チンクは大人の男になりたいのです その55(完)

5717 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:13:25 ID:2/o9fp7.0



                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5718 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:13:38 ID:2/o9fp7.0



― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5719 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:15:53 ID:2/o9fp7.0



          \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    烏宿って三級以上でないと入居できない
         <´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー、\
         ≦-:::::\:::::::::\:::::、:::::::::::::::\`   ヤタガラスの拠点だって聞くお……?
         ヽ、:::::::::i__:::::::::::::::_::::::::i::::::::::i                                ,  -‐ - 、
          \:::::::ヽ- ' }\::::{`ー'`j、|::::\{.   場違い感がハンパねーんだけどお。  ./  ‐- 、   ヽ
          r'ヽi\_ ̄:{!  `ヽ! ̄ .i::i´ i\ゝ                         / / / ヽ ヽ \
          人 ノi/{      iヽ_.ノ:i ノ::ト|                             '}/ / /! }  } \(
           /´:::/,、   . ,、i::::\:}ノヽi                            /{ /{ |_{_{ { }_}_} | } }
           .ー、ヽー' ̄ ̄`ゝ' i_,-‐' i                              /ノ{{ {ヒハ从イシ |/ソ
            ,.-| ヽ     /    |.      招待されて来てんのにビクつくのは   从ゝ 、  リノ}
           ノ .'、__.ゝ---- '__>‐'ヽ                                / ヽ ‐ - イ//,
          ..::i     ̄ハ ̄      /ヽ、  むしろ失礼だろ、常識的に考えて。  /二 }.  ̄  { { ヽ
        ..::::/ヽ    /:::::::::〉、    /ハ:::::::::.、                    ,. . . : :´〈ニニ/     ヾ\|`: . .
     ._...:::::///∧\ /ヽ::::::/ .\ .////\::::::::..__               /: : : : : : : ヽ |_   _|ニ}: : : : : :` . 、
    ノ .∨//////∧ ` ./:::::i    ´//////////  \              /: `:ヽ: : : : : : : '|  ` ´  l=ノ: : : : : : / .
  /   ∨//////∧  .ノ::::::::i   ///////////    `≧--,         .| : : : : ' : : : : /||、    ノ|/: : : : : :./: : : :'
r'      .i;///////;∧ .i::::__::::i  ///////////i       / `ヽ       |: : : : : |: : /  ||ニニニ=/ \: : :f: : : : : |
..`、     i//////r‐--/:::::`ヽ ////////////      /    .i      |: : : : : l/   ||ニニニ/.   \,|: : : : : |
  `     i////;/ニニ/7::::_:::::/´ヽ;//////////      /     i     ..|: : : : : |      ||ニニニ||     |: : : : : |
  `、    i///;/ニニ,'/ `´ `/::::::::i//////////      .i     ゝ、    .|: : : : : |      ||ニニニ||     |: : : : : |
    、   i///iニニ(ニニニニ`ヽ'`'`i、///////i      /    /   i     .|: : : : : }      ||ニニニ||     |: : : : : |
  |  、  ////}ニニニニニニニニニニニ i////////\     ,    /   /     ノ: : : : :/     ||ニニニ||     |: : : : : ヽ
  、 ヽ.///ヽ、ニニニニニニニニニニニ!//////////\  /   /   __ iヽ   .\‐--/      .||ニニニ||     { : : : : /
、 ヽ {/ /   \ ニニニニニニニ//////////////\     /      ..|: \: \.、___/二ニニ||      ノ: : :/ |
 ヽ ヽノ~\     \ニニニニ//////////////////}    ./           |: : : : : |  }ニニニニニニニニ`ー―i ´ .| : : : : :|

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

とっぷり日も暮れて、チンクの招いた客達が烏宿に顔を出し始めた。手土産持参だったりキメキメにめかしこんだり

各々が普段と違った面持ちをしている。こういうのは招いた側として、なんとも面白いものだろう。

. オリ キリ
少女二人のオモチャにされて身だしなみを整えたやる夫は、人相が変わるほど弄ったやらない夫と途上で合流して

まだ自分が控え目なのだと安堵の息を漏らした。そして他の連中がどんな格好をしてるかは考えないことにした。


ホームパーティーなぞビックリサプライズがあって当然だ。トラブルの一つや二つ、笑って呑まねば楽しめないゾ?
5720 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:19:11 ID:2/o9fp7.0



                                         /  ,  イ!     ∥,:!      :}′´  }ト、 ',
                                            ′  | . =i-、  〃, :|  i      :|/  /リ: :
                                        | | . :! |_!{  ノ'{/⌒! ト _  .:|:   / /: : : |
                                        | | . :! |乍≦ i ! _= :!}   ...:| ,//イ : : : !
─────────────────────────  ..レ..| ハ !.乂ノ...ト、{ '乍: ≧ミ ! ∥=! :/: : : : |
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                        ハ  トミ:、 冫、!:   乂_ノ ´ , /'ア ノイ : : : :
:::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   <l                       \{ム         ノ}:ノレ__/ . !: : : : : |
::::::::::.\\::::::.\::.\::::.\::::::::>    。 ゚  !ゝ               ∥: ム υ    :-=/′/<   . !: : : : : |
::::∧\:.\\:::::∧<\::::ハ::::::::≧=-                         ∥: :/:/\_ _. . : : / ノノ ):〉.  | : : : :  !
::::::∧i> ̄×ー<:∧{へ L<}:::::::>        <ゝ              ∥: / .{:   _}: : :ノr==z 、 :´.    !: : : : : |
Y:::::::.\――‐' `  ー┬‐ヘ:::.ー'   パリーン!              ∥::/  ハr≦< :/∥′   \    i: : : : :  :
!}彡ー‐一/         l`\}/                         ハ { ノ//___〃 ハ     _≧ ....|: : : : : ハ
.:!彡,ィf´.:/     '´ ' ∨:`ヽ  ゚ 。  ▽               ′≦/7ニニ7′/ニム    ´  :∨ / : : : :   :
ノ/.:::::::/             }::::::::::〉   .                     :′ :ノ:/ニニ7′/ニフ、       ヽ∨, /: : :  ハ
'.:::::::::::/           j:::. イ                            , :〈ニニ7′,' ¨´  \       ∨,: : : :   :
<:::::::{  /!      __ノ}/´                           |  {; ; =;=;=';:{ :!: : :    ァ \: :  |   \, ト: :  ハ
  `ヽ{  { >  ´  ̄  `/                        i   '; ; ; ; ; ; ;:! {    /: : : :}ヽ :!     ∨ /: .  ∨
  :::::.\           {                             |   :}; ; ; ; ; ;:ハ :{!   /: : : イ  ヽ ∨{: ::/ ∨ 'ヽ:  ∨
   ::::::::≧=-  __ ノ                          |!   }; ; ; ; ; ; ;ハ ト、. . : : //   ∧∨:/ _._ \, ∧
。s≦   ̄ ̄/:::::::.`ヽ ∨                           ';  :!; ; ; ; ; ; ; ∧ ∨. . /: .,′  / '≧{! /   , ∨ \
.       ∧:::::::::::::∧}                             ';  :!; ; ; ; ; ; ; ; ∧ :\'_: :イ      ζ ‐=' , }!  :
─────────────────────────  ...∧ }; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ヽ≦_: /       ∧: :`¨ /′、
                                          'ヽ}; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\::/: }     ノ} : :  ,′ \、
                                           }; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;\:、ヽ    :}_: ._._: : : }!
                                           }; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;≧、r‐=={ニ≧=ァ´ ‐-=

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

そうして烏宿の軒をくぐり会場である食堂に通されたヤル&ヤラを、悪意なき火の玉ストレートが初弾で出迎えた。

調理や配膳の最中だったチンクは眼帯をつけず、姉の見立てた可愛らしい服にエプロン装備という恰好だったのだ。


やる夫は一瞬どこのお嬢様かと戸惑った。隣にいたやらない夫は瞳孔かっぴらくと胸を押さえて無言のまま仰向けで

ぶっ倒れた。やる夫は一瞬『ズギュウウウゥンッ!!!!』と轟くオノマトペと胸を貫くごん太の矢を幻視した気がする。


「しっかりしろ、やらない夫! あんなにパーティー楽しみにしてたじゃないか! 死ぬな!! ……ダメだ、致命傷だ」
5721 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 20:22:03 ID:XIani2wo0
このチンクってもうチン○付いてたっけ?
5722 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:24:51 ID:2/o9fp7.0
位相差空間に入ったんだか量子化して格納されたんだか
本人もよーわかってないが起きたらなんかチン〇消えてた

ドライバと起動exeはちゃんと確認できるので 呼べば出る
5723 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:28:32 ID:2/o9fp7.0



            .ィ   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ - 、
            ,.<   ,ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::`....、> 、
       /     . ̄/::::::::::::::::,:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\::::: --   \                  ,.:.:.:.:.:=‐- 、
      /       ./:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ     \            ._,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
    /        ̄ /::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::ヘ::::ヽ    ./ }          ./.:.:ィヘr{.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   /            /,ィ:::::/::::::|:::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::!::::::::::::::}:.:__ \  / ./          /.:ムk,__ {川ヘ {ヘ\.:.:.{.:.:.:.:.ハ
 /| ̄..|.. ̄|        !: /!:::::::}::::::::::::::::/   \::::::::: ト.、:::::::/:l   __ / ./          .ハイ/7 ̄/7ミ__rf≠=マz}:.:.:.:.:.}
./  | .... | .... |        ,}:/ |::::://::::::::::::: !...ミメ、 ヽ::::::|,ィ:::: /::::|、/:/|   /             {L/__//ノ=マ{// / フヘ}.:.:.:}
   \....\...\       lニニ!::::{/:,ィ:::::::::::l..--tz- .,-、:|´}:∨x::::|./,イ .!  {           `f ̄ ̄〈  ー-=彡ヘ\イ
 - - \....\...'  _ ___/{ニニレ/,ィ、ヽ:: /:}=!     ノ{ .ヘ\:::::/ ヽ/:/:l |  .!               i    `       /へ}
.       ',......}....!   ` </ニニ\ア、{   ` ー ´  〉. ヽ ヽニ}ィ!: :! :ト. ト、ノ              i '´r- _ _ -ュ ヘ  rフ/リ
      }....l....l        ` <ニ\\  ‐ --ァ_,ヘ  ', ', {: :l: :l::::} }{                ハ  `二 ̄     ムノ
      |.....|....{          ` <ヽ.\ `  ̄メ、`}.   ', |: :!:::|::// ヽ                }ハ         イ乂
      |.....|.....` 、           ヽニ` ` - {、 ヽ     /!:::!:::|´´   }             j ` =-  ''´  /{
}    -- >.\......ヽ           ` ー‐‐ヽ}       .//::/::/!     !           __r / >‐- 、   ト{_
     .// ̄> 、}                !      /ニ}:: :/ l    |      -r<   \     /へ二´/ \
    .////   \                |     .∧ニ|::/ /    .ト、      ./ マ   \-、__/ハ_  }/iヘ   >‐-
 ..////        \             /|__/ニ.}.リヽ/      | .\   .../  マ     \  /⌒\i ヽ 「
////         \           ヽニニニニニニ /ニ } 、--- 、|  }

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

設えられたテーブルの上には既に幾つかの料理が並べられており、好きなように選べる立食形式になっている。

常温で置ける物がほとんどだが温かい汁物も鍋と弱火のカセットコンロにセットされ、会場内にたちこめた匂いが

鼻腔をくすぐって食欲を刺激した。空きっ腹に頭が埋まったやる夫は、やらない夫のことを部屋の隅に投げ棄てた。


これは、もう手をつけてしまっていいのだろうか? すこし迷って周囲を見回すと、先に来ていたできる夫が居た。

彼は知らないメガネの青年と朗らかに、いつも通りの悪だくみしてそうな笑顔で談笑している。あれは誰だろう?

訝しげに眉を寄せる姿を見つけたできる夫が手招きてし、隣の青年が八坂組の“金庫番”であると紹介する。
5724 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:31:51 ID:2/o9fp7.0



────────────────────────────────────────────────

      //           / /  .       l l|.l                              -‐…‐-
    /      / /        |l     | l|:|                              /: : : : : : : : : : : : `: .、
      .{         { l  l |l { |  、」_从|_}__ }                       . : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
    .{ {_ ノ⌒ {     {八トミ_l_|l { |、  }しぅー代V     |                      /: : : : : : : : : /: : : :}: : : : : : : : .
      、__ ノ⌒)人 |  { ィ_)芥八い \八.辷ソ 从   l| |                  /: : : : : : : : : /: : : :/: : : : : : : : : : .
         /  }|   V爪乂ツ 、   ⌒¨´、、仏  八                       . : : : /: :/: : /: : : : : : ハ: : : : : : : : : .
           八  い""            _彡    l|   .                     l: : : : : 厶∠: : :/}/|从 : : : }: : : : }
      ⌒\ /⌒\ ミ辷    ー   ¨´ ⌒爪   |l  |                    l|: : : :i/斧ミx{/ /`¨`ソl|: : : : : : : .
    /     (⌒\  〈介             /l|   |l  |                    l|: : : :|{ Vリ     ^iて汽l| : / : : : .
.  /   /    \      V⌒`ト      イ   |   |l  |                   从: :|l |{    /:.   Vソ 从/: : : : /
. {_ /        _ }   い 人  `ニ´_ {___」|   |l  |                  )八い        _彡{: :/)/
   )(   /    __ { }   } }  l  マ7^\) l|   |l  |                          、   - 、   /人(
   ...Y    ⌒¨ ∨    ∧ |   |i⌒ヽ{ 八  弌ニ.」               __       ト __  イ/
    乂/    ∠_ }     }l |   |{   」しr'⌒ 、 \ \             /⌒    __/{\     {\
    ...{   /   厶      从|   |{  _人」   {\   \}    __          / \   {    `ア  } ∧
        ー=(   /⌒¨丶  仏 |   |`¨「  }|\__」___{\_rく く\ {_ 、       |{ {     {  \/{\_/∨ト
        .}         {\{ }|   |  |___八__/^マ⌒i  rく\\\[ \     |{ {    }       { \{_/∧\   、
      ./{  {     {  } Д!  い}|   | |  _ 卜 \\\ ⌒       j  }  { }  、___  {   i⌒{       |
     ./ 人   }      {  }  |l   や|‐-ミ_j {_/||    \        }   /^     ∨    /     、::」   ___}   |
            `¨´   /   .   |l     J   } }l  |/    / \ ‐-ミ  厂}lx{/ 〈    }   〈        |::|  |⌒7  |
   ./  /       /   ∨  |l     l|    _     |   {__{   \  ン /⌒\{____   }      |   .:::|  | /   {
  /  /       /    }  八   八 -=7∧  |   }八       ( /    マ⌒ (        |   .:::::|  |     ∧

   【八坂組の若き現組長:八坂真尋(右) & (左)IAIa製多目的侍女(自称愛妻)型生体自動人形:ニャル子】

────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ヤタガラスを構成する地豪地侍の極道三組、雑賀、根来、そして八坂。彼らは各々に立場と役目を分担している。


キイ市街を始めとする周辺の不動産や興行といった商業権基盤の元締めを雑賀が。農産物や工業品種などの

経営ノウハウを参入した各集落に指導分配を根来が。この二組はキイ集落の“表”の内向けと外向けの顔役だ。


では八坂が受け持つ立場と役目は? 風俗業の監督から麻薬などの流通管理に自然形成されるスラムの監視

更には諜報と制裁を含めた暗闘である。―― 彼らは信頼や尊敬でなく、恐怖で知られた“裏”の顔役なのだ。
5725 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:35:14 ID:2/o9fp7.0



                                                                 ヘ
                      >…=ミ_ノ}                                    /  },
                  __彡': : : : : : : :.〈          【ヤタガラス特別幹部会】        .ヽ  、_{ ミrハ
                 ⌒ア: : : : : : : : : ∧                                ___〉'´: : : : : : ヾz
               < : : : : : : : : : : : :r\                              ヽ: : } /:ィ瓜}: : : : :ミー
            r '" ̄ ̄ ̄ ̄``=- : _: :.{                                   ∨〉'  、 ー《-: :ハ、
           }  「 ̄ ̄ ̄}      =‐--/i:i7                             ,,´{ `, ー ' ≪r―ァァヽ
.           /  ¨}i:i}¨¨¨¨           /i:i/                           /   ゝゝ___、,,ィr}|  -ヘ
          〈    /i:/          /i:i/                                   アニ〃二{ / { \
              \. {i:i{        _  -=ニ⌒\                              《ニニ{{ニニ}/   xく ヽ
             /\}i:i}  _ -=        Ⅵi,                      /⌒ヽ.. .}}ニ}iニニ}  <i{! }! :}
             `¨¨¨´            Ⅵi,                  ___,. -‐ァ…ー-、:.:.\.Ⅳニ{ニニ′ /}! }! :}
             {   {i:i{                   Ⅵi,               .{_:_:_:_:.:.:/:.:.|:.:.:.\:.:`丶:.\ ニニ/ / /'  }! :}
             {   {i:i{                 \ Ⅵi,              ./:.:.:.:/:./:.:.:|:.:.i:.:.:.\:.:.:.\_\.’/  ′  }! :}
             {   {i:i{        }i     \_}i             \_/:.:〃:.:./{:.:.}\:.:.:.\:.:. /:.:.:\  ..{   }! :}
             {   {i:i{        }i        }}\=ミ.             く/T::::T  T::::Tヽ/:.:/\:.:.:.:.\. ヽ  }! :}
.            /{   {i:i{        リ         }}   ∧          ./:.:} ー'   ー' }:.:.:. 〈  \:.:.:.:.ヽ../  }! :}
.         ,: {   {i:i{               }l   /∧        .∠:.:.:.人    .   .人:.:.:.:.〉    V::i:.:.:.\.  }! :}
          ′ {   {i:i{               }}   /∧               >ー──-/ァ         }:::}:.:.|:.:.:.ヽ }! :}
         /   :{   {i:i{     ./         }}     '.           ._{ー=______彡{__厂}      ∨:.:.ト、:.:.:.}
      /       }i:i}      /            }}      }           ./{{i:i:i\| |/i:i:}}/⌒ヽ     ./:.:.: | }:.:./
.     /          }i:i}    /               }}      }         / {{──┬──}}    }    /:.:.:.://:.:/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

雑賀から“料理番”、八坂から“金庫番”、根来から“御庭番”と派遣される形で、彼らは独自の幹部会も設けている。

本幹地が別所にある組それぞれの垣根を跨ぐ問題が起こった際、一々手順を踏んで連絡とって了解を得ていては

即応性が著しく欠けてしまう。その為だけに彼らはヤタガラスのトラブルシューターとしての権限を預けられていた。


つまりこの、できる夫の隣で同類の顔をしている【シロエ】というメガネの兄ちゃんは、とてもおっかない人物なのだ。

カレー鍋の乗ったテーブル前から頑として動かず目をギラつかせる、そんなオチャメを隠し切れない奴だけど。


軽食はもう摘まんでかまわないらしく、カレーにさえ手をださなければ手をつけていいと彼は教えてくれた……。
5726 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 20:37:40 ID:XIani2wo0
つまり女性陣に「あててんのよ」も可能と言うことか
(男性陣に…と書くと熱烈指導が入りそうなんでカッコ内で我慢)
5727 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:40:54 ID:2/o9fp7.0



              ,  ¬_厂 ̄乂___
            ノヽ)     ハ /   `i    / ̄ ̄ ̄\
           く   厶, >.+‐…‐+ミ 、, 八__   | (#`Д´) |           x‐     ‐x
           ,八ノ /   \    \  _}  |      /          .X        X
            }∠/..:j    ヽ二ニ=- Vくハ    ̄|/ ̄
            /     ∧ ー=|\  l     ヘ                       ´ ̄`ヽ.___
           /   |/≧V =|≦\|    | ̄                    /   _ノ:::::::::::::::::`:<⌒ヽ
          //l  r{ィf沁 ∨ f炒x 「〉r、>              ._____ゝ_ _人_::::::::::/!:::::::;、ヽ  .}
          ´  |/ト乂     、   Vf≡7             .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |^ヽ/_::::/ `j::::::/-i:::ハ_ム
             / ̄「ヽ   -  イ/  ヽ__          |____:__}___|ー.く-':ィ=x i:::::/=x!×マ二フ
            〔レl  ヽ_`≧=≦-/イ   }  /〉          |             |:::\>:!ヒリ ´j/ ヒリj:::::ト、\〉
            /二.∨ヽ「`ヽ / `|/∨〕二ハ          .|_____:__}__|::::ゝl:::i  r-、 /l:::::|
          '二{  l l  ィヘ    / l /二ニ∧        .|             |':ィ::::!::ト . ゝン イ:j:::::l
         l二ニ},ノ l/ニニ>、  / lノ二二二!.       __j____:__}_| ,rレ、  ∨iル' "/:::/
         jニニ{        ヽ'  /二ニニ>'" .        `ーく¨^ヾー…r一 ´./  i: :/: :ヽ、 jシ′
         f<^ヽ  ィ二二二:⌒V二二了              .`ー一く ヽ.  /   .lメ: : : : ヽi
         ト、>'"二二二二ニL乂二ニ7                 ヘ  ∨  ./_ノ: : : : : : : \ _______
         Ⅵ二二二二ニ_ノ´ニニニニ/                      ヘ  ヽ ハキ: :_:_: : : : :_:ノ ! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ !
             L>r''"辷,二._二二二二/'" ̄`!                 ヘ  /  }:{: : : : : : : :.:i |____:__}___|
           ァ'       ̄ ̄/ ̄    /                    ー ′ !:}: : : : : : : :.:l |             |
              ∧         {r'>1  /                    ,へ   /ォ: : : : : : : : .' .|_____:__}__|
             /             //^! l {、                    /  `ヽ'/7: : : : : : : :/ 、..|             |
          ./ ` \       /    lーく  ヽ               / _」`フ{ー 、`ヽ : : :.'- .__|____:__}___|_
          /       \         ノ ,ハ   l             ィ― \ /  )    ` ….ラ  f==r‐ァ―ァ7=一´
        ./.             「`〈ニ.廴_/            /f´ ̄ 7_:/   /:) ヽ     ヘ     `ー一 ’
       /                   ;   }ニl            /  .{.   i     ム:ゝ       ヽ.

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「ハイそこの兄ちゃん、テーブルの前あけてね~。もうすぐ配膳終わるから、そしたらチンクが乾杯の音頭とるわよ」


チャイナ服の女性がにこやかに抱えた料理を降ろし、いまのうちにグラスをとって置くように勧める。勢いに押され

呆気にとられたまま彼女の指さす方へ目をやると、同じ年頃の女性が憮然とした面持ちで飲み物を並べていた。


記憶を探るに二人の女性は単身ながら頭角を現した三級の鴉だったように思う。それがあんな頓狂な恰好をして
ウェイトレス
給仕役を務めているのは何故あってか。……チンクにオイタした罰だなんて、やる夫が知れようはずもない。
5728 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:45:23 ID:2/o9fp7.0



                      ,イ
                     //
            /| ,. < ∠ --  フ
              _{/─-  _  ー─- _            ト。      ハ
             ーy  弋=-----      ≧x       ト .,_マ/≧‐-。_ /∧
             ./ ト、 マ<_\  \ \ \  ーミメ、      ∨/////////////∧ _,.ィ
             厶ハtッ 亠' `ヽ^ヽ:::..::::::::::::\   \      ._,.マ/////////////////
             ∨:i `     ,r='::::::::::::::::::::::::\ヾ  \-=ニ////////////////////>、
              \⌒ / トミ:::{\⌒≧=- ::\\ ヘ ///////////////////////>
              }ニ´::::::::L__\       \  . /'// ∠-//、|'///////////厶
           _r=//   / l l::} \_          ゙マ  'イ  _-_-_  |////∨////ゝ
         ,.</ ∧{_   _,//::|  / > .        Ⅵマ: i.} ´_リ,. ′ ' |/´< ; 〉/// 7≦三三二=-、
         /  :/ ,:::::l l   //:::::! ′   \       r'   ゙゙      ,_- イ///ヾ/:`:>.-.=.ミヾ\
        ./::  :/ /:::::::l l  //:::::::| |      >,      ヽ  __,. ァ   /: :.:.:.:.`゙ / : /: : : : : : : :> . _
      .′::../ /V::::::::l l //:::::::: | |        { ヘ     ..ハ   ̄´  _ ノ.:   :.:.:. /: :/:/: : : : : :: : : : : : :`: .、
    ....l: : // /:::::V::::: lV/:::::::: : | |      i l  \    ..、_   _ -'"ァ.、_  .. :.:/ : /:/: : : : : : : : : : : : : : : : \
     .l: :// /:{::::::::V::::::::l:::::::::::::::l l     ,' l ∨  \--.    ̄   /: : : ヘ`ヽ i: : ;./_: : :- : 、: : : : : : : : : : : : : ヽ
  ....._/// /::::l::::::::::∨:::l:::::::::::::::::Vム   {  |  ヽ   \: . : . :  ../: : : : : ', ';:、| : /: : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : ヽ
   }  , ' /:::::_;斗┐: V/:::::::::::::::::::Vム   L_ {__   \   \: ..   ,': :\: i: : ', ヽ.|: i: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : : :‘:,
  / //::::rチ::::::: / ̄r/:::::::::::::::::::::::∨.\     ≧=- \        i: : : : : :! : ‘,ヾ:i: : : : : : : : : : : : : :ヽ i: : : : : : : : : : ‘,
. /://:::/::/:::::::::::/ / /::::::::::::::/7^j^_㍉_,.へ≧=- __  `\     i: : : : : : :!ilil、lili`i: : : : : : : : : : : : : : : /:;: : : : : : : : : : :‘,
                                           i: : : : : : : :マilililili!: : : : : : : : : : : : : : /:;: : : : : : : : : : : : :‘,

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ジュース入りのグラスを手に視線を泳がせた端で、剣呑という言葉が目に見えて空気を侵食している一角があった。


できない夫が抜かずの封を施して佩いた愛刀を手癖で弄りながら、普段の昼行燈な微笑みではなく狂剣の冷笑で

とても楽しげな声音を発てていた。口調も言葉遣いも普段通りなのに、端々から音で切り裂くような鋭さが滲み出る。


彼をそんな危険度マシマシな気分にさせる話し相手はというと、こちらは口の端をニヒルに吊ったイナセな伊達男だ。

できない夫の物と似た拵えの刀を杖代わりにした、市街で指折りの有名人、二級の大チーム奴良組の棟梁である。


複数の意味で『こわぁ。近寄らんとこ』ってなる。北領の颪風が旋を巻くような一角から目を逸らして逃げを打った。
5729 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:49:44 ID:2/o9fp7.0



                    >―-- 、、                            ,......-=-:-ミ、
                _ / ∠´ ̄  `\                            //..::::::::::::::::::::`,
                /´  `/    ̄ ̄``\ \                         〃.:/.::/..:::::::::::::::::::::’,
                / /           \                   /.::〃:/.:::::::::::::::|::::::::::::::‘,
                    /   /   { 、  \  \ `,                 .::;’::/.::::/:/|::::::|、:::::::::::: :,
              /   /     !   \\  \     '、                ‘;: |:::::::;:イ::/ |:!::/`\:::::::::::|
          /   /   :|  l    | \\  i    丶                    Ⅵ::::::リ'芹ノ乂 芹ミⅣ::::/}
            /   /    |  | |  || |` ー| l  | 丶               /:::Ⅵ从 以´ , 以 .从:::{丿
        /   / /   |  | |_|| | | y| |¬ | \ \               .}ヽ\Ⅸ:        /}从}
                / /   ィ'´l \ |八 | |_云ニミ |  \ ヽ             `〉::ミ:}:/\ ´ ` .ィ.〈/
        /    j  /   八 x云ニ、  }ノィ「んハ川八\  }            〉ミr≠ミ}:`  ´{`ト、ー.、
      / / |j  {   T瓜rいリ     ゙ー'゙.ん | l\ ∨           /  l|z=‐〈\_/ |:::∨.`ー.、
      / /   l j  {     |   ゙'ー'゙     ::,    { ノ ノ  } }           ∨⌒ヾ}_\:トく__}¨` | ;’   :|
      ∨  / 八  八  八            メ=彡イ jノ                ‘,  ∧ひろ/ |  / ,’   :;’
       {   {  { \>―‐ 、\__ノ   ー ,, ''’ 心彡 ノ ノ                .,  :∨、`ヽ:|/ .,’   /
       乂 八 V,/       \ニ=-    _//⌒ ノj                    ∨   ∨ :/  :/   ./
        { \/         }  ./、爪 (_,厶ニニ彡′                 ∨   ∨ 。・ /   :;}
.        V/             | /    }{ト―   ヽ                      |_  ∨  /   .;';’
                        { V   /^}{      }                      `ト:.   ∨:/   //,′
             、        '/ ヽ    {{      ノ                    〈∧  ∨   / {
          |    /Λ         '/    {{ /   /                   :r'’∧ ./   /  ┐
          r|    /Λ   斗┬</     ∨{    {
          |:::\   /Λ/:| | | | | |\ ヽ ,.斗―‐く
          |:::::::: ≧==彡 ||l | | | |||し`'く___ノ∨j川
          |::::::::::::::::::::: /||/// 八||\ ノ:::::::::::∨| |
          ‘;::::::::::::::::::// | |// /Λ\乂‘;::::::::::::::: l八乂__

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

さっきから生きた心地がしねぇ。そこかしこで地獄みたいにおっかない空間が出来上がっている。ここは一体なんの
                            チ ン ク
人外魔境だというのか? そもそも主催者が怪物王子である。気づいたところで後の祭りで本番はこれからだ。

『むしろ祭の前で今このザマかよ……。やっぱり俺、ここに来たの場違いだったんじゃないかなぁ!?』


咽がもうカラカラになって干したグラスを置く。お代わりを取ろうとしたら、そこに横からきれいな手指が伸びてきた。

何度か組合の受付席で話をしたお姉さんだった。すぐ後ろにはもう一人、こちらもよく手続きをお願いする女性が。

「場違いすぎませんかね私たち」なんて独り言を耳にした。うん、そうだな。気持ちは俺も痛いほどわかるよ。
5730 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 20:54:26 ID:2/o9fp7.0



                _ -‐ ── ‐- _
             , <           > 、
              /                、  ヽ
         /         ハ        ヽ                        ,、   __
        /,ィ      i! i!  l ヘ  ヽ  ヽ   i   ',                         _| ` ̄   ` >、
        〃/ / .i! l !i ハ ! /ヘ ト_斗伝ニ≦ l   .!                    /ー-'           l \
        / !,ィ;l !i ≧xr=i-l ! /  ヘ} ヽ}云ミァ、Ⅵ  l               /       ハ  ト    ヘ
         {' i;| l;;', !Ⅳヾ}::'}:ヾ   ヾ ん::刈 / l   l                   l   i  ト  l x―l‐\   ヘ  l
           ,};', l ヾ}:::::::::::::::リ    弋zン  .!   i!                | l  l 个l  l  ,ゝ⌒ヾ\ .ヘ. l
.          i  ',}  !ゝ、::::::ソ  ,        l    ハ                   |∧ ∧ l ヽ l ハ   l/| \ヘ、l
         l  i ヽ :iハ/ ¨´          ,イ    i ヘ                .|' l l \l  |ヘ{  マ_| l    ̄l
           l  l   | ヘ    ー ─ '     .!   ,!l、 ヽ                 |  l ト Z≠ミ     /// l  ト l
.          l  i!  .|_ゝ、        /  l   l :lヘ ヽ               ヘ l ///       ヘ ,/ /  l ヽl
         li. !i   |: : : : :.>    <i ̄.ヽ|  l :l ヘ ヽ              ヘll 廴 _   マ__ //,イ  /  |
         /  !;;i  :!、: : : : i  ` ´   l: : :/ |  .l、 l  ヾヽ                    ヘ    ̄「ヽ 「/' l  /ヽ、
       / ,r-─l   :|.ヘ: : __辷=、 r==!: ./ . !  l ,》 :!   ヾヽ                   ヘ   |ゝ∨}/ l  /   \
      / /    ハ  l ヘ´ ,i   i∟!  ',:i'  .|  ト"  l    ヾヽ              ∧  l, 介.、  l /     ヽ
       ,' ,      .ハ  ヘ  ヾ 、¨` ‐‐--‐‐|  |  .! `ヽ    ヾヽ               ./  \ ∨l:l ヽ l /      ∧
     / /      ヘ  ヘ   ヽ ヾ   ヽ/ .li   .l   !   ヽ    ヾヽ            .〈    \{:::l∨ '      /::::::ー、
    ' {       ヘ  ヘ   ヽ ゝ、 __ ,, li   l  !   ハ     ヾヽ          ./::`ー、    |:::l     _,イ:::::::::::::::::::l
   /  i         ヘ  ヘ  ヾ.‐- 、, -‐li   .|   l    ハ、     ヾヽ      ..〈::::::::::::廴__ |::::l  / ̄::::::|::::::::::::; - ' 〉
.  /  l           ヘ ヘ   ゙1    li  i  l    .∧ヽ      Y}      .〔 ̄\_ハ:ヽl::l:|/::::::::::::::::::::\::/ ,<
  ,  /           ヾ ヘ  il     li  l  ,リ     ヽ ヽ、.   !i       /ヽ-┬‐' .l:::::::::::l l::::::::::::::::::::| ー<´  \
. ,'  /.  __           ヾ ヘ  .il     li .l /      __\_ヽ.  リ
 i /-‐´ __` ー- 、 __      ヾ}  .il     li |/   __ <,-┬ー -7 ', /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

不意に会場内の喧噪がボリュームを下げた。気を取られて周囲の視線を追うと、上座にあたる壁際に設えられた

小さな檀上にこれまた小さな影がのっかっている。一同が見慣れた、いつもの眼帯コート姿に戻したチンクの姿だ。


そう、たった数日ばかりの付き合いなのに皆がすっかり記憶に宿して見慣れたと感じる、いろいろと規格外の少年。

小柄な体躯や儚げな容姿とは裏腹に、怪物めいた存在感と鮮烈な印象を振りまく ―― 皆の知る主役が登場した。


「今日は私の催す食事会に皆よく集まってくれた。腕によりをかけた料理ばかりだから、ぜひ楽しんでいってくれ!」
5731 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 20:56:09 ID:XIani2wo0
できる夫AAは内海か入江か
5732 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:00:01 ID:2/o9fp7.0
やる夫:ロック(おめかし) できる夫:内海 できない夫:兵頭真介

今の2ch’ヒューマン三人はフィルターオフでござい
5733 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:01:49 ID:2/o9fp7.0



                      。         ○
                           ○    ___   o   ○o
                   °    r≦       ≧      °
 。 o ○ o                   |!:::::::::::::::::::::::::::::::::::!|
  ゚ .   r≦   ̄ ̄  ≧.            |!:::::::::::::::::::::::::::::::::::!|     ___
      |!...........     !|          |!:::::::::::::::::::::::::::::::: /⌒!´       !|
    _,.。 *''"''*、 ::: :::::::::!|          |!:::::::::::::::::::::::::: /    ′   ....::::::::::!|.、
.   /  ,r-ゥ -z≦ ::::::::::!|          |!:::::::::::::::::::: /    〈、_ ....::::::::::::::::::::::!| \
  /,.。 *''"    ヽ::::::::!|     >''~..... f ``ヽ、::: /         .}::::::::::::::::r  、:|':,:::.. \
..√  ー≦二ミヽ. _〉:::::!|      |      ヽ    `´            !、:::::::::::::ゝ、 ~"''~、 ∨
.√    、 _ \ :::::::::!|    f ヽ,:::::::::::::: |λ             |:::::::::::::::::::``~、
√     ≧=‐ミト、〉::::::::!|    八T´ :::::::: :: |!:::!                〉::::::::::::::::::::!|:::::{
         r--、 \ :: :::!|   f⌒ヾ::::::::::::: |!八               / :::::::::::::::::::::!|::八
      /::::::::::\」:::::::ノ    }::^ヽ 〉 ::::::: | '´ \         ヾ::/''< 二 >''" ヽ ヽ、
.      /  ̄ ̄ ̄ ̄    .〈 ⌒ヾ::::::::::::::~''< \         `|            ヽ、 `
.    /                f⌒ヽ' :: ::::::::::::: |   ∧         ∨             `ヽ
  /              |⌒ヽ′____  |....  ∧         ∨               \
. /               ∧ ::~''<_ >'".    ∧         ∨
../                  ∧    /       ∧        ∨

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

これから楽しい食事だというのに堅苦しい挨拶なぞしては興冷めだ。だから少しばかり無礼だろうと今日は許せ。

いやそうかもしらんけど、あのBOYは今日もザックリしすぎだ。彼は恐れるということをしないのか? きっと違う。

大事なことは皆が楽しく過ごすことで、この場に居る目上の者ならそれで通じる理解すると信じているんだろう。


孫一が口の端を吊ったまま、苦笑するように杯を一つ摘まみ上げる。しょうがねぇなと言わんばかりの様子で。

他の参加者も皆、似たような感じの表情をしていて。きっと自分も同じ笑みを、知らずうちにしているんだろう。


そんなこそばゆい一体感を料理の前に味わいながら、やる夫も高々とグラスを掲げた。―― 「「「乾杯!!」」」
5734 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:05:19 ID:2/o9fp7.0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5735 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:05:38 ID:2/o9fp7.0



                        ⊂ニニニニニニ⊃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⊂ニニニニニニニ⊃::::::::::::::
             ⊂ニニニニニ⊃      . . . . : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::
⊂ニニニニ⊃                   ⊂ニニニニニ⊃ : : : : : : : : :⊂ニニニニ⊃.:.:::::::::::::::::::::
                 ⊂ニニニニ⊃         . . . . . . : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::
- ..,_     ⊂ニニニニ⊃                 ⊂ニニニニ⊃ . . . : : : : ⊂ニニニ⊃: : :.:.:.:.:.:.:.:.:
   ´"iT'=…┬-  _            ___________________:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:
    . .|:|   | |    ´"T¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨~¨|::|       ◯         |::|
        . :| |   _ :|           :|::|____________|::|__________
.         ’   . | :| :|         __,|::|  |          | ̄ ̄ ̄ ̄|::|┌┤  | ̄| | ̄| | ̄| | ̄
            . . :| :|   | ̄| | ̄| | |::|  | | ̄|┌ー┐   |口口口口|::|||  | ̄| | ̄| | ̄| | ̄
-‐              . :|   |二| |二| | |::|二二二二二二二二二二二二|⊥二二二二二二二二二
: : : . .               --i冖ii¨¨i| ̄| |__r‐t二i-ー……__r‐n       . . : : iT──ー‐<ノへ .:.:.:.:
__r─…: .       -‐┐    -‐… ''""~ ̄_二i冖i┬「 | |_,|」          「|────:\/\_
ニ|::::┌─‐… 「 ̄_| ⊥-ー     _ ┌…i´`i''|:::::::|_|||‐|¨:|: |:| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨「 | . . . : : : : : : :\/\
ー|ー:|_,,.. -‐ '' "´      __,| ̄   |‐:|::: : |_|_|─ |-‐|||: | |: |: : . .     i'´|l :| . : : : : : : : : : : ::\/
::||: : |二二二二二二二二|ニ;| ::::::::: |¨:|─┼ー|_|/ |: : |||: |: . .    . . . : : | |ニ|二二二二二二二二
::||: : :.:| | |_、-┴──ッ─| |‐''||二二|¨:|¨ア|´´| | : : |: : |┘.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ||/ ̄| | ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄
::||:.::.:├| |─r─┬<_,,| |___||_/|^:|'´: :|: : | |.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ||─‐| |───||ーn───
:.:.: .:.: ||:| |:.:.:||.:.:.:.||.:.:.:.:.:.:|| |: : ||.:.:|: : |.:.|.:: : |: : | |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.: .:. ||===| |======||: :||=======
.:.:.:.:.:.:|l | |.:. || .:.: ||.:.:.:.:.:.:|| |: :.:||.:.:|: : |: |.:. : |: :'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ||.:.:.:.:| |.:.:.:.:.:.:.:.:||: :||.:.:.:.:.:.:.:.:.:
5736 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:07:21 ID:2/o9fp7.0



                          __
                      _  _\    、
                   、  __>‐‐   `    \l}          おまえの腕自慢もそろそろ聞き飽きた。
                       >-     、   \  イ=‐
                     /          \    \ ∨_ イ
                       /イ /   ハ }ト 、   }  }‐: ://.       俺の鍛えた腕を前にしての思い上がり
                  ノイ / /{_}ノ'rr_ァ\}ノ ,/}:/: /、
                      /ハ/{  {_ノ `¨´ ノイノ从=イ <       今ここで……ヘシ折ってくれる!!
      斗-===   ___         从∧       ノイ \ 〈`
    /‐‐/‐/‐/‐‐‐ヽ          -‐   /  >= -- _
  r<⌒/-/-/----丿}、         、   イ  /: : : : : : : : :
  {===≧=‐-- __ /‐ ノ人            ¨  `ヽ{: : : : : : : : : : : }__
  {============= }イ‐/‐‐‐ }            ノニ=‐   _ イ: :/}ヽ 、
  {============= }}ノ‐‐‐‐ソ         _..斗≦: : : : : : : : : ::\: : : :}: :∧
  {============= }}‐‐‐イ         /   ¨¨Y\:: : : : : : : ::∨: :}: :′, 〉、
   ≧=‐------=≦∧‐‐/      //    ⌒ヽ  }ヽ: : : : : : : :}: : : : : /}′ ヽ
   丶=============V      /: :,__/    _ イ /}: : : : : :}′/: : : :∧   ‘,
     \==========/\      : : ′     /   }  ,′: : : : }/ : : /: :ヽ   }
       〉=‐    イ===\   { ⊥_      イ  ノ /: : : : : : : : : : : : : : : : :}   ,
        {===============丶 {ノ⌒>-   }-  /: : : :: :: :/:: : : :}:: : : :、 ┴=〈__
       {================∨iト./     ヽ}  イ: : : : : : /: : : : ,: : : : 丿>   丶
       =====================〕iト.  Y  ノ: : : : /: : : : : :/:_:_:_彡⌒    __   \
          ================}}=======\ }イ : : : : : : : : : : /:_>=--    __
          \=============/=========∨} : : : : : : : : : /: :` --- _      、  \
          〉=‐    ‐=イ========}}== V: : : : : : : : : _  ‐=⌒∨  `>-  _ \
          {=================== }}===} : : : : /: /     }    }    } 、
            、==================/7==  ‐=イ: :: 〈   _  ‐=人 ̄ Y    / ゜
           \================}/==,: : : : : : : :_入_ /=/====\ /   _ 。z≦i}
               ==============}==/__  ‐=≦--∧=′=======≧≦======}
               \============}/‐‐‐‐‐‐‐‐=≦‐‐〉===================}  }
5737 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:09:30 ID:2/o9fp7.0



                         __,,,,..--..,,,,,,
                __  ,..ィ`''ー     `ヽ.
                 ヽ ミ\/ .:/          \
                  ヽヾ〉\/ ∥   ,,., , ,   ヽ,     相手を挑発する言葉は非常に人をふるかいにする。
                 入ヾ《| .l | l  \ |ハ::.  ,  :::l
                 //::\.l ノ.| | /,`oミ、 l::::∥,:::::::|
                 ∥::/ l l|ハ l.   ヾ.l/__/::::::::l.    怒りのパワーの力が全快になったからもう謝っても遅い
              ,f―-くr.   |ヽ ヽ      lfミ7"、:jl/
      .__......_,...----トコ―-ミ`-、  ヽ. --、 r- ゝ"'''‐、_     ―― お前、調子ぶっこき過ぎてた結果だよ?
  ィ'"´‐-、.  ヽ、))``ヽミヽ、`ヽ ヽ、  `、  ーン''´ ̄""""
./::::::::::,..ィ==ヽ,  `ヽ   `ヽ、ヽ、 `、 ヾ、/^`-´
.::::::,.ィ"´ ̄`ヽ、`ヽ   ヽ、,ー-ヽヽ ヽ 、、`ヽ y''
.:::/ __      ヽヽ   ヽ-ソ''__ヽ ヽl `〉/ヽ ̄`ヽ
:/ /         ヽヽ   ヽ((‐)ヾ ヽトーヽjー 、   ヽ
../,..ィ'''"`ヽ、  ...... l、|  o ヽ、=ノ) ) ヽ::::::::::::::::::::ヽ  ヽ
.',,.ィ''1   |  \ `トヽ  ヽ`""" _ ヽ:::::::::::::::::::::ヽ ヾ .、
.´  :::ヽ::..... ヽ   l ,人ヽミ、 \  `´  ヽ:::::::::::::::::::::ヽ l  `ー、
    ::`ー-- ゝ_  /  ``ー-ミ=┤_,...ィ´:::::::::::::::::::::::ヽ l|、 ゝ、_,,ヽ
    :::::::::::::__/ヽl__......    | `ヽn_n::_:::::::::::::::::/)/l:::::l|l. (i`"ヽヽ ヽ
.    :::::::::::::::/: /:/:::::::     l    l:::::'‐‐、_、_/`、_:/''l、ヽ ヾミ==/,l. |
.   ./"" ̄´ //::::::::::    l    l:::.  :: ::. :::::::::_〉_ヽ__   'ン
.__/         lヽ :::::::::      l    l:::::..   :::,ィ"、_ヽ__ヽ_ヽ―''ヽ
.レ'' l r'''''>===_l,,,ヽ...--....._   l    l::::::: __  ィ' 〉'''l ヽ. ヽ :::ヽ:,r-!、_
.   /:.〉/r'":,.ィ'"´ r.......--''`"'''-!-........ゝ-'r''ァィ'レ |. |  |.  |:::::. ヽ:::  `l
. /:::::| l.ハ、 lト-"__""ー―――‐"""".-く l、_| l___| | |  _l  |:::::::. ヽ‐、yヽ
../::::::ヽヽ -rヽ、l::::\    ,,...--―ヽ、 |l:: l.|::::::ヽ‐‐'':::::::::::ヽ :::::::::::|、ヽ|ト.`ァr_、
..::::: ::::::ゝ._:ヽ-、ヽ  ヽ ,ィ'"  ,,.....---!. l.l ヽl、   ̄´.ィ,,,\::ヽ ::::/:/ l.ト、ー-f、_ヽ
. :::....::::::::::::`:l::::ヽ ヽ_ "  ,,..ィ"  ,....--ァ=-_〉-ト---イ"-l"__r:/`l:`‐l,l  :∥,,,``ーヽ、l`ヽ
.      :::::ヽ::::ヽ、 、  , ,.ィ,,,,..----┬┬――┬--┤ ::|、r1l:::::ヽ.イ/ l::::ヽ     `-〈
.``ー―-----‐'" `ーyィ'''""|  |::::::::::::| .|::::::::::::::| .トr-| ::|:r‐'ヾーィ' l.l ヾ::ヽ--ァ‐フ/
5738 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:11:38 ID:2/o9fp7.0



           _________
        __/  / ̄       \
       / {/ ̄ ̄ >―一'´ ̄ ̄ ̄ ̄\      厂| / ̄ ̄\
.       / / / ̄ ̄               \     | | |_/⌒ヽ |
    /j / __/  /       |     |\      ヽ   | |     _,ノ |
.    / / | /   /  /   /|    │ \ ヽ    i  |__|   | _/
   |  | / /   /  ィ―‐ァ |    | ―‐ト、|     |  _    |__|
   │ / /   レ'´{ j_/  |   /     | |   l | (__)   _.         えっ、なんです? ケンカ!?
   │/  l    人/,z竓芋ミ |_/l/ ,ィf拜ミメ、ハ  |│     (__)
   人| /|   l | 」夕 /'⌒ヽ     /'⌒ヽ 狩 |/人              ハーフミュータント
.  |  ノ |   l | j{  { {::::} }  U  { {::::} } j} |   \               半 獣 人 のマッチョマンと
  ∧  Λ  l |   乂___ノ       乂___ノ j/ト--―一                   シルエットボディ ボーグマン
  | \/{ }i l |  〃           〃 |  |                    手足戦闘用義体の 機 人 が
  |  {八__}i N                  |  |
.   \    「}i {_    U     \/     人 |                    殴り合いなんて冗談 ――
  仄{\ ,ノ \{\             /  ∨
    |  \  / \_` ー-  __   ≦__
.    \_/ ̄ ̄}⌒ト、 ̄ ̄\  } \ \ \
      〈__r'⌒i__ノ ∧{\ ̄  \/____)__〉 │
       | ̄| ̄ \{ ∧ (\   |\  \   |




            /    /      \  \   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         /       /        ヽ ∧  |  余波でも巻き込まれたら私みたいな常人は死んじゃう……  |
       \ /       //\      ∨∧   乂__________________________ノ
      ̄` /  ∧   厶 <\ .|  |  ∨∧
     ̄ /イ! //≧ヘ |  芹云トY⌒ Y、 \ト≧=-
.        / | / /芹ミ从{    ヒツ |  .|ぅ}ヽ \\
        厶イ{/.| じj        j⌒¬人 ≧=-‐         ああ、心配どころか気にしなくても
        7 j}  {       ,/イ  |  \ヘ
         { ハ             |  .| //            大丈夫よ、安心して見物なさいな。
         |   ト  'つ     /   | /
         |   | 广´ ̄ ̄ ̄ ̄ /  八{                  ショ ウ マ ッ チ   マイクバトル
         |  ハ{-‐=ニ= ──‐/   />= ‐-、            あれ見世物勝負の前口上合戦で
         | / Y┃ ┃   厶イ彡 ソ   \
        ∨⌒ ヘ___/   /  /      ヽ         宴会の恒例みたいなものだから。
          /ィ  /   `>、     {  {    ・ }
        ∠_/ /  r'⌒\i┌─┐   ゝ・   ∧
5739 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 21:13:41 ID:VXVrnnUk0
IAIa製ってパチ物じゃないですかやだー!
5740 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:15:37 ID:2/o9fp7.0
ttps://www.youtube.com/watch?v=Q1a6syXh3qI


                                                ヾー- 、
                                                 \ \,__ i`丶、 /\
                                             ''マ ̄ ̄ ̄`ー-    ̄`ー゙'xヘ、 \
                                            __ >ュ          `   \   ',
                                  ┏┓   ...\                 ゝト、!_
  ┏━━┓                         .┏┛┃  ―''""                    `丶、
  ┃ ━ ┃ ┌┐ ┌─┐ ┌┬┐ ┌─┐ ┌─┐ ┗┫┃  .フ''                  マ ̄ ̄'''''''ー--┐
  ┃┏━┛ ││ ├─│ │││ │││ │┌┘   ┃┃  .      /             ゙!        /
  ┃┃     ││ │││ ├─│ │─┤ ││   ┏┛┗┓     /     ∧           !      /`、
  ┗┛     └┘ └─┘ └─┘ └─┘ └┘   ┗━━┛  ../ !   /|  / ヘ /l     }    /   l
                                      / /| |  / l / 〈〉 ∨ l__ハノヽ,'ヘl_   /    l
                                         l/  |! llハノ!f亡弍   __イヒフヽk.彳リ `Y'"  |  |\!
                                          l/| ∧!゛ ̄`ヽ   ¨ ̄″ ノ  !  .乂  !
              _/ 7_,/ 7_ く>く>                        |  ∧    |       彡ァ  !_,'゙'彡!∨
             /_  _  __/ ____     _     ⊆⊇、          .l/ レ',  ヽ      ∨ハノ厶广 ̄ ̄\
             ./__/_/ /   └‐ォ | . ,ノ /   └‐┐ |        lー--ァ___ヘ  ‐‐--   jL..冖´       \
               /__.ノ    .くノ └1_| に二二l く/.          .\マ\  ゝ ''   广´   __..--一ー--┘
                               ┌‐┐;l\   ∧__/|   \ \  `'''┬亡 廴__ ノ'"         \
                             >┘´) \ノ   〈〉|◇,.  ‐ゝ_ゝ-‐"ニニ ニ-に工            ',
                            <>´}\ 〉∧     ´ ̄     七⌒       ` ̄\            ',
                         |\ |\ノ (_)∨ __     __  `ーッ         \            |
                         |  \)       |   |    /  /     r''             ゙ゝ          |
                          ≧x.         |   |.   /  /        ,'''┐         ′      }
                              )        |   |  /  /  .__    \              丿
_________________  ..〉,        |   |  /  /  ./ /_   _____________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .>‐┐    |   |. /  /   __7 /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .  、  .|     lヽ  ヽヽ  ヽ ヽ   ヽ.  └‐┬' 〈〉   |   |/  /    ̄ ̄
    l  ,i!      l ヽ  ヽ ヽ、'., ヽ  ヽ    厶,     |.     /
    l.  ハ   ヽ  l  `ヽ ヽ ヽヘ__ハ  ヽ    〉     |    /
    i! .l ヽ i!  ヽ l   ヽ,l>イヽ ハ   .ハ  .... ̄ ̄}  , ̄ ̄ ̄
    .| .l l .l ハ   i! ハ__>/: l: :__,.z、l.   ハ--―.  丿/ヽ                                  ┏━━┓
  ∧.l‐ヘ=--ハァ\ .lヽ ', ==''''弋::::::::ハ   ハrフ: :/: : :/ ┏━━┓                         .┗━┳┃
  ___|」二ニ=i: :ヽ.ヽ、|: :`ゝz、.,___,.>'': : ::l',   ハ' : : : :/  ┃ ━ ┃ ┌┐ ┌─┐ ┌┬┐ ┌─┐ ┌─┐ ┏━┛┃
    | 弋_:シ: : : l: : : : : : : : : : : : : : : : :l  .j ハ.: :/     .┃┏━┛ ││ ├─│ │││ │││ │┌┘ ┃┏━┛
  ゝー-=-‐'': : : : : :l : : : : : : : : : : : : : : ::j   i! .| ハ ,>    ┃┃     ││ │││ ├─│ │─┤ ││   ┃┗━┓
  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //i  ハ.| i! l ,ァ    ┗┛     └┘ └─┘ └─┘ └─┘ └┘   ┗━━┛
  トj: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /,イ /  .トハ/
  .∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : // i j   |
   .ハ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/: :ィ' /   |
  .  ハ: : : : : : : : :───: : : : : : : :/j /   j            ./ ̄ ̄ ̄ / く>く>
  .   l`>、: : : : : : : : : : : : : : : :/| ./ i .∧ l             ̄ ̄/ / __  __   ___
  、 ヽ  ヽ  `.ハzr 、: : : : : : : :/:::::::|/ /l ./ |/           .___ノ /  | 匚] | └┘/7 | ∟
  . ヽハ\ハヽ.l ヽj:::::::::::`:::::::::´:::::::::_ノ )>.レ'            /____,./     ̄ ̄   <ノ .|_厂
    `     >二ー-::::_:::,r‐≧''   l.
         l>--==-  `´/ /    _ノ.∨
5741 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:17:43 ID:2/o9fp7.0
IAIアメリカのことだよ たぶん きっと

ワイ知らんし真尋さんも確証ないけど

本人(ニャル子)が言うんだから きっとそう
5742 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:18:39 ID:2/o9fp7.0



  、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
  _)                        .(_     --==ミ
  _)  合意と見て、よろしいですね!?  (_   ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト.      _
  )                         .(  ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽi:i:i\  〔 V_〔/_ス
   ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒  /i:i:i:i:i:i:i:i:iトi:i〈/i/〉≧=-  }    レノ\___,
                          _       |i:i:i:iトi:i:i:i:| / _V¨「 i:i:i:| (_Y   __},:::::::::::::\
                          /〕_X_〕_   |i:i:i:i|ー\「 イ7|i:i:|)i:i:i:i|  ⌒Tト _}/:::::::::::::廴
                        _〔V  ( /  |i:i:i卜マト 、 "|i:i:|i:i:i:i厶、 く:::::::::::::::::::::::::::::::::く
                      _ノ:::::{__  .ノ:廴 |i:i:i:iトヘ" t._ ´)|i:i:Mi/:::::::::Ζハ:::::::::::::::::::::::::::厂
                     _):::::::ハ  〕:::::::::::7Vi:i:ハ:i:i:≧=-- |i/ 「:::::::/⌒  }/「\::厂 ̄/
                       〉::::::::::::::::::::::::::厂  Ⅵ:::W/ 〉    /::::厂 //    \    /
                       ⌒|¬::/∨ ̄ | _ノ}:://,ハ/∨|「}/  ′         /
                       \     /´   '_}’========i|     > ''"´ ̄
                       \       /〈:::::::{::::::::::::|:::::|    //
                             ー──‐/_ノ::::::::}:::::::::::|:::::| 0    ′
                            、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_,
                            _)                                          .(_
                            _)  それでは私、朝霧アサギがレフェリーを務めさせてもらいます!  (_
                        /  )                                           .(
                              , ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
                          /     〉.ノ─‐f「 ̄|i:i:i|  Y     | /,ハ 0      \
                      /     /  |___|L_|i:i:i| ノ:=ニ二ム /∧       }l
                    __∧′  バ_  /::::::::::::::\_ソ厂      |  /∧      〈::廴,






                           、___人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___,
                           _)                          (_
                           _)  皆さま、どうぞ御唱和ください!!  (_
                           _)                          (_
                           ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒





                     、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
                     _)                            (_
                     _)   マッスルファイト、Get Ready ――   (_
                     )                          .(
                     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
5743 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:19:15 ID:2/o9fp7.0



                        、___人__人__人__人__人__人__人__人__人___,
                        _)                        .(_
                        _)    「「「「GOッッ!!!」」」」    (_
                        _)                        .(_
                        ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒



                                                  、_人__人__人__人__人__人__人__人__人_,
    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,                        _)                      (_
    _)                      (_                    _)   うぉぉぉおおおおおお!!!   (_
    _)   リアルではモンクタイプぅ!!   (_    ., --- 、  , - 、‐-‐ 、   _)                      (_
    _)                      (_    {   r'´ ̄    \, -┴‐ 、..⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒   ../ヽ   ヽ___,__/    /
                                  {   \  ヽー'´      ノ⌒ヽ
                                  ,.-ヽ   `ヽ_ノ             ノ
             / ̄ ~/   __ __      {   \   ヽ           /ヽ
              /   /___./  //  /     f´\   `ヽ __ノ          ノ、
       ./ ̄ ̄       /  //  /.       ヽ  `ヽ  ノ               /  }
     ../__   __ /  //  /      ./ ー ' ` ´               /       _ _ _
          ./   / / /._M//_M/       /                  , イ        / // // /
         /   / /   /           /                 ´ |        ./M//M// /
        ./   / /   /            /            ヽ_;-― ´    :.             / /
       /   / /   /             /           ハ           :.             /M/
       ./μM/ /   /           ./          /  V         :.
          /μM/           /             ,       l            :.
                                 /      l         :.
                        ,               /       l             :.
                      /              /        l           ヽ
                     /           /         l            \
                     /             /          l                \
               /               /           l              \
5744 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:23:11 ID:2/o9fp7.0



              -=ニ=─ =イ
           イ     ミ _    \                                 _人人人人人人人_
                l        ヽ                            >           <
         /       l     i、  ハ                                ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
        l   l   l  ∧    l V   ト 、
        l   l   l  / V,   l V l  l⌒
        l   l   l-/‐- 彡イ il ⌒V  l          ね? あんな感じのノリで、わりと仲がいいの。
       人ノ__l   l./    \ l ,ァ=ミ ハ}
        l ゚。l   l,ィf云ミ  ヽイ:;..l 从,          ええと受付さんの名前は……そう、ちひろさん
        /  ̄l   l弋_.:j     ゝ ' んハ
        /ヘ ,イ  人 ' ' '   、 ' ' 'ハ lヽ,          貴女も一口賭けてみる? オッズは4:6よ。
         }/ l /ヽ、ト 、   、 ,  イ、 ∨
          l/ ハ{  ≧  _,ィ,ユ-、]
         ___ ,ィ` ヽ 、     `ノ;;;;;;;;;,,,、
        {: : : : :\  ゝ-- 〈;;ィ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i __
        l: : : : : : : ゝ、___ ヽ} ィ` _┐;;;;;ノ l       _人人人人人人人_
         i: : : :V: : : : : : : :ト、ヽ / ハ: i     l        >           <
         }:: : : :i: r---┐: l  ヽV _,,l ゝ===-':ヘ         ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
        /: : : Y: ヽ o/: : l;;;;;;;;{ };;;;;;;,: :i: : : : : : i
         ヽ: : :i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l;;;;;;;;;;l i;;;;;;;;i: l: : : : : : l
         l: : 八::::::::::::::::::::l;;,_,イ=≧Tl: :l: : : : : : l




\          /     r' ´          `ヽ  \    \        /
               /                      ヽ
    筋.  絡      ./           l    ヽ        __          _
    肉  .み       ./    /{   |l   | \        ハ        .筋
―   :  合   . ― ,′   /  V   ト、 _   ',    \ _i_     肉
     :  .う          ._ V   /\ `ヽ_ } l 人__ ヽ 」_     :    ―
―          _i_   |´    \_ r=ニ二´ / 从.   ̄丁´     .:
             |/| |  {| _ ニ    〃fぅ 、ヾメ /⌒ヽ.  Y
/           | ! {  〃rぅ 三三  乂ノ  / /^! }  ! /         \
.   /      \      ゝ {{ Vソ ニ=-     ´  じ / ヾ   /
  /    |     \ 弋_ Yヽ "  ′        _ ノ i   |   /    |  |
.       |         |  ゝヘ    rァ  、     /} / j        |  |
               人  从     Y   ノ   / V.// /             γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ダメニンゲン  ̄ ̄ヽ
                 {  >、  >   `    イ   V  ´            |   ……あんたもコッチ側かー   |
                {  Y   >- <//     〉-、_  -―- 、     乂______________,ノ
                 乂  ヽ   }ノ  }/    //YYヽ/      ヽ
                  >  V 彡 /ノ _彡  〃// ハ
                 {人 `ヽ /  )/`ヽヘ   , ' // / j
                r'   \ |  〃   ハ  / 〃 / .,′       |
                |  にニミrァイ=彡/  V     /   i /       |l
                |  ヾ==彡へ三{  |  /    j  / {        リ
                 / / ⌒ ヽ    j    ノ  { |       /
                / /  ./ / l r―f⌒ヽ  ,. 、_ ノ >     //
                  /./   .〈 〈  /     ヽ\ _」彡   \ / /
5745 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:26:22 ID:2/o9fp7.0



      ┌┐  ┌┐
      ||  |├┐
      ||  └┤|
      |└――┼┘  ┌─―┐
      |┌――┘    | □ |
      ||          |┌┐│
      └┘          └┘││  ┌――――┐  ┌――┐  / ̄/
                        ||  └――┬┐|  └――┘  /  /
                        └┘        |├┘            /  /
                            ┌┘|          /  /
                            └―┘     | ̄ ̄ ̄ ̄  /
                                       ̄ ̄ ̄ ̄. \__人_人从_人_人从/
                                             _)                (__
                                              ).   勝負あり!!!   (
                                             ̄ ̄)              ( ̄ ̄
                                              /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
5746 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:33:50 ID:2/o9fp7.0
ttps://www.youtube.com/watch?v=RgzukalQL5g




.   /         `ヽ、 /   .,'    !   ,ゝ
  <_      、   、  ヘ/   ,'    |   ',       【故郷へ帰るんだな。おまえにも守るべき者がいるだろう】
.   / /./  , .!、 !、 .!  !、 .!   ./    |   ,ゝ
  / , l .! ! | .! V.!ト |、 .! V ',  / ̄>  ,'   |                      __ _
  !/ ! l/Vv .!、!/l/ | .| ! /   | /   `ヽ./    |                      /   `  ヽ、
    l /! Vヘl! lノ !/ l/ ! .l !'    、 <´     |                ____/         ム__
.    V V .! .ノ    /,ィ / l !、  i !ヽ!    /               : :/ / ´ i! '  !    } ./i リ/<
.       ヽl<_   ´ Vl /l/ ∨!/`'   ヘ 、ヽ、              : : >'/.>.r‐', i   ト.ヽ、 ,イ /_ノソ,ノ/≧zx__
          `フ     V  | |/! lV   ヘ ヘlヽ!               /´ / Y'⌒ゝ‐<、 ハ|弋_.フ _ u 〉ハ八__rそっヘ
           `ヽ    /_,┴└'´ ̄ ̄`ー-、           _ム }  i!>=-ム \iv-‐ イ/'  ̄    ゝ‐、_tー'
.              i   .,イ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|              //Y¨ト、 ̄  _〉  )≧´
                `ー'V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
               |:::::::::::::::__::::::::::::三三三ヽ、
                   ',::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ                   The winner
                  / -‐――--、_:::::::::::::::::::::::::::::ヘ                ________________
              /´         `ヽ、:::::::::::::::::::::::ヘ            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            /                 ヘ::::::::::::::::::::::ヘ、           ._/ 7_,/ 7_ く>く>
.            /                  ヘ:::::::::::::::::::::::',ヘ        ./_  _  __/ ____     _     ⊆⊇、
.            ,イ                !:::::::::::::::::::::::',.|        ./__/_/ /   └‐ォ | . ,ノ /   └‐┐ |
            /: !                   |::::::::::::::::::::::::'l           ./__.ノ    .くノ └1_| に二二l く/
.          l::::|                      l::::::::::::::::::::::::::',      ________________
.           |::::!                   _   .!::::::::::::::::::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         l::::.!             /   .!::::::::::::::::::::::::::!                Zafira
          |:::::ヽ              /    /:::::::::::::::::::::::::::|
           |:::::::::}           /     /:::::::::::::::::::::::::::::|
5747 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:37:04 ID:2/o9fp7.0



                _
          _ ∧,.イ///___
          _ヾ/////////////           ほーん、なるほどなー。
          フ////////////\_
          //イ _´|//_∨////<            下馬評通りの結果か。
           / {┬┐ ┬‐┬∨ヾ/>
             〉ゝ'  ゝ-'   fノ斗/
           八  △    ノ///<.         飛入りの外様としちゃ
            >-, .-<: :ヽヾ⌒ヽ
             /: :У: / : ‘,            ここで名乗りあげんと
               /:∠:_/ : : : |i
            {: :|: ;′: : : : ; :|           身の置き場がないな。
             \_i : : _: :イ: :i
             |: : ̄: : : : : : :!




          ,.:.:.:.:.:=‐- 、
        _,/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        /.:.:ィヘr{.:.ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\             |   そう思わないかい、できる夫さんや   |
      /.:ムk,__ {川ヘ {ヘ\.:.:.{.:.:.:.:.ハ          乂________________ノ
      ハイ/7 ̄/7ミ__rf≠=マz}:.:.:.:.:.}
       {L/__//ノ=マ{// / フヘ}.:.:.:}
       `f ̄ ̄〈  ー-=彡ヘ\イ
        i    `       /へ}               踊る阿呆に見る阿呆、どうせなら
        i '´r- _ _ -ュ ヘ  rフ/リ
       ハ  `二 ̄     ムノ               面白可笑しく楽しみましょうや。
        }ハ         イ乂
         j ` =-  ''´  /{
     __r / >‐- 、   ト{_               つーわけで、ない夫くん ――
  -r<   \     /へ二´/ \
   / マ   \-、__/ハ_  }/iヘ   >‐-
  /  マ     \  /⌒\i ヽ 「
5748 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:40:44 ID:2/o9fp7.0



.    /:{::::::/:::斗==≠ミ ::/:::::/::::::::/\                、___人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人___,
    >::{< _ イ<去ノ/ー=≦_ / ::::::::::}               _)                              (_
.  < :::::∧v 从{  ` ̄´    < ___, イ                _)  ジモティ共に目に物みせてやんなさい!!  (_
  ∠::::::::::∨::::::`彡'⌒   ´/ < ___ /    / ⌒ Y ⌒Y. _)                              (_
    `\ノル'ハ/ ,ィ-‐―‐ 、   ト、}_/      /   /      .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
      / ̄ ̄,} L 二二二,ィ  } :,'         イ   /    ,
.   /...........,/.i   ー-   从l       / |        /
 ̄ ̄`ヽ___,/.......ト、      /          ,'
................∨\ ...... !  >――/、___     !                  ハッハァ!! この俺を差し置いて
.... \...... ∨/\ ..ト 、 __ / ........../ ...\    ',
.......... \ . ∨//\\\......|\......./ .......... \   }、_                力自慢に腕自慢たぁ片腹大激痛!
................ \.∨///\ マヘ...|......\_> 、............\/
........................`∨///,∧ マヘ!― 、∧/,/,\.........//
-‐‐―――-).∨///,∧ \ .:.:.:.l....∨ / ∧/                   誰が相手だろうがかまいやしねぇ
............................ヽ∨///,∧.....\ー\..∨//             /
.................................. \///∧.......l .:.:.: >´             /          片っ端からベイビーサブミッション
............. ______ > ―― <´              /',
.... , ´   /                       /........\        地べたにKISSさせてやらぁ!!!
/    /         ,'           , ――< ,.................\
             /         _/  /⌒\\ ..............
               /           {_ イ ̄ \     \\ ........
                      /⌒\,  \    } `Y´
                      r‐\,   \        ヽ |....
                        /|   l       `ヽ    :} |....
,                       //|   |  `ヽ \ }    |....
∧       _,ノ     /     ///l       \}         ∧..
/∧             ,∠ _  イ //,∧ ヽ            /  ヽ
//∧       ///////////// ∧         /     ',
5749 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:43:43 ID:2/o9fp7.0



    、__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
    _)                                  (_
    _)                                  (_
    _)                                   (_
    )                                  (            _人人人人人人人_
    ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒             >           <
                                                     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄


               -‐‐ - ,           あら、ヤルオットさんは腕相撲に       .,ィ ‐―‐-
          _/       \                                   ,イ         \
        ⌒ノ         ヾミ、.        参加されなくていいんですか?      ./        ゙,
        //   } Y ヽ    \                                /   i  |     ゙,   i
    .     {/{/} /ヽ } }      }`                               ,'i  i|  !      ', l
           { 从 }/ ´ノイ_,.ィf≦}、        “2ch’s”の一員としてではなく      小、从 _j、_ゝ、_ゝ    ヽ
               ヽ {ニニニニ>'´: `ニヽ,                         /j  ヤ芳   ィ刃孑   }  ヘ
             /`=〉ニ/´: : : /: : : ヽ..  チーム“LEONHARDIRITT”の   ..i{ !  ゝ 、  ‘ j   /   |
             \/´/: : : : / : : : : : : }                        |  \__,\ ー'  ,ィ__/j/   /
                {ニ{ \: : :{: : : : : : : {   リーダーの名乗りをあげては?  .ゝ、  ゞ ,ィヘヘ‐彳  /  /
                /f/    \:ゝ: : : : : : ヽ                             ̄`_ fニニ 〉∠_イ<"´
            /f/     `{ : : : : : : : :                          ./ ̄ / i_j  /    〃 ̄ヽ
              /f/       ',: : : : : :オコトワリシマス                   ├―┴‐-{  i____〃__}
   _人人人人人人人_    ..∧: : : : : : }...ハ,,ハ                        〈/」_个s。_,I  {____/ヘ !l !l !{
   >           <  ...._/: : 〉: : : : :.( ゚ω゚ ) シンデシマイマス          ji:i:i/i:i:i:i:i:i:l  'i:i:i:i:i/:i:|」」」Lゝ
    ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄. . /.: :/: : : : : : :}                       ji:i〈i:i:i:i:i:i:i:il  ',:/:i:i:i:i:i:i:i/
         //-ノニニニ\二ニノ: : : : : : /}                     /i:i:i:i:Vi:i:ii::i:i:l  ∨:i:i:i:i:i:i:,イ
        ´ ̄ ̄〈-‐‐――‐ /: : : : : / /                     ./i:i:i:i:i:i:i:Vi:i:i:i:i:i:l   `_i:i:i:i:i:i:i:|
           {{ニニ}ニニニニ{´ ` ̄ 7   /                    /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:l   `_i:i:i:i:i:!
           ,{ニニニニニニ=\: : :/、____/                    .∠i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:il    `_i:i:i:i:i:i
5750 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:47:52 ID:2/o9fp7.0



           / ̄ ̄\
           /ノ ヽ、_   ヽ.    、_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_,
          (≡)(≡)    i    ._)                                                (_
            (人__)      ,∧   _)   勝負あり! やらない夫の勝利で ―― ってなに脱いでんのアンタ?!   (_
            |⌒´    /,ハ  _)                                               (_
          |      , '" { `. .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y`
          ヽ_ / \ ',      人 ゙ヽ、
             |\   , `ヽ.   ノ´r‐''''ヽ、} ヽ
          /', `ヽ_リ,__,,... ゝ- '´ ,ノヽ   i   }             ふーぅ、あっついあっつい。
            /´'´ ̄7´ `/  /   ,'      }  ,{
        /    }   人  !    :      ,∧ノ ゙i              あんなん着たまま踏ん張ったら
          {   _,ノ -‐‐-}-- 、   {     , '"´、 ∨, }
       /!,.ノ`ヽ.     {   ヽァ-、,/i    ヽ∨!           体の熱がこもって仕方ねーわ。
        / ,      }\   ヽ   i r'´  } ,.-‐'" ',.}'
     ,∠',{     リ, /`‐-イ `ー--i._,.ゝ- 、     /|
   /   ∨ ,..-‐-、ノ   ゙i‐‐-/´     ',   / |           これでパワーで俺に勝る奴は
   八    リ 〉   `ヽ`ー‐‐''''''''",,... -‐‐‐-.ノ  /   |
  /,....-、.._  ヽ、 >/..__ `ー‐--.. -‐ ''"´,. .リ ,...ノヽ              ヤタガラスといえど居ねぇって
  (ー- '"Y  ノ \_>―--=、._      ,..-‐'"´ヽ.  ',
  ( ニ二'ノ/           〉ー---‐'" / ノ   ',  }          証明しちまっただろ。
   ヽ--'′              / 〉 、"´ /′/     ', }




                                       ,
              r‐-、/ ̄\                 _,,..ノノ..、
           !_,..-〈 ノ 、_ |           ,... -‐‐''"´、_っ'´<
             ノ,.ィ .ハ=) (=) |  __,,....,,_,..-‐‐''"´_,./´ ,/`¨`ヽ ̄´
              { .リ八' }(人) ノフ´  /'‐''""´__(⌒) ,,../            違うってなら誰が挑戦しても
            }'´ 人`.iヽ--'ケ‐'     ヒ‐‐''´ ,.‐'" ̄
             ト、 イ,ィ    ヽ.   i‐‐‐'"                     逃げ隠れせずに受けるだろ
             ヽ_ー'"ヽヽ、 ,.  i、__ ,.リ
            ヽ   { >ァニ'"ハ.ノ {                     勿論、王者的に考えて。
               \    '彡 {   ', i
              \彡 三 X´`', |
                \ヽ    ', `.}                     さぁ、かかってきなさい。
                  )-‐- 、.ハ. !_
                /、._ 、 ,' iヽ〈   ̄``ヽ、                優しく撫でてやろう。
                    { ⌒゙i.リ | i. }  `ヽ、 ー`ヽ
                ヽ  八_ノ Y      \  \
                     }、/   :  ヒ‐-     _,>_,,.. ,{
                 / {   :   |`ーァ‐‐''"´    /
       __          {   }  :  !''" ,,.> _,. '´
        / ,ヽ、.___,,,...-ヽ、i    ! ,.. -‐''"´
      ノ  ,.. ‐- .. ___    ヽ   /<´
    /__,.. -‐''' ̄` ‐- ..._       _,人. \_
   ` ´            ̄ ̄ ̄   `¨¨´
5751 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:52:26 ID:2/o9fp7.0



                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                     |   すまん。お前の前で不覚をとった   |
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  乂________________ノ
 |  ザフィーラがケガしてなければ、それでいいよ  |
  乂_____________________,ノ


          _   -―― へ _     ヽ              /         `ヽ、 /   .,'    !   ,ゝ
      ./^     /   \\_ノ            .<_      、   、  ヘ/   ,'    |   ',
    ./          =- _  \\ __ ノ          / /./  , .!、 !、 .!  !、 .!   ./    |   ,ゝ
    .'  '       \     \<            ./ , l .! ! | .! V.!ト |、 .! V ',  / ̄>  ,'   |
   ..i  i   /     | i ヽ  \⌒ヽ              !/ ! l/Vv .!、!/l/ | .| ! /   | /   `ヽ./    |
   ..{  | 〃 / |  | | }iヽ ヽ  }i \、             l /! Vヘl! lノ !/ l/ ! .l !'    、 <´     |
    .} 八{  /,/从/} ! 从斗 }   ハ   \、          V V .! .ノ    /,ィ / l !、  i !ヽ!    /
    ./ r|i / i{_{-=≦ / ゞソ|i   /从、   \ ヽ           ヽl<_   ´ Vl /l/ ∨!/`'   ヘ 、ヽ、
   ../ 人} iV伐赱ソ /  〉:.八_彡イ  Y   ) i              `フ     V  | |/! lV   ヘ ヘlヽ!
.   /{=〈 V 从 . .:.   ァ/V /V     ;ー―  __          `ヽ    /_,┴└'´ ̄ ̄`ー-、
彡 く: : ヽム { {、个  ` _ イ= i/={    i{` ――――=ミ          i   .,イ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.. /{\: :.寸=彡\ ≧r‐へ彡イ゙i    .从      / ̄ ̄  、       .`ー'V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
.  八  \: ゝニニ\-=≦ /---|    ;  \ー=彡 / ̄ ̄ \        .|:::::::::::::::__::::::::::::三三三ヽ、
/   、   Yニニ==\=Vニニ |         ヽ _彡'                    ',::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
... /  ヘ   .iニニニニニiニニ=i|     ; \ \                      / -‐――--、_:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
.  / ∧  ニニニニ\:,ニニv    {リ  \   __            ./´         `ヽ、:::::::::::::::::::::::ヘ
. イ  / ヽ 乂ニニニニ癶ニV  }   i}ー、  、___   \        /                 ヘ::::::::::::::::::::::ヘ、
.彡{  {彡{ ハ ` < ニニニV i     }{ __ )   )      ヽ       /                  ヘ:::::::::::::::::::::::',ヘ
..―、   、人  i    ゝニ≧==-|    八≧=┐_         )}   ..,イ                !:::::::::::::::::::::::',.|




                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ マ ス ラ オ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                |   まさかこれほどの筋肉裸男が市街に居たとは……まだまだ精進が足りんな、俺は   |
                 乂____________________________________,ノ

   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
. | ( ●)(● ) |             |  男ぶりならお前の圧勝なんだ。そう落ち込むな  |
. |  (__人__)  │              乂_____________________ノ
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /          なんか試合に勝って場外でオーバーキルされてんですが。
   >     <
   |      |
    |      |
5752 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:55:53 ID:2/o9fp7.0



   / ̄ ̄\   プンスカ
 / _ノ  ヽ、\            勝利者に浴びせる惜しみない賛辞とか
 |  (●) (●).|
. |  (__(⌒.)  |.             余所者に負けられるかって展開あって
  |   `/ /  (⌒)
.  ヽ  / / ./ /.             然るべきだろ、盛り上がり的に考えて。
   ヽ/ // /
   /    こ二二⌒)
   |     \.              放置はないと思うだろブロントさんも。
    |    |ヽ .\
          (.__)




                      _,,..、、、、、、..,,_
                    、丶`          ``~、
                    、丶´    γ´         \
                /         /          ヽ   \     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             /        ′         ‘,   ヽ     |   ちょいと聞いてますかブロントさ ――   |
          ,         /       }            ‘,    ト、   乂_________________ノ
         ヽ:. ∧/ ,′       {                     、 \
         `./ :∨.}        人   /        l     ヤ⌒ヽ
          ./  /ハ.{       ,゙ /:Y j|   /        |       ゚,
         /   /  ∨     .\/: :.{ V:| Λ      }       l  スルー
          .', /     ',    ../尤ミ、乂: | {:.|   ,′/ /{      |
          ∨ ,rヘ //∧.    {:.代tッノヽ>ー‘, / /} /:.从    '  |
         '’. V  /////ハ.  | }: : :`: .ー ' У: :乂 笊苹ミk   j{  ! .        早朝の出立なんで15時頃には
          / ////'  ̄ ̄)...: : : : : : : : : : : :√ゞ-'匕ノ} /:.| ハ l
          ./ /./  / ̄'.'..{: : : : : : : : : : : :/: : : : : :ノ7 />| ノ´j/       そっちへ顔を出せる感じだべ。
           l  {/  ≠::::; -‐- 、. : : : : : : : : /: : : : : :/ /イ「 /|′
          '.│ ./  ∧:/   . - \.、_: : : :`:´: : : : :/  /} / ,’
          .| ./  //  /:::::::ヘ ┘. :こ`ー: : : :./   // j/            土産物たくさん用意したからよ
  _____    〈 {  '   /_,. -─ヘ..: : : : : : ;、イ/  /'´
    ⌒ヽ`  ',       '´  ,.‐ァ. : >ー<ヽ∨}/                   天子はナイトに期待してよいぞ。
        \..}         / /. ``~rz厶イ人> 、
         {         {. \   /   /  ∨  `丶、
           .{         }




   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │
  |   `⌒ ´   |
.  |           |           みんなぶったおしてやる。(けつい
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |
5753 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 21:57:28 ID:VXVrnnUk0
天ブロが浸透し過ぎて俺の東方が有頂天になる。なった。
5754 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 21:59:00 ID:2/o9fp7.0



                          おらおら日和ってねーでテメェもこっち来て混ざらんかい!!

                          きれーな姉ちゃん相手で鼻の下のばしてたって嬢ちゃん達に
                  ノし
               r 、-ー- 、.   て.      チクってもいーんだぜ俺ぁ! それも楽しそうじゃねーの!?
            r{ ,  ´ 、\  (
            イ´ハ  !  丶 ヽ
           ノ ムハ トォィハ l   ',                              ̄ ` 、
         ´¨}ヘイlj }l ' ゙┘リハ ゝ                    /          \
             ´イl 〈_'    ツ八シ                      /       ,ィ'´/  \
              `ヽ '= ` ,厶'_                     l  __ 三ニ-<     \
              _ ト- イ !「:: ::」-―-_、                  :  、’_ノ 三   `ヽ      ヽ
              / , |ヽ ' 」l:/:/:´: : : : ヽ                        {   ,__ノ、
             〈  /ー://´ヽ:/:_: : : : : : :ヽ                  \.   ゝ-イ __ x‐\     i
          /〉/:: ::/::」 !   l: : ;r: :ー: : : ゝ、                 \    ∨/´ //    /
                                           \.  \ー/       \
  うっわ、面倒くさい状態でこっちに矛先むけてきやがった。        ヽ _           ヽ
                                                   }
5755 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 22:00:16 ID:XIani2wo0
顔が長くないから入江(LAWMAN)かと思った

ちな内海には「火付けの柳」というパチモノ(ゆうきまさみ承諾済…というか師匠には何も言えんでしょ)がいる
5756 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:01:47 ID:2/o9fp7.0



   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/.       ・. ・ ・ ・ .・ ・ .・ .・ .・ .・ ・
          ____                   びびって女の陰に隠れてねーで
       /ノ〃ヽ、_\
      ≦゚≧:ミ≦゚≧ \                   男ならドンとかかってこいやぁ!
      |(__人__)    |
      .{ |ri-|     |                    スーツ
        { | | |     |                なんなら強化服だって使えよ
        {  ニニ´    .|
        {       /               そんでも俺が勝つからよぉ!!
          ヽ     /




                  ┛┗. ___
               ...┓┏.    `ヽ   ムカッチーン
              >'         \
           ,/´:/ / , /  \\\\
          ∧: : /ィ/// { │ 、 \\⌒、
           / : ',: : // { { ∧ !ヽ \ \}: : :\             あ゛???
        ∨: : : :',/イノィ i弋ッヘ {\\ ヽ⌒: : : : ヽ,
       _r'´ : : : : : ',: : '}∧   {\ / ヽ}: : : : : : :__',
    /´ :  ̄ \: : : :',: :\ \ー==ヲイ/ニ| : : : /´: : ヘ,
   /: : : : : : : : : : __ -‐ ´ニ|ニ=`ニ´ニ〈=ニ|: :/: : : : : : :ヘ
5758 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:02:47 ID:2/o9fp7.0
>5755 作者別のほぼ同キャラとゆって過言ないのでは(ボ訝
5759 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:05:24 ID:2/o9fp7.0



                  ____
   ガシガシグシャ  , ‐ ‐、    `   ,
.          /〃 / , -‐、     \
.         /=//=//〉<´       ',
         /ニニニニニニ/ _ \     \
.        /ニニニニニニニ´ -‐'  ',     {
       /二ニニニニニ/{ { {\{ヽ   \!             ―――― 吹いたなテメェ?
.      /ニニニニニニ/::::::', ト {::::::: \、_ゝ ミ
    〈ニニニニニ/f:::::: { \{`::::::::;ノヽ }
  r―-'. .ニ─/」从   `       ,/ 人}`                吐いた唾ぁ飲ませねぇから
 _/: : : : : : ://`7====、、 ̄ ̄`  .' |〉 }.                ・
/: :` : : ‐-.// /|二ニニ| |、_ イ //!_             俺が戻るまで逃げんなよ。
: : : : : : : :/ / ./: ヽ二ニ| |     / /: : :|: .` .
: : : : : : :/ // : : : \=| l     .| .|==/: : : : : :`: . ,
: : : : : :/ /: :/ ̄ ̄ ` } } }ヽ   ノ| .|=/、: : : : : : : : : :
: : : : : :{/: :/       // }、_   ,/ //  ` : : : : : : :
: : : : : :{{.:/       // /ニニニニ/ //     ` ‐- : : :
:: : : : : ::/       // /二ニニニ|. | |         \
: : : : : : {     { { {ニニニニニ|. | |




         ____   PON ! !
       /三三三 \
      / ─三三─ \
    /   (●)三(●)  \      やらない夫。おまえを、ころす。(さつい
    |    三(__人__)三   |
    \     ` ⌒´   ,/
    /    三三三   \   【ttps://www.youtube.com/watch?v=OoaD0rOMHCM
5760 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:08:38 ID:2/o9fp7.0



        __          /            `
     /    \      /  /   /         \    /ヽ
      !      l      / ./  / /  /   l ヽ   \    ∨\/ /           おっ! なんだなんだ、ついにか?
   | `          / /  /  |  |\  !. ∨   l   ',    ヽ
   |  ヽ _   ノ   .  |  | ∧ /ヽvハi |/.iハハi´ヽ,. l   .|.`/ 、 \      とうとうリーオーを動かすのか?
   |  .\ \   ∧ |  \!ミ∨.=-.、  -===≦ |\!   .| / //  /
   |   !  \ [][] / /. |  | {:::::::::::::}    /⌒\ |  |   .|  //  /   /\
   |   !   \/./_/  |  | トヘ:::::::ノ____゚ ::::::  |  |     |. //  /   \  \.  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   └‐┘          |  |,八   |    i    |  | l   .|  \/       \/  |  やろうぶっころしてやる  |
               |  | 个 ,  .!       ィi:| .:| | l .|                 乂____________,ノ
               |  |  |. | ≧  ‐‐匕 ト、::|  .| | | .|
               |  |  |. | r彡,イ   .|冂 |  .|_| | .|
               |  | . ,|. |^「∨ミ l7 彡ト彡.| / . ≧ト |              ハハハ、いいぞやれ私が許す。
               |  |../.l/ ├/`.‐H‐‐.:/_|.V     ヽ
               |  ,/.  < |.:.:.:.l l.:.:.:.i ./       ∨




 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  おまえん家で見かけてから動くのを楽しみにしてたんだ   ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ヽ_______________________  殺してもそう死なん奴だし腕ぐらいもいでやれ  }
                                        ゝ、____________________,ノ

    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |  やってやるです  |
     乂________,ノ



             (((いまの会話ん中、聞き捨てならねーワードがごろっごろしてる!)))
                                                            __
    / ̄ ̄\                                                    /::::::. \
  /   「    \                     ____                     /::::::ヽ;;:   \
  |    ( ●)(●)                    /     \                       (:::::(::::冫    |
.  |  U     |│                     / ―   ― \                     (:人;;;) .    |
   |     ___´__|                   /   (○)  (○)   \                 r‐-;::::::. .     |
.   | u.  ´    }                  |       '      |                 (三)):::::.. .   |
.   ヽ     u }               \     冖     /                >::::ノ:::::::::.    /
    ヽ     ノ                   /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                /::: / ヽ;:::::::::   /
    /    く                   /      ,⊆ニ_ヽ、  |                  /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    |     \                    /    / r─--⊃、  |               (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
     |    |ヽ、二⌒)             .| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                     |\::::::::::::;;:1
                                             aa           |:::::\;;/:::|
                  【もう仮装やおめかし外しちゃったしコッチのガワで】
5761 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:11:59 ID:2/o9fp7.0



                             /\
              -――-      ./  /
           ´        ` 、   \/ />
       // /  ,イ        \    </
      /, イ z/ト、/ 」_z,イ__  l   ヽ.ハ.   ┌─┐  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     .〃 / ./ l / / l / 「` ミトヽ、}  } }  └─┘  |   あの……彼がリーオー持ってるってマジですか?   |
       l ./「:l/`i  l≠テ云ミ、!ヾ/ / .l        .乂____________________  - -、
       ハ/ |::::::ノ     ら .}ム/ / .l                                            ● ●) ヽ
     // ./|¨´ ,    辷ンイ / ./  /                                            、-'-  u.ノ
   / / /込    ,、.   /レ',イ  /
 _/, ィ / ./~i:|.\`_/ハ:}>´, ィー ' ./!         マジだぞ? そも私とやる夫の初遭遇からして
´ ̄ /,イ _/ 」:|_」¨/// /ニ、>  / .l
   /イ l lムニ{⊆ヽ./ /´ ̄ヾ  /  |.          あいつ“墓地”でリーオーの装備探ししてたし。
  / l | 「//::/イ /       }    l
  {  ll /i ┌// {//      /    ハ
  ヘ | {::| .|::::::《  /     /|     ヘ
   ヘ.ハ| .|:::::::ii /     / |      \




────────────────────────────────────────────────
                    _
              /┌┐ヽ
            _ | └┘≡|                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       _ __ |○|┬┬ |○|  ̄|____            |  い、家に行ったってのは  . ノ 、 、
       | ̄ | /二/ / / |二|  /  | ̄ ̄|            .乂____________.。゜○ ○))。゜。
       |__ |  l l─ | |  |  |  |__|                                0 (人__) | ο
        ヽ─\_\|__| |___|____ヽ-──ノ                               /^)  .ノ
        | ̄ ̄| |_==___ | /  | ̄  ̄|
       _ |__| | _ __| ̄|  _|_____|             遺跡で見つけた特大ブーメラン改造品を
        |_/__/__/|_| □ _|_| ̄ヽ| |__|___|
       /   /_/ /___ヽ  |    |.            依頼遠征の朝から受取りに行った時な。
      /__/|ヽ─◎_ヽ┌──-|___|
      /ъ / / '/  ̄ | |`  ' | /ノ___|
      |αノノ /  /    | |    |ヽノノノ.            その際、ハンガーラックに掛かっている
          /  /   /| |    | |
          /__./   / | |,___,_| |             リーオーの実物を見て確認している。
         / ̄ ̄ ̄ ̄ | | ̄ ̄ ̄ ̄|
         |   ゚|    |  | |゚    ゚| |
         |__ |_|__/  ヽヽ___//               やる夫のことだ。即フル稼働できるように
          |」   | |   |   l」 |
           |   | |   |     |              整備の手だって欠かしてないだろうさ。
           |    | |   |    |
           |    | |    |   |
           |   | |    |   |
            |   | |    |   |
         [二二ヽ| |   ┌|二二|┐
        /_/ヽ ( )ヽ  || |___| ||
       /___ヽ_/____/  / /__ヽ\
────────────────────────────────────────────────
5762 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:16:06 ID:2/o9fp7.0



                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         , '     ___     __ .ヽ     |  腕もいでやれって、やらない夫の太腕だよ?  ┘ 、 、
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,      乂____________________. = =) l
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,.                                   | !  u.|
     . .,'                、         .l.                                    ヽ `  .ノ
       l   U      ____         l           あ、そこはボクが答えます。
       .'.,           (         )       ,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /            リーオーって機体は兵器史に
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \            その名を残す傑作機でしてね。
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l.          完品なら腕ぐらいモぐかと。
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |




        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.        やらない夫さ、いますぐゲザって許してもらお?
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \     彼のどこ触れてキレたんだか知らんけれども
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \                                / ̄ ̄\
  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |   原因がキミの煽りってのは間違いないし。 ./  へ    \
  │ _____   :::::::::::::_____    l                                (●)(● )  u. |
  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |                               | |   u   |
  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │                            .|___`___     |
  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │                                 {`ー'´       |
  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │                                {      u. /
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │                             .\     /
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |                               ノ     \
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |                             /´        ヽ
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |   チンクちゃん止める気ないどころかノリノリだしな……。
5763 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:22:17 ID:2/o9fp7.0



                    ,  -―  ―- 、
                 /            \
           /              \
              /                  ヽ
          /                    、        なんでそんなの隠し持ってんの?!
           /             ー―'      |
        /          rc、、   、     、  |
        |            ヽ\\  丶     ヽ. |        やる夫くん、彼ほんっと読めない!
        |            l//|.\ン        |
        |             .! j     /、─   /       ほんっと予想がつかない!!
      _ . イ三三ニ=、     ノ/´゜    \\ /
    ∠三三三三三三ハ:    /。゚     ′ .!ヽJ
  /三三三三三三三ニ| \ノ/ < フ      し'
. /三三三三三三三三ニ|\ゝ'、       ノ .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
. /三三三三、三三三三ニ|  \/|`ー―― '    |  さておき、やらない夫さんの頭に上った血も冷えたようですし  |
/三三三三三、三三三三jレ‐´ ̄ヽ三ヽ      乂_  __________________________,ノ
三三三三三三',三三三=|´三ニ=、 `}三ニ、.       V




            . <.....>´......> .
          /........./............\......ヽ                     やる夫さんも落ち着いてください。
         '............/../...................ヽ.......
         ............,....|............. i.........゜.....゜.
        .′ ......./....i|...............!.............ヽ....                  お友達の開いた楽しい食事会に
          ゜..../......|.....∧ i........、ヽ............i....゛
       j/.イ......-!=/=ミ!|.........ィ.!==-i..|......乂              兵器を持ち出してはいけません。
      ノ'.../.......豸fテミ、ヽト- ,ィテ尨...リ...........ヽ
    /ノ.....i.....レ.ハ ゝー'     ヽ='.ムイ..ノ.........ハ
   ({ { ...... |.....!..{....、    ,     ハイ..........V }              チンクさんの可愛らしいお顔に
    廴、.!ゝ|.....!...゙~ァ、 ー_‐'  ィ......ハ.......i....ノ 丿
     rく/ /ゝー/ ̄⌒`¬._ ィ二 ̄`<...ノイ ′              泥を塗りたくはないでしょう?
      冫{ 〔「}i iハ   __,-、ゝ'/ィTヽ.__  Y\
    (´ | /ノ |V  ハ\_`´/ イハ i ヽ|   |_,ノ
     `'| (__ /  ハ.!` §´ /!  | _|   |       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.- -、
       (|  V   , ∧-、 r'7 i  |〈. |  |       |  ……楓さんとチンクちゃんの顔を立てますお  ◎::◎) ヽ
       ゙!  ′  {  ∧'^^/ ノ  |ィ| |        乂____________________.(人__) ノ.
       .  .   {ヽ ∧/イ   ノ ||
       }i .   {、 ー-`_ /  / .| |   !      .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ノ 、 、
        |.!     辷ニ=- /.' /   .| .   :        |  なんていうか、その……ゴメンね?. ● ●) l
      ノハ{   {\ //}   .八{         乂________________(人__) u|
       /.' 人    }. /  イ     ヽ   j                               ヽ    ノ
5764 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:26:34 ID:2/o9fp7.0



  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |   ハイ、ではケンカも収まったところで皆さんお静かに   |
   乂_______________________ノ


                                       /\
                       , --< ̄ヽ            /  /
               , ― '´      /             \/ />
                 /    r‐ヽ、  `ヽ、 ̄ヽ_――‐ 、       </
           /       l ミ i、l ,.  ヽ,ィ .|`i_ , ―'      ┌─┐
          /        l,ィ   l. V,   ヽ .l l、――‐     └─┘
         /           .l   'l  lィニ_  l '`/l、 ___ノ           .__  ◎
       /           ,'    ` ̄ ̄  '  `,.∧´ _ノ            | | r、
―――ー            lrイ    .l    イ    ノ lハイ            |_| \>
╲                    /l              /   .ノ
: :╲             .〃l              /  /イ                __.
: : : ╲              〃 l            /,'                  └┘/7
: : : : i             ,'l               ,'                    .<ノ
: : : : |  ._, -=ニ=―――イ ',            /                   __  ◎
: : : : |‐'´             V             /                   | | r、
: : : : |                    ',          /                      |_| \>
: : /                ',           l
                      V        ヽ                         __
                      V  , '  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄╲               └┘/7
                     i/: : : : : : : : : : : : : : : : :╲                  <ノ
                       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ╲


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  お伝えすることが御座いますので、お楽しみのところ申し訳ありませんが御静聴ください  |
  乂______________________________________ノ
5765 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:29:23 ID:2/o9fp7.0



                   -―- _
                __ /         ̄`~ミ
            // /      /     \\               さきほど連絡が入りまして。
           / /  /                 ヽ ヽ
                       l   |        い ヘ
            /   l |     |   |           l  ヘ          到着の遅れていたゲストが
        /  | |      |   /l l   |  |   |
         /     l |      | _j__|   |  |      ハ.          間もなく見えられるそうです。
        ./      | |    |  | | ̄「 Tト      | |  l
                 |  |  l乂从,,,i__从|  | -ミ.| l   l
               l  |  トミ{~~`爻ミく_いl| ノ |ト、|   |l     '⌒⌒ヽ.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ハ         l   l    {{:::}:} Y `'''ノハ_ノ| ノ  l !    .| i lレハリi.}. .そんな話は私も聞いてませんが  |
      ./              人 `''乂シ    ~笏jミ-  l | l   .ノ.(!|●-゚ノ|._______________ノ
     /           {  人.   トミ= ,, ,,     {;ソノ// / j||
     /   {     人   \ 乂         ノ`"ハ / //  .l
    /{  {          \  {\トミ        '' 'i / / ハ|          ええ、ギリギリまで内密にと
   {人 人           \.乂.      ‘ ,,ァ    ノ ̄ノノ /  |
    { 个iー Y \  {   {  不 ̄          个ミ_ /} |. l.         仰せつかってましたので。
     \ .乂{ い人 \乂~乂 乂\ _  イ }        ハj |
      >i⌒ヽ \ ( ̄  ミ   ミーノ ノ ノ ノノ/    .ノ 丿.ハ|
     / || いヽ  マ ̄乂  て下、彡/ //  乂_ / 丿
    ./   r┬-ミ ヘ ∧  ゚*。 ̄ ̄  :\へー--‐彡イ 厂  ̄
   ./{    弋|  } ) ヘ ∧   ゚*。    :_\ー-<_/         r=ニ二二ニ=
  (__ヘ.      j/ | ヘ ∧    ’*。,n:    \ ヾミ ̄ Y       |        |
   /ノ∧     (    ヘ ∧ _   ○     ヽ   \ノ    ___/ )     |
  ( ̄ ∧        ̄下ミ) \∵Y  ○       Y | \  / ''" ̄ ̄ ̄二二二フ
    `~ミ∧       j/ ヽ  \┴-、        (ハ. l::::..  ヽ/        弋:::::::|‐┘
      |)∧       ̄ マ}   \∵)_ \  Y∵ 乂:::::/           r- 二二フ
       廴.∧          ∨    \ ∵ )__ヽ 乂 |  /           _\::::|\
        )∧          ∨.    \ ∵ Y ∵ j/      __  (;;;;;;\\\)
           ̄∧          ∨ \     `<_ /      /∨  l \\ し\)
          ∧          ∨. \    ー/      / } ∨  | {ノ\)|
             ∧          ∨ \ ミー/      //  ハ \ |      |
5766 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:32:55 ID:2/o9fp7.0



      ,  ´  ̄ ̄  ‐- _
     /       ハ   ` 、
    /   / / !  ! ハ .ハ   ヽ         料理もお酒もまだまだ沢山ありますので
   ./   F云天ヽ | |_.」 i」|  .ハ ',
  .′.!  |r――‐、Ⅳ r.7リトiミゝj  i         追加のゲストは主催として歓迎しますが
  |  |  .|{:::::::::::::::}    '7テミト 从 !
  |  |  .レヽ::__/    .込,ム'  }/          ……1つお聞きしてよろしいか?
  |  |  .!        '  `¨ i  .!
  |  l  .|               ハ |
  |  .l  ト、    ‐     ,イ  !.          スカヴェンジャー組合支部長の楓さんに
  |  l  l_」` 、__ ...r<! |  |                ・ ・
  |  _」  V    ト.⊥ | /  .'           口止めを指示できる上役となると ――
  r<´  l  }‐- 、  ゝ  ヽ/  /
  | V  } リ      } ,ri  /




                   -―- _
                __ /         ̄`~ミ          .、____人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
            // /      /     \\        _)                            .(_
           / /  /                 ヽ ヽ       ._)   「「「「「「しぶちょうッッ?!?」」」」」」   (_
                       l   |        い ヘ       _)                            .(_
            /   l |     |   |           l  ヘ      .⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
        /  | |      |   /l l   |  |   |
         /     l |      | _j__|   |  |      ハ
.        /      | |    |  | | ̄「 Tト      | |  l
                 |  |  l乂从,,,i__从|  | -ミ.| l   l         はい。スカヴェンジャー組合キイ支部で
               l  |  ドニニニニ...いl| ノ |ト、|   |l
       ハ         l   l.ニ,ィ竿竿ミトニ. `'''ノハ_ノ| ノ  l !.          代表の席を預かる、高垣楓と申します。
.      /              人.,_ハ ミニニィ斧ミx.゙-  l | l
     /           {  人.   ト.ニニニニニ7 , }!.// / j||
     /   {     人   \ 乂゙=ニニニ=-ヘミ..ハ / //  .l          ―― そしてチンクさんが御懸念される
    /{  {          \  {\トミ.         i / / ハ|
   {人 人           \.乂.      ‘ ,,ァ    ノ ̄ノノ /  |.         私に上から指示のできる人物となると
    { 个iー Y \  {   {  不 ̄          个ミ_ /} |. l
     \ .乂{ い人 \乂~乂 乂\ _  イ }        ハj |.      挙げられる方は……お分かりですね?
      >i⌒ヽ \ ( ̄  ミ   ミーノ ノ ノ ノノ/    .ノ 丿.ハ|
     / || いヽ  マ ̄乂  て下、彡/ //  乂_ / 丿
.    /   r┬-ミ ヘ ∧  ゚*。 ̄ ̄  :\へー--‐彡イ 厂  ̄
.   /{    弋|  } ) ヘ ∧   ゚*。    :_\ー-<_/         r=ニ二二ニ=
  (__ヘ.      j/ | ヘ ∧    ’*。,n:    \ ヾミ ̄ Y       |        |
   /ノ∧     (    ヘ ∧ _   ○     ヽ   \ノ    ___/ )     |
  ( ̄ ∧        ̄下ミ) \∵Y  ○       Y | \  / ''" ̄ ̄ ̄二二二フ
    `~ミ∧       j/ ヽ  \┴-、        (ハ. l::::..  ヽ/        弋:::::::|‐┘
      |)∧       ̄ マ}   \∵)_ \  Y∵ 乂:::::/           r- 二二フ
       廴.∧          ∨    \ ∵ )__ヽ 乂 |  /           _\::::|\
        )∧          ∨.    \ ∵ Y ∵ j/      __  (;;;;;;\\\)
           ̄∧          ∨ \     `<_ /      /∨  l \\ し\)
          ∧          ∨. \    ー/      / } ∨  | {ノ\)|
             ∧          ∨ \ ミー/      //  ハ \ |      |
5767 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:36:54 ID:2/o9fp7.0



     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ./〉    ,ィi
     |  いやはやまさか。冗談で口にするには大事すぎますニャ  .〈.;.:.´ ̄`/ リ
      乂_________________________./_;、;ィ_:.:.:.:.:<_メ,
                                            〉t} /ィッ,z:.:.:.:/
                                                ぺ、_, ̄メ{r‐`ヽ


        !             l   /         、   ヾ 、       !
.          l                  l /           丶   ヽ、    l
          !               |/ ,..------ ..,,_     ` 、       !                     ┐
          l            /,.'´//////////////,7,‐,、   \ヽ.  ,'                   ┘ツ
        !            ;'/////////////////////\   ヽ、 /
.         !            ,'///////////////////////,'ヽ     !
           !               ;//////////////////////////ヽ   }                    ┐
           l               l///////////////////////////∧ .{                  ┘ツ
         !            l///-‐==ニニ==‐-_////////////∧ .〉
.           !               ;/ニニニニニニニニニ\'//////////,{.ヽ             ┐
           !            {ニニニニ二二ニニニニニヽ/////////l }              ┘ツ
         l               ゙.ニニニニ二二ニニニニニ丶'///////,!∧
.          }            ゙.ニ二二二二二二二二二ニ丶'//////\゙i
          ,'               ヽニ二二二二二二二二二ニヽ'l∨////,'\
         {               ヽ_二二ニニ=---――――┘ ∨/////,'ヽ
            !                   ゙.  ヽニニニニニニニニニニニニニニニニ=ヽ'//////,ヽ
.         ,.'                   ゙、   ヽニニニニニニニニニニニ丶,'/////∧
.         〉ー―------     .....__}   ゙、ニニニニ二二二ニニニニニ\/////丶
       ,//////////////////////,l      ゙、ニニニニ二二二二ニニニニ` 、'///丶


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  そのまさかで冗談みたいな方が、間もなくこちらに見えられます  |
  乂____________________________ノ
5768 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 22:38:56 ID:VXVrnnUk0
わ た し で す
5769 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:39:56 ID:2/o9fp7.0



                  \:::::: ::.:.:.:.:.:........    ヽニニニニニニニニ/
      .-‐  -          .\:::.:. :.:.:.: ::. : :: .:
    .i:::/::: イ::入:::....´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧: .:                    __ /
   .≦|=(○ ○ト:|   楓さんが誘ったの?   (__;)  ___________ /.l  l _/
    .l::l:::|. c 人!..、___________,ノ   ____             |  |  l |
                |    丶,    |  | l        [大 食 堂]           |  |  l |
                |        l   |  | l   _____________.    |  |  | |
                |        |   |  | |  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |           ||           | |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |           ||           | |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |           ||           | |   |  |  | |
                |        |   |  | |  | |l]       ||        l]| |   |  |  | L
                |        |   |  | |  | |  ____  ||  ____  | |   |  |  |
                |        |   |  | |  | |___l三三三|___||___l三三三|___| |   |  |  |
                |        |   |_|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\..|_|
                |        |  . γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                |        |':::::::|  いえ。チンクさんがお誘いされてる時、丁度ちかくに居られまして  |
                |     /:::::::::.:..乂_____________________________ノ
                |  ./:::::: ::.:.:.:. :.:.: :: : . : ..                                 :::\
                | /:::::: ::.:. :.:.:.:.:. : .: : .: . .
               /::::: ::.::.:.:.:.:. :. :. :. :. :. . . .. .
           /




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 |  立ち聞きされた後から『自分も行っていいよね?』と ――  |
  乂__________________________,ノ
                       /    / /.           ∨/   // ∧
                   /    / /           ∨/ ′// ∧
                     /    / /              ∨ /  // ∧
                       /    / /                 ∨// ′/ ∧
                   /    / /                    ∨ ′' , / ∧
                     /    / /                 ∨ / ,′/ ∧
                 /    / /                    ∨ / ′//∧               , -―‐.-
                   /    / /          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`. /   _  ∧
                 / ̄ヽ  / /           .|  行政トップがあもりに気安すぎる不具合 __l .M∨ハ __.',
        rr‐ 、_____!L.    / /           .乂_________________  ヾ| lテⅣナレl|,イ.l
       \、 ` ̄ ̄ヽ\ ` / /                          ゝ=- ./ /\           ム. -- .,|/|ノV!
        \、_____ \,/ ∨                             |  ____,イ              `´
           ̄ ̄ 7 \_l!/                             `7ニ=  ̄ />
               \/                              ∠ ̄ ` 〃`'´
       ┼┐                                 f二´__,/´
       || ツ                      ┼┐          ` ̄ ̄ ̄´
                              || ツ                 ┼┐
                                                || ツ
5770 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:42:17 ID:2/o9fp7.0



          \\    \              _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐
.              \\    \        _,.. -‐''';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
                 \\    \-‐'';;"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´
               ヽヽ     ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;_;:: -‐''' "´             _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´             _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |               _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |     _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´ _,.. -‐''' "´
                    | |    |-‐''' "´
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __`゛ー==- _,,_.     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_..      |   では皆さん、お迎えをお願いいたします   |
                    | |    |.        `      .乂__________________ノ
                    | |    |
                    | |    |
.        二ニニ ニ ===- ..,, __ |
                    | |.  ̄`゛ ー==- _,,_.
                    | |    |.        `
                    | |    |
                    | |    |
                    | |    |
5771 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:42:36 ID:2/o9fp7.0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5772 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:48:46 ID:2/o9fp7.0



                      - ¨¨ ‐-
                        /,、 ,,     ヽ
                   i  /ヽ'":!     ハ              これはこれは、皆さま総出で
                   | jl|、  _|j | j, ,  }
                   | rfッ ィヤtッ' ナリ,ハ |                 歓迎いただきまして、どうも。
                   | ゝ'`弋_`¨′ ノ .|
                      マ圦` _   ノ从.,/
                      ゝ'ハ `こ ,.イ<  〉、               まずは感謝を申し上げます。
                  ,..>ヤ//   ヽ}  /,/'ヽ
                , ' / ////     ハ///////'> 、            そして遅参まこと申し訳ない。
                   / ' .////'    ///////r ´ , -‐`ヽ、
              |. λ////ハ _,/////////'!  /     ',
               j  ///////´///////////|  /、     ',.         なにぶん忙しい身でして。
                /  .j//////////////////'i! / } l   ハ
.               /  .'///////////////////{/  ' .l   .∧
              /  .V////////////////////ゝ/  l    ∧
           /    '//////////////////// .{   i.     ',
          厶z、_,,,、j///////////////////'   \  .}      ヘ
         /_三三三≧s。,r'0t 、_/_/_/_////'》     .ヽノ      ヽ
      ./三三三三三三≧o。// ̄⌒/////'ハ  __ -‐イニ=-、     〉
     ./三三三三三三三/ニ≠////////>-‐ ´    ',        '
   ./三三三三三三三ニ′  ` ,////,'/{  {       ',       '
   〈三三三三三三三三/ ヘ ヘ ∨'/:. :./  ム o O >‐ヽ      __7
   V三三三三三三三杁 \ ヽヽイ:. :. :. 7 /⌒ヽ. }〉    ゙ ー-‐ '´
    V三三三三三三三三`´`ー.tツ:. :. :. ゝイ: :. :. ヽ/
     }三三三三三三三三三三三!:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

一人の供回りも連れずに烏宿の食堂へと現れた、柔和な面立ちと切れ長の瞳をした青年。肩で風を切るでもなく
                                                        セトフォード
誇らしげに胸を張るでもなく、飄々としてつかみどころのない風体をした彼こそが ―― ジャック・S・カーライル。


陸軍の不手際につけいってキイ開発の主導権を賭けさせ、知遇のあるナンバーズを召致することで是を勝ち取り

赴任して三年ばかりの現在ではキイ人界に知らぬ者なき賛辞を以って讃えられる統治者、高等弁務官である。


ヤクザの組事務所にホイホイ顔だしちゃいけない御仁は、なにを気に留める様子なく気さくに会釈して微笑んだ。
5773 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:53:15 ID:2/o9fp7.0



                              /     ヽ、  \  \
                            /      、 ヽ ヽ  ヽ  ヽ
                           /    、 ヽ ヽ、ヽ ト、l_ ヽ  ヽ
                          /    l l ヽ ト ヾヽ>〈}ム=‐ l   l
                           l  l .l l l ヽ }|_,l>|∠=、=ァ  |r‐、 l=-、
                          l  .l ト、 ト、l_}/ーリ,イっ ム l'   l>´ ‐ ´|
                          ヽ  l l xlTZ =´ 、   ゝー' l   l´    ,レ ⌒ ヽ 、
                           ヽ l 「7/    l     l    l   /      \
                            ヽ l|'|,ヘ    / 、    l   l  /         ヽ、
                            ヽ |   iマ ̄   '´  l   l  /l          ヽ\
                             |,リ   | l>、      l   l /      /       \
                             |    |`!´ `  ー--l   l /   l   /         / /
                             l   |ヾ、、      l   l     l   /        〈 〈
                              l   l \ー==、、l  /ニニニ_ 7 l  /           / /
                              ヽ  \ |    >l  /|   l l l /  ___ -‐´/ 〉  _
                     ,. 、, '´`!  /´゙>.---、  ..《 l  l |   //  〉/ ,------- ´ | /ー/  `ー、---、
               ,.-、   /  /  /   l/  _フ.    ヾ、l  l〈  //  レ /         l
               /  }_,.-‐'― '―‐'―‐''´  /´   、 l    l l l //  ∧/           l
         ,. -――‐ケ ´            ノ.. .  リ    ヘ lヘ l//__//            〉
        /     /              /
       ノ                    /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

目を丸くしたり白黒させたり絶句したりと不可思議な静けさに包まれた食堂だが、彼は態度を変えずにズッカズカと

足を進めて来客を見上げるチンクへと向かう。目前で差し向って表情を硬くした少年に、握手を求める手を延べた。


「やぁ、私にとっては久しぶり。そして君にとっては初めましてかな? こうして挨拶できる日を楽しみにしてましたよ」


繰り返しになるが、ジャックはキイにおける最大の声望と実権を併せ持つ大人物だ。姿も名も知らぬ者なき巨人だ。

そんな彼が『君に会いに来た』と親しげに振る舞えば、誰しも驚くしチンク自身だって困惑せずにいられなかろう。
5774 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 22:59:01 ID:2/o9fp7.0



         /            \
        /               丶
        '      ハ、  〃,'! ',     ハ                 まぁまぁ、そう怖い顔せずに仲良くしましょう。
       '      jヾ゙ヽ '""'| j } } .j ',
         |   ll   |      | L.j! .j! j! i
         |   Lィ=-    ' ⌒`ヽ /‐、!                 君の独り立ちのお祝いに、オジサン色々と
         |  ', j|レzミ、    ,r,ィキミ、'7 6j}
         |    ト.〃  `ヘ,zz{    .}  jノ .i!          __     プレゼントを用意してきたんですよ?
         |   ! 弋___.ノ , ゝ..__.ノ  {。ノ.|        /:.:.)
         |   .ム      ′     ,'ji! l      /:.:./
        | { i 圦  -= ─ァ    イji!、 j  _  .〃:.:〃        せっかく可愛い顔してんですし笑いなさいな。
.         ' i | j:::>、   ` ニ´  /  〉  .|:.:.::L../:.:.:.:7
         ', 从! |::〉ィ>、   _ イ    マ.、 |:.:/:.:,-、:.:.ュ
.          /'〈     | 爪  ',   ,///'7:/:.:/√:.:.:.:.:.ヽ
      _ .<//'|. У /     ', ////〃:ヽ:.:j:.:.:.f´:._:_:.:.:.
   _ .< .〃'///|./  /    |  /////f´:.:.:.:.:.〈:.::.:.|:.f:々7:/
  <   //////{  /    .j///////廴:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:ゝイ,':/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「赴任前、御家族に仕事の御礼を言うため顔だしまして。その時に調整槽の中で眠りこけてる君に会ってるんです」

小さな手に握り返されて御満悦顔した彼は、当たり障りない言葉を選んで彼我の関係を周囲へつまびらかにした。


「彼のお父さん ―― ナンバーズの所有者は私の旧友ですよ。その一人息子が近くに引っ越してきたら挨拶がてら

様子を見に来たり、ついでに世話のひとつも焼くもんでしょう?」と嘯いた、気安い情実の物言いや品のある仕草が

世間に高等弁務官を信奉させる一因のようだ。少なくとも、この場の面々はそれで強張っていた肩を緩められた。
5775 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:05:39 ID:2/o9fp7.0



        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        |  報告・連絡・相談。ホウレンソウを疎かにしない、信頼できる方々だそうで  |
        |                                                 |
        |  ネガ・ネビュラスと現地で上手く話をつけられたという交渉力も素晴らしい   .|
         乂________________________________ノ


            (((昇級にカコつけた囲い込み……ツバつけにしか聞こえない不具合)))   ※正解

                                                            __
    / ̄ ̄\                                                    /::::::. \
  /   「    \                     ____                     /::::::ヽ;;:   \
  |    ( ●)(●)                    /     \                       (:::::(::::冫    |
.  |  U     |│                     / ―   ― \                     (:人;;;) .    |
   |     ___´__|                   /   (○)  (○)   \                 r‐-;::::::. .     |
.   | u.  ´    }                  |       '   u.  |                 (三)):::::.. .   |
.   ヽ     u }               \     冖     /                >::::ノ:::::::::.    /
    ヽ     ノ                   /⌒ヽ   ー‐    ィヽ                /::: / ヽ;:::::::::   /
    /    く                   /      ,⊆ニ_ヽ、  |                  /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    |     \                    /    / r─--⊃、  |               (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
     |    |ヽ、二⌒)             .| ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |                     |\::::::::::::;;:1

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

立場やネームバリューもあって誰も強くでられないわ言葉を遮れないわ。食堂の空気はもはやジャックの独壇場だ。


彼はサンタクロースなる寓話存在よろしく居合わせた面々にと次々にプレゼントをバラ撒き始め、その贈呈を隣から

次に高い立場である楓女史が補佐するように追認していく。―― 彼の云うプレゼントとは昇級および認可だった。


2ch’sおよび、できない夫が三級に。やる夫が四級に。先だってチンクと合同で当たった探索スコアに遺跡の情報を

計上した正当な昇級であるとのこと。ついでを言えば、と前置きして楓女史が先程のリーオーを所有している話から

やる夫が自前で三人チームの柱だという事由も加味して、数回の仕事を成功させれば三級に推せると明言した。
5776 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:11:04 ID:2/o9fp7.0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   封鎖されていた遺跡への進入路を限定解除します。ヤタガラスの独占といって過言ないでしょう   |
  乂_________________________________________ノ

                                      /                    -一
                                        /                \           ー==≦
                                    /                    \       ____  -=≦
    長いことお預け食らわせてたってェのに      ./                       ー――――        _
                                    /                         Ⅵ`≧=-    ≧=一
    またずいぶん気前のいい話じゃねぇか。     / イ     \     |\         ∨`ヽ三三ニ≧=-  ー―
                                     | ハ  .!  ヽ   .-匕´\           マ |三三三三三三≧=-
                                     |/ | !  |!ヘ  イ 弋rクⅩ       マム三三三三三三三三
    こっちとしちゃ不都合はないが、よ……。         | ./|  /  ∨\   ̄  \|\  ト、 .Ⅵ三三三三三三三三
.            マツリ                           |/ .|k                  \!lム\Ⅶ三Ⅷ三三三三三
    なにがしか政に異変でもあったかい?               `ヽ               ハ|トム .寸三ム`寸三三三三
                                              `こ ー-'      イ  |' 寸  |l/\ム \三三三
                                               `     ......:ii|||/゙   , <´ .!'三坏卅\ヾ三三
                                                -  禾 `ヽ|Ⅳ  , <, ≦三三三三三ニ.\マ三
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ         <´ >iill|||||>ハ //三三三三三三三三三.\
 |  そこを知りたいのなら後でお教えしますよ  |      <´ >iill|||||>゙´.心/.//三三三三三三三三三三三
  乂___________________ノ <´ >iill|||||>゙´ ≦ニⅣ ´/三三三三三三三三三三三三
                         , ⌒ ー、 - ヘ三ム´ >iill|||l!>゙´ ≦´三三Ⅳ./三三三三三三三三三三三三三
                       / j  入  マ   マ三ム|||l!>゙´  /三三三三/ /三三三三三三三三三三三三三三
                      /   禾三ム .∨   Ⅶ>゙´    ,心三三三三/ /三三三三三三三三三三三三三三

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

会場の提供者であるヤタガラスには ―― “奴良組”および金庫番の所属する“ログホライズン”や参加者不在の

“生徒会”まで含めて、調査の一時中断されている大規模管理遺跡“ポルトエウロパ”への再アタックを許可した。


遺跡はワカウラ海底に築かれた特殊環境リゾート施設で、非常時における長期間避難シェルターの機能を備えた

現在も活動の確認される生きた遺跡だ。生徒会が所持し運用している軽装甲スーツ“ボン太くん”の出所でもあり

確実にそれ以上のアタリがあると見込めるが、同時に待ち受けている警備システムの危険性も判明している。


烏宿の三級バカトリオにも関係者として許可を出したが ―― 「ヤタガラスチームに帯同しなきゃ挑めねぇよ(おこ」
5777 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:17:05 ID:2/o9fp7.0



               ____              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
          , 'へ/\ー‐、__  、       |  えーと、セイン君? 預かってきたもの渡してくださいな  |
        _/⌒         ⌒V、        乂_________________________,ノ
       ′     /          Vハ
        /  | '  |   / |      V ,
      '  l |__|_|   { _ L,,,...L   寸、       ハイこれ。スカパパが弁務官に渡せって。
     |   ', :|V \|、  {\|\{ハ   }7⌒
     |   Vイ笊ぅ }   { イ笊r}レ'|    },'        所有者の登録と認証キーは解析済だから
     ∧ V  ト' Vrり 'へ { Vrり '   }'
     ∧ lV 八_   ,: `    '  / ハ          偽装はそっちでどうぞ。    ._    __
       ` }\「、   ___   / /レ’ }                             ´  `.´ ̄      `ヽノ
          7 j人  V ノ  7´    |v                              / /
        ,     }ト _ ,.イ/    / '                             ,   ! ハ.N、 ,| ト、 l、lヽ ヽ
         | |、    } f^,  r‐/    / /                            /,,イ  !,...|/、/り    リ  i
.        八|ハ   }ハ ', / 7  /レ' -=ミ                           〃 N l{::::::::::}    三三.|.  l
       , '" 、  八r'芥メ,| ,イ        寸 /                     从 |`¨¨´    .||| |   l
.       /    」ハ/ </ V Vハ{         ∨                           | ト、   厂 ̄}   | l  l
      '        ∧            } /     ねぇ、ソレ私のだよ?     | |. ヽ、 _ ̄ ̄ __/| l  l
       }         /,'∧           V                        | |  l /.コヽ/lニ| | |  l
       /         //l|,'∧           ',.      私の物なんだけど?     | |  l./.l (_V _) l .| レ.  l
.     /         //,'l|//∧           }
     >- ..,,    ///∥//,∧  ,,.. -=ニニニニ}

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

昇級の一斉内示に大型遺跡への進入許可は職権による大盤振る舞いと言っていい代物だろう。やにわ熱をあげた

食堂内だが、しかしここまでブチ撒けといて弁務官様による話はまだ前座にして余興だった。……そりゃそうだろう。

だって彼、今日の主役であるチンクに親戚オジサン面院しに来たんだし。本命には盛大にトリを飾らせたいのだ。


集落を出る前から話をつけていたらしいセインが呼び出され、ジャックの前へと歩み出ると小さな指輪を手渡した。


いつぞやモルグで購入したデータ結晶の指輪。売り文句は地下アーコロジーの入場キーとか。解析のため実家へ

送ったが、その結果はチンク相手にすら口止めされている。―― 『父にも妹にも、すこし折檻が必要だ(ぷちおこ』
5778 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:21:34 ID:2/o9fp7.0



────────────────────────────────────────────────
_  |  |      |`'<><i|           /: /: : 〈: :∨´:::::::::::::77:::::: _、‐''゛_、‐''゛ r¬‐┐_「 ̄
_  |⌒|≧s。.   |   :|ノ             .:.:.:.<:::::::::::〈∧: ∨::::::::::://:::,,'_、+'”    |: : : : : : : : : :
_  |  ||><≧s。|   :|¬ー┐__          /: ::/^\/::∧/, :∨::::: ///::/ 「 ̄「ヽ_|_:_:_:_:__:: : : :
_  |  ||  _,|><≧s。|:::::::::::_j       /: ::/\\\::: ∧ハ: ∨ //::::/γ^'|:|二|  |   | :|_|_
_,、┴¬''"´ _|__|_``''<≧s。 iしL      .: : : :\ \\∨: :∨v:∨//____,| |」|:|_|  |   | :| |.γ
|_,、-ー '|'"´ |__|_ ``'ー|<``'i:::::::|      {.: : :.:.:/ \| | | |: : ::|::|Y:: |  |匚|i| |¨|:| ̄|  |   | :|==| |
|_ ‐┴  ̄_⊥_ ̄ ┴ _``'「:::/      '/: : : {ニ=‐| |ハ: : :_|::| |::::| 弌ZZi| |Zl:|Z丁¨¨丁|¨「‐┘ノノ
_ -=二三三三三≧s。.,_ ̄|::「     _ 乂: : マ=-:| |j:::レ'|: :`ヽ、「 ̄「| ̄| |¨|:| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄| ̄
-=ニ三三三ニ=- ‐=冖二 ̄_ヽ   | ̄ ̄| ̄〕iト.:.          __ ヽ|:| ̄|__|__| ̄ ̄
    ̄ ーニ三三ニ=-┴ュ_:_: ̄| .| ゙̄|丁¨¨¨~|.:.:  r= _=RX⌒7ァ    \    .ア ̄ ̄¨ ハニニ
         l三ニ=-┘ ̄  ̄〔 └‐┴|     |    .>:/ /7ヽヽ:/:フ/⌒7 ヽ }  ...|     |::|¨| |
         | ̄|| =-  _: :〔 _jj_匚|___  rく:∧ ∨/|ミ彡    / //   =|     |::|=| |
 ̄”¨“ =- _ |_||_  ||   i| ̄ i=‐.」_| 凵   .>≫ ≫マ:ハ     / :://  . |_∟ ‐┬‐┴|_,| |_
      / ̄ ̄\二=‐ ⊥_|_ | i| ̄|    ム=z/(())ー ´   /  :/'′  |7i| |L| | ̄| |/./
      |\  ..::||__ ̄二TT¬ニニ=-  ..../:::::/ゞ彡}     /   /   | |:|Zi| |Zし'ニニノ´ア
      |  |   :||~~~゙| |¨~|:|¨| | || ̄|し  . /:::::/: /   /   /  .....ノし' |_:::| |_\_xく_/
      |/  ..::||ニニ| |ニ|:|‐|辷ィi| ̄|  /::. / /   /   /   |__||_||`| |ノ¨¨¨ |¨¨¨丶
      |\  ..::||Π匚匚〕〔: | |::| |.:.:.  {: / /   /   /    |二 ||二|└‐| |_|::::/|::::::/|
      |  |   :|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``'  .八 、(ト <ゝゝ/    .___| ̄ |777TTT ||::::|::::|:::::|:::::|_
      |/  ..::||                 ヽ三辷彡 ´    _、n‐「 ̄ ̄|/匚 ̄しЛ::\|::::::\|
_| ̄ ̄|__||_ノ⌒ ̄\┌t┐                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
]|: :.:.:| ̄~~¨丁 |-‐¬''辷|_|┘ ─-  _                . . : : : : : : : : <“¨” ̄ ̄”¨“'' ー
]|: :.:.:|    | |‐…¬_二 -─   ̄: : :      _     . : : : : : : : : : : : ::|  ”¨i7777i¨¨” ̄
ニ=‐├-、、..,,|_..|Ti「 ̄ :, :, :, :, : : : . .   /_/_匝匝匝]/ ̄ ̄...|¨|`ヽ、 |////|
。s≦|    | | :, :, :, . .      |区]|rrrrr|TTT|_」⊥笙笙笙笙笙襾襾| :|: : : `''|////|冖¨ ̄
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ニンマリ笑顔で受け取った弁務官は二・三手の平で転がしたそれを高々と掲げ、食堂中によく通る声で告げた。


「いま受け取ったコレこそキイ東端区、コーヤマウンテンの地下に眠る“百年都市計画”による巨大地下シェルター

“ケイオスヘキサ”の市民登録証 ―― ガンボーズ一個中隊が常駐警備を固めている遺跡のゲート解放キーです」


先ほど申請を許可したポルトエウロパを上回る規模と、生活物資やインフラ用に調整されたプラントの現物、そして

入力コマンドが見つかる可能性すら秘めた、特級遺跡であるという。その開示された情報の価値を理解した者達は

揃って気色と言葉を失った。この発表を知らされていなかった隣の楓女史ですら腰を抜かしてヘタリ込んだ。
5779 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:27:13 ID:2/o9fp7.0



────────────────────────────────────────────────
       γ´       \                          γ´ヽ `ヽ
       /i         i ヽ                         j   辷≧x∨
      ./ .i!        i   ∨                     q     i゙ーi
      |i i!         i!  .∨      _ __                  |    .|}kj
      |i i!         i!    i       /i  /ヽ             ノヾー 彡ノ/、
      |i i!         i! ノ! |r x    i |  i  |       ____/ i .`ヾ彡/ i___
     ーi| ,i!≦三二 、ー, 、‐ヾ |:::::i  /| ミ彡ノ .j`ヽ     ./ |::/  \   /  .iヽ>o。
    _./ 弋 弋 て・孑 〈 辷彡 ノ .j\;/ i! ≧≠/  ヾ、   ノ  .|::´i`ヽ  ヽ _jー‐ ┘| | i! ヽ
‐=≦/ rf::::i≧=≦ ノ三》`¨¨   |  >o。.ー=彡∥   .)rf    .|:::::|  \ /    ./| | i!、,!i
  ./  ヾ::::ヾメ  ノ三刈       |     ヾメ .∥   .γ⌒ヾメ、 ,|:::::| 、__i___ノi!| | i!i!i!i
  /   ∧:::::ヾメヾ弋__     ,〈      i!   \ /   .ヾ`゙|:::::|  ¨`゛|   `゙i!i!| |,i!i!i!ii
. /     ∧:::::辷 `ヾ㌢    /  j        i!     \____,、!:::::|≦三 |二≡=i!i| |i!i!i!i!i!
 ー=≦三三≧=彡ミ≧≠  /  /   r―-- Jヽ       ヽ  `ヾ\::::::|    .|=≦三三i| |ノ卅从\
i!,、 ミ三二彡´  \  ー=≦´/   \::::::::::::::|     .∧  少ーx´ーzx .|三三三i!j| |i⌒ヽ ヾi
i!i!i!´  ノノヽ     .\    ./ / ̄i`゙::::::::::::::::|   |     ∧f´ γ´ ゝ-zx´≧=ーo。. ノノ|   ∨ j
i!ヾ彡     \    .\  //    .|::::::::::::::::::::|   |    ∧  !    廴ヾ≧三三≧ヾー    i´
゙i! ミメ\     ゝ-    Y        |::::::::::::::::::::|   |     ∧ヾミメ_k少ー‐γ三三/´≧ーo。.
 ヾ ゞ、 .\    ==孑i!        |::::::::::::::::::::|   |      ヾミメ二彡   /;:;:;:;//>孑j三三三≧
  i  ヾメ ミマ  \    ヽ     |i:::::::::::::::::::| .J       |i!三三三三 i;:;:;://   弋n∩fj三三
  i!   ヾメ      ヽ\  |       .|i:::::::::::::::::::|   ¨¨¨¨¨   |i!ζ⌒ヾー三 i;:;:;:|:|     ー-<
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                         ブレイン
まったく理解できなかったやらない夫が脳みそ係のできる夫に「つまりどういうことだってばよ?」と訊ねたが、彼も

顔面真っ青になって口をパクパクさせている有様で、返答に適した言葉を選びだすのに数十秒を要した。


「皇国の十年先、百年先まで左右する遺跡がキイにあり、そして中へ穏当に入ることのできる身分証がここにある。

弁務官が仰られたのは最悪どころか普通に、各地から凄腕や軍主力さらに反体制組織までキイへこぞって集まり

戦争を起こしかねない情報です……。こんな場所で、僕達なんかに教えていい話じゃありませんよ」


どうしてそんなことを言った! 言えっ! むしろ聞かなかったことにさせてください。できる夫も発狂寸前である。
5780 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 23:32:22 ID:VXVrnnUk0
奈落堕ちしてるじゃないですかやだーーーーー!!
5781 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:35:52 ID:2/o9fp7.0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                                                 |   ̄ ̄ ̄´   |::::::|
                                                 |__ ,____ _>i!r、
          _ __                                i!    }¨{    / ̄|7}
         /─二__─_                              \__ノ \__ノ  |'/
        //\二| / | |二 \                            |          ノ_
       / | <~ゝ 二二 ∠~> |                              \ ---    / }}_
     _// _T|  ┐ l_ |T_,  |_                               入     //::::::}_
  _─|  |  `U-  / ) U  | |-、                         /:::``-- '´-‐'::::::/: \
 <_|  |  | 、   / ~   \  | | | >                          |::::::::::::::l_v´_;:-‐'´: : : : ::\
   ─/_/ |  / ̄~\ __/~|  |_|-'                           |:::::::::::::/l::::::::::::::ノ: : : : : : ::`、
      |  |  | ,───-_ |  |                              |::::::::::::l_}:::::::::::/: : : : : : : : : ::ヽ
      |  | |/       | |  |                            |::::::::::/::::::::::::::|: : : : : : : : : : : ::`、
      |  | |     ___| /|  |
      |  | | _ ──     7   |
       |    |_/ ̄ ̄\_/   /
       |              /
       |              /
    ─/ ̄|_          _/\
       /|  ──────-/ λ
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

“なぜ話した ―― !!!” 時間を置いて理解がほぼ全員に浸透したならば、この場の誰が口にできなかろうとも

誰しも視線で如実にそう問いを投げかけてしまう。理由を問われているのだと正確に空気を読んだ弁務官は話を

ここ近日から今日の遅参に繋がる仕事に移して語り始めた。


キイ地方行政と皇都や畿内近隣の状勢関係が急変した。ついぞ先日のこと、ジャック高等弁務官ではなく本来の

正式な統治者であるはずの陸軍将校が失脚したからだ。なぜそうなったかと言えば、私事によってキイ政務へと

妨害工作の派兵を行った証拠が提出され ―― その情報は確かだという証人が立ち、軍法会議に送られた。
5782 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:36:45 ID:2/o9fp7.0
やだーって言いつつも本当は入ってみたいんじゃろ? ん? 正直になろう、な!
5783 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:43:59 ID:2/o9fp7.0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ,─、  . ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
          , ─ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~─、. ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
        /            \       .‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
       /               l             ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
       l                 |                     ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三三三三三
      |┌─-______──~|  |                            ‐ ‐ - ニ 二三三三三三三三三三三三
      |/               J  |  |                        ┌────────────────
      |   -─_       _─-、 |  |                          │       ,、,、,、,.、,.、,.、,  【LIVE ON】
      | /\__/|   | |___∠ヽ \|                         │     zヽ  ''     ´ ^ "z.,_
  __ ─|  「`--' _l __ /_`--' /   |─__                   │   + ,=-‐、 _ _ , - ‐- ._ <
 (_ | |  | \ヽ ̄_/ ┐┌  \ ̄/ / | | | _)                 │   ll./        u  i 7
   ̄ ─|  l  ̄            ̄  l  |─ ̄   ___             .│   i/ vヽ. _   _ , - ', -‐ | フ
        | | ┐ ,─     ─、  |  |_   / ヽ___ 入         │  |、.ヽ、     /  _ .,  | z
     //|∩ |┐_ ヽ r _  l  |  |::: ─_|       l           .│  i.、`ヽ.\  φ, ' ´ ./  j.-、
   /::/::/ /| /~  ───  \|   |   |\:::::::::|       /─、         │   |ヾ,__o(@ )、o__,ノ ij |.∂|
   /::/::| 〈 | |┌──── ̄ 7|     l\\::::::\___//  \        │.、.._ !g  ̄(@; * ) ̄'~.* ! ソ!ゝ
  l:::l::::| ヽ  | ~| _____/ |   /|:::|::::::\:/     /    /─、     │..`ヾミ二二ゞ-∠二二ニ=彳~\ヾ
   \:::|  ) / /        丿  /:l::::|:::::::::/ \   /    /   l     .│.─ .||┴亠亠┴┴┴ ┴')!::::|::::: ̄
   | \|__//~─- ̄ ̄──'  /::/::::l:::::/   l  /    /   /~li    │.::|::::::|ヒ〒〒.l三i三i三i.ヲ'.ノi:::::|::::::::
   |  |   |─______─ ':::::/::/:∠_   |/   /   / /     │.::|:::::l ~, ̄ ̄≡     '/ll.l|:::::|::::::::
   |  |─-|:::::::::\::::::::::::/:::::::://:::|   7\  l _/ |__/ /      .│.::|::::::i  `丶ー-─ ' ´ ll / |:::::|::::::::
   |  |   |─__ `──':::::::::::/::::::─\__l_ /        \/      │.::|:::::::|`、ll ll ll ll ll / ./i:::::|:::::::.
   |/|   |  \:::: ̄ ̄ :::::::::/ ̄ ̄::::::::::::::|\       /|         │.::|:::::::|\`、 ll ll ll / / .|:::::|::::::
   |/|   |    \::::::::::::::/\:::::::::::::::──| `───-/::::::|.          └────────────────
              ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄~
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

もともと様々な手妻を使ってキイの実権を陸軍政務将校から短期的に奪い取って高等弁務官は赴任したのだ。

当の陸軍将校、かつて失態を演じて中央へと戻った中将にとって弁務官の成功は自身の失点も同然だろう。


脚光が強いほど中将の立場には暗い影が射す。陰謀潮流とも称される政治劇のステージ上で、しかし中将は

誰にいつ刺されるとも知れぬ傷を腹に抱え続ける辛抱強さに欠けていた。彼は反感を募らせるイズミ企業連を

抱きこみ協力させ、現地残留させていた非正規部隊リリーマルレーンに赴任兵達の不平不満を煽らせもした。


―― アレ? ちょっと待って。今の話の最後の部分って口外禁止だって白蓮に言われたんですけど???
5784 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:46:58 ID:2/o9fp7.0



               '                  ハ./::::}.}
             '        l              ,'""""| }  |:.     口外禁止も口裏合わせも変更ないですが
               |        |      |     j |   .|.j : j .!.
                |  .  / ミ!   .| |! i ! !  | |     !j.// .|      当の発表は明日か明後日にしますので。
.              |  :  f f  |   .| |从_L L._.{   .j,r' j |
            |  :   ' ', (|   杁-‐'´ ___. ミ.  /ッアY:: |
            |  :   .ヽ 。|.   !.ヾ代 j! ノ__,, .} 'ー '{ リ::. |      皆さんもそこのところ御留意くださいな。
.              i ! j!   .::ヒl   .|    {¨´   /''"{. ノ:::::. |
              ', i! .jl ::::|.  .|   ゝ..___.∠  ヽ、':::::::. j          ,r:.、
                入 i! jl :从.i  jl!         .イ::::::::: jヘ        /:.:.:.:}
              /////ャ八:从j! |从   ー==‐ /:::::::::::: j  }      /:.:.:.:.:_ _,,..=、
         , イ//////ヘ   VWW 、    -‐/ ! /ヘヽ:: /___ヽ、_   ./:「 ニニr:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.       ∠//////*/ ヽX ヘ     7 > __/ ' , ヘ.* ,ゞ' ⌒ `>.> ./:.:.ヘ  ゝ=ィ:.:.:.:.:/
     /////// ヽ ./ * X  \  7  }   :.  ∧  ハ   }=─- へ> ヘ. ,--‐-:.:ハ
.   /-─ ¬ヘ * /ヽ   / ヘ   ゙ ,'  〈 /      ∧' *ヽ .}__ --‐‐{:.:.ヽ、 /:.:.:.:.:.:.>:::〉
  /         ヽ/ * ヽ/ * ヽ /   V      ∧   ∨      .!:.:.:./:.:.:.>:.:.:.:.:.:.:.}

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「言っちゃっていいんですよ。口外しないよう頼ませたの私なんですから」―― ああそう。諦め顔で周囲を見回せば

誰も彼もが居合わせたことを後悔してそうな様相をしていた。身に覚えのある有様だ。アリタ集落で北領軍出身の

ジェレミアがキイ政務上部つーか弁務官の肝入りだろう話を聞かされた時と、まったく同じ状況だものコレ。


ちくしょう、この野郎やりやがった。もはや聞いたが最後、一蓮托生にならざる得ないのだ。ポジティブに考えるなら

今いるメンツを弁務官はそれだけ高く買っているということだが、一方的に巻き込まれては良い気分になるまい。


ネガ・ネビュラスの連中もこんな気分を味わったのだろう。チンクは心の中で巻き込んでしまった皆に頭を下げた。
5785 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:51:43 ID:2/o9fp7.0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ   ,.-‐ 三二ヽ,,
    |   下手をついてまた皇都や都市部にスラムを作られても面倒だ   |.   ((ィr''"三二ヽ
     乂___________________________ノ  '''"´ ̄ `ヾミミ;;;:;゙、
                                                  l;l ,, - ー ‐    トミミミ;;;;!
                                             リ=z、 ,r=,='''ヽ  トミミミ;;!
                                                 }, '='〉  `''┴ '`  !ミミミ;|
    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ     i  / ;:. 、     ; リハl;;;;|二二二二ニニニニ
    |  流民・棄民の受け皿として上手く働くなら良かろう  |    .l  ヾ;;:r ヽ    ,'  リン;;;;;!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
     乂______________________ノ       .,  ''゙三ニミ、     /^i;;;;;;/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                              ',  、_     /  ヾ/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                               .゙、      /  /ヽ、,,_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                 _ _.                           `ーr─''"´ ,、‐'´ / |   ̄``''' ー- 、.:
              r''"三二ニヽ_                                ,イヽ_ ,、‐'´    /  ,!       ,r'"´
                リ´  ̄ `ヾミi                     ,,、-‐''"´/ ! /;:ヽ    /   |      /
               {,,,_ ,,,,._ lミミ!__ __            , ィ ´     / !イ;:;:;ハ   , ィ^ヽ _」     /
              i`~i `~  リ^!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾヽ        / l       /__/ /;:/  l//   \       ,′
                ', ー'  ',!〈′.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|;;|          /  |      /,!/;:;:;!    /    /    ,!
                 ゙、二` ,' _」_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|;;|        ,/  |     / //;:;:;:l   /    /     ,!   /
                _>-<´,イ 7ー、,,_.:.:.:.:.:.:.:.//      /    |   |  !/;:;:;:;:!  ./    /    i !  /
            ,.-‐''/l/ヽ // /   `>、:://      /    !    l  l;:;:;:;:;:;:! /    /ニニニコ  | |  /
           /i   /,/i-イ /__/    ,r'´  l;;;\     /     !   | !;:;:;:;:;:;| /    /      | | /
          ,! |  /// | /ヽ    /    |::::;;;|     _」/    |     ! !;:;:;:;:;::l/     /       y′ /
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

話を戻すが、政情の急変である。チンクが鹵獲して供出したGN-Xを物証として情報部経由で届けられた記録証拠

メアリ准将からの内部告発を併せ、口説き落とされていた中将の副官が証言台に立ったことで失脚は確定した。


こうなってはキイ統治を陸軍の息がかかった政務官に任せるのも難しい。幸いにしてジャック弁務官の手腕による

キイ行政は好評であり、本人も任期続投を良しとする旨を伝えている。現状維持で問題なければそれも良かろうて。


―― かくして事態の後始末を含めた全てを担うと約束したジャックは、横槍の入らない任期延長を獲得したそうな。
5786 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/21(火) 23:55:15 ID:VXVrnnUk0
中心素材が呪詛付きのロンドン橋じみた都市とかどっかの中年スカベ呼ぼうぜぇ・・・。
5787 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:56:15 ID:2/o9fp7.0



              主君。もしや我々、死ぬほど忙しくなるのでは?      ._____
                                                  _ _/:::::::::::::::::::::::::::`丶
                                           __ ....::´:::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::\
  ……僕らも手勢を増やせるよう検討しとこう。             .::´::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::}\`ヽ::::::::::\
                                       /::::::::::::::/:::::::::::::::::::`丶:::::\::::::::ヽ \:::::::::\
            ゝY:::::::::::::::::::::卞                  /::::::::::::::::: i::::::::ヽ::::::::::::::::: \:::ヽ:::::::ハ  \:::::::::\
           /::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::ヽ              /::::::〃:::::::::::::|:::::::::::::\::::::::::::::::::\::::::::八   \:::::::::\
.       {¨ヘzノ:::::::::::/''マ::::::::::::::::::::::ト、 /゙\        /:::::::::/::: |::::|:::::::|::::: \'⌒\::::::::::::::::::>:::::}ノ      ',::::::::::::ヽ
.     /', | |フ::::::::::厶イマ:::ト:::::::::::::::ム 、/ /      く:::::::::/|::::::|::::|:::::⊥::::::::::〉 rJハヽ:::::::: /::::::::::/      ∨::::::::::::.
       ヘ ', ', |´/|ハ/Y⌒ヽマ:|⌒ヾ::::}`ヾ.ヘ            ̄   |:::: L 」だ弌¨ ̄  弋:ソ/:::::::/::::::::::/         }::::::::::::::::.
      入.', i ト_=〈_i乂__ノ¨乂_ノ从ノ   /              L::::|:::::::{ ヒソ       ':::::::/::::::::::/        l:::::::::::::::::.
..     { rチ> \ヘ、    !  /´'/.  /               |:::::人 '      u .i::, -──一ァ…┐    :|:::::::::::::::::i
.     >ヘl{   \ \ヽ ̄`.イ:::/¨/ /                 |::::::::: \  っ   /: : : : : : : : : : : : :l      |:::::::::::::::::|
.    /. ,。r≦、.   \. ̄  ̄/:::/ ト、}                    |::::::::::::/ ヽ .. __/: : : : :_:_-─…=ァ: : ヽ    :|:::::::::::::::::|
   //    \.     ヾ..┌〃::::i:) }ム                   ヽ::::::/   /.: : : : :./    \:.\: :/    :|:::::::::::::::::|
..  /       ゝ-  -‐'└:::::/  _ノ ヘ|                     ∨  /: : : : : : :/-─-、    ヽ:.Vヽ     :::::::::::::::::|
  /         ヽ _,,x''/::::/__/.     ',                    ヽ: : :_彡: /三三三\_i  }:.:}X圦  /::::::::::::::::.
. /   -≠───    /{  ヽ  \{                          ̄〉: :/:{:三三三三:}  }:.:}:Ⅹハ /::::::::::::::: ,′

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

本人が言うのも本人を前にして言うのもどうかだが、これについてはめでたい話だろう。地域の発展を尊重してくれる

それを目的とする地豪組織と通じて誼も結べている皇国の高官が、その席とスタンスを保持し続けるのだから。


しかし、と一同の安堵を遮ってジャックが言葉を挟む。事情は説明した通りに明るいものの、事態はさほど見通しが

良くも明るくもない。これまで一本化されていた悪意の鉾が、今後は分散して様々な形となって押し寄せてくるだろう。

対処していくには人手が必要となる。実力があり、信用の置ける人材を、これまで以上に多く求めねばならない。


この場に足を運んで居合わせた皆を巻き込んだのは、今後の腰を据えた政務に役立つだろうと期待してのことだ。
5788 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/21(火) 23:59:38 ID:2/o9fp7.0
たぶんチンクの顔みたら逃げるぜあの旦那
5789 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:02:56 ID:721jvxBs0



────────────────────────────────────────────────
: : : : : : : : : : : _ : : : .  .  . . . .   . . , ' ゝ   ,. ,..:'゙ . . . . : : : : : : : : : : : : : : : ::.:.:.:.:.:.
: : : : : __r-\ー、、___| |_>-‐-、_ : : : : : : : : . , ' , ' . `. . ´゙、 ゙、` `` ., :  :  : : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.
: : : : ャ-/:::::: ̄`ヽ、``''"::::::::::::::゚::x<: : : : : : : : : : : :  , ' , ': : : . : ゙、 ゙、 ` . `` . : : : : : : : : :_....  ---──
: :ー‐━ー━━━--、``ー‐‐//:::::::::`ヽ、:::::: : : : : : : : :, ' , ': : : : : :  : ゙、 ゙、 : ` 、 >-‐…   ̄
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、::::::::::::::::::::::::::rッ::`ーz: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::,.  ´              ___
::;::::;:::::;:::::::,ィ=ミ、:::::::::::::::::::: >s。:_:_:,.ィ‐,.-‐‐':::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::. : : : : : : : : ::::::::::,. ´     _,. -=ニ¨ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::;:::;:::::/ー‐‐Y=====::::::/ー''":::::::', }::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : :::::/   ,. - ゙゙
:;:;:;:;:;:∠ ̄\ーγ⌒ヽ:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,:,  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ       _ ,, --=ニニニ二二三三三
,ィくくく二二二≧s。ー-ミ:;:;:; :; :; :; :  . |  さぁ、皆で幸せになりましょうか  |   -=≦ _,、-‐=ニ¨ ̄_ ,,,  --─
┴┴‐ヽニニニニ|二::|  |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.:;  乂_______________,ノ     .<,.、-‐=ニ  ̄
     }ー---廴__|  |_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;.:;.:;.:;;:::::  /,、 ,,     ヽ  ::::::::::::::::::;:;``¨~ ー-\
 ̄ ̄ ̄\ー──。o-=く_`丶、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::  i  /ヽ'":!     ハ  _∠^\:::::::::::::: : :::::::::::::ヽ     ___
ェェェェェェェェェェェェ< ̄\ ∨ム ̄`ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;  . | jl|、  _|j | j, ,  }  < ̄ ̄>:;_⊆⊇/7:;.:;. \'´ ̄  'v:,  .|
⊂⊃ ̄ ̄`ヽニニニム_\\Vニニニニ≧s。:;:;:;:;:;   | rfッ ィヤtッ' ナリ,ハ |  .:;.`¨¨´:;:;:;:`fヌニニア:;.:;.:;.:;.:;.\   'v:, |(_)
        }ニア´`ヽー‐/___,|二二≧s。  .| ゝ'`弋_`¨′ ノ .|  . ;.:;.:;.:;.:,:,:,::,:,:,|_|| |く,ィ:;.:;.>'´ ̄ヽ'´ ̄ ̄ ̄
`ー‐      ̄/Y´ `Y^i|ニニi|  |========{  マ圦` _   ノ从.,/  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;rz| || |/:;:; ( ∞   ∞マニニニニニニ
二二二)_ノノ ̄弋_人j乂二l └─‐ 、‐‐〈;;  . ゝ'ハ `こ ,.イ<  〉、  :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;」 || |_:;;:;;:;;:;;≧=-ャォ- ヘー-- --
 /二7‐‐ュ  ̄ 厂厂厂│====/ニニニニニ   ,..>ヤ//   ヽ}  /,/'ヽ  ;;;;;;;;;;;,. ´``ー‐' `ヽ、;;;;;;;;;;;C||;;;;;;;i{ーュ r─
'´ーーーノノ /ー──┴‐--=ニ二ニ=  ., ' / ////     ハ///////'> 、  ..         \┴爿|;;;; ;;i{  | |
 ̄ ̄ ̄_ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ./ ' .////'    ///////r ´ , -‐`ヽ、          .YLL「」;;;;;;,ハ__| |
──────────────.   |. λ////ハ _,/////////'!  /     ',   .──────────────
                        j  ///////´///////////|  /、     ',
                         /  .j//////////////////'i! / } l   ハ
                           /  .'///////////////////{/  ' .l   .∧

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

まずはポルトエウロパの探索と遺物回収を国交省主導のヤタガラス主体で成功させる。都市型遺構の攻略実績と

経験値をあげ、いずれ封を解くケイオスヘキサで探索指名の名目を立てる下準備として。


なにを流出して財貨と変え、なにを残して自衛・防衛の力と蓄え、なにが危険かを判別して秘匿ないし抹消するか。

都市遺構に眠る品々、出土されるだろう様々な宝と危険を、土足で踏みいるマナー知らずに任せる気はない。


高等弁務官に立候補したのはキイに埋もれる知識や技術を欲してのこと。本音ぶっちゃければ政務の成功なんて
                                                     スカリエッティ ノ ユウジン
ジャック・S・カーライルは『そうした方が都合が良い』からやってるいだけだ。……彼は 趣味と実益の人 だった。
5790 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:07:47 ID:721jvxBs0



                 ̄ ̄ ̄
           ./              \
            /  /        / ハ     \
         /  '  ./   ./ / Ⅵ  ハ
         i  .!  」_ ||  .,!/   | ! .! !   .!              いろいろ頑張ったつもりだったが
         |  |  |7iハト/.||  /|ハ |_L  .|
         |  |  |zi!z|ト、i!/  j'七f T   |             箇条書きにして改めて振り返ると
         |  |  |{三三.}   7うiY},|  /:\
         |  |  |入三フ   .〈zン //  /:_:_:_:\         あんまり仕事してない気がするな。
         |  |  ト、           〃  /´ ̄`: : :ヽ
         | .从 八 iト...   ‘’  _イ_|   |: : : : : : : :ノ
         |/ |. \ \zz.≧f´ヽ\ !   !: : : : : /                                , -―‐.-
         /  |_」´:\ \L! |: : : \| .人: : :/        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ./   _  ∧
        ./   ,f廴__ i\ \ハ: :.≦入.  \         |  一件一件がヘヴィすぎんだろェ  ._l .M∨ハ __.',
       / /: :`¨¨アヘー\ Yi: : : :7/\   \      乂_______________ヾ| lテⅣナレl|,イ.l
      ./  i: : : : :<<: : ∧   ハ | !: : //: /ハ\   ヽ                               ム. -- .,|/|ノV!
      /   {: : : : : ヽ\:.∧   }! |: //: // .{  \  i                                   `´
     ./   ハ: : : : : : :ヽ\∧ j! レ./: :/∧.八   ヽ|
    /   /: :: : : : : : : : :ヽ\i  レ: ://: :ノ{  \   }|
   ./   ∧: : : : : : : : : : : : Y|  [iレ/: イ ト、  \_j!
   /    .廴\: : : : : : : : : : :.||  [|/: : :|  ! \   \
  ./      iヽ\_.⊥____」|   ||: : : 〉.∧  \  ヽ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

大きな爆弾発言を立て続けた弁務官は、興奮や喧噪の落ち着く頃合いに改めてチンクへと向き直って話を戻す。


・登録して最初の遺跡に巣くっていたジョージの小ハイヴを殲滅。拾得物も併せ、昇級に値する成果をあげた。

・昇級が事前内定している討伐依頼で、肥大種を含めた変異猪の一群を殲滅。キャリーオーバーが発生した。

・2ch’sと共に遺跡に埋設された大型保管庫や隣接駅構内に重武装ロボがいる情報と、コンテナを持ち帰った。


活動記録を事実の順に読み上げるとホントどうかしてるスコアだ。改めて『なんやコイツ』、『いや、むしろらしい』

そんな白い目と呆れ笑いが一緒くたで向けられる。短い付き合いだが皆ずいぶんチンクに慣れてしまった。
5791 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:13:17 ID:721jvxBs0



                    __          _   え……なに? あの子そこまでヤバイの?(小声
.        、___,,.. -‐ '' "´  -─‐--三ニ=─‐  /
         乂    >''~   -──‐     _<_/
       /  >''~ >''~             ``~、、''<             ドスファンゴとの戦いなら横で見たけど
      /  /  /  /   /     .j{  ヽ  \   '<
     i{ ./  '  ,     /  /        j{ i.   ∨ .\    \.         アレでまだ本気じゃなかったって……。
     i{/ ./ ./ /   ./ , '      /〕! j{ .! '   ∨、  \    \
     ./ / ./ /   ' ./  /  /   .| ∥ .!/,    ' Υ、 ヽ、__≧
    ./  ! / /    !  ! ./ /     |ノ ! } ∧   ∨} ∧∧Υ         想像を斜め上にブッチ切ってヤバイ。
    // i/ /     |  | .//~"''~、、⊂ニ! 〕 .∧   Υ  i ∧}
   ノ'´ノ / '    / !  !//__‐- 、,, ト、`'  !ニ∧   '乂 .! .∧           /////ィ"////////、////////// ヽ
    ∥!ノイ   // i/} Ⅳ示弌ミh、Υ! .∧ ./ /~~ヽ  }ノ` }! ∧        ///////{l///!\/////\/////////ハ
   / ̄ノ   ノ=====ミ! !玳: : ノリ Ⅵト |  ∧∨──\,}  リ∨ ∧.         |//////.ハV∧_> .///>=ォz//// !
    ̄广丁\{//////} i 弋zタ' ノ !    ∧v,。。,,  i { 7、 、 乂      i!/////厶ヘ∨∧    __ ` ̄丁/ //三≧==
    ゚/人リ ! .{//////} i    ̄    }イ / 仞弌アh, }  ∥∥ヾ、~~^       .l/!////   \//》 イ バ`ヽ ! /テ77777 丶
       И从7~~~7~~´.∨          !/  らzタノ'ノ /〕.! {            |l1// 《 .ィハ    {:::::::l  l.イ/ |∨//i//八
   _,,.. -‐ ''∥  ∧  ヽv し'       .ノ  `~~´/イ /:.:| } i           |!{///ハ! l::::} ,,,,,,,  ""   つΧ{ .)//l///ハ
  ∧   __}! ./h。ヽ__            u / ノ!/ :∥~ヾ、         .|l|///i と '"          |//lイ///|/// |
  ∧// ̄ }! /:!\、  ∧    -= ュ    ノ /{./ ∥            |/V//∨      __  し' |//|////|/// ¦
   ノ/     }!,' !  ヾv 弋"~、、,,_  ィ(__{/ }/  ノ}            |/l|//込、    (_/__)     |//|////|/// |
  /〈 {.    .}!  v ∧v  \    `~~~>''"/_/ .!            Ⅳ!/////〕ト   __     ノ:|//l///从/ノ7∧
  |! }∨   λ  v ∧v     、_ / `~~´ノ ./ / !               \////////////∧  〈. ̄l//从.イ:i:i:i:i:i:i/i:i:i
  |! }/,       \ ∨ ∧v      ><  /イ} !    !                .)\ド ///厶」 ̄ 」_厂  _!//:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
  |! }/,       \}   ~''<、__/:i:i:i:i:i:iア~´ __}!∨  i                    __.イヾノ /V  __r:i:i!/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

最後に南部境界線へ向かう商隊に帯同しての護衛と、それに同行する要人の傍付き依頼について言及が及ぶ。


・アリタ集落での大規模レイダー襲撃時において陽動部隊を迎撃、単騎駆けで指揮官フルスペックGN-Xを撃破。

・ゴボー集落よりレイダー首魁の挑発に対し、これに応じることで自身を囮として出撃。後に敵性特記戦力を討伐。


弁務官としては戦果以上に、上記迎撃時に鹵獲したGN-Xを供出したことに高い評価と賛辞を呈する。この物証が

メアリ准将の出す情報を裏付ける物となり副官を口説く材料となり、政敵たる中将を追い落とすのに役立ったので。

        スカヴェンジャー    マーセナリー
誰が聞いても 遺跡漁り ではなく 戦争屋 の仕事です。ココがそうしたように一同が『うげぇ』という声を漏らした。
5792 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:18:47 ID:721jvxBs0



────────────────────────────────────────────────
                           ||                  |
                           ||                  |
                           ||    lニ{]「叩℡| ̄ ̄| |           、      __
                           ||   。。]]o‐〇[[。。―┘ |          //      {┌===┐,
           _  -===-  _           .||   88}[}〕◯〔{]{88   |.. ._    _/〈、      ∨ニニニニ≧、
        /ニニニニニニ\  ∧     || __`¨≧==≦¨´    |  {{ヽ.`ヽ ./Ei/vゝ  >''´、{ ̄ノニニゝ彡
     _/ニ=---―‐-=ニニニV  L   , -兮┴{三王三王三r┬―  .__  .∧ 、/≧戈ゞァ'iノ //_/.∨ ヾニニニ',.∨
  . /⌒ア´   /     \`寸弌⌒!. .{‐r_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_ュ‐[三.  >ニニ>.|  ノイ|= ヾカイ/`ヽ>'´ |≧sゝ、.ヽニニ{ }i
. / / / /   ′  |∧ ∨ハ   寸.. . ≧==========≦‐|`¨.. .}>'´ }戈ゞヾ└|`"'i==∥''''/∧  /_/ミ}.マヽ マニム ∨
 i i ; /     i    |/∧ ∨ハ  ∨.        |      |  .〈ミ彡イ__,。ィゝミ]|_|[三}|   ̄  .∧ .マム マニムi}
 | i  ′ |: | |     .ハ| i| |//! i| |   .二二二二二二二二二二二二.//ヾニ|iヾ| ̄|>イ戈=     .(ゞ人.ヽニニニ',
 |,  i|  i|_,∧ | 、   / |∧_i| |//! リ .八.  oⅥ二二二二二二  ../ニニ.ヾ彡 ∨´ヾイフイヽ`'<      `´´ ヽ.マニニム
 ∧  |  i|/ ̄ ト \,′l厂V 从リ./ ,小.   ̄\_n_  |   |   ...〈ニニ/ ≦ムノ/  /イ/イ ∧  /〉         .ヾニニi|
  ,小 i| 弌¨t苡    z==ミ; 小{  /i {.  /  =- `  |   |   |.  `.| .∧//.\i|__./==_// .ゝイ   /\      `´`
/.ノ ∧ ∨i/i/ ,  /i/i/.イ (∧_,小 乂  ____⊥_⊥_⊥.   |/ ∧/ノ≧s。  ̄ ∧i/\、ニニヾニニニヽ
//⌒iハ  、      / r ;、\ \ \  :i|Τ ̄-T〔ニ‐-ニ-‐ニ〕T  | | /  ノノ ≧   ∧./ .\ニニニヾニノ
イ(____ 斗小  }is。` ´_. イ|| \ )___)  i:i:i:i[≧===≦三ニ三ニ三≧=.  ゝ┬}ゝイヾi、´     .\   .\ニニ.ヾ
i| 厂| | 乂ソ .イ ___工__  [_j ,!、ir个厂iハ. .:i:i|i:i|                 ノ }  〉         .\イ≧i`<ミ〉
∧.|_|_|_|ア^>/ ⌒∀⌒ {―_  Ⅵイ小!レ.  ‐'^´                 ∧〉==ん}            `<   〉。,
_,∧  ;′(ノ___/ \ ハ、_ュ.  Ⅵ   | (                >、/ ̄.ゞ彡、             ∧/イ リ
   、 {    「 ̄ ̄ ̄ ∨ i圦___ノi   |、_                 マニニニニ===‐イ              〈〈 ./ム
   `、 、 |o       o i|∧  ∧   !                                          ト、`""´}i
    ∧ ≧=--=ニニニニ圦,_i/    :|                                         \二二ム
    /ニ, ‘, |ニニニニニム     ハ                                         >==='
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

表立って評価することはできないが莫大な功績なのは誰しも納得するところだ。まず三級昇進を言い渡された。

昇進間隔として異例の速度だが全国的に見れば前例はある。ブロントさん風に言えば“稀によくある”事らしい。


その上で『欲しいものはありますか?』と訊られた。弁務官の手が及ぶ範囲なら欲しい物を与えるという意味だ。

望むなら装甲車や装甲スーツ、自動人形。それこそ戦闘用成人義体だって。報奨に値するだけの益を齎した。


なるほど? プレゼントとは上手く言うものだ。本当にどんな物品を望んでもかまわない。ただし要求が過剰なら

“借り”として駒扱いされることになる。―― 決して邪推ではなく、そういう話だと既にヒントは出されていた。
5793 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 00:22:13 ID:4eu5sVOg0
おかしい。自動人形ではなく有明女王が見える
5794 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:24:26 ID:721jvxBs0



            ´          \
        ./   /      `ヽ   ヘ
        /   /         ハ   ハ
       /    !       ヽ.  |   i                飢えていては苦しいばかり。
       .l    | | ./ ハ  ト  ト.  !   l
       .l    | | ハ {/ハ 「ヾ 「トゞ!   .!               満たされ過ぎても胃苦しい。
       .|    ! レ:::ヘ.{' ,リ,r=ミ, l   .i!
       .|     |ト、{:::::::::〉  辷zリ}イ   .!l                腹八分ぐらいが丁度いい。
       i!     トゝ:::::::ン .    l l    l .l
       l !    圦`¨´ 、_ _,  ,イ1    l l
      .! .l   .!  >..    ,.イ `.|    ! ハ.                人間はそんなものだろう?
      l  !.   |/   }`iニi´ニ!   !   l、 .ヘ
      .ハ .ハ   |__   /`ヽ_/ h   !   .|zヾュヘ
     / /」  lヘヽ l`___」 /l    !ヽ、. ヘ
     / ム'. }   } i::i l//ー― ヘ.l //l   |'⌒〉  ヘ            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    /  <´ l .リ  ii.Kヽ、__, ィK< ヽ. |  .〉  .ヘ         |  空いた二分には夢がある、と  |
    /   「 l / ./,イヽ、ー-‐,´ィl\\ ハ !  ゝ   .ヘ         .乂______________ノ
   /   / ./ /.// l __ヽェ' _」 `.>:>l !  ヘ   ハ
  ./ __∠.././_<::<_,<::::::::::::::::Y:::::::::ヾ.<:/ ヘ.l__ヘ   ハ
  /  r,´::::/./, ィ´    `ヽ::::::::::ヽー┴-ヽ三ヾ-‐トヘ   ハ
 ,'  </从{          }:::::::::::::}       `ヽl_ム' l  }        せいぜい期待しておくとも。
. {   Y´          {::::::::::::リ          l   }  リ
 !   {        __ ┬´  ̄     ___.」  .,イ /
 l    \_ -┬  ̄「:::__-― ´ ̄ ̄.「 ̄   イ   /./ /
 ヘ     ./   `´/ヽi     r:´l     ヘ. / / '

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「余計なお世話だ。私は欲しいモノは強請らず自分で掴む。勝ち取る。御機嫌とりの贈り物くらい自分で見繕え」


なにを要求するのか見守られる中しばし沈思黙考し、チンクはやにわに顔を挙げると胸を張ってそう断言した。
             ホスト      ゲ ス ト
爆弾発言バラまいて主役を食った乱入客に白手袋を頬へ投げつけ返すような啖呵を切ってスッキリ顔である。

クラウスが叱ったように、容易く他人に甘えては独り立ちした男としての面目が立たない。これで良いのだ。


まったく、これは敵わない。弁務官が苦笑を漏らし、次第に声が大きくなり、すぐに腹を抱えた大笑いへ変える。
.                        ダイジ
涙目になって笑う青年に「守りたいほど必要なモノは、もう与えられている」と呟いて、少年は柔らかく微笑んだ。
5795 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:26:45 ID:721jvxBs0
>有明の女王 たぶん高級品なんじゃないかな マジ秘書官なので
5796 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:26:58 ID:721jvxBs0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5797 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:30:02 ID:721jvxBs0



                  __
              _ <´     `   、
             ./   ,ィ ,      ヽ. \
             i/ ./// l l /// l    }. ヽ             内容としては短い話だったのに
      ,、 .ri    ,l z/lキト 」ハ「トハ、l .i   l  ハ
     r、l .l .l |   ./{ .lr::ハ´ ≠ァミ、ヾト  /   }              長くかかって申し訳ないと思う。
     ヽヾl_」 l , っ' ヘト、:ノ   ん::}」/  /    l
   .. rヘ':::::::r<.,イ  , { '、__   `¨´/  /    !
    .`ト、_{//  / .l\     ./  /     {             付き合ってくれた方に感謝を。
     iヾ===./  /r.┴‐.ゝr‐ 7  /ヘ    ヘ
     ト、::::::_」 ./_」    ト_/  / __》、     ヘ
     l    l l  V´ユ.//  /"  .ハ     ヘ
     !   ヘ l r´ /ー./   /     .h  ヘ.  ハ
    . l    ヘl ll ./7ヘ{ / 》     / ト、  ヘ. ハ.            ―― エンドカード ――
    ..l      }.ll/:l l:::::ヾl ./'    ./  / >、!  ハ }
    . !     ト/:::l l::::::::::l/'       ィ≠ィ´ト、  } リ.            【PARTY NIGHT:終了】
    ..l     ノl::://::::::::::lL__ zr≠"  l! l ヽ//}
     ヘ    / ll:://::::::::::::|「 ̄ ̄ ̄.ハ  \ヘ'  /イ∧
      `ー.イ ./'://:::::::::::::::ll.    〈 ハ    ヾ、 /イ}/
       / /'::l l::::::::::::::::::::ii     // ∨   ∧ }ル'
      /  /'::::|.l:::::::::::::::::::::::ii   .勹  ∨   ∧
     /  /1::::::l l:::::::::::::::::::::::::ii    \  ∨   ∧
5798 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:30:59 ID:721jvxBs0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} ○/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{○,}|:.:.:.:|        おーしーまーいー。えらい時間くった感
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5799 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 00:36:21 ID:4eu5sVOg0
乙π。

文章が多いからだと思うがw>時間かかる。
5800 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:38:57 ID:721jvxBs0


              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ         >5799 乙ありπ!
      /.:i⌒ヾ .:} ○/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{○,}|:.:.:.:|        1レス五分間隔ぐらいだと終わらんな!
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5801 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:39:33 ID:721jvxBs0


              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} =/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{=,}|:.:.:.:|.          んでまぁ、当スレ本編おしまいです
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/          いろいろ半端なんだけど、ここで
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ.             一区切りしないとキリなくなるので
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5802 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:45:40 ID:721jvxBs0


              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,   て_
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_    そ
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ  .(
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ         つまりエターではない!!
      /.:i⌒ヾ .:} ○/:.:.:.,ヘj:.:.:.:` カッ
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{○,}|:.:.:.:|        第一部完と言いつつ次がないのは
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/           少年マンガでよくあることだるるぉ!
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}             1クールアニメでもよくあるな、うん
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5803 : ◆ToVRCqC0oc [] 2020/01/22(水) 00:49:51 ID:721jvxBs0


                    < __ j」L.  -‐-      、  \
                    /  7八     、     \  丶
              //  ,        \.. _     :.   ,
               ./  /   x<     \ \   :,   ′
                      /  ` 、      :. ‘. ト、 :.    .
.                i      .:. .,x==\    .  iノ. -:.    j{        まーダベりやぐちりやなにやは
.                | i  i   | ,イ⌒.  . 、  |/アヽ }  , /}}
              .,    、  { ..|::::::|.  j/ \ i {:: | } } / 乂_.      また後日、スレを埋めながらに
              .′   \{  、_::ノ       ノ 、:ノ . / /弋¨”
              .}   ト、 { xヘ....  (__人__)  . /イ{厂”`,         今夜は遅いのでもう寝る!!
              .ト、  _//\\`.    `¨¨¨´    ) -ァ--ァ
.            ‘,._}__ \j {r==.^⌒    ___ // --く,__
           .-‐  ̄    jニニ}../∧ __ ノ,ニニ}}      /
           .\ /    j{__/\. ∧   /:::::}__}}   ヽ く} }
             ./  -=ァ/::::::::\ \∧  /::::::::\{\fニ=-
5804 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2020/01/22(水) 00:51:59 ID:721jvxBs0



        ┏┓                                            ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        ┏╋────────────────────────────╋┓
        ┃|                                            |┃
        ┃|   本編の投下は終了しました。長らくありがとうございました。   .|┃
        ___________                                |┃
      /  / _______,/  /ヘ   ─────────────────╋┛
     /_/          /_/  .l |  ━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
     | ̄ |  /        | ̄ |  /.l |                              ┗┛
     |___|/         |___|/  .| |
      i |                   .| |
      | |                 | |
      | |                       | |         、_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__,
      |/  /            /  / | |          _)                              .(_
     ./_/          /_/  | |        ._)  チンクの戦いはこれからも続くENDぉ!  (_
     | ̄ |  /二二二二二| ̄ |  /_|_|        ._)                              .(_
     |___|/           |___|/            _)  いろいろなことブン投げてそぉい!!    .(_
                       //         )                            (
                     / /          ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                    /  /
       `           /   /                     ―― そんなことよりモンハンやろうぜ ――
        \ ,,_人、ノヽ/ .|l   l l|    / ,ィ
         )ヽ    (  |l   l l|   / /{//           ./ /
      - <       >|l   l l|  / /  // /          .//
         )     て |l   l l|. {! //  // /        ///  nn_m
        /^⌒`Y´^\ |l  l  l| |i    ./、,'           ././  ////ア
                   l|l!   l.l| |i |   __             .{. .{ニニ「
                   |  !  !| |i |. rァv/ハ           i.||i..|ニニ|     【とりま一段落ってことにして
                |l   l  l|. |i |  〉/ニ∧        i|::|i .|i!.|ニニ|
                |l!l|l!   l| |i l  Vニニ∧        .|i::|i .|i.| ニ |        後は >2 に書いてたみたく
                |l!l|l!   ll|. ll .!| i| Vニニ∧        ,.   ',l| .|il.ニ|
                | li| l  ll| || .!| i|. Vニニ{    ハvv/   〉7..|ニ7 .       気が向いたら雑にやるわ】
                   | ilj  l  ll| || ||  ....Vニニ=‐ァ //{:... _/7 |...′
                 | l l i l  |  | .|     ` ー=ニニ7ニ7〈/./ニ. |..
                 |', ll l l  |   ',        \ニ7ニ7/ {ニニ7
                 ゝ、ヾ ゝ !   ',            |ニ7 {  {ニニ7
                  ヽ', ヽ \             |.7 [  {ニ7
                  ヽ ヽ `ヽ、            |ニ  {  {ニ{
                   ヽ ` 、丶              |ニ  {  }ニ}
                     ヽ、 `丶          _/7 /   }ニ}
                       ` -        }ニ7ー-== ニニ
5805 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 01:18:49 ID:6b6I3dBw0
乙カリードマルシェ(そんな死徒は居ない)
5806 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 08:17:10 ID:.Gozx.i.0
一応の完結乙です
おおよそ五年強……、よく続いたものだ
5807 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 11:17:41 ID:Uu5cRph20
お疲れ様でした
5808 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 17:31:09 ID:ytFj3RVk0
お疲れさまでした。また一つのスカベスレが終わってしまった。
5809 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2020/01/22(水) 17:55:09 ID:721jvxBs0
>5805-5808 乙ありがつお

もう終わらせねぇと五年すぎて15000しか埋めてねえし……


A「>1 さんはスレやってるんです?」

B「スカベ二次で数少ない現行やっとる人ぞ」

A「ヒェ 古参じゃないスか」

Me「いうて投下頻度ひどくてロクに人いない零細よ」


Me「……待って、お待ちになって?! いまスカベってそういう認識なの!?」

B「せやぞ」


みたいなやりとりを先日ディスコでやったんだよなぁ 終わらせねぇとなぁ
5810 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 21:16:13 ID:qoOneiuw0
そら社長がバックレてもう公式の設定生まれないもんスカ
5811 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/22(水) 21:38:43 ID:4eu5sVOg0
>>5810
バックレたんじゃなくてどっかの情報で倒れたって聞いたんでちょっとその言い方はね・・・。
5812 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2020/01/22(水) 21:41:27 ID:721jvxBs0
入院したとか聞いたがその後わかんない模様 かなしみ
5813 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/23(木) 03:19:05 ID:NpIAusOs0
完結乙

何時もの感想長文もリアルが忙し過ぎて後回しにしてたけど、久々に見返して纏めて返すかなぁ
ただ、まだしばらくは忙しい日々なんだが・・・

打ち切りエンドみたいな形だが、出来ればもっと長く続いてほしいと思える作品だった
とはいえ、現行のスカベスレって、もう本当にエターしてるのばっかで造兵省でも戦車さんと極々一部の短編が投下される程度にすっかり過疎ったからな
5814 : 安価のやる夫だお [sage] 2020/01/23(木) 03:31:57 ID:NpIAusOs0
そうか、初期からいたけどこのスレももう5年目に届いてたのか
書きため式で安価スレのようなスピードも難しいとはいえ、確かに時間かかり過ぎと言われたらそうだが
5815 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2020/01/23(木) 20:01:45 ID:B0lGnsrI0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ         >5813 乙ありニキ 続きを望まれることの嬉しみ
      /.:i⌒ヾ .:} ○/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{○,}|:.:.:.:|        ブートキャンプとかフェイトそん押し付けられたりとか
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/           もしかしたらやるやしれんからタブだけ残しといて
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}             ……まだ4000ほど残っとるしな(白目
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5816 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2020/01/23(木) 20:10:11 ID:B0lGnsrI0



                          >-V:.:.:.:.:.:.:.:.:.ー-:.:.:.:.:.:...
       -                 /:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:.\
     (    \                //:/:.:.:.:.:.:.:.:.:r―- 、:.:x:.:.:,:.:.:.:.:.:.:.:.
        \   }.            /:/:. :.:.:.!i:.:.:.:.:.,  /\:i:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.::.
.        i   !|            ':/: :.:!:.:.八:.:.:.:.:'., / x-.,j「Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
.        |::>'^ {\.          l:i:.:.:.:.レ十ー- 、:.:.:.,  辿炒'^j:.:.:.:.:.:.:._:.:..
       /{.    ヽ            |ハ:.:.:.:,:.:i ,ィ豺 } ー-     /}:.:.:.:.:..ハ }:.\_,
      /::::::::::ー今'¨⌒ヽ       ト、j }: :.:. :.V炒' ′     厶-‐1ム/{⌒
..   /∨:::ー::'::::::::{   _j    ト、  }, \V/i:.:.(_,         /   _nイ ̄`
    /:. :|::::::::::_::::::-‐:「   Y-―-ミ     \}:.:rァ' 1 _   -‐     /:.:ハ
    }:.:.:.i ::::::::: ::::::::::::|   __j           V^  |  __      / |/      /{    -‐ァ
   ー-:.\:::::::::ー::‐:::「   L.,   -----} ̄\    レ7//\,   /  |      /  } /   {
    /≧}\:::: :::::::::|__ ィ^ /    r‐┤_    ///////ハ /   |   __ jL  レ    /
   /ニニ/:.:\:`::::::::::ア::::::iうく   /ニニニニニ==ニマ ^ー'"  }-―‐- _ >‐≪//////\    /ーァ-―
.  /ニニ/:.:.:.:.:.:.:.ー====彡'^^/  /,ニニニニニニニニニム     /    /    武^V///ハ
ニ7ニニニ二二二ニニニニニfニ二二ニニニニニニニニニニニニ }ー三≦   /      人 }  ̄ ̄/
,/ニニニニニ◯ニニニニニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニ=-`     _/  }ー==く
ニニニニ,〇ニニニニニ/{{ニニニニニニニニニニニニニニニニニ7ニニニニニニニニム   「   /ニニニ八    {__
ニニニ〇ニニニニニ/ニニ{{ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニニム   i   /ニニニニニ\  ト、
ニニニニニニニ/ニニニニ\ニニニニニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニム |  \ニニニニニニ\_{ニ\
ニニニニニニ/ニニニニニニニニニニ三三三ニニ二ニニニニニニニニニニニニニニニニム |     \ニニニニニニニニニニム

              【止まるんじゃねぇぞ。歩き続けたその先に、俺はいるからよ】

                     ―― 南領の大将に向け、返礼 ――
スポンサーサイト



チンクは大人の男になりたいのです その54

5591 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/10(木) 12:20:29 ID:ainaC6Ao0



          ,..<.:.:,:._` `ィ゙i l
         <:.:./.:i´:、:-‐`'、lУ
        ,=ッ::i:.:<、-<ヘ::l:i:.ハ
        ハヘ:.l|γ⌒ヽヘ::::::::::::::',
       ´ヽ,|'ト(ゝ、_ノ ヘ,.ッYlリ
         .圦  ┌─‐‐,|`VY         できもした
          .>弋  ノ , <
          i. 、_, -、¨ヽ.
          { ヽ、_, <_ノ
          /  幵   |
         ./   .∧  ’,
5592 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 12:29:28 ID:qowZz2f.0
おめでとう、おめでとう、congratulation....!!
5593 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 12:54:51 ID:3gM/QiY60
台風が来るぞ
5594 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/10(木) 14:05:27 ID:ainaC6Ao0



           ,..<.:.:,:._` `ィ゙i l.  /(_
          <:.:./.:i´:、:-‐`'、lУ      .(      ひゃっほう新鮮なレスがついだぜ!
         ,=ッ::i:.:<、-<ヘ::l:i:ハ        .(
        ハヘ:.l|γ⌒ヽヘ::::::::::::::',     .´     いっちレス大好き!!(寂しんBOY
       ´ヽ.,|'ト(ゝ、_ノ ヘ,ッ Y l
         圦. ┌─‐‐,|`VV     ヽ 、
           >弋  ノ , <      .ノ ノ      今夜ちゃんと起きてられたら
          .,′  弋¨´     . ̄
          .|  `< \.                20時くらいから投下するわ。
           V    { `~
          .ム    \
5595 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/10(木) 14:06:37 ID:ainaC6Ao0



         ,..<.:.:,:._` `ィ゙i l
        <:.:./.:i´:、:-‐`'、lУ
          .,=ッ::i:.:<、-<ヘ::l:i:.ハ.          俺ぁ今から昼飯で呑みつつ
         .ハヘ:.l|γ⌒ヽヘ::::::::::::::',
.       ´∧.,|'ト(ゝ、._ノ ヘ,ツ Y l. /l       大手スレ作品を読んだり
        | |圦. ┌─‐‐,|`Vv.' /
       ハ,   >弋  ノ , </         某ラノベを読んだりする!
        乂   `¨¨¨フ´
         .| , -‐-、 /
         弋 , - )’
             ム-‐ク
.           レ´

    ―― なおイカレた洋食屋さんは近所の本屋になかった ――
5596 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 14:34:37 ID:3gM/QiY60
へぼ侍を…へぼ侍を読むんだ…(作者はカルピスタイムの人)
5597 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:06:49 ID:ainaC6Ao0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} ○/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{○,}|:.:.:.:|        投下用の別専ブラ、用意してなかったわ。
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/           こらぁまた事故るやしらん。注意せねば。
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5598 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:13:45 ID:ainaC6Ao0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ         まだ某ラノベ読み終えてないなりぃ。
      /.:i⌒ヾ .:} =/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{=,}|:.:.:.:|
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|        一冊一時間あれば熟読できた昔日。
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦           これが……老いるということだ……。
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{                ―― はじめるわ ――
5599 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:14:09 ID:ainaC6Ao0



                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5600 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:14:29 ID:ainaC6Ao0



― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5601 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:16:50 ID:ainaC6Ao0



ttps://www.youtube.com/watch?v=RlgXjzeGH58&list=PL513A819E4B21FA11&index=2

..||          ||       ::|                           |  i|::::::|:::
..||          ||       ::|                           |  i|::::::|:::
..||          ||       ::|          ____________|___|::::::|:::
..||          ||       ::|          .|i:i:i:i:i:i:| ̄..|─ー┬┴───::─┴─┴
└──────ー┘       |          :|i:i:i:i:i:i:|  |  __|
               γ二二二二二ヽ       |i:i:i:i:i:i:|  |  (n_)
                 l||         :|l ミy彡 . |i:i:i:i:i:i:|  | /_rク____
.               IIIIIII||         :||  从  |i:i:i:i:i:i:|  |丁∈∋| ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄~| ̄
  ________|:|:|:|:||zzzzzzzzzzzz||-{ミ彡|_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| ̄ | :|
..rrr──:::: T|ニニ |:| ̄ ̄ ̄¨゙|:| ̄~| ̄ ̄|゙| ト-=ニ二三  .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
..||:|:::::::::::::::::::::||  | |:|::::::::::::::::::::|:|_ 」 -=ミ| |   |   ||  |   俄かに信じがたい不可解な事態が起きている ――   |
..||:|_:_;;::。。 --┴─     ̄ ̄         ≧。o=ニ二 ̄  乂_______________________ノ
 ̄         ,,...。。 -==ニ二|      ||:|::::::::::::::::::::||::l ≧s。   ||;;;;;;;;;;;;;|  : i|   |
           ||::|::::::::::::::::::::::||::l       _,||:|::::::::::::::::::::||::|二三ア,,,||i;;;_ -‐====┴=≦
o。        ||::|::::::::::::::::::::::||::|-─=ニ二:_||:|--─  ''''||::| ̄ |::|
`トミs。___   -=ニ||::|:::::::::::_,,.. ||::|┬  ̄|l  ||:|      ||::|   |::|
..| |`|:|::|二ニ=-‐ ||::|丁 ̄|:l   .||::|│___,,⊥ -||:|''"``丶、 .||::l   |::|
..| | .|:|::|   .|| ||::|::| __⊥  .||::|│|≧o。:::::||:|:: :: _,. -‐. .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
..| | .|:|::|  .:|、 ̄||::| ̄::::::: : \||::|└|| l'<``||:|二三二ニ:  | しかし我々は、この現実を直視しなければならない  |
..|_| .|:|::|   `トミx||::|゙:::_ -=ニ||::|  || |  `'||:|~゙l| |   |.  乂________________________ノ
   |:|::|   |:|`'||::|三二ニ=-‐||::|  || |   ||:| l| |   ||::| ::|::|
   |:|::|   |:| ||::| ̄ || |  ||::|  || |   ||:| l|_|   ||::| ::|::|
   |:|::|   |:| ||::|   || |  ||::|  ||_|   ||:|      ||::| └
   |:|::|   |:| ||::|   ||_|  ||::|      ||:|      ||::|
5602 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:18:24 ID:ainaC6Ao0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
 |  決して親しいとは言い切れなくとも、見知った顔ぶれ  |
  乂________________________ノ

               -─…─-                                  ____
            ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__                    , 'へ/\ー‐、__  、
        /:::::::::::::::rく:::::::::::::::::::|::::::::::::|:::::::|                      _/⌒         ⌒V、
         |:::::::::::/::::\\:::::::/|::::::::::ハ:::::::|                     ′     /          Vハ
         |:::::::く::::::::::::ィ:::::: X⌒ |:::::: /´|::::::ヽ                  /  | '  |   / |      V ,
         |::::::::::::::::::::::::::イ/ ト  |:::::/ =ミ::::::|::|                  '  l |__|_|   { _ L,,,...L   寸、
        ./|:::::::l:「⌒ YΧ||//|  /:::/ィ/ハ:::∧|                 |   ', :|V \|、  {\|\{ハ   }7⌒
       / :|:::::::lハ  (|::::::|.Vツ く::::/ lツ ::::::|                   |   Vイ笊ぅ }   { イ笊r}レ'|    },'
      .//|:::::::|::::\_|::::::|u""    、"|::::::::|                   ∧ V  ト' Vrり 'へ { Vrり '   }'
      ′ |:::::::|:::::l:::::|::::::ト   n  イ:::::::::|                   ∧ lV 八_   ,: `    '  / ハ
       ,/::::::lVニニニ|::::::|、≧==≦::::|::::::::∧                     ` }\「、   ___   / /レ’ }
       ⌒Vニニニニ|::::::|/|  く /ニニ7:::::/                      7 j人  V ノ  7´    |v
        _ノニニニニニj:个|ニ7   〉ニく::イ_                     ,     }ト _ ,.イ/    / '
       .〉ニニニニイニニ|ニニ》 ⌒マニ|ニニ7                     | |、    } f^,  r‐/    / /
         7人___ノ!^⌒∨/====V⌒⌒ハ                       八|ハ   }ハ ', / 7  /レ' -=ミ
        /〉: : :_:ノ   / /l:i:i:i:i:i:i:i|   ∧                   , '" 、  八r'芥メ,| ,イ        寸 /
                                              /    」ハ/ </ V Vハ{         ∨
                                          '        ∧            } /
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ .           V
 |  誰にも疑いを挟みたくない……そう、信頼のおける友人だと私は思いたい  |
  乂________________________________,ノ
5603 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:19:21 ID:ainaC6Ao0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ―― しかし。ああ、しかし! 眼前に突き付けられた異常を一体どうする!!  |
  乂 __________________________________,ノ


                                       , r=ミ、
                      , -─ - .、                '/〈 固ノ
                   rイ.      \           '//|:::::|
                  ./   ./    Vハ ヽ          .'//|::::_!
                 /  / /i     }  }  }        __'/{¨ニニ¨7
                /   / / ,‐  { /  ! 乂       <Y从}/,}   {
              '/i   /  .i / .;i Y⌒ヾx/⌒7 ̄ ̄77 ̄ ̄    }
              '/ヽ ,/ /i /ヽヽ_ | / .,/f ゚      ./ ,'    _.。s≦´
             .'///,' .i  i' i. `-、/  ̄ /j}      ./ 厶斗⌒L
             .'//,′i  i i .i  '//{ / 从     .,' /_f   /     ,r=ミ:、
             '//i  ‐- 、i iヽ.' {;∨        { /  `ヾ、 /    ./    :.
             .'//i     ヽヽ \ i/   、      ,i.{,__二=彡  / ,レ    i
              '/\       ヽヽ/∧   \    .乂      /   {   _; ,;;_<⌒:..
                  '//ヽ    .i ヽ.∧    _`≧=- :._ ヽ.   /    }..;. <´      .i
                  '///\     _∠ ,,._//      \v'   ,> ´      ,.    |
                 ,, ── '' ¨´      ̄         .,>:'了         .{      |
            , -‐ ' ¨¨´                          /´         ;>.{      |
       r ''¨∨          /                  /       .; i ´  从    |
       .'///ヽ',         ./     ..__.  イ      /      // }   |.∧.   .|
          '///ヘ         .',            .'{      /     ,イ //r┴i_{ '∧    |
         '///\        }          ∧    /}      ,〃///厶ミvヘ__V} ,i    |
           '///Y     .,'           .ム.>''''"≦`≧=-彳'/////\\゚ー=癶、.}   .|
            '//}    ./         >''"... ̄    '/////// ' .'///\\圭} !   . |
              '/⌒ヽ../        ./             '   '       '///,゚ ー=彳 |   .|ノ}
               '//}./ >─---‐ "                      .'//////{⌒ミ彡べ
              '/|/   /                              '///{ミx。、圭圭`≧s。
                  /─ '' ¨´                               '//`≧s。三三z彡’


 γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 |  部屋の主が下半身すっぽんぽんで横たわる今この現場で、我々にいったい何ができるのか  |
  乂_________________________________________ノ
5604 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:21:26 ID:ainaC6Ao0



                 l    l   !     ',
              {     l   !      、                      謎を解き明かそう。真相を究明しよう。
               !     !   ',    ヽ
                  |     i   丶     丶
                l    i    ヽ '    ヽ               惨憺たる姿で横たわる彼の悲しみを
                   i     l      ヽ       .
                    i    |.      丶     ',             決してそのままとしないために……。
                ,.l     トヽ      、     ',
              /ー‐''´ヽノ:::}       ',.   i、、               眠りについた彼の無念を晴らす為に。
              {.!::::::::f´ 1:::j      /ハ.    lヽヽ
               いァ、ト l::;ィ      {:{::ヘ__,ノハ}::}
               /イX.ヾイ/:;{      ヽV`ー‐':::ノ '|          どれほど辛くとも、私は真実の剣もて
              /,彳X.ヾ.}j/;リ      ヽ> 、:::::{ , j
               7:/=/ハ.Y´          ヽ._ ナハヾー-、.          事実を並べることで解決へと歩もう。
             i:::ヽ-:':::::::l:!`          いイlゞ7\ヽj
             {ヽ::__;;/:/          〃j/l ゞハ ,ヽヾ.、
               ヽ三.彡'           ヾイ |ヽ ゞィ. }:ヽ`
                               l.ハ:::ヽ-‐':::::ハ
                               l{ ヽヽ::___;ノ:リ
                                     `ー ニ '
5605 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:22:43 ID:ainaC6Ao0



                     /|                  /Z -,
                  ―   人___             V7./ /7「l_
             _/   - '⌒     <                // // .レ' ロロ/7
         ./  /  -    \ \\              ¨  ¨     ,/
        .'    /   |       i   ヽ =-          ._   _
                   |       | \      >       .`) `)          今すぐ得られる情報は少ない。
       .i     /   |人     |  ∧人 <      .--‐''´-‐''´
          '   |    \ 、 彡Vィ^ Y、\ ̄ (' 、                     確信を掴むに時間が足りない。
       /   /イ /|  '  |__\\  じ i) ゝ \ (\\
     .ノ ⌒7  |∧ 、  Ⅵィ示ミ ̄  、 : ゝ ヽ \_Yヽハ
          /   V∧ >、  代 ソ     _ 八 |ノi {ヽフ、ニヽ              それでも読み取れるものはある。
       .ノ⌒i   Y⌒\> \ _ ,, ' イ  ,,|ニV〕 (\|ゝ ヘ _
          .| ,へ人   ヽ  ̄ ̄    / >⌒ヽ人ニニ/ \_
            /  {  \   \―――=彡⌒Y o  \___/___〈 ̄\          小さな手掛かりを一つずつ集め、
            |/ ̄ ̄ ̄ヽ)   /| |   \  o ___| ̄ ̄ヽ ̄\ 、
           ./ |     / \/ |/| |__ / ―' ̄ ̄|    |―‐=ミ、     静かに歩むその足取りを止めず、
        /     ̄〕 ̄ ̄ ̄丁  Ⅳ ∨ \         ノ    |     i
 ___ /   /  j――― /  //  i    >―<―――  ,, _彡'      私は……必ず答えに辿り着く!
.         /   |_______/  //  /|/ ̄    ヽ
..    __/    /_____,/  //  /  辷=――――i
.  /          i ―― ,/  //  /  | >――=ミ  \
../           |   ,/  //      |‐r-----=ミ \  〉
.             ` 7  //,/     |//////// i/\彡'
.                  /   /      l---=ミ///,|
5606 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:24:34 ID:ainaC6Ao0



ttps://www.youtube.com/watch?v=wq1jknZp0ic&list=PL513A819E4B21FA11&index=8

___________________________________________
WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               -─…─-                                  ____
            ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__                    , 'へ/\ー‐、__  、
        /:::::::::::::::rく:::::::::::::::::::|::::::::::::|:::::::|                      _/⌒         ⌒V、
         |:::::::::::/::::\\:::::::/|::::::::::ハ:::::::|                     ′     /          Vハ
         |:::::::く::::::::::::ィ:::::: X⌒ |:::::: /´|::::::ヽ                  /  | '  |   / |      V ,
         |::::::::::::::::::::::::::イ/ ト  |:::::/ =ミ::::::|::|                  '  l |__|_|   { _ L,,,...L   寸、
        ./|:::::::l:「⌒ YΧ||//|  /:::/ィ/ハ:::∧|                 |   ', :|V \|、  {\|\{ハ   }7⌒
       / :|:::::::lハ  (|::::::|.Vツ く::::/ lツ ::::::|                   |   Vイ笊ぅ }   { イ笊r}レ'|    },'
      .//|:::::::|::::\_|::::::|u""    、"|::::::::|                   ∧ V  ト' Vrり 'へ { Vrり '   }'
      ′ |:::::::|:::::l:::::|::::::ト   n  イ:::::::::|                   ∧ lV 八_   ,: `    '  / ハ
       ,/::::::lVニニニ|::::::|、≧==≦::::|::::::::∧                     ` }\「、   ___   / /レ’ }
       ⌒Vニニニニ|::::::|/|  く /ニニ7:::::/                      7 j人  V ノ  7´    |v
        _ノニニニニニj:个|ニ7   〉ニく::イ_                     ,     }ト _ ,.イ/    / '
       .〉ニニニニイニニ|ニニ》 ⌒マニ|ニニ7                     | |、    } f^,  r‐/    / /
         7人___ノ!^⌒∨/====V⌒⌒ハ                       八|ハ   }ハ ', / 7  /レ' -=ミ
        /〉: : :_:ノ   / /l:i:i:i:i:i:i:i|   ∧                   , '" 、  八r'芥メ,| ,イ        寸 /
                                              /    」ハ/ </ V Vハ{         ∨
                                          '        ∧            } /
                                           }         /,'∧           V
___________________________________________
WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING! WARNING!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5607 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:25:34 ID:ainaC6Ao0



                                                          _三二ニ=-
                                            _三  ,.イ  ,,  二三 ̄
                             _三二ニ=-==ニ二三 ̄     .| |/ .!
                 ._三二ニ=-==ニ二三 ̄  ...../ ̄ ̄フ' _ -―   |  / ,/! |
_三二ニ=-==ニ二三 ̄.,/__|=/;===ミ、`-| |     /   /ァ'´ __,, =''"|   レ'.| | .| |  ::}
    /  |::::::::\|   ,|r/形|'7´r'´__`ヽ`冬 | !    / /,, / ´‐''"´ ̄ ̄   |  .....| | .|/  :∧
   /   |::::::O::::\.  |∧', | ! (::(  ):::} ヾ', |   ///| /  ´        |  ......|/  ::::::::/  . ,イ,イ ,イ
  /  /'|::::::::::::::::::|   ',|  `{| 丶`_´_, '   Y   /,r'´  | /          /  ,イ   |:○:::::|   レレ //
 / /   |O::::::::::::::ト、  ',  l|`     , '  }  /  .::.  l'          / / |  人_::::|    /'
 '´     {\:::::○:::|:_ヽ、 ',  `     ̄     |  /  .::::::. ′        //  .}、/   「  i    ._三二ニ=-
      λ `ト、::::::|  ト 丶         |/l/   ::::::::          /'´. \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
    /∧  ! \」  | 、`、        '    _三二ニ=-==ニ二三 ̄.. .>                 <
   / / ',  } /    ._三二ニ=-==ニ二三 ̄                  >  私はここに訴える!  <
_三二ニ=-==ニ二三 ̄                                 >                 <
                                            /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
5608 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:27:10 ID:ainaC6Ao0



 \人_从人__从_从人__从人_人从_从人__从人_人ノ/. . :.:|   ../        ∨ムニγヽニ∧: : : : : : : : : : : >=-
  >                           .<  : : :.:|  / ,ィ≦示`ヽ   ∨》入ゞッ=-∧: \ー: : :''゙~\
  >  そう、犯人は……この中に居ると!  .<   : .:.:| /  /{r' .Y } 从  ,. :` <ニ`>ュxi} : : \: : : : : : :\
  >                           .<   : :.:.|      ., J .リ     /: : : : : : :``:.<Y 、: : :.:.:\: : : : : : :\_
 /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY⌒Y⌒WW⌒WY\.. .: :|       V才´    /: : : : : : : : : : : : :|`ヽーt――: :\ ̄ ̄ ´
                      |: : : : : : :| __ヾ: : : : : {、           /:.:/: : : : : : : : :.:.:.|  V , : : : : : : : \
                      |: : : : : : :{ ´ 〃巧心: : : |ヾ          .//  |: : : : : : : : :.:.:| / リ: : : : : : : : : : .,
                      |: : : :.f.∧'  ∥ {r' リ \ i         /'゙   |: : : : : : : : : :.,  ノ: : : : : : : : : |ヾ }
         .ハ   /⌒)          |: : : :.∨∧', ヾ .乂ン < `               |: : : : : : : : : :. /: : : : : : : : : :.:.:|
        //  弋彡'         |:._ :.:.:.:∨∧ヽ                         | : ∥: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:|
       ./ ニニニ===ー     ..、人_,..ヽ.:.:∨/ゞ=-       ,ィ ―ミ        |:.:∥: : : : : :.': : : : : : : : : : : :∧ |
      //             `):.  て. i.: : /: : : :.'     //  ....::ヽ        | ∥: : : : : :/: : : : : : : : : : :./ .,:}
      .ムニニニ===─       .´Y^` ノ /: : : : 叭     ヽ  ....´::::::::ノ        |/: : : : : : /i: : : : : : : : : ∧{  リ
       .Zニニニ==ー    /      .{   .|: /: : : : : :.:入     く::::::::才        ./: : : :.:.:/――――――`ミ
       .Zニニニ==ー  /         |/: : : : : : : : : :\                 /: : : :./             `
             //         /: : : : : : : : : :.:/         -‐    / : : /                      Y
       .アニニニニ彡'           /: : : : : : : : : :.:/    ``  /       ./:.:./                    |
               Zニニニ7       ./''゙´|: : : : : : : :/      /       /:/                     |
          Zニニニニ'ニニ==ー    ..|:/}: : : : : '     ./          / ´             jI斗――――-ミ  .|
                        |' \: :.:.| .     /                 >  ´           \ |
                               \:{  ../              >  ´   /              .\
5609 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:28:18 ID:ainaC6Ao0



                 __才: :.:.:.:/ : : : :.:|: : : -=≠=: :.:|   ../        ∨ムニγヽニ∧: : : : : : : : : : : >=-
                `ー―― ''゛/: : : : : :.|: : : : : : : : : :.:|  / ,ィ≦示`ヽ   ∨》入ゞッ=-∧: \ー: : :''゙~\
            ー、            ./: : : : : :.:∧: : : : : : : :.:.:.| /  /{r' .Y } 从  ,. :` <ニ`>ュxi} : : \: : : : : : :\
        ./::  ヽ           ,: : : : : : :./  ,: : :≠: : :.:.|      ., J .リ     /: : : : : : :``:.<Y 、: : :.:.:\: : : : : : :\_
        .j::::   )           |: : : : : : :'    : : : : : : :|       V才´    /: : : : : : : : : : : : :|`ヽーt――: :\ ̄ ̄ ´
     .r-、{:::::::..  イ          .|: : : : : : :| __ヾ: : : : : {、           /:.:/: : : : : : : : :.:.:.|  V , : : : : : : : \
    .(⌒::. :::. ::. j          .|: : : : : : :{ ´ 〃巧心: : : |ヾ          .//  |: : : : : : : : :.:.:| / リ: : : : : : : : : : .,
. (´ ̄`::.   .::..__.:::´⌒ヽ        |: : : :.f.∧'  ∥ {r' リ \ i         /'゙   |: : : : : : : : : :.,  ノ: : : : : : : : : |ヾ }
.  ヽ::r'⌒ヾヽィ.: :ヽ:::  (_ -、    ..|: : : :.∨∧', ヾ .乂ン < `               |: : : : : : : : : :. /: : : : : : : : : :.:.:|
   .Y:: ..::::::..  ノ::: ::..::  ノ     |:._ :.:.:.:∨∧ヽ                  i    | : ∥: : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:.:|
.    ゝ、::_  ::  `ー-- イ{      ヽ.:.:∨/ゞ=-       ,ィ ―ミ   ι   |:.:∥: : : : : :.': : : : : : : : : : : :∧ |
       .`て_,-r'`ー-- _=-=- , .   i.: : /: : : :.'     //  ....::ヽ        | ∥: : : : : :/: : : : : : : : : : :./ .,:}
                       ,ノ /: : : : 叭     ヽ  ....´::::::::ノ        |/: : : : : : /i: : : : : : : : : ∧{  リ
                    _  00    |: /: : : : : :.:入     く::::::::才        ./: : : :.:.:/――――――`ミ
                    辷l /7     |/: : : : : : : : : :\                 /: : : :./             `
                     くノ      ./: : : : : : : : : :.:/         -‐    / : : /                      Y
                      __     /: : : : : : : : : :.:/    ``  /       ./:.:./                    |
                     コ L  /''゙´|: : : : : : : :/      /       /:/                     |
                      ̄ ̄     |:/}: : : : : '     ./          / ´             jI斗――――-ミ  .|
                  O    .|' \: :.:.| .     /                 >  ´           \ |
                    O      \:{  ../              >  ´   /              .\
5610 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:30:13 ID:ainaC6Ao0



                           >―-、    /   ', ',ハ .       /  | '  |   / |      V ,
                         /,'´ ̄i |_,,斗'i  __ ', i∧、    .'  l |__|_|   { _ L,,,...L   寸、
   人が大人しく黙って聞いてりゃあ  ,/ ./ ,r'"f⌒i    .| /   ヽ>イ     .|   ', :|V \|、  {\|\{ハ   }7⌒
                        { f  |: ::| 弋   | l : : : : :,〉      .|   Vイ笊ぅ }   { イ笊r}レ'|    },'
   随分と好き放題に謡いやがって。 V ',  l ::ハィイヘ __,|ツヘ: : : :_:',.    .∧ V  ト' Vrり 'へ { Vrり '   }'
                         V ', レイへi_ノ    〉斤 ハ      .∧ lV 八_   ,: `    '  / ハ
                           .V亡"ハ       _U: :| .|::',      ` }\「、   ___   / /レ’ }
   おう、なにチョーシくれてやがる。       マ ム    rt'"| |: :弋ノ: :>      7 j人  V ノ  7´    |v
                                マ ム   /| .|人,!(\人_/      .,     }ト _ ,.イ/    / '
   一事が万事テメェの所為だろ。        .マム  .|人! /^)〉 }         .| |、    } f^,  r‐/    / /
                              マイヘ斗'" / f" /         .八|ハ   }ハ ', / 7  /レ' -=ミ
                              < .' ,|斗 /  { 〈          ., '" 、  八r'芥メ,| ,イ        寸 /
                               マ .レイ   |  ',          /    」ハ/ </ V Vハ{         ∨
                                   ゞ-''ヘ  ./\ ',        .'        ∧            } /
                                      ト、/   ヽi、     }         /,'∧           V
                                      ||ハ、  / \   ./         //l|,'∧           ',
5611 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:31:01 ID:ainaC6Ao0



        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         |  それ以上ワメくなら次は眉間に穴開けてやるから  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          ヽ_____________________  汚ねぇクソミソそっから垂れ流させっぞ  }
                                        ゝ、_________________ノ
                        |.....|.........∥  ',............======{   ,ィ´ ̄``ヽ  マムニニ(=)ニム\.................\
                        |.....|.........,  _,\.......................{  /   f_)Y i}  マムーニニニi}....`<_ ̄ ´
    ヒェ……。               |.. ∧......|才´   \..................∨    { J}    /` ̄ ̄ ̄ ̄ー――=⌒>
                        |......∧.. |  〃 ̄``、ヽ ............ ∨   _`_´_/:::. /.∧.......................................``ヽ
                        ,......... ∧ {  ∥   {r'} \ ......... ∨::::::.       /./  `ヽ..........................................
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ. ......∧',:. ヾ   ゞ'  /::.ヾ}\ .∨       /'    :::::\...................................
 |  返 事 は ど し た ?  |  .......∧',ヽ ..::::ー''゙´ 《     ``              / ヽ.....................ヽ.....
  乂_____________,ノ.  }.. / ``ヽ      ヽ           u   ..:::: 。s< .}.....|.................}.....
                     ´    ∥/   |....         __        。s<      }...∥...............|.....
                            ∥'     |.叭      くf´γ:::::ヽ    。s〔        //} .............. |.....
    アッハイ、悪いのはぜんぶ私でした。  /.....入      ー   ̄ 。s〔          /'  ∥............././
                             ,...............〕s。       。s〔          .-=======∥......../´ L
    チンクが起きるまで大人しくするので.  ./...............{ 〕s。  ./      jI斗――――――/......./___
                           ∥/..................Y ./  /     才´___      ''゙~^´´
    どうか一先ず、お許してください。   /.....................リ/ ./    / ´      `` ~ 、
                           /....................../ {       ./          `ヽx才`ー. .、
                          /...................。s〔  ∧    ./            //ヽ: : : : : : :\``ー――
                        /''゙~^´ ̄ ̄     ./ 入   /             //: : : ∨: : : : : : \
                                        ヽ./             //:.: :. : :.∨:.: :. : : : :.:\
                                       /             //: : : : : : :.∨:. : : : : : : :.:\
5612 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:32:19 ID:ainaC6Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5613 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 20:33:16 ID:TTS6nTZA0
一先ず許す。 つまり後々許さなくてもいいってことだな(処刑BGM用意
5614 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:34:07 ID:ainaC6Ao0
それな
5615 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:37:37 ID:ainaC6Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 =-――――  <__               .l l.    //
              > :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.<                l l   //
           -=≦:.:.:.:.:/:.:.: /:.:.:l{:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ::≧=-          >' ´ ̄`ヽ、
.            /:.:.:.:./:.:.:.:.:./:.:.:/:.l{:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ\         .V      ! ニニ
          ,イ.:.:.:.:.:.//:.:.:.:./:.:.:/:.:.ハ:.',:.:.:.}:.:.:.:.:.:!:.八:.:)h、     .! ./γ)  ,'
.           /:.:.:.-=彡イ:.:.:.:.:.l:.:.:__/_ .ゝ',:.イ:.:.:.:.:.}:..:.:.:l::ヘ ̄     !X.. __/  ノ
         /.:/:.:.,ィ:_:.イ:.:.:.:.:.|:.:.:./:イ `>、/:/:==/:.:.:.:.:.',:.ハ       X丶-/''' ´
.         ,.:/:. ̄i:.:.:.:;,;,;,;,;,;,:ヘ:.:/ィzzzzx /::/=:.:/、:.:.:}:.:.ヘ:.:.l      .`ー '
        |/|:l:.:.:.|:.:.:.;|0 .O}|.:.:ト  _)刈` ',イ:.:.:.:/ _}ハ:./:八]ヘ!
         /イ:.:.|.:./ |_O__}|:.ヘ   ゞツ  |:.:.:/.斧ミx:.:/:.:.:ゝ乂    じゃあ貰ったコレを、改めてアンタにプレゼント!
         从:.|/ヘゝ|:.:.:.:.:下ミx     '"´ ヒソ/イ::/:,:.:|´ ̄
.           从:.:.:.:`|:.:.:.:.:.|           '  ノイ:イ\|        だから……いま此処で着けて 見 せ て ☆
              从:.:. |:.:.:.:.:.|        ___    ,':.:|
              ,r'―|:.:.:.:.:.ト 、     乂У  人:.l                  _
           ._/` 、 l:.:.:.:. |  ` 、    ,ィ:.:.:.:.:.l                     /ノ
           / \  l:.:.:.:.:|`'~、、/_≧≦V,|:.:.:.:.:.l                /../
      __,イ \  .ヽ.l:.:.:.:.', \        }:.:.:.:.:l                r-、. ./../
.    /¨¨¨¨¨ヽ ̄ マ   ',:.:.:.:.:',  \    / .l:.:.:.:.:l              l ./^ヽ./
    /.      ∥', マ  V:.:.:.:.',       / .l:.:.:.:.:l              |/ /⌒ヽ、
.   l.    o∥  ',   \  ヾ:.:.:l^ヽ、__  .l:.:.:.:.:'、            |(_/ /⌒ヽ}
   {      ∥   ',.   マ>=\ト ___  从:.:/} }               |.`Y A_ ノ、
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

チンクが日頃らしからぬヒデぇ絵面を晒して一悶着が起こった元凶。それは問題児の思いつきによって始まった。


自分で墓穴掘っていらん恥を掻いたシノンが煽られたり引かれたりした挙句、からかいの矛先を誰かに向けるべく

手にした御立派さまをチンクに押しつけ返しながら余計なことを宣ったのだ。―― 本物のバカなんじゃないの?

この時点でブロントさんは付き合いきれないと言いたげに「男が居残ると邪魔だろう」なんて言い訳して退室した。

    チ ン ク  セ イ ン
そして部屋主と同居人、アサギ&シノンの外見上は女性だけとなった部屋で、問題児が御立派さまの装着を迫る。
5618 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:41:30 ID:ainaC6Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       l l   l l | l l レ\ _」⊥-ァ  |   l
        l l  |_l_l_N ..∧ l-=. 「ヽ「` l    l. )'ーーノ(
        l l ムr_サ」∠  `{ ヘ´三}/´ ̄...´   / チ  |  . ......`..ー.......‐....、
        l \ヘ::::::::::::.}    込レ .........,..........  l   ・  i´.  .......}...ノ...........ハ ̄`ヽ
        |   `|ヘ__/ 、    .|八.........:......./.. .|  ン  ,l.  ......../....................,..........
        |   ハ人    。  / \....{.....′. .|  ・  |.. .-.叭...................... }!........i!
        l   l   个   _/   ./\.....{....  |  〇 .|. .\ー‘:,.....................}!......八
        |   l   | .|/   i   /  ./\,...  |   !!  |. ......ハ ‘,................. }!..........‘,
        |   |   | ./  . |  l.  /   ...ノー‐---、,|  .。s≦ヽハ.............. 八..............
          乂.. |..   V./ ./ . |  l.  \....ハ.............../.)/ニニ二>{..}!................ハ..........‘,    ....|ー‐''"l
            |.   // ,イ.. .|  |.   .l   ‘.,............/ニニニ/.....ノ.........................}〕iト⌒ヽ     l チ ヽ
                 / l ,l.l  .\ .l   .l  l.‘,......../ニニニ/........ {´ ̄ ̄ ̄ ̄`{.....___.`..、  ../  ・  /
            / l l .l  l . ヘl   l  l ‘,.. /ニニニ/.... /´ {         }´ ̄`ヽ.. ̄`ヽ | ン |
               { .{ .l l  l  l..ヘ  .l.  l   l {二二/..................乂´ ̄::::/ ̄ノ..............‘,.......... .l  ・ |
                圦 .l .l  .l  .l    l.. .l   !.〈二ニ/.../............/´....{::´ ̄::`:.r‐_、 ............}........  l. 〇 .|
               ヘ .l l  l.  l   .l  .!   l  \Y》/............/.......人:::ノ\:::::ゝ-,......... ノ........  |  !! |
                ヘ l l  l   l   l /   !     /............/..../....ノ` <ノ::__:ノ....../........... .ノハ、_ノヽ
               ヘ} l  l  .ヽ  .l/ /    ...............,........../::::::::::::::::::}!............... /.............
                 ,ヽ ヾ .l   ヾ//      ./.................   ´::::::::::::::::::::::::}!............../............,/
                   ,l  ヽ}  /.      /.........,. ´.:::::::::::::::::::::::::::::::::::}!.............,........../′
                               /.:::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::: 八...../........//
                               /../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.{....\......... //
                            {'.......′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/人............./,
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

アサギが止めてくれりゃいいのにと視線で非難したが、彼女は『アタシでもお手上げよ』と顔前で合掌するばかりだ。

現在のシノンは誰になに言われようと聞く耳もたない駄々っ子である。武力鎮圧して無理くり黙らせるのは可能だが

そうすると後で余計にめんどくさい拗ね方をするだろう。……相手の懐をはみださずに上手くゴネる奴っているよね。


しょうがないにゃあ。返却された桐箱をテーブルに乗せて溜息ひとつ諦め顔したチンクが衣服をするする脱ぎ始め、

調子に乗ったシノンが音頭をとってはしゃいだ。キミ、仕事前にクスリでもキメた? いまバッドトリップしてない??
5620 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:46:28 ID:ainaC6Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /:: :: :: :: : \:: :: :: :``~、、           .人
          /:: :: :: :: :: :: :: ::.\:: :: :: :: :: :: ``~、、__      て
      ./:: ::.| : : : |:: :: :: :: : |=\:: :: :: :: :: :\:: :: :<⌒     .〈   うひぇ
     ..: :: :: : | : : : |:: :: :: :: :∧:: : \:: :: :: \: \:: :: ::\
    /::/:: :: :八:: :: :|:: :: ::.::./::∧ :: ::|:\_:: :: :: ::.\:: :: ::\__      \ ハ ァ イ /
   ./::/:: :: :: :: ::\:: :: :: :: /====:: ::.|/ \:: :〈__:\:: :: :: ::./          _ _        .'^Y⌒i
  ../::/:: ::.|:: ::/:: |u \:: ::/:: :: :: ::|| : | 斗=ミ::.:|///∧:: \::/          ., ´ }´   ` ,    i   ノ
...__彡:: :|:: ::|::./:.:|::|_/∨:: :: :: : ∧:/ィうい) 〉| ////|\:: \          ./  .,'      '.,   ゙y'´           __ィ.、
.. .|:: :: :|:: ::∨:: :|\  /_\:: :: :/   ''"/:/uИ ̄:: \::>'⌒        i  ,イミ       .',              {
.. .|:: :: :|:: :: ::\:|   ィうハ : : //、/:/:/:   |:: :: :: :: :\     /    .ノ ,イア マュ、      i              マヘ
.. .|:: :: 八:: /〈.\〈 Vシ´:/∨.:/:        |:: :: :: ::|::〈⌒_/    ./ィ彡' ノ ヽ、     ム             j ム
.. .|:: :: : : 〈O/O\:\:/:/:/     __ ___|:: :: :: ::|__/⌒\/   {ミア      ` ャェェ、 .}  __       /   i
.. .|:: :: :|:.:.:∨/O//>: :\      /⌒ン    |:: :: :: :从   / ̄\  ..`Y  i´  ̄)    `ミム'./    >――--.'   ./
.. .|:: :: :|:: :: ∨_/:: ::.:`'<u    〈/ ノ     /|: :: :/  // \ |-_  .} { `  ´  .i `、  {イ  /         /
.. .|:: : ∧:: :: |:: 〈::\:: :: :: :\_u / __/_|:: /  //-_-_○|  ャェェイ{       ノ   \ マ イニニニニニア_  `マ
.. .|:/ ハ:: ∧: (\: \:: :: :: :\/ /  / ̄ ̄ ::/  /\\__//.   フ .マ     /    .ヽ\}ニニニア―イマ  ` 、 ヽ
        V  \  \: \:: :: :: :\/__/      /\-_- ̄ ̄-_  ..ィ彡_  }     {        i   i> ´ ̄.ヽ .,ィマ i、
               )>:\( ̄ ̄/       /   \-_-_-_-_-_  ..' . ̄{     .{        L  /≦\   / ノ j.
                                               マ     マ        } マ  {    / .イ
                                                \    マ       マ i  ',    .{  }彡
                                                /ア` マム     >イ  i ,.-、 \/, ― ヽ
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

少女が下半身のタイツを脱ぎ捨てる事案劇は焦らす間も置かずにサックリと終了し、お年頃な女性二人の前で

つるっつるな股間が露わになる。腰に両手を当てたニオー・スタンドのフルチンクスタイル。(※チン装着前です


流石にちょっと自分どうかしてたんじゃない? とシノンも気恥ずかしくなって視線を下げ、横スライドさせた先で

桐箱から顔を覗かせる御立派さまとバチコンぶつかった。手を振って挨拶されたのは、きっと錯覚だろう。
5621 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:50:51 ID:ainaC6Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ┏━━┓                  ┏┓               ┏━━┓                  ┏┓
  ┃ ━ ┃┏━┓┏━┓┏━┓┃┃               ┃ ━ ┃┏━┓┏━┓┏━┓┃┃
  ┃  ━┓┃┃┃┃┃┃┃┃┃┗┛               ┃  ━┓┃┃┃┃┃┃┃┃┃┗┛
  ┃ ━ ┃┃━┫┃━┫┃┏┛┏┓               ┃ ━ ┃┃━┫┃━┫┃┏┛┏┓
  ┗━━┛┗━┛┗━┛┗┛  ┗┛               ┗━━┛┗━┛┗━┛┗┛  ┗┛
           -─=====─-                     __           。s≦        ̄≧s。.
       イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト .      .|ヽ/|_        -‐-、ヽ   ..../    ┌‐         \
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:\    \   /    .(_(  ノノ   /      | .{           \
   ′:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:/ 1:i:i:i:i:i:i|∨:i:i:i:i:i:\{     |__>         <く   . ̄/    ,   l .l    ,         l
  /i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:/、  |i:i:i:i:i:i:i|/\ i:i:i:i:/ 〉、                .`◎    ./    |   { .|ーヽλ       ||  .|
. / :i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i|/¨¨¨\ |i:i:i:i:i:i:i|/¨ヾ:i:/ /:i:i:\__                     {     /l   | |  ̄ / | `ヽ     .||  .|
/:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:Y       |i:i:i:i:i〃   }〈_/:i:i:i:i:i:i:i:                 / | l  ./ {  i∨ョョ/ .l    ヽ ヽ  ||  .l
i:i:i:i: ィ|i:i:i:i:i:从        |/}/     从 /| ̄ ̄                 /へ.l .| /`ヽl  |   l/,.―ヽ   \\ \ \
7i:/ |i:i:i:i:i:i:i:i| ━━===    ==━(/\)                        i l/、/xテミx\l  / ,f広刃\__ \ .| ̄´
':i∧ |i:i:i:i:i:i:i:i| u  ノ^⌒⌒⌒^{  u Y:i:i:i:i|                  / /O }' .ん刈i |/   l._ノ刈.} { ゚ ゚ }  ヽ,
i/i:i:ゝ|i:i:i:i:i:i:i小  〃___   〉   人 i:i:i|                   ̄ |o ┘弋__ノ     .|:'  ソ /`゚‐〈  /´
:i:_彡イ:i:i:i:i:i:i:i|ニ\{     \ {   イ:i:i:i:i∧〉                     |  |         ` ̄ /   { /
 _.∧i:i:i:i:i:i:i|ニニ「≧======≦ニニニV:i:i/ニニ7                      |  \          // , .}
 〉ニニ.\i:i:i:i|ニニ廴  ,,   〈ニニニニ∨ニニニ〉                        ∨  `>ー―――‐/ / //
彡ニニニニニヽ:i|ニニニニZ/}_,ハ__マニニニニニニニZ                           {__▲___∠/
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ベルトを回して腰に装着した直後、眼帯に覆われた義眼の更に奥にある副脳が警告のアラート音を鳴り響かせる。


【不明なユニットが接続されました。システムに深刻な障害が発生する可能性があります。使用を停止してください】


唐突なエラーメッセージに皆が驚く暇もなく、呆気にとられた顔のチンクが糸の切れた人形めいて床へ崩れ落ちた。


一方で装着された御立派さまが『ドライバ情報の転送、及びユーザー情報の採取・登録を開始します』などと別口の

アナウンスを謳う。アサギとシノンが顔を見合わせ困惑をぶつけ合わせた隣で、セインは只の人形よろしく固まった。
5622 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 20:54:35 ID:TTS6nTZA0
Q:つまり?
A:スカさん「チン○ちゃんにチン○生やすなんて絶許」
5623 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:56:39 ID:ainaC6Ao0



             ,. へー ‐=ミ
         ,、/\/  `´  \_`_ 、
        .┘└              .∨ヽ                   ……セインちゃんキレてらっしゃいます?
        .┐┌. /  {          ∨∧
         '    /  {∧  |  l| | ',  ∨/,
        '  ー-ミ.,{ ∧  |  jI斗┼   寸!
      | {   | 」L..,{ヽ∧ < 」L..,,!   }、\    あ? まだキレてないっスよ?
      | {  |【 {rう!` ∧ {イr'う| 】  /  }⌒
      |∧  |: Vり ´ \ Vrり } /  }       マジギレしてたら二人揃って
        ∧,小 : : :   ,   : : : :  レ'  /}                              ___________
        ∧ ,∧         /  l∧}       逆さ磔にしてから銃殺だし。     . ィi〔:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕ト ________
         |´  丶  ` ´  ,. イ   /{                              /i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、:i:i:i:i:i:i:i:
         |     〕ト -=≦斗,'  /_                            /i:i:i:i:i:i| :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:i:
           八   /_ノハ V  /   /´ ⌒ ー 、                  /i:i:i:i:i:i:i:i:ハ i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:/ 、:i:
         /',  {  r-芥―v}: /       寸                     |i:i:i:i:i:i:i:i:i/ ゚;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iト :i:i:i:i/  /\
       _/  ', 八 7 / V くノ´            〉,                    |i:i:i:i:i:i:i:/ ____ノ:i:i:i:\__|__\/  /i:i:i:i:
     /::{    `'    /{', ⌒   、     / 〉、                 |i:i:i:i:i:i:i:=======:i:i:i:i:i:i:i|=======:i:i:i:i:
     ノ{:::::\  /  /::∥::',     \  ,. イ,,.. イ:::}                  |i:i:i:i:i:i:i:| {// / }ト:i:i:i:i:〃// //}卜--
    <  ∨::::::\   /:::::::∥:::::',   _ ,,.. -=≦::::::::::ノ                    |i:i:i:i:i:i:i:| 乂____ツ V}/ 乂_____ツ/厶ィ
  / \ `'<__(` ̄:::::::::::|l:::::::::: ̄::::::::::::::::::jI斗 '"´「                    _∧i:i:i:i:i:とつー‐        ーrくニニニニニ
 '     >-'  }≧=-:::::::|l:::::::-=≦:::::::::::「__  ,,.. イ                   /⌒¨¨¨マ人 u    -─ u/⌒¨¨¨¨マ
    /     :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::;’ !     |        .────‐/  /    Y‐──┴───/  /
.    〈      :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::| |    |             人__ノ{______ノ            人__ノ{______ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

―― で、けっきょくどういう事態なのかサッパリ理解できず誤魔化そうとしたのか和まそうとしたのか、シノンによる

冒頭の寸劇へと繋がるのが事の経緯である。エラー吐いてチンクがブっ倒れるのを予見しろってのは酷な話だが

誰が悪いのかを問えばそれは間違いなくシノンで、何が悪いのかを省みてもシノンの頭だと答えるしかない。


そしてセインにしてみればクソくだらない癇癪と遊び気分で大事な御主人さまが意識不明になるという危害を受け、

だというのに加害者は事態を茶化して遊びだしたのだから、威嚇射撃と警告で留めたのは自制した方だろうて。
5624 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 20:59:30 ID:ainaC6Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5625 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:00:29 ID:ainaC6Ao0



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ- r‐┐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ -../\   |  |
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐   ....\  \  |_|   .,.  '     へ \  \
三. .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ  三三二 ニ - ‐ ‐           <\ \/      ./  / l ヘ ヽ ヘ ヽ ヽ   ヽ
三. .|  チンクや……  |.. . - ‐ ‐                    \>     ..// イl l l,.ヽz\ヽ !   ト     ',
三  ゝ ________,ノ                                 / //l lハlヽl x=弌 \l  l l::.ヽ l ',
三三三二 ニ - ‐ ‐                                  l /从l l ヽ  t乞ソ .:::丶 l l 、:.∨  ',
二 ニ - ‐ ‐                                        l ハl ,fiア::::        ::::::l lノトvl\   ヽ
‐ ‐                                                 l'l:ヽlマjヽ         ::::/ /tzノ|  \
                                              N::: V´ ' -      :/ /`¨l;;;;| l l \
                                                从八   "    ./ /,;;;;ハ;;;| l l l
          γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                         Vi ヽ     ....::::/ /,;;;; _| ̄ ヽ ヽミヽ
           |  そろそろ起きなさい  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    l lヽ l` ー─zl /‐= i7|   ` ーヽ
            ヽ_________  目を覚ますのです、チンク  }  ..l l、l│l l<ヽ:/l !:::::/∧
                          ゝ、____________ノ   l l: Ν !ノ:::.ヽi:l l l/ :/:::/ア::>===ミ
                                                l l:::::l l::::::/j:l l l ://::/   -==
                                             // l:::::l l:::/l l 从N :/::/   ,.ィニニニ
5626 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:03:11 ID:ainaC6Ao0



                  _              ⊆⊇、   .__
                  辷l /7   _,n___   └‐┐ |   └┘/7   ⊆⊇、
                   くノ   `l_ヤ′     く/     .<ノ   └‐┐ |   に二二l
                                             く/
                              r― 、
                ,,、、           {、   __>⌒ヽ、、、、
           ト(  )ぅ、         {(乂ミ≠      )___  }h、
           、ノσ ‐く           Vミ=≧z     イ   ミ 、 ≧zッ     、、
            乂_ゝ ノ        乂芝  / _癶¨7        ミ=--ノ    ) ヽ
                       =彡r―l /Λ Уノ |       ヽ ̄     ー ′
                      -=ニ二/   l' ̄/  |、       \
     r、、                  ¨フ,ヘ、 _,彡イ    !/,\        ≧zzzッ
     ト|_ヽ  〈ヽ         ーz≦ (  ` ∠_   __ノ―<≧z。. _ ____z―''``
     | |! l \ 〉                /≧s。/ ̄>'/ハhf' ̄ V, \
     Λ'l|  Y  v    くミ     /イ // /y  /|ト}    V,  \__,
     Λ! ゝ    |     )      /| //'゛「「/ /|lΛ|ハ    vl\_  \____ノ
       \     ノ!          / イ'{' ノ|/<>`` ̄ ̄ ̄≧=== 、ニ二___,,
        >、   |       _/⌒l{  /-=≦、、、 - ``  、、-―===ミ、 }ミ____彡′  _f⌒Yヽ
         /|   | )    ノ \ f^    、、  ―  `` ̄ ̄`` - 、、〈\      {___ αγ)
           /:::!   / }   (     ≧≦``                >` ̄ヽ     ``-'"' ̄
        /:::::l  /  }  />-rf〔⌒〕lh、`` =-  、、 _   >`     |\
         ,::::::::,  /   }く ̄ ╋ ├ム|ゝ|_>―==ニ__   ̄    -= 二(\ >、_         γヽ
 _{ ヽ   /:::::::{ /    h  ̄   ノ |l| ! / /  /         ``--- ``     ヽ \  ‘~、    `~'__ノ
{  Yツ  l:::::::::::/    ノ l   /l_)|ll |/ />( 〈 ╋                  l_  \、、  ~、、
 7 イ } l|::::::::/    / ├rf{ )| !l! /Λ,イ\                       l>、  ヽ ~、_ ~、、
    '''′l !::: /    /   |_ノlト'  l !l!,/ /こJ|__ノ\ 、                  )\ ヽ,',','ヽ   ~、,','ヽ
     l|/    /    |  )〕二} ll' /こJ  (  l\ <__       __,、、 ``   ノ__ V,'/Λ    \'Λ
      ! |/    ,'    ∥ ( {___{  /こJ    `イ ノ\    ̄          、く  \//Λ     V/,
     l ′     ′   ∥  )つ)/こJ      |`´|  ヽ、、__     、、≠、`   ヽ_  ヽ'/Λ、     }/,|
           ,     /.l  {l f⌒ヽJ      |::::|ゝ、__{Λ   ヽ ̄ ̄ヽ   ヽ    V ̄、V,'Λ\   }/,|
    l!               γ^ヽ{ ノノ_        l:::l  \::ヽ>、、j\   v、____マニニ(\/l}//,}\\ ノ/ノ
5627 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:07:04 ID:ainaC6Ao0



         ,     ̄ ̄ ̄` ‐- ._
       /             ` 、
      /                    \
     /                    ハ
     / /        / ハ   、   ヽ  ',
    .l  |   i    / l l ハ |  ! ! !.ハ.  |
    .|  !   」__i_! l  !.!   } ハ | ,! .! .|  |
    .|  |  ‐キハ-ハ.ト=ハ| ._」/.」z'ェzェF、 |  !
    .|  l   .li{::V::i{:ヽ{ヽ´  .≠テ丐ミl i /  !
    .| .f^l   l:::::::::::::::::::リ    ら::::リ 'l.//  l
    .| ヘ .l   l_::::::::::::/   弋.ン /'イ  l       ……なんだ、おまえは。
    .|  `.l   l´`¨¨´   ,      /!  l
    .l   !    !     __ _    ./ l  l
    .!   ∧   ト、        ,.イ、_l  l
    /!   ! ハ   lヽ>  _ r<  `ヽ!   |
   .//   >l  ∧i|== i r_'1_    !  |
  // ., r ´  .∨ ∧::::::!_ー」:::|ヾi /ニl   !、
 .// ./      ∨ .∧=,ヽ__,〈V〈  l   | ヽ
. // /      ヽ∨ ∧', 1   ヾl:l`ヽl   |  ハ




                   /  {
                      {   ',-,.. -‐- 、
                      / `ー   、 ―- 丶
                  /   ノ      ', j丶、 \     イ
               / _./     ノ ノ   :. ヽ ー' .'
             、ー'"  ̄./     /    }    }   /
               >ー'"  ̄/   ノ     ./  ,.イ、く                       ガン
              <´__ ,.. イ ヽ /   / _./  ゝ._ー- __,        私はキミの股間の銃の精 ――
          ト、   / /   ー-ノ     / /l .リ ヽ     ̄ /
           .ゝ  ̄  ー= _,.\__,..イ/-‐j/  / ー--‐'"
             \ / {   代弐ヽ   ',/ィ弐ー ./  :. ー.ノ.          おっと、股間の銃で精とか思いがけず
          -=ニ//{ :、  ゝ    \. \  ノ // -‐ /
                '( ノ ,' > \.   、:.  ̄ /.イ 、ー= ._ ノ        かけちゃったかな? 複数の意味で。
              /ノ ト.、 ヽ、  ー 一 ./ :. ヽー-、-'
        .、 _../.イ 乂 { ト、 ', 丶    イ/ 人 トゝ ヽ
           ./ /イ  八. ! ヽト、.__二_ / ̄ ゝトj  ノ、__
           .( ,.',.-ー、ノ 、ゝ、 j ゝ:::::::::::/_,.-‐''" jノ ./   \
          .__/     \-人{ヽ::::/  -― 'ー<    ̄  ー- 、
          / / ` '"  ̄ ヽ. V::::`::/       / -‐  ̄ ̄ ̄  、   ',
         ,./      \ .i /::::/     , '"           丶 廴__
     ../_       __丶.l/     /                  `ヽ
   .../'"    ̄ ̄ ― /.r-ヽ-―.¬ -‐, '                          \
    .入   、    .< 、/ゝニ/./ニ'__/ ./         _  -――――--  ._ )
.  /     ゝ⌒ー<,、l </乂ハヽ〉 /ヽ '>   _ -‐'"、::::::::::::\  )、:::::::::::\  ヽ
5628 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:10:38 ID:ainaC6Ao0



               __ _
                ′   メ         \         /         __
              / レハ从ハリ.}         \)\ノ|/            .// ̄))    .      //\  //.   // //
                 八リl(:::) ≠リ       ――≦   r―          //=<<.   /∧.    //.   \//  // //
             ./ _r_√ ̄ コ         .―=   く         //__)). //__‘, .//     //.  // //
            ./  /_ i| ~ ~  \.ム_rz_   /⌒|  \           ̄ ̄ ̄  // ̄ ̄,           G  G
         /    /V 廴___,_.|   |(//)|                        //.     ‘,
         ./    ./ ///  .. ,「 /\_:|___|     \、Jし/
       .八     ./У ~′,_=<{,.Xト-イに广         ._):;  て=- \人_人,_从人_人_人,_从,人_人,_从人_人_人,_从,_人/
       .-=≧=-.{.y圦      .V ,|{ に }.        /^Yヽ\    )  やっ! やめっ!? やめたまえッ!!  (
             .圦        \≧==_               /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
            .メ \           \.\ゞ从レ/
          ネ´    /ヽ            .>' ´ <‐        // ̄))    .      //\  //.   // //
      .> ´    , ′八_         /´/乂ゞ\       //=<<.   /∧.    //.   \//  // //
   . ´          /|///ヽ         \          //__)). //__‘, .//     //.  // //
  ヽ       , 'ヾ| l |////ハ          ヽ          ̄ ̄ ̄  // ̄ ̄,           G  G
   ヾ, .‐…一’  | l |‐‐丶 i            〉              .//.     ‘,
                | l |     |      ,_/\/
               _l77{    \____/                  \人_人,_从人_人_人,_从,人_人,_从人_人_人,_从人/
            述.彡     ォ|7ネ                      )  話をしよう! 話を聞いてお願い!!  (
           / r」       ゝ 彡{                     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Yヘ
            ー一′         {じハ
                          ゝ-’
5629 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:14:08 ID:ainaC6Ao0



                                                       _,,,,  . - --- ---.
                          私は気の長い方ではない。                 , r -―::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                                   /:::::::::::::..::::::::::::::::::::::::::::::::r‐ ⌒\
                          三度は訊かんぞ。                ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\__  ゞ
                                                   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: - -<⌒
                                                   |::::::::::::::::o:::::::::::::::}r ´
                          ここは何処で、おまえは何者だ。          .ヽ、::::::::::::::::::::::::::(
                                                 /::/ ゝ::::::::::::::i^ 、::ヾ
                                                   /::/  >:::::::::::::::ヽ `:::ヽ.
                                            _イj ../::ι-´::::::::::::::::::::::ヽヽ:::i
                                            ):::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝi:::|
                                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::i

> ´ / ̄ ̄ ̄(二ニ=-  >/イ \
- _ ̄ ̄)/)__ > ´)/}   | \)      |l |l||l ,/
/八`¨¨¨´  /  .| ./、x=ァ'  ./{⌒´    ヾ |l  |l / /
_/ ̄ ̄ ̄/   ∧ {::::ヽ !ィ} /八       、\     /,
     |l |l||l ,/    |\   \⌒´     三.   お   三
  ヾ |l  |l / / l\|  `   r '       二.  や  二
 、\,   も /,   )   ‐-'′         ニ  大  ニ
 三 お  の. 三      ノ          二  変   二
 二 っ  す 二≧s。. _{          三   だ  三
  }iニ,.か  っ ニi{三{ }ヽ            /,      \
 二 な  ご 二 ̄ ̄∨               //, l | 、\ヽ
 i三 い     三iニニニ∨           / |l| l l| lヾ,.
 /,..!  .....\___ ``丶
  //, l | 、\ヽ     ``丶}
   / |l| l l| lヾ,. -‐  ̄    \
5630 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:17:32 ID:ainaC6Ao0



           __
         γ /⌒'
         ∧ {-‐/ ̄⌒ー/
.          /`⌒  }   ⌒\
          // 、 /}人ィ {    ー
        _从__\__ 、\             茶化しはしたが嘘偽りは一切述べてないよ?
        フ_人:ノ \人:ノ  }\(\
        `Y:::}" 、_, " ノ ノ>
.        乂≧s。. _ 。s≦Y⌒´                私はキミが身に着けているブツの中枢部品、
           γ  Vニア  )\ーァ           ナ ノ マ シ ン コ ア
    r‐- /  / ≧=(人)==≦   Y \           変異性金属体そのものなのさ。
    乙、/_,/ _ -ニ⌒\   八⌒´
       てゝイ    _/、__/(⌒
.       ∥./   /  `^⌒´| 乂_ノ
        ∥ {   八\     ィ   \
       {{ _/  } ∧    |  (⌒`_,
5631 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 21:17:51 ID:TTS6nTZA0
誰かハルコンネンの精を呼んでこい・・・
5632 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:20:45 ID:ainaC6Ao0



. .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  今、私はキミの脳量子波を反響する形で話していて  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ヽ______________________  ここはキミと私の間に設けた自我境界の中間接点だ  }
.   、`     .         rュ    ゚ _   ∥∥   _, r  -  ゝ、________________________ノ
  、`     _                 `^ ∥∥,ァ     l|l|l|l   " /::了 ¨   '     ;    `、 {(    _     `_   (:::::
. 、`  _   八}    ry  ゞ′ `^  ∥∥、 rァ、,、,、」l|l|l|lL,、,、, 乂/         '   〈ソ`、   (/⌒   `¨ `_    ̄
.、`  ¨^           。 ゚ r_、     ∥∥:::\ }\)∨∨(/{ ({             r _ `、           `_
.`         rぅ            _ ∥∥\::ノ `⌒|∧∧|⌒´  '  ¨       `     ^ `、  r7  (L       `_
.`  rj               0rァ(_ノ   (/∥∥         |∨∨| ^           ノ  '     `、      _   ({_  `_
.                    r=ミ   ∥∥      ,tテ|∧∧|ァ      _ '    ゛ '       ^ ¨`、     ¨    リ   `_
ゞ '       、>       ⌒   ∥∥(:>'      Ⅵ Ⅳ   ^            ri     `、      (t    r `_
  ({         (ノ            ∥∥'         ///ヘ  ;     r{               `、             `_
     ({               r'了 ∥∥        V///      /⌒\        、_     `、   '`¨       ⌒    `
.         <ァ           ∥∥           }三{  r  (::::::::::::::::\      _  ’    `、   (ノ       rァ
              ,、 ゞひ乂∥∥ひひ( ̄⌒ヽて〈-=-〉ひ乂ひ\__/ひ乂_ rァ    `、   ー'  (ーァ     ゞ'⌒
       ィ乂ひ乂ひ乂ひr乂ひ∥∥乂ひ乂` <ノくひ| |ひ乂rノ<::〉ひ乂ひ乂L「ひ乂ひ乂ひ)`、ひ乂ひ乂_ 、   r
.乂ひ乂ひr..、ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂∥∥ひ乂 , -、r乂ひ乂| |乂ひく/⌒ヽ「乂ひ/⌒Y乂ひ乂ひ乂ひ`、乂ひ乂ひ乂「x==ミ_
, ひ乂ひr=ミひ乂ひ乂ひj乂ひ乂∥∥乂ひ/::::::::}ひ{ ̄⌒\ひ乂八::::::::|乂ひ八_ノひ乂ちひろ乂「`、ひ乂ひ乂Yく::::::::::::::::
.}乂ひ乂ゝ '乂ひ乂ひ'乂ひ乂ひ∥∥ぅ/::::}\:::ノミ∧::::::::::::::\__`¨¨ひ{⌒ヽひ乂ひ乂ひ乂ひ乂)`、ひ乂ひ乂ひ\_/
.ひ乂ひ_ひ乂ひ乂ひ乂ひ(乂∥∥(/:::::::}ひ乂ひ乂}:::::::::::::::::::::::::::::::)乂ひ\_.ノ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ(`、乂ひ(___ひ乂ひ
..ひ乂 {::::::::)乂ひ乂ひ「乂ひ乂∥∥ひー '乂ひ乂ひ(≧s。、:::::::::::::/ひ乂」(:\ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ`、ひ/:::::::::::::}r(⌒\
. 乂ひ  ̄´ひ乂ひ乂ひミ乂ひ∥∥乂ひ乂ひ乂ひ7乂ひ| |`¨¨¨´」_ひ(乂\:\ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂`、r(:::::::::::::::_/乂):::::::
...ひ乂ひj乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ∥∥ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂り| |ひ乂<::::::)乂ひj/⌒',乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ`、乂¨¨¨¨(::::::}{::::::/
. 乂ひ乂ひ乂ひ   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  ..ひ乂__ひ乂ひ
...ひr==ミ乂ひ乂   |  精神世界なり夢の国なり、キミの想像しやすいように捉えておくれ  .|  、ミ/::::::::::::}乂γ⌒
. 乂|::::::::∨乂ひ   乂_____________________________ノ   、/::::::::::/ひ八::::
...ひ|::::::::::}ひメひr乂ひろし∥∥ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひr乂ひ/^⌒)7`、::::::/ひ乂ひ乂
. 乂`¨¨¨´r乂ひ乂ひ乂ひ∥∥乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂ひ乂/::::::::/乂`、/ひ乂ひ乂ひ
5633 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:22:49 ID:ainaC6Ao0
張根粘の精
5634 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:23:32 ID:ainaC6Ao0



        -――-    プシュー
.    /       、 ヽ
   / /  / | l  l. / ヽ          ン唐突ぅ。なにさ、この超&急展開は。
   .′|  |」 .__/l/ --.l l
   |  |  ||(::::::)   ‐-│ l         突拍子もなさすぎて真偽を図れん。
   |  |  |.     |  l  |
   |  |  |    ‐‐  .ノ /
   |  |  ト _   __ イ ,/         悪意も敵意も害意もないみたいだから
   |  ヘ | r┴-┴i | ./
   |  ヘ/\.:.:.:.:.:ト、lイ.           話ぐらいなら聞いてやるけどさ……。
   |  /   .\.:..| \




                                            _r'⌒´ `ー ノ       /__)ニ{__/ニ//ノ
    始まりは遡ること千年より昔 ――                      // } } 、⌒´\    /ニニニニニニニニニニ{_
                                             乂ー=彡_イ }\_ノニア  // ̄⌒|l||l|⌒\ニ{_
                                             、_ノ人_{_,/ / }_`⌒ー )'´      |l||l||/=/ )ニr '
             Π  [[|    ∠ ̄ ̄/                   ⌒ノ r ¨´イ /(_  ¨¨´ノ}     |l||l/^/ /|ニ|
        | ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _                     ⌒}∧二´ノ /⌒´\(⌒´       |l|/=/ /ノニ}
          ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐             _/八リ:::::::{ /  /(_        |// '(ニ/}
           |_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ               /(_r‐V⌒¨´-=彡   {,       / /ニ//
                                     _ノ X八/{_ >―<⌒)<      /イニ//}
                              _ rく\     r―\_/⌒}/::::( X        ` </:人:|ニrく_}
    オーケイ、気の短いキミのために \_| }\\⌒^ ̄`⌒/ノ/:}^|:::{// \        /⌒}ニ\ し'⌒}
                                \__/、|:::::::::::::::.   /{/./r‐/   {/` < ___/   ,\::::::\ニ/
    要点を絞ってかいつまんで話そう。      | |: ::::::::.  ヘ} ./(r‐ぅ)   ∨乂_」|   \(\ ノ∨{\:::::|´
                               | |  :::::.   }/ /⌒{´    V⌒リ\  \ `Lニニ」 | :::|
                               | |   :::::.. / '/ /∧     ∨  \ \  \}:::::{ /:::/\
5635 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 21:27:07 ID:TTS6nTZA0
ナノマシンの精って言われて チンクちゃんがくしゃみするとこいつに変身するのかなって・・・(旧ガンガン読者感
5636 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:27:33 ID:ainaC6Ao0


   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
_. .|  キミ達が前文明と呼ぶ時代の最盛期、その少し前 ――  |   ._________________
 ̄  乂_________________________ノ  ... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
: : : : : : : : ,イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : _/,/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽゝ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽj: : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : _/  /: : : : : : : : : : : : |k: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ____   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : : :
'´   /: : : : : : : : : : : : : l :.〉: : : : : : : : : : : :  _、-。s≦二二二二二」. . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
  ,ィ´: : : : : : : : : : : : : : |/: : : : :  _. . . . : : : : ,イニ- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`゙| |].  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
イ´: : : : : : ,,、,_: : : : : : : :   _. . . : : : : : : : : : : ::/ニ-    _____,| |   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
,l: : : : yj /  7: : : : :.  : : : : : : : : : : : : : : : : :{ニ‐   /___,/| |__. .t''7: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : _ノ  ,k  :´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.::{ニ‐   |  ()ニYYヽ | |ニニニ|⌒≧s。.,_   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : :  ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :マ=‐  \ ()ニノノ / | | ̄ ̄\___/⌒ヽ.  : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 寸=-   \_ ̄| :| | ̄ ̄ ̄\| |丁| .|.  : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :.. .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:`'く=‐      ̄ ̄ |  []二二LLL」_|\_  : : : : : : : : : : : : :
: : : :  {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `'<ニ=‐    |. γ´: : : : : :{O.:.:`'( ̄`'弌is。.. .: : : : : : : :
: : : :. .',: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :``''<二=L {: : : : : : : :ゝ.:.:.:.:.}: : : : : ::}ix>- _.   : : :
: : : :  ´,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _:_:_:_:_:_:_:_:/__≧s。.,__><_:_:_:_:/_〕丶:⌒≧s。.,
: : : : : :  ゝ: : : : : : :<>: : : : : : : : _,、<二二二\ ̄ ̄\    \     i|   ̄|/ |___〕 `ヽ、: : ⌒≧s。
ヾゝ: : : : : :   ``丶、: : : : : : _:_:_:_:_:_:>     `丈\\¨¨¨弋─-ァ''大ニニニニ7|    |\ L_ ̄`'i   ┌┘: : : : : : /
: : : : : : : : : : : : : : :. .`¨¨⌒≧s。_`丶、         ̄\\: : : `¨´/: : \( ̄(乂_乂-ァヘ `¨¨´    ̄| ⌒二Y
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   ̄          <\\_:_:/: : : : : :/`¨¨¨¨¨´:xく二二>-  _-- ̄: : : : :丁
: : : : : : : : : : : : : : : /ー-‐イ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.. . ̄_≧s。.,_:_:_:_:/: : : : : : /)  ⌒\_:_:\//: : : :⌒ニ=‐: :\
: : : : : : : : : : : : : : : `, `Y´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :   |_:_:_:_|\: : : :〉「「「「ア '' ー┬-- _   ̄ ̄    ──=彡
: : : : : : : : : : : : : : : : Y 〉、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  \_:_:\\/ ̄\|: : : : :√ ̄ {   : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : l /、 \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  \三三\「|「|「||\/_|_|_|_〉   ヾゝ: : : : : : :
\: : : : : : : : : : : : : : : i!     .γ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ・ .・ .・ ・ .・ .・  ̄ヽ
__________  |  ようやく太陽系を踏み越えて外宇宙へと進出した、その頃に私達は訪れた   |. ._
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ..乂_________________________________ノ.. . ̄
5637 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:31:00 ID:ainaC6Ao0



__.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ アンティシーデント  ̄ヽ  _____________
 ̄ ̄.|  故郷の星が寿命を迎え外宇宙へと飛び出した放浪の“先行者種族”  |.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::::.乂______________________________ノ.:::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::
:。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°:::r―‐‐〈_ ヽ {__,{::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
.::::,::::゚::::::::::::::::::::::::::::::゚::::。::::::::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::.ー‐┓.:`'´.:┗┘.: 〉.:::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::。.:::::
.:::。:::::::::::o゚.::::.::::::::。::::::.。 .: *::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::。:::.r‐'´,_¨::::::...:::::::::::::::.【:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.:::::::::::::,。゚::::::::::::::::::::。:::::::* + ゚ ┐__:::::.:::::::::::.::::.:::::::::.`¨´_}ー〉==}ー::r‐、j}::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::。::
: ::゚。::::::::::::::::::::::< ̄ ̄ + ゚ .:./ ,. ´ ̄ ̄ ̄ ̄  丶:::::゚/〈__{¨{ー=ゃ::;〉,_ `Y*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
:..,. ─……‐/´ ̄`ヽ n r┐ /  ,. ─=ニ    .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
...    ..::/       Ⅵ} {_} {_}/ x==ミ     .|  波動存在に手をかけた高次元の地球外変異性金属体群  |
   ..::/   ,. ‐=ミ }─┴┴<    \─   .乂__________________________,ノ
..  /    ,/    ..:::`丶    \:.    \ ....::::::::::::\   \. ノ`¨ミ、.:.::::::::::::::::::::::: _r…-'━'´ ̄¨`ヽ V/,. o::::::::::::::::::
...       /         ..::/i| \    \::.     \       \_ \..__)、  _,r―‐'フ′  ............::::::)_}二V ,.::::::::::+゚。:::::
.    /           /i| i| i| l\             丶     \ `ヽ } }:::::¨>'0:{_,〈〈            ¨\ 〈::::::::.::::::::。::
.  ,/             /l i| i| i| i|/ 丶           ヽ       \ ;; ノ.:/ _,()% ¨ヾ∨,            }_ V ,. ゚.:::::::,。:
. /            /ハi| i| i| /.::::::::::\          ',        ヽ..../{{::|    ゚.〈/         -‐‐-ミ 〈.::゚:::::::::::::
.::..         / \」_|_|/.:,:::::::::::::::::\           i        ','_,//.:ノ     人゚ー-- 、     .....:::::::::::::.ヽ ∨/,.::::::::
         ./:,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。:::::.丶         |\       ',. {´        .::`¨¨ヾ\__,r―-ミ、( :}  V::::::::::::
.       /::゚+:::::::::::::::::::::::::。゚。:::::::::::::::::::::::::::::..ー──‐┘ \       ',, {      .....::::::::::j}三三三三≧x_)} /   〈::::.゚
.       /:::::::::.::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::゚::::.::::.゚::::.゚.:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.:{/..\     :|.∧  .........::_,ノ‐'¨ ̄ ..:::::::::::::::::)' /,<>∨,:
.   /::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。:::,:∧V, {::{ー─┘ . >‐<¨()o::. ( ̄_`..........__....../<>”´   〈/
. :::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.Ⅸ } } :)、ヾ/\ヽ <__>' ー   ノ :)   (_ }ノ、/        ∨
                                       〉{ }::レ' ∧ヘ   \:.、,_     / 〈_/ ̄r┤:∧     .....::::ノ
                                    __,{.:;V ///__ Vヘ ___,≧=-━―/¨´_ノ.:r:ミ (`Y}'´¨ \   .....:ィ
    .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ { --∩.::〉:∨ ノ…‐x/ ー<   ,〉
__.|   星界の遠い彼方から来た私達を、キミ達は寓意を込め、こう呼んだ   |.______________
 ̄ ̄. 乂______________________________,ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5638 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:34:36 ID:ainaC6Ao0



_________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ..γ´ ̄ ウルトラスペース  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ フォーリナー  ̄ ̄ ̄ 天使  ̄ヽ
.,     |    高 天 海 原より降り来たる御 使 い ―― “ELS”  | ,:‘.。 +   ,..  : .
...   ヽ_______________________ノ  ’‘ +   ,   .; ',   ,:‘
. . . .::ふ   :   .  .  :_ ノ⌒ゞ ァ: :  .  . }.  . .; : ’   ' ,:‘      .   :   :
      ノ :  :    ノ⌒て ... .:(⌒__:ノ : ,:‘..   }   +      ,..        , . ; ',   ,:‘
. f⌒Y^   :、 :  ( . : : :γ⌒ゞ  .  : ..  、 }         .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。
...人       :  : ゞ⌒ :Y⌒⌒ .、 :  : ...  i} i}. 。  ,:‘. 。      ,.. .    .; ',   ,:  ‘
 ) ⌒ヾ       (   ノ .  :   :.        i} i}.         .. '.           _ -. ,:‘.     , ;   `
  )   )   .  :  :)⌒  . :   :  :: . ...   i}vi}                _ - ¨       ' ,:‘
..丿  (   . :   / .  :    :   :  ,   ∨/i}         ..;.   _ - ¨_         ',   ,:‘  ’‘  ,
.ノ  ) ノ .  : .   .   ‘       `  , ... .}//}.      ’‘     _ -=¨⌒           .. ' ,:‘.. ...::
Y⌒⌒ヽ: : .  :  .    .         ,  . { V/i}  +   ,....._ -== ¨⌒ .. . +     :   :   .
..⌒⌒) (. :.  .  :  ,             {i〈//}    ,.. _ -=/____,:‘ ’‘ ’‘.; 。:   .
.    ⌒) て:. .:   :   :   :. .; : ’   '...___{i、〉/}     /=イ=- ⌒   :    :    :   .   .
..     Y ):. :  ,:‘. .     _   ¨¨゛゛゛゙゙゙゙゛{///i}¨¨/}_ -イ==-⌒',   ,:‘  :   :     :  :    .
...    .:ノ.:ノ.:   :  ..  . _  ¨゙゙         ∨}i{リrイ==-<⌒ ̄¨’‘ ’‘.; 。        , ..; ',   ,:‘
     .:(.:丿 :  :  _ ¨゙              〉///{⌒'′  ゙¨ _ ,:  ‘  :      :    :   .
   _.彡⌒) :.... _ ¨゙                  {/}/{^           ゙¨ _.  , ;   `    :   .    .
..)⌒    ))...._ ¨゙                    {/}/}            ゙¨ _.. ' ,:‘.       :   :
. :.   __.. _ ゙                      }ノ              ゙ _‘  ’‘   ,
      _ ゙      .γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     _ ゙       .|  天文学的数値を同数で掛け合わせた偶然から地球人類との邂逅を果たした私達は  |
    _ ゙         .乂_____________________________________,ノ
     ゙                                              ゙
   ゙                                                ゙
   ゙                                                    ゙,,,,  ,:'´⌒ー
、 ,゛                                            __ (
⌒´ ̄¨¨¨z__                                   --  ゙゙゙゙  `゙゙
__  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゲ ス ト  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   |  この惑星の“来訪者”として迎え入れられて以来、ずっとキミ達のことを見守ってきたのさ  |
    乂________________________________________,ノ
_________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5639 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:37:42 ID:ainaC6Ao0



         __
       γ /⌒'
       ∧ {-‐/ ̄⌒ー/
.        /`⌒  }   ⌒\
        // 、 /}人ィ {    ー
      _从__\__ 、\            例えば、キミが着用した御立派さまよろしく
      フ_人:ノ \人:ノ  }\(\
      `Y:::}" 、_, " ノ ノ>         IAIや出雲なんかの企業が作って地球中へ
.      乂≧s。. _ 。s≦Y⌒´
         γ  Vニア  )\ーァ        販売・頒布した技術製品の中から、ね。
  r‐- /  / ≧=(人)==≦   Y \
  乙、/_,/ _ -ニ⌒\   八⌒´
     てゝイ    _/、__/(⌒
.     ∥./   /  `^⌒´| 乂_ノ
      ∥ {   八\     ィ   \
     {{ _/  } ∧    |  (⌒`_,




                                                _    __
                                                ´  `.´ ̄      `ヽノ
      唐突に『わたしはうちうじん』と言われても困る。           ./ /
                                             ,   ! ハ.N、 ,| ト、 l、lヽ ヽ
      あー、お客様こまります。お客さま。こまります。          ./,,イ  !,...|/、/り    リ  i
                                               〃 N l{::::::::::}    三三.|.  l
                                                  从 |`¨¨´    .||| |   l
      わかるかー? いま私がどんだけ困ってるか              .| ト、   厂 ̄}   | l  l
                                                  | |. ヽ、 _ ̄ ̄ __/| l  l
      自称・宇宙人のおまえにわかるかー?                 | |  l /.コヽ/lニ| | |  l
                                                  | |  l./.l (_V _) l .| レ.  l

     【胡散臭いの極致を超えてるのにIAIと出雲の二大変態企業を挙げられたら嘘と断言できない】
5640 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:40:58 ID:ainaC6Ao0



                 r=ミ、     //
              ___乂::::::\   / /
            (_::::::::/  _`⌒__ 八 {_
  / ̄ ̄\     `¨´> ´  ´   `⌒¨⌒\
. / o  o  o丶  乂_≦ /⌒ /⌒  、
 | |\∧/| |   / /   /      /      \__        より正確には、私はELSを構成する支族の
 | |::::::::::::::::| |  /  /   /   /  /    \  \¨¨´
  、 ̄ ̄ ̄  {_  {//  / ー====彡 /   / ∧   \_.       更に端末とも呼べない小さな切れ端でね。
  \__/⌒/  {/ _ /}     // /   ∧   /⌒
        ⌒¨¨/  /`/    /- 、イ{   {    \/
   _∧_     ⌒)¨¨¨´| ⌒¨) _/    乂、  {  \  (        所詮、自力で量子波動を発生させられず
   )  (  人 γ⌒)、 ^ミ==-⌒乂{ ー==彡ノ \{   ≧=-                      エコーズ
   `V´ `Y´ ゝイノ |≧=-           ー彡'  `¨⌒>⌒´.       キミの脳量子波を返す反響体に過ぎない。
       γ^Y^ヽ人| }iト 、  マ  ァ   ィ`¨¨八  {
      / 乂人ノ_γ\{_く}≧==--===ニ/ ィ{_ノ\}\ r
     | /⌒ヽ  \ /⌒\((人))⌒ー彡'} .|    ) ) }_乂\.     ふわっとニュアンスが伝わるなら十分さ。
     |/ ┌――‐/⌒\{` <⌒(`¨¨¨¨´/_ ,ノ  / }/:::::\¨^
      '   |:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:、∧   \\  ./}_―=彡/て__/
   (:::Y:ヽ∧:.:.:./:.:.:.:.:.:、〉∧     しj≧=彡ノ  /  (:Y:)
    ゝ人:八:.:.:.:_\:.:.:.:.:.:.:{:.:.∧     ∨  /  r 、乂い)
          `⌒〉/≧==≦:.:.:.:.\     \ ´   rぅ(く
            `ゝ-'   `¨¨¨¨¨¨` <___)    ゝ'^
5641 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:43:41 ID:ainaC6Ao0



            . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``丶
                    ⌒\  \         _
       .\ー――_  -―――― '  }     .   ´
         .>――     /⌒ヽ > ニ7/
       /         /    /   , ∥\二ニニ=- __
      /    /  /  , /   {从{ イ{  /      ̄⌒´
        .> ´     / /    {从{ 、 /{\
   / > ´     /   イ 、   { { 从  、 ∨ \.          さて、私という存在の紹介はこんなところかな。
> ´      /    _  -==≠=  \   、 ∨  \
.__  > ´      |人 \\从\  \≠= \  \
_ > ´            /jI斗‐==ミ.r}、{\ _  \ `¨¨二ニ=-
 `¨¨¨¨¨¨¨/    ィ八{ |:i;(_ \`} \ノr==ミ   \__ . '′   そしてキミの内部意識にワザワザ働きかけて
. _  > ´    / |'  乂ツノ人}/) |:i( |二ニ=-`ー _            ホンダイ
..ニ=-  _/ ¨¨´  八       /    {ゞ' /  \{.    ̄      声をかけた 理 由 に話を移すんだけど ――
.=彡/:.:/( 人      \_        / イ /ハ}\
__/:.:.:.:.:./:.:.\ \  `、`¨⌒         ,∨( V}
...=ニ  ̄/:./^|:\ \ \{二ニ=-   -   /} ∨\ 、           このままだとキミ、遠からず死んじゃうよ?
..   /イ  .|:.:./\_{\ (\      / .} ハ从``
..     \   |:/   \=\\≧=- _/  ./ /リ
``丶    \{'       \=\) \     //
.、 \    {` <      \(   丶   /                       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
. `、  `    \   ` 、   ∨  /                          |  は???   .|
  `、           ハ     ∨ /∧                            乂______ノ
5642 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:46:33 ID:ainaC6Ao0



                      , -──- - ..
                 /         > 、
                     /     /     ヾ ヽ
                   /      /    /  .ヘ l   ',        ―― つまりオマエは、親切にも
                i     ,l   ≧ミ、l  l } ト. .}
                  i!     / i    /l .i ト、 l / l:{/.         私が死に瀕しているのを察して
               〃     { .l   ./irヽ}-、/{/ }
.                /     ヘl   i! l::::::::::ソ/  .l         指摘するべく声をかけたと?
               /     / .l   l  `¨¨´ ゝ .!
                /   . , -===l   l=-、 -/   ,'
            /   〃     l   .l   ll´,フ  .l          冗談にしても聞き捨てならんな。
              /  ,, -ー- 、  .l   l   リ〃i  .l
          /  /.      ヽヘ  l  /〃 .|   l
           /  /          .ヘ .ト../ "  .|  .l
           /  .i        l     ヘ{ ヾ   !  .l             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.          /  .!      |    .ヾ .Y  }  リ.           |  冗談なもんかい  |
        /   .}       l         i!  l ./              乂_________,ノ
        /    l          l       .l  l/
5643 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:49:11 ID:ainaC6Ao0



────────────────────────────────────────────────
                       `ヽ、_jj,.-;;‐'''''-__,.-‐ 、r'⌒>r‐_ 、,.‐====;、
                        __/ ii‐ 、`´ ‐ 、`゙ r‐'⌒_ ><´`ヽ `r-、    ゙ヽ
                      /   ヽ_ y-ァ‐''⌒ ー ''` )ヽヽ {  ヽ ヽ     }}
                       ,∠⌒ ー‐ 、゙ ヽ,-- 、`ヽーく  ( ヽ.`  jへヽ  〃
                    / {  `-、_ノ, -―-、  ヽ __ヽ ヽ ヽ  } r'`ヽ } } 〃
                 ..__,ヘ -r 、.. .,,  .- 、  ゝー 、__丶、 \_  `{ } } Y´
                 {{ ./ r'   ,,.‐'"/;;i|  ..` - 、__  ヽ ‐ 、 ヽ j| ハ !
                 `'''1  j.  ι-‐<;;;;;;i!  .    ヽ_  ノ  ,-rノ´ノ } l. lヽ
                  /Y´    !i;;;/;;;\;i!.. . ⌒     `y-'' /  }ィ´ }/:ノ::}
                  /、{ {  ..i;;;/;;;;;;;;/.. .r  〈, -- へ __ノ  , r'´ }、/::/7
                   { ヽ ヽ.. .!/;;;;;/.  ,.-'―  }  ゙ヽ  }\_ r ノ、 //_;::::::/
                  '、 、_て  !;;/.. .ー  ,. - '   ノ ̄ __ノ`ヾ__ }く-:::::イ
               , ‐=ミ(/  ヽ_l    `.   、_,  (  ,  / r イ  / / //7>イ´ /
             イ  /  )\   `, - _ { `7 _ ノ   てー( _ ノ _,ィ  ゞr''"´  ノ ,イ
         _/ー彡'/ 从ヾ   ヽ、 ヽ(  ⌒r-- フ /    ノ_,.-'´ ゙= ≠=‐''/
         彡 rくう {¨´7^´    .` 丶ヽ ̄  ー -- ィ _∠-‐''´     /  ,/
         ,`¨) `⌒从‐′          .`゙''ー‐fー;‐'''"~        / _/
───   ./ /`⌒ <_})   .───────────────────────────────────
        /i/     ×}\                       ・ .・
       ./i/∧     /、\\     キミが“狂える黄金”と呼ぶ本体は、とっくの昔に壊れかけてる。
      /i/  ∧__/)J|ヽ、 .}
       |/ / {/しゝ'^´  じj | }
    ..../ /   /}^\     |_}.     だってのに治しもせず放りっぱなしで思いっきりブン回すから
     / .'   /r'   `` 、  ./
    .| |   {/      \/       正直なところ、もういつ割れ砕けてもおかしかぁない状態だ。
    .| ト、       / ∧
     、、\{   /  /ニ}
5644 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:53:22 ID:ainaC6Ao0



    / / /      /      /{ ∧  \    \   ヽ \\
   / /  /    /       | { / ∧, -―ァ     ` <_ ノ}、}
  .{/  /  /  /       _ -=¬'¨¨´\\ \ `¨¨¨¨´
/ ̄ー=彡'⌒7 /          | _jI斗r七( { \}  ≧==一 、 \            ELS
\       .// |八      \  `^´ーゞ'′\  } 人   {\).      正直それは私達としても、あまりに惜しい。
  >――― (―‐ |  \   \ \|___       /   \ {  \
/           |  |. \   \ {⌒´           / ∨
\        / |  |    \   \__,         / |\ ∨.      地球人類は私達とは全く違う生命としての
  >――― '.  |     ∨\(⌒¨´       _,/   | { `⌒
 /      /    | ∧     ∨ \     ー ''"´ /   | {          進化系図を進んでいるのに、その中から
./      |    人/ ∧   \V}iト        へ / 、  |\                  キ ミ
       |   /   \∧   }\___}iト . /    \ `、|  )           私達に似た例外が発生したのだから。
       |_/      ∧  }  )=}==}/   _, -‐ 、} `|
                ∧  }Vニ/_/ -‐'"´    ∨ヽ|                   オトナ
                ∧ } ∨={   ー――'―┤ ′.          なので、せめて成体になるまで目をかけて
                \ ⌒ ノ  \}   、     _|_ /
                 \    \ ∧   `¨¨¨¨´  }.             手を貸したいと先達としては思うんだよ。
            ´ ̄ ̄`"''ー- \∧      _,. -‐ }
                        }∧      八_/
                        /∧     ∨
                       /   ∧     }.               年寄りは仔が死ぬのを見たくないものさ。
                、    __/     \   /}
             、,,_ ` ̄ ̄ ̄/::        \ /ニ}
               `"''ー'/ .;:           \_}
                /  .::               /
5645 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:56:43 ID:ainaC6Ao0



     /        \\  ヽ   ヽ
    /       \  ヽ ヽヽ  ヽ.   ヽ
   ./      ト、ヽ ヽ. ト ixキニ__ ',   ハ                    ―― 胡散臭い上に長い建前だったな。
  /     ! ! | ヽヽ ト、レ',x1ヘ´  ',    i
  .′ |  ! ! |  } ハ_,r彡ィ≦ヤア   fニヽ |_二>i              それで? 私に要求する代価はなんだ。
  {   ! ! | ト,|  |' ヾ|{ハr'::::爿.|   r‐_ニ-‐ ´ .|
  .∨ | | .レ,セ≠‐.、   マzン !   「    ./ ̄ ̄ \
   ∨ l l /|x/::::::::::::::::}   ´  .|    |    /       \       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   .∨ヾ从ハ:::::::::::::::/      |    !  .,イ            \     |  キミは逆に話がスムーズ過ぎると思う  |
    ∨.`!ヾ ゝ―‐ ´  ` r_ ´’ .|   | / .|           ゝ、    乂__________________ノ
     |∨|   |\        |   .|| ./               ` 、
     | ヽ!   !/> .._     |   ,リ/         /           /ヽ
     |  |   |、<         ̄「|   //    |  /          /::::/.     ずいぶん持って回った話をする輩には
     .\.!   ! ヾ..、___  V  ,イ      | ./              }:::::}
      `!   !  `r――‐ミ、/  /Lニニ_::7 .| /             /:::,イ    先日から縁があって慣れたものでな。
       !   \  !    /|  ′!   // .|'   ____/::::/ }
        \   \|   //.|  |´ |   .//  } /::::_____:/ ∨ゝ'´ ̄ ̄\__
         \   ヽ  ヾ.、|  | |  //    |/:::/         ∧       \
              \  }    `|  | | .//    |:::/               ∧
            /ヽリ    | | | //   /|/             }
5646 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 21:59:47 ID:ainaC6Ao0



             rイニ/ ´ /  { / } }/  /\  \ ``ー―――
    j{       { し'  /   ノ}/ / イ  /\ \  \ー--一''"
    |ヘ     {\_ \ー‐=彡 イ / /}/ } \     \  `、__,     ・
    |:∧      { __  ィ }、___⌒¨( / }/}__≧=- _ ` <`、      私はさっき言ったように本来が個我のない
    ∨:.\__   ) /   / ___`'' }\ `'"__ )//   ̄二ニ=-
     |∨:.:.:.∧/ /-=彡イ弋_ らiリ` :{ー‐イ らiリ_ フ/)    / :.:.:::::::;      端末の、更に切れっ端に過ぎない存在だ。
     |:.:.:.:.:.:.:.∧ /  /| | :.   ̄ \ 、    ̄   //  /ー―<
     |:.:.:.:.:.:.:.:.∧_ / | |.∧     }``~-   /)   /` <{\{\
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\、人 | ∧    、      /イ /i\:.  \ \.     しかし今はキミの反響体として発生した。
、    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.\__、込、 .ノ} rー 、  ___ノィ : |  \:.:....::∨
:.>   乂__:.:.:.:.'/:.:.:.:.:.:}:.:.:.`ヽ=彡' イ:::::::〉 ー=彡 |:..|_{\`"''ー
:.}    r‐、   }:.¨´:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.|\/:./`ー '  ィi{ /  |:::.:|  \_}\.      せっかくカタチを得たのだから、できれば
:.}<  \ |  \ }:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./`ー‐ '" /イ /|:::::|´ ̄   ` 、
:.ヽ\/  ̄\ |乂:¨¨´:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:/\__//、八{ 、 |         `     自我を確立できる大きさまで至りたい。
:. {\{      、| ト、 }^ゝ:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:./ニニニニニニ/ / \ \   . -、
:八  \  / ∨ |_入:.:.:.:.:"''ー-:.:.:.:.{ヽニニニニニ/ /   /⌒ /::::::::ノ




                                            _r'⌒´ `ー ノ       /__)ニ{__/ニ//ノ
    私はキミの量子波動を受けることで                      // } } 、⌒´\    /ニニニニニニニニニニ{_
                                             乂ー=彡_イ }\_ノニア  // ̄⌒|l||l|⌒\ニ{_
    自己増殖のエネルギーを獲得する。                  、_ノ人_{_,/ / }_`⌒ー )'´      |l||l||/=/ )ニr '
                                          ⌒ノ r ¨´イ /(_  ¨¨´ノ}     |l||l/^/ /|ニ|
                                            ⌒}∧二´ノ /⌒´\(⌒´       |l|/=/ /ノニ}
    その一方でキミの本体を修復しつつ                  _/八リ:::::::{ /  /(_        |// '(ニ/}
                                       /(_r‐V⌒¨´-=彡   {,       / /ニ//
    止まってしまった成育を代行する。                _ノ X八/{_ >―<⌒)<      /イニ//}
                              _ rく\     r―\_/⌒}/::::( X        ` </:人:|ニrく_}
                              \_| }\\⌒^ ̄`⌒/ノ/:}^|:::{// \        /⌒}ニ\ し'⌒}
                                \__/、|:::::::::::::::.   /{/./r‐/   {/` < ___/   ,\::::::\ニ/
                               | |: ::::::::.  ヘ} ./(r‐ぅ)   ∨乂_」|   \(\ ノ∨{\:::::|´
    WIN - WINな提案と思ってほしい。      ..| |  :::::.   }/ /⌒{´    V⌒リ\  \ `Lニニ」 | :::|
                               | |   :::::.. / '/ /∧     ∨  \ \  \}:::::{ /:::/\
5647 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:02:25 ID:ainaC6Ao0



          _ ---  _
        , ´      ` .、
      ./ ./      `ヽ ヽ
      / /         ハ ハ              嘘も騙りもできない内面世界の契約。
     .i / / ./ / i  i l .|ヘ ', .i
     .| l | ,! | ハ | | | | ! | i!              信用を積み重ねる必要がないのは
     ,| |'1ミト!、ハ|ハハ ハzrェキ ! ハ
    . ハ | トr::::::: ミ  rィテ示l l .l l                 さて、便利と言っていいものなのか。
    / l ヘlヘ:::::::::ノ   込.リ// .l ハ
   ./  l  l./ ̄´ i    /イ .l ハ
   /   ハ  |>.、  ‐‐ , ヘ.|  l   ハ             命を盾にとられている以上、私には
  /    ハ l  |≧-≦|  l ./   ヘ
  /   /ヘ ! /!__ー'_トi l / \  ヘ           NOが言い張れん。いやらしい奴だ。
 /    iヽ 《ヘ | l/     l l /    \ ヘ
./   ./  ≫ヾト`ー-‐_ニ| /ヘ     ハ ヘ




        _,γ /
     _/ 八( ̄⌒ 、
   /  /   /⌒∨  \           嫌ならNOと言ってもいいんじゃよ?
  イ  / ー=彡 、 \   r一
  / /   /  \_ ノ ∨
  ` ̄ ⌒    { ⌒ \__\∨        選択権も命も、握ってるのはキミだ。
  /| r=ミ、{\{x==ァ⌒´__\
  _,八/` .0   0 '}/|<´       主体はキミであって私じゃあない。
  )/| }        .}  人{⌒
  ´ ∧≧s。(⌒ イ}/ |ゝ'
     ∧/⌒ヽぅ)/ ー一'           今ここで断られたとしても最低限の
   _ -‐} 三}r=ミ
      ∧r一'  }⌒\          応急処置をして私は消滅するさ。
      ∨`¨¨^⌒)
5648 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:06:43 ID:ainaC6Ao0



                   ,, -──- ..
              , -‐ ´           、
            ./                ヽ
          /
         ./  /       ハ  ヽ ヽ  ヘ
      ./   /  / ./ /  / .l |  l  l   ハ
      i   l   l  .!i_ l_i / /| .i! ハ   l   i      先の一歩を譲られたのだ。次の譲歩は私がすべきだ。
        l   l  zF=ハ=i≦/  Ⅵ=≠キi=ト、  l
      .|   l   .Ⅳ三ヾ}ヾ   / 斗笊ァ、,l    !
      .!  .l   l三三三.リ    .イ ら;ノ} /l    .|      いいだろう。おまえの提案を受け、いま契約を結ぼう。
     ..l  f´l   圦三三フ      .乂ソ l    l
     ..|  ヘ l   l. `¨¨´    ,  :::::: /    |
     ..|   `l    ト.           /l    .|
      l  r─── ゝ    '´'   イ__!_   .! γ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      |  !     || >   __ < : : : : : : :.ii  l |  ホント話がスムーズで楽だけど、キミ躊躇とかないの?  |
      l__ ⊥ _     |i¨fi=、__  _r-ネ、_: : : : : :ii  .!. 乂_________________________,ノ
   ..., ´     ` ー- 、1 .i.  l__l   i!  ヾ、: :〃  .l
   ./           〃iiノヽ ___./r、   .V   l
.. ./         〃 ii ./  Ⅴ ヽ ii   i:}   !




                      -――-
             ´ ̄´       \
          /             \.             契約の話なら立場も命も対等だ。
            /       /          \
         /       /     / /    \         そうでなければ信の実はつかん。
        〃       /  _.ァく /
       .//    r‐/   ⌒/アヾ. イ / /       }
      //    { /    /≧</イ.イ./ | / ′.        私の存在が奇跡だと見做すなら、
     / /     /    /三三ニ}´  7イト、/./ /
    ./ /    .〃    /`ー― ´ /うY,ル'/  /.         おまえの存在とて奇跡だろうよ。
    / /     /.′   /        〈少'リ/  |
  .//   rヘ' |   ./  〈:::\   -=イ.|   |
/  ∠ ̄ ̄ Vハ.|   ∧   `¨´    イ .! |   |            むざむざ死なせても夢見が悪い。
 ./    \  Vハ|   |/i` ー―― ´./ ||   |
 {      \ Ⅵ   | |} ̄\     /   ||   |
 |        }__」   | リ    ヽ  /   ,' .!    |
. ,|       〈. |   |' \/ .ハ./   / .!    |        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
〈 \        } |   |   {./ }   /   |   |        |  うわ……この仔、すごいイケメン(タル)  |
 Y )      | |   |   }  /  /   .|   |         乂__________________ノ
         | .从   ',  /  /  /    |   |
  |          |   \. ∨  /  /    /    ノ
  |          |    .,\\/   /    /  /
5649 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:10:22 ID:ainaC6Ao0



                                                  -ー ── ‐- 、
                                             , ´           ヽ
                                             /                 ヽ
                                       /                 ハ
                                      /     ./     l    ヽ   ヽ
     むしろ他になにか望みはないのか?            /  ./  l  ハ  l   ヽ  ヽ  .l   i
                                       /   i!   i!  l .l  ト、   l  ハ   l  l
                                          l  z!≧、_ハ l  .! ,}. ',  圦  l .!  .l  !
     私は“狂える黄金”の修復と成育の            l.  l !i  `ート  l ./  } ,/=-', l .l   l   l
                                     l   Ⅵヾ}ニ.',}/ l/  {/   ', l l  .l   !
     ふたつのメリットを得るというのに              .l i! .ヽ{三三リ /   / イ芯示ミ、 .}  .l  l
                                       l ,!i   ヘ三ン      弋zン ' /   !   l
     おまえは私に寄生するひとつだ。                ',}l;l  ヘ ̄  '、           /   .l  l
                                          l;;;;!   ∧    _        /    l  .l
                                      __l_l   .l_ゝ   `    .. イ     l   i
     数が釣り合わんと収まりが悪い。          .≪´: : : :.!   l ̄ ≧ __ ≦ ::::::::/     /、 _ .l
                                         ¨iヾ、l   .l: : : : :.|::::::::::::_/     /ミ、 __ヽl 、
                                          l_/l    l: : : : :ノ廴√¨ /      /.: : : : :.ヾヽ\
                                        /ヽ.!   リ, -‐〈    ./     /: :,ィニニニ彳.  `ヽ
                                      /   l    /:l、   〉ーー-./      / /イ           }
                                    /.  __l   l: :ト、ヽ/. Ⅴ l     /ニン         .l
                                       l ≪´ .l  l : l  ヽ、ゝー-ーl     /、               リ




         __                      γ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       γ /⌒'                 |  なにか一つ、無理のない望みなら受け入れるが  |
       ∧ {-‐/ ̄⌒ー/          乂______________________,ノ
.        /`⌒  }   ⌒\
        // 、 /}人ィ {    ー
      _从__\__ 、\
      フ_人:ノ \人:ノ  }\(\            律儀だねぇ。だったら遠慮なく。
      `Y:::}" 、_, " ノ ノ>
.      乂≧s。. _ 。s≦Y⌒´
         γ  Vニア  )\ーァ.            そうだな……名前。名前がいい。
  r‐- /  / ≧=(人)==≦   Y \.           ・   ・ .・      ・
  乙、/_,/ _ -ニ⌒\   八⌒´          私が私達でない、私となる証に
     てゝイ    _/、__/(⌒
.     ∥./   /  `^⌒´| 乂_ノ           キミが名前を授けておくれよ。
      ∥ {   八\     ィ   \
     {{ _/  } ∧    |  (⌒`_,
5650 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 22:11:02 ID:TTS6nTZA0
カッコイイタルー
5651 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 22:11:43 ID:TTS6nTZA0
じゃぁマーランで。
5652 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:14:01 ID:ainaC6Ao0



            ̄ ̄ `
      /           \          なまえ……えっ、名前? 私がおまえに?
     / / ./  ∧   ハ | |  i ヽ
     | .| !  / ∧|__ム斗ヘ|  |         うちうじんのゴッドファーザーになるの?
     | 」」.ト.斗.く j!/r≠^¨|  | |
     | 从Eヽl三}      |  | |
     |  Ⅶ三ヲ        |  | |
     |  ハ u       ,|  | |      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     |  |人____f__>イ !  | |      |  ハッハッハ。キミがパパになるんだよぉ  |
     |  i! | _/\Y/¨¨| / .|     .乂__________________ノ
5653 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:18:03 ID:ainaC6Ao0



   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |  製品名は新性器☆魔羅ンゲリオンだったか……  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   .ヽ _____________________  他に命名のアテになるような渾名はあるか?  }
                                   .ゝ、____________________ノ

────────────────────────────────────────────────


                                _...‐ァョニ二ニ==‐- ..._
                           _...- ´-. .¨: : : :|]      ̄  -= _\_
                    ,ィ´- ¨ : : : : : :_ -┴―-   _      \_\
          _______,,ィ": : : : :._ -‐ ¨           ¨ ヽ  ノ、 ∧
         〃 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/: : : _ - ¨                       >'┌' ヽ|
======== "            ||_/                 _ -. :´ /_ - ´|
                                     _...-=-‐: :_三 ´:|  _ - ´
                                   /: :_7:ァ=-‐: : : _ - ¨
                              ,イ: :/: /_  -‐ ¨
                                 └-‐   ¨

────────────────────────────────────────────────

       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ニュ ー ロ リ ン カ ー  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ マーラリンガー  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       |   販売当時は頸部装着式量子情報端末になぞらえて魔璽珍棒って呼ばれてたYO   |
        乂___________________________________ノ




         ,, --───- ..
   , -―‐っ´          >、
. / 〈 〈 ̄/              ヘ                  どっちもこっちも、ひっどいの。なにそのセンス。
. 〉ヽ. ヽ. ヽl        ,イ     、   ハ
 ヽ      V !i _ト   / ,!  i!  ',   ハ                『一々シモ方向に捻るかネタに走らないとダメ』
 i ヽィ-   _〉ハ≧ト、//} ト、 ハ ト i
 l/   /r≦从zメ、  リ レ'从 Ⅵ l iz、             みたいなルールでもあったの? バカなの?
イ \./ :|{:::::::::::::::::リ  '  ニニ= }  | { ヽ_
. >く . !  |ヾ;;:::::::ン    、  u i!  .| lト、_/}ミァ、
./´ ヽ  |、   ̄ U    ′  イ   | l ヾ /  ヽ         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
      \__> .  -―-  /.-─‐个‐-=ミヾ   \      |   股座産業の商品はドコもナニも、こんなもんさ   |
.     //ヽ > _ <       !i    `     i     .乂_____________________,ノ
   // / i::F=、 r≦ト、     //         _ノ
 , イ/  く   i:ノヽ `´ /il  >   ∠ _____ > ´
ヾイ´    ヽ l  `¨´ .il/   ≠´ ̄ !.              ああそう……。(理解放棄
.  ヾ 、     ゙1 ノ  ヽi"   ,イ}  |  |
  /` 辷ニニニ!     i==="iハ  |  |
5654 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:21:15 ID:ainaC6Ao0



    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |   共通する字をとって……マラ……リン……ううううん? うん。よし、すごくマトモな感じだ   |
     乂______________________________________,ノ



                                ヽ_,ー ⌒ゝ _
                    __           ,    , ー >⌒) )/ー、))           ′  _f⌒Yヽ
                   (γヽ           {\ニ´― _彡'′ ヽ⌒ヽ〃_           {___ αγ)
                          i、_¨/ー , ' ∧ \=' ))  ̄    \          ``-'"' ̄
         ,,、、                  >‐-' / ー\ _ , '/ \ 〉) ゝ i    )
       .ト(  )ぅ、          .,   `~ヾ、ー'  / ゝ_   > --/ l   }´ \  ヽ >/
       .、ノσ ‐く        /|\  \ー‐--', ' ̄ __ ー ヽニニニ/  ヽ.\ー― '               γヽ
        .乂_ゝ ノ        ( \ 二 ̄  /   ̄ `/ 〈 ,-‐-/{|∧ |ヽ  \ __,          `~'__ノ
                  \ >―    //___// : l/ /./| l|/ 〉/ /  \  ̄ニ=‐             _
             ‐===ニ⌒  ̄\ヽー   > i 代苡㍉; /} / .___|_ (\ ~´ \ <    /          / /~´
                 ゝ__ /⌒,.+'' / / ⌒   ーニ´| ./_, ィ莎ハ》 \\⌒/)ヽ ->´        _  l{::{ {
   ,ィ‐‐.:⌒ヽ     /~/´==ニ/ヽ(/_/ゝー >‐'    .::::〉    _γ― , | |)ヽ ^ー'´-―/  i    /: : : :ヽゝ:\
  //: : :/ヽ  }i  〈: : / (__(_ |   iヽ_/ :/(:\.  、      ,〈 y |.々 /. /〉¨ヽ___ィ/  /l ⌒ヽ.l/ ̄ ̄ ヽ: :.ヽ
 ―ヽ: : :ゝー' }l   ヽ::ヽ-- ' ⌒|: : /: :>,  ⌒ ヽ:\.  ̄  ̄_` 匕 }! ///| . . : ヽi:i:i:i:i:i:iヽ/ ニニ=):.)    )   ): :.|
 -‐ 、<  ̄ /:. , -‐‐ヽ // ̄/ヽ' ̄ /        `\  /     / /. 〉 ヽ __ヽ_:i:i:i:ヽ_ / ) .|__ , '   ,': :.,'
  /) )_,..-‐ ' -/ニ⊃ /,-‐- //.ヽ /      ,/:    /      ,ィ ' i.: /(/ヽ_ ))i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧s。 _ . . . . :./⌒
 / / _, -γ――'i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i:ヽ /      /ー-- 、 ヽ    ヽ<:::::::::ヽi,  、ゝ-'"i:i:i:i:i:i:i:jI斗‐―'  ̄ ̄ \: : : : : :
 ヽi  (/ {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/     / \::::|// 〉    l \/ .|/ x-‐ /i:i/¨: : :|/////////./,,x '⌒  ̄ヽ
  /: : : :_/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/      ./ ヽ \/ ∧、    \_)///. . : /i:i/: :.   〉///////./~     )
 -- -‐'__/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::;x''~/       /〉i:.  , ' /. | :      :./ヽ>ー-‐'i:i/: :.    ////////./ (   i、 ̄.}i
 ,。s≦⌒  ̄ ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ : : /     / />. (/ヽ_八 i:     :./x ':i:´ー' __    __〈: : ヽ/////i   ヽ  \ _ ,
         :i:i:i:i:i:i:i/.: : : :/  , x ' ´: /:i) {三==ヽ三 ~.:      :. }、: : : : : : : . ´   . ://////〉  , +-‐‐--+、:
            \¨~¨´x ――‐' ´  : : : :〈ヽ   ̄  {三ニ}/:        :| i  ̄ ̄     : : /ー ' ̄ ) /         \
          : : ̄´: : : : :.     : : : : :|/:  ///|i|i|: ::.       :/  ヽ、      : : : ヽ_ ., '
           : : : : : : :       : :   /:  /////|i/ : : :.    :/     ヽ       : : : :. /

                          【うちうじんワクテカ待機中】
5655 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:25:37 ID:ainaC6Ao0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 |  決めた! おまえの名前は ―― マーリンでどうだ!  |
  乂________________________,ノ

     }∧ ∧        / ./  |   \___)  \
     }' ∨ ∧ マ__ァ //} / /\    } {- 、 r――一           キミと共に在らんとする私にとって
          }∧ \    , / / イ /   ` <}/   \ \
          }' ∨} `ー< /  ||      /     \ ̄ ̄.          なんとも妙なる名だ。実にいいね。
             `} / /ニニ)   |/ _ -‐'"  _ ニて ̄ ´ ̄\
        {⌒∨\{ニ/-‐ ''"´     _ -ニ ̄         \
           〉rJ∨、/  /     _   ̄                     花の魔術師にして楽園の管理者、
        { ゞ=ゝ-} /   _ -=                        キングメイカー
        ∨  乂r}  ー=ニて ̄                       王佐の導き手とは洒落ている。
           /\__/j\  / 」L
        /   ィヽ人/}/  | 「
        } /人 }ニ{ r(_人                            とても気に入ったとも。ありがとう。
5656 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:31:01 ID:ainaC6Ao0



    星海の放浪種ELS。地球人類種より授かりし属名グリゴリ、支族シェムハザより生み出されし私は

    今この時より汝を補佐するモノとしてマーリンの名を戴き……この名乗りを以って、誓いを結ぼう。


           |乂_ノ  /       |  \              ‘'<
         、_>             l},   \                ヽ
          \                 /!Λ    ‘'<                  \
     (乂__ >'゛          /    /|'Λ       ヽ   ______    ヽ、、,,,,_____
       ゛-=ニ二 ソ/  // |/イ /)/ ̄!//Λ      'ハ>'⌒¨¨¨¨¨¨¨¨フ       _ニ=‐`、
          彡'  //l|l Λ //ィf笊怎テ! //Λ , ' , ' ,/ |爻乂__ 、、 '`        ≦.
      ー-=ニ   ,/ l|/⌒v/\   ゞ'" ノイ /,Λ ',',',',',',',',l ̄ ̄\ ̄    \ー----- ミ、
              ̄7{    務/\//\    ′/////,/////|\   \      \
            /    _У  ‘</}h。_ / /}//,/ ////リ ヾ、    ヽ      ‘'<
          // ' , '乂      ¨¨¨¨'" ∠、、イ//////   Vニ=- \       ``=-、、 _
       -===イ,',',',',',',',',','〉            /ィf///イ|   |、        ____  __ =‐
          /'//,ソ|///,\==--―ァ       /l!,'/ //l   | ヽ ト         \
            //,/ |/////lf― ' ゛         l|Λ'//,lΛ  |  Ⅵ//>、 「ヽ ̄ヽ)
         / ゛   |'///,′ハ           <  ノ 'Λ//| 'Λ l|=-┸――<ヽ!  \
                |///,{  l}         、、也l|L|LΛ/,! "Λl!   __ )    \
                  l'//,/{  ,/ゝ―==f  ィf(|L|L|>'゛  } / 、、ソ-=`` ̄ ̄ ̄ミ 、    \          、、-- 、、
             ∥/ |Ⅳ _>'" ィf{|L|L|L/   、、 |'``         __ )    \=----= ``     、≧≒
              /   r '~ / /{|L|L||L|/ _、、 `  /       、<      )、     =- _       /
    f(⌒         _」  V/   }|L|L|ノ'"          、<        、< \          /
    乂=----------/  {   l}l /|l/⌒ニニニ===―――===ニニニニ二二、<     ノ           ̄ニ=――
5657 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:32:05 ID:ainaC6Ao0



                               γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     \              |  できれば末永く、これからよろしく。私の王子さま  .|
                      \              乂______________________ノ
                    丶. _   _,.   ―- 、
                、            ̄ r‐---―- 、丶、__
                  、           丶ー'___   \ ー丿
                    `丶、                 \    ̄ ヽ
                  ヽr_、_           lヽ     \.r‐- 、_
                        |-|_ト、             |八     /  // `丶._,   -― 、
                   'ーL|‐|-、      、  ∨ \    /  //     l       \
                          └ヘ‐'\ \ \ \  ヽ ーヽ  ;'  //     |
                         ̄`ヽ._\_ヽ__',  |   _|  l |       '
                                  `ー' ̄   ∟ l_|    /
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    `¬=‐〈
 |  互いが期待に応えられることを願おう、私の魔術師  |       \
  乂_______________________ノ          丶 __
5658 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:34:00 ID:ainaC6Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5659 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:38:24 ID:ainaC6Ao0



: \    :   :  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : :\    :  : : : : : : : : : : : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: :  : : :\zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzゑzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz<¨ヽ .}7z/zz
: : :   : : |                     }i{               \V/イ ,ィ
: : : .┌ミ、 |                 rらo               ヾ <彡
: : : :| i |                 〈ヒ火}        _        V==      【床に転がしたままでは
: : : : ら”:|                8io品{         ̄ミ=「ト~、 .}}===
: : : : : : : |                ゚piBら           ヾく/> {{∠z         流石に可哀そうなので
: : : : : : : |                o゚i火{            {三〈三z}}≦ァ
: : : : : : : |                 ゚               マキ=={{≠イ.       重力制御で寝室へと
: : : : : : : |              ┌‐┐                  辷笠}{≦三
: : : : : : : |             } {                  ムー--}}==--.        丁重に移されました】
: : : : : : : |            ¨T¨                  三zzz{{三ニ
 : : : :__i三三}________rト-┐                    }}{
    K__ヽ三'zzzzzzzzzzzzzzz益z,/|                         |:T:!           AA
    || }  } }         |¨¨ニ¨¨゚| |                      __| | |    ―― この部屋が映るのも久しぶり ――
    || |二] |-‐ ¬ ミ、  |¨¨ニ¨¨゚| |                  ム=LLら -
    || |[ニ| |    _. ィー‐ |¨¨ニ¨¨゚| |────────────、  | :
  /|| | |ー:| |=:::T「っ|:|:::::::: |¨¨ニ¨¨゚| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゚。.| レ-―
//|| | |:::::| |::::::|」  |」   └──‐ |/                    ¨|{
/::::::::::|'::::: |/                                       |_ \
                                           〈\ \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                   ・ .・ ・
―― 嘘かホントか定かならぬあわいの話はここまで。実はトンチキに終始しただけの一睡の夢かもしれない。が。

それをそれとして夢の世界でちょっとジメっとした密約と握手が交わされる間も、現実では時計の針が進んでいた。


【ドライバのインストールが完了しました。デバイスの接続を認証、登録を行います。動作チェックを行ってください】
. イニシャライズ
『生体認証、ユーザー登録を終了します。テストモードへ移行。初回起動につき動作確認を開始します』


電脳への干渉によって強制セーフモードにされたチンクが眠ったまま、眼窩の副脳と股間の御立派さまが互いに

まるで打ち解けたフレンズよろしく共生環境の構築を済ませ、各々に機能正常である事をアナウンスした。
5660 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 22:41:16 ID:3gM/QiY60
止まるんじゃねぇな船じゃねーか!
5661 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:49:12 ID:ainaC6Ao0



:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,イ:i:i:i:i:i:i:i\                          、_   -=≦.: .: .: .: .: : ニ=-
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::∧ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:〉                            ≧ ´.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: : `
i:i:i:i:i:i:i:i:i≧======彳i:i:\\i:i:i:i/                        / .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: \
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>:i:i:i:i:i:i:i\ 、i:∨i:i:i:′                          , .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.
i:i:i:i:i:i:i:i:i:≠======r─ヘУ i:i:/                       /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:{l.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .::.
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/〉i:i:示7i:i:i:/                       /.: .: .: .: .: .: |.: .: .: .: .:∧:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .:.
i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i/.イ:i:i:/V!/                       /.: イ.: .: .: :.:/ |.:.: .: .: .::′゚。.: .: .:\.: .: .: .: .: .: .::|
|i:i:i:iハ:i:i:i:i:i:i//i:i:i:i/\\〉                           /⌒ | .: .: .: メ ∨.: .: .::.:|l   、.: .: .: :`寸.: .: .: .: .:|
|i:i:/ |i:i:i イ /i:i:i:i/    ´                          |.: .: .: :|l   ∨.: .: : |ゝ一-\.: .: .:.:}.: .: .: .: | 八
∨  :|i从 トv:i:i:i:i:'_厂                                ハ.: .: .: |_ ノ V {l=-|       \.: .:}-.、.: .:.::|′
/〕iト广 / |i:i:i:i|    о                           .{.: {l川 笊うぅ、 .: { ィぅ示ミ {l-=ニl}}ト、 八
// ̄ `ヽ |i:i:ハ     ○                          {/八-ト、ヾvシ ト、 { ∨r シ  L-=彡.: :ー≦
",       }     ,r'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒ヽ    ⌒爪ハ///'//// 人.: .: }「´⌒
/       ′   (                             )○ о .7.: .:込            丁.: .: :ト
     .イ     .)  これ絶対に挿入れたらヤバイやつだ  (    ...,: .: ィチ }ト   V )   / ,{ .: .: .:|  \
    /     (                            )  γ´|.: { (、   ィ个ー=≦ /|.:.:.::爪  l}、
  イ{      .丶~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'⌒'~'´  ..′ |.: {l  \ {l   ハ Y´ ィチ|.: .:/   ム⌒≧s。
´:i/i:|                                         {l 「ハ:{l   个s。  -<   .|ハ/   , :   `ヽ   l}


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

―― で、そんなチンクを仰向けに転がして股間のチン〇をガン見している痴女が二名いる。アサギとシノンである。


絵に描いたような眠れる美少女(えっぐい形したやべぇ大きさの御立派さまが生えてる)という奇天烈極まる寝姿を

指さして笑おうとし……しかし絵面のインパクトとヤバさに目を奪われて言葉すら失ってしまったのだ。

                           オ ボ コ
「おいおい、おまえら17~8歳にもなって未通女かぁ? 二人揃ってぇ??」なんて煽るセインとて未通女なのだが

彼女は稼働して一ケ月も経ってない自動人形だし所有者は目の前でブっ倒れてる見た目ロリだから当然の話。


部屋に居座るメンツが揃いも揃って醜態を晒して後世秘密にしたくなる、そんな新手の地獄絵図がそこにあった。
5662 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 22:55:59 ID:ainaC6Ao0



           .ィ
         /,:'
        / :;                                                      ,xf伐?山岌tx
        '  .:{                                                   _,伐´      牧
       '  .: i    ―― それは、 理性を焼き尽くす "暴力" ――                  ._,伐´      攵
      ,   :. {                                                 _,伐´       x匁^
         .:. l       【IAI広報提供のイメージ画像です】                  _,伐´        ,r匁^
      :'   .:. l                                              _,伐´      _,r匁^
      ,   : l                                          _,伐´         _r匁^
      .i、  : .!                                        _,伐´        _r匁^
      .i ヽ、.: l                                       /|ーo‐、____  ^
     Fニ、___________________r─‐======¬ ̄|| ̄ ̄|Fj二ニ」|コ
     F゚=゚===┬─===──===──===────┼|___________lj___ノ、⊥⊥⊥| 」\___
      |匚l二二コ   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「|| ̄||l○」(_____|l」)| < ||  _l_     ̄ ̄ ̄\\_
    〔|l}ー────┴──────────‐┬|rテニニf=!(_____|l」)|    || (EEE)─────┴┴〉
     └────────────────┘|巛j_|l |(____|l」)| < ||   /           /
          、  :. v      ,             ̄  └‐┘            l__l」_∠----────‐ '
          .ヘ  :. v     ,: } }:、             / /_/ノ  /o}!   _r匁^__|__
            、 :. ヘ    ! { ノ )        ./   / /  / _l{_r匁^ {ニニ|ニ|
            ヽ :. 、 ,-、  :_}イノ         / ̄厂 {ノ  {/ ̄ }}ノ |/ ̄ ̄ |
             ヽ :. .V }_ 7'i゚          .人_{__| |/     ィ仗丈フ 。[ ̄]。│
              ゝ`.} i} }.}ノ          { _,r、_/ヒl     /        ̄/
                 '、_トイ r.〈 ヘ          ./「{ | |  ヒ}  /     / ̄ ̄ ̄
               `ーくハへ ヽo      .|/「 ̄|___/     /
                  ヾヘへ、ノ     |l |_/ _/    /
                    \ゥ}       .\___/ ̄ ̄
                      ¨

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

顔を赤らめながら固唾を呑む二人の目前で屹立する御立派さまの、その偉容ときたらそそり立つ怪物さながらだが

『擬似精巣、試験作成コンプリート。貯蔵槽へストック。次項目テストへ移行。変形機構のチェックを開始します ――』

淡々とメッセージを告げ、なんと怪物は脈打つ姿を更なる狂気と驚奇に満ちた異形へと変貌させ始めたではないか。

        グライド ブレード
第一の型:GRIND BLADE! 硬質のひだが六枚*の形に生え、チェインソーの如くに高速で前後運動する!
       マ ス ブ レ ー ド                                             マスチモ
第二の型:MASS BLADE! それは刀の如き反りをした女を突き殺す形を持つ巨大な刃、まさに快男児の剣!
           ヒュ ー ジ キャ ノ ン
そして第三の型:HUGE CANNON! 長大な砲身と獲物を捕えて離さぬ錨、迸るナパーム弾が狭窟最奥を穿つ!!
5663 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 22:57:40 ID:TTS6nTZA0
正気か? とか考える以前に  あ、これ考えた設計者は女にモテないだろうなって(察し
5664 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:00:59 ID:ainaC6Ao0



            <゙'、ヽ.,〉     ヽ..l. .,、         ! .l   ./ l      !ii./    l ゙' !
         _,゙‐'゙ 'i.ヽ      l .l. i゙ヽ         i l  / │     .!,!     / |,|
        ,i"ゝ/  .ヽ  .\ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/  .il′
  .∩   .,/ ./   ヽ..  ≧                              <      ,,,
  l゙ .|  / ./        .≧     ((声を出せない悲鳴×2人前))     ≦    ..ノフ
  .l ヽ'" /     .,      ≧                              ≦   / ./            i`l
  │ .,ノ゛   / .ゝ   /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\.  /  ./ .、     .i !゙・′
   ! .l゙  .,/ /   ,.. -'i.!l.    .l l  .∨   l .l゙ l │|/  l.l'       .,i゙,!./ ,..,/  | l  ./ゝ `'´
    ! "‐゛,/゛   '!-''゙l / l     .! !      .!.〉 .l / .″ .ド   O    .l ^"./    ,! /../,.../
    .ゝー"      . / _ / .゛ .、   .! .|      テ  .| !       .ι    ,! /    ,! .! /
               l /゛    ! ゙''、  ,! l.       .!.!      /│    | ,!     l '!   ._..-i
                   l  \ |  ヽ         !,!   .,i7 ./   /    .l │    .| .|,..-'"_..-゙,.-‐'}
            、┐/ヽ      .l,   `゙ ._,, |      ll゙   /.ツ゛ .,イ)    / /      "... ‐″  フ 二′
            ! .,!│ !   ,,   .l   / `′     ll   ./ ` / il′,〟  l゙ l               i彡‐″
         ! l | | ,,-'/ .v   ヽ  l        iリ  ./  ./  /し" }  .〃
         ,! ./  ! .´../   .ヽ   ヽ │       ll゙  .! /   iュ /               ィ、 l│,.〟
        ,!./   .lr'"    ヽ   l.  !       ll゙  ! ,i′   .! ./     0          ゙‐' //゛
        .'"              l.  .l  !      ケ  ゞ    / /         .,-〉        レ゙
         / ! /.|,       .ヽ  .l .l              /./     /!  ./ /
          !.| .| ! ._./     ゙h, l  !                l゙ l     .l゙.| ./   /
            l l゙ .l !'/'"      .゙.l、 l  l                l゙ l     ! .l/ ノ.|│
         l l  | '" 、      .___ ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.∧  ... }l゙
            ,!,!   .,i、.' ノi‐   , (フ^^^'ヘ   なんというインガオホー  (__;)  .!,!
         ′  `''″ !..  { { 从リハ) 〉 ____________,ノ   .!l
                  l./  レVュ゚ヮ゚ノリ  .l         〃             !l

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

最後の変形から次に起きることを察したセインが硬直する二人に、すぐ離れるよう声をかけようとした。したのだが。


『テスト・ショット』のマシンボイスがやけに冷淡と響くのと裏腹に、熱く大量の擬似分泌液が激しい咆哮を放つが如く

御立派さまの砲口から噴出。いななき跳ねる暴れ馬めいた御立派さまの射精は、その先に痴女二人の顔を捉えた。

オ ノ マ ト ペ
汚い擬音が目に映りそうな惨劇に、セインがつい身を引きながら「うっわぁ……」と息を漏らす。幾らナンでもひでぇ。

一瞬の出来事、と言うには長い時間。数秒の放出タイムに晒された二人は無言のまま立ち上がり、部屋を出るべく

ドアへ向かう。さすがに背中を丸めて肩を落とす姿に憐れを感じてか……セインも二人の足を止めやしなかった。
5665 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:05:38 ID:ainaC6Ao0



   ./  ././  ./   ./
 ,/  / /  /   ./                               |\     /\     / |   //  /
'"  / /  ./   /        _  __                    _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 /./  ./   ./      .,..ュ≦ ´      `.≧x、               \                     /
"./  ./   ./       /              `:.   つ         ∠.  ねっ! 寝坊したーッ!?   >
'"  ./   /     ../                  ヽ             ./_                 _ \
  ,/   /      ./     ./               ‘,  つ       . ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
/   /        ,   / .ト、 ,ヘ   |∨ヽ  ハ rxrzi=- .|        ,r、      //   |/     \/     \|
   /          ,'   l  |!::Ⅳ::ヘハ.|/ .l ./ .ヽl∧ハハ! l.|         .|  | , ヽ            /./   /
 ./          l   il  |i::::::::::::::リ ヽヾ彡' ,x=≠ミリ!/ |       __,r 、|  V / _,,,        / /    ./
‐゛              l   il  |^ー―´.v-...__ , .、 ヾミx、,!  |    ,r' ', ', ´ ' /    ./ ,/   /
                l   il   ⊂⊃ /:::::::::::::::::::::::::ヾ⊂⊃. .|  _,ノ  .//  \ =- `>  ./ /   /    /
                  》   l.  .{::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::} :::::{! ,イ!, イ   {. {、   '  ,'´    ./7   r、 [l[l  ././
                 ,'  人   、 {:::::::::::::::::::::::::::::::::,  ,' ∧.     ヾ丶=‐‐‐ '  ,  . l二 二ヽ | |  . ././
              ./ ;r=┬-ゝ ̄|, ゞ::::::::::::::::::::::::::::ノ< /ヽ       ,彡'¨´´. /    / / / / |,」  ../
             .,r':./    ヽr,ュヾ\>‐---‐チ/´{  {´i l     /´   .,/./  〈_/ <_/.  /./   ./
            /  {    , γ  ゝ、,\ [Ⅴ] /  \ \ヾx. ,r;イ´   ..../ /    ./   r、 [l [l  ....../
          / /  ,   , '´     ヾ. \'=ゞl\   \ \<    ../ ,/   .../7 l二 .コ     ./  /
        /  ./, .<\ . ゝ     ,ノ   \:.:∨  ,r  .\ Y:´   / /    .  . | |   _| |  ..../  /
       ./  ./   /\\{::{ヽ __,イ_.\  \|  .} 孑 .ハ |   / ,/   /  ..|_>  (0,_コ  .  /
      .,': / ,′  ,》  .,' ヾ_三_彡' ./ |:.\  .i  ,〃′  .}!./ ./   /    /.  .`     ,/   .//
     /'´  {   ./   ./  `    ./´二;|:.:.:. ヽ|=ァ'     ,j!.. ,/   /    ./.   l二ヽ.. ./    //
           l   .l { /      ,'   ./:.:.:.:.:.:..}|ヽイ   ./ ./   /    /./  ....rン  .    .// ./
          |   .! !       ,ィ   ./:.:.:.:.:.:. ´!.:.´!\.  ,/   /    ././   ./  /    // ./

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : ユメ見るままに待ち至り ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

これが本編にどんな影響あるかってーと、特にない。余談というかもう蛇足にもならない与太話でしかないけれど。


チンクは長年失ったままだった男の象徴を取り戻し、そのついでに珍奇な同居人を頭に飼うことになったやしれず、

なんかスカリエッティでもどうしようもない爆弾を解除したどころか怪物王としての成長の芽まで出たやもしらない。

一方で当人まったく存ぜぬ間に親しくなったりそうでもない知人に変な距離を置かれたり壁を敷かれたかもしらん。


はてさて、どうなることやらといった有様で ―― 目下の問題は、自分が主催だというのに寝こけてしまって酒宴の

準備を善意の協力者に丸投げで押しつけている、その現実にチンクは目覚めると同時に血相変えて飛び起きた。
5666 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:06:00 ID:ainaC6Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5667 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:09:22 ID:ainaC6Ao0



                             ノ}ヽ
                   ∧             //
                    / : :.   ,      /: :/   {
               .: : : : 〉'"└=':へ/ : : /   {             ハハ、寝る子は育つと申しますニャ。
               .: : :/: : : : : : :/: : : : :.〈_
              .: :〃: : : : : : {V{: : : : : : {_ノL[              働きすぎのチンクさんには丁度いい
               {/v: : : : : : : :ゝ/: : : : : : : : : : :<
              }ゝ{: : : : : ,、: : :,: : : : : : : : : : : : :ヽ           お昼寝時だったということですニャ。
               {: : : }V{/└'"L: ___: : : : : : : : 厂`
                  ',:<     /^:厂 __,: : : : : :/
                   ',: : :_ハ    {: .z'ゐノL:ノ^V廴             元より好んで買って出た事ですので
                   _}Y^"`}  └z__ ノ^    〈´
                        rァ  _ノ   r―く⌒ア            我輩達に迷惑をかけたなどと思わず
                 _ >`^^_,,. ‐=ニ7  /  /_
              \  〃_ア⌒ニ二_/    ∧ (             気楽に調理に戻ると良いですニャ。
                  >,二{二二二ニ{   {  {: : :、:..
                  / {_ニ{二二二ニ{  i  {: : : \:\
              __,,.  フ: :{_ニ{二二二ア゙   |  {: : : :.:.:.\:\
         厂ア: : : :>:个ー= __,-=ニ7   ,  {: : : : : [”¨:. :.\
           /二{: : : :ヽ: : :|ハ二ニニニ7     /: : : : <: : : : : : :\___
         iニニ_ : : : : '; : l/八二ニ7   / /: : : : :/: : : : : : : : :八ニ}
         |_二ニ_: : : : :}:/ /二}ニ7 γ⌒ ー=ミ/: : : : : : : : :/ニ-_}       ――エンドカード――
       「二V⌒`ー= / /'"´¨⌒>=ミ__     }: : : : : : : :/二ニニ7    【ジェントル班長マジ紳士:終了】
       ノレ'"  }-x=/ / , / 〃:.:.:.:.:.:.ノ]^ア"  ト- ミ: : :/二二ニ_/
       ,二{  \ 〃゙/ / l { {{:.:.:.:.:./^:.}(     V,ニ}:.:〈二二ニ_イ
      {二{ \  {l 〈__,:{   、 乂__:.:.:.:.::.::ハr'     {[-_}: :[二ニニニ|
      {二{ 、  ノ゙ __厂‘  \ \ `ー=彡' ;     {[-_}: :[二ニニニ|
      {二{  `(( _厂ニ八_      ー-‐ ノ     八-ヘノ二二二-{
    ノ八二ヽ   ヽヾニ7: : r‐z_ー-  ____,,.ィ〔     /二ニ_[二二ニニ{
   [二{二>/::/`ー' ヘ」ア : : :! て`7⌒{      `  /ニニニ}\__二ニニ',
   [二_ニ〈::/二二二[: : : : :!    `ーヘr‐―…=彡ニ二二}二二^ ‐-ミ}
   [二_二二二ア⌒^[: : : : :!     \ニ二二二二二二_ノ二二二二「
5668 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:10:44 ID:ainaC6Ao0



          ,..<.:.:,:._` `ィ゙i l
         <:.:./.:i´:、:-‐`'、lУ
        ,=ッ::i:.:<、-<ヘ::l:i:.ハ
        ハヘ:.l|γ⌒ヽヘ::::::::::::::',
       ´ヽ,|'ト(ゝ、_ノ ヘ,.ッYlリ
         .圦  ┌─‐‐,|`VY         俺ぁいったいなにをやっとるんじゃ(てつがく
          .>弋  ノ , <
          i. 、_, -、¨ヽ.
          { ヽ、_, <_ノ
          /  幵   |
         ./   .∧  ’,
5669 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:16:22 ID:ainaC6Ao0



       /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.      /: : :.{: : : : : : : : : : : : : : : :i : : : : :.:.
..      ′i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i::::::.:.:.:i:.i           明るく楽しくシモネタとか俺、向いてねぇわ。
        i:::::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|i::::::i:.:.:|::!
        |i::::|:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:/:'::::::|:.:.ハ{
        |i',::|::::l:.:.:.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:|:.:./:.:.:.:.:/V:.:リ           がんばったんですよ、がんばった結果が
.      以',|::::|:::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::/::::':::::/:/ 人メ、,
.      `ー-ヘ\:::::::::: :::::::::/:::::::::://f7^/             このザマなんですよ。どうしろってんです。
             \:::::::::::::::::/:::::::::, ′ハ{
     ト、    {ハ:::::::::::::':::::/}:/  / j{     1          これ以上どうヤレばいいんですか……。
、 ̄ ̄ヽ } j____  }ハ:::::::::::::/ レ ' ____ /  {,  ‐-- 一
ー-、    //////>リ }:::ハ/   {__/,/////  /  ___ /
 ー-   }////∧ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´/.////八   ′     \
   γ⌒ }////f^          }//⌒          \_
   /   厂 ̄ヘ           /`ー‐1  } ヽ   ヽ.___≧=-
/:/  /:i:i:i:i:i:i:i:i:.、______/:i:i:i:i:i:i:i::.、 ハノ:\  \
:i:i:ー:i':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iV:i:i:i:i:i:i:i:i:r‐--ヽ
5670 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 23:22:52 ID:TTS6nTZA0
俺にだって・・・わからないことくらいある。


おつー
5671 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:24:09 ID:ainaC6Ao0



             乂\j:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...、
           __ -‐':.:{:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\               とりま手慰みに改変してたaaを
             7:./:.:.}:.:.:.i:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:,:.:.:.:.:.
           _  /:./:.:./}:.:.:.ト、:.:.:.:.:.;.:.:.:.;.:.:.ハ}             実際に使ったのが成果かね。
       -=ニニニ } /:.:.:.{ j:.:.:.:., ー-:.ハ}:.:.:}:.:{ }
    -=ニニニニニニi|:{:.:.:.:.「 \:.:.,  __ }:./:.:人_,
   /ニニニニニニニニニムハ:.:.:.{r= jヘ  ̄ ノ/:./レ'_ ,              あとチンクに渡したチン〇な。
   {ニニニニニニ7Tニ{八` ーz-      u 禾{///}/}-―=ァ
   \ニニニニニニニニ>- 个x _ --- ィ  ////   --く_        今回でちゃんとEquipさせた。
      ` マニニニニ/___, {///  ̄/   {///   ー=弋
        ` マニニニしヘこ{\<__/  {-个x } ー-  ヽ
            \}ニニニニム  「  ,ノニム N  {⌒ー-      武器はちゃんと装備しないと
              マニニニニ} | fニニニニVニニ=-ァ
                  マニニニ{i!| {__ニニニニニニニYハヽ       .意味がありませんヨっていう。
               マニニニ}i| }ニニニニTニニニムレ} }
5672 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:31:00 ID:ainaC6Ao0



       /. : : :.,>: :―.,:>=ミヘー 、: : : : <: : :
     //:.:/:___'´     V:ヘ ` 、: : : : ヽ:      >5670
     `/. : /. : ;メミミ、 `     .l: ∧ ---ミ、.: : ; :
     ,'. : :.l: :メ====ミミ、    '; : :',    `ヽ:.i       おつありゃあああっ!!
      |:_:/⊂ニ⊃        ∨: l ィz===ミ∨
      .´ /V    _        '; :| ヾミz、 ``∨
     i′     /: : :',.ィヘ,     Ⅵ   ``ミ_.        次はやくヤレるといーね!(他人事
、._    ::     /:.,..――‐.、'v― 、 ';|    ⊂ニ⊃
,イヘ   :l    .,: :/.::::::::::::::::::::::::::::::i              職人Xが投下したら早くなると思う。
////\....',   i:.リ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
//////`从   |;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
/////////\ |!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|       ,.ィ .       なんでもいいから書き易いネタで
////////////ヾ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ゝ-イ、__,ィ///
、///////∧∨,〈_丶:_:::::::::::::::::::::::::::ノィ、__  i////.        仕上げてくべきなんやろなーっと。
. \//////∧∨,`ー/ヽ≧―――.'l:::i::l//`ー'////
   \//////У// 〈.   _,. : ‐'´トレ!'////////
    `ヽ'///,'.//  .∧ィ´    .弋_.ノ//∧∨//
5673 : ◆ToVRCqC0oc [] 2019/10/10(木) 23:42:13 ID:ainaC6Ao0



          今日は合いの手ふたり居てくれたしな! いい夢見れそうじゃん!!


          台風来てるってのに明日から連勤だってーので、今夜ははよ寝るよ。

          おつかれちゃん。温度差ひっでぇから風邪ひかんよー気をつけてな!



                           ,.r――--r----- 、
                    ,.ィ'  ̄| ̄´ |     |     | ヽ、_
                 ,...ィ´ |   |   .|     |     |    |ー-,、
                /  |  |   |    |     |    .|    |  | ヽ
              ,イ   .|  |   |    |     |    .!    !  |  \
       _,. _   / |    |  |   |    |     |    .!    !  |  |\
    vイ::::::::>'` ,!ヾ  |    |  |   |.   |     |    /   /  |  |   lヽ
    >:::::</ ∧,.  / .!    .|  .|   .|   |     /   /   /    !.  |  | ヽ
    !:::ヽ::::_::フ、、,'!  ヽ    !  !   |   |    /   /   /    /  /   .!   lヽ
     ヾ::::::::::::::`´:ノ! '、  ヽ   .!  .!   .| _|,. ―――---- 、__,/    /  /   ./  / \
      `::::::::::__ァ ヽ、\ ヽ _>―‐ '´  ̄              ̄` ー-<_  /  /  / |
       ``        ̄                             ` ー-<___/__ノ
5674 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/10(木) 23:43:53 ID:ainaC6Ao0



        ┏┓                                            ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        ┏╋────────────────────────────╋┓
        ┃|                                            |┃
        ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
        ┃|                                            |┃
        ┗╋────────────────────────────╋┛
        ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        ┗┛                                            ┗┛


            王
                                                        /}  .,ィ
         し   の            /⌒)マ^ヽ                         r 、.// // _
                       | /  ノ/      ノ}                l |/ {// /
          に   話       八 {_/ ̄⌒ー―一'´ /                     〈 ヽ   ∠ ‐ァ
                          rt≧ー  ⌒)ヽ  _/  _               ∧ '    /´
           来   を      / (/ ̄ ̄   \`¨¨¨¨/                  ∧     /
                     、  イ      } |\    > ´_                   } ヽ /
            た       `⌒}   //}γニヽ r‐一ァーァ\              /   {
                    ー彡' .γニヾゞ== '} /|<´(¨´-‐ 、)             /    /
             Y        ノィ /ゞ== '、 _  イ| |\}二二 ` <        /(_/     /
                     //{ノ∧  < _/ /人 |:.:.:.\:`、:\  \__/⌒}  {.      /
              O        _jI斗r}≧s。.イ `⌒{:.:.:.:.:.:.:〉:`、:.:.\_/、_/ノ  {.     /
                     {´ー―'三三|__`ヽ  {/⌒¨´:.:.:`、:.|:.:.:.:.:.:.:.(:.:/、 ∧    /
                  !     __{:.:.:.:}:.:.{三三|  ̄` ¨´ L:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、|:.:.:.:.:.:.:.:八 \.∧  /}
 {{ヽ                 {:.:.:.:.}:.:}:.:.:.:.:.:.:.|\    { L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`、:.:.;,;,;,;,;,;,;,,\:...\ ̄ }
 {{く\   (⌒ー- 、       /:.:、:.:.}:.:}:.:.:.:.:.:.|   \__L:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,`、;;;;{ ̄ ̄ ̄ゝ'^⌒¨´
. \\`ーv'⌒`''ー- \       r ':.:.:.:.\}:.}:.:.:.:.:.:|    __.L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,;,∧、             }
    `丶 ____    ``'ーr―く:.:ー-:.:._ヾ} :.:.:.:.|\   ヨΕ L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,|∧\          /}
           `` 、   } {_, V:.:.:.:/^V:.:.:.:|/∧   ̄ ̄_ L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;,;,;|;,∧ \        / /
                 ` 、 }   }:./   |:.:.:.:.|//∧  (ノ )L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;|;,;,∧   `¨¨¨¨¨¨¨´  /     }
                  {し'     }:.}.     |:.:.:.:.|///∧      .L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;,;,;.:..∧   、____/     //
                 ゝ一ー'ゝ '    |:.:.:.:.|////∧  言舌L:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,;,;,;,;,:.:.:.∧  `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´/
                          |:.:.:.:.|/////∧    L:.:.:.:.:.:.:.<\;,;,:.:.:.:.:∧           /
5675 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/10(木) 23:48:05 ID:3gM/QiY60
あぁ…チン○にチン○が生えてしまった…

ちなALSってことはいずれメタルチンクに?
5676 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/11(金) 00:01:25 ID:9HA7768o0
初手量子波コミュニケーション成立させてるからマーリンがどこまでやるか次第でチンクが望むかどうか

もし望んだならメタル化からファフナー化してカイザーブルク化に至って宇宙の最果てにズドン発進して

銀河中心核あたりまで案内してくれるんじゃね? クァンタムワープした刹那よりも星虫みたいな感じで。



                          /⌒
                         ( {, -‐ 、                         / ̄``
                         r≦  ̄ \)_                      /   -――
                          イ// イ /ハヽ\_               ,′ /  VL
                      (ー‐'/ /-‐{  ノ‐- 、\(_                  |  i|、-―VL―
, -―- 、             、_>(/从rtテ/'tテァ} ト¨¨´一       _,. -‐ '"^| 八\  VL
  , -――- 、         /⌒\_/ 八     彡/==- 、_.ノ}   , "´       、  \\ VL
'´    ___ \     : : : : : : _//j⌒\ゝ ' / :ト、:}=ミ      /          \  \\VL
  , '´\    `` 、__,: :r‐、(⌒´r‐(⌒)ァ:/リ{`¨´}\:} ` { _/               \  \ヽ
/-=ニニ`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´r=ミj: \`¨¨⌒,ィ: :く{'\γ ヽ/_∧ ̄   ー――――===≠ミ   ∨ ̄ヽ
ー'//`⌒´ゝ' γヽいィひ(: ∧ iV /ニア: :r―‐r― 、< >  rー __)、)⌒\)\ }、  |
 (/ 乂{   /__)⌒´‐''"´: : ∧ ∨: : / _ゝ '/ヘ―'|  ∨ \\)\ } _  -‐ ''"´ ̄``''ー-  |  .}
     <{   ( ̄  r=ミ、rっ r‐z_}_/: : { 、` ̄./  ヘ |/\\  `¨¨¨¨´_  -――- _    |  .}
{\   γ、   `⌒´⌒ひ(_ノ  : : :./:r∧ー- {    ヘ-一r\)`¨¨¨¨¨`''ー- _     ``丶 /´\}
{  |   > \         /  / `¨∧'⌒ゝ'⌒`ゝ⌒/`⌒´\(\{_ー- _ ``丶rー―┐\   ヽ
乂ノ   `⌒ー≧=======≦ミ  /     } } |\/| { {       \ \{_{  ̄ー- _    }  ノ   /
      ,  '"´ ̄``'' 、   j}        / /    八  {       ノ  \ \.{  .{/  ̄ ー} ( _ / /

            ―― ええんやでとかいってデレそうなメスマーリン ――
5677 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/11(金) 23:23:28 ID:ndJYsFWk0
乙。なんという圧倒的な暴力w
5678 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/12(土) 00:10:30 ID:BQqLbtG60
そうです。ここは、すべてのバランスが崩れた、恐るべき終末世界なのです。
これから3日間。チンクの男根は彼女の身体を離れて、この不思議な菊門の中に入っていくのです…(語り:石○浩二)

ヤルオット「く、来るな! ……アッー!」 (ウルトラQ 第n話 『這い寄る男根』より)
5679 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/12(土) 18:40:08 ID:Uu7X56NY0



       _____,,.、丶´  ⌒ヾ /            /
       \                          ∠ ____
        \                               /
  ____/                   \             /
  \                              }          /\
   \                 /         /           \_
      ̄¨ア           /   /    _、+'”              /       .>5677 乙ありマジさんきゅー!
 ___,,.、丶          / /   _、+'”  .∧            /
 \       ,   |   ___/_,,.、丶´  |  / ‘,          <__
   \   _/  || |  ⌒¨´゚。   :|   :|  '   ‘,            /       エロマンガやエロゲにありそうな
     ̄ ̄/   .|| |.  〃 、\  |  / / _,ノ  ∨  |    _,,.、丶´
    _/ __ __ || |  '     ̄\|/)/ ̄    ∨^V   /      \_     なんかすごい未来チ〇コだぞ。
    \_/. . /. .|ヽ八 /  ⊂ ⊃     ⊂ ⊃   И / __ _,,.、丶´
      /. .//. . .|. .',/                    }/∠. . .._/
       ̄  {__/|. .(         、  ノ        √∨. .\
         >'"⌒=- _                 人. ..∨. . .〉
        /       ニ=‐   _         _ -ニ 、 \.‘, ̄
         人      \  〈二二二二二二\     \. \
         \        \二二二二二二〉 ノ   }
5680 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/12(土) 18:40:54 ID:Uu7X56NY0



  モ ー ホ ー を        ,. =ニ"  ̄ "ニ= .、
            ,、,、  ,. ⌒        ヾ ヽ
  ラ ー ゲ リ へ  ヽ,ノ /    i     ヽ ヽ、',
                /  i ハ小, ト、_ト、 .l   トミ、
                  l ! 」斗-j 乂厂ヾリ|   l八
                  lハい トj __   ッ=ミノ ノノ  ヽ.      【>>5678 ウチのスタンスは >>4641 だってばYO!
     _______      ヾ小.'⌒ ,    /  ′ .ト、)
  . ィイト: r―ァァォ:│       l小、 t‐ ^i / /  /ノ          そういうわけだから二人目を粛々と《出荷》よー】
  . ィイ| │::///| |  r-、_  j八 > `ニイ│ 仏イ
  . ィイ|_,」 ///| |   と_//`'¬へニr‐ァ厂j/ \
  -七l玉玉玉玉」    L!   「 , / ,/ __ ./⌒\
    [_,]ZZZZ[__]      `'ト、  i レ公x/j/    〉          ―― 皇国倫理審査委員会 発布 ――
    ._リ┘  {_リ           `y / 〉  / ⌒ヽ /
                   /V //∨ ⌒ヽ 〈
                    〈::{ {::::::/ ― 、. ,'
           , ―― - 、 ヽV::::イ._   ∨
          / r==ィ    >'"´ ̄ ̄ヽ. i|
           |( ̄´ _    /          ト 八
          し兀八_ト--/ , ⌒ヽ,    レ::::: ':,
                 しイ    ' .   |j r――.、
                   |       ':, ,小rヘ‐ヘヘ.〉、
                  |      V ∧ ハ. V∧\
5681 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/12(土) 18:42:30 ID:fBQQX9Yc0
だがレズは許された!
5682 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/12(土) 19:08:56 ID:Uu7X56NY0



                     【百合の間に野郎をブッ刺していく事案】
       / '      \
      /〈        \                                 _
    〈 (6 )      -――-            -‐‐-                .'":. :/:.< `丶、
      / | ト\ /<   _>  >  ...._ ,r'´ _  ,r‐‐- 、\        ./:. :. :/:. :. :. :. \:. :.ヽ
    '   ' i, イ  / )'"{、 ー〈∨. .//⌒ 、´   `\   \\    ./:. :. :. / :. :. /:. :. :. :. \:. :.
    L / /ノ} |  | ∨|/ | x=  |    ./ /{  {       \    \     i:. : /:. i:. :. :/__|_:. :. :. :. :.:.i
    / / {'  | ,,ノ i从 /'う V ┐/  {/{ .{.  \ \ー─‐\__\   :. ://''j|:. :./_从:. :. :. :i:. :. |
.   / / ,   ∨ | |    ゞ-   {     { ヽ\ { リ\ \‐- ..,,\ニ=-   ∨ i/从:. :i f 心Y:. :. :|:. :. |
.   / / ∧ | / |人   >  -一{_    .\{\ <tッノ`ー―┐   >    ./: {" ' \ _ゞ ' 〉:. :. l〉:.从
  / /   i 〉〈゙|  |  ―=彡ヘ  , \\   ../     }ノ }ノ  \ゝ  ...__/|:圦  〈::::::::::) /:. :. :/:./
  , ,    /i     |   |    ├〈   \    .` _     イノ}ヽ}\{ヘ.   ノ }:. :. i  、___  /:. :. :イノ}
 _i i_  / 〈'⌒i   ' / ̄\ 〈 | \        .ヽ` イ  -=ニニニ=-.',.   、 〉////// } /:. 彡'//人_
 Y Y   i_ ノ  | ∧ \ / ト 〈r 、ヽ\       ,==ニニニニ>'´: : : \    -==ミ///r={://///// \
  し'       | /  //⌒(_ \) ハハ      {{>': : : ´: : : : : : : : : : ,.   }__Vハ/|/////////-=ミ \
        ノ   , /ノ   ⌒⌒ヽ \    /´: : : : : : : : : : : : : : : : : ,r   -' ) ∨/, 〈/ )/,/ /-ニi=
         '  / /       / \.  / -‐‐-: : : : : : : _: : : :|\∠ニ,.|  .{  ノイ:.:\〉 /-=/ /-=ニ|=i
    /   / イ {ヘ       ,   |.  /´: : : : : : : ` :-=ニ二ニニ|  `´ , .!   〉  V>-r―=≠≠-= /=|
   /     /   |/ |\    / |     /.: : : : : : : : : : :' ` ‐=-‐ ´     '; : ,.     〉//ノ-//-= /-=ニ|
 ,       / /| |'  |      ,  |   i: : : : : : : : : : : : }: : : : : `ミi  , ‐- ' : ,   ...{// /-= /-==≠ハ_
        '   | |     _彡'  /ゝ  . }: : : : : : : : : : : : |: : : : : : : :| /: : : : : : : ..   ノ=, /-= /_-==/===ノ ノ
       /   ハ    /}    〉   /: : : : : : : : : : : : :!: : : : : : : : ' : : : : : : : : \. ./ /-=,/_(__{ ̄ハ ̄ )つ(
      ,     `、 イ  /     /  ./: : _ : : : : : : : : ∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : }.   -=/ハ⌒(__ノ⌒)/ノYハ
      i /     \        ./´ ̄: : : : : : : : : : : :} ', : : : : : : : : : : : : : :=‐ ´  =ニ////|_ -=≦ '//-=ニヽ
      | ハ    ∨  '     ./ : : : : : : : : : : : : : : : /.  ',____ -‐ ´:ヽ   =ニ, イ//////////////-=ニニ
      | | i  |   ', |  ./  -‐   ̄ ̄ ̄`ヽ: : :{{ニニニニニニニニ{ }: : : : : : }.    / // ``丶、/////-=ニニニ
      | | | 人      .{/´∠ニ/´ ̄ ̄}ミ、: : : |\{ニニニニニニニニ= ! : : : : : :|   ./ /―  、  \//-=ニニニ |
      | | |i 、  \  〉  〉=ニニニ/´ )_ -‐t -'ニニニニニニニニニニニ}: : : : : : :|  ..   '      \  /-=ニニニニ
      | | |  \     ∠ニニニ∠ゝ_,∠{_ ノ―‐γニニニニ=- i´/ : : : : : : :|   ....'   /   イ-=ニニニニ/
      | |  _  , - ´`ヽ二二ニニニニ-‐ ´ニ─、‐ 'ニ=- ´    |__.: : : : : : : :|   ./   /   /-=ニニニニ /
      |' \  ....(   /´  ` ̄´     〉ニニ´ニ}}ニ二}}二二}} l : : : : : : /   _ 、     /\-=ニニニニ,/
              .` ̄´             /二二二二ニニニニ|二ニ|、: : : : : :{
                             ノ二二二二ニニニニニニ|二ニ| `ー― '   ―― ダメとは言わない ――
                          ∠ニニニニニニニニニニニニニニ}二ニ}=/ニニ}
                         ∠ニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニ=}={ニニ/
5683 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/10/12(土) 20:27:15 ID:BQqLbtG60
いやチ○コが離れたチンクは女性体だからホモじゃなかろーもんと言ってみるテスト

…ちゅか初め女性陣の名前を入れてたんだが、逆に悦んじゃいそうで急遽犠牲者変更に…
5684 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/10/12(土) 21:37:26 ID:Uu7X56NY0



   ―― チ〇コがヤッルの菊モン目指して這い寄ってるから赤点先生の指導対象だ ――


              ――――――― , イ
        /   r‐ ´ ̄  `\  < ___
       /イア/ {        \   ―`
.         / / /|     \ , \ \  ヽ
        / / / .| ,  |   ヽ \\,    ',
.       {./{ i _ヽ/{  |ヽ}、 | |`ヽ}   .! ,
.       | | { ゞ' lヽ {てソ | |  .}     ! }
.         }ヘ,{/   ` ` ヽ}ヽ  /    |         Q:ところでヤッル、そのカッコ(AA)は一体どしたの?
           | ヽ         } /'ヽ /ヽ{
.             __          /__ノ} {
          ',  ` __ - ´ ノ},、{/ゝ           A:やる夫だって私服ぐらい数着は持ってるっての。
               ̄',     _,.x ――i
        _,x≦ニニ', r≦ニニニニニニ{.            髪は織莉子にめっちゃ時間かけてセットされた。
        ∨ニニニ=} |ニニニニ>'"´ \
.          ∨=/´ ___,!>'"´ : : : : : : : \
.           /〉/ ∠_/.: : : : : : : : : : : : : : :.\                           -――-  、/"\
         / /_/,_!ニニ! : : : : : : : : : : : : : : : : : \    やってやりました☆    /   /        \  \
.        / /_/ニ |ニニ|: : : : :{ : : : : : : : : -‐‐- 、 :,                     /   /  !    i    i 丶  i
       i: i_/ニ= |ニニ| : : : : ',: : : : : /: : : : : : : : }                  /   i  /l:∧ :::iヽ:i  i  i   i
       |: /ニ== |ニニl \ : : :',: : : /: : : : : : : : : :│                  /:   i :i:::/ .|i i::: / !lヽ i  i::   i
       |: iニニニ |ニニ|   \ : ',: :/: : : : : : : : : : : |                 i: i  i :Ⅳ-‐ij‐i:::::i‐‐ij-ⅵ  }:::  ゝ _
       |: |ニニニ |ニニ|    \∨ : : : : : : : : : : : |                 i::i:  i::::i >  ヽノ <  i /::::::::/、 \
       |: |ニニニ |ニニ|       ',: : : : : : : : : : : : :!            (゙y'ヽ   ';;、 ::}::ixxx f  ̄ ヽxx /::∧ / , ヽ ̄
       |: |ニニニ |ニニ|       ',: : : :/: : :/ : :│            \/ ~ 〈_.   ヽ   !    }  j:::} / / 、 i
       |: |ニニニ |ニニ|       ',: :/ : : : / : : :│                    \  .> ヽ   ノ  <ニ{\/::  /i:
       |: l\ニニ|ニニ|______∨: : : :/ : : : :│                      \|  /:)(___ ____ノ:::(j _/i!:: /
       |: ´|ニヽ |ニニニニニニニニニ=〈: : : :/ : : : : :│                         <(ノ::::::::::::::::::::::f   !:/
       |: : |ニニニ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i: : :/ : : : : : :│                           !:::::::::::::::::::::::::ト .,
       }: : |ニニニニニニニニニニニニ==ヽ.: : : : : : : : :|                           У:::::::::::::::::::::::::::{
       /: : :`ー-=ニニニニニニニニニニニ} : : : : : : : : !                         〈::::::::::::::::::::::::::::::;〈
.      /: : : : :{{二}}ニニニニニニニニニニニ!: : : : : : : : :|                         `<::::::::::::::ノ\ \
5685 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/12(木) 21:20:20 ID:SE4vmCX20
きうにおりんりんえでぃたのexeがとんでた

どうも更新時期で入れたせきゅりていそふとがはじきとばしたらしい

除外設定して入れなおしても起動したら消すやがるとかどういうことだ


ざっけんなこらー
5686 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/12/12(木) 21:38:16 ID:liotiREA0
せきゅ子ちゃん「お〇ん〇んエディタとかいれて噂されると恥ずかしいし・・・」
5687 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/12/12(木) 21:55:46 ID:NorEtMWg0
ガチで汚染されてる可能性も。
5688 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/12(木) 22:09:12 ID:SE4vmCX20
先日まで別のセキュリティソフトの試用期間ハシゴしてたけど
その前に使ってたソフトに帰ってきただけなんだよなぁ
5689 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 20:25:43 ID:UTqG5mqo0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,             夏からこっち休日削られるわ
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ          .毎日残業だわでロクに休めない
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} ○/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{○,}|:.:.:.:|          .のだけど師走にきて追い残業まで
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/          要求されるようになった……
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}            まとまった時間がない(しろめ
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5690 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 20:26:33 ID:UTqG5mqo0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ        まったくなかったワケではないが
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} =/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`           蓄積していた疲労の回復の為に
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{=,}|:.:.:.:|
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|        全てが泡のごとく消えていった
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ            【悲報】しごとにころされそう【やむ】
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5691 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/12/29(日) 20:38:03 ID:tWJBpnqQ0
HGリーオーが安かったんで買った

技術の進歩に驚愕した(バンダイは何処に向かってるんだ)
5692 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 21:00:58 ID:UTqG5mqo0



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃       |       ..           / ̄ヽ   /              ┃
┃ ク   そ |   ━╋━  ┣┳━      | こ     | 気  か  乗  リ.   ┃
┃ ソ   い |   ◆┃◆    ┃  ━━  | い | .| を  な   っ  |  ┃
┃ 雑   つ .|                       | つ | .| 付  り   て  オ  ┃
┃ 魚  は|        ≦二丶         | は  | ...| け  強   る   |  .┃
┃ 一    |     __||_||三|i_       | ?  | ...| る  .さ   奴   は  .┃
┃ 般    |   /  |◯「 ̄「 |◯ | /| ̄\  \_/  .| や  違   で     ┃
┃ 兵       | ̄ ̄/ √ ̄/ ̄ ̄/| ̄ ̄ ̄|       .| で   う          ┃
┃          |____|\| ̄  __/ ∧__,/         |      か           ┃
┃___/     |\|_ 〉__√___∨,∧  |         .|     ら         ┃
┃         √∟ 」_{ ̄ 「__/ /┐ | ̄ ̄|       .|                .┃
┃         |_|ー√丁二二LニT ̄|∨ ̄¨ヽ      \               ┃
┃         /   |  |   |___ |_」_‘,   |           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.┃
┃          |   />-辷冖< / ̄ ̄',‘,  |                      .┃
┃        ノ-ミ//  <⌒ヽH       | >─{                        ┃
┃       {_{nnn/     ̄ア´ |      |くノ|_}                          ┃
┃      / )_ノノ|      /  '.    _」_ [ノノノ                          ┃
┃     / /  _|___/    '.__ノ__|                            ┃
┃   / /   |     |     |     |ヘ                        ┃
┃  / /    └r──く     \___|_∧                       ┃
┃/ /       |    |      | ̄ ̄|  |                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

↑これが こうなる↓ みたいな技術の成長ぶりに目を疑って丸くする、そんなガンプラ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 間 `⌒^⌒^(_                                / ̄ ̄\ ┃
┃ 違  ├‐   (                                ./      ┃
┃ っ  .└‐    〉       -‐…ァ  二._  / / ...       |  こ   .|...┃
┃ て   工   (         _/_  /  // ̄ヽ-rー_ミx,    |  い  |...┃
┃ も   , , ,   \       ̄ ̄     、ァ─く`ヽ  ノ'"´   }  |  つ  |...┃
┃ 喧   __ノ    /            /|乂__/厶斗く\  __/    |  は   |...┃
┃ 嘩   :    (       / ̄\// 匚] i|〈/ノ_j__j}__}二ア'      |   ?   i ┃
┃ 売   ;   (⌒      〈 r㍉  \|\ \_ノ'´ |0\)┘ ̄      \__/ .┃
┃ る      √  ____     '|  \ /|\|_◯\_/ ̄`|                     ┃
┃ な  !! (  /_7__/ ̄|\_,| ̄\_//〉 | ̄ ̄ | |_/                  ┃
┃ よ    γ⌒///\/  Y⌒ヽ//弋__」  「匕7┴ァ                   ┃
┃ ! (⌒ ̄   ̄ ̄⌒¨´ \_|i   「 _rく⌒7ァ√ \∧                   ┃
┃    \              ̄ ̄ ∧廴辷「    | ∧                ┃
┃⌒⌒⌒´                / \  / ̄ ̄ ̄`丶                 ┃
┃                     |\_√\___ /\                   ┃
┃                     \__|      / |____}┐              .┃
┃                        \_____|/ ̄|   .|              .┃
┃                          丁ア丈_____|_/               ┃
┃                          /´/ |__/                 ┃
┃                        / /    /                   ┃
┃                      //¨|/__..,。ュ≦〉                   ┃
┃                     |  |_L_/  /                  ┃
┃                     \___)   /                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
5693 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 21:36:27 ID:UTqG5mqo0
むかしのガンプラって直立すらロクにしなかったし関節もほとんど動かない代物だった記憶
5694 : 安価のやる夫だお [sage] 2019/12/29(日) 21:54:17 ID:SWc4osP.0
これAAあったのかwwww
5695 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 23:06:54 ID:UTqG5mqo0



   γ. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ パッシブスタンバイ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |  んっとねー。この状態を 受 動 待 機 っていってね
    乂______________________ ノ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃       |       ..           / ̄ヽ   /              ┃
┃ ク   そ |   ━╋━  ┣┳━      | こ     | 気  か  乗  リ.   ┃
┃ ソ   い |   ◆┃◆    ┃  ━━  | い | .| を  な   っ  |  ┃
┃ 雑   つ .|                       | つ | .| 付  り   て  オ  ┃
┃ 魚  は|        ≦二丶         | は  | ...| け  強   る   |  .┃
┃ 一    |     __||_||三|i_       | ?  | ...| る  .さ   奴   は  .┃
┃ 般    |   /  |◯「 ̄「 |◯ | /| ̄\  \_/  .| や  違   で     ┃
┃ 兵       | ̄ ̄/ √ ̄/ ̄ ̄/| ̄ ̄ ̄|       .| で   う          ┃
┃          |____|\| ̄  __/ ∧__,/         |      か           ┃
┃___/     |\|_ 〉__√___∨,∧  |         .|     ら         ┃
┃         √∟ 」_{ ̄ 「__/ /┐ | ̄ ̄|       .|                .┃
┃         |_|ー√丁二二LニT ̄|∨ ̄¨ヽ      \               ┃
┃         /   |  |   |___ |_」_‘,   |           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.┃
┃          |   />-辷冖< / ̄ ̄',‘,  |                      .┃
┃        ノ-ミ//  <⌒ヽH       | >─{                        ┃
┃       {_{nnn/     ̄ア´ |      |くノ|_}                          ┃
┃      / )_ノノ|      /  '.    _」_ [ノノノ                          ┃
┃     / /  _|___/    '.__ノ__|                            ┃
┃   / /   |     |     |     |ヘ                        ┃
┃  / /    └r──く     \___|_∧                       ┃
┃/ /       |    |      | ̄ ̄|  |                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


               ____
             /      \      歩哨として長時間の定点待機する時なんかでは
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \.   膝関節を始めとするフレーム各所にロックかけて
            |      (__人__)     |    ラ ン ナ ー
          \     `⌒´    ,/     着 用 者とスーツの負荷を軽減させてるのね。
          /     ー‐    \
5696 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 23:07:40 ID:UTqG5mqo0



             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \                   リソース
        |      (__人__)     |        んで空いた 出 力 をセンサー系にぶっこんでるの。
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ         傍目には棒立ちしてるようにしか見えないとしても
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |        .これでサボってるんじゃなく警戒待機してんだお。
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |
5697 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 23:08:44 ID:UTqG5mqo0



   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ アクティブモード  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   |  で、有事となればロックを外して 能動体勢 に移行する、と
    乂__________________________ノ



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 間 `⌒^⌒^(_                                / ̄ ̄\ ┃
┃ 違  ├‐   (                                ./      ┃
┃ っ  .└‐    〉       -‐…ァ  二._  / / ...       |  こ   .|...┃
┃ て   工   (         _/_  /  // ̄ヽ-rー_ミx,    |  い  |...┃
┃ も   , , ,   \       ̄ ̄     、ァ─く`ヽ  ノ'"´   }  |  つ  |...┃
┃ 喧   __ノ    /            /|乂__/厶斗く\  __/    |  は   |...┃
┃ 嘩   :    (       / ̄\// 匚] i|〈/ノ_j__j}__}二ア'      |   ?   i ┃
┃ 売   ;   (⌒      〈 r㍉  \|\ \_ノ'´ |0\)┘ ̄      \__/ .┃
┃ る      √  ____     '|  \ /|\|_◯\_/ ̄`|                     ┃
┃ な  !! (  /_7__/ ̄|\_,| ̄\_//〉 | ̄ ̄ | |_/                  ┃
┃ よ    γ⌒///\/  Y⌒ヽ//弋__」  「匕7┴ァ                   ┃
┃ ! (⌒ ̄   ̄ ̄⌒¨´ \_|i   「 _rく⌒7ァ√ \∧                   ┃
┃    \              ̄ ̄ ∧廴辷「    | ∧                ┃
┃⌒⌒⌒´                / \  / ̄ ̄ ̄`丶                 ┃
┃                     |\_√\___ /\                   ┃
┃                     \__|      / |____}┐              .┃
┃                        \_____|/ ̄|   .|              .┃
┃                          丁ア丈_____|_/               ┃
┃                          /´/ |__/                 ┃
┃                        / /    /                   ┃
┃                      //¨|/__..,。ュ≦〉                   ┃
┃                     |  |_L_/  /                  ┃
┃                     \___)   /                       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ____
     _,.イ      x===ミ 、
    7 __ヽ j}     \Y
  /./´     `ヾ        ',、                     四六時中も気ぃ張ってたら身が持たねぇ。
  i  '              ', r===ミ
 j  { ',  ,,::::::::::::..   , z==- Yi;;;;;;∧`ヽ__                   そりゃ着用者に限らず道具であるところの
./_ | :',   __    !::, -─  !{;;;;;;;;∧  ', 〕iト _
/;;;ミ {__,. チ '´二二 、  !:ir-tj'´フ ヾY;;;;;;ハ  ',     ,\        装甲スーツにしたって同じこった。
;;>- 、/ __,. -trナ }  ',ト-¬´  }|;;;;;;;;;;;}        ∨ \
ハ ヽ__Y    ̄-=チ   ,:..    /,';;;;;;;;;;′ /.      ∨
ヽ', 、_  ̄   -、    r   〉:.   .イ{j;;;;;;;;;/  ,'.       }        .エンジンは必要なとき吹かせるよう無駄な
、 ー- _     ヽー-y ' -=ニヽ |;;;;;;;;/  /      /
ヽニ=-::::::::>、   ', { ー=ニニコ Y{ 从;;;,'  ,:'      /           空ぶかしせずにエネルギーを温存しとけ。
ト:_::::::::x====ミ  Ⅵ  ーrt  i { イ ./         /                         スペック
ト:::_/:::::::::::::::::::\_j ヘ、 j ヽ_j {<           /             機体を無駄に疲労させて 性 能 を落とすな。
.  {::::, -── ミ::::::::ヽ  ̄    l.           /
  Vzニ二ニ=  \:::::ト、  、   「          /
-=/:::::::::::::::::::::::::::ヽ>' _ヾ\ト j     _彡'
rり::::::::::::::::::::::::::::::::|: :>- _-== zzz≦___
7:::::::::::::::::::::::::::::::::リ` <: : : : ≧=─────
5698 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2019/12/29(日) 23:10:26 ID:UTqG5mqo0



                                               〃/´ ヾ、i j ≠´  ̄`ヾヾ, ヘ
   ―― で、火は落とすな。どんな機械でも                     7jテ    ` ´     ::.气ヾ ト
                                                   彡!.........,, __ ,,,...........::: iミ八
   起動こそ一番に時間とエネルギーを食う。                   j彡j ==:..、    ,. -==、 _,kヾハ`'
                              _                   {斗' ィ`ヾ;ヘ  〃,.=--、`〈=-ミxリ
   状況に応じて緊張の仕方を変えろ。   .γ  ヽ                  Ⅵ弋tッ‐y:; {:: r-tッ-y ヾy:t:}
                              {::::::. ∨                   {i:|  `チ:::i  ヾ、ミ='  i/ i.}j
                             ∧:::::::. ヘ            /´rハヘ:、   .::| ,.ヽ     .:::r t/!
                            ∧=--' ヽ        x< ̄`ヽ、ヽハ  r;=-`´ーx  :::::T:'./iリ
                                ヽ:::::::,  ヽ     ,イ ,,,,     >x j从z--- ュⅥ,:::' j-:'ハ ヽ
                             r.八=='   ヽ__,.イ-< ̄`ヽ、      ヽ,{ ,===x、 i ;{' ,イ 7::::| ∧
                            r<:j  ヽ::::::::::.,ィ ∨ニー- 、    `ヽ、    \jリ ヽ| ル'::,'_人:::i  ,'>x
                          {  /    .ト:::::'´::: i ヽ `ヽ  ヽ、    `ヽ、   `ヽ、 Vj ヽ_,.イ:::7 ./:::::::::::ヽ
                              イj  i   ノx-:::<,イ   Vヽ \  \     `ヽ、   ``ヽ、__,.イ /    ハ

                                 【メリハリの問題であり、ON/OFFと間違えんなという教え】

チンクは大人の男になりたいのです その53

5448 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/12/24(月) 18:25:50 ID:SPKyC1ho0



              __k,__,
              ,..:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
           /:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.‘,
            |/:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:}
             乂ト、:.:j:.:./:./′                 今年も終わるねーなんて思い返すと
               〉ァァ冖ァァ
         -=ニニニニニ=- _                『じゃあ何回投下したかゆってみ?』
       __//ニニニニニニニニ\
     _(〈/ニニ7ニニニニニニニム.           ってセルフツッコミで死ぬ俺がいる。
    /....`マニニ7ニニニニニニ}ニニ=_
.   /ニ=-..」  {ニニニニニニ7\ニニ=_
.   \ニニ\ {ニ=- ニニニ7.  \_ニ=ァ        コンバンワ。貴方は其処に居ますか?
      \ニニ\ }   ̄「 ̄ {   /ニア
       \ニア {   |   , /⌒Vア
        く____/〉        〈__  }
         }/    i / ! {'′
         7         V
           ′     }   }
.         ,        _/   ,
        ′  -‐ 7{`ー   ′
.         ,     / !    ,
.       ′     ′ ,     ′
5449 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/12/24(月) 18:32:10 ID:SPKyC1ho0



                    __
                ,二>i´ィ, -- 、`.:..、
               '⌒/`¨}'´_. : :.:.\ \、_
                ,' ,〈!.:|、\\ニ=-、\ヽヽ `
                  i.:.l∧:|l.ヽ.:`:...、_/ 、.ヽハ\
                 l.:.V∧liー‐' 、_ヽミ彡li∧ ∨`            うむ。誰もいないのが平常運転。
                ∨ヘ.:ヘミ彡  {  '' 从ヽlヽ
                   ヽlヘ:ヘ ヽ      l:| リ          世間がクリスマスとか関係なく。
                   }ヘ-、`  ,.   ´ ,'
                  , -..、  `l>.、     /
             /    `、ー'ヾニ≧ーイl                 んじゃ、はじめんべーや。
            /         \ :.:l`ーイ:j{
            ,       , ヽ\.∨.::::;'∧
            l      , イ    `ヽ.:.:ゞ/,ヽ、
             .',   /'´.:.:N     \ ,'´ ̄ Yミー.、
             l     l:| |       l:i    }l{,  :l
             |     }l!∧     .リ   .:lリ : |
             |   r'- ̄:l∧    .:l   .::lj' .:: ,′
            l ', .乂.  `i       ヽ..  イ.〉.:: ′
                l  ', _〈__ ∧    ,   イ´ :〈 :: ;
              l  ,   `ー`ー――‐ '′ ;' :: .;
             |!   ー―=ニ二_   ,  / .:l ,'
             |l         _,...:, ‐'´ ̄ .:l/
5450 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:32:43 ID:SPKyC1ho0



                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5451 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:33:06 ID:SPKyC1ho0



― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5452 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:37:03 ID:SPKyC1ho0



            /      ______        _、+'”
          /       〔三二ニ==ニ二三〕     _、+'”
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ``'<「 ̄ |>''" ̄ ̄ ̄ \                 _,,..  -=
       /__________Y^Y______ \         _,,.. -‐  ̄___
________________|二二二二二二二[]_ヽ__-_,,... --─ '' "__,|| ̄ ̄
          || ̄ ̄ 丁|| ̄ ̄~~丁|丁 ̄ ̄ ̄丁| ̄ | | ̄ |:|    ||-‐||¬''||“¨ || ̄  ||
____________|├── ┤||ー┬ー ┤|├───┤|─〔==〕- |:|  _||_||::: : ||:::::::||::::::::: ||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:||||     |||  l   |||      ||γ´ ̄丶 |:|γ ヘ ̄\::::::||:::::::||::::::::: ||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:|||└── ┘||_|─ー┘|└───┘|弋_ノ ̄ ̄ ̄{‐、\  \||__||__||
| ̄ ̄|||| ̄ ̄ |:||| ̄ ̄ ̄ ̄ ||丁 ̄ ̄ :| ̄ ̄¨ ||二二|二二|:| ゙̄| ̄ ヘ丿ヘ   寸二二厂 ̄ ̄
|    ||||     |:|||____  || [|      | :     ||  |     |: |   \,‐ミx   ∨ ̄
|__||||___|:||| ̄||─ー|| ||  x-─‐┴─--、||  |    Ω_,|     \) ))/
二二二二二二|||_||___|| ||/,x\:::::γ⌒ヽ: :∨===  ゑγ^'v_/ ̄ ̄xく =ュュ
|   ||─ュ  lニニ|二二二// \\(::::::::\\∨ |   |¨|:|: : : |/: : : ::/ /─比[][][]ニ=‐ _
|   ||   |  /¨∨|_|_|_   \\  __\\: : : :ヽ >>二二\|.|: : :く : : : /∠_ ̄|¨ ¬r──__
/ ̄ ̄ ̄ ̄..|::::::| ̄/||__|\\| |ヽ∠¨¨二二二¨¨\┼l|`¨´|\/|::| |  ̄|    :|   | | ::|::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|  /||「「「「|  \| | :|_[]二「 ̄ ̄|二|二l|-:|ニニニ| |\ |   |  __,|   | | ::|::
            |  | / || ̄ ̄|  L_[]__厂|/ ̄ ̄ ̄ \ー‐|_,,|: : : |_L_ ̄|\>  .| /}/i|   | | ::|::
            |  |/  ||__|_」「_癶|‐く ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \|_..|: : : | ⌒≧s。|   | [|| |   | | ::|::
            |  |  /||__|_└/\\|三三三三三三」 _| ̄¨|_    ≧s。└L_|   | | ::|::
            |  | / || ̄| ̄辷〉 |\/ ̄ ̄ ̄ | | ̄ ̄\/ ̄ ̄L「         ``冖冖└L |_
            |  |/  ||Τ    γ\| ̄ ̄ ̄ V^ヽ ̄ ̄ノ             . . . . : :
            |  |  //      `7¨¨¨¨)¨¨¨¨ヘ 弋二)     . . : : : : : : : : : : : :
            |  | .//))       `¨¨¨´    \ \     厂〉_ . . : : : : : :, :, :, :,
______|_|//`´                 \ \_/ ,/シ : : : : : ::, :, :, :, :,
二二二二二二|_|/::                    ≧=‐‐=≦ : : : : : :, :, :, :, :, :, :,
:, :, :, :, :, :, :, :, :, ((__)::                   . . . . : : : : : : :, :, :, :, :, :, :,

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

長い夜がサックリ明けた。上半身を右腕から胸→左腕から胸→腹部と下半身の再結合調整。最後に首周りの

神経節ケーブル束を整理して人工皮膚の仮被覆を行えば、二晩におよんだオーバーホールの終了である。


やったことを簡単に言えば人工筋肉ひっぺがしてフレームを矯正し、新しい人工筋肉や擬似神経網を張り直し、

歪みが残らぬように修正・調整、上っ面は一時的処置でつくろう。そういう修理。……言うだけなら簡単だなぁ。


勿論すりへった間接部の緩衝材をパッド交換したり最終最新の稼動データと比較してバランスを測ったりなど

本当は他にも細々とした作業が筆舌に尽くしがたい程あったワケで。普通は二晩で完遂する作業量ではない。
5453 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 18:38:27 ID:q2l17UbE0
>じゃあ何回投下したか
止めてくれイッチ、その言葉は俺にも効く
5454 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:41:13 ID:SPKyC1ho0



┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││                        _∠
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./∠フ/
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-  |   やっと修理が終わった感想は?   |VV /=
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||─────||-|-|-|-|-|-|-|. .乂________________.V―‐ =
┳┥│  ││;;[田田田田][田田田田][田田田田][田田田田] |..│
┻┥└─┘,,|/=======================================;;;|..│
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
 ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄     正直スマンかったと反省している。
==@==@==@==@==@==r─ー─‐-──ー┐@==@==@==@==@==@==
─────────‐| 人  形  屋 .│─────────
:: : :| |;;| :::: :::: :____`ー─-─-‐ー─┘____:::::::::::::: :| |;;|               , '´  ̄ ̄ ` ヽ
  | |;;|   ::||三三三| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|三三三||:    | |;;|             / ,  , -  - 、  ヽ
  | |;;|   ::||三三三|__|__,,ノ___,ノ___,,|三三三||:    | |;;|               / /.l l l      ヽ l
  | |;;|   ::||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三三||:    | |;;|            /,イ{ ト、N l_/l ト、N、l } l
  | |;;|   ::||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三三||:    | |;;|              レ!小l:::::::j  リ ○ リ l. l
  | |;;|:::: /||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三 /:: :::::::::::::| |;;|:::::           ヽ|⊃ー'゙、_,、_, ⊂|ノ  l
| ̄ ̄| ̄ ̄|. ||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄            |ヘ     u .| l  l
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |              | イ/⌒l __,. イ| l  l
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |             N/  / /lニ. レ'   l
|__|__|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||_|__|__|_              |  l(_V _) l´│  .l

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

早急に修理してくれたことは感謝するし、実際に試験運転したところ実に好調だし、礼も感謝も素直に述べたい。

ただまぁ……なんだ。涎垂らしそうな顔で素材いじったりヒステリめいた奇声あげて未知の技術に嫉妬しながらで

付きっきり身体を弄り倒されるのは、身動きできない俎板の上の鯉状態だと怖いものがあった。


修理作業に没頭・熱中する様を眺めながら『そりゃあ他に誰も居ないで修理されたゼロのトラウマにもなるわな』

セインが修理補助に立ち会って操嬢のトリップを抑制してくれた事を心底ありがたく感じた、長い二晩だった。

       オヤジ
やりきった職人の太い笑みでチンクをベッドから叩きだした操嬢は、そこへ載ってすいよすいよと眠りに落ちた。
5455 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:42:59 ID:SPKyC1ho0
>5453 せやかて工藤! 片手の指ぐらいしかないんやぞ工藤!!          イラッサイ!
5456 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:44:29 ID:SPKyC1ho0



          ,......-=-:-ミ、
         //..::::::::::::::::::::`,      今夜はヤクザの鉄砲玉のすくつ行き。
       〃.:/.::/..:::::::::::::::::::::’,
        /.::〃:/.:::::::::::::::|::::::::::::::‘,     私達、無事で帰れますかねぇ……?
     ..::;’::/.::::/:/|::::::|、:::::::::::: :,                                   -────
     ‘;: |:::::::;:イ::/ |:!::/`\:::::::::::|                                  ィ:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:.:.へ
       Ⅵ::::::リ'芹ノ乂 芹ミⅣ::::/}                               /:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.:ヽ
      /:::Ⅵ从 以´ , 以 .从:::{丿                            /:. :.:.:./:. :. :. :. :i:. :. :. :. :. :. :. ヽ:. :ヘ
      }ヽ\Ⅸ:        /}从}                          ':. :. :.:.::/:.:.:i:. :.i:.:.:|:. :.!:::i:.:!:. :. :. :.ヽ:. :ヘ
      `〉::ミ:}:/\ ´ ` .ィ.〈/                                |: : : : :/:. :. |:. :.|:. :.!:. :|:. |:.|:. :. :. :. :.ヘ:.:.:'
      .〉ミr≠ミ}:`  ´{`ト、ー.、                           |:. :. .斗升廾ヽiヽ人斗升廾:.:. :. :. :.:|:.:.:|
     ./  l|z=‐〈\_/ |:::∨.`ー.、                             |:. :. :. | ┌‐┬  ┌‐┬ |:. i:. i:. :.:.|:.:..|
     ∨⌒ヾ}_\:トく__}¨` | ;’   :|                             |:. :. :. | |   !   |   !  l:. |:. |:. :.::|:.:.:|
      ‘,  ∧ひろ/ |  / ,’   :;’                        イ:. :. :.:.| ゝ- '   ゝ- './:. :|:. j:. :.:.|:.:.:|
       ,  :∨、`ヽ:|/ .,’   /                        {:. :. :. :. |          ム人ル':. :. ノ:.:ノ
       ∨   ∨ :/  :/   ./                            ヽ人:. :. \___ ‐   r<:. :. :. :. ::. :..イ
      ..∨   ∨ 。・ /   :;}                             ーー从ルN从ル}  ト、从Nル'テ '
        .|_  ∨  /   .;';’   いちお上級のチームでもあるワケですし        .rイー ー||-‐''ヽ
          `ト:.   ∨:/   //,′                                //>-- <;:;:;| | |∧
         〈∧  ∨   / {      そこまで怯えずとも、失礼なマネしなきゃ      ∧;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;|;:;:;:;:;∧
        :r'’∧ ./   /  ┐                                   /;:;}ー ─ ─;:;;};:;:;:;:;:;∧
                       ちゃんと家に帰してくれますよ。(願望      /;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
                                                     /;:;/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ゝ.-┬.<

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

昨日と同じくニッセキ病院へ赴き、仮被覆を剥がしてから再生槽にドボンと浸かる。朝風呂というには少しばかり

粘性が高くて湯温も低い。夜中はセインとゼロを相手に今後の相談というか車の入手について『どういう方法を

とろうか、どんな車がいいだろうか』ずっと希望や案を投げ合ったので、ついウトウトしてしまう。朝寝は素敵だ。


夜更かしに朝寝・二度寝は休日に許された贅沢である。うん、正しく休暇をとった気分。処置を終えたチンクは

手続きと支払いを済ませながら、快復祝いに丁度いいと思い立ち、短波通信を飛ばして登録してある方々へと

食事会の誘いを投げた。約束していた楓女史に、身軽な2ch’sやフラテッロ、嫌がるかもだが黒い兄弟にも。
5457 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:48:28 ID:SPKyC1ho0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Raven’s Network 入居者雑談スレ:203
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ttps://www.youtube.com/watch?v=x-ykG6lle8w&list=PLxHz8XC3Hmi-jVUx6oXGKWUMp9uJO6wXi

________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     Jb5th:【速報】修理完了につき今夜は人を招いて祝いついでの宴会をする。参加希望は?【タダ飯】

     欝だ:はいはいはーい! 半日仕事でお腹へらして直帰するからその席もらったー!!

     あさげ:ああ、あん時の猪肉でやるっていうやつね。もちろんアタシも食べる権利あるし? 参加で

     至高のナイト:美味しいゴハンなんですか御馳走なんですかヤッター! ジュースを奢ってやろう

     料理番:では折角なので我輩が仕込んだ肉も出しますかニャ。こういうときに振舞ってこそ、ですニャ

     ゆきんこ:リクオさまもわたしもたーべーるー デザートになるものかってかえるからつたえとけ です

     ありんす:こんにちわ。アインスだよ。たくさん料理するなら人手がいるよね? 戻ったら手伝うよ

     猫かぶり:こまニャ。お燐ちゃん共々ご相伴に預かる分、後片付けはコッチに任せるのナー


     Jb5th:うーん、この返事の内容の落差(しってた

________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

楓女史や2ch’sの快諾を得られた反面、フラテッロと黒い兄弟には不参加表明が返された。残念だが仕方ない。

同行者を含めた外部から招く人数を把握したところでレイヴンズ・ネットワークの掲示板にアクセス。食堂を借りる

許可をとりつけるついでに在居者で参加するメンツを募る。よく食べる欠食児童三名からの参加レスは速かった。


ニャン太班長がチンクの取り置きした猪肉だけでは量も彩りも味の緩急も足りなかろうと、幾つか材料の追加を

打診したので折角だし色々作ろうと提案ス。『やるか?』 『やりますかニャ?』 『やろう』 ―― そういうことになった。


チンクはフンスと強く意気込んだ。自分が食って暴れて寝るだけの怪獣ではないと知らしめる良い機会となろう。
5458 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 18:51:37 ID:q2l17UbE0
>食って暴れて寝るだけの怪獣ではない
えっ、違うの!?
5459 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:51:56 ID:SPKyC1ho0



 |: | |   | :|:\ \ |        l-‐…‐- . ||||.:.:|    /.:.:.:.:./      /: : : : : : :.:.:/:::::::::::::
 |: | |   | :|::::: \ \|        |-‐…‐-  `||||.:.:|:   /.: .:. /      /: : : : : : : :/::::::::::::::::::
 |: | |   | :|::::::: :: \ `ト _____/,.-─-ミ `'||||.:.:|  /.:.:.: /     /: : : : : : ::/::::::::::::::::::::::
 |ニニi|   | :|:::::::::::::::::`i:| | ̄ ̄l__'ノ'´ ,,-‐‐-ミ ||||.:.:|  /: :. /     /: : : : :.:.::/:::::::::::::::::_、+'”
 |: | |   | :|`丶、:::: :: |:| |__|____'ノ'´  ,,-‐-ミ,||||.:.:|‐/: :.:/    / : : : : : /: :.:::::::::_、+'”
 |: | |   | :|`丶 `丶、|:| | ̄|: \____'ノ'´ _,.-| ̄ ̄||.:.:|/:.::./    /.: : : : :./:::::::::::_、+'”
⌒:.  |__|_,|::::::::`i`'ー _| |  |\. \___'ノ'´ _|__||.:.:| : /    / : : : : /::::.:_ - T
_ノ | トミ  `丶、|: : : ::| |  |  |\ \__'ノ'´ _,r──j|.:.:|:/   /: : : : /.:.:。s1: |:| |
|.:.:.:|:| | |  ``~、、`丶 | |  |  | |\ ヽ ∨´ |__|.:||  /: : : :./: , '゜ | |'´|:| |
 ̄..|:| | |丁=‐ ___ ``丶| |_|  | |:| |\ 寸ニニニニ匚|: /|/___/ ,、 '゙ |  | | |:| |
  |:| | |¨| ̄] || ``^iiー| | |   |ー' | |||\ヽマ⌒Li|-|/__,/|::|:::| |  人 .:| | |:| |
‐-- L| | :|: : ] ||   i| | | | |ZZZ|___,|_|┤l |_|\'v'⌒i|‐|: :||: : : l |::|:::| [/_\| | |:| |
‐ ‐ 」 | | :|: : ] ||   i| | | | |‐|| |__l:|⊥l_| | |:| |ニニ| :|: :||: : : l |::|:::| ||::::::::| | | |:| |
‐ ‐ 」 | |ニニニl_||   i| |~~| |‐||二|ニ:| |__,| | |:| |⌒i | :|: :||: : : l |::|:::| [人_人| | |:| |
¨¨i「 | | ̄{.:}ヽ|   i| |::: | |¨||_| : | |冂_,|-┴ ̄ ̄ ヘ|: :||: : : l |::|:::| [⌒⌒⌒| | |:| |
Ti丁i「| |:: ::} } :||   i| |::: | |¨||_|‐‐┘ ̄       |/\: :l |::|:::| |:┌-┐.:| | |:| |
"~~ ̄| |:::::::Y :|-‐ 二|‐┴ ̄              |川川i: l_|::|:::|/`¨¨´\.|`'|:| |
    |_|‐‐┴┘ ̄                     |川川i: : |::|:::|{   -=二}|: :|:| |
-=ニ⌒                          └──‐ |::|:::|:,  -‐ニ/|: :|:|< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
-                             - - -_ |::|:::| l\___,/| |: :|:|、、``~、、
                              ‐ ‐‐‐_ |::|:::| |¨:| | ̄| | |: :|:| `丶、  ``~、、
                               ‐  ──_─L|‐:|_|─|_| |: :|:|\   `丶、   `
                              ‐ ‐ ‐ ──‐_  マ77777| |: :|:|::::: \    `丶、
                             ‐ ‐ ‐ ─‐二‐_  マ///,|<\ ̄ ̄ ̄:\
                             ‐ ‐ ─二二二‐_  マ¨¨|::|\\:::::::::::::::: \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

主菜に使う肉はバッチリでも人数が人数、よく食う奴も多い。不足しそうな分ニャン太班長が補填してくれるというし

副菜ないし前菜で嵩を増せば行き渡ろうというコスい計算も立て、肉屋だの八百屋だの食品店を総ナメにしていく。


食材をあれこれ選んで商店をハシゴするロリと少女と猫一行。品選びの基準は“良い物”一点張りだった。人聞きの

悪い言い方をすれば、金に糸目をつけない御大尽アタックである。銭はあるんやとばかり次々ホイホイ買い物袋へ

食材が投げ込まれていく。それこそ皇国の食糧事情に真っ向飛び蹴りくれるような情景と言えよう。


でも実はコレでそんな散財してなかったりする。無~低汚染食料の生産量がトチ狂ってる土地だからネ!
5460 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:55:17 ID:SPKyC1ho0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         /            \                  内部循環をあげて民衆の腹を埋めれば
        /               丶
        '      ハ、  〃,'! ',     ハ                 とりあえず犯罪発生率は下がるんです。
       '      jヾ゙ヽ '""'| j } } .j ',
         |   ll   |      | L.j! .j! j! i
         |   Lィ=-    ' ⌒`ヽ /‐、!                 国交省が看板掲げて窓口を一本化して
         |  ', j|レzミ、    ,r,ィキミ、'7 6j}
         |    ト.〃  `ヘ,zz{    .}  jノ .i!          __.        ヒノマル親方の名義だせば大口商人も
         |   ! 弋___.ノ , ゝ..__.ノ  {。ノ.|        /:.:.)
         |   .ム      ′     ,'ji! l      /:.:./.      足元を見た取引ができないでしょう。
        | { i 圦  -= ─ァ    イji!、 j  _  .〃:.:〃
.         ' i | j:::>、   ` ニ´  /  〉  .|:.:.::L../:.:.:.:7
         ', 从! |::〉ィ>、   _ イ    マ.、 |:.:/:.:,-、:.:.ュ.          そして税収を確保した上で還元すれば
.          /'〈     | 爪  ',   ,///'7:/:.:/√:.:.:.:.:.ヽ                 キセイジジツ
      _ .<//'|. У /     ', ////〃:ヽ:.:j:.:.:.f´:._:_:.:.:.        反感の少ない上下関係が完成です。
   _ .< .〃'///|./  /    |  /////f´:.:.:.:.:.〈:.::.:.|:.f:々7:/
  <   //////{  /    .j///////廴:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:ゝイ,':/

    ―― ちゃんと仕事した方が労苦は少ない ――
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

―― キイ市街は新鮮で豊富な低汚染ないし無汚染の農産物が安く買える神市場。消費者生活の神立地である。


それというのも各地の集落で作られた作物を一纏めに集める商用港を持つからだ。ゴボー市街は内海の通用口を

監視する衛星都市であり港も軍港であって商用ではない。それも相まって地域経済の中核となっているキイ市街は

溢れんばかりの物量と下がった物価で、消費者の生活環境としてユートピアに近い。今日も元気でメシが美味い。


そんな物価下がったら利益がないんでは? いやいや、あくまで市街で消費される分だけの話ですしおすし?

ワカウラ港から出る際、もしくは北門からミサキ街道へ出る際。そこで輸出関税という形で利益を確保している。
5461 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:56:42 ID:SPKyC1ho0
>5458 ごはんとかスティンガーとか作ったりゼロ修理したり色々あるやん! つまり食う寝る暴れる遊ぶ ……おや?
5462 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 18:58:38 ID:SPKyC1ho0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

..                 ハ./::::}.}            /        ―― つまりは、そういうことです。中将閣下。
.       l              ,'""""| }  |          <
     |      |     j |   .|.j : j .!          ',   /,      我々だけでなく取引先の沽券にかかるので
   ./ ミ! .   | |! i ! !  | |     !j.// .|          〈 _,)
.:  f f  |   .| |从_L L._.{   .j,r' j |          f (        方針を変えろなんて、もう聞けやしませんて。
.:   ' ', (|   杁-‐'´ ___. ミ.  /ッアY:: |.       ,‐ニニ 彡
.:   .ヽ 。|.   !.ヾ代 j! ノ__,, .} 'ー '{ リ::. |      ___) )
.j!   . ::ヒl   .|    {¨´   /''"{. ノ:::::. |     〈   ヽ           そちらの失策のケツ拭いてやってんですよ。
.i!  jl  ::|.  .|   ゝ..___.∠  ヽ、':::::::. j!    z-' ,-‐' ,r:.、
..i! jl :从.i  jl!         .イ:::::::::: !__ -‐==≠   /:.:.:.:}          人気取りだなんだと文句並べる前にアナタ、
../ャ八:从j! |从   ー==‐ /-‐=≠'´   }      /:.:.:.:.:_ _,,..=、
.//ヘ   VWW 、    -‐/ ! /ヘヽ:: /___ヽ、_   ./:「 ニニr:.:.:.:.:.:.:.:.:...  ちゃんと仕事しなかった自分を反省なさい。
. / ヽX ヘ     7 > __/ ' , ヘ.* ,ゞ' ⌒ `>.> ./:.:.ヘ  ゝ=ィ:.:.:.:.:/
./ * X  \  7  }   :.  ∧  ハ   }=─- へ> ヘ. ,--‐-:.:ハ
    / ヘ   ゙ ,'  〈 /      ∧' *ヽ .}__ --‐‐{:.:.ヽ、 /:.:.:.:.:.:.>:::〉
  ヽ/ * ヽ /   V      ∧   ∨      .!:.:.:./:.:.:.>:.:.:.:.:.:.:.}

________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

北領から吐き出されるATがアホみたいな税率かけられるように、キイから出荷される作物もアホみたいな税率で

関税がかけられている。それが一旦は国交省の懐へ入り、弁務官以下の事務官達によってインフラ整備といった

公共事業に必要なだけ分配が行われ、出荷元の“国交省に登録された集落”へと振興助成金が還元されていく。


輸出にあたって関税をかける窓口、その看板になっているのが皇国の省庁なのだ。高いまけろ何様のツモリだと

近隣地域の企業連がわめいたところで相手にもなるまいて。市場適正よりも明らかに安く卸しているのに文句を

つけられる謂われもない。畿内の港、各大店へと今日も快速船が農作物を載せて走る。―― まいどありぃっ!
5463 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:02:44 ID:SPKyC1ho0



                  ご馳走はもちろん期待してるけど、頼んでた御土産もニャ?

    ┌======================┐      _____                          へ
    ||                 ||      .}二=\       ,…┐       /    \
    ||                 ||      .}二=->\__  __//二{    ┌───────┐
    ||                 ||      .}二/⌒^     `ヽニ二{   │.           │
    ||                 ||      乂メ             Xニく   │ ちゃんと寝ろ  │
    ||          それな。   ||      ./  -‐  八} -‐ミ  У   .│.           │
    |  ´     ` 、          ||       .ノイ  {/{/{/  }ハ}ハ    }     .└───────┘
    ., '         、         ||        从レ{ ┃   ┃  V }   }
   ./           ',       .||       .{  {⊃       ⊂}从ハ}     .LLLLLLLLLLl
  ...二ニ=‐‐--             ||       .{ 八  __人__,   儿  }      .LLLLLl¶l¶l¶l¶l¶l
  l               ハ      .||        .从{ 个o。 ___  イ} }  }
.. .l.          l      l     ||        .八{乂/( ¶ )I〔ノイノ}ノ}ノ
  }     l     l      l  .◎ ||           ./::::::::::::::::::::::::::∧
. .,'    l     l  l      .l.    .||         __/__:::}::r≠┐::{:::::∧.       ;華
 ハ   .l    l   l      .l      ||       .{///⌒};;;{ ⌒\:∧       _|,;
.//   .l    !    l      .l.  ______...乂___癶ノ;;;;;廴ノ\//ノ____|| ____
./    .!   .l..   l     lヽ,.  //////////// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∥ ∥1  .ノル
.     /   .!    l     l. ',  ////////////             .∥ ∥ |   (___)
..   /   .ハ     l     .l.  ',.. .//////////            ゙ ゙゙̄
.   ./     .l .l      .l    .l   ',


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

最後に寄った酒屋でいつぞや誓った報復活動を果たして(銭の銃弾でメッタ打ちになった親父が笑顔で倒れた)

二人と一匹が帰宅した。食材は当日配送の手続きをとったので仕込みを始める時間に届けてくれる段取りだ。


二日ほど留守にしただけで、えらく久しぶりに帰った気がする。ロビーに入るなりそう呻くチンクに管理人室から

「遠征から帰ってきて翌日にはもう留守にして、そっから二日空けてたら、そりゃそうなるニャ」と、湯呑み抱えた

こまが相槌を打ちながら顔を出した。うん、彼女と顔を合わせるのは確実に久しぶりのことである。


彼女に増えた家族セインとゼロを紹介し、打診済みだが食堂と厨房の利用を再確認してから自室へ戻った。
5464 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:06:33 ID:SPKyC1ho0



                      ,, -──- ..               |
                /          `ヽ          _ 人 _
               /                 ゝ            .`Y´
            /  /     .ハ     ヽ  ヘ            |.     私の楽しみは戦う・食う・寝るの三原理!
              /  /  / _/ i! ! Ⅵ. ト、 ヽ
    r 、「`V Y  ,' ./  zF≠iニ=l/{/-ハ=∧ li  l
     ト、   ! }  l  |   |r≦从ヾ ./  ./⌒ヽⅥ .l  r、/Y/).      どこぞの不良一級マーセナリーみたい?
     ーァ     、 |  |   l{:::::::::::::リ   乂._ノ }  .|  ハ   .フ
    〈入. //\ l   i!ヽ __ン      /j/j/ l   .|/\   く
        `\   \ .从   「 ̄ ̄ ̄|  ,l /ヾヽ > -‐ ’.       一緒にしてもらっては困る。私は自前で
          \    \_∧.  乂     ノ   イ/,l   ゝ"
          \   //   >. _ . .イ   .l }/              調理・生産するから格が上なのだ!!
.            | \//   ≪ l_=v=i.≫   .// .!
          |. ! .`辷- 、__ヾ1  「i    .// .l
           | .!   } `ー-ニ」i  iiニニニ"イl   l               ―― ひさしぶりの脳筋発言 ――
            | i!   /゙    .ii  ii    ∨i!  !
             レ'i从./     ii〔=〕ii   ∨ハ从j

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

荷を降ろして身軽な服に着替えてエプロンひっさげ食堂へ。広々とした空間を横切って設備のよろしい厨房の壁際、

業務用とおぼしき巨大冷蔵庫の中で熟成が完了した猪肉の塊を、常温に戻すためテーブル上へと放り出す。


そぉい!! された肉塊が、ずどーんと音を発てた。うーん、でかい。しかしこの肉はこれからトリミングで削がれて

ごりっと体積を減らしてしまう。だが残る可食部は少なくないし肉塊も一つきりじゃない。当方、戦力に不足なし!


定番の厚切りステーキ、小塊をローストボア、賽子状でシチューやワイン煮、細切りにしてパスタとパイ……etc。

忘れちゃいけない薄切りで鍋! 電脳によるレシピ検索も完了だ。あれこれ想像するだに食欲が拡がるのぅ。
5465 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:11:53 ID:SPKyC1ho0



        |        |        ||        |        ||        |
        |     [] | []     ||     [] | []     ||     [] | []       調理は我輩達で進めておくので
        |____|____||____|____||____|___
                                                  今のうち休憩を挟んで来るニャ。
   | ̄ 丶、/.. ̄ ̄ ̄|
   |     /ヽ/   |                   _______                    /〉    ,ィi
   |     . / ヘ.   |                    |┌───┐  |                   〈.;.:.´ ̄`/ リ
   |        "´i ̄.] |                    |│::::::::::::::::│□|                  /_;、;ィ_:.:.:.:.:<_メ,
   |_______|                    |│::::::::::::::::│○|| ̄|                  〉t} /ィッ,z:.:.:.:/
   |            .-――-               |└───┘  ||  |                ぺ、_, ̄メ{r‐`ヽ
   |        /       、 ヽ... ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄             / Y::::::∠./´';
   |       ./ /  / | l  l. / ヽ     r┐         ┌─────              .人:::::/:_l:,-、';
   |     | ′|  |」 .__/l/ --.l l.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                /〈ハ;':イУ:::|:l
   |       .|  |  ||(::::::)   ‐-│ l l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄             /:|/| /|:〈:|:::::::リ
   |       .|  |  |.     |  l  |.  ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄       .rっr 、_/::;'l i/.;'::::|:::://|
         |  |  |    ‐‐  .ノ /                            ハ`ー` ∨、|; 〈゚ |:::/.:/::|l:|
         |  |  ト _   __ イ ,/   なんか却って気を使わせてスマンな。  .匕 .入 ._ノ:::.\l:::|::j::::|:::;'|
         |  ヘ | r┴-┴i | ./                                  `i_/、/.\::::lヽリ::i´:/:.:l
         |  ヘ/\.:.:.:.:.:ト、lイ.     お言葉に甘えて少し席を外してくる。      ゝ->::::/::::|`:::〉:i.:.:.:|';
         |  /   .\.:..| \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

猪肉の下処理が程よく終わった頃にニャン太とアインスが食堂にやってきた。宴会料理を一人で準備するのは

大変だろうと手伝いに来てくれたのだ。浮世の情けが身に染みらぁな。なおセインもちゃんと助手しています。


配送された食材を前にあーだこーだ相談し、作ろうと思うレシピを伝え、他に何を作るか車座になって相談する。

メニューや段取りを決めて担当作業の割り振りを考案する頃には、他の在居者達が群れとなって帰ってきた。


「チンク宛の荷物が着てるから来なさい」とアサギの声。さぁ調理だと意気込んだのに出鼻を挫かれた感、ある。
5466 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:12:15 ID:SPKyC1ho0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5467 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:15:29 ID:SPKyC1ho0



__l____l____l__/      /_____l_||   |    |
l____l____l___/      /_l____l____||   |──┴─────
__l____l____/      /___l_____,l__||   |  r─‐┐ _r─‐┐
l____l____l/      /___l____l___||   |三|. .\人_人,_从人_人_人,_从,人/
__l____l_/      /_l____l____,l_||   |_|   )              (
l____l__/      /_l____l____l___||   |_|. ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
__l___/      /___,l____l____l__||   | | || ||li|| | | || | | | | |
l____l_/      /__l____l_____l____||   | |_||_||i」|_| |_||_| |_| |_|
___/   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: : : : : : : : :
   ,/      |        \_人_人∧从_人_∧_人_从_//      |
  〈___/|         )                  >     ..|
        .:|_____.<                  >.____|
          /           <                 (        \
         l´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄./^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`l
         |                                      |
         |_________________________|   __
        .:|_|: : : : : : : : : , -───────────- 、: : : : : : : : : |_|   |\
                /                      \     \人_人,_从人_人_人,_从,人/
                    l二二二二二二二二二二二二二二二l    .)              (
                  |  |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |  |    ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
                  |_|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |_|            └‐
5468 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:16:51 ID:SPKyC1ho0



                                                ディーフェンっス! ディーフェンっス!


                   r=ニ二i二ニ= ┐‐- ..,,                こまの目が金色い内は貴様ら如きに
                    | : : : : |: : : : .:.:|    |ニ=-   ..,,
              ___r―┴==ニi ̄二ニ=t MGS:|     :!  |-=- ..,,   好き勝手させやしないのニャーっ!!
.          _,,,..  -┴┐   ̄ ̄ |      |_   :|    :!  | !    ゙i__
      | ̄    ;i :l    |       |: 黒鮑  |    ̄|   !  | :l Ara |: : : : ̄|
      |       | :l G :| ワコ゛ン  :|  茸   .|    .:|二ニ==‐- |. kawa |: : : : .:.:|
     |       | :l A :|   ショッフ゜:|...,,,,   |      :|.: : : : : : : :|__  r 、  :.:|
     |  _  | :l N :|      _|: : :  ̄T :i二ニ=‐┴- ..,,,__.:|_  |.  )ヾ\             _.. -‐…‐ァ
     | 、_L|  :| :l D :| ̄ ̄ ̄「: : : : : : :.| | .イ左山 | l     | .:.  _|_}ヽ>-‐‐-‐‐…‐- 、 /    /⌒\
     |       :| :l A :| 桃山 . |‐-: :..,,_|_.:|__  | l     | .:|.  >'"_ /    |       く   //  /
     | ‐゙ァ、|- :! :l M |. ピーチ .| | _|  |:   .:|   ̄ ゙゙̄i    :|  .// /\   /|    / ヽ/   ̄_>
≧======= ―‐┐| :l   |     |;.| ̄l!  | ̄|  |     産:|____:.  /ィ´   l /_≧/ |/辷≦从 }  ∨ </
.       T    :|,:L,,.. -=┴== ┬┴|  |  :|  |  |: う 地:| : : : : : :.  {/   |ヘ/ /     / /| /  } ト く/ ̄
Amazan.:|    |          |  |  |  :|  |  | め 直..  //  __ 从| { / / /     / / (⌒V |  ___\
   ‐-  |___,i|  アリタの  |_,;|_|_,|_|  |: ぇ 送:.  / __((_)`r‐/,,,.'-',__,、_____,`z'xf⌒ヽ o Ⅵ⌒トミ
⇒     |    |.   オレンジ | ヨッシー   :|   :|. ど   .:|  { (⊂ゝ 入{XXフ  |   Ⅵ `X>‐   Vヘ/ |○  ヽ
       |    |    _,,.. -=┘   みかん :|   :|  り  .|  . ((ニゝ ヽノ\    |   }  冫- O o}:..:..:..|     } }
二ニ=‐‐:┴‐=ニ二 ̄ ̄ | :l    | ‐┬――‐┬'-=ニL_____|    . ̄((_ノノz今x、  \__ノ  />zr___ノハト从   //
: : : :.:|.: : : : : : : : : : : : : :| :l     l: : :.|: : : : : .:.:|  l',       |――   . ̄ / ハ:::::|`≧ァzxャチ::::人`匚ノ / ,ィミ
: : : : j: :{:} : : : : : : : : : : :| :l     l=-,,L___l  l∧_,,.. -‐| 日木 |  { j/∨ }( テ `){:::/  `-x/// ノミx、
: : : .:ハ : : : : : : : : : _,;.:i :l    l ト       V l       | 通運 |__,   ̄!/ ̄⌒トミ=く Ⅴ __≧テO´/j//フ
                                                ○  /^マヌ又又ヌメ j}^\>二..∠匸___,,
                                                / !| ` ̄ ̄´  〃  ヽ`ーァ‐r弋ャ'"
                                                   >x{{ { ̄ ̄/ // /  _〉-ノミノ\彡
                                              /ミ》\`ー彡_.xく-z≦彡f
                                                 ‘-'    ̄ ̄   ̄ ̄ヽ-'
5469 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:17:59 ID:SPKyC1ho0



                  __, -―- 、
              /  ̄        `ヽ
             /             `丶、          ムシロ カバディ?
              /           l    ̄下ニ=-
              /           | .|      ヽ
           ,'      i      .|イ ト、.     '
             |/  / | |\ノ     /!.|/ ∨ .     |          こまは落ち着いて話を聞くべき、そうするべき。
              |  ,  .| |ヘ \     L_,ノ ∨/. _!_____
              |  i.  | |__ _,\|∨    Ⅴ  | ┬―- /
            ,以Ⅳ.  ! .l        -‐一 .|  |,ノ  , イ     おルらは別に後輩の手荷物をパチくろうだとか
            | ,..ヘ .∨.-- ‐一       .! | ,.ィ ´
           ,.イ -‐∨i  u    ,     .j/! | .|_.         まったく思っちゃいないんですわ、お?
         /,ィ__,.  j >、         __ .У-‐´ .7
         /     ィ´ ,ヘ. >‐、  / _,.- ―.ァ. T  !
      .∠ - ‐ ´   |/| l .∧ ';::::!  ,.イ::::::ァ一 ' | l  l         こうもあもりな数と嵩があっては部屋に運ぶの
                 | .| ∨.∧|::::|∠::::::::::::::二)  | !  !
                 |Ⅴ.> .|:::::::::::::::::::::::ニ二) リ / \        大変だろうとから手伝ってやろうとしただけ。
               ,.イ  ,::::::::::::::::::::::::___ノ  /./   `ー    (この広大な心と親切さが人気者の秘訣かも)
               ,..イ     ,イ::::::::::::::::::::::::::ノ / /
              /     /:弋:::::::::::::::::r‐´У./
         /        /:::::::::`::::r一´ ! / .|
         ./       /:::::::::::::::::::|     | 。 |
         /\      /::::::::::::::::::::::!     !___|




                     ,.-_‐-__
          -=ァ¬‐-〈: /: : : : :≦==-
         ,. . :´: : : `>リ/ -‐: : ≧ 、
         /: : : : : :/: : : {: : : : : :‐-. ._` ー 、           で、私物や装備に土産物がゴッチャだから
        /:/: : : : /: : : : ィ |、: : ャー-r<: : : : :\
      У:/: : :/: :/_.:/ |:.|: :ヽ: :\: : : : ヽニ二.       運びやすいよう分別しようってだけよ?
      //: : : : :|: :.|/ `∨、: : : :≠ : : : : : : : : :>
   -=≦ : : : : ィィ|: :,ィ=ミx∨: : :≠-―: : : : :<´
       Τ: :/´EV: :| Vりノ ∨: :,ィ=ミ: : :|: : :「`\        かなしいわー、親切を色眼鏡で邪推されて
        /∧:ヽ_{三ヽl `¨   ヽ:.(り 》:.N |ヽ>
     /´ }: : :.:|:.Τ[ ""     '  ,,,,/ヨ|.:.:|.           シノンは深い悲しみに包まれたわー。
        /イV∧:.|:.L_   ー   /三]l∨
       / 三= ヽ: :\`ヽ、_ < }∧: : \
       >'´. .`ヽ、 \「、   >-‐/\: : 〉
      /==ュ . .、. ヽ  ` ー┼\′/ーV              γ ̄ ̄ ̄ テンプレ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       |   ||/ . ヘ. . .`ー-、 __/f\´. .\           .|   人の台詞を【シーフ】する奴は心が醜い   |
      } /||. . . .|└- '´. ∧≧x  /三∨ . . .}          乂__________________ノ
        〉 〃. . . .|. .∨. .∨.∧三ニ{〉ニ三∨. /.\
      ヽ〃=.==.|. . .∨. .∨.∧三/≧=彡∨ . . . ヽ、
       |==.===|. . . .∨. .∨.. .\L_  |   ∨o . . ム
         ,. || . . . .|. . . . .∨. . >-‐.\`く   `r―-、|
5470 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 19:21:03 ID:q2l17UbE0
嘘だゾ、絶対銀蠅するゾ
5471 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:21:34 ID:SPKyC1ho0



                                                  \人_人,_从人_人_人,_从,人/
                                                    )              (
                                                  /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ

   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   |                         |
    乂______________ノ

                 ____
            /::::::::::::::::::::::、::` 、            やっと来たわね、この放蕩者。
            /::::::/::::ヽ :::::::::::メ、::\
           '::::::/::::::::::::_l:_:_:_:/:::::::::::::ハ
            .i:/ィ:x≦:∠ -- ’ キ:::::!::::::i.         そこのデデーンと山に積んだ
           =彳:::l.|:::::::::| rミヽ.   |::::ハ::::::!
            .|:::::::|:::::::l:| lzハ   _l::::lソ:::∧.         アンタの荷物、手早くカタして
            .|:::::::|::::::从     /,ハ::{::|ヽ:::.
            .l::人|:::|ヾi ( `_ァ   `/:リ::| 从メ      美味しいゴハン食べましょ。
        rミxrミ从イ|:::|\ゝ r─匕::::::::::|                          _,.  -─-  _
      「///ミ//ミ//|:::ト、   7n/Z:ハ::::::|                       ´            `
     く////≧…:ヤ|:::l//7_メ | !//ヽl:/リ                    /            ヽ    \        .、
    ..イ//´     リヾ:イ  __j |//メ、                   / / /  ハ  ヘ    ll    l ヽ  ヽ    ヽ
     ソi⌒i i   |   | |  ヽ| 二i  \                  / / //  /  ',   l   ll      l  l   l      l
        |ゞイ.l   |   | |_、_|⌒メ 、   ヽ                / / //   l   l l _,.. l -‐ ll─    l  l   ノ    ノ
        ヤ 〈   |  0| l::::::::::!_ Yi   \             .| / ̄l l  ̄ l` ,}{' l l  |  | l     |  |       ´
        、  、  :..  _|_|ノヽ/  У 、      、            .| l  l/ ̄`ヽ/    三三三 l  l   |  |
         !  ::. ∧ 乂///オ /l   |\     \           .| l  l::::::::::::::::l       ,,,,,,,,,,,, l  |   |  |
          |、  ::. .メ }///才/{:::.  |  ヾ′   \        |. \ト、:::::::::::ノ 、         |  |   |  |
                                        |    V 、 ̄            |  |   |  |
                                        |   | ヽ、   △      ,. |  |   |  |
                                        |   |   `_ ー ---─ ' l   |  |   |  |
       言われんでもそうするがな。               |   | /:::l i ,.ィ'〒〒 l. ∧ |  |   |  l
                                        \ r-┴-、:l/:::〉、ミ彡,.l:/::::', _ - ┐ノ   l
       あっちの騒ぎはなんなんだ?                 `l::::::::::::::::::ミ.〈_ V r '´ ̄ ::::::::::__l     l
                                          l´ ̄ ̄ ̄ 7: : :  ̄: l '´  ̄    l    l
5472 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:24:02 ID:SPKyC1ho0



                               ,、イ
                                 / : : |
                           , ' :./; :|
                           /: : : :/ : : : i               届いたばかりのチンクさんの荷物を
                   ___ / : : : : /i : : :.|
______ _   ,、-―'´: : : :  /  : : : / i:   |                こいつら勝手に漁り始めたのニャ。
.: : : : : : : : : : : : : :`ヽ、: : : : : : :      : : : ,'  〃_!__
. : i ̄ ̄ ̄`丶、: :               ヽ     /
 i: :', ヽ ̄ `丶、\                    |  l│└ ┐           設備ブっ壊したり、部屋ちらかしたり
 |: : ;  \    \               .┌‐┘ ノ./ー─┘.
 |: : :,  __ヽ.              iヽ   .└―〃/ | ̄ ̄|            どーしようもない奴等だけど、こんな
. !: : :', ヽ              |'¨`ヽ  . / ̄ ̄|│ 「 ̄  ..ヽ
  ',: : :/         i      |     .ヽ/ ̄| │.ヽ_>.     ヽ.      不貞ぇマネ働くとは思わなんだニャ。
  ヽ... ̄!          l |ヽ   l    ',   └┘      ヽ   '
   |\ |/i         | |  \  i     :i  !  _  ',':.   | ヽ   '
   |: : : : :i         |'¨「\`ヽ、ヘ.     |:,斗ヾ「i   |: :'   | \   ,     流石に こま も毛を逆立てるのニャ。
,  ' |: : : : :i:       -|ァ===ミ \'.   |':/二ニァ-  l: : :',  |  | \ !
   i: : : : :i       ', ! : !! : :}ヽ    j/ii: : ノ ハ  ,': : : :' ハ |    \
.   .!: : :  i       ヽゝ.....シ        ゝ-' ,':λ/: : : : :|/ ',.j: : : : : ! i:',
..   ./              'ィ::7     ,    i>'´> ァ'´ ̄ヽ /: : /j/ }.}
  / :|:     ',    ',     ヽ:/    ,.._  <{.__i  !   .---- .、  .//
  ,'  |     ヽ   ヽ.     >  ` ̄,、.<ヽ_{  ゝ.   /::/::ハ::lヽ::ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
..     |ヽ     \   \   \:>´:.:.:.:.::/  ヽ    .: ≦:::|≡" =l:::|  つーワケで、アンタちょっと宥めてくんない?  |
...i    | ヽ      \   \ : : : :ヽ`丶/   }    |从l::j ワ ィ:::ノ  ___________________ノ
. |   '   \     ヽ: : : : :ヽ: : : : : \{     {          '-|: : :/|.|
 ',   ヽ    \: : : : :.\: : : : :\ : : : : ヽ-==ニゝ、    /\|: / リ
.  \: :ヽ: :\   \i=ー-|\: : : : :`丶、: : :',   j>'i`丶 /  }'__\
.     ̄\: : \   >Yヽ Y ̄`丶} ヽ: i__ノ : : .|      /: : : ̄ヽ
      .. ̄ ̄   i:(:::|  ヽj     /| f:::::/: : : : :.ヽ __ノ \: : : : ヽ__
              j::::Yヽ  j    / ,ノ:; ': : : : : : : : :ヽ \    \: : : : :i
            ヽ::::i  Y /   / ̄::; ' : : : : : : : : :.:\ヽ: ヽ    ヽ: : : i
              ./: Yヽ、j:i    ,':::::::/: : : : : : : : : : :.:.:.:.:ヽ:.:.:.:',     Y.: :|
5473 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:26:26 ID:SPKyC1ho0



   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   |   ―― 実際のとこ、どういう経緯でこまがキレたか順に言ってみろ   |
    乂____________________________ ノ



  うみゅ! 荷物がドデーンってなってるの見たおルは

  ナイトとして最初に手伝ってやろうと言ったんですわ。

                                                           ________
        /      /     ./.  / \                               イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕ト
         /      /   /  /   /   \                            /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\:i:i:i:i:i:i:i:\
         //       ./   / ,.イ  ,   /    \                      /i:i:i∧i:\i:i:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:V
       .//     /  /i   | /  /.  ∧  ',                    |i:i:i:i| Vi:i:iト :i:i:i:i:/〉、:i:i:i:i:|
        ,/     /  > |、/Ⅵ   //  _,. ∧                   __ノ\/ィ :i|\}i:i:i:〉/\/i:i:i:≧=i|
       .,        / .Ⅳ\ ! /./, <  ∧                     |ニニ/(/ )_i|芹iト「   ___|>く「:i:i:i:i:i\
      ー== ‐ -   .| /. ー-一´ Ⅳ|/.ー= ',  /___              _/ニニ| (_/___)Vツ   '⌒|i:i:i:| )i:i:i「 ̄
       > 、 ー=  |/.          ヽ  : ./ > '´                  〉ニニ∧__/}i:i:人""  , ""|i:i:i从i:i:i:|
      .|   >- ,.イ.           ´  ' /´                 \ニニニ\.}i:iィニ〕ト` イ⌒|/ニニニニ\
      .| ./|   /!::レ:\.    r ==フ ,イ/                    ⌒Y⌒ ⌒V¨¨)_______/ニニニニニニ〔
      .|/ .| ,イ::|   :::::丶   `ー一 / |!___                         ⌒ト  __/______《ニィ¨¨¨¨⌒广
          .|/|.|/|.   ::::::::>     , '  ヽ.`、     __                   7:::::::::::::::::}}   \____ イ
.- ― - 、    Ⅵ≧ェzzz- 、..,__` T____   } .∧_,,.. <  ヽ
...       >.、r ┴<三ミ三三三三|i三i|.   } ./   \.  /      そんでアタシが『先にチンクを呼ぼう』って言ったの。
 ===‐ - \_____ ` . ー‐┐|!,.イヽ、._/ /  ○ \ ̄|
.         >\_∧  | □  | |i! lコ洲|!. /.       \ト、__   先に分類仕分けしといた方が運搬も整理も楽だし。
...-===      /  ヽ \    | |l! ,.ィ≦|i|/           |   入
5474 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:29:02 ID:SPKyC1ho0



                                          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                          |  なにも問題がないように聞こえるが ――   |
                            ___              .乂___________________ノ
                         '⌒ヽ::}
                        ........-─‐jノ‐-....._
                       /::::/::::::::::::::::::::::\⌒ト.             後は、これアンタの荷物だけじゃなくて
                    <⌒:::::::|< <\∠\::::::}ノ:::\\
                 _/:/:: /|:::\>仁ニ=ミ、::::|::::::::ヽ::.、.        土産物の類も全部一緒になってるし?
                 /:::|::::仁_l:::::::{ ´_ヒ;;;ク″∨__}::::ゝ
        γ⌒ヽ     ⌒气〈(_ヒフ\「      | |O O|::::::\_
        〉  '⌒ヾ__  ∠W  ′      ___j_j O j:::::::::::く      私等の分を今ここで引き取ればもっと
.       しヘ,,_,ノ ̄__ _从  ヽ       >::::::: ̄ ̄::「\r一`
             ⌒7:::::/ /:::ヘ、____,∠/::::/:::: /┐|         手間が減るわねって言ったら、キレた。
                {:::::/ /}:::>'⌒~ _/:::::::/:::/_》》
           /⌒⌒⌒7 〈       ⌒_>'⌒ /|| O  \
              {ヘ__ノ L.  〉     /─一'⌒ ||__O⌒ト __
         rtヘ,____(_つ──=彳r─ ─┐ {  ̄ ̄ \  . γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ハンニン  ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
         |      |/   / ̄|| \_/            .|   なるほど、オマエが問題児だったか   |
         |       /\ // __||   }{    ゝ、__   .乂________________ ノ
         l_____{::\冂_/ ::::::||   }{     ∧i:i:i:i:i ̄\_j /    ]
             ∨ / 八《 [ ] 》 ::::::||   }{     〈  \i:i:i:i:i   У       |
            ∨   ||Y 凵 ⌒ー||    -───\  \i:i:i:i /        |
5475 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 19:30:34 ID:q2l17UbE0
ちゃんと渡されるまで待たないと……
5476 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:33:01 ID:SPKyC1ho0



                                                     ____
      事情は了解できた。こま、勘弁してやってくれ。               .,, -‐ ´      ` 、
                                                /               ヽ
      少なくとも三人はただ親切心を起こしただけで          / ./               ヽ
                                            /  / ./ ./ ./  ヽ     ヽ
      疚しいところなく、まだ荷に手をつけていない。          .i ./  / ハ ,イ ./ ヽ ヽ    i   ',
                                              | l .≦ハiェ/=/  xェハz=-   l   .}
∧       \  \ / /  トミV                            l .!  f≦i|メヾ  彳ハ 八 .ヾ   l   l
  !       ヽ   \ /    ト、トミ>                        | .l  Ⅵi|i|i|i|}   ノ==='" l  .ト、  l
  l   _ 斗---!ミ   刈 ト、ト、トミ>                        | .l   Ⅷ|i|iノ          l.  i/  .l
 | '^ ̄ ̄ ̄! ̄`   !lト、ト、ト、ト、〉                        |  l  ハ`¨´ 、           |  .l   .l
 |   |∨| |ヽ   !lト、ト、ト、ト、〉                        l  从' ヘ    _   ,      l  l   .l
 |/`y七才ヽl  !   !lト、ト、ト、|                           |  i  i .丶         ,  l  l    l
  l/  ,れ¨厂`トミ レ‐ヘ !lト、ト、|                         |  l  l   > .__ イ _ l  l    l
     ヤ´┃ リx个=  刈 リ                            |  l  l ,, -‐l::r==f≦:iヾ   ` ー- 、 l
      ┴ー<   !   |                              |.  ,, -‐´// ,iFヽ__/¨´l ヾ     .ハ
       ( ̄ ̄`l     |                              ,r ´   // . il/ ヽ/ ¨', |i  》      .ハ
´ `      ` ー‐ォ     !                                 l    ヾヽ .il ヽ_/ ll/        .l
‐ーv     , イ|    |
     ,.<Y | ,'  !|  |
ッ.<― '" !VV  !ll   !              二人はそれでいいけどシノンは許せんニャ。
    \  ,'厂,','   !|!|! ,′
==ミ  V/ //  刈ル′           でもチンクさんがきっちりケジメとらせたから
==ミ \l レ′/ Vミ 、
`'⌒)   \〉彡 '        \          こまから言うことは無しにしときますのニャ。
|  |\  /  |\    / ̄ \
_∠  ̄ ̄`く ̄ ̄ ̄`く ト、     ヽ
   \     ヽ     V__}    |
    ヽ     !      |  `!   |
5477 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:35:05 ID:SPKyC1ho0



         _ -――-
        ´      ヽ `  、
    /   ,、   i! _ト__,ハ   \
   〃 / / ハ i r≦ニニヽ|  ハ ハ          手伝いといえば、こういう仕事させたくって
   i! i | _」 / |ル'/r':`ヽ }'|   l  .',
   l! rF,⊥/    V斗’ !   !  i        セインを急ぎで修理に出したんだっけ。
   |! |/:::::::::}         |   |  |
   |从ト、::::::/ `       |   |  |
   |  } `¨         |   !  |          どの程度の代物か実際に測って置くにも
   |  {       ,ニ、.    |   リ   l
   |  込、  r'三  ヽ  ,.|  /} __ハ       ちょうどいい性能試験の機会かな……。
   |  |! >L!    }_/.:l  /:/   `ヽ
   |  |!   {    ム,リ / ,イ.:i     ト、
   |  ,リ!   ハ   /T.:/ /i |.:|     } ハ
   | / | _,ィ´.i  〈 |/ /.:| |.:|     | ハ




                寸/  マニニニニニニニニハ
                     ′  `寸ニニニニニア´     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     ′   /ヽ⌒^^V        .|  セイン! セイーン! おまえの機能の出番だぞ!!  |
                ′   /   ヽ  V_,. 、、、、  ..乂________________________ノ
               /   , '    ヽ   ノ:.:.:.:\       ’
                  /   /       ̄ニ=- 、、,,.:.:\ ,.、、、  '
               l   ,イ              ヽ.:.:.〕ニニ}
               .'- 、 ,′               マニニ《        はいはいはーい、今いきますとも!
               .' .:.:.:/                  マニニ!
.              / .:.:.:/                       辷フ          あらほらさっさのさーってね!!
            / .:.:.: ′
      ィfうh、__,, ィ .:.:,イ                    __               n__
     寸ニニニヽ:::〉:/               ___-=ニ三三三ニ=-            |{二}|   oon
.        寸ニニニ沁        ___二三三三ニ=- ̄ ̄                ` ̄||   ┌‐'ノ
          `¨マニノ__―=ニ三三三ニ=-  ̄             n__                      ̄
  n__.                                    |{二}|   oon
  |{二}|.   oon            .n__                  ` ̄||   ┌‐'ノ
  ` ̄||.   ┌‐'ノ          |{二}|   oon                    ̄
         ̄             ` ̄||   ┌‐'ノ
                           ̄
5478 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:37:19 ID:SPKyC1ho0



   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
   |  私ははやく調理に戻りたい。手早く運んで並べて片すぞ、おまえ達  |
    乂_____________________________ ノ


                   r=ニ二i二ニ= ┐‐- ..,,
                    | : : : : |: : : : .:.:|    |ニ=-   ..,,
              ___r―┴==ニi ̄二ニ=t MGS:|     :!  |-=- ..,,
.          _,,,..  -┴┐   ̄ ̄ |      |_   :|    :!  | !    ゙i__
      | ̄    ;i :l    |       |: 黒鮑  |    ̄|   !  | :l Ara |: : : : ̄|.
      |       | :l G :| ワコ゛ン  :|  茸   .|    .:|二ニ==‐- |. kawa |: : : : .:.:|
     |       | :l A :|   ショッフ゜:|...,,,,   |    ..---- .、. .:|__  r 、  :.:|
     |  _  | :l N :|      _|: : :  ̄T :i.  /::/::ハ::lヽ::ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
     | 、_L|  :| :l D :| ̄ ̄ ̄「: : : : : : :.| |.  ≦:::|≡" =l:::|  ほら、アンタも転がっていないで手伝いなさい   |
     |       :| :l A :| 桃山 . |‐-: :..,,_|_.:|. .从l::j ワ ィ:::ノ  ___________________ ノ
     | ‐゙ァ、|- :! :l M |. ピーチ .| | _|  |:   .:|   ̄ ゙゙̄i.    :|_|___|――:┴i
≧======= ―‐┐| :l   |     |;.| ̄l!  | ̄|  |     産:|____:|: : !: :   ,   .猫 |      __
.    ...T    :|,:L,,.. -=┴== ┬┴|  |  :|  |  |: う 地:| :. : : : : : |:  . / {  ....門 |   ....(⌒ヽ
Amazan.:|    |          |  |  |  :|  |  | め 直...: : : : : : |:   { |   =―┤    ヘ \ /\/\
   ‐-  |___,i|  アリタの  |_,;|_|_,|_|  |: ぇ 送:..  . }`¨   人 、       / ハ  . \/  /
⇒     |    |.   オレンジ | ヨッシー   :|   :|. ど   .:|.  .{ > 、  >   ̄   < > i i 、_/  /\
       |    |    _,,.. -=┘   みかん :|   :|  り  .|  ..∨  ''            \ l l i. \/\/
二ニ=‐‐:┴‐=ニ二 ̄ ̄ | :l    | ‐┬――‐┬'-=ニL_____|  ..../                j |
: : : :.:|.: : : : : : : : : : : : : :| :l     l: : :.|: : : : : .:.:|  l',       |   .'             ハ    ...∨ |      i
: : : : j: :{:} : : : : : : : : : : :| :l     l=-,,L___l  l∧_,,.. -  .ノ'     i   ',     /          |      | _
: : : .:ハ : : : : : : : : : _,;.:i :l    l ト       V l        / /   ∧  ', /     ',    i  小      |/ハ
                                    /⌒i    '      V  '___',   八 i|⌒    i⌒V
                                        | | i jiニニ.、   i┬―┬   / ∧八     |\ \
                                        | | | 从 |:::::| \  | {:::::::::: !  ' /' iヽ_)    乂_)  )
        ……ケツが割れるほどイテェ。        __V∨V厶ゝ-' , ヽ{ ゝー ' ノ/ {\{⌒ \     /
                                     _ >'' ⌒人⊂⊃    ⊂⊃  i  、ニ=― `¨¨¨¨´
                                    ̄ ̄/ /乂__ > ,, _ ,,  ( _ )人    ̄ヽ
                                     /  (                ∨  )   ノ
                                人 __ >              '¨¨¨¨¨´
5479 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 19:37:56 ID:SPKyC1ho0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5484 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:15:12 ID:SPKyC1ho0



..||          ||       ::|                           |  i|::::::|:::
..||          ||       ::|                           |  i|::::::|:::
..||          ||       ::|          ____________|___|::::::|:::
..||          ||       ::|          .|i:i:i:i:i:i:| ̄..|─ー┬┴───::─┴─┴
└──────ー┘       |          :|i:i:i:i:i:i:|  |  __|
               γ二二二二二ヽ       |i:i:i:i:i:i:|  |  (n_)
                 l||         :|l ミy彡 . |i:i:i:i:i:i:|  | /_rク____
.               IIIIIII||         :||  从  |i:i:i:i:i:i:|  |丁∈∋| ̄| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄~| ̄
  ________|:|:|:|:||zzzzzzzzzzzz||-{ミ彡|_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:| ̄ | :|
..rrr──:::: T|ニニ |:| ̄ ̄ ̄¨゙|:| ̄~| ̄ ̄|゙| ト-=ニ二三三二ニ=─-- 。。..,,_     |   | :|
..||:|:::::::::::::::::::::||  | |:|::::::::::::::::::::|:|_ 」 -=ミ| |   |   || ̄ Τ¨ ー┬ ;;;; ̄|   :i|   | :|
..||:|_:_;;::。。 --┴─     ̄ ̄         ≧。o=ニ二 ̄:| .|     ||;;;;;;;;;;;;;|  : i|   | ̄ ̄
 ̄         ,,...。。 -==ニ二|      ||:|::::::::::::::::::::||::l ≧s。   ||;;;;;;;;;;;;;|  : i|   |
           ||::|::::::::::::::::::::::||::l       _,||:|::::::::::::::::::::||::|二三ア,,,||i;;;_ -‐====┴=≦
o。        ||::|::::::::::::::::::::::||::|-─=ニ二:_||:|--─  ''''||::| ̄ |::|
`トミs。___   -=ニ||::|:::::::::::_,,.. ||::|┬  ̄|l  ||:|      ||::|   |::|
..| |`|:|::|二ニ=-‐ ||::|丁 ̄|:l   .||::|│___,,⊥ -||:|''"``丶、 .||::l   |::|
..| | .|:|::|   .|| ||::|::| __⊥  .||::|│|≧o。:::::||:|:: :: _,. -‐||::|  .|::|
..| | .|:|::|  .:|、 ̄||::| ̄::::::: : \||::|└|| l'<``||:|二三二ニ:l|::l  .|::|        【2-7号室:チンクの部屋】
..|_| .|:|::|   `トミx||::|゙:::_ -=ニ||::|  || |  `'||:|~゙l| |   ||::| ::|::|
   |:|::|   |:|`'||::|三二ニ=-‐||::|  || |   ||:| l| |   ||::| ::|::|          ―― 生活感ほぼ0 ――
   |:|::|   |:| ||::| ̄ || |  ||::|  || |   ||:| l|_|   ||::| ::|::|
   |:|::|   |:| ||::|   || |  ||::|  ||_|   ||:|      ||::| └
   |:|::|   |:| ||::|   ||_|  ||::|      ||:|      ||::|
5485 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:17:51 ID:SPKyC1ho0



                      __          _
             、___,,.. -‐ '' "´  -─‐--三ニ=─‐  /
           乂    >''~   -──‐     _<_/
         /  >''~ >''~             ``~、、''<              ホントなんぞこの……えぇ ってなる。
        /  /  /  /   /     .j{  ヽ  \   '<
       i{ ./  '  ,     /  /        j{ i.   ∨ .\    \
       i{/ ./ ./ /   ./ , '      /〕! j{ .! '   ∨、  \    \      義体と関係なく、人の住んでる感じ
       ./ / ./ /   ' ./  /  /   .| ∥ .!/,    ' Υ、 ヽ、__≧
        ./  ! / /     !  ! ./ /     |ノ ! } ∧   ∨} ∧∧Υ       まったくしないわね。この部屋。(引
      // i/ /     |  | .//~"''~、、⊂ニ! 〕 .∧   Υ  i ∧}
     ノ'´ノ / '    / !  !//__‐- 、,, ト、`'  !ニ∧   '乂 .! .∧
      ∥!ノイ   // i/} Ⅳ示弌ミh、Υ! .∧ ./ /~~ヽ  }ノ` }! ∧        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     / ̄ノ   ノ=====ミ! !玳: : ノリ Ⅵト |  ∧∨──\,}  リ∨ ∧.       |  汚部屋のヌシに言われてもな  |
      ̄广丁\{//////} i 弋zタ' ノ !    ∧v,。。,,  i { 7、 、 乂     乂______________ノ
        /人リ ! .{//////} i    ̄    }イ / 仞弌アh, }  ∥∥ヾ、~~^
         И从7~~~7~~´.∨          !/  らzタノ'ノ /〕.! {
     _,,.. -‐ ''∥  ∧  ヽv        ノ  `~~´/イ /:.:| } i          比較対象が私でなくても、の感想よ?
    ∧   __}! ./h。ヽ__                 / ノ!/ :∥~ヾ、
    ∧// ̄ }! /:!\、  ∧    -= ュ    ノ /{./ ∥
     ノ/     }!,' !  ヾv 弋"~、、,,_  ィ(__{/ }/  ノ}
    /〈 {.    .}!  v ∧v  \    `~~~>''"/_/ .!
    |! }∨   λ  v ∧v     、_ / `~~´ノ ./ / !
    |! }/,       \ ∨ ∧v      ><  /イ} !    !
    |! }/,       \}   ~''<、__/:i:i:i:i:i:iア~´ __}!∨  i




       ,',′::::::::::_:::|
      ,',′::::::::i´ ヽ!
      ,',′::::::::::|                           んー。そるぁまぁ越してきてからコッチずっと
      ,',′::::::://|
     ,',′::::::///|           _               外を出歩いてばっかで帰ったら入院だべ?
    .;,':::::::::::::::::i |        ./      \
    l;′::::::::::::::l |      ./   /       ヽ.          生活感もなにもマジ生活してぬぇもんな。
   .|:|:::ト;:::::::::::::!:|      .,  / / | .|.   l :
    .|:|:::|/;:::::::::∧v.   ___{从/ .イ 从 }  /} }_
   |:l::::|/へ:::::::∧∨  \ ̄{ / |'‐tッ}ハtッ:ハ.ノ.         このデカブツ降ろして荷運びは終わりだべ。
    |:l::::|´:::::::`:::::::ヘ∨  .>イ 从: : : : :.}: :.从
    |:l:i::|::::::::::::::::::::::  ____豸イル':\: : ____: /}
    |:l:i::ト、::  } ̄Yニx==->=┐:::::≧-イ_ )_  _
    |:l:i::.  / ̄ 寸{={ニ{ニハ | T {: ゚ノ ̄ノ斗≦=}
    | l;i  {     寸=寸 寸∧__.|__./ /ニニニノ≧ュ。_        ___
    |   _ノ-ミ.    V⌒Y--=ニニニ≦≫''ニニニニ==_}_     .│.     ̄ ̄ ̄ア
. _ -= \  \  ∧=彡ニニニニニニニ≫ '' _____  }   ...ノ ...::::::::::::/ /
. ニ≧ 、______.>\. o   イ 寸≧≪ニニ ≫ r, ''        Yヽ  ´ .....::::::::::::/ /
. 寸ニハ  ̄ } |ニ}_斗.7| |: : : : : : -==-: | |{ {    _    }  、  ::::::> ´<´
 ノニ } l   .ノ‐ '' ̄V .| |: : : : : : : : : : : | | V r,r≦ニ≧ --イ}  \   <´
. ニ=.ノ- 匕       .{ | |: : : : : : : : : : : | | ゝ r≦ヽ ̄ ̄ ̄{//.  \
.  ̄           | | |: : : : : : : : : : : | | !   YVハ     V//   \
5486 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:19:45 ID:SPKyC1ho0



                                  Vヘ                | ̄ 「三二,.x≦}┬r=
                                  Vハ |j」L.<⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.⌒>「三ニ/: : :/ | |
                                   Vハ | ̄   ≧‐┬------┬‐≦  「三 ,': : ./ ..| |
            _----____                     |/ハ!____,>|:. .    . .:|>ト、_ 「三:i: : :i   ..| |
          //   |  \                 K______ノi |:. .    . .:|:,. '´ ̄``Y|: : ,l.. _| | |
         / └─‐┘   \              ̄ ̄ .| r──ー、 | | |:. .    . .:|「 ,ニ¬=─'_!x1.|  :|_|
         /|/~/ ;  ((○    |                | | |     | | | |:. .    . .:|| |  | | ̄ | | | |
         |*-- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄--|                .| |_|     | |_| (乂:..  .:乂| |: . Ll  | | | |
        |_--- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄-|              |_|     .::L!. .: .:.:.: ̄ ̄^:..|_l:::.:.:...  | | Ll
     | ̄|-|/~\======-|----l                            :.:.:.:....Ll
     |  |~|| | ====== ..|=l   l                                _,.  -─-  _
     |  |_.|| | || |=|     |=.l  |                              ´            `
    |ニ| | || |  |  |=| |~~~|  |~.|  .|                          /            ヽ    \
     |  | .|| |       |__|  |=|  |                     / / /  ハ  ヘ    ll    l ヽ
     |  | .|| |     |=|    || |/ /                    / / //  /  ',   l   ll      l  l
     |||~| .||_|  = = = =|~~~|                        / / //   l   l l _,.. l -‐ ll─    l  l
     ||| .| |||||| ~~ ==コ   | | |                        | / ̄l l  ̄ l` ,}{' l l  |  | l     |  |
     ||| .| | |||.| ~ロ~ 「○」 | | || | .| |                       | l  l/ ̄`ヽ/    三三三 l  l   |  |
     |~~| | |||.|_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__|| |                     | l  l::::::::::::::::l       ,,,,,,,,,,,, l  |   |  |
     |ロ | |_/;;;;ll ll  ll  ll  ll/ .| |                    |. \ト、:::::::::::ノ 、         |  |   |  |
     |@^| / |;;;;ll/ll~~ ll~~ll  ll/ ==>                     |    V 、 ̄            |  |   |  |
     /[\;;;| |;;/ ~~~~\ /~~~~| | ll |l                      |   | ヽ、   △      ,. |  |   |  |
    / [_________]   / /~l l~l | ll____===l                       |   |   `_ ー ---─ ' l   |  |   |  |
   ./____/    / /  l l ..l \___l                      |   | /:::l i ,.ィ'〒〒 l. ∧ |  |   |  l
   ~-----~    l /  l l  l  ~-----~                   \ r-┴-、:l/:::〉、ミ彡,.l:/::::', _ - ┐ノ   l
             l__l l____|                              `l::::::::::::::::::ミ.〈_ V r '´ ̄ ::::::::::__l     l
             ~------~                             l´ ̄ ̄ ̄ 7: : :  ̄: l '´  ̄    l    l

             装備を広げて整備とかもしたんだがなぁ……。ああ、ただいまアール。今日も掃除ご苦労。

             いま持ち込んだ荷物はまだ手をつけないで、そのまま置いといてくれ。後で指示するから。
5487 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:22:27 ID:SPKyC1ho0



               ,.-――- 、
             /:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.`ヽ、
                /:.:/:.:/:.:.:/ノ:.:.:.:.:.:,;/:.:、\
            /:.:..、-:‐:<:.:.:.:.:,/./:.:.∧:.:i             いつも御苦労様、アール。特にシノンの部屋で。
              /:.:/:.:/ヽ、.:_::У´ヽ./:.:./ !:.:|
          /:.:/:.:/:/ .i'ヽ:/‐r- /:_:/ ´,':.:.:!
            /:ィ/:./:.:ヽ. |:.:.:l _込′  :7:.:.:.l           この部屋、ロクに使われてないのに毎日しっかり
        ,.、r:、r:、レ_/、/、:.:.|:.:.:|      , ´,i:.:.:.:l
.    ,.㌢        ゙㍉|:.:.:ト  r‐ ,ィ .!:.:.:.i               掃除されるから埃もなくて時感覚がないのよね。
    {    _         l:.:.:|"゙ヾ ,.=- 、 |:.:.:,'
    ゙}'´¨´  ゙>ー:、   ヾ:l__ ,r{   }.|:.:/
     `¨〉´ ̄ ヽ   ヽ    {'-{:f^i¨Yユレ'              ……アンタ、ちょっと腰おろして落ち着きなさい?
      {´ ̄ ヽ }    `"y´゙`l==|,.ィ' ̄`{ヽ
.      ゙!_ ノ .ノ    ,/   |,,.、} (二ニ! .}
      l   i’   ,У  Oi′.l  }-―{ .!
      |   !    i     {.  ゙㍉l二ニi/㍉
      |    |   |    O!     ゙㍉ニ'㍉ }
      |   |   |    ./ヽ、      .ソ }




        -――-
.    /       、 ヽ             言われずとも暫くは大人しくするツモリだぞ。
   / /  / | l  l. / ヽ
   .′|  |」 .__/l/ --.l l              オーバーホール後だから体を慣らさないと、
   |  |  ||(::::::)   ‐-│ l
   |  |  |.     |  l  |.            以前と同じ感覚で動いたらズレが出るんだ。
   |  |  |    ‐‐  .ノ /
   |  |  ト _   __ イ ,/
   |  ヘ | r┴-┴i | ./            出力全開したら目もあてられん事になるし
   |  ヘ/\.:.:.:.:.:ト、lイ
   |  /   .\.:..| \             癖やらなにやら馴染ませて補正せねば。
5488 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:25:31 ID:SPKyC1ho0



/ /   /     /        ヽ \
 //   | /    レ'  ∧│  j    ヘ
 l l    |'  /| ./l. // Ⅵ  ハ.     ',
、       l/ 」/,_| //   ∨/ ', }  Ⅳ          チンクェの放蕩ぶりは今更だから横に置くべさ。
、\|    l |  '  レ^'ニ=-  リ-‐=}/  .|
 \| l.   l l  丈''代ぅハ   {弌ッラ|  | |
ヽ___| l.   l |            :    |. ∧jア            しかし噂で聞くよりも便利だなや、重力操作は。
ヽ___レl.   l |             :..   |ムイ
/  ∧   !        ´ ´  ,'│             デカブツブーメラン背負って両脇に荷物抱えて
.   / ∧ ! !       ___  / |
  / / ハ l |、     (__/  / l !             まったく重さを感じずヒョイヒョイ階段登れた感。
  / / ヾ{ 丶、    ー   ,イ .N
イ.{  /|x、      丶、    仆ヘリ
:い.从ミx≧=- __   `ーr1∨                   他の同業者が使ってねぇの、なんでなんですわ?
二ヘ::::::::::::¨:::‐=ニ_≧=-、,ィ'ヽ
.二二> 。:::::::::::::::::::≧x. | rf]> 。
.二二二二> 。::::::::::::::::| | |:::|二二≧r 。._




                 ____
             . ´/ィ/////// \
.           ///// {///ト 、////ヽ
          //////__ V//{ ___\ヽ/∧
            i////lr=ミ ∨/ ィ=x }x}≧=          あのね。自動人形ってクッソ高価なのよ?
         ,|////|乂リヽ \乂リン /|//|
.        /l|////|""   、  "" |/|//|
            l///从           ,|/|//|            安い愛玩用でも一体5000円からすんの。
            ∨/// \  ⌒  /|/|/ ネ、
        厂∨/::::::::::≧ー ≦:::: |/|V::::::\.         仮に、一人で遺跡で見つけて売ったなら
      -<:::::::::::::::::::::::}____{::::::|/::::::::::::Z_
       イ::::::::::::::::::::::::〉   〈:::::::::::::::::::::ハ         慎ましくしてりゃ一生食うのに困らない。
          /7:::::::::::::::::::∧   ∧::::::::::::::::::!
.          {ハ/\_从ハ }__{ ヘ:::/∨/リ
          ヽ:.:.:.:.:l { l|// l/ y':.:.:/ }              ……アンタそんな代物を連れ歩きたい?
          | 、:.:.∧ V|/// /:.:.:./ /
          | V:.:∧ l|// /:.:.:./ / i
5489 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:27:56 ID:SPKyC1ho0



              _
            /   < ̄  < ̄)
         _彡イ       `         、
     <     |  ヽ           、    \
      >   ハ   ',         \    \
.       / /    |         i           彡'   \        安いのって前に人形屋を冷やかした時に見た
     / /    :   、     |    丁 ̄ ̄   { ̄
      / /     /i  / \  Y=!\ \ |  i      、       クリプトンとかいう会社のMi-kuって奴でしょ?
    '     '  V`´  r===,   \ :|  |    |⌒
    i     i__、   r==./x-===ミ:  li___   |.          頭数の多い、量販品モデルだったかしら。
    | i     / i ̄ミ、 \ /イ/////,i  :|//i  人
    | へ∧  i: |///|   ̄   !//////  :|//lヘ(
.     √ \{  ゞ- ' ___△ __ゝ---厶イ  ̄i            確か付属品込み御奉仕価格で5000円とか。
      i   个 -r    __)-=≦    /
     人  i|   ヘ ̄   _彡'ニ i   / ______
        ー  / √V7__{ { ト  __乂彡イ ̄i 7     i
          /  i  i i⌒V_彡 、 -==厶_ (  ア    |




          ,、   __
         _| ` ̄   ` >、
      /ー-'           l \
    . /       ハ  ト    ヘ              ちな、そんな木っ端エントリーモデルじゃないからね。
     l   i  ト  l x―l‐\   ヘ  l
     | l  l 个l  l  ,ゝ⌒ヾ\ .ヘ. l
     |∧ ∧ l ヽ l ハ   l/| \ヘ、l           高級志向オーダーメイドでIAIの侍女人形に準じた
     |' l l \l  |ヘ{  マ_| l    ̄l
     |  l ト Z≠ミ     /// l  ト l           多目的な生活補助を想定する重力制御機能だよ。
      .ヘ l ///       ヘ ,/ /  l ヽl
       ヘll 廴 _   マ__ //,イ  /  |
         ヘ    ̄「ヽ 「/' l  /ヽ、           セインさんは安くないお嬢様なんですの♪
          ヘ   |ゝ∨}/ l  /   \
          ∧  l, 介.、  l /     ヽ
          /  \ ∨l:l ヽ l /      ∧                                   , -―‐.-
         〈    \{:::l∨ '      /::::::ー、                                 /   _  ∧
        /::`ー、    |:::l    . γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄...l .M∨ハ __.',
        〈::::::::::::廴__ |::::l    |   それを鉄火場歩きに連れ回すとか、マジ震えてきやがった   | lテⅣナレl|,イ.l
        〔 ̄\_ハ:ヽl::l:|/::::::. .乂__________________________ノ.ム. -- .,|/|ノV!
       /ヽ-┬‐' .l:::::::::::l l::::::::::::::::::::| ー<´  \
5490 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:29:30 ID:SPKyC1ho0



         -―-
      / /     ` 、
     / フ |メ/ィ / ,   ヽ             だからなんだという。私にとってセインは妹だ。
     /.l´ ̄}´ /フ`lァ、   }
    .l .」_/  7マヽ|    l              私が難儀するだろう仕事に家族の手を借りて
    l.∧'''   〈___ノ' /  .l
    l l \ヽ   '''/ /  /.               それを赤の他人にどうこう言われる筋はない。
    l l  r- エニフ /   {
    l |  〉ー/´l    .l
    l | .l´    |     l                  高価だから? 目的である金策と矛盾する?
    .l| rl     l      l
     l      .l      l
     l      l      ヽ            他人が勝手につける値札には興味がないし
     ,>、    ィ l      ヽ
    !  Y ´   l l     ト l             私の家族とは決してカネに換えられんモノだ。
   /  /l    ./ |     .l l l
  / /     /  .l    / ll      .---- .、
  .<´l      /   l   /  .|.   /::/::ハ::lヽ::ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   l:::l     /   l   /   /    ≦:::|≡" =l:::|  うーん、この。価値観がちがーうってやつ   |
    l:::廴_ -┘   |  /         从l::j ワ ィ:::ノ __________________ノ
   ̄       }/
5491 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:34:49 ID:SPKyC1ho0



// //////// //.ィ/////ト . ///\
//////////!/// ∨///i|  \////ヽ
///.:イ/////i/\ イ⌒゙ /!   l//|//|.         スカヴェやる理由や事情は金策に限らずで人それぞれよ?
////l/////イ ィ==ミメ、///l!   _j ////|
////|二二/〃:::::::i `ト、//l   / jメ }//i|
==≦{\//l|::::::::::}  l///  ィ:::::メ、 l//i!.        んで能力と信用において担保とれる自動人形や警備ロボは
////j//\l|V:::::リ_ |//  {:::::::l }7//|
7il'⌒|i/////| """       V:::リ ///│.       下手に仲間を探して集めるよりも確かな人手なワケだから
/∧ .j /////|           、"""l///i!
.///`!/////l|        __,  八//|          一発アテたのに換金せず連れ回す奴も居るとこには居る。
/// i|///// !  , -┐  ´   /!/// !
-…-j//////l`了 _,ノ‐ァー<,,_l l/// |
:::::::::::|//////| .ハ 〈| /  l/  l |///リ        見ることないのに噂ばっか聞くのは、そういう連中の話よ。
:::::::::::|//////|│  | {  / /Jー|///
:::::::::::|//}!//|ハ         {  /}イ、.           重力操作もった自動人形なんて珍しいし尚更の話種ね。
⌒⌒jイ 厶イ}  ゚:.、      ヽ/  {! \
\ '    \   ヽ. --- 、 ノ´      ヽ
  \      \  /     \
5492 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:38:58 ID:SPKyC1ho0



                       ,、  ☆
          , -――- 、       n// /'
         /::::::::.ィ :::::l:::::::ヽ    l/⌒ヽ     茶化したけど、チンクの考えや言った事は別段おかしかないから。
      ,:::/::::::/ !:::::∧:::::::::l    〈 `ァー/
      l::|==/ー‐|:::/ ー ::::::|   {7777}
      ≦|×!  l;/    .|::::!   Y¨¨ オ.     情が移って手放したくなくなったとか性能を上げたくてアプデ沼に
      ム(|:::::|ー─  . ー‐'l::::|    |  l|
      从|::::i|""〈` ァ _ィレ'._  |  l| .       ハマって金つぎこむの抜け出せない奴もいるって聞くぐらいだし。
     iY7川l{≧ァー ャ´      ̄´  l|
      {厂/)  |二二|0   >─一… '
      ゝ//   |7777|   /




       .   ̄ ̄   、.           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     /          : :\.         |  ―― だいたいこんな話でブロントさんは納得した?  |
    〃     /ハ   : : : :ヽ          乂_______________________ノ
     /  .: :   |ミュヾ |ハ : : ハ
  < ̄ ̄Ⅵ:.  |`”'' " く : リノ‐ァ
     `:ー- Ⅵ:. 人    ノ/彡''            うみゅ。だいたい理解できた感。
     ヾ : : }ヾ:. ミ   --:´
      |:.:./  ` >‐:--'_              アサギはなんでも知ってるべな。
      _j-─── - -==={{, - ─   、__
      }/´ ̄ ̄`ヾー--= }}, -=ミ、 \: : :
    /´ ̄. . . .   \ー〃: : : : : : .\ \      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  . : : : : : : : : : : : : : : . \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ ).     |  なんでもは知らないわ、聞き知ったことダケ  |
〃      ̄`ヾ: : : : : : ノ `ー=::::::::::::::::::::〃      .乂 ___________________ ノ
5493 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:43:31 ID:SPKyC1ho0



..||          ||       ::|         ―― いい加減、長話が過ぎたな。与太話は投げ捨てるとしよう。
..||          ||       ::|
..||          ||       ::|         喜べアンポンタン達。そろそろ期待している土産を出してやる。
..||          ||       ::
└──────ー┘       |          :|i:i:i:i:i:i:|  |  __|             .,  ´       ` ..
               γ二二二二二ヽ       |i:i:i:i:i:i:|  |  |          ./             \
                 l||         :|l ミy彡 . |i:i:i:i:i:i:  ._ 人 _   .   /                    ヽ
.               IIIIIII||         :||  从  |i:i:i:i:i:i:|    `Y´  ...| ̄. ./  / / i! .l  ト、 l ヽ ヽ    ヘ
  ________|:|:|:|:||zzzzzzzzzzzz||-{ミ彡|_ ̄ ̄ ̄ ̄  |.  .... ̄.  /  /  i! _/l ,|  ∧キハ=- ヽ ヽ   ハ
..rrr──:::: T|ニニ |:| ̄ ̄ ̄¨゙|:| ̄~| ̄ ̄|゙| ト-=ニ二三三二ニ=─-- 。。..,,_.  /,ィ ≧ハ=-  Ⅵ ,/,ィ=〒ヽ }   i
..||:|:::::::::::::::::::::||  | |:|::::::::::::::::::::|:|_ 」 -=ミ| |   |   || ̄ Τ¨ ー┬ ;;;;   〃从 l.r从ilヽ/{/  i:::::::::! .Ⅵ  ト、   .i
..||:|_:_;;::。。 --┴─     ̄ ̄         ≧。o=ニ二 ̄:| .|     ||;;;;;;;;;. ./  .l  .l{ilililililリ  }   ',:::::リ   l   .!/   l
 ̄         ,,...。。 -==ニ二|      ||:|::::::::::::::::::::||::l ≧s。   ||;;;;;;;;;;;;;|  ..l  .l Ⅷilン.     ゞ' , , , {   .l    !
           ||::|::::::::::::::::::::::||::l       _,||:|::::::::::::::::::::||::|二三ア,,,||i;;;_.. .r .、.l 圦 ' ' ' '           i   . !   |
o。        ||::|::::::::::::::::::::::||::|-─=ニ二:_||:|--─  ''''||::| ̄ |::|      ヽ //ヽ.、 ゝ          /!   .!   l
`トミs。___   -=ニ||::|:::::::::::_,,.. ||::|┬  ̄|l  ||:|      ||::|   |::|          .\   >、 > 、 .. _ ,イ .l   l    .!
..| |`|:|::|二ニ=-‐ ||::|丁 ̄|:l   .||::|│___,,⊥ -||:|''"``丶、 .||::l   |::|           .i\    >、 _ノi、_::::_,iネ、.l   l   l
..| | .|:|::|   .|| ||::|::| __⊥  .||::|│|≧o。:::::||:|:: :: _,. -‐||::|  .|::|            l  \  // ≪ / Ⅴ ', フヾ、.  l    |
..| | .|:|::|  .:|、 ̄||::| ̄::::::: : \||::|└|| l'<``||:|二三二ニ:l|::l  .|::|          l   i\//   ゙〉`¨¨´〈   ヽ .l    !
..|_| .|:|::|   `トミx||::|゙:::_ -=ニ||::|  || |  `'||:|~゙l| |   ||::| ::|::|            .l   |  ヾ.、_  iiノ  ヽii   i!. ',l   .|
   |:|::|   |:|`'||::|三二ニ=-‐||::|  || |   ||:| l| |   ||::| ::|::|           .l   !   乂ニニ」i    iiニニlン. ',   !
   |:|::|   |:| ||::| ̄ || |  ||::|  || |   ||:| l|_|   ||::| ::|::|           .l   l   i!   ii    .ii  l   ',  .|
   |:|::|   |:| ||::|   || |  ||::|  ||_|   ||:|      ||::| └          l   l .i! ,'   .ii,〕(___)〔ii.  l  ./〉 i
   |:|::|   |:| ||::|   ||_|  ||::|      ||:|      ||::|             レ从iハi/},'   ii     ii  l /∧,从
5494 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:46:38 ID:SPKyC1ho0



                             __|__|__
        \\_                   !   !                   _//
      \/ヽヽ        、___人__人__人__人__人__人__人__人__人___人__,      ..// \/
      /\           ._)                         (_        /\
                  _)   「「「 ま っ て ま し た ! 」」」   (_
                  )                         (
                  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                        /|                                   ,ィ
                       _| |                                   //
           -──‐ 、 {,ィニヽ                          /¨i      _| l
       .ィi〔:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ir…┴‐┴ヘ                      |=!/. ̄ ̄ィ .ヽ.l/  ̄  、
        l:i:i:i:i:{:i:i:i:i:{:i:i:i:\:i:}\::::::::::::::::::}                    |:/ /  //         、
        |i:i:i:iハ:i:i:i:l\:i:i:i:iX_, ̄ ̄厂                        |´フl /:.-:l /l 、 、.l     ,
        |i:i:i:{ \、:i:i∨\l]Χ≧  .イ                        .|/ ル'.三三!/:.:! l ミヘ|     l
      オi:i:i:〉以ト\lイ以|i:i:|   ./                          i! ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::ヽl三三|     |
      /ハ:i:八"  ′ ""|i:i:|  /Z       ___{\__  ――=ァ___..| l:.:.:.:.:.:.、_,、_,:.:.:.:.:.:.:.:.:..!  /一ァ
      ′ V父ト t アィ|i:iハ /::::∧     /           ニ=-<....八:.:.:.:.:.:.:`´:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ  ./ -イ
        く::::《六ニニ 〈i/  ヾイ /}  -=         -―=ニ      >.|.>、,ィi:.:.:.:.:.:.r-、:.:/ ./ /l /
        /\:::ト====彡、X...<  /    /        ―     {.ヽ| |三二二二三i,イ/イ/、,リ.
        {   ./ ゝ::::::::::::::::::{ \0.ノ     ,        |    \     人ヽ.. \三三三,イゝ__,イ二\
     __∧  \__ 〉::::::::::::::/\. { / /        )ノ            \.  Ti ̄ ̄: :| |  〈_/ ̄ヽ
    ノ::::l〉 \ /::::l二二二∠,ハ..y  /   {    イ |  /\ r――― 、 \ |i.∨ l.l: : : :_|_|__|、_ | /⌒7
   〈::::::〈    《::::::!:::::::::::::/:::::::::::./ ,/i   ∧    r==ァ/___\ ニ oニ/   ハ..Vニニ二 -一 ェ->_イ /_./
   !:::「    厂 |‐-- ,ハ┬─ Y::从  / ̄\ r===ァ      Y===彡     \..//    \\ニ/
   ∧:::|   ,/:::::/\__/::::::::}. |/{ 八 }  {丁 ̄丁   i|  丁 ̄丁   {    \ r― .  ̄\_ ィ:.:.:ノ¨
    }:厶イ¨  ̄/ー‐v’⌒^ |. {  |从Y|  ,八_ソ \ i{  廴zソ |i / \    从 Y´⌒\  _,ノ.イヽ、 __
    '      /i:i:i:/     !i:i:i:i}  }ノ| /⌒ヽ   、 ⌒        l/    \ {、 ヘ|⌒.ーェイく ヽ_,/ークフ:.ヽl
         }i:i:i/       |i:i:i:リ  人i|ノ人⊂⊃      ⊂ニ⊃人    \  ....\_  ヽヽ    ̄ ̄ヽ.:.:.l|
          //V      /i:i:i/./}    }  ̄ ⌒ー⌒ー――=≦   ',     Yヽ ..., -)ーァl      (三ソ

     .'⌒⌒ヽ .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    | i lレハリi.} |  おい信じられるか、セイン。こいつら私より年上だって  |
    ,ノ (!|.●-ノ  乂________________________ノ


    , (フ^^^'ヘ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    { { 从リハ) 〉  ……ウッソだろ……  |
    レVュ゚ヮ゚ノリ __________ ノ
5495 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:47:05 ID:SPKyC1ho0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5496 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:53:54 ID:SPKyC1ho0



                                                             _
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,イ:i:i:i:i:i:i:i\                                          ´    ` 、
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i::∧ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:〉    義体の修理中にセインやゼロと話しててな     . /      、 、 ヽヽ
i:i:i:i:i:i:i:i:i≧======彳i:i:\\i:i:i:i/                                     / i  l\ l,リ>}ヾ「 l .l
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>:i:i:i:i:i:i:i\ 、i:∨i:i:i:′.   これはアサギにやろうと決めていたんだ。     | 」_|V- リ,ィ´ ̄} l l
i:i:i:i:i:i:i:i:i:≠======r─ヘУ i:i:/                                    |  レ´:::::}  マ__ノ .| l
i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/〉i:i:示7i:i:i:/                                        |  lヽ:::::ノ    ,| | |
i:i:i:i:i/i:i:i:i:i:i:i:i:i/.イ:i:i:/V!/       私が持つよりずっと役に立つだろうさ。      .|  | 廴___r >ィrl l  l
|i:i:i:iハ:i:i:i:i:i:i//i:i:i:i/    〉                                       |  |   ,ィ/7=''/.l| .ト、 l
|i:i:/ |i:i:i イ /i:i:i:i/    ´                                        l .|  〈 /◎/ .|/ l ヘ
∨  :|i从 トv:i:i:i:i:'_厂                                           ヘ .| ./ / ll l  // |  .ヘ
/〕iト广 / |i:i:i:i|                                               ヘ{ / ./ .ll l   }  |   ヘ
// ̄ `ヽ |i:i:ハ      ……お、おう?        ______________        ./\
",       }                        /                   /l       / /,.ヘ、
/       ′                         /                   / ..|      / < <__/
     .イ                    /                   / ../|    //\> <>
    /                        │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././           /\
  イ{                           ├─────[ i ]─────-||/./               .\/
´:i/i:|                           │      [[二二二]]        |/             /\/|
i:i:i:iノ                          └─────────────′                 \_/
=彡

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

目の前に投げ出されたケースが重い音を発てた。ガッシリした代物だが、これ迂闊に貰っても大丈夫な物だろうか?

なんせ差出したのがチンクである。アサギの認識上、言動はヤンチャBOYでやることなすことハイグレートな奴だ。

そもそも土産物をねだろうとしていたワケでもない常識的な彼女は、悪ノリしがちなシノンと違って現状に困惑した。


まぁ本人が最初から自分に渡す気だったというのだし、受け取らないでいるのも失礼である。女はここ一番の度胸。

止め具を外しておそるおそるケースの蓋を開けてみると、中には一丁の拳銃と数発の弾が丁重に収められていた。


4連装中折れ式、41口径バーズヘッド。完全に骨董品の域にあるリボルバー。その銘 ―― サンダラーという。
5497 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 20:59:16 ID:SPKyC1ho0



      .---- .、
     /::/::ハ::lヽ::ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ コスモドラグーン  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    ≦:::|≡" =l:::|  なにこの……ええと、アレ。戦 士 の 銃 かなにか?   |
     从l::j ワ ィ:::ノ  ______________________ノ

          _______________
         i「e ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄e ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄可仁,ニ≡≡≡'三三?
         l|____e_______e____|j__||        t ||`ヾk;^'ー;:ッ
          j五三三三三三三三三三三!:====ュ }|         ||.@ニ,ヘ,`'ヽ,
          {|______________,}__|l________ェ_jj_,xヾ、.`;三≧ァ
                            \   ,なヽ. (g___ e`ヾ),〃:::::;(
                               ̄ヾ、゙_,ム.f⌒ゞ゙r'^ぃ,_g.ノノ::::::::::ヾ;、
                                     ,)ヽ、ノムノ,ゞ=ャぐ:::::::::::::::::::`ヽ、
                                       ~ ̄ ̄ ̄   〈;;(;::;;:::::::::::e:::::::::i;
                                             `);;ゞ::::::::::::::::::::::}
                                                  )`)::::::::::::::::::;j
                                                (;{::::::;;;、r'''´_,!
                                                 `<,_,、r''`´
      '⌒⌒ヽ .γ  ̄ デュランダル  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
    | i lレハリi.} |   決闘者の銃だ。まぁ近しいものではあるな  |
    .ノ (!|.●-ノ  乂___________________ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「コレ、もしかしてライトニングのコピー? でもシリンダーが長いわね。すると増薬弾の使用を想定してんのかしら」

手に持てばズシリと重くて不思議な手触りのする拳銃を、シノンが手元を覗き込んでしげしげ眺めて感想を述べた。


モノとしては以前モルグで初邂逅した虎蔵氏がダンピングして、ヒヒイロカネ製のシリンダー目当てに買った銃である。

シリンダーの強度は勿論、それに使われる弾の反動を受け切るフレームとて相当に頑丈だ。用済みと廃棄するには

いかにも勿体無いと、今度はフレームに見合った強度の代替品を都合つけて実家から送り返されてきた。


とはいえ拳銃の間合いはチンクにとってナイフの間合い。後者の取り扱いに慣れていて持て余すのが実情である。
5498 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:03:14 ID:SPKyC1ho0



         ___,,_,_,,._...、 、、、、、、  --- ―――┐
        .|                         | :. ::.
      .|  ____                     |         ::.
     ::  |            __,,_,_,,._..、、、、   |   :.
    :  :. |  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄                 |     ::.::. ><
     :: : : |                __,,_,_,,._..、、、   | :.::.      .i{≧''"´,
       .::.: |   '''' ""゙ ´´ ̄ ̄               .|´`""'''  ...|;;;;;;;;  ;;;;    ,イ´ `ィ,_,。─ 。
       :. ::..|                _,,_,_,, _、、、 |     _. .i;;;;;;;;;  ;ノ __,,.。.i;;;`" . ;;i  } 丿__
       .: : |   '''''_""゙_´´ _ ̄_ _,._,.,, 、,、、 -z- =-'、,. -''´::::.  iゝ.==イ iヽヽ .i;;;;;;;;;; ;;|。‐'"´/-‐ヽ,
   :     ゙、"``""´´ ̄ ̄    ̄__,,_,_,,._..、、、、  ゙、::::::::::::::.  i    .i::::}.}ノ、;;;;;;;;; .ノi    |   .i
   ::       ゙、  '''' ""゙ ´´ ̄ ̄              ゙、::::::::::::::  i    .i`´ | `"""´ .|. . .|    i
   ::      ゙、   __,,_,, _、、、、  ----- ―――   ゙、::::::::::::.  i    .i   .|       |. . .|    .i
 ::..    .      ゙、              __,,_,_,、、、、  ゙、::::::::::::  i    .i  ..|       |. . .|,ィ'二`ヽ  >'''ヽ
            ゙、   '''' ""゙´´ ̄ ̄                ゙、::::::::  i    .i . |       |. . .{、 ゝ.イ ノ /'''''''<.}
   ::        ゙、    __,,_,, _、、、、  ---- ――― .  ゙、::::::  i}、__}i  |       |    `""´ /    }i
     ::    .   ゙、          _,,._,,. 、、、、、、 --――''`::::::::  `'''''''''´   |       |       ./    ./
            ::::   `'''' ""、´´:: ̄ ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,. -''´      .ゝ,___ノ       ./     /
                                                `""""´      ./     ./
                                                          /、、、、.  /
                                                            / ̄ ̄ヾッ,/
                                                         ヽ, (___)  }
                                                             `'.-- イ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

誰が使うに相応しいか頭を捻れば、腕前を自身の目で確かめた拳銃使いとしてアサギしか思い浮かばなかった。

三級にあがる下準備の期間をチンクが不手際で短縮させてしまった手前、せめて得物の一つも都合つけてやって

借りを返さねばならないし丁度良い機会だ。―― と、そういった理由も込みこみでの譲渡である。


赤ラベルと青ラベルで違った弾頭を封入した実包が10発づつと、配合比の記されたメモ書きを机に並べて見せる。

ストロークの長い銃弾を手に取って鼻に近づけスンと鳴らすと、ハンドロードの専用弾は銃に一家言もつアサギや

シノンでも覚えがない化薬の匂いがした。この弾とサンダラーが一組で成す威力は、対機徹甲銃にも匹敵する。
5499 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:08:54 ID:SPKyC1ho0



                                           ,  '"  ̄ `  、
                                            /           ヽ
                                    、       /              、
             __                    、\   ./ ,              ,
           , ´      ` ヽ                 、 \ //                  l
          ,イ /, -    .- 、 ヽ               、.  ヽ!./ ,   l    ;  :!      !
        /  i l i       .丶. !                    \ /l /.l  / :!   /,  l :!   l
.         l   i l N .ハ  ト_l N .l !                  / '  .∨  :!  / ', .l  :!   、:∟... ___
.          l  ,i l lレ __/ヽ!`ヽ.小/               /イ    ,   :! /   、 !', l 、 l ゝ ,. '"
        | .l l/. (::::::)   ● ilレ                ´ ./ '  ./    '      V  、 ! :{'"
         |  l. ⊂⊃      ⊂/,l                     , / / /  i   !   ',        ヽ ',
          |  l .i _> ーー イi |                   { .' /,.イ  :l   !   、   ,:     ト 、
.       |  i ./ヽ.\=v=/ ̄/ ̄/                  V /-l {  /ハ ∧   ヽ :{  、 l,
.       |  i l / / ̄ ̄ ) /   と)                _/ニニjハ {-ノ l./lハ   ' } ハ { ヽゝ、
.        |  i l l .}--j-イ__/_/ノ                /  ___``  '  ̄ V /l/'""'V:l、.{
                                   ,. -‐洲洲洲洲洲洲洲zz、_V '    V 'ヽ
                        _ -‐ '"  ̄ `マ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲≧z、_     |z。、_
                        _ ‐          マ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲≧zz'洲洲l,
                  --―-   ._            ヽ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲ilil!
                   ̄>  _    > 、         マ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲l、_
                        > _   >、          マ洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲洲ilili,ヽ> 、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

支援・補助・遊撃と幅広い活躍のできるアサギだが突破力の点が不足する。そこに重警備ロボにも致命的な

一発を撃ち込める切り札が加わるのだ。なるほど、これは悪くない。彼女は礼を言って懐に銃を呑ませた。


次いでステイする大型犬みたく鎮座していたブロントさんに、アリタから届けられた荷物を漁って一枚の封書を

手渡した。差出し人の名義はココノエ博士である。「うげぇ」なんて呻きを溢してから内容を改めると、まず最初

パっと顔を明るくして目を走らせ、後半に入ってから差出し人を認めたとき以上の渋面となって苦悶に震えた。


いったいどんな内容だったのだろうと首を傾げたチンクに「知りたきゃ読んでいい」と書面が手渡される。
5500 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:18:15 ID:SPKyC1ho0



   あの駄猫はいつも身勝手なんですわ!         ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                        ┃       / : : : : :i: : : : : : : : : : : : : |: :|  \: / :
   俺には俺の都合あるんですがねぇ!?         ┃.       / イ: :i : :|: | : : : : : : : : ト、: |i :l    |\ : :
                          , ― 、           .┃     // | : |: : ト {'\: : : : : : :| ヽ|iノ / |  ヽ.:
                       /    \       ┃     , ;  | : |: : l   \ト、|: : |/ ___人__
                           ,.イフ ヽ   .ヽ        ┃      | |   | : |: : | ⌒\_ ヽl|\iー'   ̄茫'Yフ ̄
                         { 弋   |i    |        ┃    ─ 、| : |: : ヽ___人__   `¨|彡 |:
                -―   ―- 、  `マ  ̄\__ /        .┃  /     \: | : : : :\ ̄茫Yフ ̄  (⌒)      |
             />       ̄\  |.` ーt-イ       ┃. /        \ : :\:ハ `¨|(⌒)⌒´       .!
          /  ,ィ,へ      ∧.|   / / |         .┃/           ヽ: : :\i           /  |
          ./  / /:.:.:.:Ⅵ ,.イ   ,イ  / /  !         ┃      コ /┬  \: : :ヽ、          ,.イ /.|:
      __/__/ |:.:..ji..:.:.:.:.:.|/  |Ⅵ! {   / {  |         ┃.  や  |_ 乂  .i 丶: : >: . _ ー=≦-/|_}:
      \  /Ⅳ:.:.U.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!∧___,{_.    ,'        ┃       、       |   Y´: : : : : : : : :  ̄: Y///'
        /∨ .|.    ___      |__/::::::::>ー<          ┃..  り  フ 告   |_ ノ / ̄ ̄>─<ア_l///
      ,イ7  .|  /     `ヽ ./ /::::::::<   _|        ┃.       ̄`ー   |: : :/    /    ./ //:::::
         />‐‐>、 {____}/   ! ̄ ̄   | |        ┃   た    し     |/  │   }ヽ / /:::::::/}
    ,.ィ ̄\  /心、,__     _,イ   ト、    /´       ┃               |    ヽ|    /  i/ /:::/ /
     >、   ,イ州洲洲示王洲 /.|::::ー‐./          .┃   い    て    .|    │  ノ ノ  // /ヽ
    /    .}洲州洲洲洲洲;ア´  .|:::::::/              ╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ,     /`マ洲洲洲洲ア .|    |,.イ
    {|___/  /:.:.`¨¨¨¨´:.:l  |     |
  /     .| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  |     |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ココノエ博士からのメッセージは要約すると『義体の強化プランが立ったのでアリタに顔を出せ』だ。それだけなら

『きた! ナイトの上方修正きた! これで勝つる!!』と、うん、ブロントさんも最初は喜んだ顔をするだろうよ。


しかし新機能に光学砲を積むからグラットンソードを解体して部品取りにすると続けられれば話が違ってこよう。

手に馴染んだメインウェポン、まして自身の象徴とする剣を手放せと頭ごなしに言われても容易に納得できまい。


光学砲内蔵の義肢というと『きっとアレの残骸が回収されて情報がココノエ博士まで流れたのだな』と思い当たる。

となればチンクも無関係ではない。この話の発端に自分は立っている。控えめに見ても間接的な関係者だろう。
5501 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:23:45 ID:SPKyC1ho0



      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      |   これをグラットンの代わりに持っていけ。光子の発振装置と触媒は無事だ   |
       乂________________________________ノ

                                  __
                     _________      >'’    └'ヽ,
                     }「(i|i|i【    >'’        , i{!
=-                         }l〈\i|乂,.斗ャセiてf{!    , :i{!
     =-                }リ   ̄     l {(  , :il{!
           =┐         ┗==ニ二ニヽ  .l {(, :il{!
               |    ____)XVヾ::::::::Y)  L二ゝ.__,.斗f
            / ̄ ‘'<ニニニニニニニ≧x:::::::::{(      `ー―ツリ
           })′     l}ニニニニニニ\ニl ヽ┣━====――彡/
           ∥     リニニニニニニニ.々  j!i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|i|ツ′
          ∥      /ニニニニニニ\ニノ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ,.へ    /ニニニニニニニニニ)'¨
> .,     /   >'-=ニニニニニ.  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    ≧s,′ /⌒Y    Yリ'’と  |  どうせ修理の利かん代物。部品取りに使うならコイツのほうが適役さ  |
        ,へ   トヽ jリ’  `.   乂______________________________ノ


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

手紙自体はチンクの物でなし土産をやったとも言い難いのだから ―― と義体情報と同じガンボーズ-アリタ経由で

山中に投棄したものの回収・返還された武装群を漁り、根元から刀身が折れて砕かれた剣の柄を探り当てた。

光子剣の刀身だけを探すのは光子剣そのものを探すより難儀しよう。修復できないなら人にやっても惜しくない。


触媒が不足しても面倒だろうとフォトンチェーンを二つほどオマケに付けておく。オーバーホールした銃をアサギに

渡した手前、故障した剣の部品だけで同じ土産扱いは些か差がつきすぎた感もあるし、これも仕方なかろうて。
5502 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:29:39 ID:SPKyC1ho0



                       ---   、
                   ―'        \
                 /             ≧=-
                / /  /           \
                    /   /    _       ≧=-.         明日にでも出られるアリタ行の
                 八   /   /         、\
            __ /イ  .//  / /   .|l  \  }_ヾ         足兼ねた仕事を探してくるべ。
            \ ≧ュ。 .{.   l   /    }l  イ | 从/
.               \  ハ  { |<//彡イ / |_斗/
               / > ∧ 八代tッ-≧、: |/ッ'フ从            夕飯迄にちゃんと戻るからよ。
                / / {: : : ハ. }: : : : : : : : : : : // 、
           ___/イ  \: : : :ゝ ヽ: : : : : : : :{: イ   \
        r7////∧   \: {: :.\: : _: : :-ァ'ヽ
      /  ̄ ̄ <//\   \: : : :.>: :_:/、  }     ‘,
   /-----ミ.      \'/,\   ゝv-f//∧:::. |\     }
. /__        ヽ.   \//≧ュ、 __}lノ'///∧_} |     /|
./  ̄ ̄ ̄   、   \   寸/////{:!{////rf{: :.ヽ  V  /
              \    \  V////∧:{r='': : : : : :.:.、  。 /
              \   ‘,  ,r-r=彡: : : : : : : : : : {ミ 、 /
_                   |: : : : : : : : : : : : : : :{ミ  {l
  \            ‘,  、 .|: : : : : : : : : : : : : : {ミ | 八

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ブロントさんは受け取る手を伸ばすと、直前で逡巡し、そして重さを確かめるように握り締めた。刀身を失ったソレは

軽い気持ちで受け取ってはいけない物だと噛み締める。どうせ壊れた物、土産程度に渡された物。そんな気安さで
                        グラットン                      メリクル
譲り受けてはいけない。これは自分の 誇 り を守る為に譲られる物で、チンクの誇 りの残骸なのだから。


彼は愉快な訛り口調や気安い態度と裏腹に、他人に対して誠実で真摯な人格を有している。後進の面倒見も良い。

借りを作って返しもしないまま、更にいま重ねて助けられてしまうのは歯痒さを感じるし、ましてその相手が後輩なら

意地の一つも見せねば立つ瀬がない。―― ので彼は早急に報恩する為、アリタ迄の足仕事を捜しに出ていった。
5503 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:35:48 ID:SPKyC1ho0



                     ___
                 . ィ'': ¨: :ー:、 : ``. 、
               /: : : : : /: : : : : >-: :`ヽ.、                 なんでよーっ! なんで私だけーっ?!
              / : : : : : :/: : : : : : : : : : : \:≧=-
             ′: : : : : : ; : : : : : :.!: : : : : 、: :\ヘ
            /: /: : :/: : : /: : : i: : : l: : : : : : ヽ: : :ヾ             アサギにも首長にもイイモノあげたのに
           ./: / : : ; : : :/ハ: : : :ヘ: : l=:ト: : : : : !: : : :ヘ
          〃 : i: : : :l: : /イ ∨:l: : :ヘ :!: ハ : : : : l: : : i: :ヘ.           私だけ御土産なしなんて酷くない!?
        /: : :r─、 : Vノ``- Vト、:--:ヘ:l-‐V、 : l: : : i: : :ヘ
        ⌒¨¨7l:_):r、V:ヘ灯芥ミV \: :l 灯芥ミ./: :≧ヽ : : :\
          /イ::():::::l``ヘう:リ    ヽl う:ソ /イ!:()::::l:l``'ミマ       どうしてハブにすんの! バカ、ロリ!
   -- 、     /!ヾ、::::!ヘ、 ゚^¨゚    、    ゚^¨゚  ハ!:::/!ヘ __
 /    `丶___ノ: :  ̄l、ヘ   γー─ 、    イi:\: :-<: : : ミヽ
       _彡イ: : : : :/Vl:人   i::::::::::::::::i   八从、: : : : : : : : : }
  /⌒ヾ {: : : : :イ<_ -イ 个、 乂::::::::::ノ イ`<__-=二ニ、 ̄ヽ:}
 〃 ィ--、  {: :γ´   、     ヘ >s_ </      ヽ. . \``≦--、
  /   `ー‐イ      ヽ    ヘ    /     ノ   ∨. . .V  ヘ  `丶
 ./      //i        ー-      _          ∨. . .V   ヘ   \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━
                                          プリーズ ギブ ミー
さぁ最後は自分の番だ! ひとつ鼻息も強く、シノンが期待に満ちて『よこしやがりください』と目を輝かせていた。

ふんぞり返って進み出た彼女の胸は、びっくりするほど平坦だ。……一緒に風呂はいったから知ってるけど。


「ああ、スマン。私の都合的にもシノンの役に立つかどうかの点でも、渡して良い物がなにひとつとして無い」

「がーんだな……」との返事。まるで出頭を砕かれたような顔になった後、再起動した途端に文句を噴出させる。


でもさぁ、キミさぁ。面倒ばっかおこしてイイトコないじゃん? アサギみたく借りがあるわけでなし、ブロントさんは

手紙を渡して故障品あげただけだし。……そんな自分もイイモノ貰えるゾと期待されても、その、なんだ。困る。
5504 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 21:41:04 ID:q2l17UbE0
5505 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:47:16 ID:SPKyC1ho0



  、_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_人__,               -―  ¨ ̄ ̄¨  ‐- 、
  _)                               (_            /                    \
  _)  じゃあコレ! この高そうな包みのやつ!!  (_        ./      ヽ  ハヘ   \    ヽ
  )                                (        /      ヽ. ヽ  l ハ     .|    ∧
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒       / / /./ ∧ ト ハ_r_ェzl_   |       ∧
_ ___ _        |\                              | l _.!_l_ l u,l_」チ<´ト,  ll     |      ∧
   ヽ--、_ー='´    ノ   \     ……え? それが欲しいの?   .| _」z斗ハ ト/ リ ,r≠i天 ア   |ヽ.       ∧
       \_彡 く   _, 〉                       |  l,.r≦Vハ.  "(・ ) /|    | リ
         l  ⊥、i `¨「iVノ                  マ ジ .     |  {::::::::::::::リ u ー‐ ¨´ |    レ'
         `ァー 、_)-'‐|.|ヘ',.    別にいいけど、えー。正気か。  .|  ヘ:::::::::,イ     U    |    ト、____
         // li     .|.| ',',                        |   l`¨´ `        j |    |::∧  /}
          // |l    .|.|x:..',',                        |   ゝ、 u           ! |   !´/./  .!ー
         .//  」L ,xく.:|.|:::::.'く\二ニ:=┐                 |    |> _ ‘` u_..<| |   |/   ./
        // ‐i´ / | |.| _,,. - r‐-=ニ」_|                   |    |i |  >.r ´   l l!  ハ   /
    _.「l |  j∠ -‐=ニ¨´    |   l  l                | |   .!l l!   癶   l li  l } /
   _」ニ=┴'' ´              |    :l  |                  | |!   ! ! |i  /  ヾ=l ii  l /'
    |                   |     l  |                .| |i   | l .lヽ/    /1ii  l/!``=ヽ
.  |                   |    |  |                 .| |j    | | l/^\   ヾ l ii  /_/!  //
.   |                   |   | |               |.ハ   ! ヘ{\:::::\  l ii /  l  //

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「あんた色々いいもの持ってるしバカみたいに稼いでるクセに」と騒がれても。買ってるのは必要なモノばかりだし

稼ぎったって、そもそも金策目的で仕事してて目標までまるで手が届く様子がないのに。まして先日には義体の

修理費用どうこうと顔を青褪めさせたばかりだ。……人間、隣の芝は青く見えるものなんだな、ヨハン。


ダダこねられても面倒だしアサギが取り成すにも彼女はイイモン貰った後で説得力がないしと、ワリと難儀な状況。

じゃあ適当に荷物ン中から見繕って欲しいモノ聞きなさい。渡しても良いモノならあげるから。チンクが言うや否や

顔を輝かせてアレはコレはと聞き始めた。メタルイーターは言うに及ばず、渡せる品などそうないのだが ――
5506 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:53:07 ID:SPKyC1ho0



,_ ___ _              \__人_人从_人_人从/
|  |:::::|  |\         _)                (__
|  |ニ|  |  |           .)                (
|  |:::::|  |  |         . ̄ ̄)              ( ̄ ̄
|  |:::::|  |  |   (oXo)     /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\     _ _
|  |ニ|  |  |     ,||________| |[囗]|                | | \
|  |:::::|  |  |  y仁|| : : : : : : : : : : : : : : | |    |─┬─┬─┬─┬┴┬┴─┬─┬rヘ
|  |:::::|  |  | f| | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.]:|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
|  |ニ| に二二二二二二二二二二二.| |    |二二二二二二二二二二二二二二二二コ
|  |:::::|  |三}| | rュ tュ | l |=i=i=| l | |    |==| l |=i=i=i=i=| l |=i=i=i=| |
|  |:::::|  |三}| |  □  | l |=i=i=| l | |    |==| l |=i=i=i=i=| l |=i=i=i=| |             __
|  |ニ| に二二二二二二二二二二二.| |    |二二二二二二二二二二二二二二二二コ          (/⌒))
|  |:::::|  |三}| | rュ tュ | l |=i=i= ィ升爻彡癶 =| l |=i=i=i=i=| l |   ┌┐   | |            〔l´
|  |:::::|  |三}| |  □  | l |=i=i= ミ爻彡ミ爻彡ミ | l |=i=i=i=i=| l |   └┘   | |            O
|  |ニ| に二二二二二二二二二 彡ミ爻彡ミ爻彡ニ二二二∠二ヽ二ヽ二ヽ二二二二コ     _____
ッメ从xj  || ̄| | ̄ ̄ ミ爻彡ヘ. ̄ ̄ 爻彡ミ爻彡ミ爻 | l |=i=i ||::::::::||::::::::::::::::||=i=i=| |    .}二=\       ,…┐
ミ爻彡  ||  | |   巛爻彡ミ   ミ爻彡ミ爻彡ミ.=| l |=i=i ||::::::::||::::::::::::::::||=i=i=| |    .}二=->\__  __//二{
ーVV「 ̄下vtrvtrvtrv゙`}i:i:i{´rvtrvtrミ爻彡ミ爻彡tzvtrvtrvtrk||::::::::||::::::::::::::::||rvtrvtrvtr    .}二/⌒^     `ヽニ二{
 }i:iil匕L上=====ッ仁工工工工工工工工工工リ───:||::::::::||::::::::::::::::||────  ......乂メ             Xニく
 ̄ ̄∠三三三三三三ア  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    /  -‐  八} -‐ミ  У
  ∠三三三三三三ミア     ==     ==     ==     ==     =   ノイ  {/{/{/  }ハ}ハ    }
∠三三三三三三ミア                                             从レ{ ┃   ┃  V }   }
                                                       .{  {⊃       ⊂}从ハ}
                                                       .{ 八  __人__,   儿  }
                                                           从{ 个o。 ___  イ} }  }
                                                           八{乂/( ¶ )I〔ノイノ}ノ}ノ
                                                         /::::::::::::::::::::::::::∧

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

シノンが突き出した紙袋には熨斗つけた立派な桐箱が収められている。発送元の名義はパックス・ロマーナだ。
         ・ ・      ・ ・
つまり中身はアレというかナニである。wktk顔で包みを破りながらシノンが知ったか薀蓄を自慢げに垂れ流す。

「最近じゃ皇都のセレブにウケてるっていう、あのパックス・ロマーナの品物でこの包装よ。期待できるわね!!」


ご開帳~とばかり箱を開けると二人して中を覗き込み、数秒の沈黙、互いに顔を見合わせて見間違いじゃないか

再び視線を箱の中へ。其処には『ご機嫌よう、お嬢さん達!』とばかり一柱の【ご立派さま】が鎮座ましましていた。


―― 烏宿全体に響き渡る、すごい悲鳴があがった。女を放り捨てた叫びと、意外と乙女めいた甲高いやつが。
5507 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:53:36 ID:SPKyC1ho0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5508 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 21:54:43 ID:SPKyC1ho0



                         こんなもん欲しがるとか、ナニ考えてんだか。                    |
                                                                 ___|
                                                              ,ィ' 二_:.:.:.:.:.:.:.:|
                         まさかとは思うけど……アンタ、そういう目で       .//:.:.:.i 、__>、:.:.:.:|
           /  /                                          .ハ:.:.|:.:.:.:.l ::::::::::: \/!
                 /          アタシのこと見てないわよね? マジ話で。       ,!:,イ|:.:.:.:.| ::::◯::::::: `!
           /   /             |  ||  :|   〉   い                       ,1:.:ム:V\! :::::::::::::::::: |
        /   /       /  ∧ |  || .:|   /    | ,                      ハi:.:.|○ :::::::::::::::::::::::::: |
        ./  / .:| :::.   .:/   ∧.|  || :|  /、  .  | '                     ハ.:〉:.|::::::: `        |
       ./ イ / .::::| :::::.  .::/   /  }.|  || |二〉 ∨ :. | | ':,                    !:.:.圦!           |
    /´⌒ |/ .:::::::| :::::::::::/ /     |___∥_ /   ∨ ::. | |:.. \                   レ'  l\   ( ヽ    |
       /.:::::: ┌―‐,┐´ __`h、   lー∥‐ / __/ぃ :::. 、|⌒~\                     Ⅵ i> 、  ./i∧_|
       /.::::::/::/ |0 0.| | xア´_)㍉ミー ∥ j/ xア´!㍉ }l:::::. 、                     Ⅵ| r、l ̄  " /|
     ー一''"´ノ:/::{ | 0 | | 人 {l:り:〉 i`|∥ / イlり〉 }`八:::::. 、                    ㌢∨ Z__  ヽ  |
        /:/:::∧ r==彡ヘ///`ー  ノイ| /  ー////::! |\:.乂                       {、¨¨¨"、  ` ̄ ̄ ̄|
          {∧::::::::∨:::|::: |\乂////   |′ 〉   /::::|┘ ⌒                     \   ` ー‐―f¨¨゙Yヽ
         ヽ::::::|:::: !::. |  ⌒ヽ         u ::::八                        \    {   }ノ
          Уl|:: |{ |\        、   イ ::::| :}                         |`  ̄ ̄`¨¨´|
         /⌒ l|: 从 |\)h、    ´   /Y| ::::| |
         ./   从  弋、⌒``''ー  __,、イ-‐彡 :::| 八        高価そうで良い物って決め付けただけ!
         人   {{∧  |⌒\            |  | ./ヽ
   .../ ̄  ノ\ 从 ∧  |__      __     ,.イ| ./}/  /`~、.      変な誤解や警戒すんなッ! 頼むから。
   /  /i彡'´ ̄ \\∧ |``~、、rァ㌢~㍉r、ヽ``ノイ,:′ /ミメ、 い
   /  //|  |:.    \)人八   r`㍉zzァ'´Y   /  / .:::::〉〉 ',
  l O〈〈 .:|.:::|:::.y    ``~、   :|:|    |::| /_,.、イ  .:::::::{ {  '

                            ――あいきゃっちなう――
                        【そんなふたりのがーるずとーく(笑】
5509 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 22:00:11 ID:SPKyC1ho0



                                         l. /ィ´:´_.:,:.:>.、
                                         Уl、'´‐-:、:`i:.\:.:>
                                        ,'.:i:l::ヘ>-:、>:.:i:.ヽミ、
                                        l:.:lYヽ:ヘィtッヘ|l:.:ハヘハ
      今年最後の投下がコレかぁってなる。             ∨V`| `   ノ|イ',ィ/`
                                              リY=-  _,, . リ イ
                                             ヽ´    イ.゙{jノ
      シノンさんはボケ担当を押し付けて                   >,‐' / :、__________
                                            ,.  ´   /  _,.     `ヽ
      “恐縮だが”受け入れて貰いたい。               ,.  ´ ―{__,,ノ´ ̄     、  :
                                            / ,            ヽ  \  }
      誰かがやらんと回らんからネ。                ′ }    {       /':,    {
                                           {/ /             /  ∧     :,
                                       /  {,___,,.. ⌒丶 ..,,__  /: : : : :'.  {  ′
                                          / /: :}   _,,.........,,___: : : : : : : : :∧  }  '
                                  -―-' .,/  ハ ´/  `ヽ:.  :, : : : : :/ }--  :,
                                     /      `ヽー 、_  {_  '.   : : : : / / ,.    }
                                     ,′,:        ぃい、{_   i   : : : / ´ .: : : . . /
                                /   / ̄`ヽ      \:.....j   .: :/ .: : : :,, ´
5510 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 22:05:41 ID:i9agbqhk0
覚えがない火薬の臭い…あー硝石塚(別名ウンコ山)…
5511 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/12/24(月) 22:09:10 ID:SPKyC1ho0



          ___ /::〉-‐…‐- ミ
          ァ:.:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...、
.           /:/:.:.:.:.丶:.‘,:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.:\
.        /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.:.:.:.:‘,:.:.:.:.:.
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.::
         i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ|
         |:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/八:.:.:.:.:./ |          マジ明日から年明けまで休みがねぇ。
.         ‘,‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/\:.〈  ′
.         ‘,‘,:.:.:.‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/、_{.癶「`            涙でますよ、こんなん。心枯れるわぁ。
.           \:.:‘,:.:.:.:.:.:.:.:.://  〉√
           ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.//   /^              ―― 以上、泣き言でした。
               }/:.:./{\:{ ,____/
             /^`^    厶
.            /    \ √\               今夜は終了閉店ガラガラ、また来年!
.        /′       / \
       /__  __,,  -‐       {              .来年? ……ちゃんとやれんのかなぁ。
.     /               ‘,
.    /               }  ‘,
..   i                     }   ,
..   |                     }   }
..   |      /、          }   ;
..   |       / \          {
5512 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 22:14:07 ID:i9agbqhk0
量産機にも重力制御、出雲重工の自動人形を宜しくお願いします by 三河
5513 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/12/24(月) 22:20:31 ID:q2l17UbE0
乙ー
5514 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/12/24(月) 22:20:49 ID:SPKyC1ho0



        ┏┓                                            ┏┓
        ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
        ┏╋────────────────────────────╋┓
        ┃|                                            |┃
        ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
        ┃|                                            |┃
        ┗╋────────────────────────────╋┛
        ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
        ┗┛                                            ┗┛


             __             【かっこいい役どころの話ができたらいいのにね】
            //__
         _-/ /´ ̄ ̄`                ―― どこまでもネタにしていく ――
      /  ,    、      `  、__
    _/    |   ハ  \   `ヽ`ー'''´                            _,,... -―――ァ
    ̄/´ ./  | l | \  ヽ   ヽ ', ',                      _,,.. -― '''~       /
    } /,j_| /ヽ!=|.`/‐-、_\_ } ヽ_>          __,,... -‐ァ''~_,,,... -=======-v′
    /イ {={.イ=ミ、! .V ´___ ヽ|三ユ   \        / ,;"   /"´__,,,... -――- ...,,_|
     | VV.Vセヽト| ´示㍉j三ア´ ̄` 、>       / ,;''  / ̄ ̄
      ハ/{ .{  '     `゙" /  ̄{ ,.┐. \――''~,,,.-‐" /   ____
     / ヽト、 r_、   イ   ハ/、::\ . `''<-"   /   ,.<L_     ` 、
.    /   / \_,,.../'  .ノ| }: :>.、>==、、  `ーニ__/-_寸L_     ヽ
    {/! ./     く_/  / |ノ: : : : : ~''‐ .,_:`ー.._, --≦三三三三ニ=-_  ',ー-
     l ./         / ./レ'  ノ〈k: /ヽ: : : : :~''Tーュ/: : :/::::::::::::::::::::~'''<三三ニ,_}_    ` 、
     レ′      レ'rr‐.イ  jjヾ__ン: : : : : : フ´/: : :/:::::::::::::::::::::、:::::::::::::~''<三ニ-_    ヽ
                ゝニ}:}  {{  ℡、: : : : /: ,イ: : :/:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::~'j<三-_==イァ-_
                  | {: }_リ  YY`ー-/o:.//: : :/-―‐-  _::::::::::::::::,:::::::___;:イ::...::~寸/ニ/〈二-_
                  / |: |ー‐\_ノ..|   `ー''/: : :/       ~'' 、::::::::}/:::ノ:::}::::::::::::/ニ/ニニ≧/
              / 八:{‐-=‐'ー‐'、___/: : :/___       ヽ::/:::/:::ノ_::::::::::\=\ニ/
                /   /\.....|...`7ー―-/: : :/ ̄ ̄ ̄ ̄~ニ__    }::_´::イ´::::::`::::::::::`ー才′
            /   /  /\!..._|   |: :|: : :リヾ=====-_   ~=_ /´ ̄ ̄~''''<::::::::::/:/
           ,イ   /  /   ` ̄   |: :ヽイ : : : : : : : : : ~ニ_  ソ====-__     ヾ/:/
          / {  /  /         |: : |: : : : : : : : : : : : : : マ´==-_  ~ニ_   /: :/
         {  ヽ/  /           }__リ: : : : : : : : : : : : : :ノ:.:.:.: : : : ~ニ-_ ~k/:/
         ト、  \ノ          ∨ : : : : : : : : : : : /:.:.:.:.: : : : : : : :~-_ノ:./
         { ヽ    ヽ          ノ: : : : : : : : : : : :/:.:.:.:.:.: : : : : : : : :ノー='"
5515 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/12/24(月) 22:26:04 ID:SPKyC1ho0
>5510 ああスカべんじゃーってそういう やかましわ(基本

>5512 IAIと出雲はだいぶおかしいと思うがトップシェア企業なんだよねぇ……

>5513 んでもって乙ありー 今日は合いの手もあったし乙もあるしでホッコリ

チンクは大人の男になりたいのです その52

5347 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:25:14 ID:rqGZp0Ao0



          |: : :/ , <: : : : : : : : : :> 、
            __V: :l/: : : : : : : : : : : : : : : : :i` .、
       /: :l: :.ゝミヽ_ : : : : : : : : : : : =ミ:/   \
      〃: : /V: ; : :.l: : : :、:\、_: :.ヽ: /.ヽ >、/:\
     /.; イ , `/ 7|:ト---:ト、_\`<V  ハ/:ヽ ̄          .さぁ! もう何ヶ月ぶりとか数えるのヤメた
     iレ' /:ヽ,'  ,' / l:|V   ', `ヽ`ィ´ V_../:.'; : : :丶
      ; : : il:`:T7ー‐∨∨_.i.ー'´ `,ィミ |:´:; : :i:.i_r‐ 、ハ      ..投下だ投下、投下すんぞいぇーあっ!!
        l: : :ハ: :lミミ、__   \:.:.:',,ィ彡'´ .|: ;イ: :.|';l_ヘ   ̄`
        |: ;イ l.ヘ.:', _`_ニ=  \|=ミミ=リ:/ l: :んl l |
        |/人  l.`テ'´   ___    /' ノ:/_.ノ /          .飯くったか風呂はいったか出来の悪さに
       「`i〉ヘ ,ィ._r'´ ̄, '´   ̄`i__./l',イ-〈ヾ
      i´/`l、/rヽ//7ヽ/      ///Y..└‐ァヽ〉          .情け容赦なくツッコミもらって部屋の隅で
      乂.ノ:.:.冫 ∨//ト、___., ィ////_<
           \`7 .〉‐'ノ`Y、ヽ/Yヘゞイr‐ヘ、             ガタガタ震えて夜を越す覚悟はOK?!
        ___`ーl/リ:.:.:| 〉//.:.:.:Vrミ_:.:.冫
        l:.:.:.:.:У.:.:.:.:.:.:ノ..:|′,':/´-ヘ`ヽ'┐―┐
        ,.〉-‐:'´:.:.:.:.:/ニ/::〉ニ、`¨乂〉ノ:く、:.:.:.ノ          ―― OK!!(ズドン
        く:.:.:.:..:.:.:.:.:.// //`〈∧ \:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ、
        \:.:.:.:/:|//7、`__|\/、'/〉iヽ:.:.:.:.:/
          ヽ/  .{三リ         {三} \/
5348 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:27:07 ID:rqGZp0Ao0



          |: : :/ , <: : : : : : : : : :> 、
            __V: :l/: : : : : : : : : : : : : : : : :i` .、
       /: :l: :.ゝミヽ_ : : : : : : : : : : : =ミ:/   \
      〃: : /V: ; : :.l: : : :、:\、_: :.ヽ: /.ヽ >、/:\
     /.; イ , `/ 7|:ト---:ト、_\`<V  ハ/:ヽ ̄
     iレ' /:ヽ,'  ,' / l:|V   ', `ヽ`ィ´ V_../:.'; : : :丶
      ; : : il:`:T7ー‐∨∨_.i.ー'´ `,ィミ |:´:; : :i:.i_r‐ 、ハ
        l: : :ハ: :lミミ、__   \:.:.:',,ィ彡'´ .|: ;イ: :.|';l_ヘ   ̄`
        |: ;イ l.ヘ.:', _`_ニ=  \|=ミミ=リ:/ l: :んl l |
        |/人  l.`テ'´   ___    /' ノ:/_.ノ /
       「`i〉ヘ ,ィ._r'´ ̄, '´   ̄`i__./l',イ-〈ヾ
      i´/`l、/rヽ//7ヽ/      ///Y..└‐ァヽ〉
      乂.ノ:.:.冫 ∨//ト、___., ィ////_<
           \`7 .〉‐'ノ`Y、ヽ/Yヘゞイr‐ヘ、
        ___`ーl/リ:.:.:| 〉//.:.:.:Vrミ_:.:.冫   <グギュルルルルルルボコォ
        l:.:.:.:.:У.:.:.:.:.:.:ノ..:|′,':/´-ヘ`ヽ'┐―┐
        ,.〉-‐:'´:.:.:.:.:/ニ/::〉ニ、`¨乂〉ノ:く、:.:.:.ノ
        く:.:.:.:..:.:.:.:.:.// //`〈∧ \:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ、
        \:.:.:.:/:|//7、`__|\/、'/〉iヽ:.:.:.:.:/
          ヽ/  .{三リ         {三} \/
5349 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:29:24 ID:rqGZp0Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_____    .ノ::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:::::::::::/ }:::.:.:.:.:.:i:.:.    .________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  . ん::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::-<   j::::.:.:.:.:.:!::.:.   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄    .ーぅ:::::::::::::::-‐ァ::::'::::::/    `y:::::.:.:.:./::.:.:i.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ー-ミ        {/:::::::::::::{ /イ}/}/  -=圦沁:/::::./:/::.:.|  ..________________________
   \      }j:/}:::::::::..  { {        ^7:/ イ/::.:/   .________________________
─  ..} r====- ,/ {:::::::::::\            /  {:ノ^′  .────────────────────────
─  ..}/ニニニニ∧  }::::::::::/ ー            \   ─────────────────────────
─  /}ニニニニニ∧ノ::::ィ:/' ィ^ }      ィー 、  ,/    ─────────────────────────
   {r‐==ァニニニ{^´r'/   八     く    /イ  ___, ァノ}  ______________________
 ̄ ̄  ../ニニニニ}.         \     ー f^ /-‐      ,ノ  .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_   <ニニニニニニ}_  {      __   _/       ≦.,   .______________________
──   マニニニニニ} \     / マニニニム         \  ....─────────────────────
  i   fT㍉ニニニニノ   \ -‐ ´ヽ }ニニニニ}       < ̄`__ __     【そして必死な顔してトイレへダッシュさ】
  人  ,ハ \ニニニ7  -‐      } }ニニニニ7        rー`:::::::-‐ュr=ミ::..   ________________
/::::::}./ }  ー‐//        }  ー‐ァ'          {:-=ニ--<ヘ::\ \\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5350 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:45:15 ID:rqGZp0Ao0



         /:./:...............:.:/:.∧:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.\‘;.:.:.:.:.:.:.:.......
          /; ';.....:.:.:.:.:.:.:./:./ ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘.\:.:.:.:.:.:.:.:‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.          // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:/   ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         i/  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   U ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,  ‘;.:.:‘;!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{\    ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    }:.:Ν_:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:
、       ;.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  ≧z __ \:.:.:.:.:.:.:.:._|__ 斗:.ハ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.i
 ` 、    jレ  ';.:.:‘;.:.:.:.:.:レ乍 ⌒ヽ  }:::::.:.:.:.:.:.F ^ミ/ j:.:.:.:.:.:.:.:.://};′         【投げよう】
    ヽ  / ∨ノ:.:.:‘;.:.:.://  (_)   i::::ハ:::.:.:.; (__) ^Xト、:.:.:.:.:.:.//{ リ
     ,、/   Y:::::::.:‘;.:.:ー:. -== ''  /ィ {‘;:./rー- __ ハj}}:.:.:.:.:':::::::v.        ―― 投げよう ――
.     /     |「^}\‘;.:.:.:{          j/    ̄ 7:.:.:./:::::::{\{
.           ⅱ り\ 、:{\                 厶ィ7:/}:::{  ー
          ⅱー  7ハ\             U ィ厂/\{_
----  _     j レ 1〃 \  、          ,  /] 「     ̄     イ
      \   /  /==-   ト     ̄ ̄ ̄   ̄ ./  }{        / /
       /:\    /ニニム/ \;\         イ{   }_{       / /-‐…
.    /:::::::::::::\ ̄ ̄\\}   \;\    /  /           / /
5351 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:45:39 ID:rqGZp0Ao0



                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5352 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:46:01 ID:rqGZp0Ao0



― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5353 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:48:40 ID:rqGZp0Ao0



           .o
          .ol lo
          .l l l l
          .l l l l                             l .l    !  i!
          _.l l l l_   _,.. -ー、¨¨´ ̄`ヽ、               .l ',  .l  ll             _ ._
         |`ー一'´|/, -ー- 、 } d    !   .`     '     ..i  ',  ヽ. i       __≧ュ}ヾヽヽェュ,_.ィ ̄三ニ=-
         |    |ニニニニニニニlヘ   bノ、   ....、   ノヾ     '  .ヽ.   ∨!.       `≧ィ´     {   ソヘヘ!
         !    |_ニニニニニ\Vl!lVシヽヽ.   ..)ヽ/  ヽ、ノ|ノ´.     ヽ. i ' ,     .ィ’  .,、    /.`・、 ヽ.
         |`ー一'´|/ニニニニニニニニVニニニニ/  .....`r      r'   \   `'・, i    i´ノ     .キ人_,/    ``ーヽ
         ヽ    jニニニニニニニニニニニニニ,.'    ....)     (     .ヽ.   i .l  ,.ィ'》,'、  /´  )  て
          〉  ノニニニニニニニニニニニニ,.'     ., '´⌒`Y´⌒` 、      ヽ、. ',i  iェr’ `ヾヽ'   /´⌒Y,.
          j /ニニニニ, ‐'´ `ヽ、 /         .,     ..ヽ.      ∨.ヘ.,ィ’    ノ         \
          l /ニニニ,r'゙  == ノ/ {                'i, ヽ._,.ィ’ ̄ノ、__,.>'´Y`ヽi_
          ノニニニl ==== j  .}           _,.,-‐ '". _,.>‐-<.  ∨  i!   !ハ
        /ニニニニl  ≠=ハハハ-、,  }           ヽ.`'・.、ィ´  _ <’ヘ  ' ,   i  ,'  ',
      ,r'゙´⌒ヽ `ー、`ー≠‐ヽ      j             .ィ’ /      .', ヘ.  ゝ、i ,'  リ
      l    ヽ ヘ 〉  }´" `ー一'´ ̄          ._,.,'’.ェェイ    i   i  ,r=ュ、 人’__ ,'
      l     ヽ=ニニニ=)                   ̄' ,  ./ i,    ,'.    ∨ハ.  i ノil´  i/
      `丶、   l     ヽ                    ノ. .,'  `ヽ. i     ’ヘ.`,彳 , .ヾ.ィ’
         V ̄ ̄i     'i                  ィ'_  .}     ∧!.      i!>、ヽ、 ,ィ’
          |   i     ハ               .'´ }  } ゝ、   .',!     リノ  ` ´_ ,. _
          ゝ  ヽ     ハ              /,.ィ'’}  ヽ,r'´ i、       i-‐ ''.¨    ヽ
           j   !   `   ハ             ´   i`丶、i、,ィ'’ .ヘ.  , ' .i         i
          ノ    }ヽ  .\ ,,_人、ノヽ            .,'ヘ.ミ,r' て.)人i    i}     i   イi
         (___/  `  .)ヽ    (           ./   `>-,ァア人i !  .i. , '  ', .イ.リ
                    - <       >        ., '    `'´    i, !   !_,.1   リ  /
                       )     て      /    ゙ヾ、      !   .l /i ._   ィ/
                      /^⌒`Y´^\     ,r'’       ゙ヽ. _,.ィ1 ヘ .i/ !三三il/

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

順番待ちに加えて立ち話で思いのほか時間を食った。チンクがニッセキ病院の外へと足を踏み出した頃にはもう

正午に近く、その間ずっと待ちぼうけだった一人と一匹(二機)は退屈を噛み殺しているだろうと思われる。


早く合流すべく視界に周辺地図とマーカーを表示すると、入院患者や見舞い客が気晴らしに使う為の隣接公園で

待機したままチンクの接近に向かって来ない。待ちの姿勢でいる様子に、『なんでかね?』と小首を傾げた。


マスク・ド・ライダーショー。物珍しい大道芸に夢中だったらしい。着ぐるみスーツを着込んだヒーローと悪役による

ド派手なアクションが、通りすがりのファミリーや大きなお友達の視線と心をガッチリハートキャッチしていた。
5354 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:51:20 ID:rqGZp0Ao0



            . ´-=ニニ=--=ニニ=--=`丶      いい大人ってのは子供に夢を見せてやらなきゃな。
        /-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--.\
        /-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ\             \ ,,, .゙'、゙''ー ..ゝ;;`''ー- ..,,,,,__、
          l-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--\           `-,`'''''~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄~゙"'''ー 、
        〉-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=                 ゙>;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;,、;;;;;;;_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
   ト、   f´ニ `、-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=/              / ;;;;;;./ ;;;;;;;;、!;;;;;/..l;、;;.lヽ.;;;;,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   i;';'丶-イi |(∩/\-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=--=./             ./;;;;;;,、/;;;;;;;;;./ .!;;;/  ゙'-l__,,゙' ll'ぃ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l
   `、;';';';';'、 {し/;';';'i \-=ニニ=--=ニニ=--=ニニ=/           l;;;;;;/ l゙;;;;;;;;;/ | l;;}.‐"/刃ニフ''' ゙i|'ぃ;;;;;;;;;;;;;;.l
  ト _ゝ;';';';ゝ_/;'从 l  \-=ニ三三三三三三ニ\              !;;;;/ !;;;;;;;.!l;:;;;;;.!゙!] ゛ . ̄ : ::::    !;;;;/ ̄ヽ.!
  ≧;';';';';';';'_ノル'  `、 ヒソ\-=ニ三三三三三ニ=-\            l;;,!  .!;;;;;.!.! ;:;; ! !.ヽ     ::::   l;;;;,!'{ .l゙`}.!
--イ  ̄/ ̄::::ヘ        --イ\-=ニ三三三三三ニ=-\          ヽ   ヽ;;;| l .〈、...          !;;;/././ / .!
    /::::::::, イ           ,` -‐-‐ ┬ 一   ´             ヘ〉.ヽ ,,,,..、-,-,-ァ-‐^  ./ l/ . ../;;;;;;.!
    /::::::::l. . . ト   ヾト二辷ーr-ィ-ー'   ト                       ヽ ゙'''''''""´..-     / / ゙L;;;;;;;;;;;;ヽ
   /::::::::::| . . ヘ \   ヾ. {__{__{__{__}/  イ::\ ヽ、                        l `‐‐""´      / リ;;;'i;;;;;;;;.lヽ
   /::::::::::::i . . . .ヘ \         ィ . . |::::::::\ `ヽ                 |        ,..-'´;;: _,,,.... ニ―一'''''" ̄!
  /::::::::::::::i. . . . . ヘ        イ . . . . . . i::::::::::::::\                     ヽ,____,,,..-'´ : ;.ノ゙ヽ       _ /
  /::::::::::::::::i. . . . . . . .\    ̄   l . . . . . . i::::::::::::::::::                    _..l:::::::::    /  .,!     .../    _
                                             ,, -'''"゙゙゙゙´ |       !  ..l    /  . /
                                            / 、     l      |  ./ ヽ  ."  ,/
  その為にゃ、夢を忘れない大人でなくちゃあなぁ。              /   ヽ    l   .,‐  │''_..-'゙ヽ  . /
                                         ./  _..;;/"    / ./ ̄^゙'''彡'",/゛.,.ヽ./
       【いい年こいたオッサンの建前】              ,/ _/゛ .,゙ツ- 、 /  ./  _ / .,/ . /    ゝ¬

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

公演が一通り済んでマスクを脱いだヒーローと悪役が、ヤリ遂げた男のイイ笑顔でもって観客と握手会を始めた。

“ゲッターチーム”の神隼人と巴武蔵。三名一機で構成される、弁務官が招致した一級スカヴェンジャーチームの

構成員二名である。こんなところでなにしとんねん、と握手会に並んだセインの隣でついぶっちゃけてしまった。


「先日ちょっとツテで映像記録のコンプリートBOXが手に入ってな。マラソンしきったら、我慢できなくなっていた」

「勧善懲悪のわかりやすいヒーローショーは子供が喜ぶだろ。時間もあったし隼人が珍しく誘うから乗ったのさ」


原因は2ch’sと遺跡で見つけてきたブツだった。―― お、おう。チンクは困惑がちに握手と挨拶を返して呻いた。
5355 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:54:28 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                  -―-                                        、__〕iト..,,_ハ
                  ,  ´          ` 、                              _彡:'"i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i乂
            /  ,              ヽ                                アi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
              //  、                                      ィ(i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:r‐┐i:i:i:i:
          /   l.  i  \           ∨                          >i:i:i:i:iハ从ハ{ 斗i:i:i:i:
            /   r‐| i !、   ≧=一      ∨                             ゞi:ri{ tヶ   tヶ}iイ'}i:
.           /  i !: j/j/ /\   厶斗―、   i∨                              八'    ,    ノ"
          /     l: ̄¨: : :‐-:\´: :,. - 、ヽ\.`ヽ{ ∨                          ノィ.、 ___  人r)
.         / ,    j/ : :,. - 、: : : イ∨/,i }ー i                               〉{\_/ } }、
        / /    厶イ∨/,i : : : : : :匁ツ : i        \                           __ ィ(_{ ヽ   r'  }
.       / ,       /∧: 匁ツ. : : : : : : : : : : :ハ  i   :   \                     __ -ニニニニ{/)∧  }〉\}
      / /      /ィ/人 : : : : : : ' : : : : : : イ、j /  i  、   ヽ                /ニニニニニニニ{  '∧_/'
     , ハ     /' /  ≫ : :`: :―:': / .!  | ;    |  \                     {ニニニニニニニ{ 八i:i:i八
      i./  i   /    f「  >  ≪ : : j.  l i    j 、   ヽ                 ニニニニニニニニ{  }i:{
      {   !   /   /}:{     {ヘ: : : : : :} / '   /  \                 ;ニニニニニニニニ{  {:i:i:}
     ヽ   ヽ i/ / 八. }:{    {: : : :_ / , i          }、                  ノニニニニニニニニ{:\{i:i:i:} /
         ,   ' /   , }:{     '.¨ ̄ ̄' i ハ.  {     〉
           i /    / .}:{    '.      j/   \{    rx
           人f' 人 {   }:{      /      }:{ ≧=‐彡!        【今日は大仕事明けのリフレッシュ買出し】
                 `ヽ  }:{    ∨       }:{ ∧: : : :!
                 └―━≦fニ≧━―┘  ∧ : : '.             ―― 人、それをデートと云う ――
                 x≦≪イ/'¨}\≧=ァ     ∧: :│
                 `Y/ 〈.  } |`¨¨       ヽ: |
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

一級ともなれば暇と金と装備と能力と肩書きを持て余すような連中である。彼等を名指しで呼びつける仕事なんぞ

ホイホイあるもんじゃなし、また用件あろうと依頼料というハードルがクッソ高くいので気安く頼ることもできない。

                      シミュレーションゲーム
最上級・少人数のゲッターチームは  S  L  G  に例えればゲームクリアにリーチがかかっている状態だ。

いつでも終了できるが何時どう引退するかは彼等の気分次第。余暇で趣味に全力疾走するのもやんぬるかな。


逆例として死神だか冥神と呼ばれたマダオが燃え尽き症候群しているように、人を動かす原動力とは心であり、

それを如何な形やベクトルで維持するかは長い坂を登り切った者達に待ち受ける贅沢な悩みなのだろう。
5356 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 19:57:22 ID:rqGZp0Ao0



                     ̄ ̄ ̄`          なるほど。戯けていようと遊んでいようと
               /           ` 、
              / /          \   ヽ.     人々に認められる“一級”の人物、か。
              ′/ / / / ,ィ      ヽ   ',
             i /-メ、/ / / | | |     }    i                          __ _
             | iイ |i从ミハ/ .l .| ! | |    '   |                        ,-< , - 、, -、- 、_`ヽ
             | | .|:::::::::} 十ェ‐ト ! |   ′   !             人       ./: :/: : :, : : : : : : :ヾ\\
             | Ⅳー ´  下ミxl`ト  /    !             `Y´   ../ : : : ; : , :!: : : :, : :、: :`ヾ!: :ヽ
             |.圦 、    ゞ少ム′ ./       |                    /:ィ :/ : /!/:,ィ : :イ/!: : :ヽ: : :\ :|
             | .iヘ `ー     /  /     ∧                 /'´ i:/: :ィ'|\: !: : :|:i `X´: !: : :ト、!|
             | .|¨ゝ.___ ィ/  /}       ヘ                  |i!: ハ三三ノ'ヽ{`三三 |: ,: |: : :!
             / / 7トー――‐.|/  //       ヽ ヽ                    !| /イ         /:/:/: : : |
            / / 〃~ヾi.:.:.:.://  /ー'、     | { ヾ.、\                 レ'八/:〉‘r-'-r' <:>'イ/: : : ! :!
          r/ / / ゝ= ".:/ヾ/  /   \   {  ヽ .ヽ\ \                     ,> _ゝ-_' ィイ´ : :/:/ヽ{
         / {  i /.://.:.:.:/ //  /   /ヽ  ヽ  ヽ ヽ \ \             /ィ: : : 「ニ=-ニ/ : : :/'´
        ./《 | | .l'`'∠-‐//´ .′./  /   >、  ヽ  ヽ ヽ  \ \           /´!: :/´【 】/: : /`ヽ.
       / {ヾiル'.i 「 ̄.:/"   | / /    //ヽ  ハ  ヽ ヽ   \ ヽ
       {  } ヾ'.:.| |.:.:./    | /   _//  ∧  ト,  ヾ ヽ    ヽ.i           ハハンホホン?
        ゝ{! /.:.:.| |.:.:i       !'_.ィ≠ァ<´     ∧ | i  ハヽ ',     }!
        /i! /.:.:.//.:.:l_ ィ≠> ´  /   \    .∧.| |  | } |    .|
        〈:::V.:.:.:.} }.:.:.|┬ ´     /\   _,> ´   }| |  | | |     !
        /V/.:.:.:l l.:.:.:.|::|   _,r‐┘  > ´      / | !  ! | !

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

まだ歩みだしたばかりのチンクにとって想像もつかない遥か先のこと。思い馳せたところで何が見えるものでなし。

けれど、いつか“こう成ろう”という理想の姿という絵が、今は少しばかり周囲に寄り添う人達の姿を描き足されて

広がり始めている。道半ばで倒れるかもしれないが……いつか理想の頂へと辿り着きたいものだ。


似つかわしくない遠い目をするチンクの顔をセインが覗き込んで興味深そうに微笑む。おかしな表情をしていたか

問うと「なんか前に話したときと比べて年相応な感じがして」との返事。アップデードの影響か。トーレの真似でなく

チンクとしての素の人間性の発露、人形めいた硬さが解けた柔らかい顔つきには以前との違いが顕れていた。
5357 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:01:34 ID:rqGZp0Ao0



                    >===ミ、__        (
              '´         .~''        )           雌顔ってゆーの? こんな感じのエロス。
           /               \     (
             ,'  ,/  ,          \     )                     ____
             ,' ./   /            ,∨  (                       , 'へ/\ー‐、__  、
.           { ,/  ../z// /_イ`ヽ|丶  ヾ   ,  )                  _/⌒         ⌒V、
             {ィ   .7イ77/ i,'   l .|   .i   |   (                    ′     /          Vハ
          〔{   ./三≧ュ、|:  .ハ |  ./   |   )               /  | '  |   / |      V ,
           / |  ./三三三リ|  ア`ト、| . /   /  (                  '  l |__|_|   { _ L,,,...L   寸、
           / . | 小三三アノィ .ィzzx ./   /    )             |   ', :|V \|、  {\|\{ハ   }7⌒
.          { ,イハ_ 从`¨¨´     ヒソノ/  /    (                |   Vイ笊ぅ }   { イ笊r}レ'|    },'
       /   l ヘ. :.:.:.:  '  :.:.:.:,イ ,/       )               ∧ V  ト' Vrり 'へ { Vrり '   }'
      ./ヽ   ',  .|ゝ、` ‐_  イ _.ノ       (             ∧ lV 八_   ,: `    '  / ハ
.        {   ヘ.  ',  ',_`7/ /´  ヽ       )                 ` }\「、   ___   / /レ’ }
.        ',   ヘ  ヘ ',:::.: /  /ィ'⌒ヽ  ∨     (                7 j人  V ノ  7´    |v
.         ',       } }'::/  ./     ヽ |     )               ,     }ト _ ,.イ/    / '
        } l:..    ヾ}/ ,/        }    (                    | |、    } f^,  r‐/    / /
         ,ヾ.{      ,'/          . 〉     .)                  八|ハ   }ハ ', / 7  /レ' -=ミ
                                /                 , '" 、  八r'芥メ,| ,イ        寸 /
      ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒ヽ、_ノ⌒~                /    」ハ/ </ V Vハ{         ∨
                                              '        ∧            } /
           .___  て                                   }         /,'∧           V
      ..,ィ´   `ヽ そ 人,_从人_人_人,_从,人/                  /         //l|,'∧           ',
      ..i.i 'ル ハ从.リ  ウソダドンドコドーン!!?  (                 /         //,'l|//∧           }
       川●△゚,ル| ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ                .>- ..,,    ///∥//,∧  ,,.. -=ニニニニ}

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「そっかー。ちょっとは年相応に見えたかなー」なんて内心ちょっと浮かれるチンクに、しかしセインは肯定しつつも

「ロリ顔ロリ体系そのままで表情だけ大人っぽくなるとアンバランスで、そこはかとなくエロいね!」と言い放った。


え、エロい? どういう意味かな?! 意味はよくワカらんが大人の男らしいセンシティブが漂っていたなら、いい。

しかし女性的な意味合いで性的なアトモスフィアが醸し出されていたと云うなら黙ってはいられない。いるものか。

いいか。私は、男だ。立派な男の、大人になるのだ。それを暴言で貶めるなら自ら招いた身内だとて……!(おこ


逃げるセインと追うチンクの姿は、自動人形と全身義体なんて誰も思わない、健やかで自然な子供の姿だった。
5358 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:04:23 ID:rqGZp0Ao0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  人が多いから気をつけるようにな。さぁ、行くぞ  |
  乂_____________________ノ
: \                                       /              , へ nn
: : : 丶----- 、             __ /`Y´ }_             , <              く ヽ' /_UU
::::::::::::::::: : : : : : :ヽ-‐ 、__,  ヘ _,> >〃  `丶、      _ <                ./ x X >
--‐=ニ"´: : : : :/: : : : : : : : : : :../  rく |     \/^\'´ ̄`               (_ //  <
: : : : :::::::::: : :::/ ::::::::::::::::::::::::::::: /    ∟、|       ヽ\ \                   (_ /.〉 〉n f L
:::::::::::::::::::: : :/::::::::::::::::::::::::::, -、,'   /ーr'八           ヽ  /                     γ´ど Lr1わノ __
:::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::/. .::/ ´} /ハ ゝ-、\    /   /   /       >            .ー一   サ´ `つノ
:::::::::::::::::::::、::',::::::::::::::::::::::/  /〈_,ノイ/ ∧ V! 〉ノ`二T”    l /    >  ´
 ̄` ー-、:::ヾ\::::::::::::::/  /      ハ i:|ヽ/::::::::>、   / / > ´ \人_人,_从人_人_人,_从,人_人_人,_从,人_人从,/
      \:::\::::::::::/  /        | i! j:| |:::\:/  `! ∠_/´      .)  ふぇ?! なんで手ぇ握るの!!?  (
           ̄`Y⌒ヽ, -‐-、∠、 ノノ./ |::::::::i\  |/          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Yヘ
          ヽ-イ  ( /'⌒!,∠´__/:\ノ /-‐'
            ` ーr'´  /イ ノ::::::\::/ >‐'
                  ` ーく _/-=ニ二ノ ̄
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   男女が連立って歩くときは手を繋ぐなり腕を組むなりするのだろ?   |
  乂_____________________________ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

二人がキャッキャウフフして単車に戻り、2ケツして向かったのは地域最大のマーケットスペースJUNESだった。

「昨日も来たろうに他に行くところはないのですか?」とゼロがどこぞの軍師めいて曰く。ないんだなぁ、それが。


チンクが市街にきて10日ほど。更に半ば以上が遺跡や遠征に使っている。まだ塒である烏宿とその近辺すら

ロクに見回っておらず、中央区など庁舎と軍オフィスに顔を出したぐらいで他へ足を踏み入れてやいない始末。

彼がJUNESの他に案内できる場所なんて他は近場にある愉快な凸凹ブラザーズの車工場かモルグぐらいだ。


今回はセインの身の回り品を揃える事を目的とした買い物を、ウーノ姉によるレッスンを参考にして行った。
5359 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:10:34 ID:rqGZp0Ao0



                       /}¨ニ=-  _
                       / |     ¨ニ=-  _
                   /     |       _  ニ=- l|]ニ=-  _
                     /      」  ニ=- ¨   ||   |||     l  ¨ニ=-  _                _ _
          l    /_]  ニ=- ¨          ||   |||     |     |    l¨ニ=-  _        | | |
      _ .  -‐}‐- [|  ||             _  |「=ニ|||=-   |     |    |    |   ¨ニ=-  _| | |
  ¨ ̄        |    ||  ||      _  -=ニ  ¨   ||   |||     |     |    |    |   |   |   l ¨ニ=-  _
          |    ||=‐||-=ニr_‐¬冖ニ〔}      ||   |||    _|___|__|_  |   |   |   |   |  |  |
  ―‐---     」 __||  || = |「 : : l/|: : :|        ||   ||| /´-―‐.ァ/ -‐,.===ァァュ  |   |   |  |  |‐
  圭℡rョ           ||  || - ||: : : l/|: : :|     _  ||   |||//  //// 〃    ///´||      |   |  |  |
  圭圭}l℡ _∠7エヽ_ ||  || |[Τ||: : : l/|: : :|  晶品嵒晶t℡| {__/_{ | L[f―――‐' {]―|l_____ |  |  |
  圭}圭圭‘=“0-0┘||_||_|_|||;_;_;_l/|;_;_;L晶晶品嵒亟亟lェェ―_‐ェェ|ュ |ュ  ̄ r=ュ Γ二l|_____||_|[]⊥
  “““¨¨´                       `¨¨¨¨““““““ f==========ョ{zzzzzュェュ┴7ffT]三三7ffT{
                                     ` ̄V::}:リ ̄V::{iリV::}:7 ̄V::{i:ノ ̄ ̄V::{i:ノ
                                       `¨´   `¨´ `¨´  `¨´     `¨´

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

前回の買出しで不足していそうな品を調達して宅配を頼み、街案内ついでに件の自動車整備工場へ足を向ける。


『市内での買物や遺跡発掘品の持ち帰りの為に自前で車両を用意する必要はない』とか前の来訪時に花村から

忠言をもらったが……今やセインとゼロという手勢を連れていく実質3.5人分の身上なのだ。乗り合い輸送車の

スペースを圧迫するのは宜しくない。あとモルグやグレイブヤードで出物を見つけた際にも困るだろう。


不幸中の幸いにして義体修理費が思うほど嵩まずに済み、次回分をプールしてもまだ幾らかゆとりがある。

面白可笑しい凸凹ブラザーズの(デカい図体の癖に声が)可愛い方に相談してみるのも悪くなかろうて。
5360 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:16:46 ID:rqGZp0Ao0



                    ̄ ̄
         /                  \           /\
.         /      : : : : : : : : : : : : : : : . 、 \       ./  /
        /        : : : : : : : :___: : : : : : ー. ヽ、     .\/ />
          . : : : :      : : :/.:.:.:.:.:.:.\ _: : : : . }        </
.      /   . : : : : /      ,/.:/.:/.: .: /..:ヽ:. :. :.` ー         ┌─┐
   /    . : : : :/      ,/ .: /.:/.: .: /.: .: :}:. :.ヽ:. \ヽ       .└─┘
  /  .:/ . : : : :        /.: .: :/.:/.: .: /.: .: .: }:. :. :. \:. `
. 〈  . : ! : : : : :〈     /.: .:-.:―‐-.: :/.: .: .: :/}:. :. :. :.}!`` }
  V.: : : i : : : : : :   /.: |.: .: .:/ i .: :/ !.: .: .:/-}-:. :. :..}!  |.       おや? こんな昼食事時に来客だなんて珍しい。
.   V.: : | : : : : :i ,/i.: .: :|;ィ笊芳ミk/ |.: .: /  }.: .: .: ∧   !
    ヽ:..| : : : : : {.:/!:. :. |l圦!/u/i    !.: :/,ィ芹ミ.: .:/ }i /.     こんにちわ。ゾーネンキント車両整備にようこそ。
.     `! : : : : } i:{f|:.. :..|:.:{ ヾ シ   |/ iu/ノ }.: /! / /
      | : : : /  |ヽ!:. :. !:..|          ヾ' /.:/.:i / イ
     i : : :    V;|:. :. |:..|         /   /.:/.: :|{  ヽ.      当工場は只今、昼の休業中ですが急ぎの用なら
     | : . .     ヽ :. :.!:..}i>.、   ―    イ.:∧/    }
     }: : : : .       ̄ \ }i>.、   ,.ィi{|:|.:/    ,/       お話を伺います。冷やかし目的なら御勝手に。
     ``< : : : : : : . .     \ ノiぅf{//,:/. .,:ィ"´
         ` <: : : : : : : : : : :ヽi:{N/,:/. : :/
          ,.ィ二ニ≧s。.,. . . . V>zi{. . . ./{
          , ィ゙ .: : :``<ニ=-_\. . .Vニ{. . ./. {
        / . : : : : : : : : : : ` <=-ヽ. .Vi{. ./: : :\

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

休憩時なのか今は作業音がしない自動車整備工場のガレージを覗くと、修理中であろう2台の車両が並んでおり、

奥にゴツゴツしいエンジニアスーツが架かっていた。もしや留守なのか。だとしたら幾ら治安が良い地区と云えど

開け放しなのは大変な無用心だ。代わりに留守番するか? などと思いあぐねた所で誰何の声がふりかかった。


工場の中に設えられた事務所から出てきた小さな人影は「チンクさんか。おひさしぶり? 今日はどうしたの」と

知った顔を相手にする様子で歩み出る。チンク程ではないが小柄で少女めいた風貌をした……え、ヨハンか?


凸凹ブラザーズの可愛い方は正体もカワイイヤッター(ご近所レビュー)だったようだ。ワリと衝撃的であるなぁ。
5361 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:21:12 ID:rqGZp0Ao0



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   立ち話もなんだし今日は可愛いお連れさんがいるし   |
  乂_______________________ノ

                                               __
    .___                                      ./;;;;;;;;;;;;;;`"'<
   ./;;;;;;;;;;;;;;\                                   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`"'<
  イ、、、;;;;;;;;;;シ、;;∨                         _______/;;;;;/;;;`"'<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
,イ;;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,〈ヽ;;;〉──────i    ┌──────、  ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ.{;;;;;;;;;;;;;;/´`"'<;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;∨}i________.|    .ヽヽ:.:.:.:.:.≦ニニ≧ ヽ,.}i───────`'<;;;{;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
;;;;─<;;;;;;ノ。;;;;;∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;}i .    |ヽヽ:.:.:.:.`"""´:.:.:.:.:.:.:ヽ,;;;;;;,。=============`'<;;;;;;;;;;{;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;ヽi{;;;;;}i;;;;;;;ゝ───────┐ ....|:::i.、ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ,`ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`''<;;;;;;
ゝ、;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;}_______   ,. 、, '´`!  /´゙>.---、   _____ヽ;;;;;;ヽ,。================`''
;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. .,.-、   /  /  /   l/  _フ. .──‐iiェェ‐┘\;;{;;`ヽ,;;;;;;;;;;,ィ==========
;;;;;;;;;;;;;ヽ,;;;;;;;;;;}i;;;;;;;;;;;;;;;. ./  }_,.-‐'― '―‐'―‐''´  /´. .:::::::\  ii:::::|ヽ;;;;;;;;;ゞ、;;;;;;;`ヽ,ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         ,. -――‐ケ ´            ノ
        /     /              /   ....γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ノ                    /     .|   話はあっちの椅子に掛けてするとしよう   |
                                   乂__________________ノ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

そも凸凹兄弟と言っても近しい血縁。兄が豆ならそりゃ弟のタッパだって、そう大差ないわな。(※そんなことはない


あの大きな鎧に対して、この小動物めいた中身。フィッティングアジャスト機能の限度を突破しとりゃせんだろうか。

某エヒメの中二病が12歳でデビューを飾れたのだし、ミニマム少女みたいな風貌でも年齢相応な背丈のヨハンが

着込めない道理はなかろうて。……もちろん頑張ればチンクだって着用できる。するメリットほっとんど無いけれど。


「流石にスクーター壊したとかじゃないよね。そう簡単にダメになる代物じゃなし。ご用件を戴きましょう、お客様」


ヨハンは兄のポンコツ豆と違って商売のできる豆である。応対用に据えたテーブルへとセイン共々に促された。
5362 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:26:24 ID:rqGZp0Ao0



            ´          \
        ./   /      `ヽ   ヘ
        /   /         ハ   ハ
       /    !       ヽ.  |   i            色々ゴタゴタしたものの仕事自体は順調でな。
       .l    | | ./ ハ  ト  ト.  !   l
       .l    | | ハ {/ハ 「ヾ 「トゞ!   .!
       .|    ! レ:::ヘ.{' ,リ,r=ミ, l   .i!            まとまった金が入って、見ての通り連れ行きも
       .|     |ト、{:::::::::〉  辷zリ}イ   .!l
       i!     トゝ:::::::ン .    l l    l .l          増えたんだが、こうなると全員で移動のできる、
       l !    圦`¨´ 、_ _,  ,イ1    l l
      .! .l   .!  >..    ,.イ `.|    ! ハ         ついでに装備や荷物も積める足を考えている。
      l  !.   |/   }`iニi´ニ!   !   l、 .ヘ
      .ハ .ハ   |__   /`ヽ_/ h   !   .|zヾュヘ
     / /」  lヘヽ l`___」 /l    !ヽ、. ヘ         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     / ム'. }   } i::i l//ー― ヘ.l //l   |'⌒〉  ヘ.         |  積載が第一の条件ってことだね  |
    /  <´ l .リ  ii.Kヽ、__, ィK< ヽ. |  .〉  .ヘ          乂_______________ノ
    /   「 l / ./,イヽ、ー-‐,´ィl\\ ハ !  ゝ   .ヘ
   /   / ./ /.// l __ヽェ' _」 `.>:>l !  ヘ   ハ
  ./ __∠.././_<::<_,<::::::::::::::::Y:::::::::ヾ.<:/ ヘ.l__ヘ   ハ
  /  r,´::::/./, ィ´    `ヽ::::::::::ヽー┴-ヽ三ヾ-‐トヘ   ハ
 ,'  </从{          }:::::::::::::}       `ヽl_ム' l  }
. {   Y´          {::::::::::::リ          l   }  リ
 !   {        __ ┬´  ̄     ___.」  .,イ /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

チンクはスカヴェンジャーとしては駆け出しで、社会に出た個人としての経験値も同等である。やたら物騒すぎる

世間知らずは、集落で過ごした短い教育期間から『ワカランことは知識と経験と信用を伴う者に訊け」を訓として

てらいなく教えてくださいと頭を下げ相談を持ちかけた。教えを乞うことも頭を下げることも彼にとって恥ではない。


小首を傾げて顎に人差し指を乗せ「うーん、そうだねぇ」と思案すること数秒、ヨハンは戸口を指して起立する。


「高い買物だし今すぐモノが必要なワケでもなし。だったら現物と値段を幾つか見て一先ず検討してみれば?」


駐機場への勝手口を開けて歩き出した背中をチンクが追いかけ、セイン達は邪魔になないよう二人を見送った。
5363 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:26:58 ID:rqGZp0Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5364 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:31:42 ID:rqGZp0Ao0



                                                   ィ
__      { ̄ ̄>''"\                                 //
、 ∠     >''",.. <\\                              / ./
.\  > '二,. <    L__\\ /^! .,                        /  ./  -‐  二 ̄
:.\\< }}>-、 廴_____廴_廴__l_ `  、                 /   /-==ニ二 ̄≧===
:.\\\ /,イ\\     { ̄ >'"〕   廴  ` 、     } ̄ ̄ ̄二ニ=-<   .イ   . 'イ>、. \\
.:\\\\/.{_.>、\   >''" ノ〉'    「 ̄}厂 ̄}/〉__r―ヘ'\/〉二.イ ̄ ̄ `T⌒L_/// /〉〉 ̄ ̄
:.\\\\\ / /\>''" ,. <//     l_{    //廴〕、 、\〈 ィ7    _辷'二二.. ==-‐''二__./
:.\\\\\\  . , <  ̄ ̄>、    .从/  ./イ {!⌒ヾ=-≦ヾ\二Z二Zニ=-==='⌒! ̄ ̄´    ./
:.\\\\\.   /        \  //厶イ/}_}_廴,、__,..㌻. イ\\ー---<〉7    .〉  ̄`¨7 ̄/
:.\\\\   ./            \   / -Ll二ニ=-イ 〉廴___\\-‐'´//`ー-/__/ r/
::\\\\    ′            ヽ      .,、   〕、 .L//⌒}   > >__//__f<__/_/j
:.\\\\   |              }  r 、 / `'<  〉// __`ク_/ .//   /..:.:/_ノ }L 廴_
:.\\\\   |             ノ  」 〈   ._\//'Y  >--=ミ//  ./.......:/ __厶''"´ ̄
.:\\\  /¨≧s。.     .。s≦ ̄>、_  --く`ー'   〈/L之 ∠  -―     ´ ̄_     -―
:.\   , <ヽ    `¨¨¨¨´     。s≦`ヽ         .r―==¬冖ニ二     ̄
.:\  . /             > ´     ヘ     ../     ,ル'´
    /                      }、
  ,ィ           --─ '' ´        >、         さて、ざっと車種を紹介するけど ――
.  { 、   \                     , -、/
   ヽ!\   ヽ              /   /: : |
   .| : : ヽ                /  ./: : : : ヘ.           いちおう足元と周りに気をつけてね。
    .!: : : :/ヽ       __..> ´> ´!: : : : : : :ム
   /: : : /  ` <_____.。s≦ マ ム: : : : : : : :ヽ       てきとうに積んだジャンク部品の壁が
.  /: : : /      }: : : : : : : : : : : {   マ ム: : : : : : : : ム
 /: : : /      i }.:: : : : : : : : : : :',    ', ヘ: : : : : : : : ム.     急に崩れてくるかもしれないから。
./.:: : :,'         }ノ: : : : : : : : : : : : マ   }  ',: : : : : : : : :ム
5365 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:34:04 ID:rqGZp0Ao0



                                              _____
      _   -=ニ     「 ̄¨   ‐-  _                 /´ ̄r亠┐ ̄ ̄ヾ、 r‐ 、
-=ニ   _  -=ニ    ̄「 ̄¨¨    ‐- \                 //    ̄    // ////ヽ,       /
-=ニ   j{       |               丶       _   - ≦`≧=‐-=ニ二 __//_(  ̄)__圦 、_, /
 j{     j{         l    ___       丶.  . ´         _           l   `"  ━・ヽ `ー-/
     _     --‐r¬ニ/´       ̄¨¨  ‐- 、   ο     f´   Y    _ _     |           l    __ ヽ
 ̄ ―¬ j{ j{   _」__ | |                  ’,- 、.  7   _`…"   , ',,;;;;;,, ' ,  |              /;;;;;;;;`, i
     j{ j{ j{    |王l| | |                 ‘,┤  / ( ノ     //;;;;VY;;il;;;' |          ‐―  ,';;≧Y;;;}.!
    j{ j{ j{     |王i|| l ===== 、  ====、 ‘{  .. ̄|       {;;;゙≧以≦;;;}┴‐ … ''  ¨   _i;'';;;;,,,,;'リ」
――┘j{└― ┌`ーヲ ′、` ー―――‐`=-------`=丶   ̄=..‐...-..-┘;;;;〃iゞ゙彡'--―== ¨:.. ̄ ̄..  人;ゝ;;;ノ
     |       `¨ ´ ̄ ̄! ̄ ̄-‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄‐ヘ  :::::::::::::::::::::::::::::¨'''':::'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ⌒)| =ァ         |         { {{{{{{{{{{{{ _ }}}}}}}}}  |
     |           |  l  _      Y´Vヽ  , -、
     l               |   l 〃`ヽ     {∨∨}  {   }                      ソフトスキン
     | ̄ ―-、       |    乂_.ノ     ` ー '   _ー |.      まずアッチ。民生用で非装甲の車種ばかり。
    ! }::::: -‐∨    | __-                rュ
ニ=- ⊥」::/:: -、:::∨  [コ | {__」     _   _ -=≦ヽ      町乗りで使うなら快適な乗り心地を保障する。
 ̄  冖¬{:〃´ム:::∨‐-  」,.-‐  ¨¨ ̄   「 ̄ |_ -‐ '
        {:{{  }}::├:r-------――¬冖:::::└ァ¬┘
      、:.、_.ノ::::ノ:::}            ` ー- '´
       ヽ:::::/:::ノ
        `¨¨¨´
              !,,.-‐''`,.           とはいえチンクさんの要望第一は積載量だし
   _,..、ヵ'――,,.-‐''"   _,,.x''"
‐''"    _ /     イ                乗用車は除外。軽トラックやライトバンあたり
          _,イ冫 冫
        イ ./ .,′/              値段も手頃だけどニャンコ君を乗せると辛い。
       ´l〈 / 丶"
       ーー--=ニェ
            ′                ―― いっそトラックにした方が無難だよね。
   "'''-‐'' '''"" ̄
5366 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:37:19 ID:rqGZp0Ao0



                                                               \
                                       /                          \
                                         /                              \
   お値段はざっと700円から1000円までで収まる。     ./  r┬―‐ - .、
                                     ヽ  i:.:.!:.:.:.:.:.:.}_i_::.:.:.、                __}
                                        ∨.: i.:.:.:.ィ斧ミ:.:.:.:.\             /
   在庫にないから別注になるけど、もし望むなら         ./.:.:. |.:.:.: /Vj/|:.:.:.:.:.:.:.\            /
                                           /.:/i.:.:!.:.:/  ∨|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
   商団へ手を回してトレーラーだって用意するよ。        .:/ .}.:..,:<     !.:.:/.:.:.:.:/:.:.∧       /
                                     i/ イ/:小     i/!.:.:.:/{:.:/ニ}!      /―― 、
                                        / i:.:i:∧ ̄   }.:.:/∧:{ニ}!     ヽ: : `ヽ }
   そうなると2500円かかるし装甲をのせたいって             ヽ|:.:.}i>zr≦ }://ニ=ヽ=}!       / {、
                                          \{   }: : /}ニニニ=/      /}   \
   改造するなら更に1000円は上乗せになるけど。               / : /`マニ/    . : : : ,.ィi/       \
                                                 / : : {   }iア   . : : :_,.ィニア        ヽ
                                              /  : :.{  ,/    ,ィfニニ/           }




         ̄ ̄ `             私としては街乗りだけでなく外に出られる車がいいんだよなぁ。
   /           \
  / / ./  ∧   ハ | |  i ヽ        だから非装甲も、不整地の足回りに不安が残るのも、困る。
  | .| !  / ∧|__ム斗ヘ|  |
  | 」」.ト.斗.く j!/r≠^¨|  | |
  | 从Eヽl三}      |  | |            γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  |  Ⅶ三ヲ        |  | |            |  いちおう装甲化したトラックやバスは軍仕様で  |
  |  ハ u       ,|  | |            |                                |
  |  |人____f__>イ !  | |            |  実際にある物だから足回りも含め心配ないよ   .|
  |  i! | _/\Y/¨¨| / .|              乂 ____________________ ノ
                                                   ※お値段+500円
5367 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:39:34 ID:rqGZp0Ao0



          |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|    !:i:i:i:i:|
          |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!  ∥:i:i:i:i:',           ―― といって、僕もその辺りを薦める気はない。
          ヤ:i:i:i:i:i:i:i:l   !1ニニ!!
.           ヤ:i:i:i:i:i:i:i:l   l:|:i:i:i:i:l:!              あくまで価格の参考として見せただけだから。
           ヤ:i:i:i:i:i:i:l   圦:i:i:i:リ:!
              ヤ:i:i:i:i:i:i:l    !:::: ̄::::|             ……兄さんはゴリ押ししかねないけど。(溜息
            ヤ:i:i:i:i:i:l    ! :::::::::: |
.            ヤ:i:i:i:i:il   ', :::::::: リ
            ヤ:i:i:i:i:l     ゙= "
              }:i:i:i:i:i{                      γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.             i!:i:i:i:i:ii!                      |   そういや今日はイザークを見ないが   |
           !Iニニニil                        乂________________ ,ノ
.             !',:i:i:i:i:i:!!
.             圦i:i:i:iリ:!
               i!:::: ̄::: ',                  整備の出張でJUNESのガレージに行ってるよ。
            ',::::::::::::: }
               ヤ、__.イ
.               `ー ''′
5368 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:42:09 ID:rqGZp0Ao0



                                        i        i
                                  |        |
                                  |        |
                                  |        |
             ・==ュと!y!と@)フ           !        !
              _,ィ市|二」ゝー〈、 ,r────r──'──‐,r,r,r,┐ij
        _,, 、-==‐y,, 、>ー──''"´ ̄ ̄ ̄!Oにニニニニニニニゞゝゝー┐
   , 、-‐' ´   , 、-‐' ´,r、 毘  .:|  ̄ ̄|       !  ≡    ≡     |
   ←───< 弍p__¨__  |   _|__     !__    __   /
   「b、 ヾ=ヽ ヽ「b  /フ'⌒ヾ、 ゚ /フ'⌒ヾ、 ゚ /フ'⌒ヾ、 ゚ /フ'⌒ヾ、 _/、
     `ニコ__,ィニニニコ≡γ⌒ヾ:`´≡γ⌒ヾ:;´≡γ⌒ヾ:`´≡γ⌒ヾ:;:l |
      l三jヽ、__ l三j (◎) ,i!;::;l三j (◎) ,i! l三j (◎) ,i!;::;l三j (◎) ,i!|_,」 (~゙\
      ヾ ゝ、ゝ;;ソ  ヾ ヽ__,ノ  ヾ ヽ__,ノ ヾ ヽ__,ノ  ヾ ヽ__,ノ    \ \
                                               \ \
                                                 \. \
                                                 \  \  ,.--、
                                                  ヽ,   ヾ   ;'⌒ー-、
     ともあれ、本命として普通に薦めるのは                         γi               i
                                                ,,--┤i                i
     あの辺の装甲車になってくるワケで。                       (   、ソ            ゙i,
                                               \,,               ヽ
                                                 \               \
                                                   ゝ,,




             _ ____
          ''"        ∧
.       /               \.              基部から軍仕様の車だから走破性も確かだ。
      / /.:.:.:. ̄:.:.:. - 、        丶
       /.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    \ }!
      | /.:.:.:!.:/:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:i:.:.:ヽ     ∨             元が民生の車イジってを街の外に持出すより
      l,′.:.:|.:{:.:.:.:.:.:.: !:.、:.:. !:.:.:. i     〈
     i{:.:.:.‐i-i 、:.:.:.:.:|:i―:.:.|:.:.:.:.|       ヽ.             よっぽど安定した走りをするし少々の銃撃で
     l:.:.i:.:笊心:.:.:.:.: !ィ笊芳ア.::|       〉
     ∨!:l:.:. Vリ\ト |  V/.: /.:.|   ノ  /          ワヤにならない。……荒事向きだね?
      ゙i:.!小  .:、     .:.:/.:.:.:!__,/  /
        |:iV込、 _ _   i.:/ ィi}ア" //
.       乂∨:.:.:ヽ、_ ,,..ィ´/    _/__/
          `Vヽ:.}`ヽ : .:!/  ,ィ´ ̄  \
            i: . {、 : \|{,ィ/:     : : ヽ
            : . . }≧srf{/,:      : : :i
            {: : :i{__{ l .       : : |
5369 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:42:59 ID:8Xg5B6dY0
おっ、投下してんじゃーん
どんな車があるかな?
5370 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:44:42 ID:rqGZp0Ao0



.          -― ミ
      . /      _ ;:.、
    /. :! ;  ,.: ´:!:.:.:.V〉/:.ヽ.          単純積載量ならトラックやバスの方が上だけど
     ヽ: }  /.:/i.::!.:∧:.v〉   i
     /〈  i:茫ッ |/、|:.:. {、 |         チンクさんの求める性能や用途を詰めていくと
..     {: : .、 !小、 - ノ|:./ }_/
.     \ `\}i≧f{ト}/ / i、           装甲厚や足周りの頑強さを考えて、コレだろう。
..      / ` ーz-`ヽ.,i{,ィi{ 、\
      //    ̄ ̄i{__){、 \
    /   / / / %:,_>ノ




             _,.  -─-  _
          ´            `
       /            ヽ    \
      / / /  ハ  ヘ    ll    l ヽ       そうそう、こういうのがいいんだよ。こういうのが。
    / / //  /  ',   l   ll      l  l
   / / //   l   l l _,.. l -‐ ll─    l  l
   | / ̄l l  ̄ l` ,}{' l l  |  | l     |  |      ..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   | l  l/ ̄`ヽ/    三三三 l  l   |  |        .|  値段も相応にするけどね。安い物でも民生の倍額、   |
   | l  l::::::::::::::::l       ,,,,,,,,,,,, l  |   |  |      ..|                                   |
   |. \ト、:::::::::::ノ 、         |  |   |  |       |  軽装甲車の3000円から重装甲車で5800円はする    .|
   |    V 、 ̄            |  |   |  |        乂_______________________ノ
   |   | ヽ、   △      ,. |  |   |  |
   |   |   `_ ー ---─ ' l   |  |   |  |
   |   | /:::l i ,.ィ'〒〒 l. ∧ |  |   |  l       なんとか……なる価格だな。ワリと悩ましいラインで。
   \ r-┴-、:l/:::〉、ミ彡,.l:/::::', _ - ┐ノ   l
    `l::::::::::::::::::ミ.〈_ V r '´ ̄ ::::::::::__l     l
     l´ ̄ ̄ ̄ 7: : :  ̄: l '´  ̄    l    l
5372 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:47:32 ID:rqGZp0Ao0



   ……ちょっと見ない間にずいぶんと稼いだんだねぇ。流石は全身義体のランナー、ということかな。

   マジメに働いてるのがバカらしくなってくるレベルだ。今日までいったいどんな仕事してたのやら。

                                 }   :.:.:.|.: /.: .:i         ― 、       |.: .: .: .: .:.:/  . : : :/
                                  {     V.:!∧.: .小        ( ___ ノ    ,.ィ|.: .: .: .:.:./ . : : : /
                             {  . :  ∨:.∧.: :|}i>.、               ,.イ|:!:|.: .: .:.:.:/ . : : : : }
                       _y⌒ヽ-一ッ.   : : .∨:.∧:.|i:i:i:i:}≧s。.,      ィi{∧:i:i:!.: .:.:/ . : : : : : /
                       .´      <´   : : : :.ヽ:.∧!`ヽ:i:∧:i:i}: :≧zr≦: :,ィfiア:Vi:!.:/ . : : : :_,,..ィi{`ヽ、
                        (        }   .\_: : : : \: : :}/ : }:/≧s.、 ,.ィニニニ=,/. :,.。s≦ア : : : :  ヽ
                         ヽ   _,,ノ   ./. : ``マニニ=-_、ニニニ=Vニニニ=/ ,.ィニニア": : : : : : __   \
                          ゝ一''    ./  : : : : : : :`マニニ=-_、<´ ``ヽ,/ ,.イニニア": : _ - ~ ̄       ヽ




           ___
          ´     `   、
      ./  __ ./ ./ ,ヘ i__rzヽ.            荒事稼ぎだが、マジメに働いた報酬だぞ?
      / ./ ゝ‐「`/ト//ヾ}ヽ´「 ',
     i  l  /.|/¨:lハ  レ<ヽii |
     |  !  |:::::::::::::::}   i::i::| '| |.           そして全身義体のランナーは死にかけて
     | 「 l  l、:::::::::::/  .b!」 ! !
     .} ゝl  l/ ー ´     /| |.           修理費どんなになるか怯えてたんだが?
     l  ヘ ト ._  ・_ <. l l
    . l   ヘ, l/1=ェェハヘト,.  ! !
    .,'   /ヘ l l::::::中::l ハ l /             命を元手に得たリターンだと考えるなら
    ,'   '  .|ヾl`ー='l l ∨1
    l   .,'  } l::::::}}:::::li l .ヘ |             正直ちょっとワリに合わないレベルだ。
    |  /  / .l:::::::ll:::_」 l  ヘ__
    l ,/   l .l==‐:ヘ ヘ, _ノ.ヘ
    |/{   l /::::::::ll::::::::}  ヘ"_ノ          ……たぶん、全身義体のお値段的に。
    { 辷==}/:::::_ -ャ;;´;l   ヘ
   / ヽ__ -‐オ ̄;;;l  ヘ;;;;;;;l`ヽ、 ハ
  ./     / ヘ;;;;;;;|  ヘ;;;;;ヘ  \.l
  .ヘ    i  };;;;;:ハ   ヘ;;;;;;マi  ヾ            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   .\   |  {;;;;;;;;;l   {ー' ハ   }              |   それでも他人の芝生が青く見えるのさ、人間は   |
     ヽ. !  廴__.ハ   ヾ´ ハ                   乂_____________________ノ
      ヘ |  ヽ  ,ヘ   廴__ノ
       ヾ   マ´  ハ
           .\   }
             `¨´
5373 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:49:07 ID:Tosve2fI0
投下中にガレージという言葉がふと気になってヤルオットのあたり読み直してるのが私です
5374 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:51:26 ID:rqGZp0Ao0



                ――  -  _
.            /                - _
         /
         /                     \.          クサしちゃった手前、お詫び代わりの耳よりな話。
                                \
.      /                               \
     /   ____                         ヽ     ウチの車には本来ある武装を積んでない。だから
    ノ ,/.: .: .: :. :. ~"''~、、                     /
   ' / /.: .: .: i:. :. :. :. :.!:.、:.`丶、             : . . . ./     車体だけになる分、お求め易くなっております。
.   { { .: .: .: ..:!:. :. :. :. :i:. :. 、__\           ∨: :/
   i } i:. :. :. :..i:. :. :. :. :. 、:.´丶、:. :.\              y
   | } !:. :i:.. :..|_:._:.丶:. :. ヽ、:|__ヽ、:. :.\           {      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
.    V,{ :. :!:.:.´| \:. :..\:. |ィ´V/U\:. :.i :.            }        |  その分だけ金と空間が浮いてくるんだな  |
.    ヽ∧:. :. : ,ィ冖芯:. : |\  V_ツ |:. :.!:. :.        }      .乂__________________ ノ
      | ,∧i\:..lヽ V}\|    //// .:i: : :i           {
      |  ヽ }\:∧゙〈         |/|: : :!       /、      ベトロ ニクス         リモートウェポンシステム
           }.:i:. :.込、  _  ァ     ノ!.: .:|         /  ヽ.    車載電子機を積むも良し機銃を無人化するも良し、
           }∧:. :. :.}i>.、¨´    ,.ィrz}.: ..:|     ./.:
      ヽ,   ∧:. :..{\{ }i>zr≦z≦ニ}.:.:/i   . : : :_:ノ    }    そんな多様な要望にお応えする余地があります。
        }  / ∧:. :{: :-‐:\{: : `ヽ}ニ=}.:/=} . : :/´      /
        {   / :. \{ : : : /:>r≦ニニj/=ノ: /_,,..jI斗ャ≦⌒` 、
         、   : : : : i: : :/'、ヽニ=-ァ>'",:/´>''"         ヽ
         \ _ : : :l: 〈  ` ,.ィ ´  ,/=ア゛             }!
          / ̄}≧x:ム /  ,.ィニ=/               }!
            / ,{ _}ニ=-ミkz ≦ニニ/ :_:_:}!                }!
5375 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:52:23 ID:rqGZp0Ao0
やるおっつのどのあたりじゃろう おこんばーん ゆっくr(以下略
5376 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:53:12 ID:Tosve2fI0
皆に謝ってるとこあの辺り好きなのw
5377 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:53:51 ID:rqGZp0Ao0



            , <  ̄ ̄>、
           /        \
           ./            \
         .′            ヽ            といってもウチは車両整備工場。銃器の面倒は管轄外。
            |              }
            |             ノ          装甲の貼り直しや増装改造ぐらいは引き受けてるけど、
       /¨≧s。.     .。s≦ ̄>、_
     , <ヽ    `¨¨¨¨´     。s≦`ヽ        武装を載せるなら、どうか他所に持ち込んで欲しい。
     ./             > ´     ヘ
    /                      }、
  ,ィ           --─ '' ´        >、
  .{ 、   \                     , -、/         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   ヽ!\   ヽ              /   /: : |          |  (やる夫のとこに持込めばいいな)  |
   .| : : ヽ                /  ./: : : : ヘ          乂________________ノ
    .!: : : :/ヽ       __..> ´> ´!: : : : : : :ム
   /: : : /  ` <_____.。s≦ マ ム: : : : : : : :ヽ
  ./: : : /      }: : : : : : : : : : : {   マ ム: : : : : : : : ム
 /: : : /      i }.:: : : : : : : : : : :',    ', ヘ: : : : : : : : ム
./.:: : :,'         }ノ: : : : : : : : : : : : マ   }  ',: : : : : : : : :ム
5378 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 20:55:18 ID:8Xg5B6dY0
重装甲車に105mm砲を載せて、装輪式自走砲にしよう!(錯乱)
5379 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 20:57:11 ID:rqGZp0Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       /:,.-、: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : :ヽ
.      /:/ / /: : : :/: : : : : : : : l: : : l : : : : : : l : l: : : :ヽ        そういえば気になってたんだけど今日つれて来た
      l:/ / /: : : :/ : : : : /: : : l|: : : l : : : : : : }: :l: : : : :ヽ
   __/ /: :l: :/: :l: : :_: :‐l‐- :/l: : :/: : : : : : /: :l: : : : : : l.      あのセインて子、実は自動人形だったりしない?
. /  /-、 l:/: : l:/ }: :l : : / l:`/l: : : : :__/l: /l: : : : l: : l
/   }./   ハl: :/ /: ,. ─、-、ヽ、l:/: : : :/ l /`l : : : l : : l.      もしかして重力制御の機能もってたりする?
    〈__/  〉'′/ : くi r- ':::::::lヾ.//: :/-.l/ 、l: : :/: : : l
     l__/ /: :ヽ : l l:::::::::⊂l  l : /,イ}丁l} l : /l : : /
        /: : : : : ヽ l 込二タ //  l´::l /l : / l : /            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      / : l: : : : : : :ヽl ヽヽヽ ´  、 ヒタ_ //、l/              |  よく分かったな  |
     { :l : l: : : : : : : :ヽ  ┌‐- _   ヽヽ {: : : :\              乂________ノ
      ヽl: : l : : :{: : : : : l   l     iア   ノ: : : : \\
__. -─ 、 ヽ :l 、 :ヽ : : : : ト、    ノ ,. '⌒iヽ: : : : : ヽ\
       ヽ_ノ\lヽ: ヽ : : : :lーミ_- ,.' 乏.l<ノ´`。}. V ´ ̄`iヽ      チンクさんとは違う感じで世間ズレしてないから。
           ̄ \ヽ: } : : : }_, -V、─-、l:.ヽ゚ o_l/_ ;:;:;:;:;:;:{_                           _ ____
            ヽ|l: : : l:.:., -} }ニ _/ ̄; ,{_:〉- 、;:;:;:;:;:;{、                    ''"        ∧
_______________________________  . /               \  ___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / /.:.:.:. ̄:.:.:. - 、        丶.   ̄ ̄
                                                     /.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\    \ }!
   ならウチで買う以外の入手方法として                     | /.:.:.:!.:/:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:i:.:.:ヽ     ∨
                                              l,′.:.:|.:{:.:.:.:.:.:.: !:.、:.:. !:.:.:. i     〈
   集積場を漁って見つける手もあるよ。                          i{:.:.:.‐i-i 、:.:.:.:.:|:i―:.:.|:.:.:.:.|       ヽ
                                                   l:.:.i:.:笊心:.:.:.:.: !ィ笊芳ア.::|       〉
                                                   ∨!:l:.:. Vリ\ト |  V/.: /.:.|   ノ  /
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ                ゙i:.!小  .:、     .:.:/.:.:.:!__,/  /
 |  ソレってオマエ達の利がなくなる話では?  |                   |:iV込、 _ _   i.:/ ィi}ア" //
  乂___________________ノ                   乂∨:.:.:ヽ、_ ,,..ィ´/    _/__/
                                                  `Vヽ:.}`ヽ : .:!/  ,ィ´ ̄  \
                                                    i: . {、 : \|{,ィ/:     : : ヽ
   修理を投げてくれれば利益がでるし。                           : . . }≧srf{/,:      : : :i
                                                          {: : :i{__{ l .       : : |
5380 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:00:23 ID:rqGZp0Ao0



        -――-         _ ′'
    ./       、  、\  ..(η゙, ´
   ./ /  ,r七 /^ヽ r―ト ヽ  ξ'´.     グレイブヤード
  .′|  |」斗v..、/}'.∩lイ ||.         あの集積場を探るのは悪くないが確実性に欠けるな。
  |  |  |::::::::::::::}   マ V.|
  |  |  ト、_/   ⊂⊃|
  |  |  |⊂⊃  , 、   ノ !         ……ふむ。いっそ装備のいい匪賊なり脱柵兵なりを
  |  |  ト . __   __ .イ リ
  |  ヘ |  r┴-┴i   | ./         締上げて鹵獲すればタダ同然なのでは?(畜生案
  |   ヘ|/\.:.:.:.:.:ト、 lイ
  |  /    \.:..| \!




    (そう考えると、農園で落とした車を変に情けなどかけずせしめとけば良かったという気がしなくもない)

────────────────────────────────────────────────
                                                      __ ,.. -―‐-、_
   あの、チンクさん。たいへん申し上げ難いのですが。               ./ヽ /  / ̄>‐-、\,,.ィ
                                                /  ̄ ̄_,ヽ、 / / ヽ、__ンi
                                                  、_/   /三ヾr‐、/|   / |/!
   今回の襲撃は当アリタ集落も損害が大きいもので、           >'"/ ´ ̄ ̄`゚y' '´ ̄  //
                                              ̄ ヽ ノ   ./ ,.―、 ̄__./
   鹵獲できた物品を全て売却せねば成り行きません。                ヾi ●  レ<●_ノ「 / }
                                                   ヽ⊃、_,、_, \//ノ
                                                    /⌒l __, イ_!O〉
   件の装甲スーツ一領で御勘弁のほど願えないかと。                  /  /::::::/i `|::|  \
                                                  |  l ̄V一 レヒ  ノ  ※そんな一幕
────────────────────────────────────────────────
5381 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:04:08 ID:rqGZp0Ao0



        /          `ヽ
      ../          __   \
     /         >=ニi:i:i:i`ヽ  ∨               うん、そうだね。最悪にして最安の方法として
   _/::i        /:i:i:i:i:}:i:i:i:|:i:i∧  ∨
  ..「::::::::}        /:i:i:i:i:/:i:,':i:i:i:|∨i∧  ∨                “脱柵兵の持出し車両を鹵獲修理する”のは
   \::::}     /:i:i:i:i:/}:i:ハ:i:i:|斧:i:∧  ∨
    ..〉     ,'i:i:i斧芸}/¨ }:i/{rリ}:i:.∧  ∨           手段としては有る。キミには出来るんだろう。
    ..}     {::i:i:i:i:乂ツ  レ 、`¨八{:∧  ∨
    ..}     {:i:i:i∨〉       .':i:i八ノ〉  .〉
    ..}     {:i:i:i:i:∨   ' ¨ /{ Ⅵ//   /
    ..\    人人:i:i:〉≧=--::'{ : : ://  ./.              でも、それをウチに持ち込むのは御断りだ。
      ≧s。   ≧s。ニ=>ニニミ、 「  /
       /≧s。__ >   L}∨ /}                 仮にそれをやるなら、この敷地には二度と
     ../ ..::  >‐=≧s。 > -┐{///   ヽ
    ../ /    /:.  >-=≧s。>へ/、                  踏み入れさせない。僕達に関わらないで。
    //       /:.     /:>-=人◎} >s。
   ./'      /:.   /::    /   「¨マ: . .`ヽ
5382 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 21:06:29 ID:8Xg5B6dY0
>鹵獲
それよりも後ろ暗い組織を襲撃して、金庫をこじ開けようぜ!
現金の方が使い勝手が良いし(畜生)
5383 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:06:38 ID:rqGZp0Ao0



                                            _ -――-
                                           ´      ヽ `  、
    なるほど。なんだかんだで兄弟だな。                /   ,、   i! _ト__,ハ   \
                                      〃 / / ハ i r≦ニニヽ|  ハ ハ
    前に顔を出した際、当初のイザークも             i! i | _」 / |ル'/r':`ヽ }'|   l  .',
                                      l! rF,⊥/    V斗’ !   !  i
    随分と態度を硬くして出迎えたものだ。            .|! |/:::::::::}         |   |  |
                                      |从ト、::::::/ `       |   |  |
                                      |  } `¨         |   !  |
    アレだな。オマエ達は兄弟揃って何か              |  {       ,ニ、.    |   リ   l
                                      |  込、  r'三  ヽ  ,.|  /} __ハ
    争い事に関わるのを極端に忌避して             |  |! >L!    }_/.:l  /:/   `ヽ
                                      |  |!   {    ム,リ / ,イ.:i     ト、
    火の気の類を遠ざけているようだ。               |  ,リ!   ハ   /T.:/ /i |.:|     } ハ
                                      | / | _,ィ´.i  〈 |/ /.:| |.:|     | ハ




      | : : : /  |ヽ!:. :. !:..|          ヾ' /.:/.:i / イ
     i : : :    V;|:. :. |:..|         /   /.:/.: :|{  ヽ
     | : . .     ヽ :. :.!:..}i>.、   ―    イ.:∧/    }
     }: : : : .       ̄ \ }i>.、   ,.ィi{|:|.:/    ,/         だとしたら、いけないかい?
     ``< : : : : : : . .     \ ノiぅf{//,:/. .,:ィ"´
         ` <: : : : : : : : : : :ヽi:{N/,:/. : :/
          ,.ィ二ニ≧s。.,. . . . V>zi{. . . ./{
          , ィ゙ .: : :``<ニ=-_\. . .Vニ{. . ./. {
        / . : : : : : : : : : : ` <=-ヽ. .Vi{. ./: : :\
5384 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:09:55 ID:rqGZp0Ao0



                     ,, -──- ..
                , -‐ ´           、
.              /                ヽ
            /
.           /  /       ハ  ヽ ヽ  ヘ            なにもいけないことはないな。ただ正しい。
           /   /  / ./ /  / .l |  l  l   ハ
              i   l   l  .!i_ l_i / /| .i! ハ   l   i          己が身で処せぬなら最初から火の気には
          l   l  zF=ハ=i≦/  Ⅵ=≠キi=ト、  l
           |   l   .Ⅳ三ヾ}ヾ   / 斗笊ァ、,l    !          近づかない近寄らせないのが一番安全だ。
           !  .l   l三三三.リ    .イ ら;ノ} /l    .|
             l  f´l   圦三三フ      .乂ソ l    l
             |  ヘ l   l. `¨¨´    ,  :::::: /    |.        私は戦塵を纏って落ちることのない輩だし
             |   `l    ト.           /l    .|
.           l  r─── ゝ    '´'   イ__!_   .!.        オマエ達の心情を汲むなら買物に関りなく
.           |  !     || >   __ < : : : : : : :.ii  l
.           l__ ⊥ _     |i¨fi=、__  _r-ネ、_: : : : : :ii  .!.         二度とここに立ち寄るべきではないだろう。
        , ´     ` ー- 、1 .i.  l__l   i!  ヾ、: :〃  .l
        /           〃iiノヽ ___./r、   .V   l
      /         〃 ii ./  Ⅴ ヽ ii   i:}   !




             /; ; ; ; ; ; ;i          .l;┌ -; l
              /; ; ; ; ; ; ;.i         |; ヽ_/; l.             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           /; ; ; ; ; ; ;./          l; ; ; ; ; ;.l.            |   え、いや。なにもそこまでは……   |
              i; ; ; ; ; ; ; /           l; ; ; ; ; ; |            乂_______________ノ
           i; ; ; ; ; ; ;/             !; ; ; ; ; ; !
          i; ; ; ; ; ;./            i; ; ; ; ; ;.|
            !; ; ; ; ; /             i; ; ; ; ; ;|.           イザークはともかくヨハンを不快にさせてまで
           i; ; ; ; ;./                 !; ; ; ; ;.l
         !; ; ; ; /                i; ; ; ; ;|           無理な面倒を見させようと、私は思わんよ。
        _i; ; ; ; ;>                  i; ; ; ; l_
       ,、=〉- _─i                 l 、; ; ; ;〉.!
       /,、/-:´: : : 〉                   !: : `‐.l、: i.         気に入った相手から袖にされるのは残念だが
.     /ィ; ; ;i: : : : :ィ                 l、: :i; ; ; ヽ.、
.   //; ; ; ;.l: : /; i                  l;l: i; ; ; ; ;ヽヽ      私の存在が不快にさせるのなら仕方あるまい。
    /‐- 、; ;l /.ノ                  `l/; -; ; ̄`、
.  /; ; ; ; ; ; ;〉‐.´                        !; ; ; ; ; ; ; i.      潔く縁を切ってしまうのが、私の払える誠意だ。
  /; ; ; ; ; ; ;/                        \; ; ; ; ; ;.l.   ___,ノ -、
 i; ; ; ; ; , '                          \; ; ; ;.|    ___,ノ
 `.─ ´                              ` -┘
5385 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:12:36 ID:rqGZp0Ao0



              , '         、
             /           ',               γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
            二ニ=‐‐--                  |  ちょっと待って? なんだか僕が悪い感じだよ?  |
              l               ハ             .乂 _____________________ ノ
           l.          l      l
             .}    l     l      l
              ,'    l     l  l      .l.           今日の問答は確かに参考になった。感謝する。
             ハ   .l    l   l      .l
          //   .l    !    l      .l        あと慣れなれしくして悪かった。そこも謝罪する。
           //    .!   .l..   l     lヽ,
        //     /   .!    l     l. ',
          //    /   .ハ     l     .l.  ',.      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       // ./   ./     .l .l      .l    .l   ',.      |   だから待って! ホント待って、お願いだから!!   |
.      // ,イ.  ,イ     .l l      l    .l   ,',.     .乂______________________ ノ
      / l ,l.l  .l .l    l  l    l  l. l  ./ ゝ
.    / l l .l  l l    .l  .l    .l  i! .l / /ハ
    { .{ .l l  l  l   .l   l   ,イ  .l l l  /  ハ
     圦 .l .l  .l.¨`l   lーー.}  ./ l  .l l l-.´    ハ
     / ヘ .l l  l.  l   .l  .,'  / .l  .l l l  ∧    .ハ
5386 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:15:32 ID:rqGZp0Ao0



                         -   _
                  ''"          - _
               /                    _
               /       - ―― -  _    |  l│└ ┐          僕は待てつってるんだよ、こんニャロ!
             /     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..  ┌‐┘ ノ./ー─┘.  、
.            /   /.:.:.:.: .: .: .: .: .: .: .:l:. :... .└―〃/ | ̄ ̄|   i
           /   ,.:.:.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: i、:. :..  / ̄ ̄|│ 「 ̄.  ノ       上客の相談に自分から乗っておいて
              /.: .: .: .: .: .: .: /.: .: .: .:| 丶  ヽ/ ̄| │.ヽ_>.   丶
         /   /.: .: .: ..:i.: .: ..:/: .: .: .: .:i _\:. :. .└┘        ヽ     一方的に出禁にしたとか悪い風聞が
.        /   /.: .: /.: ,.:|-.:‐/.|.: .: .: ..:/´ r   \:. :. :. :.v .:∧      i
       /   /.: .: /.: ..:/|.: :/ |.: ..: ..:/   }≧=ミ.、 :. :. :. :V .:∧       |     広まったら看板に泥どころじゃない。
          /.: .: /l.: .:/ jI斗=ミ| .: .: /  イ///ハヾk:. :. :. :.!/ .:∧      !
      i   .: .: .: .:i.: /,ィ´///ハi.: ..:/     !/// } }!:. :. :. :|.: .:.:.∧ }    {
      |    i .: / .:l /イ{ {////l.: /     乂/ツ ノi:.\:. :.!.: .:..:.:.i/     i γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      |    l: /i.: .:!.:/圦 乂/ツ!/      ^^¨¨  }: / \i .: .:.:./   . : } |  私が自主的にそうするだけだぞ?  |
      |    i/..:!.: .:/..:|   ¨¨´                }/ :. :. :\.::/  . : : :/.  乂________________ノ
      }   :.:.:.|.: /.: .:i         ― 、       |.: .: .: .: .:.:/  . : : :/
       {     V.:!∧.: .小        ( ___ ノ    ,.ィ|.: .: .: .:.:./ . : : : /
        {  . :  ∨:.∧.: :|}i>.、               ,.イ|:!:|.: .: .:.:.:/ . : : : : }     .メンドくさいなこの覚悟ガンギマロリ!
.        、: : : : .∨:.∧:.|i:i:i:i:}≧s。.,      ィi{∧:i:i:!.: .:.:/ . : : : : : /
.        \ : : : :.ヽ:.∧!`ヽ:i:∧:i:i}: :≧zr≦: :,ィfiア:Vi:!.:/ . : : : :_,,..ィi{`ヽ、
           \_: : : : \: : :}/ : }:/≧s.、 ,.ィニニニ=,/. :,.。s≦ア : : : :  ヽ
         /. : ``マニニ=-_、ニニニ=Vニニニ=/ ,.ィニニア": : : : : : __   \
        /  : : : : : : :`マニニ=-_、<´ ``ヽ,/ ,.イニニア": : _ - ~ ̄       ヽ
5387 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:19:25 ID:rqGZp0Ao0



                           じゃあ私は他にどうしたらいいというんだよ。   ._    __
                                                     ´  `.´ ̄      `ヽノ
                           人に迷惑かける気がなくても知らない間に   .../ /
                                                        ,   ! ハ.N、 ,| ト、 l、lヽ ヽ
        /          `ヽ   恨まれてるのが当前の荒事屋なのにさぁ。  /,,イ  !,...|/、/り    リ  i
      ../          __   \                                 〃 N l{::::::::::}    三三.|.  l
     /         >=ニi:i:i:i`ヽ  ∨                                从 |`¨¨´    .||| |   l
   _/::i        /:i:i:i:i:}:i:i:i:|:i:i∧  ∨                                | ト、   厂 ̄}   | l  l
  ..「::::::::}        /:i:i:i:i:/:i:,':i:i:i:|∨i∧  ∨                                 | |. ヽ、 _ ̄ ̄ __/| l  l
   \::::}     /:i:i:i:i:/}:i:ハ:i:i:|斧:i:∧  ∨                                 | |  l /.コヽ/lニ| | |  l
    ..〉     ,'i:i:i斧芸}/¨ }:i/{rリ}:i:.∧  ∨                            | |  l./.l (_V _) l .| レ.  l
    ..}     {::i:i:i:i:乂ツ  レ 、`¨八{:∧  ∨
    ..}     {:i:i:i∨〉       .':i:i八ノ〉  .〉
    ..}     {:i:i:i:i:∨   ' ¨ /{ Ⅵ//   /
    ..\    人人:i:i:〉≧=--::'{ : : ://  ./.    γY⌒ヽ    配慮。自分の分かってる範囲で注意して
      ≧s。   ≧s。ニ=>ニニミ、 「  /  ..乂     )
       /≧s。__ >   L}∨ /}    .ゝ、_ノ      ちゃんとTPOと分別を弁えて来店してね。
     ../ ..::  >‐=≧s。 > -┐{///   ヽ
    ../ /    /:.  >-=≧s。>へ/、.               ―― ただ、それだけの話なんだけど?
    //       /:.     /:>-=人◎} >s。
   ./'      /:.   /::    /   「¨マ: . .`ヽ
5388 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:22:25 ID:rqGZp0Ao0



 γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  話を勝手に極端なとこへカっ飛ばしたのはチンクさんが悪い  |
  乂 __________________________ ノ

                    __
                    /∧:、
                  //i:i:i.. .γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                  //i:i:i:i:. .|   でも例え話の上と云え、二度と来るなって言ったのは僕が悪かった   |
               _,//i:i:i:i:i:i:.  乂 _____________________________ノ
          / ̄ ̄: :.:::://i:|二二゙|i:iV:::::j{: : : : : : : : : : : : : : : : : __/i:iト.:i:, :|i,
        / : : : : : : :::://i:i:i|:|::: : |:|i:i:i:V::j{ : : : :_:_:_:,.   -=ニ二「i:i:i:i:i:ト.||i:, :|i,
       /: : : : : : : : : ://i:i:i:i|:|==::|:|i:i:i:i:≧=ニ「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|::゙||i:i:, :|i,
     /_:_:_:;;; --─=彡i:i:i:i:i:|:|::: : |:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|`'||i:i:i:, :|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|zzェ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:ト.||i:i:i:|__|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i__jjIIL 。。 --|- 、i:i:i:i:i:i:i:i:|
       |jjIILi:i:i: 。。  ---───…  '''  ̄ ̄   _,,,....... ⊥..,__|``''ミ+s。.,
       |-- ┬r─‐┬─…tt====ュTTTTT::/||~ ̄ ̄ ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:::::::::::::``''ミ+s。.,_
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:| ̄:::|:|i:i:i:i:i:iii:iノ::||zzzzェェ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:| ̄~ |:|: : : ::::|`''ミs。     . . : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|  :|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|::: : ::|:|: : : ::::|:;:;:;:|丁 . . : : : : : : : : : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|,,,,_/|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : : ::::|::::;::|│.: : : : 、: : ∨i/: : ::.
''^''^''^''^''^|i:i:i:i:i|_|__||i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||_|___|_||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|:::;;;;|│{ : ://\/ /{__ノ
ーーーーーー |i:i:i:i:i:TTTTTi:i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|v-‐'""└─── ┘i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|== |│\|i'"  `Y|'^'ー
゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙゙|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:洲洲i:i:i:|:|:|ニニ|:|ーrーrーi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/二二|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: :: :; ::|::;:::;|│゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:
:, :.. .:: ,:|_ ̄”“'' …─‐‐-=====⊥_;_;_;_;_;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|zzzzz|:|:::: : :: |:::::::|┤ .:  :  :  :
:, :,  :..  . γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ  .,:
:, :, :, :,   |  だから、まぁなんだ ―― キミに誠意を払わせた分、僕もそうすべきだと思う   |.. .,:
.: :  .. .,.  乂_________________________________ ノ  . ,:
.: :, ,, .  .:  ,:  :..  ;: '^ .:  ,.:  :..  ,..:  .:  :..  :..,   ..:  ..:  :,  :.. :.. └───┘:, :,
:, ,: ..:  ,:  :'  ..:   ,.:  :..,  :,  :,  ,.: ..:  :., :.  :...,  .:: ,.: :.. :, :..    .:  :,   :,
5389 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:25:48 ID:rqGZp0Ao0



                     , -‐ー― - ニ 、_  ,.‐'´
     ',     lllllllllli    ,.-‐''´           `゙´
      ',      illllllllli _ ,./  、                             _,.-
       i,.     illllllll(_  _ ,./. `ヾ,                    _ ,.‐ ''´
.      i,    illllllllli/ ̄      メ              ,. - ''´      寄って行きなよ。ここが僕たちの住処だ。
.         i,    illlllllr'‐'''""~~"''‐,,.   ` ゝ_ _   _ ,.- ''´
        i,    illll!'     (| i  ` 、   シ`   /'.,
          i,    illl      ""   、 ./   /;;;;;;;;',            かいつまんだ話でキミの気が済むのなら
.         i,    illi、          i,.'   /;;;;;;;;;;;;;;;;i
         i,    illllllli、          / .-''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!             話しても聞いても楽しくならない身上話を
.         i,    illllllll| ~"'=‐--‐''´''´ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,'
         i,    illllllll|             `::::;;;;;;;;;;;;;.'.               お茶請け代わりに提供するけど、如何?
            i,    illllllll|




           -―-
        / /     ` 、
       / フ |メ/ィ / ,   ヽ
       /.l´ ̄}´ /フ`lァ、   }            袖にされかけた理由の身上話は興味がある。
      .l .」_/  7マヽ|    l
      l.∧'''   〈___ノ' /  .l.           楽しいかつまらないかの判断も私がすること。
      l l \ヽ   '''/ /  /
      l l  r- エニフ /   {           遠慮なく御相伴に預かろうとは思うが ――
      l |  〉ー/´l    .l
      l | .l´    |     l
      .l| rl     l      l           なぜ話をするのに場所を移さねばならん?
       l      .l      l
       l      l      ヽ
      . >、    ィ l      ヽ        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      !  Y ´   l l     ト l        |  その理由については ――  .|
     /  /l    ./ |     .l l l        乂_____________ノ
    / /     /  .l    / ll
    .<´l      /   l   /  .|
     l:::l     /   l   /   /
      l:::廴_ -┘   |  /
       ̄       }/
5390 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:28:35 ID:rqGZp0Ao0



          r n
       「l   .|_| l
       l l. <ヽ└'
       | l  ヽ\          _「l「L. _
       | l   ヽ \     .└‐┐i r‐┘
       |_j     ヽノ          L| |
                        └‐'      ⊂⊃  O 。










             }ニニニ=- _                     、}=ニニ{
            ``マニニニニ=- _         - ―― - .. }ト-=ニニ{
                  ヽ-=ニニニ=- _   . : .: :/.: .: .: ̄:. \:. :.}!=ニニニ{
               ー=ニニニ二二>'".: .: :/.: .: .: :. :. :. :. :. :. :.}ト=ニニ{、
                   _-=ニニニア.:/ .: .: /.: .: .: i:. :. :. :. :. :. :. `マニニ{:..ヽ        コ ノ              ヒ ト
                   `` マ二ア..:/ .: .: /.: .: .: ..:!:. :. :. :. }!:. :. :. :. ``ヽ}:. :.',.       ご覧の通り、できるだけ余人に
                        /.: .: .: .: .: .: .: .: .: :|:. :. :. :. :}!:. :. :. :. :.ヽ :. :. :. ,
                   .: .:/.: .: ..:,′.: .: .: ..:|:. :..}!.: ..:}i:. :. :. :. :. :. :. :. :. :...     見せられないし、見られたくない
                    /.: .: .: .|.: :!.: .: .: .: .: .|.: ..:}!:. :. }i:. :. :. :. :. :.!:. :. :. :i
                      /.: ,′.:-i―.: .: .: .: .: .:i.: ̄}\`:}l:. :. :. :. :. :|:. :. :. :.!.      身体と切り離せない話だからさ。
                へ/.: .:i.: .: :/|:. i:. :. :. :. : / .: .:/  ヽ}i:. :. :. |.: ..:i.: .: .: .:|
                /  _.: /..:|.: ..:{ ! :l .: .: .: .:/ |.:/_  }!.: .: ..:i.: ..:!⌒ヽ.:.:!
                / / |/|.: :i .: ,ィ笊心 :i.: .:/  ィ笊芳ミkァ.: .: ..:!.: .:| }! }.: i
              {   /ヽ |.: :|.: ..:i Vツ|/!: /    V/ツ /.: .: .: :|.: .:!ノ /.:.:l
            }   }i  L!.: :!.:.:小 ゛゛  |/、     ゛゛/.: .: ..: ..:i.: .:|_/.:, -ミk、
             ∧   i{  | {ヽ{\:{:∧              .: ..:/.: .: .:!.: :i.:/_/ \ \ヽ
.          / ∧  ∨ i .V  |.: .::込、   ‐ -    |.: /.: .: .:/r‐亠 、\ ヽ } !
             / }!   }V  〈 |.: .: .: .:}i>.、       |:/i.: .: :/.:{_r 、      } |
              /    }V  V|/|:. :. :{`ヽ}i>.、_,. ィi{ ,/ !.: :/.:/   }!     / .}
                /    / 〈  ヽ |.: .:/ } }ノ\{ }   _ -=ニi.:/i:/     }i      /  {
            /     /   ∨  .!.:/  }ヽr≦ニ}-=ニニアi'/     /      /   }
              /     /   /∨ i/  }/ }ニア゙ {>''"´ /     {    /   /
          /     /  /   }ヽ、   }=-=ニア          /〉   ./   /
5391 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:31:12 ID:rqGZp0Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5393 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:43:18 ID:rqGZp0Ao0



        ``ヾミ二ニニ=-_ 、
              ``ヾ彡二ニ=-_
              `ヾミ二ニ=_、
、_____ ___,,,,....,,_     `ヾ彡ニミk、_
ニ二ニ二ニ二二ニ≧x.,_.....:.:.:~``ヾミ:i :.:.:.:.:.:.:.:.、
ーミニ彡ノ彡人ミ彡f ア゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ノ__\           .その、なんだ。ジックリ見ないで欲しい。
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..oO:.´ ̄:.:.:.:.:.:.:.、
          /_ノ〇O.:o.:。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.        .好きじゃないんだ、自分の見てくれは。
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.
        /.::! .:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.
.       / .: |.:.:.:.:.i..:.:.: |:.:.:.:.:.:.:斗ャ''~ V.:i:.:.|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
       .:.:.:.:.|.:.:.:.:.| :.:.:_|_.:.:.:.:.:.:.:.i/   Vl.:.:!.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: i     |   他意なく端的に評して、整っていると思うが   |
        i.:.:.:. !.:.:.:. |.:.:.:/!.:.:.:.:i.:.:.:..l,ィf竓乏行 .:.:.: |_:.:.:.:.:.:.:|       乂___________________ ノ
        |.:.:.:.:|:.:.:.:.:|.:./ _!:.:.:.:.!.:∧| V//リ | :.:.:.:.:| }:.:.:.i:.: |
        |.:.:.i.:|.:.:i.:.:lィf笊恣/|/    `¨´  :.:.:.:.: |ノ.:.:. !:.:.|
        |.:.:.l.:|.:∧小  Vツ  、      /ィ.:.:.:. |.:i.:.::从リ     そりゃどうも。お互い様だねぇ、そこは。
       :.:.:.| l/.:.:}ノ:.:.:.            / .:.:.:.:.:|人/
         :.:.:!:.:.:.:..:.:.:...込、       -  ,.ィ |.:.:./.:!
         N .:.:.::.:.:.:.:.:.:.| >   __-z≦   _!.:/_i/
          :.:.くi:.:.:.:.:.|    /-_-_-_v-_-|/-_-_、
            \:.:_,;i .:.:|_r≦-_-_-_-_}!-_/-_-_-_>-― 、
              /  \|  >-_-_-_-/\-_-_-/、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

自宅の敷地内だというのに殊更に人目を避けて、ヨハンはずっと頭に被せて風が吹けばまくれないよう押さえ続けた

フードを取り払う。……その下から現れたのは髪と同色の羽毛に覆われた、小さな翼の形状をした触覚だった。


彼の面相に同じく内心の不安を映してか所在なげに動く触覚は、その動作に淀みなく、線の細い体躯と違和感がなく

歪さが欠片も見受けられない全体で調和のとれた造形だ。つまり彼の姿は、汚染物質などによる変異ではないのだ。

異形であっても最初から“そういう生き物として造られた”あるべくして正しい姿がコレということ。
5394 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:46:36 ID:rqGZp0Ao0



________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      /      |
    ´ ̄   ヽ      __  ィ  /、    i   |
 '          寸x    `ー ´/  \ |
/           ∨,≧= --- ´|  /  \!   |
              ∨,      { /     ー''<!
            ∨, `ー- 、  j           `''<
              }.  ∨,                     `
             .′  ∨,                      ヽ    __
            .i!   .∨,    `''ー-             ∨ f 、_ \
          i!    ∨,         、          .:.:}-|ィァ__ヽ_, 、
            i!       ∨,         \         .:.:.//r'-一  ∨
          .i! :.    ∨,          ヽ      .rfチニニ/┴一     ∨
         !  :     ∨,          ',:._ -=ニニニ}/ 乂_ーr、    ∨
           ,   !     V\           ノニニニ}ニニ/-―''''¨¨乂   .}
           ,         }ニ\____  彡ニニ/ニ.ィ              ノ
        ′  {       /ニニニニニ',ニニニ}ニア"´         -=''´
        ム_    :.    /ニニニニニニ',ニニ.'ィ/         ´
       .∧ニ=- __',_ 彡ニニニr.ニニニ}ニ/ニ/- _  イ
      /  マニニニニ、ニニニニニニニニ// \
     /   ∨ニニニ≧=---------=≦/    \
________________________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

―― かつて千年を遡った前文明の爛熟期。人の欲望が腐乱し倫理の歯止めすら玩味する頃に、其らは生まれた。


人間一般の想念、死に至らしめる七罪源に準えた負の遺産の、その一つ。遺伝子改造によって調整された新人種。

ただ人が欲目で見て愛玩する為に眉目麗しく、庇護欲と支配欲を満たす為と他者に縋らねば生きてゆけぬ程か弱く、
                                                Lust brand
権勢の椅子に座す者の傍で侍ることだけを望まれ産み落とされた存在。―― “色欲の落胤”と称された絶対弱者。


それに連なる者が曾祖母あたりに居て、先祖返り的にその形質が表に出たのがこの姿形なのだろうとヨハンは言う。

濃い自嘲の息をこぼす彼が、自身の体を忌み疎む程でなくとも、嫌悪を抱いていることがハッキリと見てとれた。
5395 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:52:24 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
           z-─|`ヽ
            ィ彡 >-イ 、 ミヽ                    \__人_人从_人_人从/
        ,Z彡 ,セ__ V__ミミ、ヽ、                _)                (__
         イ イ ヒシ .l イテ ヾ、 }                    )   ホッ、ホアーッ!!   (
          j ハ   t    リヾゝ               ̄ ̄)              ( ̄ ̄
          ノv,<_',  _   イ_>ミ                    /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
        ルソ∧       /从ハ
         'ZV州` ー-‐イ从ハ__
           |::| Xj    i::::::r=イ                 どのツラ下げてあんな態度で顔出せるのかね。
          ,,,イヾ:Y     ヾ::{:::{)ヽ、
   r、ー<´.  ゝzノ|      / ヽ'   >- 、
    { ヽ      ヽー、 v‐/        }        テメェの都合で掌返すような奴を信用するなよ?
.    Y  |        ヘr==、/         j
   f  |.       || ||'   (*)   l   )        ああいうのと仲良くなっても都合が悪くなったら
   |  |_______________.テテ________________/   |
   |  `   l   rトト、   l   ,'    |.          すぐ又、掌返してオマエのことイジメんだ……。
   |   |   l    || ||   l   |   |
   |   |   l   `=ツ   l   |   |
   |   |   l   |      l   |   |           むしろ距離が近くなって致命傷もらいやすい。
   |   |   l   |@     l   |   |
   |   |   l   |      l   |   |
────────────────────────────────────────────────


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

皇国法においては遺伝子検査によって変異率を測られ、規定値を越えた者をして半変異体と見做される。外見が

普通の人間としか見えなくても強化人間の子孫などが隔世遺伝や先祖帰りの形で検出され、半変異体扱いされる。


外見で明らかに人体にない器官を備えるが故に変異率:中度として、まさしくヨハンがこれに該当し、変異生物との

生存闘争に明け暮れるキイにあって冷たい目を向ける対象だった。絶対弱者となれば迫害する格好の槍玉だ。


花村達と会うまで理解ある友人を得ず、成長してからはカワイイヤッターする周目が気持ち悪くて仕方なかった。
5396 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 21:55:57 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
  ,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/, ' / ' / / ,:'/,
   :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/    ,  :'/ ' / ' / / ,:'/    ,  :'/  /' /  ,  :'/  /' /
  /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' : ' / ' / / ,:'
  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,:/ / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' ' / / ,:'/,: ' /
   :'/  /' / / ,:'//,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' /' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,/'/  /' / / ,:'/
  /,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:' : ' / ' / / ,:i
   / / ,:'/,: ' / ' / /.il/,: ' / ' / / ,:'/,  :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / :'/   /' / / ,:'/ , ' /   |./
  /' / / ,:'/,: ' / il// l|/' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,  ' / ' / / ,:'/, ' / ' /  /i _il_
   :'/  /' / / ,:.| ̄ ̄ ̄|il/' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'/,: ' / ' / / ,:'/,  /  i__ _|」iiiiiiiiii
  /,: ' / ' / / .」iiiiiiiiiiiiiiii|iL_/' / / ,:'/,: ' / ' / :'/  /' / / ,:'┌┬───┐i _ _, :'/ , : :|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ,:'/,  :'/  /' /|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i,   :'/  /' /' / ' / / ,:'/,  :'/   「|「!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄|, '/ , /.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii.
  /' / / ,:'/,: ' |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i / / ,:'/,: '  / i/ ,:'/,: ' / /   / |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/ , /., '|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
   '/   /' / /  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i,:'/,: ' ┌┐_┌┐l|‐┐ ' / / ,:'/,   |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|, '/ , /.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  /, ' /   / /  |iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i/:, ., '「||三三三三三三| ,:'/,: ' /   / .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| , /., '/|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii.
  ,: ' /   / //iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i, '/:, .|:||三三三三三三| ,:'/,: ' /   / .|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|, '/ , /.|ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
    .'/   / _/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i/:, , '.|:||三三三三三三|,:'/,: ' /   / . |i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|/., '/ , |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i, '/:, .|:||三三三三三三|:-‐'''''''""" ̄ ̄"|i| |:liiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii| ,,,,,,,,,,, |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
  : : : : :::: : :::|iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii|i""'''"|:||三三三三三三|::: : :: : : : : ::::,.===、 lii,.===、iiiiiiiiiiiiiiiii|::::: :::::: |ii|_|ii|iiiiiiiiiiiiiii
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

話の本題はここからだ。かつて“大雷怨”と呼ばれた怪物が外部と繋がる唯一の陸路上で跳梁し、排除に向かった

陸軍の精鋭部隊を全滅させる暴威を示し、一時的に討伐を諦める発表がされた後に起こった事件こそが焦点だ。

ブラックアウト
“失明期”と恐れ語られたるはキイ市街の惨憺たる治安悪化と、その末路に夥しく流された血の粛清劇。

                            イレギュラー
市街住民の多くにとって、郊外とその山向こうで例外種と認定された小さな怪物や、彼との間にあった闘争如何は

事態の発生源だが直接的な係わりにない。故に、語るを避けられた“大雷怨”の名を若者が知らずとも無理はない。


混迷の極みに墜ちた市街情勢下で暮らした者達にとって、“失明期”こそが自身に降りかかった災厄なのだから。
5397 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:01:46 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
           γ´  イ(::::::::圭圭圭彡::::::i
           マ≦圭圭≧::::::::`¨¨´::::::::::i!     ※直近、キイの目前アワジシマでやらかした畜将軍の肖像
            `寸圭圭圭圭≧::::::::::::::{i!
             ...::::;彡:::::::::::::≦三ミ::::::i!           r i´ {r 、.   ―― 皇国軍の風評にも大ダメージ ――
          ー≦::::::::::::::::::::〃´ ゝ゚' 刈::::{            '. '。.i! :|
  ≠ミζ  ヽ ___彡イ刈 イ     __ ‐ ヤk:::'。      , 、} } i! :| 〃
 イ   ミ{ X }    0 ∧  マi!   f  7/圭}k:::}       ノ :}ノ` ¨  レ∥
/∧  彡ゞー イ≧ー ≦/ム  \\ ≧i´(゙ー≠ミ      '。 `ヾ::  ∥
///≧x、 __//{f´ ̄Oヽ`ヾx  ヽ ≧彡ー;; 斧ミヾ≧ュ__ ,、fヽ  ノ´  ノ
////////////i!      ゞ≧/彡 O) 廴从/////////ノ/ゝ } ≧
////////////i!       ⌒∥    ∥//////////{/}///////リ                    x≦≧彡
///////////∥γ      ∥    ∥//////////圦////////                    三三三
彡气////////O}        ∥  r ミ/三二≡二三圭圭///////                     三三三
  //////㌢    ____ /ー=`f::::::::≧x‐- .   `ー≠¨´ r  ┐                イ三二≡''
  マ///㌢、        ̄ ̄/   /::::::::::∥  `寸:::≧x    \  |   .|__..__   「 ゙i}      x≦三三三≧x  __≧
 rf//㌢ ゙ー'      __/  r   |:::::::/`¨<   寸::::::>.   .\|兵个  {三≧x 个 彡イ´    ¨¨⌒ ≡二三三Ξ ≧
rf/㌢       ≠¨/ヽ ーr ≧イーっ   ./ヽ    '.。  '.。   \ j TT 寸}}㌢\彡  -≠≦____     ≡三二≡
¨´      ≠¨´ /'。 | :}//廴 __}   / ノ:::'。   '。  '。   {\..| |__//`刈  x≦ ´ ̄ ̄¨¨ ̄  ̄ ̄二二  ____
    ≠¨´  ./ ∥'。/ ./┬'..∥∥..:::::::/:::::≠:.    。:::::::::::::i!::::::::::::::i!:::::::::::::i! |        ‥ .    ̄ ̄
 ≠¨´    /   ∥ i!ノ|:::|::::∥∥r‐/::::/::::::::::..::≦三}::::::::::::{|::::::::::::::i!:::::::::::::i!リ 、      ___...._______ 三二
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

キイとは1~2世代前まで地豪達が治めており、皇国と名乗る軍集団が開拓と称して力を振りかざしながら侵略した、

そういう見地が感覚として残る土地である。地豪達は生物兵器さながらの変異動物に脅かされる土地でも自分達を

賄うだけの生活基盤を拓き、受け継ぎ、維持してきた。そこに銃砲を携えて流民を諸々連れてきたのが皇国軍だ。


地豪達は勝てない喧嘩をしなかった。皇国軍が変異動物を駆逐してくれるなら未だ手つかずの開拓予定地が開く。

そうなったら新たな集落を興すに人手が必要となるし、閉塞した土地に未来がないとも懸念を抱えていたからだ。


だから地豪達はヤタガラスという統括組織を立てて交渉し、施政と統治の下駄を皇国軍を信じて預けることにした。
5398 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:05:52 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
   ヽ   「.l「.l 「ヮ |    /      /  ,. -─- .、        ゝヘ                    \    l
    ',  LlLl Ll´   /     /   /:::::::::::::::::::::::',       ヽ ヽ    ,,                        |
    ノ   ロロ ロ  (           |::::::::::::::::::::::::::}____     ヽ:ヘ    .i!   、          r,;、   ハヽ |
  ∠-ァ        ,--ヽ      _. -;二ニ=''フ7コ´ ̄ ̄     ヽ::ヘ    l|   \         \\し,コ'
    /.-────┘, r──、      , z三ニミ、/Y,,, 'j           ヽ::ヘ   |       \   __   _  ,×ヽノ
            j_」 --ァzつ ,. イ´──::::ヽヽ,八ヾエ           ハ:ヘ .,r'─、 、    ゝァ甘き=''  .| .! ゝ'ーァ
            ,__从ル'!j r,l/:::::/::::::::::::::::::::}:::::|  ヽ'          //ヘ,>ファ7zっ`ヽ、  i::::T´  旬ぅコ`ヽ ∠
  / ̄ ̄ ─ヶ7三二三>'´:::::::::/::::::::::::::::::::/:::::::!       ,イ/ヽ ,ィ'/ ,r'三≧、く_r' 旬ノz今,-,';:;ュ来r氷::| .|エ≧ =ヽ
    ,__   l/r┐ , r-、〈::::::::/::/:::::::::::::::::::/:::::::::jr-ュ_   ふY三≧>il' ∠i r' ⌒Y',γ=<j、爿, z=ト、_ヾ/:/::::|-'} |   _-
  '´    ̄7/1j/.ヘ::j トゝイ::::::/::○:::::::::::/::::::::::/f7,r'´,r 7´ ̄´  ヽ ト、/} j /  ,イ ヘ n |/ .r':::::::::::;-ニ}r/j:::::ゝ,; ヶ..._ -
        //)''l/rっ 〃 ∨::::::/::;-、:::::::::::::l:::::::::/∩l> l //ヽ/⌒l! ヘ!./ミ/ /  / |i-'彡l ', /;イ::::::::::::ヽい7:;-<ァ:::::;:::::; -
      /ハUr;.,, ~,_/'  /:::::/::::::''":::::::::::::l:::::::/-, -' , ィ !' " ',,` !  У / .j   j / ,イヽゝ'ゝ'|::::::::::;;;入_/:j ヽヘ\::ヽ` ̄
.      /   ''`/l=  /::::::r';: 二ニ=、:::l:::::/ i ゝ─ァオ i'ゝ'' ' ¨~  ljiii /_,,,/ / ヽヘヘく .l::::/::| ヘ:ヽ` ‐- 、ゝ:ヘ
    __l    /  し, ,':::::::::7-;:::::::::::::::ゝ、l::/  l   ノ;.イ     _..- l   }ニ彡ィ'三三(ヽヘj / l::::| _l;;;;l    ヽ`l
 _ |  ̄´     l j:::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 ヽ':/ l    二ニ;'' |   ゝノヘヽI::7::::〈ヾ´ ∨   }r,'-─;;ヘヽ__    ヘ
  ヽ`´        ` ̄ ' …ァ:::::::::::::::::::::::::::::::', (  j     _;-'  .l   =ヽ ,入://:λlr:) l   , ' |-.二-';;;;;;;;` ‐- 、_i!
   }             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  T;r|__ ... -─ヘヽ _, -'´:::::::`ヽ、ゝ<_ノ__/ r三'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
 /  T R A P?!   {:::::::::::::::::::::::::::::::i`ゝ-' /::/ ヽ::::::::::::::::::;-、;;;;::::`ヽ、::::::::::::::::::;-'´;;;;;;;;;;ゝ'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
'´_             _ヽ::::::ヽ::::ヽ::::::::::ゝ'::::::::\' ノ::ヽ::::::::/::',  フ::::::;:イ ヽ::::::::::::>-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;j
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

難儀が起こるのは想定していた。流民だけでなく遺跡潜りや傭兵が渡ってくることもだ。市井の監視に憲兵だけでは

追いつかなかろうことも、その穴を埋めるために保持していた自警団をあてがいフォローする心算でいたのだから。


しかし事態は地豪が縁者を筆頭とした若衆を、箔付けとして遺跡潜りとして再編して周知を行っても、まだ不足した。

畿内に限らず皇国各地からやってきた流民には都落ちの政治犯やミュータント解放戦線の逃亡テロリストといった

危険分子が含まれ、その為に憲兵の抑圧はより厳しく居丈高なモノへ徐々に変化して若衆達との衝突を始めた。


―― そうやって情勢が変わってより膨らみ続けてきた緊張の風船に、“大雷怨”討伐中止の報せが一穴を穿った。
5399 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:10:28 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                                                ⌒ア   __
                                    /ハ _ノ). ./  /-‐ア⌒     ___ノ)
               ト、                    ′ノ  /     /--‐‐…………‐‐--  _
              ミ´ニ`ヽ            __r‐‐人(___                        ``~、、
               {ニニ{               ⌒ア  ( v⌒      -----ミ        ‐‐-ミ¨¨¨¨¨ミ _____``~、、
               ヽニr'         ミ.  _,ア          、         ``~、、  ): : \: : : : : : \⌒¨¨¨¨`
        ィ=-、    _」ニニl、_           ./. :         \  -------ミ: : : : : \(⌒: : : \⌒¨¨¨¨`
       弋ニノ  /ニニニニニニi      _  : : .{  .{     .、  \(__      \: : : ⌒\(⌒¨¨ `
       _ ┘ニト、 {ニニニニニ|lニi  r-、 f  _ノハ {  .{ |    \  \⌒v: : : : ¨¨¨¨¨¨ヽ(⌒丶          /
.      lニニニニi lニ∧ニニニ|lニ| ∧{__ノ |-lニ  从  { 人 /, /__ \(__   }}乂__: : : : ⌒>            /i:i:i
   <ニ', l‐lニニl、lノニl ノニニニ|lニム| lノ-`ーlニ|ニ   (ハ ‐rッ、\:::::_.v炒丶__ノ乂__‐‐‐‐‐彡              /__i:/
    _> l、|-{lニニl 〉lニ/ニニニニfニニニ|ニニlニ|ニニ.  V 从¨¨´{ \(   八. : :∨(__              /i:i)/
    fニニ.|-lニニヘ lニ{ニニニニ弋ニニ」ニニ{lニ|ニニ  ..V(込  ゝ  __., /    V_             /:::::/
    |l}ニニ{ /ニニニl廴/ニニニニヘノ|ニ|ニニ/ニマニニニムニ   : .  ̄ ´       V乂          /:::::/
.   {/ニニヘ|/ニニlヽ l弋ニニニニ| ヽlニニヘ-イニニニ{ニムニニ.  > ィ('.       V〉\       /:::::/
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ.._  ._ ‐=ニニニ/∧     /  /ニニニ=- _    /::::/
 |   分水嶺を越えたぞ、爺ぃ。……いいな?   | _ -ニニニニニニニ∥     /  /ニニニニニニニ=/::::/
  乂__________________ ノ.ニニニニ/ニ /∥、__  _ -‐ /ニニニニニ/ニ/::::/\
    lニl   |ニニl    |ニニニl     lニl     ノニニニ/ニ‐/i:i:∥      /ニニニニニ//:::::/ニニニ \
                           _-=ニニニニニニ/i:i:i:.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       _ -=ニニニニニニニニ/i:i:i:|i:i:i.|   おう。メンツに泥塗ったツケ支払わせたれや   |
                         _ -=ニニニニニニニニ=‐  .:i:i:i:i:ivr‐‐.乂____________________ノ
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

まだ拓かれた土地は小さく実りを得るには遠い。しかし増え続けた住民の腹を満たせる賄いを運ぶ陸路が使えない。

信用の種を踏み潰して不信を撒いてきた軍が海運物資の公正分配を約束したところで誰が真正直に信じられよう。


流民の鼻つまみが群成した“協働会”、それに肩入れして私腹を肥やす他地域採用の下士官兵卒を目の当たりに

ヤタガラス構成員達の忍耐は限界に達していた。―― 統治の任を預かるファーザー中将からすれば願ったりだ。

抑えの利かない鉄砲玉が流民相手に暴発すれば鎮圧の名分が立つ。軍以外に力持つ衆愚などいない方がいい。


今日まで再三に要請されながら棚晒しにした“調停”を行う口実となり、それは中将の功績として数えられるのだ。
5400 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:15:53 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                                                 `ソ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く
   / Y) 〕iト、、、                            〕:::::|        |l    /::::/ヽト、i 、::::::::::::::::::::::::\_
   〉ー─ 、i:i:i:i:i:i〉   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    _ - 〕:::::|         .ー=ィ::::v′    ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ¨7t ̄芍〉、、く──── ___ ‐───┼‐  ̄    |! ̄      |l.. ./:::/        v:::::::::::::::::::::::::ミ、
__ } _'__  レr)ノ_____くi:i:i:ィL ____  __ ___|!          _,イ:::::r─   ー─‐  j:::::::_::::::::::::::ト
    ゝ-   弋       从{、_}   ___  〈_、/ヘ、             |  ハ::::i z=ミ  z-=ミ  }:::::i ヽ::::::::{
  。s≦弭癶 /ハ≧s。、   /⌒ト、〉   7‐ァ  ゝ-く \           |l   j::《 甘 }  甘 ノ ::::リ、_}}::::::∧
/  `i:i:i:i:i:}/Y`ヽ}:i:i:| | ∨ |  | リ  _/`¨´И {  |i:i:i:i:|i………… 、  |l  . ハ::|   /       j:/ (.ノ:::::∧
   }i:i:i:i:乂_ ノi:i:i:i| | ∨ |  `ヽ_ て下>‐ 〉 |  |i:i:i:i:|::::::::::::::::::::::::::∨ |l r.. .从  ヽ        /:::::/ '  ヽ
   リー-ki:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |  Γ|丐〕iトっフ   辷彡} 7フ三刈ニニニニニニ∨ |l o| .     __ _ ,     .イ::::::{
   /i:i:i:i:|{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |   }k|─‐ }      | | | ら'´ _, |!::::::::::::::::::::::::::::::l |l      V./ー      /jハト、
  j!ハ____}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |  М   |      | | |  |  j}  |!::::::::::::::::::::::::::::::|...|l     .// 、_  -=彡    _L
.  厂i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| |  |!〕   {      | | |  |  ハ  `、二二二二二}!И    ..` ィ ¨∧ __  -‐   }
 ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |  |! |   |    」,,」 {  | { 'y  {  ``~、、    |      / {   } i }       .{___
_∧ \_____ソノ  |! |   |   〈__と___}r=ヘソ  」'"/       `.. .x─ ─‐ 7  }  ,  } !      /  ー-  __
/ }________{ ̄ l l   |              ̄          ./      / r┘/ r‐'∧   /         ヽ
_j|_______l___|__|___|_____________   「\  }     {::V_ V::::ハ/          r─
 立 ち 入 り 禁 止  K E E P O U T   立 ち 入 り 禁 止  .../ |  ヽi      f´:::::::::Y           __    イ
 ̄| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|歹 ̄} ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ...}      !     V::::::::/        /  /     ,〈 }
  |        |      | } / ノ                         /     〉      v=::'       i   i /       / . ′
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

陸軍の全てが騒乱を求めたわけではない。まっとうな性根のまま市街で踏ん張っていた下士官や兵卒だって居た。

キイで志願して駆けずり回り続ける堂島や他の下仕官補達だって居た。上では中将補佐官のオンナスキー少佐を

始めとして当時在籍した美国事務官が書類とクレーム相手に奮闘していた。軍は決して静観などしていなかった。


こんな御時勢だ。良心で頑張る奴よりずっと、悪心に流される輩の方が多かった。それだけの事で、この有様だ。

     カ ー ニ バ ル
かくして血祭りの開催がここに確定された。いつかは起きたことだろう、もしかしたら起こさず済んだかもしれない。
     スラップ スティック
そんな破綻の狂騒劇を、さぁて市街の皆々様にはとくと御覧あれ。―― お道化た悪魔の大見得が切られた。
5401 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:20:39 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                __
                 x<: :ニ=-
        _____/: : : : : : : : >.、           【人権屋を建前とした企業子飼いの非合法工作員】
      -=ミ: : : : : :.ヽ: : : : : : : : : : : : >.、
     ____/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
   .∠: : : : : : : : : :i:.:.i: : : : : : ヽ: : : : : : : : : : ハ
     ./:/:/: : :/!:.:i: : ヽ: : : : :\ : : : : : : : : ハ                  _,,.、--‐─‐‐-、.
     ./://: : : :./ レイ\: :ヽ _____ヽ: : : : : : : :ハ              //´i    i`ヽ、\
   ./´:/:/: :==、     >===´: : : : : : : : : {          ._   / /    l   l   \ ヽ        _
      .ムイ: : :/___`ヾ   '´ ____ニ==ァ=イヽ ヽ:ハ     ..,r´i .i `ヽ l /     }-‐-{、    ヾi       ,r´i .i `ヽ
      /ヽ: ヽ////7ノ==く77////,イ: :i/ハ }: :.,'ヾ}     if ,}‐{ __ノ,l ,l  _,/ ゚ ゚ ゚ l__ ノ l       if ,}‐{ __ノ,
       ∨!.ゞ===イ   `===イ .!:./ん,': : ,'        ,ゞlコ ,iコ ,!|`゙;} ̄__    _  `|´ |      ,ゞlコ ,iコ ,!、__
          ','.,    〉    、     !,' _ /: : :.i   ....,fソ´`トl li l ノ ! ,l i´:://)   i´::/:`i | ,!    ,fソ´`トl li l ノi l ヾヽ
          ',;',   ゝ _ = '   ,イ  !i: : : : i   .,/´i ヾ、、`ー-‐' ,.〉fソ、`ー‐' i⌒i ゙ー‐' ,/ソ`ー'´`、 ヾ、、,`ー‐' ,./ / ,〉、
       ____ノ:.i ヾ-====== ‐=ニ/  i !: : : : ヾ=彡  |  フ   _.,、イ | ! ゞ , 、.'二' , 、 ,f | ヽ、ヽ! ヾ`ー‐-、、   ./::|ノ'゙_,ゞ,
     ∠: : : :.∧ `ー====== ´  / i: : : : : : ニ=-. .、-─'゙´ i   ヾ | i;;ソ ・ .・ヾ;;!  !  l  ヽ  iー─-f ゙:、イ::::|;レ'゙,r-i、
    ヽ==: : : : :.ヽ.  ー‐   イ  _L__: : : : : ラ.. .   \  ヽ、.  `''! ゙  ・ .・  ゙ /  ,!    i  |   |  ヽ、::|;;;ソ  ,!
        ̄ フ77ハヽ ___  イ   _∠//////77= 、  .、  ヾ、     \  ・ ・  ,ィ'  /    |  !   |  ー゙:、l/ヽ、,,.|
      ノ777}///, ==-=7777ハ77////////////ハ   \   ヽ     ヾ、``ー-‐'"   /.     ,'   ,'   ,!  ー‐-゙:ヾー、g))
=====- イ/// ∧/ ,'//////////}///////////////>、  .\,   \    `     /     ,'  /   ,./     i  ,ゝ´
ニニニニニニヽ//// ヽ///////////{//////////// '´ニニ ><     \      /      ,'  /   il/        |  ヽ,
ニニニニニニニ \// ,'///////////,'////// > '´ニニニニニニニニニ> 、   `ヽ、  ` 、     /  /    /       |   !
ニニニニニニニニニ >イ///////// / ,'ム=‐7´¨ニニニニニニニニニニニニニニニハ  .              /    /        /  ソ
ニニニニニニニニニ,'//////////// ,'.  /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

騒動が確定したところでマクロな視点に焦点を戻せば、元より変異動物の齎す被害こそ第一なキイの土地柄と情勢。
                                                      ヒュ ー マ ニ ス ト
そんなところへ外から流入した口さがない連中の中に、ミュータント解放戦線と対なる“純人類至上主義者”が居た。


不安に揺れるキイ市街にあって殊更に、自分達の主張が罷り通ると信じて声高に。そうやって信奉者を増やすことで

自身の勢力や権益を得る下心を腹に抱えて。―― 半変異体を追放しよう、平和をこの手にと叫んで武器を掲げた。


街路に真っ赤な花が咲いた。辻に死体が転がり、行方知れずとなる者が現れ、悲嘆と嗤笑が輪になり合唱された。
5402 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:26:30 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
      ムイ: : : : : : : : : : : : : : : : ヾヽ           ※外来者スカヴェンジャーチーム“協働会”頭目でもある
         i: : : : : /:/:∧: : : : : : :ハ `
         L: : /==x  ≧=: : : :iヾ}
.         i ハ:.{//777-- f====V: !           会もだいぶ大きくなったし使える手指を増やさねぇとな。
    ___八 .i:i ゝ===イ   >///ノイハ
   ラ: : : : : ヽi     〈  ヽ ̄./
   <: : : : : /.! ト====^===イ i                 おい、体ぁ空いてるやつ。このリストに載ってる奴らを
   ∠: : r / ! ゞ二二二ニノ イ
     __i///>>`ー―‐/                    どんな手を使っても全員ココに、俺の前にかき集めろ。
.    }//////// >>'´
    /ニニ><////77∧
.   /ニニニ /ヽニニヽ/// ∧               \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
..  /ニニニ /ニニ` ,ニ ∨///∧                    ≫                               ≪
.  / , イ ̄.ハニニニハニ ∨///∧  r--‐ ===ニ二  ..≪    「「「エンジョイ & エキサイティングッ!!」」」    ≫
  }´ニニニニニハニニi!ハニV////ハ  i    i         ≫                               ≪
  iニニニニニニ ハニ |ニ |ニニV////ハ !   .!        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
  !ニニニニ ニ {ニ|ニ L____∨/// ハi    i            .|
 .iニニニニニニニ iニ,'ニニニ / V////.i    i            .|
 .!ニニニニニニニ i´ニニ /ニニニV///>ニニつ             |      そう、俺たち協働会のモットーの通りにだ。
 iニニニニニニ ニ !ニニニ> 、ニニ ヽ/ /¨¨¨ つ          .|
 !ニニニニニニ ニ !ニニニニニニヽ.ニ/ '´ .,∠二_.          ,'.       ……俺のお楽しみもちゃんと残しとけよ?
 !ニニニニニニ ニ !ニニニニニニニ. /   '´ ,イフ´           /
 !ニニニニニニ ニ !ニニニニニニニ/    ' /       __ >'
 !ニニニニ>‐-= -‐== ニ ̄ハ    , ' |   __><
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

この最中に、ゾーネンキント車両整備は増長し暴走する“協働会”に目をつけられ、兄弟が揃って誘拐された。

ヨハンを口実として車両整備を営める施設と技術者を、自分達で煽った群衆心理を後ろ盾にして強奪を目論んだ。

抵抗した父はその場で殺され、イザークが逃げられないよう片足を落とされた。ヨハンは……語るまでもない事だ。


彼は語り口を切ると、泣きそうな顔で「母がとうに他界していたのは不幸中の幸いなのかな?」と呻くように笑った。


ヤタガラスの実働隊と堂島を含むマトモな軍の一隊が、兄弟や他の囚われた被害者救助に要した準備期間こそ

兄弟が味わい尽くした責苦の時間だ。救助から逃走の折、流れ弾からヨハンを庇ってイザークの右腕が飛んだ。
5403 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:31:49 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
                      、ト、                     、  、 、  、  ̄   ̄   ;: ノノィ/イ'/,イ! !l:〈
                     _ }乂、ミ=ニ≧-、、         .≧=- .,_\、\ヽ, }ハ:.:.....       ;: レ'イ // ;!; !;lノ∨
                   =ミヾー-ゝ ミヾミミミ\        .乂ミ≧ミ≧乂、}Wリノ ヾ:.:.:.:.ヽ     i .: /イリ / :; '  :.∨
                    }、\ヾ\ヾヾヾ}}从         ''''""~``` ` ̄``          i ;:/{ _`/ /    :.:.!
                        {ヾ\`ヾミヾヾソリリ}ハ            _  -── 、 \  、 、    { {≦__,.     :.:.:}
                  _ -ハ、_ヾミヾ゙_ ニニ_="'/     _,. ‐二 ̄_ ̄ ̄二 、  〉   ヾ   ‘,ヾ ̄   、   :.;′
                  ,ィ≦ニⅣ∧ヘヾ-≠ミvy~ノzヾ       .二ニ=t'iチ⌒≧、 / ,.:.;:.:.'     ‘,       丶  : ′
             /.ニニニ//::∧(, :.弋苡ノ {ゞ゙'゙{、     \   __ニ-彡'  /  ;:;/   ;:.   \      ヽ: :′
            /ニニニニニ{ !:: :i`ヘ:. _,. 、_}、ノ=∨  ....._\ ̄        /  /    ;::::     \ :::.._   :.!
           /ニニニニニ∧∨ :l   \ー-‐-'イニニ∨    ノ    ̄   -‐ "/   ,:'     ;::::        `ー, `ヽ.:.{
         /ニニニニニニニ∧∨:i. ヾ〈∧州f |ニニニ',                 ,:/     ;:::'       /    :.∨
      _,. -==-x、.ニニニニニニ∧∨、 ,_//从{{、,!ニニニ!. ────────────────────────
        |ニニニニニ=-ニ_ニニニニヽ\'//ニ/ `/ニニニ|
      /.ニニニニニニ/ ` <ニニニ\/ニ/   /ニニニニ.|        おれらも日々に飯を食わにゃ死ぬし
       |ニニニニニニ/:.:.:.:.:.:.:.. `... -=ニ/   , {ニニニニ|
       |.ニニニニニ/__         ̄ヽ、 マニニニニ{        糞をひらなきゃやっぱ死ぬ、人間よ。
      ヾニニニニニ∧ :::.\ ̄ ̄ ̄::::ヽ   :.∨_|ニニニニ〉
       / ` ー-=ニ/ ∨ ::::. ∨z、_:::/::::::} :i :. ∨!ニニニニヘ
       /        ヾ ∨ ::::. ∨三≧==! ゙ ,} ∨ヾニニニ∨.      飯盛ってくれる奴を締め上げんなら
      /           ∨∨ ::::. ∨:::: ̄:/У//j /:::-‐\ニニ.∨
      |           ∨∨ ::::. ∨::::、:`ー'-'‐^′::    \ニニ\ .     おまえ、黙って座ってられんぜ?
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

市街の実勢・統治の殆どを、預けていた下駄を力任せにブン殴って奪い返し、現在もヤタガラスは存続している。


具体的には市街での粛清を迅速に行う事で中将による“調停”介入に一手分の先を打ち、終着と同時に別口から

請願していた“調停”を持ち込ませた。出資支援で連帯を持っていたガンボーズ、皇主尊重派の近衛を頭に戴いた

民心派軍人の最先鋒から。仮に彼らが市街へ凸すれば南部防衛線に穴が開いて崩壊する。ほとんど脅迫だった。


かくて“失明期”という一連の騒動が終息し、市街に平穏が取り戻された。陸軍の信用が瓦礫の野と変わり果てて。
5404 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:38:17 ID:rqGZp0Ao0



────────────────────────────────────────────────
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,
         / ┌─ 、 ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  | / _  ̄|.  ;;;;;;;;;;;;;;;;:.  中将閣下が無能だったからこうなったワケでありません。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ( V-|_H ̄|.  :;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.     ..
         |  ゛  y~7        有能でなくとも無能でもなく、軍組織がして当然の考えを
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /`   ─ /.  :.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..
        /`- ` -─′.          当然のように行った……それだけでしかないのだから。
   ─ ̄ ̄   7/-
  /  \       \
  /   |     O   |  .;:,,::;:;,,:,:,::..,. ... .γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   \/        |          |  おう、それ市街のド真ん中で言ったら私刑で済まねぇぞ  |
 |  ̄\|     O   |.  ;::....,,.,.       乂 ________________________ ノ
  |   |         |. .,,.
  |   |      O   |
  |  ─|         |          私の首ひとつ括って市民の反感が半分でも治まるなら
  |    |     O   |
  | \ |            |.          喜んでゴルゴダの丘まで磔架を担ぎましょうや。
  |  \|      O   |
────────────────────────────────────────────────

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ほぼ一昔と数えるだけの年月が過ぎた。当時とは人員も大部分が入替わった。しかし今も陸軍への不信は色濃い。


分かってはいるのだ。軍の全てが腐敗しているワケでなく、共に手を取り合う同郷の者もあり、野生変異体を相手に

今も戦っている信頼に足る軍人が存在することを。頭で分かっていたところで、それだけでは駄目なのだ。


体と心に深い傷を負い、取り戻せない幸せを夢に見る。この傷が痛みで訴える。―― 奴等を信じられるものか!!


年嵩の市民が墓場から目を背ける理由。堂島が思いつめ始めた契機。感情で焦がす傷痕。たった一昔前のこと。

それでも彼等は立ち直ろうとしている。片手片足を失った兄も、彼に守られた弱者の弟も。痛みで叫ぶ胸を抱えて。
5405 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:44:01 ID:rqGZp0Ao0



.     Π  [[|    ∠ ̄ ̄/
   | ̄ :  ̄ ̄| ∠二  二7    _
     ̄| | ̄| |   / /   ┌ ┘! ‐┐
      |_|  |_.」   |/     ̄|_lフノ..γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
                         |  砂糖もミルクもなしに煮詰めた珈琲を舐めたような、不味い話だ   |
                          乂____________________________ ノ
             -‐=   ¨¨  ̄ ̄ ̄ ¨¨   =‐-     ____ ____ __ _____
         (                        )   レ―― 、   i    ノ/__/   \
        | ≧=‐--  __    __  --‐=≦ |V´/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        \
.          !           ̄ ̄           }_f´乂______                 \
        ‘,                          / \__/ /__,ノ  ̄\              \
                               / f´ ̄   / /  「 ̄ ̄ \
.      ¨¨  ̄ ヽ                        / ̄ ヽ__/ /_ノ___ノ_  ヽ
.  /          \                   / ̄ ̄ ___/\     {  \  \___
 /          - `                 ´ ̄ ̄ ̄       ∧     \    ̄ヽ \ ̄ ̄
. ∨      /       _〕≧― -  - ―≦〔_     \      /     `ー‐―'’_____
.  \     {       乂_       _,ノ       }    /
    `’< \            ̄ ̄ ̄ ̄           / >‘´
             ‐-=  _________  =-‐
                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ
  |  辛酸と苦渋のエスプレッソが舌に合って喜ぶ人とは僕も仲良くしたくないよ  |
   乂________________________________ ノ


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

なるほど。一通りの話を聞き終えて、チンクが自らの内に刻み込むように深く頷いた。決して無関係でない話だ。

だからこそ目の前で泣きそうな顔でいるヨハンを、“人工的に、ただ弱くあることを宿命とされた”彼の傷と痛みを

“自然的に、ただ強くあることを当然とした”チンクは、まったく正反対の存在に触れた貴重な経験を胸にしまう。


直接的な関係がないから自分は直接なにかしてやれない。本当の素性を明かすこともできないので購おうにも

罰を求めることだってできない。ならどうしたらいい? ……ああ、そうだ。数秒の沈思から結論を腑に落とす。


なにもやることは変わらない。やるべきことは変わらない。キイの状況を好転させる手助けをすればいいだけだ。
5406 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:47:56 ID:rqGZp0Ao0



                                    、, ,
        ``ヾミ二ニニ=-_ 、                 。
              ``ヾ彡二ニ=-_                      ヽ
              `ヾミ二ニ=_、               (_`X´
、_____ ___,,,,....,,_     `ヾ彡ニミk、_               .).   キミ、ほんっと斜め上にカっ飛んでるというか
ニ二ニ二ニ二二ニ≧x.,_.....:.:.:~``ヾミ:i :.:.:.:.:.:.:.:.、       (_`X´
ーミニ彡ノ彡人ミ彡f ア゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ノ__\        .).    世間ズレしてなくって話してると調子が狂う。
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..oO:.´ ̄:.:.:.:.:.:.:.、  (_`X´
          /_ノ〇O.:o.:。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ...)
.         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:. i:.:.:.:.:.:.            予測つかない会話って情報の入力と整理に
        /.::! .:.:.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.
.       / .: |.:.:.:.:.i..:.:.: |:.:.:.:.:.:.:斗ャ''~ V.:i:.:.|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:          すごく頭つかって出力するの大変なんだけど。
       .:.:.:.:.|.:.:.:.:.| :.:.:_|_.:.:.:.:.:.:.:.i/   Vl.:.:!.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.: i
        i.:.:.:. !.:.:.:. |.:.:.:/!.:.:.:.:i.:.:.:..l,ィf竓乏行 .:.:.: |_:.:.:.:.:.:.:|
        |.:.:.:.:|:.:.:.:.:|.:./ _!:.:.:.:.!.:∧| V//リ | :.:.:.:.:| }:.:.:.i:.: |       γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        |.:.:.i.:|.:.:i.:.:lィf笊恣/|/    `¨´  :.:.:.:.: |ノ.:.:. !:.:.|       |  改めて聞くが、私のことが嫌いか?  |
        |.:.:.l.:|.:∧小  Vツ  、      /ィ.:.:.:. |.:i.:.::从リ        乂 ________________,ノ
       :.:.:.| l/.:.:}ノ:.:.:.            / .:.:.:.:.:|人/
         :.:.:!:.:.:.:..:.:.:...込、       -  ,.ィ |.:.:./.:!
         N .:.:.::.:.:.:.:.:.:.| >   __-z≦   _!.:/_i/            そうやって臆面もなくクリティカルぶっこむの
          :.:.くi:.:.:.:.:.|    /-_-_-_v-_-|/-_-_、
            \:.:_,;i .:.:|_r≦-_-_-_-_}!-_/-_-_-_>-― 、..     程々にしないといつか背中を刺されるよ。
              /  \|  >-_-_-_-/\-_-_-/、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

小さくクスクスと笑うチンクを不思議そうに見やり、なにかおかしいことでもあったか問うと、彼はかぶりを振って

「今日、ここに来てよかった。いろいろなことを教われたんだ。辛いことまで話してくれて、オマエに感謝している」

とても素直に礼を述べた。やるべき事、やらなければならない事、そこへ今やりたいという願望を伴えた事に。


しかしどうだろう。嫌な思い出を語って痛むばかりなヨハンの感傷が、すこしだけ暖かい熱を持つ。まさかこうも

直截な礼を返されるとは思わなかった。気休めにもならない慰みや哀れみの目と言葉がかけられるのだろうと

タカを括っていたのに。本当に彼は、言うことなすこと斜め上にカっ飛んでいる。つい、クスリと息を漏らした。
5407 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:52:09 ID:rqGZp0Ao0



                     二二二三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
                              ニニニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
                      _..  -‐………‐- .._    ===ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
                  '"´_..ニ- ̄-‐…ァ=-‐…‐=ミメ、      .---==================
               :´,  '"´     , '´          `ヽメ、          .‐ ‐ ‐ --------------
          ./ /       /", , ,           \\                 - - - - - - - - - - - - - -
         ' ./           /                rヽヽ¬
        ./ , / ァ==‐-  ..,,__r/--  .._                j 厂 ̄ト、
       / ///         ̄二ニ=‐- .._ - .._   rf=='X/   |  `  _
     .,′/                ヽ    `   ミxz 》〉^o ヘ__ j^゙_,,.. 一
      .i イ!              ミ           `''     「厂
    ./| :;:.              _`                `''く
  ,    | ',:.                                `
  ,′  |  ',:.                         ∧        |
 ,′  !  ,                        /  ,      |
       ‘,  ′                       /   ',      |
      ..'.  ヽ                       /     ,     |
         `:   ::.                    _,,..  j′ ニニ  ',__     ‘
          i|i |__       _,,.. -‐= ア-‐==ニ7 _三ニニニニ弌=x.  {_
         } | |ノ、、  `'≪      //   . -‐ 仁=……=‐x. `ミメ、ミァァ=-‐……… ァ
         } } }  \      `''≪ /   / _ -=弌r‐…へ\`)≫=- _ ≪        /
        , //    \ x>、     `Y// ≠    `¨¨¨¨¨¨¨´       \ \xw  //.二ニニ==ァ
       _,厶イ       \ x/>、   ル′"                     , wハ V /′       /
_,,.. -‐ '''7 リ           \ x/> 〃 〃 /〃ハ                   YW′      /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「いずれまた用がなくとも来るよ」、そう言って去る小さな背中を「迷惑をかけないようにね」と軽口の冗句で見送って

一人になった工場の奥で架けたエンジニアスーツへと歩み寄る。あの事件の後で、イザークが手元の金を握り締め

方々を彷徨って購入してきた物だ。ずっとヨハンの傷ついた心と体を守ってくれた、いかめしくも優しい卵の殻だ。


スーツをくれた兄の優しさに甘え続けている。生身で外に出られないほど周囲に怯えている。その上で、こうも思う。

チンクが来た時に素顔でいて良かった。彼とのやりとりに少し傷が癒えたようで、話せて良かったと思えたのだ。


威嚇なのか兄の趣味なのか変なトゲトゲと飾り紐をつけられたスーツに触れ、何とはなく「ゴメンね」小さく詫びた。
5408 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:56:45 ID:rqGZp0Ao0



                   ./ニニニ                       /
         ./|    |  /ニ/.}二|                       //
       /ニニ|    l〉 |ニ/ノニ./     -=ニ才ニニ}         /ニ/
      /ニニニニ|     |ニ圦ニニニ/   -=ニ才 |二ニ/ <二ニ=- /ニ/
      /ニ/|二|     |ニ| V〈¨ <ニニ才   .lニニ/        \_人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_/
     ./才  .!ニ圦.   |ニ|  Vム    ̄   「二|ニ/      ./ニ/.≫               ヒリュウノケン      ≪
         |二ハム   |ニ|  Vム        |二|イ      /ニ/...≪   義体カラテが奥義、竜巻旋風脚!!   ≫
         |ニ7 Vム. |ニl   .Vム      .|ニ/     ./ニ/   ...≫                           ≪
         |7   マ/ |/    寸      |イ    ∠=匕    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
         |
   _   _  il`r ,, -- 、                           _   _          ∧__
  (´  (´  . .[ニ]      `ヽ       .__         (\´ゝヾ─、 ̄ヽ─, .      ̄1i
  `''ー-`''‐--./       .} ‐‐‐‐ 、   ー'、ヽー===- 、ー、`ー `=、_|_ヽ\_       .《
       (   T iレ'ル ハ从リイ     ゞ、. .lミ\\ / ヽ_,.\/ ̄l ミヽ:::_::〉ミミ、、)_      ≫
      / ヽ  L..[:;;;リ´ イi/ }{'  ,,  / ヽ  .:`ー'L三/.ヽ(_/.   ̄|::::|/::`;ミ`ミ`ミ::)
     ./  /.j Y ヽ)`_ oィ`ーt`ゝk__厶,..-‐'、_,-、r--.、. .〔|.) (. 三三|_l:::〈ミ`ミ`ミ/_
     .l /./ .iヽJ、ヽ「   __ゝ‐''":::::::::::::::::::::liu_.j-‐''". ノ (`. 三三|ニ()/>`ミ__()ー‐_、
    .`l :.  \ j、_TニT:::::::_,,::---‐‐‐'''''"  .二〈. ´⌒\...三三l:T´   ヽ二二二(_0ミー--、_
      .l ヽ__... ‐フ   |  ir..´::::/.. .r‐、///(_() ̄ ー--`ーノー〉_⌒ヽ       ゝ、_二二(_()\
  (´ (..,,___..-'''""    [ニ]::::::::::',. .r'r'´r'´,、/  ) }      .!/.::/(_():ノ            `ー`‐`‐`'
  ` ー--..         .ノ ヽ_:::::ノ.  ー. ___ __, ' /   ...._/⌒,!__/
      '、.   --- -―==ニニニ二二 -- ‐ ― ´   (/ ((_()、
       ヽ、         .j  〈_/(_Oー' ̄        /     // 〉l
        ``iヽ、   .ノ.  |::::::::| ̄l            i    // //
         [、` フー´  ...|__(_()'           /    //_/'     \人_人,_从人_人,_从,_人/
          l二j      |||l||||/           !──‐i-(_()      )  アイターッ?!  (
          `‐ '      `^^^               |     !(_0      ./⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヘ
                               L ___|__l
                               | l| i| i| | |
                               VV∨|//

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM  :    PARTY NIGHT     ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

いったい何をしに来たのだか、すっかり目的と違う授業で時間を食ってしまっていた。いや聞きたかった車両の話も

ちゃんと仕入れた上で滅多に聞けないだろう市街住民の裏話を知れたのだから、不都合は一つとしてないけれど。


「「私達を放って二人っきりで お た の し み で し た ね ?」」 ―― 長話の後ようやく戻ったチンクを迎えて

一人と一匹が盛大なイヤミをくれた。上半身が常人並の出力だから拳骨制裁があまり怖くないのだな。いいだろう。

私がなぜ下半身から修理したのか、その理由をケツとAIに叩き込んでくれる。いよいよもって泣くがよい。


さっきまでのマジメくさった面相はどこへやら。少年少女と猫は戯れながらに今夜の宿へと帰っていくのだった。
5409 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 22:58:11 ID:rqGZp0Ao0



   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5410 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 23:00:08 ID:rqGZp0Ao0



                                                      ,. へー ‐=ミ
                                                  ,、/\/  `´  \_`_ 、
          ._r、_/`-r、  r-、                               ´             ∨ヽ
       ,`-ニ,f 、 p '/ ||-、 | `!                 _        /   /  {          ∨∧
    _   _」、`ヾ`   .-'〈 `!,! ,!|,              r'   `'ヽ_  ...'    /  {∧  |  l| | ',  ∨/,
   | `、  ,!_」 ̄`┐__「 _.`「|    |r- 、   __     _ -'_, -t,,, -っ'"  '  ー-ミ.,{ ∧  |  jI斗┼   寸!
    !、 `、r|、`! r '~   ̄ },/ , `、,,| _ ,-' ̄_  ,!   , ', '  `-'"       | {   | 」L..,{ヽ∧ < 」L..,,!   }、\
    r'`、 `| `-`、_     |r!、   .〉 `' /"  7 |   ,' , '           | {  |【 {rう!` ∧ {イr'う| 】  /  }⌒
    ヽ、`、/ 、! ヾ、_   ,!!/' ii、 「!   `ー'" /   !,.!               |∧  |: Vり ´ \ Vrり } /  }
    ./`t'〈、_ `` - 、-、 「{'" ,| ∨>'、  r-ー-'"ヾ、  .! ,|            ∧,小 : : :   ,   : : : :  レ'  /}
    ヽ、 `ゝイ ,! 、_  |'、_j、,'-'、|  r'  `-'      `-'-'、__              .∧ ,∧         /  l∧}
    /`!  ' `「'  -'、 「~ ヾ,|-ト! |- ' r`, ー、-  、_  `!  .|               |´  丶  ` ´  ,. イ   /{
 ./ ̄  `- 、/`_-,「、f_!_   }、」 |`-'"/ r' /`ァ、 `|  ,| ,r、|                |     〕ト -=≦斗,'  /_
 | -'^,-- 、_ !'  `ヽヾ'-,r、、ヘ/ ,!_ ! |  ' ./,! 'ト't'  | |               八   /_ノハ V  /   /´ ⌒ ー 、
 !/ ,「' ,、 、 ,ヽ{「 ̄ ヽ、` 'f-_-' ̄   `ー'ー 、__ノ ./ ̄ ̄ ̄              /',  {  r-芥―v}: /       寸
  ヽ! i ! ,| ,|'    `' ̄             ̄                  _/  ', 八 7 / V くノ´            〉,
   `f -`-'- '       つーん。                         /::{    `'    /{', ⌒   、     / 〉、
                                              ノ{:::::\  /  /::∥::',     \  ,. イ,,.. イ:::}
                                             <  ∨::::::\   /:::::::∥:::::',   _ ,,.. -=≦::::::::::ノ
       出番なかったからってそう拗ねなさんなって。      ./ \ `'<__(` ̄:::::::::::|l:::::::::: ̄::::::::::::::::::jI斗 '"´「
                                          '     >-'  }≧=-:::::::|l:::::::-=≦:::::::::::「__  ,,.. イ
                                             /     :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::;’ !     |
            ―― あいきゃっち なう ――               〈      :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::| |    |
                                              ∨    :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::| |    |
     【出番は犠牲になったのだ。ヨハンの犠牲にな】     .、    ∨    :}::::::::::::::::::|l::::::::::::::::::::::::::| |    |
5411 : ◆ToVRCqC0oc [] 2018/11/09(金) 23:02:32 ID:rqGZp0Ao0



         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
      /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|
.     j从:.:.\ ○ノ'^ヽ{ ○ /:.:.:.i{      ……俺はいったいなにを語りたかったのだろう?(てつがく
.    .ー今{ \:.{^     ,   ./:.:.:./{
        _,.-=.{≧=‐.∩ノ ⊃´イ/^`
      ≧=- ,`ヾxく _ノ}}::≦
      ム/γ´  ∠ニ='゙_Ⅳ〉       ―― やるべきこともやらなきゃいけないことも いくえふめい ――
        ̄ 〉ーく_}____ノ
5412 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:08:48 ID:rqGZp0Ao0



              .___
        .,...:.:.:.: ,..:.:.:.:.:.....  ,
       ./,:.:.:.:/.:/ :.:.:.:.:.: |:l_
        ./:.:/.:.:/:.:.:z‐t/:.:|.:.:ゝ        年表というか時系列というか、そういうの。
     ,イ:.:.:.:{.:.:.:.:ハ{/^>.:.:,イ.:.:ヽ
      /.:i⌒ヾ .:} =/:.:.:.,ヘj:.:.:.:`        .まったくなにも手をつけていないのだねぇ。
      ̄|丶ヽ|゙ヾi   レ/.{=,}|:.:.:.:|
         〉._ト、_.   ‐-  ノ〉:.:八|
     _,.-= ¨∨}  r―ァ {__/           気にせず、だいたいフワっとでええやん?
     ≧=-‐=ァ{;;{jヽr/;;_}≦
       .ム/__};;:i;:;;:; } |;;:;;}Ⅳ           わたし、頭の巡り悪いのよ――!(ルサル感
        ノ;;:;;:;;:};;:: / |;;::;} ;}
        〉;;:;;:;;:{;:;i'`イ;;:;{ ;{
5413 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 23:22:38 ID:1bY2qjSU0
乙。なにを語りたいかでなく、語ってなににしたかが大事(哲学)
5414 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:26:21 ID:rqGZp0Ao0



        /          `ヽ
      ../          __   \
     /         >=ニi:i:i:i`ヽ  ∨.               【車の修理はカワイイヤッターがしてくれるので
   _/::i        /:i:i:i:i:}:i:i:i:|:i:i∧  ∨
  ..「::::::::}        /:i:i:i:i:/:i:,':i:i:i:|∨i∧  ∨              .単純に買うのもいいけど探してみるもよし。
   \::::}     /:i:i:i:i:/}:i:ハ:i:i:|斧:i:∧  ∨
    ..〉     ,'i:i:i斧芸}/¨ }:i/{rリ}:i:.∧  ∨             フ リ マ
    ..}     {::i:i:i:i:乂ツ  レ 、`¨八{:∧  ∨           モルグに持ち込みはあんまないだろうけど
    ..}     {:i:i:i∨〉       .':i:i八ノ〉  .〉
    ..}     {:i:i:i:i:∨   ' ¨ /{ Ⅵ//   /            .兄弟や2ch’s共とで墓場ひっくり返したり
    ..\    人人:i:i:〉≧=--::'{ : : ://  ./
      ≧s。   ≧s。ニ=>ニニミ、 「  /               やばげぇ依頼探して殴りこむもヨシ】
       /≧s。__ >   L}∨ /}
     ../ ..::  >‐=≧s。 > -┐{///   ヽ
    ../ /    /:.  >-=≧s。>へ/、         ―― 遺跡で見つける? うーん、そうねぇ。(無理ゲ ――
    //       /:.     /:>-=人◎} >s。
   ./'      /:.   /::    /   「¨マ: . .`ヽ




          ,..<.:.:,:._` `ィ゙i l.      >>5413 乙ありヤッター
         <:.:./.:i´:、:-‐`'、lУ
        ,=ッ::i:.:<、-<ヘ::l:i:.ハ       ダイスで選ぶにしても候補立てて並べるのがむずーい
        ハヘ:.l|γ⌒ヽヘ::::::::::::::',
       ´ヽ,|'ト(ゝ、_ノ ヘ,.ッYlリ      買う・GN-X券トレード・墓場漁り・俺達ゴーダッツ・遺跡
         .圦  ┌─‐‐,|`VY
          .>弋  ノ , <        手段がこうとしても車種の候補どないすんべやってなる
          i. 、_, -、¨ヽ.
          { ヽ、_, <_ノ
          /  幵   |            民生品魔改造と正規払い下げと鹵獲と、あと発掘品?
         ./   .∧  ’,
5415 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 23:29:11 ID:Tosve2fI0

発掘品の試作機とか最高だと思います
5416 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:31:23 ID:rqGZp0Ao0



                     /{r=ァ                      積載量があってAAの数ある車とか
                    . .-ァ‐…:.:.:‐- ..
                      /:.:.:.:}:.:.:._:.:.:.ヽ:.:.:.:.\             なかなかねーべよどないしよって
                    /;.:.:.:.:.:.ハ:.:.:ヽ 、:.:.;.:.:.:.:.:.:.\
                 { }:.: !:.∧ ヽ:.:.レfヘ!:.:.:.:.:.:.i              タンクとか夢あるけど積載がなー
                 ノ:.:.:トj≫j ハ≪ j:.:.:.:.:.:.:{_
                 厶ィ}ヾ      /:.rヘ:.:.:.r一
                   ]   ,--、   /ムィ⌒           そう、俺はバカなのです(既知
                 ト、 \  ″  イ]「^
                  ー―┘ V^L.\   '′{___/レ‐=ァ
              ≫-  ////Y! -‐√/{     ∠         なんか上手い候補とかあるなら
           -=≦, イ { L/r‐   -、__/ ,     \_,
             ./:i:i:i'^:i:i:i:iハ r‐ '´/:i:i:レ':i:{__ ヽ__\ ̄       それでテーブルにしてダイそう
             /:i:i:i:i/:i:i:i:i:i/   {:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:)   ̄`
           fi:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i/  /  「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{__r==x       だから助けて >>5415 乙あり!
5417 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/09(金) 23:36:11 ID:Tosve2fI0
やはりそこはやる夫界隈で生まれたアーマードハイエース……
5418 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:42:43 ID:rqGZp0Ao0
a


         /:./:...............:.:/:.∧:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.:.\‘;.:.:.:.:.:.:.:.......
          /; ';.....:.:.:.:.:.:.:./:./ ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘.\:.:.:.:.:.:.:.:‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.          // :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:/   ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
         i/  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   U ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:‘,  ‘;.:.:‘;!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        {  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.{\    ‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i    }:.:Ν_:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:
、       ;.   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  ≧z __ \:.:.:.:.:.:.:.:._|__ 斗:.ハ:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.i
 ` 、    jレ  ';.:.:‘;.:.:.:.:.:レ乍 ⌒ヽ  }:::::.:.:.:.:.:.F ^ミ/ j:.:.:.:.:.:.:.:.://};′
    ヽ  / ∨ノ:.:.:‘;.:.:.://  (_)   i::::ハ:::.:.:.; (__) ^Xト、:.:.:.:.:.:.//{ リ
     ,、/   Y:::::::.:‘;.:.:ー:. -== ''  /ィ {‘;:./rー- __ ハj}}:.:.:.:.:':::::::v
.     /     |「^}\‘;.:.:.:{          j/    ̄ 7:.:.:./:::::::{\{
.           ⅱ り\ 、:{\                 厶ィ7:/}:::{  ー
          ⅱー  7ハ\             U ィ厂/\{_
----  _     j レ 1〃 \  、          ,  /] 「     ̄     イ
      \   /  /==-   ト     ̄ ̄ ̄   ̄ ./  }{        / /
       /:\    /ニニム/ \;\         イ{   }_{       / /-‐…
.    /:::::::::::::\ ̄ ̄\\}   \;\    /  /           / /

     【候補にゃいれたいけどaa一枚しかなくね? って顔】

       ―― バカな、あのAHAさんが一枚だけなんて ――
5419 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/09(金) 23:49:47 ID:rqGZp0Ao0



           , -‐ァ:.:.:ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
.         /:.:.:./:.:.:f⌒ヽ:.:.:.:.:{\:.:.:.:.:.:.:i                  とりま入手法を上記のそれで1ID一回の1D100で
         i:.:.:.:.{:.:.:/-- _';.:.:.:.|__ }:ハ:.:.:.:.:.
         |:.:::.:.';.:.{ _ 云 jハ:j=-/ ;.:.:.:.:|                    いちばん高目の手段、その後で車種決めかなぁ?
         |:.:::::.:.刈辷7   {/ 辷圦}:./:.:′
          j:.:.rヘ:{ ハ    ′  /}:.:./
        ⌒} ハ\         /7:f`                    描写にださなきゃ枚数いらねーじゃんとは思うが
          ヽrt    r っ  /Y
  、____ト、  }} \     / {{   - ア               演出で出てこないの悲しい 悲しくない? 悲C
 __}    \ ヽ____  } `   イ    /  /ァー==--ァ
-‐¬       /ニニ}__ノ- ,  L...r=ニム      -=<_
  , -―   -‐ {ー--{   -‐'   マー-,}   ___    ー- _    ということで、明日にでも卓の方で振ろうねぇ
7     /   入__/ー-<     -‐ ァ^ヽ  ヽ    \__ -‐⌒
ー----:ァ__ -‐::::::::::::\  ーr‐ '   /::::::::::ー- {ー----=ミ
7:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::i|   |    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}         ―― 出演権だけで出番が遠いけど ――
′:::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::: | !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}
5420 : 安価のやる夫だお [sage] 2018/11/10(土) 00:00:41 ID:PRnPXgA20
乙乙

>まったくなにも手をつけていない
じゃけん、まずは四半世紀くらい前からの年表を作りましょうねー
作っていくうちに本編そっちのけでドンドン設定が積み重なっていくよ(白目)
5421 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2018/11/10(土) 00:08:40 ID: