アイテム・スラッグは過去の栄光を取り戻す様です IF-01「もし浜面がアイテムに運転手としてついていったら」

5843 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 10:53:33 ID:3uupgpXo0
                ,、ィyァ,、
                ァ,'^⌒^ヽ
             , , lil(_(ノリ))_)    取り敢えず、厄祓いとして寸劇でもしてみる
            (( ( (リ、!.゚ ヮ゚ノリ ) ) ) 4月馬鹿のネタで集まったやつで1つ、寸劇でやってみようか
    ', ´ ', ´      `ヾヽミ 三彡, ソ´   昼過ぎぐらいに
    厄   ', ´ ', ´   )ミ  彡ノ ', ´ ', ´
   ', ´ ', ´         (ミ 彡゛     厄
     Σ  ', ´ ', ´   \(          ', ´ ', ´M
     ', ´ ', ´        ))        ', ´ ', ´Σ ', ´ ', ´
厄厄厄厄\\\\\    (      ////厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄厄




1【コンドーム】フレンダに子供が出来ました【仕事してない】
2滝壺が子供連れて認知しろと迫ってくる
3フレンダがピルの代わりに他の患者のクスリを間違って渡されて……
4阿部さんが口説いてくる
5ハマーがスコープドックをゲットしてたらどうなってたかで
6もし浜面がアイテムに運転手としてついていったら
7同上(ココ バージョン)
8モール編でのフレンダ死亡で人形ゲットしたIF

↓1 上記のウチ、いずれか1つを
5844 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 10:54:32 ID:ldcx9FiI0
6
5846 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 10:57:44 ID:3uupgpXo0
>>5844 6番に決定 反応はやっ(汗
5847 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 10:58:46 ID:3uupgpXo0
         / ニYニヽ
 r、r.rヽ  / (0)(0) ヽ
r |_,|_,|_,|/  ⌒`´⌒ \   あとは、昼過ぎまで待てっていうwww
|_,|_,|_,|_,| , -)    (-、 |
|_,|_,|_,|_,|. (^ iヽ__ ノ l |
| )   ヽノ |  `ー'´   /
|  `".`´  ノ
   入_ノ
 \_/
   /
  /
5849 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 12:48:09 ID:3uupgpXo0
飯も食ったしそろそろか
見てるかな?
5850 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 12:51:30 ID:T2dzFNfc0
|ω`)
5851 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 13:00:19 ID:WBFFC3d.0
見てるが、飯食ってくるw
5852 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 13:01:00 ID:3uupgpXo0

話をしよう

これは、アイテム崩壊前夜

浜面が易きに流れ、麦野の差し出した手を取った場合のお話

アイテム・スラッグが登場しない、分岐の先のお話
5853 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 13:04:51 ID:3uupgpXo0
   ____                 _______ _______
_,. l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l                   |:::::::::::::::, - ―――| |;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;i、:;:|
_l__,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l ̄l ̄l ̄l ̄l l ̄l ̄l ̄l ̄l |:::::: / _      |_l:;:;:/二""二二 >!l ̄l ̄l ̄l ̄l l ̄l ̄l ̄:::
`-、 l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|::::/  /l   __|_|:;:;:l l;:;:;:;:ゝヽ_:;:;:;':; | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::
l l l `-、 ;;;;;;;;;;;;;l, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::/  ,/   /::::::::::: | |:;:;:l l:;::::;:\/____;:;| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::
l l l l l l `-、;;;;_;;;l                   l/  減 速! :::::::| |:;:;:l l:;:;::;:;:;:;:;====:;:|
l l l l l l l l l `-、 _,           _      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
l l l l l l l l l l l ll`-、 _            l l___γ ヽ
l l l l l l l l l l l llllllll`-、 _         .l 「 ̄ 、 _ノァ .r‐ァ   ィ‐ァ                 < "゙、   < "゙、
l l l l l l l l l l l llllllllllllll`-、 _     l l===lニニニl. ll^   .ll^                       ^l l,    ^l l
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllll`‐、 _   l l    ll  ll    ll                    l l     l l
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllllllllllll`‐、 _.l l    ll  ll    ll                    l l     l l
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllllllllllllllllll `‐-「`''''''ー―---- 、、、、、、、、、::..              ..::___,,,,,,,,,、、、、、
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|lllllllllllllllllll l l l l l l l l::..             ..:: lllllllllllllllllllllllllllllllllll
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|lllllllllllllllllll l l l l l l l l::..                 ..:::lllllllllllllllllllllllllllllllllll
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|lllllllllllllll__,,,,,,,,、、、、、、、、:::..               ..:::lllllllllllllllllllllllllllllllllll
l l l l l l l l l l l llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|- ' ' "   /  ̄ ̄ ̄ ゙、_ :::..  :::          ...:: "'''' - - 、、,,,,_llll
l l l l l l l l l l l lllllllllllllllllllllllllllllllllll__,,,,|  _,、、- /  .⊂⊃.  ゙、   :::::::::     _     ^"''‐- 、,,,_   ~
l l l l l l l l l l l lllllllll__,,、、 --―'''"   |-''"   . | l l l l l l l l |     =/':::::     -           _ ''_-__
_,,、、 --―'''' "  ̄      ;;..    | ; ;_,,、- lTTTTTTTTTTTl    =l=       -       /  ̄ フ,'''
  ; ;    ;    ;    ;   ;  ,,、-''" .  l______,l    ニlニ        、-、  ,/     /,
     ; ;   ;;   ;   ;  .,,、-''"      l ̄ 「‐lニニl‐ l  ̄l    ニ'l、-        ヽ_ィ‐'"''‐-,_ . /,
 ;   ;   ;;  ; ;    ,,、-''"          llllllll     llllllll     ニヽニ,        l:::::::::::::::_ ゙'i‐-、,_

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 浜面は安全運転を心がけながら、夜の道路をひた走っていた
 後ろの座席には、だらしない格好で寝息を立てている麦野の姿がある
 パトロンの饗したパーティーでいくらか飲み過ぎた様子だ
5854 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 13:08:14 ID:3uupgpXo0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ITTTTTI。o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|l ̄ ̄ ̄|ミ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|l≡≡≡|ミ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::.. ::::..::::::::::.. ..::::::::::::::. ..:::::::::::...::::::::::::::::::::|l≡≡≡|ミ|::::::::..:::::..::::::::::.. ..::::::::::::::. ..:::::::::::..
:.::.:.:.:::.:.:.:...:.:.:....... o。_。_lコ<o> .. .. . ... |l≡≡≡|ミ|__。≠_〇o...:.:.::.:.:.:::.:.:.:
 。+ +。。。。。 |l|FFFFFFF|。 。 .。 +|l≡≡≡|ミ|」 」 」 」 」 」 」 」|lll| .。+.:. . .
  * o  o.   |l|FFFFFFF| o .* .|l≡≡≡|ミ|」 」 」 」 」 」 」 」|lll|  。  。
.:: :. .. .. . 。。oo  |l|FFFFFFF|    。  |l≡≡≡|ミ|」 」 」 」 」 」 」 」|lll|+  。
   /| ̄ ̄ ̄l ::|FFFFFFF| ゚ 。  。 |l≡≡≡|ミ|」 」 」 」 」 」 」 」|lll|。 o
   |ミ|:」」:」」:」| ::|FFFFFFF| o.  。. |l≡≡≡|ミ|」 」 」 」 」 」 」 」|lll| *  ゚
   |ミ|:」」:」」:」| 〇 FF. 。FF| + ゚   |l≡o + +! + 。 〇」 」 +  〇
   lミl.」」.」〇 ++ +  。  *  o  〇 。 o  +   〇 。 +
 ___〇___。_゚___。____o______〇__o___。___
 Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 相変わらず15区の都市区画は文明に満ちている
 ここの外に、荒廃と貧困が広がっているとは思えないほど、退廃的な程に光に満ちていた
 数えきれないほどのネオンサインと照明に目を細めながら、浜面はハンドルを手際よく傾けていく
 麦野は運転にもかなり厳しい。気に入らないと座席にケリが入るから要注意だ
5855 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/04/04(金) 13:12:43 ID:3uupgpXo0
                   , ‐─-、                         , -─‐- ,
                      /.i   i ',                         ,'.l i   .!∧
                  ,' .l    l i                      i l l    l. ',
                      1  i    l ト、                     ,.イ l l    i   l
                     l   l    l l `' .、              ,.r ´!  l l    l   l
                     l  !.   i l i_ ! !                   ! !.._i l i    l  l
                     l  i    l l._ .i .!                   !. i. _.l l    i  l
                     l  l    l l i_ ! !                   ! ! _i l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!                   !. i. _.l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!.,             ,.!. i. _.l l    l  l
                     l  l    l l i_ ! ! ` ー ,.,     ,.,‐ ´ ! !.._i l l    l  l
                     l  l    l l._ .i .!._ .i .!_i  __   i_! i _.!. i _ l l    l  l
.   ○`Y´○            l  l    l l i_ ! ! l.,_.l   .!r'´! !`'r !  l._,.l ! !_i. l l    l  l            ○`Y´○
__ . ,  | |              l  l    l l._ .i .!._ .i .,r'=ニ二ニ=ヽ ! _.!. i  _l l    l  l               | |  , .__
l     ` l l' r 、         l  l    l l i_ ! !._ .i,.ィ ニ二三二ニ i.,i. _.! !._i l l    l  l          , r 'l l ´   .l
|┬┬┬.ll┬┬ ,,        l  l    l l._ .i .!|二二二二二二二二二|!. i. _l l    l  l        ,, ┬┬ll┬┬┬ |
|┬┬┬.ll..l .l_l_i__` ー─┬. l  l    l l._ .i .!|二二二二二二二二二|!. i. _l l   l  l .┬─ー ´__i_Ll. l..ll┬┬┬ |
|┬┬┬.ll.二_l_l_i_i !i riiiiiiiiii.r.,|  l.oTo.l l i_ ! !.─┬‐┬──┬‐┬─.! ! _i l l.oTo.l  .|,.r.iiiiiiiiiir i! i_i_LL二.ll.┬┬┬|
|┬┬┬.lllr =`'ーュ_ヾiiii〆i,.|  l  l .l l i_ !oTo.:..ll  .ll    .ll  .ll. ll..:.oTo! _i l  l. l  .l |.,iヘiiiiッ_ュー'´=rlll.┬┬┬|
!┴┴┴.ll ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐‐‐ェェェェェェェュl.,..l l i_ ! l:.:::.:.ll  .ll    .ll  .ll. ll.:::: :l ! _i l  l..,.lュェェェェェェェ‐‐‐ ‐ ‐ ‐ ‐ ‐ll.┴┴┴!
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ll;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..|r´ ̄.‐.‐.‐.l ‐ 二二二二二二二二 ‐..l.‐.‐.‐. ̄`r|..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ll:;:;:;:;:;:;:;:;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:ll________r‐i´ !  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄      ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄ ! `i‐r________ll:;:;:;:;:;:;:;:;:;
. ̄ ̄ ̄.ll                 l  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄        ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄.l               ll. ̄ ̄ ̄.
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やがて、車は高級住宅街に存在するマンションの地下駐車場へと滑りこんでいく
 このマンション……これに済むことが何を意味するか。即ち成功者だ
 一ヶ月の家賃が5000円、あらゆる最高級の生活環境と居住性がそこにあるのだ
 そこに当然の様に、麦野は住んでいる。当然かもしれないが
5856 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:14:01 ID:3uupgpXo0

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ガレージから直通のエレベータに乗り、麦野の部屋に向かう
5857 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:17:37 ID:3uupgpXo0

      i| レ'{厂ヽ.!  ヽ-、    |\「ヽ
       ソ  ー'  |  Nヽ>  | ,.リ _ヽ-'
       ゞ   u j人トソ厂\ | ト、ト、\
       〈ー-- 、  r爪  、ヽ! \> ほら、麦野、しっかりして
       〉 ̄`ー' _,.イ!乂从ゝ>――`ー┐
       `ー--- 、 !∠三二二 ̄`` ‐- ̄ヽ
   r―r‐r(ヽ     冫/:.//:.:.:`ヽ``  、:.:.:.:.:.:
  / ̄l V |(^ヽ   //:.://:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.`ヽ:.:.
  |:::::!|   と_ !   | | //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  |:::::||   {ヽ!   | |:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |:::::!|    ノ ノ  //:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ヽ::∧  〈  ヽ { {:.//:.:.:.:.:.:.:.:|//:.:.:.:.:.:.:.:
  イ{:::∧_ヽ  \〉//:.:.:.:.:.:.:.:/

                       ,...::::':::::: ̄:::::::::.....
                /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\
                ,:'/::::..ヽ:;::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                /〉::l:::ヽ:::::..\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
           //::::::|:::::::\::::::..\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
            / < |:::::::::|、::::::::..\::::::..\::::::::::::::::::::::::::::::::..\
       /   二二二フ\:::::::::..\:::::::::';:::::::::::::::::::::::|::::::::::..\
     _/     ‐‐‐‐く \\::::::::::::\ :::i:::|::::::::::::::::::|:::::::::::::::..\ う、うーん 飲み、過ぎたぁ……
    /:〉、    / ̄「 ̄:|__  ヽ > :::__ ヽl:::|:::::::::::::::|::|:::::::::::::::::::::::::..
    ,' :i:i:i:iヽィ    | l :::| ̄__、        ̄|::|:::::::::::::::| :|:::::::::::::..\::::::::::..
    | :i:i:i:i:i:i/    |:|ヽ圦¨忍、    ‐-=='' |:|:::l:::::::::::|::::\_::::::::..\::::::::::..
    } i:i:i:i:i~{       ||   `ヘ   〉        ||:::l:::l:::::::ト、 , --ミヽ::::::::} :::';:::::::.
    ノ\i:i:i:i人     |   /:>、ヽ _     /l|:::l:::l:::::::|Y/    \::::/::::/:::::::::',
   |  `T゙「  }         /:/:::::::> `___/ヽ|:::l:::l:::::::||/        ':,::::/::/::::::::}
   |   | |  |      |::| / ::::::/ ∨/∧ヽ,|:::l:::l:::::::|/        ∨:/ :::::::/
    l       l       |::| |:::::::::l.  ∨/ム |:::l:::l:::::::| /        ',ト、:::::/
    l        l    /|| |:::::::::|   ∨//,|:::l:::li::::::|/         ∨`=-‐
     l        l  /  ヽ| |:::::::::|/~ヽ マ八:::::l:l::::/        //  ∨!
      l        l'゙      | |::::i::::|   |  \,ヽ{ノ:/         /      ゙廴ノ}
      l        ト、       >;:{{::{   |     /::/         /        ',彡゙
       l     |}    / { ハ }   |      {〃      /          l

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ガレージから直通のエレベータに乗り、麦野の部屋に向かう
 磨き上げられた壁を見つめる間もなく、戦前の技術を惜しみなく使ったエレベーターは部屋に到着していた
 人気のない通路を横切り、声紋チェックとバイタルチェックを通過して部屋へと入る
5858 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:21:42 ID:3uupgpXo0
                ゝ‐‐/`=‐、_
                /´/ i  ヽ ヽ.\
                   / ./  ∧ヽ ', .',  i
               / ,' i ./‐-\\i i  |  ヅラー、迎えシャケ弁出してー
              、  i  i/ュャ  _\ ' ∧ アレないと眠れないわ
                   〉 ', .',.   i  ¨|' ,i i
                 / |  ', .i` __ ' / /i.∨
              〈 //〉 i , /\_ `,'. / i ヽ   いや、寝る直前に身体に悪いから>
            /ヾ=' 〈 ∧   |i ,' ., `,ノ
              〈  /><ヾ、 i   `∨i/', 〈 ヽ、
               i.i´、   ∨)〉`ヽ-´ヾ'   //
             / i  ヽ:::/ \\  />‐-、 i
           //i i、  Y'    ヾ',//   ヽヽ
            i i | i::'::/i....:::::::::::::::....i|' ....:::::::::::.i i
          ヽヽ .i:/ .∨::::i::::::::;::/:i、:::::、:::::;::;'/
           i ヽ/  :::∨:i:::::/:::イi i:i::::i:::/:/'
            `, i  ::::|`::i::::::´:/i ii:、::i:/:/i
              | ,':::/ゝ、::::ノ i.| |i .i::/i .i
             / '.:/:::-/  i'.| .|i i/ /.i i
                i .::/´/   i | |i / .ヽi
               /| :/:/     i i , .|i    i、
            、,' .〉'      i |.! .|.i    |、

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 何かとだらけたがる麦野を必死に着替えさせ、ベットルームに運んでいく
 酔っている時の麦野は普段以上に気まぐれだから、気分を害さないように誘導する必要がある
 高給取りな事は自覚しているが、これはこれで重労働と言える
5859 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 13:25:06 ID:BZMHoNHo0
多分このルートだとフレンダ死んでるか性奴隷やな
5860 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:25:44 ID:3uupgpXo0
     ,: -=ミ                    x===x
.     ≧=≦ -―====================‐}Y⌒YL _ _ _          斗-=ミ
.      Y大_大フ`¬彡' 厂 丁ア⌒^⌒^7  i}|   厂丁¬=ァ=: :弌ァx: . _ ≧==彳
      |  |   √^   /   Vノ    { {   :. /  ノ   /     }⌒f⌒^┬イ
      |  |  /   /    ∧          V       /      ,ハ, | ;  l |
      |  l  /    /   イ  :. .:/    |   |       /    x个:. ? /  { | うへへ
      |   /   /   / !  l∨.:/    |    |     .:′   .:':: i:|{ : Vハ   }::.j はーまづらぁ…
      | }/ /   /   | l ?:/   :.   ′  /     / i:l:l \: .V:丶:::V{
      | 〃 /  /     l   |  ?         //'   ∠_⌒^州 ‐-:、:::\:\}
      |厶∠_/      l  |   \.:.:..     v?/' /.::.:.:.:) {i:i:!    \__\{ ちょ、しがみ
      ├‐┬く      | !    \.:.:..  じイ /`⌒^¬=ニ抓‐-  _ /ァf^ハ 耳舐めるなちょっ
       |   |  l\     l _ニ=x-‐=ニ¨  `孑‐-= く         lVハ    7:::::/ :l
        |  |  |  しx=ニ¨'.:.:.:.:.:|i      /了ー=イ::ヽ    ,:   }i :.    ,/.:'::::::::::|
.      |  j | ?  /.:.:.:.:.:.:.|i:      /.:::{   |::::::; ,: ′  八 :.  |i .:{:::::::::|
.       | ! !  「¨ 7=ニ _.:.:.:|i:     .:′:::}    |::::ハ     ,/:::::Vハ,  |i .::'::::::::|
     |   ! j  |/::::::::::::::::二=x __' ノ.::j   |:::′}     ,〃:::::::? \L__}⌒V!
      |  |_{   //:::::::::::::::::::::::::? 7 / /:    |::′     /厶'⌒ーく_ -‐辷ニ=-’
.     ⌒ー^⌒\/^¨ニ=‐- _:::::::::::v { I .:}:    |:' /{ _ ァ.:{
                      ¨ニ=弍? ||   ′/ } _/-┘
                        ^ーt..L_   厶= ´
                                  ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 色々アクシデントを通過しつつも、麦野をベットに押しこむ事で浜面の仕事は終わる
 俺って、運転手だけじゃなかったっけか? とは思うがこれも仕事なのだ
 この部屋には奉仕プログラム搭載の最高級家政ロボットが数台存在する
 本来は彼ら彼女らが麦野の世話をするのだが、麦野はこうやって浜面にやらせる事を好き好んだ
5861 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:31:22 ID:3uupgpXo0
          .,ィ ,i  ,.ィ/ィイ_,.イ__
         i{l{./|/// >'   ≦- 、`
        .l.l!l{./ /            ー≧=‐
     _ \ー、!  /,' ´   __       ー‐≦=-_
     \ー-  i l       `ヽ、     _ `<´
    .__,>             \ ヽ、 ̄\ヾ=-
    /⌒ァ /        `ヽ、   .ヽ  ≧=- \__    
     /´ .,'   .,′l    、   \      \_\`   ふぅ……寝たか
    .!,イ  |  .l 、ヽ \.,/`ヽー'⌒.x. 、 \ < ー\_  明日の予定はオフで
     .|'.|l  l   {_V V、_\ー{、>'´ッ`V、}、 ≧=-\ ̄ 気分が乗ったらブティックで買い物、か
     }'/l八.  ⌒iTZミ__   .,.-‐'´:::Y从ト-ヽヽ_ヽ、 また1日で数万円飛ばすんだろうなぁ……
     ノ / } ,ヽi.、从ー,.ゞ'ノ}__;ノ`;::/.〉  'レソ、_\\ヽ、
       |∧ .}从ト' / / _, '´ノ.//冫 .|イ }.ト、≦=‐-~~ヘ
         ヽ|l }.}、/ ,ィ′.ノ_/ ././ / }.从メ'、` ̄ / / ̄
          `}人l / ,     /ノ .ノ.//. V、l|  l / ./`ー―ヽ
          リ_}_|       /.,//.l  ` .| ,'/ /`ー―
         />./        /     .リ ./ /`ー――
       ,ィー‐'′/ 、___._ <、  .l}  /,'./ /
        / l ._./    /ヽヽミ=ヽ /⌒ノ .,'/ /

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 リビングの隣の小さなラウンジバーで、浜面は本領産ウィスキーの水割りをちびちびやりながら
 今日の自分の働きをねぎらっていた
 あとは、一番端の控えの部屋、つまり浜面の部屋で寝るだけである
 気楽なものとはいえ、疲れは上質のアルコールでもなかなか飛ばなかった
5862 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:35:54 ID:3uupgpXo0
             __\      // .′        \} :::::::::::::::<  __
           ≧=-                     :::::::::::::::::::: /
              //    '    /|     | |:::!::::::::::::::::::}::::::::: ` <
           // ′/ { , /{ | {  | |: | |:::::|:::::: ,::::::::::::::::::::: ≧
            /'/ / /|  ∨|/≧ト∧  !仏斗 =!::::V::::::::::|::::::\/ ま、麦野には感謝してるさ
            ̄/      |〈 モノ ヽ \{  '´モノ ヾ | ::::::: |:::::::::: \ 気苦労は絶えないし疲れるけど
           /ィ∨ ∧  ! ` ≦´      ‐- 彡l/i ∧i :::「\ ̄ こんな良い生活させてもらってるんだから
               /Ⅳ {:\|      ! |:      ノ|ノ /:\:!― `
              }/\.」`      i | ゝ      ニイi:、:::::|
              / |:::::∧     ヽ          ′::八\!
                 ノ/:}::       __       / /i∧「\
              /〈/}/ イ丶  ´    `   /:/{ |::/:::::::::\__
            __/    :.\|/ i:\   ̄  / :|Vノ:::/ :::::::: ⌒>:.\
       _/ /::{      ヽ:\|  ` ==-‐ ´::/::::::/:}:::::::::::/:::::::::::`
      /:.:〈   \`    ∨{\`  ミ\:::::::/::::::/:::::/::::::/:::::::::::::::::::::::
     /:.:.:.:.:.:.\   `\   ∨\\ -|  }:::::|__ //: /:::/:::::::::::::::::::::::::::

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 リビングの片隅に広がっているチラシ、建売の邸宅の広報を見ながら浜面はつぶやく
 そろそろマンション卒業して大邸宅買おうっか、そんなノリで麦野が集めさせたチラシである
 確実に数十万はしそうな、浜面には想像しがたい値段であるが麦野は間違いなく本気だろう
 この辺のぶっ飛んだ金銭感覚には全くついていけない
 何が彼女を浪費に走らせるのだろうか
5863 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:39:11 ID:3uupgpXo0

                      , -=ニ二二ニ=-、
                      ,<二二二二二二二>、
                 /二二二二二二二二二二\
                /二二二二二二二二二二二ニニ\
                  |二二二二二二二二二二二二二ニ|
                  ∨二二二二二二二二二二二ニニニ|
                   \二二二二二二二二二二ニニ/           
                   / \二二二二二二二二二/',
                    /  /`<二二二二二二>''∨∧
                /  /   / /.      ∨∧ ∨∧
.               /  /   / /       ∨∧ ∨∧
               /  /   / /          ∨∧ ∨∧
                 /  /   / /.           ∨∧ ∨∧
              /  /   / /           ∨∧ ∨∧
                /  /   / /    / |        ∨∧ ∨∧
            /   /   / / /    / /|       ∨∧ ∨∧

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 そんな事を考えながらひとり酒をしていると、過去に別れた人の事をよく思い出す
 その日、思い出したのはフレンダだった。浜面とは違い、その他多数と一緒に取り残された哀れなハイエナ
 そこそこ知己があった為、何とかしてやりたかったができなかった
 彼女は気丈に振舞っていたが、その夜、浜面は眠れなかった。またしても、何も出来なかったから
5864 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:44:01 ID:3uupgpXo0
     ○
            _    r―- 、
        _/ (    人:_(`ーミ〉
  O   〃,  ゝ--彳  ゝく:::\
       Y l    -     ノ_ハ::::ヽ
        しゝ_/ ハ_rー::´::::::::::::::::::〉
        /:::ヽ!::::::::::::-r―=¨´
       /:::/ /::::::::::::::/
      /`Y´  /::::::::::::::/
      7人_!  |::::::::::::::::!
            /!二二二{
         / / / | l ヽ
         〈_/_{_|__ノ- '
           ':.:.|:.:.:|
        r‐ミ__V.:.:∧
        } Y--=.:.:.:./.:.:.
       乂ノ    ̄ヽ.:.:.:.
                 \:.:,  __
                    \:.Y::::/
                  ∨::/
                  `¨
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼女から最後の連絡があったのは、麦野と共に移動して半月後の事だった
 彼女以外の残存メンバーはことごとく死亡か離散し、このままでは殺されるだけだという事
 最後の手段として妹に頼ってみる、無事を祈ってくれ、とだけメールに書いてあった
 その後、何度かメールを送ってみたが、返信は一度も帰って来なかった
 フレンダとは、それっきりになった
5865 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 13:45:22 ID:e01di.RI0
フレンダは消息不明かぁ
5866 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:47:44 ID:3uupgpXo0



                           /       /
                          /       /
                        /       /
                      /      ./
                     /      ., '
                   /       i
                  /. / , '   ,_,  !
                 '.'/  '   ._'.....゙: !
                〈 / / /  ̄``ヾ
                 }, ' /-;ー/'ヽ、.,. '.!
        .           _' ,.<.}==="´ ノ|
                  !ー_-- _一;::´:::::l
                  l::〈::::Y゙::ヽ'::゙::::::::l
                  !::::ー:、::: ':::::::::::::j
                  ゙!=ー---一='"!
                  `ー-‐-‐-一''´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 そうだ、自分は自分からどうにかする道を捨てたのだ
 麦野の庇護を得て、彼女が望む仕事と役割を果たして生きることが出来る
 元々非力で非才な彼が、自ら動く気力と行動力を捨てればこんなものだろう
 一応、護身の為に訓練は怠ってない 銃の訓練も護衛などと理由を付けて行っている
 だが、ただ、それだけだ
5867 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 13:50:26 ID:e01di.RI0
確かに良い暮らしを出来てるけど、精神が腐って行きそうな生活だな
5868 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:52:20 ID:3uupgpXo0

              ,ィ "´ ゙', `',  ̄``ヽ、
           ,ィ"(((Yヽ`, j i1ノノノイ彡゙,
            ,イ>ゞヾ,ソ,ゞ-‐ー'゙'ー''``ヾ彡
          jミミy'"´           ゙ソ
          {ミミi::.:.:.            リ!
            |ミ|:::::.:.─ ‐- 、   ,,、-  ,リ
          jNi!::, .-===z、 (_,,、-==i!
          , ヘリ;;::::.,,、;;zェァン ,斤ェュ-.イハ
          〈 ハi!:::.:. ``  ̄´.:;.. "´   `|u!
            ゙,u1::::.:.   /.::;;;;       !'′ ヅラ、適材適所という言葉がある
           ゝj:::::.:.   ' ::;;:;;:ニノ     !   適性のある方を重点的に鍛えろ
           _コ::::::.:.     `"´    /ヽ_ 無茶をすれば全てが無駄になるぞ
           |^ヾ、:::::.:.   ''ニ二ニ   ,/V/.:.:.:.:`77
           | .:.::\:、  ´  ̄`  ,///::::::::.:.//
           ト、 .:.:.:;:\:.、,._ _ ノイ/,ハ::::::::.//
      _    |;;;:\  .:.:::..:.::.::;;;;;;:;:;;;:V.:.:.:\/ソL_
     ト、:.:ト、ー´;;;:;:;;:.ヽ .:.::::::::.:.:;;;:;;::;:;/.:.:::::::.:.ゝ::.`ヽ「圭三l
     /N1.:.:.::\;;;;;;;:;:;;;:.:.:.:.:.::::.:.:.::;;;:;;/.:.::::::::::.:.:.j〉:::.:!J;:゙;:;゙:;゙:ト、ィヘ
    , イ/.:.:|.:.::::::.:.:ヽ'"´``ヾ.:.::..::::.:.;:;:/;:;:;;::;:;;:;:;:;〈j:::::::::V!:;;゙:;:`;|.:.ト、 iL_
‐'"´.:.:l/.:.::::|.::::::::::::.:.:ヽ. .:.: .:. :``ヽyハ;:;;;;;;;:;:;;;:;:ノ:::::;:;;;;N::':;`:;';|.:::Nγ⌒ヽ
.:.:.:.:.:.::|.:.:::::::|.:::::::::::::::.:.:`、.:.:::::::::::::::/厂.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::;:;:;:;:;N|:;;゙:;:`;|.:::l |にニニ.〕
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 どんだけ鍛えても、傭兵次代に打ち止めになった戦闘技能は上昇しなかった
 ハンクの言うとおりだった。適材適所、そして浜面には戦士たる道筋は存在しない
 嘆息と共に、浜面は残っていたグラスの残りを喉に流し込んだ
 少し前ながらちびちび飲んでた高級酒。それをまるで安酒の様に流し込んだ
5869 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:56:34 ID:3uupgpXo0
               ,.  ´ ̄ ̄` 丶、
                 /          ヽ.
                / ,   、.  、  、    ',
            ,'  ,' /,、、  ヽ、 ', ヽ  i i
               i   ! // \ヽ、 ヽ. '、 i  i. ハ
           i   !〃`ヽ,  ''´_゙_ュ_i |  |. iヘ  はーまづらぁ
              ;i . ',.rf¬、   '゙( __ノィ  i !. ヽ 何やってるのよしみったれた顔してぇ
              /; |ト、.゙ `‐'         リ  i ; iハ ヽ.
            〃! i ! ハ    、     ,'  ,' / ! i.  ',
           〃 !i  !i i ゝ.  -=‐  ,'  // ! ! ハ  i
           { ,∧ ', i  ! 丶.   /'  /  | i/ !. iヽ
         ∨ ,∧ ヽ. } !  |  ̄ ,' ∧.  !〃 __! ,ハ ',
            ! { {,ゝ. _i ;./!    ! / ',  .マ´ ,`ヘ } !
         { 、i,..-/''´/,ノ!- ..._  _,ヘ.ヽ、人  ゙ー‐< ∨〈  ,
        、-ゝ{ |i. / '{. i       ,〉.∨  ̄/ハ ! ト、==''
           `ァi ヽ{{ ', \    ,. '´,. } ! 、 {. 〃 ,ハ  ゙ヽ
            !i/ `ハヽ \ \ '´. ''´ 〃  ヾ.ヽゝ、 ,' ,ハ . ハ
            y  /  ヽi __`x'´<   !、   ', ヘ  '   ∨リ. !
           / /     ',. '´i !`丶、 ` ー'  !/iヘ     ∨ リ
        /   !   /  ,.ゝ' 、   `ヽ.   , '.,' .ヘ    ∨
       ,'   ヽ,/  ,.ィ'´| !i ! !ヽ、  ヽ、/ノ }  ハ    ',
       .r'   , 'ハ,イ i! i ; !  | ! iヽ、  ヽ/ ,'  i ',     ヽ

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  もういっぱい飲もうか
 そう考えていたら、寝間着をズルズルと引き摺りながら麦野がラウンジに入ってきた
 トロンとした目つき、普段の不遜と不敵さが全くない目つき
 彼女はぺたぺたと足音を立てながら浜面に近づくと、腕を引いて寝室に戻り始めた
5870 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 13:59:04 ID:3uupgpXo0
     ,: -=ミ                    x===x
.     ≧=≦ -―====================‐}Y⌒YL _ _ _          斗-=ミ
.      Y大_大フ`¬彡' 厂 丁ア⌒^⌒^7  i}|   厂丁¬=ァ=: :弌ァx: . _ ≧==彳
      |  |   √^   /   Vノ    { {   :. /  ノ   /     }⌒f⌒^┬イ
      |  |  /   /    ∧          V       /      ,ハ, | ;  l |
      |  l  /    /   イ  :. .:/    |   |       /    x个:. ? /  { | 
      |   /   /   / !  l∨.:/    |    |     .:′   .:':: i:|{ : Vハ   }::.j はーまづらぁ…
      | }/ /   /   | l ?:/   :.   ′  /     / i:l:l \: .V:丶:::V{
      | 〃 /  /     l   |  ?         //'   ∠_⌒^州 ‐-:、:::\:\} む、麦野…
      |厶∠_/      l  |   \.:.:..     v?/' /.::.:.:.:) {i:i:!    \__\{ 
      ├‐┬く      | !    \.:.:..  じイ /`⌒^¬=ニ抓‐-  _ /ァf^ハ 
       |   |  l\     l _ニ=x-‐=ニ¨  `孑‐-= く         lVハ    7:::::/ :l
        |  |  |  しx=ニ¨'.:.:.:.:.:|i      /了ー=イ::ヽ    ,:   }i :.    ,/.:'::::::::::|
.      |  j | ?  /.:.:.:.:.:.:.|i:      /.:::{   |::::::; ,: ′  八 :.  |i .:{:::::::::|
.       | ! !  「¨ 7=ニ _.:.:.:|i:     .:′:::}    |::::ハ     ,/:::::Vハ,  |i .::'::::::::|
     |   ! j  |/::::::::::::::::二=x __' ノ.::j   |:::′}     ,〃:::::::? \L__}⌒V!
      |  |_{   //:::::::::::::::::::::::::? 7 / /:    |::′     /厶'⌒ーく_ -‐辷ニ=-’
.     ⌒ー^⌒\/^¨ニ=‐- _:::::::::::v { I .:}:    |:' /{ _ ァ.:{
                      ¨ニ=弍? ||   ′/ } _/-┘
                        ^ーt..L_   厶= ´
                                  ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 あっという間に寝室のベットに引きずり込まれた
 羽毛をふんだんに使用した布団の寝心地も、今は気にするどころではない
 彼女に抱きしめられたまま、抱きまくら状態で浜面は布団に引きこまれているのだ
5871 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 14:03:23 ID:3uupgpXo0
::/:::::/::::::::/ |:::::::',::::::::::゙、:::ヽ:::::::::ヽ
/::::::,'::::::::/ ヽ:::::::',::::::::::::i:::::::l::::::::::|
::::::::i:::::::/  |::\:::ヽ:::::::::l|::::::l::::::::::|
::::::::l:::::/   |::/ ヽ::ヽ::::::::l|:::::l:::::::::|
::::::::l:::/ ー‐トl、   \::::::::l:::::l:::::::::|
::::::::|/| ≧ュ、レ     \::::l::::':::::::::|  えへへ、浜面
:::::::::',| 弋 タ`    ´弋 歹|::/::::::::|  暖かい……
、:::::::::ヽ  ̄    ,    ̄ |:,'::::::::,'l  
::',:::::::::::i      l     l/:::::::/::l
:::l:::::::::::l        '     /:::::::/::::',
:/:::::::::::l    ー--    /:::::::/|:::::::ヽ
::::::::::::/l\        イ::::::/::|::::::::::i
::::::::::/:,': : : >   イ:/:::::::/:::::::::|::::::::::l
::::::::/:/: : :     |:::l::::::::/::::::::::::|:::::::::l
::::::/ \       |:::l::::::,'::::::::::::::|::::::::リ
:::::i   ー-     lヽヽ:::`:::::::::::::|::::::::\_
:::::`、   |      \ヽ::\::::::|:::::::::::ハ⌒ヽ
ヽ::::::ヽ  /ー- 、 , -- \\ヽ:::|::::::::::l
 ヽ:::::i /\        \',ヽ{.:.xくゝ\
  ゝ:|/  \       /\ゝ==ィ::〉 l
/=彡'\    l     ,   /  /`゙''ー、,_ |
       \  .l  `Y:  /  /     \
/      \  ヽ l   /  /       ヽ
         \ ヽ/  /        l
           \ /          l

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 彼女の豊満な胸を押し付けられるようにして、浜面は抱きしめられた
 まるで子供のような事を言いつつ、くすぐったそうな言葉を麦野はつぶやいていた
 ああ、でも、確かにこうしていると………凄く、落ち着いてくる
 彼女の、女のぬくもりは、冷たい現実を温めてくれる。これは、本当の事だった
5872 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 14:06:55 ID:3uupgpXo0
       /|二二二二二二二二二二三三三ニ=-  | \
       |二二二二二二二二二三三ニ=-    /  :ト、\|
.         人二二二二二二二ニ=-       /  .// ', :}\
.          \三三三三ニ=-  |     |   |/ -//´  |/ 
           /    ̄ ̄       l |    ',  l   斧苡 【   :|
.          /      {        l |    ',  | /^{ Vリ 乂__ |
         /        \      l |     ', レ″ 、、`     |ノ
.        /     l            l |      Ⅵ        从\
        八    |       |    l l        \       __ ノ  \\
.       \  |       |     :|          \     ´ r'    } }
           \/      /    / :|           \   |    ノノ
.            /      /    /  | |           ├=≦   (
.     ――‐       /__/  /| l\        |        \

___, _「「「「「「「|l_.l===|  |三三三"ヾ::::;ヾ,| ̄ ̄|l___l| ̄ ̄|_/ ロロロi;,"||  l========= :ル'ゝ_____
ロロロロ|yヤ¨ll「「「「「:::::::::,,|===|/|三三三三|::::::::::|##       ,,,   '''' lロロロロロロロ||,,,rセ三三三 #/;|###| 田|
`  ̄`⌒ ̄ ̄ ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄`' ̄"' ̄`'U'⌒ ̄ ̄|   ___,__,_  |` ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 =コ     =コ      ェ=         =コ      |  |  |;     "|  |  |   =コ =ェ  _, _, =コ-   =ェ
            =ェ         -           |#|." |#    |  ト= |           }二{}二{           =ェ
   =コ   _        =コ        ェ=    |  |  |  #  #|  |  |  =ェ     _}二{}二{  =コ-   =ェ
=ェ      }:A:{      -                  |  |." |;,  ,,,,#|  ト= |       = }二{}二{}二{          =ェ
        __}二{__  =ェ   _,   _         |#|." | ̄ ̄ ̄|  ト= |        _,}二{}二{}二{__, _      _,
、_,__、_}二{}三{,_,_k_}三{_}二{,,__,,__,,_,|_|/ ,,,,   \|_|_m__,__}二{}二{}二{}二{}二{__,___}:A:{
  }三{   .}二{}三{    ,,}三{  }二{         ,,,                  }二{}ニ}三{,,{}二{}ニ}三{,    }二{
  }三{                    ,,,                             }三{      }三{  '''

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 別れた人との事、眼と鼻の先にあって戻るに戻れない故郷
 そう言った浜面の葛藤を、麦野の体温はゆっくりと解きほぐしていく
 気がつけば、浜面は自分から麦野の身体を抱きしめ返していた
 くすぐったそうに麦野は鼻を鳴らすと、やがてスースーと寝息を立て始めた
5873 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 14:09:02 ID:3uupgpXo0
- _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ -_ - - _ - _ -_ - - _
ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二
三二三二三二三二二三二三二三二三二三二二三二三二三二三二三二二三二
            /  ̄ \
            ./ :/ ̄`ヽ)
           { 〈     ___
          > r  ´、     `
        /        \         \
           :/     : 、   \    ヽ
       ′    :/ :}    :、 :\   ヽ    ∧
       /  ′:イ  : :  |ハ _」ヽ    iハ  :ハ
    i  :′ :| :八  : : } | ィ :|  V  :| :∧   .:i
    |:/ : |   ┼{ー- 、 .: :|リ \j _,.、} :.:| :ハ:  :i
    }′ :|  : :| ___    : :|   ィ:升jぅ〉 .:|   :i  :|
     i    f爪::f;:ハ` \j   辷::ツ i 小、 : |  :|
     |    :| 乂zツ  .:    , , , , ハ} :.\:}  :|
     |   :Ⅵ , , ,   `      ー =イ :i |   :|  
     |   个ー    r ー  フ    ノ | | {   :|    浜面の探しているもの
     |  : i  込、     ー=イ   ./.: :| |:ハ    |   見つかるといいわね
     |  :∧   i >: . .      イ | :.| |:. |   :|
     |:ハ :∧ ハ:.:.   | `¨    |〉.:.| |:: |   :|
        ∨ハ  :|: :   i/|       /  :| |:: |   :|
        ,.-‐=ニニ|: :   |∧     ./  ./| |:.ノニニ=‐- 、
    .∠ニニニニニニニ|: :  | ハ __∧ /_:| |ニニニニニニアヽ
    V:マニニニニニニ|: :  |′ {ニニニ} .∨ニ:| |ニニニニニニニ/}
- _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ - _ -_ - - _ -_ - - _ - _ -_ - - _
ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二 ニ 二
三二三二三二三二二三二三二三二三二三二二三二三二三二三二三二二三二
5874 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/04/04(金) 14:12:00 ID:3uupgpXo0


                    _______
                    |i:¨ ̄ ,、    ̄¨.: i
                    |i: /ヘ:\     :i|  ごめん、ルサ
                    .|i:〈`_、/´_`>.、  :i|  俺は……やっぱり、弱い人間だった
                     |ii~~'、;'´`,'~,;~~~~:i|
                     |i`::;:':::::;::;:'::::::::::;.:i|
                     |i::::::;:':::::::::::::::::::::::i|
                   ─|`ー=====一 |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 麦野の温もりに縋るようにして、浜面も眠りへと落ちていく
 探すことを、求めることを、見上げる事を止めた浜面が何処に行くのか
 もう、何もなし得ることがないまま、終わるのか
 それは、誰にも解らない……

  終わり
5875 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 14:20:20 ID:WBFFC3d.0
あれだわ。この浜面色々考えてるけど実は幸せそうで腹立つわwwww
乙でしたー
5876 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 14:20:25 ID:e01di.RI0
乙~
5877 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 14:25:02 ID:Wst6yOPM0
会社員の何が不満なのか…
現実でも苦労しなければ幸福を得られないって訳でもないしな
5878 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 14:26:17 ID:sYU.Hgvw0
乙でした。でも、必要もないのに自分からわざわざ下に落ちて成り上がった(元に戻った)ところで
実力があることが証明されるんじゃなくて運が良かったことが証明されるだけだしなあ
辛い境遇だな
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/1787-188ade64