情報部シャナのスカベンジ日誌 1st Turn 「プロローグ」その6

918 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:07:14.17 ID:bpW+Dx38
           /^l
  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´   |
  ヽ、,;'  ・ ω ・  ミ   よろしい、それでは投下を始めましょう。
   ミ====[==]=l==ミ. モフ
   ミ  ヽ)  (ノ  ;;    1st Turn が終われば、スレ主も一息つける……
   ';,        ミ
    ;;,,      ,;;゙    (なお遺跡後も換金、装備更新、交流パートが残っている模様)
     ∪"゙'''"゙∪  
919 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:07:42.32 ID:bpW+Dx38
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              1st Turn 《プロローグ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
920 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:08:02.93 ID:bpW+Dx38
          , 、、  ,,
        , '  ____ " 、、
         , '   /⌒三 ⌒\  ',
       ;  /( @)三(@)\  ;
       ; /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ ;                        みなさーん、ここに機械の解体をミスった
        |  u   |r┬-|  u  | ;                         ベテランの指導員(笑)さんがいますよー >アリス
       \   u `,. -'"´´ ̄`ヽ ;
    _   /    (___   | ',  ヤメテ!
  ,、'  /              |  ;
 、 ( ̄                |  ;
     ̄ ̄ ̄|               | ;
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナとやる夫は下水道の浅部と小部屋を探索し、残すところは深部のみとなった。
| 途中現れた鉄鋼ワニをシャナが一刀の下に切り伏せたり、やる夫が解体ミスって
| 精密部品をダメにしたりしたが……些細な事である。本命はこの先だ。
| 
| ……ところで、どっちが4級のベテランでしたっけ?
┗───────────────────────────────────────┛
921 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:08:27.90 ID:bpW+Dx38
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
922 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:09:21.23 ID:bpW+Dx38
           【MAPデータ】

                              |       |
                              |       |
                  | ̄ ̄ ̄ ̄|.   |       |
                  |   3   |.   |   4   |
                ̄|   | ̄    |       |
             / ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄.       |
           /  2                  |
         /                       |
       /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /      /
   /      /
 /      /
 |  1   |

 ■ 0 ■



  0.送迎車発着場
    標識が立っているだけ。帰りはここで送迎車を待つことになる。
  1.下水道入り口 済
    遺跡の入り口。内部を探索するにはここから入っていくしかない。
  2.下水道浅部 済
    入り口から中に入り、比較的浅い位置。少し進んだ先に、小部屋と角が見える。
  3.小部屋 済 【現在位置】
    下水道の途中にある小さな部屋。特に生物の気配はしない。
  4.下水道深部
    遺跡のより深い位置。曲がり角は急で、ここからでは様子はわからない。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 通路の途中にあった小部屋の調査は終わった。
| これで挟み撃ちにあう可能性は格段に減った。奥の調査を始めるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択肢が一つだけの為、自動的に4へ移動します。

923 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:10:56.17 ID:bpW+Dx38
       ;:', |    |  ┃   _/ ∧∧ゞゞヾヾヾ┃  |    |    、
  〆    |    |  ┃ <    '';;∧ ゙ゞゞヾヾ┃√|    |     \ .:;,
        |    | ;; ┃-、_ `ヽ;;;;;;;;; ∧  ,,,..,,  ・┃  |    |      \ ::  < じょう……
        |    |  ┃/   | ;;;;;;     ∧;;;;,  ┃  |    |       ::\
        |    |  ┃^\  ヽ      / ̄ ┃  |    |        ::::\  `゙           ッ! >
   .';;  へ |    |  ┗━━━━━━━━━━┛  |    |         ::::::\ ::
        |    |            ∠         .;:,'  |    |             :::::\
─#;───|__|──────────────|__|             :::\



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 極力音を立てない様に進むシャナとやる夫。
| やがて通路は曲がり角を迎え、二人は角から僅かに顔をのぞかせ、奥を見やる。
| しかし生憎の暗がりで、瓦礫以外の何かを見つけることはできなかった。
| ……だが、静かな地下道には、声が響いた。
| 『じょう』……極めて危険なミュータント、宇宙ゴキブリの特徴的な鳴き声が!
┗───────────────────────────────────────┛
924 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:13:40.88 ID:bpW+Dx38
      __ , ―― '  ̄ ̄ ̄ ̄`――、___
 / ̄ ̄__________ ) ) ) `\
(    ,/' ! i l l l l | | | | l l l l l !i`~ーー、、   \         < あの声……確定、ですね。
 ヽ_ (〆――――-~//⌒~ヽヽミシヽ、`ヽλ__l
  、  ~          λλ___、丶ヽ/'~ヽ、。~ハwwヾ     〉〉                      だおね。あーくそ
 `、ー―――――-丶// /⌒~⌒ヽ、ヽ、  `ーヽく〃    ,//               外れてほしい予感だってのに >
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~`( | λ\ヽ冫ノ,冫~          《丿/
    、 、_______| | \__丶´/lノ冫          l /    < それで、どうしますか?
    ` ー――ヽニ_ーl\_、\\\冫        /,〆
            `ヽl\___ ̄ \ヽ\        /ノ/      < 相手が一匹でも戦闘は厳しい……
    、`――――――ヽ\__ ̄ ̄、, \ヽ\  ,/イ/              撤退もやむ無しではありますが。
     ̄ ̄`――、_ー、!\_ ̄ ̄ノ  \ヽ∨'〃/
              ̄\  〉 ノ 〉    ヽο冫                                   あー…… >
               ,〉// ノ,|       ~~
               (/,/  '/'l
        想定される脅威『宇宙ゴキブリ』
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 入り口で男の死体を見つけた時から、ずっと外れてほしいと願っていた予想が当たる。
| 悪名高き宇宙ゴキブリ。
| その体液は極めて強力な酸性であり、コーティングがされていなければ、
| 無機有機問わず、様々なものを溶かす凶器。
| 気性は凶悪で身体能力は高く、またその外皮は通常の歩兵火力のことごとくを弾く。
| 対物ライフルや機関銃……欲を言えば機関”砲”で武装した集団で対処すべき難敵だ。
┗───────────────────────────────────────┛
925 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:14:03.81 ID:OttMGZ3h
でたな!?
926 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:14:57.75 ID:bpW+Dx38
         ____
       /     \
.    /       \    男の死体やシャナの見付けた短機で、
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '=・=  =・= u|  状況証拠は一応ある……
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \   ……ただ、これだけじゃ確実な情報源とは言えんお。
 /\ ヽ          ヽ
                   欲を言えば奴さんの写真でも撮りたいけど……
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 戦闘は死にたい訳でもなければやめておくべきだ。
| シャナにはまだ、生きて為すべき任務がある。やる夫とて自殺志願者ではない。
| 
| 現実的な選択肢は、ここで逃げ帰るか、もう少しだけ偵察するか。
| 偵察が成功し、写真でも手に入れば、情報源として確実に信用される。
| 組合からの報酬や評価は、このまま帰るより上がるだろう。
| 逆にこのまま帰れば、これ以上危険を冒すことはない。
| 状況証拠もあるし、写真を撮った時ほどではないだろうが、報酬も出るはずだ。
| さて、どうするか……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3で多数決

   1) 戦う(非推奨)
   2) 偵察する
   3) 帰る

927 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:15:51.76 ID:OttMGZ3h
928 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:16:18.89 ID:SI+1DBiG
2
929 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:16:21.73 ID:t2fk+io7
2
931 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:17:53.18 ID:bpW+Dx38
満場一致で偵察か……よかった、戦闘を選ぶ人がいなくて……いやマジで。
932 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:18:04.14 ID:OttMGZ3h
さすがになww
933 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:20:02.92 ID:SI+1DBiG
戦うかはともかく情報だ
935 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:21:22.00 ID:bpW+Dx38

.       /     /    /  /    /    `ヽ、 \          Y
      / ,'    .' /   /  |      |  | 、   \  ヽ           }
.     / /   / /   /|   |      |  {  \   \ \       |            ……偵察だ。あくまで偵察に抑えよう >
    / イ   / /   ∧! ,| {i      |!、 ∨ 、  ヽ   ヽ ヽ       |
     |   :  !    | |、/| |マ    :|{ i\\\ ∨   ∨ ∨     { わかりました。
     i   '  |   | | \.| ∨   :| リ  \}/\}ト、  }  〉      、
     {:  |  |   |{ {/_\ .   |    /,..ィ芯下ヽ // /         ヽ              二人だと見つかりかねないし、
      Ⅵ i|  {   |圦 {ら気、:.   |   ,イら__rメ} /| |/ イ/}         :.          やる夫が一人で行く。シャナは…… >
       {从{从i:.   ト、   比j刈 ∨ {     比j刈   } | {// |           :.
          八   | ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{ |// !          いえ、万が一見つかっても、
              ∨ j! ム        ,        /// リ///         :. 私ならESPで逃げられます。
         _,ィ//∨|  人       __       ///////// |__         }
         ///////リ   {>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、   | 一人だけ行くなら、私が。
      /////イ/// |   |/////>     イ |//////// //////////∧   |  ……かくれんぼは得意ですし。
        {/////////{|   |//////////「 ´  {//////// {///////////}
       ////////// |   |//////|/// |\__|////////////////////|    |                        でも…… >
      , ///////////|   |//////|///ム    j!////////////////////!    !
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 戦闘厳禁。あくまで写真を撮るだけにして、その後は撤退。
| 偵察に行くのは、発見の可能性を考えて一人だけだ。
| ……そこまではいいが、どちらが行くのかが中々決まらない。
| シャナは実利を考えて、やる夫は良心がとがめて、互いにその役割を譲らないから。
| 声を潜めて行われた話し合いの結果、行くことになったのは……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓3

      偵察に行くのは……
    1) シャナ
    2) やる夫
936 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:21:35.47 ID:OttMGZ3h
だが シャナ
937 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:21:58.43 ID:BKamZsgC
938 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:22:11.76 ID:ZU2Yr4fW
1
941 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:28:28.93 ID:bpW+Dx38

            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',    ……折れる気は、ないのかお。
     ./                     ',
     l     \          /    .l                        二人とも、生きて帰る為だから >
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./   ……わかった。やる夫は外で待ってるお。
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \ 送迎車呼んどくから、早く戻るんだお。
  /                        ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 結局、折れたのはやる夫だった。
| ただ善良なばかりの人間ではなく、彼も熟練者であるということだろう。
| 重しになる荷物袋を背負い、シャナに警告をしながら歩き去っていく。
| 去り際に、二つのグレネードと、カメラの搭載されたPDAが渡された。
| フラッシュバンと、スモークグレネード。万一の時は使えということか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ シャナの装備に、ハンドグレネード(閃光・煙幕 各1)が一時的に加わります。

942 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:28:36.74 ID:ZU2Yr4fW
ここで前作主人公が選ばれて死んだらどうなるんだ?
943 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:30:20.41 ID:OttMGZ3h
さすがに死亡はないんじゃ… 巻き戻るとか…
944 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:30:48.75 ID:bpW+Dx38
>>942
やる夫のステでこの後の隠密判定を行うことになったでしょう(難易度上昇)

リカバリー含めてすべての判定に失敗した場合、やる夫は死亡、以後一切登場しません。
シャナはESPでどうにか逃げ切ることでしょう。
945 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:31:44.37 ID:OttMGZ3h
Oh…
946 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:32:01.02 ID:bpW+Dx38
あー、主人公以外でも主要人物死亡で巻き戻してもいいのか……そうかそうか。
でも緊張感なくなってしまうし……ただでさえぬるげーなんだし……うーん、バランスって難しい。
947 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:32:56.50 ID:OttMGZ3h
さじ加減難しいよね
948 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:40:55.22 ID:bpW+Dx38
                / /  /    / /     i \ \ \   ヽ    ヽ    i
             / /  /    / / ヽ    |  斗.-\ー\    ヽ          |
                  /  /     ./ /ト.、 ヽ  |    x=芸气ミ\i         ',     |  信じて、任されたんだ。
              /  /      / /             〃ム ..i:::::うⅥ / i          |
               /       ′ i.ィチ云㍉\ i      ∨.{:::{.リ   /  N    |   .|  ……やり遂げよう。
                    ノ      |  ヽヤ .{::{,ィ  \   辷匕7  /    /ヽ    |   |
                         八 /    廴ノ             /    /  ヽ     |
                       / ハ       ′            /   /   ∧ヽ|   |
                         /  ∧     _        ∠    /|,ィ'/         |
                     /   .∧    ヽ__`,  /:::::::::::::::::::::`ト         |
                       /   /  ヽ        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   |
                  /   /     >        |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ|
                   /   /,ィ'::::::::::::::::::::::`.::::::孑|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /   / ..:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 入り口に戻るやる夫を見送り、もう一度、かつての地下水道の薄闇をにらむ。
| 転々とであるが、崩落した瓦礫や傾いた金属板があちこちに転がっている。
| シャナの体格であれば、かろうじて隠れることもできるだろうか。
| 視界の範囲では、生物の気配は感じない。
| ……シャナの全能力を投じて、情報部仕込みの隠密を教えてやるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 隠密判定 1D100+潜入(15) 目標値:75

   ↓1~3 隠密、及び移動について自由記述。
   ↓3    ダイス採用

949 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:46:48.41 ID:OttMGZ3h
【1D100:30】
幸いやる夫は居ない 情報部仕込みの歩法で少しでも気配を消して移動しよう
身を低くしていどうするのがいいかも
地面は荒れている耳を澄ませてよく聞けばミュータントの移動音を聞き取れるはず
相手はミュータントだ地面だけではなく壁や天井にも注意を向けよう
一旦大きな瓦礫や金属板の隠れ様子を伺うことも重要だ
グレネードはいつでも投げられるように準備しておこう
ESPの兼ね合いからスタン>スモークの優先度 もしくは逃走時に背後にスモークを投げこもう
950 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:47:30.17 ID:BKamZsgC
【1D100:24】
ESPと忍び足で物陰への移動を繰り返して前進
951 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:48:29.18 ID:ZU2Yr4fW
情報部式はわからない(汗
足に布を巻いて、かかとから着地しゆっくりと前に体重をかけてゆく
銃などの装備で音が鳴らないように注意

【1D100:26 
952 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:51:20.02 ID:QuXX8OiD
ダイスひくぅい
953 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:51:48.73 ID:bpW+Dx38
ぜ、全体的に出目が低い……えーと計算結果は……
安価内容に応じて使用技能が増えるから……よし、突破だ!
955 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:53:21.16 ID:ZU2Yr4fW
シャナの冒険はここで終わってしまった!
を覚悟した
956 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 21:54:54.99 ID:bpW+Dx38
>>955
判定ミスってても生還目的の脱出判定とかに移るだけだから……大丈夫、安心して
958 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:56:56.22 ID:QuXX8OiD
35以上のボナあるのか
流石誤級の情報部ですわ
裏稼業系の適性高そう
959 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 21:58:56.59 ID:OttMGZ3h
元々ウェットワークやってたみたいだしそりゃ適性あるわな
962 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:06:43.33 ID:bpW+Dx38
>>958
いえいえ、安価ボーナスも含めて成功ですので(特技ボーナスが35以上ないとは言ってない)

>>959
あー本社のウェットワーカーとはちょっと違う……かも?
ある程度情報部として存在を認知された任務が多いので、死人扱いで野盗仕事とかはしてないです。

比較的浅い澱出身ですので。
ただし潜入絡みの経験数は荒事メインの連中よりやばい
963 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:07:00.95 ID:bpW+Dx38
  ダイス【26】+安価【20】+特技【43】 > 75 成功!

       /      ,          l      l |
     ,:'     / /             | ,:    リ
     冫、   / /          | ;''   l. |
    〈   ゙f==y'            |'     ,! }   ……さ、行こうか。
      .`;. |ー一'!             |    i:|
    .:::... l| l.   {             i     l |
     .::::l| ヽ-―',::..             }:;;'     iノ
      .::ヾ、、__,ノ::::::::::..        ;'     -、|
      .:::::` ̄´:::::::::::::::::::.......     ,! ;       !
            : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::.....i'´     、';
              : :::::::::::::::::::::::::::::::::〈__,..-::ー-;、j
                 :::::::::::::::::::::::::::::::| ヾこニニ゙'、
                 :::::::::::::::::::::::::::'、、 ヽー一'ヽ、
                    ::::::::::::::::::::`"ヽ `.、    \
                         ::::::::::::::::\ヽ.    j';:..
                       :::::::::::ゝ.` ー '",ノ:::::..
                             ` ¨¨´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナは何気ない様子で、角から一歩、踏み出す。
| けれど足音は響かず、また姿は角の付近にはなかった。
| 縮地で一歩先と、数十メートル先の物陰を切り嗣ぎ、無音の歩法で移動した。
| ……言葉にすれば、その程度のことだ。
| シャナにとって、ESPによる潜入任務を主とする情報部員にとって、
| 当たり前のような、ただの移動だ。
┗───────────────────────────────────────┛
964 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:08:16.87 ID:OttMGZ3h
ヒューッ♪

ドロドロなウェットな仕事はしていないってところかな?
965 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:15:20.91 ID:bpW+Dx38
   /          \ \ \   \  \
  /           | :.   ヽ  ヽ  ヽ    \  ヽ
 '  '        |i |   ∨  ∨ ∨\   ヽ、  ',
/ /    /       '  |i    |、   !  }、  \  :.\ }                   じょう、じょう...... >
  '    /  /  /  .:     | ヽ !ヽ./ 、  \ :. ヾ
../   /  /  /   |    |  マ{/ |  ヽ  ヽ.ム
:'    |   '  /i|   ∧    '  ,イ| __ヽ}、   :.   | マ}
|i   !i  ,|  / | /  ∨  / / }/斥ヽァ∨ :.  | }|  (音の大きさと反響具合からすると……)
|   ,!ー /|-/― }/ー '  |  '   ,イr ,ら i} ∧ |  ! /
|  /! / ,.ィテ笊芯ヽ | /    比刈  ハ| /  |    (……まだ、遠い。)
|   ' | / ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ    |ハ  '
| / {ハ Y  比し'刈  /           {  | ∨     (視界にも、敵影無し)
{Ⅵ   {    込_z斗       、       |  :.
|     |                     人  i
ム    :.            ,. v   /  :.  :.
,∧   ム                イ___|_ i
i/∧    ', ̄ ̄\      //////////| ヽ
///::.     ∨/////| ̄ 7  - '///////////i!  \
///∧    ∨////|   ト、//////////////|    ヽ
////∧    ∨///|  |: :\/////////// /\    \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一歩踏み出すごとに、音を聞き、背後を含め辺りを見まわし、空気の微細な流れを読む。
| 焦ることはない。敵の位置は大まかに読めた。
| 時間制限もなければ、正確無比で頑固な機械の警備もない。
| 経験則からすれば、比較的ぬるい仕事だ。
| また無音で一歩踏み出し、シャナの姿は瓦礫の前から掻き消える。現れたのは、一枚板の影。
┗───────────────────────────────────────┛
966 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:16:03.96 ID:OttMGZ3h
ジワジワ近づいていっているか
967 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:22:38.24 ID:bpW+Dx38
     广;二で”"'i
     ヽ-=y二皿 < じょうじ
       'yゞ=\.カ
     _《:!,キ(.《                                (……ほら、見付けた) >
   _/ _∥》"》 _》
         ヽ 丶
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 更に数度、縮地による物陰への移動を繰り返し、目標を見つけた。
| まだ、姿は遠い。ひとまず視界に収めたのは一匹だけだ。
| 更に辺りを探ってみるが、鳴き声も、呼吸音も、この一匹分以外に感じない。
| きょろきょろと辺りを忙しなく見まわしているのは、偵察か見張りの役目からか。
┗───────────────────────────────────────┛
968 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:28:14.13 ID:BKamZsgC
うへぇ、剣呑すぎるな
969 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:29:56.75 ID:OttMGZ3h
1匹だけなわけがないんだよなぁ…
はぐれとしても群れでだろうし…
970 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:30:55.94 ID:bpW+Dx38
                     /  ,     , -              \
                     '  /    /                 ヽ
                     /,.イ   '   イ      、     、      :.
                 // /  /   /{       \    ',      ',
                 ,'/ /  / / イ |    {、    ヽ   :.
                  {i |  イ ! / | ,ハ     | ヽ    ∨  :.  :.   :.
                  |  ,| | ,\{ i { i    |{ ∨ 、.  ∨ |   ハ    :.   (……最後の一歩)
                  { /| { | {イト、Ⅵ   | ∨」<\ !    |マ!     .
                  |/ | i.ハ 比ハ リ \ i|,ィチ芯ヽ Ⅵ |   ' リ       .  (あとはカメラ用の穴が開けば……)
                         |/Ⅵ マり     \比J刈 / マ!/  / /      :.
                         }八           込zソ/_,/}  '        :.  (……これで!)
               __  __r_、| /\  ´ _  _,...ィ升// / | /          ',
                ,.ィ7///>´ / / {//>、`ー`'///////// j/ '     :.
            //_//// ∧/ , ,.|//////77{////////    /
          _,  ´ー-、 >//// //:i:|/////-、/////// /    /         :        .
        ,.  ´ ,...:::> ´//// / /`{ {|: ̄: : : /////// /    /           :.   :.  \
     , <r 、__( ヽ´  `ー― '/ イ  \__:_: : //////// /    /           i    }     ヽ
 .  ´ r 、__ヽ、 \、 ヽ {ヽ   { /       ∨/////// , ,   /{              .     \
´  ,..::::,:> 、 ` ー   `' 〉  从      {/////// / /  //|          :.     :.\
.::´>´  r_―`-      {         「/////// / /  //∧            |     } }    :.
´        ̄ヽ      /_           ∧/////// /  ////∧         :       :/∧     :.
          ヽ /´二二>、      /: :∨/// / /{ //////∧          |       |//∧     :
             {//:イ: : : : :`ヽ、   /: : : :∨/ / //| {////// ∧       |       |///∧    |
            Y': : : : : : : : : : :`:./: : : : : :∨,' ///| |/////// ∧         :      |////∧  ,
            \: : : : : : : : : : /: : : : : : : `{イ///| |//////// ∧     .:       ;///// ∧ //
                 、: : : : : : : ∧_: : : : : : : ,|{∨/ | |///////// ∧    /       '///////}///
               \: : : : :': : :`: : : : :/:||: :\ハ. ∨///////// 〉    /     ////////////
                 ` 、: : : : : : : / : : |{: : : :ヽ! ∨/////// /    /     /////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最後の移動を追え、シャナは腰から軍刀を抜き、瓦礫へ突き入れる。否、割り込ませる。
| 瞬間的に縮地を連続して発動させ、目の前の瓦礫の空間を、抜身の軍刀が侵す。
| 鋼鉄並のワニ革ごと首を斬り落としたのも、この応用だ。
| まだ、反動の頭痛は訪れない。当然だ、どれだけこの訓練を積んだと思っている。
┗───────────────────────────────────────┛
971 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:31:58.98 ID:OttMGZ3h
ESPガンガン使ってんなぁ  こりゃぁ強いわ
972 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:34:23.39 ID:SLKSAkW0
さすがだわ
981 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:45:05.06 ID:bpW+Dx38

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三二ニ=-――-=ニ二三三三三三三三三三三三三ili!
:            ,.r "..::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙`-、|::   |,ft  ,.l
          /..::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::   |   |fミl
        ,イ ...:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-======ノ   ノ、.  |fミ|      (望遠機能を使えば……)
       ,イ :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-"ツ)))))))''  _,,.. -'.、 )  lfミ|
      /. . :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ノノノノ"" ,イ" _,,, ヽ /ミメ       (よし、サイズも十分、証拠写真になる)
     /. .:::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;,,-",,,))'''' ::::::::::::::/ :::: ,"/):ノノ、_ミメ
    /.. ::::::::;;;;;;;;:::;;;_,,.',,,))ノノ  ::::::::::::::::i :::: i|/ ::::::::゙ーう ) ヽ、........__
    /. :::::::;;;;;:.:.:.:::/ rノ /メ/` :::::::::::::::::| :::: |  ::::::::::::/ /  )))`ー--
   i  ::::::::;; : . .,゙ ),rノ ,ツ  ...:::::::::::::::::::,| :::: |  :::::::::,,"/    `==""
   !  :::::: : : : ,,゙ 匆,,))'  、`  :::::::::::/  ノ ::::::::::/ /,ノノ)))))),;、ニ=-
   i、__,,,,,,..... =",,イ' ヲ|  ,f   、、、 ::::::::::::::::::::::::::  ' ',,,ヾ  /ノノノノ
    ゙リ升チトト!"イ( |゚l'/r''~r'"ソ ノノノ ::::::::::::::: /   ゙、_,,,ノ >''ー''-''-''-''
    ゙ ノ  リリyノ゚ ノ゙/、"~ :::::::::::::::::::::::::::::: / ヽ/  // i i,' 7/
三三三三三三三三三ニ丶 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /,'' /,イ 三三三三三三三三三ili
三三三三三三三三三三三 >  ..,,_::::::::::::: _,,_,,.. <´三三三三三三三三三三三i
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 軍刀を瓦礫から引き抜き、鞘に収める。
| 微かに開いた瓦礫の穴。そこにPDAのカメラを押し当て、撮影。
| 望遠機能を最大限活用し、宇宙ゴキブリの姿を写真に収める。
| ……これを見れば、誰もこいつの存在を疑えないだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
983 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:46:39.82 ID:bpW+Dx38
      /   '  /  /    ∧  | 、  \       \     ∨    ',
       /   /  '  |   |  \{ \ / ヽ      ヽ     |
     '   /   |   {    {    \/\  ∨      ∨   |     i
     | |  |    {   ∨  ∧  / ィ≠=ミ、\   l| |   |
     | |  |    ∨ / \  ∧ / ,イ ん:::て_}'  ヽ   | |   |     i
     | |  { l|  Ⅵ|ー- 、\ ∧   {ハ:::::刈   |∨/ '-- 、 !       :.   (あとは、さっさと帰らせてもらおう)
     |∧ Ⅵ|   Ⅵ,ィ≧ 、 \{     ゞ-゚ ´    | }/  |、  } l|        :.
     {  {   {   |、{ て刈  \           |   | } / |
         、  ∧  { ヽ 弋ソ ,           |   |_...イ  |          、
        ∨  \|   :.      _        |   l___,|__        \
                | ム    `こ`   r≦///////////////|
                |  込、        |/////////////////l|          ',
                |   | > .     |/////////////////l|
                |   l/////≧=-= ´///////////////// |
                |   l////////// |/////////////////∧
                |   l///////__l|///////////////////\
                |   l//////r==ミ:.|/////////////////////\        }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 既にここまでの行程で、背後に奴らがいないことは確認済みだ。
| 初めの数回、見張りの視界から外れるまではこれまで通り、
| 物陰から物陰へと縮地で移動する。
| 十分に距離を取ったあとは、最大距離を切り嗣ぎ、一足飛びに水路を駆け抜ける。
| ……今はあの怪物から、一刻も早く離れたかった。
┗───────────────────────────────────────┛
984 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:46:57.18 ID:bpW+Dx38
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
985 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:49:29.14 ID:OttMGZ3h
ほんと偵察向きのESPだわ
986 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:50:46.95 ID:bpW+Dx38
       /  ̄ ̄ ̄ \:
      ::/        ::::\:
     ;: |          :::::::| :
      \.....:::::::::    ::::, /
      r "     .r  /゚。  シャナ……無事でいてくれ……
    :|::|     ::::| :::i
    :|::|:     .::::| :::|:    まだあんな若いんだ、死んでくれるなよ……
    :`.|:     .::::| :::|_:
     :.,':     .::(  :::}:
     :i      `.-‐"
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 下水道遺構から一歩外へ――ただし、縮地基準の一歩だが――出た時、
| 背後から声が聞こえた。やる夫のものだ。
| 振り返れば、遺跡の入り口をにらみながら、肩を震わせる彼の姿が見える。
| そ、それほど心配だったのか……
┗───────────────────────────────────────┛
987 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:51:16.63 ID:OttMGZ3h
やる夫ェ…
988 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 22:54:25.95 ID:SLKSAkW0
少しばかり後ろめたい
989 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 22:58:49.74 ID:bpW+Dx38
                               , -―ー- 、
                             /ノ  ヽ、_  ヽ て
  < ……もう戻りましたよ           '==   ===   、 そ
                           ' =    ==   l
   うおわっ、いつの間に!?         {  〈_,ィ、_,ノ      }
                           、.  レ'_,ノ     .. ノ
  < 丁度今。ほら、ESPで……       >        <、
                           / ー―- .、   r 、 ヽ、
   そ、そうか……そうだったおね       `ー―- 、_ノ   l  \  \
                            ,'           l   ヽ _,ノ
   ……無事で良かったお            l          |
                           弋           イ
                             | /ー ―一、 |
                            し       、_,!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 少しばかり悪戯心を出して、後ろから声をかけてみる。
| するとこの男、探索の時のベテラン振りはどこへやら、その場で飛び上って声を上げた。
| ……その様が少し愉快で、心配させたようで、少し申し訳ない。
| そして、成果を確かめるより先に生還を喜ぶやる夫に、とんだお人好しだと少し呆れた。
┗───────────────────────────────────────┛
990 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:00:11.11 ID:OttMGZ3h
これは支えてあげたくなりますねぇ…
991 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:01:57.54 ID:XQdP4j2N
こんな世界でお人好しでいられるのはすげーわ
自分に余裕があるわけでもないのに
992 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:02:26.30 ID:SLKSAkW0
確かに
993 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:04:42.17 ID:bpW+Dx38
自分が新人の頃苦労したから、後輩たちのことを支えてやろうという善人。
流石に誰でも彼でも優しいわけではないが……初めて互助会を立ち上げた人も、きっとやる夫みたいな人だったのでしょう。
994 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:06:00.20 ID:OttMGZ3h
たしか本社は最初は理想を携えてたけど、組織が大きくなるにつれて当人が腐ったとも…
995 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:07:29.65 ID:62ilwNSX
よくある話だ
996 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:08:30.92 ID:bpW+Dx38
当人じゃなくて、あとから入ってきた人間や代替わりで組織が徐々に腐って……じゃなかったっけ?(うろ覚え)
ま、まあだとしても、やる夫は組織も権力も持ってないし、大丈夫大丈夫
997 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:08:35.67 ID:SI+1DBiG
会計と言う名の黒幕感
998 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:09:40.26 ID:OttMGZ3h
(やっべ記憶があいまいなのに適当言っちゃった!)
せやったっけ…?(つぶらな瞳
999 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:09:49.37 ID:62ilwNSX
1000ならシン・アスカ(ガンダム種死)登場
1000 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:09:49.82 ID:SLKSAkW0
>>1000なら横島忠夫(GS美神)が仲間になる
1001 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:12:15.31 ID:OttMGZ3h
横島参戦か  スケベ担当…?
1002 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:12:21.35 ID:ZU2Yr4fW
シャナもクーちゃんも乳尻太ももないから安全だな
1003 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:13:47.60 ID:bpW+Dx38
ふむ、邪……たまに見るけど原作とか知らんのよな……
仲間になるかは保証しかねるが、スカベ枠での登場は確約しよう。準二級以上かな?

それと>>999 シンは役どころ決まってないけど登場予定あるぞ、喜べ!
1004 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:14:23.66 ID:OttMGZ3h
級たけぇ! 後期横島かw
1005 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:14:39.16 ID:SLKSAkW0
ありです
1006 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:15:11.00 ID:62ilwNSX
それは嬉しいですね
1007 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:15:51.44 ID:bpW+Dx38
スレ主の中の横島への認識

スケベ。けどエロとか嫁さんの為になら超がんばる。そしてすごい成果を出す。以上
1008 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:17:21.25 ID:OttMGZ3h
間違ってない 人外の異様にモテるとか子供のヒーロー的なところがあるとか…
あと自給300円! スカベ換算で自給0.3円
1009 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:19:54.21 ID:SLKSAkW0
大体そんな感じですw
1010 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:21:51.75 ID:bpW+Dx38
人外にもてる……ミュータント(ガチ獣)とか警備ロボでパーティー組ませるか!
1011 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:22:31.41 ID:bpW+Dx38
                       -――――- 、
                         ,.   ´ ̄ ̄`丶、
                    / /   '´ ̄ ̄`ヽ \
               ,.-=彡 /        /       ヽ
               /  /   .′       |  |      :,
                  /    |   |     |  |  |    ,
                 / ,:  \{   | }  |  |  |  ヽ i
                / /:| |:|r=ミ、   |\|,. -ノ  |  |   :i |  はい。無事、気取られずに写真を撮ってきましたよ。
              i , ! |从 んハ  |/,x:=ミ、 | ,   :| |
              |f   ∨ ,} Vソ八 { 〃んィ/}/ /    :| |  これ、機関銃と、グレネードと、PDA……
              | / i /八   '  ヽ  V/  /)    | |
.            <: : : :|{: : : :\ ` ‐  / /⌒〉 {   | !  どれもこれも、ありがとうございました。
              \ : : : : : : : `Tエ7/: : : : :f 八  |  :,
                  / \: : : : <´ ̄´ : : : : : : | | ヽ{   ,                      はは、全部完品だお >
                / // : : /〃`ヽ : : : : : : :! |    :    :,
.            /   /\;/ 〃 /: : : : : : : : : |   i |  '.  でも、どれもあったから安心して、
.           /,.イ /  // 〃 く: : : : : : : : : : : :'、!    | |   .
            // | i  .// 〃   ハ : : : : : : : : : : : :ヽ  | |     , 落ち着いて動けました。
          //   | |  |:{  {{  〃i: : : : : : : : : : : : :/   ,|ヽ   ′
        if    | |  | }  }}   i |: : : : : : : : : : : :ハ   |∧ ',   ! だから、ありがとう、やる夫さん。
        ||   | |  | {  ||   | |: : : : : : : : : : : :} .   ノ  : |i  |
.       /\||   | |  | |  ||   | !: : : : : : : : : : : ,\\   } ハ  |                   お、おう……おっと、 >
      \() \  |! ノ |  ||   |:从: : i: : : : : : : : : : , \\ |′ '. |
        \() \|/: :/  :||   || {: : |: : : : : : : : : : :\  \\  !|  送迎車、来ましたね……これで帰れます。
        ||\/ : : /   :||   |! |: : |: : : : : : : : : : : : : \  \\ |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 結局使わなかった短機関銃と、グレネード二種、それに写真を収めたPDAをやる夫に返す。
| やる夫に言った通り、いざという時のリカバリに使えるグレネードの存在は、
| 精神安定に非常に役立った。PDAも、やる夫のものを借りねば写真は取れなかった。
| 彼に借りたものは無駄ではなかったし、何より彼の指導は有り難かった。
| そう話しているうちに、やる夫が連絡した送迎車が停留所にやって来る。
| 今回のスカベンジは、初回にしてはかなりの成果だったと言えるだろう。
| 二人で、まだ人の少ない送迎車へと乗り込んだ。
┗───────────────────────────────────────┛
1012 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:22:43.77 ID:OttMGZ3h
そこは半ミュにしようよぉ!w いやでもそっちのが面白いかw
1013 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:22:47.76 ID:bpW+Dx38
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

1015 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:23:26.08 ID:OttMGZ3h
乙でしたー!!
1016 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/12(火) 23:23:28.59 ID:bpW+Dx38
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで。
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      いやー何とか無事、遺跡を抜け出すことができましたねー
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    次回は換金と、お待ちかねの装備更新。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \ 期待に胸が膨らむ展開です。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
1017 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:23:36.15 ID:SLKSAkW0
乙でした
1018 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:25:09.59 ID:OttMGZ3h
PDAはまともなの買わないとなぁ  あと銃器
1019 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/12(火) 23:25:51.54 ID:62ilwNSX
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2626-bad38b16