チンクは大人の男になりたいのです その25

5653 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:18:31 ID:8VASV1Q60


  ___________
  |    -=ニ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
  |   /:.:.:.:.:/ |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |  /ノ:.:.:./、 !:.:.| 、:.:.:.:.:.:.:.:.|
  |<:.:.:./ヘ.,_ヽ‘;.:..:  \:.:}:.:.:.|
  |= }ノつ ̄ ̄  ‘,:.|ー―:.:}/:.:|        まー巻き気味の駆け足展開でいくけどな!
  |ニニ{     _   }ノ\ー-:.;.:.: |
  |ニ圦   /::::::::7    \ノ:.:. |        はーじめーるよーっ。
  |ニ〈  〕i__/:::::::::/   ⊂フ:.:.:.:.: |
  |Vニ=ァ 「≧=-<    ー=¬冖|
  |ニ/ r―=¬i'⌒⌒ニ=- ≦i|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5655 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:18:52 ID:8VASV1Q60


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5656 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:19:27 ID:8VASV1Q60


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5657 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:21:08 ID:8VASV1Q60


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
  |                           |      |
―┴┐                             ┌┴─――┴┐
    |                             |    05    |
――┘                             └―――――┘
                              , . :'´~`` ー-.、
                           /γ: :,ィ: ハ : : ; ',   楓さん楓さん、チンクさんが着ましたよ。
                           ,'レ1 i:/,'ノ .}イハ:',:'、.  コレ予約はいってた遺跡の件ですよね?
                          ハ:ク';{''゙ ┃_┃}i厂
      r========================ュ ト、:ヾ',   |  | ,.ィ`   ...r========================ュ
┌──┴──┐   /             |  ヽミ!:i``iー∩ ∩,'. ──┴──┐  /              |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―'‐  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ―'‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

チンクが朝一番に組合へと顔を出すと、受付では今日も元気に高垣楓と千川ちひろが押し寄せるスカベンジャー達に
備えて、遺跡斡旋の始業前整理を行っていた。忙しないが慌てる程ではないようで、チンクの姿を認めた二人は笑顔
で朝の挨拶を済ませ、一昨日にはもう酒場の魔女から遺跡案内の連絡を受けていることを教えてくれる。

登録名義はチンク及び2ch’sの四名。複数チームのエントリーが認可されている遺跡の注意事項としてチーム間の
諍いは自発的には行わないようお願いされた。しょせん欲の皮をつっぱらかせて物取りに励むのがスカベンジャーだ。
赤の他人とは即ち厄介者に他ならない以上、成功しているチームから遺物を横取りしようと狙う輩も絶えることがない。

そして管理委託のデスクワーク組織、スカベンジャー組合には『それをするな』と厳命できる能力も権限もなかった。
5658 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:22:37 ID:T6jEi..g0
ま、されたらそれ相応の措置取れる強さだからなこっちは
5659 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:23:30 ID:8VASV1Q60


                                          コレそんなイイ物だったんかお?
                                          出力ちょっと高いぐらいなんだけど。

        レア物のLv3工務服じゃないか!?                  ,,ィ,rへ、,,斤ア⌒`ヽ、
        いいもの持ってるな、カッコイーっ!                   /.//  ./  /     >
                                             / 厂7  .|  儿  ,,.rイ {_
              ,, -──- ..                         〈 匕.|  .r个く,人/,,..ィ".., .|
              /          `ヽ                     \〈ルイ,zァ r=ァ厂 ''"  .!
          ./                 ゝ                       弋二≦=彳_,,ィト、__ /
          /  /     .ハ     ヽ  ヘ                          Y`ー二斗< ト、三三ヨ
         ./  /  / _/ i! ! Ⅵ. ト、 ヽ                          ト'´   `ーyへ>' ム、ト、
.r 、「`V Y  ,' ./  zF≠iニ=l/{/-ハ=∧ li  l                       ハ     .,ム .弋_  マムミヽ、
.ト、   ! }  l  |   |r≦从ヾ ./  ./⌒ヽⅥ .l  r、/Y/)                 \,,..ィ升>-、: :\ 斤⌒ヾミx、
.ーァ     、 |  |   l{:::::::::::::リ   乂._ノ }  .|  ハ   .フ                    _.ト--''ア  マ: : :寸fo   `ヽ、
.〈入. //\ l   i!ヽ __ン      /j/j/ l   .|/\   く          .、_    ,,ィ'ムi,y7ハ __ム: : :|  `ー、   `、
   .`\   \ .从   「 ̄ ̄ ̄|  ,l /ヾヽ > -‐ ’          ト,ム__,,∠,,ィ´,.::' 〈ム 厂   〉: :ト、  厂 ̄ ̄|'7
     .\    \_∧.  乂     ノ   イ/,l   ゝ"               Vハ/ レ' .|;;'   Y'{ハ_,,ィ"Y: :| `ー〈,,.r-ァ  .i |
        \   //   >. _ . .イ   .l }/                 VVy'"ム'┴へ,,_∧レ'´,,;;'".カ;:ハ、: : : : ::〈___|リ
       | \//   ≪ l_=v=i.≫   .// .!                 }く_    .(__,ノ;;''"  ,rキ,〉、: :`ー、_..>―┴i
        |. ! .`辷- 、__ヾ1  「i    .// .l                 片i  `、   ./ T`r-く´ ツ-<⌒`ヽ|: ::ム斗―〈
      .| .!   } `ー-ニ」i  iiニニニ"イl   l                     {件><Yヨ-〈  { ∧__.ア   .ト、_!; : : : 辷ニ={
       .| i!   /゙    .ii  ii    ∨i!  !                     Y"i  '; {  .ハ リ / `ー、 .ノ  .ハ: : : : : : : :|

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

資料整理を終えた二人や他の受付嬢の元へと他のスカベンジャー達が列を作りだした頃、装備で身を固めた2ch’s
もやってきて、できる夫が幾つかの情報確認と行軍・戦闘の隊列、そして予定した探索ルートのおさらいを行った。
共用車両の中で手の内を晒すようなマネをしないよう、最低限のブリーフィーングはここで終えてしまうらしい。

各人にPDAを取り出させてゲッターチームが行動したルート、破壊して放置した警備ロボ、手をつけなかった店舗など
から期待できる物資、今回チームでその回収を目論む効率的なルートが記載されたMAPデータが送信される。

回収できる見込みは小さく見積もっても、相当な量が得られる試算だ。彼の計画が狸の皮算用にならねばよいが。
5660 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:25:37 ID:T6jEi..g0
フィクサーとして優秀だ
5661 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:26:06 ID:8VASV1Q60




                                                      / ̄ ̄ ̄ 丶
      そのギターはなんのつもりなんだ?                       /           \
      道中の車内で演奏会とか言うなよ。                          |  \    /    |
             __                                    l (●)  (●)   ./
          , .'´     ` ヽ                                    \   __`_   __/_
            ,イ /, -    .- 、 ヽ                                    ヽ   , -‐┴´/:∧    。ヘ、
          /  i l N .ハ ト_l N 丶. !                               _「:|_|::::::::://::::::::::∧._,,。‐°,,r '
.         l  ,i l lレ. _/ ヽ! /.} l !      ラップトップのコンピュータですよ。      ./:::/! ::::::::::://:::::::: :: ,.へ-ィ"°
.          l  l .!/(::::::)   ● 小/      PDAでは出力が低すぎるでしょう?  ./:::/ ∨{{{::://∨:: . //
        | .l l⊂⊃     .⊂lレ                             ∨:/ : |::::.// ::::',/=ミi::∧
         |  l ∧   ,.-‐ァ ./,l.      いざとなればブン殴りますけどね。   ..Ⅳ l |: // :::/.ミミソ {:::::|
          |  l .i _> ´ニ´l⌒ヽ|                                 ,':| .l .|ilij / /ヽゝ ノ}:::l
.       |  i /ヽ.\=v=i丶ニニヽ                              /:::| ./li/ /::::::l ∨::::::::|
.       |  l |   i!__l   l .ヘ  /                            /.../,/ / /:::::::::::::.. ヽ__丿

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

やる夫が一人、遺跡までの道中を別行動して自前のトラックを出すと言って、庁舎の外へと出ていった。
できる夫が頼んだ事である。今回は大荷物を抱える算段でいるので、状況によっては一旦、遺跡の外へと駐機した
トラックに荷を積みに戻ってから継続トライにかかる事も想定しての布陣である。

遺跡の監視・管理をしている兵隊に一時預かりを頼む手もあるが……兵士が他チームに買収されないとも限らない。
所有権の主張が有効なのは手元にある間だけだ。手元から離れてしまったら誤魔化しようなど幾らでもあるだろう。

トラックの物資に手を出すバカが居た場合すぐ逃げ出せるよう、やる夫に信用できる人手を呼んで貰ったのだと言う。
5662 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:26:27 ID:T6jEi..g0
ギター型COMP!?w
5663 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:26:54 ID:iRsfd54Q0
内海キャラが似合うな、できる夫w
やる夫とチンクがいい友達状態だなー
5664 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:29:40 ID:GGYP6icY0
どこのキャロルJだよw
5665 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:29:55 ID:iRsfd54Q0
嫁1号2号か、ギター型PCは意表だな
5666 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:33:12 ID:8VASV1Q60


         /: : : : : : : : : : ; -:´: i : : : : :ソ: : : : : : ハ             【チームリーダー:黒雪姫】
        //: : : ム: -: :´; : :.::::/: : : : :丿: : : : : : :ハ
一ー---- メナ:ナ:´/: /:ノ イ: : : タイ: i : : : ノ: : ノ: : : : :ハ                【SAW:ハルユキ】
      /:ノ: イ: ィ: /::/X7: :ノ´ l: ル: : l丿: /: : : : : : :ト
     ∥l:/{: ハ:ソ'彳兮〆   ーソェl:」:ソ: :/::: : : : : : : t
     ll l:f !:lノ!;(} 乂ヲ    〒-ュゝ》: :ソ::::: : : : : : : :t            ._,,...:::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     f f   >ノ:`l        トイケヌ: :ノh::::: : : : : : : :ゝ            >::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
      l  l /;イ: :ハ    '     弋ヲ/: : /l}l:::: : : : : : : :lヘ         ./::::::::::::::::::/イ:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
      { 冫ノ/: ノ:::ヘ.   、     /: : :ノ仆|::::: i : : : : : ハ:ヘ       / ::: / ::/:::/  |::|:::::::::::|\ :::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     !/ /: :ノ.::::/::ヽ      /: : : :イ::l:::l:::::: l: : : : : : :t、ヘ       |//:::: / '⌒ |八:::::::::|'⌒\:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    /   /: ノ: ::::/:::::::::.-ォ- ´ノ: : : : ノl::l::::l::::::: l: : : : : : :ソヽ;\        .i:::イ  -- 、   \:::レ ―=ミ|\::::::::::::::::::: \厂
   ∥  /:ノ/: :::/::_kマ〆)_ ノ/ノ: : : :ノ::l:::l::::l:::::::. l: : : : : : :ャ:ゝ`゙-= .、    |:::ハ 〃  a     〃 a   ` \:::::|::::::::::::::\
  ∥ //:/: ::riニニノ _ ゝnh:∠ノ: : /:ノlヽ:l:::!::::l:::::::: ヘ : : : : : ヘマ:`: .  `.   |/,::} {      }    {      }  |∨:::::\ ::::::::\
  l:l /://l: :/ニ|ニfム___フ廾/〆: :.:ノ/ニlニヽ::::::::l:::::::::..ヽ: : : : : :ヽ`ヘ`: ,.  ....厶; ゝ ..__ノ     ゝ ____.... ノ   |/(\:::::::〈 ̄ ̄
  |/://:ノ: 7ニト-そ´ ソ ハ´: :.:::ノノニニlニニ丶;::::::::::::::. ヽ: : : : : : :ヽ `ヘ::`;....  { ''::::::.   `      .::::::''   }ノ 人厂
  /://:.7: 7ニニlニ:ヘ_{_'/: :.:ノ/ヒー-!ニニニ -ヽ::::::: ::::. :ヽ: : : : : : :丶  `・.  人                    厶イ\|
 {: :l:f::7: 7ニλニ7::ノ:ノ:/ニニニニ`マニ/ニニニノ::::::::. ::::. ::丶: : : : : : :丶    ⌒_ゝ     ` ー'       イ/∨
 ゝ|:l|:7: 7ニ7ハニl::ノ::l:フニニニニニィ〆ニニニニニ/::::::::::::: : ::. :::ハ 、: : : : : : :   r‐=ニ∨ >           イ |乂___
   l|ソ: ;7ニ7ニハ:l//f二ムィ´フニニニニニニニノ:::::::::::::.ヘ: : ::.ヘ;:. ._r─‐=ニア|   /    ∨≧= ァv‐<  | \ ヽ丶
   'y: ルニニlニハ:k-ニ¨ニニニニ/ニニニニニニニノ:::::::::::::::::.ハ: : : :. .〃 `ヽ/ │   〕> ─ヘ\/〈 ̄ ̄〉/[¬<  ∨\
   ノ:ノ7ニニlニニ0yニニニニニニ/ニニニニニニニ/::::::::::::::::::::::. ヽ: :  }}  /\ │  <      丶    、__〈   |   〉、 ∨
  7: ! {ニニlニニ7ニニニニニ/ニニニニニニニ/::::::::::::::::::::::::::::. : ヽ.  {{/    │   | \    \  |  ` . |  ,/ ∧ |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ロビーの壁際で共用車両の発着時間までを雑談に興じて潰しているところ、表情も声色もそのままに、できる夫が
「アレが今回の競争相手の一つ、4級チーム【ネガ・ネビュラス】です。連携とクイックアタックに長けた近接攻撃を
得手とする連中ですが……今は負傷と看護で欠員が出ており、実際の戦力には精彩を欠くでしょう」と告げた。

年頃の近い少年少女のチームで、ややキツい面立ちの少女が肩をいからせ颯爽と先頭を切っている。
背後に連れられて歩く、長身と短躯の少年二人。長身は剣術の心得があるようで、短躯は格闘術を齧った程度。
そして警備ロボが一体、これも近接戦闘仕様の物が帯同していた。級相応以上の装備を持ち合わせているようだ。
5667 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:34:42 ID:T6jEi..g0
なんかチビのほう装甲スーツで異常な動きしそうなw
5668 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:35:12 ID:8VASV1Q60


                                                       ,, --……‐-
         / . . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\                     ___/: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.....、
     ./ : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \                {==ァ: :≫''"⌒ヽー――--  __ .:.:.ト、
    ./  : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\                `ア¨´ '⌒ ヽ ト `ー―-- 、  ∨{__}
  .....i    .: :゚ 。: : : : : : : : : : : : : : : :‘。: : : 、: : : : : : : トヘ、             ′/    } } マニニニ=-   ∨ ∨:.ハ
  .....|   ...: :|: ハ: : : : : : : : : : : : : : : : ‘。: : :\: : : : : :\__             | /{    / ′ }i `ー=ニニム ∨_  ハ
   .′!: : : : |: | ゚.: : :i: : 、: : : :}: 、: : : : : 。: : : : \: : : : 弋            /{リ  / /  |ニニ=- `ヾム    } __〉
   / /: : : : : j:..| i: : ト。: : 、: : :ぃ ト。: : : :|\: : : : ヽ: : : :}⌒          ∠イ:! :, _ ィ  ′   `ー=ニニム \ニア/´
.  /:ィ..: : : : :ハ:| {: : { ヽ:}\: : }_i| ゚:。: :ハ {`ーr―=ミトリ             /: |: ∧__ /   ト==- `ヾム,. -=ァ∧
  i{ |: : j{: : :| i{  \ヘ  七"ヾ:j リ  Ⅵリ } /: : : : :ハ             ./: : |〃∧  :l‘,  `ー=ニム `¨¨¨ / /
  || |: :.八: :.{二二   \ '¨灯芥¨ア  リ  _/: : : : W             />:=彳:.:.:.∧: :| ∧ }ー==ミ ヾニニア / /
  リ ゚。:.{ 乂ヘ¨灯リ¨     `¨¨´     ハ: : : ト :{、  ... ̄ `ヽ < ̄> :.:.:.{::{.:.:::::::::\/: \`¨ヾニ==ァ /ィ
   ....ヾ   リ、¨´                 / j八:.{/. .}  : : : : : :\      > :.:::::::::::::::\: : : :丶 ___ イ
     .\   、   、         /  /. . . . L..,,_  : : : : : :ヽ          \::::::::::::::\:_:_:_:_:}_:_:_/´
             \   _ _      ,. ´. . . . . . . ニ=- …‐-. .: :\: . : . : . : . : .|:ヽ::::::::::::::::::::::::::___/
              丶        / rく  . . . . . /: . ,, ´ ̄ ̄`ヽ  丶: . : . : . :...|: .|:ヽ:::::::::::::::::::/
                   个:。.__ へ  |   . . ../: . /: . : . : . : . : . : .\  ..: . : . :...|: .|:::::|::::::::::::::::::「 1ヽ
                 入   . . . .lヽ‘,  . . . ゚: ./ : . : . : . : . : . : . : . : .  ..\: . : .|: .|:::::|::::::::::::::::::|: .|: . \____
               /: . l\  . . | ノ│ ./: . / . : . : . : . : . : . : . : . : .
                / !. :.|  \   |  .’  : . / . : . : . : . : . : . : . : . : . : ..     【セカンド:タクム】
             ′}. : ゝ   ヽ{ / /: ../ . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
                                                 【ポイント:シアンパイル】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

やらない夫の特徴的な巨躯と後頭部が目をひいたのか、黒髪の少女は一瞥こちらに投げると、余計な相手に関わる
まいとでも言いたげに踵を返して受付カウンターへ突き進んだ。背後の二人と一体はそんな彼女の気負った様子に
深い溜息をついてから小さな会釈だけ済ませて足早に後を追っていく。

少女のピリピリと剣呑な、余裕のなさが透けてみえる態度。気遣いながらも扱いあぐねている二人の少年の戸惑い。

出立前から危うさが漂っているチーム、ネガ・ネビュラスはできる夫の調査通り、こちらと同じ遺跡探索を申請した。
5669 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:36:18 ID:T6jEi..g0
タクムとパイル 別物なのか
5670 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:37:22 ID:8VASV1Q60


                      _,. - '" ̄´ ̄´"''‐、_
                     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ、
                   ィ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ハ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
                  /:;:;:;:;:;:;:/}/}! ト;:ト:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;l              今日もいいラインしてるじゃない!
                   );:;:;:;:;:/ //  ヾ{ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:{
                  ヘ;:;:;:j/ニニヽji 、r'ニ二入;:;:;:;:;:;:;/`.            どう、こんどウチで撮るグラビア、
                  r弋/ ニ。ニ YニY ニ。二ヽ>--/ニヽ           出てみる気にならない?
                  } ヘi!  `二´/ ̄`! `二´ j!⌒リ{‐' |
                   ¦爿ヽ----イ   )、___ノ   片¦         ちひろちゃんならバカ売れ確定!
                    { ヽl   rーヾー'´‐ヽ     レ 丿
      r-、__ _, - 、ー一/7>、_!  {{T¬─‐---}     ├个i、
   r-‐!、 ヾヽ \;_: : ;_:,/ノ_/ _j   Y「 ̄ ̄`ソ7i    /| ∧|: :\_
   |l!  r、ヽ __,  l!: : : : ∨ _/ ∧   ヽ二二//   / l|∧_|T┬、` ‐ 、_       ち:余計な口叩いてると
㎜j─ヽ-辷'_/─}    i: : : : ::∨ / ∧、  `ー‐─ '   / /∧ |: ! l : :`T:ー:、':-、_      申請取り消しますよ?
/7──rr──rf‐、  ハ: : : : ::∨ / ∧\ 、 ___ //   ∧ ∨: !: !: : : : : : : : : : : :|\
!{     l! ij__jiLノーi  ト: : : : ::V /  |、 ` ー一 '"   jヘ ∨|: l: : : : : : : : : : : :|: :|  ヽ
/77¬f「ー¬Tl ̄「 )!  ! l: : : : l:∨  |、`ー、____/| ∨: l: : : : : : : : : : : :|: |: :|   |
! ヽ!  {! {_,、-┴r'ソ/ /  !: : : :l: : \ | ` -──‐ ' /| /: /: |: : : : : : : : : : :|: |:/    |

         【チームリーダーもとい自称プロデューサー:出目川】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

発着時刻が近づいて、そろそろ停留場へ移動しようと皆が腰をあげた頃――

ぞろぞろと取り巻きを多く引き連れて現れたのが4級チーム【キングダム】の面々だった。横柄な態度にデカい声で
周囲の気障りをまるで気にしない振る舞いは――なるほど、街犬が群れれば自らを群狼だと勘違いするものか。

装備はさほど充足していないが、とにかく人数が多い。手当たり次第に拾って回るなら全員が能力や装備のある者
である必要もなく、手荷物を減らして担げる量を増やし、確保したルートをピストン輸送するのも一つの手段だろう。

チンクの集音センサーが、セクハラ混じりに登録を行う男の声を拾い上げる。彼等も目的とする遺跡は同じだった。
5671 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:38:08 ID:T6jEi..g0
こりゃぁ…w
5672 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:39:42 ID:iRsfd54Q0
疫ネタかなー
5673 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:42:55 ID:8VASV1Q60


ll|:::   ::chb::   :;リ ;i'      'l,:::::  :::(;=⌒=,)"'  :::|3   彡((レハ//l//ノ"  'jiリl;,   _,.-::,,-ー-:,,,,
"';:::  ,r''''''''ヽ,  :;l'"ゝ ,..:-ー''''''ー-;., ,,,,,,,," ",,,,,,,,,_;; ノ::l'    リ彡'""''-:;  .;:==''#'"ノ》:; /'"//ヘヘ 》,, "':;..,
,,,::-;,_    '''''   .ノ、 /"::::;;;;=====;;;;#;:,  ..,,,,,..   "::/ノヽ_ i巛:: "="'::  : '"="'"/ノ'///ル》ヽ\  \ \ヽ
;((''""ヽ::,::::::::::-''"/"/::ノミ ,,,:::::-,:: ., "';; ミ :::::::::::::::,.;;;;;;;//  /'ヽq:::  :::::: ,.; "'- ::;3//《ハソ/|ハヽ\》ゝ 丶\ゝ
:; ;; ; ,;;,,;ゝ., ̄'''"-'''l'彡ミ  '_,_,;=;,._  ';. ミ:..,,,,,....::-''"o _ _'"_''"l::::  ::く:::. >  ::ミ;;'リ// レ/ u \ヽiiハlヽヽハ ; ,ル;
 ; ,/ /ハ,,ヽヽ,/'::::'" d::ミ;:⊂・.::: :ヽ:・⊃;::b"'" ,, ,.;;;'llll|||||||||lll||llii;;;;.,,:::''"二"'; ;;/l i'リハ/-ーー::,,ヽミリll 》 y iハヽ
(rハf/人ミ )S ;:::  い::    ::::  :.,   : :ソ  ,.;;illlllllllll::il//ハllヾilll,,ゞi::, ::::::::  ノ/ヽリl リ::"=・=::: i jハレ'l //i ソl
'"''"''  ;'ノノ;, )   し:::   "'--''    ;f'  ,;iilllllll:ル/llll;/ヽiiiiハllllllliiilll;:, :::'ニ二//ハゝ;::   ::::: .、 ' jハレ/ヽヘ;
. "'ー--;,, ミ))ソ    ,i'l:::::: ,,;------->)'/|;,, /;;lllll'"レ/;',#"u "''ii'#ミl巛llllli;: ,,;-ー'"  /lレl:::::  "'--'   ' '"レハi
./: :".b" ..彡ソ) 彡:\ヽ:::::::    :::'',,/;ミ/"illll/;iii';==;;,,,,,,; i;,__|,,_"llfヾiハii    ’ ' "'ヽ:::::: -――- ":/_  __,
  "'''-''"ミ》;ノ、 ::::::::::::ヽ;;,,,___,,,,,,,,,...:://゚ ,;llll/;i:'',,.....,,"''":::: "'''""''''ヾ》llli:;  ノ('''--::##ヾ:::::::''''''''::::::'''ノ//'''"  )::
 、    :"""::  "";;;'''"  '''--:.,  o   i;;;;;/::''.,::b::"ヾ::" r'',':B:'"'jハllll) 彡;;》ヽ::::,,,,,,:::::::::ヽ::"'    ,://ソ"・/ ::
:::-'   ::/ ::-ーーv'"         'i,   :::::::'リlミ:::::...  彡、''::.,;   '":/ill/ :::::""" "''-;;。:::::::::"'''''''''''''"-"oく"o  :::::
ニゝ, ::://'"                   l ::::::::::::::::ト'i:::::::  ::く:;__,.;::ゞ  :;'":l;:lj     :::::::: oヽ― ;--――--::..,,    ,:::::::
   :::,i':/                'l--/""7,.::ヽ::::::::,__....:::...._ , ::ノ;;、#ii;;ー-:.,,,_  0, ’/        ヽ  ::::::::
;;,::://人                  >/'=ニ::::::(:::ヽ:.''--――---'"/::/二:::::)l―-;; ヽ-:.,<            'l :::::::
. ::/;;;;;;;;/'i              / ヽ::::'l;;;;;;ヽ:::::'ヽ,''""""'''' /'/ / ゚ |::::/ .t;;;::|⊃ ) ヽ.|            /::::::::::::::::
./;;;;;;;;;/ ハ                 .ノ  .丶::::l;;;;;;;';\::::::"''---'''" //。  /::/  ,   ノ ,iヽ         /:::::::::::::::::::

                      【キングダムのスタッフの皆さん】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

「あれで悪知恵のよく働く連中のようでしてね。余計なマネをする前に回収を進めたいんですよ」――取り巻きを
顎で指して面倒くさそうに言ったできる夫を、声のボリュームが大きな彼等の耳には入らなかったが、動作を目に
つけた何人かが2ch’sを牽制するように銃をガチャガチャ鳴らしたりニヤケ顔で下卑た視線で睨みつけてきた。

こういう手合いはチンクも良く知っている。――集落を襲うレイダー、山賊、脱策した逃亡兵。匪賊の典型だ。

皆殺しにするのは容易いが、彼等から仕掛けてくるか、悪事を目の前にしない限りこちらからは手が出せない。
楓とちひろに釘を刺されたばかりなのだ。……大きな社会の中で生きるというのも、存外に面倒くさいものだ。
5674 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:45:38 ID:8VASV1Q60




                         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                        /             \.       彼等はまさしく4級のハイエナです。
                       /       " ̄ ̄`    \      賢くはないが、とにかく小狡い。
                       l  '´ ̄`   (  ●);;:::    ヽ
                      l ;::( ●)    "''"´       l     楽に手に入る餌が近くにある内は、
                      |  ´"',                |.    大火傷する狩りなど行いません。
                      l    ヽ              i
                       \   、__,__,         丿
                        \             /
        r- 、        ,-‐ ‐- 、_,,i-'"i`i、  ‐  /_,,| ヘ、    _ . -‐ 、
        ヽ、 \__   /:::::::::::::::::::::::::/::;;;;| ヘ、 ー',, / i;;;;;ヽ`' ̄::::::::::::::::::::: ヘ      __
     {ヽ、!゙`、.ゝr、  l`Y\:::::::::::::::::::::/:::::::::;i  rゝ"、    !;;::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::i  ,.、r-ィ'ヽ }ィヽ
     .|  |  ll  Y´ l  !  ヽ-、  ::::::\:::_/! , '!::::::::入   /::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::,., ィ´f  i  l  i´ i l
     .ヽ、゙、 ゙i  ヘ  |  i     ヽ::::r-‐'´:::::|/ l };:::::/ k. /i:、:::::::::_r':::::::::::::::, -‐ f | }  }´ l  ! ,! i
       `゙、. ヘ   `"ヘ `l_      !、_r 、::::::::l  Y:::::::l   V/ 、/::::::::::::::::r´    ! ! !  | ソ  .|' /
          `ー'‐―、_  !      //´:` 、i /:::::::::|  /:::::::`` 、::::::::::rr|::::.....r'゙  |'´  /´ //

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

できる夫が「手を出してきたら返り討ちにしてやればいい」と肩を竦めて鼻で笑った。2ch’sは強力なアタッカーの
二枚看板が居る。戦闘力だけなら並の3級を上回るのだ。お荷物である彼本人という弱点は、装備をガチガチに
固めたやる夫というディフェンダーが守る。警戒を怠らなければ、20人から居るキングダムでも相手にならない。

ボク達は決して足手まといにはなりませんよ? ――彼が言いたかったのは、この最後の一言なのだろう。

酒場の魔女が目をつけ贔屓するチンクの能力を、できる夫は全く疑っても侮ってもいないのだ。その上で自分達が
決して見劣りする存在ではないと、言外に売り込んできている。チンクには彼の方がキングダムより厄介に思えた。
5675 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:46:45 ID:T6jEi..g0
絶対ちょっかい出してくるよなぁ
そしてアクセル組みも切羽詰ってるらしいし…

さすが頭脳特化w
5676 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:51:37 ID:8VASV1Q60


            ,  ´  ̄
          /           \
                                      <客観的には、コイツの方が危険人物だよな。
        /                 ヽ
.        /                               粋がって武器を見せびらかすんじゃなくって、
.       ./                     i           静かに殺気を垂れ流し続けてるんだから。
.       /                /`
      /                    /
   _./                ( ●) /
 「:::::∧                    i.               でき:察知できる人、みんな逃げますからね。
ノ::::::::::::::.、                    |                  おかげで楽にチームへ誘えましたけど。
::::::::::::::::::::::.,    {              |
::::::::::::::::::::::∧            、   , - ┘  クク…
:::::::::::::::::::::::::::::.,   ヽ       ` ー                  <でも、他チームとの縁が作りづらくなったよね?
:::::::::::::::::::::::::::::::::..、  \     /´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ / ヽ __ ./

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

すぐ隣に居るというのに気配も薄く、話の最中には存在を忘れてしまいそうになる男がいる。――できない夫の事だ。
できない夫はチンクができる夫の話を聞いている間、ジっと座って黙していた。腰に佩いた刀はリヒトメッサーの壱型、
孫一が持つ物の前期型にあたる物だ。

鞘に収まったソレを撫でては薄ら笑いを浮かべている姿は、かなり控えめに言って、やたら危ない人である。

彼の目を覗き込んだならチンクでも脅威を感じとったただろう。無機質で静かな眼の光。ちょっと頼りない風の青年は
今ここには居ない。長年かけた剣の修練で培った、心持ち一つで人間の枠を抜けてしまう精神の異形が居た。
5677 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:51:53 ID:iRsfd54Q0
できる夫がどんどん、フィクサーで怪しい…w
5678 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:53:31 ID:T6jEi..g0
やっべ完全に人斬りだこいつぅーー!?
5679 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:54:38 ID:8VASV1Q60


                                                  / ̄ ̄`ヽ
                                                /       ヽ
                                                 {   ー-       \
    昨日、師匠と魔女にも言われて考えたんだ。                )  (●)    ', \
                                                 (●)  -、    }  .` - 、 __
    確かに見た目だけに惹かれて気になってたなら、           \(_,ト-'   リ   ',    `ヽ._
    別に中身が男とか関係ないだろ常識的に考えて。            >--、/´).ハ  リ_,.>-''、⌒``ヽ、
                                                 /´  ヽ' ./´  },. -'/´    `     ハ
    チンクちゃんマジエンジェル。俺の筋肉ビューティ。          ./! ヽ     }`,¨´   i          ::.   }
                                                / ,/ }   ;  ,ノ /  ヾ.{        ;    ハ
    そこをお互いに尊重してるなら、これはもう両想い      ..{   ,ゝ. -'  ヘ./     〉‐- 、__.._ _,. -‐ イ,  }
    つって過言ではないのではなかろーか。               {  、 }ヘ、    \    /´ .;        ヒ'" !
                                             ,/ゝ-、 _{  ',     ヽ.__{  ::   :'       } ,!
                                              /     ゝ、ヘ ',     (´  ``ヽ    :       ! !
                                            { ,... _:    ``〉', 、   ヽ、      ',     / /
  <正直、気持ち悪い発想だと言って過言ではないな!     }'"  `ー‐- 、..⊿ムヽ ヽ、  `     ,} ゝ ,/ /
                                             {    _,. -‐'´   ヘ.  `、.___   ノ  メ、, ;/
                                              }'  ´ ̄     ,..._ゝ、、ヽ、`¨¨´ ./゙Y′i'
                                             ',ヽ     _,. '´/  ゝ、.___  ,/二)´  |
    ……解せぬ。                             ゝ-<二_メ'´        `¨`ー'    .リ
                                                       }  ,.、      ',    ,/)ヽ
                                                    /,ハ、`'′       ;   ,./ ,/ヽ∧

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM : Breaking to the Dance Hall ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

異形と言えばこの男は見た目からソレだ。真白い肌、はちきれんばかりの筋肉を蠢かせる、やらない夫。
庁舎の職員から何度も「服を着ろスカタン」と注意を受けながらも「どうせすぐ出発するんだから気にすんな」
と取り合わずに自身の体のキレを確認していた。……こやつ、やはりザフィーラの同類だったか。

仕事の話に耳を傾けない彼は「どうせ殴るか蹴るかしかないだろjk。細かい話はできる夫に任せただろ」と
ステキな脳筋宣言をした。問題は常に殴る蹴るで解決する。解決しない問題はできる夫に単純化して貰う。
難題はできる夫に因数分解して貰い、自分の体が可能とする解法で問題の山を処理するスタンスだ。

クセの強い尖ったメンツの2ch’s。彼等との合同探索は、風変わりな経験という、良い勉強になるだろう。
5680 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:54:50 ID:iRsfd54Q0
皮はいだら、首おいてけと同類かw
5681 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:55:36 ID:8VASV1Q60


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5682 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 21:56:41 ID:T6jEi..g0
この筋肉ない夫イメージ作り上げた人たちには尊敬の念しか浮かばんなw
悪い意味でw
5683 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:57:39 ID:8VASV1Q60


【今回の装備】

 主武装:
 PDW:制圧力・威力・取り回しに優れた銃種。中・近射撃戦用。グリップ専用加工済。ロングマガジン二本。

 副武装:
 メリクルソード:光子コーティング機能が付いた超硬度金属のレイピア。単分子エッジではないが切れ味抜群。←New!
 スローイングダガー「スティンガー」:高性能爆薬を仕込んだ投擲用の単分子ナイフ。10本所持。

 背面装備:
 前文明のツールボックス:多機能高性能な工作ツールのセット。機械の剥ぎ取り等にボーナスが発生する。

 肩部装備:
 ハードシェルコート:防弾・防刃のコート。衝撃を受けるとその部分だけが一瞬硬化し、ダメージを食い止める。

 胴部装備:
 スニークスェット:隠密に適する耐電加工されたスーツ。ピッチリしてるが伸縮性が高く動きを阻害しない。

 道具:特殊鋼ストリング:スカさん印の謎ワイヤー。まず切れない。通電性も高い。
.      手榴弾:破片・煙幕・閃光・チャフ・EMP×各2個  フォトンチェーン×3個
.      45口径拳銃(予備マガジン×2個)  熱単分子ダガー×2本


 【以下のアイテムを拠点に置いて行きます】

 手榴弾(破片・煙幕・チャフ・EMP)×各2個  閃光×一個  フォトンチェーン×2個

 試作型・軽量機械篭手「ガン・スパイク」  スティンガー×19本
5684 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 21:59:22 ID:8VASV1Q60



n__
|:}三_〕
|:| ̄
|:l     r====================================================================== ュ=====ュ
|:l     ||||||l||||||||||||||||||||||||l|||||||:|||||
|:l   _||||||l||||┌――――――――――――――┐||||l|||||||:|||||_
|:|  ||||||||l||||| アイオーン ステーションモール |||||l|||||||:||||||
|:|  ||||||||l⊥⊥⊥⊥└――――――――――――――┘⊥⊥⊥⊥l|||||||:||||||
|:|  ||||||||]|                                    |[|||||||:||||||
|:|  ||||||||]| _┌┬┬┬―┬―┬―┬――┬―┬―┬―┬┬┬┐_ |[|||||||:||||||
|:|  |┴|⊥⊥⊥⊥⊥]| _|||├―┴―┴―┴――┴―┴―┴―┤|||_ |[⊥⊥⊥⊥⊥⊥|:|⊥⊥⊥|┴
|:|―┴ニ|_____]|_L⊥⊥⊥二二二二二二二二二二二二二二⊥⊥⊥.」_|[______|」___|ニ‐
|:|= ≡= == ≡== ≡ == == == == ≡=≡ =≡==  ≡==≡ == ≡= ≡=  ―――――――――‐     ̄
|:|_  -‐ ´__    _,. _´    __   /_       __ | __       _\   __   ` _、 _   __` ‐- _
|:|┘   └―┘ └―┘   └―┘ └―┘   └―┘ └―┘  └―┘ └―┘   └―┘ └―┘  └‐

                _
             <: : : : : : : > 、
           /: : : : : : : : : : : : : : ヽ
.          / : : : : : : : : : : : : : : : : ム           登録されてるエリアはあくまで大型販売店の施設だ。
          l:: : : : : : : : : : r――――.l
          ト - ==ニ 二|       |    _        間違ってもステーションや学校施設の方へ向かうなよ。
           ゝ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヽ __,、_.!.  r、f:::!.      勝手して死んでも知らんし手柄立てても没収するぞ。
           |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l      ゝ  .|::|::f¨l
           ∨;;;;;;;;;;;;;;;;;;∧  /== / f¨ヽ |::|::|:f¨l.      以上、注意終了! 何か質問あるか? ないなら行け!
        /::`ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;ヽ└─ ' 〉. !:::::lィ::::::::|:::|
      <::::::::::::::::::ヽ 、;;;;;;;;;;;;;;;;ー '、 ヽ::::::::::::::::::|
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  /::::::::::::::::::>、ゝ、_::::::::〈
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i/::::::::::::::::::::::::::::/.ム:::::::::::::\
../::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::ヤ::::::::::::::ム
/  ̄::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::\:::::::::::::::ム
::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::ム
::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  ` <:::::::::::::::::::::::::::〉
::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|      `ー --―
5685 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:00:36 ID:8VASV1Q60


             ___
         ,.-‐ ´        `  .、
.       /              \
.      /
      l   /    ./ .,イ ハ   .!   .! .ハ        なんというか、陸軍の兵士はどいつもこいつも
     ,l    l  l  / / l ,l l   i   i  l          自己主張というかアクが濃くてイカンな。
     l   l   |≧=ェハァl {/l 从ニi≦ il
     !    .!  .l ir从=ヾi   }/ ' ̄ r l リ        キャラ立てに腐心しているように見えるぞ。
      !.   |   l/{::::::::::::リ    ≡≡l,小'
.     !    |   |` ─ ´   `   ; |/           仕事の方に力を入れてくれんものかなぁ……。
     |     |   |',  .     _  _,ノ l|
     !     !i    | `ニ、r‐、‐ T´ .从i
.     |    /..ヾ   |',=ニ| /::`|    |
    |   ./:::::`::'、 .|〈Ⅴ}/:::::::|   |
...   l.  ,'::::::::::::::',ヽ、ト, ¨レ':::::::::|    |



                                              イ7 77 `ヽ、
                   みんな待たせちまったかおー?      ./ { { { {    .;
                                           { r | | | { __,ィ  i
                   車と手伝いの人手もってきたから、    「 { {‐‐‐イ}´ _ /{`i
     -―――――-.     挨拶させとくお。おイタすんなお?    {=ニニニニ- '´ ,r} }
    /  ̄ ̄ ̄// ̄ ̄.|| |                              i _r、__ r┌ ニi {|
   /     //     || |                               i`.{_.}‐―i_ノ´._ ィ7 }‐- _
 [/____________/[ ].    || |________                   ∧ミニニニニ -‐' ヘ }ト、_) ` ‐- _
 .||_    ___|_| ̄ ̄ ̄|.| |  扇 工務店  .|                 ,ィ{ } ヘ }  }r} _ノY ヒ}    /´  \
 .lO|--- |O゜ |___|.|_|ニニニニニニニl .|                   {ヘヽY` }_}‐‐く´ ´   } ヒ}  ./     ∧
 |_∈∀∋ ̄_l_____l⌒ l.|_____ _| l⌒l_||                    {ミ}r.{   ヘ  X   } {}  j       ∧
   ̄ ̄゛--' ̄ ̄゛ー'  ̄ ̄ ̄゛--'  ゛ー'                     {ミ{ Y´\ .}  }_人 j  j   {         }、
                                          ∧ミ_}ヒト、   ̄   / ̄ ̄ ̄ ト、  _/ ヽ
.     やら:てっとり早く済ませて遺跡に向かうだろ。         ./-‐}、く弋`¬ァ‐―7、__/く .ヘ‐‐'     ∧
                                         /__ノ `ー-ニ_´‐ イ´ヽ __)ン彡ヘ、___ノ  }
       もうネガなんとかもキングダムも遺跡に          ./ /`ヽ、 /  `ヽー-r‐‐、----`} `i  \   / i
       向かっちまったからよ。                   / 7=、、/     }、 ニ}  ヘ    }  }  } Yー‐'   i
                                       rァ‐ァ 、∨     {ヨ ヽ7_  }    〉ノ_ ノ∧ }    }_
5686 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:01:13 ID:T6jEi..g0
お? おりこまぎかか?
5687 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:01:21 ID:8VASV1Q60


             /; ; ; ; ; ; ;i          .l;┌ -; l
              /; ; ; ; ; ; ;.i         |; ヽ_/; l
           /; ; ; ; ; ; ;./          l; ; ; ; ; ;.l.      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              i; ; ; ; ; ; ; /           l; ; ; ; ; ; |.     |    待たせてるんだし、はやく降りた降りた!     |
           i; ; ; ; ; ; ;/             !; ; ; ; ; ; !     |    おっきな胸張って、ちゃんと挨拶しないと。     |
          i; ; ; ; ; ;./            i; ; ; ; ; ;.|     乂_____________________ノ
            !; ; ; ; ; /             i; ; ; ; ; ;|
           i; ; ; ; ;./                 !; ; ; ; ;.l
         !; ; ; ; /                i; ; ; ; ;|
        _i; ; ; ; ;>                  i; ; ; ; l_
       ,、=〉- _─i                 l 、; ; ; ;〉.!           ┏┓┏┳┓  ┏━━┓
       /,、/-:´: : : 〉                   !: : `‐.l、: i         .┏┛┗┻╋┛  ┗┓┏┛
.     /ィ; ; ;i: : : : :ィ                 l、: :i; ; ; ヽ.、       ┗┓┏┓┃  ┏━┛┗━┓   ┏┓
.   //; ; ; ;.l: : /; i                  l;l: i; ; ; ; ;ヽヽ      ┏┛┃┃┃  ┗━┓┏━┛ ┏┛┗┓ ┏┳┳┓
    /‐- 、; ;l /.ノ                  `l/; -; ; ̄`、     ┗━┛┗┛    ┏┛┃     ┗┓┣┛ ┗╋┛┃
.  /; ; ; ; ; ; ;〉‐.´                        !; ; ; ; ; ; ; i                 ┗━┛       ┗┛     ┗━┛
  /; ; ; ; ; ; ;/                        \; ; ; ; ; ;.l
 i; ; ; ; ; , '                          \; ; ; ;.|
 `.─ ´                              ` -┘





        l::::::::::::::::l  l:::::::::::::::::l                  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        l::::::::::::::::l  .l::::::::::::::::l                   |   胸のことは言わないでったら……。       . |
        l::::::::::::::::!   l:::::::::::::::l                   |                               .|
           !::::::::::::::l   l::::::::::::::l                   |   あの、皆さんお待たせしてすみません。   |
         !:::::::::::::l    l:::::::::::::l              |   車の運転と留守番で呼ばれた――       |
            !::::::::::::!    .!::::::::::::l                乂___________________ノ
          !:::::::::::!    l::::::::::::l
         l::::::::::l       l:::::::::::l                        _
            !:::::::::l      l:::::::::::l                         |/|
            l:::::::::l       !::::::::::',                        |/|
            !:::::::::',     l::::::::::::'.,                    |/l___     __  ___
         ┌‐- _::ヽ    ,l_::::::::::::::`:ー.、                 |/////〉   l///l ///
         l     ̄`ー、 }  ̄ ̄ ̄ ̄ `ー― 、               |/i  ̄       ̄ ///
         /ー―――― .', l_________ ヽ              V         <//ノ
        `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ └――――――― ´
5688 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:01:51 ID:8VASV1Q60


           __ __
       , -=        =- 、                                  ,,....-一=ー-、
     ./   /          >、 _ _                                 /::::|:::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /   /    l          ヽ    .゛,                           /::::::::::|::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ
    /   / l  ./. l    .l      .ヽ   .ノ                         /:::::/:::::::::|i:::::::::_-ー-ヽニコ:i
   /  /,  l /,/l     .l  l     .ト   /                         //:::/::::::,+-=li:::::::ヽ..,ェュ、ニコ
   l   l   .l/-l-イ   l l l     l   .l                          //:i:::|:::|:´:ィ示、\、::卞心}>::::l:|
    、  l ィf示k, lヘ  / `ト.l l   .l   .l                       l l:/:/|:::|:::::l.匕ツ  、 `¨´ l::::::l|
    ヘ  .l ヘ辷ソ  ヽ/ 笊勿/  ./l.l   .l                           | |l|l:| |::i|:::::l`       -v  ,|::|::|
     ヽk k:ヘxxx   ,  ゞ゚ソ / /リ   l                            | | |リ |::li:::::::!\  く_ノ イ:|::|:|
     ヽ  .ト   ‐-  -=イ-イ      l                             | |l |:|l:i:ヽl::::、>-r一' |リ|:l|:l/
      ヽ l l> _  -<l/  /l     .l                           | |l |リヾ、:|  rfノー-一、リ′
      _,,.ヘ:ト  7^ ト-- l / ヽ    .l                            \ _,>"/`l  /``ー- 、
    /::::::::::l::::::ヘ  |フト,|/ kl///l l    l                              / ̄   /7'´` ´   /  ヽ
   /:::::::::\ヾ::::::>ソ/ヽlヽ/::::::::::::l l    .l                           /'´  / /'           ヽ
   /:::::::::::=x;<::::::lL/l oゞソ ヽ:::l/:::l l    k                            |l /   /'            l
   ヽ::::::::::::::::ヽ/\:liヘ |il:/::::::ヽ:::l l    lト                            l 〉′  /,' _    / 冫、   |
    マ:::::::::::::::∧::::::li::ヘl/::::::::::::::i:::l .ト、    ヽ                          l/    //   `   ´  /  j/´ ̄ ̄`ヽ
    ヽ:::::::::::::::∧:::::::::\:::::::::::::リ::l ヽ    トヽ                    ,.>/   / /         / /       /
     ∨:::::::::::::∧:::::::o::l::::::::::ノ::::l  lヘ.   ヽ \                    lー-/_,/⌒ヽ l       / く       _ヽ
      マ:::::::::::::::∧::::::::::l:::::::イ:::::::l  l l   l  \                 ヽ〈( ゝ__ノ-┘      ./    \l   / `〈
      >ヘ:::::::::::::∧::::::::l:::::::l:::::::ム.  l l   ト                    冫_<_/   |      l     ヽ≦/     l
      l:::::ヘ::::::::::::∧:::ol:::::::l::::::::::i  l  ヽ  ヘ                   /    /`  ,'    /ヽ         /    /
      ノ::::::ヘ::::::::::::∧::l:::::,,::::::::::::l    ヘ   l                     //>-/    /        ヽ     /     /
      /::::::::ヘ::::::::::::::ム:::::ノ:::::::::::l     l   l

  ――美国織莉子と申します。                         呉キリカ。織莉子の友人で護衛役だよ。

  やる夫さんの工場で作業補助と配送、                     これでもちゃんと師匠について鍛えてる。
  あと家事のお手伝いをしています。                       ヤバそうな時は荷物持って逃げるけどね。
5689 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:02:14 ID:iRsfd54Q0
45口径は副そうびじゃないんだ?
5690 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:02:23 ID:T6jEi..g0
やる夫モゲロ!
5691 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:04:39 ID:iRsfd54Q0
チンクさん、いろいろつこんであげてください
嫁が二人いて人形欲しいと書いてるんですけどww
5692 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:05:02 ID:GGYP6icY0
祝!本編出演!!
前回電話かけてたのはやっぱりこの二人だったかー
5693 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:07:18 ID:8VASV1Q60


                l           \
                  /             \
             _ノ                    \               こう、なんて言うんですかね。
          _                       \
               /  ___    ヽ     / ___   ヽ.           ――裏切られた。
           l   /::::::::;;;;;; ヽ    l   l  /::::::::;;;;;; ヽ  l
            |  .|:::::::::::;;;;;;;;;l   |   | .|:::::::::::;;;;;;;;;l  |           俺、今そんな顔だと思います。
           ヽ  ヽ::::::::::::::/   ノ    \ヽ::::::::::::::/  ノ
                ̄ ̄          .     ̄ ̄  、
                      /           l        ヽ            いや、別に誰もそんなことを
                 l            l l          |          .しちゃいないハズなんだけど、
                 |        ノ ヽ        ノ           そう思うしかできない……。
                 ゝ‐----一'    ゝ‐----一'
                    -_   _-―――-_ _-     ,.         わかりますかね、この気持ち。
                                    ノ
                                      /
                                  ノ           きっと嫉妬っていうんですわ。
5694 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:07:55 ID:T6jEi..g0
その気持ち わかるぞない夫! だが貴様は服を着ろ
5695 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:08:50 ID:8VASV1Q60
>>5689
必要なら抜くけど今回はメリクルが枠優先ということで
5696 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:10:22 ID:8VASV1Q60


     ___
    /    \       ___         やら:おうテメーどういうことだゴルァ!
  /ノし   u;  \   ;/(>)^ ヽ\;
  | ⌒        ) ;/  (_  (<) \;            なんなの? リア充の王様なの?
  |   、       );/   /rェヾ__)⌒:::  ヾ;.          羨まけしからん! モゲて爆ぜろ!
  |  ^       | i   `⌒´-'´  u;  ノ;;
  |          | \ヽ 、  ,     /;
  |  ;j        |/ \-^^n ∠   ヾ、
  \       / ! 、 / ̄~ノ __/ i;           やる:やらない夫が何キレてんのかわからんお!!
  /      ⌒ヽ ヽ二)  /(⌒    ノ              ちょ、マジになるな。ホントに締まってる……。
 /       r、 \ /  ./   ̄ ̄ ̄/




                                                     __ . 、,  ⌒ヽ
   ああっ! やる夫さんが二重の意味でパワハラを!?           ._,  ´ - 、  ../     \
                                             /⌒    ヽ  \.{r  、    ヽ
   チームに入ったって言った日も顔腫らして戻ったし、     ...r-、  .., /       :.   ゛、  :.
   やっぱり怖くて酷い人達の集まりだったんだ。    , -、    i  i  / '    :     ト、   i     ヽ
                                    !. ヽ,.   i  i .イr '  ハi {   ./   リ..!.ヽ        i
   何が御不満か知りませんが止めてください!!.  ` 、, \  !  ii,.{ / ,イ.斗jハ  厶斗‐ヾ メ|.ト、      |
   やる夫さんをイジメないでっ!           .(⌒'' 、,,,_  `'''゙  i!..|/.イ {.=ミ ヘ./ ≡ミっ|' . .! ヘ      .i!
                                 `' 、,,         `>''⌒`i.// ' ./////.厶イ  i{ヽ     ゛、
                                r─--─          ,ィ ..| ̄ ̄ ヽ...彡.( ノ  八      ヘ
                                `ー‐---、        フ"/>. |     |   . ヽ, /_ _ヽ     ヽ
   【無自覚の追い討ち】                    ヽ,,__,, 'ー--‐' .ヽ.X`ヽ、ー‐_,  ´/./:)/.:::::::.Y )     )
                                         ヽ,__,..、-=~:::.マノ !i//,,_ヽ_,.////!i::::::::::::.\    /
                                           `ヽ、::;;;;::::::::.{', !i//////////!i:::::::::::::/_, ィ≦
5697 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:10:57 ID:iRsfd54Q0
予備に予備了解
ないお、怒っていいぞw
5698 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:11:29 ID:8VASV1Q60


        ____
      /     \                まぁまぁ。ちょっとぐらいは見逃してあげてくださいな。
    /   ―  ― \             アレで、ちゃんと加減は弁えてジャレてるだけですし。
  /     (●) (●) \
 |       ___´__     |           彼、一昨日に一目惚れした子に手酷くフラレたので、
 \       `ー'´    /            やる夫君が実はお嬢さん達のよーな美少女二人を
 /     ∩ノ ⊃   /                侍らせてた事にイャモンつけずに居られないんですよ。
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /              ……はは、モゲちゃえばいいのにねー。



               _
           ,....::'::´::::::::::::::`:ミ::.....、           <遺跡に入る前から後衛をケガさせるんじゃない!!
         , ::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::..、                    ┏┓┏┳┓                      ┏┓
        ,:':::::::::::/:::::::::::::::::::∧:::::::::::::i::::::::ヘ              .┏┛┗┻╋┛ ┏┓  ┏┓           ┃┃
       /:::::::::::::/:::l:::::::::/::::八 \:::::::::l:、lヘ:::゙、\            ┗┓┏┓┃   ┗┛  ┃┃           ┃┃
      ./:::::::::::::/:::::|:::::::::i:::/  ヽ >::::|l乂_ヽ:::ハヽ.          ┃┃┃┃   ┏━━┛┃ ┏┳┳┓  ┗┛
      i:::::::::::::/:::::::|:::::::::H:i‐‐ヒ壬、 i:::| l|-‐-、:::゙、ヽ          ┗┛┗┛   ┗━━━┛ ┗╋┛┃  ┏┓
      |:::::::::::/::::::::|::::::::::| | i'´   丿 .i:| .ト ,, ノi::::゙、                              ┗━┛  ┗┛
      .|::::::::/::::::::::|::::::::::| | とつ ´    |   `´|:。\.           やら:ありがとうございますっ!!
      .i:::::/:::::::::::|::::::::::|  。         .!::::|i|
       i::、::::::::::::::|::::::::::|           .丿::::|.!
       |i \::::::::|::::::::::|        ^.r-、イ ||::::|.         ホントにアレ大丈夫なの? すごい音がしたけど。
        ヽ `i|、|:::::::::个 z-、- ァ、iii' r┘=゙i レ |::/
           八 i゙ヽ、iノヘ、  ∧iー、ゝ´ .ソ i/         ていうか、あの筋肉ダルマが一目惚れするとか、
             | rヘ'  |>|;;;;| ./  /.              相手どんな子なのかちょっと想像できない。
              | .|   ヘ |;;;;y'  /
5699 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:12:13 ID:T6jEi..g0
目も前でどついたロリっ子ですw
5700 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:13:37 ID:8VASV1Q60


                                            _____;
                                       /:;:;:;: ;     メ\ (⌒二\
                      -――-                   │:;:;:;:;:;:;:;        |´: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             ´ ̄´       \               │:;:;:;:;:;:;:;: #   メ | ',∴ ・':;;:::##;  ヽ\__
          /             \.             \:;:;:;:;:;:;:;:   #  / ',∴ ・' :;;     メ \__)_.
            /       /          \.            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄#;il;;゙  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、    メ  )
         /       /     / /    \            てんす     ̄             ̄ ̄ ̄
        〃       /  _.ァく /
       .//    r‐/   ⌒/アヾ. イ / /       }
      //    { /    /≧</イ.イ./ | / ′
     / /     /    /三三ニ}´  7イト、/./ /      でき:その凄い音だして筋肉ダルマ黙らせた子ですよ?
    ./ /    .〃    /`ー― ´ /うY,ル'/  /
    / /     /.′   /        〈少'リ/  |
  .//   rヘ' |   ./  〈:::\   -=イ.|   |      まったく。挨拶もしないで身内でハシャぐとはみっともない。
/  ∠ ̄ ̄ Vハ.|   ∧   `¨´    イ .! |   |
 ./    \  Vハ|   |/i` ー―― ´./ ||   |      挨拶が遅くなって済まないな、お嬢さん達。私はチンクという。
 {      \ Ⅵ   | |} ̄\     /   ||   |      一昨日やる夫と友人になって、その縁で今日は一緒に遺跡へ
 |        }__」   | リ    ヽ  /   ,' .!    |      潜ることになった4級スカベンジャーだ。
. ,|       〈. |   |' \/ .ハ./   / .!    |
〈 \        } |   |   {./ }   /   |   |      なるたけ稼いで戻ってくるツモリだから期待して待っててくれ。
 Y )      | |   |   }  /  /   .|   |
         | .从   ',  /  /  /    |   |
  |          |   \. ∨  /  /    /    ノ      【リア充の王様はむしろコイツだと思われ】
  |          |    .,\\/   /    /  /
5701 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:14:12 ID:T6jEi..g0
あこれ紅一点と勘違い(ry
5702 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:14:45 ID:8VASV1Q60


                                                            / ヽ
                                                       _,,. -'/   ∧
    そうですか……貴方でしたか、チンクさんとは。                      /    /  Yヽ-、
                                                       // /    /  /l ヽ
    やる夫さんが一昨日、「俺にも友人ができた」って、                     /  /    /  /   l
    それはもう嬉しそうに話されていた人ですね……。                  _,,. -‐''"/イ/  /      l
                                              _,, ''"´     ,,. -''"/ハlミ_ - - _ノKヽ
    小さいけれど、こんなに綺麗な女の子の友達が        .,,. -''"      _,, -''///-:::::::::::` - -<リll丶
    できたら、それはもう嬉しいんでしょうね。            ./ /  ///  /  /::::::l::::::::::::::::::::::;;;l
                                       ///  /// /   <:::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;l
                                      // /   ///        ヽ::::/:::::::::::::::::::::::::/;;j
                                     ///   //           ヽ;l:::::::::::::::::::::::/=-'
                                    /   /  /              ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
                                   / /l l   l             =-':::::::;;;;;;;;;;;;;y
                                    // ヽ__  l           ≦::::::::_,,-‐''l 7-k
                                         y {        /::::::::_,.‐''´/ /|_ ノヽ\
                                        ゝノ      /:::::::,, '"  /  / / l;;;;lヽ \
                                              /::::::::/  /   / /l l;;;;;l ヽ  ヽ
                                            /::::::::::::K       / /l l l;;  l ヽ   ヽ


          ______
      -<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......
  /:::::::::::::::::、::::::::人:::::::::::::::::::::::::::::::::''-.,
../::::::::::==== |:::::ヘ  \:::::゙i\::::\::::::::::::\.           織莉子ー、織莉子ー。ダメダヨー。
,'::::::::::::::::::=::::|:ノ::::::::`::-::_\゙ix\゙i\:::::::::::゙i         女の子がしちゃイケナイ顔ダヨー。
l::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::',
l:::::::::::::::ヽ:::::::::::::○::::::::::::::::::::::::::::::○::::::::::゙i::::::l.          ホラ、こんな風にスマイルでなきゃ。
 ',::::::::::::::ゝ                   }::,.'
 \:::::::::::::::\      v一ッ    ,,..-''lッ
5703 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:15:26 ID:T6jEi..g0
アイエエエエ! ヤンデレ!? ヤンデレ残当!
5704 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:17:05 ID:8VASV1Q60


                 ̄ ̄ ̄
           ./              \
            /  /        / ハ     \.           女の子? ああ、やる夫は事情を言ってないのか。
         /  '  ./   ./ / Ⅵ  ハ
         i  .!  」_ ||  .,!/   | ! .! !   .!           私は15歳の男だぞ。体だけ女性型義体のな。
         |  |  |7iハト/.||  /|ハ |_L  .|
         |  |  |zi!z|ト、i!/  j'七f T   |          誰が見ても最初に間違えるから仕方ない事だと
         |  |  |{三三.}   7うiY},|  /:\        割り切っているが、されて楽しい間違いでもない。
         |  |  |入三フ   .〈zン //  /:_:_:_:\
         |  |  ト、           〃  /´ ̄`: : :ヽ.      やる夫には仕事を幾らか頼むだろうと話した以上、
         | .从 八 iト...   ‘’  _イ_|   |: : : : : : : :ノ.     君達とも今後いくらか接する機会があると思う。
         |/ |. \ \zz.≧f´ヽ\ !   !: : : : : /
         /  |_」´:\ \L! |: : : \| .人: : :/          できれば次からはその辺、覚えておいて欲しい。
        ./   ,f廴__ i\ \ハ: :.≦入.  \
       / /: :`¨¨アヘー\ Yi: : : :7/\   \
      ./  i: : : : :<<: : ∧   ハ | !: : //: /ハ\   ヽ
      /   {: : : : : ヽ\:.∧   }! |: //: // .{  \  i
     ./   ハ: : : : : : :ヽ\∧ j! レ./: :/∧.八   ヽ|
    /   /: :: : : : : : : : :ヽ\i  レ: ://: :ノ{  \   }|
   ./   ∧: : : : : : : : : : : : Y|  [iレ/: イ ト、  \_j!
   /    .廴\: : : : : : : : : : :.||  [|/: : :|  ! \   \
  ./      iヽ\_.⊥____」|   ||: : : 〉.∧  \  ヽ
 /       .|: :\_. ィ⌒ー―i|YrヘY||:./ト、  \  \  ',
./        |: : : : : :|ー=: : : :||^`´^.||: : ノ: i   \  ヽ i
5705 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:17:59 ID:8VASV1Q60


     ____    ━┓  つーかチンクちゃんが女の子だったとしても、
   /      \   ┏┛  なんで二人がそんな怖い顔せにゃならんお?
  /  \   ,_\.  ・                                       -――-  、/"\
/    (●)゛ (●) \     ともあれ、チンクちゃんは大事な友人だし、      ./   /        \  \
|  ∪   (__人__)    |..    将来性抜群な仕事の提携先なんだからさ、    /   /  !    i    i 丶  i
/     ∩ノ ⊃  /.     変な理由でケンカとか止めてくれお?       ./   i  /l:∧ :::iヽ:i  i  i   i
(  \ / _ノ |  |                                    /:   i :i:::/ .|i i::: / !lヽ i  i::   i
.\ “  /__|  |                                     i::i:  i::::Ⅳ-‐ij‐ヽノ‐‐ij-ⅵ /::::::::丶
  \ /___ /                                       ';;、 ::}:: il  ○   ○  i::∧丶:: ヽ:
                                                    ij {:: ,':::::}   、_._,   ' i:::} ',::}::: 、 i
                                                   i j、ス i > _/ 人 ヽ <i::}  {::}::   i
                                                   i i リ    !/:::::::\jノ〈リ   i!::  /
                  ごめんなさい。チンクさんにも失礼を言いました。          〉:::::::::::::::≧;   i!:: /
                  やる夫さんの男性の御友人として失礼ないよう、        〈:::::::::::::::#j_     !:/
                  次からはキチンと応対させて頂きますね。             .<:::::::::::::::::>
                                                          |/  ̄ |/
5706 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:18:59 ID:iRsfd54Q0
>>5703
外伝でヤンデレ仕込んでたじゃないか、当然の反応だよね。
5707 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:20:51 ID:T6jEi..g0
>>5706
ダヨネー
5708 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:21:07 ID:8VASV1Q60


            ,  ´  ̄
          /           \

        /                 ヽ
.        /                             ……やらない夫がそろそろ回復する。
.       ./                     i         挨拶に時間をかけすぎじゃないかな。
.       /                /`
      /                     /.            情報の優位が消えるより前に、
   _./                ヽ==- /            僕達も行動を始めないか?
 「:::::∧                    i
ノ::::::::::::::.、                    |
::::::::::::::::::::::.,    {              |
::::::::::::::::::::::∧                , - ┘
::::::::::::::::::::::::::::::.,   ヽ      ´` ー
::::::::::::::::::::::::::::::::::..、  \     /´
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  / ヽ __ ./



                                                   ____
                                                  /      \
                                                / ⌒    ⌒ \
               予想外のことに時間を食ってしまいましたね。          /   (●)  (<)  \
               では、そろそろ遺跡を浚って回るとしましょうか。        |      ___'___     |
                                                \     ` n´   ,/
               索敵隊列は打ち合わせの通りです。               /     | |    \
               やる夫くん、チンクちゃん、ボク。                           ノ .ュ
               Wない夫くんは後方と左右警戒で行きますよ。              { ..ニj
                                                       | "ツ
5709 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:23:39 ID:8VASV1Q60
>>5706
まだあれから1~2ヶ月くらいなんで!
ちょっと助けて面倒みたぐらいで女が惚れるわけねーやん
という「やる夫なりの常識」的見解 依存癖とか想像もしてない……
5710 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:24:15 ID:8VASV1Q60


 やら:今日もチンクちゃんの拳が
      芯までよく響いただろ……。
                                               でな:遊びに来たんじゃないんだ、
                                                  .早く僕に剣を抜かせてくれ。

                 やる:できない夫はホント、ブレねぇお。
                     ソコが頼もしくはあるんだけど。


:::::::i:: :: :: :.|     |      \  \ .:.:.:..::.:.:.::::::|::: :.    !: : : : : :|           |  ∨    | :: :: :: :: :: ::/
:::::::|:: :: :: ::i    | ‐―‐‐ ‐‐ \_    .: .: .::: .: ::|::: :: :.   | : : : : : |  ―‐ ‐―   l        | :: :: :: :: /
:::::::|:: :: :: : :     |  ―‐‐‐‐ ‐‐ フ  : .:ヽ.:..: ::.:::}::: :: :.   |: : : : : | ―‐‐ ‐‐‐ |     i   |:: :: :: /
ヽ:::|:: ::::::: 」     |  ____ _ _ _ \.::: :::: :::.::::::.|::::::::.: .: .::i: : : : : | __ __ __,  |    | . : |:: :: r'
 }〈:: :: :: {    _〉            ヽ:: :: :: :: :: |::::::: :. :. :.|: : : : : :|           |     { . : {: ::.〈
/::::::\:: :: :.i   _ノ   _____ __   ):: :: >:: ::|::::::::::::::::::{: : : : : { _  ___ 丶_: :.」_ノ :: :: \
:::::::::: / :  ̄´: \           〈__ ::}:: :: |ヽ::::::::::::::.ヽ: : : :/.:〉          /: : ̄´ \:: :: :: ::〉
 ̄ /: : : : : :.\             / r`ー':: \ヽ:::::::::::{ rー   :/      .::::::::/: : : : : : \ ̄
  {: : : : : : : :〉        /.: .: .: .: .:. ::::::::::}ーrヘ__|__.ィ―「     .:.::::::::::::〈: : : : : : : :}
   ー-=ニニ=‐´_____ _ _ {ヽ_.: .: .:__.: /::rニ=㏄弋)=ニ){ ―‐‐‐‐‐‐ ‐ .:.::::ー-=ニニ=‐’ ‐―‐‐ ‐
                     .:.::::`ー-=ニニ=レ:::.:.: /rヘm、ト、\\
                    .:.:::::::::::::::::::/::::::: (_ソ^ミ爻シ^スrヘ) ヽ
                 .:.:::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::.:.::.:.:.::.:. : : : : :/}
            .:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::L::::ヽ:::.:._:.:.___ _ノ |
                  .:.:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ=ニニ二__二ニ=一′
5711 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:25:15 ID:8VASV1Q60


                           (キリカが前に「くっ、右手が勝手にっ」とか言い出した時と同じ顔を……)
                    __
              ,. - 7///////7‐,、                                      -――-  、/"\
              ,.ィ/////////////////>,、                             /   /        \  \
          ///////////////////////,ヽ                           /   /  !    i    i 丶  i
.        //////////////////////////,'∧                       /   i  /l:∧ :::iヽ:i  i  i   i
.       //////////////,|////////////////゙,                        /:   i :i:::/ .|i i::: / !lヽ i  i::   i
      /////////////!//{////,l////////////l                     i::i:  i::::Ⅳ-‐ij‐ヽノ‐‐ij-ⅵ /::::::::丶
      /////////////l//,V///,l//!'/l////////l                       ';;、 ::}:: il  ○   ○  i::∧丶:: ヽ:
      l//////////!仆lV//V///}リ从人///////l                      ij {:: ,':::::}   、_._,  u' i:::} ',::}::: 、 i
      リレ!///////{了兀ヽヾ∨//'「兀T}'///////!                        i j、ス i > _/ 人 ヽ <i::}  {::}::   i
        {.l///////,l 匕::ノ   ∨  匕::ノ!///////l                      i i リ    !/:::::::\jノ〈リ   i!::  /
          !///////,!  ̄        ̄ リ///////!                            〉:::::::::::::::≧;   i!:: /
        V//////ゝ      !       ////////l!                             〈:::::::::::::::#j_     !:/
          V//////,ト 、   _    /}///////l!                              <:::::::::::::::::>
           V,∨///,l r‐.i     . ィ  '////// /'                               |/  ̄ |/
            V, ∨/,l゙、ヽー-----一う ノ'}////' ,゙
            ゙、 ∨,l _,}丶  !|    {._ ///〃 ,.           【SYS:眼帯がキリカの厨二病に直撃しました】
           ,. ヽ'、 l _  l /_/   j/'、′
            ´    _゙、<ニ「ニ}二>、 ′   、
        /    !_<ニ二二lニニ!ニニニ\. l.   \         ……女の子の顔に眼帯。そういうのもアリか。
.     /   <ニ二二二二{ニニ}ニニニニ\、    ヽ
.   /     ,へニニニニフiニニiマ二二ニニ/ヽ               よし、帰ったらアシェラッドさんに相談してみよ。
  ,'      ./    マニニ/ニlニニ\二ニ/  ',.      ヽ
   、     {:::::::.........ゝ-'ニニニ!二ニニヾ<.........::::::}      〉
5712 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:25:45 ID:iRsfd54Q0
吊橋効果だれかやる夫に教育してー(これ以上の地雷回避のためにも)
5713 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:26:29 ID:8VASV1Q60


┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┗┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛


             遺跡探索の突入に伴い、同行するチーム2ch’sのステータスが公開されます。


┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓
┗┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┛
5714 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:26:41 ID:T6jEi..g0
そうだよなぁ厨二ぐらいだよなこの子らw
5715 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:28:01 ID:8VASV1Q60


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

                     ___
                 /      \
              /           .|              【キャラクターカード】
               l           .|
               l  、_    _,|              【名前】やらない夫 【年齢】24 【性別】男
               l  冫tッ≧´:::::化l
                 ,l    ̄(      ).             【出身】“皇国”本領畿内、オオサカの軍管理集落
              ,イトl     .`ー'`一´ハ、_
          /::::ヘ、\    ー´/:::::::::::::::` ー 、      【身分】チーム2ch’s頭目 4級スカヴェンジャー
        /-==:::::\ \__/   `゛゙゛´`ヽ、  \
      /:::/::::::≧- 、:::\   /l   、  、   .\  \
    γ:::::::/::::::/:::::::::::::::,::'::>-/ l   小  .マハ     \  \ 【能力】
     |i:::::::{{:::::/::::::::::::::::i:::::::,::'// .ヘ    マ  .マ⌒\   \ ノ
      |i:::::::{{::〃:::::::::::::::,レ´::/    \   ゝ_ノー .、\___ノ.  筋力A+ 体力A+ 俊敏C+ 知能E 運勢D 注目度D
     |i:::、:{:::'::::: :::::::: .li::::::::/       ><!.〈  / /`ヽ,     (世間:半ミュータント筋肉バカ チンク:筋肉はスゴイ)
     |i:::::ミ、::::::::::::::::::il::::::::l     ,' `ヽ:::l::乂メ、/ / .}
     |i:::::::`ミ、:::::::::::〃:::::::l    ,::    /≧≦人::/ ノ    【特性】
    .::::::::::::::`气、:::〃:::::::::l          ./ l::::::::::: 斧´
     .::::::::::::::::li孑ミ、li、:::::::乂____/  }    .l l.      半ミュータント(戦闘適性):強靭な身体能力の戦闘生物。
.    li::::::::::彡´::::::::,':ミ气:::::::ゝ、      ノ     .lリ、                      知性がだいぶアワレなことに。
.    li::::::::::::::::::::::::,'::::::辷刈ヘ、.`>---<\___.ノ 〉
.    li::::::::::::::::::::::,':::::::::li::::/  ><´l::::::li:::、    /      高速再生:身体の回復力・治癒力がもはや再生の領域。
.    li:::::::::::::::::::::::::::::::::il:::il        .|::::::il:::::廴_/.                飯食って寝たら指ぐらいは生えると思われる。
.    li:::::::::::::::::::::::::::::::::li:::リ       l:::::::,',:::!
.    li::::::::::::::::;,'::::::::::::::il:::}        l:::::::::',::!
.    li:::::::::::::::,':::::::::::::::::ト::{         l:::::::::::',:へ、.          【スキル】
.    li::::::::::::::,'::::::::::::::::::ハ  、     .`ヽ、::::::::∧ __
.    li::ヽ::::::,':::::::::::::::::::::::il   ヽ、    \:::::::∧  ><、   ミュータントカラテLv3:自身の能力に最適化させた武術。
.    li::::::::`ヽ、::::::::::::::::: li      ト、    .\ノ´     `><              力任せではなく技術に溺れもせず、
.    li::::`ヽ、::::::、:::::::::::::il `ー 、 } .ヽ、   .|          `ヽ、            心技体を調和させた鍛錬の結実。
.    li::::::::::::::::::::::)::::::::: : li   `ヽ、 }  ヘ、  |                ヽ
    .::::::::::::::::::::,'::::::::::::.ハ      ∧    `ー´、              }
     .::::::::::::::,::'::::::::::/  \   ./ ∧      ー -          ∨
      .::::::::::,:':::::::::::/     \_/   ∧_          __ ,       ∨
.     li:::::::::::::::::::::/            ∧一<==ー ´         ∨
.     li:::::::::::::::::::/             ∧             ∨

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
5716 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:28:53 ID:T6jEi..g0
24!!? のわりに落ち着きが(ry

再生能力SUGEEE!?
5717 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:30:15 ID:zHFNuFos0
筋力に体力がA以上!?

やらない夫やべえww
5718 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:31:33 ID:8VASV1Q60


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

               / ̄ ̄\
             / 「   ヘ \
              |  (●)(●) |                【キャラクターカード】
              |      |    |
             |   __´___  |.                 【名前】できない夫 【年齢】26 【性別】男
             |   `ー'´  |
             ヽ         /.                【出身】“皇国”本領、皇都郊外の山中
         . ┌_-ヽ     /   ,、
          キ. :` ≧ニヾ`ヽ _, イ.ノ.               【身分】チーム2ch’s非常勤戦闘員 4級スカヴェンジャー
           〉. : . : . : ,. :iュニ  -、イ
           7. :,. :イ´ /┘、_ \
         .7 イ   /. : . : .ヘヘi  ̄             【能力】
         ,イ   ; ';/. :, -、. : ;. :ヘヘ
        f   ; ';f./. : . ヽ、',. : ヽヘ              筋力B 体力C+ 俊敏B 知能D 運勢C 注目度E
         |   , ' /. : . : .;. : ; i ,' , .ヤヤ            _.、ュ (世間:道楽者の暇人 チンク:切り裂きジャック)
        !  , ' f, : . : . ; . : ; |,',';. : ヤ         ,.>::o::;:},.!
        ヤ , '/: . : . : .;',. : . :|,';' . : .ヽ.     ,>'"o;:゚ < 【特性】
       ,. ≦ '/. : . : . : . ;'; . : .|; '. : . : ヽiュ、-::'"o::;゚ <
     ,.:≦ミ㌣ヽ'. : . : . : . :,';' . : ,| . : . : . : ヘ!ヾi゚ イ.         素浪人:剣だけに生きるが故に市井の労務に興味がない。
    /ミ㌣::::::::/. :,' : . : . : . ;'; . : ;| . : ,. : . : . : フ|l':"o´o_ ̄!コ、.         生きることはイコールで剣を振ることなのである。
  /ミ㌣:::::::::::/. : ,'. : . : , . : ;'; : . ';i. , ;; ,.,' /、!'- '".             人間性が希薄になり対人関係に-補正がつく。
  i三'::::::::::::::::ヤ: ,'. : . : .';',. : ';';. : ';.i,';'イ-==ヘ' 、¬
 i三'::::::::::::::::::ヘ ,'. : . : .,';, . : ' ; . : ;|ン'´::;:ュ´::::`ヘ`i.        刀剣マニア:世に聞こえた業物を求めては愛でる趣味。
..i三::::::::::::::::::::,ュ〉 : . : . ,';';. : . : ;. : ;|_::;:/ヾ!:::::::::::ヤ                 入手したことのない刀剣が絡んだ仕事中、
.i三::::::::,::ュiill圭|!. : . : . :';';. : . :, : . :|l!". : . :,'!:::::::::i:::ヤ.               ヤル気があがり行動に+補正がかかる。
.|三::::乍圭昨"i. : . : . : ';';. : . :| : . ,!. : . : ,';'キ::::::::|::::ヤ
..!彡:::乍'":::::::;i. : . : . : . ;';. : . :|ュイ : . : . ,';/::::::::::|::::ヘ
. ヤ彡::::::::::/ |. : . : . : . ';. : . /f |、. : . : /::|::::::::::|:::::::i          【スキル】
 ヤ彡:::/  |. : . : . : . : . /"; ;.|ヘ : . /::/;:::::::::::|::::::!
  ヘ';/  /!. : . : . : , イ;  ' .;.|::::ヘ/:::::/;:::::::::::|:::::i.          古流合戦剣術Lv5:太古より受け継がれた戦場剣術。
  /  /、::ハ  , イ|||_',..、 _、 ,、,.!:::i:::::::::/;::::::::::::|:::::!.                      その秘奥を伝授された剣鬼の技。
/  /、川7::"圭圭圭|ゝ '-'ー'"::::i:::::::::/;:::::::::::::|:::i!
'  ,イ   ̄7::i圭圭|乍圭圭圭||:::::|::::::::/;:::::::::::::|:::i!
 ,イ     7::i:圭㍗:::乍圭乍''"::::::|::::::::/;::::::::::::::|::i||
イ      7:::i:"::::::::::::i:乍"":::|:::::::::|:::::::::/:::::::::::::::|:;||
      i:::i:::::::::::::::::i:::::::::::::::|::::::::i:::::::::::i::::::::::::::::|:|||

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
5719 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:32:56 ID:GGYP6icY0
Lv5……だと……?
5720 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:33:39 ID:8VASV1Q60


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

      ___
   .../     \
  .../        ヽ.                           【キャラクターカード】
   .i  \   /   .i
  ...l ( ●) ( ●) │‐-ー─ - 、                   【名前】できる夫 【年齢】23 【性別】男
  ...ヽ    '    ./:ヘ::::::::::::::|:::::::::::`ヽ           , rァ
    .丶  .f _ )  .イ|::::::ヘ:::::::::::!:::::::::::::::::`>、_____f´ {.    【出身】“皇国”本領、オオサカの軍管理集落
   ../::::`  ‐  '  .|<:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::://   `ーァ
  /\::::::::::∨ィ7 i:::::フ::::::::::::\_:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::| | ⊂ニア.  【身分】チーム2ch’s参謀 4級スカヴェンジャー
<´:::::::::::ゝr‐-∨ハ. !::::/:::::::::/::::::`ヽ ̄ ̄ `ー----.ヾニ _ニ-’
.::::::::::::::::::/   ∨ハ |::/::::::/::::::::::::::::::ヘ
:::::::::>´      ∨ム/::::::::::::::::::::::/::::::.:::ヘ.                【能力】
. ´           ∨::::::::::::::::::::/::::::::::::::::}
.           `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧.               筋力D 体力E 俊敏C 知能A 運勢C 注目度D
            /{:::::::::::::::::::::::::::::::::::∧              (世間:2ch’sのキレ者 チンク:油断ならない奴)
            /::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
             .`=|.::::::::::::::::{二二ノ::::::|               【特性】
               ./|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              //|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|               ロウ・キーパー:子供を守るのが大人の役目という自負。
               ///ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ                           言動はともかく善性の人物なのである。
            //// ̄ ̄::::::::::/ ̄                           対人・交渉において信用を得易い。
            {/マ::::::::::::::::::::::/
             ヾ/::::::::::::::::::::/、                   狡知の勇:知性を武器とし己が無力を受け入れる勇気。
            ./::::::::::::::::::::///\                          精神状態デバフに対し高い抵抗を発揮する。
           /:::::::::::::::::::://////ヘ.
            /::::::::::::::::::::〈////////`ヘ                  【スキル】
          .〈::::::::::::::::::::::::::`ヾ`</////`ヾ
           \:::::::::::::::::::::::::∧  `<////ミ}            交渉弁舌Lv3:舌先三寸で取引を優位に運ぶ技術。
             \::::::::::::::::::::::∧   <三圭ソ′.                      頭と舌の回転に虚勢を通す根性を含む。
              \:::::::::::::::::::∧
                \::::::::::::::::::ヽ                 情報管制Lv2:情報収集から精査・選別、配分の技能。
                  \::::::::::::::::`ヽ                         レベルが上がると確度とソースが増える。
                   \::::::::::::::::ヽ
                    \:::::::::::./`ヽ.              走狗使いLv1:走狗をより有効に操作する技能。
                      \::::/::::::::ヘ.                      電子戦において幅広い戦力を発揮する。
                      〈:::::::::::::ヘ

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
5721 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:34:03 ID:iRsfd54Q0
人外魔境の巣窟か、4級じゃねえよ。
5722 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:34:35 ID:zHFNuFos0
Lv5のスキルとはまた中々お目にかかれない物を
5723 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:35:31 ID:8VASV1Q60


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━


                /|
          _  M/ .|/|_
    __/ニヽ ´_ =_ヽ      /.             【キャラクターカード】
   /::::::::::::}/-ヽrヘ)        .Z
   |:::::::|:/  。 \                   【名前】やる夫(ヤルオット・アノー) 【年齢】18 【性別】男
   レ;::::|( ''  ω゚ |
  ///}:::::ヽ    '' /                    【出身】“皇国”本領、キイ市街の町工場育ち
   、_'くr=彳:::::: ̄:::::`三=-
   --r{_{::::::::::::-=:::_:::ヽ                  【身分】チーム2ch’s非常勤補助員 5級スカヴェンジャー
      ヽ::|:::「||/ツ=-::::::::/
     |::|::::ト|/:::::::::::ヽ::::}                 【能力】
       ';::::::ヽ:::::::::::::::::::::|
        |:::::::|::::::::::::::::::::::!.                筋力B 体力B 俊敏D 知能B 運勢D 注目度E
        |:::::::|=-::::::::::::::::{                (世間:ああ、扇の店の……。 チンク:友人だ!)
       |::',::::';::::::::==ミ::ト、
      |::::';::::}-==:::::::ニニ::Yヽ ヽヽ.            【特性】
      ヽ::::::::フ::::::=彳::=彳.:.:.:.:.:.:.∧
       |::/::/:://!.:.:|.:!.:.:.:.:.:.:.:.∧==ミ .       レオンハート:獅子の魂。劣勢時に全能力に+補正が発生する。
       |::::/=彳__|/.:./:、:';.:.:.:.:.:.:.:.::V                発動中は人を惹きつけるカリスマ性も発揮される。
       `フ::/!.:/.:/.:./!.:./人.:.:.:.}.:ヽ:.',
        /´ /.:.:.:.:.:.:.:.:.|//´ ヽ.:.:|.:.:.';.:',.       老練の訓:熟達者よりノウハウを教授されている。最適行動ヒント有。
      _ ノ イヽ!.:.:.:.:.:.:.://    |.:.:!.:.:.:ヽ.:!
       ̄    ∨.:.:.:.:.:.∧   |.:.|.:.:.:.:.:.:\..     主人公補正:良くも悪くも人生ジェットコースター。成長補正がつく。
           ∨.:\.:.:∧   !.:.!.:.-===ミ}
              \.:.:\.:.:.\__∨         【スキル】

                              機械工作Lv3  白兵戦闘Lv2  銃器取扱いLv2

                              装甲スーツLv2  車両運転Lv2

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
5724 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:35:40 ID:zHFNuFos0
できる夫は知能Aかww

こりゃスゲェ連中の集まりばっかだな2ch’s
5725 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:37:24 ID:zHFNuFos0
誰しもがB以上の能力を何かしら持っていて

Lv3以上のスキル持ちでその他技能も多数

・・・これが4級ならぬ死級か
5726 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:38:59 ID:8VASV1Q60
2ch’sは より尖ってトンがった能力者の集まり ソレしかできない奴

だから某ハマヅラェのように汎用スキルだけで専用・複合スキルを持たない
やる夫が実に便利で使い勝手のいいスタッフ お助けキャラ的な
5727 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:39:54 ID:8VASV1Q60


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5728 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:41:04 ID:zHFNuFos0
やる夫が来て欠けてたピースが揃ったような感じなのねw
5729 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:41:05 ID:iRsfd54Q0
提携できたの超幸運だよな、こんなチームと知り合えねーよ。
案内役でやる夫、ゲットしたのラッキーだったんだなー
5730 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:41:15 ID:GGYP6icY0
正しく補い合うためのチームだなあ
5731 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:41:27 ID:8VASV1Q60


     \                       /
       \                    /
         \二二二二二二二二二二二ニ/       .まずはドラッグストアだったよな。
         |: : : : _________::: : : :|
         |: : : : |    ___.    |: : : : |           電子部品の店とかアタリつけてんのに、
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |           なんで先そこ行くのか説明してくんねぇ?
         |: : : : |  |     i|   |: : : : |
         |: : : : |  |    o|   |: : : : |
         |: : : : | _j____|_ |: : : : |                     / ̄ ̄\
         | : :: : |           |: : : : |                 /  ヽ、_  \
        ,/ ̄ ̄             ̄ ̄\                 (●)(● )   |
      /                     \               (__人__)     |
     /                        \             (`⌒ ´      |
    /                           \            .{           |
 ./                                  \            {       /
                                               ヽ      く
                                        ⊂てヽ   /        ヽ
                                      {三_ ィ `´  /|     ィ  |
                                         \__/   |      |  |
            ___
          /     \
        /  ⌒   ⌒\
      /   ( ●)  (●)\                   再生能力のあるやらない夫君だと確かに
      |     、___´__    |        ./\.      ピンとは来ないんでしょうけれどね。
      \          /      〆   >
        >          .≦       > ._/       .ボク達の仕事はいつだって大怪我の可能性が
     ∨          |||∧    ./ /         .付きまとうし、怪我が理由で動きが鈍ったなら、
     |   .l       ||l .∧  / /            死ななくていい場面でも死んじゃいますよね?
     {   {       .l|   ,,´` -ヽ
     ∧  \    / ̄/ /ヾ   /
      ヽ  ⌒)  ..(/ / `-´.              即効性の高い医療ナノマシンの製品というのは、
         .|   丿 / /.                上級者ほど高値を積んでも確保したがります。
       /ヽ__ノ / />´l
       |  .//    /
       \ ≧    /
         \__/
5732 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:42:52 ID:8VASV1Q60


    でき:けどボクがそれ以上に期待しているのは、店舗配送用に使われていた保全機能付きコンテナですね。

.       四級遺跡ではまず目にかかれるハズない品ですが、この遺跡に限っては入手できる可能性が高い。
.       ゲッターチームが荒らすまで無等級遺跡のままで、人の手が入っていなかった大型商業施設ですから。

.       保全機能さえ生きているなら一つで一万円を超える品なので、賭けを打つだけの価値がありますよ。



                             _______________
                       / ______________ \
                      / ,ィニ=-  ̄¨`㍉二三三二㌘"¨ ̄ -=\ \
                    / ,ィ三二ニ=-     ̄ 二  ̄     -=ニ二三\ \
                   / ,ィ三二ニ=-    -=ニ三三ニ=-     -=ニ三\ \
                  / ,ィニ=-      -=ニ二三三三三三二ニ=-       -=ニ\ \
             .  / ,.イ㌘     -=ニ二三三三三三三三三三二ニ=-      ‐=\ \
             . /    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ヽ
             f―――――――――――――――――――――――――――――i
             |  __________________________   |
             |  |.      -=ニ二三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-      |  |
             |  |ニ=-      -=ニ二三三三三三三三三三三三二ニ=-       -=ニ|  |
             |  |三二ニ=-      -=ニ二三三三三三三二ニ=-         -=ニ二三|  |
             |  |三三三三二ニ=-      -=ニ二三二ニ=-       -=ニ二三三三三|  |
             |  |三三三三三三三二ニ=-   _.二 ̄   -=ニ二三三三三三三三|  |
             |  |三三三三二ニ=-      -=ニ二三二ニ=-       -=ニ二三三三三|  |
             |  |三二ニ=-      -=ニ二三三三三三三二ニ=-         -=ニ二三|  |
             |  |ニ=-       -=ニ二三三三三三三三三三三二ニ=-        -=ニ|  |
             |  |.      -=ニ二三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-      |  |
             |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
5733 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:45:07 ID:T6jEi..g0
残念ながら…(´;ω;`)ブワッ
5734 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:46:12 ID:iRsfd54Q0
すまん、精霊とダイスの女神が…
5735 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:46:39 ID:8VASV1Q60


   .r-、 _00           /::::'┴'r'
   .|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   . ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /          ぶっちゃけ医療キットがダメでもいーんですよ。
   . \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/.           中身がどうなってよーと知ったこっちゃありません。
          ____                     .コンテナが無事に入手できるならいーんですっ!
       / ノ_ ヽ,, \
      / ≦゚≧ミ:≦゚≧
    /     ___'__    \                保全機能もそうですが、重量軽減装置が無事なら
    |      |r┬|     |                価値が二万円に届く上、他の荷運びにも使えます。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒).           やる夫くんに背負って貰って探索続行できますよ。
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/               まずは一発、運試しといこうじゃありませんか。
   |  l  |     ノ  /  )  /
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /    /   /



                                                 -―  ¨ ̄ ̄¨  ‐- 、
                                             /                    \
                                            /      ヽ  ハヘ   \    ヽ
                                        /      ヽ. ヽ  l ハ     .|    ∧
    (金額の安定した機械類に目を奪われず、          ./ / /./ ∧ ト ハ_r_ェzl_   |       ∧
.     高配当の賭けを打ってきたのか……。           .| l _.!_l_ l u,l_」チ<´ト,  ll     |      ∧
                                          | _」z斗ハ ト/ リ ,r≠i天 ア   |ヽ.       ∧
.     医薬品だけでも稼ぎのアテになる。               |  l,.r≦Vハ.  "(・ ) /|    | リ
.     ついでにコンテナがあれば大成果。             |  {::::::::::::::リ u ー‐ ¨´ |    レ'
                                          |  ヘ:::::::::,イ     U    |    ト、____
.     だが目論みは逆と言って士気を煽る。           |   l`¨´ `        j |    |::∧  /}
                                          |   ゝ、 u           ! |   !´/./  .!ー
.     プランナー                               |    |> _ ‘` u_..<| |   |/   ./
.     企画屋ってのはタチが悪いなぁ……)           |    |i |  >.r ´   l l!  ハ   /
                                          | |   .!l l!   癶   l li  l } /
                                          | |!   ! ! |i  /  ヾ=l ii  l /'
                                          | |i   | l .lヽ/    /1ii  l/!``=ヽ
                                          | |j    | | l/^\   ヾ l ii  /_/!  //
                                          |.ハ   ! ヘ{\:::::\  l ii /  l  //
5736 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:47:25 ID:8VASV1Q60
一つぐらい出ると思ったんだけどなー
確率的には十分に目はあったと……
5737 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:48:30 ID:8VASV1Q60


                                                  ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`
             ┌┐                          r‐  ´                   \
             ||                         /           l   ヘ         \
 ______,、∧,、||____________  ...../ /       ヽ    レァ =- ヘ         \
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨`'`.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  .../ /   / i l ト ト、 /' ´「    ヘ       \
             └┘                         / /   l l .ト .l x <>ァ  l     ヘヽ      \
             ┌┐                     / / l   lz⊥」ヽlィム  / \l     ヘ }
             └┘                     l /| |   ア´l ヽV」,      ヘ     ヘ
                                      |/ | |  l  {.__/            ヘ      ヽ
    センサーに感、先の角から金属・熱源反応。       | |l  l  「          ト 、ヘ      ヽ
    数は2体、おそらく警備ロボの類だ。            l | l  l  l   _     l  ヘ       ヽ
                                        l | l  l  \´ ー      l   ヘ       ヽ
                                         l  l  l   l\       l    ヘ       ヽ
      やる:おお、やっぱセンサー持ちが居ると便利だお。   ヘ ハ  l  >、_ -‐ ´「 l     ヘ       ヽ
                                            {  \/       l l     ヘ
                                              /        rfレl       ヘ
    MAPから見るに搬入口付近の警備だな。             .∠__     /   〉      ヘ
    角を曲がってスグだが――どう仕掛ける?                > ∠ -‐フ´        \
                                              _ -‐´  /   /   r ´       \
                                            ∠     〈  <    /
                                               ̄ \ / ヽ/ `>/
5738 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:49:51 ID:8VASV1Q60


                 /  i      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                 !   i!    /             \
                 ゙、 _,゙,  /      '´ ̄`   `―- |
        _          f´  i  |      ::;;(● )   (● )
       i `丶、       ト-' _〉 |        ´"''"  , "''"ヽ.      まずはボク達の御手並みを御覧くださいな。
        `、_  `,ー- 、___ノ ̄:::人ヽ       ┬ァ―- .._   |
         ` ー' 、_, ノ::::i  ``´   ヽ`Tー-- 、_  (    /   /     交戦用意。総員、縦列。やぁってやりますよ。
             冫ー'"   __/ i、 ヽ    `!`!  ̄ ̄  /
           _,ィ゙´ヽ  / ̄〃/  ヽ、!!   / i ヽ`ヽ´ィ
        _, - '´  `i_ノ   !  i i!/    /´`=-、i__i  ゝ-〈i ト、
    . ャ'´__,ノー弋〉-、i /   y´     i::::i´f    ) 人__ツi ヾi\
      `´     冫ヽ/〈__, -'ーァ-‐‐r'´T`亠‐r‐‐'゙i´ /:::::i`! i_i .\
          ./ ,イ_ -`ー‐‐'´  / ./    i!   i'´::::::::i!'ー<´   冫、
         ./ ノ´ `ー‐‐t‐‐--‐'´  /     ヽ  ト、____冫 /__  /  !
         `ー'´      ``ー--‐t'´、_       ヽ ヽ  ./ /  ``/  i



                                           rイ T `ヽ      __ _
                                              { {__j   }.  , ' ̄      ̄``  = _
                                          ヒ.、___ --' }.,              `  、
     うっし、新装備の出番が早速きたかお。                 i、_ ̄_ -../                    \
                                           i` T ̄. /                      ,
     墓場に投棄されてた思考戦車の装甲を                  r}-┴. /                     ,
     剥ぎ取って重ねて作った、大型曲面盾。              .{__,ィニ7/                        ,
                                           _==乂.. ./                      ,
     銃弾レベルは目じゃねぇって見せてやる。            乂{_7、./                      /
                                          /xY../                      /
                                    __ _,-、- {ニミ./                      /
                                  ____jE}_}γ`Y ´フテ.,、   , i                     /
                           rァ, r=、 <≫‐=ユ- ー'ーi `´/ .ヽ / ,!                    /
                            「|{ {i_ j ̄}  {_〉〉フ>く´〉.../  `. l  /           ,、.     /
                            |.U {7__ イr'´   {>‐'´`./    l/`  、       , ' l   イ
                           {r┐br イ__ -‐´     /             _   / /  ,イ
                           Lト〔}彡'´        .l                ./ ,.'--,イ
                            ` ー′            !                   ー" ,イ
5739 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:50:01 ID:iRsfd54Q0
ハックでぽん
5740 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:50:45 ID:8VASV1Q60


                 __r-、     _,.r─ァ、
               r'´__,ゝ'ー-、,.ィ‐'ヽ/゙ヽム
              _/y'-/- />'" / ___.! )             ケ、ケケケッケ、警告……マス。
          / /!/‐'‐ // /,ノ´   ヾ
         ノ!,.r'"_!|  / /`ンー'´i.       )               許可証ナキ侵入ハハハハ禁止、
        ,. ゞ、〉、.r´,|.トy'´/ /´`ヽ__ゝ-─-、ノ
       /`ヽ、ム'"iミヘ! ミン'  》二y'  ゝー-、ム                   威力排除、排除、排除ハイジョ。
      ,ゝ‐、/b/_>、二"ジく>  >_(二、ィ゙h
    l rv'   /       / _/ /‐'゙`ヽ;ぐ′
      `ヾ  /       E!>'iヾ、/     ノ ヽ.
        i          l_,..X´  _,. - '´    !、
        \,__  _.r'_ヾ, レ'ニi!         ヽ                        __r-、     _,.r─ァ、
           ヽ二 イヾ一iー‐'´|         l、                      r'´__,ゝ'ー-、,.ィ‐'ヽ/゙ヽム
                 /   /    ヽ           /                     _/y'-/- />'" / ___.! )
            r'´  _/        \     / |                      / /!/‐'‐ // /,ノ´   ヾ
         _,.-v'ニ厂H        ` ーr‐'´  |                      ノ!,.r'"_!|  / /`ンー'´i.       )
       r '___,.))ヾミ_丿            \r一!、               ,. ゞ、〉、.r´,|.トy'´/ /´`ヽ__ゝ-─-、ノ
        `ー'ー'一′                  | r-h             /`ヽ、ム'"iミヘ! ミン'  》二y'  ゝー-、ム
                            |'   ヽ            ,ゝ‐、/b/_>、二"ジく>  >_(二、ィ゙h
                           ヾ二二リ           l rv'   /       / _/ /‐'゙`ヽ;ぐ′
                                          `ヾ  /       E!>'iヾ、/     ノ ヽ.
                                                  i          l_,..X´  _,. - '´    !、
                                   __                   \,__  _.r'_ヾ, レ'ニi!         ヽ
                                 /´ > ,.イ               ヽ二 イヾ一iー‐'´|         l、
               ,.イ  ,,   ∠二>  ,.イ    ´ ̄  /_/                /   /    ヽ           /
               | |/ .! ∠二> /_/         //                r'´  _/        \     / |
             ./ ,/! |      //  rz_   //              _,.-v'ニ厂H        ` ーr‐'´  |
             レ'.| | .| |    //  r‐' rz/  |/              r '___,.))ヾミ_丿            \r一!、
                | | .|/    |/     ̄.|_〉                 `ー'ー'一′                  | r-h
                |/                                                      |'   ヽ
                                                                     ヾ二二リ
5741 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:50:54 ID:T6jEi..g0
押さえつけてハックとかもありなはずだけど…
こりゃパーツ取りになるかな?
5742 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:51:10 ID:8VASV1Q60


             `゙'''ー ..,_         `゙''ー ,,,>.._,.. ,,,.゙"     .''-、    ヽ   .l   .!  r ̄ 、/    /
            - ..,,_"''― ..,,,_、 ゛..,,,_           `゙'''`-..,゛ rー      `'-、   .ヽ  . l  | │ 、,〃  //
           、 .`゙゙'''~      `゙゙''''― ..,,,_.     {   ミ      `'-、 \ ...l  ′ .i!iレ゛  ,/..彡
               `゙゙゙'"  __  r'"⌒'- ..,,.    ´゙"''―`''' ー= .`゙''ー ,,、  `'-.\ ′   ″ /   //
'-、,      . _,゙,゙ ゙̄""         !   .`゙'ミ 、 .¬―--   ___
  `゙"────'               ゙'-- ―¬           ____
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     : ー ..,,_.
            ,, -――ー- .              /  .゙│ : ー''''"゙,゙.. ー'''',゙./             、,    .`゙'''ー
          /        ゙̄二ニ--、   : _,,,.. -ー''''  ゙ー- .″ .‐''"´ ,.. -''″           、  \
       .l゙         二ニ-- ‘´    _,,.. -ー     _..-‐'″ .,..ー _/     .i′ ! .l,   、 \
       .l             'ニ―' ._,,.. -‐'''"゛     ,,, -'"゛.,..  ,/´ /    ,   .l゙  | ヽヽ ヽ  `-、
... --ー'''^゙´ .ヽ          _;;jjl″       ._,,, ._..-''"゛._.. ‐'´ ., / .../    ../    . l  ! .! .ヽヽ ヽ  .`'-,
        . ゙'ー ..,,..  .'“´       ,,‐'"  .''彡….‐'″ ,/゛ . ,/     ./   .,  !  ,!  !  .ヽ ヽ ヽ
   ._,,,.. -‐''"                _,, ‐l゙   ._ /   ,..-'´  _、./   / /   /   .!  │ .!  ..l, .ヽ .゛
''''"´                 ,,, -''"  ._.ゝ__ r'"  .,..‐″  .,..-"// /  /    /   l   │  l   . l, .ヽ  \
             ,,, -''″  _..-'"゛    ,/゛   ., ‐l゙   / .'" . /    /    ! │ !  . !   ..l .ヽ \
         _,, -'"゛   ._..-'"゛     .,..-'゛   . ,/  `--゛../   ./    ./    ." 、 ′│  !     .ヽ ヽ\
     ._..-‐'″   ._..-'"゛      .,..‐" ,..‐ ,. ."   .,,-  ./  ./     ./  !  ,il ll !  |    .'i    ヽ  \
. _,, -'"゛    _.. ‐'″         ,..-'゛.,..‐″./ /   /  ./  /   .、 ./  /  /  ゙.! |   i l.l 、  .ヽ  ヽ
     ._..-'"゛        _/´., ‐'´   " / .,,‐   /   / .,i / ,i ./   l    廴__ノ  |  ! !..l !、    ヽ
 ._.. ‐'″        ,..-'´  ./       ゛ .,i'゙,./  ./   / ./ .゙./,i/  /  /   i   .!  .|   ゙!.l   l,
'"           _. _/゛    l           ,ノン ./   ./  !    .;l′ .i′  !   .l   .|  l   /    ヽ
  _.. -''"゙_..-'″  .,..      .l           〃゛     ./   ヽ__./   ./   /   .}   :!   `--"
.''″ ,..-'´   ,..-'" .,,  : ,/ .ヽ、     ,./      ,ノ゛      ./    l   !   ,!   !    .l  lL 、
      ...-'″ . /  -"    .、゙''―ー''゙゛./    /      .r  ,i",ノ .l゙   !   .!   .|  i i l l ! .l
        ,/゛ /    .,/     . /     ./    , ‐ ,i′./ ./ .,″  /    l   │ .l .! ゝ .ゝ l、
          ´  ./    ./      /    /    ,/  ./  / ./ / .、  /   │   .|  | ."     "ヽ
           //  ./      /    . /   : ,/"      ゛/ ./ l .i . l    |    l .l         !
        /  ,/         /     ./   : /           " / / .! l    ,!    | .|        /
5743 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:51:17 ID:iRsfd54Q0
え、重装甲盾自作………
5744 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:51:59 ID:8VASV1Q60


                                          ┏━┓□  ┏┓□  ┏┓□  ┏┓□  ┏┓□┏┓
                                          ┗┓┃□┏┛┗□┏┛┗□┏┛┗□┏┛┗□┃┃
                                l         ┃┃  ┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┗┓  ┃┃┃
                                i、__,,.../  ......┃┗┓  ┃┃┃  ┃┃┃  ┃┃┃  ┃┃┃┗┛
                                  γ´  ......┏┛┃┃  ┃┃┃  ┃┃┃  ┃┃┃  ┃┃┃┏┓
           , ' ̄      ̄``  = _           ゝ..,,_  ┗━┻┛  ┗┻┛  ┗┻┛  ┗┻┛  ┗┻┛┗┛
           /               = _、         .γ´
         /                    = _,     .ゝ、
        /                       \,      `
        /       r7'´ ̄ `ヽ、             ,
       /         ,、7`ヽ、     ヽ      サンダンデハナァ!
      /         /  `ヽ、 `>    ∨            ,        人__/         人__/
     /   ,、    }`ヽ、  `ヽヘ r-、r‐}7                        ⌒ヽ(         .⌒ヽ(
    /   _/ }   _//7z、`ヽ、 /´/-、.゚く´       r┬┬┐  _          .)て          )て
    /  //O.riY7//ヽ、//ヽ 77  } 77´     r┬亡}ニニコ_〉-{__ ヽ    ..__ノ(`          .__ノ(`
      ノん〉v'///////∧///`ヽj` し'`      └‐‐┴‐く┐ 「 }゙i .}    .`Y^\       `Y^\
     7、Y∨r >///////∧{  {  /      __/‐、   } }`i亡´ .='、
     /7/ノイ///// />‐ァク<コくTくヽ- _  /- 、  ゙i トノ {‐' {__〉_} }     .ヽ_,
   /_){_ノノ{///// / ///i .{//} }/} }∧ '; '; 〈‐、  ヽ /二└┴'´r.┘/      .ヽ(_/
   {{  ー'┘//// <>'//.j j//} }/} }/ } .} .} } }\  }/彡ニテ┴' └‐'          ) (
   {{   {////////////7///ヒ}/ヒY/ヒ{-j__i // }/ー‐┘                ノ (`
   {┘_{///////ー---------┬--////>┘´                   ´⌒\
   ∨/r「 Yi ̄ ´_}////」ー--イ  ̄ ̄ ̄     /
     ∨」r}こ}T二二}////}二}´          /        警告即ブッ放しで撃って来やがった!
    「  Yト_}/{二二}///j_}‐}         /           AIがほとんどイカレちまってやがるお。
    └┬}ト、}/{ ̄ ̄ }//」イ T        /
    j‐‐イトィ/ 「`ー'こ}/{_」‐イ                        射撃で牽制いれて動きを抑える。
    {- ィ ト┘「`ー‐ T{__ノT∧                      後はキッチリ頼んだお、二人とも!!
5745 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:52:31 ID:8VASV1Q60


                                         ,,,.. -ー ¨¨ ̄ ¨ 丶、
                                  _,,-'"゛           `'、.
                                  ,,/ ゛                   ヽ
                                ,/´                    l
                             ,/゛                         !
                            /                          !
                         ,/゛                    _.. ー'''¨ ̄¨'-、    l
                    _/               _ /         .ヽ   .,!
                  _/                   /             !  .l
                   ,/                   /              │ /
              /                  /                   } /
            . /                /                    l /
           /                   /                   ! l
         ‐゛ ./                /                    / ./
          /                 /                       / /
        .'" /            ,./          ┏┓┏┓          / /
         ./ ./          /      .┏━┓┗┛┗┛            ┏┓
        ヾ ./              /      .┗┓┃        ┏┓      ┏┫┃
        ,/ /          ,/            ┃┃    ┏━┛┗┓    ┗┫┃ ┏┓ ┏┓ ┏┓
         ./ ,- / ,  /           .┏┛┃    ┗┓  ┏┛      ┃┃ ┗┛ ┗┛ ┗┛
       . / ./ / //              ┃┏┛    ┏┛┃┃      ┏┛┃
       '゛ / / //                ┗┛      ┗━┻┛      ┗━┛
        ゛/ /
5746 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:52:51 ID:8VASV1Q60


   ...,/゛         /                  ┣━┓ ┏━┓ ┳━┓
. .,∠―''゙゙,!     /                    ┏╋┛ ┣━┫ ┣━┛
...'"    ./      /  ......__r-、     _,.r─ァ、 ┗━┫ ┛  ┗ ┻
    ../  ,..┐  .l゙  ..r'´__,ゝ'ー-、,.ィ‐'ヽ/゙ヽム
    /./  !   |. _/y'-/- />'" / ___.! )                      ――もう斬った。
   .〃   !   ! /!/‐'‐ // /,ノ´   ヾ
   ″   .l゙    .l.._!|  / /`ンー'´i.       )        _,イ´ ` .、 ___ , 、
       !     .l,|.トy'´/ /´`ヽ__ゝ-─-、ノ      ./       丶: : : : : : : : :\
      ..lλ    .ヽ.ミン'  》二y'  ゝー-、ム     /: : : : ヽ     ` : : : : : : : i  /`ゝ          .. =
      ,ゝ‐│ /'、   ヽ.二"ジく>  >_(二、ィ゙h   /: : : : : : : : :`          _   { ノ ,イ、         , ´     ` 、
    ..l rv' ! /  ヽ   .`、  _/ /‐'゙`ヽ;ぐ  /       : : : : !    ノ: : : : .` Y . : : : `ー 、     /         ,
      `ヾ. |/   .ヽ    .\.../     ノ ヽ..\: : : : : . . . -. . : :.、 ヽ: .     :彡ン_ヽ-= 、= ‐-`ー----/     `ヽ、  l
        i     l     . \ _,. - '´    !、...\: : : : . . .   ヽ  __.,-=、ミヽ⌒ヽ`丶` Y    ./ /    ( ●)  '
           .\,__  l.iー 、    . \        .ヽ.-,^ニニヽ _  _. - '´   `ヽ ヽ》   )ヽ ,, !   / /          /
           ヽ二...!  `'-、    ゙''-、  ......r//. ___. `ヽ          〉 .〉).ノ / ノ / ノ / /           」/
                 /   /. `'- l\ 、 `''-、..l=≦´三三`≧=!.        /  //彡- '-’´ ___ヽ /   ヽ   `ヽ /
            r'´  _/   ....`〈i、 .`''-..、...]iⅩ',  ∨ \[i{ ―─--==--'=′::::`:..、 /  /、  ∠\  ./
         _,.-v'ニ厂H      ..`    `.└ ‐t',.  ∨  .\...ヽ _ ` : : : : ヾ: : -、_:::_.ィ′ / 一´イ く_冫`
       r '___,.))ヾミ_丿            \r一`'.',      \......` ー - .__ ,ャ_’ . = 彡    .ノ / Y
        `ー'ー'一′                  | r-h..',.        \.             _ ,ー、-- 'イ_/_ ノ \
      .,.イ ., =7            .く`l     ..|'   ヽ ',..        .\           '   ` ´ ̄  ` ・ . `ヽ
      .| |//          く´二  二´>  ヾ二二リ...',.         \.      , =-{、            ゝ ,、ゝ、
      .| / , =7   ,イ二.7   //| |             .',           \..=´::::::::::::::::`::..、            Yj |j`ヾ
      .| |//   _/ム_.  <__,/_| |   .,イ,イ ,イ    ....',            \ : :::::::::::::::::::::::::::`::
      .|_,/    '──‐'     ヽ,_!   レレ //       ',              .\ : :::::::::::::::::::::::::::::.\
                                /'         ',              .\:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                   / :',                 \::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
                                     /:::::::',                 \:::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
5747 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:53:19 ID:8VASV1Q60


                             l!リ ,ー!   ヤ   ヤ
                         、 li ,イ⌒〈 .|   ラ   ラ
              ッ-‐、        ヾ、, ィ゙´`ヘ、__,イ了  .ヤ   .ヤ   ヤ
          、.l!i{   }-、,,   、シ.⌒ヽ、__∧   .l丿  .ラ   ラ   ラ
            、シ⌒゙ト→′ ヾ,,   ニl、_,イ   ヘ  ∠    ッ   ヤ   ヤ
         八 _ ハ     `l、_ ,,.f、  ヾ   ヽ.__,ィ\__. !   ラ    .ラ
      ミ/⌒.、   \   .ノノ .杉!:ヽ、_,>ー'´: : :L__/ヽ,  ,__、 ,、_    _  ,ゝ
    _ニ/__  .人    `ァt'/  ,〉 |:`ヾ、_: : : _厂`ー: :/  .|/./ `′ ∨⌒ヾ、V ´
  / .Ξ}  `<  `ヾ、__/: !  ,.イ:ヘ.|: : : : :  ̄   ミf´|.     /     ./.ヽ._ノ7‐-、
..=/   .三|_  ._ト、   ,ノ: /〉´ハ.〉:゙:::i卅l十!t-l斗f爪/ /`ーt./    /    /⌒ォ 〉ニ
.手   Ξト ̄  ` ̄フ: :_|ミ./:| {           人〈   ト、_  /    ./丶.ノ/Ξ
豸     彡|、 `ー一'´: :,ノ:/                \_,∠: : :`^ヾ、_  /   ,イ ミ
斗    彳l、`ー一 '´-':/                ./ |: : ヾ_ : : : : :`:ヾ、_.//ミ
.汁      !`liTl!爪l|/                /._ .ヽ:   ,.イ´ ̄`ヽ: : : /ヾ
彡!      〃 / ⌒ヽ、_                ./  ` >‐.'"´  .l     八:/ヾ
. 亥      /{  .丿 \⌒ヽ          /  ミ/       `>ー'‐、ヘ`゛
   `ー‐卅_/シ⌒ヽ,´     ヘ彡 〉         f  .ミ|   _., -‐'´|     |∧
     // |  丿\     }ニi          ヘ   `.>' ´    ヽ_  ノニ ト.、
  、 ./ _シ⌒く´    `ヾ、/ミ_j    __`.     .__∨ 三|      _ /. ̄ \ニ! ヘ二
. ヾツ  ニト、  ノ_      .//`´  i!.〉´ .`ヽ__i|! / ニl._人 _ -‐'´ !    lミ. |ミ .∧ニ
. 三!. ーr' ⌒〈  `.ー-、_ノ〈.|.  、シ´ヘ _ノ←<く__     l | l´      ヽ、__/ミ : lミ .ムΞ
 ニ| ニ|  .人      / ハ∨ ミ!    ./   .l彡ヽ   .ノ:/ ∨.     __./  ̄.\: : :l.ミ  ハ _
  手.彡{`"´  ヾ___./ /.:| `,.イ     ./ヽ=ィ⌒ヾ、\/: :/ .ハ`ー‐.'´ {    |ミ: |`゙ : :ヘミ
  豸 彳`ー.、__   .}.'´ ,イ./: :.|    ./    ト、_ノ‐-、〈´ .f: :ヘ.      \_ノミ: :ノミ. : : :!ミ
.   亥  川 !li`廾´  / /  : ヽ、 ./    /   イ.   `lニ.l: : : ヽt一廾'"^~´: :/ヾ、. : : :|ミ
    ´ `ゝ、: : : : : : . ./.ニl     〈    ./    ./.ヽニノニ ヽ: : : : ` ー---ィヾ´    : : /ミ、
    〃   `卅─爪  彡` ー‐.、_ノ`ヾ、_/     /   ./、    \: : :      `゙   ./ミ、
              ´〃    川 リ!`ヽイ´  _ノミ ヽ    !lヽ、_       _ /丶 `
                          丁Π ヾ ゙       i| `^卅ー十爪ヾ 、ゞ ゛
5748 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:53:46 ID:8VASV1Q60


                                                                i
                                               l\        ┌:,    ,!'|   ` .
                                                ! | !ヽ. ,、 |\_|| ’ j  i! i    ,-、、
                                                 ! .| l l.|゙i |「`ヽ`i   { ||   /  /
   ┳━┓ ┏━┓ ┏┳┓ ┏━┓ ┳     ┳ ┏┳┓ ┳  ┳   l | l |! l └′/,/ :、,ィl! l! {′/  ;/
   ┣┫   ┣━┫   ┃   ┣━┫ ┃     ┃   ┃   ┗┳┛   ! ヽ、 ̄ `'''  , `   Yl!|:  | |. /  /
   ┻     ┛  ┗   ┻   ┛  ┗ ┻━┛ ┻   ┻     ┻     ! r 二コ    | 、 ゙リN: ; !li└ヽ/ /゙:、
                                                 | |      }'′    i  ;}|! ,/ ,/
                                                 ``'     ,:;:;:,!     ''′ ,. !/ _,,.-''   ヽ
                                                   (''゛ j! ..:;;:==-:、  ゙''"ィi {ヘ!,l .
                         ――今! ブッ壊したッ!!           〃’ :; {`' ,ィ゛ '′.  ) jj」li|liY、⌒}
                                                    j∨il!ィ' {’      へヾ;;イ
、                                                     ’ λ' ,j、l! / 、     ., ,il{ ,゙!j!;|   :
 y=-、                      _,.y--...、_                     ゙ハ! ;. ゙:、     j|   '/'}′ ,
./  /      ,,......、             /      \                      じ:、 i,'  ゙:、 ,,.,   ′彳レ/
' ;; /、     /  ,_ノ           .ハ         \                   丶、v{ ヒ!   i!||il.   , 八 Z
  ./ ヽ、  /  f            .f              |                   __   _,ゝ、;_    ゛:|!  ゙ ,rカ  ̄
  \; ' `ー'"   }            |     ヽ、.  _ノ |               _  ̄`ζ」'(´ ヽ  j! ゛ ,ィ彡′_.. -
,r---'-、  ';  ` ,/            |   (● )ヾ /●)|                二 ニ ゙て∠rιク_;.,、_,ー-'^- =ニ_
  ___ノ;..、 ',  `ヽ             |           .|
 〈、_ "  ヽ';   〉           |    (   人  )
/  _ ``7  ';  /-、_          \_. Y, ̄:::::::: ヲ/
{  /⌒-'   ', /))  i     _,. - --、___/ V.、 `.=彳/\=-
.Y、__     ノ"/   {__>'"      ヾヽ、 ヽ>≦': {,_ Y,ーi         .{^ヽ、_i^)/
.{  `ー―-'"-´    /-- -、_       ヾ:ヽ,  マ: : : : ' :{_ 'ムヽ_    __r'¨¨``ヽ、 k'
.`t、          ./{、_  `ヽ、     マム  }: : : : : : :} .|ム |^Y/`´  `ヾt  `, `
  (_         /::/ \\   \    fY__ノ`ー―--―-'\i ヾ,i      ヾ, .|__
   .7T-、__,,>"::_ィ    ヾ,t,   `、   }i  .|: : : : : : : : : : : :`、  };}      Y" ヽ
   { `ー-―― '"´      `,`,   }   .i:i  }: : : : : : : : : : : : :`、 i i     _/´
5749 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:54:17 ID:T6jEi..g0
ない夫やりすぎぃ!!
5750 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:54:33 ID:8VASV1Q60


             ____
          ,. -'"´::::::::::::::::::::::`¨ー 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::__,,,::::::::::::::::::ヽ、
       ,.'"ー、:::::::::::::::i:::::::r":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、       おバカーっ! 加減しろって何度言ったら理解すんですか!
      /:::::::::::::::゙ヽ:i:::::::ー"'_,-ー‐‐-´::::::::::    ヽ、
     /:::::::,ニ=-ー:::::::::::::::::::::=-ー¬:::::::::::::::::::::..   ヽ.     動力止めるなり制御系切るなり手足落とすなりあるでしょ、
    ./::::::::::=-‐¬'::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ヽ   無力化する方法は。――できますよね、キミ達!?
   /:::::::::.:::l::l::l:i"   丶                      i
   /    ::::::i::i:'   「 ̄ ̄|                 l .   どうして毎度毎度こう、パーツ剥げないほど破壊するの!
  ,'.            |    |                   }
  i             |     _|               /    これが本当に理解できない! 理解したくなーいッ!!
  ',          L'ニ ̄‐┘             /
   ヽ、                        /
    ヽ、_                     /
       `¨i                     ヽ
        /                      ヽ
       /                      ヽ
5751 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:54:55 ID:GGYP6icY0
壊し過ぎたら部品が剥げない……ってもう劣化しきってるかな?
5752 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:55:08 ID:8VASV1Q60


                                                              !ニニニニ ̄7
                                                                /''7 /~/
                                                                / / `'゙
      ヤベーお、ヤベーお、できる夫。めっさ笑われてる。                        ∠/
      呆れられすぎて物笑いになっちまったかおー?                           /~7  i^i
                                                                / /   い,
                                                              ∠ノ    i__i
                ,r'´ ./ i  }\ ∧                                   /~7  i^i
              /ミ7    } .i  i .} (__;)                                     / /   い,
                7/    i i   i }  i         , -ァ' ⌒ヽ、                       ノ_ノ    i__i
             ∧r‐- _rャ { //_  .})      //  ,r‐、 ヽ                   ゙゙
                 ∧`ー _/_/` ーj「}―、j      く __\,ィ〉/ヘ  〉                     /~7  i^i
              iハヘ `ー`ニ‐-―-ュノ}       .くヘ∨彡'  〕'´                      / /   い,
            K `ヽ`ri、___  ̄ ̄ ノ}     /'´>'`У/\ _}                        ∠ノ    i__i
        /}入 ハヽ   {/ー--ヲ7ニ彡'/    イj}/ /く /∨ < 〉ヽ、ノ\                  /~7  i^i
       r7'コ二 { `ヽトミ- __`'____ノ/    {イ∨^x rく_,ヘ ヘヽ }r'´`ーヘ  ヽ              / /   い,
     /イノ,r==‐‐Y>、j /  ̄j 7 ̄ /     ≪ネー/⌒`ヽ_〉ヘi' ヘ∨/、}  }                ∠ノ    i__i
   __//ソ´/く,rニン‐‐‐\‐---{_{--く      {`フ‐- _   ∧/`ー-、 く)/  .}               /~7  i^i
  /ノ./´/ // ,r'⌒_ニ>、`ー'/∧ i      7く_/  `ヽ  }--クィ〉} く  /             / /   い,
  .{7;;;;{ ./ r' / ./ / , r=-<, 、 j ̄ 7 , r‐‐'´  \   }/ / {彡イ ヘ./              ∠ノ    i__i
  {;;;;;;ゝ{ {/ 〉ノ ,r7`У/`y'ン'´ ̄フ⌒ У― 、    } /r <//`ー'                   /~7  i^i
  {;;;;;;}トヘ{ {{ //、 / / // //´ フ'´`    ヽ   /ー' /<く                       / /   い,
  {ヘノ┐ \} { { / /、.// //  /´ \_       } ノく<///                       ∠ノ    i__i
  {´___}}` ー >乂 { { / .//  /    \    .レく 〉ーイr'′
  |Fー'冖i―――‐>-v' { { /       }  /‐L/__ム= ┴ァ―‐-、
  Y‐匚ニ、  r\{_7_`7-v' {      r--'‐イ7{ (  )ハヘ ̄ ‐く.、
   |=--┴'  7 ̄ T - ニ-ミ_}>‐‐ァ―'′  { {\ ー' r‐ぅ、_〉{.、ヽ、_フ
  r┼`ー'Y }  ト ニニニ=-、/ ̄ 7---'′     >ー'´`ー'  ̄  ̄} .}ヽ._j
  | |ニニニ土}  {======-/  /、 ___  ‐'´.          `′
5753 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:55:22 ID:GGYP6icY0
やっぱり壊し過ぎかwww
5754 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:55:35 ID:zHFNuFos0
早ぇ
5755 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:55:45 ID:iRsfd54Q0
チンクの教育に実にいい見本だ、剥いでなんぼやで
5756 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:55:53 ID:GGYP6icY0
いえ、多分その人感心してますw
5757 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:56:13 ID:8VASV1Q60


               __|__|__
      \\_       !   !       _//
    \/ヽヽ                  // \/
    /\                     /\
            -――- -――-                                      ユニーク
         . ´             ` 、                面白いっ! おまえ達は実に個性的だな!!
         /                 \
       /                        ヽ
         / /            ハ                  二つの尖ったプランを重ねて打つ、できる夫。
     i       !  /./ / ハ       |   i               旧時代的な装甲歩兵を体現する、やる夫。
     |   | ! |  | | ! |  | .|  |  i! .!    |
     |  _|{_|_.!_! ! ハ !  i! |  i!_|__.!_|_   .!                 洗練の極みに達した剣技の冴え、できない夫。
     | ≦|斗十十≧.∨ /}/}≦}十十|≧  i!                 頭が悪い故に極単の拳理を貫く、やらない夫。
     |   トxⅣヽ{三{ヽ{/  _j/!∧∧i!   .!
     |   |{三三三三 }   ,.ィ≠=ミx|   i!      ┼       どいつもこいつも穿ちすぎた能力だというのに、
     |   ト\三三三ヲ          |  .||     ./         四人揃えばこんなにも上手く噛み合っている。
     |   |.∨`ー‐ ´   ,         /!  lハ    X
     |   | ∧             ,イ |  |∧             それが見れただけでも十分に価値があるとも。
    ./!   !'  \    マ::::::フ    / .! |  | ∧            今日はオマエ達と一緒に来て良かった。
    / ,|   |   _>      .ィ´   !i!  i!' ∧
   / /.,!   |´ ̄   r|:`:::ー‐::´:::|ネ ̄`¨|  .|./ ∧
  ./ / /|  |    i≧ーi:::::r‐≦i    |  .ト、/ ∧
 / / //|  |  /r‐/  `¨i凵 「  {‐r、  i!  i! 》' ∧
./ / 〈〈.∧  i! /::{     `¨´    }:::∨  / 〃 ∧ i
{ {  .>´|  | {::::::>ー―----――<:::/  /≪ / .} }
5758 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:57:01 ID:8VASV1Q60


   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─
5759 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 22:57:53 ID:8VASV1Q60


            -‐  ̄ ̄ ̄.  、                  戦ってる俺のカッコイイとこ見て   /     \
         /.          丶.              ちょっと認識改めてくれたとか、 |        \
      ./      ハ       ヽ                                  | --‐       .\
    ../ / .l l l ./ ヘ ヽ ヾ   ',           ……あったりしない?        .\ (/) ゙i゙i゙i゙i   |
     / /   iハz=./   ヘx≠ニ≧  .i                                 !、__)      /
      l  z七ヽメヾ/ .キ ,{ハ∧ l  l                                   \__   ゙i
    .|.  l.  {:::::::::::::.}.        i从,/                 全く、コレっぱかしもない。         .|    .゙i
  ....l   l   !:::::::::::/.    ´ ̄ ̄| .l  __ , -―- 、.         2ch’sの主旨なんだろ?          .| | .| |
  ....|.  l   |`¨¨´          i l. / !     __,r‐、     距離感を大事にしろよー。          .| | .| |
   i   l  .|     r――┐   /| l {  !     / ノ 〈                                 | | .| |
   |.  l   |\   ` ̄ ̄´ ,.イ. | l .|  \  ,.-ノ./  /
    l   l  」 ̄i`_ー‐─‐‐、' `L_.l l  .>、  Υノ   /
    l   l .,ィ  アヘ _」l=v=lL__.rフ_ .l {__:.!  !;.-'  /
  ...l ./  ≪ . ∧    .∧.  ≫,  i\ |  .;.イ             r-、 _00           /::::'┴'r'
  ...l /     \ ∧`─´∧ ./  ヘ.__/ヽ ヽ//                   |::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
   .l/       \.i   i./.    //  ヽ//                  |::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
   くヽ        .||   ||     //      /                  ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
   |ヾ二ヽ______」|   |i__.,' 人_,   ノ                  、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
   i    ヾ-───i|    |i─-- ' |  . ̄                       \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
   i    .|      i|〔二〕||    |                                ____
                                                     /ノ   ヽ\
                                                   /≦゚≧ ≦゚≧ \
               ちょっと誉められたぐらいですぐノボセちゃって。    /   __'___       \
               チョレェなぁ、この相棒。自爆すんの早すぎぃ!!   |    |r┬‐|      |
                                                  \   `ー ´    /
                                              /         \
                                             |               )
        ――あいきゃっちなう――
  【チンクちゃん、もう少し手心というものを……】
5760 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 22:58:36 ID:T6jEi..g0
じゅ、純情なんだよない夫は…(震え声
5761 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 23:04:39 ID:8VASV1Q60


    ..., -‐ァ:.:.:ー:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   スターダスッボー
   ./:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ../:.:.:./:.:.:f⌒ヽ:.:.:.:.:{\:.:.:.:.:.:.:i
  .i:.:.:.:.{:.:.:/-- _';.:.:.:.|__ }:ハ:.:.:.:.:.                  投下終了ーっ。乙かれちゃーん。
  .|:.:::.:.';.:.{ _ 云 jハ:j=-/ ;.:.:.:.:|
  .|:.:::::.:.刈辷7   {/ 辷圦}:./:.:′                    やらない夫はハイスペックで一つだがスキルもある。
  . j:.:.rヘ:{ ハ    ′  /}:.:./
   ⌒} ハ\         /7:f`                      だけどバカだ。頭が悪いというだけでなくバカだ。
      ヽrt    r っ  /Y                       知力カバーするためできる夫連れてるってのに、
  _ト、  }} \     / {{   - ア                 そのできる夫の指示を守れない持ち腐れ。
.. \ ヽ____  } `   イ    /  /ァー==--ァ
.    /ニニ}__ノ- ,  L...r=ニム      -=<_           .できない夫はスキルマスタリーいってる珍しい奴。
. -‐ {ー--{   -‐'   マー-,}   ___    ー- _      でもヤル気がねぇし人斬り抜刀斎だしでコミュ力
..   入__/ー-<     -‐ ァ^ヽ  ヽ    \__ -‐⌒    .がまるでねぇ。社会生活ギリギリ以下だ。
._ -‐::::::::::::\  ーr‐ '   /::::::::::ー- {ー----=ミ
::::::::/:::::::::::::::::i|   |    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ}           .そんなハイスペック残念共の集まり2ch’s。
.:::::::{:::::::::::::::: | !|    |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}}          こいつらワリと出世するの難しいんだぜ?
5762 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 23:06:54 ID:T6jEi..g0

そのためのやる夫くんですw
5763 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 23:08:04 ID:iRsfd54Q0

まあ、一芸に秀でると何かが…なのは
現実でもあるしね。

ノーベル賞とる天才が優秀な、指導者(先生)と違ったりするし
5764 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 23:10:51 ID:zHFNuFos0
乙ー

まあ一つを鍛えまくってんだから何かは犠牲にしないとね

仕方ないね
5765 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 23:12:33 ID:LbrXNh1.0
乙です
5766 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/18(月) 23:15:15 ID:GGYP6icY0
乙でしたー
まあ……やる夫が潤滑油ということで(苦労する役とも言うw)
5767 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 23:15:25 ID:8VASV1Q60


         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....       >>5762-5764 毎度ながら乙ありがと-う
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.
       /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|
.      j从:.:.\三 ノ'^ヽ{ 三 /:.:.:.i{
    ー今{ \:.{^        /:.:.:./{_,             できる夫も愉快犯つーかギャンブラーってぇか。
     ^ヘ,_  ヽ    _  u/イ/^`
   ト、  _//\   ´`   イ{ -ァ --ァ           .どっか常に遊びをいれずに入れない性分なのかね。
   _}__ \j {r==介ー- r‐≦--/   --く,__            フィルターOFF案が内海課長とか適役すぎんよ。
-‐  ̄    jニニ} >-‐ヘニニ}}      /         23にはとても見えねぇっていう問題を除けばな!
\ /    j{__/\   /}__}}   ヽ く
  /  -=ァ/::::::::\ \/ /::::::::\{\fニ=-           やる夫っちは装備で強くなるタイプ。アイディア次第だ。
 '^ ] }:::::::::::::::::rv⌒}::.ォ  {:::::::::::::::{::{{ ^`             最後の手段、装甲スーツが出てきたら戦力は鬼だな。
   JH::::::::::f7^Y^}U::_{  L.,:::::::::/:{{_.             動き出したら財布との本当の戦いが始まるけど。
  ///::::::::八}ヽ}ー'::(ィ^  }:::::::::/::::::ヽヽ
  }.'/}::::::/::::::ー-::::://   }-=ァ{:::::::::::}_j
5768 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 23:20:37 ID:8VASV1Q60


              >-<:.:.:.ー-:.:.:.:.:.:.:.:.:. 、
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.\  >>5765-5766
              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.::..
          /:.:.:.:/:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:ト、:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:..     2ch’sは三人とも特化すぎて自分ひとりじゃ稼げねーかんな。
.          :.:.:.:.:.:.:.:._/ー、:.:.:.:.:.! ヽー-:.:.i:.:.:.:.:.:.:..    やる夫だけだよ、ピンで仕事できるやつ。はよ独立しろい。
.          /;.:.:.:.:.:.:.:.′ ';.:.:.:.:|  }:.:ハ:|:.:.:.:./:.:.:.
         //:.ハ:.:.:.:.:' _,笊';.:.:.:|  斥ト }:.:.:./:.}:.:.:.,   来週はまぁドラッグストア回だが、サックリ進むので他もやる。
         {:.{ ';.:.{:.汽_,少 jハ}  う_少}:./:.:ハ`ヽ   今回あんま出番のなかったチンクちゃんが頑張るぞ。
.           }:.} K:.',ヽ     }     /:/:ハ} }!
         j!ハ八 ヾ    _   _    '^//.      つーワケでネットの海でだらだら船こいで寝る! ABAYO!!
            \{   {    }    ム'′
               {{\  ヽ   /  / }}
             ^  }  .    /|
       ト、.       i    ー   {          ァ
 ー--―‐-,}  \r=ニニ7 ,'      {  r==- _ /   厶ァ  __
  }__,     \ /ニニニ{/ー-    -‐ヘ,ノニニニ}    ー '”      ーァ
_. -一      {ー==彡{    -‐^   } ー=ニリ         ___/
          }____人 /        ノ    /          ー-- _
5769 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/18(月) 23:21:41 ID:8VASV1Q60


      ┏┓                                            ┏┓
      ┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
      ┏╋────────────────────────────╋┓
      ┃|                                            |┃
      ┃|   本日の投下は終了しました。またの御来訪をお待ちして候。   .|┃
      ┃|                                            |┃
      ┗╋────────────────────────────╋┛
      ┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
      ┗┛                                            ┗┛




                、 ,.__,..、___
                ,.}::::::::::ヽ::ヽ:::ヽ`ヽ
              /::::/ヽ::::iヽ:::ヽ:::::\
             //:::/ ノ   i;|三|:i::ヽ::::ヽ|
             |:/:|,,三 _, ==|::::r i |       フートン様へと、てっるごー
               ||  |  ヽ  ` >'
               `ヽ ヽr-'―' ̄`ヽ、
               / ̄        ヽ
              /            ヽ
             /    /          |
             |    /           /ヽ、
             |  //          / /   !          ___
             ヽ//         / /    |      ,. <      `ヽ
              V         / |     |`ヽ_/´   `ヽ      \
               |           !     |ヽ ヽ `      ヽ      |l
               ヽ               ,/ |, ヽ_       |      ./.|
                ヽ             /  l |  ヽ\      |     / |
                 !            /   !   ヽ \    | r     ,!
                 \                        | ,|     /
スポンサーサイト



チンクは大人の男になりたいのです サイドストーリー「ドラッグストアZAPの探索」(AAなし)

5466 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/14(木) 22:40:16 ID:J4TLUf0.0
ドラッグストアZAPの探索 1D10サイコロ版


1:トラブル発生により破損。単価の低いものから一つ失われます。

2:この医療キットは出来損ないだ、とても使えたモンじゃないね。(by山岡

3:【極小機械郡配合軟膏】チューブ入りの軟膏。傷口の迅速な止血と皮膚形成。 相場:4円 5D6個

4:【救命用極小機械群入り注射器】針無しの注射器入り薬剤。止血、造血、痛み止め等。 相場48円 2D6個

5:【肉体改造内服薬】商品名「グレイテストオリオン」 ドーピングプロテインスープ箱詰め。 相場80円 2D6個

6:【医療用極小機械群の携帯ポッド】「治るンです」系の生成装置で充填、再利用可能。 相場100円 2D6個

7:【頸部取付型生命維持装置】商品名「リンクエイド」 相場600円

8:【医療用極小機械群生成装置】商品名「治るンです」 施設用 相場700円

9:【医療用極小機械群生成装置】商品名「治りやがるンです」 施設用 相場1500円

10:【店舗配送用小型コンテナ(保全機能付)】 この金策、我々の勝利だ!! 相場20000円 制限2個迄
5467 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/14(木) 22:42:11 ID:tEi58mUs0
> ZAP
なんか社長に粛清されそうなw

ドーピングポロテインってw コンソメ味か?w

> 治りやがるンです
wwww
5468 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/14(木) 22:43:53 ID:J4TLUf0.0
遺構=サンとことか他所さまのネタひょいパクしまくりした
スラッグ=サンとこで出た救急キットも相場あったらパクってた
治るンですの値段は買取りか販売かワカんなかったのでそのまま
5469 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/14(木) 22:44:57 ID:J4TLUf0.0
>コンソメ味
ええ……そうよ チキンブロス……
5471 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/14(木) 22:46:23 ID:tEi58mUs0
張ろうキティ… 猫印の湿布薬…
5472 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/14(木) 22:52:22 ID:J4TLUf0.0
>>5471

.           l\           /\
.           i l. ヽ -‐‐  ‐‐-./ l  ヽ
              l , '              ` ハ
           /′ 〃 ′,         `ミ
.         ,'  ,' λ.,' ;    ハ ゙、    ハ
          ,'  ,' ./ ハ :  :  ./ ヽ、、、  il       、__人_人_人_人人人  キティ 人_人_人_人_人_人_人
         !  ; /,.′ヘ. ', ./    \ ゙ il     .) だから、私のことを仔猫と呼ばないでったら!(
         i.  , ′● ヽノ' ●   ,'   il.     ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y
..         乂..---   ○    二二  ヘ
          . ':: ̄,           ,─- :: ヽ
         ,'. :: イ ` ‐ -.- --イ  j. l ::  \      M:……私はまだ何も言っていないぞ。
         i :: i::\|;;/\;;;/ /::::::i :: / 丶
          i :: i::::::::\ .l l  /.:::::::::/ :: / ヽ\\
       /::i :ノヘi::::::.( l )::::( l )::::::::::/ : /:::::\ 丶. )
         λノノ:::::::::( l )::::( l )::::::::ノ .ノノ::::::::::::ハ丶 ノ

       【陸軍市街オフィスで見れそーな光景】
5473 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/14(木) 22:53:20 ID:tEi58mUs0
准将ェ…w
5474 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/14(木) 23:03:10 ID:J4TLUf0.0
サイコロ使えないんじゃ他の方法使うしかないわなー

トリップに数字いれて1ID一回0~9まで入れてもらって、
個数品は当人が振れなきゃ誰か代理でサイコロ振る

そのぐらいかなぁ…… 他にいい方法があれば検討しま
5475 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/14(木) 23:05:30 ID:tEi58mUs0
代理で1が振るのが(ただし見える形で)一番安定するんだろなぁ
5476 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/14(木) 23:37:48 ID:Azv8/.yk0
え、シェルター板のダイス使えなくなったの?
5477 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/14(木) 23:39:12 ID:tEi58mUs0
大規模規制で参加できないって嘆いてる人がいたのよ
5478 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/14(木) 23:56:08 ID:J4TLUf0.0
かといって狐板まで押しかけるのもちょっとアレだしね
変な理由でハブられる人がいるのってもにょるやん?

破壊神さまもなんか調子わるくて投下の続きないようだし
明日の夜にでも試してみますかな 六回ぐらいのトライで

おやすまー
5481 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 12:36:09 ID:V/0YONPQ0
狐って裏板認定食らってなかった?
5482 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 12:53:23 ID:IdcqWHLE0
>>5481
ナゴヤできない夫が始まった それ以上のことをなにもしらぬ
なんにせー使わん方がええ感じやね

ダイスだったら回数多目にやってもいいけどトリップだと
狙って番号ズラシできるから5~6回が捜索限度かなぁ
5483 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 13:03:43 ID:IdcqWHLE0
換金アイテムのつもりだけど ふつう手放さないよな
即効性のある傷薬とかゲーム以上に価値ありすぎて

純粋に換金アイテムなのプロテインとコンテナだけか
5484 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 13:07:47 ID:rSUtGPTY0
> 換金アイテムなのプロテイン
某所ない夫「それを売るだなんてとんでもない!」
5485 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 13:15:53 ID:IdcqWHLE0
斑目さんが一ヶ月服用したらスラッグ=サンとこのロボ男(現在)みたくなるプロテインなんだけど……
5486 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 13:16:54 ID:XkeCuBnw0
裏板認定とかもう実行力ないだろ
少なくとも作品投下するだけの板は
5487 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 13:17:19 ID:rSUtGPTY0
ここだと誰が飲んだら(飲んでしまったら)一番有効に活用できるのかな?
5488 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 13:24:27 ID:IdcqWHLE0
>>5487
肉体改造されるのでESP持ちは除外 消える可能性あるから
もともと半ミューのやらない夫やザフィーラたちも除外 たぶん効果ない
義体のチンクやブロントさんも除外 つまり普通の人間の体であること前提

主人公補正つき自称フツメンのやる夫(おりキリが怒るから飲めない)
能力値が成長限界のできない夫(クスリで強くなるのは主義に反する)
シノンとアサギ(ただし猫耳の生える危険性:半ミュー扱いがある)
できる夫(運動神経がブチ切れてるので意味がない)


……たぶんアトリームのトウマがベストじゃなかろうか
5489 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 13:26:27 ID:rSUtGPTY0
あれ?ミストさんは?w

シノンとアサギはバッチこいじゃないですかぁぁーー!w
5490 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 13:35:44 ID:IdcqWHLE0
リーダーがもし半ミューモドキなったら風当たりキツイねん
指示だすポジションだから前つっこまんし

アラドは最初からヒュペリオン体質だからいいけどトウマが素の生身で一緒に
特攻かけたらポックリサックリ簡単に死にそうやん? だからトウマがベスト

なおアラドが使うと筋力そのままで燃費が良くなる 地味に助かる

でも買取り80円する高い品だからアトリームがGetしたら売却一択になるという
5491 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 13:37:57 ID:rSUtGPTY0
世知辛いのぅ
キイはあんま差別の厳しい様子がなかったから(例の農村除く)以外だわ
チンクの故郷の例は規格外だったからだと思ってたし

ヤタガラスがいるおかげかな?
5492 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 13:47:48 ID:IdcqWHLE0
ヤタガラスの半ミューって言えば後ろ盾が強力なんでだいぶマシ
でも、にゃん太班長くらい見た目ミュータントだと白い目が拭えない

肩書きもなしに半ミューだと、やらない夫が依頼仕事で変装するほど大変
素のままだとキイ市街でも入店拒否とかザラにある 集落ではもっと厳しい

野生ミュータントが最大の敵と認識されてるからキイの差別かなりキツイよ


人らしい装いができる、ということは人の社会に恭順できるということを示す、
分かり易い視覚アピールなので社会的な半ミューは身なりに気をつかう オサレ
5493 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 13:49:03 ID:rSUtGPTY0
あれ…?ない夫半裸(ry
でもニャン太班長はおしゃれだな  そういや来期はログホラ二期だね
5494 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 13:57:14 ID:IdcqWHLE0


           /彡'/ノて/::::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
          /彡ヽヽ r' {::::::::::トヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
        、ー=三ミハ   人::::::ヘ、__}::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::ト!                        バウンサー
    > ´  \   __∠::::__\{\__\::::::}ilム:{:::::}::::::::、:::::}         .今日の依頼仕事は娼館の用心棒か。
   /         \ `ヽ:::::::::::> ´ ̄ \i、ゝイ.\!::::::::::}ヽ!         .ピッチリしてて破れそうで、この格好、
-.ー--        \ :.ヽ/         {ヾx__ノ \ー、!         あんま好きになれねぇだろ、jk。
::::::::::::::::::::::≧s。     ヽ;;;;;, /!     _ノ}::ハ
:::::::::::::::::::::::::::::::::`:...、   ヽ;;,ゝ-‐- 、__  ノ:::::!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>x.   ∧     /> 、|                    でき:ぐだぐだ言わずに仕事へ行きなさい。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\  人    /´                           地元勢力に顔繋ぎする第一歩です。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   }. ー '
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>ーヘ、        {´ ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     <         i   ∨.        ……流れ者の肩身の狭さが世知辛ぇ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/          ` <    }  ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              、 / .,r―-  __
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               /` 、i    ⌒ヽ              バイト
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{              /    \、___   _ノ  【キイに来た当初、依頼に向かうやらない夫の姿】
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{             /         ヽ    {、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{               /         ハ   〉
5495 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 13:58:28 ID:rSUtGPTY0
ファッ!!? フィルターoffその人なの!?
変装!?
5496 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 14:02:50 ID:IdcqWHLE0
今でも変装してこの格好になって依頼人の前にでたり人前に立つ仕事する
やらない夫の普段の筋肉白長大根だとイヤな顔されることが多々あるから

フィルターは やる=ライガット できる夫=未定 できない夫=不明 だけよ
5497 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 14:04:11 ID:rSUtGPTY0
できない夫は純情なにーちゃんのか、剣鬼風のヤバメな人なのか…

できる夫は間違いなくヒョロイナード系だろうなw
5498 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 14:27:26 ID:ERAmosgA0
できない夫=ジン・ウヅキ(ゼノサーガだがAAが見当たらない)
できる夫=内海(機動警察パトレイバー)

個人的にこんなイメージだな
5499 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 14:39:41 ID:IdcqWHLE0
できる夫が老け顔で吹いたwwww



                   _
                 ,ィ<:.:.:.:.:.`:.ー-- 、
               _/:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> ,
               /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
               /:.:.:.:., ィー―,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ   チームの頭脳労働役としてプランナーも担当してますので、
           /:.:.:.:./     {:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ   もしチンクさんに困り事や相談事があればいつでもどうぞ。
             /:.:.:.:./ _,. - 、   ゝ:.:.:.:.:.ヽ:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
          i:.:.:.:./ ´二二' ヽ  ヽ:.ヽ、ヽゝ:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:i.  いつだってボクは子供達の味方でヒーローですんで♪
          ∨:.ムr ´ ̄ ̄ ̄ヽト--ゝ=====ゝ、:.:.:.:.:.:!
          }:.:.:f{i{ -‐='=ー リr‐i!{ -=-、  `ヽ}:.:.:.:.:.!
           /ニ!:ハi     ̄  // ,、{!i  ‐- ` 、 jiハ:.:./.   お仕事のお誘いなども受付けてますよ?
         , ハj ゝ二二ニ'/ ' ' ゝ'、___//j:.く
         { { |       ,ィ ー 、 `ー――‐' レヽ !
            ヽ ! _       `ー ´       レ /
             ` ! " f========ォ ゙ //
            ヽ  'く          ヽj  ,/´      【どうみてもアウトなフィルターOFFのイメージ】
             ト,  `ー―-----―‐´  /
             | ヽ    ー―       /!
             |  ヽ         /  |
             | ヽ `ー― ---  ´    {
                」___ ,. --- ―― ´ 」\_
       _,. ィ ´!  /: : : : \       ,イj. .ハ. . .\
 ̄7ー― ´. . . /. ./| ,イ: : : : : /\   /. . i. . . .i. . . . .`ー
5500 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 14:40:25 ID:rSUtGPTY0
やべぇ… やべぇよww
5501 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 14:42:56 ID:rSUtGPTY0
ジンウズキはないけどシタン先生ならあるみたいだな…
5502 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 14:44:36 ID:ERAmosgA0
老け顔だけど似合うだろw

新谷かおる御大作画だとなおのこと似合うんだよな
(内海キャラは公式に、ゆうきまさみ先生から新谷御大に譲渡されてます)
5503 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 16:03:33 ID:v5XWoM760
>>5499
あー
コイツは孤児院で幼女買い付けてる顔ですわー
5504 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:04:35 ID:IdcqWHLE0
今日は破壊神さま投下やりそうだ スタンバらねば

何人ぐらい居てダイス振れない人どんぐらい居ますかね

20:15まで待ちま
5505 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:05:13 ID:rSUtGPTY0
ひゃっはー! 俺は振れるぜぇ!!
5506 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:09:05 ID:ERAmosgA0
はい、無理です規制巻き添えです。(自分以外2人いたような?)
5507 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:16:01 ID:IdcqWHLE0
二名! 時間短くしすぎたかしら どうもこのへんの匙加減がいまだワカらん
5508 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:16:50 ID:rSUtGPTY0
まあ投下予告もなかったしね
いつもの日じゃないし
5509 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:22:54 ID:IdcqWHLE0
参加者に数字を1~10であげてもらって
俺が1D10投げた数字をそこに足して
一桁目を結果として読む方法

ちがう そうじゃない ダイスを振る楽しみに全くカスらない
5510 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:24:44 ID:rSUtGPTY0
難しいね…
あれだなトリップの中身を範囲で決めるのはどう? 決まった漢字の組み合わせで
5511 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:25:23 ID:rSUtGPTY0
できたトリップに含まれる英数で成否が決まる ってやつ
5512 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:29:05 ID:IdcqWHLE0
シャチの人とかがよくやってる奴だろうか
5513 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:30:17 ID:rSUtGPTY0
俺が知ってるのは最近理想郷に移った人の方だな
5514 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:41:30 ID:IdcqWHLE0
書きこみ失敗とかこえーこえー
5515 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:42:31 ID:rSUtGPTY0
!?
5516 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:42:51 ID:IdcqWHLE0
試しにちょい酉メーカーに投げ込んで数字だしてみよう

↓1~2の漢字一文字で
5517 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:43:10 ID:hHGjlvUI0
5518 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:43:34 ID:rSUtGPTY0
5519 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:45:00 ID:IdcqWHLE0
キャベツの天使の手が伸びてきてんのかww
5520 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:45:39 ID:rSUtGPTY0
ニヤリ(・∀・)
5521 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:46:14 ID:IdcqWHLE0
藍甘=4tntedA4IM さて、これを末の数字4と取るべきか足して8と取るべきか
5522 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:47:58 ID:rSUtGPTY0
そこは先に決めておかないといけないところだったねぇ まあ1が捌き易い方で
5523 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:49:00 ID:hHGjlvUI0
普通に藍しゃまが好きだったので藍の字が書いただけなんて・・・
言え・・・ないなんて事ある訳ねぇだろちくしょうめ!
藍しゃまprprだ!
5524 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:49:43 ID:ERAmosgA0
キャップ申請しようかな、ダイス振りたいから申請使用。
前向きに行こうw
5525 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:52:04 ID:rSUtGPTY0
スッパテンコー…
5526 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:57:07 ID:rSUtGPTY0
3か はずれたなぁ
5527 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 20:57:22 ID:IdcqWHLE0
探索者5名で+3して8回分かな
ファンブルとハズレいれてるし多すぎるってことは……多いか?
5528 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 20:57:55 ID:rSUtGPTY0
おおっと?
結構いいんじゃね?
5529 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:00:59 ID:IdcqWHLE0
んじゃ試しにサイコロ分だけ先にトリップ作成で数字つくっていきましょかい
御協力よろしくおねがいします

↓ 1IDにつき漢字一文字 範囲1~3
5530 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:02:24 ID:rSUtGPTY0
5531 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:06:16 ID:ERAmosgA0
5532 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:08:25 ID:IdcqWHLE0
いかん御本家が動き出してまう 総員、警報ー

俺が  の字を足そう とりまこれで作成か
5533 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:10:56 ID:IdcqWHLE0
嬲仁弐=8MWlIKNxJE →8

治るンです! 治るンですよ!! ポッドは一個付属ね ないと使えんし
5535 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:16:58 ID:rSUtGPTY0
あんまよくねぇなぁ
5536 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:22:27 ID:IdcqWHLE0
次いってみよっか 同じもの出てもつまらんという場合は
やり直しでもっかいという

↓1IDにつき漢字一文字 範囲1~3 時間制限21:30
5537 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:22:52 ID:rSUtGPTY0
5538 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:24:52 ID:hHGjlvUI0
5539 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:29:06 ID:ERAmosgA0
5540 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:34:28 ID:IdcqWHLE0
雷空義=JM4V8UwZXE →12→2

劣化しとったようですな もしくは やらない夫が握りつぶしちゃったか
5541 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:36:31 ID:rSUtGPTY0
Oh…
5542 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:36:39 ID:IdcqWHLE0
手間かかんなコレ! テストでよかった もうちょっと楽な方法にしよう
やっぱり数字だしてもらってから向こうでサイコロふったほうがよいか

でも予定通り@1回はトリップでやろう
↓1IDにつき漢字一文字 範囲1~3 時間制限21:40
5543 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:38:32 ID:ERAmosgA0
5544 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:38:50 ID:rSUtGPTY0
5545 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:41:35 ID:hHGjlvUI0
5546 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:45:26 ID:IdcqWHLE0
寅禍丸=ntyZ85W30. →16→6

治るンです用の携帯ポッド予備 数ちょっと振ってくるわ

今更だがこれサクっと埋まる状況でもないと酉ジェネ使われたら
数字いくらでも選べるという大きな問題があったね

残り5回また方法考えるわ……
5547 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:48:54 ID:IdcqWHLE0
おい 無駄にクリティコォしたぞ 12個な
5548 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 21:49:51 ID:rSUtGPTY0
何でこういうときだけww
5549 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 21:55:47 ID:IdcqWHLE0
この後で1が出て破壊しなければ 現状1900円/5の儲けである
4級としちゃ大きな稼ぎのハズなのでしょっぱいとか言ってはいけない

相手選んでボトルレンタル契約で充填販売したら幾らでも稼げる組合わせ
5550 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 22:04:35 ID:wXEx4ybQ0
ワンミッション400円の儲けって、まぁそれなりだな
5551 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 22:10:51 ID:ERAmosgA0
セイン手に入れたみたいに、自動人形とか警備ロボ
入手なんて特殊事情ですから。
開場=物理×
開場=ハッキング○
できる夫辺りが手本見せてくんないかね、高性能補助電脳が
泣いているw
5552 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/15(金) 22:16:59 ID:IdcqWHLE0
できる夫はちゃんと活躍する予定があるので大丈夫

今週はちゃんと日曜の夜に投下するよー もう出来てるもの
5553 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/15(金) 22:24:36 ID:rSUtGPTY0
たのしみだー
5554 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 19:51:54 ID:9e8Cq5.E0
さー 今日は残り5枠をちゃっちゃとやるぞう
5555 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:24:21 ID:MDYBxNA60
さあ、バッチコイ ダイスでも何でもいいよ。
5556 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:24:43 ID:oAcXx1V60
こいやぁ!!
5557 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 20:30:03 ID:9e8Cq5.E0
ノリがよいようでありがたし@5回分だし
21:30まで待ってもーシンプルに

数字指定→むこうで俺が1d10して足し算

で一発てっとりばやく決めますわ
5558 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:30:55 ID:oAcXx1V60
一時間後ね了解
5559 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 20:31:20 ID:9e8Cq5.E0
それまでの間に、すでに出た8:治るンです と 6:携帯ポッド
の番号を他のアイテムがいーなーという場合は先にアイデアplz

【アイテム名】備考 買取相場(6で500円前後 8で700円~1000円)

単価の低い個数アイテムは平均値がその額に収まる数で なんかする
5560 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 20:32:22 ID:9e8Cq5.E0
まぁ売却されるんですがね
5561 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:32:46 ID:oAcXx1V60
何のプラントがあったどういう遺跡だったっけ?
あとゲッターチームがスクラップ放置してたんだよな
それ系がいいかな?
5562 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 20:37:18 ID:9e8Cq5.E0
プラントはフードコーナーの食品製造を一括で担ってたやつ
皇国だと酒場なんかで使ってそーなの

ゲッターが放置したスクラップはZAPの外で拾えるけど
御本家の初期に4級遺跡でSfさんが潰したような安物よ
5563 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:48:10 ID:oAcXx1V60
Oh… うむむむショッピングモール遺跡と考えればいいのかね

なら
【幼児向け玩具()】
備考 脅威の変形機構を持った何の攻撃力もない玩具 超合金…?
 コレクターや幼い子供を持つ親御さんには受けるかもしれない
 買取相場(500円前後)

【特撮ヒーローモノのビデオメディア】
備考 上の玩具の本編+映画2本+雑誌付属特典+Vシネマ
買取相場(8で700円~1000円)

DVDBOXと考えれば少し高めでいいかな
5564 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:51:56 ID:MDYBxNA60
本社酒場のもう少し高級バージョンの認識で良かったけ。
5565 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 20:56:54 ID:9e8Cq5.E0
西領の魔女の酒場でおいてるプラントは規模わからんけど

賄う人数の想定がだいぶ多い施設のメインマシンだし、
生産できる量やメニューの種類はかなり多い感じ
5566 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:57:33 ID:oAcXx1V60
>>4702
> .無等級で放置されてた駅・モール・大学の併設物件
だからいろいろ盛り込めそうだなぁ
5567 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:58:02 ID:/GYlG/G60
【何かよくわからんもの】
デュエルディスク(20000円ぐらい)


こうか!
5568 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 20:59:43 ID:oAcXx1V60
【千年前の地方名物(酒?和菓子?)】

備考 千年前の各地の名産品 駅の出店で購入できるお土産 
 使い捨ての保存機構で昨日作られたのごとく新鮮

買取相場(6で500円前後)
5569 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:04:01 ID:MDYBxNA60
【自動人形用パーツ店】
備考 自動人形用メイド服 魔乳セット 各種ルーチン
    走狗
買取相場 お任せします

【バー バッカス】
備考 1000年ものの保管庫に保存された 酒
買取相場 お任せします
5570 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:04:03 ID:oAcXx1V60
【中容量記憶媒体 特殊規格】
備考 大学で特殊な用途に使われていた記憶媒体
    通常のものより少し性能がよくで希少なので単価が若干高い だが所詮中規模
買取相場(6で500円前後)
5571 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 21:06:24 ID:9e8Cq5.E0
>>5567
ドゥエリストはツシマへどうぞw
ディスクいま調べたら一律20円みたいな記述あったしww

いちおドラッグストアで見つかるものなんだけど、コンテナ二つとか引かければ
他の店とかで今あがってるホビーとかのアイテム拾っていくでしょう

>>5566 ゲッターが荒らしたのはモールだけで他は侵入禁止なう
5572 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:07:48 ID:oAcXx1V60
オウフ! こりゃ失礼
5573 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:08:45 ID:/GYlG/G60
ツシマかwww
5574 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:12:28 ID:oAcXx1V60
【低品質アクセサリー 多量】 ファンシーショップ?
備考 就学年齢ぐらい向けの可愛らしく低価格帯の少女向けアクセサリー
買取相場(6で500円前後)

【健康器具(スレンダー○ーン?)】
備考 すこし怪しい健康器具専門店の主力商品
買取相場(8で700円~1000円)

とりあえずモールにあるっぽいの追加
5575 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:13:00 ID:r97gbSpY0
Dホイールなら結構な値段しても…
元キングのホイールオブフォーチュンでも、オフロード普通に走れるくらい走行性高いからな
5576 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 21:13:42 ID:9e8Cq5.E0
コンテナ二つは流石に稼ぎデカすぎぃ! と思うので出たら展開を巻いてく覚悟

コンテナが0~1なら金額補填にホビーも扱う家電量販店Jouji’nでそのへん回しま
チンクさんがドナドナされる条件できた遺跡だし稼ぎが小さいのもちょっとねーという
5577 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:19:00 ID:oAcXx1V60
【健康器具(ロデオマシン)】
備考  (屮゜Д゜)屮  シリ!
     ぜひ妙齢の女性を乗せよう!
買取相場(8で700円~1000円)
5578 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 21:39:11 ID:9e8Cq5.E0
うん どう見てもドラッグストアに置いてない品がほとんどだ!
スタッフルームの備え付け保管庫にあった個人の品とかなんだろうきっと

6:特撮ヒーローモノのビデオメディア限定スペシャルBOX 相場400~500(ゲッター引取り
8:千年前の銘菓&ポン酒のセット 相場700~1000円(JUNESでなくゲッター引取り

これでいいな うむ 鬼のような師匠だ JUNESの客層次第では万円いきかねんぞ
5579 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:41:09 ID:oAcXx1V60
ドラッグストアにもたまにおいてるしっ!!<健康器具
苦しいなw

ゲッターチームが買い叩いた!?
5580 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 21:43:18 ID:9e8Cq5.E0
ではそろそろ5回分のアイテムいってみよっか 何人いらっっさるかしら

とりま一人につき0~9までの数字一つ先着順どうぞ
5581 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:43:45 ID:oAcXx1V60
7
5582 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:45:28 ID:MDYBxNA60
4
5583 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 21:49:26 ID:r97gbSpY0
5584 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:01:08 ID:9e8Cq5.E0
22:00になったが三つしか埋まらんかったでござる
とりま今ある数字で回してみますか
5585 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:02:54 ID:oAcXx1V60
日曜投下っていっちゃってるからねぇw
今日安価振るとは思ってないんでしょうたぶん
5586 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:03:37 ID:oAcXx1V60
えっ あれ…
最大値…?
5587 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:05:39 ID:9e8Cq5.E0
1D10=10 →0 数字そのまま  ダイス目偏りすぎぃ!

1:アイテム一つロスト

4:救命用極小機械群入り注射器 相場一個48円 2D6個

7:頸部取付型生命維持装置  相場600円

まだ2枠あるからワンチャン……!
5588 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:06:39 ID:oAcXx1V60
ひぃいいw
5589 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:07:13 ID:bo6mV4Bs0
遅いかもしれんけど

5590 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:08:08 ID:9e8Cq5.E0
おそくないよー ないよー あと一人きたらもっかい振るよー
5591 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:09:35 ID:cz6MFguY0
だが私は謝らない

常に成功ではつまらないからな!(震え声)
5592 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:10:04 ID:cz6MFguY0
んでは懲りずに
5593 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:11:39 ID:9e8Cq5.E0
>>5591 どういうことだってばよ!!
5594 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:12:39 ID:9e8Cq5.E0
>>5582=サンはシェルタ書き込みできるかしら できんかったら俺が数決めるけど
5595 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:14:07 ID:MDYBxNA60
>>5594
行けるよ
5596 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:16:30 ID:9e8Cq5.E0
ttp://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1401517089/

では↑のとこで アイテム!2d6 とコピペどうぞ
5597 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:18:49 ID:oAcXx1V60
(あこれ上の人だけかな…そうするとまずいか)
5598 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:18:51 ID:9e8Cq5.E0
9個確定ですな んじゃま埋まった数字分やってきま
5599 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:19:33 ID:MDYBxNA60
誰ですか…無効だよね。
5600 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:19:44 ID:oAcXx1V60
まってむこうの174は俺よ!?
ごめんなんか勘違いしたんだ
5601 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:19:48 ID:9e8Cq5.E0
お、おう? いまの2D6=9ってIDがMDYBの人じゃなかったの?
5602 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:20:15 ID:9e8Cq5.E0
改めてどうぞー
5603 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:20:18 ID:oAcXx1V60
全員書き込むのかと思ったんだすまない…
5604 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:20:55 ID:MDYBxNA60
違う上で1dで書いたのが自分
5605 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:21:05 ID:9e8Cq5.E0
そゆこともあるさ あるさ!
5606 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:21:55 ID:9e8Cq5.E0
増えよった 10個=買取り相場480円分 いい稼ぎしよる
5607 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:22:18 ID:oAcXx1V60
ないすだいす! おめでとう!
5608 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:24:28 ID:cz6MFguY0
>>5583= >>5591
スマホだとがんがんID変わってまうのよ
5609 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:24:37 ID:MDYBxNA60
個数ならまかせろー、フォトに続き引いたでw
5610 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:26:03 ID:9e8Cq5.E0
1d10=7 →7+7=14→4 7+9=16→6

4:救命用極小機械群入り注射器 ワンモア
6:特撮ヒーローモノのビデオメディア限定スペシャルBOX

店舗スタッフの個人的お宝を回収しました
5611 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:27:34 ID:oAcXx1V60
チンク… はまったりはしない… よな?w
5612 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:28:35 ID:bo6mV4Bs0
あ、あたり、かな?
5613 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:28:45 ID:9e8Cq5.E0
グッバイ、コンテナ! まーそういうこともあるさ

4が出てくれたおかげで残虐ファイトもいけるしコレはコレで
5614 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:30:02 ID:oAcXx1V60
そうそうあたらないわなw
5615 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:30:36 ID:cz6MFguY0
色物アイテムは拾えなかったか…

最近のボックスは特典にフィギュア付いたりするよねチラッ
無駄に精巧な組み換え出来るようなヤツとかチラッ
5616 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:32:06 ID:MDYBxNA60
まあね、当たりは稀だよね。w
5617 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:33:38 ID:9e8Cq5.E0
ぶっちゃけちまうと神隼人の趣味で引き取られます 全マスクドライダー限定BOX
購入特典全ライダーの資料集に予約特典のライダーフルアクションとかあるんじゃね?

護衛依頼おわったら神隼人イベントやってもえーんちがうかな みたいな品

czの人はむこうで アイテム!2d6 のコピペどうぞ ムリなら俺ふってきま
5618 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:35:46 ID:oAcXx1V60
特撮オタかよ隼人さんw
5619 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:39:36 ID:7XKnagZk0
本社のせっちゃんみたいな趣味人なのかw
5620 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:39:59 ID:cz6MFguY0
ttp://yaruoshelter.saber.jp/test/read.cgi/yaruo001/1401517089/177
またID変わってるけど、これでええかな?
5621 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 22:42:57 ID:9e8Cq5.E0
あの人 単車乗りで多趣味らしいねん 原作では

あいよー アイテムロスト枠はこの救命極小機械群を
ちょいとした事情で減少させる程度でにとどめまー

御協力いただき感謝ー これで続きかけるわ
5622 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:49:48 ID:cz6MFguY0
多趣味(学生テロリスト)

原作と言ってもマンガ版の半キチ外とかアニメ版のクール系イケメンとか、石川版ゲッター號の婚約者もいるバージョンとかいろいろあるからなぁ
5623 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 22:50:05 ID:oAcXx1V60
結局入手アイテムは

8:【医療用極小機械群生成装置】商品名「治るンです」 施設用 相場700円+ポット

6:【医療用極小機械群の携帯ポッド】「治るンです」系の生成装置で充填、再利用可能。 相場100円 
 12個 治るンです用の携帯ポッド予備

4:救命用極小機械群入り注射器 相場一個48円 1夫子10個

7:頸部取付型生命維持装置  相場600円

4:救命用極小機械群入り注射器 ワンモア      → ロスト

6:特撮ヒーローモノのビデオメディア限定スペシャルBOX


こうか
5624 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 23:12:14 ID:9e8Cq5.E0
思ったより金になってないし事情により注射器使う気だったので
その分だけ減る程度にするからワンモア分が半分減るぐらいよ

アイテムの入手はそんなとこすな
5625 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 23:12:56 ID:9e8Cq5.E0
なんてゆーか まず手放さないよな こういう命に直結する消耗品って!!
5626 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 23:13:52 ID:oAcXx1V60
dsyn-
5627 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 23:16:16 ID:cz6MFguY0
携行重量とか保管庫に制限がある場合は仕方なく削ることもあるかも、ってレベルやな
ザクザク手に入るようなものなら別だけど
5628 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/16(土) 23:20:30 ID:9e8Cq5.E0
でも2ch’sって金のために来たのにねー できる夫ってネックがあるからねー
注射器はともかく生命維持装置と治るンです&ポッドは手放したくなかろう

あれ? 金策どこいった…… という顔になるが仕方ない 売るしか
5629 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/16(土) 23:28:42 ID:cz6MFguY0
全部売るとしても、治療アイテムを生産できるだけやって貯め込んでからかねぇ?
金はまた稼げばいいけど、死んでから命は買えないし
5630 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/17(日) 06:23:53 ID:8WsdhilY0
治療アイテムは金が必要でも限界まで手放さないな
命に直結するし
5631 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/17(日) 10:11:10 ID:cIh9n65.0
>>5628
というか全部事前安価で決めちゃうと投下時のワクワクが減るから事前安価決定分+作者決定分
で分けちゃった方がいい気がする。

そうすれば安価がちょっとショボくなってもバランス取れるよ!よ!(マスタースクリーン感)
5632 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/17(日) 10:22:05 ID:QJAIcsEY0
おはようございました
弟にも確定報酬にいれときゃええやん言われた……

まだドラッグストアの収穫だけだし募集ネタで安価とれば
なんとか金額もマシになるかなーと
現状の約4000円分も3~4級と思うと破格な稼ぎだけど
5633 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/17(日) 10:56:29 ID:cIh9n65.0
さぁ、その金額にこの言葉をプラスしてみよう! イメージはどう変わるかな!

つ 魔女の無茶ぶりの報酬
5634 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/17(日) 11:14:58 ID:QJAIcsEY0
……専門店街かJouji'nで稼がないと!(チョローン
5635 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/17(日) 11:30:11 ID:JXJJdZTM0
先生、専門店街に人形店は含まれますか(お笑いエロ要素)

メイド服とか魔乳エロセットとかコスモスとか桃(できる夫用にぜひ)とか
5636 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/17(日) 11:43:06 ID:cIh9n65.0
しかし じょうじん って書くとミュータントの巣になってそうですね!>Jouji’n
5637 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/17(日) 11:52:18 ID:QJAIcsEY0
専門店街にはテナント規模の人形店ありますな
メイド服とか リンクアドバイザーとか ルーチンキットとか
自動人形の素体とか武装とかまー色々 また安価で

MOMOやモッコスてらエロスさんはいないけど
別のかわいこちゃん(滅語)なら登場予定あるん

ジョージンって書くと中田ジョー○声の店内放送かかってそう

チンクは大人の男になりたいのです サイドストーリー「ちいさなけもの:変成編」

5318 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/10(日) 21:53:44 ID:FSlrWGSw0
前回のあらすじ! >>2357 ~ >>2435
5319 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 21:54:21 ID:FSlrWGSw0


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5320 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 21:54:36 ID:FSlrWGSw0


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5322 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 21:55:07 ID:FSlrWGSw0


                              ―― サイドストーリー ――
      __       __       _    __ __  ___  _    _      __     ___   __
     ./////,\  //// \  /// \  |///|.|///| |///// | |/∧  |///|   //// \  |///// | |/////\
    |///∩///l /// ∩///! ///////ハ |///|.|///| |///| ̄  |//∧. |///| ////∩///! |///| ̄  |///|∨/∧
    ∨//\ ̄  |/// | !///| |/// ̄ ┘ |///|.|///| |///|_  |///∧|///| |'///,| !///|  ///|_  |///|/////
      \///\. |/// |  ̄   |/∧    、 |///|.|///| |///// | l ////////| |'///,|  ̄  |///// | |//r¬/<
     .l777l∨/∧ |/// | !777l |///≧ァ'7{ |///|」///| |///| ̄  |///|∨///| |'///,|「777l |///| ̄  |//| .|//∧
     .|///∪///| ∨//∪///! !///「|///| ∨////// . |///|_  |///| .∨//| ∨//∪///| |///|_  |/i「  |」^l/|
     \'/////  \///_/  |///| l///|.  ∨////   |/////_| |///|  ∨/|   \//l¨℡」 |///rf℡ T」   _|/|
       ̄ ̄       ̄      ̄   ̄    ̄ ̄     ̄ ̄ ̄    ̄     ̄      ̄       ̄            ̄

                              【ちいさなけもの:変成編】
5323 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 21:56:43 ID:FSlrWGSw0


、___,二.
圭圭圭≧=‐-z、
圭圭圭圭≧ヾ:i:i≧x、             _,二ニィ壬ミ≧x、
圭圭ニ=>‐=ミ、圭≦:i:i≧≡辷=zzz、_,ィ≦夭:i:i:iヲ㌣⌒.: :ヽ: :`㍉、__
-━=≦、   )≧Ξニ三彡:.-━y=t、:.`气:.:. . . : : : . .: : :_,ノト<:i:刻ハ          【けものどの御満悦の笑顔】
圭ニ二ニミニ彡<:.:. : :.:.:.:.: . .:.:ー、:.:.:. :.ヽ;、: : :t、:.ー=-斗;/ i\`=^j、
圭ニ=≡√.: .:___: :.ー===‐- 、: :.人:.:. .:イ,〕i\ー゙トー--'´ '"∧゛ \ィハ                 , -‐- 、.,
くィ.: .: :"⌒ヾy、: : : : : :.`ヽ: : : :}、 .: .〉ト、′}  ヽ ヾ \  "/゙    Ⅴ '.              ,. -''"  /  ',  \
f/:. :. :jt : .:.: : ヾrz、: : : : .:.:ヽ.__.: ;}ト、゙ 〕‘, 八  ∨゙'. ヽ,ィハヾ、   Ⅴ ‘,         / / | /     ', \
斥/.:ノハ:. :. :.ノツ ト、`¨¨¨¨¨´ ト、ソ"∨}ミ ∨ミヽ  ∨ハ  fヘ;i;vバ.    !   ,        ./ / ,' |      l ',  ',
圭ハ;i;i{/\ー彳 ハ \゛    _〕 Ⅴ゛ ヾハ V;i;ヾ.  ト、:! ,} };i;}!:!゙    !゛  i.:::::::::::::::::ヾ/// /{ |  |_ ',  l   ',
尨ハ`´|  Y、_ _,iミ   ∨气=ヘ゛ }ミ、 |;i;ト、 !;i;i〉ヾ |;i;ト、 } };i{j: i、   !、 |.::::::::::::::::./ // /g从ヽ|_,,,、` ノ ,' } ',   |
く i ヾN   |УΥヾ、   '.  `;i;iト、 };i;ハ !V ソ∨  ゙. ハ;| ‘y ヽ;iヾヽ  j 〕 ,l.::::::::::::::::./  /{/そ'、    `'|  // |   |
ヾ.!  }{  ゙.!゙;i∧;i;i;iト、  |  Ⅴ ^'′}′     レ ′   Ⅴ^'.i!i / Y ,/.:::::::::::::::ノ  ../ 十"''‐--   /  /  | /|
(.il  x、  ノ;i;| \;i} V ,!                          './  Ⅴ::::::::::::::::::`ー-/ //>,   _,,,/ ///ヽ  / |
゙ 小、 ∧ ヘ;i;!、  ヾ ∨.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|/  |/ `¨''> / ///__)/
 ∨ハ 〉 ゙、 Ⅵ;i;、.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..._,、-‐'|/ハ ̄ ̄>ヘ__^">
ト、 Ⅴ!′ \ ヽ「`.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''",、-'ソ_|',_| | /:::/:`/ |
;i;i;\Y    \|..゚゜  ̄ 廴::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー'''''':::::::::::::::::::::::::::::::: ̄:::::::::::::::.,、-'",、-''"::/ |:::ゝ/::::::://  /
;i;i;/ 丶                                             /  イ::|: :|:::::/ /:::|/_:::://   /::\
ヽ{                                             /   /|:::|: :|-''"',::::::/:::::\/   /::::::::::ゝ_
 `                                         /  /  |:::|: :|´::::::〉/::::::::〉/   /'"´ ,、--、`"''l
                                            /  /    'i::|: :|:::::::/:::::::,、-'/  /   // \',. |

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ちいさなけものに成り果てた■■■が本能のままに山で暮らしはじめてから二年が過ぎていた。

その間に彼がとっていた行動は、ひどく単純で動物的なものである。眠くなれば洞に潜って引き込んだ倒木のベッド
に枯葉のマットで眠り、体を思う存分に動かそうと鳥より速く駆け回り、腹が減れば目についた大きな獣を殴り殺して
腹を引き裂いて湯気の立つ肉と臓物を貪った。完全にケダモノのライフスタイルを確立していた。

だが、ちいさなけものには動物的な生活行動とは別の、奇怪で特異な行動が二点あった。

一つ目は、とにかく大きくて強い生物――野生ミュータントの大型種がこれに当たるが、彼は勝算も考えず躊躇うこと
もせずに問答無用で挑みかかっては戦い続けた点。これには恐れる知性が無いのではという後の見解が多かった。
5324 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 21:57:31 ID:CKyJhPfo0
チンクにチ○コがあった時代だな…
5325 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 21:58:01 ID:eyhY6/EY0
イビルジョー…?
5326 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 21:58:42 ID:FSlrWGSw0


      (ヽ、00  ∩
    ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃                   本当に死んでやがる。おいおい、冗談だろ?
     ,, -‐- \   | |/⌒ヽ                  ここは戦車なんて入れない山奥なんだぞ。
    ( ⊂ニニ   / /⌒) )   (ヽ、00  ∩     装甲スーツの重火器だって振り回せねぇのに。
     `ー――'′ し∪  (ノ  ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
/ ̄ー―‐ 、            ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ           ( ⊂ニニ   / /⌒) ).         見ろ、この傷跡。子供の手の痕だ。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ         `ー――'′ し∪  (ノ          うちのガキとちょうど同じぐらいの。
:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::i   ., -―- 、   ___
:::::::::::::::::::___ノ、/〉'  /::::::::::::::::::て/::_:::ヽ
:::::::::::::::/ u  て;/7 /::::::::::::::::::;ァ、、:::「ェ ヽ::〉 __
::::::::::::/     /〈  i::::::::r、::/=ミ `く.u J/:::::::::\
:::::::::::j u   、 ´_}ヽ.|::::::iオ/u ニi < iヽァ/:::::r----J   .r:´二ニヽ          でも、これが集落に降りずに済んだんだ。
::::::::::i   (二7´_.L., 、ハ 〉  _ _マ/ン::::r ' ;tr /;j   i::/r-、r-|  r一ー、    ありがてぇ話……のはずなんだよな?
::::::::::|、   .r ' c /、:.:.:ヽ ヽ  ー」: : : : ii ヽu.___、/  _ん' `´ム.'  |:::r―┤
:::::::::/ ̄ ´」ー/:.:.:.:.\:.:.\\__j: : : : : ヽ ヽフ`ヽ´  | | ヽ'ーン、 _/ハu.'_' |
i:i i:::i:iヽi ´ !':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.',:.:i: : : : : : : :「=| : : : |: !  7!`:´|<  7マ.ヽー'

  【発見された大型種の残骸に戸惑いを隠せない群集の呟き】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ちいさなけものが駆逐して残した大型種の残骸は数多く発見された。戦車や装甲スーツ、軍の主力兵器がなければ
対処ができない巨大生物達を屠り続ける謎の存在は、皇国陸軍がまるで頼れない当時のキイ政情下にあって一種
の希望を感じさせるほどの活躍を示していた。

――彼に人の役に立とうなどという考えなど、最初の夜に燃え尽きていて、まるで見当違いな思い込みなのだが。

当時のキイの住民は希望に飢えていた。なにか都合のいい強力な存在に縋らなければ平常を保つことも辛いほどに、
彼等の生活は大きな危険にさらされ続けていたのだから。嘘でいいから希望があると思い込みたいのが心情だった。
5327 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 21:59:48 ID:eyhY6/EY0
気持ちはわかるがなぁ
手のひら返すのも早いだろうしなぁ
5328 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:00:32 ID:FSlrWGSw0



 <~っ♪

    _____                                           _ -‐ . : . : . : . : . : . :
\      ー‐‐--、_____                    , ---―- 、     _ .. -‐  . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : \          /⌒ー‐-、_____    _____  _ -‐ッ'       `ー--、} : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : ヽ        ,'        ( ̄ ̄ ̄   ̄   「   ,.-、        ', . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : ヽ       ヽ、       丶          }   /  \       、 . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : ' ,        |        )           jノ ノ    `丶、    ヽ . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : :  ',        丿       /         `゙´        ヽ     } . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : i      (        ', _______                 ヽ   | . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : |      )        ',   )   ヽ, -‐-、,r"ヽ        丶 .ィ´:、  . : . : . : . : . : . : . : . : . :
: : : : : : : : : .|      /         )  /   〈 ⌒/ ゝ /⌒ヽ    ヽ  ∨ 、: 、  . : . : . : . :_ .. -‐  ̄
: : : : : : : : : |     (         /   )    `´{  /   ∠、 \  \__ノ  \}_ .. -‐ "
: : : : : : : : : !      ',        (    /     `¨´、 /- 丿丶、 >‐'
: : : : : : : : ,'       ',       ',  ノ         `゙'、__/`--' ̄       子:て、はなさないでね……。
: : : : : : : : ',               ', (                           おねがいだからはなさないで。



…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

二つ目は、人間を襲わないこと。むしろ山中で野生ミュータントに襲われた者が助けられたという話すらあった。

野生ミュータントに襲われているところを助けられた、など人間がそう信じたいというだけの勝手な言い分だ。
ちいさなけものには人を守る助けるという良識や意識は欠片も残っていないのだから。

そこに殴りかかって面白そうな相手が目についたから飛び掛った。結果的に襲われていた人間が助かった。
彼は歯牙にもかけない存在を意識に乗せてなどいなかった。危難を救われたのは偶然の産物にすぎない。

だというのに彼は、山中で山賊や野生ミュータントに襲われ生き残ったり取り残されたりした子供に、食事を与えて
寝床を貸してやり、翌日には麓の口まで手を引いて送り届けるという不可思議な行動をとっていた。
5329 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:01:31 ID:eyhY6/EY0
おおっと?
5330 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:03:02 ID:FSlrWGSw0


             ィ ⌒丶
           〈 {_  ___
            .>  ァ  `  、                             _,, ‐''"::::::::::::::::::::::::::::ヽ ヘ
           /  /   : :ヽ   \                           フ :::::::::::::::::::=-:::::::::::::::::ヽ ヘ
          ′  /     :        ハ                    _,,. -彡:::::::=-彡:::::--:::::::::::::::::::::::::::}
          /   . :i                   \          ゝ/:::::::/:::/::::::::::::::/:::::/:::::::::::ミ
          i   ,′  : :|   : :i    i               ---       /イ:::::/:/:彡::::::::/::::://::::::::::::::ト
          |     : :|   : :|    |                     \   / j-=ニ彡イ:::://:::yヘ/:::/:::::::/:l::::::ヘ
          |     : :|    .:|    |        .-=-      / `=-  l::/::l::::::/l:::j::::iソ赱ソ:/:::::オ::::i:::トリ
         } {      : |    |    |           .\   l     \ /:/k:::i:::j マ::ト::i  イ:/:ィ苡:::::::::l:リ
          И      |    |    |              .--       // i:::li::::i ヽ从ヘ     `/:::::::/リ
           | {     :|    l    l                 ノヽ       .l/ ヽヽ 、  - ァ  イ:::::/ ノ
           | }     :|    |   l|                  \           \ヘ   /:::イ/
          / .ハ    |    l  . :リ                  /   _  --==    ヘ `' ヘ ハヽ}
       .∠ニニ|     |     i  : :/z、             \ /:::/:::::::::::::::::::::::::\   \    ` -===--
     .<ニニニニ:|     |     l : :,ニニi                    ノ::::j::::::::::::::::::::::::::::ヘ::\     /       ヽ
       .i∨ニニ:|     l     | : :{ニニ}               ヽ::l:::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::\   (  _,,.  --=ニ ヘ
       .| マニニ:l     l     l : :|ニ/                   リ/::::::::::::::::::::::::::::::::人::::::`--.イ=-z::フ    ヽ \
                                        /::::::::::::::::::::::::::::::::k::/:::::::::::::ヽ \::::/ヽ    i   ヽ
                                        ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::ソ:::::::::::::::::・:::/ y:/ ヽ十  ノ    }
     【蒸発して生死不明となった】                ノ::::::::::::::::::::::::::::::::i/:::::::::::::::::::::::/ l/:丶   /    /
        【ある集落の若夫婦】                    ゝ::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::ゝ l::::ヽ\イ   /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

この時点において、ちいさなけものの性状は大変安定していた。まさか暫くの後にキイ全域を恐怖のドン底へと叩き
落す事になる大怪物の前身が彼であると、そんな想像を繋げられた者は後世にあっても極少人数しかいない。

単に人間が弱そうで戦いにならないから相手にしていなかった、と彼自身は思っていた。だが実のところ、深層意識下
において焼き尽くされたはずのアンナであった頃に受けた教育と記憶が、灰となって精神の土壌に滋養として取り込ま
れた、例えるなら野良犬の憐れな首輪のごときモノ。『幸福な記憶』……その残滓の影響である。

三つ子の魂、百までも。かつて両親が注いで彼を雁字搦めに縛りつけた愛情の鎖は粉々に無くなり、今では呪いとなっ
て魂にまで食い込んでしまった。――それが愛し子を窮地に落としこむのだと知ったなら、二人はどう思っただろう。
5331 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:04:21 ID:eyhY6/EY0
罠にでもかかったのかな
5332 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:07:01 ID:FSlrWGSw0


                                        __
                                    <   / \    > .
                                :个 ‐- /     , '′  i` : .
                         /   i     l:::\   /ヘ,     l __ \
                             イ-―¬‐=ニ.._j::ニ=-‐‐-=ニz--‐‐1     i:〉,
                          / |   !:::> ´        ` <,」     j::: ヘ
                        ′|___ j '                丶'/77 ‐=:.
                      ,'> ´\,'//                    ∨/     ,.
                         ;ヘ、   , ′                    '/ヽ  /::;
                          i//\ / i                   i///,>、::::::i
                     |/// 丶 |                   |,/  \::|
                         k'    ∧                 ,'∧     !
                          v> , _/::::::、                  , //ム -‐=7
                           V,/// ̄ ̄ト、             /,|     i:::::,′
                            ∨/    j:::::> .._         _..<'//|     | /
                         '、=-‐1゙ ̄ ̄∨/フ7へ'7フ// ̄ ̄ ,―--, '
                           '<,'/∧    ∨'   ´'v/     / ::::>'゙
                            `'マハニ=-‐ \   / ‐-=ニ/> ゙
                                  `゙''<::::__::ヽ./::__:::>''゙´
                                         ̄ ̄

                          【リオレイアより収穫した雌火竜の紅玉】
                           【感想:イチゴのような甘酸っぱい味】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

この頃のちいさなけものが持つ身体能力は、知性が蒸発した夜を大きく凌駕して成長していた。

大型種は総じて身の内に、重要な器官に自身の持つ特性や異能の凝固体と思わしき宝石を精製する。大型種とは
戦闘生物が変異に変異を重ねた結果の生物。宝石は彼等を大型種たらしめた、力の結晶と呼ぶべき代物である。
ちいさなけものは戦って殺した大型種を素手で解体し、この力の結晶を探し当てては食べ続けた。

元より度を越した強さであったが、自身に匹敵する以上の大型種を好んで殺して喰らい、血肉を身に取り込む事で
莫大なエネルギーを小さな体に蓄え続けた。蓄えたエネルギーを使い、戦闘で受けた傷や折れた骨を何度も超回復
で身体強化をし続ける。ちいさなけものとは自己進化を際限なく行使する真性の怪物だった。
5333 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:08:47 ID:FSlrWGSw0


                   |;;:ll|       |:.:: ;;:::ll|    |:::;l;l|    ゞ;;;!.::;;.:::;ll ゞ;;ヾ;;|.:ll;.::;;il:;l||;;;シ .|;.;;:l|
                   |:;l;l|       | .:::;i;;::l|    |;;.::ll|      .|;;;::.;l::l| ゞ;;;:;;|.:;;.:::;;;l:;l||;/   |.:;l;l|
   ,,.、         ,.::;,   |::l;l|    ::;,   |:: ::;l;;:ll|   ,; :::.|.:;;l;l|::   .; :;|.:::,;;::ll|    .|;;il.::;;ll:;;l|| ;;   |;;::ll|
                   ,;|::;ll| ::;;..  ,;::: |::. :;;:.;il|  ;:: ,;; | ,;::ll|   ;;:.  |;;..il;::;l| ;;::.   |.;ll;:.::;l;;:l|!.::. .:;|::;l;l|
              ,; ;:.     ::.:: .:: ;;; ´"'' ;;:: |: l|;;:::;;l|;;::. .:;;ノ.:::;;lリ、 .:::: ;;|.::;;:::;ll|  .::  |.:;,.::;;ll;;:l|! ,vj、 |.::;ll|
    ,,.,,.          :: ,,:::::   ::::;;;  ,;;::::. |.:;l,;:.::;ll|     .:::  ''';;;::::..  |.::.;:;;:ll|    .::|;;:i;;;:.;;l:;l|!   ノ :;从
       ./             ヽ      \`‐-`‐         ..ソ;;::.:;;;llハ .:::;;; |:;:l.::;;ll:;;l||  `" '';;;:::..
       /             \  \      \`ヽ、:::..    .:::.   ..:::  ;;;;, :::"´ |.::;;:;;;:li::l|!
     ./                \  \     \  ` 、        ,.vVw,  .::;;; |.::;;:il.;;:;;l||   .::::  ,;;;,
     /          ヽ      `、  .\  ` ̄ 、   `ヽ‐‐‐-            .|:;;,.::;;,:::;l||         ,;;:.
    /         V`ヽl、 ヽ .\ヽ \    \`ヽ`ヽ `\  `.、        .:;;:. :.. /.; ::;;l|.;;::il|l、,f゙; "´'''::
    l         Y Y、ヽ| `ヽ、ヽ、\\\    \ `ヽ、ヽ 、 `ヽ` 、          .ノ;;ノ ::;;ハ ::;;t;;ヾ ::;;,   .:::;;
    l         /  .|.\ /.Y::::/l ヽ\| \    \ `lヽl.``ヽ、__二ヽ        .;;'''"""  ::;;;;;;;;;;,   :::.
  '''"'.l    V.Y /  /   / .ノヘl ./W::ル:::Y |\   ヘ  l     .l  `ヽヽ
    |    ./ l/   /  / ./V \ .ヽ::::ノ ノ  \  \ヽ    l=-、__ヽl                .::;;   .:::
    | .l  / .l   / /  /、. \__ ` ̄ ̄     .l `ヽ、 .ヽl    |:::::::::`ヽ、
    .ノ .|.|./  ./l  |  |  /::::::|>、\ヽ`ヽ      ./::::::ヽ\_`l、   .V::::::/´`|\ __
   ノ | ||`ヽ  ヽ .l__.|  /:::/  .Xヽ|´~~     ./.l::::::::::::l:::::::::V`ヽ   V::::::::::::::`、;;\
     l .l .l` 、      . ̄   /ヽ/\ /   ./ |::::::::::::|::::::::::V     V:::::::::::::/;;;;;;;;|
      | |、 V l、.Y ̄\     V;;;;;;;/r´/  ./  /:::::::::::::|::::::::::::V     V::::::::/;;;;;;;;;;;;X_
      .|| ヽ V.|l.\   .` 、   ≧;;;\  .   /  /:::::::::::::::|::::::::::::::V     .V::/;;;;;;;;;;;;;;l:::::::::
      リ  \| l \   `、  ヽ;;;;/-----´  .|`ヽ 、:::::::|::::::::::::::::\     \;;;;;;;;;;;;/:::::::::
           \ .\   )   V::::::::::::::::::l::\ .|:::::::::::`ヽ| ̄ ̄`ヽ::/\    .\;;;/:::::::::::::
             /:::::::\ .`‐--´   | 、`ヽ、::::::|:::::::`l-‐´`l:::/::::::::::::::::::::::`ヽ ヽ    ヽ:::::::::::::::

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ちいさなけものには名前がなかった。人であった頃の名前はもう、あったことすら思い出すことができなかった。

彼の戦いの痕跡を知る者が流した風聞もあったが、ただ大型種を狩る不思議な怪物が居るというだけで、民衆の
語り草には便利で都合のいい存在だったが、彼という個体そのものには誰に興味を持たれることがなく渾名をつ
けられて呼ばれることもなかった。ただ一匹の、名前のない怪物にすぎなかった。

ちいさなけものが巷説にあって浮名をいただくのは、ある出来事をきっかけに戦う対象を拡大してからである。
5334 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:09:38 ID:eyhY6/EY0
ファッ!!? レア素材食うなよwww

って食ったらパワーアップするのか いよいよバケモンだなぁ
5335 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:11:02 ID:FSlrWGSw0


                         l   _____      ゙゙̄''''''―-- ....,,_、
                         !   |        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙̄''''''''―ー- ......,,,,_、 `゙゙゙'''''―- ....,,,_
                            |    !                         ̄ ゙̄'''''''''―- ....,,,゙,゙''''― ..,,_
                            !    !                                     ゙゙̄"''ー-二ニ
                            !   .|
                         :!   .|
                         :!   .|
                        │   !                                          _...
                        l    |                                    _..-''',゙..-‐
              /ヽ           !   .|                                 ,..-'',゙..-'"゛
                /   ヽ        !    |                              _..-'゙/
             /    .ヽ         |    ゙l                            //
            l゙     ヽ     │    !                          /_二二二=====
      ヽ,    /       ヽ     .|    !                             ̄
       .\  ./           ヽ    .!   │          .-=ニニ=-  「|
         \ !          ヽ   .!   │          -=ニニ=-  | l
          V             .ヽ   l    !               //
                    !\    ヽ. .|    l              //                   | ̄ ̄7
                    !  ヽ    \ !    !          lニニニ/ lニニ´|    l`| l`| 仄!      .|   /
                    !   .\    `'!    !                  __| |__ || ||        |  ./
                    |    .\       │               └───┘.|| ||        | /
                    ,!      \       !                        // .l| くX> _  └'
                 l       \     .l                       〈/  L|  r--'/  ◯
                    !           \    l                          ̄´
                  !          \   .l
      、           l              \  l
       ゙'-、        │               \l

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

ねぐら近くに生息する準大型種から大型種までを殲滅すると移動し、また新しいねぐらを作っては近くに寝屋を
構えて準大型種や大型種を狩って暮らす日々を過ごす中で、人間の女性が甲高い悲鳴をあげるのを耳にした。

どこか幼さの残る声。大人がするにはいくらか高い、若い女性の声だった。

ちいさなけものはねぐらを飛び出して木々を蹴って跳ねた。木霊して響く、人の声が戦いの場へと誘ってくれる。
身を焦がす昂揚とほんの少しの意思が彼を駆り立てて身も心も躍らせた。
5336 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:11:59 ID:zrZ9Eero0
グルメ細胞! 持っているな貴様!
5337 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:12:37 ID:eyhY6/EY0
野盗殺して人間の味(力)を覚えるのか
5338 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:12:50 ID:FSlrWGSw0


                                             _   ./\
                         ,,< ̄`>、               ,,-、\ \!  \l∨!
                     /  / ̄ ̄ ̄           ,,´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ >―.、  |、_
                  /  ./                  /   ,,-―       .\   |、
                     /    |                  /   ./       `ヽ、     ∨ | .\
                 |     .!             /,,-、,;;/       !    ',    \!  ∧
                 ∨  弋         ,,< ,\;;;ノ/         ,..:'.!     ',     !  ∧
                     ∨   `ー―-- -―'  ,.,;,:',:"   /        ,.'    ',_     .!   ∧
                   ∨;';';,;,, , , , , , , , , ,;,;,;';' <)    |        /!;';'          |',  ', :!
                       ゝ、`"'マ"'"'"<!''"''""      ,l         _人__          ./ l  .∨
                       弋\                 >´/  __ >'´,,'/弋_         _!./  .:|
                         `´` '< ___ >´  / ./`ー-、`ーく ∧_//_   __/_/   .∧
                                      /  .Yリ戈 `ヽ、`'<__ノ<;';'.、 /      .∧
                                  /   /夊 `ゝ、 <:!:) ヽ,    ;';';' |       〉
                ヽヽ                    /   /   `ヽ  `ト、  `ヽ!   ;';'; \     ., /
          .ノ-+   ____  ┃         /   /      l ._,,! マ   ',  `;';'ー-く  / /
           ノ エ       ッ ・          ./,.-、,.、|     .// /| _ ,> /  .;';';   .!,イ  /ヽ
                                //::::/:::::l   ././ .!// _.ノ:マ  ;';'  }/ .∨ マ:::|\
                              /::/::::/|:::::/   `¨´i丈/´,'´! /ヽ| .;';゙ /    ∨ ∨\!
                                 ̄l:/ .l/       弋__ノ  .〈∨lり.|;';'./ /!__l∨lノ  :|
                                               \;;フ∨   \::::/´  /
                                                        `´ ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

駆けつけた現場には幾人かの人間の死体、ないし虫の息の重篤者が転がっていた。手にした銃を向けることも忘れ
盾にするように掲げて叫び竦む女性が一人居た。助けを求めていたのは、彼女一人だけだった。

彼女達の周りには死体を啄ばむモノ、かろうじて生きているだけな重篤者達の首筋を噛み千切って殺そうとするモノ、
今にも女性を噛み殺さんとしている一際大きなモノが居た。ちいさなけものが知るよしもないが彼等は人の世にあって
ジャギィと呼ばれるミュータント種族であり、大きいモノはドス種という分類を加えてドスジャギィと恐れられている。

群れで狩りを行う中型の野生ミュータントを討伐にきた人間の集団が、返り討ちにあって全滅寸前のところだった。
5339 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:13:44 ID:eyhY6/EY0
おおっと
5340 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:14:54 ID:FSlrWGSw0


       ∴;.゛;.:          .r┐
    ...㍉(  炸  /k   仏.   | 二[][] 匚] 厂}      __  会ュ。.
   ...㍉ マム,イ7   リ   紗′. 凵 l |  匚]/ / _n__   `寸ミ、 ∴;.゛;. 心
   ∴ミ  )圭抄  〃  /′     |__|  匚.../└i┌z」    .㍉ュ   r劣}
    ...寸圭|{:゛∴;.:  〃                 ∪   ∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛. __  会ュ。.
   以{  マム心、∴ハ/淤{                      心、    ⌒炸ム   守ト、 `寸ミ、 ∴;.゛;. 心
   ㍉ム  )圭圭才´)圭ア                   寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋代   ㍉ュ   r劣}
  .....Ⅵ  Ⅵ圭リ´  }ソ. /_爪   ,ヘ/ヽ/ \∧ヽ三. ⌒`寸圭才㍉⌒¨㍉ト、.  ∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛
   ...リ  :以Ⅳ:゛;.゛;三≡7ト /y′         \:.:.  ̄¬≒. ̄⌒`     ㍉.心、    ⌒炸ム   守ト、
         Ⅵ7./' ./ / ゙/ /               \:. ヽ \ \ニヽ      .寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋代
     /:. 〃 / / / .: /l/      / /     |  ヽ ヽ :. ヽ \ \|       ⌒`寸圭才. , ー1㍉ト、 ⌒㍉
.     /三/ / / / .:/l/   .:l //|_:| /| .: / / .: |     ', ト \  ∧              ̄.../:/       }::i
        / / /://〃   :.:N゙斗ャl/レ| / /l .: /.:.|.:.|.:.: |リ \:ヽ ∧              〃.:/ }:j }:j }ー='.:::ー=}:j }:j
.       / / :/ ./'/ lヘ:.:ト.:K"ヒソ   レ///|: /.:.l.:.:/   \ヽ \             .《::::〈     _ ̄}::::「¨
      / / :イ  /'/ l' ヽ|:.N  ¨´  l/ /'′ |/イ/ノイ     ', i.: ト\            .ヾ:::.\    {:::r=:::::|  r::1  r::1
     ///{.| 〈'/    ヘ: ',       _ _   : : 爪 〈;|       |,ヘ.: |              }ト、:ハ   `ー=}:::|  |:::j:  |:::j
.    / /:ィ/  !.!     / \ゝ、  ´´   / リ`>、        リ .}: |             : `"     /.::ノ  |::{  |::{
   /.: .:/ !l  {'      |\ >{::`丶. _.. ィ´:∧ /∧lニlュ、     }:|  __  会ュ。.          _}:/   ”  /:/
    l: : / リ   __, -‐ イ ヽ\:::::{:::::::::::::「l.|:: /:.: ∨/  Flニ! ',   j /  ...`寸ミ、 ∴;.゛;.  .      {「        /:/
    |.:/    , -〈:∧   !ヽ |::|:.:.:.:`::ー-::V '´.: .: .:|〈  Fl;7 l   /′     .㍉ュ   r劣}           }       /:/
    l/     ∨:∧∧ 〟  >:>; :.:.:.:.:.:.(( )):.:.:.:.: |ヽ\Fl7  |      .∴;.゛)圭㍉  ̄ ::゛;.゛              `:
   {      |∨∧∧   <:< ∧:.:.:〝:.:.|i| :.:.:.:.:.:.|  //l′  !      .心、    ⌒炸ム   守ト、
                    ∴;.゛;.:                 寸圭≧ュ≦圭圭掛, 弋  r┐
                    ㍉(  炸  /k   仏           ⌒`寸圭才㍉⌒¨㍉ト、 ⌒.| 二[][] 匚] 厂}
                   ㍉ マム,イ7   リ   紗′              ̄⌒`     ㍉、 凵 l |  匚]/ / _n__
                                                            |__|  匚.../└i┌z」

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓                                          ∪
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

まったく面白くない、つまらない相手だ。こんなものでは戦いにならない。ちいさな獣はひどく冷めてしまった。

高い枝を蹴って俯瞰したちいさなけものは溜息をこぼしながら、木立ちの中でなんとか立ち回りができそうな広場の
真ん中、いまやジャギィ達の餌場となったステージへと舞い落ちる。せめて彼等だけでも駆逐して今晩のごはんにし
て帰ろう。――やる気がなくとも絶対強者の格差には影響がなかった。

一方的な蹂躪が始まった。一体なにが目の前で起こっているのか、頭脳が停止したように理解できず、少女は呆然と
自分たちを虐殺しかけたミュータント達が殺戮される様を観覧することになった。
5341 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:16:30 ID:eyhY6/EY0
凡人! 凡人じゃないか!!
5342 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:17:31 ID:FSlrWGSw0


                                       。            '  、       ;: 。
                                                             `'''`~''・    ' `
                                   f''`⌒(     ,,,,               !:(',,,,、
                                   ,!,,,、(     /::τ             ノ:::::::::::::::::)
                               :.、          !:::(     ノ::`!   o   (::::::::::::::::::τ
            ∧i\l\                   ゜     (/      ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
.          /,;',;'\ \>_ 、__              .,,、..   //   ノ'          //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・
.       ,<`ー――'. ̄, __ -‐`i         .π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ                    ;,;;( ):::::;.'
         }:';';';'_, .-'´  /´゚` _, /./. .-_-. 、  .....):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `        '`
        |,';';'__   /| '´ ̄/`!/  ......`i  .τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ               :'`'``:!
        ∠、;';' /  ./ !:i .l´ ´    _ ,ノ ) ). (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
        >、;';';';' ./,,.,..|.;! /    - ---´, :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"         , <  __ \
                       --==''''' "´. /  >、,'_;_;_;|_;/                        _/   /`   \.∧
                             |   /    ∧             ∧/!       /!/./    /!      ∨|
                             |  ./   ;' /  \    __,.イ ./ !_从/|_,ノ ./  rァ'`        .| |
                             ∧  :!  ,';'; !   ; ><  // / /`Y´! /!../   ./`            り
                             | ∧ ',   ';', |   〈    ` <_/ / ./  /   /
                             |;. .∧      \   ∨        >―-‐イ     /
                             |ヽ、:〈\     |  |,    l/   \       /
                             | 〈,/  `ー 、 .|  ∧;';';';' |      .i ; ; ;'.  /
                             ト-/    /\|  | ` <_.!       .| ,';',' /
                           \〉  /   ./i !\ .   ∧      .!  /
                                 <___リ l∨丶__∧  .:; |/
                                       |_ノ! ./    ∨ ,;'i ト、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

かわいらしい掌に指を立てて引っ叩いた。ジャギイの頭が取り外されたように真横にもげた。
くるりと小さな体が回ってしなやかに脚が踊った。踵を受けたジャギィの胴体がRPGの直撃を受けたように爆ぜた。

4級チームにも脅威であるはずだった体格の大きなドス種が逃げ出そうとして、尻尾を掴まれて足も払われ転がった。

悲鳴をあげて地べたで身をよじって抵抗するも虚しく、ちいさな女の子のような存在に尻尾を引きちぎられた。
ジャギイの体躯を支えて走るための足を揃って踏み折られた。獲物を引っ掻き捕まえる前足は助けを呼ぶように必死
に虚空だけを掻き泳ぎ、これも揃って掴み取られてヘシ折られた。――容赦など微塵もない淡々とした屠殺だ。
5343 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:19:19 ID:FSlrWGSw0


                                             .l: ,、ム、:/`/ヽ、へ:._:./:.:,.イヽ;\:.:ヽ
                                             _ /Y:/:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.`:\:.:.:/l:.:lヽ;;;;\:.\
     ___                                  /;/:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.l:l_\;;;;;\:\
            ̄ `ヽ、__                          /;;;;//:.l:.:.:.:l:.:.l:.l:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:ヽ:.ヽ:.:.ヽ-、l´:lヽ;;;;;;ヽ、
               `ヾ--、____                   ./;;;/:/l:.|l:.:.:.l:.:ll:.l:.:l:.:.:.:.:.l:.l:.:.:l:.:..l、::.lヽ ,l:./:.ヽ;;;;;;;;;
                 `ヽ、__)                  /;;;;;l:.l l:.:l l:.:.:|l:l;;;l:lヽl:.:.l:.:.:l、l:.:.:l:.:.:lヽ:l リ.l// ヽ;;;<
    ―――弋ヘ        ヽ、 `ヽ―-、             /;;;;;;; l:l l:.l l:.:.N;;;;l:lハト、l:.:l lヽ:.ll:.:lノl:l´-.、フ  l、r'′
          `ヽ         `ヽ、___)            /ヘ/〉,.弋;;ヽl ;;ヽl ;;;ハ ヽ\:l`l リ.l:l };;リ 二ミ  l;lヽ´
               ヽ            `ヽ、_           l;;;;〉,、l_r-、_,.イ;;;;; __{、     リ   ノ `  - 、   ト、_`
             ヽ、    |ー――-- 、__.             l;;;;`;;;; l      ̄    >、           ヽ  l l:::l
               `ヽ、  ヽ                    l_,. イハ      _. - ´ l  `ヽ、         l l::::l
                    ヽ  ',                    .l l:.:l`ー‐ ''"     l     ` ー- .. __//::::l
                  ヽ  l                   l l:.:l ll/l         l           l   l /:::::/
                   ヽ_ノ                    │l:.l |l  l         !        l //l'::::::/:.}
                                          .V l  〈l       l           l/:::/.l:V´_:.:.:.,l
                                          ./二ニl      l        l _./ ,l: :l\: ̄:.
                                           .// / l      l __   ___ l_ /l : l  ト 、:.
                                      ., ‐  ̄// r‐┐ r‐‐ l´:::::l.__l::::::::::::ヽ   l: : l  l  `
                                     ./    /: :/ l:::::::l ̄l:::::: l::::::::l  l::::::::::::::::l   l: : :\
                                    ./    / : /  弋r´─`ュ:: Y:::r──ュ::::::::::/   l: : : : \

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

もはや生きているのは怯えてうずくまる少女が一人、少女のようなけものが一匹。頭から足の爪先まで血塗れで
真っ赤に染まったちいさなけものは、まだ痙攣している鳥頭を踏み潰しながら生き残っていた少女へと歩み寄る。

顔をあげようとせず必死に華奢な身体を掻き抱く少女に、ちいさなけものは微笑んで包み込みように腕を回した。

もう大丈夫、怖くない。こわいものなんてない。あやすように背中を二度三度と軽く叩くと、緊張がわずかに解れた
少女は自分が暖かくて柔らかい感触に守られていると感じて、つい固く閉じていた両目をそっと開いた。
5344 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:19:58 ID:eyhY6/EY0
アカン予感が…
5345 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:22:03 ID:FSlrWGSw0


  .../:.:.:.:.:.:.:.:.//:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:/|:.:/|:.: : |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:. |:.:ヽ:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:ヽ:.:i
   /:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:./:.:.:. /:.:.: / |:.:i !:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.|、:.:.:.:.:!ヽ:.:}:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:',:.:}
  ,':.:.:.:.:./:.:.:.:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.i:.:.:/___|_|_ |:.:. |:.:.:.:.:.:.: | ヽ_|___i:i:.:.:.:.}ヽ:.:.:.:.:.i:|
.. .{:.:.:.:./i:.:.:.:.:i:.:.:.:/:.:.:.:.:斗´/  || `ヽ:.:.!ヽ:.:.:.:.:丁 }:.: !  !|`ヽ、i:ヽ:.:.:.:.:}
.. .|:.:.:/ .|:.:.:.:.:|:.:.l:i:.:.:.:.:.:./|:.i   -- 、  ヽ', .∨:.:.:.| ._ --- 、リ .}:.:.:|:.:.:',:.:.:. |         .__.∨::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.. .|:./  |:.:.:.:.:|:.:.i:.|:.:.:.:.:/ リ〃γ⌒ヽヽ  ヾ、. ∨:.}/γ⌒ヽ ヽ |:.:!:.:.:.!',.:.:. |      ../:::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-―-、:::::::::::::::::
.. .|/   !:.:.:.:.!:.//!:.:.:.:.i. 《  {:::::::::::}         }:j {::::::: : }  》:.j、:.:.:| .}:.:.:!      /:::::::::::::::::::::::::| ̄`:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::
  |   |:.:.:.:.|/ |{ |:.:.:/:', .   弋zzノ      〃 弋zzノ  //:}:.:.! !:./   ../:::::::::/:::::::::;r‐::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::
       !:.:.:. || !ヽ:.:.i:.∧   、 -- ´      /   ` -- ´  /:.:.|:.| //   ∠ ― イ::::::::::::/:::::::::∨:::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::ヽ:::::::
       ',:.:.:.:|  |:.:',:.{、l:∧             j            ./:.:./リ:/          /:::;/:::::/::::::::::|:::∨::::::::l:::::{::::::::\::::::::::::::::::∨::
        ',:.:. |   !:. リ:.|! ∧                    ∧:/:.: /         ./::〃:::::::i:::::::::::i!::::|∨::::::l:::::ヽ:::ト;::::\::::::ヽ__:∨
        ∨{  ヽ:.:. { |、人       -‐‐-       イ:./:.:.:/        /::/ i::::::::::!::|:::::::ハ:::|. ∨::::ト;:::::ト、i >::七、´:ト;::::∨
        .ヽ{   ヽ:.i |:.ヽ:.\                 /:./:.:.|:/          .!:/ |::::::::::|十ー:|-V、__∨:::i \≦斗干丐i:>!:ト;::::マ
          .`     ヾ、//|:.,:.:.>             イ:.:.:.:.|:.|',:.:!          |'  !::::::::i!:ハ:::::<ハテミ ∨{ .ム' い::::ハ}/ ハ!∧:::
               〃 !| |: | | >     <  |:.:./:./}:! ヾ、           .|   !:::::::|i|::::∨:|い:::ハ  `\   マzzノ  l::/ .〉
               /   リ !:.!ヽ|    ` ´      |:./|/. リ                ∨::|ヘ::::::Ⅵハ. マン           }イ<:
                   リ /ヽ         /',ヽ                 ∨! ∨ハ|ハ   '            / |:::::ト
                   / |   \    , イ   i ヽ、                ヾ.  ヽ!  ゝ    ‐―    / ,.|/,リ
                                                              `   __  ィ  ,..イ::∨
                                                                   ハ ̄´::::::::::::::\

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

顔も知れない小さな肩越しに広がっているのは一面が死山血河に変わり果てた、鉄の香りが鼻をつく地獄の只中。
誰も彼もが醜く体を砕かれバラ撒かれた惨憺の跡。まっすぐ向こうで死に絶えた彼女の仲間達がさも恨めしげな眼
でこっちを見ている。……焦点も合わないぽっかり穴が開いたような、虚ろの瞳が数えて4組。

思わず悲鳴をあげようとして喉が拒んだように息を呑んだ。甲高い野鳥のような吃音が発せられた。

自分を抱きしめていた小さな身体がそっと離れて顔を覗きこむ。しげしげと不思議そうに小首を傾げて、その愛らし
い仕草と美しい顔立ち、幼子のような微笑は常人の感性に照らせば、この地獄の中であまりにもおぞましかった。
5346 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:23:08 ID:eyhY6/EY0
ギャップ萌えならぬギャップ発狂
5347 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:24:08 ID:FSlrWGSw0



               /: : : :/: :./: : : /: : : :|: : :.| ∨: : : : : : : :.:.:|: : : : : : :.:.|: : : : ゚。: : : ゚,//\: : :.__|
                 /: : : :/: : /: : :./: : : : :|: : :.|:  ∨: : : : : : :.:.:|: : : : : : :.:.|: : : : :.:゚。: : :.∨///',: :.\    ー‐┐ ┌‐┐
             /: : : :/: : /: : : :{: : : :.:.:.|: : :.|   ∨: : : : : :.:.:|: : : : : : :.:.|: : : : : :.:.: : : :.:Ⅵ//∧: : :.,>   ノ´.    /
 ∧      /|   ./: : : :/: : /: : : :.:i : : : : 十―|――:∨: : : : :.:.:|斗匕  ̄: !ニ=‐: : : }: : : : :}∨//∧:く.   ー‐┐ ー‐┐
/   ∨\/   |   /: :.:.:./ / {: : : : :.|/: : : |:.,:::::::::::::::::: ∨: : : : : |:::::::::::::::::::::::: :゚。: : :.i: : : : :.i ∨//∧:.\   ,ノ´    ノ´
         |____. : : :/´ // i: : : : ::|: : :./ ::::::::::::::::::::::::::::∨: : :.:.:.|::::::::::::::::::::::::::: :゚,: :| ゚,:.:.:.| Ⅶ//∧./  ー‐┐ ー‐┐
ー‐┐ ┌┴┐  / : :./  ////!: : / :l: : / 《:::::::::::::::::::::::::::∨: : :.:.|:::::::::::::::::::::::::/ | i: : | ∧: :.:|  Ⅵ/./     ,ノ´   ノ´
 ノ´    /   /_____  //// :l: :/  ! /: { :::::::::::::::::::::::::::::::∨ : : |:::::::::::::::::::::::::./: |: : !/ }: :.}   Ⅷ/.\    || ー‐┐
ー‐┐ ┌‐┐    /.////{ : /  {/: : ゚。:::::::::::::::::::::::::::::::::∨:.:.:|::::::::::::::::::::::::/: / } /  i: //}  {/// \   ・・   ノ´
 ノ´    /    く.: /////i l/   |!\: : \         j:\:.!        / イ: :i/   :|///} :i///. /       ー‐┐
ー‐┐  ー‐┐  /.//////!    {/} {: : : : \         \    ///: : }    {///!  |/..∠.、         ノ´
 ノ´    ノ´   \//////l     i/i: ゚,:入≧=‐    (    )      / /: : /    :i///}  :/// /      ー‐┐
ー‐┐  ー‐┐    \..///{     !/!  ゚,: ゝ ‐=≦ 7            / : : /  ‐=≦}///i:   ./         ノ´
 ノ´    ノ´     ./..///i     |//≧=‐  ______ :|         l ̄/: :./     }////!:  ∨/
ー‐┐  ー‐┐  ././/////|     {  ニ=‐     | :>    <   :|: / /     //////    \
 ノ´    ノ´    \.//////|      |          | |  ≧≦    |//     //////


…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

少女は今度こそ全力で悲鳴をあげた。ただし怯えて竦んだだけの悲鳴ではない。感情が吐き出すような物ではなく、
ずっと深い場所にある生物の根源から搾りあげられるような、魂が張り裂けてしまった者の絶叫だった。

人の心魂には“業”がある。個々人が世に生みだされた時より大本の起源とする本質であり、人生で長い時間をかけ
人格・精神を培って備える性質とは別の、生物としてでなく魂としての本能と呼ぶべきものがある。
あらゆる知性・感情・思考・価値観を剥ぎ取られて初めて姿を見せるそれは、行者が知るべき悟りの境地の一端だ。

穏やかに粛々と死を受け入れるのか。止め処なく自らの内を吐き出すのか。何を差し出してでも生き延びようとする
のか。はたまた死を克服せんと破壊の為に体を突き動かすのか。人の心魂に根付いた業の違いを“相”という。
5348 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:26:15 ID:FSlrWGSw0

                                                             __  __ __ ___
                          __                                        |.  ///////
                  .。<: : : :/            __                           | /'| .//'’ /'’
           ‐――=≦: : : : : : : : /  ____   /: : {                        /|./ |/
     ‐=.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :._ 〈/__/: : : : : :{/〈: : : : :.\____          __  /  .|' . |
  /.: : : : : :.――――‐=ニ二/////.: : : : : : : : : : : : : : :.V7/ァァ//////////\        /  / }           __
./: : : :////////////ニ=‐‐≦//: : :./.: : : : : :. :.|.: : : :. :. :. :.} ¨¨¨¨¨¨≧=‐‐=≦    .。 <  / /           /   /
.: : : :. :.∨///>  ̄ ̄ ////: : : : :./: : : : :.l: : :.:|: : : :|.: : : :.:iム : : : : : : : : : \  .。<:/     >。.           / / . /
.: : : :. :./ ゝ<     :/// / /: : :./廴‐‐‐‐l: :.:.:|: : : :|: : }: : }マム\.: : : :. :.:.。<    /                     /  7/
/7:: :/         ///   〈 /: :{: :{㌢芹うヽ}: : :.|ヽ_!: :/: : i }__  .。<       :/   __             /'’| ./
/: :./         マ/    / / i : i:/とニ〈  i: : 斧ぅヘ:ヽ{: : :./ .。<          :/  % ---  \  /      /|/ .|/|
{: :/         ‐=≦マ77ミ {∧ {\}{:      {:./:ゞっ/ :><{ }            :/  / /rァァァ、ヽ  : /     / |/|
i:./        //>‐=マ///}{}r‐=__{ /  ___ レ'   } }: / }i:i:i} {           /  { :{/////} } } /         / |
:/        f/     \:} {  }}\  ゝ‐=≦  // /{>ii:i:i:i i            /   乂<z>/ //
         {       \\}} \ヽ     < /i:i:i:i/i:i:i//  ____:,′    ≧=‐‐=≦ ,′
         :         ⌒⌒ヽi:iヽ 二二}   fi:i:i∨:i:i//--/       ヽ             /
         ト }           \ { /i:i:i:iマ//{/ ∨:i:i//  {         }            /
         マ:i }        ‐‐ ‐=≦777ム{__ マ/i:i:i://    \      /        /
          マ{ :.        ///////>‐=≦ 7廴:〈〈     \     /        /
         /{ {        /////////ヽ///∧ ∨∧ヽ      ヽ‐=≦          { ≧=‐
       ,ィf厂 } :       ////////// //////ゝ∨∧ \     /    __    ヘ    /⌒
      /    }  ゚.      {///////// ////////,'∧ ∧¨¨}:    /   /f777ヽ ヽ   /   /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

少女は完全に知能が抱えられる許容を超えた現実に打ちのめされ、心と感情の垣根を根こそぎに掻き回されて、
精神の臨界点へと到達した。白痴の極地にあって最後に示された彼女の相は、死に抗う破壊者――修羅だった。

かつてない速度と精度で腕が跳ね上がり、指が握った銃のセレクターを弾いて変える。銃口はニコニコ手を伸べて
いる、ちいさなけものの右眼孔。彼岸の彼方まで超越した業の為せる勘。ここだけが目の前の怪物を殺せる弱点。

なにをしているんだろう。長らく知性を失ったちいさなけものに、彼女の行動はただ怯えた子供としか映らなかった。
5349 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:28:19 ID:eyhY6/EY0
子供に包丁()握らせたらアカンよね(棒
5350 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:28:26 ID:FSlrWGSw0


.      |  \三三三三三三三三三三三/                  _   --―==¬冖    ̄
    |  | ` =ニ三三三三三三三ニ= ´ _   --―==¬冖    ̄    _   --―==¬冖    ̄
     |  | |_ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´   ̄   _   --―==¬冖    ̄
--―==¬冖  \_   --―==¬冖    ̄                          _   --―==¬
      | |    |                     _    --―==¬冖   ̄           _
       | |    |    _    --―==¬冖   ̄            _    --―==¬冖   ̄
_       | |    |             _    --―==¬冖   ̄           |
:::::::::: ̄:::::::::....―-,.--――‐     ̄―-  --―==¬                      |
::::::::::::::::::::::::::::::::::.′                 ‐-=≦         _    ---―‐===|
::::::::::::::::::::::::::::::::::l                     `ヽ ̄               |
::::::::::::::::::::::::::::::::::|                         丶                |
::::::::::::::::::::::::::::::::::.、                             ヽ、    、、   、      .|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       _  -=ニ           /´ヽ   .))   )   ...|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::>-‐   ´   |      Τ二ニr<    〈   }  ´´.  ´    ....|      _
:::::::::_::::::ァ T' ||  ||           |      |∨ |  ` ー- ニー ′              |  .Γ、
::::::::::::::/   |  ||  ||           |      | ∨  、                       |  |  \
_::::::::::{   |  ||  ||           |      |  \  \         __     --- ′ |  Γ ̄
::::`::‐::._   |  ||  |l          └―====¬¬冖冖    ̄ ̄        __     --- ′   |
::::::::::::::::::`::‐:..、|  ||__     ----――====¬¬冖冖    ̄ ̄                _ノ
:::::::::::::::::::::::::::::::`::‐:..、            __     ----――====¬¬冖冖    ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

引き金を絞った。少女の身体はどうしようもないほど震えているのに手首から先、銃口だけは揺るぎもせず右眼孔
に添えられていた。鉛の塊が空気の壁を切り裂きながら放たれて、ちいさなけものへと飛び込んでいった。

なにもかもがコマ送りになったような世界でちいさな身体がおおきく後ろへ跳ねた。真っ赤な尾を何本もなびかせて。
ドサリと血の海へと落ちて倒れたちいさなけものの姿をしばし呆然として見て、少女は自分がしたこと、いま置かれて
いる状況をゆっくりと認識し始めた。身に起きたはずの修羅はもう自分のどこにも感じられなくなっていた。

安全を確信したがために平常に戻った。――少女は自分の身に起きた奇跡を理解しないまま、そう思った。
5351 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:31:13 ID:FSlrWGSw0


                 ,
                   |      /         `  、 . `ゝ 、
                 \、ノし ’. /               `ヽ 、 `丶、_
             ___)(⌒. ./             ヽ      \`‐-`‐
         .\、    . ̄ ̄^\. /             \  \      \`ヽ、
           .ゞ、_从_   .../                \  \     \  ` 、
          .ア,:=''" ̄ ̄ ̄.../          ヽ      `、  .\  ` ̄ 、   `ヽ‐‐‐-
  ___て::/         ./         V`ヽl、 ヽ .\ヽ \    \`ヽ`ヽ `\  `.、
    .... ̄) {           l         Y Y、ヽ| `ヽ、ヽ、\\\    \ `ヽ、ヽ 、 `ヽ` 、
  ....-=''''^ヽ'、          .l         /  .|.\ /.Y::::/l ヽ\| \    \ `lヽl.``ヽ、__二ヽ
        ./⌒`''=一   ..l    V.Y /  /   / .ノヘl ./W::ル:::Y |\   ヘ  l     .l  `ヽヽ
                     |    ./ l/   /  / ./V \ .ヽ::::ノ ノ  \  \ヽ    l=-、__ヽl
                 |  ..| .l  / .l   / /  /、. \__ ` ̄ ̄     .l `ヽ、 .ヽl    |:::::::::`ヽ、
            .\、_ノし  ノ .|.|./  ./l  |  |  /::::::|>、\ヽ`ヽ      ./::::::ヽ\_`l、   .V::::::/´`|\ __
                `)(´  ノ | ||`ヽ  ヽ .l__.|  /:::/  .Xヽ|´~~     ./.l::::::::::::l:::::::::V`ヽ   V::::::::::::::`、;;\
            .//^´    l .l .l` 、      . ̄   /ヽ/\ /   ./ |::::::::::::|::::::::::V     V:::::::::::::/;;;;;;;;|
                ,      | |、 V l、.Y ̄\     V;;;;;;;/r´/  ./  /:::::::::::::|::::::::::::V     V::::::::/;;;;;;;;;;;;X_
    /7<><> コ匸       || ヽ V.|l.\   .` 、   ≧;;;\  .   /  /:::::::::::::::|::::::::::::::V     .V::/;;;;;;;;;;;;;;l:::::::::
   .// ヾ〉   ̄|「´ r>r>,ク  リ  \| l \   `、  ヽ;;;;/-----´  .|`ヽ 、:::::::|::::::::::::::::\     \;;;;;;;;;;;;/:::::::::
           、  rシ        .\ .\   )   V::::::::::::::::::l::\ .|:::::::::::`ヽ| ̄ ̄`ヽ::/\    .\;;;/:::::::::::::
            \、         /:::::::\ .`‐--´   | 、`ヽ、::::::|:::::::`l-‐´`l:::/::::::::::::::::::::::`ヽ ヽ    ヽ:::::::::::::::
            _ ゞ、_    ..../::::::::::::::\       ヽ`ヽ`ヽ::|::::/::::::::::_|:/::::::::::::::::::::::::::::::`>:\    .\::::::::
              ̄) {    ....`ヽ--====|、ヽ-=ニニ==|`ヽ`、.\:::\:::::/:/::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::lヽ 、   `ヽ-
           -=''''^ヽ \_        .\::::|::\ `ヽ 、__レ| lヽ\ \:::`´ ̄:::::::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::l::::`ヽ、
              /⌒) ¨=ー-。.、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

一方で、地を舐めるように倒れ伏し血を飲むように弛緩しきって、眼孔を抉られたちいさなけものは己の受けた衝撃
を理解し、対応を打つべく身体の再生・超回復を開始していた。潤沢なエネルギーがそれを可能としている。

目覚めたばかりの彼なら本当に死んでしまうところだった。だが今や彼の身体に蓄えられたエネルギーがそれを許さ
ない。決して許さない。絶対に許すことはない。受けた痛みを分解して己の弱さを把握する。より強く、より堅固に、何
者にも負けない新たな力をこの身に熾せ。――強く生きる。弱きを許さず死を認めない。ただ一つの存在理由だ。

自己修復・自己進化の生物的適応能力が脳を活性化し、潰れた眼球を一から作り直す。ちいさなけものは右眼孔を
己の手で抉るように指を差込んで、邪魔な古い眼を摘出した。だくだくと頬を塗らす血が青白い火花を放っていた。
5352 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:33:27 ID:FSlrWGSw0


                                                          ,rヤ..i ク,ハ
                                                           ゙"::,rイ./ .||
                                                             ,f. l./  j
                                                          (_/   /
                                      / }                       /
                   _    -----/7⌒<  ――   L__ ‐=ニ 、                  "
                 /: :}/: : /7/: : :./∨‐=//<  /   __    }                     ,ィ.,,:r '"
            __/‐=≦ /.: : : : : : : :. :.∧_ : : : / |  /r-- ヽ :.                   ,.r'.r"
           //////≧=‐/7 /.: : : : : :. :. :.}/: ∧ r¨/   :  f マ//} } l                  ,rヤ.:j.l. /
            ゝ<: : :./ ///: : :./: :/: : :./}: :/: :}{ /    |   ≧‐≦ .:                 /=,〈
.         /: : : : :./   // {/: :/≧ュ、: :,ィぅ}/ ∠- 、    :|       l                 ,:グl!./゙l.l
.         /: : : :/    〈/  \{:ゝVリ/ ゞ〈 /、i:i:i:iヘ     |       /             // .j./ !!
       f: : :/     /777{\〉  に7/ /∨}i:i:i:i:i} > ⌒',      (                  tLノ.! . /
.      八: /        {/  ミt⌒<TT/}/{i:i:ii:i:i:i:ii} ゝ‐=≦      ¨}              ~  /
      =、 \ r 、     .:      /7777 ii:i〈i:i:i:i:i{}     |   _  :i            ,ィ    ,,
.     /  ¨¨f〉⌒r<  /\    //////∧ゝ}i:i:i:iii    |  /rァァヽ !              l. | ,.r:ヤ
     ゝ==〈亡ゝ<_ L〉 { {  \   {//{//{ }/>。. イ\  :|   fゝzz//|          l ク".
          〉‐/7≧ュ≠ //77〉マ/i//:! l≧=‐Z\マム :!  ≧‐≦ :          /, |. /..、
          f 〈////// ̄ ̄ ̄  ¨¨ マ:| |//77777ヽ_ヘ .:       |      ..//j !''7ハ ゙i
           ゝ‐=≦ゝ―r-- __イ/{\{///>//〉 ∨\____/        .ム " /!.l /  j ,l
                 /: : >。.//}{/マ/\/777}<  ̄                   /  |.'/  .f./
                   / \___f ⌒ 〈:::::::::‐=≦ }:   >。.             ,f   ,.イ  //
              __ 廴____ゝ‐=≦__:: ≦ __   ∧           i.L_,/ ! .//
              {      ///////\_///////ゝ≧=‐´              ー"    /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

もはや取り返しのつかない事態と言う他ない。少女はちいさなけものが全く別の、より凶悪で危険な生物へと変成し
ていることを肌身で感じていた。――彼女の身の奥で、再び生命の危機を察知した修羅が戦意を高める。

修羅をも上回る純粋な戦意の権化、より巨大な権能を備えた同類が目の前にいる。修羅は二丁の拳銃を手に歓喜
の歌を張りあげて身体の使用権を奪い取った。少女の自我など、この場に置いては不要で不純な夾雑物だった。

白痴の修羅が肉体の潜在限界まで性能を駆使し、地を蹴って身を躍らせ、ゆらゆら陽炎を纏って立ち尽くしている
怪物へと襲い掛かる。奇怪なブレイクダンスを舞うように、ありえない確度の奇怪な姿勢から精緻な射撃が迸った。
5353 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:34:46 ID:eyhY6/EY0
凡人が目覚めたけど…  勝ち目薄い!
5354 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:36:29 ID:FSlrWGSw0


,,_,                      `''!=;; ,,_    :!  `'ー..、 .ゝ、    ヽ   .l   .|     . /     /
   ⌒゙''''''―- ....,,_                  `''-ミ¬- │ [゙'ー .._゙゙'ー..,,゙'-、   .\  ゙l、 .!    /    ,/
.,,,___、          ̄"'''―-- ....,,,,_           `''-..!  l   ,,,`''ー ,,,゙'-ミヽ、  \ ...l  ′  /   ,/  ._.. ‐'
     ̄ ゙゙゙゙̄'''''''¬―---..........,,,,,,,___ . ゙̄'''''―- _,,__   | ._、  `'''ー .ミ~ミ;;-、, .゛ ″   '" .,/  : '"゛
                         _二`-゙‐'"´  .ヽ   ̄二..,,,,,,゙,゙;;;;― .   `'''マ'
               _,,,.. -ー''''"゛      ._   ヽ   _______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二ニ―'''"´        . _,, -'''″ .\  .゙ ̄´゛               _,, -彡         ー ,,,_
  ._,,.. -‐'''"´              _.. -''"゛       .\  .ヽ. -ー''''"゙,゙.. .._,, -''彡'"゛  /.!.i.、  -,    .`゙'''ー-...
`゛             _.. -''"゛     _,,,,.. -ー'''''"゛\ .ヽー''"´,,, -''゙゙,..-'" ,.   / | .!.!   `'-、
              _.. -'''″ ._,,,.. -ー'''''"゙´    ._,,, -‐''"゛.\ .ゝ‐'". _..-'' / _/    / .l゙ .! !    .、.\.
      _.. -''ニ--ー'''"゙´      . _,,.. -‐'''"´     _.. ー \..-'".,..-'´ /    ,  l  ! │l '、ヽ ヽ.  \
  ._.. -'''"            _,,,.. -‐''"´       . _,, -''″._..-'" ,..r'" . /     /   .l゙  | .| !│ .ヽヽ ヽ  .`'-,
."゛       _,,,.. -‐''^´   ______∠二_∠二,,,i;;____i;;____   ノ    l  l ! l !  ヽ ゙‐_,,ニ-ー''''"
   ._,,,.. -‐''"´     _,, -'"゛                         ̄ ̄ ̄ ゙゙̄___,| ,! l .ゝー'''"´ . __
''''"´       _,, -'"゛              ,,.... ----――ー¬'''''''''''''゙゙゙゙゙゙゙ ̄ ̄´゛ l   │.し-ー'''''゙゙″'、 ./
     . _.. -''″                 /    /   / /  /    ./.i'´| l  .|  !  . !   ..l ` /
 ._.. -''″                       /   ./゛  / /  ./    ./ | |_;. -‐''´i.l   |    .ヽ /
`                           /  /    /  /  ./     ./ _,ノ      | ._ _ .l    ゙/
                         //    /  /  /     /.i´ _ .. i ´|   | |  |../ 7.. .l
                           /    . /   /   . /      / 7´ | | |   | |  |/ /  l
                          /   ./   ./   /      ./   ./. | | |   | |  { /  /
                       / . /    /   /      /   i′.││ |.  _」. |_,.ィ_/...! ./
                      //    ./   /       /   .l゙   | _」 ' ´  . :!    .| /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

怪物はこれに一切の反応をしなかった。相手をするには物足りない。銃の威力は怪物の素肌に傷をつける事が
できても痛痒を感じさせるには全く届かない。わずらわしい小蝿を追い払うように左腕を扇がせると、そこから幾
重の雷光が放たれて少女の右手と握り締めた銃を焼き落とした。

ゆらめく陽炎は彼が目覚めた新たな力、身体のあちこちから高出力の雷電が大気を焦がした余波によるもの。
手にしたものが何かも知らない。怪物はまだロクに制御の仕方も解らない。まるで戯れに手に掴んだ棒切れだ。

子供の棒切れ遊びの感覚。だが矮小な少女の身体に棲む修羅を焼いて滅ぼすには、過剰に過ぎる力だった。
5355 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:37:47 ID:eyhY6/EY0
火事場の馬鹿力終了…
5356 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:39:45 ID:FSlrWGSw0


                      |  .゙'! ″  ...ll .l _
                      !       ″ .l ,!|
          _ィ'⌒゙''ー-、,,_      l            l,! .l
   _,,. r‐'''"~         ̄`''ヽ、,│        ″ .!
   :::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :. :. :. : :、      !           l ..:    . ...  ...
   :.:.::::::.:.:.::.:.:.:.::.:.:.:. :. _,,.ィ~゙lヽ,  、  .!              !  .!l   ..:        . ..
   ´~ ̄~~"^´ ̄~゙^´   _,,,.l,.\ 'ト、 .l              l l .l            _,,. -ー'''
    .... . .. :...  -─-= 二、..,,_l. ..ヽ l'、 .l              l ! !..     -='、'゙´:.::.:.:.:.:.:.:..:.:
   ...  ...         l、   l.  ヽ l.ヽ|           ネ .!./|        ~`"゙''ー- 、
   . :;:;'r-=´へ  .. ... .. .゙ぐ、,  .ヽ  .゙'レ'l|                |" l
   / / '::... `:.\、    ヽ \ ヽ  ゛               l .、. .. ..   ..:    . .
   .::"/::..`._ ;'".へ'´`yヽ√´ヽ \ ヽ                / /lゝ . : .:,ハ. .. ..   .. : :
    "`''''''ー――-´--------ヽ  \'、    .. /⌒i           |./ l  ,iリ,フ;:,'ゝ------‐―
      . : ..: .:. 、,、w..:、,、、,、wヽ,  .\、_,,..、 .|  / ,..-、     ″ ! ,i'゙/ フ.:;ilゞ,ハ.:.....:.,ヘ..::::
   ,、,、,、wリ゙W゛jリwj从リj"W゙リwリ゙W\  .゙ l   l | /´ l,、_ノ ,        l゙./ ./ヘ;;ハバゝ;>.:,ハ';'ヽ、
    从;: `:、リ゙W゛jリw''、`'.、,:`:,,‐'゛\ヽ,  |  i' '´_,,、           ド  !ノハil;:ヽゝ ノハil;:ヽゝ
   `wリ゙W゛jリwj从リj`'.、-='´  _,ywj\' !、 .|  し''´ 」           !  ,, ノノ ノ'ノ,'ハハゝ
   .wj从リj`'.、 ,:,-‐'゛,,vw-‐W゛w从 Wヾ'!l|  ,,.-''´  .         l .,/ !ハ';'ヽ..::...,ヘ、ハ.:;>
    ̄~^ ̄^ ̄ ̄~`^゙'、,゛jリw :;.:".:;.:'、,,,_ `'、| .|      ,、 r‐'l .r、、'"  ^フヽハil;:ヽハ,ハ';'ヽ、
   '' ゚   ;~ ,;    ww:,、v、从リjw`'-,`"".l、_ノ     i ゙l.| ゙l / l゙    ,i′ハl; ノハil;:ヽゝフ
              `゙''、::wj,、,、,、从リj`'-、      │ ゙l | |/ l゙    /l;:.'ilハil;: ノ'ノ,'ハハ,ゝ
     ~' ',;   ''"'     、,,'.、゛jリwj__ミッ      ゙l,,ノ '"│ /    ,,,,,ニ=-ハl;:.'ilゞヾベ .:;
   ~              ``'‐;.:".:;.:'"゙:`'''ー┐ .___´  .l゙ l゙__z-⊥';'ヽ、 .:;>ヘ:..::ハ::
        ~' '  ,;''        ~'ー:;.:;;wリ゙、从リj"::.:;.:'lilベ: \,l゙ツノノ;:'ハ;;:.ノハil;:ヽゝ li>ノハハ
              ~'   '      ``リ゙ jリwj从jr、'^  シハノシ;:,';:, ノノハハl;:.'ilゞヾノvノ;:,l'
   ~         '゚   ;  ~' ',;''       `゙''、:w从jリ 彡ハハノ;;:, フノ;:,'ハノハハレ;;:ノノハハ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

手に馴染ませるように放電が密度を上げ、次第に全身から吹き荒れだした雷光が渦となって周囲を打ち壊す。
ジャギイの残骸も4つの遺体も一匹の修羅をも呑み込んで、放電の千鳥声はすぐに雷音の轟きへと到達し、半径
15Mの半球空間に強電磁の嵐が狂乱した果てに空へと解き放たれた。

地上から天を射貫けとばかり駆け上がる轟雷の発生源に残ったものは、擂鉢上に抉れた荒地とその中で嗤う独り
の獣の姿。怪笑の声が虚しく響く。抗う者よ、その身に秘めし強さを見届けた。今日よりおまえ達を我が敵としよう。

ちいさなけものが人を襲わずに居たのはこの日が最後。以後の彼は、キイの山野を広く渡り歩いてはねぐらを移し、
大型種だけでなく武装した人間の集団を襲撃の対象に含めて動き、多くのトレーダーや護衛傭兵を殺すことになる。
5357 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:40:09 ID:FSlrWGSw0


                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                ┃
                                   ・
                                   ・
                                   ・
                                  :
                                  :
                                  :
                                |



                                |
                                ¦
                                     !
5358 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:41:00 ID:FSlrWGSw0
凡人さんは犠牲になったのだ 本編登場予定の席を奪われた、その犠牲にな……

おまえのどこが凡人やねん
5359 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:41:06 ID:zrZ9Eero0
これで片目がおかしくなったからチンクちゃんになったときに眼帯だったんだろうか。
5360 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:41:23 ID:FSlrWGSw0
お茶いれてくます
5361 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:42:24 ID:eyhY6/EY0
たん乙
誰と出番競合してたんだっけ?
武装的にアサギだけど、なんかそれっぽい話してたのはやる夫だが…
5362 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:48:17 ID:FSlrWGSw0
ティアナさんはまだ出てない人の枠ですな
最初は出そうと思ってたのに後から「別のコイツのほうがよくね?」ってなって降板した

あまりにアワレなので活躍と出番を用意したのがこの有様とゆー そんな
5363 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:48:27 ID:CKyJhPfo0
一旦 乙
義体だから、義眼に換装は補助電脳化の副産物じゃね?
5364 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:49:12 ID:eyhY6/EY0
おおっと別の誰かと勘違いしてたか ごめん
5365 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:49:49 ID:FSlrWGSw0
片目が眼帯なのは補助電脳だからってのもあるけど別の事情は次の機会で

つづけまー
5366 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:50:18 ID:bLLMU6k60
凡人(笑)

一旦乙なのです
5367 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:52:33 ID:FSlrWGSw0


            -―‐‐-  、                 >   <////.∧
         .'.´  ヘ      丶<   __    ><   ∧/////////.∧
       / /    ∨    > >へ ∨∧ ─ ∨  /\ ∧/////./>∧
      /     il  \  ゝ     >> ∧ ∧//∨ \/ ∧///∧     >
      / /   ヘ  /丁  ∧\\////////∧   ∧/∨     ∧/∧         >
     ///  \ \ 夂 ヘ ヘ   ∨∧/////.∧   ∧/∨   >  ∧ / ̄> <     >
    ソ /  ∧ \    ゝ∧  │ ∧///∧   ∧> /////∧//////////>       >
       ノ   ゝヘ ´/ ノヘヘヘ_ /  │ヘ//>∧   ∧.///////∧〉//////////////│>  .   >
       ∨ \ヽ/   / ∨  >  ∨//////∧   ∧/////.∧ │//////////ヘ/////> <    >
        │ │ヘゝヘ /  ヘ│  >∨////∧   ∧    ∧///////._///_〉///////> <     >
         i! ! ´  ヘ` │/.∨ >///∨/////∧   ∧    /ヘ//.<////////│////.ヘ   <     >
          ! !   /∧丿//∨///////∨//∨ ∧  ∧   ヘ ノ <///////////ヘ/////∨    <     >
          !  !/   ∧//.∨////////∨∨  ∧   ∧  ∧///////////////ヘ////./
            ∨   ∨  ∨///////////.∨<;;<∧   ∧  │////.> ─── ∧.//.│
          ∧  ∨    ∨/////∧ □\;;;;;;;;;;;;;;;;;∧  ∧ │//>  ─ `\//∨////ノ
          ∧ ∨      ∨/////.∧;;;;;;;;;;;へ< □ 彡><∧/\\    .\//////│
         ∧∨         ∨////.∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ//////////.ヘ      \////│
         / /  ─ヽ_ _    ∨.////.∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;////////////│       \//│
        //  へl 「 ヽヘ ゝ   ∨/////∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ//////////.│        ヘ.│
       ∧ │ノへ \ \   >/////∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>///////////│∧        </`/
       / // ヽ       へ \///////へ;;;;;;;;//ヘ////////////////へ ヘ ヘ    \ へ/
      .││  へ<        /∨////>///////ヘ/////////////////∧ ∨ヘ \ _ ゝ
      │∧     ヘ ><   >//<//////////////∨//////∨////∨.∨__∨ヽ< ∧
       l ∧         >///////////////////////∨/////∨//∨//∨ \ゝヘゝ ∧
                                    イレギュラー
                【小型サイズで大型認定された災厄種:荒ノ嗚神・大雷怨】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

雷電の力に目覚めた彼は、もはや人を襲う最悪の怪物としてキイにおいて知らぬ者のない存在へと変貌した。
大型種を討ちながら子供を助けて家へと送る、ちいさなけものの存在は人々から完全に忘れ去られた。
風聞は次第に『雷音を伴って現れる恐ろしい嗤い声の大怪物』で持ちきりとなってしまった。

目撃情報はひどくあやふやなものばかりで正体知れず、童女のような姿をした化物、怖気を誘う白い光、雷電嵐を
呼ぶ獣、などと面白がっているのでは思われるような噂話ばかりだ。とはいえ目撃者の殆どが殺されてしまうので、
いいかげんな話だけが人の口に乗せられるのも致し方なく、ようやくに人は彼に名を与えて恐怖と共にこう呼んだ。

踊る銀髪と猛る雷電の嵐まとう、聞けば誰もが恐れ慄く怪しい嗤いと共に現れる化生。――大雷怨、と。
5368 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:53:37 ID:scqUNnIk0
しかし、こういう助けてもらったのに仇で返すっていう展開胸糞ですわ
超嫌いだけど、つい見入ってしまうぐらい胸糞ですわ(褒め言葉
5370 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 22:56:11 ID:zrZ9Eero0
さよなライオン!(この世から)
5371 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:56:24 ID:FSlrWGSw0


              l |      _,,. - ‐‐‐-z___,,.、z'''"
         _, 、  l | / ,、-''"           < ̄ ̄ニニ__
     r‐ 〈 ̄z-''ヘ ヽ | |/  , -''"    <二`''- 、  `'' -、
    "z_Lレ ̄   ヘ 〉/  /   ,、-''"_  `"'' ‐- 、,,_`''-、,`''-、,
       ,、-''ヽ 〉/ ´     、-''"::::::::―z__     `"''‐ - .,,_, -- 、
     //,、--''"∧;; 。 , -''":::::::::::,、-'ー、,:::::::::>       -''" \  \     ____,,.、、 -
     {_-'' ''" //`j-┤ トゥ /:::::::z    `''-、''--z   l''"ヽ  \  ',  ', \,-''/ ,、--、  /_|_
          ∥ /  ヽ/:::/::/\::\      ´\ゝ  | トx''"  |  ヽ /::::::://    ノ /::::::::::::::::::::`''-、
           ||    〈::::::,、-''"   >--!      _,,. -‐| |〉ソ ',  | |  ト|::::::::/ { | ,、 //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          | |     `´\ヽ、   `ゝュ〉_,,. -‐''/-'''"´ ヽ<_,、-'| l |  |ソ::::::::|  `'''''´ /:/:::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::',
          |ヽ\      `''-、,ニ, -''"           '、''´レ || ノ;;|、 |___|,、/::::-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::}
            `'' - ニ===,、-''"                `-''"/| / |,、-''"::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                       |从レ k::::::::::||,、-''''- 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|
                                            ゝ, -''"::::::`''::-:、, ̄`''-、,:::::::::::::::::::::// |
                                          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、, ヽ-、_-''":::::| |
                                        , -'', -''"\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::::/ ||
                                  /ヽ  /:/_/二二 \::::::::::::::::::::::::/::::::::/_::::::::::/ /::|
                              - 、.,,_/ }  `~ ^ "/>ー t>\:::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::/ /::::\
                               /    `~ ^ " '´    |>| ,、-''|| ∨|\:::::::::::::::::::::::/-''" /::::::::::::::\
                            /  / __  _    ∨∧ `‐´ / |/ \>::::::-''"::>--'´-、,\::::::, -''
                            /  / /  | />  /   <ニ―ニ>/   \|>´::::::::::::::::::\:::>ユ:ヽ
                           〈 -''"、   /           ̄ ̄ー---''":::`''-、,:::::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ

                            【○大雷怨:VSとあるマーセナリー●】

                           【決まり手:スーパープラズマキック】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

一方で大雷怨の名を知らぬ間に得た彼は、新たな力を手にして新しい遊び相手が増え、充足した日々を送っていた。

人間は弱くなどなかった。あの少女は確かに自分を一度、殺しかけたのだから。――人は 弱くなど ないのだ。
何故だろう。人を相手に戦わないなんて勿体無いこと、ずっとしようと思わなかったのは。彼等は十分に戦える力を持
ち合わせていると言うのに。してはいけない、と避けていたのか。そう思い込んでいた理由がワカらない。

今となってはどうでもいい事、悩む知性はとっくの昔に灰になって空へ消えた。強そうな人間とは片っ端から戦おう。
5373 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 22:58:41 ID:FSlrWGSw0


                    Vヘ ̄       ̄7 /_
                      く ヘ         ,' /      【○大雷怨 VS 仮面のスカベンジャー&重警備ロボ●】
                       Vヘ     / /
                       V 〉     く /  ∧                     ,ィ
                   r‐、    /r、/⌒>'./ .!'〕-|/-ト、                     //
                  _ト'ヘ ヘ   ! 入`i´, イ \| | | / _>  ∧ァ-- 、       //
                |\、ヘ ヘ--l._V〈予彡|__,ノ| |  ./ / ̄二|ーイ/-、.\     //
                |  \メ 八___〕i}_i__く´〔__,人`ー' /-、i_, -{三{_ノ、 \ 〉ー、//  【決まり手:エレクトロファイヤー】
                  <|, へ._/ , -<゚  i  ゚ > )__>-'         \ r'⌒ヽ〉´
                  /\/> ( (r\.T /-く__ノ        , へ,.  -─‐-.>'´
.              / (/`´, -Oニ〈\`ー/>/ 厂|迅、   l>'.  /     \ \
.           ,ィ/ ,/  ,イ // \\}: {/ラォく  | |!=二二  _/   li\ \  、 ヽ
.          / Y/    / <、>' r-く_ ノ ̄!(__ し'ヘ_|_|_/   彳/  } ハli:i:i\ハ ! し1
       /, , く!j'´    // / /7 、 ∧ .|--(彡 ノ、       Ⅵ、 /i:i:i仡ア:i:i:ノ /≧彡
       ヽヾ'     /   / '  ./_V   V 、 \.   ._从ヾY:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i{ K |     _____
.               ∠ /⌒ヽ、 /         V ,--ヘ/   .VⅥi:i:i/⌒ヾi{i:i:〉ム:斗ミ  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/∧
               /    /´          V ./   /.  . V「 ̄廴〉i:i/:.:.:.:.:.:.:.廴/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///∧
             / ´   ,ィオ               /     (._    ...、:::::::У::|:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./: ∨/∧
               /_; イ´ /           /    _, イ }      「 ̄::::::l:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /:::::::::\/l|
              /  / ノ             /   / ヽ-、 \     |:::::::::::厂 ̄ |:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/::::::::::::::::::: \ヘ、
.           ,ィ/  / /             /   /    \  \  ..ノ::::_/|: : : : : |:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:::::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:\
.          /./  ∧_/           /   /         V  __/イ::::::::::::|: : : : : |:.:.:.:.:.:.:.:.:/:::::::::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i/|
        ヽ/  //          /   /           }./:.:「: : |:::::::::::::|: : : : : |:.:.:.:\:.:.|::::::::::::::::::::::′i:i:i:i:i:i //|
.         /オ='{         /   /             /:.:.:.:.:|: : :|:::::::::::::|: : : : : l:.:.:.:.:.: ヽ|::::::::::::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i/:∨
.        /   ,ィじ'       /   /             .〈:.:.:.:.:. |: : :|:::::::::::::|: : : : : l:.:.:.:.:.:.:.:.乂::::: /:i:i:i:i:i:i:i:i/:::::::...、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

住処を移して山を渡り、川を越えて獲物を探す。歓喜と興奮と驚愕に満ちた闘争の蜜月である。

機械人形を連れた人間がいた。機械人形のような人間がいた。獣と人の合いの子がいた。自身の雷電のような
不思議な力を持った人間がいた。銃や剣を持つだけの、生身なのにすごく強い人間もいた。――時には大型種
よりも苦戦する、いずれ劣らぬ強敵ばかりだった。

火炎を吐く鳥がいた。全身が岩に覆われたトカゲがいた。すばしっこい猫がいた。空に飛び上がったら中々降りて
こない竜がいた。固い殻を背負ったヤドカリや鋭い鋏を持った蟹がいた。――どいつもこいつも体が大きく癖があり
実に殴り甲斐のある強さだった。
5374 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:00:01 ID:eyhY6/EY0
ブシドーにモンハンモンスに…
5375 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:01:59 ID:FSlrWGSw0


                                           ________
                                      _=三三三三三三三三三三=\
                                    _=ニ==´:: :: ::__::_-`三三三三三ニニ==‐ニ=_
                                   _´=´:: :: ::__ニ´三三三三三三三=/三三三|
                                _ =/:: :: ::_´\三三三三三三三=/三三三三=|
                 _          _ ‐ ‐=/:: :: .::/三三\三三三三三三|゛三三三=\ニ|
                 ヾー、_  _ =ニニ三三三=´:: :: :: /三三三ニ|   __    ヾ三ニ\=\┘
                 .|////=‐ー三三三三/::_ :: :: ::/三三三三=| ._=三三=_   |三三=ゝ´
                 |///////////////:_/..|: :: ::/三三三三三|..(三三三=´   ` ̄゛゛
                 |////////////// ̄ /:: ::../三三三三三=| ..|=|
                 ヾ//// / ̄\|   ../:: ::._///////_三三ニ|  |ニ|
                 .ゝ~_ /`.○.ノ ` ー゛///////////_三三三三ニニニノ
                _.r´~r.)_‐ ‐ ‐、 |///////////////_////_三三ニ=‐‐_、
           _  ‐  ̄>‐´.`  `___ \|////////////////////|三三三三ニ\
       _ .-  :: _ -'´  | \r‐,rー`_ i\///////////////////|三三三三三ニi
     ../:: :: :: ::  `ー゛ ̄ヽri,´ヾI.../\\ヾ//////////////////|三三三三三三\
    ../:: :: :: :: :: ::_ニ三ニ///ヾ\ ..| |...::\| |//////////////////三三三三三三ニ\
   ../:: / ̄ ̄ ̄/ニ三三三三////\| i :::ト、 |/////////////////_三==ニニ三三三三=\
   /::/     /三三三三三三三_///ヽー゛|ノゝ`///////.._人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人
   '"      /三三三三三三三三\ ̄/__/ _ `ニ///.__,ノ
         ./三三三三三三三三三`ニ__/_ニニ=__\`//.). ┏━┫        ┏━┓ ┏━┓         ┏━┓
        /=三三三三三三三三三=== i /` ̄`ヾヾヾ ソ.   ┃  ┳ ┏━┓ ┃  ┃ ┣━┫. ┏━┓.  ┣━┫
       /ニ三三三三三三三三=/   .|/         ,)..  ┗━┫ ┃  ┃ ┗━┛ ┛  ┗. ┣━┫.  ┛  ┗
      /ニ三三三三三三三三/             ⌒ヽ         ┗━┛            ┛  ┗
     ../三三三三三三三=/                      ノ.
                                       ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

とりわけ体毛が金色に変わる山猿と、青い毛並みの美しい狼は、自分と同じ雷を纏うこともあり強く印象が残った。

山猿と蒼狼に遭遇したのは、二匹の超獣が縄張りを巡って死闘を繰り広げている真っ最中のこと。

山猿は正直、気に食わない奴だった。明らかに舐めている。確かに奴はその場に居合わせた三匹の中で、最も
力強い存在だった。だが格下と見下せたほど狼とも大雷怨とも隔絶していない。二匹での戦いが優勢であった事
と踏み入った大雷怨の身体が小さすぎたという、それだけのことで見下したのだ。
5376 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:02:17 ID:zrZ9Eero0
ストロンガーwwww
5377 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:03:19 ID:eyhY6/EY0
雷獣決戦に割り込んだのかw
5378 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:04:12 ID:FSlrWGSw0


                                                          、__人__人__
                                                                  _)  ┏━┓
                                                         ._)  ┣━┫
         .: :i : :       : ヽ`,::  |/i ∨/\ :        : :/: :      ; イ: :             _)  ┛  ┗
          ./:           //:   l ∧ ∨/∧         :/ :      / :! : : : : . .        _)  ┏━┓
       : (: :             |': .  : !/∧  ∨/∧     : :/: :   : :/:   |: : ○: : .          _)  ┃  ┃
         .: ヽ; :     . : : : { :  ,、∨/∧ ∨/∧、  : /: :     : : i:   |: : : : : .        _)  ┗━┛
         .: : ヾ; : .     : : i: : /彡ヽ∨∧ Ⅳ//∧  : { : : .   . : : !: : . : :! .             ._)  ┏━┓
          : : i : .       : :ヾ i    ミ=λ_,}'////∧ :/ : : .   : : : | : : . /: .             ._)  ┃  ┃
           .: :\: .    . : : : Y'viァィ,_ ィa7ーx∨∧; : : .    . : / :   i .              ._)  ┗━┛
            : ヽ; : .        `^^};;iイ≧=x. ∨/∧ : : . . :/: :   : ! : .               _)  ┏━┓
             .: :/: : .            i;;;;;;}三三} ー-- ,,ミ=x : : / : .   : : |} : : :        . :. _)  ┃  ┃
              .ヾ; .          , イvvノ-Y⌒Y、::::::::::::::::>'_; : .   : : :||: :         . : /:.._)  ┗━┛
               .: :\ .    l^レ'ゞ゙Y¨¨⌒ イ: : : : ヘ==-‐´   ヾ=-' . : /': :          : : , ' : .._)  ┳┓┏
                   : :ヽ.  /  ̄' : : : : :_ _,ャキメ゙ ゞ   ゙   .ミ=ー:' : :       . : : : : ; '    _)  ┃┃┃
                  `∠==v-v'¨¨⌒ナ'  ヾ'トイ}_      ゞ  ミー- 、       . : : , ‐:、 :.   _)  ┛┗┻
               : : : : :.  ` : : : : .  ,イ       ,∧  ヾ   ヾ    丶,   . : : :弋_丿: : ..  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒
     /〉  /〉 /〉.: : ○: :    : :ゝ、 : : / マ     /  Ⅵ  ヽ  、   ゞ ヾー'ゝ-, ' : : : : : : : '
    .//  // //. : : : : :   . : / : : \,Ⅵ ヽ__/    Ⅴ Y  ヾ     ヽ / : : / / : : : : .
   ..// /l〈/ 〈/          /     i{: :∨       / Ⅶ  ゞ ヘ   / : : /ー-- 、_
  ...// ||    _,.. -z_    ヽ     {ヾ; : ∨ヽ   , イ   Ⅴ  ヾ : ; / : : /       `ヽ、
  //  :||  _ ,.ニ7 /二 _  ...!   i  マ : :∨  ̄      / Ⅷ 丶  ; / : : /            }、
  //   ||  `⌒7/´ ̄  .: : l:   /  マ : :マミ=x  x=≦   Ⅵ ;ヾ / : : /    ,         i ヽ.
../イ     :}/      ,/  __ノ> /〉 /〉./i    ヽ; : Ⅶ.  ̄      ヾ、  / : : /   /;;       |: : }、
                  ¨j/´ /'′/'′
                    rァ rァ

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

蒼狼は油断もしていなければ焦りもしていなかった。不利であろうと構わない。敵が増えようと構わない。縄張りを
守る為に、倒すべき敵を前に退くことなどしない。蒼狼にはなんとなれば闖入者もまとめて相手をしてやろうという
気概があった。誇り高き山のヌシの矜持が身に纏った稲光から感じとれた。


三竦みなど起こるものか。怯えて竦めば瞬く間に致命傷を受けることになる。機を待ち計るまでもない。
山猿が豪腕を振りかざして飛び出した。蒼狼が巨躯をひるがえらせて舞い上がる。大雷怨も嬉々として地を蹴った。

弩級の怪物、純正の大型種二匹と小型でありながら大型に匹敵すると目される一匹の戦いが始まった。
5379 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:06:06 ID:FSlrWGSw0


                   キ;;  ;  ::: :::::: : : : : : : : : : ::::::..: ;;'', . :,,;; ; ;;;:::iii||
                    Ⅷ;;,,,  :::::::::::; ...:::..  : : : : ::: ' ' . .; ;; ; ; ;;;;;:;:;;;iii||
.                     !Ⅶ ;;  ::   : :::::::::: : : :  ,::::' .;;;;;;::: ::: ::;:;:;;;:;:;i||
                     !iⅥ;;      : : : : ''.::::... .:::::: ..;;;''': : ;::;:;:;:;:;;;;;:i||
         発 者 同.     !iⅨ;       : : : ::::: : : ::::::::: ;;;;;::;;;:;;' ;:;;;;;:;;:ii||....     争
         生 同 .じ..    !i !i Ⅹ      : .. . .:: :: .:. : : .: ':;;;;;;;;;;;;;, :,;,;,;;;;;ii||      い
.         し 士 .レ     !i !i !i ヽ     .:.: :ヽ レ.T  ̄ ヽ ;;:::::;;;,,, '',;,,;;!||...     は、
.          な で .ベ     !i !i !i !i \  . : '.'.' :...∨ヘ r ´ / . :゙''';;;;;;;;;;;;;;; i|||
.          い し .ル...    !i !i !i __ . |.l.... : :.゙レ-、ヽ_「   i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''' ,
.         ! ! か の     !i !i /--- 、___i」....: :......ゝノ、_ ュ==く ;;;;;;;;;:: .rf〔...../i}
                      !i !i.i////γ:.:.:.:ハ.゙!`≧=...У   \  `> _ __.   /寸
                      !i !i.レ////ゝ-.<.ノ..!i !i !i..゙i    γ=.._  ', \ヽ../寸
                   -- 、 7≧Уγニ/..!i !i !i !i :   / . ュ=> .',  ./寸
                γ/////∧ヘ///>、ニ/ i !i !i !i ∧ ../  ム少´¨_>  ムマ\
.                i////////}/ヘ/(..!i !i !i !i !i !i ! } `>==>レマ /少¨¨¨フマ .少ュ     ../マ
.                レ===マ//レ//ヘ...!i !i !i !i !i !i !;\レ// У{´ __ ∨ i少´ >、.   /マ
                /////ヽ==∨ノ////少、...!i !i !i !i ! ; ; ゝ_ュ少三iγ三三ミ.ノト、 /三ム ./マ
.               ///////)==彡///////ム..!i !i !i !   ;i ! \少´ i三三三i||..l   Y´   レマ
              ///////∧////////////.i.i ! i !i !   ;i !i !i !}  ̄i=} 。  7..i   y---- ,
.             /===く//∧//////////__ノ ::      ;i !i !i. iニニ:レ´=-、../__.{   i三三./
.            ム====<  .寸>´ ̄  |   {...;        ;i !i !i.゙)-/==.、 Y--┘ ...i   /
.            レ/////ム   ∨_ -‐‐===‐-i       :i ! -彡/´ ̄ハ}./:ニニム /、__../
.            レ//////ム   ∨///l///r={       ゝ-フヽ_Уヽ/ マニニム__.ノ
            寸//////{   レ´ ̄ i ̄_i { ゚0i.       :i./ゝ´/.)∧   ̄ ̄|  /
             寸////∧   レ ¨¨/ ̄//≧<.         :i゙Y´  7_/-、    レ´
              \////ム .///////////.|/≧ュ.    /        ∨ /ム...!i

                           【状況のイメージ】

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

体内雷気を全身に巡らせ、体毛を金色化させた山猿の尖角が唸りをあげて蒼狼の肉を抉る。岩のごとき拳が大雷怨
の矮躯を打ち据えて跳ね飛ばす。肥大した上半身が繰り出す拳撃の重さは大雷怨が体験した中でも随一の物だ。

蒼狼もまた体内に飼う発電虫を強制励起させ、己が身体と反射速度を強化して山猿へと牙を突きたてる。振りかざした
前足に爪を立て大雷怨を殴りつけて地へ叩き落す。速さと鋭さ、そして身のこなしの鮮やかさには美しさも備えていた。

しかし、ただ一方的に打ちのめされるような大雷怨ではない。攻撃を受ける度、自分に触れた部位の肉や爪を掴んでは
相手の雷気を吸い上げ力に換えながら削ぎ取っていた。彼もまた暴虐の化身、体躯の差など物ともせぬ怪物である。
5380 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:08:32 ID:FSlrWGSw0


  廴 `"   .{ ネ                      ノ| :!  .|   !  /       .| / !   ./
    ミ_    .! .|                      ! .!.!  .!   | ./         l.! .l   /
     ヽ   l.        .___|` レ ヘ、      .l リ    !  | ./            リ /  从{     ll
ヽ、      l  {        \_  r´二´      ゙l,    .|  .!.l゙             /  /      /.|
.!  ゙''-、  .|  .|           .[ =  = |       !    !  |.!          / ./     /´ /
..!   トヽ、リ{  !         ト-三三 三三イ      .l    !  .リ          l./       ! /
│  .ヽ   .ヽ .l           ̄rュ..|_|  .rュ     .|   ./            从   リ       .|./
 !   .\、  ヽ.!      .ヽ三 三´ヽ三 三´   .|  /          /  l
 .!  {ヽ,\   ヽ      .| = = |  | = .= |   ..,! ./             !   l
∨    l  `'Λ          ト-三 三イト三 三-イ  .| l         │  │         i′
    .l   ゙'レ    |.l   ̄ |_」    |_」       リ l             lr'゙} ._.!        .il|
     !    `    从                 l,!            ! .|リ       /!  ./ |
    .!         l l.           / ̄ ̄ヽ     .リ           ,ト |     l |しイ {
     l,   |.l     .! .l.         ̄ ̄) )                  /  |       !   /
     .\ ゙l l   .、│ . l         / ̄ ノ                  /   l       l  /
      `''″゙ヽ  廴)  .ヽ        ̄ ̄              ./ , 、 .乂!       │ /
              l  ! ノ⌒i 廴                ノ|       .l./ ,! .|         │ {
           l  ...l .!  ゙l、 そ               l゙ .l゙       l.l / レi        ノ イ il゙        ノ/
              !  ヽ|、 .ヽ ヽ           ! .,!        リ /  ,/     /  し' {        ,ノ./
           l .、  .ヽ   ) ヽ       .i   | .l,〃      . !  !       `Y    l      /./
              ヽリ、      ¨ヽ,│      il   /  て       /   .,!   .从  }   .|     ノ ./
            `'!ヽ    .゙レ、)\.     !.l,._/  .l⌒      ./    !  ,/ /  /    .ヽ,   ./ ./
               ヽ.   ..l"′ ゙'-、、 ./      !     ./     廴ノ  廴ノ      廴/  {  /
                   \   `ヽ   `゙'''"     .!    /                      廴ィ
                  ゙''ーz_)              廴ッ--'"                       {

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

いずれ劣らぬ雷電の化身達が縦横無尽に駆け回る。渦を巻く電荷が山野を瞬く間に炎の海へと変じさせる。

炎熱に囲まれ空気がとぐろを巻く中で、動きを止めて迷いを見せたのは蒼狼だった。

焼け落ちる木々の向こうに幼生が居た。蒼狼の幼生ではなく、別種の野生動物だ。山火事に逃げ遅れたか親と
はぐれたか、姉弟寄り添い鳴き声をあげる二匹の元へと蒼狼は駆け出した。燃え立つ樹木が子供たちへと倒れ
かかろうとしていた。狼王には高き誇りがあり、山のヌシとして縄張りに住む子を見捨てる事はできない。
5381 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:10:00 ID:FSlrWGSw0


    \   \ \            -―-      |i: : : : : : : : : : : : :=…--=ミ
 (     \   \ \   \   /      \   〃` <: _: : : : : : : : : : : :.ヽヽ}
.  \    \   \ \     〃         ∨ }!      \ _: : : \: : : /
 \ \     \   \ \  从           从/       ミ  ̄ ヽ>≦ ̄≧  、
------=ミ     \   \ \从             从    _   -=≦ ´ ヽ ヽ>-―- \
} } }  } } ≧=-   _  \  从          从r≦´ヽ___ } ヽ ヽ > ´
 ̄  < /  / / }__}_i}≧=----从         从_> '´/ } >  ´              /⌒''⌒) :,,゜      '
   \   < / / /≧  ̄   --ァ-==ミ    /: :\:/斗≦ 彡                  (:::::::::::::::!'
    \    >   // / >:_: : : :/: : : : : : : :\〃: : : : : } 彡: : : : : :彡                  ヽ::::::::';'''
      ミ /    /: : 7  ≧=-: : : :_: : : : :i{: i: :_ :xイ  彡イ: : : :彡             τ'::/ .;:
.      /     /: : ミ,       i{ : : : :.弋・xノ:r=ゝ‘イ:}   彡: : : :彡              )/
.     /: :i     i: : : ミゝ------八: : : : : : /: \: : }: :Y    彡: : : 彡              。            '  、
  / : : :八.    l: : : ミ   ___彡ゝr--く: : : : r、: r-|  ̄ ̄ 彡: : :イ
./ \: : : : \   : : : : ミ    _彡 i{: |: : \/: : : ヾ: :ヽ-=彡': :/: ヽ        f''`⌒(     ,,,,
   { ヽ: :./ : \  \: : ミ=---   ∧: . : : : {: : : : : }: : :}: > ´ヽ: : : : .      .,!,,,、(     /::τ
   {  ∨ / : : :\  ): : : : : : : 彡: ': :.\\:人: : : : :|: : :|     }: : : :.:i.. .:.、          !:::(     ノ::`!   o
   人  ∨: : : : : : ≧: : : : : =--   ̄  ∨}: : `¨¨¨〈`¨´    {:/:/:}: :.|        .゜     (/      ⌒・ .
_____\ \: : : : : : : r '´          }:|: :、::::|::::}::} __    VVV v'        .,,、..   //   ノ'
: : : : : : : : : :=-: : : _: /             / |:<: -- r /            π /;::::::::(,.,.(;;;::::(   ,,.,  ・っ
'  二=―----: : : : :\           {:.人:-┴: :.彡{             ):::::::::::::::::::::::::::/  '''''`   `      '`
: : : : : : : ----------- \           /: :r-- ⌒ヽ\             τ !::::::::::::::::::::::::::::)/,,,,, γ
: : /    ------------\          }/      ̄                (::::::::::::::::::::::::::::冫 `'`'    、,:'::::::`:::,,,,
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : ≧=-  _      __               :::':'::::::::::::::::::::::::::::;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"
  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ≧=-<: : : : : :^: ミ、

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

子を庇って己を盾とした蒼狼は燃え盛る倒木を身に受けて下敷きとなった。山猿がこの好機を見過ごすはずもない。
倒木から見える青狼の背中や額を滅多やたらに殴りつけた。反撃のないことが楽しいのか嬲るように殴り続けた。

苦悶をあげながらも蒼狼は動かない。まだ子が怯えて、覆った身体の下で竦んでいるのだから。

右目が潰され尻尾を千切られ、それでも山のヌシは守るべき子の為に動かない。身に纏う雷電はとうに励起を終えて
終息し、巨木の如き四肢も受けた手傷が深すぎて満足に立つことすら難しい。弱りゆく中でまっすぐに蒼狼が見据えた
のは自身を殺さんと猛る山猿ではなく、小さな大雷怨だった。深い色合いの瞳が静かに幼生の後を頼んでいた。
5382 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:11:01 ID:eyhY6/EY0
相棒か…
5383 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:11:22 ID:FSlrWGSw0


                                              リ   ',
                 /  /|         _,..、ノ >   .リ'´.         ,イ. ,':|  |,ィ/ ./-i i
               r'"  {| /―~' ̄ヽ   〉―'´      / /i  |.    /:|  |ィ|  |//⌒`|¨|.   ハ i.     |ト
              /,    /ー' ̄~ ∫ \           ./ ,イ. ',  |    /斗  |_,i  |イ . (i) ナリ.   ,'マ}     ト、
              /  _ノ    / n ,  {        ./イ..| i. ', . |..  /i.:.:厶 レ'i |' `===彳/}.  |ソi |    |
              /  r'        | レ'丿"'        /´  | | . '、|.  / }.:.:.:.:.ヽi  ヾj.    ソノ.  |.| { |    |
             ノ  L_     }  ト"                | |.  ', |. / |.:.:.:/.:}       /,    | | . i |    |
            (   [二ヽ    {  ト,              | |   '| i:{ |\{   ヽ _,,_ノ',イ   ,' |. ',...|    |
    ヽ、_人_      ー.,、_  "-  } n ∨              ',|   | ハ |  \ -==ニ--゙" ,イ }   ,' |\.}.リ |  ト、
    \) ,'⌒          ."\ \ノ U /              |.   | | ', |. />、_`_. <ソ . |  ,'! . | . /'i.. |  |. ',
      ).(    .ノ^}       \_   {              |.   | | ',{ /___}  /   | ,' | i/ |  |  | . ',
    /). '、_,    /     r= ミ  〉 。 \_,.            /r‐‐、_ヘ.|_斗   Y `゙‐‐‐z-./ /‐| |  /ヽ、|r‐‐ュ
     /´`Y´. {  {    /  、イ.ヾ,  /\`ー、           lr‐爻_) ',   ',,    |    | / /  | |_/  / 〈‐- 、__
           ゙i ″'r.   /“~\      \ \          |ム弋`ヽ . \. ゞ、__|    / /  | |   /⌒(´  /Y
            \ V  v  〃= ゞ       \ ヽ     ./ヾ }‐┴,   \  ヘ--、 ,___/ /_,ィ| | ,,--ト、__(´. /  |
             {  V  /  乂. 人__/  彡 ミ    ㍉㍉ } }、___).     `ヽ 》zz〈‐/ /   | |:〉‐<ゞ´ /  z爻
              (,.   v   、〈从.   ⌒ヽ(   / /     ,㍉㍉zム       爻爻ミ/ /    | |r‐〈...  / 彡爻'
  ミ''"'',,      ,'   \___  `  ゙i      )て        /} |㍉㍉爻爻爻爻彡ヾ´`/イ㍉.    | |‐(´  イ彡爻. /
  彡  "、     } /.  \.“:.   }    __ノ(`        /  |  ∧ ム心ハ≠ゞY i i i\㍉㍉ハ,| |マzzz⊿爻゙.  /
.r- n、,、 \   / (    }    、イ   .`Y^\       /  /.. 孑ヘ ヾヾヘ´Yi i i i i i\ ㍉リ| |爻爻爻゙゙   /

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

許せるものか。このような決着を許してなるものか。――憤怒が逆巻く野火よりも熱く大雷怨の血潮を滾らせた。

誇り高き蒼狼の最後が、このような暴虐の果てであって良いわけがない。なぜ山猿にはそれがわからないのか。
動けぬ狼を嬲ってなにが楽しいというのか。堂々と戦い捻じ伏せてこそ勝利の喜びを誇れようものを。

大雷怨は咆哮をあげて山猿を威嚇したが、動けぬ狼を殴るのに夢中で振り向きもしなかった。構わない。宣告は
済ませた。おまえを殺すと宣告されてまだ傲慢の拳を振るう卑劣傲慢な山猿には相応の報いをくれてやればいい。
5384 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:14:24 ID:FSlrWGSw0


       .\.\i:i:i:i:i:{}i}Y⌒            /  ./
        .\.\i:i:ii:i:∧/⌒\          ./  /             /し、
         {\)i:i:i:i:i:i:ヽ   .\       /  /          /|/´  └-、
           .\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}          /  /   / /──-ツ ヾ,/    彡
            .\i:i:i:i:i:i:i:|            ∧ / _./ //:::::::::::/       ミ、、三7,、
          ,---ゝ、i:i:| ,、--─、_=======:/ ///::::::::::/    /ヾ  ̄`ヾ、<ヾ:::::\____
         / 7=/ /´ ̄ .∨::::∧::::二==::::/ //:::::::::ヾ::|/ / / |::::::| ]ヽ   ヾミ彡´r::´:::::::ヽ
        ノ /‐/ / /     }::::::::::〉:::::::::::::::/ Z/ ̄ ̄ ̄ヽ∨|/|| |:/|/‐ヾ`\=':::\\:::::::::::`ヽ、
       `'─'´ |/ /───/:::::::::/| ̄\__/△/       卍:::/ 泛ツ |/ヾ::::::::::::∧:::\::::::::::::::::::`'ヽ、
            ゝ'////:ヽ  ̄ ̄ `'───'´         ツ \辷7 /:|  /::::::::_,,-∧:::::|:::::::::::::::::::::::::/      //
              {/////}                    二二/冫\/:人:::::::::::::∧:::|::::::::::::::::::::::/     //
      ./ヽ       ヾ////7                   /:::::::::ヾo==、:::::::::\二二二7 ̄=二::/   //
      /  /    .,ヘ.  {//::∧                 ./:::::::::/:::ヾツ:::::{::::::]:く   /\{       //
     /  / .i┐ l  .l.  ヾ//:∧                7__::/ヽ::::::::ο:《{::::::}::)  \/{ゝ、   //
    ./  / .l` .l .l  .l.  .∧//.∧                 .ヾ、::::::::∨:::::::::::ヾ:::::::::::)====={r' .´//
   /  ,.'  .l  l l  .l  ....∧//.∧                 \::::ヾ_::=二::::::::::::::ヽ/::::ソ::::∧ / /
  /  /    .l  l .l   l   .∧///∧                 .\:::::::::::::::::::,__==|/:::::::::::::::::::/ /
. /  /     .l  l .L 」   .ヾ∧///∧                  ∨::::::::::::::::::::::::|/::::::::::::::::://
../  '-、     .l ./    ̄     ∧///∧                 /:::::::::::::::::::::::::/|/:::::::::::::://
..`<.   > 、             .∧/////\               }:::::::::::::| ̄\_,|7::::::::::::/
   .` <   .>.、      ,.--┐.∧//////\             /::::::::::::::::ゝ─‐┼====/ :
        .` < >  ./   ./. .:: \//////\          ./::::::::::::::::::::::::/| ̄::::::::::::::ヾ、
           `" / /} /      .\//////\        /.:::::::::.:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::〉
                r' / / /        .\//////ゝ、  ゝ=二. /:::::::::::::::.ヾ、\フ ̄ ̄ ̄`''ヽ/
   :           ̄  ./_/         .\//////ゝ二二二二二ミ、ミ、/// ム ,     ∧

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

大雷怨は尻を向ける山猿の尻尾を掴みとった。同時に、今更になって山猿に隠せない動揺が走る。

ここが最大の弱所であると、なぜ知っているのか。離せ! その手を離せ!! 必死になって身をよじり馬鹿踊りを
始めても後の祭りだった。大雷怨は根元から山猿の尻尾を両手で広げて掴み、両足を間に沿えて踏みしめる。矮躯
をグっと沈み込ませて力を蓄え、全身のバネでこれを蹴って引きちぎった。

山猿の毛色が瞬く間に元の黒ずんだものに戻り、体内雷気が霧散する。全身の力が尻尾の切れ目から零れ落ちる。
大雷怨はなにも力が及ばず劣勢に立っていたわけではない。ずっと観ていたのだ。強敵の得意とすること、苦手とす
ること、頼りとする強固な部位と……どんなときでも守ろうとする弱点の在り処を探る為に。
5385 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:16:12 ID:FSlrWGSw0


         .'.´  ヘ      丶<   __    ><   ∧/////////.∧      /     l    |  |    l
       / /    ∨    > >へ ∨∧ ─ ∨  /\ ∧/////./>∧  : ∧ l    .',.    l /    .,'  r--、
      /     il  \  ゝ     >> ∧ ∧//∨ \/ ∧///∧      : | ゙7ヽ   .',.    Y    ,'  /   ヽ
      / /   ヘ  /丁  ∧\\////////∧   ∧/∨     ∧/∧          | ,'  .l.   ヽ   /     ,'  .l/   /
     ///  \ \ 夂 ヘ ヘ   ∨∧/////.∧   ∧/∨   >  ∧ / ̄./l    .| ,'   !.   ` ̄´    .〈__/   ./
    ソ /  ∧ \    ゝ∧  │ ∧///∧   ∧> /////∧/////./.,'     |,'    l    `ヽ      .、     l
       ノ   ゝヘ ´/ ノヘヘヘ_ /  │ヘ//>∧   ∧.///////∧〉////./ ,'         : .,'     ,'      〉    ,' r
       ∨ \ヽ/   / ∨  >  ∨//////∧   ∧/////.∧ │/// / .,'        : /      ,'      ,イ    、`゙´
        │ │ヘゝヘ /  ヘ│  >∨////∧   ∧    ∧/////../-イ         .,'      .,'     ./        l
         i! ! ´  ヘ` │/.∨ >///∨/////∧   ∧    /ヘ//.,'  ヽ       ...,イ ,イ         ./       ,イ  ,
    ./⌒i   .! !   /∧丿//∨///////∨//∨ ∧  ∧   ヘ ノ.  l    .ヽ ,.イ  ,, レ .レ                /  ,イ
._,,..、 .|  / ,..-、. !  !/   ∧//.∨////////∨∨  ∧   ∧  ∧/ ∧     .| |/ .!     __             ,イ :
.l   l | /´ l,、_ノ ,. ∨   ∨  ∨///////////.∨<;;<∧   ∧  │///ト、   / ,/! |   /´ > ,.イ          ,イ  :
..|  i' '´_,,、    .∧  ∨    ∨/////∧ □\;;;;;;;;;;;;;;;;;∧  ∧ │//> ':,. レ'.| | .| |   ´ ̄ ./_/         ./
. |  し''´ 」  ...∧ ∨      ∨/////.∧;;;;;;;;;;;へ< □ 彡><∧/\...ヽ   | | .|/       .//         /
 |  ,,.-''´  . ∧∨         ∨////.∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ//////////.ヘ.. .>.|/      //     ,イ,イ ,イ../ :
 | .|      ,、 r‐'l .r、、. _    ∨.////.∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;////////////│    ヽ      |/      レレ //./ :
. l、_ノ     i ゙l.| ゙l / l゙. ヘ ゝ   ∨/////∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ//////////.│     .〉               /'. /
        .│ ゙l | |/ l゙.  \   >/////∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>///////////│∧.  /               ,'
       /..゙l,,ノ '"│ /   .へ \///////へ;;;;;;;;//ヘ////////////////へ /                ,イ
      .│...´  .l゙ l゙.        /∨////>///////ヘ//////////////.∠\                   ,イ
      │∧   \,l゙.ヘ ><   >//<//////////////∨//////∨ ∠三三\           ,イ :
       l ∧         >///////////////////////∨/////.∠三三三三\         /  :

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

力の源を奪い取られた山猿は悲鳴をあげて地を転がりまわる。先ほどまでの暴威もどこへやら。無様な姿に大雷怨
の追撃がかかる。仰向けに転がった山猿の首根っこを蟹バサミにして小さな身体がまたがった。
ニタリと浮かべた笑顔が「今からオマエが蒼狼にしていたのと同じことをするよ」と如実に語っていた。

息を呑む間も与えずに大雷怨が小さな腕を振りかざし、山猿の頭部を滅多打ちにし始めた。リズミカルに叩き込まれ
る拳の雨は一発一発が幼生の矮躯から放たれているとは信じられないほど重い。瞬く間に顎と牙を砕かれた。

山猿が身に起きている理不尽に大きな悲鳴をあげようとしたが喉を挟んだ足で潰された。どれだけ身もだえしようとも
取り付いた幼生――の姿をした怪物は離れない。ケタケタ嗤う小さな怪物が両手を組んで山猿の鼻柱を殴り潰した。
5386 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:17:36 ID:eyhY6/EY0
\(^o^)/
5387 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:17:55 ID:FSlrWGSw0


        ,、-''" ̄ ̄ ̄`"'‐-、、.,,_
     ,、''"             `~ ^ " '' ‐=====
    /  ''‐-、、,     `^"''‐-、、.,,_ `^"''‐-、.,,_
   ./     ヽ `"''-、        `^"''‐-、、.,,_` ^"'' ‐ - 、、.,,_
  /           `"'-、,        `''-、,`^"'-、.,,_     `~ ^ " '' ‐ - 、、.,,_______
  ,'               `''-、,  `~^"''‐  `''、   `^"''‐-  `~ ^ " '' ‐ - 、、.,,
 .|      ',      ヾ
 |       γヽ  ヽ 'l\ i;\ `"、.`"'-、.,,_
 |       ノ }   /} 'l ./ ̄ヽ`'、,`'、,   `^"''‐-、.,,_   "'-、,'‐-、、.,,_
 |   /九/ l/   / ./l  / 豸  ノヽ `''-、,              `'-、,_ `^" '' ‐ - 、、.,,       __
 'i   / 〈  /  / / 'l "ヽ、X,、'' \  |/',ヽ`^"''‐-、、.,,_         `' 、        `^"''‐-、_/ ,、-''   ,、-、
  'i / /',  〉 /  }/', ,.、-‐''"")     | ', :::::::', V  ',`^"''‐-、,,_      `''-、,_         /  |ヽ ,、-''; ,、l'
  '〈 K ', ヽ |  ,ノ|||||/ ,、-‐''"   /| |  ',:::::::',    ',:::::,:::'::', \`'‐-、、.,,_    `'-、_     ./-‐  ̄  ヽ_,,__
   |\ `''- ゝ- /_,、-' /   ,. -‐''" | /|   ',::::::::', ∠_':;,::::::::::::', \  \`"'-、,_   `´-:::::|/   /   ___{_}
   |, ',         /|||,-'"''"  ,.、// |   |::::::';i;i,   / ';,::::::::::://´',|   丶_,.、-"'-、,_  "'-、 ´ ヽ  `^〈"''‐、
   | 'i ヽ/ ̄\    '/ゞ  ,、'"ノ/ |    |:::::::';i;i;  __ ';,:::::/ |  }|_,、-''":::::::::::::::|::"'-、,_  '-、__ヘ`‐-、┘
   | 'i |ヽ   \   ',`'-、、、-_"._/ /    |::::::::'i;i;i', \ | ';/ ', / |::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::"'-、  \ ヽ/
   |  'i ';,ヽ    ';,   ', ̄ ̄`''-、,  | |''-、., |_,,.、、、.,,_\ / ヽ ';, ""/::::::::::::::::::::::::::,、-'"':;::::::::::::',ヽ|
      i/ ', \   }  ',     |\ | | /ソ''ソ::::::::`"''‐-、`'、_|_ \ |::::::::::::::::::,、-''"    ';:::,、-'"
     /:::::/_ヽ`"''"_,,、 ヽ.,、  |::::::/::: ̄ } ,'::::::::::::::::::::::`'-、  ヽ \::::,、-''"
     `''-、,::::::::::|:':、     〉ヽ\ レ:::\,、-'"/::::::::::::::::::::::::::、-'"\ヽ/ヽ \
       | ':、:::::| ',`"''-、-,´ ',| ', |',\:::::::::',:::/:::::::::::::::::::::::,、'"::::::::::::::',\:::::::::;;\

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

山猿は怪物を引き剥がすのに必死だった。自慢の豪腕は困ったことに稼動範囲が外に広すぎて自分の喉付近を
掴むのにまるで向いていない。ムリに折りたたんだ状態では力など入るはずもなく、小さな怪物を取り除くだけの力
が発揮できなかった。また、首をぎりぎり足で締め上げられているので酸欠で全身の力がどんどん弱くなっていく。

このままだと殺されてしまうと意識が朦朧としたところで怪物は山猿の首から離れた。助かったのか、見逃してくれる
のか、地に伏したまま解放された喉で呼吸を再開した山猿が落ち着きを取り戻して顔をあげると怪物が見下していた。

オマエが下で自分が上だ。言わんとするところは明瞭だった。唸り返す気力もない山猿に、怪物は二度三度と額を叩
いて従順であることを促す。――逆らえば、殺す。小さな指で蒼狼を指し示す。――手を出せば、殺す。
5388 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:19:15 ID:CKyJhPfo0
獣王の貫禄ですな
5389 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:19:56 ID:FSlrWGSw0


                              _                 ィ!                 。
                  「|                .´  `ヽ             /7j!          .,,,,,,,, o  /
                  | l r n            ´ ̄`ヽ、         _ノ /7      ..(;:;:;:;:ヾ-r
                  | l |_| l                  ヽ       .イ /7          ソ;:;:;:;:;:;:;:}
                  l ヽ└'            ⌒ヽ、     ./_イアノ          ゞイ"ヾ,:;:,ソ
                  | lヽ \               )   ..イ /7三」
                  | l  ヽノ                   ム_//
                  |_j                      ハ! 八            .o
                 _「l「L. _               /..{ハ  \             ゝ;:ヽ-‐―r;;,
                └‐┐i r‐┘                〃( マフ≧、 >ェ    ,,_____冫;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\
               L| |                ゝ---―.三ヽ. `≧。   "`ヽ;:;:;;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:从
              └‐'               _;:;:⌒ゝソ;:/     .\r≧ュ  `ー ⌒. 〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:) 0
                    n               (;:;:;:;:;:;:;:;:;:)        .マ三\= ニ.,,__);:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
                    U            ヾ;;;;;;;;;;;;/; \            (;:;:ノr-´^~;;r-ー⌒`
                    0              .´  /;:ノ 。  。            ."  ,,,,
                     O                ()                  (;:;:丿

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

大雷怨は千切った尻尾を掲げて自分を示す。山猿が自分に対してつけるべきケジメとして尻尾を貰った。次いで
蒼狼の潰れた右目を示してから山猿の豪壮な角を手に握り締めた。ケジメとして自慢の角を差し出してもらう。

尻尾を千切ったように両手を広げて構えると、全身をしならせ腕を引き寄せてバリスタが放たれるように膝蹴りを
太い根元付近へ打ち込んだ。太い角に一撃で亀裂が入り、二撃で皹が芯へ届き、三撃目でポッキリとヘシ折れる。

折り取った角を蒼狼の足元へと放りつけて渡すと、蒼狼はこれを銜えて受け取った。
5390 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:22:33 ID:FSlrWGSw0


             、        _  <        \       _ -‐┴ 7        ./   〉゙ ,/` /(:::....  ̄      〉
                .\ー  ̄         ___  __> ´ ̄       /     // / /_ ./ /(:::....  ̄    _/
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  _  <  \       /     /j!/ /      ゝ ゝ-  _  <    ̄ ̄ ̄ ̄
                             <       }___ /     //ィ      /    ̄           _>
                         _  <    _  -‐  ̄       /       /      / {    ̄二>、__>   ´
               \ー‐ _   -‐  ̄              /    /- 、r‐ 、ー一  ‘,  ´   ─<_´ ̄
                   ̄                      /    /___j、_\    \_     __`ー_、_
      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          ./    _ゝ、  〉、  \_ 〉     〈 ̄_`ー ‐- 、_
       |  WOOF! WOOF!  |         ./{__    /  _< ̄ ゝ、 ̄ ̄〉   / ̄ `ー 、_ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       乂__________ノ         /:.:.:.:.:.}  ⌒ヽ ̄\`¨¨ヽ  ̄   (  ̄`ー 、 二_ ̄ ̄
                                ̄`ヽ_    ノー ‐`一 '   > ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              __                        `¨¨`ー ≧、__/  <__
          /l/: : : :〉                           /   }     /
        _ノ:ィ: : : : : : >─z                        / _//   /
       | ´    √}ー 、: : : 〉、                    // /  /
        ^Y⌒´  Y      ̄\ ハ                        / /
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\}   Ⅵ                       //
     /\ /Υ\__厂: :ソ   l廴
   ┌ : : : : :V: : : :ノW/: : / _,ハ  ゝ \
   レメ : : : (ルヘ): /:⌒\{       }: : : \ノ∨|        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
   くノ: : ): : : : : : :{: : l\: V⌒  ⌒Vl\: : :乂: : L        |  ┏━┫ ┳━┓ ┏━┓ ┳ ┳  ┳ ┳      |
    //: :l: :/: : : :V/: : : : \  /:! Vl: : : :\{_       .|  ┃  ┳ ┣┳┛ ┃  ┃ ┃ ┃┃ ┃....┃      |
      |: :/レ⌒\: : \: : : ∨⌒X: : : :〉  :|: ハ: : : : |       |  ┗━┫ ┻┗   ┗━┛ ┗┛ .┗┛. ┻━┛  |
      l:/       ̄「: :/: :/  「: :\:/   l/ }/ : /       .乂_____________________ノ
                  7 : /_ ノ: : : 〕iト._    V
             /: : : ハ〉l/⌒\: :\/}
                {/l∧:/        ̄ ̄

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

力の源と自慢の象徴を奪われた山猿はすぐにも場を去っていった。明日にも山を離れて遠くまで逃げるだろう。

残るは倒木と山猿により深いダメージを負った蒼狼と大雷怨、そして逃げ遅れた幼生。事ここに至って邪魔者もなし。
決着をつけんと立ち上がった蒼狼の姿に胸の内が大きく揺れる。感銘を受けた。そう表すべき衝動だが大雷怨には
言葉がわからない。ただ心が沸き立つ感覚を喉の震えに変えて歓ぶだけだった。

雷電の王は二匹もいらない。だが、この蒼狼の姿を前にして力を競う、釣り合うだけの何かが自分の内にあるのか?
大雷怨はずいぶん久方ぶりの優しい微笑みで、蒼狼の足元を指した。助けられた幼生が守るように牙を剥いていた。
これでは闘争を続ける気になれない。雌雄を着けるのは、いずれ機会が巡ったならば存分に戦おう。
5391 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:23:52 ID:eyhY6/EY0
とーちゃんかーちゃんに被るよなぁ 記憶なくても
5392 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:24:54 ID:FSlrWGSw0


::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  {__                     __}
|: : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : *: : : : : : : : : : : : : : : : *: : : : : : : : : : : : : :    ...Ⅳ                      _7
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : +    .‘, /                     __7
* : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . :: . : . : . : . : .      .‘《 /                   _Ⅳ
:  .  。:  .  :  .  : +:  .  :  .  :  .  : 。:  .  :  .  : +:     ..‘《_                   _ア′
.    .    .    .    .    .   +.    .   .    .    .   +.    .‘<__              ⇒'’
                                                      `'≪j__       __i≫'"
                                                        ニ=‐=─=‐=ニ
       . . . . : : : . . . . .
  . . : : : : : : : : :ヽ 、 : :\ 、: :,_ : : .         . . . . . . . . . .
: : : _ : : : : : : : :_,\ ミx  ヾヽl} \: : : .  . . : : : :  ____ : : . .
: : : :` ミ  ̄ヾ  ヽ ヾ `  ミ ∧ : :\ : : ,, <////∧////////////> ,,
,_ =三 ≧ ミ   、    \  ヘ} _ ヾミ∨//////∧//////////////////ミ=x
, ィ ミ  ヾ ー-  \ ヾ、 `  |: : : : : :\ゞ -、=-ミ/////////////////ィ彡゙
  ヽ     ヾ     ミ=x > ,, `ヽ: : : : : : |},: :\: : : :ミ、/ 三三三ミ=x 、
ミx ヘ  ヾ、 ,、 _ _   `ミ ̄:: : : : : :¨; : :ヽ,: :_ .\ 三三三三三三\
_ヾ     ` ミミミ  ミ   ミミ     \ : :: : : : : :ヾ; : : {廻ミx ヽ{´ ̄ ̄ ̄ ̄`¨ヾ゙
//ヽ  ミ   ミミミ.},ヾ三三 ィ彡 ̄ ̄ ̄ : : : : : : : : ヾ: : _¨,, ̄`: :ミx、
///∧ |}ヽ  `ミ  ミミx  彡 ̄ミ=vvっ : : : : : : : : ヤ、ソゝ、: : : : `''‐r:、
/////}, Ⅳ/ィ,   ¨ミ ヾ/:::::{|::::::/::::/>=-w、;: : : : :ヘ;;;;`^Yゞ : : : : 彡'
/////ヽ}////l} ,,ヾミ,.イ:::::::::::li:::::{i::::::: ̄/::::::::::::ゝ、:: : : :;ヾム;;;;;;`へ- ''      【きっとこんな成体になるに違いない】
⌒Yゞ=/,|////i }∧/:::::ヽ::::::::ノ::::::;ゞ::::::::{|ィ ¨¨゙゙ ミx ̄\: ::\ヾ;;}
: : :i}: : |: : ヾ//イ//,};::::::::i}:::::::{ト;:::::{!:::::/¨       `⌒ヽ; : : : ヽ、         【そんな無邪気な憧れを知った夜】
: :  ̄ヾ}: : : : ヾ.///|::::::::::ヾ;::::::i|:::::|::/             ヾ: : : :ミx
ミ=x : : `: ,' : : ヘ//,{ ,、;::::::::l::::::|::::'/,、                  ̄ ``
   ヽ : :i; : : : :∨//,}:}::::::::ヾ;::ヽ;{/7
    i} : : : : : : ∨//i ::'::,::::::::`::::|/,}

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

この夜の戦いを胸に大雷怨は自分があるべき姿、成体としてこうなりたいという理想像を得た。

ただの力自慢であることが強さだとはもう思えない。戦いを汚すかの振る舞い、誇りなき山猿のような姿を疎んだ。
蒼狼の劣勢であろうと食いしばり耐え忍び、諦めずに折れない心のありよう、その美しさにこそ強さがあると思った。

いつか自分もあのような成体になれるのだろうか。――その日暮らしに寝起きして遊んで暮らす彼が、ようやく明日
という日を胸に思い描けたのは、初めての事だった。過去もなく現在を生きるだけの獣が、まだ見ぬ明日を夢見た。
5393 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:26:35 ID:CKyJhPfo0
近い将来、ちびがチンクのペットになりそうで
怖いw
5394 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:26:49 ID:FSlrWGSw0


                                            tェ、                /:.:.:く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
                                             }:.:〉                 /:.:/`ー- ,,,ニ=,,,..___}
                                          、_、、.}:.i              /:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,へャ
                                          ≦、:.:.:.:く              ゝ:.:.:,':.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,イ
                                            ヽ、:.:.>、._  ,ィィ,_  ,.ィト、__{:.:.:./:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:./
                              _               ヽ{、:.:}、〉i/:.l/:.`''{:.:.:.:.:.:.:.:.:イ:.:.:.:.:.ハ:.:.:,イ
               ,,、           ,,.イ  ̄{_>              {、/:.ii/:.:./_:.:.:.}-‐}'''''´:.犬:.:.:.:.:.ゝ}´
                  ,;'し',,;'!:'!;'!、   __/ |_l,,<.>                 }:.:.:i//y二ヽ〃ヽ:.::.:.:.:.:.>''´
                ,;' `ー : .、 , ;ヾ、[r=、`ー ェァー=<                  ゙{:.:.'::ィ:.}'''}、.:.:.:.:.:/`ヽ''´
           ./! .,、゙ヽ `ー : . , 、戈_>'’ ̄!/!/ Y                   ゙V::// ̄.:、.:.:.:.:{:.:.:.:>
       ∧ 〈 .\! .\` ー : . ,   ./_,,イ!/ー人__>                    ヽ{'、:.:.:==''、:.}:.:.:.i、
       / ∧ ∨_.|  |.\` ー : . , /   /´                      }:.:.:i    >:.:.:.:{ハ
     |\__.`< ∨ ! : ∧.`ー :./   /!                         ィ:.:.ノ   {/'}:.i}:.:.:}ハ
.!/!/l   |\___ /`ー∨.! |\! .∨   ∨.:/ .|                     /:.:.:.:゙ヽ  {' } iVi、:.:ハ
.、! .∨∨!_,,イ、爻.::∧ .人、.∨    .∨ ! ./                         ヘ:.:.:く`、i    `'  〉:.:ハ
人`ーく_!ヾ爻爻\爻.::\ |:∨     ∨  .!/!                      ' .y        ≦:.:.:.:.:.≧
.. /\_ /爻爻爻爻.\爻.::\!∨  .∨  ./_/                  /l/: : : :〉       .≦ニ:.:.:.:.:.:ニ≧
.ノ  J`Y 爻爻爻爻爻.\爻.∧∨ ; / ./ ./.、               _ノ:ィ: : : : : : >─z      ≦:.:.:.:.:.≧
..<,,イ戈 、 爻爻爻爻爻∨爻:∨.:/_ノ.:/爻.:\                 | ´    √}ー 、: : : 〉、    .,イ}:.:{ハ
.戈{:.爻爻爻∨ 爻爻爻爻;人爻.: ∨,,イ/爻爻.:/.\/!/ij            ^Y⌒´  Y      ̄\ ハ    〈:.:}
戈`ヽ/!_!_.:爻∨爻爻,,<::爻爻:/.:∨ 爻爻爻./爻./|〈:/i            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\}   Ⅵ     .i:.i
._.| .| ヽ/ /,,イ:∧//>.、爻爻/,:i,:':∨爻爻/爻_/_/::|、     ./\ /Υ\__厂: :ソ   l廴
 ヽ、`:∧!/////∧_∨//>'’,:',:'人,:':i ̄`ヽ爻,,<.::/ :::l∧   ┌ : : : : :V: : : :ノW/: : / _,ハ  ゝ \
 !戈   ∧`ー '’ `>川,:',:',:',:',:', ', ',:'     ∨爻爻/:::::/ :!   レメ : : : (ルヘ): /:⌒\{       }: : : \ノ∨|

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

キイの奥深い山中で、今夜も一匹の獣が、さも楽しげな嗤い声を響かせた。唯ひとり、今日は楽しかったと。
高く、軽く、透き通る声音が夜空に溶けていく。歌うように、囁くように、綻びるように。

瞼の裏に映るのは気高き蒼狼と、彼が守ろうとした異種幼生の姿。
胸を掻き毟るのは蒼狼を守らんとする幼生の声と、共に居ることを受け入れられていた蒼狼の巨躯。

思い出してしまえば……ひどく胸を衝く情動が大雷怨の喉を歪んで震えさせていた。
5395 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:27:50 ID:eyhY6/EY0
あ 別種の子供助けてたのか…
そりゃぁあこがれる姿だわ
5396 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:29:25 ID:FSlrWGSw0


                  ハリヘ  __` __,  イ:iリ
                   イ lヽ_    .イ|ヘ\
                ,,. ''´ j lヘ ` 'k'/ハ ヽ ` 、
             ,. ''´    l  lkヘ 7ヘ//x  '、   \
           /      j   lヘ\=-イ/ヘ ヽ    /l
          ./ \      l   l ヘ {  }.l l   >  / l             ./:从 、   `¨ | l : |\ | :     ∧
          /   \    l__ __ j ヘj ̄l  ト ' \__/  l            /∧小、 ´   , | l : |   |: :    ハ
         /     \    / l  ヘ /  l    ./  l          ′ } :|  ー=≦ __j l: ト、:八: :      |
         /      ヽ  <    l /  l   /il  il          {  八:{  厂 }./ l: :八 \:\: :  八
        ./       /       l | ゚   l   / il   li            \ __>/::r::∧_/∨{: : Y⌒V:.\: :  \
       /        /    ヘ   l l   l   / j   l           ..f:::::::::/ニノ:::::::::::::::::|: : |  ∨: : ヽ: : . ヽ
       /       /      ヘ  l l。  l /  j   l             .i|::::::/ニニ/ 、:::::::::::::: |: : |i   ∨: :}: ハ   ハ
      /  ヽ    /        ヘ l l   l/    j   .l             リ/}ニイ.  \::::::::::l: 八   _.∨:   }    i
     /   ヽ  /l l        Oヘl l   l   j   j            /  /       ヽイi/::::::/ ´_< ̄∨   リ
     /  -=-ヽ ./ l l  :::      / j   l   l    l           ′  {.       /:::::::::::::/: :{:/ぃ /}: : :∨: ハ
    / --=- .∨ l l  :::      } { ゚   l   l    l            {    `     /::::::::::::く: : : :乂__彡′: : ∨} ノ
    {      k  l l       O/ l    l   {    l          .,个ー…=…─::::':::::::::::::/ \: : : : / ̄i ̄ }
    y       | l l         j l。   l   }   .l          .|::}:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/    ヽ.イ:::::::::::|  ノ
    l       ヘ l l         l l    l < ノ   .l          |:ノ::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/   /::::::::::::::::::ノ
    l    _x -=-j l         l  l。   l > { |  l          |:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/  /::::::::::::::::::/
    l  _,,y   i  ヽ -= _      l  l    l   l   l           .}゙:::::::::::::::/:::::::::::::::::/ /:::::::::::::::> ´
    ヘ l::f   ノ   | _  l   O l/ l \ 人  l    l          ./ー一<i::::::::::r‐=ニ¨´:::::::::::> ´
     l l::j  r \__ .l   ̄     l l l / ` l ヽ  l   l          /:::ー一'::::|::::::::::|::::::::::::::::::::/
     l / /l l l i l.        l  l    |  ト l   l         /:::::::::::::::::::::|::::::::人:::::::::::::::/
      ゝ ' \ヽヽヽヽ-=_    O l l       l \l  l
          \`- 、`ユ-'

…━…━…━…━…━…━…━…━…┓
SYSTEM. : The Nameless Monster. ┗…━…━…━…━…━…━…━…━…━

うらやましいのか、さびしいのか、どうして自分は一人だけなのか。――誰よりも強くあらんと力を求めた結果だ、
なにを今更そんな気弱になっている。まさに自身の望んだ姿の経過の上であるというのに何が不満なのか。

明るく声を重ねて鼓舞しようと空虚な思いはいっかな晴れはしない。言葉も知らない獣は徒に啼くしかできない。
繰り返しに思い出しては胸に穴を抉られる思いを感じ、彼は初めての敗北感に打ちひしがれて身を小さく丸める。
嗚咽に似た叫びをあげて我知らず頬を濡らし、啼き疲れた彼は深い眠りへ意識が落ちていく。

深い暗闇に呑まれる直前、片隅でかすかに映った二つの人影に、とても懐かしい安らぎを感じた気がした。
5397 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/10(日) 23:32:53 ID:FSlrWGSw0


┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━

                        ,.ィrr、__,,ィ
                    乂| | { l} |
                      | | ∨ |
                      |_| | |
                _,..........._/_: \__|_
               ,. :'-: : : : : : : : `丶、: : \
           ,:⌒ヽ/: : : : : : : :、: :`ヽ、\:\ヽ:`: ._
           /: : : :|!: : : : : : :l: : ヽ: : : \:\:\ヽ、: : :-: : .__
          ': : : : /i: : : :|:{: :|{: : : ∨:/、: ヽ: }、__、: \: : : : :`ヽ、
        /: : : : :|/{: : : |_{从_、: : :|,イ:::ヽ:.|}/:::::::} \}\: : : : : : \
         |: : : : : i/ム: : :{,.::::::::::\:}::○:::{リ:ヽ⌒Y ヾ ∨ム: : : : : : :.}
         |: : : : : ∨∧、:圦::::::::::::::,:::::::::八: :}  ', }i ∨∧: : : : :./
         |: : : : {: :|//_\:ミ、_  rv ,イ-ァ}/   } /  }//i}: : : :〈
         |: : : : :Ⅵ{/( ヽ}二_ヽ- イ  //|   |   | †/|: : : : :}
         |: : : : : :\////   `¨¨¨¨¨` 丶、   | ,イ{///: :_,..イ
         |: {: : : : : : \/                 |`¨¨¨∨¨´
         |: |\: : : : : : \ __,............、...........<
        マ{    、: : : : : :\/ У:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:/::ヽ
          \   \_: : : :\/:::::`:ー::´::}!¨´:::::.::}
             /    ̄`/∧::..::::::::::..::人:::::::::ノ
             \\ ,//,::::`:::ー::::´::||::/¨´ :.
              \_//イ::::::::::::::::::::::::::/   }
                 __/ ̄`丶、:::::::::_,. '    イ
             ////`ヽ、 o/´:::::ヽ  /
             / ̄`ヽ///,イ::\::::::〉'/}
             ,:´   r'{!__{イ|::::::::::::Y }_//
             /   ,イ|/Xイ} |(oニo)-}__≧_、
          ,.{    {= 乂ノ |!::}_ノ_/-':::::::::::::::>、
         //|__,.イ7| | | {{ノ:::::::/:::::__/  / }`ヽ、
        /\////// | | | |_}=イ:.:.:./     ,  / /   \
          {_/` ̄ ´ :::| | |Ⅵ::/:.__/      / / /     ヽ

   〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

【キャラクターカード:“修羅人”ティアナ・ランスター】

畿内で遺跡を求めて流れ着いたスカベンジャーチームのリーダー。集落設立のため予定地周辺の危険生物排除に
雇われたものの、見通しが悪く足場の悪い山林というアウェーと人間以上にチームワークに長けたミュータントに敗れ、
チームは壊滅する。――有能で有望な若手だったが、キイのミュータントは彼女達の知識や予測を大きく越えていた。

最後に残った自身もあと数秒で食い殺されるところで幸運にも助けを得たが、それ以上の不運に直面し、なしくずしに
修羅道へと堕ちた。死の瞬間まで彼女は自我を取り戻せずに闘争本能の走狗であったことは、むしろ救いだったろう。
安らぎこそないが、痛みや恐怖もなく苦しむ間すらない一撃の下に、仲間諸共の灰になってしまえたのだから。


彼女は本来、理性的でやや険の立つ物言いをするものの面倒見の良い、責任感が強い善良な人物である。
自分がなんとかしなくてはと己を律し、子供っぽい親友の少女や、年下の少年少女の頼れる姉貴分を務めていた。
仲間達も彼女に対し苦労をかけていると彼女の顔を立てることを忘れなかった為、その傾向はさらに強くなっていた。

ぜったいに失敗するわけにはいかない。そう信じて悩みながら頭を働かせて成功を続けていた彼女は、だからこそ自分
だけが生き残ってしまった現実を受け止める精神的な強さは持ちえず、修羅の覚醒に自我を簡単に手放してしまえた。

仲間の死、修羅の目覚め、自身の喪失。――彼女に問われるべき非は何もない。ただ“間が悪かった”だけなのだ。

┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━
┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━
5398 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:34:39 ID:eyhY6/EY0
生きてても廃人になってそうだしな…
5399 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/10(日) 23:35:56 ID:FSlrWGSw0
スカベンジャースレってなんだろう これミュータントスレやん
そういう意見、あると思います

投下終了 次は本編いま書いてるー
報酬枠どうしようか悩んでるけど……
5400 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:37:23 ID:scqUNnIk0
こうなってしまったのは仕方ないし良くあること・・・・ではあるんだろうが、
恐慌をきたして味方を撃っちゃう兵士ってやっぱだめだな

ある意味引き金を引いた存在が、死以外の報いを得ず、なにも知らずに死にやがって感
生き残って後悔してほしいって感想もっちゃうなぁ。あー面白かった

乙でしたー
5401 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:37:49 ID:eyhY6/EY0
単純な金銭でもいいとは思うが物品の方が達成感あるし印象残るよねぇ
5402 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/10(日) 23:38:10 ID:ZoTYk9tY0
乙です
なんて過去だ

>スカベンジャースレってなんだろう これミュータントスレやん
いいんだよ
世の中には劣等生というタイトルなのに主人公が劣等生じゃない作品もあるんだし……

なぜなに?SCAVENGER 第02回――エリア特性ってなにさ?その2

5217 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/05(火) 22:10:16 ID:IMF1xyS.0
最近ちょっと残業がアレすぎて書き溜めと投下の時間が厳しすぐる

おっかしいなぁ今日は20時であがっていいって殆どの人が帰ったのに
なぜ俺だけ悪びれもせずに21:30過ぎまで残らされるんだろうか

破壊神さまのエロ投下に参加したいが時間がないので風呂めしコース
5218 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 22:13:54 ID:iavSLUvQ0
おかり(´;ω;`)
5219 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 22:14:05 ID:iavSLUvQ0
え が抜けたぁ!
5220 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:16:52 ID:IMF1xyS.0
時間アレだがやると言った以上はやるべきだと思う おもう
5221 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:17:19 ID:IMF1xyS.0


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5222 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:17:34 ID:IMF1xyS.0


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5223 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:18:05 ID:iavSLUvQ0
oh!?
5224 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:19:39 ID:IMF1xyS.0


              /: : : \ /: ヽ
          , ,´/: : : : : : : : : : : : : `,/\
        /: /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`、
       /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : `r---ュ       さて、ここからが今回のなぜなにスカベの本題。
      ./: : : /: : : : : : : : : :/ : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : :,l
     /: : : /: : : : : : : : : ./ / イ: : : : : : : : : : : .|: : : : :{.       中エリア畿内と小エリアはキイの特性に話を移すよ。
     /: : : /: : : : : : : : ナ ー-チ |: : : : : : : : : : ,| }: : : : 'l
    /: : : {: /: : : : : / ∠≧≡ l: : : : : : : : : : ,イ :| : : : : '、
    / : : : l: |: : : : / 《{ lノ:::::}  | /: : : : : : : / ナ | | : : :ヽ       言わずと知れた皇国の中心となる畿内エリアだから、
   /: : : : | :|: / |    ,| {;:ツン  |/ : : : : : : / / .| | : : : : `、.     軍の装備も錬度も装備も、いろいろ段違いに最優秀!
  /: : : : : ',| |: : : : |   ヾ-メ / : : : : : 〆Tヾ /: : / : : :ト、: ヽ
  //: : : : : : 、|: : : : l     / メ‐‐ヌ//::ュソ | |/ / |: : | ヽ、 \  御本家でも登場してない対物ライフルⅢなんて物が
 /イ: : : : : : : `, y´Y´'r、          《;;,ツ 」ノ : : イ: : : /    ̄` 存在しててもなーんにもおかしくない時代の最先端。
 |/|: : : : : : : : / ,l ,l }        i   イ: : : // ,/
 | |: : : : : : : / ./, / /   「  `ヽ、     / : / //         だって商業拠点オオサカに生産拠点ヒョウゴがあって、
 l ヽ: : : : : //´,ノ/ /   `、 /    / : : : : |            その二都市に守られるよーに皇都があるもんね。
‐‐--,\: : ./ ,/ / / ヽ         イ : : : : : ヽ
      / /| / ,/ : : : : `ヽ, ィ : :´: : : : : : : : : : :`,
     /´ イ. .| |. |: : : : : : : |'、 \ : : : : : : : : : : : : : : \        四大都市の内3つも、この畿内に集まってるんだよ。
    /      .{ : : : : : : | \  \: l\|\: : : : : : : : :\
   /   ヽ    `r- -‐´ ̄.) \ `  `  \ : : : : : : : ヘ
  /     | /     , イ´|入トヽ-―-、    `ヽ、 : : : : ヘ
/´      .レ    r ´ヘ: :| |: : : ト―‐‐、:\     ヽ : : : : ゛,
        |    イ   V  |: : | \\ \/`、     ソ }: : : }
        .j   ,/       |: : | |::::|\\  \     リ} /
    _ , ノ  ,/       .,': : | |::::||::`、 ヽ   \    レ
   ,r  -- ´         /: : | |::::||:::::`、`、   `ト、
  /:::::::\           /: : /  |::::||:::::::ヽ/    |:::::::ヽ
5225 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:20:51 ID:iavSLUvQ0
文字通り皇国の中心地だよなぁ
関東は…w
5226 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:20:57 ID:IMF1xyS.0


    セインちゃんが調子よくペラ回してる間に、そのへんで畿内の地図を拾ってきたワケだが……。

    実は確定している小エリアというとオオサカ、ヒョウゴときて後はキイしかないのが現状だ。

    皇都があるぞ、と言っちゃいるが日本の歴史的にキョウトである“可能性が高い”と思われる。
    公式で明言されてない以上はナラが皇都だという可能性もありえなくもないのかな?
    彼の地もかつての古都だったもの。……現時点じゃ、まだ確定してないんだよねー。


                ,....-..、
    ./ '''''――''ッ''"゛   !             ,                     ,_x───x、
    .|.      ヽ..、  〈,,..ゞ゙l         l゙´゙!、                 γ´_、  `ヽ  `ヽ
     .}      ,,..′     .{゙゛   ,,/゙'‐゙ブ゙ヽ .ヽ                    //三', i_   |i   ∧
     ゙l     .く、      ゙^"'ーく    !  ! .!                i レ⌒V ||  | |!    ヽ
    .__,ノ       .\            !  / ,/ .|                     | || lヘ}ム|| j ||ハ   ヽ弋
    /          `゙'''、      ..l | .../     !´`'-,,-              |レ|<リフi|| j ||い   | iノ-
   ./             /-,、     !,.,ミ゛    .〉   .,ゝ              .|i!i〈 _, |i| j/从 ヽ .人ヲ八
   .!             ゙!、`t,,、    l.     |   ./               |i |::ヽ .|i ./リ>へ-斗、キ=シ
  .、   ___   ②      │  ゙.l    ゙'-/'' '"  ./              |i!i::::i弋7 レイ ,==V`ヾK弋
  .r¨^^゛   ゙''-、_   __,,,,,,l゙ ①  ,!   __}     |                  へ|:::N:::レ勿/  .V V  ヘ
              _7''''"   .!   ./ `"'""   |     '|               ト| `TT〈彡´     V    .ヘ
         _/ /     ,,ノ   |       ヽ,     .`'--、,             V=ノテ-/ |γ⌒`ヽ.|     ヘ
       /  !   ,/   ._!       .,./        ,!           .ノ7|::|/| | | |== .|ノ     ヘ
       く   ゙l ..i''ヽ-‐'''''''" .ヽ     |    __,  ,/           .γ ./ |::| j! V! ゝ__ノ!      .ヘ
       ゝ.../  `j ③     .,ノ     | ... ‐''゛  .`''゙            .| i .|:/イ  |i j   |i        i
             /      ./       ,〉 |                      | | .|l/j:::  | /   |!        |
            |         ヽ    , '"  /                   | !  |/:.:.ニ| j    |       ハ
            ヽ,      .(,_,  ./  ,r'"                   仆  レ:.:.:.:.|:.レ   i ',        .|
                  \       ̄ヽ. /                       仆  j:.:.:.:.:.「7    |  ,        |
                   |          /                     j |!  .イ:.:.:.:.く7    |  ',      .| |
                ヽ..、    ./                      ,' |  /|:.:.:.:.:.7     |!  ',      | |
                     ´゙'―/゛                        i    |i|:.:.:.:.〈     |  }      |リ
                                              {    |!:.:.|>|:ヽ    i! | 7      .ソ
     ①オオサカ ②ヒョウゴ ③キイ                         ヽ   |!:.:.|:.:|:.| ヽ   | |!f       /_
                                             ヽ .|!:.:.i:.::|:.| V>、 ,' |i|     ,_ノノ |
5227 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:22:52 ID:IMF1xyS.0
>>5225 ドリフターズの信長が初対面の豊久に「あーあー、九州な あの端っこの!」とか言って背景に出してた地図
      わりとあの感性で当時は正しく 皇国においてもだいたいあんなんじゃなかろうかと思われる
5228 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:23:04 ID:iavSLUvQ0
いやでも御所のあった期間とか考えると… ね?w
5229 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:23:56 ID:IMF1xyS.0


                                                 __ -‐':.:{:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\
                                                   7:./:.:.}:.:.:.i:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:,:.:.:.:.:.
    正直に言ってこの畿内は恐ろしくネタにし辛い。                 _  /:./:.:./}:.:.:.ト、:.:.:.:.:.;.:.:.:.;.:.:.ハ}
                                             -=ニニニ } /:.:.:.{ j:.:.:.:., ー-:.ハ}:.:.:}:.:{ }
                                          -=ニニニニニニi|:{:.:.:.:.「 \:.:.,  __ }:./:.:人_,
    なんせ開発がほぼ終わっちまってる上に人的資源も  . /ニニニニニニニニニムハ:.:.:.{r= jヘ  ̄ ノ/:./レ'_ ,
    ハイレベルなのがゴロゴロしてるからモヒカンが悪事  .{ニニニニニニ7Tニ{八` ーz-      u 禾{///}/}-―=ァ
    働けるような土壌が存在できねぇ。                \ニニニニニニニニ>- 个x _ --- ィ  ////   --く_
                                            ` マニニニニ/___, {///  ̄/   {///   ー=弋
    話の舞台としてシナリオ考えるとメタルマックスじゃなく        ` マニニニしヘこ{\<__/  {-个x } ー-  ヽ
    シャドウランナーやることになりそうなんだよな。                   \}ニニニニム  「  ,ノニム N  {⌒ー-
                                                    マニニニニ} | fニニニニVニニ=-ァ
                                                  マニニニ{i!| {__ニニニニニニニYハヽ
                                                     マニニニ}i| }ニニニニTニニニムレ} }




         _ - ≦  ̄二` 、
      /´ /  /ニニニニニ゙; ゙;
     / /   /≫┬ ┬‐'i .i           察するところにアレかな、きみが『騙して悪いが』的な陰謀劇を
    ./  i    .{  ハ  }!  } i.          考える頭がないから、楽に殴り合い脳筋天国を楽しめるよーに
    {  i    .ト、 { .}  .}∨‐v i          隔離されていたロストグラウンド設定でぶちあげたと……。
    .ヽ  i   -ィ回::}`ト-'廻}_/ }
   r―‐ヘ  、 i  ト'´ ̄ t ァ  ノ  i
    .マニニム   、i  i≧=- ィ/ /} /
    .マニニニ>、_、  トヽ7} ∨ノ レ′         >>1 さすがはマジキレる女、安心院せんせーだぜ。
     >Y⌒ くr\} ヽ} /ハ(`Y.             俺の言いにくいことズバっと言ってくれるのな!
  ニ> ´  乂{} リ'´ ヽ Y⌒ 、'ヘ<-―‐ 、
..'´   ___7 ̄  /´_>乂{}ノく`ヽ 、   \
 -‐ ´       ./ /{ ノ-\_} 、  `    /
          // / / ∧_}\i     /..   ……きみの首をズバっと(物理)できねーこの身の不甲斐なさよ。
           ノ/-'/  レj {  .ヽ__ - ´
.        彡イ ` 、   i .ト、 ,ィ′
..>-------イ |   〈  ヽ、} .i  /}
. ____/ `>-┘    ` 、i  レ' }
i   ー---  _「          i
|   ____            ノ
5230 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:26:26 ID:IMF1xyS.0


          ,. -‐ /: : :`ァ'´: : \-─ヘ
          /: : /: : : : :/ : : : : : : `: : : :\-'´ヽ
.        /: : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :_, ヘ : : : ヽ        軍事国家たる皇国は当然のように軍関係者が多い社会。
       /:,.-、: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l: : : : :ヽ      退役兵やら予備役が市井には沢山潜伏しまくってるよ。
.      /:/ / /: : : :/: : : : : : : : l: : : l : : : : : : l : l: : : :ヽ
      l:/ / /: : : :/ : : : : /: : : l|: : : l : : : : : : }: :l: : : : :ヽ.    そんな中、政治屋や政治将校、そして企業の利権を巡った、
   __/ /: :l: :/: :l: : :_: :‐l‐- :/l: : :/: : : : : : /: :l: : : : : : l...   陰謀めいた暗闘が畿内じゃ泡のように浮いては潰されてる。
. /  /-、 l:/: : l:/ }: :l : : / l:`/l: : : : :__/l: /l: : : : l: : l
/   }./   ハl: :/ /: ,. ─、-、ヽ、l:/: : : :/ l /`l : : : l : : l.   だから代替戦力――都合のいい汚れ役として裏社会組織が
    〈__/  〉'′/ : くi r- ':::::::lヾ.//: :/-.l/ 、l: : :/: : : l.   一定の基盤を得て活動しちゃう社会問題にも繋がるんだね。
     l__/ /: :ヽ : l l:::::::::⊂l  l : /,イ}丁l} l : /l : : /
        /: : : : : ヽ l 込二タ //  l´::l /l : / l : /
      / : l: : : : : : :ヽl ヽヽヽ ´  、 ヒタ_ //、l/      ……ホントこれ、いつからシャドウランスレになったのさ?
     { :l : l: : : : : : : :ヽ  ┌‐- _   ヽヽ {: : : :\
      ヽl: : l : : :{: : : : : l   l     iア   ノ: : : : \\
__. -─ 、 ヽ :l 、 :ヽ : : : : ト、    ノ ,. '⌒iヽ: : : : : ヽ\
       ヽ_ノ\lヽ: ヽ : : : :lーミ_- ,.' 乏.l<ノ´`。}. V ´ ̄`iヽ
           ̄ \ヽ: } : : : }_, -V、─-、l:.ヽ゚ o_l/_ ;:;:;:;:;:;:{_
            ヽ|l: : : l:.:., -} }ニ _/ ̄; ,{_:〉- 、;:;:;:;:;:;{、
            / l: : l:.: /爪:.ヽヽ:;:;:;:;`:;:l /`{、:;:;:/:;`ーァ
            `ヽ l: l/l:./ l| l:.:.ヽ }:;:;:;:;:;l/ /弋´:;:;/´ヽ
5231 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:27:30 ID:IMF1xyS.0


       ゞ"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ、
      ,ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ,
     〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ"゙゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;,
     ゞ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ゞ´    `'ヾ;;;;;;;;;;i               安:経済力・生産力が桁違いな畿内だからこそ、
     /;;;;;;, -‐、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'ゞ´        `ヾ'                    この問題は深刻になっているんだろうね。
    i;;;;;/ ´´`l i;;;;;;ゞ'´´    __       i
    i;;;;;l -‐'´ .i;;;;;;i      __ ゛ヽ、    i                   北領軍人の結束がそうであるように、
    i;;;;;ゞ´"i .i;;;;;i         ゞ'` 、`、  __i                   逼迫してるから団結したヤタガラス。
    i;;;;;;;;;〉、´/;;;;i'        ` ´ l::::/
    i;;;;;ゞ: : `.;;;;i'                i''                   彼等とは全く質が異なる裏社会の成立。
    ,i;;;/: : : : .               i
 ┌‐‐ー---  __              ⌒-‐'
  l; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;`;、     ‐‐-=.、,, /          ,‐ .、           豊かな社会基盤・経済基盤に設えられた
´`ヽ、; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;i         ` ‐/        ,-.、 \ .\         畿内都市部のヤクザやマフィアというのは
ヽ   `ヽ、; ; ; ; ; ; ; ;i \,,,,,,    /./            ,┴-ヽ、 .\ .\.      現代社会でよく知るところのソレのままさ。
 `ヽ、   ヽ、; ; ; ; ; i  `iヾ;;;;;;;ゞ'‐‐- 、       `‐- 、 `'ヽ、 .ヽ
    `ゝ  ヽ、; ; ; ;!,、  i; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; `ヽ,   ,‐‐-.`- 、\  ヽ二二!i  ブラックラグーンとかヨルムンガンドかな、
    `ヽ    ヽ; ; ; ; ;ヽゝ、; ; ; ; ; ; ; , -‐´     ン‐‐‐-- 、 `.ヽ  ` |    その辺りのコミックスでも読みなってね。
     ヽ     ヽ; ; ; oヽ ヽ; ; ; -‐´      ヽ-‐‐- 、 \ \  .|
      ヽ    .ヽ; ; ; ; i  i; ; /、            |  \      |
       ヽ    ヽ; ; ;ヽ l; ;ト、 ヽ          |:: ``ヽ    |    西領や南領にあるパっと見で理解しやすくて、
          ヽ    ヽ; ;。i .!; ;l; ヽ .ヽ        ,-‐!: : : : : :    /    弾幕で殴れば解決する類の問題じゃない。
         ヽ    ヽ; ; ヽi;.l; ; ;ヽ `、      ゝ'  ,〉: : : :    i
            ヽ   . i; ; ; l;l; ; ; ; ;i  `i     |、` ‐‐----、 ,ゝ'´ lヽ
          ヽ    .i; ; ;l; ; ; ; ; i   i    | ` ____   !/ _____,!/|
            ヽ     i; ; ; ; ; ; ; ;;i   ト、.  |     ̄ ̄' ̄   | |
               ヽ   i; ; ; ; ; ; ; ;;i   | ヽ .|           | |
             ヽ   i; ; ; ; ; ; ; ;;i   | ヽ |           | ο
                ヽ   i; ; ; ; ; ; ; ;;i   |.  |           | ο

【都市部にだってワリとマシかもしれないヤクザが居るかもしれない】
5232 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:29:15 ID:IMF1xyS.0


         _  /:}  __
         --=く<:.:.:.:.:.:.:.:....
      /:.:.:.:./}:.:.:.:、:.:.:.:.:.:ヽ:.\               畿内イメージは私見・偏見からくるオリ設定になっちまう。
      /:/:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:,ー-:.:.:.:}:.:.:.::.            そこんとこは重ねて留意してもらいてーんだけどよ――
       /:/:.:{:.:./_,入:.:.:.:, 、_}ト、:.:.:.:.:.,
.     {:.{:.:.:{:.:.「   〉:.: }  ^ ヘ:.:.:.:i|
.      j从:.:.\三 ノ'^ヽ{ 三 /:.:.:.i{             スカベンジャーやマーセナリーもとっくに枯れた遺跡なんか
    ー今{ \:.{^        /:.:.:./{_,           狙っていないで多くなった依頼仕事こそ本業ってシフトして、
     ^ヘ,_  ヽ    _  u/イ/^`          シティ・アドベンチャーをメインにやるんじゃねぇか?
   ト、  _//\   ´`   イ{ -ァ --ァ
   _}__ \j {r==介ー- r‐≦--/   --く,__.       ヘタ打つと時代劇ばりに予備役近衛が登場で終了すっけど。
-‐  ̄    jニニ} >-‐ヘニニ}}      /
\ /    j{__/\   /}__}}   ヽ く
  /  -=ァ/::::::::\ \/ /::::::::\{\fニ=-
 '^ ] }:::::::::::::::::rv⌒}::.ォ  {:::::::::::::::{::{{ ^`
   JH::::::::::f7^Y^}U::_{  L.,:::::::::/:{{_
  ///::::::::八}ヽ}ー'::(ィ^  }:::::::::/::::::ヽヽ
  }.'/}::::::/::::::ー-::::://   }-=ァ{:::::::::::}_j



                                                          ___
                                                        イ:::::::::::::丶
    社会システムが構築された都市部での無法働きなんて、                   /::}、¨¨}::::::::}:ハ
    表立って動けば力尽くで潰される以上、不可能だろうね。                  /::: i- ̄ハ::::/::八
                                                       /::ィ八__ |:::イ::/::ハ
    なにせ本当に強くてガチヤバイ連中というのが間近に潜んで             |/ |ト、__} /'⌒ヽ'::::ノ
    ひしめいて居るんだ、まず身の程を知らねば話にもならない。              }:ケト._>`¨¨´ ̄Y¨く〉
      ワンマンアーミー                                         /〈/.|/   }_. .」ヾ¨
    一人軍隊級の近衛の連中とか変に能力も影響もデカいから、              /|      .イ二二i::::',
    普段は員数削られて市井に紛れてたりするのも居るんだぞ?           У       {: 厂「)ノ::::: '.
                                                     ム-―― 、 V  i :::::::::::: i
                                                   /: : : : :.ィ: : : ヽ} /:::::::::::::: |
    都市部で腕白自慢なんて、愚か者のダイナミック自殺だろうよ。     /イ: : : : /: !: : : : : V:::::::::::::::: リ
5233 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:30:59 ID:IMF1xyS.0


                 _,  --━━━--  之
              ,斗f  >=== ===<  ℡_
                 _jΚ丶、ゝxXxX >――-=ミヽxく  ㌦_
             j辷ヽ 、yxXxXx./.:::::::::::::::::、::::`:.Xxく  匕_         社会が健全な生活を保障し受け入れられる
            jfヽ 、yXxXxXx/::::/二二二二 、:::.. \く.  匕_.        パイの数には絶対的な限度数が存在する。
            jfヽ 、yXxXxXx /.:::/:i、:::ト、ト、:fヽ::::>、:::..\   ^f_
         jf 丶 yXxXxXxX/.:/.:!:/≧、ヽ斗‐テz::i::.ヽ::.ヽヽ.  f_.       上の方から椅子取りゲームで席次を埋めて、
         jf 丶.yXxXxXxXxi:::;::: 泛ゝ'^ {   ̄ ゛レ!:::. :.、:::ヽⅵ. '/,      最後に残されるのは椅子まで手が届かない
          f`ヽ yXxXxXxXxX|::ハ::::.\ -==‐  ノl:ト、::::.、::::. V  圦.     憐れで無力な弱者の不特定大多数だ。
       丱、 yXxXxXxXxX !:Xト、:::::..\     イ:::::!小::::トヽ::::iv_ _jk
        j「_ _゙yXxXxXxXxXxl:!xⅵ\:::マヽ‐く { ̄リ≫::ソ::::ハ::!} _ _jk.     彼等はまっとうな仕事につけないばかりか
      j「_ !{{XxXxXxXxXxヘXx/_ \マ7  ノ 〃ーォv::/‐ソァ _ ].「    裏社会の末席にすら椅子が用意できない。
       |「  .{{XxXxXxXxXxX厂 ̄`\ |トゝ/z彳 / Ⅴー< j‐ ].|
       |[ _ {{XxXxXxXxXx./ ‘,j/  r':i:ifカ「:i:i:i:i〕 i′  }::::::::...\‐].|      スラム
       |[ _ {{XxXxXxXxXrヘ__ /  乂:i:iゝ\:iく_ | i  {::::::::::::::.. V!|.    貧民街の発生と巨大化は避けようがないね。
       |[_ _! jXxXxXxXx ノ、___ {    「ハ:i:\\:i:i>  \::::i::::::j:||
        ,二l>‐、XxXx/_> 人ヽi  i。! Y⌒ /~Ⅵ/__>、ノノ〔__
    __ノニ、   ` ̄ ̄`ヽ  /ハ丶 j>―-、(::::::|_ /   , ニニヽ._,ノ
  く〈Γ/ ,ノ )____,...  /  //.::人 /:i:i:i:i:i :i:iV.::::::\〈  //、 | i lΥ
  /ヽし/又≧‐--<―‐イ/.::::::ノ/:i:i:i:i:i:i:i:i: :i:i:忖.:::/>-ァヽハ.!J/イ ヽ
  \__/}Xx}}ト、y/ ̄ ̄.::::::;ノイ:i:i:i:i:i:i:i:}:i:i:i:.:i:i:i:!〉..:::::::::/〃{{x\_/
  f===== ==|/.::::::::::::::::::厂/ !:i:i:i/ ̄.{:i:i:i:i:i:i:i:i!ヽ:::/X/ハ/====== ュ
  |「 ̄ ̄|l ̄ _/.:::::::::::::::::::::///〉 ヽ:/:i:i:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:i!V\X/`./ |「 ̄|「 ̄ ̄l|
  |∟   」!==!:::::::::::::::::::::///〈   /:i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:! V/|  / .l== ∟   」!
  |「 ̄ ̄|「 ! 乂::/`⌒ヽ{'//|   ,:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ:i:i:i:i:i:i:i! i/,|/__j.  |「 ̄ ̄||
5234 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:31:22 ID:de64xB.E0
元ヤクザで孤児院経営してそうな方とかですかw
5235 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:32:17 ID:IMF1xyS.0


                                          カーストワールド
 安:中エリア畿内の最大の特徴は、覆すことのできない絶望的な 格差社会 にこそあるだろう。
.    なに、子供でも知っていることだよね。――光が強ければ影はより濃くなる、そういうモンだってことは。


.    あくまで >>1 なりに皇国と畿内の情報を整理・考察したらこーなるよなっていうだけの、オリ設定の話だから。
.    くれぐれも鵜呑みにしたり真に受けたりはしないでくれよ? 大事なのはあくまでフィーリング的なイメージだ。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::_jni─ェェ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::| : : : : :|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 山::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::| : : : : :|:::::::::┌┴─--、_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \|\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::| : : : : :|:::::::::::[ : . : : |i彳:::::::_nュ_:::::::::::::::::::::::::: 仁|ヨ :::_::::_:::::::::::::::::::
 ∠三 ィ-ィ^ヘィニニニィ^ヘヲ´ ̄`ゝ-ァ=く--ィ i :::::::::┌─┐l<| ̄Li==ニ--L:r,-,-,-「
ヘf:ェェェ:iiiii  i i i iiiiii三 iiiiiiiiiiiiiiiiiiiイ ─ | | ィ |=ェェィ├─┤:: |        |-|r -ュ n
ニニニニニニl小ニニニニニニニニニニニニニl ||i⌒「i i r , - ァ -,-、-、ii円_   r‐┬‐┤:!TTEリ !
    r‐:‐、田  口 ニニ介 _r r ュ ュ |||  H i//_/_/_i__ヽi ∞ r r rnr |..::::::::::::::::
 r二三二> ァ _ _ _ _ _ _ n  cno_!_n__rュ∞_n_n_n_  _ T_ ハ|.qp......:::::::::::::i::::::
~~~~~~~~~~~~~~:::: ,、 qp ー''' ̄∥- - - -∥_,  o o........:Y::' ::::::∥:::::::::i   ,, ェ ''"
  :::: : : :  qp  ::: i_i ∥::    ∥_ -ハ ' ∥.....ooY ::::::::: | ハ :::::∥   ,, ェ''" Lノ-'
  __   ∥  :: ノ ト. ∥ェェ-' "∥.........::::::::::::::::::∥ !::::::::::: | i |  ,, ェ " | _, -'_ ─‐
/ `ー'  ∥- ' 仁 Å∥ .....::::::::::::::::::::::::::::::::: O!O::!::::    j=トェ"  r -j i─'──‐
|       ∥ Å...::::::::::::::::::::::::::   ::::O i O :: ∥:: |    j /フ!      |
|...........Å:::::::::::::::::::::::::::     ....::::::::::::  `Y´:: ( ∥     ヒiニrュェェェェェェェ|
|:::::::::::::::::         .....:::::::::::  ,-、n :: |i ;;;;;;;∥= = ー --i--i--i--i--|    _
|:::::::::::::::::::::::::::::::::::: .....::: r=====──‐リ:: ○ ;;;;;;;∥三三三レ" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |
|:::::::::::::::.......... ...:::::::::::::: | | H ||___|| ::∥;;;;;;; ∥三 r ニ           |    |
:::::::::::::::::::  ...::::::::::::::::::::  ̄ ̄ ̄ ::::::::: ||::::::::::.     r::::| |:::::::フフ::::::::::::::::|    |

       【人の集まるところには光も闇もあるんだよ!】
5236 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:34:31 ID:iavSLUvQ0
ますあmすシャドウランっぽいなw
5237 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:34:39 ID:IMF1xyS.0



  中エリア畿内を当スレ設定で勝手な形に埋めていったら、           ,, -‐ァ/ヽ、/\ , へ: : , 、: :ヽ、
                                                  /::/`´: : : : : : : : : : : : :`´: :ヽ:〈. ヽ
                                             `/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゞ、  ',
  1:これもうスカベンジャーじゃなくてシャドウランナーだよ!?     ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ\}
                                                ,':./: : : l: :l : : i!. : : : l : : : : : : : : : : :ハ /
  2:社会の底辺より下はスッパリ切捨てちゃおうねー。            ,',/ /: :.」_ !i: : :!i: : : :.i!: : l: : ヽ : ヽ: : :ヘ
                                            i l: :l: : : Ⅳ`!、ハト、: : :ト、: :ト、: : ヾ ;.ヘ: :ヘ
  3:這い上がる努力もヘタ打つと予備役兵達が殲滅だっ!       レi: :! : : i! ァ仍ら`ヾ: :.l ヽx=气ミヾ : l:ゞ、\
                                             ハ ト. : :!i マェン ノヽ: ! イ込ク / !: :l : l ` `
                                           ,, ヘ} l: :l ハ     ´  ヾ!      l: ;} : l
  こんな印象かなぁ。治安はいいんだよね? 表向きだけど。      ., ´` ! !: :ヘ     ,       ,イ: i : :l  ─、
  治安が良い=皆が幸せな世界ってワケでもないんだよね。      ./  ',}: : :.マ   r‐‐,  ,-/i/: :jK´   ヽ
  人間が数集まって格差も目に見えたら諍いが生まれるから。     {   |: : : : i> .. ` ´ .. < i: : : : :/     ヽ
                                           /     i! : : : | ヾ廴` ´ f"  l: : : /       ヽ
  その諍いが、どうやって鎮められてるかは考えたくないな。     ./       ヽ: : :.!.人 \. ̄/ /.l : /         ',
                                           /        ヽ: l>.\_Υ_./.´{:/            }
  水鳥が優雅に水面を泳ぐ下でみっともないバタ足をしてる、  ..,          ヾ}   |..I    /            i
  なんて喩えが似つかわしい現代社会と違いない現実だよ。  ./      /     `./[ ]\.=ニ            i
                                            \     /      <  |:::|. \       ヽ   /
5238 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:36:01 ID:IMF1xyS.0


             __  jヽ __
          ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:ー:.:.く
         /:/:.:.:./:.:/:.:.:.:、:.:\        そう考えっとキイみたいな僻地に人が流れてくるのもありえるだろ?
      ../:.:./:.:.:.:.:/:.:.:レ:/:.:ハ:.:.:.\_
       ,:.: :/:.:.:.:::::{:i:.:.:V:::::ト、j:.:.:.}:r-‐
        |:::::{:/::::::_:从:.:.:.vヘ{朮}::.:ハ      社会構造が形になっちまうと難民に近い最底辺の居場所がなくなる。
      .jハ::/:::::/>/}:::`:.:::\ j:/^ ァ      場末のマフィア、ヤクザ共なんかに加わるにも席の数が足りてねぇ。
         .\::::\LⅥ:ト,「 ̄   _{.       けっきょく最終的にゃ路地裏に打ち捨てられて死んでくっきゃない。
     _   {\)::::::::rf7'′    //′
     \_\}  マ>J| j |     ^{         成功し発展し、成立した社会から爪弾きにされて再起する機会もない、
    _ -一    }/ }ニ- _ rー‐一.        そんな連中が一縷の望みを託して手近な再開発地に流れ着くんだ。
 < __       くマニ}ムYミ__,
  {:::{   ̄う' _人__ } \j{{7 rー '’
  {:::{__n  7^:::ヘ:::::::::::ヘく }:ヘJ          椅子取りゲームの椅子がねーなら、あるとこに行くしかねーんだよ。
  }/rJヽ }:::::::::::;:::::::::::::\{:::::}}
  } {__,ノノ.ハ:::::::::}::::::::::::rv{{::::リ        __
  7fサf^::::::::}::::::/::〃/:::::「`}::{   _ 个込__x匕}
  イ〃{{:::::::::::{/::::::::{{:: ::::| i{:::{  /:::::::::: イ{人__}
.  |::::::::::::::::::::}::::::::::::::::::::_/ /:: レ.〈:::イ{:i:i/}::::Y^_┤
.  |::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::/ /レ'::::::::ヽ:Vi/_jL::::V⌒7
.  |:::::::::::::::::::{:::::::::::::::-‐:::::::::::::::::::::::}::\:i/::::::::::::イ
5239 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:36:14 ID:iavSLUvQ0
まーいなんとこ主要登場人物全員這い上がれたり力のあう人ばっかりで実感できないけどなぁ
悪役ではないそういうの、描写するといたたまれなくなるかな?
5240 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:36:48 ID:iavSLUvQ0
ってそういうやつらの最後の場所がここか
5241 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:39:05 ID:IMF1xyS.0


三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三三三三二 ニ - ‐ ‐
三三三二 ニ - ‐ ‐
二 ニ - ‐ ‐
‐ ‐
                           ___
                               f=-=}__
                             ゝュ'/ _゙ヽ
,=v=.__            r=v=. __         i:ト三}f(_)i {        _r=、 ,=、r=、
.、ノ{_},f^yr=v-、_   _ィ 't、ノ{_},f^yr=v-、_     j:|::,イj ー'|i(_  ,,、r=v=y'+ヽr'_、ィ_ヽイ__ -、_
゙'::゙´|`!ヾ辷^-'::(_)fヘ{'゙{::!::.゙´|`!ヾ辷^-'::(_)fヘ{'゙{::!::ー!」ェェ|ト、〉y、):、ィト'tfゝイ ! 「j iY}.| トヽ ::(_)fヘ{'゙{::!
..}{ i}兮.、!} ト'ニ}{ i}兮i´<|‐^‐〈....、!} ト'ニ}{ i}兮i´<|‐^‐〈介〉′「!ト._/j! , i}_/} !r'/ Уノr,'.」..}{ i}兮i´<|
 !-|;;;;||. ;;〉;;ネ!-|;;;;||┬|:::|::ハ i、!..;;〉;;ネ!-|;;;;||┬|:::|::ハ i、!ムィ!ハ};;;;〈;;;;〈;;;Yーハ`^i、У 〉;;ネ!-|;;;;||┬|
|!:|.i|:llll| |i !|「|!:|.i|:llll| |i }:::!:{ }_!}」l..!|「|!:|.i|:llll| |i }:::!:{ }_!}」l||i|:|i |T!iT「!|| || i!/ T/,i |.゙!|「|!:|.i|:llll| |i }

キイの入植者ってのは都市部に居場所がなくって、他に行くアテなんざ最初からねー奴が大多数ってことさ。
藁にも縋って後にも引くとこがねーのさ。だから一生懸命に、岩に齧りつくような必死さで開発と開拓を進めてた。

なのに開発主導者で音頭とった陸軍がとっとと手を引いて、「文句があるなら他所へ行け」みたいな対応したのが
何より許せねーって話になるワケなんだが……陸軍にだってそりゃ自分たちの都合ってモンがちゃんとあらーな。

ここはまー毎度の繰言になっちまうんだけどよ。
5242 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:41:17 ID:IMF1xyS.0
イズミなんかでもある程度の人材は受け入れてくれるよ
クソ見下したブラック求人待遇でよければ だけど
5243 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:42:25 ID:iavSLUvQ0
イズミって帝愛の本拠地かw
5244 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:43:45 ID:IMF1xyS.0


                                                          ____
                                                         x</===ミ、:>:.、
    メタ視点だからできる弁護すると、実際には陸軍だって                   〃.:::/ __ ∨:::::::.ヽ
    好きでキイの入植難民を見捨てたワケじゃないんだよ。                 ,’:::::;'イ´i|:::::|l__|iミ}i:l::::::::∧
                                                    i:::::::;i:j⌒|:::::||:::||liⅥ:::::::l::i:'
    入植難民が陸軍主導の開発計画と別に拡げた集落が                 i|::::|:lj」zミ―'¨ィz≧}{!::::::|::|:’
    難儀しても尻拭いや面倒みる筋がそもそもねーのさ。                ||::::|从.ヒリ    .ヒ}》|:::::::|::|::::,
                                                     l||::::|::';.   l     .i:|:::::::|::|::::::,
                                                      |||::::|从   、_., .从::::::l/|::::::i
    皇国軍が目的としたのは海岸線沿いに基地作る事で、                  |||::::|l|:::\    .イ};’:::: j::リ.:::::|
    自給自足の為に農地を任せる人手が欲しかっただけ。                  |||l:::|l乂::_;}`::::´  /::::::::/:/.:::::/
                                             _ /     Ⅵ:::l|:/ハ ∨.: .,’:::;::く:イ:::/ヘ
    けれど皇国軍の上級将校や政治家が思っていた以上に     〈_....ノ    ∠乂:∧i:::|三二ミ:i/:::::::.\ー .乂
    ずっと都市部で膿まれてた病みが深くて濃くて重かった。                /.\\V:|==xノ'::::::r '´..:>ヽ ̄`ヽ
                                                  j∧ \::人l|l/..:::::::::>'´ ,. ‐}’
                                                    |. ∨ _>ミl´ ‐r<   ./  |∧
    意識の違い、必死さの質の違い。そんだけのことなんだよ。         ノ   }  .|_イ}ト、_ 〉 .∨.:/\  |l:::|
    どっちも悪い。が、それで済ませられるほど軽い話でもない。          .,{二ニl{  ./ j/.∨〈:.  Ⅵ∨ .`  `i:|i
                                                 人  ,从  ヽ′ .}_/    .}|: ∨:.  .|:||
    人と人のいがみあう理由なんてーのはね、たいがいそんな        /\:><i    |、       ノl::.  _ >Ⅵ
    クソくだらねー行き違いによるモノなのさ。                      \:::::::::::::lト:.  }      ./ l| ̄:::::::::::::∧〉
                                                /:::::>x::::|| i  |    ;’/l|:::::::::::::::::::ィ′
                                                 /.::::/.::;′./\        イ.从`¨¨.T:::::;′
                                             /.::::/.::::i . /.  ヽ       ∧   |::::;′
    【でも理由のほとんどは開拓で受けた被害のせいです】        ./.::::/.::::: | /` 、      ._.< |. .,’:;′
                                                /.::::/::::::::::|ノ::>x `  ― ゜ x<::\’:/
5245 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:44:54 ID:IMF1xyS.0


      まぁキイの歴史や成立の経緯は後の話としよう。                        /.:/.::::::::::::/-=   三三
      今回はあくまで小エリアとしての特性がテーマだ。                    /.:/.::::::::::::;′=‐   ―‐ ‐=ミ
                                                         ,:::;’:::::::::::::′ ______
      キイという土地は本州の僻地、近畿のオマケ、                   j:::/.:::::i:::::;’イ::::::/.::/::|::::::::|::|:::|::
      陸の孤島という揶揄をそのままにした土地だ。                  ;’/.::j::::|:l::j;::::|―:l:、:|::|:|::::::::|ィTT
                                                       ;:::’::l:::::l:l::i::/:|:::::l|::::|::|:|::::::::|:|:|::|:::
      面積の半分~2/3を山林に覆われていて、               _, -.、   ;’:;’::|:::::|:l::|:l |:::::||::::|::|:|::::::::|从ノ-
      工業より一次生産業に滅法強い一地方で、               ´/_./⌒ヽ..l_>――‐ァ|≧=-ミミ ´ ̄ x≦=
      国という社会システムの目が届きにくい辺境。                └ハ‐'ィ¨´ .......x≦::∧ミ{弋:::::j゙`     "弋::::
                                                =ノ .}、 <ニニニミ:トヘ`゙ ¨¨´      `¨
      だが研究も工業もなかったワケじゃあない。                /_,.....---------イ::lヘ       |:.
                                                ̄ ̄´     |<Ⅵ:::::::: Ⅵ:::::..    、__,
                                                      ,.-.Ⅵ:l:Ⅶ::::::::从:ノ: :ヽ   ゝ !ノ
      人の目が届かないのはむしろ都合がいい。              __ / .∧..∨l::|Ⅷ::::∨/.:.:∧V>:..._....イ
                                                ゚¨{、\  .∧. }:l::l Ⅶ:::::∨::::l:∧∨
5246 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:45:30 ID:iavSLUvQ0
スカさんのような人らか
5247 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:47:50 ID:IMF1xyS.0


                       /   /: : : : : : : : : : :. :./     _, -==z
                  (:( .ハ /: : : : : : : : : : : / _,. <: : : _/
                   |:∨:.}': : : : : : : : : : /z≦ : : : :_>'´
                   }: : : : : : : : : : -=≦: : :._ -‐
                       j: : : ; : : : : :, --==  ´
                   ト、  !:.;::./: : : /
                 _|: \}/:/: :./、___,. z≦二二≧x
       _,x≦二≧x〃二≧ュ _: :くニニ//二二二二二二iト、     安:企業が表立っては試し辛い新製品のテストに
         }-:::⌒:ー-:{ニニ/: : ,ハ__ヽ:.}ニ!:./二x=ミ_ニィ´ ̄ ̄       都合の良い土台があるからと色々持ち込まれ、
.        _ノ二二≦、{:ム,イ: : : /: : : /ニl:/二/--z_____/__            本州でも数少ない試験場として利用された。
       ト- /二ニiV:{::::::/リ: :i :|ニ二二二二二二二\
.          / , へニニ}::\/少: :/:./ニ∨二≧-:::::::__::ム ̄``          名義の怪しい施設や倉庫、地下構造物などが
         /'´   {二〕ト、: : : _彡'∧二V=! \<二二ム           あちこちにあり、それら多くが人目に晒せない
               _}二ⅥilX___/\=Ⅵ   \二ムィヽ、           試験待ちの開発試作品の保管庫だったりする。
         γ二二/Vノ     }ニニ}ニ|__.   寸<_,. -=:Y
         rチ二ニニ/  ,x介:x≦!二二二/ニ} .〈ニ〈:.', : :./.          当代最先端技術のガチトップランナーだ。
       /イ=\彡'=≦二二ニ/≧==チ/ニ/≧= V=゚,:',:./
      _「二二ニY二二二ニニ{ヾ=≦ニ/ニ/二二/≦二iト、        そんなの皇国は特に欲しくもないんだけどねぇ。
    ,.x≦二>二二二二二二=〉ニニ/ニゝ<___!≦ニニ二〉       危なっかしすぎて目も手も離せやしない。
  /ニ>i´二二二}       \_彡'V二二二ニ}二ニ,イ::∨
. /zイ |: : |二二ニ/           /二二ニニ}--〈: : : :|
.    |=|: : |二ニ=/.              寸二x≦}二ニニヽ:イ.         情報部のthe・Mがキイに出張って部下動かして、
.    L.|: : |二ニ/                 ∨ニ<ハ二二ニ=ト,          陸軍諜報部の代理をしている理由の一つだよ。
    j: : :L_二{                   {/、ニニ}二}.ィYニ=|
≧==≦ニム: : :`: '┐                    寸イニ/iV=|二ハ
  ``丶、ニ', : : : : |                /彡'二jニハニi7 .ト
      `゙''ー-、,_!                ̄  ∨/イニ}//∧ |∧
           `゙''ー-、,_                寸ニニニ∧!:.∧
                `゙''ー-、,_.           寸二二ニj:. :.∧
                     `゙''ー-、,_.       \二/: : : :∧
                          `゙''ー-、,_   Y : : : : : : ∧
                               ` 、 {: : : : : : : : ∧
                                    ∨ : :r──- \
                                  ` <二二二二\

【例:ヨコハマ出土の胸に御禁制・粒子加速砲つんだ戦闘型自動人形】
5248 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:49:16 ID:iavSLUvQ0
こういう技術者や物資があるから生活できるのだろうけど、同時にそれによる被害も多そうだなぁ
5249 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:50:31 ID:IMF1xyS.0


  | |!:::::::::::::::: : : : : :: 。.     :::: : : : : : : :::::::::::::::i| | 三三
  | |!:::::::::::::::: ::___ _  __,..- ─v‐ 、:::::: : ::::::::i| | 三三. 安:大崩壊前にキイで行われていた主だった工業力は
  | |!:::::: ::..´ ̄ ,ィ=ュ.、 ̄¨ ,ィォェェッ7x  \:: :: ::::::::i| | 三三    バイオ・ケミカル・マテリアルの三点に絞られている。
  | |!::::::/     }l|´`::))  ◎[三]笊》L.. 。 )  ::::::::i| |三三三
  | |!:::。:L.. __`ー''"   ムEヨ7_/r 、 ̄  ハ   .::::i| | 三三     故に遺跡から大型工業プラントを期待できるハズなく、
  | |!::::: :}リソヾr┐\   ,..`ー1「\\)`ー'7_」:::::i| | 三三    上記三点の研究データ&機材が見つかる事もある。
  | |!:::: : : o: : ` `ヾノ,.ノ彡ミ彡'、 `°`ヾ’「r一 .::i| |三三三
  | |!::::: :: : :: :ヾー'7:「‘ーz彡::. >┬<_ .ノノ ,イ ::i| | 三三
  | |!:::: :: : : : : : 》_}_」   }:::::::::(  /  /´ `ヽ / ::::i| | 三三     つまり――この時代において国家と企業が注力しない、
  | |!:::: :: : : : : :  ̄    `ヾ::::::>(_/\  /,ノ i| | 三三    だが技術回復に決して欠かせずバカみたいに金の要る、
  | |!:::: :      \   {::::/´  `ヾ::::.`ー((/:::i| | 三三    貴重かつ膨大な基礎研究の精髄が眠っているんだ。
  | |!:::: : : : :      `ーォ1:::} 。   r{)、,/.::::::ゝ:::::i| | 三三
  | |!:::: : : 0 : :    =ェェ}:::::::ヾ’r''"`ゥ |ハ::;/::::{´..::i| | 三三
  | |!::: : r 、廴ノ⌒ヾー'.:::::::::::::::i ト'`'´`i:|_」!}一久 ::i| | 三三     怪しい学者・技術者としての側面を持つキイの弁務官さま、
  | |!::: : Yソ  一'⌒ー{::::::::::::::: ハrv‐ l:| |):::::::/:::::i| | 三三     ジャック・S・カーライルの狙いもきっとコレなんだろうね。
  | |!::: : : o      <:::::::::::::::::::iトッ..xソ.ノ.:::r┘::::i| |三三
  | |!::: : :         ノr‐::::::::::::.`ヾー_j´.:::ノ/∧:::i| | 三三
  | |!:: :     o。   ´  `ヾ:::/`ヾr─'7⌒7`(¨ :i| |三三
  | |!::: :          ┌{ソ´ ̄     ̄`ヾ |:::::i| | 三三
  | |!::: :  0            //¨ ̄ ̄`ヽ. 、 1 ::::i| | 三三
  | |!::::: : :             L: __   \  :. ハ { ::::i| | 三三
  | |!::::: : : ,..一´ ̄`< ̄`ヾ\ ̄\  ヽ i!}:{ ハ:::i| | 三三
  | |!:/´..:.::::::::::::::::::::::::::ハ  ヽ\丶 (), i ∧ミj ノ.::i| | 三三
  | /....:..:.:::::::::::::::::::::::::::::::∧ i  ノ|  「人ノミノ´ :::::i| | 三三
  | }..:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミソ /彡:ノノ..ノ¨´   :::i| | 三三
  | `ヾr┐:::::>''" ̄|「 ̄`ヾー久( ̄   : :: : :: ::::::::i| | 三三
  | |!::::::::`''"     `       ヾ==--- 、_  :i| |三三三
  | |!::::::_;;ィ´彡''´ ̄ ̄        ̄ ̄` ヾミ三ミi| | 三三
  | |!≦彡                        ヾミi| | 三三
  | |!                             i| | 三三

 【こんなの見つかったらキイ爆撃されんじゃね?】
5250 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:51:35 ID:iavSLUvQ0
何かはよくわからんがハイブクラスに厄ネタなんだろうなw
5251 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:52:08 ID:de64xB.E0
本社の初期に出てきた、汚水で変異とかしたミュータントとかか…
5252 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:52:47 ID:IMF1xyS.0


                                                  ___
                                      /l  > ''´ ,.。 -''"´ー――<_
... 安:主な工業・研究がバイオ・ケミカル・マテリアルで、    / //   , イ´              `゙''<,
    かつ衆目に晒せない製品の試験場でもあった。    l  l/   ∠z¨¨¨゙ <________ヽ
                                      l  l  / _∠---、   > 、_       \
    なら、これらを統合して開発できてしまう物、      .', ',,/ ,イ     `゙''メ、   `゙''ー---、__ミ、
    されてしまう者も出てくるのは当然だろう。     .>--ヘ .l /,イ´//二ニ<_  ヘ    > 、    `゙''メ=、_
                                    /  ,.=-- l .l/ ,',/゙!!_  ` 、ヘ ヘ     `゙''ニ二----ミ `ヽ
    ――そう、生物兵器だ。                   l / / .l、`''´/  .リヽ.ヽ  ヽ.ヘ ヘ-、_        `゙''・-ミ、_ヽ
                                      l / /.7 .l、_>=ゝ==彡三', .',':,  .ヽ.l-、  `゙''=-r-、_____ミヽ
                                      l/! l/l l=r-''" ̄ ̄ヽ .l ', ',  ヽr'''''ヘ   `':、    ヘ
    キイに氾濫するミュータント、その中でも       |/ l ':,',vVVVVVvl l  l,r-r---、   ヘ     .ヽ_     ヽ
    原型が想像できない奇怪な戦闘生物達。     .__ヾ、 ヘ.ヘゝ、____ノイ.// .{    .l      ヽ   .',`''メ、   ':,
                                   ,イ´  ム `''ヘ.ヘ':,         ', ', .',   .l      ':,    ', ト、ヽ  ',
    時にはESPまで顕現させる彼等は、   .,イ /  γ'/ ̄`>\       ヽ       .',       ':,   ', .', ヽ ヘ  ',
    なんのことはない、結局は人間が     〈 .!   .', l       ', ヽ、    ヘ     ヘ      .',   .l l  ', l/
    自分の手で世に生み出したモノだ。    `゙l    ':l        ',  `゙'メ-、_ヘ     ヘ        l  l,/  .',
                                   \    \      .ヘ    ヘ .', ゙メ、    .ヘ     l  ,イ ヽ、 ',
    人に言えないような研究は厳重に管理して   \          lzzzzZZ|  ',zzヘ     ヘ   /l/ .l  ヽ l
    流出しないよう徹底すべきだが――        \          ヾ   ,,l  ヘ''''''ゝ、   ゙Y´`> 、 l    } !
                                        > 、      ヾZZZl__  .ヘzz彡ャ、___丿    ヽ′  l /
    管理体制ごと崩壊したらどうしようもないわな。      .> 、  f´ ̄ヘ    `メ、ヘ   `メ、           |'
                                           ><    .',    γ' .',   .γ'
                                                  ',   .',  ',    ',
                                                   ゝ---'   ゝ---'

                                       【オマエはなんか違うんじゃねぇ?】
5253 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:53:43 ID:iavSLUvQ0
トラとか居たらチンクと相性いいかな?
5254 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:53:54 ID:de64xB.E0
>>5250
Rタイプ バイド …
5255 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:54:25 ID:iavSLUvQ0
それかよ!w やべぇよやべぇよ…
5256 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:55:57 ID:de64xB.E0
スカベじゃないけどよく似た異世界もので、出してるスレあるけどな
バイドw
5257 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:56:02 ID:IMF1xyS.0
>>5253 お互い決め手の電撃が役に立たないので良いケンカができると思われます
5258 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:56:38 ID:iavSLUvQ0
トラの相棒はやっぱ十台ぐらいのガキじゃないとな!w
5259 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 23:57:41 ID:IMF1xyS.0


                ̄ ̄   .、
        ./   ,......--......ミ.  \                    かくしてキイには超・危険な戦闘生物が放たれ、
        /   . /.::::_::::::_:::::.∨ .ハ                 ミュータント化し、そのくせ妙に自然に適合して、
        ,′ .:/> ――..<∨  ',                現代まで生存し続けてしまっている者が居る。
       ,′ .l| i|._   __.|L、Ⅵ   ::
       /  .|{l||_l|_lミ_|l_|l|_|l_l|l|  ::;                   たいへん困った存在なのは確かだが、
     ./i | l i}l≫示ミ   ィ示ミzl! . | ∧               かろうじて救いもなくはないよ。
    ./.:| | | 从`ゞ┘ i  ゞ‐’ 从 | ∧
    l | | | l ∧   _'__   ./;’.i.| /             聞いたところで救われる気はしないだろうけどね。
    .∨Ⅵ| | l ::;>、 ‘ ' .ィミ/! .; l /
    ..乂}:|| | |:/〈} :><:/|〉/.:;’./ /
    ....ノヽ〉_:〉〉 . \   /..i /._/イ_\                戦闘生物、生物兵器に重要なのはコントロールだ。
    く/.Ⅳ\〉 .   \/  //.イ7:|〈ハ〉
     //;′〉、\ ._/ ,.イ /i/ '; ヽ.∨              兵器という目的があって作った以上は運用するし、
    .l  / / .}}.li、∨   ./ rfi乂{、.....\〉}              運用した後に回収できず自然適合や環境適応を
.    .¨¨TT´\.リノ├i /{ ¨¨ /  ̄¨7´.               始められても困るんだよ。
.. >‐fトfヘfハ.\ . \/ 乂∧_,イ/./ .rfrfrfrr=―z┐
..i   |j_}_|jノ、  ¨i /   \〉≠  ./}-{!{!.{!リ  ハi./.         使ったオモチャはちゃんと片付けないといけないよ。
..|_/_..イl:ハ .:/|′| l     .∧  ∧.| :} }ト、 .l {/          ママが教えてくれただろ? 後始末しないとダメさ。
. '´   .∨} ./.;′ |        i|./ | :| ||
5260 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 23:57:45 ID:de64xB.E0
杏子ちゃんですか、スカさん特性TS義体とか
5261 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:00:26 ID:Qowv.M/I0


                                                   、     /
                                                    、 ___∠___、
  安:例として都合がいいのでジョージを出そう。                     〉" ̄ ̄ヽ圭∩
                                                   <●><●>:::`ヽ斗
    アレは悪辣な自立型の浸透戦術兵器だ。                       }::ム::::::::::::::::::/∧
                                                    、"::::`:::、::::::::::::::::’
    培養段階で行動できる範囲を限定し、                         V:::::::::::::.、::::::|:::::::::\
    その中で一人残らず誰彼の区別なく、                        、:::::___::::::::::ノ:::::::::::::::\
    人間を皆殺しにするよう作られている。                        ヾ ̄ ̄`:/:::::::::::::::::::::::\
                                                     ー―イ:::::::::::x::´ ̄ `ヽ::\
    放ってしまえば範囲内の中型動物は                               ヽ::::/:::::::::::::::::::::ii::::::ヽ
    のきなみ刈られて餌となり苗床となる。                           )i::::::::::::::::::::::::::::ii::::::::::、
                                                        /::|::::::::::::::::::::::::::∥::::::::::i
    やがて食料がなくなり繁殖できなくなり、                          /:::::ノ::::::::、__:::::::"::::::::::::イ
    ジョージ達は共食いもせずに死滅する。                         ,:'::::/::::::::::::::χ::::::::::::::::::::::/:::,
                                                     /:::,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|
    時間はかかるだろうが大変ローコストで                      '::::/::::::::::/::::::::::::::::::::::::/::::::::::,
    無人となった大地を悠々と接収できる。                        /フ´::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/
                                                 -=::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::,
    そういう外道の生物兵器だ。                      -=:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::/
                                             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::=-::::::::::::::::::::::::::/
                                            /:::::::::::::::::::::::::::::----::::::::::::::::::::::::::::::::/
                                           /::::::::::::::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
                                          /::::::::::::::::/   ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                                       /::::::::::::γ     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
                                        ,::::::::::::/       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                   /:::::::::〔        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                 【土壌汚染ナシで中型動物を全滅させたら絶滅します】
5262 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:01:22 ID:NtN1BdV60
ただし1対でも生き残ってたら…?
5263 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:01:25 ID:Ck7XiT3Q0
MGSのナノマシーンウイルスとか存在したらエラいこってすな
5264 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:03:21 ID:Qowv.M/I0


                 /__  ..  _
              k:./:レ: : : : : : : : : .
           .:.:.:.:.:/:i:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.\
           /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.:.:.:ト              仮にジョージがコントロールから外れたとするよな?
          .:.:.:.:.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.:.‘,\:.:.:.i:.:.:.:.:.:|.              例えば活動する範囲設定の突発解除であるとかだ。
          /:.:.:.:.::.:.:{ 入:.:.:.:.:ト }:ハ}:.:.:.:从
.           从::.:.:.:::.:.:「  }:.:.:.|  」Lj:.:.:/:.:.{             すると次に想定されるのは、よくあるモンスターパニック。
         {{ \:::.Nx=ミイ 介 ''⌒7 }:./X⌒.            無制御の生物兵器が無差別に街を襲っておおわらわだ。
          \ノ:.r:.\        イ/^`  1   _,
      、_   ア⌒ハ   _ _,   /}}  / ノ/   /.     最悪の事態に備えて駆除できる用意ぐらいしとけよ。
     _)  \j\  {{_ \     ィ{   {   /   ∠  、
   /     _ _ り//レヘト __/ 」!__/77ム  rー ァ    \
   ー-- ァ   乂 \///}   \/   {/八    /   \___{_
      /  /     }ア\ ,/    个=ァ}         ヽ.  だからジョージ達のようなラボ製ライフには根幹部分に、
.     l  {    人{^ヽ  \__ /   ノニニ_  λ \_   _}... 特定条件で自滅を誘発する因子が植えられてんだよ。
.     レ1}   /ニニニム  /  _z≦二二ニ=- /ニ,ー  厂
       }ィニニニニニ7 {   }ニニニニニニニ7  /...    どれだけ環境に適応し進化に等しい変化をしようと、
     rfう }ニニニニニ{ {  仁二ニニマニニニ7イ]]v、..    変えられない部分に刻まれて決して消えねーのさ。
     {{_/ /ニニ|ニニニニ  }   jニニニニニ}ニニ7 f⌒! }.      運が良ければ見つかるぜ? ミュータントの自滅コード。
      丁ニニ|ニニニ,  { /ニニニ}}ニ}}L二ニ\ー=彡
      }ニニ_jニニニニ{  / /ニニニニ{{仁二ニ{{ニエ..      こういうのもキイに居るミュータントの多くが山を越えず、
   r 个=--マニ}ニニニ{ { {ニニ=‐ 'ニ/::::::ア气ー‐く..      ずっとキイの中だけで留まっている理由なワケだな。
   >‐{ハ:i:i:i「::::7ニ=-=ニ{_jレ=ニ二二ニ/.:i:i:i:i:}::::://::::::}ト、
 { 「::::://ハ:i:i{:::/ニニニニ=-=ニニニニ{:i:i:iー=ニ:::{ {::::::/_ア
   ̄]:{ {:i:i:i:i:i}/ニニニニニニニ=--=ニ{ハ:i:i/::ノノ::::/y^
5265 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:04:01 ID:NtN1BdV60
なるほどなぁ
5266 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:07:25 ID:Ck7XiT3Q0
解体不能な爆弾ほど厄介なものないし

現実で細菌兵器が使用されない理由のひとつだしな
制御不能
5267 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:07:29 ID:Qowv.M/I0


                                                          /
.  安:最後のキイの特徴は、孤立した土地だということ。                        / /
    自分たちでなんとかする。せざるを得ない。やろう。                         //
    そういう土壌で今日までなんとか発展を続けてきた。                   , イ        ィiXハヽ
                                                         /       / /^´` レハ
    だから外部介入、横槍や干渉を認めないし許さない。                    / ./ /  /./ /       ∨
    弁務官もそうだし陸軍もそうだし、海軍だってそうだ。                      l { ,′./ イ / __        , 〉
    みんなリソースを余計なことに割かれたくないんだ。                   ! A、| /| ./」ハ   ー   イ/7
                                                      V ヽ./ヨ/__||_ ̄`ヽ  /_, -<
    時間の余裕、経済の余裕、業務の余裕。                          l  .N=キ ` ト._゚> ´, -'<_゚_,ィ
    各々がどこかで逼迫して欠けているし、                              ヽ.,′   |  ´    ヽ
    なんとかしようと一生懸命だからね。                         _,. イヽ; ,   , -‐'-.、   ノヽ ; '
                                                  _ -┤:.:.〈:.:.:.丶;'> ´   ∠_\  、\
                                              , -‐ ´::::::::ヽ:.:.:.:.ー>´ィ/</く三‐―ヲヽ.>ヽ
                                                 /::::::::::::::::::::::::::::`ー-´_:.:.:.:.:.:.:.:`ァ‐-,'--ィ:'.:</:.:
                                            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| `ー--く:.:.:.:.:.>-<:.:.:.:.〉
                                             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |ヽ     ヽ:/ | | ヽ:/
                                              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| `       ´.└┘

                                                     【怒らせるとマジやべぇ爺ぃ】
5268 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:08:38 ID:NtN1BdV60
そりゃそうだ 碌に仕事してないのにおいしいとこもってかれて我慢できるわけないよな
5269 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:09:33 ID:Qowv.M/I0


          __、--..、、
       _<⌒ヽミヽ ヾ !'⌒≧_
        ,Z´r;=-‐- 、ヾ 〃′≦             安:イズミの企業、帝愛がしたようなことはね、
      7,"/   __‐ 、`ー-'⌒ヾ.7               国交省だけでもヤタガラスだけでもない、
       ! l ー‐- 、ヽ._`ー'´, u !                  キイそのものに喧嘩売ったようなものさ。
       .l !!L、u __\  ̄ 〆"T
      l.r‐、ヽ 、‐。‐-、V/∠==、|
     ,' |.l´! | u`ミ≡7@ )゚=彡 !                  北領じゃないがキイも政・軍・民の各勢力が
     /,' l.l_|⊥%ニニソ(@ *; )ー-*|               ガッチリとスクラムを組んで経営されている。
    ,/〃',ゝ|/>rーrーrゞr<二二フ
  ∠ -:/ ト ヒ'土土土十┼┼ヲ;!                    なぁなぁの連帯意識が強くてキイの身内同士なら
 ̄:::l:::::::|、  !lヽ~U ~  __ ̄ ̄.ノl                仲のこじれきった陸軍とヤタガラスですらブックを
::::::::l:::::::| \. ヽ.ll ヽ、 ___'/l/`iー-.              読み合わせたプロレスで話は済むんだ。
::::::::l::::::::ト、. \ \. ll  ll  ll ll /:::::l:::::::
:::::::::l::::::::| \ \ `ヽ、 ll ll/!:::::::!::::::                 だが外部(立地上イズミに限定される)が彼等の懐を
::::::::::l::::::::|   \ \  /`ヽ'  |:::::::l::::::::             弄ろうものならシュートサインを掲げて全員で迎撃し、
:::::::::::l::::::::|     \. `/  /   |:::::::l::::::::             これを叩き出す為に動き出せるんだね。

  【ちょっと現実見えてない爺ぃ】
5270 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:10:35 ID:NtN1BdV60
そもそも法を作ってるところと争うなよw
5271 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:10:43 ID:g0PWAZx60
現実見えてて実力も伴ってる悪党は
そもそもキイなんて厄介なところじゃなく他の弱者から搾取するだろうな
5272 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:11:24 ID:NtN1BdV60
西領の開拓地とかな
5273 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:12:13 ID:Qowv.M/I0
和泉の人達に恨みもなければ悪意もないが キミの立地が悪いのだよ 仕方ないと諦めてくれ……(cv池田秀一
5274 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:13:35 ID:NtN1BdV60
両方あるじゃねーかw
5275 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:15:48 ID:Qowv.M/I0
キイへ難民が流れてくるルート 陸路つかうと絶対にイズミ通るから

汚い難民がゾロゾロ流れていく→なんか高級な低汚染or無汚染果実とかが出てくる
美味しいやん!! って思っちゃうのは仕方ないことだと思う 発想に品がないけど
5276 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:17:06 ID:NtN1BdV60
そこで難民輸出してきれいな野菜の輸出入だけに腐心してればなぁ
5277 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:17:11 ID:Qowv.M/I0


            ´:.:.;r‐::y──.:.:.:.:.`              じゃあ小エリアとしてキイの特性を3つあげると、
        /:..:‐/.:.:../.::.::.:.::.:.:.:\.:.:::\
.       /:/.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::.::.:\.:.::丶
      /./:.:.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::..:.:.:..丶:..:.::..       1:大型プラントは期待できないけど基礎研究が美味しくて、
       /.:.{:.:/.::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.::.:..::.::..        怪しげな崩壊前の最先端製品が入手できる事もある。
.      / .:.:∨! .::.::.::.::.::.:.:.:.:..::.::.::.:.::.:.:.:.:..::.::.! :.:.:.i
     ,イ.:.:.:..:八::.::.:.::ハ .::{ :..::.::.::.:.::.:.:.:.:}..::.::.|:.:..::.|.       2:生物兵器のミュータントがいっぱいだけど、がんばりなよ?
   / :|.:.:.:..::.::.::._/ _}:八 ::.:.:ト、八_:|..::.::.|:.:..::.|.         ムリはしなくていいよ。どうせやつら外には行きゃしない。
     |.:..:}.:.:.:..:.:∨  `  ',.:..i  ´ \}.:.:.::.{::.::.::|
     { :.八.:.:.:..:i|rア不、  ∨  ,rア不、.:.八.:..:.:!     3:横入り介入お断りのマジ鎖国ロストグラウンド状態。
     ∨ |\.:..:{ 乂ソ      乂ソ.|.:./.:.:.\八        もし手をだすなら総力戦を覚悟しておきましょー。
        | .:ヽ八       i       !/ .:...:.:::.}
        |{:.:..:.:.:.ゝ   、  ,    /.::.:.:.:}:.:.:|
        .八.:::..:.:.:|ア> ,.     , イ|::...:.:.:八:ノ..     こんなとこでいいですかね、安心院せんせー。
         /\.:..:| 人 \. ̄/ / |.:.:.../'\
.      /     ヽ{  \_Υ_./  .!i.:./   \
     /       {     |       }/     丶
                  /[]\                 安:ああ、それで纏めは十分だよ。花丸をあげよう。
    |          <__/|:ト、__>           |
    |i             /r|:| ∨          |     世界のガラパゴス日本……のさらにガラパゴス。
    |i              ∧               |     閉鎖的でヲタニッチで偏屈な村社会。
    |i          /.:./.               |
                                   ――だがそれがいい。実に日本らしい皇国の姿だ。
5278 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:18:08 ID:NtN1BdV60
住めば都
5279 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:19:05 ID:Qowv.M/I0


            .、__//__
          _,.>-:.:^:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
       ーァ':.:./:.:/:.:.:.:.:.:.:.ヽ:\:\                     ぐだぐだクダ巻いて設定並べ立てたけど、
      ../:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.;.:.:.:ヽ:.:.       }               所詮は自スレ設定がほとんどだからよ。
       /:.:.:/:.:.ハ:.:.:.:.:.ト、:.:.:.:.i:.:.:.:.:}:.:.:,     ,ノ \_
      〃i.:.:{:.:./⌒';.:.:.:..「 }:.ト:.|:.:.:.:.i:.:.ハ!  ー- 、 f⌒            御本家の公式爆撃でいつスッ飛ぶかは
      {{ Ⅵ}/__ _ }:.:.:.弌ミハ|:.:/小:{ j.      ヽ{             マジ俺にも知れたもんじゃねーのな。
     .| j从 f⌒` 'ハ:./ 辷沙:.:/:./:.:.{_
         ヽ       ー'"^7⌒}: f⌒ヽ      -‐ 、
          :. ー--- ァ   (_/ヽ{  -― ァ /    /         だからまー、毎度こんなで悪ぃけどさ、
           〉、 ー‐  /!}「   /_   /- /    /.           こんな感じの世界観だよ、ってフワっと
   .、ー- ー--=ニ\    '  」^∧_/ ̄j  / ,/    /            感じが伝わったなら十分なワケよ。
    -‐一 -=ニ二三三} r=ニ二/  '      /    /\
.../    /ニニニニ/ノ-‐ /ニニニハ/ ,   ___jノ___/^´     /{
.' 7   マニ=- /'"   マー-'"/   {  /⌒`       ‐- /:.:.:.:}      気分だ、フィーチャーだ、アトモスフィアだ。
. 厶--1_/ーr'’{   -‐ュー‐’}  /:i:ー>-         }:iヽ:.:.:.:\
.{:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:ハ >‐'" /^:i:i:i:i:i:i:レ':i:i:i:i:i:/   `ー- ___/i:i:i/:.:.:.:.:.:/.   毎日そんないーかげんで生きてる >> 1と、
.}:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:/ /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{          }:i:i:i:f^:.:.:.:.:.:.{
.}:i:i:i:i:/:i:i:i:i:/ /    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/^  ー-    _/:i:i:i:リーr―‐'
5280 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:19:44 ID:Qowv.M/I0


                                              ,, -‐ァ/ヽ、/\ , へ: : , 、: :ヽ、
                                             /::/`´: : : : : : : : : : : : :`´: :ヽ:〈. ヽ
                                              `/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ゞ、  ',
                                         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ\}
     なんか今回、私の出番少なくなかった?             .,':./: : : l: :l : : i!. : : : l : : : : : : : : : : :ハ /
                                           ,',/ /: :.」_ !i: : :!i: : : :.i!: : l: : ヽ : ヽ: : :ヘ
                                             i l: :l: : : Ⅳ`!、ハト、: : :ト、: :ト、: : ヾ ;.ヘ: :ヘ
      >>1 セインは犠牲になったのだ……。            レi: :! : : i! ァ仍ら`ヾ: :.l ヽx=气ミヾ : l:ゞ、\
.          うまく纏めらんねぇ俺の犠牲にな……。         ハ ト. : :!i マェン ノヽ: ! イ込ク / !: :l : l ` `
                                            ,, ヘ} l: :l ハ     ´  ヾ!      l: ;} : l
                                             , ´` ! !: :ヘ     ,       ,イ: i : :l  ─、
     ――あとでスタジオ裏ね?                          /  ',}: : :.マ   r‐‐,  ,-/i/: :jK´   ヽ
                                            {   |: : : : i> .. ` ´ .. < i: : : : :/     ヽ
     ナビゲータのセインとー、                    /     i! : : : | ヾ廴` ´ f"  l: : : /       ヽ
                                             /       ヽ: : :.!.人 \. ̄/ /.l : /         ',
                                            /        ヽ: l>.\_Υ_./.´{:/            }
                                        ,          ヾ}   |..I    /            i
                                        /      /     `./[ ]\.=ニ            i
                                        \     /      <  |:::|. \       ヽ   /
5281 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:23:02 ID:Qowv.M/I0


                                                   :――::.......
                                                ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::>.、
                                                ,:'::/l/ ――ミx:::::::::::::::∧
                                                 ,':::::i/         .Ⅵi:::::';::::::',
                                              ’、:::l_>.-irーr::::<l:|:!:l:::l:| :∧
                                                 i、_i| |l:l|_l|::::l.ィー|l::Ⅵ:l:::|:|::|l∧
       実は“汚染が極端に無い土壌が存在する”            i|::::l| |l:||::::|l|::::|l|:_:|L:|:|:l::||:|::l:::::ハ
       という特性もあったんだが、これは本編で               l|::::l| |l.ィ去ミ´ ̄ィ示ミ|:l::||:|/:::::l::|
       ちゃんとやるので割愛したよ。                        l|::::l|∧'弋リ   ゞ‐'1l:j::||:|、::::l::|
                                               l|::::l|'/ヘ    !    .j:l;':::リx_\':メ- 、
                                               l|:::::l'/:イ_::.、_`ー ’ ィi:/:::/ x≦ニミ_ \
                                           乂从〉 孑≠`ー.く__l:リ::/:/>― Y .∧
       無駄に長くなってしまって申し訳ないね。               ./ \::乂.      ヽイイ!/     ハ―.、〉
       キイのエリア特性はとりあえずココまでだ。             :;′ィ<∠≠二ミ、___,ノ!〈/./  .l: l::::\
                                          /_,/.乂__,.::-、\〉V_乂三≧x }.l|、:::::::'.,
       この辺でなぜなにスカベ第二回を終了しよう。         ノ::_ハ、 _/::|::::::::: ̄:::::}   ∨/////:ミi{::ヽ:::::.丶
                                              〈: :/   ;::::::}::::::::::/::::;:|   ∨=<///|::::::∨:::∧
                                         ∨   ,'::::::::::::::::::::::::;::|.    ヽ. /_>j::::::::::';::::::::
                                               |   .;:::::::::::::::::::::::::;::ハ    }/ ̄|::::::::l:::::::;:::::∧
       解説役の安心院せんせーでした。               l   ;i:::::::::::::::::::::::::iイ:∧   イ\.{::::::::||::::::l::::::∧
                                               :、 ./l::::::::::::::::::::::::;' ト、:∧_/ `ヽ〈:::::::l||::::::|:::::/
       また機会があればよろしくね。               ___¨; ;!:::::::::::::::::::::::; |.:.\   \ . ∨ ::||:::::.|::イ |
                                            `ヽ . /;’;:::::::::::::::::::::::/.:.:|:i: : .\ _  \.{、::リ::: ;':: |/
                                            ̄::::`/.:i .i:::::::::::::::::::::;′ .l∧: : : : ̄i\-、〉:/:::/.:::/:::
                                           ::::::::::〈.:.:| :|::::::::::::::::::/  ,'/\:_:/:|: :.\:∨:::/.:::/
                                           : ::::::::::Ⅵ :|::::::::::::::::;′ /     `ヽ: : : : : |:::/./
                                           ::::::::: : 从|::::::::::::;′ .,.’...::: ̄:`ヽ.  \:: :.:|/イ
                                           ::::::::::く: ∧!::::::::::::;′ .;/:::::::::::::::::::::∧   i:: ::|::::::
5282 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/06(水) 00:23:35 ID:Qowv.M/I0


                                                          |    -=ニ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
                                                          |   /:.:.:.:.:/ |:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|
                                                          |  /ノ:.:.:./、 !:.:.| 、:.:.:.:.:.:.:.:.|
                   ――エンドカード――                         |<:.:.:./ヘ.,_ヽ‘;.:..:  \:.:}:.:.:.|
                【なぜなにスカベ:まったねー】                        |= }ノつ ̄ ̄  ‘,:.|ー―:.:}/:.:|
                                                          |ニニ{     _   }ノ\ー-:.;.:.: |
                                                          |ニ圦   /::::::::7    \ノ:.:. |
                                                          |ニ〈  〕i__/:::::::::/   ⊂フ:.:.:.:.: |
                                                          |Vニ=ァ 「≧=-<    ー=¬冖|
                  _ - ≦  ̄二` 、                          |ニ/ r―=¬i'⌒⌒ニ=- ≦i|
                    /´ /  /ニニニニニ゙; ゙;                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                / /   /≫┬ ┬‐'i .i
                  /  i    .{  ハ  }!  } i
         , ィ    {  i    .ト、 { .}  .}∨‐v i                     ,、   __
          / /      ヽ  i   -ィ回::}`ト-'廻}_/ }                      _| ` ̄   ` >、
       /  {    r―‐ヘ  、 i  ト'´ ̄ t ァ  ノ  i                  /ー-'           l \
        /    i     マニニム   、i  i≧=- ィ/ /} /                 /       ハ  ト    ヘ
        {    }     マニニニ>、_、  トヽ7} ∨ノ レ′              l   i  ト  l x―l‐\   ヘ  l
   ,ィ≦ニニ`、  i      .>Y⌒ くr\} ヽ} /ハ(`Y              | l  l 个l  l  ,ゝ⌒ヾ\ .ヘ. l
   マニニニニニ}__/ィ≦ニ> ´  乂{} リ'´ ヽ Y⌒ 、'ヘ<-―‐ 、            |∧ ∧ l ヽ l ハ   l/| \ヘ、l
   `ー‐7´`ー‐‐ '´   ___7 ̄  /´_>乂{}ノく`ヽ 、   \         .|' l l \l  |ヘ{  マ_| l    ̄l
       /    _ -‐ ´       ./ /{ ノ-\_} 、  `    /          |  l ト Z≠ミ     /// l  ト l
     .{   /           // / / ∧_}\i     /            ヘ l ///       ヘ ,/ /  l ヽl
      ∨ /             ノ/-'/  レj {  .ヽ__ - ´                ヘll 廴 _   マ__ //,イ  /  |
       .\ー- _        彡イ ` 、   i .ト、 ,ィ′                    ヘ    ̄「ヽ 「/' l  /ヽ、
        ヽー- >-------イ |   〈  ヽ、} .i  /}                     ヘ   |ゝ∨}/ l  /   \
         ` 、 ____/ `>-┘    ` 、i  レ' }                       ∧  l, 介.、  l /     ヽ
              i  ー---  _「          i                       /  \ ∨l:l ヽ l /      ∧
              |  ____            ノ                     〈    \{:::l∨ '      /::::::ー、
            〈 ̄                /                      /::`ー、    |:::l     _,イ:::::::::::::::::::l
5283 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:23:49 ID:Ck7XiT3Q0


(今頃、スカ衛門に隅々まで検査されてんだろうなーセイン)
5284 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 00:24:12 ID:NtN1BdV60
乙ー!
5285 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/06(水) 00:30:08 ID:Qowv.M/I0
>>5283-5284 乙ありー 時間マジやべーので寝る!

電脳のほうは隅々までチェックされてますな バックドア対策やルーチンいれる領域の高効率フォーマット変更なんかで
ボディはふつうにスキャナーでおかしなとこないか確認して終了 ミレニオンはそんな技術自慢な組織じゃないので面白味もなし

なぜなに?SCAVENGER 第02回――エリア特性ってなにさ?その1

5138 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:44:55 ID:tpYujENw0


                             `
                              \ ,,_人、ノヽ
                               )ヽ    (
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ - <       >━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                               )     て
                              /^⌒`Y´^\
5139 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:45:14 ID:tpYujENw0


― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_-_ ̄ ̄― -_ ̄― ― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄― -_ ̄
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ― ̄―‐―― ___
 ̄――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄_――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―    ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄―  ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
  ___―===―_―    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
  ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
5141 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:45:53 ID:tpYujENw0



                               ――なぜなに?――
      __       __       _    __ __  ___  _    _      __     ___   __
     ./////,\  //// \  /// \  |///|.|///| |///// | |/∧  |///|   //// \  |///// | |/////\
    |///∩///l /// ∩///! ///////ハ |///|.|///| |///| ̄  |//∧. |///| ////∩///! |///| ̄  |///|∨/∧
    ∨//\ ̄  |/// | !///| |/// ̄ ┘ |///|.|///| |///|_  |///∧|///| |'///,| !///|  ///|_  |///|/////
      \///\. |/// |  ̄   |/∧    、 |///|.|///| |///// | l ////////| |'///,|  ̄  |///// | |//r¬/<
     .l777l∨/∧ |/// | !777l |///≧ァ'7{ |///|」///| |///| ̄  |///|∨///| |'///,|「777l |///| ̄  |//| .|//∧
     .|///∪///| ∨//∪///! !///「|///| ∨////// . |///|_  |///| .∨//| ∨//∪///| |///|_  |/i「  |」^l/|
     \'/////  \///_/  |///| l///|.  ∨////   |/////_| |///|  ∨/|   \//l¨℡」 |///rf℡ T」   _|/|
       ̄ ̄       ̄      ̄   ̄    ̄ ̄     ̄ ̄ ̄    ̄     ̄      ̄       ̄            ̄

                          【第02回――エリア特性ってなにさ?】
5142 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:46:45 ID:tpYujENw0


          |: : :/ , <: : : : : : : : : :> 、
            __V: :l/: : : : : : : : : : : : : : : : :i` .、
       /: :l: :.ゝミヽ_ : : : : : : : : : : : =ミ:/   \
      〃: : /V: ; : :.l: : : :、:\、_: :.ヽ: /.ヽ >、/:\      オーッス、みんなー。なぜなにスカベの時間だぜー。
     /.; イ , `/ 7|:ト---:ト、_\`<V  ハ/:ヽ ̄
     iレ' /:ヽ,'  ,' / l:|V   ', `ヽ`ィ´ V_../:.'; : : :丶      第二回は『エリア特性ってなんなのさ』がテーマだ。
      ; : : il:`:T7ー‐∨∨_.i.ー'´ `,ィミ |:´:; : :i:.i_r‐ 、ハ
        l: : :ハ: :lミミ、__   \:.:.:',,ィ彡'´ .|: ;イ: :.|';l_ヘ   ̄`.     なんなのさもナニも >>1 が勝手に作った言葉だよ!
        |: ;イ l.ヘ.:', _`_ニ=  \|=ミミ=リ:/ l: :んl l |
        |/人  l.`テ'´   ___    /' ノ:/_.ノ /
       「`i〉ヘ ,ィ._r'´ ̄, '´   ̄`i__./l',イ-〈ヾ
      i´/`l、/rヽ//7ヽ/      ///Y..└‐ァヽ〉
      乂.ノ:.:.冫 ∨//ト、___., ィ////_<
           \`7 .〉‐'ノ`Y、ヽ/Yヘゞイr‐ヘ、
        ___`ーl/リ:.:.:| 〉//.:.:.:Vrミ_:.:.冫
        l:.:.:.:.:У.:.:.:.:.:.:ノ..:|′,':/´-ヘ`ヽ'┐―┐
        ,.〉-‐:'´:.:.:.:.:/ニ/::〉ニ、`¨乂〉ノ:く、:.:.:.ノ
        く:.:.:.:..:.:.:.:.:.// //`〈∧ \:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾ、
        \:.:.:.:/:|//7、`__|\/、'/〉iヽ:.:.:.:.:/
          ヽ/  .{三リ         {三} \/
5143 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:47:28 ID:tpYujENw0


                                                ,. 、_ . . -' \ ̄: : :‐. ._
                                              /: : : : : : : : : : : : : : : : : :.,\
    テメーこのやろーっ! ナビゲーターは私でしょ!          ,.': : : : : : : : : : : : : : : : : :‐'" l: :.ヽ
                                                /: : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : :.!: : :゙,
    なに人のポジションとってんだってーっ!!            /: : :!: : : :.l: : /!: : : :l: : : :!: : : : : : !: : :!
                                           /:/l: : : : /V  !: : : :l、: : ! l: : : : 、: ヽ:l
    案内役のセインです、セインでーす。                  /"  l: : : / \  ヽ: : :l /  !: : : !: \ヽ
                                      ,   ,.イ      .l: : :.!. /  }/\:.!`ヽ !: : : : : : :l ``
                                        l ゙、 l !       l: :l.:、       ヽ  /: : / : : :/
                                       、ー ゝ`  、__-、  l:.!l: l: .、 (    )/: :_: 、/l:.l
      >>1:YOUだって本編けっこう出たじゃない。     >     / } ̄l! l: :!: : `:ー- _―'‐'"  ヽ リ
.       もうココからリストラしてもいーんじゃね?   '-‐ ¬、´ ∧ ,. ',.-‐ァl: :ヽ: />‐‐、`ヽ     l
                                          l `´ ./ー'` <    _ヽ )   l
                                            ヽ.   二ニl   } -‐;/!´ー-, 、_   !
                                           ヽ. 、丶、  / / l! !  /    /
    やめろーショッカー、マジぶっとばすぞーう!                \l `´-‐'ヽ/,  l! ∨     ' 、
                                                   _,. 〉 .l!     ノ  `;、
                                                  l、   , ' 、         / \
                                                    / ヽ/  .\   /    ヽ
5145 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:49:45 ID:tpYujENw0


                      ,, '  ̄ ̄   .
      -―-            ,,´ .ム= ニ二ニ =ヘ  丶
   /    も \      /  ./ニ二二二ニニ゙.  ヽ
  /       う         /   ムニ=   ̄  =ニ」   :
  |       収   |     ′ .」:-┼¬  ィi fT ト、|  :..    皆様には御無沙汰、解説役の安心院せんせーだ。
  |.   少.  録   |    ′  | | 」!_从  |.|__|!__| | |  ハ     開幕ぐっだぐだで申し訳ないね。まーいつもの事だけど。
  |   し  が  .|    ,'i   .i .|x==ミ、 ̄ ≠==x | |    !
  |.   黙   始  .|    l.|  | T{. らリ    らリ,jfT '    |   今回のなぜなにスカベだが、エリア特性なんて言っても、
  |.   れ   ま   |    | !  | |       i     .″ :i  '   >>1 が言うよーに勝手な造語だから他所で使われている
  |.   君   っ  |   V゙  lム   、__,.   /| : |! /.    言葉ではない。凡そこんな感じ、を示す枠だと思ってくれ。
  |.   た  て   |    V!.! l | >、 `  ´ , < .| : |l /
  |.   ち   ん   |    マト. .l ! /|>---</V '  /|l'
  |.    。. だ   .==' ./|{::゙ l V.ム    /V/  .イ:::リ\
  .      よ  /   ー--ッ^、 V゙ム   /V .' / \-一
   \     。      /  ⌒} ゙ム ./V _,K  /  \
       ‐--‐       /    ヽ   Vノ〉'/ /i! /    ヽ
                ′     \ ..ム' / /./!    .r 、 '.
         「 | ` 、_  | \     . '    `V .'   ( フ-- ヽ .
        |=|   }}ヾ^}ミx  \   i ===  i/n   .}}|,ッ  .|. 、
       し_  ≠-"-"r'   \ ./>。__ イ}=キ== '" }-'  |_ ヽ
                /  ,,イ ̄リ |/i{{__.._〃    i /人f .|::i  \
5146 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:52:36 ID:tpYujENw0


                                                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
                                              /: : : : : : : : : ; : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : \
                                                /: : : : : :: l: : :/: : : : : : : : / !: : :ハ: : : : : : : :.ヽ
    他所様の土地柄アレコレ言うのは問題になりそーだけど、    .l: : : : : : :/l: :/ l: :,: : : : : :./ l: :/ ヽ: : : : : : : :!
    例として幾つか挙げてかないとワカんにくいですよね。       .!: : !: : : ://¬-∧: : : : :,', -―-、. l: : : : : : : :l
                                               l: :,l: : : :// .;仍;   ヽ : : { 仍ヽ  ヽ.!: : : : : !: : !
    ちょっと皇国の地図だすんで待っててくださいねー。      .l;./.!: : : ' { {f;;;;リ  l∧: l {f;;;;リ.  / l: : : : : l: : l
                                            レ .l: : : :l   じ::ツ   '   ヾ じ:ツ  ' ': : : : ヽ:l: :!
                                             l: l: :;!                 ': : : : : : :、:'
                                             l:l l:.{           _       /: : : : : : :./``
                                           l! l:l:丶.     ,'    ヽ   /: /: : : :/:/
                   _n___.__ __ _n_n__  ____ __._  __.         .! !l: : :>.、   { ,.、   ノ  _./:/: : : :/l/
                  └i n |UU└i_n r┘└‐┐|UUヽ)/ /         ,,.!: : : _..' `/./ -‐ T´、/": : : : /
                U U     .くノ  ┌‐┘|   </            i'/l: : : /.>'´ ,      ノ \: : : ;.'
                                              l/,': :,./  - ' _ヽ,..-‐',. -‐`:/ー― 、
                                              レ'//      ー、!'    ̄ /: :.///////∧
                                              !',//      ,. ノヽー 、./:./ ////////l
5147 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 22:53:15 ID:tv8zkx5U0
しかしどっかのメガテンでみたことある用語だな…
5148 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:56:36 ID:tpYujENw0


                                     |~l
                                      | .ヽ
                                  _  ノ  .\    _
                                   |ヽ_/.    `‐._//
                                 √_  ._  ① . __.(
                                 ) (.ヽ' \  ./  . ̄
                                 ⌒_   .\/
                                .ノし~|
                                .i    |
                                |,.   .|
                                /.    |.     セ:皇国全体の地図ー。(ドンドンパフパフ
                                /   ./
                                /   .(
                              _ノ   i `
                        ._   _/     |     安:ハイ、ご苦労ちゃん。では用意してくれた地図を、
                       .l (,,.-‐´     .|        解り易いよう大雑把にザックリ割ってみようか。
                 .,,____  ,.ノ        ./´
          _,,. -‐'´     'ー┘   .②       |         大エリアとしては北領・本領・西領・南領があって、
         __!.,,__ ,,__,.,..__,...,_     _       /フ ..i´
       <´~ し、 _.ノヽ- \ つ   (└‐-'´!ノ⌒ |,..i´          中エリアは例れば本領に北陸・関東・畿内・中国、
        )  .く .~| .,,.-‐.v´ .! ,.-‐'
.          / ④./   ` ③   `´                    小エリアが各スレ舞台の名前をあげる感じかな。
       .ヽ∩,!

   ⑤
5149 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:57:58 ID:tpYujENw0


             x
         -‐ぅY:/― -  .
.      ..:.':.:./:.:.:.:.:.:,:.:.:.:.:、:.:.:.:.:\                 じゃー俺が地図に印つけるぜー。
    /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:./^ヽ:.:.:.\:.:.:.:.:.:、
.   /:.:/:.:./;.:.:.:.:{:.:.:.| -‐ヘ:.:.:.:.ヽ:.:.ヽ:,                 番号順にさっきの北・本・西・南になってる。
   ':,:.:|:.:.:.|:i:.:.:.:.:}:.:.:{'  __, }ト:.:.fヘ|i:.ト:i              ⑤は番外的なメガフロートに沖縄浮遊島だ。
.   i/:.:i:.:.:.从:.:.:.:.{\:Y斧刈 jハト、リ:.i j!
.   { |: !:.:/:ハ ヽ:.:.:、 `     jハ沁:ハノ.              つまり大エリア=列島各島の事なのな。
..   |!从{/(^  \_,        /{
.....  '/:.:/:.\ー}      ゝ  _ _ 「
.....  '⌒ヽ:.:.:.7ハヽ
       \}{:.| : : : ..      k_               安:この時点で各地に特色が出てくるからね。
    {\  j{り,x     r――ヘヘ
-‐…‐-}  ーv/  {__ :!    ム V{                 知ってる人も多いだろうけど念のために、
ぅ    '      う//,∧ }≧==≦ヘV ̄>.            各大エリアについて説明していこう。
7  r‐…・・・…  ⌒ヽ⌒Y   ヽ//∧:Vメミー
-‐ /  ーァ /  人 {___/  _,ノ}二フ /::::::'ー、>
  jレ'  ー'/___/^:}}::::::::}::::{   {  「::j7:.'⌒ヽ:〈
      |::::::::::::::::}}::::::::i::::::\__}  ! jレ'ハ:.:.:.ハV}
}i  jK.   !::::::::::::::::}}::::::::|:::::::::::::{{ V}:::::::}:.:.{レ1
!レ'ー ミヽ}:::::::::::::::}}:::::::::\:::::::ノ:} 斗-―…ミーァ
::{ {   j }::::::::::::::::}}:::::::::::::::::^::::::} /:::::::::::::::::::ヽ{
\Y( 彡':::::::::::::::::::}}:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::o}::}


>>5147 気のせい気のせい そーゆーことにしとこう しよう
5150 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 22:59:32 ID:tpYujENw0


                                  |~l
                                   | .ヽ
                               _  ノ  .\    _
                                |ヽ_/.    `‐._//
                              √_  ._    . __.(
                              ) (.ヽ' \  ./  . ̄
                              ⌒_   .\/
             ,.: ¨ ̄ ̄¨ : 、      f}
           / ./ZZニZ∨ ヽ      .f}
              / i /:二ニニ二:Ⅵ .ハ...   f}
           .,′i|.ィTTi |lTTミi.|i .l|:,...  f}          はい、それじゃー大エリア北領から紹介しよう。
            :′ |l:|ィ示 ̄ィ示zl|! .|l∧ .   f}
           ; |l | l|l}i_ゞ'ri┐ゞ'ノ{l || lハ  .f}        試される大地、北海道。まー冗談にならねーフレーズだ。
           { |l |:.从 ̄ r.‐v ̄.ノl: |l.リ/   .f}        だってガチだもん、大雪とか遭難とか野生動物とかの害。
           ∨l| |li\.∨ノ ..イ{/ :l//、  /ヽ.        誰だよコレでイメージアップだなんて抜かしたヤツは。
         ノ::|| |||乂`TT´:ト|  ./イ=:::>{¨ヽ.}
        く_:|从:.Ⅳ ∨ ::::::/ .|.//\/ .{_` /
            /:::::\〉 ∨_./_|_/ \〉  ゝ ,′         スカベ世界のこの地も変わらず試される大地のままだ。
        へ._/ /   /゙ ̄`Y//}  .∧ ,:{! ト、
       l  {fl;’.∨l 乂¨¨ ノ // | /∨::} .|:l.i.        環境悪化による万年雪が増え、土壌も汚染されている。
       人//j ∧∨ ./.7T  ./ .l| ,′;l:::l .从|.         勿論かつての野生動物王国も総ミュータント化と思いなよ。
      / ./ ;′ 乂_/ |:l| /{′  li|,′,'.}::|/:/|
      ,' ./ /  / /  .|:|/:::| __\._{ ./j..|:/:/ .|       崩壊前は軍事生産拠点が多くてヤベー遺跡が多いのに、
     ,’.;’/ ./ ./   |:|!:::ノ〈∧=={ i.,’.|l:/  }       なまら広いから管理するにも目も手も行き届きゃしない。
      .;’/./   ./    .|:|!::l:}:::〉∧={ | l .l/  /}
     i.;′〉 l  .,    .|:|::从:::::::∧:}ノj|.     i|
     |i  j |  i     |:l/::|:|∨_乂| .l|     :l|        生ける者全てに厳しすぎる紅蓮地獄、それが北領だ。
     |l ./ ノ  |      |ノ::::|:|::::::::::::{! ||    |
5151 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:01:06 ID:tpYujENw0


                                          ___
                                    ヽ::::::::::::::`ー---、_ , -―――‐-、_______
                                      \:::::::::::::::::___:::7::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,-―::::::::::/
.  安:ミュータントすら耐えかねる厳寒の世界。           \::::::::<  У::::::::::::::::::::::::, <´ ̄ ̄>::::::::::::::/
    彼等だって冬になれば穴倉に篭ろうとする。             .ー∠  |:::::::::::::::::::::::/  <    .>┬‐-'
                                                人 .|::::::::::::::::::::/   〈      .|
    だが都合よく目の前に屋根と壁のついた建物             ./<´ =|:::::::::::::::::/==  __>     |
    があるのに使わない理由はないだろう。              フ ゝv^ヽ::::::::::::::レ、 r--'       |
                                        < """ /`´`´`ぇ ヽl  """  >  |
    冬場の彼等は遺跡を巣穴に定めて潜り集まる。          `7  ,-、:.:.:.:.:.:,-、::|       >  .|
                                          ヽ/_/`ー‐ \ \_    ヾ    |
                                          / ̄ ̄ ̄ ̄\\_          |
    スカベンジャー達の視点でこの状況を鑑みたら、          .(         )::|   ,-、       |
    軽く開幕モンスターハウスという惨状だよ。        fヽ  /    ̄   ヽ:::|  |  |       {
                                           `l `Y           `l/|  ト、     寸、
    ゲームなら序盤からPCを殺しにかかってるね。      L_L_________」_ .|  |       弌
                                            Ⅳ////////////////Ⅵ |  |           |¨7
                                            Ⅳ////////////////Ⅵ |  |       ./´
                                             Ⅳ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Ⅵ__|  |____/
                                             Ⅳ//////////////Ⅵ `ー'
                                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                                     【もしかしたら居るかも:巨大みゅーたんとうたぎ】
5152 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:02:26 ID:tpYujENw0


       ,、   __
      _| ` ̄   ` >、
   /ー-'           l \
 . /       ハ  ト    ヘ              北領は現情報だと中エリア規模の小エリアしかない状態だね。
  l   i  ト  l x―l‐\   ヘ  l
  | l  l 个l  l  ,ゝ⌒ヾ\ .ヘ. l           ババコンガ=サンが書いてる『やる夫は雪モグラのようです』、
  |∧ ∧ l ヽ l ハ   l/| \ヘ、l           この作中舞台シスカって北海道よりだいぶ北なんだよ。
  |' l l \l  |ヘ{  マ_| l    ̄l
  |  l ト Z≠ミ     /// l  ト l           さすが北海道はでっかい。けど北領はさらにでっかい。
   .ヘ l ///       ヘ ,/ /  l ヽl
    ヘll 廴 _   マ__ //,イ  /  |          そのへん周辺地図を見てもらえばワカると思うな。
      ヘ    ̄「ヽ 「/' l  /ヽ、
       ヘ   |ゝ∨}/ l  /   \
       ∧  l, 介.、  l /     ヽ
       /  \ ∨l:l ヽ l /      ∧
      〈    \{:::l∨ '      /::::::ー、
     /::`ー、    |:::l     _,イ:::::::::::::::::::l
     〈::::::::::::廴__ |::::l  / ̄::::::|::::::::::::; - ' 〉
     〔 ̄\_ハ:ヽl::l:|/::::::::::::::::::::\::/ ,<
    /ヽ-┬‐' .l:::::::::::l l::::::::::::::::::::| ー<´  \
5153 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:03:32 ID:tv8zkx5U0
択捉等の北方領土も編入されてるしな
5154 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:04:45 ID:tpYujENw0


_                                      |          / ̄´
rラ: _:} ̄ \.      }〉                          .',        /
└'´"     \ r、/ }                           ',          _}
         く } ④ヽ                          |     ⑤r‐'´
           { |  |                           ',     {
         >{   |                            }    /
        /. ヽ  ',                            .|  /
        f.    〉   ',                          ._ヽ/
 《連邦》  {.    |   ',                          /}┘
       }    |    ',                        く/
       〉   |.  ③ ',                      〃
       {    /  f⌒\〉                     .'"      ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :丶
       /    ヽ ノ                                  /: : : : : : : : : ; : : : : : : : : :,: : : : : : : : : : \
     /      } |                                /: : : : : :: l: : :/: : : : : : : : / !: : :ハ: : : : : : : :.ヽ
    /        | 、                             l: : : : : : :/l: :/ l: :,: : : : : :./ l: :/ ヽ: : : : : : : :!
   /       」②\                             !: : !: : : ://¬-∧: : : : :,', -―-、. l: : : : : : : :l
  ,/       |_/⌒l」                            l: :,l: : : :// .;仍;   ヽ : : { 仍ヽ  ヽ.!: : : : : !: : !
/                          ._〃´              l;./.!: : : ' { {f;;;;リ  l∧: l {f;;;;リ.  / l: : : : : l: : l
         .〈\           .r‐'>`´               レ .l: : : :l   じ::ツ   '   ヾ じ:ツ  ' ': : : : ヽ:l: :!
          }  \       ./f´                    l: l: :;!                 ': : : : : : :、:'
         ._」   `ー 、/{:〃: 二.:                       l:l l:.{           _       /: : : : : : :./``
         .}        〈: iッ: `´                          l! l:l:丶.     ,'    ヽ   /: /: : : :/:/
      _「` ′    _...-┘                             ! !l: : :>.、   { ,.、   ノ  _./:/: : : :/l/
     〈 <ー-'´\ ①/                                ,,.!: : : _..' `/./ -‐ T´、/": : : : /
        〉 >     .. ′                                 i'/l: : : /.>'´ ,      ノ \: : : ;.'
     └'´fヽ                                 l/,': :,./  - ' _ヽ,..-‐',. -‐`:/ー― 、
                                          レ'//      ー、!'    ̄ /: :.///////∧
                                          !',//      ,. ノヽー 、./:./ ////////l

                                北領を地図にしたらこんな感じ。某工廠からモロパクリだよ。
   【某工廠フォーマットです】
                                ①ムロラン、②トヨハラ、③シスカ、④オハ、⑤カムサツカ。
   【公式では違う可能性も在り得ます】
                                ご覧のとーり、小エリアって言うにはサイズ大きすぎるよね。

                                その上で隣国《連邦》との国境紛争、最前線なんだ。
5155 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:06:10 ID:tv8zkx5U0
ぶっちゃけ小国クラスの広さだよな…
5156 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:06:59 ID:tpYujENw0


            .::――‐::...._
         /.:∠=--ミ、::::::.`ヽ                  まだ皇国は全体のモラルが低いハズなんだけどね。
      .,:'.::〃     `Ⅵ:::::::::ヘ               北領では軍が内輪モメとかやってる余裕なんかない。
     /.::::/_7::¨/::::/}<:l:|:|:::::l::∧
     ,'::::::;´/|`:;'::::::j_|__lミ|:|:l:::|:|::|:::i、                  結果として皇国軍の信頼性が断トツなのも特徴だ。
    .::::l:::iy'fミ人_j//.:从lノ:::::l |::!:::|l
     .;|::|l::ト.:ヒリ    テミ㌫::::::j:j/.:: l:|
    i|::|l::|   ノ   .ヒツ/.:j:/:/.::::::从                 1:ミュータントも根をあげる厳寒の豪雪地獄。
     .||::|l人.丶 _,  .:/.:/;'::/./.::/.::::〉
     .||::|l::|l:\_ .. :<:イ:/:/:/.::/.::::/〉               2:対《連邦》最前線で先日も戦争したばかり。
    j乂}l|乂_.} :.:.:;/.:::::/:/く:イ:_::乂{、
   ..,r.i:TT:|:::::/ノ ::/::::/ ̄ ヽ.∨:::\ \            3:環境が厳しすぎて皇国軍が鉄の綱紀と結束。
  /:| | | |:|三三;:'__:/ -<  l. }:::::::::.∨ 〉
  / | Ⅵ:::|===/-く_      |.八:::::::::ヘ´
/  .〉 }∨|::/..:::::::::::ヽ    ./|::::\:::::∧           まとめるとこんな感じかな。
5157 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:08:50 ID:ZmCB9jZY0
樺太とか加えたらただでさえデカいのが更に倍だもんな…
5158 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:09:32 ID:tv8zkx5U0
錬度や規律低かったらやってけない土地だもんな
そんで尊敬されるから余計に士気が上がって精鋭に…

そりゃ本領軍も警戒するわw
5159 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:10:17 ID:tpYujENw0


                                           へーい、んじゃ次の大エリア本領はいりゃーっす!

                                           中エリアも色々あらー。北陸、関東、畿内、中国、
                                .ノし~|.      いろいろスカベ二次スレが立ってるんだけどな。
                                .i    |
                                .|,.   |.    中国地方についちゃまーだ誰も手つけてねー。
                                /.    |    情報ゼロの空白状態でなんも言えねーやな。
                                /   ./
                                /   .(
                              _ノ   i `
                        ._   _/     |      ../.:.:/:.|:.:.:.:.:.:.:.rー-、:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:ヽ:.:.:.\
                       .l (,,.-‐´     .|       /ァ:./:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.,  ヽ:.:ト、:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,
                 .,,____  ,.ノ        ./´      ./:./:.:.:.:/  ;.:.:.:.:.:._」-―}/ _ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..′
          _,,. -‐'´     'ー┘         |      ./:/}:.:.:.:.{ / \:.:.:.:.:! 芯frーミ}:.:.:.:.:.::::.:::::::::.:.
         __!.,,__ ,,__,.,..__,...,_     _       /フ ..i´       {:i|:.:.:.:.:.イ ィ芯jハ:.:.:{  辷::少ア:.:::.:.:.::::::L:::::::ハ
       <´~ し、 _.ノヽ- \ つ   (└‐-'´!ノ⌒ |,..i´        .|:.i|:.:.:::::.レぅV少^}ハ:/    厶ィ:::::::::::::::ヒ^}:::{
                  ´ .! ,.-‐'                   |:.iヘ:.:.:.:.:\^  ′      ,/::::/^!:/^ j::r\
                                         Ⅵ \::::{\    __   _/-‐   jム/\_
                                            \ ーァヘ   r     7      n_/
                                         `    ,  V   /    /「}}[
                                              \       ,.     |ハ}
                                                 /ノ\  _.       |  __     /
                                  ー-  、 ト-  、    _     「.       jレ=ニニニニ\  /
                                     \}.    \fニニニニ=- _j   _ -‐  /ニニニニニニV
                                       ヘ    /ニニニニ7⌒^>-      {ニニニニ{\f7  /
                                         /ニニニ7^/  /         }'⌒  ̄ ̄ _,ノ
5160 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:12:03 ID:tpYujENw0
……なかったよ ね?(自己不信
5161 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:12:46 ID:tv8zkx5U0
今年は大河で注目浴びたからだれかっ!←大都会()民
5162 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:13:14 ID:tpYujENw0


             ,.: ¨ ̄ ̄¨ : 、      f}
           / ./ZZニZ∨ ヽ      .f}
              / i /:二ニニ二:Ⅵ .ハ...   f}
           .,′i|.ィTTi |lTTミi.|i .l|:,...  f}          ある意味、紹介するのが一番厄介なところだね。
            :′ |l:|ィ示 ̄ィ示zl|! .|l∧ .   f}          なんせ各地方の色が違いすぎて一概に言えない。
           ; |l | l|l}i_ゞ'ri┐ゞ'ノ{l || lハ  .f}
            { |l |:.从 ̄ r.‐v ̄.ノl: |l.リ/   .f}
           ∨l| |li\.∨ノ ..イ{/ :l//、  /ヽ.        基本的には復興がかなり進んでいるとされていてね。
         ノ::|| |||乂`TT´:ト|  ./イ=:::>{¨ヽ.}.         かつての科学技術が溢れた都に近い都市が存在し、
        く_:|从:.Ⅳ ∨ ::::::/ .|.//\/ .{_` /         金持ちから底辺労働者、貧富の差も広く生きている。
            /:::::\〉 ∨_./_|_/ \〉  ゝ ,′
        へ._/ /   /゙ ̄`Y//}  .∧ ,:{! ト、
       l  {fl;’.∨l 乂¨¨ ノ // | /∨::} .|:l.i.        皇国は軍事国家だけど本領軍人の権力は抑え気味。
       人//j ∧∨ ./.7T  ./ .l| ,′;l:::l .从|
      / ./ ;′ 乂_/ |:l| /{′  li|,′,'.}::|/:/|       経済回して社会秩序を構築するのに軍事力ばっかり
      ,' ./ /  / /  .|:|/:::| __\._{ ./j..|:/:/ .|       金つっこんでたら何時までたっても復興できねーし。
     ,’.;’/ ./ ./   |:|!:::ノ〈∧=={ i.,’.|l:/  }
      .;’/./   ./    .|:|!::l:}:::〉∧={ | l .l/  /}         そーゆーのは政治家がする仕事です。
     i.;′〉 l  .,    .|:|::从:::::::∧:}ノj|.     i|
     |i  j |  i     |:l/::|:|∨_乂| .l|     :l|        国交省の弁務官さまとか、そのあたりの人だ。
     |l ./ ノ  |      |ノ::::|:|::::::::::::{! ||    |
5163 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:14:08 ID:tpYujENw0


                                                   , イ 7^ ー‐ '´: ヽ-‐‐.、丶
                                            /:/: :/: : : : : : : : : : : : : :\: \
                                               / : /: :/: /: : :l: : : ::|: : : : :ヘ : ヽ: :ヽ
                                                / : /: : l: /: : :/l: l: : :|、 : : : : l : : ト : :l
                                            / : /: : /l l: : :/ !:l: : :|:l: : : : : l:. : l l: :l
                                               l: : :l: l /`iハ-:/'′l:l: : :|:l \ー l:. : l l: :l
      つまり……どういうことだってばよ!?             l: :/l:.l/l l/⌒ヽ jハ: : !./⌒ヽ. lヽ: l l: :l
                                               l: ハl:.l,.-...乂._ノ    ヽ|.乂._ノ..i⌒ヽlノ从
                                               l/l: V>z'、 ///////// ,`ニ彡.:l l
                                               lハl r' -=‐j7  ┌─‐─ 、 <,.ィ=- ヽ:l l
                                                j l -‐ 勹   |       |  ム{ニニ、 l从
                                                V  二 〉 、 ー─‐‐  イ〈__、  lハl
                                           /  .::jフi` ーァ' i  ̄ i ti、_ルl: :N __〉
                                             /  .::/リi::l   / 、_  _, ll  l:/ l:   |
                                         /  .::/   / /l       ll j/   !ー ',
                                           /  .::/  〈/iハ      ハi\l  l::   ',
5164 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:14:11 ID:ZmCB9jZY0
中国はないよ、大阪が最近出来てけど
東北 キイ 横浜 が連載中?
5165 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:15:35 ID:tpYujENw0


::::::::::::l:::::l:::l:::::::l:::l::::l::::::::::::::::::::', ';::l:::::::::
::::::::l:::|:::::!::|...::::|::;--、::::::::::::::::::::i .';:!:::::::.            面白味ウッスィーそこそこ酷い感じのフツーっぽい土地?
:::::::::!::l:::::l:::!:::::::!::', ';:::::::::::::::::::::l l|:::::::
::::::::::!:|:::l:l::';:::::::l::::', ';_____l ヽ-‐.            モヒカン盗賊や野生ミュータントはそりゃいるだろーけど、
::::::::::l:l:::li:', ';:/´ ..__                    別段、人間が生きてくだけならさほど困らねーみたいな。
:::::::::::!:!::llハ _,ァ‐≦ ̄ ̄ミ、
::::::::::::'l:::iヘ}.≦l{ 弋 -、::::::l
::::::::::::::';::lハ<三.、ヽ'_ノ                 だから軍人も政治家もイランことする余裕できてきてる、
';::::::::::::::';l|、ヘ           :l                 現実世界のクソつまんねー人間らしさ一杯って感じ。
::!::::::::::::::';l. ヽハ             .::l
::l:::::::::';:::::';>.._ヘ            ::ヽ
:::l::::::::::';:::::';:::ヽ:::ヘ                         つまりさ、二次スレで舞台にすると『ここは特に厄介です』
::::';::::::::::';:::::';::::丶::.ヽ.       ー―‐.             みたいな特異点扱いしないと味付けしにくいんだよね。
ト、:';::::::::::';:::::i、:::::.ヽ::::::`::...        ̄
l:::.\::::::::::.,::::';\::::.\::,-- >...                   それが小エリア毎の特色の理由と言えるんじゃないかなァ。
V ::::..\::::::ヽ::',::..\:`/ ノ!l ̄ヘ >...
5166 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:16:26 ID:tpYujENw0


          ./ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.、:.‘;.:.:.:.:.:.:\  -=ニつ  ーっ
         ./  /:./:.:.:.:.:.:.:.八{:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,、:.:..:‘;.‘;.:.:.:.:.:.:.:.:..`、    __
         /.  /:./:.:.:.:.:.:.:./ u‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘, ヽ:.:.Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    `、__)
       ./   ,:.:.:i:.:.:.:.:.:.:/ \.‘;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ujレ':.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:..
            |:./;.:.:.:.:.:.,′ r=ミヘ:.、:.:.:.:.ー:≦〕 :ハ|:.:.:.:/:.:.:.:.ハ|.     バカーっ! なんて危険球ブン投げてんのっ!?
            |:{ j:.:.:.:.:.:レ'^ r  }小;.:.:.:.; ⌒X〈,ノ:.:.:/:.:.:.:.:, }
    ./ \   Ⅵ}:从:.:.{{_ _ ,.斗  ' }:./ { j  Vハ /:.:.:.:.:.:{ ;.     ウチがそうだからって他所まで一緒にすんなよ!
    /   ‘,   j:/:.:.:.:N        ′  ` y'::::/:.:.:.:.:.:{ ′.   もっとこー、ちゃんとした理由とか背景とかあるよ!
- - {    jレァ 厶ィ\:\    ト、 __ 1  厶ィ;.:.:.:.:.:.:.:.:V
   .}    / / -‐-- ≧{\   |:::::::::::::::::|  _,ノ: イ/{^ー-
              /ハu   |::::::::::::::::;′ uア{=≦`.          つーかキイかなり無理押しなんだぞ、バカーっ!!
 .__/         /-=ミ\  ';:::::::::::::/  / } }
 /       }  \ニニニ}__i\  ー--  ィ   }_}ハ
 {       ‘,   }^⌒V  \  __  ' ;   /  } -‐= ァ
  \       }   }  /     \  / {___j-===ミ  ,.厶 -ミ
   .≧=-   j\__}_/      -‐=¬冖  {ニニニニ} ^     \
5167 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:16:46 ID:tv8zkx5U0
だからここは本領の中の秘境を選んだわけか
5168 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:17:57 ID:tpYujENw0


   /i:l:l:l:l:l:l:l:/l:l:/=-          ー|     最
   '.:/ ̄ ̄ ̄\|          ― - .|     後
 /,i:/        廴  -   __      |    ま    .        つっこんじゃイケない嵐のど真ん中なんだよ。
./ .l |           |=≦:l:l:l:l:lニ==-  _|    で    .        問題吹き出てくるんだから色々と言わせんな。
′ .:|.    な    .|:i  i . . :i|:l:i:l:l:l:l:l:l:l:l|    話
.. .i:|           |T ¬=- i:|   .i.l:|Ⅵl|    を
.i .: ∧   ?   ./:i:l:l:li|:l:l:li::|:l:i:l.i.i.ll_斗|    聞          大エリアとしてはザックリなんとか纏めると、
 i|.:l:l:\  ___/l:::|_:l:l|:l:l:l:|::|:l:l:l:l:l:l|::::圦.     け
 l|:l:l:l:l:l:l\{i. l|-‐¨:::::::::::::: ̄::::¨冖=┘:::|__>、   。         1:皇国の中心、四大都市には超技術アリ。
: .l|:l:l:l:l:l:l:l:l ;l: l|::;x≧≡=ミx、:::::::::::::::::::::;:::::::::::::ー― 7/
:l:l:|:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l|::'":::::::::::::::::``::::::::::::::::::::x竓==x__::::}/l:l        .2:軍隊は精鋭で最新鋭装備が揃ってるぞ。
:l:l:|:l:l:l:l:li:l:l:l:l:l:l:|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ「/:l:i:l:l
:l:l:|i!:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l:l|、:::::::::::::_    ̄ヽiへ::::::::::::::::::::::::/!:l:l:!:l:        3:余裕できると人間ロクなことしねーよな。
:l:l:|!l:l:l il:i:l:l:l:l:l:l|  ̄ ̄     /  ` ―---7: i:l:l l:l:
l:l:l:l. !:l:l:l:i:l:l:l:l:l:l:|     、___        ':l:i !:l:l :l:l
 :l:l. l:l:l:l i:l:l:l:l:l:l| 、   V: : : : : :)ア    . イ:l:l:l !:l:l:l:l:l.         このよーな感じになると大雑把に思ってくれ。
Ⅵl:l:l. !:l: :l:l:l:l:l:l:l| : 丶、   ヽ: : :/   ィ:l:l:l:l:l:| l:l:l:l:l:l:.         私にだって説明できないことがあるんだ。
. ∧:l:l. l:l:. :l:l:l:l:l.|: : : : :`  .,     イ:l:l:l:l:l:l:l:l:l:! :l:l:l:l:l:i
5169 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:18:17 ID:ZmCB9jZY0
中国地方やるなら、出雲出すか呉出すか とかだな
あ、秋吉台のカルストに地下軍事施設もありか
5170 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:19:19 ID:tv8zkx5U0
やっぱ鳥取か広島のもってかれるよなーw
5171 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:23:12 ID:ZmCB9jZY0
岡山なら水島か、島根…
5172 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:23:50 ID:FNGi8YPc0
>>5169
あとは倉敷の工業地帯とか瀬戸内海の小島に研究所とか?
大久野島をモデルにするとか
5173 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:24:04 ID:tpYujENw0


                    _,‐/.|       ヽ.,лi'\,‐i
                    ノ   .|      ,ノ       ´i
                   /    `'‐´`'-,_,‐'v'‐-ー,__,、,-、_`'!_ _
             _ __ノ‐-ー'     ,‐^'‐‐,iー,,l´        ~   ,}
          ‐‐=''‐'`フ         ,‐´      `\         /"
              .t_   . i`ヽ_/           ~j      `i、
              .л)   .`j     ___,,,--、   '‐!      ζ         ./:::::::::::::::::::У ヽ..」
             __| . jヽ‐'´~    /''     `ヽ  ヽ, ,,---'´´~          {:::i::::::::::::ム =ミ、/⌒{
             `フ `i      ノ         ヽ, /                 |:::ト、:ム-=ミヽ. ノ::::::i|
             `'''ーt´   ,‐,/~            i /                 |:::ト. (   ヽ{::/:::::::!
               <   _j                 `                     |:::|i 〕_ -=ミ ∨::/::::|
                `^'ヽ.j                                |:/ /{≦三=ミ.V::/:::|
                                                     ) / {:::}::::::::::}ヽ}:::::::::!
            本領を中エリア毎に紹介するとキリねーから、               .`{ У   .' 人:::::::|
            さっさと次の大エリアの話をしようじゃないか。              ).′  / : : ∧::::!
                                                     〃   /__. ヽ.}:::!
                                                   }ム =ミ.′. . . . .`.}:'.
            西領、即ち四国。スカベンジャースレ発祥の地、            /  /. . . .}ヽ. . . V:::..
            『やる夫はスカヴェンジャーのようです』の舞台だ。           /⌒ヽ{. . . ./. . } . . .ヽ:::::...
            スレ主の崩壊神エロゾンビ=サンに感謝しよう。            {   ',_ -=ニ⌒}ニ= -. \::>----=ヲ  /
                                                   /.′   i     }:/⌒>´__  /⌒ヽ
                                                 {/ i 、 、 ヽ    /´     ∨/⌒:::::::::::::::
            サイズ的に北領と逆で中エリアがないというか、          ./ r{  }ヽ マ、\ {         '.:::::::::::::::::::::::
            島だけで領扱いなんだし大エリアでいんじゃね?         ヽ { \V::\}:`:::::∧   , -=ミ:::!|::::::::::::::::::
            という理由から小エリアでしか区分してない。              .\ }ノ:::::::::::::::::{ ヽ /:::::::::::{::八::::::::::::::::::
                                                     }::::::::::::::::::::{   \::::::::::::)j  ヽ:::::::::::::
                                                     }:::::::::::::::::::::'.    '.::::::::::::::::.  }::::::::::::
5174 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:24:47 ID:tv8zkx5U0
おお! そういや芸術祭とかやってたな
あと瀬戸大橋
5175 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:26:18 ID:ZmCB9jZY0
>>5172
現状あそこ うさぎしか目立つのないしな。
実質廃虚マニアとかのスポットだしなー…
5176 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:27:54 ID:tpYujENw0
俺としては鳥取が超おすすめ
鳥取グレートデューンとか出雲技研本社とかUCATとか色々ありるから 超おすすめ

スーパー出雲シャインあたりでキミも主人公になってみないか!
5177 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:28:28 ID:tv8zkx5U0
大社あるしオカルティックな方向もアリだよな
5178 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:29:11 ID:tpYujENw0


                                                   _,‐/.|       ヽ.,лi'\,‐i
   モロパクリ、パートⅡーっ!                          ノ   .|      ,ノ   ②  ´i
                                                 /    `'‐´`'-,_,‐'v'‐-ー,__,、,-、_`'!_ _
   御本家では安価により⑤のエヒメが               ._ __ノ‐-ー' ⑤   ,‐^'‐‐,iー,,l´        ~   ,}
   選ばれ舞台として決定されました。            .‐‐=''‐'`フ         ,‐´      `\    ①    /"
                                         t_   . i`ヽ_/      ③   ~j      `i、
            ,. イ. . . ._                        л)   .`j     ___,,,--、   '‐!      ζ
       . - : : ̄: : : : : : : : : :`: 、                    __| . jヽ‐'´~    /''     `ヽ  ヽ, ,,---'´´~
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ                    `フ `i    ④ ノ         ヽ, /
     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .                 `'''ーt´   ,‐,/~            i /
    ' : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,                  <   _j                 `
   : : : : : : : : : :!: : : : : : : : : : : : : : : : : ,                    `^'ヽ.j
.   l: : : l: : :,l : : l: : : : : : : : :!: :/: : !: : : : ヽ                       `
   l: : : : !: : :!: :.!l: : : : : : : :/: ,' l: ,'!: : :,: :l``
  , ; : : : :lヽ:l\! ヾ: : : : :./仍心ヽ: :./: : l                ①:比較的安全。でも実入りは少ない
  ´ l./l :、: l ,.ゝ‐-、 ヽ: :/ №6リ.!: /: : : :!
  /' -l: : :.ゝ     レヾ  ー‐'/.イ: : : : :ト、               ②:遺跡は多いが荒らされている所が殆ど
  ,.'  l: : : :.      l〉       /: : : ; : ! 、
. {   l: :l: :丶.  、   ―ァ  ..イ: : : / ヽ!  l                   ③:開拓途中。新しい遺跡が多くて実入りはある
.  !    ヾ!、: : : l> ,. .<l: : : : /    .l                 でも情報が少なく危険
.  }、    ヽ: : :.!' //!,l:l,l ll:/: : :/      /
  ; 、       ヽ: ! l:;l::!'l:l,l l'l.!:/     /                  ④:人は多く遺跡も多い。だが、危険な遺跡以外は
. ヽ \     〈 (゙ l:,'/!:!::!l )〉      ',l.                   ほぼもぬけの殻
  /`t ≧ー- _ーi'/,iーi‐'"__   -‐ ",!
  ///∧ー ´ ∨.|::l//!::l‐'V ー==-7 "´                     ⑤:開拓途中:新しい遺跡が多く、やはり情報不足
/////∧     ∨!::!'/l:::l∨     /                      だが、需要が多いので儲かる


   HAHAHA、彼の地のスレ民達は命知らずの野郎ばかりだZE。

   西領の小エリアは次のとーりです。①トクシマ②カガワ③コウチ東④コウチ西⑤エヒメ。
   位置的にキイとなんとか関係つけられそーなのはトクシマ・カガワぐらいだね。

   【注意:コウチ東西は >>1 が便宜上、勝手に呼んでるだけです】
5179 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:30:45 ID:ZmCB9jZY0
5はあれか、防毒マスク…あたまが 割れる…
5180 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:31:27 ID:tpYujENw0
誰だったか自動人形が主人公とか言ってたじゃない
マジメバカな出雲らしいマジメバカな自動人形主人公でもやりゃいいのよ
アカツキとかアドルフ・ラインハルトとかで


……どっちも電撃キャラだわ
5181 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:32:32 ID:tv8zkx5U0
さあ!よみがえるのだ!この電撃でーっ!
5182 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:32:35 ID:tpYujENw0


                                                .;’./.::;ィ ´   Ⅵ__.|   |  |l
                                               i .;:〃 l  |iィ'.:Tli .|   |  .:|l.|
                                                l il::i ij/}l | .|;}i .|i  .:|  .| |l.|
    狭い湾を挟んで目の前に本領の中心、畿内があるからね。         .| il. l |l  |l_|/ l| .||  .:|  :| |l.|
    東に行くほど治安がいいんだ。――逆説、西ほど酷くなる。         | ll. |l..|l/ ,ィ≪z|:.|    .l| |l.|l
                                                 |:f|、|lイ./.イ:::}.〃| |   .i| l|| リ´
    ま、重要施設を抱える都市部はマトモになるのが救いかな。         |:|'`゙¨i 〃|::リ   |||   .リ ||l;′
    僻地でも価値ある土地には相応に力を入れるって事だよ。        |:|  |i  }/   |||  .;′ ||!
                                                 |:|  リ     ||| .:i  ||
    西側の端にあるヤハタが治安も街も良い、そんな風にね。        .|:| |l./        .l:.||   _||
                                                 l:| l人、   .ィ' l |> ´  |
                                                l:| |l.:|ハ  ィ_ノ . / ≧zz. ;|
                                            ./\  .}| ||.:| `ヽ  ./     .イ_〉
    ……むしろ真ん中ほどダメってことか、コレ。             ./  .\.l| !|.:|    }:. 乂_......<. `ヽ
                                         . /      }从|.:| __ .:|∧  |l>x:::.\:..人
                                         /      ./ノ从´. `ー―`¨:|| |;’ \¨´
5183 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:33:15 ID:ZmCB9jZY0
大穴 因島で海賊だなw 水軍と造船つながりでw
5184 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:33:16 ID:tv8zkx5U0
ということは広島はともかく岡山は…
5185 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:34:05 ID:tpYujENw0


                                                      ィ≦ ̄ ̄ ̄ ̄≧x<
                                                       /ィ/>.‐==‐   <\`ヽ
    軍人は基本アテにならねーし政治家なんぞいねーし。                  , ' ///〉;'./   ||| l.-ミ_ヽ∨
                                                     / ./´ィ.Tミi|   |||.l|  |l`V〉
    農地歩いてたらミュータントや野盗(含む脱走兵)と                    /.:.;'/ .l|. | l|.l|   ||..|_.j|  |l |l
    エンカウントでバトルして何ゴールドGetだZE。                      / ,′._|l_jL从}ー≠ニ.ィィ三ミ.>
    おおっと、レアアイテム【装甲車】をドロップだ!                    ,′ i イ _,ィ示ミ      ".{l=ミ} ≫
                                                ;:  .;':ハ|iイ |っl} j      ゝ≠ 彡
    そんなベーシックなRPGっぽい日常が待っている。               ,′ i |l|l`¨ ¨¨´ .{::
    メタルマックスやろうぜって土地だよマジで。                     ;:   | |l||               ;
                                                  ;:  .::| |l||      r ― ┐     ′
                                                   i    :| l从.      |  ::::|      ,’
                                                   |:.  ::| |l/ヘ     乂 : ::ノ    ./
5186 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:34:56 ID:tv8zkx5U0
まあご本家だけにベーシックな舞台なんだよな
5187 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:35:09 ID:7LBWj3ow0
ということはどこかにモンティナマックスが落ちている可能性が!
5188 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:35:58 ID:tpYujENw0


                                             ._/::::::::::::::::::::::::/|::::::::::::::::::::ゝ
.  安:御本家を読んでる人には御存知だが腐った軍人の専横、      \:::::::___ンク/  ヽ|:::::::::::::_|_
    狼藉ぶり増長ぶりが目に余って身に痛いほどだ。          <::: イ  _,,,ャ^~ ̄ヽヽ>-f /ヽ
                                              ヽ∠ ̄''' (◎))::::| |   | | O|
                                               (◎)):::ェ,,_" /\__/  |  }
    おまえ宇宙ゴキブリの大型ハイヴが見つかってんだぞ。          メi―^/   ̄   /  |  ヽ_/
    なにガサ入れに来た憲兵と撃ち合いおっ始めてんだよ。          ./ ヽゞ _,> ,,,,,___   i  | \/フ
                                              /   ∧ ywwr>    j  |ゝ
                                              |   | λ ̄ ̄    入 ̄ ̄~~^^''''''''フ
    コントロールの利いてない暴徒かゴロツキのような輩が         | __ャ┴'^ }  ̄   /  ヽ     /
    普通に街の警邏隊やってんだからコエーところだね。          .<|,,__   └‐┬^~     |     〉_ャ―
                                              |  \    ヾ      ノ   ^~ ̄///::
                                               \  〉  /''  -‐''' 人     / / /:::::::::::

                                              【アカン西領軍人:警邏の指揮官】




      //    `ー-、__       ヽ、
       //        `ー-、__     >、             最近じゃ、とうとう専横とハイヴ問題が取り沙汰されて、
    ∧/ |            `ー-、___ >、 __,。 '"  ̄〉.   近衛が一名、部下と憲兵隊つれて派遣されたところさ。
    / { j         _,  -‐ '"                /
    ,'  /丿    > '"    >-‐=ニ二三三三三三> /
    l /  > '" ___> '´三三三三三三「 ̄ ̄  /.       これまで地獄だ末法の地だと嘆いてた奴等が泣いて
   「|//∠ >'" ̄ ̄`ー-、三三三三三三}     /.         「まだ温かった」と思える、本物の地獄の蓋が開くぞ。
   l l/  </  ',     VΥ ̄ ̄ ̄》〉ヽ  /
   し'   ',  ',  ',      Ⅵ    //   j/           (⌒ヽ
    `ー―-ヘ  ',  ` 、     ',     〉〉  /               〉  }       _
          ∧ 、    `ヽ     // /                 j  |    > '"   〉
         〉、\>    \   Ⅵiく              /   )'  ̄   _ /
        仁二二>、  \_>、_ゝ,f^ー-、___           /     _フ〉   ̄`ヽ
        く二二二二> '"     //   / ̄`ヽ        |     フ∧   ___丿
      x〆 ̄ ̄         //  /      l      ヽ   フ//∧   __)
       r'[__             //   /       |         | >个<∧__  ̄}
    //                 //   /     ,ィニニ>、__   j/     ゚守  /
   / {              /∧____/   ∠二二ムィ二] //         `<

   【近衛中尉:生身の手刀でMBT叩き割るブラボーな男】
5189 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:38:37 ID:tpYujENw0
>>5187 南領の遺跡あたりで絶賛稼動中なんじゃね?
      旧・自衛軍の自動機械プラントがちゃがちゃ回しながら

      「ドク、たいへんだ。このガチャSR以上が出ないぞ」

      とかやってんの。
5190 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:39:28 ID:tpYujENw0


             __ /:.ノ:.-‐:.:.:...ミ
           ,...:.:.:>:.く:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
              ア:.:.:.:.:.:.:{:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\                    西領の特徴ってほぼ一色なんだけどな、
          /:.:.:.:.:.:.:.:_}:.:.:.:.‘,、:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.
            //:.:.:.:.:.:/ ‘,:.:.:.:.:‘, \:.:.:.:.:.:.:.:.:. :,              1:RPG並のランダムエンカウントバトルが
        /:.{:.:.{:.:.:/_  ‘,:.:.:.:.:|  j:レ:.:}:.:.:.:.: }                 起こりうるヒャッハーモヒカンのメッカ。
         :.:{:.:.{:.:.{ ,. ≧z):.ヘ:.|r≦ ., V:.:.:.:.:|
.          乂:{ヘ‘,:イ 込ツ^ } | 込ツ/>:.:.:/{__             2:ある意味ココが一番の無法の大地だ。
         ‘,rヘ〈     i    厶ィ}:/厂
              \__,         イ」/               3:特産品は畑で採れるもの。(含む人間)
.            〃 \ ヽ   _,ノ /⌒ヾ
  ____           }\   /{      __,     _,         無理に三行に増やしてこんなもんだよな。
  \  ``丶}\___, _,}   ー   {__ ___/ /-‐   ∠
-‐== r ┐   }////{  `丶,、丶`  }///.{         ``丶
==--‐ | {     }////{   /     {////}     ー-  Y⌒^
/  /⌒`ヽ   」__{` く     / {___/\ {  \   \      安:おうコラなに人の説明とってんだ。捻じるぞ。
⌒ア/L. - 、}/ニニ\   ー--    /ニニニヽニ=-‐ ≧=--‐
_}/7/(__ _〕ニニニニ∧   {    /ニニニニニニニニニ}
:i:i:{//77/{___〕ニニニニニ}.   {   /ニニニニニニニニ7ニニ{
:i:i:{//77アハ_〕ニニニニニ7   {   Vニニニニニニニ7ニニ}
:i:i:{/////7/.}ニニニニニ{    {   }ニニニニニニニ7ニニニ{
5191 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:40:49 ID:tpYujENw0


                   く        _        / ヽ>
                    〈/\__r―‐ '.  \     {               ①オオガ
              __r―-'´{.           `ー-、_r、>
     〈\        .}      }             ==               ②フクオカ
      ⌒       .  〈  北閥  \      , -、          ./
       r 、 < ̄`ー ' ②        ` ー- ′  ヽ       ./.             ③サセボ
  {].     〈 └'´          ↑ ____/①/    -==、
  /7 / ̄∨      / ̄ ̄対立      〈 ̄   ._     └-、⑥         ④クマモト
. 〈/ ヽ_③    r、      ↓         ̄ ̄ノ        r‐┘
      /}-、   <. \                  \        〉.             ⑤ヒュウガ
     {  } }   }  .|           東閥   L       >
     .\`ー '  <r-、 \ ④                   ノ       ̄´          ⑥西領ヤハタ
        .〉 r‐ 'フ  }   〉              /       r、
       //   .ヽ-'´ .=ニ、西閥         /                     [::::::]未支配地域
      .`   /`Lr‐-、 〈             r┘
        |  r―v'´/          ⑤|
           }_/.[〉./             /
          く>、」          _   -‐|
              }‐-   __   -‐...:::::::::::::::::/
      r_、   } ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::{             ___/: : : : : : : : : . .          \
     r、.    〈:::::::::::::::::::_ ::::::::::::::::::::::::::::|                ̄\; : ' : : :|.: : : : : : : : \         ヽ
      〈/     ヽ::::::::: /.r、:〉 ::::::::::::::::::::::::」                   /:/ : : : :| : : : : : : : : : : :.\
             }:::::::「 `/::::::::::::_::::::::/                  /: :/ : : : : :| : : : :ト、: : : :ハ: :  ヽ       ヽ \
          rv'´:::::: ',.  ヽ:::::::〈.  \_|              /: :/: イ: : |: :|: : : . | >ー廾、: :  \   |   「
           \__::::ヽ  }:::::::::::>                     /'/| : :|: :.:ト:_|: : :|:/  >ナー'\   \  |:.  |
             └‐' _」 ::::/                    | : 八:イ⌒,: :ヽ   ,イ{:::::::fテ:| ` ー -ヽ|  ,
             .= =.   └‐'´                        |ハ:| : : |イf:::ヘ`ヽ   弋:zう |:      ハ ./
                                           V:.小 ゞぅ     .:::::.. |      ,'イ  !
                                                V : |: ´ '           !: :   /: :!  |
  はーい、南領の地図が用意できたよー。                   ' 八     _ __      /    / 人 {
                                            V:.:\  ー     イ    /, '´
  工廠から持って来た二枚ある地図を強引に                  \  \     イ .|   /'
  一枚にするモロパクリ(?)パートⅢがコレ。                  \ ! ` .i    .| /
                                         , ー_、   ,   _ヽ{_八   } ' 〉、.  '⌒ヽ.
                                       /   ヽ }フ /     ー-、 ノ r -‐        ,
  ふってある番号が各地にある都市群で、        ./      〉 .'         {:::l        ヽ       ,
  目印に西領ヤハタも記載してあるよ。         ./      イ/ /   /    {:::::l              / i
5192 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:42:01 ID:tv8zkx5U0
ここもかなりあれなんだよなw
5193 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:42:34 ID:tpYujENw0


        ,.....::::::: ̄ ̄::::::....、
      .,.::’:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
      /.:::::;≠―‐ミ_ヘ:::::::::::::::::::::.ヽ
    ./.:::::/'´ ̄ ̄  `∨:::::::::::::::::::∧                     毎度ご苦労ちゃん、セインちゃん。
   .:/\:;′__    :';:::::::::::::::::イ::::i⌒>
    /.:::::::i:i__l__:| |:::::|l__>i::::::::<>:::::| ⌒i
   ,::/:::::::l::::i|::::| |:::::|:Ⅵl::l|:::::::::::::::::::::上ニ>.ト、              さて大エリアの最後、南領の紹介だ。
  ;’i::::::::::l:rトミ:_|_|___|_|__|_l|_::::::::::::::::;ト、 .∨:::::`:..、
  i::|::::::::::∧乂}  ‐f示ア!:::::::::::/:∨   ∨::::::::::::.、          え? メガフロートや沖縄浮遊島?
  |::|::::::::::|:∧  __ ` ´/::::/:iく:_:::::::: ̄ ヽ}::::::::::/ ∧
  |::|:::::/|:|l. 〈>..`=’-<::::/ノ ..} i_:::::::::::::::::::::://:::i           正確には土地じゃないメガフロート、
  |;'|:::l|..|从 l|=ミ(∧l>/〉´‐ミイ_ノ_.`ー‐ァ:::::: ̄:::::::::::l|            あるかどうか噂程度の浮遊島にね、
  ||:::リ.    ゝヘ__/ィ.//  ./从:::::::¨`'´:::::::::::::::::::::::::リ            尺を割けるほど余裕がないんだよ。
    |:/        }人__ノ:::{\::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    |l         /!\__j_,/.  \::::::::::::::::::::_;:::く
          ./.::/ .ト-:/    /'イ ̄.天.__./           けど全カットしても問題があるから、
           .//   .|:::;′...//::l|_/::::::::::::|              『グソクムシ』と『海ネズミ』、二つの
         (ノ .     |:/   ̄〉::::::::::::::::://l/             二次スレ舞台であるとだけ述べる。
              (_j   .<::::::::::::_// /
                      ̄ ̄
5194 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:43:48 ID:tv8zkx5U0
ただし両方…
5195 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:44:34 ID:ZmCB9jZY0
まあ、あれはねー…
5196 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:45:05 ID:tpYujENw0


       ,:ァ  -――--             | ∨   ∧
    、___j:.レ':.:.:.:.:._:.:.:.:.:-:.、:.:\          ||! ∨   ∧              まず中エリアとして北閥の管轄区域があり、
.     >ー:. 、:.:.:.:.:.、:\:.:.:.:.:\:.:\.      |!  ∨   ∧
    //':./:.:.:.\ミ:.、;.:.ヽ:.:.:.:.:.:\:ハ!       |   ∨   ∧          西閥の管轄区域と東閥の管轄区域が結束、
..   /':.:.ト、:.:.:.:.:..r‐ヘ:r-、}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r-      ∨  ∨   ∧
    i:i:.:.:|:.._\:.:.:.',f弐茫ァヘ:.:.rxミ:.:f'.       ∨  ∨   ∧.          南には皇国の未支配地域と計4つがある。
    |:!:.:.:V xァヽハ: : ^^   V }  }^   1 /, ∨  ∨   ∧
.    从:.:.:.v炒' j: : : : :   u  __/:{_/ 厶/   ∨  ∨   ∧
      \:≧=-: : : :,ヘ.    ハヘV i    /     ∨  ∨   ∧ヽ      地図のように北と東西の責任者は仲が悪く、
.        ⌒ヽ: :< ノ   '__j__Lノ'".       !}^ヽ L. -‐ァ!ij.     東西責任者は一定の連帯意識があんのな。
    ___    >ー   / /////ィ    _,  ----y'⌒{ /   / ::|ト 、
  <     く/__」L.ニハ -}//,ノ :|   iト __V::::::. ‘ ,:::::`ー━‐' :::::!:.:.:.:.:>
     \__  {///// ̄'  \  八   }:::::::/::::::::::}  ';::::::::::::::::::::::::::!:.:/
  / ̄ ̄   }/>' レ'   -‐^7:::::::\/::::::::i:::::::::::::}  }::::::::::::::::::::::::K
   ̄7 rーヘ  ハレ-‐ ー- '  /::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::\/ト:、:::::::::::::j|:::)
   '^}::::::::},/:::::::::::}  i   |:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::∧:::::::::ーr==イ:(j)
     }}:i:::::::::::::::::::::}   |   }::::::://::::::::::::::::::|::::::::::::::::::{ {::::::::::::::::::::::::::::Y,
5197 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:46:37 ID:tv8zkx5U0
ただ北のほうAA道理のクソ無能じゃなくて能力あるらしいんだよな
5198 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:50:25 ID:tpYujENw0


               _,,、、ーiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii;;;,,,,__
              ,,iillllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllliiiiヽ
            ,,illllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|            安:中エリアの北閥管轄区域の特徴なんだけど、
           ,rilllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,!! -''" ̄ミヽ、
           ,iflllllllllllllr^illllllllllll, - ''";; /_/_〃彡彡ミ               輸送される軍需物資の中抜き搾取を地元に
          illllllllllllllllliiーlll,-∠、-'´  ̄ :::::::ヽ.シ彡゙,             卸したりして経済が回され復興が著しい。
          {lllllllllllllllllll!!"         ::::::::::i三彡i
          illllllllllllll"           ::::::::::l;ミ彡l.            本領の大都市にも迫る勢いを見せる程だ。
          'ー┬f            "ゞ:::lミミミl
            iミi           _,,,.-―'iミf⌒i
            〉ハ __   儿、,-'ー'iiユヲ:::ゞヽヲノ              “自分”ではなく“自分の足元”を発展させる事に
            i i  こニヨラ'ァ 「`ヽ ̄  :::l刀ン           他地域で悪影響が出るレベルの全力を注いで、
            ゙、 l       l  |:::    :::rレ'´              手の届く範囲で職責を全うしているとも言える。
             ヽ        ! :i:、   ::::l:::::i
               ヽ、    r、,, r'    :::i::::::l
                ノ`ヽ 、-ャ_-_ニア'´ ::i'::::::|iiiヽ            誤解しがちだが北閥の責任者は無能じゃない。
              /_ヽ_ ヽ `-r-:::   :ノ ,‐illllllllヽ.          清濁併せ呑む政治屋の才覚が強いみたいだ。
            rニ'´´   :::`K´ /   /,、‐il|illllllllllllヽ        それに迎合している企業はかなり胡散臭い。
            レ'´ 一一-v、 /___,‐'ii、lllllllllll/ ヘllll└、
       ___f´ー' `''ー-、, j /   〃lllli llllllll|/ ノllllllllllll`iiー -、,  >>1 も先日やらかしたんで言い辛い話だけどね。
  ,,,,;;;;iiiilllllllllllllllllllllll|   =-ァ- ノV jj  〃lllllllヽllllllレ'´lllllllllllllllllllllllllllllll
ri´lllllllllllllllllllllllllllllllllllll|   ノー'´ ノ 〃  /lllllllllllヽllllllll lllllllllllllllllllllllllllllllll
lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll|    }r-'´    ノllllllllllllllヽllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

   【AAからして無能と思われそうな北閥の陸軍司令官】
5199 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:51:46 ID:tv8zkx5U0
演じた声優本人にも嫌われてるぐらいイメージ悪いやつw
5200 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:52:10 ID:tpYujENw0


                 _,...-r777777l77ヽ、
               ,..イ/// ̄ ̄ ̄\l//ノ/\
                 //////          ̄`ヽⅥ       安:そして中エリアは中部、西と東の陸軍管轄の司令官。
             ////イ   ___          }!
              //|//7    r tォミ_、 _,_   {          モヒカンばっかの地元で地道に努力してきた辣腕軍人、
               l/ハ/,/        ̄   {、fjァ` ノ        『フロンティアマフィア』なんて呼ばれてる地方開拓の雄、
             {/ !/ハ、         !    ,
             i∨//| ヽ   _rィ-, ,、}   ;'         どっちも南の未支配地域からゾロゾロと沸いて出てくる
             Ⅵ//∧ } //--- '''''ーrr、  {          旧時代の忘れ形見共、旧・自衛軍の自動機械兵器への
             l/!//////// ´ ̄_`´_`ヽ}/Ⅵ.          対処で毎日ドンパチやってて大変な難儀をしている。
            / ∨///////>、_///}_ ///!
             _/、  \/////////////l//// |.          そりゃ物資を中抜きされたら激おこしちゃうよね。
           / \ `丶、`<//////////!///
     _,... -  /: : : : 、   `ヽ、 ̄  ー--- イ               南領の開発が遅れている要因だって彼等から見たら
_,.. -  ´    _|: : : : : :、   <\ `ヽ、_,.. - '、              『未支配領域への対応力が北部の発展に盗まれてる』
   _,..ィ´ ̄i |: : : : : : : 、  \_> /: : :ヽ }: \_.          としか思えないんだからさ。
イi i  i i | i | |: : : : : : : : \   / ∨,:-:∧ !: : :\_ `丶、
i i i i | | | i | |: : : : : : : : : :、\/    }: :l: :, ∨!: : : : \i- 、 `丶

   【現地の地方軍から叩き上げた東閥の陸軍司令官】
5201 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:52:44 ID:tpYujENw0
まるでイタリア南北の経済格差問題のようである
5202 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:54:11 ID:tv8zkx5U0
こっちは原作まんまの配役で悲しいのうw
5203 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:56:04 ID:tpYujENw0


               _ . . -――‐. .、
           _ - ´.: : : : : : : : : : : :ヽ.                  安:西は着任した司令官が綱紀粛正の嵐をかました。
           f´::_ -‐   ̄ ̄ ̄ ̄ ‐-|
          |´       f⌒l    |                      混乱の極地から彼が手綱を握るや南との戦いに
          | _ -‐=ニ三三三ニ=-|                      薩摩隼人かくありきな南領軍オブ南領軍と言える、
             」≦三三三三三三三三>                   極めて攻撃的な運用をする魔の軍団へと変貌。
          f^Y` ー ァ ‐.\   /.、‐ 'V ^l
         |リ -‐ `ニ´     {` ニ´   V|..              はは、戦闘部族サツマ人が崩壊世界に蘇ったぞ。
.          〉     _ ⊥-、__,ゝ--┐  ∨.                 ウィーアー・シマーズ!! ってね。
           {     ,\三彡¬==='、   }
         >、   ' ′            ` ,イ
- ¬ァ-‐=¬´\ ー 、         _ - ´ノ` ¬ァァァァr‐- 、‐- ...     東は粛清するほどじゃなかったもんだから西ほど
_/_/: : : : : : : : : : :\: :.` ー 、___ - ´: :/: : : : ////: : \\\ : : `    将軍交代の士気向上効果も成果が高くならなくて
: : : : : : : : : : : : : : : : ` ー 、:[ニ]:||:[ニ] :/: : : : : ////: : : : : : ̄ ̄: : : :.    兵員はイマイチ物資は足りねぇと難儀している。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`¨丁Τ¨´: : : : : /// : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l二◯二l: : : :///: : : : : : : : : : : : : : : : :   だから虎蔵とかの傭兵にお仕事よく頼むんだって。
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : L_」: : : /// : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ||: :///: : : : ==== : : : : : : :┌┬┬

   【フロンティアマフィア一味な西閥の陸軍司令官】
5204 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/04(月) 23:57:26 ID:tv8zkx5U0
んでこっちはある種原作道理下に慕われる将軍だってね
5205 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/04(月) 23:59:48 ID:tpYujENw0


                     nn_m
                     ////ア
.      __             {ニニ「
     rァv/ハ           |ニニ|           廠長=サンが自作の舞台をオオガにしたのは、
.      〉/ニ∧             ニニニ|            北閥に近く西領に近い東閥に属する都市として、
      Vニニ∧               ニニ |             実に幅広い展開が望めるスバラ設定だと思うね。
      Vニニ∧        ,.  、 i}ニニ|
.         Vニニ{    ハvv/   〉7ニニ7             だから『やる夫はマーセナリーのようです』の続き、
.        Vニニ=‐ァ //{:... _/7ニニ′           はよう頼んますっ! ……はようっ!!
        ` ー=ニニ7ニ7〈/./ニニ7
.            \ニ7ニ7/ {ニニ7
             |ニ7 {  {ニニ7
             |.7 [  {ニ7               最後の中エリア、未支配領域はアレだよ。
             |ニ  {  {ニ{                             ロ ー ラ イ ズ ラ ン ド
             |ニ  {  }ニ}.                 先日やった嘘予告の荒野に法を敷く最下層区域、
.              _/7 /   }ニ}               または二次スレ『やる夫は南領で生きるようです』で
.              }ニ7ー-== ニニ.                中佐=サンが舞台にしてるとこだな。
           /ニ//7/}「 丁ハニニ
          /=ァ./// .}{ //∧ニニ.            防衛最前線の、更に向こう側っつーイカレた場所だ。
.        /=ァ./i // .}{ ////∧ニニ
         /ニ///i //  ノ′V////\ニニ
.       //////{{ {/_/}__/: : :\/////\ニ.           ホンマ南領は地獄で修羅の巷やでーっ!
.        | //////ア: : : : : : : : : :\////ハ=
      ,//////: : : : : : /: : : : : : :V////}=
      {////{: : : : : : : /: : : : : : : : }////}=.         【南領データも北領と同じく工廠フォーマットです】
      }V///ハ: : : : : :./ : : : : : : :. :.}////=
      |_∨// |: : : : : :{: : : : : : : : : :}///|/          【公式により爆破されたらその時はその時です】
      |ニV//| : : : : : }] : : : : : : : : }///|{
      |ニニV/.|: : : : : /」 : : : : : : : : }///
      |ニ: : }/.| ̄ ̄     ̄ ̄ ̄}//{
5206 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 00:01:36 ID:IMF1xyS.0


                   ____|
             ,   ´    \`
             ./ ,.....-:.\  、   :|     中エリア4つ並べたところでまとめをやってしまおうか。
          ,:' /.::::::::ニ三\ ∨  |
          .′;'::::::::::>――ヽ∨:|
           i  i::::イ  i  ∨∧V |     1:北は良くも悪くも経済復興の為にやれることをやっている。
           | il/ |  l|i:;ィ:´ ̄∧';l!
           | |! |l_|_ .:l〈从,,__}L}::Ⅵ     2:西は鬼島津なSHURA共の魔窟、南領オブ南領。
           | |!イ l乂__l/∨.ィ≦芹i||
           | |!.|lイミ  〃∨:ツ'’|||     3:東は傭兵雇用が軍主導で行われているメイン狩場。
           | l⌒li《{ハ        :|||
           | |  ∧゙゙|         :|||     4:なんでここマブラヴやってんの? 対自動機械の最前線。
          | ! l|l∧`   _.,  |||
          l |  ||l ::i 、ー'‐´  .:|||
         |.|.:l||l |l 丶     .ィl|     数が多すぎて小エリアをカバーできないのは勘弁してほしい。
         |.|.:l||l ||  _:ヽ-<..:||| . /  _/〉
           .l. |i、 ||l ||:/ Ⅳ ./:ハ:l|| / .///〉 ヽ_,
          .〉\〉l|l l/__ /. \_|::}:ll/l/.///〉  ヽ(_/
         / \:\|_;': ¨/  `リミrイ_/   / ./    ) (  パンパン
        ./ __  /l:|_ /__;:ィ_ノ_ノ_ノ〉   /    ノ (`
        l_ :>'ー}.}__l}_}ノ⌒ヽ /.;′   //    ´⌒\
5207 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 00:01:41 ID:iavSLUvQ0
はよう!はよう!ほんまにな
5208 : ◆ToVRCqC0oc [] 2014/08/05(火) 00:02:47 ID:IMF1xyS.0


                                                >  ´      ̄` : : .
                                            /               ヽ
                                             /    /     ヽ        '
   南領および大エリアの紹介はこの辺で終了だ。         /.    ./ニ二二ニ=ミ.∧      ハ ハ
                                           /.  , /二二二二二ニ.∧.  i    :. :
   基本的にウチと関係ない話題をこれ以上続けても、     /   / /三三三三三二ニハ  l      ! .
   迷惑かける事あれど良い影響はまず無いからね。     /   / // ̄ ̄ ̄ ̄`  <ハ i    :| :.
                                         '.  ./ / -==ミイ    ___  ヾ }     :!  ,___
                                     //  / /イ /__/ }   ,千 ̄ミメ ハ ′ /   八 V=ヽ
   もし気になる知りたいって人が居るなら該当スレを   // /  /. /⌒圷弍メ--ヘ/≧=≠彡7 /   //  :}}ニ.ハ
   自分で調べて見に行ってくれたまえ。             //. ' , ′   i: ∧弋う  ≠弋以ア7 ./   //    /ニニ:}
                                     //. // ′/  |: ∧  i:       ′  ,ハ    ./ニニ_〈
                                  ′ .′ ′ .イ ! :! ハ  ゙____,   /.'  ./ }  くニニニ_∧
                                     /  { { i:!:!:./: | {从乂 \  ̄   イ/  ' /  :{:    \ニニ_∧
      >>1:せんせー、それチョイ不親切じゃねー?     ∧ :!|:i/. 乂乂.  / ≫-r< /.′/./   ∨ ∧. \ニ∧
       スレタイ案内してもいーじゃんよ。          .∧ |. ′  /   .′ /.:ハ/./イ イ    ∨ ∧.  ヽ
                                     ′'. { rif r{    ′ }:.:,/ /イ        ヽ. ∧  ハ
                                       {//,i从{八{:j i  !  :}/     >ァイ.      ∨ ∧  ∧
   ググル先生に頼めよks(かんがえてしゃべれ)。    ∨/,/ >':| !  .l   }/ > ´//アィ      ∨ ∧__ ∧
                                         ゞ.  /  ∧ >-≪イ  / ゙  ///      ∨/  `ヽ
                                     ____ 彡'    {   ハ<ミxミ、   /     >  _./  >ァ '.
                                      ̄`ー-  -=ミ:!r=ュ: } }} }} }}i  / i  j / fififi八' ゞ<   ,
                                      > ´    ̄`八   八^⌒^´<  |      ゞゞゞ≫ ._彡'
                                     ´    /     /></  イ/      | i     ∨ i i :|   !
                                       /       /   /./<.:.:/      :i |        ∨ ! :! ,
                                             ,   /./.:.:.:.::イ         :!. l         ∨!     ,
                                           /   /./.:, .</   ゞ=ー:! l        .∨,   /
                                          /    ././/. ./ ,.ヘ      | !         ∨,  /
                                         /    /.イ   /介.:.:.:.:.:\   |:l          ∨. ′
5209 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 00:03:39 ID:iavSLUvQ0
やる夫wikiのスカベンジャーの項目に
二次スカ各種タイトル乗ってるからねぇ
5210 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/05(火) 00:08:06 ID:IMF1xyS.0
そして今日の投下はここで中途半端にブッタ切り

続き投下する時間やっぱないねん 寝ないと……
残りは明日そのまま流しま


なお弟との検討においての結論、「フォーク司令官は無能か外道かどっちだ?」
自動機械の駆逐が遅れてる原因→危険を取り払ってからやれよ
危険を取り払うと流通が緩くなる→北が発展しなくなる→東西閥には犠牲になってもらおう
だいたいこんな オヤスミ!
5211 : ◆ToVRCqC0oc [sage] 2014/08/05(火) 00:09:11 ID:IMF1xyS.0
>>5209 うちまで即乗せた手の早さだからねぇ
5213 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 00:09:52 ID:iavSLUvQ0
乙ー
兄弟でやる夫すれ語れるってうらやましいなw
5214 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 00:10:26 ID:7PghZYhc0
5215 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 00:10:43 ID:de64xB.E0
あと一時間でメンテ突入だしね 乙でしたー
5216 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/08/05(火) 00:11:11 ID:Jzbtrd8.0
お休み!
寝るなら毛布(SCP-653-JP-6)とかおすすめ!