やる夫はスカヴェンジャーのようです 外伝:とある無名蛆虫の話

665:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:30:35 ID:xCBUUvng


                             _,.ィ二ヘ,._
                         .ィヘヘ仁三三ソミヘ二三二ュ,
                       .ィヘ三二ニ=r f三>'"¨}三三三}
                    _,.ィヘ三「 r ヾ丶ヾ i二i ヘ三三三{ー`ヽ,
                _,.ィ二三三ir゙" ソ ア´ ̄ ̄`'丶、 ∨'´ ヽ,三三ハ
               l仁iノ二二三l .ィ´ iソ`ヽ>=一<`ヽ、 iヘィ仁二三三℡ュ,
               }三三二三三ヘ / / l/i /∀ゞ、 ヘi三≦三三二二℡ュ,_
               Ⅷ斤廿三三}≧ュ仁i l } { ソミ彡、ソソ二二三三二二二℡ュ, . . .:. :.: .: .: .:.: .: ..:
二二,,_,.、..: .:.. ;.;.:.: ; :.. ;.;. :.: Ⅵハ三/ ̄`ヽ,ヘヘi .l`ヾ、r=≦三二 iソソ三三三ソニ二二二℡ュ, . . .:. :.: .: .: .:.: .: ..: ―,.、__
 ̄ ̄__,、_ '` ̄ ̄ ̄:...   ゙̄'ヘ川∧=-‐-ニ三ミ>'゙¨ ̄ ̄  ̄`'ニ=ュ,.`' ̄ ̄ :.:. :.: .,.、__,:二=二二,,_,.、..: .:.. ;.;.:.:
 ̄.: ;;.: : ̄ ̄'`ヽ、_::     ,.Ⅵ三二≡=‐'"¨.. . .. . .    ̄ ̄__,、_ '` ̄ ̄ ̄:...   ̄ ̄'`―''"´. . ; :.. ;.;.:.: ; ,;__,,.、_,
              : .:.:: .:. :.: .:.:: :.    ___,.、.__    ――,.、__     ̄.: ;;.: : ̄ ̄'` ノ  ̄ノ ̄ ヽ ____.:.: .::
_;;'_,.、  .: .:__.                  ,;.:' ――'`―― ̄.-'`   ̄            r/   /  ///∧/∧.:: :. 
  ̄ ̄ ̄.:.          .:.:: ; . , . ;: :.: :.: . . .. . . ..  :.:.: :.:   : .:.: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _;;'_,.、  .: .:{!   _// {!,//∧/∧  
 ̄ ̄ ̄'`―――           ___r―ァ―┐__   _ , , , , , , ,   _, , , , , , ,_ , , , , }! ミ 三(ミ {!/////∧/∧.:
               ,, , _, r‐へ人 /ー=lー┐   ̄ == 三三rへ  ー       / > ― 三ヽ厂 二 ヽ//ヾ
.:.:: ; . , . ;: :.: :.: . . .. .       r┤ミTフ ⌒ く Χミ コ  ___    ̄ ̄    :.:.:.:.:.: _ _ /     。 o   〈_∠〉  ̄ ̄>┐
      ̄ == 三三rへ   """" rァ ⌒  ̄ ̄         …       :.:.    |ト    V   """    _ ∠Ζ//,L
                :.:.:. _ ``   …    " " :.:.:.:.:.:.:.:.:.    :.:.:.:.:.:.:. ;  ̄ __|〉  人l |l ||  厂 ̄ 厂 / \Y∧7ハ
  .:.:: ; . , . ;: :.: :.: . . .. .   _厂ム \ :.:.:.:.  …:.:.:.       :. :.  ⌒ ̄   / ヽ   \/  人_{! \ ノ   ∨  ノ'/∧=-  ̄
  ――'`―― ̄.-'`     '彡三三7   :.:.:.= :.:.:.:.         :.  :.      r―yヘ   l}  三/ ミ/三三ヽ{_〈 ̄\彡\{!ヽフ /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 西領エヒメ。無秩序な開発と、進まない教育に地方平定のせいで混沌とした大地。
┃ 俺たちの生きる土地。汚染と荒れ地と農地に遺跡。後は、人間が生きているという
┃ 意外には何もない所。
┃ 
┃ 俺は小作農家として生きて死にたくなかった。デカイ金を掴んでみたかった。だから、
┃ 屍肉喰らいになった。だけど……
671:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:33:52 ID:xCBUUvng



                   / ̄ ̄ ̄`ヽ
                  /         ヽ
                   /          ∧
                    l           ∧
                _l_,.=-==二= .,_   /〈_`,
               /          `ヽ  ノ
             /              \
             {   _,.-‐=ニ三二=-.,_     \
             ,.>‐´           `ヽ   ヽ
          ,.<                 `ヽ  ヽ.,
        ,.<                     `、  ∧
       /      _,.-=‐彡ミ´ ̄ ̄ ̄~"'ミ>.,    V  ∧
      /  _,. - ‐´/ミミ.'l       ´     \   .l   ゝ
     <ミ彡V   _,./≠==≠              li   r ´
      >/ /""~ /-≠==≠__   .l            ゛l  |
     ノ | |ニニニ/..≠==≠__/    V     __     〈  |
     / //  /-≠==≠      V  ,´   `ヽ  l .|
    ノ l_l-‐-´`l/==.≠        V       ,  ', |
    / (__,.-‐-.,/==.≠          V ,     '   iノ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 現実は冷徹で、冷酷で、無慈悲だ。産まれてきた時から、俺たちへのディールは
┃ 終わっているんだから。
┃ 
┃ 所詮、小作農の息子。俺が知っていたのは鋤の振り方と、共同購入したトラクターの
┃ 動かしたか程度。専門の教育を受けた訳でも無ければ、字も達者ではない。妖しい
┃ 筆跡で名前が書ける、その段階に行くのでさえ苦労した。

┃ 色々な物を失って得られたのは、ほんのちょっとの射撃センスと経験だけで……
┃ 懐には大金と呼ぶもおこがましい、せせこましい貯金があるだけだ
675:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:37:16 ID:xCBUUvng











            r──‐-    _____  -‐―─――――┐
            |                         / |
            |                    /|         |   |
            |   ̄ ̄ ̄      ──{/| -‐  ――┤   |
            |                V|         |   |
            |                             |   |
            |                         \ |
                |── ‐-  ______  -‐  ――――く
             〉====================二二二二> '′
            // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 何時か高性能な銃や携帯端末を買って、のし上がろうと始めた貯金。だけど、ガタ
┃ つく銃を少しでもマシにしようと交換部品を買う度に金が飛ぶ。高い、プラントから
┃ はき出されたばかりの新品の銃を買うのに、貯まる金が追いつかない。
┃ 
┃ 出来る事といえば、官営武器点でピカピカと光る、新鋭のPDWを指をくわえながら
┃ 眺める事だけだ。

┃ そして、俺が何処かで死ねば、このせせこましい貯金も誰かが懐から抜き去って、
┃ ラッキーとばかりに、その日の飲み代に消えるのだろう
683:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:42:00 ID:xCBUUvng







                         _ _ __            _
               ィニニニニニニiニニニ|  ゚~ l| __ __ ̄~|lコニニニヘ、    ノュ|
rn___,,,,,,,,,,,,,,,,.................| O)ニ´ ̄~`==='-t l| ̄ ̄ ̄ ̄~|l]ニニニ|三|ニニニニlニ||コ
| r------―――'''''''''''''''''`〉===r‐i―rt―ri''''~゙ー' ̄ ̄ ̄
|.||             /  ,rイー―'|l  l|
|jj             〈  ,/     |l  l|
                ̄       |l  \
                       \_,,=''



┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ギシギシと砂を噛んでも何とか動く、心許ないが唯一の相方を抱いて、おっかな
┃ びっくり前に出る。5.56mmの閃光が瞬き、火花と一緒に誰かが死ぬ。金属に当たって
┃ 弾ける景気の悪い火花は、まるで自分の人生を見せつけられているようで嫌いだ。
┃ 
┃ 互助会から支給されるなけなしの錆び弾が混じった弾を懐に呑み、今日も淡々と
┃ 遺跡に潜る。生活をひっくり返す、何かとても大きな物が出てくることを祈って……
686:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 21:43:00 ID:NbYphABU
互助会wだから金集まらねえのだよw
688:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 21:43:25 ID:JuAen91A
>互助会
もう言わずもがな
689:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 21:44:17 ID:OufG0h.E
それなりに長く前に出てれば死体から剥ぎ取って金も貯まりそうなもんだが…
693:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:45:15 ID:xCBUUvng




                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 午前六時、まだ空が暗い内から起き出して、グラウンドを走り回る。俺のように
┃ 自己鍛錬をする人間は少ないが、幾ばくかの道連れは居る。それでも、彼等も
┃ 疲れているのか、人付き合いに疲れたのか一言も発っしはしない。無口に肩を
┃ 喘がせながら、何かに縋るように走るだけだ。

┃ 同じ所をぐるぐる回っているだけなのに、その果てに何か、ここよりマシな所が
┃ あると信じて
697:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:46:30 ID:xCBUUvng
>>689
 互助会にも上限関係はあって、牢名主の如く死体から剥いだ物をかっぱらう奴も居るんだ……

後、貸し出した銃は、持ち主が死んだら分隊長が返却しないといけないので、売れないしね……
701:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 21:50:38 ID:OufG0h.E
這い上がるには遺跡で良い物見つけるしかないのか
702:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:51:09 ID:xCBUUvng






  /   ∧:::::ヾメヾ弋__     ,〈      i!   \ /   .ヾ`゙|:::::|  ¨`゛|   `゙i!i!| |,i!i!i!ii
. /     ∧:::::辷 `ヾ㌢    /  j        i!     \____,、!:::::|≦三 |二≡=i!i| |i!i!i!i!i!
 ー=≦三三≧=彡ミ≧≠  /  /   r―-- Jヽ       ヽ  `ヾ\::::::|    .|=≦三三i| |ノ卅从\
i!,、 ミ三二彡´  \  ー=≦´/   \::::::::::::::|     .∧  少ーx´ーzx .|三三三i!j| |i⌒ヽ ヾi
i!i!i!´  ノノヽ     .\    ./ / ̄i`゙::::::::::::::::|   |     ∧f´ γ´ ゝ-zx´≧=ーo。. ノノ|   ∨ j
i!ヾ彡     \    .\  //    .|::::::::::::::::::::|   |    ∧  !    廴ヾ≧三三≧ヾー    i´
゙i! ミメ\     ゝ-    Y        |::::::::::::::::::::|   |     ∧ヾミメ_k少ー‐γ三三/´≧ーo。.
 ヾ ゞ、 .\    ==孑i!        |::::::::::::::::::::|   |      ヾミメ二彡   /;:;:;:;//>孑j三三三≧
  i  ヾメ ミマ  \    ヽ     |i:::::::::::::::::::| .J       |i!三三三三 i;:;:;://   弋n∩fj三三
  i!   ヾメ      ヽ\  |       .|i:::::::::::::::::::|   ¨¨¨¨¨   |i!ζ⌒ヾー三 i;:;:;:|:|     ー-<
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 午前八時。配給の不味い飯を食い、野戦服に着替えて朝のブリーフィングを聞く。
┃ 今日は五級遺跡に潜りに行く。五級なら、大した物が出ないから安心だ……ただ、
┃ 組合の等級付けも、分かっている限りでやっている所があるので確実とは言い難い。
┃ 変な所触って、寝ていた警備ロボットを起こしてチームが全滅、なんて話は酒場じゃ
┃ 珍しい話でもなんでもない

┃ 出かける前に、別の班から移ってきた先輩が、スリングを固定する金具の辺りに
┃ ダクトテープを巻くとすれる音がしなくて良いと教えてくれた。早速実践してみる。

┃ いい人だ、この人が死ななければ良いと、私は出撃前に誰とも無く祈る。今は死んだ
┃ 先輩が言っていたからだ。祈るだけならタダだし、誰の迷惑にも成らないと
712:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:54:58 ID:xCBUUvng


         __
         」:| : : ̄ヽ_   r‐-、
        _》 :|: : : : : : : : ¨ ‐': : : :\
= =ョ__  /'|:: :|: : :* : : | ̄”¨ll: : : : : :ヽ
圭卦|ヾムイッ'|:: :|: : : :+ : |    ||: : : : : : : ` ┐
圭卦|三三ッ'|:: :|: : : : : : |    ||: : : : : :# : : :|                                __
圭卦|三三ッ'|:: :|: : : : : : |    ||: : : : : : : : : :|    _                        /: :
圭卦|三三ッ'|:: :|: : : : : : |__ ||: : : : : : : : : :|   |「: :.\__                   r' : : : :
圭卦|三三ッ'|:: :|: : : : : : : : : ゙゙'".: : : : : : : : :└‐--': : : : : : : :`l_                    |: : : rェ
圭卦|三三ッ'|:: :|二二二ニニニ=====l: : : : : : : : : : : : :+: : : : :|     __          |: : : |「
圭卦|三f'": :|:: :|三三三三三三三 三| : : : _;_;_;_;_ : : : : : : }: : :|  _zイ|: : :/|\          }ッ: : ||
圭卦|゙''".〉.: :|:: :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|.:|: : : :|:::::: :::|: : : : : :< : : [rfff# : :|: /: :|: : L    ⊥  |: : : ||_
圭卦|: :〈 : : :|:: :|::::::::::::::::::::「|| ̄ ̄ ̄|.:|: :# :| ̄|:.:.|: : : : : : :]: : :|》: : : : :|三三}: : : ヽ、  |  |: : : :`
圭卦|: : :\ :|:: :|::::::::::::::::::::|:||     _|.:|: : :/|-‐|:.:.|: : : : : :〈 : : :|: : : : : :|==ョ :|_ : : : ヽ-‐'"| _l: : :Tエ
圭卦|:* : : : :|:: :|::::::::::::::::::::|:||┐  ├|.:|ィ´:〈 二|:.:.|: : : : : : :.\_|: : : : : :|:* :| :| : :| : : : : : : : ;|」:| *: |ロ|
圭卦|;_;_;_;_;_;|;;_;|::::::::::::::::::::|:|||_├|.:|: : : :|三|:.:.|: : : : : : : : : {.: : : : : ;|: : :|#| : :| : ッ#.: : :/ |:|:| : : |ロ|
: : :_〉|: : : : : :|:: :|lllllllllllllllllllllllllllllllll| : : ,.===ァ====z、.:|;_;_;_;_/;|;_;_;|_;|_;_;|三品蕊區|;|;|_;_z|ロ|
: :〈 : |: : : : : :|:: :|||||||||||||||||||||||||||||||||||;_{/_/,イ ̄ ̄| ̄l`ヽ\========‐-----ィf蕊7‐=======
三≧l‐-: #;_;|;;_;|||||||||||||||||||/〉::_:::_-‐:::==:::::/二ニ=|== ‐-|:::ム―--  _  _     -     _
゙''"゙'" 、v, ゙"゙''"゙'"゙"゙'"゙"゙"//,イ,ィ==、:ヽ::::/::#:::::::::+::|::::::::::,ィ宀ム ̄ ´ _ノ         ー
                ,,,、_ /´::/::/圭ァ≦マム::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;」;;;;;;//rfァ}lム'"゙"             _
 ゙'"      ,,  ''"    ̄¨^ヾ(◎)圭ヽニ=--―¬冖二´`ー '  ̄r品     ‐-
     、''"          =-    `¨                               ‐
    ,,,   `゙"゙"゙'"ヾ-、                 -ー        _               -
       ゙'"    ゙''"` 、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ゴトゴトと組合が出してくれる移動用の車両に揺られて遺跡へと向かう。五級の
┃ 商業遺跡で、地上八階地下三階の大きな物だったらしいのだが、地下三階から上は
┃ 核の衝撃で折れて横倒しに倒れ、地下への入り口は塞がれている。
┃ 
┃ たいしたことの無い落ち穂拾い遺跡だ。瓦礫を掘り返し、使えそうな金属やスクラップ、
┃ 後は配線なんかを探す。コード類は意外と金属を使っていて、これがスクラップ屋に
┃ 良い値段で売れるのだ。
723:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 21:59:31 ID:xCBUUvng







             /;::::
         ___. /|;;;;;::::
       _/|'''" ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ll__________/
      /|::::::|   | |      |::::::::        | |
    ./l__|::::::|   | |      |──────┐| |
_ ,'| ̄|_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  |_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  |_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  | il"|::::::|   | |      |:         |::| |
_,,|::::| |゛`ー|::::::|   | |      |:         |::| |
 \|_,,|   :|::::::|   | |      |:         |::| |
    \  |::::::|   | |      |:::: : ..       |::| |
      \|::::::|   | |      |:::: : ..       |::| |
     :::::::|::::::|   | |______.|:::: : ..       |;;|,,_|
     ::::::::\,|______.|_|______.|::::::: ::. .................:::ヽ|,,_|\
                                \
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 商業施設の遺跡。かつての生活を支え、一般の家庭にささやかな幸せを供給した
┃ 小さな夢の跡地。ここが運営されていた頃は、家族連れが手を繋いで訪れ、一階
┃ の食品売り場で夕飯を話し合い、五階のオモチャ売り場で子供が親に玩具をねだ
┃ って、仕方が無いなぁ、という笑みと共に新しい宝物を買って貰っていたのだろう。

┃ 入り口の案内板を見ながら、そんなことをぼぅっと考えていたら分隊長に叱られた。
┃ 要らないことに気を払ってしまうのは悪い癖だ……
731:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:04:01 ID:xCBUUvng







          ,.-──‐- 、         || .:.:::.::;;!  .,.:,. .:..   .,.:,..:..
: : .: : ::.: :. /::.:..       ゙,  ,.-─‐- 、 !| .:-ー,|.,.:,. .:..   .,.:,..:..
;         l::「d::.: .: . .    .! /:::.:..    ', ||  .::::;;;|  .,.:,. .:..   .,.:,..:..
   .,.:,.. ,.:,..:.. ノ:::- ─ ──‐- V:::.:.:.:.:. .    i ! .:::;;;;;il!    .,.:,. .:..   .,.:,..:..
       /::_/{;;厂''"~ j゙'''‐i‐ ',:::-─ ─‐-リ! .::::;;;;;;il|ー- 、、,    .,.:,..:..
.,.:,.. ,.:,..:. , ィ´ /^};!.   ー'  j|\イ厂''' _!'''' ノ:|ー-;:;;;illl|':'`::;:;..,ヽ,    .,.:,..:..
    /  L__{. 〈;;ト、 ''二' /;!  !ヽ  -‐ ,/ト、! -‐;;;lll||`',:'':'`::;:;..,ヽ.,.:,..:..
  /   |;;:.:L_r‐r─-、---、j/ ハ`二´,イ::::| .::;;;;;;ill|||;"'`',:'':'`::;:;..,"
`Y´    / .!;;;;:.:.」コ!」f丕丕}ニニ!´ ̄ ̄ ̄,イ(((((((Q !;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"
 ト、. ,r'′ |;;;:;:/二」」_| iコ;;;;:二二二 ̄ ̄_,77´iilll||ト、、、;:;..,"'`',:'':'`::;:;
ー-、\  」;;:/ ̄`TTソ.:.:.:.:.:.:,イ ̄  [[二二[ ̄;_;_;;j:;i;;ミゞ;;:\ . :.: .:.:::::::
`二ニニ>-j!コ_ //´.:.:.:.:.:./.:.j    //:;;ハ;;::! ノ ィ,.イハ ヽ 、.: .: .:::;;:; :;;;;;;;;
-- ー─     `¨`ー---‐ ─ --//:;;/ ',;:|/ ;:; :; :;; ; ;: ;:; ;: ; ;:;::::;;;;;;;;;;;;;
    ̄ ゙̄` 二二 ニニ ー--‐'"´,//:;;/  ',:;!;:;:;: :.: : ;. :.: ; ; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 施設が崩れる恐れがないから遺跡として登録されているのだが、中の驚異は別
┃ の話。壁が脱落することや、薄い化粧板の屋根が振ってくることもあり得る。その
┃ 裏に、何らかの突然変異が張り付いている可能性も……
┃ 
┃ だから、入り口に軽機関銃を持った二人を配置し、彼等の援護を受けながら、壁に
┃ ギリギリ触れない程度の位置を通って侵入し、クリアリングをする。それが、互助会が
┃ 死人を出しながら編み出した、少しは安定して安全に遺跡を探る術だ
737:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:11:33 ID:xCBUUvng





             .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|
             .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|
             .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \
   / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\
 /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |
/   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |
     |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.:;.:,.;.,|. .|  \ |
     |         |_________.|. |   \
   ./.|        /            \|    |
 ././|      /               \   .|
//  |     ./                  .\ .|
/   |   /                     \
     |  /     .,..,.,;:,;:,.:               \
     |/       .;::,..;,:.;:.;::""'              .\
   /                              .\
  /                                  \
/                                     \
                          ;:.;.,:;.,:;.;:,.;,:.,...       \
                                "".;:,.;:,.      \
                                          .\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 幸いにも、大きなネズミが何匹か出てきただけで、驚異と呼べるほどの物は存在
┃ していなかった。これが穀物庫でのネズミ退治であれば、殺せば金になるのだが、
┃ 残念ながら遺跡ではどれだけ殺しても金になどなりはしない。数十匹単位の群れに
┃ なればおっかないが、なんてことも無いので蹴って追い散らして落ち穂を拾う

┃ まぁ、数が減れば穀物庫を荒らす原因のネズミも減るだろうが……相手するだけの
┃ 時間と余裕が無いのだ。諦めるほかない
738:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:11:42 ID:xmVLtb4g
(今から見ても狂ってる)
739:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:12:40 ID:TfSs.zGw
性能差って如実に出るよな……
744:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:16:34 ID:xCBUUvng





ニ|'/| | ...::::::::::::::::....... |/|             . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
: : |'/| | :Enjoy great :.:|/|´ ": :‐- .. _.: : : :.. | ヽ     B a k e r y
. :.:|'/| | :Financing !: .:.:|/|.:.:.:" :‐- .. 「|::.': : .|: : |¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
ニ:|'/| | :Make the : .:.:.l'├: :- .. _:.:.:|:|` ー :|: : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : :|'/| | :most.of.your: |/|´ ": : ‐- :_|:|:.´:.":|: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: .:.:|'/| | :Shopping:ex-:|/|: : : : :.:.:.: : |:|´:.":.:|: : |ニニニニニニニニニニニニニ
二_|'/| | perience with:|/|ニニ: :ニ:.:ニ|:|二ニ|: : |´: ":‐ .‐┐:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_
: : .:|'/| | :WALMART :: |/|: : : : : : : :.:|:|,,.. :-:|: : |:.:. : : :/ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: :.:.:|'/| | :DiscoverR:or:|/|: : : : : : _,, |:|,,. ::-:|: : | ̄ ¨  /
.:.:.:.:|'/| | :Walmart    |/|_,,..-‐'': :_,,.|:|: : :.:.:|: : |   /
ニニ|'/| | Credit:Card::|/|,,..-‐''‘ : : |:|,.:-'":|: : |― '
: .:.:.:|'/| | :::::::::::::::::::::::::: |/|: : : : :,..-'"|:|,.:-'":|: : |
:.:.:.:.:|'/| |   ...................  |/|, -'":, -'" |:|:.:.:/|/
: : .:.:|'/| |         |/|, -'": : : : :|:l/
" '- |'/| |         |/|: : : : :.:.:.:/!
: : : .:|'/| |          |/|: : : : :/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 五級の商業施設なんて大した物じゃない。それこそ、元々はスーパーやら何やら
┃ が入っていた複合店舗に過ぎないのだ。拾える物は、正しく落ち穂程度の物。
┃ 
┃ 配線を引っぺがしたり、会計の為の機械や万引き防止のゲートは持ち帰って屑鉄
┃ として売ったり、電子部品が生きていれば小銭になる。この程度の遺跡で、まともに
┃ 単体で売買できる遺品には期待するべきではないのだ。

┃ 分隊が散会し、最低でも二人一組で物を漁る……相方は、雑魚部屋の掃除に
┃ 使えるからと、しきりにビニール袋を欲しがっていた。
745:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:18:09 ID:vV47lYLs
ビニール袋(´・ω・`)
747:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:18:55 ID:DZreT4A2
ビニール袋とタオルは被災時の神様
748:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:19:54 ID:9Kbs6hmw
世知辛いなぁ
751:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:23:25 ID:xCBUUvng



                   / ̄ ̄ ̄`ヽ
                  /         ヽ
                   /          ∧
                    l           ∧
                _l_,.=-==二= .,_   /〈_`,
               /          `ヽ  ノ
             /              \
             {   _,.-‐=ニ三二=-.,_     \        ふぅ……
             ,.>‐´           `ヽ   ヽ
          ,.<                 `ヽ  ヽ.,
        ,.<                     `、  ∧
       /      _,.-=‐彡ミ´ ̄ ̄ ̄~"'ミ>.,    V  ∧
      /  _,. - ‐´/ミミ.'l       ´     \   .l   ゝ
     <ミ彡V   _,./≠==≠              li   r ´
      >/ /""~ /-≠==≠__   .l            ゛l  |
     ノ | |ニニニ/..≠==≠__/    V     __     〈  |
     / //  /-≠==≠      V  ,´   `ヽ  l .|
    ノ l_l-‐-´`l/==.≠        V       ,  ', |
    / (__,.-‐-.,/==.≠          V ,     '   iノ
   ./ / /___.//==≠           V 、   ノ  ',
  / |  ___,./==≠__           V       ヽ_
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 使えそうかどうかは分からないが、電子部品を剥いでみたり、まだ使えそうな瓶を
┃ 集める。こんな物でも小銭にはなるのだ。
┃ 
┃ だが、憧れていたスカヴェンジャーの仕事では無い。遺跡に潜り、敵を排除し、
┃ 見たことも無いような前文明の遺産を見つけ出す。布団の中で憧れた、栄光の
┃ 姿は、何処にも見当たらない。ただ、ガラスの瓶が安っぽい光を慰めるように反射
┃ するだけだ。
754:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:27:22 ID:xCBUUvng




      ビーッ! ビーッ!

                  ビーッ! ビーッ!


ニ|'/| | ...::::::::::::::::....... |/|             . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
:.:.:|'/| | :Enjoy great:.:.:|/|二ニ = .-. : : : :. ....| ヽ     B a k e r y
:.:.:|'/| | :Financing ! : : |/|:.:. ‐-=ニ二「|ニ=- |: : |¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
ニ|'/| | :Make the : : :.:|/|二ニ=‐-:.:.:.|:| -=ニ|: : | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.:.:|'/| | :most of your::|/| : ‐- =ニ二|:|ニ=- |: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:.:.:|'/| | :Shopping:.ex-:|/|: : : : : : : .:.:|:|: : .:.:.|: : |ニニニニニニニニニニニニニ
ニ|'/| | perience with::|/|ニニ: :ニ:.:ニ:|:|二ニ|: : |´: ":‐ .‐┐:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_
:.:.:|'/| | :WALMART :.:.:|/|: : : : : : : .:.:|:|:.:. :.:_|: : |:.:. : : :/ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:.:.:|'/| | :DiscoverR or |/|: : : : : : :.:.:_|:|ニ=- |: : | ̄ ¨  /
:.:.:|'/| | :Walmart   : : |/|.:.:-:.‐=ニ二|:| -=ニ|: : |   /
ニ|'/| | Credit:Card:: |/|二ニ=-‐:.:.:.|:|ニ=- |: : |― '
:.:.:|'/| | :::::::::::::::::::::::::::: |/|: .:.:.:.:_ -=ニ|:|: : :.:.:|: : |
:.:.:|'/| |   ...................  |/|二ニ-‐:.:.:. :|:|.:.:./|/
:.:.:|'/| |            i|/| ̄ : : : : .:.:.|j/
ニ|'/| |            ||/| : : : : : : /!
:.:.:|'/| |            ||/|: : : : :/
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 他にめぼしい物は無いだろうかと、棚をひっくり返していた時、不意に甲高い警報
┃ が施設に鳴り響いた。
┃ 
┃ 後で知った事だが、新入りの馬鹿がレジの裏側についていたボタンを押したらしい。
┃ そういった場所につけられたボタンは、大抵が緊急通報システムであることを経験
┃ の無い彼等は知らないのだ
755:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:27:40 ID:TfSs.zGw
アイエエエエエエエエエエエエ!?
757:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:27:59 ID:NbYphABU
アウト~
759:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:28:14 ID:9Z3JVU6M
これアカンやつや
760:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:28:24 ID:jXDBueiw
経験の問題なのか……?w
765:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:30:52 ID:xCBUUvng
>>760
 私達は、レジの裏のボタンとかなら警報かな? と思えるが……
 そういった前知識もないと、棚を開けるスイッチか何かかな? と勘違いして開けてしまったりもするからな…・

現代人でさえ、良く分からず機械弄って変な事になったりするんだし……
766:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:31:37 ID:NbYphABU
まずレジ自体が何か分かってないとね・・・・
767:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:32:20 ID:xCBUUvng




                 _        _
               /三ニ=-_/三三ヘ
                {三三三ニ|三三ニ,|
                 ∀三ニ=‐マ三フー- 、                  ガシャン
                 ̄      l!; :': :. . . /\
                       {   ,__ィ〈.   〉    ,-=ニ三
                       _'t,イZ_スl》: . . / __x≦三三三
                      i、ィ心`¨´ _《_:_;-'<|  __  l三三
                       i////` ̄/|:、:. / |  |//,l |三三
                  i/Z/   /: : :|: : .   |  |//,l | ̄¨¨
                    {、_ , ′: : ! / >ーノ//ノー'
              ___, <∧: :!: : :.|ィ´ , <´-'</
              //////////∧_丶┬`<'// \ \
.            =≠////////> ´. : :lン'∨//// -‐ 一   〉
               〈////> ´. : <> ´ ̄`ーく:.: : : : : :` <
               `ーf´ . : <>/\: : :.,f三t、 \: : : : : :/
                >、 . : : : /. . : :\:.辻汐..:.: :.\: : /
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 今まで壁面にしか見えなかった部分に切れ込みが入ったかと思えば、待機状態
┃ だった警備ロボットが俄に現れた。常時巡回していた機体以外に、まだ緊急用に
┃ 残された機体が生きていたのだ。
┃ 
┃ ベルゼルガ級の重警備ロボット……確かKBTタイプだっただろうか。緑色の店舗
┃ カラーに塗られており、丸っこい外観は威圧感が弱く、子供にも怖がられないからと
┃ 前文明でも人気があったそうだ。
768:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:33:07 ID:9Kbs6hmw
シンニュウシャ=サン ゆるすまじナムサン!
770:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:33:13 ID:3hhDxnI6
互助会の下っ端だもんな
前文明の常識なんか知るわけ無いわ
774:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:34:01 ID:3hhDxnI6
逃げるんだよーー!
775:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:34:05 ID:xCBUUvng
ん……? 何か焦げ臭いな……なんだろ……

すまん、ちょっと離席……
781:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:36:36 ID:ACwK5QIA
重犯罪に使われるような義体って、それは規制されなかったんだろうか?
例えば今の時点でメタビー殴り壊せるようなのとか明らかに犯罪向けだし……
いや介護とかに必要だったのかな。ただ身分証とか必要だろうし下手やったら一発で身元がバレそうだが
785:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:38:00 ID:Vey9JQ8Q
焦げ臭いにおい……また世界が崩壊するのか……
786:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:38:47 ID:GM7O1fkw
むせる
787:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:39:03 ID:RvLq4lXU
むせる
788:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:39:20 ID:9Kbs6hmw
>>786
>>787

式はいつだ?
789:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:39:57 ID:xCBUUvng
どっかで魚でも焼いているようだ……なんだってこんな時間に……

>>781
 何度目になるか分からないが……
 民生品を違法改造したり、日本の法規制に合わない海外の品とか密輸入したり、やりようはあるとも……
 厳しく管理していも、この日本に認可の下りていない銃がどれだけあるかを考えれば、おかしい話では無い……
796:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:43:43 ID:xCBUUvng





           /\
     ィ─、   丶_冫-イ´ヽ
     ヽ  | /´`フヽ/ ̄´ _
     ヽ | .| ィヽヽ_/|  /  ヽ__
      ゝ´丶_ゝ、`ィ/イト´/ ̄ ̄|ェェ|
      | ̄|//ィ` /´|_イニヽ_/| 》》》       ガキン
 ___ィ、_ィ´. ̄||.|゚ ゚̄| / ト、/     `′
.ヒ|彡ソ─イ´丶|.二 |.//
  ̄ヽイ´  /`ィ─i´ ̄ヽ
      /ヽイ゚ ゚||´ ̄`ヽ
     ./  .人ニ|`ヽ、ィ-イ─-、
   /´ ヽ-イ\ `´イ / ̄´ / .ヽ
  ト、 イ´ |  `´  | ̄ ̄\ ィ/
  / /ヽ__イ      |.    ∧イ´\
   ̄ ̄         ヽ─イ  \/
                 ̄ ̄´
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しかし、愛嬌があろうが何だろうが、脅威には違いない。最初の餌食は、警備ロボット
┃ を格納していた壁の直ぐ近くで配線を剥いでいた二人だった。警報音に驚いて、
┃ 辺りを見回してはいたが、壁から警備ロボットが出てくるなど予測できる訳も無い。
┃ 
┃ 二発の針が打ち出され、彼等に命中。高圧の電流が流し込まれ、身体の自由を
┃ 瞬く間に奪われる……テーザー銃だ。針を飛ばし、刺さった針からコードを通じて
┃ 電流を流す、非致死性武器である。
805:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:47:07 ID:xCBUUvng




                , </,>/. . | ` <///,フ
.             / . .` . /. . . |     `¨´
.            /. . . . . . / . . . .|i       _
            {. . . . . __ \_. . 」|___   x≦ム、
          ,.へ. . 《、`_v、ィ7 |: : , -`'ー―マ}
         /:; ヘ:\「`ー= イ rz,z=-、 : :_:_:_:_: \
.      /:/. , 、. \:Y´- ̄ ー{ニニフ /. . . . . ._._.}
.       {:/. ./::::::\. .| 「 ̄_   ̄ >「 ̄ ̄   /
_,, -=ニニ|. . ./::::::::::::/. .`| | r─‐<::: |  _ -=
ニ二二二l. . .、:::::::::/. . . . . .ー|、ノ /. ,__.\ ̄
ニニニニニニ> _ >〈. . . . . . . . ./. ,,<///7>、
ニニニニニニ7' / . .',. . . . /._. . .マ///´ ̄ ‘,__
ニニニ>' ´ / ._._. . ..V. /.f7//>. . .>Z、   リ マ   `ヽ
> ´   /. ///>、..\ . マZZリ/ /` ー ' /\_  i_
.    〈. //// ` マ>、.\.. ../ /  /  /\  ヽノ. . . . ` <
.      V///{    ヽ}: { 寸 〈 ,/  /\   \_ノ . <\. . . . . ヽ
.      V//∧      }: :\ \ ∨  /\.  \_ノ. . . . . .\>. _。r≦
        〉///〉─ 、 リ77´ ` ´ ー`ー'\  \_ノ. . . . . . . . . . .f////,
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 店舗カラーの民生用機体には、火器を装備していないレスリーサル仕様の物が
┃ 多いと聞いたが、どうやら今回がそうだったらしい。あの二人は幸運だろう、まだ
┃ 死ぬほどの電流を流されたわけでは無いだろうから……
┃ 
┃ やっとの事で全員が敵に気付き、攻撃を始める。民生仕様は装甲も薄くて安い
┃ 物に換装されているというし、今の装備でも十分に倒しきれるはずだ。俺は棚に
┃ 身を隠しながら、他の仲間と共に射撃を始めた
809:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:50:12 ID:xCBUUvng




    l/〃;;;;;;;;;;;ミ,///////}-、ー/ Λ///ミニニ彡 ノ
    l/{{;;;;;;;;;;;;;;;}}//////V  } {、ヽ////////,/、
.     Vヾ,ミニ彡'/////ノ|、メ、, .ヽ、,//////,/  Λ
      `'ー---‐―‐' " {\ ヽ、__,ノ /~} ̄     .Λ           ガガガガガガガ!
                {   !  \., ,/  !       l       ___
.             |   \   V   /   ,へ,   }     ./ ゚./ \
              ! 「"\ \、 .!. ,,/ /;;;;! l    }    ,/ 。./ ,ヘ、 \
             !. {、{;;;{ \" ー " ./ ノ;;;;;} .}   i  / , " ´ ン///\ ヽ
               {. ヽヽ;`、-";;ー;;;"´;'ー';;;イノ ノ  ノ./ /  ////////ヽ ヽ
  ,个 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄"ヽ、 } }  `ー--- ""´ 「.「,__/ン /  / ̄´ヽ//////] .〉
  ,'.Λ         ミー " >、      ,イ "|  〈/.  /_    }////// ./
  ! ,ヘヽ――――――-/.._/`" ー-‐"´/_..|_ ヽ、./   `ヽ, V//// ソ
  ! !/.V______Λ ./  ̄ { └‐‐/   .|/´ ̄ ̄"'ヽ、 .V,,イ// ,/___
.. !.!/////Λ ,r-‐‐- 、!  .!   `.'ー'"  /           `ヽ/// .////////\
.. !.!/////{  Λ    ヽ  !       ,/"              `'7、ヘ///////////\
___」 ヽ////ヽ,{  ,rニニニΛ .| (,_ ̄ ̄ ̄ト‐ - 、              V   {/////////////\
///ヽ小ー―r――――――‐┐. ̄ ̄Λ ___`~ーメ、      V   ヽ/ノ///////////
.////ヽー―「、   ',       Λ二二{/////ヽ    " "'‐ - 、V     `メ /////////
/////////ΛV    ',       Λ  〃.ニ 、///.   ,r´⌒ ヽ 7
//////// .! V    ',       Λ~{{;;;;;;;;;;ミ}//..(⌒/ ////V ./
//////   .'! V    ',       .Λヾ.ニ彡ノ .). "〃ニニヾV /
 ̄ ̄´.      '! V.    ',     /   `ー"   {.{;;;;;;;;;;}V /
            '! V     ',   /´ ̄`ヽ,r-―.、 ,r"ー―"V
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ だが、警備ロボットの精密な射撃能力の前に、ボロボロとやられていく。軟質のゴム
┃ スタン弾とはいえ、命中時の衝撃は凄まじく、骨など容易くへし折れてしまう。そして、
┃ あくまでレスリーサル仕様であって、アンチリーサル仕様ではない……当たり所が
┃ 悪ければ、十分に死ぬこともある。

┃ ゴム弾が私の方にも飛んできて、脆くなっていた棚を吹き飛ばす。あんなものが
┃ 当たっては洒落にならないので、俺は急いで身を伏せて射線から逃れた……
815:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:54:02 ID:xCBUUvng






                      _            _
                     ム>_       xく_>、
                      /ニニニニ>、   ィくニニニ∧       バギンッ
                     ` <ニニフーマニニ> ´
                         `¨ム|_|マ¨´
                      〈V|  |V〉            ガギンッ
                         , ィ「` ´ ト 、 て
                     / 廴___,ノ ∧ そ
                         {   _  |  _.: : }__       _
                    | 《心_Y_心》.:.| |    _  -={_/‐`ヽ
                    __\_>、_ ,ノ,;/ |__/     } ニ i__、
                  |      |\ -=- ヽ|―'. . . }―――i`==='==ァ
                    /|___|.  \-=.:リ__ ̄ ̄`ー――‐' ̄ ̄
                  {/|lzzz―zト、_: : :|:_;イ _ ヽ_____          ガキョッ
                 Ⅵニ|: :|ニ'| /  ̄, ‐ ' o 〈_. .| : )_}__∧
                ┌‐┴〈 ̄/ィr:‐:{ o  _  |  ̄  , Vヘ
                     r‐_ァ___}! {.:/|. . :. =- _ } \/  V}
                     | { { { { ,|| |:{/|.._...:ト、 =- _/| /\   /\
               ├──‐'|! !:Ⅵ. . .:|ニニ7/ .|___//ハ }
                  Y7| ○ l| \廴,イー‐'/   ー ' ー〈ニ}'
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ しびれを切らして近づいた奴は、頭部のミサイル……ネットランチャーを喰らって
┃ 倒れた。硬質ワイヤーで編まれた鎮圧兵器で、タダのナイフでは脱出は不可能だ。
┃ 
┃ 確実に弾丸が当たる度に敵は弱り、狙いも曖昧になってくる。しかし、それでも
┃ 此方の兵員は確実に損耗していった。

┃ 散らばる薬莢、轟く銃声、低い呻きに……装甲と関節が上げる鋼の悲鳴。長い
┃ 眠りから呼び起こされた機械は、理不尽に晒されて啼いている
817:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:55:31 ID:9Kbs6hmw
これが敵TUEEEE…
818:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 22:55:32 ID:NbYphABU
流石にガタついてるか
823:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 22:58:46 ID:xCBUUvng




                         ,x*=ミ       _
                           //////}  >≪∧
                      ∨>‐v__f//////,∧
                        _ -‐} __  ∨/////≫
                       「////」{//V」  ̄ ̄
                    `''“” _」Vツ{        ガァン!
                   _ --<   7
                 ,  ´       `V
                    /             ∨
       __          ,              i
     ////\      i      ___    |
     {//////// .、  ___.!    //////i、  |         ぎっ……!?
      ` 、////////Y} \\   V////∧-r―――┐
         丶///////!、  、 ≧= V/////∧.V     !
         \__/}  /‐‐‐‐‐V////// V __ !
            \  /     `ー‐‐'"  .V」\」_j
               /\/       V__ >''" __∠/
           ___./  {            く   ‘,
          /  V≧=.\              ∧    」
.         /    V=‐‐‐i ≧=―――――く ∧/「\` 、
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 今になって、やっとバイポッドの展開が終わった軽機関銃が火を噴き、鉛の驟雨が
┃ 警備ロボットに降り注ぐ。アイカメラの保護バイザーが砕け、故障で沈黙していた
┃ らしい音声ユニットが不備の音を上げる。
┃ 
┃ 250連発のボックスマガジンが一つカラになる頃……漸く警備ロボットは動きを止めた。
824:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:00:15 ID:3hhDxnI6
おー、勝てたけど損傷激しそうだし殆ど売り物にならんだろうな
830:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:03:46 ID:gKCyF9wA
すごい耐久性能だなw
831:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:04:08 ID:uFCgngdE
治療費と弾代で大赤字になってそうだなw
832:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:04:15 ID:xCBUUvng







          ,.-──‐- 、         || .:.:::.::;;!  .,.:,. .:..   .,.:,..:..
: : .: : ::.: :. /::.:..       ゙,  ,.-─‐- 、 !| .:-ー,|.,.:,. .:..   .,.:,..:..
;         l::「d::.: .: . .    .! /:::.:..    ', ||  .::::;;;|  .,.:,. .:..   .,.:,..:..
   .,.:,.. ,.:,..:.. ノ:::- ─ ──‐- V:::.:.:.:.:. .    i ! .:::;;;;;il!    .,.:,. .:..   .,.:,..:..  はぁっ……はぁっ……
       /::_/{;;厂''"~ j゙'''‐i‐ ',:::-─ ─‐-リ! .::::;;;;;;il|ー- 、、,    .,.:,..:..
.,.:,.. ,.:,..:. , ィ´ /^};!.   ー'  j|\イ厂''' _!'''' ノ:|ー-;:;;;illl|':'`::;:;..,ヽ,    .,.:,..:..   と、止まったか……
    /  L__{. 〈;;ト、 ''二' /;!  !ヽ  -‐ ,/ト、! -‐;;;lll||`',:'':'`::;:;..,ヽ.,.:,..:..
  /   |;;:.:L_r‐r─-、---、j/ ハ`二´,イ::::| .::;;;;;;ill|||;"'`',:'':'`::;:;..,"       お、おい、生きてるか!?
`Y´    / .!;;;;:.:.」コ!」f丕丕}ニニ!´ ̄ ̄ ̄,イ(((((((Q !;:;..,"'`',:'':'`::;:;..,"
 ト、. ,r'′ |;;;:;:/二」」_| iコ;;;;:二二二 ̄ ̄_,77´iilll||ト、、、;:;..,"'`',:'':'`::;:;
ー-、\  」;;:/ ̄`TTソ.:.:.:.:.:.:,イ ̄  [[二二[ ̄;_;_;;j:;i;;ミゞ;;:\ . :.: .:.:::::::
`二ニニ>-j!コ_ //´.:.:.:.:.:./.:.j    //:;;ハ;;::! ノ ィ,.イハ ヽ 、.: .: .:::;;:; :;;;;;;;;
-- ー─     `¨`ー---‐ ─ --//:;;/ ',;:|/ ;:; :; :;; ; ;: ;:; ;: ; ;:;::::;;;;;;;;;;;;;
    ̄ ゙̄` 二二 ニニ ー--‐'"´,//:;;/  ',:;!;:;:;: :.: : ;. :.: ; ; :;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 軽機関銃をぶっ放していた分隊長が声を上げる……そこいらで苦しそうな声が
┃ 散発的に上がった。テーザーで気絶した二人と、ゴム弾を浴びせかけられた数人、
┃ 酷い損傷だ。今日はもう、引き上げるほか無さそうだ。
┃ 
┃ ……警備ロボットは雨あられと弾丸を叩き込まれ続けたせいで、殆ど使い物に
┃ 成らないほど破壊されていた。持って帰って売り払ったところで、けが人の治療費
┃ を補填しきれるとは思えない。全く、とんだ厄日だ……
833:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:05:30 ID:gKCyF9wA
今日は厄日だわ!
834:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:06:02 ID:bY8pDn8M
勿体無いがスマートに沈黙させる技術も足だけ狙う機転も無いんじゃ仕方ない
836:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:08:30 ID:PzH2Ojf2
誰があれ一体だと言った?……とかな(汗)
837:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:08:39 ID:xCBUUvng






                        _ .,  ─  .,
                      /        `ヽ、
                     /             ∧
                     ,'                 ∧
                     |                |
                    ノ               |       つっ……擦ってたか……
                    `ll´ ̄゛''t、            l
                       jヽ、__,ノ  ̄゛>──==´ヽ       ……あれ……
                    ノ`ヽ、 ,. 彡''"        ',
                    ヾ、,. ≦         _ _.,x≦
                    x≦   ,,... -‐ '' "      >.,
                    ∠ ´ ̄` ヽ、             `ヽ
                  /       `ヽ              `ヽ
                /            V                 ∧
               ,'             V                 ∧
               i              V                ',
               j               V                   l
                 }                    V                  l
               〉      - ィ '' ""゙ - ヽ .,_ _ _,.,_ _  从 _ゝ
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 兎角、引き上げるにも負傷者を表に引っ張っていかねば。立てる奴は自分の足で
┃ 歩いて行けるが、そうじゃない奴は担いでやる必要がある
┃ 
┃ 負傷者を見て回っている時、テープを貼ることを教えてくれた先輩が倒れていた。
┃ ぼぅと目を見開き、動かない……首筋に触ると、息をしていなかった。身体に触れると、
┃ 熱は残っているが……胸の辺りが酷く腫れている
838:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:09:09 ID:NbYphABU
先輩・・・・・
839:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:09:28 ID:PzH2Ojf2
なんてこった……
840:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:09:36 ID:3xmmdh76
早くもフラグ回収してしまったか…
841:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:09:56 ID:3hhDxnI6
デスのぼりなんて立てるから・・・
842:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:09:57 ID:9Kbs6hmw
あばばばばば

さぁ形見分けだ!
844:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:10:12 ID:NbYphABU
というか互助組織なのに治療費はこっち持ちなんだ
846:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:11:10 ID:xCBUUvng




                   / ̄ ̄ ̄`ヽ
                  /         ヽ
                   /          ∧
                    l           ∧
                _l_,.=-==二= .,_   /〈_`,
               /          `ヽ  ノ
             /              \
             {   _,.-‐=ニ三二=-.,_     \       …………分隊長、KIA一名
             ,.>‐´           `ヽ   ヽ
          ,.<                 `ヽ  ヽ.,
        ,.<                     `、  ∧
       /      _,.-=‐彡ミ´ ̄ ̄ ̄~"'ミ>.,    V  ∧
      /  _,. - ‐´/ミミ.'l       ´     \   .l   ゝ
     <ミ彡V   _,./≠==≠              li   r ´
      >/ /""~ /-≠==≠__   .l            ゛l  |
     ノ | |ニニニ/..≠==≠__/    V     __     〈  |
     / //  /-≠==≠      V  ,´   `ヽ  l .|
    ノ l_l-‐-´`l/==.≠        V       ,  ', |
    / (__,.-‐-.,/==.≠          V ,     '   iノ
   ./ / /___.//==≠           V 、   ノ  ',
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ ゴム弾が至近距離で胸に当たったせいで、胸骨がへし折れて心臓がお釈迦に
┃ なったのだろう。それもそうだ、減装薬していてソフトゴムを弾頭に据えようと、その
┃ 威力が生半可な物で無いことは明らかだ。少なくとも、蹴られるよりはずっと強い
┃ 衝撃が伝わってくる。

┃ 運が無かったのだ。この日出た、ただ一人の戦死者は、他ならぬ俺が死ななければ
┃ 良いのにと祈った人であった…………
848:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:12:10 ID:xCBUUvng
>>844
 国営でもなんでもないので、運営費もに余裕が無いのは確定的に明らかなのでー……
 まぁ、何割か肩代わりしてくれる程度だ……

 それでも、何の支援もないよりはマシなんだよ、本当に……
851:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:17:12 ID:xCBUUvng





             .|:;.,;.:;,.;:;:.,;.:,;.:.;,.;,:;.,:.;:,.;:,;:,|
             .|.,.:;,:.;:,;.,;.,;.:,.;,:.;:.;,:.;.:;:.;.:,,;|
             .|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:;;;:;::;;:;:| |\
             .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |  \
   / |        ..|'"'"'""""""""'"'""''".| |   .\
 /  |         |.;:,.,.,.,.,;.,.;.,.,.,.,;.,:;:;.:,;:;:,.;:;.| |    |
/   |         |.;:,;.,:.;:,:;.,:.;,.:;,;.,.;,:.;,:.,;:,:::;,| |\   |
     |         |;:,.;:,.;:;.,.:,;.,:;:;;,.;,:;;:.;,.:;.:,.;.,|. .|  \ |
     |         |_________.|. |   \
   ./.|        /            \|    |
 ././|      /               \   .|
//  |     ./                  .\ .|
/   |   /                     \
     |  /     .,..,.,;:,;:,.:               \
     |/       .;::,..;,:.;:.;::""'              .\
   /                              .\
  /                                  \
/                                     \
                          ;:.;.,:;.,:;.;:,.;,:.,...       \
                                "".;:,.;:,.      \
                                          .\
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 亡骸を担ぎ、負傷者のうめき声や悪態を葬送曲として撤収する。この僅かばかりの
┃ 報酬が香典だと言うのなら、そんなもの糞くらえだ。人が死ぬのはわかりきった事
┃ なのに、諦めきることができない。また一人死んだ。名前も大して知らない、いい人
┃ という印象しか無かった男。

┃ それでも、彼には彼の人生があり、大切にしていた物もあり、夢のようなものも
┃ あったのだろう。だが、それは全部台無しになってしまった。馬鹿1人のせいで、いや、
┃ 教育を行き届かせなかった俺たち全体のせいで
852:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:20:06 ID:3Z08V5N2
良識的やなぁこの人
853:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:20:28 ID:3hhDxnI6
戦場ではいいやつから死んでいく
854:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:21:13 ID:JuAen91A
教科書(not天使)があればもうちょっと違うんだろうか、それともあってこれなんだろうか
855:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:22:20 ID:xCBUUvng







             /;::::
         ___. /|;;;;;::::
       _/|'''" ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ll__________/
      /|::::::|   | |      |::::::::        | |
    ./l__|::::::|   | |      |──────┐| |
_ ,'| ̄|_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  |_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  |_..il_.|::::::|   | |      |:         |::| |
 |::::|  | il"|::::::|   | |      |:         |::| |
_,,|::::| |゛`ー|::::::|   | |      |:         |::| |
 \|_,,|   :|::::::|   | |      |:         |::| |
    \  |::::::|   | |      |:::: : ..       |::| |
      \|::::::|   | |      |:::: : ..       |::| |
     :::::::|::::::|   | |______.|:::: : ..       |;;|,,_|
     ::::::::\,|______.|_|______.|::::::: ::. .................:::ヽ|,,_|\
                                \
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 彼には家族も無いらしい。であるならば、申し訳程度に互助会の裏手に作られた
┃ 集合墓地に埋葬されるのだろう。墓碑も無い墓だが、埋葬されるだけマシかもしれ
┃ ないのだが、土に埋もれた彼は何になるのだろうか。
┃ 
┃ 彼を知らせる物も無く、思い出される事もなく、最後には存在の欠片さえも土に
┃ 吸われて消え失せる。そんな人生に、何の意味があったのだろう。

┃ そして、俺もそんな終わりを迎えるかも知れないのだ……
857:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:24:44 ID:xCBUUvng



                   / ̄ ̄ ̄`ヽ
                  /         ヽ
                   /          ∧
                    l           ∧
                _l_,.=-==二= .,_   /〈_`,
               /          `ヽ  ノ
             /              \
             {   _,.-‐=ニ三二=-.,_     \
             ,.>‐´           `ヽ   ヽ
          ,.<                 `ヽ  ヽ.,
        ,.<                     `、  ∧
       /      _,.-=‐彡ミ´ ̄ ̄ ̄~"'ミ>.,    V  ∧
      /  _,. - ‐´/ミミ.'l       ´     \   .l   ゝ
     <ミ彡V   _,./≠==≠              li   r ´
      >/ /""~ /-≠==≠__   .l            ゛l  |
     ノ | |ニニニ/..≠==≠__/    V     __     〈  |
     / //  /-≠==≠      V  ,´   `ヽ  l .|
    ノ l_l-‐-´`l/==.≠        V       ,  ', |
    / (__,.-‐-.,/==.≠          V ,     '   iノ
   ./ / /___.//==≠           V 、   ノ  ',
  / |  ___,./==≠__           V       ヽ_
 /  l⌒l   |  .|__/               V      / |
/   |  l_____l,.-‐ )              V    <   |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 俺にある物。ガタの来た突撃小銃に拳銃と、薄汚れた野戦服と防弾コートに
┃ ヘルメット。そして、少しばかりのみみっちぃ貯蓄に……膨大に蓄積していく、何れ
┃ 消えゆく死者の記憶。
┃ 
┃ そして、いつかきっと忘れ行く事が確定した未来。もし、俺が死んでも次の日には
┃ 誰も俺の名前など頭に浮かべもしないのだろう。それはきっと、殺されるよりも
┃ ずっと悲しい事なのだろう。考えれば考えるほど、身体の芯が冷えるような気がする。
860:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:25:59 ID:ZGnIpwBo
経歴の割に妙にインテリジェンスの高そうな独白をするスカベンジャーだなあ
861:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:26:17 ID:udv9af4E
結局この世の中は運なんやな
862:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:26:51 ID:NbYphABU
まだ思考に”遊び”があるだけ長生きは出来そうなんだがな・・・
863:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:26:56 ID:xCBUUvng




;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....    :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(   ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....      ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....         :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::....
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.                           : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : :                                    : . : : : : : : : : .
                                             .  :  . . .
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 遺跡の闇から這い出すと、嫌味かと思うほど空が蒼かった。
┃ 
┃ その青さが、ただただ憎らしくて……何故か悲しかった
┃ 
┃ ・とある無名蛆虫の話
864:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:27:05 ID:xS/A/v56
>>854
教科書読めなきゃあっても意味ないし
読めたら読めたで曲解して自滅しかねないだろうしなぁ
865:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:27:36 ID:JuAen91A
乙でした
866:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:27:42 ID:cN5pkYa2
ああ、もしかしてこれなのか
旦那の「私の膨大な過去が私の膨大な未来を粉砕した時だ」という言葉につながる種類の重さは
867:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:27:42 ID:NbYphABU
乙。やる夫とかと比べると悲しすぎる(ノД`)・゜・。
868:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:27:54 ID:3xmmdh76
乙でしたー
869:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:27:59 ID:TfSs.zGw
乙ぱい

マッポー世界の底辺はブッダが寝ているよな
870:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:28:12 ID:jXDBueiw
乙ー
口頭で説明できる三か条くらいのルールくらいなんぞないもんかしらね
871:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:28:18 ID:cN5pkYa2
乙でしたー
872:名前:普通の名無しさん <sage> : 2014/09/29(月) 23:28:20 ID:0AEDiuo.
BGMはペールゼンファイルのエンディングかね
873:名前: ◆DAZiCeQp.w <sage> : 2014/09/29(月) 23:28:33 ID:xCBUUvng
これが毎回続くのが底辺で何の才能も補正も無しに始めた場合です……直ぐ飽きそうだな……
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する