やる夫は兵どもが夢の先を目指すようです その6

766 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 21:47:52.22 ID:LJuDgqrK

     /      〃| |    ./  /     /    f´ 〈 \
     ,'      /  | |  /   〃     /     _人_ノJ  ヽ
    ,      /    ! 、/     l{   /   -‐   ´    '.   ハ
    /  /     !     /     八  /¨´     /⌒> |      |
  /  /    |     ∨    / /ヘ.j⌒ヽ     {/   |    l |
¨´  /       |    :    ,' / //´  ̄`         |   / /
 /         |   |   | ' \ ___ ‐-、    / , -‐く_」   / /
/          ,     |    |/、/   `ヾ       〃ヽ } } /匕_ノ}   ヴィヴィオサイド開始です。
    /     ∧ 〃¨ヘ   {ー{ 〃⌒X         {ト-:} jイ \ __ノ
    /     / ∧{ r‐、ヘ   ',_〕 {:.、__ノ:}       ,乂ソ  !   丶、  レイトン教授が死ぬ前にルッカ達が
  ./'    /   ハ  f \  ,ヘ 乂o_ソ       〈 -‐'|     ヽ
/ ,'   〃      ∧ ゝ   ヽ   ー-          ノ ' ' ' ノ    i  } 部屋から撤退した場面から始めます。
   {   '          丶 ニ -、   ' ' ' '          /人   ハ ノ
   ゝ  {          {  〈 > .        '´  //  }  / ノ'
    `¨ヽ  /      乂__,ゝ   > ..      / /   ノ/
\     )  {      /ヘ、      /≧=ーく.   {__,ノ ´
    ー=' -‐ヘ.    /    > .   {\.\.ノ丶--‐'´
          > '´         >@@〉 \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ヴィヴィオの運命や如何に?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
767 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 21:51:54.34 ID:8vf6HlHU
全てはダイス次第か…
768 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 22:00:29.82 ID:LJuDgqrK

――教授の部屋の前

                /∧_              ヽ
            {/  /-‐ ハ ̄   ー- ._    l
          ノ7^ト、/ o  ゙ー'      0  `ヽ、 |
         / l| O { ,ィ1Tl丁「| ̄ l下ミx、 ° \」
           {  || D / l l l l l { ! jLl{|-‐j/ }\   {
         `ーヘ〉 ,小 !Tl=!k从刈裄不!/}仏}`¬|
             {几トl川 f不、     トUり  j^Y ll ハ      シアンドッグ、貴方のマスターは?
           `{」_j {ハ Vソ}⌒ヽ└,,' } 厶ノノjj |ノ
           {(_ソ>、} iヽ:シ '   `ー '´ /ルイ〃/      (やる夫がいない。何処に行ったの?)
           `¬彡ミ辷ーヘ `⌒     レl// / ∧
           〈{ {∠>`ー' `¬r‐'´   {/l/⌒ヽ〉
           / ヽ〉 jノ`ー==ニ二´ ̄`7'´    }ヽ
             {    、__,..二二...ー-  _ /     / ∧
           \             /   /}  {./  ヽ
            /`ー==ニ二 ̄ `フ´  {/   }j   〉


                                ____
                         /\       _ ..--  /   __
                    /.:.:.:. > --  ̄.:.:.:.:.:.:.:./   / ..l
                     /.:.:.:.:/  /_.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/   /    .|
                      /.:.:.:.:/_   /.:.:.:.:.:.: /\.,´ ̄ ー .....__|
                       /.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.::./.:.:.:.:.:/.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  {.:.:.:.:.:./  / .:.:./.:.:/ ̄; :. :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                      \_ /... -  ̄',__.:.::l  ./.:.:.:.:.:}.:.:_ _ _.:.:.:.:.:..l
                     l...___...---´ l.:.:.:.,_/.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     部屋の中です。
                   ∧ ==      .|..___/.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                   _ _____ ,ー 、_ _ / ..-|.:.:.:.:.:.:/`、.:.:.:.:.:/
                   丶______;:.:.:,、_/.:.:.:.:.\ / .: |.:.:.:.::/  ̄.l.:.:.:.:./
             __ /.:.:.:.:.:.:.  ̄  ー----ヽ.:.:.\.:/ ___ /.:./、
          〔_ .y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:./  / ̄.:.:.:.∨
.                l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ./  ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.∨


                  ,....-:::=::=:、=:::-....、
            /:/:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:\
   /\     /{:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,: : : : : : \
 /  /     ./  乂_: - =  ̄ ニ=-: : : : : : : ‘,     なんですって!
 \/\    /   O   ○      O `≦: : : ハ
      \ ./  , . -≦: : ̄: / ̄ヽ: =-..  o\: : }    (すぐに助けにいかないと!)
       ∨イ: : : : /: : /: : {   ∨: : : ≧ 、 \|
      /: :/: : : | :|: : :| : : |    i}: |: : : |: : :\ |    (でもこの場を指揮官である私が放棄すれば)
      ./:/: : |: : :`:|: |: : ハ: |:i| / __|: l: : : |: : : : :ヾl
     /イ: : : :l : : : |: \{ |:ト:{"ィ弐刃T: :l: ト、 : : : : |    (部隊が壊滅する。)
    .〃i| : : 八: : :下.芯、  r‐.乂::ツ`|:/|/ 〉 : :|: :|
      .八: : {ヾ:\ ハ ヾ' }⌒i| ::::::::  〃 /:l: : :l リ   (彼らはやる夫が大佐の子だと知らないから)
      \ト、《 ト、:込::::ノ′_ゝ - - u',  /: : :/: ://
            \r‐ 、:.ヽ.. ヾ.ヽ  /‐ /: // ̄ ̄ ヽ (助けに行くなら状況説明から……)
              |:\_\{イ≧  イ/  /イ 《 、       ヾノ
              ト、{ノ}  /ヽ ./   / }ーヾ \_ノ   /     (そんな時間すら無いか!)
          __/ /   `ー/   ./ /|   \   /=._
        ,ィ≦: |  ヽ   /      /イ\    > ': : : : : >,
       \: : :ハ     /     _/: : : : {:ヽイ: : : : : : /: :/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 やる夫のシアンドッグ。

 存在を忘れられやすいが、彼もやる夫を守ってここまで付いて来た。

 AIが貧弱のため人格は無いが、やる夫の護衛としては申し分ない働きをした。

 ルッカの命令で教授の部屋から撤退した際にもやる夫の背後を守って撤退した風に見えた。

 実際はやる夫がそう振る舞う様に命じていた。

 やる夫を気に掛けていたルッカは指揮で手一杯。

 リーオー部隊はやる夫が邪魔しなければ良いとしか考えていなかった。

 政治の理由や箔付けのためにやる夫みたいな子供が前線に出る事はあるため、

 彼らに取って特筆すべき事柄では無かった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
769 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 22:04:16.10 ID:LJuDgqrK


                      __ __                        __ .__
                   | !_! |                      | |_| |
                   |____!三三三三三三三三三三三三三ニ!__|
                      | | | | | .!  ! !     l .!     .| |  | | | .! |
                  | | | | | .|  | |   _.! |_    | |  | | | .! |
                   | | | | | .|  | |, -‐'´.___! l___ `ー-、.| |  | | | .! |
                     | | | | | !/´/´ ̄∨! |∨ ̄`ヽ、`ヽ .! | l .! |
                | | | | | | /     | | .! .!    `ヽ`.! | | .! |
                 | | | | | |       l .! ! .|         `! | | .! |
                  | | | | | |       | .l ! !         l .! | .! |
                   | | | | | |       | ! .! |        | .! | .! |
                    | | | | | |       | l .| .|        | .! | .! |  ガタン!
                     | | | | | |      /´l .! ! .|¨`ヽ、     ! .! | .! !
                | | | | | |    //¨| .! |  !¨`ヽ、\   ! .! | .! !
                 | | | | | |   .! /  .l  ! l  l    ヘ .!  .| .| | .| |
                  | | | | | |   .! !   .! .! .! .!     ! l   .! .| | .! !
                   | | | | | |    ! !   |  ! .! .!   .! |   .l ! l .! !
                    | | | | | |   ヽ\__|  | ! .!_./,/    | ! | .! !
               | | | | | |     `>、!  | ! .|_,<´    | ! | .! !
                | | | | | l      //´l  .! |  !`Vヘ     | ! | .! |
                 | | | | | |     .//  !  l  ! .|  Vヘ     ! ! ! .! !
                  | | | | | |   //  |  .! .!  !  V.!    | | | .| |
                   | | | | | |    | |   l  .!  !  !   | |    | | | .| |
                    | | | | | |   | |   |  |  .!  !   | |    | | | .| |
               | | | | | |   | |   |  l   l  l   .! !     | | | .| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             、 .-───-. 、
          、,r'´: : : : : : : : : : ヽ: :`ヽ、
        /: : : ヽ: : : :: : : : : : : :ヽ: : : :.\
      ____イ : : : : : : ヽ : : : : : : : : : : ヽ.: :: : : ト、
     ((二)): : : : : : : : ヽ--------  {: : : : : :l.:ヽ
      .|「: :l: : : :, ' ´ ̄         ̄`丶、: : : :l: :.|
      || :l、,r'´   〃 ( )     ( )    `ヽ、l: :|
      ||/( ) 、 「77十'777 ─ー‐‐‐- 、 ( ) \|
      ||__ /::::::|:.:.:./ \ i/ヘ:l:;/.  /  \ ___」
      _几_::::::::::::|_|:.:/__! : :リ\ !i/ / ____∨
      レ' O)゚。ヽ.| |/ ̄`===`: :"==" ̄  /      扉が!
      {     ゚l .|,,______ }⌒{ _______/
      {    l .:|::|i≡i≡!≡::j: : :i_:≡≡≡::λ:       扉が閉まった!
      i` 〃ノ丿ト、: : : : :/´ `メ、_,ハ`i: : : u:.〈
       `ナ=ニ,\ `ー‐/-‐'"    `|‐-‐'" 〉
         !:: |  ⊆⊇         |   /
          i/ \/           | ,.イ i/
            ./ー-.- - ‐-‐< ̄``ヽ
        _,. -‐/(   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈__
       く     `iー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ\. `ヽ、
        |\ .  / ` ー--‐'´//  ト、___ ヽ./
        |  \/    ヽ\ //     \ .i\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 更に扉が独りでに閉まった。

 ルッカ達は聖王がまっすぐ出てくると思っていたため、想定外の事態に驚くしか出来なかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
770 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:07:50.27 ID:8vf6HlHU
苦労人やなぁ…
771 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 22:16:05.01 ID:LJuDgqrK

             _,.  ---  _
          >/  >:':´ ̄::``ヽ、
      .==、/:, ',' , ',:'::::::::::::::::::::::::::::::::\
      {L_.ソ:::////:::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::ヽ
        .7',:::::|| ||:::::,'::::::::::::::::::::::::::::::::i、:::::::ヘ
       '::',',:::|| ||:::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::} V::::::ハ
      .:::::',',::i⌒T::::i::::::::::::::::::::::::::::::::7 リ::::::::}
      |::::::', Y--L_:::V::::::_リ∨レ'--'  '´==、iヽ   『ステラ聞こえる?
        {:::::::7Y /ヽ YiY´.r'マィ示ヾt=fi芯::=ト,
       .i:|::::::i.ノ i  ',ヘ=={{ゝ-ゞ'  ,'ノ ヽ__.iノ:ハ,    余裕があるのなら
       .リV::∧  i r=i }、 ゞ==彳  ′,:::::::ト、
        i|:::::ヽ _', {i_j.ノz_  __    _ノ .'::::::::}    やる夫の状況を確認出来る?』
         リ∨':,',:::::::::::::∧テ--'  `´-' イ_::::::::リ
         ヾ\_:ヘ:::ハ::ヘ   >:z. - '  ``'
         /:::{,'.{-ヽ、V`ヽ、__.{==、ヽニー、_
     _,.イ: ,ィ'´ヽ!:',:.i. : : : : : `ヽ、: : : :.V:.j:::ヽ
     ``ヽ ,-─--.V: :i:ヽ: : : : : : : : : : : :.V{::::ハ
         ヘ!:::::::::::::::::V |ヽ: : ー- 、: :_ :/:ト、:::∧
         .{:::〃  ヽヾヽ!:i_: : : : : :-z_ヾ:y: : : ヽ::i_


       /:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::}::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,:::::::i \:::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::.  i:::::::::::::::::::/|::::::::::::::ト、ヽ:::::::::::::‘,::ヽ  ヽ:::::::::::::::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::/    !::::::::::::::||::i、 !:::::::::::::! \ヽ-:::::|::::‘,::ゝ   \::::::::::::::::::..
    /::::::::::::::::.       |::!:::::::: | xf≠、:::::::::::|,イ示ミ:::::|::::::::i__ヽ  『こちらはプラントの掌握で手が離せない。
   i::::::::::::::::/     |:| ',:::::::::| 弋ソ \:::::| 弋ソ |:!::::;、::| `
   .:::::::::::::::/       リ ヽ::::::::ヽ     \!    ,|:::::/ ヽ     指定エリアのカメラは応答無し。』
  {:::::::::::::/         \ ::::人   `  `   イ |:://ヽ__
  i:::::::::::/         _ |::::\:::>  ̄  イ ̄/:::::::;::イ::::::::} (ワタシハナニモミナカッタ)
  !:::::::::,′        |::\::::::::::::`ヽ ≧≦/:::::::::;::イ´::::::::::::::::::|         \::::::i
.  |:::::::/           {::::::::::`ヽ::__::ヽ /::;::イ´::::::::::::::::::/  \            ヽ:::..
.  |::::/         ゝ、::::::::::::::::::::::::\〃::::::::::::::::___/::::::`ヽ ',          ',::::::}
.  |::/         //:::::`ヽ------,―‐,―:::´::::::::::r 、:::::::::::::/::::! i          |ヽ::i
.  |/          {::::::::::::::::::::://|  ||ゝ\::::::-   ゝ:::::/::::::::| |             |:::',:}
  /.            |::::ヽ::::::::://  .L___||  \\:} __ {::::/::::::::::::::| |_            |::::ヽ|
            }:::::/ヽ//::',  ||   || /::| .|:´::::::::/::::::::::::::::::\ \         .|::::::: |
               /:::/::::/ /::::::::ヽ `   /::::::::::| |::::::::{:::::::::::::::::::::::::::i i        |::::::::::|
              i::/:::::/ /:::::::::::::::ヽ__/::::::::::::::::::| |:::::::::::::ヽ、:::::::::::::::::{ |   .,ュ≠x|::::::::::::|
              |/:::::/ /T――‐ 〃ゝ―――‐‐| |::::::::::::\::\:::::::::::ヽ ゝ<//////≧x、|
.             |{:::::/ /;;;;|    ヾ|| ||ゞ     | .|:::::::::::::∧::::::::::::,ュ≦////////≠////≧
.             |i:::::i /;;;;;;}       || ヾ、      l| .|::::::::::/ \;≦,///////>´ /::::::¨</∧
              |::}:://;;;;;;;i     `          !;| |:::::::/  ///////>´ヽ ヽ /≦/////\ゝ
.            |:::〃;;;;;;;;,'             |;;;| |::::/   ∨///∧::::::::::::ヽ ヽ////>・:::::|
.            |::/;;;;;;;;;/              {;;;;| |:::\   ∨///∧::::::::::::ヽ ヽ<::::::::::::::|


                /∧_              ヽ
            {/  /-‐ ハ ̄   ー- ._    l
          ノ7^ト、/ o  ゙ー'      0  `ヽ、 |
         / l| O { ,ィ1Tl丁「| ̄ l下ミx、 ° \」   『分かったわ。
           {  || D / l l l l l { ! jLl{|-‐j/ }\   {
         `ーヘ〉 ,小 !Tl=!k从刈裄不!/}仏}`¬|   何か新しい動きがあれば大佐に連絡する。』
             {几トl川 f不、     トUり  j^Y ll ハ
           `{」_j {ハ Vソ}⌒ヽ└,,' } 厶ノノjj |ノ    (聖王をどうやって倒す?)
           {(_ソ>、} iヽ:シ '   `ー '´ /ルイ〃/
           `¬彡ミ辷ーヘ `⌒     レl// / ∧   (あれは本当に攻撃が効かないの?)
           〈{ {∠>`ー' `¬r‐'´   {/l/⌒ヽ〉
           / ヽ〉 jノ`ー==ニ二´ ̄`7'´    }ヽ
             {    、__,..二二...ー-  _ /     / ∧
           \             /   /}  {./  ヽ
            /`ー==ニ二 ̄ `フ´  {/   }j   〉

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ルッカはすぐにステラに連絡した。

 拠点のシステムを掌握して、カメラ映像を確認するのは常套手段だ。

 ステラなら何か分かると期待したルッカの希望は打ち砕かれた。

 ステラは全て見てしまったが、マスターのために見たものを全てデリートした。

 真実を知ってもマスターが悲しむだけ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
772 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:16:07.89 ID:KngaemOq
なお、内部では幼女が結果的にマジ蹴り くらってしまう模様
774 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:20:26.47 ID:8vf6HlHU
優しい嘘がつけるロボットとかスゲェよな
775 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:28:03.42 ID:W2rBCCMJ
とても素晴らしい人形だ
776 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 22:29:28.67 ID:LJuDgqrK

__________________
___________________ |
                              /| | ガチャ!
                         /  l| |
                        /   l| |
                    /       l| |
                        |         l| |
                        |         l| |
                        |         l| |
                        |         l| |
                        |         l| |
                        |         l| |
                        |         l| |
                        |         l| |
                        |/|     l| |
                        |  |     l| |
                        |  |     l| |
                        |/       l| |
                        |         l| |
                        |         l| |


                                ____
                         /\       _ ..--  /   __
                    /.:.:.:. > --  ̄.:.:.:.:.:.:.:./   / ..l
                     /.:.:.:.:/  /_.:.:.:.:.:.:.:.:.:,/   /    .|
                      /.:.:.:.:/_   /.:.:.:.:.:.: /\.,´ ̄ ー .....__|
                       /.:.:.:.:.:./  /.:.:.:.::./.:.:.:.:.:/.: |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
                  {.:.:.:.:.:./  / .:.:./.:.:/ ̄; :. :|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                      \_ /... -  ̄',__.:.::l  ./.:.:.:.:.:}.:.:_ _ _.:.:.:.:.:..l
                     l...___...---´ l.:.:.:.,_/.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./     マスターが呼んでいます。
                   ∧ ==      .|..___/.:.:.:.::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                   _ _____ ,ー 、_ _ / ..-|.:.:.:.:.:.:/`、.:.:.:.:.:/
                   丶______;:.:.:,、_/.:.:.:.:.\ / .: |.:.:.:.::/  ̄.l.:.:.:.:./
             __ /.:.:.:.:.:.:.  ̄  ー----ヽ.:.:.\.:/ ___ /.:./、
          〔_ .y.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:./  / ̄.:.:.:.∨
.                l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:  ./  ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.∨


             、 .-───-. 、
          、,r'´: : : : : : : : : : ヽ: :`ヽ、
        /: : : ヽ: : : :: : : : : : : :ヽ: : : :.\
      ____イ : : : : : : ヽ : : : : : : : : : : ヽ.: :: : : ト、
     ((二)): : : : : : : : ヽ--------  {: : : : : :l.:ヽ
      .|「: :l: : : :, ' ´ ̄         ̄`丶、: : : :l: :.|
      || :l、,r'´   〃 ( )     ( )    `ヽ、l: :|
      ||/( ) 、 「77十'777 ─ー‐‐‐- 、 ( ) \|
      ||__ /::::::|:.:.:./ \ i/ヘ:l:;/.  /  \ ___」
      _几_::::::::::::|_|:.:/__! : :リ\ !i/ / ____∨
      レ' O)゚。ヽ.| |/ ̄`===`: :"==" ̄  /      やる夫!
      {     ゚l .|,,______ }⌒{ _______/
      {    l .:|::|i≡i≡!≡::j: : :i_:≡≡≡::λ:       大丈夫なの!?
      i` 〃ノ丿ト、: : : : :/´ `メ、_,ハ`i: : : u:.〈
       `ナ=ニ,\ `ー‐/-‐'"    `|‐-‐'" 〉
         !:: |  ⊆⊇         |   /
          i/ \/           | ,.イ i/
            ./ー-.- - ‐-‐< ̄``ヽ
        _,. -‐/(   ⌒⌒ ̄ ̄`r:ュ〈__
       く     `iー-、_,. -‐'´/l .ト''ヽ\. `ヽ、
        |\ .  / ` ー--‐'´//  ト、___ ヽ./
        |  \/    ヽ\ //     \ .i\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 そして唐突に開く扉。

 何故か事態を把握しているシアンドッグ。

 ルッカはリーオー部隊に待機を命じて、単身部屋に踏み込んだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
777 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 22:39:03.05 ID:LJuDgqrK

                                       __
                                 , --<´: : V     _____
                              .  <  ̄ ̄{: : : : v__,.ノ二  ̄      丶
                            /         ,. ゞo。ノ}ーミ、  `ヽ ─-   __  \
                 ‐ァ       '__          /     / ハ \   ゚。     __ 丶
             / /       / { \  ,,ィWzw、_    // }i  ゚。 、 V      ` ̄ ¨ ヽ
              { { -‐─=二′     ヾ"     ㍉, /  / }   v', v__    __      \
            。o<´_v ゝ ‐‐=ミv{      丶, -‐  ゙ミ、  -=ミ      、V ゚。  ̄´    ヽ      \
       .。o<´   /⌒>‐ミ、          丶/ ゚。     ゙V Y __ ',    乂 __ ,. -=ミ、 }       、
     /     /  /       /      /     v     ¨´ ⌒}i ィ⌒Y   \     )'     __   -=====ミ、
 。o<    /   ' ,  ′,   ′           / i  ,ィ=      ,ノ / } __ 丶  ` ー─‐‐ -- 彡'⌒ ´   >'⌒ヽ V
〈 /     ′ / / / /   {      ',     ′l 〃        V /´ニニ>o。   ̄ __ ,,ィ       /      ',}
 v',  /   i   / / /  ′       ,  v     } {{  "    / {ニニニニニニニ>o。 `^ ̄  二ニ=─‐‐ --  ┤
  v/V /  { / イ ィ       ',    {  }     ノ          {  ',-====ニニニニニ>、 ー=ニ __            ノ'
  V/V  / /´ И i   {              ,}i   ,__        八  ゝ-ミ、ニニニ>、-=ニニ\ _    ̄ 二ニ=──‐‐   --   .
   ∨/V /     | }  ハ     V    /八 ィrf´ `         ^_⌒} '^)ニニニアニニニ> ´  \ __                    ` .
    ',/V /    ,从(  jト     {   ハ ゝ )' \"     ゚     /7/´ニニニニ//´//  __ ___ >  ̄ 二ニ=─‐‐ ‐=ニ二 ¨ 、  \
      、 V       ヽ 八 `ヽ  ト、  /__\   r‐>。.. __  _,, イヽ {-=/ニニニ///// /´  ^⌒ヽ          /     \
      \丶      /  ,ヽ v } r┴ 、_ヽ⌒  v{ fニ¨iノ´^\ _  }.Vニニニニ/ ///  '        \         /           ゚。
         丶 \   ,   /   }ノ f^ / \    」' ^ゝ'   __>、/ニニニニ/{///  /           丶 __      /       ', }
           \\    {   / r' /    ^\ 〈     ////{/ニニニニ///〉′ィ            __,> }    /         } /
           \ヽ{  ハ     〉'      /ー=ミ、  ////r<´ニニニニ//////         , ¨  ̄__ ,...┴‐‐ <           /
            `八 (_ ___/      'ニニニ=ー>┴=ニ二-=ニニニニ/{//  /         /            \ __         ノ'
                ⌒ ̄/__`o。   /ニニニニニニニニニニニニニ//∨  /   /       /               丶   /
              -=ニ/{ 二 ̄ 丶_/、ニニニニニニニニニニニニ,<V//v ′ ′      ,                   \
           -=ニ二 ̄ {         ̄ >s。 ___ニニニニニニニニ,, ィ/∧/∧ {       /                    .  /
       -=ニ二 ̄         ゚。             ̄フ7 ̄ \ ̄///////v/V       ′                       V
   -=ニ二 ̄            ',  、            /, "     ハ/////////V/{  i     /     ′
-=ニ二 ̄                   \     __ ィ /     / V//////////}  }  ', ,  /   //                 }
 ̄                   \   `ー=ニ二 /  。o ´   〕ト 。//////  ′  V /   /                   i


            ¨¨¨¨¨   、
         /  i l! |      \
         ′u | | |l !      u. ヽ
      /     !   (___人___)   }    ルッカさん! ヴィヴィオに傷薬を使ったけど血が止まらないお!
       i u      !ililililil|   /
      !        {ililililiノ  /     何か一発で治せる道具を持っていないかお?
        ゝ          イ..ノ}
         7 ..ノ}      ! ノ
         /  .ノ     |´
          /          |


               E三三三三三三三三三ヨ
               E三三三三三三三三三ヨ
               E-=二二二二二二二=-ヨ
                ,ェェエ三三三三三三三三三エェ,ェ    
            /三三三三三三三三三三三三三三ヘ
               !三三三i::::::::::i  .::.::.::.::.::.:: i:.:.::.::.i三三 !  
             ヽ三三/`ヾ::::::!       .::.:: i、:.:.:.!三三/
            ゝ三i   ヾ/          イ   i三/
                >ヘ               iテ      
               ヽ-ヘ         `‐‐‐ ' i       
                 ヽ:::ヘ x≦三三三i   ノ    r 、
               /三三三三三三三三i ーイ     /三\
              ∨三三三三三三三三!_|________,/三三/
              ∨三三三三三三三=|;:;:;:j,ニ三ニ/三三/


   `'守斧k、                込沙'  為心.          恢;ji}
      `'守斧k、                {{、   .イ犱㌢ '.          |j;遡
        `''气会ュ。._     !         逾≡斧i7Ⅳ  ' .        }7Ⅳ
           `“'气会ュ。.,_ト、      逑丞圭i:刈  ィf秘、         焔リ
                `¨“''气垈ュ。.,_    逑丞圭j!圦 弋z少ァ       炒′
                    `“'气会ュ、 焔丞圭斧会ュ。.__,f´     /´
                     `'守心逑斧丞圭歪圭斧k    /
                     `寸斧丞圭歪圭斧丞沁ュ。〆     /
       \_             `'守斧丞圭歪圭爬了¨´       ∠ -‐
          \__            `''寺斧丞圭歪;遡      /
         ー―-气               j`寸斧丞圭7丞     〃
                \          .′ Ⅵ斧丞圭7沁.  .ィ:′
                  \     |!     .′  逑斧丞圭斧ハィ㌢
       ヽ、        ヾ 、 j{     斧k   }斧丞圭歪圭Ⅳ    _.。ュ=≠一
ヾ、      \__        ヽ ヽ!ヽ、_,.為秘  炸斧丞圭歪冽 _.。ュ≦7≦。.__
  丶.    ー―-气       \  ゞ辷沙' .イ斧丞圭歪圭洲竺≫''¨´ ̄ ̄ ̄
    ` ー-  .._  ` ー-ュ。、   \   .。r今斧丞圭歪圭7l為'´
           二ニニ≠一垈、  厶。ィ劣斧丞圭歪圭圭丞Ⅳ
        `  、   ` ー- ._ Ⅵ≧=炸斧丞圭圭歪圭圭丞斧迦!         ト、
\      \   ー-‐  `犱、為斧丞圭歪圭丞斧:才'"´ j        }i沁
 ヽ、       \ `“'气≧ュ。.為斧丞圭歪圭丞斧才´ィ示ミ .'         炸i}}
   ` ー- ._   ` ー- 、 `'守斧丞圭歪圭:圭丞ア´  弋沙' .′         刈Ⅳ
` 、      `   .      ヽ `守斧丞圭歪圭7Ⅳ      .′      .ィ劣jア
  \___    \__     ト、`寸斧圭丞圭7:垈:ュ。.__,.ィ7      _,.イ7j㌢
    \ `     . \`ヽ.  ハヽ. `守斧於主丞圭竺歪j丞ュ。._。ュ≦為≦ュ。.,___
      ヾー:‐:ュ。._`メ、Ⅵハ   } ' . 逑於主丞圭竺歪圭丞斧主;才´¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄
   、   `¨'''冬z圦ヘ代j'.  i   } 於主丞圭竺歪圭丞斧7才´
   ヾ ー― 一 ´`斧:tュ。.}  !,.イj 冽丞圭歪竺歪圭丞7才´
    ` ー-  - ィ釼歪恢; 刈淤主丞圭竺歪圭丞;j才´
   ヽー――一≠ュ.、`冰アィ斧丞圭>''"´¨¨`''<圭Ⅳ
 、㍉. ヘ    .ィ劣j歪ハ 刈逑7丞;ア´       `寸ヘ
   寸心,.イ丞圭圭劣_為丞j:Ⅳ             }劣k
    ヾ弖三ニ≠-‐- 气丞圭j圦        _ ノヽ.為7:会ュ。
  ‐            `守圭逍t、        `''冬圭丞≧..,_
                                `'守会ュ、  \__
                                   Ⅵ7ト ゞ  \   ̄ ̄
                           ′        Ⅵヘ、     ` ー- 、
                                    Ⅵ沁、
                                   Ⅵ;沁
                                      `寸ハ
                                       刈

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ルッカの目に入った状況は一言で言えばカオスだった。

 血みどろで倒れているヴィヴィオ。

 取り乱しているやる夫。

 完全に死んでいるレイトン教授。

 いないはずの四人目の焼死体。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
778 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:47:28.37 ID:8vf6HlHU
混沌の坩堝やなw
779 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 22:48:37.18 ID:LJuDgqrK

                  ,....-:::=::=:、=:::-....、
            /:/:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:.:\
   /\     /{:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,: : : : : : \
 /  /     ./  乂_: - =  ̄ ニ=-: : : : : : : ‘,  緊急救命用の極小機械群入り注射器を使うわ。
 \/\    /   O   ○      O `≦: : : ハ
      \ ./  , . -≦: : ̄: / ̄ヽ: =-..  o\: : }   その変わり何が起こったのかしっかり説明しなさい。
       ∨イ: : : : /: : /: : {   ∨: : : ≧ 、 \|
      /: :/: : : | :|: : :| : : |    i}: |: : : |: : :\ |  (ヴィヴィオはミュータントになったはず。)
      ./:/: : |: : :`:|: |: : ハ: |:i| / __|: l: : : |: : : : :ヾl
     /イ: : : :l : : : |: \{ |:ト:{"ィ弐刃T: :l: ト、 : : : : |  (必要ならもう一回殺すだけよ。)
    .〃i| : : 八: : :下.芯、  r‐.乂::ツ`|:/|/ 〉 : :|: :|
      .八: : {ヾ:\ ハ ヾ' }⌒i| ::::::::  〃 /:l: : :l リ
      \ト、《 ト、:込::::ノ′_ゝ - - u',  /: : :/: ://
            \r‐ 、:.ヽ.. ヾ.ヽ  /‐ /: // ̄ ̄ ヽ_ _
              |:\_\{イ≧  イ/  /イ 《 、       ヾノ
              ト、{ノ}  /ヽ ./   / }ーヾ \_ノ   /
          __/ /   `ー/   ./ /|   \   /=._
        ,ィ≦: |  ヽ   /      /イ\    > ': : : : : >,
       \: : :ハ     /     _/: : : : {:ヽイ: : : : : : /: :/
        \ : :》、   ./_ . -=≦: : : : : : : |:::::/: : : : :/:.:.\
            |ヽ,′: ̄: \ >: : : : : : : : :. :.}-イ:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.\


        ___(⌒ヽ
       /⌒  ⌒⊂_ ヽ
(⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ      流石ルッカさんだお!
 ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
  \ \    )┬-|   / /> ) ))   (どうやって誤魔化すかお?)
(( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,/ / /
  \ \ /          /
    ヽ_ ノ       │

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ルッカは人命を優先する事にした。

 ヴィヴィオの事は未だ信じられなかったが、やる夫を悲しませたくなかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
780 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:53:55.00 ID:8vf6HlHU
本当にどうやって誤魔化すんだろ
781 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 22:57:03.95 ID:LJuDgqrK

                   , -‐ 、
                 , ‐-': :_: : : ',‐ 、
                  {: : {: : ::`',: :}: : }_,ノ}
                    ハ: : :、: : ::jノ: : : : :く_
                ゝ:`¨´: : : :、: : :(:ヽノ: `丶、
                 <: : (`Y´):ノ`¨`: 、: : : : ::ヘ
                     /: (_人_)`丶、:.:.l: : :ヽ: :ハ   ト、
                  /: :/: : :;、:.、: : : :∨|: : : :}: : :丶-‐': :}
                   |: :;: :/ \:ヽ: : ::V: : : /: : : : :ー-く
                  l: :V  /l  ` ',: : :}-、: :{: : : : : : :ヽ: :ヽ
              _   八: ', 〈::ノ   u }: :ノ` }: :ヽ: : : : : : :ハ : } ヴィヴィオの治療の結果は
              <´ ',ヘ  `ハ  n    ノ '┘ノ: : : : :{: : : :/ }ノ
      x<        ',ヘ    〉 U      `i: : : : : '、: : :{_ ,   あんこ次第です。
        ',',       ',ヘ   八  ' '     ノ人: 厶( `¨¨´
        ',',       ', ',_   ヽ -  _,ノヽ /   丶     半ミュータント化あんこも
        ',',       ',-、`ヽ   ̄    / _, --‐ヘ \
        ',',     /´ ̄ ` \!     //      | ∧   一緒にやります。
         ',',    >/     ヽ:.、    〃       l/ ',
         ',',> '⌒`L、     ‘,:.、  f´         V   ',
                 ̄`ヽ  ‘,、 い  _,      〉  |
                       ∧  ‘,、`フ⌒\_   /     |
                       ∧  ヽ\〉ヘ、 / ̄      i!
                       ∧   Y′ /´       八

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ヴィヴィオのミュータント化は20%だ。
 ヴィヴィオの浸食度は31%だ。

 ヴィヴィオは51以下で半ミュータントになる。 【1D100:12

 ヴィヴィオの治療具合 【1D4:3
 1.怪我は全快、スリーパー時代の洗脳も解けた
 2.怪我は全快、洗脳解除に3か月
 3.怪我は半快、治療と洗脳解除に6か月
 4.一命を取り止めた、治療と洗脳解除に9か月

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
782 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:57:51.89 ID:8vf6HlHU
半ミュの全治6ヶ月か…
783 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 22:58:26.90 ID:1WU3Xw4/
やる夫から離れるとまともに暮らせなくなった…
784 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:04:11.01 ID:W2rBCCMJ
ここでそんな低い出目でなくても
785 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 23:06:29.99 ID:LJuDgqrK

             , - 、-‐、
                -/: : : ;_: : }‐-、
          /: :.:{: :{/: : )ノ: : ノ_,ノ}
            ゝ: : ヽj: : : : : : : : : :人
         ト-' : : : : : : }: : )>. :⌒>x:.、
           丶-、: :(:`T´j//: : /: ノ: : i
        /: : : :`丁:∨: :/{ : /彡'フヽ:.:}
        {: : : : : 八:/: : {∧:.{〃`  l/   治療に半年ですか。
        j: : : : ::i: : :{: : :{  `j{ |!   |
      ー=彡: : :/八_: ;ゝ: :::、_ ゝ "  L_   訓練フェイズでは倍率が3から1になります。
       〃: : /⌒V:{ r   ̄ //    {   スカベンジは参加出来ます。
       {i: {: :{ /⌒ヽゝ-,     /⌒>┘
       `¨⌒>、  rく┘  、   ヽ _)ノ!    レイドフェイズは参加出来ます。
       /⌒ヽ._〉   )  ∠`了刀´ }
       { r‐/ (__ ノil_イ /|/ `∟_ノ    半ミュータント化するので大人AAの安価を取りましょう。
       / / \_,〉 |::::/ r∧__イ
       /    〈 」::// ゝ __/{

.      /                       丶  //////
     '    /                   ヽ  ∨/////
   ./      ′    ´   /             ∨//
    ′ -─ l     i   ′/   ′    }   Ⅳ、
        |     | _,. / -'─ /     , }、_   ://\
.  {:  -─  |    '「 / /  イ      ィ /''㍉ :}////\
.       -=  |     | /ィf斥笊 {l     /j/ `ヽミ Ⅳ////∧
   ∨   |     Ⅳ,_)ハ   八   /x=ミ、  ミ ' V////∧
        |      杁乂ソ     丶( ん} } ミ,イ  丶////丶_
     ヽ   |     |          Vリ '〃 :|     ≧=一'⌒
        V l|     | ::.:.:.:.      、   〈{  |
         }Ⅵ  {i  |         .:.:.:.::/ 丶 |
  _    ノ、从 }l   |      `   '   '    }〉|
´    ` <   .) 八  |丶             / |   AAは大人ヴィヴィオ
       \ 乂   ヽ{  >  _ イ       |
     ∨  7ニ{       {     |          |
.      ∨ .|ニ∨     八   |          |
       ', 从二ニ≧=-   丶  |  __    |
      .∨二ニ/.:.:  ̄::.` <`¨´> \   ` く |
       ;l二ニ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶.:.:.:. >-ミ    \
        |二∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:. ≧=- ヽ
.         {二 l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <
.        Ⅵニ!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. 丶
       Ⅵ |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨
         Ⅵ:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        .Ⅵ', .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 从.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }
ハ       .Ⅵハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:从
.∧        ',丶乂.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
 ∧       ∨ニ 〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , '∨
.  ∧        ∨ { ≧=──‐=≦.:.:.:丶 .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: イ  .∨
   ∧         ∨}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ≧=── ´     ∨


    \     、               __    /    /   メ __>
      \    ` <     > ´      ̄ '   _/     ト  >、
        \     ` </              ` <   ミ     ヽ
       イ ヽ    __ノ                   ヽ ミ 、      \
        j    、 /       /                ∨. ヽ      ,
        iハ   У       \          ',    ',    ∨ , ∨    ∨
            }/! /         / ヽ   ', ',   i! 、 i i       V / .V     V
           ,       i i   \. ', ', / } .| ! }     i!   }     .i!
          ,   i    | .ハ {    ', |メ!ヽ , jハ |:       | / !      .|  AAはユキカゼ
           {   |     | !__!|__    } ! } j/__   ヾ!:.|     !  .ハ     !
          i   |    N リ `   j/ , ´ ,ィ== ミ.、 !     |  ./    i  |
          ∧   ! i!   !   --、      ィ'' んf沁 }/ |    | /       |
          ∧  !ハ   | ,.ィ==ミ      {乏弐!   |    ,.イ     .j! .!
           .∧ .|  ヽ !《 ん心        乂_ツ   !   / !     / } ,
            ヾト、 { ハ  ∨炒           /   ./  |    / j /
               \! .∧     、   _    ,   /   .!   ,  〃
                    }  .∧       v ´   }  /   /   |  /   /
                   |  込       ヽ. __ノ  / / ./   .//
                  > ´|    ! ≧=-...   ___ イ/ / ./{ー- 、/
              ./   .|   /レ N ー-- 、   / /i /  Vハ>--  、
              /      !  /   .N     ` / /  ,. -- Vハ     ヽ
           ,     |  ,   .N       , /  ´    Vハ      ',
           {      |. {     N      .i ./        Vハ       i
           ,       、 !  、N      {/          Vハ ,.-    }
               ',      ヾ   V´        `ヽ/      、∨    ,
           ハ          /             ',        ヾ   /
              ∧       〃               ',       ヽ. ,
                 ∧      /::!                 ,         ∨
               ∧    ,:::::!             i        ∨
                  ∧   {::::::',               |           i
                  i.',    ';::::::::、            }        j!
       .,>--―-<__,j ,   、:::::::::.、              !        /::!
     /:::::::::>''´ ̄ `Y ',   ヽ::::::::::ヽ          ,       /:::::;
    /::::::::::/         ',    \:::::::::::\      /      /:::::/
    ::::::::::/             }      >x:::::::::>= -- イ  __ ,,. -=彡::/
    :::::::::;                       ≧=--- =彡ヾ=ニ:::::::::::::::::.イ
    :::::::::{           i            i    ./      ̄, ̄´
     ';::::::!           |         |   /       /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ヴィヴィオの大人AAを変えますか?
 1.変えない
 2.ユキカゼ(DOG DAYS)に変える

 下 3~5 多数決 AAで少し展開が変わります

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
786 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:07:26.23 ID:8vf6HlHU
ksk
787 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:07:36.76 ID:XvU+wjaN
KSK
788 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:07:47.21 ID:5czxl8EX
789 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:07:48.51 ID:KngaemOq
1
790 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:07:57.32 ID:1WU3Xw4/

793 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:09:24.10 ID:8vf6HlHU
外見が変わらないとなると、中身が変わったのか?(半ミュ
794 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 23:12:39.69 ID:LJuDgqrK

        /        /     /     ,  -‐>、_   ⌒l
         |       /    / /    /   /_人__ノーく、
          |        /   〃  |    /  ̄/    ',  :,  ',\
          /        '   /  /| xく    /      ',  |  |  丶
   ト-‐=彡  /     {    ' 〃  j./ヘ \ /          ! :!  !    ヽ
   八    ..::/   , - ',   i/  、, ィ弌ニ\ ヽ   , -一ァ l ,'  |
    `¨¨/    / ⌒ ヽ  | -〃:   }! } `¨   フニ´  }:/  /
      / ./    i{ / 〉 \j ーj{io ー':リ      / j! }ニ〃  /
   〃 /   .: 八 い(     乂_ン        ,:o:リ ノ/ /  AAはヴィヴィオのままで!
   .'  / {   : . : :丶. __    `ニ.:::彡   ( Vン /〔√
   {  {  ',  : : : : : : : : : :}.           〉`ニ //i
    \:、  }  .:/: : : : : :/` |::..、   /` ー-‐ァ    人  }
      _,ノ イ: :/: : / V   \  {  )/    イ   `¨¨フ
           人:ハ:_:」   ヽ   \ `ニ ´. 。<: : . 丶-‐'´
          .   |      \   {¨´  \ 、:): :  )
      ,.  ´    |      \  |\    ヽ ` <
     /        /          ヽ  }     ',   \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ヴィヴィオの全身義体ルートがアンロックされました(確定ではありませんのでご心配無く)。

 ユキカゼは別配役で出てくるかもしれません。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
795 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:15:56.52 ID:8vf6HlHU
全身義体か
796 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:17:59.46 ID:IgLN/ZcX
これ半ミュー扱いよりは全身義体の方がましと言う事?
それともケガが思ったよりひどいのか……
797 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:22:25.50 ID:1WU3Xw4/
ミュータント化したので生身でも十分に強い気がするけど
…まぁ直に義体化にするほどの義理も余裕もないだけかもw
798 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 23:24:39.05 ID:LJuDgqrK

                 /(_〃¨'ー-、
                  〉: :{:/: : : :人     /     / '
           ,  -┴-=ニ:_: :)ノ: :)_,  '    / '
            / /:/: :r冖┐: .、::ノ   ):、 / '    /
        〃: :/: :/: : : : フひ: : : :ヾー-‐': ノ     /,
        ,': : /:{: /:_:彡 '´ {: {: : : : :ヘ: : :⌒\  /,     ヴィヴィオの半ミュータント化は
         ! : ;'ィニゞ   ∠ニゝ\: : :|:.:l: : : :、: :} ' /
 `"^`'ヘ,、 { : { 、 __、   , __ 丶}: : !: |:. : : :}V /        きつね耳と尻尾が生える程度です。
       `ハ: :Vfi ¨!   fi¨ i! Y」: :,':./: : : く
       ゝ: : N乂リ ,   乂り ノノノ¨Yヘ:_:ノ 、,、xヘ,,、     キョウトかトヤマで生活するなら
        /八{ ' ' ヽ -‐ヘ  ' ' ' , _,ノ   `L_n   `~`'~
        ゝ: ::ゝ、 V  }   イ人/` ーくノ_,ノ       それほど酷い迫害は受けません。
           `¨,ニ≧=`ー'≦。}ノ^\~'`
    r、 n _,/    人T7´Y`ーrく,、, へ
    ヽヽl ヒヽ    /-‐ヘ Lノlx-~'^
   ⊂,  、〈ノ_,/ r '` ´⌒´
     し'¨`┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ヴィヴィオAAルートが自分の姿を受け入れず限りなく人間の姿を求めるルート。

 ユキカゼAAルートが半ミュータントの姿を受け入れ、社会的立場の確立に進むルート。

 ユキカゼの方はあんこ次第で解放戦線ルートになってやる夫と敵対する可能性がありました。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
799 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:26:12.23 ID:IgLN/ZcX
人の姿を求めるあまり生き物すら半分止めるという皮肉かよぉ……(涙)
800 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:27:20.92 ID:5czxl8EX
つかどのレベルの半ミュ化のダイス振ってもよかったんで社
801 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 23:30:54.57 ID:LJuDgqrK

                /∧_              ヽ
            {/  /-‐ ハ ̄   ー- ._    l
          ノ7^ト、/ o  ゙ー'      0  `ヽ、 |
         / l| O { ,ィ1Tl丁「| ̄ l下ミx、 ° \」
           {  || D / l l l l l { ! jLl{|-‐j/ }\   {
         `ーヘ〉 ,小 !Tl=!k从刈裄不!/}仏}`¬|   なんでPCのデータが死んでいるの?
             {几トl川 f不、     トUり  j^Y ll ハ
           `{」_j {ハ Vソ}⌒ヽ└,,' } 厶ノノjj |ノ   ヴィヴィオのPDAも焼き切れているし。
           {(_ソ>、} iヽ:シ '   `ー '´ /ルイ〃/
           `¬彡ミ辷ーヘ `⌒     レl// / ∧   (ヴィヴィオの治療マニュアルだけ残っている)
           〈{ {∠>`ー' `¬r‐'´   {/l/⌒ヽ〉
           / ヽ〉 jノ`ー==ニ二´ ̄`7'´    }ヽ (なんて怪しすぎる。)
             {    、__,..二二...ー-  _ /     / ∧
           \             /   /}  {./  ヽ
            /`ー==ニ二 ̄ `フ´  {/   }j   〉

                      ,. -──-. 、
                    /. : : : : :l: : : : :`ヽ、
         「.「 \       / . : : : : : : :l: : : : : : : :.\
         |.:.|  |   (U) /. : : : : : : : : :{.: : : : : : : : : ト、
         |.:.|  |   || ノー--------{: : : : : : : : : :l.:ヽ  (やる夫が聖王を全力で蹴ったら)
         |「|  |   |レ'          ̄`丶、: : : :l: :.|
         |   |  / 「| 〃 ( )     ( )    `ヽ、l: :.|   (ヴィヴィオと聖王が分離したなんて)
          ∩ヽヽ:|  i |:|  「77十'777 ー‐‐‐- 、 ( ) \|
         | | | | |  | ノノo l:|レ==<   ´ ̄`フハ\ ___」  (信じられない。)
       rr┐| /´ ̄ヽ  「  o l:|{  i:。1l L__r'´r。、 ぐノ.:.:.:7´
     「| | | リ「 ̄ヽ」  | r1 l.:|ハヽ りノノ⌒iヽ りi  )Vハ.:i     (でも証拠はあるし、やる夫が嘘を)
     .「| | | | l.∩ |  .人l:l ノノハ` ̄  ,  ヽ_辷 イ ノノ.:.|
    { | | L_ノ |_ノ  く: :ノ ヒニニニニニコ o     ,.イイl.:.:l.:」    (ついている様にも見えない。)
     ∧    L_     `フ>  > -- - <.:.:.ノノ.ノ.:ノ ̄`ヽ、 __
     l.:.: V´ ̄`ヽ| __,. イ  /l     く ̄ ̄`ヽ)) ヽノ      \   \
     |.:.:.:.:.V"´.:.:.:.L.:.:.:.:{ //   , ィ⌒ヽ    \`7´ ̄ ̄`ヽ  |\  /
     |.:.:.:.:.:.V´..:.:.:.:.`ヽ.:.X/ `77´_ノ.:.:.:.:.:\ ̄\_\     \|  \/
     |.:.:.:.:.:.:L.:.:.:.:.:.:.:.:.:Vム_ノ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ノ |/
     L.:.:.:.:.:.:人.:.:.:.:.:.:.:.i.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. イ.:./人
        ̄   \.:.:.:.ノノ.:.:.:.:.:.:.:,:.. イ   |ヽ /\\ __/´ ̄``ー----- ┐
            \.:.:.:.:.:;. イく   L__| }   `フ           l
              `エ´__L \  V/_ノ    /           /l
           ノ´「「 ̄||:|.|.:. ̄\\.:.:.::.l   ,イ           //
         ,. イ ノ.:LL_.」|」」.:.:.:.:.:.ノ ヽ\.:ト、 //´ ̄`ヽ       //
        く:::::::レ'./  ¨¨¨¨¨´ ̄    \\V      `ー-----イ/
          ̄`フ              \\

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ルッカが科学的に説明するにはあり得ない事が起こり過ぎた現場で頭を抱えた。

 やる夫は誤魔化す手段として全ぶっぱを選んだ。変身の件さえバレなければ問題は無い。

 最終的にルッカは、これはやる夫の「白痴の結界」の副次的効果として処理した。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
802 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:31:08.10 ID:GBshssdD
後出しでそんなこと言われても困るだけだわ
なんかしてればなぁとかと変わらん
803 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:33:07.21 ID:8vf6HlHU
判らんモンは判らんやね
804 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:33:14.92 ID:1WU3Xw4/
ESPってすげぇ、で良い気がしてきたw
805 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/17(火) 23:44:58.93 ID:LJuDgqrK

                , -‐ 、
            〃⌒ Y 、   }‐-、
          /⌒{  {   j  ノ  }
            {  ゝ __ゝ  ー'´ ) イ
           _,)_,≧ニく`Y^)  ´ ノ      ではリザルトの前にリザルトあんこを振りましょう。
          // /  (_人_)< 人フ
       / / /彡 ' 八  ヽ \ \     高いほど効果があったとします。
        / /! /´  ト-- , \ l  |   ヽ
       ,' ' ! lノフ   ` ̄´    |   l     }   キョウトはルッカの報告を信じた? 【1D100:21
       { { N´    , ―-   ノ ∠    '
       ヘ. ゝ ィ¬)   ' ' '  ´ ィヘ }  /    キョウトのポルコ評 【1D100:54
         ) T '' `        ノノノ   ーノ
     { ー' 八  tァ_つ   ノ¨´    <   このプラントの価値(キョウト) 【1D100:65
     `7´  丶、    . イ    ハ ト、 )
      い {ゝ、 `≧ァく   ト、 _,ノ }ノ ´   このプラントの価値(トヤマ) 【1D100:74
        `¨`  )_,ノフooo '´ノ ` ー- 、
       r‐=ニ´ └ァt一'´    __,ノ\    お宝を見つけた? 【1D2:1 (2でお宝表あんこ)
          >-r‐-‐ァ'o/` ー-r-‐'´    ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 さてどうなるでしょう?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
806 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:47:03.29 ID:8vf6HlHU
渋い
プラントの価値が名声を超えてるのがヤバい感じだ
807 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:47:54.65 ID:5czxl8EX
つかこれやる夫解剖コースでは?
808 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:48:16.24 ID:KngaemOq
報告が怪しさ爆発で信じられていないのかなw
809 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/17(火) 23:50:48.00 ID:IgLN/ZcX
とっても先行きが不安です……
811 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 00:00:09.31 ID:slc12FqX

――リザルトフェイズ

                     _______,
              _______/           ./|_______,
             /           /         //         /.|
          /           /           .//         /./| ルッカが提出した書類の山。
.          /        ./           .//           ././/|
          /          /           .//         /././,.|
       /           .'三三三三三三l/         /.//./.,|
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/.////
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l////
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l///
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l//
       '三三三三三三l'三三三三三三l'三三三三三三l/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ルッカは自分が担当した拠点攻略の報告書を提出した。

 ESPとオカルト中心の報告書は近衛軍の中でかなりの議論を巻き起こした。

 最終的にはルッカがポルコのために事実を隠ぺいしたと言う結論に達した。

 幸いなのかルッカの頑張りのおかげなのか定かでは無いが、

 やる夫とヴィヴィオは余り話題に上がらなかった。

 攻略戦時に二人が11歳か12歳だったのが一番の理由だ。

 近衛が専門家を集って再調査する事になったが、ルッカが書いた以上の事は出てこないだろう。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
812 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:08:15.82 ID:rJe/gFLw
セフセフ
813 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 00:08:16.92 ID:slc12FqX

                  __,,,,... --‐‐‐‐- 、_
            ,. - 、_ ,r'";;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::`'' - 、 _,,,...、
            /   /;;;;;;;i;;;;;::::::i::::::i::::::::ト、::::::i::::::::::::::::ヽ  `ヽ、
          ノ  ,ヘ i;/;;;;/!;;;!:::::::l::::::ト;:::::| ヽ::::トト;::::::i:::::::l,.へ  ヽ
         /  /  〉´'、/_,,,`_ヽ、_!ヽ;! ヽ:!  ` __ ヽノ`'!人  ヽ  '、
        /  /   ,'  ,'";;;;;;;;;;;;ヽ _,,.....,,_  ,r'´;;;;;;;`ヽ   i   ',.  ',
      /  /     !,.-={;;;;;;;;;;;;;;;;;;r',.、  ,、.ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}=-、,!.   ',   ',
       ! /    ,イ   ヽ、;;;;;;:ィ' i,ノ   '、i `i、;;__;;;;ノ     !,   '、  .i
      l i    //    ,:'ー'"`ヽ、,,__ ,,, ____,,ノ'"''- 'i     ':,ヽ、 ゙i,   !
      '、,!  / .,'      `'ー''"_,,,.、--rー--、,,_''‐-‐'゙       ',. \.ヽ,.ノ
      ヽ,/   !  (  ‐=ニ二! ,,,,____l_____,,,,..!二ニ=-   )   i  `'´
           ヽ          ,,,___,,,,.             ノ、
        ,、-'"´.〉、        `'--'"          ,.イ  ヽ、__
     _,、-'7´   ト, `ー- 、 、         ,.   _,、- ' ,イ    ヽ`''ー 、_
  _,、‐'´  /      i. ',    ``''''-、;、,,___,,,,.、-'"‐'''"´    / !      ヽ   `ー、
     /      ! ',     _,.ri''"^'''''^'''ヽ、        / /        ヽ
    /       l  ヽ   /  !    ノ  ヽ    / /        '、
    'ー-、,,_     l  `-'´   ,.r'"⌒iヾ、    ヽ,.イ  /          !
       _,..>     !  ヽ   /    '  ヽ    /  /     、‐‐''''''"´
    ,-'´        ',   ヽ/       ゙、/   /         `ヽ、
     !        ヽ    ヽ      /     /          ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 大型プラントの発見、さらには連邦軍の拠点潰しでポルコは一躍有名になった。

 本来なら英雄として迎えられても不思議では無いが、レイダーのボスとして生活、

 そしてルッカの報告書が彼の評価を微妙なものにした。

 ポルコはここが勝負処と考え、かつてのコネを総動員した。

 トレーズの友情 【1D20:17

 フィオの愛 【1D50:23

 金の人にジュズマル 【1D100:43

 イスラエルIAIのアレ 【2D100:106(59+47)】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
815 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:11:09.18 ID:rJe/gFLw
おおよそ期待値
816 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:11:13.06 ID:02BYxbDs
流石トレーズ様
817 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:12:04.52 ID:2bW5jvsb
さて、これはどうなるか……
818 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 00:21:46.74 ID:slc12FqX

――キョウト 近衛軍人の集まり

.     /. : : :> ´≠-=ミ:/v:ハ}/ィイ州リ: :7
     {才. : :≠"     ./ /. 7^⌒ <: 〈
.    /. : :イ.j      / /. /     {:乂
    {_: :ニ=彡"、__廴   从(       v7
    V. : _才   ̄^气=云x ヽ     '_,
    乂. イ/    ≪_tだツ^汽  .fr斧笊オ    大佐は私に取っては義兄の様な人だ。
   辷7ハf        ̄ィ'"   .Vだ^{
.  /. f⌒从               ∨ |     彼の闘争心こそ今の近衛軍に必要なのだ!
  イ.从frv            _,   ノ  :
   ^Yハ _             .´   ′    このチャンスを逃してはいけない。
.    从: イ.ハ       _,  -―ュ  /
    ハ乂.∧         こ ̄_, ,       私が義兄の梅雨払いをしようではないか!
    >==ミ \___        ′
    {≠-=ミ` < ∧      厶
.     }ニニニニニ>. ` <>- :≦才^__
.     }ニニニニニ≪二_>v) ` <⌒ー-ト .
    /ニニニニ≪二二二 _{ ∨  ` < .\{
 ,.. イ冖<ニニニ≪二二ニ.{   V    {/ .}ー- ..,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニニニ-{_/.}  /∨}⌒ヾ.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.` <ニニニ}i{}イ<.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:

――キョウト 老舗の人形店

        _.. -‐_-_、_.. -――-、
       /  </     . : : .`ー-、._
      /  . .::;/     . : : : : : : : . `ヽ.
      ノ . .:::/    /: : : : ; : : 、:ヽ: : . ゙ー-、
   / . : :::::!    ,'. ; : : ,: ,イ: : :,.ィ'! :∧: .、ト厂
  /   . : :::::|    i::/_,.ィ_ノノ _ノノノノ l: ト,)
  ,! , . : : :::::l  ,.-、., '´,.‐,ニニ '´   ,ニ,ヽ/:ノ
  |,イ  , . : :::;::ヽ| 、i{   '、{゚リ`  i'{゚リ`/´      ポルコとの関係ですか?
   ヽ i ,. . :i: ::::ヽ ヽ         .冫 iノ
    ヽト、 ヽ. .:::::゚ーヘ    、 ___,   ノ         彼も責任を取りたいと言っていますし、
        ̄ ` ―-‐,ゝ、   ‐  .イ
         ,. -‐:;∠ ノ! ` ー-,イ/ハ、       キョウトに帰ってくる様なら真剣に考えます。
       /_./_/ ̄( '  ,.-‐'へ\ /へ
       八.厂_'ー'⌒ ! ,/⌒ヽ /∧/__ ,.-`ー-、
      八/_//___!ノ 7/ \/ /∠」 L⌒ヽ
     ,.ヘ./ ̄7/ ̄o./_//___//  ̄ l 「 ̄ヽ\
    ./ヽ/_//___/ ̄7/ ̄ ̄7,ヘヽ _」 L____,>\
    i_l ̄7/ ̄o/_/\__ /( // ̄l 「 ̄ ̄
    | ̄l ̄| 「 ̄ l  ̄|  ̄l 「 冫!>,、く.   ! |

――某所

       /               ヘ 、 ヘ;;Vヘ{     ヽ
      /                ハ `ヽVVヘ      }   これが天下五剣。美しい。
.      {                 ハ   \Vヘ       l
.     .{                 }==- 、ヽ/V    l    しかし一本ではな……。
       V                }   _,,.;;;;;=ヘ   ノ
       ヽ     _,,..-一=- ..,,__ノ.''"~´  }}ヽ ヽ= ゝ  断じて国宝が手に入らなかった事を
        ヽ-     ,,..-≦  ヘ;;/      }} } ;;;{_ {
         V _,,..-≦  /     /、_ _,,..-一='''"ヽ>、}  根に持っているわけではない!
              ヘ   >´     /;;;;ヽ`''=-、`丶、 ̄ヽ} }ヘ=- ,
            ゝ=´     ./;;;;;;;;;;} ヘ ≧丶、`丶/ ノー 〈
              ヽ    /;;;;;;;;;/   }、    >´ };}ヽ\ ハ
               〉 _ /;;;;;;;;;;;/   };;ヽ > ´   };} };;;;ヘ.ノ
               \;;;;;;;;;;>´   } };;//   /´ノ;;;;;;;;;}´
               /V        ノ/  ≧=- 、 一´=´ノ
               / 乂 _ _ ,> ´ \\   Vヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 54+17+23+43 = 137! 100オーバーなのでイベント分岐。

 イスラエルIAIを使わなかったのでボーナス発生。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
819 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:23:30.35 ID:rJe/gFLw
やったぜ
820 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:24:15.45 ID:2bW5jvsb
おお、いい結果か
821 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 00:39:16.09 ID:slc12FqX

――政府の記者会見

                |:;:;:;:;:;:i;:;:;:;:;:;::;:;:;::;;;:;:;:;:;:;;;;;;|
                 | ;:;:_:;::l:;_;:_:;;:__:;:_;:_;:;_:;:_;_;_;|
              | __|________|
              /::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     政府の公式見解としてはポルコ殿は
            /::::/::::::::::::|::::::::::::::::::::::i;:::::;::::::::::::::::',
           ,':::::,'::,:::::::::::i|::::::::::;::::::|:::::|i;:::i::::::::i::::::::i    近衛軍の正式な任務としてトヤマに赴いており、
            i::i:::|:::!::::::::/|!|::::::;ハ:::::|l;::::|li;::!:::::::l::::::::|
            l八:l:::|::::'ナ' | |:::/ 十:ト、|:::|li|:|::::::::l:::::::|    任務達成のために必要は手段を講じる
              ヽ|:|:::「「i| |/ .rr|;メ、. |:::!:::|:::::::::!::::::|
                |:::Y:!l:リ     |i:::::::〉|/::::|:::::::::l:::::::|    権限が与えられています。
              i::::::|   ,    ヾ=:' |::::::|!::::::::|::::::ト
               !::::ト . _ o   ~  _,|:::::!|:|::::::!:/イ    レイダーのボスになるのは些か異例では
                    l::|:!|::::`_ー;ァ '7i  .|::|:|.|:!::/|/、
                    !|ヾl/´ |.   {;:'ー'|:|l:!イl/∧ ヽ、   ありますが、長期間に渡って潜伏していた
                l     l.ヽ、`/|l    _l⌒ヽ
                      〈 |,//    // |\ 某国のテロリストを発見した実績は
                    ト|//     '│   「i| \
                    | l /_      _l. |  │i   疑いようがありません。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ポルコは近衛軍をやめた事実は無かった。いいね?

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
822 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:43:13.71 ID:rJe/gFLw
アッハイ
823 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 00:45:30.93 ID:slc12FqX

               /        `丶._ ̄  - 、
               l              ̄`  〉
               l  _,  -――――-  ..,,_  〈
               /'´              `丶}
                /   _,. -‐    ̄ ̄ ̄ ̄三二¨丶..,,_
             _,.∠´ ̄           _       __ `>
        r_ 二´ ____  -┬_,,二≦ -‐ '" ̄ ̄ ̄ ̄``''<
          \    /;;;;;レ{;;;;;;;;;;;;;;}     /              \  中央は良くも悪くも
          ` ー/^\ヾヘ _彡 'ニ   |                 〕
            /] [.j )__)ヽ __ ┐ /               /  不変か。
           (乂エニス;;;;ノ__ /  〃                 く
           `)) /   _,/ _/〈      _r__,> ⌒丶┴--- 、
       ,  -―'〉こ ̄   /    }  __,≧==ニ二、 ̄ヽ       ヽ
      /    /       /     /'´ -―        >――-  、 〉
     く      八   / .  -―-'           /        \
        \    _> / '"´  /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 政府と近衛軍が主導してポルコのここ十年弱の経歴ロンダリングに全力を出したのには

 わけがある。

 ポルコが奪還した巨大プラントはキョウトとトヤマ双方が興味を示した。

 キョウト近くへ移設しようものなら、トヤマが領を上げて武器を取ると宣言する始末。

 トヤマで動かす事を受け入れるしか無い。しかし誰を管理人として派遣するか?

 キョウトとトヤマがある程度妥協出来る人材は限り無く少なかった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
824 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 00:54:20.11 ID:slc12FqX

               ,.-''"´ ̄``ヽ、
            ,r'´     _    \
           /.:.:..:. :,r'´_,イ水ヽ、    \
         !.:.::.:::,/   ヾY /  `ヽ   !
         `ーイ_,,,、、、、、、、,,_   ,j!,/
            ,ィ彡、   // /   /`Tイ
          レ^7;;;:::::.:、、,,_,..::.:::;:;;;;jリ!
           j!,ノ} ´゙"´ ,イ ``""´ ノハ
          ゙ゞ、゙',   .::;j    ,イ;;j/
          ヾミj:;  /´ー''^ヽ ,'゙/ソ′   待て!
           リ::;i  ‐ニニヽ,, ,',!ソ'
           /ヽ;;、   ̄` ,.:イ、      ポルコは裏切り者では無いのか!?
         , イ   ヽ __,,/ _ソ !
       ,、‐'´.:.:.:\     Tーァ、/l ,/`ー- 、_
  ,、-‐''´.:.:.:::::::::::::::::`ー‐:.'::::77j::::::::::::::::::.:.:.:.:ヾj、
  ヾヽ、.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ}!:::::::::::.:.:,,、-‐'''" i
  ヾ≧\``'''ー──-- 、::::::::::i|:::::::.::::/      l|
    ``了 r──--- 、 \:::::i|:::::::.:/ ,,r‐'''"´! |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 公式見解が出た処でポルコに煮え湯を飲まされた本領軍と地方軍は黙っていなかった。

 近衛軍への復帰程度なら口を挟まなかっただろうが、プラントの管理ともなれば話は別だ。

 既にバートン財団が開発したとされる高性能な中装甲スーツは噂になっており、

 トヤマのプラントとの関係も公然の秘密となっていた。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
825 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 00:56:12.96 ID:rJe/gFLw
そこでコネクションですよ!
コネって偉大やな…
826 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 01:03:56.74 ID:slc12FqX

――IAIイスラエルボーナス

            |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||;:;ヽ,ヽ,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:l
            l;:;:;:___jl|_ヽ,ヽ,:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l       そんなっ・・・!
           ,イ::7´ ,r=ぅ   r- 、ヽ,ヽ,`i丶、;:;:l      バカなっ・・・! バカなっ・・・!
          /::::シ  "´ u   ` ~´ ヽ,ヽ,ミ:::`'i!      なんでIAI・・・・・・!
          )::/ ,. -- 、   , -- 、  ヽ,\:::::},
          l:::l.:.,ィ'。`> y'.:  ィ'。`'ァ、:.:.. \.\l       なんでこんな・・・・・・
、_          }::l:.:.` ̄,.:'´ .: :u`ミ ̄ .:.:.:.:.:. l:::\ \    あってはならないものがっ・・・・・!
、_`'-、_      l::l   , ' ,r'  ヽ、u   :.:.:. }:::/^\ \
 `' -、,`' -、   N! u   /゙'^'- '^'゙ヽ      l::fク //.\ .\   どうして・・・ IAI・・・・・・
     `'ァ、\  l l!   /  ,..,_,..、 丶 |j~  .l:lぅ,ノノ   \ .\  なんで・・・ トヤマで・・・
       \ \.しi  i   ,イエエエ>、 ヽ    ,l:ゝ- '    \ \   こんな・・・・・・・・・
        \.\ヽ. l l l{、:.:.:.:ノ:.:.:l) l   イ::ノ       \ \
          \.\ ! l ヽゝェェェァツ  }   ,/:::ヽ         \ \こんな理不尽なことが
           \.\.  `ー-‐ '" ノ ,ィ'{^~゙゙´          \. \麻呂の身ばかりにっ・・・・・・!
            人. \ u      ,ィ" Y lト、            \ \
           _/:.:.:ヽ\ \--‐ '"´    / ハ             \ \
         _,,‐〈:.:.:.:.:.\ \ \   |j~/ /:.:.\、,,__          \. \
   ,r‐-‐ ''"^ヽ 丶、:.:.:.:.:\ \ \u   //:.:.:.:.:ヽ } lー-- 、、      ',  ',
,, - '"      丶、 `` ー- ゝ ヽ\ \∠∠.:-ュ:.:.:_,:ノ /    ` 丶、    ヽ ヽ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 イスラエルIAIの何かを見て胃が死んだキョウトの高級官僚。

 なお100越えのため、厄過ぎて内容を公開出来ません。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
827 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 01:05:36.16 ID:rJe/gFLw
しばらくは平穏無事っぽいね
828 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 01:10:56.13 ID:slc12FqX

  \   ||                                                ||   /  /
..\.. \  ||                                                ||  /  /
  \.. \||______________________________||/  /
....   \  ||                     〈艾〉                       ||  /
     \||──────────────────────────────||/
.        ||| |ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ||   ||ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ|||
.        ||| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|||   ||_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|..||||
.        ||| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|||   ||_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|..||||
.        ||| |_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|||   ||_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|..||||
``  .   ||| | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |||   || | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | | |..||||   ,, '’
_    `  .,|||_|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ||   ||ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ|||,, '’   _
ニ=- ._  ||______________〈艾〉_________________||_ -=ニ二二
゙ ‐=ニ二ニ||仁仁仁仁仁仁仁|:||l ̄⊂⊃ ̄⊂⊃ ̄ ̄⊂⊃ ̄⊂⊃ ̄l||:|仁仁仁仁仁仁仁||‐|二二ニ=-
fー─  :|‐|||‐:|ーーーーーーー:|‐:|:||ニニニ{{ニニニニ{{二二二}}ニニニニ}}ニニ||:|:‐|ーーーーーー‐‐:|_|]||‐| ̄   .:
  ̄⌒^゙|‐|||‐:|ニニニニつ____,|‐:|:||ニニニ{{ニニニニ{{二二二}}ニニニニ}}ニニ||:|:‐|____⊂ニニ....|_|]||‐|.............:::
⌒^⌒^^|‐|||‐:|─ー ゝ== :|‐:|:||ニニニ{{ニニニニ{{二二二}}ニニニニ}}ニニ||:|:‐|===='ー‐ ~ |_|]||‐|~~~
: : : ...  |‐|||-:|⌒~⌒~⌒⌒|‐:|:|| | |     |三|⊥|三|⊥|三|     | |.::||:|:‐|⌒⌒~⌒^⌒|_|]||‐|: :.  : : :
. : : : ....0.|‐|||‐:|................... ○|‐:|:|| | |   i|三|三|三|三|三|i     .| |.::||:|:‐|○ .......:::::: :.. |_|]||‐|0: : . ..: :
: : : : : ::...| :||| |ー~~ー  | |:|| |_,,|___|二二二二二二|___..| |:::||:| |~~ー ~ |_|]||‐|: : ; ; : :
ーーー ,).:|‐|||‐:|二二二二 :|‐:|:||'",.、+''"~/_____\   \ `'||:|:‐|二二γ´ ̄^| |]||‐| _ ̄
~ー⊂^.:|‐||| |~ ~ ( ー‐‐っ| |:||'"   /_______\   \ ||:| |ニニつノ~ ~ ~ | |]||‐| ニニつ
     |‐||仁仁仁仁仁仁仁|:||__/_________\______,||:|仁仁仁仁仁仁仁||‐|   ー-
 ,.、-‐''"~ ̄ ̄ ,ィ㌻ ̄ ̄ ̄ ̄ /___________\   ̄ ̄ ̄ `㍉。 ̄ ̄~"''ー- .,_
'"      ,.ィ㌻        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \        `㍉。     ~"''
     ,.ィ㌻        /===============================\         `㍉。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 物が物だけに皇主様の耳に入り、連日の協議に入る事となった。

 ポルコには膨大な賞金や中将への昇進も検討されたが、政治的理由でとん挫した。

 力を持ち過ぎた英雄を制御仕切れないと恐れたのだ。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
829 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 01:11:38.78 ID:rJe/gFLw
しかたないね
830 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 01:21:42.55 ID:slc12FqX

       |lj'j'j'j'j'j'j| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
        |i|j'j'j'j'j'j゙| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
         |i|j'j'j'j'j'j | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
.       |il|j'j'j'j'j'j゙| : : : : : : : : : : : : : : : : : :  : /j'j'
.        |il|j'j'j'j'j'j':| : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/j'j'j'
..      |il|j'j'j'j'j'j'j| : : : : tニt : : : : : : : : : : : :,イj'j'j'j'
       |ili|j'j'j'j'j'j'j|: : : r─' ∧`ーュ : : : : : : : ::,.イj'j'j'j'j'j'
       |ili|j'j'j'j'j'j'j| : : 弌_マ/¨',ア_ノ : : : : : : ,.イj'j'j'j'j'j'j'ア
        |ilil|j'j'j'j'j'j'j|: : :  / /,><', ∨: : : : : : :,イj'j'j'j'j'j'j'ア,:,:
.      |il八j'j'j'j'j'j'| : :  :\ ハ / : : : : : ,.イj'j'j'j'j'j'j'ア,:,:,: :
.       |ilililムj'j'j'j八 : :  :Y _| |_ Y : : : : ,イj'j'j'j'j'j'j'jア,:,:,:, :
.        |ilililililil\j'j'j'ヘ : : i| |  | |i : : : :/j'j'j'j'j'j'j'jア,:,:,:,: : :
      |ilililililililili\j'j'j\:  i| '´ ̄`'|i : : /j'j'j'j'j'j'j'jア,:,:,:,: : : :
       |ililililililililiili|:,:\j'j'j'ミs。'´ ̄`` :,.イj'j'j'j'j'j'j'j'ア,:,:,:,: : : :
       |ililililililililili|:,:,:,:,:`''<j'j'j'≧==≦j'j'j'j'j'j'j'j'j'/,:,:,:,:, : : : :
       |ililililililililili|:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,``''<j'j'j'j'j'j'j'j'j'彡'",:,:,:,:,: : : : : :
       |ililililililililili|: : :,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:, ̄ ̄ ̄:,:,:,:,:,:,:.:.:. : : : : : :
       |ililililililililil| : : : :,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,::.:.:. : : : : : : :

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 これはまずいと思った皇主様が独断で動ける最大限の範囲で行動した。

 ポルコに勲一等の大綬章を手ずから授与すると発表した。

 勲章には資産的な価値は皆無だが、軍人にとっては最大の栄誉である。

 これはなんとかポルコを皇国に繋ぎ止め、なおかつポルコの敵を増やさないでおこうと

 綱渡りに綱渡りを重ねた末の決断だった。

 幸い、これで表向きポルコを裏切り者だと非難する者はいなくなった。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
831 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 01:24:34.39 ID:rJe/gFLw
皇主様のファインプレーで救われたな
832 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 01:28:34.65 ID:KdCrAZ0a
まぁ、皇主様がガチ聖人なのは本家でも公式設定になってっからなぁ…w
833 : ◆jFVgVjDxCk [] 2016/05/18(水) 01:34:27.00 ID:slc12FqX

                 .⌒\
              -‐-j/   ノ'⌒\
           〃 ⌒く __ /ノ _,  }ヽ ),
           {‘ ァ'⌒ヽ, - 、 ̄   ミニ´ }
           .o,≧ミく し人   ヽ } ノ
           x:': :/   xく`丶`'く   `ー)ハ
          /.:{: /    ´ヽ ヽ: :\ ヽ¨⌒ヽノ
        ': ハj/  ィニ>\丶 : ', 'ハ   `¨ニ≡=ー=ニ ¨  ̄ `丶
       l: :l /ニ> ´ ィf_爿Y ヾi: : } | |!、         かくして連邦の拠点イベントは終わりです。
        |: :|Yf_片   弋_ソ }  j: :∧ノ ハ \
        人::V代ンノ       ノイ) } / \ ` ー-=ニ. _ ポルコの最終的な処遇などはまだ内緒です。
       /`T  ` __     ra y'/    丶  ヽ
     〃  八 ´ー    /ひ/       \    ポルコとやる夫のレイダー生活はまだ続きます。
     /  ,  ひ> __, イ/T壬‐- 、       丶:.
    ,'   {       } 。o/Y       \       } ポルコがここで身を引くとレイダーが本当に
     |  , -―- 、@’__ / 〈       ハ      ;'
    ', /   ,∠勹-―'‐-、!      _ }        {  無差別に人々を襲う暴漢になってしまうからです。
     V  , └t_rく    八     卜、 \       .
    八./ /! ∧\_/ ヘ k _,ノ  い┘      ',  明日もまた17時ごろにお会いしましょう。
    , {__xくノ lo l フ´     } i入    ヽ.)      ',
    〃/ /  { 〉lo l  )     N{ ヽ   ヽ      では、ごきげんよう。丶
   { フ{  `{ lo l ァ '⌒\  /  \_ノヽ   \_
 〃⌒\ ーァ公x./       Y′   ヽ \     `≧:.、 /⌒l

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 やっと明日は通常ターンです。

 近衛とレイダーの二束の草鞋ですので、レイド出来る対象がミュータントとゾイドになります。

 そのため、お宝表がしょぼくなります。

 その変わり酒池肉林ではもうちょっと良い物が手に入るようにしておきます。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
834 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/05/18(水) 01:35:34.51 ID:rJe/gFLw
乙ー
妹ちゃんとの遭遇はまだまだなんやな
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4536-1e4bd588