皇国軍の欠陥兵士(仮)02

217:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 01:41:45 ID:oBkqRKoY




      基本的に皇国人の生体は機械で構成されている

      脳は蛋白質機械で作られた超高性能電算機である電脳で

      戦闘員であれば骨格は特殊チタン合金でつくられ、可動部は筋肉よりも出力の高い油圧シリンダーか
       大型のワイヤーシリンダー。

      そのスペックは通常の人間とは比べものにならず、一般人であっても45口径に耐え、100mを6秒で走破する

      そして、片手でも60kgまで持ち上げる膂力を誇り握力は300kgを発揮する



                           ____
                          /      \
                        / ─    ─ \    子供は普通に産むけど、その後脳みそを取り出して
                       /   (●)  (●)  \    工業品の肉体に突っ込みます
                        |      (__人__)     |
                       \     `⌒´    ,/   面倒な場合は培養槽で人工授精した卵子を育てて
                       /     ー‐    \    脳みそだけ作ったりもします

218:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 01:43:19 ID:oBkqRKoY
>>216 明日お昼からなんだ……!(ドヤァ

補講授業が一個あるだけだからなー……
水曜日に至っては補講日で講義無いが補講出るのないし……

219:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:43:23 ID:U4Vzvw1U
老人と宇宙の後期の戦闘人類みたいだな

220:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:44:06 ID:F.u9BLUc
肉体は銃夢みたいな処理になるのか……?

つーか少年時代と青春時代どこ行ったw

221:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:45:13 ID:F.u9BLUc
>>218
もう火・水と丸々スカでもいいんじゃない?w

222:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 01:46:16 ID:oBkqRKoY




       そして、特殊軽金複合装甲によって作成されたパワードスーツが皇国歩兵の一般的な装備である

       装甲厚は3cmと歩兵用装備にしては極めて分厚く、12,7mm徹甲弾の飽和射撃にも耐えうる
        また、空間装甲や耐熱加工なども施されており極めて劣悪な環境であっても装着者を護る

       各部に筋力補助のモーターが仕込まれ、これを来ている時は重量500kgの物まで持ち上げられ、
        尚かつ全力で走れば時速40kmで安定して走れる。

       が、基礎重量が凄まじく、間接を曲げるだけで数十kgの負荷が入るので皇国人の頑強な体で
        なければこれを用いることは出来ない

                            __       │
                               ∠:_::::`ヽ.    |
                          〈::o::::o、:ハ   |  |}
                          Lrミ::_::」八   |  ||
                          f⌒/:::::::::::ハ.r:::」─≠┐
                          ソ:::/::::::::ハ:::|:::::::::::::::::::|
                           , ':::::::i::::::::::::::::|::|:::::::::::: 匚|
                        /:::::::::::}::-‐‐-::ノ::|:::::::::::::::::::|
                          〉::::::::/\:::::::}:::::|:::::::::::::::::::|
                          ∨::/::::::::::::ヽf:::::::i__::::::::::/
                         ∨:\::::::::::/::::::::{:::::::`Y:/
                         /::::::::::\:/::::::::八:::::::: |′
                        〈::::::::::::::::/:::ヽ::::::::/ ー‐'
                        /\:::::/:::::::/:::::i::|
                      /{ヾ彡´:::::::::::/:::::: |::|
                    /   |:::::::::::::::::::/:::}::::::|::|
                   /  /|::::::::::::::::/:::::〉:::: }::|
                 /  / └r──′:::{:::::::{: |
                /  /     |::::::::::::::::::::}::::::::}´
              ./  /      |::::::::::::::::::〈:::::::{
            .//、/        }:::::::::::::::::::{:::::::::}
           .く/          〈::::::::::::::::::::{::::::::{
                         ヽ_:::::::::::::_〉:-‐:〉

223:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 01:47:14 ID:oBkqRKoY
>>220 普通のご家庭の場合脳に技術・知識を一気には転写せず、機械の体を徐々に換装したりして慣らす……

クローン兵士の場合は則大人

224:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 01:50:31 ID:oBkqRKoY



      やる夫が配属された兵科、戦闘工兵はこの装甲服をカスタムした物を用いる

      装甲厚は1.5cmまで落ちる代わり駆動出力は1.4倍に上昇し複数の追加アタッチメントを装備する

      主に用いられるのは背面二基、腰部二基に設置されるワイヤーアンカーである
       これを極大型異星人に打ち込み、ワイヤーを巻き戻して取り付いてから装甲へ攻撃を与える

      何人もで取り付き、装甲を一斉に剥ぎ、剥ぎ取った後に合成爆薬を設置して待避し吹き飛ばす

      または頭部若しくは胴部中央にある中枢を単一で破壊する……これが戦車や航空機、機動兵
       以外で大型異星人を撃破する方法だ。彼等の特殊珪素体装甲は非常に頑強で20mm方ですら耐える。

      そして、その働きを為す戦闘工兵は英雄の兵科と称されるが……

      新兵死亡率は9割を超えるが、歴戦の物となると30世代以上前のクローンですら生き残ってる
       本物の英雄とそれ以外しか存在しないのがこの兵科であった。


                            __
                           /:::::`ヽ
                          .′::::::::::::ハ
                          r::o ̄o:ヽ}
                         ∧_,ィヽ._j/∨
                        _f iヽ{n}:_}∠_}_
                      -‐/:::| 廴::く:ー-/:/´::/ ̄く>‐. 、
                   /::::::::::厂:Lニ〔`ー}ニ<::∧:::::::::::::::::::\
                  く:::::::::::::::{:´=ミ::::: ̄´r==:::::}::}::::::::::::::::::::::::\
                  /::⌒X/|::=ミ:::::::::::::::r==::::|:::ヽ:/\:::::::::::::::>
                 .//::::ノ   \::::/ ̄:\::::x:<:: | {   \:::/
                厶、/|   ./_`i::::::::::::: ヽ_/{_::|∧    {´
                   ,」__/./::、_|::::::::::::::::}___/:ノ ∧   .ノ
                  /::::::: / 〈::::::∧::::::::::::/:::::::>:{   }_r::::::ハ
                  .'::::::: /\_\:::∧:::::::/::f:て {::::〉  |弋:::::::|
                  i :::::/   | /E{ー--一く::::::厂::ハ  l. |::::: }
                  | ::/   〈}   |::::::::::::::::::::}:/::::::::::|  | |:::::/
                  }:/   /   |:::::::::::::::/〈::::::::::::|  | l::/
                 {::/   /    .|::::::::::::/   .∨:::::::| 介、;ハ
                //   /:i    ー一く    ∨::: |(rz 〈::ノ

225:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:53:09 ID:OI9HNuw6
英雄学科か

226:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 01:54:23 ID:oBkqRKoY




         装備は対装甲熱切開刃……言わば硬い装甲を切り開くために設計しなおしたチェーンソーだ

         彼等はこれを担いで小型異星人を切り倒しながら大型異星人に取り付き、解体する

         他には40mm榴弾砲があるが、大型異星人相手には気休めにもならず、精々取り付いた後に
          飛行型の小型異星人を追い払う程度にしか使えない

         後は皇国国防軍将兵としての魂……60年式鉄甲刀をぶら下げるくらいであろう



                           ,::::': ̄::ヽ
                           |:::::::::::::::::{
                          _ノ_::::::ニ:::::::)     __
                          ノアr= !!(うr(ツL __//う
                         / {ニii(ニ)iiコニ==≠''-<
                         `Y ヽ/  ハ:::∨  (_)了
                         /ミ / 三弐/:::::∨   ∨
                         ヽ=-=少´ ∧:::::::::\___\
                       .r/{_}r==マ /_ノ:::::::::ノ=/7乏
                       /∧ }.{不 jー':::::::::j弌へ //_  7
                      /∧/:|:フー':::::::::::::::::rn <j//  \/
             .          ///u爪ノ弋=―=シ::j⌒! //  \/
                     y.之∧:::::::| 乂 〉::::::l :|.// >+< /
                    //イ.∧:::::::::!  /:::::::::{少レ込  /
             .       / L/..j/ヽ」::::|ミ=!:::::::::::::7‐八 \/
                   ///. ,'  /ーァ! |'⌒ヾY⌒ヽ:テー'
                  /ツ   j__/ !:::::乃‐'   ∨   ∨!

227:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:54:50 ID:7EiTDDJc
仕舞にはメロウリンク・アリティばっかりいる部隊になりそうだな

228:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:56:19 ID:F.u9BLUc
あれ?
こいつらのプロトタイプって船坂弘って名前じゃね?

229:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 01:58:41 ID:oBkqRKoY






       2091年十一月九日 丹生速出やる夫二等兵 初めて正規軍人として基地に降り立つ

       皇国国防軍将兵が帯刀する刀の鞘には部署区分を分かり易くする意味も込めてカラーリングが
        独自に施されているのだが、戦闘工兵を意味する赤色の鞘をぶら下げたやる夫に対する視線は
         実に冷ややかであった

       それだけならまだしも、あの不良品が何時死ぬかというトトカルチョまで行われ、戦闘糧食でも
        人気の高い赤飯の缶詰などが飛び交うことになる

       因みに、最短予想は戦場に出てから三分であった



                        ____
                       /     \
                      /  ─     \
                      ' (●)       \
                     (l、__)          |
                      ⌒´         /
                      `l          \
                       l           \

230:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:59:22 ID:iaKUs4N6
魂=刀とかロマンいっぱいだな!w これでチェーンソーの動力死んでも戦えるね!

231:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 01:59:32 ID:1R7YinCo
ほぼ接敵即死じゃないですかー!w

232:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:00:31 ID:1R7YinCo
パイルバンカーはないのか・・・! いや某ラノベとかでも弾数足りねぇ→鉄斧ヒャッハーになってたがw

233:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:01:53 ID:9M1cQuNU
これ異星人視点だとかなり怖い相手な気がする
なんか小さいのがワラワラ群がってきて装甲ひっぺがされて爆破されるとかw

234:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:02:29 ID:i.XiXv5.
>>228
一応船坂さんは擲弾兵だよw

235:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:03:07 ID:oBkqRKoY





      基地にはそれぞれの待機所がある。訓練をしたり装備の手入れをするためのオフィスのようなものだ

      皇国軍クローン将兵は基本的に兵器扱いなので男女同時に放り込まれるのが普通である

      そして、女性にも男性にも優等遺伝子はあり、彼等はその優等遺伝子を更に選りすぐり、強化合成された
       戦闘のための遺伝子から作られ、戦闘の為に設計された体に搭載された戦闘の為の存在なのである

      戦闘工兵科は荒くれ者揃いと名高く、やる夫は配属の報せをしにオフィスにはいるのが酷く憂鬱であった



                          ____
                        /      U
                       / ─    ─ \
                     /   (●)  (●)  \
                     |      (__人__)     |
                      \    ` ⌒´    ,/    ……入りたくねぇ
                     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
                     /      ,⊆ニ_ヽ、  |
                    /    / r─--⊃、  |
                    | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

236:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:04:11 ID:ZpG4fx.o
俺明日朝からテストなのに何やってるんだろう
でもスレ見ちゃう

237:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:04:13 ID:U4Vzvw1U
肩を赤く塗らないのかい?

238:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:07:29 ID:oBkqRKoY





          ノックしたら入室の許可が出た 恐る恐る入ると、戦闘工兵隊詰め所は随分落ち着いていた

          軍規で整理整頓と掃除が決まっているので当然だが、イメージとは異なる

          しかし、中にて詰めているのは何とも剣呑な人物ばかりであった……






                        .___
                 __     .!|\__\ .r──‐、
                 ||l ̄||     ||/ ! i  |.|.    |. ̄ ̄//.|   |:\ ̄ ̄ ̄ ̄ \     ,.─-、
                 ||l/.. ̄/ ヾ\|__.i___/ L..f^i __j   // |   |   \.      \  li ̄`irI
                 L三/⊂~ヾ;' !i' ̄ ゙̄||ヽ.───//i  |   |:.   \.      \j. ...| |
                  ./    / ||   ,.||_,|ζ   // :| /.    \    \.      \,_ソ
                  |" ̄ ̄./  /三三三/θ   //  |./..     \    \.      \
                  |     || ̄ ̄ :| ̄ ̄ ̄||:  ̄ ̄|:|  /        \     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                  |___|| ̄ ̄ :|::::::::::::::::||:  ̄ ̄|:| ./            \  ||:       |
                     .||:.     ̄| | ̄      .|:|_/               \l||_____|
                          / | \

239:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:08:22 ID:SUE6ORjQ
ダイスの女神「1分だ。1分で終わらせる」

240:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:11:06 ID:oBkqRKoY


      妙にマッシヴな上官に出迎えられた……外国人遺伝子を使った初期の試験型クローンだろう

      この大きさからして装甲服無しでの戦闘で何処までやれるかの実験に使われていた物と思われる。
       スペック的には装甲服を着装した歩兵に勝るとも劣らない……と思われる


                                よぉうこそ第24戦闘工兵小隊へ

                _,,. -‐―- ..,,_         我が輩、第第四中隊指揮官のアレックス少佐である
      ,1__       /        ヽ=ヽ
ァ-,、''"´! ー'/ー-..,,_  ,.‐ヽ     __   ., ヽ !i
/ )iヽーソ `"''ー-..,.7ー{=! i   ヽヽぇ、._j  テ‐'     ./、
,..-i"、''’/`"''-..,,_ ( ノ)(ノ、 )   `''ー''  t、 !    _,.ノ ヽ、_             _,,_
__/ー.ソ"''-,-、 (_フi''"y' ,/  ,-r __-r_ 、 ト!´     ヽ、 ,.‐ "        ,.-‐''''"  ヽ、
:::::;:-'-r-...ニン7ー''::/   !  .i ''" `"'ーr'.ノ       Y          ノ   .、 ,  .:::ニ
‐''   ヽ::::::::::::! .::::}、..    ー‐''"''‐、 iィ'                 ,:'"     ヽ!
-::::----`ヽ、::::!.:::::::!::ヽ:..     '''‐、:!/                /       ..:::ヽ、
'""''ヽヽ   ヽ::::::::::!::::::ヽ:::::::::...... /:::iヾ、 ,.......、            !      .::::::::::;/''ー
:::...       ヽ-、j:::::::::::::ゝ、:::::;;::-''ヽ ヾ   `''ー..,,_        ,.ヽ   ヽ、_ ;;:イ;;;;;;;;-、
:::::::::::...     _  .:!-‐'''ー"-‐`ー-- .._,-''"''ー ::::::_:.. ヽ      /; '     .:::;/;;;;;;;/ ,
:::::::::::::::::..    ヽ、:'::        ''=--、:......:.._;;:::ゝ- .,,ヽ ,..-/';;:'      ::;/;;;;;;;:-、_//
ヽ、::::::::::::::..   ヽ.:_ニ"‐'''"  -‐''''""´:::::ヽ:::/:     `'/ ./';;'      /;;;;;;/ .,;'"ゝ、
:::::`:--:::;;;_:::::........::::::::             ::Y:      , ,  /;;;;!     /;;;;;;;-.、_i /
::::;:::::::   `''ー'-ヽ、:...   ........::::::::::::::::::::::::::::!::::...........:::::::/'   !;;;;;ヽ    /;;;;;;;;' /;/''ー::、
::(::::..     `" ::-;;;;;:ニ-、::::::::::::::::::::::::::::::::;;ィ''"''::::::::'''''7     !;;;;;;;;;;`ー-';;;;;;;;;;! !:!::::::::....
:::::ヽ::--‐‐―-::;;:::_:.. ..  `''-::;;;;__;;;:::--::イ:   ::ヽ:/     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;;:‐'`ー'""''''ー
:::::::::::::     :::::::ヽ::-:::::_:::...   ::i:::::::::::;!::    :::i:      ..::::::"''''''フi
:::::ヽ;         ..   `''-、_:::.._ノ::::/:::i:::..   ..:::!:::.   .:::::::::::::::/:! .!
 ::::!::::.. ......::::::_;;:::-:::::::;;;_:::...  `:::::::::'::::;:-'ヽ、::::::::::::;:ヽ:::::.. .::::::::::::::::::::::;'.ノ
:::.. ::-::;;;::-‐''"      .`''- ::;;;;;,.-‐:: ::!:::::::::::"''''7ヽ、、ヽ:::::::::::::::::::::;;: ‐"
、::::::::;:     .............       :::. .:;ノ:::::::::::::::ノ   ヽ::::;;;;::;;::-'': (
:::`::/   ..::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::... ヽ:::´::!::::::::;;-''        `''ー''"
 :::ヽ  ::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::; /:-'':'::/"´

241:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:11:44 ID:Owjrn33Q
ナノ刃さん歴戦の30世代前、来るか?

242:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:15:27 ID:oBkqRKoY


     やる夫は一般仕様クローンなので身長は175cm丁度でブーツのソールが入って177cmほどになる

     が、この見上げるような筋骨隆々の偉丈夫は2m20cmはあるのではなかろうか

     一時期クローン歩兵戦力を上げる事を目的に強化された事があると聞いたが、どうにも大きすぎて
      互換性が無い上に生産性がイマイチ悪く、また期待された程の戦果でもなかったので生産はもう
       止まっていた筈だ

                       _,..--―‐--.、
                     / ,;ヘ     ヽ
                     i i !       i
                   +   i ヽ()    !   i     緊張する必要は無いぞ、二等兵
                     i _, 、<_   `  y、
                  +  〈.´=.! ` `=´    6.)    我が輩の中隊は基本的にフレンドリーであるからして
                     .! '''.|_,! ''' 〈  |'´!
                 __,..-‐!(_,-―-、__,) ' ,!  i.     それに今月は最多撃破中隊を1日から護っているので
            _,.r'´ ̄  ヽ、. !`ー'Tー'  _,r'´   i、._     戦闘能力の高さは折り紙付きである!
          _,..r'´,,....  _   ヽ `ヽ、_,..-‐´       `ヽ、
         ,'´    _,r'´   ⌒ヽ< /_∠、_   〃′ __  `ヽ、
        i    ,r'´ `      `/    ⌒ ⌒ヽ' ̄  `ヽ   `)、
        !_  ⌒/        ,r'´ ̄    _ ,  ;;,,,        ヽ.
       ,r'   ,′      /         ヽ、           i
      /    !        ,′          ′             !
      ,i     !、      i            入. _,、_   ,.    !
      !/     ト、_,.-‐´  `、                Y'´    Y
     ,イ  ⌒ヽ、 ,!、       ` ‐ 、.             `i
   _ノ、      Y、i、 _,..-―-.、_   ` ヽ 、_,.-l,i .l         !
  ./ .!、 `ト、_   \!'      `ヽ、_ ,;     イ il ,    i   __、 )
  〈   ヽ `ヽ、_.    `ヽ、        、   、_人 Y    〉  '  V
   `、       ヽ、    ヽ、>ー--  !^     ,l、|_,    !    !
    `;、       `      \__,..--..、  ヽ ',r'´    〈.

243:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:19:53 ID:oBkqRKoY



     ちょっとした中隊の自慢を聞かされる。例えば人型の極大型異星人を今月だけで七機落としたとかどうとか

     確かに凄まじい戦果であるが、一体どれ程の人員がその為に消化されたのであろうか……

     そして、大抵の部隊にはお約束の台詞といったものがあり、出撃前に叫んだりして指揮を上げるのだが……
      その言葉がなんとも不穏であった。一瞬合ったことも無い筆髭の偉丈夫の姿が脳裏を過ぎった。


                /    . : : : : :/ ヽ、: : : : : : : : .    ヽ
               i    . : : : : :/  iヽ! : : : : : : : : :    i
               !    : : : : : :/  !: : : : : : : : : : : :    .i
           ,,.. -―i  i  : : : : : /  i: : : : : : : : : : : : :    i,...、
        ,,.-''"   /!  .i  : : : : : !   !: : ,.--、: : : : : : : : i   !,‐、ヽ
     ,,-'"     .,i´ヾ  j  : : : : : :ヽ  ヽ_7 /: ; : : : : : : ヽ  ! ,,ヽ
   ,.-"       / ! !ヽ . . : : : : : : : : : ヽ.,,,,,/': : : : : : : : : .   /::j !
  /        . i .! !:::) : ,,,,,,,,,_____: : : :..:::::. : : : : : : : : __:- ;  (::i ./
./        . : :! .:ヽヾ  、. : ヽ-'--'‐ヽ,,..::':::':::.,,,-=.ェエニ ': :   ノ'/    では頑張りたまえ二等兵
        . : : i . : ;ヽ i  ヽ : : : ; ;;;;;;''': :::::::::::: : ''';;;;;;;: : : : : :  i_ノ.
      . : : : : :! . : : i : :i i   : : : : : : : :.i::::::::::::i : : : : : : : ;-''",:  !:ヽ:    我が輩の中隊の理念を教えておこう……
     . : : : : : :.!: : : :i : :i ヽ: . : : : : : : : ; :!::::::::::::! : : : : : : :i . : /  i: : i :
    . : : : : : : : : : : : ! : i  i: ; : ; - : :/´: :!::::::::::::!:ヽ: : _;-、': : :!  .!: :.i :      不 退 転
    : : : : : : : ; ; : : : :! : :!  !: :( 'ー- '`"''‐- ;;;;; -‐'''ヽ、 ) ヽ: : i  .!: /:
   : : : : ....:::::::::::... : : ',: :!  !: : ヽ . : : ;,....----..,,_: : 、.   ): :.j  !:/: :    この三文字をしかと心根に刻んでおくように
   : : :..::::::::::::::::::::::::::.. : : :ヽ ヽ: : : `ー': : ; ; ; ; ; ; ; :ヽ、_,,.-": ;/  ノ:i: : :
. . .:‐- ::::::::::::::::::::::::::::::::.. : ::::ヽ : ヽ: : : : :/: : : ; : : : ヽ: : : : :/  /:' : : :
ヽ: ;___: : : : : : : : : : : : : ::::ヽ : ヽ: ' : : : : : :! : : : : :'' - '':  /:: : : : : :
: : . .     ̄""ヽ、: : : : : : : : ::::::ヽ: : : : : : : : :! : : : : : : : : /:::::: : ;-‐''''"

244:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:21:46 ID:Owjrn33Q
それが心の花である

245:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:23:57 ID:oBkqRKoY


        その後、小隊長である女性に面通しさせられたが……これがまた凄い人だった

        戦闘工兵には自分が単体で撃破した大型異星人の一部をインプラントする習慣がある
         今までの一番の大物を倒した栄誉を誇示するためであり、大抵は装甲の一部を手の甲に等であるが……

        この少尉は真っ赤な異星人の角、その先端を堂々と額にインプラントしていた

            ,ノイイ /        l',   /|     ,      ',       ',
          -‐7´、',,,/... __   ,  i::', /:::|    l       '、     ',
          / / `ヾミ:::::::::: ̄`, ̄〈''''''ヾ'i     l       ヽ       ',
        , ィヘ、 / ,イ   `ヾミ;:::::'::⌒`::::::::)| ,i    l   ,  , ,、ヽ      ,      こんな時期に新入りとは珍しいねぇ
     , ィ<;:::::::::::::ヘ'゙ /     ,\ィヾミ;:::::::::::/l l ',   l    l  ', i 'ーヽ    ,
 , ィ '´   ヾ;:::::::::::::∨    ,ィく,/ヾノ `ー''゙ レ ',   i、 _  i   ', ',      \     あたしゃ24小隊の小隊長
'´       ゙i::::::;;ィイ   ,イ レiヾャヽ,     _,,ィ 弋´丁',  i   ヽl        `ヽ、    2456期クローンの星熊 勇儀少尉さ
        イ"∠ - 7 ´ ∧ ゙i '弋ヽ    '´ _,   ヽ| ヽi ',   ヽ,  、       、 ` ヽ 、
      /      / , / l  ', ヾツ`      ッァf弋ブ'7ー}\i   iゝ 、 `ヽ,      ヾー-、 `ヽ
    /::i__,,,,,,   /// i _」   ',   )     ヽ'ーイノ  |  `ヽ  ヽ ヽ  \     \ `ヽ、 ヽ
  ./;'::::::i:::i:::::「フコ_レ'- ''´   | i  '、  ヽ            ,'   iヘ` ー`  ヽ   \     \  ヽ、)
イ::::/:l:::::::l::l:::::l l:::        レi   i'ヽ  、_         ,/  ,! /、 ヾ    ヾ   ヽ     ヽ
::::::/:::l:::::::∨:::l .l:::         ',  l   ヽ ヽ二 フ   , ィ'/  / レ  `ヽ,_    ',    '、     ヽ
/:::::::i::::::::i:::::i l:::        ヽ .l   、 ヽ, ´ , ィ '  / ノ  __    ´ ̄ ` ''ヽ 、   ',     ',
:::::::::::::';:::::::l::::l l:::::..        ヾ   \_i ̄     レ' - ' ´            ヽ、 ',      ',
:::::::::::::::';:::::l:::::i i:::::::::::::::::::::::::l:         ゙  ィ''''''''' ´                   ヽ ,      !
- 、;;::::::::';:::l::::::i ', ̄ ̄` ' ッ、ノ                                  \    i
    ̄ヾ;::l:::::::', ',  , ' ´                                      ヽ、,、_ノ,,、,
      ゙!:::::::::'i i'´                                              ノ ノ::::
        l::::::::::l  l            .                 ....::::::::::..        / /::::::
      l::::::::::l  l            .:::..  ..,ィ            ::::::l::/フ⌒ヽ、    / /::::::/::::
      ';:::::::::l  l            .::::::::,ィ´              :::'i:::::::l      > '゙  /:::::::/:::::::
       l::::::::l  '、          .::::::::/:               :::';:::/ _, ィ ' ´  , イ::::::;/:::::::::::::
         l::::::::\ \      ...:::::::::::;':::               ::::l,ノ'´  ,..ィ::'::´::::::::;イ:::::::::; ィ '' ´
         ヾ;:::::::::\ \..........:::::::::::::::::::;'::::::.             , ィ´ ,..ィ'':´::::::::::::::::;ィ 7::; ィ ´ , -‐

246:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:24:00 ID:oyzM/U6w
電脳やったら逃げるという選択肢を取れなくしたりしないのかな

247:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:26:21 ID:YTa6XIgk
  逃げたらコロス
   不 退 転

248:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:26:31 ID:U4Vzvw1U
おっぱい(よろしくおねがいします)

249:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:27:36 ID:oBkqRKoY



         大型異星人で角を有している型となると、ほぼ最上戦力の元のなる事が多い……
          基本的に連中は非常に強いので、それを自身に埋め込むなど飛んだ化け物の所行だろう

         そして、第2500期以前のクローンと言う事は首里絶対防衛線を生き抜いた事となる……
          彼女が戦闘工兵隊の所謂生きた英雄そのものなのだろう

´/         }::::::`´:::::/` ヽ
/ ,'´        /:::::::::::::::/   ',
 ,'      /  ,'::::::::::::::::/    !
 {    ,' /-- /、::::::::::::,、' |    ',
 |.   / ,' /  `ヽ/ } ', 、`  i
 {  /! イ/示弍=   ,'  i 、、ヘ`、ヽ、
、 ', 从 {ヘえ::::爿`    { ハ } i`、i ``´`
_\ヽ, | `` ゝ、zソ       、' i | { `、
冫 \ 弋wxw        `\`,',  \
ゞ、  \ト、        /! ノ,'/
二'       、____  , ' { `´      まぁアレだ、気楽にやると良いさね
. |` 、       `ー冫/  ヘ
./  `         /' ,  丶       アタシらのやるこたぁ装甲車で運ばれて、味方に援護されながら
      `> ,z __ノ  ヽ.  \       吶喊して敵を解体する……難しい指令は飛んじゃ来ない
\_ , ─ 、  | ヽ`    ',   \
-/     ``ト、 l !    ヽ   `、     才能ありゃ死にゃしないから頑張りな二等兵
´         \、 l     l    ',
           ヽ`、    }     ',
            丶`....< i     ',                      /´|    ,  '´
             |` - ,`.....、    l                      廴7},  '´::::::::::::::
             |    ` 、`...、  i                     ,'  |:::::::::::::::,  '
             {       \:'...、                 ,  '´/  ,' > ´   ,
   /::: ̄:::: ̄`.:´..、 }         `、ヽ     !^t,       , '´:::::::::, '   //    , '
  /::::::::::::::::::::__:::::::::ヽ           ',',     `'-_,-z_ , '´:::::::::::::::/   /'    /  ,
  |::::::::::, '    `---冫          }:}      ー、__/:::::::::::::::::::::::i        ´  /

250:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:27:44 ID:iaKUs4N6
ちょw 鬼とかw

251:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:28:52 ID:ji5z3Jek
才能あったら欠陥品なんて言われませんw

252:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:31:44 ID:oBkqRKoY



     そういって不敵に笑う少尉……軽く言っているが、羅紗板にベッドするチップは自分の命で
      レートが高いと言う事は勝ち目が低いと言う事だ

     確かに全員身なりは良いし、詰め所内に配置されている戦闘糧食のグレードはかなり高い物だ

     とはいえ、それを楽しむには最低限 生きて いなければならないのだが


       / / , /, / /   /    //    ,ィ/  _,,...z=≠"て:::::::::::::::::::::;>'"
        / // /// /   /   _〃     , イ / 〃::::::::::: ..:::.....::::::::;>'"´
.       ∥〃lヽ、,/ /  /  / / /〃`ー-z∠ j/ /l:::::::::::::':::::::::>くi廴__
.      ∥/ .|  ,゙(   l  ∥ //∥ , ィ " `'弋ミ/_  ヽ_:::::;>i"  ヽ \ ̄ ̄`
     ノ" / λ' i ハ  l  l,l 〃 /,ィ'シ≧=r_、_レ`ヾ;:, , l:::::l ヽ ',   ヽ \
    / / ./ V, , l::\ ヽ .lヽ//  ",´  《 ん/ミヽ ` ,j;;;;;| | l !  i .l   l
-‐ " ./  /  ヽ l ;:::( ヽ 、.l l      "`ー`‐゙'-    ////リ ∥j  l ハ  /
  / j / , ,   \¨´ヽヾ'、               ヾ//i l 〃/  ∥/ l/
.≠   // /  l     |`ー:{   \ _                 \ノ,イ! ' ノ// j
    〃 /  l   ,   | ゙::|      `           __...:::;イ゙ V/ '"  '
  / l l    |  ',  |  ::l            ,、    ゙:::::´∧  (
../ .i !    l   ', ',  :'.         `¨` ー- :::_,':::/ ヽ、ヽ
   ∧∧   l    ト ',  ::、               __.:::::;イ   l `ヽ    何より暴れりゃ暴れただけ良い配給を
 ./ レ l / }   !`ヾ、 ヾミi:..、       ¨"゙:::/! lヽ  l        受けられるからねぇ
." , / l   {    l  ヽ  ヾ///ミ::z.、     .::/ ! l l /
  /∠¨'/  /ヽl /:ヽ、    \//////`i ー-= ' ヽ.j/ l /       装甲服の装甲グレード上げたいなら頑張りな
/´ ヽl  / ` l/;::::::::::::丶.,    \///  l  l   l ヘ レ
      l ./   /  >、:::::::::::\   ヾ/、 /  l  ヤ   \
      レ         >、:::::::::\  ハ:::ヽ, /   ヤ   )
                >、:::::::\ l:::::::l、     ji!  /

253:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:35:12 ID:/9oJUky2
これはめちゃ面白そうな…!

254:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:35:37 ID:oBkqRKoY



     小隊長の存在に驚かされながら、やる夫は小隊の副長である最先任の伍長、坂田 銀時二等軍曹
      からロッカーの鍵などを受け渡された

     ……戦時以外にやる気が見られないのと自分への興味の薄さから戦死率の高さが窺える

     一々死ぬ人間のデータを留めておいてやる暇は無いと言うことか

            _\                         ヽ _,,,ィ
          -ニ,,__>`    ィ   _,.,  , / .,         ̄ . /
           /ァフ _,-ァ // _,-彡イ/! /イ/ , .ト、 ヽ   ー≦‐ァ
           ./ レ´ /イ .//' ./ /イ ! l .ハ ト、.| ヾ,ハ`<,ィ <_
         __,,, イ   ! i./ .|// ,ィ   ', |./ ',代. 、 !ハ\ _ヱ,,ミ:、`
        \ー--:::::-:ハ.リ  レーァ /;ィ ./ Ⅵ  !' ヽ、',| ⊥,_ヽ彡≧ヽ
          `フ7_ノ:.イ| /:〃!// .| i i/:ヾ .、  ,、ヾヽ.、-イハイ__
          レ1:::;:::::_i::lⅥ:./`|メ.、|ハ/!::ト;:l 代:、トヾ::`ー`::ハ ヽイ
           |;ヘ:::バ::ト、レ ーモテミ`l::!::| Ⅵ_,ゝ:|-Ⅵ::::::::ト、|  .ドヽ
               ∨ ,ト;|    ̄´   ';:!:「´ヾ,,__ヾ .jイ:;:::ハ、  | `      ん? ああ、ごくろーさん
              戈;ヘ!        `ヾ.    ̄ .ノ:イーァ゙  .|
              个ミ、                  /イリ   |        俺24小隊の先任軍曹……
              /::::ハ.        、 _        ./イノ    |
                 厶イ;∧             /イ{     !        銀さんでいーよ、面倒だしな
           _>ニ二|:!:::|\   ̄ ニ ‐-    ,イ;:/ `       `、
         /..:´::::::::/イ:::|  \        ,イ/イ\  、:      ヽ      お前の名前はどうでもいいわ 半年生きてたら
          /イ:::::::::::::::::::l;ヘ|  ミ\  _,..:< : : ハ|::::::ヽ `:      \      覚えとく
         .`>ミ 、::::::::::::::::.|   ミミ`¨´ : : : : : : i ::::::::::::::ゝ,       \=ミ;.、
           ヽ 、::::::::/    : : : : : : : : : : l::::i:::::::::://ヘ        \|:.:\
        _,,..-‐'"´:ヽ '::;::ハ         : : : : : /: : :ヽj::::::://: : ヘ         .!:.:.:./\
  _,,,..-‐''"´:::::::::::::::::::::ハ ';:::::ハ   ,       /: : : : /:::::://: : : : ヽ        |:.イ.  \
"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::::::::l:.   ',    :/: : : : /:::/イ: : : : : : ヽ      |     ヽ

255:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:35:42 ID:i.XiXv5.
勇儀姐さん確かに強そうだけど、
このインプラント角どう見ても生活に著しく支障をきたしそうだw

256:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:39:19 ID:oBkqRKoY


    敵は此方より生産性が高く、そして休むことを知らない 24時間何時でも襲いかかられる可能性があるのだ

    酷い時など七日七晩一切の途切れなく防衛ラインに敵が押し寄せ続けた事がある

    一ヶ月間何もしてこないでその後に一斉攻撃をしかけたり、チマチマ突っついて来たりと連中は異様に
     頭が回るため此方は一瞬たりとて気を抜くわけにはいかないのだ……


             -、 、  ノj/丿   ノ)
           (ー 、_) Y´ //⌒'ー' ∠ ,___ 、 ヽ
            ヽ、            <,_,ノ)_,
       (ー‐ ' ´ ̄                 / /
        >‐ 、                       \
       /                 ヽ    ヽ)丿
     /⌒7                  l     く __/
      _ノ     }  }       |l|l|l|  l   __ノ
    ー'‐一  !    / / // /   __/| | l|l|リ l|l|   < _,
      `フ  ノ////ノ/ イ l////`|メ l|リ l l|リ  、_ ノ
      (rォ / ' /⌒Y { {/ ヽ{/ ,ニ,ニ/ l リ /ハ リ  ヽし
      /い! j に! !l ハ(  ´ `''┴  ノイ//-、! j トヽ〈
        ソィ八 つ l!{           ノ'イテミノ/丿 )ソ
         乙ィ \ ヾ           ` {「ト(     何処の部署でもそうだが俺等は年中無休だ
         ノイ l| l「|          ‐__,ノ 从{
        /| ∥|! ヽ        -=||   ̄ ̄|      異星人は休日も祝日も正月も盆も考慮はしちゃ
          リ |しレ   丶、     'ー||      |       くれねーからな
        F== ‐_- ,,_   `  、    ||    _|
        |       ̄ `ー_、_  ヽ、_,/||_/   \      警報鳴ったら切開刃抱えて飛び出さにゃならんから
      / ̄´"''-..,,_     ` `ー/- .,,__/  ∠`ーく       コンディションは常に整えとけよ
   _,. ‐'´ ̄ ̄´"''-       //  ̄〉{  /  --、)
 /                  //   /,ハ  }   K }
/                  ヽヽ //   !     し

257:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:43:41 ID:F.u9BLUc
さて、他に剣呑でかつAAが多めのお方というと……社長?

258:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:44:46 ID:oBkqRKoY



     戦闘工兵 とはいうが、主眼は戦闘に置かれており、敵の体に対して工兵のようなアプローチをかけるだけに過ぎない

     古くは特殊工具を用いて歩兵の身でありながら戦車を破壊するのが彼等の仕事であった

     今は異星人に吶喊し、敵に組み付きながら切り続ける……ただそれだけであるのだ


               ./ ./                   、   >.\
         ト、_ノ<                        ミx、.>〈
       ト--≧=‐′            \\    <>     \.\
       .\ __>               >-       ̄     ト、.〉
          / ィ      < 、ー――'     _         ゞ-ァイ   ああ、後、命令は少尉が突っ込めか
          ./ ./〉           ` ー―    ト、_≧=-  , - 、     /〉    退けとしか言わねーから難しく考えんなよ
         l/.,.′      、  .ト、  .ト、  ハ、_ 、    }l / ヽ∨   ..イ
            i ./    .∨  ト、 \>、〉._`ヽ:ハ `ヽ .l||l __ .| \> .、\   俺等に出来るのはそれと塹壕掘るだけだから
          .乂      、\.∧`.メ>,ィツフ 从.   ∨|/  ィ=.|、ー  >=-
        ー=ニ.ノ     ト、.\Ⅹ 〃‐ ´       .Ⅵ  ⌒} ,'_ Ⅵ 、__\
        _, イ_ /.,  ∨', ___、\\             rイ ハト、  {
        ̄ ̄   .l .ハ .i  \_ィも!ー―`ー               ハ  .从Ⅵ∧
             ._人|人}、ト、.、ヾ イ}                /    _ヽ〉―‐ 、
          ,< .__.i   ヽ|、.`ー∧ヽ.__ '              /  x.<ニニニニニ∧
        / .ノト-'`.<{ / /イ人.、 }__,ィ≠        〃 イ..<ニニ>――- ミ\._
        〉‐ '  \.   \、_,  ∨.丶 .{_           .イ/二><
       ノ  ノ‐'´ , `ヽ   `    .∨  `::..、   ,. - ―'―― '´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ミ
       (__ノl  }/`ー' '.;      .∨   _x<                      >
        .〈__,ィ v'`.{ .l       '; /
           |__ノ  ヽ :';        /
               ∧.∨     ,′
                .∧ \_,  .,′
                ∧     i                   〈
                  `ー-、|                 \

259:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:46:05 ID:oBkqRKoY

          ____
        /     U
       /  ─     \
        ' (●)       \
      (l、__)          |     は、はぁ……
        ⌒´         /
       `l          \
        l           \




              >-                  `'´ムィ
             '⌒>                   ´ ノ
             _/ ィ イ  l l、 、   .ト  、     ‐'、
            `y' / l/ .l イ/! l ソ丶 ト、ヽ\ヽ 、 .ト、  「 ヽ
              V  l/∨ l リ ヽ `\ \メ \癶l ヽ,斗‐,
            ト ┘ ,/ !    `、l l`  、 ヽ、` ヽ r-'ヽ 彡'
             ̄7,、::::l∧/l/从 ',ヽ::ヽ\ヽ:::ヽ   l^ヽ::\_
             l' ヽ::::::::N'三从  ! ≦三__ハ /∨リ ソ::::厂
               ムl::::ト `´ \ト`、 `´   .癶ィ/ノ:::::::::ヽ    生きるか死ぬかなんざ8割博打だし
                /∨ハ.   l         /イ'::::::ヽ ̄     それくらいでいいんだよ
.                   ヽ  ' 、 -  ,、   / !::/`‐- 、__
                 ___.>、‐ === '   / .l:::l 厂`‐-/   後、訓練は怠らず……
                 l rー- '´レ,、  ̄   イ   ∨ノ:::::::::/
.                 l l::::::::::::::::l `  ´      //:::::::::/
                 l l:::::::::::::::l         //:::::::::::::>⌒  、       ビーッ ビーッ ビーッ
                  l l:::::::::::/'        .//::::::::::/     .>‐、_
            _ -‐'::::´:::::l l::::::::::l_   __.//::::::::/     /  ,   `
        , -‐'´::::::::::::::::::::::::ヾ :::::::::l  `  '    //::::::/     /  /
        /:::l::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ ::::::l      ノノ:::/     / /./ /
.       /::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ :::!    //:/     / ./   ./
       l::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ !    /./::/     /  /   /

260:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:46:50 ID:EC.Do4vc
突撃タイム

261:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:46:58 ID:i.XiXv5.
早速警報かよw

262:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:48:39 ID:iaKUs4N6
さぁ、地獄の時間がやってきましたw どうやって生き残るのか楽しみだw

263:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:49:00 ID:oBkqRKoY



     警報が鳴り響くと同時に無機質な女の声で放送が響き渡った

     周りを見ると既に戦闘工兵隊諸氏は警報の時点で椅子を蹴立てて立ち上がり、ロッカーへと向かっている

     金属が擦れ合う音がするので装甲服を着込んでいるのだろう

     先任軍曹が何とも外連味たっぷりの笑みを浮かべて此方を見た


         /:::::::_; -ァ:´|/:::!|. i  |:::ヽ ∧ハ∨';ヽ .∨\  ト、    ト、      <11区画に敵襲来 規模三個旅団規模>
        /::; <´ ./::::::::i::::リ、|、 .|::::::\∧ヾ;::ヽ:\∨:::\ |:::::\   ト、\
       ./::/    /:::::::::::|:::::i::lハ .|:::;:::::|ヽヾ::ヽ:::\::ヾ、:::::::`::::::::::\ ∨:\\     <極大型多数認む 総員出撃急げ>
       レ′    !:::/;::::';::::';:';:ヽ|:::i:::::! \::::ヽ:_>:、::\:、::;::::::::::::::\∨::、::`::\
             |::/::/|::::λ:::::';::::::::|、::|_, -‐`≦ミヽヽ\:`:i:|::::::/:::::::::::`\::\::::::`::ヽ
             |/::/ l:::::| .ヽ:::ヽ::::',:Ⅵィrァ──`一ァ. .`¨リ::::/ヽ:::::::::::::::`\::\::::::::::\
                 !::;′ハ:::!  \ヽ::∨:ヾ ー-‐'''''"´   /::;イ .ハ::;:::::::::::::::::::::i >-ミ、\
             ハ|   ヾ  ./`ヾ:∨ `        /イ   ハj::/::::::::::;::::::!/, -ミ、 ヽ:::\
                       /    `:\                   }/、:::、:::::i:::::|'´: : : :ヽハ:
                     /                     '´ハ:::i:::::|:::::!: :_: : : :ハ ',
               /                           ハ:|::::l:::/'彡ミ、 / ノ  なんだ、新入り 付いてるじゃねーか
               \                          ハ!::;':/ / : ’ / ./:
                 ` 、 -       _                   |:// ´): :  ,イ::::   着任5分後に出撃たぁ
                      ノ       _,ィ ’              !'/     /::::::::
                  ` ___,, -_'_,,ノ                    '´ 、   /;::::::::::::
                    ./` ̄ ´                    /`::´、:::::i::::::;::::
                       〈                      ..:::::/:::::::::ハ:::::!:::::|:::
             ____   ヽ::                  ...:::::::::::::::::::::::ハ::::!:::::|:::
            .|  ___ ̄ ̄!  ャー--- .....,,,,,,__    .....:::::::;;::::::::::::::::::::::::::∧:|:::::|::
             |  |::::::::::::::::: ̄::¨!  ヽ   ___      ̄`  ≦ー-  ;;_:::::::::::::::::::リ!::::|
                 |  |:::::::::::::::::::::::::::!  ハ  ∨::::::: ̄::`::::::::::ー-  ,,,_  `゙''''ー-ミ:::Ⅵ
                |  |:::::::::::::::::::::::::弋__,,,ハ.  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::`:ー--ミ,,_ ̄

264:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:49:48 ID:/9oJUky2
”ああっと”

265:名前:普通の名無しさん <sage> : 2012/07/24(火) 02:52:12 ID:U4Vzvw1U
自己紹介聞き終えるまでは持ったなw

266:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2012/07/24(火) 02:52:29 ID:oBkqRKoY


     尻を思いっきり張られてロッカーの方へ追いやられた

     とりあえず駆け出して装備を着込む……ああ、儚い人生だったなぁ

     しかし、周りの人間は何処か皆嬉々として準備している気があった

     ……キチガイばっかりか此処は


                 / / /ノ /  |´ / ___
                ./ V/         ̄  <´  _
            ___,-‐ゝ                >‐'´/
            _/ ̄                   /_ノ
           //                      ̄/
         ____|_ノ              \      ヽ
          \          /     \  \     ∧     おら行くぞ!
         ー、ニ      |  /    \ |         ト、|
           ./   | / .| /  /   ヽ      |   | |     珪素の山築くかミンチになるかの
          / ハ   | /| // _  |     Y  ト、  | ヽ‐7ヽ、     楽しい修羅場の始まりだ!!
          |/ |   .|i   / ヽ| ./|  | ハ |/_〉  |  /::::::::ヽ_
          |  y´     |   ヽ|.∧/|/'| |,イ'='|/ノ|ヽし::::::::::::::::|
           ∠_ノ_  l⌒|    Yl-ヽラ'|/ | /|_ノ::::::::::::::::::::::::::|
             ./´::| |\_|    | ̄  /  ヽ /; ̄ヽ、::::::::::::::::::|
            /:::::::ト、|、 |    |     _.ャ'/;;;;;;;;;;;;;ヽ、.::::::::::/
          /:::::::::::::ヽ;レ|/|    |  、--‐ァ/;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄::::/
          /:::::::::::::::::::::|;;;;;;;;|  ー ト、_   ̄´/;;;;;;;/:\::::::::::::::/
        /:::::::::::::::::::::::::\;;|    イヽ、_ ./ ̄ヽ;;;く:::::::::〉::::::::/
       /:::::/ ̄ ̄ ̄Y ̄´      ヽ∧  〈 /;;;;;;ヽ::::/_ノ|イ:ヽ
      /::::/:::::::::::::::::::::_|   ヽ    ト、;|ヽ ./;;;;;;;イ  ̄  |//
      //:::::::::::::::::::/      ヽ_,  ヽ、_|,;---― "" Y
     〈:::::::::::::::::::::::::入  |     ト | ノ          /
                                        ・眠くなったので終わり

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/13 20:46 ] ダッツ作品 単発系 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する