情報部シャナのスカベンジ日誌 2nd Turn 「スカベンジャー」その9

3095 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:06:36.47 ID:BOAvliGE
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              2nd Turn 《スカベンジャー》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3096 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:07:00.27 ID:BOAvliGE
           ,.....::::::: ̄ ̄::::::.....、
           ,..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...
       ,.:::::::::::::::,//7//7//7、:::::::::::::::.
      /:::::::::::/::´::::::::::::::::::::::::::::`ヽ,::::::::::.
      ,::::::::::::/:::::::/:::::::::::::::::::::::::::、::::':,::::::::::.
     ,::::::::::::/::::::イ::l::::::::l:::::::::ト、::::::l:::::l:::::::::::l
      i::::::::::::l:::::/ !:::l,:::::::!::::::::| ヽ::l:::::|:::::|::::l  今日のスカベンジャー、五級にしては当たりだったわね、
      |::::::::::::l"7ーl--、:::| 、:七''´ ヽ:::::! :::|::::|
      |::::i:::::下云ニtォ ヽ! ,ィニ云アl::l:::::|::::|  そこから上で通用するかは知らないけど。
      |::::l:::::::| 弋zソ      弋zソ /イ::::::|::::!
      |::::|:::::::|:,               ,':|:::::::|::::|
     ,::::::|:::::::|:::.、     '    , イ::|:::::::|::::|
     /::::::::,::::::',::::::>_ . ´` . _<::::::,:::::::,'::::::.
.   /:::::::::::',::::::',:::::{//ハ `¨´ ハ//}:::/::::::/::::::::::.
   /::::::::::::::::',::::::l/ ////Y ////`/::::::/:::::::::::::::.
.  /:::::::::::::::/l::::::l//////,.| l/////::::イ//`ヽ_:::::::.
 /:::::::::://///',:::::l//// /|∧、 ヽl////////r-,:::::..
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 図らずも準二級スカベンジャー横島と共闘することになったシャナとクーデリア。
| 戦闘後は彼と少し話をし、その後は依頼人の家へ。
| 依頼人の想定を超えて戦果を挙げた二人は、それぞれ150円とちょっとした武器を受け取り、
| フジノミヤへ帰還するのだった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>1976 (補足:閃光手榴弾消費、戦闘用単分子ナイフ追加)
                        (所持金: 208 円 0 銭)

      好感度一覧        >>1598

3097 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:07:23.73 ID:BOAvliGE
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3098 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:08:33.11 ID:BOAvliGE
         ,.  , , .-‐ァ_, ,-―- ..___
       ,. '"////////////,..-‐''"
    /!'///////////////777777-、
    {//l!///////////////////////,\
   {///////////////////////////\ヽ
   ヽ///////.'//////// ゙.//////////,ヽ
.   ////// l'/_!///- 、¬///lヽ////ヽ、ヽ
   ////;´_,.///l/.' ,.   !ヽ' !//>'////∧ヾ おう嬢ちゃんたち、組合前着いたぜ、
    /////////  i トj!    ,// !゙/////,!
    l////.ヽヾ.     l::;    ,.,i! l ;'l////'   降りな。
    l'//∧.i ,    ー-     {. ' ,ノ'////
.    l'//∧ j      、   ` ノ''" ′                              ありがとうございました >>
      !///,ゝ,.         丶   '
       !从//! 丶、       ,.'        いいって、気にすんな。
        _!,... -――‐- ../__
       l     ―      o }        そんじゃ、これからも真面目にがんばれよ!
        l _―-_,... _.     }
  ,. -‐ ''"         ー--.=' ̄ ヽ
             / ,.'"     ヽ
 '                /       ゙、
                /\、        ヽ
.               / 、   \     、 )ヽ
               {        丶 .     i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボットと一緒に、シャナとクーデリア、それに突然変異種の死体を乗せた軽トラックが、
| フジノミヤに入り、スカベンジャー組合の事務所前に到着する。
| 運転席の横島が窓から身を乗り出し、シャナとクーデリアに声をかける。
| 二人が死体を担いで荷台を降りると、簡単に挨拶して早々に走り去ってしまった。
┗───────────────────────────────────────┛
3099 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:09:59.46 ID:eK9sqS+Q
しかし街中にミュータントの死体持ち込んでも問題ないのだろうか?
3100 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:10:23.01 ID:BOAvliGE
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´  も、もう行っちゃったわね……
                   ,ヘ  {. __     _ l ├v'人  \
                /  )  l '⌒゙  ´ ̄ ゙ |  レ' : l.ヽ   ヽ                     気にするな、ってことだと思うよ。
                   イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }                  それか、予定が詰まっているのか > シャナ
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} / そうね……それじゃ、私達もいきましょうか。
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ  これで昇級できればいいんだけど。
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 自家用車と警備ロボットを所有する上級スカベンジャー。
| 快活な人柄であったが、その行動は台風のようでもあった。素手で犬を殴り殺してたし。
| ともあれ、事務所を見れば送迎車が帰っていないこともあり、人はまばらだ。
| 今の内に、背中の死体を預けてしまうとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
3101 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:11:19.87 ID:BOAvliGE
他所の下層区じゃ大ネズミとかが普通に住んでたり、それを食ったりしてるし大丈夫でしょう(多分)
3104 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:12:44.32 ID:/LsnJ4+x
中には食ったら美味いミュータントもいたし
3105 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:13:15.96 ID:yELXLZA+
放射能除去薬をスナック感覚で一緒に食わないと鼻血吹き出すやつとかな!
3106 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:13:46.28 ID:BOAvliGE
多分スラムとか底辺オブ底辺の人達は食うに困ってミュータント食ってるんじゃないですかね?
ここの下層区がどうなってるのかはスレ主も知りませんが!
3107 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:14:03.63 ID:BOAvliGE
                      , =----ミ
                     { / ̄ > Y⌒ヽ___
                   /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                        //   ,          \} .}
                     /  / .// / ./   ,        .∨
                 /  /. /   / ./   /   i
                   /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i! ああ、衛宮さん、クーデリアさん、お戻りで……
                 :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i:
              i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂 ……なんですその背中の?
              |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i
              |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ                             依頼で仕留めた
              |   \_             `=′/i                           昇級の足しになるかな? > シャナ
              |      \       '       .|
              :         |\   `  '   .イ i |     査定してみないことには何とも……
               i       /Yi          イ i  |
               /    / .\    T手   :    |     取り敢えず、奥の部屋にいきましょうか。
                 /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |
           / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
           /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 組合事務所に入ると、受付で暇そうにしていたアリスに声をかけられた。
| すっかり、彼女の常連のような気分だ。
| 和やかに挨拶を交わしてきたアリスだが、シャナが背中に突然変異種の死体を
| 背負ってるのを見て、言葉を切る。
| まあ、知人がいきなりそんなことをしていれば誰だって驚くだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
3108 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:14:07.37 ID:eK9sqS+Q
(風標的に)まずいことに定評のあるグルメ漫画はヤメロォ!
3110 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:19:16.32 ID:BOAvliGE
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム ……この事務所、結構広いんだね。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|                        まあ、遺跡から何が出るかわかりませんし > アリス
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                             ああ衛宮さん、死体はそっちの台に
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'                       あとで係の者が研究施設に運んで査定するので > アリス
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.      わかった。
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、受付の席を立ったアリスに先導され、シャナとクーデリアは事務所の奥へ。
| 以前来た談話室とはまた別の、ソファやテーブル、
| それにシンクの台がおかれた部屋に案内される。
| その手の報酬などに関する話をする場所、というところだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
3111 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:21:04.32 ID:eK9sqS+Q
解剖台見たいのがあるのか…
3112 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:23:35.62 ID:yELXLZA+
まあ下水の時もそうだったけど
ミュータントの素材を加工するのが割とポピュラーな世界だからねぇ
珍しいor打倒困難な素材なら査定にも影響する・・・のか?
3113 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:27:47.07 ID:BOAvliGE
           /⌒>‐--、
           >.-{__, -‐、 }       、=- 、
         _l^i×1 .| ,'ノ       ヾ,、<
          ヾ--'._7  !_           ∥ アリス < で、野犬退治の依頼だったわけですが…
         `¨f,!   } l-、,-、┐,ィ==、_,ィシ          これが頭目の変異種ですか?
            ヽ}.-、/ノV ヽ}` .ヽ.  ` ̄
            ,ゝ'         ∨        クー < さあ……山を歩いてたら襲われたから、なんとも。
             , 〉-ヽ .|-< ヽ_  ∨
.            / ./  l  ! ,!__l `.、__!      シャナ < 交戦データなら、依頼人に連絡すれば、
.         _l二!   {--!/'ー!  lー!             映像データがあるかも……といっても、ほんの数瞬だけど。
        ゝ<ノ   /`¨ノ-- ' < ̄!
               ̄      ̄       アリス < なるほど、後で確認しましょう。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シンクに乗せた死体を囲み、状況の確認をする。
| まあ、野犬退治に山に行ったのだから、
| この獣は野犬の変異種だろうというのが普通の見解だ。
| シャナ達にしても、その見解に異議はない……ただ、評価がもらえることを祈るばかりだ。
| 
| ……ところでこの光景、年端もいかない少女三人が犬の死体囲んでるわけなのだが……
| 冒涜的な光景を見たスレ民はSAN値を1D2減らしてくださ(ターン
┗───────────────────────────────────────┛
3114 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:30:49.40 ID:yELXLZA+
何の問題ですか?(発狂済
3116 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:34:18.89 ID:BOAvliGE
                       _
                    イ _  `ヽ 、
                   / イ¨ゝ,>ニ‐-ハ
                  / /   ハ/ |\>ハ
                 ハ ハ ,' ,'       i.ハ
                /  トィ=z,' i ハ .  |  }
                i i { 它iゝハ<ィ==z  l /  にしてもこの死体……殺し方が上手いですね。
                | ハゝ     佗}イゝ .イ
                |  ハ 、_,    イ  {    胴部には一切傷を付けず、脳天を一突きですか。
               _j  / ゝ-  =≦     |
             ///ハ≦   ハ  \   ハ レ   新種ということで研究材料になった時、
            //////ハ ///ハ  /≧=‐-_
            ///////////// ハ///////ハ   多分評価がよくなりますよ
            ∨///////////////////////.}
            ゝニ_///////////////////く                             え、本当!? > クー
             /   >/////////////ヘ_>
            r /  /≧=―------、_|  |     ええ。これ以上を求めたら、
           { .ハ /              |  |_
           し  人_______.|  l }     首を絞めて窒息死でもさせないと……
           /   ////////////////ハ  V
             /  //////////////////ハ       それは少々、非現実的ですからね。
          /  //////////////////// ハ  \
            /   ///////////////////////ハ  `ヽ、
       -r、_ ノ////////////////////////ハ_ハハ ゞ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうやら初撃で仕留めきれたのは、査定に有利な結果をもたらす……
| ……かも、しれないようだ。
| これが昇級に役立つかどうかは、現時点ではアリスの目にもわからないらしい。
| 今日のところは、簡単な報告だけにして大人しく帰ることにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
3117 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:38:13.17 ID:eK9sqS+Q
うひょぉーー!! コレは朗報
3118 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:43:12.38 ID:BOAvliGE
                        , -───-- 、
                    / . : . : . : . :_. : . \
                   / : . : . : . : /. : : : ̄`ヽ\
                / . : . ; . : . /. : . : .:_, .. - 、´.:ヽ
                ヘ/_へ; /: . : /. : . :./. : . : . }、: . l
               〉={}≦{ :l : .}: . /: . : . _ : . j: ):. :!
                〈;/`ヽ;/: ;} .: .|:.:/─_、/ `ヾ.: }: .:}               まあこんな大物を仕留めたようですし、
                 {ノ. : } : ム| : .リf仡ヽ l   - 、}:ノ. :リ                お二人とも依頼はうまくいったようで > アリス
                /: . :リ : ヾl: . :l弋ソ     ,ィ=、ヽ: /
              {: . :./. ; -/. : リ xxx   仡リ. : :/                          見たところ怪我も……
                , ゞ、(.:´:::;f : . :ト、   _ , `xx . : /                  あー、大きなものはないみたいですし > アリス
              /i/ /ヽ} <´.l : . :{ /ヽ _ ..イ: . :./
            /i/ /:::::::::::::ト、`、: .l'./}:::::: 7、{: . :/  うぐっ、どうせ私は、
              {i〈 f;;;;;:::::::::::ト、≧l :∨|::::::ノi:i:l: ./
              |i:i:i:i:i;i≧>-〉   ヽ;ヽ{ニ≧=}:/    何もないとこで転ぶようなドジですよー
            .|:i:i:i:i:i:!/::::::::::}´`´´ }リ.|::::::::`|:{〉
            .}i:i:i:i:!/::::::::::::::|   // .l::::::::::{:|}ヽ                      ああ、それ、転んでできたんですか > アリス
          l:i:i:i:/::::::::::::::::::l  ((  |:::::::∧{i:i:}
             ,リ:i:i:l:l:l:l:l>、:::::}   リ  l:::://iル:i;ゝ   墓穴掘った!?
          { `゙一' ̄   \:|二`∞'´l;//=ニヤ
          `ー≧ー..'. ̄´::::ヾi:i:i:iXX:i:}´::::::::::|                   いえいえ、獣の噛み傷でなくて安心しました > アリス
               ヽ::::::::::::::::::::::}:i:i:iXxi:i|:::::::::::::|
             〉::::::::::::::::::ヽi:i:ixi:i:i}::::::::::::::l
              ,)!:::::::::::::::::::::\,ヘ/::::::::::::::::}
              /::{:::::::::::::::::::::::::::} |:::::::::::::::::::〉
              〉:::::!:::::::::::::;;:::;_; =ヽ≧ニ===〈
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ報告と言っても、基本的なものは依頼人と話を済ませているし、報酬も受け取っている。
| アリスにするようなものなど、ちょうど、クーデリアの膝の包帯を見たアリスとクーデリアが
| やっているような漫才か、さもなくばありふれた雑談くらいのものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3123 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:52:51.90 ID:BOAvliGE
               , =----ミ
              { / ̄ > Y⌒ヽ___
            /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                 //   ,          \} .}
.            /  / .// / ./   ,        .∨
          /  /. /   / ./   /   i       まあ転んでしまうのは、
.          /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!
          :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i:  それだけ足腰に疲労がたまっているということです。
       i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂
       |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i   お二人とも昇級のことはさておいて、
       |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ
       |   \_             `=′/i      今日のところは宿に帰って休んだ方がいいでしょう。
       |      \       '       .|
       :         |\   `  '   .イ i |
        i       /Yi          イ i  |                    それもそうね……じゃあシャナ、帰りましょっか > クー
        /    / .\    T手   :    |
.       /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |                             そうだね……じゃあアリス、また > シャナ
    / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
   /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\   ええ、また今度。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで話すことなどすでになく、アリスに別れを告げて事務所を出ることにした。
| 来た道をそのまま引き返し、事務所の外へ。
| 時刻は夕暮れというほどではないが、何かを始めるには少々遅いか。
┗───────────────────────────────────────┛
3124 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:53:26.23 ID:eK9sqS+Q
さてクーちゃんの寝床はどこかいな…
3125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 21:57:33.66 ID:BOAvliGE
                       _______
                  ,..::´               `丶
                    /    _ -─  フ  ̄     \
              /     /   /  \      \
             /     / _, -/ヘ     丶    ヽ  丶
               /   / |/   fl /{     }    |   |
           /   / /|    |! li ∨    .|     l   ト、
              /   /∠_ l    l  リ ヽ     l    l   | ヽ
          |   / { イ≧、   丶    \   |     |  .|   | ……そう言えばシャナ、
          |   { /斥/    、_____ヽ 〉    l   !  .|
          |.   / 弋ソ         _     `7    リ  ./  / あなた、宿はどこに取ってるの?
          |  /          ´ ィ≦ヽ   /   /  {  冫
           .i | {   ′      / 斥寸} ./     ,' ,へ |_ , ヘ  元々住んでた家はキョウトなんだし……
              `| ∧           弋二ソ  /    ,' .}_≧{}≦_{
           丶∧  {`丶        /    , ヘ.  l_/ ト、/                        え、あー…… > シャナ
              } 丶 ヽ ノ        ./   ∠ ノ// |  ヽ
              .ハ   ト ‐┬ ー─ -∧  /-' ´   .!   {
             ノ  ) / _ ! _ -─./  ./ .,'    l  |     |
               ./ / ./  ̄   / /|lヽ |     l   !    ヽ
              ( 〈/,. -─-´_ ≦圭fリ i/!     |  丶     \
                  ヽ∨ rー ':T:T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!7  ;  .!    \     ヽ
               /:i∠ ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/  ,'   l    {.ヽ、   `ヽ
            /:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:!/  ,'    リ     \. \    ≧
              /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/∧     ./        ' , `--ミト
            ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!( (i:i:)   /          ',      ヽ
            ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i) )/   (          ;       )
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 組合事務所を出て数分。
| 特に申し合わせたわけではないが、並んでキロを歩いていたクーデリアが話しかけてくる。
| そういえば、お互いどこに住んでいるのか、泊っているのかなど、話していなかったか。
┗───────────────────────────────────────┛
3126 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:58:18.12 ID:eK9sqS+Q
まさか持ち家とは思うまいwww
3127 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 21:59:52.24 ID:yELXLZA+
軽い気持ちで聞いて重い事情(偽)にぶつかるがよい
3128 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:03:56.53 ID:BOAvliGE
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::| 中層区。
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/                    中層区? > クー
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '    うん。昔、父さんが住んでたらしくて、
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.       その家が残ってる。
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.       ……おかげで、住むところには困ってないよ。
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::                       そっか…… > クー
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一瞬悩んだが、正直に、持ち家だということを伝えることにした。
| 適当に茶を濁すことも考えたが……人格的にも、判断能力の面でも、
| クーデリアは信頼できる希少な人材だ。
| フジノミヤに殆ど人脈を持たないシャナにとって、嘘をついて関係を険悪にするのは悪手。
| ……それに友達なんだ。嘘なんて、ついちゃいけない。
┗───────────────────────────────────────┛
3129 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:05:47.75 ID:BOAvliGE
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::}
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/  (まあ、カバーストーリーなんて使ってる時点で、)
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从   (もうクーデリアをだましているんだけど……)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{.//`ヽ
      ///..,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////}
     {////,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     |////∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     /./////} :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////{
     ,///////| :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|./////',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それはそれ、これはこれ
┗───────────────────────────────────────┛
3130 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:07:16.20 ID:eK9sqS+Q
殺伐とした思考の中に混ざる年相応の感慨
3131 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:08:50.80 ID:yELXLZA+
友達だからって尻穴の皺の数まで教える義理はないのだよ
3132 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:15:27.98 ID:BOAvliGE
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |, -‐   ─ 、  | ヽ/弋´  そっか、うん、よかった。
                   ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \
                /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ 方向的に大丈夫そうだとは思ったけど、
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、 ー' ./l /\: :ヽ 、: :ヽ | 変な宿とか捕まってないみたいで。
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ                      それは、クーデリアの方が心配かな > シャナ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉 なにぃ……?
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\ 心配しなくても、ちょっと高い分、
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\ セキュリティのしっかりした宿よ。
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉 それに、そろそろ宿じゃなくて
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈   アパートに引っ越そうかとも思ってるし。
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/                                  そっか > シャナ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、シャナが持ち家だと聞いたクーデリアの反応は、五級らしくない余裕だった。
| うらやむでもなし、ねたむでもなし、ただ友人の安全にほっと息を撫でおろす。
| 五級らしくはないが、クーデリアらしいと言えば、まさしくその通りな反応だ。
| 今回の収入もあって、彼女も雑多な宿から引っ越すつもりの様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3133 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:17:24.74 ID:eK9sqS+Q
ほんと人格優良でいい良縁だなぁ…
3134 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:18:02.02 ID:PvwoIb4O
これはいっしょにすまない?フラグか
3135 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:26:28.93 ID:BOAvliGE
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',                         ……あ、私こっちだから > クー
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }! わかった。じゃあクーデリア、また。
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/                            うん、また今度。次は
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                     普通のお出かけとかもしたいわね > クー
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、      ー ‐     イ|::::::|:::|      貧乏暇なし、だよ。
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ                         固いわね、シャナは。それじゃ > クー
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうこう話しているうちに、クーデリアの宿の近くまで来たようだ。
| クーデリアは十字に分かれた大通りを曲がり、シャナは中層区へ向かい直進する。
| 道の分かれる交差点で、別れのあいさつを交わし、それぞれの住み処へ。
| ……さて、今日のところは、ゆっくり休もう。
┗───────────────────────────────────────┛


     クーデリアの好感度がB-に上がりしました。   (また、一緒にどこかに行きたいな)

3136 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:26:49.04 ID:BOAvliGE
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3137 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:29:11.58 ID:eK9sqS+Q
親友一歩手前って感じだね
3138 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:33:14.21 ID:BOAvliGE
            |
            |                   _,. -''"
    \              /      _,. -''"
     \   ./ ̄ ̄\   /     _,. -''"
        ./       ヽ           __,,,,.....  ----――
  _ _ _____|          |______ _ _ _
       :::::::::::::::::::_____        「|      __
  ./三三三\   |-_.__=_ __=| /_二三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
  | ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
  |==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| /[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                   ____
  / ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
  | | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 野犬退治の依頼を終えた日が過ぎ、一晩経った。
| 太陽が昇り始め、フジノミヤの町を照らす。また、朝がやって来る。
┗───────────────────────────────────────┛
3139 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:36:37.32 ID:BOAvliGE
                __
               i´ ̄ ̄`ヽ、
            \
            ,.....:::‐'ー―-―‐-..、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::: 、::::::::::::::::::::::::::::::..
         ':::.... / /   !:::::::::} !  \ .、..::ヽヽ
       |:::::::::/::::::|::::::/::!::::::: |Ⅵ::ヽ :: ヽ::',::::',マ}
       |::::::/::::::/i:__/}/|:::::::::| リヽ_ト、:::::|::::',:'.リ
       |:::::|:::::/´i::/_`' |:::::: リ/ ´リ_`、::ト,:: |:: |  眠い……けど、このくらいなら。
       |:::::i:::/,.ィ笊芯`| :: / ィ笊芯,Ⅵ:Ⅵ!マ|
       |:::::{/ム 弋zソ }::/  弋zソ /::|リ リ  どうにも、朝は苦手だな……
       |::::/::::ム     / ,       :'::::|
       |::::::::|:::人      _ _     人:::j!
       |::::::::|:::::{:::>        <::!:::::{:l
       |:::::::::',::::,::::::: | ` ´ |::::::::::::|::::/::
       |:::::::::ム:::::{イ: {     }:`ヽ:::j:/:::::l
       /::::/: :ヽ::|: : :∨  ̄ ∨ : : `/:`ヽ:!
        {::/ヽ、: : :Ⅵ: : : ∨ ¨∨ : : : : : : : ∧
        |/   \\: : : : : . /: : : : : // :.
      {   i   \\: : :.∨: : : ://  i  }
      |  { rー-`-`ー v:- イイ--- , !  |
      /   :. }     `{⌒}´      / |  ヽ
       {    } :.   ,...-',_/- 、     { !   }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 山を歩き回り野犬を切り捨てる。
| 適度な運動が快適な睡眠を呼び、シャナの朝は、まあ昨日に比べれば調子のいいものだった。
| 重い瞼を冷水で顔を洗って見開かせ、出かける支度をする。
| 貧乏暇なし、などとクーデリアに偉そうに語ったのだ。今日も仕事や情報収集に行かなくては。
┗───────────────────────────────────────┛
3140 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:39:06.33 ID:eK9sqS+Q
そろそろ中性能PDA買えそうよね
PDWの方が優先だろうか? いや45口径…?
3141 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:40:16.34 ID:BOAvliGE
                        【フリーパート】

                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| いつものコートを羽織り、軍刀を腰に挿す。
| 短機関銃とナイフは持っていくか悩んだが……今日のところは両方持っていくことにする。
| 街を歩くには拳銃の方が小回りも効くしいいのだが……ないものねだりは良くない。
| さあ、今日も出かけるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 @3 ↓1~3 1D100を添えて、最も高い選択肢

   1) 官営武具店 【やる夫】
     武器・防具やスカベンジ向けの備品を取り扱う店。
     店の前を通ると、店内にやる夫がいるのを見つけた。何やらカウンターで悩んでいるようだが……
   2) 官営武具店・ガンレンジ 【クーデリア】
     官営武具店の内部にある射撃場。商品の試射や訓練もできる。
     買った短機関銃の調子を見に行くと、またクーデリアがいた。……突撃銃の試射をしているようだ。
   3) 酒場『逆さ十字』 【聖十郎】
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     ……今日の店内には知り合いはいないようだ。マスターに何か話を聞いてみようか。
   4) 工房『アナグラ』 【ヴィルヘルム】
     車両・警備ロボット専門の町工房。
     商品の説明をしてもらいに行ったところ……なぜだかヴィルヘルムがいた。彼も何か用事だろうか。
   5) スカベンジャー組合 【アリス】
     我らスカベンジャーの仕事場。
     暇そうな時間を見計らって、アリスに例の突然変異種の査定に結果ついて聞いてみようか。

3142 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:41:55.43 ID:N8sGsoWG
5)
【1D100:7】
3143 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:42:14.44 ID:eK9sqS+Q
【1D100:84】

悩んでる彼を救おう  1
3144 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/06(土) 22:43:05.55 ID:yELXLZA+
1
【1D100:19
3147 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:45:13.05 ID:BOAvliGE
ふむ……行き先は1:官営武具店でよさそうかな?
ではではそういうことで・・・・
3149 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:46:41.02 ID:BOAvliGE
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

3152 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/06(土) 22:47:42.97 ID:BOAvliGE
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      今日はいつにもまして遅筆なせいで、進行が遅くて申し訳ない……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    ちょっと内容整理したいので続きが次回です。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  それに、なんだかフリーパート始まってから急に重くなったし……
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  次回は祝・やる夫装備更新から!
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2713-7a59a9a5