情報部シャナのスカベンジ日誌 2nd Turn 「スカベンジャー」その3

2209 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:00:45.00 ID:g+jI2dFN
          ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃ .......│     .....│
          ┃ .......│     ・・・ドドドド┣¨┣¨┣¨┣¨
          ┠──┼────┼──
          ┃ .......│     .....│     .....│  ┃
          ┃ .......│     .....│     .....│  ┃
          ┠──┼────┼────┼─┨
          ┃ .......│     .....│     .....│  ┃
          ┃ .......│     .....│     .....│  ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
                待 た せ た な ! !


......  ┏┓   ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━¨┣┫   ┃ .......│     :;・ω・ :     ●┃ ┃,┃
┗━_.━┛ ━━━━━━━ ,-‐- '  '゙´.  ━ ━┛ ・ ・
          ┠──┼───.× ω ×.──┼─┨
          ┃ .......│   ∩  [==]  ∩: ....│  ┃
          ┃ .......│   :  ....│     :....│  ┃
          ┠──┼────┼────┼─┨
          ┃ .......│   :  ....│     :....│  ┃
          ┃ .......│   ∪.....│  ∪ .....│  ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━┛

        3 人 い れ ば 投 下 し … ま す …
2210 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:01:25.09 ID:d2e5IEX4
2211 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:02:24.29 ID:3ifQQAsi
2212 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:08:44.91 ID:ii0nGQNy
2213 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:09:03.15 ID:oOBp6Cmk
2214 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:09:17.68 ID:g+jI2dFN
        ハ,_,ハ,
       ;゙ ・ω・;,/^l
    ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  |   ……人、いないん?
    ヽ、,;'   ・ ω ・ ミ モフ
     ミ====[==]=l==ミ   どうしよう……今回アイディア安価もあるしなぁ……
     ミ  ヽУ ̄ ̄/;;
     ';,.   /安価/ ミ   一時間くらい後にずらす?
      ;;,,    ̄ ̄ ,;;゙
       ∪"゙'''"゙∪
2215 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:09:45.09 ID:g+jI2dFN
                 /^l
         ,―-"'"'~"゙´  ゙':
          ヽ  ・ ω ・   ミ   ……と思ったら、四人そろった!
          ミ つ旦と   ミ
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ,/\ それでは投下を開始します。
      /.________/   \
     ,/ ̄        ヽ     /
     /           ヽ   /
    /            \/  
2216 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:09:46.85 ID:d2e5IEX4
この間14秒差であるw
2217 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:10:14.99 ID:g+jI2dFN
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              2nd Turn 《スカベンジャー》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2218 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:10:20.74 ID:3ifQQAsi
よくある
2219 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:10:41.80 ID:g+jI2dFN
             _,.............._
          ,..::::::::::::::__::::::、:::...
         /:::/,-―――-、:::::、:::::...
          /:::/::/:イ:::::::::l:::l,:::::::、::::ヽ::::::::.
        ,:::::l::/l:::| 、:::::::l,::lヽ__::':,::::::、:::::::::.
          l:::::l::l--、!-\::l´':、 、::::、:::::、:::::::::\  勤勉である限り、依頼人はスカベンジャーにとって味方よ。
          |:::::l:/,.ィニォ、 \ ,ィニェ、\、:::',:::、\::\
          |:::::|{. 込リ  ,   込リ l,r':、:::、:::-=,ヽ、:.、 そうでない者には……さあ、どうかしらね。
          |:::::ゞ!             ,_ン::∧::::、l∧'ノ!-,ヽ
          |:::::l 、:..、   ´ `   , イ:::::::::::/ヽ::\l '_ノ、::::\
        ',::::l ヽ:::>, .._.. , イ:::::::::::::::::l///ー-ニ=-彡'、::::、
        ',:::!   l::::,∧Yl|///ヽ:::::::::,ィ ̄ ̄ l:::::::、    \:\
         ',:::.,ィ- 、,////!////∧::::l    l:::::::::::.    ヽ:::.
       /:.:.:、::.,ー、_{_}二二}///: ̄|    ,':::/:::::::::.     :::::.
      /:.:.:.:.:.:.:.l///,//l l/l////:.:.:.:.:.|    l/イ:::::::::::::.    ヽ::::.
      〈:.:.:.:.:.:.:.:l// /-、´l l l///:.:.:.:.:.:l    /イ´:::::::::::::::::.     ',:::::、
     ,ヘ:.:.:.:.:.:/イ / ,' ヽ! !l//:.:.:.:/{   ,!:::::::::::::::::::::::::::     ':,::::.
     / {',:.:./// l   l l∨:.:./ l l   /!:::::::::::::::::::::::::::::::.      、:.
     /  l∨ //   !.  | |、:./  | !   l::::::::::::::::::::::::::::::::::.     :l
    ,   |  l,/  l.   l_l    ∧  /,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,    /
    /   ,イ     l       /::::::`::´!  、:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 互助会たち蛆虫共に混じり、依頼人の元を訪れたシャナとクーデリア。
| 警備ロボットを連れた準二級の参加者など、少々想定外の事態もあったが……
| おおむね問題なく、査定用のカメラを身に着け、依頼の裏山へ足を踏み入れた。
| そこには一体、どれほどのミュータントが潜んでいるのか……
| シャナは樹上で一人、当たりの地形を見渡しながら、想定される脅威に頭を巡らすのだった。
| 
| 一方スレ主は、目白押しのイベント達をどう捌こうか頭を悩ますのだった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>1976

      同行者『クーデリア』 >>552 (補足:銃器Lv:5)

      好感度一覧        >>1598

      このターンの依頼   >>1517 【裏山の大掃除】
2220 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:11:07.63 ID:g+jI2dFN
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2221 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:11:55.37 ID:g+jI2dFN
       _ィ'⌒゙''ー-、,,_
_,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,,___
:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :: . : . :. .,,.r-~''´ ̄   .. .. ..   ..:    . ...  ...
:.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~'⌒゙'''" .:::: .. . .... .. ..   . ...  ...    ..:        . ..
´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,..,,_,. -─- 、..,,____,,.....,,,_.. ..                _,,. -ー'''
 .... . .. :...  -─-= 二、..,,____,,.....,,,_.._,..r-'''"´      .. . ..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
...  ...                                         ~`"゙''ー- 、
. :;:;'r-=´へ  .. ... .. ..   . ... ...    ..::   .         ,ヘ
/ / '::... `:.\、                         ,ハ';'ヽ、. .. ..   ..:    . .
.::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´\,ヘヘ,、 :.     ,ヘ       ノハil;:ヽゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
 "`''''''ー――-´--------- ,....へ.,.,.,,,,,,,.. ハ';'ヽ、  __,.,,, ノ'ノ,'ハハ,ゝ..... ,フ;:,'ゝ------‐―
   . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、w:.、,、v、,、v、;. ノハil;:ヽゝ    ノノ;:'ヘ;;ハバゝ, フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W゛j;yノw''" ノ'ノ,'ハハ,ゝ ハ 彡゙;:.'ハヾゞ';'ヽヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
 从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛' ~    彡;:'ヘ;;ハバ ノハヽ、,ツノノ;:'ハ;;:. ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
`wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj从リWv,ハヾゞ;;:. ゞノvノ;:,l'レゝ,ハ';'シハノシ;:,ヘ, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
.wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 W:;,',:从シハノシ;:,';,ノノゝハハ,ゝヘ,::..ヘ.:;ilゞ ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
 ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'"゙:.:゙,;`彡ハノ;|ililヾvフノ;:,'ハ';'ヽ;;ハバゝハ';' ハ';'ヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
'' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjwv,:.:.、;..:...: ;:ノハil;:ヽノノハハl;:.'ilゞノハil;:ハil;:ヽハハl; ノハil;:ヽゝフ
           `゙''、::wj,、,、,、从リj":::",:.:.、;:...: `ヽ、ノハ ノハゝ;ノ,'ハハハl;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
  ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj从リ、从:'"゙:.:゙,:;、`ノ;:'ヘ;; ノノ;:'ヘ;;ハバゝ ハハl;:.'ilゞヾベ .:;
~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:jリw",:.:.、;:...: ノハハ 彡゙;:.'ハヾゞ;;:. ,ハ';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
     ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: フ フ,ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
           ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ
   ~' ',;''                     `゙'':::..wj 彡ヾ;:ノハハレ;:,.'ilヾ ノノハハノノ;:'ヘ;;ハハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナの姿は今、樹上にあった。
| 理由はターゲットの野犬を探すため……というより、野犬のいそうな場所を探すためだ。
| 眼下には多くの木々が生い茂り、直接野犬の姿を視認することはできないが……
| 遠くに、小川を見つけることができた。生物にとって水は重要だ。
| あの小川を中心に捜索してみてもいいだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
2222 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:13:02.00 ID:d2e5IEX4
川の水汚染されてそうだなぁ… ミュータント居るし
2223 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:14:18.79 ID:3ifQQAsi
まぁ世界観からしてなぁ
2224 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:14:29.59 ID:g+jI2dFN
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/  リ   |/|::::|:リ:::::::| }! ん……ここからなら、南を向いて上っていけば……
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/        ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   、_,  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                     ッ、シャナ、急いで降りてきて! >
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|      ……わかった!
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ひとまずの目標地点は定まったし、ルートも確認した。
| あとは降りて移動するだけ……
| そこまで調査が終わったところで、下にいるクーデリアから声がかかる。
| ひどく緊迫した声だ……下で何が起きているのか、想像に難くない。
┗───────────────────────────────────────┛
2225 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:15:11.98 ID:d2e5IEX4
襲撃だ!!!
2226 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:16:32.62 ID:g+jI2dFN
              _,、--- 、 _    _
              _,. ィ:´: : : : : : : : . .`丶、/「\          , =ヽ
        , ‐'´/. : : : : : : : : : : : : : : :ハ! ヽ\ ̄:`':ー- 、,_ / / |
      /: :∠. : : : : : : : : : : : : : : :_: | <   ミ ヽ-: : : :ー' : :イ: |
     /: :/. : : : : : : : : : : : : : : : :.ニ: :} _/- ′. : : : : : : : : :`:く ヾ |
    / : : /. : : : : :, i: :: : :: : : : : : : ニ: :イ: :/: : :_ :\ : : : : /.: : :ヽ〈
.   /: : l : : : : : : / l : : : : : : : : : : : : :i : : :.:/、__` 、ヽ: : i′^ヽ. : :l
  /: :  |: :/: : /  i|: : : : : : : : : : : : : : : :ヘ.  Tぅ 、冫: :i ,ィうアi、: :i、
  | .::i′: : /   ハ: : : : : : : : : : : z ' ^'ー::`"'' ハ: : :.ト、…'^_: : ミ
  l :::::| l: : /      l.: : : : : : : : : : Z           〉‐┴ 、   ` ミ
  | :::::::i, l.:/      ∧ノ: : : : : :.:/i: : :.`T,   !,ィ    ヽ二ノ ミ  _,、イ
  l,::::::::|       /l     ィi: : :.| l : : : : "ヘ  」ハ∠`ー' `ー、M/: :i|
   |:::::::l       / i,   ゝ、: :/|: : : : : :.:.:ヽ ` ー `^=^ノ": : : :ノ/!
   l イ     ,イ   ヽ   `ケ ヘ.: : : : : :.:.::.:.\   `ー ′/ : : / ゙|
    !|       / !    Vヘ,、、/    ヽ : : :.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ- 、 /: : : :/  |
    l′   / ミ′     ノ      ヽ、: : : : : : : : : : : : : :/    |
    |    /: : ト     7         \、: : : : : : : : /     |
   l   ∧、N      |     /_,.-ヘ´ `ヾ;、、-べ´      |
   /   /  V         l     /"´   ヽ.   l    `ヾ      |
  l   /             |     /        `、  i.       l       i,
.  l   |          |    /          `、  ',      ゝ、     i,
  l   |          |   /          ヽ   ',      ヽ     i,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 枝から枝に飛び移るようにして、軽快に樹上から降りていく。
| 途中、手足を休めずに地面を見下ろしてみれば……ああ、予想通りだ。
| クーデリアとこの木を囲むように、八匹の野犬が周囲に展開している。
| 知らぬ間に、彼らのテリトリーに入ったか……あるいは、これから畑で食事だったのだろうか。
| 野犬はみな、殺気立った様子でクーデリアに唸りを上げている。
| ……まだ、シャナには気付いていないようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
2227 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:18:28.53 ID:g+jI2dFN
\::.ヽ ^::.::.::.::.::.:.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::\/.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\::.::.::.::.::.::.::.::.::.:
`<.::.:.::.::.::: ;、;、;::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:/.:/.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:':.:.:.:/` :.:.:.`:.:.:.:.: .:.:.:.:.:.:`.:.:.:.:.:.:.:.:',::.::.::.::.::.::.::.::.::
   \  ;、;、;、;、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:/ .:.:.:./.:.:.:.:.:.:/`.:.:.:..::.:.:./   .:.:.:.`.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:iハ.:.:.:.:|::.::.::.::.::.::.::.∠
   /.;ヽ)_;_;、::.::.::.::.:,:.'":.::.::.:l.:/.:.:.:.:./.:.:.:.`.:/ 、 .:.:.:/.::/   .:.:.:. /.:`.:| .:.:} .:.:.:.:.:.:l.:.:|.:.:.:.:|;、;、::.::.::.::.:/
 _〉.;.//.; く.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:N .:.:// .:.:.:.:.:/ .:.:./.:.:.:/` :.:.:.:/| .:.:.:| :.:./ .:.:.:.:.:. i:.:.|.:.:.:.:|;、;、;、;、/
;、任抂抂L/;、;ヾ、 .::.::.::.::.::.::.:.| .: /|.:.:.:.:.:./.:.:.:Х/.:./| .:.:.:.:/  j .:.:/.:.:∧ :.:.:.:.:.:,' :.:|.:.:.:.,';、;、;、;、ヽ___  なら……先に仕掛ける!
_片「゙ヽ爿;、;、;、;'^⌒ー/⌒\.:レV.::| .:.:.:./.:.:./≧ヘ/ │.:.:. /   /.:./|.://', .:.:.:./ .:.:.|.:.:/;、;、;、;、;、;、;、::::::
、;、;'⌒´ ̄ ̄ ̄ ̄/ :::、;'、;/ ̄ ̄! .::./.:.:;ハ! {{ト弘 │:.:./   /.:./x':.:≧k |.:.:./ .:.:.:リ.:/::::;、;、;、;、;、;、;、;、:
、;、;'、        {:: /:、;、;'/::::::::::::::::|.:./:|:.ハ  V::::小、| :.,'  /.;イ升i:.か㍉|”/}.:.:.:.火:::::::::;、;、;、;、、;、;、;、
 、;、;'、      ∨::;、;'、:!:.>'"´:.:.∨-!;小   込リ ヽ{    f圦:::ン  /イ/.:.:/)ノ:::::::::::;、;、;、;、;、;、:/
ー‐=< ___  \_;>.'".:.:.:. -=:/::::/:::ハ    ̄         `=≠   ' ///イ:::::::::::;、;、;、;、;、;、;、;、
:::::::::/::::::::::::::::::::\/.:.:.:.:./::::{::::/:::::::::/:::::ゝ     '             〃.:.:./ :::|::::::;、;、;、;、;、;:::::/|
:::/:::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.: /::::::::::∨:::::::::::::::::::::::l\   - 、       .イ :.:.:./l::::::|`;、;、;、;、::::;、;、;、;、l|
:::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:/j :::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::|  ヽ、      -=≦※.:.:.:./:/::::/;、;、、::::::::::::::/::::::::||
:::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:,:'::::::: {::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::〈     |`ア ;、;、;、/:::/ .:.:.:../::::;〃、;、::::::`::::::/:::::::::::||
::::::::::::::::::/:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::∨::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄乙フl     //;、;、;、;、;、;〃;、 ::::::::::::/:::::::::::::::::||
: ::::::::::: /:.:.:.:.:.:.:.:/::::、;、;、;、ヾ:;/        `   //   |ヽ  /.:.:.:.:.:.:./::::::::{{:::::::; -=彡'::::::::::::::::::::jj
::::::::::::::: {:.:.:.:.:.:.:./::`:::::::.、;、;、;、i、;、;、;、、;、;、;、、 /、/   j∧/ .:.:.:.:.:.:/\:::::}厂:/::::::::::::::::::::::::::::::::〃
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 既に大分下まで降りてきている。ここからなら飛び降りても怪我はあるまい。
| 腰の軍刀を抜き放ち、近場の一匹を狙い、跳ぶ。
┗───────────────────────────────────────┛
2228 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:19:03.50 ID:d2e5IEX4
ヒューッ♪
2229 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:20:27.57 ID:g+jI2dFN
                           |
                           |
                           |  ! !
                            !   | .!
                       i !    | |
                           i .!   |
                            |   |
                            |  i .| |
                            |  |ii| |
                           !  |il| i
                          | i | !
                      i   .i |  |i | i
                   {i    |   :| ii  i :|
                   i :  | i  |:i:   |
                   :i   | i   i:|    i! :
                    i  .| i  :i |    |: i|      /
                     :i  | : i!|!     !|!i    /
               ヾ    :i  i|! : :||i i    i! | |:ii /
                    i  i! | i|!i ;   i:!i | i |:〃
                     \! i| |:ii!:| |   :|:|i!| i|:/
                  ゝ 、`i: ii|:i|ii!:i| i  i i| i|!|:/
                      \i|!:i||l! | :  | i| i|/;/
                    、ヾ、|i|!i:| :  i |:i!!,イ
                     ヽi };i|! :| ;  ;i|:!/ / ′/
              、         ヽ`ヾ:|   :i| !; / / /
               .\      ゞ、  、   |i  /
              `ヽ; ヽ ヽⅥ、ヽ      : / /  /
                 >、ミ、≧: >:.>      ;'  ,’.//
                  >ヽゞヾ、ゞ        イ <          …………トン
                     ≧/ ,    ヾ`、く
                    / 〃´// / i| レヽ\、ヽ
                  ´  ;  //   | i;i ゞ、 \ヽ `
                      /     :| i ! ヽ  `
                            | : '
                            |i  `
                            |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 急降下と共に軍刀の刃を野犬の脳天に突き刺す。
| 着地に、大仰な音はない。
| 当然だ、シャナは全身機械の重量ボディでもないし、装備も軽装の域なのだから。
| けれど角度を計算された刃は、スムースに野犬に突き刺さり、その脳髄を破壊した。
| これで、まずは一匹。
┗───────────────────────────────────────┛
2230 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:22:18.63 ID:g+jI2dFN
  / ̄`''ー ..,,,
  L_  ̄ ―  `''-..,,,__
   `''-..,,,,_ -  、   ` ー-., ___
       _,,..`ブフ" ̄ ̄',  r――-'=、
      〈 ヽ,.-―''"´,,.ノー..,,` ̄ブ   `ヽ、
       `'''┴――''´    `¨'''{,/ ,.-―-、 `ヽrゝ、   /       _,,....i∠...,,,,,_ `ヽ、
                    `-{    }  }  ト―┴――――┴―-、           \
                       `ー‐r'`ヽノ  /              '、
                               ` ´`''‐r――-...,,_       }
                                        `''ー r――''

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 同時に、左手は刀の柄を離れ、懐へ。
| コートの中に吊るされた短機関銃を手に取り、勢いよく引き抜いた。
| まだ、シャナが着地してから数秒と経っていない。
| 互いに準備が整わず、状況に混乱する刹那の間隙。
┗───────────────────────────────────────┛
2231 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:23:50.51 ID:d2e5IEX4
このこ父親が死んで親戚に家を追い出された可哀想な子なんです…(棒
2232 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:24:22.52 ID:g+jI2dFN
         |  /        |  / ,                                __
      ,\__ノし//     \__ノし// 、      ___   __    _   __ __    / /
    /  ..)/⌒ヽ(_  __)/⌒ヽ(_ ',      7 /ン )  / /    /,イ |   /,イ|./,イ.|    / /
     ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄   ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄  . / /ン)  / /_.   //7| // | './ | |   .L/
    ´  /⌒|「⌒\    /⌒|「⌒\    .  ̄ ̄    ̄ ̄ ̄   ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ∠フ            __
                    |  / , |               ___   __    _   __ __    / /
                    \__ノし//´                     7 /ン )  / /    /,イ |   /,イ|./,イ.|    / /
             |  / ,, )/⌒ヽ(_               . / /ン)  / /_.   //7| // | './ | |  . L/
             \__ノし// ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄            .  ̄ ̄    ̄ ̄ ̄   ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ ∠フ
           )/⌒ヽ(_ /⌒|「⌒\
          ̄ ̄)ヽ__ノ( ̄ ̄ ̄
         ´  /⌒|「⌒\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな一瞬に、引き金を引いた。
| 狙いは左方、降り立ったシャナに驚き、硬直する一匹の野犬。
| 細かく狙いを付けない状態での片手撃ちだ。当然、命中精度は悪い。
| けれど45口径から吐き出される弾丸は一発や二発ではなく、無数の弾丸が野犬を襲う。
| 結果は単純で、明快だ。
┗───────────────────────────────────────┛
2233 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:25:08.71 ID:g+jI2dFN
>>2231
親戚(仮)「こんなことできる子と一緒に暮らすのはちょっと……」
2234 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:25:34.76 ID:d2e5IEX4
残当だった!w
2235 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:25:38.08 ID:3ifQQAsi
ぶっちゃけ見る人が見れば正規訓練受けた人間ってことぐらいすぐばれるよな
2236 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:26:52.32 ID:g+jI2dFN
>>2235
ち、父に仕込まれたんです!(強弁)
なお、嘘は言っていない模様(仕込んだのは養父だが)
2237 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:27:08.65 ID:g+jI2dFN
                  n、
                     N::|l
                     ! !.:l l
                  l l;:;|:l l
                  !li;:/;:| l
                _,.、-' '^'  ``ー- 、
           jッ',. __,,.      ``゙ヾ、 `ー
.         _,...-'‐`',..v×/,..        `z_
  r;7ニ´ ̄   '"  ヾ´          `}
 ...ヾ、       _,,,..,,,、            チ
     トヽ7レ''=''"::w::;;;;;\ヾ          ミ
       ゞ、.::_;::/,yゞ-‐'       ,.乂
         /,.==‐'" _,、-ー- =  -‐'"゙
        〃/v'´ ,、-'゙
    ..(_,,. ヘ´_/

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ハチの巣、あるいはボロ雑巾。
| およそ1マガジン分の弾薬を叩き込まれ、そう評するにふさわしい死体の出来上がり。
| これで二匹目。
| 残る六匹の野犬たちは、シャナの奇襲と銃撃に、未だ体勢を立て直せないでいる。
| 今の内に、木の下にいるクーデリアと合流しよう。
┗───────────────────────────────────────┛
2238 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:30:13.96 ID:d2e5IEX4
1マガジン撃ちつくしたのか
2239 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:30:15.01 ID:g+jI2dFN
                      ____
                   ,. -. : . : . : . : . :\
                    / : . :_ . : -. : . : . : . \
                 / : ./ : . \: . ヾ : . : . : .ヘ
                    /: . / : /{ \: ヽ. : .\ : . : . ヘ                    ごめんクーデリア……待たせた >
            _,__,,、  .{. : .|_/ ヾ  \:`ヽ: .ヘ. : .:,へ}_/ヽ
.          | ̄フ}   .| :| :{─ 、   ,r斗=弍 .{. : .〉≧{}ニ{
            |///|   .l: :l: l≧.、  ´ {V:;;イi}: . l : .レ.{.:ヽ/  それはいいけど……
           |///|  ∧ l:朮.;ツ    ー ´ | : .|ヽ . : l : .ヽ
         _|///|  ヾリ| :√ 、       l: . :}/: .l. :l: . : }   随分派手な登場ね、シャナ。
           |iコ//|コ. /_|:.:i:.   --     l: .:/ .:l.:l: .| : . l
        ノ,il :::l| .,!'|   l:.:| ゝ、       イ :∧_: l:.l./ : ./               ちょうど、仕留められそうだったから >
        ) )ニつ|/∧   l :l: .l :`.ーi  .y: /、ー--{_:∠
.       r^ー-/////  l:.l : |_:_rニノ  / :/:::::ヽi:i:i:i:i:i:i:iヽ  まあ、おかげで助かったわ。
        に、_)_) rニ/   ノ;.l: .:l:::::::/  .(. :(::::::::::ゝi:i:i:i:i:i:i:i:}
          ////// i,,  {:i/ :∧;;:_}ー--): .:}ヽ≦、i:i:i:i:i:i:i:i:i|   弾は大丈夫?
      <\////"""ゞ ./i:{.:/:::::::`lwvv/:/.:::::/i:i:i:i:i:i,i;i;i:|
        \V∨:::::::;ノ ./i/ヾi\::::/  .{/.|::::;;∧二二ニ===                リロード、やってもらえると助かる
          >ニニ===.l/:::i::::::::::::ヾl    レ::::::::::::::::!::::::::::::::|                   予備のマガジンはポケットに >
          !:::::::::::::::::>:::::::|:::::::::::::::|≧=≦.|::::::::::::::::::|::::::::::::::|
          !:::::::::::::::::!:::::::::l:::::::::::::::l:i:iXXi:i:!::::::::::::::::::リ:::::::::::::l  オッケー、ちょっと触るわよ。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 木の根元近くで、リボルバーを抜いて構えるクーデリアの隣に立つ。
| 随分と静かにしていた彼女だが、状況の把握は十分らしい。
| 沈黙は、野犬を刺激しないためだったのだろうか。
| 片手が軍刀で塞がっているため、短機関銃のリロードはクーデリアに手伝ってもらう。
| 野犬は残り六匹。近距離戦闘だ、次のリロードは難しいだろう。
| 弾薬はセーブして戦わなければ、厳しいか。自然、刀を握る右手に力がこもる。
┗───────────────────────────────────────┛
2240 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:30:43.00 ID:3ifQQAsi
予想はしてたけど弾の消費ペース速いな
バラで弾持ってるとはいっても重量やスペース的に数百もないだろうしどうなるかね
2241 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:32:20.28 ID:g+jI2dFN
                              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                                /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::\
                            /:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::::::::::::ヽ
                             /::,:::::::::/::::::::::::::::/:,イ|:::::::::::|::::::::∨、:::::::',
                             {/:::::::/,::::::::::::/..// }::::::::/| |:::::::|::::|:::::} :
                          /:::::::/イ:,:': ///、/' /:::::::/,/イ::::i.|::::}:::::|::|        リロード、終わったわよ >
                            / :::::::::::{//|イ斥㍉ヽ/ ::::/,ィ㍉}:./ |::/:::/l::|
                        /:::::::::::_{_ { 弋zソ ,::::/ ヒソ / /}∧/ リ
`丶、                     /::::::://///////\   /      ; イ  ありがとう、クーデリア。
` 、 ` 、                 __/イ//`ヽ、////////    __ `   イl::|
   ` 、 ` 、    ______    ///////////\/// /> __  <//|::::|   ……それで、打ち合わせ、いる?
     `  、` ∨  // `ヽヽ__//--- ミ/////// \ ∧ ∧////- 、 |::::|
           `  、 <'_  } ト、⌒ヽ: : : :\////////〉 }-―_ァ/////i|::::|          したいけど、余裕がないわね >
_             ` ー} ̄∨ /⌒ヽ、 }: : : : : ∨//////i从 ̄: :i∨/// |::::|
    ―  _       |  |-、⌒}/| }__}------</_/: : :リ_、: :.|/イ ̄ 从.{- 、 なら、お互いベストを尽くそう。
               _|  |   }イiii| |_,..、〈〉//〈〉//} }  ̄   Y^ヽ  / /: : : i\
                 |  |__ノ,-、 ! !〉 }-,///> ´ ̄    イ{_/     {: : : : }:i }⌒ ー、 私は前に出る。
                 |  | _ノ ///{ | {r, ̄: : : : : ヽ     }\    ∧ー __/、__っゞ'
              _/___/_) ___ノ/ ノ//: : : : : : : : :}     /{_ハー ´\',           オッケー、私はサポートね >
         _,.. < //⌒} / / /¨´、: : : : : : : : :|   /|: :.::::|    ∧
     _,...  ´ \_/ /_/_/¨´¨´////}: : : : : : : : ∧__/  }: : : :|  //∧
-   ´       //// ̄ ̄´//////////: : : : : : : : / __   /: : :()ー<////∧
             ///////////////////: : : : : : : : :´¨: :` ー': : : : : : ,ノ/////l∧
         ///////////////////: : : : : : : : : : : : \(_): : : : :/:∨//////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 奇襲で混乱していた野犬たちも、徐々に平静を取り戻しつつある。
| 戦闘準備は整ったが、打ち合わせまではできなかった。
| 前か後ろか、それだけを話し合う。
| とはいえ、野犬側とて万全ではない。
┗───────────────────────────────────────┛
2242 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:32:43.42 ID:d2e5IEX4
そこはそこまで気にしなくてもいいんじゃね? 補充の概念ないし
問題はマガジンは3つしかないということだ… 残り二つ…
2243 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:34:30.98 ID:g+jI2dFN
            |ヽ      /|
            !;;ヽ、___ /;i !
           j;幵:::O"i!:::i:'....、
          !,Дニ豸 ::::i::::::::::::::`::';:、... 、....___
          7'''r'''__ー, ノ::::::::´::::::::::::::::;ヽ::::;;::::::::::─...、_
           !ニニ'-'´  ヽ、:::::;::::::::::::::::;;::::::::;:::|:|:|::::::::::::/::`''ー、
                  |;;;;;;;|::":::::::;;::::::|::::::;;;::j:!:!:i:!:::::::'.、,::::::::::ヽ
                   |::!;;;;;;i::::::::::゙::;::;|::::::::::::!:!:!::::::::::::i::::::::::::::::|
                  i !:::::ヽ:::::::::::::i;|:::::::::::_,,,,──,,!::::::::::::::::::|
                   iヽ:::::ヽ:::::i:::::i- ' ̄i;;;;;;;;;;;;;;/ i:::::::::::;:::::|
                   !,:::::-.|;::' i:(   i:::::::::::::.i   .i:::::::::::::::|
                      |::::::::| ,;: |   ヽ::::::::::::i   !::::::::::::::ヽ
                    l:::::/ .|: ::.|    ヽ:`:::::ヽ   `' - 、:::::\_
                     |:::;!  |, ;|      \:::::|      ヽ::::::::.i
                   |::;::l  |"、|        j:::::i        丶::::i
                   |;;;;ヽ_ |:.:..|        |::::|            i::::i
                     ヽ:::;;;j/;::::|       |::::::|          丿:::!
                     ` ノ;;::::;!     ∠∠;;;:j         /M j
                    N ´ ∧.j                    `' ''''''
                     `''''''''
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| クーデリアを中心とした半円包囲は、シャナの手で一角を食い破られた。
| 数が減ったことによる混乱も、まだ完全に収まったわけではない。
| 残るは六匹。犬に遠距離火力がないことを踏まえれば、戦力比は決して悪くない。むしろ良い。
| 付け入る隙は、今だ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 戦闘判定 1D100+刀剣(24/シャナ)+銃器(15/クー) 目標値:60

   ↓1~3 シャナ、及びクーデリアの戦闘について自由記述
   ↓3    ダイス採用

2244 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:36:39.49 ID:3ifQQAsi
とりわけ体格が大きい、群れの中心にいるなどボスっぽいものを探して他の個体に見せ付けるように近接戦にて撃破
2245 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:38:41.07 ID:ii0nGQNy
まずは、射撃でさらに数を減らそうとしてみよう。
打ち終われば、短くどれを狙うか、クーちゃんに行ってから、縮地で切り込む。
連携は流石に難しいから、縮地は射線に入るという事故が怖いので、緊急時以外は使用しない。
2246 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:40:03.17 ID:d2e5IEX4
【1D100:53
いち早く混乱から立ち戻る個体を見つけよう そういつがリーダーだ
クーデリアはリボルバーなので援護よりも良く狙って撃ってもらおう 一撃でしとめるよりも行動不能を優先してもらおう
近場にある木も足場にして立体的な行動で対処しよう
2247 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:42:02.74 ID:g+jI2dFN
おぉー、出目も良い……これは次の群れはもうちょい難易度高くてもよさそうだな……
ではでは描写を書きますので少々お待ちを。
2248 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:42:35.11 ID:d2e5IEX4
アイエ7!!?
2249 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:46:56.57 ID:g+jI2dFN
  ダイス【53】+安価【20】+特技【47】 > 60 成功!

                                   ___
                               , -‐´       ̄ ` 、
                            /ヽ/}    ,.--7ヽ    ヽ
                         /≧f/=./ ./   j  \   ヘ
               __    , -─ヽヘ,/ /   /リ{   `,    ヘ
.                ´ヽ、 ヽ_ ノ  __ /ノ,ィ  ,.x' ´  ' ヽ.   ヘ   l
          __ノ`ー-、_,ゝ _ ノ´ z,/ .lfj|;ィテミハ      ヤ   } .,へ/!
           ´フ      __    /  _,ィ:ヘ/ 弋巧リ  , -‐┤  リ〈≧{}〈{ 仕掛けるわよ、シャナ!
_   、  ノ  ̄__,. -、─ヾ:i:i`i:-┴ 、/ .ムノ l   `    ィ云ミ|   / /∨ヽ/
:::::::\    ̄`ヽ./:::::::::::::::::ヽ:::::ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;≦ニヘ   _ ,   ヾ乏ソl / .,' ノ リ  もう一発、派手にかましなさい!
:::::::::::.ヽ___l______≧i:i:i/´X. __人 '、_ヽ__ノ二ノ ./  ./
:::::::::::fr≠ヽ  rェ、______≧/ ̄~   `ー'==,. ヘ::::::::ヾi:i:ヽ ./                    了解! >
::::::::::l{l:::::::l } l > 、ヽ. : . : . : . : . /  _ _,ィ       \ヽ:::::::\i:i}'´
:::::::::::ゞ≠〃 /  r‐, l i: . : . : . >'、 /~..::/   /   ハ   } }::::::::;:_}:i|
::::::::::::::::><, x、_゛ノ ノ__ ― <;_:  ̄ ̄i|  〃  / /  /ム:::;:;:;:/i:ソ
/ ̄ \::::::::;>イ  ̄     __/:: ̄ ̄ゝ_ノ.{  / /  /: : /::::://
  , =≦  ̄´        _,. <:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::~:.:f _ ,へ、/:.:.:/
/             ./:::::::::::::::::::::::::⑪::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ノ::::::::::::::::::⑪::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| タイミングを合わせて、機先を制する。
| クーデリアが掌のリボルバーを野犬に向け、引き金を引いた。
| 同時に、別方向へ向けてシャナも駆けだす。
┗───────────────────────────────────────┛
2250 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:49:27.47 ID:g+jI2dFN
            |ヽ      /|
            !;;ヽ、___ /;i !
           j;幵:::O"i!:::i:'....、
          !,Дニ豸 ::::i::::::::::::::`::';:、... 、....___
          7'''r'''__ー, ノ::::::::´::::::::::::::::;ヽ::::;;::::::::::─...、_
           !ニニ'-'´  ヽ、:::::;::::::::::::::::;;::::::::;:::|:|:|::::::::::::/::`''ー、
                  |;;;;;;;|::":::::::;;::::::|::::::;;;::j:!:!:i:!:::::::'.、,::::::::::ヽ
                   |::!;;;;;;i::::::::::゙::;::;|::::::::::::!:!:!::::::::::::i::::::::::::::::|
                  i !:::::ヽ:::::::::::::i;|:::::::::::_,,,,──,,!::::::::::::::::::|
                   iヽ:::::ヽ:::::i:::::i- ' ̄i;;;;;;;;;;;;;;/ i:::::::::::;:::::|
                   !,:::::-.|;::' i:(   i:::::::::::::.i   .i:::::::::::::::|
                      |::::::::| ,;: |   ヽ::::::::::::i   !:::::::○::ヽ パス
                    l:::::/ .|:○.|パス  ヽ:`:::::ヽ   `' - 、:::::\_
                     |:::;!  |, ;|      \:::::|      ヽ::::::::.i
                   |::;::l  |"、|        j:::::i        丶::::i
                   |;;;;ヽ_ |:.:..|        |::::|            i::::i
                     ヽ:::;;;j/;::::|       |::::::|          丿:::!
                     ` ノ;;::::;!     ∠∠;;;:j         /M j
                    N ´ ∧.j                    `' ''''''
                     `''''''''
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最初に、クーデリアの銃弾が着弾した。
| 45口径の大威力弾は、大柄な野犬の足を的確に撃ち抜き、その機動力を確実に削ぐ。
| 即座に殺す必要はない。まずは着実に敵を無力化する。
| 群れの中で最も大きな犬が膝を突き、またリボルバーの銃声に野犬の群れが再度怯える。
┗───────────────────────────────────────┛
2251 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 21:51:08.80 ID:d2e5IEX4
ひゃっはー! 野犬は消毒だぁーー!!
2252 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:52:30.46 ID:g+jI2dFN
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、       /
    ___     ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_≧== '´
 ,.ィ//////> 、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、
 \//////// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.\__r--- 、-、_,.--=--、,.....__
   ∨///// イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:.:.`ヽ:.:.:.、:.\//`ヽ、/∧    ,. -―'  立て直しなんて……させない。
.    ∨/////|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.\:.:.:.:.:.':,:.:.\:.∨///}//ム __..._`ヽ
     ∨////|:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:..:/:.:.::/!:.:.:.:.\:.:.:.:.:.::.:.\:.:.:/:.:.',',:.} `、∨//|///}´    ¨´
      }/////':. |:.:/:,イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./ ∨:.:.: 、:.:.:.:.:.: |:.i /、:.:.:.:.:}:.:.}:.:|//}/> ´ ̄                   ,....:::
      |////:.|:.::|/イ:.':.:.:.:.,:.:.:/:-:.:/-、 \:.:. ト:.:.:.:.:.:| }/,.ィミ>:.:.:.ト、:i:.:|//                       ,....::::´:::::::
      |///:.:.':.:.:|:.:.:.:|:.:.:./:.:// {:/ _\ヽ:.| ∨:.:.:|リィ刈 / }ヽ:.!:.:从!´      __   __       ,...:::´::::::::::::::::::::
      }/:.,./:.:.:.{:.:.:.:{:.:/:.:./ト  ィチ羊≧ミ、} ∨:.:}イヒjリ  ハ:.:.:|:/リ ゝ  , ´     >:::xィ:、  ,....::::´:::::::::::::::::::::::: :
   /:.://:.:.:.:.:マ:.:.∨:.:/{:.:.:\< 比j刈    }:/ 之ソ  {∧:./:.:.`ヽ、/      / `ー'..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::,   ´
  /:.:,. ' /:.:.:.:.:.:.:.マ:.:.:Ⅳ ヽ:.:.:.:ヽ弋こソ    /     ;//\_:.:.:./`丶、___/,....:::::´::::::::::::::::::::::::::_..   ´
/:.:/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\ー-\:.:.:}           '   人/////.:.:.:.:.:.:.:.:.:>::::´::::::::::::::::::::::::::_   ´
:.:/  ,.::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:ヽ///≧- 、__    ,._ィ  ///////{:.:.:.:.:.::>:::::::::::::::::::::::::::::_,   ´
´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//ム:.:.:.:.::.∨////////\   /////////」>:::´:::::::::::::::::::_   ´             _,.... -
,..イ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:////}:.|ヽ:.:.:.∨/////////}`i¨´:::\///>::::´::::::::::::::::_    ´           _..    ´
:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.,.ィ//////://∧:.:.:}/二,.ィノ⌒\-!:::::}i/>::´:::::::::::::_    ´           _..   ´
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:/// ̄ ̄`ヽ///}:./ /ィ⌒!{  マム>::::´:::::::::::,..  ´          _,.. r  ´
__:.:///////////r‐ ´ ̄/ /}(_ノi 人>//:::_.. -  ´        _,...  -rr≦///\
     /////////_,ノ   / /r- , / //// '´        _,.   ≦----、//////////\
     {////////ノ  、  Ⅵ { {/ノ { i{// {   _,...  ≦ ´--= ´       \/////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方、クーデリアの銃撃に一歩遅れて、シャナも接敵を完了する。
| ターゲットは、この中で最も早く、状態を立て直そうと姿勢を正した野犬。
| クーデリアの銃撃と比較し、自ら突っ込んできたシャナに、頭の回る野犬は怯み
┗───────────────────────────────────────┛
2253 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:55:30.16 ID:g+jI2dFN
                           ________
                    -=二 ̄             rー'''" ̄
                        ゙''ー、、       ゝ
                           : '-、     ゙'-、
                                `'-、     ゙'-、
                               `-,     `''-、
                                    ヽ       ゙''-、
                                     ヽ       广ーニ'-
                                      l.     l    .`''-
                                   l   i\  l
                                      !   ! \ l
                                      /   !   ゙'.l、
                                     /     !    ″
                                     /     l
                                    /      i〈l
                                ,/    ,i''、 .|
                              /   /  .l !
                             /     /   l.!
                           /      ./
                        ,..‐"    r--'、/
                        _..-'´     /   /
                   ..-'" . ,.. ‐'> /
                  _..-'"゛ .,..-'"  .//
               _..-'"´ ._..-'″   /
          _,, -'"´ -''フ'"
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 怯んだところを、一閃。
| シャナの握る軍刀が翻り、野犬の首を一刀の元に斬り落とす。
| 敵戦力。殺害三、無力化一、健在四。既に野犬の群れは半壊した。
┗───────────────────────────────────────┛
2254 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 21:59:23.68 ID:g+jI2dFN
              _,、--- 、 _    _
              _,. ィ:´: : : : : : : : . .`丶、/「\          , =ヽ
        , ‐'´/. : : : : : : : : : : : : : : :ハ! ヽ\ ̄:`':ー- 、,_ / / |
      /: :∠. : : : : : : : : : : : : : : :_: | <   ミ ヽ-: : : :ー' : :イ: |
     /: :/. : : : : : : : : : : : : : : : :.ニ: :} _/- ′. : : : : : : : : :`:く ヾ |
    / : : /. : : : : :, i: :: : :: : : : : : : ニ: :イ: :/: : :_ :\ : : : : /.: : :ヽ〈
.   /: : l : : : : : : / l : : : : : : : : : : : : :i : : :.:/、__` 、ヽ: : i′^ヽ. : :l
  /: :  |: :/: : /  i|: : : : : : : : : : : : : : : :ヘ.  Tぅ 、冫: :i ,ィうアi、: :i、
  | .::i′: : /   ハ: : : : : : : : : : : z ' ^'ー::`"'' ハ: : :.ト、…'^_: : ミ
  l :::::| l: : /      l.: : : : : : : : : : Z           〉‐┴ 、   ` ミ
  | :::::::i, l.:/      ∧ノ: : : : : :.:/i: : :.`T,   !,ィ    ヽ二ノ ミ  _,、イ グ、グウウウウウウ……
  l,::::::::|       /l     ィi: : :.| l : : : : "ヘ  」ハ∠`ー' `ー、M/: :i|
   |:::::::l       / i,   ゝ、: :/|: : : : : :.:.:ヽ ` ー `^=^ノ": : : :ノ/!
   l イ     ,イ   ヽ   `ケ ヘ.: : : : : :.:.::.:.\   `ー ′/ : : / ゙|
    !|       / !    Vヘ,、、/    ヽ : : :.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ- 、 /: : : :/  |
    l′   / ミ′     ノ      ヽ、: : : : : : : : : : : : : :/    |
    |    /: : ト     7         \、: : : : : : : : /     |
   l   ∧、N      |     /_,.-ヘ´ `ヾ;、、-べ´      |
   /   /  V         l     /"´   ヽ.   l    `ヾ      |
  l   /             |     /        `、  i.       l       i,
.  l   |          |    /          `、  ',      ゝ、     i,
  l   |          |   /          ヽ   ',      ヽ     i,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 残った野犬たちが、怯えたうなりを上げる。
| あるいはこの依頼が、畑を守れというような依頼なら、ここで見逃してもよかったかもしれない。
| だが、現実は違う。
┗───────────────────────────────────────┛
2255 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:00:44.41 ID:d2e5IEX4
カメラが付いているから特にどこかの部位剥がなきゃいけないわけじゃないよな
遠慮なく仕留めよう
2256 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:04:14.76 ID:g+jI2dFN
             `゙'''ー ..,_         `゙''ー ,,,>.._,.. ,,,.゙"     .''-、    ヽ   .l   .!  r ̄ 、/    /
            - ..,,_"''― ..,,,_、 ゛..,,,_           `゙'''`-..,゛ rー      `'-、   .ヽ  . l  | │ 、,〃  //
           、 .`゙゙'''~      `゙゙''''― ..,,,_.     {   ミ      `'-、 \ ...l  ′ .i!iレ゛  ,/..彡
               `゙゙゙'"  __  r'"⌒'- ..,,.    ´゙"''―`''' ー= .`゙''ー ,,、  `'-.\ ′   ″ /   //
'-、,      . _,゙,゙ ゙̄""         !   .`゙'ミ 、 .¬―--   ___
  `゙"────'               ゙'-- ―¬           ____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     : ー ..,,_.
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
      ...-'″ . /  -"    .、゙''―ー''゙゛./    /      .r  ,i",ノ .l゙   !   .!   .|  i i l l ! .l
        ,/゛ /    .,/     . /     ./    , ‐ ,i′./ ./ .,″  /    l   │ .l .! ゝ .ゝ l、
          ´  ./    ./      /    /    ,/  ./  / ./ / .、  /   │   .|  | ."     "ヽ
           //  ./      /    . /   : ,/"      ゛/ ./ l .i . l    |    l .l         !
        /  ,/         /     ./   : /           " / / .! l    ,!    | .|        /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| この依頼は、この野犬たちの全滅を以って締めくくられるべきなのだ。
| だから二人は容赦なく、引き金を引いた。
| クーデリアは最初のとは別の一匹に四発撃ちこんで無力化し、
| シャナはまた別に一匹に弾丸の雨を降らす。
| 先ほどと違い、体勢は整っている。全弾撃ち尽くす前に、遠くの野犬は地面に倒れた。
| 殺害四、無力化二、健在二。既に数の上で同数である。
┗───────────────────────────────────────┛
2257 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:05:47.96 ID:d2e5IEX4
これで伏兵いなけりゃ無事こなせるはず…
2258 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:09:12.99 ID:3ifQQAsi
フラグかな
2259 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:10:08.74 ID:g+jI2dFN
            | :.:.:.:.|:::|
            | :.:.:.:.|:::|.    「~|
            | :.:.:.:.|:::|_ュfzz凶込ュ
            | r―‐||'ーミ卞''ー--‐'゙|
            | |:.:.:.:.:||  | ._   _ |
.               | |:.:.:.:..||  |.| | ∩|| |  クー< やっぱ、六発じゃ仕留めきれないわね……!
.               | |_:_.: :||_ |.| |..| i.|| |
            | | :.:.ト;|:::| l`'',---‐''´                      カバーする。リロードして >シャナ
          / ̄_|:.:.:.l)|:::|. ,i___i、  illi
          / ノニ∟:、|!:|:::| ` ̄´  .rニ;  クー< オッケー、任せた!
            レニ、 ー-、}:|‐'、       | .|
         / __、_ ` 、| {  |  |||   ,i___i、
        l 、/::::::::ヽ |lハ_ ヽ     ` ̄´
        | j::..:::::::::::|,ノ'::/  /  illi
        | |:..::::::::::::|::::/  /  rニ;
        | |:..::::::::::::|:::j   |   | .|
        | |:..::::::::::::|/   /.  ,i___i、
       __| ヽ;_:_:_:_/ _,/ヽー--ヽ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナが移動しながら、健在の二匹へむけて牽制の射撃をする。
| 元から及び腰の野犬達は、リロードの隙を見せたクーデリアに攻撃できず、
| その間に、手慣れた様子でクーデリアは弾薬を込め直し、シリンダーを元の位置に戻した。
┗───────────────────────────────────────┛
2260 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:11:59.31 ID:d2e5IEX4
私のリロードはレボリューションだ!(チャッチャッチャッ
2261 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:14:23.94 ID:JB2YpzUn
指先が震えて弾落としまくってるよくーちゃん!
2262 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:16:13.60 ID:g+jI2dFN
                                          ヽ               ヽ ヽ
                    /                 ヽ  丿\               ヽ ヽ
                     /  ヽ  冫                 ノ                    ヽ ヽ
                    /  / ヘ ハ                  ヽ                      ヽ ヽ
                /  /    ヘ丶                                     √斧ヽ_
                 / /   /ミ                   ハ                   {斥 /  ヽ
                / /   /   /  /                                 ハ笊ミ    ゝ
                 //   /   /  /    /     ′ ′   ‘,             斗': : : : :  ミ ノヽヘ
              /    /   /  //    ,          /       ー  ‐  ^‐孑ィ': : : : : : : : : : : : /
               /   /  /  / ㍉  /   / /  / .i/       i\': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
                /  / /   i ijぅ/  / /  /    /      |::::.\: : : : : : : : : : : : : : 孑
                 /  //    廴j /∠≦斧气/ i    /        ',:::::::::::ヽ: : : : : : : /
                   /        リ         i iしう ㍉///ヽ       ::::::::::::::::::∨ ̄
                /         ∧ 、     廴丿// /, ィ'       i::::::::::::::::::.∨  怯えた牙は、届かない。
                  //        / ヽ           - ー   |      ∨:::::::::::::::∨
             /       /      ` ヽ   厂:::::::::::::::::::::::::::::::::       ∨:::::::::::::::∨ お前も、ここで終わりだ。
            /           /     ヽ  孑 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|        \:::::::::::::∨
                   /       //     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|             \:::::::::∨
                 /     / /  / 丿:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|           \
                  /  /   /  乂/:::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::∨                \
                                 /::::::::::::::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::::::∨            \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 銃撃に怯み、動きの止まった一匹へ肉薄する。
| シャナの接近に野犬は飛びかかり、牙を向けることで対処しようとするが、当たらない。
| 体を横に開いて躱し、跳ね上げられた刃が脚を斬り落とす。これで無力化。
| 次いで、頭上に掲げられた刃を脳天に振り下ろし、二つに割る。……これで、殺害。
| 残るは一匹。
┗───────────────────────────────────────┛
2263 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:17:26.68 ID:d2e5IEX4
危なげないね 良いこっちゃ
2264 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:20:14.44 ID:g+jI2dFN
                                     i'"i
                                  !: : !
                                  r 、,l: : ::l、
                                .|  l: : : :i.i
                                  .| .l: : : : l ',
                               ! .!: : :.r^! ',
                                 |  !: : : } ! ゙、
                               {  |: : :/; l ゙、
                               ! l|: : ,!   !  ',
                               } ムNノ   ゙  '‐- 、、
                        _,,. ---'"        ‐=:.、 ``''‐- 、、
    ガアアアアア!         /                 `ヾミ:、、   ``''
                     ./ ,,''"_,,,,,,                ``ヾ、
                    _ノ ' / ゚ 〉,/                   ミ:、
         ......,,,,,,,,,,,,.. -‐ ー'ー'''''" ,,.... ゙ー'"彡"                  ヾミ
  ,、-='二´           ''' ""  "'''                       `ミ
  .i゛,、/                                            ミ
  }、/                                            ミ`
   \                ,.,,,.,,,,,._                       `、
     `'ヽ、,,,,,rv‐、,,,., -ー--‐ァ‐ー 'レl/ : : : : `:、                    ヾ
         Vヽ|            )::::::::::::::::ヽ                   ミ
                      ノ゛,、‐''>‐-:'                    、゙
              ,.,.-―--= ,:v、,;:シ'"´                   、`
            ,:'"´   ,,,,......ッ、- '"     _,,.. ニ=- 、、       . . . : : `
           /   / ,r‐'"´     ,,..、,,、、      ``
           /  /、 /     ,,..r゙'"    ゙、
          .ノ ,;'/! ,ノ   ,.r'"        ゙、
         ノ /{-''"   ,./           ゙、
       (..,,,,.-''" ゙ー--‐ '             ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最後の一匹も、やはり抵抗を選んだようだった。
| クーデリアめがけ、牙をむき出しに駆け出していく。
| せめて一矢報いんとでも思ったのだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
2265 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:20:34.83 ID:d2e5IEX4
だが無意味だ
2267 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:24:10.62 ID:g+jI2dFN
                        __
                   ,. -''"   `゙''-、
               /   ∠´      ヽ
                   /  /    `ヽー 、   ヘ
                / ./  , イ\   \ ヽ : ヘ
             / ./ / リ   ゙ヽ   :} ,へ __,ヘ
              |  l./     / `ヽj }≧{.}=〈  私も、いいとこ見せなきゃならないのよ!
               |. 7ー-、  /xr‐zv, } ヽ/l ̄{´
               { < x┬z     父:j  } l| |  \
                 ヽ∧ 父j         / :リ 人   \ _ .., --ー- 、
              } 人   _    ./ ム==ミ                )
.               |  >-. _`_ イ  / ___\-ー──‐- 、  (
               j  /,' : : /} /  // __ `\ `ヽ _  \ ヽ
                 j ,≧=、/{,_/  /{ /_ -─‐ <    `ヽ  ) ノ
.               / /| : : ,' ⊿ /  / :У´  _γ⌒ヽ_\     丶{/
                ノ /:〈', :.∧_./ ./; ; ;{_/_〈   {  `ー-- 、 }
              ( .{ :〈', /ミ;イ| /; ;._,/.:⌒ヽ三';.   ';.   ',  .l | (
            ヽl : :{;/  .l/__;//三〉、_}三f_  ,.ム   .〉 | |三}
               .|: :/Xxx/:. : : : : |三三三\三\_三) ./  .j .!三}
             |: :|i:ixxi:l: :‐ : : : |/ ̄ ̄`ー==_`ヽ /  / ,/‐ <
              |: :|:i:ixi:i:| : : : : : { γ⌒ヽ   r ¬ `} >'''゙"´
             /: :j:i:ix:i:i:}: .ー. : :.{ λ__ノ    ̄_.ノ ドン!
           /: :/´ ̄`7 : : : : : 乂__ .. <
          /: :/    ./: : ー.: : : : : : ; __: : : : : `: .
          /: : :/      .|.: : : : : : : : : : : : : :\ : : : : ヽ
       ∠、_:/       |: : : : : : : : : ; -─‐ヾ ̄ ̄ ̄丶
       /  ,'  {        {__,. -─'   ',   \   ヽ  \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| だが、甘かった。
| リロードを終えたリボルバーが火を噴く。
| 放たれた弾丸は、狙ったものか、あるいは偶然か、開け放たれた野犬の口内へ。
| 柔らかな粘膜を貫通し、続けて放たれた弾丸に脳天を撃ち抜かれる。
| 全戦力、殺害、あるいは無力化。
| かろうじて命残った無力化目標二も、すぐに脳天に銃弾を、あるいは刃を受けて死亡した。
┗───────────────────────────────────────┛
2268 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:25:10.08 ID:g+jI2dFN
くーちゃんは5級で貧乏だからリローダーなんて使わないよ!
だけど色んな作品のリボルバー使い見たいにリロード速いよ!(実は特性持ち)
2269 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:25:45.62 ID:d2e5IEX4
> (実は特性持ち)
!?
2270 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:28:02.91 ID:g+jI2dFN
NPCステータスは一部だけ開示だからね(あとから設定をはやすための処置だったりもする)
2271 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:28:43.36 ID:g+jI2dFN
.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::| ふぅ……探す手間は省けたけど、
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、  初手にはちょっとハードだったね。
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.  クーデリア、怪我は?
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::.
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::                  だ、大丈夫……シャナは? >
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::}  なんともない。余裕。
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::|                        そっか、よかった >
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 野犬の一群を始末し終え、一息つく。
| 軍刀を無造作に振るい、血を払う。刀を鞘に納めて、開いた右手で短機関銃のマガジンを抜く。
| ……牽制の時に、全弾撃ち尽くしたようだ。
| 空のマガジンはポケットにしまい、予備のマガジンをセット。| 
| 装弾済みのものは、今セットしたものを除いてあと一つだ。
| 状況を見て、空マガジン二つにも弾を込め直した方がいいかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
2272 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:29:27.85 ID:3ifQQAsi
なるほど
2273 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:31:14.97 ID:g+jI2dFN
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´  にしても、あーきつかったー……
                   ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \
                /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ そりゃ1、2匹なら楽勝だけど、
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ | 8匹もいたら普通にきついわよ……
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ  しかも先手を取られて包囲されるし。
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉 シャナが居なかったらどうなってたか……
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\                   こっちこそ、クーデリアに助けられた >
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\ そうかしら?
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 振り返り、クーデリアの様子を確認する。
| 本人の宣告通り、先ほどの戦闘についてぶつくさ言える程度には無事の様だ。
| 見たところ、特に傷も負っていないようだ。なら、このまま戦闘継続も一応は可能か。
┗───────────────────────────────────────┛
2274 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:31:43.75 ID:d2e5IEX4
余裕をもった設定! YESだね!
給弾休憩アリかしら?
2275 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:32:28.32 ID:g+jI2dFN
休憩はもう少々後でー
ここに留まると、血の匂いに誘われた獣が……
2276 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:32:59.66 ID:d2e5IEX4
あっ(察し
2277 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:33:29.25 ID:g+jI2dFN
                      ____
                   ,. -. : . : . : . : . :\
                    / : . :_ . : -. : . : . : . \
                 / : ./ : . \: . ヾ : . : . : .ヘ
                    /: . / : /{ \: ヽ. : .\ : . : . ヘ   ふぅ……弾、足りるといいんだけど。
            _,__,,、  .{. : .|_/ ヾ  \:`ヽ: .ヘ. : .:,へ}_/ヽ
.          | ̄フ}   .| :| :{-─ '   `テ=‐、} : .l. : .〉≧{}ニ{               ……クーデリアって、射撃上手いね >
            |///|   .l: :l: l≧.、   .{V:;;イil: . l : .レ.{.:ヽ/
           |///|  ∧ l:朮.;ツ    ー ´ | : .|ヽ . : l : .ヽ そう?
         _|///|  ヾリ| :√ 、       l: . :}/: .l. :l: . : }
           |iコ//|コ. /_|:.:i:.   --     l: .:/ .:l.:l: .| : . l シャナこそ、刀と一緒に使ってるのに……
        ノ,il :::l| .,!'|   l:.:| ゝ、       イ :∧_: l:.l./ : ./
        ) )ニつ|/∧   l :l: .l :`.ーi  .y: /、ー--{_:∠                  私は弾数あるし、ばらまけるから >
.       r^ー-/////  l:.l : |_:_rニノ  / :/:::::ヽi:i:i:i:i:i:i:iヽ
        に、_)_) rニ/   ノ;.l: .:l:::::::/  .(. :(::::::::::ゝi:i:i:i:i:i:i:i:}                         六発しかないのに、
          ////// i,,  {:i/ :∧;;:_}ー--): .:}ヽ≦、i:i:i:i:i:i:i:i:i|                コンスタントに当てるのはすごいよ >
      <\////"""ゞ ./i:{.:/:::::::`lwvv/:/.:::::/i:i:i:i:i:i,i;i;i:|
        \V∨:::::::;ノ ./i/ヾi\::::/  .{/.|::::;;∧二二ニ===} う、うん……ありがと。
          >ニニ===.l/:::i::::::::::::ヾl    レ::::::::::::::::!::::::::::::::|
          !:::::::::::::::::>:::::::|:::::::::::::::|≧=≦.|::::::::::::::::::|::::::::::::::|
          !:::::::::::::::::!:::::::::l:::::::::::::::l:i:iXXi:i:!::::::::::::::::::リ:::::::::::::l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| クーデリアが、リボルバーのシリンダーを開き、弾丸の装填を始める。
| 相当使い慣れているようで、リロードを進める手はスムーズだ。
| そういえば、戦闘の最中にも素早く込め直していたか。
| ……総合的に見て、銃器の取り扱いに関してが彼女の方が上らしい。
┗───────────────────────────────────────┛
2278 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:34:30.28 ID:d2e5IEX4
い、一芸だから… 特化だから…(震え声
2279 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:35:01.88 ID:g+jI2dFN
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  | ……クーデリア。
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/                       何、シャナ? >
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '    クーデリアさえ良ければだけど、
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、    私の銃、使う?
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////                             えっ >
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 装備も仕事も適材適所が最適だ。
| シャナが得意なのは剣術で、手元には頑強さで知れた皇国軍製の軍刀がある。
| それに前衛で刀を振り回しながらでは、短機関銃を万全に使えるとは言い難い。
| 一方、射撃が得意なクーデリアの武器はリボルバー……折角の腕前も、
| 少ない装弾数のせいで、生かし切れてはいないようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
2280 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:36:13.29 ID:d2e5IEX4
クーちゃんが持ったとたんジャムるとか… ないよな?w
2281 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:37:02.50 ID:g+jI2dFN
スカサハ「うちがそんな不良品掴ませるとでも?(ギロリ)」
2282 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:37:27.83 ID:d2e5IEX4
ヒェッ
2283 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:38:16.68 ID:g+jI2dFN
                       _______
                  ,..::´               `丶
                    /    _ -─  フ  ̄     \
              /     /   /  \      \
             /     / _, -/ヘ     丶    ヽ  丶
               /   / |/   fl /{     }    |   |
           /   / /|    |! li ∨    .|     l   ト、
              /   /∠_ l    l  リ ヽ     l    l   | ヽ ちょ、ちょっとシャナ、正気!?
          |   / { イ≧、   丶    \   |     |  .|   |
          |   { /斥/    、_____ヽ 〉    l   !  .| それ高かったでしょ!
          |.   / 弋ソ         _     `7    リ  ./  /
          |  /          ´ ィ≦ヽ   /   /  {  冫 私が盗んだりとか、壊したりとか……
           .i | {   ′      / 斥寸} ./     ,' ,へ |_ , ヘ
              `| ∧           弋二ソ  /    ,' .}_≧{}≦_{                       クーデリアなら大丈夫 >
           丶∧  {`丶        /    , ヘ.  l_/ ト、/
              } 丶 ヽ ノ        ./   ∠ ノ// |  ヽ   大丈夫って……
              .ハ   ト ‐┬ ー─ -∧  /-' ´   .!   {
             ノ  ) / _ ! _ -─./  ./ .,'    l  |     |                       強いから、クーデリアは >
               ./ / ./  ̄   / /|lヽ |     l   !    ヽ
              ( 〈/,. -─-´_ ≦圭fリ i/!     |  丶     \
                  ヽ∨ rー ':T:T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!7  ;  .!    \     ヽ
               /:i∠ ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/  ,'   l    {.ヽ、   `ヽ
            /:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:!/  ,'    リ     \. \    ≧
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/∧     ./        ' , `--ミト
            ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!( (i:i:)   /          ',      ヽ
            ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i) )/   (          ;       )
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| だから聞いてみた、短機関銃を貸そうかと。
| 刀を振るうのに邪魔というほどではないが、ないならないで、別にシャナは困らない。
| それなら、射撃が得意なクーデリアに回した方が合理的だ。
| それに短い付き合いだが……彼女がシャナを心配するように、シャナは彼女を信用している。
┗───────────────────────────────────────┛
2284 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:39:18.26 ID:d2e5IEX4
福本モブ「な、なら俺に(斬殺」

メタ的にも信用保証されているもんな
2285 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:40:30.96 ID:g+jI2dFN
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/ 銃の腕なら、クーデリアの方が上だ。
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/  壊す確率も、刀を振り回す私より、断然低い。
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{                                    いや、でも…… >
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.  射撃の腕だけじゃない。
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|  クーデリアはお人好しだ、 出会って数日の私を心配するような。
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::   心だって、ちゃんと強い。
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.  だから、クーデリアになら貸してもいい。
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|                                     うぅ…… >
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 心配性のクーデリアが言いたいことはわかる。
| 分かったうえで、いいと言っているのだ。
| 単純な感情論ではなく、打算も込めて問題ないと決めたのだ。
| クーデリアが心配することなど、何もない。そう、伝えたつもりだ。
┗───────────────────────────────────────┛
2286 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:43:49.08 ID:g+jI2dFN
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  {         l ├v'人  \   うー……あー……
                /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  } (いや、私がマシンガン使った方が効率的ってのは、わかる)
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} / (わかるけど……シャナ、変なとこで無防備だし……)
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ (借りるべきか、敢えて借りないべきか……)
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それでも、クーデリアは悩んでいるようだ。
| 彼女が責任を負うことなどないというのに。
| ……あるいは、シャナのそうした信頼に応えられるのかを、悩んでいるのか。
| 一分ほどの沈黙を挟み、クーデリアの出した答えは……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3に1D100を添えて、最も数字の高い安価

   1) クーデリアが短機関銃を使う
   2) シャナが短機関銃を使う
   3) その他自由記述

2287 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:44:31.83 ID:d2e5IEX4
【1D100:29】
1) クーデリアが短機関銃を使う
2288 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:46:23.67 ID:3ifQQAsi
【1D100:54】
1
2289 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:52:28.72 ID:sz4TVg6o
【1D100:82
2
2290 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:55:28.79 ID:g+jI2dFN
おや、受け取らないになったか。意外……
では、少々書き直すのでお待ちを
2291 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:55:42.87 ID:d2e5IEX4
あらまぁ…
2292 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 22:56:49.42 ID:g+jI2dFN
てっきり誰かしら、3でリボルバーと短機関銃を一時的に交換するって言い出すと思ったのだが……むむむ
2293 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 22:58:17.80 ID:sz4TVg6o
現場でいきなり装備変更って危ないと思うんだよね
2294 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 23:00:51.24 ID:g+jI2dFN
鹵獲武器で大暴れする映画とか多いしへーきへーき()
ともあれ了解、それも文面に混ぜてみましょう。
2295 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:03:10.19 ID:3ifQQAsi
リボルバー使うぐらいなら近接戦闘に集中した方が役に立ちそうな気が
2296 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:05:38.56 ID:d2e5IEX4
刀が抜けなくなった時にとっさに抜くとかさ…
2297 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 23:07:04.61 ID:g+jI2dFN
離れた位置でくーちゃんピンチの時とか!
【縮地】「おっ、出番か?」 ですよねー。  まあ類型で出番があったかも……
2298 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 23:07:45.99 ID:g+jI2dFN
                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_ ……決めた、借りない。
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ それはシャナがお金を貯めて、
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. | シャナが買ったものだから。
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!                      わかった。クーデリアが言うなら、それでいい >シャナ
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧ っていうか、赤の他人に装備を貸すとか、
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧ もうやっちゃだめだからね!
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、                       ……相手は、選んだつもりだけどな >シャナ
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::', そ れ で も よ !
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/ まったく……
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../   だから放っておけないのよ……(ぼそ)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 結局、クーデリアは受け取らないことにした様だ。
| 彼女なりの親切心か、あるいはこだわりか……そのどちらかが理由だろうことは、
| 言葉から察することができた。
| それに、考えても見れば、赤の他人の武器など、整備状態が気になって仕方がない。
| 貧乏で知れた5級のスカベンジャーの武器ならなおのこと。
| 素直に、それぞれ自分の武器を使うことにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
2299 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:07:55.51 ID:d2e5IEX4
縮地万能説…?
2300 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:11:18.16 ID:3ifQQAsi
少なくともこのランクあたりではチートレベルだろうな
2301 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 23:14:36.91 ID:g+jI2dFN
.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{  それじゃあ、そろそろ移動しよう。
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ 南寄りに斜面を登れば、川が見えてくる。
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::. 水辺の傍に巣を張ってるかもしれない。
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.                  わかった、そっちにいくわよ >
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::}
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::|
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、装備をどうするかは決まった。
| 今度は囲まれ、奇襲をされるようなことがないよう、周囲に気を配りながら移動するとしよう。
| 先に発見できれば、こちらから奇襲をかけることもできる。
| 二人は連れ立って、周囲の景色や音に注意しながら、道なき道を進み始めた。
┗───────────────────────────────────────┛
2302 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 23:15:04.38 ID:g+jI2dFN
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

2303 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:15:50.49 ID:d2e5IEX4
乙でしたー!!
2304 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/07/25(月) 23:15:56.53 ID:g+jI2dFN
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、ちょっとちょっと短いような気もしますが……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      次回イベントが二本連続なので、ちょっとこの時間から書きながらだと……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    きりがいいので今日はここでおしまいです。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \ 代わりに明日、ちゃんと続きをやりますからねー
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  思ったより進まんかった……
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
2305 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:17:03.36 ID:whJzIUir
乙ですー
2306 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:17:33.06 ID:JqIAEsVn
乙でした
まだ装備貸し借りするほどじゃないけどね普通なら、知り合って1、2週間くらい?
2307 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:18:36.75 ID:d2e5IEX4
犬8匹分のボーナス確定!
2308 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/07/25(月) 23:18:43.75 ID:3ifQQAsi
乙です
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2659-fead0e84