やる夫はスカヴェンジャーのようです IF外伝:北領

126:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 21:38:54 ID:ejxtpcwg
まぁ、お願いしたら書いてくれるんじゃないかしら(適当)

廠長叫ばせるのも悪いから、今日は止めておこうか……
スカヴェンジャーは始めると一日終わるまでやるから、今日は言ってた本領士官学校に行かなかったルートの
IFをやろうと思ってたんだ……

南領軍偵察歩兵ルートor北領偵察猟兵ルート……
134:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 21:41:22 ID:ejxtpcwg
……お、外から拍子木の音がする……火の用心か、家の自治体、まだそんなんやってたのか……

と、言うか子供の声が混ざってんな……
成る程、おじいちゃんのお手伝いかな……? ちょっとほっこりした……
136:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 21:43:23 ID:KmPJDHUs
>>134
ホラー的なものを想像しないことに愕然とした…  考えすぎか
137:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 21:44:52 ID:ejxtpcwg
>>136
 世界を核の炎で焼いたり病原菌に浸したり地殻変動起こしたり気候変動に晒したり動死体の海に沈めるのは好きだが……
 別にそこまでホラーはやってないだろ、いい加減にしろ……!

 心外だ、私は気分を害したぞ……!(夜食の準備を始めながら)
142:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 21:47:46 ID:ejxtpcwg
ま、実はピザ食べきれなかったから、温めるだけなんだけどね……

Mサイズでも4片も食べたらお腹いっぱいでござる……
146:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:00:35 ID:ejxtpcwg
廠長帰らず か……

今日は外出の予定とかないから、やろうと思って居たんだが……
やっぱり昼間の内に告知しといた方がよかったのかしら……
148:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:03:10 ID:J4XTQ2Nc
帰還セリ
149:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:03:24 ID:rqbGl4r2
帰らずと言った直後に帰ってくる・・・
流石です
150:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:03:50 ID:NsWi6nK2
廠長はいるよ、ここにいるよ?
151:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:03:56 ID:dZjWM44Y
廠長が復活しました!
152:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:04:01 ID:mPNqzRXc
廠帰還セリー!
155:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:04:48 ID:ejxtpcwg
おっ、帰ってきたか……じゃあやらうか……

うん、久しぶりに安価取ろうと思っていた所だが……
156:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:10:46 ID:ejxtpcwg
ttp://jbbs.shitaraba.net/otaku/12368/storage/1380024321.html#609

途中までの流れは大体、上の333スレ>>682 までと同じ
157:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:15:45 ID:GN6fSsc6
>>682まで……草薙姓を使うん?
158:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:18:44 ID:ejxtpcwg





              ____
            /      \
           /─    ─  \
         / (●)  (●)   \      うーんと、じゃあ……
         |    (__人__)      |
         \   ⊂ ヽ∩     <
           |  |  '、_ \ /  )
           |  |__\  “  /
           \ ___\_/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、軍に入ると決めたまではいいのだが、具体的に何処にしようか とは考えた
┃ 事がなかった。色々考えて居るようでいて、実は何も考えないでフィーリングで決め
┃ たりする、それが草薙やる夫という少年だ。
┃ 
┃ で、例によって何処に行くかは決めていなかった。ただ、何となくだが本領軍の
┃ 士官学校は凄く嫌な、そう、凄く嫌な予感がするので除外するとして……

┃ 1.じゃあ、寒いの嫌だから南領行ってきます
┃ 2.熱いのは嫌いなので北領行ってきます
┃ 22:23
166:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:23:00 ID:t3wdtt5o
北へ…北へ行くのだ…
173:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:25:27 ID:ejxtpcwg
あ、今回はルート決めるだけなので、ダイス出すのも面倒なので一発で……
177:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:27:32 ID:ejxtpcwg

               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     じゃあ、北領で
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




      彡      ____,   \
      /´    ≦,、_>    ヽ、
    __/    ∠_   /∧/  !ⅳ
   ≡彡   / iζ`、___ //,/||i
   彡ノ    三_<三´  ,/i!i!i!フ、
  二三    ミヽ 三   ゞ=,  |
  彡ゝ-=二   `i彡彡≡三‐_‐
    |ー===≧刈__ !彡彡-孑´
  /       /  ゞ=斥!i!、
/ ̄ ̄≧ー、___ `―f__    n        え、マジでか?
      i \ /  ゝ-`ー、  .!.!
      |   ヽ三_ヽ `ー\ !.!        お前、ハイテク装備弄りたかったんじゃないのか?
      |    |__  \ ,≠ヽ| |
      |    ,!i!i\  .\   ー
      `ー‐‐/i!i!i!i!i∨  ヽ  i
三二≡=ー____/ \i!i!i!∨  i  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/――‐ヽi!i!∨  | /`i
       |___, 斗‐|i!i!i∨ .∨  |
       |    ∨ii!i!i!i〉  |   |
       /\___  ∨i!i!i!|   |   |
      ./    ̄≧ー|i!i!i!i|__| ∧|
      !       ー―――
180:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:29:25 ID:ejxtpcwg

            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・
       l   (⌒  (●) |       北領にも先端装備はある筈だお?
        〉    ̄ヽ__)  │
.     /´     ___/       ほら、軍広報であった先行掘削外骨格とか
     |        ヽ
     |        |         雪上滑走用アタッチメントを付けた装甲スーツとか……




                ー/                     (/`!、
            _, -‐/                       /
_,=≡≡≡≡≡≦_≠-|                       ,/
ー-==≠≡≡==´ ̄     |‐-=≦                斗ヘ`!
               |    `≧‐-=≦二___二≧‐´  | | .|
               ト、                    i / j
                /  ≧‐-‐- 、              ´ ./
                  |    /i ̄`i`ヽ‐-==≦二三____ノ.ノ
                  | .!|  .キ !、`ヾr:::::::::::;     ゞ=彳   ヘ|      いや、それはだな……
                _|/ |  ,ゝ、`ゝ|::::::::::::..............:::::::      ヘ
            ,斗≦´  .| | キf´」`ー‐、:::::::::::::::      ,,,ー┬ ┘、
     ,斗≦´     ./  |,`ヾ |\  ヘ::::::::::::::..     ∥,斗≦)|:::::::::::`ゝ--、
   /|            /   \ゞ |  \  ゝ、:::::::::::::::::::;;;;,,  ー ´| .|::::::::::::::::∨ .\
  / |        /         |\  ≧t_≧__、:::::::::::::::::::::::/ .|::::::::::::∨     \
 /  |          /           |  \rf ̄`ヽ   `≧ー―≦´  |:::::::::∨        \
. i   ヘ       `≧‐- 、    |   ゝ_ノー‐-イ/          |:::::∨          `ヽ
..i    ヘ         |/`ヽ|>   ヘ    ∥   /       _|::∨              |
.i     ヘ    r==l∧||`ヘ     ヘ   ∥  ./  \-‐≡ ̄:::::::.∨               ゝ、
i      ヘ   i |   ̄.Y||ヘ    .ヘ   ∥  /      \ i:::::::::::::∨     __二=-┐  .ヽ
i       〉  i | ζj .|.|| .ヘ    i  ||  /     / |:::::::::::::::|     ∥      .|   |
       ヘ  i  \_ | .||   ヘ   i ||/≠   ./   |::::::::::::::::|     ∥      .|   |
        ヘ i      .| ||   .ヘ   ∨ル   ./    |::::::::::::::::|    ∥      |   .|
        ∨ === .〈〉《      .ヘ  .|| ||   /       |:::::::::::::::::|    ∥____|    |
181:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:29:25 ID:90RPKLRA
北って何があるんだ?
182:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:29:56 ID:u2q/KJJk
ハイテク(技術)
194:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:33:05 ID:ejxtpcwg

     ____
   /      \
  /─    ─  \
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |     後はほら、雪上用の多脚思考戦車とか!
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )     軍広報で沢山見たお
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/       後、何か隅っこの方にアーマード……




                  ,ィ:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ハ
                     ,.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l
                 |:.:.:.:. i:.:.:./:.:.:.:.:〃/:.:;.:.:.:.:.:.//:. : |:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.i!
                      ..:.::.:|:.:/:.::/.:イ.:,.ィ:.:.:.:.:://_ム .;|:.:.;':.:.:;.':.:.:/ハ
                 ',:.:.:.:|从/ィ=≧ ;':.:.:/≦ニ/ j:./:.:./:/ /
                 .,ィ.:.:.:.}:i  癶zソ゛,/./ '杙,シア ,jイ/:/:/!/
                ,..'.:.:.:.:.:{:.l             テ {/:ハ
                  /.:.:.:.:.:.:.:|/},       i       ,.'/:.:.:.:.:.:::.      ああ、うん そうか……
               ,.'.:.:.:.:.:.:.:.:...从      _'_      /イ.:.:.:.:.:.:.:.:i
              ,'.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ゝ   -=-=-  ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.!      まぁ、お前が良いなら良いんだ
             ,.:./:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:/ィ |>、   ̄  ,ィ.:.:.:.::.:.:.:.:.:. :. l:.|
              /ィ.:.:.:.:.:.:.:..:/: /:::rij_.ヽ,_ _,ィ."..|ュハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!:l       行ってこい
               j.:i:.:.:.:.:.:.//i:::::|    ̄ ̄ ̄}. ̄|ハ:.:.:.:.:.:.:.:.从
              l:.l:.:.: . /::::::::|::: |        {ニ} .j:::∧:.:.:.:.:. ;':::∧
                从:.:.:./::::::::: |イ `ー-   ____} -=>.}.:.:.:.:.;':::::::::::\
             _./:!:.:./::::::::: : |/      i       i:.:. :;':::::::::::::::::::ヽ
      _ .=-=壬:::/::::l.:;':::::::::::: : |!__ __   {  __ __ __!.:./::::::::::::::::::::::::::
     ∧  }}:::::::::/:::::::i:{::::::::::::::::::| ̄ ̄ `   -'' ̄  ̄ .}/::::::::::::::::::::::::::::::
197:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:33:42 ID:NsWi6nK2
この親の微妙な反応www
199:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:34:13 ID:EzK1cxN2
微妙な反応wwww
200:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:35:01 ID:oDce2Iag
隅っこに載っているのが主力で本命ですw
202:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:35:45 ID:ejxtpcwg

     /      斗<                     `ヽヾ
     /  斗<                          ∧
    彡≦                               ∧
     |       /二二\_____            ∧
    /|      __/ /  ∠ 〉  三三二彡 ̄ ̄≧ー→===     |
   / |__斗<   | !  ⊂ノ  三三彡´     ∧i!i!i!i!i!i!i!i!/ヽ∨
   /゙´       ヽ   ヽ   三≦          ∨i!i!i!i!i!i!i!/ ∧
  /           ∨ \ヽ  三三     斗<ゝ、i!i!i!<   ∧
. /            \  `ヽ 三三__斗<        /     、
/            `ー‐ー===≡二彡        /    ,  、 !     素子ぉ!?
ゞ;            ∧    |三三彡         ,,,;;;;;;,,,`ヽ孑 ´
/        fー――゙´    ∨三彡彡      斗≦   メ〉
     彡´ノノ \         ∨≦彡彡彡ノ   ノメ⊂二フ ̄
/\   |     \           ∨彡彡彡彡彡彡!    `)
:::::::::::\!i!ヽ     ∧         \彡彡彡彡彡/  ー ´/
::::::::::::::::.\ \     ∧            \彡彡彡彡ミヽ、 ;∧
\::::::::::::::::::\|     ∧ヽ           `ヾ彡彡彡ノi!i!i!i!|
 ..\::::::::::::::::∧     ∧\__          >ヾ彡彡彡メ/
   \::::::::::::::∧     ∧  \      ノ´
ゝ、   \:::::::::::∧     ∧⌒メ,`\ /_ .∧
:::::::>、  |:::::::::::∧     ∧ ノ  `/ / .∧
 :::::::::::|  |:::::::::::::::|、      ∧   ./ /   ∧




               !                    、:.ヽ
            / :.: /             !      :.:.',::.i
             !::::.:.i:::: .:.             :!::::: ::.. ', :.:.::. i:::!   ボソボソ
                !:::::. !:::::  .:.:/:  /: .:/  : .:,':::、::::::::: ::',::::i::::!、:!
            !::::. ',:::::: :::/!:::/!:::イ:. :.::::/:::∧::!、:::: ::!:::i:;' ヽ   言いたくないが、本領軍やら南領軍よりは
               !:::  ',:::::/‐!イ-,,、<_i::.::::/i::/'=,,-!、!:::/:::/       理不尽な死に方も少ないだろう?
             !::.:.  V:.ヽ'`.-"'` .i::/ ' '´-"'´./://!
                !::::    :.',    /'      //::: :.!      ほら、アレの懸念はあるが、コイツの適正は
             !::::   :. .:i        ,i     /::!::  :.::!       機動兵器よりもお前と同じ山岳歩兵だ
       ,..., . -‐:'ヽ: !::::.::. :.:.::iヽ.  、、.._..,.  /:.!:i::   ::!
   ,.-:.':.´:.:ヽヽ: : : : : : !:::::::. ::::!ヽ ヽ、  ̄ イ: : : : !:  :iー-. 、 ,....、__   だから、その……うん、まだマシだ、きっと
 ,.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ',: : : : : :!:::i:::: ::::!ヽ `.! 、 ニ´: : : :/: :.i::: ::i: : : : :/./:.:.:.:.`:...、
/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,: : : :_.:i::!:!:::::::!: : : ヽ: : : : : : r'´: : :i:: .::,': : : :.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::'r ' ´: :!' : !:::::!: : : : !i: : : : : i !: : : :.!::::/:- 、_//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::!,-‐ '__..〉:i::::!: : : : !!、: : : ; :!i: : : : !::/、: : :.//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::i-:'´: : : : !::!:、: : :.i!: ヽ /: :!!: : : :i:/-. 、二'::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::/: : : : : : : !i: : : :ヽ',: : : : //: : : :': : : : : !:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
203:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:35:50 ID:yH6Pr/Dc
親の反応が面白いwwww
206:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:36:34 ID:HOGpemoI
アレってなんだよw
207:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:36:50 ID:EzK1cxN2
きっとwwww
212:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:38:09 ID:ejxtpcwg

/   二>ゞ、  \i!i!i!i  i !∥ |
  =≡二三≧`ヽ  `ヾj `i // /
┬―--≧ー―― 、__ !     _ゞ、
/  /                |ヽ|
ノ/                     |
/                   /
                   /,
三三ー‐ii!i!i!i!i!i!i!i!≧==‐、_,∠/    ボソボソ
三彡  ji!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!j  `iゞ
三二≡=ヾi!i!i!i!i!i!i!>´    i       ま、まぁ、内務省職員が何故か戦死する不可思議な土地や……
,       `≧≦´ /    i
彡彡   /        ̄ト、__i       グルグル回転する重機関銃座囲んで宴会やらかす奇っ怪な土地と
彡彡彡´   /彡iiiiiiiiiiii/ヽ          比べたらマシだろうが……
彡彡彡////斗≦ ̄ ̄`! ∧
ヾ彡彡巛巛彡ノiiiiiiiiiiii!´  i        いやだぞ、俺は火葬してないのに黒焦げになった息子の死体を拝むのは
::::≧=、彡彡ノiiiiiiiiiiiiiiii|   i
:::::::::::::::\ミミミミミミミミミ   i
\::::::::::::::::::::::ゞ≠≠≠ミヾ  /∧
  ≧=ー―  i´           ∧
 `i\   `ヽ \_/ ̄`ヽ  ∧
  i  \__| ヽ      \  |
  `ヾ三三三彡´|        \ |




                       ,. .<:`:´: :`:>. 、
                       /: : : : : : : : : : : : : :`ー 、
                     ,.i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   ,r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハヘ
                      {: : : : : : : : : : : 7: : ハ: i: : : : : : i:i
                 ',: : W/: : ィリイ:/: : :ハ: |: : : /: :ル'
                  ',: :∨レィェv</: :リrニコ/i/: /: / '
                 /: ハ ^ `' 7/´ =' ' 'ルリ<リ     ボソボソ
                    /: : : iハ    ' i    リ: : ハ       アイツなら何とかするさ……多分(適当)
                /: : : : :': ',    _ ´_   イリ: : : :i
                  /:/: : : : : : :ヘ  ー  /: : : : : :.|
              ル: : : : :/i"r'__>- ≦Lハ: : : : :ル
              ´ハ: : : :./ ,| .i. . . . . . 中. .|/ヘi: : : ト,
              リ i: :.:/  Y. .‐.-. . ._.」 . へ」: : :リ ヽ
            _ ,. /∧:/   .|. . . . . . |. . . . . . .|: :/    \- _,、_
         r ´|´  /  リ   「 ̄ `. . |. . . . . .,イ:/     '> i  7
         ハ 」 ̄'ー<.     |... ... .. . |. . . . . . リ     / `'ーy ハ
           {  ヘ     >  |. . . . . ..|. . . . . . .|   /    /   }
        」 -‐∧ ,. <    |. . . . . ..|... . . . . .|     ̄`≧/   {
216:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:39:08 ID:HOGpemoI
なんちゅう肝練りしてんだよw
217:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:39:11 ID:KmPJDHUs
政争ェ… 肝練りェ…w
218:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:39:45 ID:PkqPc/S.
内務省職員www
どういうことだw
219:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:40:58 ID:ejxtpcwg

                  /二
          /彡ゞ,,_/´ 三三
       /i/           ̄≧ー---
      |                  彡       / ̄`ー-
     |                  三       /        ヽ
    /                   iミ ノ彡丿 ノ ___     ー
    |                斗个弋彡彡斗≦孑´   ヾミミ      \
    ヽ             ミミミ _  i彡彡彡__、    \
      `iー―――――ミゞヾ`  /,-ヾ   三彡´ ̄ ̄     /   _      素子……
      j             斗个 |   三ミ,         / r ´   ̄
      ゝ、    __ 斗<彡彡ゝ-イ  /ミミミ、        //          お前な
      ヽi ̄ ゞ二´イ    ミ彡|___f´ ヾー―- 、       j__
       |   >      ー=三  ヽ      `≧=---≠__    ̄ ̄ ̄≧
      /ーヘ´ミミミ、 ミミミミ    i         /    ,ミヽ、_
     /  / /三二ヾミミミミ    / ー       /    /     ヽ
    /   i /i彡彡彡斗≦`   /         /   /        \
  /     i  / ̄≧           __,   /   /
 ./     i  i    `ー┐  ′ ̄ ̄ ̄     /   /




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |    ……どうかしたのかお? 親父
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
221:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:41:21 ID:bpdOC5lw
どこに行こうとハードモードに変わりは無いって事ですねわかります
222:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:41:37 ID:.Gbx7.LQ
いつも思うが、その薬液よりもう少しリスクがマシな代替物は作れんのかw
227:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:45:02 ID:ejxtpcwg

              _/ノ!,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽゝヽ
            /.:.:.:'フ=ァ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,ヘ i、ヽゝ:i
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` '.:.`'.:.:.!
           i.:.,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,!.:.:.,:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
           |;'|.:.:イ.:.:.:.:.:i.:.:,ハ.:.i.:.:.:.:|!:|\.:.:.!.:.:.:.:i.:.:i
            |.:.lヽ.i.:.:.:.|!:i-=ミ、!.:.:.:.|ゝ=-ヽ|!、.:.i.:.:.!
            ヽ|、:|:\.:|i:|'j5jミ \.:.iラ'j5jヽi'ii.:./.:./
               ヽ,、:ヽ` ̄  ,ヽ  ̄´ /i/|.:/     何でもないぞ 行ってこい
               //!ー`     i|,     ,i.:|.:|'|
                  /.:i/!ヽ\  .__._.__.   .イ|∧.:.i      あ、ただし草薙姓使うのは禁止だ
              | :/.:|:::::::::iヽ. `=´ ,.イ:::|'::::|ヽi
              |イ |ノ:::::ノi  `ー '´ |ヽ::::::i.:.i:|      草薙姓は別段珍しくは無いが、軍内部では、何だ、
             __..,..i.:|:::|/! \    / i:::::i ,'ト|,、...___    ちょっと受けが悪いからな
       _,. -=ニニ´-‐'´`i:::| |、   >.--<  _,ノ〉:j/====._'`¨>;、
      /-――く     〉、! ヽ> ∧::::::∧<,ノ i:/ | i!    `7´   ヽ
        i     ヽ   |>'´ i` ' /´〈 `'i`ソ<i. i!     /      i
        |      i   iヽ.  ヽ j::::::::i  /   / } i!i i  ,ノ     |
       〈        i  ,ノ ∧   i. i:::::::::i. /  /  `i、i j       !
      j        i ' ノ \  Vァュ::::i,'  /_ 、V !        j、
       ハ         i      i\ ヽ:::::/ /ニ_‐ニヽj /    ,. -' 〉
     {  \      |_ノ´ ̄ ̄ヽ \∨/┌‐'´ヽヽ`_i| _,. -/   i
       \   ̄`ー-'、  o _.. -〈ヽ::::\  〉、  `¨ 7´ /  _ ノ




..      ____
     / ―  -\          はぁ?
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \        ああ、まぁ、艤装身分で生活する訓練か何かだと思うかお
  |       ` ⌒´   |
.  \           /        理由は……聞かない方が良さそうだお
.   ノ         \
 /´            ヽ
228:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:45:54 ID:PkqPc/S.
何人粛清したんですかねw
229:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:45:51 ID:lieAq0yc
虎や雪モグラと遭遇しそうだな
231:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:47:41 ID:EzK1cxN2
一体何したんだママンww
232:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:51:13 ID:ejxtpcwg



                                      「よし、じゃあ今日は送別会だな。何食いたい?」

                                       「え、マジかお? じゃあ、グラタン食いたい!」

             ゞ           、,_   , -‐ ´  !
             f `ー-----―― ≦ | ノi!      ゙i
             |             Ⅵi!|         |
                ,ゝ-、                    /
             | i´`ヽ、_                、,; |     (……俺は息子とまた会えるのだろうか)
             ∨ -゙ヽ彡ー-、 ____  ,r‐ー゚‐゙ :|
            /∨ー彡´  |i!i!i!i!i!i!i!i!i!)         :|
              / / ∨ 彡  _,ゞi!i!i!i!i!/          :|
               |  ノ   ̄!彡 ̄  `゙´           ;|
               |  ゙/    ヾ彡;;,,,      ー-  ´,i!ミメi!|≧ー、
              /゙ノ `i! . / ヾ彡彡,,,彡ノ 三二≡≠゙ i!/∧  >....
           __.,/  _/     ヾ彡彡彡   -―  /  〉/:::::::::::\
        //:: / / /     / ゛ー≦彡;,  ノi!i!i!、/  ./::::::::::::::::::::::::\
     ./ /:: `¨゙  .∨     / f´`ヽ ヾ、i!i!i!i!i!i!i/ .   /::::::::::::::::::::::::::::::>‐、
   ./   /::       ∧___, -‐/  弋 ノ_  /       /::::::::::::::::::斗<    .\
 ../    |::      .<´ ̄   |         /         /:::::::::::::::/           \
/     |::     .,r /∨    |      /|,r――――‐┘:::::::::::/             \
       |::    / .   ∨    |      ./ .|      /::::::::::::::::::/                 \
       ヾ、 / fj   .∨    |    ./  .|      ./::::::::::::::::::/       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 父親の、そんな一抹の不安を他所にやる夫少年の北領出征が決定した。
┃ 
┃ 何処より厳しい懐事情を抱えた、鉄の結束で結ばれる死の戦線。生きる者全てを
┃ 苦難の窯に放り込む試される大地に少年は飛び込んだ。
┃ 
┃ 本来屍肉喰らいになる筈であった少年、彼の運命は大きく変わる事になる……
233:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:51:42 ID:KmPJDHUs
こうしてみると年端の行かない少年なんだが…w
235:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:52:29 ID:F6/TiQus
むせる
237:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:53:08 ID:KmPJDHUs
だが適性のあるものは使い潰す そう月さんのように!月さんのように!
238:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 22:53:47 ID:GN6fSsc6
でも北って可愛い娘が多いよな
ってそれは余所のだったっけ?
243:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 22:55:36 ID:ejxtpcwg




          ! マヘ |:::::::::|   , ´//     /___/     .| | |
          ! マヘ!:::::::::! / .//    / \ /        | | |   ゴーン ゴーン
         !  マ.|:::::::::l─┐./    /___/          | | |
          !  !X!:::::::::|===」   ./ \ /.          .| | |
        ;  .;!X!:::::::::!    /___/           | | |     中
        !  ;.Ⅵ:::::::::|  / \ /            | | |      .ゝフ        ボー……
        ;   .|:::::::::::::! /___/              | | |      ||
       Å;  .|:::::::::::::|' \ /  .串          .____|_|_|.___r ¨v   ___
.         | |   .!:::::::::::::|> ´   中      rイ´|  |   |  |  | .¨||´¨! | !  |
.         | |  /|:::::::::::::|     「!r-v rイ二二!  |───────┬──────.,
.         | | Å.|「 ̄ ̄ ̄ ̄|┬┬┬┬‐.「_| .!  ̄.! ロ ロ ロ ロ ロ  | ロ ロ ロ ロ ロ |
..    r=======Ⅵ二二二二| .!.「¨「二!  |__! |  ̄.| .ロ ロ ロ ロ ロ  ! ロ ロ ロ ロ ロ !
      | ̄ ̄ ̄ ¨| l二二二二.|「¨|ニ「二「 ¨|__| |  r二 ̄ ̄灯 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニフ
...   └───┘|二二二二.!「¨「 「二「 r< ̄ ̄ ̄,'    /.「!                   /
┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐ '  !     / L!弋__                /
|||||||||||||||||||  !二!  / 「¨!|三| \         /j
|||||||||||||||||||  / ! .堝 .| !!三≧、 ヽ       ./ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_Π ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          ' ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
____  「(二)==v                「:::::| |¨.!「 ¨|   ..|           .|
      ∨.「 「:::::::::::!¨i___       .> ´::::::::| L_!.L__|   ..|~~~~~~~
.      r--Ⅳr=======y 二二二二|======.「===========」                     ~~~~~~
.      ¨!Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::::}~~~~~~~~~~~~~~
         ̄Ⅳー~~~~~                                                  ~~~~
.           ∨              ~~~~~~              ~~~~~~
.        r--∨    ~~~~
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 一ヶ月後、やる夫少年は長旅の末に北領と本領を繋ぐ主要軍港、ハコダテ港に
┃ 快速船に揺られてやっとの事で到着した。
┃ 
┃ 彼は、ここで早速北領のきつさを味あわされる事となる。何せ、気候変動のせいも
┃ あって、彼が出立した冬場は厳寒期で海さえ凍る。故に、北領に渡る快速船は軍が
┃ 建造した 砕氷船 なのだ。こうでもしなければ、安全に航行できないらしい。
257:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:13:08 ID:ejxtpcwg







                  __
                 ´    ヽ
   .            /
             /            ',
            ノ                 ,     さ、さっむ……
            ′              }
           ゝ   ________ノ
            r≦|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_人
           ィ≦ニニニニニニニニニニヽ
        r ≦ニニニニニニニニニニニニニト
        |ニニニニニニニニニニニニニニニ}
        'ニニニニニニニニニニニニニニニム
       /ニニニニニ/´ニニニニニニニニニ}ニニ'
   .   /ニニニニニ/二ニニニニニニニニニ}ニ=|
     /ニニニニニ/二ニニニニニニニニ二jニニ|
     'ニニ二二二/ニニニニニニニニニニニ{ニニ|
    {二二二二/二二ニニニニニニニ二二}ニニノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やる夫少年は妙に震える手でチケットを手渡し下船した。荷物は大きなザック一つ
┃ と、東北を行く度の最中に手に入れた大型のボルトアクションライフルと腰にぶら下げた
┃ 大型の熱振動マチェットという装備。防寒の為に纏った分厚いポンチョの下には、
┃ ホルスターで愛用の拳銃と単分子カッターが吊してあった。
┃ 
┃ 装備は全て使い古されていた。何せ、陸路で東北を突っ切ったのだが、便乗した
┃ 隊商が良く分からない大型の飛行型突然変異に何度も奇襲されたりと血を見る
┃ イベントには不自由しなかったからだ。それらを見つける都度狩っていた為か、懐は
┃ 非常に温かいのだが……
258:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:13:50 ID:mPNqzRXc
80円さんwwwwwwww
259:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:14:14 ID:Wt/oZ0KY
80円さんのことか
260:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:14:45 ID:PkqPc/S.
80円さんw
261:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:15:22 ID:bpdOC5lw
くっそwwww
262:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:16:08 ID:HOGpemoI
どんだけデーモンさん狩ったんだよw
263:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:16:54 ID:ejxtpcwg







              _    | | | | | | | | |
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,、| | | | | | |
       /  :::::::::::::::::::::::::::::::::\  | | | | |
     /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. | | |
    .′      :::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   | |
   /  ∪       ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i            ::::::::::::::::::::::::::::::::i     あ、アカン 寒い、死ぬ
  !          >一 、:::::::::::::::::::::: !
   !     ∪   /__≦二_ \::::::::::::::::!     さ、寒いっつーか、もう痛いお!?
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ::::::::::/
     > ´             `ミ丶、     
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ
  |     丶 i        |  |      } i|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 懐の暖かさと反比例するように北領は寒かった。それはもう、寒かった。何せ外気温
┃ は零下を余裕で下回っており現在マイナス11℃である。更に湿った海風が強く吹き
┃ 付けるせいで体感温度は更に下がりマイナス20℃近い。
┃ 
┃ 比較的温暖な西領育ちに、この寒さは大変堪えた。これならいっそ、まだ熱い方が
┃ 幾らかマシだったのではないか。そう思いながら、露出しているせいで吹きさらしの顔
┃ がものすごく寒い思いをしながら少年は軍港の募兵事務所の戸を叩く
264:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:16:56 ID:qQyH/k62
どんだけデカいハイヴなんだよwwww
265:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:17:10 ID:R0Zvq8xE
80円さんってなんぞ?
266:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:19:42 ID:Wt/oZ0KY
>>265
二次創作の「文明崩壊した世界で猟師が頑張る」のミュータント
267:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:20:13 ID:56ab/fxs
狩人さんとこの単位
デーモン一体80円
271:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:23:02 ID:ejxtpcwg



                   /                \
               ,′   ´          ,
                /  /      ,     ′     _
                 / /       .′  '  j      `_
               / /      /    /  八      `_
               /イ .′ /  /    /  /  \\ 、  `
             丿   /  /l / /}: / -─ \\       Здравствуйте!
                /イ  ムイ 抖竿ミ人/  斗抃㍉\  │
.              ___丿     { ,叭 りノ /    りノイ j }ヘ ト   ようこそ、北領軍陸軍部募兵所へ……
              「「{ :{:.{  { { { `"""     , `゙゙ノイ :}ノjノ
             { 八{八  { {仆     _____,   刈 :} }      アナスタシア広報官です……
.              \,__  `ヽ从iヘ、   ` '′ ,斗jノ}ノ
              /::::::`ヽ、 }::{ { :{ `      イj叭        до свидания このシートに記入を
.            /-==ミ:::::Vjノ{ノjノ       「八从::::.\
           /::::::::::::::::::\}:|:::::::::::.\     {V::::::::::::::::. \     字、書けますか?
.         /'::::::::::::::::::::::::::}:|::::::::::::::::.\   V:::::::__/了              ___
.        /:::::::::::::::::::::::::: /::|_____/ ̄``ヽ   ∨ ̄ ]l::∧   __    -‐     //
.       /::::::::::::::::::::::::::::/`ヽ:] ̄::::::\::::::::]|   ∨::: ]|::::∧  ′        //
.    /::::::::::::::::::::::::::::/ :::::::::: ]‐‐‐‐‐‐x::::::]l>-イ∨ ]l::::::::} /       <\//
.     /::::::::::::::::::::::: //:::::::::::: ノ]:\____/|:::::]|i:i:i:i:i:i:i ∨[ヘ:::}/       <\\
    {:::::::::::::::::::::::::::::::'::::::::::/::::|l:::::::::::::::::|:::::]|i:i:i:i:i:i:i:i:i∨::::::V         <\
.    \:::::::::::::::::-‐ニ二V:::::::::::::\_____/::::::]|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨::: }           /\   }
        ̄        V::: /:::::::::::::::::::::::::::/ji:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV::/         /八   /
                 }:/::::::::::::::::::::::::::://:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|[         /∧ ` /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 軍の募兵所で受付をやっていた広報官は可愛かった。この地は北方からの移民や
┃ 流民が多く、旧露系の皇国人の姿も多々見られる。特に、最近は連邦との大きな
┃ 戦闘が多かった為、旧露系の皇国人は敵文書の解析や暗号解析要員として言語を
┃ 再習得している事が多い。そして、美人も多かった。
┃ 
┃ 特に募兵の広報官に美人を持ってくる辺り、ものすごくあざとい。
272:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:24:16 ID:gJRzEHwg
>美人
なお、熟女になると露助は(ここから先は読めない
273:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:24:20 ID:PkqPc/S.
あざとい
274:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:24:32 ID:x/YwARnE
だが効果的だw
286:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:29:37 ID:ejxtpcwg



                         / /  \:|
            -‐――‐‐ 、|: :、     }/
          ´: : : : : : : : : : :.``丶、
.     /: : : : :-‐: : : : : : : : : : \
     /: : : : /: : : : : : : : : : : : :. ゚。
   /: : : : /: : : : : : : : :/: : : : : :. ゚。
.   /: : : : :/: : : : : : : : :/:‘,: : : : : : ゚。        Спасибо.
  /: : : : :/: : : : : : :/|: : /: :‘,: : : : : : :゚。
. /: : : : : : : : : : : / :|: /:!: :. ‘,: : : : : :  ゚。       あー……なんて読むですか?
/: : : : _,/゙ : : : : /  l/ |: : :‘,: : : : : : : ゚。
: :|: : : :  /|:`ヽ : :   /,.斗-―トミ: :.‘,: : :. ‘,: : : :゚。     「とつかですお 十束 やる夫 ですお」
/:|: : : : :/ :|∧: :|: : /       |/ ``: ‘,: :、: :‘,: : : :乂
 |:‘:,: : 寸ミメ、: :|: /    ‐-ミ  \:‘,:  \: ‘:,: : : 「`ヽ
 |: ‘:,: :‘ {  ら心 |/|{   ,ィf笊芹≧ミ ,≧=‐: /\‘:, :  ト :     Извините. すみません
 |: :. ‘:,: ‘:, 込炒' |{   〃 らzクリ 八: :. :.ハ: ヽ{: : | \
 |: : : ‘,: \    八    ゞ-= ∠: : :  ん: }: : : |     十束 やる夫さんですね
 |: ∧:  ‘,{\{     \   ,,,,,, /: : : /ン/ : : : /
 |/ ‘:,: 八 '''''    ′      ´}: :  : ムイ: : : /:/       前職は農家ですか
    ‘:,: : \    r_、         }: :/ /: : :/ /}/
      ‘,{\: 〕ト   `     ,..。s }: /}/: :  /: /          「あ、農閑期は猟師の真似事もしてました」
        ノ八: : :ト  ,.。s≦    }/|: : : /∠≧ミ
        /  ,\{:\: :.∧====≦:.|:  /     {        Да. はい、北領には猟師多いです
              / ̄丶「ハ    /: : // ̄ ̄`ヽ{、
           /      }}   _,/: :./ ,′     ∨}       選考の参考になります
            |       {{/ //}/ /          |{
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 記入シートに身分を書いていく。とはいえ、戸籍管理なんぞ本領の一部でしか
┃ やっていないので、殆どが旅先で考えて使ったでっち上げの物だが。ここでは
┃ やる夫は草薙やる夫ではなく、西領小作農家の倅、十束 やる夫だ。
┃ 
┃ シートの内容に不備が無かった為、恙なくやる夫の入隊は決まり、翌日には簡易
┃ 検査の後に北領軍陸軍部に入隊し、訓練兵として登用された。
291:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:31:32 ID:qQyH/k62
さあ同僚は誰だ…
292:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:32:14 ID:bpdOC5lw
北海道とか東北なら温泉でも入りたいけどスカ世界だと汚染されてて体に悪いのかなぁ
293:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:32:32 ID:qZOs3bjw
海軍陸戦隊じゃなくて陸軍かー

ますます機動対戦車部隊…もとい棺桶に近づく
297:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:33:34 ID:ejxtpcwg





; : : ;、: : : : :ミ:、_                                        |: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : :ミ: : : : ):゙': :'ミ                            _________|: : : : : : : : : : : : : : :
. ;_-=-, , : ://: :∠ミ                           |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : : : :
: :; : : : , :Y: :ノ: : :,ヾ,_          /|  ‐-   _     _|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : ; : : ミ: :ヾ: : :ハ;⌒ミ       /  |     |       l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : :
: :ミ: : : : :ノ: :イ: : : :,:j: : :,ト、_, _   /   |     |       | ┬ ―――――┬ |: : : : : : : : : : : : : : :
;'"; :゙; : : :ゝ: ミ;: ,: :^i, ;:ミ: : : ゛:j /     |     | \    | |_____.. | |: : : : : : : : : : : : :-‐
|  |: : :;./゙/j: :,:. ;ミノ: :r;':, :;.ミ/      |     |   \  | | |__|__|__|__|__|__l | |: : : : : : : : : : : : : : :
: `ヽ: :,/, レ゙/,: :'.:; ;人: :/     /|   |     |\   \| | |__|__|__|__|__|__l | |_: :-‐: : : : : : : : : : :
: : : : :ヾ /; ': ; : : ,:_:,'/    /,:i^|   |     |\\   \!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |: : : : : : : : : : : : : : :
|`'↑/゙/-‐=i⌒´ /     /,.:l ||   |     |  \ヽ   l¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |: : : : : : : : : : : : : : :
|  | /;. || | | /    / . |: | ||   |     |    | |   l―――――‐┤ |: : : : : : : : : : : : : : :
|  | /:゙;^ー=‐/     /,:i::| |: | ||   |     |    | |   |_______」 |: : : : : : : : : : : : : : :
ノ゙⌒:-‐=゛/     /, l |::| |: | ||   |     |    | |   ||__|__|__|__|__|__| | |: : : : : : : : : : : : : : :
: : ': : : :/     /, 1:.:| |::| |: | ||   |     |    | |   ||__|__|__|__|__|__| | |: : : : : : : : : : : : : : :
': : :':/     / , | |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨| |: : : : : : : : : : :-‐ : :
: ;/     /, |::::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |_: : : :-‐: : : : : : : : :
"     /, イ::||::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   l―――――‐┤ |: : : : : : : : : : : : : : :
.    //:l l:::||::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |_______」 |: : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、北領の陸軍だが……ここは常に戦力不足で喘いでいる。まぁ、正直な話、
┃ 皇国において戦力に余裕がある所など本領軍程度しかないのだが、その程度も
┃ そこそこに困窮している。先の連邦進軍 更には無限に湧き出る自動機械など、
┃ 北領には他領に無い脅威が跋扈している。これらと戦う軍人は常に求められており、
┃ 欠乏することはあれど、溢れる事はあり得なかった。

┃ そのことも有り、士官学校は二年生と短く、訓練校は基礎訓練半年、実地訓練半年
┃ の通年制と短期での練成となっている。
300:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:37:25 ID:ejxtpcwg








                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',      うん、体力よりも寒さになれるのがキツイお これは……
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 最初の二週間は適性検査と篩い分けだが……土地が厳しいと人も強く頑丈に、
┃ そして環境以上に厳しくなる物だ。
┃ 
┃ 体力測定 技量測定 知能試験に各種適性検査など様々な行程が行われた。
┃ 特に、ハコダテ訓練学校には悪名高き適性検査 鏖殺行軍 と俗称される物がある。

┃ これは何かというと極めて単純だ。最後の一人がぶっ倒れるまで延々と行軍
┃ させる。ただそれだけである。
303:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:42:03 ID:ejxtpcwg




                 ,:',: '  '   ,:'    ,              '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                    ,:',: '  '   ,:'   :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
       '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'    :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
          '   ,:'   ,: '  '   ,:',  ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
  ,:',: '  '   ,:'    ,              ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
      ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '       ,:',: '  '   ,:'    ,
  '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '        ,:',: '  '   ,:'    ,
      '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'   '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
         ┃  ┃┃
         ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
         ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
         ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                        ,:',: '  '   ,:'    ,'   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
                     '   ,:',   ' ,:',: '  '   ,:'    ,
                        '   ,:',   '  ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '
 ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '      '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '
    ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '       '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'    ,
               '   ,:'   ,: '     '   ,:'                 ,:',: '  '   ,:'    ,
                  '   ,:'   ,: '     '   ,:'           '   ,:',   '   ,:'
     :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'                       '   ,:',   '   ,:'
       :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '  ,:',: '  '   ,:'    ,
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何がヤバイかというと、この行軍、二週間の体力検査などで疲れ果て、眠った
┃ 二時間後に叩き起こされ、小銃やら何やら詰まった総重量60kgの完全装備で
┃ 深夜0時から行軍が始まるのである。その上、厳寒期では体感温度は零下20℃
┃ を下回る。そんな中で、行き先も目的も告げられず、ただ黙々と歩き続けるのだ。
┃ 
┃ 教官や先輩からの罵倒、時折やって来る訓練部隊からの奇襲、模擬砲弾による
┃ 砲撃。肉体と精神を散々に痛めつけ、一人また一人ぶっ倒れてトラックに放り込まれ
┃ て行く中を、怒鳴られながら淡々と歩くのだ。余力があるのに倒れた奴は、蹴り起こされ
┃ 装具に重しを入れて行軍を再開させるという気の入りっぷりだ。
304:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:43:14 ID:XroJD9kE
北陵の伝統的モンスターKEWATAGAMOをとるんやな
305:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:43:51 ID:6I0ViAbA
新入りにやらせる訓練じゃねーだろw壊れるわw
306:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:44:04 ID:PkqPc/S.
マジキチw
309:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:45:29 ID:MIsRvTyo
かわいがりってレベルじゃねぇしw
310:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:45:44 ID:/4yLb6eI
吹雪さんの追加攻撃(えぐい)
312:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:46:23 ID:ejxtpcwg







            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,     ぜー……ぜー……
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',     「そこぉ! 十束! 歩調が遅れてるぞ! 歩けぇっ!!」
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |    (し、死ぬ 訓練ってこんなん!?)
.   ',  u | |     /       ヽ      .l
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ まぁ、そんな訓練、普通は耐えられない。要するに、どんだけの体力と気合いがある
┃ かの篩い分けだ。
┃ 
┃ だが、時折怪物は現れる者で、才能有る者は早々に引っこ抜いて良いところに
┃ あてがい使えるようにしよう、という目的でもある。

┃ 通常の訓練兵が二日も保てば駆逐される中……やる夫を含めた四人は六日間の
┃ 行軍に耐えた。尚、これは記録二位タイらしく、最長記録は一二日間だとか。
313:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:47:55 ID:dnmsXUXo
殺意高杉ワロタwww
一体何件の事故があるんですかねぇ…(震え声)
314:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:48:02 ID:qQyH/k62
異能生存体…(震え声)
316:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:48:16 ID:/KSy7v3w
一二日間って誰だよwww
318:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:49:09 ID:u2q/KJJk
12日って半ミュータントだよな?w
319:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:49:28 ID:PkqPc/S.
トップ人間じゃねーだろw
320:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:49:39 ID:a8HmGTf6
教官側も最早意地でやったろソレw>12日間
326:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:51:11 ID:ejxtpcwg




                             教官(こいつらどんだけ耐えるんだよ、怖ェよ 早く倒れろよ)




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l       あー……凍傷で指が落ちるかと思ったお
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 兎角、どやしながらも内心で、さっさと倒れろ化け物か此奴等 と呆れかえっていた
┃ 教官はさておき、やる夫諸氏は目出度く適正ありとして、通常練兵の後の半年間に
┃ 渡る実地演習でとても名誉な配属をされることとなる。
┃ 
┃ 北領軍即応集団隷下、雪中偵察猟兵部隊 である。
329:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:51:48 ID:PkqPc/S.
くっそむかつくw
330:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:51:58 ID:KmPJDHUs
教官が戦慄してるww
332:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:52:13 ID:YhoBcBfk
教官も絶対何人か逝っただろこれww
333:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:52:37 ID:qQyH/k62
また強行偵察部隊かよwwwww
334:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:53:13 ID:ejxtpcwg
>>332
 教官はトラックとかスノーモービルで移動して交代も入るよ!
335:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:53:25 ID:KmPJDHUs
きったねぇw
338:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:55:33 ID:R6auBI0A
きょ、教官は頭脳労働が中心だから無茶はできないんだよ…(震え声)
339:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:55:48 ID:u0K2xjA.
いやまあ、万が一にも教官役が倒れでもしたら監視・回収役がいなくなるから訓練生がやばそうだし
340:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:57:26 ID:VujlrNzU
12日のに当たった教官の反応が気になるw
341:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:57:27 ID:MIsRvTyo
不測の事態がおこった時に動けないとかダメだもんな! 仕方ないな!
342:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/27(金) 23:57:29 ID:ejxtpcwg




                 .。o≦`ヽ
                    /三三三≧x
                 rf´ ̄ ̄`≦三≧ー、
                 |       `\ 廴ヽ
                i´_     i´ /\  `ヽ
             γ´__rf    .|彡 ´ ゝ、 ノ
               .ノ´       .|≧= x .H  i
              j       / ̄ ̄\.X  .|
            / ー―   /     ヽ辷xi
              /         i´       ik ヽ
             ./        j          if  ノ
            /       .γ´三三三≧≡斥 |
           ./          j´ ̄    ̄`ミメ三ヽ!rz__
         .(__     .γ´          `ヾ〈   `ヽ
       ___/       _ノ              \   ∨
   ..。o≦:::::{      ./                    ヽ  .!
   /`ヽ:::::::ー-   ./                  弋..ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、猟兵とは何ぞやというと、独逸語ではイエーガーとなる。文字通り、猟師の
┃ 経験を持つ狙撃兵の事で、18世紀のプロイセンで活躍したオーストリア地方の
┃ クロアチア辺境兵の活躍に感銘を受けたフリードリヒ二世によって名付けられた。
┃ 
┃ 猟師として働いていた事もあり動きが良く銃の腕も達者で隠密に長ける。故に、彼等は
┃ 狙撃兵であり偵察兵であり後方攪乱要員であると同時に山岳兵であった。

┃ 雪中偵察猟兵 とは、このイエーガーが北領の気風によって再編された兵科である。
343:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:57:45 ID:81njizI.
しかし教官そこまでやるんなら
こんな凍死待ったなしなことせんでも、とは思うなww
344:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/27(金) 23:58:48 ID:KmPJDHUs
特殊部隊以上の錬度して沿う
348:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:01:27 ID:0qL.fZVQ






       γ´       \                          γ´ヽ `ヽ
       /i         i ヽ                         j   辷≧x∨
      ./ .i!        i   ∨                     q     i゙ーi
      |i i!         i!  .∨      _ __                  |    .|}kj
      |i i!         i!    i       /i  /ヽ             ノヾー 彡ノ/、
      |i i!         i! ノ! |r x    i |  i  |       ____/ i .`ヾ彡/ i___
     ーi| ,i!≦三二 、ー, 、‐ヾ |:::::i  /| ミ彡ノ .j`ヽ     ./ |::/  \   /  .iヽ>o。
    _./ 弋 弋 て・孑 〈 辷彡 ノ .j\;/ i! ≧≠/  ヾ、   ノ  .|::´i`ヽ  ヽ _jー‐ ┘| | i! ヽ
‐=≦/ rf::::i≧=≦ ノ三》`¨¨   |  >o。.ー=彡∥   .)rf    .|:::::|  \ /    ./| | i!、,!i
  ./  ヾ::::ヾメ  ノ三刈       |     ヾメ .∥   .γ⌒ヾメ、 ,|:::::| 、__i___ノi!| | i!i!i!i
  /   ∧:::::ヾメヾ弋__     ,〈      i!   \ /   .ヾ`゙|:::::|  ¨`゛|   `゙i!i!| |,i!i!i!ii
. /     ∧:::::辷 `ヾ㌢    /  j        i!     \____,、!:::::|≦三 |二≡=i!i| |i!i!i!i!i!
 ー=≦三三≧=彡ミ≧≠  /  /   r―-- Jヽ       ヽ  `ヾ\::::::|    .|=≦三三i| |ノ卅从\
i!,、 ミ三二彡´  \  ー=≦´/   \::::::::::::::|     .∧  少ーx´ーzx .|三三三i!j| |i⌒ヽ ヾi
i!i!i!´  ノノヽ     .\    ./ / ̄i`゙::::::::::::::::|   |     ∧f´ γ´ ゝ-zx´≧=ーo。. ノノ|   ∨ j
i!ヾ彡     \    .\  //    .|::::::::::::::::::::|   |    ∧  !    廴ヾ≧三三≧ヾー    i´
゙i! ミメ\     ゝ-    Y        |::::::::::::::::::::|   |     ∧ヾミメ_k少ー‐γ三三/´≧ーo。.
 ヾ ゞ、 .\    ==孑i!        |::::::::::::::::::::|   |      ヾミメ二彡   /;:;:;:;//>孑j三三三≧
  i  ヾメ ミマ  \    ヽ     |i:::::::::::::::::::| .J       |i!三三三三 i;:;:;://   弋n∩fj三三
  i!   ヾメ      ヽ\  |       .|i:::::::::::::::::::|   ¨¨¨¨¨   |i!ζ⌒ヾー三 i;:;:;:|:|     ー-<
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 未来の猟兵は身一つで雪深い山岳や平地を行軍し、悪条件下であっても敵を
┃ 探し、狙撃や破壊工作によって味方を支援する。時には遭難部隊の救助、山岳地
┃ での部隊運行援護の為に工兵の真似事すらする。
┃ 
┃ 全身を淡いグレーの装具に包み、足跡を遺さず進軍し、ただ姿も名もなく戦果のみを
┃ 遺して白の中にさる。それが雪中偵察猟兵だ。
349:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:02:03 ID:2OmnNVQ.
ハイテクはハイテクでもハイテクニック渋い
350:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:02:55 ID:4lUFGfb2
ぼっくん、ぼーっくぼーっく笑っちゃいます。<ヰェーガー
353:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:06:08 ID:7Xrcufwk
なにもかも雪が消してくれる、音も血も足跡も……あとには静寂だけが残った
354:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:06:24 ID:0qL.fZVQ






                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l    (あれ? 何か思ってたんと違う)
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        ` ー一 ´ ` ー‐ ´     .,'
     .   ' ,                     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そんなコースにやる夫はねじ込まれ、半年の基礎練兵の後に山岳歩兵養成コース
┃ に叩き込まれた。
┃ 
┃ 雪中偵察猟兵の装備は極低温下でも動作し頑強性と一発の精密性に重きを置いた
┃ 軽量のボルトアクションライフル。そして、軽量のPDWだ。これらの習熟を徹底的に
┃ 山野で叩き込む。三日三晩寝ずに行軍した上で、800mスナイプに成功する、この
┃ 程度の練度が無いと成り立たないという怪物を通り越した気狂いの集団にねじ込まれた訳だ。
355:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:07:14 ID:htHH8k.A
うんハイテク?なにそれな環境だね!
356:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:07:40 ID:7Xrcufwk
両親「うん、知ってた」
357:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:08:11 ID:m13.V9iQ
ハイテク機器「寒さには勝てなかったよ…」
358:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:08:47 ID:QTg6OX2Y
なんだよそのシモヘイヘ軍団w
359:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:09:32 ID:0qL.fZVQ






                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}     お、おかしい
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'      やる夫は装甲スーツとか弄りたくて来たのに……
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 更に恐るべき所は座学もあることだ。彼等は後方攪乱要員も兼ねるので、山岳兵
┃ のコースとは別に兵器の整備・解体、破壊工作や基礎操作のクラスも受けなければ
┃ ならない。結果、そのコースに着いていけなかった二人は雪中偵察猟兵から単なる
┃ 山岳兵へとコースが変わったが。
┃ 
┃ ただ、その時間の間はハイテク装備が弄れたのでやる夫少年はご満悦だったそうだ。
361:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:10:50 ID:htHH8k.A
不人気学科だろうに満足げww
362:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:10:52 ID:CJZwAwbI
研ぎ澄まされる”野生”
364:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:11:54 ID:dMwyeetA
もう一人ついて来れてる化け物とは一体…
365:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:13:10 ID:0qL.fZVQ





; : : ;、: : : : :ミ:、_                                        |: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : :ミ: : : : ):゙': :'ミ                            _________|: : : : : : : : : : : : : : :
. ;_-=-, , : ://: :∠ミ                           |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : : : :
: :; : : : , :Y: :ノ: : :,ヾ,_          /|  ‐-   _     _|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|: : : : : : : : : : : : : : :
: : : : ; : : ミ: :ヾ: : :ハ;⌒ミ       /  |     |       l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : : : : : :
: :ミ: : : : :ノ: :イ: : : :,:j: : :,ト、_, _   /   |     |       | ┬ ―――――┬ |: : : : : : : : : : : : : : :
;'"; :゙; : : :ゝ: ミ;: ,: :^i, ;:ミ: : : ゛:j /     |     | \    | |_____.. | |: : : : : : : : : : : : :-‐
|  |: : :;./゙/j: :,:. ;ミノ: :r;':, :;.ミ/      |     |   \  | | |__|__|__|__|__|__l | |: : : : : : : : : : : : : : :
: `ヽ: :,/, レ゙/,: :'.:; ;人: :/     /|   |     |\   \| | |__|__|__|__|__|__l | |_: :-‐: : : : : : : : : : :
: : : : :ヾ /; ': ; : : ,:_:,'/    /,:i^|   |     |\\   \!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | |: : : : : : : : : : : : : : :
|`'↑/゙/-‐=i⌒´ /     /,.:l ||   |     |  \ヽ   l¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |: : : : : : : : : : : : : : :
|  | /;. || | | /    / . |: | ||   |     |    | |   l―――――‐┤ |: : : : : : : : : : : : : : :
|  | /:゙;^ー=‐/     /,:i::| |: | ||   |     |    | |   |_______」 |: : : : : : : : : : : : : : :
ノ゙⌒:-‐=゛/     /, l |::| |: | ||   |     |    | |   ||__|__|__|__|__|__| | |: : : : : : : : : : : : : : :
: : ': : : :/     /, 1:.:| |::| |: | ||   |     |    | |   ||__|__|__|__|__|__| | |: : : : : : : : : : : : : : :
': : :':/     / , | |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨| |: : : : : : : : : : :-‐ : :
: ;/     /, |::::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |_: : : :-‐: : : : : : : : :
"     /, イ::||::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   l―――――‐┤ |: : : : : : : : : : : : : : :
.    //:l l:::||::| |: :| |::| |: | ||   |     |    | |   |_______」 |: : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 実地訓練終了後、二等兵として正式に雪中偵察猟兵の部隊賞を得たのは僅か
┃ 二人の人外であった。ただ、その脱落した二名は肉体的にな素養には優れて
┃ いた為か、後で勉強して雪中偵察猟兵入りすることになるが、これは数年後の
┃ 話である。
┃ 
┃ さて、鬼のように厳しい訓練と座学カリキュラムについて行けた相方だが……
366:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:12:41 ID:OitvtU3A
しかし何と戦ってるんだ?こいつらは
367:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:13:31 ID:4lUFGfb2
エリートを選抜養成する部隊はコスパが悪すぎる。
375:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:17:38 ID:0qL.fZVQ






     ___          __  ,
    ´, '´::::::::::::::::/ . イ ´  / / `ヽ.!i  i`.|i  \  ,'/`メ
     {/::::::::::::::/ ィ ´    ,' /_  /\.i |i`、  \´/, '   i .i
    ::::ヽ,_:::::_r         / __ ,_`X    }\|i  ヽ  iヽ.´____ ,ノ  }
    ;::::__ 二        ./,彳三ミ、.    丿  \  ヾ|!. ', __, ィ≦;/
     ̄  , '´    /  ミ i:::::::::} ヾ、  ,'  ,人  \ .!iメ|:::::::::::::/
    ´ ̄/    ,. イ /    ヒ,.ソ  ` ./ ,/___.ヾ  ヽ|! :i:::::::::/
     ,   , <´.,'   ! {   , , ,    //, ィ  `!  , .iヽ.{一 '
     ,' /   ゝ,i     ',        // /::::} ミ゙ i   i  ',ノ}
      /     l    ヽ.    //   ヾソ リ'}i  }  ヽ
      {     /  .iヽ、__ゝ  /' ´    ` ``/ソ ',     \
     ゝ   /人  |      {           /'  ∨ ヾ    ∨
        /´ / ',. i 、      ,. 、    '    ∨ \   ∨
        , ィ ´ノ  .} ; \         イ    /}   .i`\  ',
     r':::::\    レ'   >   . ィ≦ ´ ,'     ./ .|   .} i ',  ,
   ィ≦|::::::::::::\      /,::\    /    ./  l   /  | .}  i
    ::::::::|:::::::::::::ヾ::ヽ     /:::::::',:::::\  {   /    } ./  !/ ./
    ::::::::|::::::::::::::::::ヽ,::\ .{::::::::::::r'´`l __, イ´__.    //   / ,/
    ::::::::|:::::::( )::::,r'´`ヽi ∨:::::::}  | ̄ ´./ ´    /   /, ,'
   :::::::;::::::::::::/     }  ∨::/  .ト、 /    ,.イ   ´ ̄ノノ\
   ::::::{:::::::/  \  /,  ∨、  .i/ ̄ ヾー'`ヽ.     ´ ̄ノ   \
   ::::::レ'´ ヽ.    \{     ', ヽ. {_    ',   \    く
   ::::::::::::::::::::::',    \   i ', ̄     i    ',    }
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 以外にも痩身の少女であった。名をアリサ・イニーチナ・アミエーラという露系の
┃ 皇国人であり……半ミュータントだ。
┃ 
┃ 外見上は通常の人間と大差ないが、高濃度放射線汚染区域で産まれた彼女の
┃ 体細胞は高度に変異しており、人類のソレとは大きく異なる。果ての無い分裂限界
┃ と強い環境適応性、そして恐ろしい程の再生能力。ただ単純に身体能力と頑強性
┃ を突き詰めた半突然変異、それが彼女だ。
376:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:18:26 ID:4lUFGfb2
おお、下乳掘りだし娘じゃないかw
377:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:18:30 ID:htHH8k.A
そしておつむも結構良いと
やったー!かわいいヒロイン北で!!
378:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:18:31 ID:vd8Whl4U
なるほど、半ミュータントならこの環境下で下乳出してても問題無いですね!
379:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:18:34 ID:i4.mlwxE
おっぱい!!
380:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:18:35 ID:aUiqV5OY
半ミュータントだから薄着でも平気なんですね!
381:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:18:47 ID:dMwyeetA
あかん…ゴッドイータースレになったぞwww
382:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:18:54 ID:7Xrcufwk
下乳だして雪の上に寝転がるのか!
383:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:19:03 ID:AjxjJfuE
あの衣装は常人なら自殺行為だな……
384:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:19:09 ID:m13.V9iQ
ああ、射撃も接近戦闘も工作(トラップ設置)もできる人選w
385:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:19:48 ID:yB6vcVs.
そんな半ミュータントと同レベルなのかwww
386:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:20:52 ID:htHH8k.A
>>385
いつからK.やる夫が半ミュータントで無いと錯覚していた?
387:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:20:57 ID:0qL.fZVQ




                  ,  ´ ̄ ̄ ̄` 、
                 /         /:::::ヽ. /\
                /><       ` <::::/::::::::::::> 、
                   /.:´:::::/ >= ニ二_三>、 {:::/  ̄∨::∧
               {:::::::::/ ∠斗<广,.へ. .ヽ. .l:/. : : : :∨::∧
                 八:::::/ / /-ノ- / ィ ヒハ: .}.:./. : : : : : :i::::::ノ
                    >イ ,ヘィfち.′    li/ ,i: : : : : : : :レ
        {        /// ヘ. /  ,   ルイ:l: : : : : : : :l
        ヽ    ー=≠ イ/./ /、   r-  /厶l: : : : : : : :l
           ` ー=≦ ー=彡'′ /. .>‐-r. 彡:::::::!: : : : : : : !
.     ` ー==≦. . . . . ./|. . . . . ./!ハ__圦:::::::::::j\ _ /l
.       /.. . . . . . . ./.人. ./. . | Lノo ヽ}:::::/|       八
.       /⌒'ー==≠彡/ ノ厶斗<_ ヘ.,j∠:::l |、    /
.    /     /  /.  ´  /.::::/ .:::::/米 /:::l |ハ   /    この格好ですか?
.     {     / .  ´    /. ::::::/.::::::::ヽ イ::::: !:|:∧ /
.     ヽ ,   ´       /.::::::::::::′::::::::::::::::::::::::l l :::.∨      産まれた時から寒いのに慣れてて寒くないので
.      /        ,/.::::::::::::::∧ ::::::::::::::::::::::::::!:l::::::::!
      |    ヽ,_   ´ {:::::::::::::::/ ∨:::::::::::::::::::::::l l::::::∧      私服は動きやすいようにしているんです
     l    |     ヽ::::::::::/ ´ ∨ ::::::::::::::::::::!:l ::::l i
     .    |      ノ::::::::/    ∨:::::::::::::::::::j !_l |
     }―仁フ ヽ二ト. ` </        ̄ ̄ ̄ /厶 '′|
  r  ´,レ ´_r 、○r‐升=/7―-   _     /7l     |   *私服らしいです
  l>  ィf´_ .二. _ ノ./ /         > 、|`'く |    ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 身体能力が最初から高く余裕があったので、彼女は過密スケジュールに割と余裕を
┃ 以てついて行けたのだ。やる夫が体力的な限界で死にかけている横で。
┃ 彼女が六日目で脱落したのは、半分気絶したやる夫を引っ張っている時に転けて、
┃ やる夫が重しになって骨折してしまったからであり、その気になれば後二日は行けた
┃ と本人は語る。兎に角、それが二人の馴れ初めであった。
389:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:21:41 ID:FyuS.jCM
その身体性能を活かしてクッソ寒い中下乳なんやな
390:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:21:55 ID:n.eritwc
下乳だ!個人的にマコト=ナナヤと並ぶ下乳だ!
393:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:22:27 ID:FyuS.jCM
突き指より簡単に治る骨折
394:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:21:55 ID:9Kl2DuIU
あぁ、これはヒロイン枠ですわ
396:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:22:49 ID:htHH8k.A
なんという女傑…w
397:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:22:51 ID:xNhTwb2c
半乳
405:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:26:01 ID:0qL.fZVQ






         ___  __
       /__HlHlHlHlHlhi`ヽ
      /::::::::::::`ヽlHlHlHlHlHl〉
      }_;:z≦ニニニ二二二二>
     /   /  ,/|  , |. \ ヽ
     / ,' ,/ ,/─ノノl/ ― .lヽ ',
     |  //  ●    ● l. ヘ|
     .}  (|.⊂⊃ 、_,、_, ⊂l |
    /   ゝ         .ル |
   / / ,' / rヽ,、  __, イ  !/
   !/ }/ ,. ´゙i:::::\∧,ヘ/!{ヽ、
      {_ ,_y}::(:::::::;!、::::::)i__ }
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、彼女だが、半ミュータントであり迫害された事も合って強い実力コンプレックス
┃ の持ち主であり、力ある者以外を軽視する傾向にあった。故に、自らを鍛えて更に
┃ 高みに持っていこうと努力ができた。この傾向があったからこそ、自分と同じ位置に
┃ 食いつけたやる夫との交友が続いたのだろうが。
┃ 
┃ 紆余曲折はあれども、そんな訳で二人はケワタガモを意匠とした雪中偵察猟兵の
┃ 部隊章をBDUに縫いつける事と成る。が、これは始まりに過ぎなかった……
406:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:26:42 ID:OitvtU3A
今までプロローグ
407:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:27:06 ID:htHH8k.A
ヘイヘリスペクトwww
408:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:27:08 ID:aUiqV5OY
露系なのにシモヘイヘなのか…
413:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:32:42 ID:0qL.fZVQ




.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|ヽ
ー ._:.:.:::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:rー;-'、
.:.:.:.:.:.`丶.:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;:-┬-.、ノ
`¬- .;.:.:.:.:`:.- .,,:.:.:.:.:.:.:.:`ー_'-、 )
;;;;;;;;;;;;;;;`;‐-:,;.:.:.:.:`.:.‐:.、:.:.t_";_, ` 〉
;;;;;;;;;;;;;;;;;' _ . `ー .;.:.:.:.:.:.:.`.:.:.:.:`.<
;;;;''´ ̄    丶‐`.._‐、:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.\
={      =ニ、くヱァ丶`ノ''ー-:,,;.:.:.:.:.\
. ヽ           ー'  { :    ~"''ー‐'     ようこそ、雪中偵察猟兵部隊へ
  }:.               !.{:.     }
 .:::  ,      /_     !ヾ ー-  {        私は一応、君達の指揮官になる人間だ
 ::  {   、     `,-、-'゙、ヽ     >、
   `  、` ー .__j  ヽ 丶_,. ''′ \      何、取るに足らない職業軍人だよ
.       `┌┘   ,.. 〉‐''´     _,..ヾ>、
        j    ヽ´    _,. -ー';,´,;,:.:.:.:.:.:..}
}-.    ノ     {ー- '' ´:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;.:.:.:.:.:.:.!
!   `  ''' ´      i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.l
、_,,........,,,_          !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.{
:!.:\.:.:.:.:.:.:.:.`>-.、    i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;.:.:.:.:.:.!:、
::!.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.ヽ   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:l:.ヽ
=|.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:〃>   }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,:.:.:.:.:.:.:.i.:丶
=:l!:.:.:.:.:.!.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:/¬,、 {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,:.:.:.:.:.:.`:.:.ヽ
=!i:.:.:.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:,:':.:.:.:.:´.:.゛._ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.\
=| }.:.:.:.:.:l:.:.':.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、即応集団とは北領軍でも生え抜きのエリートを集めた部隊だ。有事にいの一番
┃ に出張って戦線を構築する、即応性の高い部隊であり、即応性の維持に練度は
┃ 欠かせない。
┃ 
┃ その中でもとびきりのキチ◎イを集めた部隊の一つが雪中偵察猟兵部隊だ。
┃ 指揮官は地味な少佐で高槻 巌と言った。
414:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:33:14 ID:xKXzjyk.
やってらんねーよ!www
415:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:33:27 ID:htHH8k.A
頭がサラッリーマン(軍属)とかこの部隊どうなってんの!!?
416:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:33:28 ID:X5iE3RVk
何を持って取るに足らないなんですかねぇ…
417:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:33:32 ID:WqOgNIZQ
これはヤバい厄ネタの匂いしかしねぇ……
418:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:33:36 ID:n.eritwc
アイエエエ
419:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:34:01 ID:QTg6OX2Y
お前のような職業軍人がいるか!!!www
420:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:34:06 ID:ym5AksIE
この人のサラリー高くね?(震え声)
421:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:34:33 ID:Jc0P.97g
なんなのここww
422:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:34:35 ID:5ZMrXp7U
ああ…そういや軍人てサラリーマンだよね…。
423:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:34:44 ID:/Ov5I666
この人って雪上でも足が雪に埋まらないように走ったりできそう
424:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:35:35 ID:FyuS.jCM
>>420
存在そのものに千金の価値がある=サラリー・マン!
425:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:35:41 ID:NlX4GP/A
もうあんた一人でいいんじゃないかなぁwwww
426:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:36:07 ID:4lUFGfb2
せめてビジネスマンにしてやってください。
427:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:36:09 ID:0qL.fZVQ




                , ´:.:.:.:.:.:.:.:{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
               {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;.'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}
                丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                ` .、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'' ‐- ..,,__,,. -‐'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
                  ` '‐ ..;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.;. - ´
                    i'´.i!i!|`' ‐=_.__  __ .,, =-‐'!i!,ヽ
                    }.`;_{ l.、 、ーt;;ュッ` ̄ ̄ ‐''t;;ェ ッ゛ }/'、j
                   丶`iリ !丶. _ ̄_,..:::::i''-、._`"'' _. /!'{.´{    さ、あんまり肩肘張ることは無い
                    { ゙-ヽ、    .:::::::|     ̄  , ',i ' .}
                      ゙、  | ゙:   ー-、'ー-;     / !i ,.ノ    雪中偵察猟兵において、階級は飾りだ
                     `.ー{. ゛i       '´     i !''´
                        ,.-t. 丶 .`'' ー――‐''′.' ノ       実力だけが物を言う……じゃ
                _ ,, ... -―f:.{. ゛、     ̄´"" "´ ´ ,!i‐、_
             _,..-‐´:.:.:.;,':./.:.:.;!.:丶_,ゝ-‐'' "  ̄ " ‐- 、,' ノ.:.:.}.\__
         _,..-‐´:.:.:.:.:.:.:.:,;,:.:.i.:.:.:.:i:.:/            \:.:.:.!.:.:.:.:!`、`::....、
      _,..-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,:.:l:.:.:.:.:|/ _,.,----―- ._       ヽ:|:.:.:.:.:.l:.:,;,;,:.:.:.:.`:....、
    ,. '´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;.:.:l.:.:.:.;./.:::{.    !. { `)        !.}.:.:.:.:.:.:.l.:.;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:...
   /´"'':-:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:.:〈  :::;: =-―.-=ニニ__;;;;;;;;;;,,...l !.:.:.:.:.:.:.:.:.!.:;,;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.}      :::::::::{      i`iー、;;;;;!.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
. ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i{.:.:.:.:{    ..,;: -ー=====..'...'ー=';;;;|.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:´.:.:.`:i
.,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、.:.:.:.:.:.:.:.:l.}.:.:.:.:.)  ..::::::::i     {  ( ̄ );;;|!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そんなキ◎ガイの集団になるべくして、様々な部隊から合計二〇人が集められ
┃ 高槻少佐の前に並んでいたのだが……彼等はまだ立派なケワタガモではない。
┃ 漸く産毛が生えそろったばかりの雛鳥なのだ。
┃ 
┃ 歓迎の挨拶の二秒後、彼等は直ぐに整列させられて輸送機に叩き込まれる事と成る。
429:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:37:21 ID:0qL.fZVQ






                ,. -―- 、
              /_,,,,,...=-゛‐.、
             ,,;'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;丶
            .{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}
            i;;;;;;;;;;;'''"i_〕,`゛'‐i;;;;;;;;;;j
             !、;;;;;;{.i .-―‐- }.|;;;;/
             `''(.{.`.  ̄ ̄ .jノ
               iヽ__., ' !            はじめようか
         __   ,,ノ-‐'iー―-,{.
       ,-‐'' 、.:.:.:.:.`:ヽ.:.:.:丶l''ヾ/ヽ!ヽ.
     ,'.:.:.:.:.:.:.:`:丶.:.:.:丶_.:.:.:.:\!.::.. !':\
     i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、.:.:.:.:.く.:.:.:.:.:.:ヽ:. }:.>.:丶
      !.:,;,;,;,;,;,;,;,:.,;,;,;,;,;.:、.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:i: !`、.:.:`.、
    {:.:,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,:.}.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.!i.:.:}.:.:.:.:.ヽ
     i.;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;ヽノ.:.:.:.:.:.:.丶.:.:.:.:..!!.:.!.:.:.:.:.:.}
     },;,;,;,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`,.:.:.:.:.:.:.:.:`、.:.:.:.:.i!:.|:.:.:.:.:.:!
      {;,;,;.:.:.:.:/.:.:.:.`:.、:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.:!:!.:.:.:.:.:|
     |,;.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.|:!:.:.:.:.:.!
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 
┃ そして、雪中偵察猟兵としての本格的な訓練が始まった
┃ 
┃ 
435:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:42:37 ID:0qL.fZVQ





                               「よーし、跳べ! そして、そこから歩いて帰ってこい! 以上だ!」
.          ,,..-|''|"|´| ̄ .`ヽ、
       /  | | .|       \  て__       えっ!? し、下が見えないんですけど!?
      /  u     __ \      ヽ  (´
     /       .γ´ `ヽ.`   _,,.- ', ζ       「降りる時も気を付けろよ、クレバスに落ちたら終わりだぞ!」
    ./    u.   ヽ,.-''"    ./⌒l
    .l            l      ,  `ヽ|          ええーっ!?
     ',    u     /ヽ--‐''"\  丿
     ',         /::::::::::::::::::::::::/"´ .|      ,-,.-,-,
     / ,,..-‐--..,,_ l ::::::::::::::::::::::/   /    lヽ/ / / /ヽ
    /       `"''-.,,   .''´,,..-''´     ./       /
 ./               \ ̄       /       /
../                \     _,,.-''´     /
/                   `''-''"       ./
          ̄`''-,,_             /
              `''-,,        ./
               / `゙''‐---‐''"´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 訓練の内容は単純だ、山から下りてくること。まぁ、これは山岳兵なら何処ででもやる。
┃ 
┃ ただ、それが、北領で最も険しく、整備がされておらず地殻変動による隆起現象で
┃ 険しさを増した上、変異を起こしたヒグマも出る剱岳に……
┃ 
┃ 装備はBDUと標準仕様ナイフに水筒の中身半分、そしてロープ5mにリュックだけで
┃ パラシュート降下するというキチガイメニューだと話は別だ。
438:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:44:30 ID:xNhTwb2c
この人のサバイバル技術とか生身でミュータントとやりあえるんじゃないですかー!
440:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:44:52 ID:htHH8k.A
当然冬山ですよね?(震え声
441:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:46:11 ID:SFUekDK2
バカじゃないの?! バーッカじゃねぇの!! もしくはキ◎ガイか!!
……はい キ◎ガイの集団の頭領でしたね……
443:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:47:03 ID:0qL.fZVQ




                 |__________三|____
         r‐=ニ二三|!:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.:.     .:.:.::::.:::.:::.|三三ミ〕
         { { (( {{八:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.  .:.:.:::.:::.:::.:::.|〃ノ彡′
.         \三ニー\二二ニニ==ノニニ二二二三三三/
.         \三三三三三三三三三三三三彡i´Y
            ヽ=ニニ二二二二ニ斗テ寸彡'' .:::::::| .:!
             ハ`弋赱テ≧ミニ´ ̄彡'⌒\::::::| .:|    これに耐えて初めて雪中偵察猟兵だ
             {ハ::.   ソ| ' :::.:::.:::.:r'⌒ヽ、 \|.:::|
                Vハ::.  : :| j 、   | 、__::   ー=彡!    じゃ、がんばんなさい
                 ヽム .、寸ー' ′  しソ::. 彡 :彡|
          . .-―''´/∧ ,,ヽ=ー―一'彡イ{:::    .::::::ト、___       「うわぁぁぁぁ…………」
    . . -=''´: : : : : : /: : ∧ 癶=ー-=≦ .::::!:::   ::::::||: \∧: : :
 . .-=": : : : : : : : : : :/: : : |Vヘ. :::.:.  .:.:::: .::人:::. 〃::::ク: : : |:/: : : :
´: : : : : : : : : : : : : : /: : : :.:| \:ヽ.,,,__..イ:./ヽ彡'、::::{{: : : |: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : /: : : : :.:|  /彡ヘ:::::::厂ノく   ∧ ノ⌒ヽ、:.!: : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ せめてメタルライターをくれぇぇぇ! という叫びを無視して、20名の新兵達は
┃ (他所から移動になった古参含む)後部ハッチから蹴り落とされ、剱岳へと挑む
┃ 事と成った……。
┃ 
┃ まぁ、最低限有情なのは通過ポイントやら時間を定めていない所だろうが。また、
┃ 発信器は持たせていてリタイア申告も許可している。ただ、その場合は原隊復帰で
┃ 雪中偵察猟兵は諦める事になるが。
445:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:47:40 ID:wJ99Rmcc
アイエエエ ニンジャ!ニンジャナンデ?!
446:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:48:20 ID:On.xCPwM
というかこの人生身で、やる夫の両親に並ぶレベルだよなぁ・・・
447:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:49:16 ID:TE1At4aw
神々の頂www
451:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:51:32 ID:0qL.fZVQ












                   ____
                 ,. -'"´      `¨ー 、
               /             \      べふっ、げふっ、し、死ぬかと思った!
              /                ',
             ./    U         , -‐ 、     ',
             l  ___ノ   '´     \   .l
             l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
             .',    ,      ヽ  lilil u   /
              \   l   人_,/l      /`ヽ
             /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
            ./                     l
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ パラシュート有効高度ギリギリからの滑空で、やる夫は剱岳の一角にどうとか落下
┃ した。五体満足で怪我も無くだ。ただ、深い雪に突っこんで早々ずぶ濡れになったが。
┃ 
┃ この時やる夫は心底帰りたいと思った。ハイテク装備弄りたくて軍隊に来たのに、
┃ どうして自分は山師やってんだという話しである。友人はできたが、何か違うだろこれ、
┃ という思いは拭いがたい。

┃ 実家の訓練よりキツイと思ったが、多分父親なら雪山生活エンジョイした上、変異ヒグマ
┃ のキモなりを土産に降りてくるのだろうと考え、とりあえず頑張ろうと行軍を開始するのだが……
452:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:52:28 ID:9qmWb.Mo
スネークぱねぇwww
457:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:53:48 ID:0qL.fZVQ





   .       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.....       / °. . .: . . : . .゚: . . : .\
......     /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
  ....  / U.. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\      さて、ここはどこだろう
  | ゚ ∪ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  \  u. :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
 . .  /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
...   |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
 .  |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ そもそも現在地が分からないと来ている。挙げ句、時計はあっても日が出ていない
┃ せいで方角さえ分からない。
┃ 
┃ もうこれ、詰んでるんじゃねぇかな、と思いながらも歩いていると……
458:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:53:55 ID:FyuS.jCM
嫁取りには成功しそうだからいいだろう(白目
459:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:53:59 ID:aUiqV5OY
ならリタイアして原隊復帰でもすればいのに結局やっちゃうのがこのやる夫だよな
460:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:54:21 ID:htHH8k.A
仲間と合流かはたまた野生動物()と遭遇か
461:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:55:32 ID:SFUekDK2
素直にリタイアして人事に相談したほうがいいレベルの配属ミスw
優秀すぎたのがアカンねやなー
462:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:56:15 ID:oMAhpD0o
とりあえず良質なたんぱく質の確保だな
463:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:57:06 ID:7Xrcufwk
人事部「本人の適性と志向がかみ合うとは限らない」
親からも山岳兵向きって言われてるしねw
466:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 00:58:30 ID:0qL.fZVQ









                  ___  __
                /__HlHlHlHlHlhi`ヽ
               /::::::::::::`ヽlHlHlHlHlHl〉
               }_;:z≦ニニニ二二二二>    奇遇ですね
              /   /  ,/|  , |. \ ヽ
              / ,' ,/ ,/─ノノl/ ― .lヽ ',     「……何してんの?」
              |  //  ●    ● l. ヘ|
              .}  (|.⊂⊃ 、_,、_, ⊂l |     ……助けて下さい 落ちた時に枝に引っかけてナイフが
             /   ゝ         .ル |      どっかとんでっちゃいました
            / / ,' / rヽ,、  __, イ  !/
            !/ }/ ,. ´゙i:::::\∧,ヘ/!{ヽ、
               {_ ,_y}::(:::::::;!、::::::)i__ }
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何故か木に引っかかって宙づりのアリサを見つけた。どうやら降下に失敗し、ナイフ
┃ を喪失したせいで降りれなくなったらしい。
┃ 
┃ 偶然も重なって、やる夫はアリサと共に剱岳を下りる事と成る。何やら二人でナイフを
┃ 一本という彼女の祖先の国家を思い出す有様で……
467:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:59:06 ID:7Xrcufwk
どこが枝にひっかかったんですかねぇ…(ゲス顔)
468:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 00:59:30 ID:B.B0I44A
なめんな!!
祖国の方が銃器な分だけマシだろ!!
471:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:00:09 ID:aUiqV5OY
これ下から覗き込んでるわけだからつまり…
480:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:04:13 ID:0qL.fZVQ




                    /                      、
               /                __       ',
                 {-―-、   ,.. -― -- ≦/////≧.、    ',   大丈夫ですか、やる夫?
               V////> ´         `''<////\  .i
                 ヽ//、 _______ ,,..イ \///ハ.  !   防寒具の上貸しましょうか?
                 /  / ムzz ',、 ',ー ´,ィz=ミ、!   .i\//}..イ
                ,  ,  《 Jハ 、 ヽ  マ沙 .》  !  }  \´      「やっぱお前、何か狡くね?」
                |  {  ハ マソ  ヽ \    |  , ハ    、_
                i  ハ {.八   ' _ \ \  ! /i/  、       ̄ ̄ ≧、
                 ノ', {/⌒ ヾr-..,,}':.:.:)\ ',イ.j / '   \          \
                  /  乂!     }:::::::::::≧く.}/ i--.、   ヽ.  ` ー- zz _     ',
             ./    /        ,::\:::::::::ハ   !/:{.    ', \    ヽ  `ヽ  }
             i  / ′    j./'´:::::\/:ミメ イ:::::|`V   }   \ }  }    ', ′
             j./  i     /:::::::::::::::::::/ ∧\ >- ―-- ..、  ',.  /    j/
             / イ |.!     ,.::::::::::::::::::::::::i  ,:::::', r/ニr--ニニニ\ }/      /
              / / ヽi !     {:::::::::::::::::::::::::|__/::::/`¨ マニニニニノニ.、
            ' /    ,:      ';:::::::::::::::::::::::::::::/ }    \:::::\マニニヽ
          j/     .i     j、::::::::::::::::::::/   ,      ',::::::::',∨ニニ.\
                  |      ,:::ヽ::::::::::::/   .イ      i::::::::::}::',ニニニニ\
                _i___   ,:::::::::≧=/- =≦   ヽ    |::::::::,:::::',ニニニニニ\
           ,,.. z< __  ヽ{{/ ̄ ̄           、    |:::::/\:::',ニニニニニヽ
         ,.ィ´> ´  i    ヽ. \             ` T~|:::イ{  ヾニニニニニニi
       //        ,    i\. \        ′   ,:::::L/ ハ   \ニニニニニ|
      //        ./    , ノヽ ヽ      /    /ー-.i :i.イ     \ニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 合流は偶然で滑り出しは色々と酷い物だったが、とりあえずは何とかなっていた。
┃ 二人で協力しながら斜面を降り、下山へとひた進む。寒くなった交代でシェルターを
┃ 掘りビバークして耐えた。
┃ 
┃ 一人ならもっと苦労していただろうが、二人ならば案外さくさくと進む。軍隊の最小
┃ 単位はバディだ。誰かと合流して協力した所で文句は言われないだろうし、敢えて
┃ 何も言われなかったのは、合流して仲間を探すのも手の一つとして認められていた
┃ からなのだろう。
481:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:04:21 ID:FyuS.jCM
その子の祖国はロシアだwwww
赤くねぇよwwww
482:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:05:11 ID:htHH8k.A
やめろよ!見てるこっちが寒くなるぞww
あと絶対壁ドンならぬ雪ドンしてる同僚いるだろww
483:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:06:07 ID:vPLOhMXI
どう見ても一枚…防寒着の上とは…
484:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:06:12 ID:yceqZfvQ
アリサ嬢は小説版だとかなり悲惨な体験してるよね
ゲーム版だと、まあそこまでだけど
485:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:06:46 ID:9Kl2DuIU
相方いると意地張るにも甲斐があるからねぇ
人間1人だと案外弱いもんで
486:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:09:14 ID:0qL.fZVQ





                          --――
                                   ` .
                  .  ´                 .\
                /                       \
              ./  __    .   -―――――-  、   _\
              / /::::::::::\/-‐            ―-\/::::: \\
             .//::::::::::::::::/                  \::::::::::::\ヽ   「この木の皮は食えるお。剥がして
            〈:::::::::::::::::::::厶 -――┬ ――;――‐ ―― --.∨:::::::::::::::.〉    持っていこう」
             ::::::::::::::::_./   .|_l / l  l  _ :.:.:',:.:.ヽ .   :|\:::::::/
.                  \:/_..|  ̄ _.| 斗!'´ !   !ヽ ~::T!ー::l-:   |⌒l/     あの、鹿じゃないんですから……
                `/__.|   ト|,ィ==ミ!  ! ケ=ォ、ヽ!    |  |        それと、味は……
                / ./|  . ヾ {;;゙ー_ソ \|  !.;;゙ン '~ レ   八.|
                 {:     | ´            ` u |/  /:: 八      「貴重なエネルギーと繊維質だお。
               | /八 、  :l      `       //  /: : :  \      後、消化できて栄養になれば食える」
               l//  ∧  人     -      ノイ /: : : :  ト.. \
               /   |∧   >、        ィ / /{: : :| :l |  ̄   いや、だから、味は……
              ′  |∧   ∨ ̄`ヽ、_,.、-:':::::::/ /:::::::ヽ: :|: }  \
              ノ i   八\Ⅹ   ∨::{ {¨TT¨;} }::::/ /::::::/ー‐┐ .ヽ\   「あ、らっきー、幼虫出て来たお」
            /:/|  / ̄}:::: \ ∨| |\_/| |:::/:::://   /\  }ー--
           / ´  |/   /::::::::::::\〉ツ:(__)<|_|:::::::/:::/   /  :. /     えっ……
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 二人で協力し合い、時には力で、時には知識で様々な困難をくぐり抜けた。
┃ 
┃ 冬眠から抜け出してきた変異ヒグマから全力で逃げたり、雪崩から逃げたり、
┃ 良く分からない突然変異から逃げたり、途中でアリサが貴重な蛋白質(虫)に耐え
┃ きれないで吐いたりしたが、下山寸前というところまで僅か一週間で辿り着く。

┃ だが、何もかもが上手く行くわけではない、当然のように……
487:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:11:06 ID:7Xrcufwk
貴重なたんぱく質(意味深)
488:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:11:52 ID:yceqZfvQ
>>487
雪山でそれやると凍傷でモゲルんじゃね?
489:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:12:05 ID:FyuS.jCM
過酷な生活してた割に虫はくったことないのかw
490:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:12:19 ID:4lUFGfb2
水分どうやってとってるんだろ?氷が解ける環境でもない気がする。
491:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:12:47 ID:aUiqV5OY
雪崩から逃げるってすげぇなw
502:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:17:20 ID:0qL.fZVQ







            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |     ぶぁっくしゅっ!! ……う……
.   ',  u | |     /       ヽ      .l
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'      「え、やる夫? やる夫!?」
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ やる夫が風邪を惹いたのである。
┃ 
┃ まぁ、それも仕方がなかろう。BDUにパラシュートを切り貼りして造った防寒具しか
┃ 暖を取る物は無く、火も起こせないからアリサが体温で溶かした水ばかり飲み、
┃ 栄養豊富とは言い難い木の皮や昆虫、小動物で凌ぐ日々は如何に鍛えていても
┃ キツイ。体機能に不調を来すのは致し方の無いことだろう。

┃ アリサは倒れたやる夫を担いでビバークし、決断に迫られる。このまま体力の回復
┃ を待つか、棄権するか。いや、棄権した所で迎えが来るまで持つか分からない。
503:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:18:29 ID:htHH8k.A
肝心なところでアリサ頼りで大丈夫か…?
504:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:18:32 ID:4lUFGfb2
同じ環境で風邪引かないアリサが凄いw
単身で機械化小隊壊滅させたり、ミュータント2体同時に投げられたりできるようになるはず
508:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:19:34 ID:IF3j1j9Y
これクリアできる訓練なんですかねぇ・・・
511:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:21:06 ID:0qL.fZVQ




                       _
                    > ´    ̄   <
                   /           ` <
                      /           ,イ≧.、、  \
                 /      _-- -´ニ二、:::`゙\  ∨
      r ー -  -- --- ./    ィ´__ ,<´  ヽ  `ヽ::::ヽ ∨
       {      ,      !,____. 彡´ヾ. ヽ  ,二ニ、\   ヽ:::`}       …………仕方ありませんね
     ∧     ヽ.     ゞ/: /ニ、',\', "心 ミ″ ヾ    ∨
      .∧.      \ -― "/ .!;γヽヽ \ ヾ- ' } ト、\  ',
       ヽ      ヽ   /  .',゙ ヒ:ソ       /| |ソ、 \ ヽ.
        \.       \{i l ∧  `      .! /! , -- 、 ゝ,ヽ___
          ,         ヘ ', |ヽ.  '´ `  _. /,.´/    ヽ  ` <`
           ヽ         \{. ヾ. >   ,ィ´ヾ_ イ       ∨   \
            \      ``ヽ、l`,`ノソ.イ:::{         ∨    \
              \     .    ,>, 、\:::::::::::\. .      ∨ ゜、   ',
               \  ,. ゝr'´/´:::::', `i::::::::::::ヽ ヽ.     ∨ ヽ. ', i .}
                >`´:::::::::人:::::::::::::ヽノ::::::::::::::::::}∧.      ∨/ } レ' !
              /´:::::::::::, / .{. ヽ.:::::::::::::::::::::::::::::::::|  ∨     ', ノ
               /::::::::::::://   ',  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::',  ,∨  ,. イ⌒゙i
             {::::::::::::://    ゝ,  }__ ,:::::::::::ソ:::ヾ{ ヽ/,,彡ィ"`:l
             |:::::::::::_i |.  /  ` ー --一ヽ:::::::::,,:::::{  ,イ;.'/:::::::::::::::l
             !;;;;, <´__ . ィ′            ̄ ヽ__', {://:::::::::::::::::|
             ヽ,__   ,'                 / ) ヾ.::::::::::::::::::::ゝ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ さて、裸で温め合う という話は良くあるが、あれは実際やると死んでしまう。服を
┃ 着ている方が温かいのは当然だからだ。ただ、アリサは半ミュータントであることも
┃ あり極寒の地に適応し体温は人より高い。その上、本人は裸で雪山に居ても寒いが
┃ 耐えられる程に頑強だ。
┃ 
┃ なら、服を脱いで毛布代わりのパラシュートを利用した防寒具にくるまれば或いは……
512:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:21:14 ID:wJ99Rmcc
服を脱いで抱き合う・・・・・・アカン、元から裸に近い
513:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:21:15 ID:QiHFuCHA
>>508
クリアできるやつが居たら
「おぉ、いい拾い物したわ~」っていう感覚なんじゃないですかね
516:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:22:29 ID:0qL.fZVQ
>>508
 やる夫の場合、実戦経験不足と北領産まれじゃなくて寒さに耐性が無いのが響いた

山岳兵上がりなら、割となんとかならんことも無い模様
何故なら、ある程度順応するだろ、と見なされたキチガ◎以外は来ないから……
519:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:26:12 ID:0qL.fZVQ






    >-- 、__      <       ヽ
  /  ∧   > 、     < ̄ ̄\ ヽ
 ノ乂 f     メ、_j       ヽ   ∨
´て´_ゝ乂 t.,、、! !i : jl ; ;仆ー―――ヘ_/
   フ/j  トゝ),!i : :!、fti`!、: : : : : : : . ヾ、        ……は、恥ずかしいですけど
  ,  ;   {; ;`  !ij´´>ヽ,}、_j  i  i  ゞ
   夕  人´   i i`ヾx゚jゝ:. : : :   . : ::. ゝ、      やる夫、良いですか、貴方だからですよ?
 ,' '. , 仆 i ヽ丶    j j: : :. : . . li. . . .丶
 乂ノ  i i  ゝ-.ノ/`メ乂 /        iゝ - 、      「ごめん、アリサ……肝心な所でやる夫は駄目だお」
 メヘヘヘji i   / // // f. ./: :|: : : ji: :∧: :. )
 }f´´´´} ∧  : j:.j ,' ' l /ヘ!!     | ji l i ヘ      気にしないで下さい。あの時と同じですよ、助けられるなら助けてあげます
 ;.:.:.:.:.:.:.;、j ;! ! l j:!/   リ  l、:} : : :i i.:.:l; ;ト,j ji                ,ー、
 、.:.:cュ.:./. | | | j::!       j:.:.i: : ∧ i.:.:.  ヽ(            , -∧ー{― -
 t二=У . | | |ヘイヽ    j.:.:: : :.:.:.:.l.:.:.:.ゝ V.ゝ、         x   // } }{     `ー - ―
 Уー-,j  | | ,イ : : : ` 、 j ,'.:.:.j ノ >--- 、  [__      .´    j j iヘ jヘ      :.:.:...    ` f、、
 イ.:.:.:.:.:.{  jリ.|: : : : : : : : |ノ.:.:.:.j>,.. < ̄ ̄ ̄`ー`ゝ _ ,/     // ゝ_イ       .:.:.:.:..     } {、
 ∧.:.:.:.:.∨ r、 j: : : : : : : : |.:.:, イイ<       ゝー-- ./         j j  /         .:.:.:.:..    ヽ ヽヽ
  ∧.:.:.:.::.∨ト、ヽ,; : : : : : :|.://´           _,.../         // /   .:.      .:.:.:.:.....:.:..   ゝ / .ヽ
   ,:.:.:..:.:.:.∨iト丶.:. : : : :j|´,´ヘ           ≧=-――、    // /.:.:  .:.:      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:....     Y
   ,.:.:.:.:.:.:..゙i.:.:.丶丶.:.、f´゙   >,         メ、ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ__// /  .:.: .: .:.:    .:.:.:.:.:.:..:. .:.:.:.       ∨
   .}.:.:.:.:.:.:..i..:.:.:.:.:.ヽヽ}.   .ノ´ ヽ,       /::::::::..、ヽヽ:.:.:.:.:.:.:.//ヘ__ヘメ、______
    ,.:.:.:.:.:.:..i..:.:.:.:.:..:.:.メi.`¨  ゝ __メ     /:::::::::::::::::..ヽヽ.:.:.:.://::::::::::::::::::::::::::::::::`ー--、___            ヘ ∧
    ,.:.:.:.:.:.:ji....:.:.:.:.:.:j/      V´ ヽ` ー-;゙::::::::::::::::::::::::::...ヽ、7∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..イノ: T:.、_________,,≧=-=、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 自分の衣服と防寒具を与え、その上で抱きついてくるまってアリサはやる夫に体温
┃ を分け与えた。
┃ 
┃ この時、ビバークに使った雪の洞窟で何があったかは誰も知らない。ただ、互いに
┃ 互いを別の意味で意識し合うようになった、ただそれだけを他人は伺い知る事ができた。
520:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:26:49 ID:htHH8k.A
こりゃ嫁決定やな…     ふぅ
521:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:27:38 ID:NlX4GP/A
こりゃ責任取るしかないですわwww
522:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:27:47 ID:8JnwbynI
この日訓練地域各所で雪崩が発生したという
523:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:28:03 ID:uqeEuerE
もうちょっと詳しく頼む
526:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:28:59 ID:7Xrcufwk
雪山「殴る壁が無い」
527:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:29:54 ID:QKW5SBGY
暗い洞窟で全裸の女性に抱きしめられる…
そこ代わ…いややっぱ良いわ、俺はまだ死にたくない
528:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:29:54 ID:0qL.fZVQ




                 ,:',: '  '   ,:'    ,              '   ,:'   ,: '     '   ,:'
                    ,:',: '  '   ,:'   :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
       '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'    :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
          '   ,:'   ,: '  '   ,:',  ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
  ,:',: '  '   ,:'    ,              ,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '   ,:'
      ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '       ,:',: '  '   ,:'    ,
  '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '        ,:',: '  '   ,:'    ,
      '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'   '   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
         ┃  ┃┃
         ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
         ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
         ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                        ,:',: '  '   ,:'    ,'   ,:'   ,: '  '   ,:',   '   ,:'
                     '   ,:',   ' ,:',: '  '   ,:'    ,
                        '   ,:',   '  ,:',: '  '   ,:'    ,         '   ,:'   ,: '
 ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '      '   ,:',   '   ,:'                '   ,:'   ,: '
    ,: '  '   ,:',  :'  '   ,:',: '  '       '   ,:',   '   ,:'     ,:',: '  '   ,:'    ,
               '   ,:'   ,: '     '   ,:'                 ,:',: '  '   ,:'    ,
                  '   ,:'   ,: '     '   ,:'           '   ,:',   '   ,:'
     :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'                       '   ,:',   '   ,:'
       :'  '   ,:',: '  '   ,:'    ,  :'
,: '        '   ,:',   '   ,:'  '   ,:'   ,: '  ,:',: '  '   ,:'    ,
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 翌日、やる夫は何とか回復し、這々の体であったが下山に成功し、ギリギリであるが
┃ 二人揃って雪中偵察猟兵となる。
┃ 
┃ この後、二人は猟兵としてのバディとなり様々な戦場を駆け抜けることとなる。浸透した
┃ 敵の工作員を撃ち、発生したミュータントを追い、無数の機械相手に陽動を掛ける
┃ 雪中の亡霊、その一つとなったのだ。
529:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:30:30 ID:htHH8k.A
夫婦亡霊の誕生だ
530:名前:普通の名無しさん <sage> : 2013/12/28(土) 01:31:38 ID:n.eritwc
一つとなったのだ。がもうそういうことにしか見えない
531:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:32:50 ID:0qL.fZVQ




                        !   ヽ、               _,..  -――‐- ..,_
                        ',    ` ー ..,_        ,.  '´         ,.. ィ´ `  、
                 _,..  --  ...,_  '、         ¨  ー  ´   ,.. ' ´ ,. '´   .!      ヽ、
                  / _,.. ..,_    ` .ム                  ,.. '´       /  ,i        ヽ
          _,...  ノ∠´_    ` 、     ヾ、           /    ,. '    ,.ィ  ./l.!            \
      ,.. -‐―‐- ..,_     `  、  ヽ、_,...  -――---‐ '' ¨´,. '    ./  ,. '´ / , ' l!!              \
   ´           `  、     ヽ、´            ,.ィ     '  .,. へ , ' /,.. --l!              ヽ、
                  _,.. >、     ヾ ー-  .....,,,,,,...  '´       ,.ィ斧ミ、 / /    ',.           , '⌒Y ヽ.
           ,. '´     ヽ      \              /!.{{ ぅ:炒/´   ,z=示ミ、        ./  ./   ∨
            /. ' ´  ̄ `> 、        ヽ、           ,. ' ./ ∨  ¨´         仞刈.》、       . ,'   ,'     '.
.        〃´    ,> '' ¨ ̄¨ '' ー ..,_    ` ー-  ,. '´ /   .     r      `¨¨´/ ヽ、     ,'   ,'      i
          ,′     〃 ,.. -‐ ―-  .,_  ¨  ー― '' ´   ./     l             ,.'        ,'   ,′   li   !  ,. - 、
          ゝ- '   i! ´    _,,.... ...,,_\¨  ....,,_      '_,...   ハ    r== 、    /ィ´  .ハ.  /   ,′ ! !.!  ! /    !
              !,.. -‐ ¨´      `   、   ̄¨¨¨ ̄      ヘ  乂_ ノ _,. イ ´ ノ-===- .,_f!   ,'  / ./ i. /   /
.          ,>' ´.. --  ...,,_                      ,.、..,_ヽ   ¨    _,.ィニ三三三,.ィ三ニニY  ./ ./. '´   ,. '´
       /´        _,..>-====‐- ..,,_         ,.イ/ハ///`rー‐、=ニ´/三三三r‐イ三三三三ュイ'´   .,. '´
                    ,ィニ三三三三三三三三三二ニ=-- .. イ////,!////イ/Y´  ̄¨¨ ヾ三三ヾ三三三∨三.l  , ィ´
                  /三三三三三ニ=‐''´. -‐二z====------ヾ/////イ//! /ヽ _ ,.  ノ三三ハ三三三l、三≧イ
             ,'三三三=‐_,>''¨´7 ,.イニ三三三三!{ 7_,.ィ r=⌒>>ニ=// !l三三ヾニ三三三!三三三ニ>=ュ、
              /三ニ-,>''´    ,' ,'三三三三三三ニ=‐---=ニ三三/ ,.ィ !l三三三ヾ.ニ三/三三三三Y/´  ∨
             ,.ィニ=,. '´         .,' ,'ニ三三三三三三三三三ニニニ//  .l.!三三三三ムYヾ三三三三ニヽ、  ∨
.            ,.イ‐ /         . ,ニニ三三三三三三三三三ニニ/     l.!三三三三三ヾハ三三三ニr‐ミ.へ..  ヾ
         ,イ' /八          , ,ニニニ三三三三三三三ニニニニ/     ∨三三三三三三ヾニ三ニ./  /   `¨´
.         /rイ//// ` ー-  -‐ ´ . ,ニニニニ三三三三三三ニニニニニ/     、   ヾニ三三三三三三ニ=y′./
         ヾ///////        , ,ニニニニニ三三三三二ニニニニニ,'      `  ...,,_>、三三三三三=‐'i'  /
.           \////         ; ;ニニニニニニニ三三二二ニニニニニ,       ,.. '´    `¨¨ ¨¨´   l /
           ヾ/         i ゞニニニニニニニ二二ニニニニニニニ,     ,. イ                 ゝ′
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 
┃ 
┃ 尚、これは余談だが、数年後、彼の実家には結婚しました というメールが届き……
┃ 
┃ 20数年後には名誉除隊した二人は東北の山奥で猟師をやりながらひっそりと
┃ 所帯を持ったとか……。
532:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2013/12/28(土) 01:33:32 ID:0qL.fZVQ
ほい、以上……

即興見切り発車の割りに何とかなった……

とりあえず、やる夫さん、割と幸せな人生を送り自分の両親のようになるルート って具合か……
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する