魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その2

700:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 22:35:08 ID:jvzS8Ad2




                     なのは Nano-ha

                        もとい

                    サブカルなのはSoldiers


                               ――- .        .||
                          /: : : : : : : : : : : ` 、       ||
                         /: : : : : : : : : : : : : : : .‘,     ||
                         !: : : : : : : : : : : : : : : : : :i       ||
                         }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ||
                         !:: __.... 斗-―-= .....__: : |       ||
                         .|: :------------‐‐ァ |       || i
                        //ソゝ ◯ __ニ__ ◯ ._ノソ.∧    || i
                        ノ/  !ヘュ/  .|  \.ュ勹  ゙ヘ    || .ハ
                        `  ヾ    ィニニト、 .イ /      ハ}ニ{
                        ノ‐ ヘ`-彡ハ___ハ `ー´)二` 、.  | |}ニ{
                       /-=ュ f ∧ { | 三ミ| ./ ノ)-‐ l   | |}ニ{
               _斗-=_  .=-{ニ‐、 .ノ ハl |__厂} l / .l"-‐  1⌒冖| |/`: :>ー- _
            ..-‐´: : : / rヽ/: :/ `〉ム- _/ .ソ   (/⌒j_/: : : ://./: : : : : :/´.`Y: :\___
          /: : : : : : : {  { |: :{  .f  .(  rイ     丿 ./丿‐-.//〈:: : : : : :弋___/: : : : : 、 : ,>
         /: : : : : : : : : ∧∧/ー弋 ゝ、_ ∨∧_,,,...斗´  ノ`: : : : : .l .}: : : : : : : : : : : : : : : >´、
       /: : : : : : : : : : : ./ | |: : : : : ヽ、 .ノ/: :二 ∧ヘ__ ..-‐´ 「二」: : : l ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
       ノ.: : : : : : : : : : : : :| |│-‐: :´: : ヽ〈: : : : : : : 〉/ ̄⌒ 冖‐- 、 .{( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
      │: : : : : : : : : : : : :| | ソ.__: : : : : ヽヽ_ :/: : : : : : : .,,.: : :_: ヘ‘, ∨: : : : : : : : : : : : : : : : r‐.、、
  .    /\__...--、.: : : : :.l !イヽ-.. \: : : : `: :|: : : : : : : / _....---'゛ .| .|`Y ‐- = __: : : : : : : : : : :|  ( )
     /: : : : : : : : : :.>‐ニ´ .{l,,..__\J: : : : : :」: : : : : : !__-'´....----: :| .| |/二彡 .冫: : : : : : : : : `‐´.∧
    ./: : : : : : : : : /キ二二二.! ` ‐-.\: : : : : :「: : : : : : : : _/ ,..---': :| .| /二二ノ  \: : : : : : : : : : : : ∧
    ': : : : : ,.イ ̄ キキ二ミミ.ニ| -ー 、゙ー‐: : : : |: : : : : : : 丨_..‐ ,......--- .j 〈二二ニン.|    \: : : : : : : : : : :∧
 .  {: : : :/´.ハ / ././二二ミ |.: :` ー.\: ::::__|____: : : ゙/ ...--‐'': :ノィマ 二 彡ニ.| | |  \.: : : : : : : : : ∧
   {: : ::/ 〈 弋 ././ミミ.二二‘,: : : :`ー'' ./,―――‐∧: :l,,./´: : : /.イ二彡ニ彡'ニ | | ‐- 、 \: :__...-‐- .、」
   {: : / 〈∧/ ././ 二ヾ三 二.l_: : : : : : //: : : : : : : : :∧: : : : : イ⌒:/ |二二二二,ノ| | .r‐- 、.} ´

701:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:36:04 ID:3pzjQLyg
こわい

702:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:36:20 ID:OEUUbpLc
ストライカーズかと思った? ソルジャーだよ!

705:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:36:34 ID:6.tA.FPA
間違ってない当たりがまたw

708:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:37:28 ID:iLgi.JlU
むせる

711:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 22:39:20 ID:jvzS8Ad2



    ミッドチルダ犯罪最前線でコイツが暴れている理由だが、その一つに火力と頑丈さ以外で重要な要素がある

    シンプルなのだ。もの凄く

    兵士と同じように動き、兵士と同じようにカードリッジ弾を収めた魔導銃を構える

    後は引き金を引けば魔導中枢が勝手に魔法をブッパなしてくれるし、防御もオートで防衛用魔導中枢が障壁を張ってくれる

    即ち、防護服を着た戦法を学ぶ以外に関しては、本当に普通の歩兵と同じ扱いで良いのである

    そりゃ楽に決まっている


                                         ___          .|
                                     ,. ‐ ´: : : : ` .      |
                                     ./: : : : : : : : : : : `.    .l|
             .                       l: : : : : : : : : : : : : : l     l|
                                    | : : __xニニ=‐- 、: : l     .l|
                                    r ´◯`‐´ ◯ ヘヘ|    l|
                                   ノ:i:| ___ .i‐!‐i‘,  .f゚。ヘ   .||
                                   〈:i:i弋 /{ 7ヽ=,Y´l:i:i` 〉  ノ|.ハ
                                    ` ‐ヒ.彡二! マo゚/-‐´   | |}ニ{     .、
                                    ノニ ヤ  ィ゚| .|/..)`ヽ  .| |}.. x=‐-<´: :〉
                            ..-‐=‐、   ( ンミ( 〈  三彡{ ミ}>‐-〈 : : : : : : : : : >
                         .ィ´: : : :|i:i:i∧_,..-(f 7 .‘,‘,ミン シ .i⌒j : : : : ) : : : : : : : : : : : \
                        イ: : : : : : ∧:i/:i/: : : { ≧、.‐し ‐- ... ィ≦ ノ=‐- :〈: : : : __ : : : : : : : : : 、. __
           x‐=         ∧ |: : : : : : : : : /l: :l=≦´:`‐、/: :‐‐‐: : キ-‐= ´、.: ": : : :>彡ニキ` .、: : : : : : : <: :!
     ,,-‐''"´    `'-...,,,__x‐=/ ヘ : : /;;;}: : : :|:i:i|: :|__,.ャ≦´ \__/: : : : : :-‐≧=''´二ンミキ  \ : : : : ∧"
    /                  て| ノ  ./';ソ⊂ニニ.ヽ,: : : : : :|: : : : : :≠≠≠≠≠≠ ヘ. ミキ   キ\.: : : :∧
  /                     ソ  /../! ⊂ニニ.ヽ..J : : : : 。g,/`≧ =‐- .: /: :≠ヘ三.キ   キ:i:iヽ-‐ .)
   Y                      Y//´ |: :⊂ニ、 ヾJ : : c9゚ ./ ク: : !j: : :ク: :∧ヘ: : : ≠ヘ_.ン=‐__. |\:i:i:i:i:ノ
   |                       <  __...-‐''''ニ=- J 。d゚  /{ュェ===ェェ_ 、/ .∧ヘ: :| ≠´    .Yj  `.^´
   ゝ                      -´‐-、-‐='''´ ..。a゚/i ̄/      .ィ |  .∧ヘ.|.≠
    \                    / ._  co∞9゚: :// : : : :l |  ||.  }l / / : : : : : : ≠
      ⌒冖、                 ヘ \゛''‐ 、,, ..-‐=≦⌒´{  jl,,,,/,z'ノ: : : : : : : |≠
          \             .l  ヘ\ ゛''‐...,,ヾ. -‐= ⌒ ̄ `"´: : : : : : : : : : : : : |≠
          ∠,, -‐ー 、       ノ.lヘ .∨\  }: :` : : | : : : : : : : : : : : : : .ャ≦ ⌒: : |≠
                `¨ヽ r‐./|  |ヘ  .∨ \ ト: : \ \ : : : : : : : : : Y : : : : : : : : : |≠

712:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:40:10 ID:k.taELB2
普通の歩兵の運用方 ミッドチルダに残っていたのか…

713:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:41:04 ID:NXzr8BHo
シンプルイズベスト

716:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:44:12 ID:qrtJzd3Q
レジアスさんとやる夫君が顔突き合わせて歩兵運用のイロハ再構築したんじゃないかな……

717:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 22:45:01 ID:jvzS8Ad2




    シンプルイズベストとはよくいったものだが、単純な物が好まれるのは軍隊や警察では特に顕著である

    何でかっていうと群集団として活動するにあたり、当然ながら部隊を編成せねばならぬからだ

    そして部隊を編成するにあたり、均一な能力の兵士で構築するのが最も隙が無く効率が良いとされる

    その点に関し、魔導外骨格はベストな存在であった。着れば膂力・火力・防御力が均一化された兵士が生まれるのだ

    後は経験やら他のスキルなんぞを加味すれば、金太郎アメみたいな均一構造の兵士は実に編成が容易である

    極論、何処に誰を放り込んでも同じ仕事をすると言われれば、人事部は有り難すぎて涙がちょちょぎれることであろう


      /
     /   __
     ,' , ´: : : : `≧ 、
   . //: : : : : : : : : : :、 ` 、
   /,.' : : O .O: :O: : : マ: : Y
   <: : : : : :O: :O: : : : :7: : :7            /
  //>.、 : :  ̄二: :_,: :_: : 〈           /   /
.-=´≧ 、ミ>、 : : /! ()丈¨゙         /_r-辷 、/
人(  ィ^>、ミ| ¨ハ   ヘ 〉.__       / ゝ、>、ヘ Y
: :≧ 、ヽ   >〈  \> ´ヘ l    , 、/   人 .ヽ ヘ .{
: : : : : ヽヽ/´.ヽ\ ./   } 〉>-=//    ノミノ   /
: : : : : : : :Y`v.¨ヘミヘ >'´< : : :</7 ノ 、´{    r': :|
 : : : : : :〈: :トヘ ヘ__三弋ン.`i./  ⌒./ .!`ニ=/: :o:ノ
: : : : : : : :`、: : ヘ `ヽ.t‐―^/    /ヘ .,':7: : :イo:::イ
>、,r 、 : :/> ´`ヽノ个./`ヽ   .与: :〈 .7-{ : : :}/ {
: : : : : >: : / ⊂ヽ, ヘ /    ヽ/ ヘ._∨ :|.: :r ´: : |
:/¨´ /: : / ⊂ヽ, ヽ/     / 彡三.〈ゝ:|.: :|: : : : :>
ミ} .〉 :!: : :{ ⊂ヽ,ヽノ \\  Y ノ 彡 /乂ヽ!.: :l.: :/ :|
ミノ : 〈 : :└、 ` .ノ     .>.ノ、 彡彡三^>| : : Y: : : :|
ノ=‐- :`、 : : `:>´    ィヽ)〉 ∨三彡( ! |: : : :|: : : :l
: : : : : : :≧、/    ノ ム^)  └七 ^ー- > 、:|: :/
≧ 、...___ /___,...  /´ ヽ.  ヘ.           レ´
: : : : :>=‐--‐´チ ! 〆: :ヘ ⌒)               >
: : : : : : : : : : : : : | }: :〆:ノ/ノ匁ヽ         >=^¨´
: : : : : : : : : : : : ノノ>=冖. .{>‐- 〉   , 、r‐ ´三彡
=====冖⌒   ヘ__.>┘ト、丁ヘ,ー-´ノミ/三三彡(
   /ヾ/ / ̄⌒::冖: : : ´: : Y⌒´ ./ミ/ミ/ 三三彡 / >
 / ( ヘ/: : : : : : : : : : :}: : : : :} /ミ/ミ/ミノ 三三三 ./〆
    `) ヘ: : : : : : : : : : : : : : : |ノ ./ ノ 三三三三三 7
    ´

720:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:47:05 ID:k.taELB2
レジアスややる夫は陸での評判めっちゃいいだろうなw

725:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 22:49:24 ID:jvzS8Ad2




     挙げ句、これの運用は実にシンプルだ

     並の魔道師の攻撃を防ぐ障壁。障壁をぶち抜かれても搭乗者を護る魔導鍛造装甲

     そして、分間1200発レートの魔導無誘導弾をばらまく魔導機関銃(カードリッジ式により低燃費)

     これらを使ったゴリ押しでいいのだ。犯罪組織の10倍の数で囲み、包囲して袋叩きにする。組織力の勝利だね

     被殺傷設定とかいうクッソ便利な魔法があるおかげで、例え人質や捕虜が居たとしても死にゃしねぇだろと
      割と気軽に包囲殲滅してしまえる世界なのだから実に都合が良い

     囲んで棒で叩く。この戦法が優位なのは人類誕生以後何があっても変わらぬ法理であった


           .!
           .|!
           li
     .      |j ,. :" ̄: :ー: .、
         l!  |/: : : : : : : : : : ヽ
          |',  |∵: : : : : : : : : : :',
         !」..../: :∵ : : : : : : : : : {
        /三 !: : : : : :........ ____... 〉__
      ./ : : : : .弋: :/ ベー´ヘ`´!: : : : Y
    ./ : : : : : /ソf. 彡>ヾ _ノ=ヘv.、 l : : !
   /_: : : :/ン : : 'ー-ニ ヽゝ、/f .{. .j }∨ .|
  │: : : : ̄.Y.. ャ≦¨≧ .\`., 弋゛>.ノ: :∨l
  │‐-: : : 冫: : : : : : : : : ` ,ヽ`zム´.l : : 〈`
  !⌒ヽ: :|/: : : : : : : : : : : : :ヽ‐ ー-''´.: : : :}
  弋__ ..!: : i ..---‐--.....-_/ニ.、j.: : : : : :ソ:\
  //ニ : : !: : : : : : : : : : : : :l ‐-J: : : ∠ \: : \
  !: : : : Y :ミ : : : : : : : : : __/ ‐-J :/l : : } : :`--.、:\
  弋__ノく |‐‐: :=: :-ノ: : : : : : /ノ: : ノ`ー', ‐-\`、
       ニ1: : : : : :/ ≧=‐- ノ「 ./`\  ゙J 彡j._l
      Y .>{___/  ≧l_: : ン|/: :/: :ヘoヽ  `‐"
       `>‐´|| 冫⌒ヘ l 二二ンノ¨.〉.-キ ’,    _
       !r匕||コ{: : : :  ̄ヽ `-´: :Yャ≦¨ `≧- /:i:ム
       lい  .|│: : : : : : ヘ>: : : : { ー‐--    ヽ:i:iム
  .     l.{--‐}ノ\: : : : : : ヘ: : : : |,,.. -‐=冖⌒   ゚̄。ハ
       .! :|  .!/: : : \: : : : : :ヘ: : .亅 _ -  ̄     キ冫.ィ
       |: :|  j: : : : : : :\ : : _ヘ<- ´__,,,...ャ≦´  /: :}
      .1: :`.": : : : : : :/: :\/  `Y ヽ    (⌒ ̄ /: : : /
        ゝ: : : : : : : : :/: : : : ハ   〉 ヘ  /    〉: : : :/

726:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:50:20 ID:OEUUbpLc
囲んでボーで叩く。ジッサイ強い。

727:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:51:50 ID:NXzr8BHo
なんて便利な非殺傷モード

731:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:52:48 ID:3pzjQLyg
素晴らしい

733:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 22:55:14 ID:jvzS8Ad2




     対して普通の魔法はどうかというと、これがクッソ面倒くさいこと極まりない

     なにせ個人の資質によっては使える魔法、得意な魔法、できることできないこと、向いた装備、適正な部署、正しい任務

     これら全部が全く違ってくるのだから

     基礎運用理論こそ統一されているものの、個人が十全なスペックを発揮するのに必要な教育が全く異なる

     分かりやすく言えば、かの砲兵が普通の高空魔道師の教育を受けても何の役にも立たない

     これほどに魔道師は教育の潰しが効かない存在なのである



                                     イ
                            _          / l   _
                         ......:.:.:.:.:.:.:.:ニ=-   | //:.:.:.:.:.:.:.ミ:.、
                ___ト /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\|r〈:./⌒ ̄ `\:.\
              ⌒>-―:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.フ:ハト          ヽ:.ハ
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:./:.:.  \      :.:N
             /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.l:ト、:.:.:.斗-‐ミ:.:.:.:.N:.:.:.:.} `ー―      |:.:.l|
               /:.:./:.:./:.:/:l:.:.:.|:.ハ| ヽト,z=fミx |:.:j:__:.:.:,         ;.:.:リ
           /://:.:./:.:/:.:.|:.ΧΤ!.   ′爪イ》|.:ハヘlソ          /:.:/
             l!   i:.:.:, :.:':.:.八:.:〃笊、   之り |イ:.:レ:/          7:.:/    ねぇねぇ執務官、どうして個々人で魔法って
              ∨|:.:.|:.l:.|:.:ト、ト 乂j〉,        |:.:|:./        //      発動方式とかが違うの?
               :.:.:|:.l:.|:.:|:.|「  ´ ` _      |:.:j′         '´
                  ヽ|:.l:.|:.:lN:.:.入   ``   ./|イ斗⌒ー┐_          「それは個人の資質の問題で……」
                  |八|.:廴|:.:.| ≧o 。_ .ィ  ノ /  /   \
                    ヽ「 |:.八   _r=ニ斗/  /  /⌒Y        挙げ句、個々人でオリジナル魔法とか作るけど、
                          l/    / / [不] ′   / /⌒ハ         組織としてどうなの? 編成めんどくない?
                           〈 ∧ /   レ / /    }
                          / \Ν   |イ   V    / V         「まぁ、そうではあるが……」
                       /   ∧〉  ||  |  /   〉___
                      r   / |l   |十‐-/ /     ハ    \ヽ     というか、得意分野図って編成するとなると
                           ノ   N  |l   |    i        イ      ゙∧     人事課の人大丈夫? 過労死しない?
                      /      |  |l   |    |_/    ハ      ゙∧
                     />    ノ  《   | _厂      / i       ゙∧    「さっきから君も巨大なブーメランを投げていると
                     ∠∠   〈  厂 ̄         /  l|       ゙∧     気付こうな!?」
         -― -r‐く⌒ ̄「_    \ヘーく               /   |        ゙/i
       / ノ′ )   )  / /     )}  )         /    |         ゙/|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

735:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 22:56:22 ID:k.taELB2
wwww

741:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:00:45 ID:jvzS8Ad2





    とはいえ、普通に兵士として魔道師を運用しているだけあり、管理局にも育成ノウハウ・編成ノウハウはある

    そのために魔道師のポジションを設定し、ある程度似た戦闘スタイルの教官をあてがえるようラベルを貼り付けるのだ

    基礎は似たようなスタイルの教官から学び、後は自己鍛錬と実戦で長所を磨いて下さいという話である

    ……個々の兵士教育は良いとしても、人事課は激務であろう

    何せ頭突き抜けた奴は平然とおかしなことをしでかすし、平均レベルでも尖った個性を発揮してくるのだ

    それを出来るだけ運用しやすいように配置する。一体如何ほどの心労を帯びる任務であるのか……

    敵方を務めるアグレッサー部隊に砲兵が配属されたのも、むべなるかなという気がしてきたな



            '‐ ̄、::ヽ   _
          , -―-.、_i:::i /ハ_ー、        ,-‐ 、
         /::__::::::::::::::::ー'- ‐-'-'-.......、  // 7/
        // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ |:| // _―_-、
          ' /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|// __//___
         , /:::::::/:::::::::::::/:::::,::::::::::::::::::::::\:::::::i_iニ二__::::::::::::::::::::::....
        /::;|::::::/:::::/::|._/_::::/|::|::::|_:::::::、:::ヽ:、|―- 、 、   ̄ ̄ ̄` 、::::\
     /::/ |::./|::::/:::::,´--、`!. 、ト.´i、\`::、|:::::i:::! 、\  、\        \:::::ヽ
      l::/ |/ |:::|:::::∥代オ   ,,==、、 ヽ:::::::|:/  ヽ 、_ヽ_ヽ_      ::::::i
     、::\//_、|\|、`弋リ    !ホムヽ |::://     ー― ┬‐-、 ` 、    i::::::l
       \::::::::::< | !  、   弋ツ '' !//ノ        i_i   \/   /:::::i
           ̄ ̄   ! \ ー-       '//´                 i/レ
             \|   、__  イ//
      ○       , -―|ー-― ',ソ、_
             / /:::::::/    _ \
    -、,、       /|  / ‐-/     / - ‐i\
  '`| i |.,'-,_    | | .!_./_ /     //     |::::ー― 、_
  ! | |./ //     Y,-v-―_-、 //,       |:::::::    /
  |  ′/、    <_/|\`、//ヾ/ i      |___ /
   、   |\  / /:ト、 、ー_' ― 、  |      !、
    _|ヽ/:::::::\| |::|、i_!   ̄`、_> |       /
  < /:::::::::::::::/| |::| |:::::|        |      |
   \:::::::::::/ | |:::| |::::|       /|       |
     \/  |、_|::| l:::|___/:|       |
      \  \_/ \:::::::::::::::::::/|      |
        \_/     ̄ ̄ ̄   >___|

743:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:02:57 ID:NXzr8BHo
現場「人事部は現場がわかっていない」

746:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:07:58 ID:jvzS8Ad2




    まぁ、何が言いたいのかといえば、魔道師の教育において似たようなスタイルの教官に教えを請い、
     独自に長所を伸ばそうとする勉強会というのが頻繁に行われたりする文化があるという話がしたかったのである

    いわば、大学における研究サークルみたいなものだ

    得意とするジャンルの教官を中心として士官学校やら訓練学校の生徒が集まり、互いに錬磨する

    教官は教官としての目線で生徒達を鍛え、先輩は学生としての目線で後輩を指導する

    学校のスポーツ系部活動かよ……という有様だが、実際こうでもしなきゃ育成どうすんねんという話なので仕方がない

    流石に訓練学校に通っている奴に向かって、かってに魔法の道場を探せとは言えないしな

    そのサークルモドキの中心となる教官は教官で、人事査定や給与評価に関わるらしいので、教官業を嫌がることは
     珍しいとか。普通の仕事している魔道師でも、教えを請われてサークル開講することもままあるそうだ


                   ___   __  __           /   i
               \:.:.:>.:´:.:.:.:.:.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.<   ./    }
                ,.ィ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/    ∠
                /:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:..} ./:.:.:.:.\
                ,.:´:.:.:.:.:/.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:{ /:.:--、.:.:.:.:.ヽ
            /:.:./:.:/:.:.:./:.:.:.:.:.:i:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.V:.:.:.:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:,
             //,:.:.:.:;.:.:.:.:i:.:.:.i:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:.:i:.:.:.i:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:マ:.:.:.:..:.::.:.:.:.:.:|
          /´ .:.:i:.:.:!:.:.:.:.!:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:.:.!:.:.:|:.:|:.:.:.:!:.:.:.:.:/:}:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:|
               i:.:.|:.:.|:.:.:.:.|ハ:.ト.:.:.:ト、:.:!、:.:.:}:.:.:|:.:.!::.:.:|:.:.//:!:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.!
               {:.:.|:.:.i:.:.:.:.|ィf=ミ、:.! ヽ{ ヽ,ィf=ミ:.:.:.:.|-- 、:.:.:.|:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.|
             ',:.:!:.:.',.:.:.:《. ハ沁    ィf泛沁 》:.:.:.! } }:.:..|:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.|    ……私、そういう話きたことないなぁ
             ハ:.!ヽ:.ヽ:∧ マソ     マzソ |:.:.:.:.{ソ ./:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.|
              ヾ \ト:.ハ , , ′   , , ,  !:.:.:.:{..イ:...イ !:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:!
                 /:.:∧         |:.:./!:.:./  .|:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.|
                   {:.:.:/ ヽ ´ `    イ}:.:ハイ    |:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:
                   |:.:.{   > -- <  j/ ノ }     !:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.!
                /',:.:! `ー-{ 乂_}___,,.ィ.  `'' ー―- 、:!:.:.:.:.:.:.:|
                   /   ヾ{  .人 { {   {   }         \:.:.:.:.:.|
            > ´ アー― -- 、__ .j j    }  {____    /   ヽ:.:.:.!
          ,.ィ   / , -、  、 \ } } ./   / ,. '-- 、ヽ ` <     }:.:.|
         ./ { -- {  へ_`ァ ー 、ア    r__´ --―     } 、    !:.:.|
        / .人 > ''´イ }          `ヾ--=     ,  \  ,:.:.:!
          i  > ´_/ ~}⌒´          ハ ≧-- 、   / 、  }V.:.:.:.;
         .j//{  > ´  ./          /    イ .i__ ノ   ヽ. , i:.:.:.!
       / / -イ               }   /  ヽ{ \ \  / .!:.:.:|
       ., .ハ ノ     /         /ヽ     /`ヽ \  ./  {:.:.:|

747:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:08:55 ID:k.taELB2
そりゃ貴方にはないですよww

748:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:09:49 ID:w/QLmkXQ
何を学べというのか

751:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:11:15 ID:3pzjQLyg
きたら困るw

752:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:12:40 ID:NXzr8BHo
オンリーワンはいつも孤独

754:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:14:59 ID:jvzS8Ad2




    こういう文化によって、特定人物に教えを請うた一派という派閥が生まれ……

    それが大学における、一人の教授を中心とした○○学派みたいなノリで広がっていったりして、
     時には大きな軍の派閥に発展したりするから馬鹿にしたものでもない

    あのアラサー妖精も閥関係で苦労していたらしいし、管理局でも珍しくない話なのであろう

    人事課では「アイツは××派だから、あっこの大隊に入れちゃいかんな」みたいな話があるのだろう

    かくいう流れがあって魔法勉強会は各所で開かれ、講師の派閥が構築されていくのだが……

    現在ミッドには小さくも影響力が増しつつある派閥が一つあった



        \: : :ヘ     _ . . : :´ ̄ ̄: : : `: : . 、    . . .――
    / ̄`ー-\: ヘ  . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ /, -――-、\
  ./: :____: : : : :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/∠: ――― 、: :ヽ:
. /:/  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ;イl ̄\: : : : : : : \: : l
//  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : { l | : : : ヘ: : : : : : : :ヽ: :l
'   /: : : /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : :∨: : : : : ヘ: : : : : : : : : :l
  /: : : /: : /: : /: : : : : :ハ: :l : i: : : : :ヽ : : : : : : : l: : : :l : : : : : : :ヘ: : : : : : : : :l
  l: : :/l: : :l: : : l: : : :l : l l: l: : l: : : : : :l : : : :l : : : l: : : :l : : : : : : : ヘ : : : : : : : l
  |: :/ l: : :l : : :l : : : |: :l  l: ト、:lヽ: : : : ト : : : l: : : :l : : : l: : : : : : : : ヘ: : : : : : : l     べ、別に悔しくないし
  |./ l: : l|: : : :l: : ;-r‐|‐ l:l`ーt‐\--|、l: : : l: : : :l : : : l: : : : : : : : : ヘ: : : : : : l
  |'  .|: :l l: : : :l: : : :lrテiミ `\ Zニ=ミ l`i: |l:l :/⌒.i: :l : : : : : : : : : :ヘ: : : : : l     拘束時間増えるし、お賃金の上がりも
     l: :| l: : : :lヽ: : l.Vム     b::::l;;} ,}>リ|:l.レ:/|  }:∧: : : : : : : : : : :l : : : : l      そこまでじゃないし
     l:| .ヘ: : :l: :\{l マ」    .辷'_ノ  .,リ//: :l  ノ/ .l: : : : : : : : : : :l : : : : l
      {  ヘ: : l: : :||ヘ              /イ: : l//  .l : : : : : : : : : : l: : : : l     技能賞貰える訳でも無いし
        ヘ: :lヽ: ll: ヘ  '          l: : l: /   .l : : : : : : : : : : l : : : l
         \{ ヽ{l : l\ - -       l: :/|-=    l: : : : : : : : : : :l: : : :l
             ヘ:l  \     _ ´  l/ .|、_     l: : : : : : : : : : :l: : : l
              `\  ー , 「    / '7 .lヽー 、  .l: : : : : : : : : : : :l : :l
                  //|ヾー ´/  .l ヘ::::::`ヽ⊥_: : : : : : : : : : l : l
                 /:::::/ .|  >‐<    /  ヘ::::::::::::::::::`:...、: : : : : : : l: :l
              -‐´::::::::/  l /、_V_ >  /   ヘ::::::::::::::::::::::::::`  、: : : : :l
          _ ‐::´::::::::::::::/  .l/ l___/ ヽ /     ヘ:::::::::::::::::::::::::::/´`i: : : :l
        .rィ´::::::::::::::::::::::/   /l / ∧ヽ  〉 ヽ_   /`ヽ、:::::::::::::::/:::::::::l: : : :l
        l::::l::::::::::::::__ ‐/__/ l/ / l 〉/   `<_    `ヽ、:::/::::::::::::l: : : :l

756:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:17:03 ID:Zsy3EFm6
あっ(察し)

757:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:18:02 ID:7JA1PKFs
彼女のターンか……

758:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:18:21 ID:3IfRYZOc
ジェダイオーダーもボッチかねぇ・・・・。

761:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:20:58 ID:jvzS8Ad2




    かの一派は実にささやかな勉強会であり、あそこの出身なんだぜと自慢するようなものではない

    活動も今は静かで、本当に適正がある者が進んで請いに行くか……

    珍しい事に講師から直接声がかかって参加者が増える形式であった

    しかしながら、何というか妙に悪目立ちしているのだ

    本人達が大々的に宣伝してる訳でもなければ、若い派閥なので目だった成果も無いと言うのに

    なんでかっていうと……






; : : ;、: : : : :ミ:、_                                        |: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : :ミ: : : : ):゙': :'ミ                            _________|: : : : : : : : : : : : : : :
. ;_-=-, , : ://: :∠ミ                           |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : : : :
: :; : : : , :Y: :ノ: : :,ヾ,_          /|  ‐-   _     _|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : ; : : ミ: :ヾ: : :ハ;⌒ミ       /  |     |       l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : :
: :ミ: : : : :ノ: :イ: : : :,:j: : :,ト、_, _   /   |     |       | ┬ ―――――┬ |: : : : : : : : : : : : : : :
;'"; :゙; : : :ゝ: ミ;: ,: :^i, ;:ミ: : : ゛:j /     |     | \    | |_____.. | |: : : : : : : : : : : : :-‐
|  |: : :;./゙/j: :,:. ;ミノ: :r;':, :;.ミ/      |     |   \  | | |__|__|__|__|__|__l | |: : : : : : : : : : : : : : :
: `ヽ: :,/, レ゙/,: :'.:; ;人: :/     /|   |     |\   \| | |__|__|__|__|__|__l | |_: :-‐: : : : : : : : : : :
: : : : :ヾ /; ': ; : : ,:_:,'/    /,:i^|   |     |\\   \!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |: : : : : : : : : : : : : : :
|`'↑/゙/-‐=i⌒´ /     /,.:l ||   |     |  \ヽ   l¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |: : : : : : : : : : : : : : :
|  | /;. || | | /    / . |: | ||   |     |    | |   l―――――‐┤ |: : : : : : : : : : : : : : :
|  | /:゙;^ー=‐/     /,:i::| |: | ||   |     |    | |   |_______」 |: : : : : : : : : : : : : : :
ノ゙⌒:-‐=゛/     /, l |::| |: | ||   |     |    | |   ||__|__|__|__|__|__| | |: : : : : : : : : : : : : : :
: : ': : : :/     /, 1:.:| |::| |: | ||   |     |    | |   ||__|__|__|__|__|__| | |: : : : : : : : : : : : : : :
': : :':/     / , | |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨| |: : : : : : : : : : :-‐ : :
: ;/     /, |::::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |_: : : :-‐: : : : : : : : :
"     /, イ::||::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   l―――――‐┤ |: : : : : : : : : : : : : : :
.    //:l l:::||::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |_______」 |: : : : : : : : : : : : : : :

762:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:21:23 ID:Z1kslEZw
あー、フォースの導きが・・・

763:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:21:32 ID:ggLGON4w
知ってた(予知)

764:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:22:04 ID:k.taELB2
あっ(察し

770:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:24:58 ID:ggLGON4w
黒ローブの集団

772:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:25:59 ID:jvzS8Ad2






     参加者全員が決まってローブをずるずるさせながら、妙な符丁じみた挨拶をするのだ

     その面々は魔力探知に優れ、本来なら斥候か分析官かなーという様な人材が

     高出力のエネルギー刃を担いで敵中に単身吶喊するとかいう、死ぬほど男らしいロマン溢れる
      戦法を基本として学んでいた

     高速で突撃し敵をかき回す。本来なら高ランクの身体能力に優れた空戦魔道師のみに許された
      ストロングスタイルであるのだが、その一派にはランクが低い者も少なくない

     しかし、どういう訳か気持ち悪いくらいの先読みと紙一重の回避

     そして「当たって殺せるなら多少の被害は計算の内」と言わんばかりの攻撃が特色で……

     どうみても全然向きではない筈の人間がクッソ強くなって帰ってきたりするのである

     そりゃもう目立つな、という方が無理な話であった




                           / ̄ ̄ ̄ `\
                          /         ヽ、
                         /         _  ヽ
                        /       ,イ´::::::::ト、 ヽ
                       {      /:::::::::::::::::::::ヘl 〉
                        ヽ   | /:::::::::::::::::::::::::::::} /
                        λ_ゞ\ゝ、.:::::::::::::::::::,/У
                        イ ー ̄三  ̄二三[]=イ"ゝ
                        /弋_ー  = ー─ヤ彡ヽ

773:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:26:53 ID:3pzjQLyg
クッソwwww

774:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:27:20 ID:KqD/flvE
スッゲェ、ちゃんと指導して成果あげられてんじゃんw

787:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:31:33 ID:jvzS8Ad2




    訓練校の一角、申請すれば貸し出される部屋が並ぶ所が彼らの活動場所である

    全員が集まる頻度は然程高くないのだが、参加者は皆熱心だ

    基本の型を繰り返し、座禅を組んで飽きること無く瞑想を続ける

    何か特殊なことしている風でもなければ、やっていることは基本中の基本ばかりで、瞑想に
     至っては何の意味があるかも分からん

    だのに強いというのは変だろうと偵察する奴が絶えないのも……理解できなくはない

    そしてこの日、暫くぶりに派閥の主が部屋に顔を出した



         マヘ        |: :l|                   |! :|           //l!
          マヘ       |: :l|                   |! :|          //: :.||
             マヘ.       |: :l|                   |! :|         ///|: :||
            マ/::ニニニ|: :ll ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |! :lニニニニニニ ///: :| |l/
            l 「 ̄ ̄.| l|                  |:: ::|     .|! :l      ///: : : : .!/./´
            | |    | l|                  |:: ::|     .|! :|   ,// .|l : : : :.//´
            | |    | l|                  |:: ::|     .|! :l ,///| ||: : //:´:!
            | |    | l|_____________| : ///: :| |l//'´|:::::|!
     __     | |    |_ィ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::://: : : : .|//   . |:::::|!
      // !\     | |     ./:/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l |: :!!: : : : //,    |:::|!
.     //::::|::::!:\  .| |    /:/ || : : : : : : : : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : |.l: :|l: : //  ,ィ    |:::::|!
    //!|::::|: :l::|::;:\ └―./:/ l l| : : : : : : : : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : |.|: :|l//  /!:!    |:::::|!
.   //::::|::::|:ィ==========/:/ l l l|______|_|______| !//  /. : !:!    |:::::|!
  //!|::::|: :/三三三三三/:/,l l l l|______________l/  /. : /|:|   |:::::|!
. //::::|::::|:/三三三三三/:/.l l l l/! __________     .!  ,.イ. : /: : :!:!    |:::::|!
//!|::::|:: /三三三三三/:/ l l l l/::| |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||     |  |::|/..: : : ::|:|   |:::::|!
/::::|::::!:/ニニニニニ /:/ l l l l/: ::| || 「 ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : :||     |  |::| . : : : : : !:!    |:::::|!
::l: :|:::l/ニニニニニ /:/ l l l l/ : : | || |__.|―─┐: : : : : : :||     |  |::|.:: : : : : ::|:|   |:::::|!
::l: :l::/ニニニニニ /:/ l l l l/:: : :::| ||: : ::| ~~~~   |:: : : : : : ::||     |  |::| : : : : /}:!    |:::::|!
::|: :/二二二二二/:/ l l l l/:: : : :::| ||: :: :|_____.!: : : : : : : ||     |  |::|.:: :://|:|   |:::::|!
::|:/二二二二二[_].l l l l/:: : : : :::| ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : :||     |  |::|://.: ::|:|   |:::::|!
::/二二二二二 : | | l l l/::: : : : : ::| ||_________.||     |  |:{ / : : : ::!:!    |:::::|!
/二二二二二二:| | l l/:: : : : : : ::[二二二二二二二二二二二二二二]  |::|:: : : : : :::|:|   |:::::|!
二二二二二二 | | l/:: : : : : : : :::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::l :|  |::|:: : : : : :::|:|   |:::::|!
二二二二二二 | |/:: : : : : : : : :::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::|: ::l: |  |::|:: : : : : :::|:|   |:::::|!

796:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:34:53 ID:jvzS8Ad2




     しなやかな長身は管理局の制服を隙無く着こなしているのだが……

     異様に目立つ暗褐色のローブを講師は纏っていった

     普通なら地面に擦りまくってドロドロになっていそう長さだというのに、奇妙に綺麗なローブ

     そして、部屋の中で瞑想していた面々は唐突なら来訪にもかかわらず……

     まるで最初から予定が周知されていたかのような自然さで立ち上がり、礼をして講師の名を呼んだ





                          ‐ニニニニニニニニ /
                         ‐ニニニニニニニニ∧
                         ‐ニニニニニニニニニ∧          コツ
                         ‐ニニニニニニニニニニ∧
                         ‐ニニニニニニニニニニニ∧
                        ‐ニニニニニニニニニニニニ‐_
                        ‐ニニニニニニニニニニニニニ ‐_          おはようみんな
                        ‐ニニニニニ /\ニニニニニニニ‐_
                       {ニニニニニニ′ 丶ニニニニニニ ‐_     
                        ‐ニニニニニ|    ‐_ニニニニニニ‐_
                        '.ニニニニニ|     ‐_ニニニニニニ‐_
                        iニニニニニ_        ‐_ニニニニニニ ヽ
                        |ニニニニニ-        ̄_ニニニニニ‐_
                        |ニニニニニ‐i         ‐_ニニニニニ{
                        |ニニニニニ‐             ‐_ニニニニ_
                        |ニニニニニ_           ‐_ニニニ‐_
                        |ニニニニ‐                 ‐_ニニニ‐_
                        |ニニニニ7                  ‐_ニニニ 、
                        }ニニニ‐′                   ‐_ニニニ廴__
                        ニニニニ                   ∨ニニニニニ‐_
                        ニニニ‐{                    ∨ニニニニニニ‐、
                        ‐ニニニ‐ _                     ∨ /ニニニ/丶\
                       ‐ニニニニニ‐_                  ∨ /ニニ{:  \〉
                       ‐ニニニニニニ:,                     ∨ニニニ‐、
                      ,‐ニニニニニニ/                     〕ニニニニ〉
                    __/ニニニニ/ |_{                  /ニニニ,/
                   fニニニニニニ |  L{                     乂__/
                   乂__ _____丿

799:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:35:06 ID:8SiWeM1.
ジェダイオーダーが完成している……

800:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:36:07 ID:k.taELB2
聖王教会がめっちゃ警戒してそうwww

801:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:38:36 ID:yN.uywUI
これは騎士団完成してますねぇ…

804:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:40:16 ID:jvzS8Ad2



     ……宗教か何かかな?

     マスターと呼ばれた金髪の美女……一人ジェダイオーダー、今やガチでジェダイオーダーを結成してしまった
      フェイト・テスタロッサ執務官補佐は弟子達の前で爽やかに微笑んだ

     この世におけるただ一人のジェダイマスターであり、フォースの伝道者

     ある意味宗教じみており、この異様な実力を習得させるのだから悪目立ちするよなって話だ

     全員ローブを着込んで音も無く行動し、大抵の行動に数秒前に気付いて反応

     その上「フォースと共に有らんことを」とか「フォースのお導きがありますように」とか言って去って行くのだ

     怪しまれない方が逆に変だろうという度合いである。それに気付かぬは、当の本人達だけであった



                         _ ,  ......  、_
             _,..  --  、 , イ ´      /_  '.,ミ、
           /´  _ .. ___`ヽ       ´ ´  ', ', `ヽ
          /, ィ ´≧´     , -        、    ! i   `i
        〃´  }´  //  /  .i  ヽ    ム     .! i    .l
             l  /  {   l   .l   ',   .}、   ! i   .l    「「「「「おはよう御座います、マスター・フェイト」」」」」
                 } /  ,i   i    i  .∧   .l ヽ   ! i    l,
             j.,'  ,' i   i i、 i、 .{ '.,} i l  ヽ  リl    li
              l.l  .l i   iヾ, .i_ヽ l  ノノ, !'´ ̄.} ノ    l!    ん、きちんと読めてたみたいだね
               / l   ハ .ト,  i ヾリ __ヾ  / }/ , =弐.、 } ./  l.i
              / .ハ  .l .i .ハ  l., ,ィ≠、ゝ ,/ "    / /  .l.i     少し気配を消してたけど、良い感じだよみんな
          彡イ ', .{ i i. ヽ .{ "           ゞイ i  l i
                .', ハ ヾ  ト,.iミt-      '      ./l i  l. ム
                   ', { i\  ムヾ∧    ‐ ‐ ァ  ./i l i  l  ム
               ヾ.i i \ \ i >  ` ー  イlマi.l l  l  ム
                  ,ィj j i. `ミー i ∧ }> - ´ィ:/.l .l  l    ム
             /r Y`Y.ヽ _, -ノ  ム:::::::::::: ,<  .l .l  l._   ム
           ,ィ彡´\. \ヽ \.  {  ,イ\::::::;<}   l ,′ .l  > t、 \
         /,イ  八 \ |.ハ._ヾー‐'´//::::::{/∧  .{ i   l   / ,ハ_`ー-、
        ./_,,,l  .ノ __,\.ゞ´{´: : :/ー.イ/:::::::::::〈人 マ´ 〉,{   l   /   ハ: ̄ハ
       / {::r|_... ィ..´: : : | / .|_,.イ//::::::::rー´ノ 〉 / 人  ム ./   ハ: /:ム
       ,' ハ: : : : : : : : : : l´ /ィ ././:::::::::::/__/{. i/ / /i\ \     }/: : ム
       { .,' }: : : : : : : : : :y´  //:::::::::::::::::::::::::::::レ´/   /. ヽ ゝ、\_ / : : ;′

807:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:42:00 ID:NWmw7bW6
さらっと「気配を消す」とか言ってんじゃねぇwww

809:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:43:00 ID:/3g2MFEk
くっそ怪しいわwww

815:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:44:32 ID:iLgi.JlU
新興宗教認定待ったなしwww

816:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:44:58 ID:RwABnFMU
怖すぎる…

817:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:46:04 ID:jvzS8Ad2




   執務官補佐として活躍する唯一のジェダイマスターであるが、ここで彼女の逸話を少し紹介しよう

   砲兵に勝るとも劣らぬ戦歴は言わずもがなで……

   ・仕事で急に人を執務室に連れて行ったら、連絡も無かったのに人数分の茶が用意されていた

   ・ああ、賑やかになりますね とデスクで呟いたら、数秒後に3ブロック先で特機隊が大立ち回りをおっぱじめた

   ・執務官教育の一環でついている執務官が「書類お願いしようかな」首を巡らせれば、既に欲しい書類を持って
     隣で待機していた。しかも必要そうなページに付箋を貼って

   ……砲兵とは違う意味で目だってもしかたねーなこりゃ
 


                          -───-
                  ・´              `ヽ
                                  \
  \                               ヽ    ・
   `  ..=彡. ´  ./             ヽ    ハ    ',
     /   ../  '    '          .‘,.    ',     .i
     /   ./ /  ,′ /  /      !    i}    .ト   :|
    .'  ./,'   ′/ .|   /  ,'.  |     ム    ;    ‘,    !
    | . /   | . | . {. ̄i..`ヽ .   ! ,'  ,'  / {..    | .i    !
    | | . |  | .{: ', .{ ', |   ./ ./ ̄/.ト ./ . !     !. |   .|     じゃ、今日も何時ものこなそうか
    人 | .人  ', . ',   ,ィ≠、 ,'/,'./ ノ/.}ヽ|    ハ. ;   .{
      `  ヽ  ヽ.|.\{        ' z≠ミx ..! |   ハ ;.i    i     目隠し用意してね
         \ |              `/.ノ|   .i_ノ |   .|
              `.', 人  ′         ′ !   ハ  |   .|
              ハ  \  ヽ. ァ        .イ   ! .! |   .|
            |   i`  ._  .... ・´ ,'   | ! |   .|
              ,'. | .,  |.,x≦ .!      i   ! | . i   .i
           ノ ィ:::i  |.:.:.{   \   /|    |≧ュ.‘,  .i
            , イ. !:::{   |:.:.ム..  / Y \.|    ト    .≧ュ。
        ィ≦._.≧ ' ', . !.:.:.:ム../ \V/,.|  . 八::::::≧ュ.   ≧ュ。
      〃:::::::::::::::\{   ',. ハ.:.:.:.:ム  ./∧\.! ..,' ヽ::::::::::,'::::≧. ,...::':.ヽ
     {:::::::::::::::::::::: |   .,.|::!:.:.:.:.:ム.く_./ ヽ._',    ヘ::::::/::::::/::::::::::::::i
      {::::::::::::::::::::::::|   八:\:.:.:.:ム -= 个=-',  i   .',:/:::/.:::::::::::::::::::}
     マ.:::::::::::::::::::::.'人   \:\:.:.ム.:.:.:.:.:.:.:.Λ !   }:::::::::::::::::::::::::::::/
     マ:::::::::::::::::::::: :: \ \i:.:.:.:> \:::/:::∧} ',  Λ:::::::::::::::::::::::::/
.       マ::::::::::::::::::::::::::: \ヽ:.:.:.:.>、:.:.:..\:/.ノ ././i.:}:::::::::::::::::::::::/
      ,' ‘,::::::::::::::::::::::::::Υ:::..i:.:.:.:.:.:.:.:>=≧ュ〃:.: .:/:i::::::::::::::::::::::|
      〃 ‘,:::::::::::::::::::::::::|::.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:iレ.:..|:::::::::::::::::::/

821:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:46:58 ID:SUGmyayY
未来予知やめーやwwww

824:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:49:26 ID:k.taELB2
怖すぎるwww

828:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:49:56 ID:iLgi.JlU
誰だってビビるわこんなもんwwwww

835:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:52:33 ID:jvzS8Ad2



     マスター以外の人間が全員目隠しを付け、バリアジャケットを展開する

     デザイン如何に関わらず、ローブが似合うよう配慮している辺り全員筋金入りのようだ

     そしてデバイスを揃いも揃ってエネルギーブレードタイプに切り替えている

     色はそれぞれ好きなようにしているが、青か緑が多かった。曰く「黄色はマスターだけの色」だとかで、
      赤色は御法度だそうな
 
     そして全員が準備を終えると、無造作にマスターは訓練用のスフィアを起動した

     無作為に飛び回って魔法を放つ練習用の敵だが、出力は有るので防ぎ損ねると普通に痛い代物

     回避や防御の練習で使う一般的な備品であるが……言うまでも無く、普通は目隠しして対峙するものではない




          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |      じゃあ30分間頑張ろうか
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ     ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ|             7  ∧ |      一発でも当たったら抜けて瞑想に入ること
           | |   ',      、       /  ,'   |
.            レ∧  ハ     r ァ     /   ,   |      私は瞑想してるからね
           / ',   ! ` 、       イ   l    !
.           |  !  | ハ .| `=  - ≦ |_|   |     |       「「「「「はい、マスター」」」」」
.            |  !  _ノ/〈     /´`\ゝ、|    |
            |  !_、ノ::::/  \_,、/    /::∧`..、  |
      _,、-ー‐.."´:::/:::::::/   /´;:;:;:;ヽ     /::::::∧:::::::`:::ー,-...、
     /::::::::::i:::::::::/::::::::ハ /i;:;:;:;:;:ハ    /i::::::::::∧::::::::::::::i:::::::::'.,
      i::::::::::::}:/::::::::::ノ! ∨ .〉ヘノ  ヽ_//:::::::::::::::l:::::::::::::/:::::::::::',
      l:::::::::::::',:::>::/::::ヽ  ./;:;:;:;:l     /\:::::::::::::|:::::::::/::::::::::::::::i
      i::::::::::::::∨/:::::::::::::::∨:;:;:;:;:;:l   /::::::::::::\: ̄:::::ソ::::::::::::::::::::!

839:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:53:36 ID:3N3EIxY.
あー、赤は駄目ですよね赤はw

842:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:53:46 ID:k.taELB2
赤御法度w
でもツインブレードはええやろ…?

843:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/25(土) 23:54:30 ID:yN.uywUI
赤はまぁ…www

849:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/25(土) 23:58:52 ID:jvzS8Ad2






     スフィアは不規則に飛び回り、魔法を放っていく

     生徒一人につき最低一つ。多い者では三つを周囲に旋回させていた

     放たれるのは間隔も場所もまちまちに調整されたレーザーのような熱量攻撃魔法

     本来なら目隠しをしていれば反応など出来ようはずもない攻撃を……彼らは回避、或いはブレードで
      斬り飛ばして対処する

     理想は立ち位置は一切変えず、ブレードで斬り飛ばすのでは無く紙一重で回避することだとか

     外から見てたらもう狂人の集団にしか見えないだろう。剰え、攻撃は時間が進むにつれて頻度が増し、
      より回避しづらいよういやらしさを増していくのである。もう変態と誹られても文句は言えまいて

     危なげなくこなす者、危うげな者など練度に差はあれど、最低でも15分は耐えるが……





         マヘ        |: :l|                   |! :|           //l!
          マヘ       |: :l|                   |! :|          //: :.||
             マヘ.       |: :l|                   |! :|         ///|: :||
            マ/::ニニニ|: :ll ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ |! :lニニニニニニ ///: :| |l/
            l 「 ̄ ̄.| l|                  |:: ::|     .|! :l      ///: : : : .!/./´
            | |    | l|                  |:: ::|     .|! :|   ,// .|l : : : :.//´
            | |    | l|                  |:: ::|     .|! :l ,///| ||: : //:´:!
            | |    | l|_____________| : ///: :| |l//'´|:::::|!
     __     | |    |_ィ:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::::://: : : : .|//   . |:::::|!
      // !\     | |     ./:/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l |: :!!: : : : //,    |:::|!
.     //::::|::::!:\  .| |    /:/ || : : : : : : : : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : |.l: :|l: : //  ,ィ    |:::::|!
    //!|::::|: :l::|::;:\ └―./:/ l l| : : : : : : : : : : : :|  |: : : : : : : : : : : : |.|: :|l//  /!:!    |:::::|!
.   //::::|::::|:ィ==========/:/ l l l|______|_|______| !//  /. : !:!    |:::::|!
  //!|::::|: :/三三三三三/:/,l l l l|______________l/  /. : /|:|   |:::::|!
. //::::|::::|:/三三三三三/:/.l l l l/! __________     .!  ,.イ. : /: : :!:!    |:::::|!
//!|::::|:: /三三三三三/:/ l l l l/::| |「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||     |  |::|/..: : : ::|:|   |:::::|!
/::::|::::!:/ニニニニニ /:/ l l l l/: ::| || 「 ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : :||     |  |::| . : : : : : !:!    |:::::|!
::l: :|:::l/ニニニニニ /:/ l l l l/ : : | || |__.|―─┐: : : : : : :||     |  |::|.:: : : : : ::|:|   |:::::|!
::l: :l::/ニニニニニ /:/ l l l l/:: : :::| ||: : ::| ~~~~   |:: : : : : : ::||     |  |::| : : : : /}:!    |:::::|!
::|: :/二二二二二/:/ l l l l/:: : : :::| ||: :: :|_____.!: : : : : : : ||     |  |::|.:: :://|:|   |:::::|!
::|:/二二二二二[_].l l l l/:: : : : :::| ||: : : : : : : : : : : : : : : : : : :||     |  |::|://.: ::|:|   |:::::|!

857:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:04:09 ID:la9NfCs6




    やはり、どうしても途中で当たってしまう者はでてきた

    一人の年若い生徒(当人達はパダワンを自称するとか)が脱落した

    一発防いで振り抜いた所で足に当てられてしまったようだ

    とはいえ、普通に考えたら15分耐えただけでも強敵だが。完全に目隠しして無音で浮遊するスフィアが相手だ

    普通は一発目でアウトになっていなければおかしいのだから

    彼は膝の火傷後を擦りながら、情け無さそうにマスターの元へ駆け寄って頭を下げた



              -、、
               _ ヽ\
       、   _ -‐´ `'  `´ ̄ `  、
       .\ ̄    r ,          \
         ー// レ     A     ヽ lヽ
         ∠イ  /   /_i__l l _」_l__i  ヽ .i
           // l  r 7l/l / l, イ/ヽl` i l |
           /'l  l  l, / ´      ヽl l |
            |/l ヘ ト、l ミ=-    ー='ノ/ /リ.l      ……おいで、パダワン
.             ヘ| l` l`   '   /イ l |
              l .l  l゙\  ` ´  イ  .| |      大体予測してた時間だったね
               l .l  l   r≧‐__´l,、.l   l |
.           r-⊥/ /-ァ,l  r‐i   l/  / |
          ∧=./  /:::::l_ , <Yゝ、 /  /、_ .l
          //:/  />:´| <,介、>/   /:l、:`::ヽ、
.         i":/  '/:::::::|/`\,/   /‐´:::゙ヲ:´{
        // /:ヽ::::::::l:::::::/::/   /」ヽ::/::{{r=.、
.        |/  /:::::::::::ヘ::::::l:::/::/  /=ュ:::Y::::::::ゞゝイ
        /  {::::::::::::::::ヘ:::レ::;/ /::::::::::::l、::::::::::|L_{
         l   ∧:::::::::::::::::\<l /::::::::::::::::::} ヽ:::::::: ̄ヘ
       /| /::::}\::::::::::::::::〉|'::::::::::::::::::ノ  /ヽ:::::::::::::ヘ
        / .|/|::::::::::!:::::::::::::::::::{:::::::::::::::::イ  /  ヘ_:ム::::::::ヘ
      i  {' |::::::::<、:::::::::::::::::}::::::::::::::::/   /    /::::::::::::::::〉
        l  .|:::::r〈`ー-,、_:::::〈:::::::::::::__:> ./    /::::::::::::::::/
      l  |::::/:::`':::L_[ ̄] ̄::{_ム'   ャ==、、::::::::/
     , ヘ l  |/:::::::::::::::::::::::::T:: ̄::::::::::::ヘ  /:::::::::::ヾ∨
     /:::::ヾ、/:::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ヘ<r 、:::::::::::::>'

865:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:10:18 ID:la9NfCs6




    赤毛の少年が涙目になりながら、師の隣に腰掛けて座禅を組んだ

    魔力の読みが甘いからそうなるんだよ。もっと集中して? と言われ、ただ自分の実力不足に恥じ入るばかりである

    この少年だが、別に若い内に育てなきゃならんという原作のオーダーを適用して引っ張ってきたのではない

    フォースに導かれる才能があれば、年齢は関係ないというのがエピソード6を見た彼女の感想であり、
     彼女のオーダーでは新生ジェダイ方式の掟を採用している

    彼はとある不幸な出生故管理局に引っ張って来られ、保護観察下にあったのだ

    そして彼女は似た境遇である彼を哀れみ、才能があったことも含めて目をかけてやったという話である



                \、
       \ー-...... _    \:.、    ヽ、
         >―...、:::: ̄ ̄\ヽ::`::...、   |ハ
  ヾー―:::::´:::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::ヾ::::::::::::ヽ. }::ハ
    `ー-、_;..ィ―:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}'::::::}
     ,.ィ:::´:::::::::::::::::/`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::‐¬:::::::´ ̄`ヽ
  /_> イ´:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::¬::::ヽ:::::\
./´  ./::::::::::/:/:/::::::::/:::::/::::::::::/::::::::::::∨::::\:::::\__
    ./:::::::::::::/;イ:::/::::::::::;イ:::::;イ::::::/:∧::i!:::::::::::∨:::::ハ ̄ ̄´
   /::::;ィ:::::/':/::/;ィ:ア7>く/:::::://.__ }:ハ:::::::::::::!::ト;:::ハ       うう……すみません、マスター……
   //./::::::::/:;イ:::::. f´ ̄ヽ./::::;イ..f´ ヽ.ト、|::::i:::|::| ヽ::|
  ./'  /:::::::f〃/::/.弋_ノ../ /'弋__ノ:::!:::;!::::i!::!::|  }'
    {;イ:::::{.| ,|:/{    /´       Y:/|::::ハリ:::!
     |::/,ゝ..|'_ヾ        '    }イ::!:ハ:::/
     |/ VVヘ圦   u.  ⊂ニ⊃    从/ .}/
           }ィ::\         ///'  |
          {ハ::|`ヽ     ,  ´
             /\ `ー 7´
              /:::::::::` ̄¨:{

867:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:11:13 ID:3HWhYu/E
エリオォ!

868:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:11:47 ID:WBKGsqX2
お前かぁ!www

869:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:11:51 ID:GLJ2YvgI
エリオがフォースに落ちてまうw

877:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:16:08 ID:la9NfCs6





    師は笑って弟子の至らぬ部分を許した

    ちょっと失敗したり弱音吐いただけで「忍耐が足りん!」とキレる緑色とはやっぱ違うな!

    赤毛の少年は優しい師の励ましを受けて気を取り直し、座禅に戻った

    ……環境が激変して不安な中で美人なおねーさんに引っ張り込まれたというのもあるが……

    見事にドはまりしていた。このまま成長したら、実に立派なジェダイナイトになることであろう




           .                -‐…‐
                     /         `ー‐…- 、
           .          / / ./         ヽ ̄` 、㌦
                    / ./ //   ,、 i  ',  ::. ` ヽ`.
                   ’i __LムL_/ / ', .| | j i ヽ|  ヽ ヘ
                   :| .lイL从L.i  |丁尤卞、|!  ヽ}ー-
                   ir ! .任 らハ!  ij芯心x| イ.| }.l
                   |{ |  迅__リ     ら j灯イ.| ,'| /リ.
                   |.`!  ト     ,  `゚¨ツj  レ j/       ま、そう気落ちしないでね
                   l !  ト、   、 _   イ|  |.|
                   | λ.|::.,      ィi j ノ!l         エリオはまだ若いから、どんどん伸びるよ
                   | j i .l.,ィト、` -  i、 .l.| ノ ハ.|
                   |ム! |ヘ `>< }込、i  {. i|         私だって最初から完璧ではなかったし
           .     ,ィチ三ニl. 迅, /、У入!ヘニ.!  |>..、_
           .....  iヘ三三三j  }ニ∧くノ_」∧ニ>|  |三三.ハ       気長に行こうよ、気長にね
           .....  |ニヘ三三ノ ノ>'ニヘ-‐-jニ`< ヽ ヽ三ノニ}
           .....  |ニ 〉'´/{ (く三三ヘ三j三ニソ三}  マ{iニ.!
              ,ィ|三jハ.ハト、_ゝァ<三ヘノニ/==ヲ'} ノリ.|iニト、
             { l.|三l| {三三三三三`ヽ{く三ー'‐'ム'ニ.} |iニl.| }
           .....八l.|ヲノニ!三三三三三三 }三三三三ニj. li_ l.|ノ
             |.`|」iニハ三三三三三ニoi三三三三 ヲニヾ」'
             l {'三三 }三三三三三ニj三三三三イ三三.〉
             l |三三ニ!三三三三三 {三三ニ_/ {三三ハ
             | }三三 {三三三三三ニi三三三三 !三ノニ}
           .... |.ノ三__込三三三三ニo}三三三三.}/三ニ:.
           .   |ヽ三三`ヽ}`ーrt--===i===rt‐.テ"三三ソ
           .  | 入三三三\ー----L_」--一/三三ニイ

878:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:16:58 ID:NEYXnBvs
洗脳…(ボソッ

879:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:17:17 ID:60mkDR4w
がんばれ♪がんばれ♪

888:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:24:25 ID:la9NfCs6




   見る事もまた修行になるからねと宣言し……徐にジェダイマスターはスフィアを七つ出現させた

   会話の間に鍛錬を終えた他の面々が、やっぱ我が師ながら変だわあの人、という顔をする

   他の常識人から見たら変人にカテゴライズされる面々からしても、七つは頭がおかしい数らしい

   結果? 最初から最高速度で繰り出され続ける攻撃を一時間、ただの一度もライトセイバーフォルムに
    魔導杖を変形させることなく凌ぎきり、弟子達に師の偉大さを見せ付けたそうだよ

   その際、おきまりである「お見事に御座りまする」という賞賛に、ジェダイマスターは密かに満足感を得ていたとか


                                    , -――ァ
                        __           /   ,ィ´
                ,. -  、   ,    ´      ` ー<⌒/ /⌒ー―: ... _  ィノ
            / 二ニミ、v'                 ヽ               /
           , イ=―-、  /   /   _            、   `  、__彡'
         /    .:::::∨   i  /                  V   へ  ヽーァ
.      イ      .:::::::::::|    |   i  | ! i i /ヽ  i  i ハ    ヽ  ∨= 、          _
     <__ ,...斗ェ七ニ:|    |   |  l ! l | |   i !| i |  i     ヽ l    \         「∨∧       じゃ、ちょっと師匠として
         i /   .::: i    |  丁 T抃ト、l l:|  |_」LィLL  l      i\,ィ'⌒゙ \     /⌒i ∨∧       お手本を見せてあげようか
          |:/    .:: ハ   .:|   | 斗==ミ 八!  /ノ比从ハ j    i   |  \ ィ'⌒i__  /⌒' | /∨∧
.        /      ノ   V'¨Y  代r':::jっ    'イんィハ / /リ  i   |  :!    `>‐ミ ヽ__| /  ∨∧
       /    //   :〈 イ!  圦zイソ     ヒ:ソ ムイ ,   ハ  リ  ハ   〃 〇 Y i__/    ∨∧
.      /    / /   :/ ヽ_|  ト               / :!/i / ! /i /\!  .」!   ハ l          ∨∧
      /  / :/     .:/    !   |          ィ   /  i !/:  レ !/i  / 八. _ ノ ノ           ∨∧
      ゝ イ  / /   .:,   r<|  |      ーァ   イ  :|  i   l  | /> イ>―‐く_            ∨∧
.       /  / ,    /  / :|  | ヽ      イ 、|   !   |   | .:|:/  /二ミx、_| i         / ̄/
      /  / /   /  /  |  |ゝ __` r ´  \|  :|  |   |  :i   /  / ̄ヽ ヽ!           ∧∨
.     /   '  '   /  人  |  | / | 厂ヽ    「ヽ. !  :   |  ハ  /  /     〉:          ∧∨
      ,     /   / /   \:|  |./  l|二)ハ:\   |  ∨、  .::  l   .:.:∨  /    :/ |        ∧∨
        /   , /     `|  |   ll∧ Vハ::::.  ト、 ∨`ー<.::ヽ   /  /     :, |      .∧∨
.      i   /   :/         |  |   l|::∧ Vハ:::::V  \i     ∨.::\/  / ,   :/   !       .∧∨
.      |  :/  /\       ヽ. !___」o(ニニニ)o\―‐-、.   |\.:/  / /  :/        ∧∨
     { :/   :i   \       Ⅵ   /:::\∧ V:::::/:::\  、   ハ.:: /  / /  :/\  |       ∧∨
     | /    |    ヽ      /  ∧::::く:::`ー\:/::::厶ィ\ ∨ ! / / ̄ ̄ ヽ/   ヽ|      ∧∨
     ,イ    /:|            /  / ̄ ̄丁≫x:::\/:::::::::::::\i  l/ / / ̄/7^' \.: |     ∧∨
     |    / |             /  /:::::::::::::::il::::::::::≫x}:::::::::::::::::::ハ / /_/  / /\   \|     ∧∨
     |:   / /|          / ./::::::::::::::::::||:::::::::::::::::::::ヾ:::::::::/_斗= v'  / /   ヽ /   ∧∨\                       ここまで

891:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:26:57 ID:Nn3r3qJE
乙美事にございましたマスター

892:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:27:09 ID:vBKjV1Jg
乙www

893:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:27:09 ID:ax37EKRw

896:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:29:34 ID:FtNPXe5k

お見事に御座りまする。マスターゾンビ

898:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:30:23 ID:la9NfCs6






                           ,、
                          /  ヽ     ミ  v  ヽ
                    /  /  ,            ヽ    ',
                        ,′ ,       ,ィ       ヘ       誰かにとってこんな筈じゃなかったテスタロッサ執務官補佐
                 ,′  .′./ __〃_,',' / .i i! ',.  ', .、 ヘ
                  r ,′ 从l 从 { !メ  }/_! :|   i  :\ ヽ     
                    i  {!i  :xォt=z、   / / 刈   }  i i `ー‐
                    |  `|   i 弋::::ソ    ,xzォ、,iリ  ノ .:| !       現在18才 聖祥学園高等部三年生 現役JKだっつってんだろ!
                   !,' ::|   |        ヒソ /   イ  /レ
                /  ::i  l    、 _ '   イ. イ i /         学業の傍ら、正規執務官を目指して努力中
                   7  .::|  i. ` 、    .イ |  l. レ
                ⌒ ヽi|  |   〈   ..::ノ  !  !             現在は勤続年数と試験の兼ね合いで執務官補佐職についており、
               ′    :  l     ` ーュ ¨ ヽ ',              有能すぎるが何か怖い……という目で海セクションで働いている
                 : i  トュ,      マ! 、 ! ,              執務官から頼られつつも、ちょっと引かれている
             i       i l  l:”"''*、 ヽ,  ,マ!*+i ' _
             |      ,.::i  |:::::::::, 斗、!イ、:::::, :´: : : : :`ヽ        元一人ジェダイオーダーにして、現ジェダイオーダーのマスター
             l    , :::l  |:::::::f 彡芥ミ,,〉/ : : : : : : : : .ハ
             / !    , .:::乂 リ.::::::::¨:::ノ,イ:|ゝ/: : : : : : : : : : : i       ほとばしった若いロマンが行き着くところまで行き着いてしまったらしい
             7 .     i::::、:::::::::::::::::::::〈/:::i !:/:ヽ:. : : : : : : : : :.|
          , i     |\ ≧=--=≦::::::::!/.: : :l: : : : : : : : : : i       尚、出世しようとしているのは「その方が公認団体になりやすいかな」
             ,      .! : }::::::::::::::::::::::::::::::,: : : }: : : : : : : : : : !        という今後の事を考えてのことである
           i i      ,.: : !::::/:::::::::::::冫:::,.: : : :,: : : : : : : : : |               -‐‐-
           |       , : :丶:::::::::::::/::::: i : : : : :.,: : : : : : : : :.i __. .-一: : ̄: : : : : : : . `ヽ
.          八 '    ,: : : 〉:::::::::::::/: ∧: : : : : i : : : : : : : : : { : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ
             i    , : : : .',::::::/::::::.i : : : : : : :.・ : : : : : : : : .i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
              i    ,   : : : :.i:::::::::::/::::} : : : : : : : ヘ : : : : : : : : i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
.            i    ∧  : : : {::::::::::::::イ : : : : : : : : :ヘ: : : : ___::〉: : : : : : : : : : : : : ._.`ヽ. : : : : : : : : : : : : : `. 、
          }   ,' ゝ、._:_:_:_{::::::::: 〃 : : : : : : : : : : r '' ´     i : : : : : : : : :_. ≦     \: : : : : : : : : : : ; 一
      _ _   ,   i ,ィ==-}///ハ:::::: λ.: : : : : : : : : : : : ,       l : : : : _ ≦           ヽ : : : : : : : /   `
.  / ァ-、 ヾ  ソ  .l/////,≧爪.{:::: {;;,ヽ: : : : : : : : : : : :.,    : : x≦                 \ : : : /        \
.  `¨   ゝ      .ノ  ̄.////´i マ:::{;;;;;;;ヽ : : : : : : : : : ∧     i                      ` 、{

900:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:32:33 ID:GLJ2YvgI
到達しちゃったのかフェイトw

904:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:35:30 ID:NEYXnBvs
乙ー エロインだけど… それ以上に技能が恐ろしいw

905:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:36:13 ID:e13WDFU2
弟子入りする際に弟子の額に貼り付けた小豆のみを十文字に切り裂く儀式でもありそうなオーダー。

906:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:37:04 ID:la9NfCs6








                   ___
                 。o≦       ` .
             -<            __  \
      __∠ 斗 _             ヽ
      '⌒ /  /               ヽ  ',
.       _/,   ′ /  /    i l   V:ハ
     ⌒ア   {  '   ィ  ィ  | ┼‐{- | : |  i         根気が良く面倒見が良いので人望もあるのだが……
.      '    V {   斗-ォ ト  ト、{ ハ | : |  }    
        i  '   Ⅵ// { /ハ{ \{ィチ示ミ | : |             その独自流フォースの運用による先読みの正確さから、同僚や
        |i i:   i l  ,ィぅ笊㍉    乂ツメ| : |  {         上司からは「何かおっかないもの」として扱われており、更に
        |l |:   { 八 Ⅳ Vツ        , ,| : |  {            ジェダイ騎士団がちょっと宗教染みてて周囲からは尊敬
.       И八  {  } 乂, ,    ,     ハ: :|  ',           されつつも引かれるという微妙な扱い
.       }'  )八 |: :込、   、 ノ  .イ^ }: | : : : .
.              }) | : :}「 ≧s。  _ ィi〔 } {: :{s。 __ : :∨)=ァ、_    気が利いて乳がでっかくて美人とくれば人気もでるのだが、
           }.。|: : |:「V  「⌒i  } } ィV:{^Y 「r</ィ / }^y    その能力のせいで「恋人にしたいランキング」と「恋人に
.          ィ / | : :| } v V {  ,ィ⌒「{ V:ハ{  i } ゝレしイノY     したくないランキング」両方で上位ランクインという
          {  { j: :/ノ / ≧=-=≦ }  { ',}: }{  lノ  { {  },ノ      扱いから、局内での評判は自ずと分かろう
.           V: / {  / 〈 _」L ___j  } 八: {.v〈^\_i__j_ ィ^y
.           v /: / ノ ,厶´ ̄ Y  ̄ ` <〈iト、 }/  /  {   /
.          ノ ,イ < ____ { ____  >: :V  / i }  {     戦績は本局勤めの執務官を補佐していることもあり、
         /:{ / '  /   '  `⌒´   ',. . . . ',:v'  ,  } ,ノ      最近はキルマークを稼げていないが、昔と変わらぬ
.       /: :V / ' . . . .   . :i: : : : : : : : : i: : :}: :} / /  {        命を捨ててるとしか思えない剣術は健在……どころか
      /: : : {. :{: :{: :{ : : i: : : : :l: : i: :|: : }: : } : ,: :/ { {   }         冴えを増している
.     /: : : : ト、:.、',i : : l: :i : : |: : |: :|: : : : ,: :/ イ / ,   ノ、
     /: /: : : } 个o。.乂 _j_ L: :_j_:_」_.j: :ノ: /: イ/ /     /: : : .     25人のテロリストに半包囲された状態から、攻撃を避けながら
.    /: /: : : : 〉.:j: :ノ/  ̄: :⌒> --: :⌒  ̄ }、 { ' /   /: : : : i      “歩いて間合いに踏み込んで”全員叩き切った、というのは
   /: イ: : : : :{: :{ {〈  i  : : i: : l: :i: : i: :i : : /. .\ .′ イ: : : : : :}       前衛ポジの中である種の伝説になっているとか
.  // {: : : : ∧:.V: 〉   i l: : |: :|: : l: :|  {: : : : : :ー彡: : : : : : :'
 /  八: : / : :〉' /  j  | l  | l  l {  V: : : : : : : : : : : : : /
.      \: :/ .:′ /   | {  } {  {  ', \: : : : : : : : : : /

907:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:38:12 ID:NEYXnBvs
> 上司からは「何かおっかないもの」として扱われて
> 両方で上位ランクイン
これ以上ないほど残当

914:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:41:53 ID:la9NfCs6






                                尚、彼女の率いるミッドチルダのジェダイ達であるが

                                その戒律は申請ジェダイオーダーの内容を更に柔軟にした
                                 ものである
       , r- 、  , r- 、  __
     ∠__ ヽヒ'>”´ ̄   ̄`" ::、          理由は「何か締め付けすぎて壊れた気がして成らない」との
     _.r"´ ̄/          -::、  ヽ    _     原作を読んで当人が抱いた感想のためだ
_, r "´ /  |// .,   、 、 へ, .:i   ゝ/´  `
  ̄`" 7 , :/ :i  |i A  i i . ハ   | 三iト`ヾ、      恋愛自由を始めとし、愛はむしろライトサイドを強め
    , イ /  :|  |_| i | |: | | l:i .|  |彡|i:;:;:;:;:;`:; 、    ダークサイドを退けるものである
   ∠ム|,ri  , | 丁|_!|`!| r十十!ト、|  :|彡|:|:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ! | ,i| ヽ :|"鬥i'   'T于ミr、|  :|彡|:;:;\:;:;:;:;:;      だとか
       ;リ | i|.\,込l    b::心 >|  |´`ik:;:;:;:;:;`i 、:;
       /;ム-|リ|  |`  、   ┴--! |  :| / `i、:;:;:{  `    怒りは発露させず、心に貯めず、足下に押し込めて
     ´/ //|  :i、  _     彡|   K´   | \|       戦うための礎石にすべし
     / // :|   |,ゝ   ̄  ,/:i  :|う`i  :| :i
    :/ :/  |  |,/` -. イ:<:|   :|  :i,  | :i       みたいな標語が色々……
  /  /, r ┤  |i  >´,|`""|   |   }  | .i
 /   /:i'  !  i | /::::/::辺i i|   |i   /`ヽ、| .i      っておい! 覚悟の方まで読ませてんじゃねぇぞ!!
    / :{ / ,r'" |/:::::/::.///:|   |:i  /    `ヽi
   / /´ r ' "´/゚!こつ。イ__  |   :!ヘ/
  /  {  ,イ  /メ|/´;:::キ  ̄ゝ   \
 /  :i´ゝ!/ /i´::::::|'"´::\|   |\   :}
   :| / /`ヽ;i::::::::|:::::::; r::|   |  :) :ノ
   | ://::::::::::::::::';::::::|r'"-ー:|  | i',r"´
   | i/ゝ,::::::::::::::::::\|::::::::::::::::|  |  リ

915:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:42:49 ID:GLJ2YvgI
身内のお兄さんと一緒なら可愛い女性で居るはず(震え声)

916:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:43:08 ID:21QX9/EU
乙―

テロリストもトラウマになったんじゃなかろうかw

917:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/06/26(日) 00:43:54 ID:2Ydfo64g
混ぜるな危険w

918:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/06/26(日) 00:45:18 ID:la9NfCs6

                      __
                      \  ヽ
                 ,. - ――    \-― - ..
                ∠ __ ,.イ  > ´         `'' <
                 /   /           -、 ヽ\
                    /  ./    ,     ',  ', ',  ',  、
               / ..ィ  / ../ ./  /j/!.  i | i |  }  i  ',
                 // i  i  .i / ′|~~.| ! | | | .ハ !  |   ,
              ′  |  | i .|斗 大ハ{  }斗从--j/、 ,  !   }
                 |  iハ { マ"沁   j /,イ沁ミ.、/|/  .,
                 |ハ | .N |、 ヒソ   ′ .iJ泛 》 ,   /   .′
                 j  Ⅵ .ト! ,,, ノ  ,,   ー''/ /  .ハ  /
                    } |.ハ   __      /イ  ムノ  {
                    | | i:、 ‘ ´     ./   /   |
                    | ,: ! iヽ     .ィ/  / i   ',       __
                     j/  八≧=r     ′ ,  {   :',     /}/,Y^ヽ_
                      //  /-ーァァ-}  __{   {ァ-- ..、.  ',   .//-マ-H,-}ミ!     余談
                 / / _.ノ ´彡′` ´  !   レ''   \ ヽ  {//ィ--'、.{ し!J
                 / > ´ ̄  乂 .∠´ _ .人.  \ ,    V \j////|    !      誰のためかも、誰を真似してかも
                 /,ィ ´      -= 三      \  \     !  }/////!     !       よく分かんないけど
             ./ / i       --== --      \  ヽ  i  ハ/////! _ .!
            .′ .{     ___,,:___         ', . ',.  ', / ヽ///{'   ヽ}      実家では似合わないことを自覚
             / / 八 /´ ̄    八    ̄ ` <     .} .i  !   /    `¨i >--<       しつつもホットパンツを愛用している
           .i /   ゝ __    ´  `       ヽ  ノj/| ′ .′     ′            そうだよ
             j/     ,′   /       、   }..ィ  ハ.j/   ,     .′
                   i    :′         ̄ヽ .イ ',   i                  いじらしいね!
                > ´ }    !           У   ハ  {       ,
           > ´    !                /    ∧  !    /
          ''´       .,              ,イ   i    、.     /
      ∠__        ノ|              {   .|    ヽ.__ ィ
    //////ハ  ,,..  イ  .!    .i             V   |       |
    }///////ソ´      }    j               ヽ  |:
    .ム/////,Y         ノ!                ∨        !
    {////,ハ/ハ     _/           ,         }.   i
    .!/i//,: i~~i   __}///\i        /     __,ィf∧  i!  ./  ,
    .ト{~i~~! し   _ノ///////}、    r--'―===≦f/////,ハ | /  ノ__
    ヾ.ヘ_}    ∠////////ハ ` ̄ ̄ム @/////////////∧=ミ<::::::::::::::>
         /  `''乙/////∧   ////////////////////,::::::::::}::::::::::/
        /      `マ////∧_.イ////////////////////|⌒ヾ:::::::Y
                 \///i/{////s乙ノ人从ノひミ///,! i  \/
    /             ヾ/ハ/V,/          `^~メ{ |   ',\
   /                },z.イ′              i  ,   .}::::::.、

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する