シャドウランナーやる夫 その1

138 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:12:54 ID:HvFDG1XA



    ― 背中に気をつけろ。ためらわず撃て。弾を切らすな。ドラゴンには絶対、関わるな。

                                                 ストリートの警句 ―








  ― 第六世界にようこそ。”覚醒”により、神秘が戻ってきた世界。

     国家は形骸となり、メガコーポの利益至上主義が世界を動かす。

     ストリートには暴力と、金と、ドラッグ、そして魔法が蠢いている。―


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二
139 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:14:13 ID:HvFDG1XA

          ::,;':.;              Κ             ''::,;.;'
   .;:,:;              .:;,;'             .;:,''
 |! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l|        ______#;;  ― シアトル ラグーン商会 ―
 |! /         //  || /         //  l|       ::||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||
 |!     /     /    ||      /    /    l| #   __  ||   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;||
 |!]  //   .........:::::  ||  //    .........::::: [l|     l\ \||   ;;;;;;;;;;;;;;||
 |!_________||_________l| ζ  |  \ \   ;;;;;;;;;;;||
    ∟    .;,:,;            ,,:;'        |\  |  |、   ;;;;;;;||.;:,:
____________∠__________| ..\ |__]___||_
                                     \   \  \
                                      \   \  \
                                       \   \  \
  .______              ______           \  ゙| ̄ ̄|
  |\         \          |\         \           \:|__|



                    /:;;;;;;;::::::::::::ヽ,
                   /::(゙゙゙''''',=ゝ、;;:::i
                  /:::::::`゙'''":| :i、,,,,,)|
                 ,-、::::::::::::::/‐、::::::::゙|    帰れ。俺が弾代を惜しんでいるうちに。
                 | ,,':::::::〆::;;:::::`:::::::|l
          /`゙゙゙''‐、   ゙,〈i::::::∥'"`゙'''i:li:::::゚`l
         l    `''‐、,,,,_〉\∥L-‐、,,|:ii:::|ノ,'
         |        i゙|||llii、;il||||llli:::ll://   _,,-‐''''''‐‐i
         |        .|:::::|||||||||||||l;;il||/‐‐'''''"      |
         |       /:::::';|||||||||||||ll"/          |
         ヽ  i _,,,-''":::::::::';゙l||li彡:::,":|          |
       ,,, -''|  |,‐'‐、;:::::::;;;;;;;;::',::::::::::":::::`':、      '; ノ
    ,, ‐'"  |  |   /‐‐-=、,,`゙;;;::::‐''':::‐、;;::゙'::::、    ;/、
  ,, ‐'"     |  |  /    ,,,,,__ `゙゙゙''''‐-=;;;;;;;;;;|    i `゙゙''‐ 、
141 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:17:36 ID:HvFDG1XA

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \   やっぱ無理ですかお。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \     ― ヤルオ オークの少年 ―       *前のとの繋がりはありません
 /´             ヽ



              -── 、
            '´:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.;;;',
              /:.:.:.:.:.::.:.:ァ─ミ.:.:.:;;;',      「ハッカーを紹介してほしい。でも金はない」
          {:r''¨ヽ-‐{___ノ≧=:;;',
              弋_,ノ:.j:!:.:.::.:.::.::.:::;:;:;:;:r‐、    俺がそれをかなえてやる理由はなんだ?
           j:.:.::.:.(.;.;.;.;):.:.::.::.:;:;:;:;:;;λ:
             Y:!.:}.::.:.::_二=ミ从::.;:;:;::;:;::}    サンタクロースにでも見えるのか?
          {:.|:.::.从___,ノ}iii{:;:;;::i{}{}′
          ゝl:.::.{iii}.::..iiiiii.::ノiiii}:;:;:;:}:;:|     驚いた。おい、俺のひげが白く見えるとしたら
            \:}iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{ ̄ ̄ ̄ニ=‐- _
             }iiiiiiiiiiiiiiiiiiii{          ¨Y        間違いなく病気だ。医者へいけ。
          _ =二iiiiiiiiiiiiiiiiiiii|        _,  ─┴‐──‐-、
      ,ィ ¨ ̄    弋iiiiiiiiiiiiiiiii}     /    >'':.: ̄ ̄:.¨'' 、   金無しで見てもらえる医者にな。
     {    ',      }.:.::.:.:.::.:.:.V  /    /: : : : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.',
      V   ',  _/: /:.:.:.:.:.::.:.V∠_    ,: : : : : ::.:.:.:.:. ::.:.:.:.:.::.:',
      V   } /:.:.:.:./:.:.:.::>''¨ \\   i: : : : ::.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. .:.::..',
    _ / }  .ノ/:.:.:.:::.:.:.::.:.:.::|      / /  |: : : :.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:: .:.:.:.::i
143 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:20:53 ID:HvFDG1XA

..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \   どんな腕でもいいんです。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /   なんとか……。
.   ノ         \
 /´            ヽ



                     ______
                   .. ´:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:..、
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.                , ′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
.                ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〃:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',        帰れといったぞ?
               {:./⌒Y____,r――- 、:.:.:.:.:.:.:.:.i
             '.{ て):.:.:.:.:.:. ̄ヘ:::::γ⌒ヽ、__:.:.:.:}        なんだ、しっかり説明してやらんと
             {ト、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:\:.\ゝ__ ノ⌒ヽ-<j
          ____/:`{}{}_}:.:.:.:.:.:.::::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{   j         分からんか?
       /. . . . .`ヽ:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:.:.:.:'´.:.:.:.:.:.:.:ム:.:.:.:├r '   `ー=彡′
.      /...,. . /: :`ヽ\:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.ィ:.:.:.:.:.:.:.:`ヾYソ丿 . : .:~彡    俺にメリットがない。デメリットしかない。
    ,く. ./. ./... . . . . ..ヾ\\:.:/:::{:.:、ー‐==-、::::, ´     て´
   . . . .\: { . . . . . . . ∠ハ:.:.:ミ::::::{:.:.:.``ー=才く   . :~´      ココで誰か教えてみろ。
    . . . . . .`\. . . . . . . . . .`Y::彡:::::`ー彡{:.:ィ \> : : ..
    . . . . :ヾ. . ..\. . . . . . . :}.:}:.:.:乂从:::::::::_У    彡 : . .       クソにたかるハエのように、そこらの
    . . . . . :ハ. . . .`\. . . . :}:.}:.:.:.:./:"´ ̄`ヽ  ((   .:))
    . . . . :/. . . . . . . . :ヽ. . :.}.:}:.:.:.ハ. . . . . . . . }    `ー: . .       ウジ虫どもが「おれもおれも」とウチに
    . . . 〃. . . . . . . . . ..}\人:.:.:/:∧. . . . . . 人_
    . . . . . . . . . . . . . . 八. :`Y:.:.:.:.:.:.}ト、. . / . . `Y`ヽ          くるようになっちまう。俺の名が汚れ……
    . . . . . . . . . . . . . ..{. :.}. ..|`ー=升! ∨{. . . . . . }:.:.:.:',
    . . . . . . . . . . . . . . し′. .}圭圭7 . .V . . . . . リ:.:.:.:.:',
144 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:23:12 ID:HvFDG1XA

         /.:.:.:.::.:.:.::.:.:::.: ',
    ____/.:.:.:.::.:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.i
   /       ̄ ̄ヽ.:.:.:.::.:.:.::.:.|
.  /           \.:.::. ,イ:}
-‐′─=二 _       \.:{:丿     ……まてよ。……オイ小僧。
            ̄ ¨ =ミ、  ∨
             ≫、 .ノ       オマエに仕事をくれてやる。
                \
                     ヽ
                   丶、
                      \
                         }
                   / ̄ヽ ノ
                    /:.:.:.:.:.:.:.:',
                     /:.:.:.:.:.::.:.:.:.i
                /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:|



               ____
             /      \
           / ─    ─ \     え?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
145 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:29:04 ID:HvFDG1XA

   /:.:.:.:.:.::.:.:.:.::.::.._:.:.:.:._::.::, -、
  ′:.:.:.:.:.::.:.:.:,イ  `Y.:.斥  }           つい先日だ。オマエとおんなじぐらい世の中分かってねぇ
  i :.:.:.:.:.::.:.:.:イ込 _,ノ:.:.:.::.:`マ.:.:.
  |:.:.:.:.:.:: //:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.::,.:.:.}:.:.:i          ヤツがコンタクトを取ってきやがった。
  |:.:.:r''¨_/.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:..:ァ‐=ミハ
  、:{:斥.:.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:从/____,ノ};';          「顔を見せられない」「名を明かせない」「自分のデータはなるべく
   ヘ:.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:.:.:.:{;';'{___从___};'
, -‐=}:≧-:‐、.:.:.:.::.ノ;';';';';';';';';';';';;';';';_        隠したい」 こんなナメた事ぬかしておいて、止めとばかりに
`ヽ= ┴─────‐ミ;';';';';';';';';';';/  \
      ̄二=‐- _  ヽ'‐'‐'‐'‐' \  i__, ‐,     ァ‐、   「働いてくれるヤツを紹介してくれ」とさ。
             i  |:.::.:}    i |/.:.ノ_.   /.:.:/
             |  |:.::ノ    |  |ノ.:.r'′ `ーノ.:.:/、二二ii≡   笑っちまうだろ?
             |  |:.:{      /:.:.:.ノ__,..ィ.:.:.:../:.:}
」_}{ _ _            |  |:.:::\   /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:./:.:/
  ¨ ̄二= ‐- _ _}-‐'二二\ /:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::.:.:.:.:..:.:../:}



                     _
                   〃:.:.:.:.:.::.         そいつは一応、ハッカーであるらしい。だが、それ以上は
                       ァ:.:.:.:.:.::.:.:.}_
              ___/{ヽ:C=C:.::}_}__     本気でわからん。だからオマエが身体張って調べろ。
            /:.:.:.:.}  |:.{:.:.:J.:./{:.:.:}.:..:.:.i
          - ' :.:.:.:.:.:.ノ  .'::>‐込イ}:.:.:{.:..:.:.:.:ヽ   裏切られようとサツに売られようと俺は一切知らん。
.          /:_.:.:.:.:.::.::.:厶i──i  , ─┘-、.:ヽ.:_.:..',
         /ィ:.:.:ニ=‐:≪:∈|  /        \.:.:''.:{   テメェでなんとかしろ。生き残ったら、欲しい情報くれてやる。
.      {:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.::. :.:.:.:|_/          \.:ノ
       , '777777ト、/   //         \       , '777777ト、    やるか?
      ///////////ハ   ソ {      / ̄ ヽ}     ///////////ハ
.     /////////////ハ / ̄V.    /     ヘ___///////////////
     i//////////////ハ    .V   {  / /  /  ////////////////
     |///////////////ハ    V   {  ii i ii  i  i///////////////
146 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:37:27 ID:HvFDG1XA

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━
━━━━
━━



          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_     プルルル……プルルル……ガチャッ 『ハロー?』
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )   あんたがオモーカロ、かお?
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ    ヤルオはダッチに紹介された……。



                 _
                /\c\
                /   \ \
                  /\     \ \      『ああ。なるほど。
              /   \     \ \
               /      \     \ \   ひとつ、訂正させていただきます。
                 /          \   // /
             /          \// /    私のハンドルは「オモイカネ」
              /             // /
            /             // /      日本の知恵の神の名です』
             /             // /
          /\            // /
        /   \         // /
        \     \      // /
          \ ◎  \  // /
           \.   \// ./
             \   .// /
              \// /
                  ̄
148 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:41:41 ID:HvFDG1XA

          / ̄ ̄ ̄\        オミーカネ?
        /  ─   ─\_                     『オモイカネです』
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )   オ、モ、オ、カ、レ?
       \     ` ⌒´   /⊂)                   『……では、ビック・ベルでいいです』
       /             ヽ ノ



                 _
                /\c\
                /   \ \         『……コホン。気を取り直しまして。改めて
                  /\     \ \
              /   \     \ \      確認を。私は、故あって自分の情報を
               /      \     \ \
                 /          \   // /    開示することができません。
             /          \// /
              /             // /     声ですら、変換機に通しているのは
            /             // /
             /             // /       お聞きのとおりです。
          /\            // /
        /   \         // /         それでも貴方は、私と組んでくれると?』
        \     \      // /
          \ ◎  \  // /
           \.   \// ./
             \   .// /
              \// /
                  ̄
149 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:49:47 ID:HvFDG1XA

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_      やる。
       /   (●)  (●) \|l(^)                  『……よく考慮されましたでしょうか?』
       |     (__人__)   l(_ )    くどい。
       \     ` ⌒´   /⊂)                  『……了解しました』
       /             ヽ ノ



                       __
               __ - ´´ ̄       `¨ ‐ 、
           , -'"´:                 丿   ヽ       ― ヤルオに選択肢は無かった。
        /. : : : :          _/  、 丶
        ,,.'. : : : :             / /::::::ヽ l   ヽ、       たとえどれほど危険が見えていても、
       /. : : : : :              {  {:::::::::ノ !   ヽ
      /. : : : : :                丶 ` ´ ノ       ヽ      やらなければならない理由があった。―
    /. : : : : :                    `ー‐ ´ /       ヽ
   ./. : : : : :                    !、     人ノ
  /. : : : : :         U            `i` ニ二-- i
  /. : : : : :                            `´       l
 ,'. : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                               /
 i : : : : : : :                                /
 ', : : : : : : :                              /
 ', : : : : : : :                         /
  ヽ、: : : : : : .                      /
   ヽ、:_: : : : .                    /
      `¨i : : : : :                  ヽ
150 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:53:29 ID:HvFDG1XA

  ― オーク。学術名ホモ・サピエンス・ロバスタス。

    「覚醒」より戻ってきたとされるこの種族は、             ____
                                          /      \
    大柄で、下あごの大きな犬歯を除けば、            / ─    ─ \
                                       /   (●)  (●)  \
    ノーマルなヒューマンによく似ていた。            |      (__人__)     |
                                       \     `⌒´    ,/
    生まれつき熱視野をもち、多産であっても、         /     ー‐    \

    それ自体はいうまでもなく、害をなすものでは

    ない。―
151 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 22:57:35 ID:HvFDG1XA

  ― しかし、メタヒューマンであることには変わりない。
                                              ____
    エルフを除くメタヒューマンは、人類国家では              /      \
                                           / ─    ─ \
    大抵の場合、社会的地位が低い。                 /   (○)  (○)  \
                                          |      (__人__)     |
    メガコーポで出世することはなく、大抵が              \     `⌒´    ,/
                                          /     ー‐    \
    ストリートの住人として人生を送る ―
153 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 23:02:21 ID:HvFDG1XA


      / ̄ ̄ ̄\       ― ヤルオも、テンプレ的なストリートの貧民である。
   γ⌒)      (⌒ヽ
   / _ノ ノ    \  \ `、      酒とドラック漬けの父と、それに愛想をつかした母。
  (  < (○)  (○)   |  )
  \ ヽ (__人__)   / /      壊れた家庭から逃げ出して、ダンボールにくるまる日々。―



         ____
       /     \    ― 働こうにも学も技術もない彼のような者はあふれている。
      /  _ノ   ヽ、\
    /   (○)  (O)  \    ましてや、オークである。日銭を稼ぐことすら事かく
    |       ||  (__人__)  ..|
    \    ノi   !  |.  /    生活。ドン詰まりを這いずる毎日。―
     /    し'   `⌒´ .ノ
     |       ./ ./
154 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 23:09:26 ID:HvFDG1XA

 |__       ― 犯罪に手を染めるまで(他の大多数と同じように)
 |    \
 | 、_  \      たいした時間はかからなかった。
 | (○) i|| \
 |人__)    |     そして、それでもなお、楽にならない生活。―
 |⌒´    /
(⌒ー─' )



        / ̄ ̄ ̄\          ― 当然である。武器もサイバーウェアもない
     /ノ     ヽ、 \
    / ( ○)}liil{(○)  \.          彼に出来る犯罪は限られている。
    |    (__人__)    |
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /          誰かの手伝いをするにしても、
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ    消耗品として扱われるのがオチ。
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、       大金をつかめるはずがない。―
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
155 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 23:13:15 ID:HvFDG1XA

            ____
          /      \
        /         \      ― 本来であれば。そうやって
      /   _ノ   ヽ、_   \
      |   ( ●)  (● )  |       使われているうちに「消耗」され
      \    (__人__)    /
       γ⌒  ` ⌒´   ⌒\        消える運命であった。
       /  (___    __) \
      (____ ヽ γ' ___)       他の大多数とおなじように。
      /    ヽJ  し’    \
    /  ./   \  /  \  \      しかし。―
   ./ / \         / ..\ .\
 /' __)    ヽ、__人__ノ    (__  ’\
(_/                    \_)















┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
              ノ.: : : :.八',:::::::::ヽ:ゝ     __ _    /イ::::::/レ:l: : j,イ
             ``≧‐- }ヽゝ、_:::ヽ    {   }   ムイ:::::::::::l,イ
                     |::!:::::::::::::::ムヽ   ゝノ  . イ:::::::::::::::::::l
                     |::!::::::::::::::::::ムハ> 、 ,イ ,':::::::::::::::::::i!     ― ひとつの転機が訪れた ―
                     |::}:::::::::::::::::::/¨≧ュイ ̄ {:::::::::::::::::::;':!
                _ 斗.ゝ、::>-イ/.: : : : : :. :.〉-<:::::;イ`゙<
            x≦ <´/,`{___.}ヽ、: : : : : : イ7___7///`> `゙<
           { {/////// ,'::::::::::}  ヽ ≦´ /::::::::::::}////////`: }
.             i |//ヽ///.´ ̄ ̄    ,'    ̄``ヽ!////////l !
.              ! |////\.//    ヽ;/     ヽ/}/////// ! {_
┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
156 : 普通の名無しさん [sage] 2013/10/14(月) 23:14:52 ID:HZzU3rmg
……なぜかやる夫が搾り取られる未来が見えた
157 : 普通の名無しさん [sage] 2013/10/14(月) 23:14:59 ID:oouunLRc
1つの転機と2つのおっぱい!
158 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 23:15:39 ID:HvFDG1XA

         ____
       /     \    ― それは、彼を奮起させるに十分な転機だった。
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \     何が何でも、どれだけ危険でも。
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ    チャンスを掴む。こうして、彼の
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |    物語は幕をあげることになる。―
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|
159 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2013/10/14(月) 23:17:31 ID:HvFDG1XA
スマン、死ぬほど眠いから今日はこれまで。

なお、エルフはメタヒューマン唯一の人気者。

政治、オフィス、芸能界、音楽、そしてなにより風俗とポルノでな!

出はお休み
160 : 普通の名無しさん [sage] 2013/10/14(月) 23:19:30 ID:oouunLRc
乙でした
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/3641-198d5aa5