やる夫の中堅スカべンジャー日記 その1

23 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 19:59:05.73 ID:YgE3VJzG
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作


          やる夫の中堅スカべンジャー日記


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
24 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 19:59:34.01 ID:YgE3VJzG
                                    __
                                    /|: : :.:::|
                                l   | : : : :|        スカベンジャー
                                 |   |: : :. .:|         屍肉喰らい、と呼ばれる者たちがいる。
                                 |   |: : : :.:|
  iv'ヘ                                |  |:|l==|         およそ1000年前に起きた大崩壊で世界から文明の息吹が途絶えかけ、
  | ;`;|                            |  |:|》: ::::|
  | ;'l:|           i'`'i             、       /|  |:|\ : |          残された人々の中で、過酷な遺跡探索に操り出し、旧文明の遺産を掘り起こす者。
  !:`l'|  ζ\     |;`;|             ∥       〕 .|  |:|  || | ./\
-、_|_.;l:|   \';、\  :|':i;;|     .  i'1   ||/>  r┘.:|  |:|  ||::| |  ∥                     それ
ー|_}:;|    \';、.\|;';;;|   ./〉 |;|_r//  /| ̄\:|  |:|   ̄ .:〃.     その彼らの名こそが、スカベンジャーである。
-|_|`|_r:‐:‐:‐:‐\';、\;| r‐//┐_|:|::::::::;⊥、r/.::| .:::::::|/\/\   《/
ー|_};|::::::::::: : :: : {二l\;i`!、::://:::::::::::::::::::r| .::| /.:::::<\/   〈:::.:... \ 》 '
-|_| ̄/\:::::::/`|_{┬| |;、\::::::::i'|::::::r┴冂、 .:::::|::\\ _____:::::.:..〉″
ー|_}::/ 、';';〉.:/ /{_|┴lニニニニニl.r┴、_|_|_|:>:::::___|」__:l;_;_//..:
-|_;l'_;_;_∠;/_/___l_,,:;;}┬┴┬┴┬┴┐::| .:::|_rェ┘__;!___;!__;|_;_;
~゛'' ┘⊥ 」_ |  |{_|┴┬┴┬┴┬┴┤ .:|_;!__;!__:l__;!__;
         ~゛'''' ┴'::⊥Λ二\.:|  .:|ー:|__;!__;!__;!__:l_
 `     , '  .   `   ∨_,,,;;;;/. ~゛`┴ -'⊥ .」_;!__;!__;!__;!



                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!              ……そんな風に言えば聞こえはいいが、
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!              実際のところ、スカベンジャーの大半は学も技術も地位もない者が、
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/
                 /´   γ´         \ .∨                  己の命を掛け金に、一獲千金を夢見たギャンブラーである。
             〈      |           `ヾ
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ            やっているのも、国に認可されているだけで人の墓場を荒らしているも同じ。
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、                          スカベンジャー
     / γ´       .∥ ̄∥    ヽ::::∨      ./        ∨        だからこそ、付いたあだ名が屍肉喰らい。
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ     やれウジ虫だハイエナだと、時に蔑まれる職業だ。
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
25 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:00:50.94 ID:YgE3VJzG
                     ____
                   /      \
                  / ─    ─ \       そんなスカベンジャーに、入即出やる夫という青年がいる。
                /   (●)  (●)  \
                |      (__人__)     |      1~5の数字に分けられた等級で、彼に与えられているのは4級。
                 \    ` ⌒´    ,/                                     ブ ー ビ ー
                 /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        ハイエナ等と揶揄される、最底辺よりはマシな下から二番目だ。
                /      ,⊆ニ_ヽ、  |
               /    / r─--⊃、  |
               | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



              ___                  ___
            /      \             /      \        どこにでもいる、と言うほどありふれているわけではない。
          /   ─   ─\          /─   ─   \
        /   ( ●) ( ●)\       /(● ) (● )   \     通常複数人で行動するスカベンジャーで、どこのチームにも属さず
        |        (__人__)   |       |   (__人__)        |
       \     ` ⌒´   /       \   `⌒ ´     /       等級を上げるのはそれなりの快挙である。
        /⌒           ヽ          /            ⌒ヽ
      |   ヽ__     _ ',       / _        /  |
        :、_     )  ( ̄ _丿       '、__ヽ (  ̄ ̄ _/     けれどそれも、彼が特別優秀だからというわけではなく、
        |   /  ̄`i  / ̄  `i       /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
        |      |     ,    |       |   、   |      |      結構な時間をかけ、経験と実績を積み重ねたからに過ぎない。
       ∧ |     |__/     /       、   \__|    | /
       `ーヽ _ |   |  _/        \_  |  | _ /~´        まあ、探せばそれなりに見つかる人物だ。
         (__)  、__)         (__/  (__)
26 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:01:51.15 ID:YgE3VJzG
        /:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../:..:..:.ィ:..:..:..:..:../:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ
      ,.':..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:. /:.:.//:..:..:..:../||:..:..:..:..:..:..:.∧:..:..:..:..:..:..:..:...
     /:..:../:..:..i:..:..:..:..:../:. :/rv':..:..:..,.イ  ,':..:..:..:..:..:..:/  }:..:..:..:..:..:..:..∧
  -=彡イ:..:/:..:..: |:..:..: //:./ /./:..:./ | ,':..:..:..:..:..:,..'   |:..:..:..:..:..:..:ト、:ハ     世間には彼より短い期間で……
    /:..:..i:..:. . /|:..:./ / _ .|/:..:人\ | /:..:..:..:...,..'     .|:..:..:..:.:..:..:.iハ:.i
.   /:..: :.:|:..:../...|: /    ヽ::::::7: /、  \ /:..:..:..:/     .|:..:..:..:..:..:..:.:い:.!     中にはそれこそほんの数日で、
   /:../j:.|:../  .!/     `.、,':/:::::>  /:..:../       |:..:..:..:..:..:..:..:i .リ
  ,i:/  ,':..|/ハ | .|       ,'/  ̄  /:../    __ /.::ィ:..:..:..i:..:..:.|      より上の等級へと昇り詰める者もいるのだ。
     ,':..:ハ   | .|      {!  /:., "    =<:::::::::/イ.,':..:..:. |:..: ::|
     // .}::ト、|. |       /           `ー=" /:..:..:..:ハ:..: :l
         |:八j. |                          /:..:..:..:/ }:.:/       そういった上位者や例外に比べれば、
        リ 八 |  _                   /ハ:..:..:.i  .|./
_      ./ .从    `丶、 _             .// V:.. |           その存在のなんとありふれたことか。
// >、-===ニ三ニニ==-- ≧= 、_         /!{  .V: |
//////\/////////////////////7 ̄ ` ー- /  i{   ヽ{
////////.\///////////////////     .,イ}}
////////// \////////////////   ., ィ.  }}
///////////./ \//////////././ , ィ"    〃
///////////////.ヽ//////////777     /
///////////////// V//////////      {{     __ _
////////////////// V////////ー=ニミ {{__ _ ,ィ7////
/////////////////// V//////\////// {{//////////
27 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:02:43.64 ID:YgE3VJzG
               -―─- 、
           /         \
         ′  ⌒    ⌒   ,        これはそんな普通のスカベンジャーの、
          i  ( ―)  (― )  i
          |     (__人__)    |        それなりにありふれた活動記録である。
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
28 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:03:13.92 ID:YgE3VJzG
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
29 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:03:53.54 ID:YgE3VJzG
           /^l
  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´   |
  ヽ、,;'  ・ ω ・  ミ    というわけで。改めまして皆さん、スレ主です。
   ミ====[==]=l==ミ
   ミ  ヽ)  (ノ  ;;     今回はAAスレ運営に挑戦してみようかと思い立ち、
   ';,        ミ
    ;;,,      ,;;゙      このような短編スレを立てた次第です。
     ∪"゙'''"゙∪


   初心者バリアー!
  **ミ/~ヽ ゙'゙'/`i'゙* ゙
   ,,/  "''"'` "`;, ゙' *      色々と至らない点も多いかと思いますが、
  (ヽ;" ・ ω ・ * ,;/) ミ  ゙
  `ミ =====[=]===="ミ ゙'* ミ   そこは生温い目でみくだs……
 ミ*ミ           ミ ミ ゙
 ミ 彡          ミ *゙ ゙ミ*  いえ温かい目で見守って下さると幸いです。
   (⌒";',,,.,(⌒";'彡 ミ゙*
    `'"'* ミ ゙''' *`"'' ゙  *
* ゙ *゙    * ゙ *
30 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:04:52.37 ID:YgE3VJzG
     l^丶
     |  '゙''"'''゙ y-―,
     ミ ´ ∀ `  ,:'    普段は腰の重い人間なのですが、
   (丶==[=]=(丶 ミ
     ミ        ;':    だからこそ思い立ったが吉日と考えなしに長編の設定資料なんかを用意し、
    ;:        ミ
    `:;       ,:'     その練習を兼ねて今回の短編を投下しようとか目論んでおります。
     U"゙'''~"^'丶)


           /^l
  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´   |
  ヽ、,;'  ・ ω ・  ミ   それではみなさん、スレ主の次回作をご期待ください(打ち切り感)
   ミ====[==]=l==ミ
   ミ  ヽ)  (ノ  ;;    ……あ、間違えた。
   ';,        ミ
    ;;,,      ,;;゙
     ∪"゙'''"゙∪
31 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:06:13.81 ID:YgE3VJzG
      l^丶
      |  '゙''"'''゙ y-―,___
    /ミ ・ ω ・  ,:'  / \  それでは、短編投下に移ります。
   / ミ       ミ/  /
 /| ̄ ゙̄u" ̄ ゙̄u'" |\/|    まずはやる夫のステータス開示から。
   |  ス ネ ー ク   |  /.
   |____________|/      今回は練習用の短編なので、ある程度育ったキャラを使います。
      ゙U"゙''~""'U"


               ________
                |\     \      \        ところで、投下ペースってこれくらいで大丈夫ですかね?
                |  \     \     \
         _____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____   早すぎとか遅すぎとかあったら教えてください。
        .\    .\  |   静岡みかん  |    \
        \    .\|________|      \
             ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
32 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:07:04.81 ID:YgE3VJzG
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
34 : ◆RD3CAnAM9Y [sage] 2016/06/25(土) 20:07:59.17 ID:YgE3VJzG
             ‐´ ̄ ̄ ̄ ̄`‐、
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
           |_三三{〔□〕}二{〔□〕}ェ|
          /;;;;;;;;;;;「 (●) ̄(●)`i;ヽ
          `;;;;;;;;;;_]  (__人__)  [;;;;;|
           `ゞ_ヽ_`_⌒´  _/.ィ´
          .ィ、:;:ГЩ[=| ̄ ̄i=]Щゝ.
          / `iヽ_ト「二||| ̄ ̄`il「lニ|イi゙ヽ
         /   |l |.二|| 「二||二|| |ニ||:;} |
         /トーニ」 |.  || |.  ||. .|| | |}Lニ」

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 入即出やる夫 【年齢】 24 【出身】 シズオカ

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+ 体力:B- 俊敏:C- 知能:B 運勢:C

  注目度:D- 万事それなりのハイエナ

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 【1D50:28【1D99:38

 【装備品】
 ・武器
  9mm拳銃 (サプレッサー・ロングマガジン・フラッシュライト装備)
  9mm短機関銃 (ロングマガジン装備)
  45口径短機関銃 (ロングマガジン・フラッシュライト装備)
  コンバットナイフ
  工具用単分子ナイフ
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP 各2個)
  携行爆薬(小)

 ・防具
  防刃シャツ
  防弾チョッキ

 ・その他
  低性能PDA  ……片手で使用できる。メール機能の他、簡単なハッキングや情報閲覧機能有り。
  防塵ゴーグル.……埃や砂から目元を守る丈夫なゴーグル。機械的な機能や防弾性能はない。

 【技能】
  格闘術    Lv:5……素手やちいさな武器による接近戦能力。
  銃器     Lv:6……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
  ┃.             拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  ┗二丁拳銃 Lv:2……銃器の特化技能。両手に拳銃、または短機関銃を一丁ずつ保持し使用する技術。
.                我流であり命中精度は低い。また、弾を通常より多く消費する。
  投擲     Lv:5……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械整備  Lv:3……壊れた機械などを修理・整備し使用できるようにする技術・知識。
  機械操作  Lv:5……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体  Lv:5……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
.                起動しているものを解体したり、停止させることはできない。


 【特性】
  ベテランの勘……天才や野生児の持つ動物的なそれではなく、経験や知識に基づいた直感。
              未知の事象や突発的な現象に対しても的確な対処ができる。
  熟練スカベンジャー……それなりの経験を積んだスカベンジャー。
                  スカベンジに必要な知識や技術を一通り有している。


 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 ステータスの表記方法はロア ◆gROAcb5wtQ氏の『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』
 のものをオマーj……パクらせていただいております。
35 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:10:49.72 ID:YgE3VJzG
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

合いの手的には、もうちょっとゆっくりのがいいかなーとか気にしてたり。
投下中の雑談も歓迎ですよ



           /^l
  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´   |    ……言い忘れていましたが、スレ主のスカベ原点は
  ヽ、,;'  ・ ω ・  ミ
   ミ====[==]=l==ミ     ロア ◆gROAcb5wtQ氏の『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』です。
   ミ  ヽ)  (ノ  ;;               (旧題:白レンは崩壊世界で体を売って生き足掻くようです)
   ';,        ミ
    ;;,,      ,;;゙     随所に意識・無意識問わずリスペk……パクったような要素があるかもしれません。
     ∪"゙'''"゙∪                                                  ご注意を。


     ハ,_,ハ,        気になった方はまとめサイトなどでご覧ください(ダイマ)
    ,;゙ ・ω・;,
    ミ,;: ~ ̄~ミ       ぶっちゃけこれより面白いですぜ。
   .c( ,_UU,;ノ        ……あ、R-18なのでそこはご注意を。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
36 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 20:11:48.32 ID:KjK+QMVr
金はまあまあか
37 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:12:14.61 ID:YgE3VJzG
閑話休題
――――――――――――――――――――――――――――――
さて、やる夫のステータスを開示しましたので、少々解説に移ります。

スカベンジャー界隈に慣れている方には既に知っていて退屈な箇所ばかりでしょうが、少々お付き合いください。

【身分】
読んで字の如く身分です。
スカベンジャー:遺跡に潜って旧文明の遺産や鉄くずなどを拾い集める人間。
           警備ロボットや変異生物(ミュータント)と戦闘もするため、腕っぷしも必要。

等級:スカベンジャーやマーセナリー(いわゆる傭兵)に与えられる階級のようなもの。
     1~5の数字に分かれており、数字が小さいほど優秀(中には準2級といった足踏みの階級もあるが)
     上の階級ほどより多彩で、より難しい仕事を受けられる。
     昇級条件は組合認可の依頼を成功させる、遺跡から遺産を発見し報告する、などして実績を積むこと。
     特に昇級試験とかは存在しない。

【所持金】
やる夫は100円も持ってないのかよwwwと思ったそこのあなた。
現在とは通貨の価値が異なり、現代通貨に直せばおよそ1000倍に相当します。
そして運や才覚に恵まれた上位陣やランク詐欺師でもなければ10円でも割と大金なのです。

【能力】
筋力や体力など、読んで字の如くなステータス。
割とフレーバーな存在だったりする。

【装備品】
それぞれ名前や解説の通り。
銃器については今回は下のものほど強いと思っておけばOK

【技能】
やる夫の習得している技術や知識。
なんらかの判定の際、その状況に適用可能な技能があると固定値ボーナスがつく。
レベルが高いほど優秀で、高いボーナスが付く。

>特化技能
特定の技能が一定以上まで育つと習得できることがある。
親技能より適用条件は厳しいが、適用される場合親技能+特化技能の補正が得られる。
また、特化技能の方が通常の技能より同レベル時のボーナスが大きい。

【特性】
キャラクターごとに初期習得している、あるいはイベントで習得する特殊な技能。
レベルは存在しないが判定時に強力なボーナスや、技能習得への補正、イベント条件など多彩な効果を持つ。
38 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:13:23.31 ID:YgE3VJzG
以上でステータスに関する説明は終了です。
実際に判定をする際などには適宜補足が入るでしょう。

現時点でなにか質問などはあるでしょうか?(3分待機/延長有り)
39 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 20:14:44.15 ID:OVG8Qa6B
現時点では、特には。
もう少し進んだらあるやもですが…
40 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 20:16:48.28 ID:r5UPGboL
チュートリアル戦闘あるならそこでやっておぼえるかなー?

とりあえず何が目的なのかで方向性はかわるし
41 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:17:02.71 ID:YgE3VJzG
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ
| 
| 皇国では、既に本領の開拓に一段落が付き、西南北の各領へ手が伸びて久しい。
| そんな現在にあっても、本領でスカベンジが盛んな土地が残っている。
| そのうちの一つが、このフジノミヤを含めたシズオカ地方だ。
┗───────────────────────────────────────┛

>>39
まあ、状況も何もわかってないですしね……念の為というやつです。
42 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:17:59.62 ID:YgE3VJzG
             __,-、_ ハ     o、  o、
           〈 ̄ i`、.:.:ヽ/=i__,-、ヽヽ ヽヽ
            vwvww /  iヽ //`ii ヽヽ ヽヽ
             mimn〈.   l  l l .ll  ヽヽ ヽヽ
             `ー‐'-、ヘ   | i ll、〉〉ヾ ̄ヽ,--ヽヽ
              lヽ一'´ヽ_ヽヽll ‐-/ ̄i`i‐、Hヽヽ
              ヽ、──,' ヽl\\ l  ̄i l__!   ヽ. /7/7
                ヽ__i_/ // / l  l (`ヽー ///
               〈ヽ`ー‐‐一' /  iヽ ̄ ̄ヽ、〉_ |ヽ、/
                ヽ`ー―一'´ ̄ヽ }――'  '-,j l l─! ̄i`
                   l;;;;;;;:.:.;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.\    ソ}//l  |n 〉
                    `‐-ヽ──、;;;;;;;;;;;;;;;`'''''''l___l l ̄i 0〈
                   /ー―、_} ヘ`-、ヽ、_|H〈 ヽ-'  l
                   〉/ / / ヾ  ヽ_/ O〉ト  i `ー、一〈
                  メ メ, ', ' }     / /i |二二l  l l〉
                 〈 〈  `ノ   ___/-/〉〉 l-----、 ヽヽヽ、
              ,-,-,-ィ、ヽ、_-、   ///7--、/ 冂冂冂冂 {}{}{}{}i
             〈〈〈〈__ヽ一'´   `ー一'´ ̄. ` ̄ ̄ ̄´
               ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 主に発掘されるのは、警備ロボットや戦闘ロボット……
| 既に軍に摂取されたが、ATのプラントなども発掘されたことがある。
| 
| こうした出土品から、シズオカ地方はかつてのロボット製造の工業地帯だったのではないかと、
| まことしやかにささやかれている。
| ……生憎と、確固たる情報は発掘されていないが。
┗───────────────────────────────────────┛
43 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:19:15.88 ID:YgE3VJzG

     _  -r‐ r―-  _
      {_ - メ、 ¨ ヽ _7ヽ__                          /7/7
    / /iフ7./レト、    、_V/ 》                      _r‐ '‐〈
    i/  i/F i/i7fi  r、ミ_`Y \                      {i―rイ
     ト、,jトト、Mイノ /≧ ≧〔``            , ‐ 、       }rく}/
     f≦ヘ'  ̄_}_)/ ≧ ≧ ≧ミ 、/}\/}    / /⌒ヽ\     //¨
      `fi ̄ ̄}}  ` <≧ ≧ミ`v'イУ}7v'ク7_ -‐‐ 7_ _ ` 二 ノ
        ∨rrrri!  く\ >、_ >'∨ ∧ V∧//X≦ニ }_}_}_rヘ__
       ∨Ⅵム  ヽ' /}_} ̄i ̄∨ ∧>∨ f´{`i´ _ {  }i! }ミ}
         .∨Ⅵム、  /互 }―i―{∨´ ヘr∨ゝィv'´ .|  _Uif´{)
          ` ――Xイ冊}。i  i   \≦しく}<ヘ _V彡〉}ニ{{ゝ≦}
          }Xv}}∨}皿}}].f┐i  _ノ=トく`ヽ_У f´{`i.{ ト、_}}_]
            {{ / ̄, -≦f 9‐トイ}三三}ノr〈 ∨  `ーイ}´}}}  fT゛i
          >乂j乂_ノ≦三=、}≦ 7フ},乂} ゝ‐r≦Yヘ{_ Ⅶ___ゝイ´})
           fィクY} ◎◎◎〕 _}>≦}イ i_f)/‐イf∧ .V } LⅦ}jノv}イ!
        j_j_]' j] /´/ ̄ ̄   rく` Y / / {_]∧-{ Ⅵ!   Vニム 」
      ___ ゝくノr jイ} ./  , -≦二≧ r >v'  〈」∧_}‐vⅥ! f ∨ェェ}__})
   , ク‐くr_} ̄ Yr>.V  /// ̄ Vf7`i〕    乂}ゝイTf´{ヽ_{_| _ _ _ }_
   ///   | i´`i乂ノ    `《_ノ⌒`ー'´     rf┬‐┴ トく}_}| | i i i_ }}
   \{/ ̄ `ー‐'´                r‐{r‐v‐v‐v‐、}_ i__j_j__j__j
.                  / /     L } i! .| |  }_}}
             ,.-‐- ,.、//        i |  i! .i! i!
.            r',.-‐-、,,ィ。_           ¨^¨^ ¨^¨´
         K⌒〈ト'.o8=__ノ.f'⌒`ヘ
        へ入    ̄ ̄/ヘヾ、_,ン´
        | c`/======〈彡  Yへ\
       /c/ヽ二二 ノ\__/|丶.r0l
      ィ/入// |三三\.|__/ | II | |
    〃/ /ム〉 // ̄ |〃 | ̄ 《.]|口|ロ|
   《///)ろ」'' 〈〈 几 ハヽL且 ハ/n〈__〉
   夊/彡=o  / // ノ ̄丶、 リ.k彡’
   =/ /    /⌒丶Y     /⌒丶
  // /    /、日ノへ   人日ノ|ヘ
  o//     / // /|彡 )   | | || | |
 /イ     / // / \丿  ヽ| || | |
(o;/    〈__〉L/oヽノ   (〈___〉]ヘ
      /__/o_o)   〔<[__」」>


┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 遺跡の数も豊富で、未だに稼働状態の警備ロボも珍しくない。
| ともあれこうした遺産が見つかる遺跡が多く残るフジノミヤだが、
| スカベンジが盛んなのはそればかりが理由ではない。
┗───────────────────────────────────────┛
44 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:20:16.28 ID:YgE3VJzG
:..:..:..:..:..:..:..:..:..:|ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!|:..:..:..:..,(;;ハ:..:..:.Vヾ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ノ'ヘ.:..:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:..:..:..:..:..:..:..:..:..(ik;;:;;:;::;;:;:;;::;:;:::;:;;l:;:;::;:j!:|ゞv'.:..:..:..:..:..,,‐ゞy;;'ゞ<.:..:..:..:..:..:..ゞ>:..、..:..:..:..|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;:;;;:;k!:;;:;:;::;;:;:;:;:j!;:;:;;:;|:;ゝ、7-ー<ヾ:'(゙':ヾ:.:.:.:.:.:..:..:..:..:..:.〆、,,;">-、|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;:;;:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;::;i:;:k;;:;|‐>、;ヽ、:;;:y':/;;-'":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.バ:.:.:.:.:.:.`‐|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;:;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;;:;;;:;;:;:;;:::;:;:::;:;:;!::;:;:;;:;:;;;|:.:.:.:.ヽ:::;:;:::/:;;/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙:.~^:.:>ー|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;;
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|;:;;::;:;:;:;;:::;:;:::;:;;:i!;:;:;:;:;;:;:|.:.:.:.:.:.,!i!;;:;:;y':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:(;!:;:;:;:;;:;j!;:;;:::;:;:::;:;;:;l::;;::;:|:.:.:.:.:.:.l;;:;;;:;:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:;:;:;:;:;:!:::;:;::;:;:;j:;;:;:|;:;:;:;):;:;:;:;:;:|;;i:;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;:;:;;;:;:j:;;::;:;:;:;;::;:;:;i:li:;;::|;:;:;:;:;:;:|;;::;!i!;|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;:;;;:;;;:;:k:;;:;:;::;;:;;::;:;:j:;:;;::l:;:;:;:;:;(i!;:;:;;:;|::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;:;;::
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw'':;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;'""~  ,,''w;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、 ,, ~"''"^'"''゙`w,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:};         '' Ww_,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^"w'Mv  ,,    ''    ゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~w
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.v Vw            w,,Mv,w,.vw ,.., ,v
"~'"'"~v从X~""~'"'"八w、,,~~""~'"'" "~~""~W'"' ''        ,、   Ww"''"  "'~"''"''
_、_γヾヘwゝ);;);ヾ)ィXV从X(:ヾ;ミx、 '''' ,,, '"'w                 w' " '''' ,,, '"'' ,,
,_ノ`)ゞy;;'ゞ<.ゞ,イiv:イイヾ、八ゞiv:l;,ゝ)从iヾlr                     Mw;;,, '" ..,,  '"'


┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジ樹海
| 
| 高くそびえるフジの山。その裾野を覆う、天然の樹海である。
| 内部をミュータントや警備ロボットが徘徊し、軍でも容易に入り込めない未開の秘境。
| 
| ミュータントはさておき、無数の警備ロボを見て誰もが思う。
| 「あそこには手つかずの遺跡があるはずだ」と。
┗───────────────────────────────────────┛
45 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:21:37.30 ID:YgE3VJzG
                              ___..   ....__
       .../ /`'-、\     _,,=‐''゛  _,,‐""´-‐‐‐'', ,     `゙゙''ー-.、 .!  .!
      / ././  . \ \   !  ,,=‐'''゛-''゛      '., .',        ゙ー,.!  !``
     / ././    . . ゙'- ヽ  .!.γ,..′     _,,=‐--ゝ ヽ‐‐-=,,,     `|  !,,,_,,,  .\
   / /./       / ヽ \!,' ,'    _,,,=‐'''´ ___..-------....__ ""''.|  !  `ヽ  `ヽ
  , ′,..´, .′      ./ //\\'  .,'" .,,=‐""´    ',. ', ..    ゙''ー、_.!,  .!    `ヽ  \
..,..'  ,' ,.′      ./ //   \,\ ! 〃      __.............................,,__   .',  .i      `ヽ  \
,'   |!       ,.' //    ../,\.\!,',' i   ..‐'"      ,     ゙''ー、_! .!`ヽ      `ヽ
'   .|!゙'''=_   .,..′,.'/     /.,..'./ \.\ ! .〃  ..-ー'''' ̄ ̄ ̄"゙゙'''‐--.._ .!  !`ヽ ヽ      `ヽ
    |!   ゛'''‐=!__, ', '     / , '/   ∠\.' !,〃   /     |  |      ',_! !  `ヽ..`ヽ
   ,,'゙''''‐=__   "''‐=_,  ,.'  ,', ′ /  〃 ,`'-,ヽ,,./   _,,=‐!  !‐=,,,_    .! !ヽ く `ヽ ヽ
  .,,'゙''''‐=_..゙゙゙゙゙゙''‐=_  ~''‐=_  |  γ  〃 /′_/.',', _,=‐''"_,,=‐''''"""''''‐=,,_"''‐=,.| | `ヽ.\ `ヽ ヽ
  |!    ゙"'''‐-=._.゙゙'''ー-=_ | .| , ' ..〃 /′/ | |'´ ,.'           '',  | |''‐=,_`ヽ`ヽ ヽ ヽ
  .|!         ゙゙゙'''‐-=_.゙゙ .| ,' .//  / /_,,=-''| | ノ             '・, | |   ゛''''  ヽ ヽ ヽ
  .|!              ! .γ,' //  ,'  ,'''゛   | |''゙                .| |゛゙‐=_     ヽ ヽ
  .l!           γ γ!|  .// . /  /  _、‐"| |                  _,,=‐=, `ヽ    `ヽ ∨
  .l!          .γ γ |.| // ||  || ./   .| |      __......-....,,__     γ   ',', .゛ヽ   `ヽ
  .|!          γ  ,' ..|.| // 1  .1/ _,,,,,  | |   _..‐'"     `゙゙‐ 、  ,.'     .,', ,,,,,  \
  .',          ,'   i! ..|.|∠ |!  |! γ´l_l_',,| |  /           ヾ、,.'      ',',_l_',, .ヽ
  |!         ,'   .i!__ノ.',`ヽ ̄ ̄ ̄ `ヽΧ|_,,!| | /              ゙v       !iΧ|_,,!  ',
  |!         !      .|!  ' ,      ', l.ノ.| | |               !       !l__l.ノ.   ',
  ',‐--------、、,,,l,,,,,,,,_______ ゝ,,,,,,,,,',._____',  .| |{               !       ,!!
  .,' ,.‐‐┐|┌‐,,', ,,' ┐!  i!゛   |      |  | | '、              ',       .i!
  ,,'/   .l...| !  ',.l!l  | |.|  i!    .|     . .|  | ', ヘ              / .',      ,,′
  |!    l.・l・!  i l!l.  .|゚|゚|  i!、   |      |  |  .', ゙ゝ、         _/  ',    ,'/
  |!_______.l .l !___,,!.ヾ. ___,,,,=‐‐!!__  | ,,,==-‐''''゙!|  |_____\  `ー..,,_  ___,,..-''′   \,__,ノ''
  .',__,,,,,,、、===‐‐'''!.l!゛゛___,,,=-┘ ヽ |/
  ,'  __,,,,=--‐‐'''''""

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 開拓途上の西領などにあっても、新しい遺跡が見つかることは多くない。
| 誰の手も入っていない遺跡。
| そこから見つかるものは、持ち帰れる限り自分のものと言っても過言ではない。
| 
| そんな夢と、一獲千金のチャンスが、確かな可能性を以って存在している。
| だからシズオカは、フジノミヤは、本領のスカベンジャーに人気なのだ。
┗───────────────────────────────────────┛
46 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:22:45.79 ID:YgE3VJzG

                    ., '                      ^ _
                   , '                          ´ ,
                 , ':                            ´_
               , ': :                               ',
             ,' : : :                              '.
              ,' : : : :                               ',
           .,':: : : : :.                                   '.
            ;: : : : : : .                               ',
           .;: : : : : : : .                                  i
            .j: : : : : : : : .                                  i
           ;: : : : : : : : . .       __,,....,,___ __               }
.          Ⅳ : : : : : : : :_,. -.='彡三ー―-- ミ、 `ヽ、`ヽ、           ,′
           .キ  _ -  ̄,=-'" ̄           `\`ヽ、``ヽ、         ,′
            .,X´ ,/´         _____ _....   \ `  ``ヽ、..,,__  /
          r''",/´   _,.-==ニ二 ̄   ___ 三二ニ=キ-‐ー''""''ー‐ヲキ≠ー--‐ー‐‐- 、
           ㍉、  ,、‐'´     , -ー''" ̄   _,,、-‐''"”   ......    //::::::::::::::::::::::: /` `ヽミミ=
           Ⅳ  ___,、-''"   ,,、=-‐''"”        ....:::::::::::::::::::::/ / :::::::;;:'''  '''''/      ......`ヽ、
        ..ト‐''" ̄  " l、     .....:::::::::;    .....:::::::::::::;;::''''  '''/ /        /.. ...........  :::::::::::.. i、
  ....__,.,.=-=キ-ー     |            ::::::::::;;::'''     ..../ /:.::::::::::::.   /:::::::::::::::::::::::;  ''':::::::::::::'i.
    il           /      ......:::::.....    ....       ::::::/ /:::::::::::::::::;  /::::::::::::;;;;:::::::::::::::; \ '':::::::::i
    .||....   .....:::::::::::::.. |   ...:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ..:::| |::::;;:::;;;:''''  /;:::::::;:'''  ''''''''''''   \  ''::::i
  ....||:::::::::::::::::::::::::::::::::::; |  ;::::::::::::::::;;    ;:::::::::::::::::; ......:::::::::::::| |      /  ..............   .:::::::::::::::::..\   i

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|     やる夫
| だから 彼 も、見果てぬ夢を追い、遺跡の屍肉を喰らうのだ。
┗───────────────────────────────────────┛
47 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:23:26.32 ID:YgE3VJzG
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
48 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:24:14.97 ID:YgE3VJzG
             ____
           /      \
          /         \    あーねみぃ……なんでやる夫は
        /           \
        |     \   ,_   |   こんな朝に弱く生まれてきてしまったんだお……
        /  u  ∩ノ ⊃―)/
        (  \ / _ノ |  |
        .\ “  /__|  |
          \ /___ /

朝っぱらから詮無いことに頭を悩ませている……あるいは朝だからこそ悩んでいるというべきか。
ともあれ道を歩きながら目頭を押さえているのは、一人の青年。

4級スカベンジャーの入即出やる夫である。
50 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:25:02.64 ID:YgE3VJzG
             ____
           /      \
          /  ─    ─\
        /    (●) (●) \     まー言ってもしゃーねーお
        |       (__人__)    |
         \      ` ⌒´   ,/       それより今日も仕事を頑張るお。
         /         ::::i \
        /  /       ::::|_/      ……もうちょい貯めれば、軽機にも手が出せそうだし
        \/          ::|
           |        ::::|
           i     \ ::::/
           \     |::/
             |\_//
             \_/

突出した能力はないが、その分堅実で、何より経験豊富な男である。
着実に実績を重ねて4級に上がり、3級に上がるのもそう遠くはない。
52 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:28:22.51 ID:YgE3VJzG
                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;

道を行く彼の前に一つの建物が見えてくる。
やる夫も所属するスカベンジャー組合の事務所である。

そこで馴染みの職員によれば、大きな仕事をこなせば一発で、
そうでなくとも年内には昇級できるだろうという話だった。

      ▼ 自由安価
53 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:29:05.67 ID:YgE3VJzG
                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;


      ▼ 組合の受付キャラ(原作名を添えて)
                                ↓3分まで(1人1キャラ)
56 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 20:30:35.34 ID:r5UPGboL
キャラ安価だったか

んー・・・・・ハザマ(ブレイブルー)
57 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 20:30:48.45 ID:cUzSnFQb
アリス(女神転生シリーズ)
58 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 20:31:07.97 ID:OVG8Qa6B
鷺沢文香(アイドルマスターシンデレラガールズ)
59 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 20:31:29.11 ID:XxDMrsim
呉キリカ(魔法少女まどかまぎか)
68 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 20:49:08.71 ID:YgE3VJzG



    ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧     ∧∧
   /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    /⌒ヽ)    まだねみーよリーダー……
   i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪    i三 ∪           俺だってそうだよ文句言うな…… >
   〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 |    〇三 | 
   (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪    (/~∪
   三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三     三三     三三     三三     三三     三三
  三三三   三三三   三三三   三三三   三三三   三三三

眠気を我慢してきただけあって、まだ人はまばらだ。
受付の列も埋まり切っておらず、空いている窓口に簡単に滑り込めた

       / ム、> ~ }  iハ ',`ヽ,ヽ '.、`Vヽ' ,',ハ
     / .:,'i :}~:', }i :{  :lハ V :. ', :.i V:ハ ヽ、',ハ
     }i i { |', .}, } j  {i{ハ Yハ ',ハ :V '} Vi ハ
      ;: ; .li{ハ :}i {';: |ミ :! },  ゝ } :V   ',:} ハ     おはようございますやる夫さん。
     .{i | ',ハハ i ハ }ミミ }ハ ',V :| V :',i l| ', :ハ
     V :. :',ハ 乂/‐\ハ',ハ }i } :l.} リ }', ' , }::| ', :ハ    相変わらず元気そうで何よりです。
      V ! :', Vィ≠=z~' `ーィ-=' ゝヒリ } ',!リ ', } i ',
      V} ヽヽリi::ii::::} `    ,ィ示ミx:}Li j:/i ', i } ゝ
       V ',、ゝゞ:::ィ,,      }::ii:::} ハ斤/' { :V/
       }ハ  V  ̄´   ,;:  ≧=ィ, V/:}  | {
    ィ~`≧=}  ,ヽ   ヽ__ ,    / i  |  | ハ
 ィ≠//////ハ  V≧=、      >´川 {/ .:  ハ ハ
///////////}  }  i、≧=-< / :V_:}_ } } ハ
/////////V/}  リ   ヽ、,  /  }ゝ////ハ ', ' ,ヽ、
//////////V  /、      八   :iフ{/////ハ :V `ヽ、
///////////V/ }V   V//:V /リ'//////ハ V
////////////V ゝ,V  V///ハ/ム'/////ソ//ム `ヽ
/////////////V/≧、_{//////~///////{////ハ  }
/////////////V///////////////////i////// 、{
/////////,ィ示ミx///////////////////}////// ヽ
/// =≦ ̄     ヽ―‐-V////ィ、///////////乂
/ゝ' ~__,  /         ヽ―´   \//////// i}

そこにいたのはあどけない少女だった。
職員にしては妙に幼い気がするが、やる夫がスカベンジャーの免許を取った時からいる、
ベテランの類に属する職員だ。件の、馴染みの職員である。

ちなみに当時から、外見上は一切年を取っているようには見えない。
彼女の実年齢を知るものは、少なくともやる夫の知りあいにはいない。
73 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:04:41.20 ID:YgE3VJzG


            _
        /     -=fヽ
       /イ≫=====-―ソヽ`
      / z           ゝ ヽ
     / シ     i      ヾ }
     { ル  i    |    |  ヽ、ゝ |
    i  V  |  i  人   |  i ) } i     どうです、調子がいいならドカンと大きな仕事行きません?
    |  Y i | |_|  L_ iLLL、/  }
    i  i L ̄       x==ミ ))  ヽ    うまくすればさっさと3級行けますよ?
    ヽ |イ  x==ミ    //// ノ从  i
     { jゝヽ////   i      |    }
     } ゝ    、___    r―  、
   _/  ` ヽ、  ヽ__/   イ//////}
    {///////ゝ \       /ゝ//////i
   ソ///////f      ―   ト///////|
  ノ/////////シ      ∧  ハ/////人
  {///////////リ、   / ∞ヽ_〃//////〃
  ヽ//////////// 从 Ⅵ ゝゝ///////
   ヽ/////////////////////////ir― 、
_―――Y ト//////////////////イ/////ヽ
/////////i  ヽ/////////////// ////////ヽ
/////////ヽ  ゝ――――一´  ソ/////////人
//////////ゝ            イ///////////ヽ

  受付に立つなり、挨拶もそこそこにさらりと誘惑してくる。
  彼女は時々、こうしてうまい仕事……に見えなくもない提案をあげてくる、のだが……
  やる夫からすれば、どう見ても地雷である。


                 ____
               /      \
             /_ノ   ヽ、_ \     お世辞は嬉しいけどよしてくれおアリスさん。
            / (●)  (●)   \
            |     (__人__)   u   |   やる夫は達人でも超人でもないんだから、普通の仕事をこなすだけだお。
     r、     r、\    ` ⌒´     ,/
     ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ      それに今日の仕事は、昨日のうちに見繕ってるんだから……
      \>ヽ/ |` }             ヽ
        ヘ lノ `'ソ イ            |  |
         /´  / ./ |         |  |                                 あ、そうなんですか?>
         \. ィ_ノ .|         |  |
              |         |  |

  アリスという名のこの職員は、時折こうして試すような話を振って来る。
  冷静な状態なら、まず引っかからないような簡単な問だ。
  このいかにもいい人そうな笑顔の裏で、やる夫が増長していないか測っているのだろう。
74 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:21:03.87 ID:YgE3VJzG
                      , =----ミ
                     { / ̄ > Y⌒ヽ___
                   /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                        //   ,          \} .}
                     /  / .// / ./   ,        .∨
                 /  /. /   / ./   /   i
                   /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!    前もって行き先を決めてるなんて、
                 :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i:
              i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂     相変わらず慎重ですね。
              |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i
              |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ     まだ大丈夫そうでほっとしました。
              |   \_             `=′/i
              |      \       '       .|             まるでそのうち駄目になるような言い草だお >
              :         |\   `  '   .イ i |
               i       /Yi          イ i  |       いえいえまさか。被害妄想ですよ。
               /    / .\    T手   :    |
                 /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |       で、慎重なやる夫さんは今日はどちらに?
           / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
           /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\

  誘いを躱すとこの通りである。
  とはいえ、この人の試験が時折あるから、慢心せずにいられるというのもあるかもしれない。


         ___
       /     \
      /  ─ ,  , ─\     遺跡で荒事だから戦闘準備はできてるお
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |                            まあ頼もしい >
      \      ` ⌒ ´  ,/
       /          ヽ     ……やっぱ調子のらせたいのかお?
      |  __,、     ヽ qi                         いえいえまさか >
      |  \Fiニニ'`ニfニニfニニ'ヨ|、
      | \... ヽ'「:__。__:_・_゚j,,.!コ===ー!
      | 〈,,/ヽ___)ニニ〔lニlf ̄
         /.:::. ア ~''''~ | ii:|

  腰の短機関銃を見せながら、遺跡行の送迎車を確認してもらう。
  今日の予定は確か……

  1) 遺跡で遺物をあさる (純スカベンジ)
  2) 遺跡でミュータントを駆除する (依頼遂行)

   ▼ 選択安価 ↓1~3で多数決(雑談は下へずらす)

75 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:21:40.47 ID:fVjxxlNP
1
76 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:22:06.09 ID:cUzSnFQb
77 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:29:05.02 ID:+VKeSmlQ
1
78 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:34:48.56 ID:YgE3VJzG
                        _
                     イ _  `ヽ 、
                    / イ¨ゝ,>ニ‐-ハ
                   / /   ハ/ |\>ハ
                  ハ ハ ,' ,'       i.ハ    なるほど、探索目的で……ああこれですね。
                 /  トィ=z,' i ハ .  |  }
                 i i { 它iゝハ<ィ==z  l /     確かに、昨日の日付でヤキソバ遺跡の探索申請が来てます。
                 | ハゝ     佗}イゝ .イ
                 |  ハ 、_,    イ  {                                  その遺跡ですお
                _j  / ゝ-  =≦     |                  やる夫ともう一人、二人で潜りますんで >
              ///ハ≦   ハ  \   ハ レ
             //////ハ ///ハ  /≧=‐-_     かしこまりました。
             ///////////// ハ///////ハ
             ∨///////////////////////.}    30分もすれば表に送迎車が来るので、遅れないように。
             ゝニ_///////////////////く
              /   >/////////////ヘ_>     ではよい狩りを、スカベンジャー>
             r /  /≧=―------、_|  |
            { .ハ /              |  |_
            し  人_______.|  l }
            /   ////////////////ハ  V

  アリスがパチパチと適当にキーボードを叩き、目的の遺跡と、送迎車の時刻を告げてくる。
  ……眠気を押してやってきたのは正解だったようだ。1時間待たずに車に乗れる。
  問題は、今回の相方が姿を見せないことだが……
79 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:36:59.40 ID:YgE3VJzG
               ____
             /      \
           / ─    ─ \       おう、それなりに気を付けていってくるお
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |                                おーい、やる夫……>
          \     `⌒´    ,/      おっおっ 相棒もちょうど来たみたいだお
         /_∩   ー‐    \
        (____)       |、 \     じゃーアリスさん、また今度
           |          |/  /
           |        ⊂ /
           |         し'
           \   、/  /
             \/  /
           _/  /``l
          (____/(_/

  軽い挨拶を済ませると後ろから今回バディを組む相方から声がかかった。
  言外に生きて帰ると告げながら、振り返った先にいるのは……

  1) 刀を携え、侍然とした  男
  2) 銃を提げ、兵士然とした 青年


   ▼ 選択安価 ↓1~3で多数決(雑談は下へずらす)

80 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:37:16.04 ID:tCU65c0b
81 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:37:27.71 ID:fVjxxlNP
1
82 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:38:13.44 ID:cUzSnFQb

83 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:47:33.58 ID:YgE3VJzG
        -               -
     /                 \ \
    //  /  /  /        \  \ \
   //  / /     /     \     \  \ \
.  〃 7 /  /  / /               \  \ \    いやぁ、遅れてしまって面目ないでござる。
 /  / /  /   |  i         !  \      \  \ ',
   / /  /      {{  |    | |  \     ',   ', 八                         おめーが朝弱いのは知ってるお
.  / /   ′  /i ハ  { i   | |,ィ芹芋≧=   ,   ,  ヽ           けどやる夫も弱いんだから次は剣心に並んでもらうお>
  l /1   !   =≦芹≠ミ 、  ! ! _ヒzヅ ヽ   ',    ',
  |' |  |   |从「`ヒzヅヽ{\ト、{   /  /∧  ',   ',   む、心得たでござる。
      |   ト、八     i:.  `丶,/  /__,ィ',  ',   |
   八  /!   ',ーヘ       ヾ' , 〃`ヽ/1  リ∧  ',\ |    では次に備え、目覚まし時計などが出るといいでござるが……
     ヽ{八   | \ \      ̄  /'  イ |i i/ィ⌒ヽ ト、 ヽ{
     |  ヽ  |\ \ \     / / ! リ /:::}-、  リ  `丶、
        \{  \{ 川`ト ._/   }/ィ ≠‐┴―.、 \   \
          \   ∨i从ハ: : : :/  -‐ ´:::::::::::::::::::::::/\ \  ',
                { /ハ : //:::::::::::::::::::::::/:::::::《  \ \
              /::::/  }/:::::::::::-――≠――へ   \ \}
             /::::/ /:::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::\  ヽ リ
              /::/::://::::::::::/:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ∨

 声をかけてきたのは刀一本のみを携えた緋村剣心という男。
 やる夫より上の等級、3級のスカベンジャーである。
 彼の所属するチームとはいくらか交流があり、今日はオフの彼と小遣い稼ぎに向かう。

 ……チームに加わっていないだけで、やる夫の顔はそこそこ広いのだ。
 正真正銘のソロ活動など、やる夫の実力では厳しいゆえに。

                 ____
               /      \
             /_ノ   ヽ、_ \     そんな簡単に動く機械が見つかったら世話ねーお
            / (●)  (●)   \
            |     (__人__)   u   |                       はっはっはっ それはそうでござるな >
     r、     r、\    ` ⌒´     ,/
     ヽヾ 三 |:l1 >   ー‐     ヘ      まったく……ともかく、車はすぐに来るから、表で大人しく待ってるお
      \>ヽ/ |` }             ヽ
        ヘ lノ `'ソ イ            |  |                                うむ、心得たでござる >
         /´  / ./ |         |  |
         \. ィ_ノ .|         |  |
              |         |  |

 快活に笑う格上の男を連れて、やる夫は組合の玄関へ向かう。
 まあ相方がこいつなら、30分は退屈ぜずに済みそうだ。
84 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:48:17.98 ID:YgE3VJzG
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    ▼. 本日ここまで

85 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:49:39.54 ID:YgE3VJzG
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       というわけで、皆さんお疲れさまでした。
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日はスレ主の書き溜めと勉強の都合でこれまでとなります。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      短編のはずなのにまだスカベンジが始まってもいないのは如何なものか……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    とは思いますが、そこはご容赦をお願いします。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
86 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:50:36.58 ID:wnE9Fx/W
87 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:50:50.63 ID:r5UPGboL
乙ー 地の文は枠かなにかで独立したほうがいいんじゃないかな

あと1レスに詰め込みすぎてる感じがする
88 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:51:03.11 ID:YgE3VJzG
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′         投下は終了ですが、最後に登場した味方NPCの簡易データを貼って
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |       雑談タイムとしゃれ込みましょう。質問も受け付けますよー
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !
         | V        ̄` /    |    ト       まあ、お勉強と続きを書くので、ちょっと反応は鈍いかもしれませんが
         | 人          7   |     〉
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
89 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:53:58.62 ID:YgE3VJzG
>>87
ご意見ありがとうございます。

地の文……初めの頃に置いてたシステムメッセージみたいな枠を常駐させますか。
ちょっと考えてみますね

あと詰め込みすぎは……うーむ、取り敢えずAA二つ入れてる様なのは、
分割するようにして見ます。
一つのAAの文章が多いパターンは、もうちょっと自分の引き出しを増やすよう努力します。
90 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:54:17.73 ID:tCU65c0b
91 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 21:55:43.22 ID:YgE3VJzG
            【NPCステータス】

           l/l//   ,. --- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご  .働
  い  対    //  /         \    ざ  き
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  た
  ご  働      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  く
  ざ  き   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   な
  る   た    ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′       い
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///      で
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
.      〈/           '   /  /              `ヽ

  緋村剣心 3級スカベンジャー

 フジノミヤに滞在するとあるチームの幹部格。
 近接戦闘能力に限って言えば、戦闘用義体や自動人形にも伍するともっぱらの噂。


 【特筆装備・技能】
  高性能熱単分子刀 ……放熱機能を任意にon/off可能。戦利品の戻し切りができるので地味に便利。

  刀剣      Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  ┗飛天御剣流 Lv:3……刀剣の上位技能。一対多の状況でもなお圧倒する常識離れした剣術。
92 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:56:10.47 ID:Ag7JQAJ/
おつ
93 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 21:58:17.65 ID:r5UPGboL
大型AAなら分けたほうがいいと思うけど
メインでしゃべらせるキャラと聞き手が一つ二つの一言ぐらいなら。ちゅるやさんAAとかにするとかにすれば臨場感あるかと

まぁ全キャラがちゅるや化AAあるわけじゃないから、そこは>>1の工夫しだいだね
94 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 22:06:37.30 ID:FNSsmn/C
95 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/25(土) 22:11:28.46 ID:YgE3VJzG
>>93
なるほど、ちゅるや化……確か剣心のはありましたし、参考にさせていただきます。
96 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 22:21:40.08 ID:AdmNQJVV
乙乙 新しいスカベスレは歓迎するぜ
97 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/25(土) 22:27:46.64 ID:KjK+QMVr
98 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/26(日) 02:20:13.45 ID:IfTLre+C
お疲れ様でした。

上にも書かれていますが、見やすさを言うならば、地の文は囲いをつけるのがよろしいかと。
会話については、読みにくいということはなかったかと。

次回も頑張ってください。期待しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2515-7538eaac