アイテム・スラッグは過去の栄光を取り戻す様です mission 17「故郷」その2

1826 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 09:13:53 ID:4DAZCMjM0
その頃の大遺構近くにあるキャラバンでは………


                                  , -‐ァ
                                 /  fア                  , ‐ァァ1
                                 _{、 V⌒ヽ- 、_           / / イ|
                                /´こスへ.   \ 丶 `> 、     / // //
                               /{/´⌒メヘ \丶 \ \  \-―/ /_/ , //
                              / |/´´,厶ハ  |  l  ヽ  l l  |\/ /   / f/
                             ,' /ハ / ___Vハ |\|ヽ   ヘ   l  l∨ / ,  /
                             | /{:| ムf´ , `ヽ斗ャヤ´}\ | l |  V // /l
                             _|ル八 〔」 -‐ _ |V  /ヘヘ}|l リ  ∨1xイ/     マスターの厨弐マスクもあり得無いけど、
                             r'7 レノイく.__ゝ' __,ノ〉》//イ./`}| /   }厶こ>、__   貴女の蓋マスクもあり得ないセンスですねー
                         (⌒⌒)  .,∨/ , l / l´`ゞこ彡イン     //  /i  /|_廴._ \
                          \/    /イ/{ {   i{ / \/´ ノ´ z==ム /    i、\
                            / i ハ ヽ!   .ィ            /  /  、\\
                              ヽi{ ヽ ヽ = '′   、     /  ィ   |丶 ヽ/
                              }、  \、      _  イ  ム/ハ   | ヽ:: ヽ
                                  |丶 ヽ.、    ` ....´     / !   |   \:\
    ___      ____∠⌒}              |: ヽi、 、\         / 、 i   |,       \
  く(     ` ー < /   イー-- 、          | .ヽ: : `` ` ‐ ...__  '´ {_7   /        \
     ̄ ` < __../   /―一   ヽ           |   \: ヽ  ヽ_}-‐;;´ ̄ ̄∨  /           \
          〈   〈r───ュ   ヽ        ヽ   ´ ̄` ヽ冬、`>  -   ,' ,)               ヽ
          ヽ   l  r──孑   ヽ、、      ヽ.'       ∫:..:.. `ヽ   /                 ヽ
              \l   l  孑´     `ヾゝ     ;'        ∫,:.:..:..:.: \ ム、                    ヽ
             l   l  イ         }:ト    i        ∫ヘ:..:..:..:../ヘ:\:                   ヘ




                  r==-ャ、
                  il;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,
                 i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t
                 f";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|リ
                 `レl;;;;;;;;;;;;;;;/,   おう、表に出なさい
                  " ゙'''Y;;;;;|    少なくともあのマスクと同列扱いされた怒りは味あわせてやります
                   _〆;;;;;;"'ヽ、
                  f''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r`),
     ka、 y-、       リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、|
     ゙y `'"/        (,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/il;;;;|
   /´〆 ネ         `};;;;;;;;;;;;;;;;;/ i;;::|
  &〆' `V`、      ,  j;;;;;;;;;;;;;;;;;从、i;;;;l,
        \`、    /li /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!、|;;;;li
         `ヽ   i}';;;;V';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
           `、  {;;;;;;;;ッ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|、



今日は20時から21時の間から始めますぞい
1827 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 09:20:51 ID:bnuFM4W60
主人の趣味に対してヒデエ物言いだなぁオイw
1830 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 20:15:50 ID:4DAZCMjM0
    |┃三   人      _________
    |┃   (_ )    /
    |┃ ≡ (__) <  そろそろ開始するか、点呼!
____.|ミ\__( ・∀・)  \   
    |┃=__    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡ )  人 \ ガラッ
1831 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:16:19 ID:7W5CVdTA0
ノ!
1832 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:16:56 ID:gOkYKS1U0
1833 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:19:04 ID:llL59cvo0
のし
1834 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:24:05 ID:MY6FTJJc0


このコスモス、本社のアイギスのようなAI設定じゃなかろうなw
1835 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 20:31:35 ID:4DAZCMjM0
        /ニYニヽ
   (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ
  (((i ) /::::⌒`´⌒::::\
 /∠_| ,-)___(-,|___
( ___、  |-┬-|    ,_  )
    |    `ー'´   /´ //
    |            /   ( i)))
                ヽ)

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 全壊までの粗筋
 
 学区外街の各所を回ったアイテム達、浜面は相変わらずな人々を見ることになる
 そしてやって来たのは征服王…退役中将イスカンダルだった
1836 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:32:52 ID:7W5CVdTA0
中… 将?
アバーッ!?
1837 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:34:13 ID:3A9ibBDA0
>退役中将
ちょっと何言ってるのか分からないですねぇ…(gkbr
1838 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:35:46 ID:9ZrnbiGw0
遅くなったけどノ 退役中将閣下でしたかwww
1839 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 20:36:02 ID:4DAZCMjM0
        ∠: : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:./:/:.:.:.:ノ: : : :ノ: :ノ: : } イ
        /: : :.:.:.:.:.:.:.___r---\:/ィ´  ̄ `ヾ:.:.:.: : : : : :/
      _/: :.:.:.:.:.:.:<´             `ヽ:.:. : : : :\
      \__: : : : : : /´     \_____/      ’: :ヽ: : : :ハ
      / : : : : : : /    _    `Y´  ____ / , , }: : :\: 「
      〉: : :/: : : | ぃヽヾ:.:.\   人 /:.:.:.厂     ∨: :.:.:.:.ン
      ∨:/: : : : |  -‐ \_:_}´  `ゞイ ⌒'     |: : :.:.:.:ト      { ̄ ̄`ヽハ
      /ィ:.: : /: :.| 冫 === :.:.:ヽ  / :.: === '、 |: : :「 ヽ    } ̄`
//       |ハ:..: : :l   -- / /:.:|  | }\`¨¨   |: : :|  }-==ミ
  ー=ァ   {  }: : :|      / ゝ.:|  | ′ \  ー‐┤ : | /
    `¨¨フハ ハ: :..}//      }:.:|  | {      _\: : :.j,_八
        ∧ }: /: /「 ̄`¨¨ ー┴__┴ ′`¨¨¨´, } }: : :|リ  : ./       それで、鹿角よ、用件とは………うむ
           ヽ}: : { 〈ーr <_「__|__,「__「_「_「「_}::/   }: : {. : . : ./       おお、浜面ではないか 大きくなったのぉ!
           }: : : }  \!_「「_「__|__,「__「_「_「「:ノ  /: :.:.{ : . :./      /  以前の鼻垂れより男らしくなったではないか!!
       \: . :.}:/: : \    __________    /: : :_:_;ン..:〈     . : | . : . :
          〈: . :./:..: : : : \_,_,_,_,ノ: : : : : ゝ.,_,_,.ィ: : : :_:_;ン . : . : ン   . : ..|. : . : . :
     : .   ∧: . :⌒ヽ:_:_:/: : : : : : /: : :|: {: : : : : : r=ミ |. : . : . ヽ . : . : . : .:|. : . : . :
    .: . :.  :.∨ |    'ーr―=ァ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r==ミ   |、: . : ./. : . : . : . : . :|. : . : . :
    . : . : .: . : rヘ |       \  ̄´ ̄` ̄`/      | ∨、/. : . : . : . : . :│ : . : .
. : . : . : . : . : . : .\         ヽ      /       ∠: . : . : . : . : . : |. : . : . :


                       ,イ   ,イ /,' /〃ノ, イノ!  _
                      ./ l,ィノ /´ /´  У‐'´ /// ._,
                 l、ト、 i ,イ           ー<‐</
                 .',ヽヽl//.:/             二ミ=-‐′
                  ⌒ヽ',  l /               `ーミx__ノ
                  V l                  ー-<
               _ / ,        、           \_\
               `ー/ / l l   i    \           、ヽ、
                  / ,'.l--.、_  ',  ヽ、  ヽ        ヽ_ ヽー
                  ノ,'.从l从ィハ .lヾ=、__>‐-、.、      、\ヽ、
                    iハ从l、lA-、Vハヽ}メ‐ .ト、i、\}、 、 、 、ヽ、.`ー
                  .リ | l}.ハ l} ``ト}、`ーrt、l-、\{`ハ l. ヽ l \ ̄
                   l |!., l.l.ー'  `  ゞ'_  `  .Vi .|!l、ハV ト`_
                  ツイ人!  ,          }l| l从メ、ヽ\  お、お久しぶりです御大将
                    メ´rハ. {         u ' リ ' メ`ー`、__
                 /,'  .,' .lヘ `ー~         从}、 ト、_
                ハl  i  l ,ヘ ヽー――ァ   /,' リ}イー`、
               ノ'{ ',  .l  | .l .\` ̄ ̄   イ  , /. |  /
              ./      ∧. | .| l  ≧ー<ヘ    / .,. ,.′,
           /      八 ∧lハ !  l .ヘ|\', ヘ  ,' ,′ ,' .イ..:::::
1840 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:36:43 ID:7W5CVdTA0
今は鼻水の変わりに子種汁をたらしてます
1841 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:40:14 ID:LSChjotU0
>>1840  ダレウマ
1842 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:41:10 ID:9ZrnbiGw0
>>1840 そのセンスに脱帽するわw
1843 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:42:17 ID:QsABOUzk0
ダー ノ
1844 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 20:42:59 ID:4DAZCMjM0
  \//>x __      ト、
ト-- 、 ⌒V////> 、  |人
` < ////////////\トミ/> 、
    ` ー─=ミ //////\}///∧
          \r‐ミ/>ヘ>=┴-ミr‐ァ─-ミ
   {>─‐=≦\_r─}し ´        ´   7  ヽ、
   ∨//////_,厶ア´     /     /r 、 く
     \//≧=- 、{ / /   / :/    /'ヘ   ヽ \
      >─=ミ/∨ /    { /   :イ ′| | ト  ヽ
      /⌒>//// ′.′ { 仄¨⌒刈 :′ | | | ヽ__j
.     /⌒>////, ′   :i守示ミト jト{ //^ソ l }ハ
    /⌒>///   i |  i| トnぅ    仏ヘ / ハ ,
   \/^゙く_,、_/| |  i| |       {h_jY^   } }
      { 、__,.  トミト廴__ト{       ヽ 7   // /
.    八     ,   |  |          ′  /⌒′
       丶 -=彡'   |  |        ‘’  人_/
        ` ‐--‐< |  | \     ,.ィ |        それでイスカンダル、せっかちな様ですが用件を言います
      _      |  |   ` ト  イ ||       お願いというのはこの子に装甲スーツの使用法を伝授して欲しいのです
    > ⌒>\r‐=≦ |  ト、   :|:     ||        仕事柄装甲スーツを手に入れたのですが、運用方法を網羅してるのは
   (     人   ヽ _|  |_ 〉  |:_   ||       軍か研究者、大規模な傭兵集団位しか居ませんからね
==ァう >──<⌒)ヘ八 ∨77V〉 ∧ 人 、
  `ーァ′   、   ア´ \ヘ V///∧ 〉ーヘ マ ヽ
 _ {       ヽ(      ヘ V////〉{    ヽ\}


                                    } ノ      ヽ
                        _、ー-- )ヽ      ( _ ,     ヽ
                       ァ''´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ)          `ヽ
                   __ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、           ,     \  ほっほぅ、なるほどなるほど
                    ム:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:/:.:.:ハ〈           i    ',  \ 小僧も一端に装甲スーツを手に入れたか
                    ア:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.:.:{ {:. i            |     }',   ヽ 重畳重畳、それにお前の頼みなら断れんのぅ
            __,. 、       ゝ:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.{ ヾ:.!               ゝ--ミ   }   i ましてや一角のスカヴェンジャーになったので
             ./   ヽ      iハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从! ミ:.',        ,.. <    ゞ   :, アレば尚更の事よ
         /     ら      }ハ/!Vi/レ  -< ,.ィ´  ̄  7ヽ  ヽ  /     〈
           i   i__ , ´        /,.ィ´  ̄ ̄ '' フ´    ',. /  }   V     /ノ
         ,′  }       ,.r≦´        ´      V  ,     } __,..ィ ´
          /  r' ,′  ,.ィ ´ ̄ `''    i             /    ,r'' /
       /    ',  /           !            V     /- ´
        ,  .:::  __}ィ   |         ',  /            r ''´
       ./  .::/{  i!   |         }  {            /
       i:.  /   ',  ヽ  ',           /  ',.        /   ,
      | /   >ヽ  ヾミハ       ./.   ',     /    .,
      | .′ ノ   \   ミ,       /     >- /       ,
      ',  {     .> ⌒ ヾ           / /      ,
        乂__ >-- ´      \         / /       ,′


┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 コネ、縁故とはまさしく偉大なり、である
1845 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:44:30 ID:7W5CVdTA0
さすがに制服(組)王が直接教えてくれるわけじゃないよな?
普通にここの教官かスーツ部隊のやつが教えてくれるんだよな・・・?
1846 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:44:41 ID:LSChjotU0
後、手に入れた思考戦車のAIも調べてくれませんかねぇ?
あの設定だと、人間側の士気に影響しそうで・・
1847 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:46:02 ID:9ZrnbiGw0
スーツアクターは誰だろうな……
まともな人だと いいね?
1848 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 20:47:44 ID:4DAZCMjM0
                               `マー `ヽヽ‐}、_
                            、__,.ィ´ 、-=ミ ノ }ノ/  `ノヽ
                            > ,.ィr―‐一 ー' ‐==ミ'  },ィ よろしい、運用マニュアルを伝授しよう
                           /  /マ    `ヽ,ィ   V ´/ ローゼンリッター(装甲スーツ部隊)のシェーンコップ班長に話を通しておく
              ,ィミ            /}  ,/ ,{  `、ーミ ,|  r一, }  .{ ,, 基本的な運用方法伝授に5日程、最後の研修に2日程かかるな
´ ̄ ヽ-―‐ 、..   /:|//,> .,             ノ .,イ ;′ ,伝`¨'Y`Y´ヒセ ,}  乂} それでよいか?
.  /        / ::|//≧ュ,_`ヽ_{`ー―匕 /{  {     { | i| }   }  /
./_,. -‐ 〈  }.  / :::::|//≧ュ,_  マ ム マ//ムノ ハ  フ ., -―‐乂__乂-=ミヾ r '_________________
/     ‘,__},イ :::::::::|//`¨¨> 、 i!  ! !/// !フ{し} { / 、______, } 〉{ }三三三三三三三三三三三三三三三三三
    /  ‘,/}:::::::::::::::|// ̄\//i|  | |/// | 人ノ 从,    ___   } {ノ//////////////////////////////////
ー一{´.    Ⅵ :::::::::::::|,{      }//!  ! !/// ! イ   乂   /i} i {   ノ八==================================
ー‐┴‐-.   ∨ :::::::::::|/\_/,ィ/|  | |/// | 个ィ /  ゝ-' ノ { 八_,.イ  、ミ==================================
         }::::::::::::::|`¨¨¨¨´//i!  ! !/// ! /`"ヒ≧ 、   _   メ メノ///////////////////////////////////
        /ヽ::::::::::|  ー一´///|  i!i!/// !,イ   `""""""´ `""""´ ∨///////////////////////////////////
_      ノ  ∨:::::| 二ニー/ ノ__,ノ>'' ´                , ゝ- ,_///////////////////////////////
  ` 、_/   ∨:i| _,.ィ//  {       ヽ    ‘,  ./   /      `ヾー<////////////////////////
     /_,. -‐―∨|  >'' ´人  ,人        \   ‘,  '   /         ) .}` ̄.,_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 / /´       `¨ ´      \,  \        \      '        /  ノ      ‐- .,_
./  ノ                   \  `  .,_ _____     , -------/  /             ‐- ,,
  /                        `  .,_   ‐- _    \  /   _,, ''´  /               ` 、
,,/                          ‐- _   ̄ ー --- 一 ´   , ''´                     ヽ
/                                ‐-  .,_____,. - ''                          ‘,

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 さて、全体で一週間かかる様子だ
 彼にお願いするかどうか……

 する、しない

 ↓5 多数決
1849 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:48:28 ID:LSChjotU0
する
後、フレンダも何か習えないかな?
1850 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:48:36 ID:gOkYKS1U0
する
1851 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:48:40 ID:7W5CVdTA0
する
1852 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:49:32 ID:9ZrnbiGw0
する 現役本職に習える素晴らしい機会は逃しちゃいけない
1853 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:50:05 ID:llL59cvo0
する
1854 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:51:01 ID:LSChjotU0
満場一致 素晴らしい
1855 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:51:05 ID:7W5CVdTA0
>>1849
旦那の実家で母親に気にいられる仕事と花嫁修業(ry
1856 : 名無しのやる夫だお [] 2014/06/09(月) 20:52:18 ID:LSChjotU0
>>1855
まさに嫁ンダw
1857 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:52:19 ID:gOkYKS1U0
フレンダの花嫁修業 鬼姑教育編だな
1858 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 20:55:54 ID:4DAZCMjM0
                         __  _
                        ,ゝ-:.:.`´:.:.:.:.` ̄`:ー.、__)!
                      , -,イ:.:.:.:-:.、,-ー`"ヽ'" ̄'‐、:.:.ヽ,
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.,イ          ゙ヽ:.:.!、
                  __,イ:/:.:.:., イフ" `ヽ 、,,,,、   ,,,,, i!ヽ:.}
                   フ,:.:.:.:/:.:.:.ム      `、''' 、 ,._,ゞ'"  ',:.:!  うむ、善き哉善き哉!
                   i!/:.:.:.:.:.:/:.:.:i     ,, == 、    ,, =、、!:{  ウェイバーよ、シェーンコップに話を通してくれ!!
                   ノ:.:.:/:.//:/}  〃 , -‐'" ,!, , ` 、 '、:}  浜面、教習はちと辛いかもしれんが頑張るのだぞ!!
                   ム:.:/:.:i!:.!:.:/:.{,       ` ー‐´  、 {:.i、
                   !:.,':.:.:i!_}:.:,:.:/'ー,〃, イ二二二二ニヽ .}:.}
                   ヽ:.:.:/,イ-,:.:.:/:.:.:/.' /‐イ : : : : : : : : : : ! .{:.}
                  、_ノ:.:.:.'、_l:.:.:.:.:.:{  i: : ,、イ二二二ゝ、ノ _ソ:.ゝ
                 く ̄`イ ̄ ム/:.:.,:.:'{__ ` ー------― " _ノ:.:ヽゝ ̄!、__
                ∠"      ム/:.:/:.:.ゝ-、,,、_,,_t―‐イ-イ:.:、_/"   く
                 く    __    `-,_,イ:.:.:.:./:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ゝ-'      iゝ
                  i-,, イ:.:.!_   ,    ̄ム-、,,、:.:.:./_,、,--'`       ,、i!-、
                 ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.`‐´ヽイ ,,      r:ゝ く:'-,、  ,、r、!ヽ、:.:.:.ヽ、__
                  /:.:.:.:.:.:., イ  ̄ ̄ ヽ-‐レ、 ,、 iゞ,.->_<、  レ'/.    _`i!、ー、:.ー―- 、
               /:.:.:r-、/r'`ヽ'`ヽ,-,.   ノ.レ'-ヾ´ヽr' ><ヾ ̄i!ヽ、__,、イ_`-`‐、三>.、:.:.:.:ヽ、
             , イ:.!:.:.:r'    , -ー―‐-ゝイ:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,Yヽ/:,i!:,:,:!,/:,`ー―--、ゝ_ノ三三三>、:.:.ヽ、

                   _   _
                ,  ´  ¨   ¨  、
.              /.            ヽ
.             /    _..          ヽ
             /    /    ,、    ヽ i   ヘ
.           /   /   , / ヽ   `i   i
           i/ / /i  //   ヾ 、  i  i  i  まぁーた、僕に丸投げですかぃ……全く
.           / / .i i _. /     ヾ 、 i. i!  i
           //l  i / _`_.、       , _'´`メ.i i i`  ij
          // l .// ,ャ㎜: ` 〝 "ィ㎜〟i、i i ヽij
          i ; l// i ゞUノ  .,   ¨U” βi i  l ii
.          ! i l//ヽi      ;      i/' i i  i i
         _ __ 」 .ij. -i'ヽ   _ _   /i` -i' /_
       , ´      i!  i ヾ 、 (、__ ___,,) / i   i /   ¨ ヽ
      / i     '  i  ´.> _ イ/ i   '     ∧
.     /  i        i  /ヾ、'、 i'"i.   i!          i i

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 講習を受ける事になりました!
 一週間程、こちらで滞在する事が確定しました……
1859 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 20:58:14 ID:4DAZCMjM0
                           /::::::::::::::::::::::/
                             /::::::::::::::::::::::/
                __    __.    /::::::::::::::::::::::/
                ,,r'´7´  `¨¨´≦,,_ . /::::::::::::::::::::::/
           Ⅳ {  ∠,, -― ヽ /::::::::::::::::::::::/
            ハ''"´`´  `マ、  人_:::::::::::::::::::/
.             V r_、 ,r,ィ伶 ヾ、r ミ〈、 ::::::::::::::/
.              '}'他{ i!,}`´ 、_{ {) )<、:::::::::::/
.             圦  ゝ'ー ミ 」 ゝ'  ´ ̄ ̄ `  .,
                 Y ―‐- `,} /            ` .,
                  〉ーΤ「ーイ/             ` 、
             ´"""""/′                     \
                    /:{            ノ       ヽ
                /:八  ' `ー     /
                  /、`ー,〉,  -―- 、      - 、
                    ///> 7 _  -‐- ミ 、/_,.    \     }
               \/{ /´  .i   {.  `}、´       `ー一 ''‘,
              r一{//{   i   ‘,   | `ー―      `ヽ  ゙,
                   }、__,イ´{   ,ノ.      }  ,. ´          '.,  ゙,
                  〉 _,iつ ', /        ノ /          ', ‘,
                  }‐--{_,,⊥,,      Y /              }  ‘,
                  >''´    `    .;′

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 んで、お土産の酒を職務中なのにグビグビやっている征服王に何か質問はあるかな?

 21:03まで内容を相談
1860 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 20:58:33 ID:7W5CVdTA0
あぁ、(事務所の)腐海魔窟が広がっていく…w
まあでも嫁ンダは爆発物以外にも戦闘系スキルとって欲しくもある
けどロボとも浜面とも被らないものとなると選択肢が…
1861 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:00:08 ID:7W5CVdTA0
公私共に相棒がいるのだけど、そいつにもなにか有効なスキル身につけられないか

世間を知って改めて認識したんだが… ここ自警団ってレベルじゃねーぞ!?どうなってんの!?
1862 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:01:09 ID:LSChjotU0
イスカンダルさん、腕っ節も、これと言った能力無い場合の戦い方って
何かアドバイス下さい
1863 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:02:44 ID:gOkYKS1U0
フレンダの軍隊式トレーニング(基礎教練)か
フレンダの銃器取り扱い訓練(中級~上級)とかどうだろう
1864 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:03:45 ID:llL59cvo0
「貧民街の自警団」のところに、パリッとした制服を着た、大本営元帥府付きの佐官クラスの軍人が来てたのはなんで?
ココになんぞヤバイことでも起きる可能性とかがある、ない?
1865 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:04:56 ID:4DAZCMjM0
 ちなみに、征服王の階級の推移  元帥→やらかし→二階級降級→自主退役→現在
 
 本人曰く「ワンクールの大将よりも一回の元帥だの、ガッハッハッ」だそうで
1866 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:03:57 ID:7W5CVdTA0
最近外街でなにか変わったことありましたか? 治安維持側の観点から
1867 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:05:29 ID:7W5CVdTA0
最近外街でなにか変わったことありましたか? 治安維持側の観点から

>>1865 パッネェ…
1868 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:06:02 ID:gOkYKS1U0
AIの専門家いませんか、手に入れた思考戦車の
AIが調子悪いようなので。
1869 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:06:24 ID:4DAZCMjM0
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 んで、お土産の酒を職務中なのにグビグビやっている征服王に何か質問はあるかな?

 ↓3~5まで
1870 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:06:25 ID:llL59cvo0
自分は変わったとも、強くなれたとも実感が全くないけれども、出て行く前となにか変りましたか?
1871 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:07:27 ID:9ZrnbiGw0
元・中将でもヤバイのに本当は元・元帥とかどういうことなの! どういうことなの!!
1872 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:07:33 ID:7W5CVdTA0
>>1861,1866
1873 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:07:59 ID:LSChjotU0
>>1868
1874 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:09:46 ID:llL59cvo0
・稽古を付けてくれることへの礼を述べる。
・現役のエリート軍を見かけたけど、なにか学区外街にヤバいことでも起きる可能性があるかどうか
1875 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:11:20 ID:gOkYKS1U0
装甲スーツの改造とかできる職人とか教えてもらえませんか。
今後の手入れも兼ねて
1876 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:17:52 ID:4DAZCMjM0
                _  r==ァ _,.ィ
               r'" てノし' / ̄   ̄≧.___
                _ ノヘ |,' ,/ / ,-=  ̄ ̄`ヾr'"_
            、_)`\ヘ.! /-ッ''"",≧_ー-- 、  /
               ,ゝミr--'"     _,/≦     \ ヽ
              ヾシ'  Y´/´_フ,二,  `ヽ>、_  {
             { __,.、_゙、 `´ィ _じ' ,   ヾ ゞ _`! ゝ
             ヽ`テrf゙  l !丶  ´    ミ、ゝ´ }ミ}
.               } ``!   {       -=ニ }  」Ⅳ
                ノ、 {-‐'^ゝ´   ,  、-'\ヽイ  {
                 '1:'{´`_-'.-― '´   1ヾ、ミ\ 「`
                '圦´ 、-ァ    _ッ'ー-」 'ヘ,Ⅳ!
                ´ラム  j !ヽー-=彡、ミr'´   V
                  ´ヾ辷'ノル、\`r=、「`  |  ゙,
                    -'、‐'V`ヽ!`` !     ′  ヽ

>公私共に相棒がいるのだけど、そいつにもなにか有効なスキル身につけられないか

征服王「おお、構わんぞ。爆発物処理班なり暇な連中に声をかけてみるがよい」


>世間を知って改めて認識したんだが… ここ自警団ってレベルじゃねーぞ!?どうなってんの!?

征服王「なんだか退役してからここらで暴れてたら元部下やら退役した連中が集まってきてのー
    まぁ、世界も広いものだ! こんな自警団が1つぐらいあってもよかろう(・ω<)」


>最近外街でなにか変わったことありましたか? 治安維持側の観点から

征服王「ここらでは野盗が減ったのぅ、少し張り切りすぎたか。大遺構の方は相変わらずのようだが」


>AIの専門家いませんか、手に入れた思考戦車のAIが調子悪いようなので。

征服王「ほぅ、思考戦車とな。技術者ならおるで、話しかけてみるがよい」

・稽古を付けてくれることへの礼を述べる。

征服王「ガッハッハ、構わん構わん、旨い酒も飲めた事じゃしの。後、鹿角の尻でも撫でれれば最高なんじゃが」

・現役のエリート軍を見かけたけど、なにか学区外街にヤバいことでも起きる可能性があるかどうか

征服王「んー、あれかぁ。気にする事はないぞぃ。人材マニアの金髪の孺子が現役復帰しろとか煩いだけじゃわい
    まぁ、今戻っても中央が煩わしくなるだけだからのぉ。無視じゃ無視」
1877 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:19:22 ID:7W5CVdTA0
やべぇwwぜってぇここ軍に目をつけられてらw
1878 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:21:15 ID:gOkYKS1U0
軍ならまだましだと思う。やんごとなきお方の
近衛が復帰要請かけそうなんだが。ww
1879 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:21:59 ID:9ZrnbiGw0
元部下やら退役者やらが集まってこの規模とか完全に要監視エリアじゃないですかやだーwww
1880 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:22:48 ID:4DAZCMjM0
>>1878 ああ、そりゃないわ やらかしの……ゲフンゲフン
1881 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:21:40 ID:LSChjotU0
絶対、近衛にも目を付けられてるだろw
1882 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:23:37 ID:7W5CVdTA0
一体なにやらかしたんだ!?
1883 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:24:07 ID:LSChjotU0
をい、やんごとなきお方相手に、なにやらかしたんだ!?w
1884 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:24:32 ID:gOkYKS1U0
おい おっさん 陛下にやらかしたのか ……
1885 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:26:47 ID:4DAZCMjM0
          \\    \              _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐
.              \\    \        _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
                 \\    \-‐'';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
               ヽヽ     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´             _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´             _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |               _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |     _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __`゛ー==- _,,_.
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_..
                    | |    |.        `   失礼しますぞ御大将
                    | |    |
                    | |    |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_.
                    | |    |.        `


                         _ _ __ _ r-、
                           {.r、\\`㍉、`\i\¨ミ、
                        /Ⅵi\\\  \ .\.Ⅵ `㍉
                       ,イ彡iiⅥム ヽ  ヽ  \ .\}\∧
                        }彡ニハⅦiム  \ \  .ヽ .∨ Ⅵ
                          {/,イ `¨¨∧ .i i        .∨i}i
                       Y//      .∨| | | |i i } l!Ⅵ}
                          {i i,ィzzzzミ、 .乂i}i 从乂八il } i乂、 御大将、お楽しみ中大変申し訳ないことではあるが
                      {`Y ,ィ==r=ァミ、___,Yrィ尨ラ.}i}从{i ノノ 各部責任者が既に参集しているのでお迎えに上がった
                      人 {(弋__`彡豸⌒}i}_`⌒".ノノ  }/}  楽しい会議のお時間ですな
                        `Y`ー====彳i⌒` ‐==‐'.,ィ  iノノ
                                  、_,ィ  . ,イ  /ミ、
                           人  `‐-= zzz-≠彡′/{㍉ ヽ_
                        /  .\  `ー‐‐‐    /ノiト、i} }i:i: Yヽ、
              ____,..-'/  /i} >‐-  --,..イ./ / ./ ./i:i:  i ` \
             /i}_____/  /./}   /ゝヘ    ./ ./ ./ i{i:i:  i}乂  `ーミ、____
           /乂⌒/  i/   /./i∨ j /}´⌒i}     ./ ./  ヽ___///i`㍉____   〉、
          / //  / , -'"   /./  i/__./i迄亥イ\  ./ ./        i}/ i:i:/  ヽ/⌒\
            / //_,..       /}   {ii: i/⌒㍉}彡' Уi:i:i:/       i}i:i:i:i:/   /    ∧
1886 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:28:11 ID:7W5CVdTA0
ぎょえぇぇぇ!? 戦争大好き少佐!?
愛称良さそうだけどw
1887 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:28:41 ID:LSChjotU0
スゲー濃い面子っすね、此処の自警団()w
1888 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:30:04 ID:4DAZCMjM0
                > ´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
            /      t⌒ト | | ト,       _,ィ
           /    `辷_ `ー ' | j }     ,イy彡辷Z=ー-く  おお、もうそんな時間であったか
         /     /  `ヽ ` 7<ノ   y{レ'⊿´ ヾミ=ー込_ では浜面よ、明日より教習に励むがよい
        へヽ.    イ     ` ーゝイ    Y〃ヾ⌒ ト、代㍉ヾハ 鹿角よ、いい加減余の秘書に「お断りします」
       / / ヾ}     |                |ゝ-一y ㍉ レ'.小リ
       /    ノ   ム - 、             { 〉⌒7   ミ小从从、_
       ハ   /    /   `ヽ、   ___    ル辷彡㍉ミ ハ从ハ                r──''㍉
     〈    弋___彡イ       V`ヾ    `ヽ___乂从乂ヘ  } |               _|::>''´__ ',
        `<       弋     |          \从 \ ヾ / 人           (_人_/ ,  ',
         `ゝ、    `ー===-从       }    ヾ、 __ヽV ム }ヽ    _      ヽヾ::Y´   ',
             ミヽ      ∧       ノ     `ー====彡 辷チ    `丶.   `ヽト--て ',
             \   /        ′              `ヾ   >ハ、     ト     〉
                ` <     \            侵略!         Y/   ̄`≧、  } il   {
                  `¨¨T㍉\\        イカ娘       |   /     V  リ
                     {     ヽ、                     | 〃      / V   .j
                            ミ=ー--              从ハ/    /   }   ハ
                         '                ミ辷_  ィ代l{ ゝ--く {   /  .ル



:i:.  ‘。                               f´≧s。、
:i:i:   廴_                          ,.斗‐{ト、\ヽ≧^廴
:i:i:   i: }                     ,*',斗'”¨゙寸、丶\ヽ 、 ヽ
:i:i:    }} ト、                   / /_____ __, Ⅵll|芸l|l|、丶 Y
:i:i:i./ .,イ}、i} %                      レ'r'¨¨¨¨¨゙Y⌒゙f´    ゙Y  }
:i:i:/_ノ:/:i} }:. %                  {i_{{      }'⌒゙廴____八 }    ハッハッハ、手ひどく振られましたなw
:i:i:¨:i:i:':i:iノノ:  %                  {l 込=-‐'”{:fi:fi:〉     レ^Y
:i:i:i:i:i:i:i:/,イ:}   \                 rN ^、___,ィェェェェェミ、__,イ〉 |ノ: }
:i:i:i:i:i:i:i゙’:i:/,' i:   廴__ _,斗=ミ_     { {:l:   \、____,彡' ′ }:j ,'
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:丶 {:       }゙{    /斗=ミ    Ⅵ::    `¨¨¨¨¨´    .:l ノ
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽト、  :i:   }:i}   /≧s。⌒>、   ゙ーi::.   `゙゙゙"""´  .:::::「
、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅦ、 :i:i:i /:/ , i /     /:7>'¨¨ヘ::::::::.....    ....,::::::::,イ=ミ
. \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:}:.i:i:i: レ',イ i| /     ,:':/ ,:'/ 込丶:::::::::::::::::::::::::,イノ {  >、
.  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅶ:i: //:i:i i:i/     /  ,.:' .i:/{ ̄ ̄ ̄ア^寸´ ̄  .:Ⅷ  \__
     \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:iVi:i:{:i:i:}:/    /  ,.:':  .i:/::} :i  ,イixixi゙寸   .:}l:::∨ 丶 N⌒ヽ、
      \:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:/:i/:/ / /      .:i:/:::/  } /{ixixixi/\: : :/:ム:::∨ ` \  ≧s。.
       \:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:/:/'’ /         :/:::/,斗'”  〔ニ0ニ〕,:'} \/: ::::}: :::Ⅵ :、  \    ≧s。.__ _
         \:i:i:i:Ⅶ':,イ /   ,ィ   .i:/::: :::{´ ':, ', /ixixixiム,:': : ::}:  }:|  ::∨ :i.   丶      } ム
1889 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:31:07 ID:llL59cvo0
警備ってのは、専守防衛が絶対やと思うんやが、戦争しかデキない人材を入れて、なんで回していけてるのか……(白目
1890 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:31:42 ID:7W5CVdTA0
>>1889
ハイキング()
1891 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:33:39 ID:4DAZCMjM0
           〃    , --圭 ニニニ7   ``ヽ
           ',   彡r''"´rQ〈        ',
            ',       〈髑カ    / ̄``1
          1,.ヘ、_,,.-‐ニ孑ニ…-‐'´',     l:!
            .{{ ,′            ',    リ
            }},:' ,,.-‐ ── ─===ュ、、,,,_,」
           _ノレ'´,, _ __ _ _,,,、ィイ爪k⊥
       /,ィイ〒≦(・)≠ミヽ:トトトヾ`=' ソ)ノリ `〉
      /∠尨斗',.:.:.:: ̄.:.:.:::リ^)ノリ.:. ̄.:.:.:. j|, イ
      ゝ-‐''¨`い;;',    .::;;l|        jレ′
           いヘ    .::;l|         爪;;;i
           ノノ;;ハ   .::;;カ、_,,_     ,/;;;;;;人
       _,,,,r==テll.:ヽ   _ .. ,,...._  /;;;;;;;;;;:;:;.ヽ、、
     ( く<.:.:.:.::;:;;;;;;;;;;:.ヽ   ''゙゙゙'''   /.:.:;:;:;:;:;;;:シ⌒1
     lN   ̄``「「`` ー-ゝ、   _,.イ;:;:;:;.: イ   ノl
   厂lN       | |       ``"""´       〃 ̄|
  ノ  lN    __| |_                 〃}  li
 ̄   |:::l  厂o  Q」              〃⊥ lト、
    ノ::::',   ̄孑‐'´            .:.::::〃ノノ  厂

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ではなー等と言い残し、イスカンダルとウェイバー、参謀が部屋から去っていく
 最後に残っていた長身の男が軽く会釈し、音もなく去っていった
 響が大きく安堵の溜息を吐いていた……正直、あの男は怖かった様だ
1892 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:33:43 ID:LSChjotU0
>>1889
ミュータントや狂った機械の襲撃も有るかもしれんし・・(遠い目
1893 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:34:15 ID:4DAZCMjM0
つ超積極的強襲自衛権
1894 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:34:49 ID:7W5CVdTA0
自… 衛?
1895 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:35:46 ID:LSChjotU0
意訳すれば、やられる前にやれ、さw
1896 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:36:38 ID:9ZrnbiGw0
最大の防御だぜ! なお暴挙の模様
1897 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:37:09 ID:4DAZCMjM0
脅威となりそうなものを可及的速やかに各個撃破殲滅すれば世の中泰平になると思わないかい? これぞ自警の究極だと思う()
1898 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:37:43 ID:MNb5PSQw0
やっぱこいつら、戦争しに行く面子だろ
1899 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:38:12 ID:7W5CVdTA0
それ最終的にその脅威が連合組んでぶっ潰されるってオチじゃ…w
1900 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:40:11 ID:LSChjotU0
>>1899
ここの自警団相手に生半可な烏合の衆じゃ、返り討ちだろJK w
1901 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:40:54 ID:4DAZCMjM0
            _                     _
         |∧                       /,|
          |/∧                    //,|
           |//∧                   /// |
           |///∧                /////|
           |////∧           ///////|
           |// ///|             |/////// |
         _`T////|               |///////|
         //7/////|   _r―‐-  __   |//// ̄二_
     __.二ニ=-ァ=-ヘ_/三三二=- 、ヽノ////7´///
     \/////{/,.'´:::::::::`ヽ-‐¬=≦ニ ヽ//¬∠ィ7
       ` ーァ'/::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::\ \ヽ77///
         У:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ∨=<´
          /::::::::::::/::::::::/^ ^ヽ::::::::::::::::::::::::::l┤:::∧
        /:::::::::::::/::::::::,′   V:::::::::::::::::::::::| `\:|
       /::::::::::::::::|::::::Ν      И:::::::::::::::::::|    \
       , ::::::::::::::::::|:::::_l |  _  -j┼::::::::r 、:::j_ _     ヽ  さて、用件は済みましたか?
      , ::::::|:::::::: =_= |   ≧=ミ :::::::::\\ヽヽ┐  ヘ
.     |::::::::|::::::::: ´疋fゥ,   ´ 匁フ ::|::::::|:::::〉 〉〉∨  | ̄
.     丁Τ::::::|::ム `¨ノ     ¨´/::l::::::l:::/  ,  」  ̄
      |  |:::l::::|::::ム         フ:::::/:/  ′/
         ̄レ'|::::|:::、::::l\ ‐-   イ:::_/:r'|   /
       「 ̄`И」/∨` `T ´ /フ:::::::| |  ヽ{ヽ_  -‐┐
       | = - |:::::::/:::`_>∧//ィ::::::/Ν   /.:|    ト、
.   ┌┘   /::::/:::::/ ∨ヘ/::::/:::::/::::/|/: : : :|   _||
     |    /::::/==|  ∨:::::::/::::::/ イ/: : : : : : j  ̄/:ヽ」
    |   /::/    ヘ  ヽ イ::::::/ 〈/: : : : : :/::|  |::::::::〉
    └ァ':/  >   _>'´/::::::/   |: : : : : /:::::|ニ┘:::イ
    /ィV /    ∠ ァ'::::::/    |: : : : /::::::::l::::::::/::|
.  /   |:/     /´ /:::::/      |: : : /:::::::::::|::: /:::::|

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 さて、そろそろ孤児院に戻ろうか……?

 戻る
 思考戦車の問題解決について技術者と話す
 爆発物について技術者と話す
 
 ↓5
1902 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:41:29 ID:gOkYKS1U0
両方話す
1903 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:41:40 ID:llL59cvo0
次の戦争の為に、次の次の戦争の為に、戦争の歓喜を無限に味わうのが目的っていう少佐なら、手頃な火種を残す方法を考えるのでは?
天才なノビタが栗まんじゅうをいつまででも食べ続ける方法を思いついたように……(目逸らし

安価は爆発物に付いて技術者と話す、で
1904 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:42:11 ID:7W5CVdTA0
爆発物について技術者と話す
かな明日からだと一日無駄にするし
1905 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:42:17 ID:LSChjotU0
両方話す
1906 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:42:23 ID:7W5CVdTA0
爆発物について技術者と話す
1907 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:48:01 ID:4DAZCMjM0
.                 `守ニ> `守ニニニニニ\     `守ニニニニニニニ℡、
.                   Ⅵニ > `守ニム`⌒`       `守ニニニニニニニ℡
                  /Ⅵニニ>                 Ⅵニニニニニニニ ',
.                  /  Ⅵニ7     ̄ `   、         ̄ ̄   `守ニニニl
                  i ./ _|Ⅵ'        ',`   、 `  、  / /        `守ニニ|
                  | | r _j '.{         1` t_テ` 、  `_/ /        _ jニニ7
                 i | | {_        |.   `> `  }  ー 、     `守ニ7
                 l |└ j          |.  /     / />ニニ=- 、  ムニレ_ _____
                !.   l           |/      / /ニニ>t_テ、ニ\  7ニニ=―<_
       >-        _ 入_ j /                / /ニ=-   `ー`   '’     _<_
..    /三三三三三三三 7 /              _ / ′         .'ニニニニ< _
.    /三三7'´       ̄`7./ _____,        ` /}          , ニニ=― ̄
   |三三 {          / レイi:i:テ'’ ̄   _     /          / . `
   |:.三三'.         /   'i:i:i:7    ー<    、_/             `   ほぅ……卿らが話に出ていた者達か
   |:∧ 三 '.    _/    Ⅶ'       {`  、` 、       /   ′
   |ニ∧ 三 '._/ . /  .|   ',{          \  `  _j>  }',   _/
   |:ニ∧ 三 '. ',  '.  .|   ∧         >    _j:iⅣ/
   | ニ∧ 三 '. ',  '. |   ∧             jⅣ7 - 、
   |:ニニ∧ 三 '. ',  '.,|     、            ./>'’\三- 、
   | ニニ∧ 三 '. ',  '.      \       //    \三- 、
   lニニニニ 、三' . ',  '.    i!    >  _/ /       \三- 、
..  ∧ニニニニ \三' .   '.   |            /            '. 三 ' .
   .∧ニニニニニ\三:.   '.        /    / {_           '.三三'.
   ニ 、....ニニニニ| 三|  '.    /    / /|            }三三:}
   ニニ:\ニニニニ| 三|   '.     i.    / /  .!        /三三/

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 爆発物に関する技術者に会ってみました……フレンダが帰りたいといっています
1908 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:48:21 ID:7W5CVdTA0
だれだっけこれ…
1909 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:48:35 ID:kcbhp4Zw0
茶器と自爆が趣味の弾正じゃないか!?
1910 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:49:24 ID:ye8V5aUQ0
ボンバーマン?
1911 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:50:10 ID:7W5CVdTA0
ボンバーマンかよこいつ!w
たしかにそいつなら爆発物の扱いに長けてるだろうけどww
1912 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:50:16 ID:LSChjotU0
爆弾正か
1913 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:50:49 ID:9ZrnbiGw0
平蜘蛛型の装甲スーツとか持ってそうですねwww
1914 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:52:58 ID:4DAZCMjM0
                    ',ニニ№、
.            __   ',ニニニ:',
          _←ニニニ№、けニニニ!
        _←ニニニニニニニ ノ`弍ニ7
.      f’ニニニニ_>'’彡´ニ',  `¨    こちらの女子が?
       Ⅵ7´ ̄'7'’}_,ィ<ニニニ!       ククク、なるほど佳き火薬と血の臭いが香る
.      j {__   `守´ Yニニ「       良いだろう、こちらに来なさい
      `! 弍      、_jニニ7
.         |      .、  「`守7==- 、
.        ー┐_ ノ }い /   ∨: : : /
           `;  . }>'’   _/ ̄ |     >/|
       |\___ー='ヘ   ./     .入__ >'’ /: : :!
      /ニニ!:.:.:.:.:j  /       /  / : : : : !
.     /ニニ:j| /./           ./イ===ミ、: |
    /ニニニ|/ /'’         //  .| ̄| Ⅵ
     |ニニニ | /          //   |  |  |:|
     |ニニニ |||            //.|    j_j_j]!


___
: : : : : : : :--. .
: : : : : : : : : : : : \
: : : : : : : : : : : : : :∧
: : : : : : : : : :_:_:_:/: :∧
: : : : : : : : : : : : : : /:/
: : : : : : : : : : : : : : :/
― 、― 、:_:_:_:_彡ヘ
   ∨ ∧ ',    ',
   ∨ ∧ ',    ',
  -‐ \∧ ',    ',
 ´ __   \  ', ',  ,
  〃 ̄`ヽ '.  i i
  {  O   }〉i i i   '.   アバババ、お断りしたいんですけどぉぉぉ引っ張らないでぇぇぇぇ
    __ ノ | i l   '.
      iil|ii| ∧i| |     '.
    U  /ノ∧ |     ',
--、ノ   ∧∨ '.i     ',
 / ,-/ヽ⌒ , ∨ ∧      ',
-' {/-、 \ ', ∨ ∧,  / , ∧
._ノ-- _\   }\/__/__/_// ∧
{i 、__     ノ   \::::::::::::\/ /\
∧ { ノ   ∧    \:::::::::::::∨ , \

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 数時間後、げっそりとしたフレンダが戻ってきました……浜面が教習を受ける期間内
 彼女も彼に技術の教習を受けるようです……そろそろ夕暮れなので孤児院に戻ります
1915 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:53:43 ID:7W5CVdTA0
ドナドナ~♪
1916 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:55:47 ID:gOkYKS1U0
フレンダが爆弾娘になるのか。
1917 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:56:51 ID:9ZrnbiGw0
爆弾嬢か 新しい 惹かれるな
1918 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 21:57:35 ID:4DAZCMjM0
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 さて、孤児院に戻った一行を出迎えたのは落書きだらけの装甲車
 そして……

 トーリ
 斬島
 ルサルカ

 ↓3
1919 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:58:09 ID:LSChjotU0
そういや、フレンダがボマーだったのは最初だけだったなぁ?
最近、影薄かったしw
1920 : 名無しのやる夫だお [] 2014/06/09(月) 21:58:23 ID:LSChjotU0
ルサルカ
1921 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 21:59:04 ID:llL59cvo0
斬島
1922 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:01:38 ID:4DAZCMjM0
>>1919
防衛戦や伏撃がなくて、打撃戦力が人形&ロボットに移ってしまったからねぇ(震え声
1923 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:02:46 ID:J8qVFYac0
にしても、底辺とはいったいなんだったのか
1924 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:06:07 ID:4DAZCMjM0
           ト、            「ヾ ̄|
           | }  -── - 、 |::::}:::::| ____
            _}V// ⌒ ̄ ¨¨> 、\j:::: !      `ヽ
.        ィ二У´            \\:廴___   \
      / { { / /            \\二二≧xマ=ュ_丶
       {. V/{          \   \\  }:::八ヾ、 \\
.   / { { ./ 、    丶  \  \   `⌒ニ=-j:/:}ノ  \ハ .
  /ヾ }/   l丶   \  \  \     ∨ト=Z   ムノ
.  ′ ∨    .:|、 \.   \  \  ゚。     マ乂         l
  |\ .' __  | \\\   ヽ   ヽ  ∨     l`マ≧z_     |
  | \|     ` !   \\\  \  ゚。 ∨   八  ⌒}\    |
  | \|      ∨\ \\\  \ 。 V  { ∨  匕ツ    !
  | ヽj|     丶∨ \ \ヾ \  \ 。ム 人 ∨   .ハ j/} |  漸く戻りましたか浜面
.(⌒V/}. 芹宍弍x .Ⅵ   \  芹宍弍、 `ミ   ,j}\∨ トV } / リ  久方ぶりですね
,_マ ム{ 弋辷ノツ`        弋辷ノツ   У\ |  ∨ }/  //
:: ::\_゚,                  /   ./ ア. Ⅵ   マノ
:: :: :: :ハ        '       ノイ  / / ノ(
_::_:;∧ _             -=彡 /}/ ::乂 __
:: ::/ニ/:: /ニ/  ̄三二二ニニ=─ _-=彡´ :: :: :: :: ::> :: }
:: /ニ{:: .'ニ/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::  ̄¨二ニ=一 ´:: :: :/
:: {二i|:: |ニ| :: :: :: :: :: ::  ̄ ` :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: 人
:: |二l|:: |ニ| :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: \ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/:: ::.\


                       ,イ   ,イ /,' /〃ノ, イノ!  _
                      ./ l,ィノ /´ /´  У‐'´ /// ._,
                 l、ト、 i ,イ           ー<‐</
                 .',ヽヽl//.:/             二ミ=-‐′
                  ⌒ヽ',  l /               `ーミx__ノ
                  V l                  ー-<
               _ / ,        、           \_\
               `ー/ / l l   i    \           、ヽ、  お、おぅ斬島、久しぶりだな
                  / ,'.l--.、_  ',  ヽ、  ヽ        ヽ_ ヽー
                  ノ,'.从l从ィハ .lヾ=、__>‐-、.、      、\ヽ、
                    iハ从l、lA-、Vハヽ}メ‐ .ト、i、\}、 、 、 、ヽ、.`ー
                  .リ | l}.ハ l} ``ト}、`ーrt、l-、\{`ハ l. ヽ l \ ̄
                   l |!., l.l.ー'  `  ゞ'_  `  .Vi .|!l、ハV ト`_
                  ツイ人!  ,          }l| l从メ、ヽ\
                    メ´rハ. {         u ' リ ' メ`ー`、__
                 /,'  .,' .lヘ `ー~         从}、 ト、_
                ハl  i  l ,ヘ ヽー――ァ   /,' リ}イー`、
               ノ'{ ',  .l  | .l .\` ̄ ̄   イ  , /. |  /
              ./      ∧. | .| l  ≧ー<ヘ    / .,. ,.′,
           /      八 ∧lハ !  l .ヘ|\', ヘ  ,' ,′ ,' .イ..:::::
                   \. \.\ 
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 浜面がそう返事すると、腰掛けていた装甲車から斬島は降り立つ
 背後に広がる『俺はこの紅い扉を選ぶぜ!』の落書きが目に入った
 わざわざハッチ部分を赤く塗っている辺り凝り性を感じる。後でガキどもを〆ようと思った
1925 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:06:32 ID:LSChjotU0
まぁ、フレンダはこれからワイヤートラップでの足止めや
エロガスでの奇襲とかの活躍は有ると思うよw
1926 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:08:53 ID:7W5CVdTA0
ガメツさも役に立ってるしな
1927 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:09:46 ID:4DAZCMjM0
              /-‐===‐ミヽ\\   |  |   \
                / >‐=ニZ^     \  |  |    マニ、
            //   <          丶l   ∧     ∨ 〉   _
              ∥/   / -‐   ̄ ̄`ヽll    }      '/ /∧
             |l/   ,∠   _,..二二ヽ   |l 八 }     |//: : 〉
               《   /^Z  ⌒'く 乂):ツ^   | /二∧ //  l<二二 _
            |レく 乙    `=‐-    /弋rテl //   厂`丶:_ : : 〉  それで、少しは強くなったのですか
            |/⌒ヽ彡           / `¬ー|'/ //∧    \`′  貴方は独力で強くなるといい、この街を去った
              { 入}                 ′jイ   / {     \   大言を吐いた以上……それを示せるのでしょうね?
     厂三二ニニ乂 (∧,  -‐=ニ7¨¨~ ̄ ̄ ̄`` </|// 八  「 ̄ ̄`ヽ
      /       _≫イ::::::://::::::/              く}川/  \|
    三ニ=- 、 ⌒´    l:::::://::::::/                  \{    )|
     `'マ三ニ\     /:::://::::::/                \/   |
      マニニニ\  }:::://::::::/                //フ′           _
       lニニニニ∨:://::::::/                  /⌒ヽ    -‐-         /⌒ヽ
       |ニニニニニ://::::::/              _  -‐一'^  __{/     >‐-‐ ´    }
       |ニニニニニマ「:::「 ̄ ¨二ニ=‐-=ニ¨ ̄    / //   {                 /
       |ニニニニニニ=<            _  イ 〃/    丶              /
       、ニニニニニニニニ=‐-----‐=¬ニ〔   |///          >-‐  ¨フ ̄ 入
       丶ニニ=-‐   ´              \ `ヽ  ///}     `ヽ=イ    /   /  }


          ,イ ////Z,ィイ__
        ト| V-‐< ̄    <
       >'  、   \  \  `ー‐ァ',
       〃 i  、 ヽ     ヽ\ `<_
     彳/トx<「ヽ           i\ 「ヽ
      i| レ'{厂ヽ.!  ヽ-、    |\「ヽ   そ、それは………
       ソ  ー'  |  Nヽ>  | ,.リ _ヽ-'
       ゞ   u j人トソ厂\ | ト、ト、\
       〈ー-- 、  r爪  、ヽ! \>
       〉 ̄`ー' _,.イ!乂从ゝ>――`ー┐
       `ー--- 、 !∠三二二 ̄`` ‐- ̄ヽ
   r―r‐r(ヽ     冫/:.//:.:.:`ヽ``  、:.:.:.:.:.:
  / ̄l V |(^ヽ   //:.://:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.`ヽ:.:.
  |:::::!|   と_ !   | | //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  |:::::||   {ヽ!   | |:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |:::::!|    ノ ノ  //:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ヽ::∧  〈  ヽ { {:.//:.:.:.:.:.:.:.:|//:.:.:.:.:.:.:.:
  イ{:::∧_ヽ  \〉//:.:.:.:.:.:.:.:/
/{:::ヽヽ∧  `Y´//
1928 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:10:46 ID:llL59cvo0
鹿角んセンセイに育てられてるのに、卒業生の車にラクガキするって、どういうことなんや?(困惑
重要な「せっかくだから」が抜けてるから、凝り性とは言えんのちゃうやろか?(真剣
1929 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:11:28 ID:kcbhp4Zw0
力というのは個人の武力だけじゃないだよw
1930 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:12:16 ID:gOkYKS1U0
よし、狙撃だ
1931 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:13:16 ID:J8qVFYac0
警備ロボ拾ったりしたのは「独力」じゃなくて「運が良かった」ってやつだしな
運を実力に含めてもいいのなら元々こことのコネで得た力のおかげなのでやはり独力ではない
1932 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:13:16 ID:4DAZCMjM0
                                        __
                       ‐━━━‐       「ニニニ|    _
                    ´ / /⌒ ̄    `    .|二「|ニ|/ /二|⌒\
                    /   ,/ /   _  イ⌒\   \|二{ !ニ!/ニニ二|   \
                    〃    ′   /   ハ    \  :、=} }/二二> ´ ⌒\ \
               / / / {  / / 〃   ‘, \. \ ハ{{/ニ>´  ̄ ̄ \ \ :!
                   ′ {  {  {  {  //     }  i ヽ  ‘. ∨¨⌒\ < ̄⌒\\}/
               | 八 {  {  { 爪       i|  |  V ハ И⌒\ニ}  \   \ヾ
                |ミ_ /~`~~` ~~ ~~{     l|  |      i| l|二二}/ \  \丶 _>
                |ミ_{{          {     l|  |      l| l| ̄¨V 、   、 ‘,\
               Ⅵ、{  ─ - _   }   !  从     :|   l| lj=7、  \  \ ハ、 ゚。
               八/{       \ |   |   | \   |  、 从/、 ∨   ‘,  ヽ | \|
                 {⌒ハ } `ー  _ | i|:! :|   l_ ,\ ノ  \从ハ V   :}\  |
                  _、    乂_ん炒フ V |.:l|  乂炒ソ \  / \! ) }‘.  l|  ヽ !
            /: :/\ .    ̄   ∨\  {     从 .' \ ` 八 . j |  }ノ
              〈:.:.:.:《l///八          , \{    .′}/>: :}     ∨八  {  まぁ、身体で確かめれば問題ありませんか
            \: :.\///l\             ハ/: : :.:ノ        \{  少し、組手と参りませんか?
             〉: : : `≧= _\ ______, イ⌒ : : ::/
            /: : : : : :}ニニ}: :}ニニ} : : : : : : :/ : : : : : : : ノ⌒\_
.            〈: : : : : : : :}ニニ}: :}ニニ} : : : : : : : : : : : : : : : / : : :.} :  ̄ \
           八: : : l : : :.}ニニ}: :}ニニ} : : : : : : : : : : : : :./: : : : 八:_:_: :.:ハ、
         /: : \.:乂: : }ニニ}: :}ニニ} : : : : : : : : : : :/ : : : :./.: : : : : :_}_\
.         《 : : : : : : : : :\}ニニ}: :}ニニ}≠──‐=≦ : : : : :/: : : イ  ̄: : : : :⌒\
        イ\: : : : : : : : : :`≧=- _ニ} : : : : _:_:_:_:_ :_:イ: : :/ニニニ\ : : : : : : : ‘,
      /ニニニ> _ : : /  ̄ ̄⌒\=}_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:__彡´ニニニニニニ_\ : : : : : : :'.
     /⌒\ニニニニ> : : :\: : : : :ハ : : :|: : : : : ‘,_ニニニニニニニニニニニニハ : : : : : ∧

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 そう言うと、彼女は浜面を組手へと誘ってきた……
 
 受ける/受けない

 ↓5
1933 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:13:53 ID:kcbhp4Zw0
受けない。なぜならその方面は全く進化していないし、しないって言われてたよね
1934 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:13:54 ID:J8qVFYac0
受けない
実力ってケンカの強さだけじゃないだろ
1935 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:14:00 ID:7W5CVdTA0
受けない いけキャット!
1936 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:14:07 ID:llL59cvo0
受ける、てか受けないって選択肢、この娘、採らせてくれないと思う……
1937 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:14:38 ID:gOkYKS1U0
受けない 狙撃とキャット行って来い
1941 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:16:31 ID:kcbhp4Zw0
ハゲにはいい加減現実と向き合わないとな。青春ドラマいつまでもしてんじゃねえよw
1942 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:18:10 ID:4DAZCMjM0
                               /⌒V
                     __「//>、 ///}/}
                  _∠´     |//{ }V/  ̄⌒>=一' フ
               厂\⌒ ̄¨ 、 V辷彡{ 、      <
                   /{{::.        \ //ハ:::.         \
               /_}Ⅵ::.          {//∧:::.  ::.     .::::\
                 /V   V:::.     /:/   }/〈 .:∨:::. ::::::.   .::::::厂⌒ ………ほぅ、受けれないと?
             i _{   ∨ハ .::l /j/人.  Vハ \::::::::::::::. 、::::八   確かに、その判断は適切ですね
                 '.{  \ }/ { .:从ノ,.ィ{∨l/ ⌒) / \::::::::::}::\:::_> ですが、一応理由は聞いておきましょう
                '.  }\  }/ィん沙 ∨j{/V/    ヽ:::/\ _>  なぜ、断ったのか?
                 Vソ , __ ィ ¨ ̄ ̄ ̄ ̄)  }/       勝てないから、等と情けない理由はやめてくださいね
                '.   /\二ヽ : : : : : : : : :./\
                   _)/ : :\ \ニ}ィ  ̄⌒ヽ ム: : )
               〈 : : : : : : :} }/ ./⌒ ヽ V: : 〈
                   \_彡/   {FUCK } }⌒V:\
               /廴/    乂OFFノ |二_∨: :\
              /∠/   /    ̄  .ノ二ニハ、 : : :> - 、
             / / { /{    (    ィ ´二二二l∧\ : : : : : :.\
               / .:{ /!厂/⌒   /L/}_(二二二二ハ ` <: : : : :\
           / .:/  (     /、  \二二二二二ニ\   )\ : : : \
             //        /ィニハ   ヽニ、二二二二二\ / : : :\: : : ハ
.            /         //}///}l∧    ヾ\\二二二二ハ : : : : : ヽ : : }
            {       ///∠L//! /{    }ニ\〉二二二二l〉: : : : : : :) :/
         ∧     /}l// .' //八/l|     |::::\\`マニニィニニニニニニ∨
         /l/\ __彡{ノ/(/l| | ///{/|、    .'::::::::::\\ヽ/ニニニニニニ=V
          | {\_彡´: :|\)_ノ | } //{/|::\_ノ_::::::::ノ⌒V : : : : : : : : :./

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 斬島に対して組手を断った理由を考えましょう
 22:21まで相談
1943 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:18:36 ID:7W5CVdTA0
大事な(ry
ハゲ連呼すんなよ!(´;ω;`)ブワッ
1944 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:19:51 ID:7W5CVdTA0
組み手では自分のそろえた戦力が生かせないから?
個人戦闘より集団戦闘に重きを置いているんだよ!
1945 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:20:04 ID:J8qVFYac0
「勝てないから。そして、勝てないから戦いを避けることを情けないと思っていないから」とか
1946 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:20:45 ID:gOkYKS1U0
装甲スーツ見せて、こいつの修練と仲間と戻って来んだ。
ロボとフレンダ見つつ。
1947 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:21:30 ID:llL59cvo0
カネにならないコトはしたくない。
ここの子どもたちに剣呑な世界を見せるのは避けたい。
1948 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:22:12 ID:4DAZCMjM0
                               /⌒V
                     __「//>、 ///}/}
                  _∠´     |//{ }V/  ̄⌒>=一' フ
               厂\⌒ ̄¨ 、 V辷彡{ 、      <
                   /{{::.        \ //ハ:::.         \
               /_}Ⅵ::.          {//∧:::.  ::.     .::::\
                 /V   V:::.     /:/   }/〈 .:∨:::. ::::::.   .::::::厂⌒ ………ほぅ、受けれないと?
             i _{   ∨ハ .::l /j/人.  Vハ \::::::::::::::. 、::::八   確かに、その判断は適切ですね
                 '.{  \ }/ { .:从ノ,.ィ{∨l/ ⌒) / \::::::::::}::\:::_> ですが、一応理由は聞いておきましょう
                '.  }\  }/ィん沙 ∨j{/V/    ヽ:::/\ _>  なぜ、断ったのか?
                 Vソ , __ ィ ¨ ̄ ̄ ̄ ̄)  }/       勝てないから、等と情けない理由はやめてくださいね
                '.   /\二ヽ : : : : : : : : :./\
                   _)/ : :\ \ニ}ィ  ̄⌒ヽ ム: : )
               〈 : : : : : : :} }/ ./⌒ ヽ V: : 〈
                   \_彡/   {FUCK } }⌒V:\
               /廴/    乂OFFノ |二_∨: :\
              /∠/   /    ̄  .ノ二ニハ、 : : :> - 、
             / / { /{    (    ィ ´二二二l∧\ : : : : : :.\
               / .:{ /!厂/⌒   /L/}_(二二二二ハ ` <: : : : :\
           / .:/  (     /、  \二二二二二ニ\   )\ : : : \
             //        /ィニハ   ヽニ、二二二二二\ / : : :\: : : ハ
.            /         //}///}l∧    ヾ\\二二二二ハ : : : : : ヽ : : }
            {       ///∠L//! /{    }ニ\〉二二二二l〉: : : : : : :) :/
         ∧     /}l// .' //八/l|     |::::\\`マニニィニニニニニニ∨
         /l/\ __彡{ノ/(/l| | ///{/|、    .'::::::::::\\ヽ/ニニニニニニ=V
          | {\_彡´: :|\)_ノ | } //{/|::\_ノ_::::::::ノ⌒V : : : : : : : : :./

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 斬島に対して組手を断った理由を伝えましょう

 ↓3
1949 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:22:47 ID:7W5CVdTA0
>>1945
かなぁ 言葉に重みあるし
1950 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:22:47 ID:LSChjotU0
1つ、今回帰ったのは、装甲スーツの慣熟訓練の為
貴重な機会の為に負傷する訳には行かない

2つ、未だ強さの何たるかを模索しているので今は受けられない
1951 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:25:31 ID:gOkYKS1U0
1つ、今回帰ったのは、装甲スーツの慣熟訓練の為
貴重な機会の為に負傷する訳には行かない

2つ、未だ強さの何たるかを模索しているので今は受けられない

3つ 未熟だからこそ仲間を集めてる 一人で勝てなくても
仲間とならな勝てる日が来るから
1953 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:29:38 ID:4DAZCMjM0
                _ -─        _
.                 _厂     \   `  /   `  、
             /{_ i|、  \   \.    \ イ  ̄    \
         ノ\__,ノ} \.  \   \  、 \   _ ヾ \
.          /|  / .ト、 \ ! \   \ \ ヽ////L _\  、
         /八:/    ! \ ヾ:! 、 \   '. ‘,ハ////ハ∧ '.  :.
          |/// __ l|   ) .|\}\ ∨  '.    |///ノ Ⅵト、;  .
          |{∨ ´⌒ j|   / /⌒ ̄¨` V  l.  ゚l|∧/ハ. Ⅵ∧   .
        Vハ  ¨¨〈   ( /  ̄`     }  |三 |j/ハ/∧ V/∧ :l  ……いえ、試すような事を言ってすみませんでした
         Ⅵ芹万弐  )/ 芹万弐v /} 〃二 .|Vl/}//| }///  ! 少なくとも、以前の危うさは減った様ですね
.          ム{ V辷沙  /'   V辷沙 / j /⌒!// }///!/} /// /:| 分かりました。貴方の考えは理解しましたし尊重する事にしましょう
, ィ⌒ ̄厂ミ=x八゛゛゛    '   ゛゛-=彡イ/ノ〆'/ /l///|/{// .'
. .. .厂(ニ( ̄`フニ厂 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ア⌒>、 /V///}/{´  ./ .′
. . 八 Vハ /二{. . . . . . . . . . . . . . . . /... . . . . ...\}_//.'j/   / /
. /ニハ }ニ} )二ハ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ......く///爪  / /
. ニ/ .| ノニ} (二ニノ 一 __ ィニ二二≧=─ - _. ../∨/  .′/
.,ノ∠乂ニj Vニハ ̄⌒¨´::厂厂⌒V  ̄/ ⌒ヽ ∨ У  '
//::::/:::: ̄ ̄¨¨::::::::::::/ /. . . ./ /¨ ̄ 、  ∨}  |  /
. /:::::::(:::::::::::::::::::::::::::::::::: / .'... . . .'⌒     _  \  }/
/::::::::0:::::::::::::::::::::::::::::::::://. .. .. .(_      \  )
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/. . . . . . . . /二ニ厂≧=- _∨
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(... . . . . . . ..../二ニ/. . . . . . . . . ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ.. . . . . . ∠二ニ/. . . . . . . . . . . .
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}\ . .∠二二_( . . . . . . . . . . . . .

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 斬島は暫し沈黙した後……チンと言う音と共にため息を吐いた
 そう謝辞を告げた後、彼女は背中を向けて孤児院へと入っていった
1954 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:30:53 ID:7W5CVdTA0
> ため息を吐いた
もしかして… 結構楽しみにしてた…?
1955 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:33:24 ID:4DAZCMjM0
                       \
   _,.二ニ=> …  =‐-  _          ',
 ̄   . . : : : :            `        i
 . . : : :     . . -‐===‐- . .    丶   |
-‐=ニ¨´        . . . .         \ノ
    : : -‐ : :        .: : :/::    /丶
   ー──…=ァ           .:/::     ,:′ハ
. .     : : /:  /:    .:/::    / ,.小ハ
: :         .:/     .:/::    /  /}::i ::i
ー    ー= ア .:/::  ∠__ _ : イ  ; イ ::| ::|
: :    : :ノ:´  .;イ::  / 弋ん㍉ア ' /  }/ ::| .:}
    : :/   / .|:. ハ{   ` ぐソ‐ '  __ ノ{ : :} :ノ
-‐:>   _彡'ーi |: |     ' ' '    fうjノ: ノ/
<   //    ',:八         ::.. Y/:イ }
:  /ァ:く     ',        、    ´八ノ::  / ヒュウ♪
≦∠_   \            `こ:ー/厶ィ:: / いいコト言うようになったじゃないの浜面
ニニニニ\   \   />     /    ノ/}  一皮向けたって感じ?
 ∨ニニ∧   /ヽ.∧: : ≧=‐-'   /
  .∨ニニ∧ /ニ/ニ}、¨´
   i }ニニニニニニく⌒ヽ\ ____
   | |ニ/∨ニニニX⌒ヽニニニニニ}
二 | |/::::::::|ニニニニ{   ゙マニニ{\{、
ニニ:| |i:::::::::|ニニニ:八    ∨ニi:::::∨}
ニニ:| ||::::∠ニニ≫'´ヽ   }\\:::j |
ニニ:| |/ニ≫"´   }  ノ{  \∧j

              _  ,
          ,イ ////Z,ィイ__
        ト| V-‐< ̄    <
       >'  、   \  \  `ー‐ァ',
       〃 i  、 ヽ     ヽ\ `<_
     彳/トx<「ヽ           i\ 「ヽ
      i| レ'{厂ヽ.!  ヽ-、    |\「ヽ
       ソ  ー'  |  Nヽ>  | ,.リ _ヽ-' あ、ルカ久しぶり……
       ゞ   u j人トソ厂\ | ト、ト、\
       〈ー-- 、  r爪  、ヽ! \>
       〉 ̄`ー' _,.イ!乂从ゝ>――`ー┐
       `ー--- 、 !∠三二二 ̄`` ‐- ̄ヽ
   r―r‐r(ヽ     冫/:.//:.:.:`ヽ``  、:.:.:.:.:.:
  / ̄l V |(^ヽ   //:.://:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.`ヽ:.:.
  |:::::!|   と_ !   | | //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  |:::::||   {ヽ!   | |:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  |:::::!|    ノ ノ  //:| |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  ヽ::∧  〈  ヽ { {:.//:.:.:.:.:.:.:.:|//:.:.:.:.:.:.:.:
  イ{:::∧_ヽ  \〉//:.:.:.:.:.:.:.:/
/{:::ヽヽ∧  `Y´//

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 そう言いつつ、孤児院の壁の日陰からヌッと少女が姿を現した
 彼女はルカルサ。斬島と同じ同期生である
1956 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:34:33 ID:7W5CVdTA0
とある場所の皮は毎晩何枚も剥いてますけどね!
1957 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:37:36 ID:4DAZCMjM0
                  _.........._ \
              /..:::::::::::::::::>.}ヽ _
             .::::;/:::-‐<7:::::::/::::::.´
                 '::::::{::// /::::::/ヽ:::::::.
      , 、      }:::::::==ミy::イ/_ }::::::::}  おー、俺もさっきの言葉はしびれたぜ
      {  }.     从::ト{    {/ =ミ }:::::::ハ 久しぶりだなはまd
      r ー=ミ     人:{  r―-、   ノ::::イ
      {  ー }  _ 人 乂_ノ ー=彡ハ{
     }     }/   ヽ. }\ _ . イ
     〈   イ      ト     {
      .′ーィ         ',   ゝ
    ./    {   ´      \ _ >
   /       / ヽ         、, ヽ
   .′   .}  イ           }
   {    // {     乂 _ .:      }
   ヽ   ノ                 ` 、ノ     丶
    ー ´    ',          :   i\     ヽ
                               ',
            i              ′  ヽ  、
            |         }.       , ´    }
           }          {   ./     .′
                  }'    /     /
           ′          ∨
             ヽ           ハ   /
         /  ______/_   ヾ_


            /  ̄ \
            ./ :/ ̄`ヽ)
           { 〈     ___
          .> r  ´       `
        ./        .\         \
           .:/     : .、   \    ヽ
       .′    :/ :}    :、 .:\   ヽ    ∧
       ./  ′:イ  : :  |  ._」ヽ    iハ  :ハ
    .i  :′ :| :八  : : } |.ィ :|  V  :| :∧   .:i  私が話してるんだからちょっと影に引っ込んでなさい
    .|:/ : |   ┼{ー- 、 .: :|リ...\j   .} :.:| :ハ:  :i 
    .}′ :|  : :|::::::::::::::::::::::.|  .....‐-、  ..:|   :i  :|
     i    f.:::::.〇.::::::\j.:  ...(i)  }..i 小、 : |  :|
     |    :|.::::::::::::::::::..:::::   .、_ , '..ハ} :.\:}  :|                ちょ、らめ、アッー!>
     |   :Ⅵ.:::::::::::::.、.:.`.:::     ー =イ :i |   :|
     |   个ー.:::::.〈V ̄ ̄`vソ    .ノ | | {   :|
     |  : i  込、::::\、_ ,ノ  ..../.: :| |:ハ    |
     |  :∧   i >: . .      イ | :.| |:. |   :|
     |:ハ :∧ ハ:.:.   | `¨    |〉.:.| |:: |   :|
        ∨ハ  :|: :   i/|       /  :| |:: |   :|
        ,.-‐=ニニ|: :   |∧     ./  ./| |:.ノニニ=‐- 、
    .∠ニニニニニニニ|: :  | ハ __∧ /_:| |ニニニニニニアヽ
    V:マニニニニニニ|: :  |′ {ニニニ} .∨ニ:| |ニニニニニニニ/}

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 トーリはルカルサの広げた影に飲まれていった、ナムサン!
1958 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:38:47 ID:LSChjotU0
安定の出落ちのトーリw
1959 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:38:59 ID:7W5CVdTA0
とりあえず服を着て出直せ全裸w
1960 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:41:48 ID:9ZrnbiGw0
ナムサン!
1961 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:41:50 ID:4DAZCMjM0
            /  ̄ \
            ./ :/ ̄`ヽ)
           { 〈     ___
          > r  ´、     `
        /        \         \
           :/     : 、   \    ヽ
       ′    :/ :}    :、 :\   ヽ    ∧
       /  ′:イ  : :  |ハ _」ヽ    iハ  :ハ
    i  :′ :| :八  : : } | ィ :|  V  :| :∧   .:i
    |:/ : |   ┼{ー- 、 .: :|リ \j _,.、} :.:| :ハ:  :i  まー、あたしもあんたがあの危うさを脱した事は嬉しく思うよ
    }′ :|  : :| ___    : :|   ィ:升jぅ〉 .:|   :i  :|  相変わらず弱そうな感じはするけどねー
     i    f爪::f;:ハ` \j   辷::ツ i 小、 : |  :|
     |    :| 乂zツ  .:    , , , , ハ} :.\:}  :|  さ、同窓会の準備は済んでいるからさ
     |   :Ⅵ , , ,   `      ー =イ :i |   :|  今夜はゆっくりとお互いの旅の話でもしましょうよ
     |   个ー    r ー  フ    ノ | | {   :|
     |  : i  込、     ー=イ   ./.: :| |:ハ    |
     |  :∧   i >: . .      イ | :.| |:. |   :|
     |:ハ :∧ ハ:.:.   | `¨    |〉.:.| |:: |   :|
        ∨ハ  :|: :   i/|       /  :| |:: |   :|
        ,.-‐=ニニ|: :   |∧     ./  ./| |:.ノニニ=‐- 、
    .∠ニニニニニニニ|: :  | ハ __∧ /_:| |ニニニニニニアヽ
    V:マニニニニニニ|: :  |′ {ニニニ} .∨ニ:| |ニニニニニニニ/}


                       ,イ   ,イ /,' /〃ノ, イノ!  _
                      ./ l,ィノ /´ /´  У‐'´ /// ._,
                 l、ト、 i ,イ           ー<‐</
                 .',ヽヽl//.:/             二ミ=-‐′
                  ⌒ヽ',  l /               `ーミx__ノ
                  V l                  ー-<
               _ / ,        、           \_\
               `ー/ / l l   i    \           、ヽ、
                  / ,'.l--.、_  ',  ヽ、  ヽ        ヽ_ ヽー  あ、ああ……そうだなルカ
                  ノ,'.从l从ィハ .lヾ=、__>‐-、.、      、\ヽ、
                    iハ从l、lA-、Vハヽ}メ‐ .ト、i、\}、 、 、 、ヽ、.`ー
                  .リ | l}.ハ l} ``ト}、`ーrt、l-、\{`ハ l. ヽ l \ ̄
                   l |!., l.l.ー'  `  ゞ'_  `  .Vi .|!l、ハV ト`_
                  ツイ人!  ,          }l| l从メ、ヽ\
                    メ´rハ. {         u ' リ ' メ`ー`、__
                 /,'  .,' .lヘ `ー~         从}、 ト、_
                ハl  i  l ,ヘ ヽー――ァ   /,' リ}イー`、
               ノ'{ ',  .l  | .l .\` ̄ ̄   イ  , /. |  /
              ./      ∧. | .| l  ≧ー<ヘ    / .,. ,.′,
           /      八 ∧lハ !  l .ヘ|\', ヘ  ,' ,′ ,' .イ..:::::
                   \. \.\
1962 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:42:39 ID:9ZrnbiGw0
ルカって呼ばれるとナイトフィーバーしそうで怖いんだよね ハマヅラェの場合w
1963 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:43:08 ID:7W5CVdTA0
タコルカ…
1964 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:44:02 ID:4DAZCMjM0
            ∠ニニニニニニニニニニニニニニニ\
         /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ.
.        ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
        {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}
       / \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニア
.        ′   ー=ニニニニニニニニニニニ=-‐     ゚。
                          / \   
      i         } 厶-‐-ミ/_,  、____,   |   ……ブ~
      |   }    } / / 〈/       }  }|
      |   }V⌒ア /xテ竓斧ミ     斧汽} 八
      ∧   }∧(/ / '^代nン     vン んイ
      / }  } . / / { /i/i/i/    /i/{ . 人__
.     / 丿  } / / i {        '  -―-ミ⌒ヽ
    / /  〈_/. ._.八 ト .     _/ ___    }  }
    /   . -‐={,  \〉 >‐ /   }^    ハ丿
. _彡   ∠ニニニニ∧   / .  〈__  ‐=′    /
 丿   =ニニニニニニ∧   /       /    /
   /ニニニニニニニニニ∨ {               ∧ \
.   .ニニニニニニニニニニ{ { {(X)} {   .  ゚。  \
   {ニニニ{ニニニニニニ人  .      人__/(X)} °  ゚。
   {ニニニ{ニニニニニニニア´ ̄`ヽ         /  }    °

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 そんなこんなで、里帰り初日の夜は更けていくのであった………
1965 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:45:12 ID:7W5CVdTA0
おおっと嫁さんが不機嫌だ
これは夜ご機嫌を取らないと!  痴女が来てから何日目だっけ…?
1966 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:45:28 ID:LSChjotU0
フレンダの過去もその内語られるのだろうか?
1967 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:47:48 ID:4DAZCMjM0

     /`ーヘ                             <´ ̄ニニニニ三\__      ,r‐‐、_,.‐--、_____ノヽ
  _r-、 |   )´                              ゝ-‐‐‐=ニ二__,.-‐‐ \   / /ヽ \ ̄`ヾ   ノ
  }ヽ y'  / ヽr‐、_r 、                          `ー-----‐'''"     \ヽ  ! !  ヽ  丶  '<て´。
 /  {  |   }  {`                                   ___    _r‐、 | |   {ヽ  ト、___ >o
 ヽ-ュ‐`ハ`ー-く、_,r'     ノ`ー-、                           i' l `ヽr-' / ̄フ、__> ゝハノ_) >゚。
 j⌒´ ノo。゚o}   ヽ   〈 ̄`ヽ  /⌒ヽ 一部不適切な描写があった      {   〈 /   i'´| `'‐-ー´\,ゝ `o゚
ノ  /  ∞ {  ヽ丿 ノ-ヽ   }ノ_ノ  }   ことをお詫びします          ヽo ゜。∨  r-'ヽ |
`ー} ____ノ i `ー<ノ  )`ー  >  /ハ -‐ァ´                        _,r'`ー8 o{ ノ、__ } |
    `ー、__ト、ノ| |  ト、_r'`ー-< o゚8, o                         { /  |´ lヽ!  ∨ l
    _______  | |  ヽソ   / ヽ゚。、 ヽ                         ヽ{  ハ、i  ゝー、ノ| |
  / ----- ヽ //   \ー- ' ___/  }_/                          `ー'  ` ̄     | |
 ´ ̄ ̄ ̄ ̄`//   //`ヽ/, ハノ
/ゝ、  _,.--‐ 、ニヽ / /   ゝ_/ レ'
`}   ̄r´ ̄//| \ヽl
 フ>'    / /  ! !
o( {   __,ノ ノ   | |
。゚く( _ノハ /__,,.  | |
 ゚o´ //`ー-‐'´ | |
    ヾ      | |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 その頃、アイテムの事務所では………
1968 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:48:46 ID:7W5CVdTA0
場面転換で1コマも挟まずそれかw
1969 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:49:04 ID:LSChjotU0
早速の魔窟か・・?
1970 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:50:47 ID:4DAZCMjM0
.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/ .| | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,


          _
       , '´ , ‐''::::::_ ̄二ニ=-、、
     / /::::/  ̄        `ヽ
    /  /::::/ _」 ∟    `ヽ     \
    /   |:::/ / ┐r‐ 、 /  , l    ヽ l
   .!    |:/  l   、   |  i  !  、、  | |、
   |     |!  |    |  |  |  |  | i ! 、| |.|
   |    i!   |   |、 |  |  | _,|-|  | | !
   |〉   i ヽ'''|、‐-〈、! ||  |、|‐|'´ ノ! |  | ,'| |  全く連絡の1つも返さず何をしてるかと思えば……あなた達ぃぃぃぃぃぃ!!!
  /l    |  i、| ヽ | ∨ | | | | / | | //Vノ
  .|/    fヽ|、 | r、ニ三ゝ ヽ| '゙三ニゞj∨/| { |
 /l'    ヽ({ l. |              |/{ {
 ! !     `| l | !j            丿ノ ヽ
 |  |   〈  |、ヾ,ヽ、,,__ -ニゝ_,, ィ''| 〈ヽ  l
 l、   l|  ヽ | l_r'|     ̄ |へ,-、〉 }、 } |
 ヽヽ ハ   } !ノ\lヘ__   / ̄ `ハ>/ l ∨
  \リ j \/{゙   \|/l,,_,,〉、_/  |〉\ /
     /  ̄l >、   <| | | |>  ∠!  ヾ7_
  _/、     l>,、 <| l l |>/l     | 〉
  ヽ'ヽ、ヾ、    /∨升─<、´二,,,_    jl>、
  / ̄∟l ヾ、 / / 〈| l゙>、\‐- ,,_`\ //>|
  /   l | }} / /  〈.|  | V\ \   \ / > |
1971 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:52:16 ID:7W5CVdTA0
アリス……  ハブにされたから怒ってるんだろうな…
1972 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:53:30 ID:LSChjotU0
変態の使い魔がホモォォと鳴き
ゆかりのあえぎ声がドアから漏れる・・・・

うん寄りたくねぇw
1973 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 22:54:11 ID:4DAZCMjM0
キラッ ☆     _,-‐―ー―‐‐‐-..、
        ,,, '''"            ヽ、
      /                \
     / _人_  ∠ 二二二、 ヽ   ヽ
    /    `Y´   ./    /!  \ \   ',
 _,. --‐――--、  / -/|-- / .|    ヽ ヽ  |
´     ,,____.,,,ノ  ;' /_」_ /  !  /|  \}  |  そういうことは、私のウチでやりなさい☆
 ;'´ ̄ ̄ノ、  ┼  !/ァ'´ハ `  | / ‐|-、/   |
 `;ー ''"´ ノー---、|'弋_り    .レ' ァ'rく|    !
-、ゝ-‐ ''´  ___.,,,_ノ !xw ̄     !り ノ! /  /
_    イ''´    |        , ` xvレ' /
  `ヽ  |   |   |    r─-- 、   ∧/
   |_ノ  ./ /  ;へ   '、   ン   /  ヽ
   ,'  / ' /|   ` 、    _,,. イ|___ \
   | / _/r'7 ̄>、 `こ「r─./:::::::::::\ノ
   |/>'" ̄`ヽ\::::::::::`ーrr':::::::::{ニニニニ}
、_r<        /`==ー{二}-=/ヽ:::::::::::::/\
 \ \      /:::::::::::::::/ |!|\::\| ̄ ̄|   \
   ∨∧     |::::::::::::::/__.|!|_|/ ̄ ̄`ヽ.  /ヽ
   、|  |     |:::::::::::::::::::::::!!:::::::ゝ'"´ ̄`ヽ |ニ/

                      、_
               イ二ニYご⌒´ 、
             / ノ /  ハ ヽ  ヽ
            _ノ イ",'  {   }  ヽ  ヽ
            7 ノ ,'  !   |   j  ヽ ト‐
            ノ ノノ ハ_,,ィ  ! ‐-j |  `ト  アリス姉様……!!
           イj"´ ハ j_ヽヾ ,' ノィ-ハ   ト
            イ ヘトヘ弌戈    戈仞j  .!
            ! ヘ ヘ.///  , /// / / ハ
            弋  ', ハ   .、__,   ,{ ( ノj
             イ二ゝ ヽ、    イィ二 ゝ
             )―イ--イ ` ´ ! ̄ヾ‐'―ト 、   ,
        ィ=-イ イ ノ ` ト 、   r-__、_{ ヽ、 ヘヘ  {'ィ)ソ

                      ´ x≪ ....::::::::..... ≫x   ミ
       _ ノ       . " /≫ "´ ̄´ ̄ ̄ ` ≪}i\   `丶、__
      ノ      /   />'  , ,             \}i\     ヽ`ヽ
      )    イ'  / /   / /        `丶、\:》, `ヽ  ゝ   ビクンッ!!
          、_/  / /   /     ′   iハト、 }   \_  ゝ \ ヽヽビクンッ!!
          `7 〃//   /    |i    -ァ¬ヘ    \ミ       \
           ,  l/ '  / /i; /   _」! { ´ / ,xッテ!   /..ヘ `ヽ     ヽ わかってくれると思っていたでありますぅぅぅぅ!
      } }  { /  i  ' /V/ , ,ィi { {八   '〃"´.:::/   (ハ::::}i  }    }`ヽi
          V _ 人 i {   / ii ,xッテヽ{\{    イi '  《∧八 i/ ノ 人 ノ
           ノ 〃  八{ i { {/'"^ヽ    、   从i  /∧/  } |彡'′ )
       ー=彡' イ!    ヽ i i 人_ , .:::::  ___   ヽ/// '  /ノ
             八      八{  ゝ___,  V   )  .イi{ {/j/´ //
               )-‐z 彡イ > _彡く    し'´   .イ上三.._
1974 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:55:18 ID:7W5CVdTA0
おい痴女が自分の名前に様つけてるぞw
というかアイギスの顔がひどいw
1975 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:56:53 ID:LSChjotU0
アイギスェ・・・

搭載してるAIは絶対オリジナルじゃ~無いなw
1976 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:57:23 ID:9ZrnbiGw0
ホントひでぇなコイツらはwww
1977 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:57:49 ID:llL59cvo0
>>1974
調整後からアリスのことは様付けで呼んでるぞ、痴女……(震え声
しかし、判ってたけど、なんだこりゃ……(諦念
1978 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:58:34 ID:7W5CVdTA0
>>1977
アリスのこと ゆかり って呼んでるんや…
1979 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 22:59:50 ID:llL59cvo0
>>1978
ああ、ホンマやwww 見間違いしとったわwww
1980 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:00:23 ID:6yqg2TpE0
予想通りとはいえ これはひどい
1981 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:00:57 ID:LSChjotU0
留守中こいつら、娼館に送り込んだ方が、良かったか?w
1982 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 23:01:06 ID:4DAZCMjM0
           {/////}                 / ̄ \  /\//////
           |/////|          / ̄ ̄ /     ヽ{     ̄ ̄
           |/////|          /       {         /
          / ̄ ̄ ̄/\     /     __ :       /
         / / } /   ヽ   /    ,//- 、::.\ ___ ∧  いやー、自分ひとりで留守番なんで
.      / / //        \{i     { {   〉::::::.\     }  ああ、彼女らはアリスさんのご好意だそーで
.     く  く  く く          |i     | トミ=彡 ::ァ─ ト、
.       \ \/\\         八   ノ |  ヽ::::{   | |  /
.        \,/   ヽ\     '^ 7>く _/    \=≦ |  ,′
            |    /\\   / / 厂 \     ./ ̄/ / _
            ト--ヘ/.::::::::.ヽ\/ / /     ≧=‐L _/ ムへ l//l
    ____ |   | /  ̄ ̄  ,/ /  (二 、   ト、/≧/Ⅵ  }//|
≧r<  ̄ ヽ  i|   | \   _/ /     \) / /   丁{/ |  ̄\
    \   \/ ̄ ̄ ̄ Y´    ′ (二 、  / /   /^′ i|    :
      \ ,/´  ̄ ̄ ̄ i| ̄ヽ ̄     \) / /   |  |   |    |
         ヽ|        |⌒) \       ' /    i|  |   |    |
        ,/|        |     \     //{    |  |   |    |
        / i|        |      /〉─く二{rく \  i|  |   |    |
      ′ |        l    ( )//   \ \\ \_  |   |    |
     /   i|        |    //      \ \ {>|  |   |    |
      ,   i|        |     //          ̄ 廴 |  |   |    |

              _ _  _
            . : : : : : :`´ : : : :`.: .
            /. : : : : : : : : : : : : : : : :`:.
.         ,   :.: : : : : : : : : : : : : : : :.: : .:.:、
.       ,  .       /l: : : : : : : : :l: : : : : : : :.
      /: :イ: : : : : :./ l: ,i: : : : : : l ', :.: :.: : : : ,
.     //.l.: : : : : /ー-⊥|.: : : : :.ァ弋: : : : : : : l  は、はぁ……では、これを渡してくれないかな?
    /   .l.: : :.: :./.___、l. |:.: :. :/,___\: : : : : l
.   / .  l : : : :/イ"う沁 l. レレ {う沁 ̄'l: : : : : :l 、
.       l : : :〈   弋゙ノ      之.ノ  l: : : : : : :l \_
.       リ.: :.⊂ニ⊃ ̄   ,    ̄⊂ニ⊃: : : :lヽ!
      /, イ: : :トミ、         u〃:.:,イ:/ヽ:| !
.      /'  ヘ:.: :| {:> _   , 、  , イ/. |/  |
            \| , <l i ≧ - ≦.:i::l l\
      沙=ャァヤア .l l ヽヽ_  _/.リ l |  \
           l ヽ::l ∧: :\二/:::リ |::::/ l
           |  l.l.  ヽ. ............ ./   |/.  |
           |   |   \: : /   |  .|

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 翌日、忘れてた用件を果たすために慌ててアイテムの事務所にやってきた
 蘇芳が見たもの。それは困惑した様子で自宅警備をするメタビーと
 アリスが派遣してきたという武装上海人形一個分隊だった
 他の連中は浜面達が帰ってくる翌日まで消息を晦ましてイタが……
 どこに行っていたかは言わずもがなである

 ※うっかり前日に蘇芳が訪れていたら色々やばかった、つまりはそういう事です
1984 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 23:02:56 ID:4DAZCMjM0
と、少々休憩
1985 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:03:24 ID:9ZrnbiGw0
前の1コマに蘇芳が混じらずに済んでよかった!
1986 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:03:58 ID:LSChjotU0
遭遇してたら、帰った時、ボンテージ姿で吊るされてるすっかり染まった蘇芳を見てたとか?
1987 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:03:58 ID:9ZrnbiGw0
いってらっしゃー
1988 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:04:07 ID:7W5CVdTA0
一旦乙
蘇芳は急死に一生を得たなw メタビー頼りになるな(棒
1989 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/06/09(月) 23:10:01 ID:4DAZCMjM0
ああ、万が一の場合でも大丈夫
ちゃんと純潔「は」守られるから、いくら彼女らでもそこまで鬼畜ではない 変態だけどね


後、なんだか身体がだるくてしょうがないので済まないが1時間早く切り上げるっす
明日は予定通り20時の予定。すんませんがこれで終わりです
1990 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:10:35 ID:llL59cvo0
いたんおーつ
1991 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:10:51 ID:9ZrnbiGw0
お疲れっしたー ゆっくり休んでね!
1992 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:11:44 ID:7W5CVdTA0
乙乙 お大事にー

> 純潔「は」守られる
なんら安心できないじゃないですかぁー!
1993 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:12:52 ID:sYZljwxo0
了解しました、そして乙でしたー
1994 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:13:18 ID:kcbhp4Zw0
淫乱処女に調教されて、ア○ル絶頂もさせらるようなことに余裕でなってただろう・・・
1995 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:14:27 ID:LSChjotU0
乙~
1996 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:15:08 ID:6yqg2TpE0
乙乙
1997 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:22:08 ID:MNb5PSQw0

処女のまま、調教ってよけいにエロいな
1998 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/09(月) 23:27:25 ID:llL59cvo0
おや?
カラダニキヲツケテネ
乙乙
1999 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/10(火) 07:30:23 ID:N8bPxm7c0
>>1994
ちょっと惜しい事したな…
2000 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/06/10(火) 08:16:39 ID:Oy2cy8wE0
>>1999

    〃〃: :/: : : : / : : : 〃: : : : ノ/// /三三三三ニl}
...  〃:l }l: : :|!: : : :/ : : : 〃: : ::/|l//: /三三三三三|}          弋二二 ̄フ     弋二二フ
i!: :`i!: l :}l: : :|!: : : :l: : : 〃 : /|〈/|/: /三三三三三三ニ|}              //
i|\i!: l: :}l: : :|!: : : :l: : 〃 : //Ⅳ: : : : ̄ ̄ \三三三ニ|}            / ヘ \    弋二二二二フ
:∨:i!: l: :}i : : |!: : : :l: : l|: : //Ⅳ: : : : /三ミヽ\三∧ニl}         弋_/  ゝ_ノ
マ i!: :l: :}i : : |!: : : :l: : l|<\/: : : : : : ̄>三三三{ |ニ|}
 `i!: :l : }i: : :|: : : : l : l|\` <___ :\三三三} リニ|}            < ヽ.          弋二フ  /ヽ
/∧ l: ::}i: : : : : : : l: :l|  \圦` <三三三三三〈 {ニ/              | f   ィ          / /
|l: :|ih l: : }i: : : : :i|: :l: :l|\  \\乂フ <三三三/ 〉/                 | |  //           //
|!: :|i::ム: : }i: : : : i|: : : :l| ト\  \≧=´ `<三リ /                〈__二/       弋二二 '
マ: :Ⅵ::ム: マ: : : :i|: : : :l| ヽ\\__  ̄ ̄ ̄ ̄ヾ /´
: マ: :Ⅵ::ム: マ: : :i|: : : :l| |!\`ァ`‐- ̄ _二  ¬ 〉                   ノヽ      弋ニフ  (}(}
: : マ: :Ⅵ::ム: マ: :i| : : : i! !ム-=  く ̄ 7_> /                 / /     弋ニフ  /ヽ
\: :ミ::Ⅵ: ム :マ |:\: ::i! マ //|\l |V/  /| /              , ―‐  ∠ ィ |          //
: : :\ ミⅥ: ム:\: : \:i! ∨ | .! ∧∨_///`丶、         /////.     L_l      弋二二 '
㍉ : : \:ミム三≧s.、: : \  \丶lト\//l    \      //////                      ri_
: : :㍉: : :\:ミ三三三≧s。\   \__〉 ./|::l      ヽ     ///////   < ヽ__         弋 rヽノ
: : : : : ㍉: : `::<三三三三≧s、_ _/:/ l|      ム  //////// 弋二 r‐ フ ノ         Ll
|!: : : : : : :㍉_: : `::<三三三三三彡: :/:〃        ∨////////    | |  ̄
|i!: : : : : : : : :㍉廴___: ::`冖====冖´://:〃      //////////.    L_l
||li!: : : : : : : : : : ㍉三≧s。: : : : :_ :イニ//      /\弋二  ̄ ̄フ
||llli!: : : : : : : : : : : : ㍉三三三三三/        /   \/ノ/ ̄ (}(}    < ヽ
                                   | {_         | |
                                  \_ノ      .| |
                                             L_l
                                   <ヽ
                                     弋二  二フ
                                       (○ |
                                   ノ/
2001 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/10(火) 09:03:44 ID:FnhwS9BU0
アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?
2002 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/06/10(火) 14:11:56 ID:Oy2cy8wE0
  /: : :.|: : : : : : :l: : : :/|l: : : : :.l,: : : : : : : : |: : : | ヘ: : : : : :l: : : : : :l: : : : : :ヽ
  /: : :.:.|: : : : : : :|: : :/. !',: : : : |,∨: : : : : :.:|: : : |  ',: : : :.:.|: : : : : :!: : : : : : :l
 ,': : : : :|: : : : : : l|: :.,'-‐!-',: :.:.:| |: : : : : : :.!: : : l__',: : : : |: : : : : |: : : : : : :.|    ほーら蘇芳殿、すっかり出来上がった所を浜面さんにお見せするでありますw>
 l: : : : :.|: : : : |: | !: /  |  ',: :.:| l: : : : : : :.||: : /   !l 、: :.|: : : : : l: : : : :l: : |
 |: : : : :.!: : : : l: ! l:/  |  ',: :| |: : : : : : /l: /    l  l: : : :/: : :|: : : : :|: : |   教えた通りに「私の端ない処女◯を見てくださいご主人様」とマスターに言うんですよw>
 |: : : : :.|: : : : : :l lッニ=-、   ヽ:| |: : : : : / .|/ _,..-=ニ=、 |: : :/: : : l: : : : :.|:l: :',
 ̄ ̄ `丶、 : : : :l ´/////ヾ |: : : / / //////: : /: : : /: : : : |:|、',: :',  ホモォ、しっかり録画しなさいねこのメモリアル的イベントをw>
       `ヽ、:', /////// l:./ /////////: :/: : : : : : : : /:.| \:、
         ヽ,        / 、          /: /: : : : : : : :./ l/   \
          ヘ                  ///: /: : :/: : : /
           ∧ 、      __ ___  / ,/: /: :/: : :./-―- 、
             ヽ>.、  ( '        ) ,..イ: :/: :/:_./´       ヽ      う、ううう、わ、わたし、の、はしt
               \-'` ,、 ̄ ̄ ̄ ̄} l_´イ  /:/: :/´          ',
                ヽ   ', `  ー ''"´    l:/l: /            ',
                \ }        _,..-l/ l/   ,           l
                  \     , -‐'"        l           |
                   ヽ   ´             ヽ!           l
                         \            ヾ,               |
                           \           l               |
                            \          !             |
、                         ヽ          |             |
. \                        ',-、         l            |  ビィィィィィィィン

┏━━━━━━━━━━┓                  ウィーン、ウィーン、ウィーン
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 もし、うっかり事務所に訪れて2体+その他に捕獲された場合……の妄想図
 

 しかし、この人類に対する反乱的変態所業、どうしてくなった!!?
2003 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/06/10(火) 14:22:54 ID:VPksbiw20
参加できなかったからあれだが、真面目にもったいないことをしたな
蘇芳がそのままスラッグに所属してくれそうだったのに・・・w
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/1927-1fcd5bb1