::::::::l::l::::l:::::::l:ll:::ヽ:ヽ:ヽ:::ヽ
   /:::::::::::::::::/ /:::lヽtミ「Y:/::::::l::::::l::::l::l::::::l::::::l:l l:::l:::ヽ:::ヽヽヽ、     「なぁなぁ、やっぱレバンテインって剣なん?
 . /:::::::::::::::::/ /;;//l:::ヽ:::::/:::/::l::::::l:::l::l:::::/ l::::l:l´l::::l::::l:::::::l ヽlヽ      あれって傷つける枝ってゆーて、伝承が曖昧で……」
  /:::::::::::::::::::| l::::// l::::::::::/:::::l:::::l:::::l::l::l l:/ l::/lイjl::::lヽヽヽ::l `
. /::::::::::::::::::::::| l_/ /l l::ヘ:::::l:::::/l:::::l:::l<ll 近lハ/l/ 、:/::lヘlヽヘl_       い、いえ、あの
/::::::::::::::::::::::::l  /l l/ lヽl::/ld::::l∨ l      /::l::::l)`l ``` 、
::::::::::::::::::::::::::l/::::::l l  l ll/>ヽl::::l:::l u     /l:::l l l.l ヽ    l     主、私がデザインした訳では無いので
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l l  l/ /  l::::ハ:lヽ _  '"/ l:::l l/〈  _  l      突っ込まれましても……
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l l  /\_ヽ::lヘ:┐┐ ̄    l/  ヽ_/::::::\_l
:::::::::::::::::::::::::::::::::/. ヽl /   /\ヽ ヽ只;ヽ―-┐     l:::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::::::/   /;;ヽ、_/;;;;;;;;;;;ヽ / ヽヽヽヽ-/;l    l:/\:::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::/   l;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽ‐ヽ~`l::l;;;;;ヽ、  l/:::::ヽヽ:::::::l
::::::::::::::::::::::::/    l;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ::::ヽヽl::l:::`‐- 、l::::::::::::ヽヽ:/
::::::::::::::::::::::/     ヽ;;;;;;;、;;____/::::::ヽ::::::ヽ::::::::::/::::::::::::::::::〉 l
:::::::::::::::::::/       ヽ/::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゙゛ヽ/:::::::::::::::::/-┘
:::::::::::::::::/        l_:::::::::::::ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::l´::::::::::::::::::::/_

319:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:23:38 ID:FKG1kg3U
>>316
ダレン・シャン&ハリポタ「「おいーす」」

320:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:24:32 ID:K.E3z.lk
た、たまたま地球の神話の剣と同じ名前名だけなんだっけ?w

321:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:29:05 ID:tYC5egNY
濃縮された孤独が呪毒に……世界は滅亡する(確信

322:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:29:16 ID:VYUVq1uQ
でもハイファンタジープラスされてもそれほど強くならないような気がしないでもない

323:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:30:19 ID:ySoUYi/6
油断すると投下がある・・・
廠長のこと笑えないな。

>>307
弱さを見せられないって、人間関係ではものすごく損なことだと思うの。

324:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:30:22 ID:fm4tsaas
>>320
たまたまで言語から神話まで同じという謎設定
まぁ昔どっちかの世界からもう片方に次元漂流者が居たとかで説明できなくもないけど

325:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:30:35 ID:H7/z5toQ



    まぁ、騎士達としては仕え甲斐のある主で良かったとは言える

    暴虐を働かず、無茶も言わねば体も要求しない良い主に恵まれるのなどどれほどぶりのことであっただろうか

    仕える価値のある主の存在に騎士達は歓喜していた

    ただ、たまに自分のあずかり知らぬ所でデザインされた自分たちの設定について突っ込まれるのは
     勘弁してほしいと心の底から思っていたが


  /: , - : : : : |: :{/: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : ∨: : : :.
  /:/ /: : :/: : |: /: : :|: : :| : : : : :|: : : |: : : : :.∨ : : |: : : : : .
 /   /: : :/: /: |/:,: : : : : : : : : : : |: : : |: : : : |: |: : : :|: : : : : |
    ': : :/: /: :/: :|: : :| : : l: : : : : l: | : |: _: | :|: : : :|: : : : : |
   /: : 〃:/: : |: : {--:|、: ∧: : : 斗七:「 : l: ∧:|: : : :|: : : : : '
  .' : //: :': : : {: : |从{ Ⅵ 从: : : | rィてテ雫ミ|: : : :|,- 、:/
  |: / ' : :|: :|: ハ : l下て雫ミ \: |  {:::::::(_ }|: : : :|、 }/
  l/ : : ,:|: :{: :∧: V{ V:::(_   \ Vこソ |: : : :| }'/
  {  {: :| |: :∨|: \}\乂ソ             |: : : :|ノ: ー- 、
    Ⅵ V: Ⅵ: : : :}     '       し  |: : : ム: : : : : : :.
     \ \:}∨: :人       _,.::―ァ  ィ/: : :∧:\: : : : : }    「ヴィータの鋼鉄伯爵も格好ええなぁ」
         \V: : : {>   _ `ー ´ イ ,: : : :/ : \: : : : : ノ
            ∨: ∧  「: : :_`:「∧  /: : イ|⌒\: : : : く     な、なぁはやて。日本語にすっと何か
              \: :}/⌒7´::::::/::∧ ///::::::::::::/\: : }      響きがさ……な?
            /´\  /::::::::,:/ }',.イ::::::::::::::/   〉:ノ
           ,   /   {::::::::/ ヽ /:::::::::::::::/   _イ: :{     「えー? 何か、こう洋物ファンタジーの
            /  ∧   ∨::{ /:::::::::_,. <  /  V:ノ      微妙な日本語訳っぽくてようない?」
              /  ` < ミr-==≦_> ´//    /'
        /  ,    /〉 / / r ;    〃     ,イ|       いや、えーとな……?
         .'  /:     // {  { // r---,:'      / ,
      __,/   '    // / / l l /⌒≧    / /
  ,. : ‐' : /   人_  l { { /  lJ「⌒ヽー'     ,: /
r<: : :_/   /    `¨ <   「 ̄≧'     ∧/〉

326:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:31:33 ID:p7IaQD5U
>>316
日本人の小学生にナルニア渡してもキリスト教的寓話が多すぎて意味不な部分が多すぎるんや

327:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:31:36 ID:KrqfwDjM
翻訳調のネーミングぐう好き

328:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:31:39 ID:ySoUYi/6
>>322
環境を整えるとか、戦略とか謀略とか・・・

329:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:32:12 ID:ma4/rUsM
こじらせてるなーw

330:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:32:42 ID:p7IaQD5U
はやては貫き丸・馳男派か

331:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:32:51 ID:fm4tsaas
ファンタジーじゃないけど小さい頃は夢水清志郎シリーズが大好きだったな

332:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:32:57 ID:pu7xJZfg
小学生のセンスじゃねぇよww>微妙な日本語訳っぽく

333:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:33:14 ID:K.E3z.lk
> ば体も要求しない良い主
ザッフィー…

ネーミングセンズwwww

334:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:35:06 ID:Yb6waHUE
>>333
中世だと男色も普通にあったから…(震え声)

335:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:35:57 ID:H7/z5toQ



    それでも、やはりファンタジーオタ兼乱読家の彼女としては、感じ入るところがどうしてもあるらしい

    特に湖の騎士とか聞いた時は背中が跳ね上がっていた。アロンダイトっぽい何かを振りかざしながら、
     主はやては人の心が分からないとか言われたらどうしよう という話である

    流石にエルリックサーガが好きとは言え、彼女にNTR趣味などあろう筈も無い

    本当に自分がどうしようもない所で主からネタにされるのだから、披造物である守護騎士達は良いとばっちりだ


    ∨ /                                ∨ /
.     У :/                 |   l           ∨
     /    l    |   |        |   l l    /     |
      /   l    |   |  ノ     ト _l |  /    } |
   i ハ | |  斗  厂人八     :|八 l 厂 ̄     / |    「……湖の騎士か」
   l/ |       |  ,ィ斥芋ミ     ィ笊芋ミヾ.     / /|
     |  |      〈{ {ィ::::h}  \  | {rイ:::::} k〉    /   |     えっと、はやてちゃん……?
       、 ト      い  辷::ッ   \| 辷:::ソ ム_彡 /  |
      X  \ \ ヽ       、        , h 人.   八   「あ、うん、わかってるんやけどね? なんかね?
     /  ヽ.  \ ハ                 ム}}    ヽ  ヽ    えーと、こう……なぁ?」
.    /         > ぃ、    ――    イ  {{    }  | |
     ′    /  / __ }{__:_._         イ !. 「|    !  ! !    いや、同意を求められても
.   {     /  /r勹:U. r==l>=―‐=<‐┼=ミ. U    |  | |
.   l     /  イ ] ̄ ̄ ̄l  |::::::|    |:::::|  厂 ̄ ̄ }: l _リ_
  -―…<    !. l      l  |::::::|    |:::::|  |     |: /     ¨¨
/        `ヽ l !     :L__|::::::|    |:::::|  |     K

336:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:37:17 ID:nwkfogQY
ラ??ロット「湖の騎士?……いいネーミングじゃないか!」

337:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:37:21 ID:pu7xJZfg
主はやては(常識的な)人の心がわからない……

338:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:37:21 ID:VYUVq1uQ
グィネヴィアいないから(震え声)

339:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:37:31 ID:K.E3z.lk
一番影の薄い人の印象が一番強いのかよw

340:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:39:15 ID:swWo2/oU
とりあえず、この騎士達にともかんれんしょせ読ませて汚染しよーぜー。

341:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:39:37 ID:swWo2/oU
>>340
ちゃう、関連書籍を読ませて、や。

342:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:40:49 ID:ySoUYi/6
>>340
そこで銀河英雄伝説をですね・・・

343:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:41:27 ID:H7/z5toQ


     尚、一番心躍ったのは盾の騎士の存在らしい

     ライカンスロープや! ヴェアウルフや!! と大喜びだったとか

     凄く喜ばれてしまったこともあり、実は守護獣で人間フォルムは戦闘時の利便性の問題であり、別に
      そういった類いの生命体ではないと未だに言い出せずにいるとか



       ,  /  l/l/ /: ://! /: : :/,. :-=' /-'"´ ̄`
       |i ! /: :l /: :〃: '/: :/"´: , -´ ,  -'"´ ̄-、
       lゝ、 /: : 〃: :::l//: :/: : : /∠_____        ヽ
   l` ヽ 、! ヽ:l: : :/: :::::/: : :/: : : / -'"´: : : /, -', -、-―''"´
   l  :.  ` ヽ: : :l: :.::/: : : : /: : : : : , - ''"´ ̄  /:j  =、`
    ', .: : : : : : :、: : : :;': : : : /: : : /: : : : : : . : :/::/
    ', . : : : : : : ',: : :l: : : :/: : /: : : : : : .:::::::::/::/__
     ',: : : : : : : : : : : : : : : : ': : : : : : : .:::::::/::::::/ -、`-     「あああああ、もふもふもふもふ……
     ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:::::::/-::、_/: : : :ヽ、      ああああああ……あああああ……」
      },: : : : : : .::::: . : : : : : : : : :.::::::::/ `ヽ、: : : :_: : :ヽ
       l: : : /j .:: . : : : : : : : : : .::::::::<_   ヽ-`: : ゝ
      _j: : :,|_j.: : : : : : : , -=-_.::::::::::::ヽ` , `j: :l: jヾ     (主が幸せそうなので、これでいいか……)
       ゞ、: : : : : : :<´:, - ‐ " :::::,:::,::::l , j リ: : :l '
        ゙}: : : : //!ニ}フ: : : : : :::l ::l:リ/ '::::::|:/
         l: : : : : : :  ̄: : : : : : :リヽj,リ: : :/: l
         l: : : : : : : : : : : : .::::_-:ゝ´: /: :/l:./ l l
         l: : : : : : : : : : :.:::/!l: : : :/:/  '   | /!
        ,': : : : : : : : : :/゙/l j l ヽ: /    l  l
        ,: : : : : : : : : :/:/ l/リ、 `   /,リ  /
       ',-‐-、: : : : //    ヽ   /
       ゝ-_ '_ 、__'リ/
          ^'´`ー'

344:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:42:24 ID:ySoUYi/6
ざっふぃーは癒し。はっきりわかんだね

345:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:42:28 ID:K.E3z.lk
子供にモフモフはアカンw
しかも絶対怒らない噛み付かないとくりゃなw

346:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:43:41 ID:XkowsMxs
ヴィータにGGGを…は鉄板だからシャマルさんにゴールドライタンを見せよう(提案

347:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:43:43 ID:gFt1NFNk
>>344
因みに湖の騎士の中の人がツイッターでわんこを連呼したため、
舞台挨拶でも「わんこ」コールがあがったそうなw

348:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:46:04 ID:H7/z5toQ


    さて、守護騎士達は戦闘魔術師として作り出された疑似生命体であるのだが……

    その装束は主のセンスで呼び出されるごとに作り替えられるんだとか

    無論、アーキテクトタイプは存在するが、主の意思によって幾らかカスタマイズされてしまう訳だ

    そんな訳で、彼女らの甲冑からは徐々にリリカルっぽい成分が失われつつある

    具体的に言うと、ごつくなりつつあるのだ。このままほっといたらフルハベルにでもなるのではと危惧するほどに

                   _____
                     /, -―― ヽ, ----- 、
                  /:/      /リ: : : :__:_: ::\
                   {/    /::::::::::/::::::ヽヽ: :ヽ
          , '´ ̄`ヽ'┴- '  ̄ ̄ ̄ ̄`:ヽ、::::::.:.:.ヽ:ヽ
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ヽ: : : ハ
       / .:.:,ィ': : : : : : : : : : ,-、: : : : : : : : : : : : ::ヽ : : : ハ
.       / :/,': : : : : : : : : : .:/: : : : : : : : : : ´:ヽ: : : :ハ: : : :ハ
      /.:/ / :  /.: :/: : :.,: : |: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :ハ\ :ハ     ←最近主に色々言われすぎて、自分の愛剣が
     l.:/ /  :/ :/  / / .!  .:i  .i 、  i   ハ: : :ハ`)、:|       本当に剣なのか自信無くなってきた人
      |/ ! . :/ :/  .:/: :l : |: : : :.|: : :| :.l: : :.l : :i : :i :._r'Yヽ\
      |  |: : /  :l  : :.| : ハ :ハ! : : |: : :| : ト、: :|: :.| : :|r'イノ: : ::〉〉
     !  | .:.l:   | i ._||__|_!_| ヽ : :|、 : ト、_|__VL_|_: :| :ノ:ハ : //!
       |:.:ハ  .:! .:|',_|,!z!zセミ^ヽ.!yイ_V__ハl:. |:.:. !_,イ|トV/.:.|
.        |:.! | .:ハ .|.ハ{ マf;;jヒド ヽ!ヽ!マf;;;jrリ゙》l:.: |イ:| !`´i.::.|
         l:| | .:.:.ハ:!ゞヽ込ジ   ヾ!  、込ジ, イ!.:. レトLK.::i:.:.|
         , リ´ V.:.ハ.:!.:.:ト、xxx    \ xxxx, /リ::/》'   `\_|__
     , イヘ.   V| V.::!ヽ !j     i       /: :|/》'     //\
      ト、ヾ ヘ   ゙:!  V:!《. \  ‐ -、   ./|: :/》'       .//7 /!
.       | ヽヾ ヘ.  \ Vl.《 ヽ.ヽ.    . イ//:/》'     //7./ |
.     |  ヽヾ.ヘ   ヽ! 《  ` `二_´ .//》'     , ' /7./   !
      ノ、  \\\   \《_ /,≡≡、\/'》'    ///  .ノ!
.     { V.   \\\   《彡'  ̄ ̄ヾミ,》'    ///     |

349:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:47:28 ID:K.E3z.lk
鎧の色が地味になりそうだなw

350:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:48:00 ID:KrqfwDjM
元から弓に変形する時点でアレな気もする

351:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:48:25 ID:Nvg9zPEI
黄色いツインテールの戦士「ごつい装甲が邪魔なら全て脱ぎ捨てて、ありのままの自分を見てもらえばいいのですわ!」

352:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:48:26 ID:Ra3mlU.s
ttp://image01.seesaawiki.jp/p/2/project_dark2/cd5971cee672c419.png
こう?

353:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:49:33 ID:kV.xhqcU
鋼鉄伯爵って響きが
鋼鉄参謀というかマシーン大元帥的で、特撮魂を刺激されるな

354:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:50:13 ID:arZwvAGU
鋼鉄ジーク的なアトモスフィア
>>352
こんなゴツイヴィータは嫌だなぁ……嫌だなぁ!!

355:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:50:22 ID:HzCXH9xk
鎧と武器からファンタジー色が消えてガチ中世騎士っぽくなってるのか…

よし、全員バケツヘルムにチェインメイルとサーコート(陣羽織)の十字軍仕様にしようぜ(提案)

356:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:50:42 ID:akAyMZ6o
バケツは!?バケツヘルムにはなってないの!?

357:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:51:06 ID:H7/z5toQ



     闇の書本体が未覚醒で機能が落ちているにも関わらず、個別に動いているプログラムだからと
      外装を上書きされているのは如何なることか

     それでもシステムによって動作が最適化され、新しい武装に困惑したりしないのだから恐ろしい

     しかし、主の趣味によってどんどんと防具が作り替えられていけば、役割の先鋭化が激しくなる

     鉄槌の騎士で鋼鉄伯爵をブン回すんだから、重装甲で突進力があるのが普通やろ! とは主本人の弁

                      , - ー― - ..,
              ___  ,. :' : : : : : : : : : : : : : : : : >、
           , 彳 ̄ ̄ ニヾ、: : : : : : : : : : : ,: -ー.、: : : : : ヽ、
           /     /: : : : :`ヽ: : : : : : :イ: : : : : : : ',: : : : : : ∨
        /    / ̄/: : : : :,: : : : : : : : : : : : ヘ : : : : : ',: ',: : : : :',
          /  /:/: ,': : : : :/: : : : : : : : : : : : : : ',: : : : : :',: ',: : : : :i
       .,′ ./:/イ: : :,': : : : /.: : : : : : : : : : : : : : : :',: : : : : :',: ',: , : : !
       i!  /:/: : : : i: : : : ,': : : : : : : :! : : :、: 、、ヽ: ',: : : : : :',: !:i : : ′    ……元から早くはねーけどさ
         i'/: : : /: !: : : :i: : i: : i: :!: :',: : : i',: :i: ヽヽ:!: : : : : :! i i : ,′
         i: : : /: :i: : : : !: : !: ハ: i、: :i : : i i: :ハ;! ',!、!: : : : : iヽ:! /      こう、機動力がどんどんと……
         ',: : ハ: /:!: : : :i: : i、i-ヾ!‐':!'、:`Tリ=リ=リ',:ト: : : : i. i: /
          ',: :! !:i!: ',: : : :ヾ:i'、、===ヽヽ:i ''示示`ア: : : : !イ!: :>、
          ヾ! ',:!!:.ハ : : : : : i'、弋zリ  ヾ  ゞ.ツ i: : : : : i:_:_!:_: : :!_
             i!ヾ! ',: : : : : !∧   、      i: : : : :,': : : : : : :!:≧、
              ヽ ',: : : : :i. ヽ、   t っ    ./: : : :.,'ーt----':ヽ: :i:.、
                    ',: : : !:i. ,イ : ≧ . . _ イ !:! : : ,',∨ ヽ: : : : : `: !: ヽ
                    '、.: :.iリ: !: :γ: : : ,′ i!  リ.: :./  > -、T ̄: ヽ: : :!
                  ヾヽ: !: : :, -‐フ'   ,': :イ  /     `ヽ、: : :/ヽ
                     ヾ、/  /     /イ   /        ヽイ: : :〉

358:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:51:45 ID:ma4/rUsM
全部ベルセルク仕様に……

359:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:51:45 ID:Ra3mlU.s
>>355
うーん…
ttp://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kumu/20120305/20120305220427.jpg

360:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:52:11 ID:K.E3z.lk
ドワーフポジだからねしかたないね

361:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:52:38 ID:ySoUYi/6
>>347
あの人仕事量すくないようで影響力大きすぎだろw

362:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:53:53 ID:ySoUYi/6
なのはに遠距離からフルボッコにされるフラグが立ちまくりじゃねーかww

363:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:54:59 ID:ma4/rUsM
なのは「固いだけの的なの・・・でも練習にはちょうどいいかも(ボソ」

364:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:55:05 ID:yhHmXNhw
まぁスルトやフレイの剣と同一視されただけで
Lava(laの複数形)-teinnで裏切り・害の枝・杖だからね

魔杖剣・弓で納得しよう(され竜感

365:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:56:29 ID:PvrOLXJ6
>>359
……これはこれで
しかも中から出てくるのが少女というギャップ付き

366:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 16:57:07 ID:H7/z5toQ



    騎士なんだから突撃と頑強さ重点やな、とばかりに蒐集に出かける度に装甲が分厚くなる日々

    しかも、狼に騎乗ってのもええなぁ、というのまにやらザフィーラには鞍まで乗り始めた

    これで誰かの機動力を稼げとでも言うのか、と守護獣はため息を吐く

    ただ……魔法で編んだ強固な甲冑だ。遠距離攻撃を主眼に置いたミッド式のバリアジャケットとは比べものに
     ならないほどの頑強さを誇る。それこそ、元のひらっひらした服ですら堅かったのだから、堅さを追求
      し始めたらえげつない事になるのは自明の理であった


     /: : : :r、: : : : : : : : : /ヽ´/{: : : : : : : : : ヽ: : :‘,
    / / / ヽ ヽ : : : : / ̄ r〃 ̄ !: : : : : : : : : : ヽ: : :
   // : i: : : : : :i / ̄/‐//: : ://!: : : : : : : : : : : ',: : : ',
   / ! / |: : : : : : |/`: :ヽヽ: : : // /',: : : : : : : : : : : :',: : :',
    | i: : !: : : : : : !: : : : :\ヽ/ /: : ',: : : : : : : : : : : :i: : :i       あの、主、何かまた見慣れない装具がですね……
    |:|: : |: :|: :|: |ヽヽ、: : : : : : :| |: : : ',: : : : : : : : : : : :|: : |
    ||!: : !: |ヽ ! !| |} }: : : : : : | |: : : : ∨ : : : : : : : : : |: : |       「ああ、騎士ゆーたらやっぱりサーコートやろ!」
    | ヽ |ヽ| ',ヽ| リ |/ ヽ: : : : | |: : : : : :|ヽ: : : : : : : : : |: : |
       ',l ヽ| ! | |: |   \: : | | : : : : /| |ヽ: : : : : : : : :|: : |      はぁ……
       ヽ ヽヽ. | |     ヽ7/ヽ./  ` ',: : : : : : : : :|: : |
           | |、 、       |    i: : : : : : : : :|: : |      「うんうん、騎士やから帷子や小札鎧着てからの
           リ ヽ- }  , 二二二、    |: : : : : : : : |: : |       板金鎧で安定やな。格好ええでー!」
              ∠:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ    |: : : : : : : : |: : |
             /- ―/ ̄ ̄ ̄ ̄\   |: : : : : : : : |: : |
          ,、r´ >・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ |: : : : : : : :|: : |
        ,、r .>・:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|: : : : : : : |: : |
       / ̄ ̄ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : |: : |
      i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : |: : |
      |::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | : : : : : : | : :|

367:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:58:28 ID:K.E3z.lk
でもあいつら相手には焼け石に水なんだよなぁ…

368:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:58:31 ID:huQWkIdM
>>360
罠にハマって踏み潰す!!

369:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 16:59:59 ID:Yb6waHUE
なんという着せ替え人形…

370:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:00:20 ID:vr5DVMCc
自分の考えた装備品が実用的な性能でもって3次元で再現されるなんて夢みたいだなw

371:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:00:55 ID:PvrOLXJ6
守護騎士なんだから盾になれるよう硬いのは間違っていない(強弁)

372:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:01:15 ID:h8l0rUi6
鋼鉄のギュスターヴ13世なら魔法を無効化していくスタイルになるのではないか……(震え声)

373:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:01:29 ID:pu7xJZfg
オモチャコーナーであれこれ聞かれるよりはマシじゃね?
「こんなのを……着せられるのか!?」みたく戦慄せんだけw

374:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:01:30 ID:gFt1NFNk
>>367
なのはさんの砲撃を初めて耐えた騎士になるかもしれんぞw

「質量砲で破壊できないバリアジャケットは卑怯ですね」
「続いて陽電子砲を撃ちこんでくる方がもっと卑怯だ!」

375:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:02:16 ID:K.E3z.lk
>>374 ヤメテ!

376:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 17:02:43 ID:H7/z5toQ



     コンセプトは超速度で突っ込んで、小技は全て装甲で弾き一撃で叩きつぶして決着、らしい

     まぁ、ランスチャージに失敗したら鈍重故に槍の餌食であった重装騎兵らしいと言えばらしいが……

     ベルカ騎士ってそういうのじゃないんだよ、と守護騎士達はご機嫌な主に水を差す事も出来ず……

     自らが兵器として先鋭化していくのを座視するしかできなかった

     しかも、魔法生物からの蒐集効率は確かに上がったのだから騎士達としては大変文句が言いづらくもあった


                       __
                     /´ ̄ ヽ
                 _/_     }
                _, -<: : :{: >-、- く
            ,:':/: /: : : : : : : :ヽ: V:、`:.、
           .' :|: :|: /: ,: : |: |: :| Ⅵ: ヽ`\
            {: :|: :|/-/、|: |: -、|: :|:|:V:}
           ': :|: :|!rr┬∨r┬|: :ハ:l:|リ       まぁいいじゃねーかシグナム。直進性能は死ぬほど上がったぜ?
           Y |: :| し   し' |イ: | リ
             `'|: :|、  r v   ム: !         「目が死んでいるぞヴィータ」
            _」:从:≧r--r≦/: :∧_
            「: r-く::{:ノ_  乂}::/ヽ: ': : :Y      ははは……今の私は正に全身是破城槌也ってな……
          rく乂{__ \:\ /: /イヽ_: :人__
          ,」: : /  |`<>くイ  V  \ : : : : : .
        「: :´,  ,イr---|| | l||「_二}\   、: : : }
       「: :イ '  / { T´||| | l||L_」  `,   〉-r':⌒Y
     _,.ノ、_:人   ∨ 〉ー {} | l{}  |  /  /  乂_:彡-、
    /イ:〈   \  V- 、 | |  _,∧ '  /     }:イ : }
      {从: {     ヽ 〉__ノ  | | {  V  /     / 从/

377:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:03:00 ID:tYC5egNY
コンピューターゲーム見せたらDQでもFFでもなくダクソとかTESが好みなんだろうなぁ

378:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:03:48 ID:kIfEMOTw
これ防具展開時どんなバンクになるんだ
聖闘士星矢みたいに飛んで来るのか

379:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:04:01 ID:gFt1NFNk
>>377
FFでもタクティクスのガフガリオンとかは好みそうだぞw

380:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:04:04 ID:p7IaQD5U
これで縮退砲を受け止めるのか
ゲボ子生きろ・・・

381:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:04:21 ID:Qh4eBqXE
逆に騎士がランスチャージしないのは間違ってるやろ(名推理)

382:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:04:28 ID:K.E3z.lk
魔法少女変身バンクで現れる重甲冑… それはそれで!

383:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:05:26 ID:kIfEMOTw
>>381
ちょっと見たいなそれはw

384:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:06:41 ID:QwFVoOhk
なのは達に敗れたとしても直ぐに弱点を強化した鎧になるんだろうなw

385:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:07:45 ID:d0TLq4rg
>>384
いや、もっと硬くなるかもしれんw

386:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 17:08:24 ID:H7/z5toQ


     守護騎士が何か色んな方向にパワーアップさせられているのと時を同じくして、かの砲兵と
      ジェダイオーダーはとある仕事に従事していた

     闇の書の活動らしき痕跡と同時に、魔法生物の密猟が活発になっているので調査に駆り出されたのだ

     事実、一人宇宙艦隊とジェダイは幾人かの密猟者を武威で以て拿捕している

     彼らは毎夜毎夜至近弾で体が錐もみに吹っ飛ぶ悪夢を見る嵌めになるのだが、折り悪く、その世界に
      蒐集のために騎士達が姿を現す


                    ーr .、              ,.ィ
                     V \  ,.zx.、.   ,. < /
                     _ z ー ヘ/.:.|:.:.ヘト、/   /
               ,. z.:.:¨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ 人__人 _≦z_ァ
.              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:._.:z.一'’ト.'`Y´`Y´jリヘ:.:.:.ヘ,         ,.z、
           /:.:.:.:.:.:.:.,.z' "´    ..:: .`ヘ.| _.」イ__ .!:.:.:.:.:リ     .,<>"
             /:.:.:.:,.z.'"::   .:   ..::   {ニラヤ≦}´ 、j:.:.:.:.:/  ,<>"
             イ从イ   :::: .:   ..:::    イノ /、ヘ   ヘ'イ<>"
          ヤ/l′  :::::::. ..:::::     .,.イ ./ l  V  ̄.ヤ "
           ヤ ゝ  .::::::::::        Y ./  ヾ とz__ノイ^=ー.、
            |    .::::::        ,.ィl_,/   . .:  γ///////∧
                  ,ィz     ,<> "./  . .:     .//////////リ
            l.  ,.イグ,<>" ...::::::/:::::.....::::...... //////////.ソ
   _  __ 人 __=ォ:::::::::::::::::::::/:::::_::::....   イ////////_,.イ
        > `Y´>ー一"       .〈 z⌒l>ーイ::l::::、......./Y´
.     ,.イ///>"           ヾ/__j 」_///レ⌒ヾ_ン
    //>"´ .|              __ V;;;;;;;;;lー‐{;;/⌒ヾ        _
.     ̄                    l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j   .メー<⌒ヽ    n 「!」lイ!ィ
            |             ,.ィーラ¨ ̄ ̄`ーイ"///////ヘ   .ゝ///,ン
            |         ////////////Y///////////ヘ  ///7´
                  \七j//////////イ////////// _.//ゞ'///7
       _ ___   ー=七/////////////>─<////nJ ヽ/////7
     ,.イx///7ーz、  _////////////___Y       ヽ//ゝ  〈//////>zx

387:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:08:26 ID:hfA8Snzw
それはまさに鉄塊だったになりそうだ

388:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:08:33 ID:gFt1NFNk
>>384
そしてイゼルローンとジェダイオーダーも相手の重装甲、突進力に驚愕し、
嬉々としてその対策にとりかかるんだな?

「そんなに私達の力が見たいの…攻撃してきたあなた達が悪いんだよ?(マジキチスマイル」

389:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:08:38 ID:h8l0rUi6
そのうち反射するんじゃないか(混乱)

390:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:09:23 ID:9bbmSHyc
最終形態はアーマーバロンか

391:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:09:35 ID:K.E3z.lk
密猟団トラウマになってんだろうなぁw

392:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:09:52 ID:yhHmXNhw
傾斜装甲盾構えてつっこもうぜ!ロケットダイヴァー!

393:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:10:34 ID:ujaDrX/A
さすがに当ててミンチにはしないかw

394:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:11:44 ID:gFt1NFNk
>>392
機動隊・海保立検隊「アラララーイ!!!」

395:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:11:59 ID:ySoUYi/6
この時間から酒いれてるのに、「一人宇宙艦隊とジェダイ」にナチュラルに脳内ルビが入った・・・もうだめだ・・・

396:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:12:16 ID:kV.xhqcU
>>390
???「弱者は所詮は踏みにじられる運命だ!!」

397:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 17:15:12 ID:H7/z5toQ



      最初、彼女たちはただの密猟者だと思っていた。だが、余りに魔道反応が大きい

      強力な魔道士らしく、制圧には相応の手間がかかると踏んだのだ

      だからこそ、砲兵は自らの火力を全力で発揮せんと小高い丘に陣取った

      そして、一人ジェダイオーダーは高く飛び上がり観測に努める……誤射を避ける為であった

                                 }、
             \‐-  、                   \ .、
              \    \                } \
                ー、   、         __     }   .
                 \      ,....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、/   ′
            _  ‐- _ \ }/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ /_  ‐- _
        ,.....:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽfiリ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Vf:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...、
     _/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-‐   ―う,'.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‐-:..、:.:.:.:.:..:.:.:.:.::.\
   `ヽ:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:/     //}.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、⌒\:.:.:.:.:.:.
       ̄/.:.:/{.:{      / / |.:.:.://:.:/:.:.ハ:.:.:.:/|.:.:..:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   }:.:.:.::.::.}
        {.:/   `\   / /  l.:.:'/.:.:.:/|.:./‐}:.:./ノイ|:il:|:.:.}.:.:.ハ:.:.:.:}、.:.:.}  i:.:.::.:.:/    ……魔道反応? 大きい
        {'         //     、/:.:. 斗〒ト、iイ  斗{ハ:|:./:.:/.:.|.:.:/ }.:./  /.:.:.:.:.:′
                 /′     /イ :.:.}`┴‐'    `┴レ'::./::.:.i:./ ノ'′ /:.:.:./      距離……28000か
                          | .:.:.}、     ,   ノイ:}.:.iノ'′   /:: /
                     __儿.:.| >、   - -   イレ|:/  ‐- ノ/          地上砲撃で当たるかな?
                       /   ヽ|イ/}≧=--=≦\=ノイ     \
                  ,     / | i   }` ̄丁 ̄/  } } {        ーr、
                ノ     { | i   、  {i} /   // {      ト、 //}
               {r‐:、     { \>‐ァム===/ r‐‐'  i         ヾ〉{ } i
               レ'\\__/     〈   V /  〉   〉 _ -‐― ‐'ノ i
                 \    ̄/    r=\__V___/=ァ  {// ̄ ̄ ̄  /}
                  r、  〈:i:、    ̄/i:〉乂〈:i:} ̄    ̄ヽ_ _ -=イ 、  ト、
                 } ー‐ 、:i\_/i:∧{ii}∧:i:、     /i:/77\    \}‐‐{\

398:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:16:06 ID:ySoUYi/6
ちょww
騎士たち、いまのとこ悪くねーww

399:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:16:10 ID:9bbmSHyc
砲兵は戦場の神である

400:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:16:32 ID:ujaDrX/A
誤射怖いもんね…

401:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:17:04 ID:hfA8Snzw
ファンタジーロマン勢との遭遇戦開始w

402:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:17:48 ID:YaAXsCKo
>>398
一応蒐集っていう密漁はしてるから悪いといえば悪い
相手も悪いがw

403:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:17:49 ID:gFt1NFNk
28km…155mm加農砲ロングトムと同じ射程だよw

404:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:18:13 ID:MwvFzuYU
>>398
一応、やっちゃいけないところで狩りしてるから密猟者ではあるんじゃね?

405:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 17:20:53 ID:H7/z5toQ



     流石に軍事司法権立法権諸々握っている組織でも、問答無用のサーチ&デストロイは拙いらしい

     だから、彼女としては密猟者の拿捕においては移動車両やら艦船の破壊に努めており、後は
      逃げ出さないようにする為の制圧砲撃が主な任務であった

     今回も直撃はさせず、精々至近弾にとどめるつもりでいた。魔道士ならバリアジャケットがあるので
      多少の破片程度ならば余裕で耐えうるからこそできる、行きすぎた“警告”であった


  \       /i:i:ii:i:i:i:i:i:i:/                     __ _   ` r‐―-、
    \       /i:i:ii:i:i:i:i:i/                  l´   |i:i:,.    |l   | /\       ズガァン!
      \   /i:i:ii:i:i:i:/                       | _|i:i:i| r,  |l  /    \
<.      \/i:i:ii:i:i/                       \  \i|> _`/       \
  ` <    |i:ii:/                         ヽ ̄ ̄   /           \      アンカー展開
      ` <|/                              l, |il  /                 \
        _                            / |il /                /    光学測距装置展開
___ //_/                         /..__/                 /
    マム  ______                       r' ´   /                   / l]   /
    マム  l       li:i:|                /       /               /   /
     マム l     li:i:l ___            /     /                    /、  /
      マム     li:i:l |    `l          /     /               / | /
______マム.     li:i:| l      |            l:     /               /ヽ/   > ´
       |      li:il  |,‐-'∨vl         \   /               / /´> ´
/\    |      |i:l  |i:i:i:i:i:i:i:|           \./> 、           / /_/
    \   |     li:l  li:i:i:i:i:i:i:l              /i:i:i:i:i:i> 、         /  ∨
     \ l     |:|   ` ̄ ̄´ /7l             `7¨ヽi:i:i:i:i:\.     /     ∨
      , へ     |:|          |i:|/                \i:i:i:i:i\ / r ´ ̄l\/∨
    ィi:i:i:/      l:|                           :|\i:i:/   |    li:i∧ノ ∨

406:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:21:05 ID:hfA8Snzw
密猟事件が起きている保護区に不法侵入したら密猟は無実でも逮捕されるのは当然だと思う

407:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:21:49 ID:VYUVq1uQ
エスコン4でこんな大砲あったよな…

408:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:22:14 ID:XkowsMxs
逮捕はしゃーなくとも要塞の砲撃受けるいわれは無いよぉ!?

409:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:22:36 ID:YaAXsCKo
>>多少の破片程度ならば余裕で耐えうるからこそできる
スイマセン、それ現実的にはクレイモアっていう質量兵器なんですけど

410:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:23:14 ID:x.jPsWYw
アンカー展開の音じゃなくね……

411:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:24:37 ID:hfA8Snzw
こんな事する管理局に逆らう犯罪者は肝が座っているな……

412:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:24:44 ID:gFt1NFNk
>>409
申し訳ないが大口径弾の破片はそんな生易しいもんじゃない…
なまじな装甲車を穴だらけにする程度の破壊力はあるんよ。
ましてこのなのはさんの砲撃の「破片」ならMBTの上面も缶切りだw

413:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:25:31 ID:ySoUYi/6
>>402,404
あ、そうか
・・・いや、まだ狩りしてないから!!!

414:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:26:20 ID:Ra3mlU.s
BGMはこの辺かなあ…w
ttps://www.youtube.com/watch?v=16tXo_sLKuI

バラン星の戦いは屈指の名シーンだと思います(小並感

415:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 17:27:16 ID:H7/z5toQ



     戦艦の主砲か何か? というような魔道レールガンをぶっこむのだから、明らかにやり過ぎと
      言えよう。密漁は確かに罪だが、かすむような遠距離から砲弾叩き込まれて兵士でも無いのに
       シェルショック煩うほどの罪とは言えない

     が、彼女からすれば敬愛するハインラインの言葉で解決される

     人間は、支払った分だけしか受け取ってはならないのだ

     彼らは支払い以上に利率を受けようとしている……だからこそ、これは


          `¨´   > ム  ` >  r'f´ヽ、X ./\__f≧―X ⌒ヽ、
                /"  `> 、 ! l    ,≧ヽ∠ ノ ヽ   _     `ヽ、
                  /        >≧=弋 _f ≧ーヾ、f ⌒ヾ 、 、 、> .
                /           ≧x_ `ヽ三ノ {::::::::::::}ー -<  .  ,x≧x . _
               / /!          、     >、 ヽ / 乂弋;;;;;;ノムャヒ`>>≦≧三三>x . _
             /  ./::|           lヽ     ヾ∠<ノ ヽ弋≦´ `> 、   >=ニ三三三三≧x . _
            /   /:::::!          l:::ヽ     \/> ー‐   ≦三三≧x ._      >=ニ三三≧x ._
          /    ./::::: l        .l::::::ヽ     ヾ__> 了 > x _ノ    >=ニ≧x . _
        ム___/:::::::::l          .l::::::: ヽ     _爻__|  ヽ、           ̄ ̄
        /     /:::::::::::l     ∩   _.l:::::::::::ヽ一  ̄       .ゞ´
      /    /::::::::::::::ト―‐ 、∪ √  l:::::::::::::ヽ           厂
       Lァ、 _∧::::::::::::::l    `v´    l:::::::::::::::ゝ      ノ     磁界展開……仮想砲身精製……
       Lノ ヽ´⌒ヽ 人            l  ̄∧_/\__/ヽハノ
       _/ ` 7    `ト、 ,、 ,、  ,、 ,、 .ハノ ヽ_ゝ、          圧縮飛翔体装填
.     , f´ノ`ヽr‐{         V ヽノ ∨ v    }-xt{ ヽ
  r ´  ´   x≦l                  ヽ ヾヽ{_          観測砲げ……こほん、威嚇砲撃用意
  ゝ== ´ ` ´                   }--f丈ヽ
                              ヽ .弋ノ ヘ  
                              \     〉
                                ゝ- イ

416:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:27:55 ID:ujaDrX/A
>>413
密猟者はみんなそう言うんだ!

417:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:28:27 ID:ySoUYi/6
おまえ威嚇するきねーだろwww

418:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:28:47 ID:9bbmSHyc
<エネルギーライン、全段直結>
<ランディングギア、アイゼン、ロック>
<チャンバー内、正常加圧中>
<ライフリング回転開始>

419:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:29:08 ID:VYUVq1uQ
「そんなに…僕たちの…力が見たいのか…!」

420:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/12/30(火) 17:29:46 ID:ujaDrX/A
もうちょっと手を抜いてもいいのよ…?

421:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/12/30(火) 17:31:28 ID:H7/z5toQ



       彼らが支払うべき残りの料金を徴収しているに過ぎない

       砲兵は、そう解釈していた




            ..: ; ; ;.:.. .. .: .:; ∩ ;: .:, ;'"`:..,'"   ____                      _ -‐=ニ  ̄-‐=ニニ=-‐   ̄
              .; (\ ;.:. ., ,:, | | ;:..,' ;':/〉 ,, -‐…¬==ミト .    /)    _  -‐=ニニ ニ=-‐   ̄
`>、       ____\\rヘ ∪ ;.:/ .:〈//           `ヽ \ / (-‐(\ニ=-‐   ̄
:. :.⌒>、 .:: ´:>‐…‐-守ト、'"''"~"'ヾ,,'// .:;'  ;:. :.       __`寸ヽ、 -‐=ミY__  /〉
`'≪:.. .:えV⌒ヽ;:. .::;:;'"''゙`寸ム    んへ  /) ;:. :._ -‐=ニ ̄_.: : Vハ(//jL_´  `く<f‐- 、
.   `ん7    `ヾ、;: :.'  Vハ    ⌒ア´/-‐=ニ ニ=-‐   .: :. :V∧レハ仍ハ屶Lj\)`ヽ\
    彑7⌒ニ=‐-=ニ;:. :.   Wハ     ⌒⊇=ー ∠ ̄\,ィ》 .:' : .:,:ィfVハ イ>、'_jレ゛      ))
    {幵r‐--、 ____: :.   }幵}     ⌒∋=-└‐=ミ、 「イ》:...:彡'´ i幵  》vj《^Tヘ、   /´
   Ⅷl `ー=ニ  ̄.:. :.   仄7       )≧=f⌒Y刀 jレ'´ 彡'__  }幵∠ (_x_フ[ィ=ミ_`゚*。
    Ⅵ、.;: ( /.: ..:.. :.   ∧y′     ー=ニ三‐- ̄ ̄ ̄三┴===仄jフ7} }=i=ーi-'…┘8
.     マk.:;: )/⌒)  :. ,ィ ∨     ,;'"ー=ニ三   ̄ ̄三Ξ:, ‐- .:彑7《ト、  r》  ゚*o。o*゚
     \ 、 .: / ) :.  イ    .;'":..\\    ̄  ‐-=ニ:;:.,   ∧V/^'┘ ^ハ          __     :
       ` ‐-≠=≦'"''"'' '''i'' i'"〈ヘ:. .:\) (\ ;. \)‐-:;. :..   仁y/       ト、‐-  ,ィ'彡''"´__    i  :
       ..;:´ //.:'"''ー'"'∩.:ii ii .:vヘ:.  .:; :.. \\ ;.  ,:.   / イ´        トvヘ    》 彡'"´    i  i
     ..;.  (/;' :.     .:| | :ii ii  ..:vヘ:.   `:.. \)     / イ7      /l    `V 》, / 彡'"´ ‐-) ヽ | :i  :
       .:;..,;:.;:';'..     ..:'∪ :ii ii  ..:vヘ:.    ‐-=ニ -=≦ ムj     ,'/|      〉_〉/ 彡'"\ーく⌒ヽ,\j  !
       .;:':.      .:'  .:ii ii    .:V〉ヽv‐y'  气⌒ヽ   厶 0 ///|    / _〉‐ノ  v  )\ <⌒)>、`、 i
        .;':.      .:':.   .:ii ii 、ヽi i、___) {   / 气  \  ーハ>、////| 0 _ ィ_jー'T´   } /   V⌒ヽ 'ハj
      .;:':.        .:':.. .. .:ii ii \| | __)_ヘ,/ /  气  \/ーy'\|\|ヽ/ヽ' /   /      /'⌒ヽ)' } }
      ,:':.         .:':.    :ii ii:.´  、 、ー‐-ヘへ /__\`¨ /》‐/ ‐-  -‐   ⌒ヽイ     /、_,ノ  //
    .;':.        .:':. ..:ニ=‐i´ ii:.    \>Y(⌒´ )>、     /ーy7 …‐‐‐---‐…=≦  |  ,ィく f⌒ヽ)ヽ  ゙
    ..;':.        .:'.; '"´  :ii ii:.     \>≫=彡')≫ ,、_ 乂ン     \  /   ̄イ⌒>=ミト、  </
  ..;:':.      .:ニ=‐;'´     .:ii ::      ` ‐=ニ>、 ̄ー(⌒>X≧=---  --‐=≦ー<⌒X≧=彡' > ´
 ..;:':.     .:ニ=‐ ´..:;'       .:: ::.        `  ‐-=二〉⌒´ 〉 ー'⌒' 7〉/__ノY⌒)-‐ -‐  ´
..;:':.  .:ニ=‐ ´  ..:;'      .:  :..                ̄   …‐‐----‐‐…    ̄
;':.ニ=‐ ´       ..:;'                                             お夕飯なので、この辺で

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する