魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その5

982:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 12:51:49 ID:BzUcVNSg





                 魔法管理職りりかるまねーじゃー

                         もとい

                 魔導砲兵サブカルなのはSoldiers






                      |ニ/     `ー--一'´     マニニ/
.                     |ニ′               iニニ|
                    _ .|li{、     、           _}三|
.                   / `|/´  __   ',  ,        マニニ!
                   l 入! ´ ̄ \ 、   /     ,,、   il/´ヽ
.                    l  |.  ヘニ`'≧、 '、___r≦、ァ、 ヽ /i′i }
.                     ヘ_/!   ` ̄´ /    \ ̄´    !l|) /      どっちも魔法適正無いんだがな
                    /lll|、     /           ,,/l|-′
                >/´:/ム!| i    /       、     r´/ニ|}ヽ
           > -‐ ´  ./:::: i ムニ}   ,,- ‐≧ヘ__,へ〉    /三| !:::ヽ、
     > ´ ̄    _>/::::::::|.ム三`≦二ニ>-‐‐-<ニ≧、__./ニニ!.|::::::ム ≧ 。
     ___ r ┬ 7 ̄/ /.//::::::::::|ム三三/ ‐=ニニニ二ニ- 、 `ヽニニニ||:::::::::ハ 、_ _ _ ≧  。
     /// / / / /./ ム::::::::::| ヾ三三≧、 `フ三ニニ-‐   ノニニ/ム:::::::::ハ i |`l i |`‐- ___
      /// / / / // i ム::::::::::|  \三三三三三三`ー≦ニニ./ .ム::::::::::::ハ| | | | | | | | | |
     i i !  | .!/ | | |ム:::::::::::!.     `<三三三三ニニニニ/  ./:::::::::::::::::ハ | | | |、| | | | |
     | | ! .|___|-┴`ム::::::::::::|      `ー=======一' ´    ./::::::::::::::::::::::|人|| | !| | | | |

983:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:52:51 ID:5D11GY.g
ヒャッハー!

984:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 12:54:40 ID:BzUcVNSg





     さて、この御仁だが長年陸の兵力不足に嘆いており、色々と対策を講じようと胃を痛めていた

     増える犯罪率、戦死者が増えるにつれて輪をかけて進行する就業年齢の低年齢化

     海との確執も激しく、剰え緑っぽい宇宙要塞の方をホームと感じているのかミッドの本局に
      じぇんじぇん興味がないのか、いざという時に護ってくれるかも若干あやしい関係……

     これら全部ひっくるめて、物資資源予算人員全部絞られながら対処せねばならぬのである




             _,.ィ7777777777> 、_
        _,..</\/////ィ7 ̄7>、/ ∧
       {///7777 ヽr77////////////!
          ∨////////ィ'''''´ ̄ ̄ヽ////,{
          ∨/!´ ̄ `   ,    、 {///∧
         ∨{      /  _   { ∨//-'、
         |/l   - 、 {_/_,.ィ  {//ィi }
         }/{  -r-。,=-、_`ー゚' ノ ∨/' /
         ∨!   ¨ { l }     /∧' 、__
          }ハ__ j  l ヽ __///∧ /}::::\
        _,.. ////// '=-=- '///////// , !::::::::} ̄ > 、
     _, <  {//////, -――- 、ヽ//// / !::::::::|       `> 、
  _/      \/////777777///// /  j:::::::::{
 ´       _/::::\//////////_/ /   /:::::::::|__
     > '´ /::::::/ \  ̄ ̄ ̄´ /    /:::::::::::l i i i i i` <_
  > '´i i i i i /:::::::::{ <\ `丶、_ / /> /,:::::::::::::| i i i i i i i i i i i
´i i i i i i i i i i,:::::::::::::|、 \> /三三\</ / ,::::::::::::::! i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i i/::::::::::::::| \_/三三三/\_/ l::::::::::::::| i i i i i i i i i i i
i i i i i i i i i/:::::::::::::::::!   >---- く     /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i
i_i_i_i__,イ /::::::::::::::::::::!  /三三三ニ〉   /:::::::::::::/ i i i i i i i i i i i i

985:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:56:31 ID:gX8P2YAQ
(´;ω;`)ブワッ

986:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:57:04 ID:5d4GDpqk
ほんに可哀想なおかた……

987:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 12:58:51 ID:BzUcVNSg




    酷い無理ゲーである

    天帝難易度でパンゲアの中央に配置され、周囲にはシャカ、アレク、ナポレオン、モンテに囲まれているようなもんだ

    無理ゲーに挑む人間の脳内は、中々面白い思考に偏りがちであり、この御仁も一時期は結構狂っていた

    あの人型核弾頭が3つ生産され、ごめんなさい案件が来る前の話である

    無理ゲーを無理ゲーでなくするため、彼はチートの導入を試みた




                  _- -   ── ‐- -..、
               ,<.' "             \
              f´. ` 、___   ___ ,. . -‐‐  \
                 ∨    ,イノ ̄            ',
                ∨ヽ.  |      ,-‐‐‐-彡    |
                    /  \ |  / ̄  u   `、.    |
                 /     ヘ|/          /    |
             / u.  三三          ヽ  |彡   |
                 {_    三        _', /.     |
                |  \  l  L_-‐‐'  ̄   |/⌒}. !
              ', 《にフ> |   ヽ、に7.ゝ u.  |    |. ト、
                 |  / .イ    ` ̄´     /|.   | ./  `ヽ
                _|u.    ,ノ  ム_       \   |∧     >‐--,
            ,.'  ̄.  |   f´ ̄ゝ-‐″ `丶   u  ハ_,ノ ∧         >..
.      r-‐′     \ { l ̄`Y´ ̄`‐- ', u.   |. /   |            `>、
     /          .∧! | r-―─―┐l `、.    |/.    |              \
    /||.         | ∧ヽr'‐-----`ノ   ヾv-‐7!      |                / >、
  /||. ||            | ∧  ̄ 二 ̄   /   /. |      |二二二二二_ ヽ   / /  }
./  .||. ||二二二二二ni |  ∧`丶/\__/    /  |     |        ヽヽ/ /.    |
    ||. ||        /   ∧________/  |     |         | | ̄|      |
    ||. ||          /      j     只       /.      !          | |  |      |

988:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:58:54 ID:j0pgv55Y
苦労人すぎる…

989:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 12:59:39 ID:dTlAxJfk
胃袋「・・・ヘルプ!」

991:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:01:47 ID:gX8P2YAQ
なお、運営にBANされる前に超大型アプデに成功した模様w

992:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:02:24 ID:BzUcVNSg





    そのチートが、この胡散臭い年齢不詳のにーちゃんである

    色々拗らせた三人娘と負けず劣らずの変態であるが、そこは後で語るとしよう

    とまれ次元犯罪者とか大嫌いで排斥派の最先鋒がそれを頼るとか、余程追い詰められていたのだろう

    彼がチートを使って手に入れようとした物は二つある

    一つは海を頼らずとも、どうにか地上を護れ治安を維持する抑止力となる兵器

    もう一つは、陸が意図して“生産”できる優秀な戦力である





                   /:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                   /:.: /:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',
              ,.:′/:.:.: : /:.:.:.:.:∧!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.: i
                 /:://:.:.: /:.:./.:.:.:.:.:i| |:::.:.:.:.:.:|:::i:::ヘ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.:.l
             /:://:.:.: /:.:./.:.:.: : /:| Ⅵ:i:.:.:.:|:::l、:::ヽ、、:: Y:.:.:.:.: ∧.:.:.:.: : :l
               i:/ i:.:.:.:/:.:.:从/:.才メ、、!:.:|:.:.: Ⅵ \::::ヾ\:|__.:.:.:.:.i .:.:.:.:.:.l
               |′|: : ハ:.:.:|:.:.i:|: :;代ぇヾⅥ:.:._厶孑七气 ̄:リ:::::i:l:!::::!.:.:.:.:.:.:l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|:/ `ー‐' ∨V::. ィ丐ソ ̄>7:://i::/.:.:.:.:.:.:.l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|ハ      /  ∨:. ` ̄ ̄´ / ////.:.:.:.:.:.:.: l
                  Ⅵ| Ⅵハハi    /   `\     /イ//:′.:.:.:.:.:.:.:.l
               \ Ⅵ::::\\  〈          -=彡′.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
                 /才 : /:八  `ヽ          イ:/.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::∧
                  -=彡イ.:/:::/:::::::∧  、..__       //.:.:.:.:.:.::::::::::::: : ヽ::\
                // : /:::/: : :::::::∧   ...,,, ̄ ̄´ /才:::::イ::::::::::::::::::::::ヘ:::\::\
                  // : /:::/: :.:.:.:::::::::∧       ///:: //:::::::::::::::::: i|::::::Ⅵ:.:ヾ:.:≧=ー
              /イ: : ハi :.:.:.:.:.:::::::∧ハ、__    / ,':::://:::::::::::::::::: : lト、:::!i ` ̄ ̄
               |:.:.:i:::::|: : :.:.:.::::::::::∧     ̄´_   |:://:: /:::::::::::::::: ∧:::Ⅵ
               厶斗::::|: : : ::::::::::::::::∧     〉-〈i/∧:/::::::::::::::::::/! iヽく
       . . -  ´   |:::∧: : : ::::::::::∨ \    /!二!∨ ∧:::::::::::::::://  l  `  ..
  . .   "            ∨ ∨: : ::::::::::|:      / :!同!: ∨:::::::::::::::: //   !      `

994:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:04:22 ID:j0pgv55Y
ほんとどうしてこんなになるまで追い詰めたんだ! って感じw

995:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:06:35 ID:BzUcVNSg





     外からの外敵に対抗し、更に威圧感あるモニュメントをブッ建てる事で治安の維持を図る……

     一つ目のオーダーはアインへリアルと名付けた巨大な固定砲台にになわせる筈だった

     見た目はまるっきり巨大な46サンチ三連装砲であり、それをミッド周囲の稜線に三機配備するのだ

     ……正直威圧感より何か間抜けな光景であるような気がする

     その上、大抵の惑星をぶっつぶすような連中は静止衛星軌道より上から攻撃してくるのだ

     自転速度や相対速度に合成速度を考えると、地上からぶっ放して次元航行艦

     或いは人型かそれより少し大きなロストロギアであれば命中させるのは至難所ではあるまい

     例え便利な誘導術式を組み込んだ魔導砲撃であったとしてもだ




              _,.. -――--_、
              {7ュ<7 ̄7 ̄ィ}
              } ヽ-' ´ ̄ }__: :l
               l        トミr}
                  { ェォ  rtォ ヽ:.}、)
                  l / 、   ィ: !''}              あの頃は疲れてたんだよ……
                }ィゞii'wx、 /ミ{ノ}\_
            ,.. {i: ´_ ̄_`>´::i/ /::////> 、
         _,...</ィi\i_Y:_ヽ/  /::{i i </////>、
      ,.<//イi i i/::{ 介、      /::::li i i i i i i i<///>、
     /i i i i i i i//::/V/:::ハ.  /:::::/;;;;;;\i i i i i i i;;;;;;;;;;}
     {;;li i >'´;;;;;;/:::{ /::::{  `/::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<i i {;;;;;;;;;;l
     |;;;;;/;;;;/:::::{::::::l /::::/ ,/::::::::/:::::::`ヽ、;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;< ̄ヽ
     |;;;/´:::::::::::::::',::::|{:::://::::::::/___::::::::::::`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;\ }
     |;/:::::::::::::::::::::∨!/イ:::::::/:::::: ̄ ̄::::::::::::::{::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;从_
     l;{:::::::::::::::::::::::::∨::/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::<;;;;;;;;;;l
     l:|:::::::::::::::::::::::::::∨_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ
     |:|::::::::::::::::::::::::::::/o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::}

998:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:08:19 ID:j0pgv55Y
海が悪いよー 海がー

999:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:11:05 ID:BzUcVNSg





     だが、現在はミッドを見回しても、そんなアホな物の姿は見当たらない

     計画変更になって、結局ペーパープランから実装に移されなかった為である

     理由は定かではない

     宇宙からの侵攻にも対応できるようになったからだとか、SFオタに真顔で論破されたとか、魔女から超ディスられたとか……

     単純に頭が冷えたんだろうという憶測混じりの噂が飛び交うだけだ

     まぁ、実際はその全てだったのかもしれないが



            ,.....-―――-.....
           /.:.:.:.:.:.:.:.:/⌒\.:.:`ヽ
           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽ.:.:.:...、
          ′:/:.:.:,:.:.:.:.:.:,、:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:ヽ.:.:.::.
          /.:.::..′/.:/:./:/ l.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:ヽ.:.:.:,
       '.:.:.:.:!.:.,:.:./:./:/ {:.:.:.:.,.:.:.;、:.',\/',:.:.,
         l.:.:.:.:l.:.:l.:.l:./:/  v:.:.:l:.:.:,、: :',> ヽ!.:.:.     |
         l.:.:.:.:|.:.:|:.:!':/ \  \ト、ハ: :.';^ヽl:.:.}   _ 人 __
         l.:.:.:.:l.:.:l:.:l'三三     三三 l,:.:.:l:.:.l    `Y´
       V.:.:.:l.:.|.:.l       ,      j:',.:.l:.:ハ.    |
.          V.:.:.Vヽ|           ,:l:.:V:.:l
           Ⅵ.:.,、ト.   「 ア   ィ:.:l.:.ハ:|
         从:ハ:.从≧  _, ィ:.:从:.l/  l|
           __,r 、Vー"、   }‐从l_ `
          厂V//Λ   `‐-、 .〉 V/>、_
      ,.<ニニヽ /Λ   /|/介マ///〉ニヽ
     /二ヽニニヽ/Λ/`Y⌒寸 l///ニニ〉
      {二ニニヽ二二ヽΛ  V//} !//ニニ/ニ}
      |二二ニニヽ二ニヽ!   }⌒{ .j./ニ/,二|
      |ニニニニニ\ニニ|   |//| i/./二iニニ!
     |ニニニニニ|ニ`ー-|   |//| |´二ニニ!==|

1000:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:11:29 ID:gX8P2YAQ
レジアスさんフルボッコw

>>1000ならレジアスさんの胃が回復し、普通の食卓を囲めるようになったらいいな……

13:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:15:38 ID:jo8nH1Rc
ちくせう、ハヤテリックが良い顔してやがるw

14:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:15:42 ID:BzUcVNSg



     第二案は、変態による人造魔道師によってになわれる予定であった

     製造方法? クローニングだとか機械強化とかの現行法だとバリッバリ違法な物だ

     どうやってこっそり使うつもりだったのだろうか

     でっち上げた素性不明の優秀な陸士がガンガン増えたら、それこそ海から監査を食らうだろうに

     諜報戦闘で全部弾ける自信があったのかもしれないが……

     多分、これも頭がちょっと茹だっていたのだろう



                       __
                   . . : :´: : : : : : :¨: : . .
                r≦ア´ ̄: : : : : : : : :  ̄\\
                 /;|=7: : :/: : : |: |: :ヽ:.\\: `守ュ
             ./:/:|/: : /: : :/: : j:/i:.:|: |: : |: :|: : : |三〉
            /:/: :./: : /: : :.:|: : /イ |: |: |: : |: :|: : : |=∧
              /:/i: : i: : イ: :./:|:|: : :./: |: |: |: : i!: |: : : |7:.:.|
           |: | |: /|:/.:|: : ト从: :/: :/斗/!‐/|: |: : :/: : :.|
           |: | |: | !{: :ハ: :|fヘぅV/ >ャぅァ|: |:.:.:.|: : : ′
           ヽ| ヽ:. ヾ{:.:j从  /      /〃:.:.:|: : :|
            {  \:Ⅵ 八 〈        /' /: : : |: : :|
                 |: : :|\  ‐-    /: : : /: :∨
                 |: : :|: :.:\    イ/: : : /: : : :.\
                 /: : /: : : : :`≦zz./: : : /: : : : : : : \
                    /: : /:_:/ス「 ̄:/: : : :.|―<: : : : : :}
             r::::::::7: : /::::/イ I ∧::::{: : : : /:::::::::::`:..<:/
           /|:::::/: :./:/´/`ii´ |::∧: : : {::::::::::::::::::::::::`::..
           /::::::|::/: : /¨´/ / ||  j/  〉: : |、:::::::::::::::::::::::::::::>、
          /::::::://イ/  / /  .||     \: | \:::::::::::::::::/:::::::/
      ./:::::::/   {'   ./ /   |」      )  Y::::::::/::::::::::/
    /_; -.r'―――ァ  / / 「 ̄ ̄ ̄ ̄ \     j:::/:::::::::::::/
  .//  /  / ̄i.  / / ∧          \ ./イ:::::::::::::::::::{
 .:':/    P/    ヽ./ /  i  \ ○ ___/,/  |::::::::::::::::::::〉\
. |/   -=ミ<{       〉 |  |   `i¨「    ./ {!   |:::::::::::::::::∧、: :\
. {     .イ\    /|  !.  \  .| |    /  |  |::::::::::::::::::::::〉\: :ヽ
 !      |: ∧`ー ´  ヽ ヽ    \ V   /  /!   |:::::::::::::::::::(: : /): : }
 |      ∨:∧     }  }     `¨¨  ̄ イ〉:/!   |:::::::::::::::::::::〉//: :/
  ',      ∨i:∧    / /           /{: { |  |:::::::::::::::::://〈:/

17:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:20:30 ID:BzUcVNSg



     実際優秀ではある

     クローン元から魔法特性だとかレアスキルとかまで引き継げる上、実質サイボーグなので再生力も高い

     これが量産できたなら、ストームトルーパーも真っ青の兵団が編成できたことであろう

     姿消したり物質透過する諜報部隊とか、ただただ硬くて火力も出せる兵士の群とか酷い話だ

     しかし、世間からのバッシングとか露見した後のことを考えるとやはり……

     陸セクションお偉方全員の首が飛んでも足りなそうな不祥事だな

     まだ「人間じゃないから!」と言い訳できるプロテクトギアの魔導中枢のが数段マシである


                /    /              \
               /  , '7´                  ヽ、
                /  /  /                      ヽ
            i  i'  /               !、 ∧
             |  | /          /       |_V_| i   i   |
             |  i /      / /      l   | l!  |   i
             |  レ│     ,イ /!    ,ィ !   | ||  !   i
             |  |/! ,i  / ! / l   // /   .レ l !    !
             |  /´! i ! 7ーi/_ |_ / //  _,-‐´レ'    !
             | 〈  ヽ! | /ャ=r ‐テ、  '  ∠=テア/    !
             |  マ | V! ` ―‐'     `ー'  /    l
           l   `ー!  |                l    l
              l     !  |                 /!   ∧
           l      !  iヽ、         '   / !   ! l
              l        |  | | ` 、  ` ̄ '  /  !   i │
          l      |  |rト、  `  _ ィゝ   |   |   i
            l      -|  | `ヽ`ー‐ ニフ´ l `r 、.|   |   i
          l   ,.. ´  |  | ,ヘ `Y ´ .,、 |  i  |   |、  |
        _ ⊥ ´    /  l `´ / \</ |  l  !   | ` ┴  _
    _   ´        l  l  ./i    ∧  /!  l   !   |       ` ヽ
   !ヽ           l  !レ'   i  /  V !    l  !. |        / |
    l ヽ          l  !    ├┤    l    |  ! |       /  l
    |  ヽ           |   |     i  i    |    ! / /     /     !

18:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:20:31 ID:gn0/DjU6
搾取する側の海の思考が既に茹だってるんで今さらだ。
首都がボロボロなのに他所の平和まで守ろうとかww 無茶無理無謀な背伸び乙ww

19:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:21:48 ID:5d4GDpqk
管理局の中だけで見ると閥とか年齢とかでオーリスさんあたりヤッルの嫁の最有力候補に思われそう

21:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:23:07 ID:j0pgv55Y
>>19
だよなぁ…w

22:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:24:07 ID:BzUcVNSg





   しかし、自分の娘に退魔忍とかBETA世界線の衛士みたいな服着せた上、自分の再生用
    受精卵孕ませておくとかホント良い趣味した変態である

   さぞかし毎日良い空気を吸っていることであろう

   そんなこんなで、より上のお歴々の思惑も絡みながら破綻が目に見えている陸再生プロジェクトが
    ぐだぐだと進められていた

   その間に信頼していた小飼の部隊がこの案件に触れてアボンしたり、筆舌し難い事件が二つ連続で
    起こってミッドに巨大な核弾頭が転がり込んできたりもしたが

   全ては過去のことである



      |: : : /: : : : |: |: : : /: : : : :|: : ハ :|.: : :.:|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      |: : /|.: : : :.:|: |: : /:|: : : : ハ.:.:| | :!: : : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      |: / .|: : /:.:.|/|: /|: |: : : :|斗┼┼| ┬┼: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
      |/  |: : |: : : :|/:.:|: | : : : !==‐- ト、 |: :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        |: : |: : : :|.: :.|∧: : : |仄テ=> |: :|: : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        |: /|: : : :|: : : :∧: :/ ヒリ/"  !:./ : : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :
        |/ .|: : :ハ: :/  ∨ ' ̄    .|/|: : /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :
            |: / /              / .|: /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :
            |/ ヽ                |/: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :
             \                /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :
                  ノ             /: :/ : : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : /:
              \___ , 一    ./, イ/: :イ:./: : : : : : : : : : : : : : : : : :/|: :
               / ̄            //|:./.:.: : : : : : : : : : : : : : : :.:/ :|: :
               ヽ            ./   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                }               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                |          /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : /: :
                |        /: : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : :
                └─   -‐ /: : /.: : : : : : : : : : : : : : : :.:/: : :./|: : :
                   /: : /: ://: : : : : : : : : : : : : : : : : :/.:.:.:./ .|/|: :

29:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:30:16 ID:BzUcVNSg




    しかし、もっとお手軽で露見しても非難が少なそうな人員強化案が提出され

    ギリギリ管理できそうな、全ての侵略者を相手にしてもミッドを守り抜けるであろうロストロギアも手に入った

    後はやばそうな核弾頭二つ含めての制御装置まで、半ば棚ぼたで手に入ったのである

    本当は全部欲しかったであろう海への意趣返しにもなる上、冷静になると なんやこれ…… となるプランの
     代替まで手に入って、疲れ果てた中将の頭はやっとこ冷えたのである

    後は無茶なプランが止まって浮いた予算を、軍内部の政治に気を付けて全部注ぎ込んでおけばよい

    ……実の所を言うと、特機隊は彼の思惑からも少し外れた所ではったが、それはまた別の話である



                         .:.:i:.:.:.7. .:. .: .: . :. .. . . .. .:ヽ:.丶v.:.\.:..\
                     ;:.i:.:.7. .:.':./∧:. :. .. . . .. . :ハ.:.:|: :. :.vへ:.:\
                     |:. i:.7. .:.:i∧i「^V、.. .. .. . . .:.:i:.:|:. :. :.ト、 `¨~`
                     |:.:И..j.:..i|‐-|i--vヘ : : : :. :.:.:.|:.:|::. :. :| !i
                     |:.:.レ:.:.|¬─jj‐--vヘ :. :. : .:i:.|:.:|::i::;:.:| !i
                     |:.:从:.::.::代旡Z``\\.:.i:.:i:.|:.:|::i:.i:.:j jj
                     |:.:.{ vヘ:.i i      | \`j:.:i:.j:.:|::レレ゙
                     |:.:人从:.:\     j〉  )jレレ':.:.l:::.:|  _,,...-‐=ニ二Ξ二ニ==‐-  ..,,_
                     |:.:.:.:./´⌒>‐、  _ _//,ムl::.:l:i斗<                    ____`ヽ、
             _,,...-‐=ニ二Ξ>'´  /   i 〉 `¨´ ´ ,イ 1::.l.:|         _三Ξニ=-‐   ´
 _,,...-‐=ニ二Ξ ̄         /く    /  ,ィ==j> .. イ ト、|;:.:i:.l          /
‘──────────<>、/i:》 》, 厶イ r‐’ノ竺竺竺竺! |i:.:;:.:l      /_
                んZi:i:i:i》 》////.:.:丁__`¨¨¨¨¨¨´| l:i:.:.从    /'///ミ>、       そ、よかったわね
                  / 〕i:i:i:/ /.:j///.:.:.:/\ `¨¨ヽ、 ,ノ|:.i :.:.:.:.\/////////∧
                   |  ]i:i:/ /.:i7'// .:.:/>.、\      乂:.:.:.:.:.:.:.:.≧=‐-ミ,'///ハ      這いつくばって感謝なさいな
                   |  ]レ゙ ,イ.: .i|//:.:.:/     >.、_,r───┬=≦-=ミ:.:‐-:.`Y///ハ
              f⌒~/レ゙. : : :i|/:.:.:んニ=孑'⌒^ア`ー‐┬‐‐' ̄ ̄ ̄|: :`Y:.:.:.:|,'///ハ
                i| '/: : : : : : :.i| i:.:.|////7: : : /      :.         |: : :.|:.i:.:.i|/////ト、
                iL/: : : : : : : .:i乂.:ij'///7.: : :/      :.       |: : :.|:.i:.:jj/i///,j/ヘ、
                _j7: : : : : : : : .:i:i:i:i:)'///7: : :《          :.       i: : :.乂レ゙i/i///j//∧
              ィ⌒!: : : : : : : :.:i:i:i:i://///i: : : : \       ,へ    /: : : : ム'/i/i///j////!
               い__{: : : : : : :.:i:i:i:i:i厶////|: : : : : : \ ____人人__/.: : : ;イ///i/i//,'j'////!
              Z⌒ニ八: : : : : .:i:i:i/ \゙///|: : : : : : : : : : : ;イY∀Y≧=‐=≦'/////i/i///j////!
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\ /|///|≧=‐-,-‐=≦: : :.:∧:. : : : : : : : |,'////i/i//」L」L」L、
      |┌────────┐l  l |///|'//; ; : : : __r‐……‐---┐____ 」L⊥L」/i⌒ヽ   vヘ
      |└────────┘|  | `~~´V//: : /く`ー=七 Z⌒ニ=‐-<⌒ニ=ミ     \  vヘ

30:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:31:05 ID:gX8P2YAQ
>冷静になると なんやこれ…… となる
ワロタw

31:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:31:31 ID:j0pgv55Y
地獄から見下ろさないでください妙齢()魔女さん!

32:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:32:02 ID:dTlAxJfk
>這いつくばって感謝なさいな
おっぱい見た後に足を舐めるように眺めるのか・・・

36:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:34:19 ID:7SHVxmxg




     じゃあもう、これ要らんのとちゃうのん? 刑務所ブチ込んで、吊して綺麗にしちまおうぜ!

     と中将は一瞬考えたが……残念ながら色々知られすぎている上、コイツ自身すらロストロギア級の厄ネタである

     上との折衝も色々あって、今もコイツは大手を振って、堂々とではないが管理局に出入りしていた

     後はそっと触らないようにしつつ、時期が来たら都合良く死んでくれねーかなー と祈るばかり

     実際、変態の主人は主人で、別の安定法が見つかったらええか、とすら思っていただろう




          // // //ⅴ ヽーヾ、ヾ ヽ
          j/ / // //  ヾヾ ヾ 、ヽ
          i// // //,,,,ヾヽヾ ヾ ヾ.ヽ
          ii ii i// //_ ヾヾヾ,,,ヾヾ ヾヽ
          ii ii ii  ,イ伐''‐ ヾ仗 j j ii i、 j
          iヾヾヽ .ヽ   i.ヾ //ii/j /
         jヾ iヾ ヽ,,ヾ  .'__. /ヽ/ii/
         j,jj/ヾヾ ヽ、  ̄ /ヾ ヽ、
         / jヽヾヾヽ `/'´、ヾヾj ヽ.ヽ、
       / ヾヽiヽヾ ij   ,,,‐、ヾヽヽ  j
      /    ヽヽヾjiヾ-‐‐ニ iiヾj ` /i
     / ̄`ヽ、 、  ヽj j'''´ ̄     j / j
     !    ヽj  、          i/ j
     i     ゝ、 i          /  /、                    ,,,,,--、
     j      ヽヽj     /    /  j j               _,,,,,,-‐'''´    .\
    ヽヽ      j i    /    /   ! j          ,,,,,,- く´          _,,,\
     jヽ、     i/   /    /   / .j     ,,,,,-‐'''''´    \       ,,,,-'''´  ヾ 、
     i ヽ     j       /i   / j,,,,- '''´´          \   /    ,,,,,-‐‐‐ヽ
     j  ヽ ヽ   ヽ      /-j  /  ヽ               \ ヽ   ,-''´     \
      j  ヽ \  ヽ      i i / -‐ j                \ \/          \
      〉  ヽ  \ヽ‐--  / ヽヽ    j                  \ \          ,,,,ゝヽ
    ,,‐j ヽ  ヽ     ヽ      ヽ    j                   \\     ,,,,-''´   ヽヽ
-‐'''´´  .i   ヽ      ヽ     ヽ__,,,,ゝ-- 、_                \\  /      ,,,,,,ゝ\
      i     ヽ     ヽ     / ヽ  ヽ      `'''''‐- 、            \\l    ,,,-''´   / .\
     ヽ     ヽ   ,,,,/、    /  ゝ‐‐‐'ヽ          ` ヽ 、         \\ /   ,,,,,-''´    .\
      j     `'''''ヽ  ヽ、 /   ヽ:: :: :: ヽ      ,,,,,--‐‐   ヽ          \ ヽ‐‐''''´         .\
      j  _,,,,-------j,,/ ::ヽ     cj:: :: ;;;ィ     ノ/      j           \              ヽ
      '<i       ヽ :: :: :: ヽcccc゚‐ゝ''´ ヽ‐‐‐‐/        j             \          ,,,,-'´7
     /  i        ヽ;;;/ \    j    j /         /              \     ,,,,-‐''´  /

37:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:35:34 ID:j0pgv55Y
厄介者あつかいやんけw
貴重な頭脳なのにw

38:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:36:16 ID:I6Xodam6
なんとも哀愁漂うAAだなw

45:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:39:57 ID:BzUcVNSg





    どっか適当に餌くれてやって飼い殺しにできねーかなー……

    とか思っていた直に、核弾頭の制御装置(当時三尉)から声がかかる

    何かと思って話を聞いてみると、今後役立つ人材リストなるものが魔女の遺産に含まれていたらしい

    なんだ、また新しい研究でもするのか。コイツも魔女の薫陶受けてんだから、それもまぁ……

    みたいな感じで中将は軽い気持ちでリストを開いたのであろう

    が、魔女はそこまで中将にも彼の胃にも優しい存在では無かった








                        ____
                      /      \        中将、ちょっと紹介していただきたい人が……
                     / ─    ─ \
                   /   (●)  (●)  \
                   |      (__人__)     |
                   \     `⌒´    ,/
                   /     ー‐    \

46:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:41:26 ID:5d4GDpqk
弱った胃に赤から鍋ぶちこむが如き所業!

47:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:41:59 ID:5D11GY.g
なのは=純SF フェイト=SW ハヤテリック=ハイファンタジー

この順番だからロウファンタジー系じゃないか?
魔法と科学の融合!(プロテクトギアとチン◯姉を見ながら)

49:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:43:11 ID:j0pgv55Y
>>47 ベルガ系文化が危ない!?

味方なのにwww

50:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:44:07 ID:BzUcVNSg




     リストには、この変態の名前が載っていたのである。しかもトップに

     リストを開いた時、中将が噴出した白湯には紅い色が混ざっていたとか

     元々魔女はコイツの存在を知っていたのである。プロジェクトF、つまりは一人ジェダイオーダーを
      生産する技術の下地を作った人間であったから

     そして魔女は自身の目的のため、変態すら使おうと考えた

     今後のプロテクトギアの発展とか諸々含めて、娘と娘の庇護者に力を与えるため

     死せる魔女、生ける中将の胃を破壊するとは洒落になっているのかなっていないのか



                 /                           ヽ
                 /   /                          ゚.
               /     /      N{
                 /     .:         ;^ヘ      i i          i
             .'  /   i       / /  ‘,   | |           |
              { /    :|    _/_/____ ‘,  | !  ト、 i  i  |
             ∨i  / :l {   / /__、\\ :|斗-ァ―-|   l   {          人気者はつらいねー
               | l!   Ⅵ-=彡' `弋zリ¨ヽ  ヽlVr===彡|  /.:  ‘,
                ∨{  /{ V  |    ̄   i         ノイ i   ‘,
                     \{ \ ト、|        |          /|: /     \
                       /ヾ ‘,      〈|       / V       \\___
                      / /   ヽ    、__,    イ     ト、   }¨¨´
                    /   /    \    `こ´   / :l       | ‘, /
                 /1: /      /\      / /l       |  V
                   |: /       /\ ` ー‐´ / /       :|
                   |/i }!     ∧  >―-、r<   {     ハ}
                      _,.V |    .'/∧   /`^ヽ  /∧    / ニ=- ..,
             __   -=ニ    |    i//∧  ./「 ̄ i| ゚.///ハ } /       ニ=--  __
     __  -=ニ          ‘, } |///ハ ./ :|i_  l|  ∨//,}ハ'′              ニ=-、

52:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:45:48 ID:j0pgv55Y
せっかく直りつつあった中将の胃が…w

56:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:47:39 ID:gn0/DjU6
中将の得意な宴会芸は喀血ですね

57:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:49:50 ID:H6802kzU
胃薬「もう大丈夫、私が来た!」

58:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:49:54 ID:BzUcVNSg




    魔女と核弾頭制御装置の存在は、上でも結構重要な案件として当時から注目されていた

    こういったブツが届いてしまった以上、議題に挙げない訳にもいかない

    中将閣下は薬を飲みながら会議に出席し、紹介するとかダメですよね? と期待を込めて問うたが……

    変態を暇にさせとくと何かやらかしかねんから、仕事継続で

    とプロジェクトの一部を生かしたまま、制御装置のオブザーバとして接触が認められることになってしまった




                  _- -   ── ‐- -..、
               ,<.' "             \
              f´. ` 、___   ___ ,. . -‐‐  \       あの……ダメですよね?
                 ∨    ,イノ ̄            ',
                ∨ヽ.  |      ,-‐‐‐-彡    |
                    /  \ |  / ̄  u   `、.    |     (ダメって言えダメって言えダメって言え……)
                 /     ヘ|/          /    |
             / u.  三三          ヽ  |彡   |
                 {_    三        _', /.     |       「無役にしとくよりはいいだろう」
                |  \  l  L_-‐‐'  ̄   |/⌒}. !
              ', 《にフ> |   ヽ、に7.ゝ u.  |    |. ト、
                 |  / .イ    ` ̄´     /|.   | ./  `ヽ         ええー……
                _|u.    ,ノ  ム_       \   |∧     >‐--,
            ,.'  ̄.  |   f´ ̄ゝ-‐″ `丶   u  ハ_,ノ ∧         >..
.      r-‐′     \ { l ̄`Y´ ̄`‐- ', u.   |. /   |            `>、
     /          .∧! | r-―─―┐l `、.    |/.    |              \
    /||.         | ∧ヽr'‐-----`ノ   ヾv-‐7!      |                / >、
  /||. ||            | ∧  ̄ 二 ̄   /   /. |      |二二二二二_ ヽ   / /  }
./  .||. ||二二二二二ni |  ∧`丶/\__/    /  |     |        ヽヽ/ /.    |
    ||. ||        /   ∧________/  |     |         | | ̄|      |

65:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:55:01 ID:BzUcVNSg





    以上のような紆余曲折を経て、この変態はごめんなさい案件製造マシーンの茶飲み友達となったのである

    この変態の主な仕事は、プロテクトギア製造プラントの技術面での維持だ

    魔女がブラックボックス化した部分には触れさせてもらっていないのだが(魔女たっての指示である)

    運行、細かなメンテについては全て彼の手が入っている

    何度か中枢のアップグレードも試みたようだが、魔女の遺言には妙に忠実な制御装置によって阻まれたとか

    流石に彼も無茶してまで娘を使ってどうこうとは考えなかったらしい



        ,r'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ∧::::::::::::::::::::ヽ
       .,r':::::;:::::::::/:::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::',
      ,r'::::/:;:::::/:::::::::::∧|:::::::::::i:::i:::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::i
    .,r':::::/::::/::::/:::::::::::::|¨'|:::::i:::::| ::|::::::i:::::::ヽ:::::::::::::::';::::::::::::::::::|
    /:::,:イ:::::::|:::::i:::::::::::::::i  |:::;i!::::i!:::|、:::::i;:::::::ヽ:::::::::::::::i:::::::::::::::::|
   .i::/ .|::::::::|::::i:::i:::::::-x、  |::!.|::::|.|::| ヽ、ヽ::::::::i,:::::::::::::|::::::::::::::::|
   l:{' .|:::::::|:::::|::|:::::::::/合=;N .|:::| .|:|r-キテセ7i‐-i:::::i!:::::::::::::::|
   .i!  |::::/|:::::|:::!:::::;ィ`ゝ-'-` .|::| i!ィてソ ̄ア|::/::::i!::::::::::::::::|      ああ、盟友、今回のも面白かったよ
       .|::| |:::|::::',,r'::!    / |:|   ` ̄´ ,i',ィ::::/:::::::::::::::::|
      |{  ',::|ヽ::ヽ',!   ./  i!      .〃/::/::::::::::::::::::::|      
       ゙  ',|:::::ヽ|ヾ、  /.   !      ´/ィ::::::::::::::::::::::::|
        /::゙::::::|::::ヽ  ヽ         //::::::::::::::::::::::::::::|
     -=彡//::::|:::::::::ヽ  、_        /::::::::::::::::::::::::::::::::' ,
      /:::::/ i:::|:::::::::::::ヽ  、__ ー ´   イ:::;::::::::::::::::::::::::::ヽ::::ヽ
     /;ィ'::::i':::i::::| ::::::::::::::|'.,.      / !:/.i::::::::::::::::::::::i::::::',ヽ、;:`ヽ、
      !´i::::::|::::|:::::|:::::::::::::::|`ヽ、_  /   i/,r|::::::::::::::::::::::|::::::::i    ̄ ̄
      .|::::::|:::,|::::::!::::::::::::::|   `ヽ、   ,、r!´ .|::::::::::::::::::::::!i:::::::::|
     ,、r- ' |::|.|:i:::::::::::::::::::|      7`ヘ   |::::::::::::::::::::::! |`ヽ、|
,、r- ' ´    |:| |:|:::::::::::::::::::|     /|三|ヘ  |::::::::::::::::::::::! |  `ヽ、
         i! i!:::::::::::::::::::|    / |三| ヘ|::::::::::::::::::::/  |    `ヽ、

66:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:56:02 ID:j0pgv55Y
やっぱ改造しようとしてたのかw
して今度はなにを…

67:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:57:39 ID:BDXd2yAQ
だから何に染めたんだよぉ!

68:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 13:57:47 ID:HL/LU18c
やる夫ーおめぇ、スカさんに何見せたー?

69:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 13:57:48 ID:BzUcVNSg





     そして場面は前回の終わりに戻る

     変態は持ってきていた紙袋から数冊の文庫本を取り出して、机に置いた

     二佐は「楽しんで頂けたなら何より」と微笑んで文庫本を受け取る

     そう、またなのだ

     察しの良い諸兄らなら既にお気づきであっただろう。またなのである


                    , :‐:、
               _, . : -/: : : : `ヽ、、
             ,. :´: : : : :': : : : : : : : : : \: 、
           / : : : : : : : : : : : -- 、: : : : |ト、\
          /: : : : : : : : : : : : : : 、: : \ニ_||ニ:、: ヽ
         ': :,: : : : : : : : : : :\: : :\//\||: : ヽ: : .
         /: :/: : : /: :|: : : : 、: :ヽ、__|_\/⌒、 : : Ⅵ:l
        .': : ': : l: :|: : |: : |: : :\: ´: ハ: `ヽ:.、: :∨、: Ⅵ
        |: : |: : |: :|: :ムイ {: : : :ヽ: :| |: :|从:l\: :,:\: :',
        |: : |: : l: :ィ': :|: : |∧: : : : Yテ震≧、|: ∧:∨:ヽ: :.       なんや、またSF?
        |: : |: : : : |: :,ィ≦雫\}、: | 比::刈ノ}: :|∧:| : ∧:|
        |: : ∨:|: : V{ 比::刈   V ヒこソ/イ:.|_ノ:リ: :,:| リ       自分らがSFの極みみたいな存在やのに
        ,: : :Ⅵ: : 从 マzソ   ,        |: |:|: |: :/:|
         ,: : :∧:、: :.:>        _     ム:|:|: |:イ从        飽きへんねぇ……
         ∨: |: :\:,ィァ、    V  ノ  イ : l/:|: リ /
          、:.| : / ノ:个     ____/ |:/'-く:/
          :,:∨ /: : : |: : :|:_ : |       |'   `ー- 、
            ∨ ハァ从/´ / {      |`Y     }
              /{ '⌒-Y {  イ::: |_    _/::∧    /⌒ヽ、
          {〈  ´ ⌒}  ∧:: \`ー' /:::/::!∨   ,  /..ハ
           /⌒∧  イノ /:| \:::}  /:/ |:| }  / /、......|..|
        {...../..∧  「 l {|::|  V⌒V  _,|:|_∧ '/..|....|__,.ィ
         `¨Tヽ_..}  V∨ィ∧ー...〉-〈...´./∧...}/..|_...!イ/ |
              |  八「  ∧.....{:::::::}...//  Ⅵ...V....{.../   ;
          |  |  {....|   ∧...|::::::|.//   }..∨......V   :
              ,   ....|   マ:∨::::::∨   |../............:.  |
            | ,′   l..|   Ⅵ::::::::: |    |'............... |

80:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:04:28 ID:BzUcVNSg





    楽しそうに語る変態

    出自が出自故、変態はそういったものに馴染みは無かったし、今まで興味も無かったらしい

    だが、茶飲み友達になったごめんなさい案件製造マシーンから奨められて手を出したら……

    これが結構波長があったのか、嵌まってしまったのだ

    今では「こんな感じの物語はないかな?」と自らリクエストしてくるくらいに

    子供の頃に娯楽に触れる機会が少ないと、大人になってからどっぷり嵌まるというのは良くある話だが

    そんな彼が二佐に返した本は……


       /::::::::: |: : : : : : :、: : : :.: :./ |.: : : : : :.|: : : : : : : : : : : i
.      / :::::::::: |: : : : : : : : : メ/ .   |.: : : : : :.|: : : : : : : : : : : .',
     /::::::::::::::::|: : : : : : : : :/ \.  |: :i: : : : :|: : : : : : : : : : : : :.
.    /::::::::::::::::: |: : : : : : :/下==、\|: :l: : : : :!: : :i: : : : : : : : : : ',
   / :::::::::::::::::: |: : : : :/|. 弋  tッ\ト、|.: : : :.| : /| : : : : i: : : : : :',
.  /::::::::: : : : : : |: : :/|:./      ̄¨¨ リ |: : : : |_/斗.: : : :.|: : : : : :ハ
  ′::::.: : : : : :.:.|: : : : :|:|             |: : : 圷、 |: : : : :|: : : : : : :|
 /::::::::: : : : : : : :.|: : : : :|:|           ',:.:.弋ソ `ゝ: : : /: : : : : : :.|    いやいや、物語と現実は別でね
./:::::::::: /::.: : : :.:.八 : : : |:|          i/   ̄¨/: : :/: :i : : : : : ′
イ::::::::::/:::: : : : : :.:.:.ハ.:.: :|:!          |    / : : /: : :|: : : : :/    今まで触れる機会が無かったが、面白い物だよ
:|::::::::/::::: . ::: : : : : :.ハ: : !     r 、       ノ    /|: : /: : :/|: : : :/
:|:::::/::::::: ...::: : : : : : :,ハヾ    \`ヽ _     / .|: /: : :/ .|: : :/     第一それを言えば、君こそ中々にファンタジーな存在だ
:|: /|: /::: :::::: : : : : : : :ハ      ヽ、__ア   /: : !/|: : /  !: /
:|/ .|/:::::..:::::: : : : : : :∧`           / : |: / |: /   .|/      それでも未だに君は本が好きだろう?
 ̄¨::::::::::::::::: : : : : : : :∧          /: : i:.:|/  .|/
_/}:::::i:::::::::::.: : : : : : : : ',  \      /.: : : :.|: |
  |::: |::::::::::i: : : : : : : : :.i    \___/:::i : : : : |: |
  |:: ハ :::::: |.: : : : : : : :.:|.     /:::::::::l : : : :.ル'
  |:/ }:::::: |.: : : : : : : :.:|    /::::::::::::l : : : : |

81:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:05:14 ID:j0pgv55Y
遅れてきた厨二病…?

82:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:05:21 ID:eu99Ynyo
せやなwww>はやてがファンタジー

86:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:01 ID:BzUcVNSg






      作者が沖方 丁 と 伊藤 計劃 の作品群であった

      だから読ませる相手を考えろド阿呆!!







                  __,.- 、__
              ,. : : ´: :/: : : :\`ヽ、
             / : : ,: : : : :-=、: : :\: ヽ
             ,:': : : : /: : : : : : : 、\-l|_ヽ: .
          /: : :,: : :|: : : :∨: : : ∨ヽl⌒V: .
          .': : :/: :l: |l: : : : |_: : :∨:∧: :V:.
          |: : :|: : |_:|{_:{: :´|{\:`:l∧: ∧: |: |
          |: : :|: ´|: { 从: : ィ笊雫ミ:∧|∧:l: |       んー、そんなもんなんかなぁ
          |: : :|{: :{ィ雫ミ \} Vzり |/_リ': :リ: |
          |: : :{:\: 、Vリ ,      八 : : |:リ       まぁ、確かにかなりおファンタジカルな
          |: |: :\:∧    、   イ| ∧: リ          存在やっちゅー自覚はあるんやけどね
          ∨: :、 : : 个: . __ //⌒〉⌒ヽ
            \} \:_」-/⌒∧ /  / /⌒\_
             _「..{   ///∨   ' /\>、....{、
              「∨..〉 / {'// ∧/.'..\//  ∨ 〉
             / ノイ| / ///∨ /....、/.../   V
              / /|....| /// //\.../........{     |
           { ,....|....∨--'/..'\.. /..........|     {
           Ⅳ... |/.|//\..../ ............ |    ∧
          / {......|.......V\..../................/..|  ,   ∧
           〈  ......|.../|..../............... /...∧   / :
          ` |......∨.....V.....................´.....,  乂_/  |
           l |.........|__{.............................{   }___,.イ
           l/........ |..o..|............................∧  |   |
          〈 ......... |....._|................................{  |
          /..\.....|..... |................................| /⌒  /

87:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:24 ID:EhQwXz7U
(あ……)

88:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:42 ID:gn0/DjU6
マルド○ックスクランブル?

90:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:08:54 ID:4PCeQglA
(無言の敬礼)

92:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:00 ID:j0pgv55Y
後者は夭折、前者は…

93:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:02 ID:Dxy4lYYw
マルドゥック?

94:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:19 ID:EnV6veXk
マルドゥック!?

95:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:09:22 ID:7gUb4Y9Q
ファフナっちゃうぅぅぅぅ!?

97:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:10:42 ID:azca6DhE
もうダメだ……おしまいだあ……。(某中将の胃が)

101:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:11:42 ID:RjZiYC6M
>作者が沖方 丁 と 伊藤 計劃 の作品群であった
ああ…、ああ…、ああ(膝から落ちる)

105:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:12:52 ID:5d4GDpqk
ひでぇことになるwwww(確信

106:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:13:52 ID:BzUcVNSg




    マルドゥック・スクランブルやシュピーゲルシリーズ

    虐殺機関を筆頭として遺稿が完成させられた死者の帝国

    他にもあの馬鹿は色々読ませていた

    初期SFの傑作であるニューロマンサーだとか、この変態に波長が合いそうな諸々をだ

    挙げ句この変態、地球世界のネットに接続して、波長が合いそうだったりネタになりそうなものを探しだしはじめる始末



      /:: レへ,、::/`ヽ::::;|M:::::::::::::::::';::::::::::_,,,,k /l';:::::::',
       /::::;ィ ,.、/! x ァ一;"!ヘlヽニ二二二,, --‐ー、/i ';:::::::i
     ./::::;'::ル':;':::::l/:;∨::::;:':/  ';:::l::::ヘ:::::l、::i:::::::l::l::::::::::::l:::::::l
      .i::::/i::::::;':::::::{::::;:::::;:'::/   ヽj:::::::';:::|ヾil::::::|::iヘ::i::::::l:::::::l     そんなものさ
     .∨ |::::;i::::::::ヘ:::l::;:':ノ二ニ≧弋、:::',:|;斗lチ」二 リ::::: l:::::::l
         |/ |:::i::::::ヾlメ:ヘ ヽ__廴)_ゝ ヾ;:::'i弋て乃_ノ l:::::ソ:::::::',     私も科学者達に共感を覚えることもあるし
        ` l::l\::::::::::トヽ      i 卞   ̄  ,ノ!:::;'.::::::::::',
           ヾ  X:::lヾi        .|       ム:;'.::::::';::::::',     インスピレーションにもなる
           /::::ヾ.::ハ         ::l       /:j;'.:::::::::';::::::ヘ
          ,;';:::::::/ハ:::::ヽ        ,   ,イ::::::::::∧:::i、:::iベ、    できる手段で模倣するには、どうすれば
         〃!:::::/、 ヘ::::::::`i 、  ` ̄ ̄  /i:::::::::::::/ ,、;::| ヾl `    いいだろうかと考えるのも楽しいものさ
        ,′|::;/::::ヘ/:::::::::ソ、 \    / ,ム::::::ヽ /::::';:;| `
           .lノ::::::::::::::::::::/ ヽ ` ー ´ / l:::::::::::::::::::::i!:|
           l::j!:::::::::::::/ |   `'>:-i-<´   l|::::::::::::::::::::||::!
         _,、|/|:::::i:::::/  |   / r‐一ハ   | ヽ:::::::::::::::|゙リ-、
     _,、-‐''´/l!ハ::::|:::::!  |  / |!  |!ハ  j゙  }:::;:::::::::ハヽ `''ー-,、
 _,、-‐''´   / / ヾ:iヘ::|   l、/  |L,,,,,」! ヽ/l  ノ::ハ:::::/ ヘ ヽ    `''‐-,、

111:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:17:16 ID:BzUcVNSg






     科学者というのは元来凝り性で変態でなくば成り立たないものだ

     狂気にも似た拍車こそが、複雑な思索と無限と思える試行の末に新たな技術を生み出すのだから

     故に変態の凝り方は、そりゃあもう凄かった

     ずぶずぶ嵌まって小説以外の媒体にも手を伸ばしてしまうのだから

     この茶会も、何回かに一回は映画鑑賞会になることがあったそうな




                   /:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                   /:.: /:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',
              ,.:′/:.:.: : /:.:.:.:.:∧!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.: i
                 /:://:.:.: /:.:./.:.:.:.:.:i| |:::.:.:.:.:.:|:::i:::ヘ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.:.l
             /:://:.:.: /:.:./.:.:.: : /:| Ⅵ:i:.:.:.:|:::l、:::ヽ、、:: Y:.:.:.:.: ∧.:.:.:.: : :l
               i:/ i:.:.:.:/:.:.:从/:.才メ、、!:.:|:.:.: Ⅵ \::::ヾ\:|__.:.:.:.:.i .:.:.:.:.:.l
               |′|: : ハ:.:.:|:.:.i:|: :;代ぇヾⅥ:.:._厶孑七气 ̄:リ:::::i:l:!::::!.:.:.:.:.:.:l    ああ、そうそう所で盟友
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|:/ `ー‐' ∨V::. ィ丐ソ ̄>7:://i::/.:.:.:.:.:.:.l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|ハ      /  ∨:. ` ̄ ̄´ / ////.:.:.:.:.:.:.: l    このタイトルを次は持ってきて欲しいのだが……
                  Ⅵ| Ⅵハハi    /   `\     /イ//:′.:.:.:.:.:.:.:.l
               \ Ⅵ::::\\  〈          -=彡′.:.:.:.:.:.:.:.: ∧    ネットで見かけて興味を惹かれてね
                 /才 : /:八  `ヽ          イ:/.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::∧
                  -=彡イ.:/:::/:::::::∧  、..__       //.:.:.:.:.:.::::::::::::: : ヽ::\
                // : /:::/: : :::::::∧   ...,,, ̄ ̄´ /才:::::イ::::::::::::::::::::::ヘ:::\::\
                  // : /:::/: :.:.:.:::::::::∧       ///:: //:::::::::::::::::: i|::::::Ⅵ:.:ヾ:.:≧=ー
              /イ: : ハi :.:.:.:.:.:::::::∧ハ、__    / ,':::://:::::::::::::::::: : lト、:::!i ` ̄ ̄
               |:.:.:i:::::|: : :.:.:.::::::::::∧     ̄´_   |:://:: /:::::::::::::::: ∧:::Ⅵ
               厶斗::::|: : : ::::::::::::::::∧     〉-〈i/∧:/::::::::::::::::::/! iヽく
       . . -  ´   |:::∧: : : ::::::::::∨ \    /!二!∨ ∧:::::::::::::::://  l  `  ..
  . .   "            ∨ ∨: : ::::::::::|:      / :!同!: ∨:::::::::::::::: //   !      `

117:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:03 ID:BzUcVNSg








     この馬鹿は、その内ぼちぼち手を出してしまったゲームも教えかねない

     あれはあれで厄ネタの巣窟なのだ

     特にR技研関係は拙い。混ぜるな危険の洗剤を混ぜるよりやばい

     そしてまた……






                   _____
                   /
              /                  \
             /                     \
            /                       \      はいはい、おやすい御用で
           /                          ',
          /                               ',     えーと、老人と宇宙
        i                              .
        |                              i     地球戦線シリーズ……ああ、これは家にあるお
        |                              |
        .                                   ん?
         '.                             }
           __',_______________      ノ
      /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\   /
     /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二}/
     }二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニニ∧
     i二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ

118:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:34 ID:sok00Inc
R……ぅわぁぁぁ……

119:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:40 ID:5D11GY.g
ゲッター「じゃぁウチで」

120:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:21:49 ID:EnV6veXk
やっぱりあった老人と宇宙wwwww

121:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:23:50 ID:DqnrZaoQ
Civでもスカさんに渡しとけば時間を浪費してくれそうじゃない?

122:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:24:00 ID:BzUcVNSg






      危険物が特大の危険物をかぎ分けてしまったらしい

      さて、これでごめんなさい案件は幾つ目であっただろうか……

      極めて業が深いことに、これで案件が最後では無いのが何とも言えないな






                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                        /: : : : : : : : : : : : :/ヽ: :/:ヽ/ヽ/ヽ : /ヽ
                     ′: : : : : : /ヽ/ヽ/: : ∨: : : : : : : : :∨ : ハ
                        | : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .      「永い後日談のネクロニカ? 聞いたことの無い
                        |: : : : : :./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .       タイトルだお。小説?」
                    /: :|: : : :/: : : : : : : i : : : : : : : : | : : : : : : : : : : |
                      /: : :|: : :/: : : : : : /: M/^|.:.: : : :.:|: :|: :|: : :|: : : : ト、
                    /: : : :|: :/: : : : : : /: : |  :!:i.:.:.: : :|: :|: :|: : :|: : : : | ハ     いや、違うようだが気になってね
                  ∠/: /: : :|: i: : |: : : |/:l: :/   |:|: : : : |:ハ!: :!.: :.|: | : : | : |
                      //|: : : : :|: : |.: :.十ナ/==‐-|ト、: : 斗七ナ|: : |: | : : | : |     私や君みたいな生体工学に造詣がある
                  / / |: |: :|: |: /|: : : |弋 込ソミ.リ ∨ : 杙ソ ア: /:.リi : :,: :/      人間向けの物語らしいよ
                / .|/|: :|: |/八.: :.:| ー  -‐   ∨:.|   /|:/: //: :/|/\
                    / .     メ| : : : : \:|           リ:.:|  / |: ://|: /.    \
             イ       | : i : : :小        |∨ /: :ル'|/:.|/            「何や物騒なタイトルやなぁ……
             /         乂|: : : : :ハ   、__イ_ /!: : : : : i : |         |       大人しく氷と炎の歌でも読んどこ」
           /             |:i : : : : |\      /  |: : : :i: :|乂       /
         /              |ハ: : : : :,  \    / .|  |: : : ハ: |      /  |
        { ̄ ̄`ヽ              .}\: :ト廴. |`ー‐'|.  |  |: : / .}/     |/.  |
             \           |.  ヽ!   / 只.|.  |  |: / .|       |   |
        |         `ヽ         |    ヽ__/  { } ヽ__|  !/   |       |                    埋まったしここまで

124:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:24:41 ID:RjZiYC6M
ウワアアア!!<ネクロニカ

125:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:24:47 ID:EhQwXz7U
乙ダッツ

(アカンコレ)

127:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:32 ID:RjZiYC6M
投下乙でした

128:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:43 ID:j0pgv55Y
肉メダロットはやめろぉーー!!
乙ーー

129:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:45 ID:gX8P2YAQ
おっつおっつ ヒエッ

130:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:25:56 ID:gn0/DjU6

タイトルにネクロ○○なんて付いてるのをこいつに勧めちゃいかんでしょww

131:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:06 ID:EnV6veXk
何でポストアポカリプスな作品をwww

132:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:14 ID:dTlAxJfk
乙ー
義娘に手を出す父親なお話を勧めたれw

133:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:18 ID:7gUb4Y9Q
TRPGに手を出すとは…

134:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:26:39 ID:EnV6veXk
乙でしたー

135:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:27:38 ID:Dxy4lYYw
また世界を滅ぼす気かゾンビ!
乙乙

136:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:28:08 ID:Z1qWHOdc
聞いたことないからググってみたらTRPGかこれ

137:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/07/10(日) 14:28:17 ID:OAflVkzM

138:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/07/10(日) 14:28:28 ID:BzUcVNSg
数の子にネクロマンサーを強いるスカさん……?
むしろドール役をやってもらってニヤニヤするスカさん……?

数の子が不死身にアップグレードされるようです

さて、買い物行くかぁ……

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する