魔道砲兵 サブカルなのはSoldiers その7

572:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:00:45 ID:G5aPMKEQ





       なのは 魔法少女伝説

       もとい、サブカルなのはSoldiers




                                                 _
                    r=ァ rァ                    _  -≦///}
                     斥圦/リ}                  _  -≦/////////}
             //}    {‐刈≠个:、          _  -≦/少'´/ ̄i}i////∨
            _,イ///}    {‐刈{! i|}圦_         {/////__./  /{///,∨
          /斗‐=、/圦  辷{‐刈廴..|_ ≧=-  _    Ⅶi/㌻リ{{_,/  {i//∨
           {//  ///}     Ⅶ77¨Ⅶ斧――――'   _}}_㌫㌦__示__ノ  ,'////
        ,イ/{__/,///ア  __,r=< i|〈O〉|i i|           ///// ̄}㎜/  ‐== _/
         /////// ̄==斗...{,f斗i|i V i|i i|          ,////{{_/=ヘi∨イ//¨-‐== _
      ///////:.:.:.:.:.:.:.:.}¨`ヽ}..|i   i|i i|_        ////////////∧∨////  ¨‐== _
       ///,'/ {7=‐-(,ィ=‐‐--v|..|i   i|i i|:.〕iト、   /////////‐== _/〉 ̄ ̄      ¨‐== _
       |//   /  /.,、:.:.:.:.:.:.:.::.|..|i   i|i i|.:.:.:.:.:.:.〕iト.//////////¨-‐== _           ̄ ̄
            '  /:i:.i:.lfrァ、:.:.}.:.:.|..|Ⅶ/i|i i|:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト.//////  ¨‐== _
          {  レヘノ7  ノイ/.: |..| i}{ |i i|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〕iト.       ¨‐== _
          ∨/  _\¨ ノイ:i|..| i}{ |i i|¨¨¨77=z__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚。         ¨‐== _
          { {   { ̄ ̄}=7レi|..| i}{ |i i|  イ/////ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i             ̄
          圦 _,f=¬イ:.:.:.{i |..| i}{ |i i| //////イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
             /¨`ヽ:.:.:.:.:. /=:、|..| i}{ |i i|、―‐彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          i    /⌒¨{ /i|..| i}{ |i i| }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         ,圦   :     ∨ |..| i}{ |i i|ノ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
          ̄≧=f‐、   ∧i、|..| i}{ |i i|:.:.:.:.:.:.:.:.:._  - ¨
              _} i|  ≧=--∧|..| i}{ |i i|_  - ¨          _____
  ` ―‐--  イソ' i|     /:.:.:|..| i}{ |i i|`              {///////////≧=-  _
     --‐―'/'   i|    ._圦/|..| i}{ |i i|              __ノ//////////////////
  /     /〈   i|    `ー‐ヘ |..| i}{ |i i|    \_ _   ‐=/////∧///////////////
  {    /:.:. /\_/\_/⌒i} |..| i}{ |i i|゚。   /ム////////////}/////////////
      /:.:.:.:.イ  i    ,.:   圦|..| i}{ |i i| ト、_/:i:i:i∨//////////}///////////

574:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:04:48 ID:G5aPMKEQ
                                 推奨BGM ttps://www.youtube.com/watch?v=pgxvBQov5TY






     一人の少女が居た

     穢れを知らぬ、何処にでも居る無垢な少女

     純粋に彼女は正義を信じ、正義に奉仕する兄に憧れていた

     両親が居ない自分を守るため、そして正義のために戦っていた兄を……




                        ____
                   , --、,. :´ , -、, -:、_`: .、 ,.-、
                  /,.- /: '⌒: : : : : : : : `:⌒\\
                 /イ/:V : ,: : : : : : : : : : : : : : :ヽ-、
                /,ィ´: {: /: :/:/:|: : 、: : : |: :|: : :V: : V \
               <//: ,:,ハ:': :/: l ̄`l∧: : :|⌒:V: :V: :∧\>
                .': : | | ||:イ: :ィ笊テミ∧: ィ斧ミ}: : :|: l: ∧
                |:|: :{ | |{∧从V)り  ∨V)リ∧:/}∧: l:|
                |:|: :| L|乂Ⅵ     ,  イ:/}'/' |: |:|
                八从    |込、  v:: ァ  人:}  /:イ/
                  \   リ  }≧=-r ´  リ  /'
                       イ∨\_∧「≧=ミ
                    /........\\〈ioi |..|.........>、
                   /...................\\_//......l...........}
                  ,.'............../...........\_/.........}......../.〉、
                  {..............,.................................,: ーく  ヽ
                  7ー-イ.................................{    ,.-  〉
                  /   / V............................. |   ,:   /
                 ,:  /  }........................... ∧ /   ,
                /   /   /.........................../....∨、 ,:
                ,       /.......................................} ノ
               /  /   /..........................................「´
               /  /   /`:::......_______,∧

575:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:04:51 ID:IbMHm0y.
きたぜ ぬるりと

578:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:08:18 ID:RnXhVZAc
教育しなきゃ

579:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:08:53 ID:jfGyicJQ
名字のせいで、かませ感半端なかった銃型デバイス使いさんじゃないですかー!ww

580:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:12:52 ID:G5aPMKEQ





     正義とは尊い物で皆が大好きだ

     故にこそ誰しもが正義を掲げ、子供達はそのお題目を信じる

     正義は負けず、正義は屈せず、正義は死なない絶対なものだと

     されど彼等は知らないのだ

     正義という概念には暴力という名前の、醜い双子の兄が寄り添っていることを

     そして、それらが非常に仲が良く、互いを補完し合っている事実を

     成ればこそ、正義を実現する物には死が寄り添う

     まるで別ちがたい血を分けた同胞の如く




                                           ,ィ劣王ミ::、..___
                                      ,...._    寸圭圭圭圭圭}
                                    r:升圭少    ``x圭圭少´
                                     `¨´             ̄   ___
                              <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                                       {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
                                    __........__寸圭圭圭圭圭リ
                         ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
                         `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
                           `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
                             {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                              {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                               寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                                     ̄

581:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:13:35 ID:80HsdbkE
何!正義とは鉄と火薬のことではないのか!?

582:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:14:41 ID:RnXhVZAc
力こそ正義

583:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:15:35 ID:5sTmDz5Y
なのはさんは軍の信奉者、フェイトはジェダイ、はやては不老不死の怪物
ティアナはナニになっちゃうの…?

584:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:16:52 ID:G5aPMKEQ





     彼女の兄もまた、正義の擁立者として辿りうる結末を辿ったに過ぎない

     混乱期のミッドチルダの首都クラナガンにおいて陸士・空士問わず殉職は珍しくも無かった

     慣れは感覚を混乱させる

     上官として取るべき態度、同胞として取るべき態度すら忘れさせるほど

     死者にむち打つような悪態を葬儀場で吐く、それが如何に遺族の心を痛めつけるであろうか

     本来であれば惜しまれて送り出されるべき死者の名誉……

     それが傷つけられる事は形容しがたいほど、死者よりも生者を傷つけるのである


                                               __
                                             . :'´  }
                                                 /   .:’
                                  .. .-- ‐‐┐       .′   ’     __
                                      .’     _}    .    '´  レ‐
                          .       ‘:. __ .. '     , ' `      ′ .'´  i
                           /   .     /                .'   i   !    |
                        . '       ヽ ノ                 /  ,. ’、 |   |
                       .:′         `ヽ‐‐ -- . . :'’       . '       ’.、  レ‐ 、
                    /            ‘,    : .`: . .  /__ ...‘.、  ′  /
                      /              :       : . : . ヽ´       l   .′  i
                  .'              }      . : . : . : . : .  .-‐‐-‘.、  i
                      ′                      . : . : . : . : . : Υ          ヘ    '
               >''” ヽ.            ‘''  .. . . : . : . : . : . : . : . : . : .!      .:´     .′
             .>''”                       ` ¨¨ '''' ‥ ‥   …  '' ¨ ¨~ヽ.     ',:;,..
         > ''”       ,. '´                                   /.:,. , .
    .. * ''”                                             ...  ´,: .; ,: .;
                           : .                      ... .'' ”:. ,; .: ,., :; ; ,,.''
                          : : : . . . . . . . .      . . . : . : . >''”:., ;.: ,; .: ,.:;. :; ;; . , ''
                      . . . : . :>‐‐ -- ... . : . : . : . '”. ,: .,:; .,''   ,:. ; ,''
                    . : . : . : .c '”: .;,:. ;.. ..; .,: ;.,`¨. , .,¨´      ,: .; ,:.;.: , ;.'   ,:. ;, :;,.
                . : . : . : . :>''”:.;,: .;,.:; . ;;; ;.. ...; ., ,:; ., :.         _ ,: .: ;, ..''   '' '' ''
            . : . : . : .>''”.,: ;. :,; .,..:.. '':,. :,; .:''  ''   ' '      
        . : . : . : . >'”:;;: ;,:; ,;,:: .,.: ,;.:, ;.:               
        . : . : . : .*'”.: ,;. : ;.: ,;. :,;.:, ;. ,:; :,;               ,.: ;
     . : . : . : .*''’;.,:;. ,:; .,:; .,: ;,:,:,., : ::''  ''             '' :;
    . : . : o ’:,;.:,; .; .:,;. , :;. ,:;., .:''

585:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:18:08 ID:VIVk..nw
>>581
ガスとウィルスを忘れるな

586:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:19:54 ID:0zDjCvwo
正義とは砲の下にある

587:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:20:50 ID:G5aPMKEQ






     心に酷い傷を負った少女は、その傷を抱えながらも将来正義を担おうとするだろう

     しかし、そこで一つの……ほんの小さな歪みが彼女の道をねじ曲げた

     親族もおらず、義理で参加する上官と同僚しか居ない寂しい葬儀

     そこで少女は酷く落ち込んで全てが終わる筈であった……あの人狼共が現れなければ





                              __       │
                            ∠:_::::`ヽ.    |
                           〈::o::::o、:ハ   |  |}
                            Lrミ::_::」八   |  ||
                           f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                           ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|
                          , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|   ギィ……
                         /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|
                         〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
                         ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/
                          ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/     閣下、こちらです
                          /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′
                         〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
                         /\:::::/:::::::/:::::i::|
                       /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|
                      /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
                    /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|
                   /  / └r──′:::{:::::::{: |
                 /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
               ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
              .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}
             .く/          〈::::::::::::::::::::{::::::::{
                          ヽ_:::::::::::::_〉:-‐:〉
                           i::::::::::::::|::::::::|

588:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:22:32 ID:yC2qCRqU
ヒエッ

591:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:24:20 ID:5sTmDz5Y
来てしまった…

593:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:25:45 ID:9BE5KlNI
葬儀場の格好じゃねぇよw

594:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:25:46 ID:VC1jYUgI
人狼に魅入られた狼少女が誕生するのか

595:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:26:38 ID:G5aPMKEQ






     当時、特機隊は設立直後の黎明期

     強襲・伏撃・騙し討ち、魔導発生ガスによる特殊攻撃すら辞さぬ広範囲制圧……

     あらゆる手段で敵を撃滅する最悪の戦闘集団として恐れられていた時期だ

     ミッドのあらゆる犯罪者、時には同じ正義を擁立する者からすら恨まれ……

     四六時中重装備の警備に纏わり付かれた、当時三佐の青年は葬儀の場に現れた

     空との共同戦線を張り、その中で出た数少ない殉職者を伴う為、喪服にも似た特機隊の制服を纏って




.           , .、         '   ̄ ̄   、
          /  ヘ     /          \
        l ミ  ヘ    /            ヽ
        l ミ  .∧.  /  `ー- 、        ‘,
         _j_7ヘ   ∧. 冫   、___ ,            }
      _r">’、 ヘ   ∧/     ̄            /_
     「; i !  .r.、 ,  j ヘ.、    )         / .7
     l! .j .ヘ  l _! ,   ゝ-ゝ- ' 一 = 一 "    ,'        ん、ご苦労
.     !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
.     ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉        それと、閣下はよせ
      ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ
      ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l
        ヽ  ,ィ≧x\//>'┘  ./  ≧≠="   .!
      ィチ≦'"´ .j j// l   .i/ '      `ヽ  .!
      〈 ̄       ハ/j = l  ,'   _ z = z ヘ  l
      l    _zイ.ヤlj   .j  l ,   ,.        j  !
      lzzzzイ'    Ⅵ  ,'  j!  /      /,イ  l
         V     \ /  / イ _ z    /7 .   !
        V      ー.v< _      ./j7   l
            V     ,イ j! 、       ,ム/    .j
          V      / l! ヾ      .///     ,'
          ,ィ.、       .j!       ///    イ
          //l \          イ//'     l
           //7l   丶       ,.'// 7       .!

596:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:28:15 ID:9BE5KlNI
どう見てもvip

597:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:30:36 ID:bwWYGGV.
これは心酔しますわ

598:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:31:33 ID:G5aPMKEQ






     物騒な弔問客を見て、今まで心ない言葉を放っていた上官は押し黙った

     流石に関係の無い部署から見て、今の発言がどうとられるか位は分かったのだろう

     剰え、戦線を共にした相手である……

     特機隊の黒喪に少女は怯えた。威圧感のある紅いバイザーの視線、ぎらつく装甲、輝くデバイス

     正しく暴力と死の権化。正義を下支えする薄ら暗い双子がこの世に姿を以て産み落とされたかのような威容

     だが、本当に恐ろしかったのは、それではない




                         _r-------ヵ、_
                        //       .∧',
                       //,       ∧',
                       //         ∧ム
             .          //,'           .∧;ム
                     /./,            ∧;ム
                     /./,'              ∧iム
             .       /;/,'     .r======ヵ   .∧;;ム
             .        /l/,'    i!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i!   ∧i;ム
                   /;;/,'    └===┘    .∧;;;ム
                  /;;//                 ∧;;;;ム
                .  /;;/マ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨∧
                 /;;;;ム─────────────∨∧
                ..仏ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニマ
                  ∨  r≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡7 /
                   ∨ .∨ ,ィ<二二≧≦二二>、 ./ /
                    ∨ .∨  _,/ ¥ ∨_  / /
             .          ∨ .ヾ>_、__二二二__, ィ<./ /
             .         ムニニニニニニニニニニニゝ

599:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:39:25 ID:G5aPMKEQ






    黒衣の獣共を纏わり付かせ、圧倒的な暴力を臭わせたこの男が怖かった

    これだけの異常を引き連れながら、男は何処までも自然で普通であったから……

    それこそ普通のスーツを着込み、タイを締めれば勤め人と見分けが付かないほど

    まるで、この様が自信の平常であり、当たり前なのだと言わんがばかりに

    恐ろしく苛烈な暴力の臭い……だのに恐ろしいほどに平静

    むしろ無謬とすら言えるほどの自然さが怖かった

    犬……いや、狼たちの主人は跪き、形式上の喪主である童女に問うた

    彼女に出来るのは、恐怖に押されて無意識に頷くことのみ……



                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.       君がランスター一等空尉の妹君かな?
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i

601:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:41:43 ID:yC2qCRqU
こんなん、聞かれたら漏らしてしまうわww

602:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:43:30 ID:Qo7YWojw
でも、死んだ親族にちゃんと敬意を示してくれたなら、心酔するのも分かるわ

603:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:44:30 ID:qLL0F1go
特進済みかなぁ

604:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:46:28 ID:G5aPMKEQ






      跪いた男からかけられた言葉は印象の恐ろしさに反し、何処までも優しい声音のものであった

      そして、彼は少女の手に小さなコインを握らせる

      ……いや、コインではない。それはメダルだった

      鈍色に輝く、狼の容が刻まれた勲章

      特機隊が設立に伴い陸セクションから受勲権をもぎ取った特別戦傷章

      黎明期の特機隊において、彼等が主導する作戦は大変危険な物であった

      実戦テストを兼ねた極限の戦場への投入、自爆にも似た戦術テスト……あらゆる危険が伴う

      その危険を贖い、せめてもの償いをするためのメダルであったが……

      時にそれは、人狼の主人から、彼の主導する作戦において活躍し、戦死した者へも贈られるものであった


                                        _, -‐ ´
                                   _, -‐' ´
                                   , '´
                             _ ,/            _
                           /´         ,  -‐ ´ ̄
                              / /        l              ……そうか
                        /   l    , -   ,'
                          / 、_ノ   l'´ 、―‐ '               悔やんでも悔やみきれない
                        /  ,イ ,'   ,l  l
                      / .〃 /   八  .l                  我々は優秀な同胞を失った
                    / ノ / く_ イ l | /
                    '-‐' ./ / _l   / ヽ'__ _                これが補填になりはしない事など百も承知だが
                , -- 、  く_ノ,ィ=/,' ヽく ..,.'´ /´ ./―ァ
――---―――‐z_ __,彡、    ̄、 ̄ _, l.l  .l´ /  ./  / /               せめて故人の栄誉を忘れぬように
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /  '´  `ヽ、   `-<、ゝ-.' ,/ / .ノ/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:: .::,'        ヽ、    >- '  / /ノ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,'::: .::i           ー―'´  > //
::.::.::.::.::....:.:.:.:.,'::: ::::ト、--- 、          ,_∠ニ==┴'
::.::.::.::.::.::.::.:.:.i::::: :::l:.:.|     `` ‐、_, --' ´
:::.:::.:::.:::.:::.::.:.!::::::::::l ,'
::::::::::::::::::::::├┬‐`´
⌒::::::⌒:::::::し'
 ̄ ̄ ̄ ̄´

605:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:48:07 ID:GmicSSCg
パープルハートは名誉だぜ

606:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:49:28 ID:yC2qCRqU
これは心ふるえる

607:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:51:02 ID:71teilfY
ここまで人心掌握が決まると仕込みかな?とも思ってしまうわw

608:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:51:49 ID:G5aPMKEQ





     叙勲されるとき、そのメダルは大抵殉職者のデバイスに添えて写真が撮られた

     背景に叙勲者の棺を映しながら

     恩給が出るわけでも無い、出世に関わるわけでも無い

     しかし、彼女にはそのちっぽけなメダルが何よりも尊い物に見えた

     彼女の兄が信じた正義を共に信じ、墓標に傅く者が居る

     その証明であったから




                               ――- .        .||
                          /: : : : : : : : : : : ` 、       ||
                         /: : : : : : : : : : : : : : : .‘,     ||     「覚えておいて欲しい
                         !: : : : : : : : : : : : : : : : : :i       ||
                         }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ||      狼が群を忘れられないように……
                         !:: __.... 斗-―-= .....__: : |       ||
                         .|: :------------‐‐ァ |       || i      群もまた、狼を忘れない」
                        //ソゝ ◯ __ニ__ ◯ ._ノソ.∧    || i
                        ノ/  !ヘュ/  .|  \.ュ勹  ゙ヘ    || .ハ
                        `  ヾ    ィニニト、 .イ /      ハ}ニ{
                        ノ‐ ヘ`-彡ハ___ハ `ー´)二` 、.  | |}ニ{        ……閣下、お時間が
                       /-=ュ f ∧ { | 三ミ| ./ ノ)-‐ l   | |}ニ{
               _斗-=_  .=-{ニ‐、 .ノ ハl |__厂} l / .l"-‐  1⌒冖| |/`: :>ー- _
            ..-‐´: : : / rヽ/: :/ `〉ム- _/ .ソ   (/⌒j_/: : : ://./: : : : : :/´.`Y: :\___    「ああ、そうだな。我らは外様だ
          /: : : : : : : {  { |: :{  .f  .(  rイ     丿 ./丿‐-.//〈:: : : : : :弋___/: : : : : 、 : ,>    そろそろお暇しよう」
         /: : : : : : : : : ∧∧/ー弋 ゝ、_ ∨∧_,,,...斗´  ノ`: : : : : .l .}: : : : : : : : : : : : : : : >´、
       /: : : : : : : : : : : ./ | |: : : : : ヽ、 .ノ/: :二 ∧ヘ__ ..-‐´ 「二」: : : l ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
       ノ.: : : : : : : : : : : : :| |│-‐: :´: : ヽ〈: : : : : : : 〉/ ̄⌒ 冖‐- 、 .{( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
      │: : : : : : : : : : : : :| | ソ.__: : : : : ヽヽ_ :/: : : : : : : .,,.: : :_: ヘ‘, ∨: : : : : : : : : : : : : : : : r‐.、、
  .    /\__...--、.: : : : :.l !イヽ-.. \: : : : `: :|: : : : : : : / _....---'゛ .| .|`Y ‐- = __: : : : : : : : : : :|  ( )
     /: : : : : : : : : :.>‐ニ´ .{l,,..__\J: : : : : :」: : : : : : !__-'´....----: :| .| |/二彡 .冫: : : : : : : : : `‐´.∧
    ./: : : : : : : : : /キ二二二.! ` ‐-.\: : : : : :「: : : : : : : : _/ ,..---': :| .| /二二ノ  \: : : : : : : : : : : : ∧
    ': : : : : ,.イ ̄ キキ二ミミ.ニ| -ー 、゙ー‐: : : : |: : : : : : : 丨_..‐ ,......--- .j 〈二二ニン.|    \: : : : : : : : : : :∧
 .  {: : : :/´.ハ / ././二二ミ |.: :` ー.\: ::::__|____: : : ゙/ ...--‐'': :ノィマ 二 彡ニ.| | |  \.: : : : : : : : : ∧

609:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:52:34 ID:za2Dhq9Q
戦場で散った兵士への心無い罵倒て、ミッドは本当怖いところや
やっぱ閣下がいないとダメだな!(ぐるぐるおめめ)

612:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:55:03 ID:G5aPMKEQ






    唐突に現れた物騒な弔問客の集団は、同じく慌ただしく去って行った

    数十分後に幾らか離れたブロックで発破音と盛大な魔法攻撃の応酬が始まった事から、
     本当に忙しい間を縫ってきたのであろう

    去って行く黒喪の背中を呆然と眺め……






     \        -―――-
       \       ´ ̄ ̄`
         \        ,.¬ー-,ッ-‐- ,,_               それではお暇させていただくよ
           \   _,,.-'゙::: : : '"      ` 丶、
              `ヾ '"         :..,! _,,. --ュヽ           まだ我々が狩るべき者は多い
 \   、                   ‐-=-''"   〈.. ノ ゙:、
   \  ` 、      ,,                  /丶、 ゙'ヽ
     ヾ:::::...... 、   ''"           ,.- '′   ` く
       ゙:、::::::  .,,_           _,.-''゛   、    \
       /> --''"``丶、、zz==''"         ゙、      ヽ
     /ィ'´       ,'                  ゙、      i.
   /'゛/      ,'       ゙:、           ゙、     .i
  /  /        i          ゙、     :、   ゙:.       i

616:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 21:58:13 ID:G5aPMKEQ






     この日、一人の少女の精神は死に

     一匹の獣……

     獣の皮を被った人間では無く、人の皮を被った狼

     人狼の一人が生まれ落ちた






:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>-‐…‐- _:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/        >、:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iY            ム:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:>-‐== .!             :}:i:i:i:,'7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i< ´    :/        O :O O:,’:i:i/.7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i〈   ヘ  :< ` 、       O O  !:i:i/ 7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
i:i:i:i〕  :ヘ:  7.¨o、 ._` ニ冖ー i   > ゝ、 .7:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i,,.。< ´ :7i:i:i:iィ 〇 ̄.}   ¨´    イ -、.:i:i:i:i:>‐- <  〉:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:iヘ .ャ≦´:i:i:i/  ヘ_ ノ |     :>、´.、ー、-,/´:i:i)    ヽ__:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:ifヘ   :i/^¨Y    人,,.ャ≦ 三 Y Y } }:i:i:i/  > ´ ゝ、):i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i/ヘ:ヘ:i:i:i>ヘ 彡゙ヘャ≦  |三彡彡,. =ニヾ} .| |:i/   ヘ   / ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
iヘ  :Yノ   イ}  」  ,,.ャ≦彡三三.f  `.ノ  } ノ     ゝ´   ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
:i:ヘ  :( .<´  ^⌒斤ミ三 彡三三三|  .Y  !ノ            f--、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:iヘ :}≧、`ニ‐- ..._ミ 三三三三彡 .!   {  〈ヽ.           ヽ  >:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:iヘ ! r ´≧‐-ュ、_ ⌒>-、r 、    〉   }  ヘ )            ゝ,´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:f-.| :`! :i:ヘ ヘ  > 、ノヽ `⌒.ノ   ノ  〈ノ              Y:i:i:i:i:i:. ャ<
:i:i:i:i/ :人 |>-ヘ  >r 、< 彡,r 、ュ´ .>´ > <            __  ! ャ<´> ´
:i:i://  < > ´ゝ 〃 }ー‐= ^} }-'´ノ冖=.、 冫ヽャ≦⌒^.Y ,,.。 *f ( > ´  ャ<
:i:i:i\   :/     心 `ー― ´ノ>'´  ,.. 、 { ノ彡三彡<´ 、.( 〉 .〉 ,ャ<´ >
:i:i:i:i:i:⌒≧=- __    ム.__O__ノ  >''´  .) 〉'彡<´|   ,,.。 ノ/_{ (j´ > ´:i:i:i:i:i:i:
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧、__   :|    /  /´ ャ<´    ,,.。 *''"> ヘ 八:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧ 、:}_r― 、 < |   ,,.。 *''"  > ¨^ `斤:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:

617:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 21:58:39 ID:RnXhVZAc
あーあーw

619:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:00:47 ID:za2Dhq9Q
残念でもないし当然。むしろ期待の新人と言える

620:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:01:20 ID:KpBJ33.U
あーあw

621:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:03:12 ID:G5aPMKEQ






      正式に彼女が人狼の群に加わったのは、それから数年後

      15歳、特機隊養成学校の最低志願年齢に達した時の事である

      特機隊は志願年齢が士官学校よりもかなり高めに制限されている

      これは彼等の主戦力である魔導外骨格の大きさに対応するためと……

      高度に戦術的な動作を要求されるため、ある程度の年齢的成熟に伴って
       習得される社会的帰属本能を必要とするためであった

      魔導適正を持ちながらも特機隊を志願する者は珍しくは無いが、多くも無い

      空士としては難しくとも、通常の陸士学校には問題なく入校できる彼女であったが……

      群を知った狼が群れに帰りたがるのは、極めて自然な流れであった



               /: : /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、
           /: :/: : : : : : : /ヽ: : : : : : : : : : : : :, --: ヽ-、
          //: : : : : : /|: : \\: : : : : : /: : : : : :ヽ´: : i‐┐__
          /: : : : : : /: |: : : : : : : :ヽ: : /: : : : : : : : : : : : :.|: :|: ::|
        /: : : : : :/:.|: : :l : : : : : : : : /: : /: : : : : : : : : : : : : : : :!
       /: : : : : ://: : :{: : : : : : : :,:--/: :/: :,: : :メ、: :/: /: :|: : : : ヽ
        /: : : : :/ ./: : : ∧: : : : : /  /:/: : /: : /: : メ/:/.|: : |: : : |: : }
.      /: : : : :/  /: : : /. ',: : : : :', ./〃: : /: :〃 ァ≠、ヽ |:,': ,': : : :|: : i
     /: : : : :/  /: : : /.   ',: : : :,ゝ〃|: :////.`ん,.ヘ , '/: / |: : : |: :.|
     /: : : :/.   {: : :/ .     |: / /フ: |: :,′/.  ヾ、'  .////: /: : :.,'|: /
.    ,': : : :/.    |: :.{      /     |/|: :!.          !//:./ |: : /|:/
    {: : : /     |: ,'   /\ヽ .     |: |        ゝ: :/ .,': / /
.   |: : :.{.      |: |/:::\  .\\   |:.|     r フ_.イ´// .//
.   !: : ,′    .|≠:.:\:::::ヽ、 \\ _|:| 、  , イ´  /  /
.   |: :,′   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:\:::::ヽ  \/ リ ` ´
   |:|.   /-----:.:、:.:.:.:.:ヽ:::::ヽ  /|
   N   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.ヽ、:.:.:\:.:ヽ/||.、
.      ,′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:ヽ::ヽⅨヽ、
      i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:ヽ:::ヾゝ:.:.:ヽ
.      |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:ヽ::::ヽヽ:.:.:.ヽ

622:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:03:18 ID:A27DBlB6
なんだこの悪質なナデポw

626:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:06:29 ID:crJZx3LY
最低志願年齢か……平均合格年齢はいくつですか……?(震え声)

627:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:09:27 ID:cK.ppklM
まーたいたいけな少女を自分色に染めやがったwww

628:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:10:10 ID:G5aPMKEQ





     特機隊の訓練は苛烈を極める

     単調ながら苦しい基礎体力作りのトレーニング

     その合間合間、身体を休めるインターバルの如く密度の高い座学が詰め込まれ

     肉体は兎も角精神的には休まる間も無い訓練が続けられるのだ

     それは、これほどまでしなければ、装備があっても非魔道師、或いは低ランクの魔道師は
      高ランクの犯罪者にすら勝てないという……

     魔法全盛世界の悲しい現実を彼等に叩き込んでいった




                       __       │
                     ∠:_::::`ヽ.    |
                 〈::o::::o、:ハ   |  |}
                  Lrミ::_::」八   |  ||
                  f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|   いいか貴様ら、俺達は劣った者だ
                 , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|
              /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|   劣ったからコレを着ている
               〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
               ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/    劣ったからこんな長物を背負っている
                   ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/
                   /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′     劣ったから様々な装備を担いでる
               〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
               /\:::::/:::::::/:::::i::|      
            /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|        だが、特機は、俺達の群は誰にも劣っちゃいない
           /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
          /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|        つまり、俺達も誰にも劣らぬ存在になれるってことだ
         /  / └r──′:::{:::::::{: |
        /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
    ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
   .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}

629:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:10:40 ID:KazhMifM
悪堕ち案件カナ?

630:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:11:33 ID:jyQ0mLNM
>>629
あっ(納得

631:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:16:52 ID:G5aPMKEQ





     魔導外骨格は素晴らしい兵器だ

     二機の並列魔導炉と魔導核は攻撃と移動、移動と防御、攻撃と防御を同時に実現させる

     よしんば防御術式を抜かれても、堅牢な魔導鍛造外骨格は多くの魔導攻撃を防ぎ

     ランクの低いバリアジャケットであれば貫通し得る質量兵器すら凌ぐ

     そして軽機関銃じみた、通称「人狼の電気ノコギリ」と呼ばれるデバイスは……

     魔力を封入したカードリッジを使うことで、恐ろしく低コストな実体弾を打ち出す魔術を連続して行使する

     されども、そんな兵器を操るのは脆い人体なのだ

     習熟し、戦う事に特化せねば、存在が兵器と言える魔道師を圧倒することは適わない


      /
     /   __
     ,' , ´: : : : `≧ 、
   . //: : : : : : : : : : :、 ` 、
   /,.' : : O .O: :O: : : マ: : Y
   <: : : : : :O: :O: : : : :7: : :7            /
  //>.、 : :  ̄二: :_,: :_: : 〈           /   /
.-=´≧ 、ミ>、 : : /! ()丈¨゙         /_r-辷 、/
人(  ィ^>、ミ| ¨ハ   ヘ 〉.__       / ゝ、>、ヘ Y
: :≧ 、ヽ   >〈  \> ´ヘ l    , 、/   人 .ヽ ヘ .{       そして如何に強力な魔道師とて所詮人間だ
: : : : : ヽヽ/´.ヽ\ ./   } 〉>-=//    ノミノ   /
: : : : : : : :Y`v.¨ヘミヘ >'´< : : :</7 ノ 、´{    r': :|        いいか、殺せば死ぬ
 : : : : : :〈: :トヘ ヘ__三弋ン.`i./  ⌒./ .!`ニ=/: :o:ノ
: : : : : : : :`、: : ヘ `ヽ.t‐―^/    /ヘ .,':7: : :イo:::イ          だが俺達は死なない
>、,r 、 : :/> ´`ヽノ个./`ヽ   .与: :〈 .7-{ : : :}/ {
: : : : : >: : / ⊂ヽ, ヘ /    ヽ/ ヘ._∨ :|.: :r ´: : |            俺達は人狼……狼の群
:/¨´ /: : / ⊂ヽ, ヽ/     / 彡三.〈ゝ:|.: :|: : : : :>
ミ} .〉 :!: : :{ ⊂ヽ,ヽノ \\  Y ノ 彡 /乂ヽ!.: :l.: :/ :|             群が生きる限り、群狼は死なない
ミノ : 〈 : :└、 ` .ノ     .>.ノ、 彡彡三^>| : : Y: : : :|
ノ=‐- :`、 : : `:>´    ィヽ)〉 ∨三彡( ! |: : : :|: : : :l
: : : : : : :≧、/    ノ ム^)  └七 ^ー- > 、:|: :/
≧ 、...___ /___,...  /´ ヽ.  ヘ.           レ´

632:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:18:22 ID:9BE5KlNI
こいつらコワイ

634:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:18:42 ID:4MDzAMzg
全体主義? いいえ、群れの掟です

638:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:23:36 ID:G5aPMKEQ





     なればこそ、特機は高度な装備を用い高度な連携を要求する

     綿密に戦術トレーニングを行い、連携を強化し、偵察・調査に重きを置き

     強襲、伏撃、騙し討ちを良しとする

     特機と……それによって育まれた陸士の外骨格部隊は、正しく狼なのだ

     魔道師と正義を侵す者達を狩り殺す群狼…………



            , - ' :: :::::::::::::::::::::::::::::: :: ' ー 、
              /  :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   ヽ
            /  :: :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: :: :: ' ,
         /  :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::  ヽ
        ,'  :: :: :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   i
        /  :: :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: ::   i
        i  :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   i
      /ヽ 、_:: :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :: _ , ヘ
      /     ::::: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー - '    ヽ       常に警戒しろ
.     /   :: :: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: :: :   イ
.     ハ    :: ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::   / i        一人の特機では負ける
    |ヽr _  :: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::: ::: :: _,イ  !
     |  上 ` t , _ :: :: :: :: :: ::::::::::::::::::: :: :: :: :: :: :: _ ィ '  |   i       常に意識しろ
-一ヽ、 .`'´ ヽ .// ' ー--t- =====-r 一 ' ' 弋 !l_ - ' `ー ´
::: ::: ::: |    _イ二l i l      } ,イ^ト、. {.     ツニi二!            数は力だ
::: ::: ::: | _,.厂、   ヾ= .,, __ノ./_ 八 _ヽヽ、_ _〃    >、
::: ::: :::上 `ミ、ヽ   i     ナ'      弋        /  イ          常に狙え
::: ::::/ヽヽ _ミ iヽ/ ゝ  /    i⌒i   ヽ _ ノ   l / ,<_
::: ::ヒ二 ミ上´::: :::∨   ~     /   i        /K/::: ::ヽ、         そして、油断していれば魔道師はタダの人間だ
:::/二二/:: <ヽ、::: :!、' ,   /    ヽ、   , ' /::: ::: ::: ::: :::`‐、
:::ヒ二シ ::: :kヨ::: ::: ::ヽ、  Y        ヽ / ,.∠-i::: ::: ::: ::: :::
:::i-ニ=┤::: :ヒコ::: ::: ::: :::ヽ |  , =-‐- 、  }.|/ i///i::: ::: ::: ::: ::: : :::
::: トー-イ、::: |ニi::: ::: ::: ::: ::: ::`ヒ iニ ̄ ヾY/ ! []上ヾ>::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::`<二/>、!ミi::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: 弋 ̄二|::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::
::: ::: ヽ三シ-Yソ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::`<-弋::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::

643:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:28:46 ID:J3RQK1SU
うーんこの殺戮部隊っぷり…

644:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:29:22 ID:G5aPMKEQ






    並々ならぬ情熱と魔道師としての才能

    そして魔道師が持つ並列思考や常人より頑強な肉体

    複数の要素が相まって、彼女は子犬と俗称される訓練校生時代から非凡であった

    あれだけ凡人凡人と自他から言われる人間だが……

    熱意と方向性が噛み合った時、人は想わぬ飛躍を遂げる者である





                   /⌒\         ,. - 、
                 -< ̄ ̄ ̄: : : : : : .、/: ,:-: ミ:、
              ,、/:Y: : :V⌒\-: 、: : : : : :\-、_: : : \
             /: : : : : : : : : :`: :\:\: : : : : :∧_〉\ : : ヽ
           .:': : : : : : :/: : : : : : : : : : : \: : :/: :|:|:\: : : : |
           /: /: : : : ,ィ: : : { : : : : : : : : : : \ : : |:|: : :\: : l      「ランスター候補生、当該状況において
          .': /: ,:,:-/-|、:| : V,、--:、- 、: :ヽ: : \: :|V: : : : : :.       貴様が分隊長であった時に取り得る戦術を述べよ」
          /:イ': :|: :イ  l:∧: :∨\:_}\:ヽ : V、: :∨ '.: : :、: : :.
          { {|: :{: {卞雫ミ \:{ィチ雫下}:∧: |、:\∨ ∨: \: :.
           八: |、:|ム Vj   `  Vzり/:イ∧}ノ:/ ヽ  V: : :`: :
             `>}':|:l}  ,         /'/:/_,.リ:/       V : : : |     はっ、敵が警戒していないのであれば
            /: :V|込、 、  _,   /:イ |:/         '.: : : : .      静音術式を発動させ、分隊で左右の部屋へ侵入。
          / : : /|: | \ ー    ィ{/_|`_         ,: 、: : .      壁越しの斉射で撃破します
         /: : :イ  |:,:    ` - r ≦/::::/ヽ }        }:∧: : :.
       /: /      / __,...ィ7/〉/ ̄ / /::\      |/ ,: : :|
        ,: :/   r<::::::::::::: //{/∧   / ,:':::::::::::\    /   ,: 从   「警戒していた場合は。護衛も伴っていることとする」
       /:イ   /::|:::::::::::::::/ ,' ノo ∧/  /::::::::::::::::::::`::...、    }/ }
      {   _{::::|::::::,::::::::|  {__⌒} /   〉::::::::::::::::::::/⌒\  /
         「:::::::::::/:::::::::,  | `/   イ:::::::::::::::: /::::::::::::::::}       パンツァーファウスト(型の使い捨て大型カードリッジ)
       r- ':::::::,:,:- 、:::::::::::∨ {/> ´::::::::::::::::::/::/:::::::::::::::::::::|         の爆砕術式で一室毎粉砕。駆り出した後に
      ノ:::::: //    ̄\_∨`\______,{:/ ::::::::::::::::::::::: |          特殊攻撃(魔導依存ガス)で無力化します
     /-- '  {     「 {|  /         ∧:::::::::::::::::::::::: |
    /     八       \|l/  [二_]      l∧:::::::::::::::::::::::,
  /          ∧      |!          | ∧::::::::::::::::::::{

647:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:31:02 ID:Y4jZzRsg
パンツァーファウスト
魔法使いの杖

648:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:31:36 ID:GmicSSCg
笑顔で人をぶち殺すための算段を立てる少女

コワイ!

655:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:34:05 ID:J3RQK1SU
詐欺だ!w

657:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:34:30 ID:G5aPMKEQ





     斯くして人狼は群に受け入れられることとなる

     優秀な人材というのは、何処であろうと歓迎されるのだ

     それが冷酷に作戦を実行でき、法規を熟知した職業軍人であれば尚更……




          _     , --‐,', ̄ ̄ ` ヽ、   , 、
        /: :`ヽ、/:/ `ヽ::ヽ/ ヽ: lヽ: : ヽ<: : :\
        /: : : : ://::ヽ: : : : : : : : : : : : \`:_ヽ: : : ::\
        /: : : : /: : /: : :/l:l: : : :ヽ:ヽヽ: : :\:/:i: :\ : i
        .i: : : : / /:/: : /: |:|: |: : : :',: | |ヽ.ヽ: ヽ: |: : : ヽ|      「結構。では、奇襲性を確保するため避難誘導を一切
       |: : : : i: i: :i:-/‐‐云_メ_: : :|_|斗云|‐、ヽ|: : : : :|        実施しない、市街地での作戦であると仮定した場合は」
.         |: : : :|: :|: :|: :,〃行圷ミヽ: :| |行灯ゝ|ヽ|: : : : |
       .|/: : |:/|: :| ,'、ヽ 辷.ン  ',: | 辷シ ',:|ヽ. |: : : : :|
.       ,′//: :| |、|、ヽミ     |/    /: |/ ',: : : : :|       同じく静音術式を用い警戒している見張りを排除
       /: : /: /|:.| `ヽヽ.    /`    .//  . ',: : : : ',
      /: : : : / .|:|.  ヽヽ、   ̄  ,∠//    i |: : : ',      見張りを立てず、部屋に立てこもっているようであれば
      ,': : :/:/  .l     \ > 、_ ∠| /     } |: : : :}       手順を省き左右の部屋に一人配置
       i: : /:/       /7 、_  __‐.|ヽ       |:|: : : : ',
     .|: /|: |      /::::|   /,/ ,ゝ .|::iヽ 、    | |: : : : }     上階に二人を配置して床をブリーチ
     |: :|: :|  ,、r:.´:.:.:.:|::::::| 、// /、ヽヽ|:::i!:.:.:.:`:ヽL_: : : : :i
     |: | ,、r:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::ヘ  ` } `´ |::::i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`,'ヽ:|     同時に左右の部屋から挟撃します
      ゞヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:::::::ヘ   , -- _/:::::::i!:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.i′
     .i:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、:::::ヽ´:::::::::::,'::::::::/:.:.:.:.:l:.:.:/:.:.:.|       全週魔導障壁を貼るようなら音響攻撃にて対処
     .|:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:\:::ヘ:::::::::::/:::::/:.:.:.:._:-|:./、:./|
      |:.:.:.:.:.:.:.ゝ--|-------ヘ、ヽ ./::/::、::"´:::::::|´:|:./:|       格闘戦に持ち込めれば数で押し包みます
        |:.:.:.:.:.:.:|::ヽ::|:::::::::::::::/:::::::::`ヽ/::::::/:::::::::::::::|::::|/:.|
      |:.:.:.:.:.:.:|::::`y:::::::::::::::::`:ヽ、::::ヽ<::::::::::_::-‐‐;}/|:.:.:.|
       .|:.:.:.:.:.:.:|::::::|::::´::::::::`ヽ 、__:`ヽ、ヽ´:::::::::::::::/:::ヽ:.:|
        |:.:.:.:.:..,'::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ:::::::::::::/、::::`:.:|
       |--::´:::::::::|、:::::::::::::::::::::o::::::::::::::::::i:::::::/,'::::ヽ::::::|

658:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:36:07 ID:yC2qCRqU
淀みなく最適解を答えられる指揮官有能

659:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:40:10 ID:J3RQK1SU
問題はイレギュラーレベルにどう対処するかだ…

660:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:40:25 ID:Y4jZzRsg
>>658
最(も効率的に)敵(を)解(せる解答)

661:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:40:26 ID:G5aPMKEQ




    まぁ、元々、どの辺が凡人なんだっけ? と首を傾げる才能の持ち主だ

    そりゃ収まるところに収まれば優秀になるとも

    元がそうだったんだから、多少歪んだところで変わるはずも無し





       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ--ヽヽ: : : \
      ./: : /: :/: : :/: : /: : : :|: : : : : : : : : : : :\/ヽ|: : : : : ヽ
     ./: :,〃: : / : : /: :/| |: : : :|: : |: :l: :ヽ: : :ヽ: : :ヽ,'|: : : : : : ',
     /: ://: : :/: : : /|:/ |: |: : : |: : |、:|、__ヽ: : : ',: : : ヽ: : : : : : :i     「結構。では更に条件を追加する。
    ,': :/ ,': : :,',-: ナ┼--ト|',: : : |_メ七´\丁 ‐-',\: ヽ: : : : : :|      対象がSSSクラスの怪物であったとすれば」
.     / / .|: : : :|: : ,'〃ら云、 ヽ: : :| .,≠う卞7、、: :i、ヽヽヽ: : : : : |
    .i i  |: : : /: /ヽ 代:::う  \:| .´代:::::::j 〃y: |ゝi ヽi: : : : : : |
.     | |  .l: : /:|: i:ヽ 、辷シ    ヽ ..辷_メ ´ /:ヽ|ヽ| ':|: : : : : : |      ……教官、前提が破綻します
.     |:|  |: :,' |:|:\ヽ    ,        //: /.||/  i: |: : : : : |
     |   |: i: :/||: :ハ \    `        / /:/´.|    ',:|: : : : : |     一個連隊での包囲殲滅作戦に変更
        .||: :/ | | |人     r  ヽ    //      ',:|: : : : : |
        .||:/: / |:|.  ヽ、   ̄     .イ|//          i: :|: : : :|     或いは戦術クラスの魔導兵器使用許可が必要です
       .|:/: :,'   |     >.、_   <´ //l         .|: :|: : : : |
       ,'/: :/       /_|    _/ |ヽ           |: :|、: : : |     もしくは諜報謀殺を採るべき相手ですので、
      |/: : ,'       ./:| ./‐‐、' ´   ./:::::ゞ 、        }: :| }: : : |      撤退を具申します
      /: :/:|    ,、r´,'::/ // .,ゝ、  /:::::::::|:.:`ヽ、    .|: | |: : :|
.       ,': : |.L,、r:.´:.:.:.:/::://./ /、 ヽ 〃:::::::::::|:.:.:.:.:.`:.ヽ..、 | ,' .}: :/
     ,、 r:.´:.:.:.:.:.:.:.:./:::::/´//lヽ_|   ヽ,':::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.ヽ、L_/     「……大変結構だランスター候補生」
   ./|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::,' ___|     /::::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./`ヽ、
   i:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:./:::::::::::|::´:::::::::`:ヽ  /:::::::::::::::::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.i

662:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:41:27 ID:qMG6nhp2
すばらしい、ちゃんと撤退を具申できるw

664:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:42:39 ID:xQiXltXY
教官(すごいの来ちゃった)

665:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:42:45 ID:JAmzdoBE
やっぱ暗殺なんだよな・・・
コスト安いし

669:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:45:19 ID:G5aPMKEQ




     さて……残念な事に将来が歪んだ少女は一人では無かった

     厳格にして完璧な人狼の資質を持つ少女には……

     まるで運命に導かれたように青い髪の少女が訓練校の同室に割り当てられていた

     そして、訓練の多くでツーマンセルを組む戦友でもある

     誰とでも連携できるよう、ツーマンセルは細かく入れ替えられるが……

     それでも同室というのは別ちがたい縁であるのだ


                  _
                //⌒`
              -- 、{,ィ^V⌒\-- 、
            ⌒>::/:::::::::::::::::::::ヽ::::\
              /:::::/::::/::/::::::::::::::::: ∨:::::ヽ
           /:::/::〃::/:/|:::|:::/:l ::|::::::∨_ハ
            '::イ:://::/|、-|::::Vム斗:V:::∨_}
          /' |/':|::/ィ斧V:::| ィ=ミ、|::|:::V::、} 、
            |::{::V} り ∨ ん斧|∧::|、/ー\
            |八:::{  ,    vzツ//∧}/ー  ノ
                }込、 、 _     /:イ:|リ| |-く
              ,|/-、\__,.  <{/j/}l | |
            /    〈 , - }-「 ̄/  ∧| |
           /_   r-/:r-く:|___/_ヽ }
           {  V /∧::::::7'::∧ /   `ヽ
            、  V,.:'::::\/_,/ 〉:'        '.
           /  /::::::::},.::::/ /         }
             /  ,:l:::::::::::/::::/ /___  (_) 〈
          /  {:{::::::::::,::::/|イ{     \  _}
          ,   人〉:::::::{::::l::|/人        ∨ ,
      _ r    /|>-人::l::|{// 〉、     __ イ
     _///|  \_ /    { ` | ー,   ==- /   |
    /-ニ>- 、   }    ':. |__/  -= /___」
    /ニ<()>->------、 ノ_r' -== /   /
   J/ V::イ〈: :(__): :>: :\\`ヽ、  /   {__
  r-'---乂_V∨: : :「: : : : //    ,:    ∨}
  |V===Vミ、=\、: : V: : 「::「---== ≦---- <::|
  〈乂===∨ミ、=/ ーr---rイ: :/: : 〈:::o___>:::∧

670:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:46:21 ID:RnXhVZAc
銀姉泣くんじゃないかなw

674:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:49:05 ID:G5aPMKEQ





     意外にも戦術や法務の座学において大変優等な成績を誇る彼女……

     特機の活躍もあって、彼女が魔道師に憧れる切片であった空港の爆破テロが起こっていなかった

     というか仮にも首都であるミッドの大事な大事な空港がテロで吹っ飛び

     剰え対応が後手後手になって陸士の派遣が遅く、後から来た中卒魔王の幼体が先に到着するとか何やねん

     という話である……

     が、どうやら彼女、あまり穏やかな星の下に生まれていないらしく……いやまぁ、出自で言えば明らかだが、
      ともあれ荒事と縁が多かった。幼少期に銀行強盗に巻き込まれているのだ


                    /:,′
                     {:.{    __
                   _ .弋...-‐.:.:.ヽ:,:.:.:.:⌒:、
                    ...:.´:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ`...、
                 ....:´:.  .´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:ヽ
              /; < /:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ト、:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:..
                {´ヽ: /:.:.:.;/:.:.:./:.:.:.:.:.:./',:.:.:.:.|  ヽ:.:.:.:.:.:.:.',:.:.',
               |、 : /:.:.:/′:〃:.:.:.:.:.:/ }Ⅳ:.: |、   ',:.:.:.:.:.:',:.:
               |: : :{:.:./ i!:.:.{′:.:.:.:./ / ! ',:.| \  ',:.:.}:.:.:ヽ:.}
               |: : :{:/ : |:.:.:{:.:.:./:.:// .! ',l    ー┼ :.}:.:.:.:.:.\
               |: : :{′: |:./{:. /― ´_    }:}  ≠ニミ.、:.ト、:.:.:.ヾ \
               |: : : ヽ、:|/: |:∧  r ⌒   }′    } ヽ }fヽ:、:.:',
               |: : : : i!k、ヽ|'; fヘ       !   //ハ  ハ }:.i!ヽ:.}
               |: :',///:ヽ.!;八}:i //ハ          / メノ  }′
               |: : Ⅵ////\ }'',    r―‐ ,   /:´ ´
              |: : :.∨/////.\.j:.`...、   ー ′ ..イ:.:ハ
                ハ: : : :ヽ///////≧ 、:ハ_r  _  イ从|:/ }
             / : : : : : : ∨/////// /:fミュェェ≦オ: ',、
              〈: : : : : : : : :ハ/////./: : :{  〕ニ[ .|: : Ⅷヽ
           ',: : : : : : : : Ⅷ// : : : : l /{:l___l:} }: : :Ⅵ/ へ
               ',: : : : : : : :Ⅷ,: : : : : : l′〔::::〕.∨: : : ∨///会 、
                 、 : : : : : :.キ.∧: : : : : : ! /:ハ:',}: : : : :ノ//////会 、
              ',: : : : :.キ/∧: : : : : l _  ,′: : :///////////ム
                    ',: : : : :.}//∧: : : : ヤ: : :`y : : ///////////// |!

676:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:49:51 ID:o12aEfHk
あっ(察し

677:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:49:59 ID:79jcyMVk
あっ(さっし

678:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:50:08 ID:RnXhVZAc
幼体てwww

679:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 22:54:54 ID:G5aPMKEQ






      そこに颯爽と現れたのは白い魔王様……

      等では無い

      というか、どうあってもあの砲兵が出て来てはならない状況だ

      全ての攻撃が必殺であり、小手調べだの牽制だのという小賢しい技がない最終兵器

      そりゃー人質全員死亡でも解決ってことにしてもいいんなら、このミッドが誇る
       一人デス・スターを放り込んでも良かろう

      だが世論は犯罪者と人質を混ぜ合わせたネギトロを前にして、成功と言い張るのを良しとしない

      ……むしろ、コレが正式に引っ張り出される事態ってなんだろうか



                 ,. .- ‐― - __ __
                 /: : : :_: : : :/: : :.\: :\
                    /: : :.:.: : : : : /: : : : : :.ト\:.\
                 i : : : :..::::::.:.:〈:.: i: : : : : :|: : Y^`
                 |.:.:.:.:.:.::::.:::: . 丶|: : : : :|:ト :.:.l
                 |.:.{ :.::.:.:.:.::.:.:.:.:. l: : : : :|八}:ノ
              八{::: : : :: :.::::.:./|: : : : :|         や、そこまで暇じゃないです
                 "^\:、-‐- _乂: : : : :|
                  ===≠, , |: : : : :|
                     /       ヽ|: : : : :|
                   /.:::: ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : :|ヽ
                  〈::::::::::::::::::::::::::::::: |: : : : :|:::l
              ‘;:::::{::::::::::::::::::::::::|: : : : :|:::l
              ‘,:::{::::::::::::::::::::::::|: : : : :|:::|

680:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:55:34 ID:3KKsZk4k
恐ろしい…

682:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:57:57 ID:RnXhVZAc
遺体が残るのか?

683:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 22:59:54 ID:sZTI4u9w
銀行強盗程度で戦略兵器が出張って来たらそりゃたまらんwww

684:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:00:16 ID:G5aPMKEQ




      この頃、ミッドは治安の引き締めを大いに行っており、犯罪者を吊し上げることで
       一罰百戒の治安維持に重点を置いていた

      そして、即応性の高い特機隊に対し、胃痛を抱えた中将が出撃を要請したのだ

      何をやっても構わんから人質に死者は出さず、強盗は全員無力化しろと

      普通ならば困難極めるオーダーを特機は……

      あの虚ろとさえ言えるほど普通の雰囲気を醸し出す御免なさい案件製造マシーンはやってのけた



                        __
                      /:::::`ヽ
                      .′::::::::::::ハ
                      r::o ̄o:ヽ}
                     ∧_,ィヽ._j/∨
                    _f iヽ{n}:_}∠_}_
                 -‐/:::| 廴::く:ー-/:/´::/ ̄く>‐. 、
               /::::::::::厂:Lニ〔`ー}ニ<::∧:::::::::::::::::::\      ゾロゾロ
              く:::::::::::::::{:´=ミ::::: ̄´r==:::::}::}::::::::::::::::::::::::\
              /::⌒X/|::=ミ:::::::::::::::r==::::|:::ヽ:/\:::::::::::::::>
             .//::::ノ   \::::/ ̄:\::::x:<:: | {   \:::/
            厶、/|   ./_`i::::::::::::: ヽ_/{_::|∧    {´
               ,」__/./::、_|::::::::::::::::}___/:ノ ∧   .ノ
              /::::::: / 〈::::::∧::::::::::::/:::::::>:{   }_r::::::ハ
             .'::::::: /\_\:::∧:::::::/::f:て {::::〉  |弋:::::::|
              i :::::/   | /E{ー--一く::::::厂::ハ  l. |::::: }
              | ::/   〈}   |::::::::::::::::::::}:/::::::::::|  | |:::::/
              }:/   /   |:::::::::::::::/〈::::::::::::|  | l::/
             {::/   /    .|::::::::::::/   .∨:::::::| 介、;ハ
            //   /:i    ー一く    ∨::: |(rz 〈::ノ
           .//、  //:|       ハ \   ∨::| `⌒
           { | >介xミx、     | }      ヽ}
           ,ソ' 〉/   }=}    | i        }、
           /' 〉/    f彡_    } ハ     /::::}
          ./' 〉/    三}:::\__ノ   \___ノ:::::/
          ′〉/     三}:::::::::く   〈:::::::::::::イ
          . 〉/      {彡:::::::::::i     ∨:::::::::ハ
          〉/       ゙彡::::::::::|     |::::::::::::::i
          /           ゙:彡:::::::|     |::::::::::::::|
                   |:゙:彡:::|     ∨::::::::::|

685:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:02:49 ID:G5aPMKEQ





     ミッドでドンパチやるのになれた特機の仕事は迅速である

     彼等は最初から市街戦に重点を置いた戦術に特化している

     そして、指揮官は延々とこの手駒を使うことを考えさせられてきたのだ

     四六時中、それこそ夢に戦術シミュレーションが出るほど魔女にしごき倒され、
      彼女が納得する運用構想レポートが出るまで頑張らされたのである

     そこまでやれば、凡人だって名将と同じ事ができる

     彼の速さを重視する御仁も言っていただろう。凡人でも百年あれば名作は書けると

     大体はそれと同じ理屈だ



           .!
           .|!
           li
     .      |j ,. :" ̄: :ー: .、
         l!  |/: : : : : : : : : : ヽ
          |',  |∵: : : : : : : : : : :',
         !」..../: :∵ : : : : : : : : : {
        /三 !: : : : : :........ ____... 〉__
      ./ : : : : .弋: :/ ベー´ヘ`´!: : : : Y
    ./ : : : : : /ソf. 彡>ヾ _ノ=ヘv.、 l : : !
   /_: : : :/ン : : 'ー-ニ ヽゝ、/f .{. .j }∨ .|        閣下よりのオーダーはシンプルだ
  │: : : : ̄.Y.. ャ≦¨≧ .\`., 弋゛>.ノ: :∨l
  │‐-: : : 冫: : : : : : : : : ` ,ヽ`zム´.l : : 〈`          「銃を持ちて彼を撃滅せよ」
  !⌒ヽ: :|/: : : : : : : : : : : : :ヽ‐ ー-''´.: : : :}
  弋__ ..!: : i ..---‐--.....-_/ニ.、j.: : : : : :ソ:\          我らの仕事だ、変わらず弛まずこなせ
  //ニ : : !: : : : : : : : : : : : :l ‐-J: : : ∠ \: : \
  !: : : : Y :ミ : : : : : : : : : __/ ‐-J :/l : : } : :`--.、:\
  弋__ノく |‐‐: :=: :-ノ: : : : : : /ノ: : ノ`ー', ‐-\`、
       ニ1: : : : : :/ ≧=‐- ノ「 ./`\  ゙J 彡j._l
      Y .>{___/  ≧l_: : ン|/: :/: :ヘoヽ  `‐"
       `>‐´|| 冫⌒ヘ l 二二ンノ¨.〉.-キ ’,    _
       !r匕||コ{: : : :  ̄ヽ `-´: :Yャ≦¨ `≧- /:i:ム
       lい  .|│: : : : : : ヘ>: : : : { ー‐--    ヽ:i:iム
  .     l.{--‐}ノ\: : : : : : ヘ: : : : |,,.. -‐=冖⌒   ゚̄。ハ

686:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:10:03 ID:aEsDF4TM
何をやってもはいかんでしょ

687:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:12:27 ID:G5aPMKEQ





     まず、あの野郎は堂々と前面に部隊を配置し、更にマスコミと野次馬を騒がせるに任せた

     その上、部下にネゴシエーションまでさせたのだ

     しかしながら、それは全て陽動……

     気が散っている間に隣のビル経由で二個分隊が建物へ浸透

     空気の振動伝達を阻害する静音術式を用いて各隊員は強盗の頭上に移動し

     精密爆砕術式を補助するテープ型のカードリッジを敷設

     何をしようとしているかと言えば、注意を前に惹き付けた上で、上階からダイナミックお邪魔しますをかましたのだ




                /      > …… <
            ‐〈  ./      /: : : : : : : : : : :Y
           ,' .7  /.      / : : : : : : : : : : : }
         ュ.,' 7 ,.〈   ィ=、 ノー- 、_: : : : : :∴l
        /> └ /-'ニ二 .|∠ - 、: : : :个‐--: : {__
.       /:ミミ : :// 、 <: :\>.、_: : ≧、冖==i´ィ.┐ェュ_
       /: :ミミ ://、 : : >、>ュ,_ヽ、>-、 \三 / .l .Y ー ┤
     /¨〉: : : : //ミミミ: : /: : : : :>、` 冖\ |r-,`Y‐┘.ニニT ,、
     └': : : : ://: : : : : : / /¨j__ : : ノ: :>‐==-!、」冖―¨_.。イィ'
     / : : : : //: : : : : r./, // > 、j / _ノ : : : : : : ム   |ヘ _ .|
 .   `l_< :〈/ : : : : 〈//.// / ///: :| : : : : : : : : : ム  .| | ノ }      静音術式始動
     .| .| ` <: : : : /¨lへ 〈.///: :ノ== 、  __.} f¨ニ´  }
    / l : : : :/ 〉:,ノ、: :`> 、ミ/: : }:iム |__ ^⌒ : : : :| >-'´ヘ ./      床面ブリーチ準備……各員、ズレは無いな?
  . Y  { l´.> /./ : : |.: : : : : : :/、: : :ヘ:i:i三}`l、: : : : : :|‐": : : :片
   {  | {   ,' 7>、/: : : : : :/ : : >、_ \lミ} ヘ: : : : :|ミ: : : :/        一撃で後頭部を殴り昏倒させろ
   `>.j   .!.,'  彡⌒.Y¨^¨>、 : : / 〈 .|ミ 二二゚j、 : : /
    , ャ≦>|.|  :f f / .〉!⌒冖=‐-ノ彳  ヽミー‐彡 |: /          強盗の指先をぴくりともさせるなよ
    | l:i:{ \}>、{弋 ノ三ミー―--〈ァ    ゝミ三彡'´}/
    ./〈Y\ ノ.===/i: : 《  |   i: :ヽ,
   / ,':{  \,..。 -‐/: :',: :∥ |  .|: : : :i
   ! 7:il   {   :〈: : : :, :∥ └ 、ノ! : : :|
.   , 7:i八      ト、: : : ,: 乂    | : : |
   77:i:i:i:i>、}   :ムミヘ: : ', : : >l ∥: : |
   |7i:i:i:i:i:i:iヘミ>、 ムミヘ: : , : : : : | ∥: : |ヽ
   !,'^¨    寸ミ> 、ミヘ: : : : : : :ー: : : |ミム
.  ┘       }三三.>ヘ : : : : : : : : : :| 三.ム   }',

688:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:14:13 ID:RnXhVZAc
爆砕w

689:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:14:37 ID:U3Fq7VGI
酷すぎて草

690:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:16:14 ID:GmicSSCg
強盗団「敵が真面目に交渉してきたと思ったら頭の上から天井ごと降ってきたでござる」

692:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:20:58 ID:G5aPMKEQ





    斯くして強盗は駆逐され、一発もぶっ放すこともぶっ放されることも無く……

    上階から床をブチ抜いて降ってきた特機がかます特殊警棒の一撃で事件は終息した

    そして、強盗にデバイスを突きつけられて震えていた少女は、白い魔王ではなく

    黒喪の狼に助け出された

    犬科の動物は得てして子供に優しいという法則は、人狼も適用範囲内なのだろうか?

    何か写真映えも欲しいしとの主からのオーダーを組み、一人の人狼は
     救出した少女を外骨格の肩に載せてやり、銀行から出て来たという……

    後々、人狼共が話題になると度々持ち出される印象的な一枚なのだが



                               ――- .        .||
                          /: : : : : : : : : : : ` 、       ||
                         /: : : : : : : : : : : : : : : .‘,     ||
                         !: : : : : : : : : : : : : : : : : :i       ||
                         }: : : : : : : : : : : : : : : : : :|       ||
                         !:: __.... 斗-―-= .....__: : |       ||         怪我は?
                         .|: :------------‐‐ァ |       || i
                        //ソゝ ◯ __ニ__ ◯ ._ノソ.∧    || i
                        ノ/  !ヘュ/  .|  \.ュ勹  ゙ヘ    || .ハ
                        `  ヾ    ィニニト、 .イ /      ハ}ニ{
                        ノ‐ ヘ`-彡ハ___ハ `ー´)二` 、.  | |}ニ{
                       /-=ュ f ∧ { | 三ミ| ./ ノ)-‐ l   | |}ニ{
               _斗-=_  .=-{ニ‐、 .ノ ハl |__厂} l / .l"-‐  1⌒冖| |/`: :>ー- _
            ..-‐´: : : / rヽ/: :/ `〉ム- _/ .ソ   (/⌒j_/: : : ://./: : : : : :/´.`Y: :\___
          /: : : : : : : {  { |: :{  .f  .(  rイ     丿 ./丿‐-.//〈:: : : : : :弋___/: : : : : 、 : ,>
         /: : : : : : : : : ∧∧/ー弋 ゝ、_ ∨∧_,,,...斗´  ノ`: : : : : .l .}: : : : : : : : : : : : : : : >´、
       /: : : : : : : : : : : ./ | |: : : : : ヽ、 .ノ/: :二 ∧ヘ__ ..-‐´ 「二」: : : l ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
       ノ.: : : : : : : : : : : : :| |│-‐: :´: : ヽ〈: : : : : : : 〉/ ̄⌒ 冖‐- 、 .{( : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ‘,
      │: : : : : : : : : : : : :| | ソ.__: : : : : ヽヽ_ :/: : : : : : : .,,.: : :_: ヘ‘, ∨: : : : : : : : : : : : : : : : r‐.、、
  .    /\__...--、.: : : : :.l !イヽ-.. \: : : : `: :|: : : : : : : / _....---'゛ .| .|`Y ‐- = __: : : : : : : : : : :|  ( )
     /: : : : : : : : : :.>‐ニ´ .{l,,..__\J: : : : : :」: : : : : : !__-'´....----: :| .| |/二彡 .冫: : : : : : : : : `‐´.∧
    ./: : : : : : : : : /キ二二二.! ` ‐-.\: : : : : :「: : : : : : : : _/ ,..---': :| .| /二二ノ  \: : : : : : : : : : : : ∧
    ': : : : : ,.イ ̄ キキ二ミミ.ニ| -ー 、゙ー‐: : : : |: : : : : : : 丨_..‐ ,......--- .j 〈二二ニン.|    \: : : : : : : : : : :∧
 .  {: : : :/´.ハ / ././二二ミ |.: :` ー.\: ::::__|____: : : ゙/ ...--‐'': :ノィマ 二 彡ニ.| | |  \.: : : : : : : : : ∧

694:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:24:03 ID:fBGa.l5M
比較的穏当な事件なんだろうなぁ…w

696:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:29:19 ID:G5aPMKEQ



     その時、肩に担がれていたのが何を隠そう彼女である

     人狼に助け出された少女が悉く人狼になっているとか伝染病感が半端ないな

     とはいえ、砲兵と同じく火力の信奉者になってみたり

     ジェダイに戦争されて電波な挨拶をかましたりするのとどっちがマシなのだろうか

     本当にまぁ、世界とはこんな筈じゃなかったって事で溢れているものだ



                         //
                       {.:.:{  へ __, 、
                            ヾ/.:.:.:.:∨.:.:.\-、
                     ∠二 ̄/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ヽ
                   ///.:.:.:./.:/l.:.:.:i.:.{.:.:.:.:.:.:∨ヘ
                       /.:./.:./.:.:_;厶/!:l.:.:.:|.:.∨ハ.:.:.:.∨ハ
                   /,:7.:./.:.:.:./j∧j≧.:.:|、--=ミ.:.:.:.∨j
                      /.:./レ!.:.;伝c卞‘,.:', 込_:\.:.l.:.:!{      「初動に失敗し、敵対組織に立て籠もられた
                   l.:./.:/{.:イ 辷リ   \! らCハ;.:.|.:.八       ケースだが……ナカジマ候補生」
                   j/ |.:l !/l          ゞシ '∧jハヘ \
                         Ⅵj:人   、_ '     /少  ヾ     
                          \   `¨   //lノ         はい、航空機から爆砕術式を投射。拠点ごと吹き飛ばし、
                              l>-  </レ             残敵は火力の集中で飛び立つ前に叩き落とします
                             _人_ ィ个l_、
                   _ -ニ/{ 〉-r </ |ニ-_
                     /ニニニニ/ .K〉〈 ∨ /ニニニニー-_、      「では、次に繋げるため、リーダーの拿捕を
                 |ニiニニニ〈  l〈∧〉 ′/ニニニニニ /ニヽ      必要条件として付け加える」
                 |ニlニ/ニニ∧ |⌒ン /ニニニニニ /ニニ}
                 lニ∨ ─-/`{ / く ---───-レ仁ニ/
                      !/     \ レ /          ハニニi      見張りが居るなら拿捕し、敵組織の前で軽く
                     {         く           } |ニニ!       “友好”を示す戦術を採ります
                 ‘,          \          / lニニl
                    Y             _ ノ/ ヽニニ」      差し出せば仲良くする度合いは軽くなる、と告げて
                       |    O  O  〉     ′ /   l
                       |            /      , /   l
                       |        /      {       j      「結構だナカジマ候補生」
                      /     O  O/         Y
                  /         /        ∨  /
                      ′         /    ┌─‐┐}  /
                 :        /         ̄ ̄  ∨

697:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:30:27 ID:.Y6NOTKo
有効()

698:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:31:10 ID:aEsDF4TM
外道ォ!

699:名前: ◆O27xb/033o <sage> : 2017/01/28(土) 23:33:32 ID:G5aPMKEQ






     そして時間は前回の最後……

     最も人狼らしい人狼が特機隊養成学校に顔を出し、訓練を覗いて居た時期に戻る

     彼はモニター室で訓練を監督していた責任者から、目を惹いた二人のデータを受け取り

     丁寧に読み込んで暫くしてから言った

     これからもきっと、世界はこんなはずじゃなかったことにしておくために…………

     ま、本人に何一つとして自覚は無いんだがね



                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',     最近さ、若手の選抜ってのを考えててさ
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |     私の直轄部隊で新しいやり方試してみたいんだけど
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉                         今日はここまで

700:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:33:33 ID:GmicSSCg
なんということ(をしてくれたの)でしょう

ミッドのいたいけな魔法少女がどんどん人狼になっていっています
もうとりかえしがつきません

701:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:34:26 ID:JAmzdoBE
ようやく判った
ミッドっで南米の地域覇権国家だ
人種の混在
治安の悪さ
でも一定以上の文明
あっちこっちから、有能な犯罪者が逃げてくる・・・

702:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:35:22 ID:QcrMPgC.
乙ーーー!
二度目のやる夫色に染める事案が!

703:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:36:42 ID:qiFaBVuI
人生リフォームの匠ェ…

704:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:37:00 ID:TAamj/2U
>>701
しかも有能な警察官は軍隊(海外派遣10割)に引っこ抜かれるので都市部はガバガバだぞ!

705:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:37:18 ID:sZTI4u9w
>>703
刺激的ビフォーアフターwww

706:名前:普通の名無しさん <sage> : 2017/01/28(土) 23:37:27 ID:IbMHm0y.
でも原作の六課の余所では役に立たなそうな身内人事の上げ膳据え膳な環境で働くよりはマシかも?

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する