情報部シャナのスカベンジ日誌 1st Turn 「プロローグ」その5

733 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:02:55.57 ID:LnQNCzkj
           ┏  ━ゝヽ''━.,,ハ,_,ハ,.━.从〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  .;゙ ・ω・ミ/^l  ∠ _ ,'´ゝ.┃.       ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  | ..━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠─へ ヽ、,;'.  ・ ω ・ ミ 冫そ _'´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚'<  ミ∩===[==]=l==つ;; 乙 / ≧  ▽
         。 ┃ ◇> ミ         ; 、'’ │   て く
           ┠─ム┼. ';,          .ミ ゙》⊿∠─┨ ミo'’`
        。、゚`。、    i/ ;;,        ,;⊃ o。了、'' × o
       ○  ┃    `、,~ "∪"゙''''''''''"゙ .ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

                待 た せ た な ! !
        こ れ よ り 投 下 を 開 始 す る ! !
734 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:03:19.29 ID:LnQNCzkj
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              1st Turn 《プロローグ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
735 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:03:43.62 ID:LnQNCzkj
     .  广;で”"'i
       ヽ=y二皿 < じょうじ?
     i.  'yゞ=\.カ
     .\,,.《:!,キ(.《                   おめー出てくんなよ!
       _∥》"》 _》                  絶対に出てくんなよ!? >
          ヽ 丶
 出没が疑われている宇宙ゴキブリさん
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ついにスカベンジャーとして遺跡に潜ることにしたシャナは、
| 組合でアリスの紹介を受け、熟練スカベンジャーやる夫に指導を頼むことにする。
| 目指す遺跡は、正体不明ミュータントの巣食う下水道遺構。
| 到着して早々に男の死体を見つけた二人は、ここに巣食うミュータントがただ物ではないと、
| 危機感を募らせるのだった……
| 
| ……どうしよう、ギャグ的コメントを挟む余地がない!
┗───────────────────────────────────────┛
736 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:04:23.76 ID:LnQNCzkj
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
737 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:05:37.57 ID:LnQNCzkj
         ___
       /     \
      /  ─ ,  , ─\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  ともあれ、ここからは今まで以上に慎重にいくお。
      \      ` ⌒ ´  ,/
       /          ヽ    ……それとも、今日のところは帰るかお?
      |  __,、     ヽ qi
      |  \Fiニニ'`ニfニニfニニ'ヨ|、 それも立派な判断だけども
      | \... ヽ'「:__。__:_・_゚j,,.!コ===ー!
      | 〈,,/ヽ___)ニニ〔lニlf ̄                         いえ、どうせなら写真くらいは…… >
.      .|   /.:::. ア ~''''~ | ii:|
       i     \ ::::/  キュム  オーケー、ただし安全最優先だお。
       \     |::/ キュム
         |\_//                     ……その前にやる夫さん、一つ伝えておきたいことが >
         \_/          なんだお?
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やる夫は短機関銃の握りを確かめ、シャナの手は自然に腰の軍刀に吸い寄せられた。
| ……最悪の事態を想定し、手札は全て使えるようにしておこう。
| 死体からもたらされた情報は、そうシャナに決心させるだけのものがあった。
┗───────────────────────────────────────┛
738 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:06:23.66 ID:GabYeUMy
ダチョウ倶楽部的ノリリw
739 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:07:14.70 ID:LnQNCzkj
.       /     /    /  /    /    `ヽ、 \          Y
      / ,'    .' /   /  |      |  | 、   \  ヽ           }
.     / /   / /   /|   |      |  {  \   \ \       |
    / イ   / /   ∧! ,| {i      |!、 ∨ 、  ヽ   ヽ ヽ       |
     |   :  !    | |、/| |マ    :|{ i\\\ ∨   ∨ ∨     {   この先厳しそうなので、隠さず教えておきます。
     i   '  |   | | \.| ∨   :| リ  \}/\}ト、  }  〉      、
     {:  |  |   |{ {/_\ .   |    /,..ィ芯下ヽ // /         ヽ 実は私、ESP持ちで……
      Ⅵ i|  {   |圦 {ら気、:.   |   ,イら__rメ} /| |/ イ/}         :.
       {从{从i:.   ト、   比j刈 ∨ {     比j刈   } | {// |           :. 自分だけなら、テレポートみたいなことができます。
          八   | ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{ |// !
              ∨ j! ム        ,        /// リ///         :.                     ……そうなのかお? >
         _,ィ//∨|  人       __       ///////// |__         }
         ///////リ   {>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、   | はい。それで父に刀も習ってまして……
      /////イ/// |   |/////>     イ |//////// //////////∧   |
        {/////////{|   |//////////「 ´  {//////// {///////////}                        なるほど、納得だお >
       ////////// |   |//////|/// |\__|////////////////////|    |
      , ///////////|   |//////|///ム    j!////////////////////!    !              隠してたのは気にしてないから、
                                                          ここからも力を合わせて頑張るお! >
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ここからも力を合わせて。ここから『も』、か。
| なんとなく、言葉のニュアンスから察する程度だが……特別扱いを変えるつもりはないらしい。
| シャナがESP持ちだからと無闇に頼るような人物ではないと。ほっと、息を吐く。
| ESPの存在を明かしたことは、失敗ではなかったようだ。
| まあESPだけで人を判断するような人間なら、アリスが紹介するわけもないか。
| 話は終わり、二人は再度奥へ向かう。
┗───────────────────────────────────────┛
740 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:08:08.58 ID:GabYeUMy
善人だよなぁ…
741 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:09:32.19 ID:LnQNCzkj
           【MAPデータ】

                              |       |
                              |       |
                  | ̄ ̄ ̄ ̄|.   |       |
                  |        |.   |       |
                ̄|   | ̄    |       |
             / ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄.       |
           /  2                  |
         /                       |
       /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /      /
   /      /
 /      /
 |  1   |

 ■ 0 ■



  0.送迎車発着場
    標識が立っているだけ。帰りはここで送迎車を待つことになる。
  1.下水道入り口 済 【現在位置】
    遺跡の入り口。内部を探索するにはここから入っていくしかない。
  2.下水道浅部
    入り口から中に入り、比較的浅い位置。少し進んだ先に、小部屋と曲がり角が見える。


┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 少しずつ歩を進め、緩やかなカーブが終わりを告げようとしている。
| 僅かに死角の生まれる瞬間。
| 二人は自然、足を緩め、角をのぞき込んだ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択肢が一ヶ所のみ為、自動的に2へ移動します。

742 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:10:43.66 ID:GabYeUMy
鬼が出るか蛇が出るか
743 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:12:50.51 ID:LnQNCzkj
   _
  f´ . :  ̄`: .、
  ゝ、_. : . : . :``¨ー-. . == --一-- 、,_
     `ゝ、. : . : . : . :ー<ij>、. : . : . :ノ、_
       t,-一i, . : . : . : 、ゝミ>、/´x x  ``¬- 、
  、 fj_,.ィ,.、,、  '^!'iィ、_. :,..=、. : `ー イ x x x x x ' ゙`,. -、‐`ー 、
  Y -、::::::::::::::,.、::::::::::`ヽ'ミヽ. : . : v x ッx k'_``)(≧ ,. - '´ ̄`ー‐- .,_
   `ー、``ー''^¨`ー一'" ー-. . ヽ. :ィxシ'´x x x _,. - ´x x、'"///,.´-‐ ≧,三,.フ、ー-_ .,__
      `` 、     . . . . /x.x.x x x x x x x x x x x彡≦k_,.-',ン、-'",.X‐'"_,.>、三二ヽ
          ``ー 、. . . . /x.x.x x x x _,. x x x x x x x xニ,. ィ、_,/`,.、'"^_,. -‐ ヽ¬ー
             ``¬x.x.x x x ,. -'"x x x x x x x x x x x x ン、´,冫、´_,.`-<'" ヽ二
      -=三``ー─---┘,.ィー '"´x x ,.x x x x x x x x x x x x x(__,. 'ヽ _,. -、'" ヘ _
      ‐=ニ二x.x.x x x x x x x x / x x x x x x x x x x x x x└γ'"ヽ _,. -‐'"
        ‐=ニ 、x.x.x x x x x x /x x x x x x x x x x x x x x x `ーr'´   ゝ _,.
             ``ヾ、x_x x_x_,.ィli x x x x x x x x x x xー- 、_ x x  >r-‐ '"  _
                  ̄    ヽ x x x xミ x x x x x x x x ヾ x x ∧  ,. '´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そこには一匹のミュータントがいた。
| 二人が存在を危惧している、それではないが。
| 既に水は引かれて久しいというのに、かつて水路であった場所の真ん中に、
| 一匹のワニが鎮座していた。
┗───────────────────────────────────────┛
746 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:16:30.48 ID:IEQRAzaa
バリゲーターじゃなくて良かったと見るべきか
747 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:18:30.38 ID:LnQNCzkj
         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\                              入口のとは……多分、違いますね >
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |  だお。こいつは鉄鋼ワニだ。
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、 名前の通り皮膚がバカみたいに頑丈な奴で……
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘! あーくそ、45口径じゃ外皮は貫けんお。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 流石は熟練スカベンジャー。一目見ただけでミュータントの種類を看破した。
| どうやら、外皮を狙う限り手持ちの銃器で対処するのは不可能な様だ。
| となれば、多少手を考えねばなるまい。
┗───────────────────────────────────────┛
748 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:18:55.74 ID:GabYeUMy
出番だシャナ!!
749 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:20:19.70 ID:EUbu5sZX
でも酸だけは勘弁な!
752 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:27:52.19 ID:LnQNCzkj
       ____
      /      \
    / ─    ─ \
  / -=・=-   -=・=-. \  まあ、打つ手はあるお。
  |  u ,  (__人__)  U |
  \    ..` ⌒´   .〆ヽ  目玉や口の中を狙うとか……
   /          ヾ_ノ
  /rー、           |   あと手榴弾なら十分ダメージになるはずだお。
 /,ノヾ ,>         | /
 ヽヽ〆|         .|
                                                   ,......、
                               、        ____,,.--―-、!:::/`ヽ、
                              ,-、ヽ、    `ヽ,::::::::::::::::: : : : :`ヽ
    私がテレポートして斬っても……         `ヽ>ヘ┐ //::::::::イ:::::/:::::::::: : : ヽ
                              .    YV/^ヽ」::::::へ/!:::イ!ト::::::i::: : : : 、
 < え、斬れるのかお?                   ノノ`ヽ、〈:::ヘF;;}'、::{_ リゝ::::|:::: : : :丶
                                      >/,' し ヽF;;;;|リ:ノ::::::: : : : :\
    並の金属程度なら斬れます。                〃ヘ\ iヽ ー' |:{゙)::::::: : : : : :\
                                          Yヘ し'ー''^ヽヽ::::::::::: : : : :ヽ:\
 < お、おう……考えてみるお                          L_X___」 ト、\)、:::::::::: : : : }ヽ丶
                                         <, 介、〉__人`ヽ○`¨ヽ::::::: :!  ヾ、
                                           \____>へ  へ「   ):ノ
                                           ヽ | `ヽヽ  \''´
                                                U   `~   \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまあ、打てる手はこんなものか。
| 困難なのを覚悟して銃で急所を狙うか、爆音が響くのを覚悟してグレネードを使うか……
| ……やる夫は半信半疑だが、シャナが刀で切り捨てるか。
| やる夫の選択は……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓3

    1) 銃で目玉や口を狙う。
    2) グレネードで爆殺する。
    4) シャナが刀で斬殺する。

753 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:28:26.28 ID:GabYeUMy
もちろん 4 で
754 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:28:45.99 ID:++mWsPsZ
自分で出来るってなら3かなぁ
755 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:28:54.62 ID:/NibNiZ/
756 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:29:09.61 ID:++mWsPsZ
(やっべ3なかった・・・
757 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:29:35.42 ID:LnQNCzkj
……あ、シャナが斬るのが3じゃなく4になってる(タイプミス)
758 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:29:36.28 ID:GabYeUMy
ほんまやww 3のところが4にwww
759 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:30:10.64 ID:LnQNCzkj
みんなよく反応してくれたな……3でもシャナだったから安心して!
760 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:34:46.83 ID:GabYeUMy
3 プラプラ様の石像の前で、パンを尻に挟んで右手の指を鼻の穴に入れて左手でボクシングをしながら「いのちをだいじに」と叫ぶ
761 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:36:11.00 ID:IEQRAzaa
3がないからって勝手に選択肢を増やすな!wwww
762 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:38:58.29 ID:LnQNCzkj
                      ____
                 .ィ:i  /      \
                 |::|l| / \   ノ    \
                ィ;|:;||| /(● )  (● ) u \  よし、必要ならやる夫も支援するお。
              ,イ⌒iイ:! |  (__人__)       |
              ト,三l^l:;| \ ` ⌒´       /   拳銃にはサプレッサが付いてるから、
                    ゙l⌒ ´| /´/´`、ー‐  Y   l|
                   |  .|./ |_ハ_  \ /  /|    音も響かんお。
                |  イ  |  ヽ  ´   / |
                ト、   /    \ _ /   |                       じゃあ、私が飛び込んだら
                   /   ヽ.        |                          適当に撃ってください >
                   l    |        _⊥-‐ 、
                   l    _,l       ̄/     l 任せるお
                  γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´
                  (___〉    ̄ヽ --‐'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 隠密を大切に。刀とサプレッサー付き拳銃で、静かに始末することにした。
| シャナは腰から刀を抜き放ち、やる夫はホルスターから拳銃を引き抜く。
| あとは、タイミングを見極めるだけだ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 戦闘判定 1D100+刀剣(24)+軽業(15)+銃器(18) 目標値:60

   ↓1~3 シャナの奇襲、及びやる夫の援護について自由記述
   ↓3    ダイス採用

763 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:41:14.08 ID:GabYeUMy
【1D100:69】
飛び込むタイミングはシャナがハンドサインで指示する
射線に被らないようにシャナとやる夫の待機する位置をずらす
弾がぶれない様に膝を立てて半狙撃状態で狙おう
764 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:46:02.40 ID:EUbu5sZX
【1D100:55】
付近の小部屋と曲がり角から新手が来ても対応できる心構えをしておく
765 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:47:28.82 ID:++mWsPsZ
【1D100:78
ごめんもう何も思いつーかない☆ミ
767 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:48:24.26 ID:GabYeUMy
>>765
だがその出目はナイス!
768 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:48:34.88 ID:LnQNCzkj
はい、ダイスだけで成功ですねこれは。

ところで皆さん、提示された固定値の合計と、目標値の差をご覧ください。
……これが誤級とベテランが組んだ結果です。
770 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:52:03.16 ID:LnQNCzkj
やる夫の銃器は半減してもよかったかもしれないとちょっと後悔。
やはりやる夫を連れてきたのは過剰戦力でしたね。

……まあチュートリアルだしね、この遺跡は!
771 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:53:14.11 ID:GabYeUMy
なお本命
772 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:53:46.40 ID:LnQNCzkj
(場合によっては情報部員辺りの特性も乗るから自動成功にすらなりかねない低難易度である)
773 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:54:32.23 ID:LnQNCzkj
>>771
引き際を知ることも立派なチュートリアルだから……(震え声)
774 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:55:38.43 ID:LnQNCzkj
  ダイス【78】+安価【15】+特技【57】 > 60 成功!

\::.ヽ ^::.::.::.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\/.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
`<.::.:.::.::.::: ;、;、;::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:':.:.:.:/` :.:.:.`:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:',::.::.::.::.::.::.::.::.::
   \  ;、;、;、;、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:/`.:.:.:..::.:.:./   .:.:.:.`.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iハ.:.:.:.:|::.::.::.::.::.::.::.∠
   /.;ヽ)_;_;、::.::.::.::.:,:.'":.::.::.:l.:/.:.:.:.:./.:.:.:.`.:/ 、 .:.:.:/.::/   .:.:.:. /.:`.:| .:.:} .:.:.:.:.:.:l.:.:|.:.:.:.:|;、;、::.::.::.::.:/
 _〉.;.//.; く.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:N .:.:// .:.:.:.:.:/ .:.:./.:.:.:/` :.:.:.:/| .:.:.:| :.:./ .:.:.:.:.:. i:.:.|.:.:.:.:|;、;、;、;、/
;、任抂抂L/;、;ヾ、 .::.::.::.::.::.::.:.| .: /|.:.:.:.:.:./.:.:.:Х/.:./| .:.:.:.:/  j .:.:/.:.:∧ :.:.:.:.:.:,' :.:|.:.:.:.,';、;、;、;、ヽ___
_片「゙ヽ爿;、;、;、;'^⌒ー/⌒\.:レV.::| .:.:.:./.:.:./≧ヘ/ │.:.:. /   /.:./|.://', .:.:.:./ .:.:.|.:.:/;、;、;、;、;、;、;、::::::   (……仕掛ける)
、;、;'⌒´ ̄ ̄ ̄ ̄/ :::、;'、;/ ̄ ̄! .::./.:.:;ハ! {{ト弘 │:.:./   /.:./x':.:≧k |.:.:./ .:.:.:リ.:/::::;、;、;、;、;、;、;、;、:
、;、;'、        {:: /:、;、;'/::::::::::::::::|.:./:|:.ハ  V::::小、| :.,'  /.;イ升i:.か㍉|”/}.:.:.:.火:::::::::;、;、;、;、、;、;、;、
 、;、;'、      ∨::;、;'、:!:.>'"´:.:.∨-!;小   込リ ヽ{    f圦:::ン  /イ/.:.:/)ノ:::::::::::;、;、;、;、;、;、:/
ー‐=< ___  \_;>.'".:.:.:. -=:/::::/:::ハ    ̄         `=≠   ' ///イ:::::::::::;、;、;、;、;、;、;、;、
:::::::::/::::::::::::::::::::\/.:.:.:.:./::::{::::/:::::::::/:::::ゝ     '             〃.:.:./ :::|::::::;、;、;、;、;、;:::::/|
:::/:::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.: /::::::::::∨:::::::::::::::::::::::l\   - 、       .イ :.:.:./l::::::|`;、;、;、;、::::;、;、;、;、l|
:::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:/j :::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::|  ヽ、      -=≦※.:.:.:./:/::::/;、;、、::::::::::::::/::::::::||
:::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:,:'::::::: {::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::〈     |`ア ;、;、;、/:::/ .:.:.:../::::;〃、;、::::::`::::::/:::::::::::||
::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::∨::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乙フl     //;、;、;、;、;、;〃;、 ::::::::::::/:::::::::::::::::||
: ::::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:/::::、;、;、;、ヾ:;/        `   //   |ヽ  /.:.:.:.:.:.:./::::::::{{:::::::; -=彡'::::::::::::::::::::jj
::::::::::::::: {:.:.:.:.:.:.:./::`:::::::.、;、;、;、i、;、;、;、、;、;、;、、 /、/   j∧/ .:.:.:.:.:.:/\:::::}厂:/::::::::::::::::::::::::::::::::〃
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やる夫がシャナの後ろに下がり、数拍。
| シャナが簡単なハンドサインを出し、角から飛び出す
┗───────────────────────────────────────┛
775 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 21:58:30.27 ID:LnQNCzkj
                   ,._      _,. ---- 、 て
                /  ` >'"´       ヽ、. そ
               ,/´   /     , ,.=≦、 、   ヽ 、
              ,./,..:::::::.f    ,.、'"く{ {リ冫  ヽ_    ヾヘ
           _,./'"   _><´ `ゝミ三彡'"   `  ヽヾiヾ{-、
         ,.-'"      /´    ー----‐ー 、        ヾ| lヾi_
      , '"   _,.. '"           ,...、.._  ヽ、 ヾ;} |``}ヾ`}
    ,. イ   i'''""´      _, ..,_,.. -‐ヾ    ヽ ヽ、 ヽゞ;: 7ヾゝ/ヾヽ、
   〈 ,   ;ョ ,. ィ´``T "´ ヘ、  ヽ   ∧_,..、!__ ヽ ヽヾ; /、/ 〉-ノ_/
    i,ゝ-==-'’'"  ヽ   `i _i,.∧∧ ,v‐'" ̄ソ 、 ``ヽ  、' /ヽK  } 冫
    ゝ{{_ {!_,. -‐¬`ー-‐"ソ   ̄ `´      ,!  | ',ヘ ∨ヽL ノ `} ヘ,
      !`´    . ノ  ;'  _ ,... _ ,!        ノ ,/ ; 〈 ノ  Y>ノ--'、
      ゝ、、、、、,. ェ‐ ''"´      `` ー-= ..,__ ,ノ'  ノ / ̄ X X X Xヽ、
        `¨ ´   `ヽ= ヘ、              ,. / X X X X X X X ∨
                 ゝ、          彡≧/ X X X X X X X X X∨
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                 シャナ
| 突如として視界に映った獲物に対し、ワニが緩慢に体を起こす。
| ここに入って初めての獲物だ。ありがたくいただくとしよう……そういわんばかりに、
| 爬虫類の目は食欲と、殺意に満ちていた。
┗───────────────────────────────────────┛
776 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:59:03.10 ID:IEQRAzaa
流石軍人の娘。ハンドサインなんて知っていて、ワニ相手に接近戦挑むとは(汗
777 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 21:59:04.24 ID:GabYeUMy
だが膾だ!
778 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:03:23.22 ID:LnQNCzkj
           ____
         /      \             l,
        /   ─    ─         ヽ,;:''"゙゙''":./, -‐
      /    ( ●)  (●)'、 ,,_____,,,、,;:'';:''"゙゙'':.,/ -‐__――_━ ̄ ̄
      |         (__人__)  y"_//___イニニニfi ,;:''  -―‐    -―=== ‐
       \ _    ` ⌒´_,イ~ ̄マニフ,="´ ̄´ ..,::',. ..,::'、‐-  _ ―― __――_━ ̄ ̄
       /´  `゙ ̄ ̄´; "     />´     ,' ':.:、,、‐-  _
       〈    _...;::::──,"i ̄´イ   おっとワニ公、おめーの餌は鉛弾だお。
        i  ´ ̄       /、. ̄,/
       |           | 
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナは横目にワニの姿を捉えながら、前進を続けている。
| その影からやる夫が飛び出し、片膝を立て拳銃を乱射。……別段効いている様子はない。
| だが皮膚に当たる豆鉄砲の感触に、ワニの視線は、やる夫に移った。
| 丁度、やる夫が1マガジン撃ち切ろうとしたタイミングのことだった。
┗───────────────────────────────────────┛
779 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:04:41.69 ID:GabYeUMy
視線をそらしたな!
780 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:06:10.86 ID:LnQNCzkj
\ \                                                    /   /
  \ \.                                             /   /
   \ \                                        /   /       _,...-
                                                   _,.. -
-  _
                                                          ____
__.                                                          ̄ ̄
                                                           ____
                                                 ̄ ̄ ̄ ̄
                                                         ___
__....
     ̄                                                  __
____                                                      ̄ ̄ ̄

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふっと、何の前触れもなく。シャナの姿が、ワニの視界から消える。
| だが、依然としてやる夫の視界には捕らわれたままだ。ただ、
┗───────────────────────────────────────┛
781 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:08:07.76 ID:LnQNCzkj
............................{ニニニニニフ:/ / .::/.::/ .   .:l{. .::| :..  :.. ト、:.. {\..::/::.:.、::.:..::.:}ニニニニニニニニニニニニニニニニ|........................
............................〕ニニニ/´ニ7 ..::./.::/ ..:/ . ..::i !:..::{ :{::.  ::. ' ヽ:.. , ×::.:..::.:、\::.:]ニニニニニニニニニニニニニニニニ[........................
.............................}ニニニニニニ,  ..::./.::/ .::/ :};..::| }::.:.ト、::.、::.:.. ::.:..、 ヽ乂孑允爻::刈`]ニニニニニニニニニニニニニニニニ[........................
..............................}ニニニニニ/ ..::. イ.::/ .::/. ¬ト:.|八:.〔 ヽ:ト、::.:..::.:.い/ィ斤...:::.い ):八]ニニニニニニニニニニニニニニニニ[........................
...............................{ニニニニ/..::/ ′..::.イ :: :::八::| ̄):「ミ八、ヽ::.:..:Vヘノ癶トイ.:::.._リ ´ _」]ニニニニニニニニニニニニニニニニ[........................
................................lニニニ/./  l j/::i :; ::.:..:トi孑斥テミx\ \::.V乂 乂.....沙/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ[........................
............イ.....、.........'ニニ/´ニニニ l / .::.:..; :{; ::.:.K::く {イ..:::外    ー\  ´ ̄〃ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニリ.........................
....../ {......|',..../....Vニニニニニ | .::.:./| .::|::、::ト ` 乂...::八           |ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニリ......................八
/   }......| ∨.........Vニニニニ l .::./八.::{::.:〉:{::.:ヽ   )沙゚´   ヽ _    ′ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|..................Ⅳ
    }......  }.............Vニニニ j ..::/ニニハ:{:/ バ::.:..〉      r  ―\  八ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ〔................{
    |...//}...............× ニニ}.::/ニニニ从ニ,::.:..::V込      V   ⌒ 丶 {..::.,ニニニニニニニニニニニニニニニニニリ \...........{
    |// .::.}..........∠:/ヽニi/ニニニニニiV.::.:..::/ニニ.〉、     V{′   } |::.:.〕ニニニニニニニニニニニニニニニニニ〈   丶......| \
    ゙/.::/l..../ /   .刈ニニニニニ /.::.:..:/ニニ=‐个 .   乂__ 彡  ,j:: {ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ!     \!
.    / ´   彡 .    .::.:..::.Vニニニ / .::.:...'ニニニニニニニニ〕≧=-  __/ {::. 弋ニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
    ___,/ ./    ..::.:..::./丶ニ7 .::.:..::.;ニニニニニニニニニニニツ^>、   '::.:... \ニニニニニニニニニニニニニニニ[\
  ∠ニニ // ′  ..::.:..::.:/.::.:..::.:∨ .::.:..::ハニニニニニニニニニ.ヘ, ゚ }    〉.::.:..   \ニニニニニニニニニニニニニ〔ニニ\
∠ニニニ./´ニ′ .::.:..::.:/::.:..::.:..::.:,.  .::.:..:ムニヘニニニニニニニ7 / \   / ‘::.:..::.    ー=ニニニニニニニニニニ〔ニニニニ\
ニニニニ/ニ/   .::.:..:;.:..::.:..::.:..::.:..:/   .::.:..:iニニニVニニニニニニ' /       /八::.:..::..     ` 、ニニニニニニニニニニニニニ丶
ニニニニニ7  .::.:../..::.:..::. -=ニ.′/   .::.:..::|ニニニ×ニニニニニl '      / 〈ニニ\..::.:..       . \ニニニニニニニニニニニニニ\
ニニニニ7 ..::./..:: -=ニニニニ/ /   .::.:..::.}ニ/ニニ\ニニニ V      ′  _×ニニ丶..::.:..    \、\ニニニニニニニニニニニニ
ニニニニ. .:;.:../ニニニニニニニ,: ,′  .::.:..::.;ニ丶ニニニニヽニニ |   /_ ‐=ニ:::::::::\ニニ\..::.:..    \:..\ニニニニニニニニニニ
ニニニニ} ./イニニニニニニニニ//}   .::.:..::.{ニニニ\ニニニニ、ニ{-=チ::::::::::::::::::::::::::::::::\ニニ\..::.:..  ::.. 、=-\ニニニニニニニニ
ニニニニ}/ニニニニニニニ/´ニ }   .::.:..::.:iニニニニニ\ニニニ〉{::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ニニ\..::.:..::.:..::. ヽニニニニニニニニニニ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただ、その位置はかつての陸路の上ではなく、水路に居座る、ワニの頭の真横であるが。
| 両手に振り上げた軍刀が、鈍く蛍光灯を照り返す。
┗───────────────────────────────────────┛
782 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:08:45.84 ID:GabYeUMy
介錯!
783 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:11:10.66 ID:LnQNCzkj
                           |
                           |
                           |  ! !
                            !   | .!
                       i !    | |
                           i .!   |
                            |   |
                            |  i .| |
                            |  |ii| |
                           !  |il| i
                          | i | !
                      i   .i |  |i | i
                   {i    |   :| ii  i :|
                   i :  | i  |:i:   |
                   :i   | i   i:|    i! :
                    i  .| i  :i |    |: i|      /
                     :i  | : i!|!     !|!i    /
               ヾ    :i  i|! : :||i i    i! | |:ii /
                    i  i! | i|!i ;   i:!i | i |:〃
                     \! i| |:ii!:| |   :|:|i!| i|:/
                  ゝ 、`i: ii|:i|ii!:i| i  i i| i|!|:/
                      \i|!:i||l! | :  | i| i|/;/
                    、ヾ、|i|!i:| :  i |:i!!,イ
                     ヽi };i|! :| ;  ;i|:!/ / ′/
              、         ヽ`ヾ:|   :i| !; / / /
               .\      ゞ、  、   |i  /
              `ヽ; ヽ ヽⅥ、ヽ      : / /  /
                 >、ミ、≧: >:.>      ;'  ,’.//
                  >ヽゞヾ、ゞ        イ <
                     ≧/ ,    ヾ`、く
                    / 〃´// / i| レヽ\、ヽ
                  ´  ;  //   | i;i ゞ、 \ヽ `
                      /     :| i ! ヽ  `
                            | : '
                            |i  `
                            |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして、唐竹に一撃。
| 官給品の軍刀は、一瞬の停滞も見せることなく、鉄のようなワニの首を斬り落とした。
┗───────────────────────────────────────┛
784 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:11:51.24 ID:GabYeUMy
このワニ食えるかな…?
785 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:14:11.63 ID:LnQNCzkj
                            , -=、...,,_
          _               , -': . : . : . _Y
    _ ,. -<、×>ヽ¬、 .,___ ,.-、... =-'"、ィヽハィヘ7∨
><'´: : '"´: . : . : . : . : . : . ,、,、_,; . :、_ ;.、ハ7ゞ:::、;'"ソヽ!`′
x ': . : .__ : . : . : . : . : ,、从!ヽ! リY"ハノ::′1ヘ!`′        お、おう…… >
_,ィニ二   ` ーi7ヽハ∧!:ソ::::::::;、ィ、| '   リ
_- '  ` 、ミ;::::::::::::::::::ィ'" ̄´`
: : : : : ー----.、::::::::::::'::}:、  、
: : : : : : : : : : : : `:ー. :;_::`='-、イ-'^ーイ ,ィ    ,ィ     ,
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``ー- :::ヘ!_/!/!.ノ }_,ィ_,、__ノ!}
x>x:_:_: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :  ̄: ̄:`¨¨´: .ノ
x x >=x x ̄x ̄x二x二x二xニxニxーx‐x-x--xェ-──'"´
><><><>≧ェニ-<><ェ、_x x x x x_x_x_x,.> '"
 ̄ ̄ ̄     ` ̄    ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 確かに金属も切れるとは言っていたが、これほどあっさりか。
| 見ていたやる夫がそう戸惑うほどに、あっけなく、あっさりと、新人スカベンジャーは
| 突然変異のワニを斬殺した。
┗───────────────────────────────────────┛
786 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:17:32.72 ID:++mWsPsZ
最近の新人はこええなぁ、えぇ。
787 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:19:57.28 ID:IEQRAzaa
ワニキャプに加工しようぜw
788 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:20:25.13 ID:LnQNCzkj
         / ̄ ̄ ̄\
       /  _ノ   ヽ_ \
      /   (>)  (<) \  (才能ある若者か……真っ直ぐ育つんだお)
      |  ::::::⌒(__人__)⌒:::::l
      \    |r┬-/   /                             ふぅ……怪我はない、やる夫さん ? >
.   グッ /⌒/^ヽ、`ー'´ ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \  おう、すごいおシャナ!
     l /  /       ト   >
       ヾ_,/          |/ /  戦闘に関しちゃ、もうやる夫からとやかく言えないおね。
       |          |/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 拳銃のマガジンを入れ替えながら、やる夫は喜色満面にシャナをほめそやす。
| 銃弾の利かないミュータントに勝利できたことは、熟練にとっても喜ばしい事の様だ。
| 彼の喜びの一助になれたようで、こちらとしても喜ばしい。
┗───────────────────────────────────────┛
789 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:21:06.39 ID:GabYeUMy
コイツの皮使えば防弾装備作れそうだな…
790 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:25:59.55 ID:JuOFI/kY
ワニキャップ…、放課後電撃クラブみたいな格好になるのか
792 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:28:44.98 ID:LnQNCzkj

                          /⌒≧=‐- 、 、
                            \\
             -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
          //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
      /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
      /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧  お世辞はいいです。
    /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|  まだまだ私は知らないことだらけだし……
/ /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|    己を知り、相手を知れば百選危うからず。
  /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
. /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(    やる夫さんのおかげの勝利でもありますから。
 ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
 ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、                    おっお、嬉しいこと言ってくれるお >
.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\            それじゃ、警戒はやる夫がしておくから、
:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\            今度はシャナが周囲の探索してみるお >
:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.) 私がですか……
: {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 勝利の余韻もそこそこに、本来の目的をこなさねばなるまい。
| 発掘と、その練習である。それに不明ミュータントもまだ見つかっていない。
| 周辺警戒はやる夫が請け負うというので、遠慮なく練習させてもらおう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索安価 1D100+観察眼(15) 目標値:40

   ↓1~3 シャナの探索について自由記述
   ↓3    ダイス採用

796 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:31:32.83 ID:IEQRAzaa
天井を調べてみよう
しゃがんだりして目線を変えてみるといいかも
【1D100:35】 
797 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:32:55.44 ID:GabYeUMy
了解
【1D100:70】
血が流れたばかりだ 臭いにつられて他の生物が出てくるかもしれない
壁天井にも注意して探索しよう
水路に近いのならば水面側にも注意を向けよう ただし近づき過ぎないように
曲がり角ならば頭を出す前に鏡なので向こう側を確認してから行動しよう
798 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:33:03.97 ID:Ets4vKKy
視界を広く持つ
隠れられそうな穴などはないか?
不自然に崩れた箇所はないか?
【1D100:68
799 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:35:40.54 ID:LnQNCzkj
あーそのー……
基本的に、『探索安価』って言ったら『アイテム探索』と『地形の探索』のことだけ考えてくれればそれで。
敵への警戒の時は『警戒安価』とか、『索敵安価』って指定しますので。もしくは突発『???安価』

……ところで、ワニを持ち帰ることは提案しないでよかったのかい?
800 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:37:31.29 ID:GabYeUMy
ファッ!?
あと獲物は当然回収しているものとばかり シャナは兎も角やる夫が放置するわけないし
回収方法聞いてくるならそれ用の安価くだちぃ
801 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:38:04.34 ID:Ets4vKKy
そういやワニ革.45口径はじくんでしたね
ま、まぁ今から持っても荷物ですし(震え
802 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:38:49.78 ID:IEQRAzaa
クズ鉄なんかを探してるんじゃないので?
重たいからワニ持って帰ることにしたら先進めないのでは?
803 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:39:22.51 ID:GabYeUMy
防弾性能のある皮は放置したくないなぁ
804 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:40:18.52 ID:LnQNCzkj
いやー話題に上げてたからてっきり記述に入れてくるもんだと……
正直プロット中のスレ主、ワニを成果物に入れてなかったし(くず鉄とかだけのつもりで)

まあここは、頭部だけお持ち帰りにしましょう。一応サンプル的な
動体は重すぎるということで。
805 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:40:26.04 ID:Ets4vKKy
こう、端に寄せとけませんかね?
結構、重量限界にかからんかと心配で
806 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:45:05.88 ID:LnQNCzkj
  ダイス【68】+安価【5】+特技【25】 > 40 成功!

          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/  リ   |/|::::|:リ:::::::| }!   ふむ、探索……
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/        ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   、_,  ム:/:Ⅵj::/       隠された物を探すのと、似たような感覚でいけるかな
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まずは大雑把に周囲を観察してみる。
| ワニの他に転がっているのは、通路の隅の瓦礫くらいのものだ。
| しゃがみ込むようにして視点を下げてみるが結果は同じだ。
| 大人しく、瓦礫を少し崩してみることにする。
┗───────────────────────────────────────┛
809 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:52:41.06 ID:LnQNCzkj
        〃|    /  |   | | 斗\  .|  ∨     |       |     |
          |   /   |   | | |厂  \ |  ∨     |       |     |
          |  /|    .从   | / 〃云弍゛X}ア   ∨    |       |     |
          | / |   / N  |    iレ i  /   ∨  .|       |     |  下にあるのは……
         |/  |  /  .ヽ |     込/      ∨/.|   ..ヽ   |     |
         i!   | /      ヽi                /    |   /    |       |  やっぱりくず鉄くらい……ん?
           |/    ,ィ'             /     .|b 〆    |       |
                 ヽ                /       |_ ,      .|     .|  これ、溶けかけてるけど短機関銃……?
                    ヽ               /      .|         |     .|
                 丶ヘ         /       |         |       |   やる夫の言った通り、
                /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|     |
                  /    .ハ    |ヽ                    |     |   ターゲットは溶解液使いか……
              /     ヽ  .斗 ヽ                    |     |
              |            i               i     i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 瓦礫をひっくり返してみると、下には小さな鉄くずが転がっていた。
| ……総じて、やる夫が入り口で見付けたものより小さい。
| ただの運だとはわかっているが……釈然としない。
| けれど瓦礫と瓦礫の間に転がり込むようにして、一丁の元拳銃を発見した。
| 破損状態と状況から見て、溶解液を吐きかけられて、とっさに投げ捨てられたのだろう。
| 銃としてはもう役に立たないだろうが、証拠品として提出してもいいだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| くず鉄.        ×1
| 溶けた短機関銃 ×1
┗───────────────────────────────────────┛
810 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:54:49.36 ID:GabYeUMy
居るなぁ これ…
811 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:57:40.06 ID:A5EiMwlO
複数いるとやばいけど…流石にないと信じたい
812 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 22:57:43.98 ID:LnQNCzkj
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |  あと何かあるとすれば……
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/      ……やる夫さん。
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '                           なんだお? >
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、        このワニって、持ち帰って
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////       質屋に捌けませんか? ほら、革とか……
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_                                 あー >
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
:::::::::::::::::::::::::::/|//////////// }///|:::|\:Ⅵ/\|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 他に成果に加えられそうなものはないかと探してみるが、やはりこれ以上はない……
| そう判断しかけて、ふと気づいた。銃弾を弾くようなワニ革、防具としての需要はないだろうか
┗───────────────────────────────────────┛
813 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:58:30.70 ID:GabYeUMy
wkwk!
814 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 22:59:03.50 ID:++mWsPsZ
重量やばいメンテ不可で使えなさそう
815 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:05:10.21 ID:LnQNCzkj
          ____
        /⌒  ⌒\
      /( ●)  (●)\    目の付け所は悪くないお。
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
     |     |r┬-|     |   普通の工房や服飾品店じゃ無理だろうけど……
     \      `ー'´     (⌒)
      >          ノ ~.レ-r┐、 店を選べばくず鉄よりは値が付くお。
     /          ノ__  | .| | |
      |          〈 ̄   `-Lλ_レレ つっても、全部じゃ重いから持ってくのはシャナの落とした頭だけだお。
      |          ̄`ー┬--‐‐´
                                                          わかりました >
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふむ、初めて自分から言い出した成果物は、無事やる夫の目に適ったようだ。
| くず鉄よりは、という言葉がすこし引っかかったが……
| 供給が極端に少ない分、使い辛いということだろうか。
| ともあれ、地面に転がるワニの生首をやる夫は拾い上げ、適当なところで血抜きを始めた。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 鉄鋼ワニの頭部 ×1
┗───────────────────────────────────────┛
816 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:06:05.07 ID:GabYeUMy
ひゃっはー!
これ手甲とか脛あてとかに出来ないかなー
817 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:08:04.99 ID:EUbu5sZX
写真や死体に価値があるのはあっちの方か
818 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:11:04.09 ID:LnQNCzkj
           【MAPデータ】

                              |       |
                              |       |
                  | ̄ ̄ ̄ ̄|.   |       |
                  |   3   |.   |   4   |
                ̄|   | ̄    |       |
             / ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄.       |
           /  2                  |
         /                       |
       /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /      /
   /      /
 /      /
 |  1   |

 ■ 0 ■



  0.送迎車発着場
    標識が立っているだけ。帰りはここで送迎車を待つことになる。
  1.下水道入り口 済
    遺跡の入り口。内部を探索するにはここから入っていくしかない。
  2.下水道浅部 済 【現在位置】
    入り口から中に入り、比較的浅い位置。少し進んだ先に、小部屋と角が見える。
  3.小部屋
    下水道の途中にある小さな部屋。特に生物の気配はしない。
  4.下水道深部
    遺跡のより深い位置。曲がり角は急で、ここからでは様子はわからない。

   ▼ 探索可能な箇所がすべて開示されました

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 通路の途中まで探索が進んだ。
| これで探索半ば言ったところだろうか。
| 次の行き先は小部屋と通路の奥。どちらから先に調べるか……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓3 移動先を選択

   3) 小部屋
   4) 下水道深部

819 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:12:47.62 ID:GabYeUMy
伏兵怖いし小部屋かなぁ?
でもメタで生物の気配ないって出てるし… どないしょ…

一応 3で
820 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:14:04.77 ID:IEQRAzaa

入口塞がれたら逃げられない
821 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:16:01.78 ID:A5EiMwlO
3で写真撮るのが目的なら扉のすきまからとってやりすごしてもいいし
822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:18:08.67 ID:LnQNCzkj
小部屋ですね、了解了解。


……ちなみに遺跡入り口で死体を見つけておらず、かつ浅部での探索に失敗していた場合、
幸か不幸か二人は溶解液使いの存在に気づいていなかったでしょう。

何故幸運なのか? だって、鉄鋼ワニで終わりだと思って、この時点での撤退が選択肢に入ったでしょうから。

……あ、今のところ普通にセーフゾーンですよー。安心してください
823 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:19:07.56 ID:GabYeUMy
ヒェッ  不安を煽るような事言わないで!!
4で出そうだな
824 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:22:04.55 ID:LnQNCzkj
         ___
       /     \
      /  ─ ,  , ─\
    /    (●)  (●) \
     |       (__人__)   |  おし、次はあの小部屋を調べるお。
      \      ` ⌒ ´  ,/
       /          ヽ    室内だから、荒らされてても何か残ってるかもしれんし。
      |  __,、     ヽ qi
      |  \Fiニニ'`ニfニニfニニ'ヨ|、                                   了解です >
      | \... ヽ'「:__。__:_・_゚j,,.!コ===ー!
      | 〈,,/ヽ___)ニニ〔lニlf ̄
.      .|   /.:::. ア ~''''~ | ii:|
       i     \ ::::/  キュム
       \     |::/ キュム
         |\_//
         \_/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 通路を奥へ進む前に、手前の小部屋を漁ることにした。
| ……扉を開けて中を覗くがが、特に何も潜んでいないようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
825 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:27:04.03 ID:LnQNCzkj
   :.:. .;    :|
:.: :      :..:メ::|#                          :..:メ::
           ::|                          :.:..:;;
    /|      :|                ̄ ̄ ̄\_/
: . /  |      :|   ::メ             :.:..::#:|       :..;..     :.;...
/    |#:.:.... :|                    ∧
|    |      :|      ::.:#:..        :.:..::;
|    |:....   :|                            ;.;K;.::
|    |  #:.:.....:|;:,.
|==l  .|      :|;:;:,,.__,.::;.,___,,;;;:.,_____z_____________
|    |   /
|    | .メ/
|__.,:;|/                              ……何もないですね >
|   /
|  /                                          ハハッ >
|/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……何も潜んでいない、という以前に、何もないと言った方がより適切か。
| 元々中にあったのかもしれない品々は、瓦礫の一つに至るまで持ち出された後の様だ。
| 5級の白骨遺跡とはこういうものかと、奇妙に納得する。
| シャナに背中を向けたやる夫も、微かに苦笑いして言うようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
826 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:27:37.51 ID:GabYeUMy
アチャー
827 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:34:09.93 ID:LnQNCzkj
.    _ _________________ _
    | |        └────┘        | |
    |_|_________________|_|
    |  |                     |   |   < ……つっても、全部持ってかれたわけでもなさそうだお
    |  |                     |   |
    |  |                     |   |                                       え? >
    |  |                     |   |
    |  |                     |   |   < ほら、壁に電源切れのコンソールがあるお。
    |  |______________|   |
    |                        |   < ガワも綺麗だし、多分中身は手つかずだお。仕事の半端な先人だ
    |                        |
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ベテランの視点というのは素晴らしい。
| 壁に埋め込まれたなんらかの機械に気付き、そこからパーツを取り出すことにした様だ。
| シャナは物理的に機械を解体する技能は持ち合わせていない。
| 大人しく観察させてもらうとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 解体判定 1D100+機械解体(15) 目標値:50

   ↓1~3 やる夫の解体作業について自由記述
   ↓3    ダイス採用

828 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:37:13.75 ID:GabYeUMy
ヒューッ♪
【1D100:30】
手元を照らすライトは両手が開くように口でくわえよう
手を切らないように軍手をはめて作業しよう
はずしたパーツやネジをおく様に入れ物を用意しておこう
いっそ単分子ナイフで設置面の壁から直にはずしてしまおう
829 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:37:29.69 ID:IEQRAzaa
【1D100:3】 
高く売れるものと売れないものを理解し
高く売れるものを最優先で外す

830 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:40:14.19 ID:Ets4vKKy
ぶっちゃけ高く売れるものはなにか
状態よく剥がすにはなどを聞く
【1D100:13
832 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:41:32.30 ID:GabYeUMy
これは…
833 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:43:21.85 ID:Ets4vKKy
げぇ、この目はあかんやろ
834 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:43:39.58 ID:IEQRAzaa
失敗のお手本を見せてくれるのか…
835 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:44:12.58 ID:LnQNCzkj
ど、どんまい……ま、まあ成果0ではないから……気を落とさずに
836 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:47:51.30 ID:LnQNCzkj
  ダイス【13】+安価【20】+特技【15】 < 50 失敗!

          ____
        /      \
       /  \    /\   いいかおシャナ、取り敢えず今から、
     /    (●)  (●) \
     |       (__人__)    |.  単分子ナイフを使った機械の解体を見せるお。
     /    _nnm´   /
      (  \≦フ _ノ]二二フ   本当はちゃんとした工具を用意して、それでばらすのがいいんだけど……
     |\ “ ム∠,__|  |
     |  \(三___/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やる夫は口にフラッシュライトをくわえ、壁のコンソールに単分子ナイフの刃を滑らせる。
| 刃の入れ加減や力の具合……そういった口頭での説明が難しいものを、実践して見せるようだ。
| ……とはいえ、機械の位置が位置だけに、流石のベテランも作業がしづらい様だ。
| 時折、迷うようにナイフの動きが止まっている。
┗───────────────────────────────────────┛
837 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:50:26.74 ID:GabYeUMy
前作主人公いいところ見せられなかったな…
838 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:51:44.84 ID:IEQRAzaa
むしろ4級らしいじゃないか
839 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/11(月) 23:52:38.04 ID:LnQNCzkj
        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  \
   / (● ) (● )  \  あーくそ、なんとか外装は切り取れたけど……
   |   (__人__)  u   |
   \   ` ⌒´     /   どうしても中に刃が当っちまうな。
    /  (__`ヽ、   u \
    \|  `\ \___ノ  |                                         おみごとです >
     |    \___/ |
     |           {    いんや、工具使いこなす人らに比べりゃ全然だお
                                  しかも今回は完璧ドジったし……
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 外装を切除したやる夫は、それをそのままくず鉄用の袋にしまい込む。
| 一度中の様子を見ると、シャナにも見やすいよう場所を開けた。
| 内部の部品を指差しながら、どの様な部品が、どの程度の破損までなら
| 機械部品として売れるのか、それをシャナに説明し始める。
| これはくず鉄、これは部品……そうして四角い外装に収められたパーツたちは、
| 全てやる夫の荷物袋に収められた。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| くず鉄         ×2
| 破損した精密部品 ×3
┗───────────────────────────────────────┛
840 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/11(月) 23:53:26.42 ID:GabYeUMy
まあでも5級の稼ぎとしてならかなりなもんだ世名
841 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 00:01:49.60 ID:bpW+Dx38
.         /:::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
..        '::::::::::::::::,::::l::::|:::::::::::.ヽ:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ
      ':::::::::::::::/ヘ::.:l::::l\::::ヽ \:::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::i
        {::::l:::::::::::リヘレ\j \::::\| .\孑::::::::ヽ:::::::..:::\::::|::::::.|
        j::::l:::::::::::{   ヽ    \ヘ才 .\:::}:::::::l::::::::\::::ヽ:.::::::|         それより、目標がここに居なかったってなると >
..       レ |:::::::::::|才テミュ    \|チテ笊ミ .ヽj:::::::ヘ .\::|::::::|
          リ:::::::ヘj 比Jf}        比J刈j/  リ\::::}ノj:::::.\..|  ……あとは、下水道の奥ですね。
         ヘ:::::l 弋zソ      ゝzソ   レ/.:::::::|,':::::::::::::::
            /\j                  ∧..:::::::|::.::::::::::::::                      だお。後は一本道だから >
         /..:::::∧    ヽ          イ j.:::::::::::|:::::::::::::::::
         /:::::::::::::ヘ    '   ‐      イ_.|.:::::::::::|:::::::::::::::::    いるとすれば、確実にそこだと。
       '::::::::::::::∧.>          <////.|.:::::::::::|:::::::::::::::::
..         j:::::::::::∧//////>  匕 「/////..|::::::::::::|:::::::::::::::::   ……気を、引き締めて行きましょう。
        l:::::::::::|/////////// ヽ///////.|::::::::::::|:::::::::::::::::
         {:::::::::::l/////////    ////////.|::::::::::::|:::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| これであらかた、『探索』できる場所は探しつくしただろうか。
| なんとなくではあるが、やる夫のおかげでスカベンジがどんなものか掴めた気がする。
| あとは、本命のミュータントを見つけるだけだ。
| いるであろう位置は……下水道の深部。
┗───────────────────────────────────────┛
842 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 00:02:05.52 ID:bpW+Dx38
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

843 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 00:02:36.97 ID:BKamZsgC
乙ー
844 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 00:02:37.54 ID:bpW+Dx38
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで。
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      おかしい、今回で誤級領域まで行くつもりだったのに……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     でもいよいよ残すところはあと一ヶ所、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  次回は気合いを入れて偵察しましょう。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
845 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 00:03:20.29 ID:OttMGZ3h
乙でしたー!!
846 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 00:06:21.33 ID:bpW+Dx38
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′  
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |    今回の戦闘で、シャナが新人の誤級スカベだということは、
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !
         | V        ̄` /    |    ト    皆さんに知ってもらえたでしょうか?
         | 人          7   |     〉
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/   とはいえ次回はシャナの苦手なゴキちゃん……あ、こう書くと普通の女の子みたい。
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ  ともあれ、どうなることか、不安でいっぱいです。
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /  あ、今日も恒例の雑談&質問タイムは取りますよー。
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、     次回投下は明日……にしたいですが流石に消化不良。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ  もう一日だけ頑張って、今日の21時から開始予定です。
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l    連日更新になりますが……スレ主、頑張ります!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2624-6fd26e28