やる夫の中堅スカべンジャー日記 その5

624 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:02:08.32 ID:q1jZ//m7
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作


          やる夫の中堅スカべンジャー日記


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
625 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:02:31.23 ID:q1jZ//m7
                               |ヽ
  _ _   ___                       |i |    . ' ´  ̄`⌒ヽ、
 / ) ) )/ \  /\.                   |i |  .// : : : : : : : ヾ. \
 {   ⊂)(●)  (●) \  < お宝大量だお.     |i |  / /: ; : { : :i: :i: :ヾ: :ヽ : ヽ
 |   /:::::⌒(__人__)⌒:::::\.                |i | i ! {: /从,!: :!、从: :'. :| i: : :N
 !   !    `Y⌒y'´    |               |i | レ!小l● V  ●レi : i: | i: i
 |   l      ゙ー ′  ,/.  やったでござる >  .(_ー'_) V:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃j| | :|、|
 |   ヽ   ー‐    ィ                   /⌒ヽ_レヘ   ゝ._) メ | .'/⌒i、!
 |          /  |.                  \ //: :ヽl>,、 __, イj, /  /ミヽ
 |         〆ヽ/..           .        // : : : : : ヾ   //: :/\∧ヾ: :}
 |         ヾ_ノ                     7: : : : : : : : ヾy/: : : : : : : i ルノ
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ついに遺跡の探索を終えたやる夫と剣心。
| スレ主の想定以上の成果を抱えて帰還した二人は、
| 一路やる夫の懇意にする故買屋に向かうのだった……
| 
| ……というかなんで一番高いアイテムでクリティカルとか出してるんですかここのスレ民は。
┗───────────────────────────────────────┛
626 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:02:54.23 ID:q1jZ//m7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
628 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:03:20.98 ID:q1jZ//m7
       | |
       | |
ニニニニニニニ{
        | |!
____|_|ト、
三三三i = }|
rfzrfzrく=くj::{
ルルル{リイ!|                     __
 ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}
        | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ
        | | {玄!             ┳       }文{イ
        | | {rfi{.     万事屋   ┃       }fマ{
        | | {セi           ┻━┛   {hkリ
====<| | {り.i_____________忙リ
        | | {爿辷之}    .// ̄ ̄
        | | {k八K{   //
        | | {=彡ゞ=彡゙
        | | |i
====<| | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ下層区の大通りをわずかに外れた通り。
| 青空広場とも接した通りの片隅に、その故買屋はあった。
| 万事屋 L
| 二人の商人が営むこの店が、やる夫が発掘品を卸す馴染みの店だ。
┗───────────────────────────────────────┛
631 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:04:00.81 ID:q1jZ//m7
 カランカラン         _,,.,_
           ,.-‐ '  ̄:lニヽ、: ̄ `::....、
          ,..::'::::/:l::::l:::::l::``ヽ:ヽ、:ヽ::::`ヽ、
      /:::::://::il:::l:|:::::|ヽ、:::::::::ヽ、:\ヽ:ヽ
     //:::::/l:i::::::::il:::l::|::::ト::::ヽ、::::::::::ヽ::::ヽ:ヽ:ヽ
    /::/:::::::/::l:i::::::::il::::::|::::|:::l::::::ヽ::::::::::::l:ヽ::::ヽヽ:'.,
   ./::/::::::::/:::l:li:::::::::l:::::l::::l::::::l::::::::l::::::::::::l:ヽ::::::::l:::l::',   いらっしゃい……ああ、やる夫か。
  /:::::::::::::::|::::|:::l:::::::::l:::l::::l、:::::::l:::::::::::::::l::::|、:l:::::::::l:::l::l      で、今日のお供は3級の斬鉄、と……
  .l::l:::l:::l::::::l:::::|:::::l、::::::::l:::l::::::::::::l:::::::::::::::l:::|、::l:::::::::l::i:::|
  l::::::l::::l:::::l::l::::l、::::l:、ヽl::lヽ::::::::::::l::::::::::::::l:::|:::::l::::::::|::i|:|                       お邪魔するお >
  |l:::::l:i:l:l::::ト:::ヽ:l`ヽ、://::::::ヽ::::::::l:::::::::l:l::l::|::::::l::::::::!:::i:|
  |トl:::::il l、::ilヽ、:::l-‐,..-ュォ-、:::ヽ:::i|:::|:::l::l:lll|ヽ:::l:::l::::::::l:|                   仕事帰りでござるよ >
  | ヽ::::il kァ、 、` - ' `‐'′ /ハl:::l:::l::l:::|::l|  l:::::::l::::::ト|.
  ヽ ヽ、i `7     ´   //  |ト:::l/l::::::|  }:::::::l::::i| |   見ればわかる、大層な荷物だ。
   ヽ  .l/            ||:/ .ヽ::l _ノl:::::::l::::i| `
      ヽ、 -          l   〉l、|:::::|i::::::l::::|     そっちの査定用カウンターに置くといい。
       ヽ`                /   .li:::lト:l::::l:l|
        ヽ ‐、ニ= ‐      /    lヽl-ヽl::l|
         ヽ ー       /  ,. r '´    ヽ、
             l、    ,.  '" ,.  '´        ヽ
           `ー‐ ' r1,. '´         ,. ‐ ' ´ヽ.,
            <´ i'´      ,.  ‐ ' ´,. ‐ ' ´::::::::ヽ
             lヽ|.l    ,. ‐'´,. -‐' ´:::::::::::::::::::::::::::::',
              | | l| /,. r '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            |/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            // /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
            〈 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 中にいたのは一人の神経質そうな若者。
| Lの二人いる店主の片割れ、夜神月。客との交渉を担当しているのはもっぱら彼だ。
| ぞんざいな対応は冷静な知的キャラの様だが、それがただエンジンが
| かかっていないだけということをやる夫は知っている。
┗───────────────────────────────────────┛
632 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:04:39.20 ID:q1jZ//m7
            _____
         , ‐ ´. .::::::::::::::::::::::::` ‐ 、
.       // . : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
     /. :/::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::: : \::\
.     //. :/::::::::::::i :::::::::::::::::://:::::::::::::\:\::\
    //::::::l:::::::/:/{ :::::/:::::::://:/::::!::::l:::::::ト:::::ヽ::::.
.   l:l::::::/|:::::ハ/∧:V:::/:::/::::/::::/:::/::::::/::ヘ::::l::::ハ
.    |:l:::::::::|:::::|::!::::∧:V:::/::::/::::/:::/::::::/|::::::|::::|::|.!|
.    |:l:: |: :|:::::l::|::/:::ヘ::V::///:/ ::/:::|:: /!:: | l ||   それで、今日はどんな発掘があったんだ?
    l::::l:::::ハ:::|∠:ィ7:::Y:/::イ::z≦ィ:::/::/::ハ/:リ |!
.    l::|:::::小:Π:/l/-=彡1 /艾ァテ`シ_:ィfチ::/:/     まさか鉄くずばかりというわけでもないだろう?
    V::l: :!::l:|い小/|:ハl:|/  `´    { }ノ´
     Ⅵ: l:::::`爪|            〈                                   今降ろしますお >
      }:!: |::|:::l::| \            ‐ _ノ
      ぃ::|::|:::l::|   丶    __, ,/         早くしてくれ、僕は気が短い。
      |:∧l\:{    \       /
      l′丶 ヽ     ト、_,ノ
     /           ,′
.  /\.____     人_
/  `-――‐‐- 、` ‐ 、  >、x‐ 、
          \     `ヽ ヽ、  | |   \
          \    \ ` ┘!  \ \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そら、やる夫が査定用と札のかかったカウンターに立つなり、いそいそとやってきた。
| 機械弄りや古いものを見るのが趣味だというこの店主は、
| 査定になると冷静さを欠く傾向にある。
| ……たまに、査定前から発狂じみていることもあるが。
┗───────────────────────────────────────┛
633 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:05:27.87 ID:0CgjAKhd
マッドっぽいなぁ…
つか剣心の二つ名斬鉄か ぴったり
634 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:05:43.05 ID:q1jZ//m7
           ____ 〃"
.      "ミ /    \
       /        \
      / u  ノ  ヽ、   \  えーと今日の成果は……
.       |   (●)  (●)   |
       \    (__人__)  J/
.        /    ` ⌒´ ヽヽ, ) )"
   "( ( ( ヽ     /./
       \ \ ゛//  | ガサゴソ…
       / / ヽ ~ \ `ヽ~\
       |            |
       |   荷物袋    /
       ヽ______/
                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                  / ,   " `ヽ ヽ  \
   何をしているやる夫               // '( 、、\、  ヽハ   ヽ
                              〃 {_{乂ヽゝ从ヽリ| l !  |
       ハリー .ハリー!                  レ!小l● \{ ● 从 |、 |
   さあ、早く、早く!                  ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ .|ノノ
                             /⌒ヽ__ヽ   ゝ._)   j./⌒i
                           \ /  ヽ> 、 __, イ /  /
   < キャラ変わってるお……         ./    ヽ/介/'´ ヘ、__∧
                            `ヽ    | | | | /.    ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やたらにせかしてくる店主の声を背景に、種類別に戦利品を並べてみる。
| 警備ロボットの装甲ユニットに武装、モーター……コンロや放熱板なんて家庭品、
| それに単体では扱いに困る装甲板や電線の束。
| ……我ながら、4級遺跡の割によく拾ったものだと思う。
┗───────────────────────────────────────┛
635 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:06:00.19 ID:q1jZ//m7
┏────────────┓
│ 今回の探索成果
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 装甲ユニット           ×1
| 金属板.              ×2
| 45口径銃身ユニット     ×2
| 破損した精密部品       ×3
| 機械モーター.           ×1
| 携帯コンロ          ×1
| 電線10m.            ×1
| 低容量電池           ×2
| 業務用放熱板         ×2
| 缶詰型保存食(ヤキソバ) ×4
┗───────────────────────────────────────┛
636 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:06:39.74 ID:0CgjAKhd
多いなぁw
637 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:06:52.83 ID:q1jZ//m7
                          ,:'.  /// // // il   l::::l::::::::
                         ,:'   // /l|| ///i l   ,'::::i.i:::::::::
                          ,'   / /  ,ソi |. i i ! l i /:llンi:::::::::
  くっくっくっ……           ,'      ; .l l l !ill !i  i:/ メ、l::::::::
                      ,'   ,:    /| i l l. ill. i  ! ,i l:::::::::
  随分と拾ってきたじゃないか ,'   /    / l   l. il|i l  ∧メ !::::::::
                     ,'   ,'   . ,'i lハ ', i. ill    X ',、::::::::::
  これは査定の         ,'f ,' ,'  i i i! ! i l  i il i   i l.l! iヽ::::::::
       し甲斐がある     li'}  ハ: ,'i i、! ', ' ヾi  i i  i l l l ! i:::::::r^
                      i!.i ソ il ir !ミ、、 i  !、 ', ! ',l  i ', ',',::::i
  < (アカン……)        l i ,' ハ i !! 廴ツ、ヾ  ':、 i i  i !ヽゝ::::l
                      !.li!.l|!| リ ` ェ、..ヾ ヾ、 ヽ:、 i ! ハ、!l ヾ、::l
                    ! !从      """ヾ:、ヾ: 、弌itーマ、:ヽi
                     ′ i           .:: ヽ ー`=.公、`:i
、、_                    _,r:::i     rー-‐ '''' ー ‐ --:: 、:ヽ::i
   `''''"'''ー- 、、、、、、、、、 -‐ー''''''' /:::'.     ``¨':':‐:::::::-::::::::、_  ヽ:;::l
               '"       ./" ゙:,  ゙、   ヽ、,..:::::::::::::::/ , ` 、  `
                __,      ',::、   ゙ヽ 、:_:::::::::::r ;´ ' ヽ、  ` -、
         `;;=--‐‐''''""         ',:::、  `'':::::::::::::;: '   i    ヽ、,
        i´          ,      ',::ヽ    ::::;::i  _ -t^ヽ、_   ゙`
           l          i       ヽ::`:ー ':::::i .ノ:i ノ:::::::: 〉
         '          il      ,.ゞ=ー'"メ /::::レ:::::::::::/
           i           il   _ ,ィニ´ ニヽ    ーヽ:::::::::::::::/
         i           ill ,イ:::::iニニニソ、     ヽ::::::::::/
            i       illl ´    lニニニ/ ヽ.    ',::::::::i
             i        illl    /ニヽン     ヽ   /::::::::!
          i.      illll  , ' \\ i      ヽ , ':::::::::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 次々と置かれる探索の成果に、月が喉を鳴らし始める。
| これはもうエンジンがかかったとみて間違いないだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
638 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:07:34.09 ID:q1jZ//m7
                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ   さ あ 、 順 番 に 値 段 を 
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽu `r'- 、  u|::ト`、  付 け て い こ う じ ゃ な い か
                ヾヽヘu  |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ               お、おう……よろしく頼むお >
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今回、機械製品が多かったのが彼の琴線に触れたのだろう。
| 感情の昂ぶった様子を見せる月に、やる夫はたじろぎながら応答する。
| 一方、剣心は店内に展示された刀剣類を眺めるふりをしてカウンターから退避している。
| ……要領のいいやつめ。
┗───────────────────────────────────────┛
639 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:08:14.58 ID:0CgjAKhd
うわぁ…www
640 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:08:22.39 ID:q1jZ//m7
   ____________
  ┌|iii―| |匚]―|ll| |ll|[[l|=|ii|[__|┐
  ┌|三]l|_lヨ=≦三[l冂」」凵」|[__|┐  じゃ、じゃあこの精密部品から……
  ┌[」┌㌍==l┬ヨ」卍」」卍」|―┴[|┐
  ┌|Ol|┼┬┐iL三]了]]ニ「匚]―l|┐  壊れてるし、あんまり値段h
  ┌|i=i[iヨ┼┼<二l」幵┬┼ヨヨ」|┐
  ┌|工]弖」iii」三l┬┼l L乢[| |iЮ|┐                       5 円 出 そ う !
  ┌|iirr[[田l[Ю]」_|iiii|〔エ〕 || |iiiiii|┐                三つあるから15円だ! >
  ┌|ii|]┌―[lニTTiiii|―┬<〉i|工l|┐  え、えー……
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まずは若干捨て値を覚悟していた破損した精密部品から。
| 使えなくはないとはいえ、修理が必要になるパーツだ。
| 修理費との兼ね合いもあるだろうし、円単位でもらえれば御の字と思っていたが……
┗───────────────────────────────────────┛
641 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:09:01.71 ID:q1jZ//m7
          /                 ヽ
         /                   '
          , ,                 ',   いいんですかお?
       i ゝ ̄ ''ー-                !
        {   {__  ヽ  J           }   結構破損してるし、修理に出したら元手取れないんじゃ……
          ',   マj  ̄ノ           /
        ゝ  `   ´           ∠ _                            おいやる夫…… >
        { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
          ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
            ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                   j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                    /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                   !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                  |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                 |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 15円である。
| これだけで今回使用したグレネード代を払っておつりがくる。
| そこまで状態のいいものとは思えなかったのだが、この店主、ポンと値段を示してきた。
┗───────────────────────────────────────┛
642 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:09:15.05 ID:0CgjAKhd
太っ腹… だと?
643 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:09:30.06 ID:q1jZ//m7
                ,. -‐- 、
                  /. :/:} : ハ
               {: :/|イA: :}        ふざけるな!!
                 V、r┐ 〉ハ‐-: .、__
              /: /辷イ/. :〉:、: : :-‐ヘ、__ 僕らを誰だと思っている!?
   _  _ ..  -‐ '"´. : /_:V{ト{: く: : :`ト、: : : : :_> 、_
  /三  {: : : : : : : : : :_ .. -ヘ: ヾV. :/. : : /: ハ` 丶 、 : : : /7¬ァ          よ、万事屋Lの経営者だお >
  `ア -┴…¬ "¨´     \{: :/: : /. : : }ヘ、  ` ー┴ヘ  三}
                   V_:/. : : : : : : ハ       ` ̄´
                   }、: : : : : : : : :i: :|    そうだ! この程度の損傷、
                   {:`:ー : : : : : }: :}
                    |: : : : : : : : :/_ノ    自前で治して売り物にできる! なあ竜崎!
                     ト- 、:_:_: :イ´
                      | : : : : : : /
                       | : : : : : ∧
                        | : : : : /. : \
                   { : : : 厶_: ー‐ー 、
                   \: : : : :`ヽ、: : ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 想定外に高い買取額に思わず口を挟むと、月は怒鳴るような大声を上げた。
| しまったと思うも時すでに遅く、ヒートアップした店主が、もう一人の変人を呼び出した
┗───────────────────────────────────────┛
644 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:10:06.18 ID:q8DTUZU4
んん?
破損した基盤なんて現代でも扱いの難しい(ぶっちゃけほぼ無理)に5円?
645 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:10:15.25 ID:q1jZ//m7
',::::::::::ヽ :::::::::::ヽ :::::::、:::::::::::::. '::::::::、ヽ、ヽ::::ヽ\:::、::::::::::ヽ、
.ヾ 、::::::::'.,::::、::::ヽ、::::::::::::へ::::ヽ':::::'.,ヽ\':,':,:::ヽヾ::':,::.:::::::::;_`;;,、,
:'::\ヾ::::::ヽ'::::ヽ::::\:::::::::`:::ヽ:::`、::::'.,:ヽ.ヽヽ:::::':,ヽ::`:::、::、ミ;;,、.``''ー
::',::',:,ヽヽ、:::\'::::ヽ::::ヽ,::::、::::::ヽ、\:::::'::::'., ':,ヽ:::::':,:ヽ:::ヽ:', ``>
、:',:::',:':;:`::.`、;_:ヽ、::::\:ヽ:',ヽ;'::、;;;;ヽ`、::::::::'., ':,゛,'::::::::::',:::::::':,
.!:::゛::',::ヽ:::\::::::::::ヽ:::::`:、:'yッンァ::::ヾ;\';::::::ヽ':,::',,::ヾ::::',:::::  なんですかー、夜神君。
::::::::::::'::::\::::ヾ:::::::::、、:`:::::::i! !::::::::::メ'ッ、`:::::::::':,:::',,::ヽ::::::
::::::::、::::',:、:::::ヽ\::::::::'.,\::::,ヽ ` ー "/ `;:ヽ::::'.,:::l!:::ヽ,    僕は今優雅なティータイムを楽しんでいたのに。
:::ハi!ハ::、 ヽ:::ヽ. i ヽ、::ヽ ヽ::',`''、'''"    !:',::、::::::::!:::、
:::i,丶'、 ヾ  `'、`;、 `'-`、  ヽ、     i:::',:!:、::::::::::::i           お前の場合菓子を食べているだけだろう >
::::!   `  `   `iヽ、     ヽ          i::::',:i:ヽ:::::::::!
:::::l,        !             i!.ノ';,:::;::':,::::::l           それよりお前、この回路一人で直せるか? >
:::、:i      ..、ヽ、 _,,,..         !,、:'::::::'::::':,::::!
::::.、',         ´          /::::::::::::::',.:::::::::'      余裕です。なんですこのちゃちな壊れ具合。
::::::ヾ'、     ..、、......            ,;:'i:::::::::::::::::',.::、:::::',
::::::::::ヽ   ''``ア`'''マ''''``''ー     ,;:': .i:::::::::::::::::::',:ト、:::::',     ……って言っても、これよりひどかったら専門店持込ですが。
';::::::::::::`;;、   /    l:.     ,;:''   .l:::::::::::::::::::::::i \::',、
. !:lヾ:::i :. ;ヽ/   ノ:     /'    i:::::::::::::::!';ヽ::',  ヽ;ヽ   この程度なら余裕です。
 ';! ヾ'i: : /    /    ,.ィ'´'    ..  !:::::i::::::::', '、 ヾ    ヽ
  '、. ソイ'    /‐-ー;:シ'      ::/  i:::::!':,:x:::',   `
  /:. !    /:. :._、-'´       .::/  ',:::! ':;ヾ;
、='´:. :. '   ン:. :,'´         /  ':;:.ヾ'、 ヽ `
:. :. :. :    ,':. :. ',           /   ';: `ヾ、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 奥から現れたのは、猫背と寝癖の特徴的な若者。
| 万事屋Lのもう一人の店主、技術者の竜崎である。下の名前までは知らない。
| 機械弄りと甘いものが好みという彼は、月の友人らしい。
┗───────────────────────────────────────┛
646 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:10:16.50 ID:XX7F1Gca
まあ自分でニコイチサンコイチ出来ればそんな損でもないのかな
647 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:11:25.67 ID:q1jZ//m7
                  ,. -─- .、,
                     ,不:::く`ヽ;::、:::`丶
                   ハ:l::;;ヾ:ヽニヽ:ヽ::、ヾヽ
                   ,':::i:トヾヽ::ヽ:トヾ、ヽヽヾ`ヽ
               l::i::|l::卞ムヽ:;ヾY.ェYl::ト::ヽ   わかったか!
               |::l::ト;:::Kさ'く:::f ,`  リヽヾ',
                ';:';ヾトヽ  `r'- 、    |::ト`、   このくらいの傷で値段を不相応に下げようなんて、
                ヾヽヘ   |';二::!  入',
                 `トk   ヽ、zソ ./::| ヾ   う ち は ち ゃ ち な 店 じ ゃ な い ん だ よ !
           ___._,r、   Y:j` ‐ 、 ー´/ トj
         /`ヽ_j'、_ノ ̄l!'´ヾ- 、_`_¨   」、                      す、すんませんでした…… >
          ∧ ,ノ  Yヽ  l  ヽ     7ヽ~ヘヽ.、
       /-'´「 ヽ ヽj_. l   ト、  /〃ハ  | ヽ `ヾ 、_
      r'´, イ ヽ、 `,__,ィ、__)| l  ヾヽ∧'〃ノ゙ヽl  ヽ  ヽj`ヽ
      / '´  ト、  Yrイ  ∧l ',  ヽ  Tヘ',   l _..ノ   l j ',
      ,′   .}、二ィ } /   l ヽ   ', |、、ヘ. | \  / }. ヘ
      i     トz'_ノ,イ    |   ',.  ', l、ヽヘ |   |     j/ l
     |   ノ \¨7/     l  ト、  ヾ 、ヽ ',.l   lー- //  |
     ゝ─'-- -r-`'      l  ',.ヽ ヽ ヽヽ!  | ̄  /j   l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうやら機械弄り云々ではなく、悪徳商店と判じられたことが、
| 彼のプライドに障ったらしい。
| 彼の言い分も言い値も文句はないので、素直に謝罪することにする。
┗───────────────────────────────────────┛
648 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:12:46.46 ID:0CgjAKhd
アッハイ
649 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:12:57.70 ID:q1jZ//m7
               (( //  へ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
              /^\:::::\::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::\\:::::::
                丶\:::::\::::::::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /丶:::::::\:::\:::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::   あ、入即出君。 今日のお連れは女の子
          │:::::::\\:::::::\\::::::\:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::
.            /\::::::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::    ……じゃないみたいですね。
         /│\ヾ:::\::|\:::::::::::\:\:::::::::::\:::::::::::::::::::::\::::
        │/|:|丶 \:::::::|  \:::::::::::::\::::::丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::   僕は奥に引っ込んでます。
           |/ ||丶\丶::::|  ,イ\::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::::::::::::::
        │  ||:ヾ:::::丶 |  ハ..,/\::::::::丶\丶:::::::::::::::::::::::::::::::                       お、おう >
        丶 /|:::::::川:::入|   ..ノ"\::::::ゝ \丶::::::::::::::::::::::::::
           /入||:::/ \|        \ヾ  \:::::::::::::::::::::::::
           ル |::::/   \        \ |/\::::::::::::::::::::
         ノ   |\ -、            /  ト:::::::::::__/
             ||:::::ゝ                ∧|/
             │入...___             /
              丶  \─ゝ          /   /
                |   |,           /| //
               /  |        ....////
             /= --┴-、    ...:::::::: /  /
            /       \<\:::::::/ /      ノ
          /   , ----= 、 \// /      //
         / >           /  /      /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 月が説教のダシにするためだけに呼ばれた竜崎は、
| やる夫と剣心の姿を一瞥するなり、さっさと奥に戻ってしまった。
| まるで普段やる夫が異性とばかり組んでいるような言い草である。
| 確かにそういう時もあるが、断じて毎回ではない。失礼な。
┗───────────────────────────────────────┛
650 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:13:36.90 ID:q1jZ//m7
                          ,ィ王>、
                             .}^ヽ'.:.:.:ハ.:>、
          fニヽ n              ,'fュ ヘ从|.:.:.:.}
        ヽ彡_j L、            〈    .`-|.:.:.ソ
          \  L _         _. 〉   イ:/  __
               `く/: : :`ー‐z _, -rf: : : : ∧   ィ::∧´: :/}                /〉
                \: : : : : : : : { : : : :∧/V:( _/ /: :ィ{:/: : `ァ==ー、_ ___   /) 彡
               ` ー-=ニ、: : : : : [ {:;'::::} |/ /: : : : : {: : : : : : : : : : :: : : :. : : : :: : }「ノ ,=
                     `  ¬: :',{::::::| / /: : : : : : イニ=‐-  ∠: :_:_:_;≠-'゙ ̄
                       マ: \:i//: : : : : : :: : :|
   さあ、次の査定だ!           \__}|: : : : : : :  ,ィ: :〔
                          `ヾ: : : : : : : : : : :〕ヽ、
                               \: : : : : : : : : : : : 、、
 < よ、よろしく頼みますお             {\:、: : : :, -‐――':::::.
                                \::: ー' 、_;.:::::::::::::::::::::.、
                                 \:::::::.\::::::::::::::::::::::::::.
                                 \:::::::.\::::::::::::::::::::.`:.、
                                     丶、::::丶、:::::::::::::::::.\
                                         `  、::::.丶、::::::::::::::.ヽ
                                        丶::::::.\:::::::::.`ヽ
                                              \::::.\:::::::::::.\
                                              \::::.ヽ::::::::::::::.
                                              \:::.\::::::::;ハ
                                                   \::::ヽ::::::j\
                                                  「:::::}::::::::::::′
                                                    /.::::;::::::::::::/
                                               〈:::::/.::::::/
                                               `¨`='′
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 竜崎が奥に引っ込む間に、月のいらだちも収まったらしい。
| 満面の笑みを浮かべてポーズを取り、査定を再開する。
┗───────────────────────────────────────┛
651 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:14:24.85 ID:q1jZ//m7
     、
    ,-´ヽ ⌒``ヽ
  /    ヽ   丶
 /    , '   ヽ    ',ヽ、  こいつは警備ロボットの装甲ユニットだな。
.'   ,.'     ',    ', ヽ
   .i        ',    ', ヽ 形状からするとモルガの正面装甲か。
l、   !        ',    ', }
iヽ__ i   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄7   傷はあるが状態はいい。15円で引き取ろう。
ヽ | !  /        \,,,,_
 `‐/ ヽヽヽ       _」ヽヽヽ おまけみたいな金属板には5円出せる。
  !   ) )        '  ノノノ
ー---〉ヽ_____ノ        \/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 続いてモルガの装甲を剥がしたもの。
| ユニットと分断された金属板を合わせ、25円の売り上げとなった……まずまずだ。
| 金属板はさほど大きいわけではないが、仮にも警備ロボットの装甲だったものだからか、
| 頑強性を踏まえ、同サイズの鉄くずより色がついている。
┗───────────────────────────────────────┛
652 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:15:03.91 ID:0CgjAKhd
ジゴロだったのねw

これはまあ需要あるだろうし…
653 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:15:15.06 ID:q1jZ//m7
                                                                
  ハニ=-,――───、________________,──、―、_________,-、────ヽ、
  ! }   !          }                              }   } }                   } Ο Ο Ο 
  ゙ー'ー―'―――――' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ヽ―'| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー'──── マ─
  こいつは拳銃のパーツ……ではないな。            ヽヽ !___        -、──────‐
  さっきの装甲を見るに、モルガの単発機銃か。         ヽ<     `二二二二二二)         
                                         `ー──'       `ー'──────
  わざわざ換装するには最低グレードだが、この状態の良さなら予備として捌ける。
  一つ15円出そう。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 月はそのままモルガ一式の査定を済ませることにした様だ。
| 一門15円。標準装備の二門合わせて30円。
| やる夫の使う同口径の短機関銃一丁より高い。
| やはり警備ロボット絡みのパーツはお高い様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
654 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:16:12.15 ID:q1jZ//m7
>>652
このやる夫は(性別的な意味で)ジゴロではないよー
Lコンビの嗜好だよー
655 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:16:43.54 ID:q1jZ//m7
=====癶 |  ::::::::::::::::::::: : : :, ========= _
:::::::::::::::::::::///,:|  ::::::::::::::::::::: : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://,
::::::::::::::::::////, Y三ニニニニ三/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::////,   ほう、遺跡でこの鮮度のモーターを見つけるとはな!
:::::::::::::::,://///,:|   ::::::::::::::::  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j//ミ/:,
:::: :::::: :,//////,|   :::::::::::::::: ,(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j//  V,   サイズや形状を見るに、こいつもモルガか。
:::::::::::::j(///^V/|   :::::::::::::::: .j(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/(   v;
::::::::::::j///  Ⅶ   ::::::::::::::: .j(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/(   v,   少し小さいが、他の機械にも使いまわせるし高めにしてやる。
:::::::::::j//’  〔 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,j(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/(    II
:::::::::::I//I ┌┴―┬―――.j(::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/(     Ⅱ   20円でどうだ?
:::::::::::I//I |    |!       I!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/(    ,II
:::::::::::I//I |    |!       I!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/I    ,II                              十分ですお >
:::::::::::I//I |    |!       I!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/I    ,II
:::::::::::I//I |    |!       I!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/I    j(’
:::::::::::I//I |    |!       I!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/I   ,j(’
:::::::::::I//I |    |!       I!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j/I    ,j(’
:::::::::::Ⅶ/,  ̄[三三三三三 I{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅶ,   ,j(”
:::::::::::::Ⅶ/,  ////}      vI!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅶ;  ,j(”
:::::::::::::::Ⅶ/, ,:///,       Ⅶ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V/,  ,j(”
:::::::::::::::::v乂ノ//”        Ⅶ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨乂ノ/
::::::::::::::::::::Ⅶ///,’          Ⅶ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨//,
::::::::::::::::::::::`く//         Ⅶ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうしてモーターだけを見てモルガのものだと判断できるのか。
| 関連商品を持ち込んでいるとはいえ、電線然りで別物かもしれないというのに……
| 月の観察眼に感服しつつ、提示額に頷いておく。
| ここの店主が信頼できるのは、最初の精密部品の件でもわかり切っていることだ。
┗───────────────────────────────────────┛
658 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:18:25.34 ID:q1jZ//m7
          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !  この調子でどんどん行くぞ
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!  コンロは細かいパーツも多いから増額、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l                      15円
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |                            え >
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!   電線は1m1円だが10mも長さがあれば色を付ける
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l                           全部で15円
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /                              ちょ >
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //       電池は容量が小さいうえ規格が限られる。
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/           1個2円だが両方売るなら5円にしてやる。
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′                                ちょっと待 >
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //           な に か ?
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _                             いえ…… >
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その後も着々と値段は付けられていき、やる夫は口をはさめない。
| いや、挟もうとすると睨まれる。おのれの目利きにケチをつけるのかと。
| 月自身が言うように、査定額は何かと色を付けられた割高な価格である。
| 前に理由を尋ねたところ、月や竜崎自身が機械を欲しているのだから、
| 需要の分値上げするのは当然だとはねつけられた。
┗───────────────────────────────────────┛
660 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:19:25.94 ID:q1jZ//m7
.              //:///:/ : l: :!/ :/ :
            /〃/ /: // ': : : : :!: |/: : :
        //:/: j :/: // : : : /:|: |: : :l: :
       //:///!: : l/ : :/: : /l: :! : /: :
       イ/ 〃V :|: :/l!// :イ Λ:|: /: : :
        l ノ{l f:〉 : :/ //://:/!: l:l / : : :  そして本命……そう、そ の 鉄 板 だ !
       / ´~! :/!/ :/,-/:/ l: :';/ : : : :
   ,   ´    .|/  .l!イ =-/く. '; / : : : : :  料理用の発熱板。これ一枚でフライパンとコンロ、
.   {           /l! ' 、  l! ヽ V: : : /: :
   〉、 、            \l!心 V : : :/: : :   二つの役割を有するハイブリット調理器具!
.  /. ヽ`              `¨~7 : : :ハ: : :
  {                     / : : /! l:l'、 :   頑強性も十分で、上で包丁を握ってもオーケー!
. ノ`                  /: :/!リ :リ: :',:
{  {ヽ               //  /: /: /: :   ま な い た に し よ う ぜ !
Λ \\_           /    //: /: / :,
. '     ̄`'              ' /:/: / :/:   何より機能性だけを求めた、職人好みの無骨なフォルム!
                      /:厶イ: /: :
                            l ,': : :   しかも説明書完備!
、_                  _,.   }' :|: :/
 ` ー-、.....__        -‐=≦.     レ'!:/  パーフェクト   ウォルター
.     ヽ                      }':    完 璧 だ や る 夫 !:
.       ',                 /_:_:
.         }               ´/二_  一つ30円、二つ合わせて60円出そう。
        ',                  /二二                             えっ >
          ヽ               /二二二
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| この男、たかが調理器具に何て値段付けてるんだ。
| いや高く買われることにやる夫としては異議はないのだが……ちょっとこのテンションが怖い。
| やはり新しい故買屋の開拓を進めたほうがいいだろうか……
┗───────────────────────────────────────┛
661 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:19:43.05 ID:q8DTUZU4
>>658
商売人として同なんだそれはw
足元見ろと言うわけじゃないが適正額で売り買いしろよw
662 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:20:32.36 ID:0CgjAKhd
高く買い取ってくれるのに忌避すんなよw
663 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:20:36.89 ID:XX7F1Gca
なんか、成金が趣味でアンティーク買い集めてるみたいだな
664 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:21:26.97 ID:q1jZ//m7
>>661
1)店の経営からして趣味である
2)機械いじりが趣味なのでいわゆる『店頭価格』で買うより安くて得
3)信用は商売で最も価値がある。
665 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:21:47.43 ID:c0ryuj5d
高いのは何となくわかるが平均がわからんw
666 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:21:50.61 ID:q1jZ//m7
           ,ィ::⌒:ヽ
         /:::ヽ:i::::/iハ
         7::/{::i:|Y:::||:|
       , -{レoヾリoミリ;}
      /::::::::ヽトェェィ,.ィ升:\   なんだ、足りないのか? なら……
     v'ニミ>'´:{ ̄`ヽ┐':::/:,イ
   V:::::/´::::::::::::>勺ノノ:/::::::|                            60円! 60円で大丈夫ですお! >
   ≧==<::::::::://:::::::::/:::::|
        l::::::::::::/:::::::::∧:::::|   一 つ 60 円 だ と ! ?
          」:::::::::∧:::::,.イ|::::|
       〃:::::::::::|:::::::::ハ|::::::|   こ の い や し ん ぼ う め。 だが……
      /::::::::/∧:::::::::::|:::::::|
      `ァ-<::::::::::ヽ:::::::|:::::::|                            違ぁう! 二つで60円ですお! >
      /::::::::::::> <`ート、__j
     V::::::::::::/    ヽ:::u、::::L_
     V:::::::::::/      \::ヽ〉ヘ〉
     /::::::::::/        |::::::::::i!
   /::::::/:/             V::;:::;::i
   /::::::':::i               V::/:::i
   |:::::::::/             V:::/:!
.  |::::::,イ                 V::::::!
  |::::::!::|                ∧::::::ヽ
  .|::::::::::|              }::::::::ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 等と考えているとこの男、値上げ交渉なんぞ始めやがった。
| 買い取る側の癖に何を考えているんだ。
| しかも勝手に基準として倍額を提示してきやがる。
| 高く売れるのは有り難いのだが、やる夫自身の良心の呵責と
| これが原因で万事屋の身持ちを崩されても困るという理由から、早々に1個30円で同意する。
┗───────────────────────────────────────┛
667 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:22:51.86 ID:0CgjAKhd
ひぇぇぇえええ…w
668 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:23:03.98 ID:q1jZ//m7
         ___ _
  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l   ……ふぅ、すまない、取り乱した。
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/   ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!                         いや、慣れてるからいいお >
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ _ ,,_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く _ ,, ! !::::!' /   そうだな、いつも世話をかける。
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、
 `  、     i
. 、    \.    l
.、 丶    \.  !
 \ \    ヽ l\
   ヽ ヽ   |   ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一通り機械製品の査定が終わったためか、徐々にクールダウンし始める月。
| よく暴走するが、普段は良識的で、高く商品を買ういい店主なのだ。よく暴走するけど。
┗───────────────────────────────────────┛
669 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:23:48.61 ID:c0ryuj5d
大事なことだから二回言ったw
670 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:24:11.31 ID:q1jZ//m7
            ,   -―――――-   、
              i(               )i
              | `ー―――――――'´ |
              |                  |  で、最後はこれか……缶詰?
             i゙ー==============‐''!
            |                |                          保存食みたいですお
            |     富士宮     |                一応ラベルには賞味期限1000年と >
            |                |
            |    YAKISOBA.     |  って言ってもヤキソバだろう……?
            |                |
            |                |  おい竜崎、こいつの査定を手伝え。
.            ,|                |、
          ヾ、             ,〃
            ゙ー===========‐'′
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして最後残ったのが缶詰保存食。
| 1000年経っても大丈夫! などとラベルに謳われているものの、流石に怪しい。
| 月も、食べ物が持ち込まれることは稀で値段を決めかねているようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
671 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:24:43.62 ID:q1jZ//m7
       , '::::::::〃:::::::::::.i::::::::ヽヽ:ヽ ::::::、::::::::::::::::':::、、,__
     _ィ:::::::::〃::::::::::::l!::!:::::::::::\ヽヽ:::::ヽ:::::::::::::::::::t=ー-.
    _ィシ='7:::〃::::ィ''|!i:::!i::,::::::、::::::ヽ::::::':,',、;,:::::::::::::::::::::ンッy、,_
  ´"  /::::::/:::/,.-ャj:::l 'i!';::::i\::::ヽ:::::::',',',i!::::::::::::::f"''''==-''
     ,.シィ::::::::ソ !. (::)リ! ヘ',:::l,,、ヌ;:::ヽ::::::',',',':::::::::::::::',   えー、今僕はいちご大福特用セットを開けたところだったのに
    〃 シi::::::::l  `""゛  ` 'リ (:::)ヤ、:ヽ:::!:','::::::::::::::::',
    ' ' .l::::::::l          ヾ'''''" Y:::::::::::::!::::::::::::::::',                               うるさい、働け >
      i::/l::::!   ヽ 、       l:::::::::::::::'::::::::ッ::::::',
        l/ !:::'、   ァ、.        !:::::::::::::::::ォ:::::!';::::::',  はいはい、それで夜神君お困りの品はなんですか?
.       ,!.  |/ ';、. ヾミ.`j       ,イ::ァ:::::::::::::::i '、::',ヤ::::、
        " . ';ヽ     ,、y'´ /シ l::::::ヽ:::::l ヾ; ゛丶
           '|!`=tー:::'"/  /'  ハ::;::::il!';::!
.              'i::: '       リ ソ ヽ'リ、
              !'i   j       ~ヽ
              リ 、 /  ―ー '''"""f,
              / _冫'''~            ',
            / ´   ,、     ̄~ ヽ  'i
           l!~    /         ヽ. !
           ソ.    /   ン      、 ', l
           /    /   /          ', ', 'i
          /    '   /            i. ', l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、奥に引っ込んだばかりの竜崎がまたすぐ呼び出された。
| いつも甘いもの食べてばかりのこの男だが、なんだかんだで信頼されているのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
672 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:25:06.38 ID:XX7F1Gca
こういうプラント産じゃない保存食とか好事家に高く売れそうだよね
673 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:26:20.18 ID:q1jZ//m7
, --- 、_  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ̄´"''-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   、___,, - - 、_ヽ‐ 、:::::::::::::::::/l::::::/::::::::ハ::::::::::::ヽ
 | |     ー_,、-「!\\\:::::,∠、/::::/::::::::/-、i::/::::!:::ト、  うーん、ヤキソバ……大崩壊前のものとはいえ、
 l 「\_   ̄`\:::::::|| ̄\\)/ O 〉//:::/:/ O 〉!:::::ト::{
  !|  ` ̄>‐、 \::||   /゙7i/`='/ // 〈 `=゙ |:l::::|!ヾ、  希少な食べ物でもないですしね……好事家に売るのは難しいかと。
   |二ー'" ̄ ∠> 、)|L..ヽ(_|,        }!   j::!:i::|
  | \\    j:ハ:::ハl ̄ || |       ^ ′  ハ{::N \   ただ、1000年経っても大丈夫、っていうのは本当ですね。
    !    \  /ヘ.j/ |  |||    _,_,、---、 /| トゝ   \
   |     \  ヽ |  || |\   -‐' , ' l !      }゙i 缶詰に中身の劣化防止用ナノマシンが使われてます。
__j_\     \  \.|__||」   \__/  / /       ノ |
     /        \   \       // //       j とはいえ流石にもう死にかけなので、
   , | l          ヽ、_        //    / / 〃
   / |  l ヽ           ´"''-‐''"       / / / l  容器として再利用するっていうのも難しいですけど。
  /  |   l 〉                      /   // l
 /   |   / ヽ                 / // // /l
〈_,.   |   V‐、  \             // /-‐' / l
     〉   〉 \{、 \           / くr  /   〉
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 竜崎は缶詰を手に取り、振るい、肌に当て、
| スキャナーのようなゴーグルを通して中を見ながら私見を語りだす。
| 値段について直接触れるわけではないが、月が判断材料になりそうなことを
| とつとつと告げている。
| 彼は彼で、月のことを商人として信頼していることは明らかだ。
| 第三者であるやる夫が経営側に立って見ると、あまり信用できそうはないのだが
| ……やはり友人ということか。
┗───────────────────────────────────────┛
674 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:28:19.17 ID:q1jZ//m7
>>672
焼きそばは既に調理法とか復活してるんであんまり希少じゃないんですよ……
保存食って不味そうってイメージもあるし。
675 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:29:12.54 ID:q1jZ//m7
                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj   十分だ竜崎。
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/   じゃあ缶詰には全部で10円出そう。
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     売れなかったときは、僕と竜崎で食べてやるさ
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /                             えー、僕はケーキとかの方が >
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   うるさいぞ竜崎。
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| こうして、最期の収穫、缶詰型保存食の売値が決まった。
| 合計は……195円と言ったところか。4級にしては大分稼げた。
| いつもこの調子なら大分生活も楽なのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
676 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:29:50.53 ID:0CgjAKhd
電子部品以外に関しては普通かな??
195円…  4級?
677 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:30:32.18 ID:XX7F1Gca
(本社に比べれば)ふつーふつー
678 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:31:19.70 ID:q1jZ//m7
┏────────────┓
│ 今回の探索成果
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 装甲ユニット           ×1  計:15円
| 金属板.              ×2  計:10円
| 45口径銃身ユニット     ×2  計:30円
| 破損した精密部品       ×3  計:15円
| 機械モーター.           ×1  計:20円
| 携帯コンロ          ×1  計:15円
| 電線10m.            ×1  計:15円
| 低容量電池           ×2  計: 5円
| 業務用放熱板         ×2  計:60円
| 缶詰型保存食(ヤキソバ) ×4  計:10円
┗───────────────────────────────────────┛
679 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:31:53.70 ID:q1jZ//m7
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',  さて、それじゃあ査定結果だ。
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|  モルガ一式90円、その他諸々合わせて195円だが……
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ  ここはオマケして、端数を詰めて210円にしてやろう。
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/                    あの、200円ならわかるけど10円はどこから >
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′    お 得 意 様 価 格 だ !
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l                                            アッハイ >
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | 査定額      .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |                    :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         | ・諸々合わせて   210円 :                 |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| よくわからない理由で合計金額が15円増えた。
| これからもご贔屓に、ということだろうか。
| おかげで新たに故買屋を探す意欲が削げてしまった。
| 夜神月、中々の策士である。
┗───────────────────────────────────────┛
680 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:32:43.99 ID:0CgjAKhd
得したはずなのになんだこの疲労感…w
681 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:33:04.87 ID:q1jZ//m7
ちなみに当初の予定では最高獲得額は130円前後になる予定だった
682 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:33:30.86 ID:q1jZ//m7
      ______
   , <:.:,イト、V!:.:.:.> 、
. /:.:.:.:.:.:/:.:ヤ:.カ:.{゙ミー、:.:.:\
/|:.:.:.:V:./:.:.:.ヤ:.V:.l^":.:.:\:.:.:.\
:.:}:.:.V:.∧:.:.:.ハ:.:l;ツリべ:.:.:.:.V:./\
: l//:.:.}}/:.:.:V:.:/:.:.:.:.\:.:V:.:.:.:./ヽ   ああ、そうだやる夫。
//:.ト、:.:リ:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:~レへ、:.:.:j:.:.ハ
:.l:.:.:.:l:.i.:/:.:.:.:.:.:./|:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.V:.:.:.:. !                         なんだお? >
:.|:.:.:.:N/:.:.:.:.:.:.:.i:.l:.:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.l
リ:.:.:.:|/:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:i:.:l:.:.!:.:.:./|:.:.:.: リ    突然だけど僕達、この店を畳んで
、:.:.:.:'.:.:.:.:.:.:.:.:V\:.:.:.:|/:.:.:!: /:.:|:.:.:.:,′
:.:ヽ:.:.V:.:.:.:.:.:./:.:.ハ/:.:.:.:.N:.:.:ト、:./     引っ越すことにしたから
:.:.:/\!_;.イ:.:./:./:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:|:.V}
:./:.:.:j:.:.:.:.:.:.|/:.:.:.:.:.:./|:./ /イ^ }                            ホアッ!? >
ハ:.:./:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:./|/ |/ ,/
 V|:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:./ {  /
  へハ! }:.:.:/__/
    \、|ハ!
`丶    \
.   `丶  ヽ
       \}
         \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今後もこの店を利用しよう。そう決意した直後にこの宣言である。
| どこまで自由人なのだこの奇人どもは。
┗───────────────────────────────────────┛
683 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:34:20.28 ID:q1jZ//m7
        ____
      /  ノ  ヽ\
     /  (○)}liil{(○)
   /     (__人__) ヽ   ちょ、マジで突然だお!
   |       |!!il|l|   |
   \        lェェェl /    ってか唐突すぎるお!
    /         ヽ
    しヽ        ト、ノ    一体全体どうしてそうなったお?
      |    __    |
      !___ノ´  ヽ__丿
                              、 _v-::ニ:‐-ェ__
                              ゝ::::::::::::::::::::::::::Z__
  いえ、大した理由ではないんですが、     _/::::ヽ::::::\::::ヽ::::::Z
                             //::/┰\┰ヽ:::',::::ヽ
  今度本領にもATが出回るらしいので    /i::/. ゛゛  ゛゛ ヾ:::::ヾ
                              !ハヽ _-n‐_ノリ!W `
  勉強もかねて東北か北領まで行こうかと       /ニ)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一応理由はまともな物であった。
| ATもよく発掘されるフジノミヤであるが、根付いた知識や技術は本場の北領には及ぶまい。
| 手切れ金じみた210円を受け取り挨拶を済ませて、さっさと店を出ることにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
684 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:34:30.15 ID:0CgjAKhd
だから出費をおさえろとぉ!?
685 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:35:22.04 ID:XX7F1Gca
サイレントヒルでATなんてどうすんだよw
686 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:35:22.85 ID:0CgjAKhd
今回限りのボーナスかよぉ…w
687 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:36:13.40 ID:q1jZ//m7
                              |ヽ
                              |i |    . ' ´  ̄`⌒ヽ、
   おおやる夫殿                       |i |  .// : : : : : : : ヾ. \
                              |i |  / /: ; : { : :i: :i: :ヾ: :ヽ : ヽ
   査定は無事終わったみたいでござるな.     |i | i ! {: /从,!: :!、从: :'. :| i: : :N
                              |i | レ!小l● V  ●レi : i: | i: i
                              (_ー'_) V:|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃j| | :|、|
                                /⌒ヽ_レヘ   ゝ._) メ | .'/⌒i、!
                              \ //: :ヽl>,、 __, イj, /  /ミヽ
                         .        // : : : : : ヾ   //: :/\∧ヾ: :}
                                7: : : : : : : : ヾy/: : : : : : : i ルノ
          ____
         /      \
        /        \    おう、剣心がさらっと逃げるから一人で済ませたお
      /) ノ '  ヽ、       \
    / .イ(ー) (ー) u     |                           済まなかったでござる
    /,'才.ミ) (__人__)       /                      どうにもあの店主殿は面倒で >
   .| ≧シ' ` ⌒´        <
  /  /                ヽ   気持ちはわかるけどやる夫だけに振らないでくれお。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 値上げ交渉をしたわけでもないのに、なんだかどっと疲れた。
| いや確かに店主が勝手に値上げはしていたが。
| ともあれ店内からは逃げ出していなかった剣心に声をかけ、10円札10枚と1円札5枚を渡す。
| 結果の多寡によらず、報酬は折半がルールだ。
| 100円を超える成果に、剣心もわずかに驚いているようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
688 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:37:22.47 ID:q1jZ//m7
>>685
ふ、フジ樹海攻略……?(なお、樹が邪魔になって肝心の機動力を生かせない模様)
689 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:37:27.55 ID:0CgjAKhd
EMPの無駄撃ちなんて誤差だよ誤差!(迫真
690 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:38:51.12 ID:q1jZ//m7
                 _
           -=ニニ⌒ヽヽ\ノ) ,.--、
         ,. -='" ⌒¬、 \  ∨/ ̄`ヽ
        ∠-== ¬          ¬、`ヽ、
        / //        _   、  ヽ、l
          / //  / / ,イll ト、  ヽ  ヽヽ ヽ
       / /,イ   / ,イ /l l.l ト、 ヽ  ヽ  ヽヽ ヽ   ひのふの……おお、4級遺跡にしては豊作でござるな。
.        l ///   / /l /イ l l l ト、 ヽ  ヽ.  ヾ  l
.        l/ f゙   / /⌒ヽヘl ヽト、' ⌒ヽミ  ヽ  ヽ l                  だお。これなら携行品増やしても
       l! l   イ//ィ´ミ示xヾ ヾ'´Τ赱ァ、   ト、 リ                   装備更新する余裕ができるお >
        l  /イイト、 ヽ辻リ }   ヽ辻リ ヽ,   ト、 ├ 、_
        l   l∧ lトl    <   \   / リ>、  ト、 L  `ヽ、 やる夫殿は真面目でござるなぁ……
          V ll l l lハ   ー一  X´ /ノ/∧ ト、テ≠、`ヽ、`ヽ、 拙者はしばらくチーム以外では休むでござるよ。
        ヽ ll  ヾヽl!\      / / //ハ∧ l ト、`ヽ `ヽ `ヽ、ヽ、
         ',ll    ヾヽ,\   /  /,化入ヽ',l  `ヽ`ヽ ` ヽ、 ヽ、        嫁さんと家でいちゃつくのかお >
          ヽ     / _ミ¬´  /,壬三卞ヾト、    `ヽ`ヽ   ヽ ヽ、
                 / / /,イレ'"升三三三{ ', ヽヽヽ   `ヽ ヽ   ヽ, ',  有り体に言えばそうでござる。
             / / / /イ三三少≠¬\V ∧ ', ヽ   ヽヽヽ  ', l
               / / ///////イ7〃   ミミ7ll  ',', ',  ヽ   ', ', ', リ                     爆ぜろ >
            / /'´/ /////イ三///   ミミミl!  l l   ',   i. ', i
           i// /////////////r冖ミ、ミミリ  } }    i l  l l l
          /x l l  //////////////  ミ,ヽミリ  } }   l l  l l l
            / /  ヽ∨//////////////// klミ,ヽミ∨j j    l l  l l l
        / /     〉////////////////  ミ ミミヽ,', i i     ',', l l j
         / /   //イ//イ/イ//イ///////  ミ ミミ ',!l l      l l. l リ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|     ぼっち
| まあ独り身のひがみはさておき、今日の午後位休んでも罰は当たるまい。
| 剣心と別れ、やる夫も雑踏へ足を進める。
┗───────────────────────────────────────┛
691 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:39:37.16 ID:q1jZ//m7
>>689
でもEMPじゃなかったらもっと増額してたんだよなぁ……(ニヤニヤ
692 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:39:59.26 ID:0CgjAKhd
はよ子供作って養育費に苦労しろよおらぁん!(僻み

>>691 ぐぬぬぬぬ
693 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:40:09.71 ID:q1jZ//m7
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
694 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:40:22.23 ID:q1jZ//m7

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ市街地は大まかに三つに分けられる。
┗───────────────────────────────────────┛
695 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:40:46.50 ID:q1jZ//m7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一つは上層区。
| 行政施設や企業の支社などが立ち並ぶ、フジノミヤの中心地だ。
| お偉いさんの仕事場という面が強く、
| 通常の住居や、一般市民を相手にした商店は少ない傾向にある。
| 軍の司令所や、警邏隊の本部もここにある。
┗───────────────────────────────────────┛
696 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:41:24.09 ID:q1jZ//m7
                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' |     |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一つは中層区。
| 上層区で働く者を含め、中産階級以上の人間が住む住宅街を有する。
| 彼らをターゲットにした飲食店や商店も多く、警邏隊の巡回警備も万全。
| フジノミヤで生活するならここに拠点を置くのが最善だろう。
| 実際、スカベンジャーでも3級以上ならここにチームの本拠や自宅を構える者もいる。
| 安全や利便性の対価に、家賃や物価は高めの傾向にあるが。
┗───────────────────────────────────────┛
697 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:42:32.20 ID:q1jZ//m7
                 †‡
      /\       / ̄\                                /\
    /∩ ∩\  _]三∧三[_                        /l^l l^l \
    lニlニlニlニlニlニl || | | 口 | | ||`                         lニニニニニニニコ
    || 田 | 田 ||. || | | 口 | | || |                        ___ |  ロ  |ロ ||
    || 田 | 田 ||三三\   .| | || |                 ////\,   |ロ ||
    || 田 | 田 ||    「    | |/二ヾ | ̄l\,      /| ̄|   | ̄ ̄ ̄| 田 |   |ロ ||
  ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄` ̄"' ̄ ̄ ̄'`⌒ ̄|  |゛ ,|      | ,"|  |` ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄` ̄
           =コ        ェ=    |  |  |      |  |  |  =ェ           =コ-
      =ェ         -           |  |." | ̄ ̄ ̄|  ト= |         =ェ
 _z____,__z___、___z____, _|_|/  ,     \|_|z____,__z___、___、_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして最後に残ったのが下層区だ。
| 上二つに比べて比較的新しい……というより、依然として拡張を続ける外縁区画。
| 中層区と比べて物価は安く、人も多い。
| スカベンジャーのほとんどはこの下層区に居を構え、組合や官営武具店など
| スカベンジャーのよく利用する施設も、大概ここに集まっている。
| やる夫の活動範囲も、ほぼこの下層区だ。
┗───────────────────────────────────────┛
698 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:43:14.82 ID:0CgjAKhd
引退したら中層区で店でも…  ってところか
699 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:44:05.14 ID:q1jZ//m7
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 降って湧いた今日の休暇やる夫の人脈と所持金を考えれば、
| 適当に下層区をぶらつく程度がいいだろう。
| さて、どこへ行こうか
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 @2 ↓1~3で多数決(雑談は下へずらす)

   1) スカベンジャー組合 【アリス】
     言わずと知れた我らが職場。
     この時間ならすいているだろうし、職員とだべってもいいかもしれない。
   2) 酒場 【???】
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     真昼間から飲んでいる人間は少ないだろうが、仕事にあぶれた同業が骨休めをしているかもしれない。
   3) 青空市場 【???】
     主にジャンク品などが売り出されている屋台区画。
     無知な素人や【福本】以外にも、素材や掘り出し物目当ての玄人がいるかもしれない。


700 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:45:17.24 ID:7EJE4/DW
2いこうぜー
701 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:45:42.13 ID:XX7F1Gca

仲間増やそうZe!
702 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:45:57.56 ID:0CgjAKhd
3がみてみたかった!
703 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:47:14.00 ID:q1jZ//m7
2ね、了解ー。じゃあちょっと筆鈍ります。

>>701
でもどうせこの交流終わったら短編終わるんだぜ?

>>702
大丈夫、もう一回チャンスあるから!
706 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:48:54.71 ID:q1jZ//m7
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:/[]   /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:/。  ./.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:./    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.::.:/    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/  ┳
: : : : : : : |.:.:./ []  /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : | ./    /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
: : : : : : : |/ []  ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄''/ ̄    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
:::::::::::/  □   /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
:::::::::/      ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/   ┳
:::::::/ □  /:.:.:.::/        /       /.:.:.:/
:::::/     /..:.:.::/         /       /.:.:.:/
.::/     /...:.:.:/         /         /.:.:.:/
::____/.:..:.::/         /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:.:.:::/        /         /.:.:.:/  ┳
|: : : : : : :|.:.:::/          /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|..:./       /        /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:/         /        /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          /.:.:.:/
                        /.:.:.:/
_____________/.:.:.:/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.:.:/  ┳
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |,/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そういえば、帰ってからまだ昼食を取っていなかった。
| 一度気付いてしまった空腹というのは強烈なもので、行きつけの酒場へ顔を出すことにした。
| 同じように食事に来たらしき客の姿はあるが、それほど多いわけではない。
| やはり酒場の本番は夜ということだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
707 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:50:14.19 ID:q1jZ//m7
        ...-――-..、
    /:::::::::::::::::::::::::\
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   i:::::::::::::::i:::::::::::|:::::::|::::l
   |::::i::::|::::|i_:::::_ノ⊂_ ‐-' <   はぁ……どうしましょうか。
   |::::|::::|:::::|( ≡) (λ  .ヽ
   |::::|::::|:::::|u    , ノ ヽ  ',
   |::::|::::l/[ ̄}-‐イ: |  〉  <
   |::::|:::::|ー―ヘ、::| ::|   「 ̄¨}
   |::::|:::::|: : /: : : : ヽ::|  l: : : :|
  ./|::::|:::::| : i{: : : : : : :\. l: : : :i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 飲んだくれている奴もいないし、今日は剣か見巻き込まれることもないだろう。
| 素直に食事をとろうとカウンターへ向かうと、知り合いが座っていることに気付いた。
| やる夫の記憶が正しければ、5級スカベンジャーのキル子という少女だ。
| ほんの数日前に、彼女と、彼女の兄と共に遺跡に潜った仲である。
┗───────────────────────────────────────┛
708 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:50:59.62 ID:2qaUlvyy
お兄さんめっちゃ強そう(小並
709 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:51:32.64 ID:0CgjAKhd
キル子キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
710 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 20:55:22.51 ID:q1jZ//m7
        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  \
   / (● ) (● )  \  (今日は一人なのか……)
   |   (__人__)  u   |
   \   ` ⌒´     /
    /  (__`ヽ、   u \
    \|  `\ \___ノ  |
     |    \___/ |
     |           {
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 駆け出しであった兄妹の面倒を少し見てやった程度の関係だが、さて。
| 何か悩んでいるようだし、声をかけてやった方がいいかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓21:10まで
                               ぼっち
     キル子に対してどう対応しようか。無視して一人で食事をとってもかまわない。
     延長希望や質問事項があればそれも受け付けます。

711 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:56:24.47 ID:2qaUlvyy
軽く挨拶して真っ昼間から浮かない顔してどうした?
712 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:57:35.15 ID:q8DTUZU4
マスターに軽い飲み物を注文する
713 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:57:40.51 ID:0CgjAKhd
(ジュースをおごりながら)美人が暗い顔しているのは勿体ないよと
714 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 20:57:45.12 ID:XX7F1Gca
【自由安価】
取り敢えず挨拶、何か困った事でもあったのかと質問
キル子になんか一杯奢ってみる
715 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:00:43.01 ID:0CgjAKhd
そういやキル子のやる夫への印象とかわかるかな?
極端に悪いってことはないと思うけど
719 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:04:33.74 ID:q1jZ//m7
>>715
>キル子のやる夫への印象
親切な先輩、とか、優しい先生、みたいな感じ。
……いわゆるやる夫教室の生徒の初期的な状態。
数日前に一緒に潜ったのも新人指導の一環。

これからやる夫と交流を重ねたり、キル子自身が場数を踏むと
「やる夫が言ってたのはこういうことか!」って感じで徐々に好感度が上がっていく。

720 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:05:18.02 ID:0CgjAKhd
ということは今は印象のよい生徒ぐらいの関係かな?
ふむ…
721 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:15:18.42 ID:q1jZ//m7
       ____
     /       \
   /   -‐´ `ー\
 /     (●)  (●)\   おうキル子、真昼間から酒場で考え事かお?
 |        (__人__)  |
 \      ` ⌒´  /    あ、マスター、リンゴジュース二つ
   >     ー‐  <
 . /      / ̄彡ミヽ、                                  はーい >
 /    ヽ /  / ヽ  ヽ
 ヽ.    Y  /   |  |
  ヽ     ノ    ヽ ノ
                                           ...-――‐-..、
                                         /,:::::::::::::::::::::::::::\
   あ、先輩……                             .:::::/:::/::::::::| :::::::i:::::Vハ
                                      i:::::i:::::|i:::::::_|i::::::_|:::: |::|i
   これは御見苦しいところをお見せしました……         |:::::|:::::( ≡) (≡i:::|::||
                                      |:::::|:::::|.u   ,   l:::|::||
                                      |:::::l/|、 _ -‐ _ノ:| :|ヾ
  <気にすんなお。 で、なんかあったのか?           l>‐:、|: : :|  |: :ー|/ 、
                                     / : :  : : : ol___l: : : : : : |
                                      l: : l: : : : : :l  l: : : l: : :l
                                      |: : l: : : : :ol  l: : : l: : :l
                                      l: : l: : : : : :|  l: : : l: : :l

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 肩を落とした少女の隣に座り、声をかけてみる。
| 確か未成年だったはずだから、ついでにジュースを奢ってやることにした。
| 今日のところはやる夫の懐は温かいのだ。
| 隣に座っている少女は、どことなく気まずそうにしている。
| ……まあ、悩んでいる姿など、そう人に見せるものでもないだろうし仕方ない。
┗───────────────────────────────────────┛
722 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:22:08.32 ID:0CgjAKhd
兄貴の姿が見えないのがミソだろうか
723 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:22:34.79 ID:q1jZ//m7
           ...-――‐-..、
         /,:::::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::/::::::::| :::::::i:::::Vハ
      i:::::i:::::|i:::::::_|i::::::_|:::: |::|i  その……先輩からのアドバイスを参考に、
      |:::::|:::::( ≡) (≡i:::|::||
      |:::::|:::::|u    ,   l:::|::||  少しずつ慣れていくことにしようと、
      |:::::l/|、 _ -‐ _ノ:| :|ヾ
      |::::Yi:::|\_]__,[_〉- 、:|::|   兄さんと昨日郊外のクズ山に行ったんですが……
      |:::::|: 、| :巛f―─‐: \
      |:::∧ ゞ- ┬―r-く:_:_ノ                    ああ、あの歩いていくにはちょっと遠い >
      | ::::∧ 、:o|  |: :l: |:::|   はい、そこです。
      |:::::::: }: : : :|  |: :l: |:::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 数日前に基礎的な心構えと技術を教えはしたが、ちゃんと考えて行動しているようだ。
| 初心者だけで無理に遺跡に行かず、ガラクタ山で解体技術を磨こうとしたらしい。
| 教えがきちんと息づいているようで安心するが……この口ぶりではトラブルがあったのだろう
┗───────────────────────────────────────┛
724 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:24:15.69 ID:q8DTUZU4
5級のクズに絡まれたかガラクタの崩落に巻き込まれた?
725 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:24:57.09 ID:0CgjAKhd
クズ山を根城にしている存在に目をつけられた?
726 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:32:05.57 ID:q1jZ//m7
            ,  '´ ,. 、
            '      ゙!
          ? /,       j}    < まだ動いていた戦闘ポットか何かがあったみたいで……
        ,. --//     〃 ,、、
   ?/_      ヽ    //イ  ゝ  < 私は無事逃げられたんですが、兄さんは……
   /ェ  ェr       l/ //  人「   ⌒i;
   /{ェ ェ/     /  / ィ´       !|                          や、やられたのかお!? >
  ?i ヽェ/ ....::.      _,ノ‐-、、 厂了 ,!リ
  !  ..:::::::::::::::.          `く   ノ //,   < はい……あ、でも命に別状はありません。
   `ー-r-、:::::               i/ イ//
   ?_/ _,.ゞ           `ヾ//    < 怪我も再生治療とかは必要なくて、一週間もすれば治るそうで……
    `ヽ''´   \          // ┐
          \      //"-‐、|                           ふぅ……それはよかったお >
            ` ー≠ィ彡彡"
       丶、_ ,,..-=_彡'"
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうもクズ山が崩れた際に、瓦礫の下に眠っていた機械を起こしてしまったらしい。
| 彼女の兄キル夫はその銃弾を足に受け、今は宿で療養中らしい。
| 全治一週間……その間、キル夫は動けないということだ。
┗───────────────────────────────────────┛
727 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:32:56.03 ID:0CgjAKhd
5級で全治一ヶ月は…
728 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:33:45.73 ID:2qaUlvyy
プレイヤーならナノマシンはっつけて1レス後には動けていたのに、軟弱者め・・・
729 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:34:37.68 ID:q1jZ//m7
>>727
一週間! 一週間だから!(大丈夫とは言ってない)
730 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:35:56.38 ID:0CgjAKhd
おっとww
731 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:37:15.56 ID:XX7F1Gca
これは実入りのいい依頼を探したキル子が白レンされる流れ……!?
732 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:39:08.94 ID:0CgjAKhd
ちょうどすぐそこに懐の暖かい4級スカベがいますねぇ…(震え声
問題はこのスレにはR18は付いてないってことだ!
733 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:41:27.07 ID:q1jZ//m7
           ...-――‐-..、
         /,:::::::::::::::::::::::::::\
        .:::::/:::/::::::::| :::::::i:::::Vハ
      i:::::i:::::|i:::::::_|i::::::_|:::: |::|i   ただ、先輩も知っての通り私達フジノミヤに来たばっかりで……
      |:::::|:::::( ≡) (≡i:::|::||
      |:::::|:::::|.u   ,   l:::|::||   その……恥ずかしながら診察代を払ったら一週間分もお金が……
      |:::::l/|、 _ -‐ _ノ:| :|ヾ
      |::::::,|:::[ ̄_}__,[_〉- 、:|::|                                    Oh...>
 ⊂⌒ヽ_|:::/∧j: : o‘, `ヽ: : :V、 _,/⌒つ
    `<⌒ヾ : :ノ: : : : :}  }: : :}: : ⌒ア´
     \_:_ィヘ: 、_o:ノ _ノ:_:ノ|、_/
      |:::::|::: 〉 : : { ̄ { :〈::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なるほど、つまり悩みの種はキル夫が現場に復帰して稼げるようになる一週間後まで、
| 宿代が持ちそうにないということらしい。
| 金がないとは、健康的なスカベンジャーらしい悩みだ。
| すこし自分の駆け出し時代を思い出した。
┗───────────────────────────────────────┛
734 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:47:03.61 ID:q1jZ//m7
             ____     ━┓
           /   ― \    ┏┛
           /   (● )  ヘ\  ・
        |   (⌒   (● ) |   一応聞いとくけど、仕事や収入の当てはないのかお?
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |              兄さんが私一人じゃ依頼も遺跡も駄目だって…… >
         ./∩ノ ⊃   _/
          /./ _,)   `丶     妥当な判断だお。駆け出しは無理しちゃだめだお。
          (___/    1   |
                        (それにこの子の場合……)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 酒場まで来て悩んでいたので念のため確認しておいたが、
| どうやら無茶を使用としているわけではないらしい。
| 戦闘の時同様、説得に苦心したであろうキル夫の姿が目に浮かぶ。
┗───────────────────────────────────────┛
735 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:48:15.17 ID:0CgjAKhd
なにか特徴が?
恵体であること以外に
736 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:48:28.67 ID:q1jZ//m7
       ↓戦闘でスイッチ入っちゃったキル子さん(5級)↓
                    ...-――-...
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                .:.:|:.:.| :.:.:.| :.:.:.:. |:.:.:. |:.:.i:.:.
                 i:.:|:.:.|_:.:.:.|_:.:.:.:._|:.:.:._|:.:.|:.:i
                 |:.:|:.:.|::::::::::::::::::::::〇::|:.:.|:.:|   (ブレーキ役無しで暴走機関車野放しにするのはまずいお)
                 |:.:|:.:.|:.:.:.:.:.: i|     |:.:.|:.:|
                 |:.:|:.:.| 、______.. イ |:.:.|:.:|
                 i__|:.:.|:..、ヽ、__wWノィ|:.:.i__|
               / : |:.:.| ̄i≧=-= .厂 |:.:.|: : 丶、_
               ∧: : :|:.:.|\:、    _〉: :|:.:.|: : : : :/{
             , : /∧: :|:.:.|: : :/     \: |:.:.|: : : :/ : \
           /: : : : 〉: :|:.:.|: :/ ` v  ´ i |:.:.| : : 〈 : : : : \
          / : : : : : ′ :∨!:.′   ′ _.j |:./: : : : Ⅵ : : : : \
         /: : : : : : : {: : : : :';|:|   ̄ ̄ ̄ |:!′: : : : :} : : : : : : : \
         j:\: : : : : : 从: : : : : :|         |: : : : : : : 从: : : : : : /^:、
        / : 、\: : : :/^ヽ、 : : |         |: : : : :_: イ⌒\: : : : : : :⌒ヽ
      /: : : :\: :/   〈: :≧:i - ⌒ - |-=≦ : /    \:/: : : : : }
     /: : : : : : : : /      〉 : : |       i| : : : : 〈       〈: : : : : : : :,
    ./: : : : : : : : /      〈 : : : |       i| : : : : : 〉       }: : : : : : : :,
   / : : : : : : : : ′     / : : : |       i| : : : : 〈        .}: : : : : : : : ,
    {: : : : : : : : :i|      ./ : : : : |       i| : : : : ∧       }: : : : : : : : :',
    {: : : : : : : : ノ      ./: : : : : /         ∨: : :/ ∧     ,: : : : : : : : : 〉
   `T¨¨¨¨¨⌒〉   ./: : : : : /≧=‐---‐=≦i|: /: :/∧    └r-----‐个
    |    「∨   /: : : : : /: : : : : i| |: : : : : :|: : : : : :/∧.    〈/     |
   .八____,r┘   /: : : : : /: : : : : : l| |: : : : : :∨ : : : : :/∧    └;___r- '
737 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:52:17.02 ID:2qaUlvyy
ねずみくらいなら素手でやっちゃいそうっすね・・・
738 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:52:34.49 ID:0CgjAKhd
アカンw
739 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 21:55:52.00 ID:q1jZ//m7
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、
                  / /:::::::::::::::::::::r-=-w:::::::::/:::::::::::i l
                 / /:::::::::::::::イ:/   /::::::::/:::V::::::::i l
                 イ::::::::::::::::/_,/   /::::://ヽ::V:::::::ハl    おまたせ~。
              /:::::::::::::::::::::/ ̄\ ,..:::/ ィ  ̄ Y::::::::::::::..
             , イ:::::::::::::/::::::/< 芯_>:イ   ィ込ヽ/l:::::::l::::::::l   やる夫君、キル子ちゃん。
            / i:/::::::::,ィ:::::::::/:ハ   / ; l     /:::k::::l::::ハ:;}
            { /:::/:::/ Vl:::::/ ヾ:.、   , 、   /:::/ l::l::/l ;:   はい、リンゴジュース
            {::::::::::{  l::::::ヽ ノ::}  、__ _   /:::ノ/_ /::/:::l  il
             lヘ::::ヽ lヘ::::::/::イ,  ` ‐- --`/ ' _,,rイ:::::::ノリ                   サンキューだお、マスター >
      __       ヾ:.、 ゝハ::::::ゝ       f,.ィ::::::://
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...-...::::::::::ヘ \    , イ/=-' _/                  え、私ジュース頼んでないです >
  /:::::::::::_, --===≦_ _ > -= _::::::::::::i  `  ´ _l
 /::::::::::/                /.∧   /\......\                     やる夫のおごりだお。飲んどけ >
/::::::::/               / {........lミ....V...../ミ、....lY\- _
/::::::/               /   l\/ミ/三≫彡.....V./  \  - _
 {::::l            _ - /   _ イ..........V-=ミ/.........../ \ _\    =- _
 ゞ::.、       _ -=  / -=/   l...........l ニニi........../    \          l
   ヾ、    r        /    \.....lニニニi....../      \       /l
         }、      >       ヽ l ニニニi../       /     /  i
         /ヘ        \      V ニニニ/       /      /
       / ∧         \     Vニニ/      /       /     l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一番簡単なのは、やる夫や知り合いが金を貸すか与えることだろうが……それは良くない。
| 折角の怪我、折角の潜伏期間なのに、本人達の成長に一切役立たない。
| どうしたものかと頭を悩ませていると、厨房から一人の男がジュースを持って出てきた。
| この酒場の主、柊聖十郎である。ちなみに既婚者だ。爆ぜろ
┗───────────────────────────────────────┛
740 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 21:56:21.53 ID:0CgjAKhd
もげ爆ぜろ!
741 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:03:04.25 ID:q1jZ//m7
              ___  _
         _,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、
      ,...::::::::::::::::::::::::::::::_,:::::::::::::ヽ::ヽ
     /:ィ::::::::::::::::,ィ::::::ノvl::::::l:::::::::}::::::\
      /:::::::::::/-l:/ _,l::::/lヘ::::::l:::::::ト :.、
      }::::::::::/ r-/-、 //____,V/:::::::::::i    で、やる夫君はいつものお悩み相談室かい?
    _ 彡::::::::{ 弋 Uリ  、弋Uノ/:::::::i:::::ハ
      l::::::⊂⊃ `¨     `~/⊂⊃:ハ}   マスターにも一口かませてくれたっていいんだよ?
      lハ::::::::ト 、   r_、  ⌒/::::人:{
       ゝ:{ V>::≧ r,┐=≦::イ  ヽ                               あ~ >
         /::::::;ノ / {;;ノ lヘ
         {:/ハ {  l  //
            |\ハ/(
            /  |^i  |
            ゝ ┘└┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やる夫が新人にちょくちょく指導をしているということをこの店主は知っている。
| なにせスカベンジャーの集まる酒場の主である。それ関連で知らない情報は少ない。
| そして存外人懐っこい性格をしているこの男は、時々こうしてカウンターの話に入って来る。
| いつもは軽く流すか適当に話を合わせるだけなのだが……ふむ。
┗───────────────────────────────────────┛
742 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 22:04:57.80 ID:0CgjAKhd
なにか良い解決法があるかしら
743 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:11:26.22 ID:q1jZ//m7
         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \  ……マスター、確かもうちょっと人手増えたらって、
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   前に言ってたおね?
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \                  ん? ああ、日雇いでもいいから店員さんは欲しいね >
 /\ ヽ          ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 荒くれも集まる酒場だけに、中々バイトに恵まれないこの酒場だが……
| キル子なら度胸は大丈夫だろう。身の危険については、この店主をどうにかできるやつが、
| 良識ないバカにいるとも思えない。そもそもキレたキル子の方が危険人物だ。
| 直接の経験にはならないだろうが、酒の席の話でも経験談は聞けるし、
| 聖十郎の差配によっては依頼書などを見比べて、見極める目を養えるかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
744 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:16:38.40 ID:q1jZ//m7
         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\                                   あの…… >
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |  (あるいはやる夫の知り合いのチームに紹介するってのも手だけど……)
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、 (兄妹一緒に夢を追ってるって言ってたから……
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|                余計なお世話になるかもしれんお)
  {   {         \`7ー┘!                          先輩、どうしました? >
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 自分で夢を追っている人間にとって、レールを敷いてくれるチームというのは
| 忌避対象になることもある。
| 必要なら、自分で探すか作るものだ。
| それに、よく知らない他人のチームに入るのはやめた方がいいと指導した覚えもある。
| 本人が横紙破りするのは好ましくない。
┗───────────────────────────────────────┛
745 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 22:20:23.36 ID:0CgjAKhd
おお ウェイトレスか…
 いいじゃないか!
746 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:32:02.96 ID:q1jZ//m7
        ____
      /       \
    /   -‐´ `ー\
  /     (●)  (●)\  ……キル子、一週間どっかの店で働くのと、
  |        (__人__)  |
  \      ` ⌒´  /   チームに入って明日からでも遺跡に潜るの、どっちがいいお?
    >     ー‐  <
  . /      / ̄彡ミヽ、                                      え? >
  /    ヽ /  / ヽ  ヽ
  ヽ.    Y  /   |  |
   ヽ     ノ    ヽ ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、結局は本人が選ぶべきことだ。
| チームの件については兄のキル夫にも確認を取らねばなるまいが……
| あえて情報を省いて、訊いてみる。
| 兄妹一緒に昇っていくの夢を追うのか、職業スカベンジャーとしての未来を追うのか。
┗───────────────────────────────────────┛
747 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:33:20.69 ID:q1jZ//m7
          . .::: ̄ ̄:::. .、
       /::::::::::::::::::::::::::::\
.      //: /:::::,′::::i::::::Vハ:::.
      i::′|_:::::|::::::::i|:::::_|:::::Ⅷ
      |:|:::::|(●) ̄(●)|::::::|:|    お店で働く……目から鱗でした。
      |:|::::;i _   、   |;:::::|:|
      |:l /:lレ゙ } ‐‐ _.ィ|::Ⅵ:|   これなら兄さんの回復を街で待てます!
      ,//、 〈_]  [_〉.,_|:::i\、
      |:ハ ヽ Y`ー |: :ー|/ :: |    ありがとうございます先輩、ちょっとバイト募集のお店を探して……
      l{ ヽ_ゾノ-‐ l: : : l: : :::|
      |`┬‐rく_  : l: : : l: : ::l                               なら目の前にあるお >
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 質問の意味を知ってか知らずか、目を輝かせてキル子は立ち上がる。
| どうやら、兄と一緒であることが大切らしい。
| なら、ほんの少しだけ口添えという手伝いをしてやるとしよう
┗───────────────────────────────────────┛
748 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 22:34:32.39 ID:0CgjAKhd
アカンww ほっといたら道に立つぞこの子w
749 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:43:25.81 ID:q1jZ//m7
//////////////////l////////l////\///////\
//////////////////il////////l\////>///////\
//////////////l///∧///////∧ ̄` -=///\////∧
//////////////l////∧///////∧ __ヽ_ V/≧ミミ///ハ                   そうだおね、マスター? >
/.////////////∧////∧//////ハ\丶-ゞ ;/////\//
///////////////ヘ////∧ ////////\   ` -┐///ハ   ああ……素晴らしい家族愛じゃないか!
/.//////////////∧/////\/\//////\    l/////≧==- 、
//////////////∧  V/////\/∧ ̄ \/l    '//<     キル子ちゃん、君さえ良ければ是非うちで働いてくれ!
///l//////////// \. V////////∧    Vl   _,ノ ヾ、
///l///i///////////\\////////\ - ‐Vi   Y      やる夫君の口ぶりだと、取り敢えず一週間だね?
//////∧//////////// - \////////\   vl  l
////\//\////////////i \<///////\    ヽ      給料は当然出すし、合間に依頼の見極め方なんかも教えてやろう!
\///l/\//\///////// l    ` </////\-- -.'
   l//l//,\//\//////         /`</∧         きっと、お兄さんと仕事する時の役に立つと思うよ。
   l// ゞソ////≧===-'  _____/    \ム
   l/   (////////////////////≧=- | _::|\  \                            本当ですか!? >
   ハ    ` <//////////////////////≧ 、ト、
     \イ  ̄   ̄ ` -==ニ////≧ <///\--=---'
    / \              ̄ l   ` ヾム::/::::\\
   /    \              l     ヾ\::::::::\\
   /      ヽ          /\ l       \:::::::\ ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……口添え以前に速攻で堕ちたぞこの店主。
| いわゆる家族バカだとは知っていたが、まさか他人の家族愛にまでこうも反応するとは……
| まあなんにせよ、後輩は無事食いつなげるようになっららしく、それはよかった。
| 盛り上がる二人の前に勘定を置いて、さっさと店を立ち去るとしよう。
| しばらく聖十郎は元に戻るまい。
┗───────────────────────────────────────┛
750 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 22:44:13.38 ID:0CgjAKhd
懸念は消えた!
751 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:46:38.35 ID:q1jZ//m7
           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \
      /::::::::::         \  あ、飯食い損ねた……
     |:::::::::::::::         |
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やってしまったな、やる夫
┗───────────────────────────────────────┛


   キル子の好感度がC+に上がりました。  (優しくて親切な先輩)
   キル夫の好感度がBに上がりました。    (妹を止めてくれてありがとう……!)
752 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:49:51.64 ID:q1jZ//m7
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 取り敢えず、食事は屋台で適当に済ませることにした。
| まだ宿に変えるには時間がある。次はどこをぶらつこうか……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ラスト ↓1~3で多数決(雑談は下へずらす)

   1) スカベンジャー組合 【アリス】
     言わずと知れた我らが職場。
     この時間ならすいているだろうし、職員とだべってもいいかもしれない。
   ×) 酒場 【キル子】
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     酒場には金に困った後輩がいた。店主に給仕の仕事を紹介してもらえたので、当面は大丈夫だろう。
   3) 青空市場 【???】
     主にジャンク品などが売り出されている屋台区画。
     無知な素人や【福本】以外にも、素材や掘り出し物目当ての玄人がいるかもしれない。

753 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 22:50:24.14 ID:0CgjAKhd
(男から好かれやすいとかやっぱり…)
754 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 22:50:36.67 ID:0CgjAKhd
755 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/04(月) 22:50:55.37 ID:psUViDDr

756 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:51:36.02 ID:q1jZ//m7
3ね、了解ー
……というところで。
757 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/04(月) 22:51:57.23 ID:q1jZ//m7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    ▼. 本日ここまで

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2525-061b04ab