やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日目 -08

330:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 22:26:23 ID:MqyBhmLQ



   |      __
   |      /  \     _ノ^ヽ
   | r''⌒/ _  `r---く    ',
   | { /::::::::::::::::::`:.ー -- <  ト、
   |_./::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::\ /
   |:'::::::::::::::::::::::::::/ヾン\::::::::::::::::∨ヽ
   |:::::::::::::i::::::::::/|!    }:::::i::::::::::::∨ \
   |:::::::::::::|:::::::/-{!-   __|:::/!::::::::::::::.,  乂   渋いお茶と羊羹の組み合わせは鉄板ですね
   |:::::::::::::| 乍三丁    _j/__}::::::::!::::::i  r ^
   |:::::::::::::| 乂hソ    {三弐j/::!::::::|___/    それに、この蒸し栗羊羹
   |、::::::::N        乂_ツ i::::::/i::!       甘露煮ではなただの蒸した栗なのがポイントが高い
   |r\トヽ               ノ::::/ j/
   |ゝ- 、 ≧==-- _ -=≦:::::/         栗の自然な甘みが羊羹と喧嘩することなくマッチしております
   |///,ハノ   У'  ゝV-≦´_
   |>''}/乂   //    }、///ノ}-、       舟和の芋羊羹も甘みと堅さが絶妙で
   |  ノ^}ー-= ⌒ ー- イ  `ー '- '     ))
   |/ハ/ 、      r_'ノ!         ((   では、始めましょう
   |///|   ヽ ー-  ///ハ      ____ ノノ
   |///|       /,///∧     i ー 'i
   |///|      .イ/////∧    | ー.'|
   |///|      {//////∧   _| ー.'|_
   |=彡{____i!ミ=====彡   ( t ュ' )
   | j_/         ヽ_{      `  ̄ ´
   |
338:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 22:30:43 ID:MqyBhmLQ








__ /.:-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:_,,.:.:..:.:.:.:.:.:`ヽ
ヽニ.:.:.:.:.:.:.:.:フ.:.:.:.:,_,_,,,_`yi/,_,,_,,,、_.:.:.:.:.:.:.:.:|
,,,>ー/.:.:.::/.:.:|~^`   `^~'´ ´ `~^|.:.::.:.:.:|
ー- /_,.ィ´:.:.::|   ___,,   、_    ト、.:.:.::|、
;;;;;;;;;;''´ /,.:.:.:.::| r=‐''"'ヽ   `ン==、_.|::ヽ:.:.:ト
    ソ,rイ ,ェ| ,ィ‐=、    ;´r=-、 レ、;ィ|`i
   _,, r'´i|r;;;|       i      ト´.|
 /    \{:| ..::::::...  ::|  ..::::::... .レ'/
/       `ヽ          ./~
ー,  __.     ヽ   ー --‐  ./
  ト'´ `''、_    `i 、     , イ
i :i  ./   `''、_..r'|. ヽ、_,, ' .ト、
i  i  /    / / `-、_  .__ /r |‐、
:i  i ./   / /   / .V´、   / `i、
:`  /   /   /i  / ~ー‐'ヽ  /   i ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 前回までの粗筋
┃ 
┃ 偶然ナンパされたので、それを使って魔女からの依頼 エンジェルテキスト に関する
┃ 情報を集めるべく暗躍中。
347:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 22:38:22 ID:MqyBhmLQ



                            __,,..xrュr……=ミx、__
                      ,....::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:iX廴::...、
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`^艾>、:i:i:i:i:X廴:::ヽ
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ^艾>;i:i:i:i:ヾ廴:::,
                ,.:::::::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::: }!:::::::::::: ^艾>;i:i:i:ivハ:::,
             /::/::::::::::::::/:/::::::::::::::::::::::::/!:::::::::::::::::::艾〉;i:i:i:v{_:::,
               /^7:::::::::::: /:/::::::::::::::::::::::::/:}l:::::::::::::::::::::艾〉i:i:i:}「(:::::,
           /゙ ,:i:: i: /:::}{::ハ:::::::::::::::::::: /:!八:::::::::::::::::::::艾〉:i:i:}「) :::::,
           , /!:|::i|/{:::八{ }::::::::::::::::: /}::| }ハ::|i::::::::::::::艾〉:i:i:}「(:::::::::,
              { { l |::|{: |::. 芹ミx::::::::::: , ,:::| / }八::::::::::::艾〉:i:i:}「):::::::::::,
             }:|::||: |:|::. 乂rヘ:::: /ーr≠=―-「:)::::::::::: }l「` ー=ニ二^⌒ヽ
                从八リ从;xxx゙^}r'゙  ノ x芹芸ミx ::::::::: 八 \       {
              ι  ,::::::: `ヽ ノ'       乂rソ^}::::::/} \ \      }
                ι ,:::::::::::八        xxxxノ ,::::::}/!   `ー}   人
               / :::::: / ハ_、 ⌒ゝ    ___彡イ:::: ノ,ノ     {  , .:::::: \
                 / :::::: /^'〈_j{\        イ}|:::|/ {       ;_/ :::::::::::::: \
                ノ ̄ノ::,′r…=ミ、 ー=ニアrヘノ_j|:::{        ノ:::::::::::::::::::::::::::::::\
          /  (  _└‐…=ミァ'゙⌒>'^´ニニ!:::ハ_rヘ )'゙^^厂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ノ    `^ ノ    /rヘ___/二ニニニ}/::::::::|_ゝ-=彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       f^⌒Y^ヽ「^ハr{__,,..r≪/ {__,,..r≠ミニニ|! :::::: |ニニ\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       ┌'}   } ノ   ハ」_____,,   {「二二二\ニ! ::::::: |二二二\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       }ノ二二ニ≠=ミ{_ ≪____,ノ二二二二ニ>,j:::::::::::|二ニニニニ \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /二二二二二二ニ〉   /二二二二二ニ7 :::::::: |ニニニニ/゙^ \:::::::::::::::::::::::::::::::::
      i{二二二二二ニニ/{ /二二二二二二ニ7:::::::::::: |>,ニニ二/ニニニハ::::::::::::::::::::::::::::::
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 酒の入って僅かに赤らんだ表情に澤永は完璧に騙されている。今まで、普通の
┃ お嬢様然とした演技に成功していた事もあるのだが、事は上手く運んでいる。
┃ 
┃ さて、では、どのタイミングで仕掛けるとするかが問題だ。
352:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 22:44:32 ID:MqyBhmLQ






                 | ,;:                      |
             ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;',      |
      〃         |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||        ∠  |
         #;       ト┐  .||___|___||,':         |
              / |.|____.,____________、       |
             / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|
     ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
            |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
          /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
      / ̄ ̄/|                        /
    /__//|                       /
    |___|//                    /
    |___|/                     /
  /                          /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 宿の構造はシンプル極まる物だった。殺風景な部屋に鍵付きの箱が一つと、古く
┃ 黴くさいベッドが一つきり。そして、窓がぽつんと設けられている。
┃ 
┃ まぁ、連れ込み宿としての部屋だ。致すことはシンプルなので、凝る必要もクソも
┃ 無いのである意味当然の事だ。
354:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 22:47:50 ID:MqyBhmLQ




         \____\`ヽ、_
          \: : : : : : : : : : : : : :``ヽ
      -=ニ''"´: : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : : : :.Y
      >: : : : : :::::::::::::::::: : : ::: : ::::::::::: : : : : ヘ
    /__: : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    ̄  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,,ィ、,ィ,,::::::::::::::ヘ
        /__:::::::l`ヽ````ヾイ'"´     彡::::::ヘ      へへ、ここまで抵抗しないって事はオッケーって事だよな?
       ∠::::l: : __     __ィ彡‐  ソヽ:/
         lヘ: '"ィ'fッヽ   /ィ"fツ  |ソ 〉       いや、嬉しいね こんな上玉初めてかもなぁ
         ゝヘ:.   ´ .:i       l./
             ヽヘ:.    ::|         /ヽ--、       あ、ゴム持ってないけど良いよね? 分かんないだろーし
          /: ヽ.  :::ヽ      ./|\:/: : \__
        _丿: : : : \ 丶─‐  .//.ノ: : : : : : : :..\ィヽ_
     ___/: : : :ヽ: : : ヽ\  ̄ / './: : : : : : : : : //: : : : >、
     _|: :`\: : : 人:{:{  \ 二_/ /: : : /: : : :.//: : : : : : : : : : :`>、
    <\: : : : \: : : :`ヽ、 ハ__,ハ./: : /: : :_,//: : : : : : : : : : : : : : : : : :`>、,,へ
   /: \ヽ、__: `ヽ、: : : Yヘ::::::::/: /ィニ'"´ィ'ヽ ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >': : :.\─
   /: : : : ``─‐ `ニニ\: :ヘ ヽ:::/イ´‐'´: : : : : : : ヽ ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 澤永は、自分がしっかり酔っていると思って油断しきっていた。これなら、何をする
┃ にしても難しくは無い。さて、どうするか……
┃ 
┃ 1.普通に当て身でも叩き込む
┃ 2.一瞬でクラックして黙らせる
┃ 3.抱きつくなりして隙を作り鬼灯を送り込む
┃ 4.その他
┃ 22:53 1D4
366:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:53:00 ID:/e9n.3DU
3
367:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:53:00 ID:akKRhQVc
3+できたら変な性癖植えつけてやれw
368:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:53:00 ID:Nwm8CjBE
3
369:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:53:00 ID:wapgh/62
370:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:53:00 ID:nXF6eRBQ
3で
373:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:54:48 ID:PG/Jfw96
ダイスを振る意味とはw3だよねw
374:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:57:03 ID:/e9n.3DU
>>367が出来たらいいなぁwww
375:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 22:57:24 ID:MqyBhmLQ




                 | ,;:                      |
             ,;: |    || ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄||   ,:;',      |
      〃         |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||            |
                 |    ||      |      ||        ∠  |   おおっ!? い、以外と積極的……
         #;       ト┐  .||___|___||,':         |                 バチッ!
              / |.|____.,____________、       |
             / ,ノ'⌒)  /: . : . : . : . : /: !_.l ̄;;|_|   っ!?
     ,;:'       |.l/ゞ__ノ_/: . : . : . : . : / /」 .l_;;|/
            |.|´  ̄ ̄ l''''--   - --- - ー 「| ,r'゙     /
          /|」 ̄ ̄ ̄'-''~~―-ー~ー~|」´    /
      / ̄ ̄/|                        /
    /__//|                       /
    |___|//                    /
    |___|/                     /
  /                          /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:2 >>367
┃ 
┃ 肩を貸されている状態だ、少し身体を動かすだけで首に腕を回し抱きしめている
┃ 体制になれる。これなら鬼灯を送り込むことも簡単だ。
┃ 自分の腕を回り込んで、鬼灯が澤永の身体を登り、首筋に見かけた端子にコード
┃ を差し込んで……一瞬硬直し、ころっと転げ落ちた。
376:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:57:48 ID:/e9n.3DU
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
378:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:58:43 ID:Nwm8CjBE
うわ、攻勢防壁張ってたか
379:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 22:58:59 ID:PG/Jfw96
いや攻勢防壁でやばかったかも知れない?どっちだこれ
384:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:00:45 ID:MqyBhmLQ




             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /        うおあっ!? な、何っ!?
.        ┌-イ: : : : : ',                /
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /           身代わり防壁が……
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 身代わり防壁だ。鬼灯の機能が攻性防壁に触れて一瞬停止し、澤永の身体から
┃ 落下する。どうやら、電脳化に合わせて小型の攻性防壁を端子に埋蔵する形で
┃ 設置していたらしい。気絶させてからなら気付いただろうが、もう遅い。
┃ 
┃ まだ、相手は混乱している、今の内に……

┃ 1.回した腕で絞め落とす
┃ 2.地獄突き
┃ 3.肘で顎をカチ上げる
┃ 4.金的
┃ 5.その他
┃ 23:05 1D4
405:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:05:00 ID:wapgh/62
420:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:10:20 ID:MqyBhmLQ





                    ,,ィニYヾ=∠Yヽ、
                  ,イケシーヾ‐ゞミヽ`ヾ},、
                 fテ'´       `ヾ}、ヾj
                /              マy,i
               /               マ}|_       ガギッ!
             r'´7/     /| i   λ     |"ヽ`ヽ、
             {`/´!' /  /|/_リ!  / _,リ| l   l|ヽ、_ヽr'|
             `Y リ i l !j尖ッ、! j/仟テj| l l | |   ノ,/
              |  Ⅶリ|λ ` |,/ノ ` ´ リ | ノ リ'   | |       かった!?
              У/`|ヾ,人  ノ〈    イリノ .|ヽ、ノヽ'
             ヽ,/  |  |rヽ  ‐_-=  イ,i|   |  ヽ \
            _、┴―|  | {={>--<ffシ}i|   |__,r‐'`7'"´
           /  ヽ.  |  | |(`| ̄|´ )/   / ,/`ヽ!
         . |     ヽ |  |,、f´_j c }  j/  ,/ /     \_
         . |     ヽ| ./,  ヽ ヽ,‐-/  ,// ´     |
           !,      i'´ 、 \ _ '! }'-、  /  "´      イ
           ノ,     | 、_ ヽ、ノ-'`´_/  / " ´      |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 肘で顎をカチ上げるというのは非常に威力が高い。腕を首に回した状態からなら、
┃ 解けば肘は直ぐに届く。
┃ 
┃ 実践的な格闘技において、肘が重視されるのは、単純に殺傷能力が高いからだ。
┃ 硬く、かつ剛性に富み力を伝えやすく、身体ごとねじ込むことで伝達に無駄が無い。
┃ それが顎先に叩き込まれれば……普通の人間なら気絶する。

┃ が、彼は電脳化を施し、その脳は電子化されて脳殻に収まっている。衝撃と痛みで
┃ 混乱はさせられるが、脳振盪による無力化は構造的に期待できない。
433:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:16:02 ID:MqyBhmLQ



                      /\
               ┌- _  /   _∧ __
               |   \-‐ 7::::::::`::::::::::`ヽ、
                |  ,..:´::::::::/::::::::::::/^´ `ヽ:::::'.,
               /`,..:::::::::::::::::::::::::::/     ∨:::'.,
               ∨:::::::::::::::::::::::::::::| 丶    |:::::::'.,    あばばば、落ちる! 落ちます!
              /l:::::::::::::::::::::::::::::::l r‐┬    り、:::リ
             /  |::::::::::::::::::::::::::::l::| |:::::|  /`l人」-イ 了
             乙_」∧r 、:::::::::|:::::::V   ´ /   |:::::::| |_ノ
               /リ  ` -┼ r┴=ァァ '    ノァ-┴ '
             γ´=‐∨   ∨ハ//  _/ノ
              7:::::::::::`「ニ=‐-∨ /'´  ̄丁「
                ̄ ̄` |    -に}‐   /-ヘ
                   〉    イ::「ヘ  ヽ-┴---  _
                 ,イヽ _//::::∨`ー┘::::::::::::::::::::::`\
                //:::/  _/::::、::::∨_\:::::::::::::::::::::::::r '7
              /::::/:::::: ̄:::::::::::::` ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  〉
            <ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_/ r '´
              \_`l_::::::::::::, -、_, -、:::::__:: -‐ '´ /
               └-‐ 三r‐、_r‐、三 -== -‐'⌒
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ これだから身体改造者は嫌なのだ。単なる施術なら、生の部分が多くて脳振盪や
┃ 酸欠で気絶することもあるのだが。脳殻まで搭載していた場合は、中に小型の圧縮
┃ 酸素まで入れてて首を絞められても気絶しなかったりするので尚更性質が悪い。
┃ だが、顎をカチ上げられて相手の身体が泳いでいる、ここは……

┃ 1.組み伏せて鬼灯に再アタックさせる
┃ 2.衝撃での気絶を狙う
┃ 3.やむを得まい、殺してしまおう
┃ 4.その他
┃ 23:20 1D4
446:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:20:00 ID:/e9n.3DU
1
447:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:20:00 ID:Nwm8CjBE
1
448:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:20:00 ID:Ez.eYt/U
449:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:20:01 ID:PG/Jfw96
だ。
459:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:25:46 ID:MqyBhmLQ




                  ,. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : `: . 、: :`: .<Y_
                  /: : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : : : : : \Y_: : :ヽ Y
                  /: : : : : : : : : : : ヾ: : : : :ヾ: : : : : : : : : : : : \!、 : ゚. Y.、
                  /: : : : : : : : : : : : i: :ハ : : : : ゚: : : : : : : : : : : : : : ヽー-゚ : : \_
                〃: : : : : : : : : : : : : :!:.i.  ゚。: : : ゚。_:_: : : : : : : : : : : : :゚。///////≧=- 、
            /': : : : : : : : : : : :/: :/j: !   ゚。: ´ ゚.ヘ : : : : : : : : : : : : : ゚.////////////≫
              / !: : : : : : :! : : : /: :/ !:{.  /_ヾ: : :i ヾ : : : : : : : : : : : : ゚。////////////
          / l: : : : : : :j: : : :ハ:.!  i:.i/z云卞\{.  ゚。: :/: : : : : : : : : :゚.//////////イ/
                i: : : : : : :!'. : : ! i:{ `¨´:i{"匁少      Y : : : : : : : : : : : './////////i//
               !: : : : : : i¨¨ヾ!  ヘ、 ヾ:,_          j: :j : : : : : : : : : : ./////////!//   んぐっ……!
               '. : : : : : :ヽ 仡ム  \            /イハjヘ: :ハ: :i: : : : .'////////j//
                ゚。 : {: : : : i 匁ツ 丶             / ./: : : :j/: :!: !: : : : !ヾ////////
             ヾ:{: : : : l                /: : : : : : : j/: : : : :j///≫く////     「うあっ!?」
               \ 八   ャ    ̄` 、    /イ: : : : : : : : : : : : / //////≫ 、      
                  }: : : .   ∨       ヽ   /' .i: : : : : : : : : : : :/!///////////
                     ,: : : : : .   ヽ         !     !: : : : : : : : : : :ハヘ//////>‐≪
                /: : : : : : :\        ′   ィ: : : : : : : : : : ハ: : ∨//: :\: : :
               ,: : : : : : : :ハ≫。.    ¨´    <_fi: : : : : : : : : : i_ヾ: `: : : : : : :ヾ:
                   ,: : : : : : : fr≪ ///> __ ≪`Yヽy'.: : : : : : : : : :{ニニニニ≧=====‐-
               i : : : : : : :八/////////Y: : 〔¨ヽ i /゚。: : : : : : : : :{.ニニニニニニニニニ/
                {: : : : : : :′ノ////////ノ: : :f y r'   ゜.: : : : : : : :iニニニニニニニ/ニニ
                {: : : : : : ;   ̄≧=ニ≪ : : : ノi j Y /゜。 : : : : : l.ニニニニニ/ニニニ
               i: : : : : : i.      \: :/ニハ_!  Уニニニヾ: : : : :!.ニニニ/ニニニニニ
                    '.: : : : : :{       Уニニニニヽ/ニニニニニニ\: : iニニ/ニニニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 後ろに泳いでいた身体の襟を引っ掴んで、此方に引っ張りつつ足を繰り出し、足下
┃ を払って転倒させる。上手く引き倒すことが出来た。少々喧しいが、下も十分に
┃ 騒がしい。この程度なら許容範囲だろう。
┃ 
┃ お楽しみタイムから混乱と顎をカチ上げられた痛みと衝撃で相手は状況を掴み
┃ きれていない。戦場でなら、ある程度のリカバリーはしたのだろうが、平時で酒が
┃ 入れば熟練者でも腑抜けになるものだ。
468:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:29:58 ID:MqyBhmLQ





             __  ___
              /__Y___ \ 
          / ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄` 三ゝ
         /:::::::::::::::::::,、,::::::::::::::::::::::ヽ:::i::::\\
        /:::::/::::::::i::::i::lミ::;1:::::::::::::.ヽ:::::i:::l::::::::::ヽ \
.       /:::::::i::::::::::l::::l::lー'''|::::ト:::::::::::i:::::l:::|::::::l:::::i',  ヽ
      l:::::::::l:┼-A=ト」  l::::l i::::ト:::l:::::l:::l::::::l:::::l::i  i
      l:::::::::l:::l::::fェ土」  l::::幵了エI_::ナコ::::/:::/::l ヽ ト
      l:::::::::l:::l::杙っ::::ヾ L:」_ノ15::::::ヾ_/:::/:::::L __i i     今度は失敗しません
     l:::::::::l:::l::|. ゞ,:;;;斗      ゞ,,;;;;斗i::::/ )::::::l   l
     l:::::::::l:::l::!                 l:::::::::::::::::l__|
       ̄ T::l:个 、    へ      ノl:::::::/l::/:ノ
.         L:|::」::::介:‐- . _ . -  イ::::l:::::/::i/:」
          ー-/ ̄〉ト-=彡'/ ̄〉ー'--、'
       /二二/ ̄//《_`シノ/ー//三ニ=>,
       \_二 〈_//ニ -‐´ 〈__//___/::ヽ
      /:::::::Y/  _      ヾ \::::::::::::::i
       /::::::::::〈/     =     ト、_/::::::::::::::l
       i::::::::::::::{            }、:::::::::::::::/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 必死に服にしがみついて振り落とされまいとしていた鬼灯が、引き倒された衝撃で
┃ 図ったかのように襟元に跳ねる。いや、それを計算して空中で姿勢制御しつつ手を
┃ 離したのだろう。走狗とはいえ、そのスペックは侮れない。
┃ 
┃ ・問題:漫画 ヘルシングにおいて最後の大隊で明確に階級が判明している人物を
┃      五名上げよ
┃  このレスから五分以内とし、一人一名までとする
470:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:31:02 ID:8DVk8k32
シュレディンガー准尉
471:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:31:14 ID:Nwm8CjBE
ゾーリン・ブリッツ中尉
474:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:31:46 ID:Ez.eYt/U
トバルカイン・アルハンブラ 中尉
475:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:31:54 ID:9rhLioPg
ルーク・バレンタイン准尉
479:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:32:10 ID:D0y0AxXM
リップヴァーン・ウィンクル中尉
483:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:32:39 ID:PG/Jfw96
人狼大尉
486:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:32:59 ID:ZLehXeqQ
モンティナ・マックス 少佐
491:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:34:59 ID:MqyBhmLQ






             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /       うっ……あ……
.        ┌-イ: : : : : ',                /
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ・正解 制限時間の半分以内での正解の為クリティカルとなります
┃ 
┃ 攻性防壁は一回きりの使い捨て、身代わりだ。電子戦闘において補助として役立つ
┃ のだが、流石に脳が混乱し計算をマトモにおこなえない状態では、それが抜かれた
┃ 後はどうしようもない。そこまではメーカーも保証し切れまい、という話である。
496:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:38:12 ID:MqyBhmLQ

       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'くソニV_ヘ::::::`、
        ,::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ=廴}::::::::`
.        ′:::::::::::j;:::::::::::::}l::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ廴}斗==ミ、
.       ::::::::::::::::::|i:::::::::::::|{:::{\::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::ヒf'込,____ : : : l|
      i::::i::::::::::::|l:::::::::::::l \_/⌒\:::::\::::::::::::::::::::::::Ⅵ: : : : : :\_ノ}
      |::::|::::::::::::lム::::j:::::l ィ^\    \:::::ヽ::::::::::::::::::::|ノ\: : : :/}: :.〉
      |::::|::::::::::::{l Ⅵ:/  '´  ____,ノチ \:::il::::::::::::::::::|: : : `:ー' : {彡ヘ    畜生め、しくじったお
.     il::::|::::::::::\___Ⅵ    ´^¨¨^`   Ⅵ:::::}:::}:/::|: : : : : : : : :〉: : :}
      八:::::::::::\::{'~´i:}              ノノ}:::::::/:/::::|、:ー=: : : : {_;_;.イ    これだから身体改造者は嫌いだお……
       \\.:::::\ノノ         ___;彡イ::::/:/:::::::| \ : : : : :_}:{:::|
.            \::人 ヽ              厶イノ::::::::::|: : : `'┬彳:’,ヽ{    いってぇ、肘がじーんと来た……
.            /{\(\ ー_⌒      / |:::::::::::::::::| : : : : ‘; :{: : :廴〕
          ノ j_,ノ:::::::::....、       '′ _;|:::::::::::::::::|i : : : : : l_;_;/::::::`、
            {__{ |:::::::::::::::::l\__,,...イこ辷彡'|:::::::::::::::::|ヘ_;_;_;_丿::::::::::::::::::
            ;|:::::::::::::::::|:::::::{  { c {:|:::::::::::::::::|ニ≧zx::::::::::::::::::::::
            ,::|:::::::::::::::::l__::斗>=-ヽ   `|:::::::::::::::::|ニニ/ /≧‐_::::::::
.          厶|:::::::::::::::::|ニニ={{    }  :|:::::::::::::::::|=//ニニニニニ≧‐
         /ニニ|:::::::::::::::::|ニニ八 __}__ _j|:::::::::::::::::|_/ニニニニニニニニニ




   |      __
   |      /  \     _ノ^ヽ
   | r''⌒/ _  `r---く    ',
   | { /::::::::::::::::::`:.ー -- <  ト、
   |_./::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::\ /
   |:'::::::::::::::::::::::::::/ヾン\::::::::::::::::∨ヽ
   |:::::::::::::i::::::::::/|!    }:::::i::::::::::::∨ \      大丈夫ですか?
   |:::::::::::::|:::::::/-{!-   __|:::/!::::::::::::::.,  乂
   |:::::::::::::| 乍三丁    _j/__}::::::::!::::::i  r ^     身体機能掌握 生命維持以外停止
   |:::::::::::::| 乂hソ    {三弐j/::!::::::|___/
   |、::::::::N        乂_ツ i::::::/i::!         電脳、電源カット 休眠状態へ疑似移行……
   |r\トヽ               ノ::::/ j/
   |ゝ- 、 ≧==-- __r--、 ≦::::/           これで、この男の電脳は思うが儘 です
   |///,ハノ   У'  ヽノ/\
   |>''}/乂   //   \///}
   |  ノ^}ー-= ⌒ ー- イ`ー '
497:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:39:11 ID:nXF6eRBQ
よしよし、さっさと情報抜いて記憶書き換えてトンズラしよう
500:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:40:00 ID:7LW4oF4s
記憶の書き換えできるんかな顔見られたの消しときたい
502:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:40:12 ID:RKa8Oitw
さーて手間取ったし情報丸コピしてさっさと帰ろうか
507:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:41:30 ID:MqyBhmLQ

         . ::´::::::::::::::::::込ニニニ辷{、`::....
.         /:::::::::::::::::::::::::::::.`込,ニニニ辷!:::::::::::::ヽ
.       , :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::込,ニニヒ!::::::::::::::::::'.,
      /::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::ヾ,ニニヒ{:::::::::::::::::::::',
.      ′:i:::::::::::::::::i::|! Ⅵ::::::,:::::::::::\rjヒ{____:::::::::′      立ち振る舞いが素人臭いから舐めてたお
.       |:}l::|:::::::::::::::,'|/_j_j、::::,:::::::::::::':,⌒\__>、::',
.       |八i:::::::::::::/ |;尤jノ ∨::i:::::::::::j::i_ノ}: : : : : : }:′      お袋にばれたらお説教部屋行きだな、こりゃ
.       |! ∧!::|::::::::}|} ´ j! 〉::|:::::::::::|!:| : : :| : : ,, : :.丿::',
.       |  j从ハj/ ′  /^jハ::::::八!: :'"{: : : : :.:.‘,:::′      あー、痛い……
.          込、        ル::/: : : : :.:‘,: : : : : |:::::::',
           └こ      ノ}ハ___,.:く`ー―へ、::′
             ∧       |:::::|: : : : : :.:‘, : : : : : 〉::',
                ;::::::ー=≦ソソ|:::::|: : : : : : :.:‘, : : /::::::',
.              i:::::::::::::::`}o{ ,|::::.‘,: : : : : : ノ⌒´:::::::::::::::.、
.              ,:|:::::::::::::::::}" 八:::::`⌒ー‐'":::::斗==≦,:::::..、
         x≦ニ|:::::::::::::::人./::::::::::::::::::::.斗≦三三三三≧x::\




                       r‐zx____xzx
                     ..:fアニニ∠ア゙:::::::::\
                    /:fアニ∠ア:::::::::::::::::::::::.
                 /:::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::.
                      l|:::::::ヒ|ニニヒI::::::::::::::::::::::::::::::::::
                 ||::fこアf"´ ̄}:::::::::::::::::::::::::::::.      鬼灯、データベース検索
                    八乂: : {: : : : |:::::::::::::::::::::::::::::::.
                      ヽ{_人_ノ:::::::{::::::::::::::::::::::::.      エンジェルテキスト
                   /: : |: : : \:::::::\::::::::::::::::::::.
                     〈/: : |:i: : : :人::::::::::\::::::::::::::::.      麻薬
                     `⌒i^⌒lj_ノ\::::::::::\::::::::::::.
                           |::::::::|ー}ニニ7冖-ミ:::::::::::.     設定は類義語含めて直近一年分
                     /:::::::/_/ニニ/ニニニ-.::::::.
                         //:::::::/_/ニ//ニニニニ-.:::::::.
                     //:::::::/イ/ノ/ニニニニニ-.:::::::.
                     ノ/|::::::/,/ニニニニニニニニ-.:::::::.
                      /=//|:/}|/ニニニニニニニニニニ-.:::::::.
513:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:43:26 ID:MqyBhmLQ

                   / ヽ ヽ
                     >,.. レ ‐==ミ、
                 ,::::{ .,イ:::イ:::: ::{、::::,
                    ./:/ {::::::::LLL{ LL}
                   {:ゝ.__ハ::::::{ ヒリ ヒ}::}
                   从:::::::::',::::{    /l::i    Jud. 流石にデータ容量が多いのでお時間を頂きます
                    ,.` 、从::::::,、 .イ::::/
                 /   `ヽ ∨ム }=ミ     五分ほどお待ちを
                   { ノ≧ュ、 }  ノ{ |
              ∧}////ム/ <´  {、{
               //////7ュ ヽ  ヽ
                 //////ノ  }  イ
                   `¨¨}//∧-=≦}7,'{
                    ___} //∧  .}/,'{
                 {   ヽ/∧  }/,'{
                     //≧ュ、ト/∧ }/.{




                    ,_,.,_,.,_,.
                   _,I斗‐……‐-ミ辷ト
            ...:'":::::::::::::::::::::::::::::::::\込\
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V(_)_):.,
            .:::::::::::::::::::::/:::::::::∧::::::::::::::::::::V(ーヒハ
          /::::::::::::::::::::::l:::::::::::| ∨ハ::::::::::::::V=ヒ}:|
.          ;::::::::::::::::::::::/l:::::::|斗r≦「|::::::l::::::::|㌍=ミ       人間のメモリーは重いから致し方なし かお
        |:l|::::::::::::/:/-|::::/| r''"]歹|::::::|::::l:::||\_\___
        |八:::::::::{|T序・       |::::/:::/::八: : : : : |ーヘ    さーて、どうやってケツ捲るかね
          ヽ:::::│  ノ     .ノl::/}/)イ : : : : __ノ: __,ノ
           )V八  `   __   /|:::::::::|\__}: : :|
            { : : |:::::... ´      |:::::::::|: : :\: : \丿
.             \_|:::::::::\    '" |:::::::::|: : : : :| : : {
             |:::::::::|,j个≦ir~‐|:::::::::|─<ブ⌒⌒:.
             |:::::::::|ニ(_{c )__) |:::::::::|ニニ≧-ミ::::::.
             |:::::::::|ニ(_{ .},ノ'´ |:::::::::|ニニニ-/≧=
             ::::::::::灯Vr≦⊆、,::::::::::|ニニ//ニーヘ
            //:::::::/ブ^|ト、ニニ)):::::::::::|ニ7 ,イニニニーヘ
             /| |/:::::::/// ,||廴彡/:::::::::::/ニ/ /(ニニニニニ!
         /ニl/::::::://]   j||{\/:::::::/|///ニ\ニニニ-|:.
514:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:44:01 ID:PG/Jfw96
攻勢防壁は手元に持ってるかどうかが問題だ。
在庫は持ってるはずなんだけどね。
517:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:46:00 ID:fxxJ58H2
隠密行動で窓から脱出かな?
521:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:47:30 ID:cfavEvn2
まあ情報の確認からだな
場合によっては1日2日行方不明にしてその間に解決すればいい
522:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/23(土) 23:47:33 ID:MqyBhmLQ




                     __   __
                   /   Y    ヽ_
                   / ̄_,..:-:‐:────::‐: 、`ヽ
               ,'ニ,. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\三',
               i/: : : : /: : : : : : : : : : : \ : : : : : 丶\
                /: : : : : : i : : /V^'; :l :i: : ; : :|: : : :|: : : : , \       んー、つまらない記憶ですね
                 /: : i : : : :i|:\|   }:ハ:|/: : :|: : : :|: : : : ' \ \
_________j: i: ::|: : :;/リ ヽ:{ヽ ノ/l:ハハ/|: : : :|: : : : :'  \ ゝ    ありきたりというか
============ュ | |:/|: ::|:::/::} ,=====    '=====|: : : :|: : : : :| \_ノ
            || | | |: :八{:::l       '        |: : : :|: : : : :|/       割と何処にでも居る人間の屑というか
            || | | ∨|/:`ノ           |: i :| : : i: : :、
            || | |   i|::::ヽ、    ゝ-'ー(    ,|: ::l :|:: : :|:/`{        あ、蘇芳様に一回絡んでますね、こいつ
            || | |  八;:γ'"´ゝ-'^ヽ--‐ァ '''" |: ::j;/:;∧{'
            || | |  <三{         } />゙/:〉ーj;/´~`三ニ=、
            || | |/:::,r''^`ヘ. __,ノ/ 〈./ 、 /,´:::::::::::::}
            || | |:__,/ゝ-=≦} //ー      `ヽ/⌒|`::::::|
            || | |::::::::::::::::::::/ //         }  | :::::::{
            || | |:::::::::::::::::/ヽ|i              /  l |:::::::::〉
            ||__i:__|` ─ '⌒Tニニ二二ニニニニT   |==={
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 人間の記憶データには実に雑多なデータが詰め込まれている。映像、音声、臭覚、
┃ 味覚に触覚。その時考えて付箋設定で貼りつけた適当なメモやら何やら。それらを
┃ 全て解析するのには、人工知能の正しく人外レベルの処理速度でも膨大な時間を
┃ 必要とする。とりあえず、その間に逃げ方を考えなければ…………。

┃ 1.窓から逃げる
┃ 2.ぶん殴って気絶させたようにして泣きながら逃げる
┃ 3.Sf呼びつけて1演技
┃ 4.その他
┃ 23:54 1D4
545:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/23(土) 23:54:05 ID:Nysf5ixw
2
558:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:01:55 ID:nQaUsKvY




                     __,、___,、_,、__
                 ┌1>┴┴┴<ト
                 ノア゙:::::::::::::::::::::::::::::::`'くL
               〈_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V〉
                 〈_/:::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::V〉
               〈_,::::::/:::/:/|:l:::::::::::∧::::::::::::::::',_〉
                〈_|:::::::::/://|:|:::}::::/||∧l:::::::::::::|_〉__
.          rf二二フ||:::|:::|/`"ト|:{:://|l"´|l|::|::|::||⌒\__)
.          ├(__/||:::|:::|:|‐-‐|::://丿‐-‐|::|::|::||\_)「
.          ヽ{ : : : 八{{八  从〈    八}}八: : : : |    ……アルコール入ってるし
             {___/: |\<辷  丶'   _彡//::|\__/
             〈: : :|: : |:::::::::r个... ´ー` ..个r|:::::::::|: : :|_〉     突き飛ばしたらふらついて転んで、この箱に頭
           ーヘ,_|:::::::::|ニゝL〕Z〔Llノシ|:::::::::|__ノ       ぶつけて気絶した事にしとくか
                /::::|:::::::::|\_}-| 。 |-{_/|:::::::::|:::::::.
            /I斗|:::::::::|ニニ込...厶ニニ|:::::::::ト__::::.      一定以上の衝撃で電脳もエラー吐いて気絶とかは
             flxニニ|:::::::::|ニ[( ̄)Y( ̄)]ニ|:::::::::|ニニlx,_      十分にありえるし
.           /ニ〈lx.ニ|:::::::::|ニニ∧l:l∧ニニ|:::::::::|ニ-xl〉‐\
          /-ニ-〈lx_|l::::::::|-ニ∧/ll/∧ニ-|::::::::l|ニxl〉ニニ-ヘ
.         ニニニニ〈l八::::::|//V V\\|:::::j八xl〉ニニニl
         |ニニニニ-\)j;八//I〕〉 〈〔Lヘ八/(_l/(ニニニ-|
         |ニニ-/ニニニ//I〕〉 。 〈〔Lヘ.=≦ニニ\ニニ|
         |ニ/ニニニニ//I〕〉 }  {〈〔Lヘ \ニニニ\ニ{
        ┌v/ニニニニ/┌‐n__}   {_,〈〔Lヘ,\>‐┐ニ\〉
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:4 >>545
┃ 
┃ 変に色々演技するよりは、ストレートに行った方が安全かもしれない。ただ、何が
┃ 怖いかって言ったら追いかけて、今度は俺が相手してやろう、って馬鹿が出て来ない
┃ かどうかだが。店の中には客が多いからかき分けて逃げるのも手間そうだ。
565:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:05:30 ID:nQaUsKvY

.         /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::,/i::::/::::::::::::::::::::::::i:::| ';::::::::::::';:::::::::::::::';:::ヘ
.         /::::::::/::::::::::::::::::::::;;ィ;::/ .i::;イ:::::::/::::::::::::::::!::|. ';::::::::::::';:::::::::::::::';:::::',
        /:::/:::/::::::::::::::::::::::/ // .|::i |::::/::::::::::::::i:::;|::|  ;:::;::::::::i::::::::::::::::i::::::',
.        i::;イ::::i::::::::::::::::;::::::/_/:i__|:i .|::::i::::::::::::::/:Z,|:|___';:i::::::::|:::::::::::::::::i::::::',
    _, - ´|::i.i::::i:::::::::::::::::i::::/ i/ _二|i`|::::i:::::::::::;イ≠"i|_ ̄ i:|;::::::|:::::::::::::::::::i::::::i
   i´    |::| |:::!:::::::::;::::::|:::/ィ孑=云`ミ |::::i::::::::/','/,イ孑=云‐ミ|、::::|::::::::::::::::::::|;::::|`ヽ
   ',   _,.|:i .|::|::::::::::i::::::|:/ヽ、|i:: i .:} , |:::|:::;;イ ,:/  ,イ:. i .::}_ ャ|::::|::::::::::::;::::::::|';:::i  `フ
  ,./',    .|:| .|:i::::::i::::i::::::iト, ´! ̄ ̄´ ,イ:i/´ i/  /  ̄ ̄  !.|:::|:::::::::::::!:::::::| i::!  /\
 く  ',   ,.i| ,.'!|:::::|i::::i::::::|::':,     /ハ:!   |  ./      ,.|::|:::::::::::::i::::::::i 'i|、 /  /
  \ .∨" ´ .!  !';:::!:i|';:';:::::i\'、   /.' i|  ,!        /|:i::::;::::::::i:::::::/   'Y  /   一回引き起こして、本当に叩き付け
    `r-',     |';::::|:`ハ::;ヘ. `ー  '´   ^  ^     ./イ'||::::i::::::/:::::/    .i V     ないとな
    ', ゝ     /|::';:|::::|::';::',ゝ       -‐ ー-      /i|:::/|::::/::::/二=ー'´,ィ"
     ヽ \   / |:::::i|::::|:::ヘ;i:::\.      ー      /:::::|i:/::i::/::::/、_     /     箱が壊れてないと妖しいし
      >ー`‐/ ,|::::::ヽ::i:::::::':::::::|` .、         , ´|:::::i:::::::::::|/::::八ヽ`ー 、 /
    /   /  |::::::::::::|::::::_:::;_;!_,ィz> ,      , ´,、 |:::::|:::::::::/::::::| ヽ.`ー-,-`
.   /   /    .|:::::::::::::|:::(´´>ー,i´`'-t`ー-=,´_/´-く`フ`ォ:::::::::::::::|   ',  \
   f-、  く`ー-、_|:;::::::::::::|:/T´::::::ノ    i     i'   ',`ーく,|::::::::::::::::|   '_.  ヽ,
  /`´>ー―-- , _|ヾ::::::::::!:::::}ィ::::(,  ,.. ,_! `(,_.) |_,.. ノ:::::::!:|:::::::::::::::|_,,. - ‐ラ ,,..オ
  // ̄ヾ`,'ヽ、:::::::::::!::';:::::::::|::::i:::::::::;i_`_,.|   _,,.ィ-ー`' 、:::{:::|:::::::::::::::i:::\ .//',_.ノ




                 _       _
                  / \     /∧
                   _/   _\/_  ∧_   ビシッ
             く´,..:::´:::::::::`i´:::::::::::`ヽ`>
              /'::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::'\
            / ,':::::::::::::::::/^´ `^∨:::::::::::::', ヽ、
          /´,'::::::::::::::/l|      |lV:::::::::::::',`  \     結果、出ました!
           く  ,':l:::::::::::lリ__`  ´__レl::::::::::::l  /
           `ーレ|:::::::::::||::::::|     |::::::||::::::::::::ト- ´
            、┬l、|::l、::::::| ー'     ー' |:::l::::::リ ┬ァ
             l_| |`∨ヽ」丶 ___ ...'|/∨´:| |_l
           └ '⌒ヽ::_ヽニ  У  ニZ_::ノ⌒ ┘
                〈_  /     _〉_
                   」二TニT二γ::::::\
                   /::∧       /::::::::::::::|
              /:::::::::::::|     イ:::::::::::::::∧
              /:::::::::::::::::l    / |::::::::::::::::::∧
567:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:06:16 ID:L3GAGcGE
鬼灯かわかわ。
そして本当にたたき付けられる羽目にwww
570:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:08:10 ID:nQaUsKvY

   /::::::::::::::::::::::::::::::ー(\:::::iう::::::::
   /i:::::::::;::::::::::;::i;:::::::::::て>;-、,'―-
.  i:i|::::::/i::::::::::|::|\::::::/" `Y、
.  |!.|:::::i i:::;::::::i';:i/!;:i ー-=- | `ー
   ! i:::i:|. ';:i:::::::|';レくリ:',    .i ゞ、    おっ? ご苦労
    ';:i|i  ';!;:::::ヽ!. ´!';:i- -‐-{ヽ、
    `!`  `ヽ;::/  /イ',.,__,.ノ/ヽ`    どうだった?
         く、   レ /  i.  ',
          ` t - ./   i  ,_
             '、 L..,,__'イ
             ` ,´i. - |:::i::::
         _,,.. - ''´::::::::::::::!:::i::::
     _,,..ィ<´::::::::::::::::::::::::::::|:::i:::::
    /`ヽ;:\\::::::::::::::::::::::::|::::i:::::




                   / ヽ ヽ
                     >,.. レ ‐==ミ、
                 ,::::{ .,イ:::イ:::: ::{、::::,
                    ./:/ {::::::::LLL{ LL}
                   {:ゝ.__ハ::::::{ ヒリ ヒ}::}    Jud. 幾らかヒットしました
                   从:::::::::',::::{    /l::i
                    ,.` 、从::::::,、 .イ::::/    先月、どこぞの遺跡に偽装した工場から何かを
                 /   `ヽ ∨ム }=ミ     運び出す任務を受けているのですが、その積み荷を
                   { ノ≧ュ、 }  ノ{ |      警備していた当直の兵士が エンジェルテキスト という
              ∧}////ム/ <´  {、{       ワードを呟いています
               //////7ュ ヽ  ヽ
                 //////ノ  }  イ    また、何名か売人の顔と名前も
                   `¨¨}//∧-=≦}7,'{
                    ___} //∧  .}/,'{     同様に、危ないからデイズ内部では絶対にやるな という
                 {   ヽ/∧  }/,'{      リーダーからの厳命もでておりました
                     //≧ュ、ト/∧ }/.{
                 ///////{ ∨ハ }/}
             //////////{  } /}r'¨¨}
573:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:09:09 ID:Bx9MFqQA
うおあああああ!

デイズまともだったーーーwww
581:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:11:00 ID:IKGJrVHw
>>573
いや、むしろ真っ黒だろ…
582:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:11:05 ID:ASNnMatw
>>573
まともだったらそもそも運びだしやらんwwwwww
誠の有能さはよくわかるけどな。
585:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:11:34 ID:6Qe/CrF6
>>573
まともな連中はヤバいブツ(中身の正体まで察してる)の運搬なんてしねーよ!?
588:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:11:59 ID:ucn6uhC6
>>573
相手が相手だから「この薬は危ないから絶対に身内と女には使うな、男なら構わん」
って意味で【デイズ内部では絶対にやるな】を読んでしまう
589:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:12:30 ID:/wHgapSI
>>573
PTメンバーが潰れるのは困るから止めておきましょうね、部外者が使う分には知ったこっちゃないけど
だから全然マトモじゃないよ
590:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:13:01 ID:nQaUsKvY

/::廴/ニニ∠ア:::::::::::::::::::::::::::::::\
::::廴/ニニ∠ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:廴/ニニ/_ア::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
廴iニニ/_ア:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
廴|==|_ア::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::,
廴|==lア::::::::::::::::::::::::::::/ ';::::::::::::::::::::::::::::::,
廴l=ノ―─=ミ;:::::::::::/ ̄`::::::::::::::::::::::::::::::::,
_,ノ7: : : : : : : :/:::::::::;斗=ミ ,:::::::::/::::::::::::::::::{
: : {_.: : : : : :./:::::::::/{_j_ヅ l:::::::/∨::::::::::::i{:!
: :、:{ : : : : : /:::::::::/ {   |::::/  ∨::::::::八:,
/}^ヽ: : :_,,}::::∨  }   丿イ   イ:::::::::′ }    無法者が避けるって、どんなだお
: : | : : '√:::::::::::::\_          从::::/
: :/l: : : :∨:::::/⌒⌒     , .::‐ /::| )′      それとも、薬はやらない信条でもあるのかね?
:/:::l : : : :∨::ミiト           /:::::l
:::::::ヽ:,ノ⌒:::::::|  `≧ぃ.。.. イ::::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::|____x=彡{  |:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::l辷彡宀'⌒Ii≧|:::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::| }    {ノ二|:::::::::ト__
:::::::::::::::::::::::::::::| }  O {>二|:::::::::|ニニニ≧=s、




                   /\  / \
                  __/ _ ∨ _ ∧__
                | , ..::´:::::::`l´::::::::::`::..、 |
                     >'::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ヾ
               /:::::::::::::::::/^` ´^ヘ::::::::::::::::∧
               /イ::::::::::::::::/       ∨::::::::::::∧\     いえ、普通に合法の合成麻薬などには
               / / !::::::::::::Ν__` ´__レ|::::::::::::::::| ∧     手を出している人間が多いです
            └┐ ,||::::::::::_|l|::::::|   |::::::|丁::::::::::::リ ┌┘
                   ̄「V::::::|  ー'     ー' 」::::::::::Ν ̄     科学的に依存性が無い、軍が普通に卸してる
                  ヽト」≧= _r㎜_ =≦L -‐ '        物があるそうですね
                  〉‐- ニ `〈=二Vニ -‐〈
                   |::::::/ ‐- _rヘ-、\;::::::ノ         精神的な依存性はさておくとして、一応安全な
                  |_::_`:::::_::;;| ├ ':::::/{           物は多かれ少なかれ嗜んでいるとか
                 /::::`T┴┴ '┴`7´:::∨
               ,イ:::::::::::|   、/  |:::::::::::\        ただー……エンジェルテキストだけは、リーダーが
              /::/:::::::::::::|      |:::::::::::::::::`ヽ、      口をすっぱくして言う程の物らしいので、全員が
             /:::::::::::::::::::: l       |:::::::::::::::::::::::∧       びびって手を出さないそうで
596:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:15:12 ID:nQaUsKvY

               ,:'::r‐Vニ.イノ⌒::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::人/ニ,:'/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.              ,:::::廴,'ニ/~::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              '::::::ヒ{=/ ::::::::::::::::::::::::;::::::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::、:::::.,
            i::::::: 〉|/ ::::::::::::::::::::::::/|:::/|::::i:::::::∧:::::::::::::::::::!\:,
          _|__ヒi::::::::::::::::::::/:::/´|:; |::::':::::/  ゙;::::::::::::::::|  }|
.        /.: : : :/;':,::::::::::::::::::/i::/  |:l |:::}:::/l/斗):::::::::::::|  |i
.          {\__/: : |:|i::::::::::i:::: ,゚ |:i `≦{、 |:ノ:/}'ィ刎.八:::::::::/i|  |!
        ‘, {\: : :|八::::::::|::!::|^苅沙㌃ ,!:;.′ `¨ |:::}:::::/ │
            / :‘,:`:ー‐|:!:::::乂::|、{  丿 /^{ {   ノ|イ/i/ 丿
        〈 : : : }: : :..:.从:ハ八::|\        〉   仏. ′    ますますおっかねぇしキナ臭ぇ
          \.:.{.: : : : :..:,|::::::::ハ|\      _ ..、 ,.:':::::|、
.         〈.: :.\____ノ:|::::::::::j{ミs、>:...._  ゙ ,.仆 ::::|;ハ      位置データとか絞れたかお?
          /\_ノ: : : :∧::::::::::∨ニミrーr‐えチi}i|::: 八ニ,
            /:::::::::::_\_/=∧::::::::::∨///辷{Oヒ{[∧::::::::ヾ!
        /:::::::/ニニニニ∧:::::::::::寸/,辷{. ∨ニニ:.、:::::::゙:.,
.       /:::::::/二二二二二∧::::::::::: 寸≧ーfソ≦彡 \:::::::,
.         /:::::::/二二ニニニニニ∧:::::::::::: \_/}ハヘ.ニニニ}::::::',
        /:::::::/二二二二二二ニニ\:::::::::::::::寸リ }}  寸ニ}::::::::;
.       /:::::::厶=≦二_¨ <二二二ニハ:::::::::::::::寸.}}   Ⅵ'|::i:::::|
      /:::::::::/⌒二二二≧=.,` <ニニハハ::::::::::::i].}}、   Ⅵ人从




                /\
         ┌- _  /   _∧ __
          |   \-‐ 7::::::::`::::::::::`ヽ、
           |  ,..:´::::::::/::::::::::::/^´ `ヽ:::::'.,
           /`,..:::::::::::::::::::::::::::/     ∨:::'.,       Jud. 勿論ですとも
           ∨:::::::::::::::::::::::::::::| 丶    |:::::::'.,
         /l:::::::::::::::::::::::::::::::l r‐┬    り、:::リ      絞りに絞っておきました
       /  |::::::::::::::::::::::::::::l::| |:::::|  /`l人」-イ 了
        乙_」∧r 、:::::::::|:::::::V   ´ /   |:::::::| |_ノ    工場の位置から何から全て転写済みです
          /リ  ` -┼ r┴=ァァ '    ノァ-┴ '
       γ´=‐∨   ∨ハ//  _/ノ
        7:::::::::::`「ニ=‐-∨ /'´  ̄丁「
            ̄ ̄` |    -に}‐   /-ヘ
                 〉    イ::「ヘ  ヽ-┴---  _
           ,イヽ _//::::∨`ー┘::::::::::::::::::::::`\
           //:::/  _/::::、::::∨_\:::::::::::::::::::::::::r '7
597:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:15:20 ID:SiM9Q1vg
誠さんの素晴らしい統率力がわかるな……
599:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:15:30 ID:7bWkBLAU
"エンジェルテキストだけは"って名指しって事は
誠は間違いなく噛んどるっぽいね
601:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:16:01 ID:xs.Uoxw.
あれこれもしやどこかしらで関わってるか?

というか公式な機関が麻薬流していいんかい、終戦後に出回ったヒロポンじゃあるまいし
613:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:20:55 ID:nQaUsKvY
>>601
 得も言えぬ幸福感に包まれる精神安定勢的な麻薬でございます……
 身体的依存性は無いが、精神的な依存性までは克服できていない……

 戦場でシェルショックを起こした兵士や、ストレスで潰れそうなスカヴェンジャー・マーセナリーを対象に売られる
 一般人へは販売されておらず、転売は禁じられている

疲れを麻痺させて集中力を底上げする合成麻薬も軍用として存在しているよ……!
619:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:25:17 ID:nQaUsKvY






           ,,ィニYヾ=∠Yヽ、
          ,イケシーヾ‐ゞミヽ`ヾ},、
         fテ'´       `ヾ}、ヾj
        /              マy,i
       /               マ}|_
    r'´7/     /| i   λ     |"ヽ`ヽ、
    {`/´!' /  /|/_リ!  / _,リ| l   l|ヽ、_ヽr'|
    `Y リ i l !j尖ッ、! j/仟テj| l l | |   ノ,/      そうなりゃ、もう用事はないお
     |  Ⅶリ|λ ` |,/ノ ` ´ リ | ノ リ'   | |
     У/`|ヾ,人  ノ〈    イリノ .|ヽ、ノヽ'       さて、さっさと書き換えてお暇するかお
     ヽ,/  |  |rヽ  ‐_-=  イ,i|   |  ヽ \
   _、┴―|  | {={>--<ffシ}i|   |__,r‐'`7'"´      薬の効果時間もあることだし
  /  ヽ.  |  | |(`| ̄|´ )/   / ,/`ヽ!
. |     ヽ |  |,、f´_j c }  j/  ,/ /     \_
. |     ヽ| ./,  ヽ ヽ,‐-/  ,// ´     |
  !,      i'´ 、 \ _ '! }'-、  /  "´      イ
  ノ,     | 、_ ヽ、ノ-'`´_/  / " ´      |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ デイズはやはり黒だったようだ。どこまで、エンジェルテキストとやらに関わっている
┃ かの真相は今の所不明だが、清廉潔白なスカヴェンジャーチームではないことだけは
┃ 確かである。情報をさっさとベアトリーチェに流してしまおう
┃ 
┃ さて、澤永の記憶を改竄しなくては。突き飛ばされて頭部を収納棚に強打し衝撃で
┃ エラーを吐いて昏倒、まではいい。実際、角は金具で補強されていて凄まじく痛そうだ。
┃ 自分が出た数分後に目覚めるようにすれば不自然でもなかろう。
620:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:26:20 ID:1NoZ/G1w
防壁はどうすんだろ
629:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:29:11 ID:nQaUsKvY



                /\
         ┌- _  /   _∧ __
          |   \-‐ 7::::::::`::::::::::`ヽ、   ビシッ
           |  ,..:´::::::::/::::::::::::/^´ `ヽ:::::'.,
           /`,..:::::::::::::::::::::::::::/     ∨:::'.,     改竄ならお任せを!
           ∨:::::::::::::::::::::::::::::| 丶    |:::::::'.,
         /l:::::::::::::::::::::::::::::::l r‐┬    り、:::リ        「……そのポーズ、気に入ったのかお?」
       /  |::::::::::::::::::::::::::::l::| |:::::|  /`l人」-イ 了
        乙_」∧r 、:::::::::|:::::::V   ´ /   |:::::::| |_ノ   ええ、まぁ、割と
          /リ  ` -┼ r┴=ァァ '    ノァ-┴ '
       γ´=‐∨   ∨ハ//  _/ノ
        7:::::::::::`「ニ=‐-∨ /'´  ̄丁「
            ̄ ̄` |    -に}‐   /-ヘ
                 〉    イ::「ヘ  ヽ-┴---  _
           ,イヽ _//::::∨`ー┘::::::::::::::::::::::`\
           //:::/  _/::::、::::∨_\:::::::::::::::::::::::::r '7
        /::::/:::::: ̄:::::::::::::` ー 、::::::::::::::::::::::::::::::::ノ  〉
      <ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_/ r '´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 改竄するにしても、どうしたものだか。バックドアを作って利用するも良し、そのまま
┃ 改竄だけして放流しても良いだろう……ああ、無意識操作を行って何かをやらせても
┃ 悪くないかも知れない。例えば、何とも無しに攻性防壁を交換させたり、などだ。
┃ 
┃ ・改竄の方針 0:33 1D4
646:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:33:01 ID:lq9v7KFw
押し倒そうとして突き飛ばされ、頭をぶつけて気絶したと記憶を改竄させ
攻勢防壁は無意識操作で交換させておき、ついでにその交換の痕跡も本人に消させておく
666:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:41:32 ID:nQaUsKvY



             /::::::::::::::::::::< ̄¨`  `'^゛^`ヽiヽ:::/::/:::::::::::::::::::::::::::::
          i:::::::::::::::::::∠´             V!/イフィ::::::::::::::::::::::
           i::::::::::::::::/                   ̄i::::::::::::::::::::
            i:::::::::::::::フ   -‐‐‐-- 、 _  .、       i:::::::::::::::ヽ:
         、__i::, =-、;7      __ `ヽニフノ  ,≠=-、 .i::::::::::::::::::::
        \::/ .ハ.i      <i::::゚/ ヾ`::     /::´    i::::!¨\::::::
          <i /⌒i        ̄¨      .::ィ-t‐、  /::::::!.  \::
          .∠i i  (|              /:::`‐' ´  ∧__::::\  `
           `ト.ヽ_,|                  i::       /    ̄¨`
              i:`>イ                 i:::    /
           i:::! !                 i::.    /
           i/: : : ',          ‐ ,_ノ:    /
.        ┌-イ: : : : : ',                /      うー、いってぇ……壊れたかな……
      ,;;、 ノ.`〈: : : : : : :\  ∠ニ_‐‐---,  /
     /;;;;く   \.: : : : : :.:ヽ     ̄ ̄ /
    /;;;;;;;;;;;;;ヽ   `゙ー-:,:,: : :\_      /
,.,:;;;;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\.     ¨ヽ : : ¨7‐-‐'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:1 >>646
┃ 
┃ 数分後、澤永は起き出して後頭部を触ると、金具で切れていて少し血が出ている事に
┃ 気がつき、逃げた女に悪態を吐きつつも、近い内に検査しないとと考える。そして、
┃ 翌日だが、うっかり首筋の端子に防塵キャップを付け忘れてシャワーを浴び、端子が
┃ 痛んだかと思って技師に見えると身代わり防壁が焼けて駄目になっていた。

┃ 結局、文句を言いながら数百円支払って張り替えたとか…………
691:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:49:43 ID:nQaUsKvY



                _.._ ``、,.、-::─::-..、
              /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
               /:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
           /:::::::::::::::::::::::イ::::::::::: 丶::::::::::::::::::::::::',
             /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
          i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
          |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ      ん? 澤永どうし……ああ、逃げられたのか
          |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>
          |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ      「察されてもねぇ……」
              i/ V、_ヘ       !     ムリ′
              ′    ヽ、  - -   , ′         おいおい、血ぃ出てるじゃねぇか
                     |ヽ    イ/
                     ,.イ   ` ´  ハ             「酔ってたのか、足が縺れて……」
                 ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
            ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、      どんくせぇなぁ
        ,...::::´::::::::::/:::::::::l、 ∧;;;;;;;;;∧ /:l:::::::: ヘ:::::::::::`:::....、
      ,ィ:::::::::::::::::::::/::::::::::/!∨ ∨;;;/ ∨ l::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::`::..、
        i::l::::::::::::::::::::::ヽ::::::/:::!   .i;;;;;;!    ハ:::::::: / ::::::::::::::::::::::::/:i
        l::l:::::::::::::::::::::::::::У::::::l   i;;;;;;;i  .,'::::::\:/::::::::::::::::::::::::::/::::l
        l::l、::::::::::::::::: /:::::::::::::l  i;;;;;;;;i  /::::::::::::::\:::::::::::::::::::::/:::::::l
.      !:::::i!::::::::::::::::∨:::::::::::::ヘ  l;;;;;;;;;i /::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::: イ::::::::::!
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一方やる夫だが、廊下を歩いて一階に降りると、運良く裏口があることに気付く。
┃ 裏口から出た方が家に近い人間も居るので、そこを使って表に出て逃げ出した。
┃ 扉の開閉したことは、座席からちらっと見えていたので誠は何事かと怪しんだが……
┃ 数分遅れて、痛そうに頭を抑えた澤永を見て、 ああ……と察した。

┃ 結局、この日のことは澤永をからかう要因の一つとして彼の中では処理された。
┃ ただ、翌日から耳にするちょっとした噂や、自分の仕事に関して起こった事態を把握
┃ するまでは、の話だが。
694:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:51:12 ID:ASNnMatw
やはり察されたか。これでやる夫とデイズは敵になったのかな?
695:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:51:29 ID:xs.Uoxw.
こりゃ確保急いだほうがよさそうだ
人形遣いがハッカーって事はとっくの昔にばれとるみたいやし(例、ひまわり
696:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:51:30 ID:rfe0iMOo
おおっと、酒場での一件がこう影響してくるか
697:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 00:51:44 ID:FlqnmPNk
この誠、なかなか有能だなw
702:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:54:56 ID:nQaUsKvY


                        /\
               /\  / IVI \
               /  `´ __,,..   ー―i
               , -=' > ´     `''ー .、 |__
              く  ,. -'      ,     !    `<  {_
               V      /   ,'       ー 、/
            ,:       /  / /  /   }    i_
            i   i.  /  / /  / .,  ,   i |
            |   | ハ  /! / /! ./ / /,   ,! |
            r|   |/二ミ 、レ //_.|/!/レ' /   !| !
              i |   | マ!ソ  〃,.r=ォァ/ /,   , | ト、
               | | i!  ト    ,  ゞ-'/,イ/  / .| ! ',
             ,ト.|. ト.   ミ、  _ _   ,/ ./!  / .| .;'__,.ヘ      ああ、我が主 此方におられましたか
           i#ト、! ヽ i i\   .. イ/ / ハ /__,,. | i!###}
      r-=、--- ..`ヾ## \!.  i`¨´{乂 i/|/ ∨!### リ##ィ__      どうご、これを使って下さい
      !  .)、 ⌒ー-<-く  j ハ`ヾ )ー.、  {#ィ / /  `ヽ
   /⌒ヾ  ,/ __}     ){`ヾノ /:::ヽ\::! ヾ:.、ム          ,
      ,....イ::::::',     ヾ、 /`''ー \\    ` <        }
      マ::::!:::::::::}      `ゝ     ';.:.:ヽ     Y     /
      ヾ:::ヽ::く  厂 ̄ ` く.  i!    ;.:.:.:!    i  }  __ソ
    ヽ.___,, \::ヽ::7     /  i!.     i:.:.:.!   ,' /    /
      /  }::::}::ヽ   ,/   i!    |:.:.:.!   ノイヽ.__/
      `¨¨ }/ヽ!::::\_,.ィ__人__  ヽ__ ,,.-|.:.:.:|¨¨ ´!、レ::::::::::::ヽ
         ハ__ノ ヽ::::::::::::i`ヾ 三彡/   |:.:.:.|  ゙ヾ} \::::::::::::::\
        /     ',::::::::::i   \:.    |:.:.:.|   !   \:::::::::::::::>::..、
         /__ i    ',:::::::::}    ヽ.     |:.†:|   V }ー 、 ヽ::::::::::::::::::::::::>..,,__  , ´ ̄ ー- 、
       ,##ミ.、!  __,,..:',::/ __ r-’、   ヽ;/  彡 / } }_r 、` <:::::::::::::::::::::::::::/          )
       ヽ###|ー''####} ./   ゝヾー-        // // }  }::..、 ` ̄ ̄   У    ,.ィ≦三У
       /ーヘ####ノ ./__ /  ヾ\       〃 // /  ,::::::::::>..,,__  ヽ   /     {
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 面倒なのに絡まれる前に、路地を駆け抜けていると、通りの向こうに先回りしたらしい
┃ Sfがおり、唐突に現れた。蘇芳を送り届けたら迎えに来い、という命令を忠実に実行
┃ に移したのである。
┃ 
┃ Sfの姿を見つけて、少し驚いているやる夫に、Sfは家から取ってきた普段使いの
┃ ローブを差し出した。この姿は些か以上に目立つ、撤収するなら被った方が良いと
┃ 考えたのだ。どこまでも気の利く従僕である。
708:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 00:59:49 ID:nQaUsKvY




               ,、  /\    __
           、ー―'_`,, -‐-、 ̄    |_
            〉'7´       ` ー-へ /
          ,ク             i  \ヽ
        //    ,イ           | ヽ   ヾー- 、      仕事の首尾はどうでございましたか?
       /| / ,   !_/_ i| !  //',  ト |  i   ',\ /:\
        〈:::::/ /   ト'_,,,三, | ./ノニエZ't |  |    i  \:/      「ぼちぼちだお。解析は、済んでないけども」
       `/ /   +弋;;;さ、!ノ ''寸メテ≠|  |    |  /\
       / /   ト.{  `゙゙´    っ;;;ソ// 1 | ∧ |/::::::::/     直ぐに報告なさいますか?
        i .i i i、 .{`.`          _ノ/ i !/_.∨!::::::::::/
        | |〈 ト|〈 ト i 、   _     //_/. |\∧!:::::::ノ       それとも、一旦細かく解析してからに致しますか?
        | |、N゙!゙ヘ |ヘ | `・ .,,_ _,.. - ̄/  / ィ/\::_:: -―‐┐
      /| | `  .レヘ`ヽ/ , ヘ,=ヽ. i  /  / /.i'~ ´ _.   |_
    〈  ヘi      、{~i. / ,イ__.} | / ./イ____  _    、|  〉
     |        / |' / !  /| |'/. ⌒i      /⌒~〉/
     ヽ    ___/  レ' /  |代ソ´   i     (:::::::::::::|/
     ゝ-‐ ´   /    /  |      {ー- 、 ゝ:::::::::::..
     ヽ   //  /  /  /   l   ヽ __ノ:::::::::::::::::::..
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そういえば、探れと言われたが、報告の型式は未定だ。レポートにして、詳細を
┃ 作成してから報告してもいいし、このまま澤永の記憶データをそのまま渡しても
┃ いいのかもしれないが……さて、どうしたものだか
┃ 
┃ 1.そのまま渡す
┃ 2.詳報にしたてて渡す
┃ 3.もっと情報を集めてから
┃ 1:05 1D4
728:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/11/24(日) 01:05:01 ID:BT2.PNG.
2
736:名前: ◆IL/7VRqS7E <sage> : 2013/11/24(日) 01:09:04 ID:nQaUsKvY


               _ ィ⌒Y^^Y^^Y`'ーミ-...._
.               ノ「__ノー┴‐┴‐┴<ノ^ヽ:::`....、
            _ノ‐f⌒ヾ(⌒ヾ(⌒ヾ}=ミニ=<_入_::::\
.         ┌‐く_>ソ"~ ̄ ̄ ̄~”`''<ンーくニ='<⌒ヽ::::\
.       r=ア"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`'くン=くニ<⌒Y::::`、
.       У:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`くンくニ∨ヘ::::::`、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'くソニV_ヘ::::::`、
        ,::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ=廴}::::::::`
.        ′:::::::::::j;:::::::::::::}l::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vヘ廴}斗==ミ、
.       ::::::::::::::::::|i:::::::::::::|{:::{\::\:::::\:::::::::::::::::::::::::::::ヒf'込,____ : : : l|
      i::::i::::::::::::|l:::::::::::::l \_/⌒\:::::\::::::::::::::::::::::::Ⅵ: : : : : :\_ノ}
      |::::|::::::::::::lム::::j:::::l ィ^\    \:::::ヽ::::::::::::::::::::|ノ\: : : :/}: :.〉
      |::::|::::::::::::{l Ⅵ:/  '´  ____,ノチ \:::il::::::::::::::::::|: : : `:ー' : {彡ヘ       色々ありすぎて疲れた……
.     il::::|::::::::::\___Ⅵ    ´^¨¨^`   Ⅵ:::::}:::}:/::|: : : : : : : : :〉: : :}
      八:::::::::::\::{'~´i:}              ノノ}:::::::/:/::::|、:ー=: : : : {_;_;.イ
       \\.:::::\ノノ         ___;彡イ::::/:/:::::::| \ : : : : :_}:{:::|
.            \::人 ヽ              厶イノ::::::::::|: : : `'┬彳:’,ヽ{
.            /{\(\ ー_⌒      / |:::::::::::::::::| : : : : ‘; :{: : :廴〕
          ノ j_,ノ:::::::::....、       '′ _;|:::::::::::::::::|i : : : : : l_;_;/::::::`、
            {__{ |:::::::::::::::::l\__,,...イこ辷彡'|:::::::::::::::::|ヘ_;_;_;_丿::::::::::::::::::
            ;|:::::::::::::::::|:::::::{  { c {:|:::::::::::::::::|ニ≧zx::::::::::::::::::::::
            ,::|:::::::::::::::::l__::斗>=-ヽ   `|:::::::::::::::::|ニニ/ /≧‐_::::::::
.          厶|:::::::::::::::::|ニニ={{    }  :|:::::::::::::::::|=//ニニニニニ≧‐
         /ニニ|:::::::::::::::::|ニニ八 __}__ _j|:::::::::::::::::|_/ニニニニニニニニニ
.       〃=ニニ|:::::::::::::::::|ニニニヽ\,.ノ⌒ー|:::::::::::::::::|ニニニニニニニニニニニ
.       ノ{{=ニニ|:::::::::::::::::|ニニニ=ヽ\_c. ノ:::::::::::::::::|ニニニニニニニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 1D4:3 >>728
┃ 
┃ とりあえず、今日の所は身体の変異もある。帰って休み、詳報は明日作成してから
┃ 魔女に渡すとしよう。それでも十分な筈だ……さて、一体幾らになるだろうか。少しは
┃ 期待してもいいだろう、あの羽振りのいい魔女の事なのだから。

┃ 尚、余談であるが、アイギスはこの日のメモリーを誰にも並列化してもらえず、蘇芳
┃ からも聞き出せなかったので勿体ない事をした、と発狂せんばかりに悔いたとか。

┃ ・1日を終了します お疲れ様でした
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する