糞ゲー その16

5382 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 21:48:14 ID:PyJ5mWCg0
うーむ、とりあえずちょろっと猟師か糞ゲーやって、ストパンの話に切り替えるかな・・・・・・
5383 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:49:02 ID:/UbzoC3Y0
糞ゲーがみたいです
5384 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:49:15 ID:ztHqunTs0
一瞬猟師か糞ゲーがストパンに繋がるのかと思った
5385 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:50:02 ID:HpxtRM6.0
なら猟師かなー何か微妙な所で途切れてたし
5386 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:50:03 ID:/UbzoC3Y0
2つか……無理しないでね
5387 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:50:05 ID:SyRKKXr.0
そういえば来週くらいにストパンのOVAが出るけどそれでもなにか新たな設定が出るかな?
5388 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:50:09 ID:.XbpOFBw0
クソゲーに一票
5389 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 21:50:37 ID:PyJ5mWCg0
下2~8  1.糞ゲー
       2.猟師
5390 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:50:45 ID:HKPik6ao0
5391 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:50:46 ID:0HMzflDw0
糞ゲーも気になる所で切れたからなぁ
5392 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:50:59 ID:SyRKKXr.0
2
5393 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:51:04 ID:0HMzflDw0
1
5394 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:51:08 ID:sVM3e.lk0
1
5395 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:51:09 ID:cU6E/L2c0
2
5396 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:51:10 ID:uXc3njDw0
2
5397 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:51:15 ID:/UbzoC3Y0
1
5398 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 21:51:19 ID:mtKLDRj20
5406 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 21:58:38 ID:PyJ5mWCg0


              _     ト
              ⌒\:.:.\ |:.l
          ___\:.:.V:.:L -――-
           /:.:.:.:.:.:.-‐:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>、  __
        ⌒ ̄/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:〉⌒:.:.:.:.:.:.:\
            /:/:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.⌒:.:.:.:.:.:.-=イ:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:ハ       ねぇ~、いいでしょ?
        ./:/′:./:./:.l:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.-―「|ト:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       // /:.:.:./:.:.:|:.:ハ:.N:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:. |:.:.:.:.八|//.\:.:.:.:.:|:.:.:.:.:i     一緒に夏の祭典に行こうよ~♪
        |′|:.:.:/ |:.:.:|:.| ト| |:.:.|:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:∧//.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|
            |:./ l|:.:.:|:.| |/ 〕ト|:.:.:.:.|:.:.:.:|:.:.|:.:.:.:./:.:.|//.:.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:.:|
            |′ 八:.:.N =ミx ヽ: |:.:.:ハ:.|Y:.:.:.:.:∧//.:. |:.:.:.:|:.:.:.:.′
                 ノ    `′ )|:./:.:||ハ:.:.:.:./:.:|//.:.: |:.:.:.:|:.:.:.:|
                ヽ_ _   /ノイ:.:厶イ:.:.:.:.:.:.∧//.:.:|:.:.:.:|:.:.:.:|
                    ー'    /:./  ゙ζ:./  V//:|:.:.:.:|:.:.:.:|
                 八 __ /:./    >┐  ∨//:.:.:.|:.:.:.:|
                     /′/へ   x彡"/二〕 V//:.:.|:.:.:.:.|
                       Χ" //l|ニ\ V//:|:.:.:.八
                        〈 У'/   l|ニニ\ '//:.:.:.:.:.:.ハ
                    x〈/ / |-―‐|ニニニ\/,:.:.:.:.:.:.:.|
                  //′/|ニ|――「 \ニニヘ/:.:.:.:.:.:.|
                      〈/ /ニ〃ニニニニニヽニニヘ/:.:.:.: |




先輩のこびるような声に青年はたじたじだった。若い女性特有の抗い難い色香に惑わされたわけではない。
彼ぐらいの年ならばそういった性欲云々を考えないわけではないが、少なくても……女性をそういう目で見るのは
あまりにも環境が悪かったといえるだろう。

喫茶店での仕事が終わり、閉店作業もひと段落した後、高町のもたらした提案に彼は頭を悩ましていた。

夏休みになったらどこかで大きな同人誌即売会が行われるらしく、要約すれば彼に変装して参加してほしいとのこと。
5410 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:03:02 ID:PyJ5mWCg0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }      衣装まで用意する夏の祭典ですか……
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |








         /   ,              --     ヽ
       ,'    /   /            、 i   、  \
        i    ,'   / / / / l   l ∧ 、   ヽ| ヽ ヽ__\
         |    i   i// i  i | /! i } i|  ', ‘, ヽ ヽ  ̄ ̄
         |    |   | i | ⊥ l / | |  | | | i  }!  ‘, ',
         |   |  i|    T丁 | 丁/ l/`l l  才l-、} ! ii  ! ',  }          あ、それは隠語でね。
         | | |   |    | |,イ芋圷ヽ|  リ /,イ心|/ /〃  i| i i
         | | l / ヽ   | 《 {:::: : | }    l ら}/// / }   ! | /       普通に言えば同人誌即売会、でも規模かかなり
         | | ! { |   |.! 辷zシ ム‐=‐{ ヒリ / | i  ! /  リ
         | | ,' ヽ !   i|ヾー‐=-‐'     `ー‐'! ! { l/         大きくて、建物丸々ひとつ借り上げて行われるんだ
         | !  / i|   l            ,  ,' lヾ、/
         | / / /|   |       r‐ァ      !
         |/ / / |   |>    `´ イ |   l           _
       ,′/ / ll   l   >t- イ |  |   |          /ノ
.      / / /  | |    | ――-|ゝ/ |  |  |           /../
     / //___/ l l   lヽ   l l\ ! l  il     r-、. ./../
     / /____/ !   ! \  !ヽ/!: :| |  |     .l ./^ヽ./
    ,'/       |   ヽ ヽ| / / |: | |   !_    |/ /⌒ヽ、
    /       /::!    \ヽ /ヽ| | |  ヽ /|   .|(_/ /⌒ヽ}
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/:::::::ヽ     ヽ  | | |   ヽ|     .|.`Y A_ ノ、
5417 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:09:37 ID:PyJ5mWCg0
                   , '´ ̄`ヽ、
           _,.. - ―- 、._/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
    -ニ二_ヽ、,.:'´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':,
    , -' ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
   /:.:,:.:.:.:.:,:.:.:.:.:.:.:、:.、:.\:.:.:.:.:',:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',         あ、もしかして……そういのって駄目な感じかな?
.  /:.:/:.:,:.:.:.:l:.:l:l:.l、ヽ_ヽ-ヽ_}:.:l:.:.:l:/:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  l:.:/:.:./:.:.:.:l:.:l:l:.l,.ヽヽ'行示!:.l:.:/ヽ/:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
  |/|:.:.:l:.:.:l:.:.',:.:'´,=、   込ソ从/:lノ:/:./ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
    ',:.:l、:.:.l、:ヽ∧ゞ'     '´j:.:l、,/:/   \:.:.:.:.:.:.:.::.:.ヽ
    ヽlヽ:.lヽ:.l 八 ` _   /:./ ` '、     ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      \ ` l:.:l`ヽ、_,.-、イ:/-‐=-、     \:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
.           |:.:l  /:::::::::ヽ`"'-―=`-―--、  ヽ:.:.:.:.:.:.::.',
           ゞ、 l::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  ヽ:.:.:.:.:.:.;
            |:::::::::::/´|ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::,l::::}   ',:.:.:.:.:l
          /´`/::::/ /   \::::::::::::::::::/ |:::::|   l:.:.:.:.:|






                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ       拒否してるんじゃなくて、そういうのに疎いだけです
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、    漫画とかはあんまり読まない生活なので……
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨






過去、彼の生活は単純明快極まりないものだった。少なくても寄り道などしている暇など一切ないほど。

今までの教訓として、時間というのは万金をつんでも買えないことを知っていたし、いくら時間を費やしても才能には
勝てないことも、同じぐらい身にしみていた。

透き通ったグラスに注がれた水を飲み干すと、目の前の先輩方二人に対してどう返事すべきか一考するが……
5422 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:18:15 ID:PyJ5mWCg0
                      /                 ヽ
                       /                   '
                      , ,                 ',
                 i ゝ ̄ ''ー-                !      ……そうか、もう夏には何もないんだよな
                  {   {__  ヽ  J           }
                     ',   マj  ̄ノ           /
                  ゝ  `   ´           ∠ _
                  { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
                    ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
                        `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                      ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                             }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                             j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                              /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                          {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                             !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                            |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                           |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                               }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                             !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                             /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !
          _                   {     ヽ:::::::,.ィ´::::::::::::::::::|  |          |
         ,.ィ:::::::::>..               ! {     `フ´::::::::::::::::::::::::!  !          |
       /:::::::::::::::::::::::`''ー-- ==..,, _,.rー'| i {  {. i'::::::::::::::::::::::::::::::!  !          |
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ| i  ! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::|  |         |
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ.ゝ. ヽ.ノ::::::::::::::::::::::::::::!  !          |





彼は二つの椅子の間に落っこちている。姉妹から逃れる手段として陸上部を自主的に退部――少なくても彼自身はそう
願っているのだが――自分を束縛するものから解放されると同時に、それまでに費やしてきた時間すべてを持て余して
いるのだ。ちょうど、生真面目なリーマンが会社をやめると同時に白けるように……

もはや夏の大会など、シャーロットがいれば全国は堅いだろう。他人の褌で相撲をとるのが大好きな陸上部の監督が
そう豪語するのだから部員一同は燃えているに違いない。彼の心は氷のようにどこまでも寒く、透き通っているが。


受けてみるのもいいか。彼の脳の何処かがそう囁いたのか、彼自身もわからなかった。


夏までまだ時間は有り余っているし、何か不都合があれば……断ってしまってもいい。




下2~8     1.承諾する
          2.考えさせてほしい
5423 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:18:36 ID:sVM3e.lk0
1
5424 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:18:40 ID:5P9seYlI0
1
5425 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:18:50 ID:A7qlRQDw0
2
5426 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:18:52 ID:jnS6fubo0
5427 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:18:53 ID:HpxtRM6.0
1
5428 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:19:04 ID:/UbzoC3Y0
2
5429 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:19:13 ID:SyRKKXr.0

5430 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:19:31 ID:DiMoQF2M0
2
5437 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:24:13 ID:PyJ5mWCg0
                      _
                  /:/⌒
              .-――-. . 、l::::/-‐:  ̄ ̄`ヽ
        /::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ-==ニ ̄`\   モッタイナイノー
          ィ::i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     //::l::::l:::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::\
   /  i/:/::::::i:::::::::::::::::::::{::::::::::::::::::l:::::::::::::::\ヽ:::ヽ
  /     /:::i::::::::::」_:⊥斗ハ´:::::::::,イ::}::::::l:l::::::ヽ:ヽ\l      うーっ、せっかくカッコいい顔してるのにー……
  ヘ   {ハ!: ,イ|/ |/  ヽ::::/ |/`ヽi::::l:::::::::i::::l  }
 /:::::l∨    ∨: {  ○   ∨  ○ /::::l:/::::::l:::l
 {::::::l: ∧     ∧:人。 ゚       ゚c //:::::::ハ::l
 l::::::ヘi     i: :ハ'///////,} / |:::::/ .}/
  l:::::::|     |\N            i  ':/  ヽ
  l:::::|     |  /´⌒ヽ、       人        i\
   ヽ:!      i (       ̄`ア イ/`      / : :\
    |     |⌒ヽ――┬―く  :!       / : : : : \
    |     |`‐=ニ‐rゝ_7ィ,/゙i\    / : : : \: : : : : :ヽ
    i    ∧. : イ、.`〈 只l '‐‐r \ヽ/\: : : : : : \ : : : ::l
    {      ̄> \l;:;:;:ヘr 〈 ィ/    \: \: : : \: : :|
    ∨     .\_  \;;;;;l lヘ/      \: \.: : :|: : |
     .V   / .、,r' ´ン、  \l lヽ        |: : :|: : :|: : |








                         -‐ ──  ‐-        x‐===ー-
                /                 \  ./ >' ´
                  /                    ` ' ∠-`ー- 、      ノ
               /   ./   /          、  、     ` ー一 ツ
                ,'.   l    l l  l |          ヽ \ __,. -<      あははは……仕方ないよ
                 l    |    | |  l | l ハ l |   }  、 ヽ
                  |    |  斗l十=ト、 | l l l |  l  l  ヽ ヘ        ちなみにね、コスプレしてるとカメ子さんって
                  |    |    |,z=-ニ._ハ | l | ヒ.Tト、|  |、   ハ l、
                  |   fヽ|  V {f゚仆リ `λ| リz-、j リ  ハ  } l |'       カメラ持ってる人たちに写真とか撮らせて
                  |. { (|    | 辷 ソ     ム゚::ハ}  / λ: l∧ |      とかいわれるし……
                  |.  ヽ|   |` ̄       うソノ .ノ  l  ! |  l|
                  |    |   |      ,  ` イ´ |  | ,ィ: j
                  |   |   |   r- ァ     ノ  ト、 |' レ'
                  /     λ   l   `´   /   l/ `
               /  j_ 斗{ .|   |.`ト、    イ  |   |
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|
5449 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:32:11 ID:PyJ5mWCg0
                 , -ー――-- _
       __ _/            `` 、
   -=二 _                ----、  ヽ
      -―  ̄/ ̄`              l   ヽ
     /  /   |              `、   l    ヽ
    / イ     レ′、  ,ヘ   、 \ 、`i、 l    |      性質が悪いカメ子だと遠慮なしに撮ってくるのとか
   l  |  /./l    | .l/  ヽ   }  i、 、ヽ l     |
   | /!  l ./,ト   | | l u  |  .l、 .ハl, ヽ丶     l     最悪、人間の壁に阻まれて籠の中の小鳥状態とか……
   |.l |  | ./|   | ||十|'    l .l !―| リ   ヽ| ヽ.   |
   || |  l | | | .||.|ハ| l|、   l/ リ i| |/ ヾ  |'  l   |
   `丶 li、.| | l  |l ○   u '  ○   l ./ |_  l  |    なのはみたいに撮られるのが大好きな変わり者じゃないと
     ヽ|、` 'ilヽゝ           u  // | ヽ l  |
        ヽ i、l,゙l、u            レ  | ノ l  |   コスプレイヤーは勤まらないというか……
        ヽ| l \  , --、- ,    u |  |   |  l
           |  ン'    ヽ   _ , r,|  l    |  l
           | /       、トニ ‐ ' |  |ヽ  l  l
           l i          ノ\  │  !: :|、、l  |
             /"l       ,,く /,ヽ /  /: /: :`. .、 ヽ、
         /: : :` 、    ノ\o,r' `/ /:/: : : : : : :`.  ゝ







                       , -----、
                  ___〃:.:.:.:.:.:.:.:.:i
              ,  ≦:.:.:.:.:.:.:.:.<:.:.:.:.:.:.:.:.:.| -====―
            ,〃ヽ:./ヽ:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:/:.:― 、
          , ′|:./:.:.:.:.:.:/:.:.:/:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ 、:.\  リリカルマジカル♪
          /:.|:.:/:.:.:.:/:.:.:/:.:.:./:.:!:.:.:.:.l:.:.l:.:.:.:.‘,:ヽ:.:.ヽヽ:.ヘ
            {:.:.:.//:.:./:.:.:.:i:.:__廴/|:.:.:.:.!:.:!:.:.:.:.:.:.}:.:.:.',:.:.:.',  \
          |:.://:.:.//:.イ|__|:.{ `:.:.:.:l┼、:.:.:.:.: i:.:.:.:.i:.:.:.i      そうじゃなきゃ魔法少女コスプレイヤーは務まらないの♪
          |〃|:.:. i:.ト:.:|イ斧7ヽ|:.:.:/,≠|:`:.:.:.:.:l:.:.l:.l:.:.:.!
          ゝ:.:l:.:∧{:l:.l 弋::ソ il/チら }:.:.:.:. : !:.:.|:.|:.:/
            ヽ:l:.l/リ:マ{ //// / 弋,' ,′:.:.:./}:.:,'リ}:/
                ゞ{:.: : |ヽ      ` //:.//:./ ,':/  ′
             !:.:.:.|     `l 7{ヽ/〃/:.//|
                 /ヽ{  ヽ    `イ\\:.:.:./:.:.|
               ∧ \`    7≠―/:./―‐ ヽ:.:.!
         ,x ≦:::} ヽ `ヽ-≠、 ', /ヽr ´   ヽ
        〃::::::ヽ:::::::|  \   /ゝx、ヽ、 《 、    ヽ__
     /:::::::::::::::::',:::::l     ,ヽi /: ̄} `ヽ´ヽ、   / ‘,
     i:::::::::::::::::::::i:::亠---/   `ヽ::::i   |  `ヽ、    ‘,
     |:::::::::::::::::::::://    L___    `ヽ、/    ',  /ノ 、
     / `ヽ:::::::::::://        ̄ ー-- \     i//   ヽ
     {  }}:::::::::/ |  l    ―――  ` l    ,'/    / ヽ
     ゝ /::::::::::/ ト  ',               l   ノ:.ゞ         i
     |:::::::::::__i  | ヽ  ヽ        ―≠ T:.:.:.:.:ヽヽ     /
     |:::::::/   |  \  `ヽ--- ´   ο{  l:.:.:.:.:.:.:.:.`:―一
     | ̄     i|   /           |  ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\




割り箸を魔法の杖のように軽やかに振り回す動作は慣れの一言だ。バレエのリボンのようかもしれない。

軽くポーズを決める高町。胸を張るような動作は、彼女の魅力である二つのふくらみを強調し、スカートから覗かせる
ふとももなど、確かにコスプレイヤー向きかもしれない。

なるほど。つまり、コスプレイヤーとは自分の体に自身がある人間にしか勤まらないというわけか。
5451 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:34:57 ID:NkYlxxT20
少女?
5452 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:35:19 ID:HKPik6ao0
少女?
5453 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:36:06 ID:vuTZ9TuY0
>>5451-5452
なんだこの肉片は…
5455 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:36:56 ID:PyJ5mWCg0
                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,     あぁ、つまり先輩たちは――
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ









下2~8     1.痴女なんですね
          2.露出狂なんですね
          3.変態なんですね
          4.かわいい衣装が好きなんですね
5456 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:37:16 ID:NkYlxxT20
5457 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:37:16 ID:SyRKKXr.0
2
5458 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:37:30 ID:sVM3e.lk0
5459 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:37:40 ID:5P9seYlI0
4
5460 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:37:40 ID:HKPik6ao0
5461 : 安価のやる夫だお [] 2015/03/07(土) 22:37:41 ID:mSQlleV.0
4
5462 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:38:01 ID:O8G4upPg0
5463 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:38:04 ID:ei7Y9/r60
4
5474 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:43:27 ID:PyJ5mWCg0
                     __
                      ,ィ/
     , ィ:ヽ   , -ー―- .、//,..-ー- 、
   ,.:': -:-:、:ゝ ': : : : : : : : : : : : : : :-= - 、:ヽ
   |:/:,.イ:,.イ: : : : : : : :/: : : : : : : : : : :、: ヽヾ',
   |: ,' : /: : : : : : : : :/: : : : : : i!: :i: :',: :',ヾ: ',         かわいい服は女の子の唯一無二の友なの!
   |:,' : ,': : : : : : : : : !:!: : : : //,ィリi: :i! : ! リ     ___
   |': : :i.: : : : : : : : : i:i: : i: :/'./┃ i: ハ: :.!    /,イ',
   |: : : ',: : : : : : : : : i!、: i: ,イ.'' ┃ '、' !:.,′.  /イ  ! |
   | : : : '、: : : : : : : : :f´ヾ: :i    ,' レ    i    ',.|
   |: : : : : ヽ: : : : : : : ゝ._',: :',  i`,′   / ',    ノ |
   |: : : : : i > 、: :_:_:_/ ',: :',_.,.イ     ヽ ,′ i  !
   |: : : : : ! .r===ニニニゝー-.、        .,ー--.、イ´
   |: : : : : !/           ',     ,'.    `,
   | : : : : , i             ',.     ,'==== 、,'
   |: : : : :, .i.i       __     ヽ   ,′    ,'
   |: : : : , ,'ヽ、_ , <´  ヽ、、   ヽ_./    .,
   | : : : , ./ ./          ヽ`ー.イ ゙ヽ     ,
   |: : : :, / ./          ヽ    ', ヽ.  ,'
   |: : : :/ ./             !.\   i!   /
   |: : :/ ./        _ ノ   \   /
   |_,.イ         ,ィ'´       ` ー'
___/             /








        /           \
       /   /           ヽ  ニシシ
       /   /  / ィ /i    /1   、
       /  i  / ∠ム/_ |   // !   i
      ,'   | i  |/  レ  トハ/イハ.|   |      人、それを痛い奴と呼ぶ……
     ,  /^レ|  kィぅ≠z, 乂|  /ト|、 |
     ,   { rハ  |弋シ    リレイ_. | `/i |
    /   ヽr- ヘ !       辷癶,| / リ
    ,    |! ヘ       、¨¨ /ル
   /    ト 、 \  仁' _ュ   /
   /     |i: : :` v\  _ -‐'
  //     i |⌒: :-[  ̄
 イ     | |: :/ ̄ ̄:.ヽ、
  i  i     ! |/: : : : : : : : }
  |  |   人! : : : : : : : : 7
  |  | i i { |: : : : : : : : : 入
  |ハ ! | |ハ |: : : : : : : : :,': oヽ
  |:.ヽ! | | .リ: : : : : : : :/:.:.:.:.:.:i
  |: : ヾ j ノ: :!: : : : : : ::∧::::::::ノ




「あ、待って先輩!ゴメン、ゴメンってば!」

エイラは人をからかうのが趣味のようだ。すべての作業を終えると、一同は鞄を抱え暗くなって店先へと出た。
5476 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:50:42 ID:PyJ5mWCg0
                 /: : : : : : : : : : :ハ: ∧: : :./: : : : : `ヽ: : :`ヾ:.`ヽ
              /: :/: : : : :/ /ィ:廾:卞ハ: :/∨ハ: :ヽ: :.∨ヘ:.:.:.ヽ
                /: :/: : : : :/ /:/ xイ⌒ヾ ∨  }⌒}: : :i: : :i: : ∨:.:.:i     そういえばさー。明日って土曜日だよね
            /: : ; : : : :i: Ⅳ/ /てハ     /圷!: : | : :ハ : :.∨:.:!
            ,: : : :i: : i : |: Ⅳ ん⌒)ハ     弋_トハ:!:./: ∧:.:.:ハ!    やる夫君、お昼とか空いてない?
             i: : : :|!:.:.| :.ト:ヾ〈代つ:::ノ`      ノ  ∨:./! !:.:! :!
            ': : : :|\:\:.:.:\ ヾ'´       _   ∨ | l:.:′
               ∨ : ∨へ:.\:.::.二ニー      く  !   !: :! i/
             ∨ヽ{ し.:|:.:.:ミ           ;;    i :リ ′
                 ∨八ヽ !:.:.:i ヽ                 ハ
                |\:.孑!:.:..!  `  、  ...... . . .:.:.:.:.:.ノ:.:.!
                |:i:!|\ハ:.:.ヘ /        , <リ:.:.:リ
                |:i:!|:.:.:.:.:Ⅵ:ヘ         i   ノハ/
                |:i:!|:.:.:.:.::.∨:ヘ、、______j,___  /
           ,x≦三三≧x、、:/¨\\         /Vj、
        /三三三三三三≧、、  `\     /∧/ `\三三≧x
          /三三三三三三三三ヘ、    \  // :ハヽ、、\三三三ヽ








         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.          空いて……空いてますね。
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´





「明日さ、友達とコスプレ衣装に必要なのを買いに行くんだけど……お試しってことでね。ね?」


外出のお誘いのようだ。向かう先は秋葉原というところらしい。同行者は先輩の友人方……

目的は彼にオタク文化と馴染ませるつもりらしいが。さてさて。



下2~8     1.いいですよ
          2.あー、ちょっと。
5477 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:51:15 ID:SyRKKXr.0
1
爆発させたい
5478 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:51:19 ID:5P9seYlI0
1
5479 : 安価のやる夫だお [] 2015/03/07(土) 22:51:20 ID:mSQlleV.0
1
5480 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:51:28 ID:SyRKKXr.0
1
5481 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:51:31 ID:NkYlxxT20
5482 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:51:32 ID:HpxtRM6.0
1
5483 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:52:07 ID:XCkRB9nQ0
1
5484 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 22:52:30 ID:A7qlRQDw0
1
5489 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 22:58:07 ID:PyJ5mWCg0
        ___,.ィ´ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ `:\/, -――-、\
    ,  '´,.: :---‐ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : : /∠: ――― 、::::ヽ
   /: :/: : :_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : : ::イl ̄\: : : : : : : \::l
  l/´,:': : :/ : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : : :\ : : : : \:: ::l::|: : : : ヘ:: : : : : : : ヽ
    /: : ; ': :/ : : : : : : : : l: : : :l : : : \: : : : ヽ: :: : : :ヽ::∨: : : : : :ヘ:: : : : : : : l     やったー。それじゃ、現地集合ね
  /://: :/ : : : : : : l: :\\: : :': : \ :ヽ : : : ';: : : : : :ヽl::: : : : :: : ヘ: : : : : : : l
  /'  ,': :/ : : : : : : : l: : |  ': : : : :\ :\ ⌒゙ヽ\:.i: : : : ::ヽ: : : : : : : ヘ: : : : : : :|     明日の――
    ;: : ': :l : : : : : : :l : ::'l⌒、: 、 : : :ヽ _´ ___, | :| :j : : :l l:: : : : : : ヘ: : : : : : l
.    i: : l : l: : l: : : l: :ト、 : !,x=ミ\: : : ヽ 〃 ⌒^..|'イ: ://::/ l: : : : : : : ヘ: : : : : l
.   l: : l : l: : l: : : ': :l :l f〃ん(_ `ー--       |/: :/|イ    l: : : : : : :ヘ: : : : :l      (女しかいないのは黙っておこう)
    !: :ハ: :! : :'. : : ヽl:ハ.八 乂ツ        イ⊂二二二⌒ヽ : : : : : : | : : : : ト
    l: { '; '.: : :ヽ.: : :\:ヽ/ヽ.     ヽ     j_;.ィ: : r-y' / / \: : : : :ヘ:: : : : l
.    ヽ! ヽl\: : `ト、: :メ....ノ.    r‐一'7    | : :lヽ{./_/_   \:: : : l: : : : :l
.          ヽ : l / ./ \.   ヽ --'   / l : :.l   ヽ\_X   \´ ̄/ヽ| テヘペロ
            ,.\{  \ハ:.:.:| >-  . _ / /l : /-、  ヽ:::ヽ.\   >'´  ∧
        /    \.i |:.:.|:::::::l| >tく  |ヽ 〈l / :::::`ー、 \/`ヽ /  /:::::〉
       /     ノ_ ノ::.ヽ:|::::,イ「 冂 '" /  |:::::::::::::::::::::`-ハ__/   /:::::/ ',
     /|     /ー'::::::::::/ヽ.| ,ハ  ,/   ト、::::::::::::::::::::::::\___,...::':::::::/    〉\_
.     | ヽ、___f´_ノ |:::::::::::/   | /∧ヽ /   j  ヽ:::::::::::::/┌∨:::::__/    /!:::/
.      ト、_      _,l::::::::::/    | V V /  /  / \/ _l (_)_} ̄    /:::::{:/







          ̄二ニ=.、,  丶、  ―― __
         /     ` ー  ´       `丶、
       /      ,.へ          ー‐-、` 、
__ _,. ‐'´/      /                ヽ/ !
`ヽ、__/     /  / / / /            ヽ ∨ !
     / /  /  ,' / / / /  , ヘ、       ',   |     あ、あははは……
.    / /  /   l ,' | i_!__| |  | |__|_| !  |  i | |
    |イ  /   ' | !  ィ'∧ハ∧!  |,ハト、ノノ`ヽ  ,' | ,'|
      |   !  | .| |  N,            / / N |       (女性しかいないけど、いいのかな)
     '., ト、 l  | ト、  r ‐=ミ j__{ ィ=- 、//  ! |
.      ヽ|. \ト, |  ヽ| 、_  ノ  ̄`、 __ノ 7  ∧ |
           | |   ',      、       /  ,'   |
.            レ∧  ハ     r ァ  U /   ,    |
           / ',   ! ` 、       イ   l     !
.           |  !  |/く/ `=  - ≦=|_|  |    |
        -―――|  |/::.{  /^\.  } |  |`ー-  |_
     〃::.::.::.::.::.::.::.::.|  |::.::.::.| /\V/, |::.:|  |ヽ::.::.::.::.::.::  ̄ヽ
     ∧::.::.::.::.::.::.::.::./:| |.::.::.::Ⅳ/∧\.Ⅵ::.|  |:.',::.:.::.::.::.::.::.::./::|





彼はひとつ忘れている。彼女の通う高校は女子高であり、その友人というのは必然的に……

高町先輩は笑顔だった。それは、屑殺状に向かうトラックに載せられたことを、自分の運命を知らない豚を見送る
飼育員のように、どこまでも深く、冷たかった。

何気に、彼にとっては初めて。いや、数年ぶり外出かもしれなかった。
5494 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:01:11 ID:PyJ5mWCg0
























……………………………さて。
5495 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:01:29 ID:DiMoQF2M0
あっ(察し)www
5501 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:09:04 ID:PyJ5mWCg0
                 ̄ ̄ ̄  、
            /           ヽ
――――...、 /   ι     -、     ,
::::::::::::::::::::::::: {-- __          ,ゝ、
:::::::::::::::::::::::::i:∨//≧=、     ゝ fツ  !
:::::::::::::::::::::::/i:::∨/////7、    ,     ヤ′
::::::::::::::::::::/::i::::::∨//// / u.  i      !
::::::::::::::::::::_メ::::::::∨/イ_/     `ー=ァノ
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/>   __ /´
::::::::/::::::::::::::::::::::/_/     //
::/::::::::::::::::::::::/ 〈 ∨  /__/
'::::::::::::::::::::: /     ', }_/ i:::::〉
:::::::::::::::: /       Ⅵ   i::/
:::::::::::/         |i  〈/
:::::/    \      |  i
:.リ       \    }  ト--.、___
/        `丶__/   i:::::::::::\:::::::..、





逃避する時間は終わったのだ。青年は無視していた現実と向き合わなければいけない。

犬のストラップのついたスマートフォンはその存在を主張するように、彼のエナメルバックの中で沈黙していた。

忘却の仕様がない。むしろ、彼の疑問はバイト中だというのに時が経つにつれて、より疑心暗鬼に囚われていた。

これをどうするか? 夜道を歩きながらそんなことを考えていた。棄ててしまえればどんなにいいか……

いっそのこと、そこの排水用の溝の中に放り込んでしまうか? 悪い気はするが面倒という束縛から逃れられるかもしれない。
5505 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:17:54 ID:PyJ5mWCg0
              _    | | | | | | | | |
        _..-''''゙゙゙´   ゙゙゙゙'''ー,,、| | | | | | |
       /  :::::::::::::::::::::::::::::::::\  | | | | |
     /     :::::::::::::::::::::::::::::::::::`、. | | |
    .′      :::::::::::::::::::::::::::::::::::丶   | |         いや、高額な奴を棄てるのも……
   /  ∪       ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  i            ::::::::::::::::::::::::::::::::i           携帯ってのは大事って言うし
  !          >一 、:::::::::::::::::::::: !
   !     ∪   /__≦二_ \::::::::::::::::!
   \   _ 斗≦ ´ --  _`ーヽ::::::::::/
     > ´             `ミ丶、
  /                        \
  i   \                     \
  |    ヽ-―   ¨¨¨¨¨¨ 丁 丁¨¨  ‐-ヽハ
  |     丶 i        |  |      } i|









                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_     いや、なにを言ってるんだ俺は……
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \    ただ渡せばいいんだろ?
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|






そう。渡せばいいのだ、持ち主は誰かなのかは分かっている(状況推測でだが)。とにかく、後は何か言われぬように手を

打ってしまえば、そうだ。例えば、電源を落としてさえしまえば何か突っ込まれても知らぬ存ぜぬを突き通せる。

なにより、心の安全が保障される。いったい自分が何に恐怖しているのか、そこは謎なのだが……
5508 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:20:51 ID:PyJ5mWCg0
           /⌒ヽ,      .,,;-―――――-;;,,
           |   {    /            \
           l     ヽ                 \
           \   ヽ          __._ノ   _〉
            }ヽ.   \    U  `i |;;;:::| i  〈{::} 〉          …………
       _,. -―‐く`      ヽ        ⌒゙''''''´" ヽ
       {′    i ヽ    }ヽ_      (,,__,,ノ!_ノ .|
       `ーァ= <  ,} 、  ハ!_        ̄ ̄ ̄  /
         {   { ̄ヽ  _> ´ r‐_)          /
         ヽr―― '´ ̄   /´   > .  `ニ´ ,.メヘ、
         /.{      __.. イ ,ハ\  \  ` ー‐ ´/\、 ヽ
         | ヽ. -‐ ¨´   ノ}\| > 、 ヽ    ∧ ヾi、 l. |
         }  ハ     ,/ ∧ヽ\ .ヽ ヽ   /  l  }il! } |
        ハ  ヽー、―--- '´ノノ ト、 ヽ          ,iリ/-{
        {    \\ _/イ .|ヽ.ヽ ヽ    l   ///ト、ノ
        `7ヽ、  ` =チ'´/ ノ
         /  {\__ ノ .ノ /





立ち止まって、手に持ったスマートフォンを睨む。講じるべき手段は幾つもあるが……


下2~8      1.電源を落とす
           2.交番に届ける
           3.何もしない
5509 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:12 ID:SyRKKXr.0
3
5510 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:22 ID:SyRKKXr.0
3
5511 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:24 ID:u2qzOkbU0
3
5512 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:26 ID:XCkRB9nQ0
3
5513 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:27 ID:18LzmYYY0
5514 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:30 ID:A7qlRQDw0
2
5515 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:32 ID:eWtLT1CY0
5516 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:21:32 ID:sVM3e.lk0
あえて3
5523 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:30:43 ID:PyJ5mWCg0
               _____
             /           ヽ
           /               \
          / 、                \       ……まぁ、なにもしなくていいか。
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |     女性のものに手を出して騒がれてもアレだし
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|







彼はバックの中に戻すと、家を目指し歩くことをはじめた。明日は先輩方に付き合わなければいけない。ともなれば
早めに寝て体力を蓄えるに越したことはないだろう。女性の買い物というのは鉱山で働くよりも重労働だとも言われるくらいだ。


そんな不幸な彼は、なんとも幸運なことに、家に誰もおらずとてつもなく静かで平和な場所だった。

母も、父も、姉も、妹もいない。夜の10時半を過ぎるころに皆がどこに行っているかなど、彼の知るところではなかった。

自室に入ると、しっかりと鍵をかけ、戸締りをした。半ば脱ぎ捨てるように学生服を床に放置すると、青年は安堵しながら
ベットにもぐりこんだ。
5532 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:38:54 ID:PyJ5mWCg0
        !
                   i                   l                  !       ||                 !
                   i         |                                ||                 !
                   i         |                    |                ||         |
                  !          |                 l|                ||         |
                   i         |                 l|                       |
                   i         |           !       |                       |
       |                     |           !                                |
       |                     |           !               i
       |                                   i             {     i
       |!     |                          i          i{
  |i      |!     |                 i!                  }}                   {
  |i  l  |!     |                 i!                  {{                   {
  |}  l  |!     |     i               i!                  }}                   {
  |}  l  |!     |     i               i!                  {{                   {
       |              |!              i!                                         {
       |              |!              i!          l                            {
       |                                  l                            {
    |                }                         l                            {
    |                }                         l                            {
    |                }        ||                                            {
    |                          ||                        |
    |                          ||                        |!
    |                          ||                        |!
                                ||                        |!




外から雨音が聞こえてくる。なんだ、雨が降っているのか……寄り道しないで帰って正解だった。


そういえば風呂に入ってなかった……明日シャワーで済ませればいいかなど考えながら
彼の意識は浅い霧のような場所から深い深い底へと、ゆっくりと落ちていった。

それに伴って、目蓋も閉じられていき、誰もが経験するように、彼もまた自分の意識しないまま眠りへとついたのだ。
5536 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:42:10 ID:PyJ5mWCg0
          |    |                      |    |、    ||     ||
          |    |                      |    | \ .:;, ||     ||
          |    |                      |    |  \ ::||     ||
          |    |                      |    |   ::\||   []||        ギシッ……ギシッ……
          |    |                      |    |    ::::\  `゙||
          |    |                      |    |     ::::::\ ::||
          |    |                      |    |         :::::\||
          |__|──────────────|__|         :::\
       __|\
      .__|\ \\
  .__|\ \\ \\
  _l\ \\ \\ \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .\\ \\ \| ̄´
 ゙\ \\ \| ̄´
  \\ \| ̄´
   \| ̄´
5537 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:43:04 ID:XCkRB9nQ0
ヒッ
5538 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/07(土) 23:43:08 ID:SyRKKXr.0
完全にホラーです。
しかも和系じゃなくて西系の
5543 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:44:53 ID:PyJ5mWCg0
:::::::| :|     |                           ||           。。           ||
:::::::| :|     |                           ||         。   。       .||
:::::::| :|     |                           ||       。      。      .||       ドッ……
:::::::| :|     |                           ||     。         。     .||
:::::::| :|     |                           ||   ∫───────∫   ||
:::::::| :|     |                           ||   │              │   ||
:::::::| :|     |                           ||   └───────┘   ||
:::::::| :|     |                           ||                        ||
:::::::| :|     |                           ||                        ||
:::::::| :|     |                           ||                    ○  ||
:::::::| :|     |                           ||                        ||
:::::::| :|     |n_n ____                     ||                        ||
:::::::| :|    ,/◎ i `>_i  /|                     ||                        ||
:::::::| :|  / ` ̄ ´/_// |                     ||                        ||
:::::::| :|  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  ||´ ̄三三三`||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  || /|二二ニl ||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  ||─────||   |                     ||                        ||
:::::::| :|  ||l´ ̄ ̄Y ̄`l||   |____________.||_______________.||__________
:::::::| :|  ||l     |   l||  ,/
:::::::| :|  ||l___,」___l||/
::/ ::|/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::/
5544 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:45:16 ID:PyJ5mWCg0



:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     ギィィ……
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
5552 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/07(土) 23:56:02 ID:PyJ5mWCg0







                      , -― … -、
                    /         \
                    , '  U         \
                  /      _ノ    ー- 丶
                   |      〈 ● 〉 〈 ● 〉 〉        (……隣の部屋か)
                   |          ̄      ̄   /
                 V        (__人_) /
                   ∧ ̄ヘ        `ー’ /
                   /::::::::::ヽ \     __/
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
         i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
          i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
           |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |:::::::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::V'´




隣室の扉が開く。その音を聞いて、青年はベットの上で胸に手を当てた。深いため息を吐いたが、息は殺している。

彼が目を覚ましたのはまったくの偶然ではなく、廊下の床が軋む微かな雑音だった。緻密に作り上げられた脳みそが
一瞬で覚醒し、休止状態だった体に緊急事態と鐘を鳴らしたのだ。

だから、天才とまでは行かないが秀才である彼の思考は一瞬で状況判断に移る。

窓は暗いまま、微かに雨音だけは聞こえてくる。となれば、まだ夜は明けてない。

自分が察知した音の主は、すぐ隣の部屋……シャーロットの自室へと入った。となれば、間違いなく音を鳴らしたのは妹だ

確信はある。姉は他人の部屋に入る前に必ずといっていいほど、律儀にノックする。そもそも、「アレ」は誰かの居城に立ち
いるような性格じゃあないだろう。これは、父と母にも重ねて言えるだろう。あの二人なら部屋の前で声の一つや二つはかけ
るはずだ。はずだ、はずなのだ。すべては彼の17年にも満たない人生から導き出した経験。憶測にしか過ぎない。
5557 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 00:04:28 ID:PbGDxUAc0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨




今のところ、妹だと仮定してしまえば……もう問題はないだろう。

なぜ深夜に帰ってきたのか、どこに行っていたのか、両親や姉はどこにいるのか、なにをしていたのか、危険がなかったか

そんな些細な問題は彼の考慮すべき領分ではなく、今、思考領域のすべてを身の安全にだけ費やしているのだ。


問題はあるか? いや、今現在はない。自分の家の自分の部屋に帰るだけなら、そこに危険が及ぶというのは、青年という
例外を除けば存在しないだろう。もっとも、血のつながっていない妹がファッション代わりに「首を絞めてくれ」などいう家系が
あるのなら、違うかもしれないが。

しばらくの間、彼はじっと体を縮めたまま隣の部屋の物音に感覚を集中させた。ちゃらりと金属音が何度か鳴ったが
それ以降は特に怪しい音もなかった。

よし、いいぞ。頼むから部屋から出ないで、そのまま寝てくれ。俺の心の平穏のためにも。
5565 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 00:13:50 ID:PbGDxUAc0


                                                    ガチャッ


                                                              ギシッ、ギシッ

                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨






薄氷のような期待は簡単に粉々にされた。扉がもう一度開くと、誰かが廊下へと出た。どこぞの鴬張りのようにわざと床が
音を立てるという豪勢な仕組みはないのだが、築20年以上ともなるとボロも出てくるのだろう。

そして、ボロい一軒家。その二階一番奥の部屋で息を殺しながら妹におびえる自分の姿を想像すると、なんだか奇妙な
笑いがこみ上げてくる。なんとも惨めなものだ。どういう理由で自分があの見目麗しいお姫様におびえているのだろうか?

普通の、彼の通う高校の男子なら小躍りするようなシチュエーションなのに、青年の色眼鏡から見える光景は、食人怪物が
獲物を追い詰めたシーンでしかなかった。自虐的な、己を哀れむ自分が一番惨めだな。いつまでたっても姉妹から逃げれ
ないのだから。

部屋を出た人物の足音が、自分の部屋の前で止まった時点で、彼はあっ、と声が出そうになったことも、一層惨めだった。
5566 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:14:50 ID:Lh3SY5LA0
アカン…wwww
5568 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:14:59 ID:7JkUbsww0
怖い怖い
5569 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:15:23 ID:ntNuGcKg0
ヒェッ
5577 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 00:25:34 ID:PbGDxUAc0
            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,       部屋の鍵は……内側からしかかからない
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|





学校にある教室の扉は廊下側からロックをかけれるような仕組みだ。しかし、彼の部屋はトイレの個室と同じように
中からしか鍵は掛からないのだ。そして、鍵を開けるのも中からしか行えない。

それは考えるまでもなく、当然の理由からだった。誰かを閉じ込めるのではなく、プライベート空間ならば部屋の開閉に
ついては当人に任されるわけで、本人の意思外から他人に開け閉めされては鍵の意味がないだろう。

いや、それは自分が勘違いしているだけで、本当は外から開く可能性もある。かもしれない。反対意見を投げるのは
自分の理論を正当化するに必要なことだった。

莫迦者。ここは教室でも拘置所でもない。俺の部屋だぞ。少なくても、俺が在室しているなら部屋の開閉権利は俺にある。
ならば、俺があけようとしなければ、扉の構造的にも開くはずがないのだ。


「莫迦か俺は」


彼は一人、つぶやいた。何が楽しくて部屋の開け閉めに関して大真面目に、それも必死なほど考えているのだ。当然な
ことをもういとど考えさせられることほど、彼は哲学を愛していないし、むしろ怒りを抱くほうだった。
5584 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 00:32:26 ID:PbGDxUAc0
  ___________________
. | __________________ |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |      ギッ、ギッ
. | |                               | |
. | |                               | |        ガチャッ……
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | | | ̄ ̄|                      | |
. | | |    |                      | |
. | | | (二二二!                     | |
. | | |__|                      | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |
. | |                               | |




だから、自室の鍵が勝手に開いたことには、開いた口がふさがらなかった。比喩ではなく本当に口が開いたのだ。

扉から背を向けるように寝ていた彼は咄嗟に両の手で大口を覆うと、死体かと見紛うほど身じろぎひとつしなくなった。

開閉の自由、プライベートな空間、彼は叫びたがったが、それよりも体がすくむような思いが強かったのだ。
5602 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 00:40:15 ID:PbGDxUAc0
                      /           ヽ
     _   _         ´               ヽ
    l l  /./         /      丶          ヽ
    │l ././       /     │    ヽ、        ヽ、
.   │.l/./      ノ〆     │   ゝ_`_        _>
  _ソ    ヽヘ      │ .∧   、    丶、        √
 ∧   /:::::::::::ヽ    ∧  ∧ ゝ ヽ、 ---- ゝ     \
   ` l::::::::::::::::::::::::::丶、 丶..リ l  ノ               ヽ
     l:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ /   ト´ ヽ             ヽ
     > 、::::::::::::::::::::::: /  ./    `ヽ            \
          `へ ::::::::::: l ヘ .(\ __丶/ ヽ             ヽ
            ヘ:::::ソ:::: ̄::::::::::::  ヽ../  `ヽ、  、      、_  ヽ、
               ヘ ::::::::::::::::::::   /:::::::::::ヽ  \     ヽ ヽ __  >
                  ヽ ::::::::::: l :::::::::::::: ヽ  ヽ \  lヽ ..l
                   丶::::::: l` :::::::::::::::: ヽ  ソ 丶ヽ ソヽ
                       /£l ::::::::::::::: ` :::::::::::ヽ  ヽ
                       ´ ∧::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::::::::::::::::::::l
                        l:::::::::::l :::::::::::::::::::::: l :::::::::::::::::::::: l
                      l::::::::::: l ::::::::::::::::::::::::: l :::::::::::::::::::::: l、
                         l::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::`
                           ヽ、:::::`:::::::::::::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                        ヽ、│::::::::::::::::::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                            l:::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                           l::::::::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ






どうする? 彼我の距離、すぐそこだ莫迦!! どうするべきなのだろうか?鼓動が警鐘のがんがん鳴り響いている。

扉が開いたぞ。廊下の明かりが入り込み、部屋がうっすら照らされる。同時に、誰かの影が部屋の壁に張り付いている。

影は少しずつ近づいてきてる、窓際にあるベット……あぁ、どうする。どうするべきだ?



下2~8      1.逆襲をかける
           2.過ぎ去るのを待つ。
5603 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:40:45 ID:ahGuiqmA0
1円玉で開くような鍵とかな……
5604 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:40:46 ID:Yyp9Uwvc0
1
5605 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:40:58 ID:/RRLhAlg0
5606 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:40:59 ID:64TeRW420
2
5607 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:41:00 ID:ahGuiqmA0
5608 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:41:11 ID:ZbFfZa8w0
2
5609 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:41:12 ID:RdS/fcf60
1何か硬いものでも投げつけてやれ
5610 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:41:14 ID:ejQXlrpA0
2
5622 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 00:49:20 ID:PbGDxUAc0
                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!





嵐を過ぎ去るのを待つように、彼はじっとベットの上で演技を続けた。鼓動が早いまま、手や背中にじんわり汗がでてくる。

……ベットの手前にあった、エナメルバックからチャックを降ろす音が聞こえると、ものが擦れる音が数回、その後、すぐに
またチャックがあげられ……侵入者は部屋から出て行った。

隣の部屋から扉の閉まる音が響く。しばらく待つ。一分、二分。五分が過ぎようとした。まだ待つ。


……彼が肩の力を抜いたのは、それから10分後だった。
5631 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 00:54:44 ID:PbGDxUAc0






           /⌒ヽ,      .,,;-―――――-;;,,
           |   {    /            \
           l     ヽ                 \
           \   ヽ          __._ノ   _〉       散々だ。本当に、何なんだ……
            }ヽ.   \    U  `i |;;;:::| i  〈{::} 〉
       _,. -―‐く`      ヽ        ⌒゙''''''´" ヽ
       {′    i ヽ    }ヽ_      (,,__,,ノ!_ノ .|
       `ーァ= <  ,} 、  ハ!_        ̄ ̄ ̄  /
         {   { ̄ヽ  _> ´ r‐_)          /
         ヽr―― '´ ̄   /´   > .  `ニ´ ,.メヘ、
         /.{      __.. イ ,ハ\  \  ` ー‐ ´/\、 ヽ
         | ヽ. -‐ ¨´   ノ}\| > 、 ヽ    ∧ ヾi、 l. |
         }  ハ     ,/ ∧ヽ\ .ヽ ヽ   /  l  }il! } |
        ハ  ヽー、―--- '´ノノ ト、 ヽ          ,iリ/-{
        {    \\ _/イ .|ヽ.ヽ ヽ    l   ///ト、ノ
        `7ヽ、  ` =チ'´/ ノ
         /  {\__ ノ .ノ /





音を鳴らさぬよう、細心の注意を払いながらベットの上で寝返りを打つ。そのまま腕を伸ばし、カバンの中を無音で確認。

――――スマートフォンがなかった。一発で気づいた。暗闇の中、手の感覚を頼りにして念入りに底を漁っても、無い。
5632 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 00:55:18 ID:CbgqoawA0
グッバイエーリカ…
5647 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 01:00:23 ID:PbGDxUAc0




                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \      ……間違いなく、エーリカ先輩と繋がりがあるよな
          /                         \
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!





エーリカ、シャーロット、今日の相談。少なくてもこの三つが「見えない糸」で繋がっているのは確かだろう。問題は、それが
どういう意図のつながりなのか、彼には皆目検討もつかないことだが。

何だが陰謀じみた事態になってきた。頭の中で学年1位の頭脳が軽快な音で計算をはじいていく。

調べるべきか? そもそも、これは窃盗に近いのではないだろうか? この場合、警察などに話してみるか。

見知らぬ誰かの携帯を拾ったのは自分だが、それを誰かに盗られた。しかし、その場合なぜ今日のうちに警察へと
届けなかったのか突っ込まれるだろう。
5656 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 01:07:28 ID:PbGDxUAc0
.          /                 ヽ
.           /                   '
.          , ,                 ',
        i ゝ ̄ ''ー-                !           あの野郎、なんか企んでんのか?
         {   {__  ヽ  J           }
.         ',   マj  ̄ノ           /
         ゝ  `   ´           ∠ _
         { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
           ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
.            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                    j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                     /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                 {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                    !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                   |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                  |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                      }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                    !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                    /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !




何かが起こるということは、ソコに至るまでの理由と過程がなければならない。どんなに無意味なことでも、因果関係までは
乱せないのだ。


姉とエーリカは分からんが、少なくても妹は「何か」考えてるのだろう。首の件での復習か?何かしらの形で俺を嵌める
算段を立てているのだというなら……抗う気は無かった。ただ、何をするのかだけは知りたかった。


どうするべきか。あぁ、くそっ。こんなとき自分の評判が恨めしく思うことは無い。青年にいい印象を持っている人間が少ない
ことを、彼自身がいつまでも意識していた。それは、なにかが起こるまで一生変わらないことだろう。


どちらにせよ、今は何もできまい。学校で……あの3人だな。目には目をというし。あの意味不明な奴でも多少は参考に
なるかもしれない。
5661 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 01:17:07 ID:PbGDxUAc0




               _____
             /           ヽ
           /               \        ……あれ、代えのTシャツもなくなってんな
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|



それに、幾つか足りないものもちらほら……普段意識していない小物が数点なくなっているかもしれなかった。

いや、さすがにこれは、何処かに忘れたのか?何度かバックから取り出していたし、あぁ、そうだ。ハルトマン先輩に
あわせて教室から急いで出たんだっけ。

駄目だな。やっぱり、疲れている。酷い疲労がたまっているに違いなかった。

どっと押し寄せる疲れに負けて、彼はもう一度ベットに寝転がる。



なんで、どうして、いつも不可解なことばかり俺は襲われるんだ。糞が。人並みの幸せぐらいはあってもいいんじゃないか?

畜生、こうなったら明日は自棄になってでも楽しんで見せるぞ。だから、小うるさい雨音とか隣の物音とか、俺のことを邪魔
せずに、少しは楽にさせてくれないのだろうか?


青年は恨むように目を閉じると、軽くうなり声を上げた。
5667 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2015/03/08(日) 01:26:25 ID:PbGDxUAc0
ふぃー、とりあえずいったんここまで……キーボードたたいてる指が冷えて困る
5668 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 01:27:38 ID:Pg6.71S.0
おつかれー
いったんって事は再開するの?
そうじゃなければ寝るけど
5669 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 01:27:47 ID:x76t1UhE0
乙ー
今日の会話が録音されていたろ仮定すると、明日尾行されそうだからなのは達が危なくならないかな(白目)
5670 : 安価のやる夫だお [sage] 2015/03/08(日) 01:27:59 ID:znO.fVSE0

これはもう酒飲んでから姉妹に突撃でもすればいっちゃんいいんじゃないかな!?(錯乱)
スポンサーサイト



糞ゲー その15

1027 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 01:38:39 ID:EMKjI5ZA0
そうだなぁ……糞ゲーはエーリカの所で終わってて猟師はゴキブリ撤退戦か

少しだけ糞ゲーやるかぁ……
1028 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 01:42:33 ID:9AO0Bhhw0
クソゲーはエーリカの圧迫面接だっけかw
1029 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 01:43:06 ID:4RolFW0Q0
ジュース奢ってもらうところだったなー
欧州と違って現代だから早々何か盛られることはないと思いたいけど…
1030 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 01:45:20 ID:EMKjI5ZA0
前回までのあらすじ

天才と秀才の差。歳を重ねるごとに姉妹との関係に軋轢が重なり、そして追い詰められていく主人公。
そして高校一年の冬。とうとう耐え切れず、姉妹と父親に一方的な暴行を加えてしまう。

年を越して高校二年目の春。堕落しきった彼の頭に活を入れるかのように、姉妹は執拗に付きまとってくる。

突如、豹変した姉妹の態度。その原因を探るためにも、主人公は姉の大親友でもあるエーリカ・ハルトマンに
話を聞きに行くのだが……
1031 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 01:51:40 ID:EMKjI5ZA0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \        別に、要らないんですけどねジュースなんて
           /                       \
              l                         l    早く話を済ませたいんですけど、先輩
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\






-- -`、   //             , i   \
  :  `, / /     ,          | |   i  ' ,
.     、,' /   i /   i    ,   / |    !  ',
     ', |    |/   /    /   /} ハ   |   }
     } |    |' ,  /   /   / | .,' |   !. | |
    , ', |    |_/__./__,// !   /、 | /  !、  | | ,'
-  / !. |    レ ノ///_ ! / /  i! ̄ i!- ! | /      ……だったら私の話を素直に聞いた方が良いと思うよ?
--/   ! |    レイi!ィュ:=フ`///  イチ:=ュ、i! ! ! i/
` /    ! !    |ヽ弋:::ソ  '    弋:::cシ |! !/ レ     ただでさえ、こんな状況何だしさ。もうちょっと周り見ないの?
 /     ! ! i   |               ,'!  !
../      ',! !.  |        、      /  |  君がトゥルーデの弟なら、もうちょっと理解が速いと思うけどね、後輩君?
/       ',!、  |、    , _       / /! !
         ',\ ! ' ,   ゝ _ソ    ノ! / !
         ', ` ',|'  ,     ,  '/ /! / !
           , -{\   ' -イ_ _
         /::::ヽ  \   レ' |:\
       , '::::::::::::::::::`、   ,>,,<  ノ::::::\
   _,  ' \::::::::::::::::::::::` / || !/:::::::::::::::::\
 i::::::\ /::::`、:::::::::::::::::::::::, -`ii' -、::::::::::::::::::::/、` - 、
  !:::::::::::!:::::!:::::::::`:::::::::::::::/:::||::o::|::::::\:::::::::::/:::`ヽ -`:i
./::::::::::::::|:::::::!:::::::::::` 、::/:::::::::||:::::|::::::::::\:::::/:::::::|::::|:::::|
|::::::::::::::::|:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::||::::::|:::::::::::::::`:::::::::::!:::::!:::::|




少し不機嫌そうな声で言われた。その人を舐めた態度に思わずカチン、と来たが……ぐっと熱い思いをこらえる。

そうだ、ここには問題を起こしに来たのではない。今起きてる怪奇現象を解決するべく、来ているのだ。

多少むかついたが……今此処でこの女性を殴っても問題は解決しない。となれば、相手側の指示には従っておくべきだろう。

彼はゆっくりと頷いた。エーリカは満足そうに笑顔を作ると、

「よし、じゃ行こうか?トゥルーデが戻ってこないとも限らないしさ」

と言い、弟を連れて校門へ……ではなく、校舎を迂回するようにしてグランド側の裏門へと向かった。
1032 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 01:55:05 ID:EMKjI5ZA0
                      ___       ___
                         |. : . : . : |\.    |. : . : . : |\.
                         |. : . : . : |:  \. . |. : . : . : |: | \
                         |. : . : . : |: | ̄: ̄ ̄|. : . : . : |: | | .\               :
                         |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | \         :
    :::::::::::::::::::::: : . .      :      |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | |           :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: . .  |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | |  ..............   :::::::::::::::::::
    :::::::::::::::::::::: : : : :    ::::::::: : :  |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
       .i =i、___.i =i、___i =i、___.i;;|. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | | | :::::::::::::::: : :  :::::::::::::::::::
 ____!|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | | | ,, ,,"''..;'';.";;.,.,".,,.... :::::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | | | ,;"":;";;;;'`:,:'.. : .:" ".`: ::::::::
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:. :. :. |. : . : . : |: | | ;;";'':,:'. ;;':,'..''''''' ''''': .'''''".';
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:|: :|i l⌒l:| |. : . : . : |: |:三三三|. : . : . : |: | ;;',;;';";"'''''ヽ`,:"'.` ,:'. : .  : .";`
 |:.:.:.:.:.; :.:|: :|i: : : : |: :|i: : : : |: :|i: : : : | |. : . : . : |: |:_:_:__|. : . : . : |: | '';;,;;':,:'."''''';:,``'''''ノ:'`:,:'''''';";`
 |:.:.:.:.:.; :.|三三三三三三三ミi|i::_:_:_ | |. : . : . : |: |i   i   :|. : . : . : |: |. :|: :'''`',:'';;,;ヽ`',:'';;';;';;'`',:''''''' ...,,,,,,,
 |:.:.:.:.:.; ://ll|//ll|//ll|//ll|//!| i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i\ i \:|. : . : . : |: |: :|: :|: :|: :|   `y;/ノ  `;'`;'`;';`;'`;'
 ______| ̄| ̄| ../ |] i::|l!ll| | |. : . : . : |: |i.. | ̄|二|_________________
  . : . : . : . : . : . :|. : |  | ''' ̄ ̄ ̄ ̄~''''''''''''''''''''': : |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |"""'''''''''' - ,, : : . :  : ..|: : |i: : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |,,,,,,,,,- - -'''".  .   .  .   |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|: : |  |. .  .  .   . . .  .   .. |: : |i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  . : . : . : . : . : . :|:_:_|,, -  .  . . .  .  .   .   . . |:_:_|i: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .
  ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄
 .    ,   " . .   ,,       ,,,   '. .       ,,  .   ''     " ,   .     .




裏門を出て、民家が立ち並ぶ住宅街を二人で進む。珍しい組み合わせに眼を驚かせる学生たちがいたが
彼らを避けるようにして裏路地へと入り、そして出鱈目に道を曲がってはすすんでいく。

10分は歩いただろうか? 彼の家とは真反対の方向へと歩いたから、帰宅する姉妹と鉢合わせする事はまずないだろう。

最近、彼女たち二人は部活を辞めたとかなんとか噂があるが、それも誰かの悪戯に過ぎない。

あの天才二人を職員共が手放すとは考えづらい……ただ、背中の傷と首の絞め痕を治してるだけなのだ。
1033 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 02:00:47 ID:EMKjI5ZA0
     ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|         ‐|  ||  |;;/  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
     ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |============.\||  /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;
     ;;;;::::::::::::::: :::: :: | ____   :| :|  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;::::::::::::: :::::: :: | | //  |   | :|/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;
     :::::::::::::::::::  :::: | | //  |   ::|  |:|;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;
     :::::::::::::::  :::::::::: |  ̄ ̄ ̄ ̄    ゙|  |:|   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
     :::::::::::::::  :::::::::: | _______|\|:|    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::  :::: |                  |   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::: :::::::::::::  |                  |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::: :::::::::::  |                  |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
     ;;;;;:;;;;::::::::.../;;;;;:::::::::::::::::             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     ;;;;;;;:::: : /;;;;;;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::::         \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;;; ::::/;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::           \:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;:/;;;;;:::;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::       \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ../;;;;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::   \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;






        /                  `丶、
.     /             /  _           \
    /  /        / .  ´             \
.   /   /         //             :i  ヽ         飲み物は何が良い? 炭酸系?
   /  /       //    _ /         :i    '
.  /  /       /  _   ´/   /       :j    ',
  '   /      /-─´‐-/.._  /        イ    |
 |  /      ///  /   `/      , '/│   , |               なんでも…… >
 | ,′      // .ィ¦アうト、 // _ -‐ァ'/  |i   ' ′
 |/{       // .イ'んJ.ノリ /-‐''´   / ̄`ヽ、リ,  / /
  从 {   //  弋_ーノ        ァュ、   // / /          じゃお汁粉にしちゃうよ?
   l ハ   | i               ん小',  // / /
.   l ∧ │i              しン 丿 イ //
. _,  ⌒ヽ 、|八       _      ,       ///                    ……お茶でお願いします >
´::::::::::::::::::.\         {  `丶、     /   //
:::::::::::::::::::::::::..ヽ  \   `  .ノ     / ///
\ :::::::::::::::::::::::..\/\   _ ..  -‐ァ'´ ///
::::::.`''ー--r-----‐\   ̄    /-‐ ´
::::::::::::::::::::.\ ____丶、
:::::::::::::::::::::::::::>-‐…‥‐-\
:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ




自販機で二人分の飲み物を買うと、狭い路地の端に腰を下ろした。住宅街の中にひっそりとある、弁当屋の裏は人通りなど
皆無であり、多少生ごみが臭ったが特に問題は無かった……誰も人が来ない、というのが此処の好条件である

蓋を開けると、とりあえずお茶を飲んで一服。そこから話を切り出すことにした。
1036 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 02:05:37 ID:EMKjI5ZA0
_∠-‐=ム=,<_ / /     // :|  /:  | |
  '   / / _`ミ ソ    /// .| /:::  | l
   /イ    //'    / ム- _ | ./::::  |.l
  ,ア''ァェ-,,ー-,/<./   /  /' ヽ``ナ/::::::  |l
   .i:! !:::( `ヽ` / /  〃     /'|::ヽ:  |'
.  ! 弋`-゚'.フ `/ ´   / ,ァミ=,,_/_ !:::::::  |      じゃ私から行くね。
    `"'''゙         ´./::(` ヽ |::::::::  |
                弋゚;丿/'イ::::::::.| l
                   //::::::::./ !      トゥルーデとシャーリーに、何をしたの?
              〉    /_/::::::::/| l
        、           ' ./:::::::/ | /
        `  一       / /::::::/ |/
  ::\           __ イ   /::::/
  ::::::::`....     r ´     ,//
  :::::::::::::/` -.ァ::     /´ ´
  :ヽ.、:r': :i::::::::::!::::   ..r:´:`: 、ヽ_
  : : /|!:'; :ヽ::::::::::::::::..:::::::|ァ:、: : :`:.'Yヽ
  /:::||:::';ムl::::::::_::::-‐: :´: : :'; : : : /: :.',
  \ .|| ∧:::`::´:::::::: : : : : : : :.';`ヽ:: : : :!
  イl―ヽ: ';::::::::::::::::::. : : : : : : :':/:.|: : : :|
  : :.||:o: |`/:、:::_:::::::::::.:.:.:.:.:.:-‐´: : |、: : :|
  : : ||: :./:::::::.: : :::: ̄: : : : : : : : : ::ヽ: :|
  \:||: ヽ:::::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ|',
  : : :.||: : ヽ::::::::::::::..: : : : : : : : : : : : : : :ヽ',





                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i        ……
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉




質問の内容は、此処に来るまでに青年が想像したのとほぼ、というか完全に一致していた。

あぁ、間違いなく聞いてくると思ってたぜ? なんたってそりゃ、お前たちの女神さまだもんな。

卑屈な考えが頭に浮かんだ。すぐに意識を反らして、彼女の方を見る。
1037 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 02:07:34 ID:18uYTx5Y0
父親殴った勢いで突き飛ばしたり首を絞めたりしました
1038 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 02:09:07 ID:EMKjI5ZA0
            _____
          /          \
         /             \
       /   ─--    --─  \
     /   /____ `ヽ   、,,.-='、'、  \       なにって……見りゃ分かるだろ?
   /     .l i;;;:::;;;i |′  l i;;;:::;;;i |    \
   |      ゛゙''''''´"ノ   ヽ`'''''"'"     |
   |   __ (     !     )       |
 /\r':| r' ̄二ユー ─'^ー 一'      /::\__
 : : : : | .| | /  ) `)         __,./:: :: :: :: :: :\__
 : : : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_    /. |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: :: :\         ヽ- ´   .|: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: : l: `ー┬-、      ト、.  /: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : : ┐|: :: :: :: :\)  7 ./iii入/|: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : : イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiii〈   /! : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ : : / /: :: :\_  ̄\ii}  |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|






-- -`、   //             , i   \
  :  `, / /     ,          | |   i  ' ,
.     、,' /   i /   i    ,   / |    !  ',
     ', |    |/   /    /   /} ハ   |   }
     } |    |' ,  /   /   / | .,' |   !. | |
    , ', |    |_/__./__,// !   /、 | /  !、  | | ,'
-  / !. |    レ ノ///_ ! / /  i! ̄ i!- ! | /      見ても分からないから聞いてるんだよ
--/   ! |    レイi!ィュ:=フ`///  イチ:=ュ、i! ! ! i/
` /    ! !    |ヽ弋:::ソ  '    弋:::cシ |! !/ レ    一体何をしたのか、二人とも喋ってくれないし……
 /     ! ! i   |               ,'!  !
../      ',! !.  |        、      /  |
/       ',!、  |、    , _       / /! !
         ',\ ! ' ,   ゝ _ソ    ノ! / !
         ', ` ',|'  ,     ,  '/ /! / !
           , -{\   ' -イ_ _
         /::::ヽ  \   レ' |:\
       , '::::::::::::::::::`、   ,>,,<  ノ::::::\
   _,  ' \::::::::::::::::::::::` / || !/:::::::::::::::::\
 i::::::\ /::::`、:::::::::::::::::::::::, -`ii' -、::::::::::::::::::::/、` - 、
  !:::::::::::!:::::!:::::::::`:::::::::::::::/:::||::o::|::::::\:::::::::::/:::`ヽ -`:i
./::::::::::::::|:::::::!:::::::::::` 、::/:::::::::||:::::|::::::::::\:::::/:::::::|::::|:::::|
|::::::::::::::::|:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::||::::::|:::::::::::::::`:::::::::::!:::::!:::::|
1040 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 02:13:37 ID:vCvIBx6.0
エーリカはやっぱバルクホルンの側に立つのかね
1041 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/06(水) 02:15:30 ID:EMKjI5ZA0
            , ィ ´  ̄ ̄ ̄≧- 、
           /             ヘ
        /    / /           \
       /     //:          |   ヘ
.      /     /:            |    ハ     トゥルーデの方なら、まだ分かるよ。
      ,i |     |:       //   ./    |  !
      | :|:    |\/::// :://  /::|  |  | |   でもシャーリーのネックウォーマー。あれは絶対おかしいし
      i ::|    |/ X/   //  / ::| |:  |. j
.      |:::::|:    |イカリヘ//   /  __| |-  |/     二人が同じ時期に怪我をして学校に来たのも可笑しい。
      i|:::|::   代huり  / / ィテヽ|i|::.  |
       ヘ:::   |     //   弋i:ソ ノ|:::::::|. |
        :iヘ   |            /|:::::::|. |
          \ .|       ′   /ソ|::::::| /
         ,,.クヘヘト    ─     / /:::/|/
      , ィ´:::ヘ \ \ _ ..  - ' ´  //
 ィ─ィヘ|:::::::::::::::::ヘ  \_|ム:ヽ、
/::::\==|:::::::::::::::::::\ / | |ヘノ:::::::iヽ__
::::::::::::\::::|;::::::::::::::::::::::V .| |/:::::::::::|::::::::7!








                    __
              ,..-''"´     `"''-、
             / 、_ノ      ヽ _\
            /   _       _ .',
              ,'   イ(::::`     イ(::::` ',        んー……
           l    `¨¨´/   .\ ¨¨´  l
           l     (   ,、  )    l
              '.,     `¨¨´ `¨¨´    /
            ヽ、 __        /
               r''"´:::::::/´|    _,,..-''´ヽ
             __|::::::::::::/::::::ヽ、   |:::::::〈.、__
      _,,..-‐''"´  |\./,::::::::::::|    |:::::/-ヽ、`''-..,,_
     |ヽ      |  __ '.,::::::::::\.  .l/::::|  <_   .|
     | ヽ       ̄/   '.,::::::::::::\,':::::::::::',   .|    .|
     |  ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::',  |   .|
     |   ヽ     \   ヽ:::::::::::::::::::::::::::',  |     |
     |    l       \  |:::::::::::::::::::::::::::::| l     .|
     |    |          \|:::::::::::::::::::::::::::::| ,'     |




そりゃまぁ、おかしいだろうな。まるで自分がピエロか何かで、サスペンス系映画の犯人にでもなった気分だ。

中々整った顔立ちのエーリカが、柳眉を逆立てている様子は意外と見ものだが……


下2    1.そうだな。うん、犯人は俺なんだ。お前の愛しの女神さまを傷物にしたの俺なんだよ
       2.さぁ……知らないね。こっちはあの二人の事なんてこれっぽっちも興味がないんだ。
1042 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 02:15:39 ID:3yyi/TG20
>>1040
何事も事情よう知らんかったら
友達とその弟どっち信用するかって行ったらふつう友達だろう
1043 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/06(水) 02:17:02 ID:18uYTx5Y0
1
3049 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 16:30:55 ID:jU7cY/520
              ,..-―-..,,
.             /      `ヽ
.           / ,   ー‐    ヽ
           |¨´     ィ●ァ    ',     そうだな。うん、犯人は俺なんだ……
   r 、      .|,ィ●ァ            i
   | |     |  (__,、_)      ,'    お前の愛しの女神さまを傷物にしたの俺なんだよ。
   | |     ',   ヽ__|    ./
.  r'―r‐、   ヽ..,,__   ,.-'" ̄>、
. ノ \l l     r‐/ |  / ,.-'"´  \
 l   ヽj、ノ     / ヽ .| ./ /  _,,..-''/´ `ヽ
 |  ヽj_/ヽ_ r'"\  ',|//_,,.-''"   /
. `l/ ./ | .|    `"''‐''"       ,i/
  {\/   .| .|           \|



あぁ、もう。めんどくさい……疑ってかかる様な口調で問い詰めてくる相手に、彼はやけくそ気味にそう言い放った

「バルクホルンが背中痛めたのも俺が殴ったからで、あの血の繋がってない奴の首を絞めたのも俺だ。
  どうだ? ん? これで満足しただろ?」

一息で言い尽くした。声を荒くして、すっきりしたようの上下する肩を落ち着かせていく
3053 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 16:36:04 ID:jU7cY/520
                        __
                     ´        ミ
                             \
                /                 ヽ
                           |           ,
.             ′   //  :|     |:    }|     ′
              i :/  :/    :/|     .:小.   :|    | i
              |/   :  //∧|   .:/|リ V:|:. |    | |     あ~あ……やっぱり
              ′  |: ///  |  :/ /  从: ¦ 。*|:. |
          :     |廴厶  |l :/ /ー―チ∨   :l|: l|
          i |   |ィ升テ' l| /  ァ升テミノ    :.|/l|
          | |:   ム` Vツ  ′    Vツ '/   .:} | |
          | |i   小.     ,     〟 /イ :/:∧|
.             八   |人            | :/}/
                \:|  > . ⊂つ  イ , |/ 廴
              _       >zr≦ /  /.:..:. \
.            {二ア {¦   . イ .:..:.:{ 爪ヽ、 .:..:.  .: .:[\
            ノ―`V} |.:{{_ ..シ .:..:.乂 }| /.:..:.  .:..:..:入__≫、
.          }/ -`Y {: ¨´ :{:. ..:. .:..:.,}〆∨.:..   ..:./.:   ⌒.:∧
          { ーVノ  }.:. ..:.∧:. .:./} .: |: .\:.. .:/.:.. ..:..:..:..: :.
           八 `ヽ ,ノ.: .: .:..:. /..:.¦o|:.. .:.\/ .:.  .:..:. .: i
            ∧   人:. :} .: ーv一 :.} .: |:. .:..:  ..:.{:..:.   ..:..:..:. |
.          /.: ゝ 彡  ヽ}:. `¨√ .:.:| .: |:.. .:..:..: .:. :|:..:. :.   ..:..:..|
         {.:..    ..:..:..:.}|:..  ..:.: .:..:.:l .:|.:. .:. .: .:..:|{:..:. ..:. .:..:..:|



さして驚いた様子も無く。「いつかそうなるんじゃないかって言ってたのに……」

なるべくしてなった。さも予想してましたと言わんばかりの表情で青年の顔を見る少女

「怒らないのか? お前の女神さまが傷付いたんだぞ?」
「別に……私が怒らなくても他の奴が知ったら激怒するから」

あぁ、そうかよ。教室にいた連中の顔を思い出し、不機嫌そうに短く言い放つ。
3059 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 16:40:19 ID:jU7cY/520
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l
.        |       t''tzj´  ィセツ ',      てっきり怒り狂って殴りに来るんじゃないかって思ってたのによ
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ     (_ノ-,-'  ノ      あのバルクホルンの事が好きなんじゃないのか?
.       _ ---‐| \、 __`ー',,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |





                ,  --  _
             , '          '  ,
           /                 ,
         /                    \
        /          /    /       ヽ
        イ        ./ /   //         ,
      /!        ./ / // /   /  /! i  ,
     /  !  , y     ./ // ̄≠─x_ /// ! i  !     いやだよ、君みたいなガッチガッチな運動君と殴うなんて。
     /  i  /、i i i!   /レ  __//∠_>/   ! ! i i.!
.       ! { V!i!::! i! /!/ ィち::ヽ::}\ `   _  i !/ ハ i!     そりゃ、親友が怪我したって聞いた時は驚いたけどさ
.       !  Y::i!:::!i:! i/ i! ヘ:::J::リ      _ ̄!/ i /!i
       !∧ !:::i!:::::::::/ ! ... ¨ ´     ,:o:ヽ /  !/ i!
      ノ /! !:::::::::::::/           {::::/ノ/ /// /
         ヽi!::::i::::ト.          , ¨ /i!::://
          ',i:::i!:::! \           /:::::::/
        _......ノi!! i:!!   、   ⌒    ..イ:::::::/!
 , -/::7::::: ̄!::::/  \  _ >- _ -  i/i!i:::i∧/
´  /::/:::::::::::|:::::i    /i} ̄  / ゝ.、   ノ !:/ /
  /::/:::::::::::::!:::::!  ,.ィ_ /_、    /::::::ヘ   /
. i::/:::::::::::::::!::::レ´i:::::::::::>ト  /:::::/:::::::::...._
 i:/:::::::::::::::::!::::!  {::::::/   V:::::/::::::::::::::::i:::>
. /::::::::::::::::::::i::::!  /:::i   /::::/::::::::::::::::::/:::イ
/:::::::::::::::::::::::i::::!/::/:::i  /::::/::::::::::::::::::::/:/ !
3061 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 16:44:01 ID:jU7cY/520
           ,   '   ̄  '   ,
         /             \
       /          i、      ',
      /  ,      /   !|       ',
     / ,  i  / ,  /   / }        ',
     !/  i / ,/ /   / ハ   i     |
     イ  i/-///!  //ノ \  i     |    だからって、もし君を殴ったら。それこそ殺されちゃうよ
     /!  !// レ ! / / -- __!i、 i     ,'
    ! !  レ ィr≠ュ !/ /     i!! i    //                                 はぁ? >
    ! !  !', `弋::シ'`   イてュ、 V    //
    !  ! .! !::::::       弋'ソ' /   /
    !  ! ,! !   `     :::::::  ! / /
       ', i !ヘ   v----ァ U  /! / /i!
     / \ヾ! ` 、 ` - '   イ!,レ/ /
    /     \  _ -ヘ ´   >:::/、
   /        \::::::!、 /:::::::::::::::::>、_         / )
  <  , ッ       >:×/::::::::::::::::/、 o /-、     ノ / _ ,-、_-っ
.   `i /, -_.ソ     /::>:<:::::::::::::::/:::/::::/::::::!    /  ´ ̄ ,_ ///´
    ! レ' /,ヘ    /::::::||::::|\::/::::::::/::::/::::::::!:、  ! /⌒  /´
   !'  '/ /^> /::::::::::||::::|:::::::::::::::::::/:::::/:::::::::!:::!,../'、   /
   > 、   ∧='┯::::::::||::::|:::::::::::::::::く::i::|:::::::::::/: /:::!::::::-::::'|、
  /:::!:::\  ノ !:i::::::::::::||:::::|:::::::::::::::/、::i|:::::::::: /::!::::::`--:::'::/
./::::::::::::ヽ:::ー/:::|:!:::::::::::::||::::|:::::::::::::::!::::V:::::::::!::/!::::::::::::::::::::)
..',::::::::::::::::::::::::::::: 人::!::::::::::::::||:::|::::::::::::::!:::::::::|::::::/::::':::::::::::::::::/
 ',:::::::::::::::::::::/-'  ',::::i:::::::::::::||:::|:::::::::::::::!:::::::::}/:!::::::::::::::::::::/




今度は向こうが苦笑い。一体どういう意味何だか……


下1~3   1.何を言ってんのか分からないんだが?
        2.誰に殺されるんだよ。俺には狂信者なんかいねぇよ。
3062 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 16:44:26 ID:q2LgVZrA0
もしかしたらやる夫と幼馴染みたいに姉と古い付き合いのある友人なのかもしれないね
3063 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 16:44:28 ID:Gvk.TcrY0
3064 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 16:44:50 ID:VQxZ4n3c0
ここから情報を流して他の学生に私刑にして貰うとか……
3065 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 16:45:00 ID:wxbz/kLI0
2
3071 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 16:50:08 ID:jU7cY/520
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',   生憎だが、俺はあの二人の様に才色兼備じゃあないんでね
              / >    o`ー--      }
              { /    ヽー- _  _   !   こんな顔で成績も悪い。お前の教祖様みたいに狂信者なんか
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |    いねぇよ
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |







-- -`、   //             , i   \
  :  `, / /     ,          | |   i  ' ,
.     、,' /   i /   i    ,   / |    !  ',
     ', |    |/   /    /   /} ハ   |   }
     } |    |' ,  /   /   / | .,' |   !. | |
    , ', |    |_/__./__,// !   /、 | /  !、  | | ,'       …………へぇ。言ってくれるじゃん
-  / !. |    レ ノ///_ ! / /  i! ̄ i!- ! | /
--/   ! |    レイi!ィュ:=フ`///  イチ:=ュ、i! ! ! i/       こっちの気持ちも知らないでさぁ
` /    ! !    |ヽ弋:::ソ  '    弋:::cシ |! !/ レ
 /     ! ! i   |               ,'!  !
../      ',! !.  |        、      /  |
/       ',!、  |、    , _       / /! !
         ',\ ! ' ,   ゝ _ソ    ノ! / !
         ', ` ',|'  ,     ,  '/ /! / !
           , -{\   ' -イ_ _
         /::::ヽ  \   レ' |:\
       , '::::::::::::::::::`、   ,>,,<  ノ::::::\
   _,  ' \::::::::::::::::::::::` / || !/:::::::::::::::::\
 i::::::\ /::::`、:::::::::::::::::::::::, -`ii' -、::::::::::::::::::::/、` - 、
  !:::::::::::!:::::!:::::::::`:::::::::::::::/:::||::o::|::::::\:::::::::::/:::`ヽ -`:i
./::::::::::::::|:::::::!:::::::::::` 、::/:::::::::||:::::|::::::::::\:::::/:::::::|::::|:::::|
|::::::::::::::::|:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::||::::::|:::::::::::::::`:::::::::::!:::::!:::::|
3077 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 16:56:29 ID:jU7cY/520
                      , -― … -、
                    /         \
                    , '            \
                  /      _ノ    ー- 丶    知らねぇよ。あんな奴らの気持ちなんて
                   |      〈 ● 〉 〈 ● 〉 〉
                   |          ̄      ̄   /
                 V        (__人_) /
                   ∧ ̄ヘ        `ー’ /
                   /::::::::::ヽ \     __/
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,
         i::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::i / ノ
          i::::::::::::::V::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽi/
           |:::::::::::::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |:::::::::::::::::::入:::::::::::::::::::::::::::::::::::V'´




分かるか? 追いつこうとして精一杯走っても、何時までも追いつけない俺の気持ちが。
学校でもどこでも誰からも色眼鏡で見られ続ける不愉快な気分が……

やっぱり、こいつは敵なんじゃないだろうか? 今までの経緯から認識を改める必要がありそうだ。

少なくても相手は此方を知っているような素振りをしているが……こっちは何も相手を知らない。

姉妹が何を企んでるのか知りたかったが、こいつからは何か聞きた出そうか……分からない。
3082 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:02:17 ID:jU7cY/520
                            ____
                      ,    ´     `   、
                   ,  '                 、
                 /                     、
               ,                          、
.              /                           ,
              ,             ,                ,
             ,            /                 ,
.             ,        /  //  /     、 /  ,   、ヘ ,
             ,      ∠イ´ /:::/ .//      .i/  ィ/    i ! ,    なに? 怒ってるの?
.            ,        V/::::://::/ ,     / !イ7,イ ! i   .i , i!i
            ,       / /:::, /::::::::::/:::/ ...:://><V/ ,! /   i! i !i!
         ,....:::::::::.......///,イ:://:::::::::::::::::::::::/.イc::}:ィイ|  / /   /! i! !!
      ,.....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::../ ' /:::::::::::::::;;;;/::/  iジ゙ ,! | //   ///i !
    ,....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::y::::::::::, イ/::/    ゙  ´ ! /イ   /./ /.i/
,.....::::: ̄:::::─フ─......._::::::::::::::::::::::/:::::,< / !:::/        /_/  // / i/
::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::: ̄::::::─//:::::::ヽ  i:/        (⌒イ///! / /
::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ_ 丶、          >  // !/
::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...、 - _   ヽ_ /
:::::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::......、 - ´_
::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>__ヽ _
:::::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::,
:::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::i
::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::i







                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l      俺は家族だろうが女でも殴るぞ
.        |       t''j"´    =='' ',
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |




実際殴ったからな。

睨み合う二人。本当にむしゃくしゃする野郎、いや女だ。姉妹がらみの奴に会うと
だいたい険悪な空気になる……いつもは青年の方から立ち去るのだが

さてどうする。腹の奥からふつふつと怒りのような感情が燻っては湧き上がってくる……
3085 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:05:41 ID:jU7cY/520
                        __
                     ´        ミ
                             \
                /                 ヽ
                           |           ,
.             ′   //  :|     |:    }|     ′
              i :/  :/    :/|     .:小.   :|    | i
              |/   :  //∧|   .:/|リ V:|:. |    | |
              ′  |: ///  |  :/ /  从: ¦ 。*|:. |     ……はぁ、分かったよ。私の負け。
          :     |廴厶  |l :/ /ー―チ∨   :l|: l|
          i |   |ィ升テ' l| /  ァ升テミノ    :.|/l|   (なーんでこういう所だけはトゥルーデそっくりなんだか)
          | |:   ム` Vツ  ′    Vツ '/   .:} | |
          | |i   小.     ,     〟 /イ :/:∧|
.             八   |人            | :/}/
                \:|  > . ⊂つ  イ , |/ 廴
              _       >zr≦ /  /.:..:. \
.            {二ア {¦   . イ .:..:.:{ 爪ヽ、 .:..:.  .: .:[\
            ノ―`V} |.:{{_ ..シ .:..:.乂 }| /.:..:.  .:..:..:入__≫、
.          }/ -`Y {: ¨´ :{:. ..:. .:..:.,}〆∨.:..   ..:./.:   ⌒.:∧
          { ーVノ  }.:. ..:.∧:. .:./} .: |: .\:.. .:/.:.. ..:..:..:..: :.
           八 `ヽ ,ノ.: .: .:..:. /..:.¦o|:.. .:.\/ .:.  .:..:. .: i
            ∧   人:. :} .: ーv一 :.} .: |:. .:..:  ..:.{:..:.   ..:..:..:. |
.          /.: ゝ 彡  ヽ}:. `¨√ .:.:| .: |:.. .:..:..: .:. :|:..:. :.   ..:..:..|
         {.:..    ..:..:..:.}|:..  ..:.: .:..:.:l .:|.:. .:. .: .:..:|{:..:. ..:. .:..:..:|



こうさーん。サレンダー。私の負けだよー。

両手を挙げて降伏のポーズをとる先輩。一歳年上とはいえ、身長差があるので
ほとんど子供の遊びというか、なんだか馬鹿にされているような気もするが……
3088 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:09:32 ID:jU7cY/520
           ,   '   ̄  '   ,
         /             \
       /          i、      ',
      /  ,      /   !|       ',
     / ,  i  / ,  /   / }        ',
     !/  i / ,/ /   / ハ   i     |
     イ  i/-///!  //ノ \  i     |     少なくても、今ので分かったよ
     /!  !// レ ! / / -- __!i、 i     ,'
    ! !  レ ィr≠ュ !/ /     i!! i    //   やっぱり君はトゥルーデの弟。考え方とか視野の狭さとか
    ! !  !', `弋::シ'`   イてュ、 V    //
    !  ! .! !::::::       弋'ソ' /   /     そう言う所はぜーんぶ、そっくりさんだもん
    !  ! ,! !   `     :::::::  ! / /
       ', i !ヘ   v----ァ    /! / /i!
     / \ヾ! ` 、 ` - '   イ!,レ/ /
    /     \  _ -ヘ ´   >:::/、
   /        \::::::!、 /:::::::::::::::::>、_         / )
  <  , ッ       >:×/::::::::::::::::/、 o /-、     ノ / _ ,-、_-っ
.   `i /, -_.ソ     /::>:<:::::::::::::::/:::/::::/::::::!    /  ´ ̄ ,_ ///´
    ! レ' /,ヘ    /::::::||::::|\::/::::::::/::::/::::::::!:、  ! /⌒  /´
   !'  '/ /^> /::::::::::||::::|:::::::::::::::::::/:::::/:::::::::!:::!,../'、   /
   > 、   ∧='┯::::::::||::::|:::::::::::::::::く::i::|:::::::::::/: /:::!::::::-::::'|、
  /:::!:::\  ノ !:i::::::::::::||:::::|:::::::::::::::/、::i|:::::::::: /::!::::::`--:::'::/
./::::::::::::ヽ:::ー/:::|:!:::::::::::::||::::|:::::::::::::::!::::V:::::::::!::/!::::::::::::::::::::)
..',::::::::::::::::::::::::::::: 人::!::::::::::::::||:::|::::::::::::::!:::::::::|::::::/::::':::::::::::::::::/
 ',:::::::::::::::::::::/-'  ',::::i:::::::::::::||:::|:::::::::::::::!:::::::::}/:!::::::::::::::::::::/




はぁ、あの姉とそっくりだと?

少なくても、自分はアイツよりも考えが透明というか、何を考えているかは分かってるはずだが

「とりあえず。いいから。落ち着いて聞きなさいな」

からかうような口調で答えていくエーリカ。
3094 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:16:33 ID:jU7cY/520
-- -`、   //             , i   \
  :  `, / /     ,          | |   i  ' ,
.     、,' /   i /   i    ,   / |    !  ',
     ', |    |/   /    /   /} ハ   |   }
     } |    |' ,  /   /   / | .,' |   !. | |      んで、シャーリーともそりが合わないのも同じ
    , ', |    |_/__./__,// !   /、 | /  !、  | | ,'
-  / !. |    レ ノ///_ ! / /  i! ̄ i!- ! | /    君の場合はトゥルーデよりもーっと敵対的に捉えてるから
--/   ! |    レイi!ィュ:=フ`///  イチ:=ュ、i! ! ! i/
` /    ! !    |ヽ弋:::ソ  '    弋:::cシ |! !/ レ      「あいつらがー」とか「ふたりがー」じゃなくて
 /     ! ! i   |               ,'!  !
../      ',! !.  |        、      /  |      色眼鏡で世界を見てるのは、絶対君の方だよ。
/       ',!、  |、    , _       / /! !
         ',\ ! ' ,   ゝ _ソ    ノ! / !
         ', ` ',|'  ,     ,  '/ /! / !
           , -{\   ' -イ_ _
         /::::ヽ  \   レ' |:\
       , '::::::::::::::::::`、   ,>,,<  ノ::::::\
   _,  ' \::::::::::::::::::::::` / || !/:::::::::::::::::\
 i::::::\ /::::`、:::::::::::::::::::::::, -`ii' -、::::::::::::::::::::/、` - 、
  !:::::::::::!:::::!:::::::::`:::::::::::::::/:::||::o::|::::::\:::::::::::/:::`ヽ -`:i
./::::::::::::::|:::::::!:::::::::::` 、::/:::::::::||:::::|::::::::::\:::::/:::::::|::::|:::::|
|::::::::::::::::|:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::||::::::|:::::::::::::::`:::::::::::!:::::!:::::|




姉妹が似てる? 俺があいつ等と? 色眼鏡を付けてるのは俺の方?

そんなバカなこと……あるわけないだろ。何を言ってるんだ。勘違いもいいところ。

エーリカの言葉に反論するが、喚き散らす子供をなだめるように耳から通り過ぎるばかり。
3096 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 17:19:57 ID:wxbz/kLI0
もっと早くエーリカと出会っていたら…
3101 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 17:25:23 ID:FozcCJOI0
姉妹はお互いの対抗心から競いあってるのかね
3102 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:26:08 ID:jU7cY/520
           ...  ------  ..
        . イ´          ミ 、
        /          /´     ヽ\
     '           /イ        ハ. \
.    /        .′   ィ:′ ノ    }  ヽ
    ′  ′     l  .//: /}    |  ヽ i
    i   |     i .:/ ,./:ムミ|   , ム.L i }
    |    |      |...;//イ   j  /}′}i: |i′     そりゃ分かるよ。ずっとトゥルーデの相談に乗ってたんだもん
    {    .:{      |:/ /斗=ミ/,/ /}ム=y}} ||
    |:.   :::   :.   |  〃{:::n}ソフイ /' {:n}ハノi    こういっちゃなんだけど、トゥルーデとは違うベクトルの偏執病だよね
    i:::..  :ハ i  :.. :|  ヘ. V..ソ     じ'{:..... |
   ∧{::::.....ハ{、 .::::.. {          , i:......′     君の場合は二人を追い越そうとする攻撃的な奴だけど
    {\::{::....∧..:::从              ノ:. /
       ヽヽト、:ヽ..: トヽ        )ー ,.イ:./}′   それにシャーリーも加わってサンドイッチになってたわけだ
          ヽハ:.{    .._    / }/
          ,ィ{ー 廴__   {  ̄ ´  ノ
        /:::::\   `7ハ
       ,ノ   ::::::\ / {{∨\
     ノうミ 、     ::\ |∨::  ト、
    /__  // \      7ヽ   |ヽ》、
   /´  ̄ `〈 ヽ  \    / {{ ハ_} {ハ
   {     ∧ 、  >‐ '  ∨; {  {{ '.
   |     ハ \   __,. ャ {:/ヽ ヽ }
   ∨      ヽ.:.. \ `¨ー’ /  二j  VYヽ/:{,ィイ
    V      }:::  ヽ  .′  丶〉ハ{:,:} : }:.ノ/}
    }     ヾ{:::  ....::i:::: i    r 〉} :}:.'{_ノイ  ハ
    {:.    ::.. ∨.::::::::::::: ,{   /イ::「`<   __ノ ノ
    ∨:.    ::. {:r‐y'´{ノ   ノi:::::ハ   7´ー ´)
      V:.   ..斗/ / ハ  ,.イ:::}}::/:∧ と二 ブ
      V::.. ..:/   ∧:. ..:.:∨::》:::/'::{:::::/} ‘7¨´
       }V:::::   ..:::::\:___:ノ::::{{::: i ,{ | /



偏執病……パラノイア。精神病の一種で、体系だった妄想を抱くものを指す。

ぱっと病名が思い浮かぶのは、過去の国語の題名に同じのが挙がっていたからだ

此奴が言いたいことが分からない。自分は姉と同じで、妹を攻撃対象に捉えていて
話を聞かない奴だ。シャーリがいるのも……

ダメだ、こいつの話を聞いてるとなんだが頭が痛くなってくる。
3106 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:30:58 ID:jU7cY/520
         ___
     ,  ´         \
    /            U ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.       俺は普通だ。あの姉妹が、可笑しいだけだ
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´








                ,  --  _
             , '          '  ,
           /                 ,
         /                    \
        /          /    /       ヽ
        イ        ./ /   //         ,
      /!        ./ / // /   /  /! i  ,
     /  !  , y     ./ // ̄≠─x_ /// ! i  !       弟君、あの二人と普通に話をしたことある?
     /  i  /、i i i!   /レ  __//∠_>/   ! ! i i.!
.       ! { V!i!::! i! /!/ ィち::ヽ::}\ `   _  i !/ ハ i!    向こうからの誘いを断り続けたりしてなかった?
.       !  Y::i!:::!i:! i/ i! ヘ:::J::リ      _ ̄!/ i /!i
       !∧ !:::i!:::::::::/ ! ... ¨ ´     ,:o:ヽ /  !/ i!
      ノ /! !:::::::::::::/           {::::/ノ/ /// /
         ヽi!::::i::::ト.          , ¨ /i!::://
          ',i:::i!:::! \           /:::::::/
        _......ノi!! i:!!   、   ⌒    ..イ:::::::/!
 , -/::7::::: ̄!::::/  \  _ >- _ -  i/i!i:::i∧/
´  /::/:::::::::::|:::::i    /i} ̄  / ゝ.、   ノ !:/ /
  /::/:::::::::::::!:::::!  ,.ィ_ /_、    /::::::ヘ   /
. i::/:::::::::::::::!::::レ´i:::::::::::>ト  /:::::/:::::::::...._
 i:/:::::::::::::::::!::::!  {::::::/   V:::::/::::::::::::::::i:::>
. /::::::::::::::::::::i::::!  /:::i   /::::/::::::::::::::::::/:::イ
/:::::::::::::::::::::::i::::!/::/:::i  /::::/::::::::::::::::::::/:/ !
3107 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:35:26 ID:jU7cY/520
-- -`、   //             , i   \
  :  `, / /     ,          | |   i  ' ,
.     、,' /   i /   i    ,   / |    !  ',
     ', |    |/   /    /   /} ハ   |   }
     } |    |' ,  /   /   / | .,' |   !. | |
    , ', |    |_/__./__,// !   /、 | /  !、  | | ,'
-  / !. |    レ ノ///_ ! / /  i! ̄ i!- ! | /      こりゃめんどくさいなぁ……
--/   ! |    レイi!ィュ:=フ`///  イチ:=ュ、i! ! ! i/
` /    ! !    |ヽ弋:::ソ  '    弋:::cシ |! !/ レ    なーんでここまで拗らせたんだか
 /     ! ! i   |               ,'!  !
../      ',! !.  |        、      /  |
/       ',!、  |、    , _     U / /! !
         ',\ ! ' ,   ゝ _ソ    ノ! / !
         ', ` ',|'  ,     ,  '/ /! / !
           , -{\   ' -イ_ _
         /::::ヽ  \   レ' |:\
       , '::::::::::::::::::`、   ,>,,<  ノ::::::\
   _,  ' \::::::::::::::::::::::` / || !/:::::::::::::::::\
 i::::::\ /::::`、:::::::::::::::::::::::, -`ii' -、::::::::::::::::::::/、` - 、
  !:::::::::::!:::::!:::::::::`:::::::::::::::/:::||::o::|::::::\:::::::::::/:::`ヽ -`:i
./::::::::::::::|:::::::!:::::::::::` 、::/:::::::::||:::::|::::::::::\:::::/:::::::|::::|:::::|
|::::::::::::::::|:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::||::::::|:::::::::::::::`:::::::::::!:::::!:::::|




……確かに遊びに行くなどの誘いを断り続けたのはあったが。しかし、それは勉強という目的があったからであって
無下に断った訳では無い。その事は、姉妹たちにも伝えてあったはずだ。

いかん、だんだん自分が何を考えているのか分からなくなってきた……姉妹の目的を探るはずが
なんで自分が説教されているんだ?

エーリカもエーリカで困った様な表情をしている。
3115 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:42:26 ID:jU7cY/520
            / /                    ヘ        ヽ
        / /   / /          }   }   ',  ヘ    ',
        / ,′   レ'    /     /   ハ   |    ',     '
        ,゙  |    |   /  /  イ   / |  ∧    '    }
.       {   |    |  }/  イ/ ,′ / | / ',   }   ,′   とりあえず、一回だけでもいいから姉妹と話して見なよ
.       {   |    丁¨フ~ア7/‐-‐'   /`ー|-/ ..」__  |l  /
       ',  |    |/__厶ム  ///  」/_  从   リ /   落ち着いて、ね? 逃げようとせずにさぁ
        ', |    |(/丁 し} ` / /   イじ下トミ}ハ / | /
        ',│    |ヽ弋_,ノ          ヾ__,ノ 丿∨ |/
         V! l   |                  /   |
           い|   |         ,       /  ハ|
           Vト、  ト、     ..,_        /  / ||
.             ヽ \|ヽ\    `ー-‐'~     イ  / j|
              ヽ从|`        . イ / |/  丿
                   __ノ|  `  __, ィ/  |/
                /:::{  `丶、   |フ{`ヽ
           /:::::::::.ヽ     `7rヘ, ∨:::\
       _,. イ{:::::::::::::::::::::..\  /}{ } /.::::::::::`丶、



「ほら、お姉さんが飲み物もう一本おごってあげるから」

ぽーんと投げ渡されたお茶を受けとる。まだ冷たいソレを手に持ちつつエーリカの方を見る

「どっちも人間だし、家族なんでしょ? 普通に話せば2人の事もわかるから。」

とりあえず、兎にも角にもお互いに腰を据えて話して来いと言ってきた。

なにを話せばいいんだ……あの二人と、今更。どんな顔で。
3129 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:49:42 ID:jU7cY/520
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /            U   \         ……なにを話せばいいんだよ
            /                    \
           /                       \
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\







-- -`、   //             , i   \
  :  `, / /     ,          | |   i  ' ,
.     、,' /   i /   i    ,   / |    !  ',
     ', |    |/   /    /   /} ハ   |   }
     } |    |' ,  /   /   / | .,' |   !. | |
    , ', |    |_/__./__,// !   /、 | /  !、  | | ,'    普通にだよ普通に!
-  / !. |    レ ノ///_ ! / /  i! ̄ i!- ! | /
--/   ! |    レイi!ィュ:=フ`///  イチ:=ュ、i! ! ! i/   それぐらいできるでしょ! 機械じゃないんだから!
` /    ! !    |ヽ弋:::ソ  '    弋:::cシ |! !/ レ
 /     ! ! i   |               ,'!  !
../      ',! !.  |        、      /  |
/       ',!、  |、    , _       / /! !
         ',\ ! ' ,   ゝ _ソ    ノ! / !
         ', ` ',|'  ,     ,  '/ /! / !
           , -{\   ' -イ_ _
         /::::ヽ  \   レ' |:\
       , '::::::::::::::::::`、   ,>,,<  ノ::::::\
   _,  ' \::::::::::::::::::::::` / || !/:::::::::::::::::\
 i::::::\ /::::`、:::::::::::::::::::::::, -`ii' -、::::::::::::::::::::/、` - 、
  !:::::::::::!:::::!:::::::::`:::::::::::::::/:::||::o::|::::::\:::::::::::/:::`ヽ -`:i
./::::::::::::::|:::::::!:::::::::::` 、::/:::::::::||:::::|::::::::::\:::::/:::::::|::::|:::::|
|::::::::::::::::|:::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::||::::::|:::::::::::::::`:::::::::::!:::::!:::::|




ぐだぐだ言い続ける彼にぴしゃりと一蹴。だから、その「普通」の定義がなんなのか知りたいのと
刃渡り15㎝の文化包丁を持つ生徒会長、改造スタンガンを所持するメカ好き相手に、どう「普通」に接しろと?


頭を痛める話し合いを通じて20分……そろそろバイトの時間だった。路銀を稼がなくてはいけないしシフトの時間に
遅れる訳にもいかない。
3130 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 17:50:25 ID:4.Mzmk6M0
ろくに話したことないんだから普通もクソもないwwwww
3135 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:54:25 ID:jU7cY/520
               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \      とりあえず、俺バイ、じゃなくて用事があるんで
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|    この辺で失礼します…………
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉





            -- - 、
         /        ヽ、          うん、頑張るんだよ! お姉さんも応援してるからね!
.         /        ヘl  !
        l             l .l
        l i、       ノ! l                 _
.          l Y、       / l lハ             ) !_
        W >―='ーく∠V_  _  __ ....-―'-く  }
       _, -∠-t―=::´:::::::l:: ̄::`´::::::::::::::::::::::::::::) )_ノ
     /l:::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::::::::_ノ'
    r'´::::::!::::::::::::;':::::::::::::::::::::::/:::::::;;:::-ー=´ ̄
  /:::::::::::l:::::::::::::!:::::::::::::::::::::::レ '´
_/:::::::::::::::::!::::::::::::!::::::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::/l:::::::::::::!::::::::::::::::::::/
:::::::::::/  ノ::::::::::;;;!;;;:::::::::::::::/
:::::/    l:::::::::::::::!::::::::::::::::::}




早く仲直りしてくれないかなぁ。こっちも困ってるんだよね。

エナメルバックを肩にかけ、彼は駅近くの喫茶店に向かう……まだ夕方なのに、どっと疲れが出た。
3144 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 17:59:38 ID:jU7cY/520








               -´─-` ¨ ̄¨ 、
             ´ __     ‐-、   ` 、
         ーイ.  /    、    \   \
         //  /  / {   ヽ    ヽ   ヽ
           〃  /_i」 |!   !ハ     ’    ハ
           |:{   j/从{!  |」_| .!     }    }
.         j!|i  |イ笊卞 !ハ `ト、}    ;'    ’     全く、どーして他人の色恋沙汰に
          || 小弋ン ヽ' '芹ミ从     ;'    /
          |l  :!  '     弋少'   /.   /      付き合わないといけないのさ……?
          || 八 __      /    /: : イ /
           j|-rく¨入ヽ     /    /:/ j/       精神科医じゃなくて普通の医者だってば、私の夢は
        {´ゞ`:::(>'/ー 、≦{.   /ソ、
       人_>'´二フ-─ァ<ヽ !   //´⌒ヽ
.      //  '´ノ〉/´¨〃VY「|i {:|: :/ ̄}'^ヽ
      /'    ∠_{:|::r'´ : }八从ノリ://⌒ヽ::∧
      ,'     ,. イ:: r': : : :{/´: : : _/:: :: :: :: V::∧
.     {   /  {:: :ゞ-'⌒ー─イ::{:: :: :: :: :: :V::::}
.   /j イ´::>  ノ:: ::}:: ::厂}´ ̄:: :∧:: :: :: :: :: :V::|
    マ´:: :: :::〈  /:: :㌻ァ/oリ:: :: :: /::∧:: :: :: :: :: :V|
    〉___:::人r':: :: ::7´/:: / :: :: :,':: ::::∧ :: :: :: :: ::ハ
    V:: :: :: :: ::ヽ:: ::::{:: {:: :{::::::::::::{:::::::::::∧:: :: :: ::::::∧
     V :: :: :: :: ::\:人::ヽoヽ::::::::‘;::::::::::::∧ :: :: :: :: ∧
.       V :: :: :: :: :::::}::::::>、::Vハ::::::::‘,::::::::::::∧:: :: :: :: ::∧
        、 :: :: :::::::::::::/  >.>::〉:::::::::}:::::::::::::∧:: :: :: :: ::∧
       \:: :: :::::::/  {::{oノ::: :: ノ:: :: :: :::::∧ :: :: :: :: ∧
         \_ノ  /::/´:: :: /:: :: :: :::::::::::∧:: :: :: :: ::∧
             /:/ :: :: ::/ :: :: :: :: ::::::::::∧ :: :: :: :: :∧
            /:: /:: :: :/:: :: :: :: :: :::::::::::::∧: :: :: :: :: ∧


さて。弟君の姿が見えなくなったところでぐにゃりとその場に座り込むエーリカ。

確かに医者は医者だが、自分の夢は普通のお医者さんだ。精神疾患の相手は金輪際、遠慮したいものだ。

当分補給にソーダ味の飴を取り出すと封を破り口の中へ。ころころと口内で転がしながらスマフォを取り出した。

「ちゃっちゃと2chでも確認して学校もどろーっと」
3145 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:00:24 ID:j.Rd2hj.0
コテハンつけてそう(偏見
3146 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:02:41 ID:VQxZ4n3c0
友人から実の弟に対しての恋愛相談されてんのかwww
3150 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:06:27 ID:jU7cY/520

      __________
     .,.´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
    │:::::::::::::::::◎=.=::::::::::::::::::::::: │
    │┌─────────┐│
    ││il|.iiiiiiiiiiiiiii凹iiiiiiiiiiiiiiiiii=││
    ││ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄││
    ││     16 : 40      .││
    ││                  ││               え >
    ││  新着Eメール10件 ││
    ││  不在着信:5件   .││
    ││  LINE:54件の    ││
    ││     未読メッセージ││
    ││                  ││
    ││_________││
    ││[ ⇒ ] ロック解除 凸││
    ││                  ││
    │└─────────┘│
    │:::::::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::.│
    │::::::::::::::::::.人口丿:::::::::::::::::::::: │
    丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′
      ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´




ロック画面。そこには、彼女に連絡を入れようとして、伝わらなかった件数が表示されていた。
メール10件。不在着信5件。メッセージに限っては54件……

なにかヤバい空気だ。教室から弟君と出ていくまでにちゃんと携帯は確認したので

この20分近い短期間に、誰かが、私に連絡を入れようとしていた。
3151 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:07:56 ID:q2LgVZrA0
この件数は怖いなw
3152 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:08:09 ID:31akNzYs0
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああ
3155 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:09:44 ID:4.Mzmk6M0
なんでサスペンスになってんだよwwww
3157 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:10:46 ID:jU7cY/520
      |::::/::::::::::|l::: .://  ./〃::i::::. .: ./:i i:::::::::::ヽ. ',:,  :',        ',  |
      |::/::::::::::::|:::::_/_::_/:::_レ::::i::::.::ヽx:_;'/__::-―',.L',_:::i  ,.       ' .!
      |;':::::::::::::::!イ/:/:::/ ̄:::|:::::;'/:::: /:::/':::_::::::::::::::',!:::',`| ./        i.:::!
.      i:::::::::::::´|::/:://,==ミ、:://:::/:::/ ̄ァ''"ニ、=、:':::::';:! ./      | , i:::!          ガタッ! >
.       |::::::::::::::::!':::::::/イ.,f:;:`ム.ヽ//:::::::'::::::::´ ,f::;::r.ヽ ヽ:::::| ./  ./   .i.ハ |:!
      |::l:::::::::::::|ヘ::::i:| i!::lc;:チ ;::':::::::::::::::::::::::::. i!::lc;:チ  リ!:;' /  ./  .i,':::| .|'
       |::|::::::::::::::|:i:';:::丶弋;;;ン:::::::::::::::::::::::::::::::::弋;;;ン  ' ::/.::  .::   /|::::| .!
        |:i !:::::::::::::|ヘ:',:::::::::::::.. ...:::::;:::   ::::::::""::::::::.   /.:i:  .:::  /:/::/!.i      ひぃ!?
        |:! |:::::::::::::|:::〉i:::::::::::::::::::::::ヽ                /,.イ:: ::::.  /イイ/ !,'
        || ';::::::::::::|:;'. i:::::::::::::::::::::::::::              /' i::: .:::::  // | i'
       |!  ';::::::::::|:! ';::::::::::::::f ‐- -―_二ニ、_       |:::.:::::: /'
         ';!、::::::';._r― r‐  ̄ア フ、´ 、  ` .、``-、.‐-<!:::::;:::: /
         '、ヽ::i  ::|  :;' .:/  .:イ―'.;:. ヽ  .i::.  i::   |:::;'|:::/
            `| :::! .;'  /  .:/::::  ';:.. i:  .!:.  i:..  !:;' .!:;'
            | :/. '  /  ::{ ` -‐ '::. ';  ヽ. ヽ .{リ |!
            i        ::i   i::::::::〉           |
        __〈        ヘ ノ::::::/:           /  _   -ァ ―    ‐ 、
.       ,イ     ヽ        ::i:::::::::::i::        /.` ̄/: : :./          ヽ



56、57……カウントダウンの様に未読メッセージの数が増えていく。なんだこのホラー映画は。

こちらに入ってくるロック画面を開かないと差出人が誰だか分からない。

可愛らしいダックスフントのストラップが付いたスマートフォンを恐る恐る画面に触れようとして……

後ろから物音が鳴った。振り返ってしまった。
3161 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:13:24 ID:jU7cY/520
.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ     んー、腕時計だとあと20分か
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |    走れば余裕だけど……
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|







;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|        /     /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |          |   /;;;;;;::::::::::::: ::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::::::: :::: :: |          |  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;::::::::::::: :::::: :: |          |/;;;;;;::::::::::::::::::::::::: :: :::: ::::::;;;;;;;;;;;;
;;;:::::::::::::::::::  :::: |            |;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;;;;;;;
::::::::::::::::::  :::::::::: |            |    ::: :::::::::::::::::::::::::: ::::::::::;;;;;;;      < ガタッ、ガタッ!
::::::::::::   ::: ::: : |            |     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;
:::::::::::: ::::::: :::: :|            |    ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::
::::::::::::   ::: ::: : |         ___|     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::: :::::  ::   |_i    _|::::|     ::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::   ::: ::: : |;: :;|-i    |::::|:;::|     ::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::  :::::::::: | ::::|-l    |::::|::;:|     :::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::  :::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ::::: ::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::: :::::::::::::::  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   ::: : :: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::: :::::::::::::  |            |  :::: :::::::::__:: : :::::::::::::::::::;;;;
;;;:;;:::::::::: :::: ::: /:::::::::         \:::::::::::::/\:::::::\:::::::::::::::::;;;;;;
;;;;;:;;;;:::::::::::::;/;;;;;::::::::::::::::::::::.      \::::::|\ ::::\:::::::\::::::::;;;;;;;;;
;;;;;;;::::::::::;/;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::      \|::::::\ ::::\:::::::\;;;;;;;;;;;
;;;;;;::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::  |::::::::::::\/: ̄ ̄|;;;;;;;;;;
;;;:::/;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;::::::::::: ::: | ::::::::::::;;;| .; ;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;



通りから出ようとして、先ほどまでいた路地から物音がした。


下2~6    1.観に行く
         2.放っておく
3162 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:13:53 ID:Y9xgs2/60
2
3163 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:14:08 ID:ueujy1cw0

3164 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:14:20 ID:31akNzYs0
 流石に刃傷沙汰は拙い それ以上はいけない!
3165 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:14:23 ID:f8e74puA0
1
3166 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:14:26 ID:q2LgVZrA0

3167 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:14:55 ID:3RV4jMpk0
3177 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:18:20 ID:jU7cY/520
                 _____
                          `丶
            /               \
           /                  \
          /                         \       エーリカ先輩……?
        /                         \
          /                              .
       /                             i
        i                             |
        |                              |
        /                                 /
      {                                /
       、     ________________/__
       \  /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
        \{二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ\
           /二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二{
         {二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ニ!







     ;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|         ‐|  ||  |;;/  /;;;;;;::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;
     ;;;;;;;::::::::::::::: ::: :: |============.\||  /  /;;;;;;:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:;;;
     ;;;;::::::::::::::: :::: :: | ____   :| :|  /;;;;;;:::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;::::::::::::: :::::: :: | | //  |   | :|/;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::;;;;;;
     :::::::::::::::::::  :::: | | //  |   ::|  |:|;;;:::::::::::::::::::::::::::: :::::  :::::::;;;;      シーン…
     :::::::::::::::  :::::::::: |  ̄ ̄ ̄ ̄    ゙|  |:|   ::: :::::::::::::::::::::::::: :::::
     :::::::::::::::  :::::::::: | _______|\|:|    :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::::::::::::::  :::: |                  |   ::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     :::::::: :::::::::::::  |                  |   ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::       ……誰もいない >
     :::::::::::: :::::::::::  |                  |  :::: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     ;;;:;;:::::::::: :::::::/:::::::::              \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;
     ;;;;;:;;;;::::::::.../;;;;;:::::::::::::::::             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;
     ;;;;;;;:::: : /;;;;;;;;;;::;;::::::::::::::::::::::::::         \:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;
     ;;;; ::::/;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::           \:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;
     ;;;:/;;;;;:::;;;;:::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::       \:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
    ../;;;;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::   \:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;



物音がした。確かに。急いで裏路地へ戻るも、そこには五月蠅そうにファンの音を鳴らす
換気扇と、どこからか漂ってくる夕食時のあの美味しそうな匂いだけ……

そこには金髪の可愛らしい先輩なんていなくて。ただ、不気味に換気扇が回る音が支配していた。
3191 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:24:19 ID:jU7cY/520
       、 l
.     `     ,..-'" ̄ ̄
        /
       /      u
.      l \   __
.       | ‐-   _            ん? なにか落ちてるけど……
     /ヽ_・_   、 。 ̄
.     {  /    ヽ`¨
     \ ゝ‐'ヽ-イ
    _/7´\`¨¨´    <
   〈  |  /≧  ≦/
   ∧   ∧::|   /
   /. \  ∧:|  /







      __________
     .,.´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、
    │:::::::::::::::::◎=.=::::::::::::::::::::::: │
    │┌─────────┐│
    ││il|.iiiiiiiiiiiiiii凹iiiiiiiiiiiiiiiiii=││
    ││ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄││
    ││     16 : 41      .││
    ││                  ││               スマフォ……って奴か? >
    ││  新着Eメール10件 ││
    ││  不在着信:5件   .││
    ││  LINE:66件の    ││
    ││     未読メッセージ││
    ││                  ││
    ││_________││
    ││[ ⇒ ] ロック解除 凸││
    ││                  ││
    │└─────────┘│
    │:::::::::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::::::::::::.│
    │::::::::::::::::::.人口丿:::::::::::::::::::::: │
    丶:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ′
      ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´



先程まで先輩が立って話していた場所に、長方形の四角い電子機器が落ちている。

ただならぬ空気が支配する裏路地。周囲を警戒し、いつでも逃げ出せるよう腰を浮かせながら近づく。

試しに拾い上げてみると「可愛らしいダックスフント」のストラップが付いた、これは……スマートフォンと言われる奴だ。

ペリーヌと、宮藤とリーネの三人組が同じ似ていた奴を持っていた。これは分かる。
3192 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:24:21 ID:hs3435Go0
おい、やっぱ精神疾患患者ばっかじゃないか!(憤怒
3193 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:24:22 ID:fZtlO.Eo0
いつからこれはサイコホラーになっていたんだろうかww
3201 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:28:33 ID:jU7cY/520
              -──── ‐-  、
              /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::` 、
       _ -=≠=-:: :: :: :: :: :: :: :: :: ̄¨¨ヽ:: :: :: ヽ
     /´ /:: :: :: :: :: ::/ :: :: :: :、: :: :: :: :\:: :: ハ
.        /:: :: :: :: ::/:/ ::{:: \:: :: :ヽ:: :: :: :: ::\:: :!
       /: :: :: ::i:: / :{:: ::|ヽ:: ::ヽ :: ハ::ヽ: :: :: :: ヽ}     ねぇ、スマフォとか持たないの?
      .::/ :: :: ::!::{:: :ハ : ! \斗-:|─トハ :: :: :: |::'
      |:i:: :: :: ::|斗:七!: |   ヽト::j j/ ヽ:: :: :: jハ               あー、お金ないし……いいかな >
      |:{:: :: :: ::{从! リヽj    ⌒笊卞ミ }:: :://
      |:ハ :: :: :‘, ィf笊卞     弋cソ'' |: /j/        えー持とうよ。そしたら、ほら!
      ノハ:: ヽ:: :ヽ弋ぅソ     /// 厶イ
        ヽ:: \:: ゝ///  '      人ノ┐      夜とかでも勉強しながら教え合ったりとか
          `⌒`个 .    ー '   イ`<:::」
               ≧=‐- </.!:: :: :ヽ        お、お話だってできるんだよ……?
         r-── 7´:::/_}__|「 ´   ト`ヽ┴─--、
        .::マ´ ̄¨フ>'´/7ハ  ノ }:::::::マ ̄¨7:::.
        ,::::::V:::/´ ´ ' /7{__{   /::::::::::〉:::::/::::::}              んー。 >
       ,'::::::::r'´      イ {  〉\_/:::::::<:::::/:::::::::!
       /⌒/  ,,-<{ハ  /⌒! //:::::::::::::::>イ:::::::::::!
       {\,'  /》::::::ハ∧/  |/}/::::::::::::/:ヽ::::::::::::ヽ
       |::::::\/イ/::::::{ V{  /}/::::::::::/:::::::::ハ:::::::::::/
       ∧:::::::::::::∧::::::!  マヽ∧{:::::::/‐-、::::::::::}:::::::イ
        /:::::\___/:|∧::::|  ヾ{,/ |:/::::::::::::::ヽ::::リ:::::::::!
.      {::::::::::::::::::/:::::::Ⅵ   |! j/::::::::::::::::::::::У::::::::::|
.      |::::::::::::::::/:::::::::::::{    八{:::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::!
.      ∧::::::::::::::{:::::::::::::::!  イヘ:|::::::::::::::::::::::::{::::::::::::::::|
     ∧:ヘ:::::::::::::|::::::::::::::|  |! |:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::|
     {:∧:::::::::::::/:::::::::::::::}  | | |::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::!
     ::::::::::::::::イ:::::::::::::::::|  || |::::::::::::::::::::/ {:::::::::::::::::!
     \__/ ノ::::::::::::::::::|   || |:::::::::::::::::::ハ|:::::::::::::::::|



リーネからしつこく催促を喰らっていたが、姉妹が同じのを持っていたのでちょっと遠慮していた。

しかし、夏休みに入るまでには携帯電話を持とうと自立目標を建てていたので、「あとでね」と
曖昧な返事で言葉を濁してあと伸ばしにしていた。
3210 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:34:58 ID:jU7cY/520
            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \       ……此処に落ちているってことは、たぶんエーリカ先輩のだし
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,       ま、まぁ……明日こっそり届けてやればいいだろ
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /     【ダックスフントのストラップが付いたスマフォ】を拾った
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|




警察に届けるほどのでもないし、明日にでもばれない様こっそり届けに行こう。

携帯を拾いエナメルバックの中に入れる……途端、こう、背中がムズムズしてくる。誰かに見られてる時の
言葉では表現しづらい、あの緊張を要される嫌な空気だ。

幼い頃、怖いホラー映画を見た後に誰もいない夜道を歩くとき。化け物に後ろから襲われるんじゃと
冷や汗流しながら家に帰ったのを思いだす。


彼は逃げるようにそこから去った。路地から出る途中、季節違いな金木犀の匂いが彼の鼻腔をくすぐった。
3222 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:43:25 ID:jU7cY/520
       | |
       | |
ニニニニニニニ{
        | |!
____|_|ト、
三三三i = }|                        ____
rfzrfzrく=くj::{                         }/////{
ルルル{リイ!|                     _///////\
 ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}三三三三く
        | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ|      |!  : : :.
        | | {玄!                    }文{イ  !       |!  : : : :.
        | | {rfi{                       }fマ{  |      |!  : : : : :.
        | | {セi_____________忙リ   ゞ===彡  . : : : :
====<| | {り>≦i{     __ ノノ    : : : : . . .       . . : : : : : .
        | | {爿辷之}    .// ̄ ̄      : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .
        | | {k八K{   //            . . . . . . . . . . . . . .
        | | {=彡ゞ=彡゙
        | | |i
====<| | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i






             __
     __      ヽ:\
     ー-、: : : `:. <  ': : \
     ___\: : : : :: \}: : : : ',.. -- ―― --  ..、     ヒャッハー
   /: : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:.<
  ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
  レ ⌒>.:´ : : : : :-- : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ ,. ィ>==ミ   ほら野郎ども! 幸福じゃない奴が来たぞ!
    /: : : : : /: : : : : : : : : :,ィ : : : : : : : : : : : : : : : : : :', : : ://: : : : : :
   ./: : : : : : /: : , -/--、 : : / !: : : : :_: : : : : : : : : : : : :!: ://: : : : : : : : :   捕まえて再洗脳するの!ZAPZAPするの!
   /: : ィ: : : :/ : : : /: : : /!: :/ {: : :i!: : : i: :`: : : : : : : : : :.|: 〃: : : : : : : : : :
  ./: //: : : :|: : : /: /!: / |: ;  '; :.ハ: : : :|: : : :.i: : : : : : : :|:.{{: : : : : : : : : : :
  ,/ .|: :i: : :! : :/!/-レ'  j/   ヽ! ヽ: : |: : : :|: : : : : : : :!: :}: : : : : : : : : : :
     |: i!: : |: : | 三ニ≧     ≦三三\: !: : : : : : : /:.∧: : : : : : : : : :         な、なにをするんですかぁ―ッ!? >
     ヽハ: :.|ヽ:{ 三三二     二三三  .,: : : : : :/ ; : ハ : : : : : : : : :
      /ヽ!                 /: : : /: : ム: : : i!: : : : : : : : :
     ./:/ /////      /////: :ィ: : :/ :/  ∨: :i!: : : : : : : : :
      ,: :{       , ー-ォ       ´ ̄/: : : / :/ ソ ノ: : }: : : : : : : : :
     .レヘ!>     ゝ __ .ノ          /: : : /:/-' /> ´!: : : : : : : : :
          >       | |       /: : : / ー ´    |: : : : :: : : : :




準備中の札が張ってある正面入り口の扉を開けた途端、バイト4人組に拘束された。

なになになんなの?! 拘束するの! ごめんねー。 おい、動くなこのヤロウ! す、すいません……

全員の声が入り混じる。数秒も経たず両腕には結束バンドが撒かれていた。
3228 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:46:28 ID:jU7cY/520
                      , -― … -、
                    /         \
                    , '  U         \
                  /      _ノ    ー- 丶    俺なんかやらかしたんですかぁ?!
                   |      〈 ● 〉 〈 ● 〉 〉
                   |          ̄      ̄   /
                 V        (__人_) /
                   ∧ ̄ヘ        `ー’ /
                   /::::::::::ヽ \     __/
              /::::::::::::::::::::ヽ. \_, -'´
             /:::::._:::::::::::::::::::ヘ  .>ハ
           /::´:::::::::::::`:::.、:::::::::ヽ/ ̄}
           ,::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::ハ  |
.           ,:!:::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::ハ´¨|、
            /i:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::::::i. | i
         ./.:ゝ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ、_::::::| } |,






                      __               /i
                      \:.:.:.:.:.:\____       / /  _
                   ,.. --―`:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧z、  / ,  / /
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..V  //  /
                    /:.:,,. イ.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.',:{ /   /
                // /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.',∨--≦z __
                      /:.:.:./:.:..:..X:.:.:ハ:.:.:.:{.:.:.:..:i.:.:.:|:.:.:.:|:.:.}{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ    首をねじ切ってゆっくりにしてやるのー!
                     ,:.:.:.:/:.:.;':..:i:.:./ ',:.:.:.!.X:.:..{:.:.:|.:.:.:.:!.:.ハ:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.}
                       i:.:.:/:.:.:.:i:.:∧{__  \{ __\!:.:.:!:.:.:.;.:/:.:{:.:.:.:..:.:|:.:.:.:.:.:.:.!
                       |:.:ハ:.:.∧{ 三三   三三ヽハ:.://:.:.:.ハ:.:.:.:.:.:',:.:.:.:.:./
                       j/  Ⅵ:.:.:} ,, ,,     ,, ,,  ノ:.:/}:.:./ ',:.:.:.:.:.:',:.:.:.:′             ひぃぃいい!? >
                        |:.:.:!    __ __   ./.:.:/ノイ   ',:.:.:.:.:.:',:.:′
                      ',:.:.ト..  乂  ノ  /:./       ',:.:.:.:.:.:ヾ
                     __ ヾ{  ≧=--ij≦ /{        :,:.:.:.:.:.:.:.',
       ,,.  -- ー――  ''"´/   /   ',   {ノ 乂 ___    i:.:.:.:.:.:.:.:.',
      /    ̄`ヽ   > ´ ̄`V  {    }__ /    }    ̄i  .|:.:.:.:.:.:.:.:.:',
     {      -- ≧/   マ } }__ ! _ / } }    ,     {__ .|:.:.:.:.:.:..:.:.:.,
      ,    /   /    }> '' イr--  ∨  ',   /   /  / .!:.:.:.:.i:.::.:.:.:i
      ヽ__  {   { >''"<..,> ''"´}/´    ∨  ヽ_/ i! /    { .|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|
        ',..>''"´   .>'     .ゝヘ    V- 、__,..、 {.      ', .:!:.:.:.:.|:.:.:.:.:.!
     >''"´    ,,.. イ          ヽ__ / /   `゙''ー≦..__  ', |:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|
    く     ,,.. <   {          ./ \ /              ',:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.!
     \,,..<      ヽ        /    }_           ヽ:.:.:!:.:.:.:.:|
                ≧z.. ___  .. イ{      >z..,,         }:.:.:.:.:.:.:.;
   ↑メジャー
3229 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 18:47:26 ID:VQxZ4n3c0
すみません幸福じゃないとかもうそんなレベルじゃないんで(白目)
3230 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:48:03 ID:jU7cY/520
             ―==x
         / ̄`ヽ` \     -―‐-
           , -‐‐-`  `ィチ         > 、
         /                      ‐- 、 ヽ
        /   /  /        、       ヽ ヘ
      \ー'    / / /  ./  /    ハ 、 ハ 、 ヘ  ヘ ハ
       `ー/ . /  {  /  || |  ' .|.ハ  .l .|ヘ |.  ハ ハ
         イ / / | ./ / || | . |_ |'| L.zi._i__} .|   |     ごめんねー。ちょっとウェストとか測るだけだから
        ' | /  .| V./ { i斗 セ i /.i/ }_ム| λト  l. ’
        i |ハ |Ⅳ {ハ |Ⅹトハzニヽ、 ノ /,任示心i   l  i   大人しくしててねー
         | ヘ.|{ ヘ Ⅵト、V云示`    '  };;;;;;;灯ハ  .l  |
            ヾ `Ⅳミx{代;;;;う      辷ツ./l   l  |
                }ハ 圦`,,`",,,     ,,,,, /イ   ト、 |
               ムイ}        '     λ  |  ヽ、
             /   |  个     ( )   /| |  .ト、   \
.              ,イ  ,.ィチ|  l: : :ⅳ     /ク./:λ  .|::::::\/ハ
            jヾへ:::::::イ  λ: : :ヘ入`うィ´入/: |:ハ ..|::::::::::/`´:|
.            {::::::::::ヘ:/ノ /:::|: : : :.ヘ L ィx‐' /: : :Vヘ |\/::::::::j
.            λ:::::::::/  ./ノ:::|: : : : : ヾ¨  ̄У: /:ゝヘ  \::::::/
              ∧:/ /:::::::::::` <: : :ヘ: : ://、:::::;--、℡、 .\:}
.           / // /-‐ ''¨_ス¨'' ‐-㌦、ヘ/': :/__: : : `ヘ ヽ.\
           / /イγ´ ̄ ̄iフ: : :`寸:フ<_水く ̄: : : : ハ ̄` < ヘ\ヽ
          / / { |ム   ,才オ=ニ二: : : : ヽУ ̄ ̄> 、  ヽ\ } i
       / .|ノ .{/ //:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ: : : /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ 、\} i j
.       //.  .//イ: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.ヘ: : ハ:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ ヽ} .ノ
      //   ム} {/: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.V:.:ハ-i:ヽ{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハヘ.|
.     //i    /|. ´\j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.V:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ `
     , / .l   { |  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:λ
     { . |   | .ハ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
.    | | |   |  .V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
.    | | |  .ハ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: j:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
.    λ. .ハ    V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:.:. . |:.:.:.:.:.:.;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.’
     ハ.、 ヘ   .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
      ヾ、 ヽ. ゚:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.: :. |:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
      \xz.ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
        ¨ ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノi:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
         .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/¨  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ¨ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
.         ゚:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.本: : : : : : : : :≧ュz_: : : : : : : :.本:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.’
.         j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/  `¨¨¨  ̄ ̄      ̄ ̄ ¨¨´ ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
3233 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:51:08 ID:jU7cY/520
    V///\.   /              `丶'/\
    V////,\ ,.'            `丶    \ \
    V//////\/          ヘ ヽ \     \ ヽ
     ヽ///////′   ',        l | \ \    ヘ ハ       コスプレ用の衣装のためだゾ
      ヽ/////′    ヘ      l |  \ \   ', |
         \//l      ∧      ' ハ    >'´ \  ト'、      おう、暴れんなよ暴れんなよ……ニシシ
        | \|   l   i  \  丶/ ヘ    _,.ィ゚ラ` |  \
        |   |   |    |   \斗'\  '.  / ヒャリ ヽ|   \
        |  |   i    |  / 丶 _ \ ヽ   ´:::: i:..    _`ー── ---- 、
        ',  ヘ   ',   |     _,.ィ゚::i`  `       }:.:.:......    `丶、 ̄ ̄  ̄`丶、_
        ',.  ヽ 丶  }!   ,ィ゙弋rャノ      、   ハ:.:.:.:.:.:.:.:......    \
         ヽ :.:.\ \',      :::::::          ∧  ̄ ̄ ̄  ̄ 「 l`丶 \
             \ :.ヾ\  ヘ         - ´   ′ヘ.        } !   ヽ \
             \:.>\i='ァ> ,、         イ    i_____} !   ヽ丶\
             \:.:.:.:/   i \≧ ─‐‐'´     |   !     . |     \ゝ、`_─ 、
.                >''   /l   \ __/ o    |   i     i |      \   ̄`)
               |   /.  ',  o  |{{`丶  o   |   i     | l        丶 ´
               ト、/ ',   ヘ  o  | }}  \ o/   j    | ′         \
                    ',  、  ヽ   ヽ o | }}    >'    l     |::::...          \
               ヘ 丶  \  \_ノ  }} o      l    へ:::::::::.......         丶、





           /   , ― -     ´ ̄`ヽヽ
              /              丶
       /   /            ヽ    ‘,
.      /   '               i   i    ‘,
      ′ /            /  ハ / }     ‘,
     i   /      / /   /| / V ト、      .\      すぐ終わるんで、ちょっとだけ失礼します……
     |  ′      / / ! / }/  / ヽ{__}_i 、   i  )
     | /       ,' j ハ斗/七/  /   \ノハ:i   |
      /  i      | /   }厶≠x       イ斧ミ |  ハ{
     ,  |{     |  〃f::::しj        {じ:j″ / ノ                     な、なにが終わるんですか? >
      /   八    .  ヽ弋::ソ         ゞ'゚ , j/ ヽ
.     /     \   ヽ               !|′ ‘,
.   ′      ヽ ー  ゝ         ´  八     i
   i{ |      丶 \         , -   .イ     !|
.   八ト、  、    i ヽ  >           /  /}    八
    ヽ \ ヽ   |ヽ{  r|   ≧=‐  イノ} / !   /
.        \{ )ノ  \j ` TT ´ ̄  ヽ. jノ  j//
            `    /ヽ  | |        ` ー=ミ
          ,, ´     | |         />  _
        r‐ ´|      /∧       //    / ヽ
        |:{  |   , ィ:´:ー::ヘ、    //    /   i
3240 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 18:56:20 ID:jU7cY/520
                      _ -― 、
              -―― <:/⌒:.<⌒
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.:.:.⌒´.:.:`ヽ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.―ミ:.:.:.:.\
        .:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.\:.:.:.:.ヽ     いやーん、流石運動部
          |∧:./レハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.\:.\:.:.\:.:.:.:i
        ノ/У:./.:.:./:.:.:.:.:.:.|:.:.:ハ:.:.:l:.:.:.:.:Y:.:.ト:.:.:ト:.:.:.:ヽ:.:|    細すぎず太過ぎずなの!
         トVИ:.:.:.:/:.:.:./:.:/|:./ |:.:ハ:.:l:.:.:|:.:.|:.:.:Y:.ハ:.:.ハ|
       V∧l.:.:.:.レ|イナ厂′ レ⌒ハイ:.:イ:.:.:.|:.:.:|:.:| |!
          V∧:.:.:| ,z==ミ   z=ミ ,レ:.:.|:.:.:.l:.:.:|:.;                とりあえずはやてにラインしておくね >
            { ト:.:{ ´         /:.:.:.:.:.:.:ノ|:/|/
         ヽ|:.Nゝ      ′   ':.:|:.:.:/:| l′
              |:.:.:ト     r 7  /:.:.:|/:.:.:.|        んーお願い。ついでに――
           八:.:.{ >。 ー' イ:.:.:.:ノ:.l: :.:.:|
             ヽ|――-x不  |:./:.:.:l:.:.:.:.|
     ,r――― へ/  \  ノl| \ニ=rzL.:.:.|
      |ニニニ/ ,fノ 〉    Y 只   マ厶ー l:.:|
      |ニニニ{ / )、  人|」ハ\ ノ 、\`| .:|
    /小ニニ=∧   ' イ-/  ',  _」 〉、  /ハl|
    { ノノニ=/ ( }   ノ〈    Xニ| |  イ「ト、ニl|
     レニニ/ 八\ /  \   マ:| ハ__ノ/' ヽ:|
     |ニ/ /  \\   `    ゙'|  |( /   }ト、
   厂   x、     \〉 ...:::::::....  Τ レ   ノ′\
    |   /  ゙x、    /::::::::::::::::::::. |:::::::\ /′  /ハ
   ノ /     ゙ x、/、 :::::::::::::ノ /  ::::::ト\     /|
  { /      /        〕⌒ ノ:.:ヽ)、    /|
           /         0  |   |:.:.:.:└ 、_/
    ヽ     /{           |   八:.:.:.:.:.:|
     ー ´  辷=-         ノ    ノ:.:.:.: ノ



「なにをするの?」  「私と契約して、魔法少年として夏の祭典にコスプレしてほしいの!」


一体なにが起きてるんだ……女子高の生徒に捕まりつつ、彼は遠くからすまなそうにしている阿部店長をみた。

「あ・き・ら・め・ろ」

口パクでそう伝えると、青年は疲れたような表情でなすがままに身体を弄られるのだった。
3247 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 19:00:25 ID:jU7cY/520

久しぶりに糞ゲーやったなぁ

そして>>3043。スパルタンはいつかやる!必ず! (*`Д´)ノ
3256 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/08/11(月) 19:07:51 ID:jU7cY/520
今日は私が深夜業務担当なんだ……(*`Д´)ノ

というわけで、また皆から知恵を奪う (*`Д´)ノ

具体的に言えば、世紀末ファンタジーの「傭兵」について聞いたり「戦争」の理由とか面白話とか(*`Д´)ノ

何時かやる宇宙でのスカベンジャー物の参考として、ロボットとかの遺跡の資材とかを至極真面目に面白おかしく相談したりとか(*`Д´)ノ


そして上司(*`Д´)ノ! シノンの画像URLをラインで送ってくるな(*`Д´)ノ! 仕事中だろ(*`Д´)ノ!
3257 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 19:08:29 ID:VQxZ4n3c0
乙~
つまりいちゃラブしたければ姉妹以外の選択肢はないと
3258 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 19:08:58 ID:GJNDHDQ20
…いや、シノンは可愛いけどさw
3259 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 19:09:37 ID:wxbz/kLI0
上司=サンどんだけシノン好きなんだよwww
3260 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 19:11:17 ID:GJNDHDQ20
宇宙スカべか…デブリ拾いとかして、使えるパーツを選り分けたり、
鉱石が混じってるか調べたりするのが最下級の仕事かな?
3261 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 19:13:35 ID:bzEbM0YU0
>>3260
ZZのジャンク屋に近いかな?
3262 : 安価のやる夫だお [sage] 2014/08/11(月) 19:14:23 ID:zks2CFRU0
廃棄された宇宙ステーションのブロック毎に潜っては物資を回収すればええんでね

糞ゲー その14

5139 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 12:48:58 ID:0xdM4STo0
んー、やるにしても欧州はシュテルンイベント前だから夜に回すとして……なにをやろうか。
5140 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 12:50:04 ID:MZvKgoQw0
糞ゲーか猟師?
5141 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 12:59:15 ID:qh6JWJX60
個人的には糞ゲーを久しぶりに見たいかな……
5142 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:00:24 ID:NCarbZR60
既存のなら潰れた猟師を所望
でも安価なら他のになるのかな…(´・ω・`)
5143 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:00:31 ID:Fo2/xIuQ0
こないだやろうとして中止になった猟師見たいかなあ
5144 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:00:59 ID:0xdM4STo0
猟師はゴキブリ、じゃなくてデーモンから逃げるところなので安価が多い。
さすがに人がいないこの時間で初めて失敗したら大荒れ間違いなし、ってのが見えてるから欧州と猟師は外ずそう。

となると糞ゲーだな。ちょっと正座して待ってなさい……どこまで進んだのか忘れた。
5145 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:01:24 ID:sEcMrQx20
ヒャッハー
5146 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:02:08 ID:qh6JWJX60
ひゃっはー!!
5147 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:02:33 ID:SBceUVlw0
糞ゲーktkr
5148 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:02:38 ID:tyQec9kI0
糞ゲーも見たいし猟師もみたい、新しいのをやるというならそれも嬉しい
どうあがいても勝ちじゃないか(ニッコリ
5149 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:02:41 ID:IZ29RKhs0
糞ゲー懐かしす
確か姉妹の拉致監禁から脱出したところだっけかw
5150 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:04:52 ID:mr5feUrc0
くそげーktkr
5151 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:10:40 ID:0xdM4STo0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',      …………
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |





さて、昨日の姉妹尋問からなんとか生き延びた青年。とはいえ、身体的にも精神的にも疲労困憊である。

高校二年生、まだまだ育ち盛りな自分は部活の事もあって、膝が笑うほど運動をしても寝れば回復する。

だがあんな和風ホラーのような挟撃を経験した翌日にそんな元気も出る訳もなく。吐く溜息には疲労の色が見えた。

こんな日にはコンビニに立ち寄ってホットスナックのチキンでも買い食いしてから時間を潰すとしよう。

まだ5時だというのに制服の袖に手を通し、「恐らく」まだ寝ているであろう姉妹を起こさないように一階まで降りた。
5152 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:11:34 ID:0xdM4STo0
下3   1.姉妹
      2.父親

好きな方を選ぶと良い。
5153 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:12:01 ID:IZ29RKhs0
1
5154 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:12:15 ID:NCarbZR60
5155 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:12:16 ID:/SLioI5E0
1
5157 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:18:18 ID:0xdM4STo0
              _  --  _
           , - ´      `  、
              /         ヽ
         /   /             ヘ. ヘ
    _, イ/    //{  l   !       ヘ ヘ
    ̄ /   ///,j   /   ノ. }     ハハ
       'イ   7ナT´ l /^ー-くj,イ  |   i l |              , -、      よーう、おはよー兄貴。
     |ハ  /! __  V / ノ'`ト、/ |   | ! リ           / )  / /
       Vレ} '⌒ヽ// _ニ=、 |/Y/   / l {        / /_ / / , -― 、  相変わらず早起きだなぁ
        / / ''' r    ,,,,, ヽ ./  / } ハ i       〃  ノ   ー ´_ -―‐'
      〃 八   _      _,.イ_, イ} 从|ヽヽ    {  / {   ー──- 、
     lハ /ヽ  ゝニ ヲ   /″/ ノ i. | | ,ヾ   , -  -‐- _゛    、-――‐'
        V /.ヽ、       / /ノ  | l !    /: : : `ヽ、_ -‐ 、\
      _,-く  __ T二三≦-‐', イ|   | ヽ!   /: : : `丶、:\    `丶.)
 __≦ミー >彡'_ ― ≧ー- 、  |ヽ ヽ  /、: : ○: : l: : :/
|f: : :/ ̄イ―=ニ二ニ>’: : :/: : : : ハ  | \ .∨: : ヽ-ー ': : :/
.! /イ-‐: : : :iー,、_ro、ヽ: 、 /: : : : : : ヘ  !   y: : : : : : : :..:::/
/..::::::::::....: : : : :`v' /、: : :ヽ: : : : : : : : ::\ヽ /: : : : :....:::::/
::::::::::::::::::::::::.......: `ー <): : :::::ヽ : : : : : : : : :ーV: : : : :.:::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::::::....: : : : :.:::::::::::ヽ : : : : : .::::::/: : : : :.:::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...:::::::::::::::::::.ヽ: : : .::::::/: : : : :.::::::::::::::l






                _   -─ ─‐- 、
              _ <:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐ 、
             /ムイ:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::く: : : :.ヽ
            r'´:::/::::::/::::::::{:::::::::i:::::::::::::::::ヘ: : :ヽ
          /イ:::ノ:::::::::/::::::::ハ::::i:::ト、::::::i::::::::::ヘ: : :\
          /イ:::イ:::::/:::ム::∠、 i:::i:::ir、:::::i|i::}:::}::::ト、: : : \     ん、もう起きたか……少し早くないか?
        /:::i:::/:{::::/:::/ レ_  リi:::i _≧、リヽ:ハ::::} ヽ: : : :ハ
        (__ムイ´i::/i::/ イ心ぅ`  }ノ´ぅ心ヽム::}i::i  `ー ´
             レ i::ハ 弋ツ     弋ツ 7ハ:iリ
              リゝヘ ' ' ' '  '  ' ' ' ' ハム-、
              マ/::ゝ    _ _   イ∧::ヽ{
              /::::{|」 ≧r 、 _  ィ'    }::::ヽ
            r 、/::::::i__/ ソi    .ir‐、  i:::::::}
          /`r-─イ r-‐、{ヽ、  /ノ 个r、:::::リ
        ハ ̄::::::::ヽ:::::/ 、ヽ`} >く / ロ i|`ミミ>、_
    rィ‐ '´::::Y > ´f`‐´  ヽヽソハ〉-〈/   i|   / }
  /:::::::: ̄ ´    |  _ノヽ_}´`》==《⌒⌒⌒`ー/:  i
 /        ....:::::Vγ     ん{|ii|ムゝ   :::::/:::.  i
 \::... ....::::::,ムイ-‐≧{       |ii|      }::ヽ::: /
   `ー-‐ '´     .八::...   ...:::::|o|:::::... ...::ノハ::::ヽ i
              个:::::::::::::::::::::}ii{:::::::::::::::´::/:::::..  i
.              i:::::::::::::::  {ii}:::::::    /ヽ:::::  !
               i:::::::::::   |ii|:::   /{}:::::::   i
               〉´::::    |ii|   ソ::::〉::::::::  i




えっ? 階段を下りていると、不思議な事にリビングに灯りがついていた。

親父も母親も姉妹もこの時間は寝ているはず。となると電気の消し忘れだろうか?

そんな訳ないのに……扉を開けると、テーブルに座っているシャーロットと、可愛らしい犬の刺繍があるエプロンを
つけたバルクホルンがキッチンに立っていた。

一瞬足が止まった。二人と目が合う、時間を確認。間違いなくまだ5時前……
5158 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:18:54 ID:Em8wpNs60
うわあああ
5159 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:19:44 ID:qh6JWJX60
おぉぅ……
5160 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:20:42 ID:mr5feUrc0
oh…wwwもう激流(姉妹)に身を任せた方がいいのかも(白目)
5161 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:20:50 ID:IZ29RKhs0
ヒェーwwww
5162 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:24:02 ID:0xdM4STo0
         / |
          /  :!
.         /   !                __
        /! .: : |             ,.-=ァ′ /
.       /|: : :/         // ̄: :  , ′
      { {: : :/=   ̄ `   、_//: : : : :_;/
       ,.!:/         `くr‐ ''
        /Ⅵ/   ,!    ハ   ヽ
.       /〃   // ∧ ヽ     }l  ハ
     |/ ,|. //l / ∨ハ   j从   人         なーにぼけっと突っ立ってるんだ?
     イ  /! 厶=!厂仁! | ´_,イ厂` |ト、\
.   / j| ハ{  j__|!_j,   } 厶ム=}リ |リ        ほら、座って朝ごはん食べようじゃないか。
.      ||/{'込 ゞぐソ`  ノ'゙ヘtソノ/! /}'
     |  ゙Y! \{ , ,     ,   !ノく
      |  j ,  \  rz- ッ  .イ . |
.     j / i|八廴≧>` __,. < jイノ
    // ,リ _j \  ̄ヾム,} |
.   〃 ,ム≦ム   \ }三}≧¬ュ,
  /} /≧x/》,__》'、三込, 廴ハ
/ / /  =-、  < ̄  \三ハ / ,ム
. / {    \ヽ   >= z.≧リ,/  ̄\
../イ∧    ヽYレ′      ̄ヽ.   ∧




そう言われてテーブルの上をみた。目玉焼きにベーコン、コンソメスープにトースト……洋風の朝食が出来上がっていた。

まだ5時、5時だ。誰にも会わないようにこの時間を選んだのに……なんで俺の分の飯まで用意されているのだろうか?

バルクホルンの方を見る。まず間違いなく、状況を察するに、この朝食は彼女が作ったとみて間違いないだろう。

だが誰が作ったのか分かったところで何をどうすればいいのだろうか? 寝ぼけた頭で必死に考えている。
5165 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:29:07 ID:0xdM4STo0
      /: : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : `丶、
.      /: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : / : : : : :/ : }: : : : : \
     /: : : : : : : /: :/ : : : : : : : : /: : : : : / : : :八 : : : : : : ヽ
.     : : : : : : / : : / : : : : : : : : /: : : : : /|/:/: : : : : : : : : :ハ
    |: : : :/: : : : / : : : : : : : : / : : : / /:/: : : : :| : : : : : : : : :
    |: : : : : : : : :/ : :__ ∠厶: :-=ニ二: : : : : : : : :|:.: : :|: : : : :│
    i: /: : : : : :/ : : : : : / /\:/    / : / : : : : /|.: : : : : : : : :|
     ∨:.:x--、/: : : : :/   /: :/\  /:/}: : : : :/   : / : : : : : |       どうした? 冷めてしまうぞ?
.     ∨/∨: : : : :/ .イ弌芋==ミ/ー'^/: : : :イ  |: / : : : : : :│
.     /  ノ:| : /|/ 《 _ノ:ノi|      /: :∠ー匕 ]/|⌒: : : : : :|
.    {  / |:/     弋Jソ       //ィう芍¨}} |: : : :'|: : :│
       >、丶|'〉      ¨¨      /   ヒJン ノ/|: : /│: : :|
⌒¨¨¨¨7ニミヽ_   u  ヽ\ヽ         、 ¨   ' /|: / :| :/|/
`ー─ァ'^ーy<l ∧                 ′ヽヽ/'´  |/  |/
  /: : : :∧__,i/ 丶                /  /   /
./: : : : :〃二7               ⌒ ヽ     ノ
: : : : : : :八 {Ⅳ、     \
: : : : : ノ  \\\      丶、_ . :<
: : : /    \\\     ∧ /: : : : : }
: /       \\ 丶 __∧ハ{ : : : : : |
⌒\         \\   ̄川\_:_: : |
(⌒) \        ⌒\ ∧{ハ \二)\
 ¨ / \          \」|∧ ∧  ̄∧



じっと二人が此方を凝視する……どうする、いやどうすれば「この状況の最適解」となるのだろうか?

相手の要求も目的も何も分からない以上、慎重に行動した方が良いかもしれない。



下6     どうする?
5166 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:29:23 ID:mr5feUrc0
食べる
5167 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:30:15 ID:sEcMrQx20
食べない
5168 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:30:19 ID:Ae0.0LTE0
堂々と食べる
5169 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:30:23 ID:qh6JWJX60
食べる
5170 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:30:33 ID:bcyyenkM0
>>5168
5171 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:30:34 ID:DsV1AtcU0
食べる
5173 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:31:14 ID:IZ29RKhs0
どうする?だから色々アクション取れたんだろうけど
思いつかんかったなw
5174 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:35:40 ID:mr5feUrc0
でも、裸踊りで威嚇するとかがきても皆困るだろ?ww
5175 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:36:16 ID:0xdM4STo0
逃げるでもじゃあ食べさててくれ、でも良かったんやで……?
5176 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:37:19 ID:8kskiM/I0
>>5174 全裸になって白目を向きケツを叩いてテーブルに飛び乗って叫べば多分ビビるw
5177 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:37:42 ID:DsV1AtcU0
逃げるだと後が怖いし、後者は何なんだw
5178 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:38:10 ID:IZ29RKhs0
食べさせてくれ。そういうのもあったのか…!
5179 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:38:33 ID:0xdM4STo0
                    .      ̄      .
                  ´ . . : : : : : : : : : : : : : : : :ミ .
                   / . : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ : : : : . ヽ
               . : : : : : : : : : :/. : : : : : : : : : ',: : : : : . .
             / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : . ',
               / . : : : : : :/ : : : : |: : : : : : : : : : : : i : : : : : .ヽ :,
           / / . : : : : : : : : : :/|: | : : : : : : : : : 小: :}: : : : : . ′
.            ′/ . : : : : : :| :/. :/' |: |: : : : : |: : : :|: | ’:|: : : : : : : i
.              . : : : : : : : : : i |.:{. |: |∨.:|: .:|: : : :}_廴|:|∨ : : :小|     おぉ、今日はやけに素直だな
          / i : : : : :l : :斗七: | ̄:�勤*|: .:|: : :/{:/ .:|`ト.: .:|: }: ',
            / : |. :/|.: .:|: .: .:|:{,,斗≠ミ   ヽ |: :/斗≠ミ } : : |: |: ∧
         /.:/| : : , :|: : : 圦 トrイ} `    |:/ ' トrイ} }' 从: リ: |\∧
.        /'′ 小:|.:∧:.:. : : :∧ V゚ツ       '′ Vツ 〃:|:∧:ハ  \
.             j : : :小人:.: : :‘,         ,     {:.:. /: .’
.              : .:.:.| : : :\≧:ゝ               八}: : : :}
          / . .:.:.:.:. :|:. :.‘:込.    ー  ‐    イ |/.: .: :ノ
            / . .:.:.:.:.:.人|\: :.∨:个         . <.:.:. /. : /
         / . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:≧ァ'/\ ≧ -イ{:.:.:|l.:.:.:/彡:. |
.        / . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:厶斗:彡〈.  >  _ ノ‘\l|:.:.:.:.:|:.|:. |
       / .:.:.r<千¨. 斗//   ∧    /⌒∨ |丶 :.: |:.l:. |
.         .:f´   ̄    //     ∧  /////〉 |:  \> ミ
.      / .:小  \   〈〈       ∧イ ヽー〈 N:.   \≧…ソ 、
   / .://|:.   ヽ.   ≧ >/   ', ////} i⌒\  ≫  | i
  /  '′/..:|:..     ∧:. < /     ,{////| |   \く  .:| |



肩から提げていたバックを廊下におろし、静かに朝食が用意されている席についた。場所はシャーリーの隣だ。

というのも「此処は私の席だ」と言わんばかりに飲みかけのココアが入ったマグカップが置いてあった。

恐らくそこはバルクホルンの席なのだろう。となれば消去法で自分は彼女とシャーリーに挟まれる形になる。

自分が席に座ったのを確認してから、その手に持っていた包丁を置いたバルクホルン。ガチャっと硬い金属音が背筋を震わせる。
5180 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:39:58 ID:MZvKgoQw0
食べなかったらその包丁はどうしてたんですかねぇ
5189 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:45:32 ID:SBceUVlw0
逃げたら包丁がどうなってたんだ
5190 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:47:23 ID:0xdM4STo0
                    ::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                  ::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ:::ヽ
                /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
                /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::ヽ
                  /:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /:::/:::::::::::::イ:::|:::::::::::i:::ト:::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ::::::::
                ::::/::::::::::::/ !::::{:::::::::::|:::|ヽ:::::\:::\:::::::::::::ゝ:::::'
             |:|:{::::::::::斗-|:::ハ::::::::::|:::!-‐\:::ヽ:::::\::::::::ヽ:::::i      ……飲み物は?
             }:{ヘ::::::::::::| j/ ヽ::::::!i::|   \ト:::::::::ヽ::::iハ::::i
               ハ:::\::::::|ィ芹芋トV::|j/  f芹芋弐アヽ:::ト::}j:::::{   牛乳と、ウーロン茶と……あとはそうだな。
           ノ V::ト::ヽ小弋少 Ⅵ    ヒzンノ iト/^ }::::/
               Ⅵ∧::ヘ     ヾ         '  /:::/   ココアがあるな。
              ヾ ヽ八    `        イー':/
                 {≧:..   r   ァ    イ=-≦三}
                 ´ア::个:..      イ/{ll!⌒ヽ
                    /:::::::∧_/≧=-<  !トヒハ:::::::::\
                  /::::::::::/-=ヘ! >‐<´ ̄/ヽ!:::::::::::::ヽ
             ,,ィ´ ̄(ア'´ {  |/ i!  ヽ/   ヘ:::::::::::::.
            / {´ ̄/     |/ イ   「T} i(_)> 、:::}
              / | 厶      {'´      ヒj」  ト:::::::::::::>、
    .        /   !/  ⌒⌒ア^イアト'⌒⌒ヽ    }  ̄ ̄У }




エプロンで濡れた両手を拭きながらバルクホルンが聞いてくる。ちらりと隣の席にあった飲みかけのココアを見る。

シャーロットは自前のマグカップ。中学生の修学旅行先で作った紅いヘルメットをかぶった兎の描かれたそれに
牛乳が入っている。その自慢の胸もそれが秘訣なのか、美味しそうに飲んでいた。

まだ早朝となると肌寒い……エアコンも付いていないのか、部屋は少し寒かった。となると暖かい飲みものが欲しいが……





下5     1.ココア 2.ウーロン茶 3.牛乳
5191 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:47:47 ID:qh6JWJX60
5192 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:48:12 ID:mr5feUrc0
1
5193 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:48:13 ID:OwcqlCC20
1 なんなんだよこの選択肢はwwwwwwwwwwwww
5194 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:48:20 ID:IZ29RKhs0
1 あえて罠を踏むぜ!
5195 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:48:41 ID:8kskiM/I0
5198 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:51:13 ID:0xdM4STo0
チッ
5199 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:51:46 ID:qh6JWJX60
絶対に1か3だったら飲みかけ渡されただろうwww
5203 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:53:46 ID:tyQec9kI0
なんで舌打ちが聞こえるん出すかねぇ(震え声)
5204 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 13:56:55 ID:8kskiM/I0
七色氏に抗議したい、何故、ミルクとココア両方飲むの選択肢が無いのか(核地雷
5205 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 13:57:14 ID:0xdM4STo0
            _____  -‐─ ‐-  _
.            /  >─^´ :: :: :: :: :: :: :<⌒ヽ
           / /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : :: :ヽ  \
         / /:: :: :: /:: :: :: :: :: :: :: :: ヽ :: ::\  \
         /  /:/:: :: /:: :: :|:: :: :: :: :: :: :: :\:: :::ヘ    、
       (    /:/:: :: /: /:: ::{:: :: :: !:: :: :: :: :: ::ヽ:: ::ヽ   \
      `ー‐イ/: !:: ::{: /、:: ::ト:: :: : |:: ::ヽ :: :: :: :i:: :ヽ::\   )
          |:! !:{:: ::j:/ ヽ: |:\:: :ト: :: :!、:: i:: :::|:: ::ハ:: } ー‐'
         リ |::i:: ::ィf笊卞:ト:: ::ヽj ヽ::i ヽ!:: ::i:: ::l::}::           ん、ウーロン茶だな……少し待っていろ。
              |::|:: ::i!弋こソ \トソf芹芋ミ|:: :::|:: ::!:i::,
.            j人 :::|        弋こンイ:!: ::|^Vj/
               `八   '        j::|: ::!ノ:/
           /:/ \  、 _    ,,≦!:/::ム-‐┐
          /:: /´ ̄个 、      イ⌒ア{:: {-─ ┘
.          /: :: /≧ー-- ' -r≦   /}ヽ{::{|:: :\
         j/´  ̄ ̄ ̄ 、\/ {   //  } \ :: :::ヽ
      r<ア   、___ i }\ヽ|< イ  ム:::::::::ヽ:: :ハ
      /  `ー-く/^^ゝ-'´\)'- '´  r、 / \/⌒!: }
.    /       /   r─ォ{ij/ヽr、r、 ム'/  /    j/
   /    , ´    ー 介 }     \{ヽ /    /
   /    /     // }ト'        У     〉
.  /     {     /::/ ///        }     }
 /       人    ⌒{ { {::{        リ     /
 {     / >、___}_{ '^        /     /
  ,   /  { /     ヽ       イ      /
  ー ´     ゝ{      `ー----‐'       /
          \__                  /
          /   ̄「{ ──-       /
            /      | !      ̄ ̄ ̄、
          /ヽ   ─{ {ー‐-─        \




スレスレで回避。なにをどう回避したのか分からないが、とりあえず助かったようだ。

青い透明なコップの中に並々と注がれたウーロン茶を持ってバルクホルンがキッチンから出てくる。

エプロンを外しているあたり、調理の後片付けをしていたのか? だとすれば納得がいく。

示し合わせたように自分の隣へと腰かける姉。その逆となりには妹。

……挟まれた。青い電流を吹き出す改造スタンガンや刃渡り20㎝の万能包丁を持っていないので、まだ取り乱したりはしない。

あの体調が悪い時に吹き出る油汗がだらだら背を流れていくのはご愛嬌。貰ったウーロン茶も味が無い様子。珍しい飲み物だ。
5215 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:08:06 ID:0xdM4STo0
         ___
     ,  ´         \
    /            U ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.          (大丈夫だ……慌てず、ただ黙って飯を食べればいい)
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.
  {    "'`¨¨´           、、 }       (普通の朝食だ……隣の奴らは考えず、普通にすれば……)
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////                                     いっただきまーす。 >
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、                                  いただきます。
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´




姉妹がそう言うと、一拍遅れて自分の「いただきます」と口を開いた。そして最初にコンソメスープを飲む。

両隣の姉妹は普通に食事を始めた。何かを仕掛けてくる様子はない。だとすれば自分もただ黙って喰えばいい。

……仮にも姉に大けがを負わせ、妹の頸を本気で絞めた張本人が居るのにもかかわらず。2人はなんら変わらない
様子で食事を勧めているあたり……いや止めよう。何を考えているのか分からない。だとすればもしかしたらこれが
復讐への第一歩なのかもしれない。地獄への道は善意で舗装されているとも言うし、油断はできない。
5217 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:12:40 ID:0xdM4STo0
|               _  - 、              丶
|      -‐‐y-―  ̄     、 `ー、                  \
|_ -  ̄    |       / {  } | 、ヽ    /        、 ヽ
|           |  ー― 'ヽ`_´/ ノ l ヽ./ /         |  .ヘ
|..............:::::::::::::::::!_>、    \ /___}/ /' ,i        |  ハ
|:::::::::::::::::::::::::::::::l | /`l>- _ - (/つ / ! l |  .:      |    l
|::::::O::::::::::::::::::::::l、|/. /  _ |:::::  | /_ |/   | | ,  .:|      |   l
|::::::::::::::::::::::::::::::__//! 〃、.|    |/   |`丶、 V  , .:::}   , イ /    }      …………
|:::::::::::::::::: ― /'  | { ´ ∧   l |Τアぅミ、丶ヽ } :/  /' /イ    ヘ
| ̄ ̄ ̄       ′ヽ(′l   l | 込ノ ヽ   y ナ  ̄リ T丶  /| ハ
|               ′ `l : l   l:|           //ァ=ミ/_  | .:  /イ |、ヽ
|           ′ .::| :::..从\ ヽ           込ノ ア^,イ/: / |:| \_
|/ ヽ  , ―r、   ′ .:::| :::::::..ヾ  ーゝ          ´イノイ':: /  ||
|:.  :. Y  ヽ  ヽ_′  .:::イ ::::::::::\  丶、    〉   〃リ /イ.  リ
|::::.. ::::..   V  ヽ` <:::∧{`ーミ:::>   `  ー    /:  |
|::::::..:::::::.   :.    ̄ || ハヽ \ \     _  -イ:::  |
|:::::::::::::::::..  ::..     ||  ∧   \ ソ ー、:´::: |: .::   ′
|:::::::::::::::::::..  :::::...     ||   \  /〈∨ /|:::  !/イ /ノ
|:::::::::::::::::::::.. ::::::::::::....  === ミ\ \ |-|、 |ミ、'イ< ハ'
|\:::::::::::::::::::..::::::::::::::::::::::    ≫'' \. | .|∧| ㍉≧-, ヘ



何とも言い表しがたい悪寒が背筋を過ぎる。





このレスから7分以内に正解を答えよ。なお、解答には理由も付けること。

英語で犬はドック。猫はキャット。ではカッパは何と呼ぶか?
5219 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:14:10 ID:Ae0.0LTE0
レインコート
5220 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:14:36 ID:IZ29RKhs0
あえてレインコート
5221 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:14:51 ID:tyQec9kI0
water imp
5222 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:15:22 ID:s/3vJ6Pw0
water sprite
こっちの方も一応ね
5223 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:15:41 ID:SxALLAxg0
レインコート。
英語で、ということなので。
5224 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:15:43 ID:rETUF9ws0
?a kappa;
a water sprite 
a river sprite
5225 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:15:51 ID:Fo2/xIuQ0
kappa
5226 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:15:51 ID:DsV1AtcU0
レインコート。英語で言えばそうなる
5227 : 名無しのやる夫だお [] 2014/03/21(金) 14:16:03 ID:elpnXryQ0
河童 water imp
5228 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:16:12 ID:/ZaBO/7o0
ウォーターインプ(河童)
レインコート(カッパ)
どっちだろう?
5229 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:16:21 ID:T6hA5VFU0
理由とな
5230 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:16:27 ID:tyQec9kI0
理由がいるんだったね
カッパってカタカナ表記だし合羽だったら漢字表記になるんじゃないかな
5231 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:17:33 ID:0xdM4STo0
正解……英語で、「河童」じゃなくて「カッパ」だからレインコートが正しい。

こんな感じに様々なクイズ形式で問題を出していく。失敗すれば……どうなるか分かっているね?
5234 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:18:30 ID:NCarbZR60
むしろ失敗した先にこそ本領があるのではないだろうか(白目)
5235 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:18:34 ID:IZ29RKhs0
ああ、理由か
前述が犬と猫で次の設問も動物を意味しているように見えるけど
明確な提示はないので、カッパ=衣服の合羽。よってその英語であるレインコート
とかでいいのかな
5236 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:18:54 ID:T6hA5VFU0
ところでDog
5237 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:18:58 ID:mr5feUrc0
一応ドックじゃなくてドッグ(dog)だよね
5242 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:20:51 ID:0xdM4STo0
あんまりクイズの粗さがしちゃうとうっかり銀髪不思議ちゃんを妖精ちゃんにしちゃうぞ……嘘だけど。

まぁ物理学や数学の問題だったりただの字面のひっかけだったりするから頑張ってくれ。
5249 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:27:28 ID:0xdM4STo0
.             /    ヽ: : : : : : : : : : : : : i : : : : \
           ´    //.: : : : : : : :.:i : : |: : : : : : : :.
             //: : : : : :./: !: !| : : | : : : : : : r‐…‐-ミ
  r一'"        イ ;. : : : : : :.:/ |: /| 八: :∧.: :.: : :.八       \
   ー―‐一     |/.: :.: : :.:/ _j/.イ: : :./ ‘: : : : : : : :.      ヽ
            /: : : :.:/j/‐- / ,: : : :/   ‘: : : : : : : :\                美味しいな >
              / : : : :/ 厶=ミ  /: :/-―- Ⅵ : : : : : :.、\
           厶イ}: /〃ん:::ハ ゛//   x≠ミ ` : : : : : ト、:.  ー―
           { (:j/i ゛ 乂::ツ ´    'んィ::;ハ i: : : ; :.|  }       ん、あ、あぁ……ありがとう。
              \ゞ:. ''          乂:ン j} |: : /'Ⅵ
            __} ー                ,, , '|: /
           く /: :ト.八     ′       /ノ}/
           /: : :|⌒^      ‐ 、      ィ_}\
           ,: : : :.|   __| >    r=≦__ノ: : く
             i: : : : |_/::__|       |::::=ミ \: : ヽ
             |: : :x「::::::::{ 、       /∨:::::\ ヽ: :‘,
           x≦o,'/|:::::::::::、 \   / /::::::::::i/o≧x: : i
         r≦//>:'"|:::::::::::::\ /Y { ,/:::/ヽ: |:\///,\
         |::::::::\::::::::| ::::::::::::::: ∨| ,У:::〈__/:: |::::::⌒7´::::‘,
        |::::::::::::::Y::::|::::::__r一'⌒V⌒ー┐::::::::|:::::::::/::::::::::::i
       | :::::::::::::|:::::L「:::::::::/r介t \ ーt__」:::::::;:::::::::::::::|




恐らくこれを作ったであろう姉に「美味しい」と言う。別に褒めたかったわけでもなく、兎に角なにかして状況を転がしたかった
のだ。その御かげで、一つの災難から逃れる事が出来た。

突然の台詞に、少し照れくさそうにしながらもバルクホルンはココアに手を付けた。にやける口元を隠すためだ。
5250 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:28:30 ID:IZ29RKhs0
おいおい、誰だよお姉ちゃん怖いなんて言ったの。可愛いやん(テノヒラクルー
5251 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:29:04 ID:DsV1AtcU0
ここだけ見るなら可愛いんだが……実際どうなってるのかね
5255 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:34:07 ID:0xdM4STo0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \
            /                    \           …………
           /                       \
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\




さて、まだ油断できない。



このレスから7分以内に答えよ。理由も付けること。

「NEW DOOR」を並び替えて「ひとつのことば」に変えなさい。
5256 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:34:42 ID:T6hA5VFU0
ONE WORD
5257 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:34:46 ID:4N8ezgsU0
ONE WORD
5258 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:35:03 ID:mr5feUrc0
one word
5259 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:35:48 ID:0xdM4STo0
早くない? まぁ、確かにわかりやすかったかもしれんが……
5260 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:36:09 ID:4N8ezgsU0
あ、理由は
アナグラムでひとつの言葉を英語にしたものに変換
5267 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:43:44 ID:0xdM4STo0
    r==== 、/: :l|: : : : l:ハi .l|ト、ヘ: : : l:|ヘ:ヘ   _,. '´    |ヘ
     l|  ` /: :/ハ: : : :/ リート l|l: : : :ト、:ト:ヘ ̄/  ,       l
    .l|  ノl|  lハ ヘ: : l=,,,,...、-ァl|: : : l|: ソ: :ヘ./  // ≦  / |l
    ∨ ´ l |: :lヘ´_,,ヘ:.| 代ツ / l: : :ハ=、: :l`ヽ r'/    / /
    ∨  l| Ⅵハrj , `     丿イ: : lニi: :l ,ヘ /      / /     んー? なんでってまぁ……気まぐれかな?
     ∨   ヾ爿 ヽ     彡' ノ: : :.lノ: :|  /    / /
     ∨   /:ヘ  ー'    /: : :ノハ: :.lr/     / /
      ∨  l: : :iヽ    ー 7>イ: :,、,、ノ    / /
      ∨  ヾヘヽ \.....:;:::::´'´:::|: :ゝ/ / | /   / /
       ∨ | /ヘヘ川r!-=≦ |/ / /   / /
        ∨ /、-ーソ' 、ノ<>_'  |l l|   //
          ∨ヘ`ヽ//>'´, - ≦、´ヽ .|l l   /
     ,  ´ニ7 .〉-=  ´   ヾ-ゞ ' ヽヘ |   /
   /     /'´ ´   ....         .::. |l /
  .,'      ,/  .....:::::::::::::::::::::::...    .::::::::У
 .,'.::::::::::::::::.....l|.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....::::::,'://
  ,:::::::::::::::::::::::キ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
  ,::::::::::::::::::::::キ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
    \::::::::::::ー((` :::::::::::::::::;_;:::::::'/./
     <, '´ ̄7 ̄`   ''''''''''' /./
     /   ,7          //
     i   ,7         //



すかさずシャーロットにも話を振った。話題はどうしてこんなに早く起きているのか。

どうせ答えが返ってこないのは分かっている。とにかくこちらから話しかけて話題を切り出せないようにするのだ。

……シャーロットだが、よく見ると寝間着のままだった。そしてこれが良く分からないが、何故か生の太腿がちらちらと
見えている。つまりズボンをはいていない。何かの間違いであってほしい。
5268 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:44:44 ID:mr5feUrc0
はいてない…だと……ゴクリ…
5269 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:44:46 ID:IZ29RKhs0
生足ぐらい欧州なら日常茶飯事だぜ!
5270 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:44:48 ID:T6hA5VFU0
パンツじゃない!
5274 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:49:17 ID:0xdM4STo0
                   _. . . . . _─=-. . 、
                ,. . : : : : : : ': : : : : :\: : : 、
              _ /: :>: : : : : : : : _: : : ヾ: :、: : ヽ
             /: : : : : : : : : : 、:丶: : :/: : : : :,: :ヾ: : : ,
            /: i: : i: : :ハ: : : : ヽ/イ: :\: : : !::: \: : ,
            /: :!: : :!: i: !ヽ: : : /ィk: ヾ: : :、: ::::!::: ヾ: : ,
           i: : :!: : :!: i:!::::ハ://i:!_>-ヾ、-: : :::!:::::ト!: : ,
.           i: !: i: : : !::::!:レ:ィヘ:i!: イi! _ -ヾ::、ヾ:::::::ト::::::::!: :!
           i: :!: :!: : :レイ!T  ヾ,ヘi:::! ィち::Uキヽ\:::!ヾ:::リ::}
           i: ::!: !-:イ: :!≠ニ、 丶!ヾ 弋ニシ  i:ト::!ソ)/: :!
           i: :!: :!: :!:::i代:::リ:ヽ        ::::: i::レイ : : i!
           ';:::ト: :!:::::::iヾ ー ¨          i!:::/: :/ :::i!
            ';:::!ヾ:!:i::::ト、:::::   `    ,   /レ:/: :/: ::::i:!
            ヾ! ';::!:::!、::、    ー  ̄   /_./: : :/:.:::::}i:!
             丶 ヾ::!:::ヾ::..、      .ィ< - {: : /: :::::::/リ
                 '; : :_:::::/ i  7コ   ! !ヾ::i:!/:::/ノ
                  ゞ:⌒:{ 入!_ !  .__} ! ゞ⌒/ \
               / .//:::::::::!/ ∧ ヽ / / ー /::!: ::::}    \
              /  .//::: ::::i:::!ヽ /   <   ./: :!:: :::i:!     ヽ
              / , //: : ::::::!::! !/    ヽ  /i: :i :::::::!i      !
.             ∧ /,イ: : : ::::/i::! !    . }^ !:! :::! ::::イ:ト     ハ
             i ィ i∧!: : ::::/iリ  !  / / i::!: i: !V !i 、  ! /  i,
            /  V i:!: :::::/i/   ', / ´_  i:i!:!: :!i  リ .,  レ   }
           /   / i!:i!::/     y -   i!:!::∧!/   !_ノ    !
          /   ./  ヾ!V     { O      i:! i!   .} !  / 、
          ヽ.   {    !     i             リi /    )
           ノ   、        !            ノ ´_ - _  ./
          /     ゝ     _ ト          / /  ̄ -、 ヽ
          { ──  --`-ー- <λ`ー -- ニ=く _  -  ─ 、 Y、
          >     _ .ィ<    ̄ TO─_>    / ___     \./
          { -  ̄     i ─  7 ̄       ヽ/_ `  、 _  >
           ! _ _  - _ ニア__  /  - ─   ̄       ├ ┘
            ̄7- _ ̄                       . !
           _ ノ/                         .: i
          ヒ_ イ                        _ ノ
           ( }         -イ   ̄ 、 ̄ ̄  、 T  ̄
            {       イ  ! O   \      >
            / l     / i   !     \     、
           /  (  ィ     i  .i!      \     ,
.          /.   ー!      i  /!i       ヽ    、
         /     i      i / i             ,
.        /      !     ! /  !             ,



……この姉も、実はワイシャツだったりする。水で濡れない様腕もまくっているのである程度は理解できる。

下もきっちり「制服のスカート」を履いているのでなんら問題が無い。胸元が少しはだけているという点を除けば。




下2~8    1.シャーリーに聞いてみる
         2.バルクホルンに聞いてみる
         3.聞かない。触らぬ神に祟りなし
5275 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:49:54 ID:SBceUVlw0
5276 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:49:58 ID:4N8ezgsU0

5277 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:50:00 ID:Hy3V6Z3c0
3
5278 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:50:06 ID:sEcMrQx20
5279 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:50:14 ID:s/3vJ6Pw0
2
5280 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:50:24 ID:mr5feUrc0
1 次はシャーリーの番やな(白目)w
5281 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:50:48 ID:8kskiM/I0
あえてバックフロント強行突破

5282 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 14:50:51 ID:T6hA5VFU0
5284 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 14:52:43 ID:0xdM4STo0
流石はシャーリー。胸の差か
5290 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 15:00:32 ID:0xdM4STo0
   /:..:..l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:../'´  \:../:..:..:..:..:..:..ヽ:..ヾ:.\:..:..:..:..:../
  ,,/:..:..:l:..:..:..:..:..:..:..:../        ゙ヾ、:..ニ‐:..:..:.ヽ、、:..:ー:、:..:..:..Y.ヽ
/:..:l:..:..:.l:..:..:..:..:..:../          '´` ー、:..:..:.ヽ \:..:..:..`:く:..:{
、:..:..:|:..:..:..:..:..:..:./ヽ、`ヽ、__i           `ー-ヽ、__\:..:..:..:..:〉\        んー、あぁ。これかぁ?
_ヽ-‐── ''´    `ヽ  `ミ、、__               \:..〈:..:..:ヽ
             ヽ !      ` ー- 、 ___/_____〉、:..:..:..:}      別に家の中だからか構わないだろ?
              ヘ             ,-‐──‐-、._ ト、ヽ:..:l
              ヘ         , ‐ '´         Y. . . \
               ヽ、        /             i . . . . . ヽ.
                ヽ` ─‐ 7´              ト、. . . . . .ヘ
                  ゝ、.  //                 { ヽ. . . . . }
                   レV                 V∧. . . . .ト,
                 ノ  { i                  ∨1. . . .ハj
          , -‐'´ ̄ ̄    ヘ!                 ヘ 1. . / /
    _ -‐ <        /`ヽ!                 i ゞ´




ガタッと椅子を引き、此方を向くようにして股をひらき、自分の姿をみている。上半身は赤い寝間着というのか上着と呼ぶのか
良く分からないが……下の方は高校二年生とは思えない、薄い桃色で、肌の露出面が大きいパンツだった。

予想外の行動、一瞬だけまじまじと直視してしまった。食道からコンソメスープが逆流しかける。

どういう名称なのかは知らないが、少なくてもこの歳の少女が着けるようなのでは決してないだろう。いや、誘っていると
明確な目的があるならば、今の子の瞬間だけある意味正しい使い方なのかもしれない。
5296 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 15:07:33 ID:0xdM4STo0
                 /          ;               / \>、
                ;{ /     . .|. . . . : : : : . . .ヽ/-‐ '^: :.
            i `'    . . . : : : | : : : : : : : : : : '"|: : : : : : : : : :.
             | ,′: .‐-. .  . .|-‐ : : : : : : : : }_」ヽ-|‐-: : : : : :、
              |.: : : | : : : : : :l : |: : |: : : : : : : ´l/l: 八|\ : : l: l :l\
             ,: : : :| : : : : : :|:_l -‐| 、: : : : : : |_j厶斗示: : :l: l :|  \
                ,:|: :| : : : : :ィ|:「\| \: : } : :灯//し 八: :ノ: l :|       なんだなんだ、妹のパンツ見て興奮したのか?
               ,': :|: : | : :/ :八| _,.斗=ミ ヽ:|: /  V::ツ 爪: : 八|
              ,'/; : 八:{: : :N,ィ灯//し   |/    : : : : l:l: :X 丿
          /   {:{: :irう、:i「`ヽ乂::ツ.  丿      ル : ハ
            /    い八 |Nヘ  : : : : :       ' ,   イ: }: : : :L _
          /     ヽ  |`|: :V込、    /`¨¨¨´l  .イ :}: }: :ノリ  `ヽ
                   |八: : \__> .  、_   ノ/广ア/彡
                /⌒\ : :\  ヽ≧=‐‐'  -‐彳          i
                    ′   |lヽト-一  \       .′         |
               {   ||     \_      /  i           |
                ∧   ||        `ヽ   /               |
               ( ∧   ||                       / ト、
                /: : ;. ||   ヽ            }        ′|:.\
                 /: : ィ∧||     }.           /      /   l\: : ヽ
             // 八:.:||  /     /    /   , -‐=≠=‐-ミ|  ヽ




そんな訳ないだろう。口から威勢の良い言葉を発しつつ、残った朝食をかっ喰らって席を立った。

しっかり食器を洗面台に置きつつ、姉妹の言葉に耳を貸さないまま廊下に出ると靴を履いて外へと出る。

あんな状態じゃ、会話を試みるどころでは無い。相変わらず調子の分からない姉妹に翻弄されながらも
青年は段々と明るくなっていく空を背に、近くのコンビニへと向かった。
5298 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:08:56 ID:mrAA8Sg20
お姉ちゃんはブラしてないぐらいしないと妹に負けてしまうぞ
5301 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 15:09:57 ID:0xdM4STo0
>>5298 原作だと寝るときは全裸だね。いや、なんでこの情報を公開したかは言わないけど。
5303 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 15:12:13 ID:0xdM4STo0
           -‐   ̄ ̄ ̄ `ヽ
         /             \
        /                _ _)ヽ
      /                 ,イ i   ⌒',
      /      , ,   i  / / |  ト、    ',
     ,'(_   -‐´´   /|  / / |  | i 、  i
     |´/        / | :/ /  ! :| |/i、八
     |/  :     -/ーj/─‐-' ! /|イ圦|メ乂\       ご飯? んー、私は毎日お母さんやおばあちゃんと
     /   |     / ,イミ不.  ノ'  {i_ツトミr'⌒`ヽ
     /  /| / ,〈{ イ {ミ( j      .;,:|ヘト        皆の分の朝食と夕食は作ってるけど……
   厶イ八 |,イi /{ハ  ` `ー′     '  ノ
     ノ'  }ベjミ{ |     :.;,:.:.     _ /
          ヘ`ー个i  _     ´/
            >f|   ̄下ニ、_
         _ノ  〈    〈 ̄}  }!丁ヘ
         ,rヘ、\  \____|  |! | iハ
       /   \ \   \  ̄ |  リイ |  ',
        !/⌒ヽ `ー-.. __ \ノ / :||  ',
       l     \i \: :  ̄匸}  :j !   ',
         l   , ─┴‐- 、─  >くヽ⌒ンー 〉
          l  〈,イ ̄   _>'´   ヽ∨    |
          l   └广ア了         }:.}     !





                       …―
                             ミ
                 /                 \
                                   .
               /             |  :|       :,
             ′ |      :  :|    |  :| : |  ′
             | |:   :|| .:|   .: | |  .:| :|  :|
           || |:|  ||| .:|   .: | |  .:| :|  :|   : |      私はお母様にまかせっきりですね。
           || |:|  |厶|:八 ー=|チ―| 从  |  :||
           |八 |:|≦|.:   /    ,斗弁-ミ |  :   ||    姉妹が居ないので良く分かりませんが……
           |  Ⅳ八斗弁ミ      Vrリ ′|:|   ||
           |l :|  .:ト Vrリ  }⌒ゝ _ ..ノ^ |:|   ||
              八 :|  小. _ ..ノ ′      ,〟 |l |   .:||
            Ν.: :|∧ ,〟          /八| .:  |小.
                | |:|分 .   `     /|:| | :/ || ,
                |∧ :|/ :| :|〕iト  _.. イ { .:|:| |/  :|  ∧
                |/  .:|  | :| :Ⅳー}   .ノ⌒V .:/   |l  :∧
              /  八 厶斗 /. :/>rく`X : : .∨   :八 :   :、
.             /  /´≫ー…〈: :/ :/.ノ[∧ : \:/ . .:/>x._ .: \
            〈   : | : : : : : : : :≧介V⌒{Ⅳ≫′  .; ⌒¨^㌧   \
          / ,  :l|. : : : : : : : :〈 /  .:| ∨/  / : : : :/.|.:   \
          /  } 八: : :{ : : : : : ;     .:| ノイ 〃 : : : : : : : : |   \: \
            . ノイ. : : : : .∨ : : :/ ノ  . :|  :八人: : : :/ : : : :|.:  .: \  ,
.      {{  .:  ; | : : : : : : { : : 〈 〈__  .: } 》 : : : |/. : : : : : 〉.:   |: \
        人ぃ  : / :| : : : : : : |__: : : ⌒^}ー=彡イ: : _/ : : : : : :/|l |   :| :|  }
.         ), :/ .:〈 : : : : .: .:|¨¨i}: : : : :|{。 : : : : l{¨¨¨/ : : : : : : : 八|   :| :人 ノ
5308 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 15:19:01 ID:0xdM4STo0
        辷== ─- ァ ´: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ  /  /
        ミ   ヽ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ/  /
.         ',   /: : : : : : : : : : : ヽ: : : :ヽ: : : : : : ヽ ノ
          ', /: : : : : {: : :l: {:、: : : :ト: : : :l : ヽ: : : : : ヽ
          Y: : :l: : :!:ハ: :ハ:ト: ト: : :z=≠== 、 : : : : : :ハ
          //: : :!: : |ノ」斗ヒ! ヽヽ: : }  ヽj:ハ:ト : : : :}:}:',      あ、私は姉妹や兄弟が多いから時々お菓子を作ったり
         /イ: : : {: :イ" jムリ  ヽ ヽj斥::心ヽ }: : : :イ:ハ:}       するよ?
         !ハ: {: : :',: :| ァん心`    弋:z:ソ ノl: : : ハソ リ
.         リ ム:!: : :ヽ八弋zソ         j/: イ} }       朝食も、早起きしたら手伝うし……
          jハ:ト: : :lハ      ’      /イニノ
.            ヽヘ:lゞ',     マ´ ̄ }    八_.. -‐ァ
                ゝ    、  ノ   イ: `ヽ-'"
.                  ` ト 、    <j、ム: : : }_
               __  _ イハ` =彡'´ .}::ヽ:ヽ: j: : ヽ
              ,´:::`ア::::::/{/「ヽ   /::::::::}`ー‐-〈` ̄ `ヽ__ _
              /:::::/::::::/ ノ j }  /::::::::::l:´ ̄ >-=≧、: :-}: : : :ヽ
             ,:::/:::::::::/j イ⌒Yヽ /::::::::::::/:::/::::::::::::::::::}‐く: :ヽ: :_}`ヽ
             /:::\:::::/ /ヽ/ /:::::::::::::j/:::::::::::::::::::::::::!  `ー‐{: :ヽ:}
.            /:「 ̄ ̄イ/:.:.:.:/ イ/<´ ̄/:::::::::::::::::::::::::::::::l     `ートヽ
.           /:::::|::::::::/ {:.:.:.:.:.イ´ У::::::: ̄{::::::::::::::::::::::::::::::::::/       .ゝ、:



「早起きして自分の兄弟に朝ごはんを作ったりするか?」

朝のSHRの前に、ちょうちんアンコウの電灯よろしく。近くに寄ってきた幼馴染らしい三人組にさっそく話を聞いてみる。

結果は「ある」が2、「無い」が1。まぁ家族構成もあるので参考にはならないが……どうやらスキンシップ的なのも兼ねて
作ったりすることが多いらしい。

とはいえ、リビングで。それも下着姿で出迎えるのはどうなのだろうか?

しかも、家の中で油断しているのかどうかは知らないが此方を誘惑してくるような姿は如何なものかと疑問を覚える。
5311 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 15:24:43 ID:0xdM4STo0
            /     /     ノ      ',   \\
           //     /   イ       ',    \ヽ
.         〃 /     /   / .|     }     }     ヽ ',
       /' ,′   ハ  /| {    }     ト、 }     ', ,
          {      |/ {,厶L.八    八」__ ,ハ V     }.}
            リ  ,   |ィ"{ ̄ `  ',  / 'Tナァiミ、|      ハ}       ♪
          ハ {   | lV       } /  」ノ丿 `ト、   l/l│
.          {  |八  | _,zニ=ミ、 j/   ,.ニ ..,_  リ   ,小|│
           {  \ ヘ、          ̄`ヾ/  /ノリ |/
               { .::::.:    '     :.:::::.:ノ イ(__/ ノ
              ヽ     、        厶-‐┐
                  \       ̄     . イ \-‐'
.            , イ二ニ=ー- .._> _     _, イト、ノ   )〉
           // 「     /  |ヽ` ー 'ニ -‐1  \-‐==ニ== 、
.          /  │   /   /|  /Y^|    |    \     / \
          {l   |   く     / .|/ |l |   ノ     〉   /   ノ}




というのも何も、何度も言っているが「姉妹の目的が分からない」のだ。

幼少期は仲の良い家族だったが、「あの一件」以来は会話の数も少なくなり、中学になってからは会話するのが稀だった。

高校の時は言わずもがな……なのに、親父をタコ殴りにしたのを皮切りに、二年に進級してからとは言えば今までは真逆の
ように話しかけてきたり、接触を図ったり、交流を図ったりと……なにをしたいのか言ってほしい。じゃないと怖いのだ。

未知ほど恐怖を煽る存在は無い。映画のバイオハザードは怖くないが呪怨は凄く怖いのと同原理である。
5312 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:28:45 ID:mr5feUrc0
じゃあ、聞くしかないなwww
5313 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:30:00 ID:IZ29RKhs0
でも真正面から尋ねるのも怖いんですねよく解ります
5314 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/03/21(金) 15:30:30 ID:0xdM4STo0
                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i      ……自分から仕掛けるか?
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉




ならば、此方から仕掛けた方が良いかもしれない。心霊的存在でも目的と原因さえ分かれば半分は怖くなくなる。
ちなみにもう半分は理由が分かっても結局は絶対殺されるという呪怨的な理由からである。対処法じゃないと駄目なのだ。

……話はそれたが、姉妹に直接聞くのはナンセンスだろう。勇気が無いのもあるが、それならば周囲から聞き込んだ
方が良いというものだ。幸い、あの姉妹は学校の華。友人やら追っかけは腐るほどいる。話を聞く相手には困らない。



下2~8     1.先ずはシャーリーの周辺から行こう。
          2.バルクホルンの周りから調べて行こうか。
5315 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:30:51 ID:tyQec9kI0
1
5316 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:31:06 ID:sEcMrQx20

5317 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:31:41 ID:IZ29RKhs0
5318 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:31:41 ID:PMXZi79.0
1
5319 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:31:41 ID:DsV1AtcU0
5320 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:32:01 ID:T6hA5VFU0

5321 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:32:03 ID:mr5feUrc0
2
5322 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/03/21(金) 15:32:19 ID:OwcqlCC20
1370 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:03:04 ID:zez9XftE0
                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }     ……なら、バルクホルンの方か。
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j     あっちのほうが姉だし、頭も回る。何か考えるなら
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi    上のほうだろ……
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |




            /                      ヽ
           /       , 、  ,   ' ,  ,         ヘ
        /   ,      i i  i    ヽ 'i  ,  ;  , ハ
        ,′  ,' ,     l!、l   i.   ハ 'i. i  i.  ; ハ
       ,'   i ,  ,'    l!   l!     }. i i  i  i }
       |  ,' l l  l    ∧  __キ-= ニ_,l!  i  i
       {,  i l. l!  ム  ノ' ゙z'''´彡 -== - |  ,i  ; i       バルクホルン先輩、の親しいご友人ですの?
       l!{ , 'i -==二ニ、 ̄ ''´ ラ'´{::::っ_ノ _|  ,l!  i. 'i
          i ',i ヘ_人 く¨{::っ、   ,   `ー' )'´| .ハ  .i ,|    だとしたら、同クラスでハルトマンという三年生の先輩が
           | >ヽ弋リヽ-‐(、  __. ノ  | 仆  i  |、
           |( .ハ  __ノ'、    ̄       | ,':´| ,i   }   公私どちらも親しかったと聞いてますわ。
           | |`ヘ´    __ ノ    ィ'|.,': : |:.,'  |
           | ハ  ゝ 、       / ,リ|: : リ   j
           'i |:ハ  .ハ: >  __ .ィ´ _,, ,ノ´ヘ:./  人
            〉|: :',. ,i i: : : : :rヘ=<:.:.:′:.:./  ∧
           ∧!: : }:ノ  |: : _ノ:.ノ、:.:.:.:.:.:.:.:.:/  /i‐--
          ノ'  r‐:リ   |''{:.:ノ-i-、:.:.:.:.:.ノ  / ,':.:.:.:.
          /    f:.ノ   j:/ / i ヽ、/ , '  ヘ:.:.:.:.
      ,. '´, ' >'´    /,' /  i /      ノ:.:.:.:
     / , ' >´     /\っ'   レ'     > ´:.:.:.:.:.:.:
    人 ノ  {     ,  /:.:.:.:.:. ̄:.(´    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
1377 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:11:18 ID:zez9XftE0
                   _
          , -=====-.、: : ̄: : : : :' : -...
       /   ィ::´: : : :\: : : : : : : : : :ヽ:`ヽ
.         /: : : : : : : : : : : : : : : :\: : : : \::\
.        /: : : : : :/: : : : : : |: : : : : : : \: : : : ヽ: ハ
       /: : : : : :/: : :/: : :/:||: : : :i: : : : ::i: : : : : :.,: :'         あれ……ねぇ、芳佳ちゃん?
        : : : : : :/: : :/|: : / || : : : |: : : : :|: : : : : ::|: : '
       |: : : : : :|: : / .|: /   |! : : ::|: : : : :|: : : : : ::|: : :|       この間、クラスに来たのってそうじゃなかった?
       |: :| : : ::|:::/=|/=  |=|: :/_|:| : :/|: : : : : :|: : :|
       |: :| : : ::|/ __    i/ 二|! /=|: : : : : :|: : .|
      ∧:| : : ::||イr:心ヽ    ィ心ハヽ |: : : /|::|: ::/
      | \: : :|| 弋ソ       込:リ ノ.j: : /-|∧/
      ヽ  \|ヘ ::::::::      :::::::::::  /ィヽ)j ノ
                `         ,_ /
             \   ー-    /i::ハミミミソ
               y _      ィi: :|/::|:::j
            _,.イ: : :i≧- 二 .ノ .|/: :ノ: ノ
           /,:;/:|: ::丿   || |  :ト<:/
           / :{: : Y´:|   |.| |i  ム:::ヽ.
        _, =-{ ::∧:ソ::::::|  ∧_|∧  /i::::::ヽ







                 -─━━─-
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
.          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.           あぁー……たしか、うん。あの人がそうだっけ?
         :::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:::::::::::::::::::.
        ::::::::::::/::::::::::,'i|:::|:::/l:::::::: |ハ:::::::|:::::::::|                            何かあったのか? >
        {::::::::::/::::::::::/斗┼- |::::::|::| _」_:::::|:::::::::|!
      |/::::/::::::::::/ ,ノ八   |:::::ル′八ノ|:::::::::|{          うん、実は……
.       /::::厶ィ:::::/ ,ィ行ミ、 厶イ ,x行ミ、|::::::::八
      /::::::::::{ |::/   ヒソ     ヒソ  ハ::::/::::::\
    /:::::/八|′             / }/  ̄ ̄
.    ̄ ̄   }ハ「\        ′   .′
.            }八|\    o
             r‐ノ     _. <
           /: : : \   ,/ l|: : : ` . _
      rく⌒´: : : : : : : く\  l| : : : : //}
.     /  \\\: : : : : :\\|: : : :.//ハ
     {:     \\\: : : : :,/⌒}: ://   ,
     |       \\\: / /ハ ̄ ̄\ ′
.       |         \\/ ////    /┐ ,
.      |    \ } /{ //// -=て二ノ\′
.     |      ∨/|: : |〈// |  <ニニイ: : ∧-─┐
       |        l/ :|: : |: ∨_|:_<ニニイ : /  \ :!
      l       /  \:\_/   └=イ: :/       |
.      /     /     \/       ∨      |
     {   /      /         \     /



どうやら三人娘が何か知っているらしく、詳しい話を聞いてみた。バルクホルンと三年間同じクラスで付き合いの長かった
ハルトマンという女性が、自分を尋ねにこのクラスに訪れていたこと。

その時、自分はここに居らず、そしてその話もいろいろあって記憶から跳んでいたらしい。

ごめんねーと謝る彼女たちに返事を返しつつ、一体何の用なのか頭のなかで考えを巡らす。

答えは一瞬で帰ってきた……間違いなく、姉ことについてだろう。それぐらいしか、俺とハルトマンの接点は存在しないはずだ。
1383 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:19:13 ID:zez9XftE0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
        /l       '´   _   r  .l
      / ..|       t''j"´    =='' ',        ……行きたくないけどなぁ。
     /`ヽ、__.',      `¨¨´   ヽ   l
    ./   \ .ヽ.     (_ノ--'  ノ        虎穴に入らずんば虎子を得ずって言うし
   /     /-‐| \、 ____ ,,..-<
  ./    ./   l l  \    | r-ヽ  `ヽ
 /    l    | ヽ   .>、 r'__..>>   |
./     iヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
'      l  、  < ´  .i  |  i  | |  |
\   / _,,-ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
  .ヽ∠-''"ヽ    ヽ  i  .|   i  |l ..|
        〉    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
        /       l/  .|   ヽ|  .l
     ./         ./   l     /.\ ヽ
    l           /   .l   〉  \l
      ヽ     /__,..--'┬-イ    |
        \  ./―‐┴''"´ ̄ ̄l     |




恐らくは、最近負った彼女の怪我のことだろう。柔らかい表現を選ぶならば、バルクホルンは背中を「痛めている」。
しかも、その理由と経緯は教師たちにも曖昧に、彼女自身も誰にも話そうとしないし、大丈夫だと微笑んでいる。

「その怪我は、どうしたんだ! 一体何処のどいつにやられたんだ!」

彼女の凶報を聞いた陸上部の顧問が、顔を真っ青にして三年生のクラスに飛び込んでいったらしい。

それもそのはず。『愛想も悪く人付き合いも下手な、どこぞの性能の悪い弟』ならまだしも、『成績優秀で容姿端麗』
加えて『陸上部のツートップの両方が、身体に怪我を負った』となれば、心配するなというのが可笑しい。
1388 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:25:43 ID:zez9XftE0
                    ::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                  ::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ:::ヽ
                /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
                /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::ヽ
                  /:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /:::/:::::::::::::イ:::|:::::::::::i:::ト:::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ::::::::
                ::::/::::::::::::/ !::::{:::::::::::|:::|ヽ:::::\:::\:::::::::::::ゝ:::::'
             |:|:{::::::::::斗-|:::ハ::::::::::|:::!-‐\:::ヽ:::::\::::::::ヽ:::::i
             }:{ヘ::::::::::::| j/ ヽ::::::!i::|   \ト:::::::::ヽ::::iハ::::i       ご心配なく。大した怪我ではありませんから
               ハ:::\::::::|ィ芹芋トV::|j/  f芹芋弐アヽ:::ト::}j:::::{
           ノ V::ト::ヽ小弋少 Ⅵ    ヒzンノ iト/^ }::::/
               Ⅵ∧::ヘ     ヾ         '  /:::/
              ヾ ヽ八    `        イー':/
                 {≧:..   r   ァ    イ=-≦三}
                 ´ア::个:..      イ/{ll!⌒ヽ
                    /:::::::∧_/≧=-<  !トヒハ:::::::::\
                  /::::::::::/-=ヘ! >‐<´ ̄/ヽ!:::::::::::::ヽ
             ,,ィ´ ̄(ア'´ {  |/ i!  ヽ/   ヘ:::::::::::::.
            / {´ ̄/     |/ イ   「T} i(_)> 、:::}
              / | 厶      {'´      ヒj」  ト:::::::::::::>、
    .        /   !/  ⌒⌒ア^イアト'⌒⌒ヽ    }  ̄ ̄У }




血相を変えた陸上部顧問に対し、余裕そうに微笑みを崩さないまま、バルクホルンは言い放った。

大怪我だ。完治に少なくても週単位の時間を要する怪我が怪我でない訳がない。そんなのは、周囲にいた彼女の取り巻き
どもの知っている。なにせ、自分達の憧れとも言える存在が、怪我を理由に部活を休んでいるのだ。

落ち着けという方が無理、それは顧問も同じく。金魚のフンのような「信者」は、その理由を尋ねるのに必死だった。

特にシャーロットの一年生のクラスは紛糾した。性格的にも肉体的にも「女神」とも呼ばれている彼女が、突然頸元を
隠す様にネックウォーマーを着込んで授業を受けているとなれば、もはや語るまい。
1389 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 02:26:37 ID:8Jujb4ys0
ひえぇぇぇぇぇ
1390 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 02:27:24 ID:z9mtEGvs0
愛故に人は苦しむ…(白目
1401 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:33:30 ID:zez9XftE0
    r==== 、/: :l|: : : : l:ハi .l|ト、ヘ: : : l:|ヘ:ヘ   _,. '´    |ヘ
     l|  ` /: :/ハ: : : :/ リート l|l: : : :ト、:ト:ヘ ̄/  ,       l
    .l|  ノl|  lハ ヘ: : l=,,,,...、-ァl|: : : l|: ソ: :ヘ./  // ≦  / |l
    ∨ ´ l |: :lヘ´_,,ヘ:.| 代ツ / l: : :ハ=、: :l`ヽ r'/    / /
    ∨  l| Ⅵハrj , `     丿イ: : lニi: :l ,ヘ /      / /
     ∨   ヾ爿 ヽ     彡' ノ: : :.lノ: :|  /    / /       んーな、心配するなってみんな。
     ∨   /:ヘ  ー'    /: : :ノハ: :.lr/     / /
      ∨  l: : :iヽ    ー 7>イ: :,、,、ノ    / /      べつに死ぬとか、そういう訳じゃないんだからさぁ
      ∨  ヾヘヽ \.....:;:::::´'´:::|: :ゝ/ / | /   / /
       ∨ | /ヘヘ川r!-=≦ |/ / /   / /
        ∨ /、-ーソ' 、ノ<>_'  |l l|   //                       で、でもよ…… >
          ∨ヘ`ヽ//>'´, - ≦、´ヽ .|l l   /
     ,  ´ニ7 .〉-=  ´   ヾ-ゞ ' ヽヘ |   /                       首に傷とか、大丈夫なの? >
   /     /'´ ´   ....         .::. |l /
  .,'      ,/  .....:::::::::::::::::::::::...    .::::::::У
 .,'.::::::::::::::::.....l|.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....::::::,'://
  ,:::::::::::::::::::::::キ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
  ,::::::::::::::::::::::キ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::///
    \::::::::::::ー((` :::::::::::::::::;_;:::::::'/./
     <, '´ ̄7 ̄`   ''''''''''' /./
     /   ,7          //
     i   ,7         //




あぁ、実際に見なくてもその時の情景が思い浮かべれる。きっと、人気者の二人は大層心配されたのだろう。
自分とは大違いな、まるでアイドルの如き存在の姉妹は、それこそ身近な女神というべきか。同じクラスになった
男子生徒は己の幸運を喜び、席が隣になれば絶叫し、遠足などで班員決めがあれば「戦争」になる。

彼にとってみれば地獄だ。月とすっぽんを無理矢理比べられ、貶され、努力も実らない。決して追い越せない。地獄なのだ。

そんな存在が、怪我を負ったとなれば…………くどいようだが、想像してみて欲しい。きっとそれは、地球の裏側で
戦争が起きる事よりも、ずっと大きくて。どこかの誰かが交通事故で死ぬよりも「悲惨」な事なのだ。

あぁ、羨ましい。姉妹のその才能が、その容姿が。優れたところしか持たない、その人間そのものが。
1402 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 02:35:05 ID:ryUBAy460
ひでーな もうなんかひどすぎる
1420 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:43:23 ID:zez9XftE0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.        あんまり、よそのクラスには行きたくないんだけどな
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´



学校の何処かに行けば必ず、姉妹と比べられる。人気者の身内とは、姉妹と自分はそういう存在なのだ。

ある意味、引き立て役とも言えるだろう。第三者視点からすれば、青年は姉妹を「高位な存在」に見させれる。自分の価値が低いから。
逆に、姉妹の才能が彼の「才能の無さ」を引き立てる。もはや悪循環と不運が合体している様な物。これはどうやっても切り離せない。

だから、彼が余所のクラスに行くのが嫌だった。余程の事が無い限り、事務的なのを除けば中高でも数度しか無かった。

特に、姉妹の同クラス。もはや聖域とも呼べるところには死んでも行きたくなかった。そこは、「あの日」を迎えるまでの
青年にとっては「魔王の城」や「ラスボスのいる場所」とも呼べるべきところだからだ。

……だが、もう関係ないだろう。自分は姉妹に負けたのだ。親父の暴言にかっとなって、そして無関係の姉妹に手を出した。

……どういわれようが、自分は悪だ。底辺の存在である自分が言っても、もうどうでもいいだろう。


そう心の中で「意思を無理矢理」納得させると、席を立った。
1430 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:51:12 ID:zez9XftE0
                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',   ジーッ
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |       …………
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉









                       …―
                             ミ
                 /                 \
                                   .
               /             |  :|       :,
             ′ |      :  :|    |  :| : |  ′
             | |:   :|| .:|   .: | |  .:| :|  :|
           || |:|  ||| .:|   .: | |  .:| :|  :|   : |
           || |:|  |厶|:八 ー=|チ―| 从  |  :||      こっちをじっと見て、どうかしましたの?
           |八 |:|≦|.:   /    ,斗弁-ミ |  :   ||
           |  Ⅳ八斗弁ミ      Vrリ ′|:|   ||
           |l :|  .:ト Vrリ  }⌒ゝ _ ..ノ^ |:|   ||                      あぁ、いや……
              八 :|  小. _ ..ノ ′      ,〟 |l |   .:||
            Ν.: :|∧ ,〟          /八| .:  |小.
                | |:|分 .   `     /|:| | :/ || ,
                |∧ :|/ :| :|〕iト  _.. イ { .:|:| |/  :|  ∧
                |/  .:|  | :| :Ⅳー}   .ノ⌒V .:/   |l  :∧
              /  八 厶斗 /. :/>rく`X : : .∨   :八 :   :、
.             /  /´≫ー…〈: :/ :/.ノ[∧ : \:/ . .:/>x._ .: \
            〈   : | : : : : : : : :≧介V⌒{Ⅳ≫′  .; ⌒¨^㌧   \
          / ,  :l|. : : : : : : : :〈 /  .:| ∨/  / : : : :/.|.:   \
          /  } 八: : :{ : : : : : ;     .:| ノイ 〃 : : : : : : : : |   \: \
            . ノイ. : : : : .∨ : : :/ ノ  . :|  :八人: : : :/ : : : :|.:  .: \  ,
.      {{  .:  ; | : : : : : : { : : 〈 〈__  .: } 》 : : : |/. : : : : : 〉.:   |: \
        人ぃ  : / :| : : : : : : |__: : : ⌒^}ー=彡イ: : _/ : : : : : :/|l |   :| :|  }
.         ), :/ .:〈 : : : : .: .:|¨¨i}: : : : :|{。 : : : : l{¨¨¨/ : : : : : : : 八|   :| :人 ノ




席を立ったところで、自分の周りにいた三人娘をじっと見つめてみる。金髪のペリーヌ。ご飯が旨い宮藤。胸が大きいリネット。

この三人は、本当に珍しい。何がと言われると、こうしているのが珍しいのだ。

なにか勘違いしたのか、ペリーヌが顔を赤らめていた。乙女にも思う所があるのだろう。
1435 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:55:14 ID:zez9XftE0
               _____     |/
             /           ヽ    ─
           /               \
          / 、                \
           /   `ー-               ヽ      いやな……お前たちは、あんまり姉妹と俺とを引き合いに
           |  、__               |
         ノ   └┘ /              |     出さないというか、こう……なんていえばいいんだろうな
        (、      !_j              |
          {`ー-'                  /
          \  ,, -===ニニニニ====-、_/
            ソ´:::;;;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
       ___〉:/       |i     \/_
      /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
     /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|







            /     /     ノ      ',   \\
           //     /   イ       ',    \ヽ
.         〃 /     /   / .|     }     }     ヽ ',       んー、姉妹さんたちと比較しないってことかな?
       /' ,′   ハ  /| {    }     ト、 }     ', ,
          {      |/ {,厶L.八    八」__ ,ハ V     }.}
            リ  ,   |ィ"{ ̄ `  ',  / 'Tナァiミ、|      ハ}
          ハ {   | lV       } /  」ノ丿 `ト、   l/l│                 あぁ、うん……それ、かな? >
.          {  |八  | _,zニ=ミ、 j/   ,.ニ ..,_  リ   ,小|│
           {  \ ヘ、          ̄`ヾ/  /ノリ |/
               { .::::.:    '     :.:::::.:ノ イ(__/ ノ
              ヽ     、        厶-‐┐
                  \       ̄   U . イ \-‐'
.            , イ二ニ=ー- .._> _     _, イト、ノ   )〉
           // 「     /  |ヽ` ー 'ニ -‐1  \-‐==ニ== 、
.          /  │   /   /|  /Y^|    |    \     / \
          {l   |   く     / .|/ |l |   ノ     〉   /   ノ}
1439 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 02:59:28 ID:zez9XftE0
           -‐   ̄ ̄ ̄ `ヽ
         /             \
        /                _ _)ヽ
      /                 ,イ i   ⌒',
      /      , ,   i  / / |  ト、    ',
     ,'(_   -‐´´   /|  / / |  | i 、  i
     |´/        / | :/ /  ! :| |/i、八
     |/  :     -/ーj/─‐-' ! /|イ圦|メ乂\        比較って、そういうのは考えたことないかな……
     /   |     / ,イミ不.  ノ'  {i_ツトミr'⌒`ヽ
     /  /| / ,〈{ イ {ミ( j      .;,:|ヘト        だって、やる夫くんはやる夫くんだし。
   厶イ八 |,イi /{ハ  ` `ー′     '  ノ
     ノ'  }ベjミ{ |     :.;,:.:.     _ /
          ヘ`ー个i  _     ´/
            >f|   ̄下ニ、_
         _ノ  〈    〈 ̄}  }!丁ヘ
         ,rヘ、\  \____|  |! | iハ
       /   \ \   \  ̄ |  リイ |  ',
        !/⌒ヽ `ー-.. __ \ノ / :||  ',
       l     \i \: :  ̄匸}  :j !   ',
         l   , ─┴‐- 、─  >くヽ⌒ンー 〉
          l  〈,イ ̄   _>'´   ヽ∨    |
          l   └广ア了         }:.}     !






             /   l l   || |  l l  |   l |   l∧
             ,′   ! |   ! | | ィ | ト、_|  _|_!__,_ l| |
               l   | |、..__」⊥イ,┼|」  |丁ノメ_7/ l |
           |  |   ト、l     _`   '´_     ,イ l |
           |  !  l  ヾ-==''′、 , ゞ=='' / ! !               十人十色と言いますし、ちゃーんと
            |  |   .|ー(       ノ´,`ゝ、_   _/〉 / |     / 〉
            |  l  .|、ヘ.` ‐一 ´ , 、     ̄7/,/  i!      / /      頑張ってるのを知っているんですから。
            /  l   | ヽゝ     ′ l     イ/,イ   l| .r 、 / /
             /  /   ハ |'个_、 ゝ_ノ  ,.イ./イ |   il  ! !/ ./ィヽ  そこを誰かと比べるというのはお門違いも良い所でしてよ
          /  /   .l. ヽ| /::≧` ー=´┴/   | i|  |  | | / イ /`!
         /   /     !   /::::::/::::7Y´:::::::::!  ノ' |  ヽ/ ヽ 〈_/ ノヽ
     ./ ,イ二7    |二}::ゝ:::/::::/ィn、_:::::::ゝ(   ヽー--{   ヽ (_r'´イ
    ./ /::|:::::〈     八:´:::::::::\/ '〉'iハヘイ:::::ヽ   \::::',    }   `/
   /  /::::::|::::::::ヽ     _ゝ:::::::::::/ ./ l  ハ::::::::::::\   ヽ:}     ノ
   /  /::::::::|:::::::::::::\  `ヽ::::::::::ヽZ::T:::Z 八::::::::::::::::ヘ  「ゝ、   rく
1440 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:00:02 ID:EbCD8pCM0
ええ子達や…
1441 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:00:10 ID:jh.7QKlo0
もうこの三人娘ルートでいいんじゃないかな!
1444 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 03:04:25 ID:zez9XftE0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.         お、おう……ありがと。
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´





             //: : :  ´     \             \/: : : : : : : : : : : }}
            {{ /    /                 \: : : : : : : : : : //
            >'      /                       \ : : : : : : //
            /       / ,   /         \      \ : : : //
            / _/  /   / /     /     \   ヽ       ': :./∧     ううん、気にしないで。
       /  /   /    /|   / /{    \            ∨/
             /   /   |厶L...、/ | |         ヽ |     |       |´  }
          '  /     /´|⌒/ 八| 八  -==ミ八   |       |  .,′
           |   i |    イ  -=ミ  \ ∨\  | l\          | |  ′
           |/ | |   l| i{ ,_ノリ      _ァ=ミ.|∨ ∨      八| /
.              |八   l|  Viソ         ,_ノJ仆  /       ∧ ∨\
               \   、、        弋//ソ }}     /)イ Vl/  `'く⌒\        /乙
               \|    '         、、、  厶  // ノ ⌒\   /⌒ `⌒><⌒】】   ⌒>
                   八                ∠. ∠  -匕_ __><    /  /_>'⌒\厂
                  \   ` ー        //    |: : l::\     ー'⌒ ー'⌒^´
                  /7\           /      :|: : :l:::::::::.....
                /: :/:::::::::丶、__.,、 -< _/       | : : l:::::::::::::::丶、_
                 _/: :/ ̄ ̄ /: : :/| \ ∧         /|: : : |\:::::::::: /: : : :)-、
              /{: : i: : : : :/: : :/ l|   / ∧        / ,': : : :|: : \/ : : /: : : :.
                /: : : :│: : :/: : :│ l| xぐ┴‐ヘ    / /|: : : : |: : : : : : : /: : : : : :∧_
               /: : 八: : : : /: : : : | |∨ マ¨¨ フ\/  / :| : : : : : : : : : : /: : : : : : : : :/\
          / : : : : : : \∨ : : : :│ |   ∨_/     /  | : : : : :丶 : : /: : : : : : : / : : : : \
           /: : : : : : : : : : : : :\: : : :|    /J〈      /  :| : : : : : : : ∨: : : : _彡: : : : : : : : : : :丶
.        /: : : : : : : : : : : : : : \/\: | ヽ. / '/∧    /   |: : : : : : :/| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
      /: : : : : : : : : : : : : : : : : :〈: : ∧|  ∨/////\/     :|: : : : /: : :|: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\



灯台下暗し、少し意味は間違っているがニュアンス的には意味は近いだろう。

自分にとって幸せな存在というのは身近にある物だが、それに気付くのはいつも遅い。もしくは気付かない。

彼も、いつか自分のことをかげから見守っている存在と、その好意に気付く日が来ることを祈っておこう。
1453 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 03:08:50 ID:zez9XftE0
    ヽ  `''ー-辷_  /                       \    `''ー-  ..,,_____
      \    ⌒≫-‐==≠==‐-ミ                   \      _,,.. -─ァア^
.         \ ,,  "/      /           /                    ヽニ二 ̄      //
         /ヘ, /     /  /       /               ヘ     ヽ       〃
        /   ∨     /   /       /, '{             ',       、       /
     〃     , / /  {  '      // i          ',   ,      ',    /
.       {{    ,' /  '    | │  /   ,'|i   i     }       |    |       |├ー'′
.          {/|  i     |  |│ {   ,' |i   i i    リハ     |  i |      |│    ……だから今度、勉強教えてね?
.          {: |  i    | __|,」ニハ==ャ!   iハ 、_/L.」_ }   |  i |     |│
             |  i    「 { ]厶斗ッ、{  { NV ̄ア7 ==⊥__j リ     i  |│   中間からもう、ちょっとピンチなの……
             | l八 {   lV/'´爪_:::r]ヽ      ノ勺7トミLl_ ̄7   /i  '丿
             |/ l八   小 弋こユノ         {ソ::::_)リヘY/  / ! /
                \  \                 `゚ー-' ノ/ /)ノ j人
            ,.-‐'" ̄`ーヘ :.:/l::/::/   ,       ::/l:/::/:.:/ イ-<_ `(   ヽ
            / | ::::::::::::::::::::::人                 u  /|::::::::.:.`丶、 }
         / : :│::::::::: -─/ : : :丶、   マ'⌒ヽ     . イ : |、:::::::::::::::::.:.丶、
           | : : :  ̄ : : : : :/ : : : : l `   . `  ´   _   ´ /. : : | :`丶、::::::::::/ : ハ
.         | : : : :{: : : : : / : : : : : : |     r个ーr ´     /. : : : | : : : : :`丶/ : /: |
.          | : : : ∧ : : :〈 : : : : : : : |、 /ヘ{_人     /. : : : : | : : : : : : :/ : : : :│
        | : : :/ : ', : : : \ : : : : | ∨\>┴く/\  /. : : : : : | : : : : : :/ : : : : :│
         { : : : : : : ', : : : : :\: : :│   {   }    ∨ : : : : : : | : : : : :/ : : : : : :│
         { : : : : : : ',: : : :-─\: |     Y⌒ソ    / : : : : : :/ : : :/ : : : : : : ノ






                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ            お、おう……勉強してない俺でいいなら。
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨



まぁ、こんなものである。彼女たちと適当に駄弁りつつ、クラスから人がいなくなる放課後を狙って
バルクホルンのクラスにおもむくとしよう。そこで、ハルトマンに彼女の目的と真意を知るのだ……
1457 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 03:14:43 ID:zez9XftE0
               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |      痛い……
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧




三人娘自慢のお弁当を堪能した後、帰りのSHRが終わり少ししてから三年生たちのクラスがある二階へと降りた。
二年生のクラスは3階、一年生は4階と、級が上がるにつれて一段づつ下がっていく仕組みなのだ。

「おい、あれって……バルクホルンの弟じゃね?」 「あ、本当だ。相変わらず冴えない顔してるな」 「何しに来たんだろうね?」

周囲の言葉と無意識の敵意に心をすり減らしながらも、一直線に姉のクラスめざし廊下を進んでいく。途中、何度か目が合った
上級生たちの「好意もなく敵意も無い下を見る様な視線」に息を切らせながらも、目的のクラスまでたどり着いた。
1463 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 03:20:01 ID:zez9XftE0
.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',     (うわ弟だ。顔面の遺伝子仕事しろよ。)
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|    んん? 誰だハルトマンって?
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |     ……あぁ、エーリカのことか。少し待ってろ。
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::




扉の窓からクラスの中を覗きこむ。バルクホルンの姿は見えず。これは幸いと、扉を開け上級生の一人に声をかけ
目的の人物を呼んでもらう事に。

途中、好奇心で顔を覗きに来る生徒にうんざりしつつも、待つこと数分。用事を済ませた目的の人物がやってきた。
1470 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 03:25:58 ID:zez9XftE0
       /                      \
       . ゙                        \
     /      //           /         ヽ
.     /      //     /   ,〃     }     ',
   ,′       l/   /    / /    ,ハ      l|
   !    i    |  /7 ─/、 /    イ │    l|
   l   i    |/ _厶./_  /  / /  |    |        はいはーい、私がハルトマンだよー!
.   ! {   i   │ィf{ノハ ゙ヽ / / ノ_ `ヽ.||   │
.   | l',       │代ノ:::ノ   /   ィぅュ、ノ|     |      こんにちは弟君、ちょうどいいタイミングだったね。
    |:l ',     |  ¨´        んノハ}  |   l |
    │ ',     |  :::::::        ヒ:ノ '゙/ !  ,l│      トゥルーデも、ついさっき職員室に呼ばれててさ。
       ',  {  ト、          ' :::::: ハ   !  /jノ
       '  ,ハ从     { `  ァ    ′|   /
       V ノリ 丶、  `ー- '    ノ  | / /
        r‐√`::...、 丶.  _,.   '´     j/レ′
      丿::::.\::.::.::`::..../「[
    /{:::::::::::::..\::.::.:: 几、\::..、
   /..::::::::::::::::::::::::..\ノ:{{:.\::| ::::ヽニユヽ、
 仁二ユ:::. \::::::::::::::::::..\ヾ::.::: | ::::::: ', ::/.::::::.
:::::  ̄ ̄\::::. \::::::::::::::: /∧ヾ:ノ\:::::.∨.::::::::|
:::::::::::::::::::::..ヽ::::::..\::::::: /.:::::i「 ̄:ii::`ー-ヘ::::::: }
::::::::::::::::::::::::: }:::::::::::..\/.::::::::ii:::0::!!:::::::::::::ヽ::::{







            _ -‐──‐‐-   _
          ,  ´            `  、
.       /           / ヽ   \
       /     /    /   /   }  ヽ \
.      /      |    /   /  イ    ハ   ヘ
.       ,′    |   :{   / ,.斗‐ト、 }  }   |ハ
     {      |    :|   {: /  | ,イ }/ } | j!
.      l   {   {   :|   j/芹气j:/ | 乂 /}:!
      V {  :! ∧   :|   |イf:::ハ ,′j厶:イ ハj            ここじゃいろいろ辛いだろうし、場所かえよっか?
      Ⅵ  |  ∧  :|: i  |^弋ソ   `ーj/ jイ
       ヾ ∧  ∧  :!::|:::::::|        }: i }           ちょっと学校から出るけど、二人っきりになれる所に行こうよ。
         j人∧  ∧ |:::!:::::::!         .: | |
          ヽヘ  {ヘ从{:::::::|    ` ´,イ  | |
            ヽノr┴ヘ:::::!_____/ !: : ハ!
                 厶三ニヘ:|ニヘ     j/jノ
           /::::「:::::::::::::<⌒ヽ\
             /{::::::::{::::::::::::::::}\__>::ヘ
.            /:::|::::::::|:::::::::::::::{/:::::::::::::::ヽ
           /::::::!::::::::!:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::ト、
.          /::::::::::V/∧:::::::::::::|:::::::::::::::::::::::}::ヘ
         /:::::::::::::::V/∧:::::::::::i:::::::::::::::::::::::|:::::::.,
.        /::::::::::::::::::::V/∧:::::::::|:::::::::::::::::::::::!::::::::}
       /:::::::::::::::::::::/.V/∧:::::::|:::::::::::::::::::::::!::::::::|
.      /:::::::::::::::::::::/  V/∧::::::!::::::::::::::::::::::|:::::::::!
     /:::::::::::::::::::::/   .V/∧::::|::::::::::::::::::::::|:::::::::|
.    /:::::::::::::::::::::/    V/∧::{::::::::::::::::::::::|:::::::::|
   /:::::::::::::::::::::/      .V//〉:!::::::::::::::::::::ヘ:::::::!
.  /:::::::::::::::::::::〈       }//::∧::::::::::::::::::::::::\|
   V:::::::::::::::::::::ヘ     //::::::::::\:::::::::::::::::::::::::\
.    \:::::::::::::::::::::::ヽ   .//{:::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::ヽ
1476 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 03:30:54 ID:zez9XftE0
         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.
  ,'         _    __´_ ‘.
  ,    t''tzj´       ̄ ̄  ‘.            そんなこと、気にしなくてもいいと思いますけど。
  {    "'`¨¨´           、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´




           ,   '   ̄  '   ,
         /             \
       /          i、      ',
      /  ,      /   !|       ',
     / ,  i  / ,  /   / }        ',
     !/  i / ,/ /   / ハ   i     |
     イ  i/-///!  //ノ \  i     |        そーいわずにさー。ジュースぐらいなら奢るよ?
     /!  !// レ ! / / -- __!i、 i     ,'
    ! !  レ ィr≠ュ !/ /     i!! i    //        いろいろ「積もる話」もあるんだし、さっ、行こうか?
    ! !  !', `弋::シ'`   イてュ、 V    //
    !  ! .! !::::::       弋'ソ' /   /
    !  ! ,! !   `     :::::::  ! / /
       ', i !ヘ   v----ァ    /! / /i!
     / \ヾ! ` 、 ` - '   イ!,レ/ /
    /     \  _ -ヘ ´   >:::/、
   /        \::::::!、 /:::::::::::::::::>、_         / )
  <  , ッ       >:×/::::::::::::::::/、 o /-、     ノ / _ ,-、_-っ
.   `i /, -_.ソ     /::>:<:::::::::::::::/:::/::::/::::::!    /  ´ ̄ ,_ ///´
    ! レ' /,ヘ    /::::::||::::|\::/::::::::/::::/::::::::!:、  ! /⌒  /´
   !'  '/ /^> /::::::::::||::::|:::::::::::::::::::/:::::/:::::::::!:::!,../'、   /
   > 、   ∧='┯::::::::||::::|:::::::::::::::::く::i::|:::::::::::/: /:::!::::::-::::'|、
  /:::!:::\  ノ !:i::::::::::::||:::::|:::::::::::::::/、::i|:::::::::: /::!::::::`--:::'::/
./::::::::::::ヽ:::ー/:::|:!:::::::::::::||::::|:::::::::::::::!::::V:::::::::!::/!::::::::::::::::::::)
..',::::::::::::::::::::::::::::: 人::!::::::::::::::||:::|::::::::::::::!:::::::::|::::::/::::':::::::::::::::::/
 ',:::::::::::::::::::::/-'  ',::::i:::::::::::::||:::|:::::::::::::::!:::::::::}/:!::::::::::::::::::::/
1477 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:31:46 ID:wPc5AbVY0
これは何かありそうですねぇ・・・
1478 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:32:27 ID:BPI1U8GQ0
どっちなのかすごく怖い
1479 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:32:41 ID:8rkHeSo.0
>積もる話

これアカンやつやw
1485 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/04/04(金) 03:34:20 ID:zez9XftE0
今日はここまで……見ている皆の顔が(*´ω`*)する、そんな良い話が糞ゲーなんだな。
1486 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:34:21 ID:ZQGgDFt.0
これはルッキーニの方がましだったかなw
1487 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:34:55 ID:u9XPhgc20
動悸が激しくなってきた(白目)
1488 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/04/04(金) 03:35:02 ID:wPc5AbVY0
分かりきった七色の趣向はともかくその顔文字は流行らないし流行らせない

糞ゲー その13

15 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/08(土) 00:28:20 ID:yXCZEk2E0
久々に糞ゲーやろうかなってまとめ観てどこまで進んでたか確認してきたら……あれ、糞ゲーってこんなに進んでなかった?

って感じになった……まだ全然ダメ先輩二人(フェイトとなのは)とかエイラ―ニャイベントとかも終わってないし


雪で明日休みだし、全部一通り更新出来るかな……欧州はストラスブールでプラウシュテルマーの場所を特定途中で、
糞ゲーは姉妹にキャトルミューティレーション(ドナドナ)されたところで終わってるんだね。
16 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 00:30:13 ID:eKt993qk0
糞ゲー来る!?(ガタッ
17 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 00:31:06 ID:PTHHd5cU0
明日更新祭なんですねヤッター
18 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 00:31:13 ID:vvQaQikE0
糞ゲーの姉妹すごくいい
好きな部類のヤンデレ
26 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/08(土) 01:29:23 ID:yXCZEk2E0
何時の間にか手綱を握られてて、逃げ出そうとしたら逃げられなくて。

なんでそんな怖い発想が思い浮かぶのかその人の気持ちが理解できないよ、ねぇ? リネットさん?

……まぁ、静かに外堀と内堀と天守閣が制圧される系のヤンデレは何が難しいって、それまでの経緯を描く場合に異常な
ほど時間がかかるっていうのがね……。

即エロが始まる本編だけでもいいけど、そのまえに馴れ初めとかちゃんと物語がある方がいいんだよ、私は。

エロゲーで最初はツンなキャラが徐々に出れていくのと同じ理論だと思う。
27 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 01:49:47 ID:yckzOwYY0
途中の描写が丁寧だからこそ病みもデレも引き立つんだよね
欧州本編のシュテルがデレた時の破壊力は凄まじかったなーw
28 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 02:08:32 ID:67GDoUkg0
アレは皆の手のひら返しが酷かった
29 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 02:12:33 ID:im0MlPmk0
手のひらはコークスクリューする物
思えば欧州で地雷解除安価の時は毎度盛り上がったな
40 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 11:18:01 ID:eKt993qk0
止まない雨に?(ボソッ
41 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 12:44:16 ID:0e/MHLvU0
>>40
懐かしすぎてワロタwww
42 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 12:58:59 ID:X.TkwT5U0
刺しつ刺されつの関係っていいね(例の画像をみながら
45 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/08(土) 15:28:20 ID:yXCZEk2E0
いや、幾らなんでもあれは私でも躊躇するぞ。躊躇はするけど迷いはないんだが。

あの顔を好きなキャラに置き換えてみると言い。例えば、エイラがあんな顔して追っかけてきたら間違いなく殴る。

グーで。思いっきり。私は理由があれば女の子でさえ殴る。あの顔のヤンデレを女の子にカテゴライズされるかは知らないけど。



というわけでおはよう。今起きた……
46 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 15:57:44 ID:im0MlPmk0
吹雪の中、わんこ様のお散歩か…
47 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/08(土) 16:12:33 ID:yXCZEk2E0
めっちゃ嬉しそうに雪の中を走り回ってたよ……犬は元気だね。
49 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 19:56:48 ID:SIPzfpLk0
なんだあれ……あんなのヤンデレじゃねぇ。ありゃメンヘラだ!(錯乱)
50 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/08(土) 21:17:43 ID:yXCZEk2E0
メンヘラとヤンデレは紙一重……いや、どんな違いなのか明確にしろって言われても私も分からないんだけどね

さて……そろそろ準備するかな……
51 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:19:25 ID:cr5AGj9o0
52 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:20:23 ID:fN88FTr.0
56 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:24:52 ID:L6/Vd2is0
あれ?今日はこっち?猟師やるっつってたのは日曜の事?
57 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:25:43 ID:8eyLxhRk0
58 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:27:25 ID:3olUoASc0
>>56
ここで投下をしてそのまま猟師にハシゴするという可能性も…
59 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:29:12 ID:kHuYEBME0
60 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 21:31:42 ID:yXCZEk2E0
別に梯子しても構わないんだけどね……じゃなければ明日。雪が降ったおかげで休みだし。

さて……

↓4            1.欧州(ライン川突破作戦―ストラスブール探索編)
               2.糞ゲー(姉妹にキャトルミューティレーション)
               3.リリカルHALO(まだまだ)
61 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:32:51 ID:N2eTLCvY0
ksk
62 : 名無しのやる夫だお [] 2014/02/08(土) 21:32:57 ID:qWC8baa20
2
63 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:33:20 ID:Sjbrt6ms0
64 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:33:21 ID:OQX0Lqs.0
68 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:34:23 ID:cr5AGj9o0
糞ゲーか
69 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:34:41 ID:C/.8Hugg0
2の圧倒的なまでの支持
70 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:35:12 ID:3olUoASc0
糞ゲーの圧倒的人気ww
リアルで寒い日にホラーものとはまた…w
71 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:35:26 ID:RBzaX8kw0
いいとこで終わっちゃったからなw
72 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 21:42:10 ID:yXCZEk2E0
                 ̄ ̄ ̄  、
            /           ヽ
――――...、 /   ι     -、     ,
::::::::::::::::::::::::: {-- __          ,ゝ、
:::::::::::::::::::::::::i:∨//≧=、     ゝ fツ  !
:::::::::::::::::::::::/i:::∨/////7、    ,     ヤ′
::::::::::::::::::::/::i::::::∨//// / u.  i      !
::::::::::::::::::::_メ::::::::∨/イ_/     `ー=ァノ
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/>   __ /´
::::::::/::::::::::::::::::::::/_/     //
::/::::::::::::::::::::::/ 〈 ∨  /__/
'::::::::::::::::::::: /     ', }_/ i:::::〉
:::::::::::::::: /       Ⅵ   i::/
:::::::::::/         |i  〈/
:::::/    \      |  i
:.リ       \    }  ト--.、___
/        `丶__/   i:::::::::::\:::::::..、




身体が寒い。深夜を過ぎた時間帯だ、夜風が寒いのはごく普通の事だが……今は特に寒い。全身が氷水に浸かっている
のような錯覚に陥っていた。ついでに言えば、咽も酷く渇いていた。それに付け加え、若干身体が震えていることも記しておこう。

帰り道、公園で二人に捕まった後。何年振りかは忘れたが青年は望まない形で、久方ぶりに姉妹と仲良く無理矢理に腕を
組みながら家への帰路へと着いていた。
77 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 21:48:07 ID:yXCZEk2E0




                ,,-‐: : : : : : :‐-. . 、 _
            ,,: ´: : : : : : : : : : : : : :/   ヽ
          ,, ̄ ̄`ヽ: : : : : : : : : : :'⌒ヽ、  ‘,
            〃    /: : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ  ‘,
         /    , ': : : : : : : : :,{: : : : i: : : : : : :ヽ  ヽ        全く……こんな夜遅くまで出歩いてるから先程のように
.        /     /: : : : : :./: : :.ハ: i: /}i: : : : : : : :ヽ  \
       /     /:.: : : : : /: :.:./  }:.|/ 八:.i |: : : : : ∧   ヽ     素行の良くない者たちに絡まれたりするのだ。
      /    /: : :: : : :/:.:.//  .イ:!:´: : / :|: : :|: :i: : :.ー‐ '
.    /    ノ:/i: : :.://:_:// / ノ:|: : :厶斗: :j{:.:.|: : :i       一体どこをほっつき歩いていたか知らないが……
    (_,,  ´V⌒Y: : / ,: / / ̄ ´ |: :/   リヾハ:.:.|:.:.:!|
          { ^Y|:.:/   、__,.ィ   j:/ ゝ=≠' }ノハ:八
         __ヽゞヘ     ̄ ̄´   ′     ′
       / ハ_入¨ヽ         ′   /
      ヽ//: : ト、ノ  !ヽ      r  っ   イ
           ,: : : |   |  `         イ__ノ
        .: : : :|  /ハ    `¨Ti ´i: : : |
         i: : : :| /::i ヽ    / ,::::ヽ : |
         |x≦7:::::: |  〉‐く   /::::::::::i≧ュ、_
    __r≦彡':::::/:::::::::!|: / | ヽ /:::/\::|::::`:ヾミ≧ュ、__
   ,'::::i::::::::::::::::/:::::i::::八/  / /:: /〃/::|:::::::::::::::::`¨¨´::ヽ
    i:::::|:::::::::::::/::::::::::/:::::::ヽ//‐、:::::\/ :::|:::::::::::::::::::::/:::::::::i



隣には自分を挟んで楽しそうに会話する二人がいる。こんな夜遅くまで出歩いていた自分を非難する言葉が聞こえたが
それは耳から反対の耳へと流れ抜けるだけで頭には一言も入ってこない。……ついでに言えば、青年の右腕を掴んでいる姉。

彼女が手に持つPコート、これに包まれたごく一般的な刃渡り17㎝の万能包丁が体の震えの原因、の半分でもある。

高校一年目の春に生物の授業で豚の眼の解剖をやったのを思い出した……あの時渡されたのはカッターだったが
それでも豚の眼はぐちゅぐちゅとぶつ切りに出来た。なぜ今これを思い出したかは分からないが、自分でもよく分からない。
84 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 21:54:05 ID:yXCZEk2E0
|               _  - 、              丶
|      -‐‐y-―  ̄     、 `ー、                  \
|_ -  ̄    |       / {  } | 、ヽ    /        、 ヽ
|           |  ー― 'ヽ`_´/ ノ l ヽ./ /         |  .ヘ
|..............:::::::::::::::::!_>、    \ /___}/ /' ,i        |  ハ
|:::::::::::::::::::::::::::::::l | /`l>- _ - (/つ / ! l |  .:      |    l
|::::::O::::::::::::::::::::::l、|/. /  _ |:::::  | /_ |/   | | ,  .:|      |   l     まぁ、兄貴もどっか出歩きたい年頃なんじゃないか?
|::::::::::::::::::::::::::::::__//! 〃、.|    |/   |`丶、 V  , .:::}   , イ /    }
|:::::::::::::::::: ― /'  | { ´ ∧   l |Τアぅミ、丶ヽ } :/  /' /イ    ヘ    どっちにせよ危ないからこれっきりにしてほしいけどさ。
| ̄ ̄ ̄       ′ヽ(′l   l | 込ノ ヽ   y ナ  ̄リ T丶  /| ハ
|               ′ `l : l   l:|           //ァ=ミ/_  | .:  /イ |、ヽ
|           ′ .::| :::..从\ ヽ           込ノ ア^,イ/: / |:| \_
|/ ヽ  , ―r、   ′ .:::| :::::::..ヾ  ーゝ          ´イノイ':: /  ||
|:.  :. Y  ヽ  ヽ_′  .:::イ ::::::::::\  丶、    〉   〃リ /イ.  リ
|::::.. ::::..   V  ヽ` <:::∧{`ーミ:::>   `  ー    /:  |
|::::::..:::::::.   :.    ̄ || ハヽ \ \     _  -イ:::  |
|:::::::::::::::::..  ::..     ||  ∧   \ ソ ー、:´::: |: .::   ′
|:::::::::::::::::::..  :::::...     ||   \  /〈∨ /|:::  !/イ /ノ
|:::::::::::::::::::::.. ::::::::::::....  === ミ\ \ |-|、 |ミ、'イ< ハ'
|\:::::::::::::::::::..::::::::::::::::::::::    ≫'' \. | .|∧| ㍉≧-, ヘ




そしてこの妹。自分の豊満な乳房に青年の左腕を挟み込むように抱きしめているのだが……彼女のジャンバーのポケットが
ぽっこりと浮き上がっている。その中には、自衛用のスタンガンがあるのだ。しかもただのスタンガンではない、恐らくこの
バカが手を加えた、たぶん法に触れる様な代物だ。

凶器を持った狂気的な行動をとる姉妹に挟まれた青年はもはや抗おうという思考が思い浮かばずに、ただなすがままに
半ば彼女たちの手助けを借りながら歩き続け、ようやく家の前まで帰ってきた。
89 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 21:58:37 ID:8eyLxhRk0
もし次したらどうなるんですかねぇ…
90 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 22:02:26 ID:yXCZEk2E0
       | |    |    ||l ┬┐ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||l ┴┘ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
       | |    |    ||___ :|:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |        ただいまーっと。
       | |    |    |l ̄)/| |:::| _  __  _|| |   || |[]  ||      | |
       | |    |    |l/ /| |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
       | |    |  ] :||/|  | |:::|______|| |   || |    ||      | |
       | |  ] :|    ||  |  | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. || |   || |    ||      | |
       | |    |    ||  |  | |           || |   || |    ||      | |
       | |    |    ||  |/|_|           ||_|__|| |    0コ    :| |
       | |    |    ||/ /               \. || |    ||      | |
       | |    |    ||/                  ||_|    ||      | |
       | |    |    ||                        \  :||      | |
       | |    |    ||                       \||      | |
       | |    |   /                            ||      | |
       | |    |/ /l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||      | |
       | |  / / /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     | |
       | |./ / /    . :       ,.            .  .     \  :| |
       | | / /  '        ,  :.      ,,           \| |
       | | /     ,.             .                   | |




玄関を開けると、まだ明かりが灯っていた。声に気付いた母がすぐに奥からパタパタと玄関先までやってきた。

叱られるかと思ったが、特にそんな事は無く。あんまり危ない事はやめてちょうだいと懇願されるように何度か小言を
喰らっただけで、それだけだった。父親については、仕事が早いからと言ってもう先に寝たらしい。

まぁ、当然だ。あんな一件が有ってあの態度。逆にそうでないと反応に困る……頼むから今更変な事をするのはやめてくれ。


ちょっとずつ思考が正常化してきた青年がここから逃れるための次の一手を模索していると、姉妹はそのまま母親に何度か
言葉を交わすと、そのまま上へと上がって行こうと階段へと向かう。もちろん、というのは間違いなきがするが、青年も二人に
腕を組まれたまま二階へと……そのままバルクホルンの自室へと連れ込まれてしまう。
94 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 22:11:30 ID:yXCZEk2E0
              ___     , -、
        /⌒>: :´ : : : : : : :`:./   ‘,
       / /: : : : : : : : : : : :八 :.   ‘,
.     /  /: : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ  ヽ         包丁は……うん。後で返せばいいな。
   /   ,.′: : : : : : : : : : : : : : : : i:ヘ    \
  (_,, ´ i: : : : : : : : : : : : : : : : : : |: : \   )     今日はもう使わないだろうし。
.        !|: : : : : : .::.. : : : : : : .::;.ィ{: :.:!| `¨¨´
         八::::::...::::::::::::::::......:.:::::/{{ ,|:.:.八
          rヽ:::::::::::::::::::::::::r‐t‐、ノ. }/
        /7{_ト、::::::::ハ:::::::フi: 「 / ′
.       /:/    `Y_` ´| ,|: :,´
      /:.;   / ::::::::::::: \|: :.i
      ,: :,' , イ ::::::::::::::::::::::::: |: :.|、
.     ,.i: :|ヲ|::::::::::::::::::::::::::::::::::|: :.|{≧x__
     /八:{:: |::::::::::::::::::::::::::::::::::}: :八::/::::‘,
.     i::::::::ヾ::|:へ::へ::へ::へ::/:j/::::::/::::::::::i






          _ -‐: : : : : : :‐ .、
          , : : : : : : : : : : : : : : : : ` 、
      /: : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ,.': : : : : : : l : : : : : : : : : i : : : : : : ヽ
     / : : : : : : : l: : : : : : : : : : :l.: : : : : : : '.
.    /: : : : : : :./!:ト、: : : : : : : : ;、: : : : : : : : .       あー寒っ、エアコン付けてもいい?
   /:, :!: : : /l/_!:l.__' : : : : : :./ハ:l'; : : :ト: : l
   /イ !l: : : l'´!  ',! `、: : : :./ ' ̄リヽ: : l:.!、: !                        タイマー付けるならいいぞ >
. ノ'   !:!: : :l-‐云示、  ヽ: :/,.示云-、!: :l:.l ヽ:l
     l:l'; : :l 乂ツ     '   乂ツ/,': :/ヽ  `
      !ハ:.ハ                 /:イ: :l:!        サンキュー。
.      /: : :{: :,       '       '゙/: : : リ
.      {: : :: V!\    ⊂⊃    /ノ: : ノ|
.       \: : ヽ: :l>.     ィ: l,ィ: ; イ: :|
       |: ` ー`:.!:./!      ,!:l :.!:´: : :l: : !
       |: :l: : : /l \_/ ヽ.、: : : :.!: :.|
       |: :l>'  l /::::\ /  ヽ.<l: : l
    _, -  ̄/     l/ 〉-〈 /    ヽ  ̄ ‐ ._
  /     /    /ヽ/:::::::∨\.   ヽ      、




あれ、なんで俺部屋に連れ込まれてるの? そんな素朴な疑問が思い浮かぶが、それに答えてくれるほどこの姉妹に優しがあるか
どうか問い詰めたかった。たぶんないだろう。

彼女の自室は女の子部屋というには無機質な部屋だった。質実剛健と言うべきか、勉強用の机と調べ物や生徒会の仕事に使う
デスクトップパソコン、ベットにクローゼットなどを除けば彼女の私品はそんなにない。

こういう点は流石は家族と言うべきか、娯楽品が全くと言っていいほど存在しない青年の部屋と似通ってはいた。ただ彼の場合
パソコンどころか携帯電話すら持ちわせが無いという、時代遅れな人間なのだが……
99 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 22:21:21 ID:yXCZEk2E0
                ´::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐── 、
          /⌒::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ   \
         / /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     ヽ
.         /  /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     \
        /  /:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::.      ヽ
.       /  /:::/:::::::::::::イ:::|:::::::::::i:::ト:::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ      }
      /  ::::/::::::::::::/ !::::{:::::::::::|:::|ヽ:::::\:::\:::::::::::::ゝ     '
.     /   |:|:{::::::::::斗-|:::ハ::::::::::|:::!-‐\:::ヽ:::::\::::::::ヽ    /        ……さて、それじゃあそろそろ話してもらおうかな。
    /   /}:{ヘ::::::::::::| j/ ヽ::::::!i::|   \ト:::::::::ヽ::::iハ    /
    {__ノ ハ:::\::::::|ィ芹芋トV::|j/  f芹芋弐アヽ:::ト::}j∧  {         前回と言い、今日も含めてだが……一体どこに行ってたんだ?
       ノ V::ト::ヽ小弋少 Ⅵ    ヒzンノ iト/^ }::::/ー'
           Ⅵ∧::ヘ     ヾ         '  /:::/
          ヾ ヽ八    `        イー':/
             {≧:..   r   ァ    イ=-≦三}
             ´ア::个:..      イ/{ll!⌒ヽ
                /:::::::∧_/≧=-<  !トヒハ:::::::::\
              /::::::::::/-=ヘ! >‐<´ ̄/ヽ!:::::::::::::ヽ
         ,,ィ´ ̄(ア'´ {  |/ i!  ヽ/   ヘ:::::::::::::.
        / {´ ̄/     |/ イ   「T} i(_)> 、:::}
          / | 厶      {'´      ヒj」  ト:::::::::::::>、
.        /   !/  ⌒⌒ア^イアト'⌒⌒ヽ    }  ̄ ̄У }
       /  /      <::厶{ヘ:::\    ⌒⌒く   /  |
.      /  /       /::// |::|\_/       ハ. /     |
     /  {::.....     /::/ {::::|::|         ..:::}/      |
.    / ...:::::,::::::::::::::::::::/::/::::|::::|::|::::::::::::................:::::::::}'     |
   /  :::::::∧:::::::::::::::::{ハj| o|::::|ハ!:::::::::::::::::::::::::::::::::/::.      |
.  /  ::::::::::::ゝ:__:::-─::}=:}:::::ゝ:::::::::::::::::::::::::::::イ|::::.       |
.. /   :::::::::::::}/:::::::::     | {:::::::::::`ー──:::´:://!:::.     |
  {  /´ ̄ ̄}       |o|        ::::://. |::::.       |
  |::::::..   ̄ ̄\       | |        イ/.  !::::      |
.  V::::::::..     >=-<⌒}ト      /::::{:{  |::::     |
.  V::::::::::..  /     ヽ'ヽ \  { ̄ ̄ト:ヘ |::     |
    V:::::::::::::.人     ヽ \、ヘ  ヽ ´ ̄ヽ\:\!::::      |




あぁ、くっそ。やっぱり聞いてくるよな……バルクホルンのベットに腰を掛けている青年は心でそう呟いた。

彼と対面になるように、姉妹が椅子に座り問い詰めるように此方を観ている。

咽が乾く。彼女たちが自分に理由を問い詰めるのは家族と言う点で観れば間違いではないが、何故こうも二人が
自分に対して積極的なのかが分からなかった。分からないというのはそれだけで恐怖心をあおる材料にもなるし
恐怖そのものでもある……これでも自分は下手すれば前科一犯が付きそうなのに。

それだけではなく、少なくても二人には暴行を加えた事がある。普通なら嫌うはずだ、自分ならそんな奴とは関わりたくない。
103 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 22:31:28 ID:yXCZEk2E0
         / |
          /  :!
.         /   !                __
        /! .: : |             ,.-=ァ′ /
.       /|: : :/         // ̄: :  , ′
      { {: : :/=   ̄ `   、_//: : : : :_;/
       ,.!:/         `くr‐ ''
        /Ⅵ/   ,!    ハ   ヽ
.       /〃   // ∧ ヽ     }l  ハ
     |/ ,|. //l / ∨ハ   j从   人        ほらーシラを切っても無駄だぞ兄貴。
     イ  /! 厶=!厂仁! | ´_,イ厂` |ト、\
.   / j| ハ{  j__|!_j,   } 厶ム=}リ |リ         兄貴が、話すまで、問い詰めるのを止めない!……なんちって。
.      ||/{'込 ゞぐソ`  ノ'゙ヘtソノ/! /}'
     |  ゙Y! \{ , ,     ,   !ノく
      |  j ,  \  rz- ッ  .イ . |
.     j / i|八廴≧>` __,. < jイノ
    // ,リ _j \  ̄ヾム,} |
.   〃 ,ム≦ム   \ }三}≧¬ュ,
  /} /≧x/》,__》'、三込, 廴ハ
/ / /  =-、  < ̄  \三ハ / ,ム
. / {    \ヽ   >= z.≧リ,/  ̄\
../イ∧    ヽYレ′      ̄ヽ.   ∧





ギャグか? 今のは本当にギャグなのか?

突然、変な事を言い出す義妹に嫌疑な視線を送ると、舌を出しててへっ、とか言っている始末だ。

……とはいえ、ここで黙っていても事態は進まないし、時間が過ぎるだけだ。一応、バイトは学校でも禁止されていないし
あの親父が今更口を出すこともあるまい。ならば、この事を咎める人物はいないはずだ……

とはいえ、ここで話してもいい事なのか?と考えると言葉が詰まる。話すという事は、二人にバイト先がばれるという事だ。


さて……



↓5       1.遅くなった理由を話す。(お風呂も含めて)
          2.理由を話す。(バイトだけ。お風呂の一件は無し)
          3.まだ話さない。沈黙を続ける
104 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:31:53 ID:/ICOilbo0
2
105 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:32:20 ID:kHuYEBME0
2
106 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:32:28 ID:yc8ldnKU0
107 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:32:46 ID:vvQaQikE0
108 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:32:46 ID:3olUoASc0
3
115 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 22:40:41 ID:yXCZEk2E0
            /:::::::::::::::::::|::::::::人::::∧::::::::::::::::::::::::.、   ‘,
.            ,.:::::::::::::::::: /:::::|::/::: |::/ ゚:::::::::::::::::::::::::::゚。    ‘,
            / :::::::::::::/::/ :::/:::::::|::j/   ':::::: !:::::::::::::::::::.    ‘,
.           /::::::::::::: /::/,イ::,':|::::::::|/    ':::::|:::::::::::::::::::::::,
         .::::::::::::::::/j:/ __j:厶|::::::::| 、_    Ⅵ::::::::::::::::::::::::,
         /⌒i :::::::/ 厂  / ,八::::: |     ̄` \ :::::::::: i:::::::.
        / |:::: /  ,xテ芋ミ、 \{   ,xテ芋ミメ、 ヽ::::::::|:::::::i     \
             |:::/ハ 《 {ノ//}   `   {ノ///} 刈 ゚。:::|:::::人      \        ……黙っては分からないぞ?
.        /  八:{    乂_ソ        乂__ン j}   Ⅵ::::::::::\
.     /     / l     、              ノ'⌒ヽ::::::,' `         }
      、_ .  ´   |                   ノ⌒ V:/         ̄
                                     {:::::ソ 人
                  、    {_  )          r:'  .イ
                   \                 ,..、_ イ,  |
                 /  、             イ::/  /f⌒'く
                 ゝ /:::个  __        |'゙   / ,|::::::::::,\
                    /:::::: |   }       |   〈  |::::::::::i_ノ
               .:::::::::: |   |       |_   ヽ.|::::::::::|
              ′:::::::::| ,ノ′      ノ } ヽ.   |::::::::::|
                 i::::::::::_ イ/ {      .  ´  |   \ |::::::::::|
               r</ l|′ 〉‐r‐ ´     ノ    }、:::::::: |
         . <////    | / | 、     /      |/\::::|
.         f//> ´ /     l|,/ ,  ヽ / /\   ,人//,> .




青年がとった行動は沈黙を貫き通すこと。ある意味、これは最適解である。


「お嬢様学校に通う美女4人に囲まれながらバイトしてて、さっきまでそこで働いてた子と、その姉とプールにいました」


などとバカ正直に話してみろ。どうなっていたか描いてる私でも想像がつかないぞ。


嘘も方便という言葉がある。時として人を欺くことが、結果的に誰かとは言わないが不思議っ子の命を救う事にもつながる
という昔の人の有り難い言葉だ。
116 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:42:02 ID:Sjbrt6ms0
> どうなっていたか描いてる私でも想像がつかないぞ
これ七色の本音やろwww
117 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:43:11 ID:3olUoASc0
> 結果的に誰かとは言わないが不思議っ子の命を救う事にもつながる
!?
118 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:43:11 ID:kHuYEBME0
メタァwwww
119 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 22:43:14 ID:8eyLxhRk0
七色さん本音出てる出てるwww
126 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 22:47:14 ID:yXCZEk2E0
               /: : : /: : : : /: : : : : :/: : : : : : : :/: : : : : : : : ヽ
              /: : : : /: : : : : /: : : : : :/: : : : : : : : :/: :/: : : : : : : : :ヘ
    _____,../: : : : : :/: : : : : イ: : : : : / : /: : // {: /: : : : : : : : : : :ハ
.   `ー─── -ァ─ : {: : : : :/|: : : : :!ー/、_/_厶イ:ハ: : : : : : : |: : : :|ヽ
           /: : : :イ: : :/⌒||: : : |:/|: : 孑芹ミヘ| |: : : : : : : }: : : :ト、ヽ
             / : :/ | : /{ ⌒7 { : : :| {: /{ r':ノ! Y{ }ハ: : : : : /: : :/|  \
         / /: : : :V: 人 /:|∧: : : | j/  Vソ   / ィ!: : : 人 : /: |
         /: : : : : : : : : /:7: :{: ∧: : |    ``    /: } :/: : : 人: !         なんだよ兄貴ー。私達にも話せないような
         /: : : : : : : : : / / /: : : :∧: !            マイ: : : :/  ヽ}
.       /: : : : : : : : : /__{:八: : : : : :N     , -、     > --'              なにかヤラシイことなのかぁ?
    /: : : : : : : : : /⌒\::\:::\: : : {     {  )> ∠,..-‐──-- ,.___
.  / : : : : : : : : :/:::::::::::::::::\::\:::>、:} >、   `‐に二く //          ヽ
/: : : : : : : : : //::::::::::::::::::::::::::∨∧:::::::\-、>、 イ }: : r‐ く ー'⌒\          }
: : : : : : : : :/r-イ::::::::::::::::::::::::::::::∨∧::::::::∧ ト、   /: : :ゝーヘこ)‐---.ー-ャ    |
: : : : : : ://::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∧::::::::∧}ハ / イ/            r〈ト、   ト、
: : : : //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨∧::::::::∧ <                  }\ `ーヘ :\
: : //:::::::::::::::::::::::ー─────ヘ:::::: ̄ア:::::::::>,..            }\:`ー-、 \ )
//::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::>:...,..        {:::::\:::::::::ー─}
/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::ア ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨``ヽ__  \:○\::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>:::::::::::´:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::\∧\:ノ::::::::::::::!
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::´::::::::::>< ̄´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ:::::{:∧:::::::::::::::::::::{
::::::::::::::::::::::::::>: ´: ∧::::><::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::\ヘ::::::::::::::::::::|
ー──-< : : : : : : : :V::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::ヾ::::::::::::::::::::}
:::::::::::::::::::::::∨: : : : : : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,’:::::::::::::\::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::\: : : : : : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::、::::::::::::::::::::::::::::::::厶::::::::::::::::::::::::::::::::::}
::::::::::::::::::::::::::::::::\ : : : : ∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::、::::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::::::::ノ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: : : : :\::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:r-‐ '´     ` ̄ ̄ ̄ ´
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒\ハハ::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
\:::::::::::::::::::::::::::/○/⌒\} }::イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,’




男の子だから、もしかしてそういうのなのか? と言いながらシャーリーが椅子から立ち上がると
そのまま此方へと。ベットに腰掛けている青年の後ろ側へと回り込むようにもたれかかってきた。
134 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 22:55:51 ID:yXCZEk2E0
                 /          ;               / \>、
                ;{ /     . .|. . . . : : : : . . .ヽ/-‐ '^: :.
            i `'    . . . : : : | : : : : : : : : : : '"|: : : : : : : : : :.
             | ,′: .‐-. .  . .|-‐ : : : : : : : : }_」ヽ-|‐-: : : : : :、
              |.: : : | : : : : : :l : |: : |: : : : : : : ´l/l: 八|\ : : l: l :l\
             ,: : : :| : : : : : :|:_l -‐| 、: : : : : : |_j厶斗示: : :l: l :|  \    なんだなんだ、もしかして女の子と
                ,:|: :| : : : : :ィ|:「\| \: : } : :灯//し 八: :ノ: l :|
               ,': :|: : | : :/ :八| _,.斗=ミ ヽ:|: /  V::ツ 爪: : 八|      こういうこと……してたのか?
              ,'/; : 八:{: : :N,ィ灯//し   |/    : : : : l:l: :X 丿
          /   {:{: :irう、:i「`ヽ乂::ツ.  丿      ル : ハ
            /    い八 |Nヘ  : : : : :       ' ,   イ: }: : : :L _
          /     ヽ  |`|: :V込、    /`¨¨¨´l  .イ :}: }: :ノリ  `ヽ
                   |八: : \__> .  、_   ノ/广ア/彡                     うわぁっ!? >
                /⌒\ : :\  ヽ≧=‐‐'  -‐彳          i
                    ′   |lヽト-一  \       .′         |
               {   ||     \_      /  i           |
                ∧   ||        `ヽ   /               |
               ( ∧   ||                       / ト、
                /: : ;. ||   ヽ            }        ′|:.\
                 /: : ィ∧||     }.           /      /   l\: : ヽ
             // 八:.:||  /     /    /   , -‐=≠=‐-ミ|  ヽ




次の瞬間、思わず喉から変な叫び声が出た。青年の後ろに周りに回り込んでいたシャーリの腕が、青年の内腿の辺りを
そっと沿うように撫で始めたからだ。

一瞬頭が真っ白になった、真っ白になったすぐその後に仰け反った。滅多に人に触られることのない部分を突然触られて
しまえば誰でもこうなるだろう。

わぁ、兄貴でもこんな声出すんだ。後ろから抱きしめるように青年の身体に腕を回しているシャーリーが面白そうに呟く。

完全に今の反応を愉しんでいる様子。
138 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:00:09 ID:yXCZEk2E0
             / . : : : : : : : : : : : : : : : .\: .\
              . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\: .\
.            / . : : : : | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: .
          /^ . : : :|: : :|: : : : : : : : :|: |: : : : : : : : : : : : ,
.       /. :/ . : : 斗ァ‐ト: : : : : : .:|斗ァ廾:ト: :| : : : |: :∧|          いやん♪ 兄貴女の子みたいだなー
.     ⌒ ′: .:| : : :/|:| : : : : :| :/|:| l|∧: :| : : : |l | ∧
        i : : :| : :/ l|八.: : .:|/ 八|  ノ Ⅳ|: : .:|八|\ :,        で? どうなんだ? 女の子関係なのか?
        |l: : :| :|升テ=ァ. : :|  ァ升テ=ァl|: : .:|: : |: .:|\
.         八 : : | : 圦 Vリ \|    Vrリ 八: :人: : .:|
            \八小. 〟           〟/イ/ :| : : :Ν
          / : : |/:,    ′         |l : :|: : l|
            人 : : | 込.   マ    ̄)   ,八 |: |: : リ             違う、違う! いいから離せバカッ! >
            \八 介ト..   ー  .. イ:/ /|: |: : :∧
.                / : :| : : ≧‐<   |: : : : :|八: : .:∧
             _/ : :八: .: }      廴厶    ̄`ヽ∧
        γ´    ァー  フ      イ        V\
          /       //  `ヽ   ,.  ´  //          i : : \
.         /   }  //           //        |∧{⌒^





         /::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::!:::::::::::';::::::::::::ヽ;:ヽ;:',
         /:::::::::::::::::::::::/::l:::::::: /ト、:::::::::';:::::::::::::::ヽ;:l::',
       /::/:::::::::::::::::::/::/l:::::/: /!ヽ\::';:';::::::::::::::::ヽ!::!
      ,イ:;イ::::::/:::::::::;イ;;/ .レ;ノ::::l ヽ ヽ!::i、::::::::::::::::ヾ!
       /:://:::::/:::ー::メ_ノレ'ヽ::::::::l   ` l::l_xー-!::::::::::',
      /'´/:::::::l:::::::::/ _イ_ー ヽ:::::ト-ー二V.__ヽ::::l:::::::::::',
      /::::人!::::::/r' 'ソ::トヽ  ヽ !  ' r、!ハ )';::::ト、::ト::!       ……まぁ、その辺にしておけシャーリー。
       //  l::::/、. 弋 タ     ヽ 弋_タ  ハ::!l.ヽ!.ソ
     '´   l::/ ハ                / ソ                えー? 楽しいぜ? 兄貴、魚みたいにびくびくするし >
         レ ヽ、',         '       u /_/
           {二ハ、           ノ、二}           一応、分かる事は分かったんだからもう十分だ。
              /:::ハへ、 ⌒ ⌒   <ハ::\
             ,イ:::::::/     !>  <.! `' V:::::'.,
         /:::::::::/   /7      ト、.  V::::::'.,
           /::::::::::/ /: : ト、     ノl: :ヽ、 V:::::::',
.         /_;;;;rニレ': : : : :.! ヽ_/ ! : : :.`ーL::;;;:::',
     rtニ´  ,r-/: : : : : :.:l  / ! ヽ. /: : : ,、__ :l`ー'`≠ - ,、
.      ;! ト-= ´: : /: : : : : : : :V  l  y': : : //7/ :! ̄`ー 、_/: !
     ! l : : : : : /: : : : : : : : :.\ l /: : : ////: : :!: : : : : :/: : :!
145 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:09:18 ID:yXCZEk2E0
                      ..  ―――- .   /⌒ヽ
             ,....―‐..、 ...:≦:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ミ/::  ::::::\
            /::::::::::: /..:....:.:.:.:.:.:....:.:.:.:....:.:.:.:.:.:.∨:::{   ::::::::::ヽ
           /::::::::::::::,:'...:.:.:....:.:.:.:.:.:....:.:.:..{..:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ∧   :::::::::ハ
         ノ:::::::::::::  / ....:.:....:.:.:.:.:.:′:.:.: ハ..:...:.:.:.:.:.:.:.⌒'.   :::::::::::::ヽ
      ....イ::::::::     /....:.:....:.:.:.:.:../...:.:...:..′’:.:.i ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   :::::::::::::\       まだそんなに急がなくても大丈夫だろ?
    /::::::         .′..:...:.:.:.:.:../}.:' :.:. |:.| ハ:.|、 :.:.:....:.:.:.:.:.:.\  ::::::::::::::\
   /       . イ /..:.:.:...:.:.:.:.:../イ:|..:.: l{:.|   |ハ ..:.:. ..:.:.i:.:.:.:.:. }\    :::::::::\   まぁ、特に危険な事をしている訳ではなさそうだし
  ‘ー―‐   ´   /...:/...:.:.:.:. イ´ |:i{ :.:.ハ{   |__ヘ:斗-:.:|:.:.:.:. リ   `   . __)
                ′イ...:i .:..:ー<.{ハ:.:.|  z≦__ ハ:|:.. .:|'⌒V            次からは気を付けるなら今回は問題ない。
            |:/ {:.:.:{:.::. :ムャぅ.ミハ:{ ´,孑示:うiミlハ:...}ぐ }
            |′|:.:ハ:..:八 V:::ツ  \   ヒ::ジ '′i:.:') i} ム=、
              ∧| ハハ     ;          }ん,.くミ:::::〉       \
                {   { ∧   〈         ィーヘ  \/         i:ヽ
                        丶.   rァ   フ   /ハ:...::i                }:.. :
                      >... ` 一   イ ___{ |:. .:|         \.. |:..i
                      /.:.:.:/,≧r≦=≦ 三 }| ::|          ヽ:`|:..|
                    /.:.:.://{/ 二三三三 { |:. ::|             i .:!:.. }
                 /.:.:../ //   二三三三__}.! .:::{              } .}:.. ′
                   /::.. // / 》 二>≦二 {.从 .::乂         /::::.. /
                {:__,.イ  く(/' / z====ミ{ハヽ..:::::\      /::::.., ’
         〈´{ __   /,ィヘ ⌒}   / /´ 二二二ヾ.i  \...:::` ー― 彡::.../
         > ミ≧==彡{___》 `j / / 二三三三三 i}    ` ー―一  ´




次からは、もう少し早い時間に帰って来るように。もう夜中歩き回る事も無いしな。と言い加えるバルクホルン。

急ぐ必要というのがなんなのか良く分からないが……今は後ろから変な事をしてくる義妹のほうが厄介だった。

こうも自分が好まない事をされると怒りが湧きたってくる。乱暴気味に拘束を外すと、ベットから少し離れたところまで退避した。
150 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:13:01 ID:3olUoASc0
> まだそんなに急がなくても大丈夫だろ?
何を…?
151 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:13:03 ID:zfsSN/gM0
まだそんなに急がなくても って何をする予定なんですかw
152 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:15:02 ID:BnVrjMoo0
含みのある会話って怖いですね(小並感)
153 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:15:52 ID:yXCZEk2E0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ        ッ……クソッ、なんなんだよお前ら二人……
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,     本当に、何がしたいんだよ……あぁ、クソッ!
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨





|               _  - 、              丶
|      -‐‐y-―  ̄     、 `ー、                  \
|_ -  ̄    |       / {  } | 、ヽ    /        、 ヽ
|           |  ー― 'ヽ`_´/ ノ l ヽ./ /         |  .ヘ
|..............:::::::::::::::::!_>、    \ /___}/ /' ,i        |  ハ
|:::::::::::::::::::::::::::::::l | /`l>- _ - (/つ / ! l |  .:      |    l
|::::::O::::::::::::::::::::::l、|/. /  _ |:::::  | /_ |/   | | ,  .:|      |   l
|::::::::::::::::::::::::::::::__//! 〃、.|    |/   |`丶、 V  , .:::}   , イ /    }      いやねぇ、心温まる兄弟のスキンシップと言いますか。
|:::::::::::::::::: ― /'  | { ´ ∧   l |Τアぅミ、丶ヽ } :/  /' /イ    ヘ
| ̄ ̄ ̄       ′ヽ(′l   l | 込ノ ヽ   y ナ  ̄リ T丶  /| ハ     兄の発育を確かめるのも妹の義務かなーって
|               ′ `l : l   l:|           //ァ=ミ/_  | .:  /イ |、ヽ
|           ′ .::| :::..从\ ヽ           込ノ ア^,イ/: / |:| \_
|/ ヽ  , ―r、   ′ .:::| :::::::..ヾ  ーゝ          ´イノイ':: /  ||
|:.  :. Y  ヽ  ヽ_′  .:::イ ::::::::::\  丶、    〉   〃リ /イ.  リ
|::::.. ::::..   V  ヽ` <:::∧{`ーミ:::>   `  ー    /:  |
|::::::..:::::::.   :.    ̄ || ハヽ \ \     _  -イ:::  |
|:::::::::::::::::..  ::..     ||  ∧   \ ソ ー、:´::: |: .::   ′
|:::::::::::::::::::..  :::::...     ||   \  /〈∨ /|:::  !/イ /ノ
|:::::::::::::::::::::.. ::::::::::::....  === ミ\ \ |-|、 |ミ、'イ< ハ'
|\:::::::::::::::::::..::::::::::::::::::::::    ≫'' \. | .|∧| ㍉≧-, ヘ
161 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:24:00 ID:yXCZEk2E0
              ._____
         ,,.. ' ´            `・ .,
       ., ・´                \
     ./ /7 ̄i=、_  ヽ ヽ          \
      /.  ,イヽ.,'  .l  !`ヽ } }          ',
    ./..  l  〉  丶 l  |ヘ            .',      アレか。喧嘩売ってんのか?
.     l   ノ ,'      丶i        /      l
.     l   〈  l         |     /;;;;,,,,      l      何か俺が気に食わないから嫌がらせか? あ?
.     {  ...|             | 、_ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;    }
    ',   .l          ,'    ヽ         /
    ..', ノ `ヽ        .,'     }      /
.       ヽ〉、_l__     .,'人    ノ     /
   _,. < .r'´    `ー-、.,'_  ー '   ,. < > .,_
. <    .,'           .ヘ、     ,. <   /   > .,_
     .,'           ヘヘ  ∧   /        > .,
    /              ヘl.  | マ /               \
   .〈                 ヘ. |  ∨
    V ̄`ー-、          .! |







                    ::::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
                  ::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ:::ヽ
                /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::ヽ
                /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ:::::::ヽ
                  /:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              /:::/:::::::::::::イ:::|:::::::::::i:::ト:::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ::::::::     まぁ、他人の注意と言うのは耳煩く聞こえるからな
                ::::/::::::::::::/ !::::{:::::::::::|:::|ヽ:::::\:::\:::::::::::::ゝ:::::'
             |:|:{::::::::::斗-|:::ハ::::::::::|:::!-‐\:::ヽ:::::\::::::::ヽ:::::i     それに嫌がらせならもっと効率的にやるし
             }:{ヘ::::::::::::| j/ ヽ::::::!i::|   \ト:::::::::ヽ::::iハ::::i
               ハ:::\::::::|ィ芹芋トV::|j/  f芹芋弐アヽ:::ト::}j:::::{     効果的な方法で追い詰めてるが?
           ノ V::ト::ヽ小弋少 Ⅵ    ヒzンノ iト/^ }::::/
               Ⅵ∧::ヘ     ヾ         '  /:::/
              ヾ ヽ八    `        イー':/                …… >
                 {≧:..   r   ァ    イ=-≦三}
                 ´ア::个:..      イ/{ll!⌒ヽ
                    /:::::::∧_/≧=-<  !トヒハ:::::::::\
                  /::::::::::/-=ヘ! >‐<´ ̄/ヽ!:::::::::::::ヽ
             ,,ィ´ ̄(ア'´ {  |/ i!  ヽ/   ヘ:::::::::::::.
            / {´ ̄/     |/ イ   「T} i(_)> 、:::}
              / | 厶      {'´      ヒj」  ト:::::::::::::>、
    .        /   !/  ⌒⌒ア^イアト'⌒⌒ヽ    }  ̄ ̄У }




そんな馬鹿正直に返すんじゃねぇよ。ぜったい馬鹿にしてんだろ……おい。

澄ました顔でそう言い放つ姉が妙に憎たらしい。憎たらしいが、こいつなら出来てもおかしくは無いのだ
168 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:34:11 ID:yXCZEk2E0
     / . : / : : : : : : / : : / : :/ }:ハミ. . ヽ. .ヽ. .  \:ハ
    ′: :〃       .′/ }: / : ノ ::. :i \:‘,: ∨: : 、:ヽ.}
    ′ ./   . . : : : /: :/   レ: /: : ::: :i   \'; : i::.. : :ヽ: :ヽ
   i .:/. . : : : : : : :/: :/ /:イ i : : : .:.i |  __‘,l:.:.:.. : ‘:ヽ‘,
   { :/ /: ′: : : :/′ム__イ |li : : .:.:.}七¨ ̄ ̄丁i≧::.ミ: Vト:‘,         もう夜遅いし、そろそろお開きにするとしよう
   V: /: :i : : : : :斗:七¨  ̄  } }i : .::::/1|_zz‐___ } }\::::..ヽ:∨ハ
  /: /: ::イ: :/孑 l:/_z≦二 |ハ| : ::/ }:!´孑厂ミiミy ‘,:..‘:N  }         ほら、二人とももう部屋に戻れ。
  .′': :/::| : : : / ,ァチ孖爪`ヾノ } .:/  ノノ' {:.i:::ト1 }ト ∧::. :i }
  }/ !:∧: ! : : / 〃 {:.i::::ト1    j:/       乂__ソ ノ' んヘ::. l
  ′|:′〉l: : :′ヘ 乂__,ヅ   /′              .'ノノ ∧|
    |! { f!: ∧                 ヽヽ  ム ノ , |
    八 |: {ハ丶  ヽヽ        '           瓜イ {,
       `i: トミ‐丶             ,      人=__ノ
      ∧{   下:ヽ        ー    ´     /:ノ:入
       「 ̄:≧ミ介 .             ..イフ下::..ヽ:\
      └≦//..:小:::::{>  ..       ∠ { \:ハ:::::..\{
        // .:.:: | ∨´   r} `  一 ´  ,レVヽ ‘,:::..:..ヽ
          {:'.:.:.::::::|   ,ィフ\       /  ∨ \ ヽ::::::..:‘,



結局、この二人の目的がなんなのか分からないまま、夜の密会は有耶無耶となって終わってしまった。

包丁を持ち出したり、変な奴等に捕まったり。挙句の果てにはこいつらに絡まれたりなどと散々だ。

……とはいえ、こんな普通な反応ばかりをされていると此方が空回りしているというべきか。なんだか自分一人だけ
突っぱねているような気がしてならない。

そもそも……自分はどういう理由でこの二人と対立していたのかさえ、若干見失っている気がしはじめた。
175 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:42:13 ID:yXCZEk2E0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',       あぁもう……調子が狂う。なんなんだよ……なんで俺に構うんだよ
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |



もう一度、暴力沙汰を起こすか? いや、今の自分にそんな元気は無いし、あのシャーリーの一件が有る。

下手な暴力振ってそれが逆効果など、一周回って恐ろしい。何が恐ろしいと言われれば相手が暴力を許容している事だ。
首を絞めてくれなんて言われた時、どう対処すればいいのか……素直に絞め殺してしまえばいいのだろうが、そんなことを
すんなりできるほど自分はまだ人間と言うのを捨てては無い

復讐、いや自分を陥れようとしているのか……何のために? 動機も目的も分からなくては考えようも無い。

温泉でリラックスしたのもあるが、すっかり疲労した身体はすぐに眠気に襲われる。自分の部屋に戻り、きちんと鍵をかけたか
何度も確認してからベットに潜ると、可笑しな方向に変わり始めた自分の日常に不安を感じながらも眠りに就いた。
180 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:48:37 ID:yXCZEk2E0
         / |
          /  :!
.         /   !                __
        /! .: : |             ,.-=ァ′ /
.       /|: : :/         // ̄: :  , ′
      { {: : :/=   ̄ `   、_//: : : : :_;/
       ,.!:/         `くr‐ ''
        /Ⅵ/   ,!    ハ   ヽ
.       /〃   // ∧ ヽ     }l  ハ
     |/ ,|. //l / ∨ハ   j从   人
     イ  /! 厶=!厂仁! | ´_,イ厂` |ト、\
.   / j| ハ{  j__|!_j,   } 厶ム=}リ |リ         ……
.      ||/{'込 ゞぐソ`  ノ'゙ヘtソノ/! /}'
     |  ゙Y! \{ , ,     ,   !ノく
      |  j ,  \  rz- ッ  .イ . |
.     j / i|八廴≧>` __,. < jイノ
    // ,リ _j \  ̄ヾム,} |
.   〃 ,ム≦ム   \ }三}≧¬ュ,
  /} /≧x/》,__》'、三込, 廴ハ
/ / /  =-、  < ̄  \三ハ / ,ム
. / {    \ヽ   >= z.≧リ,/  ̄\
../イ∧    ヽYレ′      ̄ヽ.   ∧






              ,.. ---- .,_
.          , ィ: : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : \:\
       /: : :|: : : : : : ,ヘ; : : : : : : : : : : : \:ヽ
      /: : : : : |: : : : :/   ',:|\: : : ::\: :\::\ハ
.     //|: : |: i| : : :T ̄ ̄|| ¬-: : : : :ト、 :ト: :ヽ!          ……うん、記録更新。
     /  |: : !: |入: ::|イ不リ||> .|: : : : : :|: :|: :|: :\:\
.       |: /|: ||:j \| 弋ソノi  .|: : : : /_:_;:|::|: : :i::\\       ちょっと……嬉しいかな。
.       |/ _!;|ノ          |: : ::/::|ィヘ|:|: : ::|::| \ヽ
        ヽ          |: :/: : :|- }|i!: : : |::|   \
         !    _,     /ィ: : : ::|,イ: : : : ::|:|
         人 ` ̄      /: : : : :ノ: :|: : : : : :|!
        /::;::ヘ         /:: :: ::イ : : :|: : : : : :|
        |/|: : : i-y─ 7、 //:::/ |: :: : :|: : : : :人
        { \: :!/: :::/:/|/// ,ィ'´ ヽ : : | : : : : ::ヽ
      _____7:_:_::/| 冫=イ   .ム: 八 : : 八::\
    /:::/::///:::::ヲ:::::::::::| /::::::::|    /:::::\: \: : :|\ヽ
   :::::::/::::::::::::::::/::::::::::::::|人─人__/|::::::::::::ミュ;;_::_::|  \
   ::::::|::::::::::::::::/:::::::::::::::::| |::::∥  /:::::::::::::::::\:::ミ二ト、
   ::::::|::::::::::::::'───v'´! |:::::::|  /::\───::':::::::::::::::::i




そんな本人の言持ちを知る訳もなく。もしかしたら知っているのかもしれないが……

どの道、青年の日々は重いものに変わっていくに違いない。いい意味でも、悪い意味でも。
182 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:48:59 ID:RBzaX8kw0
割りと真面目に阿部さんに逃げたい(白目)
183 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:49:20 ID:kHuYEBME0
何の記録更新なんですかねぇww
184 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:49:34 ID:6mLaOL/s0
記録となw
185 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:49:38 ID:8eyLxhRk0
記録更新>

兄弟の時間か?
186 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/08(土) 23:49:52 ID:/YPuGtKQ0
会話の長さかね
187 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:51:33 ID:yXCZEk2E0
                         ┌ ┐
       _ ,, ..      --──────┴ ┴--     .. ,, ___     ――ちょうどその頃……高町家では
    メ^.;⌒メ、─── r¬;:..、_ ────────────┬‐ァ'
 r ツ.;:.;.;.;.;.;:;.;::ヾ┬─.ム;.;.:.;;::;..{ ─┬─┬─┐  ┌─┬┬┐ |≦_
 y';;:.;.:;.:.;.;:.;.:;;;.:.} ||rf.;;`;::;:;;:;:;:;;::;、─┴─┴─┴┐|//├┼┤ |==ァ'
 ! :;;:;:;;;:;:;;::;:;ミY⌒ソ;;:;:;;;:::;:;::;:;:f⌒ n _____,!_└─┴┴┘ |爪
(;;;;:;;:;:;:;:;;;;;:;:::;:;シ'(;;:;;:;::;:;:;;;:;;;:;:;:じiノ;;l 二二二二二二} ======== | |リ     お姉ちゃーん、おーい。
 Y.:;:;;;::;:;;;:;:;:;f   ヾ;:;;:;;;:;;:;;::;;::;;::;;:Y   __   | r=======、 :| |
 j ;;;:::;;::;;;:;:;;;;:}  || Y;;:;:;;:;:;;:;:;;:;;:;.メ __  |: : : : |  | ||十i十i十|| | |
==========================| | | : : 0|  |r────i≦千!
lミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ|| |i三三丁三三| に二コ   |   | |_
トミ [二二二二二二二二二] ミ||ミ|| |i三三丁三三|   _r;;:: .:,, |   | |;;;)
lミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ|| |i三三丁三三| (;;;;:;:(:;;:;::;:;:);)| |二
==========================| |────‐ └下ミ( ;;:(::;:;;);;;)) |
  ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\トミr=====t| |\
「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 | |二二二二二二二ト、|工工工| |









          /   /    /                 ∨三三三三ニ=-
.          /    ′    /           :}、____    V三三三三三ニ=─ァ
        /イ        .:′            }'''"゙"゙"゙ミ  :.三三ニ=-  ̄ ̄
.         |   i    |   {         / ___    ミ  :. ≧三三ニ=-
.         |   | {i {  | ,ィ{ __      -‐/___   `  ミ  :} ≧三三ニ=─ァ     お姉ちゃんてばー、おーふーろ!
.         |   | {i 厶斗/_}ハ       イ竓斧気ミ、 ミ¨Y .:    :| ̄ ̄ ̄
.         |ハ | {i |{,ィfチ斧笊     ′ 乂r_ツ  〃'^:} ′   |          入らないなら私が先貰っちゃうからねー!
.           l ハ{ 八ヾ 乂ツ \   /       /' _イ/    |
.           |     ヽゝ     丶(       《  "|      :|
.          八  |{   |:.        '        /' / |      :|
             ヽⅣ   |圦          _      .: {≧ 、     |
.              }i   Ⅳ个:.    ´       ′{: .、ニヽ    :|
              从  |_ ≦´> .       イ    、:}ニニニ=  :|
                丶|ニニニニニニ=-、 ‐<        :}ニニニニ= :|
              /ニニニニニニニニ=-ハ           ′ニニニニ=|
                {ニニニニニニニニ=-: : }       /ニニニニニニニ〉、
             〉、ニニニニニニ=-: : :′      /ニニニニニニニニ{/'\
                {//≧ュ.ニニニ八 ー 、   , -/ニニニニニニニニニ}//∧
                }//////><==丶       /ニニニニニニニニニイ///∧
190 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/08(土) 23:55:59 ID:yXCZEk2E0
:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:l:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
:.:.:/:.:.:.:./:./:.:.:.:.:.:/:.:.:.:/:.|:.:/!:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:|:.|:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
:./:.:.:.:.:.i:./:.:.:.:.:./:./:.:./:.:.!:.i .|:.:.:.:| .',:.:.:.:.:!:.i:.:.:.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:',.:.::.:.:.:.:.:. |
/:.:.:.::.:.!:.i:.:.:.:.:/:.:ハ:.:./i:L|_i_. |:.:.:.| i:.:.:.:.:i .!:.:.:.:.:.:.;|、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| }:.:.:.:.:.:.: : |
:.:.:.::.:.:.|:.|:.:.: : i:孑i´,'|| |:.| | `ト:. |  !:.:.:.丁弋:`:ト-|、i:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:} i:.:.:.:.:.:.:.:.:|         まぁ、待つの。姉の順番を隣で大人しく待つのが
:.:.:.:.:|: |:.!:.: ´:,'|:| !,' .| i:i  ',:.:|  \:.:! . ヽ:.:.:.:.|  !`ヽ:!:.:.:..:i:.:!:.:.:.:.:.:.:.: |
:.: :.:.|:. !:.',:. : { リ |i   i|  ヽ|    \',  .\ |   マ:.,':.:.:.:/:.,':.:.:.:.:.:.:.:. |         妹の常識ってナポレオンも言ってたの。
:.:.:.:.:!:.: ',:.i:.:.:.:!   |    | _ .|    _ヽ   .ヽ  マ:.::.:.///:.:.:.:.:.:.:.:.: |
:.:.:.:.:.',:.:.:.',ヽ : ', ヽ,,,____,,,,,,==      ==,,,___,,__ イ. //:.:///:.:.:.:.:.:.:.:.: : |
:.:.:.:.:| ',:.:.:.:トヽ:.',  ̄´´´´         ```` ̄ 〃//レ〃:.:.:.:.:.::.::.:.: : |  ,...,
:.:.:.:.:| ヽ:.|:.:..:.\                  ///: !:.:.:.:.:.:.::.:.:.: : | ,'  }
:.:.:.:.:|   ヽ:.: : ハ          i           //:. !:.:. : |:.:.::.::.:.::.:.:.:.:.:.| / ./
、: : |    !.:.:.:.:iヘ                   /:. /|:.:.:.: |:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ./
. \:|    ヽ:.:.:.:! .\      ― ―      イ/:.: / |:.:..:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ ./
   |     .\ :.ヽ、. ヽ           イ  ./::. / |:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  {/`ヽ,
         \ ヽ ./| >.、   , < |,  ./:.:./. |:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:./ _/´) /`ヽ
            ヾ≠\.   `´   /.i、/:/ .   |:.::.:. |:.:.::.:.:.:.:.:/‐' _,ィ" /  /ヽ
            ,、r´ .|    ヽ 、_ - ´  .|/ ヽ .   !:.:. : |:.:.:.:.  ,'  ,ヘ(__ノ , ' ,. }




                /             ヽ       ∨三三三三ニ=-
                  /  /   .:'     '             V三三三三三ニ=─ァ
              /  .:′   .′ /  /     }、___      :.三三ニ=- | ̄ ̄ ̄
               /イ  、i   /  /  / .:   /'''"゙"゙`ヾ   : ≧三三ニ=-
                |:  |\,/  /  /  |   ′   /ミ   }  ≧三三ニ=-
                |:  | /`>/__,イl   |  /,__.. <  ミ   }   ≧三三ニ=─ァ      どうせアニメでしょうがダメ姉貴。
.             |:  |  ,ィナ示ミ|l   | ′x代芋气 ミ⌒Y|     ̄| ̄ ̄ ̄
.             |:  l  {{ ヒ:::リ八  |/   ヒ:::リ   Ⅵ:〉^}|      |
                |:  |  |     丶|       〃 _ノ |      |                  いやん、怒っちゃだめなの♪ >
                |:  |   Ⅳ " "  ,     " " 〈( .: / :|      |
                |:  |  |∧              ///  |      |
             八  |  |::込、   ⊂=-=⊃     .イ"`ヽ |      |
                  ヽⅣ ト、:::::::::..          イ {     |      |
                   丶| \Ⅳ.:> _  .:<  イ.、   :|      |
                            ,r'}__ ..   ´   }、 __ :|      |
             ____   ---─‐r==/ /^∨    /////≧x __   :|
.            , ´        /////イ^゚.∨  /////////   ̄ ̄ ¨¨   ..._
           {           ////イ /::::::∧V//////////{             / }
194 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:04:49 ID:Eg3KBYaA0
                               --‐‐‐‐‐-- __
                          __ /:.:.:__--<ニ ̄
                  __ ----<___:./:./:.:.___:.:.__`ヽ、
              , - ':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:._:.:.:.:.`ヽ、`ヽ、
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、:.:.:ヽ、
               /:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l:.:.ヽ、:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:.:.:',
             /__:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:l:.:.:|:.:. |:.|.!:.:.|:.ヽヽ:.:ヽ\:.:.:.:.:.:',:.:.:ヘ
          /_:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.,':.:.:.:|:.:.:|:.:.:.|:.|.∨:|:.:.:i:.:i:.:.:i:.:.ヽ:.:.:.:.:.',:.:.ヘ
          .{\ヽ:.:|:.:.:.:.:.:.:|:.:,':.:.:. |:.:.:|:.:.:.||:.| .',:.:|:.:.|、:.',:.:.:',:.:.ヽ:.:.:.:.:}:、:.i
           .i:.\\|:.:.:.:.:.:.|:.:i:.:.:_⊥:斗-サ,′卜--⊥i:.:.:.}:.:.:.ヽ:.:.:.:i:.',:.}
          .',:.:ヽ、 |:.:.:.:.:._|:┼:.:≠才芋ミ /  .|イうス|`:.:|:.:.:.:.} ',:.:.:| ヾ、     だってさー、この間一緒に視たアニメ
           .',:.:.:.ヽ_|:.:.:.:.:.',:.〃てノ::::::|     / ト´::}.》|:.:∧:.:.:.:i ',:.:.|
            ∨:.:./ヽ',:.:.:.:.i ヾ 廴zz少      . ゞ=′|/:.:.:i:.:.:.:} .i:.:!       終わりが気になって気になって仕方ないんだもん
           ヽ、{ .| \:.:ヽ                  /:.}:.:.: |:.:.:.,' }/
                ヾ、ヽ|ヽ\ヾ           '     !:.|:.:.:||:.:.,' /        こう中途半端な時間にやるのはリアルタイムで
              `ヽ{:ヽ:{ \        r フ   .ノ:|:.:.:.|}:./
                ヾ:.:.ヽ、             イ:.:.:|:.:. |レ′         見るのが一番だし……
                  ゝ:.:| > 、        ./:.}:.:.:/:.:. |
               / ヽ:.|   `> 、 __/|:.:.:.:i:.:/:.:.:. |
             r:::´|   ヽヽ     ./_.|:.: |:.:.: |:/:.:.:. |
        , r<´::::::::::::::|、  ヾ\> 、_ /ヽ::`:ヽ〃__:.:. : |
    , .r<´:::::::::::::::::::::::--l\      /∨ヽ ',ヽ/::::::::::`::ヽ、
  .r:´:::::::::::::::::::::::::, -::´::::::::| \    ./.r ̄7\ヽ \::::`ヽ::_:|:ヽ
  /::`ヽ、::::::,::‐::´:::::::::::::::::::::|   \   /  >Tヽ ヾ |  ヽ::::::::::|:::|





.            /               \.   /:::::::::/
         /                   ‘, /::::::/
.         /             `ヽ          ∨::/─‐- 、
       /     ' '        |        {:::::}     i
.        ,  '  / /   ' '  ,|   L_        ∨::\     |
        ,  '  / /  / / / !   '  ` ー‐- 、   ∨:::::\l  |     ……流石、アニメの為だけに自分の部屋にテレビを買う
.      i '  ' '    ___ ノノ|   '廴___    }    ∨::::::∧. |
        |ハ |l| {i  ´|/ |/ |/ | ./     `  彡  'i \::::::i |      だけのことはあるわ。
.         ∨l| 从  |三三三 |/   三三三  彡^ハ 'l|   \l |
          Ⅵ   \{                  '⌒)ノ,' |    l  |
.          从  lⅥ     '        〈(^// |    l  |
             \{圦           u.   /)〉/   |    l  |
               )〉丶  ⊂⊃    . イ/'      |  l    |
             /´ ,r{>  __  <´`j、_      |  l    |
              ≦/{  ./^\  } \::::\    |  l    |
          ≦::::::::/. | /ミ{^}彡, |  丶::::\   |  l    |
          ≦:::::::::::::::/  Ⅳ/∧\.Ⅵ     ,::::::::\. |  l    |
      ≦:::::::::::::::::::::::/  ∧く_./  ヽ_>∧    〉::::::::::\    |
196 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:05:25 ID:Eg3KBYaA0
                 /: : : : : : : : : : :ハ: ∧: : :./: : : : : `ヽ: : :`ヾ:.`ヽ
              /: :/: : : : :/ /ィ:廾:卞ハ: :/∨ハ: :ヽ: :.∨ヘ:.:.:.ヽ
                /: :/: : : : :/ /:/ xイ⌒ヾ ∨  }⌒}: : :i: : :i: : ∨:.:.:i
            /: : ; : : : :i: Ⅳ/ /てハ     /圷!: : | : :ハ : :.∨:.:!   ほーら、ヴィヴィオも一緒に視よ?
            ,: : : :i: : i : |: Ⅳ ん⌒)ハ     弋_トハ:!:./: ∧:.:.:ハ!
             i: : : :|!:.:.| :.ト:ヾ〈代つ:::ノ`      ノ  ∨:./! !:.:! :!   今回は新キャラ登場回ってネットでも盛り上がってるんだ
            ': : : :|\:\:.:.:\ ヾ'´       _   ∨ | l:.:′
               ∨ : ∨へ:.\:.::.二ニー      く  !   !: :! i/
             ∨ヽ{ し.:|:.:.:ミ           ;;    i :リ ′                 テレッテー! テレテーテレー♪
                 ∨八ヽ !:.:.:i ヽ                 ハ
                |\:.孑!:.:..!  `  、  ...... . . .:.:.:.:.:.ノ:.:.!
                |:i:!|\ハ:.:.ヘ /        , <リ:.:.:リ          あ、始まったの。
                |:i:!|:.:.:.:.:Ⅵ:ヘ         i   ノハ/
                |:i:!|:.:.:.:.::.∨:ヘ、、______j,___  /
           ,x≦三三≧x、、:/¨\\         /Vj、
        /三三三三三三≧、、  `\     /∧/ `\三三≧x
          /三三三三三三三三ヘ、    \  // :ハヽ、、\三三三ヽ




              /              /             ∨
           ′  -──        .:′    /   , .:′,    :.
                               .:    / / /  /   ヽ
           {:   ─‐-         |:     |  .:  / /  イ  |  }
           {:     ‐---       |:     | _,./ ‐/‐ナ  /   .:}  :     あーなんだこれ、先週のあれじゃん。
.            :. \              |:     | .:′ィf芹笊 イ  / ′ ,
           :.   ヽ     /'⌒ヽ. |:     |/ Ⅳ  r:j  | .:' /  /     私も見る見るー♪
           :. \      { .:'^  |:     |  ヽ iツ  {/j/ ノ
              丶   \   V、  〈 |:     |    `    、
             \      \ ‐-|:     |  ""      〉
              ヽ        ゝ-|:     |            /
                V   ,,ミ''"  |:     |     _  イ
                Vミ''"     Ⅳ  :|: :l     (_У. . |
                 }:         |:   ト. l        .' . . |
                ,:       八  | ヽl>:. __/ . . . |
                  /           ヽ|/  |. . . . . . . . . . .|
.              _ -‐ ¨ 二ニ=--=ニ二≧、/   |. . . . . . . . . . .|
            {///>≦´          :.   |. . . . . . . . . . .|
.            r'´  ´               ∧  |. . . . . . . . . . .|
.            }                  ゚. |. . . . . . . . . . .|
197 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:06:09 ID:foK/Cpg60
同類かww
198 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:10:38 ID:2zi0ZLBE0
結局オメェもかww
199 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:12:49 ID:Eg3KBYaA0
                    , -‐==―
          ,  ―――=/:.:/,-- __
         .,イ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:/´:.:.:――:_ヽ、
      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽヽ
     /:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ、:\:.:ヽ、\
.    ,':.:./:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:|:.:lヽ:.:.l:.:.:.ヽ:.、:.:.ヽ:.:.ヽヽ:.ヽ
    iヽ:i:.:.:.:.i:.:.://:.:ハ./|:|ヽハヽ:.:|:.:.|:.、:.iヽ:.ヘ|.ヽ:i                           前回までの魔法少女リリ――
    |ヽ:|:.:l:.:.|-メ-ュ,'_/|/ |:.|.斗:.Tl丁:|、|:.ヽ:.:i  |
    .ヘヽ|:.:|:.:.|:,',≠=ヶ、 / イ⌒7メ/:.:|:|:|:.:.:|:.|
     ヽ:|:.:.|ヽ:代:::::::j .     ヒ::ツイ/:/:.:|:.:.|:.||                            「自分で死ぬか私に殺されるか。
     ヽヘ:.|:.ヽ、ゝ‐´      ̄´ .|/:.:.:l:./:|.|                              好きな方を選ばせてあげるよ」
        `ヽュ:.ヽ\      `    ハ|:.:./:.:.:|      fヽ   ,-,
         .ヽ:.:.ヽ     r ̄/ ∠|:./ :.:.:.:.:.:!     ,_∠_ノ‐‐ ´,∠
         \\≧ 、`  /  |:,' :.:.:.:.:.:.:!   / ‐ ---<´         おーいいの! そのいけ好かない金髪娘をやっちまうの!
    〃二二‐:< \--二 ´|ヽ  /|:.:.:.:.:.:.:.:.| __ /   ヽ、`ヽ、
  /::/´ //:::::::::\ \ ./ヽ_|、|ヽ、.!:.:._, < /|´   、 `ヽ/         なんかフェイトちゃんに似てるけど、とにかくいいの!
  i::ヒ==ヽ/::::::::::::::|ヽ-__|__/_≠--‐¨./:/  / |     ヽ、/
  |:::::::::::::::::::::::::::/ // .     //:/.  ,' |___-ヽ--.′
.  |ヽ_,―――′ ./       /:/   ,'___ヽ′
   ∨\              |:::|    ヽ/::|_
.   ∨‐‐ヽ 、_         _ヽヽ>イ:::::::!,}
    ヽ、: : /: : >-----―<´ `ヽ`´  .}:::::|
      ∨/ /: : : :|. ..   . : : 0 |: : : :/ヽ::!
       >/: : : : : : : : : : : : : :    |: : :/.  ヽ
         7: : : : :/: : : : : : : :.     | /   .|
       |: : : :/    : : :.       | |     .|
       | /         0 ./ |     |
       /: : : . . .        {   ヽ、    |
       ヽ---_: : : : :: : :. . .  ヽ/__/ .     |
       /_ | | ` ̄l l―‐┌‐´| __||_/>     .|
       >: : :   `‐‐‐l.l― └ t<   \   .∧
     /: : : :         <      `ヽ、. ∧
     | lヽ、: : :.        ,/:> 、     /  ∧
     /:::::::::><__>´:::::::::::::::::::`ヽ _<ヽ   .∧、
.    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ./. ヽ




画面の向こうでは、世間一般的によく言われる魔法少女たちが何故か争っているアニメが流れ始めていた。

彼女の中ではこれがトレンドリーなのだとか。事実、今期のアニメでもトップの視聴率を誇るのだとか。

ちょっと内容がバイオレンスでエキセントリックなのを除けばいたって普通のアニメ、らしい。
200 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:13:34 ID:foK/Cpg60
ひでぇwww
201 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:14:44 ID:qgjxdXMs0
wwwww
202 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:14:45 ID:2zi0ZLBE0
これはひどい
203 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:18:42 ID:Eg3KBYaA0
ちなみに、私の作品だとなのはさんはフェイトに後ろから刺されてます。(改訂前のリリカルHALO参照)
204 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:20:10 ID:Eg3KBYaA0
                                x≦三ニ=-
           ⌒\  -‐   ¨     .  /三三三三ニ=-
.              . ´           ` .三三三三三ニ=─ァ
.           /           ヽ     ∨三ニ=-  ̄ ̄ ̄
.         〃  /     ′             V ≧三ニ=-
         ′  ′    /  ′   }wz_    :.   ≧三ニ=─ァ
        /イ   l _ - ナ ァ{   i ‐十‐ ミ、   :}   | ̄ ̄ ̄               「そこまでだ! 二人とも、いい加減に――」
          |l   |l´  / / |l   l   x≠ミ ミ   :   |
          |l   |l   x≠ミ、|l   | " _)::ハ 刈  .'   :|
          |l   |l 〃 _)::ハ八  |/ 乂::ソ }}Y/     |         あ、新キャラだ……って、男の魔道士じゃん。
          |l   |l 八 乂::ソ   ヽ|    , , }〉}    :|
          |l   |l トゝ , ,     '       〈{_.'     |         それも氷系だし。
.           八  |l 杁           ' }〉     |
.            ヽ从  |丶      ゚     イ/ |      |
                 丶|  ≧ュ . _   イ   |      |
                 _}     {__   |      |
.             _, -_=- rく      ソ `ミニ=─   _:|
.         . ´   ∨   `>x   /   /      ヽ
          /        ∨ /   } / \  /     ´   }
.        {    {:./  V     o},    丶 ′ :. }'    {
          }     ソ           {{           }    ハ








                  /                       丶  //////
                   '    /              ヽ  ∨/////
               /     ′     ´   /             ∨//
                   ′  -─l     i   ′/   ′    }   Ⅳ、
                       |     | _,. / -'─ /     , }、_   ://\
                {   -─  |    '「 / /  イ      ィ /''㍉ :}////\       あーでも私好みでちょっとカッコいいかも♪
                   -=  |     | /ィf斥笊 {l     /j/ `ヽミ Ⅳ////∧
                ∨     |     |〃 んハ 八  / ,x=ミ、 ミ '  V////∧      ねぇお姉ちゃん、この話のデータちょうだい。
                       |      杁, 乂ソ   丶(  ん} } ミ イ  丶////丶_
                    ヽ   |     |             Vリ '〃 |    ≧=一'⌒
                       V l|     |  ' '       、   〈{  |
                        }Ⅵ  {i  |            / 丶 |
                      _ノ、从 }l   |      (  ノ  . '    }〉|
                     r'ニニム )八  |丶             / |
                 イマニニニニ\  ヽ{  >  _ イ       |
            _ ≦ニニニマニニニニニ丶 \ }≧、   |          |
.            ≦ニニニニニニニマニニニニニニ\ ,Уマニニ= |          |
.         _ =ニニニニニニニニニニニ寸ニニニニニニ∨//}ニニニ=|          |
.       _ =ニニニニニニニニニニニニニニ寸ニニニニニ=V/'=ニニニニ=         |
205 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:20:44 ID:qgjxdXMs0
あれは流したらアカンww
206 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:22:19 ID:IQSONJSI0
リリカルHALOかよwwww
207 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:23:57 ID:Eg3KBYaA0
                     _....-──‐-...._
                ___ /:::::::::::::::>´ ̄
 .  -──-  ./. ./:::::::::> ´
´           ゚ /::::::::/. . .ヽ
         ヽ  ゚ 。/_ . . . . .}
          ∧   .::\. . ./
.i          i"゙"ヾ ∨::\i
.|     '  '    |    ミ !::::::∧                      ………… >
.|    /  ,イ    イ}    }l:::::::::∧
.|  ,イ  / |  / ム-─  ,:ヽ::::::::::\
ム十{ 「 丁 | ,/,/ 乏ミ、 . . . >。:::::::\
  ,ィf示乏、| /j/   トイ}  . . . . . .|`>─ゝ     って、あれ? お姉ちゃん? 話聞いてる?
. 《 トイ::::ハ ノ′   Vソ . . . . . . |
.  乂:::::ソ        "". . . . . . ..|
ゝ ""       '   /. . . . . . .|
、.          ,   . ゚)〉. . . . . . |
.)〉 、       ´ / 〈(. . . . . . . .|
/   `≧=r- イ    lヽ. . . . . ..|
\     {ー-ミ__   l. . . . . . . .|
: : :\    :. : : }: :`ヽ .l. . . . . . . .|
: : : : :≧=-=<´: : :.∧l. . . . . . . .|
、         _   . ゚)〉. . . . . . |







                、_
         -―‐-、\ヽ、
         ̄.>ー-、 ヽ} r‐-v-―- 、
        /.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.         :.\ ,、ィ´ ̄.\                        ……お姉ちゃん? >
        '//.::.:./.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、彡ヽ:.:.`ヽ:.:.:.:.ヽ
        'イ.::.:./.::.:./.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨,ハ:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.|
        /.:.:/.::.〃/.::.:.//.: /l|:.:.:.:.:ヽ.:.:.V }'j:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|      …………
        ! .:ハ:.:./.:/.::../メ、/人|匕人::.|ハ.:,' |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
        ∨ l,|:.!:::./ ○     ○ ヽイ// |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
           リハヘ:;'.""       """Y'「).  |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
                |:.ト 、  r―‐、   イ:.|´  |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
               i:j  >、 ̄ ̄_ イ |:.i   |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
            '   _,rト三 トハ、 !'     |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
              ,r‐'´ヽ∧_^_∧/ `ヽ、.   |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
             /::::::/ゝ':,.从./ /\:::`>、 |:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
              ,'::::/   ヽ∨/`   ヽ´ ヘ.|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
           ./`´ /     |     i   ';:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|
208 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:26:45 ID:Eg3KBYaA0
         ----, -‐  ̄ ̄ ̄  ‐- 、
      /  , -=ァ.:.:.:.:         .:.:.:.:.:.:` 、   / ̄` 、
      lr ´ ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ,、/:.:-=ミ .:.:'.
       /./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ ',l::::::::::::::::ヽ:::
        /.:::/.:.:./.:::/.::/.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:', ト:::::::::::::::::l:::j
      l:::::.′/::::l::::::::/./.:::/::::::{:::ト、ヽ,::::\.:.:.:.:',ハ::ーミx::::ji:::l      これだーっ!
        V l::i:::::{{::::7,イミヽi:/l::::::l::::/:;Xレ´トリ.::::::::li \::::::::::ll:::{
        i::从VヽハV;{{ト、. \{ヽX ! {Ⅵ∧ミ:::::リ  |:::::::::l:::l
        j:::::ハ:j イ欣㌦     .iル'イfチ.ハ}'|:/jl   ト::::::::|::|                  うひぁっ!? >
        レヘjN、ハ: V//,ノ      V//,ノ  l/l/リ   i:::::::::|:{
           kハ *****   i  ***** /イ     }::::::::||
           `ヘ   ,.., -‐ ⌒iヽ  /´ハ    |::::::::リ
            /ヽ::\ {:/       ´:},.イ::/::::.\  ノ.:::::/
          /::::::| ヾ:| ≧  __  ≦! l:::i¨`ヽ:::.\::::::/
           V:::::::::l  i:l ヾヽ></ノ |:::{   }:::::/.:::/
         V:::::::l  l:廴 ヾ⊥⊥/./ }  /.:::/.:::::',
             ヾ¨  ト,  `ー≠― ´   /  l::::/.::::{:::{
             ,ヘ   〉i   o }   r/  ハ:::{::::::从{
―――――――{f=='1―――――.|ヾ=´イ‐┴―
           `ーミ,イ        `トー<
           / }ル ィ}           {   ヽ
             〈////u          uヘヘヘヘ〉
               ̄´            ` ̄



それまで茫然自失としていたかと思うと、突然ベットから飛び起き叫び声を上げるなのは。

隣で妹のヴィヴィオが可愛らしい悲鳴を挙げていたが、それを無視してすぐに携帯電話を取り出すと
親友の所へと電話を掛ける。
209 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:27:47 ID:IQSONJSI0
コスプレネタが決まったのかw
210 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:30:23 ID:7zYg.bxQ0
よくやった
211 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:31:11 ID:Eg3KBYaA0
             \  ヘ
             ィヽ\ ヘ
   ,    <      `\V   ̄ ̄  > 、
<                         \
  ` <_ _   / ̄    -‐v‐-.   、 ̄>、\
    フ/ / /      .ムx     \‐-、  |
.   ,イ/   | rイ       /  ヘ.      ヽ、| ∧             フェイト―、続き続きーっ! >
    /   ハ ./ /    |   |       ヘ| |
.   / /   ヘ|  |, 斗七´l.    |.ー‐┼‐ト、 .l |ヘ |             お姉ちゃーん、まだー? >
  /イ     |l λ ,ハト、 |   |  ,イl ハ.   }| |`Y
.   / ,イ    lヽ | ン示云、|    レ'ィ'云ヽl /リλ.|
  厶イ |i  λ} `ヾ {::J::_}      {_:し::}/'イ. .l入l       どうしたのなのは……え? いま妹たちと遊んでたんだけど……
.      |ハ | ヾ  | `´         `´ . j  .l  |
.     、 ヽl  | 、ハ , , , ,   、    , , ,j, ,イ/ . |  |
        l` .| `ト、             し,イ   |  |
        l  l  .|\   r ‐― 、  , イ/|   |  |
        |  l |ヽ >,    ̄   ,ィ | l. |   |  |
        |  l | Y⌒ヽ><=-‐ヘ / |   |  |
        |  |  | ,ィ{ヘ`  ∧∧   .入  |   |  |
        |_|  l l:.:.:ヘ `´>o<`´/:. {ヽ|   |_|
      ,-< >|  l´l:.:.:.:.ヘ=-‐‐‐-=/:::::::l::::|   |_ >-、
   /:::|>':::::::|  ハ:l:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.l::::|   |::>‐/ヽ
   }:::::::|:::::::::::/   |:|:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:/:.:.:.:.:.:.:|:::|  .ハ::::::〈:::::::/
   ン::::、ヽ::::::{   .|:`>=-、:V:.:><二:.:/    }::::::レ:::}
   |:::::::/ヘ ̄ヽ、 ト` ̄ ̄く`ヾ:.ゝ:.:.:.:.:.:.イイ /ソフ:.:|:::::|






                  /   /   /               `ヽ、
                   ,′  |   :/ / / /         ヽ \   `ーイ
               l   │  l | /  /   /|  |  l   |\ー 一'´
                |    /l   -| 十! /- イ /  |  |  ,'  j  ヽ
                |    l |   Ⅳ|_l_/| / |l ,'  / メ/|: /   /ハ: |
                |  :/こ|   レイ ̄¨fヾ八{ /xく/ |/  /   | j      え? いま流れてる奴?!
                |  {{^ |   |!廴_     イ   トV  /   :/∨
                |   |ヽ.|   | |lll ii爪     ト-´/ /   /        でもこれ男性だよ?
                |   l  |   |        ,  `ア7/ / j/
                |   l  |   | u,   r- _   ij/ レ/            ……いや、いやいや! 幾ら私でも胸で無理だから!
                 /  l _/|   |\  `ー ´  イ │
                  / j_ 斗{ |   l   ヽ、_. < |   │             さらしとかで何とかならないよ! 何言ってるのなのは?
       _,, -=二¨ ̄| : : :.∨|   |\_| \ l | |   |
    r<          |: : : :.ヘ|   |  ̄ ∧  l\ ,|   |
    |  `丶、       |: : : .: :|   |、> /小  l: :.`|   |
    |     \    |.: : : : |   | / >oヘ |.: :│   |\
    /         \  │: : : :|   |./∠/|ヽ|│: :.|   |∨|
214 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:37:12 ID:Eg3KBYaA0
                    ___
             __,. - ―‐ - 、/ r<⌒`
            /   ヘ      =ミ \_ノ
           l    ヘ          ヾ. ̄
.             |    /〉         ハ
.           |    l/        /}ノ                   なんとかして性転換を…… >
            |   l           //
            |   |ヽ        /'                     そんなの出来る訳ないよ! >
            |   乂_ -‐-、./′
            |   ! , ,≠===                       第一、衣装どうするのさ?! >
            |   |/      丶
            r|   | ̄ ̄ ̄ ̄:::`::.、                    今から作れば夏には…… >
            l:|   |:::::::::::::::::::::::::::::/:}
            l:|   |::::::::::::::::::::::::::/::::l                   着る人がいないんじゃどうしようもないんだよ? >
.          |:|   |::::::::::::::::::::::::/::::::|







                               _____,
             . -‐    ̄   ‐-     /::::/
.             /              ` v'::::/   テコテコ
            '             ヽ       ::/   `ヽ
         /   / /            {{:\   }
.        /   /  '  ,ィ}     、 }_,,_,     \:::ヽ |
       /イ:   ′ムイ j{     } メ __㍉    .\::} |      まーた始まった……お風呂先に貰うね
.          |i  j / ハ /八   /j/     ミ     :} }' :|
.          |l  {l /┳━  ヽ(  ┳━  }} ⌒Y/   |
          从 }Ⅳ               〈{ 〉 }    |.                      ヤスリでなんとかするの! >
.           )八                /' _/|    |
.             丶     ^     _.イ、  |    |                      胸は簡単に削れないよね!? >
             `≧=-r=v===≦>////゚ 。:|    |
.                  |//∨//{//{////'∧   :|
.                  |///≧=|//|//////}   从
                {ニニ}ニニ{ニニ}ニニニハ__ イ
                 乂_ノゝ- 乂ノ、 ___≧イ __)






今回の糞ゲー、ここまで
215 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:37:56 ID:foK/Cpg60

ヤスリwwwwwww
216 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:38:20 ID:IQSONJSI0
乙でした
最後のなのフェイで癒されたw
220 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:40:17 ID:wEv6viLg0
おつー、姉妹ルート気になるなあ
221 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:40:21 ID:qgjxdXMs0
乙ー
前との落差がw
223 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:42:36 ID:8FaQtOfY0
乙でした
なのフェイとかいうギャグパートwww
なお姉妹は
224 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:46:19 ID:KhVrBh.I0

あれかやる夫は救えるのはいないのか?
安価精霊である俺達でも無理なのか?
225 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:46:43 ID:X9DgSThE0

いつまでなのフェイは癒しでいてくれるのか(遠い目)
227 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2014/02/09(日) 00:49:31 ID:Eg3KBYaA0
バカ野郎、癒しと言えばエイラ―ニャが居るだろ!

……まぁ、なのふぇはリリカルHALOで色々酷い目に遭っていただく予定だし。

なんかこの二人の時だけ書いてて胸が痛くなった。これが良心と言う奴か……
228 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:53:03 ID:8FaQtOfY0
>>227
胸が痛くなった(愉悦)
229 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 00:53:14 ID:57iTvcho0

ヤスリでダメならカンナなら・・・・・・
232 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 01:12:07 ID:tUPguJvw0
>>229
そいつはあカンナ
ごめんなさい…
233 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 01:14:38 ID:iI/l103.0
乙でした
234 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2014/02/09(日) 01:17:07 ID:Eg3KBYaA0
>>232 アウト。反省文としてヤンデレの定義についてレポート用紙20枚でまとめてきなさい。
     評価がA+で許してあげよう。

……っていう冗談は置いといて。まだ慣れないな……文章考えてると全然言葉が思い浮かばないし、うーむ。
235 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 01:19:26 ID:qgjxdXMs0
徐々に早くなってきてる感じはありますし
段々元に戻ってるように見えますよ
そんなに焦らなくてもいいのでは?
236 : 名無しのやる夫だお [sage] 2014/02/09(日) 01:30:42 ID:pyOQBh7o0
ゆっくりでええんやで?
237 : 名無しのやる夫だお [] 2014/02/09(日) 01:34:11 ID:eA9rn7kI0
明らかにおかしいやる夫に対して、やたら挑発するように接する姉妹
うつ病患者に頑張れって言っちゃう系の人間やわ・・・

糞ゲー その12

7684 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2013/12/12(木) 18:58:50 ID:MCFsVkl.0
あー、やっと帰ってこれた……昨日と言い夜勤と言い、なんか最近踏んだり蹴ったりだなぁ
7685 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 19:06:14 ID:OAs8Z7Dc0
踏まれるのがお好きとな?
7686 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 19:15:50 ID:YIBwusVY0
お疲れ様です……今日はあるかな?
7687 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [sage] 2013/12/12(木) 19:42:09 ID:MCFsVkl.0
そうだなぁ……ちょっとしたら糞ゲーでもやろうかな

エディタ立ち上げてこなきゃ
7693 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 20:04:42 ID:MCFsVkl.0
さて、それじゃあ始めるかな……人はどれぐらいいるかね?
7694 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 20:04:56 ID:jH8ZmMdQ0
7695 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 20:05:22 ID:F5yl9N1w0
7706 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 20:12:56 ID:4ZdOmHQ60
7707 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 20:14:10 ID:MCFsVkl.0
           ,--、、、._
             ,/,i´.'゙"ヽ''ー"ヽ;;-、、.,_、
           ,,/i´    .i゙_,,、、-‐`゙''''``'ヽ,:、、、           (   )
        ,rぐ.,..,,...、‐''''`.,、、-'''~ヽ`,`,`,丶三:l゙゙`''ヘ--,,,,、      ( )
      ∠-丶-、!ー──'''''~~~'|:il:|_::、彡'"`..__.:;:;:..,、,,,`>
             | l:|ケ~~~''───l:l!:i| ll'lYl'""゙゙~      |:l       ( (  )
             | l:|          l:l!:i| | l:|          |:l   r'゙''ヽ,,.,,,,_( 丿..,,,,,,,,,,,,,,_
             | l:|          l:l!:i| | l:|          |:l_,,r" ,;;,;;;;;(  ,,,,゙,,___..  ゙~゙″
             | l:l   .,,,,,,,,,,,,,,,,,l,l!:i| | l:|.,,,,_ ,,,,     |:.l  丿,,   (
 .,'⌒ヽr─、w,., | l:| ,ー'゙,:;::;;:;:;: :: ;l:l!:i|~;:;: :; :;ヾ /゙゙゙゙'''ヾ,,|.ヾl゙゙゙゙゙゙''''───  )─、,,,,,,,,,,
,,ll゙;;;;_;;www─l',,,/゙゙゙:;;;::゚ ̄ヽ~~~~ l:l!:i|~~~~~゚゚゚゚゚~ー、;;;ll゙l.彡l、      ( )
        .,il゜::;;;::;;:::;:;;:;丿~  .|llll|,,,,、rー-、, ~      ゙゙'''─、,,,,,,,,_
         ゙ヽ_;_;_;_r=--'゙,,,''''ノ,','l''゙''''゙′..__,,,,,,ir-、,   ~      `゙゙゚゚''─、,,,
                  llwww,,,、:;;:.,:;;l゙゙:;;;:;:;:;;::;;:;:;ヽ、       ,   ~
                      `゚゙゙゙゙゙'─ww','_,,,:;:l:;;:),,,,,,_~~:  ~
                           `       :  ゙゙゙̄ヽ ~
                                        ゙゙'ヽ、,,,







                    __
.             , : ´: : . . .  ̄ ミト、
.            //     `ヽ   ハ,
.           ′ 〃  /         ハ
.          i/ ./,,彡イ il |ヽ      i
.         / ./イi/,Ⅳ |}七,,Ⅵ i  |
        /  ,f斗fミ、Ⅵrf巧リ} i |   |!           ふむ……つまり彼が、さっき話してたバイト先の同期なんだな
.       /イ^/从杙ソ }′ ""イ l |} . |{
      / ,;|/´|レヘ."" ′ ⌒フ | |i .∧          偶然もあるもんだな……世界は狭いというし
.      〃|  i:|: ;心、‘ー` .イl. Ν八 ∧
.      {{. | i 从: :| _ir〕 ‐f_,,ノ.|ノ: : : :ハ  }
.      乂{Ⅴl|f≦「  ∧o 。 . /ilト,,_: :}Ⅳ
        f「 }Ⅵli: レ〃__\/′lf′ミト、
       |∨// _,, /,,_  / :|li:il/ / |
.        {/″ イ ゚    ̄,イ  IⅣ〃  |
       〃  〃      ′   il|     |
      {{  { ゚          .:::::l} \  |
.      人,,___\    ー   .::::::Ⅵ  , 人
       「_ i}  ̄ ̄: :f≠ =─‐-{' |    イ
       /: :/: : i ゚ : : :「 T } .:::i{,_|    :|
.       ,-T ′: :| : : : :L,,,」,,j: :__,,ノ{|    :|
      //∧,,_,」_゚ : : : : rf  ̄ : : }l|    :|
.     ///i}     }~ ̄ ゛ー┼─‐< l|  、 :|
    /┌fへ,,_   }}    .|: : : :i : : l|   \_!






男一人美女二人の三人はサウナ室から抜け出し、野外にある水風呂に仲良く肩まで浸かっていた。なんでも、これがエイラの
住んでいた国の習わしなんだとか。熱いサウナと水風呂を交互に入りながらという、実に奇妙な入浴方法だ。

もっと奇妙なのは、温泉ランドに癒されに来たはずの青年とエイラが互いに肩を上下させ顔を赤らめている事なのだが……

色気のある展開などは一切なく、ただあの後一悶着あっただけなことを此処に記しておく
7709 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 20:20:44 ID:MCFsVkl.0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ         なんで温泉ランドでこんな目に遭わなきゃいけないんだよ……
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨






          ///∧               ////|
       |////ハ . - ― -   .   //////,
       {///´         ` ///////
       У           i     ヾ////
        /    /  i       |{       ∨,ハ       それはこっちの台詞だぞ……この筋肉ダルマ。
.       /    / | |{ i  i   八      ‘.
     .′  .′|i 八{  | /  ヽ/       ‘.      なんでお前が姉ちゃんの隣に居るんだよ
      i     !  j厶 ‘  |ノ ̄,`メ、ヽ    i  i
      |{   七´′  ヽト、 //  ヽ‘.   |  |
.      八   /xfチ斧ミ  ` Vイ斧ミx. i  i   .
.       ヽ ハ代::リ     弋:リ j} | ハ{ ′                          そっちのお姉さんから来たんだよ >
.       Ⅳ              Ⅳ) 八
         |ハ    `       /__/
         |  ヽ    r‐ っ    イ   ′ |
         |  ! `       イ  |    |
      xr‐=ミ |   ハ≧=≦  ノヽ. !     |
    /: : : ー=ミコ{ : : \_/: : : }ー―‐=ミ
    .′: : : : : : : 八: 。: ゚:/|:ト、゚ :。:/  ̄ ̄ ̄´‘,
.    : : : : : : : : : : i: :ヽ:。/: |:|: ヽ゚/: : : :i : : : : : ハ
   i: : : : : : : : : :.|: : : `: : |:|o: : : : : : :|: : : : :/: :i





流石に騒ぐのは不味いのと、頭を冷やす目的で水風呂まで来たのだが……どちらかというと、ここはプールに近いのだろうか?

深夜近い時間帯に来る客はいないので、広いスペースをほぼ貸切状態。ここまで豪華な贅沢もそうはあるまい。


姉妹と向かい合うようにして水に浸かっている青年はどうしたらいいのか良く分からず、とにかく流されいているままだった。
7712 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 20:29:05 ID:MCFsVkl.0
               /i
             / .|            //
            ./  ./           / /
          . ./  .厂  ミ、   /  /                  第一、なんでこいつの隣に座ったんだよー >
        /  /   {  --   `く   /
         . '   .′  ≠         `ヽ/
       '    |  /     _,,    ハ
       .′    .|/  -=ニ二  -‐  ´   ,
      .′    . '         ィ /   i ,            なんでって、広く空いてるスペースが底しか無かったからさ。
      i    '       ≧x/ /i   /  l
      }   /       . ' /イメ、l  ./!   l
     .′ /     ィ"  弋心、  / /7  ′            それに……どうせなら、カッコいい男の隣の方が良いだろ?
     .′ /イ     ' .|    `¨”` /イ ィァ   .i
   ./     .|   ./| .|         与イ Λ|
   /     |  / .| ./         /_ -‐-、
  ./イ     ヽ { .|/  、   `  ‐ 人.ァ⌒ ‐ \
   .|   .i     `\|_   ` .   イ /「. -‐   ` .
   .|   .|、     \ ̄'. Λ` ´ 、  V r ‐ 、     `.ュ
  /|  i |. \    ‘. 7 ヾ_」、  \ Lノ   ` 、 .  '´  `ヽ
  l | .Λ|:  \    \ Lぅ `    \ヽ  r''"        l
  l |/  }    \    ヽ \   \ ヽ ,_|         |
  |ノ        | \ト、 ‘.  `  ぅ  ` } l    ミ、 斗''"}
  |         .|    \ l       .j/      ヽ  ̄ ヽ
  |         .| /    }゙|      / ヽ        ,  .l
  |         .l / |   {          } o      l   |
  |          .'/     :              l       '  |
  |       {ヘ  、   .          ノ      /   |
  |       ハ、_\  、  .        / o   イ⌒!   |
  |       l |  \`ヽ .. ヽ    .. 斗=''"}「 r''´ ̄}    |
  |        { |   ヽ≧''" ̄ ̄´-‐   ̄| o||o | ̄ ̄|   |
  |       -、   `!    {、    /l!  |l .|  .}リ.--‐ '
  |    '' ̄ ̄\ ヽ   ノ    | ` r'"  |l  ||  `ーイ- 、
  :      ̄ ̄ ̄ ̄`'く     .廴_L  」 o}}o  /_Λ
   .            `     -―――‐- ||   |  |.」
    、             `'く ̄ ̄}     .}`ー-|  | |
    \              `''<`ー-♀イ   |  | |



まぁ、個人的に好みだったというのもあるがな。笑いながら言われても反応に困る……これは「からかっている」と取るべきなのだろうか?



スタイルに自信のあるアウロラさんは、黒のビキニ。それとは対照的にスタイルに酷く恵まれてないエイラはスポーツタイプの白い水着だ。

姉妹でも此処まで差が出るのか。ふとそんな考えが頭を横切ったが……よくよく考えてみれば自分自身の事と当てはめてみると納得が
いく。家族でも違いはあるし、自分の元姉妹の二人も、胸囲に関しては圧倒的な差があるのも思い出した。
7719 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 20:36:01 ID:MCFsVkl.0
                /              \
              , '                  ヽ
              /       / /|   i    ∧  ' , ヨコシマナシセンヲカンジルゾ
              ,'       / / i    l    / ∧    ,
             ,  |   |  ハ/―|-ト |  ∠イ{ ∧  l
            ,   |   | /  _ | /\!   | ト、 !  |       えー、姉ちゃんこんな感じの奴がタイプなのか?
            ,'    ヽ  |/ , イ:.:.しド  |  /lム、ヽ|  |
            ,   f´ ヘ  !   辷:.ノ    |/ ,イ.:.ひ、!  ∥
           ,    {〈 rヘ |            辷:ノ/ | /リ
          〃    `ー-、          、  ,'  |/
         /     /  i              /
          /     /  /    \    こア   /
        /     // /     > 、    ,  ´
        , '    /, '´ ⌒丶    /  / ` ‐ ´
      , '  /  /       、/__.ノ
    // / /         ', ヘ ト 、
  / ./ / , ´           i/ } |  :
∠ イ /  , '             |ノ ,'  i
.  / /__ /      , ヘ       |/ /  :
 / ハ |∨        ',       | /   ,'
 レ  || \        ',      | {  /
    l|   \  i   _ >-― --ヘ| /
    |l      ` ┴- '´        `7







              / {        } ,
                / :}         {  ,
            /   ;       ¦ ′
              /  /   __ _   |:   ‘,
.             /  /≦       }:.  ∧
              ′  /         \ ミ
             {   /    /          }:  ヽ
        / |:      .:/   /.:/     :.  ,
.        〃 j/    .:/   .:    ∧.  .:|      ,
       :  ; / .:.//'  /  .:/ 乂. l|  .:}  ′      さぁ……色恋沙汰なんて大学以来だ。今は仕事で忙しいし
       i :/ /   ;/  / |: /.:/    ∨ }  .:  '
       |/    ア7 ァ‐ '/ 厶 - ―∨! :/ } |       ただ、興味があるかないかと言われれば……
.        //  .;.イ≠≠ミ.  { {/   斗≠ミ从 /  :. |
        //  :/:圦 辷ツ`  乂  ´ 辷ツ/ }リ  /.:.八       うん、全く悪くない。興味津々と言っておこう
     〃l  .:/ ∧      ;        //.:/,}:   ハ.
       | :/ {:  ',              /イ /ノ.: { ∧
      { 八 .'}:.  .:小.    、         ィ:l/ / .:|:   ,
.       / :| 人 込.       ´    .イ ノ |:. { :.  .;小. ′
.        .′ :.   ヽ ゝ.>     . イ.:〃{:|:  :|:.:..   / :}
       : } :|  :  :/ .:. .:._} ≧チ   { :j/ |:.:.  .:|:. ∧ ‘. }リ
.      i {  : / .:∧乂ン ノ     ノ 入 乂:.:. l:. :∧ ∨
.      | |   {:. :.  {/ 。\ r≦    .:} ≧ーミ乂. ∧ ∨
.      | {八 乂:. \  ° :介 ∨°。  ノ    .:|:   `ヽ′,
.      人乂 ヽ八:  \'イ }} o  ∨ 。 .:∧    ¦    }: }
.        /   :{.:o\ゝ   l|     ゝ‐f ノ∨ o.:      |:∧
       /  }  :}:/      :リ ー    /  ∨  .:{:..   ノ'  :.
     ′ i  ン _ ... ≠ ;' o   ; 二 .. ミ∧   l:..      \
.     j     ´ ノ    /      /     ∨ :| ヽ:..       \
      ,′.:/  ′     /        '      ∨ト .  :.:.        \
.     /   ′ :       ″      ′         {  <        \
    /  :{:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.o...........:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.: リ    `ヽ.     :.:.    \
7728 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 20:47:35 ID:MCFsVkl.0
               /i
             / .|            //
            ./  ./           / /
          . ./  .厂  ミ、   /  /
        /  /   {  --   `く   /
         . '   .′  ≠         `ヽ/
       '    |  /     _,,    ハ
       .′    .|/  -=ニ二  -‐  ´   ,
      .′    . '         ィ /   i ,         社会に出て見ろ? 人の嫌な所はたくさん見るわ、男はいろいろと
      i    '       ≧x/ /i   /  l
      }   /       . ' /イメ、l  ./!   l         下半身が思考と直結。人間関係も考えると凄く面倒くさいんだぞ?
     .′ /     ィ"  弋心、  / /7  ′
     .′ /イ     ' .|    `¨”` /イ ィァ   .i
   ./     .|   ./| .|         与イ Λ|         そう考えると、だ。 素直そうな年下の学生と言うのはとてもいい。
   /     |  / .| ./         /_ -‐-、
  ./イ     ヽ { .|/  、   `  ‐ 人.ァ⌒ ‐ \        会社でのしがらみも無く、遠慮なく付き合えるしな……
   .|   .i     `\|_   ` .   イ /「. -‐   ` .
   .|   .|、     \ ̄'. Λ` ´ 、  V r ‐ 、     `.ュ
  /|  i |. \    ‘. 7 ヾ_」、  \ Lノ   ` 、 .  '´  `ヽ
  l | .Λ|:  \    \ Lぅ `    \ヽ  r''"        l
  l |/  }    \    ヽ \   \ ヽ ,_|         |
  |ノ        | \ト、 ‘.  `  ぅ  ` } l    ミ、 斗''"}
  |         .|    \ l       .j/      ヽ  ̄ ヽ
  |         .| /    }゙|      / ヽ        ,  .l
  |         .l / |   {          } o      l   |
  |          .'/     :              l       '  |
  |       {ヘ  、   .          ノ      /   |
  |       ハ、_\  、  .        / o   イ⌒!   |
  |       l |  \`ヽ .. ヽ    .. 斗=''"}「 r''´ ̄}    |
  |        { |   ヽ≧''" ̄ ̄´-‐   ̄| o||o | ̄ ̄|   |
  |       -、   `!    {、    /l!  |l .|  .}リ.--‐ '
  |    '' ̄ ̄\ ヽ   ノ    | ` r'"  |l  ||  `ーイ- 、
  :      ̄ ̄ ̄ ̄`'く     .廴_L  」 o}}o  /_Λ
   .            `     -―――‐- ||   |  |.」
    、             `'く ̄ ̄}     .}`ー-|  | |
    \              `''<`ー-♀イ   |  | |




近頃の女尊段日の風潮からか、はたまた法の力なのか知らないが直接的に触るセクハラは減ったが、じっと遠目で観てきたり

酒の席での気に障るような質問は後を絶たない。むしろ形に表せないのが増えてきたというべきだろう。

おまけに事務職系の会社なので、新入社員やごく一部の人間を除き大体の男が体型的にあまりよろしくない。夢も希望も
へったくれもなければ、そもそも色恋ごとを考えるのが間違っているというのがアウロラさんが社会に出て思い始めた事らしい。


姉妹での会話になっているが、目の前に本人が居るのを忘れないでもらいたい。男性としていろいろ聞きたくない所まで聞こえてくる。
7729 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 20:49:21 ID:rBmtr0nw0
※ココロのきれいな人には黒のビキニに見えます
7730 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 20:51:45 ID:b7wNZDrI0
どこだか忘れたけど川の上にサウナ作ってあったまったら川にダイブするとかあったな
7731 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 20:57:09 ID:MCFsVkl.0
                              / |        /ヽ
                             ′  |          /   ,
                          /   |       :     ′
                            /    .|        !     ,
                        /     上=:::::::::::::=┤    ′
                      ′ ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::l      !
                     ,.:':{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   |:ヽ
                       /::::':::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.  |::::::::.
                   /::::::::::::; ':::::::::ノ:::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::. ;:::::::::::.
                     ,::/:::::::::/-::;;/::/:::::::::::/   ';:::::::::::::::::}:':::::::::::::.      こういう出会いもアレだ。運命的とでも言うのか?
 r 、                 {/:;::::::://:/ `!/::::::::::;_    ';:::::::::::::::::::::::::::::::::
 | ゝ                  /:イ::{:i:{ 「 fミ:、/:::;:ィ/    `゙ 、i::::::::::::::::::::::::::::::::|     お前がいらないなら、遠慮なく私が貰ってってしまうぞ。
  . c 。`ー--‐c¬。¨¨ ヽ   /1::l:::l:|:| l ぅ:リl/  -―      !`::::::::::::::::::::::::::::;
  \ ゚  o  ゜ ゚  O 。}  { 川::八!:.` _.シ   ´ ̄ら::::ヵ 、|::リ:::::::}::::::::::::::: ′
    >----nnn- 、  ノ  /::从{::::{       ゝ 込zシ〃|:':::::::/::::::::::::::/     必要ないから永遠に貰ってってくれても構わないぞー >
          |  }  `¨´   .{:/:::::|::圦 _       :.:.:.:.: ノ:::::::/ }:::::::::::::{
.         乂 .ノ        レ::::::::::::/゚ 。 cヽ        ∠ィ::::; ' ノ!::::::::::::l:.
           | |       .{:l:::_::/ 。 ゚,..、-‐'        /:::厶..:':::|:::::::::::::';::.       ……だ、そうだ。取引成立だな。
          _|_| / }     ∧:`::t―く:}::::::ヽ.__ .  七/イ::::/:::::::l:::::::::::::::l:::ヽ
       f> 、`ヽ!    /;イ:::::小:::::八::::::::::f 寸_ ,,∠..斗く:::::ノ:::{、::::ヽ:::::}ヽ:}
      /¨ヽ.  } }    i/ V´ ̄/´ ̄≦ 。〃ー‐ '" ̄   X::::::ノ:::::::ハ::i リ
      f¨¨ヽ } |、ノ'   { /{ , '  ィ ´/ ゚/}。', o  。  /  ≧ー┴ .}ノ
      | } } ト.'  }    / y o/ノ レ゚  ノ  ',       /  /   /  ,
      l .ゝ'¨{.j  ,’   /,.∠ ‐≦   /   '., 0  イ o {.  , '    ′
      {    _, ム> ´―--'    ,. ´o   _ ヽ./|  | /      ,
.      〉     {/         /     ー- .. ト 、ヽ   |./         ′
    /{1_,. -‐={         .' (ノ         :.ヽ}  ,   |i         ,
   〃 |     .ノl         ‘  .         }    ′ .|!         ′
   {` ̄ ̄ ̄   .           {  i            ,     }  |
    ,        圦         r_;          .    ハ 〉
    ′     _,,. -‐ 、 _ ,.__}ー-乂       /    / /Уヽ
     ,`ー‐ ´       }ニニニ、 |   ̄`:::..........∠.......  '  /   ,
     ′         |o   | l| o| o |l ̄~¨,ニ、 ー- 、> 、 /     ′
     }       f=====| l|  !  {l__ ー'   l}  ./




なに勝手な事を決めてるんですか……。というよりも、本人の許可も無いしよくもまぁ言えたものだ。

それは手厳しい、夢の年下の恋人は諦めるとしよう。アウロラさんも冗談交じりの口調で肩をすくめた。


唯一エイラはどーでもよさそうな感じで水風呂を楽しんでいるが、もしアウロラさんと付き合うなら間違いなくお前の家に
遊びに行くことになるのだが、その辺は良く考えているのだろうか? いや、考えていないんだろうな。

こいつもアホの天然っぽいしと、青年は頭の中でエイラにだけ酷い評価を下す。
7738 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 21:12:00 ID:MCFsVkl.0
           , - " ̄ ̄"-
         /           `丶
        /    /          ヾ
       /     l     ヽ      i ヽ
       ´  / / ∧  │  ノヽ     l l l
      { ││ /l/  ',  l/ヽ  丶  l│l l        姉ちゃん。そろそろ12時だぞ……
      ││├/┤ ̄ ',  l l l ト ‐- ゝ i/i l l
      { │ l/,,ィ== \l lノ レ==,, ト l/ }            あぁ、もうそんな時間か。 >
       iλ│ 弋;;;ソ   ヽ  ト::::ソゝl/ノ /
       ヘ v :::::::::::      :`::´::::/勹 /
       │ 卞  ::::   .    :::::/ ノl/
       ││ ヽ    _     / l  l
       │││ .ゝ.,    ,, イ:i │ │
       │││  │ `´│  ;; l l │
       ││ ,'/ ヽ 幵l=´\; i 丶 l
       │少    / ヽ 幵l=´\; i__ \
    __-‐=   \/ ⅱ \/    ノ入     _..
    {ヽ  ヽ      ⅱc    ,  // lη ,//
    i   ヽ      ⅱ   / ̄⌒ゝ  //γ/
    │         'c /   \ヽλムヽ ゝ
    │ヾ  /┘┐   へ    ノ ヒ>//  /
    │ 丶/ ̄ ̄  /   ヽ,/   //  /
    │     / \    ヽ   │   l
    │  \/    \   ゝ  │/ ̄l






                    __
.             , : ´: : . . .  ̄ ミト、
.            //     `ヽ   ハ,
.           ′ 〃  /         ハ
.          i/ ./,,彡イ il |ヽ      i
.         / ./イi/,Ⅳ |}七,,Ⅵ i  |         明日の仕事も早いし、お前も学校があるだろ。
        /  ,f斗fミ、Ⅵrf巧リ} i |   |!
.       /イ^/从杙ソ }′ ""イ l |} . |{        さっさと上がるとするか……
      / ,;|/´|レヘ."" ′ ⌒フ | |i .∧
.      〃|  i:|: ;心、‘ー` .イl. Ν八 ∧
.      {{. | i 从: :| _ir〕 ‐f_,,ノ.|ノ: : : :ハ  }
.      乂{Ⅴl|f≦「  ∧o 。 . /ilト,,_: :}Ⅳ
        f「 }Ⅵli: レ〃__\/′lf′ミト、
       |∨// _,, /,,_  / :|li:il/ / |
.        {/″ イ ゚    ̄,イ  IⅣ〃  |
       〃  〃      ′   il|     |
      {{  { ゚          .:::::l} \  |
.      人,,___\    ー   .::::::Ⅵ  , 人
       「_ i}  ̄ ̄: :f≠ =─‐-{' |    イ
       /: :/: : i ゚ : : :「 T } .:::i{,_|    :|
.       ,-T ′: :| : : : :L,,,」,,j: :__,,ノ{|    :|
      //∧,,_,」_゚ : : : : rf  ̄ : : }l|    :|
.     ///i}     }~ ̄ ゛ー┼─‐< l|  、 :|
    /┌fへ,,_   }}    .|: : : :i : : l|   \_!





その後も何度か姉妹の会話に青年が突っ込みを入れる形で時間を潰していると、もう日付が変わろうとしていた

エイラはアウロラさんが保護者なので居ても大丈夫だが、青年はまだ学生だ。こんな時間まで残っていて大丈夫なのか
と聞かれたが、「親父……いや、家族と来てるから問題ありません」と適当な嘘をついて誤魔化した。

母は途方に暮れてるだけだし、父に関しては殆ど自分に関してはノータッチを貫いている。

唯一、あの「姉妹」だけは……本当に変な話だが、以前よりも会話が増えだした気がする。気のせいであってほしいが。


私、先に髪乾かしてるからなーとエイラが脱衣所まで走り去ってしまうのをただぼんやりと、水風呂に浸かりながら眺めていると
アウロラさんが目の前までやってきて目線を合わせるように座り込む。
7744 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 21:19:55 ID:MCFsVkl.0
              / {        } ,
                / :}         {  ,
            /   ;       ¦ ′
              /  /   __ _   |:   ‘,
.             /  /≦       }:.  ∧
              ′  /         \ ミ
             {   /    /          }:  ヽ
        / |:      .:/   /.:/     :.  ,
.        〃 j/    .:/   .:    ∧.  .:|      ,
       :  ; / .:.//'  /  .:/ 乂. l|  .:}  ′
       i :/ /   ;/  / |: /.:/    ∨ }  .:  '
       |/    ア7 ァ‐ '/ 厶 - ―∨! :/ } |
.        //  .;.イ≠≠ミ.  { {/   斗≠ミ从 /  :. |           すまんな……エイラの奴、悪気があってあんな言葉を使ってる
        //  :/:圦 辷ツ`  乂  ´ 辷ツ/ }リ  /.:.八
     〃l  .:/ ∧      ;        //.:/,}:   ハ.         訳じゃあないんだ。誰にでもあんな感じで素直に話す奴でな
       | :/ {:  ',              /イ /ノ.: { ∧
      { 八 .'}:.  .:小.    、         ィ:l/ / .:|:   ,        同性ならもうちょっと気遣いが出来るんだが……
.       / :| 人 込.       ´    .イ ノ |:. { :.  .;小. ′
.        .′ :.   ヽ ゝ.>     . イ.:〃{:|:  :|:.:..   / :}
       : } :|  :  :/ .:. .:._} ≧チ   { :j/ |:.:.  .:|:. ∧ ‘. }リ
.      i {  : / .:∧乂ン ノ     ノ 入 乂:.:. l:. :∧ ∨
.      | |   {:. :.  {/ 。\ r≦    .:} ≧ーミ乂. ∧ ∨
.      | {八 乂:. \  ° :介 ∨°。  ノ    .:|:   `ヽ′,
.      人乂 ヽ八:  \'イ }} o  ∨ 。 .:∧    ¦    }: }
.        /   :{.:o\ゝ   l|     ゝ‐f ノ∨ o.:      |:∧
       /  }  :}:/      :リ ー    /  ∨  .:{:..   ノ'  :.
     ′ i  ン _ ... ≠ ;' o   ; 二 .. ミ∧   l:..      \
.     j     ´ ノ    /      /     ∨ :| ヽ:..       \
      ,′.:/  ′     /        '      ∨ト .  :.:.        \
.     /   ′ :       ″      ′         {  <        \
    /  :{:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.o...........:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.: リ    `ヽ.     :.:.    \





               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i           女子高だから男と話すのが珍しいんでしたっけ?
         ,       /   、   、   |
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、                         なんだ、そんなこと知ってるのか >
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|            休憩時間にちょっとだけ……話を聞いたので
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧
7746 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 21:27:32 ID:MCFsVkl.0
                       /l
           !.、               / l
           ! 丶     , ............ /  l
           !  丶, ‐ ´     /   l
          ! /             `丶、!` 、
          y.   l    ハヽ     ヽ ヘ
            /    l. l  .//ヽヽ、ヽ  ヽ ヽ ハ              アイツがいきなりバイトを始めると聞いた時は、何か問題を
        〃 l  l イl l  /イ', !ヽヽ_ ヽ  l l .ハ
        l l l  l lヽヽ〃 l 七´\`丶  !V   l             起こすんじゃないかって冷や冷やしてたんだが……
        l ハl 」ィT ̄メく  ',  'てらヽl L」   l
        l.l l l r'てう \ヘ  乂.ン l / f,ヽ  !
           l! ヘ !.丶乂リ    ゛ 、、、  レ 7ノノ  l             先輩たちが付いてるとはいえ、あんな性格だろ?
              ヘ!ヽ 、、、 、           _,イ  ', l
                 ハ      __    / ',   v            接客業なんて向いてないし、そもそも色々と問題がだな……
              丶、 ⊂´-‐' ∠.l  ',   l
                l` ー .<, -‐´ヽ、ヽ   ヽ
                   l l  /lヘ°。 /三三ニフー、
                ヽゝイ。!lヘ 。/       ./   ハ
              ,.-=彡イ レl l .V        ./    l
                l l´.      l l.       、l /      l
                  l l. /    //   r===l ∨  !   , l
              l /=ニ= //         ハ.  !    リ
                  /   rr.            ハ  l     l
               {    { {          ハ l    .l






         .. - ― - ..
       / /       ヽ
      / {   . :/      .:`,
      .″レ . :/^/ .:∧ :| .:} i            でもまぁ、良かったよ。
      |:// . //{ /:/ .∨| ,: |
.     /   ≠=ミ { i/.斗=ミ从 '.:|            君の様な優しい人間が一緒なら、きっとアイツも大人になれるだろうし
     / : /圦ゞ-'`.乂´ ゞ-' }リ.:/八
   〃l :/:∧    '    /ィ//.:|.ハ           ……言っておくが、性格的な意味でだぞ?
      }イ} .:小. 丶  '  イ |/: .:| :',
      : i _人 >  _ . イ: l :! |.:..| . リ
      i ':/.: ヽ ノ  _ノ入乂 |:.∧v
      | : 乂< ゚。〉〈 。  ノ  |´ヽ、V
.     乂ヽ  \/}|o.\//   !   ト、
     / ] !    リ -  / ∨゚.:.  ノ :
    j  i `':  / o   / .∧.:| /   \
   / / '  :/  ..::/  ' `ト、:..     \
.  / .:i:.:.i:.:.:.:.:{!:.:.:.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:/|  ヽ:::..  :. \
.. / .:八:.ゝ:.:.:.:.',.:.:.:.:.:.:}.:.:.:.:.:/:/   \:::...::.... .:ヽ
7747 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 21:28:37 ID:5fRpYRLY0
大人になる(意味深)
7749 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 21:30:35 ID:CULNA1Zo0
わざわざ言い直すと余計にw
7765 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 21:38:20 ID:MCFsVkl.0



                     -  ̄ ̄` - 、
                 /ー、         ヽ
                , -、     ヽ、_     ハ
                 ノ!o }  !、_         ',
              / >    o`ー--      }          ……俺が優しい人間ですか。
              { /    ヽー- _  _   !
              ヽ`ー〈   }     イ´  ヽ j           なんでそんなこと分かるんですかね
               >、  ー'    (  , イ⌒ヽ' |
               <  7ヽー-ァー-ヾ/    .ハi
      r='ヘ      /ヽ!:::{ <´    ハo     i
      ∨l∧     ノ  / 7::`->  /    j     /
       ∨l∧  _/ j / /:;':::〈-イ     〈    ..|
       ,イ )ヘ}-' / j /:::;:r´        !   ...|
       ! ⌒)ヘ  ノ /:::::;/        }   ..|
       ヽ ´ノヘ/  /::::::/       ヾ /    |







              / {        } ,
                / :}         {  ,
            /   ;       ¦ ′
              /  /   __ _   |:   ‘,
.             /  /≦       }:.  ∧
              ′  /         \ ミ
             {   /    /          }:  ヽ
        / |:      .:/   /.:/     :.  ,
.        〃 j/    .:/   .:    ∧.  .:|      ,
       :  ; / .:.//'  /  .:/ 乂. l|  .:}  ′
       i :/ /   ;/  / |: /.:/    ∨ }  .:  ¦        なんとなく、雰囲気と様子からかな。
       |/    ア7 ァ‐ '/ 厶 - ―∨! :/ } |
.        //  .;.イ≠≠ミ.  { {/   斗≠ミ从 /  :. |         見知らぬ姉妹との悪口に一時間も付き合ってくれるし
        //  :/:圦 辷ツ`  乂  ´ 辷ツ/ }リ  /.:.八
     〃l  .:/ ∧      ;        //.:/,}:   ハ.        嘘はつくが、少なくても悪い人間では無いだろ?
       | :/ {:  ',              /イ /ノ.: { ∧
      { 八 .'}:.  .:小.    、         ィ:l/ / .:|:   ,
.       / :| 人 込.       ´    .イ ノ |:. { :.  .;小. ′
.        .′ :.   ヽ ゝ.>     . イ.:〃{:|:  :|:.:..   / :}
       : } :|  :  :/ .:. .:._} ≧チ   { :j/ |:.:.  .:|:. ∧ ‘. }リ
.      i {  : / .:∧乂ン ノ     ノ 入 乂:.:. l:. :∧ ∨
.      | |   {:. :.  {/ 。\ r≦    .:} ≧ーミ乂. ∧ ∨
.      | {八 乂:. \  ° :介 ∨°。  ノ    .:|:   `ヽ′,
.      人乂 ヽ八:  \'イ }} o  ∨ 。 .:∧    ¦    }: }
.        /   :{.:o\ゝ   l|     ゝ‐f ノ∨ o.:      |:∧
       /  }  :}:/      :リ ー    /  ∨  .:{:..   ノ'  :.
     ′ i  ン _ ... ≠ ;' o   ; 二 .. ミ∧   l:..      \
.     j     ´ ノ    /      /     ∨ :| ヽ:..       \
      ,′.:/  ′     /        '      ∨ト .  :.:.        \
.     /   ′ :       ″      ′         {  <        \
    /  :{:.:.:.:.{:.:.:.:.:.:.:.:.:.{{:.:.o...........:.:{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ.: リ    `ヽ.     :.:.    \
.   /  :八:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:’,:.:.:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:./            ..:.:.:..   丶
  /    :.:.\:.:.ゝ:.:.:.:.:.:.:.:.'.,:.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:/.:.:/         \:.      :..  ヽ
7796 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 21:55:45 ID:MCFsVkl.0
                              / |        /ヽ
                             ′  |          /   ,
                          /   |       :     ′
                            /    .|        !     ,
                        /     上=:::::::::::::=┤    ′
                      ′ ...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::l      !
                     ,.:':{/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   |:ヽ
                       /::::':::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.  |::::::::.
                   /::::::::::::; ':::::::::ノ:::::::::::::::/ ヽ::::::::::::::::::. ;:::::::::::.
                     ,::/:::::::::/-::;;/::/:::::::::::/   ';:::::::::::::::::}:':::::::::::::.        家族で来たって言ってたが……
 r 、                 {/:;::::::://:/ `!/::::::::::;_    ';:::::::::::::::::::::::::::::::::
 | ゝ                  /:イ::{:i:{ 「 fミ:、/:::;:ィ/    `゙ 、i::::::::::::::::::::::::::::::::|     あれは嘘で、本当は一人で来てたんだろ?
  . c 。`ー--‐c¬。¨¨ ヽ   /1::l:::l:|:| l ぅ:リl/  -―      !`::::::::::::::::::::::::::::;
  \ ゚  o  ゜ ゚  O 。}  { 川::八!:.` _.シ   ´ ̄ら::::ヵ 、|::リ:::::::}::::::::::::::: ′
    >----nnn- 、  ノ  /::从{::::{       ゝ 込zシ〃|:':::::::/::::::::::::::/     学生なのに一人で夜更かしとはいけない子だな。
          |  }  `¨´   .{:/:::::|::圦 _       :.:.:.:.: ノ:::::::/ }:::::::::::::{
.         乂 .ノ        レ::::::::::::/゚ 。 cヽ        ∠ィ::::; ' ノ!::::::::::::l:.
           | |       .{:l:::_::/ 。 ゚,..、-‐'        /:::厶..:':::|:::::::::::::';::.
          _|_| / }     ∧:`::t―く:}::::::ヽ.__ .  七/イ::::/:::::::l:::::::::::::::l:::ヽ
       f> 、`ヽ!    /;イ:::::小:::::八::::::::::f 寸_ ,,∠..斗く:::::ノ:::{、::::ヽ:::::}ヽ:}
      /¨ヽ.  } }    i/ V´ ̄/´ ̄≦ 。〃ー‐ '" ̄   X::::::ノ:::::::ハ::i リ
      f¨¨ヽ } |、ノ'   { /{ , '  ィ ´/ ゚/}。', o  。  /  ≧ー┴ .}ノ
      | } } ト.'  }    / y o/ノ レ゚  ノ  ',       /  /   /  ,
      l .ゝ'¨{.j  ,’   /,.∠ ‐≦   /   '., 0  イ o {.  , '    ′
      {    _, ム> ´―--'    ,. ´o   _ ヽ./|  | /      ,
.      〉     {/         /     ー- .. ト 、ヽ   |./         ′
    /{1_,. -‐={         .' (ノ         :.ヽ}  ,   |i         ,
   〃 |     .ノl         ‘  .         }    ′ .|!         ′
   {` ̄ ̄ ̄   .           {  i            ,     }  |
    ,        圦         r_;          .    ハ 〉
    ′     _,,. -‐ 、 _ ,.__}ー-乂       /    / /Уヽ
     ,`ー‐ ´       }ニニニ、 |   ̄`:::..........∠.......  '  /   ,
     ′         |o   | l| o| o |l ̄~¨,ニ、 ー- 、> 、 /     ′
     }       f=====| l|  !  {l__ ー'   l}  ./




一時間半近く姉妹と付き合ってるのに、家族らしき人は誰も様子を見に来ない。というよりかは彼自身が時間を気にする

様子を一切見せないので不思議そうに思っていたのだが……それをアウロラが尋ねた際に言った青年の様子で嘘だと分かったのだとか。

そんなことでばれるとは、鋭い云々の以前の前に自分の言い方に問題があったのだろう。挙動不審だったのだろうか?
7798 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 21:57:05 ID:6o5nP2VQ0
やっぱバレてたのね。
7799 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 21:59:04 ID:jH8ZmMdQ0
嘘をつくのが下手なやる夫くん
7800 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 21:59:46 ID:MCFsVkl.0
                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´   _   r  .l
.        |       t''j"´    =='' ',        だったら……優しい人間なら、他の人を頼った方が良いっすよ
.          ',      `¨¨´   ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ        生憎ですが、俺は皆が言う「優しい人間」でも無ければ「良い人」でもないんで
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |







                    __
.             , : ´: : . . .  ̄ ミト、
.            //     `ヽ   ハ,
.           ′ 〃  /         ハ
.          i/ ./,,彡イ il |ヽ      i         自分でそう言えるうちは、まだまだ健全な人間である証拠だな。
.         / ./イi/,Ⅳ |}七,,Ⅵ i  |
        /  ,f斗fミ、Ⅵrf巧リ} i |   |!        本当の悪人ならそんなこと言わん。……なんか変に頑固っぽいな君は。
.       /イ^/从杙ソ }′ ""イ l |} . |{
      / ,;|/´|レヘ."" ′ ⌒フ | |i .∧
.      〃|  i:|: ;心、‘ー` .イl. Ν八 ∧
.      {{. | i 从: :| _ir〕 ‐f_,,ノ.|ノ: : : :ハ  }
.      乂{Ⅴl|f≦「  ∧o 。 . /ilト,,_: :}Ⅳ
        f「 }Ⅵli: レ〃__\/′lf′ミト、
       |∨// _,, /,,_  / :|li:il/ / |
.        {/″ イ ゚    ̄,イ  IⅣ〃  |
       〃  〃      ′   il|     |
      {{  { ゚          .:::::l} \  |
.      人,,___\    ー   .::::::Ⅵ  , 人
       「_ i}  ̄ ̄: :f≠ =─‐-{' |    イ
       /: :/: : i ゚ : : :「 T } .:::i{,_|    :|
.       ,-T ′: :| : : : :L,,,」,,j: :__,,ノ{|    :|
      //∧,,_,」_゚ : : : : rf  ̄ : : }l|    :|
.     ///i}     }~ ̄ ゛ー┼─‐< l|  、 :|
    /┌fへ,,_   }}    .|: : : :i : : l|   \_!
7804 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 22:06:42 ID:MCFsVkl.0
               /i
             / .|            //
            ./  ./           / /
          . ./  .厂  ミ、   /  /
        /  /   {  --   `く   /
         . '   .′  ≠         `ヽ/
       '    |  /     _,,    ハ
       .′    .|/  -=ニ二  -‐  ´   ,
      .′    . '         ィ /   i ,       ……なにか問題を抱えてるみたいだが、そう深く考えないでくれ。
      i    '       ≧x/ /i   /  l
      }   /       . ' /イメ、l  ./!   l       妹の事も、此処で会ったのも何かの縁だし、愚痴ぐらいならお姉さんが
     .′ /     ィ"  弋心、  / /7  ′
     .′ /イ     ' .|    `¨”` /イ ィァ   .i        聞いてあげてもいいぞ?
   ./     .|   ./| .|         与イ Λ|
   /     |  / .| ./         /_ -‐-、
  ./イ     ヽ { .|/  、   `  ‐ 人.ァ⌒ ‐ \
   .|   .i     `\|_   ` .   イ /「. -‐   ` .            その代りという訳ではないが、少しでもいいからエイラの
   .|   .|、     \ ̄'. Λ` ´ 、  V r ‐ 、     `.ュ
  /|  i |. \    ‘. 7 ヾ_」、  \ Lノ   ` 、 .  '´  `ヽ        事を気にかけてやってくれないか?
  l | .Λ|:  \    \ Lぅ `    \ヽ  r''"        l
  l |/  }    \    ヽ \   \ ヽ ,_|         |
  |ノ        | \ト、 ‘.  `  ぅ  ` } l    ミ、 斗''"}
  |         .|    \ l       .j/      ヽ  ̄ ヽ
  |         .| /    }゙|      / ヽ        ,  .l
  |         .l / |   {          } o      l   |
  |          .'/     :              l       '  |
  |       {ヘ  、   .          ノ      /   |
  |       ハ、_\  、  .        / o   イ⌒!   |
  |       l |  \`ヽ .. ヽ    .. 斗=''"}「 r''´ ̄}    |
  |        { |   ヽ≧''" ̄ ̄´-‐   ̄| o||o | ̄ ̄|   |
  |       -、   `!    {、    /l!  |l .|  .}リ.--‐ '
  |    '' ̄ ̄\ ヽ   ノ    | ` r'"  |l  ||  `ーイ- 、
  :      ̄ ̄ ̄ ̄`'く     .廴_L  」 o}}o  /_Λ
   .            `     -―――‐- ||   |  |.」
    、             `'く ̄ ̄}     .}`ー-|  | |
    \              `''<`ー-♀イ   |  | |
7809 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 22:17:56 ID:MCFsVkl.0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
                /             \
              /                \          こんな人間より、頼れる人はもっといると思うんですけどね
            /                    \
           /                       \       ……まぁ、気にかける位は意識してみます
              l                         l
              |                          |
              l                         l
           \                        /
            \                  /
             ,ィl\              ;  ィ
         ,....:::::'´:::;:::;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::;::`':::::....,
       /::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\







                    __
.             , : ´: : . . .  ̄ ミト、
.            //     `ヽ   ハ,
.           ′ 〃  /         ハ
.          i/ ./,,彡イ il |ヽ      i
.         / ./イi/,Ⅳ |}七,,Ⅵ i  |       ……その下手な頑固さは性分なのか?
        /  ,f斗fミ、Ⅵrf巧リ} i |   |!
.       /イ^/从杙ソ }′ ""イ l |} . |{       我侭な年下に甘えられるというのも、悪くは無いがな。
      / ,;|/´|レヘ."" ′ ⌒フ | |i .∧
.      〃|  i:|: ;心、‘ー` .イl. Ν八 ∧
.      {{. | i 从: :| _ir〕 ‐f_,,ノ.|ノ: : : :ハ  }
.      乂{Ⅴl|f≦「  ∧o 。 . /ilト,,_: :}Ⅳ
        f「 }Ⅵli: レ〃__\/′lf′ミト、
       |∨// _,, /,,_  / :|li:il/ / |
.        {/″ イ ゚    ̄,イ  IⅣ〃  |
       〃  〃      ′   il|     |
      {{  { ゚          .:::::l} \  |
.      人,,___\    ー   .::::::Ⅵ  , 人
       「_ i}  ̄ ̄: :f≠ =─‐-{' |    イ
       /: :/: : i ゚ : : :「 T } .:::i{,_|    :|
.       ,-T ′: :| : : : :L,,,」,,j: :__,,ノ{|    :|
      //∧,,_,」_゚ : : : : rf  ̄ : : }l|    :|
.     ///i}     }~ ̄ ゛ー┼─‐< l|  、 :|
    /┌fへ,,_   }}    .|: : : :i : : l|   \_!







甘えるなんて、そんなマネ恥ずかしくて出来ませんよ。


アウロラさんにそう突っ返すと、彼女は「そう言わずに、お姉さんの胸ぐらい貸してやるぞ?」と挑発するそぶりを見せて風呂から
上がると、エイラの跡を追うように施設の中へと帰って行った。

まったく、高町先輩とは違い確かに年上と言う感じはしたが、バイト先の同僚の姉と関係を持つという事は世間的に大丈夫
なのだろうか?

時計を見ると……既に12時を過ぎたあたり。今から帰るとすればもう1時あたりを余裕で過ぎている頃だろう。

そろそろ自分も帰るとしよう、帰りにコンビニででも温かい食べ物でも買って、ゆっくりしていくのもいいだろう。
7810 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:20:13 ID:9KsZLtzQ0
リラックスタイム終了のお知らせ
7811 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:20:24 ID:pMTNIjHA0
と、とりあえず風呂上りだ、コンビニでゆっくりしていこう(家に居るであろう姉妹から目をそらしつつ
7812 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:20:28 ID:xsjTSa6A0
優雅というか、結構贅沢な暮らし方だなw
7813 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 22:22:12 ID:MCFsVkl.0
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
:::::.o::::.::::。::::*。::::o::::.。::::,::::゚::::::::::::::::::::::::::::::゚::::。::::::::::::::::::::::::::::::..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::。.:::::
::::::::::::.::::.::::。::::::::::::::.*::::。:::::::::::o゚.::::.::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::。,::::゚::::。:::::::::::::::::+::::.゚:::::::::::::,。゚::::::::::::::::::::。::::::::.::::::::::::::::::::::::::::.:::::::::::.::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::。::
.゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::.::::。::::::::::::::::::::::。::::.。*::::。゚,::::::::::::::::::::::::+::::o:::::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::
:::,:::::::::::.::::.::::。:::::::::::::::::::::::::.゚。::::+,::::,.゚。:::::::::::::::::゚:::::::::::::::::::::::::::::::::::::。::::*::::。+::::.。::::+::::゚。::::::::゚::::゚.::::゚:
:::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::::::::::::。::::゚.。::::::::::::::::::::゚。*゚.。。 o::::,`゚:::::::::::::::+゚。:::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::::::::::。:::::::::::,:::::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::,.:::::::::::::::゚:::::::::::。::::+。::。 o:::::::::::.゚,。o::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::。゚.:::::::,。:
.゚::::::::::::::。*::::::::::::::。::::.+: :::゚。:::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::.。::::*::::::::::::::::::::::::゚::::。+::::::::.::::::::゚:::::::::::。::::::::゚:::::::::::::
::::::::::::::::::o。.::::,。::::::::::::::::。゚::::゚::::::::。:::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::.::::。::::°::::.゚。。+o:::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::o+。。゚.::::°::::。::::.:::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::.:::::::::::::::::::::::。::::::::゚::::゚。::::::::::::::::。,::::.。 o::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::。::::゚::。゚::::。::::。::::゚+:::::::::::::::::::::::::。゚。:::::::::::::::::::::::::::::.゚。゚。:::::::::::::::::::::::::*::::o::::.゚
:::。:::::::::::::::::::::::::.::::::::.:::::::::::::::::::.::::::::,:::::::::::.::::::::゚:::::::::::::::::.::::::::゚::::.::::.゚::::.゚.:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚.:::::::::::::::::::::::::
:。.::::。:::::::::::::::::::::::::+。゚::::.。。::::::::::::::::o::::::::.。::::::::::::`::::,。::::*。::::::::::::::::::::::::::.゚。:::::::::::。::::.:::::::::::.::::::::。::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.::::::::::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::.:::::::::::::::::::.::::::::.:





深夜独特の静けさには、日常にはない良さがある。普段なら車が走っている道路にも物陰は一切なく、ただ時々通るトラックの
音だけがやけに街中に響いた。
7814 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:24:03 ID:7VHCyhA.0
うん。このお姉さんが今のところ一番まともだ
こんな人が姉ならよかった(真剣
7819 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 22:33:43 ID:MCFsVkl.0
               _  -─‐-  .
            . ´           ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',       寒いなぁ……温かい飲み物買って正解だった
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i
         ,       /   、   、   |
         ',        {     人   }   }
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧





自宅へと続く深夜の道をひとり歩く青年。時刻は1時半を超えたあたり……少しコンビニで遅い夕食を頂いていたのが原因だ。

財布の紐が少し緩くなった気がするが、それでもアルバイトを始めたので懐も少しぐらいは良いのかもしれない。


街灯の明かりだけが道を照らす……田舎の都市。ベットタウンと言うべきここは住宅街が多く、夜になると辺りの殆んどが
暗闇に包まれるのがちょっとだけ問題だった。

コレのせいで、ルートによっては少し先も見えない場所も多い。普段はそう言う所を避けて家への帰り道を選んでいるんだが……


肩掛けバックをガサガサと揺らし、バイトの疲れと温泉ランドでのリラックスのせいか眠気が激しい。


ぼーっとしながら一歩ずつ足を踏み出していると……そこでぴたっと、足を止めた。
7820 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:34:50 ID:rUWqdx420
な、なんだ!?
7821 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:35:04 ID:6o5nP2VQ0
…悪い予感しかしねぇw
7831 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 22:42:52 ID:MCFsVkl.0
.          /                 ヽ
.           /                   '
.          , ,                 ',
        i ゝ ̄ ''ー-                !
         {   {__  ヽ  J           }
.         ',   マj  ̄ノ           /
         ゝ  `   ´           ∠ _
         { i                ,ィ´::::::::::::::`ヽ
           ゞ.、 _   ノ       ィ/:::::::::::::::::::::::::::\
.            `ヽ  ̄     ,.ィ≦/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
             ` ー-  イ:::::::::::,{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    }:::::::::::, ト、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.,
                    j:,ィ彡:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
                     /:::::::::::::::::::::::::\:::,ィ":::::::::::::::::::::::,.ィ≦`ヽ
                 {:::::::::::::::::::::::::,.::ィ:´::::::::::::::::::::::::,.イ /   ハ
                    !::::::::::::::,.:ィ.:´::::::::::::::::::::::::::::/ /´      i
                   |:::::,.ィ.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::/  /        |
                  |:::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  |          |
                      }:ィ!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:|  |          |
                    !ハ::::::::::::::::::::::::::::::,.ィ´:::::!  |          |
                    /  ゝ.::::::::::::::::::::,.ィ´:::::::::::|  |          !





悪寒……ぞっと身の毛もよだつ、心臓をきゅっと握りしめられたような気分。まるで背中に氷塊を入れられた気分だ。

突然襲ってきたこれはなんなのか? 虫の知らせと言う奴か、それとも……


家の近くにあった公園から2区画ほど離れた場所まで来て足を止めた青年。ちょうど街灯の真下に居るので自分の周囲は
明るいが、それでも胸の不安を拭えれるほどでは無かった。

ひやりと額に汗が流れる。ぎっとりとした、嫌な汗だ。気付けば背中にもびっしょり汗をかいていた。一体何故なのか?
7833 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:44:41 ID:xsjTSa6A0
凄いシックセンスやん。未来予知はエイラはんのネタやで工藤
7834 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 22:44:48 ID:Z395V3Qc0
さっきまでの温度差www
7844 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 22:53:50 ID:MCFsVkl.0
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |;,;::,,/⌒\:::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ┗|;;:;,(´ ̄ ̄`) ::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |;::: .   i    : ::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |:: ...   |┛   : ::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. |:..    |     :: :::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ┗|:    |     :.:.:: :::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: ::::. |:    |     :.:.:::: :::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::: :::: . |:    |┛      : ::::.:::.::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::: : :: :   |:    |       :.: .:::::: ::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; , ┗|:    |        :.:.::: :::::::
ニ二二二二二二二二二二二二二二二二二二二l::..|:    |           :.:::.:: :::
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][::::::::][:::::: ][::: . ]| |:.__.|           : ::.::.::
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][::::....][:::::...][.. | ||   ||           : ::::::
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::.. ][... : ]| ||   ||          : : :
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::::::][:::::. ][::: .. ][.. | ||   ||              : :
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::::...][:::.....][::......]| ||   ||               ::
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::...][:::::...][:::::....][. | ||   ||            :
:][:::::: ][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::....][::......][...  ]| ||   ||
::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][:::......][::......][........][.. | ||   ||
:][::::::::][::::::::][::::::::][::::::::][::::::..][::::....][::.. . ][...... ][. . . ]| ||   ||
"'''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''' """"""





心臓の音がやけに大きく頭に中で鳴り響く。

生まれてこの方、確かに幽霊やらホラーなどの話を聞いて怖がったことはあったが……それでも最近はそんな事は無かった。

少なくても、お化けやらホラーの類いに限って怯えた事など、一度も無かった。

何度か深呼吸をすると、落ち着いて辺りを見回す。それと同時になんでこんなに怖がってるのか、焦る気持ちに冷静になるよう
言い聞かせながら考えた。


正面……街灯の無い道路は真っ暗だ。左は大きな住宅。右には曲がり角。背後には今自分が通ってきた道が延々と続くだけ。


なにも可笑しな所は無い……そうだ、昨日と同じで何もない
7858 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:01:52 ID:MCFsVkl.0
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







                ____
             ´          ミ
         / . : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
.          : : : : : :/ : : : : : : : : : \: : : : : ヽ
        / :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : :
         :/^ : : : : .:| : : : : :|: : : : : : : : : .\ : : ,           弟の帰りが遅いからずっとここで待ってた。
.         |/ : : : :|: .:/| : : :/|.:| : : : | : : : : : : : :|
.       //|: : |.:/.彡イ.: :小|\ : |: : .:|: : : : |          もう少し遅かったらお前を探しに外へと出るところだった。
      /イ /|:|:|メ、八|l: : :|| .斗七.:八: .:|:八
.       八小从|  ゙ー八: .:| ^´ ,ノ ∨ :| : :トミ
      /  |.:∧^≧==ァ \;  ー==≦∨Ⅳ |
        И|∧             んイΝ
              小.    ′     厶^V
              介     --   ..イ 人.:\
             /:厶イ〕ト..__ <{.......≧.. \.:\
      r<⌒¨¨「..........|      八........... |ー…=ミ
.       ...............,ノ...........|\  _,/....../》 ....八...........ハ
      i ..........{...{ ............∨^{/.......《/...../.....................}
      |............∨{≦^⌒ア丈¨'ー…=ミ{ /............... 八
      | ........../...........<イ√トミ〉................ /............./
      |........./................//.|小.V..............././.............∧
      | ......′..............{{...|..|..}{...............}/....................}
      !.....{ .................}{...|..|..}}............ /.....................八
.      '....八.................{ ....|..|..}............ ′................./
      Ⅴ....∨............}....|..|..{'.............{ ..................,′
.       }........∨................|..| .............. |................./


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




いや、あった! 一つだけ、確かにあった!


昨日の会話を思い出した……しまった。他の言動の印象が強すぎてすっかり抜け落ちていたが……

そうだ。あいつは昨日、もう少し帰宅時間が遅かったら自分を探しに外へと出てくると言っていたのだ。


ただ単に、未成年が家に帰らず深夜、街を徘徊してるなら探しに外に出るのになんら問題は無いだろう。

しかし、あの二人にだけ限って……非常に嫌な予感がする。


確か、昨日は12時に家に帰ってきたのだ。となると、彼女のボーダーラインは12時となるだろう。

……先程見た時計は既に1時半を過ぎている、
7859 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:02:58 ID:pMTNIjHA0
あっ…(察し)
7860 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:02:59 ID:PofAuCmw0
震えが止まらない件(恐怖)
7868 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:07:54 ID:MCFsVkl.0
.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |             いや、待て……もう1時半だぞ?
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__            流石に1時間も探せば、普通諦めるよな……
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|






いや、何所も可笑しくない……何所も可笑しくないのだ。なのに、なぜ自分の身体はこんなに震えているのだろうか?

赤の他人だろうに。なぜそんなに怯えるのか?


正直理由は分からない。いや、理由とか原因とか、そういう理知的な事をすっ飛ばした、感情的な嫌悪感と言うのか?
7874 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:12:10 ID:MCFsVkl.0
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ……タッタッタッ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ri_ri_ri_,| |::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::',-,-,--、, |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ノ:::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ̄ ̄ ̄~|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::== l :::::::::::::: | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |  \:::::::::::::\::::::::::::: =lノ::::l l:::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ニl lニニl  |.l"i r|、::::::::::::::::\×_ll_,l l___ | |_ ____ __
          | ~ . '| l-i_,.    ..ll,___ll_,l l_ll_____ | |_ll      ll
          | ri .|/    ̄ ̄\ .ll  l l      | |   ̄ ̄ ̄ ̄ . ̄ ̄
    ̄| lニl   .| l/         \___l l___ | |_______
   _|____,|/             \――――:| |―――――――
   ――――,
       /
     /








                   _____
                  /         \
                 /       U    \
                 / ___ヾ         \
                 |  l i::::::::) i           \      ……
                  |  ヽ`ー´ノ     U       \
                ノ     ̄                 |
               (,,_,,                     .|
                 {_ノ´                    /
                 \  ,, -===ニニニニ====-、_/
                ソ´:::;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
           ___〉:/      |i     \/___
            /| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |`ヽ,
         /  .| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::       |:::::::|





耳を澄ませる。すると、何処からか誰かの走る音の様なのが聞こえてきた。段々と近づいてきている。
7877 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:12:44 ID:9KsZLtzQ0
なんか近づいてくる……
7878 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:12:45 ID:PofAuCmw0
いかん、逃げるんだよォー!
7879 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:13:18 ID:jH8ZmMdQ0
ヒエッ・・・
7880 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:13:21 ID:ualOcpqI0
ホラー物語になったな!
7891 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:19:43 ID:MCFsVkl.0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ          いや、待て……
             ,'           l        ヽ
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨





駆ける靴音。テンポの速いその音がより一層、鼓動を早める。頭は暑いのに身体は凍ったように冷たい。

その瞬間、額に手を当ててどうするか決める事にした。慌てるな……慌てる必要は、まだ何もない筈だ。



下7          1、……下手な面倒をかける前に、自分から声を出してみる。
            2、引き帰して走る。とにかく、回り道して家を目指そう。
            3、落ち着いて、まだ様子を見る、
7892 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:19:50 ID:2eNIwuXo0
昼パート=幼馴染とキャッキャウフフ
放課後パート=バイト仲間とキャッキャウフフ
夜パート=サスペンスホラー

なんやこれ…
7893 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:20:19 ID:PofAuCmw0
7894 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:20:24 ID:MXZopI1U0
3
7895 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:20:26 ID:kr3UjBZg0
1
7896 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:20:31 ID:rUWqdx420

逃げるんだよー!
7897 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:20:34 ID:QS6a.Kng0
7898 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:20:35 ID:M77Wti/A0
1
7904 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:21:17 ID:QexaHXcs0
完璧にホラーの領域ですわwww
7907 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:21:46 ID:2eNIwuXo0
自ら踏んだか…
7908 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:21:57 ID:PofAuCmw0
……そう言えば姉妹の走るスピードってやる夫より……あっ(察し)
7919 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:27:42 ID:MCFsVkl.0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              l| \
             /            U  .ヽ
             ,'           l        ヽ        だ、大丈夫だ……平然とした態度で逝けば……
          l ____l  ヽ-―‐tイ''"´  ',‐-、
       ,-''"|       `′        `′ .〃 .lヽ .'.,      なんか言われるかもしれないけど、とにかく無視していこう
       | l'´.',  ≡≡/       ヽ≡≡彡 ,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )     /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨





この胸を圧迫するような状況に耐え切れなくなった。この足音が誰のだか知らないが……もしかしたら深夜のマラソンをしている
赤の他人かも知れないし、そもそもバルクホルンと言う確証は何一つないのだ。

ならば、だ。とにかくこの付近に姉がいるとして、自分の位置を知らせればいいのだろう。思いっきり息を吸い込む。緊張からか
全然スムーズにできなかった。息が詰まりかけたりもしたが、とにかく深夜の住宅街なので声は抑え気味で……


「誰かー!」


透き通った深夜の街に、青年の声は大きく遠くまで響いた……
7935 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:31:47 ID:MCFsVkl.0
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        カラーン、カラッ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ri_ri_ri_,| |::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::',-,-,--、, |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ノ:::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ̄ ̄ ̄~|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::== l :::::::::::::: | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |  \:::::::::::::\::::::::::::: =lノ::::l l:::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ニl lニニl  |.l"i r|、::::::::::::::::\×_ll_,l l___ | |_ ____ __
          | ~ . '| l-i_,.    ..ll,___ll_,l l_ll_____ | |_ll      ll
          | ri .|/    ̄ ̄\ .ll  l l      | |   ̄ ̄ ̄ ̄ . ̄ ̄
    ̄| lニl   .| l/         \___l l___ | |_______
   _|____,|/             \――――:| |―――――――
   ――――,
       /
     /





                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ              ?
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨





次の瞬間、何処からか聞こえてくる駆け音はぴたりと止んだ。


止んだ代わりに、どこからか無機質で重たい音が響いた。
7952 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:37:06 ID:MCFsVkl.0
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::// /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::        ダダダダダッ
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノノ ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ / /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::+::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_ri_ri_ri_,| |::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::+:::::::::::::::::::::::::::',-,-,--、, |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ノ:::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ̄ ̄ ̄~|\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::== l :::::::::::::: | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |  \:::::::::::::\::::::::::::: =lノ::::l l:::::::::::::::::| |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    ニl lニニl  |.l"i r|、::::::::::::::::\×_ll_,l l___ | |_ ____ __
          | ~ . '| l-i_,.    ..ll,___ll_,l l_ll_____ | |_ll      ll
          | ri .|/    ̄ ̄\ .ll  l l      | |   ̄ ̄ ̄ ̄ . ̄ ̄
    ̄| lニl   .| l/         \___l l___ | |_______
   _|____,|/             \――――:| |―――――――
   ――――,
       /
     /







そして一拍遅れ、今度は先程より激しい駆け音が響く。猛烈な勢いで走っているのだろうか?

その音原が急速に、且つ確実に自分のいる方向へと近づいているという点を除けば、ある意味想像通りだ。
7955 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:38:01 ID:fMIxd.qY0
いやああああああああ
7956 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:38:10 ID:gX.jtDh.0
足音がががががwww
7970 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:46:15 ID:MCFsVkl.0
               _  -─‐-  .
            . ´       U   ` .
            /                ':,
          /     __ ノ     ー‐  ',
         ./      -―       ―-
        /     (  ● )   ( ● )  i          ……あ、あれ
         ,  U    /   、   、   |
         ',        {     人   }   }         向こう側から、人の影の様なのが……
          ゝ        ` ‐-‐  `ー '    /、
        /\                .ィ  ̄}
          /   \  ー- __ .。-<  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧
///i:.: : : : : : : : : : :|  }  |: : : : : : : : : : : : :{/////////////∧




自分が進んでいた正面方向から、人の影の様なのが此方に近づいてくるのが分かった。暗くて此方からだと影が蠢いている
ようにしか見えないが、自分は街灯の真下に居るので相手からはよく見えるだろう。

目を細め、視界を闇に慣らそうと努力しつつ正面方向へと目を凝らす。


……段々とだが、此方に向かってくる人影が鮮明になってきた。光源があるのと、視力が良いのが手助けとなる。
7981 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:54:31 ID:MCFsVkl.0
                ´::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐── 、
          /⌒::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ   \
         / /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     ヽ
.         /  /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     \
        /  /:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::.      ヽ
.       /  /:::/:::::::::::::イ:::|:::::::::::i:::ト:::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ      }               あ、良かった…… >
      /  ::::/::::::::::::/ !::::{:::::::::::|:::|ヽ:::::\:::\:::::::::::::ゝ     '
.     /   |:|:{::::::::::斗-|:::ハ::::::::::|:::!-‐\:::ヽ:::::\::::::::ヽ    /
    /   /}:{ヘ::::::::::::| j/ ヽ::::::!i::|   \ト:::::::::ヽ::::iハ    /
    {__ノ ハ:::\::::::|ィ芹芋トV::|j/  f芹芋弐アヽ:::ト::}j∧  {
       ノ V::ト::ヽ小弋少 Ⅵ    ヒzンノ iト/^ }::::/ー'
           Ⅵ∧::ヘ     ヾ         '  /:::/
          ヾ ヽ八    `        イー':/
             {≧:..   r   ァ    イ=-≦三}
             ´ア::个:..      イ/{ll!⌒ヽ
                /:::::::∧_/≧=-<  !トヒハ:::::::::\
              /::::::::::/-=ヘ! >‐<´ ̄/ヽ!:::::::::::::ヽ
         ,,ィ´ ̄(ア'´ {  |/ i!  ヽ/   ヘ:::::::::::::.
        / {´ ̄/     |/ イ   「T} i(_)> 、:::}
          / | 厶      {'´      ヒj」  ト:::::::::::::>、
.        /   !/  ⌒⌒ア^イアト'⌒⌒ヽ    }  ̄ ̄У }
       /  /      <::厶{ヘ:::\    ⌒⌒く   /  |
.      /  /       /::// |::|\_/       ハ. /     |
     /  {::.....     /::/ {::::|::|         ..:::}/      |
.    / ...:::::,::::::::::::::::::::/::/::::|::::|::|::::::::::::................:::::::::}'     |
   /  :::::::∧:::::::::::::::::{ハj| o|::::|ハ!:::::::::::::::::::::::::::::::::/::.      |
.  /  ::::::::::::ゝ:__:::-─::}=:}:::::ゝ:::::::::::::::::::::::::::::イ|::::.       |
.. /   :::::::::::::}/:::::::::     | {:::::::::::`ー──:::´:://!:::.     |
  {  /´ ̄ ̄}       |o|        ::::://. |::::.       |
  |::::::..   ̄ ̄\       | |        イ/.  !::::      |
.  V::::::::..     >=-<⌒}ト      /::::{:{  |::::     |





向こうから走ってきたのは、やはりというべきか。ぼんやりとした輪郭が浮き上がり、そこから出てきたのはバルクホルンだった。

フード付きのロングコートを着て、何とも言えない笑顔で此方へと走って来ている。なるほど、何所も可笑しくない。
7982 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:55:49 ID:gX.jtDh.0
普通なのに怖いwww
7989 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:56:37 ID:0EXnmvCM0
わ、わぁい、おねえちゃんだー
7990 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:56:39 ID:2eNIwuXo0
>>なるほど、何所も可笑しくない。

お、おう
7993 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/12(木) 23:59:09 ID:MCFsVkl.0










                         ∧
                        /l|l│
                       /l|l|l|l│
                      /l|l|l|l|l │
                     /l|l|l|l|l|ll l
                    /l|l|l|l|l|l|ll ..,′
                   /l|l|l|l|l|l|l|l ../
                  /l|l|l|l|l|l|l|l|ll ./              ヒッ…… >
                 /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ../
                /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ../
               /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ../
              /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l .../
             /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l ../
            /l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l|l| ../
           /`ヽ,l|l|l|l|l|l|l|l|l| .../
          /゛ヽ/ \l|l|l|l|l|l| ../
         /  /   \l|l| .../
        /  /      \ ../
       /  /
      /  /
     /  /
     ⌒.、/
    人 .ノ






その右手に、刃渡り15㎝ほどある出刃包丁が握られている、という点を除けば何も、何所も可笑しくは無かったのに。


目の前から、猛烈な速度で包丁を握りしめた姉が笑顔で走り寄ってくる。


次の瞬間、青年は絶叫を上げながら鞄を捨てて、とにかく全力で後ろへと向かって走り出した。
7998 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:59:50 ID:jH8ZmMdQ0
(白目)
7999 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/12(木) 23:59:51 ID:zs3EFX/.0
こえぇぇ
8000 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:00:01 ID:J3zbtK3A0
うわあぁぁぁぁぁぁぁっ
8021 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:04:30 ID:xCuxbmiA0
|l!
|l!1!|!l              1!
|l!1!|!l            !1!|
|l!1!|!l             |l!1!|!l|!l!                       |
|l!1!|!l             |l!1! > 一 … ー <                 |l!1!
|l!1!|!l            >´            ` <                |l!1!|!l
|l!1!|!l.           /                  \           |l!1!|!l |
|l!1!|!l       / \、         U   ,;'/    \             |l!1!|!l |
|l!1!|!l.        /     ヾミ,、           /;"==、、      ヽ.         |l!1!|!l |!
|l!1!|!l       /      ,,===、、ミ彡〉 iヾ彡〃 ,-‐ 、ヾヽ            |l!1!|!l |!         まじかよまじかよクソッ!
|l!1!|!l          〃 ,-‐ 、ヾ        { ・ } }l}      ',        |l!1!|!l |!
|l!1!|!l     ,'     {{ {  ・ }      u  ゝ - '                  |l!1!|!l |!,
|l!1!|!l           ゞ ゝ - '        ヽミ二≠"" l|l|l    ',.     .|l!1!|!l |!i
|l!1!|!l.    ,' . l|l       =≠彡"´.          \.     l|l         |l!1!|!l |!l
|l!1!|!l |   .   l|l.         /           \        l       |l!1!|!l |!l
|l!1!|!l |   l   l|l|      ./              }        }.    .|l!1!|!l |!l
|l!1!|!l |... {        J  {        i       ノ  し      /      |l!1!|!l |!|.i
|l!1!|!l |!.  ヽ         ゝ、__ノ ̄´` ̄ ̄〉'´        /   |l!i.   |l!1!|!l |!|.|
|l!1!|!l |!   .ゝ              }      /           /     |l!1|.....|l!1!|!l |!|l|
|l!1!|!l |!,      > 、 し         ゝ-──-'        ., <   ,> |l!1!‐- 、,,!|!l |!|l|
|l!1!|!l |!i    i.    〉   |!l!     ." ̄ ゙̄     / 〈/゙}  /.:::::::|l!1:::::::::.ハ . !l |!|l|
|l!1!|!l |!l    l . //   |!l!             ./ /:::::〈_/::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧.l |!|l|
|l!1!|!l |!l     /::::/   \            / /:::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',l |!|l|
|l!1!|!l |!l   /:::::::/       ヽ         ." /::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧ |!|l|





身の危険を感じて脳内のリミッターがぶっ壊れたのか。今この時だけは、青年は姉より走る速度では勝っていた。

相手に攻撃する気があるのかどうかわからないが……とにかく笑顔で包丁と言うのが青年の危険な琴線に思いっきり触れた。


全力で腕を振り、とにかくがむしゃらに走り続ける。なんか後ろから叫び声がしたが、とにかく足を止めたら殺されるかと思っているので
走るのは止めない、
8042 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:12:26 ID:xCuxbmiA0
            し,     ,,ィ´          ヾ、、
            く    /      ====    Y⌒ヽ
             > 〃゙〉〉    三≡≡三三    丶 \、
   も        〈 r" ノ〈    彡彡==ミミミ   l.i  :ゞヽ
             l|   ^      〃  トミ    __八  〈 ヽ                うわぁあっ!? >
   ら          l| iil|〃 ==≡彡 》三《 ヾ≡  ) r、( ヾ  ..ヽ
            i| ili〃゙゙゙ミ    ___ノ  ヾゝ ≡== 丿ゝ  ミ .゙i
   っ        .i|   `ー-‐='''゙゙゙```《=≡=ゝ,,,__,,..___,..  ミ.|
            |      ,,zr=、ゞ≡三三三≡   二.ミ、 ̄   川|       あっ、いでぇっ!
   た        |   ≪" (:i:i:i) ヾ, ,,;彡三ミ≡_/',ィ;:;:ヽ\、,_  彡.|
           .|     `ヾ==≡"''彡彡ミミ〈 ¬、 ゞ゙シ,〃"´〃  |
   ぜ    r、  |          彡彡〉  〈ミミ  ` ̄  〃    .|
        i|《ヽY         彡〃〃   ilミミミ          !、
  !!    i 〉 i|            》"〃≡ ヾ《゙`            レ'
         il ハ ミヾ        〈 ,.ヘ   . r:、,j|,           /´^//
         !| rノi  ヾ.        ゙ `≡´ `"           ゝv//
        〃《゙゙i   !i  ヽ_             /   〃〃ノ^ r'
へヘ∧/\/ ヾ、ゝl   il   ゝ丁 ̄‐=‐---===ィイ〃  〃   ハ .|
         ヽ v   ヾ   Y、v'^^ー^ー'`ー-、/v/ /  〃   /ミ》 .ノ
          Lo》 ヾヾ   i :i::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  〃    y/ r'
           |i:::i      i |::::::::::::::::::::::::::::::::/〃   〃  /oン´
           ||i::::i     ! |:::::::::::::::::::::::::::::/〃  //  /:,''!
           |lli:l:i:i     .i  |::::::::::::::::::::::::::/〃  /  /::,':::i
            ||!ハ:|li    i  ヾヘ--、_,vハy'./      / 〃'i
    _____ !|!  ヾ    li `ー==-ノ /     /;〃/ ' |
   | ___  . |   ゙ヾ    ミ   三  シ    ./彡   |
   l | au  |  |    ゞ、   ミ ≡ ≡     ./彡    |
   l | ̄ ̄~.|  |     ゞ             ./彡     |
   l l____|  |       ヘ、  =====   /       |




公園のあった二区画前まで全力で走っていると、少し後ろを向いて確かめてみる……何時の間にか姉の姿は見えなくなっていた。


ほっと安心したところで速度を落そうとして、公園の中から出てきたスキンヘッドハゲ面した誰かと思いっきり正面衝突してしまい倒れて
しまう。身長の差で、鼻っ面がドデカイおでこにあたりツーンとした痛みが頭の中を駆け巡る。

スキンヘッドも痛かったのか、盛大な叫び声を上げると同時に、公園の中からぞろぞろと御仲間と思わしき集団がやってきた。
8043 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:12:54 ID:uzCXHUbE0
阿寒…w
8044 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:13:20 ID:nhUG7Mkk0
これはアカンパターンやwww
8045 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:13:50 ID:Qn9TW3XU0
違うスレ開いたかと思ったビビるわwww
8054 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:16:53 ID:xCuxbmiA0
                       / / / / / / / /ヽ
                         /⌒ 'ー‐┴┴ </ハ
                      厶_ヘ   , へ /::\_!
                       l〈o ヘ /ィ⌒o} ヾ::::::|
                         rll「「「/ ( `「「「「  }::::/         あー、ケンちゃん!
                     / !  (r;__、ハ     じ⌒l
                     ヽ|   r─、ヽ     , 刀}         大丈夫かよ、つぅかふざけんなよてめー!
                          、  「 ̄ | i     广_ン
                       ヽ. |∠´| |    /´{{}_
                         _ヽ{ニニン  /  _}: :ト、.,_
、                 , r‐'''"´::::ハ二´_/  /: : : l::::::::`'' ー- 、.,_
 \             /:::|::::::::::/: :∧     /: : : : : :l:::::::::::::::::::/':::ヽ
   \            ヽ::::|:::::∠:_:_: : : }   /: :_:_:_:_:_:_l::::::::::::/':::::::::::::i
\   >、           l:::|::::|:::::::::::`ト、:!。 。レ'´: :/::::::::::::::::/':::::::::::::::::/
  \/:::/ ̄ >、-、         l:|:::::!:::::::::::::|: :| ゚゚’ |: : /:::::::::::::/':::::::::::::::::::|/
    \/ / / く         ヾ::::l:::::::::::::|: :|   /: /:::::::::/'::::::::::::::::::::::::::l
    /     ' /´l, -───-k¬─- 〈: :|  /: :/::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::l
    `┐    /         |: :.|::::::::::::::\/: :./::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::!









        \       ,.......、  rミミゝi彡ゞ    r≡i,
          i  rミヽ 〈彡彡Vミミミ/yヾ彡,ヽ /ミ;ミ'l
           l 〃三,;',;>彡彡ミミ〈/ミミ川川Yミミソ、    ___
          l〈災災災彡ミ;',ミヽ彡彡ミ/ミ;ミミr⌒ミミ/'r≡、/    ヽ
          l(彡ヾ彡ヾ彡ー',;彡|ミ/ミミ;/,;ミミ',;/ミミ/ミミ入!     i
  ね き   ” i!彡ゞ;彡;《彡彡,;三/'ミミ;/,ミミ/ミミ_/ミミく
  | た ワ  |l災ヾ彡,彡,;彡ミ'≡/≡/ミミト,ミyミミミ/_ン
  の ん ビ  il災ヾ彡,;'彡;彡ミ≡三≡三≡ミ/災災災災
  か じ 〟   .i;,災災lヾ'彡i'i,iヾ彡ミ彡ミ彡ミミミへミ〃
     ゃ 入  l へi.:.:.i                 l.:::i            あー、どうすんだよおめー
  あ”   れ  l   .i.:.:.:l 三            三 ,ノ.:.i  .
  “     に  l   !.:.:.:ゝ 三三≡≡≡≡三三 く.:.:.:l            ケンちゃんの鼻折れちまってるかもしれねぇぞ
 !?      l ,r┤.:/C =三ミミ li::il 〃彡三≡ Y`'ヽ
          l ~^.i.:/〃ー‐-- 、,_ ゙||liill||'"_,. --‐ー'ヾ 〈 |
           |   .| ヾ ==・-‐〃彡ミゞー-・== 〃 リ〈
            l   lミ    ''''"゙´   `"゙'''''     〃l ノ
             l  くi       〃"´   `゙''ヾ     ,.;イ
          /    l ミミ     川  ,|トi、    〃  !i
        /   .  ,;lヾヾヾ,,.  ゞへ≡へ'゙  〃 〃/^i
       /   ,, ;:゙,;| ヘ "ヾ o彡ミ彡ミo 〃〃 ,./  l;,、
        ,,..;,ゞ''´,゙;;i  ヘ ;';` .入___ソゞ 〃 . /  |;'ヾ;;,、  このクサレ野郎が
      ゞ"゙" r'",;';゙ l   ヘ  oミ≡≡彡o〃  /   .i;';`ー-゙;゙,ミ
        / ,;゙;゙  i;;、   ";     O     /   il,;,;    `丶、
   -‐;;';';'´   ゙;,;   !;、   丶、 =≡=  /    liヾ;,;
8064 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:21:31 ID:xCuxbmiA0
       〃〃// ./////彡彡彡二二二二ミ、\
.       〃〃〃,/ ///´..::::::::... 彡彡二二二二二≧ミ、ヽ.
    (  |!l ||l ||〃/'/ ..:::::   .:::::.彡二二二二二二ミ≧、ヾヘ
.      Xヾ从从リ'´       .:::::.... ̄二二二二ミミミミ、\\          おい、おいコラてめー。
    ー/‐一}´   ..:        /.:: ..:::.. 二二二ミミ≧、ヽ.\ヾY
    /    !    .:::!     /    ..::::   ̄二ミミメ /-\\\!         なにそのまま逃げようとしてんだよオラ!
.   {__   |    ::::|   ,.イ  _,..:::::      ミミ/ /ー'  V ヘ.ハ
       |    ::| _//ィfテ´/.::::::    .::::  }ミ、}⌒ } ハハ. i∧
       |--、__{ ::`テ´:.'´ ̄.:::       ..:::::   }f` 廴. //!l|l | ト、|        ちょっとこっち来て面貸せや!
        \rtテyー'′` ̄ ̄      .::::::::      __ノ:::!l|l | |.∧
           ド=7                  .::|ハ:::::::::l|八|lハヾミ=-
           | /::.  -、                  |: |l::::::ノ!l lリヘヘ\\
           ∨     \             j :!::::::::リ !  {ヾ、\            バカ! 大きな声出すな! >
           { --- f フ/             ,'   ::::/: j  \. /
             `Y二´ -―――- 、         /:   /:::/    /
           \__/´ ̄二ニテ´       /::    .:::::::... /
              }ー‐'´ _,∠ニ彡       ,.:':::::.   .:::::::/  .::
             `ー≦彡´ ̄     __、/.:::::      /   .::: /
                 \从、、、、ミXメ、:::::::::      /    ..::::: /
                 从从ミミミ彡ベ::::::::     /    .:::: /





倒れ込んだままとにかく逃げようとして、そのまま6人ぐらいのガタイの良い男達に捕まってしまう。それに加え、こいつ等深夜
だというのに大きな声を上げて青年を威嚇しているのだからもうたちが悪いどころの話では無い。

こっちは包丁さんから逃げているのに……いいから離してくれと言ったが、仲間が倒れた事により頭に血が上っているのか
一向に話を聞こうとしない、
8065 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:22:44 ID:uzCXHUbE0
包丁さんww
8066 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:22:54 ID:0jMVbsTM0
包丁さんのうわさは面白かったなあ(現実逃避)
8069 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:26:00 ID:xCuxbmiA0
            し,     ,,ィ´          ヾ、、
            く    /      ====    Y⌒ヽ
             > 〃゙〉〉    三≡≡三三    丶 \、
   も        〈 r" ノ〈    彡彡==ミミミ   l.i  :ゞヽ
             l|   ^      〃  トミ    __八  〈 ヽ
   ら          l| iil|〃 ==≡彡 》三《 ヾ≡  ) r、( ヾ  ..ヽ
            i| ili〃゙゙゙ミ    ___ノ  ヾゝ ≡== 丿ゝ  ミ .゙        てめぇふざけんじゃんねぇぞおいコラ!
   っ        .i|   `ー-‐='''゙゙゙```《=≡=ゝ,,,__,,..___,..  ミ
            |      ,,zr=、ゞ≡三三三≡   二.ミ、 ̄   川        土下座して詫びろよコラァ!
   た        |   ≪" (:i:i:i) ヾ, ,,;彡三ミ≡_/',ィ;:;:ヽ\、,_  彡.|
           .|     `ヾ==≡"''彡彡ミミ〈 ¬、 ゞ゙シ,〃"´〃  |
   ぜ    r、  |          彡彡〉  〈ミミ  ` ̄  〃    .|
        i|《ヽY         彡〃〃   ilミミミ          !、
  !!    i 〉 i|            》"〃≡ ヾ《゙`            レ'`〉〉
         il ハ ミヾ        〈 ,.ヘ   . r:、,j|,           /´^//
         !| rノi  ヾ.        ゙ `≡´ `"           ゝv//
        〃《゙゙i   !i  ヽ_             /   〃〃ノ^ r'
へヘ∧/\/ ヾ、ゝl   il   ゝ丁 ̄‐=‐---===ィイ〃  〃   ハ .|
         ヽ v   ヾ   Y、v'^^ー^ー'`ー-、/v/ /  〃   /ミ》 .ノ
          Lo》 ヾヾ   i :i::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ /  〃    y/ r'
           |i:::i      i |::::::::::::::::::::::::::::::::/〃   〃  /oン´
           ||i::::i     ! |:::::::::::::::::::::::::::::/〃  //  /:,''!
           |lli:l:i:i     .i  |::::::::::::::::::::::::::/〃  /  /::,':::i
            ||!ハ:|li    i  ヾヘ--、_,vハy'./      / 〃'i
    _____ !|!  ヾ    li `ー==-ノ /     /;〃/ ' |
   | ___  . |   ゙ヾ    ミ   三  シ    ./彡   |
   l | au  |  |    ゞ、   ミ ≡ ≡     ./彡    |
   l | ̄ ̄~.|  |     ゞ             ./彡     |
   l l____|  |       ヘ、  =====   /       |







            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ        あーもうダメだ、終わった。
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,      ばれた、絶対追いついてるよ……
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
8073 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:29:12 ID:xCuxbmiA0
  l二二二l  __冂_     / //l|  l|| |l|  |l|! ||l   ∥∥∥ ||l l|| ||l ||l
    j |〈ノ   ニl lニ′   // /.l|l  l 〃/|l//v//ノ  / || ∥ ||| l|i l|| |||
   ノノ      ̄Ll ̄       / l||∨v'/|/ / /!// ///イ/ヘ /./イ   .l|| |||
                  /l||`、 〉Y | | l / レ' /´//〃/i//_ノ///Z
  l二二二l   r┐_    / l||| `、.| .| |、.|j |y'// /// / / / へ < ̄
    j |〈ノ   l二. n ./    〈ll .|||l ̄ヽi v!、_Y j ||/ レ´|/´/ / く_< ̄ ̄ヽ∠
   ノノ      L|`´    `> '⌒〉"``"゙゙ゞ≡==,z__/_/_/ /ヽ ヽ \
                    / ||  / ;' 〃 〃   ノ ゙'i=zyニ二∠ ヽ. ヽ⌒ヽ        たっ、助けて……
  l二二二l  l二二二l   \  || ,/ _,.、 !l|  《        ノ  ,/;.;.;;.;.;.ミ\  \ ヽ
    j |〈ノ    j |〈ノ     \|| Y´ _::ヽミ  /^丶、  U ./;.;.;.;.;.;.;.;..} \ ゝヽヘ
   ノノ     ノノ  「 ̄ ̄|| ̄  K´・_,>::   .:::._,.=-、`丶, ヽ;.;.;.;.;.;.;.;.ヽ\ ヽ ゝ丶
   「|「|        l |i   il|  / ミ ̄:ノ    、\. ・ \ `!:::::`、;.;.;.;.;.;.;.;丶.、丶j \
   |.||.|   へ    | ll  ll|.  |  /   U     ゙`=彡〃:::.:: i;.;.;.;.;.;.;.;.`、 l .ト、ヽ
   ロ ロ  /||l| |\  | ||l  l||  l _,.ゝ:::. -、          :: : .ノ;.;.;.;.;.;;.;.;.;.;',. ll    .
   /|  /  ̄ヽ ||l\| |||  |||. | {´___            :: ∠.;.;.;.;〃⌒i;.;.;.jl レ′
  /:l|| | ./: : : : : :丶、___!||, -‐―| |、_  ̄ ー‐‐‐‐〃   .:: :.    /ミ! |;.;,.|| |
/: : :|:|::|/: : : : : : : : : : : : : : : :,". | lヽ〉  ̄`^レへ/ U ..:::.: :     〉}ノ丿;.;,/从   ..
: : : : ::|l : : : : : : : : :| : : : : : ::,."   | l:::::::::::::::::::::::::::/    .::: .: :.   ノ /;.;./. /ヽ
: : : : : : : : : ill|: : : :l|: : : : : ,."   |. |:::__:::へ,.へ/   ...::.: :. :   }{__ /;.;.;.;ノl /  ヽ\
 : : : : : : : : il|: : : ll|: : : ,."     |  「/ /  /   ..::.: .    / .::: \;.イ ll |
: :l| : : : : : : : l|: : : ll| :,."      |  |  ´ /   ...::..:      / ..;:.   ´| |l |
: :l|l : : : : : : : |: : : il|"        | ゝニニ彡   .::.: :.    /.;::: .:.::;:::  ,゙;l |l |
: l l|| : : : : : : : : : : ゙;、          |          .:::..  _,.-´ ;;.:::   :.::  ,,",'ll |
: l:l |l : : : : : : : : : : ::゙;、         ヽ         _, -‐´:.:  ..;:::'  .:.:: ,.",',','|l
l l:| ll: : : : : : : : : : : : : ":、         `丶 ___,、ィ ´.:.:..  :.:  .::::  :::,;.;",',',',',',|l
: l: :| | : : : : : : : : :| : : : : : :゙;、        ハ  .::.::.:.;.:  .: .::  .,.;",',',',',',',','.'|l
: : : :l l : : : : : : : : l|: : : : : : : : :ヾ、      |,',',',゙;、 ::.:       、;",',',',',',',',',',',' /|!
ヽ:、 :l :| : : : : : : : il|: : : :_:_:._:._:._:_:.≫     |;,',',',',',',ゞ、, .,., ',',',',',',',',',',',',',',','// l!
l |||\:l |: : : : : : : : : ミ゙           |,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','','//    |!




次の瞬間、悲鳴が聞こえた。つい数分前に自分が上げた様な、まるで目の前から恐怖が迫ってくるような、絞り出すような悲鳴だ。

その場の全員が恐る恐る、その悲鳴をあげた不良の方を向いた。そして絶句する羽目になる。
8086 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:37:07 ID:xCuxbmiA0
     / . : / : : : : : : / : : / : :/ }:ハミ. . ヽ. .ヽ. .  \:ハ
    ′: :〃       .′/ }: / : ノ ::. :i \:‘,: ∨: : 、:ヽ.}
    ′ ./   . . : : : /: :/   レ: /: : ::: :i   \'; : i::.. : :ヽ: :ヽ
   i .:/. . : : : : : : :/: :/ /:イ i : : : .:.i |  __‘,l:.:.:.. : ‘:ヽ‘,
   { :/ /: ′: : : :/′ム__イ |li : : .:.:.}七¨ ̄ ̄丁i≧::.ミ: Vト:‘,
   V: /: :i : : : : :斗:七¨  ̄  } }i : .::::/1|_zz‐___ } }\::::..ヽ:∨ハ         おい、こいつの喉首掻っ切られたくなければ
  /: /: ::イ: :/孑 l:/_z≦二 |ハ| : ::/ }:!´孑厂ミiミy ‘,:..‘:N  }
  .′': :/::| : : : / ,ァチ孖爪`ヾノ } .:/  ノノ' {:.::::::│ }ト ∧::. :i }          いますぐその男を離して、どこかへ消え失せろ。
  }/ !:∧: ! : : / 〃 {:.:::::::│    j:/       乂__ソ ノ' んヘ::. l
  ′|:′〉l: : :′ヘ 乂__,ヅ   /′              .'ノノ ∧|
    |! { f!: ∧                 ヽヽ  ム ノ , |          さもないと全員こいつと同じ目に遭わせるぞ
    八 |: {ハ丶  ヽヽ        '           瓜イ {,
       `i: トミ‐丶             ,      人=__ノ
      ∧{   下:ヽ        ー    ´     /:ノ:入
       「 ̄:≧ミ介 .             ..イフ下::..ヽ:\
      └≦//..:小:::::{>  ..       ∠ { \:ハ:::::..\{
        // .:.:: | ∨´   r} `  一 ´  ,レVヽ ‘,:::..:..ヽ
          {:'.:.:.::::::|   ,ィフ\       /  ∨ \ ヽ::::::..:‘,





あぁ、なるほど……フード付きのロングコートはこのためのなのか。

目の前で、チンピラの一人を羽交い絞めにし、その喉首にぴったり刃が張り付いた出刃包丁が怪しく輝く。

フードを深くかぶっており、加えて深夜の視界不良と言う中、鼻から上が隠れているせいで口元しか見えないのだが……


その口元がにっこりと三日月状に弧を描いている、あぁ間違いない。これは殺る気だ
8093 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:38:40 ID:Hoj6TY4U0
どうしてこんなことになってしまったんだ
8094 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:38:41 ID:FhAZpNRU0
何でそんなに手馴れてるんだよwwww
8100 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:41:01 ID:J3zbtK3A0
初犯ですよね、お姉さん?
なんか手馴れてるんですが……
8101 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:41:06 ID:xCuxbmiA0
                      /ミハ | | | | ||||| | | | | |ノム
                  {ミミハ| | | | ||||| | | | l/彡ム
                  /ミミミ》x、:| | ||||| | | ,x《彡彡ハ
                    {ミミミf   ` ー┴┴┴┴一 ´  ⌒};彡{ヽ
                     fミミツ               u   ノィ彡}
                 _ノイミf    - 、        ,. -    }:イハ       あっ、東ぁー!
               `ハミ:|  :.     \  }: :{  /    .:   |:i|fコ
                     | {ミ:!  ヾーo‐:、 `'《 》'´ ,r‐o‐'/   |:リ }      だ、大丈夫かー!
                   __人ヾi     `ニ彡  | |   ミニ´     !f_ノ、_
                  ノ{}ハ          /| |ヽ          !}从
               ー=彡lニコハ         ヽi__jノ         ,'ニコド==-                     バチッ! >
                    __ノ| |/:ハ   ハ\ __ー__ /ハ   ,ハ| |从\
                    /V: :| '.  { {` ー-----‐ '´} }  / |V \
               ,.イ: : : : : :| i::\\ー-------‐//:!  |: : : : i\
            _, . : ´ :|: : : : : | ヽ:. \`ニニニニニ´/ .::/   |: : : : | : :` ー- . _
      _,. -‐ ´: : : : : : / : : : : : : 、   ::..  ` ー―一 ´ ..::    / : : : : :, : : : : : : : :` ー-
.,. -‐: :´: : : : : : : : : : : /: : : : : : : : : \  ::..         ..::   /: : : : : : : :、: : : : : : : : : : : : :` : . 、







                       / / / / / / / /ヽ
                         /⌒ 'ー‐┴┴ </ハ
                      厶_ヘ   , へ /::\_!
                       l〈o ヘ /ィ⌒o} ヾ::::::|
                         rll「「「/ ( `「「「「  }::::/     う、うわぁぁあ……助けて……
                     / !  (r;__、ハ     じ⌒l
                     ヽ|   r─、ヽ     , 刀}
                          、  「 ̄ | i     广_ン
                       ヽ. |∠´| |    /´{{}_
                         _ヽ{ニニン  /  _}: :ト、.,_
、                 , r‐'''"´::::ハ二´_/  /: : : l::::::::`'' ー- 、.,_
 \             /:::|::::::::::/: :∧     /: : : : : :l:::::::::::::::::::/':::ヽ
   \            ヽ::::|:::::∠:_:_: : : }   /: :_:_:_:_:_:_l::::::::::::/':::::::::::::i
\   >、           l:::|::::|:::::::::::`ト、:!。 。レ'´: :/::::::::::::::::/':::::::::::::::::/
  \/:::/ ̄ >、-、         l:|:::::!:::::::::::::|: :| ゚゚’ |: : /:::::::::::::/':::::::::::::::::::|/
    \/ / / く         ヾ::::l:::::::::::::|: :|   /: /:::::::::/'::::::::::::::::::::::::::l
    /     ' /´l, -───-k¬─- 〈: :|  /: :/::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::l
    `┐    /         |: :.|::::::::::::::\/: :./::::::::/:::/:::::::::::::::::::::::::::::!
8117 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:47:41 ID:xCuxbmiA0
|               _  - 、              丶
|      -‐‐y-―  ̄     、 `ー、                  \
|_ -  ̄    |       / {  } | 、ヽ    /        、 ヽ
|           |  ー― 'ヽ`_´/ ノ l ヽ./ /         |  .ヘ
|..............:::::::::::::::::!_>、    \ /___}/ /' ,i        |  ハ
|:::::::::::::::::::::::::::::::l | /`l>- _ - (/つ / ! l |  .:      |    l
|::::::O::::::::::::::::::::::l、|/. /  _ |:::::  | /_ |/   | | ,  .:|      |   l
|::::::::::::::::::::::::::::::__//! 〃、.|    |/   |`丶、 V  , .:::}   , イ /    }          ほら、感電死したくないなら早く手を離せよ
|:::::::::::::::::: ― /'  | { ´ ∧   l |Τアぅミ、丶ヽ } :/  /' /イ    ヘ
| ̄ ̄ ̄       ′ヽ(′l   l | 込ノ ヽ   y ナ  ̄リ T丶  /| ハ         じゃないと全員一人ずつ丁寧に潰すぞ
|               ′ `l : l   l:|           //ァ=ミ/_  | .:  /イ |、ヽ
|           ′ .::| :::..从\ ヽ           込ノ ア^,イ/: / |:| \_
|/ ヽ  , ―r、   ′ .:::| :::::::..ヾ  ーゝ          ´イノイ':: /  ||         ほーら、10、9………
|:.  :. Y  ヽ  ヽ_′  .:::イ ::::::::::\  丶、    〉   〃リ /イ.  リ
|::::.. ::::..   V  ヽ` <:::∧{`ーミ:::>   `  ー    /:  |
|::::::..:::::::.   :.    ̄ || ハヽ \ \     _  -イ:::  |
|:::::::::::::::::..  ::..     ||  ∧   \ ソ ー、:´::: |: .::   ′
|:::::::::::::::::::..  :::::...     ||   \  /〈∨ /|:::  !/イ /ノ
|:::::::::::::::::::::.. ::::::::::::....  === ミ\ \ |-|、 |ミ、'イ< ハ'
|\:::::::::::::::::::..::::::::::::::::::::::    ≫'' \. | .|∧| ㍉≧-, ヘ







あぁ、その特徴的な声色とフードから覗かせる髪型は……あなたも居たんですね。


後ろで挟むようにスタンガンを右目に押し当てているフードを被った人間。一瞬、示威行為なのかスタンガンがら青白い電流が
激しい音と共に公園を明るく照らした。


不良たちが怯えている。前門の包丁さん、後門のスタンガン。仲間がひとりずつ人質に取られている点も見れば状況は最高だ。
8118 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:48:32 ID:HOcsce2o0
アカン()
8119 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 00:48:35 ID:X3lvEI820
何でお前さんもいるんだー!!
8150 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 00:57:01 ID:xCuxbmiA0
                   _,,..-―‐-..,,_
             ,,-''"       `ヽ、
           /              \
             /                   ヽ
             ,'                      ヽ
          l    _ノ        ヽ_     ',‐-、         あ、逃げた……
       ,-''"|   ーt:::テ≧    ≦r::テー   lヽ .'.,
        l l'´.',    `¨¨/       ヽ¨¨´    .,'  ヽヽ_
       / |  .'.,    (    .,、   )   U /  ./  ヽ、
       / \  ヽ、   ` ̄ ´ `  ̄´   / /  _,,..-'
        {   `''-‐"ヽ-..,,__      __./ ̄ ̄´ .,,..イ ∨
      /.T ‐-..__    _.ヽ ̄ ̄ ̄/,..-――‐'" /  ∨
    r┘ ',.    ̄ ̄  〈 ̄\ ./イ´       / /  ∨
    | ヽ-、',       /      .ヽ      //   ∨
   ./  ヽヽ .',      ロ       `ロ ヽ、 /      .∨
   /   、__ ', _/                \|    L__ ∨




さて、仲間を人質に取られなにか一悶着あるのかと思えば……不良たちは有無を言わさず糸の子を散らすように公園から逃げ出した。

仲間に見捨てられた二人も遅れて解放され、すぐさま公園から逃げ始めた。不甲斐無いが、その気持ちは分からくもない。


取り残された青年と、フードの二人組。隙を見て逃げれないか考えたが、既に腰が抜けており走れない。
8158 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 01:00:46 ID:xCuxbmiA0
                ´::::::::::::::::::::::::::::::::::r‐── 、
          /⌒::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ   \
         / /::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     ヽ
.         /  /:::/:::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ     \
        /  /:::/:::::::::::::::::/:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::.      ヽ
.       /  /:::/:::::::::::::イ:::|:::::::::::i:::ト:::::::::::::ヽ:::::::::::::::ヽ      }      ……とりあえず、これでひと段落か?
      /  ::::/::::::::::::/ !::::{:::::::::::|:::|ヽ:::::\:::\:::::::::::::ゝ     '
.     /   |:|:{::::::::::斗-|:::ハ::::::::::|:::!-‐\:::ヽ:::::\::::::::ヽ    /      怪我は無いか、ん? ほら、ちょっと診せて見ろ
    /   /}:{ヘ::::::::::::| j/ ヽ::::::!i::|   \ト:::::::::ヽ::::iハ    /
    {__ノ ハ:::\::::::|ィ芹芋トV::|j/  f芹芋弐アヽ:::ト::}j∧  {
       ノ V::ト::ヽ小弋少 Ⅵ    ヒzンノ iト/^ }::::/ー'
           Ⅵ∧::ヘ     ヾ         '  /:::/
          ヾ ヽ八    `        イー':/
             {≧:..   r   ァ    イ=-≦三}                 あ、いや……本当に大丈夫なんで…… >
             ´ア::个:..      イ/{ll!⌒ヽ
                /:::::::∧_/≧=-<  !トヒハ:::::::::\
              /::::::::::/-=ヘ! >‐<´ ̄/ヽ!:::::::::::::ヽ
         ,,ィ´ ̄(ア'´ {  |/ i!  ヽ/   ヘ:::::::::::::.
        / {´ ̄/     |/ イ   「T} i(_)> 、:::}
          / | 厶      {'´      ヒj」  ト:::::::::::::>、
.        /   !/  ⌒⌒ア^イアト'⌒⌒ヽ    }  ̄ ̄У }
       /  /      <::厶{ヘ:::\    ⌒⌒く   /  |
.      /  /       /::// |::|\_/       ハ. /     |
     /  {::.....     /::/ {::::|::|         ..:::}/      |
.    / ...:::::,::::::::::::::::::::/::/::::|::::|::|::::::::::::................:::::::::}'     |
   /  :::::::∧:::::::::::::::::{ハj| o|::::|ハ!:::::::::::::::::::::::::::::::::/::.      |
.  /  ::::::::::::ゝ:__:::-─::}=:}:::::ゝ:::::::::::::::::::::::::::::イ|::::.       |
.. /   :::::::::::::}/:::::::::     | {:::::::::::`ー──:::´:://!:::.     |
  {  /´ ̄ ̄}       |o|        ::::://. |::::.       |
  |::::::..   ̄ ̄\       | |        イ/.  !::::      |
.  V::::::::..     >=-<⌒}ト      /::::{:{  |::::     |
8159 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:02:48 ID:USL6Hf.M0
包丁持った人に言われてもこわいわw
8160 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:03:17 ID:/O7RfV6I0
一段落なんかしてないよぉ・・・・・・(泣)
8161 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 01:05:08 ID:xCuxbmiA0
         / |
          /  :!
.         /   !                __
        /! .: : |             ,.-=ァ′ /
.       /|: : :/         // ̄: :  , ′
      { {: : :/=   ̄ `   、_//: : : : :_;/
       ,.!:/         `くr‐ ''
        /Ⅵ/   ,!    ハ   ヽ
.       /〃   // ∧ ヽ     }l  ハ
     |/ ,|. //l / ∨ハ   j从   人
     イ  /! 厶=!厂仁! | ´_,イ厂` |ト、\         怪我が無くて良かったよ、ほんと
.   / j| ハ{  j__|!_j,   } 厶ム=}リ |リ
.      ||/{'込 ゞぐソ`  ノ'゙ヘtソノ/! /}'           ほら、立てるかい?
     |  ゙Y! \{ , ,     ,   !ノく
      |  j ,  \  rz- ッ  .イ . |
.     j / i|八廴≧>` __,. < jイノ
    // ,リ _j \  ̄ヾム,} |
.   〃 ,ム≦ム   \ }三}≧¬ュ,
  /} /≧x/》,__》'、三込, 廴ハ
/ / /  =-、  < ̄  \三ハ / ,ム
. / {    \ヽ   >= z.≧リ,/  ̄\
../イ∧    ヽYレ′      ̄ヽ.   ∧




目の前で包丁片手に安堵した様子の女性と、スタンガンを携えてにへらと笑う女性。

生憎だが、こんな2人に囲まれて普通で居られるほど図太い神経は持ち合わせていないし、そもそも誰にでも不可能だろう。
8162 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:05:20 ID:mI3hiRBc0
というか包丁はまだ分かるけどスタンガンなんか何時入手したんだw
8163 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:05:41 ID:8pVbaneI0
そもそもなんで武装しとるんだこの姉妹はw
8176 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 01:13:45 ID:xCuxbmiA0
                      ..  ―――- .   /⌒ヽ
             ,....―‐..、 ...:≦:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ミ/::  ::::::\
            /::::::::::: /..:....:.:.:.:.:.:....:.:.:.:....:.:.:.:.:.:.∨:::{   ::::::::::ヽ
           /::::::::::::::,:'...:.:.:....:.:.:.:.:.:....:.:.:..{..:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ∧   :::::::::ハ
         ノ:::::::::::::  / ....:.:....:.:.:.:.:.:′:.:.: ハ..:...:.:.:.:.:.:.:.⌒'.   :::::::::::::ヽ
      ....イ::::::::     /....:.:....:.:.:.:.:../...:.:...:..′’:.:.i ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   :::::::::::::\
    /::::::         .′..:...:.:.:.:.:../}.:' :.:. |:.| ハ:.|、 :.:.:....:.:.:.:.:.:.\  ::::::::::::::\
   /       . イ /..:.:.:...:.:.:.:.:../イ:|..:.: l{:.|   |ハ ..:.:. ..:.:.i:.:.:.:.:. }\    :::::::::\       それじゃあ、事情徴収も含めて家に帰ろうか?
  ‘ー―‐   ´   /...:/...:.:.:.:. イ´ |:i{ :.:.ハ{   |__ヘ:斗-:.:|:.:.:.:. リ   `   . __)
                ′イ...:i .:..:ー<.{ハ:.:.|  z≦__ ハ:|:.. .:|'⌒V                 勿論、訳は話してくれるな?
            |:/ {:.:.:{:.::. :ムャぅ.ミハ:{ ´,孑示:うiミlハ:...}ぐ }
            |′|:.:ハ:..:八 V:::ツ  \   ヒ::ジ '′i:.:') i} ム=、
              ∧| ハハ     ;          }ん,.くミ:::::〉       \      ……話してくれるな。
                {   { ∧   〈         ィーヘ  \/         i:ヽ
                        丶.   rァ   フ   /ハ:...::i                }:.. :
                      >... ` 一   イ ___{ |:. .:|         \.. |:..i
                      /.:.:.:/,≧r≦=≦ 三 }| ::|          ヽ:`|:..|
                    /.:.:.://{/ 二三三三 { |:. ::|             i .:!:.. }
                 /.:.:../ //   二三三三__}.! .:::{              } .}:.. ′
                   /::.. // / 》 二>≦二 {.从 .::乂         /::::.. /
                {:__,.イ  く(/' / z====ミ{ハヽ..:::::\      /::::.., ’
         〈´{ __   /,ィヘ ⌒}   / /´ 二二二ヾ.i  \...:::` ー― 彡::.../
         > ミ≧==彡{___》 `j / / 二三三三三 i}    ` ー―一  ´








      , '     /|:,ィ: : : : : : :}}:.}ヽ: :ヘ: : :'; : : : : : : ヘ: :
    /{: : : : : :.メ |:ハ: : : : : :.ハ:} ヽ:ハ: :.'; : : : ;イ: :ハ: :
 _ノ'  |: ; : : : :j   |:八: : : : :|'-‐}‐ '''リ‐‐ヽ:}: : : ハ: : :}:
     |: i: : : :_;| -‐|:| ヘ: : : : | ノ-__L、- ミ: : : }- 、: | :
     |:イ: : : ;ィ|  __ニ- ヽ: : :}  ´¨ {::::ハ /'|: : :ハ. ハヘ:}:          逃げちゃ、嫌だぞ兄貴?
    {ハ: : : ハヘ´ {:::ハ` ヽ:j   弋り' ' }: :.,': :} )ハ!:
    l! '; : :{ jヘ. 弋ノ   `       /:.ノ:. :j|ノ: :.':          こっちはもう一時間以上走り回ってくたくたなんだよー
      ヽ:j /:.:.:ハ     、       /ィ}:.:. :/:|:.:. : :
       ` {: :.:八    __ -‐┐   ´ /:.: :': :.j:.:.:. :
          |: : :.{ \   ヽ、  ノ    ノ:. : : : /:.:.:.:. :
          ∨: ヘ   > 、  ´   イノ: : : ノ/{:.:.:.:.:.:.
         ヽ: :ヘ  |: : :.> イ´ ≦,; z ' ノ ゝ:.:.:.:.:
           `ヾ、j: : :.:,,r ´ ,|_,, <  ''´ノ    \:.
                ノ>´ ノr ‐ 、    /   // oヽ
         ,, -‐ ア  ノ L_:.:.:.)  /    | | \
       /-‐ フ´  / /:.:./ ´  /     { {





まずもって、この姉妹が青年を逃がしてくれるわけがないのだが……

顔面蒼白で腰が抜けて動けない青年の両腕に姉妹が寄り添い、仲良く帰路に着いた。

いや、家に帰っても寝れるわけがないのだが……恐らく、もっと酷い目に遭いそうだ。
8187 : 七色 ◆5yAzQ5rmCs [] 2013/12/13(金) 01:18:02 ID:xCuxbmiA0
はい、今日はここまで……



今日の姉妹編は話の内容が突飛過ぎて薄いとか感じたかもしれないけど……正直重くしてほしいって言うならいくらでも重く出来るからね。

むしろ過去編よりも今のが重くて鬱で救いが無い話にできやすいし……まぁやりませんけどね。やりませんけどね。

大事な事なので二回言いました。
8189 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:18:55 ID:0ozoiBEQ0
やらないでください……やらないでください(切実)
8190 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:19:02 ID:nhUG7Mkk0

七色「二回言ったぞ?だから押すなよ?絶対に押すなよ!?」
8191 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:19:04 ID:/O7RfV6I0
おつ~
ホントだな・・・?ホントだな!? >やりませんけどね
8192 : 名無しのやる夫だお [sage] 2013/12/13(金) 01:19:15 ID:6HAMpevs0
乙ー
その場合、姉妹を避けて幼馴染、幼馴染がそうなってバイト組、バイト組以下略というループで全部地雷原になりそうだ