情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その24

7708 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:06:38.20 ID:z42CmnSO
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
7709 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:07:14.28 ID:z42CmnSO
            _
         ,.ィi〔::_≧x  __
         '´     ';:::!´      `   、
           ィ ´ }/_   _     \-s。
         .ィi〔i:/ ォ'´::::≧=≦、_、     ヽ_:i:i≧s。 その辺の家電にでも使われてそうな電子回路や、
       ‘,:i:i://::::::::::{::::::::\::::::`ヽ     Y:i:i:i:i:i:/
          ヽ.'´::::::::::|:::‘,:::::::::::‘,、::∨‘,ゝ_  ,}∨:ir'   小物の機械類ばかり……そのでかい図体は飾りなのですか、白饅頭。
         .':::::::::{:::i|ヽ_:\::::::::|_}:::ハ:::}:::ゝ, ヽ∨
         , イ::::::‘,::{:::i!´ \::ヽ::::| Ⅳ ヽ|:::::::{_, Y!                                白饅頭っておま…… >
       /' |::!:::::‘,∨ヽ  `ヽハ:{x笊㍉|:::::::::::}_ノ:{
       }! /::ハ:::{::::‘,笊㍉     r' :り|:::::::::::|从ヽ   見た儘を言っているのです。
        ヾ.':::' }\、::ヽ vり     `¨,,, |:::::::::::|Yノヽ)
        .'::::{ j!::::::}ハ`..   、      '|:::::::::::|:|!:::|!|   取り敢えず、買い取りはまとめて40円と15銭という所なのです。
      .':::::{ /::::::/::::介s。   、  .ィ, 、|:::::::::::|:o:::o|
      .':::::::{.'::::::/:/:::|:::_r-≧≦-.'=.ァ|:::::::::::|_::::::::!    ……ああ、そっちの銃はいらないのです。
     .':::::::::!:::::/:´:::::::::!:|三三Y:三三:j!:::::::::::i: : : :≧: .、
     .j!:::::::;'::::;'::::::::::::>:{r;!}三i{三三 j!::::::::::::' :, : : ´: :/  ぼろ過ぎて部品取りにもなりませんが故。
      .j!::::::;'/:::::::::::/  {r;!}` ーー‐イj!:::::::::;': : : : : : :/
     j!::::/::::::::::::::::::}   Yニニニrニニヽ,'::::::::/: : /: : イ   どこぞの工房に屑鉄として持ち込むのが妥当なのです。
      j!::/::::::::::::::::::_>:≦|ニニ 「ニニニ/:::::::/: : /: : : : :‘,
    j!:/:::::::::::::::::∧.::. .: :.|ニニ }.ニニ .':::::::/ ヽ: :` : : 、: ‘,                                   さいですか >
    j!/::::::::::::::::::/::∧ヽ: {r;!}ニ.{ニニ./::::::/: :./‘:,: : : : : : :‘,  イエス
    /::::::::::::::::::::::::::::::/: ‘{r;!}i:i:i:i:}〈/:::::;イ: : : : :∧: : : : : : ‘,  是。
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 雑貨屋『ディスワード』にて、幼女店主ダリアンと軽い雑談を済ませたシャナ。
| そこではいかにもパチモノな装甲スーツを眺めたり、
| バイト店員愛歌が他所の店でも働いていることを聞いたり、
| そんな軽い邂逅の後に、夕刻でそろそろ客が来るからと店を後にする。

| そしてこの度、初めての【ショートクエスト】が始まろうとしていた……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>6999 (所持金:966円 0銭)
                         (装備:【7.62mm.選抜小銃】追加(>>7551)/【携行用ガンケース】追加/【戦闘用単分子ナイフ】譲渡により消失)
                         (技能:【銃器】Lv:6 【狙撃】Lv:1)

      好感度一覧        >>5587 (クーデリア:A- 聖十郎:D+ ダリアン:E+ 愛歌:E+)
                        (やる夫:C- チンク:D リッカ:C シン:E+ スカサハ:C- リリィ:D+)

6999 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/02/19(日) 01:37:51.49 ID:+UdzzJUb
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 1016 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
               銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
               耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……【サイズ:S】 戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個) 【爆発物】

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト...……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:5 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:1 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
                Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。


 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
7551 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/07(火) 00:08:36.55 ID:tqNN2OAm

  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープを装備。
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
7710 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:10:36.24 ID:z42CmnSO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7711 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:10:48.97 ID:z42CmnSO
                 †‡
      /\       / ̄\                                /\
    /∩ ∩\  _]三∧三[_                        /l^l l^l \       えー、治安維持協力の皆さん、
    lニlニlニlニlニlニl || | | 口 | | ||`                         lニニニニニニニコ      どうぞこちらにお集まりください > 警邏隊員
    || 田 | 田 ||. || | | 口 | | || |                        ___ |  ロ  |ロ ||
    || 田 | 田 ||三三\   .| | || |                 ////\,   |ロ ||
    || 田 | 田 ||    「    | |/二ヾ | ̄l\,      /| ̄|   | ̄ ̄ ̄| 田 |   |ロ ||
  ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄` ̄"' ̄ ̄ ̄'`⌒ ̄|  |゛ ,|      | ,"|  |` ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄` ̄
           =コ        ェ=    |  |  |      |  |  |  =ェ           =コ-
      =ェ         -           |  |." | ̄ ̄ ̄|  ト= |         =ェ
 _z____,__z___、___z____, _|_|/  ,     \|_|z____,__z___、___、_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ郊外……より正確には、下層区入り口。
| つまりは外からフジノミヤの町へ入る為の門であり、また外へ出るための門。
| 日頃スカベンジャー組合の送迎車で無感情に行き過ぎるそこが、
| 郊外警備の依頼の為に、指定された集合場所だった。
┗───────────────────────────────────────┛
7712 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:15:04.52 ID:z42CmnSO
                          / : : : :,、: : :,/: : : : : : : ゝ
                       }: : /^´ `"⌒"゙´^"'-、:: :`ヽ
                       ノ:.:/ /,   _,  j       iヽ: : 〈  えーと、はい、組合や機構から連絡があったのと、同じ人数ですな。
                         ): ::} 斗ャ≦〈  ゝ≧zx、_ | {: : :7
                        フ::j  -=冖 ,  、¬=x`゙ 」: : ゝ  それでは皆さん、この度は警邏隊の治安維持活動へのご協力、ありがとうございます。
                         ハ}    ´|:   \    }-、}
                          { (:{、     ゙       イ//    既にご経験の方も多いでしょうが、これより簡単な説明を……
                        \} ヽ   ー -'     / :; /
                           从  ヽー――一ァ   ,「{
                           }ノ\  `¨二¨¨´ / イ`く
                      // | ヽ        / :{  |、
                     //   } 、 `'ー―   / :|  |、\__
                      /\|  / \       ./ /  :!、\|ニ=- _
                _、-=ニ}\\|   {          / /   |、\|\\\ニ=- _
           _、-=ニ\\\|\、./   :{、          /    V\|\\\\\\ニ=- _
        _、-=ニ,\\\\\\!\./ ./\ヽ       /⌒\   V、.|\\\\\\\\\ニ=- ,_
  _、-=ニ \\\\\\\\、/\]/:| / \   ./\   |\ V.|\\\\\\\\\\\\
. /\\\\\\\\\\、./\\\| \  \/ ,. イ   |\.ヽl、|\\\\\\\\\\\\
/、.\\\\\\\\\\/' \\\|  _>/<_ __    |\\、.|\\\\\\\\\\\\
.\\\\\\\\\\、/\\\\|    〈 C  ̄      |\\、|\\\\\\\\\\\\  ↓ この辺に他の人達
┏────────────┓                                            ↓↓ もっと下の辺にシャナ
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その場に警邏隊の責任者として表れ、音頭を取ったのは、つい先日見た顔だ。
| 例の緊急依頼でも陣頭指揮を執っていた……確か、
| マナガリアスティノークル・ラグ・エデュライケリアス警部補、だったか。
| 2メートルを悠々と超す高身長と、人のよさそうな笑い顔が特徴的な中年男性だ。
| シャナを始め、今回この依頼に参加するのがはじめてな面子を慮って、
| 彼が簡単な依頼に関する説明を開始する……
┗───────────────────────────────────────┛
7713 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:22:09.27 ID:z42CmnSO
              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;       il えー、まず基本的な業務内容は……
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|             (足は、あれかな?)
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|      (流石にこのくらいの仕事じゃ、)
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_       (装甲車は動かさないか……) > シャナ
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「P~o~[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警部補が依頼の内容……つまりは歩哨の配置場所であるとか、
| どの様な時に戦闘を行うのかであるとか、そういうことを話しているのを耳にとどめながら、
| 彼の後ろに停まった車列を観察する。
| そのほとんどは傭兵や警備の人間を載せるための輸送トラックの様だった。
| 中には一台、他のトラックと比べて運転席の大きなものがあったが……大方、
| マナガ警部補が運転するには、通常規格では狭すぎたとか、そう言う理由だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
7714 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:30:41.57 ID:z42CmnSO
                                       ────────────────
                                 .          |: |: /: : : : : : : :|: : :/ー―-|: : : : /|: :i :
                                 .          |: |/: : : : : : : : :|: :/___二、 |: : : /´|: :| :i
                                 .        V: : : : ∧: : : : V{{,_j::::::{メk|: : 厶k{ : l :|
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\               /: : :./´|/,: : : : :代``ノ  |: /_j:{,/: :ハ:|
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ            /: :/:八,_|i: \: : :|       |/弋ソ{: / ]ノ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',        // |: :}: :lゝ|i: : :{\乂       ` 爪
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}        ────────────────
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  (ん、例の車両、助手席に誰か……?)
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|        えーでは皆さん、それぞれトラックの後部に乗り込んでください。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/                座席は全員分有りますので、あまり急がずに…… > マナガ
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'   (……人の事は言えないけど、小柄だったな)
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.      (なんらかの技術者か?)
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.     ……まあ詮索することでもない。
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ    確か私は、三号車だったな。
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふと、マナガ警部補のものと思われる車両の窓に、人の顔が映った。
| 一瞬のことだったが、高さなどから見るに、さほど背丈のない、少女だったように思える。
| 荒事も多い警邏隊には不釣り合いにも思えたが、
| まあなんらかの技術者か、ESP持ちなのかもしれない。
| やましいこともないのだし、警邏隊の事を詮索しても仕方ない。
| 警部補の話も終わった様だ。
| 話の中で指示されていた通り、指定された車両の後部座席へ向かうことにした。
┗───────────────────────────────────────┛
7715 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 21:32:29.39 ID:t43h3aqK
こんな所にも貧乳ロリ!
7716 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:35:42.53 ID:z42CmnSO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 【イベントダイス】 【2D10:7(2+5)】(午前→午後)

   1:何事もなく一日は終わった
   2:何事もなく一日は終わった
   3:同僚とちょっとした世間話
   4:同僚とちょっとした世間話
   5:警邏隊の人とちょっとした世間話
   6:警邏隊の人とちょっとした世間話
   7:小規模なミュータントの群れと戦闘
   8:小規模なミュータントの群れと戦闘
   9:小規模なミュータントの群れと戦闘
   10:【余程の事態でなければ増額はしない】

7717 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 21:36:50.67 ID:t43h3aqK
平和か
7718 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 21:40:23.37 ID:5jUDj6Ni
よかよか
7719 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:42:30.39 ID:z42CmnSO
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::} 何事もなく午前の警邏は終わって、
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ 午後の歩哨に立ってからもう一時間……
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/    正直、拍子抜けするくらい何もないな。
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '     :.:.:.:.:. }::/|       ……まあ、毎日何か起きるようじゃ、
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|  :.:.:.:.:.:         、      八::!
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|       一時的な依頼じゃすまなくなるんだろうけど。
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : :|::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 時間交代制で他の傭兵や屍肉喰らいと交代交代に、歩哨として街道の警備をするシャナ。
| ミュータントとの交戦もあるだろうと身構えていたのだが、幸いにもというべきか、
| これまでそういったものに遭遇しておらず、また応援要請も受けていない。
| 今日もフジノミヤの街道は、平和そのものである。
┗───────────────────────────────────────┛
7720 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:47:04.43 ID:z42CmnSO
                        ∧__
___________           ̄1i
 ─────- .        `ヽ ____   《
.           / / ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .! !   ≫  おお、今の警備は衛宮さんでしたか。
          / / ∠rー、        | |
.         / /_〃/___}_____」 |ー‐-
   "~´ ̄ ̄   \廴_/            ̄|   |
.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |            ⊂⊃  |   |
   -─-      |                  |___   :|
. /:::::::::::::::::::::\   :|                  l:::::ハ  !
../:::::::/冂\:::: |   |                  l/ Ⅵ |
:::::::::/\| :|/',:: |   |                  | :| |_/
::::::::|\   /|:::| ⊆|_________| :| |
::::::::|:::: 〉 〈:::::|:::|  ̄|   _,.   -‐   ̄∨/::八_ノノ
::::::::|/   \|:::l‐‐┘~´         `¨¨¨¨´
:::::::::',/| :|\/:::;
:::::::::::\|_,|//
 -------‐
※ 心の綺麗な人にはトラックの運転席部分に見えます。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあだからと言って警戒を解くつもりは毛頭ないが、まんべんなく周囲を見渡していると、
| 一台のトラックが街道上を接近してきて、シャナのすぐそばで停車した。
| ここまでの移動にも使用した、警邏隊の兵員輸送トラックだ。
| 運転席の扉が開くと同時、歩哨に立っているシャナに向かって声がかかる……
┗───────────────────────────────────────┛
7721 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:51:16.14 ID:z42CmnSO
                          / : : : :,、: : :,/: : : : : : : ゝ
                       }: : /^´ `"⌒"゙´^"'-、:: :`ヽ
                       ノ:.:/ /,   _,  j       iヽ: : 〈
                         ): ::} 斗ャ≦〈  ゝ≧zx、_ | {: : :7  はっはっは、貴女が立っていらっしゃるなら、
                        フ::j  -=冖 ,  、¬=x`゙ 」: : ゝ
                         ハ}    ´|:   \    }-、}   この時間の南街道は安全ですな。
                          { (:{、     ゙       イ//
                        \} ヽ   ー -'     / :; /                マナガリアスティノークル警部補…… > シャナ
                           从  ヽー――一ァ   ,「{
                           }ノ\  `¨二¨¨´ / イ`く     おお、二度しか聞いてないでしょうに、覚えてもらえましたか。
                      // | ヽ        / :{  |、
                     //   } 、 `'ー―   / :|  |、\__  けどまあ、マナガで構いませんよ。同僚も友人も、皆そう呼びます。
                      /\|  / \       ./ /  :!、\|ニ=- _
                _、-=ニ}\\|   {          / /   |、\|\\\ニ=- _                では、そのとおりに > シャナ
           _、-=ニ\\\|\、./   :{、          /    V\|\\\\\\ニ=- _
        _、-=ニ,\\\\\\!\./ ./\ヽ       /⌒\   V、.|\\\\\\\\\ニ=- ,_ はい。
  _、-=ニ \\\\\\\\、/\]/:| / \   ./\   |\ V.|\\\\\\\\\\\\
. /\\\\\\\\\\、./\\\| \  \/ ,. イ   |\.ヽl、|\\\\\\\\\\\\
/、.\\\\\\\\\\/' \\\|  _>/<_ __    |\\、.|\\\\\\\\\\\\
.\\\\\\\\\\、/\\\\|    〈 C  ̄      |\\、|\\\\\\\\\\\\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 中から姿を現したのは、身長2メートルを超す巨漢……
| この場の責任者と思しき男、マナガ警部補だ。
| 傭兵たちの仕事ぶりを見に、というわけでもないだろうが、彼も車で見回りらしい。
| 長時間の運転で肩が凝ったか、車から降りるとうんと大きく伸びをしている。
┗───────────────────────────────────────┛
7722 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 21:57:37.75 ID:z42CmnSO
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ  それでマナガ警部補、どうしました?
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   何か問題でも起きたか……それとも単に見回りで?
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧         後者ですなぁ……警邏隊もお役所仕事なもんで、
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧           まかせっきりにもできず、こう……形式的に > マナガ警部補
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:| お疲れさまです。
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|   ……ところで
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| うんと伸びをして体をほぐす警部補に、あまり黙っているのも感じが悪いかと、
| 形式的に何しに来たのかと訊いてみる。
| すると彼はああ見回りに来たのだと、シャナの問いに同意する形で答えを返してきた。
| 信頼されていないのでは、と不快にさせないためにか、あくまで形式的にと付け加えて。
| 大きな図体に見合わず、中々細かい気配りが得意な性格な様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
7723 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:05:10.61 ID:t43h3aqK
マナガさん良い人やね
7724 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:06:17.54 ID:z42CmnSO
               ,.. ,. -――-  ..,_
              /:/: : : : : : : : : : : : :``: .、
.          /:/: : : : : : / : : : : /: : : : : : \
         /:/: :, : : : : : :|: : : : :/∧: :| : : : : : :.
.        /:/: :/: : : : : : :|: : : :/  ∨ : : : : | : :.               ところで、助手席からこちらを見ている彼女は? > シャナ
.          |: |: /: : : : : : : :|: : :/ー―-|: : : : /|: :i :
.          |: |/: : : : : : : : :|: :/___二、 |: : : /´|: :| :i      おや、あっさり見つかってしまいましたな……自分の相棒です > マナガ警部補
.        V: : : : ∧: : : : V{{,_j::::::{メk|: : 厶k{ : l :|
        /: : :./´|/,: : : : :代``ノ  |: /_j:{,/: :ハ:|
.       /: :/:八,_|i: \: : :|       |/弋ソ{: / ]ノ ……警部補、そちらが例の?
      // |: :}: :lゝ|i: : :{\乂       ` 爪
.          |: :}: :|: :||i:: :l{ ^⌒    __   /::|                         ああ、柊巡査長の言っていた彼女だ > マナガ警部補
.          |: :}: :|: :| }i : l{`     ` ´/ハノ
.         _|:_:}:_:|:_:|__}i: :l{`\.〕ト- イ: :/      はじめまして、衛宮遮那さん。
       /ニニニ二二}i: :V__〉i}ム}l: /
      /ニニニニ/二二}i: :Vニ\\}l: {、       フジノミヤ警邏隊の、マチヤ・マティア警部です。
      \/-/――<-}i: :.《ニニ\}l: {_\
      /-/ニニ二ニニ\}i: :.《ニニ〉:.{ニニ〉     あまり顔を合わせる機会はないと思いますが、よろしく。
.       /|「/ニニ二二ニニニ}i: :.l{\/}i: l{/|
      /: |/ニニニ二ニニニニ}i: :l{ニ|/}i: l{xく                            ああ、はい……衛宮シャナです。
.     /: :∧ニニ二二二ニニニ}i:.:l{ニV}i:.l{ニ`:、                                よろしく、マティア警部 > シャナ
    /: :/: :{/ニニニニニニニニ}i:.l{ニ]-}i.l{二ニi
.   /: :/: :/{ニニニ二ニニニニニ}i:.{ニニVハニニ}
  ,: : /|: :' :|ニニニニニニニニニニ}i:{二二Vハニ{
 .′:'| |: |ニニ/ニニニニニニニ}i:{二ニニ∨V
 :: :||: :|: :{/ニニニ二二二ニニ}l {ニニニV》,
 |: : | |: :| : }ニニニニ/ニニニニニ}l:i{二ニニニV:》,
 |: : | |: :|: /二二二/二ニニニニニ}l i{二ニニニlV:》,
 |: : | |: :|/ニ/ニニ/ニ/二ニニニ}l:.i{二二ニニ| ∨:》,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一拍置いてから、出発前に助手席に見た少女について、マナガ警部補に問いかけてみる。
| 先程から、助手席の方から興味ありげに眺めてくるものだから、気になってしょうがない。
| そう思って問うてみれば、マナガ曰く"相棒"だと言い、彼が頭をかくのを見て、
| 少女の方から車を降りてきた。
| ……驚いたことに、マティアと名乗る彼女の方が、マナガより階級が上らしい。
┗───────────────────────────────────────┛
7725 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:13:45.80 ID:z42CmnSO
                     _/: : : : : : \rー-、r\:Vイ: :/: : :/: : : : : ::Σ
                7: : : : : /⌒´       ^⌒´ ̄`⌒^ゝ: : : : :\
                  _>: : : : :>                  `ヽ: :、::〈           で、顔を合わせる機会はない、というのは…… > シャナ
                     `Z: /.:/  i                 i 〈: : :\{
                    ∠/: :{   :!        :   i        |  }: :、: く  あー、気を悪くしたならすみません。相棒は口下手なもので……
                  /: : :{    ____ j    { ______     >: :\ゝ
                 }::ハ:<   '"¨二 ̄`、  /'¨¨二¨¨`゙   }:ィ‐v'´  元々自分たちは、凶悪事件なんかの追跡・捜査が専門の部署でして……
                     7.ハ〈    イ以ソ 〕ハ   、イ以ソ`ヽ   7从|ゝ
                    | { |:{       /  |   \、      }{ ):!    今はちょいと、猫の手でも借りたいって、引っ張り出されとるんです。
                  V {_|            |      `     :/ゝ/
                       Vハ ヽ       ′            /「 /                 ……なるほど。先日の件の方が、本業か > シャナ
                __ -=7ハ} :,      ' -=__ -┘      / :|/{\
         __ -=ニ-_/-_,/  :i                    /  | !-ニ= _、__  ええ、そういうことです。
    __ -=ニ-_-_-_-_-/-_-|    |:,   、ー――――――ァ     / |-_-_-_{-_-_ニ=- __
__-=ニ-_-_-_-_-_-_-_-_./-_-_,|   |::.、 、 ` ー‐------一 '  ,  // :!-_-_-_|-_-_-_-_-_-_ニ=- __ だからまあ、街中なんかで、
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ /{-_-_-!   |::: \i、   `¨¨¨¨¨¨´   // /  |-_-_-_|-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-.//|_-_-_j    :、   \  , , , , ,  /:/ :/   V_-_-_|-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_ 見かけることはないだろうって話ですな。
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_|-_-_-|      \   \_____/,/ /     V-_-_V-_-_-_-_-_-_-_-_-_-
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_!-_-_-|      \ \         /         V-_-_V_-_-_-_-_-_-_-_-_-
-_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-,|_-_-_/    /⌒\\ ヽ      //⌒\      :|_-_-_|_-_-_-_-_-_-_-_-_-_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| あまり顔を合わせる機会はない、とある種突き放したようにも聞こえる発言だが……
| どうやら悪気があってのものではなく、本来の職分的に、
| あまり外部の者と付き合いのない部署だから、ということだそうだ。
| まあ確かに、警邏隊や駐留軍の仕事に、
| 外部の人間をかませては機密も何もあったものではないし……
| 彼女の口下手も、ある種そこから来ているのかもしれない。
| ……そう思うと、奇妙な親近感すら覚えられた。
┗───────────────────────────────────────┛
7726 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:15:19.53 ID:3OG7Gsoc
じゃあテロ屋が片付いたからこいつらはもう町を離れるのか
7727 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:18:51.61 ID:z42CmnSO
                          / : : : :,、: : :,/: : : : : : : ゝ
                       }: : /^´ `"⌒"゙´^"'-、:: :`ヽ
                       ノ:.:/ /,   _,  j       iヽ: : 〈  ……さて、あんまり長話をして、
                         ): ::} 斗ャ≦〈  ゝ≧zx、_ | {: : :7
                        フ::j  -=冖 ,  、¬=x`゙ 」: : ゝ  衛宮さんのお邪魔をしても悪いですな。
                         ハ}    ´|:   \    }-、}
                          { (:{、     ゙       イ//                 いえ、いい気分転換になりました > シャナ
                        \} ヽ   ー -'     / :; /
                           从  ヽー――一ァ   ,「{     おお、それは何よりです。
                           }ノ\  `¨二¨¨´ / イ`く
                      // | ヽ        / :{  |、    では、私どもはこれで、また巡回に戻ります。
                     //   } 、 `'ー―   / :|  |、\__
                      /\|  / \       ./ /  :!、\|ニ=- _                       お気をつけて > シャナ
                _、-=ニ}\\|   {          / /   |、\|\\\ニ=- _
           _、-=ニ\\\|\、./   :{、          /    V\|\\\\\\ニ=- _ ええ、衛宮さんも。
        _、-=ニ,\\\\\\!\./ ./\ヽ       /⌒\   V、.|\\\\\\\\\ニ=- ,_
  _、-=ニ \\\\\\\\、/\]/:| / \   ./\   |\ V.|\\\\\\\\\\\\
. /\\\\\\\\\\、./\\\| \  \/ ,. イ   |\.ヽl、|\\\\\\\\\\\\
/、.\\\\\\\\\\/' \\\|  _>/<_ __    |\\、.|\\\\\\\\\\\\
.\\\\\\\\\\、/\\\\|    〈 C  ̄      |\\、|\\\\\\\\\\\\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、あまり長話をしてはお互い勤務態度に難ありと、
| お上にどやされてしまうかもしれない。
| マナガ警部補がほどほどのところで話を切り上げると、
| 二人は元通りトラックの運転席と助手席に収まり、重いエンジン音をかき鳴らす。
┗───────────────────────────────────────┛
7728 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:23:09.89 ID:z42CmnSO
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.∨: : \
.       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∨ : : : :.
.      / : : : /: : : : : : : |i : \: : :\: : : : : : : :.∨:. : : ::
      |: : : :∧: : : : : : : 「\: : \: : :\ : : : : |: :∨: : : ::  では衛宮さん。
      |: : : :| ':,: : : : : :┼―\: :(\: ::|: : : : :|: : :∨: : ::i
      |: : : :| ―\: : : : | ィァ==ミメ、ヽ|: : : : :|:: :: :∨: : |  ……機会があれば、また。
.     : : : :| x=ミ\: : |  {{:::_j(_, j[ | : : /: : : : :∨: |
      \: :V {:j(_,  \|  弋こり   厶イ:|\ : : : : ∨{                      ……ええ、機会があれば > シャナ
       \[弋り            |:.|:.|_ノ|\: : : :∨
.         /|   ,             /: : :|_ノ: : :\: : :\  じゃあ行こう、マナガ。
.        i:.:|i  `           /: : : :| : : : : : /\: : :\
.         |::八    r 、       /: : : : :|: : : : : :|    ̄ ̄                 はいよ、マティア > マナガ警部補
.         |/ \    ̄      /: : : : :/ : : : : :|
          l:\       /: : : : :/ : : : : : : |
          |: : : :ー―┬ '7 : : : : / ̄} : : : : :|
          | : : :_┌‐┴‐/: : : : :./  〈:. : : : :|
          |: : l ̄冂  /: : : : : /__\:. : :|
          |: : |/`i| ./: : : : : /ニニニニ\: |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ウィンドウを全開にした窓からマティアがシャナに向かって別れの挨拶を切り出して、
| それにシャナが返答をしたところで、マナガ警部補がアクセルを踏む。
┗───────────────────────────────────────┛
7729 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:27:33.15 ID:z42CmnSO
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::} ……こわい警官と優しい警官、
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  なんてやるには、ちぐはぐなコンビだったな。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|  マナガリアスティノークル・ラグ・エデュライケリアスと、マチヤ・マティアか。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'    ……まあいい、今は何より、警戒だ。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして走り去っていくトラックを見送りながら、そこに乗っている二人の事を微かに考え、
| すぐに仕事の方へ思考を引き戻す。
| 世辞ではあろうが、この街道は安全だろうとお褒めの言葉をいただいたのだ。
| 相応の働きは返さねばなるまい。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ ショートクエスト【郊外警備】を完了しました。
      報酬として所持金が30円 0銭増えました。

7730 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:29:50.86 ID:t43h3aqK
何事もなく終わったか
7731 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:33:07.07 ID:z42CmnSO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                  く>
         ┌────┐ く>
         └──┬─│
             ┌┘┌┘
             │┌┘
             │└┐
             └─┘

        【その日の夜……】

7732 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:33:21.27 ID:z42CmnSO
                __
               i´ ̄ ̄`ヽ、
            \
            ,.....:::‐'ー―-―‐-..、
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
          ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ……意気込んだのはいいけど、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::: 、::::::::::::::::::::::::::::::..
         ':::.... / /   !:::::::::} !  \ .、..::ヽヽ 結局野良犬の一匹すら出てこなかったな。
       |:::::::::/::::::|::::::/::!::::::: |Ⅵ::ヽ :: ヽ::',::::',マ}
       |::::::/::::::/i:__/}/|:::::::::| リヽ_ト、:::::|::::',:'.リ 弾代もかからなくて、こっちとしては助かるけど……
       |:::::|:::::/´i::/_`' |:::::: リ/ ´リ_`、::ト,:: |:: |
       |:::::i:::/,.ィ笊芯`| :: / ィ笊芯,Ⅵ:Ⅵ!マ|  ……まあいい、そろそろ次の遺跡潜りの準備に移ろう。
       |:::::{/ム 弋zソ }::/  弋zソ /::|リ リ
       |::::/::::ム     / ,       :'::::|
       |::::::::|:::人        u  人:::j!
       |::::::::|:::::{:::>  r‐っ   <::!:::::{:l
       |:::::::::',::::,::::::: | ` ´ |::::::::::::|::::/::
       |:::::::::ム:::::{イ: {     }:`ヽ:::j:/:::::l
       /::::/: :ヽ::|: : :∨  ̄ ∨ : : `/:`ヽ:!
        {::/ヽ、: : :Ⅵ: : : ∨ ¨∨ : : : : : : : ∧
        |/   \\: : : : : . /: : : : : // :.
      {   i   \\: : :.∨: : : ://  i  }
      |  { rー-`-`ー v:- イイ--- , !  |
      /   :. }     `{⌒}´      / |  ヽ
       {    } :.   ,...-',_/- 、     { !   }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 相応の働きをしなくては、などと意気込んだまでは良かったものの……
| 結局街道を通ったのは、組合の送迎車や商売人の荷車位なもので、
| 野盗やミュータントどころか、野良犬一匹すら出てこない平和な有り様だった。
| ……まあ、平和なのはいいことだ。それより、次の仕事のことを考えなければ……
┗───────────────────────────────────────┛
7733 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:34:18.75 ID:z42CmnSO
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

 【備考】
  遺跡内部への車両の乗り入れ可能。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 ヤシロ遺跡(浅) 三級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  霊峰フジを祀る、寺社関係の遺跡。
  遺跡の造りはさほど複雑ではないが、
  警備ロボットやセキュリティが多数生きており、激しい戦闘が予想される。

  ヤシロは漢字で書けば『社』。入り口の柱には他に、『浅』の文字が見て取れた。
  ……ということは、やはり深い何かもあったりするのだろうか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※ 郊外のガラクタ山、郊外警備はショートクエストへ移行
7734 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:38:38.72 ID:z42CmnSO
        /::::::::/:::/:::::::::::::::/::::::::::〃:::::::::::::/}:|::::::::::::::::::::::リ::::::::::::::::::::、::::::.
       ,:::::::::/::イ::::::::::::::::/__:::::://:::::::/:/ j::!::::::::::::::::::::イ::::::| :::::::::::: i::::::::.
         ,:::::::/://:::::::::::/,:::::::`/ヽ、/,:'  /:イ :::::::::::: /:/|:::::::}:::::::::::::::|:::::::::. 遺跡について、大よその情報が集まってるのは、
       ,:::::::{:/:,:::::::::::/:::::{:::::::/{::://ヽ、/:'/::::::::::::::/:/ j!::::/:::::::::::::}::|:::::::,:::
        ::::::::/:::{:::::::::/::/:::|:::/イ羊斥ミ、 / /::::::::::::::/:/__,|:::/:::::::::::::/|/ :::: |::| この二か所だけ。
      |:::,::::::::::|::::::/:{/:::: !/ Y んr ,刈   ,:::::::::::/{/  |:/ !::::/}:/:::|::::::::::}::|
      |:/ ::::::: |:::/:::::::::::::{   {らし::/  /:::::::/  ,.ィ≦斥、|::/::/::::::|::::::::イ/  つまりこのどちらかから、行先を選ぶわけだけど……
       /:::::::::::::|イ::::::::::::::::|   ゞ -゚'  {::::/    ん:::刈 〉}/:::::/:::/!::::://
.      /::::::::::::::::::|::::::::::::::: |       /     {らしソ {/::::::/::::/ |:::/
     /::::::::::::::::::/|::::::::::::::: |          ,     ゞ-゚' /::::,.イ::::/ }:/
.    /:::::::::::::::: /:::|::::::::::::::: |                ,:'{://:::/   '
    ,:::::::::::::::::: /:::: |::::::::::::::: |\       (__v        /::::::::〈/
.  /::::::::::::::::::/::::::::|::::::::::::::: |    、     "       イ::::::::::::イ
  /:::::::;::::::::::/::::::: ィ|::::::::::::::: |     > __  .....::::::´::::::|::::::::::::::|
. /::::::::/::::::_/---' : |::::::::::::::: |       /::::::|::::::::::::::::::|::::::::::::::|
イ ̄: 、\´: : : : : : :|::::::::::::::: |        /: `ヽ::::// ̄ ̄ =---  __
: : : \:\ム: : : : : :.:|::::::::::::::: |     ___{- 、}: ∨,'             ̄ ̄ > 、
: : : : : ヽ: マム: : : : :.|::::::::::::::: | \/: : ,. -- :}∨/                   ー=-、
: : : : : : :}: :} i: : : : :|::::::::::::::: | : : \// ̄∨/                         `ヾ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| クーデリアに来客中は隠しなさいと厳命された遺跡情報のファイルを、
| しかし今は来客どころか同居者すらいないため、清々と机の上に広げて眺める。
| 四級の車両系遺跡か、三級の対警備ロボット戦かの二択で、次の仕事を選ぶわけだが……
┗───────────────────────────────────────┛
7735 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:41:21.57 ID:t43h3aqK
次ターンはベイが不在だしヤシロ遺跡は次に回すべきかな
7736 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:43:31.68 ID:5jUDj6Ni
そうだな。そもそもまだ3級とかおいそれと挑みたくない
7737 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:46:02.10 ID:z42CmnSO
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.  ……明日からしばらく、ヴィルヘルムは街にいないんだよね。
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::} 他に同行を頼める三級スカベンジャーなんていないし……
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ  となると、行先は大口の遺跡で確定、か。
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{  `ヽ
      /  ,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    }
     {   ,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    |
     |   ∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|    |
     /    } :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|    {
     ,     | :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|     ',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 生憎、唯一の三級スカベンジャーが【次のターン】はお休みの為、
| 三級遺跡は自動的に選択不可である。
| シンも三級といえば三級だが、彼はマーセナリーなので遺跡探索の等級条件は満たせないし。
| ……というわけで、行先は自動的に大口の遺跡で決定である。
| ベイをお休みにしたりとか、スレ主の露骨な誘導が見て取れる()
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択肢が実質ひとつの為、次ターンの仕事は【大口の遺跡】で決定しました。

7738 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:47:08.69 ID:z42CmnSO
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》

                                       END.
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■







□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                 5th Turn 《クルマ》

                             In The Near Future...
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
7739 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:51:17.90 ID:z42CmnSO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
7740 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:51:28.42 ID:z42CmnSO

             《ステータス更新》
7741 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:51:49.12 ID:z42CmnSO
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 996 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
.            銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
.            耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープを装備。
  45口径拳銃      .……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサーを装備。
  軍用マグライト   ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個) 【爆発物】

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト...……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:1 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:5 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:1 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
                Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。


 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
.            数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
.            対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
7742 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:52:09.37 ID:z42CmnSO
                《フレンドステータス》

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

 クーデリア・フォイエルバッハ

 フジノミヤで活動する新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。
 身長の話題はタブー。

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 クーデリア・フォイエルバッハ 【年齢】 15 【出身】 シズオカ

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C  体力:C  俊敏:C+  知能:B-  運勢:B+

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 【所持品】
 ・武器
  45口径リボルバー拳銃 ……【サイズ:S】 中折れ式の旧いリボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                     アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃     ……【サイズ:S】 貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  45口径短機関銃.    ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
                     ※ シャナの装備から流用。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)

 ・防具
  バトルドレスSS ……少女向けの戦闘服。SSはサイズを示す。素のままでは大した性能はないが、拡張性が高いのが特徴。
              9mm.拳銃弾までを防御する防弾性能を持ち、また、若干の耐刃性も……ない、ことはない(実戦レベルではない)
  安全靴.     ……底が頑丈で、滑り止めも付いた靴。特別な加工はされていない。

 ・その他
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              携帯には便利だが、本格的な工具セットよりは性能が劣る。
  低性能PDA..  ……性能の低いPDA。メールの他に、簡単なハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。
  ペンライト...……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 【技能】
  格闘術   Lv:3……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器     Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲     Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  回避     Lv:3……戦闘における回避能力。足場などが悪いとうまく動けない(【軽業】の下位互換)
  危険感知 Lv:1……敵の襲撃など、危険に対する動物的な直感。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。

 【特性】
  天性の冒険者 ……名前の通り、生まれついての冒険者。いわゆる天職と天賦の才。
.                スカベンジに関する技能の習熟に才能を発揮する。
  Cリロード     ……クイックリロード。リボルバーなど、バラ弾の装填に慣れている。
.                通常よりもリボルバーリロードや、マガジンへの装弾が早い。マガジン交換に効果はない。


 【装備制限】
  45口径リボルバー拳銃を固定装備する。
  他に【サイズ:M/L】の装備をそれぞれ一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
7743 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:52:55.39 ID:z42CmnSO
  【NPCステータス】

                          / ̄ ̄\
                        /  /    ,\
                         (●)     \
                        (人___)       |
                        |!ilili!|      入
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
              /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
          .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
          /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
          `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                      |_∟フ 天_ └=ァュノ
                      下-‐"__ ̄`"''f_

  入即出やる夫 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないが、経験豊富で技術は幅広い。
 気質は善良で、新人スカベンジャーの指導を買って出ることも多い。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……5.56mm.突撃銃にアンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                      フラッシュライト、ロングマガジン、高性能光学スコープ装備。
  単装グレネード投射器    ……専用のグレネード弾を発射できる装備。
                      アンダーマウントレールに装備可能で、上記5.56mm.突撃銃に装着中。
  工具用単分子ナイフ
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各2個)
  グレネード弾(破片 2発)
  携行爆薬(小)

  銃器    Lv:6……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:5……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:5……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  統合知識 Lv:7……遺構知識、機巧知識、生物知識の複合技能。
               遺跡や自立機械、突然変異を含む生物に関する知識を持ち、考察できる。
  爆発物取り扱い……爆薬や爆発系の武器を適切に扱うことのできる技術・知識。
                   携行爆薬や一部の爆発武器の効率的な使用が可能になる。
7744 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:53:12.82 ID:z42CmnSO
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 3級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば3級の中でも上位に位置し、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃.               極めて頑強であり、また膂力にも秀でる。素手で殴っても金属板に穴が開く。
  ┗【カズィクル・ベイ】 ……義体腕部に搭載された内蔵式パイルバンカー。
.                   リーチは短いが、極めて高い対装甲攻撃力を有する。1ターンに2発のみ使用可能。
  45口径短機関銃..  ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。

  格闘術     Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器       Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器     Lv:5 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間が単独では使用できない武器を使用できる。
  対装甲火器 Lv:5 ……パイルバンカーや対物ライフルなど、対装甲用の大型火器を扱う技術。
                  この技能で対物ライフルを使用する場合、判定に【銃器】技能は乗らず、また狙撃銃として使用することはできない。 
7746 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:54:09.34 ID:z42CmnSO

  【NPCステータス】

      __                   { 、_、
      (∧                 , ニニ`:`ヽ\ . ィ
   .   Vヘ            iー/'一:::::::::ゝ三Z_:゙i:::l  _
       Vヘ __         >‐:::::::::::;∠:::ィ::/ムz::レツ
   .     ヘ.V /lヽ.        /≠´::::::::/ftメyソ:ィ:ィィN::{
         ヘV、.∨       `フ:イ:::从  ´, 式ツ::::〈
          ヘヘ.∧       -"-ァ{ヘ  ,r'⌒} 彡'::::l::}
           ヘヘ∧__        /ッv¬ `ミ ′イア/l'′
              ヘヘ | l、  / ̄` 二ニ__l|`¨ フ从.¬
            `TT∧ {: : _: :l r‐| :  ̄Kl,  ソ
             | |∧ヘ//:ノ ゝ \: l レ'ト.∠_
             /∧〈ヘヘく/:.ィ:.:.:.:、  丶/ Vト`ヽ.
              // l∧rhヘ´,r‐:.:.:.└、/   `ヽヽ !
   .         〈〈  ,lfニニ)VY、:.:.:.:.:.:.:.:.:.|| ̄ ̄i三l.r:l |
            VV/ゝニソハ ヘ 、:.:.:.: :.:||:.:   :.:.:.///
             `7: : :|、l ヘ lヘl:.:.:.:.:. ||.    f:.f l}
                {: : : ヽソ ヘヘヘ:.:.:.:.:.:.||    |:.ゝ|
              ゝ<ノ   ヘ` l:.:.:.:.:.:||:..   l:.: l
                       l f|:.:, --lッ¬‐、_\ヽ
                       `く彡'´ ̄ヾ.土r‐lく: ヘ

  シン・アスカ 3級マーセナリー

 フジノミヤで活動するフリーのマーセナリー(傭兵)。装甲スーツ等を使う正面戦闘が専門。
 探索系の技能は持たないが、生身、装甲スーツ共にバランス良く高い戦闘能力を持つ。
 彼はスカベンジャーではなくマーセナリーの為、他のキャラとは同行条件が異なる。


 【同行条件】
  ・4級遺跡・依頼では50円、もしくは100円。3級遺跡・依頼では125円で雇用する。 ※
  ・100円以上での雇用の場合、装甲スーツ【ジン】を使用し、同行する。
  ・探索成果からの分け前の分配は不要。
.   雇用費は上記の通り一律だが、味方が著しい損害を被った場合危険手当として報酬の増額を要求される。
.   (著しい損害の例:誰かが戦闘不能になる、装甲スーツが破損する、等)
  ・3級スカベンジャーと同時に同行を頼むことができる。

  ※ 初回に限り二割引で同行を依頼できる。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  7.62mm.突撃銃. ……大威力の7.62mm.ライフル弾を使用する突撃銃。装甲目標には効果が薄い。
                    アクセサリは遺跡や依頼によって異なる(例:遺跡ではライト装備、潜入ではサプレッサ装備、など)
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                    アクセサリは遺跡や依頼によって異なる。
  装甲スーツ【ジン】 ……中装甲スーツ。遺跡からの発掘品をレストアした機体。
                    パワー・装甲・機動力、いずれも高水準にまとまった典型的な中量級の装甲スーツ。
                    詳細は別シートで。

  格闘術   Lv:6 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:6 ……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:8 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃、狙撃銃、対物ライフルを使用可能。
  狙撃     Lv:4 ……狙撃銃、対物ライフルなどを使用して長距離狙撃を行う技術。
  重火器   Lv:6 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間が単独では使用できない武器を使用できる。
                携行使用は装甲スーツ搭乗時に限定される。
  装甲歩兵 Lv:8 ……装甲スーツに搭乗・操縦し、戦闘を行う技術。
  指揮     Lv:3 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
                シンの指揮は戦闘においてのみ作用し、またシャナの指揮とは重複して発動しない。
7747 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:54:22.65 ID:z42CmnSO
  【NPCステータス】

          `ヽ、 \  i____!.       || .:::i|     /'   , ' ,. - ' ´
    `` 丶 、 、  `ヽ\l!:::::|      ,|| ,ィ、i!    / /,.. - ' ´, '´
    ,r-、';、 `ヽ`丶、. l! :|‐- 、 ,. ' ´ |´ |:::!'、 _,/  ´_ ,... - '-;:ォ
    1/ '>; 、 ヽ `l! :|、 ,.ィ ,、  |r'"i;! ヽ,.> ‐ ' ´  ,.>,. ''" |
    ト- '.ィ' ヘ、ヽ,' ヽ,l!__:|,.`ヽ' | ,丶、ヾ ' ,.ィ,ト丶.、 、 ,:´ '´  i,、 !
    `'<   ,. -‐〉'r─-二,'i=,'i ! `ヽ、i,. ',.イ |〉 丶_ヽ、 ,. '´ /!、、
     l丶、r' r' `// !:::::::::::::ト,'i !、 ` v`='v' ´;//  /`!/ i '´   ,/ ヾ、
     ',  ,'| //,.-;::ニ::;,ヽ'!'i ヾ>〉-,/イ ,ゞ-`〈、`〈.ー}‐'´  ,/   ヽ
      ',  ! 'i,./ ',r'´,... .., `ヽ 'i  ヾ'エ'イ'´ヽ   ヾ、_!'i |   /__,,., /
    ,. -' `'//´,i ! .,'    ヽ. 'i 'i   \  ヾ、 ,' ヽ ヾ /´   |
    /`丶、!/' ! l {     } ,! l    ヽ  ヾ、   ヽ// '!   |
   ./'   /  ,.'、'、ヽ、___,.ノ ,ノ ノヽ 、 __ }-‐''iヽ,.. ‐'./    !'i_,.....,_! /
      ,'  , '  ヽ.、`ー--‐''´/ヽ ` ''   ソ   },.'´ ,r'    ノ 'i;─ヽヽ
      !  ;   r"| `ー-‐'7!,  |    /   //  /,、.. - 'イヾ  ,ノハ
    /'! ;  i´| | ̄ ̄ ̄i'|  /    /  /./ ,ィ' >r.、ゝ'´ ヽi〈   l,
   /  '、 ', | !、` ── ' ,! /' ──,.'-‐ノ,'ィ'´,rイ'ヽゝ‐ヘ ,. -'ゝ  ,〉
        ヽ、| | `l   l'´,/   /''' ´ヽ/;//-''  \  `ヽ '´ ,.-'´ヽ

  装甲スーツ【ジン】 中装甲スーツ

 マーセナリー『シン・アスカ』の所有する装甲スーツ。当たり前だが、彼以外の人間は使用できない。
 重火器の使用を可能とするパワー、7.62mm.弾を完全に無効化する装甲(12.7mm.弾にも耐性有り)、
 ブースターによる三次元機動といった、装甲スーツらしい性能を高水準に備える。


 【装備・機能 一部のみ抜粋】
  12.7mm.重突撃銃   . ……大口径の12.7mm.機関銃弾を使用する装甲スーツ用突撃銃。装甲目標にもある程度有効。
                   口径に比して取り回しが良く、機動戦闘に向く。重いが、辛うじて生身で扱えないこともない。
  対戦車携行ロケット砲. ……携行式の対戦車ロケット砲。装甲目標に対して極めて有効。
                   一度の依頼中6発まで使用可能。一発撃つごとに弾薬費として5円雇用費値上げ。
  物理ブレード『重斬刀』 ……その名の通り、重量で叩き斬る物理ブレード。
                   切れ味は単分子刀などとは比べるべくもないが、とにかく頑丈。対単分子コーティング済み。
                   その重量から、生身で扱うのは極めて困難。

  サポートAI(低級)     ……機体の状態等をガイドする機能を持ったサポートAI。
                   低級AIの為、AIによる思考・判断や機体制御の補助はできない。
  ブースターパック    ……背部に装備された大型ブースター。
                   機体に高い機動力を与え、短時間であれば飛行も可能。
  戦闘用装甲スーツ    ……純戦闘用に調整された機体。
7748 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:54:38.45 ID:z42CmnSO
  【NPCステータス】

           ,     ̄ ̄ ̄` ‐- ._
         /             ` 、
        /                    \
       /                    ハ
       / /        / ハ   、   ヽ  ',
      .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
      .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |  ,イ     ,ィ
      .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  ! ハ|    ,イ/
      .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  ! .ハl   ,イ /
      .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l .ハil   .///     , イ
      .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l ハ ll  ///    .,イ./ ,.ィ
      .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l〈ol | /,//    // ,ィ /
      .l   !    !     __ _    ./ l  l./ {,⊥}´'イ  ./,/ /,/
      .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  /`/:::::/ {‐、/´,/ /,/
      /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ! /:::/:::::::':':::::/' ,r'_/,/
     .//   >l  ∧i|== i r_'1_    ! .{:::/:::<^ヽ、::::`´:/,ィチ'
    // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl |::::::__ノ,r^i}. ヽ;:::´ノ
   .// ./      ∨ .∧=,ヽ__,〈V〈  l .l:::::| {{_,ン .r'::::::/
   .// /      ヽ∨ ∧', 1   ヾl:l`ヽl,r┴...、`ヽ、/:::/
  // ./        ヾ、  l  l    /:::l,∠:::::::::::::::ヾ、__/
  // ./          ヽ l  l_/__./   `ヽ:::::::::::ヽ>
. // /           ヽl  |´ヽ/ /     `ヽ::::::::ヽ.}


  チンク・スカリエッティ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロスカベンジャー。
 新人の頃にやる夫の教えを受けた、いわゆる『やる夫教室』の生徒でもある。
 隠密行動とナイフの扱いを得意とする一方、正面戦闘はやや苦手。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用としてある程度の強度を持つ単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。
                    戦闘での使用は想定しておらず、戦闘使用すれば十中八九折れる。
  コンバットナイフ×2 ……頑丈さが売りの手持ち式ナイフ。単分子カッターではない。戦闘・工作どちらにも使用可能。二本所持。
  投げナイフ30本   ……ポーチに入った投擲用の小さなナイフ30本セット。
                  柄が小さく、近接戦闘や工作には向かない。また、単分子カッターではない。
                  回収して破損がなければ再利用できる。破損・紛失したものは次のターンに補充済み。
  9mm.拳銃.      ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する拳銃。
                  アクセサリにサプレッサー、ロングマガジンを装備。
  9mm.短機関銃    ……低威力の9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。
                  フラッシュライト、ロングマガジン、サプレッサーを装備。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:3……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
              拳銃、短機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  隠密    Lv:4……息をひそめ、姿を隠す技術。自身の気配を殺し、隠れることに秀でている。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  ナイフ使い   ……個人的な資質として、ナイフの扱いに秀でている。
               格闘や投擲などにナイフを使う場合、達成値に更にプラス補正。
7749 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:56:22.45 ID:z42CmnSO
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A-   (本当に、放っておけないんだから……)
   やる夫.    ……C-   (強い子だけど、ちょっと危なっかしいお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……D     (いい奴だな。同窓生だし、仲良くしたい)
   シン       ……E+   (将来有望な顧客、ってとこか)


   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D+   (お仕事、お疲れ様)
   スカサハ.    ……C-   (将来に期待の持てそうな器だ)
   リッカ.       ……C     (昇級おめでとう、アナグラをよろしく!)
   リリィ       ……D+   (昇級おめでとう、ガンバレ!)
   ダリアン    ……E+   (まあ、精々期待しておいてやるのです)
   愛歌..     ……E+   (お姉ちゃんって呼んでいいのよ?)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
7750 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 22:56:45.64 ID:z42CmnSO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

7751 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:57:20.14 ID:i5Knax4V
追いついたら投下終了おrz

乙ーー! 警部二人には今後も会う機会があるんだろうなぁ…
7752 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:57:47.08 ID:3OG7Gsoc
真面目に何でマーセじゃないんだ?>ベイ
兼業も珍しくないが
7753 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:58:28.16 ID:3OG7Gsoc
おつ
7754 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 22:58:44.45 ID:K5DOLCtO
戦闘力を傭兵機構に証明できない理由でもあるとか…?
7755 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 23:00:47.06 ID:z42CmnSO
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……ちょっといつもより早いですが、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       いやー、最後に怒涛のステータス更新でしたね。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     ぶっちゃけシンの(仮)外し忘れ以外にも抜けがあるんじゃないかと、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  正直スレ主気が気じゃない……
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  何かあったらそっと教えてくれていいのよ……?
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li. (実はリッカの好感度が完璧ミスってD→Cに一気に上昇しちゃってるんですが、)
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ (気付いたのが次回投下終わった後だから修正できず、そのままにしてるのは秘密)
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
7756 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/03/11(土) 23:04:32.89 ID:t43h3aqK
乙でしたー
ここまで来るまで長かった…
7757 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/03/11(土) 23:05:34.06 ID:z42CmnSO
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  次回の投下予定はちょっと未定ー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !.  5th Turnはショートクエストに重要案件入るので、
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉. 早めに投下したいんですがねー。この辺リアル事情だから……
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \  それに、5th入る前に幕間も一回あるし。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }     幕間の内容は見てのお楽しみですよー。
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /       あと、明日辺り多分幕間とか小ネタってほどですらないプチ投下(?)やるかも。
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、    こう、やる夫さんの装備教室と似た調子の。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ   さてさて、今日はお休みまで時間取れそうだし、
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l     質問とかあったら訊いてくれていいのよ?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3018-5d77643a