魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その6

971:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 19:54:47 ID:LPJG6jy.



                  少女 SHO-JO

                なのは、魔法少女伝説



                                         ___          .|
                                     ,. ‐ ´: : : : ` .      |
                                     ./: : : : : : : : : : : `.    .l|
             .                       l: : : : : : : : : : : : : : l     l|
                                    | : : __xニニ=‐- 、: : l     .l|
                                    r ´◯`‐´ ◯ ヘヘ|    l|
                                   ノ:i:| ___ .i‐!‐i‘,  .f゚。ヘ   .||
                                   〈:i:i弋 /{ 7ヽ=,Y´l:i:i` 〉  ノ|.ハ
                                    ` ‐ヒ.彡二! マo゚/-‐´   | |}ニ{     .、
                                    ノニ ヤ  ィ゚| .|/..)`ヽ  .| |}.. x=‐-<´: :〉
                            ..-‐=‐、   ( ンミ( 〈  三彡{ ミ}>‐-〈 : : : : : : : : : >
                         .ィ´: : : :|i:i:i∧_,..-(f 7 .‘,‘,ミン シ .i⌒j : : : : ) : : : : : : : : : : : \
                        イ: : : : : : ∧:i/:i/: : : { ≧、.‐し ‐- ... ィ≦ ノ=‐- :〈: : : : __ : : : : : : : : : 、. __
           x‐=         ∧ |: : : : : : : : : /l: :l=≦´:`‐、/: :‐‐‐: : キ-‐= ´、.: ": : : :>彡ニキ` .、: : : : : : : <: :!
     ,,-‐''"´    `'-...,,,__x‐=/ ヘ : : /;;;}: : : :|:i:i|: :|__,.ャ≦´ \__/: : : : : :-‐≧=''´二ンミキ  \ : : : : ∧"
    /                  て| ノ  ./';ソ⊂ニニ.ヽ,: : : : : :|: : : : : :≠≠≠≠≠≠ ヘ. ミキ   キ\.: : : :∧
  /                     ソ  /../! ⊂ニニ.ヽ..J : : : : 。g,/`≧ =‐- .: /: :≠ヘ三.キ   キ:i:iヽ-‐ .)
   Y                      Y//´ |: :⊂ニ、 ヾJ : : c9゚ ./ ク: : !j: : :ク: :∧ヘ: : : ≠ヘ_.ン=‐__. |\:i:i:i:i:ノ
   |                       <  __...-‐''''ニ=- J 。d゚  /{ュェ===ェェ_ 、/ .∧ヘ: :| ≠´    .Yj  `.^´
   ゝ                      -´‐-、-‐='''´ ..。a゚/i ̄/      .ィ |  .∧ヘ.|.≠
    \                    / ._  co∞9゚: :// : : : :l |  ||.  }l / / : : : : : : ≠
      ⌒冖、                 ヘ \゛''‐ 、,, ..-‐=≦⌒´{  jl,,,,/,z'ノ: : : : : : : |≠
          \             .l  ヘ\ ゛''‐...,,ヾ. -‐= ⌒ ̄ `"´: : : : : : : : : : : : : |≠
          ∠,, -‐ー 、       ノ.lヘ .∨\  }: :` : : | : : : : : : : : : : : : : .ャ≦ ⌒: : |≠

974:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 19:56:21 ID:LPJG6jy.






      もとい 魔導砲兵サブカルなのは Soldiers







         __        __       ,x≦ ヽ
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ,x≦:.:.:.:.:.:.:.≧ュ、   /:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
      /¨¨¨二ニ=‐--:.:.:.`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽr、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
      /:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽゝ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
     /:.:.:.:.:.:ァ:.:.:.:.:.:. :,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \:.:.:.‘,:.:.:.:.:.:.:.:.: |
     .::.:.://:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
    .:./ /:.:.:/:.: : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:. : |
   {/  :.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:}:.:l:.:.:.:.:.:.:.:. : |
   ′  l:.:/i:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:. |:. : |_|:. |:.: : |_|:.:.}:.:.:.:.:.i:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
       |: { |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|斗: ´|:.:.:|:.:.|:.:.:´!:.:.:|` ヽ:.: : }|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |    (タイトルの物騒具合は変わらないのでは……?)
      Ⅳ {:.:.:.:.:.::.:.:.:.|:.:|:. : |:.:.:|:.:.|:.: : |: : |:.:.:}:.:.:.:/:|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
         .::.:.:.:.ヽ:.:.: ゝ===‐'| /|:/ゞ==7:.:.:.:イ !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
         マ:.:lヽト:.、ヽ   |′,     /:/:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
           マ{ |:.:.:.:|ヽ、   r ュ   /}:.:.: ! |:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
            ヽ ヽ:. !   ト     イ、 i:.:. / |:.:.:.:.:.:.:.:. : |
           ___ゝ{-,/| \>< /} ヽ|/、 :|:.:.:.:.:.:.:.:.:. : |
       r‐‐=ニ二::::::::::::::/ |   〉r〈   i ‘,:::::::::::≧ュ、:.:.:.:.: |
     /::::::}:::::::::::::::::::::_/  |  /{≠{∨ |  .::::::::::::::::::::::::: 7、:!
      /:::::::::i ‐=ニ   《   :|/ //l l ∨/l   }ニ=‐::::::::::::: /:: }|
    /ヽヽ:: ∧ ,    ヽ__/ l  `__Ll  ′≪     ` /:::::::i__
   .:  //:: / ∨     〈    l〃:::::::::ヽ,'    7    l / ',::::{{ ヽ
   {_ノノ:::/  /       ∨  :l:::::::::::::::::,'    /     l:/   ',::ゝ', ',

976:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 19:59:55 ID:LPJG6jy.







    さて、物語開始前に高校生、開始時には大学生だったごめんなさい案件製造マシーン

    色々あって出世して、管理局で二佐の階級章と

    特務機関といえる特機隊の指揮官を任じられている、ミッドに劇物をばらまくことに余念の無い男

    10年も経てば、三十路を越えてしまうわけで

    まー色々あった。具体的に言うと告白未遂事件で軽く演習場が焦土と化したり

    暗殺未遂事件が両手の指で収まらないくらい起こったり

    そりゃあもう、色々あった






                       ____
                   /      \
                  / ─    ─ \      何だろう、スカさんにマルドゥックスクランブル貸してから、
                /   (●)  (●)  \      彼の娘さんから何か怖い物を見るような目で見られている
                 |      (__人__)     |
                \     `⌒´    ,/     そんな気がしてならんお
                /     ー‐    \

979:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:03:18 ID:etMesIxQ
ナンバーズがカトル・カール?

980:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:03:43 ID:LPJG6jy.





     ことある事に人狼行列、なんぞと揶揄される護衛を引き連れて局内を闊歩する彼だが

     最も人狼らしい人狼、という異名というか忌名というか

     そんな呼び方をされているのは伊達ではない

     元々単なるSF作家志望の大学生が、どうしてこんな怪物に化けてしまったのか

     それにはちょっとした絡繰りがある




                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i    (あ、そういえばこの前の実験の案件
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!     あそこの課にお世話んなったんだっけ)
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉

981:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:05:17 ID:GsrxjK2Y
あの容姿でマルドック貸したら怯えられるわ!

982:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:06:06 ID:LPJG6jy.





    めっちゃくちゃフットワークが軽いのだ、大御所とは思えないほど

    元々かれはド庶民であり、更には貧乏性で色々な所に気が回る

    挙げ句の果てに面倒臭いことが嫌いで、大勢引き連れて歩くのは趣味では無いのだ

    そして軍隊教育は速成であり、オマケにどっか普通の部隊で兵卒として勤めたことも無い

    要するに、感覚として庶民と普通の会社員の中間くらいの心持ちでいやがるのだ

    つまり、それが何を引き起こすかってーと…………



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !     (護衛連れてくのも大仰だし
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |      一人で挨拶行ってくるかお)
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

985:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:09:30 ID:VNJs8.dY
お前はロンメルかっ!

986:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:10:04 ID:LPJG6jy.




     こんな具合に、目立ちたくないからとこっそり出かけやがるのである

     しかも供回りも付けず、局内の構造を利用として配下にもしられずひっそりと

     その足でどっかで菓子折調達して、ぶらぶらと目立たない格好で彷徨くのだ

     とはいえ、彼は管理局でも十指に入る有名な人物

     顔も隠さないで出歩いて、気付かれないのか? という疑問は残るが……

     これがちいとも気付かれないのである


                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|.     =≡=   =='' ',
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ     (この黒い特機隊制服は目立つから嫌なんだお
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ     下士官時代の制服出してっと
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |     階級章は一応付けないとまずいけど、制服は絶対に
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |      士官用じゃないとダメって規則はないしねー)
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |

988:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:11:20 ID:weSVt/wY
どこの三男坊だよw

989:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:11:25 ID:Pb4Vsm.Y
変装の達人かな?

990:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:11:52 ID:KODs2iwc
何を隠そうやる夫は変装の達人!!(蝶のマスクをかぶりながら)

992:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:12:49 ID:LPJG6jy.




     こいつが悪目立ちするのはアレである

     黒喪の集団を分隊規模で連れ歩いているからなのだ

     コレに囲まれて、黒い特機隊制服と私物の重々しいカシミアのコートなんぞを羽織って歩けば否応なく目立つ

     しかしそれは、同時に強いイメージをすり込むことになるのだ

     人狼の主達は、常に人狼を連れて大仰に更新する、陰気な葬儀屋染みた雰囲気の男であると

     ……が、元々のごめんなさい案件製造マッスィーンはクッソ地味な薄味顔をしたアジア人に過ぎない



           .!
           .|!
           li
     .      |j ,. :" ̄: :ー: .、
         l!  |/: : : : : : : : : : ヽ
          |',  |∵: : : : : : : : : : :',
         !」..../: :∵ : : : : : : : : : {
        /三 !: : : : : :........ ____... 〉__
      ./ : : : : .弋: :/ ベー´ヘ`´!: : : : Y
    ./ : : : : : /ソf. 彡>ヾ _ノ=ヘv.、 l : : !
   /_: : : :/ン : : 'ー-ニ ヽゝ、/f .{. .j }∨ .|
  │: : : : ̄.Y.. ャ≦¨≧ .\`., 弋゛>.ノ: :∨l
  │‐-: : : 冫: : : : : : : : : ` ,ヽ`zム´.l : : 〈`
  !⌒ヽ: :|/: : : : : : : : : : : : :ヽ‐ ー-''´.: : : :}
  弋__ ..!: : i ..---‐--.....-_/ニ.、j.: : : : : :ソ:\
  //ニ : : !: : : : : : : : : : : : :l ‐-J: : : ∠ \: : \
  !: : : : Y :ミ : : : : : : : : : __/ ‐-J :/l : : } : :`--.、:\
  弋__ノく |‐‐: :=: :-ノ: : : : : : /ノ: : ノ`ー', ‐-\`、
       ニ1: : : : : :/ ≧=‐- ノ「 ./`\  ゙J 彡j._l
      Y .>{___/  ≧l_: : ン|/: :/: :ヘoヽ  `‐"
       `>‐´|| 冫⌒ヘ l 二二ンノ¨.〉.-キ ’,    _
       !r匕||コ{: : : :  ̄ヽ `-´: :Yャ≦¨ `≧- /:i:ム

995:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:16:27 ID:Pb4Vsm.Y
そして神出鬼没(に見える)フットワークと。
コワイ!

996:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:16:42 ID:e.1.HI/A
地味…ッ!それは個性…ッ!そう、スパロボのラッセルのように…ッ!

997:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:18:00 ID:LPJG6jy.





    下士官制服を着込んで、目立たないようひっそりと階級章を付ければびっくりするほど目立たない

    たまに非公式なお礼なんぞで私服のスーツを着込んだときは、目立たなさ倍率ドンだ

    何か用事で来た一般人だな、くらいの勢いでスルーされてしまう

    その上、用事で訪れた先でも腰が低く、アポはお持ちですか? 無いなら時間が掛かりますが と
     秘書に言われた場合……

    あ、じゃあ前で待ってますー とにこやかに微笑んで待つくらいの低姿勢なのである


          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \     あ、その贈答用の菓子折一つ下さい
      (l、__)          |
        ⌒´         /     熨斗紙つけてもらっていいですか?
       `l          \
        l           \    領収書もお願いします。宛名は自分で書きますんで

998:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:23:57 ID:LPJG6jy.





    そして、訪ねていった先の人物を恐怖のどん底に叩き込むのだ

    考えても見て欲しい。絶対に無碍に扱っては成らないはずの人物

    それが自分の部屋の前で30分も一時間も立って、或いは他の雑事で訪れた人物に混ざって
     座らされていた時の気持ちを

    例えて言うなら、絶対に仲良くしていたい取引先が廊下で立ち惚けて居たような驚愕だ

    外から帰ってきて、或いは居留守使っていたから何食わぬ顔で部屋から出て来て……

    直ぐそこでコイツの顔を見るのである



                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \       あっ、一佐殿! この間の件ではどーもお世話に!
           /                       \
              l                         l
              |                          |       「ファッ!?」
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

999:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:26:45 ID:weSVt/wY
www

1000:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:28:15 ID:VNJs8.dY
恐怖である。
自分の首が(物理的に)飛ぶ危機である!

4:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:31:20 ID:LPJG6jy.




     しかも、大抵の場合は他の「どーでもいい人物」と混ざって長いすに窮屈そうに座ってたり

     長時間立ちっぱなしだったせいで、ちょっとしんどそうにしているのだ

     胆は液体窒素をぶっかけられたかのような勢いで冷えることであろう

     あ、これそう遠くない内に俺は事故に遭うわ

     と考えるのも仕方有るまい。なんと言っても一時期はミッドでコイツが主導した撃ち合いが発生しない
      日は存在しないとまで言われた、虐殺機関の長なのだから

     その上、こんな社交辞令(意味深)が飛んできたら何をか況んやである



,,..-''"´      '' -..,,
   ''"⌒ヽ、     `ヽ
    _       -‐ヽ
 /´(;;;c)ヽ      _ ',
 ヽ、_ 丿    /r;;cヽ|        「えっ? ええっ、いっ、いつおいでに!?」
   /´     .ヽ ヽ-' ',
   ヽ       ',`¨´ ',
    l  ̄ ヽ .__丿     l       一時間くらい前ですかね?
    ヽ、  ノ       ,'
_____.  ̄        /       ご多忙ということで、ここで待たせて頂いておりました
 :::::::::::::::::`ヽ、   _,,..-''´
`''-..,,_::::::::::::::. r''"´  
        ヽ、            「そっ、それは……」
          ヽ、
            ヽ 
                 ',         いやぁ、他のセクションの仕事を見る機会が少なくて
              |          良い体験ができたので、お気になさらず
               |
                 | 
             |

5:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:32:22 ID:IXVt3mEQ
一佐(脅されてる!?)

7:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:34:56 ID:e.1.HI/A
脂汗が吹き出すわwwwwwwww

8:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:18 ID:L8KCItVs
抜き打ち捜査されてる気分?

9:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:38 ID:.J0TzinY
先に秘書の首が飛ぶなww

10:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:40 ID:XCJASl.E
これ待たさせた部下なんか気絶してそうwww

11:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:35:53 ID:Pb4Vsm.Y
立て乙
(肝)ヒエッヒエですよ

12:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:36:37 ID:S.dxMuP6
これはひどいwww

13:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:37:08 ID:LPJG6jy.





      因みに発言には特に裏は無く、全てが素で発せられた物だ

      別段コイツは怒っても居ないし、まぁアポとってねーからなーと納得すらしている

      だが、人間の想像力というのは逞しい物で……

      これを恐ろしい何かだと認識したならば、後にはもう全ての発言が意味深長に聞こえてくる

      それもかぎりなーく物騒な意味深さにだ

      シャツが絞れるほど冷や汗を待たせる判断をした部下と共にかくこと請け合いであろう



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',     いやぁ、一佐の部隊は足並みが揃っていていいですなぁ
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l     特別扱いは無し、規律正しく正確に
     .',       ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ     吾が隊も斯くありたい物で
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l

14:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:37:35 ID:cT/397Vs
この勘違い系主人公め!

15:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:39:11 ID:xkHhtuus
なんて迷惑な奴だwww

17:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:41:17 ID:LPJG6jy.




    座っていた椅子に汗が染み込むほど嫌な時間を過ごした後

    執務室やら応接室から出たら此奴らが居並んでいるコンボ付きだ

    彼等も無能では無く、魔女の入れ知恵で抜け出すのが得意な上司が抜け出しても、
     流石に待たされている間に察知して追いかけてくる

    そして見計らったようなタイミングで迎えに来るのだ

    掻く冷や汗の量もましましだな!!



                               ――- .        .||
                          /: : : : : : : : : : : ` 、       ||
                         /: : : : : : : : : : : : : : : .‘,     ||
                         !: : : : : : : : : : : : : : : : : :i       ||
                         }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ||
                         !:: __.... 斗-―-= .....__: : |       ||      閣下、お迎えにあがりました
                         .|: :------------‐‐ァ |       || i
                        //ソゝ ◯ __ニ__ ◯ ._ノソ.∧    || i
                        ノ/  !ヘュ/  .|  \.ュ勹  ゙ヘ    || .ハ
                        `  ヾ    ィニニト、 .イ /      ハ}ニ{
                        ノ‐ ヘ`-彡ハ___ハ `ー´)二` 、.  | |}ニ{
                       /-=ュ f ∧ { | 三ミ| ./ ノ)-‐ l   | |}ニ{
               _斗-=_  .=-{ニ‐、 .ノ ハl |__厂} l / .l"-‐  1⌒冖| |/`: :>ー- _
            ..-‐´: : : / rヽ/: :/ `〉ム- _/ .ソ   (/⌒j_/: : : ://./: : : : : :/´.`Y: :\___
          /: : : : : : : {  { |: :{  .f  .(  rイ     丿 ./丿‐-.//〈:: : : : : :弋___/: : : : : 、 : ,>
         /: : : : : : : : : ∧∧/ー弋 ゝ、_ ∨∧_,,,...斗´  ノ`: : : : : .l .}: : : : : : : : : : : : : : : >´、
       /: : : : : : : : : : : ./ | |: : : : : ヽ、 .ノ/: :二 ∧ヘ__ ..-‐´ 「二」: : : l ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
       ノ.: : : : : : : : : : : : :| |│-‐: :´: : ヽ〈: : : : : : : 〉/ ̄⌒ 冖‐- 、 .{( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
      │: : : : : : : : : : : : :| | ソ.__: : : : : ヽヽ_ :/: : : : : : : .,,.: : :_: ヘ‘, ∨: : : : : : : : : : : : : : : : r‐.、、
  .    /\__...--、.: : : : :.l !イヽ-.. \: : : : `: :|: : : : : : : / _....---'゛ .| .|`Y ‐- = __: : : : : : : : : : :|  ( )
     /: : : : : : : : : :.>‐ニ´ .{l,,..__\J: : : : : :」: : : : : : !__-'´....----: :| .| |/二彡 .冫: : : : : : : : : `‐´.∧
    ./: : : : : : : : : /キ二二二.! ` ‐-.\: : : : : :「: : : : : : : : _/ ,..---': :| .| /二二ノ  \: : : : : : : : : : : : ∧
    ': : : : : ,.イ ̄ キキ二ミミ.ニ| -ー 、゙ー‐: : : : |: : : : : : : 丨_..‐ ,......--- .j 〈二二ニン.|    \: : : : : : : : : : :∧
 .  {: : : :/´.ハ / ././二二ミ |.: :` ー.\: ::::__|____: : : ゙/ ...--‐'': :ノィマ 二 彡ニ.| | |  \.: : : : : : : : : ∧
   {: : ::/ 〈 弋 ././ミミ.二二‘,: : : :`ー'' ./,―――‐∧: :l,,./´: : : /.イ二彡ニ彡'ニ | | ‐- 、 \: :__...-‐- .、」
   {: : / 〈∧/ ././ 二ヾ三 二.l_: : : : : : //: : : : : : : : :∧: : : : : イ⌒:/ |二二二二,ノ| | .r‐- 、.} ´

18:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:41:46 ID:Pb4Vsm.Y
全て意訳されて聞こえてるんやろなぁ……

24:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:44:50 ID:mxpB65rY
胃がwwwww胃が死ぬwwwwwwwwwwwww

25:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:45:10 ID:LPJG6jy.





    位置を探るときに待たされている事を察せられたのか、紅いレンズから注がれる視線は実に冷ややかだ

    よくも俺達の上司を無碍に扱ってくれたな、今度タマとったらぁ

    とでも言っているかのような威圧感すら放っている

    そんなのに囲まれて、私物のコートを丁寧に肩に掛けて貰いながら振り返り、こんなことを宣うのだ

    もう言われている方には脅しにしか感じられまいて




                    ., '                     ヽ.
                   , '                     ,__、\    ヽ
                 , '                   イ  \ \    `ヽ、
               , '                        || ,ilililili;\ \    ',
             ,'                      || lilil∩ilil `.  `    ',      ん、ご苦労。戻ろうか
              ,'                      \lilil| |ilil |      ;
              ,'                        \Ulilil ,!      ;、      それでは一佐殿、お騒がせいたしました
            ;                           ` ー'        ヽ.
              ;                                       ヽ.     今後も何卒よしなに
            .j                                        ;
           ;              __,,....,,___ __                ,  ;
             Ⅳ        _,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、     ,___   ____ノ  ,'
              キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、     ̄    `ヽノ
               ,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /´
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、           ※恐怖フィルターかかっています
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
           .ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
      ._,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i
     il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
     .||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i

26:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:46:48 ID:SJH0WTYY
フーシェかな?

27:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:49:55 ID:GsrxjK2Y
翌日、いや今晩にでも妻子だけでも、離婚届けにサインして別世界への船に乗せる案件

28:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:50:36 ID:LPJG6jy.




    更にこの男、何があれかっていうと普通の社会人っぽく色々気が回る

    それこそ、一緒に仕事した相手の家族環境を把握し、目出度いことがあれば祝う程度には

    ……だが、このやりとりの後で出されたら、もう意味深長なんてレベルではなかろう

    こういったやりとりがあり、局内に噂が蔓延するのだ

    「人狼とは人に紛れた狡猾な獣だとするのなら……奴は最も人狼らしい人狼だ」と

    ひどい勘違いもあったもんだね



                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',      あっ、そうだった、忘れておりました
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',     確か娘様が来月士官学校入学だとか
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',    おめでとうございます、後で祝いの品を
           .;: : : : : : : .                                  i     届けさせますので
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }    またその時に
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i

29:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:51:04 ID:XCJASl.E
ヤクザのやり口だからそれ!www

30:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:51:37 ID:KODs2iwc
違訳:おめぇの娘の命(逆らったら)ねぇから!

31:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 20:52:47 ID:LPJG6jy.
う、すまん、ちょっと中座……

32:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:53:01 ID:LwZtgLq2
内臓がイズミ先生みたいになっちゃう!

33:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:53:12 ID:cT/397Vs
「私はあなたの娘を知っています」

34:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 20:53:13 ID:SJH0WTYY
誤訳:お前の娘の顔と名前知ってるよ?^^

42:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:01:05 ID:mxpB65rY
完全に脅し文句に聞こえてまうwww

43:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:02:41 ID:LPJG6jy.
ふぅ、復活……

45:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:05:52 ID:LPJG6jy.






     そして周囲からの扱いが良くなれば、或いは恐れられていけば……

     配下もまた引き締まり、自身の首輪を握る者に傾倒していくのだ

     いやぁ、世の中どう転がるか分かんないねって

     あ、そうそう、余談だけど持っていった菓子折には誰も手をつけられなかったとか



                       __       │
                     ∠:_::::`ヽ.    |
                 〈::o::::o、:ハ   |  |}
                  Lrミ::_::」八   |  ||
                  f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|
                 , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|
              /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|
               〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
               ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/      ゾロゾロ
                   ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/
                   /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′
               〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
               /\:::::/:::::::/:::::i::|             「(ひぃぃ、めっちゃ見られてる……)」
            /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|
           /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
          /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|
         /  / └r──′:::{:::::::{: |
        /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
    ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
   .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}
  .く/          〈::::::::::::::::::::{::::::::{
                 ヽ_:::::::::::::_〉:-‐:〉
                 i::::::::::::::|::::::::|

46:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:07:07 ID:KODs2iwc
菓子折りに罪はないやろ!!

49:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:11:40 ID:LPJG6jy.




    そろそろ関係各所から連名で「マジ勘弁して下さい、アポ取ってくれたら何してても時間空けますから」

    という嘆願が来そうな閣下(二佐)であるが……

    今日も今日とて気ままに出歩いていた

    白子のハヤテリックがお昼を食べ終えて、愛剣の膝に頭を預けて昼寝をする時分

    今日も気楽な下士官制服に官給品のぺらい方のコートを羽織って、本来であれば護衛も付くだろうお偉いが……

    何故か安価な公共交通機関に腰を落ち着けてだ




                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !
                  {   {__  ヽ  J           }      (……あれ? これ前読んだやつだな
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _      しまった、新刊と間違えて買ってしまった)
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |

50:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:13:06 ID:KODs2iwc
やめぇや・・・。                     やめぇや。

その既刊を処分するつもりでしょ!! ごめんなさい案件みたいに!ごめんなさい案件みたいに!(ry

51:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:14:14 ID:xkHhtuus
今度は誰だw

52:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:15:03 ID:Pb4Vsm.Y
新しい被害者が増えてしまうのか……

53:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:15:20 ID:LPJG6jy.




    理由は単純、車を使うと流石に部下に見つかるからだ

    この元青年、現オッサンは自前の車を持っていない

    これも理由は単純で、危なっかしいからである。決まった車なんぞ爆破してくれと言うようなもの

    車で移動する時は、専ら管理局の官用車を部下が二時間かけてフルチェックしてから使うのだ

    大仰な、と当人は思っているが……実際、こいつが死ぬだけで犯罪は今の倍以上やりやすくなるので、
     実際には過剰でもなんでもないのだ

    しかし、資格も思うまい。そのターゲットが下士官服着て公共交通機関でブラブラしてるなんて


         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.
  { ∪ "'               、、 }        いや、ほら、車って借りると目立つし?
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_         この方が市街の雰囲気もつかめるからさ
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´

54:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:20:50 ID:2NFAqb3A
ある意味最終安全装置だもんなw

55:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:22:11 ID:dbJS8PZA
なんというステルス能力w

56:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:22:33 ID:KODs2iwc
え? コイツが死んだらミッドが滅ぶやろ。

一人銀英伝艦隊と一人デススターが暴れるんやで?

58:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:23:55 ID:LPJG6jy.




    ちょっと歳食ったなー、記憶力が落ちてきたなー……とブルーになった奴が向かった先

    それはクラナガンの中央からバスやら何やらでゴトゴトと一時間半ほど揺られた所にある

    妙にすっきりさっぱり何も無い区画だった

    アレである。以前の話で解説した、都市区画を整地する勢いで行った軍事演習の名残だ

    本来なら来年辺り、便利な訓練兼ガチ戦闘の舞台として使われていた旧放棄都市区画

    がらんどうのそこに訪れたのは、一つの理由があった



                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ       (参ったな、同じの2冊買っちゃった
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,     歳かおー……記憶力が……
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、   まぁ、ミッド製の普通の本だから安いんだけどさ)
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨

66:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:27:24 ID:LPJG6jy.







     そこから更に歩いたところに軍事基地がぽつんと建っている

     彼の目的地はそこだったのだ

     規模も大きく設備も整ったそこだが、雰囲気はミッドの管理局らしくなく、むしろ地球の基地に近い

     車両やヘリが待機し、忙しそうに人が行き来している

     そこに彼はぽてぽてと無遠慮に踏み入っていく……守衛は止めようとして、顔を数秒じっと見た後で

     「あっ、やべっ」 と呟いて、構えかけたデバイスを下ろす

     きっと、他の部署のようなやりとりが何度かあったのだろう。身内にも厳しい職場である





                                o|
                             ◯<()
                     只只只 | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
__┌―| __  |                        |  |            ___            _
三三三三三三三\|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ           /三三/_\        /三
三三三三三三三三\                        |  |____   /三三/ 三三 \   /三三.
 ̄|| ̄ ̄||丁 ̄|| ̄ ̄|| ]   []  []  []  []  [] r==ュ_====ュ_    |  || ̄|| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄||   || ̄|| ̄||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Τ工工|三三三三三三|| ̄||/_|_|/======<二二二]||  _     || | ̄ ̄ ̄ ̄
                      |〒〒|三三三三三三|| ̄||`'ャo―`q  rァ仁三三三三三二|   || |
                      |⊥⊥{叮工六工工丁|L.六ヘ_|_ {f冊_| ―ヾ<◎,◎,,◎,,◎,◎ソ   _|| |
―――――――――――┘       ̄ヽ゚ノノ┴冖┴ヽ゚ノノ ̄ヽノノ     `¨^¨^¨^¨^¨^¨´       └―――‐

67:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:28:15 ID:gg6n9lYQ
部隊の訓練施設かしら?

70:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:32:04 ID:LPJG6jy.





     そんな軍事施設か何かの収容所にしか思えない場所

     ごめんなさい案件製造マシーンの目的地には、こういった看板が掛かっていた

     特機隊選抜訓練学校 と

     そう、特機隊が結構な規模になると同時にやらかしたのだ、この男

     新規製造ラインと武器実験セクションと新兵訓練できる所纏めたら効率良いじゃん

     場所はこないだ作ったし、箱物作る所は余裕でしょ 

     等と宣って、立派なのをこさえてしまったのだ



                        _|
                        0◯()
___ /                  ]「[
‐-+‐/ヽ/                | ̄ ̄| ̄|
‐-+‐|ヾ|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|
‐-+‐|ヾ|  | ̄| ̄=| ̄| ̄=| ̄| ̄=| ̄| ̄|| ̄|| ̄|
 ̄ ̄|ヽ|  |  |_ =|  |_ =|  |_ =|  |  ||  ||  |                 ________
: : : : |:.:.| ̄| ̄=| ̄| ̄=| ̄| ̄|| ̄|| ̄|  ||  ||  |                  /l|   …………   |
: : : : |:.:.|  |_ =|  |_ =|  |  ||  ||  |  ||  ||  |   ゚Y゚        _ ...-‐  丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l   ゚Y゚
: : : : |:.:.|  |_ =|  |_ =|  |  ||  ||  |  ||  ||  |  |      |_ ...-‐  丁 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |   |
: : : : |γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γ',|γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γメ,γ
: : : : lffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffffff
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||
: : : : |||||||||||||||||||||||||||||||||||||| ||.||||| ||.||||||||||||||||.| ||||||

71:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:33:01 ID:e.1.HI/A
つまり変態のすくつか

72:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:33:51 ID:Pb4Vsm.Y
おっ狼の巣かな?

79:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:38:19 ID:LPJG6jy.





    しかし、管理局には無駄に訓練校がある

    士官学校だけではなく空士、陸士訓練学校からレンジャーにと列記すれば限りが無い

    そこに特機隊選抜学校まで作ったら流石に若者の数の都合で人が来ないのでは?

    と作った後でアホは思ったが……

    割と志願者は多かった。今まで管理局では下働きしかできないようなリンカーコアを持たない、
     或いはCランク以下で実戦部隊には組み込まれない人員がどっと流れ込んできたのだ

    また、適正が低いために陸士としても燻るしなかさそーな人材もこっちにやってくる

    それもそうだろう。装備を適切に扱えれば、BからAランクの局員と同じ働きが出来るという触れ込み

    今まで力と才能の無さに歯がみした人間も多かろう。であるが故に、この学校の人気は中々に高かった



               _____
             /           ヽ
           /               \
          / 、                \      さーて、みんな頑張ってるかねー
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |
         ノ   └┘               |
        (、                     |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|

81:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:39:53 ID:x3PjKxKk
人狼の群れとか怖すぎるやろw

83:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:40:43 ID:KODs2iwc
(狼の巣・・・)

85:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:42:06 ID:LPJG6jy.






    顔パスで色々な色々な所を練り歩いた閣下は、とある場所で腰を落ち着けた

    訓練用施設のコントロールルームだ

    ミッドでよくある銀行、商店、オフィスビルなど、あらゆる犯罪によりハードネゴに発展しうる場所を再現した
     部屋が並ぶ施設をコントロールする発令所

    無数に居並ぶモニターの中では、多数の魔導強化外骨格がぶつかり合っていた

    訓練は弱者を想定して実施してはならない

    最低限でも自分たちと同じ装備を持ち、同じ練度を持っていると考えてやるべきである

    その理念に従い、多くの訓練生や転換訓練中の兵士が教官と、或いは出向してきた海や陸の魔道師とぶつかり合っている




           .ャ≦¨: : ≧: . 、
         / : : : : : : : : : : : : : ヽ
        7: : : :O: :O: :O: : : : : : : :Y
    .   ,' : : : : O: :O : : : : : : : : : {
       ノ=ー――==: :.r‐==-.、ヘ
      〆: : : : : : : : : : ノ、 .(()ミ、
      、^⌒三ミ三 ⌒ト.、 >‐ ^ ヘ
    /  ≧ミ、 三三| | .> 、 __「'、
 /⌒^>=: :⌒≧ 、/` ┐    ヽ、   .!
´ Y´: : : : : : : : : : : >、.ノ\  /ヽ ) ./>
> , : : : : : : : : : : : : : : : : : ムヽ/< /./ .Y            n
\ノ : : : : : : : __: : : : : : : : : : ム   ^,彡.ノ二ニ=====―‐-- ^ ニ= 、____   ____                .n
/ : : : : : : : :f´=´ヘ : : : : : : : : へ,. 彡 /「ェェェ ニニニニニニニニニニ三三┐ lニニ ,.ィ.'¨⌒¨ ヽ、_ iニi二二二二iニニニ――――}‐}
.,: : : : : : : : :|    〉: : : : : : : :', ヽ、.´__||__lェェ  ≡≡三三三_」_ェェェ_.i,.イ⌒ ,イ ン- 、._`=-、┘二二二二二、二l.二二二二.l l
..,: : : : : : : : 冖 ´ : : : : : : : : : ヘ三へ    γ='´ノ.__{{.,__ .}} j  _,.イミ,ィチ: : : :ム    ) _,.ゝ――――‐--斤 ――――} .}
..!マ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.!三二-.、 / `ミ 、ゝ ヘ、_}ノ _,.イミミィチ: : : : : : : :ム`⌒冖彳.                 ∪
.., マ: : : : : :,,。 ――=冖=‐、: : }ミミ三三`、  廴__〉=_,.イミミ,.ィチ: : : : : : : : : : : ノ
.ヘ .マ冫⌒          ムヘ.‐三.彡.‐= ´ム ´ミY´ミ ! <: : : : : : : : : : :> ´
 ヘ .^ マ           ムヘ.三三三三三ノ三三}三三∨: : : : : > ´

87:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:43:11 ID:e.1.HI/A
なるほど
控えめに言って蠱毒ですね!

88:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:43:36 ID:Rji6tzfk
蠱毒の壺だよなあ

89:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:44:17 ID:cT/397Vs
待遇と誇りに恵まれなかった若者達に、
彼らが渇望して止まないそれらを与えるなんて
とても素晴らしいお仕事ですね!

90:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:48:09 ID:LPJG6jy.





    バラバラとばらまかれるカードリッジの魔力を消費して放たれる単純な射出魔法

    そのマズルフラッシュが方々で煌めくので、室内は異様に賑やかだ

    中央に急いで運び込まれた一等上等な椅子に腰を下ろし、暖かな湯気を立てる
     完璧な香気を放つ紅茶を受け取ってアホは言った

    ある種異様な光景だ……なんといっても、その大半は「実弾」を容赦なくぶっぱなしているのだから

    実弾と言っても設定は非殺傷である。便利だよね、非殺傷、痛くなければ覚えませぬができるのだから

    実戦と同じ装備で、下手をすれば実戦と同じ痛みを味わう

    それがこの訓練校で行われる訓練の鉄則である……死ななきゃ安いとはいうが、トラウマになりそうだ



               _ _
              /      ` ,
              {       }
            __rニ二二ミメ、_           おー、やっとるやっとる
           /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄\
             /:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ       今期生はどんな具合か?
            /:.:.{:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.〈
          /:.:.:.:.V:.:.://:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!/ハ
        i:.:.:.:.:.:.:|:.//:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.∧      「有望なのが多う御座います、閣下
         |:.:.:.:.:.:.:|:./:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.}
        \__//:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:./       22番のモニタをご覧下さい」
           \___〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.├‐ '
           `T「 ̄| ̄「 T`ミ〒彳
            ||__j  | |   | |
            |     |   ̄´  |
            |     |     |

92:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:53:03 ID:LPJG6jy.




      どらどら、とモニターに目をやれば、二機の外骨格が戦っていた

      室内の様子を見るに、分隊同士での防衛・制圧訓練の最中なのだろう

      派手にやり合った結果、赤と青のチーム共に一機ずつのみ生き残ったという具合だろうか

      守手側の青い識別票を付けた機体が、タマを無駄にしない正確な指切り射撃で赤の識別票を
       貼り付けた寄せ手側を牽制している

      その手腕は実に見事だ

      射撃は正確、無駄玉は無く、ベルトリンクされた弾丸が下手に長いせいで視覚的な余裕を擽り、
       熟練者でも無駄撃ちしがちな火器を丁寧に扱っている



                               _...-―- 、      n
                                  /       ヽ、     ||
                              /            }    ||
                                /_ ===== ._ |     ||
                             //(◯`f_f´◯) 7ヽ」    {_〕
                           / /-<>'⌒<>ァ-、|∧    ||
                           ヽ fヽ }-/_ム-' / }}]∧    ||_,ィヽ
                           γ}ヽ<《〉‐-〈_》- ー'/-={  /´/、 _|- .._
                           _ -‐ァァくヽママム-=〉ニ〈=/-=≧=‐7   `ー'   `ヽ、__
                    /  〃ニ≧、 \=/ミx/ヽ≧=‐=ニミ|           _ -=¬<
              n_         /     {{ニ[コ]≧≦≧f´/≦[コ]r¬ュミ|       _ -、 \_/
               ///     /  _ - ア´ =- _ヾイrz_ `-=ニ =≦ニ>ミ|>_ - ¨\\\ _/
   __   _///      7ヽ」二/     〃 /      _ _ - ¨      ,ィ 、\\\
 〃⌒ヾヽ`ヽs。]7//      / /.ニl ,、 , 、  {{. {     _ - _ \        《f狼ム \\\
 {{::::::::::刈 } } 三≧s。_    -ムイ二二l{// /   |  |    rヽ二二=\\     \」_》  \〉/
  ゞ=彡' '_ノ三三三三≧s/  /二二ニ\ ' _ ャァ ァャx、   マム二=/ニ\\          //
    ` ¨ 、-=≡ =-ク 三三≧s。/二ニ7ァ」ニ/ |。| ̄|。| ム- _マr≦三ミx \\       //
       `ーr、‐ ´  <三三三三}}7/三=ュ |。|  |。|   ム _∠ア´三ミx マム \\    /, ' ′
       〃タニ=、‐-E}ヌ /Z∧<三///fニ8マ `' └'   〉'´‐- ̄_ ‐ _ マムムV \\  , ′
       {{ {{ 〃 }ニ=7`l三二ニ=- ̄_ヽ/ニ8 マ      f(_) ‐- _ ‐- _マムリ」j/// , ′
       `¨ -' - '__,ノ三三三三三二ニ=- ≧_    /三/ 〉(_)_(_)_(_)_/ミ// .//, ′
                ̄  r-=ニ二三三三三三三.7三/ /三/三 「三}ノ´  〈_, ′
                  ヾミア三8}| l丁⊂ニ⊃/三/ /三/, 三/.三}`l

93:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:55:14 ID:Pb4Vsm.Y
ふぇぇ、人狼が養成されてるよう……

94:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:55:52 ID:c.x9k2Gg
練度を上げるのは大事だからね(震え声

95:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 21:58:52 ID:GsrxjK2Y
卒業式には、閣下から直接、短剣を授与されると

96:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 21:59:01 ID:LPJG6jy.




     射撃が正確なだけではない。戦い方が“上手い”のだ

     普通の賃貸マンションの一角を再現した部屋の中で、青の機体は実に器用に動く

     家具を遮蔽とし、壁際に隠れ、半開きの扉を目隠しにし

     時には被弾して実戦と同じに呻いている味方や敵を間に挟むことで、間合いを
      詰められないように立ち回っているのだ

     赤の識別票を付けた寄せ手は攻めあぐねている。否、攻め切れていない

     既にベルトリンクされたカードリッジは底をつき、最装填の暇はあるまい




  ,..-''"  ̄ ̄ ̄ "''-、
/              \
      -‐-..,,_..    \
      ___ `''‐‐'  、_ノ
     ヽ _・_`     __i       ……上手いな
         /     '_’l
            {      ヽ l       本当に初年生か?
           ヽ---‐、__ノ !
              ー‐一  ,′
  、              /         「ええ、閣下。最初は並かと思いましたが、
''-.,,_`''-..,,_         /            まるでスポンジのように技術を習得していきまして
: : : : :`''-、 `¨"7''―‐<       
: : : : : :/ヽi :::/: : : :/⌒ヽ           今では教官すら危ういことがあるほどですよ」
: : : : : l: : :L_ `ヽ: :{: : : : l     
\__/: :/O: 7、_∧:.ヽ _\‐-..,,_  
: : : : : :./: : :////∧: : :|: : : : : : :/| 
: : : : :./: : ://////∧: .|: : : : : :/_
: : : :./: : :////////∧:.l: : : : //
: : :./: : ://////////∧∨: : / 
: : :i: O:.i///////////∧ヽ./

97:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:01:14 ID:aeBQj/hc
やる夫もやる夫でもう逸範人なんやなって

98:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:04:28 ID:LPJG6jy.






    このまま攻めきれず終わりか? と思っていると、今まで隣で解説していたコントロールルームの
     責任者が楽しそうに言った

    ではどうなるかと思えば、遮蔽物を挟んでの追いかけっこのその一瞬……

    ほんの僅かな間、遮蔽物が無く直線が生まれた

    本当に一瞬だ。駆け寄ることもできない一瞬、普通であれば補足できないチャンスとも言えないチャンス

    だが、紅い識別票を付けた機体は、そのチャンスをモノにした

    弾が切れて用なしになった機銃型のデバイスをぶん投げ、相手のデバイスを叩き落としたのだ




      /
     /   __
     ,' , ´: : : : `≧ 、
   . //: : : : : : : : : : :、 ` 、
   /,.' : : O .O: :O: : : マ: : Y
   <: : : : : :O: :O: : : : :7: : :7            /
  //>.、 : :  ̄二: :_,: :_: : 〈           /   /
.-=´≧ 、ミ>、 : : /! ()丈¨゙         /_r-辷 、/        「ですが、向こうも中々有望でして
人(  ィ^>、ミ| ¨ハ   ヘ 〉.__       / ゝ、>、ヘ Y
: :≧ 、ヽ   >〈  \> ´ヘ l    , 、/   人 .ヽ ヘ .{         見ていて下さい」
: : : : : ヽヽ/´.ヽ\ ./   } 〉>-=//    ノミノ   /
: : : : : : : :Y`v.¨ヘミヘ >'´< : : :</7 ノ 、´{    r': :|
 : : : : : :〈: :トヘ ヘ__三弋ン.`i./  ⌒./ .!`ニ=/: :o:ノ
: : : : : : : :`、: : ヘ `ヽ.t‐―^/    /ヘ .,':7: : :イo:::イ
>、,r 、 : :/> ´`ヽノ个./`ヽ   .与: :〈 .7-{ : : :}/ {
: : : : : >: : / ⊂ヽ, ヘ /    ヽ/ ヘ._∨ :|.: :r ´: : |
:/¨´ /: : / ⊂ヽ, ヽ/     / 彡三.〈ゝ:|.: :|: : : : :>
ミ} .〉 :!: : :{ ⊂ヽ,ヽノ \\  Y ノ 彡 /乂ヽ!.: :l.: :/ :|
ミノ : 〈 : :└、 ` .ノ     .>.ノ、 彡彡三^>| : : Y: : : :|
ノ=‐- :`、 : : `:>´    ィヽ)〉 ∨三彡( ! |: : : :|: : : :l
: : : : : : :≧、/    ノ ム^)  └七 ^ー- > 、:|: :/
≧ 、...___ /___,...  /´ ヽ.  ヘ.           レ´
: : : : :>=‐--‐´チ ! 〆: :ヘ ⌒)               >

103:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:09:11 ID:LPJG6jy.




    腰を落とし、拳を固めて一足飛びに突っ込んでいく赤の機体

    対し、全く動ずること無く腰から拳銃型のサブデバイスを抜いて迎え撃つ青の機体

    実に見応えのある展開だ

    互いに一歩も譲らぬ本機の戦い……訓練校であると知らねば、本物の特機隊相撃と
     勘違いしかねない気合いの入り方と熱気である

    感心したごめんなさい案件製造マッスィーンは、珍しく責任者に「あれは誰か? と問うた」



                /      > …… <
            ‐〈  ./      /: : : : : : : : : : :Y
           ,' .7  /.      / : : : : : : : : : : : }
         ュ.,' 7 ,.〈   ィ=、 ノー- 、_: : : : : :∴l
        /> └ /-'ニ二 .|∠ - 、: : : :个‐--: : {__
.       /:ミミ : :// 、 <: :\>.、_: : ≧、冖==i´ィ.┐ェュ_
       /: :ミミ ://、 : : >、>ュ,_ヽ、>-、 \三 / .l .Y ー ┤
     /¨〉: : : : //ミミミ: : /: : : : :>、` 冖\ |r-,`Y‐┘.ニニT ,、
     └': : : : ://: : : : : : / /¨j__ : : ノ: :>‐==-!、」冖―¨_.。イィ'       ジャキッ
     / : : : : //: : : : : r./, // > 、j / _ノ : : : : : : ム   |ヘ _ .|
 .   `l_< :〈/ : : : : 〈//.// / ///: :| : : : : : : : : : ム  .| | ノ }
     .| .| ` <: : : : /¨lへ 〈.///: :ノ== 、  __.} f¨ニ´  }
    / l : : : :/ 〉:,ノ、: :`> 、ミ/: : }:iム |__ ^⌒ : : : :| >-'´ヘ ./
  . Y  { l´.> /./ : : |.: : : : : : :/、: : :ヘ:i:i三}`l、: : : : : :|‐": : : :片
   {  | {   ,' 7>、/: : : : : :/ : : >、_ \lミ} ヘ: : : : :|ミ: : : :/
   `>.j   .!.,'  彡⌒.Y¨^¨>、 : : / 〈 .|ミ 二二゚j、 : : /
    , ャ≦>|.|  :f f / .〉!⌒冖=‐-ノ彳  ヽミー‐彡 |: /
    | l:i:{ \}>、{弋 ノ三ミー―--〈ァ    ゝミ三彡'´}/
    ./〈Y\ ノ.===/i: : 《  |   i: :ヽ,
   / ,':{  \,..。 -‐/: :',: :∥ |  .|: : : :i
   ! 7:il   {   :〈: : : :, :∥ └ 、ノ! : : :|
.   , 7:i八      ト、: : : ,: 乂    | : : |
   77:i:i:i:i>、}   :ムミヘ: : ', : : >l ∥: : |
   |7i:i:i:i:i:i:iヘミ>、 ムミヘ: : , : : : : | ∥: : |ヽ
   !,'^¨    寸ミ> 、ミヘ: : : : : : :ー: : : |ミム
.  ┘       }三三.>ヘ : : : : : : : : : :| 三.ム   }',

104:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:10:15 ID:mxpB65rY
誰なんやろ…ww

105:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:11:22 ID:74oQo1ds
よし、もう嫌な予感しかしないぞ!

106:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:13:19 ID:vZTKGjUw
ダレナンダロウナー(棒)

107:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:14:03 ID:LPJG6jy.






     すると、打てば響くというばかりのタイミングで情報が寄越される

     立体投影スクリーンが目の前に現れ、指揮官に情報を供給する……やはり
      責任者もまた、ここの責任を任される所以がある優秀な人物だったのだろう

     映っている資料には、未だ年若い少女の情報が載っていた

     まぁ一桁就労が認められているミッドだ。例えハイスクールの学生と同じ年代の人間が
      特殊部隊の選抜訓練に放り込まれていたとしても不思議でも何でも無い

     逆にちょっと遅咲きなんじゃね? とか言われてもおかしくないほどである



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j     えーと……?
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

108:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:15:35 ID:x3PjKxKk
誰が来たかな?

109:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:16:17 ID:KODs2iwc
おお、かみよ・・・

110:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:16:59 ID:cT/397Vs
さーて中身は誰かなー

111:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:17:03 ID:LPJG6jy.




     その少女の名を ティアナ・ランスターと言った

     そう、まただ、またなのである

     この男、ついに時分から本とか押しつけないで人の道をねじ曲げる領域に至ったのだ

     なんと言うことでしょう、凡人(笑)もおかしな運命の流れに巻き込まれていたのです

     生足が目映いバリアジャケットから、あんな重々しい肌色成分0の外骨格に身を包むことになろうとは

     全国の大きなお友達もがっかりでしょう


                ¨¨¨¨¨
          /一   ー  \
         ′___  __        __
        {                }  マム{ }
           (__人__)     。s≦ /マム :}       ランスター……?
          ゝ      。s≦   。s≦\マム}
              ≧==ハ。s≦-- 、.............マ 〉       ……なんか覚えのある名だな
                  マ..厶 --- 、 ∨.........∨
                  ′{     } }/............,        えーと、ほら、アレだよ、えーと……
                 ,......|     }ノ.................,
              ,.......|     |....................}
               {.......|     |....................}

112:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:18:03 ID:cT/397Vs
やっぱかー。凡人は凡人を極める道を選んだんやなー。

114:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:18:19 ID:J2EG/i5w
BONJINやんけ

115:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:18:51 ID:2NFAqb3A
BON-JIN

116:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:19:08 ID:epGyttds
ティアナこっちィ!?

121:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:22:07 ID:LPJG6jy.




    いやー、まだ記憶力死んでなくてえがったー とほっこりしつつ宣うアホ

    しかし責任者はちょっと戦慄していた

    そんな何年も前の作戦で、しかも特機隊以外から出た戦死者の名前を危うげとはいえ
     覚えてるとか、この人なんなのという話である

    まぁ、特別な背景なんてなく、人間は連鎖的に物事を思い出せる脳の作りをしているので、
     名前がエピソード記憶を結びついただけに過ぎないのだろうが




                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ     あっ! 思い出した!
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /     何年か前の合同討伐で戦死した局員!
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,     葬式顔出したから覚えてる!!
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ     「(よく覚えてるな、この人)」
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ

122:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:23:44 ID:SJH0WTYY
この記憶力で佐官とかビビらせたんだろうなぁ

123:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:24:32 ID:2NFAqb3A
身内すらも戦慄させる人狼(コワイ!)

124:名前:普通の名無しさん <sage> : 2016/12/10(土) 22:24:37 ID:YFHDVBtk
殉死だゾ

127:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2016/12/10(土) 22:25:27 ID:LPJG6jy.





    しみじみと呟く阿呆……その懐からは一冊の本が覗いており、責任者にはタイトルがちらっと見えた

    優秀な人材を育成するには――青田刈りするなら手元に置こう――

    という頭の悪そうなミッド製の新書であったのだが……

    彼は「成る程成る程」と要らん深読みをしてしまった

    そしてまた、道が歪み始めた彼女の道は深く歪んでいくのだ……




                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \       そっかー、こっちの道に来ちゃったかー……
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!                       どうしてこうなった……言え!!(責任転嫁)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する