やる夫は人外お姉さん達のアイドルのようです(仮)01

40:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:19:48 ID:UJhkbdFk


      大阪の北部に一軒の家がある……名義は丹生速出となっている、今時珍しい数寄屋建築の家だ

      広く美しい手入れの成された庭と、離れを持つ大きな母屋。垣根がくまなく多うその家の外観だけ、
       コンクリートの建物に囲まれていながらも、取り残されたかのように昔の雰囲気を宿している。


=============y//_______________________________________________\\y========================
⌒/癶)))))))))))l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」((((((((((癶⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒
⌒/⌒ヾソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ_/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二
    |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|
    |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
__ __.  |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
| || |......|:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|.........................................艸艸.
|_||_|......|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|............................................. 艸艸
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               艸艸艸
\_________________________________________________________________________________________________________________________________ヾヽ
ソソ>=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l艸艸-、,、 艸艸艸
|""=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸艸艸⌒ヽヽ/
|=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸=彳艸艸    _ソ:’;;:
|((二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二fnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn  (,!。:;;
| |     | |::::|    | |    | |            | |     | |ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ 彳艸艸 艸艸丿艸
| |     | |::::|    | |    | |ヽ. ヽ. ヽ.    .| |     | |:|`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒艸艸艸⌒艸艸艸:::;,、
| |     | |::::|__|_|__|_| ヽ. ヽ. ヽ.   .| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _艸彳       ソ。゚;::
| |     | |==========================| |     | |:||                 艸ヽ、丿;;::::艸艸艸
| |     | |==========================| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _ _;i _ _ 艸⌒ヽ艸艸艸艸
| |___________| |=============| |___________| |:||              艸艸艸(jj,,;;〃
| |     |_|_____________|_|     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i 艸艸艸艸  )::;;
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ノ,、,、,、
 ::::::::::::::::::::/=  =  =  = = = = \::::::::::::::::::::                ノ⌒´
                                                ⌒`´ ,.r''" ""

41:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:20:52 ID:UJhkbdFk




    この家の住人はただの1人、やる夫という家を所有する家系の四男坊であった

    本家は東京にあり、忘れ去られた別邸で暮らすこの少年……齢は17 高校二年生であるのだが

    これがまた、とんと人に好かれない性質であり、孤立が行きすぎて忌み嫌われるにまで達している

    曰く、何故かアイツの周りだけ空気が冷たい たまに死臭がする 夕方に覆い被さるような人影が見えた……

    クラス、否、学校や町内全体からの疎外は最早畏怖とさえ言って良いほど……

    この家に寄りつくのは、昼にだけ家事をしにやって来る家政婦と、週に一度訪れる庭師だけであった




          ____
        /     \
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \

42:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:21:01 ID:AXyl8oao
>大阪
……これが実はfallout3の世界だったらすごいな……

43:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:21:39 ID:UJhkbdFk




    子供が一人で住むには狭すぎる家に、少年は物心ついた時よりずっと一人で暮らしていた

    学校では虐められるどころか声も掛けられず、教師から回答を求めて当てられた事も無い

    かといって、単に無視されるのではない……恐ろしい物を見るように避けられるのだ

    理由も無く、意味も無いというのに……少年の外見はそう、悪くない物だが、何かそれ以外の物が人を遠ざけたのだろう

    だが、少年には同居人が居た……無論、ここに暮らしているのは一人と言った事に語弊は無い

    正確には…………




                           ___
                         /―  ―\
                       /  ●   ● \
                       | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
                        ヽ         ィ
                        /           i!
                        i 丶    i  !  i!
                      γ⌒゙ヽ  l  l  γ'.ヽ
                       i    i,__,,ノ  i,__,,ノ__,,丿
        
44:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:21:46 ID:VR.k22fs
魔術師なのかな?

45:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:22:20 ID:UJhkbdFk



   この家に 憑いている のだ……

   丑三つ時を過ぎた頃に屋敷の近くを通ると死ぬという噂がこの家にはあった

   その噂の元が……この着物を着込んだ黒髪の乙女である

   彼女の名は失われて久しいが、維新のその昔、この家が丹生速出に買い取られる前の家に仕えていた下女だった

   ただ……その家の息子に気に入られたが故に、母親にいびり殺された哀れな女であったのだ


      /::/:::::::::::::/:::::::::::::/:::::、::::::::::::::\
      {::〃:::::::::::::::/:::::::::::::::::/::::::::j::::::::::::::::::::ヽ
      "/::::::::::::::::/:::::::::::://:::/::/j::::::::::l:::::::::::ハ
        V/::::::://::::::::/ _/__/:/ /::::i::::::l::::::::::::::}
         ヾV,=-、-‐´ /'=-、`ノ:::::::j::::::l::::::::::::::j
         i!゚●,!   」゜●。;'/:::::/::::::::l::::::::::::;′
         /|` "    `""´イ:::::/::::::::::l:::::::::::/
           {::、        //::::://:!/:::::::::::::i
          |::::lヽ. ` //:::::/イ::j:::::::::::::::::::;
.          !:::| {ヽ//:::::/ナ:/:::::::::::::::::::{
           !:::! /::::::::// ̄`ヽ、:::::::::::::::::、
          V/:/:::::::`/    ヽ.  \::::::::::::\ー--── '´
        /:ィ!  ̄ r:77//      〉、_ヽ::::::::::::::`ヽ、__
      /⌒:/ V!  ´/〃i   /  ヽ.`ヽ:::::::::\`ー─-`ニ=ニミ、ト、
    /::::/:/   V! /// l! /     \ 、、:::::::::::::`ヽ、_    `゙ヾヽ、
   /::/:/     .V!/ i  |i /   /      i、ヽ:::::::::::::::::::::::: ̄:: ̄ ̄`゙`ヾ─-:、..
   // !/        ヽ!  |i/  /         ! 〉 \:::::::::::::::::::::::::==ト、:::::::::::::::::::::`ヽ.
   〉' !|          l  || /           / .l.、_   \::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.::::::::::::::::::::\
  /:| |.        l  |/         /  /  `ヽ. ヽト.:::::::`ヽ、`ヽ、.::::::::\::::::::::::::::::::::\
  |::| |:、        ヽ/        /  /   /   ゙、 \::::::::`ヽ. ``ヽ.::ヽ.::::::::::::::::::::::::ヽ
  |::| .|::゙、        /         /   /    /   ヽ  \::::::::::ヽ.   `、:::::::::::::::::::::::::::::゙.
  |:::|  !:::ヽ    /          /   ./   /     ヽ   ヽ

46:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:22:58 ID:1ZPAY/KU
狭すぎる……?

47:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:23:15 ID:AXyl8oao
キル子! キル子じゃないか! 着物下はむっちりなキル子じゃないか!

48:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:24:14 ID:ZVtLh6L2
キル子ktkr!!

49:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:24:14 ID:UJhkbdFk
>>46 ごめん、狭いとは言えないってのを 広すぎる に変えようとして変に消してた……

50:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:24:25 ID:UJhkbdFk



     故も無くいじめ抜かれ、その合間に息子に無理矢理犯され、最後には堕胎するまで腹を蹴られて死んだ乙女が……

     想像するも馬鹿らしい程の凄まじい怨霊へと転じた事は、理解に難くないはずである

     そして、よくあることだが、彼女は怨霊に転じてその家の一族郎党親戚縁者を正月の祝いの夜に呪い殺し……

     それ以降、この屋敷の近くの人間に、深夜になると無作為に呪いを振りまいていた

     だが……

              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::ト、
           /::::::::::/:::::::::::::::::::::::r‐::、::::::ヽ.:::::::::、ト、::.
            ,:::::::::|/::::::::::::::::::::::/::::/:ヽ:::::::ヽ.:::::::ヽ.ヽi
           ,イ:::::::イ:::::::::::::::::::::j'::::::l:::::::',::::::::::',、:::::::゙l::::|
          /:j::::::::|:::::|:::::::::::::::|:::::::|:::::::::ト.:::::::::l、::::::::|::::|   ギパッ
          /:,イ::::::|::::::{:::::::::::::::|:::::::||:::::::::|i:::::::::|r|::::ィ'|::::|
         /::/´|::::::|::::::|::::::::::::::::|::::::|.|:::::::::|i:::::,イ●゚j:::|::::|
         /イ   |::::::|::::::ヤ::::::::::::::ト.ト:jト-‐" ~´ ゞ="}:::|ヽj
        ノ'   }::::::j|::::::ヤ:::::::::::::k。●゜ノ       , !::::ト、
       |:|    j:::::j:::::::::ト、::::::::::::ヤ≡"    , rイ/:::::∨ヽ.
       ||     j::,ィ ヤ:::::::::`ヽト、::゙、´i;ェv;ェ;ィ" ⌒ヾ.、:::〈 ヽ.
       ヤ   ,イ´ ``j:::::::::::::::゙i ヾYヾェ;ェ;イ´   ∧゙ト、:ヽ i
       ヾ、 /    ヤ::::::::::::::|  ヾト、〉ナ      ヤj゙ヽ:\|
        ヽ,'      |:::::::::::::::|ヽ.  `Y"        ヤj ヽ:::\
         /      |!::::::::::::::| ヽ /          ゙|i| ヤ::::::\
         |       |ヤ:::::::::::|  ヽj          |i| .ト.::::::::::\
         ヤ、      .| |::::::::::::|   /           }!  ! ヽ.::::::::::\
          、 \.    | |::::::::::::|  ,j          |ノ    \:::::::::::ヽ.
         ∨  `ト 、_| |:::::::::::::|  /          / |       〉、.:::::::゙:.、
         ,::∨    .| |::::::::::::jィ"           /  |     /  ヽ:::::::ト、
           ,:::::∨   | |::::::::::::j           /  .|     / |   ゙.::::ヤi゙、

51:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:25:05 ID:ZVtLh6L2
やる夫の絆されたか? やる太状態の

52:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:26:20 ID:AXyl8oao
ああ、やる夫を息子と見たのか?

53:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:26:43 ID:UJhkbdFk



    幼い少年がこの家にたった一人で放り込まれてから、その呪いはぱったりと止まったという

    少年をあまりに哀れに思うたのか、この怨霊が面倒を見始めたからだ

    昼は手伝いに任せ、乙女は怨霊のまま少年の守護霊へと転じたのである

    それは、こんな恐ろしい物が憑いていれば他人からすれば近寄りがたくもあるだろう


                                 /;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:;:;:/i;:;:;:;:;:゙l;:;:;:ヽ;;:;:;;:.
                              /;:;:;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:/;:;;:|;:;:;:;:;:;i;:;:;:;:;',:;:;:;:'.
                            ′;:;:;:;/;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:|;:;:;::;:;:|;:;::;:;:;|:;:;;:;'.
                            ′;:;:;:;:!;:;:;:;:;:;:;||:;::;;:;;||;:;:;:;::;;|_,:;:;:;:|;:;:;:;:|
                              l;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;l||y=ミ; ~´ i, ●゚j:!;:;:;:;:;:|
                                l;:;:;:;:;:;:l;:;:;:;:;:;:;:{.。●゜i    ゝ‐" |;:;:;:;:l:|
                           l;:;:;:;:;:;:|;;::;;;:;:;:;:;|ゞ -"     ,  .!⌒ヽ
                               ,′;:;:;:└ー-;:;:;;_!.         _   ハ′
                          /;:;:;:;:;:/;:;:,:;::;: }  ト、      ´ .ィ;:/
                         ,:';:;:;:;:;:,:';:;:;:,:;:;:;:ノ\    、,_,.ィl|;:;:/
                         /;:;:;:;: /;:;:;:,厶ィ′ ヾ、   ;ト、」リ
            {{         /;:;:;:;:/ .. ´イ"´\   ゙ヾ、 j' | ヤヽ、
            ヾ、    _   '′,.;:;:;:'’∠../      ヽ   ゙y' .| !. |゙!
       ,.  -─…=≦二;:;:;:-─;:;:´;:;:;/ ," `       、   ヽ|  | | !
     /;:;:'"´;:;:"´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,イ /    |        ∨   ゙|  .| | |
    /;:;:/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:-─‐;:;:;/  /        !  .       ∨  |  | | !
 (;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;:;:;:,.;:;:;:-─;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:,イ /         |  |       V   !  | | |
  `フ/ ;:;:;:,;:;:;:´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,イト、         ! !      ゙. /   j | j
  //;:;:/¨¨フ;:;:;:;:;:;:;:;:;:,..;:-‐/,/  ヽ、      i !        !./   j  | !     , ヘ、
. /';:/   } ;:,.;:;:'"/;:;:;:;//      \     !,|       /   l   |j     ,/ノ }〉》
        丿ィ′/;:;:;:;:/,/          \   y─- ..__,.、,イ   /  /' ___ } ' レ″
.       丿/ィ';:;:;/ /             ,ゞム_  ,ィ'<.._`=─'‐"_ノ ̄   !i:'′ }
.          / {//              //  ゙ー`ゝ----─='/"     ||.  ,ノ
         / "               /'<_             /       |! ´
                           / \_ ヽ-、.._     __,/        |ノ
                        ,/"   `゙ー─- ̄二"-‐ィ'        |

54:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:27:39 ID:ZVtLh6L2
ああ… 母親代わりになったのか… ってきり恋慕の方かとw

55:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:27:46 ID:UJhkbdFk



    青年の同居人はそれだけではなかった

    庭の奥には小さな社が一つある。元は氏神を奉っていた小さな物なのだが……

    今は、申し訳程度の小さな陶製の狐を模した置物が置いてある

    そこには……



      |   | |_____/  /\ ..\___|...|   ||
      |   |/     /  /|| || ||\ .\..  .ヽ.|   ||
      |   |_    /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.  \.  _|   ||
    ../|   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   ||
   / ..|   |,______________,|   |
  .. ̄ ̄|   |                     |   |
      |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|   |
      |   || ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~(¶ )~ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄||   |
      |   ||  |____ノ. ヽ,,____|  ||   |
      |   ||  |  |十十十十十十十十十|.. ||   |
      |   ||  |  |十十∧∧十十十十十|.. ||   |
      |   ||  |  |十 (  ,,)...十十十十|.. ||   |
      |   ||  |  |十 /  |  ̄|_ 十十十|.. ||   |
      |   ||  |  |十 (ヽ_) ..|_ 十十十|.. ||   |
      |   ||.三三三三三三三三三三三三三||   |

56:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:28:18 ID:ZVtLh6L2
どっちだ!? 羽衣か? キャスターか!?

57:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:28:45 ID:UJhkbdFk




     数百年の大昔には大妖と恐れられ、または神狐と崇められた化け狐が宿っていた

     少年がうっかり 連れてきて しまったのだ

     参る者が無くなった稲荷に供え物をしてはならないという言い伝えがある

     信者を失って寂しくなった狐が憑いてきてしまうから……と、言うが 少年は無知故にそれをしてしまったのだ


                    /ハ
                   /ハ;:、::i
                  /    l     __,. -‐ァ
                 /  ,. -=‐‐' ´ ̄ 三::::::::/
                ./        \    彡:/
                  ,'          ハ    /
                i     i  V  ', i i
               ハ ',  l ! l ',  i l ll
               /,ハ V  i l ノハム! l l .l l.l
               // V ゙、 . lノ'",ィエ! i l.ノ  !.l
        ,.- 、    >'´ヽ、Kツ   ゙´レ! ノl l l. i
    ,. -‐=´‐─‐⊂ニ´r ,. , i ヘ、 、 ,. ,.ィイ i l. l i
 . /         _7 / ,じ'Vヽ ',>-'  lノ.! ! llハ',
  ヽ、___,,.. -‐= ¨ ̄ i/ /ノ . ', \', lヽ /フィ l. l i ヾ
    V  i ̄`リ l l  ¨´   V |.ヾヒ'/   .l i. i、i
     V l.  / .i l l ,、!    i i /  / l l l \
     V ! /  // l //   / ノ  /    l i l  )、
      ', l/ /./  l i ,ヘ /レ' ./    /レ i.j.  〔 ヘ
       i l ,' / /´¨ヽ ト<  /       l'ノノィハ!=-ヲ  ヽ.
      l ! i ,' l    >┬>.、___,∠..-' i     /l    ハ

58:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:29:04 ID:AXyl8oao
妲己ちゃんの可能性も!

59:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:29:21 ID:ZVtLh6L2
るいくん?

60:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:29:29 ID:AXyl8oao
すっげぇ懐かしいのがwwwww

61:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:30:00 ID:WdClLNXw
オカルト的な話か
ここは寺生まれのTさんの出番やでぇ

62:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:30:17 ID:UJhkbdFk




    供えた者はたった一つの飴玉に過ぎないが……それでも供え物は供え物だ

    遊ぶ者が居ない寂しさを紛らわすため一人で雑木林を探索している時に見つけた古びた社

    それを自分に重ねて、可哀想と思って供えてしまった……

    これで同居人は二人である。だが、まだ尽きた訳では無い





                          ____
                         /一  ー\
                       / 〓   〓  \
                       |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |
                       /⌒l       ィ’
                      /  /        ヽ
                      ヽ_ |       Y  |
                        |       |  |
                        |       ゛、ノ
                        |     |    |
                        |    | |   |
                        (__ノ ヽ___)

63:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:30:50 ID:AXyl8oao
>まだ尽きたわけでは
なん、だ……と?

64:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:30:58 ID:UJhkbdFk
残念、可愛い天孤空幻でしたー……続き、早くでないかしら……ずっと待ってるんだけど……

65:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:32:05 ID:ZPaKNwAs
クッ、白面ではなかったか…

66:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:32:53 ID:UJhkbdFk





     少年には一つの特技……と、言って良いか疑問であるが、まぁいいだろう。特技があった

     夜寝ていると、見知らぬ場所に行ける夢だ

     長い長い階段を降って、燃え上がる白い建物を通ってまた階段を降りて暗い暗い森へ

     その森を、四つん這いで歩く人に連れられて谷を降り、暗い暗い場所へと向かう

     そこで彼は一人の女性と会っていた





                            ___
                           /―  ―\
                      _  /  ー   ー \   zzz…
                        ( | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
                       \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
                        ヽ               \
                         \               \

67:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:32:59 ID:5Ge8t0E6
クッ、泉戸ましろではなかったか

68:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:33:56 ID:AXyl8oao
なんかやばそうなところに行ってやガルな……

69:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:34:11 ID:UJhkbdFk




     糸を紡いで橋を作り続ける綺麗な女性だ

     少年はそこで時間を忘れて糸を作るのを手伝ったり、色々な事を教わったりして過ごす……

     時折猫の沢山居る場所にも連れて行って貰い、そこで猫の頭をした女の人に本を読んで貰ったりもする

     色々な事を教えてくれる女性が、少年は大好きだった

     そして、疲れた起きて現実で暮らしたら、また夜にやってくるのだ

i:i:i:i:i:i:i::i} '          .Vl:l:l:l:l∧                 _____          __    /i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i∧/  ',           Vl:l:i:i:l∧         ..::::´:::::::::::::::::::::::`丶      /i:iヽ:i:`ヽ /i:i:i:i:i:i:i:i
ヾv/    '           Vi:i:i:i:i∧         ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /i:i:i:i:}:i:i:i:i:l/i:i:i:i:i:i:i:i:i:
.         '          V}ノヽ∧     ..:'::´:: /:::::::::::::::::::ヽ:::::`ヽ::::::::',.  /i:i:i:i:∧:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
      .,、j'           .',    ',   /′/::/::::::::::::::i::::::::::}: i::::::::',:::::::i. ,ノ{:i:i/. .V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
   ∧Mノl:i:i:',          ',    ', /l,/:: /i:::l:::::::::i i::::ト、::::::li::|::::::| i:::::::l',/. `′  /}/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
\ミVi:i:i:i:i:i:i:i:i:l:',         ',    ', .l{′:{::l:::l{::::::::|:l:!::{、l ::: }l::l::::::l::l:::::::l::',  {  / ′ill∧ノ{i:i:/
.  \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l',   ,}⌒ヽ    'ヽ:i:M∧{\∧}二≧::{从::-=-::{j_j::::/::: i::: {::::ヾ 、 ./     //
    \i:i:i:i:i:i:i:i:i'.,/i:i:l:{:i:i:\.  ',i:}ノ:i:i:i:i/::}::::::', ` ¨7  rf忙ラァ-}:/:::::::ト、::',:::::::::::V       /
.       \i:i:i:i:i::i:',:i:i:i:i:i:',i:i:i:i:i:\ ',i:i:i:i/:::/::::::::}  /       //:::::::::′:',:',:::::::/`ヽv.、 /
.       \l:i:i:l:',:i:i:l:l∧i:i:i:i:i:i:l\/,.::/::/::∧  、__,   //::::,:: , ::::::::::: /i:i:i:i:i:i:/
       /  \l:l:',:l:i/  ',i:i:i:i:i:///::/:::::/:::::\ `¨   , /´::::/::/> 、/i:i:i:i:i:i:/:::\
     /      ,\:',====≦彡:´/::/r‐…ニ¨´ニ`7ヽ¨´./::::: /::/三ニニ≧x _: ´:::::::::::::\
   /ヾ;、_///'\.,...:::´:::::::/彡‐ニ´寸ニニニニ/、 /:::::::/::/三三三三> ‐- 、:::::::::::\
.  , {i:i:i:i:i:i:i/ .{/  ./\:::::://三三ニニ守三ニニ{ /::::::::::/::/三三ニニ//´三三心、:::::::::::\
  {ヽ、i:i:i:i/_r‐- { _/::::::/\.ノ三三三三ニニ>、.ニニ/:::::/:::: /:::,.三三三/ニ{三三三ニ心、:::::::::::\
 ,.}i:i:i::i:i:i:)i{:i:i:i:i:i/::::::/'::x≦三三三三ニニ/ニ}≧/:::::/::::::/:::::i ニニ少 三三j三三三三ニニ≧x _::::
´ .{:ト、i:i:i:ノ{´` ¨´i::::/ /:::/三三三三ニニニ/ニニ乂/:::::/::::::/ :::: | ̄/./三/¨\三三三ニニニ三三ヽ
 ,:|´ V. l f三ニl:/.ニ{::/三三三三三ニニニ{三ニニ{::::/i:::::/l:::::::::|¨´ニ/三/:::i ヽ::::iヽニニ/. -―‐寸ニ}
´ !    r{ニニ{' 三{/三三三三.> ¨¨¨´ 寸三レl::/. !:/ニ|:::::::::|ニニ/ニi/l:::::}  ',::l 辷/ /     \、
.  ',   / ''守三三/…‐-‐ ¨´       \.j {'  j′ .!::::::: |./ニ心、:/  }/ }:::`ーヽ     _
.  ',.  / ,、/`¨¨¨´            _  -‐{ ト}ニ{ / {::::{ニ',::::::::{三三ニニ)} \′ノ::::::::::::::}. v-‐、 ヽ`
.    V /{/}′           _ノ >i:i:i:i:i:i,j:i:寸V三ヽjニ.',:/\三\少心,i:i\  ̄`ヽ.ノ } }:::::{`¨´)

70:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:35:12 ID:AXyl8oao
ぎゃー?!

71:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:35:18 ID:ZVtLh6L2
魅入られてんなぁ… でもある意味羨ましいw

72:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:35:36 ID:0sUxqWA.
そいつが 糸で 橋を作るのを やめさせろ

73:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:36:16 ID:UJhkbdFk






    何時しか少年はたった一人では無くなっていた

    人前では姿を見せないが、優しい姉のような女性

    自分とよく遊んでくれる尻尾が生えた金髪の女性

    蜘蛛のような足を生やした黒髪の女性……

    屋敷に人間は少年一人だけでも……とてもとても賑やかになっていた




                         _____     ━┓
                        / ―   \    ┏┛
                      /ノ  ( ●)   \  ・
                    . | ( ●)   ⌒)   |
                    . |   (__ノ ̄    /
                    . |             /
                      \_    ⊂ヽ∩\
                        /´     (,_ \.\
                    .    |  /     \_ノ

74:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:36:27 ID:5dsT/kuM
何この憑き物のオンパレードw

75:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:36:38 ID:4uiSXOvY
ブッw初音w
アトラックナチャに会うってことはンガイに行ってるのか?www

76:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:36:51 ID:UJhkbdFk
な、何かどっかからかごめかごめが聞こえてくるんだが……木琴っぽい音楽で……なにこれ怖い……

77:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:37:30 ID:AXyl8oao
>>76
ウホッ

78:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:37:34 ID:K.flrRFQ
次は親戚?のニャル子さん到来だな

79:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:37:36 ID:Yi79kRlk
囲め囲め!

80:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:37:50 ID:WdClLNXw
ちょwww
早くお祓いして貰うんだ

81:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:37:59 ID:ZVtLh6L2
おい!早く電気消してPCの電源落とせ! 次なんかきこえたらまずいぞ!

ぶっちゃけ姪御さん起きて遊んでじゃね?

82:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:38:18 ID:4.1DKsPI
今の時間そういうのやってる局とかあったっけ?

83:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:39:10 ID:4uiSXOvY
英語版のキラキラ星が聞こえるよりはマシだ

84:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:39:15 ID:bAouW7Uk
音源を辿っていくと壁の中から聞こえてくるんですね

85:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:39:28 ID:Ddp3vWpQ
だいじょうぶだ、アトラクナチャなら1/1D10だ

86:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:40:06 ID:KltixKt6
窓に!窓に!

87:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:40:42 ID:UJhkbdFk





    無論、少年は彼女らが人間出ない事を知っている

    だが……別にそんなことはどうでも良かった。彼女らは優しいし、自分と話して相手をしてくれる










                             ____
                           /      \
                          /  ─    ─\
                        /    (●)  (●) \
                        |       (__人__)    |
                        \   ⊂ ヽ∩     <
                          |  |  '、_ \ /  )
                          |  |__\  “  /
                          \ ___\_/

88:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:42:25 ID:UJhkbdFk


             孤独では無い……だから、青年は幸せだった




=============y//_______________________________________________\\y========================
⌒/癶)))))))))))l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」l」((((((((((癶⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒
⌒/⌒ヾソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソソ_/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/⌒/
二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二
    |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|
    |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
__ __.  |:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|
| || |......|:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|| || || || || || |:|.........................................艸艸.
|_||_|......|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:||_||_||_||_||_||_|:|............................................. 艸艸
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               艸艸艸
\_________________________________________________________________________________________________________________________________ヾヽ
ソソ>=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l=l=l=l=l=l=l==l=l=l=l=l艸艸-、,、 艸艸艸
|""=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸艸艸⌒ヽヽ/
|=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二=二= 艸=彳艸艸    _ソ:’;;:
|((二二二二二((二二二二二二((二二二二二二((二二二二fnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnn  (,!。:;;
| |     | |::::|    | |    | |            | |     | |ヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘヘ 彳艸艸 艸艸丿艸
| |     | |::::|    | |    | |ヽ. ヽ. ヽ.    .| |     | |:|`⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒艸艸艸⌒艸艸艸:::;,、
| |     | |::::|__|_|__|_| ヽ. ヽ. ヽ.   .| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _艸彳       ソ。゚;::
| |     | |==========================| |     | |:||                 艸ヽ、丿;;::::艸艸艸
| |     | |==========================| |     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i _ _;i _ _ 艸⌒ヽ艸艸艸艸
| |___________| |=============| |___________| |:||              艸艸艸(jj,,;;〃
| |     |_|_____________|_|     | |:||_ _.i _ _;i _ _i _ _i.__,.i 艸艸艸艸  )::;;
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ノ,、,、,、
 ::::::::::::::::::::/=  =  =  = = = = \::::::::::::::::::::                ノ⌒´
                                                ⌒`´ ,.r''" ""

                                               続かない

89:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:43:01 ID:AXyl8oao
乙ー
間違いなくこの家は、近づくと呪われる!w

90:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:43:03 ID:s.uz7RTw
乙!

91:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:43:14 ID:ZVtLh6L2
なんかエロゾンビがなにか拾っちまったみたいだな… マジデ家に何か憑いてんのか?

92:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:43:35 ID:UJhkbdFk



   丹生速出 やる夫 17才 府立高校生

   元々は斎(いわい)の家の生まれたが、その特殊な性質より幼少の時より放逐された忌み子

   特殊な性質というのは、“異形を異形として、狂気を狂気として受け入れる”性質

   受け入れられなかった故に歪んだり、異形と化した者達は彼に惹かれる性質があり、狂気を受け入れるという
    事は狂気を内包する事に他ならぬので、根源的な狂気を理解出来ぬ人間達は彼を恐れる

   夢見る人でもあり、ドリームランドにてアトラック=ナチャやバステトより外なる世界の護法を習得しており、多数の
    言語に精通しているが……夢の中で暮らした時間が数百年単位に及んでいるので、精神年齢は人外のそれである



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |

93:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:44:30 ID:KltixKt6
奇異太郎っぽい雰囲気を感じた

94:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:45:55 ID:WdClLNXw
これはあれか、エイボンとかアルハザードとかと同類なわけか

95:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:46:07 ID:1ZPAY/KU
乙乙
で、いつ崩壊するんですか?ww

96:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:46:35 ID:f/.0eFgY
>>93
青年になるとセクハラするのか

97:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:46:36 ID:UJhkbdFk



   名も無き乙女 数十人を呪い殺した恐ろしき怨霊

   祓いに来た強い霊能者や異能者、巫女でさえ狂い死にさせた為、やる夫の実家が家を買い、
    滅するでも封ずるでもなく、隔離せざるを得なかった大怨霊

   堕胎させられた経験からか、幼子のやる夫を異様に気に入り溺愛するようになる

   霊障等という度合いではなく現実に干渉できるため、家政婦が来ないときは食事を作ったり掃除をしている



              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
             ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::ト、
           /::::::::::/:::::::::::::::::::::::r‐::、::::::ヽ.:::::::::、ト、::.
            ,:::::::::|/::::::::::::::::::::::/::::/:ヽ:::::::ヽ.:::::::ヽ.ヽi
           ,イ:::::::イ:::::::::::::::::::::j'::::::l:::::::',::::::::::',、:::::::゙l::::|
          /:j::::::::|:::::|:::::::::::::::|:::::::|:::::::::ト.:::::::::l、::::::::|::::|
          /:,イ::::::|::::::{:::::::::::::::|:::::::||:::::::::|i:::::::::|r|::::ィ'|::::|
         /::/´|::::::|::::::|::::::::::::::::|::::::|.|:::::::::|i:::::,イ●゚j:::|::::|
         /イ   |::::::|::::::ヤ::::::::::::::ト.ト:jト-‐" ~´ ゞ="}:::|ヽj
        ノ'   }::::::j|::::::ヤ:::::::::::::k.。●゜ノ        !:::ト、
       |:|    j:::::j:::::::::ト、::::::::::::ヤ≡"    ,   /::::∨ヽ.
       ||     j::,ィ ヤ:::::::::`ヽト、::゙、     /⌒ヾ.、:::〈 ヽ.
       ヤ   ,イ´ ``j:::::::::::::::゙i ヾY:.、.._/´   ∧゙ト、:ヽ i
       ヾ、 /    ヤ::::::::::::::|  ヾト、〉ナ      ヤj゙ヽ:\|
        ヽ,'      |:::::::::::::::|ヽ.  `Y"        ヤj ヽ:::\
         /      |!::::::::::::::| ヽ /          ゙|i| ヤ::::::\
         |       |ヤ:::::::::::|  ヽj          |i| .ト.::::::::::\
         ヤ、      .| |::::::::::::|   /           }!  ! ヽ.::::::::::\
          、 \.    | |::::::::::::|  ,j          |ノ    \:::::::::::ヽ.
         ∨  `ト 、_| |:::::::::::::|  /          / |       〉、.:::::::゙:.、
         ,::∨    .| |::::::::::::jィ"           /  |     /  ヽ:::::::ト、
           ,:::::∨   | |::::::::::::j           /  .|     / |   ゙.::::ヤi゙、
           /::::::/∨  | |:::::::::::j'l         ,/   j ヽ.  /  |    j::j゙j:::ト、
         ,/::::::j'::::/\ ,| |::::::::::::| ト.       ,/     ,|.  `´   |  ノ:イ ノ'

98:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:46:43 ID:Yi79kRlk
周りの家が崩壊しとるよw

99:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:46:47 ID:4uiSXOvY
このやる夫、一流の魔導書を手に入れたら鬼械神呼べるんじゃね?w

100:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:46:51 ID:ZVtLh6L2
>>95
既にやる夫の精神と家庭環境が崩壊してるw

101:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:47:25 ID:ZVtLh6L2
普通にシルキーになっとるww

102:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:47:27 ID:nIdNkqfA
夢で猫……あそこか!

103:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:48:34 ID:UJhkbdFk



    天狐空幻 数百年を生きて経立へと転じた狐であり、大妖孤

    地方神として崇められていた時期もあるが、廃仏毀釈や神仏習合のゴタゴタで忘れ去られた

    稲荷へのお供え物の言い伝え通りやる夫に憑いていき、気に入って家に居座り社を移させた

    好色な女狐であり、筆下ろしを企んでは怨霊の乙女と盛大な殺し合いをしている



                        ,イ    ,ィ////}
                          //}  / }/} /
                        /∧}/ /  .l/
                         /'" /  /   /
                    / ./  ./   /
                  //    /   /- 'イ
                   /イ    /    /   `=-
                  /       ゝ         `=-
                 /         `           `ーァ
             /   -一      ミ/            ≒
               ノ           /              `ーァ
          ,, -'" -─   ,,,,     ミ/                ヽ`
        ム  二ニニ '" ノ _ノ  /                  ミ
         ̄ ¨¨フ~ _ - ''"ヽ /                  / /\   ミ
  }          ̄ ̄      V            / ///   \ミ
 ' ヘ                      /               //  '"      ヽ
,ノ//ヘ                    {           /       ー─- ゝ
////∧                  リ          リ             `ー 、
,/////} }                }            リ                 ` ー─ ・・・ …一 、
,/////} }!              リ          ノ                                ` 、
,/////} }}                   ノ,ィ         }ノ                      -─……一      ヽ
,/////}ノ∧            ノ  }       }ノヘ                     , '"                 ヽ
ヽ,///////}}              ノヘ i  ! ノ  ',                    /
 ヽ//////}ノ                    ヘ}!Ⅵノ   ヘ              /
  ゝ////ノ  ,,,,  -─…  ¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ¨¨  …─- ,,,,,   /
ミ、  >-=' ¨                                 ̄ ¨  --              ,,,,
  ¨                                              ¨¨¨    ̄ ̄

104:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/02/01(水) 21:49:50 ID:.JJHNlEE
>盛大な殺し愛
周囲のSAN値どころか物理的にヤバいw

105:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:50:22 ID:UJhkbdFk



    皆様ご存じ我等がアトラク=ナクア様 黒き森に幽閉された旧支配者の一柱

    ドリームランドの一部が森へと通じてしまい、深淵へと転がり込んだやる夫を気に入り教育する

    幼いやる夫を他の神に謁見さえても正気を失わなかった事を気に入り、唯一の信徒として側に置いている

    なお、彼女が作る橋が完成した時には世界が滅ぶらしいので、やる夫は世界を滅ぼす手伝いをした事に……



i:i:i:i:i:i:i::i} '          .Vl:l:l:l:l∧                 _____          __    /i:i:i:i:i:i:i
i:i:i:i:i∧/  ',           Vl:l:i:i:l∧         ..::::´:::::::::::::::::::::::`丶      /i:iヽ:i:`ヽ /i:i:i:i:i:i:i:i
ヾv/    '           Vi:i:i:i:i∧         ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    /i:i:i:i:}:i:i:i:i:l/i:i:i:i:i:i:i:i:i:
.         '          V}ノヽ∧     ..:'::´:: /:::::::::::::::::::ヽ:::::`ヽ::::::::',.  /i:i:i:i:∧:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
      .,、j'           .',    ',   /′/::/::::::::::::::i::::::::::}: i::::::::',:::::::i. ,ノ{:i:i/. .V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
   ∧Mノl:i:i:',          ',    ', /l,/:: /i:::l:::::::::i i::::ト、::::::li::|::::::| i:::::::l',/. `′  /}/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
\ミVi:i:i:i:i:i:i:i:i:l:',         ',    ', .l{′:{::l:::l{::::::::|:l:!::{、l ::: }l::l::::::l::l:::::::l::',  {  / ′ill∧ノ{i:i:/
.  \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l',   ,}⌒ヽ    'ヽ:i:M∧{\∧}二≧::{从::-=-::{j_j::::/::: i::: {::::ヾ 、 ./     //
    \i:i:i:i:i:i:i:i:i'.,/i:i:l:{:i:i:\.  ',i:}ノ:i:i:i:i/::}::::::', ` ¨7  rf忙ラァ-}:/:::::::ト、::',:::::::::::V       /
.       \i:i:i:i:i::i:',:i:i:i:i:i:',i:i:i:i:i:\ ',i:i:i:i/:::/::::::::}  /       //:::::::::′:',:',:::::::/`ヽv.、 /
.       \l:i:i:l:',:i:i:l:l∧i:i:i:i:i:i:l\/,.::/::/::∧  、__,   //::::,:: , ::::::::::: /i:i:i:i:i:i:/
       /  \l:l:',:l:i/  ',i:i:i:i:i:///::/:::::/:::::\ `¨   , /´::::/::/> 、/i:i:i:i:i:i:/:::\
     /      ,\:',====≦彡:´/::/r‐…ニ¨´ニ`7ヽ¨´./::::: /::/三ニニ≧x _: ´:::::::::::::\
   /ヾ;、_///'\.,...:::´:::::::/彡‐ニ´寸ニニニニ/、 /:::::::/::/三三三三> ‐- 、:::::::::::\
.  , {i:i:i:i:i:i:i/ .{/  ./\:::::://三三ニニ守三ニニ{ /::::::::::/::/三三ニニ//´三三心、:::::::::::\
  {ヽ、i:i:i:i/_r‐- { _/::::::/\.ノ三三三三ニニ>、.ニニ/:::::/:::: /:::,.三三三/ニ{三三三ニ心、:::::::::::\
 ,.}i:i:i::i:i:i:)i{:i:i:i:i:i/::::::/'::x≦三三三三ニニ/ニ}≧/:::::/::::::/:::::i ニニ少 三三j三三三三ニニ≧x _::::
´ .{:ト、i:i:i:ノ{´` ¨´i::::/ /:::/三三三三ニニニ/ニニ乂/:::::/::::::/ :::: | ̄/./三/¨\三三三ニニニ三三ヽ
 ,:|´ V. l f三ニl:/.ニ{::/三三三三三ニニニ{三ニニ{::::/i:::::/l:::::::::|¨´ニ/三/:::i ヽ::::iヽニニ/. -―‐寸ニ}
´ !    r{ニニ{' 三{/三三三三.> ¨¨¨´ 寸三レl::/. !:/ニ|:::::::::|ニニ/ニi/l:::::}  ',::l 辷/ /     \、
.  ',   / ''守三三/…‐-‐ ¨´       \.j {'  j′ .!::::::: |./ニ心、:/  }/ }:::`ーヽ     _
.  ',.  / ,、/`¨¨¨´            _  -‐{ ト}ニ{ / {::::{ニ',::::::::{三三ニニ)} \′ノ::::::::::::::}. v-‐、 ヽ`
.    V /{/}′           _ノ >i:i:i:i:i:i,j:i:寸V三ヽjニ.',:/\三\少心,i:i\  ̄`ヽ.ノ } }:::::{`¨´)

106:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/02/01(水) 21:51:48 ID:UJhkbdFk
と、まぁこんな具合の面々でいちゃいちゃエロエロしながら他の怪異を叩き潰すお話し……

高校で何人か頭の螺子が飛んだやる夫を恐れない人間と霊退治したりといかいうネタも考えては居たが……

ま、単なる思い付きだ……さて、勉強しよう……

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/07 22:43 ] 単発系 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する