やる夫の中堅スカべンジャー日記 その2

110 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:19:29.49 ID:uqzKmO59
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作


          やる夫の中堅スカべンジャー日記


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
111 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:20:17.08 ID:uqzKmO59
           l/l//   ,. --- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご  .働
  い  対    //  /         \    ざ  き
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  た
  ご  働      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  く
  ざ  き   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   な
  る   た    ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′       い
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///      で
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
.      〈/           '   /  /              `ヽ
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 4級スカベンジャーのやる夫は、オフなのに小遣い稼ぎに来たという
| AAに反して勤労的な3級スカベンジャー、緋村剣心を連れて組合の表に出た! 以上
| ……スカベンジ始まってすらいねぇー!?
| 
| 運も実力も平凡なやる夫は、この先生きのこれるのか。ご期待ください。
┗───────────────────────────────────────┛
112 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:20:37.12 ID:uqzKmO59
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
114 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:21:01.58 ID:uqzKmO59
                 ____
                 /       \
                   /         \                 座席が空いていてよかったでござるな >
                l            |
              (             |   早起きは三文の得とはよく言ったもんだお
                   \       〃_/
                 >'⌒ ̄ ̄、,\
                /         \
               /  ィ     ,ノ'ヾ ヽ
                (   /  ),      l
                  ) ノ _,/    、,,  |
                /⌒ ̄ ̄ ̄           |
            l  、_          ,ノ ,/
          | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.             └┬:‐┬───┬‐────┘
              ノ ,‐‐,)      丿,‐‐,)
             (,∠/       (,∠/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 送迎車を待つことおよそ20分、車内で待つこと約10分。更に車に揺られて丁度1時間。
| これだけの時間をかけた後、やる夫と剣心は目的のヤキソバ遺跡へ到着した。
| 
| 幸い座席を確保できたので、立ちっぱなしで仕事前から疲れるということはなかった。
| 乗車人数も少なかった分、降りるにも大して苦労はない。
┗───────────────────────────────────────┛
115 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:21:04.58 ID:u4AhdgZP
やっぱりこの剣心妻子持ちなのだろうか…
116 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:21:53.07 ID:uqzKmO59
                    __
                    /∧:、
                  //i:i:i∨ヽ、              __,,. -=ニ¨ハ
                  //i:i:i:i:i:∨: :`ヽ、 _,,..  -=   ̄: : : : : : : ,ヘ :|i,
               _,//i:i:i:i:i:i:i:i∨: : : j{ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : ::,イ:i:i:, :|i,
          / ̄ ̄: :.:::://i:|二二゙|i:iV:::::j{: : : : : : : : : : : : : : : : : __/i:iト.:i:, :|i,
        / : : : : : : :::://i:i:i|:|::: : |:|i:i:i:V::j{ : : : :_:_:_:,.   -=ニ二「i:i:i:i:i:ト.||i:, :|i,
       /: : : : : : : : : ://i:i:i:i|:|==::|:|i:i:i:i:≧=ニ「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|::゙||i:i:, :|i,
     /_:_:_:;;; --─=彡i:i:i:i:i:|:|::: : |:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|`'||i:i:i:, :|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|zzェ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:ト.||i:i:i:|__|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i__jjIIL 。。 --|- 、i:i:i:i:i:i:i:i:|
       |jjIILi:i:i: 。。  ---───…  '''  ̄ ̄   _,,,....... ⊥..,__|``''ミ+s。.,
       |-- ┬r─‐┬─…tt====ュTTTTT::/||~ ̄ ̄ ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:::::::::::::``''ミ+s。.,_
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:| ̄:::|:|i:i:i:i:i:iii:iノ::||zzzzェェ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:| ̄~ |:|: : : ::::|`''ミs。     . . : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|  :|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|::: : ::|:|: : : ::::|:;:;:;:|丁 . . : : : : : : : : : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|,,,,_/|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : : ::::|::::;::|│.: : : : 、: : ∨i/: : ::.
''^''^''^''^''^|i:i:i:i:i|_|__||i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||_|___|_||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|:::;;;;|│{ : ://\/ /{__ノ
ーーーーーー |i:i:i:i:i:TTTTTi:i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|v-‐'""└─── ┘i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|== |│\|i'"  `Y|'^'ー
゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙゙|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:洲洲i:i:i:|:|:|ニニ|:|ーrーrーi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/二二|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: :: :; ::|::;:::;|│゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:
:, :.. .:: ,:|_ ̄”“'' …─‐‐-=====⊥_;_;_;_;_;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|zzzzz|:|:::: : :: |:::::::|┤ .:  :  :  :
:, :,  :.. .:: : : : l ̄ 二ニ=- ...,,___ _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 丁 ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄|:|:::::::|丁 .: : ,: :. . ,:
:, :, :, :, :, :, :: :, ,:  :,  :. ..: :..  .::   :.l二二二二二二丁 ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|,.。o≦ :,  :.. ,: : ,:
.: :  .. ., :. ^ .: ′ .::  :., .:  :.,  ..:  :..  :, :  :.  ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .: ┌───┐ :: ,:
.: :, ,, .  .:  ,:  :..  ;: '^ .:  ,.:  :..  ,..:  .:  :..  :..,   ..:  ..:  :,  :.. :.. └───┘:, :,
:, ,: ..:  ,:  :'  ..:   ,.:  :..,  :,  :,  ,.: ..:  :., :.  :...,  .:: ,.: :.. :, :..    .:  :,   :,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヤキソバ遺跡 4級遺跡指定
| なんともふざけた名前に聞こえるかもしれないが、命名にはきちんとした理由がある。
| 発見当初、ナノマシンに保護されていたのか、遺跡の入り口に「ヤキソバ」と書かれた
| 状態のいいのれんがかかっていたのである。
| 
| ……そんな資料を思い出し、やる夫はネーミングが安着すぎなんじゃないかと頭を抱えた。
| ついでにスレ主は富士宮からヤキソバしか思いつかなかった先日の自分に頭を抱えた。
┗───────────────────────────────────────┛
118 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:22:40.65 ID:u4AhdgZP
安直wwww
119 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:22:43.14 ID:uqzKmO59
──┬━┬┬━┬┬━┬─┬━┬┬━┬┬━┬┬━┬┬━┬┬━┬┬━┬┬━┬──
──┤  ├┤  ├┤  ├─┤  ├┤  ├┤  ├┤  ├┤  ├┤  ├┤  ├┤  ├──
    |   ̄    ̄     ̄ ̄     ̄     ̄     ̄     ̄     ̄     ̄     ̄0  .|
    |   __/ ̄/___  .i    _/ ̄/_    |    | ̄|   /''7   |    /'''7'''7 0 |
    |   /__  ___  / ||   /__  _/   ||     ゙ー┘ ./ /   ||    / /i  l    |
    |   / / / ./  | |  /__  __/    | |     ___ノ / .  | |  _ノ / i  i__.  |
   /  /___/   ̄  | |   /_/     .| |   /_____/    | .| /__,/  ゝ、__|  ゝ
   \_______| !_______/  |________| |_______/

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ちなみにヤキソバのれんは、既にスカベンジャーによって持ち去られた後である。
| 由来の品も残っていないとは世紀末じみているが、既に世紀末を過ぎたのだから仕方ない。
| ついでに言えば、ナノコーティングされた布は貴重なのだ。
| 
| 閑話休題。
┗───────────────────────────────────────┛
120 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:23:52.05 ID:uqzKmO59
         ___
       /     \
      /  ─ ,  , ─\     まー組合とか (スレ主とか)
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |    その辺の頭の構造なんて気にしてもしゃーないお
      \      ` ⌒ ´  ,/
       /          ヽ                          やる夫殿、何の話でござるか? >
      |  __,、     ヽ qi   ただの独り言だお
      |  \Fiニニ'`ニfニニfニニ'ヨ|、
      | \... ヽ'「:__。__:_・_゚j,,.!コ===ー!
      | 〈,,/ヽ___)ニニ〔lニlf ̄ カチャ
         /.:::. ア ~''''~ | ii:|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 車を降りて早速、やる夫は肩にかけた45口径短機関銃に手を伸ばす。
| セーフティを外し、即座に射撃に移れるよう脇に構える。
| 9mmはホルスターにしまったままだ。弾切れの時にとっさに持ち替える為の装備なのだから。
┗───────────────────────────────────────┛
122 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:24:42.06 ID:uqzKmO59
                          _
                     -==ミ':. ∠⌒
                   /: /:. :. :. :. :. :. \
                  {: /:./:./:. {:. :. :. :. :. ヽ
                   /:. イ: /-:.、:. :. :. i:. :. :. :      いい天気でござるな。
                    r' V=ミハ:. :. :.|:. :. :. |
                       }- ヽノハ:. :.:|:. :.|:.:.|      遺跡に潜らず、昼寝をしていたいくらいでござる
                       {  / ヽ-}:. : |:. :.|: ノ_
                       `¨¨ヽ   ノ:. : |:/':. :. :. :. :.``丶、
                        } ⌒}:/:. :. :. :. \:. :. :. :. :.\
                      /. . ̄ ̄ \:. :. :. :.\:. :. :. :. :.\
                     /../ ̄ ̄ \. ..〉、 :. :. :〈\:. :. :. :. :.
                      ノ. . /. /. ./. . . . ∨  \ :. : . \:. :. :. :
                    {. . ./. /i. . . . . . . . {    ヽ:. :i  \:. :. :
                   /. ./. /...|. /. . ̄ ̄..    i:. |     、:.
                    {. /. /|. ..v . . . . . . . .ハ    |:. |
                  //. /. |. .,. . . . . . . . /. :',   :.:ノ
                 , ./. . . . |. .i. . . . . . . /. . . .  /
      / ̄ ̄r- ----r/./. . . . . |. .|. . . . . . /. . . . .}:.
   / ̄   }_} }. . . . /./. . . ./ . |. .|. . . . /. . . . . .|..\
    { r― 、  / ̄V'|. . . .{. . i . ./ . . .|. .|. ../ . . . . . . . |. . . \
   いVr _/    V. . . . .7./'. . . . . ..|. .|. . . . . . . . . . . .| . . . . . .
    ^ V∧     }. . . .〈./. . _ -==〕/ . . . . . . . . . . . |. . . . . . . .
        V∧    \/人,.-====/. . . . . . . . . . . . . . |. . . . . . . .}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 傍らでは、剣心が空を見上げながら刀の柄に手をかけている。
| 対抗コーティングがされていなければ、どんなものでも切り裂くと評判の熱単分子刀だ。
| のんきなことを言っているようだが、いざ戦闘となればやる夫よりよほど頼りになるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
123 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:25:39.94 ID:u4AhdgZP
こういうオンオフはっきりしている人は有能そう
124 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:25:45.14 ID:uqzKmO59
        ____
      /      \
     /  ─    ─\   昼寝なら帰ってからにしてくれお。
   /    (●)  (一) \
   |       (__人__)    |   4級遺跡で剣心に抜けられたら生還率がごっそり落ちるんだから
    \      `_⌒ ´  /
.    ノ.,.,.,.,.,.,.,/ )ヽ.,.,.,く
   (;:;:;:\;:;:/|_ノi );:;:;:;:)
.    |;:;:;:;:゙;:;:;:;:;:|;:;:;:|;:;:;:;:;:;:/
    \_;:;:;:;:;:;:;|;:;:;:|;:;:;:;:::ノ

                            |ヽ
                            |i |    . ' ´  ̄`⌒ヽ、
 わかっているでござるよ、やる夫殿。     |i |  .// : : : : : : : ヾ. \
                            |i |  / /: ; : { : :i: :i: :ヾ: :ヽ : ヽ
 拙者も今月はピンチでござるから、       |i | i ! {: /从,!: :!、从: :'. :| i: : :N
                            |i | レ!小l● V  ●レi : i: | i: i
 張り切って潜るでござる              .(_ー'_) V:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃j| | :|、|
                              /⌒ヽ_レヘ   ゝ._) メ | .'/⌒i、!
                            \ //: :ヽl>,、 __, イj, /  /ミヽ
                       .        // : : : : : ヾ   //: :/\∧ヾ: :}
                              7: : : : : : : : ヾy/: : : : : : : i ルノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 軽口をたたき合いながら、互いに準備が済んだことを確認する。
| 生憎やる夫には、人様に誇れるほどの武器や技術はないのだ。
| 仲間ありきで潜る以上、彼とのコミュニケーションは重要なスカベンジの一環だ。
┗───────────────────────────────────────┛
125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:26:45.17 ID:uqzKmO59
                          ______
                        /            \
                       /            \   さて、今のところ分かってる地図情報は……
                     /               \
    ______          /                 \
   i"||  = o   |        /                      \
   | :|| | ̄ ̄ ̄| |       |                         |
   | :|| | PDA..| |       |                         |
   | :|| |      | |        \                        /
   | :|| |_____| |         \                    /
   !、|l、__j──‐j_,j          〉,_,r-‐──
  i ̄`)_) ̄ ̄ )_)       /⌒ヽ、
  | i´ " ̄ ̄ ゛|        ,イ´     ゛\
  | | El( (r'⌒ヽ、      {     `ヽ、 `ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| いざ征かん、旧文明の遺跡……というところでやる夫はさっとPDAを取り出す。
| この遺跡に目星をつけた際に、軽く情報屋を当たって地図だけでも仕入れておいたのだ。
| 精度はそれほど良いわけではないが、一切情報がない手探りよりはだいぶマシだ。
┗───────────────────────────────────────┛
126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:27:38.13 ID:uqzKmO59
       「 ̄ ̄ ̄i!                __
       ll      l|            .,..-''"´     `"''-、
       ll      l|           ./-――-     -―\
       ll___l|          ./  _       _  .',   情報料惜しんで命や儲けを失うのは
      ()_}ヽ/^l_()        ,'  {筏豺}     {筏豺}  ',
       l|/ / ' l|       .l   `¨¨´ /   .\¨¨´   l    ごめんだからな……
      ./ / /  l|        .l     (   ,、  )    l
      / / /   .」        '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
     ,'/_/ ̄_廴.       ヽ、            /
    .{   /   `           `ァニニ<// _,,..-'' __
    ∧     }-' ノ          .,./ /\  / : : : : : : > : :\
     ハ     `「        _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
      .|     }      ./. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
.     |\`、: i'、.    ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
     .\\`_',..-i.    { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 強く当たってあとは流れで。出たとこ勝負でどうとでもなる……
| 生憎とやる夫は、そんな風にして自分が生きれるとは思っていなかったし、
| 客観的に見てその認識は間違いではなかった。
| 
| だからやる夫はリスクを減らそうと考える。
| その結果が剣心のような信頼できる仲間であり、事前に仕入れる情報である。
| 腰にぶら下がった数種類の使い捨てグレネードも、保険の一種と言えるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
127 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:28:14.28 ID:F8rm8yEd
流石に駆け出しや福本族とは違い情報の大切さは知ってるよなw
128 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:28:32.28 ID:u4AhdgZP
だからこそ3級目前まで目立った才能なしで生き残れたんだろうな
129 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:29:03.93 ID:uqzKmO59
      【MAPデータ】

  ┏━━━━━━━━┓
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┗━━━    ━━━┛:::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::
      3.     ::::::::::::::::::::::::
             ::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::::::
  ┏━━━  ┓   ::::::::::::::::::::::::
  ┃        ┃   ::::::::::::::::::::::::
  ┃        ┃   ::::::::::::::::::::::::
  ┃        ┃   ::::::::::::::::::::::::
  ┗━    ━┛   ::::::::::::::::::::::::
     1.       5.

   ■ 0. ■


  0.送迎車発着場(現在位置)
    標識が立っているだけ。帰りはここで送迎車を待つことになる。
  1.正面の建物
    ヤキソバのれんのかかっていた建物。
    この位置は正面玄関らしい。内部の様子までは分からない。
  3.裏手の広場
    建物の裏手に開けた空間がある。障害物になりそうなものはあまりない。
    近くに大き目の建物もあるが、扉の近くでスカベンジャーの死体が発見されているらしい。
  5.ガレキの山
    読んで字の如くガレキの山。無理によじ登ったりしなければ、崩れる心配はないだろう。
    漁れば少しは拾い物もできるだろうか……

  1と5の間の空間は問題なく通行できそうだ。直接3へ向かうこともできる。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今回やる夫が限られた予算と相談しつつ仕入れたのが、この地図だ。
| 内部の詳細な情報や予測される脅威までは仕入れきれなかったが……
| 4級の懐事情では致し方ない。
| 安全に気をやる分、やる夫のスカベンジへの出費は並の4級、5級より多いのだ。
| 
| ※ 私生活も含めた総合的な出費が多いとは言ってない。
┗───────────────────────────────────────┛
130 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:30:38.26 ID:uqzKmO59
      【MAPデータ】

  ┏━━━━━━━━┓
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┃                ┃
  ┗━━━    ━━━┛
        
      3.
             ::::::::::::::::::::::::
              ::::::::::::::::::::::::
  ┏━━━  ┓   ::::::::::::::::::::::::
  ┃        ┃   ::::::::::::::::::::::::
  ┃        ┃   ::::::::::::::::::::::::
  ┃        ┃   ::::::::::::::::::::::::
  ┗━    ━┛   ::::::::::::::::::::::::
     1.       5.

   ■ 0. ■

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今のところ分かっているのはこんなところか。
| さて、どこから手を付けたよう……
┗───────────────────────────────────────┛

  1) 正面の建物
  3) 裏手の広場
  5) ガレキの山


   ▼ 選択安価 ↓1~3で多数決(雑談は下へ)

132 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:30:50.61 ID:u4AhdgZP
133 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:31:21.92 ID:LxlCE0uR
134 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:31:30.38 ID:A7YpYZEi
3
136 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:32:18.82 ID:uqzKmO59
         ___
       /     \
      /  ─ ,  , ─\    おーし、それじゃあ移動するお。
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |   前はやる夫がチェックするから、剣心は後ろを頼むお
      \      ` ⌒ ´  ,/
       /          ヽ                                    任せるでござる >
      |  __,、     ヽ qi
      |  \Fiニニ'`ニfニニfニニ'ヨ|、
      | \... ヽ'「:__。__:_・_゚j,,.!コ===ー!
      | 〈,,/ヽ___)ニニ〔lニlf ̄ 
.      .|   /.:::. ア ~''''~ | ii:|
       i     \ ::::/  キュム
       \     |::/ キュム
         |\_//
         \_/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まず手始めに裏手の広場へ向かうことにした。
| PDAをしまい、剣心に声をかけて移動を開始する。
| 注意一秒怪我一生。遺跡では移動中の警戒は欠かしてはいけない。
┗───────────────────────────────────────┛
137 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:33:38.25 ID:uqzKmO59
;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |       /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;
;;;;::::::::::::::: :::: :: |        |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;
;;::::::::::::: :::::: :: |        |/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;
:::::::::::::::::::  :::: |          |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;
:::::::::::::::  :::::::::: |          |   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
:::::::::   ::: ::: : |        _|     ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::
::::: :::::  ::   |_       |::::|    ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::   ::: ::: : |:       ::|    ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::  :::::::::: |          |    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::  :::: |_____|   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::::::::::  |          |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::: :::::::::::  |          |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::      \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
;;;;;:;;;;::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::    \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::   \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
;;;::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::\:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/;;;;;;;;;;;;;;;;:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 正面遺跡とガレキの山の間にできたちょっとした路地裏みたいな隙間を進む。
| 地図によれば、この先には大き目の建物と、広場があったはずだ。
| そこにスカベンジャーの死体があったということは、何らかの障害があるはず……
┗───────────────────────────────────────┛
138 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:34:25.37 ID:uqzKmO59
       |
       |
       |_______
       |             \
       |. :::::::::::::::::::::::::::::  \      絶対に……絶対に何かいるはずだお。
       |::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\
       | ;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \
       |..''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \
       | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
       |     __::::::::::::::::::::::::::::::::  |
       |,斗'''"´` <゙::::::::::::::::::::::::: /
       / ,=―ー一 `丶゙::::::::::::: /
      々'´  __,, -   ∨
       / / ___,,,,,,   ∨
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ここには何か敵がいるはず。
| そう念頭に置いて、遺跡の陰から広間と奥の建物を眺めてみる。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ チュートリアルに移ります
139 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:34:42.05 ID:uqzKmO59
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
140 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:35:15.11 ID:uqzKmO59
            【チュートリアル】

              ,-‐   -‐…‐- -‐、
           / , ´      ヽ
             / /            ',  ,     さて、これからいよいよ、当スレ初の判定安価の始まりです。
          ′  / __ /   __    ′
         i  i |´/{ |  }  i `   :     戦闘、探索、戦利品処理など、
         |  ト、抖-=x  /x=ミ }  |ヽ
         |  | ト Vツ Ⅵ Vツ}/:  | }   様々な場面で使用される可能性がありますので、よく聞いておいてください。
        /   |/圦 ""  ′ ""八|  |\ー=ミ
        //∧ :l: :r= >. ^ .<`{ | / .、 \   }}
      ///./_,∧{-′{{^´/)(ヽ }} / .: /=ミ }   } /
.     {〈  } // .∧ヽ //´く: :〉' \ムイ /\ /___
     \ノ// ./  ヾ}≫x /、{   __〉} /  ヾ Ⅵ   ヽ
      / )/i{   /ニニニ=‐ ‐=ニ{{、  }//〉\  }
.     }/ \ヾ  {/ニ7ヾニニ=‐ ‐=ニ}:  //´/  }\/
    〃',  }∧∨/ニ7   X¨¨¨´Ⅴニ // ./、 /  }}
    {{ }i / .∧∨7   / `、   Ⅵニ :{ { } i  〃、
    ヾ、 /} }ニ7  /´   `、  Ⅵニ{  ≧=- {{  \
   -‐{ ,} V´/ ≧==- __}}   }}´ \__}ニ7≧=-‐‐-、ヾ、. \
141 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:36:13.21 ID:uqzKmO59
                      -‐ミ .
               _, -‐ァ' ヽ   \ ヽ
                  / /      \  ヽ \    ...  、
              / -‐  \   ,  \   ,  ^⌒´   〉 }
                /´ \:i    } / ハ  丶 ′  \ー‐‐' :トミ
            /    /k   〃7圻ミ :|   \ :,         \
   ヘ        {∧  て芯\{ 弋ーツ∨  } : ′-=ニ二三 ̄ \    < 総員傾注!
   ヽ\∩==--ヘ  八  弋ツ,    ⊂つフ ,/  i ,         \ ノ /
. ┌‐‐' { {ニニ: : :.}\| |    r 、   ムイ /´ | ′       }/ /
  とニ   {ニニr==ニ 」 个     \ヽ イ/ ハ.{  :| .;     \     {  -‐…・・・ミ
  ゝ‐‐―∧ニニ{{_゚_} | !〃 `7ぅ爪〔}}.//ニニ} \j/       \            \
      ∨ニ∧ニL : . | |}`7^}}  i{ く{____彡'\ \        ,    \    /⌒´
.       ∨ニ∧ニニ : Ⅵ :{ ( `¨}レ /  \ニニ /‐‐ァ         ′    `¨¨¨¨¨¨¨^ヽ
       ∨ニ∧ニニ: : `、 V⌒} 〕 }}\___,  ニニ} .〃  \    {             }
          \:::∧ニ=‐  `、\/==={{_}{__∨ ニニ“ 〉===ァ       \     \   \  /
           ̄´ |{ {   /⌒ヽ_{{'´   |  ニニ∨/´ {__ー‐‐         }===ミ. j/
             八 \} 〈 \ r===┐.|  ニニ V_/:.:.:.\  <¨¨¨¨ミ.  /    | |
              >  /`.r=¬....(:(:|   ニニ \__:.:.:.:.:.〕\  )   } .′    :| |
          __彡'⌒V´ {_/`¨¨¨フ/ゝ    ニニ }\¨¨´__彡´ ー=彡       //
         { (  }ヽ ´       / ′..,|    ニニ   ヽ               //
            ≧=‐- '       //. . ./.|\__ニニ_/:.:.}\            //
       /            //. . . |ニ\:.:.:.:.:.:{{_゚_}}:.:/ニニ〉          //
.        /⌒\       ____彡′ . . 〉、ニニニニニニニ/           /
┏────────────┓
│ 解説:概要
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 当スレではいわゆる『目標値』に対して、主人公の技能補正やダイス、
| それにスレ民の皆さんによるアイディア・自由安価を考慮して『達成値』を算出。
| その数値如何で結果が変わる……というTRPGライクなシステムで行こうと思います。
| 
| Aの魔方陣方式とも言うらしいですね、スレ主はやったことないですが。
┗───────────────────────────────────────┛
142 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:37:14.70 ID:uqzKmO59
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′   まあ、こうして説明だけされてもわかりづらいでしょうし、
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|     一つ例を出してみましょう
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八
┏────────────┓
│ 解説:例題
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 現在やる夫は瓦礫の多い遺跡を歩いている。敵の奇襲を避けるにはどうすればいいだろうか
| 
| ……という状況であれば、
| 『棚の上や曲がり角など死角に気を付ける』
| 『瓦礫の崩れる音がしないか耳を澄ます』
| といった具体策を提示していただければ、固定値ボーナスを付けさせてもらいます。
┗───────────────────────────────────────┛
143 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:38:10.69 ID:uqzKmO59
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \

┏────────────────┓
│ 解説:安価の採用・非採用について
┣────────────────┻──────────────────────┓
| 基本的にマイナスになる内容や、状況にそぐわない内容は採用しません。
| また、それによって固定値にマイナス補正が付くということはないのでご安心ください。
| 
| ちなみに状況にそぐわない内容というのは、例えば事前の選択肢で
| 『銃撃戦を行う』事が決定しているのに、『ナイフを持って敵に突っ込む』とかって内容ですね。
| 前の安価は何だったんだよ、ってことになるので採用しません。
| 
| でも銃撃戦の範疇であれば、銃以外の道具を使うことは問題ありません。
| 『手榴弾で一網打尽にする』『煙幕で敵の視界をふさぐ』、どちらもオッケーです。
| こういう場合、事前選択肢の自由安価枠になってることもありますが。
┗───────────────────────────────────────┛
144 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:39:24.93 ID:uqzKmO59
                                  __
                                〈  \
                                  \彡\
                                  \  \
                              ___  //\彡x==ミ
                             」川 /   `{{〃⌒ }
                              -‐ {//      ゞ=- '’
                           ´   // {: 〉\
                    r'"     .//ゝ __/ \ :.
                    | /   //   }::::/、 /_》、:.         __
                    //    /  ヽ'⌒::/:.:.:.:/ /  \    ./} }
                      // /.:  |`{、 }x=}___/_/:.:..   \ /  : ′
                   -‐‐‐'’// { i|炒 ,` ゞ'ムイ }≧=-:.:.__  }  \i |      ____
               八 {`ー// \{ \{  v ) イ|  |ニ=‐'"  / \  | |  /  -‐‐‐ \
                } }.// |   |::::.r‐ ≧=,r }「.i|  |   ./: :.\  八 ー'’      \}
                  //-‐∧  |::://  }} {/“/  :  |   |′     \  \          /{
              __ /// / .∧ .!://´ノv ´ {{=ミ : .:.____ノ\   ー‐ミ   \ __  { {
         __ノ r,ぅ '’_{_{ー‐'  ‐=ニ“´ {{´゚ } {ヽ}} }} | .:: \   `ー‐=ミ  i: : .  . : : .  `  :
         じゝ'「{/.:.:.| |===彡 ,...< ,/ . -‐=ミ='=/イ{   \   \  ヽ:|: : : : : : : : . .    :.
        //ー:;.:.:.:/ ./   < : : : ;. : :´     `ヾ“´: : .    丶   :}   } \: : : : : : : : .
        //  |:::|:.:.:.| |,.<´  }: : : | : :       {: : : : : : .   \      {: : : . .-‐‐‐=ミ    i
.     //   / ∨:.:.//: : :ノ  }: /: :|: : |        Ⅵ: : : : : )   }\   \: : : : : : : : : .   |\
   //    { { `“: : : :/  /:./: :/: :/|       /ニニ=-__:/   /:.:i.:.\   \: :\: : : : :  |ヽ ヽ
.  `¨      \` -=彡. . : : : :/: :/: i }ニ=- :}  /ニ/ |   {  /: : :|: : : ヽ : .  \: :\: : :.  :  `⌒)
         //: /'⌒ヽ: : :.:/:_:/: : |: 〕  }}、xz/ヽ{._!  :\: :\:..|: : : : : \: : .  丶   : :. ノ
            { / }: / {⌒ヽ: : : ´: : : : /: :〕ニ| {{__}} |‐' \  \ 〉.: : :|: : : : `、: : : : : .     ',: |
┏────────────┓
│ 解説:技能について
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 使用される技能とその補正値については、出題時に提示します。
| 特性については補正される場合も出題時には提示されません。
| 適用されるかどうかは状況と特性を照らし合わせてお考えください。
| 
| また、アイディア安価で他の技能の使用が妥当な内容が採用されれば、
| 技能固定値はその技能を使用したものに変更、ないし追加されます。
| まあスレ主はぬるげー好きなので、固定値が下がることはないでしょう、多分。
┗───────────────────────────────────────┛
147 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:41:07.82 ID:uqzKmO59
            /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
             . '. :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
         . ': : / . : : : : : : : : : : :!.:.: : : : : : : : :.:.|
         /. : ,'. : : : : :!.:.: : :|.⊥l |:l: : : : : : : l: : :|
.         /: : : i: :i: : : : |.:.ィ ´l:l:l:.i |:l: : : : : : : |: : :|   ここまで一気に説明しましたが、
       .' : : : リ:.:l: : : 八:.トvノ从ノノハ:.i: : : : : :|:.:!:.|
        .'. : : :./:{: |: : : : ::N x≦三王从: : : : :ル1 :|   現時点で気になること、質問したいことはあるでしょうか?
      l: : : : i: :ハ:{: : :.:.Ⅵ《 |イ.:: ::i|  ヽ. :./ 从:!
      |: : : : |: : 八: : : :X  |{ト-1 l|   ∨    :|
       /!.:.: : :.|: /: : :\: : :\ j ヒ斗'         ::|
     /. |: : : : j/: : : : : :.\{⌒      .      ::|
    /: :.:|: : : : |: :i: : : : : : :|            .:::|
. /. : : :从.: : :.:|: :l: : : : : : :|\       _     / 〉
X斗七/: 人: : :l: :l: : : : : : :|二 〕ト .      / /
  /. : :/: :∧: j:.八 : : : : :.j  | |  rf ≧=≦i _∠|__
 . '. : : :/: :/:.∧:| ̄::\:.::.:N  | |  |片Y__/{::/  __ _ .ノ
/. : : :/´ ̄ ̄:N:::: ::__:::\: :.\ j 〈\ /.:::::K / ̄ ̄ ノ
!: : /.::: :: :: :/}:|´     ヽ. : :.ヽ /\〉i.:::::::|人} \ ̄
{: /.:::::: :::::/  N       ): : : :) ⌒Y:!::: ::从::.\. 〉
从: :: :: :/             /: : :./{\/j |:: :: ::人.:: :::|
 ∧:::::::|          /: : :./::::\ し}: :: ::.:::::\. |
  ∧:::::j          /: : .イ::_::_:: :〉i::| ::: :: :: ::.::::.:|
   }:::: |           〈: :/  /.:: 从::: ::: :: :: :: :|
  入 人         人{  / :::: ::: ::人. :: :: :.::::::|
    }> ≧== ≠  彡jハ /:: ::: :: ::/\:\: :::: :/|

現在のやる夫とパートナーの所持品、ステータスは以下のレスに乗っています。
>>34
>>91
148 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:42:42.26 ID:F8rm8yEd
前に死んだと言うスカベの死因や外傷などに特徴などは?
149 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:44:46.97 ID:uqzKmO59
>>148
やる夫の財布ではそこまで調べられませんでした。
ですが、爆発や食い荒らされたような、著しい損壊だったという情報はありませんね。
150 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:45:12.70 ID:u4AhdgZP
当然堕ちているだろう物を使用する行動は制限されないよね?
ex.瓦礫や石ころ
151 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:46:12.81 ID:uqzKmO59
>>150
もちろんです。
その辺に落ちていて妥当なものならば、石ころだろうが木の枝だろうが利用可能です。
155 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:51:15.71 ID:F8rm8yEd
周囲を見渡して、監視カメラや怪しい人影はありませんよね?
156 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:52:35.28 ID:uqzKmO59
>>155
ありません。奥の建物にも手前の遺跡にもカメラの類はなく、
広場には小さなガレキが落ちているばかりです。
157 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:54:35.57 ID:F8rm8yEd
ふむ、お互い死角をカバーしながら小さな石とかを奥に投げて反応を見るのが安全かな
158 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 20:55:32.98 ID:u4AhdgZP
突貫や大声だして注意引くのは後の方がいいなぁ…
なんとなくミュータント臭い気がする
159 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 20:59:32.91 ID:uqzKmO59
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′   ふむふむ、状況の把握は大丈夫そうですね。
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|     ではそろそろ安価に移ろうと思います。
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |       延長希望や質問は3分以内は受け付けますよー
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八
160 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:03:55.54 ID:uqzKmO59
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
161 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:04:32.66 ID:uqzKmO59
       |
       |
       |_______
       |             \
       |. :::::::::::::::::::::::::::::  \      広場は何ともない……なら建物かお?
       |::::::::::::::,::::::::::、,,.-='、'、::::\
       | ;;:::┬′:::::::::゙.゙、;;;;::',ノ:::: \
       |..''''''´":::::::::::::::`''''''"⌒::::::  \
       | ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  |
       |     __::::::::::::::::::::::::::::::::  |
       |,斗'''"´` <゙::::::::::::::::::::::::: /
       / ,=―ー一 `丶゙::::::::::::: /
      々'´  __,, -   ∨
       / / ___,,,,,,   ∨
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 広場には特に遮蔽物もなく、何かが隠れている様子はない。
| ならばどこに潜んでいる……やる夫は身を乗り出しすぎるということはなく、
| 遺跡の影からあたりを見渡した。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 索敵安価 1D100 目標値:45

      ↓1~5 索敵に関して自由記述
      ↓5    ダイス採用
162 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:06:46.61 ID:u4AhdgZP
【1D100:39】
周囲に落ちている小石などを投げ込んでみよう投げた後に即座に移動しよう
剣心とお互いをカバーしながら行動よう
最後になにかあったときのためにいつでもグレネードを投げ込めるように用意
163 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:07:06.73 ID:F8rm8yEd
【1D100:39】
お互い死角をカバーしながら小さな石を置くに投げ入れ何も反応が無かったら
少しずつ慎重に進む
164 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:12:18.73 ID:uqzKmO59
むぅ、お二人以外は他所行っちゃいましたかね?
では再投稿有りで、安価範囲を次のダイスまでに変更します。
165 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:13:29.74 ID:u4AhdgZP
追加

同行者も含め身動きせずに聞き耳を立てる
巡回するものが居れば聞き取れるはず
また深呼吸して当たりに漂う臭いを嗅ぎ取ろう 生物ならば臭いが残っているはずだ

【1D100:82】
166 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:14:50.50 ID:F8rm8yEd
周囲の音に聞き耳を立て、遮蔽物の陰に隠れながら進む
【1D100:41】
167 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:15:39.54 ID:tWcYTVN8
>>163+最後になにかあったときのためにいつでもグレネードを投げ込めるように用意
>>165

【1D100:21】
168 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:17:58.43 ID:uqzKmO59
  ダイス【89】+安価【15】+特技【35】>45  成功!

:..:..:..:../:..:..:.、.:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:./
:..:..:../:..:..:i.i:.!ヽ、:..:..:..:..:..:.ヽ.、..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ.:..:..:..:.、.:..:..:..:..:..:../、‐‐
:..:..:/..:..:..i.:.i:.', `'‐ 、.:..:..:..:..:ヽ、、ヽ.:..:..:..:..:..:..:..:..:ヽ.:..:..:.';..:..:..:..:..:../ \__
:..:.,'.:..:..:..i:..:i.:.',    /`ヽ、.:...`、`、` 、:..:..:..:..:..:..:..:.',、..:..',`''ー‐''7、--‐、
:..:,'.:..:..:..i..:.:.i:.、'、  /  /! ヽ、.`、`、 ヽ、..:..:..:..:..:..:..','、.:.i   / ヽ____ヽ    音は……しないでござるな
:..:i..:..:..:..i.:..:.', `ヽ、l! / ヘ,!   `.、゙、 ヽ ヽ..:..:..:..:..:..:.', 、:l  /-‐‐‐、 ..::::
:..:l:..:..:..:.i.:..:..ヽ   l!./<、 l    `、、‐`;゙´` 、:..:..:..:..:..l. ll / ヽ、__,...::::::::          ああ、精々風くらいのもんだお>
:..:l:..:..:..:..i.:..:..:.`.、 ノ.l!`゙''ヽ!  ,..-''´ ゙、 '   ',:..:..:..:..:l. リ/______ .,,::::::::::::::
:..:l:..:..:..:..:ト、:..:.、.、`.‐、  ,..‐''´     '、    ',:..:..:..:.l. / ヽ、 .,,:::::::::::::::::
:.. l:..:..:..:..:.i `.、:..:、`ー-`、        ゙,    ',:..:..:..l/____ `,::::::::::::::::::::
i ゙l:..:..:..:..:',  ` 、`、.  l          ',   i:..:..:./ヽ、 \:::::::::::::::::::::
i  ',:..:..:..:..:',    `ヽ. i      ,   ',   i:..:./____ ヽ‐/:::::::::::::::::::::
.',  ',:..:..:.i.:.',      i _.-''´`-‐'ヽ- 、    .i:../ 、  ヽ、/::::::::::::::::::::::::
. ',  ';..:..:i、 :',      ´         `‐、,_ i/  `ー‐‐,':::::::::::::::::::::::::::
. '、 ';..:.i `、:',          ,..._     .,../.     ,:::::::::::::::::::::::::::::::
.  '、 ',:..i  ヽ'、        ヽ、`'‐.、 /  `ヽ、  ,'::::::::::::::::::::::::::::::::
.    ',.i   . ヽ、        `ヽ、 ` 、、    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::
.      '、               /゙ヽ、 'ヽ 、  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    /;;;;;;;;;;;`ヽ、 ゙`-、::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ソ、 ` 、::::::::::::::::::::::::::::
                  ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::`'、 ソ:::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 視覚に頼り切ることなく、二人で耳をひそめてみる。
| 結果……無音。
| 瓦礫の上を行くならば、足音なりなんなりしてもいいはずなのに……である。
┗───────────────────────────────────────┛
169 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:18:56.58 ID:u4AhdgZP
居ないか待機状態か…? 
170 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:21:28.78 ID:F8rm8yEd
あるいは奥の建物で待ち構えているのか・・?
171 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:21:41.70 ID:uqzKmO59
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :| ̄~|:::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
       .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 音がしないということは一つの収穫であった。
| つまり想定される脅威は、外を出歩いていないということである。ならばやはり、建物が怪しい。
| そう思ってよくよく目を凝らしてみると、奥の建物の壁に何か……出入り口らしきものが見える。
| 明らかに人間用ではない。位置は下すぎるし、小さすぎる。
| 例えるなら、ペットか何かが単独で出入りする為のような……
┗───────────────────────────────────────┛
174 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:30:02.34 ID:uqzKmO59
         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\    剣心さんや……あのちっちゃい入り口、どう思うお?
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |                           いかにも、でござるな >
    \     ` ⌒r'.二ヽ<     だおねぇ……
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|   剣心って確か、グレネードは……
  {   {         \`7ー┘!

.                    |ヽ
.                    |i |    . ' ´  ̄`⌒ヽ、
     自慢ではござらんが、 |i |  .// : : : : : : : ヾ. \
.                    |i |  / /: ; : { : :i: :i: :ヾ: :ヽ : ヽ
      ノーコンでござる     |i | i ! {: /从,!: :!、从: :'. :| i: : :N
.                    |i | レ!小l● V  ●レi : i: | i: i
. < 相変わらずかお.     .(_ー'_) V:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃j| | :|、|
.                      /⌒ヽ_レヘ   ゝ._) メ | .'/⌒i、!
.                    \ //: :ヽl>,、 __, イj, /  /ミヽ
.              .        // : : : : : ヾ   //: :/\∧ヾ: :}
.                     7: : : : : : : : ヾy/: : : : : : : i ルノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 遠目に見える小さな出入り口。
| そこを眺めてぼそぼそと言葉を交わす。
| 無造作に近寄りたくない以上……別の手段で安全を確かめるしかない
┗───────────────────────────────────────┛
175 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:30:52.40 ID:u4AhdgZP
ビッチャー第一球!!
176 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:34:19.95 ID:uqzKmO59
       ───                  ...................
   /      / \             ..:::::::::::::::::::::::::::::::...    なら、やる夫の強肩を見てるといいお!
  /    \  (● ) ヽ       /::::::::::::::> ⌒ ヽ::::::::::..
  |    ( ●) __)    |      /:::::::::::::::::::{ ( O ) }
  人     (__ ノ  Y  /     l::::::::  '" ゝ ___ノ     !
/  \    ゝ _ソ /   __,
     ~" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ニニフ \
        ──────、_ゝ    -  ___   '
          /         ※ 心の綺麗な人には不細工な石ころが見えます
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やる夫は足元に転がる瓦礫を拾い、握りこむ。
| 固さ、重さ、大きさ……どれもただ遠くに投げるだけなら、問題ない。
| 握りこんだ小さなガレキを、やる夫、大きく振りかぶって……投げた!
┗───────────────────────────────────────┛
177 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:34:40.16 ID:F8rm8yEd
さてどうするか・・不用意に近づくのは論外、かといってノーコンでのグレ投擲は無駄使い・・
178 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:37:45.77 ID:u4AhdgZP
続けてやる夫が投げるしかないなぁ…
179 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:40:17.43 ID:uqzKmO59
  `                , -┬- 、- ― ‐― ――― ―――‐―‐―――――――――.…..... .. ...
.                /|! || || \  __ __ . . . . . : : : : : :___ : :: : : : : : :: _ :: : : :: :: :: : ::: : : : : `
              ./ .|レ=¬=、 |\          . : : : : : : : : : : :: :: ::: :: :: : : : : : :: : : : : ::: : ::: : ::: : : :
            /l/      \|  | ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|「 ̄
              /l/         |  |___|ユ.__________|ユ.__________|ユ__
           l/        _」-‐T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          」!      __ィ王     {≡ト、_____   ______.{≡}_____    __ __
          ||   _ィ壬三_≦].  ┌┤   |\.||_||_||   ||_||_||/||\|l_||_||   ||_||_
          ||ェ=壬|l=┬‐T’ |   | |   |_|| \    |   ||_||_./_||___l\_||_||   ||_||_/
    , - -――‐┴┴┴┴-..」.  |   | |   |_||  \   |   ||___/_」|_||___||__.\._.||   |  /__.|
   /l|ヒl \ 、 : : : : : : : : :::::: \||┐.」 |   |_||___.\l|   |/_||___||_||___||_||_\.   |/_||_|
  lレ'.|ヨ|  トェェェェェェェェェェェェェェェイ| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \/              \/
  j!!コココニ≠IIIIIIl]]]]] ̄ ̄]]]□_| | : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::|____________| ハ,,ハ,,, ,,ハ,,ハ,,,
  | ||..:::| | | |   |  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::: ::::::|  __ ___   __ ___  彡炎ミy'彡炎ミ
  | ||:::::| | | |  || |:::|| ̄~|| ̄~|]| | : : : : : :.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::| |___||___| |___||___| 彡;災ミ彡;災ミ
‐┴===‐┴ー-ニ」|__|:::]]]]]]]]]]]]]]|..| : : : : : :| ̄~|:::::.:.:::::::::::::|____________|_|l|__|l|
 / カーン \ .   ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ^""  "~゛
 "  ''               : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
          。         : . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::: ::: :: ::: ::: :: ::: ::: ::: ::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 手榴弾投擲歴5年。やる夫の放った瓦礫は小さな入り口に……
| ではなく、表口らしき大きな扉にぶつかり、音を立てた。
| ……断じてノーコンではない。
| 標的が建物に巣食っているならば、表口で音がすれば現れると思ったのだ。
┗───────────────────────────────────────┛
180 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:44:00.79 ID:uqzKmO59

        ..,--―--、
      ,:.´,ニo ,-´ヽ ⌒``ヽo
  l三三il 「ニo/    ヽ   丶o
  |三三!  /    , '   ヽ    ',ヽ、
   ̄フ  ,.'   ,.'     ',    ', ヽ
 j、 . : ´ノ=/    .i        ',    ', ヽ
 と / l=i l、   !        ',    ', }
  7  i=! iヽ__ i   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7
 -=ニ二l=i ヽ | !  /  \ ヽヽヽ\,,,,_
 =ニ、  |=!  `‐/ ヽヽヽ 、_____」ヽヽヽ
  =ニ ノ=ハ  !   ) ) )ー───一'  ノノノ
  `ー‐'‐' `ー---〉ヽ_____ノニ二 ̄ ̄ ̄ \/
          (____/

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 案の定、小さな入り口を押しやって、そいつは現れた。
| のそのそと地を這うような動きでやってきて、表口の警戒を始める……警備ロボットだ。
| あの特徴的なフォルムは、発掘されたカタログで見た覚えがある。
┗───────────────────────────────────────┛
181 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:44:27.73 ID:u4AhdgZP
モルガか…  くみし易い方なのかねぇ…
182 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:45:00.32 ID:uqzKmO59
                                    「|    /7
                                    | |   .//
                                  f .|  r〈/
                                  トく__f /
                                / / /\
           r=ァニ二 ̄`ヽ─、_r=x‐<ヽ─<`ヽ¨ lll/>"
         /二/7二`ヽ  マニlヽ r─〇', 〇} 〇 f r‐ 、/
        ィ >r .ー' ‐ 、 `ヽ\ ゞ'  .〉三0.∧  ハ__ .人三O
      r</f(ー=イr≦ヽ─ 、>─く |  |   |_ノ  〉`ヽ.
      Oイ/    Oイ≦マ三0 >fヽ‐、|ニイ\l、`ヽ ̄ヽ}
        /      Oイ‐イ lニ/ ゚ rヽ| }\ `ヽ|  ̄
       ./        ノ| |:l=ニ=‐.l/、|ヽ}
     _|、___  イ.ノ ./::lニ', o ゝイ>
    ( {ー=一r) / /  ゝ<二7  キュル..キュル.....
     ¨\r=ァイヒ> ´
         ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| T.トミー社製 施設警備用ユニット モルガ。
| 小ぢんまりとしたフォルムと貧弱な火力の、民間向けに開発されたらしい警備ロボットだ。
| 発掘された機体はその低い全高を生かし、ルーチンを積んで閉所偵察にも使われるとか。
| 装甲の汚れや傷を見る限り、こいつは前者の民間用だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
183 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:46:02.62 ID:uqzKmO59
    .、      〃
    . ヽ、   〃
      〈--へ〃
      _iヨ  ̄Ej
      |-‐川‐ュ〉     _.....__
     ()ニ‐''' '' `ー 、..‐'' = - 亠‐..、_
     / .., '' ´ .()三i./// ,-‐''''''‐-、iヽ
     ! ,'´ ()三i l'ニ u=ョV‐‐ .,-‐‐-、l'l三)
    厶'、/  彡/()三)て  /` 、  i ヽl
    厶´ 丶  /`ヽ=ヽ1  l   丶   !  }
     ` 厶'‐「/',ー.ヽ|,l .爪i  . . ,--‐‐-、.. iヲ
      `'''! ../ヽi<,,,! |i ヽ l   { 'ニニ二ニll゙i
        ''l>()<|lヽ  と  |辷──''l| !
         i、ハヘ j=l‐┴と二l===l===に冫
          `ー=-' '     ̄´ ゙゙̄'ノニア′
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 武装は45口径拳銃相当が二門のみ……これだけなら、さほど脅威にも感じられない。
| だがその小さな体のせいで攻撃を命中させることは難しく、
| また頑強な曲面装甲は、万全の状態ならライフル弾程度は十分弾く……
| 火力はともかく、防御力は厄介だ。
┗───────────────────────────────────────┛
187 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:50:56.36 ID:uqzKmO59
                   _____      //____
                 ⌒>:::::::::::`ヽ///∠´ ̄ ̄`丶
               /:::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Y//.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ`ヽ
               /:::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ \
            . ::::::〃.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.i:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:ヾ`\
              /::::: /:::::::::: /.:.:.:.:.//:.:,:./:.j::::|:.:.:}:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:\
.            .':::::::/::::::,::: /::/::::///.:.://::/}::::! :/∧:.:.:∨:.:.:.:ヘ.:.、
           i::::::::i ::::/:::/::/:: 7才んメ/:://:./.:/∧∧:.:.:Ⅵ:.:.:. ト、\
           |::::: :| :/:::/::/::::/ ヽ 弋り㍉X.:/.:/厶ミ:.:}!:.:.:Ⅳ:.:.:.| \
           :::::::::|/:::/::/::::/    ̄ ///<必`Yリ.:.:. Ⅳ:.:.:.|    どうでござるか、やる夫殿
          ∨::/::i::|!/::::/!i    /´/´  ヽーイ|i:.:.: ∧/|:.:.:!
              ∨:::::i:|!::::/ノリ          ノ \|:.:.:∧/:.:!:.:.′             案の定警備ロボが出てきたお >
            ∨:::!|!: |ーヘ.       , --,     八:∧/:.:/Ⅳ
                ∨ |!:::!::::!| ヽ      ̄   /|:.:/ |:.:/.:/      ふむ、装甲目標ではやる夫殿の銃は
              ∨∨::::::|    、      /  j:/  :|/.:/
            .,-=ミY:::|      >┬<   /   八         効果が薄いでござるな……
           //:::::::::::::ヾ|        ├─┐__
           //>─┬<リ     // ̄: : : : |
.          ////: :/ : //`7     //: : : : : : , -=ミ、
.          ///: : :/ : //__   ___/ /: : : : : : //: : : ` 、
.          //: : :/ : //  ー" //: : : : : /:〃: : : : : : : : :` 、
         //: : :/ : //     / /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : :` 、
       //, : :/ : //     / / : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、
.     /'///, :/ : //  〃 / /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 声を潜め、後ろの剣心と打ち合わせをする。厄介な敵ではあるが、勝ち目は十分ある。
| 
| 微かに届くモーターの音から、それなりにガタが来ていることは想像出来た。
| 高度な対単分子カッターコーティングは、すでに剥げていることだろう。
| 民間用であれば、そもそも施されていない可能性もある。
| であれば接近して、剣心が刀で両断することが十分可能だ。
┗───────────────────────────────────────┛
188 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:52:01.45 ID:u4AhdgZP
問題はモルガの45口径か
189 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 21:52:17.53 ID:uqzKmO59
             Π
           l,.!|i
              l リ、     銃は効かなくてもこいつがあるお。
             ィ二二l
         , `---'"`、)  あの様子なら、単純な装甲以外の防御は死んでそうだし。
           ( L     _l  ),,,,_
          【 L Lr'''''''゙゙゙゙゙´`´  .`~'''ー..、                   なら、拙者の刀でも切れるでござるな >
         l L .!、____          ゙\、
        【    L  .`゙゙''"'''ti-i;;、、    \
         ! .L  L   _l l          l
            【  L .'    _l 】  .`        ゙i  `
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| あるいは無理に接近せずとも、やる夫の手榴弾を使うという手もある。
| 破片手榴弾で吹き飛ばすか、EMPで回路を焼き切るか……どちらでもいい。
| 
| 問題は、手榴弾にしろ単分子刀にしろ、命中させるために隙を作らなければならないことだ。
| 手っ取り早い手段は、攻撃しない一方が囮になることだろう
┗───────────────────────────────────────┛


  ▼ 相談・質問時間をとります (5分まで/延長有り)
     やる夫たちの装備や地形、モルガについて質問事項があればどうぞ。
     ただし、やる夫の視点で知りえない事項については回答できません

190 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:56:17.33 ID:u4AhdgZP
モルガの移動方法はキャタピラ? それともタイヤ?
タイヤ等なら進みづらそうな泥濘とかはないか?
障害は少ないらしいが人一人が隠れられそうな大きさの物はないと考えれば言い?
モルガの周辺探知はカメラなのかレーダーなのか
カメラだった場合はスモークは効きそうか
192 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 21:57:55.28 ID:PxGnkp+v
適当な物を燃やしたら消しに来ないかな?
193 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:01:30.59 ID:uqzKmO59
時間延長 22:10まで

>>190

>モルガの移動方法
タイヤ。ただしある程度胴体が上下するので、小さな凹凸は軽々超える

>汚泥
あまり見受けられない。
乗り越えるのに苦労しそうな瓦礫はあるが、横に避けてあっさり進む。


>障害物の大きさ
人ひとり隠れれるほどのものはない。

>モルガの探知機器
カタログでは音響感知とカメラ感知。いわゆる耳と目でレーダーはない。
カメラはどんな種類かは不明。

>スモーク
カメラの種類が不明の為、回答不可
194 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:03:36.38 ID:u4AhdgZP
そう簡単にはいかないな…
195 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:03:53.18 ID:uqzKmO59
>>192
>燃やしたら消しに来るか
不明。
放火現場を見れば、犯人を確実に追ってくる
196 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:09:00.81 ID:u4AhdgZP
囮にはなりそうだけどなぁ
197 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:12:38.27 ID:uqzKmO59
時間ですが延長しないで大丈夫ですか?
200 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:15:55.88 ID:PxGnkp+v
OK。こっちはただのハイエナなんだし、素直にパルス使おう
201 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:16:38.14 ID:uqzKmO59
         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\     よし剣心、、作戦が決まったぞ。
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |                       む、なんでござるか? >
    \     ` ⌒r'.二ヽ<     作戦の内容は……
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 剣で倒すか、手榴弾で処理するか……
| 撤退を含め、別の手を考えてもいいだろう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓3

  1) 剣心が囮になり、やる夫が手榴弾で倒す(破片かEMPか指定を)
  2) やる夫が囮になり、剣心が熱単分子刀で倒す
  3) その他自由記述(撤退も可能)
202 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:17:49.53 ID:u4AhdgZP
1かねぇ
203 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:19:45.44 ID:PxGnkp+v
1 パルス
204 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:20:45.90 ID:F8rm8yEd
1
206 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:22:10.88 ID:uqzKmO59
             ___
        /      \
       /ノ  \   u \   悪いんだけど剣心、突っ込んで注意を引いてくれないかお?
     / (●)  (●)    \
      |   (__人__)        |  その隙にやる夫が、ロボの足元に手榴弾を転がすから。
      \  ` ⌒´       /
     ノ            \                            囮でござるな、相分かった >
   /´               ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 手榴弾で奴を破壊する。
| 戦利品には期待できないが、二人揃って銃火に飛び込むよりは安全だ。
| 小声で打ち合わせを済ませ、飛び込むタイミングを剣心に測らせる。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 戦闘安価 1D100+投擲(15) 目標値:55

      ↓1~3 作戦に関して自由記述
      ↓3    ダイス採用

207 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:24:35.95 ID:u4AhdgZP
【1D100:84】
グレネードは落ち着いて放物線を描くように山形に放ろう
また剣心が壁になってしまわないように彼とモルガの間の地点を狙うこと
208 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:29:15.33 ID:PxGnkp+v
!1d100
モルガは見た目以上に頑丈だから破片じゃ倒すのは難しい。パルスを使おう。
モルガに脅威と見て貰いたいので、刀振り回しながら投擲の邪魔にならないところへ走って
209 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:29:17.38 ID:F8rm8yEd
【1D100:80 落ち着いて、敵に見つからぬように且つ、敵の中心部に投擲
210 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:33:08.02 ID:uqzKmO59
  ダイス【80】+安価【20】+特技【30】 > 55  成功!

          /:. :./:. :./: :. :. :. :. :.:/. . . . . . . . ._/ . /. . . . ./
        / ':. :/:. :. :./ :. :. :. :. :. /:. :._/  ̄ ̄, . . . ./. . . . /. ./
           :. :. :. :. /:. :. /:. /:. / -‐=ミ    ' . . . /. . . . . /
        {   i:. :. :. ,:. :./:._/. ./'"     }  /. . . . . . . . /
          i| :. :. /:. /. . ./. . ./       '  '. . . . . . . /
        ヽ八:. :/:. /. . ./. . ./       { }. . . . . ./_
         _ ∨:. /. . ./. . ./      '  ' '. . . . ./. . . \_  -
         /:._:./ミ|. . . . . . .{     /  /_{. . . ノ. . . . . . >-=ニ   では……行くでござる!
       _ r':. :. :. :.\{. . .|. . . .,     /  /':. . . /. }. . . . -=ニニニ
   \ノ:. >、:. :. :. :. 、. .|. . ./    / /. . . /. ./. ./-=ニニニニ
   _彡':/:./:.:| i|: : : : } . . . ,'     /. . . /. ./. ./-=ニニニニニ
   /:. イ:. ./:ノ }八:. :. :.} 、. ./       ,  ̄. . . /.  -=ニニニニニニニ
   {/:/:. /{/ fv Xヽi:.:.| V       /. . . . /. -=ニニニニニニニニ
    i:八:. ト :.ハ _ |ノ//    イ. . . /  -=ニニニニニニニニ=-
       :.| /:. 7 \イ:.| ,   /. /. . . . -=ニニニニニニニ=- /
       v' }:/    |:ノ/    {ノ. . ./-=ニニニニニニ=- . . . . |
          /   / ,    ∨/-=ニニニニニ=- /. . . . . . .|
              ノ    /{-=ニニニ=-    / . . . . . . . |
             ,     '/∧-=ニ=-    _ . . . . . . . . . . . ノ
            ノ { {  {/// -=-   /. . . . . . . . . . ./
           / ̄イ  、 \ 乂彡'     /. . . . . . . . . . ./
   __  i  〈,/{  、\  -=彡'    /. . . . . . . . . /
  (_   ヽ {   V 、 \_ ァ'      ノ/ ̄ ̄ ̄ /
 /    /∧   -  ̄        /'  ⌒)  /        /
(_ / ̄/∧'∨ 、_ /         /  /  ,        /
./ /∧∨ /}   ,               /  /  /       ‐<
 /∧'∨ / し' /              {   {   /     \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 気合いの烈波ひとつ。
| 刀を携え、生身の人間でありながら素早い身のこなしで剣心が駆けだす。
┗───────────────────────────────────────┛
211 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:36:49.07 ID:uqzKmO59
                    ,,,,,-、  ,,,,-<彡〉 ____
                   /  /ヽ''´ニ'' ゝ'´ ̄ ,,,,,,,,,--‐‐ニ ヽ、
                 ,,,,,ゝ-'''´  ゝ /,,,,-‐'''´ __,,,,,-i-‐'''''ヽヽii
            ,,-、  /   >'''''\、ヽ- 、,,,,-‐''''´    ヽ___/ヽii
           i / ゝ' _,,,,,,,,__ヽ     ̄   ヽ     ,ゝ-‐ヽニニヽ、
           ヽ/ ,-''' ゝ ,,,,,,-‐ 、\       ヽ_,,,-‐''´   i    >
           /.//>-'-、\   i ヽ`'''──'''´ ヽ___,,,,,,,/ヽ'''´ヽ
          / / /__/  ヽ `''-''' i ii'''´ ̄ ,,-''´  ヽ ヽ ヽ ヽヽ─フ
       ,,,,,,/  i /、__ゝ ,,,,_丿    / j ,-'''´      ヽ ヽ,,,,i   ,,,,/
       i /j ,, i i   〈   \  / /./ \  \  ,,,-'''   ,,,-‐'''´
       ゝ-'' / .ヽヽ   ヽ  // / /   ヽ /二二,,,,,,-‐'''´
      /,,,-''''ヽ  \\-‐''''''´彡-'/    / /ii ̄´
   \ /   _\  \\ ̄´´  ∠   /  //
   i-‐// ヽ// ヽヾニニニニゝ二二 \,,二二__/ /
   i,,,i___/ヽヽ   /──>/_ヽ、  ゙''''''''''''´
    ヽ_ゝ,,,i/ ̄''''''''──‐'''─´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 建物の影から飛び出し、広場に躍り出た剣心。
| モルガは最初の数瞬、彼にどう対処すべきか決めあぐね居ていたようだが、
| 真っ直ぐ自分に……後ろの扉にかけてくるのを見て、そして手に抜身の刃物があるのを見て、
| 侵入者として対処することにした。
┗───────────────────────────────────────┛
212 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 22:37:04.61 ID:u4AhdgZP
さっきからダイス結構強いな…
揺り戻しがきそう(震え声
213 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:41:06.25 ID:uqzKmO59

      パァン                  .。        。
       ''゛`゛''': ; . , _ ___          '\    /'
       ゛'' -''''゛`〃´,;'ヽ、ヽ、 `ヽ--、__       ヽ\ //
         .,,r-'´`ヽ、 ヽ、ヽ (@ )@ヽOヽo、_   ゝi--i/        γ'⌒;;.'⌒´´^)
       γ'Ψ  8ヨ[@γ'⌒ヽ、 ヽ__|_l__iΩ`i、、,('⌒))ニ} ´γ'⌒ヽ'⌒´´^ ))~;;.,)))
       .(冖、_ノ__ノ/| ((>Θ<))).).〇)O) 0) o)γ'ヽノ イ(⌒,; ; ⌒)==´`);;;: )三ニ=ー――
       (目_(o0ニニソ ゝ____ノノノ(>ノ(>ノ(>ノ(>ノイゝ_ノ イイ(⌒('⌒==⌒));,:) ;; ))))三ニ=ー――
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 45口径二門を起動させ、体を剣心の正面に向ける。
| そしてモーターを起動させ、一目散に剣心めがけて走り出す。
| 途中、彼の足元めがけて威嚇射撃を実行する
| ……典型的な、警備ルーチンによる動きである。
┗───────────────────────────────────────┛
214 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:46:21.10 ID:uqzKmO59
 ̄` <ニニニニ}}ニニニニ=,
      ` <ニ='ニ丶ニニニニ=,      おっと、危ないでござるな。
       ` <ニニ\ニニニ=-r、 ___
             ` <ニ丶ニニニ}}ニ}∧__
              ` <V  ̄ >、V∧≧=-_
                -=V丶  },}//}ニニニ',     /
                   {∧___\|///ニニニ∧   ′
                 `<//>{ ̄ ヽニニニ} / ′
        ___ __ __ -== ̄V∧.:.:.:.:.VニニV / / 三二ニ/=‐
          ―=ニニニ二二三三三\ニ≧≠ニニニV / ′三 /  /ニ=-
           ―=ニニニ二二三三三 Lニニ=- -=ニニV / /三/  /ニ=-
            ―=ニニニニ二二三三三Vニ=- -=ニニ}' /ニニ'  /ニ=- ─
           ―=丶  、ニニ二三三}ニ=- -=ニニ{/  ̄/ ' , ‘
             ―=ニ\ \ニニ|i三_ノニ=- -=ニニ,  //  __ ,  ̄
                    -=丶 丶 |iN{ニ=- -=ニニ/    '  て ̄ ̄
                   -=\ ИilV=- -=ニイ  ___   ̄
                   -=\i|i  ̄ ̄ ´   ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| モルガの威嚇射撃は正確で、剣心が次に一歩踏み出そうとした、丁度その先に着弾した。
| とっさに剣心は横に飛び、モルガの銃口から避けるような軌道を取る。
┗───────────────────────────────────────┛

>>212
固定値の兄貴という大正義がいるから大丈夫……(事故がないとは言ってない)
215 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:51:53.90 ID:uqzKmO59
            _
          / ̄   ̄ \ て
         / O)ミ:ヽ ̄ ̄ヽ  そ
         l    /  ヽ   l
         | O)( ●  ヽ   l
       / ̄ヽヽ\   ヽ _ |             こっちでござるよー >
 ∧∧    l: ○ :l |ヾ_\{ l ━ }l
 ( 、 ` ヽ、 ヽ_ノノヾ_ _ ,ノ ̄
   `ヽO)ソ   ヾ _  _ ノ
    l    ヾ _  _ 丿
    ヽ  ヾ _  _ ,ノ
      `` ‐ -  ´

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 剣心が軌道を変えると、モルガも釣られて方向を修正する。
| 威嚇射撃を受けても止まらず、武器を保持したままこちらを見やる……そんな剣心を眺め、
| 抵抗の意志有りと判断、足を止めて旋回を優先。剣心めがけて再度射撃する。
┗───────────────────────────────────────┛
216 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 22:57:01.26 ID:uqzKmO59
           _
         / ̄ヽ:.)_ -―‐ ミ
       //:. :/:. :. :. :. :. :. :. :\
         /:/, :. :. :. :. :. _:. :. :. :.ヽ:.ヽ
      ノ:. /: /:. :. :. :. :. :.}_ヽ:. :. :. :. :. :.     (なるほど……読めたでござる)
     /⌒,:. /:. :. :.|:. :.|:. :| tッ :. :. :. i:. |
         :. :. :. :. :.|:. :.|:.八 __}i:. :. :.|:. |i\
        i: j|:. :. :. :|i: /v ,   从:. :. |:/:. :. :.
        |:八:. :. :.八 、  , ´ {:. :.∧:. :. :. :.)
        、  、:.∧:.:{个  __/ 、/ /. . .7へ __
.         _\:. {-‐=ニ二:. :. ハ  ノ, . . ./. . \. . . . .\
     .: :. :._  ‐‐=ニ:. :. :. :. :./. |'} i/. . ./. . . . . . . . . . . .
   /:. /  /:. :. :. :. :. :.:.ノ..|. |^^,. . . , . . . . . {. . . ../. .
  ,:. :./  / :. :. :. : : : /. . . |. | /. . ./. . . . . ...|. ./. . . .
  /: /  /:. :. :. :. :. :. :/. .. . . ././ '. . ./. . . . . . . ∨. . . . . .
 ,:. / /:. :. :. :. :. :. : : /. . }: . /./ }. . ./. . . . . . . . . .、. . . . . .
 、:(  : : : : :. :. :. :/∧. . |. /.// . /. . . . . . . . . . . ∨. . . .
 _\人:. :. :. :. /:. :.i. .\.|. ./'. . . ./. . . . . . . . . . . . ..}. . . . .
⌒¨´  \:. :./:. :. :. ノ. . . ノ./. . . , . . . . . . . . . . . . . . .|. . . . .
      ):. / ̄ i. . . /./. . /. . . . . . . . . . . . . . . .|. . . . .
     //. . . . ..l. . /./. /. . . . . . . . . . . . . . . . . .|. . . . .
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 機械の精密な射撃を、人間の不規則な動きで紙一重に避け、剣心は一人得心する。
| 
| 最初の射撃の前に旋回したこと。
| そして今、追跡より旋回を優先してから射撃したこと。
| どうやらあの警備ロボ、機銃の旋回範囲はあまり広くないようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
217 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:03:55.99 ID:uqzKmO59
       _____
     / ノ ' ヽ_\
   / .( ●) ( ●)\
  /  ::::::⌒(__人__)⌒ \   (ナイスデコイだお、剣心)
  |      |r┬-|    |
  \       `ー'´ __/
  /        (
  |     \/⌒) /⌒)
  |    \   /|,,.__ノ
  |    ( \/
  /   /⌒\
 |        \
 \___ノ\  l
  ノ  ノ   ) ノ
  レ´ ^    レ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 右に左に前に後ろに、モルガを翻弄する剣心の正面……モルガからすれば死角の背後から
| そろりそろりと忍び寄る影があった。やる夫である。
| 足下の瓦礫に細心の注意を払いながら、モルガの動きにも注視する彼はやはり、
| 剣心同様モルガの射角問題に気付いたようだ。
| おそらく射角同様狭いであろう視界に入らないよう、動きは慎重だが素早いものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
218 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:08:14.89 ID:uqzKmO59
                   _ ______
、                 r'´           `ヽ
 `¨ ' - 、        rセ´~|ヽ
       `ヽ      |: : : : |: :ヽ,____,r
         \    r'|: : : : |: : ::| ',::::::::::::`ヽ,  ,  (これでダンスの演奏は……終いだお!)
∠_     ,   \==;;,| レ・'¨´\.:|ノ:::::::::::::::::::::l´
__,,,,二ニ=ィ,    , i  .ト》\ : : : : ヾ、::::::::::::::::::::::!
        ` マ- === .i'´ /:ヽ: : : : : ヾ,::::::::::::::::ム
      r ' ´ l',  ノ   ヒ!,::::::\: : : : : 'i,:::::,r '´
    ,、r ┴─ '´`´     ヽ,、r-'- ' ¨´ ̄
,r ' ´            r'´Y   、
               !、 !、   i
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| モルガにある程度近付いたところで、やる夫は大きく手を振って手榴弾を投げることを伝える。
| 剣心は特に頷くような動作を見せないが、モルガにこちらを気取らせないためだろう。
| 腰に下げたEMPグレネードを手に取り、ピンを抜く。
┗───────────────────────────────────────┛
219 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:12:20.95 ID:u4AhdgZP
うまいねぇ
220 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:15:27.52 ID:uqzKmO59
       ───.                     _  / \
   /      / \  ソォイ!           _ ..:::::´::::::::`ヽう 。.\
  /    \  (● ) ヽ.            入ヽ:::::::::::::::::::::::ヽ、 /
  |    ( ●) __)    |.       .    /::::::::ヾヽ:::::::::::::::::::::::Y'
  人     (__ ノ  Y  /       .    ,'::::::::::::::::`、ヽ::::::::::::::::::i
/  \    ゝ _ソ /   __,  .     !::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::::::::/
     ~" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ニニフ       .!:::::::::::::::::::::::::::ヽヽ:::::/
        ──────、_ゝ        ヽ、:::::::::::::::::::::::::::/
          /                  ` ー - - ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一球入魂……と言うには、狙いが地面だというのは少々花がないか。
| けれどそれくらいの心意気で、やる夫は手榴弾を、綺麗な放物線で投げ込む。
┗───────────────────────────────────────┛
221 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:16:10.34 ID:F8rm8yEd
連携バッチリだなぁ
222 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:20:01.14 ID:uqzKmO59
            _
          / ̄   ̄ \ て
         / O)ミ:ヽ ̄ ̄ヽ  そ
         l    /  ヽ   l
         | O)( ●  ヽ   l
       / ̄ヽヽ\   ヽ _ |
 ∧∧    l: ○ :l |ヾ_\{ l ━ }l
 ( 、 ` ヽ、 ヽ_ノノヾ_ _ ,ノ ̄
   `ヽO)ソ   ヾ _  _ ノ
    l    ヾ _  _ 丿
    ヽ  ヾ _  _ ,ノ              ft
      `` ‐ -  ´               {-}    コロコロ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ちょろちょろと動き回る剣心に弄ばれるモルガ君。
| そんな彼の目の前に、突然天からの贈り物、ピンの抜かれたグレネードが降ってきました。
| 俗にいう、天国への片道切符である。
| モルガは遠くで動き回る剣士より、至近の爆発物の危険度を上位と判断し……
┗───────────────────────────────────────┛
223 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:20:26.03 ID:u4AhdgZP
お?
224 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:25:03.51 ID:uqzKmO59
         . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....                  .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .            . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .             . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
                   ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;.:.:.:.. .             .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.                . ..:.:.:;:;:.
                .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
               .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;:.:.:.:... .        .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
 .:;:;:.:.:.. .           .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.              . .:.:;
               .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
  :;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
                .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .           ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.           . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..           . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....             .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
      ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
       . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻────────────────────────────┓
| 直後に、見えない爆発。
| 危険度を再定義したモルガのAIが回避行動を選択するより早く、グレネードのEMPが起動。
| 抵抗する間もなくモルガの電子回路は焼き切れ、1000年以上続いた勤めに終止符を討たれた
┗─────────────────────────────────────────┛
225 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:25:30.72 ID:uqzKmO59
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    ▼. 本日ここまで


226 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:27:26.77 ID:F8rm8yEd
乙~電子回路は使い物に成らないが他のパーツや建物の中に期待だなw
227 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:27:34.00 ID:uqzKmO59
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       というわけで、皆さんお疲れさまでした。
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       キリもいいですし、時間もいい感じなので、本日はこれまでとなります。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      よもや初めての戦闘でここまでかかるとは……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    何事もやってみないと分からないものです
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
228 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:27:45.22 ID:u4AhdgZP
乙ー!! これ以上にまだ障害が居る可能性あるんだよな…
229 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:28:08.04 ID:PxGnkp+v

モルガーの残骸確保
230 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:31:48.29 ID:uqzKmO59
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′       さーて、折れたフラグ分の補填や、
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |     ここから派生する分岐や戦利品を整理しないと……
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !
         | V        ̄` /    |    ト     ふふ、書き溜めがあるはずなのにちっとも落ち着けそうにないぜ
         | 人          7   |     〉
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/     あ、雑談とか今回のモルガ戦の裏話とか、訊きたいことあれば答えますよー
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
231 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:33:48.39 ID:u4AhdgZP
じゃあ差し支えなければスカベンジャーの死体の詳細とか来歴とか…
ダイス失敗した場合どうなっていたかとか… 1さんの想定のクリア方法は?とか
232 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:40:19.30 ID:uqzKmO59
>スカベンジャーの死体
             _
          / ̄   ̄ \
         / O)ミ:ヽ ̄ ̄ヽ
         l    /  ヽ   l    実は死体のスカベさんには特に設定なかったり……
         | O)( ●  ヽ   l
       / ̄ヽヽ\   ヽ _ |    まあソロの4級だから、運か実力のどっちかはあったんでしょう。
 ∧∧    l: ○ :l |ヾ_\{ l ━ }l
 ( 、 ` ヽ、 ヽ_ノノヾ_ _ ,ノ ̄     そして注意力は足りなかったんでしょう、くらいですか。
   `ヽO)ソ   ヾ _  _ ノ
    l    ヾ _  _ 丿        あ、死因は普通に扉開けようとしてモルガ君に気付かれてバーン、です。あっけない
    ヽ  ヾ _  _ ,ノ
      `` ‐ -  ´
233 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:40:42.47 ID:u4AhdgZP
あっけねぇ…
234 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:41:53.73 ID:cPAuM0bf
235 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:44:01.44 ID:uqzKmO59
>ダイスに失敗すると
        ↓ こうなってました ↓

           l/l//   ,. --- .. __        /
  な  絶       / /         `ヽ、_人/  ご  .働
  い  対    //  /         \    ざ  き
  で  に    /_   .′       ヽ、\  \   る  た
  ご  働      / ,,″ / ,ィ | l ll |l l ぃ ヽ <_ ///  く
  ざ  き   ∠ 〃 -/、/ ! | l ll ll | l i   '. / ’’’   な
  る   た    ///  ,.イfr㍉i、| | ll |l |,-H‐  i ′       い
 ///  く   /  l i  //|/`┴1| |/|ィ乏了ト、 ///      で
. ’’’     .′ l|/,小、    _⊥ _   リ,ハ l .' /|  ∧
  /`Vヽ. /\  | | | |八   /ー--‐1`メ、厶ィi |/,.イ|  l  / ∨\
∠__  ∨  ヽ.} | | }川ヽ. ト、  ,ィ}/ //リ l/i/リ | ′
 ゝ   `V , ‐ァ .' メ、トく\/ヽヽ辷ク ,ィ'/‐-/リ,∠..._ l//
  \  // / //  丶 \\ \_/// / / /  `メ、
 ー- ヽ/   / // /〉   \ ヽ.ヽ    /{丁iヽ /  /   \       /〉
  // ー- / // /// ̄ ヾ 、 ヽ}     `l | ィ\ / /   /∧ /   //
./ /   / /ー//,′   }`ヾ i|  L___// | ,.へ,.イ/} // ,レ'  //
  /   / /  //7    /  !`ヽ、 // ,.ィ' / ト、く  /|  〈/
. /‐- / /  ///    /  /   ├く// l     l 丶>'  ノ  〇
.    / ー-///    /   ′  /  |   /     ヽ/ ̄/
        //´    /  /    '   /ー-' .. _         ̄l
.      〈/           '   /  /              `ヽ



           __  -─- 、 , -─- 、
        > . : : . : : : : : : : : : : : : .> 、
       /. : :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
      /|/|: :/| : : : : /\∧/\: : :|\ 卜、
     / . :| |/ |/|//|∧/∨\\| ハヽ \
      /. : :|  /. : :/'|: :/: : :| ト、 : .\ |: : .\
      '/ / . :/. :_,.イ  |:/ |: :│ ヽ\ :|∨: : : : .',  真面目な話をすると、どの選択肢でも失敗時は剣心が負傷、
     / // . : : :/ :/ '⌒ヽ |人|  '⌒ヽ乂: : : : : :l
      〃. : :l :/ :/ | L丿 |   〈 L丿 「|: : : : : :|  その後の戦闘や力仕事に参加できなくなるという結果に落ち着く予定でした。
    '||: : : :| : :/   \__ノ   L \_ノ│: / : : |
    八: : ::| : :l∧      __〈     |ノ: /八/||   選択肢によってはやる夫もダメージを受けますが、剣心ほど深刻じゃないです。
       : :人: :|ーヘ.     |: : :「  メ ノ.: :///  リ
       ヽ|: : : l:: : .> .  '、_ノ  /.: :/ /
        \〈|\: : | ` 、__. イ.: :/
       __ >;>|       |:イ
  -‐=ニ二: : : : :;/  〈ヽ      「\
  二ニ=-‐ ⌒〈     \\    〉 /\_
 /\      ヽ     \\ / /   / \
    \      ヽ      \/ /  /    \
     ヽ      ヽ     ∨   /       \
236 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:50:03.49 ID:PxGnkp+v
チュートリアルでいきなり負傷することも想定されてましたか…
でも白レンと違って男だから失敗しても気分が楽だわぁw
237 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/27(月) 23:53:39.07 ID:uqzKmO59
>想定のクリア方法

                          _.. -‐
                   _,,..、ヽ、i´ム-‐、
                  ,フ'⌒  ソ ∠⌒ヽ\
                   /         `ヽ \
                 /  /        ∧ ヘ ヽ
               /   ,' ,'   i   i l  i∧ ヘ  ゙、
   r-‐ ¨ ̄¨ ヽ、.    ,'/ / i ,1 i l l. l l l  i ',  ハ  ト、    選択肢1、2を選ぶ限り、判定に成功すれば
 トく/`<⌒ヽ `¨ヽ、 レ! i . l. ト、i l l i l l  l i   ', l', ゙、
  \ \   ̄\',   i`レl ll li lー-Vl ∧ハム l  l. ! i  i. l ', ゙、  大抵は剣心が頑張って何とかしてくれたでしょう。
  l \ ゙丶   ヽ   l  i.ハ llヽ!  /lノ ´‐-lノ! ll jイ !  l i i /
 l l   \ ゙丶 i  l ll  ',! ト、!、 _ ′  /レ! / ノ! / ノ i l /   義体とタメ張れるなんて噂が立つのは伊達じゃない。
 l l    \  \ l    ヽ!  ヽ  `/イノ イ/! / j/l ./lノl l/
 .! \      \  \   l }、', `ー ''"ノクノjノ !/ / /イ .l ll /    やる夫も、戦闘では自分より役に立つって明言してるし。
 .l  \`>--─‐\  \ l.l \ /  i.l   /  /イ i /!
  i    `¨ニヽ、  ヽ  \l   ^¨7/   ∧/ / /  l /
 . l       \\  \  ヽ   //     ∧ノ /   / /
  \       `丶、   \  \//       ', /  / / /
    ヽ         \  ヽ   \       i   ノ ../ /
     \         \  ゙、   \     〉 /`>/  し
       l\          ゙丶ヽ,   ヽ  // //  /
 .      l  ヽ            ゙、     \/ /_/  f_/
       i   \          ∧     ヽ/¨ ,.-,-‐ヮ /
       \   \.          ∧     \ニ/ / ノ

  ,..-''"  ̄ ̄ ̄ "''-、
/              \
      -‐-..,,_..    \      他には携行爆薬を角に設置して、
      ___ `''‐‐'  、_ノ
     ヽ _・_`     __i     モルガをおびき寄せて爆破、
         /     '_’l
            {      ヽ l     なんていうのも想定してたりします。
           ヽ---‐、__ノ !
              ー‐一  ,′
  、              /     f i`''-..,,_     やる夫的に本来の用途は扉をブッ飛ばすためですが
''-.,,_`''-..,,_         /       | | O  .| ←
: : : : :`''-、 `¨"7''―‐<        | |    .| 起
: : : : : :/ヽi :::/: : : :/⌒ヽ      | |    .| 爆
: : : : : l: : :L_ `ヽ: :{: : : : l      | |    .| 装
\__/: :/O: 7、_∧:.ヽ _\‐-..,,_  .| |    .|. 置
: : : : : :./: : :////∧: : :|: : : : : : :/|  |_l__   |
: : : : :./: : ://////∧: .|: : : : : :/_,,..-'‐'-、 `"'7
: : : :./: : :////////∧:.l: : : : // ー―-、 〉 /, -,.-- 、
: : :./: : ://////////∧∨: : /  ヽ-..,,_ヽ //_/`''-.,,_\
: : :i: O:.i///////////∧ヽ./   ヽ __ }// /二 ‐  /
238 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:54:27.67 ID:u4AhdgZP
福本モブやミュータントにぬっちょんぬっちょんにされるわけじゃなさそうだしねw
239 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:55:27.62 ID:u4AhdgZP
爆薬使うと剥げる素材減りそうだからなぁ…
240 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/27(月) 23:57:01.40 ID:Sr51nh0t
勿体ないだろ!!
241 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:00:49.13 ID:SgqVJpgp
>素材がもったいない

                       -‐ミ .
                _, -‐ァ' ヽ   \ ヽ
                   / /      \  ヽ \    ...  、
               / -‐  \   ,  \   ,  ^⌒´   〉 }     その判断、グッドです!
                 /´ \:i    } / ハ  丶 ′  \ー‐‐' :トミ
             /    /k   〃7圻ミ :|   \ :,         \  ちなみに破片、EMP、刀、で倒した場合の取得物は、
    ヘ        {∧  て芯\{ 弋ーツ∨  } : ′-=ニ二三 ̄ \
    ヽ\∩==--ヘ  八  弋ツ,    ⊂つフ ,/  i ,         \ ノ / 刀が一番多く、EMPが一番少なくなるよう設定されてます(ニヤリ
.   ┌‐‐' { {ニニ: : :.}\| |    r 、   ムイ /´ | ′       }/ /
   とニ   {ニニr==ニ 」 个     \ヽ イ/ ハ.{  :| .;     \     {  -‐…・・・ミ
    ゝ‐‐―∧ニニ{{_゚_} | !〃 `7ぅ爪〔}}.//ニニ} \j/       \            \___ノ
       ∨ニ∧ニL : . | |}`7^}}  i{ く{____彡'\ \        ,    \    /⌒´
.        ∨ニ∧ニニ : Ⅵ :{ ( `¨}レ /  \ニニ /‐‐ァ         ′    `¨¨¨¨¨¨¨^ヽ
        ∨ニ∧ニニ: : `、 V⌒} 〕 }}\___,  ニニ} .〃  \    {             }
           \:::∧ニ=‐  `、\/==={{_}{__∨ ニニ“ 〉===ァ       \     \   \  /
            ̄´ |{ {   /⌒ヽ_{{'´   |  ニニ∨/´ {__ー‐‐         }===ミ. j/
              八 \} 〈 \ r===┐.|  ニニ V_/:.:.:.\  <¨¨¨¨ミ.  /    | |
               >  /`.r=¬....(:(:|   ニニ \__:.:.:.:.:.〕\  )   } .′    :| |
           __彡'⌒V´ {_/`¨¨¨フ/ゝ    ニニ }\¨¨´__彡´ ー=彡       //
          { (  }ヽ ´       / ′..,|    ニニ   ヽ               //
             ≧=‐- '       //. . ./.|\__ニニ_/:.:.}\            //
        /            //. . . |ニ\:.:.:.:.:.:{{_゚_}}:.:/ニニ〉          //
.         /⌒\       ____彡′ . . 〉、ニニニニニニニ/           /
242 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 00:02:54.33 ID:dwWVBF/A
おごごごごg
243 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 00:02:56.64 ID:1hzffB7O
ありゃ、パルスではなく破片でも問題なく倒せたの?
原作じゃ防御力や信頼性が売りのゾイドだから、手榴弾の破片浴びたくらいじゃ倒せないってイメージでした
244 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:03:09.29 ID:SgqVJpgp
>チュートリアルで負傷

            /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|
             . '. :/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
         . ': : / . : : : : : : : : : : :!.:.: : : : : : : : :.:.|
         /. : ,'. : : : : :!.:.: : :|.⊥l |:l: : : : : : : l: : :|
.         /: : : i: :i: : : : |.:.ィ ´l:l:l:.i |:l: : : : : : : |: : :|   死亡、じゃないところに温情を感じてほしいところですね。
       .' : : : リ:.:l: : : 八:.トvノ从ノノハ:.i: : : : : :|:.:!:.|
        .'. : : :./:{: |: : : : ::N x≦三王从: : : : :ル1 :|   死体さん然り、誤級じゃない4、5級はあっさり死ぬものですから。
      l: : : : i: :ハ:{: : :.:.Ⅵ《 |イ.:: ::i|  ヽ. :./ 从:!
      |: : : : |: : 八: : : :X  |{ト-1 l|   ∨    :|   ちなみにこの探索の戦闘回数は、
       /!.:.: : :.|: /: : :\: : :\ j ヒ斗'         ::|    今回を含め2回までを想定して作られてます。
     /. |: : : : j/: : : : : :.\{⌒      .      ::|
    /: :.:|: : : : |: :i: : : : : : :|            .:::|    やる夫ソロの戦闘を一回までに抑えるためです。
. /. : : :从.: : :.:|: :l: : : : : : :|\       _     / 〉
X斗七/: 人: : :l: :l: : : : : : :|二 〕ト .      / /
  /. : :/: :∧: j:.八 : : : : :.j  | |  rf ≧=≦i _∠|__
 . '. : : :/: :/:.∧:| ̄::\:.::.:N  | |  |片Y__/{::/  __ _ .ノ
/. : : :/´ ̄ ̄:N:::: ::__:::\: :.\ j 〈\ /.:::::K / ̄ ̄ ノ
!: : /.::: :: :: :/}:|´     ヽ. : :.ヽ /\〉i.:::::::|人} \ ̄
{: /.:::::: :::::/  N       ): : : :) ⌒Y:!::: ::从::.\. 〉
从: :: :: :/             /: : :./{\/j |:: :: ::人.:: :::|
 ∧:::::::|          /: : :./::::\ し}: :: ::.:::::\. |
  ∧:::::j          /: : .イ::_::_:: :〉i::| ::: :: :: ::.::::.:|
   }:::: |           〈: :/  /.:: 从::: ::: :: :: :: :|
  入 人         人{  / :::: ::: ::人. :: :: :.::::::|
    }> ≧== ≠  彡jハ /:: ::: :: ::/\:\: :::: :/|
245 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 00:10:06.52 ID:1hzffB7O
>>244
そうですね。ただでさえロボの多いシズオカだし…
246 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:10:55.46 ID:SgqVJpgp
>破片手榴弾で倒せたの?

                 , r 7 ´/ 7-、r、
                   ///  イ /;| ! l ヽ
              / | |  /| |从{リ | ム  EMPより目標値は高くなってましたが、普通に倒せましたよ?
               ; | | / | |ヒzソ∨! }
                / jイ / /| |   ,), |   経年劣化もありますし、ナノマシンの保護もないので、
               / / //=,| |`r ーく リ
          /,...イ ̄ ̄; <! !_'` } /-- 、  至近で爆発すれば機能停止くらいは余裕です。
         / マ!     / ={ 、X、_}/=l  `ヽ
    ,イ  ̄´  / マ!    / /:イ}:|_ |! |   j!   まあ遠くで爆発しても効かないので、『隙を作らないと』って
   / __,/ //}     /_{!_,.人_-|!_!   ム
.  / / / /  //   ,イ、_}       {ノ、    ', やる夫は主張していたわけです。
.  / / イ / //    ,' _/   {!  {_ ∨    \
/イ/ j ///    /   }ヽ |7r、___,ハ/ /{ ∨     \
  ./   /'///      /| /:./==|:.:(_):.{=={∧ ∨      \_
      ////\  / ∨_/  /:`:.T:.:´マ__\ム ヽ     ///>
    {//////\/ /  // ̄:.:.、:.:.|:.:./:.:.:.:.:\\ \__///,イ
    `{/イ\/// /  //:.::.:.:.:i:.:.:.Y:.:.:.:.:.:.:..:.:.',\ヽ \//マノ
      ー'´ー ' /  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.∨∧ム   `
          /  //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨∧ ',
247 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:20:23.57 ID:SgqVJpgp
                ,. -‐-、--- '⌒ヽ
                  /,.ィ ,    ヽ.  ト
                , ' ,イ / /  { ! |ム  | ',
            / /' |ィ|' |!  |T| ヽ|  | {       折角ですので宣言しましょう。「すれ主、嘘、吐カナイ.』
               ,:' ,ハ |,ィrォ| リィテtォ、  !、 |、
           / /_,.-Ⅵヒソ,{/ ヒ_)ソ/  ト、ヽ、___     それまでの地の文で『無茶』『無理』『不可能』etc、そういう言葉がない
              { /!  八  、 、   /j! ,ハ `ー-r- ミ、
              | /ヽヽ/ / \   _ィ/ / \  \  / }  スレ主から提案された選択肢は、難易度の高低はあれど判定して、
              | { ハイ / r= `こr{ / /  } |`ヽ、 Y /
              |/イ/,.ィ,}|イr,  / / ̄ ̄ >、}/ ト、_,..  成功できるものです。もしくは失敗しても痛くないものです。
            人 Ⅵ   //_Y:r_ /{ ハ、    }//}、_  Y_`ヽ
         / { ) ||  {/'7:.rミ !== /{      |//! | >--、 Y  例外があるとすれば、トラップとして矛盾した表記という
           Y} |イ/j|! {|_,.{:.{、 |   ',    ム/j!,.ィ-,   }/
           / !j!/   T    `{____',   {/∧. |/  ,.イ_   伏線を敷いている場合でしょうが……今回の短編ではないですね。
.         / イ/    |       /、  ',  \/\ /____ ̄ ̄`ヽ、
          {,イ/.   __,'  r====='=,  ∧    \/\ 、_/__  ̄`ヽ  }
        ///    { {! ' _!l  r---{ / {     \/\   }ー- / /
        ,ィ//      }(_)彡!=={:.:.:.:.:∨ ∧      ヽ/ ヽ、/  / /
     ,.イ//       / {ハl:.:.|{  \:.:.:.',`ヽ ヽ      ∨:.::∧、 / ,
      {\:\    /__/:.:|:.:.!{_   ヽ__}   \',     /:////{  {
      |//\:.:ー--//:.:.:.:.:Y:.:.::.:.:.\          ',  /://// ヽ ヽ
     \///ー- /イ:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:::\       ∨´///,イハ、_  \ \
.      /イ}ヽ// //.|:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.::.:::.:.\        \//!ノ''ーゝ'    `ヽ ヽ
248 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 00:22:48.75 ID:dwWVBF/A
> 、トラップとして矛盾した表記
さていざそれが出た場合住人は嗅ぎ分けられるだろうか…
249 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:29:47.56 ID:SgqVJpgp
>ロボの多いシズオカ

                  ftl 丶. _.「ロl_  /    / }
                  l-l  _メ、 「 l X    / /   __
                 l l v:、.ニxニ l:l   / /.   | _ \
                , -―-、rl l. l :ト、 v丿l:l  r‐、..-―┤l  lL二}
            〈―、_ノr==ll 三三 /===r-K_ノ ̄l| 「―'    ちなみに舞台が静岡で、かつロボが多いなんて
             l    l/ ̄ ̄`――'    /l .     |! ̄l(l  L
            ヽ'-'l ト、__/ ̄ヽ__/  ト、_「l/.┤l ̄ l.  _l   美味しい土地にされてるのは、スレ主が静岡出身だから……
             冫― l三〈_/ l三三}   \_,―´、l|  l   l
              /-、_.人__ l___ l  ヽ=--、_|_∧ y-l|  |   |   というだけでなく、現実に日本最大のMS生産拠点だからです。
             ○´┤ ヽl  l  l__....l__/__/  ト(/ l l.   |   |
           // ̄/-、ノ   ∧__l  ノ _ヽ__ゝ、K  「イ | |  |   |   1/1ガンダムとか展示されたりしますしね。
         //\/ /―r二二l ̄j y 二二``「l_l  l   l |  ̄| ̄ ̄l
          //   //  /   l / / l l / l l l ヽ  |.  | |   |    l   決して身内びいきではありませんとも、ええ。
        //  /// ̄l  ̄ 「 ̄l  l  ―  l l  〉/ l  | |.  |    |
         //  /´ ̄_‐ヘ、  l   l匚l     l j‐‐'  ヽ__l l. |.  |
      // ― {」  イ  l \ 人___l、__l____ / \ノ  イ-' jl l    l
   r―、.//  ∧し_丿. l  l    /  \    丶   `ー' l l.   !
   ,-―、ノ   \     l   l    /    ヽ      l     | |   |
   ―y      \ /`-t  l.  /      ヽ__, -、 j__.     | |   |
    /⌒ -ノ \/ l   l l_   /\     /   丶 l.   l l.   !
.   /  //      l  l ヽ-/) /      「      ト‐l   | |   |
   /  /        l  l _y\__ノ      ヽ.    K \. |__| _/
.  / /´        l   l /   ヽ        l\   ヽ  l
 / /          l l /^l      l        l  \   l  l
./_/           ll/_/       /       \ 、 l l ト、 l
             /  /、     /         \  _   \l
              /  / \__ /           l    ll
           /  /   l l            l    ヽ
            く__ /.     l l              l  r--、 \
          /   /\ __ ノ-'              l  l____,--、 }
         く__ /     {/ )              /     _ \
        /  \______ {_/               / _――´ \_}
      /__        /――t            l_ /  ー― l
     \__   ̄\__/__ /            l  ,――――l
       `――――                  ヽ_____l
250 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 00:33:45.43 ID:dwWVBF/A
なお有名なアニメ不毛地帯な模様
ガンダムは毎期やっている… よね?
251 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:37:46.02 ID:SgqVJpgp
>住人は嗅ぎ分けられるだろうか

                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       大丈夫です、他ならぬスレ主がバカなので、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       複雑で難しいひっかけは出ない……と、思われます。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      そもそもひっかけ問題を作れるかどうか、それが問題だ。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\   ……無知な人が無意識に難題つくることってあるよね(ボソッ
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
252 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 00:39:04.02 ID:dwWVBF/A
アイエエエエエ!?
253 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:41:05.81 ID:SgqVJpgp
>アニメ不毛地帯

                            ――
                         ,  ´       ` 、
                         / \       / ヽ
                   //              ヾ     (グサッ)
                       //    ,r       ヽ    ヾ
                 ノ/     /           ハ    ヾ 、   い、今時ならネットとかでもアニメくらい見れるし……(震え声)
               ///    /        ヽ ハ    ヾ、\
             _  /ノ イ    /、 /} /   l l  !ハ    l ヽ、  ‐- 、
        / _,, -, ‐ ´.!     //.// ./ }   l l  l i     l、. ヽ` ‐ 、 ヽ
          /  f.   / ,. イ    イ { .! ! / / ∩ l ...., ! l 〉.    !ヾ 、ヽ  ヽヽ
       l  l   / ノ  !   / l ゝl レ  / // /  ヽ lハ   l \ l\  ヽヽ
          !   !_ - ´   ィl   lゝ     レ / ∨ o  }/  〉.   !  > .、  .} }
      , -‐ ´   ィ   !l   l ヽ     /  ゝ、   / イ ,    !ヽ     >.ノ
    , '       イ / -‐ !   l/:::::::::ヽ  /      `''/ ,' ハ   lヽ\丶      ヽ
    /    イ、  i´::::{    l / ヽ::::::::::::V f二ニ}   イ イ i i  l ヾ、 ヽ `ヽ    ト、
   ,  イ , l ヽ !:::::::!  /::::`‐´ヽ:::::::::ハ>  <  r ' l l  !  l \::\ )   }ヽ  l  ヽ
    i / i/ 人  ヾ:::::::!/::::::::::::::::::〉 V::::::ハ └┘   / /! ! l  !   \::\ ハ ヽ !
    !  i  / ヽ r i::/::::::::::::::::::/ ハ V:::::::}     ヽヽ  ! ハ ! l     ヽ::::}/ ゝハ !、  ',
    !  l /   /::/:::::::::::::::::/     } }::::::::l     〈.〈  ゝ V /     /:/ !\/ !l \. i
254 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 00:41:32.75 ID:dwWVBF/A
BS11という救世主…
他のBSチャンネルもね…
255 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/06/28(火) 00:57:53.75 ID:SgqVJpgp
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.   ……っといけない、もう1時なるじゃないですか。
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |     それでは改めまして、皆さん今日……昨日?の投下
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |   お疲れさまでした。
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:   今日は恐らく投下しないでしょうが、次回の日時予告は夜に出すつもりです。
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 それでは皆さん、おやすみなさい
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   /
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \
256 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 01:01:03.93 ID:1hzffB7O
おやすみノシ
257 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/06/28(火) 01:11:52.80 ID:dwWVBF/A
おやすみ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2516-25ec8787