アイテム・スラッグは過去の栄光を取り戻す様です 小ネタその17「フレンダの過去話」

2383 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/10/31(金) 14:09:21 ID:77Iqhzc60
            ,-―――――-、
.           (  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
              |         |
            |、        |  _
       (⌒( ̄ヽ|`‐―――‐‐''i~⌒)ー')
        j,-┴―=、::::::::::::::::::::::::ノ /  i
      /  _こ)))二二二二=T  /
       /  __ノ_/ ̄ヽ:::::::/ ̄ ̄`彡/
    ,/  、_/\i <⌒l>`V /⌒l> i-'
   _ゝ  ,,,>'  二ヽ  ̄ ,_人_,  ̄ /二
  (`ー-‐/    ―\   二  ,/―
  /    /      「~⌒Y⌒~ ̄/\_
  7    i  ,,__,-'/⌒ヽこ'~⌒>' _/`―-、
 /    |__,/ ヽ | `T'T‐^ー7~<  /   ,ヽ
./    __人 ⌒ i |: / /::::O:::/  /  i  / ゙i
i     ゝ \ 、| :!/ /:::::::::::::i  /  Y /    |
ヽ   / \_ i / /:::::::::O:::|  /  :i /     !
 `ー--―'''~   `7/:::::::::::::::::::i/   ヽ,-'''~⌒ヽヽ、
          //,‐'~二⌒ヽL  __/ /⌒ヽ ゙i i
        ∠/( __,,,    `Vヘ、  ̄ ̄`''| | |
         `て___,,     |  | \    | |_/
          | `‐t-、____,,/  |  :i     | |
          i  /   |   `ヽ_!   | _/~| |


【名前】フンベルト・フォン・ジッキンゲン 【年齢】? 【出身】ジ◯リの森(自己申告

【身分】 3級スカヴェンジャー ペラペラーズ専属事務員

【能力】
 筋力D 体力C 俊敏B 知能B+ 運勢C 注目度B(フンバルト・ミ・デル ※訴訟も辞さない

【特性】
ハーフミュータント(重):見た目からして断然人間じゃないハーフ。ただし知能は高く理性の人
紳士:丁重な応対と仕草。エレガントな口調と言葉遣い。どこで覚えたかは内緒
紅茶党:紅茶好き。スペシャルブレンドと称して毎回ランダムで分量を変えている。珈琲? 天然物以外は全部泥水だ
沈着冷静:常に怜悧かつ冷静、紳士はいかなる時であろうとも狼狽えない

【スキル】
剣士LvB:剣を使った戦闘技能
運営者LvB:会社、店舗などの経営者としての技量
交渉術LvB:あらゆる交渉に関するネゴシエイターとしての技量
ハッキングLvC:ハッキング技能。標準のハッカーの腕前

【装備】
仕込み杖:彼が何時も手にしている直刀が入った仕込み杖。鈍器としても使用可能
紳士服:彼が着ている普段着と帽子。特に細工はない高級生地使用
シルクハット型量子ストレージ:およそ100kg程入るシルクハットの形状のストレージ
外套:防弾繊維で構成された外套。急所部分にはセレミックプレートが挿入されている

【備考】
新大久保の事務所で今日もペラペラーズを支えている事務員
見た目からして猫のハーフミュータント。ソロで活動している所を葛馬に誘われて参入
例えハーフでも全く頓着しない葛馬に呆れ半分ながらも、その卓越した運営力でチームを
短期間で3級まで押し上げ新人の範囲では勝ち組と呼ばれる位まで繁盛させた
だが、その分負の感情を向けられる事も承知しており、今回の遠征の件も不穏を感じ、
葛馬に参加を止めるよう進言していた。紳士的な言動と仕草が特徴的
葛馬に対しては皮肉や小言を頻繁に口にするが、これは心配の裏返しでもある
名前をイジられる事を不愉快としており、事務所入口の悪戯書きには必ず報復しているという
剣士としての技量も高く、杖の仕込み刀で力に頼らぬ柔の剣術で相手を翻弄する
2384 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/01(土) 12:28:55 ID:NQpIAvYE0
ω・`)
2385 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 12:30:56 ID:GAJR.2Dc0
いたぞ!確保だ!
2386 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/01(土) 12:34:33 ID:NQpIAvYE0
一等賞の>>2385にはSSのキャラを指定する権利をやろう+オプーナを買う権利

誰のSSを書いて見て欲しい?
今までスラッグに出てきたキャラであれば何とかしよう
2387 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 12:42:33 ID:ERDrITks0
あ、来てたw
2388 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 12:46:48 ID:ERDrITks0
>>2385 じゃ無いが、個人的にはフレンダの過去や杏子が何故義体になったか気になるところだねw
2389 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/01(土) 12:48:30 ID:NQpIAvYE0
NQpIAvYE0が13時までに返答なかったらあれだ、>>2387にオプーナを買う権利をあげよう
2390 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 12:50:17 ID:ERDrITks0
オプーナーは、いらねぇww
2391 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/01(土) 12:53:10 ID:NQpIAvYE0
ぢゃ、SSのキャラ指定権をあげよう
単独にしてくれると嬉しい。流石に複数はキツイ
2393 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 13:00:06 ID:ERDrITks0
フレンダの過去話
2394 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/01(土) 13:01:10 ID:NQpIAvYE0
あいよー
2395 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/01(土) 13:08:46 ID:NQpIAvYE0
        三 /ニYニヽ
    三 (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
   三 (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
  三 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
  三( ___、  |-┬-|    ,__ )
     ≡三\  `ー'´     (´
        ≡三\         ヽ
         ≡三)          )
       ≡三/        /

                               三 /ニYニヽ
                           三 (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /)
                          三 (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i)))
                            三 /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \
                             三( ___、  |-┬-|    ,__ )
                             ≡三\   `ー'´    (´
                                  ≡三\         ヽ
                                ≡三)          )
                              ≡三/        /

                  /ニYニヽ 三二
              (ヽ   /( ゚ )( ゚ )ヽ   /) 三
             (((i ) /::::⌒`´⌒::::\  ( i))) 三
            /∠_| ,-)___(-,|_ゝ \ 三
           ( ___、  |-┬-|    ,__ ) 三
                 )    `ー'´   /´ 三二
               /          / 三=
               (          ( 三≡
                \        \ 三二

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 時間軸を遡っています……しばらくお待ちください
2396 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:11:16 ID:NQpIAvYE0
                  ______
              -=ニ二二二二二二二二ニ=-
               /二二二二二二二二二二二二ニニ=-
            /二二二二二二二二二二二二二ニニニニ|
.           /二二二二二二二二二二二二二二二二|
           /二二二二二二二二二二二二二二二ニニ/
        /二二二二二二二二二二二二三三三ニ=<
.       /|二二二二二二二二二二三三三ニ=-  | \
       |二二二二二二二二二三三ニ=-    /  :ト、\|
.         人二二二二二二二ニ=-       /  .// ', :}\
.          \三三三三ニ=-  |     |   |/ -//´  |/ 
           /    ̄ ̄       l |    ',  l   斧苡 【   :|
.          /      {        l |    ',  | /^{ Vリ 乂__ |
         /        \      l |     ', レ″ 、、`     |ノ
.        /     l            l |      Ⅵ        从\
        八    |       |    l l        \       __ ノ  \\
.       \  |       |     :|          \     ´ r'    } }
           \/      /    / :|           \   |    ノノ
.            /      /    /  | |           ├=≦   (
.     ――‐       /__/  /| l\        |        \
  /           /: : : : : : :`:く | |  \       人         ノ
 {         /: : : : : : : : : : : :\乂/|〉    /: : :.\    /

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 フレンダ=セイヴェルンは、刹那主義者である
 今が楽しく、今が贅沢で、今を生きていられればそれでいい
 お金があれば、安心出来る場所があれば、言うことなし。実に享楽的だった
2397 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:13:56 ID:NQpIAvYE0

                 . .-―――――- . .
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
.              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
              {: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
              ∨-≠…テ¨ ̄ ̄‘, -=ミ:: : : : : i
               / / __/     __∨    \:: :/
             / /  /`    ´  ∨    ヽ{
           -≠彡  イiィ芹ミ   ィ芹刃ア     \
          〃    //∧ Vツ     V少 i      \
          {{   / ///∧  '      ∧ i i i   }
         __〉 / ---、/}/ 込、 -    . イノ リ リ リ   i
       /   / ̄`ヽ__〉∨  个ト   i〔 /  / / /     リ
        {  /i - 、\∨} }  i|ノ}   _}ハ_/_/_/    /
.       )ノ〉i ヽ 〉 〉/ /  __/ ハ´   /:i: : :/: :.i    ヾ
        /_j__ }/_/' / /: :i: V⌒iヽ/: :i:/: : : :.   \ \
       / /:/__/{ / /:i:〃//{ ∨: : :/: : : : : : :.    \ \
        / /: : : : : : :厶イ/: /:∨-/∧___〉:/{: : : : : : : :| ト、   \ \
.      / /: : : : : : :/  /: /: :/ { /: : :./: |: : : : : : : :| i \   !   '.
     {/{: : : : : : :/ /: : i: : i/:! !: /: : :.:|: : : : : : : :| i   }  i   i

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 窮屈で仕方がないが、生きていく分には不自由しない実家を飛び出したのもその辺が理由なのかもしれない
 信念なき無自覚な反抗者を気取るわけではないが、それが彼女の地だった

 あまりにも特異に過ぎた、妹に対する無意識の畏怖もあったかもしれない
 ただ、彼女は深い考えもなく、世の中に飛び出した
2398 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:17:05 ID:NQpIAvYE0
  "''- ,,.  . '-,,_ |  .|'-,, |\  i:;li:li:;| _______
     |. : .     "   |//.| |  \| ;li;li:| ._________ |         /::::::::::::
 .゙ / / |    |"''- , .   "-,| | |'-; .|\ :;| .___|____|____| |TTTTTTTTT./::::::::::::::
 -,,,_  |    | // | . .   . |_~'' .|  \ ゙._______ | ̄ ̄ ̄ ̄~ /:::::::::::::
,,,_   "'-'.  ゙ | // |  |'-,,. |`-,,\| | || | .___|____|____| | [三三三 /:::::::::::/
  ̄"''- ,,_   '-- ,,_|  |  | |;;;;; ;;;i | | || | ._________ |      /::::::::/  _
    :::| "''-- ,,,__   "-'. |; ;;;;;;;i | | || | .___|____|____| | [三三 /::::/  _-'''
    :::|  |"'''-- ,,, ゙̄''- ,,,__|;;; ;;;;;i | | || | ._________ |     <::/ ,-" || ixX
    :::|  |     i'| |「 |- ,,_~''- _ ,, . || | .___|____|____| | [三三 |-'ii: : ::::|| ixX
    :::|  | ゙// .i:| || 」 i|.|~"''';; iニ==;i   ______ .┌┐   :|       | |i  : :|| ixX
    :::|  |     i:| |::::  i|.|  || | ii |  ||| └┘   :| [三三 | |i   || ixX
    :::|  |. ,-―-,---、゙:: i|. ,、,、::| ii |┌┴┴┴┐_________|  ,---、!゙::|i:::=ニ|| ixX
 ̄|| ̄\,-―'ー―;ー'---、 (・・ ) ; ; ; _|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::io==oi.| |i   || ixX
  ii ̄ ̄~ ̄`) ,- 、_;,_,-,、)( y )~ "~__---:::::::::::::::::::::::::::::/ ̄i ''  ̄'':::ヽ|i   || ixX
  ii_,,,,-ー(( ):::`ー'::::::::::::_`'-- :UU '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  i   .   \ .i| ixX
. ̄::::::::::::::::::::    ''' ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   i  ..  .   \ ::xX

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 外の世界は無情であり混沌だった
 まだ二十歳にも満たない少女1人が生きていくにはあまりにも過酷
 徐々に目減りしていく実家から持ちだした金を見ながら、フレンダは早く選択をすべきだと
 判断した。幸い、実家で習得した技術がある。これを活用出来る職業を選べばいい
2399 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 13:17:24 ID:HlXwuhr.0
フレンダェ…
2400 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:19:53 ID:NQpIAvYE0


                 /                     \
              /    __  --             }
              {ニ二   __ -=ニ77¨¨¨¨Tニ=-  _,,ノ      ┼‐ll
              `'ァ^ア´  /  //         ::. \       丿二 
                    / /   /  //      \   ::.  :.     ヽ
                / /    ;  ア⌒     ⌒ヽ  ::|   :.    '⌒)
                  〈 .:|     |/              ∨:リ    〉    /
                 ::::|     |  -‐=ミ    -‐=ミ У   /      │
                  |:::|    ::. 、、、         、、、 |   ∨      ┃
                 |八    :::.               八   \
                  / :::::\   :::..    `   イ|   イ      \
              //:::::: /∧  `マ=-   _,,|i|<:::∧ |   |\
                // :::::::::::/∧   | Ⅵ   Ⅳ \ ::::: ∨  |/ ノ
             乂 :::::::::/r'ア}  | |__\__ _ノ __>┐}   /
               ノ\::// ノ  |/< \/ > 」/ [ノ  /( 
┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 薬剤調合などの関係の仕事は拙い
 出入りも人材も限られていて、妹に容易く発見されてしまうかもしれない
 それなりに地位と力をつけていれば妹の干渉も跳ね除けられるだろうが、今は拙い
 それに……そんな地味な仕事をするだけでも、面白くない
 人生はもっと過激で刺激的でないと。少なくとも、この時のフレンダはそう価値を考えていた
2401 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:23:13 ID:NQpIAvYE0
                     ,. -‐- 、
                     /∥  ∥ \
                /  "  "    ノ!
                ト ____/ |、
              , - 、 ___Y(トイ)  (トイ) 〉イイ__, - 、
         。 ゚」二7〉ー‐:lヾ彡' ヽ≡彡} |ノ!-─〈/二ヽ゚ 。
       。 ゚ィチ{_  \ rrh__y'⌒ヽ__rrn'ヽヽ ̄/ _}ユュ゚ 。
        。゚∧少シ┬|__,/{:|:|:{八Υ ノハ{:|:|:}ノ } {_.ノ7 /`寸ム゚。
      。゚∧V/ ヽ}  | ', `T´ヽ.二 ..ノ`¨´ / ,' |  |/ 〃゙寸ム゚。
     。∧V/\ ノ  .!  ', }、 ` ̄ ̄´   _/ ,'  .!   !   ハV∧。
     。∧V/\ ヽ|ー┼─-'  Τ ̄ ̄Τ´└─‐┼‐┤ /  | V∧
    。∧V-、,, ` ハ  l       |     .|       !   |   /ヽiV/!
    。iV/!: : : :.''-、,,ヽ ヽ 三三 |三三三|:三三三/  | -‐'   .}lV/!
    。{二}: : : : : : : :`'‐、」__/¨''=三三三!三三三|ー‐ ハ   / {lV/!
    。(@^7>ー-,、: : : : : : : : <ヽ、 `''=三!三三ニ/   l hヽ__.,.'´l((@)
    ゞ>Oヽ⊥」_ ̄¨''‐-、, : :.`ヽ`ヽ、`''=三三/ー‐ 〈 レ─\  }〉〉.〉
       |ヾ(_     ̄¨>=、」ヽ : : :..:`ヽ`> 〉   ヽ / //`ヽ ヽ/( ( ノ
      !二! ̄フ__ー-ゝ-' .! 、_`¨´''‐、: : < ____〉/  // ) )
         ̄ ̄    ̄¨''‐┴、__,-‐'_.: : :`''-、./`ヽ// /ー '
               / 7ーァ-ァ‐'´/''7‐-,__`'-、,く く_/ 。 。゚
               / /  / ノ  /{ l{  { }¨}''‐、>' |゚ ゚
               / :i   ! l  / ハ ! .| l !/ | |
             __7_:!、_/__// / / ̄¨¬'' ´   |__.!__
             | :| /{    `Y__{ ̄`i─‐「 ̄`ヽ}「.|三!
             | :| ハ_ゝ、   ,,.ノノ|__」─‐|___|.| |三|
             {_:|:|  7  ̄l  |  | └─‐┘ `i「| !_ノ
┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 次に考えたのは、マーセナリー、傭兵だった
 彼女の爆発物に関する知識があれば、戦闘工兵などに志願出来ると思われたからだ
 暫くネットで内容を検索した後……フレンダはマーセナリーへの志願を辞めた
 わざわざ好き好んで鉄火場に突っ込み、殺し合いを好き好んでするのが馬鹿らしいからだ
2402 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:28:20 ID:NQpIAvYE0



..   / {i  ≧=-   ‐ニ二二二二二二二二二二二二二二二二ニ.ノ
.    ′ 、      \   ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ‐ニ二二二二二二二二/
      i\         ヽ    V/       ー‐―――‐‐=≦ V/
   {i    |  \      V/,  V/                  V/
   {|  八 /  、      V/
   {|    ヾ     斗┐       、       ゙,             }
   {|      ‘, ァ゙{ 拆 ー‐‐i}      \    :}        }  ′ }
  从.        乂ッ     i}       ヽ   ;         ;    ;
.    、    }        i}            /        /   {  .′
.     个: . __ ノ                 i}.:.        /   .{ :{
        く        ,        i}:.:.         ′   人从
            ノ゙   /           i}:.:.            \、
.            ー く   イ         ;.:.:.:      {       \
             、            .:.:.:.:.:.     .八.         \


.  _______
./∨========.∧
マ:::::∨.\/\/\∧           
.マ:::::∨/\/\/ ∧
..マ::::::∨__/\/\ ∧        , ¨⌒`ヽ
 マ::::::∨ \/\/\∧       {     ヽ
. マ:::::::∨/\/\/ ∧      ゝ       \
.  マ:::::::∨__/.\/\ .∧    ┌────┐  \                
.  マ:::::::∨ .\/\/ヽ∧ ┌┴────┴─i  ヽ
   .マ:::::::∨./\/====∧.二二ニニニニニニニニニニニ|  ヘ
.   マ:::::::∨==ヽ:::::::::::| |\/\/\/\/|三|   ヽ
    ` ̄ ̄    )::::::::::| |/\/\/\/\|三|.    ゞ
    ソ´⌒ ̄ ̄ ̄へ──'ニt‐‐ ./\/\/|三|     .|
    /       〃     l ̄ヽ ヽ/\/\ ̄リ     .|
    |         ゝ    .|  |  ) /\/\|     |


┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 彼女が好むのは、遠隔地から運命を司る事
 直接切った貼ったして無様に死ぬなんて想像するだけでもイヤ
 そんなのは毎日蛆虫みたく消費され死んでいく連中に任せればいい
 自分は、安全地帯から最善の方法で最良の結果を受け取れるようにすればいいのだ
 かように、彼女は自分自身の運命に関しては冷淡で身勝手だった
 そのような少女が選んだ道は……
2403 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:32:10 ID:NQpIAvYE0
                         .. -‐―…‐-. .、
                    /:.:.:.:.:ィヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     ,イ:/:.:.:./:.:.:.',:.:.:.:.\:.:.:.:::.,
                   ,;' /..:.:/:|:.、:.:.:.'.,:.:.:.:.:.:.:.:::::::::,
                     ,;' /.:∠;/|:l、_';.;:,:;Y:.:.:.:.:.:::::::::::,
               ___((八.:l弋ツ l/イ´rテv}:.:.,:.:.:::::::::::::ト、
.             ,  '"´:.:.:.:.:.:.ヽヽ{ ヽ   ` ̄´ノ:./:.:::::::/::::ハ::::ヽ,
              ,:.´:.:.:../:.:./:.:',八 v ̄ 7´:.:./:.:.:./::::::::ノ:::::.,:;
             ;':.:.(:.:.:{:.:/:.:.:.:ノイiヽ `ー 'ノレ:.:,':.:.:.,'::::::::イ:::::::::,';'  ヾ',
.            _' ;.:.:ヽ;ゝ;.:.:;`ヽ:::i:i:.:.l`彡'´ミ{:.:i:.:.:.:i:.:::/::::ヽ::::::'人__ノリ
      ,..::'"´:.:.:.:.:.У:.:.:イ:.:.:从:.:.イ:_ノ圭圭圭;.:.',:::::',:::i:::::::::::Y´::::::`ヽ"´
.      ,.:':.:.:.;:. '"´,:.:/:.:./:.:.}:.ノ:.:.:';ハ圭圭:.rー==ニ二ニ=-y ::::::::::::::::;
      ;:.:.:.,:' ((´フ:.:.:.:i:.:::::l:.:, ィ´ヽ l   ゝ-‐=ニ二ニ=,,ir゙゙゙''''`-ニ;;..,、ヽ
     ヽ:.:ヽ  (:.:.:.:.:.:ノ:.:.:/    _,) // _..;;;;ニ`-''"゙'ュ〟   .,-'./ハ
      `)ノ ,.':.:,'´ヽ:.:.:.:{   ,. '´ -'''゙,゙ ー'゙ぐ、.     ,iヽリ;;、  !/:::::::;
    (`ヽ、 _,...ヽ( _,ノ:.八:;   ;'  _ / ゙ィz .l′ ヽl゙   .,./ `!l/、   .!|,:::::::ノ
       `ヽ:.:.:.:.:.:.ノ   ',  l   .|,.ヽl.     l:! ... |il″   ゛`-!/ヽ:::,
         `"´´ ,.::.:.:.}  イ    .l.       {;=ニ`-''"゙    -'./  ;:::;
               ((  〉 :l     ヽ_..;;;;ニ`-''"゙'ュ、 _..;;;;ニ`- !/  ,:::,'
                  Λ_i_,...-‐''゛´゙゙゙'-ニ ‐=ニ二ニ= _..;;;;ニ`}  '"´
                ,' 〈__,...'´{{工}}⌒ヽ ‐=ニ二ニ=-ぐ、 /
                } ゝー―'"´` ̄´`ヽノ ̄ ̄`ーミ__,/
               ,' /  /       {  ̄ ̄彡 ̄-'' ハ
.       _..;;;;ニ`-''"゙'ュ /,イ   ;           |   '"´  , '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     ゙ぐ、.     ,iア    {         }  r―'´ `ヽ                }
      ヽl゙   .,./ン'"    〉  ...:::::::::::::::::ゝ―::::::::::::::::::....、                  |
       l:! ... |il″'″   /  く::::::.:, '"´    `ヽ:::::::::::::::::::`: :..、              |
      `j.!./ .゛   ,    ,'     `ー         ..:::::::::::::::::::::::..、            |
     ,,-''" ̄`'''-、.    {                 ,.  '"´`ヽリ          |

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 それはスカヴェンジャーだった
 屍肉喰らいという蔑称がついた、されど成功さえすれば億万長者にすらなれる山師
 彼女が組合に加入した直後、とあるチームから組合にメンバー募集の要項が出された
 そのチームこそが、当時から学園都市でも指折りと呼ばれたチーム『アイテム』だった
2404 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:40:05 ID:NQpIAvYE0
                          _ -‐― - _
                         / : : : : : : : : : : >、
                       /: : : : : : : : : : : : : : : ∧
                         /: : : : : : : i: : :.r: : : : : : :∧
         , - 、          /: : : : : : : : | ! !/ ノク イ、 }、
       ,' /,'    )           ,.イ: : : : : : : : :.i | |イャヾイノリ人_
    , -‐-|,' (   ̄        / ノ: : : : : : : : : | ! !` ^ イ '
  γ!: : i: :.i : 人        / /: : : : : : ,: : : : | ! 人 、 ,ゝ
.  , { {i: :弋 ∨, -、ヽ、_ _ ,x< /: : : : : : : :ノ: : : : :|ヨトーヽr`
 λ乂ゝ 、 `r'乂_. , 孑  y ': : : : /: : /: : : : : :.|ノ ⌒  !
 { i、: :\: : :!i ̄: : : : : : : : : : : : /: : /: : : : :/: : ノ|    i マ  ο        /   ο
 乂\.__\ゝ乂____ _ ,><: : :〆: : : : : : :/: : /|    i  ヽ  O     //  O
   ゝ、`メ - ゝ、`ー--≠-― ‐ ': : : : , : : : :ノ: : イ/ |     i    !    ,;:''"゙゙'':.,.,/
     ゝ 、: : : : : : : : : : : : : : : : ィ,: : : // ノ,〃 |    i  ,' ―=:    :;=―
        ゝ- ナ: : : > イ〆 ノイ ノ ´ 〃ノ   ヽ     ヽ '  O /:、,. ..,::'、‐-
     、 ; ュ==ニ>_´ーフノ ̄       ヽ    \    ヽ  // v::    ο
                           iニニニニニニ\    ヽ_ ,、 |,
                           /         \     / '-' !


                 _____
             _,.x≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≫..、
          ,x≪.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         xく__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ./.:.:/: :/:<___:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       /.:.:/: :/:ハ: : \`.<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
        /.:.:/: :/:/ ヽ: :、: \:、\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
      ,:.:.:.:|: : |::|-―\\: ≧メ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!
      .:.:.:.:.:|: : |::|〃f心 \≧:、   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |.:.:.:.:.|: : |: ,ヽ ゞ゚' }        \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |.:.:.:.:.|: : |: ::,   ′        |:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      |.:.:.:.:.|: : |: : :.    _       |: : : ト、.:.:.:.:.:.:.:.|
      |.:.:.:.::|: : ト、:込   `ー `     |: |: :|: |:ヽ.:.:.:.:.:{
      |.:.:.:.:.|:|:|:!:|ヽ:介.、         イ |: |: :|: |:/.:.:.:.:.:.:〉
.     .ヽ.:.:.:|:|:|:|:{.:.:∨: :|:`:ト. _ <   ヽト: |: |'.:.:.://
         \|从トヽ: ハ: :.ト、:.! :|ヽ       |:川{.:.く/==、 __
          ̄ ̄`¨ヽ:|从ト、:ハ   _ =≦.:.:.:.:./ /   ヽ
                )! _>イr=ニ  /.:.:.:.:.:./| .//    :.
              ,.イ.:.:.:/7  / /.:.:.:.:.:.:.://.//       i

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 三人のESP能力者を主力としたチームは、あらゆる遺跡群を踏破し山のような遺物を入手してきた
 【原子崩し】の麦野沈利、【窒素装甲】の絹旗最愛、【能力追跡】の滝壺理后
 彼女らに探せぬものは無く、突破できぬ遺跡は無いとすら言われた

 そして、チームは極端なピラミッドに分かれていた
 三人のESP能力者、そしてわずかな3級が数人、残りは有象無象のハイエナと蛆虫

 加入したてのフレンダは……当然蛆虫だった
2405 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:47:00 ID:NQpIAvYE0
                      _、ー-、, ‐'''Z.._
                    >. `    ′ <
      zヾ'`^`'``' ' 'ィ_  ∠   ,  ハ. 、    ヽ
     7"`"'^'"`"'ヘ ヽ  / , /{ / uヽ.|\ト、    l
    /=ミ、 r,==1 .l   /,ィ=ミ‐' `ァ= 、ヽ  |
    | r~` "=ー、 1,、|.   { l「 `。lニニ{ 。´ ) }'Tn !
.     |ゝu゚l  l ゚-、< ||f|.|.  `(ノニイ v' ヽニゝ)' ||f} |
      |u _L__.」 __ 0 |lノ |   |u_└-- ┘, -、u llソ ト、
.      l(__`二´_) ハ ト、   l(__`ニ二´_ ノ( ト、 |::::ヽ、.__
_,, -‐''Tヽ.u ー   / ンH,>‐ヘ __ ー‐ v __ ノ  ヽ|::::::::l:::::
: : : : : : H::l`‐--‐' ,、-‐'' ´:::::::::::|:::::::「 ̄ ̄´u  v /|:::::::::|:::
: : : : : : :H::ヽ.  /:::l::::::::::::::::::::::|:::::::::ト、 u     / ,|::::::::::|::
: : : : : : : H_::/V/::::::|:::::::::::::::::::::|::::::::::l、`ー---‐' ./|:::::::::::|:
: : : : : : : :`<エ.7:::::::::|::::::::::::::::::::|:::::::::_」` ー---‐ '  L_:::::::::|

           _ヽー-、 ,. -;z.__
          ,>  `   ′ ' ∠._
          /            <
           イ      ,、     ヾ
         │  , ,.イ ハ. ト、   |
             | .ィ/ニソ 'エ、ヽ |    俺は多分、◯◯◯◯◯人目だから
         r'コ| { 9 .  9 } |Fヽ
           |にl| `ー ,」 L ー '  l|-リ
           ヽニ| 、_"‘‐u‐’´"_, |ン
            |.ト、二ニニ二ノ!|
           ,.l.ヽ.ー‐-rー─;ノ.l,、
      _,  -‐''::「l.\ ̄二 ̄.//|::`'ー- ._
  ,、-‐''":::::::::::::::::.:| \. ` ー ' / .|:::::::::::::::::::`''ー-,、
  /::l:::::::::::::::::::::::::::::l.  \  /   .|::::::::::::::::::::::::::::/::l
. /::::::l:::::::::::::::::::::::::::::l     ×     l:::::::::::::::::::::::::::/ ::::l

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 貧相な生活と貧相な装備、そしてワラワラと彼らは死んでいく
 一般的なスカヴェンジャー相互支援組織よりは随分マシだと言われているがフレンダには堪えた
 彼らは遺跡からではなく、お宝をすくい上げる三人の女神の掌から溢れる落穂を掴むために
 死地をかけ、そして運がよければおこぼれに預かり、悪ければあっさりと死んでいく
 あまりの死にっぷりにこれが普通なのかと同業者に聞いてみたらこう返事が来た
 【アイテムのとこは実入りは大きいけと等級でかいから死ぬ時は大勢死ぬんだ。
  だから頻繁に募集かけるんだよ。あんた、運が悪かったな】
2406 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:50:34 ID:NQpIAvYE0
 ̄                            , -―- 、    z≦三三
                          / ,  ミ、ヽ  \/三三三三
                        / /  l \ ヽ  ヽ.三三三三
  ___          _       / /l   |   l l   ハ三三三三
≦三三三三≧.、      ((____ノ /     |   | |   |三三三三    もう、やばいかもって訳よ
三(:::::::::::::::::::::)三)  /´ ̄ヽ       /   |  |   | |   |ミ三三三
三三三三三彡'゙  (  ー 、 , ―   /   j     |      |
`¨¨¨¨¨  ̄´    、__`フ  (___     ノ      /       八_  ,
           ` ー―ュ_   ̄)  _ノ  / /         ̄ノ
                  (     , ―     ,ノ /     {   ーく
                ̄ ̄ (        ̄ ̄`ヽ      ̄ ̄) ) )
                     ̄ ̄ ̄ ヽ   j      / /

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 背筋の寒くなるイベントを十数こなした頃、彼女は麦野から4級、ハイエナへの進級を告げられた
 このまま有象無象の5級としてさっくり散るかもと弱気になっていた頃合いである
 フレンダの顔にも漸く生気が戻ってきた。ひょっとしたら、このまま3級まで進級するかも
 3級になれば、世間的にもアイテムの中でも扱いは格段に良くなる
 そうすれば、今みたいな生活から脱出出来るかもしれない
2407 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:55:06 ID:NQpIAvYE0
            /ニYニヽ
           /( ゚ )( ゚ )⊂)
        ./::::⌒`´⌒::::⊂)     四級に上がったぐらいで有頂天wwwwww
      ./| ,-)___(-⊂)    これぞ死亡フラグ乙wwwwクズにはお似合いっていうwwww
    ./  | l   |-┬-|  l |
   /    \   `ー'´   /
  (              \
  \_ |            \
   (_) ̄ ̄\     /    |
    ) ししし |\ /     /
    (_⊃\   \   /


                ___
            _,. -≪////////≫x
         _ィ≪/////////////////≫、
        /////////////////////////7
.       //////////////////≫' ̄ ̄\!
       ////////////////≫'         ヽ
      {/////////x=≠< ´  \ \       ',
      ∨/// ̄    } \\ \\ \    ハ
         ̄/  !    |  \\ \ メ \    '.   その口閉じ無いと粘着爆弾打ち込むわよ糞爬虫類
         ′ |  |  .'   、ヽ_ヽイ\ 、 \ ヽ !   はまづらー、早く残りの荷物トラックに積んで!
          l |  |  l ,′ ノ '   _ ヽ,x汽 \   \  のんびりしてると麦野にお仕置きされるって訳よ!!
          | !  |  | , /     彡く)/ハ   \    \
          |ヽ  ', | 「  ,x汽       `''´ ''  「\   ヽ
            \ ヽ从彡く)/ハ          '|   \   '.
          | ヽ!   ヽ `''´   ` __    / !  ∨ヽ  '.          う、ういっす!>
         ハ ',    \ ''   レ'´` / ト、  l  ',   .
           /  !  '  、 ,个ト. ___ / , ! \'____   l
        /  / ,....}  !  |「   V      , /     {:::::::`:::}
       i  / /::::/  |  |′   \   / /      ヽ::::::::::!

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 何人か部下を持たされ、フレンダはいよいよ期待に心をふくらませていた
 上手く、これから上手く行くかもしれない。もう、何も怖くない、と

 そう、あの日までは淡い期待を抱いていた
2408 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 13:59:53 ID:NQpIAvYE0
. /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二二∧
/二二二ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ二|
ニニニニニニニニニニ二二二二>''"  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゙<二二二二ノ
ニニニニニニニニ> '"´   /  /    /    `7⌒i \
ニニニニニ二>'"   /     ,/  / |          /  ||
~~Tニ>''"      {    /  /  l|  /    \/  u||l |
  ∨ //     /  {/   /  /   |//    /` 、_,||l |
  |///    /   {  /  |   |/  ___∠______ /  |l 八
  |//       . : {/ /     |   l   x≪´  ̄ [ノ` / ノ/
  l/   , /  : : ::∨     |   {/     ==   { /   ゑ、解散……解散って、アイテムが
  /   / /    : : : :|      l    \          乂
. / /   |    : : : :|      |:.      , u        `,
// / /|   . : : : |      |: :       ,         /
: :/: :./:.:| . : : : :/ |       ; : : .    ′ _     ,
.: : : :./: : :: ..: .: .: : i |       ′: :     .   `⌒¬/
: : /: : :./: : : : : : ノ| |       ‘: : : :.    |u   /
/: : :./ : : : : / | |        ': : : :.    ト  __/|
: : :./ _: : -‐    | |      ‘,: : :.  |  l   |
--         _彡| 八       ,: : ::   |  ト. |

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 期待はあっさりと粉微塵に消し飛んだ
 都市からの命令で三人の能力者の【指定】が行われ、都市のお抱えとなった
 そして……チームは自然解散となった。稼ぎ頭の主力が消えたのだ
 大黒柱が抜け落ちた巨大な邸宅が崩壊するまでは……実に早かった
2409 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:04:55 ID:NQpIAvYE0
           ___    _
           >ー:::::::`´:::::::::;Z._
        ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::<
         /:::::::;ィ::ィ ;ハヽ;::::、:::::ヾ
.        1:: ノフjメ._v _>ヘ「ハ. :↑
        h.ヒr',ニヽ_r'ニ.ヽ.〕r|    もうこんな残骸に居られるか!
         |f|| い)-゚ノーペ-t)丿||f|   俺は別のチームへと移籍する!(死亡フラグ
.        ,ゞ|:u  ̄〈_ _ _〉 ̄ u |K
    _,, -‐''7::: | )(二ニニニつ( |:::ヾ''‐- 、._
‐''"´:::::::::::::::i:::::::ヽ._   ‐一  _.ノ ::::::i:::::::::::::::`'''‐
::::::::::::::::::::::: |::::::::::ト、 `:ー─‐''´, |:::::::::::|:::::::::::::::::::::::
:::::::::::r',二Yヘ ::::::::ト、` ‐---‐'´ノ|:::::::::r'Y二.ヽ::::::::::
::::::: {. -ー{_ノ:::::::::| ` ‐-‐ '´  |:::::::::し}ー- }::::::::
:::::::; ヘ. ',二j )‐''フ|          |く⌒(〈こ¨ 人:::::::
:/:{:::::ヾ=イ::::::|oレ;:====、、 |o|:::::::ヾー''´:ノ:`ー
:::::::::`::ー::フ′:::|:::|´∠二二\ヾ;|:::|::::::::::‘く´::::::::::::


                 _.. -‐'⌒\_
             ___ノ´        \
           ノ´      /⌒ヽ     l
         / r‐-、___..-''" /∩ \   \
         |ノ ヽ `ヽ._// / / | u  } _ |    くそっくそっ、今までアイテムをバックにあれこれしてきたのに……!!
          | (\\ヽ._ノ / ,ノ  { u ノ /__`!|    わ、ワシは都市から逃げるぞ、こんな街にもう居られるか!(死亡フラグ
            |u' ) \\, ノ 〈@   》〉( {ノ ,}|ヽ_
         |  (_ @Y  u.ヽし'=彡'゙,.-\ヽ_} |  |   `ヽ、       _
         \ { 八.u  └-、、_ノノ~ , ヽ.V  ヽ    \ ̄ ̄ ̄
           }r゙ ノ /  J  r‐'  ,;:=''"__ uヾ\____\    |
            (_;_ノ `ーl"iー'゙;;=''"__,.-く._L> ヽ    /ト、   \
            〉,,,;;:=し'  /ヽ__>ー'゙ .イ} ヽ.u / | ヽ    ヽ
           /〉u' __,. ィ" >‐'゙   ,.へ/  ノ  / |  ヽ    ヽ
          / 'ー'"[__.ト‐'´  _,. イ_>' /  / |   l、     \
        /        >匚L -''" u .ノ u' /   |   | |      >
      /ヽ       {____ u' _,.-''"    /   |   ||    <_
     /    \        l.__/ | | \ U /   |   |   |      |

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 目利きの効く3級は手早く店じまいをしてアイテムから去っていった
 残された者達の醜態は……非常に目に余った
 好き勝手に行動しては自滅し、逃散し、濁流に呑まれていく小石の様に消えていった
 三人が去ってから数カ月後、七区の片隅にある小さな事務所まで落ちぶれていたアイテムの
 残滓は……フレンダともう一人、彼女のかつての部下だった浜面仕上になっていた
2410 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:09:34 ID:NQpIAvYE0
                        N从,イ'7イ/zz
                      ト 从   /7 ≧イzィ
                        、 {丶   __z   ミ、≦-<
                   、 > < _,   ̄ ベ、  ヾ丶 <___
                   ミ___,  /,イ ,、 i ヘ、 ヘ   、  ゝ彡-,
  __ zz -----z         .彡./ イiliレilililⅥililililil爻  ヘ ミ、<
  ///////////////>...   .才 从ililf i!ヽ ilili '´.i! 〉il从Vヘミ≦
  //////////////////>   /'ム }''''''´ .:{ :. `¨´  爻 .ヘ爻
  ////////////////////∧ イ´Z/ {    ` `   u. ZソNゝ、_
  ////////////////////,∧ . 'λ 込   _      ,-イ ヘ ‐-
  //////////////////////  リ j'  ヘ '′─ヽ  イ  ヽ-ゝ
 _n_,.、   n    __,n_ ///.  .イ7  ゝ、 _ イ´l  {.、夲`
└i rヘ〉 . /厶__  7,仁l己//,}  .fヽイイ<ヘ    / ゝ  >'⌒}{
(才P_) └'^ー┘. 〈ハ⊆.广///- '¨、 :.く { {    //> ´:.>´:.く_  __
  ///////////////// / :. :. :. :. :廴ミ:ヘ,、 ,、 彳:> ':. : ,.イ////////> 、
  //////////////// ヒ :. :. :. :. :. :. :. :. :. :キV/ :. :. :. :. ////////////////
  /////////// ハつミ, 、.ィゝ<ミ ア :. :. :. ∨:. :. :. :. ///////////////////
  ///////// /ィ`.く  `ヽ 、 ヒi:. :. :. :. :. :¦:. :. :. :. :}._n_  __n____. __
  ////// / ,ィ´ ゝ, ヽ マム.' ゝ':. :. :. :. :. :¦:. :. :. :. :.l└┐r┘ └ァ┌┘└┘/7
  ////// / {  、__ム`.´   ミY彡':. :. :. : ¦:. :. :. :. :.:l  く.ノ   く.イ_!    <ノ
  ///// {l .ゝ __ イ ハ´ `,`¨‐':. :. :. :. :.¦:. :. :. :. :. 乂////////////////
  //////.込 _  イ//}  }:. :. :. :. :.:. :.¦:. :. :. :. :. :. :<///////////////
  ////////////////丿  l:. :. :. :. :. :. :¦:. :. :. :. :. :. :. :. ///////////////
  ////////////// :.'     .l:. :. :. :. :. :./:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.///////////////
  /.-.-.ヽ:. :. :. :. :. :.イ´   /:. :. :. :. :. ¦:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. //////////

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 浜面への印象は、パッとしない男だった
 顔立ちは悪くないが美男子でもない。要領は良く馬鹿ではないが叡智に長けている訳でもない
 腕っ節は弱くはないが断じて強くもない。多芸であるが、一流なのは運転と機械イジリ
 少なくとも、リーダーとしての器は一流とは言えなかった
2411 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:12:58 ID:NQpIAvYE0
            ∠ニニニニニニニニニニニニニニニ\
         /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ.
.        ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
        {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ}
       / \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニア
.        ′   ー=ニニニニニニニニニニニ=-‐     ゚。
                          / \   
      i         } 厶-‐-ミ/_,  、____,   |
      |   }    } / / 〈/       }  }|
      |   }V⌒ア /xテ竓斧ミ     斧汽} 八
      ∧   }∧(/ / '^代nン     vン んイ
      / }  } . / / { /i/i/i/    /i/{ . 人__
.     / 丿  } / / i {        '  -―-ミ⌒ヽ
    / /  〈_/. ._.八 ト .     _/ ___    }  }
    /   . -‐={,  \〉 >‐ /   }^    ハ丿
. _彡   ∠ニニニニ∧   / .  〈__  ‐=′    /
 丿   =ニニニニニニ∧   /       /    /
   /ニニニニニニニニニ∨ {               ∧ \
.   .ニニニニニニニニニニ{ { {(X)} {   .  ゚。  \
   {ニニニ{ニニニニニニ人  .      人__/(X)} °  ゚。
   {ニニニ{ニニニニニニニア´ ̄`ヽ         /  }    °

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 正直、自分を賭けるには役不足と言えただろう
 最初の内は、誰ぞ手頃な移籍先があればそちらに移るつもりだった
 一時の縁にしか過ぎない感じだった。だが、動けなかった
 潰れたかつての1流チーム。それは汚名であり蔑称だった
 そこに最後まで残っている2人に、それは付き纏い動きを束縛していたのだ
 故に、浜面にフレンダは頼り、賭ける他なくなったのである
2412 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:15:12 ID:NQpIAvYE0
                         _,.  -‐………‐- ミ
                        .。s≦ニニニニニニニニニニニニニニ` 、
                        ‐ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
                      /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニム
                   Yニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ‐
                人ニニニニ‐>''" ̄/  ̄ ̄ ̄””“ '' ‐=ニニニニニニ}
                /¨¨¨¨´     ./   /      ノ i ‐=ニニノ
                    /     .′ /    / ./⌒^i  i Y
              /   //       ,     `Xイ    Ⅵ :i :|
                  ′ / .′    :{ ./ィ'ァ抖=ミ、 \     Ⅵ; }
                {i/          :{Ⅳ     V沁    ー‐‐Ⅵ :}
               /    {     :Ⅳ     ゛ー '    斧ミ }  ;
.            /    ‘, ‘,     i{            似 } ノ/
         /   _____,r '‐、       小              '  /´{
        /  . ´ニニニニ∧i:i:ム     ハ     「   、    .   {
.     /   /ニ‐\.,、.ニニムi:i:i:ム.           乂   >      :{
.           ‐ニニニくi:i\⌒ 、i:i:iム      ト        イ   ‘,
    /     ,\___‐ニァ\i:\ \i:ムヽ     i/> ., ..。s升  i  } i}
.   /     /ニ{i:i:i:i> ., `¨¨´  `¨ ∨   ; ニニニニヽ i     | ; .   _/_ _/_
  /     /‐ニニ”''<i:i:i:i>       ∨ ./{ニニニニニ‐ .|     | /レ'   /ァ‐/ァく_,/
       /ニニマニニニ Y´  ,,.       V./ , ニニニニニ‐     i'    ´'´ '´/i:i:>
.      /ニニニ マニニニ.ヾ''´         〈  マ.ニニニニニi     :|   /      __7
     /ニニニニニマニニニ.乂ー、          、__. マ ニニニニ|     :|   .′    } フ
.    /ニニニニニニ マニニニニニ‐\         }ニー 、ニニニニ|   _,,斗*==ミ   ノ''´
   /ニニニニニニニ‐ 、ニニニニニニ‐>       ノ'ニニニ\ニニi| ノ⌒ニニニニニヽ /
.   ‐ニニニニニニニニニ,\ニニニニニニニニ`i 、/ニニニニニニ> ´,ニニニニニニニニノ
  ニニニニニニニニニ‐{  ヽ ニニニニニニニ乂´ニニニニニニニニニニニ> .,ニ>''´

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 フレンダはがめつい女だった。己の命と利益に関してはとくにがめつかった
 だからこそ、生き残る為に必死に浜面を支えた
 己の技術で爆弾を作り、惰弱なチームの火力を支えた
2413 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:18:26 ID:NQpIAvYE0
            __  _,,,,_
          /二    ヽ   ヽ\
         /    __    ,、 、  ヘ ',
        /./   /ィ  , ト_イハヾヽ ', ヽ、
        ,' !  ! !/ j j j ',   ヽ ! .ハ
        .!   j  ,' ,, .,' ノ ヘ'、 、ヘ   ',
        .|.ハj j  l ノイ7`  ヾ` ト、ヘ | 、',',
        !' 、! ! |jイイ´    ´` ト',j ハj j
        !  ,| .', !wッ=    `''"´ ノ! V
        ,' ハ ', ', ///   ' ///jハ', .ハ
       ヽ { ', トヘ`.  _,, _,  ノ ヘノノ
         !,、 ', ', トヘト、    ,イ  /ノ
         ヾニ=ヽヾ',__ノ  ̄ ̄{,ヘ   ',
         イ    \      `',  ',、
         .|  、    ` ‐  ‐'"´',  ヘ ヽ
       , ィ ! ヽ          ヘ  ヘ ',
   ,   イ   ',  !           ヘ  ヽ',
   ハ、__ レ /‐j  j            ヘ   .\
   '、 _,, {イ j  .!            : ',    ヽ
      ヾゝ-" !  ト、   ,ノ  .、    ハ    }
      ./   !  j  ̄     ヽ ‐ イ .ハ\  ,'
      '. j   '   !,           j ハ.ヘ ヽ'
      ヾ } .,'   j.',           {  } }
      、__ノ ,'   .ハ           ',イノ
      ヾニイ   ,'/      {     ',
        j   /             ',
        .|  /              .',
        .! /               .',

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 そして、必要であれば女も捧げた
 奴がもう少しいい男であれば、素直に委ねれたのにとぼやいたものだ
 その後の関係がスムーズに、そして肌を合わせるのに嫌悪を感じなくなるのが早かったのは
 相性が良かったのか、それともフレンダの心境に変化があったのか
 それはフレンダにもよくわかってない。フレンダにとっては浜面は浜面だからだ
2414 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:22:08 ID:NQpIAvYE0
                 ̄ ̄¨ヽ \
                , -ー、 ヾヘ /
            _,,, ,/    `ー  ´ ̄\
  ,   -‐ ' "              /ヽ,/:i    ヘ
"                  / ---- ゙i    ヘ
           __        /´ ̄ ̄`j ,'     ',___
           ヽ::: /   i  7:::...__/ /     i,:::::/
           |\i   i 7ミ:::::::::::/ ./ i/|    i/|
            {ヽ 、i ', i,ィ云xーテ/, イ云ュ| 7    j /}
          / \ ノ ', |      i!    j/    //
         /  , ' \ ヾ     '    /  / /
      ./   ´     \|ヘ   ー 一 ////
    , -'"         ',. |ヽ\   ´  /,'::/ |
, -'"            i:ヾ \|> -<l/   !
              ', ',  j:;「l:::::::::「|:::::| ノ
                 ./::| l/ヽ、 |:::/`ー---─ 、 /ヽ
   , イ      {\. ,ィ´ ̄ ̄ ` / 〉/__,へ、    /::/^l} /ヽ
./〃    .|\ヽ::::| ̄三二フ,r=-'´__,二ヽ   〉  /:::/{ //7}::::}
 /     ノ|::::\}::| 〉/¨7ゞイ ̄}:::::::::::、 `ヾ| /:::::::/ |/::://::::/
.7    /  |\::::iノ'´::::///´/::::::::::::::;ヽ,/:::::::/_/:::::://::::/


                 __
                ´     `―≦⌒≧o。
             /               \
            ′                /7
           /            ト、〉 ☆./ ハ___ノ
〕ト、        l ___       __ノニニニニ/`¨¨¨¨´
   〕ト、     八/⌒≧o。¨¨¨¨¨_ -¨/´.  i|  i| 八
.〕ト、    〕ト、.   /     `¨¨´  // ハ  i|  i|.  |ト、
   〕ト、.   〕 /         / /j/ \ 」  ′ ト、’。
 〕ト、   〕ト、__/ 、       /   { ィ斧ミ、 / / 八’。’。
    〕ト/ ´) | |i 〉__ イrツ \、|  Vrツ / /7.ハ   ’。’。
  〕ト、 /  `¨¨¨l//  / | l   '     7 /  /|    `¨¨¨
    Y⌒≧。   イ  ハ___|_込、   、   /. / i|  j{ Ⅴ
.    |ニニニニ`Y´.|  / \ニニ≧o。._  ≦ /__八_7  ⅤⅣ
 __/¨¨¨¨¨¨\八 |j.   Ⅳニニ∧  ′lト、__  〕ト、  、Ⅴ
 |____ト、     |. /。’。  |.Ⅴニニ=-- | i|ニニ ト、 ノ ∨ \
 |___ l     |´  ’。’。 .| 八ニニニニ八. Ⅴニ7 }-- ∨’ 。\
. \ 八    八   ’。’ノ.  ≧o。ニニ∧ Ⅴ. j{ l--- ∨ |.  \
.   \.∧      〉   .イ \   `¨¨¨ト、_\ⅤⅤ---∨    \
    l--∧.    八 /、_.∧. \.   O|   ノー―{l⌒l}


┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 そして現在、アイテムスラッグと呼ばれるチームは高度成長期に入ろうとしている
2415 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 14:22:21 ID:IBed4SJ.0
事務所にロケット弾をブチ込まれて死んだメンバーとはイタしてたん、フレンダ?(痴的好奇心)
2416 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:25:27 ID:NQpIAvYE0
                    |             l
                    l_       _... -= >..
                    /    ̄ == =       \
               /    _ ... --- = .. __       .ム
               /   /_... -ニニニニ- .. _ >.、    .ム
                 l  //   .ヽニニY      ` 、_>,   ム
          ,- 、   .l ./ /       l三         「 .l   .l      なんつーかっこうだよ
          .l   .l .   l..l ll     .ノ三 、       .ハ  l U  l
          ├ ´.l   l l .ゝ、  _ ≦===::ゝ、    ≦:L__l    l
 __     }___.}   八- l≧ ̄         ̄ >/ . /   ...l
..l////ム     」___.」=、_.l .├->             <--< U    .}
. l:////ム  .∧__  .,l ..l .l  .|               |  |    ./
.. l/////:|.__l.(   ̄../...._l > ゝ├-=.... __ .....=- ┤_ ┘-.、 /
... l/////l .l .> ____ ノ「 ....ハ´_./三三三三三三三三三≧) _/
.....l/////l..八   .ン   ./ニ≧-≧ニ三三三三三≦=-- =   _ _
/ヽ- < /l ..`l-..<人-´  ..>.-T  ̄   .l/////.l ̄> __...-   ム   ̄ ==
     / .l   ー / ∧ <    .l      ̄ ̄ ̄   .ム >、   .ム \
      /  ゝ _ ノ ./ .l      .|              .ム   .ム   .ム
_ -=く--= _  /  l      .|                  ム  .ム    ム



                      、_
               イ二ニYご⌒´ 、
             / ノ /  ハ ヽ  ヽ
            _ノ イ",'  {   }  ヽ  ヽ
            7 ノ ,'  !   |   j  ヽ ト‐
            ノ ノノ ハ_,,ィ  ! ‐-j |  `ト
           イj"´ ハ j_ヽヾ ,' ノィ-ハ   ト
            イ ヘトヘ弌戈    戈仞j  .!     晴れの舞台ですから(キリッ
            ! ヘ ヘ.///  , /// / / ハ
            弋  ', ハ   .、__,   ,{ ( ノj
             イ二ゝ ヽ、    イィ二 ゝ
             )―イ--イ ` ´ ! ̄ヾ‐'―ト 、   ,
        ィ=-イ イ ノ ` ト 、   r-__、_{ ヽ、 ヘヘ  {'ィ)ソ
        (ト7 /  / 、       〈}、jィ‐ ヽ ヘ  ヘ ト' '―- 、
      ィ、  { ハ  ! {      ': : ヘ ヾヘ- ヘ ヘ  \  ヽ .}_
       ィ ヽノ  !  ,' '、    ,' ヽ  ヽ 、  ヘ )ヘ    く ` ̄´
     ィ‐ゝ イ ノ ,イ   jト-     `  ヘ   ヘ { ̄`<ソ
    イィ―ィ- 、_イ !   .',          ヘ   ヽヘ
    `  `      .',   .',          .ハ   ヾ
             ',   .',          .{ ヘ    !
              ',   ハ         .', ヽ   j
              ハ   .ヘ          ヘ   `´

┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 加速していく物語の中で、フレンダと浜面がどう関与していくのか
2417 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:27:29 ID:NQpIAvYE0
               /二二二二二二二二二ニニニニ\
             /二二二二二二二二二二二二二ニ\
               {二二二二二二三三三二二二二二二\
              ∨二二二二三三三三三三二二二二二∧
              /  / / ^Y´ ̄ ̄ -=ニ三三三二二二二二}
.             /  / /  l   |  \   -=ニ三二二二二/
             i |/_/  八  |         |  l -=ニ三彡'
             | |_/-`  --\‐- 、 |  |  |    `く
             ∧ l气刈   '´__\\ |   /  l|
.            / ∧{ |炒'   气芹≧x  /   |       ,
           l /  ′      _乂炒 }∨   |      ′
         /   | | l         /     从       |
        /    | l          /         }    ノ
      /   /  :l人 `ー 、_ /       /    }   /
.     / /|   |  、    /  /     /   /  ′
     l {  |   |   ∧__///   . . : : /  /:    {
     人 \j : ::| |   ∨ / /   . : : : :/  /: : :   {\
      \  : :| |     { ∧:{  . : : : :/  ,∧___{: .   ー‐  、
.         \: :ノ |   . :| {: ::| . : :.:./:..   |:i:i:i:i:i/:i:i:i\: :..   ト
.           /. :   . : ://\| : : /(: : : : .  人:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:∧: : :   | |  }
         /: :/ . : :://  /\: {: :\: : : : : .  ̄ ̄\:i:i:i:i:|: : : : : |ノ/
      /: :/: : : : /i:i/⌒Y\/\: : : \: : : : : : : .   \:i:|: : : : : l/


                             ノ!
                 イ    / /}.,. イ 7
                / l  ,ィ// /.イ   /, .ィ" ,  > _
               ,  / { // , イ/       ,.ィ'"´-ィ ´ ̄ /
              ム ,  V            ´    、__ , ィ   __,. ィ
              l ゞ{       イ _,zz-≦_      `  ̄  /
              l  ヽ .ィ´   .冫{ィ´             二ニミ、
             ヽ、.ゝ、/     /     ィ‐、          、 ヽ
           ゝ、/      /        ゝヽ    斗     >、 ____
         __z =/才   / /     ,' l   `l!   ヾ,      、_ > ' ´
        , ≦z, / /  Ⅹ /  /   ,ィ .l         ヘ      .ヘ __
         '"    /' / ,{ / `! .! /  / /{  }    i           、ヘ
         ー‐=zz } /l.7`ヽ {/{  从7 .从.7.  ! j  .ハ  .マ       ヾィ、_
          /x7/从ト 6i}Y { ∧7 ∨,    i 7 .ハ   マ    ≦、-─ '
            〃 /,ノ. 、{`¨´  匕-、___.   ! 7.l /     ハ   ヽ.─一 ヽ
            .,イ /  ./ ヽ Ⅵ ´ ̄へ .Vl゙`у/ /   .ハ}   {ヽゝ >─
                l  く       .\ヽ 9 ヾ Y / ./   ,  .7 ヘ    .у´
                l   .`、_      ゝ `¨´ V ./ ィ / ,7 、_ヽ  /
            l t、             / イ,イ / , イ7冫∨/        >
              .} ヽ`ヽ、         ノ´ 7 // 7イ /      >≦
            l ::.. ヽゝ、ヽ、        ,ィノ' .xィ   У.     ,イ
            ヽ、`` `〒─'     , イ   >W.ゝ/    .//
              ` ─────    _,> ´ /.从 "    / /
┏            ┓
 システムメッセージ
┣━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 それは、まだ決まっていない未来のお話である

 おはり
2418 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/01(土) 14:28:11 ID:NQpIAvYE0
>>2415
してない、そこまで投資する価値がないとフレンダが判断してた
2419 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 14:30:43 ID:IBed4SJ.0
>してない
ヅラが「一人っ子」で安心したはww それにしても……フレメアって一体何者なんや?(困惑)
乙乙
2423 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/01(土) 19:09:51 ID:I5s4S8i20
乙 フレンダの妹って一体…
あと嫌悪感なくなったのってヅラが異常に上手か(ry
2425 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/02(日) 00:56:00 ID:u7RhgwN20
麦野がもう少し素直で、あるいは、滝壺がもう少し積極的だったら、
フレンダはどうなってたんじゃろうなぁ…
ちょろっとifで語られてたけど、あれは浜面視点だったし
2426 : ◆nJW8zJcmws [] 2014/11/02(日) 13:48:32 ID:8OUWlL.o0
>>2419
その辺はまぁ追々と
後、フレンダは生き残りの為なら身体も開くけど、決して安売りはしないタイプ

>>2423
パルパルとの夜間近接戦闘術が功を奏しました

>>2425
麦野か滝壺、どっちかが興味持たなければ片方が浜面ゲッチュしてたと思う


後、明日と明後日は普段通りの日程で殺りまーす 時間帯は20~21時の間ね
2427 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/02(日) 13:57:26 ID:jlhsAUsE0
ヅラも生き残りの為なら身体も開くけど、決して高値はつかないタイプ?
2428 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/02(日) 14:14:03 ID:8OUWlL.o0
                           /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
                           (,:::::::::::;_:::::::::::::::::::::::::::..゙:、
                               l ~´リ゙~ `^`~゙´}::::::::::::::::::i
                           ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|    浜面クン、愛が無いと意味がないぞ愛がないと
                           !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
                           .ソ   ```  :.:.: ソ,iノノ::::::|
                           ヽ,-     .:..:.:シ_,イ、:::::l
                               i==-  .:..:.:イ   ヾヘv
                              , ゝ...:.  _,.ィ  i ,.'  }  ` 、─────────┐ 、
                             , ´  ゙'ーイシ″ ,  /.:. .  `  .///////////////}||ll\
                         ,.. '´   \ ヽ/,ハ::.:..:. /            ` ー- 、///////:}||ll|ll|}
                       /     ノト_,ノ┘″}:.:.:./ __  -─…        ヽ///// }||ll|ll|}
                         /  _,. イ      ヽ / -‐              '/////}||ll|ll|}
                       /    /  ,                  、         '////:}||ll|ll|}
                     /     ,/ .:レ        /           ヽ       ‘.///}||ll|ll|}
                         /     / /       ,′              ,::..         V//}||ll|ll|{
                      /      ′:′        ′           /;ハ:.:.        ∨/||ll|ll|{
                    /     .::' ..:.:{       .:i         ..:.:.:/:.:..:ヘ:.       ∨||ll|ll|{
                     , ′     .:.;:.:.:..:.':..         ‘       ...:..:.:.:./..:..:.:.:∧:.       'l||ll|ll|{
                  ′     .:.:j:..:..:/ !   ::...        ¨"´  ..:..:./..:.:.//∧       l|l|ll|{
                    .: .:..:.:;'.:.:; ′}   /    \       .:..:..: '.:.:://///ヽ       'l||ll|{
                   ‘.  .:..:..:://   }  /  .:'    ヽ      ..:.::'´..:.://///// ヘ __    'l|l|{
                 } ..:.:.:.:∠   -─}          }      ..:.:.:.::///////,.. ´  `ヽ  'l|l{
     ,.. . _      r─…   `ー‐匕.    -─,      }:.            .:.::_;厶 -‐ ''"´          'l{
  /    ` '   L._::{f¨ ̄三三三三三三,′    !:.:.        .:.:/                 j
 /                  ` <こ三三三三ン    .::/       !     , ′   .:}. -──…… ' 二二|
./                       `   、/  {     ′       j  / /   / / ̄ ̄三三三三三三|
2429 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/11/02(日) 14:27:03 ID:c1ipLmlQ0
因みに、杏子ちゃんはどのタイプなんだろ?w
2430 : ◆nJW8zJcmws [sage] 2014/11/02(日) 14:40:52 ID:8OUWlL.o0
              ____.、   |:!  ,:}   __
         __/{ヽ/⌒\: .、|:レ´:/ ∠ニニニニニ}
        {/,ィ==ミ、 : : 〉: ; - 、:: :/∠ニニニニニニく
        | ′ >V:_/: //⌒: : : :/: : : :`:<ニニ}
        |/ /  .∨ ,:/: : : : : : : : : : : : : : : :マ
.         }/     ./: :.{{: ,:へ: : : : /:へ: : 、: :,: : :ヽ __,,... - ‐ 、
        /       /|: :,,:斗: : : \:/: :_: :|: : |: : \ ∧   //     ヽ
.       /       /: l:/: .:/: : :「>-<: }:|: : |: : : :.∨/,...//      }!
      /       /:|: /: .:/: : : :|      リ:!: :卜、: : : ∨}`〈      :}
      ,′   .\/: :|/: : :{: : : : :!     |:|:_斗=ミ: : :.‘,}  }      ;'
      ,′   ⌒|ヽ:,′: : !: :,:斗+ミ    八: /   }: : : :}  }     ]   あたしゃ、そう言った安直な手段は好かねぇ
     从     ̄ \{:ハ: : :!: :|:八{    / イ,,斗匕: : }: 〕 /       }   リーダーもチームメイトにそれを禁じてるしなぁ
    八         \}: :.|: :{ァ≠=ミ      `ぅ::::ソ: :イ:/__{      ;′  腕っ節と呼び寄せた運気でチーム作ったリーダーが証明してるんだ
      \         ヽ:.|: :| ぅ:::::ソ        /イ:_|'/ |      }    あたしもそこは見習おうって思ってんだよ
          >,       }:|:込      ,      // {        ;′   だから、高く売るのは槍の腕だ、女じゃねぇ
        /:/ \     从ハ父ト  _   r-、   イ7/         .;     ま、あたしの場合男に抱かれる前にこの身体になっちまったからなー
.       /:/   >,      {//777} / ) 〉  .{/}            ′    ちゃんとそっちの機能もついてるし、今更嘆いても仕方がねぇ
     , :/  //: \    }////7 \_/  //{         ;′     だけど、偶に生身の女が羨ましくなるのも事実だわな
      i {   /.:./: : : :「\   ∨//∧     ///{          .:}
      |.l   { : {: .: : .:|: : :} :/ .∨//∧.     {///7   :.    .::′      後、娼館のババアの査定曰く、青味が取れればそれなりに高く売れるってよ
      |:l   { : {: : ,: .:|: : :|∨  ∨,'//}    ∨//    :.   .::′       ハッ、大きなお世話だっての
      |:l   { : {: /: :| : |,′   ∨//     }'/       \:/: :,
      |:l   { : {/: : :|.:∧{      V}     ,,}′       .:∧: ; :,
      |:l   { :/}:. : : :| /.: |{      ;′     [j       { :} :|: :,
.      从 ,.イ: }:. : : :|:{.: .:|!      ;′     {        | :} :|: :;
        /|: :}:. : : :|:{.: |     ′       :,        | :} :|: :}
   \_ .//{: :i : : : :|:{.: |   ;′       :,       | :} :|: :}
     ⌒)./ 从:}: : : .:|:{.: |   ;′        }       .| :} :|: :}
     / ′ /}: 八:.|:{.: /   ,:           ;′       | :} :|: :}
    /           \}/   {         {        | :} :|: :}
                 /    :}         :,       .| :}八人_ ノ
            _/      {    .:      }      | :}! }   ⌒\
             //       :'      }!      {      ∨ /
            //   /   {             :,  {    ∨
        ,′ _,,,....彳   :'              }   ゞ...,,,_  :,
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2307-9311e0f3