やる夫は雪モグラのようです 37

5952 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 10:37:58 ID:IwVihvWM0

               ,  -‐ 、  _
            ,ィ'". : : :.:-‐-、`: : : `ト、
           /: : : : : : : : : : : ヽ: :;-ー、ヽ、
          ./ : : ,イ: : : :.:〆ミヽ、i:: : : : :..`lヘ
           ./: :/i: : : : /'¨¨''''ー-z''"゙1: : : :l.ヽ、__))
     ー-‐=彡〆ーl: : : :/‐- _    `'‐|: : :.:.i::ヾー'
     ヽ、   ,ノノr^i:.: : /ラfn、  `''‐ 、_ ,|: : :.:.|: :.:',
       `ミニ彡'゙: :!{,|: : ;'7::::゚iヘ   ,ィ'ニ二゙|: : : .!: : ::ミ=-ァ'
      ヾt二彡' `!: : i`¬"    イ:::゚} 〉|: : : :l: : ::ミ彡'
        `ー=ニz_|: : i ""   l  ``'" /!: : :.:j: :ミフ´
           ミ三ム:: ト、   __ '   "" / l: : :.;ハ^ヾ、_,
             `Zハ ;| ヽ  `._,  イミ.j: : /ゞミ、_
           r=ヘT¨¨¨¨¨`´'ー=_ミ、 .l: :/`¨¨''´
           |   ヾ   ,'    /  ,'::/
   ., -一ー―-ii┘ー -ヘ -,:、 -一l_,,_ ノ'゙ー¬k
  /         |!       /::::\    \    ヽ
  ',         |!  _ ∠  ー一`-  __ヽ ,   i
   ',     、 |!(O  - ―::;::::::::一::;:-:.゚Oヾ,  |
   ',     ヽ|/ . .     . . :ヽ:::::; ':   . . .`ヽ ,|
    ',     f′ . . . . . . . . . :.:..`´..:.: . . . . . . .:.ヽ|-、
   マ¬ー- ,!::. :. . . . . . . . . . :::: .:. :. : : : . . . .:.:.:.::} /
    ヽ¬ー-ム:.:.:.:.:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.;'゙':;.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:::ム′
     ヽ   人::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:;ィ:::::ゝ、 ;:.:.:.:.:.:.:.:.ノj'′
      ヽ   ``トzー:::ィ:::::::::  ̄ ̄::::::::::ィi l´ /

  ┏                                                   ┓
    4級スカベンジャーにしてバトリング選手 紅月カレンは北領農家の生まれである。
    比較的、恵まれた環境にあったといっていい。

    朝から晩まで畑と家畜の世話をし、寝る。それだけの生活であったが、苦では
    なかった。このまま生涯を終えてもよい。そう漠然と思ってさえいた。
  ┗                                                   ┛

5953名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 10:41:02 ID:1xiGTfO60
こっちの農家はNOUKAではないのか

5954 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 10:42:34 ID:IwVihvWM0

                 , -――- 、
                /三三三三=ヽ
                  /三三三三三三ヽ
               l三三三三三三三}
               l三三 三三三三/
               ヽ=三三三三三{
               ∨ニ三三三三/
              __/三三 三三/
       _,  -  '" ´三三三三三 ヽ、_
     /三三三三三三三三三三三三三三ヽ、
   /三三三三三三三三三三三三三三三三ヽ
  /三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
/三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
三三三三,三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
三三 / ヽ三三三三三三三三三三三三三三三!、三三三三ヽ
三/     ヽ三三三三三三三三三三三三三三| `ヽ、三三三 \

  ┏                                            ┓
    彼女の人生が大きな転換を迎えたのは、1年近く前のこと。<連邦>との
    戦争が皇国の勝利に終わり、カラフトという新たな領地を得た。

    これにより、新たな開拓村を作る運びとなり、人員が募集され。

    とある村のリーダーとして抜擢されたのが、彼女の父だった。
  ┗                                            ┛

5955 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 10:45:52 ID:IwVihvWM0

           _
         ./三三ニヽ
        ./ニ三三三ニ`、
       {ニ三三三三ニノ
         .',三三三三ミ/
          .',ミ三三三ミノ
      ._.,/ニ三三ミ/
  _,, .‐''ニ三三三三.`- .,_
f´.三三三三三三三三三三`'' 、
lニ三三三三三三三三三三三ニ',
!.ニ三三三三三三三三三三三ミ',
l.ニ三三三三三三三三三三三三',
.!ニ三三三三三三三三三三三三',
..',三三三三三三三三三三三三三i
 ',ニ三三三三三三三三三三三ニ.l
  ',ニ三三三三三三三三三三三ミ.l
  ',ニ三三三三三三三三三ニlー-┘
  .|ニ三三三三三三三三三三.l

  ┏                                                   ┓
    安定していた地位を捨てる行為ではあったが、成功すれば家族によりよい暮らしを
    させてやれる。彼なりに、家族を思っての行動だった。

    住み慣れた土地を離れ、シスカより北の場所に新たな開拓村を開いて、三ヶ月。

    それは何の前触れもなくおきた。
  ┗                                                  ┛

5956 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 10:47:39 ID:IwVihvWM0

                 -─‐-
              /        \                ト、
            /            :.         {\       | }
.           /  ___       ト.、      \{⌒Y⌒{{⌒ヽ
             / }| | /∧       | |          \ノ'⌒廴__ノ
.           トY{⌒}ヽ ハ     / 厂`丶       ′ {C}|  ,./  /
         { {_{ニ(_)ニ}ニ}   // ___\___,/   {C}| ////
          , V乂|_l_ノ、V   // /__    `\ _____/ /  /
.           ′ \\ /  /  /⌒(_)}       /         /  /
           '.  |  |   / / :::::::/  \ __  /         /  /     |\
            , :|  |:  /_/ :::::::: /    (_)} /  _____/  /      」:  ,
           ′|  | /  \:::::::|   /:::::::V  //⌒V/:{_/∧   「(}  ′
.           、|  |:/   [__\|。   |:::::: / / /   }{    {⌒ヽ   | |  |
.          /|  |  |′    V∧ 。   |:::::/ /  {   /\ |\   \| |  |
        /  」_        ∨∧ 。 /:::::{/{   \/   /{/   \  ,} }   |
.     / ,// :}_ト、        { ̄ \{:::::::::::::::\_,人   「{_{_     :|_ノ]_∧ :|
      /   / /廴ノ]  \   /⌒>⌒l\ :::::::::::::::::::: /| _:|   \   :| ̄  | |
.     /   / /  ̄\    `<厂} /   | /\::::::::: / |/{,ノ   :|   |    | |
    /   / /      \     }_ノ /     V   `¨¨´   ∨     :|   |    〈 l}
.   /   //        \____,}′                {:     /|   |    ∨
  /  /                              ー─‐' |   |
. { /                                    |   |
  ∨                                     |   |
                                         |  /
                                         |: /
                                         |/

  ┏                                             ┓
    「カラフト事変」 <連邦>が所有していた軍事プラントの暴走。これにより、
    開拓村はあっけなく破壊され。

    カレンは家族ともどもシスカに逃げなければならなくなった。
  ┗                                             ┛

5957 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 10:52:33 ID:IwVihvWM0

                   ___ _  -‐::::::::::::‐-
                   /.:::::::::::.`<::::::::::::::::::::::::::::::>、
                  /.::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
                  /.:::-=ミ:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       (___   -‐'"/.::::://`丶、{ヘ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         \:::::::::::::::/.:::::/.::/    ^⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
           `¨¨¨7.:::::/.:::::::;\       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
             /.::::/.:::::::/ト、ヽ      :::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::|
.            /.::::/.::::/.:::,{ 心  ‐- 、   i:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
            ::::::/.:::〃::::::;' V:ソ   >、\ |:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::|
.           l:::/.::::/{::::::: { ノ       トミ_|::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::{
.           |/.::::/八:::/∧        V:ヅ`::/::/.:::::::::::::::::::::::::::::::∧
           l:::://  ヽ:{ ∧ r_、      /.:::/::/::/.::::::::::::::::::::::::{::::::::::.
           |:::l::{     \ 、_   _,./.:::/::/::/:::::{::::::::::::::::::::::.\:::::;ゝ
           |:::l::|\       j人::}:八У.::/::/::/}::::八::::::::::::::::::::::::バ⌒ヽ
           |:::l::|  `        )'′/.::::/::/彡人::::::::\::::{:::::::::::::|:::|
             、:八          /.::∠ニ=‐   丶ト-=ミ}::::::::|:::|:::L _
           \        /.::/´         )  ノ`ヽノ ノ ノ   `丶、
                    /.::/{, -‐ 、                  ∧
                   /.:::::イ /     ヽ                      / }

  ┏                                                ┓
    事件が終わり、何とか生き延びたが、残った物は瓦礫だけだった。
    再開するにしても鎮守府の支援なくしては不可能で、それを待っているのは
    彼女の村だけではなかった。

    父親をはじめ、家族はあきらめていなかったが、それとは別に、生活のために
    働かねばならなかった。
  ┗                                                ┛

5958名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 10:53:27 ID:y4rVkhYk0
カレンも苦労してるな…

5959 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 10:57:38 ID:IwVihvWM0

               ,i -‐ '' ''  ‐-  ., //    ,// ,/
   /⌒i ☆ ∧.  ☆  '            ` '' ., // ,/
.  /  ′ <  >    .ム. ..ρ= ..,,_      O  `ヽ. /
 /   /    ∨ .∧  /.: .:/'.: シ    ` ヽ.. 、.      〉
ノ  / ☆    <  >/.: .:,''/          ゝ-‐''ヽ  /
  , ¨ヽ_     ∨イ⌒i:,'' ,.イ`\、         ヾi
 У  / ヽ  ,.☆   ノ゙☆   17テヾィ      _  ,!!
/ > ´  ,/<   ,.イ☆λl     ー-     ,.,;≦,,_` ,″   この娘には反骨の相がありますな!
`.(__>'' ´   ,,. イ.: .: .: ゝ._ll.           i '㍗ ' /
⌒''   /´  /.: .: .: .: .:| ll          l   ̄ /
    /    {:.: .: .: .: .: ! ll   ,.ィ     l     /
.,_   \    ∨.: .: .: .;.ヘ   /`ヽ¨ ‐- 、´,   /!
  ヽ.  ヘ    \;. ≦ ∧',      `こ¨¨''l! //
   ヽ.  !   /: : : : : :.∧ゝ.     /ヽ/.:./
     ー',,. ≦∨.: .: .: .: .:(ニ三≧,.,_,,;;.イ   \
  ,. ≦     ∨.: .: .: .: .:ー:ヘ‐//i/ /    > 、
/            ヽ.: .: .: .: .: .: ヘ/  /      ヽ \
            ヽ.: .: .: .: .:./   ,  ,'       ヽ ヽ

  ┏                                            ┓
    普通であれば、気持ちが折れていてもおかしくはない。しかし、彼女は
    折れなかった。むしろ、負けて溜まるかという気持ちが湧いてできた。

    いわゆるハングリー精神というやつである。

    元々、農作業に払い下げられたATを使用していた彼女である。
    はじめは雪かきのバイトを。その後、バトリングに出始め、めきめきと
    頭角を現していった。
  ┗                                            ┛

5960名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:00:29 ID:OGKG5bWo0
ハルヒバージョンも見たいな

5961 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 11:02:12 ID:IwVihvWM0

                   ,. -‐─´─-         -< /   _,.イ
                  /            ,. -‐‐- 、  ` ¨ ´ /
                  /           ヽ、        ヽ.   /
           `ヾ ー '     ,          ヽ   ,.ヘ   ヽヾ、_
            _二ニン   | /     ,. - 、   ', /::::_:ヘ   ヘ `ゝ---,
            _二ノ   ト、|./      /三三ミヽ_l';_',.ィ::::ヘ   ヘ---‐'
          <´      , l::::|    /----‐::::':::´::::::::::::ノヘ   ヽ',
           ` ' ー_-_,ノ  ヾ |     |:::::::::::::::::::::_;:> ' ,.ィ` !::ヽ、 ヽ
             ` ーッ _   { l     |二_ ̄ ´  、 }./:ソ ' !:ハ、\ ヽ
               '二ノ   ヽ|    |{仆:下 ' ー ' ノ `´  l、ヽ. ハ、`ヽヽ
             ´──彡 , -ヘ   l `ニ ´     .   ノ l`  l ヽ ヘヽ',
                 _∠ニ_ ‐ヘ  ヘ、       _', / } l!. ,l |、  ヾ ヽ
              ,  '´ _   `ヽヽ   ヘヽ    Eニ '/  | |!/ l }               __
           γ‐=、‐- 、_  `ヽ ヾ\  ヘ `≧ ‐- ' l  ノ  !,、/,イ            ,.、,-=ミ 、/`r-‐7、
        ___∠//  ,- 、` 丶、`丶ヽ_ ヽ \ \` =‐-'‐イ  /() |/ヽ、         r‐' '/  ノ / /  /  `丶、
      /-‐ニニ// / .l   ` 丶 、`丶ヘ、lヽ \、_ヽ、__,'‐- /   ノ、 } ` ー─-,--‐ ' λ-イゝ-' ノ / _/_     `丶、
      ,/ ' ´   // / /`丶 、    ` 丶`/    /_, '-‐ '  _/、  ヽ     ´    { l ´∨- ‐ ' 、/ / `ト 、       `丶、
__, -‐'´_ ヽ、  // / /     ` 丶 、  |----'‐' ´  _,.、- ヘ  ヽ ハ           ヽヘ 、_`丶, r し'__ノ ノ.ノ-丶、     /
' ´  ̄    ` ‐,.ニ、‐-7/           `/ )   _,. -'´  ヽ  ヽ  ', }-- 、_____ \ ー-´、_´フテ ' '  / / `丶、 /
.        /  `ヾ'/            /テ T ´  ヽ   ',   ',   }ノ       ` ' ー- 、\\::::::ノノ  ` ー'、ー' -,  ̄フ´
  /  γ´     //            /   ',    ',   ;   }_,.. '              ` ‐-ニ-'      ` ー イ-'
 /   |   `丶、//            / !     ;    ',   ,} - '
./    ,' ` ー‐ ' //              / i     ',   } ,.イ}
|    ノ   ̄` ‐//           /   i    }  ,.ノ'´ィイ
!   {      //           /≧‐-===-‐'_´, ィ彡 イλ、
!  .ハ     //              /((__) _,. ィ'´ _,. -‐' ,.- '-、 \-、        /,\      _,. . , -‐ッ-─────
|   ノ  二二7/            /    _ ,.斗 '´ _,. - '    ヽ /, \     /l  l:::,>`' ´     /  / ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄
l  {     //              / 、(て) _,.. ィ ´   イ    ,ノ Yヘヘ. /´Y ´   | |         /  /         __
.l  ∧.    //            /`!      ハ     , イ ,. ヘ ヘ ヘY  l   ,. | |           {  {-- ─ ' ´ ̄
. l/ / --.、//            / |       ',_,.. < ,. イ    '.,ヘ'ソ _,ト、 / | |           |  |
./ 〈    //            /  ,}        '_,. -く<     , イノ/ `´ !     l |           |  |_,. .  -- ──

  ┏                                                    ┓
    才能があった。努力もできる。そして、運がない訳ではない。バトリングで勝ちあがり、
    やがてスカベンジャーとして登録。ATを使用した仕事、戦闘に参加。

    ソロで4級に認められる。有象無象から頭ひとつ飛びぬけ、寄って来る男どもを
    殴り倒していたころ。
  ┗                                                    ┛

5962 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 11:03:54 ID:IwVihvWM0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



         //  / /´--ミヽ. /ィ三ヽ   ヽヽ
        // |  l /´ ̄ ``  ̄´´  ̄ ヽ.  l !
        i ! :|  |l          _ i   ! |
        ||| :|! l! l!  ___ノ/ {/´ ̄ ` l | | | |
       ||!:l:l/l! |´ 二_ ̄´     _ z=ミ、 !| l!l! !
          l l!:|:lハ! !7´ ,rcヽ     7=c、 ト、|lハ!| |
         | . |:   ト.  ヒツ       ヒツ ノ´,|  l |
        | : |:   | ` ー ´    l  ` ー'  /|  l !
           ! :.|:. : ! u       !      /.l: ::l!|
           | ::l:: : |ト、   ____,  .イ´!: :l!:|
    /´ ̄‐ミヽ|: :: |:_.ミi.. ゙ー―‐ '´//:/l: :lハ|
   /      ヽl: |: ! ヽ\> _,. イ:::/:/:::l: :/!
  { ___    l: :|!: ! ヽ ` - _トく/jイ/.://
{ ̄_  --―   ト:{ハ.l  ヽ   ,r‐.、{ヽ/:/
´-‐    ̄ ̄ ̄  バ トヽ   ヽ /ヽ:::.:l!//、ーv--――- 、
 __         | | i\  {- 、 Y:ヽヽ ヽ、\     ヽ

  ┏                                           ┓
    いろんな意味でぶっ壊れたこの男とエンカウントしてしまったのである。
  ┗                                           ┛

5963名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:05:15 ID:Cb3/aAq.0
シスカに逃げたってことは地獄の防衛戦に巻き込まれた組か…

5964名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:06:35 ID:25fr8jJ20
ああ、ある意味で真に道を踏み外すのはここからって感じか…w

5965 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 11:06:53 ID:IwVihvWM0

                                                    ,ィ==、
                                                     ,.イ////ヾ
               ,.ィ:  ̄,ィ: : ̄: :>. 、       〃                 ,ィ/Ⅳ/////<
               〃:_:_≧:_:_:_: : : : : : : \:ゝ、_//                    Ⅳj//////,イ\
            ,イ ,イァ",ィー:ヘ : : :.ヽ: : : :.\: : 彡'                 /: :ゝイ: : :.`ヽ/∧
          ,.イ .〃 .≦_:彡:ハ: : : ハ: _:_:_: : ミー  , /              }: : : : : : : : : : }: ::ヽ
          ,イ    {:{/≧--≧三,: : : :}三彡: :  ̄彡':./                  j: : : : : : : : : /: : 八
         ,′  rt≦:|,ィ心 ̄ ̄¨≧: : : :} ̄: : : : : : : :./                   ,': : : : : : : :.;イ: : : : : : ' ,
         ,′  ,' .l: :l:.l. ゞツ    .込ツ: : : l-、: : : :ー彡′                  /: : : : : : : :/: : : : : : : : : '.,
      .,′  ., 八: l:.|、  '      .j: : : j匂ト、: :_:_:_彡′               ./: : : : : : : :/.`ヽ: : : : : : : : :.\
      ,   ,'   l:.l:.l.ハ  、     l: : : jイミ:;イ.   \               / : : : : : : : ;′   \: : : : : : : : :\
      ,'    ,'.  ∨リ  >、 `  , ィi:: : ;'./:::::{.      ',                /: : : : : : : : ;′     \: : : : : : : : :\
     ,′  ,     ヾ./  ` ´j::::>j: :/〈:::::::l      }        ,...-::‐::-'..、,ィ:::: ̄:::¨::::...、 _    ヽ、: : : : : : : : ヽ、
      .,    .l    ./     .,':::{ .//. ∨:::',     ト、       ,イ:::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:::::::..、ゞ_:_: : : : : : : : :}
     .,′   .l ../      j:_:《/    }':::::}     .l::};\   /:::::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::_:::_:::_::_::_::_::_::_:::::::::::::::<///人
    .,'      lミ<        /:;::イ    ,'::::::::l      .j::};;;};;}>:':、:::::::::::::::::::::::::::::,.<//////////////////>.、:::::::::::::ヾ}
    ,     ト、 \   , イ:::/    ノ  ,';::::::ヾl     l::j;;;j;;j:::::::::::::`ヽ::::::::::::::::://///////////////////////∧:::::::::::}j
   ,'     .八.ヾ ハ,イ./:::;イ    ,イ  ,イ::::::::::::l     l:ノ;ノ;ノ:::::::::::::::::::::::`:::::::::,'/////////////////////////.ノ::::::::;:イ'
   {    ∧ `  ', .{::::{    ./  /::::::::::::::::l     lイイ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨//////////////////> "¨
   .',   " .人.   ゝ';八   {   {::::::::::::::::::j     l:":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/////////> "¨
   ̄ ̄ ̄`   .\    ̄ ` ー'ー―ー―‐‐、'      j_:_:::::_::::;、:::ィへー―――=≠¨ ̄ ̄
            ` ー - .._                ,′
                  ` ー- ......______.,′

  ┏                                                ┓
    現在、彼女は人生の岐路に立っている。このままスカベンジャーを続けるか。
    稼いだ金をもって家族と共に開拓を続けるか。

    簡単に答えが出る悩みでは、なかった。
  ┗                                                ┛

5966 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 11:08:09 ID:IwVihvWM0
以上。シスカ事変の当事者の一人である。つまり虎の頑張りとか、獣殿の統制とかを
間近で見ていたということだねぇ。

5967名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:13:07 ID:y4rVkhYk0
乙です。
やっぱ虎すげーなー

5968名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:13:49 ID:.oUb2H.g0
乙っした

ということは口説けばスカを続ける可能性もあるのか!
問題はやる夫にその動機が欠片もないことだなw

5969 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 11:14:02 ID:IwVihvWM0
何? ハルヒたちのこれを見たい? 一緒に仕事をするといいぞ!
そういう話題を投下中に出すと、ああ、それもいいなとイベントを作る、

かもしれん。

5970名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:14:29 ID:OGKG5bWo0
乙です

5971名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:14:44 ID:2hnS.FNM0
乙杯

5972名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:15:10 ID:25fr8jJ20
乙でしたー
激動の渦中に居たんですなあ
あ、ハルヒ達のそれ見たい見たいw

5973名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:18:16 ID:YxQEu3lQ0
避難民から見た虎ってどんな感じだったんだろうな

5974名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:18:25 ID:y4rVkhYk0
確かにハルヒたちのも見たいけど、いまやる夫他の奴らに睨まれてるからなぁ…
ハルヒたちに矛先が行ったりしたら…。

5975名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:19:12 ID:YxQEu3lQ0
おっと、お疲れ様です

5976 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 11:20:00 ID:IwVihvWM0
戦争だー兵器だーひゃっはー、という気持ちと。

巻き込まれて人生オワタになった人々を考える気持ち。

フィクションの中で十分である。


連邦プラント暴走させた技術者のミスは許されざるよ。

5977名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:20:47 ID:RmxmMniA0
チクタクマンのしわざだ!

5978名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:21:08 ID:OGKG5bWo0
あ、ミスなんだ
なんか皇国を牽制するためにわざとかと思った

5979 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 11:23:50 ID:IwVihvWM0
皇国プラントと同じノリで触ったらやっちゃったぜ! って廠長がいってた。

5980名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:27:24 ID:YxQEu3lQ0
西側と東側じゃシステムも違うだろうしなぁ

5981名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 11:29:06 ID:aWAu1D/20
乙っした カレンの過去はでもマシなほうだねぇ
我らがキュービーや虎に比べればw

5982名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 12:24:59 ID:a2ZTgwtU0
投下きてるーーー

5983名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 12:31:13 ID:B36iwHbU0
>>5965のAAが健全なエロさでいいな
スバルのスポーツブラつけて脇見せてるAAレベルだわ

5984名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 12:51:36 ID:9XBY5.xA0
にしても異能生存体って設定便利だよなぁ。
PL側がミスって死んでもコンテニューさせるのに違和感ないし、
大成功が続いて報酬が増し増しでも、「世界感的に不自然じゃね?」って感覚よりも
「あぁ…次の地獄の準備金ね…」という考えのほうが先立つしw
まさしく主人公のための設定だわw

5985名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 15:34:46 ID:nYbpGknI0
万の避難民の一部だったのか>カレン家
つーことは獣殿や虎殿への敬意は原作ゼロに向けるバリに凄そうだな

5986名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 15:54:48 ID:oJFY5VVY0
やる夫が獣殿やルサルカと知人だと解った時の反応が見物だな

だがそれ以上に軍人さんが虎だと知った時のやる夫が見物だw

5987名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 16:08:26 ID:u06O7LL60
ナービス「だからキチンと管理しようぜと言ったんだ…」
キサラギ「これがあれば世界を変えれると思った。反省も後悔もしていない」

5988名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 16:24:17 ID:pPAp0rfk0
ババコンガがいわスレに登場してて吹いたw

5989 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 21:41:05 ID:IwVihvWM0

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
        ̄ ̄二ニ≡=--=≡ニ/三三三三ニ/三三三三三三
     /                    ∨三三三三/=≡ニ二三三_
      / /                 ¨/:/ ̄ ̄
    :/ /                /:/
   / /::.       ______/:/______
  :/ /:       〃 ̄ ̄ ̄/: ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 丶
  : /         {{     //:                / }
  /:          ||     /:                .://:: |     :/
            \__/_________//_/    /
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   //
                                 //
                                //

 ┏                                                    ┓
   「その日」は、家族三人で食事に出た。正直にいえば、あまり嬉しくはなかった。
   外食にしても、家で食べるにしても、たいした違いはない。

   だから、特に会話もせず車の外の風景をただ眺めていた。


   ――それを、今でも後悔している。父と母、最後に交わした会話を、覚えていない。
 ┗                                                    ┛

5990名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:42:27 ID:VY2l3ro60
こんばんコンガー
ムロランテロの直前か?

5991名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:43:35 ID:xCZpR8aQ0
壊れる直前、かな?

5992 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 21:43:40 ID:IwVihvWM0

                                          _ノし    _,ir'"゛
                              _,、    .,.  ,..-'彡__て   _..‐/'゛ 乂
                            / (    ノレ  '''¨゙´   _..-'"  .¨ ̄  `'''ー---ッ___z---
            ,                ,r┴'' ̄ _.-'"  !-ー'゙~''''''^゙゙゙゙゛   ___,,,,,,.... ---―¬'''''''¨¨¨¨¨ ̄ ̄
          /./          _,   ."._,,-‐'''''″    ._,,,,.. -―''''''''゙゙ ̄´
        ノ __l゙ .,,、  .,i|   _r≦乙_ -‐'"   _,.. -ー'''"´
      ,i/'゛ _ノ/ ./ |./      _,,―''"゛
     : 「  .///      ,,, ‐'"
 ,  i、  ,l′      _..-‐″
 'リ、. |`''ー"     ./゛
  l ´         /
   )       .l
   \〟     `-、,
 人 ゙ィ .\.      `'‐ ,,,_
 ) ヽ    \ ,           `゛''''''ー--ッ___
 \ \  ‐=マ=‐z_               "` ゙゙゙゙̄^'''''''―--------ッ___z--------ッ_z---――¬
   "゛'ミ_;;_.      "¨¨仁
       ゛'    __二仁
            -‐==ニニ二―¬¨¨¨ ̄ ̄>
   -‐==ニニ二二ニニ==‐--r_    ,、-''´    _z--――¬'''ニ>           ____
               ̄゛''''―――≧=‐ ̄ ̄ ̄ ̄´             ̄ ̄¨'''''‐-ッ_zー''' ̄ ̄     ̄¨¨¨

  ┏                                              ┓
    唐突に、何の前触れもなく。炎が広がった。分厚い炎だった。どこも隙間が
    なかった。飲まれるしかなかった。

    炎はあっという間に車の中を埋め尽くした。最初に熱さ、次の瞬間に痛み。

    そして激痛が途絶えることなく襲ってきた。
  ┗                                              ┛

5993名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:45:45 ID:RmxmMniA0
染み付いた炎の記憶か…

5994 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 21:47:02 ID:IwVihvWM0

:::::;'';::::::::::::::::::::::::::::::::::::;    ; ,'::::::::::::::::::::;' , ' ,'     ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::; ;::;';:::::::::::::::::::::::::::::;'    ,'::::::::::::::::::::;' , ' , '    ,..':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,.
:::::;  ';:, ';:::::::::::::::::::::::::;    ,'::::::::::::::::::::;' ,' ,'    ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ' .
:::::;  ;:, ;:;';:::::::::::::::::::;'    ,::::::::::::::::::::;' ,' , '   ,..'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '
::::::,  ';' ;:, ';::::::::::::::;'    ,':::::::::::::::::::;' ,' ,'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; '     ,  '
:::::::',  , ';' ;::::::::::;'     ,:::::::::::::::::::::',':;'   ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::; '     , '   ,....
';:::::::',  , ;  ,::::::::;     ;::::::::::::::::::::::;'  ,..'::::::::::::::::::::::::::::; '      , '  ,....'::::; '
 ;:::::::,  ' ,  ,::::::;      ,::::::::::::::::::;' ,..':::::::::::::::::::::::::; '       ' ,...'::::; '
  ';::::;'   , ,::::::;      ,':::::::::::::::::::',.'::::::::::::::::::::::::; '       ,....':::::; '
  ',:::',   ' ,:::::;     ,':::; ',:::::::::::::;:::::::::::::::::::::; '       ,...':::::; '      ,...::
   ',:::,     ,::::;     ,:' ,':::::; ' ,':::::::::::::::::;'       ,...':::; '     ,....::'::::::::; '
',   ' ;'     ;:::;     ,..':::::;'   ,:::::::::::::::::;'     ,...',:: '    ,.....':::::::::::::::::::::;
:::'.,         ,:::,     ,.':::::::;'  ,'::::::::::::::::;'    ,..'; '    , ', ' ',:::;::::::::, '
';::::',        ,:::,    ,:::::; '   ,.':::::::::::; '    ,..', '     ,' '     ' '
 ';::',         ;::,   ,:::;'   ,.':::;::::; '    , ' '
  ' ',       ;:;    ;::;   ,' '      , '         ,
;:'..,  '       ;   ,::;   ,       , '        ,....;' '
 ' '.,        ;  ,:;        , '       ,...'::; '
   ' ,       ,   ;       ,        ,..':::::; '      , ,......', '
     ' ,                     ,':;::; '    ,....::'::::::::::::'::::::'::;:::' , '
                              ,....':::::::::::::::::;::::; ' '
                            ,..':::; ' ' ' ' ,':::;':::;':::;'::,_,

  ┏                                               ┓
    たまらず悲鳴を上げた。炎が、肺を焼いた。苦しくて息をすう。しかし酸素は
    得られず、更なる激痛が胸を焦がす。

    父の悲鳴を聞いた。母の悲鳴を聞いた。だれかの悲鳴を聞いた。

    自分の悲鳴が、脳にこびりついた。

    そして、意識が途切れた。
  ┗                                              ┛

5995名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:48:43 ID:j7m4p1Hk0
炎の記憶か…

5996 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 21:50:00 ID:IwVihvWM0

                ○ O   。
                 O 0      O      。
                   O O   O           O
                   ○O 0  0        O
                   0 O    ○    0        O
                    ○ ○ 0   O
                    ○ 0   O    0
                      0 O  0   。            。
                     ○   0   O    O
                      ○    0   O
                      ○  0   O
                       ○ O    O
                      ○ 0   O     。
                       ○O  。
                        O O
                         ○    。
                        ○  O
                        O
                        ○  O

  ┏                                               ┓
    次に目が覚めたのは、水の中。後で知ったが、再生槽の中だった。
    1000年前の高度な医療技術。全身やけどを負った自分は、これによって
    命を救われた。

    にごった水ごしに、ゴウトとバニラの顔が見えた。泣き笑いを浮かべていた。

    すぐに意識が途切れた。
  ┗                                               ┛

5997名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:51:43 ID:L6DsZJlQ0
よかった
邪悪なニンジャソウルは憑依しなかったんだね

5998名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:52:54 ID:j7m4p1Hk0
>>5997
それは荒野のニンジャのほうなw

5999名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:53:12 ID:.RQTsoS.0
火傷は偶然致命傷レベルに至らず、吸い込んだ有毒ガス等はなんとか治療可能領域であり、奇跡的に後遺症が残らない治療が出来る施設が近くに在った

6000 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 21:55:30 ID:IwVihvWM0

          __  _____           __
          | |/─  ─ \..======| |
          |/ (●) (●)   \         | |
         /  (__人__)     ヽ      | |
         |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
  /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
 ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
/                   ノ|  /
                   / |/

  ┏                                                 ┓
    再生槽から出ても、退院はできなかった。不規則に、炎の幻に襲われたからだ。
    息苦しさ、痛み、悲鳴。幻と一緒にそれらが襲ってきて、のた打ち回った。

    正直な話。この症状は回復していない。ただ、我慢できるようになっただけだ。

    今も時折、炎と痛みに襲われる。しかし我慢する。ゴウトとバニラにこれ以上
    心配を掛けるわけにはいかなかった。
  ┗                                                ┛

6001 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 21:59:30 ID:IwVihvWM0

                       _,,...,,,...,_
                   ,,..-‐''::::::::::::::::::::"''‐- 、.,_
                ,-'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
──── 、       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
::::::::::::::::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::: ::: \/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..::.:;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /´\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /   \:::::::::::::::::::::::;,.,___r:::::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/       \::::::::::::::;:|─・─‐\:::::::::::::::::::ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::: :: /           ̄ ̄ ̄ .・: 、∵ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /                  ,;), :;.(;;;ヽ ”、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/             :;.ノ;;) ”、、;;;;;
:::::::::::::::::::::::::::::: : /              : ”    ヾ

  ┏                                        ┓
    退院するきっかけは、医療ミスだった。疲労困憊だった看護師が、
    誤って間違った薬物を自分に投与した。

    すぐに集中治療室に運ばれ、また再生槽の世話になった。

    院長は事件をもみ消そうと、山ほどの札束を用意したそうだ。
    それが入ったケースで、彼の顔を散々ぶっ壊してやった、と
    バニラはせいせいした顔でいっていた。余談だ。
  ┗                                        ┛

6002名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 21:59:34 ID:VY2l3ro60
いつもの人数確認無しってことは今夜は安価無しの閑話のみかな?

6003名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:00:15 ID:xpsDqTZw0
本当に誤って打ったんですかねぇ…

6004名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:01:20 ID:7RAeMa/I0
医療ミスは公にする、札束はもらう
両方やらなきゃいけないのがつらいところだな

6005 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 22:02:46 ID:IwVihvWM0

               ____
             /二二二 \
           /二二二二二 \
          /   (●)  \\] \
            |      (__人__)\\  |
          \     `⌒´   \/
          /     ー‐    \

  ┏                                                        ┓
    退院後も、何かと生傷が絶えなかった。まるで、世界が「オマエが生きているのはミスだ」と
    いっているかのように、事件事故に巻き込まれた。

    いっそ死んでしまえれば楽なのに、いつも生き残り、ケガばかりする。

    このままでは痛い目を見るだけだ。戦わなければならない。そう気づいた。
  ┗                                                        ┛

6006名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:05:10 ID:7RAeMa/I0
本当に生きてるのがミスなら、その辺の底辺スカベやならず者みたいに死んでるだろうに

6007 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 22:07:48 ID:IwVihvWM0

         ___
       /     \
      /   \ , , /\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |
      \      `_⌒_´___ __
.      /´ ⌒` ̄  ,    ´  `ヽ
      |       _゙___、ィ`_,ルリ
      |  イ´ ̄     l ^_ '
.     |           |´ヾ`i

  ┏                                               ┓
    こうして、スカベンジャーを志した。理由は二つだ。ひとつは稼ぎがいいこと。
    強くなるには金がかかる。ずいぶんと二人には負担を掛けてしまった。
    これ以上は、迷惑を掛けられない。

    そしてもうひとつは。




    そういった場所ならば。




     死ねると思ったからだ。
   ┗                                              ┛

6008名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:09:51 ID:9XBY5.xA0
キリコより重症だな、こりゃ

6009名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:10:55 ID:xpNBcbfU0
虎は何処までも生きるために戦っていたが
やる夫は生き残ってしまうから戦うようになったのか

似てるようでまったく似てない…

6010名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:11:00 ID:L6DsZJlQ0
死にたがりの異能生存体
救いはあるのか?

6011名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:11:21 ID:M4huGU8k0
ファイナルデッドじゃないんだからさ・・・

6012 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 22:11:25 ID:IwVihvWM0

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



                         -=-
                    /´            \
                     ´              〉<>,
                    /   /./      、     ./|ヽ、 ./
                  ′   /:|   :|、:|ヽ _ { | ム'
                     {   {  |{ 、  | リ ̄}ノ}  V__j:.
                    |  | { /{    | } イ ̄仔  }  |:
                     j | ゞ、爪:ヾ ヾ{  乂_ノ !|  }__j:.
                     } | 圦乂ノ   ,     j||  |   |
                |::::|  乂.    _.,   /||  }  リ
                |:::| |   ::| ゝ __   ,.イ:::||  /} /
                |{ { |   |乂  >_} ¨  ト、||: / |/
                |乂乂 |.r' ´  {.   / |}/ `丶
                  \\{' |   ヽ  /    / ヽ
                     l  ∨    〉〈     /   |
                     |  ∨  /  ∨  ./     |
                      |    \/   \/    |

  ┏                                               ┓
    しかし、一体どんな巡り会わせか。ワケアリの自動人形を拾ってしまった。
    オマケに、それはどんどん増えている。

    知り合いも増えた。事故に合う前に親しくしていた人達とも再会した。

    遠くに行ってしまったが、あの軍人さんも、がんばっているという話を聞いた。
  ┗                                               ┛

6013名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:11:39 ID:j7m4p1Hk0
うぉう、重たい

6014名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:12:03 ID:.RQTsoS.0
異能生存体だし同じ異能生存体にでも殺されない限り死なないのがね

>>6008
キリコはトラウマで記憶失ったからまだ戻れたけどやる夫は記憶失ってないからなぁ

6015名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:12:15 ID:PXVSNAbo0
異能生存+ナルホド君的な致命的な物事に巻き込まれるけど奇跡的に損害が少なくすむ不運な幸運の複合か

6016名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:12:16 ID:dbltZsaY0
そりゃ、女に興味がないわな

6017名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:14:07 ID:cUv5rFXg0
ゴウトとバニラは、望まぬ形でなにか、このほのおのきおく に関係してるのかな
償いの意味でここまで… てのはウガチ過ぎかや

6018名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:14:43 ID:ZRpWa7Jo0
旧劣等種でもなきゃ異能者は殺せんだろうな

6019 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 22:15:16 ID:IwVihvWM0

           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
      /           \

  ┏                                                  ┓
    最近は、死んでしまいたいという衝動的な気持ちは浮かんでこなくなりつつある。

    ぶっちゃヶ、忙しくてそんなことを考えている暇がない。

    人形集めはまだ終わっていない。バトリングでいい成績だして写真を取りたい。

    ゴウトとバニラを旅行に連れて行ってやりたい。


     生きたい、とはまだ思えない。だが。


     やりたいことは、増えてきている。
  ┗                                                 ┛

6020名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:17:02 ID:xCZpR8aQ0
>ゴウトとバニラを旅行に連れて行ってやりたい

どうみても途中で事故ってトラウマ量産フラグじゃないですかー!

6021名無しのやる夫だお <sage> :2013/09/12(木) 22:17:18 ID:kufmZxac0
いい傾向です

6022 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 22:17:20 ID:IwVihvWM0

            ____     
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \  
       |   (__人__)      |  
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

  ┏                                 ┓
     炎の夢から目が覚めた。今日もまだ、生きている。
  ┗                                 ┛

6023 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso <sage> :2013/09/12(木) 22:17:46 ID:IwVihvWM0
へい、おしまい。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する