情報部シャナのスカベンジ日誌 7th Turn 「ガードロボット」その9

3939 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:03:35.39 ID:38TFLJCm

        ________
    コソー   |\     \      \            ういさー、そいじゃあお待たせしてしまっていることだし、
          |  \     \     \
  _____|   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|____      ちまちまやっていきたいな、てんこー!
.  \    .\  |   静岡みかん  |    \
.   \    .\|________|      \ 書き溜め? ……すごく、一撃必殺でした。
        ̄ ̄ ̄                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
3940 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:05:16.06 ID:5xnG1MHF
ノ これが俺のデウスエクスマキナ!
3941 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:11:02.78 ID:ud1UFEBE
3942 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:14:22.52 ID:/0iN5wQj
3943 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:16:44.36 ID:38TFLJCm
       l^丶     ヒョコ
       |  '゙''"'''゙ y-―,___
     /ミ ・ ω ・  ,:'  / \  うい、三人揃ったな!
    / ミ==[==]=l===ミ/  /
  /| ̄ ゙̄u" ̄ ゙̄u'" |\/|     そいじゃあ今日は白い子の頑張る戦闘だ!
    |  静岡 みかん  |  /
    |____________|/      ダイス神の機嫌がすっごい不安だけど、いったいどうなることやら……
       ゙U"゙''~""'U"
3944 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:16:57.40 ID:38TFLJCm
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
              7th Turn 《ガードロボット》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3945 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:17:25.83 ID:38TFLJCm
                                          / ̄i´¨.>、
                                     .ィ、 /ヽ,ィ1 i l
                            __     __ lr 、ハ リ1i i l!.l!
                           _>'’ ヽ ヽ.  ///ヘ、- ィヘiィ//
                            /´i>=、   \ヽ. ソ',.'   ハー∨`'・’                      散々もったいぶって単騎で出てきた割に、
                         /二ハ__.ソ__.ィー=ユ,  / i ',ート,                    一撃でぶっ倒される重警備ロボットがいるらしい >
                     /三/  i i i rュ、   トェ、// ハ リl l ___ ____
                    ‐‐`i.イ  .l i i i/ ̄ ̄ ̄\い>`/ .7>'’  7三三二ニ∨ グハァッ!(吐オイル
                   .>'’ l .l>`'・ 、 トェュ/ .____/.ィ=、.仁l i    人ソ ̄ ̄ ` l
     rュ.             l .ィ≦! .l___i`rユ./ /二i―i二iハ ィ .ソ  i   .ィ’ . >ヘ   l     まあ狙撃の必要もない近距離で、対物ライフルぶっぱなされたら、
     ∨.ヽ         l l二 l! .!O  ハュ、/ /ーァ i≡≧l 〉ュr‐(   ',  リトァ' .i /   l!                   警備ロボット程度じゃ普通耐えきれないよ > シャナ
. i´.'.,.  ∨ \.       l l─ l! .!ー─<>}イュ、〔 三Ⅵハ三二lハ  .ハ//ト、_ ',   /
. ∨ \ .〉、   \    rl `'  l、_  l二ソ lk'`><> ., 二>'',,./ `'      ̄          ……現状、バトルジャンキーと傭兵しか装備できないしね、あれ > クー
  ∨ハィハ .ィヘ   \   /`丶、`丶、二三二 / ヽ.    ' ,. / /(_/
.   ヽ    ヽ ヽ   〉-l ハ >ュ、トュィlr lil r‐= / ..`〃 / , '  ` --. . ゙  ‐‐─ ‐‐______ - _             それにしたって装弾数10発もないし…… > シャナ
    \   ヽ ヽィ'´ >〉 Ⅵrイ ハ≧≦ニl  lri≡ヘi   ..‘ ´  _ ニ ── ─── ─── ─── ──
.       \ / >'"ヽ `rュ、リ彡ヘ ∨∧ .!  !/ハ!   .' 、丶  、 ヽ- ' ,, ─ ──‐   ̄ ̄  ̄ ̄  ……装弾数100+他の火器同時運用可能って何そのチート > クー
         .イ /,     ヽ〈、リ、  ∨ ∨∧リ  トイ iヘ  .' 、 \ \ ヾ丶`
       ヾ.'>イハ     〉ハ リ、 ヘ ∨ーィ二二二ヘュ.__/...`  `
         ヘ/ lrュ≦>‐〈 リ、≦∨ 7 (__) _/> 、ハ    ハ
            ヽ.ィ   〈'’ 彡、∨.ハヘ/ 7    / @ハ. リノ    ハ
             〉ヽ. ∨ 彡〉 〉ー〈 ∨ィ    / i O l/'´ ハ    /`ヽイ`ヽ
            `>'、∨>'’ r.'「 !、 `ー‐l  ≧リl    i!、 ノ  .>'’/ lヘ
               ヽ. >イリ l l \rーハヘ`ヽ〈 ヘ   /´>'’ /   l ∨
                 ゝ ィ  ヽl   ハ く    l ∧、r'´ァ、ヘ/      /  l
                      ト、`ヽ.     .>l!  ハト. ィ'     / /
                        >ュ、 _.>'’`ヽハ   ∧      / /
                                   〈 `ヽ .\.  /__./
                                 `' ’   `´
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 遺跡の最上階へ向かおうと、渡り廊下を進むシャナ達一行。
| けれどそこで警備ロボットたちによる挟撃を受けて、レン、狛ちゃんのコンビと、
| シャナ、クーデリア、電の三人とに分かれて、前後から迫る警備を迎え撃つ。
| そして背後から迫るアイアンコングと、シャナ達は正面から相対し……
| ……50口径の一発で、あっさり撃破せしめるのだった。……一撃だ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>3125-3126

      同行者:クーデリア   >>3118   電      >>3119

      ゲスト   :レン      >>3204   狛ちゃん >>3205

      好感度一覧        >>2777

3125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:12.98 ID:Gstn/0u+
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 495 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:2 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  軽量重装甲合金板……軽量かつ頑強で、排熱にも優れた旧文明の装甲用合金。
                      【素材アイテム】持っていれば、何かを組み立てたり、作成するのに役立つかもしれない……
3126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:25.13 ID:Gstn/0u+
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  金属板 ……何の変哲もない車両用の金属板。特別な防御性能を持たず、戦闘には不向き。
           拳銃弾程度であれば弾くこともあるが、ライフル弾以上の攻撃には無力。
  幌     ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
           また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  軍用スコップ     ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
                予備用の道具。
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×4 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】
3118 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:07:08.75 ID:Gstn/0u+
                《フレンドステータス》

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

 クーデリア・フォイエルバッハ

 フジノミヤで活動する新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。
 身長の話題はタブー。

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 クーデリア・フォイエルバッハ 【年齢】 15 【出身】 シズオカ

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C  体力:C  俊敏:C+  知能:B-  運勢:B+

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 【所持品】
 ・武器
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……【サイズ:L】 アンダーマウントレールをを備えた5.56mm.突撃銃。レール用アクセサリを装備可能。
                          アクセサリにレーザーサイト、ロングマガジンを装備。
  5.7×28mm.PDW     ……【サイズ:M】 貫通力の極めて高い、5.7×28mm.高速弾を使用するPDW。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、サプレッサ、フラッシュライトを装備。
  5.7×28mm.拳銃     ……【サイズ:S】 貫通力の高い5.7×27mm.高速弾を使用する拳銃。装甲目標に対して有効。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  45口径リボルバー拳銃 ……【サイズ:S】 中折れ式の旧いリボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                     アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  ハンドグレネード(破片・煙幕・チャフ・EMP 各1個) 【爆発物】

 ・防具
  バトルドレスSS ……少女向けの戦闘服。ちなみにSSはサイズのこと。高い拡張性が特徴。
              7.62mm.ライフル弾までを防御する防弾性能と、簡易ながら防刃性を備える。
  安全靴.     ……底が頑丈で、滑り止めも付いた靴。特別な加工はされていない。

 ・その他
  ペンライト     ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  低性能PDA..  ……性能の低いPDA。メールの他に、簡単なハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              携帯には便利だが、本格的な工具セットよりは性能が劣る。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。

 【技能】
  格闘術   Lv:3……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器     Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲     Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  回避     Lv:3……戦闘における回避能力。足場などが悪いとうまく動けない(【軽業】の下位互換)
  直感     Lv:3……探索などの際、どこが怪しいか、なんとなく分かるような気がする。いわゆる勘。
  危険感知 Lv:1……敵の襲撃など、危険に対する動物的な直感。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:4……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:4……壊れた機械を修理・整備する技能。

 【特性】
  天性の冒険者 ……名前の通り、生まれついての冒険者。いわゆる天職と天賦の才。
                 スカベンジに関する技能の習熟に才能を発揮する。
  Cリロード     ……クイックリロード。リボルバーなど、バラ弾の装填に慣れている。
                 常人よりもリボルバーリロードや、マガジンへの装弾が早い。マガジン交換に効果はない。

 【装備制限】
  45口径リボルバー拳銃を固定装備する。
  他に【サイズ:M/L】の装備をそれぞれ一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3119 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:09:17.25 ID:Gstn/0u+
  【自動人形ステータス】

          ___________________
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
          l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l
         l: : : : l l ̄ ☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _ ̄ ̄ ̄ ̄l l : : l
        l: : : : l l     '''''=-、、  l l.    フ ト  <ヽ  l l: : : l
        _l: : : : l l. i! ''''==┼   >)      /___l^l,_l」  l l: : :.>=、
        」`{: : :.l l i! .<二>/   { <    , -―-、 {.(フ.lー'   l l: : :},=┤
       「`┤: :l .l ..   7    \  ( <ノ/`ヽヽ.ー ' ,, ''''' ,l l: : ¬/
       /「: : : l .l     '  ☆     ー'  ノノ ,,''      l l: : : : :l]
      〈:l: : : └==================┘ : : : l
       ノ: : : : : : : : :_____________: : : : : : :: : :__l
       T ̄ ̄ ̄ ̄T/:: :: /l::,,:l_l:: :: :: :: ::‐l--l:l,,:: :: :: :: l ̄ ̄ ̄ ̄/
        ヽ、     l:: :: /´l:: ::l ヽ:: :: :: :: ::l  l::l ミ`:: :: :l    ∠l´
   , _     ∨、    ヾ、l  、::l  マ:: :: :::ノ  !i .l:: :: ::l   ´ .ノ
  <::::::> 、   ∨`     l. ェ==≡ ヾ:: :/ ≡==ュl:: ,::リ.    /
/`>、`ヾ、:::::`ヽ、 l      l              l:ノ::/    /
`ヾ、:::`ヽ、`ヾ、:::ノ`i     lム、 ''''''   r  ̄ ̄ヽ '''''' ノ:/    /
   ` <::::`丶、`ヾl      l:::ヽ   l     l   /:/    /
      `ヾ、ノ::::`:l、     }:: ::l、   ー―‐'   /::/    {
    ___>、:::::>、    l::::l 三ニ ― ニ三 {::{     }
    l三三<´ ̄lll_,>、   .l::l lヾ、ニ===ニフ/l::l    ノ
    l三三ニl==lll= ''´(.  ノ::l l.Lヾ三三三//l:l  /

 電

 有澤重工製試製お手伝い型自動人形。マスターはクーデリア。
 開発には彼の日本IAIより、侍女型自動人形のデータが提供されているらしい。
 ロボット枠として人間キャラとは別枠で同行を頼めるが、彼女の場合クーデリアの同行が必須。

 「お手伝い」をする子供らしくいろいろこなせるが、若干どんくさい……
 この個性が、ああIAIの技術提供を受けたんだなと、見る者に奇妙な納得を抱かせる。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 電  【分類】 お手伝い型自動人形  【製造企業】 有澤重工

 【マスター】 クーデリア・フォイエルバッハ

 【能力】(自動人形基準)
  頑強性:B+  破砕力:B  精密性:C+  俊敏性:C-  応用性:B-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  生体自動人形   ……蛋白質で構成される肉の身体を持った自動人形。修理には自動人形用の生体部品を使用。
                 →極度の損傷(四肢欠損等)でなければ、『アナグラ』で十分な修理が可能。それ以上は一回お休み。
  性格:無垢     ……成長の余地を秘めた、純真無垢でまっさらな性格。現時点では頑張り屋の子供に近しい。
  背部武装ユニット ……背部に背負うように装着する武装ユニット。武装ハードポイント3枠を有する。
                 搭載している武装は、両手を開けたまま使用することができる。独自ルーチンにて運用。


 【装備】 装備制限:手持ちは『【サイズ:LL】以下の装備を一つまで』、もしくは『【サイズ:L】と【サイズ:M】以下の装備を一つずつまで』
 ・武装
  歩兵携行用大盾       ……【手持ち:LL】 金属装甲を加工した大盾。12.7mm.以下の銃撃を無効化し、小口径のグレネード弾を防ぐ。
  12.7mm.チェーンガン    ……【ハードポイント:1】 12.7mm.機関銃弾を使用するチェーンガン。
                     弾詰まりに強いうえ装弾数を拡張し、また自動装填装置の装備により全弾撃ち尽くしても自力でリロード可能。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  50口径対物半自動機銃 ……【ハードポイント:1】 対装甲用の50口径徹甲弾を使用する機銃。
                     連射速度は控えめだが、1カートリッジ100発の対物徹甲弾をリロードなしに撃ち続けられる。
                     大型カートリッジ装填、同予備2.装弾数:100。自動装填装置装備。
  テーザーユニット       ……【ハードポイント:1】 射出したワイヤーを介して電流を放出し、相手を無力化する近接防御武装。
                     機体のジェネレーターから電気を引っ張ってくるため出力が高く、一瞬なら警備ロボットなども停止させられる。

 ・防具
  装甲ガントレット      ……金属装甲を手甲足甲の形に加工したガントレット。
                     局所的だが、7.62mm.ライフル弾以下の物理攻撃を完全に無効化する。
                     特殊な攻撃機構などは有していないものの、金属製で固い分、殴られれば相応に痛い。
  有澤重工製乙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。ぶっちゃけIAI製の侍女服のマイナーチェンジ版である。
                     汚れなどを自動で分解し、45口径拳銃弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
                     のだが、防弾性能については、今更な代物である。
  有澤製試製生体ボディ   ……童女の柔らかなぷに肌……と、5.56mm.ライフル弾以下の銃撃を完全に無効化する防御力を、
                     何をどうやったのか知らんが両立させた驚異のボディ。金属装甲形無しである。
                     純粋な強度による防御力のため、刃物など他の物理攻撃にも有効。PS装甲でも積んでんのかおい。
                     頑強性:B+は伊達じゃない! ????「ぶつかって沈む方が悪いのです」
  耐EMP防御          ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。


  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  武装ユニット:A  ……専用武装ユニットによる各種銃撃・砲撃判定に使用。補正値:30
  格闘戦闘:C   ……素手状態での最低限の格闘戦能力。「素手のな!」 補正値:10
  お手伝い:C     ……IAIの奉仕ルーチンの類型。家事手伝いから書類整理まで色々こなせる。効率は気にしてはいけない。
                車両の運転にも一応対応し、普通四輪車を運転できる。運転の腕は若葉マーク。

 ・後付けルーチン 0/3 (適正:遠距離戦闘、及び日常生活系)
  特になし

  【予備装備】
  有澤重工製丙種水兵服 ……自動人形用のセーラー服。現在着ている服を損失した際のスぺア。
                     汚れなどを自動で分解し、9mm.口径弾までを完全にストップする防弾性能を持つ……
  12.7センチ連装短機関銃 ……【ハードポイント:1】 背部の武装ユニットに装備された、二連装の銃身が特徴的な短機関銃。
                          ちなみに12.7センチとは銃身の長さであり、口径ではない。口径はありふれた45口径。
                          火力や射程が不足するなら、素直に他の武装に換装しよう。総カートリッジ:2、装弾数:50。
  三連装グレネード発射機×2 ……【ハードポイント:1】 両腰のあたりに装備される、40mm.グレネード弾を使用するグレネード発射機。
                         三連射、ないし三発同時発射により瞬間火力は期待できるが、経費も掛かる(グレネード弾は有料である)
  カートリッジ(12.7mm.弾)×2
  カートリッジ(50口径弾)×2
  40mm.グレネード弾:6発
3204 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:37:24.57 ID:k1LxDXjd
  【NPCステータス】

        /   /                 \
      , '    /    /   /    /ハi      ヽ (´ ̄`ヽ、
    /   /     /   /  . / /"´ト、  l l l i 〈`ー--く
´ ̄ ̄ ̄ ̄ }   ,. -┤   /  /  l./  l| i、 l l l |  〉 \ }
        r' /   i   l  l   |    l| ll /i l l | ハ\__)ト、
        i/   ,ィ!   i  l   l    l| l|/! l,ィr l リ / 、\__).lハ
   /   .ノ   //    l,. ァr‐‐r-  l| l| i〃i「i |\\ `ー‐、 i }
 /    ヽ //l    イ /i l  il   l| l|ハ ソ!l |  ヽ `ーr く l |
/      〈/.//!     | l. 升r=f`   リ リ  リハ. |    `‐へノ' /
       V//!     l i ぐ寸 /}       〉   l l \  `フ/
\      //,ィ7.    lハ l|`~''         / ハ  >~'´
.  >  ///</      i ハリ         ,. ,イ //´`
``~<//____/       i⌒^'´`ー 、      / /´
.      ̄ ̄ /      /~'´ ̄`ヽ ` ̄ ̄ 7 /
       / / /    /         V リ//
     /  / /   /       /  〉,X ,ィ´~`゙ヽ
      /  / /  //        /ハノil   {    }
   / / /  //         //,.イ¨~`゙ヾ.,._,.,ソ
  / / /    //          /´  {.    ;!
/./ /    //       V/    ゞ,._,.,.ツ


  レン・B・メルティ 3級スカベンジャー

 トチギ地方ウツノミヤを拠点に活動するスカベンジャー。
 ロボット好きな少女で、自分の警備ロボットが欲しくてこの道を志したのだとか。
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないものの、知恵と幅広い技術で立ち回る。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  7.62mm.突撃銃UR ……7.62mm.突撃銃に、アンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                     アクセサリに銃剣、レーザーサイトを装備。
  9mm.短機関銃   ……威力の低い9mm.拳銃弾を使用する短機関銃。装甲目標にはほぼ無力。
                      アクセサリにロングマガジンを装備。
  軍用スコップ     ……塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
  ワイヤーガン      ……先端に鉤爪を備えた牽引用ワイヤーを射出する拳銃。自動巻き取り機能付き。
                      射程はおよそ10m、成人男性一名+装備一式程度の重量に耐え、ラベリングなど移動手段として使用できる。
  マガジンポケット   ……マガジン用のポケットの付いた服やベルトを着用している。
                      予備マガジンの携行数を3→6に増加する。
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各1個)

  銃器       Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  格闘術     Lv:3 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  ┗銃剣術   Lv:1 ……特化技能。ライフル等に装着した状態の銃剣を操る技術。
  投擲       Lv:5 ……物を投げるうまさ。投げナイフ、グレネードなどに使用する。
  機械知識   Lv:6 ……機械全般に関する知識を持ち、考察できる。
  感知       Lv:6 ……自身に迫った危険に対する感知能力。気配察知に近い。
  ┗嗅覚感知 Lv:3 ……鼻がよく効き、異物をかぎ分ける。感知の際に、嗅覚が役立つならば達成値に更に補正。
  指揮       Lv:3 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
3205 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/12(土) 00:38:00.56 ID:k1LxDXjd
  【警備ロボットステータス】

        __,-、_ ハ     o、  o、
      〈 ̄ i`、.:.:ヽ/=i__,-、ヽヽ ヽヽ
       vwvww /  iヽ //`ii ヽヽ ヽヽ
        mimn〈.   l  l l .ll  ヽヽ ヽヽ
        `ー‐'-、ヘ   | i ll、〉〉ヾ ̄ヽ,--ヽヽ
         lヽ一'´ヽ_ヽヽll ‐-/ ̄i`i‐、Hヽヽ
         ヽ、──,' ヽl\\ l  ̄i l__!   ヽ. /7/7
           ヽ__i_/ // / l  l (`ヽー ///
          〈ヽ`ー‐‐一' /  iヽ ̄ ̄ヽ、〉_ |ヽ、/
           ヽ`ー―一'´ ̄ヽ }――'  '-,j l l─! ̄i`
              l;;;;;;;:.:.;;;;;;;;;;:.:.:.:.:.\    ソ}//l  |n 〉
               `‐-ヽ──、;;;;;;;;;;;;;;;`'''''''l___l l ̄i 0〈
              /ー―、_} ヘ`-、ヽ、_|H〈 ヽ-'  l
              〉/ / / ヾ  ヽ_/ O〉ト  i `ー、一〈
             メ メ, ', ' }     / /i |二二l  l l〉
            〈 〈  `ノ   ___/-/〉〉 l-----、 ヽヽヽ、
         ,-,-,-ィ、ヽ、_-、   ///7--、/ 冂冂冂冂 {}{}{}{}i
        〈〈〈〈__ヽ一'´   `ー一'´ ̄. ` ̄ ̄ ̄´
          ̄


 オオカミ型警備ロボット 『狛ちゃん』

 T.トミー社製施設警備用ユニット モデル:コマンドウルフ。
 ウツノミヤ出身のとあるスカベンジャーが連れている、コマンドウルフのセルフカスタムモデル。
 スカベンジのお供にするべく、性能の向上や最適化が行われている。

 ※ こちらのキャラクターは、ロア ◆gROAcb5wtQ氏の作品、
    『白レンは少女娼婦スカベンジャーのようです』からのゲスト登場です。
    なお、同作とは所謂パラレルワールドとなっておりますことを予めご了承ください。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 コマンドウルフ  【モデル】 コマンドウルフ型警備ロボット  【製造企業】 T.トミー

 【マスター】 レン・B・メルティ

 【能力】(警備ロボット基準)
  頑強性:B-  破砕力:C  精密性:B-  俊敏性:B-  応用性:E-

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

  【特性】
  自動成長型AI   ……環境に応じて学習し、自我を発展させる高機能AI。
  獣型警備ロボット ……T.トミー社特有の四足獣型警備ロボット。修理には装甲や機械部品を使用。
                 人型のロボットに比べ、汎用性は劣るが、その分用途特化に仕上げやすい。
  ハードポイント   ……固定用火器を装備することの出来るハードポイント。背部に2枠保有。
  忠犬           ……主に忠誠を尽くす、忠犬ような人格が設定され、育まれている。性別は中性。
                 誠実で人当たりも良いが、アウトローやダメ人間には手厳しい。

 【装備】
 ・武装
  7.62mm.チェーンガン×2 ……【ハードポイント2】 7.62mm.ライフル弾を使用するチェーンガン。二門装備している。
                         連射性に優れ生物相手には有効だが、装甲目標には効果が薄い。
  熱振動徹甲クロー       ……四足獣型警備ロボット用の対装甲近接兵器。クローだけど牙とかも含む。
                         発熱と微細な振動により、攻撃力を向上させている。対単分子コーティングを貫く。

 ・防具
  中量金属装甲++ ……警備ロボットに使用される中量級金属装甲に、増加装甲を追加したもの。
                     通常の装甲より防御力が増しており、ライフル弾でも5.56mmでは貫通は難しい。
                     ただし追加された装甲の重量分、機動力は低下している。
  耐EMP防御      ……自動自閉機能があるのか、対EMPコーティングが施されているのか、電子回路の強度が強いのか……
                     理由は様々だが、この機体はEMPによって電子回路を焼き切られることはない。
  耐ビームコート      ……機体の装甲表面を、黒の耐ビームコーティング剤で覆っている。いわゆるアーバインカラーである。
                      ビームライフルなどの光学兵器に対して、完全な耐性を持つ。

 ・オプション
  複合型視覚センサー       ……カメラによる単純な画像認識の他に、赤外線など複数の視覚センサーを搭載している。
                         煙幕で視界が遮られても、索敵能力の低下は最低限に抑えられる。依然としてチャフは有効な模様。
  スモークディスチャージャー ……自機周辺にチャフ機能付きスモークを発し、広範囲に煙幕を展開する。
                         二発セットで、リロードは人間が行う。ちなみに一発15円と割高な印象。

  【ルーチン】
 ・固有ルーチン(着脱不可、アップグレードは可)
  格闘戦闘:C ……爪や牙を使った格闘戦能力。補正値:10
  射撃戦闘:B ……口径や反動の小さな(銃器相当の)固定火器による射撃戦能力。補正値:20
  獣性:C     ……獣らしい動作やしぐさ。スムーズな四足機動のための補助ルーチン。
               標準的な機動ならCランクで事足りる。
  対人警備:B ……特定の人物……つまりは主人を警護する為のルーチン。索敵能力を兼ねる。
               施設警備ルーチンから換装されたもので、遺跡のスカベンジ同行に最適化されている。

 ・後付けルーチン:追加不可

2777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/04(火) 23:17:58.29 ID:0cvrIZDJ
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B-   (銃火器について、結構詳しいんだおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……C+   (本当に、真面目な人です)
   聖十郎     . ……C-   (変人だなんて、ひどいなぁ……)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……C+   (二人ともお勉強がんばれー)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D     (なかなか見込みのあるやつなのです)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
3946 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:17:46.25 ID:38TFLJCm
                                      __
                      /\/(_                _|_           ー┼‐   i
                  ∨: : ,. -‐:' : ̄ : : : : .-‐'     |冫|冫|   __   /|\   ノ三三    女
                 { : / : / : : : : : : : : : :\     E|ヨ   (ノ  )    ┼     メ、{_ノ  (_
          〈\     _∨: :/: : : : : : : : : : : : : : :ヽ.    └┘
             \\   {/: : ′i: :\|: : : : :_|ノ: :i|: : .          ┌ー┐
              \\ { : |: :!八从.: :. .:.人ル||: |: i っ        |二 |    Z     _   ーァ ''   ┼  ||
                /\.∧ : |: : |ィヤ万ヽ/ヤ万:l|: |: | ⊃     __TT_ノ   c)   (ノ  )   (_,    9   !!
              \ ( : ヽ:|: : |: Vソ     Vソ{.:i|: |: |
                /  \: : |: : |⊂⊃ r‐ァ ⊂)ノiノリ
            /   /  ̄|: : {..≧=┬―‐≦ }: :|                               ぅゎょぅι゛ょっょぃ > コング
              /  ./   ノ|: i | /⌒}{^ヽ   |: :|
           / /____./∧リ{二二} {二}  {:リ
            〈/_/: : // .∧入  / {.ノ  }二ニ@
               {: :/: :∧  .∧  } : |   }二ニ@
            く: : : :.|: : :._∧_ノヽ∧__ノ二ニ@
                 {\_ノ: : :.|: : : : |: : :>
                  , `ー┬┴r' ┼ '′
                  ′   |  |  |
                  ,  |  |   |
                  ト::::::|  ト:::: |
                 |::::: |  |:: : |
                |:: : |  |::::::|
                 に二つ (二ノ
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット【ゴドス】(小破)       ×2 (頭と胴が泣き別れ)
| 警備ロボット【ゴドス】(中破)       ×1 (頭部ハチの巣でAI殺し)
| 警備ロボットの模型            ×5
| T.トミーカタログ.五・六月号 .     ×2
| T.トミーカタログ.七月号         ×2
| T.トミーカタログ.準備号原稿     ×1
| 警備ロボット技術資料          ×1
| 警備ロボット用補修部品(大)    ×3
| スラッグショットガン(ゴム弾仕様)  ×1 (>>3464)
| 防弾ベスト                  ×2
| 45口径半自動機銃           . ×2
| 機械部品                 ×4
| 欠けた機械部品               ×6
| 劣化装甲                 ×1
| くず鉄                       ×10
| ケーブル                   ×1
| 細切れケーブル             ×4
| 壊れたノートPC               ×1
| ペンタブ                    ×1
| USB                   ×2
| フロッピーディスク             ×1
┗───────────────────────────────────────┛
3947 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:21:02.32 ID:38TFLJCm
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3948 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:21:53.71 ID:38TFLJCm
           __--------、
          /───‐// `\
         // |    | |    i\
         // i___//     i ヘ      《シス ムちゅう枢に、シんコクな障ガイ……》
        /      ,'        ゙i
        |      ,'         L                                       え? > クー
       └____┘//////、___-‐''''''''''''ヘ
      ┌‐i/////////////-´ ゙iヨ | | | | |  《機能 テイ止す……》
      /  ゙//////´  i    ゙iヨ | | | | |
      |/\v/\   i     ゙iヨ | | | | |\プスン                                  ……え? > クー
     ////V\\\  i     ゙iヨ | | | | |  \
    / |゙iヘ//, |\\// l     lヨ二二_//  ゙i                             ああ、うん…… > シャナ
   /  / `─────'´ l  /  / /  /    |
   /  〈 ━━━━━━━''''''´_/" /   /
  /   `'''''''───────'´  /    /
  /    \_________/      /
                         /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 前後に迫る足音に一行が気付いてから、時間にして、十分にも届かない程度の頃。
| 電の放ったたった一発の銃弾で、下階から現れた警備ロボットアイアンコングが、
| その機能を停止したのと、時を同じくして。
| ……なお、費やされた時間の半分程は、移動に費やしたものであったりするのだが、さておき。
┗───────────────────────────────────────┛
3949 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:23:35.56 ID:5xnG1MHF
出オチさんチィース!
3950 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:25:20.79 ID:ud1UFEBE
白レンのことだから、手こずりそうな気もしなくもない…
破片かEMP投げてさっさと終わらせたい
3951 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:25:59.31 ID:38TFLJCm
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


↑床             ,----、 , ‐'´  ̄i`ヽ
              /{  },-'─,__/  l
      しゃきーん    l  ヽ__ノ{       ,-'         《侵入者の銃撃検知。上方への射撃は不得手と判断……》
             / >-‐、____i─`'''''''HH
             / /   l____|  ,,⌒| 〉ソ┐           《乱数回避・プランDで接近します》
           / /    | /`´ニ=ロロ〈二二()//⌒ヽ
           | /     i___,-´γ`ヽ  |ーl┌┐i ( ()}_ 《いわゆるピンチですね(数の差的に)》
           レ         |   !\ {   ,l  l ∠
                 {(⌒) i`ー'´i、ヽ0)_/  〔〕  l
                 / / \l /l `ー´| l __<
                / /    ヽl  l ( ()‐‐‐、  / /
               / /      ヽ | / ,、  ( () ( ()
          -=ニ二(⌒)        ヽ/ /   ̄ヽ
                             / / カサカサ
                       -=ニ二(⌒)     ↓天井
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナ達が退くより前の場所、渡り廊下の中ほどのこと。
| 骨のように細いボディーを持った、両腕のカマのみを武装とした警備ロボットが、
| 天井を這うようにして移動を続けていた。
┗───────────────────────────────────────┛
3952 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:28:21.79 ID:6kvq/1tY
これで活躍してないのは先輩だけになったな・・・
3953 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:30:24.11 ID:38TFLJCm
なんでや! 蘊蓄語ってアイアンコングさんを登場前に大型ゾイドだってヒント出してたやん!(……活躍?)
3954 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:30:53.30 ID:38TFLJCm
                 ... --―-  .
                .......⌒..................、....\
            ,....../....................................ハ≧=- ミ
         -=ァ..../.../../....f7介x.i......',........}     \
      /   /.,..'.:...../../...../{  } }ト;....;....:.八       }}    ああ、もう! しつこい!
   . //.  _/././}.../X;{....{{ | ノ }jレ}.....;.:.:.,\  __,ノ{
    { ´ ̄ ̄]:/;/ ;}./:小}≧+   イ示ミ;.../i=ァ \   丿    重心変わるのが嫌だったけど、
     }    }...レヘ八.:[|_|ュ..  弋::ソ j/..レ'..:,  `  (
     \ _ ー=≦ /.:小|,-‐-、|]       厶イ...:.:.,    {_      これならロングマガジン買った方がよかったかしら……
      /^ア    ;../ハ:.l {◎}l| ー-  ,:イ:./{..:.:;.:,   /  \
    /  入 ./.;  }《===》 _ , イフ|.; {  }:,ー=ヘ   :.
   ,   /  7./   ;..l| __ |l` fゞ'/ | {   ;,   \_,ノ
.  /  /    /./}   | [r‐‐ュ]|'´ ヽ`ゞ´/ /        |
  ^ヽ{    /././ ヽ ,r〉/.皿 l.|   ト´、/メ    _   |
    }ハ..  _/./...}   ,r‐,Υ⌒_〈|ノ⌒ヽ_! | _ ニ  ̄    ,|
.        ̄/./....: rヾ、 ,〉 ','´-ヽ{  r |i _ -      / !
          / __ l `y‐ゝ(::)y'`´ r/lヽ -ー-    /  !ヽ、
         rゝ‐ /l  ヽ、`_´ _.ノ / l`ヽ、   ,〈 ゙,'   ヽ、
         \     l  ヽ ヽゝ- /  l       /ο! l      \
           >、  ゝ‐-ゝ‐-‐'´  /    , <ヽ_ ノ /_        l ̄`ー- 、
         / \ ,'   l ̄l`ーく  _ , <  ヽ - '   ` ー- 、 l     | \
        <_  / \ __ /i `ー- ' ´  | \ ` 、       /     l   `丶、
         /`´/   イ  l_| ir=、i rー-l `ヽ\  、     /      /     ヽ、
        /_‐ '´ , ' ´!   |  l !_! | |___|\ ゝ〈\ 丶、 <´      /        i
       /  , '´   ゝ_ l‐ヽ `i`T‐' l  |  l\_j \    `丶、  /         !
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……これはそう、シャナ達がアイアンコングを相手に戦いという名の蹂躙
| を繰り広げている間、同時に行われていたもう一つの死闘についてである。
| 
| シャナ達の走り去ったあとでは、ライフルを構えたレンと、背部のチェーンガンを
| 駆動させた狛ちゃんが、天井から迫るスパイカーへと迎撃射撃を取っていた。
┗───────────────────────────────────────┛
3955 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:33:04.89 ID:6kvq/1tY
なんかエイリアンの幼生体を思い出すなぁ
3956 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:33:15.29 ID:5xnG1MHF
先輩がんばー!
3957 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:35:05.15 ID:38TFLJCm
                     ,イ ,イ         .,イ ,イ         .,イ ,イ         .,イ ,イ              |/ i/
                  ,.イ  ,,.レ .レ    .,.イ  ,,.レ .レ    .,.イ  ,,.レ .レ    .,.イ  ,,.レ .レ              |i /i /!/
                  | |/ .!         .| |/ .!         .| |/ .!         .| |/ .!                   |l   /
                   / ,/! |      / ,/! |      / ,/! |      / ,/! |                  ||    ̄ ニニニ==──
                レ'.| | .| |     .レ'.| | .| |     .レ'.| | .| |     .レ'.| | .| |            '’    |l  ゙  ̄二=== ── ̄ ̄
                   | | .|/       .| | .|/       .| | .|/     i|   .| | .|/   .i    / |/       |i丶| \
                   |/             |/   __   __ |/        i|i   |/      .| il / /i  ‘         i\| \
                       ___/  []_/_[]_        !i|!i          | |l ' ( _______         i\
           <^\      / ̄ ̄<ニニニ> / /_(_(_(_(_(_(二二二二二(C)二(C)   | |l il  ニニ===─ ──
   __      く\ \ _ 〈_ <ニニニニニ>{__{__===={_}=={_}  i|i       !|i      | |l  (  ̄ ̄ ̄             ,,
.   {__\     \\/\_\ \(__)ノ ̄\__/_/        i|      |i      | il   \!      | /(__/  /
.  \  \\___ ∨ 〈/\_\  \___//::://                    i   \ i\       !'  / /_____
     \  `¨¨¨¨¨¨¨´ \   〈\_\  {::::::(__))<{_}      \ \                  丶      |  ==-- ̄ ̄__
.      `  .   //「 ̄ \  ∨/\}∠二二二二]__ ___   \ \                         |   、  ̄ ̄
          ̄  /〉|    ト、\/Y⌒Y :}\ _____ \ __\                               |^\(\  、
              _〈/ :|=  =|:::}:/八___ノノ /∠二二二}// ̄ ̄}|       _   _              /  |/    丶
.      / /  /l_{/〉 |__|_ノ::{_{::::〈  ,/ // ̄ ̄ ̄/ ^v──┴‐-   ._//ニl / :|          |レ /i /
.       / / ./_/〈/ }}二二}}::::[_]::::::L/  //      /\ \ ̄ ̄\____,//,ニ|ニ>|          ||  / __-- ── __
.          〈_〈_{_} /  (/)三):::(_)(/)) //__  _/   `<|_____,/  //二ニ| \\           ||   、 二ニニ====──
.        V/  /二二/  ̄/ ̄`¨´ // ̄   ̄/\     ,//// \ 〈/ニニ,/\   ̄/ ̄/ニ7    ||、i   \
.       {}三)\/二二/  ,/{_|_|_l__{_{______,/]二|  _}| | |    \ ̄ ̄\ 二二_/ニ/     |\i      狛ちゃん、リロードするから、
        [__]:::[_} ̄ ̄  _{___}/冂}八::::::::::::x==ミ、/::/\/ / //     }___/}ハハハ∨ハV         |\       終わるまで迎撃お願い! > レン
          | |::::| |     // |_,|:| | :|   \:::{{   } }/=,/ \\\___/  \ \ァ く、
          | |::::| l┐  {_{__|::|::「 ̄\   {__,>==彡{=={  /  ̄ ̄[::///|ニニ/::::\ }vvv}   かしこまりました、メルティ様。
.      {}三厂〈二〉\  \[|::|::{二二}    ̄ ̄ ̄ ̄└──''"´ ̄ ̄ `マ<\::::::::`ー─<
         {ニ{二{二}二} (/)三}{二二}ニ)                    `\\//:::::[_]__  作業中、くれぐれもお足元にご注意を。
.         V ∨ ∨ ∨   /| ̄〈二〉\                       (/)ニ)::://  \_
                    | ̄| ̄| ̄| ̄|                         ̄ └〈__[二{ \
                    |∧|∧|∧|∧|                                 ̄ ̄
                     V V V V
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| じりじりと、一歩ずつ後ろへ退がりながら、レンは30発の銃弾を撃ち尽くしたマガジンを
| ライフルから抜き、防弾コートの専用ポケットに備え付けた予備と交換する。
| その間狛ちゃんがやっていたのは、リロードのタイミングも考慮しながら――何分、
| ハードポイント用の自動装填装置など故郷では見掛けなかった装備であるし――
| 二門あるチェーンガンの内、片方のみによる牽制射撃だ。
¦ 無論、本音を言えば一刻も早くこの射撃で撃破したいところではあるが。
┗───────────────────────────────────────┛
3958 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:39:42.01 ID:38TFLJCm
                                                     ,, ‐
                                                      ,..‐"
                                                 ,/゛   ,.
 レン < お待たせ狛ちゃん、交代するから退がって!             /    .,..-'"
                                                /   ,..-'"
  狛 < はい、メルティ様。                         _/゛ _..-'″
                                           / _..-'″
                                      / ,..-'" 
                                   , ‐,゙ ‐'´
                                 ..;;シ'"゛
                                : '~                 _,..i.
                                             _,, -‐''彡'´      _...
                                      _..-'''" _..-'″     _..-'″
                             __         ,..-'"゛ _..-''"゛     .,/´._.. -'''″
                          _..-'゙ /     .,..-'´_,, ‐'″       .ィi―''"
                        ,..-'´. /       .`゙゙゙゙´
                     ,..-'゛_..-'"
            、    .i彡-'"゛
           , ;;ジ゛                          /シ!、..../!ヾ‐、:...   ,へ
           `゛     _,,.. r;;=-                  ! | /-"''‘~         iゞ !、
      rメ′   _,i;;ニニ-''″                     ;:  ;,.;:,.,:;,。;:,;:‘;;,;,゙ー''~:;,;:,:,., ,;:;
                               ‘    /!、 :;;’ ;:,.”:;,;:,:,.,:;:;,;:,:,.;:;;:,:;,;:,;: ; ’;:   ,へ、
                                   / シヾ!  ”;,.;:,.,;,;:,:,.;:;;: _____,;::;    |ヾ#!、
                                   \!#/   ` '';::;,。,.;/!     ,;#i、_    " ̄`~
                                              / # `ヾ!ィ一、___/\:;,;:,:,.,:;:;,;:,:,.;:
                                   ,;;。,         \!ィ___#__i/__|、:;, ;,.;:,.,:;,。;:,;:‘;;,
┏────────────┓                 ”                        ;:,.”:;,;:,:,.,
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やがて全弾吐き出したライフルの再装填が終わり、銃弾を吐き出す銃口が変わる。
| 絶え間なくスパイカーへ向けての牽制兼攻撃は行われ、少しずつ、少しずつ、
| 地面を歩むレンと狛ちゃんは後ろへ退がる。
┗───────────────────────────────────────┛
3959 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:44:25.50 ID:38TFLJCm

ニ  - ≡
                   Λ二\      ー -=      -            =
                   ∨_,,,;;;;/,,.、.,.,,.、.    -==ー  ー,,,  ニ  ≡ ;,,;,,,,
― ー二                  ニ   ≡
,=============-'-===========''''…========================='";;===- ===…==============

              -=_ =-   -    r:"::\
二 ─   = ._r'"゙'、─二             "''''''''" ─ニ─‐  ̄   _r'" ̄'ッ'
          ̄"'     ─二         ─二  ─           ̄""
─ニ─二                   ̄   _           ;.,;.,, ,,,,
          ニ ニ ≡           ̄           ー
ニニ;.,;.,ニ,,         ∠ニニ;,.;.,ニニ  ;.,';.,          ,.;'ニ-ニニニニ;;;,';.,フ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その道筋は、けれど瓦礫が転がり、穴が開き、決して平坦とは言えないものだ。
| 足元も見ずに、それも上方にいる敵を警戒しながらとなればさらに意識の散った状態では、
| 足早に去ることなどできようはずもない。
| それ故に、レン達の迎撃の激しさに反して、スパイカーとの距離は広まらない……
| いや、こちらの後退よりも敵方の前進の方が早く、むしろ距離は徐々に詰まってきている。
┗───────────────────────────────────────┛
3960 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 21:47:01.04 ID:eL662y2/
二人して弾幕張ってるのに全然あたらないほどにスパイカーは早いのか
3961 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:49:04.54 ID:38TFLJCm
                      xー--- 、
                      l     `丶  __
               /;〉         j       /´   `ヽーx
             ∨         /     /  ,  ´ ̄    ヽ__
        i:ニコ  ____<ニコ ,. :-―-:.:.x:'7////イ  /   レ {   `ア  距離が詰まったほうが命中率とか、
        /. : : : : : / ̄ヽ/     ////// X\///レイ  ハ  /
.     /:〉  ` ー- : : :_\. :/     [] /////// ./ {たミX/  // }.l /   取れる戦法とかはマシになるけど……
    ∨           /      ////////^!, ,`,¨, , イxz//{_/
                    | \   ///////{:/>_丶r_,_, ' ,斗iイ l    近接型に寄られるのは、どうもね……!
    {:]            ∧     | : . 三三彡ヘ{(:)ノ ==ニ /  }  |
              /: : :| \、_|l:/x=ォ<ニニニニミ:.:// ̄ \ リ  |
                / : : : l  _ >  o='ミ}}>く三三j`{´     ヽ} リ
              /: : : : :| /^「¨ ̄ミゝ`  )イ.人      }∨
                {::.. :. : : :乂___  {tェ:く ヽ.∧__二. -‐彡ヘ
             \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : : 了ニ:、 `  :/_//
              ヽ:.:.:.:.:.:. : .:. : . . . . .ゝ==ヽ _./二ア//
               :.:.:.:.:.:.:.:.:. :. : : : : : / /   ̄厂乂ン
                :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :: : /    __jイ   /
                  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.: : /       /
                     \:.:.:.:.:.:.:.|         /
                       `  ‐-----―   ´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 無論、距離が詰まるのは悪いことばかりではない。
| 銃撃にしても遠くよりは近くの方が当てやすいものだし、
| もう少し距離が詰まればハンドグレネードなどを投擲するのも選択肢に入るようになる。
| ……とはいえ、着実に相手の距離が迫ってくる様というのは、決して喜ばしいものでもない。
┗───────────────────────────────────────┛
3962 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:53:26.94 ID:38TFLJCm
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ―         ==  ̄ ̄ ̄  ――_        _ ̄―
 ̄__   ―=          _____、_ ,.   ―           _____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
__―___    ̄   ̄ ̄‐      ̄ ̄ ̄) ≦ゝ、            ̄  ―     ― ̄_
                               / ´ ヽ 「``.   _              _
                         / ´   .|!|タンッ
                        /´     .|!|
                       /,         .!|
                    , ´            !|
                                    |
                                   !

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして二人が後退を続ける過程で、三つの銃口から順番に
| 吐き出される7.62mm.弾が天井を削る。
| 人間の携行火器としては大威力だが、それでも、小柄で、かつ体格相応の体力のレンや
| クーデリアが扱える程度のライフル弾だ。
┗───────────────────────────────────────┛
3963 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 21:57:39.97 ID:38TFLJCm
  /i:{   ,ィ(  ィi}h、 ,ィiヽ       、
 :i:i:iハ   {:i:i} /:iア⌒`{:i:i:ij}   ,   )〉
 {:i:i:i:}   Ⅵ {ア´     ´⌒     〃   )}h、
. Ⅵ:i{ {ヽ `                 Ⅵハ
  寸! }ノ                      寸!
}ト ., __                         `
. V/\:i:\    /7r.◎                    /{
. /:i:i:i:i:i:i\/   ../ / | |                          /:i{
八:i:i:i:i:i:i/   ./_/ |_| ニニ                      {7´ /{
  \,/           ニニ7                      {/
/ 〉               //
i/                       _ ___                      ……あの警備ロボットを仕留めきれないのは難点だけど、
′                        ア゛i:i:i:ノ          i:、         電ちゃんに向こうに回ってもらったのは正解だったかしら > レン
                        /:i:i>'"          ノ:iヘ
                     ^~´             /:i:i:i:i:ハ
                                    \:i:i:i:i:}
                                   寸ノ


                                     r‐- ミ
                         /7r.◎                _ア⌒ヽヽ
                   ./ / | |                  (:i:i:i:i:i:iハハ
 \⌒ヽ              ./_/ |_| ニニ         ./| \:i:i:i:i:i} !
   `ヽノ    ______               ニニ7         ../:ノ  \:i:ノノ
       /:  [⌒)i)              //    八   ´       Y
        ){.: ::  [:i:i{7                   :i:i:ハ       `
     ⌒V:.:  [:i:i{                  {:i:i:i:}    `
   _    V‐=≦彡                     \:i}
 ,イ:i:}                                }}
 }:i:i:}        /{                        〃
 }:i∥       、 `/                      ,ィ{
 }:∥    ,ィi:i:i:i:{7                       {:i{
 Ⅵ     {:i:i:i:i:i:i{                         {:i{
V \   ..{:i:i:i:/                      {7
:iV  :}}h、 ..{i/           ,.ィiア             ′
:i:i:V ゚寸ハ     i{      ,.ィi{:iア
:i:i:i:V  ⌒`     ,.      /:i:ア
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな銃弾の雨でも、パラパラと天井がいくらか削れ、薄い瓦礫が落ちてくるのを見るに……
| 同じくライフルを使うクーデリアはともかく、電が後ろの重警備ロボットの相手に回ったのは、
| 正解だったかもしれないとレンはひとりごちる。
| ……分隊支援火器の12.7mm.を遠慮なしにばらまかれていたら、
| 崩落とは言わずとも天井が穴だらけになっていたかもしれない、と。
┗───────────────────────────────────────┛
3964 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 22:02:01.35 ID:38TFLJCm
↑床              ____
               /  l l
               |‐-‐‐‐广|       《敵、射撃パターン観測、最適化中。距離接近》
     し   ,uy 、  ,uy 、-ィ'サl ̄
     ゃ  .| \ ゙ゝ| \ ゙ゝ广゙lニ  __r┐__ 《引き続き天井からの接近を継続します》
     き  .|  / \|  /\ ゙i   ○亡 lニl lLノヽ、゙>
     |  ヘ l   ヘ l  ヘ ゙i//n  lニl / ヘ ヽ、                     う~~、やっぱり牽制足止めメインに、
     ん   . ヘ1   ヘ1 _/ヘ○/ ゙ヒコヘlニl//  \\                        交代で撃つのじゃ厳しいわね…… > レン
              / /ヽ| lエ| |ヘ○○´l     l エ>‐
            _nォナ;l   └--゙l| |______j│                                   如何なさいますか、メルティ様 > 狛ちゃん
           ∠‐‐‐千′    l l`````
                    _r^l′
                   丿,ノ
                   ノリ′  ↓天井
                   `′
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして、そんな天井に配慮しつつの交代交代での散発的な射撃では、
| 現状スパイカーを足止め程度しかできていない。
| ……あまり後ろに下がりすぎては、重警備ロボットと戦うシャナ達の邪魔にもなるはずだ。
| 逃げてどうなるというわけでもない現状に、そろそろ状況を変える手が必要だ……

| ……きっと今頃、コングは頭をワンパンでぶち抜かれてるんだろうなとか言ってはいけない。
| 普通なら、重装甲のアイアンコングは強敵なのだ。今回は相手が悪かっただけで。
┗───────────────────────────────────────┛
3965 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:05:06.75 ID:bckT1Kdf
適正な装備があれば対処しやすいんだな
3966 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:08:15.48 ID:ud1UFEBE
これでシャナがこっちに残ってたら、白レンの出番なかったな
3967 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 22:11:23.59 ID:38TFLJCm
                 r、__            _ r―- 、
                  ヽヽ` 、     /l  ∧    <^´〉^Y
                 r‐┘ 、ヽ、_   l、: : : : lミ',    )、ノ) }
                 `´ ̄`Yー' ) }\」」、: : ∧: :\_/ '、_ノ_     このままやり合ってもじり貧……
                       人_ .ノ  ヽ\ノ._)\: : `ー 、__ ̄ 7
                       〉、    lヘ ゝ-―\: : : : `゙ー--_′  いい加減距離も詰まってきてるし、なら、
                        ,′ \ ノ ヘ. \ /:.:\: :\: :\: :`ー
                       i     \--∧    :.:.:.\: : \: :\`ヽ そろそろ腰を入れて迎撃しましょう、狛ちゃん!
                        、      .〉//∧   :.:.:.:\: : :\: :\: :\
            r┐           ___\    {/////\  :.:.:.:ヽ> 、: :\: :\__ー                    かしこまりました、メルティ様 > 狛ちゃん
            |rj     ノ====ii__ __ _L\  {"´ ̄ ̄',\  :.:.:.:\\: : : =---┐
         〔二lllコニニニニ!ニニニニ{}! ⊆⊇ . |`、l     ' ,/`┬ -‐<フ'  ⊂ニ⊃ l!
          ̄ ̄´ ̄ ̄´ ̄ ̄ ̄ ̄   `‐" j:j}        ',_>、_ ヘ¬---__」
                           //ノ        ',   ゝ__ノヽ,
                       ///        \   `^  __
                        ヽ_/            \_>''"´ r'´`ヽ
                     _/                   {::::::::::::\--―‐ァ、
                    /                         {::::::::::::::::::ゝ-‐'"  }
                   /                          ノ―-、_:::::::::::::::::::::::/
              _,  ''"´                           ///////〉::::::::::::::::/
               ̄ \            _,,,。、,,       ////////:::::::::::::::/
                  \        ,,。≦/////≧x、,,_,,/////////`゙'ー'′
                   `゙''ー┬-‐''"////////////////////////
                         ノ///////////////-、/////////
                    ////////////////} , -.v/´ ̄ー'
                   <//////lト'∨ !' ̄ ̄ } ノ--┘
                     `ゝ-― |   /   .ノ /  l
                         |   .{     { /  ./
                              }  |    ゝ、__ノ
                            〈   }
                            r′ Y
                        {._ ',
┏────────────┓     ゝ ヽ }
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 徐々に後退しながらの散発的な攻撃では、足止め以上の効果は期待できない……
| ならいい加減距離も詰まって、狙いも定めやすくなったし……ハンドグレネードなどの投擲も、
| ひきつけて狙うこともそろそろできそうだ。
| ここらで後退よりも、迎撃に力を入れて対処することとしよう。
| システム的にはともかく(メメタァ)、足止めの弾薬とてタダではないのだ。
| ……コラボ元さんちでは弾薬費も計上していたのだから、なおさら。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、もっとも数字の大きい選択肢
      さて、本腰を入れたスパイカーの迎撃、どう対処しようか?

   1) 二人合わせて三門の銃口で一斉射撃
   2) よーくひきつけて破片グレネード
   3) 確実を期していこう、EMPだ
   4) 私にいい考えがある(自由安価)

3968 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:14:34.70 ID:bckT1Kdf

【1D100:27】
3969 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:15:00.00 ID:5xnG1MHF
  【1D100:62】
3970 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:15:58.07 ID:/0iN5wQj

【1D100:27】
3972 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 22:17:30.37 ID:38TFLJCm
満場一致でEMP……信用ねえなぁ白い子。
まあ最近のダイス見てると納得だけども! ともあれ了解、しばしおまちをー
3973 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:20:51.22 ID:ud1UFEBE
これは信用がないのではなく
白レンへの信頼と愛である!
3974 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:22:08.12 ID:bckT1Kdf
もう少し先があるから怪我しないようになんだよ
3975 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 22:26:40.25 ID:38TFLJCm
                                                                               /~)
                                                                              / / )
                                                                       __ -、   / )/ /  / )
                                                      __ ___「 ̄\   ´    〉  }/ /)/ ./)/ )
                                       ()ニニニニニニニ)二二)   ))))))__>――「 ̄\--K⌒\  / /)/
                                            ()ニニニニニニニ)二二)    ))))) )===「  _}_」べ / /
 レン < よし狛ちゃん、少し引き付けてからグレネードを投げるわ                      { ̄ ̄ ̄ _>-「\_/ /三三Λ/
                                                           ̄ ̄ ̄ ̄)ニ>イ   /.三三三/'ヽ
                                  かしこまりました、メルティ様。                 /ミニ彡// / Λ三三/\   \____
                                  では、その前後の足止めは私が。   /⌒>< ̄ ̄ ̄ ⌒\// / / Λニ/>―\_  _ノ
                                                        ( /<    >――――→ / / /ニニ/ γ⌒Y ̄ __
 レン < お願いね、狛ちゃん。だけどEMPを使うから、               へ--く    >イ ―――― //⌒\___][// {   } /ニニ/へ
        対抗コーティング済みでもあんまり近付いちゃだめよ?          .\>''゛   _、^〉 ̄/⌒「 nに彡イ⌒\{   ∨ 乂_,ノニニニ/(三()
                                          __         _>''゛  _>'゛ //  / / 7ニγ⌒ヽ____Λ    ∨ニ/「[\,、く | ||
                                     ハッ。         〈  \ ,/\ \ _>''゛  /{{   /  /ニニ[   }ニニ/ Λ.    Y⌒Y/\ | | ||
                                           ∨ 〈~'\   \ <    / _>''゛_」_{ニニ 乂___ノニニ{ {三()、  乂,ノ__」| | ||
                                          /|_∧ 彡\  ∧__>''゛ 〈__/゙'トニニ>―くニへ「 ̄   ̄ ̄ ̄ ̄__/ 7「ヘ
                                       /  /  ∨彡 >、 ̄〉〉/     \  \  ゙<{γ  }/   >         (ニ7  ̄(三()
                                          /\/   />匕 イ /   >''゛    \  \ 圦乂,ノ  //       _/⌒'</
                                    / /_r7辷彡 (  〈 _>''゛        \___> >-イ/ / |     / / 7‐-、 /
                                   <ク '</_ィ㌻><_`¨/                   ̄ ̄  { / /__」      └{_ { /⌒
                                   \ ィ㌻_、イ¨⌒¨¨¨´                   (ニ7"''<{三()         ̄
                                                                      ~7 ̄7 /
                                                               <"''< _>
                                                               // >‐、 /
                                                                〈 / /   √
┏────────────┓                                          ^~ _/
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 正直に言って、遺跡の状態保持などを念頭に置いての高所の敵に対する攻撃を、舐めていた。
| もう少しなりふり構わず、銃撃を集中すれば倒しきれないということはないだろうけれど……
| まだもう一階分、探索する場所が残っている。
| 撃破的な意味でも遺跡保持的な意味でも、ここは万全を期してEMPグレネードを使うとしよう。
| ……それに、破片グレネードでは天井に飛ぶまでに散って威力はそれほどでもなさそうだし。
┗───────────────────────────────────────┛
3976 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 22:40:10.69 ID:38TFLJCm
                                                                     ↑床     ,----、 , ‐'´  ̄i`ヽ
                                                                           /{  },-'─,__/  l
                                            《侵入者の停止を確認、苛烈な攻撃を推測》    l  ヽ__ノ{       ,-'
                                                                          / >-‐、____i─`'''''''HH
                                            《急ぎ接近して無力化します》             / /   l____|  ,,⌒| 〉ソ┐
                                                             しゃきーん   / /    | /`´ニ=ロロ〈二二()//⌒ヽ
                                                                        | /     i___,-´γ`ヽ  |ーl┌┐i ( ()}_
                                                                        レ         |   !\ {   ,l  l ∠
                     ,イ ,イ         .,イ ,イ         .,イ ,イ         .,イ ,イ                       {(⌒) i`ー'´i、ヽ0)_/  〔〕  l
                  ,.イ  ,,.レ .レ    .,.イ  ,,.レ .レ    .,.イ  ,,.レ .レ    .,.イ  ,,.レ .レ                     / / \l /l `ー´| l __<
                  | |/ .!         .| |/ .!         .| |/ .!         .| |/ .!                         / /    ヽl  l ( ()‐‐‐、  / /
                   / ,/! |      / ,/! |      / ,/! |      / ,/! |                       / /      ヽ | / ,、  ( () ( ()
                レ'.| | .| |     .レ'.| | .| |     .レ'.| | .| |     .レ'.| | .| |            '’       .-=ニ二(⌒)        ヽ/ /   ̄ヽ
                   | | .|/       .| | .|/       .| | .|/     i|   .| | .|/   .i    / |/                          / /
                   |/             |/   __   __ |/        i|i   |/      .| il / /i  ‘                     -=ニ二(⌒)     ↓天井
                       ___/  []_/_[]_        !i|!i          | |l ' ( _______
           <^\      / ̄ ̄<ニニニ> / /_(_(_(_(_(_(二二二二二(C)二(C)   | |l il  ニニ===─ ──
   __      く\ \ _ 〈_ <ニニニニニ>{__{__===={_}=={_}  i|i       !|i      | |l  (  ̄ ̄ ̄             ,,
.   {__\     \\/\_\ \(__)ノ ̄\__/_/        i|      |i      | il   \!      | /(__/  /
.  \  \\___ ∨ 〈/\_\  \___//::://                    i   \ i\       !'  / /_____
     \  `¨¨¨¨¨¨¨´ \   〈\_\  {::::::(__))<{_}      \ \                  丶      |  ==-- ̄ ̄__
.      `  .   //「 ̄ \  ∨/\}∠二二二二]__ ___   \ \                         |   、  ̄ ̄
          ̄  /〉|    ト、\/Y⌒Y :}\ _____ \ __\                               |^\(\  、
              _〈/ :|=  =|:::}:/八___ノノ /∠二二二}// ̄ ̄}|       _   _              /  |/    丶
.      / /  /l_{/〉 |__|_ノ::{_{::::〈  ,/ // ̄ ̄ ̄/ ^v──┴‐-   ._//ニl / :|          |レ /i /
.       / / ./_/〈/ }}二二}}::::[_]::::::L/  //      /\ \ ̄ ̄\____,//,ニ|ニ>|          ||  / __-- ── __
.          〈_〈_{_} /  (/)三):::(_)(/)) //__  _/   `<|_____,/  //二ニ| \\           ||   、 二ニニ====──
.        V/  /二二/  ̄/ ̄`¨´ // ̄   ̄/\     ,//// \ 〈/ニニ,/\   ̄/ ̄/ニ7    ||、i   \
.       {}三)\/二二/  ,/{_|_|_l__{_{______,/]二|  _}| | |    \ ̄ ̄\ 二二_/ニ/     |\i
        [__]:::[_} ̄ ̄  _{___}/冂}八::::::::::::x==ミ、/::/\/ / //     }___/}ハハハ∨ハV         |\
          | |::::| |     // |_,|:| | :|   \:::{{   } }/=,/ \\\___/  \ \ァ く、      ではメルティ様、
          | |::::| l┐  {_{__|::|::「 ̄\   {__,>==彡{=={  /  ̄ ̄[::///|ニニ/::::\ }vvv}
.      {}三厂〈二〉\  \[|::|::{二二}    ̄ ̄ ̄ ̄└──''"´ ̄ ̄ `マ<\::::::::`ー─<        牽制と迎撃はお任せください。
         {ニ{二{二}二} (/)三}{二二}ニ)                    `\\//:::::[_]__
.         V ∨ ∨ ∨   /| ̄〈二〉\                       (/)ニ)::://  \_
                    | ̄| ̄| ̄| ̄|                         ̄ └〈__[二{ \              お願い、狛ちゃん! > レン
                    |∧|∧|∧|∧|                                 ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、そういうわけで、迎撃のための方針も決定した。
| スパイカーが近寄りすぎないよう牽制したり、
| グレネードを投げた後、範囲外に逃げられないよう足止めしたり……そういった役割は
| 狛ちゃんに分担してもらうことにして。
| 今は目の前の敵の足元に、グレネードを転がすことだけに専念しよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 投擲判定+射撃補助 1D100+投擲(レン:15)+射撃戦闘(狛ちゃん:20) 目標値:50

   ↓1~3 レンの手榴弾投擲及び狛ちゃんの牽制射撃について自由記述
   ↓3    ダイス採用

3977 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:47:02.60 ID:bckT1Kdf
牽制の射撃でスパイカーの行動を誘導する
進路を予測することでグレネードの投擲を正確に行う
グレネードに気が付いたスパイカーの退避方向に射撃を行うことで足止めする

【1D100:88】
3978 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 22:47:12.75 ID:38TFLJCm
ちょいと中断ー(おなか痛い)

このレス飛ばして安価は継続、戻ってから内容見て続きやってきますよー
3979 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:48:51.60 ID:GU/XQ91C
近くに投げ過ぎてグレネードをバッサリ切り捨てられないように注意。
自分の足元の瓦礫にも注意。

【1D100:10】
3980 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:49:58.70 ID:5xnG1MHF
 【1D100:48
3981 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:50:30.08 ID:GU/XQ91C
レス飛ばし、良かった、た、助かった……
3982 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:51:41.85 ID:5xnG1MHF
ダイスがどうも不調
3983 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 22:59:23.34 ID:eL662y2/
格殺狙いじゃなければ死んでたな
3984 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:05:23.08 ID:38TFLJCm
ではでは、ぼちぼち再開していきますよー
3985 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:05:34.95 ID:38TFLJCm
  ダイス【48】+安価【25】+特技【35】 > 50 クリア! 大丈夫! 安価+固定値だけでもで突破だよ!

             `゙'''ー ..,_         `゙''ー ,,,>.._,.. ,,,.゙"     .''-、    ヽ   .l   .!  r ̄ 、/    /
            - ..,,_"''― ..,,,_、 ゛..,,,_           `゙'''`-..,゛ rー      `'-、   .ヽ  . l  | │ 、,〃  //
           、 .`゙゙'''~      `゙゙''''― ..,,,_.     {   ミ      `'-、 \ ...l  ′ .i!iレ゛  ,/..彡
               `゙゙゙'"  __  r'"⌒'- ..,,.    ´゙"''―`''' ー= .`゙''ー ,,、  `'-.\ ′   ″ /   //
'-、,      . _,゙,゙ ゙̄""         !   .`゙'ミ 、 .¬―--   ___
  `゙"────'               ゙'-- ―¬           ____                        ではまずは、正面に……!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     : ー ..,,_.
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
      ...-'″ . /  -"    .、゙''―ー''゙゛./    /      .r  ,i",ノ .l゙   !   .!   .|  i i l l ! .l
        ,/゛ /    .,/     . /     ./    , ‐ ,i′./ ./ .,″  /    l   │ .l .! ゝ .ゝ l、
          ´  ./    ./      /    /    ,/  ./  / ./ / .、  /   │   .|  | ."     "ヽ
           //  ./      /    . /   : ,/"      ゛/ ./ l .i . l    |    l .l         !
        /  ,/         /     ./   : /           " / / .! l    ,!    | .|        /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 後退することをやめ、四肢を地面に突っ張った狛ちゃんが、
| 二門のチェーンガンから弾丸をばらまく。
| それは不整地での移動をやめたために、先ほどまでの牽制よりも、
| 余程安定感を増した攻撃で……
┗───────────────────────────────────────┛
3986 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:06:45.53 ID:30oqGJTH
今北ダイス神こえぇ!!?
3987 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:09:44.39 ID:6kvq/1tY
いやぁ、可もなく不可もないダイスですねw
3988 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:10:39.04 ID:38TFLJCm
                              ヽ   ヽ               ヽ ム
                               .ヽ   ヽ                ヽ .ム
                                .ヽ,  .ヽ             ヽ ム
                                 ヽ  ヽ              ヽム
                                  ヽ,  .ヽ        ..l、.    ゙'、ム
                                ヽ  .ヽ        l.ヽ     ㍉
                                     ヽ  ヽ           l .ヽ
                                      \ ヽ          l ヽ
                                    ヽ, .ヽ       l, ヽ
                                        ヽ. ヽ       ヽ ヽ
                                      ヽ.ヽ       ヽ .ム
                                           ヽヽ       ヽ ム
                                         ゙〈!、      .ヽ .}
                                          `ゝ       マ|

                             ヒョイ
↑床              _,__γ⌒ヽ-、                          \、
                 /l`ヽ__-、ヽ_ノ_/`\                     ヽ\
                 〈  ̄ i   〉ヽ `‐-、\                      ヽ \
                  ̄ェュ一'ヽ ヽ    `‐'                     ヽ .ヽ
                 / (^)ヽ─` 〉                            ヽ .ヽ
               O==)/ i  |一一'  《敵機の使用火器増を確認》          ヽ ヽ   t、
       〈 ̄ヽ、__{()=)゙iヽ\ヘi |ト. l                                    ヽ_.}  lム
      /()\`ー一| i、i \()/ | |  ,-、 《回避、回避……》                 `゛  vム
     //\\─、!_ヽ、/`ーイ} l.|'''´ヽノヽ                                vム
    //   \\ 〉  ,--、) ) リ,-/ヽ \                                ㍉
-=二(⌒)     ()=()),-Ο ヽ       \ヽ                              ム    ヽ
           `ー─llil  ヾヽ       (⌒)二ニ=-                         マl
                  ヾヽ                                         ,
                   ヾヽ                                        ㍉
                    (⌒)二ニ=-   天井↓

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| けれども、辺りさえすれば装甲を確実に損傷させるだろう銃撃は、
| 相変わらずスパイカーをとらえることはない。……が。
┗───────────────────────────────────────┛
3989 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:11:55.36 ID:30oqGJTH
だが(回避は)無意味だ!
3990 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:12:30.85 ID:eL662y2/
あっさりシャナに瞬殺されたスパイカーって意外と強かったんだな
3991 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:14:57.27 ID:38TFLJCm
警備ロボットの強さは、同じ機種でもカスタマイズとか整備状態で左右されるかんね……
紙装甲近接特化ってのもあって、良品なら接近のための機動力はなかなかよ(なお初見殺しの【縮地】)
3992 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:17:46.54 ID:38TFLJCm
                  __,,,,,,,,,,,,,,_
                _,,-''´-.、     _¨,,-_,,,_
        _,,-‐''''''''''7´'´    ,rヽ /    `ヽヽ
      ,r'´ ..:::  ..::/      i、ヽV,r''!      ヽヽ-...,,,_     速度よし、進行方向よし……
     / ..:::  ..::::::/       l     !        i`、   `ヽ、
    /.::    .::::::::/i i      !    l  i   i  ! !:::..     その調子よ、狛ちゃん!
   i ::::::::. .::::::::: :i l  l     i l      !  l    !   ! !:::::::..
   !   :::::::::::::! l  -!,,,i,,__   ! !     !  !    !  !、l::::::::::::..                    は、射撃を継続します、メルティ様 > 狛ちゃん
    !  .::::::::::://l `、l'i l、! ¨'''トl、     !_,,,l-i-‐‐‐!‐ l、 ヽ  :::::::.
    ヽ.::::::::::::::Y l  ヽ!,r'7'''''‐トヽ!  '´l _/,,,l,,,,,_ !  !、ヽ!      (この調子なら10秒後、あの瓦礫の真上にくる……)
     ヽ,;;-‐''''''l '´l i._i_,,,i,,,,,! `     レ i i  l ¨!、 lヽヽ!
     ,f´ー-< ( !  l        ,   `ー--'- l  l二_ヽ、  /  (8、7……)
   _,-" `フ'''7‐-l   !i               ,!   !) ヽ¨ヽ<
 /   /::::/ _/,,!  l;ヽr‐-、 ー---‐'     /!  l_,,,-‐<¨´
'"   /: .:::/ /  l  V i   !       _,,-"::!  l:::::::. ヽ
 .: /;;_/;;-"ヽ  !''''''´ヽ!  li` 、 ___,,-‐<;;__ :::l   l :::: :.   ヽ
.:: /___r'''´   _,r'’  i   !''¨i,! `、ヽ/      `‐!  l :::: :.   ヽ
: /    ¨''''''¨/  i  l  ヽ-'’  ヽ           !  l :::. ::.
〈      /l i ヽ ヽ ;     `¨'''‐--、    !  l :::::. :::.
rヽ、  _,,-'" ! ! ヾ、 `!   ヽ    _,丿-,,--!   ト、ト、___;ri .:;
  ,r‐''’    !、`、 ヽヽ',_____,,,ノ`'''''''''''´     !    ! l !   レ´
/       l:`ーヽ_,,!´:::!   /ll::! ヽ      l   ! ! !
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| もとより、狛ちゃんの銃撃はそれそのものでの撃破を目的としたものではない。
| 安定した状態から放たれる弾丸は、スパイカーの進行速度を押しとどめるのと同時、
| 的確に射線を調整することで、その回避ルートそのものを限定させ、
| 動きを読みやすいものにコントロールしている。
┗───────────────────────────────────────┛
3993 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:21:49.26 ID:38TFLJCm
                   _ ______
、                 r'´           `ヽ
 `¨ ' - 、        rセ´~|ヽ
       `ヽ      |: : : : |: :ヽ,____,r
         \    r'|: : : : |: : ::| ',::::::::::::`ヽ,  ,
∠_     ,   \==;;,| レ・'¨´\.:|ノ:::::::::::::::::::::l´   (5、4、3……)
__,,,,二ニ=ィ,    , i  .ト》\ : : : : ヾ、::::::::::::::::::::::!
        ` マ- === .i'´ /:ヽ: : : : : ヾ,::::::::::::::::ム
      r ' ´ l',  ノ   ヒ!,::::::\: : : : : 'i,:::::,r '´
    ,、r ┴─ '´`´     ヽ,、r-'- ' ¨´ ̄
,r ' ´            r'´Y   、
        ピンッ      !、 !、   i
                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
────────────────────────────────────────
..  八   | | .|l ', ',__Y彡ヘ l l_ 斗<l l |  | | / /   ', ̄ ̄≧o。
 /   、  | | 八 ト ',   ィ爪 )l ll | |_ |  | |___   \      ≧o。
      、 l |丁¨T十‐', ノ l/,.ィ=テ示アl/ |  | |フ /     \≧=-     )  (2……!)
       ヽ __ァテア'ト_\  "  (::Jリ  /   :| |¨´       \    ≧=-
         /\⌒∧乂Jノ       -- '  /    | | ̄\       \       \
      /  .>‐ハ ー- 、       / |    ; |   \           \\ \
      /    '   ∧          ′|   ∧     /\       \    \ 、
────────────────────────────────────────
.                     ,iー-ィ'-、
             c     ヽ,,,   .`゙''ー ..,、
                  /./ヽ,_      .`''、      今!
                      ゛ .゙/ /','i、,    `\
                     ''''  ∪\      \
                 ブンッ!         ヽ      `'-,
                             ヽ       . \、
                              ヽ       " .`-、
                             ヽ       ゙‐ `'-
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして、スパイカーの移動先と、そのタイミングを読み切ったところで……
| レンは腰に下げたグレネードを一つ取り、安全ピンを抜く。
| 使用するのは高電圧で電子回路を焼き切る、機械殺しのEMP!
┗───────────────────────────────────────┛
3994 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:23:16.37 ID:ud1UFEBE
そういえばゾイドの方のスパイカーって機銃がついてるんだ
この世界のスパイカーは射撃武器全くついてないんだね
3995 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:25:16.60 ID:38TFLJCm
スパイカーさん機銃ついとったんか……昔見た動画で、カマ素振りしてる印象しかなかった。
3996 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:28:45.15 ID:6kvq/1tY
仮に原作ついてなくても警備ロボとして採用するなら付けると思うんだがw
3997 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:32:13.82 ID:38TFLJCm
(うちのスレじゃ)警備ロボ最初期の近接特化型だからな!
汎用人型のロクショウさんたちすら格闘武器しか装備してないとかあるんだし、特化機の動物型じゃふつーふつー。
3998 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:33:00.98 ID:38TFLJCm
↑床                              遠ヾ=ヘ
                                | ̄(__) ||
                                |   | ||
                                |.EMP| ||
                        カランコロン  |______.|


.     __∧
     .i「 ̄        
     ..》 .,----、 , ‐'´  ̄i`ヽ
    .≪.../{  },-'─,__/  l     《頭上に敵投擲物検出!》
      l  ヽ__ノ{       ,-'
     / >-‐、____i─`'''''''HH       《形状よりハンドグレネードと推測……回避、回避……!》
     / /   l____|  ,,⌒| 〉ソ┐
   / /    | /`´ニ=ロロ〈二二()//⌒ヽ
   | /     i___,-´γ`ヽ  |ーl┌┐i ( ()}_
   レ         |   !\ {   ,l  l ∠
         {(⌒) i`ー'´i、ヽ0)_/  〔〕  l
         / / \l /l `ー´| l __<
        / /    ヽl  l ( ()‐‐‐、  / /
       / /      ヽ | / ,、  ( () ( ()
  -=ニ二(⌒)        ヽ/ /   ̄ヽ
                     / /
               -=ニ二(⌒)    天井↓
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 大きく振りかぶって、渾身の一投。
| 一時期は投げるより転がした方がマシかとか、いろいろと苦労を重ねて身に着けた投擲術で、
| EMPグレネードはほぼ狙い通りの位置……天井に張り付いたスパイカーの、
| 上というか下というか、ともかく直近の位置へと落ち、転がっていく。
┗───────────────────────────────────────┛
3999 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:41:17.39 ID:38TFLJCm
                                                   /~)
                                                  / / )
                                           __ -、   / )/ /  / )
    \、Jし/               __ ___「 ̄\   ´    〉  }/ /)/ ./)/ )          《回避ー!(CVお好きなガンダムの艦長)》 > スパイカー
.       _):;  て=-()ニニニニニニニ)二二)   ))))))__>――「 ̄\--K⌒\  / /)/
.       /^Yヽ\.、Jし/  ()ニニニニニニニ)二二)    ))))) )===「  _}_」べ / /
             _):;  て=-               { ̄ ̄ ̄ _>-「\_/ /三三Λ/                     狛ちゃん! > レン
             /^Yヽ\                  ̄ ̄ ̄ ̄)ニ>イ   /.三三三/'ヽ
                                   /ミニ彡// / Λ三三/\   \____ はい、メルティ様!
                             /⌒>< ̄ ̄ ̄ ⌒\// / / Λニ/>―\_  _ノ
                            ( /<    >――――→ / / /ニニ/ γ⌒Y ̄ __
                         へ--く    >イ ―――― //⌒\___][// {   } /ニニ/へ
                         \>''゛   _、^〉 ̄/⌒「 nに彡イ⌒\{   ∨ 乂_,ノニニニ/(三()
              __         _>''゛  _>'゛ //  / / 7ニγ⌒ヽ____Λ    ∨ニ/「[\,、く | ||
.            〈  \ ,/\ \ _>''゛  /{{   /  /ニニ[   }ニニ/ Λ.    Y⌒Y/\ | | ||
.            ∨ 〈~'\   \ <    / _>''゛_」_{ニニ 乂___ノニニ{ {三()、  乂,ノ__」| | ||
              /|_∧ 彡\  ∧__>''゛ 〈__/゙'トニニ>―くニへ「 ̄   ̄ ̄ ̄ ̄__/ 7「ヘ
           /  /  ∨彡 >、 ̄〉〉/     \  \  ゙<{γ  }/   >         (ニ7  ̄(三()
.           /\/   />匕 イ /   >''゛    \  \ 圦乂,ノ  //       _/⌒'</
        / /_r7辷彡 (  〈 _>''゛        \___> >-イ/ / |     / / 7‐-、 /
       <ク '</_ィ㌻><_`¨/                   ̄ ̄  { / /__」      └{_ { /⌒
       \ ィ㌻_、イ¨⌒¨¨¨´                   (ニ7"''<{三()         ̄
                                          ~7 ̄7 /
                                   <"''< _>
                                   // >‐、 /
                                    〈 / /   √
                                  ^~ _/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 頭上に落ちてきたグレネードに対して、スパイカーの対応決定は速かった。
| カマで切り捨てるには天井と床ほどの距離があり、飛び降りる間に発動すれば
| 回避のしようはない……であれば、早々に距離を取るのが正解だと反応して、
| けれどその対応を頭に入れていないレン達ではない。
| 互いに名を呼ぶだけ、わかり切っているだけに指示と確認の言葉は存在せず……
┗───────────────────────────────────────┛
4000 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:44:57.57 ID:Ca7cjBF2
CV三石!?
4001 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:45:34.74 ID:38TFLJCm
             `゙'''ー ..,_         `゙''ー ,,,>.._,.. ,,,.゙"     .''-、    ヽ   .l   .!  r ̄ 、/    /
            - ..,,_"''― ..,,,_、 ゛..,,,_           `゙'''`-..,゛ rー      `'-、   .ヽ  . l  | │ 、,〃  //
           、 .`゙゙'''~      `゙゙''''― ..,,,_.     {   ミ      `'-、 \ ...l  ′ .i!iレ゛  ,/..彡
               `゙゙゙'"  __  r'"⌒'- ..,,.    ´゙"''―`''' ー= .`゙''ー ,,、  `'-.\ ′   ″ /   //
'-、,      . _,゙,゙ ゙̄""         !   .`゙'ミ 、 .¬―--   ___
  `゙"────'               ゙'-- ―¬           ____                     敵の退路を潰し、EMP範囲内に留めます!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     : ー ..,,_.
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー      《銃撃検知、回避ルート再検索……!》
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
      ...-'″ . /  -"    .、゙''―ー''゙゛./    /      .r  ,i",ノ .l゙   !   .!   .|  i i l l ! .l
        ,/゛ /    .,/     . /     ./    , ‐ ,i′./ ./ .,″  /    l   │ .l .! ゝ .ゝ l、
          ´  ./    ./      /    /    ,/  ./  / ./ / .、  /   │   .|  | ."     "ヽ
           //  ./      /    . /   : ,/"      ゛/ ./ l .i . l    |    l .l         !
        /  ,/         /     ./   : /           " / / .! l    ,!    | .|        /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 的確に、スパイカーが前に動こうとすれば眼前に、後ろに退がろうとすれば後方を見越して、
| 7.62mm.ライフル弾で退路を塞ぎ、EMPから逃れることを許さない。
| 回避ルートを潰すため、大まかにまかれた弾丸に命中など期待はできない。
┗───────────────────────────────────────┛
4002 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:46:06.26 ID:ud1UFEBE
俺はヘンケン艦長が出てきたwww
4003 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:49:51.63 ID:38TFLJCm
         . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
       ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..                                      .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..             .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....                  .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.   《異常な電圧を検……プスン》
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .            . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .             . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
                   ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;.:.:.:.. .             .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.                . ..:.:.:;:;:.
                .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
               .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
 .:;:;:;:;:.:.:.:... .        .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
 .:;:;:.:.:.. .           .:;:;:;:;.:.:.:.. .                      . ..:.:.:;:;:.              . .:.:;
               .:;:;:;:;:.:.:.:... .                . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
  :;:;:;:;.:.:.:.. .         .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..               .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.              . ..:.:.:;:;:.
                .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..         .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
  .:;:;:;:;.:.:.:.. .            .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.              . ..:.:.:;:;:.
  .:;:;:;:;:.:.:.:... .           ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.           . ..:.:.:.:;:;:;:;:.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.. ..           . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .           .. ..:.:.:.:;:;:;:;:;.
   .:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:... ..          .....:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.....             .. ...:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:.
    .:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:... .. .. . . .                     . . . .. .. .. .. .. ...:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:.
      ,:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. .:. ..:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:.
       . .:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:;:..;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;..:;:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:. .
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただ、必殺の電撃の範囲内へ、敵機を留め置くだけである。
| 1エネミーダウン、残敵なし、戦闘終了。
┗───────────────────────────────────────┛
4004 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:51:20.13 ID:martJO5B
白レン、グレネードの投擲下手だな
本来なら、相手が逃げたり投げ返せないように調整して投げないと駄目なのに

4005 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/05(火) 23:52:02.05 ID:6kvq/1tY
>>3997
イッチそれ近接戦じゃなくて格闘戦特化だなw
4007 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/05(火) 23:59:44.44 ID:38TFLJCm
>>4004
どうしたって天井と床ほどの距離があるんだかむしろよくやった方なんです(多分)
というかそんな傍に落ちた瞬間爆発なんて使用は皇国軍人でもそうそうできる人いないと思うんだ……
ということで、スレ主の中では少なくとも下手の部類ではないのです(スカベで真の下手くそは自分の足元に落とす)


>>4005
どっちも一緒だって、おんなしおんなし(暴論)
4008 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:00:15.65 ID:Ru4x/5zW
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 く>
        ┌────┐ く>
        └──┬─│
            ┌┘┌┘
            │┌┘
            │└┐
            └─┘
4009 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:00:38.68 ID:Ru4x/5zW
   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |  お疲れさま、レン、狛ちゃん。
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|                                  シャナ! そっちは片付いたの? > レン
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|                                   お疲れ様です、衛宮様 > 狛ちゃん
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|  うん、まあ……電が、あっさり片付けてくれた。
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|  二人だけに押し付けて、悪かったね。
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |                    五人組で挟み撃ちされたんだから、仕方ないわよ > レン
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、それから数分後。
| 前方も後方も、つつがなく敵の排除が終わって、お互い相手の無事を確認したところ……
| ……レン達はEMPグレまで切って撃破したのに対し、電はたった一発の銃弾で片付けた辺りに、
| 同じ勝利でも温度差を感じないではないが。
┗───────────────────────────────────────┛
4010 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:02:00.17 ID:WTrwEvNY
ダイゼンガー(斬艦刀)とアルトアイゼンぐらい違う気がするぜw
4011 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:03:21.16 ID:K0kjT4cq
複数人プレイなんて白レンなら経験済みだからヘーキヘーキ
4012 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:04:47.49 ID:WPxH9J0T
普通に考えたらコングの方が強敵で、四級二人に押し付けた三級が白い目で見られる所w
さっさと片付けて援護に向かってたら別だったんだけどw
4013 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:09:39.00 ID:hUWsSYOK
4級でも自動人形と対物砲持ってるんだからこれでいいの
4014 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:11:38.99 ID:Ru4x/5zW
よ、四級側は自動人形込みの三人がかりだったし……(震え声) なお当時相手の正体は不明。
4015 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:11:57.59 ID:Ru4x/5zW
           r────-- 、       , -──   ̄ ̄ ̄フヽ
            ∧           \  /          /   |
.          /  `ー─ - _  -─冫´ ̄ ̄ ` .、__/    |
          {     r<.    /`ヽ - .、_   \      |  ともあれ、これで当面の安全と、
          |    /   `   '       \  ∧     /
          |   /      r、 i!      ',   ヽ/  〉    〉   階段までのルートを確保ね。
.           〉 /   ./   iミゝ|       }    } / }    |
         / ,'   ,     |´  | 、_  l!    |/  〉    ヽ  倒した警備ロボットは?
          ヽl     ! l  | .レ   |      ハ   l |  / |__/
            | |   | | イ |   ヽ、,斗孑刋  l! ,'/  |\                  小部屋の入り口の傍。帰りに電に車まで運んでもらう > シャナ
            | l!.  ヽル,斗≦ミ、    V 必i} ,ル‐ァ   l! \             _
           |从      {! V:心    マ;rソ|イ |ィ i!   ミ、   〉        r 、/ |┐ ……やっぱり車があるって便利ね。
.         // ゝ、.   ハ ヾソ       |   l!|  !     \ \   (\〉 l |. |
          / /  ./::::|   小     _ -ァ   |  |::.  :.   、  \__>  _〉 } / / /  けど、ゴドスとかもあるけど、大丈夫?
       ∠__/  〃:::::|   |:!ゝ.   `    |  |::::::.. :.    ヽ   \,ィ´     /
        /   /:::::::::|   |:|::::::;ィ≧ ‐r  ´:;|  |"'x;:::.. ' ,    \. /::ヽ.__∠、                    一度では持ちきれないですが、
          /   /::::::::::::|   !|:::   "ミx'"゙~~|  |  ミ`ヽ::::.ヽ   r〈::::::::::::::::::::::::::}                     往復すれば大丈夫なのです! > 電
       /   /:::::::::::::::|   i|'、    ;゙    |  |   }  \:::::.  | ヽ;::::::::::::::::/
.       / /.::::::::::::::::::|   | "x , :.,, ;.、, ., ,;|  |,,.、'゙     \:. 〈   ` ̄ ̄´〉    なるほど。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあともあれ、これで無事に渡り廊下の脅威は排除。
| ついでに、一階を巡回していたコングも撃破できて帰りの安全は大よそ確保できた。
| 今回撃破した警備ロボットも、全て終わったら電と車へ持ち帰ることにしよう。
| アイアンコングはともかく、ゴドスやスパイカーくらいなら、
| シャナ達が協力すればいっしょに運べるだろうし。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 取得物
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット【アイアンコング】(小破) ×1 (頭に一発)
| 警備ロボット【スパイカー】(中破)     ×1 (EMPで電子回路壊滅)
┗───────────────────────────────────────┛
4016 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:19:08.60 ID:Ru4x/5zW
    ''' ¬=-=ニ  ....,,,,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::- - - - - - -ニニ二二二三三三三三
:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ 7__…‐-= ..,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‐ ‐‐─二三三三三三二三三三三
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /| ̄¨¨゙||: : :.:.:.|   ̄””¨““ ' 冖¬…‐-=ニ二三>゙|: : |: : :  ̄”¨
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : :/:||::::::::::::|| : :..::|            : : : : : : : : :.:.:|: : |: : |: : : : : : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : : : :_/==== ┘  |             : : : : : : : :.::|: : |: : |: : : : : : :                   ……で、この上が最上階。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/∧__________,|__           : : : : : : : : |: : |: : |: : : : : :      厄介な警備ロボットがいるかもしれない場所、ね > レン
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|:V∧¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨゙|¨¨¨¨\        . : : : : : : : : : |: : |: : |: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :|.::V∧ニニニニニニニニニi \     . : : : : : : : : : : :|: : |: : |: : : :    まあタイプは違うとはいえ、高級モデルの
ニニニTニニニTニニニニニ|: : V∧ニニニニニニニニニi  \  . . : : : : : : : : : : : : |: : |: : |: : :       アイアンコングも 潰せたんだ。気負いすぎずに行こう > シャナ
: ::|¨¨¨¨¨ | |¨¨¨¨¨゙丁丁¨:|  V∧ニニニニニニニニニi : : \: : : : : : : : : : : : : : |: : |: : |: : :
: ::|:::::::::::::::| |::: ::::::::::||: :|  ..V∧ニニニニニニニニニニi: : : \: : : : : : : : : : : :.:|: : |: : |: : :                   ……待って、何を倒したって? > レン
: ::|:::::::::::::::|_|:::: :::::::::||:」ニニ|: :V∧ニニニニニニニニニニi : : : \::: : : : : : : :.:.::|: : |: : |: : : :
: ::|::::::::::::::i|_|i:::: ::::::::||:| |二_|_V∧ニニニニニニニニニニi: : : : :\: : : : : : :.:.:|: : |: : |: : : : .                    アイアンコング。後ろから来てた > シャナ
: |:::::::::::::::| |::::: ::::::::|├:| |||¨¨¨:| ̄|ニニニニニニニニニニニi : : : : :\::_:_ : : : |: : |: : |: : : : : : . .
: |:::::::::::::| |::::: ::::::::|├:| |||   |: : |二二二二二二二二二二L: : : : : : ̄ ̄:.::.:|: : |: : |: : : : : : : :                 いやいやいやいやいや!? > レン
‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└┴:| |||   |: : |二二二二二二二二二二 ⊥_ : : : : : : : : : |: : |: : |: : : : : : : :
:::: : :   :::      : : :.:|_|||   |: : |二二二二二二二二二二二二i.:: :.: : : : : : |: : |: : |: : : : : : : :
:::: : :   :::       : : : : :|\|   |: : |二二二二二二二二二二二二 L____ : : : : |: : |: : |: : : : : : : :
::::: : :   :::     : : : : : \|   |: : |¨¨¨ ̄.: .: .: .: .: .: .: .: .: : : : : -=二≧s。L__|: : | : : : : : : : :
::::: : :   :::     : : : : :::::::::: ̄ ¨¨¨::::..... : : : : : : : : : : : : : : : . . .      ≧=‐-=ニ¨ ̄
::::     ::     : : : ::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::... : : : : : : : : : : : .             : : : : :
: : :   ─┸─      :.:.:.:::::::::::: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..  : : : . . .               : : : :
: : : :  ー‐::─一       :.:.:.:.:.: :.:.: : : : : : : : : : ..                     : : : :
: : :                   : : : : : : : : : : : : : . .                   : : : :
: : :.                  : : : : : : : : : : : : : : : : . .                 : : : :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまれ……最上階への道は開けた。
| ブレードの試験に使われたと思われる警備ロボット……いまだ不明なことも多い相手が、
| 待ち受けるかもしれないその場所へ、慎重に、けれど大胆に、足を踏み入れていくとしよう。
| 存外、想定よりは容易い相手かもしれないのだ。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 昇り階段が解放されました。次回は三階(最上階)の探索を行います。

4017 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:19:21.71 ID:Ru4x/5zW
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

4018 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:26:28.15 ID:Ru4x/5zW
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……もう日付変わってるしな、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!          本日のスカベンジャーはここまでです!
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        うむ、白い子も経験と技能と狛ちゃんとの連携を生かして、
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ.     少しは戦闘で見せ場出来たんじゃないかな!
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  今回みたいなグレネードぽいーはシャナじゃそうそうできない戦法だし!
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ ……シャナの技能と特性なら、グレ投げるまでもないとか言ってはいけない。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   普通のスカベンジャーは警備ロボとチャンバラなんてやんねぇんだよ!!
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ  まあともあれ、これでこのターン先頭で活躍してない人はいなくなtt……
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ.   ……あれ。くーちゃん、活躍どころか、銃弾一発も撃ってなくね……?
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \  ……やべーよ、ボス戦一般人活躍の出番考えてねぇよ。
                                                     取り巻き今からでも追加するか……?(ぉぃ
4019 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:27:43.83 ID:WPxH9J0T

想定より容易くても想定以上にダイスが腐るのがこの遺跡だぜ。
4020 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:28:55.31 ID:WPxH9J0T
そもそもくーちゃん戦闘要員というよりは探索、機械解体要員だし。
4021 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:29:25.72 ID:lSNAOKhg
おつ
4022 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:31:22.39 ID:DwPoFMYI
乙です
クーちゃんは戦闘担当じゃないから…
4023 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:34:55.61 ID:hUWsSYOK

4024 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/09/06(水) 00:35:04.08 ID:Ru4x/5zW
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  さて、次回の投下予定は……水木はちっとな、
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  次の日が朝早いから投下はできんのだ。
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 ということで、最速で金曜日か土曜日の投下になるかと!
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \  次回は多分ボス部屋とボスの顔見せくらいで短めになると思う。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    そんで、その次がついにボス戦だな! そっちは多分来週末だ!(おそい
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /       ……いやな、試験的安価が多分書き溜めあったほうがいいやり方なのだよ
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {   (書き溜めをするとは言ってない(ぉぃ)
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \  と、ともあれ、スレ主はそろそろお布団行きますん。
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l    みなさん、おやすみなさい……(すやぁ
4025 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 00:36:05.54 ID:DwPoFMYI
おやすみなさい
4026 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/09/06(水) 01:12:44.04 ID:hUWsSYOK
おやすみなさい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3576-8173731a