情報部シャナのスカベンジ日誌 2nd Turn 「スカベンジャー」その11

3495 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:14:17.04 ID:ceAtwf4T
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              2nd Turn 《スカベンジャー》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3498 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:14:46.27 ID:ceAtwf4T
                      ≦: : : ,ヘ \: : : : : : :<:: : :\
                   <: : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :\: : ヽ
                   /: : : : : : ::i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヾ: : :..
                /: : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : :ヽ
               ..: : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : ::',
               ,': : : : : : : : : ::i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :i!: : : : ::.
              .: : : : : : : : : : :i!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ',
             ,': : : : : : : : : : : i!: : : ::i!',: : : : : : : : : : : : /|: : : : ::i!: :',: : : ::..
             ,': : :i!: : : : : : : :-i!-: :、::i! '; : : : : : : :i!:/:_/斗:≦: : i!: ::}: : : : :',
             : : : i!: : : : : : : : :i!:i!ヾ}≧‐'; : : : : : ,'}イ: /  }/ '; : :}: :!: : : : : :', まったく……やる夫くん、次は
            イ: : : :{: : : : : : : : :i!',}.== 、  \: : ::/  }/ _=-‐ 、 '; :iト、!: : : : : : :..
           / i! :: ::λ: : : : : : : :〈 んじいヽ  ヽイ  ィ ちじい 〉∨: :}: : : : : : : :', もう少し早く決めてくれよ?
          ,': :i!: : : : ',:: : : : : :: ::i!弋以少          弋ニ少' /:/ヽ: :ヾ、: : : ::.
            {イ i!: : : : ::'; : : : : : : : i!                   イ   }: : : :', : : : ', 客は君ばかりではないのだから。
            i!:: : : : : : : : : : : : : :i!       }〉          ∧ <:i!: : : :: : : : ::.
            i!: : : : : : : : : : : : : ::λ              イ: : : : : i!: : ::}: : : : ::i!
           イ: : : : : : >-‐-<: : : :..   ` }Y  ´   /: : : : : ::/:i!: :}::ト、: : : : i!                おう……気を付けるお > やる夫
          /: :i!: : : ::/      \: : ::>、  | i    イ: : : : : : : :/: : i!/i/ : :\: ::i!
            イ: ::人: |: {         〉、: : : ::≧| i_  < i: : : : : : : :i!: : : : : : : : : : ヾ:i!
        ..:: : : : : ヾ}: }             }: : : : : i! |: : : :/ ̄}: : : : : :i!: : : : : : : : : : : : :}
         /: : : : : : : : /-≦三三≧、    i!: : : : :i! .!: ::/::::::::::::i!: : : : ::i!: : : : : : : : : : : : :',
      イ: : : : : : : : 〈_ =====、 〉、 i!: : : :ノ i!__{:::::::::::::::i!: : : : :iト、: : : : : : : : : : : ',
    /: : : : : : : : : : ::〉       \ Y ̄Y::{       ̄}::::::::i从: : ::i!  \: : : : : : : : : ::',
   /: : : : : : : : : : : : /            人_.人i!  ≧‐ -〈:::::::::i!:::::ヾ: }   \: : : : : : : : :',
 /: : : : : : : : : : : : : 〈__         イ: :∧   ≧‐ _/:::::::::i!::::::::`i!     \: : : : : : : ',
,〈: : :イ: : : : : : : : : : : : \ \     /: : : /::::ヽ   , /::::::::::::i!:::::::::::i!      \: : : : : :',
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 行き先を決めかねて、フジノミヤ下層区をさまようシャナ。
| その目に官営武具店で一人悩むやる夫の姿が目に入り、店内に足を踏み入れる。
| 彼の不必要なまでに悩み抜いた末の装備更新を見届けてから、
| また街の雑踏へと足を進めるのだった……
| 
| ……だからあらすじが必要なほど進んでな(ターン!
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>1976 (補足:閃光手榴弾消費、戦闘用単分子ナイフ追加)
                        (所持金: 208 円 0 銭)

      好感度一覧        >>1598 (補足:クーデリア B-  やる夫 D  スカサハ D)

3499 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:14:59.67 ID:ceAtwf4T
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3500 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:15:47.30 ID:ceAtwf4T
.: .:::.. ... :. .::.. ....: .: ... .. . .                 ll               .   .. .:...:... .. . .  ... ....:::::.
: .:::.. ... .:... .. . .                    , -┴- 、                    .... ...:.:.::::..... ...:::.
 ..::::. ...::                     /-──‐-ヽ                    .:...:... .. .:::::.:.
\\::...                         (.   (  ,)   )                       .... ...:.::..
:.. \\::::...                     ̄      ̄                           /
..   \\::...                                                   /
/ ̄ヽ  . \\                                              /
l:.  .|    .\\_____________________________,/
l:::..  |      \\.________________.| |                . ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\        アナグラ          | |                 .||.    /|
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____.__________| |                    ||  /.  |: ・ .,,
. l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l    .                 | |                    |/    .:l ,,-''
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |              /  :l: ・ ,,-''
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______    / |   :|,, -'' : |: ・   ,,
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今すぐ何かを買えるわけではないが……今のところ知っている、官営武具店とは別の店、
| 機械工房『アナグラ』に顔を出すことにした。
| 何を売っているのか、どの程度の値段なのか、
| それを知っておき、今後の資金回しの参考にするために。
| そう思ってやってきたのだが……店主は留守だろうか、店内には誰もいない。
┗───────────────────────────────────────┛
3501 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:16:20.76 ID:F8JZyjwT
ゾイド手に入れたらここに来ることになるんだろうなぁ…
3502 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:17:51.45 ID:ceAtwf4T
                    ― ---
                / ⌒人  ̄ ̄ ``丶、
                /'" ̄)廴 _7 ̄ \     \
                /(彡ィ人 /==人   _〉ヽ
           / {:::::::斗 - ⌒ー 、:`   /:}  ',  ',
              //           \__Y\
          {   '   '  /   ハ  ', \\}     ふぅ……やっぱ細かい
        /⌒)_,,{   | / ト  i,,、_   |\|  i  i
       // ̄ヽ_)  x=ミ人  |  \ |   |へ|  |   部品の調整は目にクるね……
      ノ-= ⌒Vノ人 从乂ソ \| x=ミ、  |( |  |   '
     . -=ニヽ ノ''"  ̄ )..:      ゞ ' 人ノ |   /  っと、お客さん来てたか。いらっしゃい。
     /-=Y__ ノ-=ニイ 人   '    ..:..:  ノー '|   ,
   r=/-ニ ノ-=二/ 人   \  、 _   ィ  |  ,       前にやる夫と来てた、シャナちゃんだっけ。
  人-==- -ノハ  _ \人 `     '   l  从  /
 〈-==-  ---/ ,   7 7 V }`¨´   人' _                            お久しぶりです、リッカさん > シャナ
   ト -===ソ  /   ,  /\_    _ ノ/ / ̄  \
   |                ヽ ノ    / /        おー、名前覚えててくれたんだ。
       i  ,    {ノ  {            / / {/    i
  ,           ノ \ 、         / ノ  '    ,    それで、今日は何の用? また買取?
  i     ∨   '      、___/   、_{     /
        ',   { ⌒     {    ノ    _ ヽ
   ',     i 人        人  /         }   :
   ',     }  /}ヽ    /    、        ,     ,
        /   ―‐   ―       イ   /
     ー      }               )   /   /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうしたものかと思案していると、店の奥から一人の女技師が目をこすりながら現れる。
| アナグラの店主、楠リッカだ。
| 何か機械の修理でもしていたのだろう、服装はラフな作業着で、
| 手には工具箱とケースを抱えている。
┗───────────────────────────────────────┛
3503 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:18:30.97 ID:F8JZyjwT
( ゚∀゚)o彡
3504 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:20:28.08 ID:ceAtwf4T
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨', いや、今日のところは売り買いはないかな。
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ  ただどういうものを売ってるのか、
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /  聞いておきたくて。
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                      へぇ、向上心旺盛だね、いいよ > リッカ
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|                                      カラン...... > ドアベル
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ                   っと、もう一人お客さんだ。いらっしゃい > リッカ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 取り敢えず、素直に来店目的を告げる。
| 売り上げに何ら貢献しないということで、渋い顔をされるかと思ったが……
| リッカはにっかりと笑って了承してくれた。
| 今日くず鉄を売られるより、数か月後に車を買っていった方がありがたいと、そういうことだろうか。
| そう思案する間もなく、シャナの背後で扉にかけられたベルが鳴り、来店者を告げる。
┗───────────────────────────────────────┛
3505 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:21:51.36 ID:W2tD464M
\甘党!/\チンピラ!/\ロr(グシャァッ
3506 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:22:31.05 ID:F8JZyjwT
ギャップ萌え男性1名登場
3507 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:23:13.94 ID:ceAtwf4T
                  / //   /    ヘ ヘ \
                 /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
    .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
               / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
          .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
             / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l  よおリッカ、邪魔するぜ。
            │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
             // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ                          や、いらっしゃいベイ。
            /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l                    頼まれてた調整なら終わってるよ > リッカ
            / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
           ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/     ほぉ、相変わらず仕事がはえーな。
             l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
             l / ///   ヘ ∨/      > ト       代金は前回払ってたな?
               ///.\    \     ∧ヘ l
             //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>                        うん、もらってるよ。ほら、ベイ > リッカ
           /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
          /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
      /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
     ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
    //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
  ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
 〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
  l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
 ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 振り返れば、そこにいたのは白髪の戦闘用義体を纏った男、
| 四級スカベンジャーのヴィルヘルムだ。
| リッカから小さなケースを受け取り、中身を見るなり懐にしまい込む。
| どうやら、この店の常連の様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3508 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:23:18.25 ID:DIGfcmAR
強面が甘いもの好きで何がおかしい!(棒)
3509 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:24:18.56 ID:F8JZyjwT
お? 義体じゃなくて装備の整備でも頼んでいたのか?
やっぱり素手でボコってたのはイレギュラーだったのだろうか…
3510 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:26:58.62 ID:ceAtwf4T
>>3509
ベイのステータス見ると、ちゃんと装備欄もアイテム載ってるんですよねぇ……
まあ基本は素手で、武器使う状況の方がイレギュラーなのですが
3511 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:27:10.09 ID:ceAtwf4T
                    .... _
                ´ ̄ , 、ヽ ` .、
                 , ´.,.',、 .ソi! .ヽ ヽ  \
              / / 从Ⅵii| i    '.,  '., ヽ
               ,' / i レ´ ̄`| .li .ト、  .'.,  '., i
             .,' i! ilj     レ' l.il__リ i .i  i i  んあ?
           ,' /l  |≧=.、   ィリェェァ.) l   .!
         .,'. /l l i f<>'`)=ゝl!-一'll.l l    .!  よくみりゃシャナ、テメェもいたのか。
         / ./ l:l从j`  ̄  ,...、   .j!.リ !、 .! .i
        ./ ./l l! l:::::::',   ,. -== 、  l / :i ! .ヽ  ちっけぇせいで一瞬気付かなかったぞ。
       // .l ll.!:::::::::ヽ └─-一’  ,.j/:l .l l ト}
      /   ヽヾ:∧:::::::>.、  ̄  / {;;;:j/l l /                          ヴィルヘルム、一言余計 > シャナ
           )ノi} ヾ/,ィ ≧ - ≦  ソ} } ./
     _ _     _,. イ/{  .\   r= ''´  l-.K、    おおわりぃわりぃ。
   _/ミ, ヽ-〈 ̄ : {/////l  .l! l  / l!   //////>.、
  //77ヽノ/∧: : : V///∧  .l、`V  l   ///////.//>.._                   へぇ、二人とも知り合いなんだ > リッカ
  l/////////∧: : : V///∧ヽi≧==≦l/.//////.///////>.._
  l//////////∧: : : V V/∧ ヾ三/ ////ヽ/.///////////≧:., おう、まあな。
 .j///////////∧: : ヽ V/∧ |三|///// /.///////////////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ワンテンポ遅れて、ヴィルヘルムもシャナの存在に気付く。
| お互い、予想外の場所での出会いとなった。
| 店主のリッカも、二人が知り合いだとは思わなかったらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
3512 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:29:20.91 ID:F8JZyjwT
>>555
> ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
ホンマや!?

小さいから目に付かなかった(ry
3513 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:29:50.34 ID:ceAtwf4T
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}            んでシャナ、なんでお前がここにいんだよ。
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|                    お前の獲物は腰の刀だろ? > ベイ
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/  そもそも、ここに何があるのか、
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /    それを聞くために来てる。
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ       刀一本に拘るつもりもないし。
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\                       ほぅ、じゃあ邪魔しちまったか > ベイ
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルヘルムがここに来た理由は、まあ聞くまでもなく予想が付く。
| 全身義体のヴィルヘルムならば、機械部品か、あるいは非人間向けの重装備の補充や整備、
| そういった用事があったのだろう。
| 事実、整備は終わったと、何やらリッカからケースを受け取っていたのだ。
| 逆にシャナが訪れる理由の考えつかなかったヴィルヘルムに、
| こちらの予定を伝えることになった。
┗───────────────────────────────────────┛
3514 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:32:05.88 ID:ceAtwf4T
             -―――ュ
         ノ'":::::ノ ̄ ̄ ̄ ̄}=ミ ̄::::\
         {:::ー':::::::::/ ̄ ̄   \:::::::}
        ' |:::::|::: / '  :| ||  |  (``丶、
       /  L_:.|:./ | |  :|_j|_|   :| \:::::\   _
            |:::::|'  | |  :|八 /|i` :|ヽ \::::>'"::::::ヽ
       i   |:::::| /| |  :|==ミ   :| 十  i:/  ̄ ̄\  そうだそうだ、帰れこの甘党チンピラ。
       |   l'⌒V Lノヽ从V^ソ \人/  | ||:\,,.. -‐::: ̄ヽ
       |   |∨ハ}           以 ト< 从::::::::::://///                   おいごらリッカ、俺の味覚は関係ねぇだろ!
       |   |∧八  ノ;;>     / } | \:::::::// ̄ 、                          つーか俺だって一応客だぞおい! > ベイ
       |i    };,;込 /;;;;/    _ 、 ;/八  \彡ヘ    `、
.       八    ∨  \;;;;、     イ '  \     `、   `、 折角の全身義体に、
    /イ   :| {    :`:.r  .,__ /∧  /'⌒ヽ      `、   `、
        |    人 、   : :|    / j '             }     不必要に負荷かける人なんて知らないね。
     ノ  /\:\{\  :|\_彡イノ-―‐- _  -‐ '"ヽ    }
    /  " \  \_ ヽ  /、  \    /         / 君は動きが荒っぽすぎるんだよ。
   /      ',  `、  \ '  `、  \        ,,..   ´
  ,        ',   、       `、   `丶、  >'"
  i          ',     \      ハ     \
  |    /     } /   `  -- '       /  }
  |      ノ   V                 '
  |      /   {  、        {   }    /{
        '⌒ヽ  ;     ̄ ̄ ̄{   }  イ  i|
 ,      /    \} 、       ノ      、 八
 i     ,      、 トーー=≦/    \     、
 |     i      \     :/       :\    `、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 技術屋のプライドということだろうか、リッカがヴィルヘルムにかける言葉にはとげがある。
| まあ、以前の酒場での乱闘モドキや生活態度を見るに、
| 普段から荒事や無茶な駆動をしているだろうことは想像に難くない。
| 部品の整備を通して、それがリッカには如実に見えているのか。
┗───────────────────────────────────────┛
3515 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:33:00.66 ID:F8JZyjwT
なんかでもによによする気安さも感じるぞ!
3516 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:33:44.71 ID:mQweNomS
確かに色々消耗が激しそうな生き方だもんなー
3517 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:35:12.06 ID:ceAtwf4T
                       /         ヽ  /           ヽ
                      /           ヘ、/ l           ヘ
                     / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                     / l/        l     l    l lヘ        l  l
                    /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l  はっ、そいつは悪かったな。
                    /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l
                     //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l  楽しい戦じゃ手加減する余裕がなくてよ。
                  // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                      // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l
                 l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l          まったくこいつは…… > リッカ
               -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l
            , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
           /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
          /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
         /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
      / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  //;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
/ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:
/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな技術屋の怒りもどこ吹く風。
| あくまで無頼に振る舞いながら、口先だけの謝罪を返すベイ。
| その様を見て、リッカはどこか諦めたようなため息を吐く
┗───────────────────────────────────────┛
3518 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:36:19.31 ID:ceAtwf4T
スカサハさんといいリッカといい、なんかフジノミヤの店主はため息吐いてばっかだな!
それだけ困った客が多いということか……
3519 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:37:23.45 ID:F8JZyjwT
ため息吐かれて居るのが男性ばっかりだから
フジノミヤの男は女泣かせってことに…w
3520 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:37:48.07 ID:W2tD464M
溜息を缶に封入して販売・・・これだ!(ぐるぐる目
3521 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:38:02.82 ID:DIGfcmAR
きっと幸せが逃げても大丈夫なほど、幸せが有り余っているんだよ!(白目)
だって、贔屓にしてくれる常連さんがいるだなんて幸せなことじゃないか!(棒)
3522 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 15:42:14.44 ID:ceAtwf4T
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}              シャナちゃん、同じスカベンジャーなんだから、
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|                         今度何とか言ってやってよ > リッカ
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::| なんとかって言われても……
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ため息を吐く店主と、現況の4級スカベ。
| そんな光景にかすかな既知感を覚えると、お鉢がシャナに戻ってきた。
| ……この展開、数十分前にもあった気がする。
| 
| まあヴィルヘルムをどうにかするかはさておき、二人に話しておきたいことはあっただろうか……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓15:57まで

      ヴィルヘルムやリッカに言いたいこと、聞きたいこと。
      質問、延長希望等あれば受け付けます。

3526 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:53:04.08 ID:DIGfcmAR
ヴィルヘルムに、犬の依頼のお礼と成功の報告。

リッカに信頼されていることの表れではないですか。
それに、なんだかんだ直しているのだから、悪く思っているわけではないのでしょう?

と伝える。
3527 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 15:54:45.39 ID:F8JZyjwT
やっべ忘れてた
ここの商品のリストや売れ筋教えてください
3528 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 16:02:45.06 ID:ceAtwf4T
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::| ……ヴィルヘルムに何か言うのは、
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/  多分無駄だから放っておくとして……
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '                        どういう意味だシャナ > ベイ
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.      リッカさんのほうで認識変えてみましょう。
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.                             無視かよおい! > ベイ
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::     ヴィルヘルム、ちょっと黙ってて。
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.                   で、認識を変えるって、どういう? > リッカ
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| リッカの技術屋としての怒りはもっともだが……一言二言声をかけたくらいで、
| この戦闘狂が振る舞いを変えるとも思えない。
| なら、技術屋として満足できるよう考え方を改めてもらうことにでもしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
3529 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 16:04:04.30 ID:F8JZyjwT
面識三度程度のシャナにもう諦められてしまっているベイwww
3530 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 16:10:03.33 ID:ceAtwf4T
.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::|  銃でもなんでも……
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、  いつ壊れるとも知れない装備じゃ、
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.  人間満足に動けない。
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::.
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::                    まあ、そうだよね > リッカ
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::} なのにヴィルヘルムが無茶をできてるのは、
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::|  リッカさんとか、整備してる人の腕を信頼してるんだって。
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、技術屋のプライドに付け込むような甘言だ。
| 実際のところヴィルヘルムがどう思っているのかなどシャナにはわからないし、
| 今の発言の通りだったのだとしても、彼が機械を思い労わらない動きをしていることは変わらない。
| 技術屋のリッカにとって、気の持ちようが多少楽になるかもという程度の言葉だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3531 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 16:17:19.45 ID:ceAtwf4T
                    ,.  -‐== =‐-
.            x==x≦___x===x_  `ヽ.
           《     》三三三《      》 `ヽ ∧
         |≧=≦/ ̄ ̄ ̄`ミ三三≦´    ト 。∧
         |::::::::::::::::::::>-、 丶 ______ ノ:::::!: ∧
         人:::::::> ´     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  ∧
          〉´        \::::::::::::::::::::::::::::::::::| l  ∧
           レ ヘ .′ _   丶::::::::::::::::::::::::/|    ∧
           / /   /       `Ⅵ  ` ¨¨¨\/:::: | i    ∧
.          { !  7  / .′/ / ト。  ∨   \:::: ! !     へぇ、言うじゃんシャナちゃん。
          Ⅵ ≠ミ / //  ' ノ |  |\   |/| |    |
.             ゞ    〃 x≠ミ.  |  | ヽ \!:::::|    ! |. まるでベテランか技術屋みたいな意見だ。
.            彡          ` ハ从Ⅳ ⌒Ⅵ/      ! |
.            |  ,.           |!  ) }}   |    Ⅳ                     うっ、すみません…… > シャナ
                  _        ミミ    イ 八  |   |i
              ゝ ヽノ ̄ \  ミミ   :l  _/     | |i  !|  いやいいよ、君の思いやりは嬉しい。
                / ̄ ̄::::ミヽ\  /.:「   │  | |i  !|
              / ̄ ̄ ̄ミヽ::::::i  ´  |  |  |   .仆:|i 从  そうだねベイ、今日のところは、
              { ̄ ̄ ̄ ミヽ:::::::l:./  圦人/|/ !ノレ′
.            人 ̄ ̄ ̄ミヽ:::::::|:.    j__ __       シャナちゃんに免じて、店に居てもいいよ。
.          __ノ7:::::::::::::::::::::::│    /  .::/     `ヽ
.         ´    l ∨:::::::::::::::::::::リ  /  .:./                           俺の信用はシャナ以下かよ > ベイ
.       '       |  ∨::::::::::::::::::::{ /   . :./         i
      '      ′/´  ̄ ̄ ̄ ∧    :.|   ′          そりゃ、シャナちゃんは機械壊してないもん。
          / :〈 / ̄ __∧     .:|  /      /
     ′     /   ∨ /      ∧    :|: /
    /     /     ∨  / ̄ `ヽ〉   .::|/      /
.   /     /       ヽイ         \  /       /
  /       {         \       \        /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……どうやら、素人の甘言ではベテラン技師を騙すことはできなかったようだ。
| それでもシャナの心意気を読み取ってか、リッカは朗らかに笑う。
| この場だけは丸く収まった、というところだろうか。しかし……
┗───────────────────────────────────────┛
3532 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 16:19:16.33 ID:F8JZyjwT
さすがに言葉だけでごまかされてくれないか 店主だしw
3533 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 16:24:07.91 ID:ceAtwf4T
    〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
      |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
      |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
      |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|  二人とも、思ったより親しそうだね。
      |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|
      i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::::|   /::::::::::|::::::::::::::::::|  なんだかんだ言いつつ、
        |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|
              ヽ                /::::::::::::::::::|_::::::::::::::::::::::.|::::::::::::::::.|   リッカさんも整備とかやってるんだし。
                 ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::.|
              丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|              腕はいいんだ、嫌う理由もねぇだろ > ベイ
             /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|::::::::::::::::::|
               //////.ハ    |ヽ//////////////////////|::::::::::::::::::|                       んーまあそうかもねぇ > リッカ
           ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|::::::::::::::::::|
           |//////// : : : : : ///i/////////////////////i::::::::::::::::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただのビジネスライクな客と店主ではなく、軽口を言い合う様な仲を、ちょっと尋ねてみる。
| 返ってくる二人の返事は、割とあっさりしたものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3534 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 16:25:04.89 ID:F8JZyjwT
特にコレと言った反応はなしか… クッ
3535 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 16:34:34.22 ID:ceAtwf4T
                    ― ---
                / ⌒人  ̄ ̄ ``丶、
                /'" ̄)廴 _7 ̄ \     \
                /(彡ィ人 /==人   _〉ヽ
           / {:::::::斗 - ⌒ー 、:`   /:}  ',  ',
              //           \__Y\
          {   '   '  /   ハ  ', \\}
        /⌒)_,,{   | / ト  i,,、_   |\|  i  i. お客さんでも友達でもさ、
       // ̄ヽ_)  x=ミ人  |  \ |   |へ|  |
      ノ-= ⌒Vノ人 从乂ソ \| x=ミ、  |( |  |   ' どうせ人付き合いするなら
     . -=ニヽ ノ''"  ̄ )..:      ゞ ' 人ノ |   /
     /-=Y__ ノ-=ニイ 人   '    ..:..:  ノー '|   ,   気持ちよく笑い合えるような関係の方がいいじゃん。
   r=/-ニ ノ-=二/ 人   \  、 _   ィ  |  ,
  人-==- -ノハ  _ \人 `     '   l  从  /     それに、お店の店員がむすーっと
 〈-==-  ---/ ,   7 7 V }`¨´   人' _
   ト -===ソ  /   ,  /\_    _ ノ/ / ̄  \   お客さんをにらんでたりしたら、きっと二度とこない。
   |                ヽ ノ    / /
       i  ,    {ノ  {            / / {/    i   精神的にも実利でもメリットがあるんだから、
  ,           ノ \ 、         / ノ  '    ,
  i     ∨   '      、___/   、_{     /    私はお客さんとは仲良くしてるよ。
        ',   { ⌒     {    ノ    _ ヽ
   ',     i 人        人  /         }   :                             へぇ…… > シャナ
   ',     }  /}ヽ    /    、        ,     ,
        /   ―‐   ―       イ   /
     ー      }               )   /   /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルヘルムは、まあ単に腕がいいから。
| リッカの方は、彼女自身の人付き合いのポリシーにのっとって。
| それなり以上に居心地のいい関係を構築しているようだ。
| この場合、気難しげなヴィルヘルムを唸らす、リッカの腕が流石だったというべきか。
| 
| どうせ人付き合いするなら気持ちよく笑い合えた方がいい、か……
┗───────────────────────────────────────┛
3536 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 16:35:18.76 ID:F8JZyjwT
商売だもんねぇ…
3537 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 16:42:36.80 ID:ceAtwf4T
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}| ……そうだヴィルヘルム。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|   野犬退治の依頼、紹介してくれてありがとう。
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨                               お、早速行ってきたのか? > ベイ
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i      うん、何度も囲まれたり、変異種とかも出たけど……
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i     おかげで結構稼げた。
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\                                         何!?
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ                     楽しい戦だったのかよ……騙されたぜ > ベイ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 折角会えたのだ、気持ちのいい人間関係の為にも、ヴィルヘルムに礼を言っておこう。
| 彼が依頼書を譲ってくれたおかげで、100円超の稼ぎを得られたのだ。
| するとヴィルヘルムは歯噛みし、自分もいけばよかったと後悔している様子だ。
| 大方、報酬ではなく『何度も囲まれた』『変異種が出た』というワードに釣られたのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
3538 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 16:43:51.43 ID:F8JZyjwT
この戦闘狂め!w
3539 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 16:49:39.98 ID:ceAtwf4T
          x≦三ミv=====v≦三ミx二>。.
         《      》三三三《     》 `ヽ  \
.         /ミ≧=彡'´ ̄ ̄ ̄`ミ≧=彡'   }     :.
        {ヽ __ ノ ´ ̄`ヽ ____ 人    :.
.          ∨.:.:.:.:.:.:/  ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y  :.
           ∨.:.:/      \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ   :.
           y'  ‐-     _\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / :! \  :.
.          / / /i    i   ` ` ──<//ト。 ヽ :.  おーいシャナちゃん。
         {  / i| |  |  ト。  |   \ \/! \   :.
          乂〃ィ笊 ヽ 丶 | 芹ミ。  }   }イ|   ヽ    私を放っておかないでほしいなー。
.           Y 弋じ\\   | 弋じソ\/´ ̄ヽリ !   │
           |       \{\{  ¨´   Yヽ.  }       !   うちの商品聞きに来たんでしょ?
           iミ  ,              l  ) リ  !  j l !
      /  ̄ ̄ ̄ )      彡ミ   ノ彡イ  l / 从                 あ、うん……ごめん、リッカさん > シャナ
     /´ / ̄ ̄ ̄ )-- 、   彡ミ く   ノヘハノイ/
.    / / / ̄ ̄ 人  丿          ̄ 「 ≧=- _      うむ、素直でよろしい。
     {      / ̄Yヽ.      . ´     |  |     \
    |  ¨¨ ´     l   ≧ r- <          !  l       丶   正式な目録は4級に上がったら見せてあげるけど、
    ∨   │   |   |  l    ヽ      /   |          :.
.      ∨    |   |   |  ト        ノ /   :|           :.  今日のところは比較的安い商品を教えてあげよう。
      /}   /   ′ |  |    ー‐     /    |   `Y     :.
    l ヽ     /|  │: 乂      イ    人    |       ……あくまで比較的、だけどね。
    i   `¨¨´ │  ∧    ー‐‐ ´         \  i       :.
    |____  |  /                     \|
    i三三三」  / :/      ̄ ̄ ̄          i !     |
      〉 ___ / :/{       ---          l |     |
.    /    │ / マ                    リ |
   /       !: /   \     ──           |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 酒場で雑談しているノリでヴィルヘルムに礼を言っていたら、横からリッカの声がかかる。
| 元はと言えば彼女の言う通り、商品の説明を受けに来ていたのだ。
| 最後の念押しを見るに、やはり全体的に値段はお高い様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3540 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 16:51:02.01 ID:DIGfcmAR
まぁ、そらそうですよねぇ・・・。
3541 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 16:51:28.03 ID:F8JZyjwT
100円単位だろうなぁ…
3542 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 17:00:22.12 ID:ceAtwf4T
                   r‐‐v‐v‐vヽ
              ,z=┴‐┴〈__ノ{ ∨
        ,  -‐/{ミニ彡´  }__|¨`ヽ∨
       /   { ` ̄  /  \ノ. ∨
.      /  -‐   〉-ッ-‐= ´  .!  ヽ  }
.   ,-‐/       / /.! !  /|  |/|  .}  |
   //.{  \ / / | | ./! |‐- 、|/}/   !_  じゃ、まずは基本の車両から。
  ,/ ! ,    / /  .! ! { ! ,ィf¨ ' {/     }
  | │ ∨ \.{  {- 、,| | | | ヾノノ ヽ ,_   ∧  一番安いので、四輪の乗用車が700円ってとこかな。
  | │  ヽ │ !  | | | |   ,     {   ∧
  | │   |\! .|\, |リ | | 彡'     ,'     ,ィ                            ……やっぱ高いね > シャナ
  | │ヽ  !.  ヽ.!ミヾl .! |.      i ニニニ彡'∧
  // / | }ヽ},   }   ヘ│| _,. -‐ '       ィ∧ まあ、低級のうちは組合の送迎車で事足るしね。
. /' |∧/ノ/      /    ヽゝ/  _  /ニニニニ彡'/
.    '     ∠-- 、   !"´  ヽ` ー┬‐ '´ ∨ このグレードは全面金属板貼りのセダンやミニバンタイプと、
.         /ミニニニニ\  !ヘ.   ゝ .,」      ∨
        /   `ヾニニ∧  ヾ',     ヘ    ∨ 後ろがむき出しの荷台になった軽トラの二種類があるね。
          {     ∨ニ∧\ヾ',       ゝ    }
          {     .{∨ニ∧ ` - 、_           }  前者の方が後ろの乗り心地はいいけど、
        ∧.     i ∨ニ∧     \` ‐- , __ ノ
.         ∧     ',彡三 }   -‐―ヽ         後者は多少運搬能力に優れるってとこかな。
          ∧.     ∨==/        }
            |ヘ    ∨={      ,          ……と言っても、ドングリの背比べ程度の差だけど。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 言いながら、目録らしきものをめくり、在庫を確かめているリッカ。
| 車両の購入額は最低700円から……金属貼といっても、その辺にあるような低級金属だ。
| 砲撃はおろか、歩兵の小銃でも貫かれるかもしれない。防御力も誤差程度しかないだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
3543 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:01:34.30 ID:F8JZyjwT
装甲車レベルじゃないと安心できないわ…
3544 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:03:03.09 ID:DIGfcmAR
無いよりはマシレベルか、それ以下やね。
3545 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 17:16:51.72 ID:ceAtwf4T
           ∧ ∧        _    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ‐━━==冂ェュ(゚Д゚*)       ∧∧\\ < ゴルァ!
       E≧{_ /  \      (,,゚Д゚) \\__\___________
    |干干干干干干干干|  ̄U ̄ ̄ ̄   \
   .|________| テクニカル   ..0|★
((((三 |_――_____|__/ ̄\___|
     ( ○ )        ( ○ )
 ――‐‐`ー―'―─────‐`ー―'──────

 リッカ < あと比較的安いのっていうと、テクニカルかな?

  ベイ < テクニカルぅ……? ああ、あの機銃乗っけただけのポンコツか

 リッカ < そりゃ、本格的な装甲車に比べたらあれだけどさ……
        車体が整備してあれば、野外の機動戦力に多少は使えるよ?

 シャナ < ……で、そのテクニカルはいくら?

 リッカ < 素体に軽トラとか用意して、銃座の追加改造に50円かな。
        そこに乗っける機関銃とかは、またそっちで用意してもらうけどさ。

 リッカ < あ、ちなみにまともな装甲車だと、軽装甲車でも1000円じゃ足りないから

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 徹底して安価に戦闘車両を用意しようとしたときの、最低グレードがテクニカル。
| 車体に700円、銃座に50円、機銃は仮に5.56mm.軽機関銃を据え付ければ40円、
| 最低で790円と言うところか。
| 防御力に不安は残るが、まともな戦闘車両を用意しようとすれば四桁円かかることを思えば、
| 比較的安い、と言える値段だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3546 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:17:05.49 ID:F8JZyjwT
車両以外に期待よ
3547 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:18:24.03 ID:F8JZyjwT
お安くそろえるってコンセプト以外じゃそれこそ農家しか買わないんじゃねーかなぁ… これw
3548 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 17:26:50.40 ID:ceAtwf4T
                                        __,,,,,,─、
              _─`─\二‐_,,,──‐.くo〉,,,,,,,,,,,──´´´ ̄    ._|()|
      ,‐, 、    ._〈 ヽヽ、 `─__───// ̄  __,,,,──二二二─‐´
      >┌..ヽ_/ ̄  ヽ ヽヽ‐二_── __// |二二|_── ̄ ̄
      i_ ヽ    ̄─ヽヽ─i─/ 〈──‐//二()─´  / `ヽ 、
       \\    _i__i───‐┘フ ス ̄ ̄   /`ヽ、   `> 、    リッカ < で、もう一個の目玉の警備ロボットだけど、
       __‐ヽミ‐´| ̄ ヽ、二__| ヽ__,,く >‐ヽ‐ ̄``─ヽ_ `ヽ /ヽ`i ,‐、
       \` ‐`>i 、  |/`ヽ>‐< /   ̄`i‐フ ̄ ̄   ̄ヽく__/ / |         こっちは基本在庫残らないかなぁ……。
      ,,,,─/ヽヽ /__/ .>`/ヽヽ|三ヽ_─ ̄─ヽ、   _─| |ヽ__ヽ .|
     ()三)ヽ| |─i二()三ヽ .|  | | .| |  |ヽヽ  | |`i   / / | .|.|:::ヽ:::::ヽ        掘り出し物が出たら大抵商会に持ってくし、
      |‐ / i´i i i   ,,| ヽ// //|  | .|.|i──‐i_ / //  .| |::::::ヽ::::::\
     ∥|   i、ノノ.ノ,i、/ヽ∠ //_|二|/ |_    ̄─、_ ̄  .\:::::`:‐::::::>、    うちで完品はまず見れないと思う。
     ||/ | |く  | / .i.i  i´.`i    .|二─_〉  ヽ       |.)   ヽ二─ ´.>‐i
    〈 /| |/ヽ/ヽ  / > ミ‐´  /  .フ /`ヽ|`i‐i─,,__/_ / /``N/|/W/´
   ()三ヽ三‐,,,,  /// /.| .||二∠─‐く ̄ ̄ヽ、__| .| |__,,,,,─ヽ ̄7 ´`ヽ、二/、     けど、修理やカスタムみたいな、アフターサービスは、
   .| ‐──‐、 ̄ ̄/ / | |  \〈ヽゝゝゝ───|_/       ̄ \ヽヽ/// ,、
    `ヽ |/ヽヽ.ヽ ()三)==、   `´                    >/彡)/ `>,‐ 、 大手以上だと自負してるよ。値段も勉強しよう
      ヽ_|‐i‐´  |‐、/─く、                       ヽ() <_ |二ヽ ヽ/
           └|〈__.|==─、                       ̄   ̄`─´ ̄
              `─`‐ `‐`  ※ イメージ画像です
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                                デパート
| あくまでアナグラは工房であって、何でもそろえる 商会 ではないということか。
| もしも他所で警備ロボットを手に入れることがあれば、ここでお世話になることだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
3549 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:27:50.20 ID:F8JZyjwT
やっぱり警備ロボは鹵獲してからが本番か そらそうかw
3550 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 17:37:25.71 ID:ceAtwf4T
                                        ,ィッ,ィ.。,
                                       //i}i:::::::::::i
  _,,,,_     _                             {:::{ ヾヽノ
  .i{ミ}i三三}i"i'''ゞiヽヽー-=。,,_   >=、、、、、、,,_            .}:}ヽイイ
  乂ミ三ニシ,ノ::::::}.}.}.};;;;;;;;;;;;;;;;i i};;;;≧iiヽ\\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、 _,,,,,,,  .iシゞ}ィ彡ミi リッカ < あと、人型ロボットや
     ̄ ̄ `''彳彡ノ;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;;;;;;;;;;}.}//三二ニッヾヾヾヾ≧マ::///ゝ≦≦;;;;ノ}        自動人形向けの装備も扱ってるかな。
              ̄ ̄``ゞヽiヽ≪/三三三/三三三三/彡ミ>==<i{:::》'
                  ゝイ戈////////三三三彡イ/イノイ〉イミi::::《ミi         生身の人間には使えないけど、
                      ̄ ̄ゞシノノノノ==《::::〈:ヽ,ゝ::iミミ::::::::{ミi         そこのチンピラみたいな義体ユーザーが買ってくこともあるよ。
                        `'<二二'<三{ヽ==i:::ノ:/イ´ヾi、:::::ヾ         ……で、ベイはガトリング代貯まった?
        ※ イメージ写真です         ゝゝーミッ イi::::`iiゝイミii_}i´
                                 \,,,,,,,,ヽ/ マミミi      ベイ < こないだ酒場でまた足りなくなったよ、わりぃか。
                                    `'<三i|マミ}i
                                      .ヾ三{三ii   リッカ < ……とまあ、考え無しな散財は
                                        `.マ三i         装備更新に関わるから控えようね、シャナちゃん。
                                         マミi
                                          マミi  シャナ < 大丈夫、分かってる。
                                          .}三ii、
                                          .ニニニニ≡ ベイ < 文句あんならはっきり言えよおい!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| アフターサービスが豊富というだけあって、そのあたりの換装武器も取り揃えているらしい。
| 武器武装によっては、ヴィルヘルムのような常人離れした膂力の持ち主なら、
| ロボットでなくとも使用可能、と。
| シャナには縁遠いが、これも覚えておいて損はないか。
┗───────────────────────────────────────┛
3551 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:38:35.41 ID:F8JZyjwT
小柄なシャナには縁がなさそうだ…
ロボ系手に入れてからになるかねぇ…
3552 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 17:47:59.52 ID:ceAtwf4T
             -―――ュ
         ノ'":::::ノ ̄ ̄ ̄ ̄}=ミ ̄::::\
         {:::ー':::::::::/ ̄ ̄   \:::::::}
        ' |:::::|::: / '  :| ||  |  (``丶、
       /  L_:.|:./ | |  :|_j|_|   :| \:::::\   _  とまあ、うちで扱ってるのはこんなとこかな?
            |:::::|'  | |  :|八 /|i` :|ヽ \::::>'"::::::ヽ
       i   |:::::| /| |  :|==ミ   :| 十  i:/  ̄ ̄\ まあ、どれも5級のうちは手が出ないだろうけど、
       |   l'⌒V Lノヽ从V^ソ \人/  | ||:\,,.. -‐::: ̄ヽ
       |   |∨ハ}           以 ト< 从:::::::::::///// 一応覚えておいてよ。
       |   |∧八  ノ;;>     / } | \:::::::// ̄ 、
       |i    };,;込 /;;;;/    _ 、 ;/八  \彡ヘ    `、
.       八    ∨  \;;;;、     イ '  \     `、   `、 何かほかに気になることとかある?
    /イ   :| {    :`:.r  .,__ /∧  /'⌒ヽ      `、   `、
        |    人 、   : :|    / j '             }                 ……特にはない、かな? > シャナ
     ノ  /\:\{\  :|\_彡イノ-―‐- _  -‐ '"ヽ    }
    /  " \  \_ ヽ  /、  \    /         / オッケ、分かった。
   /      ',  `、  \ '  `、  \        ,,..   ´
  ,        ',   、       `、   `丶、  >'"
  i          ',     \      ハ     \
  |    /     } /   `  -- '       /  }
  |      ノ   V                 '
  |      /   {  、        {   }    /{
        '⌒ヽ  ;     ̄ ̄ ̄{   }  イ  i|
 ,      /    \} 、       ノ      、 八
 i     ,      、 トーー=≦/    \     、
 |     i      \     :/       :\    `、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして、ざっくりとしたアナグラの商品説明が終わる。
| まあシズオカという土地は警備ロボットの出土が多いそうだ、
| 遺跡で手に入ることもあるだろうし、ここで買えないことはさほど苦にもなるまい。
| 車両も今のところはなくても不便はない。あったらあったで、便利だろうとは思うが。
┗───────────────────────────────────────┛
3553 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 17:53:14.34 ID:ceAtwf4T
        へ'    /―=≦≧=----:〈
      //\\` /ー ´     \:._:. :}
     (>ミ/////,〉       ,|      \
    /   ヽV//  / /__/'| |   |    ',
   '     /-イ | |   '_'__V 人 |   |i十
 〈   ` 〈  | |/| | / /ィ斧㍉ \ 人从   i
.  、     、| |/ へ'∨ v ソ     ィ斧V   人 あ、そうだ。
         `、 人(r   '''     ,ゞソ/∨ '
     、     | ト 、ノ彡       r イ  |    前は買取渋るようなこと言ったけどさ、
     `、    `、 | i \   (:::::::フ  ノ'|  ,
      `、     \ム      _  イ  | /     _うちで使いそうなものなら持ってきてくれると嬉しいな。
          、   i \、    〔  人   /     (/⌒ヽ
           `、      、、  ヽ=---<      し ̄   【大口の遺跡】とかさ、見つかりそうな場所もあるし。
          ト  }  } \` / } 、  \     〔ノ ̄ |
          ∨ー  ,    =彡  `` 、 \    ヘし┐ ハ                    ……大口の遺跡? > シャナ
          i、   /i      v       \ {//ー=//〉
             ', ー  {       i    i    〈////r―{ あ、シャナちゃん知らないのか……
             ', V ∧      ,     / 、    ト =彡'
             ', V  、    /    /  ``丶、 ノ    ちょっと待ってて、地図持ってくる。
            、    \   ,   / |
             ト  ――<   , 人
             、〈 ヘ    _ /  )、
            ノ  〉 ――     /  〉ー 、
          / 〈 ノ          /  /    }\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、扱いに困るようなものでなければ、持ってきて拒否されるということもあるまい。
| どこか故買屋が見つかるまで、あるいは見つかった後も、
| 売れそうなものは持ってくることにしよう。
| 今日は思いがけず、遺跡の情報までもらえたことだし。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 遺跡情報【大口の遺跡】を入手しました。

3554 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:54:12.31 ID:F8JZyjwT
おっしゃ!! 機械入手できそうな遺跡ゲット!
3555 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 17:54:18.89 ID:ceAtwf4T
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3556 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 17:55:43.89 ID:F8JZyjwT
4級だからベイかやる夫に同行頼まないともぐれないな
まだ一度も一緒に潜ってないベイのお眼鏡に適うかな?
3557 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 18:03:21.10 ID:ceAtwf4T
    /::::/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::从::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|八|i∧:::::::| \:::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::| 四級遺跡……私じゃ潜れないな。
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::/..! リ |:::::::|   \:::::::|::::ヽ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::/从:::::::|:::::::::|/  .i! .\|:::::::|    .\::i/ .i::::∧ ::::|:::::::::::::::::::::::::|                           そうでもないよ?
    |::::/  |:::::::|:::::::::| ≦ミ云气㍉\:|    / ェャ云≧ミ ::::|:::::::::::::::::::::::::|              ベイとかやる夫とか、4級が一緒ならね > リッカ
   |ノ    |:::::::|:::::::∧ ヘ トィ::::从  i!    〃トィ:::::爪  ヽi::::::::::::::::::::::::::|
       |:::::/ヽ:::::|∧  儿し勹           ヘし勹   ∧::::::::::::::::::::::::|             そこの戦闘狂が名前覚えてるんだから、
       |::/  ヽ::| ∧     ̄           ̄   ∧::|:::::::::::::::::::::|         シャナちゃんも足手まといにはならないだろうし > リッカ
       |ノ    i! ∧        i          ∧ ::::|:::::::::::::::::::::|
              /|.: : : ヽ                ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::| ヴィルヘルムが基準って、喜んでいいのか……
          /.;..;.;|.: : : : : 丶     ′ `       ィ' ::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
        |.;.;.;.;.;.;|: : : : : : : : : : : ト  _    孑..:::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
        |.;.;.;.;.;.;|.: : : : : : : : /ノ       し\/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、そうか。
| 5級の仕事では逆に誘いにくい場面もあったが、
| 4級の仕事に連れて行ってくれと頼むこともできるのか。
| 今後、彼らと仕事を共にする時は参考にさせてもらおう。
┗───────────────────────────────────────┛
3558 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 18:11:55.77 ID:ceAtwf4T
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/ なんにしても……今日はありがとう、リッカさん。
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/   お店とか、遺跡とか、いろいろ教えてもらって。
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{                                支払いは出世払いで。
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.                  級が上がったらうちで車でも買っていってよ > リッカ
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.  うん、そうさせてもらおう。それじゃあ、また今度。
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::                      はいはい、またの来店待ってるよ > リッカ
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.  ヴィルヘルムも、また
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|                          おう、次の祭りには呼べよ > ベイ
┏────────────┓          ヴィルヘルムが喜ぶ仕事は、したくないな。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、いつまでも買い物もしないのに店内に残っていては迷惑だ。
| リッカとヴィルヘルムに挨拶をして、アナグラを後にすることにした。
┗───────────────────────────────────────┛


      ヴィルヘルムの好感度がB-に上がりました。   (見込み通りみたいだな)
      リッカの好感度がDに上がりました。         (結構いい子だな、常連になるといいけど)

3559 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:14:03.24 ID:F8JZyjwT
異性なのになんだかちっとも甘酸っぱい感じがしない好感度B-!
3560 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 18:14:10.17 ID:ceAtwf4T
                        【フリーパート】

                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、大きな仕事になりそうな情報も得られたが、まだ日は高い。
| もう一ヶ所くらい、どこかを回ってみてもいいだろう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ラスト ↓1~3 1D100を添えて、最も高い選択肢

   ×) 官営武具店 【やる夫】
     武器・防具やスカベンジ向けの備品を取り扱う店。
     装備更新に悩んでいるやる夫と会った。最終的に、UR付きの突撃銃を購入した様だ。
   2) 官営武具店・ガンレンジ 【クーデリア】
     官営武具店の内部にある射撃場。商品の試射や訓練もできる。
     買った短機関銃の調子を見に行くと、またクーデリアがいた。……突撃銃の試射をしているようだ。
   3) 酒場『逆さ十字』 【聖十郎】
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     ……今日の店内には知り合いはいないようだ。マスターに何か話を聞いてみようか。
   ×) 工房『アナグラ』 【ヴィルヘルム】
     車両・警備ロボット専門の町工房。
     ヴィルヘルムも交えて雑談しながら、アナグラの説明や、4級遺跡の情報を得られた。
   5) スカベンジャー組合 【アリス】
     我らスカベンジャーの仕事場。
     暇そうな時間を見計らって、アリスに例の突然変異種の査定に結果ついて聞いてみようか。

3561 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:16:17.53 ID:F8JZyjwT
【1D100:4】
5) スカベンジャー組合 【アリス】
3562 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:16:53.12 ID:DIGfcmAR
【1D100:46
5)スカベンジャー組合
3563 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:18:47.29 ID:mQweNomS
【1D100:33】5) スカベンジャー組合 【アリス
3564 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:20:58.73 ID:F8JZyjwT
仕事に派生するかな…? するといいな…
3565 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 18:21:27.21 ID:ceAtwf4T
むむ、このターン一番どうでもいい選択肢(ぉぃ)に行ったか……まあ予定よりイベント濃くなるよう頑張ろう。
シャナちゃん強化の選択肢もあったのに……まあよかろう。

というところで。
3566 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 18:21:47.99 ID:ceAtwf4T
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

3567 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:23:57.20 ID:W2tD464M
>突然変異種の査定に結果ついて聞いてみよう
この一文に釣られて選択しないと聞きそびれると思った人が
自分以外にもいてほしい
3568 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/15(月) 18:24:11.84 ID:ceAtwf4T
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      次回でラストコミュを行い、仕事を決めたらようやく2nd Turnはおしまいです!
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    進行の遅いスレで恐縮ですが、今後もお付き合いくださいませ。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  しかしまー、今回イベントとかフラグ仕込んだ二か所がきれいにスルーされるとは……
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  せーじはともかく、くーちゃんスルーは想定外でした。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
3569 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:24:22.46 ID:F8JZyjwT
Oh…  乙でした
3570 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:25:15.91 ID:F8JZyjwT
一緒に仕事したばっかりだからねぇ…
酒場と一瞬迷ったけど、>>3567と同じ思考で…
3571 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/15(月) 18:27:10.87 ID:DIGfcmAR
>>3567
大丈夫です。
自分もですから・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2733-b57e5f39