情報部シャナのスカベンジ日誌 7th Turn 「ガードロボット」その26

5657 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:10:31.93 ID:41nVyNjV
==|===i´ i´######i´ i´======∀==∀=====|=
 . Yl | |#######| |:::|    ,;゙ ・ω・ ;,    Y
 . ||l . | |#######| |:::|    ミ ~ ̄~ ミ    ||   ういうい、人数確認!
 . ||l . | |#######| |:::|    `'ーu-u‐´    ||
 . ||l . | `―――'.. |:::|       °:       ||   クエ選択以外はダイス安価だけだし、そいじゃあちまちま始めていくかー。
 . ||   ゙"'''''''''''''''''''''"゙'"゙       。 :     .||
 . ||      :                  ||   え、書き溜め? 「俺にかまわず先に行け!」って言ってたよ。
5658 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:10:46.16 ID:41nVyNjV
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

              情報部シャナのスカベンジ日誌
              7th Turn 《ガードロボット》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
5659 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:11:28.10 ID:41nVyNjV
                  -=;‐- 、 /:'´:::::::::::::::::. ... ::`ヽ、
                 ,.- ''":: ..:::::゙`::::::::: :::::::: . . :. :... ::::\
                 ,フ´.::: .. .: . .::::::::.. : . :::. :.. ::::. : ::ヽ、丶、
                  , '::::::::::::.: .::.:: .::::::::::. :. :::..:::::::::::::::::::::::::::ヽ` ゙`
              ノ;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ん、なんかメールが来たな。
             /'"/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-、;-、::::l::::::::::::::::::::::ヽ
              /.: .::::::i::: ::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヽ、``゙ヾゝ、:::::.. ::::ヽ   このアドレスは……
                /ィ:: ..:::_」::: : ::::::::::::::::::::::_::::::}  }ヽ {_}. }::. :.ヽ、
              _/::/::/ /:: . . ..:::::::_;;-''´ ノ::/  l:::::', !:ヽ∧:: :.l            『クラッキング完了なう。ということでお迎え兼護衛plz』 by情報屋
            r;=/イ- ヘ/:: .:..:: ::::::::{  /:::::;{   !::::::}1:::::∨:l、. :l
          /┴- 、 {:::::::::::. .:::::::l/:::/:::/`  /:::::j |: : .::::/ }:::l   と、続けてもう一件……他にも要望か?
         /       \}:;l:i;::::::: :::::l ̄'´l::::/  ,':: ::/ j:: .::::/ l:;リ
.        ,∠ -- _     lハ:!l:::::::::i:::|、   l:::{   }: ./ /j:..:::/   l'    ってかなんで俺に話振ってくるんd……
       , '      `ヽ    ヾ';::::::::l;:l 丶 ヽ{  /ィ/ /ノハ:/
.     /        ノ     ';:::::::ハ! 丶      , '   }.{'                 『行ってやりたまえ、シン君。念のためジンを忘れないようにな』 byラウさん
.     /        {  i    ヽハ{ `ァ7    /  . 〈〈
    {         {   、     ``「 /     /-''´  }|        あんたの差し金か!!
    |         '、 ヽ丶.     / /    ./    '´}
    i         ヽ  ヽ}      /    ./      ィ
                【帰り道のシン君】
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 独立傭兵機構の事務所にいた、シンとクルーゼ。
| 彼らと顔を合わせることになったシャナは、フジノミヤのマーセナリー事情……
| 例えば今いる最高位マーセナリーは準二級であるとか、
| 下級であってもマーセナリーは集団戦に慣れ、長けているとか、
| 彼らの知り合いに情報屋モドキのマーセナリーがいるとか……
| そんな話を聞かせてもらうのだった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>3125-3126  (所持金:3051円0銭 / 技能:【観察眼Lv6】)
                            (所持品:スカベンジャーの手記>>5023 / 文書交流ソフト>>5084)

      好感度一覧        >>2777      (やる夫:B シン:D アリス:B- リッカ:B- 聖十郎:C ダリアン:D+ クルーゼ:E)

      wiki           ttp://seesaawiki.jp/shana/

3125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:12.98 ID:Gstn/0u+
                   《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】 4級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 495 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  零式軍刀 ……養父から譲り受けた将官用の高級軍刀。
             銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高いレベルで両立している。
             耐酸、耐熱、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
  7.62mm.選抜小銃 ……【サイズ:L】 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用するマークスマンライフル。モデルG3 SG/1
                   フルオート射撃による牽制・弾幕と、セミオート射撃による精密狙撃の両方に対応可能。
                   簡単に言うと、一丁で突撃銃と狙撃銃の両方として使えるということである。
                   アクセサリに高性能光学スコープ、サプレッサ、ロングマガジン、バイポット、フラッシュライトを装備。
  45口径拳銃       ……【サイズ:S】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                   アクセサリにサプレッサ、ロングマガジン、フラッシュライトを装備。
  テーザーガン      ……【サイズ:S】 ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能
                   生身の人間や生物を、無傷で捕縛することができる。警備ロボットには無力。
  コンバットナイフ    ……【サイズ:S】 頑丈さが売りの軍用ナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。
  軍用マグライト     ……【サイズ:S】 本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、EMP、閃光 各一個 / チャフ 二個) 【爆発物】
  携行爆薬(小)……【爆発物】 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉の爆破などに使用する。

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。また、若干のステルス性能を持つ。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、単分子カッターを含む刃物や破片を防ぐ。
                   対単分子コーティング、耐酸コーティング済み。熱単分子刀、熱振動徹甲刀などは防御不可。
  静音性ブーツ  ……底面が厚く補強され、更に足音がしにくいように加工がされたブーツ。
                   隠密に長けた者なら、足音のしやすい悪路でも無音で歩行することが可能になる。
  マガジンポーチ ……ライフルなどの予備マガジンを収めておける、ポケットなどが付いたポーチ。
                   遺跡に持ち込む予備マガジンが各3個から5個に増える。
  31年式軍用多目的グラス ……望遠、視力補正、赤外線(暗視/簡易金属探知)、PDAとの接続などの機能を備えた、
                       大崩壊以前の軍用装備。軍事品だけあって、耐久性・防弾性も十分。

 ・電子系装備
  高性能PDA ……高い基本性能のPDA。メール以外にもハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。防水、耐衝撃。対EMPコート済み。
  標準ハッキングソフト……PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
  標準解読ソフト ……断片化したデータを復元する事の出来るソフト。簡易版より精度は上だが、使用には【電子技術】技能必須。
               断片化したクズデータなどを正常な状態に戻し、閲覧することができる。暗号解読とかはできない。

 ・その他
  携行用ガンケース ……【サイズ:L】以下の銃器を一丁しまっておける、緩衝材入りの軽量なハードケース。
                  肩掛け紐と鍵付きで、街中の携帯に便利。
  警邏隊推薦状    ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                  警邏隊主導の依頼を受ける際に必要。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めやナノマシン製傷薬などが入った救急キット。
.             医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト   ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。
  ロープ10m……物を縛ったり移動に利用したりなど、多彩な用途のロープ。
  短距離用無線機 ……いわゆるトランシーバー。ある程度の距離なら離れた位置の人間とリアルタイムに会話できる。
               二つ所持しており、同行者に一方を貸し与えることが可能。
  軍用双眼鏡 ……測量機能と簡易な風向の観測機能が付いた丈夫な望遠双眼鏡。防水、耐衝撃。
  軽量工具セット ……使いやすい工具の揃った工具セット。小型工具セットより高性能で、携行性も悪くない。
  工具用単分子ナイフ ……工具用として実用的な強度を持つ単分子ナイフ。戦闘での使用は想定していない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。

 ・拠点
  住宅:中層区にあるガレージ・庭付き一戸建て。
        付近の治安はよく、鍵類のセキュリティも十分。場合により、自動人形の電が警備をやっていることも……
        一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。
  ガレージ:中層区の自宅に付随する車両用ガレージ。
        特別な設備はないが、中型車1台+大型車1台分の駐車スペースを持つ。
        現在、輸送トラック(大型車)1台を収容。

 【技能】
  格闘術   Lv:5 ……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣     Lv:10……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器     Lv:6 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、狙撃銃を使用可能。
  狙撃     Lv:2 ……狙撃銃、選抜小銃などを使用して長距離狙撃を行う技術。
  軽業     Lv:5 ……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入     Lv:6 ……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼   Lv:5 ……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5 ……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  車両運転 Lv:5 ……地上を走行する、一般的な車両を運転する技術。
                バイク、普通四輪車、大型車、軍用車両を運転できる。
  機械操作 Lv:4 ……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4 ……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7 ……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮     Lv:2 ……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。

 【特性】
  ESP【縮地】 ……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃          これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃          移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
              ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱撃戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
              根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス


 【拠点・倉庫】
 ・武器
  量産軍刀 ……【シャナ専用】 父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
             数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。分類、丙種士官用軍刀。
             対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……【サイズ:M】 威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
               アクセサリにロングマガジン、レーザーサイトを装備。他にフラッシュライトを保有。
 ・防具
  戦闘用耐熱グローブ ……戦闘用に防刃などの防御力をある程度備えた、五指が自由になる耐熱グローブ。
                   生身の人間でも熱振動徹甲刀などの高熱を発する武装を使用可能になる。
  登山ブーツ          ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。
 ・その他
  最低性能PDA ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  技術書【機械操作】【電子技術】 ……該当技能のレベルが3~5の時に使用できる。各二冊。
                           コミュなどフリーパートで読み込むと、技能の成長に役立てることができる。
                           同じ人間が同じ本を繰り返し読んでも意味はない。
  軽量重装甲合金板……軽量かつ頑強で、排熱にも優れた旧文明の装甲用合金。
                      【素材アイテム】持っていれば、何かを組み立てたり、作成するのに役立つかもしれない……
3126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/08/09(水) 22:22:25.13 ID:Gstn/0u+
  【車輌ステータス】

              :r‐---‐r―---―r―---‐r―---―r―--―┐
    =fhュュ――zz  il    ;  ロ   ;  ロ  ;      ;     |
  [lj .|i'~i`    .i  |   il    ;     ;     ;      ;     il
  lコ ||__|__________|__|  :il    ;     ;     ;      ;     il
  t_/o .i,.----.、|  |  il    ;     ;     ;      ;     il
  /   ii>< ||j .|) | ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄`|| ̄ ̄ ̄`|
 _/___i`ニニニ´ |  .| . |ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェ||ェェェェェェェ||ェェェェェェェ|
 λ~。 ̄i―‐_-_-.!二| .!___!!!二ニ_ニ二!! | |/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \| |_
 [λ___γ ´⌒`ヽ.ヽ三|三|三i「有澤[ |   〆´⌒゙ヽ 〆´⌒゙ヽ  | |
      :i (∴) i |三|三|三三ニ|ニ [   i (∴) i i (∴) .i
       ヽ、.____,ノ .             .ヽ、.____,ノ :ヽ、.____.ノ


 輸送トラック

 ありふれた輸送用の幌付トラック。
 大きな荷台による高い輸送力が特徴で、スカベンジの成果を持ち帰るのに向く。
 荷台には簡易であるが人間用の座席も完備。エンジンパワーもあるため、車両の牽引も無理なくこなせるだろう。

 ……ちなみによく見ると、ベースとなった車両は有澤重工製。水月という型式らしい。
 とはいえ流石に、無改造状態ではただの輸送トラックに、装甲車並みの防御力や、
 大口径機銃を積んだりはしていない……改造で追加することが出来ないとも言っていないが。


――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 輸送トラック  【分類】 大型車両  【製造企業】 有澤重工

 【所有者】 衛宮シャナ

  【特性】
  輸送能力:A ……背部に荷台を備え、多数の、また大型の荷物を問題なく輸送できる。
               人員や探索の成果物の運搬の他、複数の装甲スーツを遺跡へ持ち込める。
  牽引能力:B ……高いエンジンパワーにより、他の車両などを牽引する余力を持つ。
               ワイヤーなどで接続することで、大型車両の牽引を無理なくこなすことができる。

 【装備】
 ・手動銃座:車載用20mm.機関砲
   ……荷台に取り付けられた20mm.機関砲付きの銃座。
       このタイプは有人式であり、射手が使用することで高威力の20mm.機関砲弾をばらまく。
       後方から斜め前方までをカバーするが、車体真正面は死角となる。

       高い威力と連射性能から装甲目標に対しても有効だが、戦車や重装甲車クラスには力不足。
       使用するには【銃器】技能で突撃銃、または軽機関銃を使用できるか、もしくは【重火器】技能を持った射手が必要。
       (射手が後者の条件を満たすほど、射撃の精度は上がる)

 ・防具 その他
  金属板 ……何の変哲もない車両用の金属板。特別な防御性能を持たず、戦闘には不向き。
           拳銃弾程度であれば弾くこともあるが、ライフル弾以上の攻撃には無力。
  幌     ……何の変哲もない覆い布。荷台部分を覆い視線を遮るが、防御性能はない。内部からは隙間から周囲を覗ける。
           また、射撃用に、人力でワイヤーを引くことでカーテンのように幌全体をめくり上げ、畳むことが可能。

 ・車載品
  軍用スコップ     ……【サイズ:M】 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。穴掘りにも便利。
                予備用の道具。
  ワイヤー10m    ……ロープよりも頑丈だが、遺跡に持ち込むにはやや重い。車載用・牽引用にどうぞ。
  高級座布団×4 ……座席に設置するふかふかの座布団。長時間の運転でもお尻に優しい。荷台含め四座席分。
  ハンドグレネード(閃光、煙幕) 【爆発物】
5023 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/21(土) 18:00:14.82 ID:QXMZLR1B
             /
              /:/   , <´  ̄ ̄ ̄ `> 、
             Y::::::{  /              \
          人:::::',/                  \``: ヽ.、
         ,. ィ"::>、:ヘ                    ヽ: : : : : :>、
     __,, ィ.´: : : : /  ヽ\  ハ  。  。 ノヘ`        ',_:,:,:ィ:´:./
     l : :`:`:‐:‐:./  , ィ `oノ::::::ヽ、_゚_,,...ィ::::::::::\。o ヽ、.   ',: : : : /  ふん、年季の差ですか。
     \: : : : :.,' イヽ___,,./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ..、_ノ、\  ',: : :/
       \: : /o゚/:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚o  ',/    何を格好付けているのですか、
        ヽ}_ノ:::::::::::::::::::::::: |:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-ヘヘ
         /ソ:::::::::::::::::::::::::::::|ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::ヘ。、    この青二才のボンクラは。
        /ノ::: ::::::::::::::::::::::::: | ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::: |:::::::::::::::::ヘヘ
        /ハ::::::::::::::::::::::::::::::: |=-|:::::::::::::::::ハ::::::|l:::::/テ : |:::::::::::::::::::::ヽ                 ……戻ってくるなりひどいな、ダリアン > ボンクラ
       〈/.|::::::::::',::::::::|:::::ヘ:::|  ||、:::::::::::::| |::::ハ:/ .ハ::|:::::::::::::::::::::|}
       /::||:::::::|::::',:::: |`,  `-  リヽ:::::::::l {::/,  -  、 |::::::::::::::::::::{{ヘ   お前にはこれくらいでちょうどよいのです。
       ||::||:::::::',:::::',::::| ー─t_ッー, ;:::::ハ| ,リr‐t_ッ─ァ|:::::::::::::::::::::{{}}〉
       ヘノl:::::::::',:::::',::|.`  ー  '  ∨   `' ー ´ |::::::::::::::::::::::∨{   どうせ外に出るなら、たまには武芸者とやり合えばいいものを……
         ||`}}:::::::::::',::::::.ヽ                   |:::::::::::::::::::::::||:}}
    .  ,'}}::::::::::::::::::',:::::::|、          ,          /:|:::::::::::::::::::::::0:0                  いや、僕が外に出るのは基本的に、
       ,':0::||::::::::::::::::',::: |.ヘ.                ∠:::|::::::::::::::::::::::::::::::',                 営業や販売のためなんだけど…… > ボンクラ
      ,':::::::0::/::::::::|:::::ヽ|/::{.ヽ       _ _    //::::::|:::::::::::::|ヽ|、::::::::::',
     ,::::::::::ィ .|:::::: |:::::::::|{:::ヽヽヽ>..、   , <ィィ::::::: |:::::::::::::|:..:|: :人::::::',   ともあれクロスケ、約束の手記なのです。
     ,:::::/ノ .ノ:::::,'.|::::::: |ヽ:::::::::::``::-.._""__, ィ´::::::::::::::>|:::::::::::::|: :.{: : : : 〉:::',
    ,:::/::::<_,イ::::::/ヘ:::::::::|/ヽイ>:::::::::::::::||:::::::::::::::::::<ヽ〕 !:::::::::::::!: : ヽ: : ノ::/:ヽ  近日中に返却するというなら、
    ,::::ヘ ヽ=ノ:::ノ  Y : |〕〕` =<::::::::::::::》:::::::::::>'":.〔〔.|:::::::::::::|: : : :ヽ/::/: :/
   ,::::::::ハ-'"´     ',:::::{l 〕-、、_``""""""ィ/: : : : :>〕〕::::::::::::ヘ_;,;/:::/: :/:|   販売ではなく貸し賃として値段はまけてやりますよ。
   ,::::::::/ ヘ    >': :',:::::|ニ〕〕ニ、ニ=────‐∠>イ〉〉:',::::::::{ヽ、:::::/: :/:::::|
  .,::::::/__〈,,. ィ´: : : : : ',::::',<<|____| || |___ニ<: : :.',:::::::|: :  ̄: : ノ}:::::::|            助かる。来週の頭頃に返したのでいい? > シャナ
  ,:::::::ヽ: : : : : : : : : :ヽ:|: ',::::', Y ◎ <>‐}}.}}.}} ‐<> ◎.|: : : :',::::::|: : : : : : :/:::::::::|   イエス
  !:::::::::::\: : : : : : : : :Y: :.,:::::, ∨ミ   { { {     ミ .|: : : :}::::::}: : : : : : /:::::::::::|   是。問題ありません。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまあ、青年にはすっかり振られてしまったわけだが……そんな話の途中で、
| 奥から一冊の手帳を手にしたダリアンが出てきた。
| 質流れしたスカベンジャーの手記だというそれは、レンタルということにするなら、
| 買取より安値で提供してくれるとのことだ。
| 近々チンクと勉強会の予定もあるし、それをめどに借りることにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ アイテム『スカベンジャーの手記』を一冊獲得しました。
      > コミュなどで勉強の機会があれば使用可能。読み込むことで一部の技能のレベルが上昇する。

5084 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/10/24(火) 22:00:29.89 ID:VWyB3qRK
 文書交流ソフト
 > リンクした端末や機体と、文字による会話が可能なソフト。
    所謂チャットソフトとかそんな感じ。虎鉄との会話用にどうぞ。
2777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/07/04(火) 23:17:58.29 ID:0cvrIZDJ
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……A     (近いうちに、電と三人で仕事に行きたいわね)
   やる夫.    ……B-   (銃火器について、結構詳しいんだおね)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)
   チンク.      ……C     (お人好しめ……勉強会、楽しみだ)
   シン       ……D-   (良いクライアントだ、次の仕事を待つとしよう)


   シノン      ……D     (機会があれば、またご一緒しましょ)
   アリス       ……C+   (本当に、真面目な人です)
   聖十郎     . ……C-   (変人だなんて、ひどいなぁ……)
   スカサハ.    ……C     (存外甘い子だが……嫌いではないよ)
   リッカ.       ……C+   (二人ともお勉強がんばれー)
   リリィ       ……C-   (いつも余裕綽々だなぁ……)
   ダリアン    ……D     (なかなか見込みのあるやつなのです)
   愛歌..     ……D     (どっちのお店も、また来てねー)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
5661 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:14:42.94 ID:41nVyNjV
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5662 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:15:00.35 ID:41nVyNjV
                     /^;^ll^;^ll^\
                 _,,,.-'''_,.-'ノ l l \\\
              _,,,.-'''_,,,.-'''_,,,.-'''ノl l \\\ \
          _,,,.-'''_,,,.-'''_,,,.-'''_,.-''ノ l l\\\   _''-.,_
      _,,,.-''''  "'''''''''''"''''''''''''''"''''''''''''''"'''''''"''''''''"'''''''''''"'"'''-.,_
   _,.-''                                 _''-.,_
_,.-''                                       ~''-.,_ ィ;;―‐''^―ー''"゙;:.:゙゙‐''''" ..,..
  _....-'""::::::____,,,,,,,,,,,,,,='゙″ィ;;―‐''^―ー''"゙;:.:゙゙‐''''" ..,..  ::  :: .,;:':;:.,".,.、
  ::  :: .,;:':;:.,".,.、-'´-'" :.,,,,,,,,  ';,~:";.,、、.,       - _,,.--'‐.、_,,.;:--''"´`丶、 .:. :;:::::::::::. : .: .: .: .     i
;: ;: : ;: ;:::;_,,''''''"゙゙.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:::::::::;;.:;,~゙"'゙"'''''--;:; . : : リhz:;r--,,,,ノ、,_.  ..:.. .:;:;: ::T:;: ;: ;: ー--‐'″  :、:;.... ―''''''''''"
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬ノ、.「゙「|'ー、  `゙'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;゙=、rミ, .ノi,      ¨'‐;:::::::::::::::::::::丿
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::: ,|.i7″         .゙'''‐z,/′
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|>゙              \_
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ─ー¬冖¬ー--、、- v、........,.,、、v--'''^ ̄ -、、- v、... v--'''′
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤの街から、遠く離れた野原。
| 主要な街道などは通らっておらず、旧文明の名残のごとき、
| コンクリート片の砂利道が一本、通うばかりのさびれた土地。
┗───────────────────────────────────────┛
5663 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:17:32.06 ID:41nVyNjV
.:.:.:.:: |. . . . . . . . . . . . . . . . . . .∥|
.:.:.:.:.:.|. . . . . . . . . . . . . . . . . ..∥|i|
.:.:.: .: |. . . . . . . . . . . . . . . . ....√| |
.:.:.:.:.: | . . . . . . . . . . . . . . . . ∥| \
.:.:.:.:.:.:|. . . . . . . . . . . . . ... ...∥ |  | i〉
.:.:.:. :. |. . . . . . . . . . . . . . . ..√`'|  ∨
.:.:.:.:.:. |. . . . . . . . . . . . . . . ∥  |   \
.:.:.:.:.:.:.|. . . . . . . . . . . . . . .∥  '⌒ヽ_\∧/|
.:.:.:.: .: |. . . . . . . . . . . . . ..∥  __/´| ] ̄``ト
.:.:.:.:.:.: |. . . . . . . . . . . . ...∥_/γ⌒ヽ| ]─-ミ| :|\_
.:.:.:.:.:.:.:|. . . . . . . . . . . . ..√`| 乂__Y| |^|,'⌒i | :|`''|[_
.:.:.:.: .:. |. . . . . .. . . . . . .∥ √,、ィ'^゙|:| |:||  L |_,| :| 〈
.:.:.:.:.:.:. |. . . . . . . . . . ...∥  ⌒ 厶イ:|¨゙|| ̄`)|ト.|⌒| 〕
.:.:.:.:.:.:.:.|. . . . . . . . . . . 辷- _ <|_|_[|:l__,||_〔 |[`|  し′
.:.:.:.:.: .: |. . . . . . . . . . .,'-ヘii^iト レニ|:|¨゙|| ̄` |ト.|             ,.イ ̄ ̄
.:.:.:.:.:.:.: | . . . . . . . . . ,'__|_,||_,||ノしし'ノ_,八__八_|\_ii  __     / .イ ̄ ̄
.:.:.:.:.:.:.:.:|. . . . . . . . . ,'´ ̄``刈 | ̄|| ̄| ||⌒i^| |乂_「|ィ´ ,/       |/ |
.:.:.:.:.: .:. |. . . . . . . . .,':|   / | | ̄ ̄ ̄| ||⌒i^| l`刈 | |∠_        .|   |
.:.:.:.:.:.:.:. |. . . . . . . .√|¨¨¨|i^| |\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ|ニ:|ニLT_|      |  ,、|─一
.:.:.:.:.:.:.:.:.|. . . . . . ..√[][][][][][][][][][][][][][][][][]|ニ:|  |「「ト、      |/ |
.:.:.:.:.:.: .: |. . . . . . √ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|__,|  |ニニニニニニ7 | ,、|─
.:.:.:.:.:.:.:.: |. . . . . .√7 _、<゙丁¨¨丁¨¨ >。,     |「」:|~~゙/| ̄|iニi㌻  |/ |
.:.:.:.:.:.:.:.:.:|. . . . ..√7´jI斗-┴…┴-<  ..>。,TTニ|/  |_|''^     |   |_
_.:.:.:.:.:..:|. . . . √7´γ´i⌒| | ̄| |ニ|``'<___||丁 ̄|:  //       .|_、‐'゙|
:::::|V.:.:.:.:.|. . . .j:::∥〉「「]]⌒| |_| |__|'´| ̄_|´::|⊥-‐|//        |_、‐'゙|
:: :| |.:.:.:.:.:|. .....√レ'´弋__|二| |二| |__|_,、ィ´l ̄:|丁 ̄| :||         |   |
:__| |V.:.:.:.|. . √Lレ'´jレ''|'^i| | ̄| |.イ ::|:::/^|丁 ̄|_,||.           |
.:.:| |: V: : | √|_|'´,、ィ:| i| |_/レ|´ ゙̄|i'^i |┼──|             |二二
: :| |: : V:.:| √|TT爪 | |丁´|_レ'゙|__「|´|___,|| |_|丁¨¨¨¨|            |_
ニ|_|:`i: ∨|二二二「LL|┴匚..|[_]|ニ|‐| ̄|~:| ̄ :|丁¨¨¨¨|           |√
:::|_|: :i : :Y´ ̄`刈┼┼冂丁|ニ|ニ|」l ̄ ̄|   :|⊥二二|          |_
¨| |:. i :.:.:|¨:|: ̄:|::|┤├凵 ̄|ニ|ニ|」| ̄|`゙|   :|丁¨¨¨¨|         | ̄
:i| |:. i . : |_┴二|┴∟| \ 刈;:;:;|ニ|: |ーー‐|─‐|::|___|──────‐:|:;:
:;| | i 廴_-Ξニ─`'<__|__∠ニ|;:;:;|ニ|: |三ニ-|. . : |::|__爻爻 .: . : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:|:;:
_|淡淡'三二── ‐ ‐ ‐ ̄ ̄`二二└=二_|__,|::|爻爻彡, .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__|_
 ̄ ̄`'く二─┬──┬──┬─┬─── ─ ∟淡淡二|__.:.:.:.:.:.:.:.:_|州
. : : : : / ̄`'<三三二二─ ─ ‐          / ̄   \_.:.:.洲洲
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その道の先にある、とうに廃れた、
| 五級遺跡と呼ぶことすらはばかられる、漁り尽くされた一件の廃墟……
┗───────────────────────────────────────┛
5664 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:20:16.53 ID:41nVyNjV
 ノ
::ヽ         
..く::::....       
...........ノ........    
  ゛....      
,,....:::::::::ノ                              /|_, \
...:.....  ....:::::)                                |/|_, \\
 .........:::::::::ノ                      _,,,   .|/|_, \\|    ,,, , ,,,,   __
......:....r''                     ,,,,,, ,,/~   \,,,_______ノ    ⌒~   ⌒''''''⌒ゝ'⌒⌒ヽ_ノ~ ̄ ̄
....... :::::/                  /                        ,,      ,,   //,,
:::::r''                    /|ヽ,,                           ,,, ,,    /;;,,
::::::)                   r/  ''ヽ,,,,              ,,,,        _ ,,, ,
:ノ                    |li  /ii   ゝ,    ,,       ,,_ ,,, ;;,, ''  '' ,,| ~ゝ, , ,,, ,,,,
                      //ll      |;,, ,,ノl⌒ ̄'' '⌒ゝ_ノ| l ̄ヽ      |;;/  ,,,, ,
                     ,|r    /i  /⌒ |  ヽ    ll| / l /ii| ,, ,,   ,, ||⌒/ ''ゝ,,, ,, ,,,,
    , _,,,, ,,,,, ,,,_ ,,         || ll |    ノ/   /ii   ll >  , lノ    |      ~|ll l   |ii ̄l⌒ ̄
 ⌒~        ~/;ヽ_,,,,ノ/⌒⌒// / ll|   |ll  l  ノii / /ii l  /  |ノ ,, ,  ,  r)ノ   ヽ /ii
            /;;;;/    ~    ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ /        lll   ll/       //ノ    Y
       ,, ,,  ヽノ    ,,,  ,, ,    'ヽ'''i /^/  ii  /ii  |ll   |_iiノ  ,,,, ,, ,, , |ll      ゝ
        .┃                   ヽ|~ _|ll ll|    |lll ノ ,,,,, ,,, ,, ,, ,,,  | |ii   |ii
"       ┠   . ,,, ,, ,,,,             ⌒  ヽ,,l_;;;::/⌒',,,,, ,,, ,,,, , ,, ,,  // ii   r'
    "   ||                                          ノ/ ,   /ii i
 ""     .||f三o三i_              ,, ,,, ,       ,,  ,,,,,     ,,   ,,, ヽ_ | ii  ii
 ""     .||( .・Д・) < 集合時間だゴラァ                           ゝ_ノl、ii   l il| _
        .⊂    )                                              ̄\|_ノ
.        |_| ∪∪
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……を見下ろす小高い、離れた丘の手前のこと。
| 数台の、装甲や、機銃の追加された車が停まり、武装した人間の集まる、その場所に。
┗───────────────────────────────────────┛
5665 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:24:38.64 ID:41nVyNjV
         /::::/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::.ヽ
        /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::从::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|  スコープの調整はひとまずよし。
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|八|i∧:::::::| \:::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::/..! リ::::|:::::::|   \ ::::::|::::ヽ::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|  あとは向こう岸までの風次第、か。
         |:::::::/从:::::::|:::::::::|/   i! . \|:::::::|     \::i/ .i: ∧:::::|:::::::::::::::::::::::::|
         |::::/   |:::::::|:::::::::|. 〃 ̄  ̄ヽ\:|.     / ェャ云≧ミ ::::| :::::::::::::::::::::::|                 んあ? 誰かと思えば…… >
        |ノ  _|:::::::|:::::::∧|, ' .. ̄` 、 | i!    〃トィ:::::爪  ヽi:::::::::::::::::::::::::|
          /  .|:::::/ヽ:::::| | |圭圭圭| |           ヘし勹   |:::::::| ̄\::::::|
         .|ー- .|::/___ ヽ:|. ヘ| 〔三〕 .|ノ            ̄     |:::::::|////ヽ::|
.         |  ''゙゙゙`'ヽ ̄   .|::::::|||||::::|    i         ∧.|::::::|/////i:::|
.          { //////∧  〃≡≡≡≡ミ             ∠ /|::::::|/////l:::|
.           //冖///||||_((|圭三三三||)   ′ `      ィ'   //|::::::|/////|:::|
         //  ./// ||| |  ̄|圭三三 三|ゝ       イ ミ_ ___.///|::::::|/////|:::|
        //  ./////≡≡|圭三三 三|. >--<  _》 〉 ////|::::::|/////|:::|
       //冖 ///// 圭圭|圭三三  三|` ‐ - '´/く ̄!〈 /////|::::::|:////〕i::|
     〃≡≡≡ミ〟    〃≡≡≡≡≡ミ〟::::::::/    /  ̄  ̄|::::::|──/ :::|
     ///////////||   |三三三三三三三| :::::::/   //////// |::::::|////:::::::|
    ///////////..||.  |三三三三三 三三|    //\ //////.|::::::|/// ::::::::|
   .////////////...   |三三三三三 三三| ////// 、/////|::::::|//::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一人ライフルを抱えて、最終調整をするシャナの姿が、あった。
| 丘から覗く廃墟は現在、無法者の野盗たちが我が物顔で占拠するアジト。
| その野盗たちを排除する仕事をこなしに、やってきているわけである。
| 腰には変わらず軍刀を下げて、けれども今日の仕事は、精度の要求される
| 長距離射撃支援だ。選抜小銃の調整は欠かせない。……そんなシャナに。
┗───────────────────────────────────────┛
5666 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:28:52.27 ID:41nVyNjV
                  / //   /    ヘ ヘ \
                 /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
    .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
               / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l  いよおシャナ、久しぶりじゃねえか。
          .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
             / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l                   ヴィルヘルムか……うん、久しぶり。
            │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /                     相変わらず元気そうで何よりだ > シャナ
             // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
            /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l    まあな。にしてもなんだ、
            / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
           ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/       お前もこの仕事受けてたのか?
             l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
             l / ///   ヘ ∨/      > ト         事前の顔合わせじゃ、見てなかったと思うんだが……
               ///.\    \     ∧ヘ l
             //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>                                それはそうだろうね > シャナ
           /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
          /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
      /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
     ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
    //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
  ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
 〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
  l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
 ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 横合いから遠慮なく、けれど代わりに親し気に、声をかける人間が一人。
| 白髪長身の義体使い、戦闘狂三級スカベンジャーのヴィルヘルムだ。
| 三級"マーセナリー"では、ない。どういうわけか。
| どうやら、彼もこの依頼に参加していたようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5667 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:29:21.38 ID:AZoQuEh0
まじで久しぶりなベイ
5668 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:31:43.09 ID:34aQzXZY
おひさー
5669 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:33:01.53 ID:41nVyNjV
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}  私は今日追加募集で入ったから、
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム   ミーティングとか参加してないし。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|                  あ? そうなのか? つっても追加が必要なほど
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/                         貧弱な連中には見えねえがなぁ…… > ベイ
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'   突入支援の射撃要因が不足だって。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.      そっちで参加したから、私は今日は、剣は抜かないよ。
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.                                      ああ、マジかよ…… > ベイ
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 同じ依頼に参加しているのに、顔を見てないなとこぼすヴィルヘルムに、
| それは追加募集で参加したからだと事情を説明する。
| ……別に彼だけが人員というわけではないが、まあ確かに、
| ヴィルヘルムに射撃支援担当は無理だろうなと考えながら。
| 性格的にも、スペック的にも、彼は間違いなく突入班での近接戦向けだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5670 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:37:25.68 ID:41nVyNjV
                 /         ヽ  /           ヽ
                /           ヘ、/ l           ヘ
               / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
               / l/        l     l    l lヘ        l  l   んだよつまんねぇな、お前が本気で刀振るところ、
              /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l
              /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l   l   ようやく見れるかと思ったんだが……
               //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l
            // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l                      これだけ人の目があると、
.             // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l               本気の奥の手は出せないと思うけど > シャナ
           l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
         -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l  ってああ、そういう縛りもあったか、めんどくせぇ……
      , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
     /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ ま、射撃支援でも何でも、当てにしてるぜ、シャナ。
    /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
   /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:          やることはやるよ、突入までは > シャナ
 ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
 // ;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;               やあ、君が例の新人君かい? > マーセ
/\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:                                    (CV:藤本たかひろ)
;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;: っと客だぜシャナ。
;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんなバトルジャンキーのヴィルヘルムは、あくまでこちらの仕事は射撃支援で、
| 一緒に前に出ることはないと言うと、あからさまに不満そうな表情を作る。
| ようやく、というのは、前回【おもちや遺跡】ではKWGに後れを取った件に関してだろうか。
| ……別にあれは、手を抜いていたから負けたわけではないのだが。
| ともあれまあ、それで距離を取られているという様子はないようで何よりだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5671 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:41:31.43 ID:41nVyNjV
.   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/::::::::::::::::::i \::::\::::\:::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ:::::::::::::i
   /::::/:::::::/:::::::::::::::/::::/ ヽ:::::::::::::|  斗-\ー\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::|
   :::/:::::::/::::::::::::::./::::/ト.、 ヽ ::::::|   .x=芸气ミ\i:::::::::::::::::::::::',::::::::::::|  突入支援の追加要員のことなら、私ですが。
    /:::::::/::::::::::::::::/::::/ .    ヽ :::|  .〃ム ..i:::::うⅥ /:::i:::::::::::::::::::::::::::::|
   :::::::/::::::::::::::::::′ i.ィチ云㍉ ヽ:i     ∨.{:::{.リ   /:::: N ::::::::::::|:::::::::::|      なるほど、話は聞いているよ。君も精々人々の安寧の為、
    :ノ:::::::::::::::::::|  ヽヤ .{::{,ィ   \.  .辷匕7  /:::::::::::/ヽ ::::::::|::::::::::|                          華麗に戦ってくれたまえよ > マーセ
      :::::::::::::::::八 /    廴ノ             /:::::::::::/  ヽ::::::::::::::::|
      ::::::::::/  / ハ       ′.         /:::::::::::/   ∧ヽ:|:::::::::|  はぁ……華麗かはともかく、尽力します。
.       ::::::/ /  ∧     _        ∠:::::::::::/|,ィ'/:::::::::::::::::::::|
           /:::::::::.∧    ヽ__`,  /////////`ト:::::::::::::::::::::::::::::::|  わざわざ声掛けに来たってことは、別の支援の人ですか?
.          /:::::::::::/  ヽ        |:///////////////////\::::::|
        /:::::::::::/     >        |://////////////////////ヽ|        いや、僕も突入班さ。もう一人のスナイパーは、
         /:::::::::::/,ィ'////////:`.::::::孑|/////////////////////////ヽ               別の地点から狙撃するそうだよ > マーセ
         /:::::::::::/ /////////////////////////////////////////
.        /:::::::::::/ //////////////////////////////////////////  なるほど……情報ありがとうございます。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、そんな会話をヴィルヘルムをしていると、大口径の火器を抱えた同業者……
| 正確に言えばマーセナリーが、挨拶だか激励だかよくわからないが、声掛けに来た。
| どうやらヴィルヘルムと同じ突入班らしい彼によれば、他に支援要員はスナイパーが一人。
| 別地点から援護射撃を行うそうだ。
| ……追加募集をかけて、二人だけとは、確かに支援要員が不足している。

| ……にしてもこのマーセナリー、無性に上方に注意しなければならない気がする声だな。
┗───────────────────────────────────────┛
5672 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:42:59.81 ID:+b7/zofy
上田!エリック!
5674 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:45:50.72 ID:41nVyNjV
                        _ ,r ´ ̄`
                       /  ` i!´ヽ `ヽ \
                     /   ∧/ !   、  .  ヽ
                        /   /彡"゙!  ト、       .             それよりもベイ、そろそろ僕らは集合時間だ。
                    /   /   //'i i-‐ヽ       .                         早く車両の所に行くよ > マーセ
                      /  .  !-‐ 、'/ーrリセァi  i    !
                  /  i  ir_セアi  ′  li、  、   !  おうおうわりぃわりぃ、もうそんな時間だったか。
                    / / .: i、i    , 、   l. i !:.   !
                 / / ! .::.:'.:.ヽ   __ ィ li i !i.:.i   i、  じゃあなシャナ、楽しい楽しい仕事の時間だ。
                 ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ヾ二ニ ' リ'/リ.:.i!.  !リ
                 i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、      /'::'!.:.i !  /′ お互いヤることヤってくるとしようや。
                     ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/
            , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ                      安穏とした仕事じゃないんだ。
           /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _                          一応、気を付けて > シャナ
           {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _
           }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧ おう、任せろ。
            /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
             /ニニニニiニニニ∨/ ノ迅ニ\!  i/=〈  べ、'ニニニニニ/ニi
         /ニニニニニiニニニ∨∧_三ニ=-‐、三ニ / ノ>ーヽ ニニニ/ニニヽ
           /ニニニニニ{ニニr=ニ二ニニニニニ. こ/.ノ ,.::ニ=iニ´ニiニニニニ‐-
        〈ニニニニニニ}ニ∧=ニニニニニニi  ごィ/ ,ィ‐ iニニニニニ=-ニニ}
         /ニニニニニニ/ニ´ニニ.=ニニニニニニi   に_/ 二_ 〉ニニ=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、___
        /ニニニニ=‐ニニニニニニ、=ニニニニニiー、-rt〈/丿 '/iヽ´:i:i:i:i:i:i' /A\ 、i:i:ii:i:i:i:}
     /,ニニ/´ニニニニニニニニヽ=ニニニニニ}ニ{`ヾ- ´  /ヽ!ニ\:i:i:i:.<<£>> i:iii:i:i:i{
    /二/ニニニニニニニニニニニ}=ニニニ=‐'ニニヽ  ー   / !ニニ=r、:..\V/ .:i:i:ii:i:i:i}
   /ニ/三ニニニニニニニニニニマニi=ニ=‐t´ニニニニ`ヽ_ / iニニニ=ニヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iiii:i:i}
   〉ニニニニニニニニニニ/ニ==ヽヘ////,}ニニニニニi三ニヽ/ニニニ=ニニヽ-=ニ‐--t=″
  /ニニニニニニニニニ=‐iニニニ==ニニi////!ニニニニニ{三/ニニニ=ニニニニ、ニニニ、
 {ニニニニニニニニ=‐   }ニニニ==ニ ヽ///,ヽニニニニ=ヽニニニニ=/ニニニニニ\ニニニヽ
  {ニニニニニニ=‐       }ニニニ==ニニ∨人∧ニニニ==ニ\ニニ=/ニニニニニニニニニニ.
  ヽ二ニニ=‐ ´       }ニニニ==ニニ∨//∧ニニニ==ニニiヽ.ニ/ `ヽニニニニニニニニニ〉
                 iニニニ==ニニニ∨/ ∧ニニ==ニニ. `    \ニニニニニニニ/
                /ニニニ==ニニニニ∨/,∧ニニ==ニニヽ       `ヽニニニニニ.′
                  /ニニニニ==ニニニニ∨/,∧ニニ==ニニニ〉        `ー---─ '
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まああのマーセナリーの頭上にはよく注意しておくとして、
| どうやらそろそろ、仕事の時間のようだ。
| 丘の下の車両置き場へヴィルヘルムたちが向かうのを見送り、さて、
| そろそろこちらも、狙撃体勢に入るとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
5675 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:50:02.57 ID:41nVyNjV
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5676 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:50:18.43 ID:41nVyNjV
                      伝斗ゃ'で~ ̄ ̄ ̄¨功ァュ。.
                     _. <        ┳         `丶、
              ,.rf厂             ┃            劣ix.
.                 /              ┃              \
.               Ⅹ                ┃               ヽ       屋外に見張りを確認。
             Ⅸ                     ┃_                  Ⅹ
.         /                  〃┃ ̄`ヽ               Ⅸ     確認できる範囲で、高所に4、低所に1。
         ∧                j ┼ _ ノ|              Ⅵ
.           ,′                 ̄┼   .ノ  __             Ⅶ              了解サポーター。裏手のもう一人も同数を確認した > マーセ
.         φ                _コニ ┼ミーく  |:|               Ⅷ
        i                 //: : : :│ : /⌒ヾ}、                キ   (視線が通るから、高所は共通ターゲットか)
         |  ..┣━━━━━ ┼ ┼ ┼ ─┼─ ┼ ┼ ┼ ━━━━━┫.   |
         l                 {  {: : : : :_│/{ {l    \\            l                         それでどうだ、殺れそうか? > マーセ
.        キ                `ー=「 ̄  ┼ ゞ\    ヾ.ヽ            i
.         Ⅷ                  }::..   ┼\  入    }}ハ        √    可能な限りは排除する。
        Ⅶ                Ⅶ::. ┼.  \  { ヾ.. _/刀         ,'
.           Ⅵ                  Ⅵ:: ┃    \〉               ∨     ただ確約はできない。
            Ⅸ                ヾ:: ┃    /{             Ⅸ
           Ⅹ                  ┃                 Ⅹ             オーケー、まあ支援があるだけ御の字だ。始めてくれ > マーセ
             ヽ                  ┃               ≠
               \              ┃                /          Wilco
                   ヽ、             ┻          ,.ィ{
                   `ミ<               . rf〔
                       `≧=‐-=ニ二二ニ=孑≦
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……それから数分後。
| 突入班の準備も整ったところで、トランシーバーの短距離通信で連絡を取る。
| こちらから狙える位置には現在5人……とはいえ、うち四人は
| もう一人のスナイパーからも狙える、共通ターゲットだ。無理して仕留める必要はない。
| 落ち着いて、一人ずつ脅威の排除を行っていくとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 狙撃判定 1D100+銃器(18)+狙撃(6) 目標値:50/70/90

   ↓1~3 最も数字の高いダイスを採用

5677 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:50:54.75 ID:9/SfzwmU
【1D100:94
5678 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:51:35.32 ID:41nVyNjV
(´・ω・`)
5679 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:52:14.65 ID:xIHJQyHl
デチャッタ
(・∀・)
5680 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:52:28.60 ID:34aQzXZY
【1D100:28】
これはひどいww
5681 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:52:46.34 ID:4FG8AmYd
【1D100:81】 100でも出ないかなw
5682 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:54:14.93 ID:41nVyNjV
>>5681
100ではないけどあんさんも良い目出てますね……
5683 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:54:47.15 ID:41nVyNjV
 ダイス【94】+特技【24】 > 50/70/90 ダイスだけで第三段階突破!


. /´        ヽ
_/   ,..:::::――-- 、
_{> ´::::::::::::::::::::::::::::::`::::::..、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::.、     スリーカウントで屋上から片付けていく。
::::::::::/:::::,::::::::::::::::,::::::::::::::、:::::::::\
_:::/::::::::/:::,:、:::/::::::,:::::::::}:::::::::::::::ヽ                                              あいよー > ベイ
゙:/::,:::::::///::X /'}::::/:::::::/:::,::::: |::::、::  3、2、1……
.゙:,イ::: //,ィ雫≧,.r──‐z----x..,,,__ __r─‐‐f>=<!─‐‐-,───── ,
/::::: //   _{!{{{三三三{! .   |l    }   .{{ |   .|{    }!     .!        .|
|:|:::/ {   ..Ⅵー三三三{__レニ=-‐-¬ |   >=<     |_____.」
|:|:/|         /´  ヒソ '::::: /::::::,   f三三三三三.{⌒!fj  ̄.}′         __    __
|::':::|            , ., -------.r- └===┘─ゝ'‐fニニ=-──────‐ゝィf── ー────
|::::::|\        _  /ニニニニ'└──‐┘ー──‐.f二二二二二二二ヽ、   |三|          __rヘ
|::::::| ..ヘゝ-----r=‐{────────‐≠二二ニア────────z-= |三|       rf YL} ゙,
.:: /| ..∧ゝ─‐ └ r.┘───┐ f O二二 ≠'    f  ̄ ̄ ̄ ̄ } { ̄} └─‐┘ニ|       |  i  ヽ
...゙ゝⅵ ヽ: : : : : __Y____.」__`ニニ≦ニ=─‐ 、__.xニニニニニニニニ==== L ____ノ  ハ  )
.   ∧: : : : :/         ≧ニ=‐,  .}}  ̄ ̄ | 三リ⊆二二⊇ ⊆i { ,.ィ´  {/      >´  /   /
. 圭zx∧: :/          _,,,....ノ  _ナ   └ニナ l|  l| l| l| |l .|r': : }  {          _/ _/ノ
. 、 >‐‐〈            ヽ、 ̄ ̄     / .| l| .l| l| l| |l .l: : : }  キ--=ニ __ -‐=ニ ̄
./: : :.   \            ,...ィ: : : : >=-‐‐ィ/>:! 」L 」.ー└.l| = ={: : : l  ∧,ィ'´:j
_: : : : : : :.   ヽ         ) : : : : _>'´: : : /,: : : ! }l }l ̄!| .l| l| .{: : :∧   ∧::::::′
_: : : : : : : i   ∧       イ: : : : : : : : : : : '/: : : : :i }l .}l  !| .l| l| .{: : : :∧  ∧:::′
_: : : : : : : |    }         ノ : : : : : : : : : /: : : : : : : i }l  }l   。s≦ム: : : : ∧  ∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スコープの中心には、こちらを向いた野盗の顔面。
| 胴体には防弾ジャケットを着込んでいるようだが、
| 頭部にはヘルメットを始めとした防具類は見当たらない……当たれば殺せる。
| 瓦礫に目を出した草木から、風を読みつつカウントを取り……
┗───────────────────────────────────────┛
5684 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:55:14.62 ID:xIHJQyHl
ダイス神はいっている… シャナちゃんYOUやっちゃいなYO!
5685 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 21:56:58.60 ID:WATdJf54
吸い込まれるように当たったんだろうな
5686 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 21:59:46.86 ID:41nVyNjV
                ハ  _
                  /  ∨ /
              / <〉  /            ,-――――z_______   / ̄ 7 / ̄/
                / / 〉  /   ./⌒i      ̄ ̄ ̄ ̄'ー―‐    ̄ ̄    ̄ ̄ /  /
            〈_/ /  /   / /レ′                     / ̄ ̄ /   o   。
                  /  /   レ'/7                       ̄ ̄ ̄             °
              〈   '     ./ノ
             ∨      ´   {::ー::ヘ
                        ⌒\:`:::- 、 _           ファイア……ワンターゲットダウン。
                          \::::::::::::゙''‐:.__
                    _,...::――:::--::≧==≦::⌒ヽ::`丶    続けて掃討する。
                  _ <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::Vム:::\ _
              _ <´::::::::::::::::イ^> ::::::::::::::: ィ ,...⌒ヽ:::::::::::::::: ヽ:)
            _ -''":::::::::::_;;;;.- '     ` ¨¨ ´/::::::::::::}:::::::::::::::::::::::
  __   ‐=<:::::::::::::::>'⌒´             /::::::::::::: 厶-=ヘ::::::::::::::.',
 ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ´                   , ′::::::::/    ` x ::::::゙、
   ` ー…‐=丶-´                 /:::::::::::,r´        丶:::::\
                             /:::::::::/              \:::::ヽ
                           __ノ:::::::/                  \::::::.
                         /::::::::::,:´                      \::丶_
                          /::::::::::::;'                    ゝ::ァ:〉
                    /::::::::::::::イ´                          ¨´
                       /::::::::::::/
                        |::::::::/
                     `¨´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 引き金を絞った直後、銃口から放たれた野盗の頭を7.62mm.ライフル弾が貫通する。
| 出血、及び運動停止を確認。どうやら義体兵ではなかったようだ、ワンターゲットダウン。
| フルオート射撃にも対応するスパンの速い選抜小銃を、そのまま次のターゲットに向け……
┗───────────────────────────────────────┛
5687 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:06:08.15 ID:41nVyNjV
      __________________________________
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiillll!!!!!!!l!!!lilllllliiiiii,__________                      __,,,,,,,,
  __________iiiiiiiiiiiiiiiillllll二二二二二 ̄ ̄´.__,,,,,,,,..........--―ー'''''''''''゙゙゙゙ ̄´゛                  ,イ    ,イ ,イ
!!!!!!!!!!!!!!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙_,゙,゙,,.......... --―ー''''''''''゙゙゙゙ ̄´゛         _,,,,.... -                          /ム―7 レ .レ
¬'''''''゙゙゙゙ ̄´゛               _,,,,.... --ー¬'''^゙ ̄゛   ._,,,.. -ー''                    .//ニ7/
        _,,,,,,.... --ー¬'''"゙ ̄゛        . _,,,.. -‐''''"゛                             /' ̄7/
--―''''''''゙゙ ̄´                 _,,.. ー''''"´                                   //   ,イ    ,イ ,イ
                   _,,,.. -‐'''"´     ._.                 ,..-'´        ,. /    ./'  ./ム―7 レ .レ
            _,,.. ー''''"´        ,,, -''″         ,...     ._..‐″         / . /       、...//ニ7/
  _,,,.. -ー'''"´              _.. ‐'"゛       ,..-'"゛     /           / /        l  /' ̄7/
'"´                _,, -'"゛           ,..-'"゛     .,..-'゛           / . /         !    //
              _,, -''″        ,..-'"゛     ._/´ .,/             /  /      ./    !    ./'   __
        .,.. -'"゛            _..-'"       .,..‐″. /           /  ./      ./     l  l   ./´ > ,.イ
    ._,, -'"゛          _..-'"          ,..-'゛  /           ,.   ,./   /       ./    ! .l │   .´ ̄  /_/
.,.. ‐'"゛          ,..-'"゛          ,..-'´ .,/゛        /  . /   /       ./   、 l |  |       .//
              _..-'"         _..‐″ ,/゛     .,   ./   ,./   /        ./   l .! !  |     ...//
        .,..-'"            ,..‐'゛  .,/゛   _   /  ./   /   /   ,i'   、 /   / .l .! │   ..|/,イ,イ ,イ
     _..-'"             _/゛  ,/゛  ._,,iiiil゙’ ./   /   ./   ./   ,/   ,,ii! ./   l │ .! │      .レレ //   ,ィ
 ._..-'"           ,..-'´   /   ._,,iiillll!!゙  /   ./   /   ./    ,/  ,,iilll゙ /    ! │ .|  .|        /'.  / }
‘゛           _/゛  . /   ,,,iiillllllll!!゙゛ ,/   /   /   /    ./   ,iilllll!゙./    . !  .l゙ ,!  .!          / /
          ,..-'゛   .,/゛ _,,iiillllllllll!!゙゛ /    /   /   ./    /  ,illlllll!゙./     !  ! .|  !         //
       ,/´   . /  ._,,iiilll!!!!lllll!゙゙ / ゛   /   ./    /    ./  .,iil!゙゙!ll! /     /  l │  l            ´
    ._..‐″   _/゛,,i;;,,iiil!!!゙゙゙,,,iiii!゙゙ /     /   ./    ./     /  ,,illl!゛,ill!./     .l゙  /  !  !         , イ
  ,/゛   .,/゛_,,iiillii!!!゙´ .,,iilll!!゙゙./    ./    /    ./     / ,,illll!゙ ,,illl゙/     l   .! │  |       レ'
.‐″   ,/゛_,,iiillll!!!゙´ ,,iiilll!!゙゙./     ,./     ,./     ./     / ,iillll!゙ illll!/     .l゙  │ ,!  |
    / ,,,iiilll!!゙゙゙゛ ,,,iillll!!゙゙./     ./    /    /      / .,,illll!゙゛.,,illl!゙      l゙   .l  !  l
. _/゛.,,,iiilll!!゙゙゛  .,,iiillll!!゙゙ /      ./    ./     /      ,i".,,illl!!’ ,illll!      l   ,!  .l   !
" _,,iiilll!!゙゙゛  ,,,iilllll!!゙ /       /     /    ./     / .,illl!゙゛ .,illll!゛      /   .!  .l゙  .!
iilll!!゙゙´  ._,,iillllll!!゙゙./      ./    ./     ./      / .,iill!゙  .,illll!゛      l   │  l   |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 迷わず、引き金を絞り、銃撃。
| 一射目の命中の際に、既にゼロインの狂いはないと判明している。
| 銃弾が後ろを向いたターゲットを貫くのを確認して、迷いなく第三ターゲットへ照準、
| 三度、銃口から鉛弾を吐き出す。
┗───────────────────────────────────────┛
5688 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:12:20.74 ID:41nVyNjV
                      _
              __  ィ __´   }}` '' 丶
          _ -''´ __ィ'' ̄ <  ,)  /      \
         ''--   フ::::....   ` ー―/―      \       第二、第三ターゲットクリア。
      ,:::、´ /_;;::::. ` '';;;;,- ,'    ̄/ ̄ ̄       ',ミi、
__ - ''´ i:::;;ュ|||||_i::::    { | :: / ¨/¨¨¨¨ ヽ 、、   {ii}ミ,    次は……
      ',:::;_i|||||i_}:::    =ー   /  _       ',、  }||||ヘ,
       ',::;,{||||||_i:::        /   }_>-ヾ_-  ヾ:. '//||||i、
       '::;;||||||/::        /    }     i} }   }:i /////∧
         ' ̄'´        (     ',::..__ ノ' /   ,/ //////
         `ii´         ヽ     {;',。/    //ii, {/////∧
         | |  ___  ,     }}     ',ci    /'  || i///////二三、__
         | |    ', {    /'      };;i   ,'||{  i| ||/////////-三三===、
          i|   ヽi )     !          |||||  }∨////////////三三ミ、
              i| {{              |||||  / ///////////////三三三ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 銃撃を受けて、屋上にそのまま倒れ伏す死体が三つ。
| 透明の防弾装備や、義体兵はいないようで何よりである。
| 被発見の可能性を避けて手早く片付けた三人の死を確認すれば、
| すぐさままた、視線をずらして……
┗───────────────────────────────────────┛
5689 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:15:26.41 ID:dp3vBYux
もう一人は…  仕事できるかるな?
5690 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:16:54.83 ID:41nVyNjV
                                                 ,_ ゛''=;- .,_\  \\
                                             ---__=___゛‐ニ‐- ゛`゛'-' \゙i
   へ     ,r'`w-''´゙i   ∧ /`゛√,  ,r'`w-''´゙i       /`゛√,ゝ ,r'`w-''´i   _-__-____    J゙i:
 ̄ソ ̄i ̄ ̄ ゙̄i ̄ ̄ ̄" ̄ ̄ ̄ゝ ̄ ̄/ ̄ ゙̄i ̄ ̄ ̄´| ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞi ̄   :      野盗 ′゙i,. < ギャッ!?
 ̄ ̄ ̄ ̄ '' ッ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄i,r'´ ̄ ̄ ゚ ̄'' ッ  ̄ ゙̄i_ッ ̄\,ノ ̄、,r' ̄ ̄ ̄ ̄=三    -_--_--  ッ  ,r'
                                 !、 ̄            -;-.,_ ゛''=;- .,/  ://ッ
                                                 ゛`゛'-''i| ::  /| / .
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最後の屋上ターゲットへ照準を合わせた直後、一条の光が駆け抜けた。
| スコープの中で、ターゲットの心臓が熱に穿たれ、苦悶の表情で絶命した。
┗───────────────────────────────────────┛
5691 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:21:50.44 ID:41nVyNjV
         /::::/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::.ヽ
        /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::从::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|  ビームライフルか、レーザーライフルかはしらないけど……
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|八|i∧:::::::| \:::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|
         |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::/..! リ::::|:::::::|   \ ::::::|::::ヽ::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|  随分と金のかかる装備を使うな、もう一人は。
         |:::::::/从:::::::|:::::::::|/   i! . \|:::::::|     \::i/ .i: ∧:::::|:::::::::::::::::::::::::|
         |::::/   |:::::::|:::::::::|. 〃 ̄  ̄ヽ\:|.     / ェャ云≧ミ ::::| :::::::::::::::::::::::|  狙撃用となると、出力はなおさら高いものだろうし。
        |ノ  _|:::::::|:::::::∧|, ' .. ̄` 、 | i!    〃トィ:::::爪  ヽi:::::::::::::::::::::::::|
          /  .|:::::/ヽ:::::| | |圭圭圭| |           ヘし勹   |:::::::| ̄\::::::|  ……まあ、反動がないのは精密狙撃にもってこいだろうけど。
         .|ー- .|::/___ ヽ:|. ヘ| 〔三〕 .|ノ            ̄     |:::::::|////ヽ::|
.         |  ''゙゙゙`'ヽ ̄   .|::::::|||||::::|    i         ∧.|::::::|/////i:::|
.          { //////∧  〃≡≡≡≡ミ             ∠ /|::::::|/////l:::|
.           //冖///||||_((|圭三三三||)   ′ `      ィ'   //|::::::|/////|:::|
         //  ./// ||| |  ̄|圭三三 三|ゝ       イ ミ_ ___.///|::::::|/////|:::|
        //  ./////≡≡|圭三三 三|. >--<  _》 〉 ////|::::::|/////|:::|
       //冖 ///// 圭圭|圭三三  三|` ‐ - '´/く ̄!〈 /////|::::::|:////〕i::|
     〃≡≡≡ミ〟    〃≡≡≡≡≡ミ〟::::::::/    /  ̄  ̄|::::::|──/ :::|
     ///////////||   |三三三三三三三| :::::::/   //////// |::::::|////:::::::|
    ///////////..||.  |三三三三三 三三|    //\ //////.|::::::|/// ::::::::|
   .////////////...   |三三三三三 三三| ////// 、/////|::::::|//::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 殺傷用に、膨大な熱量を孕んだ可視光線……旧文明産の、光学兵器である。
| ナノマシンによって対策されれば無力と化す、けれど精度や標的からして確かに狙撃向けな
| お高い火器――それは本体の値段的にも、バッテリーや燃料的にも――を扱う同僚に、
| 財布に余裕があって羨ましいなとこぼしつつ、既に息絶えた野盗からスコープを外し、
| 代わりに地上へと視線を投げる。
┗───────────────────────────────────────┛
5692 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:28:25.05 ID:41nVyNjV
                 _ _
                γ´-─- ヽ
                ,レ', -─‐-、|
            〈, イ(//)( 7)    んん?
             K>.;:",;:;:;:.::}-┐
             ヾ;:;;:;;(固);!‐-′  今なんか変な声が聞こえたような……
           ,ィ⌒Yニニヽ__ヽ7r‐- 、
          /_ノ;.:;.:;:L.:.:.::::::.:.,,/:.:::.:;.:.! 上のやつら小指でも箪笥の角にぶつけたか……?
          /.:ノ;:;;;;;;:;:;;;:;:;::::::::;:;:;:;:;;;:;:;;:ト、
        / .:.:i」;:;;;;;;:;:;:;;:;:野盗;::::;:;::;:;:/:::.゙,                          (警戒してる……けど気付いた様子はない)
        / .:.:::リ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;:;:;:;;:/:::::.:.|                                         (なら今のうちに……) > シャナ
       ,/ .:.:.::::1;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;;;;;;;;;;;;:;;_」_:::::.:.:.:.|
       i .:.:.::::::::!;:;;;;;;;;:;rー「ニ二n圭8::::::::.:.!
       |.:.:.::::::::人;;;;;;;:;仁抂i^i^i;;!イ::;7::::.:.:/
      !.:.::::::::l /::./´ ̄`つ;:」JJノ;/:::::.:./
      ヽ.::::::」:::::入 _`ミ7:|`i |;;;;;;:;:;;:ノ
        ``7::::::.:.:.::.::.:. ..|_」」.:.:.::「
          /::::::.:.:.:.:.:.:.:ノi:.. .:.:.:.:::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スコープにとらえた最後の一人。
| 小脇にアサルトライフルを抱えたその野盗は、何か不審な音でも聞いたように
| きょろきょろと辺りを見渡している……
| 中の連中に連絡を取られる前に、手早く潰してしまうとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
5693 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:29:02.07 ID:LHk5HKCO
ひゃっはー! 野盗はヘッドショットだぁーー!
5694 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:33:07.33 ID:41nVyNjV
                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
┏────────────┓                             ゝ─'
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 素早く、スコープの中心へターゲットの頭部をとらえて、引き金を引く。
┗───────────────────────────────────────┛
5695 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:33:50.60 ID:41nVyNjV
            :,:              (/)
            ノ霜斧ミx,゜      '´          _ノ(
           (圭圭圭{!'                (圭{
           寸圭圭イ :';'''                 '´⌒
           τ'{{7⌒∴:
            )/
         。∴{!                       _,ィ(。
        _,ィ(                       `'''´⌒'・
     ,ィ圭||ア '’    __                 ,ィ(____,ィ∵               ,ィ(_
     炸圭(       ,ィ升彡               ノ圭圭圭圭そ          。  佳圭心、_
      ⌒`寸ト、   ,{抄'⌒    ノ斧ミ、 o    ∴炸圭圭圭|iて ',∴ ・         _ノ佳佳佳て。
       ゜     ノ/        ⌒∴   ・ ノ(_ノ圭斥⌒',寸ミ、        ',.:,:・'`¨∵¨¨⌒´
     ,,、    //   ノ(          /少'⌒ `       ..,, _,.。x≦少"・       ,ィ(_∴_,:・・
  π_ノ心、_ノ(,炸||(   ,,.,⌒ ・っ  ∴ ・                 ;,,ィ炒⌒;.    c=≠二,ィ炸圭圭(;''
   )圭圭圭圭圭ア  ∴:¨'`   `                     ',∴ ・     ⌒ 寸筵τ'⌒``
 τ`Ⅷ:圭圭圭圭(_ノ廴 τミx。、∴__            ノ廴_,ィ炸廴ィ
   )}圭圭圭圭圭そ `⌒'・    __,ィ圭掛x、∵      ,ィ炸圭少⌒'・
 _,ィ炸圭圭才寸圭廴。x:≦少"´⌒''''⌒¨∵¨´      ⌒¨¨∵:・
   ⌒`寸ト、∴`寸ミ、 ∵:・
      `寸そ:¨'`沁っ
┏────────────┓                             ゝ─'
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 直後、くるくると周りを見るべく回っていた男の首は、銃弾にこそがれ宙を舞い、
| 代わりに地面には赤い鮮血が落ちていく。
| フォーターゲットダウン。屋外、掃討完了。
┗───────────────────────────────────────┛
5696 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:38:54.67 ID:41nVyNjV
                         -- 、
                    -''" \  \     ____,,.、、 -
                     l''"ヽ  \  ',  ', \,-''/ ,、--、  /_|_             《サポーターより突入班。視認範囲で屋外の掃討完了》
                 | トx''"  |  ヽ /::::::://    ノ /::::::::::::::::::::`''-、          《巣穴を警戒して援護体勢で待機する》 シャナ
                    | |〉ソ ',   |  ト|::::::::::/ { | ,、 //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    ヽ<_,、-'| l |  |ソ::::::::|  `'''''´ /:/:::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::',  ハッハァ!
                   '、''´レ || ノ;;|、 |___|,、/::::-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                    `-''"/| / |,、-''"::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  いいぜやるじゃねえかシャナ。
                     |从レ k::::::::::||,、-''''- 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|
                          ゝ, -''"::::::`''::-:、, ̄`''-、,:::::::::::::::::::::// |   おめえ銃もいける口だったとはなあ!
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、, ヽ-、_-''":::::| |
                      , -'', -''"\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::::/ ||       《でなきゃこの依頼、受けてないよ、ヴィルヘルム》 シャナ
                /ヽ  /:/ /二二 \::::::::::::::::::::::::/::::::::/_::::::::::/ /::|
            - 、.,,_/ }  `~ ^ "/>ー t>\:::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::/ /::::\  おうおう、それもそうだなわりぃわりぃ。
             /    `~ ^ " '´    |>| ,、-''|| ∨|\:::::::::::::::::::::::/-''" /::::::::::::::\
          /  / __  _    ∨∧ `‐´ / |/ \>::::::-''"::>--'´-、,\::::::, -'' そんじゃそこでしばらく休んでろ。
          /  / /  | />  /   <ニ―ニ>/   \|>´::::::::::::::::::\:::>ユ:ヽ
         〈 -''"、   /           ̄ ̄ー---''":::`''-、,:::::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ  中の連中さっくりバラシて片付けてくるからよ。
          `''-、, ) /    /ヽ        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''"::::\
             `/    /  /    〉 `''〈:::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::`''-、
          ,、-''"',ヽ  _ /  /    ∧/  〉:::::::::`''-、,::::::::::::';::::::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::
    _,,. - ‐::''::^´:::::::::::::',__/ /y     //    /::::::::::::::::::::`''-、,::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 <   λ''''/  /::::::::::::::::::`''-、,::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _/:::::\_/::::::::::::::::::::::::::::::::,、-ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''":::::::::::::::::::::> ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ー''"    ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::>        ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれこれで、屋外の見張りはわかる限り全て潰した。
| 今回の仕事は突入までの射撃支援で、中に入っての斬り合いは含まれていない……
| 突入班に連絡を入れつつ、屋内の敵が頭を出すようなら、
| また撃ち抜けるように射撃体勢は維持しておく。
┗───────────────────────────────────────┛
5697 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:39:12.84 ID:wpQRwwKF
レーザーライフル使いは本社は他の派生でも確かに珍しいな
レールガンが主流だし
5698 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:45:00.42 ID:41nVyNjV
: : : : : : : : : :/ |: : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
/: : |i: : : : :/  : : : : : ::\ : : : : : ∧: : : : : : : : : : : : : ::∧
: : : |i: : : :/   |: : : : : : : \: : : : :∧ : : ∧: : : : : : : : : ∧
: : : |i: : : ′  ∨::/: : : : : : \: : : : \ : ∧: : : : : : : :\(                        ッシャ行くぞお前らぁ! > ベイ
: : : : : : !_    ∨: : : : : : :|: : >-―…: :∧:\: : : \(
:/|: : : :_L≧=- _ V : : : : : :Ⅳ -=≦: : : : : :∧ : \: : : \ 全員、上に気を付けて畳みかけるぞ!
 i: :rf:::::r示≧=Z  r=ミ:: : ::|´r示≧x : : : :_: ∧^Y:|\( ̄
 |: 乂:::::代rリ::::}} :ハ|  |:: : :|:::代rリ__ノY「:∧: :∧5 |                                おぉー! >>>> スカベ&マーセ
 |: : : 〕ト----Y^:. ! ! : : |::::::::::::::::::人: : ∧Ⅵノ: !
 |: :|i:|:i:∧   | | |  | \「  ̄ ̄   \: :∨Ⅵ:
 |: :|i:|:|: ∧   | | |  |  \       /\{__,八                   (あ、別の廃墟の屋上にターゲット確認……)
 }:/|/ |/     i^ | |  |   i⌒Y       / : /ニニニニニ=-_                              《ワンエネミーダウン》 シャナ
.      _,∧ i   |  L....ノ __,{     /}/}/ニニニニニニニ=-_
.    r‐=ミ込| ′^'   ⌒Y L....ィi〔 /ニニニニニニニニニニニ=-_ ……やっぱり上にいたのか(震え声)
.      \ 寸]!     }Y       Y /ニニニニニニニニニニニニニニ_
  -=ニニ}  Ⅵ    :{       |/ニニニニニニニニニニニニニニニ
∠ニニニ人  }     __  {    |ニニニニニニニニニニニニニニニニ_}
ニニニニニニニハ    _ -=ニニニニ=- _ |ニニニニニニニニニニニニニニニニ
ニニニニニニニ∧ ∠ニニニニニニニニニニYニニニニニニニニニニニニニニニ′
ニニニニニニニニニアニニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニ7
ニニニニニニニニ7ニニニニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニニ{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして追加で何人か、突入班へちょっかいを出す敵の迎撃要員を黙らせているうちに、
| 武装した一団は廃墟へとなだれ込んでいき……
| 突入から一時間と経たず、野盗のアジトは無事壊滅した。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 依頼報酬として、10円+45円を獲得しました。
      シャナの【狙撃】がLv3に上昇しました。

5699 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:48:34.23 ID:J8zDQ+xl
上田ぁー!はさせなかったかw
5700 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:48:52.11 ID:+b7/zofy
上田さんは上から来られなければ普通に優秀
5701 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:49:18.45 ID:41nVyNjV
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ ショートクエスト 2/2

5702 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:49:31.59 ID:41nVyNjV
《ショートクエスト》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【クエスト】

 【名称】 郊外のガラクタ山 ~新人指導のお手伝い編~ 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【報酬】 金銭(微小)   【同行者】 やる夫、新人スカベンジャー

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないと思われる。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  小銭稼ぎに向かおうとしたところ、新人指導中のやる夫とバッティングした。
  目的地は同じなのだし、少し手足を貸してやってもいいだろう。

  【備考】
  無限クエスト(達成してもクエストが消滅しない)
  装備や所持品によって成果に変化が……?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【クエスト】

 【名称】 新製品のテスター募集

 【依頼人】 フジノミヤ中央商会(代理人)

 【受諾条件】 4級以上のスカベンジャー、もしくはマーセナリー免許を持ち、
            かつ所属の事務所より推薦のある素行の良い者。
            (依頼開示時点で、この条件は満たされているものとする)
 【追加条件】 装甲スーツに搭乗した経験のない、もしくはあってもその回数の少ない者。

 【報酬】 50円   【同行者】 やる夫

 【解説】
  平素より我が商会がお世話になっている企業より、
  外部の人間にテスターを頼みたいということで仲介しております。
  詳細は採用後、テスト前に通達しますが、高価な品を扱うことになります。
  ある程度察している方もおられるでしょうが……くれぐれも、破損や紛失などいたしませんように。

  【備考】
  装甲スーツやその装備に関する現物支給等はありません
  あくまでも金銭的な報酬のみとなります。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【クエスト】

 【名称】 フジノミヤ図書遺構-深層 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【報酬】 金銭(中~大)   【同行者】 虎鉄&チンク

 【解説】
  旧文明のおける図書館の遺跡……その地下にある隠し書架。
  紙の書籍があればダリアンが高く買い取ると言っているし、
  保存状態次第だが高い現金収入が期待できるだろう。

  秘匿領域となれば、警備システムも上位のものが残っているかもしれないし、
  あるいはミュータントが巣を作っているかもしれない……
  状況は不明瞭だが、五級遺跡と侮るのはやめて、慎重に行こう。

 【備考】
  複数回クエスト(一度のクリアではクエストが消滅しない)
  保有しているPDAやソフト次第で成果に変化が……?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5703 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:52:37.64 ID:41nVyNjV
           > …ー こ7ー…< .    ' ,
            / / ´ ̄   ̄ '  ,.  \   ' ,
.         /, <               >   \  ' ,
        /¨´                  >   }
.       / /                 >'´ !       はぁ、初めての狙撃任務で、
      7  ハ       |    i        } !
      7  ハ  | !.   |! i. | !  i    i   !. i ',     都合九人の野盗をワンショットワンキル、ですか……
      7 i,.!-|‐.i、 i ',   !i,.!‐-| 、!   .!   !イ ',  i
     |_{ ! 廴! | ',  i|__|  i !.  }   } i  |   ! .!  流石にこれは予想外ですね。銃でも強いとは。
        | `,ィf斧ミ  ',_} ィf斧笊ミ、j_,イ !. !  i .! |
        | {{ .{:i;;!}      {::i;;!:::! }}- !  ,′,'   .!  !              ……なんで刀の方が強い前提で話してるんですか? > シャナ
        | i.| 弋ソ      ゝ-゚_,   i !/ ,'} }   i
      ノ i.|  ` ′           ,' ,'!i.///  .!  ,′  剣の方はまあ、体捌きである程度予想が付きますから。
    ‐=ニ-´}ト            , ' ´ リ≦´      /
.        リ込   ー  -‐    ム!:::::::....   ,'  /                              (ほんとなんなんだこの職員) > シャナ
         ', >        イ  {:::::::::... ,'   {
.            ',   ≧┬≦      .i、::::::.... ,'.  i      ともあれこちら、基本報酬の10円と、
          ',   ..:::.!__ -‐…‐´{__:...   !
           } >´ 八           ,<ヽ-、. ',       出来高分の45円です。
          /ーV /こ7ヽ    _ <ニニニニニヽ ',
         /ニニニ,/ { } \y´ニニニニニニ,/ニニニ、',    もう一人の方、ほとんど撃てなかったと愚痴ってたそうですよ。
        /ニヽニニ,/  .| |   }ニニニニニニ,/ニニニニニニ ', 、
         /ニニ,}ニニ`ー‐ニー…ニニニニニニ/ニニニニニニニ} ヽ≧=-'                            そんなこと知りません > シャナ
.        /ニニ=,'ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニ!  \
      /ニニ=,'ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニ〉   ≧=‐
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、これで取り敢えず弾代分は十分に稼げただろうが……
| 生憎、それだけで満足できるほど、財布事情は潤っていないのだ。
| ……いや、三千円というのは確かに大金だが、消えるときは一瞬で消し飛ぶのだし。
| そういうわけでもう一件、仕事をこなしていくとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の高い選択肢
      どのショートクエストをこなそうか?(>>196参照)

   1) 郊外のガラクタ山      (五級遺跡)
   2) 新製品のテスター     .(商会依頼)
   3) フジノミヤ図書遺構-深層 .(五級遺跡)

5704 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:53:20.51 ID:+b7/zofy
2
【1D100:42】
5705 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:54:50.58 ID:wpQRwwKF


【1D100:27】
5706 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:54:57.91 ID:4wKRjh/W
【1D100:47

3
5707 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:56:31.01 ID:34aQzXZY
お、虎鉄の出番か
5708 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 22:56:34.93 ID:41nVyNjV
およ、図書館行きになったか……みんなそんなに金欲しいんやね……
ともあれ了解了解。
5709 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:57:08.31 ID:8Cjy2ho9
どれも気になったが図書館は大分前から準備してたしなぁ
5710 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 22:58:22.54 ID:wpQRwwKF
金が欲しいのもそうだが、何度もアタックできるなら、一度アタックして内部がどんな物か確認したい
5711 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 23:00:23.46 ID:41nVyNjV
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}             で、衛宮さん。次はどこでやらかすおつもりで? > アリス
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  やらかすってどういう意味ですか……
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|   まだこまごまとした資金集めをやるので、
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|    次行くのは五級遺跡ですよ。
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::;'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| .∨                                      誤級遺跡? > アリス
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i        発音がまた妙な気が……
ム::::::::::::::.. u          ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i      (まあその可能性は大だけど)
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 取り敢えず次回は、ダリアン期待のフジノミヤ図書遺構の地下へ潜るとしよう。
| 本や書籍データがあれば、結構な稼ぎが期待できそうだが……さて。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 次回、ショートクエスト【フジノミヤ図書遺構-深層】を実行します。

5712 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 23:00:38.58 ID:41nVyNjV
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

5713 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 23:01:51.40 ID:+b7/zofy
乙ー
5714 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/11/28(火) 23:04:17.15 ID:DQhEaQ/6
乙乙ん!
5715 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 23:05:18.02 ID:41nVyNjV
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',        はい、というわけで……ちっと短い気もするけども、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',        ……うんダイスが94とか出すからな、もう一人のスナイパーさん、
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ       どうやら全然成果あげれなかったみたいですよ。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \   逆にダイス腐ってたら、あちらさん大活躍だったんだが……
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ   一発レーザーライフル撃っただけか……
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、     次の機会の本登場が待たれるな!
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ 出たら出たで、スレ民に弄られそうな気もするが!
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   あと、ダイス目良かったのでエリックさん生存フラグが立ちました(なに
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \ 仕事前ではAA出なかったのはそれが理由だったのだ……
5716 : ◆RD3CAnAM9Y ★ [] 2017/11/28(火) 23:10:25.60 ID:41nVyNjV
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  次回の投下は……次のターンのお仕事選択があるしな。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  暫定しっかり時間とれそうな、金曜の夜ということにしておこうか!
         | V        ̄` /    |    ト.
         | 人          7   |     〉 現在のお仕事一覧は、wikiの遺跡・依頼のページに載ってますよー。
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 多分追加情報含め最新情報……の、はず(ぉぃ
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    URLはこちらからどぞ
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  / ttp://seesaawiki.jp/shana/d/%b0%e4%c0%d7%a1%a6%b0%cd%cd%ea
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {   
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、    
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \ 
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4133-581907af