情報部シャナのスカベンジ日誌 1st Turn 「プロローグ」その3

340 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:03:24.82 ID:PqMreSuf
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              1st Turn 《プロローグ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
345 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:07:19.71 ID:PqMreSuf
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  { _   ┌┐} ├v'人  \
                /  )  l弋リ    弋ソ l.  レ' : l.ヽ   ヽ   ちっちゃいってゆーな!
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、 ─  /l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤでスカベンジャーとしての活動を始めたシャナ。
| 街の下層区で情報収集を行い、その途中で小さなスカベンジャー、クーデリアと知り合う。
| またミュータントの巣食う遺跡の情報も得て、現在酒場に向かっているのだった……
| 
| どうしよう、フジノミヤに来てからちっちゃいキャラしか出てない気がする!
┗───────────────────────────────────────┛
346 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:08:00.28 ID:PqMreSuf
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
350 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:10:30.53 ID:PqMreSuf
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:/[]   /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:/。  ./.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:./    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.::.:/    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/  ┳
: : : : : : : |.:.:./ []  /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : | ./    /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
: : : : : : : |/ []  ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄''/ ̄    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
:::::::::::/  □   /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
:::::::::/      ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/   ┳
:::::::/ □  /:.:.:.::/        /       /.:.:.:/
:::::/     /..:.:.::/         /       /.:.:.:/
.::/     /...:.:.:/         /         /.:.:.:/
::____/.:..:.::/         /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:.:.:::/        /         /.:.:.:/  ┳
|: : : : : : :|.:.:::/          /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|..:./       /        /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:/         /        /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          /.:.:.:/
                        /.:.:.:/
_____________/.:.:.:/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.:.:/  ┳
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |,/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スカベンジに関わる情報を得るなら、スカベンジャーの集まる場所がいい。
| そういうわけで、シャナはスカベンジャー達の集まる酒場へ向かうことにした。
| 店の名前は、『逆さ十字』
┗───────────────────────────────────────┛
352 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:11:23.03 ID:n5PYBp8y
†黒衣の剣士†とかいそう
353 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:13:13.50 ID:1fq2fqlD
逆さ磔……?
354 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:14:37.29 ID:/9Ijgj9Q
椅子が十字っぽいな……ハッ
356 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:15:24.19 ID:PqMreSuf
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、
                  / /:::::::::::::::::::::r-=-w:::::::::/:::::::::::i l
                 / /:::::::::::::::イ:/   /::::::::/:::V::::::::i l
                 イ::::::::::::::::/_,/   /::::://ヽ::V:::::::ハl
              /:::::::::::::::::::::/ ̄\ ,..:::/ ィ  ̄ Y::::::::::::::..   いらっしゃーい。
             , イ:::::::::::::/::::::/< 芯_>:イ   ィ込ヽ/l:::::::l::::::::l
            / i:/::::::::,ィ:::::::::/:ハ   / ; l     /:::k::::l::::ハ:;}   おや、初めて見る顔だね。
            { /:::/:::/ Vl:::::/ ヾ:.、   , 、   /:::/ l::l::/l ;:
            {::::::::::{  l::::::ヽ ノ::}  、__ _   /:::ノ/_ /::/:::l  il   はじめまして、僕は聖十郎という。この店のマスターだ。
             lヘ::::ヽ lヘ::::::/::イ,  ` ‐- --`/ ' _,,rイ:::::::ノリ
      __       ヾ:.、 ゝハ::::::ゝ       f,.ィ::::::://                             シャナです。
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...-...::::::::::ヘ \    , イ/=-' _/                  昨日、スカベンジャーになりました >
  /:::::::::::_, --===≦_ _ > -= _::::::::::::i  `  ´ _l
 /::::::::::/                /.∧   /\......\          おー君もスカベンジャーか。
/::::::::/               / {........lミ....V...../ミ、....lY\- _
/::::::/               /   l\/ミ/三≫彡.....V./  \  - _  ゆっくりしていきたまえ。
 {::::l            _ - /   _ イ..........V-=ミ/.........../ \ _\    =- _
 ゞ::.、       _ -=  / -=/   l...........l ニニi........../    \          l 注文は決まっているかい?
   ヾ、    r        /    \.....lニニニi....../      \       /l
         }、      >       ヽ l ニニニi../       /     /  i
         /ヘ        \      V ニニニ/       /      /
       / ∧         \     Vニニ/      /       /     l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やたらと大仰な店名に反して、店主は随分柔らかな人柄だった。
| 穏やかな声で自己紹介を済ませ、注文を取る。
| クラッカーと一番安い飲み物を、と頼めば、奥からジュースを持ってきた。
┗───────────────────────────────────────┛
359 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:16:16.75 ID:1fq2fqlD
やっぱりw
360 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:19:41.20 ID:SoBfRpLJ
息子もいるのかな
361 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:20:59.38 ID:PqMreSuf
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!   あれ、このジャムは……
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/                    ああ、いちごは苦手だったかい? >
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|        いえ、そうではなく……頼んでないです。
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|                           初めてのお客さんだからね 
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ                         サービスだと思ってくれたまえ >
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|         ……ありがとうございます。
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 次いで、給仕の少女がクラッカーの盛られた小皿と、イチゴジャムの入った小瓶を持ってくる。
| 聞けば、サービスということらしい。ありがたくクラッカーに付けていただくとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
362 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:21:27.97 ID:8Ez2v5WP
良い人だ
363 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:22:08.39 ID:Zq7mWkxQ
人情がしみるぜ
364 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:26:43.42 ID:PqMreSuf

     あ゛あ゛!? 吼えてんじゃねーぞ三下が!

.       /     /    /  /    /    `ヽ、 \          Y
      / ,'    .' /   /  |      |  | 、   \  ヽ           }
.     / /   / /   /|   |      |  {  \   \ \       |  ……何事?
    / イ   / /   ∧! ,| {i      |!、 ∨ 、  ヽ   ヽ ヽ       |
     |   :  !    | |、/| |マ    :|{ i\\\ ∨   ∨ ∨     {                ああ、また彼か…… >
     i   '  |   | | \.| ∨   :| リ  \}/\}ト、  }  〉      、
     {:  |  |   |{ {/_\ .   |    /,..ィ芯下ヽ // /         ヽ
      Ⅵ i|  {   |圦 {ら気、:.   |   ,イら__rメ} /| |/ イ/}         :.
       {从{从i:.   ト、   比j刈 ∨ {     比j刈   } | {// |           :.
          八   | ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{ |// !
              ∨ j! ム        ,        /// リ///         :.
         _,ィ//∨|  人       __       ///////// |__         }
         ///////リ   {>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、   |
      /////イ/// |   |/////>     イ |//////// //////////∧   |
        {/////////{|   |//////////「 ´  {//////// {///////////}
       ////////// |   |//////|/// |\__|////////////////////|    |
      , ///////////|   |//////|///ム    j!////////////////////!    !
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 情報収集の事も忘れ、つい穏やかな気持ちになりかけた矢先、店内に怒声が響き渡る。
| 腰の軍刀を確認し、背後を振り返るシャナの耳に、店主の嘆くような声が届いた。
┗───────────────────────────────────────┛
365 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:26:46.79 ID:/9Ijgj9Q
良い人がえらく多い地区だな
366 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:28:54.33 ID:1fq2fqlD
これは持病治った逆さ磔だなw
367 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:31:44.60 ID:PqMreSuf
                        _ ,r ´ ̄`
                       /  ` i!´ヽ `ヽ \
                     /   ∧/ !   、  .  ヽ
                        /   /彡"゙!  ト、       .
                    /   /   //'i i-‐ヽ       .
                      /  .  !-‐ 、'/ーrリセァi  i    !   おうテメェ、もう一度吼えてみやがれ。
                  /  i  ir_セアi  ′  li、  、   !
                    / / .: i、i    , 、   l. i !:.   !   報酬が……なんだと?
                 / / ! .::.:'.:.ヽ    -‐ 、 li i !i.:.i   i、
                 ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ご -‐- ' リ'/リ.:.i!.  !リ
                 i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、 ´`   /'::'!.:.i !  /′
                     ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/
            , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ
           /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _
           {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _
           }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧
            /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
             /ニニニニiニニニ∨/ ノ迅ニ\!  i/=〈  べ、'ニニニニニ/ニi
         /ニニニニニiニニニ∨∧_三ニ=-‐、三ニ / ノ>ーヽ ニニニ/ニニヽ
           /ニニニニニ{ニニr=ニ二ニニニニニ. こ/.ノ ,.::ニ=iニ´ニiニニニニ‐-
        〈ニニニニニニ}ニ∧=ニニニニニニi  ごィ/ ,ィ‐ iニニニニニ=-ニニ}
         /ニニニニニニ/ニ´ニニ.=ニニニニニニi   に_/ 二_ 〉ニニ=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、___
        /ニニニニ=‐ニニニニニニ、=ニニニニニiー、-rt〈/丿 '/iヽ´:i:i:i:i:i:i' /A\ 、i:i:ii:i:i:i:}
     /,ニニ/´ニニニニニニニニヽ=ニニニニニ}ニ{`ヾ- ´  /ヽ!ニ\:i:i:i:.<<£>> i:iii:i:i:i{
    /二/ニニニニニニニニニニニ}=ニニニ=‐'ニニヽ  ー   / !ニニ=r、:..\V/ .:i:i:ii:i:i:i}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 振り返った先には少ないながらも雑多な人間。
| ただその中で怒声を張り上げ、悪目立ちしているのはただ一人。
| 椅子から立ち上がり、今にも殴り掛からんと腕を鳴らす白髪の青年が、
| 何人かの男に囲まれ、立っていた。
┗───────────────────────────────────────┛
368 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:32:16.84 ID:Zq7mWkxQ
チンピラだぁぁぁーー!!w
369 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:37:53.85 ID:PqMreSuf
      ___       _
      ``ヽ、`ヽ、,i'"´∠ _
     ,. ‐'"´ ̄        ``ニゝ
.  ∠´-,‐:‐'           ``ヽ
    /               ゝ
.   /                  l
  //       /l、        l   だ、だから、あ……
   l      /| ./ l、iヘ        |
   .l /| , /! /. l./ u l | , 〉.iヘ、 .  |   アンタと違ってうちのメンバーは怪我してんだよ!
   |/ |/|/`!/-ニl_  v'|/'_ニl~ ヽ|、 l
   /´l|.| !' /⌒     ⌒ヽ  |.i^ヽ   ち、治療費とか……あと、弾代分!
   l |6||  l (0)    (0) l u ||.6l|
   ヽ._||  ヽ、_ :|   |: _,ノ   ||_ノ   報酬の一部くらい、分けてくれたっていいじゃないか!
     ∥ u   (    )    .∥
     | v /⌒ヽ、` ‐'´,.ノ⌒ヽ  |\
   ._/l  l ,. -─‐三─‐- 、ノ  !  l 、
,.‐''"´/  ヽ、` -‐ '´._`` ‐-" ,‐'´.  | `` ‐
 , -‐''"⌒)ヽ`‐、.   ≡   , ‐'´l .l  │
(  -‐'"⌒)-、〉l:::` ‐--‐'":::::::::l |   . |
.(  -‐'"⌒)ノ, |、::::::::::::::::::::::,ノ! |   .|
/( -‐''"⌒)ノ ! ` ‐----‐'´ .l  |    |
  (._,,. -‐' ,"\ l         l ,へ、  |
      /   ヽ         レ'   \ .|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうやら、同じ机を囲う男たちと、今日こなした仕事の報酬についてもめているらしい。
| 男たちは、治療費や使った弾薬の分、青年から報酬の一部をかすめ取りたい。
| 青年の方は、その要求に目くじらを立て怒っているらしい。
| ……気持ちはわからなくもない。全面的に青年に賛成だ。
┗───────────────────────────────────────┛
370 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:40:07.36 ID:Zq7mWkxQ
安定の福本モブ
371 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:42:52.26 ID:PqMreSuf
                 _.. -, '  ̄ =-- 、
                 /     /´   }´,、 ヽ
                  ./     ./  i  liミi!  `、
                  / /     i   .i!.  l  リ  i }
               / /  / ,' !  .i!.!, l  .l i! i'
            / ;'  /  ,'  !  i二l_リ_  ,}ム.!:l
           ノイ  ./  .,'  l l i lェテァj }´ヾ_jリ }  ッハ、よく吼えたじゃねーか、おい。褒めてやる。
           j:,' |       !:l i l`ー-''’ ` 、.l:リ
          ,.イl !   リ    トヾ`      ´ !l   テメェのハジキがパチモンだったせいで怪我したから、
         {( !} .l   / ,, i   .!   `ー=二ヨ’ !l
          `j! ノ  ./:/ .i!ヽ i: :!`    __    !j    ハジキ使ってねぇ俺から金をせびろうってか?
           ({ ./i、   i!iリ、   ,-'i_ij ̄
           r´///∧     \  j\V>..._     傑作じゃねぇか……ふざけんな!!
         //⌒,////\     .',/ /i!.V///>..._
       __.l/ / V/////∧   //〉 /∧V//////〉
      /,-==ミノ∧: : V V///∧/',/〈 .〈//∧V/////
    ////∧///∧: : '., V///∧  V∧ .}//∧V///l
  .///////.∧///∧: : ',/ 二ニニヽ }/∧レ.ニニヽV//l
  {//////////} ///∧: : V////∧V///i.|///∧///l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| グッと、青年が腕に力がこもったのが見えた。直後。
┗───────────────────────────────────────┛
372 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:44:08.92 ID:Zq7mWkxQ
弾の出ない銃とかインテリアにぐらいにしかならねーじゃん!
373 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:49:06.02 ID:PqMreSuf
     _ ,:
   ト'´_,.>ァ‐ 、
   { / //. : :i: \_ :
  _//. : } : : :ヽ : : \_  ピクピク
 └〈 : : : ノ. : : : : \;_;_; L_,..、 :
   `マ¨. : : : : : : : :`⌒,>'广¨二二"ニ   …‐- 、 :
    ヽ: : j : : : :i : : 厂/. : : : : : : : : : : : : : : : : . \ :
      ゙〈 : : : : : : :〉 { : : : -‐… : :¬'' : T^\: .\ \ :
       ヽ: : : : : :} }: : : : :_;_;_;_;_;_; : : : }   \: :\ \ :
         \: : 「 / 丁´      |: : |    \: : : . \ :
           ヽソ /: ;ノ        | : : !      ` 、 : : : ,ゝ、___ :
             `~¨´          } : : !         \/     」 :
                          V⌒丶..__      └-‐'^¨¨´
                          {__     }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 青年が、一人の男を殴り飛ばした。
| そうなるだろうと予測していなければ見逃したであろう速度で。
| 抵抗する間もなく吹き飛んだ男は、そのまま囲んでいた机を巻き込んで倒れ伏す。
| 痙攣している、死んではいないようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
374 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 21:55:30.70 ID:PqMreSuf
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、
                  / /:::::::::::::::::::::r-=-w:::::::::/:::::::::::i l
                 / /:::::::::::::::イ:/   /::::::::/:::V::::::::i l
                 イ::::::::::::::::/_,/   /::::://ヽ::V:::::::ハl
              /:::::::::::::::::::::/ --ー ,..:::/‐/-- Y::::::::::::::..
             , イ:::::::::::::/::::::/< 云_>:イ   ィ,苡ヽ/l:::::::l::::::::l   参ったなぁ……
            / i:/::::::::,ィ:::::::::/:ハ   / ; l     /:::k::::l::::ハ:;}
            { /:::/:::/ Vl:::::/ ヾ:.、   , 、   /:::/ l::l::/l ;:   彼、悪い子じゃないんだけどどうも気が短くて……
            {::::::::::{  l::::::ヽ ノ::}   __   /:::ノ/_ /::/:::l  il
             lヘ::::ヽ lヘ::::::/::イ,  v -_-_ヽ/ '_,,rイ:::::::ノリ     ……シャナちゃん、お勘定はいいから、
      __       ヾ:.、 ゝハ::::::ゝ       f,.ィ::::::://
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...-...::::::::::ヘ \    , イ/=-' _/       今日のところは帰った方がいい。
  /:::::::::::_, --===≦_ _ > -= _::::::::::::i  `  ´ _l
 /::::::::::/                /.∧   /\......\           キル子ちゃんも、厨房の恵理子を手伝ってくれ。
/::::::::/               / {........lミ....V...../ミ、....lY\- _
/::::::/               /   l\/ミ/三≫彡.....V./  \  - _                         はーいマスター >
 {::::l            _ - /   _ イ..........V-=ミ/.........../ \ _\    =- _
 ゞ::.、       _ -=  / -=/   l...........l ニニi........../    \          l
   ヾ、    r        /    \.....lニニニi....../      \       /l
         }、      >       ヽ l ニニニi../       /     /  i
         /ヘ        \      V ニニニ/       /      /
       / ∧         \     Vニニ/      /       /     l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 倒れた机と男を眺めながら、聖十郎は困った顔でシャナに帰宅を促す。
| 先ほどクラッカーを運んできた給仕も、言われるがまま奥に引っ込んでいったようだ。
| さて、肝心の情報収集がまだなのだが……どうしたものか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓3

     1) 忠告通り、今日は帰る
     2) まだ酒場に残る。

375 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:56:02.27 ID:Zq7mWkxQ
もちろん2!
376 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:56:45.29 ID:8Ez2v5WP
377 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 21:56:50.95 ID:Fi+QSAEv
2
378 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:04:54.57 ID:PqMreSuf
   /          \ \ \   \  \
  /           | :.   ヽ  ヽ  ヽ    \  ヽ
 '  '        |i |   ∨  ∨ ∨\   ヽ、  ',
/ /    /       '  |i    |、   !  }、  \  :.\ }
  '    /  /  /  .:     | ヽ !ヽ./ 、  \ :. ヾ
../   /  /  /   |    |  マ{/ |  ヽ  ヽ.ム
:'    |   '  /i|   ∧    '  ,イ| __ヽ}、   :.   | マ}
|i   !i  ,|  / | /  ∨  / / }/斥ヽァ∨ :.  | }|   スカベンジャーをやっていくのに、
|   ,!ー /|-/― }/ー '  |  '   ,イr ,ら i} ∧ |  ! /
|  /! / ,.ィテ笊芯ヽ | /    比刈  ハ| /  |     厄介ごとから逃げてばかりもいられませんよ。
|   ' | / ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ    |ハ  '
| / {ハ Y  比し'刈  /           {  | ∨      ……一応、ジュースとクラッカー代は
{Ⅵ   {    込_z斗       、       |  :.
|     |                     人  i        先に置いておきますね
ム    :.            ,. v   /  :.  :.
,∧   ム                イ___|_ i                                    そうかい?
i/∧    ', ̄ ̄\      //////////| ヽ                     何かあった時は、自分を大事にね >
///::.     ∨/////| ̄ 7  - '///////////i!  \
///∧    ∨////|   ト、//////////////|    ヽ
////∧    ∨///|  |: :\/////////// /\    \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ここで帰ってしまうのは悪手だろう。
| それに折角の荒事だ、観察すれば、何か得られるものもあるかもしれない。
| それにあの青年、少し面白い身体をしているようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
379 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:05:54.61 ID:Zq7mWkxQ
軍属なら義体なら見慣れているだろうし…
半ミュかな?
380 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:08:26.47 ID:PqMreSuf
              ,. -──-、
             / ,.-、    ,、ヽ
          l_/_ `ー '  !|
        ,..イf|r,==ヽ._∠ニ、h 、._
        / バl.ヽニ゚イ'^|゚ニ゙イリ‐-ハ   こ、この野郎、よくも仲間を!
     / /|  |.u._.゙二.__vjl  / .∧
.   /⌒Y´ .|/ヽ:_ : : --: ;ノ | ./ / ハ
   ∧.  l     。|ニニフ_ ̄ / / ,イ
  ∧   |      |   |. にス.__,/ |
  /〉、_   |      。|   /l _.L/ .}ー‐  |
 /'   ̄7´       |_,∠._|.  {  l   ,'
. ハ   -〈.       。 /ノ   ヽ. , \|   /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 殴り倒された男の仲間が、立ち上がろうとした。
| 震える腕は、椅子を引いているように見せて、腰の拳銃に伸びている。だが
┗───────────────────────────────────────┛
381 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:09:07.17 ID:V7lAlheN
(仲間という概念があったことに驚く)
382 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:10:12.83 ID:Zq7mWkxQ
相手が一人で無手だと侮っているからだろうなぁ
383 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:10:32.73 ID:3tPsUyas
酒場で銃を抜くな!
384 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:10:58.74 ID:PqMreSuf
    厶イ≧<二二>ー、
..ニニ\/     ⌒ヽ  ー、
ニニニ>`    /〃//ハ iミヽ `ー=ミ
ニニ>    / / イ/イ  V/i Vゝー、
>`  .//   ′ /1:!  ゙:.:ハ  \
7厶イ/   /  /|! !   从.イi ヽ、_丶
ニ二     イ i: /≧=:-、イ:f。:'i! |     ッハ、おせぇんだよ三下がぁ!
ニニУ    ム!.:| `ゞ゚"` 乂 从:|
ニニ! 厶イ≧=i ||:.、_ _..:::ァ/ !ヘ!
ニニ!/ニニニニニニ亦アラ厶>゙/
ニニニニニニニニニニニニニ〃ニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニ,イニニニ≧=-
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧=-
ニニニニニニニニニニニニニ≧=-ニニ-‐=ニ ¨ニニ≧=-
ニニニニニニニニ≧=--‐=ニ 三三三三三三三三三三≧=-
≧=--‐=ニ ¨  ̄ -‐=ニ  ̄ ニ=‐-三三≧=-二二二二二二≧=-         -、
ニニニニニニニニ-‐=ニ  ̄ ニニニニニニニニー=ミ二二二二二二二二二≧=-  >
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>、ニニニニニニニニニニニニニニニニ>         \          ≧=-
ニニニニニニニニニニニ≧=-⌒ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7                    /     \
ニニニニニニニ≧=-        ̄ ニ=‐-ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>             YニニニY          i
ニニニニニ≧=-イ          \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、          リニニニニ        イ
ニニニニニニニニム            <ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、        -‐=ニヲ__
ニニニニニニニニ /              `<ニニニニニニニニニニ≧=-───-‐=ニニニヽ、_       ̄ ´  `     i
ニニニニニニニニ !                      `<ニニニニニニニニ|          ヽ、ニニヲ     i|
ニニニニニ≧=-                    `<ニニニニニN            `-‐=ニ _  l||          i
ニニニニニ≧=- ̄ ヽ、_                  `<ニニニニニ、_                    リ          |
ニニニニニニニニニニニニニニ                   `<ニニニニニニニニ≧=-                  ∧
ニニニニニニニニニニニニニ/                     Vニニニニニ/                ヽ、_____ニニ7
ニニニニニニニニニニニニ./                      Vニニニニニ                 ≧=-ニニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニi                      Vニニニニ、       厶               i
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-                      Vニニニニニ≧=-─、
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-‐=ニ ̄                  Vニニニニニニニニニ7                 /
ニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニ≧=、           ̄ ̄ ̄ ̄|       >≧=--‐=ニ ¨  ̄
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニニ=‐-              、___/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 腰がわずかに浮いたところで、青年の拳が振るわれる。
| 先ほどと同じ、並の成人男性のそれより、速く、重い一撃。
┗───────────────────────────────────────┛
385 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:11:23.42 ID:8Ez2v5WP
こんな所でトラブルを起こすとは
386 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:11:42.91 ID:Zq7mWkxQ
ヒューッ♪
387 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:18:07.12 ID:PqMreSuf
                 ,..,:'''  .:.:.'               r''"ヽ,
            _    ,;  .;:' '             _,,,、、j   ''''''''' ‐‐- 、
           } ヽ   ;: ,: ;: : :    _____,,,,-= ''"´ __,,,__,,        }
         ,、 j´ }\,::; ,:; ''           ゝ-''' "´   `ヽ      '.、
.         レ',.,' .l ,>' , -'''',                    _ヽ      .)
.         i. ヽ  i '"´   ヽ‐---- 、              /         ゝ,_,_,,、-‐.、
         ', /  j      ヽ    ゝ、            ヽ、. ヽ,''''''''ヽ    ,、‐.、` ' "´
.      r‐''ヽ'   '    ___ノ‐‐‐-‐ゝ, ``‐-、 _        ヽ ヽ、  \
      ヽ,,__,,-、,,__,,、-'"´          ` ‐-、 ` , -'        ,r'´   "´
                           ``''    ._,、 ‐ ' "´
                            _,、 ‐ ' "´
                      _,、 ‐ ' "´
                _,、 ‐ ' "´
          _,、 ‐ ' "´
    _,、 ‐ ' "´
‐ ' "´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| また、男が殴り飛ばされる。
| 決して小柄でも、やせ細っているわけでもない成人男性が。
| あの青年の体、やはりフレッシュな人間のそれではなさそうだ。
| ……どうやら角度的に、男が吹き飛んでくるのはこちらの方向だ!
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓3

      吹き飛んでくる男にどう対処する?

   1) 横に避ける
   2) 打撃で撃墜する
   3) 何もしない
   4) 自由記述

388 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:19:02.65 ID:Zq7mWkxQ
389 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:19:46.38 ID:8Ez2v5WP
4 店の備品に被害が行かない様にキャッチする
390 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:19:56.63 ID:3tPsUyas
4 打撃してチンピラにパスする
391 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:21:05.87 ID:PqMreSuf
受け止めるのは予想してたが、キャッチボールかぁ……これはひどい。
いいぞもっとやれ
392 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:22:07.76 ID:Zq7mWkxQ
ボールは友達!(顔面サッカーボールキック
393 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:23:00.71 ID:8Ez2v5WP
キャッチボールしようぜ!ボールお前な!
394 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:27:22.73 ID:PqMreSuf
  /   |   |    |!                   ////    ..:  ´   _,..ィ/////////////////////
  |     |:.   |    |'              ///   ,  ´    ,..ィ////////////////////// /
  |     | :.                  ____    {/   /    //////////////////////////
  |     | :.           ,.  ´         `丶、!  /    ///////////////////////////
  |   { {        _,.ィ  ,  , 、   、   \     ///////////////////////////
  {  \|       // /  /  ヽ  ヽ、    ヽ    ///////////////////////// /
   '.    {     / '   /    }    ∨ 、  \  :.  /////////////////////////
   ',         / /  /    イ     |  \  \ } /////,ィ=- _,_/////////////
     \     / /  ∧ 、  | |ハ    { ',  \  ヽ /r-― 、    7//////// /
       \   〈 /  / ∧ \{ リ〈     | :./  ヽ  ∨////∧   イー――― '
      //\  イ   / { |{ 示ミ、 ∨  ,.ィチ__   ', ∨/////-- '
      /////\{  /|  | { 弋り  ∨  叭芹∧   .   ', ̄マ ',
    ////////|  {_!  ! iム      \ 戈zソ/ハ  }  |∧. マ ,    このままだと店主まで巻き込まれる……なら
   {////////,人 i |  | i 込   '    \} ,.: : : |   |!   !  {_ _r=--ァ
   |//////////,\i|  |∧  > `    ィ{ ヽ: : | | ||   |   〉=r=r'
  r7///////////// |  |/∧ }// 7 ´-- 、 ∧:/! ! !!   ! /' ∨ム
  l///////////////|  |//∧ }////////>、j/ 从jリj  / /    ∨ム
  l///////////////|  |////リ/////////// `ー' | /イ     rⅥノr-,、
  l///////////////|  |//{//////\//// 、     /!/  ̄`7__  | -'´/〉
  |////////////// ム |//|//////// \{ \\__/ /     /: : : `{     '
  \//////////////} |///> 、///////>-  _{___/_,ィ77 ハ  /
    \////////////| |///////> 、///////////////////////∧_'
      ̄`ヽ///////,|リ///////////>、/////////////////////¨´
          ∨/////////////////////`_>―――――'' ´ ̄ /                                グエッ >
         ∨///////////////////: : : : : (_): : : : :/: : : : : :/
           \/////////////// /: : : : : _,. : :': : : : (_): : : ,
            \//////////// /: : : : :`ヽ、: : :_: : : : : : : /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 吹き飛んでくる男を見据え、腰から軍刀を鞘ごと引き抜く。
| 正面から撃ち落とし、被害は押さえることにしよう。
| 男の腹に鞘を突き立て、押し込む!
| 青年の怪力を考えれば、手加減の余地はない。床を強く踏みしめ、押し込む力は全力だ。
┗───────────────────────────────────────┛
395 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:28:44.94 ID:Zq7mWkxQ
一片もて加減のない仕打ち、YESだね!
396 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:34:20.42 ID:PqMreSuf
                                         /⌒ヽ
                              __       .l   /
                                  〈.  `ヽ   r'′,/`''‐‐――-.、
                            _,,...--‐ ┘-.、|.   ヽ.r'´::::::::::::::::::::::::::::\
                      /::::::::::、::::::::::::::::::| }    \::::::::_,,-'⌒::::::::::::::〉
                          l:::::::::::::::::::`ヽ.::::: /´       /::::::::::::::::::::::::::/
                       ',:::::::::::::::-‐''":::::: ̄"'''::‐‐-v' ::::::::::::::::::::::::::::/
                         ヽ_,,.. -‐''"´::~`゙"''‐- ._.:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::::::::::::::::/
                      /::::r;;;;;;;;;;-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::::/
                      /::::::::::`""""´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',::/
                     /:::::::::::::ゝヽ‐''"`ヽ-.、::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                  /   ζ        ヽ::::::::::::>-..,,:::_,,-''
                  ,,-''´    /          l::::::/:::::::::::::`ヽ  グボフッ
.              /:::::::::::::::::::::/             |::/::::::::::::::::::::::::::\
          /:::::::::::::::l::::::::::ヽ            トl::::::::::::::::::r.<ヽ、::::ヽ、
           /::::::::::_:::::::`ヽ_,,..-|        / `゙".>''"::::::::::::::::::::/
        l::::::::::::::::::┴┐/   `"''''''v_,,..-''"´ _,,-''":::::::::::::::::::::::::::/
           ヽ、:::::::::::::::::::\          _,,-''::::::::::::::::::::::::::::::::/
              \:::::::::::::::::::::\   /――‐‐'ヽヽ:::::::::::::::::_,,-''"´
            \:::::::::::::::::::::\ ヽ     /ゝ>_,,..-''"
               \::::::::://‐-.._\_フ‐'
                 \〈/Y´ 、ヽ_〉
                   ヽヽ Y__/
                        `~´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 男の体は、シャナにはずしりと重かった。
| 押し返すことには成功したが、その勢いはあってないようなものだ。
| 吹き飛ぶというより、転がると評した方が適切な動きで青年の足元に戻ってきた男は、
| ダメ押しのように背中を踏みつけられた。無論、青年の足にである。
┗───────────────────────────────────────┛
397 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:36:47.15 ID:3tPsUyas
シャナの二つ名はバッターになるかなw
398 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:42:30.13 ID:PqMreSuf
                        _ ,r ´ ̄`
                       /  ` i!´ヽ `ヽ \
                     /   ∧/ !   、  .  ヽ
                        /   /彡"゙!  ト、       .
                    /   /   //'i i-‐ヽ       .
                      /  .  !-‐ 、'/ーrリセァi  i    !   それでテメェら、まだ続けんのか?
                  /  i  ir_セアi  ′  li、  、   !
                    / / .: i、i    , 、   l. i !:.   !   例え銃を抜けても、この距離だ。
                 / / ! .::.:'.:.ヽ   __ ィ li i !i.:.i   i、
                 ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ヾ二ニ ' リ'/リ.:.i!.  !リ   引き金を引くよりテメェのドタマカチ割られる方が早いか、
                 i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、      /'::'!.:.i !  /′
                     ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/     試してみるか? あ゛あ゛?
            , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ
           /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _
           {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _
           }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧
            /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
             /ニニニニiニニニ∨/ ノ迅ニ\!  i/=〈  べ、'ニニニニニ/ニi
         /ニニニニニiニニニ∨∧_三ニ=-‐、三ニ / ノ>ーヽ ニニニ/ニニヽ
           /ニニニニニ{ニニr=ニ二ニニニニニ. こ/.ノ ,.::ニ=iニ´ニiニニニニ‐-
        〈ニニニニニニ}ニ∧=ニニニニニニi  ごィ/ ,ィ‐ iニニニニニ=-ニニ}
         /ニニニニニニ/ニ´ニニ.=ニニニニニニi   に_/ 二_ 〉ニニ=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、___
        /ニニニニ=‐ニニニニニニ、=ニニニニニiー、-rt〈/丿 '/iヽ´:i:i:i:i:i:i' /A\ 、i:i:ii:i:i:i:}
     /,ニニ/´ニニニニニニニニヽ=ニニニニニ}ニ{`ヾ- ´  /ヽ!ニ\:i:i:i:.<<£>> i:iii:i:i:i{
    /二/ニニニニニニニニニニニ}=ニニニ=‐'ニニヽ  ー   / !ニニ=r、:..\V/ .:i:i:ii:i:i:i}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                     殺す気でやる
| 脅しである。銃を抜いた以上、次は 頭を割る と、青年は脅しをかけた。
| 倒れた机の周りで固まっていた男たちはしばしかたまり、青年を見、店主を見、腰の銃を見た。
| そうして誰からともなく、倒れ伏す二人の男を担ぎ、店を出て行こうとした。
| 
| 『勘定』 短く店主が告げると、倒れた男の懐から数枚の紙幣を取り出して支払い、
| 彼らは今度こそ出て行った。
┗───────────────────────────────────────┛
399 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:45:44.30 ID:Zq7mWkxQ
自分のじゃなくw
400 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:46:44.45 ID:8Ez2v5WP
掃除が大変にならずに済んで良かった
401 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:47:31.33 ID:Zq7mWkxQ
吐かれてないなら良し!
402 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:50:05.32 ID:PqMreSuf
.   〃|    /  |   | | 斗\  .|  ∨     |       |     |
.     |   /   |   | | |厂  \ |  ∨     |       |     |
.     |  /|    .从   | / 〃云弍゛X}ア   ∨    |       |     |
.     | / |   / N  |    iレ i  /   ∨  .|       |     |
.     |/  |  /  .ヽ |     込/      ∨/.|   ..ヽ   |     |  ……すみませんマスター、
.     i!   | /      ヽi                /    |   /    |       |
.       |/    ,ィ'             /     .|b 〆    |       |  騒ぎに加わりました。
.             ヽ                /       |_ ,      .|     .|
.                ヽ               /      .|         |     .|            あー気にしないでいいよ >
.             丶ヘ         /       |         |       |
.            /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|     |           シャナちゃんがやらなきゃ、
.              /    .ハ    |ヽ                    |     |               僕が墜としてたから >
.          /     ヽ  .斗 ヽ                    |     |
.          |            i               i     i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| カウンターの席に座り、謝罪する。
| 店主は気にしていないと手を振りながら、さらりと暴力を認める発言をする。
| 当たり前と言えば当たり前である。
| こんな荒くれ共が集まる酒場だ、店を開くには度胸と暴力は必須だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
403 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:50:45.56 ID:Zq7mWkxQ
dsynー
404 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 22:51:16.68 ID:8Ez2v5WP
店主さんもお強いのね
405 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 22:55:51.28 ID:PqMreSuf
              ,..ィ::::-=,::::::::::::::::::\
            /:::八::::,,,:i::::i:::::ヽ:::::::::ヽ
            /:::::/::::从~ }:::ハ:::::::i::l:::ヘ::\
          //:::/::::ノl:} /:/_,ト ,:::l::l::::ハ::::::ト.、
         ///:::/::::,イ-{、// __ , l:::l:i::::::}::::l ヾ   だからまあ、カウンターにいる時は、
         V {::::{::::::i __ ,, ヾ、   l:::l;:::::::l:::リ
          ヽy::::::::ハ  、    {;イ ゝ::l:从     次の機会があっても座っていて構わないよ。
            }::{::::ム  _  - '   /l:::::人
            ゞ乂::::>、 ''   ,.イ l:::::}ヾ   __ 今回は僕がやったと勘違いしてくれたみたいだけど、
               ソ __\_ イ__|ゞソ:::::::::::::::::::::::::::::::.....
                ハ }  ∧   ト 、  ̄ ヾ:::::::::::::::::ヽ いらない敵意を買うのも面倒だろう?
           __  -=/ ヽ l__/  ヽ  /  i --  _}_ヽ::::::::ハゝ、
             / l  イ//ム/ \/   l       >、:::l
       /    /  l  {///   / \-- ヘ     /  l:::ノ  ……っと、おや。
       i     {    l ,ィ-=/  /     〉     /
           l   l ////  /    /      /    l
      l  l    i   l////}/    /
      l  }    l   {///    /       l
      l {    ヘ  V/    /         l     l
       } l     ヽ/   /                l
        l     /  /
      / il     l /              l      l
      / i     l ^               l      l
     l  l     i ○               l      l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なるほど、大人数で机を囲うのでもなければ、店主のそばが安全と。
| 有り難く、次に来店した時の参考にさせてもらおう。
| そう納得していると、店主の眉が微かに動いた。
┗───────────────────────────────────────┛
406 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:00:15.27 ID:Zq7mWkxQ
コミュか?
407 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 23:06:29.78 ID:PqMreSuf
              /                   \
            .//  ,.、 r,             ヽ  ヽ
           ./ ./    爪 从  ',       ',     ヽ  ',
          ,' ,'    i'´ヾ´`}  ',          !       i
          ,'   , .f  l    i , ',  !     l       .i
          ,'   ,' !  {    j /', ', l     .l         i   わりぃなマスター、騒がせた。
          ,' ,'  .'  !  .',   ノ'  } l l  l    l           i
        { ィ  i  i ト、',     l l≦弍!   .リ        iヽ  迷惑料だ。
         Ⅵ  i   jィ≧、   ィ} / ヾ'’ !)  /         .i  i
          l   ヽ (ー`'’)=( j/` ̄ ,ィ  ./  ,'       ./ ./                  ありがたく受け取っておくよ >
            ',  ∧ ∧ー''  } ` ̄ ̄´ i ./  ,'       ./ ./
           \ .',:::',{:::'.,   j        イ /   / .    ,' A /≧.、             けど、こういうのが起きないのが、
           ./ヽi::::::::::::'.,  、....、     l/   /     ,'ノ/j/////〉ヽ              一番のチップなんだけどねえ >
           i  V::::::::::::\ 、ー- 、.,'   /  .,'   ,'///////./ /\
           l   V::::::::::::::::\ ̄´ ̄ ,'  ./   ,'   ,'////////! .l///\  ッハ、そりゃ互助会の連中に言ってくれや。
           .〉、  V:::::::::::://`:.  /彡イ .,.ィ / . ,'/////////! .i/////\
          /: : ヽ、 V::::////i  `./ヽ、 j/ i ./. //////////.! !///////ヽ
     _,.--v'´: : : : /! .\V/////∧ /三三≧、 .i/.|///////////.! !/////////\
   .//l:::::::∨ィ彡': :l l//////// .Vヾ三三/ )_./////////////.! !/////////./\
   }//∧::::::::i!: : : : : l l//////{      〉ミシ  ノニニ二ミ .<////.! !////////////,\
   l///∧__ノi!: : : : :l l//////∧    /ニニ',  //////////.\\//.! !//////////////,.\
   l////∧:::::i!: : : : ! j///⌒ミヾ、 /ニ二ニレ'/////////////\\j i////////////////∧
   l//////ーイ: : : : i! レ'/三≧z Vニニニ/////////////////ヘ、///////////////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 店主の視線を追い、背後を振り返れば、そこには先ほどの青年が立っていた。
| 彼は懐から一枚の紙幣を取り出すとカウンターに置き、そのままシャナの隣の席に座った。
| ……一瞬見えた表面からすると、100円札のようだ。
| そしてどうやら、このままこちらで飲み直すつもりらしい。
| 
| 機械の体では、酒に酔うこともないだろうに。
| シャナはサングラスの奥に見えた動体を反芻し、確信と共にそう思った。
┗───────────────────────────────────────┛
408 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:07:18.32 ID:Zq7mWkxQ
雰囲気に酔うのか、それとも擬似酩酊機能があるのか
409 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:07:51.68 ID:8Ez2v5WP
常連さんっぽいな
410 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 23:13:13.31 ID:PqMreSuf
                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /   でそっちの女。
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l     テメェにも迷惑かけたな。
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/       好きなもん頼めや。詫びに一品くらい奢らせろ
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 二人目の男を突き返したのに気付いていたようだ。
| 男たちと違い、ボケっとつったていたわけではないのだから、当然か。
| 何やら興味を持たれてしまったようだが、さて……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓23:30まで

      青年に何と答えるか、またどう対応するか。
      話題にしたいことがあればそちらもどうぞ。
      質問・延長希望あれば受け付けます。

411 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:16:31.97 ID:Zq7mWkxQ
なぜ貴方ほどの人があんなやつらと同行していたのですか?
その腕なら相手は選べるでしょうに
412 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:16:55.45 ID:8Ez2v5WP
自分の名前を名乗って軽い自己紹介して
よければ名前を教えてもらいたいと尋ねる
413 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:20:29.44 ID:GnUiJ0UC
奢りはありがたく受け取るけど、このお店は初めてなの
何かおすすめのメニューはあるかしら?
414 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:23:38.33 ID:d8wySFrg
先ほどの彼ら、互助会とはどういう集まりなのか
415 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:23:39.15 ID:1W8Bq3UW
お言葉に甘えて、一番高いおつまみ下さい
なんであんな見るからにハズレ枠と組んだの?
趣味? 罰ゲーム?
416 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 23:32:54.77 ID:PqMreSuf
すいませんちょっとトイレ行くので遅くなるかも……

しかしまさか、『名乗ってから名前を尋ねる』を明確に記載する、なんてフラグを的確に踏む安価があるとは……
スレ民、怖ろしい子!
417 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:33:49.22 ID:Zq7mWkxQ
!?
418 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:39:28.95 ID:8Ez2v5WP
フラグとな
419 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 23:51:12.69 ID:PqMreSuf
いやまあ、フラグと言っても初期好感度にボーナスが付くというくらいなんですがね
さあ、再開です
420 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/09(土) 23:51:24.68 ID:PqMreSuf
                  _ ,r ´ ̄`
                 /  ` i!´ヽ `ヽ \
               /   ∧/ !   、  .  ヽ
                  /   /彡"゙!  ト、       .
              /   /   //'i i二ヽ       .                衛宮シャナです。五級スカベンジャーの
                /  .  !-‐_、'/ i´セァ/i  i    !                             ……あなたは? >
            /  i .i´rセア/″ ̄  li、  、   !
              / / .: i、i ̄  , 、   l. i !:.   !  ほう、作法が成ってるじゃねぇか。
           / / ! .::.:'.:.ヽ   __ ィ li i !i.:.i   i、
           ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ヾ二ニ ' リ'/リ.:.i!.  !リ  嫌いじゃねぇぜ、そういうやつは。
           i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、      /'::'!.:.i !  /′
               ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/    オレはヴィルヘルム・エーレンブルグだ。
      , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ
     /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _   知り合いにはベイって呼ぶ奴もいる。好きに呼べ
     {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _
     }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧
      /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 奢りに答えるかどうかの前に、まず名前を名乗っておくことにした。
| すると男は意外にも破顔し、嬉々とした様子で名乗りを返してくる。
| チンピラじみた雰囲気とは裏腹に、そういったことに気を遣うのだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
421 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:52:48.93 ID:Zq7mWkxQ
クリティカル!
423 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/09(土) 23:57:40.23 ID:8Ez2v5WP
好感度上昇ヤッター!
424 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:00:11.09 ID:vYUNfIhr
酒場に入ってからの安価次第では、
原作公式サイトでも使われた「名乗れよガキ、戦の作法も(以下略)」の台詞もありました、はい
425 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:00:34.10 ID:vYUNfIhr
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ  ……ならヴィルヘルムで。
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /                          ああいいぜ、シャナ >
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /     それでヴィルヘルム、
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|       おごってもらえるのは有り難いし、甘えさせてもらう。
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ       けど、生憎この店は初めてだから……
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|         おススメとかある?
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧                      あ? 見ねぇ顔だと思ったら新顔か >
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、彼の機嫌を不必要に損ねずに済んでよかった。
| 戦闘用義体の相手など、一人でやりたいものではない。
| 奢るという言葉にも素直にうなずいておくが、何を頼むかは彼に任せることにした。
┗───────────────────────────────────────┛
427 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:08:33.42 ID:vYUNfIhr
                  /         ヽ  /           ヽ
                 /           ヘ、/ l           ヘ
                / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                / l/        l     l    l lヘ        l  l
               /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l   おすすめ、なぁ……
               /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l
                //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l   つってもオメェ、年からすっと
             // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l   酒なんざ呑んでねぇだろうし……
            l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
          -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l  うしマスター、一番高いつまみくれや。
       , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
      /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
     /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ           ヴィ、ヴィルヘルム……? >
    /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;: うっせぇガタガタぬかすな。
 //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
/\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: 俺がいいつってんだ、文句あるか
;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
:;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:
:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ある。いや文句とは違うかもしれないが、言いたいことはある。
| 確かにおススメは何かと聞いたが、だからといって一番高いメニューとは……
| 微かに心がざわつくが、カウンターの聖十郎はあああれかと一人納得している。
┗───────────────────────────────────────┛
428 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:10:13.14 ID:vnLxH59c
どんなのが出てくるか楽しみだ
430 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:12:08.21 ID:drhvbgBo
好感度あがったって、こいつ攻略対象なのか?
431 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:14:55.08 ID:vYUNfIhr
>>430
パートナー候補の一人ですよー。
そして一緒に遺跡に潜るキャラは、基本的に攻略対象でございます。

現在出てるキャラだと、ベイとくーちゃんは仲良くなってイベントをこなせば、
一緒の家に住む『身内』扱いになります。
そこからさらにイベント次第でより深い中にもなったりしますし
434 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:22:31.22 ID:vYUNfIhr
         W
        \ГΤ
      /__|□≒]_____/                             __  ____     おまたせー。
       ̄Γ___ ̄ 》 ̄                           /⌒ / \ .ヽ、
      / /ЩШ_ ̄'|                          _ ζ   (   )  \  当店の最高額メニュー、
  <   \|_________]\                        /(__ノ  r-=`二´ _    |
    \√#/    ]_/                   ___,--'   _/ / //⌒ヽ   |  戦艦パフェ×2でございます。
     /   /    |                   __/    _,--=  // / ノ / |   |
    ЩЩШ   ///                ,/    __/    r' // / //ノ   ノ   ……あ、シャナちゃん、
 ¶ __√   \____| ̄|///        __,-=== ̄\  /      / ̄ヽ///   /
  ||/шшшш___y---| ̄∃/∠---=/_________==-(仝)      |   )≦ラ/    ノ     量多かったら無理して
 r" ̄ ̄r ̄      ̄ ̄ ̄______〒日〒      ___ r' ̄ ̄ヽ、   ゝ-┴~'    /
├──┼===/__  (∈二∋)/   _____ 「 」      ノ           /       食べないでいいからね。
 \   \    | ̄ ̄ ̄ー――─┼==__L___|  ̄                 /
   L    \   ヽ            ┌─┐----===ー――----------(         ヴィルヘルム君大食いだし。
    ゝ    \   \      |     └─┘                  \
  ∠_     \   \    \     l                      |
      \___ゝ__ ゝ    ゝ   \                      |
       ┴┴   ̄ー--⊂二⊃─===________ ゝ                  ノ
                            ⌒ー------==_______      /
     ※ 比喩表現です                        ⌒=――'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして出てきたのは、一つのパフェであった。
| ただし、異様に量の多い。戦艦の呼び名に偽りなし。とても食べ切れる気はしなかった。
| ……奢ってくれたヴィルヘルムには悪いが、素直に残させてもらおう。
┗───────────────────────────────────────┛
435 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:24:04.82 ID:tXiZYtAh
ヤマトwww
436 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:25:26.43 ID:vnLxH59c
無理して食べても身体に悪いし仕方ない
437 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:25:58.57 ID:NOvNJ1oM
甘党かよw
438 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:27:20.96 ID:vYUNfIhr
                    .... _
                ´ ̄ , 、ヽ ` .、
                 , ´.,.',、 .ソi! .ヽ ヽ  \
              / / 从Ⅵii| i    '.,  '., ヽ
               ,' / i レ´ ̄`| .li .ト、  .'.,  '., i
             .,' i! ilj     レ' l.il__リ i .i  i i   あ? バカ言ってんじゃねぇ。
           ,' /l  |≧=.、   ィリェェァ.) l   .!
         .,'. /l l i f<>'`)=ゝl!-一'll.l l    .!   こんくらい普通に食えんだろうが。
         / ./ l:l从j`  ̄  ,...、   .j!.リ !、 .! .i
        ./ ./l l! l:::::::',   ,. -== 、  l / :i ! .ヽ                             いや、無理 >
       // .l ll.!:::::::::ヽ └─-一’  ,.j/:l .l l ト}
      /   ヽヾ:∧:::::::>.、  ̄  / {;;;:j/l l /                            体格差考えて >
           )ノi} ヾ/,ィ ≧ - ≦  ソ} } ./
     _ _     _,. イ/{  .\   r= ''´  l-.K、   あ? あーそうか、わりぃな。
   _/ミ, ヽ-〈 ̄ : {/////l  .l! l  / l!   //////>.、
  //77ヽノ/∧: : : V///∧  .l、`V  l   ///////.//>.._ 俺の物差しで見てた。
  l/////////∧: : : V///∧ヽi≧==≦l/.//////.///////>.._
  l//////////∧: : : V V/∧ ヾ三/ ////ヽ/.///////////≧:.,
 .j///////////∧: : ヽ V/∧ |三|///// /.///////////////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……当たり前だが、悪気はなかったらしい。
| 謝りながら、ヴィルヘルムはもう一つ運ばれてきた自分のパフェを食べ始めていた。
| 流石戦闘用義体、戦艦も容易く平らげるのか。義体兵の恐ろしさをまた一つ知った。
┗───────────────────────────────────────┛
439 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:29:09.24 ID:tXiZYtAh
そして太らないのだ! 彼らは!!
440 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:34:07.75 ID:vYUNfIhr
   /          \ \ \   \  \
  /           | :.   ヽ  ヽ  ヽ    \  ヽ
 '  '        |i |   ∨  ∨ ∨\   ヽ、  ',
/ /    /       '  |i    |、   !  }、  \  :.\ }
  '    /  /  /  .:     | ヽ !ヽ./ 、  \ :. ヾ
../   /  /  /   |    |  マ{/ |  ヽ  ヽ.ム
:'    |   '  /i|   ∧    '  ,イ| __ヽ}、   :.   | マ}
|i   !i  ,|  / | /  ∨  / / }/斥ヽァ∨ :.  | }|  ……ところでヴィルヘルム。さっきの連中は?
|   ,!ー /|-/― }/ー '  |  '   ,イr ,ら i} ∧ |  ! /
|  /! / ,.ィテ笊芯ヽ | /    比刈  ハ| /  |    確か互助会とか言ってたけど。
|   ' | / ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ    |ハ  '
| / {ハ Y  比し'刈  /           {  | ∨                          あ? ザコ同士群れてるつまんねぇ連中だ >
{Ⅵ   {    込_z斗       、       |  :.
|     |                     人  i                               誘われてもついてかねぇ方がいいぜ、
ム    :.            ,. v   /  :.  :.                                   同類になりたいんでなけりゃな >
,∧   ム                イ___|_ i
i/∧    ', ̄ ̄\      //////////| ヽ      なるほど、そうさせてもらう。
///::.     ∨/////| ̄ 7  - '///////////i!  \
///∧    ∨////|   ト、//////////////|    ヽ
////∧    ∨///|  |: :\/////////// /\    \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 帰り際、倒れた男の財布から金を払っていたことを思い出す。
| 詳しく聞かなくとも、仲良くなりたい相手だとは思わない。
| それが集団であるならなおのこと。
┗───────────────────────────────────────┛
441 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:35:45.52 ID:vnLxH59c
関わりたくない連中と
442 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:36:35.41 ID:tXiZYtAh
知ってた
443 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:40:43.41 ID:vYUNfIhr
.        / /  /    / /     i \ \ \   ヽ    ヽ    i
      / /  /    / / ヽ    |  斗.-\ー\    ヽ          |
..        /  /     ./ /ト.、 ヽ  |    x=芸气ミ\i         ',     |
       /  /      / /             〃ム ..i:::::うⅥ / i          |  それならそれで、そんな連中と
        /       ′ i.ィチ云㍉\ i      ∨.{:::{.リ   /  N    |   .|
          ノ      |  ヽヤ .{::{,ィ  \   辷匕7  /    /ヽ    |   |   あなたが組んでいたのが気になるんだけど……
.                 八 /    廴ノ             /    /  ヽ     |
                / ハ       ′            /   /   ∧ヽ|   |   訊いてもいい?
                  /  ∧     _        ∠    /|,ィ'/         |
              /   .∧    ヽ__`,  /:::::::::::::::::::::`ト         |   仕事を選べない実力でもないだろうし
                /   /  ヽ        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   |
           /   /     >        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|                    ああ別にいいぜ >
            /   /,ィ'::::::::::::::::::::::`.::::::孑|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /   / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一つの疑問が確信に変わり、それがそのまま次の疑問につながる。
| シャナの見立てが確かなら、このヴィルヘルムという男は戦闘用義体を使っている。
| 先程の立ち回りからわかるように、互助会とやらとは実力も評価も明確な差があるだろう。
| なのに、そんな連中と組んで仕事をしていたのが、解せない。
┗───────────────────────────────────────┛
444 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:45:27.80 ID:tXiZYtAh
気になってたところだ
445 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:51:43.36 ID:drhvbgBo
戦闘用義体…。そうか義体化する前は美少女だったかもしれないのか
446 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 00:52:37.51 ID:vYUNfIhr
     ..,  -=ニ二 ̄ =-
    ∠ /   /       ><`_
.   /  ./   /          i  i
   .,      ,       , ,   | !|
  ,          \ /i /i   i  |
. /      |   | | ./ヾリ_|  i!i|  |
../       i|   |i .|/乂ゞ.i| /.リ  |   つってもまあ、話は単純だ。
 ..,イ     |   |i i|    i|ム | .i!|
. / .j   |i!  |   |ハi    '  ゝハ i|   複数集団の受けれる仕事で、俺と連中がバッティングした。
イ /人 | .   | |i |..|   ,- _ /  | i
.| /'  ヘ',  |ヘ. !|i ト.ト、    ̄ / |!リ     そんだけだ。
. '  /::ハ ∧ ゝムi ヾ≧=- 'ハ ハ
 ../i| |:::: ヤ:∧     ∨n/ノ '√      オメェの見立て通り、実力だけでいやぁ選べる仕事は広いんだが……
::”:: : i| |i ̄ ̄|∧   /ヘi|:::`ヽ
:::::イヽ |i   人::ヘ ./ヘ::::::キ:::::::::ヘヽ      等級はそうもいかなくてな。
::\ニニ`ヽ-イイハ ヽ  ヘ:::ハ,´’<j:::’>,_
::::::::’<ニニ’>, />゙, ヘ:::ヘ'::::`ヽ':::::::/::/   シャナ、オメェ5級だったな。
:::::::::::::::::`ヽニニ.ヘ:::::::::`ヽ .ヘ:::i::`:::::\ /::,'
::::::::::::::::::/,.ヘニ/ヘ::::::::::::`ヽ,::::::::: : 〉.〉:::j                                    うん。なったばかりだから >
:::::::::::::::〈 《;;;;:::i、_/',::::::::::: /::::::::::, ' /::: j{
::::::::::::::::::≧s。` 、:ヘ/ ̄ヘ:::/:::::::::,  イ:::::::iイ    そうか。俺は一個上の4級だ。
::::::::::::::::::::::::::::≧x。ヘ /ヘ:::::://:i|:/イ}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘニニニヘ',イ::::::::{/i;i;i;|     等級理由はまぁ、オメェと同じようなもんだ。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘニニニヘ:::::ヘ/;i;i;i;i;i;ij}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ イヘニニイヘ::::ハi;i;i;iイi;i     だから俺の受けれる仕事で面白そうなやつを選んだら、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ::ヘ//ヾハ::::iイi;i/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ::::\ヽ;;;イ.,イ:::i        連中と共働するハメんなった。そういうこった。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルヘルムが4級。そう聞いた瞬間、スカベンジャーというのは
| どれだけ過酷な実力社会なのかと冷や汗を流した。
| だが幸いにも、その理由は登録が最近だからというものだった。
| 彼の戦闘能力はもっと上の等級がふさわしいはずだ。
| そうでなければ、最低三級を目指している身としては、非常に困る。
┗───────────────────────────────────────┛
447 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 00:53:48.00 ID:tXiZYtAh
こっちも成り立てかぁ…
448 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 01:00:57.49 ID:vYUNfIhr
            /    / / /\/ /}  /   |  '!  ',
        /   _/ / イ≧ュ、/ヽ '  / } ,' ! |i | |_,ハ
         '  ,ィ | ./イ 比i狩   / / ,ィ∧ | i | |  |
       /   { {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/ } | |  |
        /   乂_|i |      /   ム孑イ|! / /iリ /
      ,    _从 |_         , ゞ゚' /|/ / /} /
      ,    ///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /     {////// i!/ト、      ィ{  |   '   うん、参考になった。ありがとう。
     ,    ,∧//////|/{  {`¨´/\∧| !{
     / ,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{ | :.                                     おう >
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i | :.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム {_ :.                   ってあ、それもう食わねぇのか? >
   |///////// }//////////}r‐r\///} |/} |
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ| !/|       だから、多いんだって。
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j! :.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/| :.      食べれるなら、ヴィルヘルムが食べて。
  {////////////}/////////|'      |/ |/{  :.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、ヴィルヘルムの事情は分かったし、
| 仕事にはどうしても等級がネックになることもわかった。
| 生憎遺跡や仕事そのものについての情報は得られなかったが、有意義な時間ではあった。
| 立ち上がり、そろそろお暇するとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
449 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 01:04:32.72 ID:tXiZYtAh
…間接キ(ry
450 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 01:06:32.04 ID:TVRMjrLR
チンピラは金髪巨乳以外は眼中にないからセーフ
451 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 01:15:02.71 ID:vYUNfIhr
                  / //   /    ヘ ヘ \
                 /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
    .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
               / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
          .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
             / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
            │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /   なあシャナ、さっきの話で、
             // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
            /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l     俺らはこの等級にいる間、
            / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
           ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/      ツレに難儀するってのは分かったよな?
             l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
             l / ///   ヘ ∨/      > ト                                 痛いほどに >
               ///.\    \     ∧ヘ l
             //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>       ああ、頭も悪くねぇみたいで安心したぜ。
           /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
          /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\ おら、俺のアドレスだ。
      /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
     ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l  面白れぇ仕事があったら好きなときに呼べや。
    //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
  ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l   俺も、なんかあったら声かけてやる。
 〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
  l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////                        ……考えておく >
 ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////   おう、それでいい。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とうに自分のパフェを食べ終えたヴィルヘルムは、
| 言われた通りシャナの分のパフェに匙を伸ばしながら、紙片を投げてよこした。
| どうやら、戦力としては相当な知り合いを得られたようだ。
| 性格面は、少々考慮する必要がありそうだが。
| 店主とヴィルヘルムに別れを告げ、今度こそ酒場を後にした。
┗───────────────────────────────────────┛

   ヴィルヘルムの好感度がCに上がりました。  (面白い奴だ、気に入った)
   聖十郎の好感度がE+に上がりました。     (新しいお客さんだ。がんばれ)


   ▼ ヴィルヘルムを探索に誘えるようになりました。

452 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 01:15:25.37 ID:vYUNfIhr
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

453 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 01:16:03.47 ID:vYUNfIhr
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       ……ということで、フリーパートが終わったところで終了です。
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       皆さん、お疲れさまでした。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      いやー、まさかヴィルヘルム一人にここまで時間を取られるとは……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    それもこれも、全部安価ってやつが悪いんだ。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
454 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 01:16:16.29 ID:jfFVgXtv
乙ですー
455 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 01:17:26.82 ID:tXiZYtAh
乙ーー!!
しかし高感度いきなりCだ! 現状の最高値ww
456 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 01:18:28.44 ID:TVRMjrLR
乙でした、チンピラ甘党かw
457 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/10(日) 01:18:35.08 ID:vYUNfIhr
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′  
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |    さて、次回はお待ちかねの遺跡パートですが……
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !
         | V        ̄` /    |    ト    チャート整理があるのでちょっと待ってくださいねー
         | 人          7   |     〉
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/   あいや、でもどのみち仲間はその場で選んでいくから書き溜めは……
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ  ふむ、今日の21時か、明日の21時に開始できそうかな?
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /  ちなみに、初期開放可能な仲間はこれで全員ですよー
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
458 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/10(日) 01:18:55.18 ID:drhvbgBo

これが装備の購入とかになるとさらに長くなります
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2616-62a8d854