文明崩壊した世界で猟師が頑張る ACT3【異常】その1

2270 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 03:29:35 ID:UXLTl2560








                 ACT 3    異常











.
2296 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 03:37:48 ID:UXLTl2560
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ   ブツブツブツ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.        酷い目にあったな……なんだよ再生槽って
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.
  { ∪ "'               、、 }       へんにドロって気色悪いし……でも入らなきゃ
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_        ランチャー撃ちこむであーるとか言うし
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃仕事を受けた日から夜が明けて現在朝の6時。場所は基地内にある
┃大きな医療センター前。昨日運び込まれてから専属医の診察やら血液検査やら
┃とにかくたくさんの治療を受けて、夜から朝までプカプカ再生槽の中で
┃寝ながら腕の治療を行っていたのだ

┃医者からは変な目で見られていたが、とりあえず被爆も右手も治してもらったので
┃何も言わずに御礼だけ言うと、治療費は既に払ってあるからと言われ追い出されたのだ
2297 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:38:09 ID:XQ1/YUUw0
西博士w
2298 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:38:11 ID:bi69N2cM0
もしかして:医者は西博士
2300 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:38:22 ID:uthl0Rgg0
西博士が治療するとか普段じゃ怖くて逆にいけないわw
2322 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 03:43:44 ID:UXLTl2560
.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l       くっそー……まだ体に違和感が消えないぞ
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l        うえっ、何だか鼻の奥からあの独特の臭いが……
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃あまりの気色悪さに身震いがする。その周りでは基地内の警備をしている軍人が
┃不思議そうに僕の方を視ていた。民間人が基地のフェンスより中に居るのが
┃珍しいからだ。そもそも軍の施設で治療を受けれること自体かなり恵まれているのだが

┃下6            バルクホルン・シャーリー・リーネ・サーニャ 好きなキャラを一人選んでね

2323 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:44:05 ID:5paHgbJY0
再生槽入りとかマジで死ぬ一歩手前レベルだったんじゃねーのw
2324 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:44:11 ID:Ij6Nm5D20
サーニャ
2325 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:44:17 ID:/FXo8/UM0
サーニャ
2326 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:44:18 ID:3t0RQW0E0
サーニャ
2327 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:44:21 ID:dSMmVJP.0
せっかくだしサーニャ
2328 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:44:20 ID:XNIa4xQU0
サーニャ
2333 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:44:57 ID:/FXo8/UM0
やはりヒロイン・・・!
2335 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:45:18 ID:6vSdKr520
サーニャの勢いすげーw
2351 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 03:49:57 ID:UXLTl2560
     __   _    __
     {////У   `  ´    `x≦7777
     ∨//            ∨//////
      У  /       /      ヾ'///,/
     , ′  ′ /   /    i      \,ハ
    ノイ  i: 厶 ! /_i   }
     |{   | /xュ、乂{ jノ`メ、   i    i         あ、奴隷さん……
.     八  |ハ《frj   `"斧ミx Y  !|     |{
        \{  ヒリ    弋:ソ j}′ 八{    八
       / ヽ i '      厶イ     /  ‘.
        .′ |i人 r ァ      ノ     /    !
       八  i| } 丶 _   ≦ /  / / i  八
       \{ ハト、{/トヘ_/厶イ/)ノ}/
            , - ―r‐く_{    ゝ -- 、
         ′  {/7ヽ ___/
            i ′ /::::/  `寸歹 /   |
         Уミx/::::/  xュ、   /    |
          /三f/::::/壬三ニ心、:{      〉
        {三tハ:/三三三三心‘.     {
.          ∨/:Y/三三三三三ニハ     |







               _____     |/
             /           ヽ    ─
           /               \
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ         その特殊な呼び方は、リトヴャク少尉?
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃奴隷さんなんて呼び方など失礼極まりないのだが……彼女の中ではその
┃イメージが強すぎるのだ。なにせ墓にもそう名前を書いた位である

┃ちょうど一生が医療センターから出てきたところで偶然にも彼を見つける事が出来た
┃サーニャはとてとてと彼の近くま立ち寄ると用件を話し始めた

2374 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 03:56:00 ID:UXLTl2560
                _ __
           ,,  ´        `
        /                   `ヽ、
       ,     i   |   、   i       ヽ
.      /     i |  ハ  |- ‐ - j{     ヽ ‘,
       ′  / !| |∨ | ヽト {\{ハ{       i  ‘,
     i     レ'八{/ヽ{   ィ斧ミx、      !|   ‘,
     |{    | yf斧  \ 弋うソ 〃i     八            あ、すいません……
.     八   |《弋リ      ,,,,,,,,,   |   イ     i
.      ヽ. |: ,,,, ′          厶イz八      |         えっと、一生さんであってますよね?
.         Ⅵ   っ             j)/      八
          /                   __/     / ‘,
        ′   ヽ            イノ    /   ′  i|
       i       \ _ ,.....::   | j{ , /   /   八
       |{ i | } 、 !  |_ ,, ´ !ハ/j/ )/j/jノ
.       八ト、{ハ{ \ト、 |      ∨ / ´ / ´
          ヽ \ ` ノ         `   __
            ,, ´j           /  `  、
            . イ  /\_,x≦三/     / ヽ
          /  | /}_:_:/ `寸三歹     ,     ‘,
.         i  ´ /::::i    `¨´     /     ‘,
.         | xュ、 /:::::::!  x≦≧x     /         i
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃彼女と通信していた時、キリコは僕の事を一生と呼んでいた

┃リトヴャク少尉は昨日の記憶を頼りに僕の名前を呼んでいるが……

┃下3~13        1.訂正して葉隠と呼んでもらう
┃              2.せっかくなのでこのままで
2375 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:23 ID:SeSSiWdI0
2
2376 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:29 ID:yMuTjFB.0
2377 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:28 ID:XBTxEmlA0
2
2378 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:33 ID:XNIa4xQU0
2
まぁ、普通に呼びやすい方でええやろ
2379 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:34 ID:mVscWX4E0
2
2380 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:34 ID:vPK1GDsQ0
2
2381 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:40 ID:XQ1/YUUw0
2
2382 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:40 ID:/FXo8/UM0
2383 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:42 ID:uthl0Rgg0
2
2384 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:44 ID:6vSdKr520
2
2385 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:44 ID:dSMmVJP.0
2
2386 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:45 ID:BnxL4zDc0
2
2387 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:56:46 ID:5paHgbJY0
2やな
2399 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 03:57:33 ID:UXLTl2560
そしてこの2の回答率である。みんな好きだね
2400 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:57:46 ID:TeHxAOmg0
もちろん
2401 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:57:53 ID:XNIa4xQU0
もちろんさ
2402 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 03:58:06 ID:vPK1GDsQ0
もちろんだとも
2421 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 04:03:58 ID:UXLTl2560
             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ      えっと、中佐から一生さんを迎えに行けと命令がありまして……
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八         その、で。お迎えに来ました
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _
               , rf ´   ノ{           / \
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃まぁ、どうせ変える必要も無いだろうと一生は深く掘り下げるのは止めておいた

┃そして、彼女の今の発言は半分嘘である。本来なら誰かを迎えに行く事など
┃彼女のような階級を持つ軍人の仕事では無いのだ。が、中佐には無理を言って
┃自分から進んで一生を迎えにいくと言ったのである。

┃中佐も最初は難色を示したが、揉めるだけに時間を割くのも不合理だと判断して
┃一生に基地内の施設などを見せないよう注意してから彼女を向かわせたのだ
2422 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:04:42 ID:iDy7ib9I0
健気な子や…
2425 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:05:04 ID:XNIa4xQU0
天使だな(断言)
2427 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:05:36 ID:uthl0Rgg0
(結婚しよ)
2438 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 04:08:24 ID:UXLTl2560
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´       r  .l
      / ..|. U   =≡=   =='' ',     あ、良かった……それで一晩中悩んでたんですよ
     /`ヽ、__.',             ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ     個人的には早く貰うもの貰ってベットで横になりたんで……
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |






                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶
                /            ヽ
          /     ,
       ′  /            /   !       ‘,
            . ′       ′  / | i | i   i           はい、それじゃ着いてきてくださいね
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .       それと、あまり施設内をじろじろと見ちゃダメですので
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八       そこだけは注意してくださいね
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|
       \{\  i |__`        イ   八
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′
          _,ノ      | | 、   )ノ}/
       . <        | |  ` r __
       /´\  \      ノxへ_|  i .
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! |
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |
2450 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 04:13:47 ID:UXLTl2560
カチッ、ピッ…ピッ…ピッ


          ,, ´ ̄ ̄ `
.       /          \
       /              ‘,
.       ′
      i                   i
      | ′               Ⅵ
      |/              ヾ           (小さいな……こんな女の子が軍人やってるんだ)
     /            i    ‘,
.     ′ i             |     i
    i{ j{      i     |{  }  ,
.    八{ハ  i  j{ |  ,ハ  八 ハノ
       \ト、jハノ}/ヽ}ノj/
          /       \
      , イ          \
   r ´   \     , 、   / `  、
   |      \/   \/       }
   |  i        i          / |
   |  {         |       }/  !
   |  ‘,      |      /  .
        ヽ________|______/   ′
    ‘.    {///////|i|//////}   ′
.    ‘,   |///////|i|//////|  /
     ‘.   |///////|i|//////|: /
      ‘. ,///////,'|i|//////V
     ∨////////|i|//////∧
     //////////|i|///////∧
.    ///////////|i|////////∧
..   ////////////|i|/////////∧
   ,////////////,|i|//////////,ハ
    i////////////ハ///////////,!
    |////////////::i::∨/////////,|
    |///////////::: |::::∨,'///////,'|
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃言われた通りなるべく周りを視ないで彼女の背中を追って施設を進んでいく
┃しかし、まぁなんというべきか。なんとも小さな背中である。年端もいかぬ少女と
┃知り合う事が多いと思っていたら大体が軍人なのだから驚きだ

┃下8~11      サーニャに話を振ってみましょう。どんな話題でいきますか?

2451 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:14:41 ID:iDy7ib9I0
治療費と救助の機転のお礼
2452 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:14:47 ID:/FXo8/UM0
改めて、助けてくれてありがとう
みたいなことかな? ちょっと他に思いつかない
2453 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:15:15 ID:yMuTjFB.0
今回は助かりました、ただあのような行いは自分と仲間の首を絞める事になりますよ
2454 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:15:44 ID:Ij6Nm5D20
まずは治療を勧めてくれたことと、改めて救援を要請してくれたお礼を
2455 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:15:46 ID:XQ1/YUUw0
KSK装置
2456 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:16:04 ID:vPK1GDsQ0
君のおかげで本当に助かったよ。今回の医療費も払って貰ったみたいだし
何か困った事があったら言ってほしい。可能な限り手助けをしたい
2457 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:16:09 ID:andNwWio0
それプラス、親しくなる為の話題かな
軍属になって長いのとか聞いてみる?
2458 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:16:10 ID:XQ1/YUUw0
手をふってくれてありがとう 
その年令で軍属は辛くないかい?
2459 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:16:12 ID:yMuTjFB.0
今回は助かりました、ただあのような行いは自分と仲間の首を絞める事になりますよ
2460 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:16:12 ID:XBTxEmlA0
任務中は大変助かりました 凄い能力ですね
2461 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:16:41 ID:SeSSiWdI0
空を飛べるって凄いね
2471 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 04:25:20 ID:UXLTl2560
      |///////////У‐…‐-        -‐<////////////,}
      |//////////                     \//////// /
      ∨/////,У              i            ヾ///////
.       ∨///,/                |             ∨////
        ∨/,/       /      l|      ‘,      ∨//
       ∨'     /   /  |l   l|      ,      }ノ
         ′     ′  /   八  八 !     |      ,           え、あ……ESPの事ですか?
          i     i  , |  /  ∨ | |    |      | 、
          |     |   | | ,/  / \{ トミ   }      |⌒ヽ        他の人たちは超能力だとか言ってますけど……
          |     ∧..斗‐}/‐ /    \ー-\ハ      |{   \
          |{     ,  ヽ{ ≫≠ミ      ≫≠ミ、゚,     八          いまいち実感が無いんです。
       八    |l  〃 んィハ     〃 んィハ刈     /  ゚,
.        ′ ヽ.  |::(   乂_ソ         乂_ソ ,   /    ,         私にとっては使えて普通の事なので……
       ノイ   \{ー .  , , ,        , , , 厶イ       i
        |              ′       八    |   |
        | /  /   人      。      イ   }|    ト、 }
.       Иノイ  /} 个             イ |  ,八 |{  } )′
.          人 / ハノ / 、≧=‐=≦ Ⅵ___}/|  八ノ
      ,  ´ ̄ ヽ ̄ {{     `TT´      }}  j/  ハ
        i        八     | |      八     ′
        |  、        \   ノ人___/     /   i
.     〈   ヽ.  |      `¨f⌒⌒Y/彡′   i  .′  |
       ∨   \{       廴_,ノ         | /    〉
        /       |   x=ミ   |   |   x=ミ    |     ∨










             _ __
           .  ´        ` x≦77
       /           <,/////
.  r≠≦7             ∨//ハ
   ∨///       /    、      ∨/
   `¨¨′     ′ i  |{-‐、-    ′ i
      i       !| !ノ   八{ \ヽ.     |          空を飛ぶことだけなら、ユニットを使えばだれにでもできるんです
      |    /八ト、  / ィ笊ミx‘   i  |
.     ノイ   ixf笊 ソ   弋うリ  i  |i 八         ただ、姿勢制御とか空中での空間把握に女性の方が優れてるってだけで
     八    {弋う      ,,,,, ′ 八 ‘,
       ー  ゝ ,,,,,  '    厶イ  |{ i        よく女性の方が乗っているんですよ
        i{  人     c   イ{  i   八 ′
.        八{  i ≧=‐r<_jハノ}/
          \{ ゝ⌒ノ|{   ヽ
            ,.  イ  八   /`  、
            /  , ヽノ,:f^V7      i
         i  /_ /:::i ____  /     |
         | f,//,'/::::::|/////    ,
         | |///,:人::|////    /
         | |///i::Y:::|///    /
2478 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 04:28:01 ID:UXLTl2560
              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ,.--、    ',
   r 、      .|,.‐‐、            i         あの時、僕に手を振ってくれたのは――
   | |     |  (__,、_)      ,'
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|








                _ __
           ,,  ´        `
        /                   `ヽ、
       ,     i   |   、   i       ヽ
.      /     i |  ハ  |- ‐ - j{     ヽ ‘,
       ′  / !| |∨ | ヽト {\{ハ{       i  ‘,
     i     レ'八{/ヽ{   ィ斧ミx、      !|   ‘,     ……恥ずかしいのでお答えできません
     |{    | yf斧  \ 弋うソ 〃i     八
.     八   |《弋リ      ,,,,,,,,,   |   イ     i
.      ヽ. |: ,,,, ′          厶イz八      |
.         Ⅵ   っ             j)/      八
          /                   __/     / ‘,
        ′   ヽ            イノ    /   ′  i|
       i       \ _ ,.....::   | j{ , /   /   八
       |{ i | } 、 !  |_ ,, ´ !ハ/j/ )/j/jノ
.       八ト、{ハ{ \ト、 |      ∨ / ´ / ´
          ヽ \ ` ノ         `   __
            ,, ´j           /  `  、
            . イ  /\_,x≦三/     / ヽ
          /  | /}_:_:/ `寸三歹     ,     ‘,
.         i  ´ /::::i    `¨´     /     ‘,
.         | xュ、 /:::::::!  x≦≧x     /         i
2481 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 04:32:37 ID:UXLTl2560
             .  ´   ´ ̄ `  . `ヽ、
         /             \  ヽ
         /          、          ヽ
.         /         ‘.    、    \‘,
        /        i |   !| !   j{  i    ヽ
.     .′       i !| ト、 ヽリ _ト、_ハ !   ト ゝ        ……この年で軍に入るのって厳しそうに見えますが
              |八{ ∨´ヽ{ }/  Ⅵ   :!|  ‘,
      i      ヽ,斗‐ ヽ/ \ 〃斧ミx. |   八          すごく恵まれた環境なんだって、エイラが教えてくれたんです
      |{ i   i イⅥxュ、′   弋うソ ,   /       i
.      八ト、  | | 《 Vじj          厶イ        |{      食べ物に困ることなく、温かい食事とベットがあって、お金もちゃんと貰えて
         \ト、{ ヽ゛ゞ゚' ,         八     八
          i ヽ ハ       ,      イ  `  /  /       任務とかは時々厳しいですが、皆と一緒なら怖くありませんし……
          |   ヽ  `     / |_  |i / )ノ
          |{     ≧ ‐  r ´ ,, ´ レ'}/
.          八ト、  iハ ト、ハトr<   { ′
              ` \{  }ノ_,ノ !i     ノ `  _
               , rf ´   ノ{           / \
             ′:|i|  .イ`:く{ _____/   ハ
            i   {iレ' 廴:/ ∨///,/     /  i
.              У   /::::/   `寸/      /   i|
2483 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/08/23(金) 04:33:56 ID:6vSdKr520
ほんまええ子やなー
2485 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/08/23(金) 04:37:30 ID:UXLTl2560
                   x≦,∧
                〃////∧
              . ///////>'⌒ ー =ミ
            /  ,////,/        ヽ7777777
              .     i//〃           !    ∨////
            /      |//´     / /  |{     ∨//
.           /     レ′   /  / /   八 i   V′
           ′     ノイ   / _厶′/' ハ |
.        /      __ i|  j/}/   イ /j/ },ハ   |{     (スカベンジャーの人とこんなに話すのって初めて……)
     /      Yr 、 }/ yfチ斧x  }/   メ、i{  八
    ,'        八ゞ{ ´   代うソ    xzュ 八/
    ノイ /   i     ー:.   ,,,,,,,      ヒリ》/ イ \
.    八{ i   ト、 i   ∧         ,,,, /  |
      ヽト、  | )ハ_/  丶     _ ′  ′ |
          \{-‐< \   \   ´   イ    !|
        / /  `ヽ \ ∧` =≦ jノイ  j八
        /        i  >}_Y ̄`ヽ /)ノ
      /  /        | イ::::V}   ‘.
.     /   ′       |  廴::{    i{
    /   i           |  i::::::|  /  八
.   ∧   |           |≧|::::::|≦ミ} /
┏━━━━━━━━━━┓
      システム
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃その後も尋ねたり尋ねられたりを繰り返していると、大きな建物の中へ
┃何処か部屋の扉の前まで連れてってもらった。

┃この部屋の中に昨日の中佐と既にキリコが居るらしく、彼女にお礼を言ってから
┃扉を叩き、中へと入る事にした










今日はここまで……やりすぎた
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/4909-5210c2dd