情報部シャナのスカベンジ日誌 1st Turn 「プロローグ」その2

150 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:11:05.37 ID:PqMreSuf
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              1st Turn 《プロローグ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
151 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:11:56.37 ID:PqMreSuf
                __ヾ:.vz __
             , . : : : : : : : : : : :\
            7: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈
            7.: :/: : : : : 从ハ: : : _: : {
            ≧:}レノイ'´    `゙` }rく      スレ民に胡散臭いとか死刑宣告とか言われた……(´・ω・`)
          /.::}从>=、__彡==ミr゙ .':.\
         /.::::::∧ミ乂__.ノ⌒ゝ. __ノノイ.::::::. \
      ,..:::´::::::::::::::::::ハ  厶_ji_   〃::::::::::::::::.`:::.、
     /.:::::::::::::::::::::::::::>'´rー==ミ:、':::::::::::::::::::::::::::::::\
    /.::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄ミz  ` <:::::::::::::::::::::::::::.
   ,:::::::::::::::::::::::/    r彡´二ユ     `ヽ::::::::::::::::::::::,
   ,::::::::::::::::::::::∧   r<::〉> ´ <=ミ    ∧::::::::::::::::::::,
   }:::::::::::::::r-く\`フ´::::::://,`´///∧:::::::.>彡/ ヽ:::::::::::::::;
.  {:::::::::::::/.\///,7.::::::::::\//,>´ |::::::::::::.∨///イ ∨:::::::::}
.  /.:::::::::://::::\〃:、:::::::::::::///ハ  .|:::::::::::厶斗く:.\∨:::::ム
 /.::::::::::/´.::::::::::::::`::.ノ .::::::::〃//,∧ .{::::::::::::{:::::::::::::::::::::`∨:::::ム
./.::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.::::::::::://////∧|:::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨:::::ム
::::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::{///////ハ.!:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨::::::ハ
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 皇国軍情報部の准尉シャナは、上司である中佐からフジ樹海調査の指令を受領する。
| 情報部の権限は一切使用できず、持ち込む装備も制限されているが、
| 支給の防具と拠点は妙に高性能なものであった。
| 
| ……前スレ>>1000で補正が付いたとはいえ、軍用品が二つも入るとは思わんかった。
┗───────────────────────────────────────┛
152 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:12:20.04 ID:PqMreSuf
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
153 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:12:53.28 ID:PqMreSuf
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :/!,::: :l:/ :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: l三ニ! :::: :::: :::: ::::
::: :::: :::: :::: :::: :::: ::::/i :l:::ヽ!| :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :: :: l三三、_,j! :::: :::: :
:: :::: :::: :::: :::: :::: ::/ !l:::l :::l|!l:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::l三三三ニ! :::: ::::
::: ::: ::: ::: ::: ::: :::/ /: V::: :::' ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: ::: :::j三三 三 l:: ::: ::: :
:: :: :: :: :: :: :: :::/ /: :: l:: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :::l三三三三l:: :: :: ::
: : : : : : : : : : :l /: : : :l : : :ィv/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|三三三三l : : : : :
: : : : : r7/!,: : l : /!lヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :  :|三三三三:ヽ: r ‐
ヽ-───' ,/l l |!   ./ j !l l                                 r'^ーz_,-、     r'三三三三三| |三
──r-、三l `ヽ li   / /' l l !                                     | 三三三|     |三三三三三 | |三
三ニ/三了ニl三 l !l, / /!  ! !l                                   | 三三三|     |三三三三三 | |三
三:/:三Zzヽzヽ :l l / //ヽ、l l           _                         | 三三三|     |三三三三三 | |三
Z/`ヽ、三 ヽ、zヽ/ /'三lヽ,zヽ、          / 7ヽ、                      | 三三三l、   ..|三三三三三 | |三
:/三三ヽ、三z:ヽ、三l ィz、三ァ ヽr-──,   /!/三/Z/      r-‐、_              |三三三三!    |三三三三三 | |三
─r 、Z/:;\ Z zヽ、三ヽヲ ZY'"ヽzヽ三Zヽ,ノ /三/Z/}     l 三Zl    _,.i  j-vh, .|三三三三l7.,_ .::|三三三三三ヲヾ'三
三|Zヽ/三l Z\ t7/Z/7三三lZヾ7三ヽ三Zん'三/Z/7     j三三l  ,゙::::::', .|三Zl .|三三三Z!.|三,ヽ,j三三三三三三Z!三
!ソ、_/三Z\三ZVZ:://三三l 三l ヽ三ヘヽ三> -'"Z//      .l三三 l r'ヽヾノ'ヽl三三ヽ!三三三 ‐|-三 /l ̄ヘ三三三三i:三
\三ヽ、三Zヽ/ヲ>//三三l三シ Zl 三Zヽ´三ヽ/シ r─-.,__,「三三Zl l::::l' ̄:l::::l三三三三三三ヾl !l三ノ三;l三zヘ..r‐─‐-, 三
:::::ヽ 7三ヽ、三!三V/三ヽ三ノニ l三ヘ 三Zヽ三三`ヽ、三三三三三三Z<-、:-r'_,.ノ三三三三三三,/!.!ll ,.ヽ三:l三Z:ヘ!三z三l :三
::::::::l|;三/ /ヽ/三 Z!三Z:ヽ/ /三 - 、三三ヽ_,. -‐ `l!三三三γ⌒`/`'-z_jヘ-'──'^ヽ三三 r-!,Zl !lZヽZ:l!三三ヽロ!ロロ! /
:::::::::lヽ/Zl三:ヽ三j-へ- , X -‐≪ 三l l三三三三ヽ,/j!-<三/ jl  !1ヽ,八.j:::l' , '   〈三三!t::l r‐'"~ヽヽZヽ三三ヽZ:/::::::
::::::::::>-,ヽ三_l/:::::::::l:::::lZlヽ三三三V,> 、三三三'"^l_,.j_,/   '   ヽ::l  l:::l  _,. .,-ノ三j^"':::j l::::!:::::::l7三三 ̄ ̄/:::::::/
:::::::::!::::::::'ー.,_Z!j::::::::::::::l:::/-‐'゙ゝ、三l/ヽ,-' >‐- 、三三/ _  r─- _ .l::l l::( r-,  |Z_,-'´::::::::::l::::::::, -‐'ヽ三三三Z|\/:::::
::Y´⌒ヽ!::::::::l-':::::::::::::::;√=-::::::::\!:::::ヽ_,ノ::::::::::i !ヽz===,/;:ヽ-Z_,::::::::`ヾj-lノ_,.j:::::l .|/- 、 r-‐v-,:::::::::::::::::::::::::::::_,.-'::|::: |::::::::::
:::::~ ̄`'::‐-z:-<:::::::::::::::::::::::_,:::-‐ , l:::::::::::lー::r - _::::::::_,. -‐":::::::::::::ヾ}:::::::::,::、::く´::::!:::::V⌒t::::::ヽ::: l:ヽ、_,.'^‐-,:::::_,‐´::::: : |:: ,|:::::,::::
  ─ z _____   _ ,. - ─ - z _ -─ - ─ - 一‐- 、, ...,,::::-─-一γ^ヽ' ̄`' ‐- v , . ; : : : '^ー-z>':::::_,.::::、::!7-ヘ_,- '_
        _ , .  ィ -z_,. - ──- .,_  _,. -─< , . . . . . .- -───────一 -  --...,,_   ─ - z==z ─ -  -
-‐─''""~´ ̄_ , .. -─ -========ニ== - -  ̄`~' ー─一 - - -  - ──一- - - ‐'" ̄ - , . -‐'"`'ー - ‐'" __
  __., -‐''"´       _,.    ,. -─< , . . . . . .- -───────一         -──── ─ ─ ‐ - - z .,_
 ̄                        _     ̄ "  _ ,.    _ _ ,. - ─ ─一 ‐- ,  ̄ ̄z= 、 _ _  _  `'ヽz_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今からおよそ1000年前、世界は崩壊した。
| 
| 人類の科学が止まる所を知らず進化し続けていた、絶頂期のことだ。| 
┗───────────────────────────────────────┛
154 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:13:07.30 ID:NdSXYzDE
ダンディなおじさまと言ってやればいいのか
155 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:13:19.94 ID:PqMreSuf
.                            
.                            
         ,、  ハ  .,              
      _,、-' `''´ ,、`'´ `'-i               .ィ─、
      ノi ,.r- '''"~ ヽ~"'、'-L,、        ィ─、__/`─/
     ,k'// .i' i   | ヽ ヽヽ l、        |  ィ_.l─イ─、   ィ─、
     /´'y l. l l.  l .i .|、v'i i i 'iヽ.       ` ̄  |`´ 冫  ヽ /:::::::::冫
   /x/ | ', |.l, V/WレV/l | i、.トx'i          |ヽイ/ヽ /イヽ:::::/
   `''ト-|:i '、'iニエ  エニフ/i ./|├'        __ゝセ ヌ/イヽ、_ゞ
     !X'i ', '、   _  /レ'l /-|.l        .!ニ|ィ─`ヘ_/ ̄ /ヽ/、ヽ
     ,、、ri' '、:|、l ' 、 _.,,イル'1/'´,|!-,        | |Ξイ |ヽミ/ イ-、/`ヽ、
     i ^/_ ヾト、/~ノ∧iヽi,rl  ノ. 人       ヽ─イ_/ ̄`/    冫
   て, λ'ノ`~'''〈i`'-ト-'、i~!ヽ~ .レ、/ .      / ̄イ_| Ξ(ニ)-ィヽ、/
    (i i.|;Y  ~{.  `ヽ\ \  _> .     / /  /  | ヽ_<ィ_(ニ)/ヽ
    〉 l└┐ }r .....-| ├'....)_,イヽ .    イ  /  / |/ |    イヽ─イヽ 
   /`-'1;;;;;'-i,ノ:::::::::::::|  |::::ノ;;;/| 'i. .  イ\  / ./| |    |  .|   .ヽ
   i'x/  'l;;;;;;r〈 ::;、-─|. .| イ;;;;/xi-┤  l_∧ヽイ─-イ     |∨.|  | ヽ
   `'ト--、'l;;;;,,'-'ik;:::::::::|.  | |;;;;;;[フX,ノ     `´         |∧.|  |  ヽ
    └、,t、ノ;;}. ,イ^'-''.┤ ├'-i;;;;;`'-、_,r─-,、-、-っ__       .|  .|ィ──ヽ|
     〈 l;;;;;;;;| /,イ::::::|.l::L__」ヽ ヽ、;;;;;;/.  /´ ~'-─-、 、'、       ヽ/`i  |  |_>
    /.l;;;;;;;;|/;|l :'  |l      'i、ノZ,-、/フ~~~ ̄ ̄ ̄´         ̄´ヽ__/
   / |;;;;;;;l';;;l|.   l        'iiヽ,`'''''´
  ./  ,,!--''''┤         'i;ヽヽ
 / 、-'    ィ|          'i;;;ヽヽ
./ r'-、 _,、-''''i、|.|            'i;;;;Y´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 高性能な自立戦闘ロボットや、人間と見まごう自動人形……
┗───────────────────────────────────────┛
156 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:13:58.11 ID:PqMreSuf
               ,.-、
             /  .l  /`ヽ
            /   ./ /   / .,..-、
            /ヽ/    / /   / ./  l
        /   l   l ./   ,'  /  /
        /   |   | l    l ../  /.,..-、
        l   イ   l j   .| /  /./  /
         .|    ',   `´   ヽ'  /./  /
          l   .l  \       〈./  /
          |    `ヽ .\         ,'
        l      \ `''-..,,__    .|
         .',          '.,       |
          .',        l       |
           .ヽ              ./
          /       l      /
         ./       /   /
        /       /   /
       ./             /        __, -‐''''=、
                     _-‐‐‐ ̄    ( ) -‐-ー------──────────
               _,-‐‐‐ ̄       __, -‐''ヽ|         ___-‐‐ ''' ̄   _,__---‐
                  ! _,__-‐-‐--、, -ニ ̄   l   .!      `  ̄  ___, -‐-‐‐ ̄´
          , -‐‐ ̄´        `\ `/  ̄ |   |     │  |´ ________________
          /               ,-- 、ヽ ヽ  .|   !      |  .!.! , ---------- !
         くヽ               |   .! .| /  !  .|     │  | |│       !│
          /  'ヽ-_          ==゙丿/  !   !      |  .!.! ‐----------! |
       ./   ゙」   Tミ'─- 、_     ,‐'/   |   |      .!  | l──────┘
       .!- 、、-〈|   l, '> `ー-l~゙/  ゙̄ゞ------'!  .|     │    ̄''ー--、,_
       ` !   \  _,ノ .| | ヽ、 ./           |___|      ` ー- 、_      ̄'‐‐- 、,_
        ヽ   ./´./ . ,!ノ   /             :!______________________二二二_____
         `'─ ̄/  _ `l /
             |  :   ,/
              ` ー‐゛
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 失った手足を再生する医療技術……
| 人体より高度な機械の義体化……
┗───────────────────────────────────────┛
157 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:14:15.86 ID:PqMreSuf

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな、人類の繁栄は……
┗───────────────────────────────────────┛
159 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:14:34.33 ID:PqMreSuf
                  || || ||                     || || ||
                || || ||                           || ..|| ||                     i
             || ..il .||                               || .|| .||               |
         _ . il   l| . ―― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―――|| ||__       i _il_
  _―― ̄ ̄ . | ̄ ̄ ̄|il                                      |i..|| ̄ ̄―. __ _|」iiiiiiiiii
_ ̄       .|| 」iiiiiiiiiiiiiiii|iL_                            ┌┬───┐i _ _.||     |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ―_    .|| |.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i                              「|「!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄|.||  |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ―||||  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i             i             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|.||― |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      ..|||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i       ┌┐_┌┐l|‐┐           .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   .|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     「||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ||| .|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
      |||   /iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i     |:||三三三三三三|             |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  |||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    .. |||._/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ゛   ...|:||三三三三三三| . 、 " .     ,  |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|  .||.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i . ′   |:||三三三三三三|.   i   、. .` |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| .、. |.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    ...|||.|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i   .´   .|:||三三三三三三| ゛.. ii||..    .,.===、 lii,.===、iiiiiiiiiiiiiiiii|   ..||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
   .i . ||| |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i ii   ii |:||三三三三三三| . .ill|!!i l   .//::::::::::::::Y:::::::::::::::ヽiiiiiiiiiiiiii|...|il||||ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  i |  || |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i|lili  ||ii.|:||三三三三三三| ..iil|||lll.|ll ..'i !:::::::::::::::il::::::::::::::::::l iiiiiiiiiiiii|lll.|l|| |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
| ̄ ̄|Tl:::: |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill|lliiilll|||ll|:||三三三三三三|.||lll||!!l.__≧====´il`====≦ iiiiiiiiiiiii|.「「「三三三三三三
|    |T|: : |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|ill||||||lll||||:||三三 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ii| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|──.|.┴┴::::::::::::::::::::::::::::::
_     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |──────|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
三三三三三三三三 |  |iiiiiiiii|i||ll!!!!!|ll!||:||三三 |┃        ┃|ii|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 儚くも滅び去った。
| 
| 原因は未だ判然としていない。
| 超自然的な災害だとも、繁栄をもたらした超科学によるものだとも言われているが……
| 実際のところは不明だ。それに関する情報は遺失している。
┗───────────────────────────────────────┛
160 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:15:26.06 ID:PqMreSuf
                                       ↓大自然
       ,==(◎)=、 `\、 、                     , -ー────- 、
       ∠_______\  \ヽ\ ←科学の力           /}}...:.:.:.:.:.:.:.:./    \、
      /  "\,  、/゙\   \\\              ,≠}}.:`:`:、:.:.:.:.l      ヾ
   /  ( ●)  (●) \   \\(@)              ,≠;}}.:.:.:.:.:.:`:、:l      ;|l
    |    :::⌒(__人__)⌒::: l    /\\\             {=,}}.:.:.:.:.:.:.:.:.:l``゙⊆)(⊇"|l
    \、   ` ー ´   /  //´ \\\           {=;}}.:.:.:.:.:.:.:.:.:|,;'" ,ハ `|l
    (⌒ヽ、  ー‐  ィヽ. //     \\ヽ        ≒;;}}.:.:.:.:.:.:.:;:'|ーー/ーlー,|l
    l \  \人類  i //           \ヾ、         ≒}}-:‐::.':´::,,l,ソレリリソハヾ|l
    |  \  \  /, イ              ヽ !  、======ヾ、_;;';;/ニニl二二lニゞ\--‐ゝ
    |    \ , '⌒く/ /                 ゙!   \;;;;____;;;_/   /    ),/ヾーイ´
    l      ゝ、ニ≠ソ                     /    ヽ \、 '     ' /   ヽ
     |     `´  ̄ |                    l     ヽ \       /   , l
     |    ,ィ'    |                    |      l    \   /   l  |
      |    | ヽ   ,l                    |      |    \ /    |  l
     |    ,|ノ   /                         |        |      )(    l   |
      l,    l   (                        l        l     / ヽ.   |   l
    ..(_"__゙)ヽ、,,).......... .. .                      |      ノ====/三三ヽ==l  ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それでも人類はしぶとかった。
| 
| わずかに残った技術を武器に、変異した大地に、生物に、自然に……
| 人の手を離れ暴走した科学兵器に、日夜抗い続け、生を勝ち取り続けている。
┗───────────────────────────────────────┛
161 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:16:04.26 ID:PqMreSuf
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな時代になって早1000年。
| 復興も大分進んだ皇国本領に残された秘境、フジ樹海。
| その攻略を夢見る者たちの最前線基地。
| それがシズオカにある都市フジノミヤである。
┗───────────────────────────────────────┛
162 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:16:09.83 ID:Zq7mWkxQ
なんだこの構図ww
163 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:16:30.26 ID:PqMreSuf

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ市街地は大まかに三つに分けられる。
┗───────────────────────────────────────┛
164 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:16:55.12 ID:PqMreSuf
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一つは上層区。
| 行政施設や企業の支社などが立ち並ぶ、フジノミヤの中心地。
| お偉いさんの仕事場という面が強く、
| 通常の住居や、一般市民を相手にした商店は少ない傾向にある。
| 軍の司令所や、警邏隊の本部があるのもこの上層区だ。
┗───────────────────────────────────────┛
165 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:17:31.25 ID:PqMreSuf
                     ∧二二二二ヽ            ______
  ________ l二ニi     / ヽ二ニ二二ニ\,───冒─A ./::::::::::::::::::::::::::::::::
/ニ=ニ=ニ=ニ=ニ=ニ/ヽ|::  |____/__丶二ニ二二/___    / ∨:::∧:::::∧:::::∧:::::
三二三二三二 /   |::  |'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'. .:' .:'     /\─イ i!i!.| ̄|「l ̄|「l ̄|「l ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ , -'゙´\ |;:;/;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;' .:' .:'   /   \| i!i! |  |「l  |「l  |「l
[日 「l.ィ=ュ.'´     `/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:' .:'___/____ヽ_/'ニニニニ'i________
  , '".ト- イ       /.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':' |     |.'.'.'.'.':':':':':'.'.'.'.'.'.'.'
'"    l::: |      ,:/.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;'.;',:',:',:',:',:',:'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':':':'.'.'.'
     l:::.. |    //,:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:',:':'/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':゙:|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
____.\;;!  /__  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':゙:'゙|     |.'.':':':':':':':':':':':':':':'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:',:' //ヽ   「i  「i  「i  「i   /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':'|     |.'.'.'.':':':':':':':':':'.'.'.'.'
',:',:',:',:',:',:',:',:' //  |  |.l  |.l  |.l  |.l ./.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':゙|     |.'.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'
,:',:',:',:',:',:',   //   .|  |」   |」   |」   |」 /.'.'.'.'.'.'.'.'.'.'.':':':':':':':':':':':':':':':':|     |.'.'.':':':':':':':':'.'.'.'.'.'.'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一つは中層区。
| 上層区で働く者を含め、中産階級以上の人間が住む住宅街を有する。
| 彼らをターゲットにした飲食店や商店も多く、警邏隊の巡回警備も万全。
| フジノミヤで生活するならここに拠点を置くのが最善だろう。
| 実際、スカベンジャーでも3級以上ならここにチームの本拠や自宅を構える者もいる。
| 安全や利便性の対価に、家賃や物価は高めの傾向にあるが。
┗───────────────────────────────────────┛
166 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:18:03.01 ID:PqMreSuf
                 †‡
      /\       / ̄\                                /\
    /∩ ∩\  _]三∧三[_                        /l^l l^l \
    lニlニlニlニlニlニl || | | 口 | | ||`                         lニニニニニニニコ
    || 田 | 田 ||. || | | 口 | | || |                        ___ |  ロ  |ロ ||
    || 田 | 田 ||三三\   .| | || |                 ////\,   |ロ ||
    || 田 | 田 ||    「    | |/二ヾ | ̄l\,      /| ̄|   | ̄ ̄ ̄| 田 |   |ロ ||
  ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄` ̄"' ̄ ̄ ̄'`⌒ ̄|  |゛ ,|      | ,"|  |` ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄` ̄
           =コ        ェ=    |  |  |      |  |  |  =ェ           =コ-
      =ェ         -           |  |." | ̄ ̄ ̄|  ト= |         =ェ
 _z____,__z___、___z____, _|_|/  ,     \|_|z____,__z___、___、_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一つは下層区。
| フジノミヤにおいて比較的新しい……というより、依然として拡張を続ける外縁区画。
| 三つの区画に置いて最も物価が安く、人も多い。
| スカベンジャーのほとんどはこの下層区に居を構え、あるいは宿を借りる。
| スカベンジャー組合や官営武具店など、彼らのよく利用する施設が集まっているのもここだ。
┗───────────────────────────────────────┛
168 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:18:32.73 ID:PqMreSuf
____________                 ∧__
 ─────- .        `丶 _____       ̄1i
.           / / ̄ ̄ ̄| | ̄ ∥ ̄ ̄ ̄ `ヽ\     《
          / /|l  r─-ミ |  ∥          \\   ≫
.         / /_」l/ ___}」 ∥_______} |
   "~´ ̄ ̄   \廴_/      ̄|            |
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |     ⊂⊃ |          ⊂⊃ :|
   -─-      |          |            |
. /:::::::::::::::::::::\   :|          │            |
../:::::::/冂\:::: |   |          |              /
:::::::::/\| :|/',:: |   |          |  _____/
::::::::|\   /|:::| ⊆|_,.   -‐   ̄   _|:::{  | |
::::::::|:::: 〉 〈:::::|:::|  ̄|   _,.   -‐   ̄∨/::八_ノノ
::::::::|/   \|:::l‐‐┘~´         `¨¨¨¨´
:::::::::',/| :|\/:::;
:::::::::::\|_,|//
 -------‐
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そんなフジノミヤ中層区にある一軒家の前に、一台の自動車が止まった。
| 時にキャラバンなどに同行しつつ、乗客を遠方まで送り届ける民間サービス業……
| 大崩壊前であればタクシーなどとも呼ばれた職業のものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
170 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:19:11.03 ID:PqMreSuf
           _
         ./三三ニヽ
        ./ニ三三三ニ`、
       {ニ三三三三ニノ
         .',三三三三ミ/    着きましたよ、お嬢さん
          .',ミ三三三ミノ
      ._.,/ニ三三ミ/                                ……ありがとうございます >
  _,, .‐''ニ三三三三.`- .,_
f´.三三三三三三三三三三`'' 、  いえいえ、料金はいただいております。
lニ三三三三三三三三三三三ニ',
!.ニ三三三三三三三三三三三ミ', 荒事もありませんでしたし、お気になさらず。
l.ニ三三三三三三三三三三三三',
.!ニ三三三三三三三三三三三三',
..',三三三三三三三三三三三三三i
 ',ニ三三三三三三三三三三三ニ.l
  ',ニ三三三三三三三三三三三ミ.l
  ',ニ三三三三三三三三三ニlー-┘
  .|ニ三三三三三三三三三三.l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 運転席から防弾チョッキや短機関銃で武装した男が降り、後部座席のドアを開く。
| 野盗の襲撃に備えつつ、客を怯えさせないための軽武装だ。
| 見れば、助手席には彼の装備をもう1グレード上げたような護衛の姿もある。
| この時代、安全は何よりの商売である。
┗───────────────────────────────────────┛
173 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:21:12.29 ID:PqMreSuf

          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.  ……うん、住所はあってる。
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!  ここまでありがとう。帰りも気を付けて
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                       お気遣いありがとうございます
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|                           では、私どもはこれで…… >
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|                         (まだ幼いのに……可哀想に) >
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 開かれたドアから降りてきたのは一人の少女。
| サイズがあっていないのか、袖を何重にも折ったコートを羽織り、
| 腰には無骨な軍刀を提げ……見える荷物はそれだけだ。
| 軍人であった父の死後、キョウトを追い出された哀れな少女……という触れ込みになっている。
| 少女の名前は、衛宮遮那
┗───────────────────────────────────────┛
174 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:21:17.34 ID:Zq7mWkxQ
なお15歳(スカベ世界では成人)
175 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:24:24.70 ID:d8wySFrg
袖余りイイネ!
176 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:24:25.68 ID:PqMreSuf
                                        |    /\
                          ____________A.__// \\
                     _r‐'三三三三三三三三三三三三三三// ┌┐ \\
                  _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三//―‐┤├‐─\\
         _r‐'三三三三三三三三三三三三三三三三三三//     └┘     \\
       ┌<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三//              \\
       └─┬───────────―┬────‐'|/    ┌──┬──┐    \|
           |      ┌──┬──┐    |  ┌─┐  |     |    |    │     |
           |      | // │ // │    |  ├─┤  |     | // | // │     |
         ┌┴―──┴──┴──┴─―┤  └─┘  |     |    |    |     |
         |                    |          |     ├──┴──┤     |
         |                    ├─────┤     |          |     |
.      , -‐┴―――――‐-、_________|          |     |          |     |爻爻
   ∠二二二二二二二二二}            ├┬───┬┤     |          |     爻爻爻爻
    ||  ||  |       ┌──┬──┐    ||三三三||     ├──┬──┤   爻爻爻爻爻
    ||  ||  |       | // | // │    ||三冂三||     | // | // |  爻爻爻 爻爻
┌r‐r‐||┬||┬|       | /  .| /  .|  n. ||┨凵三|| ┌─┼─┬┴┬─┼─千┴干┴千‐
├| n || n   | .n   n .|  .n. .| n.  |.n . ||..||┨=三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├‐⊆⊇‐┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||l/||..||三三三|| ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼‐
├| ||====||====||====||====||====||====||___/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\├─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴‐
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 走り去る車を見送ることなく、シャナは背後の家を振り返った。
| どれだけの帰還になるかはわからないが……しばらくの間、拠点として過ごすことになる住居。
| 死んだ父が若い頃に住んでいた、ということになっている。
| ……扉を開けてみると、確かに埃っぽい。
| 実態は、長いこと使われていないセーフハウスの類だろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
177 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:25:35.27 ID:Zq7mWkxQ
ガチでベイダースーツの彼の昔の家だったのかもしれないw
178 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:29:16.60 ID:PqMreSuf
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ  内部の確認もかねて、まずは掃除か……
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/  リ   |/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/        ,|::/:::|:!:::リ /  普通の家にないはずのモノとか、
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   、_,  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /      放置されてないか確認しないと……
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ     イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 何事においても足場固めは肝心である。
| 腰を据えて、長期任務に挑むならなおのこと。
| 中に入り、鉤を閉め、さあ、大掃除の始まりだ。
| スカベンジャー登録、今日中にできるといいのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
179 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:29:56.93 ID:Zq7mWkxQ
スカベになるまで長いなwww
なにか良いもの放置()してあるかな?
180 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:30:22.38 ID:PqMreSuf
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
181 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:30:58.69 ID:PqMreSuf
>>179
良いものを放置! その手があったか!
……まあないんですが
182 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:31:18.68 ID:PqMreSuf
                       -――――- 、
                         ,.   ´ ̄ ̄`丶、
                    / /   '´ ̄ ̄`ヽ \
               ,.-=彡 /        /       ヽ
               /  /   .′       |  |      :,
                  /    |   |     |  |  |    ,
                 / ,:  \{   | }  |  |  |  ヽ i
                / /:| |:|r=ミ、   |\|,. -ノ  |  |   :i |
              i , ! |从 んハ  |/,x:=ミ、 | ,   :| |
              |f   ∨ ,} Vソ八 { 〃んィ/}/ /    :| |
              | / i /八   '  ヽ  V/  /)    | |
.            <: : : :|{: : : :\ ` ‐  / /⌒〉 {   | !
              \ : : : : : : : `Tエ7/: : : : :f 八  |  :,
                  / \: : : : <´ ̄´ : : : : : : | | ヽ{   ,
                / // : : /〃`ヽ : : : : : : :! |    :    :,
.            /   /\;/ 〃 /: : : : : : : : : |   i |  '.
.           /,.イ /  // 〃 く: : : : : : : : : : : :'、!    | |   .
            // | i  .// 〃   ハ : : : : : : : : : : : :ヽ  | |     ,
          //   | |  |:{  {{  〃i: : : : : : : : : : : : :/   ,|ヽ   ′
        if    | |  | }  }}   i |: : : : : : : : : : : :ハ   |∧ ',   !
        ||   | |  | {  ||   | |: : : : : : : : : : : :} .   ノ  : |i  |
.       /\||   | |  | |  ||   | !: : : : : : : : : : : ,\\   } ハ  |
      \() \  |! ノ |  ||   |:从: : i: : : : : : : : : : , \\ |′ '. |
        \() \|/: :/  :||   || {: : |: : : : : : : : : : :\  \\  !|
        ||\/ : : /   :||   |! |: : |: : : : : : : : : : : : : \  \\ |
┏──────────────────┓
│ キャラクターファイル:シャナ(衛宮遮那)
┣──────────────────┻────────────────────┓
| 皇国軍中央即応集団 情報部准尉
| 単純な身体能力や技量は鍛えた軍人と大差ないが、ESP保持者であること、
| 縁者に情報部や軍上層部の人間がいることが理由で、この人事となっている。
| ……そもそも体力も技術も、情報部に所属する為に訓練で後付けされたものである。
| 
| 現在は軍籍を離れ、スカベンジャーに身をやつしてフジ樹海調査任務に従事している。
| 無論自身が軍人、それも情報部の人間であることは機密事項である。
┗───────────────────────────────────────┛
183 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:31:35.60 ID:Zq7mWkxQ
Oh… 仕方ないね
185 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:37:13.59 ID:PqMreSuf
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:E まだ幼いのに可哀想に……

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 【1D50:45【1D99:97

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
           数打の量産品であり、少々心もとない。……軍士官の武装としては。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る
  登山ブーツ   ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
               シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
     付近の治安はよく、鍵などによるセキュリティは十分。警備ロボットなどはいない。
     一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
186 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:38:05.45 ID:PqMreSuf
シャナちゃん、ダイス神に愛されてますね(所持金眺め)
187 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:38:58.43 ID:Zq7mWkxQ
所持金ほぼ最大値じゃないですかぁーーww
ステータスやスキルは充実してるなぁ

縮地すげぇ!?
188 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:39:18.26 ID:d8wySFrg
やはり過保護なのでは…w
189 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:41:03.42 ID:NdSXYzDE
ゲンドウがキリッと送り出しながら内心オロオロしてるのが目に見える
190 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:41:04.15 ID:PqMreSuf
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
191 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:42:57.76 ID:Zq7mWkxQ
あの容姿でこの能力値だから他の情報部局員からも可愛がられていたんだろうなw
192 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:43:40.34 ID:PqMreSuf
                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……結論から言えば、スカベンジャー登録だけならば初日の内に済ませることができた。
| ……とはいえ、できたのは登録だけで、碌な情報収集はできなかったのだが。
| 登録の際には周囲からの視線は多少突き刺さったが、こんな小娘にわざわざ絡むような暇人は、
| 夕方の組合にはいなかったようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
193 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:46:31.30 ID:PqMreSuf
        〃|    /  |   | | 斗\  .|  ∨     |       |     |
          |   /   |   | | |厂  \ |  ∨     |       |     |
          |  /|    .从   | / 〃云弍゛X}ア   ∨    |       |     |
          | / |   / N  |    iレ i  /   ∨  .|       |     |  昨日は結局、
         |/  |  /  .ヽ |     込/      ∨/.|   ..ヽ   |     |
         i!   | /      ヽi                /    |   /    |       |  掃除でほぼ一日使ってしまった……
           |/    ,ィ'             /     .|b 〆    |       |
                 ヽ                /       |_ ,      .|     .|  一人で住むにはやっぱり広い……
                    ヽ               /      .|         |     .|
                 丶ヘ         /       |         |       |
                /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|     |
                  /    .ハ    |ヽ                    |     |
              /     ヽ  .斗 ヽ                    |     |
              |            i               i     i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とはいえ、あまり気落ちしてもいられない。
| 初日をつぶしてしまったのなら、二日目以降で取り戻さなければ。
| 幸いにしてこの任務に期限は設けられていない。
| 焦らず、着実に事を進めるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
196 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:56:38.37 ID:PqMreSuf
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、”スカベンジャーとして”、活動を始めるとしよう。
| フジ樹海に行くためにも、足場を固めなければ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 @3 ↓1~3で多数決

   1) スカベンジャー組合
     職員に機能聞けなかった説明をお願いしてみよう。
     それに、同業が集まる以上遺跡絡みの話も耳に入るかもしれない。
   2) 大衆酒場
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     噂や雑談から情報を仕入れるなら、食事を兼ねて訪れてもいいだろう。同業もいるかもしれない。
   3) 大通り
     店や屋台があちこちに並んでいる……
     特別人と交流は取れそうにないが、人が多い分情報は転がっているだろう。
   4) 青空市場
     ジャンク品やその修理品を扱う屋台が並んでいる。
     商品の品質には期待できないだろうが、同業がぽろりと情報を漏らすかもしれない。
   5) 市門
     どんな場所でも言えることだが、必ず人が通るのは出入り口だ。
     スカベンジャーや傭兵、場合によっては商人あたりから情報を仕入れられるかもしれない。

197 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:57:28.00 ID:d8wySFrg
198 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:57:28.51 ID:Zq7mWkxQ
武器店はまだ開示されてないか
じゃあ

1で
199 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 15:57:56.42 ID:NV9yx4Eb
200 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 15:59:52.18 ID:PqMreSuf
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/   ……当たり前だけど、まずはスカベンジャーの
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '      イロハを知らないと。
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、      軍隊式とは勝手が違うだろうし。
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
:::::::::::::::::::::::::::/|//////////// }///|:::|\:Ⅵ/\|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まずはスカベンジャー組合に行くことにしよう。
| フジ樹海について話を聞ければいいが……
┗───────────────────────────────────────┛
201 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:05:18.12 ID:PqMreSuf
       / ム、> ~ }  iハ ',`ヽ,ヽ '.、`Vヽ' ,',ハ
     / .:,'i :}~:', }i :{  :lハ V :. ', :.i V:ハ ヽ、',ハ
     }i i { |', .}, } j  {i{ハ Yハ ',ハ :V '} Vi ハ
      ;: ; .li{ハ :}i {';: |ミ :! },  ゝ } :V   ',:} ハ
     .{i | ',ハハ i ハ }ミミ }ハ ',V :| V :',i l| ', :ハ
     V :. :',ハ 乂/‐\ハ',ハ }i } :l.} リ }', ' , }::| ', :ハ
      V ! :', Vィ≠=z~' `ーィ-=' ゝヒリ } ',!リ ', } i ',  はい次の方ー
      V} ヽヽリi::ii::::} `    ,ィ示ミx:}Li j:/i ', i } ゝ
       V ',、ゝゞ:::ィ,,      }::ii:::} ハ斤/' { :V/   ……あら、昨日の新人さんじゃないですか。
       }ハ  V  ̄´   ,;:  ≧=ィ, V/:}  | {
    ィ~`≧=}  ,ヽ   ヽ__ ,    / i  |  | ハ     確か、衛宮さん、でしたっけ?
 ィ≠//////ハ  V≧=、      >´川 {/ .:  ハ ハ
///////////}  }  i、≧=-< / :V_:}_ } } ハ                             はい >
/////////V/}  リ   ヽ、,  /  }ゝ////ハ ', ' ,ヽ、
//////////V  /、      八   :iフ{/////ハ :V `ヽ、  さしずめ昨日聞けなかった
///////////V/ }V   V//:V /リ'//////ハ V
////////////V ゝ,V  V///ハ/ム'/////ソ//ム `ヽ    お話をってところですか
/////////////V/≧、_{//////~///////{////ハ  }
/////////////V///////////////////i////// 、{    いいですよ、今からこの窓口は締切りです。
/////////,ィ示ミx///////////////////}////// ヽ
/// =≦ ̄     ヽ―‐-V////ィ、///////////乂
/ゝ' ~__,  /         ヽ―´   \//////// i}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……スカベンジャー組合に行くと、昨日免許を発行してくれた職員がいた。
| 彼女の列に並び、シャナの番が来ると説明の為と言って窓口を閉めてしまう。
| 有り難いが、後ろに人が並んでいたらひどいバッシングを受けていただろう。
| 誰もいないのは幸いだった。
┗───────────────────────────────────────┛
203 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:10:58.35 ID:PqMreSuf
                , =----ミ
               { / ̄ > Y⌒ヽ___
             /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                  //   ,          \} .}
              /  / .// / ./   ,        .∨
           /  /. /   / ./   /   i
            /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!  と言っても、組合から説明できることなんて
           :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i:
        i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂  ほとんどないんですけどね。
        |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i
        |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ   お約束は二つだけです。
        |   \_             `=′/i
        |      \       '       .|     一つ、許可されていない遺跡に潜らない
        :         |\   `  '   .イ i |
         i       /Yi          イ i  |     二つ、遺跡をみだりに壊してはいけない
         /    / .\    T手   :    |
.         /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |     ……ね、簡単でしょう?
     / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
.    /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\   あ、あともう一つだけ……
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 外見上、シャナとそう変わらない年齢に見える職員だが、説明する態度は
| 随分手馴れているようだ。
| お約束というのは、最低限忠告しておくべきことということか。
┗───────────────────────────────────────┛
204 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:13:53.07 ID:Zq7mWkxQ
あっ(察し
205 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:15:25.60 ID:PqMreSuf
              <, ≦  /〆辷―\     ≧`ヽ、V  ハ
            /≦      /      \      ≧ V  ハ
           /      /        \       > 、ハ
          <       /   i       }\      ≦   ハ
         /、      / i .{  l    1   }  ゝ-=f千 ̄∨   |
          ̄≧=-、_イ {  | .|  |    } i   . }   i ハ    ハ   !
          | ソ {   |  | ハ . 1     } }   }   | |   }  :
          |   | l  i .|  l  i  ',    | i  i イi  i }   |  ', ,   あなたの命はあなたのもの。
          | i l i ハ } ハ .; ',  V  ! j  ; ソ 廴_イ廴_ r‐ 、',
            } | i } ハ ',  Vi V ハ  イ |廴イニ≠=ヾ、 j  |ヽ .Y   あなたの意思はあなたのもの。
           | | ハ i  ',ゝィ≠=z、 ゝ-―=´::::ハ::::::・:::::} ソ .;  ト , イ
           } `―i―iインイ:::・::::}`:::::::::::::::::::::::::::ゞ -=≦:::::i ソ |~/ i   あなたが死のうが怪我しようが、
             }  i| } ハ ゞ ヽ-=¨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// r i } i
            i  }` i |:::::::::::::::::::::::::::::            リ iソ ノ/}    組合は一切関知しませんので、悪しからず。
           }  } ソ ハ                   ン イ / ソ |
           | ハ/ i } \     、      , '   / /',/ ハ j
            j ;/ j | 1  } ヽ     `ー-一 '   /V  ソi j / }
           ハ / イ i   j |   `≧=       ≦ソ/ / Y /  j
          / /  ハ ;  .; !  |   ヽ   -‐  / / ./  リ ノ  ;
         ノイ  /  ,'  /  } イ    ≧=-=≦  //,' / ,'   ,'
        //  / i j ,'  / 升       i丿   /  / / /  / }
        /   ,.'   } /  /イ、       ソ  /   /   ソ  /.  j
      / r―イ   ゝ―イ//ゞ\     / Y/   /  /  /  ;
    イ ////,'    //V//////ゝYノ乂イノ/'   /   /  /  /
  /  /////;   ///////////////////イ  イ    /   ;  /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 少女のような職員が、笑う。
| 死んでも知らない、勝手にしろ。
| なるほど、組合はあくまで管理する者であり、過度に保護する者ではないと。
| 自分のような小娘にわざわざ忠告してくれるとは、どうやら心優しい職員の様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
206 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:16:34.44 ID:Zq7mWkxQ
そこ一般人ならびびるところじゃね…?w
207 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:19:04.41 ID:8Ez2v5WP
言ってくれるだけありがたい感じか
208 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:19:50.59 ID:PqMreSuf
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.  ご忠告、ありがとうございます。
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/  ずいぶんお優しいですね。
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|                  あら、分かってくれます? >
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、             いい目ですねー、長生きしてください >
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、まあ規則がこれだけならばスカベンジャーとしての活動自体に支障はないだろう。
| 自分の獲物とESPでは、遺跡を倒壊させるようなことは……
| ……工夫次第でできるかもしれないが、まあまず起こるまい。
┗───────────────────────────────────────┛
209 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:21:06.21 ID:Zq7mWkxQ
ESPがあるとはいえやり方しだいで刀剣で建物崩せるのかよ…(震え声
210 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:25:42.65 ID:PqMreSuf
            _
        /     -=fヽ
       /イ≫=====-―ソヽ`
      / z           ゝ ヽ
     / シ     i      ヾ }
     { ル  i    |    |  ヽ、ゝ |
    i  V  |  i  人   |  i ) } i
    |  Y i | |_|  L_ iLLL、/  }
    i  i L ̄       x==ミ ))  ヽ   よーし、気分がいいので、
    ヽ |イ  x==ミ    //// ノ从  i
     { jゝヽ////   i      |    }  お姉さんなんでも一つ質問に答えますよー
     } ゝ    、___    r―  、
   _/  ` ヽ、  ヽ__/   イ//////}    どうです、さっさと昇級できるよう、
    {///////ゝ \       /ゝ//////i
   ソ///////f      ―   ト///////|   功績の溜まる大きなお仕事の紹介とか……
  ノ/////////シ      ∧  ハ/////人
  {///////////リ、   / ∞ヽ_〃//////〃                                    いえ、結構です >
  ヽ//////////// 从 Ⅵ ゝゝ///////
   ヽ/////////////////////////ir― 、   ええ、良い判断です。
_―――Y ト//////////////////イ/////ヽ
/////////i  ヽ/////////////// ////////ヽ それで、何か聞きたいことはありますか?
/////////ヽ  ゝ――――一´  ソ/////////人
//////////ゝ            イ///////////ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 長生きしろと言ったその直後、まさか死に目に誘うような話題を出すとは……
| 流石にまだ、慢心を試されるいわれはないのだが……心配性なのだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
211 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:27:13.29 ID:PqMreSuf
>>209
こう、重要な柱とか壁を全部切ったりすればワンチャン……ってレベルです。
ナノマシンの保護の切れてる場所なら、普通の5級でもよゆーよゆー
213 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:27:46.03 ID:Zq7mWkxQ
>>211
力技過ぎるw
216 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:31:45.19 ID:PqMreSuf
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!  ……なら、フジ樹海について。
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/     現時点で公開されている範囲で良いので、
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|       教えてもらえると……
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、      ー ‐     イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|                         あら、あなたも夢追い人ですか >
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/      せっかく、夢のある土地に来たんだから……
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ       悪いですか?
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}                         いえいえ、フジ樹海についてですね >
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| わざわざ資料を漁らなくても、詳しい職員の話を聞ければそれが確実で早い。
| 家を追われた身であるが、これからは夢を追って明るく生きるのだ……
| なんて軽く演出しながら、彼女から話を聞いてみる。
┗───────────────────────────────────────┛
217 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:33:05.05 ID:Zq7mWkxQ
任務優先!
218 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:36:56.53 ID:PqMreSuf
                 _
              イ _  `ヽ 、
             / イ¨ゝ,>ニ‐-ハ
            / /   ハ/ |\>ハ
           ハ ハ ,' ,'       i.ハ
          /  トィ=z,' i ハ .  |  }
          i i { 它iゝハ<ィ==z  l /   さてフジ樹海についてですね。
          | ハゝ     佗}イゝ .イ
          |  ハ 、_,    イ  {    まあ、こうして聞いてくる人も多いので、
         _j  / ゝ-  =≦     |
       ///ハ≦   ハ  \   ハ レ    仕様書を用意しておきました。
      //////ハ ///ハ  /≧=‐-_
      ///////////// ハ///////ハ   ちなみに私の自作です。
      ∨///////////////////////.}
      ゝニ_///////////////////く    ちょっとおまけを書き足すので、それを
       /   >/////////////ヘ_>
      r /  /≧=―------、_|  |      持って行っていいですよ
     { .ハ /              |  |_
     し  人_______.|  l }
     /   ////////////////ハ  V
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なるほど、流石本領に残された秘境。
| 一般層でもあの地は注目されているらしい。
| 職員は手元の資料を一枚取り出し、ペンで備考欄に何やら書き足し、それを手渡してきた。
| なんでも一つ、という質問に対するボーナスだろうか
┗───────────────────────────────────────┛
219 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:38:54.27 ID:Zq7mWkxQ
太っ腹ぁ!
220 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:40:08.90 ID:d8wySFrg
できる女アリス
221 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:45:42.95 ID:PqMreSuf
――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 フジ樹海 準二級指定

 【探索条件】 探索チームに準二級以上のスカベンジャーが帯同すること。
          また、チームの構成員は全員が3級以上のスカベンジャー、あるいはマーセナリーであること。
          (自動人形・警備ロボットは除く)

          ただし、皇国軍及びスカベンジャー組合連名の特別な許可証を持つ場合に限り、
          上記の条件を満たさないチームであっても探索を許可する。

 【備考】 樹海内部にはミュータント・警備ロボが多数徘徊している。
       戦闘準備は怠らないこと。

 【手書き欄】
  ・警備ロボットは通常の二足人型の他、T.トミー製の四足獣型が混在。
   発見例では劣化が極めて微小なものも多数。

  ・樹海内部は天然の迷路と化している。
   PDAなどに、自動マッピングソフトを導入することを強く推奨。
――――――――――――――――――――――――――――――
222 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:48:23.53 ID:Zq7mWkxQ
ありゃぁ準二級遺跡か…
まあそりゃそうだよな… ほぼ完品の警備ロボ徘徊しているみたいだし…
その上内部にも未発見(?)の遺跡があるっぽいし

つか制限かなり厳しいな? 準2級以上が率いるチームでも4級5級は立ち入り禁止か
223 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:54:02.67 ID:PqMreSuf
>>222
>準2級が率いても4、5級は立ち入り禁止
そういうことです。
かなり危険度が高いので、最低限3級相当の実力がなければ探索は不可、と。
224 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 16:56:21.46 ID:Zq7mWkxQ
そうするとシャナは許可証を得ること中期目標にすることになるのかな?
級上げは3級までは実力示せば短期で上げられるけど、準2以降はそうもいかないし…
大手のチームに紛れ込むのは可能なのかしら
225 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:58:16.18 ID:PqMreSuf
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.  なるほど……わざわざ助言まで、
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィ        |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!  ありがとうございます。
   |:::::::'::ハ!::::/|:{          }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::.  、__,.  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/               いえいえ、しばらく手は出せないでしょうが、
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                         諦めずに頑張ってください >
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|    そのつもりです。
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ    今日はありがとうございました。
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|                                あら、遺跡には? >
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧     今日はまだ。色々準備しないと……
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 準二級の協力者を得られたとしても、最低限自身の等級は3級まで上げねばならない。
| 軍と組合連名の許可証は期待しない方がいいだろう。
| こちらは隠密捜査中の身だ。軍には接触したくない。
| それに、内部の地形を記録するためのマッピングソフト……
| 彼女に話を聞いたおかげで、これら当面の活動目標にめどが立った。
┗───────────────────────────────────────┛
226 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 16:59:51.68 ID:PqMreSuf
>>224
任務の期限は定まっていない、ので、半年以上かけて準二級に上がっても可。
シャナは三級に抑えて、準二級の仲間を探してもいい。
227 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:00:42.71 ID:d8wySFrg
軍関係の仕事や人間に近寄るのは剣呑っぽい
229 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:05:02.20 ID:3tPsUyas
目立たないようにしながら準二級になるまでに、リアルで何年かかるやら…
230 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:05:39.80 ID:PqMreSuf
                  __              トンッ
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´
.              ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \   痛っ
           /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ
.             イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }                            あ、失礼 >
            .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
.             l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /  いやこっちこそ……
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
.             /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ   ……ん?
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
          /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\                             何か? >
          ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
.      ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
       .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そろそろお暇しようと踵を返したら、後ろを歩いていた少女にぶつかった。
| 背丈はシャナより小さい。140cmもないだろう。
| しかし腰に提げたリボルバー拳銃は、彼女が同業なのだろうと想像させた。
| ……そう考えていると、少女は怪訝そうな目をこちらに向けている。一体なぜ……
┗───────────────────────────────────────┛
233 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:09:05.30 ID:d8wySFrg
シャナの身長もどっこいなのではw
235 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:13:01.80 ID:Zq7mWkxQ
まさか同い年とは思うまいw
237 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:15:07.60 ID:3tPsUyas
>>233
シャナは141cm。140cmない子の身長は139.8cmだ
238 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:15:23.45 ID:PqMreSuf

                      _ ,. - ==──- 、
               , '   _  ` ヽ   ヽ
               / >'´ ̄   `ー 、  \  \
               / ., '/ ,' 〈.       ヽ.  ヽ  \   ,.r
           / / l {/{fヽ- 、 ___  ヘ  ヘ  {`ヽ、__/ (
.             / / .| /` ヾ   ──-ヽ、_ヽ  l ヽ> {}≦ゝ
           {  l  |i /        _ _  }  {  }/} ヽ`ヽ、
            .l  l   r'       ,ベ泛リ≧!  レ=; リ l  ',   ヘ   ……あなた、スカベンジャーなの?
             |. l  .| .,ィ=≦f     ヽニ'  .|  .}|jノ/ ヽ  ヽ  .}
             `..!  l/ 弋ソ  ,       |  リ´/:{   丶、_二=`ー 、                    つい昨日から >
.               ヾ{  ヽ            リ .jノ:.l:.ヽ         ヽ丶 \
              .)ヽ  \    -‐    .イ  /:{:.:.ヽ:.ヘ       ',. ヘ  ) 悪いこと言わないから、
             ノルリヘ   .ト 、       .//  /f:.ヽ:.:.:.ヽ:.\_      { リ /
       ,. -≦二 彡/  〉  !.:〉.:}≧‐-< .! ./圭ヽ:〉ニ==、ヽ:.:`ー‐--、ゞ;/   やめておきなさい。きつい仕事よ
    / , -´ノ/ リ / 〉 .}:/:/.f≦}     { .l:≧ニリi:i:i:i:i:i:i:\ヽ:.:.:`ー‐∨
    .{ /, -_'- 、彡'{ ( / .ノ=ニ≦ヾ   .ノ| .l=ニソ≧、i:i:i:i:i:i:iヽ:.\:.:.:.:.:ノ     見た感じまだ幼いんだし……
    )ヽノr≦三7 ,-ト |{ 〈 ::::::::ヾlヽ,≧彡=ヘ ヽ:::::::::::::::\i:i:i:i:i:i\:.ゝ.:/
    ./ //ヽ/.ノノ ノ ヽヽ::::::::::| f圭リ  {::冫 〉::::::::::::::::::〉i:i:i:i:i:i:iヾ.:.:{            ……貴方の方が背は低いけど >
.   / /_ノ   .//i:( 〈:::::::::} l::::::::::ト、`゙´  ,|:::{ /::::::::::::::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:ノ
  ル'    ノ/ /i:i:iノリヽ::::ヽヽ::::::リ. .  ̄ ̄/:::/冫::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:冫   背は関係ない! ほんの数センチ差じゃない!
       {ノ .,{i:i:i:i:i:i:i:i:i':;::::〉}::::/ . . . . . . |:::::リ:::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i;}≦リ/
           リi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:':ル'::::|. . . . . . . .|:::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ _ノ     私は15よ! 成 人 し て る の !
          .{≧ニ=i:i:i:i:i/ヽ:::!. . . . . . ./::::::::::/─ '´ ̄ ̄ ̄   {
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 何事かと思えば、どうやら非行に走ろうとした子供を止めるようと思ったらしい。
| 親切な人間だとは思うが、背のことに触れたら顔を真っ赤に怒り出した。
| さてどうあしらったものか……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓17:30まで

      目の前の少女にどう対応するか。
      質問・延長希望あれば受け付けます。


239 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:16:08.38 ID:PqMreSuf
>>237
13歳から一年に1mm伸びてるから、この子はまだ139.2cmだぞ!
240 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:18:13.48 ID:Zq7mWkxQ
質問
シャナの実年齢も隠さなきゃならない情報に含まれる?
実は軍属でフジ樹海を調査する任務を帯びていること以外に話してはいけない秘密はある?
241 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:21:44.36 ID:PqMreSuf
>>240
年齢は明かしてもかまわない。

秘匿すべき情報は
1) 軍属であること(情報部であること)
2) 樹海を目指す理由が任務であること(軍属に関係する為)
3) 親が死んで云々というのがカバーストーリーであること

……まあつまり、自分が軍人だとばらさなきゃ大抵オッケー
242 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:22:25.85 ID:Zq7mWkxQ
ほいほい
 自分の年齢を話して大人の対応をする
243 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:22:30.53 ID:8Ez2v5WP
謝りつつ、自分も成人している事を伝える
246 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:32:04.55 ID:PqMreSuf
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  | ……背についてはごめん。
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/    けど、私も15歳
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '                          嘘だ! だって140cmくらいしか >
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、      背は関係ない。
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////     ……そう言ったのは誰?
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_                                           うぐっ >
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 自分の不用意な発言が彼女のプライドを傷つけたのだ、素直に謝罪しておこう。
| しかし童女と間違われたままというのも面倒だ。こちらも早々に訂正……したら驚かれた。
| 背丈ならそちらの方が低いというのに……
┗───────────────────────────────────────┛
247 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:34:22.43 ID:Zq7mWkxQ
シャナ、クール
248 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:34:25.68 ID:PqMreSuf
                 ____
              ,. -. : . : . : . : . :\
               / : . :_ . : -. : . : . : . \
            / : ./ : . \: . ヾ : . : . : .ヘ
            ./: . / : /{ \: ヽ. : .\ : . : . ヘ     ほ、本当ですかアリスさん!
           {. : .|_/ ヾ  \:`ヽ: .ヘ. : .:,へ}_/ヽ
           | :| :{─ 、   ,r斗=弍 .{. : .〉≧{}ニ{   この子が私と同い年って!
           l: :l: l≧.、  ´ {V:;;イi}: . l : .レ.{.:ヽ/
            ∧ l:朮.;ツ    ー ´ | : .|ヽ . : l : .ヽ                              え? >
           ヾリ| :√ 、       l: . :}/: .l. :l: . : }
.            /_|:.:i:.   --     l: .:/ .:l.:l: .| : . l                        ええそうですよ >
            l:.:| ゝ、       イ :∧_: l:.l./ : ./
             .l :l: .l :`.ーi  .y: /、ー--{_:∠
               l:.l : |_:_rニノ  / :/:::::ヽi:i:i:i:i:i:i:iヽ
              ノ;.l: .:l:::::::/  .(. :(::::::::::ゝi:i:i:i:i:i:i:i:}
           {:i/ :∧;;:_}ー--): .:}ヽ≦、i:i:i:i:i:i:i:i:i|
          /i:{.:/:::::::`lwvv/:/.:::::/i:i:i:i:i:i,i;i;i:|
.            i/ヾi\::::/  .{/.|::::;;∧二二ニ===}
            i::::::::::::ヾl    レ::::::::::::::::!::::::::::::::|
           |:::::::::::::::|≧=≦.|::::::::::::::::::|::::::::::::::|
            .l:::::::::::::::l:i:iXXi:i:!::::::::::::::::::リ:::::::::::::l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 職員にまで確認を取るのか。
| 15にもなって背が低いのはお互い様だというのに……余程正義感が強いのか、なんなのか
┗───────────────────────────────────────┛
249 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:35:49.61 ID:Zq7mWkxQ
そもそもスカベ組合の情報登録は自己申告で当てにならないようなw
250 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:38:00.18 ID:3tPsUyas
はたから見ると子供が三人で口論してるようにしか見えないw
251 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:41:11.21 ID:PqMreSuf
                      _
                   イ _  `ヽ 、
                  / イ¨ゝ,>ニ‐-ハ
                 / /   ハ/ |\>ハ
                ハ ハ ,' ,'       i.ハ
               /  トィ=z,' i ハ .  |  }
               i i { 它iゝハ<ィ==z  l /  間違いなく、そちらの衛宮シャナさんは15歳です。
               | ハゝ     佗}イゝ .イ
               |  ハ 、_,    イ  {   軍人だったお父様が死んでしまい、
              _j  / ゝ-  =≦     |
            ///ハ≦   ハ  \   ハ レ  親戚に故郷のキョウトを追い出され、
           //////ハ ///ハ  /≧=‐-_
           ///////////// ハ///////ハ  中部のこんなところまで流されてきた……
           ∨///////////////////////.}
           ゝニ_///////////////////く   そんなありふれた過去の、
            /   >/////////////ヘ_>
           r /  /≧=―------、_|  |     クーデリアさんと同い年の女の子です。
          { .ハ /              |  |_
          し  人_______.|  l }                                    え >
          /   ////////////////ハ  V
            /  //////////////////ハ
         /  //////////////////// ハ  \
.          /   ///////////////////////ハ  `ヽ、
      -r、_ ノ////////////////////////ハ_ハハ ゞ
      i ',',\/////////////////////////////////`ヽニ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……待て職員。何故そのカバーストーリーをそこまで知っている。
| 昨日は父が死んだので職を得るために、としか説明しなかったはずだ。
| 
| 昨夜酒場でタクシーの運転手から話を聞いたらしいというのは、後になって知ったことだ。
┗───────────────────────────────────────┛
252 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:42:01.94 ID:Zq7mWkxQ
運転手さん親切心で知らせたんだろうけど…w
253 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:53:21.05 ID:PqMreSuf
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \    あなた、そんな……
                /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、  - /l /\: :ヽ 、: :ヽ |   ……これ、私のPDAのアドレス!
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ    何かあったらここに連絡しなさい!
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉   お金はないけど、
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\  他はできるだけ手助けしてあげるから!
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\                    え、あ……はい >
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 職員の話した物語に、感じ入るものがあったのだろう。
| クーデリアと呼ばれた少女は、適当な紙片にメールアドレスを書き殴り、
| 押し付けるようにして渡してきた。
| ……同情させてしまっただろうか。
| 微かな罪悪感を感じながら、二人に別れを告げて組合を後にした。
┗───────────────────────────────────────┛

   クーデリアの好感度がDに上がりました。  (……できるだけ助けてあげたいな)
   アリスの好感度がDに上がりました。.     (見どころのありそうな新人さん)


   ▼ クーデリアを探索に誘えるようになりました。

254 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:54:42.99 ID:Zq7mWkxQ
畳み込むようなコンボで相棒枠がww
255 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:57:00.62 ID:8Ez2v5WP
良い人そうだ
256 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 17:57:45.54 ID:PqMreSuf
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| アリスに話を聞けたおかげで、当面の目標は決まった。
| とはいえ、当面は等級上げるため普通の遺跡や依頼で過ごす生活だろうが。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 @2 ↓1~3で多数決

   ×) スカベンジャー組合 【アリス・クーデリア】
     アリスからフジ樹海に関する情報を聞くことができた。
     また、クーデリアという少女の連絡先も受け取ってしまった……遺跡に行く時は呼んでもいいだろう。
   2) 大衆酒場
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     噂や雑談から情報を仕入れるなら、食事を兼ねて訪れてもいいだろう。同業もいるかもしれない。
   3) 大通り
     店や屋台があちこちに並んでいる……
     特別人と交流は取れそうにないが、人が多い分情報は転がっているだろう。
   4) 青空市場
     ジャンク品やその修理品を扱う屋台が並んでいる。
     商品の品質には期待できないだろうが、同業がぽろりと情報を漏らすかもしれない。
   5) 市門
     どんな場所でも言えることだが、必ず人が通るのは出入り口だ。
     スカベンジャーや傭兵、場合によっては商人あたりから情報を仕入れられるかもしれない。

257 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:58:56.63 ID:Zq7mWkxQ
3) 大通り
 ここでこれから通うことになる店とか見つけるかな?
258 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 17:59:24.08 ID:8Ez2v5WP
259 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:01:14.18 ID:PqMreSuf
ふむ、大通りか……ちょいとお待ちを。

あ、このフリーパートでは特にお店とかは見つからないので。
あくまで情報&仲間探し
260 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:02:17.65 ID:Zq7mWkxQ
先に言ってよぉー(つД`)
まあ損はないよな…
261 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:03:04.42 ID:PqMreSuf
大丈夫、全箇所仲間or遺跡情報のどちらかが手に入るように割り振ってあるから。
何処を選んでも損はない。
262 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:08:03.21 ID:PqMreSuf
                            (  ヽ      ――――  ○  ――――
                    , ⌒ヽ    (     )          // | \
                   (    '   (       ヽ⌒ヽ 、   / / |    \
                   ゝ    `ヽ(              )        | (⌒ 、
                  (           、⌒         ヽ     (     ヽ
                 (    (⌒                  )   (
                           , ⌒ヽ                               _,,.,..,......
                          (    '                          .r‐'''"~   |.|
~|¨|¨"i |  o                    ゝ    `ヽ  ? ,. .r'"    '"''''''''''''''''''i――┐. .|      |.|
. ! .!  ! , ミく_)ттттr .h..,_u !!! |_|i` 、 (         -'"._,L ‐''"=='''T "T |_|     |.. ..| r.1.   .!.!
. ! ー!┌.. 卵}}.―‐r.-   .|. i⌒j―~┤r- _ ュョ"'        レ"~ r.1 「~.|-.n-|「Γl | .|,.、     |  | |^| ,...、 |
_レさ/.| . こハツ  | .|  .|,<ゝ'_イィ___.i⌒L  、.,.    (.ヲ,-、,.、 /¨)ノ.)-、ュ ! .|〈f ),ト、ノヽ,r>',.! .,f ζ.ヽト._,ィ.| ,、ヽ
.  ',i .| ノニニハ、 ..| .|  .|l,.,_.|  __      |〉-.r '''''''ヽ='ィ `、ぅ`,'.} Y{ ''r'.Yヽiニ./'}f''{ }f,.)、><ニェェ f_,.-'-亠,、(ノ
┌─r''1.i__.| ノ}. | .|_,...._,Lヽ.,'´   ヽ‐_.i1_┘、_i二二っ_ヾi¨¨i },'/..l l.ヒi  .l'f、)ィ' i'"1 i l. i `i i.',ヽ~,.' .ィ     i.i-
|  |_,.|コっ,,1i_ | .| ̄ T,、mi      i_ ,.7A.fヽ_―――.< ~ヽi.゛1 l l ll,.、 i.iー'ヽニ、、i.l .l_.l lll.',ヽ'<_/j    トi′
⊥.⊥L.‐ ''" l | .|  /皿皿` ._,ィ(,,,,、)_., 、|ス.「「 ̄「 ̄|__}f"ヽ_ .i ^ト|イト、|./. <ノ、ツくヾ、.i i.ノリ "lヨ.ノ〈_   ,' .| ̄
- ._   _,..-'''ー-‐L」口 , -'"_フζ(`ー'―`-'"~| l  .|  .| |ニニコ¨  Ц~i ii.Tтl只´ l.l _〉J',l ll l ~ l 、 ̄.ト、|ニ
._ _,.`>´ | .}_t_   |,ィ'__`'_`´_`ー_―_''_'ト.ト_''_''"¨_┐ィ=.l     └`.}_ノ i.Y_ _j `i´.,' }i l'./|   l  l', .',
‐'"    | ._j    「 ̄|______________|┘<ヽl―.、.     Jl.l l. i. l"''~l  i`トi ト.、 i l ', .i---
      .|' ,..._,r''>-、   .| f.Y iY゙、ヽ〉V.>ヽi i ノ┌.────┐ ゙、        Lj、ノ └、_)    ` l l .i .l"""
      .レ rノヽr,><.ヽ,-゙、 、..|, 〉‐ンt ソヽr">、ノ7-Y7 ,.、  _.,.、  !""".|      しU          、_ .l ト┤
   /、,>`ト、ノ_, ノ、( ヽ_ヽ‐/j  n .|l ,.-L__l ,r-__,..、l',( __,< ),.>ク、-.、,..`、                 ~ `"´
  /,,r''ヽ-'ヽ{,r-_ノ.Y  |./,ィ<ヘ,イ< ゙、,' |ノf Y. Y.¨)'i-( ヽ>-<~ヽr-.<)、)`、
/,,.、 `>''"''"ヽ,r' .〉- l,.r=|.ノ  i i  i ', .ll .レ'-'i.i `‐'ィ|`rY 口 ',コ ト、´ ', } }`、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
__________ |__________ |________ ト、
ー‐―――――――――――――――――――――――――――――┤
ー―――┬―――――‐ー┬―――――ー‐┬──────ー┬───┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 下層区にある大通りを適当に練り歩いてみることにした。
| 道路脇に並んだ出店を覗いてみると、どうやら串焼きのような食べ物を扱っているようだ。
| また別の店では修理品だというライフルを販売している。
| ……銃身に歪みが見える。相場より安いようだが、買いたいとは思わなかった。
┗───────────────────────────────────────┛
263 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:09:28.31 ID:Zq7mWkxQ
アカン…  青空市よりかはマシなのだろうか…
264 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:10:44.01 ID:8Ez2v5WP
目に見えて粗悪品か
265 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:12:29.27 ID:PqMreSuf
           ____
.          //////////≧、
        ////> ----<///ヽ
      ////  ,... ____}///∧
      |//  _./:::::Vハハ:::::::V///∧
      |/{..ィ::::{::::::::}'⌒ V::::::V///ハ   ふふーん、今日はお休みー♪
      |,/:::ハ从:::::/ ィf=ミv:::::}////,}
      /ィ:,ィfミヽ/  vツ/::::/|////|   ちょっと奮発してパフェとか買っちゃおうかなー
       {:::::{ vソ    ∠:イ:::.!////!
       乂::ゝ ー ' ィ::-:'、:::|////|
       |::::::≧-=≦イニニヽ|////{_
      __j> ´/ {ニ,ニニニ}////:i:i:i\
     //  /{   V/ニニニ/L/:i:i:i:i:i:i:iヽ
.       {ニニニ,ニニニイ {__0}彡:i:i:イ/ト、:i:i:i:V
      /ニニニニニニ/{   ,:::::⌒´::}/ }∧:i:}
.     /ニニニニニニ, '   /::::::::::::::::::{   }/
.    /ニニニニニニ{ .!   ,::::::::::::::/!:::}
 `''<ニニニニニニ| !  .′/:::::/ }/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……雑踏では大した会話は拾えなかった。
| 適当なカフェに入って、安いコーヒーを注文する。
| 誰か仕事の打ち合わせでもしているとありがたいのだが……
| 取り敢えず最初に耳に入ったのは、上機嫌な少女の声だった。
┗───────────────────────────────────────┛
266 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:13:40.66 ID:Zq7mWkxQ
あー そっかこういうところで聞いた情報分析したりするのもお手の物か 情報部だし

そして武器店の店員リリィ!
267 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:17:31.77 ID:PqMreSuf
                    ≧=ー-
            ノ             ∧ ヽ
           /               ∧  \
            ∧                |   ヽ
          rfiヾー-                    ∨
          ⅵ    >    i!≧ー-         |       ふぃー今日はあっちーな。
          i!        >i!   ニ二彡     |
         斥i!          廴  辷ムヾー> 乂      店主、アイスコーヒーもう一杯!
    /ヾーイ  `ヽ .r‐z       >   ̄`/ ヾ≦´       r‐-
   /  ∨ ン⌒   |三|         |>   斗-          ヽ  ヽ                    少々お待ちを >
   ス   ∨ マ    .|三|       /  ヽ  .〉           ゙i!   )
  ノ \  廴\   乂介      /         /            i!   i!__
        ゙`´三≧ヾ≧x ゞ卞         〆               ノ   ⅵ γ`ヽ
三二≡=z    `ヾ三 `ゞ三≧=zx     /                /     .iヾ`i  .|
 ̄ ̄ ̄ ̄`ヾーz   ∨`i!k ミメミメ==     |            /      廴___ノ
        辷ヌ  .∨i!i!辷∨∧  ヾー<               /ゞ、    廴___〉
          \  ∨ヾ   ∨∧               ノヾ≧kー  廴____ノ
\          \ヽ     .∨∧                /   \     廴__ノ
  \ヽ      ゙i! ∨マ    \∨∧             /     廴彡ー==≠
   ー       i!  ∨ヌ     ∨ i             /       弋/
            i!   .∨ノ    \i!          /        /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナが静かにコーヒーを飲んでいると、店の奥から威勢のいい声がした。
| 自然に驚いた風を装って振り返れば、そこにいたのはボディアーマーを着込んだ男が二人。
| 皇国軍の正式装備ではない。となれば、スカベンジャーかマーセナリーか……
| 彼らは何かを漏らすだろうか
┗───────────────────────────────────────┛
268 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:25:38.39 ID:PqMreSuf
                       _ ..................
                      /::/::::::::::::::::::/::`ヽ
                        f::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::i
                        |::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::|
                     r弋:i:::::::::::::::::::::i:::::::::::!
                    i!:::::i:::::::::::::::::::::i:::::::::::゙i!   ……で、結局どうすんだよ、次の仕事。
                    i!:::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::i!
                  < ノ ̄ ̄≧ー 、_,rzx:::::/    例の下水道の遺跡、なんかミュータント住み着いてんだろ
                 /´   γ´         \ .∨
             〈      |           `ヾ     写真とか取ってくれば情報料出すって話だが……
           rf   >:..._,.、|____            \
          ノ  >:::::::< ノ::::/ヽ::::∨ー―――---   ヽ                           いや、ありゃだめだ >
       / >::::::::<   /::::/  ∧:::::∨           \
      ./ /::::::<    _/::::/   .∧:::::∨          < >、                       ガイアがささやくのさ、
     / γ´       .∥ ̄∥    ヽ::::∨      ./        ∨               俺らの豆鉄砲じゃ勝ち目がないと >
    ノ /ー=ー--  ≠==┘      ∧::::∨   /        ∨\
    / 〈rf=ー--::::::::::::::: ̄≧ー- , 、 .∧::::∨  ノ             ´\ヽ  なんだよそのガイアって。
   ./  `/      /::::`゙r―-::::::://ー ヽ.\::∨/                \
  /   ./      /:::::::::/    `゙  //:::::::≠ー                  \ つってもお前の勘は当たるし、別の仕事探すか
  / .   /      /:::::::::/        `ヽ:::::::::::::::`ヽ                   \
. 〈   ./      ノ:::::::::/            \:::::::::::::|                   \ また商隊護衛とかねーかなー
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 下水道の遺跡、か……情報量が出るということは、組合からの依頼という意味もある。
| 昇級を目指すなら、正式な資料を確認してから、その遺跡に行ってもいいかもしれない。
| その後はただの雑談と化していったので、適当なところでコーヒー代を払い、店を出た。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 遺跡情報【下水道遺構】を入手しました。

269 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:29:36.97 ID:PqMreSuf
――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 下水道遺構 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  地震により隆起した地面に露出した、旧文明の下水施設。
  半ば白骨遺跡であるが、最近地下下水道に不審な影を見かけたとの目撃情報がある。
  目撃者によれば、対象は複数存在する可能性が高い。
  対象の情報や死体を持ち帰った者には、組合から報酬を出す。

――――――――――――――――――――――――――――――
270 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:29:50.05 ID:Zq7mWkxQ
見た感じこのスカベはそこそこ装備よさそうに思えるが…
こいつら装備してた銃器とかパっと見でわからないかな?
シャナの刀で対処できるレベルなのだろうか…
271 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:32:06.76 ID:PqMreSuf
>>270
アーマー来てるくせにオフらしく、シャナから見て銃器は持っていませんでした。
シャナの場合特技でどうにかなる可能性があります。
272 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:33:02.50 ID:Zq7mWkxQ
武装しているようでしてない微妙な感じw
273 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:35:54.65 ID:3tPsUyas
アーマ装備するレベルならサブマシンガン以上だろうな。
警備ロボが多い土地柄でも5.56ミリを豆鉄砲とは呼ばないだろうし
274 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:36:11.61 ID:d8wySFrg
写真か。銃器やグレネードよりも工具やゴーグルにいいものを揃えたいかも
275 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:37:30.09 ID:PqMreSuf
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 下水道遺構……調べてみたところ、5級でも潜ることができそうだ。
| 対象がどんなものかはわからないが、一匹なら切り捨てることもできるだろう。
| ……さて、時間的にそろそろ帰宅してもいいが、あと一ヶ所くらい回ってみよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ラスト ↓1~3で多数決

   ×) スカベンジャー組合 【アリス・クーデリア】
     アリスからフジ樹海に関する情報を聞くことができた。
     また、クーデリアという少女の連絡先も受け取ってしまった……遺跡に行く時は呼んでもいいだろう。
   2) 大衆酒場
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     噂や雑談から情報を仕入れるなら、食事を兼ねて訪れてもいいだろう。同業もいるかもしれない。
   ×) 大通り 【遺跡情報】
     通りにあるカフェに入ってみた。
     一杯数銭のコーヒーの代価に、ミュータントが巣食うという遺跡の情報が手に入った。、
   4) 青空市場
     ジャンク品やその修理品を扱う屋台が並んでいる。
     商品の品質には期待できないだろうが、同業がぽろりと情報を漏らすかもしれない。
   5) 市門
     どんな場所でも言えることだが、必ず人が通るのは出入り口だ。
     スカベンジャーや傭兵、場合によっては商人あたりから情報を仕入れられるかもしれない。

276 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:37:31.58 ID:Zq7mWkxQ
PDAは安物だしカメラ機能付いてないのかもな
277 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:37:52.92 ID:8Ez2v5WP
278 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:38:23.41 ID:Zq7mWkxQ
おっと 2で
279 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:38:40.17 ID:d8wySFrg
280 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:41:37.15 ID:PqMreSuf
酒場ですね、了解了解。
……というところで。
281 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 18:41:47.44 ID:PqMreSuf
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで


282 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:42:17.88 ID:Zq7mWkxQ
乙ーー!!
283 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 18:42:25.28 ID:8Ez2v5WP
乙でしたー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2547-cfb119ce