情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その17

7124 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:09:54.37 ID:89IQV4p1
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
7125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:10:30.01 ID:89IQV4p1
                   r‐‐v‐v‐vヽ
              ,z=┴‐┴〈__ノ{ ∨
        ,  -‐/{ミニ彡´  }__|¨`ヽ∨
       /   { ` ̄  /  \ノ. ∨
.      /  -‐   〉-ッ-‐= ´  .!  ヽ  }
.   ,-‐/       / /.! !  /|  |/|  .}  |    緊急避難的に、銃で敵を殴るのは、うん、わかるよ?
   //.{  \ / / | | ./! |‐- 、|/}/   !_
  ,/ ! ,    / /  .! ! { ! ,ィf¨ ' {/     }   でもなんでこのガトリング、あちこち滅多打ちにしたみたいに
  | │ ∨ \.{  {- 、,| | | | ヾノノ ヽ ,_   ∧
  | │  ヽ │ !  | | | |   ,     {   ∧  べっこべっこのボッコボコなのかなぁ……
  | │   |\! .|\, |リ | | 彡'     ,'     ,ィ
  | │ヽ  !.  ヽ.!ミヾl .! |.      i ニニニ彡'∧ ……どうせベイの事だから、容赦なく棍棒代わりにでもしたんだろうけど。
  // / | }ヽ},   }   ヘ│| _,. -‐ '       ィ∧
. /' |∧/ノ/      /    ヽゝ/  _  /ニニニニ彡'/  ……あー、銃身だけじゃなくて、中の部品まで歪んだり割れたりしてる。
.    '     ∠-- 、   !"´  ヽ` ー┬‐ '´ ∨
.         /ミニニニニ\  !ヘ.   ゝ .,」      ∨  こりゃ全部まとめて鋳溶かした方が早いな。
        /   `ヾニニ∧  ヾ',     ヘ    ∨
          {     ∨ニ∧\ヾ',       ゝ    }
          {     .{∨ニ∧ ` - 、_           }
        ∧.     i ∨ニ∧     \` ‐- , __ ノ
.         ∧     ',彡三 }   -‐―ヽ
          ∧.     ∨==/        }
            |ヘ    ∨={      ,
            | ∧.     ∨{、       ,
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今日からは仕事ではなく、単に食事や情報収集の場として『逆さ十字』を訪れたシャナ。
| そこには宇宙ゴキブリの討伐依頼から帰ってきたヴィルヘルムがいて、
| お互いの直近の仕事について軽い雑談を交わす。
| その後、店主の聖十郎から遺跡の情報を教わったりしつつ、
| 食事をとってから酒場を後に知るのだった……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>6999

      好感度一覧        >>5587(クーデリア:A- 聖十郎:D+ ダリアン:E 愛歌:E+)

6999 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/19(日) 01:37:51.49 ID:+UdzzJUb
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 1016 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
               銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
               耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……【サイズ:S】 戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個) 【爆発物】

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト...……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:5 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:1 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
                Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。


 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
7126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:13:50.94 ID:89IQV4p1
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7127 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:14:01.92 ID:89IQV4p1
               / ̄ ̄\
              /      \
            . |            |
            . |.         │
              |         |
            .  |         |
            .  ヽ       /
               ヽ      /
            ___ン    ∠___
            /´               `ヽ
        │   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   │           ___
        │  │  / ̄ ̄ ̄`ヽ  .│   │          《 ̄》》
        │  │ │ ∠ ̄ヽ │ │   │         _》 《_
        │  │ │ │ ○ │.│ │   │        《 《    》 》.     四
        │  │ │ ゞ_,,ノ │ │   │         》 》  《 《     (仮)
        │  │  ゞ___,,ノ   │   │        《_《    》_》      八
        │   ゞ_______,ノ   .│   
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 官営武具店に併設されたガンレンジ。
| 今日はまだスカサハ達から予約のライフルが届いたと連絡は受けていないが……
| まあその前にも、折角先日勘を取り戻したのだ。
| これ以上鈍らせないよう、店のライフルで慣らしでもやろうかと立ち寄ったところ……
┗───────────────────────────────────────┛
7128 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:18:07.32 ID:89IQV4p1
      _zzzz
      ./ニニニ- 、
     |ニニニニニニ- 、        _r _◎
     l\ニ 7ニニニ >==== 、    「! ┐r┘
     |\\j|ニ|℡、/ニニニ №   l」(O、>        ふむ、命中は3割弱ってとこかお。
     |ニ:\\ | | | |lニニニニニ|   _  あ   _r _◎
      \ニ:\\..| |lニニニニニ|   .| !_    「! ┐r┘                        (乾いた銃声……先客か)
.         \ニ:\\jニニ.<三} ニ!.   レヘヽ_ .l」(O、>                         (この音なら9mm.口径かな) > シャナ
         |ニ{子ニ !ニ |!三!{ ニl     .  ̄    _  あ
      r ‐   、ニ :|ニニー==' ニ}         .| !_
     _ノ     `ヽ jニニニニニソー 、       レヘヽ_
      |        `ー… …イ    ∨         ̄
     `ヽ_j                   |
       ' ,                  、
        ' ,                 ':.、
           |' ,                 ∨
           |ニ:',           >-      ∨
           |ニ:',       /            ∨
.         代ニ ',     /             \
           `¨¨\     |               ∨
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 中に足を踏み入れた途端、耳に届く乾いた銃声。どうやら先客がいた様だ。
| 銃声から察するに口径は9mm.数は1。
| 連射間隔や間隙をみるに、ロングマガジンを装填した拳銃だろうか。
| 別段珍しい品でもない。すぐそこの官営武具店に、10円持っていけば買えるようなものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
7129 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 21:20:35.86 ID:VHDkGenP
ひゃっはー! やる夫さんが9ミリ…?
7130 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 21:21:05.98 ID:VHDkGenP
ってチンクか
7131 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:22:36.50 ID:89IQV4p1
前作の装備(34)を見てくるんだ! 拳銃の口径をな!
まあチンクなんですがね
7132 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:22:46.76 ID:89IQV4p1
                 ̄ ̄ ̄
           ./              \
            /  /        / ハ     \
         /  '  ./   ./ / Ⅵ  ハ
         i  .!  」_ ||  .,!/   | ! .! !   .!    うーん、やっぱり銃は難しいです……
         |  |  |7iハト/.||  /|ハ |_L  .|
         |  |  |zi!z|ト、i!/  j'七f T   |     どうにもしっくりきません。
         |  |  |{三三.}   7うiY},|  /:\
         |  |  |入三フ   .〈zン //  /:_:_:_:\                  この距離で片手撃ちやって3割なら、まあ実用範囲内だお >
         |  |  ト、           〃  /´ ̄`: : :ヽ
         | .从 八 iト...   ‘’  _イ_|   |: : : : : : : :ノ そうですか?
         |/ |. \ \zz.≧f´ヽ\ !   !: : : : : /
         /  |_」´:\ \L! |: : : \| .人: : :/    でも先生のスコアに比べると……
        ./   ,f廴__ i\ \ハ: :.≦入.  \
       / /: :`¨¨アヘー\ Yi: : : :7/\   \
      ./  i: : : : :<<: : ∧   ハ | !: : //: /ハ\   ヽ
      /   {: : : : : ヽ\:.∧   }! |: //: // .{  \  i
     ./   ハ: : : : : : :ヽ\∧ j! レ./: :/∧.八   ヽ|
    /   /: :: : : : : : : : :ヽ\i  レ: ://: :ノ{  \   }|
   ./   ∧: : : : : : : : : : : : Y|  [iレ/: イ ト、  \_j!
   /    .廴\: : : : : : : : : : :.||  [|/: : :|  ! \   \
  ./      iヽ\_.⊥____」|   ||: : : 〉.∧  \  ヽ
 /       .|: :\_. ィ⌒ー―i|YrヘY||:./ト、  \  \  ',
./        |: : : : : :|ー=: : : :||^`´^.||: : ノ: i   \  ヽ i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ見知らぬ誰かの銃を推測してても仕方ない。
| 奥のレンタルスペースからライフルを借りるかと足を進めると、一人分ではない話声がした。
| どうも、あまり中になれていない初心者を、誰かが指導しているらしい。
| ……うん? 先生と呼ばれた方は、声と口調に覚えがある……
┗───────────────────────────────────────┛
7133 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 21:26:46.39 ID:uVh/qbdl
>>7131
あら… そういえば短機関銃と合わせていたっけか

ロリっ子ktkr
7134 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:29:10.93 ID:89IQV4p1
            _____
          /          \
         /             \     そりゃあおめえ、チンクとは一応年季が違うからおね。
       /   ─--    --─  \
     /   /____ `ヽ   、,,.-='、'、  \  というか、ただでさえ等級追いつかれてんのに、
   /     .l i;;;:::;;;i |′  l i;;;:::;;;i |    \
   |      ゛゙''''''´"ノ   ヽ`'''''"'"     | この上射撃やらなにやら、細かい技能まで抜かれちゃかなわんお。
   |   __ (     !     )       |
 /\r':| r' ̄二ユー ─'^ー 一'      /::\__                            追いついた……って気はしてないんですがね…… >
 : : : : | .| | /  ) `)         __,./:: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ  ……っと、お?
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふと気になって間仕切りの影から覗いてみれば、ああ予想通り。
| そこには教え子と思しき少女と一緒にいるやる夫の姿があった。
| 今日もライフルは持ち込んでいるようだが、手に構えているのは拳銃や短機関銃といった、
| 小型の銃器の方。後輩に合わせて指導中というわけか。
┗───────────────────────────────────────┛
7135 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:36:39.05 ID:89IQV4p1
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄   どうも、やる夫さん。
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧  射撃の慣らしですか?
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧                     おっお、この前の依頼以来だおね、シャナ > やる夫
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|                           先生、そっちの人は誰ですか? >
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|   まともに話をするのは、はじめまして。
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(    やる夫さんの教え子……ということになるのか、
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、     4級スカベンジャーの衛宮シャナです。
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\                                     ああ、なるほど >
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| どうやらやる夫もこちらに気付いたようなので、社交辞令的に挨拶を交わす。
| もう一人の少女も以前道ですれ違った程度の面識しかなし、初対面の挨拶を交わしつつ、
| やる夫と知り合いの理由も告げておく。
| やる夫の教え子、で納得する辺り、やはりこの指導員ぶりは以前からのものらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
7136 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 21:40:43.78 ID:j3gcfdno
さすが協会(ほぼ)公認指導員w
7137 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:43:14.02 ID:89IQV4p1
               _,. - ── - 、
               /            \
                _..  -─────‐}‐- 、
              , '´ _   -‐               \
             / ´  _,. -‐             \   なら、同窓生ということになるな。
             /     /   ,.- l     、    \   ヽ
         /    /   / / / l   l  l   l   ヽ  、 l  同じく、やる夫先生からスカベンジを学んだチンクだ。
      /     /   / / / / l  /l |l   l   l  l l
      /       /   / / l /   l / _l / l ─ l   l  l l  等級も同じ4級だし、なにかあったら助け合おうじゃないか。
.   /         /   //l /:l/:ヽ'´l / ´ l/_l_.{、 l   l   l l
  /       /   / l l |{:::::::::::l l/  '´t'z弌l ヾ、 l__ l /  ここはひとつ、どうぞよろしく。
          l    /l l l N、::::::ノ     迅シl l r、ヽ/-、}/
            l   / l l {.  l ̄ '         │l l::\ヽノ/                               うん……よろしく、チンク > シャナ
         l  / l _ -_,.ニヽ、 ー -    ,.l l l::::::::ヽ、丶、__
.          /l  / <<´::::::::::::`ヽ _,. __´_l  l l::::::::::::::` ー/
      /  l /   ` ー ニヽ、__::ヽ: ハ { V l  l } l:::_ _,. -┴- 、
     //   l/   /  / / /`ーァヽl l ヽ`ーl /-l_└ 、´::::::::::::::::::l
    / /       /  / / /   !//il: : : レ/ / : l:::`ヽ \::::::::::::::::l、
  / /    /  / / /   //:::li、: : :〃 : : :l::::::::/ /::::::::::::::::ノ┐
.     /    /    / / / /   //::::::l;ヽ: / : : : : :l:::::/ /:::::::::::::::::::::::::`>、
    /    /    / l.  /   く.ヽ、::::l;;;;ヽ: : : : : : l:::{ /::::::::::::::::::::::::::::/ ハ
.   /    /    / │ /      〉.、\l;;;;;;ヽ._: : : : :V {:::: _ :::::::::::://::::\
.      /    /  l /       /::::::\ {;;;;;;ト、} : : : : :}_!イ─-`- 、´/:::::::::::::::\
       l   /    {l      /:::::::::::/`i}V、`i : : : /} { ノ ̄ヽ   \ヽ_ :::: _,. .::ヽ、
       l    /     l     r'::::::::::::〈 / 〉_´: : : ⊂エしクヽ_  l   l l:l:: ̄:::::::::::::::ヽ
      l   /         /.:_,. - ´ /  `丶、: : l:l`ー´-、____ノノ:l:::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、シャナの自己紹介が終われば、今度は少女の番だ。
| やる夫が「等級が追いつかれた」と言った通り、彼女はやはり4級スカベンジャーの様だ。
| 同じ人間に師事したという親近感からか、その応対は友好的だ。
┗───────────────────────────────────────┛
7138 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:48:01.40 ID:89IQV4p1
            _____
          /          \
         /             \        …………………………
       /   ─--    --─  \
     /   /____ `ヽ   、,,.-='、'、  \                          っと、あれ、どうかしました、先生? > チンク
   /     .l i;;;:::;;;i |′  l i;;;:::;;;i |    \
   |      ゛゙''''''´"ノ   ヽ`'''''"'"     |    ん、ああいやなんでもないお。
   |   __ (     !     )       |
 /\r':| r' ̄二ユー ─'^ー 一'      /::\__ 取り敢えず、二人とも仲良くやれそうで良かったな、と。
 : : : : | .| | /  ) `)         __,./:: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ  (そうかぁ、シャナはもう4級かぁ……)
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}  (才能も地力もありそうだとは思ってたけど、)
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|  (まさか一か月足らずで追いつかれるとは思わんかったお)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……で、こちら万年四級指導員こと、教え子に等級で抜かれることに定評のある男、やる夫。
| およそ一月前に初スカベンジに同行した相手が、まさかもう四級に昇格しているとは……と、
| その内心は中々複雑な模様。
┗───────────────────────────────────────┛
7139 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 21:49:02.93 ID:qUZ73Eic
その心中は察して余りある
7140 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 21:58:31.19 ID:89IQV4p1
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.    (……ま、んなもんは今更慣れっこだお)
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.    (四級どころか三級の教え子までいるのに、今更うじうじしてられんおね)
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '     ああシャナ、言うまでもないとは思うけども、
   \              、 <_ \ -、
    >,7/1  _ ,r' `'rv////  (__丿 四級に上がると色々制約から解放される分、
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、    何かと躓いちまうこともあるから、そこは気を付けるお。
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<                                         うん、わかってる > シャナ
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ ん、ならいいお。
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'  困ったことあれば相談してくれお。
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´          一応これでも、先輩だからな。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……まあその内心の複雑化の要因が、やれ「変な連中に目を付けられないか」だの、
| やれ「下の方からやっかみとか来ないか」だの、やれ「自分のペース見失わないか」だの、
| そういうのが大部分を占めていたりするのだが……
| ……え、後輩に追いつかれた焦りとか嫉妬?
| 全くないとは言わないけど、そんなのもう今更だし……
┗───────────────────────────────────────┛
7141 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 21:59:27.23 ID:gT1CNEYa
保護者根性筋金入り杉ぃ!
7142 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 22:07:14.48 ID:89IQV4p1
   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |  (軍隊でいう先任下士官に似てるな、ほんと)
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|  はい、なにかあれば、頼りにさせてもらいます。
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|                おう、そうしてくれお。経験だけは豊富だから > やる夫
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|                      だけって本人は謙遜してますけど、
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|               先生は例えそこだけでも十分すごいんですよ? > チンク
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |  うん、知ってる。
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|  私も、一応教え子の一人だし。
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそんな親切極まりない先輩の申し出だ。素直にここははいと頷いておこう。
| 実際、遺跡の探索経験などで言えば、シャナなどやる夫の足元にも及ばないのだから。
| 単純な戦闘技術でどれだけ張り合えても、依然彼の方が屍肉喰らいとしては格上だ。
┗───────────────────────────────────────┛
7143 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 22:15:34.74 ID:89IQV4p1
        _  -――- _
      /          `ヽ
     //   ,イ/{.i .ハ i    ヽ
     l.lイz/≧{' Ⅳ-{ェト、 |  ',
     | .{/:::::::}   7テミ、ヾ. |   ',   ……っといけない。
     | .{__/,   込ンi   ト   l
     |圦'''''    ''''''''|''' lリ   l   すっかり引き留めてしまったが、
     |  ト、 ‐    _.」  .l    l
     |  | ` ,=r ≦_」   !    .!   シャナもガンレンジに来たんだから、射撃訓練がやりたいよな。
     |  |  /:i::::ト|ヘ::::l  !    l
     |  |/:7l::/ l:《´:l  !\    !                       慣らしだけだし、別に……気にしないでいいよ > シャナ
    . ハ .|:::/,イ/__l::ヾ:l  !::::::ヽ  l
    .l l |::《::/ヽ l/':l   !::_::-=ヽ l   ……ふむ、そうか?
    l ム l__Y   レ'__」  lニ..-::´:::ト、 l
   . l  ||ヘ{ー|   |-‐ | ハl:ト、::::::::::}:::} .l   そうだな、じゃあ折角だし……
   . ! .l:!::::::::|   !:::::::l':::::::l:ヘ:::::::/:::l l
   ..l  l:|::::::::l   l:::::::::::::::::l:::ヘ:::/::::::l l
    l .l:::!:::::::l   .l:::::::::::::::::l::::::::::::::::::l i l
   .lハ.l:::::〕::::l〔〇〕l::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::lN
   .{ l.l::::l:::::::l   l:::::::::::::::::::}::::::::::::::::::l
     l::::l:::::::l    l:::::::::::::::::{::\:::::::::::::l
    .l:::l:::::::::|    |::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれここに来た本来の目的は、ここがガンレンジである以上射撃訓練のはず……
| ならばあまり引き留めるのも悪いかと、チンクは一度話を切ろうとするが、
| まあ別に特訓に来たわけでも銃の調整に来たわけでもなく、
| ちょっと感覚を忘れないよう慣らしに来ただけだ。
| 同業者との話は無駄にならないし、もう少し話をしてみてもいいかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓22:30まで

      やる夫やチンクと話をしてみたいこと、聞いてみたいこと。つまりは話題。
      質問、延長希望等あれば受け付けます。

7144 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:20:09.17 ID:Ym4ZOHh6
射撃技能で、もう一段上のステージに上がるにはどうしたら良いか
7145 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:22:14.53 ID:179Mba+O
最近やる夫達が受けた依頼で面白そうな話、新しい遺跡とか車あるとかのうわさみたいな
7146 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:22:54.07 ID:NlaaHnPl
【1D100:13】

チンクさんは見た感じ射撃は不得意そうですが、普段はどんな得物をつかっていらっしゃるので?
7147 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:23:39.00 ID:NrbHwzhR
やる夫とチンクはどんな感じで出会ったのか
7148 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:24:30.75 ID:6nwyAvy+
しまったダイスはいらなかった…
7149 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:26:07.23 ID:/NP1X7S3
この間の緊急依頼はどうでしたか?
私の方は~
と聞いてみる
7150 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 22:31:08.59 ID:89IQV4p1
あんかここまでー。ということでちまちま再開していきますよー
7151 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 22:32:45.13 ID:89IQV4p1
                -―- -―-
              ´            `
          /                  \
          /                       \\
         /                       ヽ
      /     r/                     i .!  一つ聞いてみたいのだが……
             /                    ヽ   ||
      |          ,イ  i!       ヽ  |    ||                              何? > シャナ
      |   ./ / / / / .!  ハ  |    ヽ .!  |    ||
      |   | ! i! ./ /  ! ./ ', ト    i! ! .|    ! i!  射撃技能で、一段上のステージに行くには
      |   ! 」_.ハ | ./  //   ', l∧   ト_」, /   / |
      |  ,⊥z!≧マ.ト.、/'    /N >≦i斗ァ‐  /  ハ  どうしたらいいと思う?
      |  ハ. | !zヘ{≧.ミュ_./  ≠笊下ミ/   /} / |
      |   Ⅵ |三三三ニY    "う::::::リ〃   /イ i i!                           ……ええと > シャナ
      /!   从从三三ニヲ       辷ン./   / | | ||
     ./ i!    |人ゝ=‐ ´   i     /   /   ! ! ||
    /./ |    |  \          /   /   i!.|.八
   ./ / |   /  _.>,    ´ `  /   /`ヽ  | | {  ヽ
  / /   !  / /   {:{|≧  __ ≦/   /    \、.! !   i
 ./.,/   '  /f"     |\ーi三r‐‐/   /     ヾi |   |
../.〃  / /‐||    rノ::::::`i 辷| 「/   ∧       |ト 、.  |
.' / {  ./ /  ||    |!:::::::::::`¨¨´::|   /::;|       ||  `ヽ
| | | / /  .||    .ハ:::::::::::::::::::: |    {:/ ! __.ノノ
| | |./  i   `≫  | /7^ ー---‐!    |' | |〔 ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| じゃあ折角だし、と前置きをして、率直にチンクが質問してきた。
| きっと、奥のレンタルスペースから取ってきたライフルが原因だろう。
| 入ってきたときの様子からするに、彼女は銃器の扱いは苦手としている様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
7152 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:34:00.05 ID:ZSaeq9Nr
チンクが聞くのかw
7153 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 22:37:04.30 ID:89IQV4p1
.   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::i \::::\::::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/ ヽ:::::::::::::|  斗-\ー\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|
   :::/:::::::/::::::::::::::./::::/ト.、 ヽ ::::::|   .x=芸气ミ\i:::::::::::::::::::::::',::::::::::::|  どうすれば、と言われても……
    /:::::::/::::::::::::::::/::::/ .    ヽ :::|  .〃ム ..i:::::うⅥ /:::i:::::::::::::::::::::::::::::|
   :::::::/::::::::::::::::::′ i.ィチ云㍉ ヽ:i     ∨.{:::{.リ   /:::: N ::::::::::::|:::::::::::|  構えや基礎が身についたら、
    :ノ:::::::::::::::::::|  ヽヤ .{::{,ィ   \.  .辷匕7  /:::::::::::/ヽ ::::::::|::::::::::|
      :::::::::::::::::八 /    廴ノ             /:::::::::::/  ヽ::::::::::::::::|  後は数撃って慣れるしかないと思う。
      ::::::::::/  / ハ       ′.         /:::::::::::/   ∧ヽ:|:::::::::|
.       ::::::/ /  ∧     _        ∠:::::::::::/|,ィ'/:::::::::::::::::::::|                                 む、やはりそうか…… > チンク
           /:::::::::.∧    ヽ__`,  /////////`ト:::::::::::::::::::::::::::::::|
.          /:::::::::::/  ヽ        |:///////////////////\::::::|                          ほれ、やる夫と同じこと言ってるお > やる夫
        /:::::::::::/     >        |://////////////////////ヽ|
         /:::::::::::/,ィ'////////:`.::::::孑|/////////////////////////ヽ  銃の扱いは不慣れみたいだけど、
         /:::::::::::/ //////////////////////////////////////////
.        /:::::::::::/ ///////////////////////////////////////////  チンクは普段どんな獲物使ってるの?
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 本人は割と真剣に悩んでいるようだし、何かアドバイスでもできたらよかったのだが……
| 生憎、こちらは別に銃の達人でも、指導の達人でもないのだ。
| 基本的な部分ができるようになったら、後は数をこなして慣れと勘を養うしかないと思う。
| そう率直に答えてみたところ、どうやらやる夫にも同じことを言われていたようだ。
| 察するに射撃の腕はあまり良くないようだが、普段は何を武器にしているのだろう……
┗───────────────────────────────────────┛
7154 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 22:45:27.54 ID:89IQV4p1
                  /                    ヽ
              /                   ヽ
            /                丶    ',
          /    ハ  ト、ト、   ヽ. i!  ハ    ',  私の得意な獲物……武器か。
          !  i   .i ヘ i i ≦≠==ニ≦  |.    i
          l  ! │l ヘ i ヾ  __,--斗  |^ハ.   l   それならこれだな。
.            l.  ≦x| }  ヘ.i ィ'´爪卅 }.l   l .l.   |
           l  r==-、/ヘi {:::如叨リ.l   l. リ   |                                     ナイフ? > シャナ
           ヘ  {::::::::::}   \`-=ン i   |/    !
.            ヘ, ヾ__ノ      ~~~  |.   |       l   ああ、投擲用の小型のものから、
            ヘ.圦.  '、       .|    |r=丁  l
             ヘ i\  __   r┤   |   |   l   格闘戦用の大振りのものまで、
.                |i _,..rイ´  /  | i    l   .∧   l
             , == -- .、o ./>-<| l    l ___.」   l   ナイフ全般を扱っている。
          _,r^二ニ⊃゙¨´_,イ:::::::::::::::__ll l    |    `ヾ、.  l
        /::::::^r,. ).´li.   ト、- '^´ .ll. l   l.     / ,ゞ.ハ  ……とはいえ単分子刀は持っていないから、
       /::::::::::::ii_/-‐i    .|  ヘ.   / l   l.   //  ヘ ハ
      ,/::::::::::://   l!    l'ヽ .ヘ_/  l   l‐- //    ヘ.ヘ  装甲目標には弱くてな……
...   ,≦\___,//\  .li    l  ヽ    l   l   /       ヘ ハ、
..   /i:::::\_ 」\. \从.  リ   ヽ_/ l   l   .|        .ヘ ヘ  手数も銃よりは劣るし、戦闘は極力避けて行動しているよ。
.   ハ::::::::::::::::/   \| l.  i      ll l   l    .l. li      ハ ヘ
  〈 .∧‐‐--┘、  /l. |  l'      ll.  l   l   ハ |i        ハ .ヘ                             なるほど > シャナ
   〉 .∧::::::::::::ソ  〈 | l ∧     .ll  ヾ .l       .|i         .ハ ヘ
  ,| ヘ `‐‐‐Y .r⌒ ` i レ ll       ll二\.{ l      ハ         ,/ハ 
  |  へ__/ ./    |!.  ll  __ __ ll .\.\___.ハ .__ _ , -‐´  ソ
  ` 、    /.    〕  lk´  .丶ll    へ ___} .l'      __ ノ ハ
    \__/      {   ll     ll        /   ヾr── ' ´ }、  ヘ
             l  ll       ll      / {    }       |  ヘ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それで何を使っているのかと訊いてみれば、腰のポーチからチンクは小さな刃を取り出す。
| 柄の短い、投擲用の小型ナイフだ。
| 他にもサイズや用途別のナイフを取り揃えているらしく、
| それらを臨機応変に扱って戦闘はこなしているそうだ。
| 単に遺跡を漁るだけなら、戦闘は回避して動くことも多い、と。なるほど、そういう手もあるか。
| 
| うん、そういえば……
┗───────────────────────────────────────┛
7155 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:49:07.65 ID:ge+/VZFR
警備ロボは避けていく感じかな?
7156 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 22:53:50.23 ID:89IQV4p1
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}                 シャナの方こそ、腰に刀を提げているが……
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ                         実は銃よりそちらの方が得意か? > チンク
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}  ああ、うん。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  銃も使えないわけじゃないけど、
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'    得意な獲物っていったら、刀の方かな。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                                          ほう、そうなのか > チンク
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.    (……なるほど、ナイフ使い)
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ   (そう言えば、使わない戦闘用ナイフとか、持ってたな……)
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| こちらが得意な獲物を尋ねたように、今度はチンクが同じことを訊き返してくる。
| つまり、軍刀の扱いの方が得意なのか、と。
| 素直にそこは同意しつつ、そう言えば手元に
| 使っていない戦闘用単分子ナイフがあったなと思い出す。
| 正直軍刀があれば斬鉄はできるし、これに頼る場面はそうそうないと思われるのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
7157 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 22:55:30.52 ID:Z+awSi78
いやいや… リーチの短い物の方が便利な時が… ってESPあるしなぁ
7158 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 23:01:58.78 ID:89IQV4p1
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ  (……どうしようか)
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::}
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/  (何か理由を付けて譲ってしまうのも、有りと言えば有りだ)
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从   (どうもやる夫と似た者師弟の善人らしいし……)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|     (嫌な言い方をすれば、恩を売ることにもなる)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{.//`ヽ
      ///..,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////}
     {////,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     |////∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     /./////} :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////{
     ,///////| :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|./////',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ少なくとも、シャナ個人としてはこのナイフはなくてもいい。
| 工具的な用途なら、素直に工具用のナイフを用意した方が、柄の造りからして優秀だ。
| 無論自分でなくともクーデリア辺りが近接武器に使うかもしれないし、
| チンクに譲る道理もないが……彼女に譲ってしまうのも、選択肢ではある。
| ……さて、どうしたものか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて最も数字の高い選択肢
      で、戦闘用単分子ナイフ、チンクに譲ってしまおうか?

   1) 譲る
   2) 譲らない

7159 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:03:07.13 ID:NrbHwzhR
1
【1D100:47
7160 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:03:44.22 ID:3S9DQXKX
1 【1D100:34】
7161 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:13:31.65 ID:jjH+vrgm
1 【1D100:46】
7162 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:14:34.83 ID:9WeP5uFN
なんで出目集中してるんw
7164 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 23:18:32.53 ID:89IQV4p1
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}  まあ、不用品の在庫処分みたいなものだし……
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ                   うん、どうかしたのか、シャナ? > チンク
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/    ああ、うん。ちょっと考え事。
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|                                    む、そうか? > チンク
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|       うん……
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !////{
                                                          _ 00 ___   n ∩ 
                                  _ --‐‐ ン                  └‐┐ |  | ∟ U ||
                       __ ---‐‐  ̄ (___). . . : (_,-‐;; ̄( ______.    ┌‐┘ |  |_厂  くノ 
          _ -―  ̄ ̄ ̄ ̄. . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : /;i;i;i;i;i;ヘ、巫巫巫巫巫巫巫艾ェュ ̄ ̄ 
      _____-ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ)   (ニニニニニニニニニニ)i;i;i\巫巫巫巫巫巫巫巫巫` - 、_
     `ー -::::;;;;;;:::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : : : : : : : : : : : \;iiii;i:i:iiiiiiiiiiヽ巫巫巫巫巫巫巫巫ノ;;;;iiiiiii>
            ̄ ‐―--:::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::( ̄  ):.:.: :( ̄ ̄ヽiii;ii/ ̄  ̄`ー-、巫巫巫,---';i;i;i;i;i;iii(___
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ‐- ゝ <_::::: : \   )i;i;{         `ヽ、iiiiii;i;i;i;iiiiiiiiiiiiiiii!!!iii>
  シャナ < ということで、はい、チンク               ̄ ‐-‐`_ノ;iii;i;i\           ̄`ヽ、iiiiiiiiii,ヘiiiiiii>
                                          ヽ;;iiiiiiiiiiiii;ヽ、            }iii;;;iiノ  ̄
                           ……へ? > チンク      ̄ ̄ ̄           ノ;;ノ
                                                             ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ正直現在に至るまで全く使っていない品であるし……金を出して買ったものでもない。
| 故に譲っても懐が痛むわけでもなし、素直に有効活用できそうな人間に譲ってしまおう。
| そういうわけでごとりと、ガンレンジの机に無骨な戦闘用ナイフを置く。
| ……野犬退治の際、報酬の埋め合わせに受け取った単分子ナイフだ。
┗───────────────────────────────────────┛
7165 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 23:32:54.88 ID:89IQV4p1
          /::::::::,. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            ' :::::::/::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
.         /:::::/ ::::::::::::::::::::/:::::::::::::/!::::::::::ヾ :::::::::::::::::\
          ':::::/::::::::::::::::: ` ::/::::::::::/:::, ::::::::::::| ::::::::::::::::::::: ',           ……つかぬことを聞くがシャナ、これは一体? > チンク
         /:::::::::/'::::::::::::::::/\::.イ::::::/:::::::::::: ハ ::::::::::: ::::::::::l
       . ::::::::/::!:::/レイ:::::::/ヽ|.:イ::::::::::::: ′|:::::::::: i!:::::::::|  貰い物の単分子ナイフ。
       !:::::::/:::イ 「r-テ‐ ミ / .' ::::::::/   |:::::::::::i!:::::i!::|
        /.::レ'::N ::|  l! ':::::::し∧ / ::::/´  ̄ 丁 :::::::i!:::::l!::|  グレードは高くないけど、一応戦闘用の。
      ハ::::| ⌒|:::|    ト- イ  /::/ z==ミ、ノ:::::::: /:::::ハ,
     / !:::ゝ v' ::|⊂⊃ゝ- '   /  /:::し/ ! 〉::::::/:::::〈                        ……で、これをどうせいと? > チンク
     i! |::::::: `|::::|           ∧_:::/ i//:/::::/:::\
     i! |:::::::::::|::::|----、        ゝ- ' イ::::::/::/ヽ:::::::\  私は必要ないし、あげようかなって。
     l! |:::::::::∧::|   /、   - 、   ⊂⊃ハ:::::ィ:::::::::::\:::: \
     l! |::::/ ∨\/|-l ゝ __  _.. イ::::::ハ:::::ヾ::::::::::::::\:::: \
     l! レ′       ∧ハ / /::::::::::::::::∧::::::::l:::::::::\:::::::::::::\::::::\
     ∨    |/   ∧ 彳 〉、∧:::::::::::ヾ:::::::\:::N::::::::::::\:::::::::::::\::::::\
     /    /     /ア丁 |:::::::::::::::::::::ハ::::::::::\:::::::::::::::::: , :::::::::::::::ヾ:::::::ヽ
    /     /     /Tハ ! ハ::::::::::::::::::l  ',:::::::::::::\:::::::::::::::l:::::::::::::::::::ハ::::::::!
                                                     , '´  ̄ ̄ ` ヽ
                                                      / ,  , -  - 、  ヽ
      ____                                        / /.l l l      ヽ l
     /:::::   \    後輩二人が初対面で意気投合したと思ったら、      /,イ{ ト、N l_/l ト、N、l } l      ━━┓┃┃
   /:::::::::     \                                       レ!小l:::::::j  リ ○ リ l l           .┃   ━━━━━━━━
 . |:::::::       |  唐突に単分子ナイフとか交換し出した。             ヽ|⊃ー'゙、_,、_, ⊂|ノ  l           ┃               ┃┃┃
 . |::::::::::::::     /                                     /゚ 。゚ 三≧  ゚'ゝ ≧ .lノ⌒l                                 ┛
   \_:::::::     \  なんだこれは、たまげたなぁ                -== 三      ≦。.l_/
     /:::::       |                                。 -=≦        .,ァ-" /l  初対面で何を言ってるんだお前は!?
 .     |::::::::::::      |                            ゚ ・ ゚。  三<      .、,J.ヽ/ l
                                                .≦ ッ     ッV´≧
                                               .。 ゚ 。 ミ´ 、、 ハト・。゙i ゚。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、極めて理性的な判断から、チンクにナイフを譲ろうと思ったのだが……
| ……それを口にしたところ、二人には大層驚かれてしまった。解せぬ。
┗───────────────────────────────────────┛
7166 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:34:49.82 ID:8j6Yt/y1
そりゃそうよwwww
7167 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:36:19.41 ID:jAdxtbPo
そらなwwww
7168 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:41:57.37 ID:/NP1X7S3
こういう子なんです。貰ってあげてください
と、さっき1選んだ俺が言うw
7169 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 23:42:23.68 ID:89IQV4p1
            -――‐-
                   `ヽ
       /              ヽ.  人
      / ./   ト、. ,イ ハ ト、,」 !  ',   て
     ,'   i l l .l ./ l /≠', l .iハ=-       〈
     |   l. Ⅵ={/=.l/ヽ  ',} __,,,,,,ヾ  l   いやいやいらないからって、
     |   l  !i:::::::::::::::::::i '"´    |  l
     |   l  l ゝ、_____ノ 、 -‐'''"~ .|  l   戦闘用単分子ナイフだぞ!?
     |   l  l/ 「`丶、__,,.イ   |  l
     |   l  ト、 /       | /  l   ってうわマジでコーティング硬度戦闘レベルであるし!
     |   l  i へ._      _|,.'   l
     |   l  l. |i¨ ̄≧ _ ≦ ̄¨i|   .l   おま、数十円から百円くらいはするんじゃないかこれ。
     |   l ., -┴-, {. F=-=」 }, -┴- 、.l
     | . /.    ヾ .ヽ_/ ./      .\   それをあげるって……
     /         `1    i       \
    /         l     l         .\             軍刀あれば必要ないし……依頼報酬の建て替えだから、
   辷ー 、__.!i     lノ  ヽl       .i!    \                      別に入手にお金かけたわけでもないし > シャナ
    {. `ー-.ハ` -.、_.l    .l _ _ ィ≠ニニニ7
    |.    i .i.` ーー┤    .l-ー ーー´./ ',    l  いや、だからっておま……
   |/ ̄`|  ',.    l    l       .{  |    .|
   |/ ̄`ヽ、.l     .l=〔〇〕=l     .l  .|二 二|            刀使いより、ナイフ使いの方が有効活用できると思うけど > シャナ
.   /ヽ、\へゝ    .l     .l       l. /,-、 、 、\
.   ヽ/ ̄ /    l       .l      l ヘ/  |,リリリ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 装甲目標との戦闘に難儀していたであろうチンクだが、申し出が唐突過ぎて困惑を禁じ得ない。
| シャナがさらっと真顔で譲る理由を語っている辺り、
| 後ろ暗い理由もないのがわかってなおのこと困惑する。
| なんなのだこれは、どうすればいいのだ!?
| もしクーデリアがこの場にいれば、だからこの子は……と頭を抱えたかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
7170 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:48:13.08 ID:/NP1X7S3
さて問題です。
ほぼ初対面の4級スカベから下手したら100円位する物貰いました。
スカベンジャーのあなたならどう思う?
7171 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/22(水) 23:49:40.87 ID:8j6Yt/y1
>>7170
何を企んでやがる・・・
7172 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/22(水) 23:53:16.02 ID:89IQV4p1
                  ., - ―===- .、
               /         \
              /             \    (人間なにかしら欠点はあるもんだと思ってたが……)
              j    .:.:::::::::::::::\_j    \               てんねん
              |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ  (そうか、シャナはそういう弱点かぁ……)
             ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
    ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|  あー、あれ本気でその方が効率がいいとか、
   .ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
   :..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|   相手の為になるとかそういうことしか考えてない顔だわ……
   :..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
   ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /    黙って受け取っとけお、チンク。
   二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
   ::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV                                うぅん、まあ先生がそう言うなら…… > チンク
   ::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
(うわあ、あれ素で言ってるよシャナのやつ、という顔)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてそんな二人の様子を眺めながら、人生経験もそこそこな二人共通の知り合いが言う。
| というか、シャナのあまりに邪気の混じらない一方的に相手においしい申し出に頭を抱える。
| そういやシャナの父親は軍人だったか。純粋培養な善性を信じる人間なのかもしれない……と。
| こりゃ下手すりゃ悪意ある人間に騙されてひどい目に遭うぞ、などと考えたりも……
| 
| 違うんです、なまじ人を見る目がいいから、善性の人間には素直な善意を向けてるだけなんです。
┗───────────────────────────────────────┛
7173 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:02:08.54 ID:oW2wIhZz
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ   ええと、ああそういや、
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l   この前の緊急依頼、説明終わったらもういなくなってたけども……
        .|. U   =≡=   =='' ',
.          ',             ヽ   l   シャナの方は首尾どうだったんだお?
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<    (こりゃ話題替えと同時に、ちょうど人の悪意マシマシなテロ屋の依頼で、)
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |   (ちゃんと悪意に対応できんのか聞いとかんと……)
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |                            あ、シャナも例の依頼、受けてたのか? > チンク
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|    ああ、ちょうどお互い逆さ十字に居て、
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l    現場までは一緒にいったお。
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……まあまさかシャナみたいな小娘が、皇国の悪意も何もを飲み込む情報部にいたなどと
| わかるはずも無し、心配性したやる夫が、ちょうど直前にあった緊急依頼について聞いてくる。
| あるいはそこでのシャナの心象によっては、深く諭してやるべきかもしれないと考え……
┗───────────────────────────────────────┛
7174 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:09:00.10 ID:oW2wIhZz
.   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::i \::::\::::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/ ヽ:::::::::::::|  斗-\ー\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|
   :::/:::::::/::::::::::::::./::::/ト.、 ヽ ::::::|   .x=芸气ミ\i:::::::::::::::::::::::',::::::::::::|   三人ほど仕留めました。
    /:::::::/::::::::::::::::/::::/ .    ヽ :::|  .〃ム ..i:::::うⅥ /:::i:::::::::::::::::::::::::::::|
   :::::::/::::::::::::::::::′ i.ィチ云㍉ ヽ:i     ∨.{:::{.リ   /:::: N ::::::::::::|:::::::::::|   情報取りに一人は腕を斬り落として捕縛して……
    :ノ:::::::::::::::::::|  ヽヤ .{::{,ィ   \.  .辷匕7  /:::::::::::/ヽ ::::::::|::::::::::|
      :::::::::::::::::八 /    廴ノ             /:::::::::::/  ヽ::::::::::::::::|   残りは余裕もなかったので、心臓を一突きに。
      ::::::::::/  / ハ       ′.         /:::::::::::/   ∧ヽ:|:::::::::|
.       :::::/ ./  ∧     _        ∠:::::::::::/|,ィ'/:::::::::::::::::::::|                          お、おう…… > やる夫
           /:::::::::.∧    ヽ__`,  /////////`ト:::::::::::::::::::::::::::::::|
.          /:::::::::::/  ヽ        |:///////////////////\::::::|          へぇ、腕がいいな。一人でやったのか? > チンク
        /:::::::::::/     >        |://////////////////////ヽ|
         /:::::::::::/,ィ'////////:`.::::::孑|/////////////////////////ヽ  隠密行動にはそっちの方が都合良いし。
         /:::::::::::/ //////////////////////////////////////////
.        /:::::::::::/ ///////////////////////////////////////////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけでやる夫の方から尋ねた緊急依頼の成果。
| それに対してあっさりと、人を殺した件と、腕を斬り落とすというエグイ処置とを言い切る。
| 人斬り程度、慣れているし覚悟もある。それがはっきり伝わるように。
┗───────────────────────────────────────┛
7175 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:10:43.19 ID:Qwo9UH5d
なんつーか純粋さゆえの危うさを感じていそうだなやる夫

戦闘への抵抗感の無さも、純粋培養の一つって含めそうで
7176 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:17:12.59 ID:776diFhU
実際、このまま一人だと滅茶苦茶危ないよな
変なとこで油断やへまして死にそう
7177 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:19:36.24 ID:oW2wIhZz
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.  (誰に言われるまでもなく、敵は斬る、か)
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.  ええと、そいじゃあそん時の依頼について感想的な……
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '                            感想、といっても……報酬が多くて驚いたくらいで > シャナ
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////   そうかお。
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、                             ……カウンセリングなら、別にいりませんよ。
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ                 悪意や敵意を持った人間を斬るのも、獣を斬るのも同じですし。
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<                    ……世の中、いい人しかいないなんて幻想、抱いてないので > シャナ
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ  お、おう……なら良かったお。
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'  (……心配事を見抜かれた?)
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´           (ならチンクへのあれも、人柄を見抜いて、とか……)
┏────────────┓       (いや、ちっとそいつは楽観しすぎだおね)
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一々人を斬るのに心を痛めないようで、まずは一安心。
| けれどあのあけすけな厚意を見た後だと、どうにも心配はぬぐえず……
| などとやる夫が思っていると、先んじてシャナから気にするなと声がかかる。
| "目がいい"のか、それとも単なる偶然か、心理学者でもないやる夫には、少々判断が付かず、
| まあ、外野があまり気をもんでも、本人からは迷惑かと、この場は口をつぐむことにした様子。
┗───────────────────────────────────────┛
7178 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:28:53.98 ID:oW2wIhZz
  〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|  (こっちにデメリットも無し、良かれと思ってやったけど……)
    |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|  (余計な心配かけたかな、これは)
    i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::::|   /::::::::::|::::::::::::::::::|
       |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|  ……ともあれ、そろそろ射撃に移ろうか。
             ヽ                /::::::::::::::::::|_ ::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::.|
                ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::.|             おっと、それもそうだお。そんじゃあチンク…… > やる夫
             丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
            /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|::::::::::::::::::|             はい先生、下手な鉄砲数撃って当てろ、ですね > チンク
              //////.ハ    |ヽ//////////////////////|::::::::::::::::::|
          ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|::::::::::::::::::|  それは何か違うような……
          |//////// : : : : : ///i/////////////////////i::::::::::::::::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 単に役に立てばいい程度の認識だったが、
| 二人には余計な気苦労をかけることになったかもしれない。
| 会話を続けるには少し空気が沈んでしまったし、そろそろ本来の目的である、
| ライフルの試射による慣らしに移ることにしよう。
| やる夫とチンクも、拳銃による射撃訓練に戻るようだ
┗───────────────────────────────────────┛

      やる夫の好感度がC-に上がりました。  (強いけど、ちょっと危なっかしいかお?)
      チンクの好感度がDに上がりました。    (いい奴だな。同窓生だし、仲良くしたい)

   ▼ 戦闘用単分子ナイフをチンクに譲渡しました。

   ▼ チンクを遺跡探索に誘えるようになりました。

7179 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:29:04.63 ID:oW2wIhZz
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7180 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:32:22.31 ID:oW2wIhZz
                        【フリーパート】1/2

                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その後別れ際に何気なく雑談してみたところ、やる夫は特に車を持っていないと分かった。
| いやまあ、当たり前と言えばその通りな気もするが……
| 
| ともあれさて、まだ夕方までは時間がある。次はどこへ行こうか?
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ラスト ↓1~3 1D100を添えて、最も高い選択肢

   ×) 官営武具店・ガンレンジ 【やる夫・チンク】
     官営武具店の内部にある射撃場。商品の試射や訓練もできる。
     やる夫の教え子であるチンクと知り合いになった。話からすると、ナイフの扱いや隠密行動が得意なようだ。
   2) 工房『アナグラ』 【リッカ・???】
     車両・警備ロボット専門の町工房。
     奥の作業場を覗いてみると、リッカと、青年の姿がある。傍にある装甲スーツは……先日の依頼で見たものだ。
   ×) 大衆酒場『逆さ十字』 【ヴィルヘルム・聖十郎】
     スカベンジャーを含む労働者たちの憩いの場。
     G退治帰りのヴィルヘルムと、互いの仕事について話し合った。
     それとマスターには中々厳しそうな遺跡情報も教えてもらえた。これが3級の仕事か……
   4) 雑貨屋『ディスワード』 【ダリアン】
     下層区と中層区の境目付近にある雑貨屋。
     特別用事があるわけではないが……付き合いの浅い店だ、あいさつ代わりに少し顔を出してみることにしよう。
   5) 商会付近 【ほむら】
     下層区にある大きな商会近くの大通り。
     ……商会の前で、以前の依頼人ほむらとばったり出くわした。場所からして、商談の後だろうか。

7181 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:34:25.05 ID:776diFhU
5
【1D100:38
7182 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:34:49.97 ID:mwzmY0V5
5 ダイマもあったし
【1D100:32】
7183 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:38:46.51 ID:7tee8vIa
5
【1D100:32】
7184 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:39:51.61 ID:oW2wIhZz
なんか今日は出目が固まるなぁ……そしてアナグラより先にほむほむになったか。予想外だ!(あれだけ言っといて何を
ともあれ、次回の行き先が決まったところで……
7185 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:40:05.64 ID:oW2wIhZz
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

7186 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:42:22.67 ID:mwzmY0V5
おつー
7187 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:43:56.46 ID:oW2wIhZz
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……日付も変わってしまったので、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       おかしい、ナイフ急に渡してチンクに「ブーッ!」させて、
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     ギャグテイストに交流やるつもりだったのに……なんかシリアスなった。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  まあナイフ捌けたしチンクの戦闘力底上げできたし、結果オーライ!
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  というわけで、隠密とかそういう方向性特化な、
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li チンクさんの登場回でございました!
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ あれやな、正面戦闘は比較的弱い部類やな。
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   ……いやまあ、比較対象が戦闘用義体とか装甲スーツとか元軍情報部とか、
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \   軽く頭おかしい面子なんですが。
7188 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:48:34.96 ID:776diFhU
乙!
チンクって例の能力あるんですか?
7189 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:49:14.25 ID:oW2wIhZz
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ……あ、チンクのステータスは、ターン末の一斉公開で出す予定ですよー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !   一応仮作成は済んでるんですが、ちっと戦闘面弱すぎないかなーとか、
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 軽く心配しつつ調整ち……あ、単分子ナイフあるか大丈夫か。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ あ、次回の投下予定は……うーむ。
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /  先の予告通り金曜の夜にやりたいけど、どうかな、いけるかな?
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {    暫定金曜の21:00、いつもの如く土曜に伸びる可能性も無きにしも非ず。
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \  そんな感じでお願いします!
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
7190 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 00:50:12.00 ID:7tee8vIa
乙ですー
7191 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/23(木) 00:54:27.14 ID:oW2wIhZz
                   _
            /`¨  ̄ ¨´ ',、
              //, ,' i , i ., l ',
          / { ,抖、Ⅵ.,弌`! ! ,l       ほむ、例の能力?
.            ,  i;'弋ノ  弋ノ` ! i
        /i 从"    " '! .,'ヾ;、__,二_  原作で持ってるらしい爆発能力のことかな?(Strikersよく知らない)
.        {〃! i /,> ,_^_ ィ,' ,' ヽ ミ、  ,}
        }ゞ リ//i!⌒¨¶¨λ}/⌒》  )} i{_,   取り敢えず今のところ、ESP持ちの予定はないですねー。
         〈 〃〃 .》 ト 禾,H ,,;i!/} i(( 《_
.        ,{ ゞ 巛 i! .li棗/゙ .,il/´ ; `ゞ } )  というか爆発ナイフとかあったら、
.       〃 X}.}{∧i!  !,./ .,ili;、`ヽlー-、ヽ'
       ゞ{ ソ(〃,,i1  i'  ,;ilil;、)ヽ }ヽノノ }    戦闘回避しないでもある程度までは片っ端からロボ蹂躙していけますしねー
      /M    ヒ三7iニミ!ililiヾ! ソ,=彡¨',
        {`r ∫ _二>ゝ'ム=ミニ:」、Z  、 -、!
       ̄フ ̄':::::::::::::;/!::::::::i:::::`i-、_ ии {_
  〃⌒ヽ,,/´ レi::>i::::!,':::::,、/!__:、' , `¨--"
  ヾミ::,ミ、ミヽ,: : : : : : : ;'i´レ: :,'三ニ, : ,
   ヾミゞ〃!>_: : : : /.i: : : :i三三;、: ',
    ゞ-=-′  ¨ー' ′-‐.〕ニニ〔  ̄
                 廷_シ
7192 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 01:01:23.98 ID:776diFhU
爆発能力なしですね。了解しました
7193 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/02/23(木) 01:10:00.40 ID:dGsfF5PB
乙でしたー
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2981-5a21fda8