情報部シャナのスカベンジ日誌 2nd Turn 「スカベンジャー」その1

1939 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:08:40.04 ID:hbtjILlu
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              2nd Turn 《スカベンジャー》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1940 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:09:04.53 ID:hbtjILlu
                        _ ,r ´ ̄`
                       /  ` i!´ヽ `ヽ \
                     /   ∧/ !   、  .  ヽ
                        /   /彡"゙!  ト、       .
                    /   /   //'i i-‐ヽ       .
                      /  .  !-‐ 、'/ーrリセァi  i    !  あんなクソつまんねぇ仕事やんのかよ……
                  /  i  ir_セアi  ′  li、  、   !
                    / / .: i、i    , 、   l. i !:.   !  物好きな野郎だな、おい。
                 / / ! .::.:'.:.ヽ    -‐ 、 li i !i.:.i   i、
                 ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ご -‐- ' リ'/リ.:.i!.  !リ
                 i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、 ´`   /'::'!.:.i !  /′
                     ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/
            , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ
           /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _
           {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _
           }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧
            /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
             /ニニニニiニニニ∨/ ノ迅ニ\!  i/=〈  べ、'ニニニニニ/ニi
         /ニニニニニiニニニ∨∧_三ニ=-‐、三ニ / ノ>ーヽ ニニニ/ニニヽ
           /ニニニニニ{ニニr=ニ二ニニニニニ. こ/.ノ ,.::ニ=iニ´ニiニニニニ‐-
        〈ニニニニニニ}ニ∧=ニニニニニニi  ごィ/ ,ィ‐ iニニニニニ=-ニニ}
         /ニニニニニニ/ニ´ニニ.=ニニニニニニi   に_/ 二_ 〉ニニ=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、___
        /ニニニニ=‐ニニニニニニ、=ニニニニニiー、-rt〈/丿 '/iヽ´:i:i:i:i:i:i' /A\ 、i:i:ii:i:i:i:}
     /,ニニ/´ニニニニニニニニヽ=ニニニニニ}ニ{`ヾ- ´  /ヽ!ニ\:i:i:i:.<<£>> i:iii:i:i:i{
    /二/ニニニニニニニニニニニ}=ニニニ=‐'ニニヽ  ー   / !ニニ=r、:..\V/ .:i:i:ii:i:i:i}
   /ニ/三ニニニニニニニニニニマニi=ニ=‐t´ニニニニ`ヽ_ / iニニニ=ニヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iiii:i:i}
   〉ニニニニニニニニニニ/ニ==ヽヘ////,}ニニニニニi三ニヽ/ニニニ=ニニヽ-=ニ‐--t=″
┏────────────┓
│ 1st Turnのあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 情報部の任務でフジ樹海の探索を目指すことになったシャナ。
| 樹海へ行くため、まずはスカベンジャーとして経験と実績を積み重ねる必要を感じ、
| 熟練スカベンジャーのやる夫と共に下水道遺構へ潜るのだった。
| そこで脅威のミュータント宇宙ゴキブリを発見し、写真だけ撮ってその場は撤退。
| 翌日からは別の仕事に向け、情報収集と言う名のコミュを行ったのだった……
| 
| 流石に1ターン分のあらすじは長い!
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス >>1599

      好感度一覧      >>1598

      このターンの依頼 >>1517 【裏山の大掃除】

1942 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:09:26.32 ID:hbtjILlu
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1943 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:09:49.18 ID:hbtjILlu
            |
            |                   _,. -''"
    \              /      _,. -''"
     \   ./ ̄ ̄\   /     _,. -''"
        ./       ヽ           __,,,,.....  ----――
  _ _ _____|          |______ _ _ _
       :::::::::::::::::::_____        「|      __
  ./三三三\   |-_.__=_ __=| /_二三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
  | ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
  |==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| /[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                   ____
  / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
  | | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 紫天の空が明け、夜が終わりを告げる……朝が来た。
| 天頂を目指し上る太陽が、フジノミヤの町を照らし始める。
| 多くの人々にとって、一日の始まりである。
┗───────────────────────────────────────┛
1944 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:10:18.10 ID:hbtjILlu
                      /.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.::..:/.:.:.:.:|.:.:.:.:/∨...:.:...:.:.:..:|∨ ト..:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:ヽ
                     ′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.从:..:.:i..:.∨.:.:.:..:.:.:.:| ∨i \.:丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                   |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:...:.:仆 ⅹi  ∨.:.:.:.:.:.::|   斗x \\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.
                   |..:.:.::.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:|  i.:.:i ヽ∨.:.:..:...:i   \     ヽ..:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|
                   |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:笊云芸气ヽ   ∨...:.:.:l 〃斥笊云≧ミ ヽ:.:..:.:.:.:...|.:.:.:.:.:.:|
  眠い……             |.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:i∧ 心゚f:::} i      ヽ....:|   心゚イf:::j iリ ソ {.:..:.:.:.::|.:.:.:.:.:.:|
                   |.:.:.:.:.:|.:|.:.:.:..:.:.:.  ヽハ从__う     ヽ     从__うハ  ∧...:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:|
                   |.:.:.:.:.:レ人.:.:.::.:∧   ゝー'       \   ゝー'    ∧..:.:.:|......儿...:..:.:|
                   |..:.:.:.:.:.:.| ヽ.::.:.:ヘ                      /...:.:.:.:.:|匕..:.:.:.:.:.:.:|
                   |.:.:.:.:.:.::.|.:.:.:..:\| ヘ          i            /.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                 ノ.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ                    /.:.:.:|.:.:.:.:..|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                     .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|....:.:.:.:.:ゝ       ´  `      匕.:.:.:..:.|:.:.:..:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:..|
                    /..:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.>            <.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}    _ 匕 {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<ノ        | >.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:<                  >.:.:.:.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 衛宮シャナの朝は……まあ、早い。
| 仮にも軍人であったわけだし、規則的な生活というのは身についている。
| とはいえ、寝起きに眠気を感じないかと言えば、そうではない。
| 朝は誰だって眠いものだ。少なくとも、シャナにはそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
1945 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:11:00.45 ID:ml+voswU
早く同居人が欲しい…
1946 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:11:35.28 ID:hbtjILlu
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::}
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从 ……顔洗って、準備に行こう。
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{  `ヽ
      /  ,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    }
     {   ,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    |
     |   ∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|    |
     /    } :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|    {
     ,     | :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|     ',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とはいえ、いつまでも眠気を抱えているわけにもいかない。眠気覚ましに、冷水で顔を洗う。
| 次の仕事は定まった。今度は、その為の準備を整えなければ……
| 銃はあった方が戦術の幅が広がるし、共働もしやすい。ハンドグレネードは保険になる。
| 少なくとも、この先もずっと軍刀一振りで行けるはずはないのだから……
| そろそろ、装備の現地調達を始めるとしよう。
| 幸いにも予算は多少なりとも有り、買う店にも当てがある。
┗───────────────────────────────────────┛
1947 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:13:10.15 ID:hbtjILlu
.       |_||_||」l」|::|:||::|::|「||「||   \__     ----――====¬¬冖冖    ̄ ̄   __     ----
.      | ̄`lミ||::|:||::|::||:|||:||     |  |_     ----――====¬¬冖冖     ̄ ̄
        |: : : |ミ|「::`l:」:」|:|||:|l     |  |                     ||     匚]       匚]
       |: : : |ミ||:::: |ミ|ミ| |||:||    .|  | }{                ||                      カランカラン...... >
      |: : : |ミ||:::: |ミ|ミ| |||:|l    .|  | ||.  _}{  _}{   }l         ||     y頂='      fニニニニl
.        |: : : |ミ|L::_|ミ|ミ| |||:||   |  | ||.   ||   ||   |l  ___ ||     (テ´      〈_{┘ ̄
.       |: : : 「::|:!::::|::TT::|||:||    |  | ||.   ||   ||   ||  |    |||
    〔[ェ===[}:|:::|:!::::|:::|::| :|||:|l    |  | ||.  _||  _||   |l   ̄ ̄ ̄ ||
        ├-rf::::|:!::::|:::|::| :|||:||   .|  | 「| 、 |┤、|┤、|`l 、      ||     y頂='      fニニニニl
       「|::|:|::「|:!::::|:::|::| :|||:|l   .|  | {王} {王} {王} {王}    匚] ||     (テ´      〈_{┘ ̄
.         |」::|:|::|」:!:: |、ムム]ム]ム  |  l | |  |┤ |┤ |-|     匚] ||_____________
.        |:|::|ム:::「`l:|ム 厶 厶 厶  |}|_|  |┤ |┤ |-|     匚] ||==========================
.       マ::L厶-⊥_厶ミヽミヽミヽ   ]| |  |[「[] |[「[] |[「[]       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         マ::::「ニ=-‐¬、r┘r┘r┘ | 「]  |fュ. |fュ {[|fュ       ||  ┌―――┐        ┌―
.         マ::〈}ーャ-f´_〉 : :∧:∧  | |l〔〕 ]「[] ]「[] ]〔[]      ||  |      |        |
          ヽ∧:∧:∧ム∧: ∧:∧   i|   |{  |{   |{.     = ||  |      |        |
             |: ∧:∧:∧ム∧: ∧:∧ _|_ |ム  |ム. |ム    = ||  |      |        |
   〔[ェ=======[}∧:∧:∧ム∧:.:∧ニ〉  /|.| ム | ム.|ム     = ||  └―‐----         .|__
            |: : : ∧:∧:∧ム∧-┘ //[|.L厶 L.厶L 厶      ||
         _ |: : : : ∧:∧:∧_〉´ //  ||  ̄´  ̄´ ¨¨´ ―--    _
.     _ -=ニ  |: : : : : ∧┘¨´ //    |==―--    _          ̄  冖¬==―--    _
_ -=ニ     -└‐¬ ¨´  //       ||          ̄  冖¬==―--    _
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そういうわけで。
| 着替えを済ませてやってきたのがここ、下層区にある官営武具店だ。
| 青空市場などでも銃器は扱っているようだが、元がジャンク品ばかりで品質は信用できない。
| その点、こちらは官給品の卸売りだ。多少値は張るだろうが、品質については保証済み。
| この上を求めようとしたら、専門に整備や修理をできる人材や技術を得る必要がある。
| 聞いた話では、この店主はその整備・修理のできる人材だというのだから、いやはや
┗───────────────────────────────────────┛
1948 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:13:53.76 ID:ml+voswU
安心感が違うな
1949 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:14:21.13 ID:hbtjILlu
                 ___
             . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``: ..
.           /:/⌒.:.:.:.:`¨⌒\:\
          //.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.:.
         /.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.: .:|.:.:.:.:| ‘,:.:.:
        /.:.:.:.:.:.八.:.:.:.:.:.:.:./|.:.:.:/.: .:}.:.:∨
.       ⌒7.:|.:.:笊ミk.:.:.:/抖笊/.:.:.:/.: : :∨  やあいらっしゃい。
.         /:.:从:{ v沁j/ノイ v炒.:/.:./.:|.:.:.:.:.:.
      /.:.:.:.|.:.∧ ^~,   `~^/イ.:/.: :|.:.:.:.:.:.|  昨日もそうだが、早いな、シャナ君。
     / .:.:.:.:.:.|.:.:.込  _ _   .:. :/.:.:.:八.:.:.:.:|
    /.:.:/.:.:.:.:.|.:.:. :.个     /イ.:.:.:.:.:/.: :〉.:.:.:|                         おはよう、店長。それを言うなら、店長こそ >
 ./.:.:/.:.:./.: :|.:.:.: :.:|.:.:.〕if爪 /.:.:./: :/.:.:.:.∧: :|
 .:.:./.:.:./.: : :八.:.:.:.:.乂_ノニニ/.:.:./ 乂.:.:.:.:.:.: 〉 ト  おや、それもそうだ。
 .:.:.:.: /.:.:.:.:.:/:.:.:.\{\{/ニニ/.: :/ ̄ ̄〕__.:.:.:.:} |.:.∨
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:. 「={/-=ニ / /  -=====ミk: :|.:.:.:∨ それで、今日もこれからガンレンジか?
 .:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:. :.人/-=ニ≫./〈/  /ニニ V〉.:ノ.:.:.:. |
 .:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.://{ニ/i:i:i:i:rうY__/ニニニ=-}:.:.:.:.:.:.:.: |  私としては、是非自慢の商品を買ってほしいのだがな。
 .:.:.:.:.:.:./:. :≫-=={ア/-=ニ二{i〈i:i⌒7ニニ=-}.:.:.:.:.:.:.:. |
 .:.:.:.:.:/ /-ニニニ}{-=ニニニニニ}i:i\i/二ニ=-}.:.:.:.:.:.:.:. |
 .:.:.:.:.:.:.:{-=ニニ二八-=ニニニニニ丶i:∨ニニ=-∧:.:.:.:.:.:.:.:.
 .:.:.:.:.:.圦-=ニニ/i:i:i≧=‐ ‐=≦ =-〈ニニ==-∧.:.:.:.:.:.:.:.
 .:.:.:.:./=〕iトニ/i:i:i:i:i\ニニニニニニニニ∨ニニニ-∧.:.:.:.:.:.:.:.
 .:./-=ニニ{=/i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ニニニニニニニア∨ニニニ-∧.:.:.:.:.:.:.:.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 店に入ってすぐ、カウンターにいた店長のスカサハに声をかけられた。
| もう一人の店員、リリィの姿はない。
| まだ眠っているのか、あるいは店の奥で仕事しているのだろう。
| 店長らしく買い物を進める声に、今日は応えることができそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
1950 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:15:55.36 ID:hbtjILlu
            /    / / /\/ /}  /   |  '!  ',
        /   _/ / イ≧ュ、/ヽ '  / } ,' ! |i | |_,ハ
         '  ,ィ | ./イ 比i狩   / / ,ィ∧ | i | |  |
       /   { {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/ } | |  |
        /   乂_|i |      /   ム孑イ|! / /iリ /
      ,    _从 |_         , ゞ゚' /|/ / /} / なら、今日は喜んでもらえそうかな。
      ,    ///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /     {////// i!/ト、      ィ{  |   '                           ほう、ということは…… >
     ,    ,∧//////|/{  {`¨´/\∧| !{
     / ,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{ | :.      目録、見せて。
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i | :.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム {_ :.      今日は買い物に来たから。
   |///////// }//////////}r‐r\///} |/} |
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ| !/|                                  いいだろう、ほら >
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j! :.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/| :.
  {////////////}/////////|'      |/ |/{  :.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 店長から、目録を受け取る。
| 特別、前に来た時と品揃えは変わらないようだ。
| 銃器、PDA、あるいは探索用の小道具……欲しいものは山ほどあるが、生憎予算は有限だ。
| きちんと必要なものを見極めて、それから買い物をするとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 相談時間を取ります(21:30まで)
      質問事項・延長希望等あればどうぞ。

   目録    >>1922-1923

   ステータス >>1599 所持金:120円0銭

1953 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:24:16.94 ID:5UsG0fJu
しかし話し合いって少人数の時はいいが
人数増えたらもめて長引きそうだな

個人的には人増えたら話し合いで延長繰り返して長引くのきついから
ある程度人がいたら買うモノと理由とダイス付きで書き込んで
>>1の振った数に最も近い3人とか最大値から3人ぐらい選んで投票で決めるとかだとありがたい

1954 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:26:01.08 ID:hbtjILlu
>>1953
ふむ……参考になります。
話し合いが長引くような時には一度試させてもらいましょう。
1955 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:30:02.34 ID:hbtjILlu
さてさて、延長は良さそうですねー?
進めますよー
1957 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:31:13.76 ID:hbtjILlu
        。<:::::::::::::::>。
      <;::::::::::::::::、:::::::::::::::::::>、
    /::::::/:::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::>,
   ./::::/:i::::::::::::i:::i:::::::::i:::::::::::::i:::::::::::::
  /::::::i::::i:::::::::::ii::::iV:::::i:::::::::::::i::::::::::::
  {/i::::ト,::i:::::::::ナ十ノz,zii:i::::::::::i:::::::::::
 .{i i:::::i-V,:::::/ "ノら.ジi:::i:::::::::i::::::::::::   どうかな、欲しいものは見つかったかい?
  .i  Viトチら`   `´ ./::::::::::::i::::::イ::::
    i::`::}`'i、    /:/:::::::::ノ:::/::::::                                ええ、まあ。絞り込むのが大変だったけど >
    i:::::ノi:>、 _ ' ノ//:::::/:::::/:::::::::
    V::i i::ト\  ´/::::::イ::::::/>´丶  嬉しいことを言ってくれるじゃないか。
    Vi Vi Vi>i:::<:/::::::r´
    r:´:.:.:./:.:.:ヽi ノi /::::/     /  それで、注文は?
   /:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.::::://::::/ i   //
  .{:.:.:.:.:.{:.:.:.:.:::::::/{::::{ノ{、//
   V:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:::::///\  >/
   V:.:.:.:.:ir ´ ヌ:´:.:.:.:.:.:r´//>、
    Vr.:,:´ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.{///:.:.:.:.:.:\
    r´:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ///i:.:.:.:.:.:.::.:.
   {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.ノ
  .{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:/
  人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i斗イ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 目録を眺めることしばらく。カウンターのスカサハが声をかけてきた。
| いい加減買うものを決めてしまおう。
| 今日のところ必要なのは……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 買い物安価 ↓3

1958 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:32:50.48 ID:ml+voswU
>>1930
1959 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:33:36.70 ID:aXoLUN6O
>>1956
1960 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:36:43.46 ID:5UsG0fJu
>>1954
延長無し、違う意見が残ってて決まり切ってない時は時間来たらダイス活用で最低限運要素絡めて決めないと
基本的に話し合いだけだと人多いと荒れる上に話し合いだけで決めさせたら

多数決の繰り返して常に少数派切り捨てになるから
まぁ長くスレが続くと同じ考え方した人とか同じ方向性見てる人しか残らず
あとは諦めてロム専かスレ去ってスムーズに進むようになるが、最終的に話し合う時間が無駄な感じに落ち着くし


1961 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:37:29.24 ID:5UsG0fJu
すみまぜんレスしてたら安価潰して
俺のコメントは流してスルーしてください
1962 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:38:09.47 ID:ml+voswU
>>1930
1930 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 19:42:47.08 ID:ml+voswU
グレネード 煙幕1閃光1 =10円
45口径短機関銃  20円
フラッシュライト・レーザーサイト =10円
耐酸コーティング  1品1円 → 軍刀
救急キット  20円
懐中電灯  1円

62円

のサプレッサとレーザーサイト入れ替えぐらいしかないなぁ 犬退治ならサプレッサあんまり必要性ないし…
1963 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:43:48.49 ID:hbtjILlu
うーむ、同一IDでの投票になっちゃいましたか……まあ今過疎ってるしなぁ……
二つの違いもコーティングの有無だけなので、>>1962でいきましょう。
コートはやっておいて無駄にはなりませんし。

>>1960-1961
安価潰しはお気になさらずー
基本的に雑談etcは下へずらしますのでー

あと、ご意見は有り難く参考にさせていただきます。
1965 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:46:24.94 ID:hbtjILlu
ってよく見たら手榴弾の種類も違ったか。

>>1964さんスレ主は気にしないですが……
>>1959さんはどうですか?

他に意見もないようですし、いっそダイスで決めます?
1966 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:47:03.14 ID:ml+voswU
それも一興か?
1967 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:50:15.97 ID:hbtjILlu
aXoLUN6Oさんのお返事がない……

……えーい、ここはスレ主権限で断行だ!

【1D2:1 1なら>>1958 2なら>>1959
1958 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:32:50.48 ID:ml+voswU
>>1930
1969 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:53:20.07 ID:hbtjILlu
> 買い物案>>1958

   /          \ \ \   \  \
  /           | :.   ヽ  ヽ  ヽ    \  ヽ
 '  '        |i |   ∨  ∨ ∨\   ヽ、  ',
/ /    /       '  |i    |、   !  }、  \  :.\ }
  '    /  /  /  .:     | ヽ !ヽ./ 、  \ :. ヾ
../   /  /  /   |    |  マ{/ |  ヽ  ヽ.ム
:'    |   '  /i|   ∧    '  ,イ| __ヽ}、   :.   | マ}
|i   !i  ,|  / | /  ∨  / / }/斥ヽァ∨ :.  | }| 45口径の短機関銃をライトとレーザーサイト付きで。
|   ,!ー /|-/― }/ー '  |  '   ,イr ,ら i} ∧ |  ! /
|  /! / ,.ィテ笊芯ヽ | /    比刈  ハ| /  |                       同時には付けれないけど、いいのか? >
|   ' | / ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ    |ハ  '
| / {ハ Y  比し'刈  /           {  | ∨   場所によって使い分けるよ。
{Ⅵ   {    込_z斗       、       |  :.
|     |                     人  i     あとは煙幕手榴弾と閃光手榴弾を一つずつと……
ム    :.            ,. v   /  :.  :.
,∧   ム                イ___|_ i     救急キットと、ペンライトをもらおうかな。
i/∧    ', ̄ ̄\      //////////| ヽ
///::.     ∨/////| ̄ 7  - '///////////i!  \                      ほう、安全志向だな。説明はいるか? >
///∧    ∨////|   ト、//////////////|    ヽ
////∧    ∨///|  |: :\/////////// /\    \ 大丈夫、父さんに習ってる。あ、それと……
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今日買っておくのは45口径短機関銃と、アクセサリのフラッシュライト、レーザーサイト。
| 近々野犬退治の仕事があるし、離れて弾をばらまける武器の有無は大きい。
| 二つの手榴弾も、あれば非常時のリカバリーが容易になる。
| 救急キットは、あれば怪我の悪化を避けれるし、容易に戦線離脱をしないで済む。
| なるほど、安全志向だ。
| ペンライトも、この先暗がりでの活動を考えれば必要になるだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
1970 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 21:55:33.01 ID:ml+voswU
やったか!?
1971 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 21:58:01.65 ID:hbtjILlu

  ______^ヽ___,、_,,_,,_______________________
 {lXXXXXXXXXX)l}:;;;;;)_ソ _)_);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; )
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄._ノ ̄下、ソノムつ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ノ )  シャナ< これ……耐酸コーティングしてもらえる?
             / '´
                                             ほう、軍刀か。いいだろう、少し預かるぞ >店長
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 腰から量産品の軍刀を引き抜き、カウンターに置く。
| 前回、もしも宇宙ゴキブリに見つかっては逃げるしかなかったが、
| コーティングがあれば1匹程度は斬って捨てられる。
| これも安全の為、捨て置けない案件だ。
┗───────────────────────────────────────┛
1972 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:01:58.64 ID:BVIprpTw
今回は装甲目標じゃないし弾幕張れるのならどれでも良かった
1973 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:02:29.22 ID:aXoLUN6O
>>1967
返事できなくてごめんなさい
自分のことはお気になさらずに
それよりも>>1967は良い判断です
話が進まないならスレ主権限で強行やちょっとしたわがまましてもいいんですよ?
その辺は高度な柔軟性と臨機応変。進行と面白さが最優先
1974 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:07:20.55 ID:hbtjILlu
                      ≦: : : ,ヘ \: : : : : : :<:: : :\
                   <: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :\: : ヽ
                   /: : : : : : ::i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : :..
                /: : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : :ヽ
               ..: : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : ::',
               ,': : : : : : : : : ::i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : ::.
              .: : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             ,': : : : : : : : : : : i!: : : ::i!',: : : : : : : : : : : : /|: : : : ::i!: :',: : : ::..
             ,': : :i!: : : : : : : :-i!-: :、::i! '; : : : : : : :i!:/:_/斗:≦: : i!: ::}: : : : :',
             : : : i!: : : : : : : : :i!:i!ヾ}≧‐'; : : : : : ,'}イ: /  }/ '; : :}: :!: : : : : :',  ……待たせたな。
            イ: : : :{: : : : : : : : :i!',}.== 、  \: : ::/  }/ _=-‐ 、 '; :iト、!: : : : : : :..
           / i! :: ::λ: : : : : : : :〈 んじいヽ  ヽイ  ィ ちじい 〉∨: :}: : : : : : : :',  ほら、こいつは腰に戻しておけ。
          ,': :i!: : : : ',:: : : : : :: ::i!弋以少          弋ニ少' /:/ヽ: :ヾ、: : : ::.
            {イ i!: : : : ::'; : : : : : : : i!                   イ   }: : : :', : : : ', あと、こっちは注文の商品だ。確かめてくれ
            i!:: : : : : : : : : : : : : :i!       }〉          ∧ <:i!: : : :: : : : ::.
            i!: : : : : : : : : : : : : ::λ              イ: : : : : i!: : ::}: : : : ::i!                ありがとう……これ、代金62円 >
           イ: : : : : : >-‐-<: : : :..   ` }Y  ´   /: : : : : ::/:i!: :}::ト、: : : : i!
          /: :i!: : : ::/      \: : ::>、  | i    イ: : : : : : : :/: : i!/i/ : :\: ::i! うむ、全額確かに。またの来店を待っているよ。
            イ: ::人: |: {         〉、: : : ::≧| i_  < i: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ヾ:i!
        ..:: : : : : ヾ}: }             }: : : : : i! |: : : :/ ̄}: : : : : :i!: : : : : : : : : : : : :} 次はPDAや小物を揃えていくと良い。
         /: : : : : : : : /-≦三三≧、    i!: : : : :i! .!: ::/::::::::::::i!: : : : ::i!: : : : : : : : : : : : :',
      イ: : : : : : : : 〈_ =====、 〉、 i!: : : :ノ i!__{:::::::::::::::i!: : : : :iト、: : : : : : : : : : : ',                 そうする。今日はありがとう >
    /: : : : : : : : : : ::〉       \ Y ̄Y::{       ̄}::::::::i从: : ::i!  \: : : : : : : : : ::',
   /: : : : : : : : : : : : /            人_.人i!  ≧‐ -〈:::::::::i!:::::ヾ: }   \: : : : : : : : :',
 /: : : : : : : : : : : : : 〈__         イ: :∧   ≧‐ _/:::::::::i!::::::::`i!     \: : : : : : : ',
,〈: : :イ: : : : : : : : : : : : \ \     /: : : /::::ヽ   , /::::::::::::i!:::::::::::i!      \: : : : : :',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スカサハが奥に籠って、数分後。
| コーティングを終えた軍刀と、注文した商品を抱えた彼女が帰って来る。
| 代金の62円を支払い、返ってきた軍刀を腰に挿す。
| 次いで銃のグリップを確かめ、軽く構えてみる……特に問題はなさそうだ。
| 新品の短機関銃を、外から見えないようコートの内側に釣るす。
| 他の商品も適当にしまい込んでから短く礼を告げ、今日のところは官営武具店を後にした。
| 次はスカベンジャー組合で、依頼の正式な受領をしなければ。
┗───────────────────────────────────────┛
1975 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:12:50.65 ID:hbtjILlu
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1976 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:13:02.26 ID:hbtjILlu
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:E まだ幼いのに可哀想に……

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 58 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
              数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
              対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにフラッシュライトとレーザーサイトを保有。
  ハンドグレネード(煙幕、閃光 各一個)

 ・防具
  特種防護コート……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                  銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
  登山ブーツ   ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
1977 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:13:13.74 ID:hbtjILlu
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1978 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:13:32.61 ID:ml+voswU
ようやくいっぱしの装備に…
1979 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:14:11.86 ID:hbtjILlu
                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 官営武具店を後に、大通りを歩くこと十分余り。
| 官営武具店と同じ下層区にある、スカベンジャー組合事務所にやってきた。
| 到着した時、丁度表玄関から送迎車が発進していくのが見えた。
| ……組合の中は伽藍洞というわけではないが、込み合っているというほどでもない。
| 依頼の受付程度なら問題ないだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
1980 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:15:16.48 ID:hbtjILlu
                  , =----ミ
                 { / ̄ > Y⌒ヽ___
               /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                    //   ,          \} .}
..                /  / .// / ./   ,        .∨
             /  /. /   / ./   /   i
..              /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!
             :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i:
          i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂  はい次の方ー。
          |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i
          |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ   おや、衛宮さん。今日はお仕事のお話で?
          |   \_             `=′/i
          |      \       '       .|                            うん、依頼の受付に >
          :         |\   `  '   .イ i |
           i       /Yi          イ i  |.      なるほどなるほど。では形式的な質問を。
           /    / .\    T手   :    |
            /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |       依頼書とか推薦状は持ってますか?
       / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
       /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\                                これです >
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 受付待ちの列に並び、数分。列はよどみなく進み、すぐにシャナの番が来た。
| 受付にいたのはいつものアリスだ。
| 形式的な質問と称し、受付する為の依頼書の有無を確認してくる。
| ……形式的、と付けたのは、他ならぬ彼女に推薦状を発行されたからか。
| とはいえ、今日はアリスにもらった推薦状を使うのではないのだが。
┗───────────────────────────────────────┛
1981 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:17:38.17 ID:hbtjILlu
                 __
            -―‐‐ァ i:i:i:i:i:i>=-
          ,. ´: : : :/i:i:i:!:/: : : :`ヽ
           , ′: : : :/i:i:i:!:/: : : : : : \
         ′: : : : |:i:i:i /: : : : : : : : :ヽ
        |: : : : : :|i:i:i/: : : : : : : : : ‘,
.          |: : : : : : |!:/:!: |!: :!: :! /: : : : : :!
.         |: : : 、_:.|/ノ:./|: :/: //: : / /: /: / へぇ、ミュータントの山犬退治……
.        |: : : :`ー―‐く/_//ムイ/|///
          |: : : : ∧ン |: :| _ヒ刈  乂 ¨¨´   ああ、仲介所に出てたやつですね。
         |: : : :./: \!: :’,     /
        |: : : : : : :≧o。{  ー/乂     衛宮さんで丁度最後の1チーム、これで募集は締切りです。
.          |: : :/: /: ://¨¨¨¨7 二´|¨¨¨´
.         |: :/: /: ://   /::::::::::::ゝ-- 、     確認が取れ次第改めてメールしますが、
           |: /: /: ://ニ≧=-!::::i、:::::::\、∧
   、___/: /: :/ }ニ_二|::::j }:::::ト、::ハハ   多分決行は明日か明後日になるでしょうね。
   ト、____|_/: :/ /ニニ∧ニニ}:::_|ニ=∧{_
..  ゚。: : : : : : :./ /ニニニ ‘,ニニニニ ∧∧  今日今すぐに、ということはないのでご安心を。
.   ゚。: : : : : :/ /ニニニニニ’,ニニニニ/{_ ∧
    ≧=‐ァ‐=≦: :|ニニニニニニヽ二二 >’ ∨ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 酒場でもらった依頼書を提出すると、アリスが受諾処理を終わらせる。
| どうやら、滑り込みの受諾だったらしい。
| 危なかったと冷や汗をかく一方、他にも参加者がいるなら危険度は下がるかもしれない。
| 依頼遂行は明日か明後日。
| なら今日の活動は、体調管理と銃の具合を確かめる程度に抑えておこう。
┗───────────────────────────────────────┛
1982 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:20:15.56 ID:aXoLUN6O
あら、クーちゃんにお誘いのメールしないのか?
1983 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:20:42.70 ID:hbtjILlu
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨', ところで、最後のチーム、ってことは……
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ                           ええ、衛宮さんがお友達を
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!                            誘って行くのはOKですよ >
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/                       報酬も全員分支払うということですし、
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                          信用できる相手なら損はないかと >
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|  なるほど。なら……
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 確認してみたところ、チームとして誰かを誘ってもいいらしい。
| 報酬も目減りすることはないし、一人くらいは誘ったほうがいいだろう。
| そういえば、クーデリアとは仕事でもいいから一緒に出掛ける約束をしていたか……
| ヴィルヘルムは微妙な顔をしていたが、誘えば渋々、といった様子で来るかもしれない。
| やる夫は……どうだろう。顔が広いようだが、声をかけてきてくれるだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 相談時間を取ります(22:30まで)

     依頼に連れて行く仲間を一人だけ選んでください。
     質問・延長希望等あれば受け付けます。

   NPCステータス 
   クーデリア>>552  やる夫>>554  ヴィルヘルム>>555
   (補足:クーデリアの銃器技能はLv5)

1984 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:22:06.13 ID:5UsG0fJu
俺はクーデリアを推すぜ
仕事とはいえ男社会だし同世代の女の子と親しくなるのは大事
1985 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:22:51.02 ID:hbtjILlu
>>1982
これから誰を誘うか相談&安価ですよー


うーん、ターンのはじめに相談するようなのが二連発か……ちょっとペース悪いかなぁ……
ターンの流れの構成考えた方がいいだろうか。
1986 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:25:28.38 ID:aXoLUN6O
一人だけならクーちゃんかなぁ
1987 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:26:36.46 ID:5UsG0fJu
まぁどのタイミングいれても相談系は時間かかるし
巻きでしたいならイタズラ目的のスナイプ系とか単発ID除外した上で
参加者にダイス振ってもらって素早く確定するしかない
1988 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:29:20.80 ID:6vQWi3Ol
クーデリアで。ちょっと火力が不安だけど、シャナの堅物さを和らげてほしい
1989 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:29:37.10 ID:hbtjILlu
>>1987
巻きたいというか、「ターン始まったばっかなのにまた相談かよ……」と
スレ民の皆さんがげんなりしないかなぁ、というのが心配で。
1990 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:30:19.32 ID:hbtjILlu
さてさて、お決まりのようですし進めていきましょう。
1991 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:31:13.58 ID:5UsG0fJu
個人的には相談系苦手だから
よほど重要なのとか考える時間が居る系以外は

今回のとか完全に好みの問題だし
下1とかダイス最大値とかでサクッと決めていいのではとは思う
1992 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:31:28.58 ID:hbtjILlu
                   /      \              \
             /       ___>、-‐…=ニニ  ー-  ミ;
            ∠ニ/― ニニ -     :.\  .     ー-  __|
              // ̄「 ̄: :.   :..    ::.:.ヽ :.      :..::.:..::{
          // ̄.::| . ::.; :{:. :. ::.:..   ..::.:..;:. ::.        ::.:..::.:{
           /,'!  ::.; {.::.|:八::. ヽ:..、.::.:..   ::.:..|:..::.:..      ::.:..::.{
.         // !  .::| i:斗=弌::.:.|.::.|::.:..::. ::.::l:|::.:..:::.       ::.:..:{
        i/ | .| ::.l:い::.l 孑勿::|ヽ|::.:..::.:.. ::.:l:|、::.:..::.      ::.八
        | ′:| ::.{.:i:. ::i圻ih 狄 i::.:..::.:..::.:..i:| }::.:..::.   :i.   ::.:.',  誰かに声をかけてみよう。
           :.::;、::|八::.{ vリ    !::.:..::.丶::.|乂.::.:..::.   i:.    .::.:.
          八{ ヽi ノヘ ´___j____i斗-‐…=┐ i. '::.    ::.:.、 最悪、一人で行けばいい話だ。
               ハ    ヽニニニ二二二二二二〔 ;:.  ::.:..    ::.::.
                 人 _ _  Vニニ二二二二二二|::. ::.:.  ;:.:.     ::.:,
                ヽ   ∨ニニニ二二三三[..::. ::.:.   、::.    ::.:,
                -=二込 _ ,厶ニニニニ三三三L::.:..::.:..  :.ヽ:.    :.、
          ー=ニ三二二二ニ/::/.:〉二二三二二二三>,::.:..::. ::. ::.  :.   \
                \二二二/.:/.:/二二二二二二二ニハ::.:..::. .::. ::.  ::.    \
                 \二r┴/ 厶二二二二二二ニニニリ::.:..::.:.. ::.:. `:.. ::.    丶、
                 /ニ厂 Ⅵ|二二二二二二二二二{::.:..::.:..::. ::.:.  :.  ::.    :.丶、
               く二%   ノ〕|二二二二二二二二二{::.:..::.:..::.:..::.:.    .::.:..   丶 ミ: 、
              ,必|  ,l:;リ二二f二二二二二ニニ,::.:..::.:..::.:..::.:..     ::.:..   :.\ `\
            _,,∠ニ}.斗r≦l:i|ニニニ}ニニ/二二二二ハ::.:..::.:..::.:..::.:..      .::.:.    、:..\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| PDAを取り出し、メールソフトを起動する。
| 今回程度の依頼なら、一人でもどうにかなるだろうが……さて、誰に声をかけよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓3
      誰を連れて行く?


    1) クーデリア
    2) ヴィルヘルム
    3) やる夫

1993 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:32:21.41 ID:aXoLUN6O
1
1994 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:33:37.91 ID:5UsG0fJu
クーデリア

あと結局下○指定なやり方はスナイプ可能だから相談って意味あるのかとも思う
安価する前に次こういう安価しますと一泊入れて少し待って安価スタートでも十分じゃね
下1~3でどれにするか毎回変わります的な感じだと予測されないしさ
1995 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:36:01.43 ID:6vQWi3Ol
1996 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:38:42.56 ID:hbtjILlu
くーちゃんですね、分かりましたー。

>>1994
ふむ……やはりスナイプは怖いですか。
ある種風物詩だし、それはそれでありかなぁとも思ってるのですが。

範囲安価でダイス併用とかも試してみましょうか……2nd Turnになったのに、まだまだ手探り状態です。
1999 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:41:13.78 ID:hbtjILlu
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::}
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从  えーと、クーデリアのアドレスは……
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|                            あら、クーデリアさんを呼ぶんですか? >
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    ええ、まあ。
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    一度一緒に仕事をしようと、約束してるので。
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{  `ヽ
      /  ,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    }
     {   ,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    |
     |   ∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|    |
     /    } :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|    {
     ,     | :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|     ',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| PDAのアドレスから、クーデリアのものを探す。
| メールの文面は簡潔に。
| 『明日もしくは明後日、ミュータント退治の依頼有り。同行できる?』
| あとは依頼書に乗っていた注意事項や報酬など……さて、返事はどうなることか。
┗───────────────────────────────────────┛
2002 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:50:16.10 ID:hbtjILlu
……その頃のくーちゃん

                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  {         l ├v'人  \  さーて、次のお仕事探さなきゃ……ってメール?
                /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ
                   イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  } 送り主はシャナ……うわ、なにこの機械的文面……
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /. やっぱあの子、苦労してるんじゃ……ろくに遊んだこともなさそうだし。
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ ……やっぱほっといちゃだめだ、あの子。
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 依頼の仲介所になっている酒場で、依頼書の吟味をしていたクーデリア。
| 途中、懐のPDAが震え、メールの着信を告げる。
| 開いてみれば、依頼の説明と勧誘だけを記したメール文章。しかも書き方が端的で味気ない。
| およそ、15歳の少女が書いたものとは思えないが……シャナならやりかねん。
| 放っておくわけにもいかず、また依頼にも文句はないので、すぐに返信のメールを送った。
┗───────────────────────────────────────┛
2003 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:50:59.57 ID:Kpya1r63
軍隊育ちだからね… 仕方ないね…
2004 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:55:10.56 ID:aXoLUN6O
よしよし。これで父が死んで家族はもういない。見たいなことを言ってやれば(邪悪な笑い
2005 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 22:56:50.89 ID:hbtjILlu
        /::::::::/:::/:::::::::::::::/::::::::::〃:::::::::::::/}:|::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::、::::::.
       ,:::::::::/::イ::::::::::::::::/__:::::://:::::::/:/ j::!::::::::::::::::::::イ::::::| :::::::::::: i::::::::.
         ,:::::::/://:::::::::::/,:::::::`/ヽ、/,:'  /:イ :::::::::::: /:/|:::::::}:::::::::::::::|:::::::::.
       ,:::::::{:/:,:::::::::::/:::::{:::::::/{::://ヽ、/:'/::::::::::::::/:/ j!::::/:::::::::::::}::|:::::::,:::
        ::::::::/:::{:::::::::/::/:::|:::/イ羊斥ミ、 / /::::::::::::::/:/__,|:::/:::::::::::::/|/ :::: |::|
      |:::,::::::::::|::::::/:{/:::: !/ Y んr ,刈   ,:::::::::::/{/  |:/ !::::/}:/:::|::::::::::}::|
      |:/ ::::::: |:::/:::::::::::::{   {らし::/  /:::::::/  ,.ィ≦斥、|::/::/::::::|::::::::イ/  じゃあアリスさん、今日はこれで……あ
       /:::::::::::::|イ::::::::::::::::|   ゞ -゚'  {::::/    ん:::刈 〉}/:::::/:::/!::::://
.      /::::::::::::::::::|::::::::::::::: |       /     {らしソ {/::::::/::::/ |:::/                        ええ、お仕事頑張ってください。
     /::::::::::::::::::/|::::::::::::::: |          ,     ゞ-゚' /::::,.イ::::/ }:/                                  で、どうしました? >
.    /:::::::::::::::: /:::|::::::::::::::: |                ,:'{://:::/   '
    ,:::::::::::::::::: /:::: |::::::::::::::: |\       (__v        /::::::::〈/  いえ、クーデリアから返信が……同行、問題ないそうです。
.  /::::::::::::::::::/::::::::|::::::::::::::: |    、     "       イ::::::::::::イ
  /:::::::;::::::::::/::::::: ィ|::::::::::::::: |     > __  .....::::::´::::::|::::::::::::::|                                      それは何よりです。
. /::::::::/::::::_/---' : |::::::::::::::: |       /::::::|::::::::::::::::::|::::::::::::::|                     同い年で同性の友達は希少ですから、お大事に >
イ ̄: 、\´: : : : : : :|::::::::::::::: |        /: `ヽ::::// ̄ ̄ =---  __
: : : \:\ム: : : : : :.:|::::::::::::::: |     ___{- 、}: ∨,'             ̄ ̄ > 、  はぁ……そうします。
: : : : : ヽ: マム: : : : :.|::::::::::::::: | \/: : ,. -- :}∨/                   ー=-、
: : : : : : :}: :} i: : : : :|::::::::::::::: | : : \// ̄∨/                         `ヾ  (……友達、か)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| PDAからメールを送り、数分。
| アリスとの簡単な打ち合わせを終え、今日のところはお暇しようとしたところで、メールが届く。
| クーデリアからだ。
| 内容を端的に言うと、明日でも明後日でも、同行可能ということだった。
| 去り際にアリスからアドバイスをもらったが……友達、か。
┗───────────────────────────────────────┛
2006 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 22:58:50.90 ID:Kpya1r63
アリスがほんと世話好きおば… お姉さんだなぁ…
2007 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 23:02:06.00 ID:hbtjILlu
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  | ……何にせよ、まずは明日の仕事だ。
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/   ガンレンジで、銃の調子でも見ておこうか。
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 組合の事務所を出て、しばらく歩く。
| 友達……情報部に入ってから、ずっと気にしたことのない言葉だ。
| アリスだけでなく、確か、昨日リリィも言っていた。
| ……ひとまずは、その友達を守れるよう、買った銃の調子を万全にしておくとしよう。
| 来た道を引き替えし、数十分ぶりの官営武具店を目指すことにした。
┗───────────────────────────────────────┛
2008 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 23:02:29.74 ID:hbtjILlu
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

2009 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 23:02:46.77 ID:5UsG0fJu
乙でした
2010 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/22(金) 23:03:46.57 ID:hbtjILlu
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、きりもいいところですので、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      シャナが銃を手に入れ、友達を意識しはじめ……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    物語が始まった感、ありますね!
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \ この先の展開が楽しみです。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
2011 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/22(金) 23:04:14.18 ID:Kpya1r63
乙でした!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2650-5299df25