情報部シャナのスカベンジ日誌 3rd Turn 「ハイエナ」その10

4855 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:07:39.56 ID:IrdQ9eSw
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                3rd Turn 《ハイエナ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4856 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:08:22.03 ID:IrdQ9eSw
       /:/l   /  ....:/:::::::: /:::::::::::|:::::::i::::::::::ヽ::::::::::、::::::::::、::::::::::::::|
        ///  ..:::::/:::::::::::::l::::::::::l:::::::::::::::!:::::::l::::::::::::::',:::::::::',:::::::::::',::::::::::::|
      l:/ l :::::::/:::::::::::::::|::::::: ハ:::::::::::::::|!::::::::!::::::::::::::',:::::::::',::::::::::',:::::::::::|
      l! |:::::::::l::::::::::::::::::|:::::::| l:::::::::::::::|'、::::::: ト、:::::::::::',::::::::::',::::::::::!:::::::::|  『初めてのまともなボス戦が、』
        |! |:::::::::|::::::::::::::::ハ:::i:::ハ:::::::::::::ハヽ:::::l ヽト、:::::::!::::::::::!:::::::::|:!::i:::::|
        |:::://!:::::::::::::::|ノィ==、l:::::::::::|l::i:::\| _,,. ミ::::::!:::::::::|:::::::::|::l:!:::|  『主人公抜きで決着したスレがあるらしい』
        |::/リ |:::::::::::::::{ヾ|lソ、::::ハ:::::::::l ヽ!‐ィ='゙´::::::ト、゙ヽ:::::::!:::l : ノ:::リ:::|
        レ' i !:::::,::::::i:ハ `ミハ_;:、ノl\::|!  l |゙´'::::::i::l ノ 〉:::::::|:ノノ::::::::::l:::|   ぐぬ……事実は事実、誹謗の言葉は黙して受ける。
          |::::ハ:::|i l   ゞニノ/  `  ヾiハニソ / |:::::::::レ'::::::::::::::i:!i
          |::/ ヽ|.|::ハ :::::::::::       ::::::::::  i:::::::::::l:::::::::::::::::l:::|   ……次は、自力でどうにかする。
          レ  _, ィ'l  l    ´             l::::::::::::ト‐──-、:|
            ノ:::::| |::::::`ヽ、  ─-      ,. ィ/:::::::::::/        > 、
            ハ:::::| |::::::::::::| ` ‐- ..,,,. -ィ'´-'´/:::::::::::/     /:::::::::::::)
           l  l:::::| |::::::::::::|     l:::::::レ'´:::::/:::::::::::/    /:::::::/   !
            |  |:::::| |::::::::::::|:::::_    \::::::::::/:::::::::::/    /::::::/     |
           |  |:::::| |::::::::::::|:::○  //' ̄/:::::::::::/    /::/        |
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 戦闘狂のヴィルヘルムが、自身の義体性能をフルに引き出し、
| リミッターの外れたKBT、KWGの二体の警備ロボットを撃破することに成功する。
| 障害を排除した二人は、改めて倒れたシャナの元へ向かうのだった……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>4052 (補足:手榴弾(チャフ)は消費済み)

      同行者:クーデリア   >>3820  ヴィルヘルム >>3822

      好感度一覧        >>3823

      このターンの遺跡   >>3798 【おもち屋遺跡】

4052 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/27(土) 16:57:53.15 ID:VQe/CCRl
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 208 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを装備・保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトであるが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕、チャフ 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:42:30.95 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

  クーデリア・フォイエルバッハ 5級スカベンジャー

 最近フジノミヤにやってきた新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  45口径リボルバー拳銃 ……中折れ式の旧式リボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                    アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃 ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                 ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              

  銃器    Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲    Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。
3822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:44:02.19 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば等級不相応に高く、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃                   極めて頑強で、素手で金属板を殴った場合、相手が一方的にへこむか折れるか穴が開く。
  ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
  45口径短機関銃

  格闘術  Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器  Lv:3 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間単独では使用できない武器を使用できる。
3823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:47:06.61 ID:xlHI+v0i
 【好感度一覧】

   クーデリア..  ……B-   (また、一緒にどこかに行きたいな)
   やる夫.     ……D    (格好悪いとこ見せちまったお)
   ヴィルヘルム ……B-   (見込み通りみたいだな)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎.     ……D-   (初めての依頼、がんばれ)
   スカサハ.    ……D    (長い付き合いになりそうだ)
   リッカ.     ……D    (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ.       ……D-   (出来る人かぁ、ちょっと格好良い……)
3798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:12:31.87 ID:xlHI+v0i
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 郊外のガラクタ山 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないだろう。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  なお、比較的近場のため送迎車は出ておらず、しかし歩いて通うには確実に遠い、
  という絶妙な位置関係により、5級にも非常に不人気な場所である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 郊外警備

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【受諾条件】 マーセナリー、4級以上のスカベンジャー、または組合から推薦のある者

 【報酬】 30円

 【解説】
  現在諸事情により警邏隊の手が足りていない。
  そのため、有志にフジノミヤ郊外の警備任務を手伝ってもらいたい。
  ミュータントが出現した場合各自の判断で交戦してもらうことになるが、
  それ以外ではこちらの指示に従って、待機してもらうだけでよい。
  報酬は交戦の有無を問わず一律。余程の事態でなければ増額はしない。

 【備考】
  他チーム・警邏隊との共働有り

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4857 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:08:38.42 ID:IrdQ9eSw
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4858 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:08:59.50 ID:IrdQ9eSw
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ  ……迷惑、かけたね。
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/     ごめん。
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '     :.:.:.:.:. }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|  :.:.:.:.:.:         、      八::!
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: :|:::::::|:////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////\: : \   }: : : : |::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 二体の警備ロボットが物言わぬ鉄塊に変わってから、数十秒ほどあとのこと。
| クーデリアに体を揺すられ、目を覚ましたシャナの第一声がそれだった。
┗───────────────────────────────────────┛
4859 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:11:19.94 ID:IrdQ9eSw
                      __
                      , '       ` `丶、
                      /  /_    ヽ  ヽ \
                  / , '   丶   \_ ゝ  \
                    / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                   ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈  別に、迷惑なんて思ってないけど……
                 {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                  ,ヘ  {. __     _ l ├v'人  \  それよりシャナ、本当に体の方はいいの?
               /  )  l '⌒゙  ´ ̄ ゙ |  レ' : l.ヽ   ヽ
                  イ  .八 ヽ   '      | / : :l: :i : ヘ  }         大丈夫……民間用のスタンロッドなら、後遺症はない > シャナ
.                .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                 l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} / そっか、なら良かった。
               V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                  /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ  もう……迷惑はいくらでもかけていいけど、
               /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
               /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\  あんまり心配はかけさせないでね。
               ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
           /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉                            うん……ごめん > シャナ
          /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
          ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
         |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
         |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.          \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
            〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
            .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 対して、目覚めたシャナを最初に迎えたクーデリアの言がこれだ。
| 戦闘が終わってからシャナが気を失っている間、延々とその体を揺すり続け、
| 目覚めを待っていたとはおくびにも出さない。
| 相変わらずのお人好しだが、だからこそシャナも控え目な言葉しか返せない。
┗───────────────────────────────────────┛
4860 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:14:20.17 ID:IrdQ9eSw
                  / //   /    ヘ ヘ \
                 /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
    .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
               / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
          .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
             / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l  よおシャナ、目ぇ覚めたか。
            │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
             // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ   まあ、あんだけ朝眠そうにしてりゃ、
            /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
            / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l     ああもなるわなぁ。
           ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
             l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /                           ヴィルヘルム…… > シャナ
             l / ///   ヘ ∨/      > ト
               ///.\    \     ∧ヘ l   おうシャナ、中々楽しい戦場だったぜ。
             //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
           /////./////\      /∨ //ヘヘ////> 当たりの遺跡じゃねぇか、褒めてやる。
          /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
      /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ/////// 次はお前自身が楽しませてくれや。
     ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
    //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
  ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
 〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
  l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
 ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてもう一人。遺跡の壁によりかかったヴィルヘルムも、起き上がったシャナに声をかける。
| 徹頭徹尾、この男が気にするのは戦闘が楽しいか否か。
| シャナの戦いをこそ堪能できなかったが、リミッターの壊れた警備ロボットの相手は、
| 彼からすれば満足のいくものだったようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4861 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:17:39.83 ID:IrdQ9eSw
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨', 優しい仲間に感謝すべきか、
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ  叱責さえ受けないことを憂慮すべきか……
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィ        |:::::/  リ   |/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:{          }::/        ,|::/:::|:!:::リ /                          シャナ? > クー
   |::::::::::{ |::/::::::.  、__,.  /'   、_,  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /   何でもない。
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     (⌒V     イ|::::::|:::|    ただ、自分の不甲斐なさを悔いていただけだから。
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| お人好しと戦闘狂。二人の仲間に救われたシャナは、小さく嘆息する。
| 遺跡の探索能力ならばまだしも、今回は戦闘で明確に足を引っ張ってしまった。
| 立ち回りなり、己の技量なり……見直すべきことは多そうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4862 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:20:23.31 ID:IrdQ9eSw
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ} ともあれ、私が寝てるうちに、
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  警備ロボットは始末したみたいだけど……
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'    この部屋の探索は、もう済んだ?
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                                      あ…… >>
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.      ……なんとなく、そんな気はした。
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 何にしろ、この【おもち屋遺跡】全ての部屋は一通り見て回り、
| 脅威と呼べるものは排除し終わった。
| あとは金目の物をさらっていくわけだが……実入りも期待できただろうこの閉じられた最奥、
| 肝心の戦利品収拾については二人とも頭から抜けていたようである。いやはや……
┗───────────────────────────────────────┛
4863 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:23:02.85 ID:hCkNJ6bT
警備ロボの剥ぎ取りは… 
4864 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:25:45.65 ID:rPDGTYpz
そいえば警備ロボ強かったけどかなり状態悪いし安そうだな…
4865 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:26:23.85 ID:IrdQ9eSw
::::::\\Λ::::::::::\\:::::/ /::::::::::::〉V/ ::::: | |:::::::::ヽV/:::..:.≧、 | | '、 .,'/ `''≪≧x|!  :...!;,,i!  l!:..|
::::::::::::>、\>::::::::::::\ V └、__/  廴_:| |__{只}:____i_.|_|\V厶__≧x≧x  |;..    l, |
::::::∠ 一 .`'二二二... -―――:::::::::::::::TT:::::: ̄ ̄厂 ̄/}厂]「≧ ̄二孑丁厂「 ̄ i|  ;:.:.:.    |
∠:: -―:::::::::勹::::イ〈/::::::::::::::::::::::::::::::::::| |:::::::::::::::Λ:.V /x  ヾx//イ''≪≧x__|  :;l!    :....i! .|
イ:::::::::::::::::::::/∠ /::.:.:::::::::__/ 廴_| |====≠=≒≠=≧≦〔___{{≧xリ       .1;:.. :.:.:|_ (寝ているうちに済ませれば、)
x:::::::::::::::::∠__/:::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::: |::::::::〃:..........》:....:::≧x ̄ ̄≧x ̄ ./     ィ .| ;,;,.....,| ̄ (ねこばばでも何でも出来たろうに……) > シャナ
i:l:≧x:::/≦xイ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...::::::::::::.::.--=====≠=====≠≧x==// `/    :... |l | :,,;,:'':l|
:il:|! li:≧x  `ト、:.:.....:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:.::::.:.::======≠======≠====≧x /   .,:./|i, : |l |.  ;,;,!.:|_   とはいっても、この惨状じゃ一苦労か > シャナ
il:!  l!  ;::.!  .;|!;| ̄ ̄  :....:.::.:.:::..:......:::.:.:.------ー------ー--------≧   / ,|l  |l | ;: .:.:,!| ̄
l廴_|i:l:.ll i´`ヽ :!l;| l!  ..:.:.::::::::::::::...:;,          ;,...:;,...   :.,...;,:.;,;,|   _|i:..,|l  |l |:.:....:. .|
i:l:. :;! ;.|:::.:.:.i :.:.廴;!l i⌒! :. |::;...   .F T        ,__     ,,;:,;.:| _  ,;|l:...|l;,_ |l | :...| .|
:;l ;;.|l .;|;::...:.| il:.| ̄i .|::::l  .|:...   .|==:| .__f二二メ_.|| ̄ ||;.   ,,,;,;|   .i |l;,.,|l _;,|l | .:.:;|l. |
:l: ;..|l ;:|::.:::.:| ;: l |.| l : |      |  l| || ̄「 ̄ ̄「 ̄||   ||;,;;,,,  ;:, |:.. il:.|l;:.,|l _|l |   ,,:|
:i!__:,_|:::.:.:.|_ ,;_|  |_|__|_.|___|  l| || |:::...:.:.|_.||__||;,_;_;'__| ,;::::.|l:;..|l  |l |  .... .|
:厂「 ...;:;.i: ̄:.| ̄ |:.:::| ィ^L.イ::「  . : :  ̄ ̄|| ̄.!:::.}三{_,;._:.;,__;,;,..:.;,|:...li;l!||l,,,,|l: . |l_..| ,;;...,;.リ
l,、jL,,、-┴―'―=ィキ―=  ̄'"ィキ^~^''" ̄:.... ̄ ̄:.:.;,:.:...:x.;,,、;:..:.,;;x≪≫''"Vハ:.,!|l:;..|l.   ̄≧x /
ィ㍗㌦ィf{:...ィ廴ィ =--"^~~~⌒   ィ:.^"    ,;;,;.    _,,x≪≫''" , ;,;^;:,l:;.:.|;:.:|l..;:|l |!:.  || !厂 ̄
ィ:..."^~ ̄}!  斗;,ィ,,,;抖{厶ィ   }廴j!:....   ;,;,..._ -≪≫''":...   --:./:.:./:;./>ll:....;,...  l  i! :.
}レ{从{ィ;,㏍{ィ  `~~^ }__,,... -一ー--≠=''"^'アく:.:....:.:...、`''<__   /:.:.///ィ'アイ  i:.l.:.:| /^〉
:...;,..:.;;,..;:,;:,.:,r――  ≦{.._,ィ{ミx=^:....................,く\. \;,;,..:.:.:..、__廴レ:.:.:/く/>''">;:...:.:.  ,,:/ /
――-―=z二_―-- ..二];,=--     ィ:.:\>  `'≪:.:;,;,:.:.:.:;,,:.:.:.:.:.イ:;.. 孑'Ti ≧x`''<  ./ /
二⌒ー――~ー--{.:..,,:.  ;:,ィ{  < ̄ ̄`ー----≪ア`¨¨T¨¨¨¨´   r―廴Ll  ___≧x `''<
== z  _`ー---'⌒''―z≦孑_ `''<≧===----く''<::.:.マ..二二7└──一  アミィ≧x `''
    .:   ̄   ― ===--  zzz 二二ニ=-ミx:..::::::::≧x`''<    >≪ミx    ィ ≫''" `''≪
:...:......:.::...     ;,:.....   ;  :         ̄ ̄}}  /⌒〉::..:≧x `''<   ,)) ィ≪抖くイ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 屍肉喰らいにしては随分甘い二人と一緒に、荒れた室内をざっと見回してみる。
| 元々瓦礫は多かったようだが、KWGの立体機動による大立ち回りのせいか、
| 机は倒れ、棚であったものは砕け、転がっていた瓦礫はひっくり返り……
| それはもうひどい惨状だ。ここから使えそうなものを探し出すのは骨だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4866 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:27:05.36 ID:hCkNJ6bT
隠し扉とかは・・・ないよな
4867 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:30:58.00 ID:rPDGTYpz
ほんと仲間選びって大事だな…
4868 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:34:18.04 ID:IrdQ9eSw
                      __
                      , '       ` `丶、
                      /  /_    ヽ  ヽ \
                  / , '   丶   \_ ゝ  \
                    / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                   ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈            そうだクーデリア。確か工具持ってたけど、
                 {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´                  あの警備ロボットって解体できる? > シャナ
                  ,ヘ  {         l ├v'人  \
               /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ あーいや、あれはちょっと……
                  イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
.                .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ | あそこまでぼろぼろだと、下手に手を出すのは怖いわ。
                 l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
               V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   今日はもう帰るなら、
                  /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
               /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉  まるごと持ち帰って工房とかに売った方が……
               /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
               ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\         なら、あのガラクタどもは俺が持ってやるよ > ベイ
           /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
          /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\                    助かる、ヴィルヘルム > シャナ
          ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
         |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
         |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.          \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
            〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
            .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それと、その惨状の元凶となった二体の警備ロボットは……
| 頭に風穴を開けて寝ているが、あのままでは動かせそうにない。
| パーツ取りはできないかとクーデリアに聞いてみるも、彼女には少々荷が重い様だ。
|        ヴィルヘルム
| 幸いにして 人間重機 がここにはいる。彼に運搬してもらい、
| 『アナグラ』にでもまるごと売り払おう。専門技師なら、パーツ取り程度の需要はあるはずだ。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット『KWG』(大破) ×1
| 警備ロボット『KBT』(中破). ×1
┗───────────────────────────────────────┛
4869 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:35:34.46 ID:hCkNJ6bT
KBTは中波で済んだのか
4870 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:42:00.57 ID:IrdQ9eSw
                    .... _
                ´ ̄ , 、ヽ ` .、
                 , ´.,.',、 .ソi! .ヽ ヽ  \
              / / 从Ⅵii| i    '.,  '., ヽ
               ,' / i レ´ ̄`| .li .ト、  .'.,  '., i
             .,' i! ilj     レ' l.il__リ i .i  i i  んじゃ、こいつらは一旦入り口まで移しとくぞ。
           ,' /l  |≧=.、   ィリェェァ.) l   .!
         .,'. /l l i f<>'`)=ゝl!-一'll.l l    .!                            うん、任せる > シャナ
         / ./ l:l从j`  ̄  ,...、   .j!.リ !、 .! .i
        ./ ./l l! l:::::::',   ,. -== 、  l / :i ! .ヽ
       // .l ll.!:::::::::ヽ └─-一’  ,.j/:l .l l ト}
      /   ヽヾ:∧:::::::>.、  ̄  / {;;;:j/l l /
           )ノi} ヾ/,ィ ≧ - ≦  ソ} } ./
     _ _     _,. イ/{  .\   r= ''´  l-.K、
   _/ミ, ヽ-〈 ̄ : {/////l  .l! l  / l!   //////>.、
  //77ヽノ/∧: : : V///∧  .l、`V  l   ///////.//>.._
  l/////////∧: : : V///∧ヽi≧==≦l/.//////.///////>.._
  l//////////∧: : : V V/∧ ヾ三/ ////ヽ/.///////////≧:.,
 .j///////////∧: : ヽ V/∧ |三|///// /.///////////////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、床の上の警備ロボットはヴィルヘルムに任せるとして……
| 改めて、荒れた室内を見回してみる。
| パッと見て原型の分かる大型の物資は、中身が空で罅割れた棚や、
| 折り畳み可能な机や椅子……元は事務所か何かだったのだろうか、
| さほどものは多くはなさそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4871 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:47:10.25 ID:IrdQ9eSw
.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{  さて、それじゃあ……
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ 帰る前にもう一仕事、していこうか。
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::.               おっけ、手分けして見て回るわよ > クー
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::}
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::|
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんにせよ、折角閉じられた部屋に入り込めたのだ。
| 何かしら旧文明の利器が残ってはいないか……探すだけ探してみるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索判定 1D100+観察眼(15) 目標値:60

   ↓1~3 部屋の探索について自由記述
   ↓3    ダイス採用

4872 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:48:58.58 ID:hw5YY39G
暗がりや物影、家具の隙間などの見落としが多そうな場所を覗く
【1D100:4】
4873 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:51:05.02 ID:hCkNJ6bT
あるとしたらオフィス用品・・・?
でもおもちゃ屋なら試供品(試作品?)みたいなものとかあるかも?


【1D100:63】
物陰や床、天井 壁などをよく調べてみよう違和感を感じるところになにかあるかも
特に入り口や窓から遠く廊下や外部に面していない壁などに隠しスペースがあるかも
床下収納なども可能性がある

引出等に入れっぱなしのものがあるかもしれない 調べてみよう

以外に箱(ダンボール)などに保存用ナノマシンを保持しているものがあるかもしれない ゴミだと思って放置しないように
4874 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:51:36.66 ID:yRoOylJq
【1D100:64
見落としにご用心
4875 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:52:52.40 ID:hw5YY39G
よかった、ダイス目4とかほかにいなかったらどうしようかとw
4876 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:53:00.87 ID:IrdQ9eSw
よかった……>>4872見てダイス神まだ愉悦中かと思ったけど……本当によかった。
ではでは少々お待ちくださいませー
4877 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 21:53:53.93 ID:hCkNJ6bT
今日のダイスさまの機嫌は良いようだw
4878 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 21:58:03.19 ID:IrdQ9eSw
  ダイス【64】+安価【15】+特技【15】 > 60 成功!

                       _ ,. - ==──- 、
                , '   _  ` ヽ   ヽ
                / >'´ ̄   `ー 、  \  \
                / ., '/ ,' 〈.       ヽ.  ヽ  \   ,.r
            / / l {/{fヽ- 、 ___  ヘ  ヘ  {`ヽ、__/ (
               / / .| /` ヾ   ──-ヽ、_ヽ  l ヽ> {}≦ゝ  まあ探してみるって言っても……
            {  l  |i /        _ _  }  {  }/} ヽ`ヽ、
             .l  l   r'       ,ベ泛リ≧!  レ=; リ l  ',   ヘ  瓦礫以外に落ちてるものなんて全然……
              |. l  .| .,ィ=≦f     ヽニ'  .|  .}|jノ/ ヽ  ヽ  .}
              `..!  l/ 弋ソ  ,       |  リ´/:{   丶、_二=`ー 、 まあ、そういうのの影にこそ、
                ヾ{  ヽ            リ .jノ:.l:.ヽ         ヽ丶 \
               .)ヽ  \    r-、   .イ  /:{:.:.ヽ:.ヘ       ',. ヘ  )  何か落ちてたりするんだけど。
              ノルリヘ   .ト 、    ̄ .//  /f:.ヽ.:.:.ヽ:.\_     { リ /
        ,. -≦二 彡/  〉  !.:〉.:}≧‐-< .! ./圭ヽ:〉ニ==、ヽ:.:`ー‐--、ゞ;/
      / , -´ノ/ リ / 〉 .}:/:/.f≦}     { .l:≧ニリi:i:i:i:i:i:i:\ヽ:.:.:`ー‐∨
     .{ /, -_'- 、彡'{ ( / .ノ=ニ≦ヾ   .ノ| .l=ニソ≧、i:i:i:i:i:i:iヽ:.\:.:.:.:.:ノ
      )ヽノr≦三7 ,-ト |{ 〈 ::::::::ヾlヽ,≧彡=ヘ ヽ:::::::::::::::\i:i:i:i:i:i\:.ゝ.:/
      ./ //ヽ/.ノノ ノ ヽヽ::::::::::| f圭リ  {::冫 〉::::::::::::::::::〉i:i:i:i:i:i:iヾ.:.:{
.    / /_ノ   .//i:( 〈:::::::::} l::::::::::ト、`゙´  ,|:::{ /::::::::::::::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:ノ
    ル'    ノ/ /i:i:iノリヽ::::ヽヽ::::::リ. .  ̄ ̄/:::/冫::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:冫
        {ノ .,{i:i:i:i:i:i:i:i:i':;::::〉}::::/ . . . . . . |:::::リ:::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i;}≦リ/
.            リi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:':ル'::::|. . . . . . . .|:::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ _ノ
           .{≧ニ=i:i:i:i:i/ヽ:::!. . . . . . ./::::::::::/─ '´ ̄ ̄ ̄   {
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして、シャナとクーデリアは二手に分かれて遺跡の物色を開始する。
| 部屋の隅、棚の影、あるいはがれきの下。
| ざっと見て何もない以上、何かあるとすれば、そういう見落としがちな場所。
| 手にしたライトの光を頼りに、二人は淡々と遺跡をひっくり返していく。
┗───────────────────────────────────────┛
4879 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:03:51.38 ID:IrdQ9eSw
       _
     □φ□―-、
     | |∥| |\/ ̄|        __,,,-‐===、                    あら、これは…… > クー
    | ̄ ̄|\ |/ ̄|   ドォォオオゼ◎辷_j
  ,--,"-,  |  ○_ ̄__|_|二二二二二|_|二二二二二|          何かあった、クーデリア? > シャナ
  '--'-'◎-‐‐‐ooo―oo ◎◎ ◎◎  ◎◎ ◎◎
┏────────────┓                  あ、うん……警備ロボットの人形 > クー
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして瓦礫をいくつもひっくり返していると、クーデリアは掘り出し物の発掘に成功する。
| T.トミー社製警備ロボット……のミニチュア人形だ。
| なんとか故買屋と伝手を得られれば、そこそこの値て売れないだろうか?
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ゾイドのミニチュア人形 ×2
┗───────────────────────────────────────┛
4880 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:05:46.90 ID:hCkNJ6bT
おほ! 某所の少女スカベが喜びそうな
4881 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:09:17.28 ID:IrdQ9eSw
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}               シャナ、そっちはどう? > クー
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/  机周りは外れかな。
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /   ごちゃごちゃだし、瓦礫に潰されてるしで……あ。
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
:::::::::::::::::::::::::::/|//////////// }///|:::|\:Ⅵ/\|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方、同じ室内を探索するシャナは、今のところ成果ゼロ。
| 今は倒れた机の周囲を漁っているが、元々卓上にあったであろう物は、
| 軒並み原型をとどめておらず、辺りの瓦礫と同化している。……けれど。
┗───────────────────────────────────────┛
4882 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:15:34.69 ID:IrdQ9eSw
   < ̄ 7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l
     \ i                      ├─ - 、
       |                        |    ∧
       |。. _                     _ .。 | ̄ ∨∧
       |    ̄  二ニ=─=ニ二   ̄   |   ∨∧  シャナ < 動くかはわからないけど……成果物発見。
       |                        |    ∨∧
       |                        |    ∨∧
       |                        |     l  l                     え、それ旧文明の機械じゃない! > クー
       |                        |     l  l
       |                        |     l  l  シャナ < まあ、そこまで希少ではないし……
       |                        |     l  l         電源がないから、最悪部品取り用だよ。
       |                        |     l  l
       |                        |____.∧∨
       |                        |    >'’
       |                        |  ̄ ̄
       |                        |
       |                        |
       |                        |
       |。. _                     _ .。 |
       |    ̄  二ニ=─=ニ二   ̄   |
       `'<. _                _ .>'’
              凵 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄凵
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 倒れた机を起こしてみれば、その下敷きになっていた利器を見つける。
| 中に入れた液体の温度を自在に上げ下げする魔法瓶……
| 旧文明では当たり前だった、電気ポットの子孫である。
| 生憎電力が残っておらず、未だに動くのかは不明だが……収穫には違いあるまい。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 魔法瓶 ×1
┗───────────────────────────────────────┛
4883 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:19:14.34 ID:rPDGTYpz
おお、月みたいないい値で買ってくれるのが見つかればいいなぁ
4884 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:24:51.40 ID:hCkNJ6bT
電気ポッドが・・・ 日用品だが・・・ どうかな?
4885 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:25:20.07 ID:IrdQ9eSw
   |  /  / /   /| |     l | ヽ
   |  /  / /   /::| ハ  | |   ヽ
   | /  l /   ハo\;;;リ  | 丶   |
   |/|   //   ト;;;ヽ ゝ;;ノヽ|;;ヽ V   |
   | | |  |  |  | ヽ=彡V;;;;/ | l  |  おうお前ら、そろそろいいか?
   | | |  |  | l |      V | |ノリ
   |ヽ| | |   |__|リ    _ , 〉 | ||    そろそろ送迎車呼ばねぇと、質入れる時間が無くなるぞ。
   | | |  |  |\"=‐- 、 / | / |
   | | |  |  |  `ー´/ | /                           え、もうそんな時間!?
   |\ヽ| 丶  |   ./ /   /                         行くわよシャナ、成果は十分! > クー
   |ミミ\| ヽ  |   / | | |
   |ミミミ\', ヽ |ミ´ |ノ| /り                   わかったけど、送迎車までは時間あるよ。
   |ミミミミミミ\|ミミ| ノ|/                                落ち着いて、クーデリア > シャナ
   |, -'', ―――-、ミミ、
   |/`~^"::-三三三、\,,_
   |三三三三三三三三三=>、
   |三三三三三三三三三/|ミ\
   |三三三三三三三三/三|ミミ|
   |三三三三三三三/三三|ミミ|
   |三三三三三三/三三三|ミミ|
   |三三三三三/三三三三/ミミ|
   |三三三三/三/三三三/ミミ|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうやって、二人ともなんとかそれらしい成果を見つけたところで、
| ヴィルヘルムから催促の声がかかる。
| 戦闘狂が敵を待ち構えている……のではない。その闘争への飢えは先ほど満たされた。
| 今かけられた声は、送迎車を呼んで、それが来て……
| そこから実際に街に帰るまで、その時間を憂慮してのものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4886 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:34:27.94 ID:IrdQ9eSw
                __
               i´ ̄ ̄`ヽ、
            \
            ,.....:::‐'ー―-―‐-..、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /::::::::::::::::::::::::::::::::: 、::::::::::::::::::::::::::::::..
         ':::.... / /   !:::::::::} !  \ .、..::ヽヽ  やれやれ……
       |:::::::::/::::::|::::::/::!::::::: |Ⅵ::ヽ :: ヽ::',::::',マ}
       |::::::/::::::/i:__/}/|:::::::::| リヽ_ト、:::::|::::',:'.リ  (……これが、四級遺跡)
       |:::::|:::::/´i::/_`' |:::::: リ/ ´リ_`、::ト,:: |:: |
       |:::::i:::/,.ィ笊芯`| :: / ィ笊芯,Ⅵ:Ⅵ!マ|   (複数人で潜る前提の、スカベンジャーの第二歩か)
       |:::::{/ム 弋zソ }::/  弋zソ /::|リ リ
       |::::/::::ム     / ,       :'::::|      (……今回はどうにかなった)
       |::::::::|:::人        u  人:::j!
       |::::::::|:::::{:::>  r‐っ   <::!:::::{:l      (けど、コンスタントに潜るには、もっと自分を見直さないと)
       |:::::::::',::::,::::::: | ` ´ |::::::::::::|::::/::
       |:::::::::ム:::::{イ: {     }:`ヽ:::j:/:::::l
       /:::://ヽ::|: : :∨  ̄ ∨ : : `///ヽ:!
        {:://////Ⅵ: : : ∨ ¨∨ : : : :////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルヘルムに声をかけられたクーデリアが立ち上がり、
| そんな彼女を先導するように、二体の警備ロボットを両手に提げたヴィルヘルムが先を歩き、
| 彼らの背をゆっくりと追いながら、シャナは一言、声を漏らす。
| ただその一言の裏は、未来への複雑な感情のこもったものではあるが。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ シャナが技能『指揮Lv:1』を修得しました(反映は次ターンからになります)

4887 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:34:51.49 ID:IrdQ9eSw
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

4888 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:35:27.90 ID:rPDGTYpz
乙ー
4889 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:35:35.00 ID:hw5YY39G
乙ー
4890 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:37:05.20 ID:IrdQ9eSw
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       取り敢えず遺跡パートが終了したところで、
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      本日のスカベンジャーはここまでです。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    ちょっと短いですが、スレ主お疲れモードなのでご容赦を……
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  本当は組合への報告とか、
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  アナグラや故買屋での換金もやりたかったんですが……
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li だいたい日中自転車往復3時間×2とかいうあほなことやったせい。
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
4891 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:37:47.65 ID:hw5YY39G
6時間コースか……
尻が痛くなりますなw
4892 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:40:18.28 ID:IrdQ9eSw
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′  
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  今回は初めての技能追加、はじめてのボス戦と色々ありました……
         | V        ̄` /    |    ト
         | 人          7   |     〉 あ、ちなみに【指揮】の修得条件は
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 『シャナ以外に二名以上の仲間を連れて、遺跡or依頼をクリアする』でした。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    シャナが戦闘不能になったので付与すべきか悩みましたが……
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /     まあパーティー結成とかでもまとめ役頑張ってたので、無事修得です。
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、   多分この技能の成長は、今後も『複数人での遺跡or依頼クリア』とかになるかと。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
4893 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:42:30.56 ID:HxS+JsNM

さてさていくらの儲けになったやら
4894 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:42:49.78 ID:rPDGTYpz
連携戦闘に補正がかかるみたいな効果?
4895 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 22:46:26.58 ID:oXHdZHse
乙乙
4896 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:47:00.17 ID:IrdQ9eSw
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |    そうそう、次回の投下日時についてですが……
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  すみませんが、今週土日はスレ主予定がありまして……
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:   投下潰しの元凶として悪名高い甥っ子のもとへ、
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 スレ主の方から運動会に襲撃をかけることになったのです!
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/  (なおその結果やっぱり投下はできない模様)
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \  そういうわけなので、また予定は未定ということで……
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉 例の如く、前日には本スレと雑談スレで投下日時を連絡します。
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   /
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \
4897 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/29(木) 22:50:02.69 ID:IrdQ9eSw
>連携戦闘に補正かかるような感じ?

                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ 指揮の効果は大体そんな感じになるかとー。
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  複数人での戦闘時、シャナ以外を含む判定値にプラス補正?
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    いや、シャナ単独の判定でも乗せたほうがいいかな……
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    その辺はちょっと考えてみますが、大体集団専用技能になります。
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  あと、レベルが上がれば戦闘以外でも、複数人での行動で補正が付くこともあるかな……?
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ 
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八
4898 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/29(木) 23:05:44.06 ID:HxS+JsNM
どこぞの白ネコが最後の決戦前にようやく取れた技能をこんな序盤で…。
これが格差、才能の差!?
4899 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/30(金) 02:39:36.96 ID:LkNL6FC4
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2819-dab7761a