インタビュー・ウィズ・サンシタ10

8791 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 21:55:54 ID:1C5mTpeA

            ., '" ̄¨丶、                 イ ン タ ビ ュ ー
      ノ}ノ} /__     }   .ト--_::::――=ミ┐__
   _、‐'´´ ノ ::::::::::: \        .>'´:::::::::::::::::::::::::::{::::::::二ニ=‐   ウ ィ ズ
  / r/ (_ ,,::::::::::: l:::::ヽ  -=ニ彡::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::’,
  {  '  、‐''゛::::::::::: l:::::::::..、  ./.::/:::::::::::::::{::::::::::::|::::::{:::::::\‘,       サ ン シ タ 10
  /-r-‐'/ ̄|\:::::/\ノl :::!  /.::/::::::}::::{:::::}::::::::::::|::::::{::::::::::::}::::,
..< |/ | |    乂   |:::| ./.::/.:::::::{::/}::/{::::::::{:::ト、:::} ::}::::: }::::廴
 ,::::: /| | 三三  三三 ::: ム /{::{::::::{/`}メ∧:::::ハ大};人_}::::: }::::‘,
..ム:::::V::::ト       从:::| 厶{::{:: /f斗┰∧:::} 斗┰ァ.{::::::从:::::\
../ ,::::::l::::从≧ー- ―≦:::::::l ...{人:ト、 `⌒ ∨ `⌒' {:::/}{  ̄ ̄              ◆ 前置き ◆
, ,:::::::::/ ,. ´、  :! , ヽ |::::::.、  // /¨_,つ  ノ      〈イ乂}
, ,::::::::l γ.:.:.:.:\l//.:ヽ:::::l ...{ { .{ {    __     /:/      ◆ この物語は仲間内でやっているニンジャスレイヤーTRPG ◆
l l:::::: l l、;,;,;,;,;ノ_/、;,;,;,;,;,ノ:::::|  .\  \  ⌒゙`  ィ:{/\ 
                  __,。rf\  `ヽ。-< .从}i:i:i:iト、            ◆ そのプレイメモめいた何かである ◆
               /_______人}i:i:i\    }   ∨i:i:i:/___>___
                  {__\ _____∨lr┴ミ、_{   __,}//___________\      ◆ リプレイではない。編集もされている ◆
             {______`\_{,,_∨/////,〉 '" {/_______}_}
             {__\__、∨:///////{____,{ _____________/__}    ◆ TRPG外の創作も含まれる。むしろ多い ◆
             {___\__、∨//////_{:::::::::::{_____}/__/___}
             {____`.乂///////,{::::::::::,′{    }_{__/_人    ◆ NM(GM)の許可は取っている。ご安心ください ◆
                〉、____/////////_/}:::::::/_{   {___{/____}
8792 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:01:18 ID:1C5mTpeA

                   _____〉\
                \__,,:::::::::::::::\::}__
            _.:-::'"::::::::::::::::::::::::::\::\_\
            ⌒ヽ/.:::::/.::::::::_}__}:\:::::゚。::::゚。 ̄   キョート行ってきたんですよ。ええ、キョート共和国。
                /.:::::大:::::::{:八{\:}::::::}:::::::゚。
                 /{::::::{八:{:::从ィ爪゙^}::::::}:::::::八    ご存じの通りソウカイヤはキョートにあるニンジャ組織、
             厶{:::j〈f爪∨ ∨ノ゛{イ::/-く}:{八
              {:从}∨〉      {/{::ノ/::{⌒`   ザイバツ・シャドーギルドとにらみ合ってます。
                    从         ,r‐く人}
                \ 〈>  r::〈{::::/_       抗争とかもしてます。そう、マルノウチスゴイタカイビルとかの。
                  __ \...。ol〔} {|l┴=ニ=┐
                   {/:/:/:/://}   } {|l二二ニ/     で、今回そのザイバツから招待状が来たんですよね。
                   ∨:/:/://  丿_八二二ニ=-
                   ∨二l{`__/\{二二二二ニ=-   あっちでやってるニンジャのバトル・ショービジネス。
                   /_<>''¨\/∨二二二ニ≠=-
               {二ニ{、_}{_ノ∧ {二ニ=ニ二二二   シャドーコンを見に来ないかっていう。
                  i{ニ=八.}{\..∧ {二二二〈二二ニ、
                /ニ=/.>}{<....∧ {二二二乂二二}
                 /ニ=/       .∧ {ニニニニ>=ニ
             {ニ/{     \ .∧.∨二二二二二ニ
                 /ニ/::{      \.∧..\二二二二ニ=
              {ニ/::::{          :./\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\



                xェz‐‐- 、,ハ
               ,ィ'"´: : : : : : :゙>
              <: : :! ::!: : ::i : : : `i       罠? いえいえ、キョートお得意のマウント取りですよ。
           /:/: :!:/!:!: :/!,k l:: ::I
              '"i:::/rヵ`!:メ,,,,,ヌ::: ::ヘ,      あっちは平安時代の昔から、相手の上を取るために
               乂! `' .,” り lノxj`゙
          ,,,,,,,,,ム  、  ,/`´        あの手この手、駆使してた連中ですよ?
            .ヘニエェ-j`ゝ '"Lミ≡ァ
          r‐":::::::゙} !  .//¨¨¨´!、      丁寧にお客様として呼び出して、こっちの不手際をあげつらう。
        _/::;;;;;;:::::`ゞへ,y'く彡":::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::``!´>イ::::::::::ヾ、::ヘ    そーいう意図ですよ。ワオ、コワイコワイ。
     /::::::::::::::::::::::::::// ヘヽ:::::::::::::::::::゙`ヘ
   ∠,_::::::::::::::::::::::::::イ/   ヘヽ;::::::::::::::::::::::`ヽ
   !'''''‐ニミ、、___,,./ノ     \ヽz__-__-__-_-ヽ
.   {ヘ; : : :\iiiiil'''"´        .7iiiiiiiiiiiヘ=--¨ヘ
    !iiiヘ: : : : \I            jiiiiiiiiii/: : : ::/
    `ヽヽ: : : ::/            .jiiiii/: : : : /
8793 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:04:26 ID:zu92NqaO
ブブ・ピクルスを食わせるですねわかりますん>キョート
8794 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:07:33 ID:1C5mTpeA

                               ヽ、--‐‐‐‐.、_jヽ
                          ,ィ'"´: : : : : : : ::ム、
                             -'ヂ: :: :: ::ィ:: :: :;; : : :、ゝ    で。ソウカイヤのトップ層はオンセン慰安旅行に
                         /:/: ::,ィ/zlハ: :/ }: : : ゙;
                           ム;:/ ____, .i;/``!ハ:: ::j    行く予定がありまして。若手で活躍目覚ましい、
                         〃:j.  ̄ ;  `''''' /: :;ム
                           " !ィI  、---,  .ム;;ヘ!    俺たちのチームがキョートに行くことになったんですよ。
                         _゙'ヘ   `¨´  ,ムイ’
                           l `¨`i 、_ ィ"!;j7       まー、実力と、場合によっての損切りとかいろいろ
                           ||::::::::!     I:〃
.      ,.........              ,。-‐''''!|:::/!   / 〃-、___      計算あったと思いますよ? そこはまあ、はい。
.  __,。r`¨ .\,,           //´iiiiii!{/-、  ,- 〃iiiiii`''''''へ             ,..,
  モ=-----、,イ `ヽ           /'iiiiiiiiiiiiiiiij.{- 、,,,,,,〃iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiハ      /¨¨´<
.         ヽ;iiiiiiiii\    ./iiiiiiiiiiiii/"iiiiijハ:::::;〃iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiハ       j "   ミ込
          \iiiiiiiiii\,,。ェ"iiiiiiiiii/iiiyi:::´ ̄ ハ〃¨¨` ‐- ,、ヘiiiiiiiiiiiiハ    ,イ、 .,。 "´ ̄
.             \iiiiiiiiiiミ,ヽiiiiiiii,/イ´.{:::::::::::::|.j::::::::::::::::::::::::`ヘiiiiミiiiiiハ ./iiゝ、゙ス
.              \iiii〃iiii,/´   j:::::::::::::j.|::::::::::::::::::::::::::::ハミ{ iiiiiハイiiiiiiiiiii,イ
                ゝ- '"      {::::::::::::j !::::::::::::::::::::::::::/ ヘiiii/iiiiiiiiiii/



                     __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
                ∠二::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`~、__
                 /´::::::::::::::/:::::::::::/:/::::::::::}::::::::::::::f¨¨¨`    実際、旅行そのものはかなり良かったですよ。
                 ,′::::::::::::/:::::/.:::/:/::::::::::|:}:::::::::::::::゚,
                .::::::::::{:::::::{::::/¨∨::{:::::::::::从:::|::::::‘,゚,     シンカンセンなんか大名クラスでしたもん。
                ,′::::/{:::::::{_厶ミ、}:/{::::::::/{⌒i:ト、:::: }::::゚。
                 厶ィ}:/ :{:::::::l/爪;)` {:::/斧㍉ヘ}::::::}\:゚。    いやあ、子供の頃カチグミ・クラスに
                {/:{r‐{ハ、{.乂ツ   {/  r{)} }/乂: }  `¨
                   乂{.八人{      i: `¨ {! {:::}┘      乗ったことありましたけど大名クラスは
                      }\__、    r‐   、  .从}l┘
                 └ヘ:::::}\  \_ノ  / _        すごかったよ。
                  r‐=ニ ̄ ̄ ̄}        .イ{_/  \
             {-=ニ二二}  }     ̄{i:i:i:i:i:i:i{ rヘ、}      一両丸ごと貸し切り。スシもチャも食べ放題
             ∨二二ニ}  }     /{i:i:i:i:i:i:i{ {二ニ{ 
                _}=-ミニニ}  }_,  \乂i:i:i:i:i{ {ニニ{       飲み放題。オイランドロイドサービスまで
            /二ニニニ\ニ{=<\\_   〉⌒i{r┴ =く
         /二二二二二二二ニニ}< ><::>{ニニニニ゚,      完備!
          /二二二二二二二二二/\/⌒ヽ/{二二ニニ゚,
8795 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:08:27 ID:YnNJ8vQo
ザイバツも頭おかしな強さのニンジャ揃ってるからな…
それに最大限の警戒をさせるラオモト=サンの化け物っぷりよ
実際ラオモト=サンが死ぬまでまともにネオサイタマに手を出せなかった訳だし
8796 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:14:11 ID:P/Bb2d6X
人工ディセンション七連ソウルによる超初見殺しに加えて本人のフィジカルスペックもわりとおかしいからな
※ラオモト=サン、ブチギレオーバードライブのフジキド前にしてマキアゲやってんのに踏み込める隙がないとかいうおかしなことしてます
8797 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:15:25 ID:lElCxGCR
死亡率10%(座席のクラスによって変化)ですら低いと言われる新幹線!
8798 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:17:03 ID:1C5mTpeA

                                ィ
                     ___         //\
                    _/ニ/ニニ\    /\///\         『……まあ。そのシンカンセンも、安全じゃないのが
.               / ̄ ̄ ̄ ̄\: : : :\   \//\///\
               /  __     \: : : :\   \//\///\       現代らしさなんですけど。ええ、セキバハラの荒野で
.              / /__ \.   /∨: : : :|_.   \//\///\_ 
           _|//  \ \ 〈_/|: : :./ 〉   { ̄\/\///\|    列車強盗団に襲われたんですよ。
            |::O:\  _|_|_ 〈/匚]三/    `\ \/\///\
.              }\:/   |::O::::: ||    |/ ̄Y      / ̄  ./\\,/〉   酷かったですよ……マケグミクラスにどんどん
            〈/    \::::::::|l   /__ノ     / ̄ /   .|/ ̄
             / __   | ̄|    /  ̄|      { ̄ _,.   |       ロケットが当たって。……でまあ、そのままじゃ
.            |/\|/\ _|_|_  ./  ∧      {_ノ       |
            | ‐◎― || ̄ ̄ |_,/    \__   \      \       おもしろくなかったんで俺らも反撃しました。
          \/|\/ \_/          \  \   \  __∧
              ̄――┬'´        ,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨二二∧     いやあ、俺も昔に比べてスリケンの腕が
                    ∨       /              ∨二二∧
                /∨   /     \       ∨二二∧    上がったもんですよ。……もちろん、仲間内じゃ
               / ̄                 \_     ∨    \
              /  / | |         /  / ̄ ̄ \〉ニニニニニ∧    ドベですけどね』
             /  /  | |        /    |        |ニニニニニ二∧
.            /       /              /|        |ニニニニニニ二∧
           /       /           /   \      |ニニニニニニ二二|
            |  |     |          /     \    |ニニニニニニ二二|
            |  |     |            /.        \  \ニニニニニニニニ|
           〉  ∨    |     。     /          | ̄\}ニニニニニニ二|
.          /.   ∨.。   \     /}           ./   \二二二二|
         /     \  // ̄ ̄ ̄ /           ./       \__/



       ⌒ヽ
   --、 {  \  ∧    __  _   ,イ
  ( \      //). :´ : : : : : : `{ \/ {
          __{/: : : : : : : : : : :八  } } _   『ナンバーワン? そりゃもちろん、カレンデュラ=サンだよ。
         / /': : : : : : : : : : : : : : : Υ}/ノ
      /⌒〈.|: : : :\: : : :/: : : γ´ ∨‐┐   俺、キックオウガ=サン、パイライト=サンの三人よりも
      {_ ( 八i: {ヽ|||、_ノレ|||vYイ|   }__/
       } _r'  |: | |||   ||| |:八__ 〈: |     多くの強盗を倒してたから。キルマーク最大。
        | /∧ . |:.{、、       、、|: : l圦 ハ|
      j|': : ∧,ノ込、       ,|: : |iiiiiУ/}    そう。キョートといえばカレンデュラ=サンの故郷。
      / : : //∧: :.|i:i:≧=冖刋: : |iii/: //|
     ': : : ////∧ |ー圦 : У: : |: :/i/: ///|     実家とは色々あったらしいし、キョート行きもあまり
    /: : : //////∨]| //〉' : /∨|/: /,'//|
    .: : : : '//////∧ //: : ////|: : :/,'//∧    嬉しそうじゃなかったな。彼女、あんまりそういうの表に
    /: : : /////////{ /: //////| : ////{: : :.
   . : : : '//////// 〈ヱ二二ニニ| : |////|¨}: :.    出さないから分かり辛いけど』
  ' : : : '/////////〈===宍=====| : |////|/: : :.
  .: : : : '//////////ノ 〈八〉    | : |////|: : : :l:.
  |: : : :|//////////}77777777| : |////|: : : :| |
  |: : : :| /////////{ //////////| : |///八: : : | |
  |: : : :|/////////∧/////////∧: ∨/{  }: : :|
8799 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:22:08 ID:1C5mTpeA

                      /{   _____  ム
                  /i:i}ァ' ./   `寸ム
                    l:i:i:> l{  }   <i:iム       『とはいえ実際、彼女のキョート・マナー知識はすごく助かった。
                <ア ト 八  |ィ,ィ ノ^寸>
                  <乂 《妁\{妁》  从       ネオサイタマのマナーと全然違うんだもの。サイバネを見えるように
                  | ≧┘  '  /イ l
                  , | |h、 _ ,ィ | | l        するのはよろしくない、とか。一応、ソウカイヤとしていくわけで
                 ,  | |∧∨∧.| |  l
                  / ハハ/∧///ハハ  ',       恥かくとマイナスなんだよね、組織として。
               / / ', ∨///// / ∨ V
                 / / ', '。 ∨/// /  ∨.V      それをスルー出来たんだから彼女のキンボシはオオキイよ』
.                / /\ ', ', lニニl ,   _'/ V
               / /  ヽ}. │|   | | /  '/. V ./
.              /  {  \ V│|zzz| | / /  '/. ∨ /
             /.   {    ヽ.│|   | |//   }.  ∨ /
.            /   ∧      \zzz|/     }!  ∨
           /   / .∧    /`y'´ \.     √   }
             {.  /  ∧ /\/_,ィ'^\   √∨ 从
.           从 / ./   ∨//////////∧\ √ ∨_
.      _,,. -‐ ''"´//.     /////////// ∧     \ ´~"''~、
  ,、丶`               ,イ/////////////}       ヽ      `丶、
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニ=‐  ‐=ニ ∨///////////./ニニ=‐   ‐=ニ~ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ≧=‐‐冖‐-=≦



             -.z -‐<´: : : : : : : : : : : : `‐‐z 、.___
                  `゙>: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : -‐"
               /: : i : : : : : : : : : : :ヘ: : : : : :: ::ヘ
             /: : : : !: : : : : : !: : : :: ::ハ: : : : : : : :ヘ     で、まあ。何とか無事にキョート駅に着いたわけだけど。
            ∠....,: : :: ::{: :: :: :: ::I\: :ハ、:::j: : : : : }: : ::ヽ
                /: :!: : :ハ: : :: :!ヘ!  \:|.ヽI: :: :: ::ji::ii, :__\   迎えに来たザイバツのニンジャに問題があった。
            /::::::I: :/、,_V: ::j ‐''"  ゙  j: : : : :j_iiiiii!
             ,イ>''!:{:/   ヽ::i        j: : : ::7 ヘiij      発言がいちいちマウント取ってくるのはまあ、最初から
               |::リヘ    ヾ  ___,,,   j:/V:/ミ /!I
                 ヘ:::::ハ ‐-     ̄´  '' .|/- 'トヾ      諦めてた。そういう風習だもの。変に相手に得点
                  V ソj  ゝ       ____/ .|:/
                 ヽ.  ‐-   ,-,.j┌-¨≧.、       与えないだけセーフって感じで。
                 ,...≧z、.....,,,_ { !j j三:三ミ7
                 { {¨゙、     `' ヽ,!三三三       でも、問題点はそういう話じゃなかった。迎えに来たの、
                      ⅵ::ゝ      ヘ三彡‐゙ヽ
                 ⅵ:::ゞ     ,  ム"三三ミz`ヽ、     カレンデュラ=サンの姉だったんだよね。そう、
              ,.。 ‐";:!j:::/ゝ、,__;;:;   j三三三三ミョ;`.ヽ、
                  イ:三三ヨ.|/ ̄` /V,.。"三ミ:i 三;三;彡:三ミi .ヘ   姉妹でニンジャ。
               /三三三ヨ !I____.//f#" ,z==zj 三E彡:三三j  .ハ
            /三三ヨ/:ヨ! !::::::::://!〈イ彡!  !ミI ヘハ/:三三ヨ   jii}
         /´三三ヨ/:三ヨ !::::::://ヨ:/三ヨ;  !ミI ii∨:三三ヨ   /ヨ!
8800 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:23:40 ID:YnNJ8vQo
わーお
8801 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:34:56 ID:1C5mTpeA

                       .......-─‐-..
                    /: : : : : : : : : : : :ヽ
                   /: : ::/: : : : : : : : : : : :..    『強さ? かなりものだと思う。ザイバツのマスタークラスだし。
                     ,': ::/: : ::/: : : :i: : : : : : : :',
                     ,'::::/: ::/: /: : : ::/: ::i: : : 、:: ::',    カラテも漲ってたし。で、そのニンジャ、ストームブリンガー=サン。
                       i:::/: ::/、/: : : ::/:: ::/',: : ::|: : ::i
                       |/:|::/f≧` ̄´≦:/ァ !: : ,': : ::|    本名フウカ・ニジョイン。次女さんだとか。まー、キョート貴族の
                    |'ヽゞ‐'    弋テイ::::/i: : : |
                    |: ::i、  '_    /: :/ノ: : : |    プライドとザイバツマスターのプライドで、思いっきり
                    |: ::|::`  _`  イ: ::/: : : : : ::',
                   ヾ::!: : : :ィL._..:': ::/:ト、: : : : : :',    キョート風をびゅうびゅう吹かせてくれてたよ。
                        _`-イ、;;>.´:::/、: : :ヾ: :: :: ::',
                   < /;;;;;/.':::/__ 二ヽ': : : : : ヘ    正直、なんでこんな人を迎えに寄こしたんだって思ったよね。
                     /_ -=ニ二.::::/´__|==l ',: : : ',: : ヽ
/\             ,'∠ , ─‐/イ┘ ∧ / ̄ヽ i: : : : ',: : : ヽ    こっちがケンカ売るのを狙ったのかしら? 狙ったんだろうなあ』
\ へ _             i'       ヽ ,仁>、  / イ: : : :: ::',: : : : ヽ
.  \ \ハ ̄ ̄ > -、    ',  、     ○,仁二二ヽ' ,': : : : : : : ',: : : : : ヽ
.   \ ヽ __ /   > _ヽ _ヽ    /<ニニニ//: : : : : : : : :ヘ: : : : : ::ヽ
      \  i        /=-"_`_/ ./ ヾ./ /|: : : : : : : : : ::ヘ: : : : : : :\
       \ ヽ __/ ̄二ニ=-` /  /  ./ !: : : : : : : : : : :ヘ:: :: :: :: :: ::\
        \ ヽー<           /   イ  i!: : : : : :: :: :: :: ::ヘ: : : : : : : : : \
.            \ >'>  ` <   ./ |    | /: : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : ::\
           </ニヽ   /○` ´ ○!     ヘ: : : : : : ',: : : : : : : : : ::ヽ: : : : : : : : : : :\
             ヾニヽ ,′、 __    〉     ヽ : : : : :',: : : : : : : : : : ::ヽ: : : : : : : : : : : \
                  ヾ=,'!       i!      ヽ: : :: ::',: : : : : : : : : : : ::ヽ: : : : : : : : :: :: ::\
               ,'ノ         !         ヽ::: :::',: : : : : : : : : : : : ::ヽ: : : : : : : : : : : : \



                           ハ
            ハ     _,、、、、、、、、,,_       | ∧
            ,'  V<: : : : : : : : : : : : : `''< | ∧      『相手側も、カレンデュラ=サンがいるなんて
         l/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|.  ∧
        ,イ: : : : : : :/: : : : : : :|.: : : : : : : : : :.|   ∧     考えてなかっただろうけど。実際、彼女表には
          /: :/: : : : : :| : : : : : : :|.: : : : : :.〈\:ヽ    ∧
..      /: :/ : :: : : : :|: : : : : : : |: : : : : : :.ヘ  ヽ.    ∧    出さなかったけど、仲間内のIRCがブチギレだったよ。
.      ': :;′{: : : : ⌒:|: : : : : :/: : ⌒: : : : ヘ   `''<-┘
       |: :{: : : ',: :|z≠ミ、',: : :./  リァ≠=ミ: :ヘ   , イ     なんかね? 実家の家宝とかいうカタナを
       |{八: : : |小 んハ::\/::::::::ん:ハ::::〉}./ヽ<¨¨¨八
       .从: :ヽ: :{ヘ:::::∨ソ::::::::::::::::::::∨:ソ::::://ン }_ イ      持ち出しているとか、色々で。
         .\: {\ゝ;     ,       }:/| ,イ  `ヽ
          .l: : l :从      __    /|: : : |⌒).   /∨   それでも、即座にケンカ売らなかったから
         l: : l.: : : : :.、.  、_ノ   イ  |: : : | : : \/ : : j
          l: : |l: :__: :: > -.  ´   ,.ィ|: : : | : : : : : : :彡┐    ギリで耐えてくれたんだと思う。ありがたい事だよ』
        .|: : :ァミ:  \.ミニ\、  ,ィニハ: : |〉 ̄ ̄ ̄ //│
.        |: : .|}     /ヽミミニ|≠ニア  V从     //::ハ.|ヽ
        |: : : |}.   .(\ニニつ\ア ,ィ゚〈〈     //:::::::レ: : ヽ
        |: : : .|}   7ヽ\\\_.).) ヽ/ヘヘ.    //::::::::/ : : : :Y
        |: : : .|}  ./\\\)     .‘,´}VVノ //:_ -=====ミハ
        |: : : :|}  [/ \       .∨oO >''´~''^´   /
        .|: : : : :|} 人___./\      ∨   〉.        /
        .|: : : : :.|} }    /\     .∨  〉.        /
8802 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:39:51 ID:+cfDbZ/3
ヨウジが高いからどうかは知らんけど、家宝を持ち出す程度にはお家は崖っぷちなのでは……?
8803 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:40:36 ID:1C5mTpeA

                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::.....
                 ⌒ヽ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                   /::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::‘,:::::::::::::: \      で。その後なんとか場を収めて。シャドーコンの
                     ,.:::::〃:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::: }:::::::::::::::::::::: \
                 /:::::/:::::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::: }:::::::::‘,::::::::::::::\__   会場に案内してもらって。そこの責任者で
               /:::::/::::::::::::::/:::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::: }:::::::::::::’::::::::::\/
            .、_/:::::::::,′:::::::::: {::::::::/{::::::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::: }:::::’::::::{      ザイバツ・グランドマスターのサラマンダー=サンに
             ⌒7:::::::i:::::::::::::j__{_/ .{::::_:_:::::::::::::::::::/::}::::::::::::: }::::::::}:::::’
            /:::::/:{::::::::::::{::八:/⌒∨:{_,}::::::::::::::/{:::ハ:::::/::::::}::::::::}::::::}      誘われてシャドーコンに出場することになった。
              ̄´/:/{:::::::::: {i芹ミx 、_乂{|::::::::::メ、}厶}::/:::::::,’:::::::}::::::::
               /:/八::::::::::{l   {斤芹` :}:::::::/ /´〈/{::::::/::::::::::{::::::::}      うん、観戦じゃなくて出場。なんで出たかって?
             ⌒∨{∨::::::l{   乂ツ   }:/   斧ミz、}:::/::::::::::::ト、:::::{
                 乂`∨::{、〉         ´     〈:::ツ`癶:::::::::::::,′\}      手っ取り早かったし、言葉でのマウント合戦より
                   }:::{\〉                 ̄ .イ::::::/:::/
                     {ハ:∨         ′       j::/}::/          はるかにマシだったから。俺たちの得意分野だったし、
                     }:::}〉             /ー厶{´ {/
          _   -=ニニニ从}l. \   <::ヽ    乂__              対戦相手がストームブリンガー=サンの弟子ってことで
       r<二二二二二二二ニ}   \        .<二二二ニ>。、
       {、 `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ニ}      - < 八{二二二ニ=‐  }         カレンデュラ=サンのうっぷんも晴らせるし。
      ∨二ニ=-  ___   }ノ           j二ニ/     __,,-=/
        .∨二二二二二∧  {           {ニニ/  /二二ニf´
      ,rf二二ニ=ミ二二ニ}/\         乂/  /i二ニ=‐人
     /二二ニニニニミ/⌒ヽ/\_      /\_/=ニ二二二\
    /二二二二二二二ニ`ヽ_/ ̄__`ヽ./___ \二二ニニニ\



.   ,.::.::.:/彡>''" _ ]ニ=-‐……‐-==二」:.::.::.::.::.\
   /:.::: //厂彡>''":|:.::.::.::.::.:: |:.::.:|:.::| :.::: |:.::.::.::.::.::.::.\
.  /:.::.:::{_彡 /:: |: |:.::|:.::.::.::.::.:: |:.::十┼--:|:.::.::.::.::.::.::.::.::.:.     『でもまあ、なにより。キックオウガ=サンが
  :.::.::: {// :.:::斗 i'"「::|:.::.::|:.:::|:.::.:|:.::|:.:::|::|:.:::|:.::.::.::.::.::.::.::.:
  |::|:.::.::{/:.: |:.::.::.:|: |:.::|:.:|:.::.::|:.:::|:.::.:|:.::|:.:::|八:.:|:.::.::.::.::.::.::.::.:::.    すっごく楽しみにしてたからね。
  |::|:.::.::| :.:: |:.::: 八:|:.::|:.:|:.::.::|:.:::|:.::xf浮芋ミx :|:.::.::.::|::.::|:.::.::.::.
  |::|:.::.::| :.:: |:.::.xf浮ミk:|:.::.::|:.:::|〃| ん ハ i}:|:.::.::.::|::.::|:.::.::.::.:     キョートのカラテ。機会があるならやらなきゃって。
  |::|:.::.::| :.:: |::〃 )/ハ从:.::.:l八|:.::ノ 乂/,ソ |人:.::Y´|┐:.::.::.::.:
  |::|:.::.::| :.:: |八 ∨ ソ  \| ノ/ /  / / //V´| || ::.::.::.:::    実際、凄い人が出てきたよ。古代ローマカラテの
  |八:.:::|:.::: 〈 ヽ  / / / / /  /  / / /:Y´| | ||:.::.::|::.::.:
  |:.:\{\::|   「ヽ/ / / /ヽ /   / / / /| | | ||:.::.::|::.::.::    使い手であるニンジャが』
  |:.::.::: |:.::.:|| |  |               | l     |:.::.::.:|.::.::.::
  |:.::.::: |:.::.:|| |  | /Y     ,        |     j:.:| :: |:.::.::.:::
  || :.::: |:.::.:|| |  / ノ         イ:.::|     Λ:|:.::.::.::.::.::.:
  || :.::: |:.::.:||  / /个ト     < | /    / :: |:.::|:.::.::.::.:::
  || :.::: |:.::.:{     {:.::|:.::|        |:/    /:.::.:::|:.::|:.::.::.::.::.:
.  八:.::: |:.::人     \|:.::|        |{   /\:.::|:.::|:.::.::|:.::.:::
 /:.::.::.::.:|:.::.::.::\    ∨        / / ̄ ̄. . . . ..}:.:|:.::|:.::.::|:.::.::.:
./:.::.::.::.::.::.::.::.::.:::Λ     | \   /  {.. . . . . . . ../\:.:|:.::.::|:.::.::.::
8804 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:43:44 ID:+cfDbZ/3
古代ローマカラテは魔技。
8805 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:46:34 ID:1C5mTpeA

                              |\
                   \r――――――― |::::::i
                  / ̄::::::::::::::::::::::::::::::`::::::|__
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´::::::::::ヽ
                /:::/:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ\    そして。俺としてもとても良い出会いがあった。
               /―:/:::::::::::/:::::::::::::::::::|::::〈::::::::::::::::::::::::,
                /:/:::::/:::/--:::::::::::|--、/\::::::::::::|::::::      あれを出会いと表現していいのかは
                  /:::i:::::/ ´  |\:://  `ヽ|:::::::::::|::::::|
              /::::::|イ::|             |:::::::::::|:\      ちょっと疑問があるかもしれないけど。
               ̄ 、f::|r===x    r====x |:::::::::/:::|
                 寸     ’        从/)从       いやね? ストームブリンガー=サンが
                 人    r=ァ     _/
                   ≧s。__ 。s≦/            ウマを連れてたんだよ。
                   〉ニ\ノ /f^ヽニニ、
                     /ニニ/_/ /リ | |ニニ\
                      /ニニ/:.:.\{__-=≦ニニ \
                  iニ/:.:.:.:.:.:.:.大:.:.:.:.:.:.|ニニニニ



.                      /;j
                      /:::ll    .     ∧
.                     /:::://i  /     /: |
                     |;;::::,/ .|l / ,/   / : |
                     |;/ .|,.!.|/''''‐ 、/ :.  /   『ウマを見たのが初めてだったか? いやいや、
.                 ,,,r‐''´ ̄ ̄::`、,, .、.ヽ`,`、:: . /
               / ̄ ,,,;;;;:'"~  l、 ! i i i.ヽ`,  ./     俺もカチグミ・サラリマンの子供だったから。
              |l/ '^     . |:::. i!i! .i |.|||-‐l´
              /       ,::::/::::  .i!i!|.|.|| |./      ウチは飼ってなかったけど、上の家の連中は
            /      ,,r''"  _,._-':::: |ノ,....| `、_,
           /    .   / / ‐、:lljiノ≫'"lー'| 、、`,ー-   ステータスを見せつけるためにもってる奴らいたから。
         /    ,.     /:::::::::  `'" .  l.l. l.|llヽ
.       ,. '".'  ,.. -‐'"   .. .'   ,/     ..l.l i! i |      実際高いらしいね。一か月でウン十万、下手すりゃ
.      ,|   /.ヽ,  /    ._、,,,,,r''::'      /l/ノ ノノ
      l:|   .,:':':':';';'. ' .・'´ . ゙;'::::::::      //ノ         もっと維持でかかるらしいもの。……でもまあ、
.     〈/  ; " ''''.'  、........::::'';;::::::::      //||
     ,.. l、   `''''~_,,.-―;::::::::::::::::::::  :::::::::.//|.||          それを飲んでもいいって思った。なんせ、
  _,..-'" 〈`、_,_;..-'" .-‐'':::::_::::::::::::::::::::::::///l,| ||
''"::::::    \';;;;::::;;;_.r‐'''''´ ̄  ̄`ー、__,-'"::/./| .|| ヽ         そのウマ、ブケファラス=サンは……ニンジャだった!
 ::::::    :;': :::::::::::: /:::       :::::::::::::::::/ /l.l ll   \
 ::::     ;': : ::::::::::/::      .    ::::/..///ノ/l     `ー     ニンジャの、ウマ!』
 :.:   .:..;:': : : : ::: /::          ::/ /ノ/ '/
   :::;:': : : : : : :/:.           / // _/
 ., ‐'"   :::::'/.           / ./ /
8806 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:46:34 ID:P/Bb2d6X
魔技すぎて使い手がほぼナレ死するくらい魔技なのよね
ナレ死しなかったのスターゲイザー=サンの他にいたっけ?
8807 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:48:54 ID:YnNJ8vQo
そういえば、確かグランドマスターの中に、ドラゴンセンセーの弟子いたよね?
8808 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:51:08 ID:+cfDbZ/3
ニンジャスレイヤー世界でも競馬は盛んなのかー
8809 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:52:13 ID:P/Bb2d6X
>>8807
シャドーコン元締めのサラマンダー=サンやな
なお最後はチョップしチョップしチョップしたフジキドに敗死した
8810 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:53:14 ID:1C5mTpeA

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
      ∠≡-,:: : : : : : : : : : : : : ; : : : / !: ::; : : : : : : : : :!、: : : : : : : : : : : : ::ヘ
         /: : : : :{ : : : : : : : :/!:: ::/  !: :ハ_y: : : :: : ::7.I: : : : : : : : :j : : :: ::ヘ     強さ? やばかったよ。なんかね、
         ./: : : : : :I: : : : : : : /‐.! :/‐'''¨}¨l´I: : : : : :ゞ7、_i: : : : : : : : :! : : :l::::ヘ
       /: : : : : : {: : : : : : ,/  .レ' _____,,!::!. ';: : : : : :7  `!‐/!: : : :: ::} : : :|\ ヘ    ビックニンジャクランのソウルが
      ./: :,,ィ'j: : : :!: : : : : :j マ'''戊===、ゞ  '!: : : :7‐‐- .I/ .|: : : : : }: : : |  `ヾ
      ''"´  j: : :/|: : : : : :l ゙ !ノ:O:::} i   ゛;:::::7符==ェェ,i: : : : :j: : : :|       入ってるらしくてね。体力がすげえの。
         .ハ: ::! j: :;、: : ::!.  `‐=="-     V゙ jノ:O:::} "l: :: : ::j : : : |
           ム-‐ヘ.};/.ヘ: : !               ≡==''、  .l: ; : : !: : ;; :|       アーチ級ニンジャみたいなタフさがあった。
               ヽ  ヾ::!           .::7         ./!/j :/!::/ヾ;:|
              j: :ゝ-,ゞ         ゙"         ./ /レ' .!/   `       真面目に殴り合ったらキックオウガ=サンでも
            !:/j::ヘ                   /ィ
            ゙  !/.lヘ                    /                厳しいと思う。だから俺がジツでメンタルを
              __,,,,..z---' ‐,ヽ.   r_ ‐‐ --、   ,.イ
            ヘ==≡三ヨ! j  ゙ゝ、   ̄`¨¨ '  <z-、 ,,__               削って寝てもらった。
              !三三三ヨ j   ゙;::::> ,,.. <:::7`三ヨ''''‐‐-`ミ''‐,
             '!三三三ヨ .!.   `゙ヾ;::::::;."´7三三三三三//



     __
_、-''^  ̄ ̄  "''~ ,,
   、 丶 `´ ̄` 、 \       『他のニンジャも、実際強かった。何かヤベービーム出す人もいたし。
、‐''~    _」LL」_ \ \
    _、‐''.:.:.:.:.:.:.:.:.:\. \ ヽ      たぶんジツだとおもう。俺にブッパされたんだけど、食らってたら
 、 ''~: : : : : : : : : : : : :\. \ V/
': : : :.i: : : : : : : : : : :.i: : : :\ vV/    どうなってたか。くわばらくわばら。ザイバツの実力おそるべし。
: : :. :.|: : : : : : : : : : :j{: : : : :.`, . 'V/
:i -──-: : : : : : : :八_: : : :l、 . V/    俺たち、次期シックスゲイツって言われるぐらいの強だだけど
:lv.:.:.| V/. :. : :. :. :./  {: :.`: :.l: ヽ .',
zzzzzzzzz: : :.:/ノzzzzzzz: :l: : :`, .',    それと同等のニンジャが沢山いるんだもの。これで、
||    |\./  |    | |: : : : :.l`, ',
l乂__.ノ      乂__.ノ |: : : : :l: :`,. ,    まだお弟子さん。マスターとかグランドマスターとか、
| .:/:/:         :/:/:.|: : : : l:.:.:.:`,.}i
|.            _ ノ: : : Ni: : : : 〉l    どんだけ強いのやら。試合? なんとか勝ったよ』
|: :`>-、 ──  -≦ : :}: : ./:}: : :./
|: /: : : : :) 》《   /(: : : : }: :/: :} /
8811 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 22:57:28 ID:PErKeke0
勝てば(ソウカイヤの面子は)よかろうなのだァー!
8812 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 22:58:45 ID:1C5mTpeA

                       _
                 .ィ〔/_.....:―‐:::......__
                 __{:::::/..::::::::::::::::::::::::::::-<
               /..:::::::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::::ヽ
            /:/..::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:。\    勝った後? 穏便に返してもらえたよ。客だしね、俺たち。
            7:/::::::::/::::::::{::::::|::::::::::|::::}:::゚。:::::::::::::. ̄
           .::,′::::::i::::::::::{::::::{::::::::::|::::}:::::i:::::::::::::::゚。     ただまあ、ストームブリンガー=サンはブチギレてたね。
             {::{::::::::::l{:::{::::∧ノ{::::::::::ト::fi--∨::::::八:\
             {::{::::::::::l{:┼/'"乂}:::}:::::}::八::::::!:::::::{::::} ̄    面目丸つぶれだからね、しょうがないね。
             {::{::::::::::l{/l/    八}::/{/  \{゚。::::}:::’
             厶{:::: :::::l{,,r=≠ミ  ∨  '"¨¨` .ハ/}/      あとは、普通にキョート観光してから帰ってきた。
           八ト:.\l〉            _,ノ
             人:〉-\        !    从         シャドーコンで勝ったから、上からも褒められたしね。
                }ヘ、:::i:....   ⊂  つ  .〈i{
                \|\}::...       /            うん、そんな旅行だった。まあ、キョート行ったにしては
           -=ニ二二二}::::::::>…く{二二二二ニ=┐
           { ̄ ¨¨¨¨¨¨¨゙}、::::::::::::::::从ニ厂 ̄ ̄ |     穏便に済んだと思う。
              _}_ ̄ ̄ ̄::i {∧`¨¨¨´  ∨ / ̄ ̄::人_
         /__`¨¨‐=ニ=} 八_.\  ,.:‐/ /ニ=‐:/´  /_\
          ,′___  ―‐>'⌒ヽ.__/゙'<___/  ./__
        。_____ ‐=ト、:::::}:/_ \,},/_/  ./____}
         {_________,} ̄}l/ ̄}∧ ∨__/  ./__________}
         {_ /_____厂 {j\_j}::∧ 人/   /__}\___,}
       /__/_______,厂 :{ /⌒ヽj∨/   /__\.\}



                 _
                  `ヾ``: 、 __
             . :'"´: : : : : : : : ``: 、
            ∠: : : : : : : : : : : :. :.∧``
            /: : : : : : : : : : : : : : :∧    (で、キョートから返ったら。ケンドーソー先生がお亡くなりになったって
             | : : : : : : : : : : : : : : : : |
             |/|: : : : : : : : : : : : : :.}、|     オリガミ・メールがきてたんだよな……ろくにご恩返しもできなかった。
             |/{: : : : : : : : : : : }ソ
               V: : : : : : : : : /        なんとか、ニチョームにあるっていうドラゴン・ドージョーの隠し道場に
             , -ニ二二ニ- 、
              {jI斗――  、}        コンタクトを取らなきゃなあ……。センセイ……)
              /二二二二二\
.           /ニニニニニニニ二\
            /二二二二二二二二二∧
        /二|二二二二二二二二|-∧
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
8813 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:00:13 ID:+cfDbZ/3
センセイ……
8814 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:00:17 ID:YnNJ8vQo
>>8809
サンクス
チャドー呼吸とか使ったら、ドラゴンドージョーと関わりがあるってばれるなw
8815 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:00:21 ID:zu92NqaO
やめるんだ。フジキドのかわりにユカノのSNS設定をする仕事を任されてしまう!!
8816 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:00:30 ID:PErKeke0
センセイ、サヨナラ……
8817 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:01:30 ID:YnNJ8vQo
センセイ…
ここではワクチンが間に合わなかったのか、原作通りダークニンジャ相手に討ち死にしたのか
8818 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:01:34 ID:1C5mTpeA

                               ヽ、--‐‐‐‐.、_jヽ
                          ,ィ'"´: : : : : : : ::ム、
                             -'ヂ: :: :: ::ィ:: :: :;; : : :、ゝ   元ヨロシサンで働いてたって連中を中心にして
                         /:/: ::,ィ/zlハ: :/ }: : : ゙;
                           ム;:/ ____, .i;/``!ハ:: ::j    バイオ野菜工場を運営する会社を作ったよ。
                         〃:j.  ̄ ;  `''''' /: :;ム
                           " !ィI  、---,  .ム;;ヘ!    シマに新鮮な野菜を提供する……って名目で。
                         _゙'ヘ   `¨´  ,ムイ’
                           l `¨`i 、_ ィ"!;j7      うん、名目。本当の目的? 自分のウマをお世話するために!
                           ||::::::::!     I:〃
.      ,.........              ,。-‐''''!|:::/!   / 〃-、___              ブケファラス=サン、お迎え出来ないかなぁ。
.  __,。r`¨ .\,,           //´iiiiii!{/-、  ,- 〃iiiiii`''''''へ             ,..,
  モ=-----、,イ `ヽ           /'iiiiiiiiiiiiiiiij.{- 、,,,,,,〃iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiハ      /¨¨´<    ってところで今夜はこれまで。
.         ヽ;iiiiiiiii\    ./iiiiiiiiiiiii/"iiiiijハ:::::;〃iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiハ       j "   ミ込
          \iiiiiiiiii\,,。ェ"iiiiiiiiii/iiiyi:::´ ̄ ハ〃¨¨` ‐- ,、ヘiiiiiiiiiiiiハ    ,イ、 .,。 "´ ̄    オタッシャデー!
.             \iiiiiiiiiiミ,ヽiiiiiiii,/イ´.{:::::::::::::|.j::::::::::::::::::::::::`ヘiiiiミiiiiiハ ./iiゝ、゙ス
.              \iiii〃iiii,/´   j:::::::::::::j.|::::::::::::::::::::::::::::ハミ{ iiiiiハイiiiiiiiiiii,イ
                ゝ- '"      {::::::::::::j !::::::::::::::::::::::::::/ ヘiiii/iiiiiiiiiii/
8819 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:02:28 ID:1C5mTpeA
センセイは、原作通りの状態でお亡くなりになりました。

ニンジャチームは、悲しみに包まれた。
8820 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:02:47 ID:PErKeke0
おっつおっつ
田中のマー君でさえ嫁に禁じられていることを目指すとは……>ウマお迎え
8821 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:03:14 ID:qIP40DZN
乙でしたー
8822 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:03:17 ID:zu92NqaO
おつー。ニンジャソウルインストールした564さん(原作Ver)をお迎えするって?(小並感
8823 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:03:45 ID:P/Bb2d6X
オツカレサマドスエ

ドラゴン=センセイ、コトダマに包まれてあれ……
8824 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:07:50 ID:1C5mTpeA
あと、イッキウチコワシはコノキャンペーンに出てきません。

ぶっちゃけ、必要じゃないってニンジャマスターが言ってるんだ……。

なのでアムネジア=サンにはならない。
8825 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:09:48 ID:YnNJ8vQo
オツカレサマドスエ

センセイ、原作通りって事は、ニンスレさん庇って自爆か…
8826 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:14:34 ID:+cfDbZ/3
オツカレサマドスエ
8827 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:17:57 ID:1C5mTpeA

おまけ

ii        ___
lll    ,イ弋、     ヽ、
llll   /::::::,'‐'、ヽ  ,/::l
lllll  l::::: `‐‐弋‐く=ヽl   ユカノ=サンがニチョーム?
llllll  l l::::' ',,::::/   Y ´l
lllllli l ヽ、: :/    l :l   ……大丈夫???(素)
lllllll .l l  `l´      `´ l
llllllll l l  l         l l
lllllllll ``i‐-、____,-‐i
llllll/へへへ==三三_l__L
lll廴__          {_
l  ヽ   ``‐、 ̄ ̄ ̄´  `ヽー
l    ヽ    ∨  /__  ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄` / ̄



              |ヽ/V\, ヘ
            )ヽ}       \ } 、
.           __ヾ⌒`       \ | ム
         \      |ト::::::ヘ  \| /_
            _) | ハ.(ハ{i:◯::::::}}ヾ   /
.            ミ `  {|:::::::::::::::::::: ○ヽ//    染まりそう……
            ヾ__...\|、○:::::::::::::::u:i/
                 ⊃ ハ::::::::::::_:::::::ハ
                  ハゝu::::::::::::;イ())
              (())  _ ̄|::::|
                 /::::::::::::::7 ̄>、
                 |::i::::::::::/ /:::::',
                     く|:::i::::::/ /λ::::',
                  レ{::/ 「i笊!] ハ:::::',
8828 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:21:55 ID:1C5mTpeA

                                 __
                      _lァッa-‐一―ー-,,_上,,vー=ゥ
                      _ユ介゛ : : : : : : : : 下彳 !レ 、
                     手/’: : : : : : : : : : : 下ュ..../: :廴゛
                     ノ゙_: : : : : : : : : _: : : : : :゙゙ ぇ: : : !|
                    l 、: : : / 1: : : /\: : : : : : │_ノノ
                    ュ: : : ,' _ 1 : :,' ンll彡: : : :/|1木    染まりやすい女だからなー……。
                   ノユ..;, !ヘツ v ヘ.ツフ ┌l/ぅ 'l廴
                   |彳 └a     _  !ノ,,,rミ ノ!」l{`ヽ   どうしよう、悪堕ちしたみたいなメイクと
                   {, ` 、 ゙+_ヾ" __-dlヤ’ ヾヾ丿i >!
                   └^'┘  _工小l辷川la 、   \ 冫  ドレスで出てきたら。
                       __/彡文hd' |!||  ’   `'
                     ,,__宀彡广    │l
                    彳⌒ jliナ---..='´:!  `っ      *カレンデュラPLの代理AA
                   ┌!.. l!'11`    /’::::!    ヘ,,_
                    " 勺::│   ,ノ゙ュ::::│ __.. 广^''゙个ッ_



       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/:::::::::::::| |::::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ノ:::::::○レ:`ヽ:}_ハ.
   \ /:::::::○::::::::::○::l小      笑うしかないんじゃないかな
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/
8829 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:25:02 ID:PErKeke0
>カレンデュラPLの代理AA
すごく……すごい何か既視感を感じます!(語彙力トプロ
8830 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:25:20 ID:zu92NqaO
ニチョームの女!ドラゴンミックス昇天盛りのユカノだって!?
8831 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:25:58 ID:1C5mTpeA

       _..-‐'7
    ー--!っ.. ./_,,,,,,
    \ェl!/'''゛冫.: : `""ヽ.
     /'' : : /’丨 」: : : :゙l_ヘ;..ィマ`ー;‐/
    { 丿,,./: :/ !ヘ. 、: : ヽ '' ゙リ^ンlヽ
    /〉││^l,丿 !---1,,、 ヾ|彡: :`-','  『彼女は実質違法行為めいたドレスで身を飾っていた。
   ,'ン: 水ァ4J.r_ノ__l_ !ll  !│''ミフンイ
  ./{l !|〕ヾ゙ゞ- !l工ll!'’./イ丿  !l゙ー)   その体は豊満であった。しかし、チューハイを作るのは
  ./l'ワ-六''  、..,,_ ^ソ  lシツ´  ヾ_: :ヽ 、
  ソ / 冂 ゙ゝ ヽ../  ニ!〉_||`-    ll │卜∟__   下手で炭酸は殆ど抜けていた』
    `っヽ_. `ー-ァl斗个二_    _丿|' !!  {゛'''''´
        ィ'ニll彳´1广 ^ヽ、 ^ニィ-'彡  !
        ノ!/ ̄` ノ〔 _  │
       ノ!u---,,丿ヽ|! 、..上
      彳冖ー./ニ   ソナ^リlニ
       ┐:::::j/::::1::::´:::::冫j   __,,,_-::ゥハ''''''''''''''ー-..._
       {〉ィ'´:::::::::::_ユハハr小ー‐广_ `ー‐,,- 、:::::::::::::::::::`ー、
       个!l大‐‐'''''个ミ..ノ|!>::::::ヘ.ヽ''ーィ‐  _ム::::::::-.._‐-....,`ュ
        !11癶 、:::::::::ヽ │::::::::ヘ¦  `‐"´`l::::::::::::''へ二:::::〉 、
       ノ1ハ│  ゙''、:::::::ヽ 1::::::::::¦l ` 、 ''''〈:::::::::::::::゙<\_,っ´ヽ



        ,-‐‐'´ ̄ ̄ ̄``‐-、
      /                \
      /                  \
    ∧        ,-‐‐-、     /ー‐'          /´ヽ
   /  l    /´     ヽ  /             /   /
   ∨、/  /         l   /            /_//   ハイボール頼んだらジョッキなみなみの
    l、,/  l ,-‐'ヽ、    /  /            / ,‐‐ /
   / /   l \_/   /  /            /‐´ /     ウィスキー出してきそう。
   ∨     l       /  ∧      ,-‐、 /二  /
    l      l      / /   ∧、/´ く 冫   l´l
   人     ヽ_/ /  /  ヽ`ー、  \\   l 〉_
  / /         /   /     l   >‐-、 ``‐-、 /、
 / /        ∠__,-‐'´     /   /    ``‐-、 ̄ヽ/
/  /ヽ、____/          /  /           ヽ /
  /      \          /   /              ヽ
 /         \___/    ヽ
. l                        ``‐-、
                               ヽ
8832 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:26:03 ID:mZp5C/Q/
カブキチョの女!
8833 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:29:13 ID:1C5mTpeA

      -- ── -- 、
   /  _    _  ヽ
  /             ヽ
  |      /\     l    どう考えてもヤモト=サンより使えないとか言うのは止めてさしあげろ。
  |     /   \   |
  |      ̄ ̄ ̄ ̄   |
  /               ヽ
 レ | ━━━ GM ━━━l\)
  . l ━━━    ━━━l
   |  ________ |
   .|/           ヽ|



                                 __
                      _lァッa-‐一―ー-,,_上,,vー=ゥ
                      _ユ介゛ : : : : : : : : 下彳 !レ 、
                     手/’: : : : : : : : : : : 下ュ..../: :廴゛
                     ノ゙_: : : : : : : : : _: : : : : :゙゙ ぇ: : : !|
                    l 、: : : / 1: : : /\: : : : : : │_ノノ   ほ、ほら、カウンターの向こうで妖艶な
                    ュ: : : ,' _ 1 : :,' ンll彡: : : :/|1木
                   ノユ..;, !ヘツ v ヘ.ツフ ┌l/ぅ 'l廴    オイラン衣装着て立ってる分には
                   |彳 └a     _  !ノ,,,rミ ノ!」l{`ヽ
                   {, ` 、 ゙+_ヾ" __-dlヤ’ ヾヾ丿i >!  映えるから……。
                   └^'┘  _工小l辷川la 、   \ 冫
                       __/彡文hd' |!||  ’   `'
                     ,,__宀彡广    │l
                    彳⌒ jliナ---..='´:!  `っ
                   ┌!.. l!'11`    /’::::!    ヘ,,_
                    " 勺::│   ,ノ゙ュ::::│ __.. 广^''゙个ッ_
                   /  |!:::::^っr/゙゙゙:::::::/丿└/j!  _⊥ニ弋 、
               , 、 _ャ゙゙  丿^:::::::::::::::::::::::::::::::丨  !  ヾ ./'弋ハl 、
8834 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:30:56 ID:1C5mTpeA

       ./(  ヽ
    (ヽ..ノ  'V(ノ゙ヽノ)
    )`V  .__   __ ヽ.__
 .\(    (ゝ丿 ノゝ )\ / ))
  ) V  ノ/::::::::::::::| |:::::ヽハ
  ヽ. ヽノリ:::ヽ:::::::○レ/:::}_ハ.   ガワだけで中身ポンコツじゃねーか!
   \ /:::::::○::::::::::○::l小
   . ヘ⊂⊃:::、_,、_;::⊂li|ノ
    i⌒ヽヽ::::::::(_.ノ:::::::ノi|__/⌒)
   .ヽ::::::::ヽ>、 __,::::イ l:::::::::::/
    \:::::::::::::::::::::::/ /::::':/
      ゞ::::ヽ::::::/ /::::::/



       _..-‐'7
    ー--!っ.. ./_,,,,,,
    \ェl!/'''゛冫.: : `""ヽ.
     /'' : : /’丨 」: : : :゙l_ヘ;..ィマ`ー;‐/
    { 丿,,./: :/ !ヘ. 、: : ヽ '' ゙リ^ンlヽ
    /〉││^l,丿 !---1,,、 ヾ|彡: :`-','    このハイボール濃すぎるよ!? とか頻発しそう。
   ,'ン: 水ァ4J.r_ノ__l_ !ll  !│''ミフンイ
  ./{l !|〕ヾ゙ゞ- !l工ll!'’./イ丿  !l゙ー)
  ./l'ワ-六''  、..,,_ ^ソ  lシツ´  ヾ_: :ヽ 、
  ソ / 冂 ゙ゝ ヽ../  ニ!〉_||`-    ll │卜∟__
    `っヽ_. `ー-ァl斗个二_    _丿|' !!  {゛'''''´
        ィ'ニll彳´1广 ^ヽ、 ^ニィ-'彡  !
        ノ!/ ̄` ノ〔 _  │
       ノ!u---,,丿ヽ|! 、..上            *ユカノ=サンいじりが楽しくて卓が進まなくなった話 ここまで*
      彳冖ー./ニ   ソナ^リlニ
       ┐:::::j/::::1::::´:::::冫j   __,,,_-::ゥハ''''''''''''''ー-..._
       {〉ィ'´:::::::::::_ユハハr小ー‐广_ `ー‐,,- 、:::::::::::::::::::`ー、
       个!l大‐‐'''''个ミ..ノ|!>::::::ヘ.ヽ''ーィ‐  _ム::::::::-.._‐-....,`ュ
        !11癶 、:::::::::ヽ │::::::::ヘ¦  `‐"´`l::::::::::::''へ二:::::〉 、
8835 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:31:01 ID:PErKeke0
マネキンでいいのでは? ボブは訝しんだ>オイラン衣装着て立ってる分には映える
8836 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:31:42 ID:GxamUZlL
ポールダンサーしてもらえばいいんじゃなかろうかw
8837 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:31:57 ID:mZp5C/Q/
ジッサイ過大広告表示なのだ
8838 : 梱包済みのやる夫 [] 2024/01/14(日) 23:35:55 ID:lyA9Vlqa
突っ込んで良いかは分からないが、卓の面子が豪勢過ぎるw
8839 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:38:33 ID:YnNJ8vQo
卓の面子のaa二度見したわw
8840 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:40:06 ID:zu92NqaO
>>8829
なんだか金髪の英雄の性癖を破壊しそうとか絶対に言ってはいけないゾ(目そらし)
8841 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/14(日) 23:47:09 ID:1dQafW54
何かヤベー人らでドヤゴンいじりしてるw
やりたくなる気持ちは分かるがな!
8842 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/14(日) 23:52:54 ID:1C5mTpeA
ぶっちゃけ、この卓についてはクモさんもAAで投下しているからな……。
8844 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/15(月) 02:15:48 ID:P9arpdEQ
乙でしたー
ゲンドーソーセンセイ、コトダマに包まれてあれ……

ヤモっちゃんはショウガムース褒められたりしてるから、
変なカクテル出したりはせんだろうけど、
ユカノはまあ、だめだめアトモスフィアがあるのは分かるw
8845 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/15(月) 07:02:45 ID:nbg4kxZz
オツカレサマドスエ!
なんか卓の面子が強くて強い(震え声)
スポンサーサイト



インタビュー・ウィズ・サンシタ9

8578 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 22:32:21 ID:NvXaY8rS

            ., '" ̄¨丶、                 イ ン タ ビ ュ ー
      ノ}ノ} /__     }   .ト--_::::――=ミ┐__
   _、‐'´´ ノ ::::::::::: \        .>'´:::::::::::::::::::::::::::{::::::::二ニ=‐   ウ ィ ズ
  / r/ (_ ,,::::::::::: l:::::ヽ  -=ニ彡::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::’,
  {  '  、‐''゛::::::::::: l:::::::::..、  ./.::/:::::::::::::::{::::::::::::|::::::{:::::::\‘,       サ ン シ タ 9
  /-r-‐'/ ̄|\:::::/\ノl :::!  /.::/::::::}::::{:::::}::::::::::::|::::::{::::::::::::}::::,
..< |/ | |    乂   |:::| ./.::/.:::::::{::/}::/{::::::::{:::ト、:::} ::}::::: }::::廴
 ,::::: /| | 三三  三三 ::: ム /{::{::::::{/`}メ∧:::::ハ大};人_}::::: }::::‘,
..ム:::::V::::ト       从:::| 厶{::{:: /f斗┰∧:::} 斗┰ァ.{::::::从:::::\
../ ,::::::l::::从≧ー- ―≦:::::::l ...{人:ト、 `⌒ ∨ `⌒' {:::/}{  ̄ ̄              ◆ 前置き ◆
, ,:::::::::/ ,. ´、  :! , ヽ |::::::.、  // /¨_,つ  ノ      〈イ乂}
, ,::::::::l γ.:.:.:.:\l//.:ヽ:::::l ...{ { .{ {    __     /:/      ◆ この物語は仲間内でやっているニンジャスレイヤーTRPG ◆
l l:::::: l l、;,;,;,;,;ノ_/、;,;,;,;,;,ノ:::::|  .\  \  ⌒゙`  ィ:{/\ 
                  __,。rf\  `ヽ。-< .从}i:i:i:iト、            ◆ そのプレイメモめいた何かである ◆
               /_______人}i:i:i\    }   ∨i:i:i:/___>___
                  {__\ _____∨lr┴ミ、_{   __,}//___________\      ◆ リプレイではない。編集もされている ◆
             {______`\_{,,_∨/////,〉 '" {/_______}_}
             {__\__、∨:///////{____,{ _____________/__}    ◆ TRPG外の創作も含まれる。むしろ多い ◆
             {___\__、∨//////_{:::::::::::{_____}/__/___}
             {____`.乂///////,{::::::::::,′{    }_{__/_人    ◆ NM(GM)の許可は取っている。ご安心ください ◆
                〉、____/////////_/}:::::::/_{   {___{/____}
8580 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 22:45:08 ID:NvXaY8rS

    | ̄ ̄| ̄ ̄|        |i      | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|   ,r=======y     |i
    | // |  //|        |i      |  //  |    |   (⌒) |:::::| (⌒)     |i
    |__|__|        |i      |___|__ii   ̄::::|:.:..|  ̄       |i
_____________|i____________|::.|_____|i_____
二[二二]二二二二二二二二二[二二]二二二二二二二二二[ニ |:::..| 二二二二二二二二二二
/  / : : :: : : : : : : : : : : : :/  / : : :: : : : : : : : : : : : : / :;;;;|::...| : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
   /i================i /   /i================i /    /.|:::..|=================i/
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄|:::..| | ̄ ̄| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄
 .(二二().きの好い擬古屋 |  |    | {TABACCO} | (二二() |::::.| |    | (二二()&ギコベ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .|  |    |_______..|         |:::::| |    | ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄
         ∩_∩     |  |    || _____,..| |      .|::...| |    | ̄ ̄:| ̄ ̄:| ̄ ̄:|
'~⊃。Д。)⊃ 魚__|    |  |    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ =
|____|_, ( ・∀・)∩ .  |  |    || |o o o o o | | |         |::.:.| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||::::
 <・二<  \ ||_||`ノ ∧∧ .|    || |ロ_ロ_ロ_ロ_ロ| | |         |:::..| |    |⌒j⌒j⌒j⌒j⌒||:[
<・二____ \_(. .(*  ,):|    || |o o o o o | | |         |:::..| |    | //      .||::
 .  '|  |     |  ̄|_) ,U-、|).|    || |: ̄ ̄:Θ-'| | |         |::...| |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||:/
_____. |三| . 〒 .|  _|______|XXX|'~______|| {二二二} | | |,___________|:::..|_,,|___,,|__________________,,||__
   |_|___|     . じ'`J    .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |:::::|  iニニニi二二二二二二二
_____| |_____________________|:::::|__|  | i____|:::::::| i

 ┏                                                       ┓
   ブラッドカタナ・ヤクザクランのシマは、関係者の予想を大きく超えて賑わいを見せていた。

   シャッターの降りていた店は「フクワライ清掃」が入り簡単リノベーション。テナントが

   次々と埋まっていった。「ドンブリ・ポン」「トリクミ・ピザ」などの企業チェーンも出店。

   コケシマート、タラバー歌カニ……当たり前の店が、当たり前のように軒を連ねる。

   もはや、シケた町の姿は何処にもなかった。
 ┗                                                       ┛



                //,.。' ̄ ̄¨'二ニマ
            ,z-ゝ: : : : : : : : : : : : :`>-_、
           -´-イ: : : : : : : : :: :j: : : : :ヽ ̄
           /!: : : : ::/i:/!: : : :jV: : : : : :\
            /:: :: :: ::/::、゙ィi: : ::/、_ⅶ,:: ::ム`¨
.           /: {: :: ::/__;;;;;;:::!: :/u;;;_マ.ヘ: ::ハ     クソ忙しい!
         ィ____{: : ::| ' 。 i:::i,/::::! 。. "j: :∧!
          ヘIヘ:|. ==''""゙,゙゙゙'==' ∧,j             ┏                                    ┓
               ゝマ u  ,.........   j'"                人が増えればトラブルも増える。アンダーファング一人が
                ゙Vヽ   ム‐-、!  ィ.‐-┐
            ┌'゙゙ム>、--- 'イI::::::::::7               がんばればなんとかなる状態は塔の昔に過ぎ去った。
               マ:::::ヘ `¨´   !、:::::7- 、___
             ,。-‐'゙ヽ:::::{ ヘ   , .ヘV三三三ミョ、          人を使う必要があった。人雇う必要があった。
           / ./´三ヨヘ::!、_ヽ  / ___./三三三三ヨヘ
            ! {ヨヘ三E;ヘ.      .7三三三三三ヨヘ         人を育てる必要があった。その仕事をするのはやっぱり
.          I |三ミヽヨE=ヘ,.________7===ヘ;j;三三ヘ
          ! !三三ヽ!:::::::::ヘiiiiiiiii7:::::::::::::::::::ハ!三ヨjEヘ       アンダーファングだった。
          i i三三ヨ!:::::::::::::\ii7:::::::::::::::::::::::I,三ヨj三ヽ    ┗                                   ┛
         ∨i三三ヨ::::::::::::::::::Υ::::::::::::::::::::::::!ヽ三j三Eヽ
             V.!三三ヨ::::::::::::::::::::i.i::::::::`ミ- 、___! .\j三三;ヽ
8581 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 22:50:41 ID:NvXaY8rS

                /             /        /\
            /             /        _、 ''~\  \
              /               /       _、 ''~ : : : : :.\. |
.             /           /    _、 ''~ : : : : : :/,: : :.:.ヽ |
            /             /    / : : : : :} : : : : :/, : : : :V/
.           /            ./    / : : : : : : :} : : : : : /, : : : :V/
          /           /    / / : : : : : : :.} : : : :-─-ミ: :.:V/
.         /          ./    / ''^~ ̄ : : : : : : : : | : | : | : : : : :|     見回りいってくるよー。
        /         /    / : : : ∧ : : : : : / : : :/ : |:ノ ∧: : :.|
.       /        ./    / 八 : : :| \: : :./ : : :/xfぞ㍉ . |: : :.|ヘ                     おねがい!>
      /       /    / : : ⌒\:xぅぞ㍉:/.: :.:./ノ Vツノ/ |: : :.| ',
.     /      ./    / : : : : : : : :|込Vrツ ) /    "" ′|: : :.|  .',   ┏                               ┓
    /     /    / | : : : : : : : : :l """"        `   , : : : : : |   ',    彼にとって幸いだったのは、仲間たちがシマの
.   〈     /    /   | : : : : : : : : :|       、 ,  /: : : : : :.:|    |
    \  ./   ./     | : : : : : : : : :|≧=-       イ : |: : : : :.:.:.|.  /     維持を手伝うようになってくれた事だった。
      \/     /       | : : : : : : : : :|\  ⌒≧=-≦: : : :.:| : : : | : ノ./
        \ _ -─- _   | : : : : : : : : :| : :\ Y| : : : : :\: :.:.:|.: : :.)/         かつては全く興味を示さなかったチームメイトだが、
        /Ⅵ     \...八: : : : : : : :.:.| : : : | . | : : : : : : :Y: :.|: :./
.       /  Ⅵ   __,\...\: : : : : :.人: :.:..|/ | : : : : : : : :..:.:|イ }            今はそれぞれの得意分野で腕を振るっていた。
..      /   .Ⅵ/:i:i:i_、-''~ . \: :./ \..:.:.|\\ : : : : /: : : :/          ┗                              ┛
        /    Ⅵ ─<     ノ ̄: : : :.:.\ : : ヽ |\.:.〈: : : :<
.       /   /:i:Ⅵ  \    \ : : : : : : :.\ : :ノ: : : : :\: : :\



        ,...::<::::::: ̄::::::::>.、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::/::::::::::-===-:::::::::::::::ヽ:::ヽ
    /::::::/:::::,-ニ二三三二ニ-、:::::::ヽ::‘,
    /:::::/ ,-ニ二三三三三三二=、::::',:::::,     私も見回りを手伝います。もちろん、ドージョーで
.   i:::::,' ,-ニ二ニ- '::::::::::::::::....三二}:::::i::::::,
   {::::,':ニニ/:::::i::::::l::::::::::::::::i::::::...ニl::::::l::::::,     カラテも教えます。
   l::::{::l/,.イ!i´l:::::l:::::::::::::::::l`::ヽ!、l::::::}::::::i                                   助かる!>
   l::::i! {:::i::::::l⊥l:::::l:::::i::::::::/l:::::/ll;:l::::::l:::l:::}
   l::::i/:::,',イ{示心';::l:::i!::l/て示心l:::::,'::::l:::i
   l::::i!::lヾ::l辷;;::ソ  ヽl ' ヽ辷;ソ,/::;::/ :::!:::l    ┏                                  ┓
  ,イ:::l:::l::::::l        ,     ///:::::;':::::l      彼女たちもそれぞれ、成長していた。それはもちろん
  l,l:::{::::l::::::ヘ、            ' .::::i!:::::/::::::l
 /' l::i!::::l::::::::::::...   ー一  ,.:::::::::i!::/::::::::i!       ニンジャとして、同時に人として。
   l:::i!:l:::l:::::::::;:::::::i   ._. <l:::::::::::レ::::,'::::,'
   l:::',::::::l;;;;;'l,l ll l      l  \l::::;;':::/l        たとえばキックオウガは色々なシノギを知るために
   l:::::/:::l  i!, / !     ! \/:://::/:::l-、
.   ,l:::::l ';::, ヽ-----、  , ---:://:/:::l::l三=、      インパルスと話をするようになった。
  /‘,::l ヾ、 ヽ    ` ´  /' /:/l::::l:::l三三}  ┗                                 ┛
 i  ヾ::l ヽ、 ヽ`ー---/'   /'´ /::/:/三三=
 l    lヾヽ ヽへ二ニ /   /   //=/三三三
 l   / ヽ   ,  ̄     /  ,イ三三三三三
8582 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 23:03:04 ID:NvXaY8rS

 ト _____} / . . . . . . . . . . . . |. . . . ..| . . . . .\:::::::::::::::_}/:: |
 ヽ::::::::::/. ..|. . .|... . . . . ...|. . . . ..|. . . . . . . |⌒∨:::::::::::::∧
   \:/ . . |. . .|. . |. . . . .| . . . .|. . . .|. . .|. . . |::::::::::::/ ̄ ̄ ̄./    「お仕事」が入ったようなので出かけてまいります。
 ._ノ|  /. ! . . . |. . |. . . . .| . |、. .|. . . . |. . .|. . . |:::::::: /      ./                                     いつも悪いねえ>
  \:|. . | . |. . |. . |. . . . .| . | | . |\. . |. . .|. . . |⌒ヽ__/ヽ___/      いえいえ、適材適所です。
   〈|. . | . |. . |. . |. . . ../. //. /ィ斥≧-..|. . .|! | }!,|!. .|∨ 
    .|. . |. ..!. . . .| . .|\. . . / | / ゞ゚¨´ |. /|. . . ハノ/. }!. .|!.∨
    .|. . |. ..|. . . .|. .∧ |. ./ |/       |//./. / . |/.. |.j. ..j . ∨        ┏                               ┓
   /┤.、八. . . |/⌒ |ノ         / |/.. /. . .|. . .| . . .!. . ∨         ヤクザの仕事は綺麗ごとだけではない。
、___/ . | . ./ . \. | ,ィ衍ソ             |/.|.... ..| .../. . . |. . . ∨
    .| ./\ . ノ | ゞ゙´  }     ,ィ!     | .. ..|. /. . . /. . . . ∨        カレンデュラは、そういった仕事を率先して
    .|/  |\. .\    `__/:::/     .| .. ..|/_____/. . |. . . .∨
         ∧. .`⌒ ヽ /:::::::::::::\´    /| .. ..|///∧___.!. . . . ∨       請け負った。自身の為であり、仲間の為でもあった。
        ∧ . . . . . .,;゚:::::::::::::::::::::7   /.|. . /jI斗f´  ∨. . |. ∨
         .∧ . . . ...,;゚::::::::::::::::::::7__ / イi!. ..//       | . . | . .∨      ともあれ、それぞれが能力を発揮することにより、
            |. . . . .,;゚::::::::::::::::::::7  \_// フ. .//      | . . |. . . ∨
            |. . . . .;゚:::::::::::::::::: 7. . . /::://. .//  jI斗f二_| . . |. . . . ∨     シマはなんとか治安を維持していた。
            |. . . ..,;゚::::::::::::::::: 7 . . /:::/ ./. .//jIf´__/ :::: | . . |ヽ. . . .∨  ┗                               ┛
            |. . . .,;゚ ::::::::::::::: 7斗7:: / ./. ./::::::::::::::::::::::::::::‘,. . ‘,:::∨. . ∨
            |. . . .,;゚ :::::::::::::::7  {/ /.//:::::::::::::::::::::::::::::::::‘, . .‘,:::∨. . ∨
           ./|. . . ,;゚::::::::::::::::7 ./ ./´__/:::::::::::::: / ̄ ̄ ̄.‘,. . ‘,:::∨. . ∨
          / .|. . ..,;゚:::::::::::::::7/  ./:::::::::}ヾ}:::: /         ‘,. . .|::::∨. . ∨
         ./  |. . ..;゚::::::::::::::7---</-==彡<::/   ____‘,. ..|ヽ:::!. . . .∨
        |  |. . .;゚:::::::::::::7 {_ノ//:::::::::::::::/   /:::::::::::::::::::::: ‘,. |=- }. . . . .∨



                         /::ム---- 、,,,,, _______
                  ,,ィz---゙: : : : : : : : : : : ::ヘ、 /
                    `¨>: : : : : : : : : : : : : : : : : \      さて、仕事仕事。こいつは、ヨージンボー部門に移動。
                  /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
                    /: : : : : : : : : : : : : : : ::ヘ : : : : : ヽ: ヽ    こいつは事務方。こいつは……まだ清掃部門だな。
                 /: : : : : : : : : : : : : : l : : : i : : :: :: ::ヘ、: ヘ
                ∠.ィ: : ::{: : : : : : : : ,ィ: j{: : : :ト; :I; :: : :: :i`\j   ┏                                            ┓
                  /: : : | : : : :: :k:::/.!:∧: : : i Y!,,!: :: :: :i       「フクワライ清掃」で基礎教育という名の躾が終わったモータルを、
             〆`i: _l: :: :: ::/ i/'''レ- }: :: :! '´__',:l, : :ハ
                 ,,イ:! !;+:: ::7ャ-‐‐-、 I: :/ィ'_¨アl;ハ: ハ;l       アンダーファングはその能力に見合った部門に移動させていた。
                 ,ィ´ii}ハ、’ヘ;: | ヽ f゙i  !;/ {,j  / j/
             ヽヽ,iiiiiiii>ベ' u `゙        ハ、,,,__        あらゆるところに人員が足りず、能力があるなら使わない手は
             }'\\/  \.   __  '゙  ,イiiiiiヘ::::::\
           ,/¨ヘ;::::ヘ、ヽ、   ヽ、ヽ フ .ィ"iiiiiii/!::::::::::ヽ     なかった。モータルたちも、清掃業以上に支払いがいい場所への
          /:::::::::::::\:::::::`ヽ、`ヽ、,_ ` - " .ヘi,ィ゙,/!::::::::::::::ハ
        ,:'"::::::::::::::::::::::::\:::::::::::`ヽ .j   ! ,/ ム'"/::::::::::::::::::ヘ    移動はおおむね歓迎した。借金の返済が早まるし待遇も良くなるからだ。
       ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:::::::::j .}ヽ  i  _,,} |,イ:::::::::::::::::::::::::`ハ,      _                                          ┛
       ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゞ、! |ヽ、 ./,.-<:::::::::::::----‐''"::::}  ,,/ j 
       .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/¨゙`,><´,,__/:::::::::::::::::::::_,,...=--‐''´  7
      !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ``>' ヽへ.ヽ::::::::::::::::::::j´          |
       !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ィ´:::::/ソ   >< ヘ.\::::::::::::::j      , 、   /
      .|:::::::::::::::::::::::::::::::::::"´:::::::://   ,><  \.\::::::::|    / ,、 `ヽ"
8583 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:06:56 ID:QSqNFVVo
こんなのサラリマンじゃないわ!ビジネスマンよ!
8584 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 23:07:24 ID:NvXaY8rS

                      _,..>::::::::::::::::::::::::::乂_
               __.....:‐:::::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、_
               `¨` ー‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::斗''⌒    これで枠がこれだけ空くから……いや、やっぱ無理だな。
                   /..::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゚:。
                 /..:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::::::::::::゚。     社員寮新しく契約しないと。このままじゃまたあふれる。
                   /.:::::/...:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。:::::::::::゚:。::::::゚
              /.::::/.:::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゚。::::::::::::゚。:::::゚     この間契約したばっかりだったのになあ。
               /.::::/.::::::::::j{::::::::/{::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::}::::::::::::: }i::::::}
                {::::::{:::::::::::::l{::::::/゛゚。::|::::::::::::::}:::f{ :::::|::::}::::::::::::: }}i::::::.       ┏                                      ┓
                 厶イ{:::::::::::::l{:: /`ヽ{:_ト、:::::{::::{j:八:::::ト、:}::::::::::::: }i}ト、::\       「フクワライ清掃」の人員が足りなくなることはなかった。
                  }:|::::::::::::ハ;/   人:}‐}::::`T{/゙ \} {:::::::::::::/i}厂 ̄
                  }:|::}::::::∧ f芹¨¨ミ}从:::/{/斧=芹}ー}::::/}::/}:/           繰り返しになるが、人が増えればトラブルが増える。
                    从;ト、:::{.f} └=┴  ∨ { ┴=┘ {::/ {/ 八
                   乂rへ、     ,          {/___,,〈 j}           シマの賑わいに惹かれて、ろくでなしはいくらでも集まってきた。
              __,。/ /八  }i   _,/┘ ⌒ヽ、、u /}八///\__
             /゛\__,〈 〈///}  >'"   _,。-―-、_〉'/.:{///    `゙ヽ、、     それらは当然のように制圧され、詫び金として借金を負わされ、
                  ∧i:∧.∨/{        _,,  ┬/..://i:i/\__     \
             {   /i:i:}i:i∧乂l{         ,。イ´:.:. :.{ 厂i:/二二二二ニ=/i  ’。    「フクワライ清掃」に放り込まれて躾された。
              {   /i:i:i:乂{i:i\_{        / /.:.:/.:.:.{ .厂i/二二二二ニ=/∧  ゚                                        ┛
              {  i{i:i:i:i:i:i:i∨i:i:i:i}        / .:.:.:/.:.:.|厂/二二二二ニ=/i:i:∧  :}



::::.:.:.:.:ト,.:.:.:.:.ハ..:.:.:.:.:j.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ
::.:.:.:.:ハ:.:.:.:j.__',,,.:.:.ハ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ    失礼しやっす! オヤブン、まーた馬鹿がやらかしました!
.:.:.:ブ"T"ラ゙゙゛ !.:/ ',.:.i::..:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:i                                         どしたのー?>
.:.:/ .__iム、、、、、、、,,, i.:j.::.:.:.:.:.:i、.:.:.:.:j    人妻に手だして浮気した野郎が!
'"<_´     _,,、‐'゛ i/.:.:.:.:.:.:.|.|.:.:.:j                                         借金追加で慰謝料、チ●チ●ケジメで>
.  `TT''T"゛i´.| .| /.:.:.:,.:.:.:.:j |:.:.:ハ     うっす!
.   | | |.  ! .| .レ´,,/.:.:.:.:/ .j.:/
.   | | |.  !  ノ'´ |.:.:.:,:イ''‐く     ┏                                        ┓
            .レ´.:.:|   V      とはいえ、元がろくでなしである。まっとうな道に戻る者もいれば
───── 、    |Vヘ.:|.    i
   VVVVVV,   .ノ   `   .|      そうでない者もいる。それへの対処も、いつの間にやら慣れた
─────''"_,.、‐,゙.i       |
──── ''''"゛ ./ |      j       ものになりつつあった。
ー''"ブ .!~`ヽ、  /  .|.      j    ┗                                        ┛
8585 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:07:36 ID:60bq13Rh
ビジネスマンじゃ 紛うこと無きビジネスマン 24アワーファイターじゃ
8586 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:08:54 ID:O1MfKqCC
前よりかずっと前向きだからマシだよねw
8587 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:10:25 ID:vB26j5N+
チンチンケジメしたらニチョーム送りにしようぜ
ケジメが躊躇なくやれる社会だからセキニン取らせるのが単純でいいなぁw
8588 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:10:53 ID:S+Wy8HhU
また、ラオモト=サンに評価「されてしまう」なw
8589 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:11:41 ID:rvldcgqQ
ヒュンッ
8590 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 23:12:14 ID:NvXaY8rS

       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::\
      ∠≡-,:: : : : : : : : : : : : : ; : : : / !: ::; : : : : : : : : :!、: : : : : : : : : : : : ::ヘ
         /: : : : :{ : : : : : : : :/!:: ::/  !: :ハ_y: : : :: : ::7.I: : : : : : : : :j : : :: ::ヘ
         ./: : : : : :I: : : : : : : /‐.! :/‐'''¨}¨l´I: : : : : :ゞ7、_i: : : : : : : : :! : : :l::::ヘ
       /: : : : : : {: : : : : : ,/  .レ' _____,,!::!. ';: : : : : :7  `!‐/!: : : :: ::} : : :|\ ヘ   ケーちゃんや。人手が足りん。下っ端は増えたが
      ./: :,,ィ'j: : : :!: : : : : :j マ'''戊===、ゞ  '!: : : :7‐‐- .I/ .|: : : : : }: : : |  `ヾ
      ''"´  j: : :/|: : : : : :l ゙ !ノ:O:::} i   ゛;:::::7符==ェェ,i: : : : :j: : : :|      管理者が足りん。ヤクザが足りん。
         .ハ: ::! j: :;、: : ::!.  `‐=="-     V゙ jノ:O:::} "l: :: : ::j : : : |
           ム-‐ヘ.};/.ヘ: : !               ≡==''、  .l: ; : : !: : ;; :|      知り合い、ほかにいないか?
               ヽ  ヾ::!           .::7         ./!/j :/!::/ヾ;:|
              j: :ゝ-,ゞ         ゙"         ./ /レ' .!/   `
            !:/j::ヘ                   /ィ
            ゙  !/.lヘ                    /
              __,,,,..z---' ‐,ヽ.   r_ ‐‐ --、   ,.イ
            ヘ==≡三ヨ! j  ゙ゝ、   ̄`¨¨ '  <z-、 ,,__
              !三三三ヨ j   ゙;::::> ,,.. <:::7`三ヨ''''‐‐-`ミ''‐,
             '!三三三ヨ .!.   `゙ヾ;::::::;."´7三三三三三//



   l i  .::::l  .:::::::::::::ヽ :::::lヽ::::|  __\:::::::::l::\:::::::::::::::::::::::::::::::r‐丶:::
   |イ .::/l .:::::  ::::∧ :`|`ヽ:l ̄    :::::\:::::|::::::\:::::::::::::::::::::::::r:::::::l:::
    | /  | ::: /| ::::| lヽ :l ::ヽl    _ _:\l:::::::::::ヽ/::::::::/:::::|::::::ノ::::
    l′  l : / l ::l | ヽ| :  ̄  ̄   ::::::::::::::::::::::::/:::::::::/:、::::l:/::::::    そーはおっしゃいますけどねえ。地元の仲間で
       ヽ /  ヽ:|  l           :::::::::::i::::::/::/l:/::;-∨::::ハ::::
        /    ヽ ノ           ::::::::::u://::;;;/─'''\::/ |/     使える連中はとっくに引き入れましたし。
              l            ::::::::::::::::/: : : :/ ̄⌒```
              \      _,,, -‐っ::::::::/.: : :/ : : : : /..: : :     見込みのある奴も鍛えてますけどまだまだ
               `ヽ、、   ヽ-‐''' ̄::::/..: : : :/: : : : /.. : : : : :
                 /`>ー----、:::ヾ:、: : : :/: : : : / .:: : : : : :      レッサーヤクザですし。
                /  .:l: \: : : l/`::::l: ヽ: /: : : : / .:: : : :/: :
                l  .: :|: : :/>: :|_,,,,ノ : :∨ : : : :l : : :/: : : :      ……この間のあいつ、やっぱ使えば
                | :. : : l: // : : l;;;、''´ : : : : : : : :/ .:/: : : : : :
                > :ヽ: l/: :\: :l;;;ヽ: : : : : : : : :( ''': : : : : : : : :      よかったんじゃないすか?
               r''′ : :ヽ : : : : :`ヽ、l : : : : : : : : :|  : : : : : : : :
              ノ    : :ヽ: : : : : : :(:: : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :
              /    : : : :\: : : : : :ヽ : : : : : : :∨ : : : : : : : :
             /    : : : : : : ヽ: : : : :ヽ : : : : : : :l .  : : : : : : : :
             /    : : : : : : : :丶 : : : :ヽ : : : : : :l :: : : : : : : : :
            <    : : : : : : : : :∧: : : : :ヽ : : : : :l : : : : : : : : : :
8591 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:16:56 ID:zuExA9VS
クローンヤクザに職を奪われたベテランとか都合よく現れねえかな
8592 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 23:21:11 ID:NvXaY8rS

                   /}   ____,
                   _{ {/::::::::::::::::::::::ーく
                /:;:::-xi{:::::::::::::::::::::\:::::::::\
                 ̄/::/:::::::::::::{:::::{::::::::::}::::\::::\
                   /:/::::::i:::{:::::/}:::∧::::::l:}:::: ::::\_:_\
               /:::{!::::::{:::{::/乂/ }:::::从__}:::::::∧ ̄
                 厶イ}:::::::{;芹≠ミ`ノ}!:/≦从::::::: ∧     あーんな、うちの財布狙いのクソヤクザ
               }j:}:::::::{   ┴ `}/__j_ }i}、{::::ト、〉
                }从ト、:{        i   ` ハ{:}::/       誰が使うか! クローンヤクザの方が
                      乂`_,    - 、  .fノ}{/
                  <________}  〈/⌒¨  乂.}/、         よっぽどましだ! カネかかるから使わんけど!
             〈________}〕o。   .イ{ /___\
         , .-=ニミ乂_>‐く}{  `¨´.爪人f________〉      ┏                                  ┓
         ,′___乂{  } `i、 、  {///f{_______/         ブラッドカタナ・クランの景気の良さを聞きつけて
           {__/_} /  :{  .{ `ト、 _`/i______乂
         .{___/__{〈  ノ  ノ  {Y´ \=ニ__∧         フリーランスヤクザや、ヤクザ崩れが寄ってくるように
        ,ノrく______八  {Y{   ,ノ }\_/{______∧
        {________∧ }{´   /⌒}{∧=∨_\__.∧        なっていた。その質は押して知るべし。
         人_____/{     乂 ⌒}{ ∧=∨___\.∧     ┗                                  ┛
       ∧______,{. `ヽ   /  ⌒}{` ∧=∨_____、〉、
       /\____/´:::::::::::ヾ{   .:/   \乂___\}
      ./\____/ :::::::::::::::::::}   :/     `ヽ \____\
     /\____/:::::::::::::::::::::/  :/        }\ \___,\



       ,. -─=≦=-、
      /:::::::::::::::::::::::::::::::\
.    ∠イ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::ヽ
   /   i:::i::::::/::|:::i::::|::::|::|::::::::::}
      {:::|:::/‐-レ'|:::j -j┼ |:::/    じゃーやっぱ、育てるしかないんじゃないっすかねえ。
       Y V下于 ∨ 下于 レヘ                                      やっぱりぃ?>
        ヾ|         |ソ
        ヽ        j /       ┏                                      ┓
         ヽ、  ‐-  /          『上の組織から落下傘でオヤブンになった素人ヤクザ』それが
      _,. ー> - <-、_
   ,. '´ / /     ,ハ \`ヽ、       アンダーファングである。いまだソンケイを磨く身であり、
 /  /   {      }   \ >、
'´      ̄ ̄\j    /j /´ ̄ /  ヽ     彼が正当に評価されるには時間が必要だった。
        {ヽ二二ノl{   /     ┗                                      ┛
         }.:.:.:.:.:.:/ノ
8593 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 23:24:42 ID:NvXaY8rS

                //,.。' ̄ ̄¨'二ニマ
            ,z-ゝ: : : : : : : : : : : : :`>-_、    新しく「闇金」「違法ギャンブル場」「合法ドラッグストア」を
           -´-イ: : : : : : : : :: :j: : : : :ヽ ̄
           /!: : : : ::/i:/!: : : :jV: : : : : :\     オープンしました。別にやりたくてやってるわけじゃなくて
            /:: :: :: ::/::、゙ィi: : ::/、_ⅶ,:: ::ム`¨
.           /: {: :: ::/__;;;;;;:::!: :/u;;;_マ.ヘ: ::ハ      やらないと他所の連中が勝手にやるんだよ。
         ィ____{: : ::| ' 。 i:::i,/::::! 。. "j: :∧!
          ヘIヘ:|. ==''""゙,゙゙゙'==' ∧,j        自分ちでやってると、他所のヤツを殴る建前が
               ゝマ u  ,.........   j'"
                ゙Vヽ   ム‐-、!  ィ.‐-┐       できるの。いわゆるうちのシマのシノギに手を出すってやつね。
            ┌'゙゙ム>、--- 'イI::::::::::7
               マ:::::ヘ `¨´   !、:::::7- 、___      そんなわけでまた人手が足りなくなる。ああ忙しい。
             ,。-‐'゙ヽ:::::{ ヘ   , .ヘV三三三ミョ、
           / ./´三ヨヘ::!、_ヽ  / ___./三三三三ヨヘ    今回これまで。オタッシャデー。
            ! {ヨヘ三E;ヘ.      .7三三三三三ヨヘ
.          I |三ミヽヨE=ヘ,.________7===ヘ;j;三三ヘ
          ! !三三ヽ!:::::::::ヘiiiiiiiii7:::::::::::::::::::ハ!三ヨjEヘ
          i i三三ヨ!:::::::::::::\ii7:::::::::::::::::::::::I,三ヨj三ヽ
         ∨i三三ヨ::::::::::::::::::Υ::::::::::::::::::::::::!ヽ三j三Eヽ
             V.!三三ヨ::::::::::::::::::::i.i::::::::`ミ- 、___! .\j三三;ヽ
8594 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:27:35 ID:QSqNFVVo
オツカレサマドスエ!
24ジカンウシミツアワータタカエマスカー!ウオーピピー!
8595 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:27:35 ID:rvldcgqQ
マジメにヤクザ&ビジネスしてておハーブ生えるアンダーファングさん 乙タッシャデー
8596 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:28:13 ID:pWMBUw9L
乙でした
8597 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:28:50 ID:BBffeS50
オツカレサマドスエ
アンダーグラウンドマネーの何がムカつくって、自分らで制御しないと出ていく一方なのに制御してもリスクに見合うリターンがないのよね
かといってナワバリでヨソモンに好き勝手させてるとソンケイがマッハで削れてくという……あーやだやだ
8598 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:29:33 ID:O1MfKqCC
乙でしたー!
8599 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:36:23 ID:qOOZPaHx
ダンジョン飯OP はバンプオブチキンか、リッチだ
8600 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 23:40:01 ID:S+Wy8HhU
オツカレサマドスエ
バリキキメなきゃ…w
8601 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 00:34:00 ID:080eBCqB
オツカレサマドスエ
キルエレファントのヤマヒロは掘り出し物だったのだな
8602 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 07:22:38 ID:T+pfAVdE
オツカレサマドスエ
ソニブ兄貴も過労死枠だったし、ビズや人材スカウトなんかにも使えるニンジャは使い倒される定め……
8603 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 09:08:53 ID:n7aNd84z
オツカレサマドスエ!
ネオサイタマ通りサンチョーム、始まるよー!!
8604 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 10:48:33 ID:rKPEpcOE
オツカレサマドスエ
カローシに気をつけよう
8605 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 12:13:20 ID:cYiCR0yV
オツカレサマドスエ
ニンジャ耐久力があればセルフブラック労働なんのその!(限度があります)

気が付いたらFGOクリスマスイベントの交換期限過ぎててボックス開けそびれた……orz
アイテム交換は全部してたけど、20箱ちょいがぱぁである
8606 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 14:44:35 ID:7up8RBqR
オツカレサマドスエ
8607 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 16:56:24 ID:reTEkCLy
オツカレサマドスエ
ラオモトにゲコクジョしたらシノギが他の馬鹿ニンジャに無茶苦茶にされそうだなぁ……ガンバッテ!
8608 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/08(月) 17:20:05 ID:T+pfAVdE
第一部が無事終わったら、台形の野郎は間違いなく傘下に引き込みにくるよなって

インタビュー・ウィズ・サンシタ8

8519 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:26:41 ID:NvXaY8rS

            ., '" ̄¨丶、                 イ ン タ ビ ュ ー
      ノ}ノ} /__     }   .ト--_::::――=ミ┐__
   _、‐'´´ ノ ::::::::::: \        .>'´:::::::::::::::::::::::::::{::::::::二ニ=‐   ウ ィ ズ
  / r/ (_ ,,::::::::::: l:::::ヽ  -=ニ彡::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::’,
  {  '  、‐''゛::::::::::: l:::::::::..、  ./.::/:::::::::::::::{::::::::::::|::::::{:::::::\‘,       サ ン シ タ 8
  /-r-‐'/ ̄|\:::::/\ノl :::!  /.::/::::::}::::{:::::}::::::::::::|::::::{::::::::::::}::::,
..< |/ | |    乂   |:::| ./.::/.:::::::{::/}::/{::::::::{:::ト、:::} ::}::::: }::::廴
 ,::::: /| | 三三  三三 ::: ム /{::{::::::{/`}メ∧:::::ハ大};人_}::::: }::::‘,
..ム:::::V::::ト       从:::| 厶{::{:: /f斗┰∧:::} 斗┰ァ.{::::::从:::::\
../ ,::::::l::::从≧ー- ―≦:::::::l ...{人:ト、 `⌒ ∨ `⌒' {:::/}{  ̄ ̄              ◆ 前置き ◆
, ,:::::::::/ ,. ´、  :! , ヽ |::::::.、  // /¨_,つ  ノ      〈イ乂}
, ,::::::::l γ.:.:.:.:\l//.:ヽ:::::l ...{ { .{ {    __     /:/      ◆ この物語は仲間内でやっているニンジャスレイヤーTRPG ◆
l l:::::: l l、;,;,;,;,;ノ_/、;,;,;,;,;,ノ:::::|  .\  \  ⌒゙`  ィ:{/\ 
                  __,。rf\  `ヽ。-< .从}i:i:i:iト、            ◆ そのプレイメモめいた何かである ◆
               /_______人}i:i:i\    }   ∨i:i:i:/___>___
                  {__\ _____∨lr┴ミ、_{   __,}//___________\      ◆ リプレイではない。編集もされている ◆
             {______`\_{,,_∨/////,〉 '" {/_______}_}
             {__\__、∨:///////{____,{ _____________/__}    ◆ TRPG外の創作も含まれる。むしろ多い ◆
             {___\__、∨//////_{:::::::::::{_____}/__/___}
             {____`.乂///////,{::::::::::,′{    }_{__/_人    ◆ NM(GM)の許可は取っている。ご安心ください ◆
                〉、____/////////_/}:::::::/_{   {___{/____}
8520 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:27:18 ID:NvXaY8rS

                         __ _ __ _ ..、.-‐v‐…
                  ___r 7´ /´ /´ ノ  ノ ノ   /
                   ,ィ「  `ヽ \¨ ー' - 厶- 'ー ' ー '  ̄´
               / い    \丶   i 7 - 、
            /{    ヾ:、      :. 、 |     ヽ、
             /{   \   _         ', |      入
             i  !   .> ´  \   ヾ:. |    〃ハ
         _」_  ` r "      \   i .:   / / : : i
      _ ...::::7;:、 〉 トミゝ           \.::|.::;′ .:/.:.:.:.:.:|
  x:<: : : : : / .:'/  ハ  、       u     ヾ/厶才-‐…彡1ニ=-      \__人_人从_人_人从/
/: : : : : : : /{/:/  /  _≧x    :.:.     \ \   ′|: : : :      _)                (__
: : : : : : : : / ノy  八  ´ o `ヾx:、   .:       ヽ    /.:.;ィ: : : :       )    グワーッ!!    (
: : : : : : : /   Y    ハ  ヽ.     >\  i   /´      /.:〃: : : : :      ̄ ̄)              ( ̄ ̄
: : : : : : .:   /ィ    ',    ` ー彡 >く .:vz==ミ:、 ̄7/: : : : : : :       /⌒Y⌒Y⌒⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
: : : : : : :i   'イ     トミ、 u ̄  /   .: ハ °  ノ′/7: : : : : : : :
: : : : ヾ :|  j,小   ∧{ `   ノ  .: / ヾ¨ 彡  {´\: : : : : : :
: : : : : Ⅵ  }ハ    ハ /7777く   .:: /    \  ノ.:   ‘,: : : : :
: : : : : :.ヾ:、  |   ィ{ } >x///ハ.:__厶--、 u  /.::    トミx: : : :
、: : : : : : :ハ  |   ハ 〈-、  ̄¨ ー- Z'///ノ イ:、.:   \',: : : : : :
: \:、: : : : :ヽ |  {:. }  ` ミx _   `√ ̄.:〃: }:∧.: {\ i: : : : : :
: : : ヾ:、: : : : :ハ 小.   ` 、 _ `=彡 ' /´: : : ′:\ ',: :ヾ{: : : : : :



                   -―――-
               /  /    \ \
               ' / \    \  ヽ  ヽ
             /  :':   \    \    、
            ' / ;|  |i   ヽヽ    ヽ ',   \     よ、し、これで……任務は……!
           ノ:/  /:{  |\ 、 ',        ',  、:\
           /  ィ\  |斗≦_ i ',     、   \
           ,:  ハ伐j', l   ゞ'' |  '   i   | \ 〈^\    ┏                              ┓
           i  / i , ヽ     |ハ:   |   |  \        アンブッシュ。ドージョーの天上を突き破って
               ∧ `     |  }i  |   |  〈⌒ヽ
           |  / 心 ━一 /  |  ハ   |\_         現れた、満身創痍のヒュージシュリケンにより、
           | ;/イ  ハ    / j :/ } :从/:.:|
           |ノ' | |∧个 -<   /''   | //| :.:. |         ドラゴンケンドーソー、ローシ・ニンジャに
             j_人/∨:. :.:〉     'i:「  |:.:.:/:\
               〈:.:.:.:.:.:.:.:.〈 /   :|  ∧/   ``~、、   アンタイ・ニンジャ・ウイルス「タケウチ」が
           ___/ 〉:.:.:.:.//  /     、/            ̄\
        r ''"  / ̄ /_ / /――一 /     {        / ̄|   撃ち込まれた。状況は、稲妻めいて
       /:| |___,/    )(_   ― {i      }    /    :|
       , r=== /     /          :|:\    l   /       |   一瞬で変化した。……時間を、ドージョー
        { |: :|//// ,     /         、\_ ―┐ /      :|  
.         、|: :|////:.    ,          i\_: : : : |:/       |   到着前に巻き戻す
.        |: :|/// ,     i           _/|/////|: :/|           ,                            ┛
.        |: :|////}、___ ,ノ          ゞ´ |/////|: :i | 、      /
8521 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:27:54 ID:NvXaY8rS

          /:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,
    ___/:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,
   「``'ー-  _____________________________________
   \_________________________________________
     |_|TロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロTロT
                          乂__乂_____________乂__乂____
                  _, - \- ,_       |: : : : |________________,|: : : : |_____
             _,. -  ̄    \ニ‐ __   |: : : : |二ニ=-   .|: : : : |: : : : : : | : : | : : : :|: : : : |: : : : : : : : : : :
       ト ___-  ̄______\___ニ‐__|: : : : | ̄   ‐=ニ:|: : : : |ニ=-  .,| : : |__|: : : : |_____
       `^^^^^丁|二|:|二二|:|二|:|丁|二二「|: : : : |      |: : : : |´"  ‐=| : : |__|: : : : |_____
             |::|¨¨|:|¨¨¨¨|:|¨¨|:|::| |¨|:|¨|:|.|: : : : |      |: : : : |      | : : |    |: : : : |
__       iTTTFニニニ込TTTTTTTTTTTTi|: : : : |ニニL___| : : : :|___| : : |__|: : : : |_____
:::::::::::::: ̄ ̄ ̄>''´⌒'< ̄ `'マΞΞ口三三/|: : : : |:.:.:/\:.:.::.::| : : : :|.:.:.:.:.:.:.:.:| : : |.:.:.:.:. |: : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
_::::::::::::::>''´二二> '´ `丶、:::::`'マ77┘ ̄::::::: |: : : : |:.:/\ \|:.:: :.:|.:.:.:.:.:.:.:.:| : : |.:.:.:.:. |: : : : |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
ニニ>''´ ‐‐┬ ̄_______丶、_\______,|: : : : |ヘ.  \  |: : : : |^^^^^^| : : |^^^^|: : : : |^^^^^^^^^^
  └ー─‐|::|二二二二二二二|::|^^TT^^^^^| |: : : : |__j|__\|: : : : |      | : : |    |: : : : |
    . . . :.:.:|::|¨¨¨|:|¨¨¨|:|¨¨¨|:l¨|::|¨¨:|::|¨¨¨¨¨:| |: : : : | | |      |: : : : |      | : : |    |: : : : |
    . . . :.:.:|::|: : : |:|: : : |:|: : : |:l: |::|: : :|::|: : : : : :| |: : : : | | |      |: : : : |      | : : |    |: : : : |
    . . . :.:.:|::|:_:_:_|;|_:_:_:|:|:_:_:_|:l:_|::|:_:_:|::|:_:_:_:_:_:| |__|_|_|___|__|___|__|__|__|_____
    . . . :.:.:|└┬┬────────┬┬ーr─‐┬─ー─ーー┬┬──────‐┬─‐┬┬───
____(_):::|┌┴┼────────┴┴─'─ーーー───┴┴──────‐┴‐─┴┴───
 ̄ ̄ ̄}::::::l. └┬┼────────┬┬ーr─‐┬─ー─ーー┬┬──────‐┬‐─┬┬───
ニニニ=-‐… ┌┴┴────────┴┴─'─ーーー───┴┴──────‐┴‐─┴┴───
______|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
────‐|___|::::|_______________|:::::|_________,|:::::|__________,|:::::|____
: : : : : : : : : : : : ::|::::|: : : : : : : : :|        |:::::|  |: : : : |      |:.i|:::::|       |: : :|    |: : : : ||:::::|

 ┏                                                          ┓
   ドラゴンドージョーを襲撃しつつ、救う。矛盾したこの目標をどう達成したものか。一同は悩んだ。

   その答えを出したのは、カラテドージョーの娘として生を受けたキックオウガだった。
 ┗                                                          ┛




                   ______
                ,..ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.≧  _
              ,イ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.゚;.:.:゚:.:.\
             / ______    ゚;.:.:゚:.:.:.:∨
            イ/:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.  ゚;.:.:゚:.:.:.:.:∨
           〈./:.:.:.:.:.:.: !:.::.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ゚;:.::゚∨.:.:.∨
.           /:.:.:.:.:.:.:.: i:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ.:.:.゚ マ:.:.:.:i
.           ,:.:/.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:. . i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚;..:゚ .|:.:.:.:.|
           i:.:i:.:.:.:.:.i.、:.:.i:.:.:.:.:.:.|:.ハト、:.:.:.:.:.:.:.:.:.゚; .i |:.:.:.:.|!    ドージョー破りですね。
           |:.:!:.:.:i:. ィテミマ:.:.: i:.|ノィr≠ミ:.:.:.:.:.:.i|:.:リ:.:.:.j |!
           |:.:i:.:.:.!:.|乂ソヽ:.; ハ|j 乂り ヽ:.:.:.:.i|:.:i|:..:./:.:’
           |:.:7:.:.|、|!   ,       /:.:.: 7.|::.:.: /:.:.:.:.’  ┏                                      ┓
           |: ,:.:.:.| ∧        ノ:.:.:.:.:.`´:.: /:.:.:.:j:.:.|    一同は愕然とした。しかし正面から堂々と、カラテの礼儀に
           |:.|:.:.: |:.:.:.:. 、  、_ァ    ./:.:/:.:./:.:.:./:.:.:.:./:.: |
           |:.|:.:.: |:.:.:.:.:.:.` .、  ィ/: /:.::7:.:/:.:.:.:.:イ|:.:.:|    乗っ取って訪問。それでいて敵対的。初めから敵対組織である
           |:.|:.:.: |:.:.:.∠⌒:.:___」  ,: /:.:.:.i/:.:.:.:./: !|:.:.:|
           |=-―‐ 、:.:._.イ /ノ  iイ|:.:.:. !:.:.:.:/|:.:.:.i |:.:.i     ソウカイヤの自分たちが礼儀正しく和平を申し込んでも
         /⌒ ̄ヽ  ム | ./    l|. |:.:.:. |:/.  !:.:.:i .!:./
.        /    ∧ _.|. Y     l|. |:.:.:.:/    i:.: |ノ/      怪しまれるだけ。ならばカラテで語る方が良いのでは?
        /      l/ノ  \_______l| |:.:.:.l     i:. |7
        }≦二  /〈 ト、        マヘ}     yイ      ニンジャ的試行錯誤の結果、そういう事になった。
        |    / `¨マー\___ ィ_ ィ、_   /ニl|   ┗                                      ┛
       /i|.   /   `ー------- ¨ /     イニニ7
.      ,ニ|   i.             /  _. ≦ニニニニ/
8522 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:28:46 ID:NvXaY8rS

                      ____ .. _
                  x<__  `ヽ  `  、
                ィ´ ̄ ,ァミ`ト、  ',  i   .::\
              rv彡 /∠..,   ` ‐- 」_.:| .:.:.:.:.ミ}
              ィ r彡′∠..,        `¨~ ̄ 1′
              r' レイ_,  /-‐=ミ:、   .:   ,   |
            r:1 イ/ ァ′i   -‐t:ァ≧x:. _{  /___:.     構えなさい、インストラクションだ。
           ,イ 7〈 〃小{   `ー 彡′' =くー' > /
            人Ⅳ !イ 7ハ!     ´    i |ヾ`彡.′  ┏                                            ┓
          { v′   v!〃ハ      __.: .: {    ノ!     しかし。それは実際もっとも適した行動だった。アンダーファング達の
          ∧ ノ    ハ イ′} ∠三三≧:ーく  /N
         r廴ノ   /  Ⅵ   ー气ニニユミオ //      悩みをニンジャ洞察力で察したドラゴンケンドーソーは、カラテで応えた。
         人 7  _:′   \     ー:r-  7レ
        {  Y  /└- ._   丶     l   {"′       そして、それぞれに対してインストラクションを施した。
        ,ハ.: ノ /      ̄¨ ‐-≧=…‐- <       ┗                                            ┛
   _ ..-:┴ァニ小、            |////「 ̄i
 ̄:´ : : : : : : : : : : : : : > ... _      |////|   L _
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>x. :|////|_」: : : >x
: : : : : : : : : : : : : : : : :_:_: :.: -:―――┘///「: : : : : : : : : :` ァ:、



        ,...::<::::::: ̄::::::::>.、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::/::::::::::-===-:::::::::::::::ヽ:::ヽ      ┏                                    ┓
    /::::::/:::::,-ニ二三三二ニ-、:::::::ヽ::‘,       己のサップーケイに飲まれようとしていたキックオウガには
    /:::::/ ,-ニ二三三三三三二=、::::',:::::,
.   i:::::,' ,-ニ二ニ- '::::::::::::::::....三二}:::::i::::::,       「全てはカラテだが、カラテだけにしてはいけない」と教え。
   {::::,':ニニ/::::i::::::l:::::::::::::::i::::::::...ニl:::::::l::::::,   
   l::::{::l/廾:-⊥:_l::::::::::_:⊥-:廾:::l:::::::}::::::i      カラテ以外への視野を広げるよう促した。
   l::::i! {:::i::::::l⊥l:::::l:::::i::::::::/l:::::/ll;:l::::::l:::l:::}    ┗                                    ┛
   l::::i/:::,',イ{示心';::l:::i!::l/て示心l:::::,'::::l:::i
   l::::i!::lヾ::l辷;;::ソ  ヽl ' ヽ辷;ソ,/::;::/ :::!:::l
  ,イ:::l:::l::::::l        ,     ///:::::;':::::l
  l,l:::{::::l::::::ヘ、            ' .::::i!:::::/::::::l
 /' l::i!::::l::::::::::::...   ´ `  ,.:::::::::i!::/::::::::i!
   l:::i!:l:::l:::::::::;:::::::i   ._. <l:::::::::::レ::::,'::::,'
   l:::',::::::l;;;;;'l,l ll l      l  \l::::;;':::/l
   l:::::/:::l  i!, / !     ! \/:://::/:::l-、
.   ,l:::::l ';::, ヽ-----、  , ---:://:/:::l::l三=、
  /‘,::l ヾ、 ヽ    ` ´  /' /:/l::::l:::l三三}
8523 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:29:31 ID:NvXaY8rS

                      /{   _____  ム
                  /i:i}ァ' ./   `寸ム
                    l:i:i:> l{  }   <i:iム    ┏                                    ┓
                <ア ト 八  |ィ,ィ ノ^寸>    今までの人生を否定され、迷い、狂気と暴力に逃げていた
                  <乂 《妁\{妁》  从
                  | ≧┘  '  /イ l       アッシュ・カレンデュラには彼女の基礎であったカドーに
                  , | |h、 _ ,ィ | | l
                 ,  | |∧∨∧.| |  l      立ち戻るように道を示した。
                  / ハハ/∧///ハハ  ',   ┗                                    ┛
               / / ', ∨///// / ∨ V
                 / / ', '。 ∨/// /  ∨.V
.                / /\ ', ', lニニl ,   _'/ V
               / /  ヽ}. │|   | | /  '/. V ./
.              /  {  \ V│|zzz| | / /  '/. ∨ /
             /.   {    ヽ.│|   | |//   }.  ∨ /
.            /   ∧      \zzz|/     }!  ∨
           /   / .∧    /`y'´ \.     √   }
             {.  /  ∧ /\/_,ィ'^\   √∨ 从
.           从 / ./   ∨//////////∧\ √ ∨_
.      _,,. -‐ ''"´//.     /////////// ∧     \ ´~"''~、
  ,、丶`               ,イ/////////////}       ヽ      `丶、
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ニ=‐  ‐=ニ ∨///////////./ニニ=‐   ‐=ニ~ ̄ ̄ ̄ ̄
                  ≧=‐‐冖‐-=≦



´        _、 '~         ``~、、       V/
        _、 '~                ``~、、    V/
     _、 '~                      ``、、  V/
  _、 '~                          ``、、 V/  ┏                           ┓
、'~            _ -ニ ̄ ̄ニ- _             ヽ      ニンジャソウルの闇に心を明け渡していた
       _ -ニ ̄:. :. :. :. :. :. : ̄ニ- _
      /{(:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.l:. : ̄ニ- _              パイライトには、それを御するように諭した。
     /:. :.{ V/ :. :.゚,. . . . . . . . .ノi:. :. :l:. :. :.lヽ          ┗                           ┛
.  /:.|:ゝ : :. V/: : : ゚,: : : : : : :/ノ: : :ノl: : :λ:. \ 
. /.:. .:.|. |',.:i \',.:.:゚,: : V/: : : .:/:::l:/ /::|.: : : :\
':. :. . : .:|: |:::\:::::::::` <:\.: :V/_/:::::::ノ/:::::|: : : : : : \
.: : :l.: .: .:.:ト、.:::::::::::::::::::::::::::::\(::::::::::::::/:::::::::::l: : : : : : : .:|\
.: : :|: : : : :iぃ"~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^八: : : : : : .:l
.: : :|: : : : :|i:.:.>、                ∠:|: : : : : : : /
',(:l: : : : : l:.:. ⌒>     ` '    .イ.:. .:.|: : : : : : /
 Yi、.: : : : :l:. : /: : : ⌒>  __  < : 丶: : :|: : : : /ヽ
. |:! \: : : l: /: : : : : : : .:「)>─‐<]{: : : : : :\l: : /: : : :}
. l:|: : : \.:.〈: : : : : : : : .:jニニニニ「: : : : : : : : i∠_: : : : .:} ,,.
\l:i: : : : : ¨⌒: : : : : : :ノ \ニニノ、: : : : : : : /: : : : : : ノ^. <
  >、: : : : |.: : : : : :/. . . . . ><. . .).: .: .: .:./: : l: /⌒( <
8524 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:33:20 ID:NvXaY8rS

               \::::::::::::::::::::::::::::::\〉:::\:::\
                _,>―‐:::::::::::::::::::::::::::::::{\/゙ ̄\
                /..::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::}:::::}:……\⌒   ┏                             ┓
               /.:/ ::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::}:::::::::::}:::::::::::\     そしてアンダーファングには状況によって適切な
              /..:::// .::: :::::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::::::}:::::::::::::::::
            ̄ /;′::::::: {:::::|:::}::::::::::::::::∧:: |:::::::}:::::::::::::::::|     行動の選択、フーリンカザンの教えを伝えた。
                /::i::::::::::::::{__∧:}: :::::/:: / ゚。:ト、:: }:::::::::::::::::|   ┗                            ┛
            /.i:i{::::::: :::/{:/¨从::::/{:::メ'゙ ̄{ノ∧::}::::::::::::}j{:|
              /i:i:i:i{::|::::::/r{j…= ∨ .}/ r=…=∧}:::::::::/{i从
            ̄ ̄{jハ::/{ ゙ {}      {}  //:::::::/i:i:i:iト:〉  ┏                                 ┓
               {:{ {i{∧ `-=ニ  _   ニ=ー- /.:ィ/¨Yi:i:{     ドラゴンドージョーのインストラクション。それは
               {八i{::∧    {/     ./⌒(\ }\〉
               乂_∧            ト、_>く       無我夢中でニンジャとして生きてきた四人にとって、
                 }公。  r―::..   /:{
             r―‐=ニ二八}ト  ̄ ̄ .ィl:i人{ニ=-         あまりにも大きなものだった。彼ら彼女らは
             {`¨¨¨¨¨i二ニ}:..:.><:..:.|l/ ̄ ̄ ̄  `
             ∨I:I:I:I {ニニ}: : : : : : : :.|l{ /I:I:I:I:I:I:I:I:I}      ニンジャである。カラテの実践とわずかな言葉だけで、
                  }I:I:I:I:} }jj>ヘ: : : : :..:/:|j、/I:I:I:I:I:I:I:I:I:I}
              乂:I:I:{ .八ー=ミ:゚。: : : /ィ{ /I:I:I:I:I:I:>‐〈      多くのものを学び取る。ドージョーの基礎にして真髄、
          -=ニ二ニ>くl<`ヽ ` ̄/ ̄i{{<二二二ニ=-
         /____\__/ ̄ \__// \_______\  門外不出であるはずのそれに、触れさせてもらっている
           {______ \ r―癶   r― >_________
        ,{______________/ヽ|/} /\|_/__________  事を自覚した。
       ./l{________/  /\}_j{/∧ _________                                  ┛
        .{_l{_____________/  / /}{\.i|八 __________



                      ____ .. _
                  x<__  `ヽ  `  、
                ィ´ ̄ ,ァミ`ト、  ',  i   .::\
              rv彡 /∠..,   ` ‐- 」_.:| .:.:.:.:.ミ}
              ィ r彡′∠..,        `¨~ ̄ 1′  ┏                               ┓
              r' レイ_,  /-‐=ミ:、   .:   ,   |      ドラゴンケンドーソーにいかなる思惑があったのか。
            r:1 イ/ ァ′i   -‐t:ァ≧x:. _{  /___:.
           ,イ 7〈 〃小{   `ー 彡′' =くー' > /      詳細は定かではない。彼の長いニンジャ人生と、
            人Ⅳ !イ 7ハ!     ´    i |ヾ`彡.′
          { v′   v!〃ハ      __.: .: {    ノ!       フーリンカザンによる状況判断。この状況で
          ∧ ノ    ハ イ′} ∠三三≧:ーく  /N
         r廴ノ   /  Ⅵ   ー气ニニユミオ //        真正面からドージョー破りとして現れた一行に
         人 7  _:′   \     ー:r-  7レ
        {  Y  /└- ._   丶     l   {"′         何かを見出したのは間違いないだろう。
        ,ハ.: ノ /      ̄¨ ‐-≧=…‐- <        ┗                              ┛
   _ ..-:┴ァニ小、            |////「 ̄i
 ̄:´ : : : : : : : : : : : : : > ... _      |////|   L _
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>x. :|////|_」: : : >x
: : : : : : : : : : : : : : : : :_:_: :.: -:―――┘///「: : : : : : : : : :` ァ:、
8525 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 19:41:28 ID:M+mRNdoJ
チャドーまでは教えないか
8526 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:43:06 ID:NvXaY8rS

                       _, -―- 、
                    , イ/, -―、  \               ┏                                  ┓
                   /r-‐ '´   _く‐-=、ヘ                そして戦い、否、インストラクションは終了した。
                     j/ 、 ! _,∠ , \  ヽ| スゥー……ハァー……!
                   〈ーァ。! | ` °′ / 〈⌒l                老体でありながら、1対4をこなしたローシ・ニンジャは
                   l  l_」 _」__  〃  lう ハ
                   ∧ / -- 、} lイ   lイ ハ               座禅し、静かに呼吸する。そう、ドラゴンドージョーの
                   l/ハ '´-― '   レVリ l/ レ-―-、 __
                    |ハ  }     //  l/    _/    \     秘奥であるチャドー呼吸である。それを、彼らの前で
                      L〈__ ∠ -―≠   /    /
                      r 7  レ-‐ ′   /    /         披露する意味は、もはや語るまでもないだろう。
       r=、__               _|_」./   /  /     / ̄\     ┗                                 ┛
  /⌒ヽ.」_ 廴_)        厂 ̄      _/    / ̄ ̄\  \
 _ハ    \l  l`ヽ   / ̄ ー――=ニ    /   / ̄ ̄\   ヽー'
|       l  l   〉ー┘       _ -‐ ′_   l/´ ̄\  \__ノ
」         /  }/⌒ ー―――ァ= --――――=ニ  ̄ >、   )ー ' \



           /,′_____
         _ ,'.:.:.レ´.:.:.:.:.:.:.:./
       ,イ.:.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 、.:.\   ありがとうございました!
.         ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', ̄
       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  
      ノ:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ,.:.|      ┏                                         ┓
       ∨、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人リ ヾ        アンダーファングは深々と頭を下げた。それしかできなかった。
         ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,'
        ,,..イニl∨.:.:.:.:.:.ハ:/ | .イ __ト、       彼ら彼女らの人生で、ここまで道を示してくれたセンセイはいない。
      ヽ、_`>ト',ハ/_,,..-‐'' ̄.―/
       _〉::::::::::>―――<:::::::::::イ、        万感の思いを込めた、感謝の言葉だった。
    /:::::::::\:::::::::::::::::::::::_,,..-‐''::::::::::::`<   ┗                                        ┛
   /:::::::::::::::::::::::二ニ=‐''":::::/::::::::::::::::::::::::::',
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
8527 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 19:45:02 ID:60bq13Rh
なんと偉大なるカップオブハートか
8528 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:49:49 ID:NvXaY8rS

                            _
                            ⌒):\          ┏                               ┓
                     __.......:―┴::、:゚。_         そしてアンダーファングは、その場で土下座した。
                  ‐=ニ/..::::::::::::::::::::::::V¨、:\
                     /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:\      彼にとって、ここからが本番だった。
                   //.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。⌒   ┗                               ┛
                      ⌒7:::::}::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::゚.。
                  {::::::ト、::::{:::::::::::::::::: ::::::::::: ::ト、{⌒
                  {:fl :Y∨}\:::::::::::::::::::::::::::::{         ドラゴンドージョーのみなさん! 私たちは
                  {八::{八ト、:::>――<:::人〉
                    >''"   -====-  \         ソウカイ・シンジゲートのニンジャです。
                   r''" -=ニ二二二二ニ=-.\
                     乂ニニニニニニニニニニニ/_       ソウカイ・シンジゲートは、このドージョーを
                 /二二二二二二二二二二二二ニ\
               /二二二二二二二二二二二二二二二\    よりにもよってバンザイニュークで
                /二二二二二二二二二二二二二二二二ニ
                _/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニト、   破壊することを命令してきました!
            rf7二二二二二二二二二二二二二二二二二/}l二。
              /i八-=ニニ二二二二二二二二二二二二ニ=-/:八二。
             ./i:i:i:i:i\‐=二二二二二二二二二二二二二=-/:/i:i:i:i:i∧
         /i:i:i:i:i:i:i:i:i\‐=ニニ二二二二二二二二二ニニ=‐/:/i:i:i:i:i:i:i:∧
          ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\-=ニニニ二二二二二ニニニ=-/イ{i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\-=ニニニ二二二ニニニ=-/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
       ./ ̄ ̄ \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\-=ニニニニニニニ=‐/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
        .〈/⌒\   \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>‐=ニニニニニ=‐<i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/〉



           _....-===-:... _
        _..- . . . . . . . . . . . . >、
       _-. . . . . . . . . . . . . . . . :O. \
     _-. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ::>。
    ./. . . . . . . . :、::..、. :、. . . . . . . . . . . . ::>。       なっ……!
    ./. . . . ..、. . . .ヽ、. :ーヽ. :、:ト、. . . :ト、. . . :>。
   ,i!. . . . . ::|. . . . . :ヽ `,<. V. V:V:_. . . . V. . . . . \
   .,i!. :. . :\:j. . . . . i. i/ _xzzzイ∧r..ヽ. :: . :ヽ、:i. . . ハ                ┏                            ┓
   ,i!:,i. . . :V:|! ,、:ヽ,イ!,rr"う:d!リ. :|∧イノ. :j. :}:.}ヽ!. . . リ                 バンザイ・ニュークという単語に、ユカノは
  ,i!./ |. . ゝ_i_ム_\.|ハリi|! ゞ-' | . | :`イ. ::/. :j. :j У . /
  //  .V. . 又,rぅミ_iトリ    "| ハ|. :.ト.V. :ノ_:ノ_,イ:__:./                  大きく動揺する。ドージョーのニュービーたちも。
 iイ   Vトイヾト `ゞ’ _:.    リ .,!. :.|! V「:: : : : : : 7  .          ,ィ:、    ┗                            ┛
      ヾV八i`i"    , - _.,.イr!. リ/:: : : 斗==≦=-ュ        ,イ :: iヽ
        |ト、\: トo.。.___,.r<::./| //:: >:":「:「:「:「:≧=-:..、 _...斗<:: : : : :}
        .|ヽri \:i//У: : : :/...レ/イ:: : : : : : : : : : : : : : : : : :><:: : : : : : :ノ      落ち着きなさい、ユカノ。先ずは彼らの話を聞くべきだ>
        i| :| |Vーrミ:...、:,.イ:/ .//ト、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,斗r". ヽ、
        |. :| | イ(イ: : iイ:: i/. :.:/::V: :.i<: : : : : : : : : : : : : : : : :,r≦:::::::::!:ヽ、. ヽ、
      ,r=j!. :!:レ:: : irミ=-.,イ/. . /:::::::V: : : : :`;<:: : : : : : : : : : :/<::::::::::::::ト, .ヽヽ. . .、  ┏                    ┓
    rく. . :i,ィ,;,:{ゝく: : ゞイ:/. . :イ/:: : :.V:: : : : : : : :`:<:: : : : : /:. . . . :`ー≦ハ Vハ. . .     ケンドーソーに動揺はなかった。
    ノ. . | . ゝ:УY::};_;_;_イ!,.イ i!:: : : : :.\:: : : : : : : : : ::`<:i/. . . . . :     >=ヘ. :   ┗                    ┛
    Yー"`". . :iiiУく:: : : i/:/. . i!:: : : : : : : `<:: : : : : : : :::::::::ト、. . . :    ,rへ: : :\
8529 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 19:54:13 ID:NvXaY8rS

             イ: :: :: : : :: : ,: : : : : : : : : : :: : :\
           ∠´: : :: :: :: ::ヘ: ::}∨:ヘ: : : : : : : :ヘ: : :___ヽ
           ∠: : : : : i: : :: : ::ヘ::::I \:ハ\: : : : : ::ヘ::`ヽ   ソウカイ・シンジゲートのボス、ラオモト・カンの決断は明らかにおかしい! 
       ,.xイ:::::ィ::/: :::/!::ハ:: :: ::ヘ7  , ヘj \: : :: ::ハ: :: ::;
        ̄ ̄ ハ::i : ::/. レ  V: : ハィイ゙     .ハ: : : :: :}: :: ::;  私たちはもうついていけないと考えました。ですが、単純に逆らっても
            ム:::I!:::/ `ゝ、, マ:::ハイ行 ̄j .{: : : : : ::}-、: ハ
         ;: : :|::/ .I¨灯ゞ   \ム.ゝ'_,. '  !: : : : : :jミ.ハ::::ヘ  殺されるだけ。知恵と力をつけなければならない。
         ;: : :i/:V ゞ゙‐',..   ヾ'    u {: : : /!:/ .》./: :, ,,\
         ; : : : : }   .:::ゝ          I;;/ ン __V:::,.,:ヘ,  ̄  私は、ラオモト・カンにゲコクジョを企んでいる! 
            ;::::::/!::! U   ゙゙'            ,/|: : ::7 `ヾ
          'マ/ リi       ___       ,.;;゙::::!:: ::7       裏切り者、不忠者と罵ってくださって結構!
             ’  ヽ   ´    `ヽ     .,;;"::__ユV,ユ
               U\            ,,。":::i¨-------,}
                ゝ、       ,。イ:::::::::ⅵ三三三ヨ
                     ゝ,-- ":::::::::::::::::::i !:三三三ヨ
                ,xニ"イ´ ヘ:::::::::::::::::::::i !:三三三:ヨ
                ⅵ: : : : : : ヘ:::::::::::::::::''! !三三三〃`¨ゝ.、



                 _
                  `ヾ``: 、 __
             . :'"´: : : : : : : : ``: 、
            ∠: : : : : : : : : : : :. :.∧``
            /: : : : : : : : : : : : : : :∧   その裏切り者から、皆さんにお願いします! ここからこっそり逃げてください! 
             | : : : : : : : : : : : : : : : : |
             |/|: : : : : : : : : : : : : :.}、|    私は皆さんが死んだと報告して、バンザイニュークを起動します!
             |/{: : : : : : : : : : : }ソ
               V: : : : : : : : : /      センセイには、ドラゴンドージョーの皆さんには生きてほしい! 
             , -ニ二二ニ- 、
              {jI斗――  、}      ラオモト・カンを倒すためには、皆さんの力が必要なんです
              /二二二二二\
.           /ニニニニニニニ二\
            /二二二二二二二二二∧
        /二|二二二二二二二二|-∧
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
8530 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:00:39 ID:+ce5vSK+
更新乙でしたー
はじめてのおつかいかんりょう!
8531 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:01:19 ID:NvXaY8rS

          ,. ‐==:┬┬ .、
          ,イミ∠⌒ヽ_⊥∠}
        /三V >、 、,  j.   フーリンカザンだ。 ソウカイヤの、ラオモトの力は最早今のワシでは
        r=三〈  `ー゚` l L..=〉
       ,仆、j川    ._| 「゚-j   太刀打ちできぬ程に大きい。急いだ方が良かろう。
       ,tノ`i | |l  仁二`-' 、/
   _   tノ リ| | |    ー- `"ハ   来ているのはお主らだけではあるまい。
ー-< `ー- 、 ,/レ'^_:、j    } /l_j.
ヽ、.:\: : :  ̄`ー二_ `rー-r┘        ┏                                  ┓
‐- 、.:..:.:.:.:.:ー-.:.:.:.  ` ┴-、|7           ケンドーソーは、迷いなく決断した。状況判断であった。
 r‐―‐ 、.::.:.:.:ヽ       `ー¬      ┗                                  ┛
/   r一爿.:.:.:.  \ ー‐- .__」
ヽ/ r―┴ 、.:.:.:... `ー        \ _
.(_,>人__,.―^ー-、__,..  _.. > 、___,.... - ヽ



━━━━━━━━ ,イ━━ ,イ ,イ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       |l!1!|!l./ム―7 レ .レ  i| !i| !li| |i! |! |                |l!1!|!l
       |l!1!|.//ニ7/         .i| !li| |i! l:                 |l!1!|!l
       |l!1!|/' ̄7/          il !li| |i! |               |l!1!|!l    ┏                              ┓
       |l!1!|!l.  //             !li| |i!                  |l!1!|!l.     その時! 突如ドージョーの天井が破れた!
       |l!1!|!l. /' . __         li| |i                    |l!1!|!l
       |l!1!|!l   /´ > ,.イ    i| |!:                 |l!1!|!l     その穴から現れたのは、満身創痍のニンジャ!
       |l!1!|!l   ´ ̄  /_/      !| |                      |l!1!|!l
       |l!1!|!l     //      | |                      |l!1!|!l     ソウカイシックスゲイツの一人、ヒュージシュリケン!
       |l!1!|!l    //          .| |                   | |l!1!|!l
       |l!1!|!l |  |/,イ,イ ,イ        | |                l| |l!1!|!l     彼はメンポの下に仕込んでいた吹き矢を
       |l!1!|!l |!   レレ //   ,ィ    |  |               l| |l!1!|!l
       |l!1!|!l |!     /'  / .i    |  |i                   || |l!1!|!l     ドラゴンケンドーソーへ向けた! ……かくして時間は
       |l!1!|!l |!       ./ /    .|/レ'i                || |l!1!|!l
       |l!1!|!l |!,      //     .|/|i | i              || |l!1!|!l     最初に戻る。
       |l!1!|!l |!i      ´       .|    l     /    .i    i.|| |l!1!|!l    ┗                               ┛
       |l!1!|!l |!l    , イ      |i | |     И  /|     .l    l:|| |l!1!|!l
━━━━━━━━━━━レ'━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
8532 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:01:24 ID:M+mRNdoJ
センセイに生存フラグが
8533 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:03:00 ID:+ce5vSK+
おおっと
リロ忘れ失礼しました
8534 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:06:15 ID:NvXaY8rS

                   -―――-
               /  /    \ \
               ' / \    \  ヽ  ヽ       ┏                           ┓
             /  :':   \    \    、       任務の達成を確認するヒュージシュリケン。
            ' / ;|  |i   ヽヽ    ヽ ',   \
           ノ:/  /:{  |\ 、 ',        ',  、:\    彼の背後に、音もなく降り立つ影あり。
           /  ィ\  |斗≦_ i ',     、   \
           ,:  ハ伐j', l   ゞ'' |  '   i   | \ 〈^\   そう。彼はこの男とイクサの最中だったのだ。
           i  / i , ヽ     |ハ:   |   |  \   ┗                           ┛
               ∧ `     |  }i  |   |  〈⌒ヽ  
           |  / 心 ━一 /  |  ハ   |\_
           | ;/イ  ハ    / j :/ } :从/:.:|
           |ノ' | |∧个 -<   /''   | //| :.:. |
             j_人/∨:. :.:〉     'i:「  |:.:.:/:\
               〈:.:.:.:.:.:.:.:.〈 /   :|  ∧/   ``~、、
           ___/ 〉:.:.:.:.//  /     、/            ̄\
        r ''"  / ̄ /_ / /――一 /     {        / ̄|
       /:| |___,/    )(_   ― {i      }    /    :|
       , r=== /     /          :|:\    l   /       |



          ―――――
      ./二二二二二二二二\        |\     /\     / |   //  /
      /二二二二二二二二二二ヘ     _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
     ,二二二/二二二二i二二二ヘ     \                     /
    .,二二 ./二二二二二.|二二二∧    ∠    ーーーーイヤーッ!!     >
     ,二二 / 二二二二二 |二二二二i    /_                 _ \
    ,二二.イ二二二二二二|二二二二|    ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
    |二二 |二二二二二二」 二二二i|     //   |/     \/     \|
    |二二 |`<二二二二二二二>ヾi!
  ,/i|二二 ト, ヽ`、,<二二二>''//ニi                   ┏                            ┓
  二二二 `ヽ \ ー― ,ィ忍=`´-イニ//                     ネオサイタマの死神、ニンジャスレイヤー!
  二二二二二\ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄//        ,-- 、
  二二二二二二\┐,´ | |ヾ <i ///        __i ニニ}_          ヒュージシュリケンの首をチョップで無慈悲に
  ヾ二二二二二二 \  ! i/ j///       〃.i|ニニ|ニヽ
    \二二二二二二`ヽ {ノ 「 //         i!ニi|ニニ|ニ∧ __       刎ね飛ばす!! サツバツ!!
      ∨二二二二二二 \ 乂ム        |ニニi! ニ.|ニニ.i´∧     ┗                           ┛
      ∨二二二二二二二\ニ \       ,ニニ|ニニi!ニニ!ニ∧
     ..∨ 二二二二二二二 \ニ∧     , .ニ|二二|ニニ|二 .∧
8535 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:11:27 ID:NvXaY8rS

               /:::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∨:∧                           サヨナラ!>
              /:::/:::,′:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::|i:::::::|:::::::::: ∨:∧
                /:::/:: ,′::::::::{:::::::::/{:::::::::::::::::}::::{::::::::|::::::::::::::Ⅵ::::,    ┏                              ┓
            /::::,’:: {::::::::::::j{:::::::,’l{::i::::::::::::::}::八::::::}:::::::::::::: }::::::乂     一度はカラテを交わし、同じ任務についた。
              厶斗::::::{:::::::::::{j{ トメ、 {::{:::::::::::/}:}! _∨:ト、::::::::::::{i:::::、::::ヽ
              {::::::j{:::::::::::八{::{ `{A:::::::::,}::}'´  }:八∨:::::::::}::::::{`ヽ}    好かれていなかった。思う所が無いわけではない。
              {:/{l::::::::::{,,芹竿芋ミ∨ /乂芹竿芋ミ{/:::::}:::ト、::{
               ´  {l:::::::{ ` 爪:::::{) ∨  (爪:::::} ‘∨:::l}:::} `       しかし、それ以上に優先するべきことがあった。
                   八:::::∧   ̄         ̄  八:::八}       ┗                             ┛
                 ∨{j∧       i       ,′{/
                       {:∧              /{:::/        ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン。アンダーファングです。
                  {_/\     --     イ人{
                 __`乂}o。_       .イ_`
          r‐=ニ二  ___  } ` .-  { ̄   ̄  ニ=―
          {-==ニニ二二二二}  }     ,{ /二二二ニ=- ―
          ∨ニ二二二二ニニ}  }       {l {二二二二二二二
             \二ニ=‐ -=ニ二}  {、    八.:{_,-=ニ二二二二



ヘ   / / ,' l  l / /,  /  ////l\三三三 i三il
 ト、  l/ l ハl   l , l /   ,ィ/ハ// //ヽ三三三ヘ三il
 l ∨ll l l/il  il  l li ,  /,ヽ//  i\\三三三三ヘi
 ', ,/ll l  l/'l "l l l / ,l///リ  ´二三三三三∧i l   センセイ……! くっ、ドーモ、ニンジャスレイヤーです。
ヽ ヽl l、 l l  l li ,l l/、 i///l  ∠ 三三三三三l li l
 ヽヽヘl  l l  l li  l//> 、ヽ /ニヽ\ 三三三l /,il   ソウカイヤめ、オヌシらがセンセイを……!!
 , -l/ハl l l  l li  l/\ヽ`\、`ー二`\三三三 i//l
////∧ヘ  l l l li  l//\ミ\ ゝ、 \\\\三l i'//   ┏                                   ┓
l l l //∧ヘ l l l li  l/\\\ミー゙'-ヽ、`ヽ\三'/ l'/     苦しげに呻くケンドーソーを確認し、ニンジャスレイヤーの
ヘヽl lヘ\ ヽヘ 、 、  l i\\ミ `ニニニ`ー`ヽ、,`'/
ヽヘ、 ヘ \ヘ 、 ヽ l l\`ーヽ__〃__i lヽリ        視線がアンダーファングを貫く。憎悪が炎のように
、 ヽ\\\\ヘ ヽ ', lヘヽ,ー ,ニ二─‐ヽ、/;//
\ \ヘヽ \ \ ヘ l iヽラ7ヽ\l∨ ////          燃え上がっていた。
 \ \ヽ\\  \ヘ ト、 // li\l ///// /、        ┗                                  ┛
、 ヘ、 \ \\\ \ヽ\〈 ヽ lヘ\,シ//  \
ヽ ヾ\ \ \\\\\ヽ、 \ヽl ヽ /ハli;    ヽ
 ヽ  \ \\\\\\\ヽ、\`ゝ=/ /ハ     ヽ
8536 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:16:26 ID:NvXaY8rS

               __/: : : : :ヽ: : : : ヽ: : : : : ヽ : : : `ヽ
             // /: : : : :/\: : : : : : : : : : :}: : : : : :゚,
        , -‐/⌒/: :/: :{ : : ,/'   \: : | : : : : / : : : : : : :
.   ,-‐i⌒/: : :{: : : /: ,r-、 :!: : ,>      ヽ} : : : /: :/: : : : : :i
  厶-‐======/^ヽ 〉: :/           、_/__ム-‐‐ 、:|
 ´: : : : : : : : : : : : : : {〈‐-/: :l{     ゙ヽ,    ヾ ,       }ノ
 : : : : : : : : : : : : : : :∧〈 {: : :l|   く¨¨`ヾミx、  / /'´     ,′    っ……待て、ニンジャスレイヤー=サン……!
 : : : : : : : : : : : : : : | |、_|: : 从 ー `ー゚‐≧ゞミ' ,ソ≦ニ、''´/、
 : : : : : : : : : : : : : : | | |: : ::|  `斗--、‐、〃7 个ー゚-´__/jヾ: : : 、
 : : : : : : : : : : : : : : | | |: i: :|_/´  ヽ _ノ '  ,′ー/ {_): : : : : :\       ┏                               ┓
 : : : : : : : : : : : : : :∧ 八:{/    /;;;;ヘ_ '  ,'__,/ j /: : : : : : : : : :ヽ       ウィルスは早くもケンドーソーの身体を蝕み始めた。
 : : : : : : : : : : : : : : : :\ ,/   '"´  ̄ ̄ ヽ__/     ,/): : : : : : : : : : : :’,
 :: : : : : : : : : : : : : : : : : /          ー=   -‐ ´/: : : : : : : : : : : : : : :゚,    酷い顔色だが、しかしまだ意識はある。
 :: : : : : : : : : : : : : : : : :,                //: : : : : : : : : : : : : : : : :}   ┗                               ┛
 :: : : : : : : : : : : : : : : : {            ニ  -‐ '/ : : : : : : : : : : : : : : : : : |
 :: : : : : : : : : : : : : : : :/                 -‐/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
 :__: : : : : : : : : : /`〈  ゙ヾ        __,.  ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,: ::}ヽ
 {/==≠==/   \  ` ‐- < ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: /: : :〉
 : : : : : : : :/      \    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : :/



        /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : {: : l{\::::::゚,: : : : : : : :}: : : `T¨¨´
       /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:{/l}  \:.‘,: : : : : : :}\:..:|    ┏                                   ┓
        ̄ ̄`/ : : : : : : : : : : : : : : {:.ト、_/}\l}    >ヘ :...:}: : : :}) } : |      アンダーファングは心底ニンジャスレイヤーを恐れた。
           / : : : : : : : : ‘,: : : :..:乂: : : ::} jリ゛,,:::''" .∧: :}: : : :}^} }: :{
           ,′:: : : : : :゚,: :.}_〉:}: : : : : : :..:..} ,j}/     ∧八 : /_ノ 厂:\     かつてその身で受けたカラテを覚えている。その痛みも。
          ,:: : : : : : : : : ゚/{\ト、 : : : : : : }'"  =      ┘`∨ __/:〈  ̄
           {: : : : : : : : : : {: :{  { 八:: :: :: :::} \___,,、z彡      {\: :゚,      あの恐ろしいナラク・ニンジャも。しかしそれでも、
           {: : : : { : : : : : ト、{_,。-''" \::::::::}  `¨¨¨´      | \}/
           {: : /{ : : : : : {'"    =  \/             /   /`  /   伝えねばならぬことがある。他ならぬ、センセイのために。
        .{/  {: :゚。: : : {\   ,,。s彡               / /`  /   ┗                                    ┛
                {: : :゚。: : {\`:彡'"   {\           / /    〈
               {: : :/\:{\\     \}     ´ ̄\ / |    ∨    先生は今、アンタイ・ニンジャウィルス「タケウチ」を撃ち込まれた。
              }从{   `\}TI\     /  .      /   \     ∨
                     /ニニ=-\     \ /     /    `\   ∨   治療法は我々も知らない。製造したのが、ヨロシサン製薬という
                  /二二二二二ニ=――┬―ヘ、         〉.   ∨
                  /{二二二二二二二ニニ|     `ヽ、   /.∧   }   事は聞いた。
                  j____\ ̄ ̄ ̄\二二二二|      }  / /_∧__/
                  {__ \__  \ニニニ八_____     /.:::::::.:∧{
                  {____\__\ \二二ニ\__  `  / ̄ ̄} ̄
                  {______________\__\ \ニニニニ/ \   .厂/⌒
8537 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:22:04 ID:I33qsdp7
ヒュージシュリケン=サンが爆発四散したことで三部のバイセクター=サンもいなくなったか
8538 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:24:06 ID:NvXaY8rS

                   ∠三三丶
                   //≧三ニミ丶
                i/, 二>ーニヽl       アンタイ・ニンジャウイルスだと……?
                  1イ二二ニ=‐、ミi
                〉ィ二二二ニ7`ー、
               〈ニ'ヾ>=ニ-‐―''二ニ\            ┏                                ┓
              -イ`ー―――=彡'"ニ ̄ニ_ヽ            燃え上がる怒りのままイクサを開始しようとしていた
            __,ソーニニニニニ-=ニ´_,,-‐ィ,`/,、 ̄`,ヽ、
          /≧ィ-‐"/メ、__二=彡'"/,ィヽ\ー、ヽー、:;ヽ      ニンジャスレイヤーは、ケンドーソーの制止を受けて
      _,. イ/ ´,/ヾ'へ≦、__二ニニ‐///"l、 `'ー-ゥ_'、 l 
   _>''ィ'" ,l :;:;/; i、′ヽ`ーニ二 ̄ ̄二,,イ///'/,l l ヽ\ ヽヘ      戸惑いながらも手を止める。この場の、奇妙な
イ'´/    イ''/, ヽl\`ヽーニ二二二ニ=", //' l l、 l `、 ヽ', X
' /     /"//,ハ ヽ \ヽ、ー-ニニ´ィ//' / ィ/i , ヘ l ヽ∨      アトモスフィアを感じ取ったというのもあるだろう。
/     '/" // lベ、 ` `ー======‐''´ /,,///∧l ヽ ヘ\、ヽ   ┗                               ┛
    ,ィ"l/ / //∧ヘ \ー------==ニニイ//////lヽ l \゙、ヽ/
    彡// '////∧ヘ `ヽ≧二二二 彡'" ',' /7,l;ヘ'、 l/〉\メ
     ,イ' / /,イ//'/ ヘ\、ヽー二二二二-''"//,,//ハヘ lヽi\ヽヘ
    、//'/ ///'/  \ヽ、ミ三三三三 ≧'/////'lヽv-、二二ヽ
    _i'/// //メ''´      \_三三三三三彡''_ィ //l=ヘ  /___/
   〈、_ヽニニニニ7        〈ー-〈===〈......〈,,,,,,/l /ィヘ_ヘ ,i l__l:l
     l-l―――l          ,  ,   ,   ,  l三三l、  'ヘ 'l lヘ.l
     l lー;―''l´       ム  :,   ,   ,   l'-、ヽゝl ̄'ヘ ∨l_l,l
    .l l  ニ三l         /∧__、__、__、_,l,ヘ ヽ'、ヘ_、 ヘ ∨/l
    .l l  ニニl        l// /// //‐l'/"`ー\l、 l `ヘ .ヘ ∨ l



             イ: :: :: : : :: : ,: : : : : : : : : : :: : :\
           ∠´: : :: :: :: ::ヘ: ::}∨:ヘ: : : : : : : :ヘ: : :___ヽ
           ∠: : : : : i: : :: : ::ヘ::::I \:ハ\: : : : : ::ヘ::`ヽ
       ,.xイ:::::ィ::/: :::/!::ハ:: :: ::ヘ7  , ヘj \: : :: ::ハ: :: ::;    ニンジャスレイヤー=サン。ケンドーソー先生を安全な所に。
        ̄ ̄ ハ::i : ::/. レ  V: : ハィイ゙     .ハ: : : :: :}: :: ::;
            ム:::I!:::/ `ゝ、, マ:::ハイ行 ̄j .{: : : : : ::}-、: ハ    我々はドラゴンドージョーが全滅したと偽報を流す。
         ;: : :|::/ .I¨灯ゞ   \ム.ゝ'_,. '  !: : : : : :jミ.ハ::::ヘ
         ;: : :i/:V ゞ゙‐',..   ヾ'    u {: : : /!:/ .》./: :, ,,\
         ; : : : : }   .:::ゝ          I;;/ ン __V:::,.,:ヘ,  ̄  ┏                                 ┓
            ;::::::/!::! U   ゙゙'            ,/|: : ::7 `ヾ     敵からこんな言葉を言われて、信じるやつはいない。
          'マ/ リi       ___       ,.;;゙::::!:: ::7
             ’  ヽ   ´    `ヽ     .,;;"::__ユV,ユ        だが互いにニンジャであり、洞察力はモータルを超える。
               U\            ,,。":::i¨-------,}
                ゝ、       ,。イ:::::::::ⅵ三三三ヨ       アンダーファングは震えながら、それに賭けた。
                     ゝ,-- ":::::::::::::::::::i !:三三三ヨ     ┗                                 ┛
                ,xニ"イ´ ヘ:::::::::::::::::::::i !:三三三:ヨ
                ⅵ: : : : : : ヘ:::::::::::::::::''! !三三三〃`¨ゝ.、
8539 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:30:44 ID:Xilh2OFV
センセイはユカノを殺すのを躊躇したフジキドを見てその善性を信じて導いてくれたからな
コイツらも同じ立場を見抜くか
8540 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:33:16 ID:+8K5x/6T
???「待て!人違いだったのだニンジャスレイヤー=サン!
ヤクザクランが貴様を賞金首と間違えてクソ装置を取り付けたのだ!」
8541 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:34:30 ID:NvXaY8rS

*IRC ピポッ

ヘルカイト:………お、い……アンダーファング=サン……。アースクエイク=サンがやられた……ヒュージシュリケン=サンは離脱、したが……

アンダーファング:ドラゴンドージョーと交戦。ニンジャスレイヤー=サンと接敵。

ヘルカイト:ニュークの起爆許可を出す……! さっさとドージョーを吹き飛ばしてしまえ……!

アンダーファング:了解。ラオモトサン万歳。

ヘルカイト:ラオモト=サン万歳! こちらはアースクエイク=サンを回収する……!

        ,...::<::::::: ̄::::::::>.、
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /::::/::::::::::-===-:::::::::::::::ヽ:::ヽ
    /::::::/:::::,-ニ二三三二ニ-、:::::::ヽ::‘,
    /:::::/ ,-ニ二三三三三三二=、::::',:::::,
.   i:::::,' ,-ニ二ニ- '::::::::::::::::....三二}:::::i::::::,
   {::::,':ニニ/::::i::::::l:::::::::::::::i::::::::...ニl:::::::l::::::,
   l::::{::l/廾:-⊥:_l::::::::::_:⊥-:廾:::l:::::::}::::::i    出ましたか、許可?
   l::::i! {:::i::::::l⊥l:::::l:::::i::::::::/l:::::/ll;:l::::::l:::l:::}
   l::::i/:::,',イ{示心';::l:::i!::l/て示心l:::::,'::::l:::i
   l::::i!::lヾ::l辷;;::ソ  ヽl ' ヽ辷;ソ,/::;::/ :::!:::l   ┏                                         ┓
  ,イ:::l:::l::::::l        ,     ///:::::;':::::l    アンダーファングがウェブラル端末と生体LANを使用し始めたの見て、
  l,l:::{::::l::::::ヘ、            ' .::::i!:::::/::::::l
 /' l::i!::::l::::::::::::...   ´ `  ,.:::::::::i!::/::::::::i!    キックオウガは状況を推察した。
   l:::i!:l:::l:::::::::;:::::::i   ._. <l:::::::::::レ::::,'::::,'   ┗                                         ┛
   l:::',::::::l;;;;;'l,l ll l      l  \l::::;;':::/l
   l:::::/:::l  i!, / !     ! \/:://::/:::l-、
.   ,l:::::l ';::, ヽ-----、  , ---:://:/:::l::l三=、
  /‘,::l ヾ、 ヽ    ` ´  /' /:/l::::l:::l三三}



                xェz‐‐- 、,ハ
               ,ィ'"´: : : : : : :゙>
              <: : :! ::!: : ::i : : : `i
           /:/: :!:/!:!: :/!,k l:: ::I    出た。ニューク起爆許可。
              '"i:::/rヵ`!:メ,,,,,ヌ::: ::ヘ,
               乂! `' .,” り lノxj`゙   ニンジャスレイヤー=サン。俺のIRC番号を渡す。
          ,,,,,,,,,ム  、  ,/`´
            .ヘニエェ-j`ゝ '"Lミ≡ァ
          r‐":::::::゙} !  .//¨¨¨´!、
        _/::;;;;;;:::::`ゞへ,y'く彡":::::::::ヽ
      /::::::::::::::::::::``!´>イ::::::::::ヾ、::ヘ
     /::::::::::::::::::::::::::// ヘヽ:::::::::::::::::::゙`ヘ
   ∠,_::::::::::::::::::::::::::イ/   ヘヽ;::::::::::::::::::::::`ヽ
   !'''''‐ニミ、、___,,./ノ     \ヽz__-__-__-_-ヽ
.   {ヘ; : : :\iiiiil'''"´        .7iiiiiiiiiiiヘ=--¨ヘ
    !iiiヘ: : : : \I            jiiiiiiiiii/: : : ::/
    `ヽヽ: : : ::/            .jiiiii/: : : : /
8542 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:38:17 ID:Xilh2OFV
お、アースクエイク=サンがサイボーグ化か
8543 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:38:28 ID:CkM+OF0O
綱渡りだなあ……
8544 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:41:20 ID:NvXaY8rS

               __/: : : : :ヽ: : : : ヽ: : : : : ヽ : : : `ヽ
             // /: : : : :/\: : : : : : : : : : :}: : : : : :゚,
        , -‐/⌒/: :/: :{ : : ,/'   \: : | : : : : / : : : : : : :
.   ,-‐i⌒/: : :{: : : /: ,r-、 :!: : ,>      ヽ} : : : /: :/: : : : : :i
  厶-‐======/^ヽ 〉: :/           、_/__ム-‐‐ 、:|  フゥー……皆、最低限のものをまとめて、 
 ´: : : : : : : : : : : : : : {〈‐-/: :l{     ゙ヽ,    ヾ ,       }ノ
 : : : : : : : : : : : : : : :∧〈 {: : :l|   く¨¨`ヾミx、  / /'´     ,′  地下の脱出路を使って逃げるのだ。
 : : : : : : : : : : : : : : | |、_|: : 从 ー `ー゚‐≧ゞミ' ,ソ≦ニ、''´/、
 : : : : : : : : : : : : : : | | |: : ::|  `斗--、‐、〃7 个ー゚-´__/jヾ: : : 、   ドラゴン・ニンジャ・クランには秘密の庵がある。
 : : : : : : : : : : : : : : | | |: i: :|_/´  ヽ _ノ '  ,′ー/ {_): : : : : :\
 : : : : : : : : : : : : : :∧ 八:{/    /;;;;ヘ_ '  ,'__,/ j /: : : : : : : : : :ヽ   ここを失っても、まだ……ゴホーッ!!
 : : : : : : : : : : : : : : : :\ ,/   '"´  ̄ ̄ ヽ__/     ,/): : : : : : : : : : : :’,
 :: : : : : : : : : : : : : : : : : /          ー=   -‐ ´/: : : : : : : : : : : : : : :゚,  ┏                         ┓
 :: : : : : : : : : : : : : : : : :,                //: : : : : : : : : : : : : : : : :}    ユカノとニュービーが動き出す。どうあれ、
 :: : : : : : : : : : : : : : : : {            ニ  -‐ '/ : : : : : : : : : : : : : : : : : |
 :: : : : : : : : : : : : : : : :/                 -‐/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |    ケンドーソーをこのままにできないのは
 :__: : : : : : : : : : /`〈  ゙ヾ        __,.  ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,: ::}ヽ
 {/==≠==/   \  ` ‐- < ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: /: : :〉   間違いないのだから。
 : : : : : : : :/      \    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : //: : :/  ┗                        ┛



                     '"´ ̄::::>。.
                  /::::::::::::::::::::::::::::::`'く
                 /::::-ニニニニニニ-:::ヘ
                  /:::::/ニ二二二二二二-:∧
                     i:::::::::::7二二二二二二二: ∧   ┏                                  ┓
                     |:::::/   二二二二二二 ハ:::ヘ    ニンジャスレイヤーはアンダーファングを見る。
                     |:::/二  二二二二二二二ハ:::|
                     |:{二  二二二二二二二二i::|    その目はニンジャへの憎悪と憤怒で赤く黒く燃えていた。
                     |:::|丶二二二二二二二二>::i!  ┗                                  ┛
                     |:::|\ヘ``'くニニニニ>''´ }::::|
        ____     |:::|\\ °`'く二>´ ゚ノ /i| : i|
   _,,≪ニニニニニニニハ:∧ \三三三i三三_//,|: : |
  <二二二二二二__/ ̄ ̄∨:、  ̄ ̄ ヽ | ー―/7 i:::: |
/二二二二二二二/ i | ̄ ∨::ヽ `ヽi | i!>  i.i-, //::::/--
二二二二二二二/',::::ヽ::`ヽ´二二二`ヽ  | > ',/ //::::/ニニ:`ヽ
ニニ/     「:::::ヽ:::::\i二二○。ニニヘ !/i i丶/::::/二二:::::ノ\
ニ./_    /ニヽ::::::\::::ヽー――二二∧ー―――――:: ´/
8545 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:42:33 ID:Xilh2OFV
ここのニュービーたちも4部くらいまで生き延びたら記憶を取り戻したドラゴン・ニンジャに導かれてリアルニンジャに成れたんだろうか……
8546 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:43:51 ID:NvXaY8rS

                //,.。' ̄ ̄¨'二ニマ
            ,z-ゝ: : : : : : : : : : : : :`>-_、
           -´-イ: : : : : : : : :: :j: : : : :ヽ ̄
           /!: : : : ::/i:/!: : : :jV: : : : : :\
            /:: :: :: ::/::、゙ィi: : ::/、_ⅶ,:: ::ム`¨
.           /: {: :: ::/__;;;;;;:::!: :/u;;;_マ.ヘ: ::ハ    急げ! ニンジャスレイヤー=サン!
         ィ____{: : ::| ' 。 i:::i,/::::! 。. "j: :∧!
          ヘIヘ:|. ==''""゙,゙゙゙'==' ∧,j    ┏                       ┓
               ゝマ u  ,.........   j'"       アンダーファングは普通に恐怖した。
                ゙Vヽ   ム‐-、!  ィ.‐-┐   ┗                       ┛
            ┌'゙゙ム>、--- 'イI::::::::::7
               マ:::::ヘ `¨´   !、:::::7- 、___
             ,。-‐'゙ヽ:::::{ ヘ   , .ヘV三三三ミョ、
           / ./´三ヨヘ::!、_ヽ  / ___./三三三三ヨヘ
            ! {ヨヘ三E;ヘ.      .7三三三三三ヨヘ
.          I |三ミヽヨE=ヘ,.________7===ヘ;j;三三ヘ
          ! !三三ヽ!:::::::::ヘiiiiiiiii7:::::::::::::::::::ハ!三ヨjEヘ
          i i三三ヨ!:::::::::::::\ii7:::::::::::::::::::::::I,三ヨj三ヽ
         ∨i三三ヨ::::::::::::::::::Υ::::::::::::::::::::::::!ヽ三j三Eヽ
             V.!三三ヨ::::::::::::::::::::i.i::::::::`ミ- 、___! .\j三三;ヽ























ヘ   / / ,' l  l / /,  /  ////l\三三三 i三il
 ト、  l/ l ハl   l , l /   ,ィ/ハ// //ヽ三三三ヘ三il   ……ニンジャは殺す、ソウカイヤは潰す。ラオモトは殺す! 必ず殺す!
 l ∨ll l l/il  il  l li ,  /,ヽ//  i\\三三三三ヘi
 ', ,/ll l  l/'l "l l l / ,l///リ  ´二三三三三∧i l    故に、これは状況判断だ!
ヽ ヽl l、 l l  l li ,l l/、 i///l  ∠ 三三三三三l li l
 ヽヽヘl  l l  l li  l//> 、ヽ /ニヽ\ 三三三l /,il
 , -l/ハl l l  l li  l/\ヽ`\、`ー二`\三三三 i//l   ┏                                       ┓
////∧ヘ  l l l li  l//\ミ\ ゝ、 \\\\三l i'//     ニンジャスレイヤーは、アンダーファングのIRC番号を奪うように
l l l //∧ヘ l l l li  l/\\\ミー゙'-ヽ、`ヽ\三'/ l'/
ヘヽl lヘ\ ヽヘ 、 、  l i\\ミ `ニニニ`ー`ヽ、,`'/       受け取った。
ヽヘ、 ヘ \ヘ 、 ヽ l l\`ーヽ__〃__i lヽリ       ┗                                      ┛
、 ヽ\\\\ヘ ヽ ', lヘヽ,ー ,ニ二─‐ヽ、/;//
\ \ヘヽ \ \ ヘ l iヽラ7ヽ\l∨ ////        センセイ、ユカノ! 私も共に行く、早くドージョーの者たちを……!
 \ \ヽ\\  \ヘ ト、 // li\l ///// /、
、 ヘ、 \ \\\ \ヽ\〈 ヽ lヘ\,シ//  \
ヽ ヾ\ \ \\\\\ヽ、 \ヽl ヽ /ハli;    ヽ
 ヽ  \ \\\\\\\ヽ、\`ゝ=/ /ハ     ヽ
8547 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:46:11 ID:Xilh2OFV
フジキドはやっぱり恩>憎悪だよなー
8548 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:51:44 ID:NvXaY8rS

      ./::::::/                  \:::::::::::\::\
     /:::/      、丶` ̄ヾ ̄ ̄ `丶、 ヽ::::::::::::ヽ:::ヽ       ┏                                     ┓
      /:::/     /:::!::::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::ヾ\ヽ:::::::::::;;,::::ヽ        かくして、ドラゴンドージョーの面々は秘密裏に逃亡した。
    ,:::::i    /i:::::::::、:::::::::::::::::::::ヾ::::::::::::::::ヾ:::ヾハ:::::::::i:::::::V
    |:::::|   /::::::|::::::::::::::::::::::::::::::-斗':: ̄::`:::::ヾ::::V:::::::::!:::::::V       その際、ケンドーソーはいくつかのニンジャレリックを
    |:::::|  ./::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::}:::ハ::::!j\::::::::i::::::}:!/ヾ!:::::::::V
    |:::::| /:::!::::::::ヾ:::ィ::::::::::::::::::::::!:::}ィノ-==ヾj::::::l:| r ヾ:::::::::V       一同に手渡した。マキモノ、スリケンホルダー……
    |:::::| i:::::!::::::::/ヾ::::::::::::::::::::::j^!リ/ ィ示ヽ 〉::::/| / 〉:::::::::ヽ
    l::::::l |:::::ヽ/!ヽ ヽ::::::::::::;::::/ / l;ノ;;;;;;;) |:::/:::! /:::::::::::::::ヽ      しかし、最も驚くべきものはそれらではなかった。
    ',::::::', i::::::::ヽ::::! =ニヾ:::::::;;イ    ゝ-'",.,/:イ:::::|'":::::::::::!:::::::::V
    八:::::V::ヽ::::ヽ:j/ ィ示;ヽ        ;:;:;:;:ィ::|j:::::!::::::::::::::l::::::::::::V     平安時代の哲人剣士、ミヤモト・マサシの
    { i{:::::::ヽ:::\::Vi  ヽ;;;;;;;)   丶       |j:::::l:::::::::::::/::::::::::::::}
    { i{::::::::::ヾ:::::\:ゝ、_ `''",.,.          u|:::::ノ::::::::::イ::::::::::::::::;     肉筆ショドー! 決断的な達筆で「逃げるが勝ち」と
    { ヾ:::::::!::::ヾ::::ヾ\_;:;:;:;:;:;:     _,,_    /|:::::i::::::::/::::::::/::::ノ::)
    ヾ }:::::::|::::::::ヾ::::::>-ヘ       `   /..|:::::|:::::::{:::::/:/::イ     ミヤモト・マサシの格言が書かれていた。
       {::::::::!、:::::::!\::::::::\>..‐.-,,  _ /  ヾ:::!:::::::/::// 亠=、
      {::::::::!::\:::ヾ:::\:::丶;;::::::::::/ i{  `'''    {::::!::::/:::::::/      ヽ   ラオモトへの目くらましとして、これ以上のないものだった。
       V::::|::::::::ヽ;.::ヽi^\>- '"\.i{         {/!::;:::::::/       V                                     ┛
        |:::::!::::::::::!:::::/j  ゞ=-   i{ヽ  _,,,./!:::::::::::::::(        V
       |:::::;:::::::::;;:::/イ"     、  i!  '" /  ヾ::::',:::!::ヽ          V



                               ヽ`
                              ´
                               ´.
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

 ┏                                                          ┓
   かくして、バンザイ・ニュークは起爆した。歴史的ドージョーは、核の炎で跡形もなく消え去った。

   そして、一同のソウカイヤへの反逆が密やかに始まったのだ。
 ┗                                                          ┛
8549 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:53:08 ID:+8K5x/6T
この状況を表した端的なコトダマよ……<逃げるが勝ち
8550 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:53:25 ID:vAsEJiZw
ラオモト=サンは実際油断ならぬトップだが、気分屋だし割とガバいのでこれは大きいですよ。>ミヤモトマサシのショドー
8551 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 20:53:45 ID:NvXaY8rS

       _r‐、                 _ 。s≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:r' ̄ \
       ,ノ    ``~、     _ 。s≦.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\
     /    \    {       \_/.:.:.:./.:.:/.:, イ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:./,⌒
  r' ̄  \   \  {      /.:/.:./___/ノ|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:./,      _,,.. -‐ ''ヽ 
  !  \  \   !__ハ     /.:/ .:. /.:.:.ノル'  |.:.:.:.:.八⌒≧s。|_ :/,      /       `ヽ    ドージョーニュービー生存!
  乂   \  } _,ノ  /    厶イ/.:.:.:.:.:/    l .:.:./   \ : | .:.: l.:/,    !     . ´   八
     \  У7 ト、ノ        八 .:.:. !三三三 '/:/       ヽ!.:.:.:.|{.:.:!   ,イ  /    ,'   }   ドージョーとの協力関係!
      ゝ,ィ/  / }        |:,ィ.:.:.:.|  {/:/У/: 三三三} .:.: 八人 /八  {     /   ハ
        '⌒ヽ / :!        !八 .:.:|  {/^⌒⌒⌒^l {   / .:.:.:/.:.{⌒ 乂  ヽ{   , '   / ,}   ソウカイヤ離脱準備!
      ∨∧/  ト、_,ィ― ー r‐乂\!  / ____,  ! ) /.:.:./`从   `ヽ  乂/   , '   /}
         V⌒   | ト、   \/ニ八 {  レ´::::::::::::::::\| (  ノル' ⌒/       ーァ⌒ヽ /   /イ   忍殺おじさんへの和解フラグ!
        \    {\\   { ニニニニ\ {::::::::::::::::::::::::::l/ /r‐一 ´{ ̄\_    | \ 乂___,/,イ /
.           \___\\ ≧s。 _ ニニ\⌒⌒⌒⌒/ , イ´=ニニニ|   Уヽ _,l:   \     //    やりとげたぞーーー!
                 ` \\     ≧s。 _{ ̄ ̄ ̄ ̄ /====ニニ|_ 。s≦ ,// |      ̄ ̄/
                      \\     /\   /~"''~、、___l   ,//  {      /
                      \\__>  >< ̄>        //        , '        という所で今回ここまで!
                      ー―一ァ⌒´ ♀ \{ー―――一 /  ̄~"''~、、_ /
                            , イ\        ̄ 八`ァ一´
                         /:::::::乂≧s。 __ 。s≦´ , イ}
                         /::::::::::::::/\       /::::::::\
                     r':::::::::::::::/    ヽ  , イ\::::::::::::::\
8552 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:54:31 ID:BZNfqAbI
オツカレサマドスエ
8553 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:54:42 ID:Xilh2OFV
ミヤモト・マサシの信奉者のラオモト=サンの機嫌を取って目をくらませるアイテムが、ドラゴンドージョーが逃げ延びた状況を伝える内容なの皮肉で良いね
8554 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:55:10 ID:+8K5x/6T
オツカレサマドスエ!
キンボシ・オオキイだアンダーファング=サン!!
8555 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:56:28 ID:60bq13Rh
オツカレサマドスエ
8556 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:57:40 ID:QSqNFVVo
オツカレサマドスエ!
決断的裏工作!
8557 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:57:47 ID:Xilh2OFV
オツカレサマドスエ!
8558 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 20:58:41 ID:S+Wy8HhU
オツカレサマドスエ
ラオモト=サン、ミヤモトマサシの大ファンだったな、そういえばw
8559 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 21:00:53 ID:NvXaY8rS
前に「そのうちスレイされるんやろな」って出荷される豚に向けるようなコメントをいただいたからな!

されてたまるかー! ってがんばってるんだよぉ!
8560 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:01:29 ID:I33qsdp7
オツカレサマドスエ
8561 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:02:18 ID:+ce5vSK+
オツカレサマドスエ
アンダーファング=サンがんばった!エライ!
8562 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:02:31 ID:Xilh2OFV
サンシタニンジャにも五分の魂
8563 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:17:22 ID:CkM+OF0O
オツカレサマドスエ

ソウカイヤ所属ってだけで、一部キドからすれば忍殺不可避になるからね……
生きよ。生き延びよアンダーファング=サン
8564 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:20:37 ID:nS4OtDmg
オツカレサマドスエ
>>8559
いやでもさあ
コレ最初からそういうゲームじゃん…?w
8565 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 21:30:35 ID:NvXaY8rS
そうじゃなくてもいいんだよー! ソウカイヤ離脱してもいいし、別の組織にいてもいい。
8566 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:33:09 ID:pWMBUw9L
乙でした
8567 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:39:42 ID:rg3fsL99
オツカレサマドスエ
アザヤカタチマワリ!
ジッサイスゴイ
8568 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:48:14 ID:CkM+OF0O
別に邪悪なニンジャになって悪い事するゲームではなく、
比較的善良なニンジャになって、ニチョームの治安を守ったりしても良いんだ
8569 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 21:52:38 ID:NvXaY8rS
ニンジャスレイヤーTRPGは「邪悪ニンジャになってニンジャスレイヤーにスレイされるゲーム」ではない。

それはクトゥルフTRPGを「神話生物に出会って精神崩壊して死ぬゲーム」と同じレベルの誤解である。

確かに邪悪ニンジャとして振舞い、ダークカルマを貯めてラオモト・カンから褒美をもらいより強くなるというルールは存在する。

ダークカルマをためることで、ニンジャスレイヤーがシナリオにエントリーするルールもある。

だけどそれはあくまでプレイヤーの選択の結果として現れる。やりたければやればいい。

そうでないならば、その振舞いをしなければいい。その自由があるのがTRPGだ。
8570 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:53:05 ID:O1MfKqCC
乙でしたー!
なんだったら私立探偵の下請けに成っても良い…
8572 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 21:55:30 ID:nS4OtDmg
ハイ!シツレイシマシタ!
8573 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/07(日) 22:00:21 ID:NvXaY8rS
こっちは、必死でニンジャミッションをクリアーしてキャラを成長させているんだ。

アンダーファング、アーチ級ニンジャソウルに覚醒したんだぞ!

ジツニンジャの最高峰(の、入口)にたった!
8574 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 22:02:39 ID:CkM+OF0O
おお、ジツ7まで成長したとは
8575 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 22:03:08 ID:29dkaPxM
TRPGは何をどう遊んでも卓の合意があれば行けるんだもんな

まぁ
『技使うと維持費かかって破産するとgameoverだから金稼げ』とか『闇堕せず生きる為のポイント回復するため善行(闇堕したものを殺せ)を積め』なんてシステムも有るけど
8576 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 22:04:00 ID:+8K5x/6T
ワースゴーイ!!
8577 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/07(日) 22:20:21 ID:y5cf9KWu
乙ドスエ
アンダーファング=サンは何というかこう、物語的においしい立ち位置なんだよな
決して善良ではないんだけどフジキド的にも積極的に殺しにかかるほどではない(その辺にいれば殺す)みたいな微妙なライン

インタビュー・ウィズ・サンシタ7

8304 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 19:34:04 ID:hDpiVnAZ
ttps://ncode.syosetu.com/n6205io/2/

更新よー。
8305 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 19:49:17 ID:WDnA29M5
更新乙ですー
8309 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 22:39:02 ID:hDpiVnAZ

            ., '" ̄¨丶、                 イ ン タ ビ ュ ー
      ノ}ノ} /__     }   .ト--_::::――=ミ┐__
   _、‐'´´ ノ ::::::::::: \        .>'´:::::::::::::::::::::::::::{::::::::二ニ=‐   ウ ィ ズ
  / r/ (_ ,,::::::::::: l:::::ヽ  -=ニ彡::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::’,
  {  '  、‐''゛::::::::::: l:::::::::..、  ./.::/:::::::::::::::{::::::::::::|::::::{:::::::\‘,       サ ン シ タ 7
  /-r-‐'/ ̄|\:::::/\ノl :::!  /.::/::::::}::::{:::::}::::::::::::|::::::{::::::::::::}::::,
..< |/ | |    乂   |:::| ./.::/.:::::::{::/}::/{::::::::{:::ト、:::} ::}::::: }::::廴
 ,::::: /| | 三三  三三 ::: ム /{::{::::::{/`}メ∧:::::ハ大};人_}::::: }::::‘,
..ム:::::V::::ト       从:::| 厶{::{:: /f斗┰∧:::} 斗┰ァ.{::::::从:::::\
../ ,::::::l::::从≧ー- ―≦:::::::l ...{人:ト、 `⌒ ∨ `⌒' {:::/}{  ̄ ̄              ◆ 前置き ◆
, ,:::::::::/ ,. ´、  :! , ヽ |::::::.、  // /¨_,つ  ノ      〈イ乂}
, ,::::::::l γ.:.:.:.:\l//.:ヽ:::::l ...{ { .{ {    __     /:/      ◆ この物語は仲間内でやっているニンジャスレイヤーTRPG ◆
l l:::::: l l、;,;,;,;,;ノ_/、;,;,;,;,;,ノ:::::|  .\  \  ⌒゙`  ィ:{/\ 
                  __,。rf\  `ヽ。-< .从}i:i:i:iト、            ◆ そのプレイメモめいた何かである ◆
               /_______人}i:i:i\    }   ∨i:i:i:/___>___
                  {__\ _____∨lr┴ミ、_{   __,}//___________\      ◆ リプレイではない。編集もされている ◆
             {______`\_{,,_∨/////,〉 '" {/_______}_}
             {__\__、∨:///////{____,{ _____________/__}    ◆ TRPG外の創作も含まれる。むしろ多い ◆
             {___\__、∨//////_{:::::::::::{_____}/__/___}
             {____`.乂///////,{::::::::::,′{    }_{__/_人    ◆ NM(GM)の許可は取っている。ご安心ください ◆
                〉、____/////////_/}:::::::/_{   {___{/____}
8310 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 22:40:53 ID:7NM/WnTr
正月から……ニンジャ!!
8311 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 22:40:56 ID:DZMWFmZc
キター
8313 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 22:47:09 ID:hDpiVnAZ

:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ     ろ::::  :::::::        WwwW'":::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
iiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y   ろ ≦::: :::iiiiwwiiiiiiiw;;;;;;:::::::......  ゝiiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z   ゝ::::::::`Ww、iiii\`WiiiiiWWW;;;;;;;::::き:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z ┏                           ┓
^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw   ミ:;;;;: iiWwiiiiiiWwili: lノノリリリiiiiiWk'^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw   ネオサイタマの北に広がる「中国地方」。
  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww   w`'^`-|i: :iiレ' .|i: l川|wW-'^"`  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW  WW  .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW      かつては工業地帯として栄えたが、
  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|    |:|   .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|
  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`^`''`'|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`   プロジェクトの失敗で過疎化し今は
  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^        |i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^
  |川 :i|  |川 ''"'''''           !|i: :ii|  |i: l川|`~^~^ !|川 :i|  |川 ''"'''''           タマチャン・ジャングルに飲み込まれいる。
  |川 :i| `~~~^.           .  wi゙|i: :ii|  |i: l川| |レ ' .  |川 :i| `~~~^.
  |川 :i|ww  ll        ._    .    `~~~^ !i: l川| .||   |川 :i|ww ll        ._         ほとんどのモータルが足を踏み入れぬここに
WWWiii||wW ヽ!l/                  |i: ll川|ii||/WWWiii|W ヽ!l/
         |レ'      wiiWWWiii||wW       |レ'      wiiWWWiii||wW           オフロード・リムジンが一台、道なき道を
  wwwiiiiw  .||
                          ,,,,,,,                              進んでいた。
  ,,,...                Wiii||wW             """,,,,,               ┗                           ┛
   wWll||Www
|Www



                 _
                  `ヾ``: 、 __       ┏                                            ┓
             . :'"´: : : : : : : : ``: 、      クローンヤクザが運転する車両に乗っているのは、四人のニンジャ。
            ∠: : : : : : : : : : : :. :.∧``
            /: : : : : : : : : : : : : : :∧      アンダーファング、キックオウガ、パイライト、アッシュ・カレンデュラ。
             | : : : : : : : : : : : : : : : : |
             |/|: : : : : : : : : : : : : :.}、|      車内の空気は、コールタールめいて重かった。
             |/{: : : : : : : : : : : }ソ
               V: : : : : : : : : /        加えて、アンダーファングのニンジャらしからぬ緊張もただ事ではない。
             , -ニ二二ニ- 、
              {jI斗――  、}        彼はニンジャ器用さを最大限に発揮して、手に持ったジュラルミンケースに
              /二二二二二\
.           /ニニニニニニニ二\      衝撃を与えぬよう集中していた。
            /二二二二二二二二二∧  ┗                                             ┛
        /二|二二二二二二二二|-∧
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
8314 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 22:53:51 ID:hDpiVnAZ

                      _______
             ┌=≦三三三三三三三三三 ≧=┐
                  !≧-=二三三三三三三三二=-≦ !    ┏                                    ┓
               l 三三≧=二三三三二ニ=≦三三 l      時間は過ぎ、車では進入できないほどのバイオバンブーが
                 l三三三三三≧ ┬≦三三三三ァ_=l 
                  l三ァ<三三三三|三三二ニア´  ,{ニl      行く手を阻んだ。ここからは徒歩である。
                  l三{  ` <三三 |三三>,´    ;Ⅵ!   ┗                                    ┛
                 l三!     ミ` < !=ア´彡       }_{
                ,ヘニ{ :,     ミ   `´  ,´     /  {ヘ
                 |〈}ニト、、\  :,    ,    / _,,. {ノ|
                 Ⅵトミ`ー=ミ\ :, , ,: ,:  /==ア-ニニ′   連絡があり次第、お迎えに参ります。
                  Ⅵニニ≧=―------―=≦ニニニニ/
.                ∨ニニニニニニニニニニニニニニ/      それでは、オキヲツケテ。
               \ニニニニニア⌒ヽニニニニ‐/
                 l \__/′   `\__/' |
                l   _ 丶  \:.   ィ‐   / , /!
               ∧   ,  ゛,   ̄ '     {  / l 、
                 /´ \ :.、ー―ーー一   }/   ! \
              イ  ∨ .丶 , _〉ー===〈_/ノ/.   /   ≧x
        _ -≦ニl l    ∨. :,ヘ   =! l=  /,:   /    |ニ≧- _
   _ -≦二二ニニ| l     \ :, \____/ ,:  /      l |‐ニニニ≧- _




                         __
                         /     `~、
                       /        `~、          ┏                            ┓
                     /  / ̄ ̄~^''     \           クローンヤクザが運転するリムジンが離れる。
                   /  / _ -─- _ 〕iト    \
                  . :  / / : : : : : : ~''<⌒〕iト . \         しかし一同は、その場から動かなかった。
                    / / / : : : : : : : : : : .:.:`ヽ  \ ヽ
                / /  ./ / : : : : : : : : :} : : : : | \  ‘,         最初に口を開いたのは、パイライトだった。
                  / /  ./:八..: : : : : : : :.:.} : : :Ⅳ : : ∨ ∧ :.    ┗                           ┛
                   | ./  ./: :l \ :/,: : : : :.:} :-─-ミ: :.:∨ ∧
                   |/  ./: : :|二ニ\/,: : : :/ :,xfぞ㍉ | : ∨ ∧
                  |  ./:.:..: :|ニニニヽ/,.:.イ_ Vrツノ |: : :∨ ∧_|    ……ねえ、ホントにやる気?
                  | /: : : :.:ヤ二ニニニニニ>──ヘ|: : :.:∨ ∧
                  |./ : : : : : ヤニニニ\ニ/ニニ/> : : : :∨ ∧
                  |' / : 八 : :ヤ<\二/ニ\ニ</) / : /|:.∨ ∧
                ノ/|: :.:⌒\:ヤ(\> ≧=-=≦ (/:/ : / : :/∨ ∧   ┏                             ┓
                   ′ \ : : : :.\ \) :ノ .人八 : : : : : :/ : :/  ' ./∧    悲壮感漂う彼女の視線の先にあるのは、
              {     .\ : : : : : : /\/ ∨ \ : : : :.:/     /
              乂__ >: : Y : < \ \./   / : :Y : )   _、-''~      アンダーファングの持つジュラルミンケース。
                 _、-''~( : : : : : : )  \_./   ゝ: : :/ ̄~^''
                   / __\r-、/廴_____/ >'⌒l ̄ ─ _      その中には、バンザイ・ニュークが入っている。
              〈 ̄    ./ |⌒l\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ |^ | \    }ヘ   ┗                            ┛
8315 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 22:58:20 ID:7NM/WnTr
バンザイ・ニューク! 先の電子戦争でも使われたという恐るべき兵器!!
8316 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:00:17 ID:kxFgdv8M
全員止まってるあたりニューク使いたい派はいないのかな
8317 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:01:50 ID:hDpiVnAZ

         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、
       ,'//////////////////////\           ┏                                          ┓
     ////////////////////////、ヽ            ソウカイシンジゲート首領、ラオモト=カンより与えられたミッション。
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ           それは中国地方の奥地に潜伏するニンジャ組織「ドラゴンドージョー」の
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i           破壊である。正確には、シックスゲイツである、ヒュージシュリケン、
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l          アースクエイク、ヘルカイトの補佐として参加することになったのだ。
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、      ラオモトは彼らに命じた。バンザイ・ニュークでテンプルを吹き飛ばし、
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /           リアルニンジャをアンタイニンジャウィルス「タケウチ」で葬れと。
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l          ┗                                         ┛
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \



              ,ィ./    __,,.. .-―:.:.:.:'''ア''"´
                /:.:./ >'":.:.:.:.:.:. : ――<
           ,イ:.:.:.:/ィ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : ^<          ┏                                ┓
            _{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : ',:.:.:.:.:.:>=―--ァ     パイライトの問いかけに、アンダーファングが応える。
        >''".:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: }.:.:.:.:. : ヘー'''"    ┗                                ┛
      ―''''"ア.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.: ,ィ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:. ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,.イ./:./ ,':.:.:.:.:.:.:. ,'.:.:.|.:.:.:.:.:. : ヘ
.        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ  メ<_,,,|.:./:.:.:.:.:∧:.∧:.:.ヘ.:.:.:.:.',
.        ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |'" ,ィ===ミ、~ l/,'.:.:.:.x廴}:,' ∨:.:',:.:.:.:.',
        /:.:/:.:.:.:.l:.:.:.:.:.:.:.:| マ     ヾ ,':.:.,イ .ィ==x . ∨.:',ヽ.:.:',
.     ,イ:イ:.:.:.:.:. l:.:.:.:.:.:.:.:|    {}   ムイ:::::::::'  `マ /.:. l ヽ.:|     や り た く ね え !
    ''". ,':.:.:.:.:___l:.:.:.:.:.:.: |.   ゝ-:::::::::::::::::::::::::::::{}   }! ,'.:.:.:.}  ヾ
.       ,':. : :/ヘ ヽ:|、 .:.:.|               {:.` -  ,'.:.:.:.:.l
      ,.:.:.:. { ノハ ',! \:.|    _ ―==.、        ,'.:.:.:.:.:,'
.      ,.:.:.ハヘ 乂:}   `   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ     ハ.:.:.:.:.,'     ┏                                ┓
.     /イ  ',ヘ ___      ', : : : :`~''<:i:}    l }ハ:/        打算が一切ない、紛れもなく魂からの本音だった。
           ',:ハ.:.:.',\__ ヽ: : : : : : : :)'′   ,'   i!      ┗                                ┛
            ',/,,zzzzx `Y ` ー‐ "     イ  __
           //ニニニ| ト、.       / >" |
          </ニニニニニ| |  > 。__ イイ イ::::::| |
           }ニニニニニ| |.     |=彡イ::::::::::::::|.│
           }ニニニニニ.| |     |:::::::::::::::::::::::::| |
.            ムニニニニニ.| |.    ',:::::::::::::::::::::: | |
        ''^~ ̄ ̄>-=ニニニ', ',    `''<:::::::::::::ヽ.ヽ
8318 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:06:29 ID:7NM/WnTr
実際情け容赦ない殺伐とした作戦である
歯向かう敵はチリ一つ残さないラオモトの意志が感じられる
8319 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:07:10 ID:QP2C4xqT
完璧な作戦ッスねぇ~~! 部下のやる気が絶不調ってことに目をつぶればよォ~~!
8320 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:07:15 ID:+dOOOEj5
正直バンザイニュークは何であれ使いたく無い
8321 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:08:55 ID:s0cwzCrz
下手したら自分等も巻き込まれるしな…
8322 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:10:48 ID:7NM/WnTr
まぁネオサイタマ環境的には核の一つ二つ変わらない程に手遅れなので……
8323 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:13:41 ID:hDpiVnAZ

                           ハ
            ハ     _,、、、、、、、、,,_       | ∧
            ,'  V<: : : : : : : : : : : : : `''< | ∧
         l/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|.  ∧
        ,イ: : : : : : :/: : : : : : :|.: : : : : : : : : :.|   ∧
          /: :/: : : : : :| : : : : : : :|.: : : : : :.〈\:ヽ    ∧
..      /: :/ : :: : : : :|: : : : : : : |: : : : : : :.ヘ  ヽ.    ∧
.      ': :;′{: : ムイ: : : : : : /`~ヘ、___: :ヘ   `''<-┘    で、でも、ラオモト=サン直々のご命令ですし……
       |: :{: : : ',: :|z≠ミ、',: : :./  リァ≠=ミ: :ヘ   , イ
       |{八: : : |小 んハ::\/::::::::ん:ハ::::〉}./ヽ<¨¨¨八     あっ、アンダーファング=サンは、そんなに
       .从: :ヽ: :{ヘ:::::∨ソ::::::::::::::::::::∨:ソ::::://ン }_ イ
         .\: {\ゝ;とつ   ,   .とつィ:}:/| ,イ  `ヽ     ソウカイヤの仕事嫌ですか……?
          .l: : l :从      ___   /|。: : |⌒).   /∨
         l: : l: : 。: :.、.  ( ⌒V  イ  .|: o:.|: : :\/ : : j
          l: : |l..o.__: : >  ̄. ´  ,.ィ|: : :.|: : : : : : : 彡┐     ┏                                     ┓
        .|: : :ァミ:  \.ミニ\、  ,ィニハ: : |〉 ̄ ̄ ̄ //│      普段はキョート人らしくおしとやかに振舞うカレンデュラも
.        |: : .|}     /ヽミミニ|≠ニア  V从     //::ハ.|ヽ
        |: : : |}.   .(\ニニつ\ア ,ィ゚〈〈     //:::::::レ: : ヽ    この発言には取り乱した。正確には、ラオモトへ逆らった場合に
        |: : : .|}   7ヽ\\\_.).) ヽ/ヘヘ.    //::::::::/ : : : :Y
        |: : : .|}  ./\\\)     .‘,´}VVノ //:_ -=====ミハ    起きるであろう事態に怯えていた。
        |: : : :|}  [/ \       .∨oO >''´~''^´   /  ┗                                     ┛
        .|: : : : :|} 人___./\      ∨   〉.         /
        .|: : : : :.|} }    /\     .∨  〉.         /



 ト _____} / . . . . . . . . . . . . |. . . . ..| . . . . .\:::::::::::::::_}/:: |
 ヽ::::::::::/. ..|. . .|... . . . . ...|. . . . ..|. . . . . . . |⌒∨:::::::::::::∧
   \:/ . . |. . .|. . |. . . . .| . . . .|. . . .|. . .|. . . |::::::::::::/ ̄ ̄ ̄./   ┏                               ┓
 ._ノ|  /. ! . . . |. . |. . . . .| . |、. .|. . . . |. . .|. . . |:::::::: /      ./      この四人、それぞれ危うい面がある。
  \:|. . | . |. . |. . |. . . . .| . | | . |\. . |. . .|. . . |⌒ヽ__/ヽ___/ 
   〈|. . | . |. . |. . |. . . ../. //. /ィ斥≧-..|. . .|! | }!,|!. .|∨        ニンジャそのものに不信を抱くアンダーファング。
    .|. . |. ..!. . . .| . .|\. . . / | / ゞ゚¨´ |. /|. . . ハノ/. }!. .|!.∨
    .|. . |. ..|. . . .|. .∧ |. ./ |/       |//./. / . |/.. |.j. ..j . ∨       カラテ以外に目を向けぬキックオウガ。
   /┤.、八. . . |/⌒ |ノ         / |/.. /. . .|. . .| . . .!. . ∨
、___/ . | . ./ . \. | ,ィ衍ソ             |/.|.... ..| .../. . . |. . . ∨      ニンジャソウルの闇を抱えるパイライト。
    .| ./\ . ノ | ゞ゙´  }     ,ィ!     | .. ..|. /. . . /. . . . ∨
    .|/  |\. .\    `__/:::/     .| .. ..|/_____/. . |. . . .∨     そしてアッシュ・カレンデュラは、メンタルに
         ∧. .`⌒ ヽ /:::::::::::::\´    /| .. ..|///∧___.!. . . . ∨
        ∧ . . . . . .,;゚:::::::::::::::::::::7   /.|. . /jI斗f´  ∨. . |. ∨    問題を抱えていた。本名、オハナ・ニジョイン。
         .∧ . . . ...,;゚::::::::::::::::::::7__ / イi!. ..//       | . . | . .∨
            |. . . . .,;゚::::::::::::::::::::7  \_// フ. .//      | . . |. . . ∨   キョウト貴族ニジョイン家の次女であった彼女は、
            |. . . . .;゚:::::::::::::::::: 7. . . /::://. .//  jI斗f二_| . . |. . . . ∨
            |. . . ..,;゚::::::::::::::::: 7 . . /:::/ ./. .//jIf´__/ :::: | . . |ヽ. . . .∨   通学中にヨタモノに顔を傷つけられた。
            |. . . .,;゚ ::::::::::::::: 7斗7:: / ./. ./::::::::::::::::::::::::::::‘,. . ‘,:::∨. . ∨                              ┛
            |. . . .,;゚ :::::::::::::::7  {/ /.//:::::::::::::::::::::::::::::::::‘, . .‘,:::∨. . ∨
           ./|. . . ,;゚::::::::::::::::7 ./ ./´__/:::::::::::::: / ̄ ̄ ̄.‘,. . ‘,:::∨. . ∨
          / .|. . ..,;゚:::::::::::::::7/  ./:::::::::}ヾ}:::: /         ‘,. . .|::::∨. . ∨
         ./  |. . ..;゚::::::::::::::7---</-==彡<::/   ____‘,. ..|ヽ:::!. . . .∨
        |  |. . .;゚:::::::::::::7 {_ノ//:::::::::::::::/   /:::::::::::::::::::::: ‘,. |=- }. . . . .∨
8324 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:15:21 ID:pGT0dcIF
くっそ使いたくないABC兵器的アレと言う事に目を瞑れば、
ラオモト=サンがバンザイ・ニュークとタケウチ・ウィルスの二段構えで、
ドラゴンドージョーを潰しに来た判断は的確だってのがまた……
8325 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:24:26 ID:hDpiVnAZ

                      __,   -――   _}\
              }ヽ    ´           ∧ \
                 ,  '/ --            .∧
              / / i´         \        、    `''<      ┏                                 ┓
               / /  .|         ヽ        \  -―― Y       悪評が立ってしまった彼女は、家族から見放された。
            / /               ',       /      }
                /     i        ',     <       /        家人は彼女を政略結婚のために育てていたのだ。
         /_  ./_    |        ',      ≧=---r'∠__
        〃    ` ̄ /   |         ',        ',    V  /      捨てられるようにネオサイタマに送り出された彼女は、
        {     /     ハ   i       ',      i     マ≦.
        乂_ イ        ′    |   i  斗 七'' ̄「 |      i |        顔を直すどころか、前身をサイバネ化した。人生の
         / | i    .」__ i  i   }    |  | |    ハ |      | .i
        <.._| |    |   | ̄「 .ハ    |  | ! .ハ  /  |    .i | i        全てを否定され顔を気づ付けられたことは、一人の
        /  | |    |   |  | /::::'   l /::j/:::j.ィチ ̄,   /| /  i
        く   {⌒| |     __|_j/:::::::::', /}/:::::,ィ´:ij:::}  .::|  / j/  .i        キョート女学生のメンタルを追い込むのに十分だった。
        / ./|      \ {:::ij:㍉:::::}/::::::::::::::乂::ノ ..::/ / / |   i
          //| ハ     | |::.乂::ノ   .::;          /.イ         |        そんな彼女にニンジャソウルが宿った。不安定な
            // .|  ∧ 、   ト.{ハ.    _   _  _ / .|   /    |
        /イ ,    \ト.._{ .| ∧--vfニニニYニニYニニト-- </_   .|        メンタルは直っていない。モータルを手にかける、
          /   /    i   .-=〈ニニニニニ|ニニニ}ニニニニニ/ニニ.\|
       /  /  /  }_.-=fニニ∨ニニニニ|ニニi|ニニニニ/ニニニニi        カドーの花スリケンを添える事に何ら躊躇いがない。
.      /  /   /   /ニニヽニニ∨ニニニニニニ|ニニニ_/ニニニニニj     ┗                                ┛
     /  / / r≦ニヽニニニ、ニニ.∨ニニニ|ニニニニニニ/ニニニニ/|
.    /  /イ .′.|ニニニ.\ニニ、ニ∨ニニニ|ニニニニニ/ニニニ_./\|
    /  /  /   >、ニニニ\ニニ、ニ∨ニニニ!ニニニニ/ニニニ/  / ヽ
   〃     /   /_ `''<ニニ\ニニニニニニ!ニニニ./ニニニ/  , / V
.  //     ,     V `ヽ `''<ニニニニ∨ニニ|ニニニ/ニニ/   / /   ',
         ,     i    ヽ    ''<ニニニニニ|ニニ/ニ/    / /   _i__
 i {         /    |     ∨    ''<ニ> ´ ̄ ̄ ̄_ノ    / /  .ィf笊/



                 _
              >''´   `'/ト、
                /  /    /i:| ヽ
.              /  /    /:i:i:| ハ}  ┏                                  ┓
              ,       {_}:i:i:ゞ     そんな彼女であっても、ラオモトに逆らうというのは
            ,       .|イ |ノ
              '         /! . |       別格の話である。恐るべきアトモスフィアを放つ
.             ,        / |!.从
          /      .∧ |!         ラオモト・カン。そのキリングオーラは、不安定な
.          /        /. Ⅵ
          /      /\ }!         彼女のメンタルを強く苛む。もし敵対したらどうなるか。
.          /      /   寸
.       /  ,l     ./    }!         考えるまでもない。だからこそ、アンダーファングの
       /  /.l    |   _ -~ V
.       /  / /     .|_ -~    }        発言は聞き捨てならなかった。
      /  / /      |     /`ヽ    ┗                                 ┛
.     / / ./   ,    |   /    ∨
    //  ./ /| ∧│ /      }
  /    ./   |/.  ',|         }
./                     }
                        /
8326 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:28:34 ID:hDpiVnAZ

        /: : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : {: : l{\::::::゚,: : : : : : : :}: : : `T¨¨´
       /: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:{/l}  \:.‘,: : : : : : :}\:..:|
        ̄ ̄`/ : : : : : : : : : : : : : : {:.ト、_/}\l}    >ヘ :...:}: : : :}) } : |
           / : : : : : : : : ‘,: : : :..:乂: : : ::} jリ゛,,:::''" .∧: :}: : : :}^} }: :{      ヤクザの仕事なら、まだやるさ! 
           ,′:: : : : : :゚,: :.}_〉:}: : : : : : :..:..} ,j}/     ∧八 : /_ノ 厂:\
          ,:: : : : : : : : : ゚/{\ト、 : : : : : : }'"  =      ┘`∨ __/:〈  ̄     ニンジャの仕事でも、まだやるさ!
           {: : : : : : : : : : {: :{  { 八:: :: :: :::} \___,,、z彡      {\: :゚,
           {: : : : { : : : : : ト、{_,。-''" \::::::::}  `¨¨¨´      | \}/     ニュークと、ウィルスは、だめだろう!!!
           {: : /{ : : : : : {'"    =  \/             /   /`  /
        .{/  {: :゚。: : : {\   ,,。s彡               / /`  /   ┏                             ┓
                {: : :゚。: : {\`:彡'"   {\           / /    〈      アンダーファングとて、ラオモトに逆らう事が
               {: : :/\:{\\     \}     ´ ̄\ / |    ∨
              }从{   `\}TI\     /  .      /   \     ∨     自殺めいたものであることは重々承知している。
                     /ニニ=-\     \ /     /    `\   ∨
                  /二二二二二ニ=――┬―ヘ、         〉.   ∨    それでもなお、その命令には強い拒否を
                  /{二二二二二二二ニニ|     `ヽ、   /.∧   }
                  j____\ ̄ ̄ ̄\二二二二|      }  / /_∧__/     覚えた。それはニンジャの戦いを超えていると。
                  {__ \__  \ニニニ八_____     /.:::::::.:∧{   ┗                             ┛
                  {____\__\ \二二ニ\__  `  / ̄ ̄} ̄
                  {______________\__\ \ニニニニ/ \   .厂/⌒



            ,;.             :;.
           ,;;;; _,..-'' '''- .._ :;;;;.
           ,;;,,''"         :;;;;;;.
          ;'  / /   l  、ヽ  :;;;;;;;:.
       、,,,,,,/ / / l    l  ヽ_L..;;;;;;;;、;:,
        ゙ヾl  l l │l   l   l`゙ヾ:;;;;;;,;;',,,,
         ゙ヾ  l _l  __l  , l__ リ  l  リ;;;/
        、=ヘ ヽ  ̄ ヾ〃   ̄ /  /: :`: :>   で、でも、やらないとラオモト=サンと……
        \ソ、  ゙==   ==//;)~`゙´i
          ノl ~Tl    ,     ´l  lソ  l  l
            l l ゝ、  r-、  _ l  l l l  l l
            l ,:l  l:::゙ 、 ̄ '",,.l リ-、l   、 l
           //:l l/;;;;l l//;l リ:: :ヽ   、ム
          /: :, レ'/;l;;;;;l'/';;;;;,'レ'::::/;;ヽ  、ム
         /:/: /;;;l;;/: : :/': : :/: :'  \  ム
        /: : /::/゙゙;/  / /: : :/: : :'  /;;、 ム
        /::::/:::/;/;___/ /;; ::/: : ,  / ゙゙゙゙;;  ム
.       /..:::/::/゙;;ヾ≡≡-/~: :/:: :. ./ リ    ハ  ム
      / : :/: /;;;;;;;;;/: : /: : :/:: :/  '     l   ム
8327 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:29:39 ID:7NM/WnTr
与えられた仕事をこなせなかった者は容赦なくバイオズワイガニの餌にする
聖ラオモトはシリアスだ
8328 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:39:07 ID:hDpiVnAZ

                           ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ::..\
                     ∠斗:::::::::/:::::::/.::::::::::::::::::::::ヾ⌒
                         /:::::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::: :::::}:\
                           /.:::/{/{:::::::::::/::::::/::/}::}::::::::::::} ::::.\
                       /.:::::{::::::{::::::::::{:::/:メ、}::}::::::::::::}::{::::ト、〉
                     //{/::::/{::::::::::}斧=ミ、 {:/}:::::_}i/}::{::::}
                       `¨゙フ:::::::/八{:::::::{:└┴`  }: 斧{^}::{::::}   俺だって、シマを守りたい。ソウカイヤから
                       厶ィ::::乂_ lト、:::{       〈/{ノ 乂:l{::::}
               _ -=ニ二¨¨¨¨¨¨¨¨二ニ=ー┐    }゛{ :::八:ノ    抜ければ、シマが潰される。
                 {_r‐=ニニニ=‐  ̄ ̄ ‐=ニ二} ,’ ___   人/
                   〉二ニ/___________\-// ⌒´ /    ┏                                  ┓
               乂,/_____________}’j=- _/、      事ここに至って、アンダーファングはラオモト・カンという
               /__/ニニ=‐ ______________ト、{二二ニニ〉
             /_乂‐=ニ二_______}l/〉ト、ニ/       男がいかなる人物かを理解した。タイムイズマネー。
               //_______________________{∧
             /´/_______   ________∨           事あるごとにそう言い放つ、恐るべきニンジャの
          ./-/_________ /____________}
       /-/___________ / ____________}            本質を。
        ./-/__________  / _________}         ┗                                  ┛
     ./_/ _________  / ______}
    ./-=ニ二二ニ=- .________________/}



         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、
       ,'//////////////////////\            ┏                            ┓
     ////////////////////////、ヽ             ラオモト・カンは、カネの事しか考えていない。
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ           ニンジャも、ネコソギ・ファンドも、全ては自分の
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i           利益のための道具でしかない。
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l           邪魔者を最大効率で処分する為ならば、
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、       バンザイ・ニュークの使用を躊躇わない。
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /             合理性の化身。非情の極み。そこに、
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l              カリスマを見出す者もいるだろう。事実、
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li               強大な力を持つ彼は確かに人を引き付ける
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\            力を持っている。
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\        ┗                           ┛
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \
8329 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:41:55 ID:hDpiVnAZ

、    ヽ\    ゛ヽ  、ヽ  ト、    ,////l ,、、 ヽ
ヽ\  、\\   、、\\ 、ヾ、 ト  ' ////l iヾ   l                 ┏                            ┓
゛`ヽ\ \\\  \\゙、ヽ ゙ 、 ヽ l l'///,l ヽ,ヽl/ l                   しかしどれほど忠誠を誓っても、
\ `、\ \゙ 、\  \\\   ', ヘ, l l//∠≦三;オ, l イ
  ` 、\\ \\`   \\  ヽ゛、',l l 、`'><`'/ / /                  それが報いられることはない。
     ヽ \ \ \     \ 、゙、.イi,ヽ 二'l'i'//// ,'lヾ ,
       ` ` \ \、 ヽ、 、ヽヾ;ベ、',ムヘkl '/// /l/  l-‐ヽ_             金払いはいいから、うっかり
            / `ヽヽ>ニ─ 、 ヽ.ヘ \゙l///l '//  _-‐ ニヽ
           l  ,-;/、////ヽ//\\-/ Y/i'l≦/ィ''  //  ̄  ヽ         錯覚することもあるが、ちがう。
             /''"´   ヾ////\\\,l/゙ |/ハ///  /ィ/\_ ,-、 ,〉
          /∠、   ヽ\/////////l//゙|/'lハ'∠ イ/彡 "l///////,\        本人にとっては、芸をしたペットへの
          /、二ニー≧≫\//////////l/l'/|/i l lヽ///-‐ニニ/////_ 、/\
      /,, /// ̄   ────  ´∧/'/,|/l l'/ 、` ̄ ̄ ̄ ――  'ヽ//,ヽ      ご褒美程度の感覚だ。もしラオモトが
     /'//////'/__   __ __ l/ハ`/,|///  /ヽ ―― ―― ― ヽ //
    ///////,/ __  __ __ l//ゞ/,|// ,/ l/l ―― ―― .―  ,///      部下に少しでも心を裂く人物であったなら。
    ///////l __  __ __ lヽ///,'/ヽ / l//―― ――  ―  ;'///
     //////ゝ __  __ __ 、 ヽ////ヽ///―― ――  ―  ,///       ニンジャスレイヤーを放置などはしないだろう。
                   、////////////////////,///////             ┗                             ┛
                ヽ////////////////////// /
                 \////////////////   /
                  i\////////// /// /// /l



               /:::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∨:∧
              /:::/:::,′:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::|i:::::::|:::::::::: ∨:∧
                /:::/:: ,′::::::::{:::::::::/{:::::::::::::::::}::::{::::::::|::::::::::::::Ⅵ::::,    ……この際、はっきり言う。
            /::::,’:: {::::::::::::j{:::::::,’l{::i::::::::::::::}::八::::::}:::::::::::::: }::::::乂
              厶斗::::::{:::::::::::{j{ トメ、 {::{:::::::::::/}:}! _∨:ト、::::::::::::{i:::::、::::ヽ  ソウカイヤには、付き合いきれない。
              {::::::j{:::::::::::八{::{ `{A:::::::::,}::}'´  }:八∨:::::::::}::::::{`ヽ}
              {:/{l::::::::::{,,芹竿芋ミ∨ /乂芹竿芋ミ{/:::::}:::ト、::{    ラオモトには、ついていけない。
               ´  {l:::::::{ ` 爪:::::{) ∨  (爪:::::} ‘∨:::l}:::} `
                   八:::::∧   ̄         ̄  八:::八}      あれは、ヤクザでもニンジャでもない。
                 ∨{j∧       i       ,′{/
                       {:∧              /{:::/         オヤブンじゃない。社長じゃない。
                  {_/\     --     イ人{
                 __`乂}o。_       .イ_`
          r‐=ニ二  ___  } ` .-  { ̄   ̄  ニ=―
          {-==ニニ二二二二}  }     ,{ /二二二ニ=- ―
          ∨ニ二二二二ニニ}  }       {l {二二二二二二二
             \二ニ=‐ -=ニ二}  {、    八.:{_,-=ニ二二二二
8330 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:43:45 ID:7NM/WnTr
だが目的を達せられるなら手段は問わない
ニュークもタケウチも使わずドラゴン・ドージョーを撤退させれるなら
ラオモト=サンは認めざるを得ない
8331 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:46:42 ID:hDpiVnAZ

                         |ヘ
          /                 | ∧
       / |        ---   _   | ∧
       / | ,  ´    _      `   ';  ∧
      ,'  /        \       V  ∧
      ,  /                   V  ∧
   |\ /                  \ ̄ ----∧
   |  ヽ:/                   \      } ___   そんなっ、アンダーファング=サン!
   \ /   ,'                l  ` ト- / ̄ /
 __〉{    :|  l  l       |  |   }    V   /    こっ、このネオサイタマでソウカイヤ、
 \  从    | _l_ l _     , lーl-.- 、/    /-< ̄   、
   > -〉   |\|\ |ヘ` l  // |/-|/| /    /     /  いえっ、ラオモト=サンと袂を分かって、
  \  人 、人 _ -==ミVヘ // ァ≠=ミ/  // |Y^Y_ /
   \,,/| \\ 从"           ///イ } || |_|l     どうやって生きて行くというのですか!?
     | | |_|ヽ|ヽ       '       |   |_ノ    ,
     |_|    | 心     __    |   |    V  '
     l     l  ト    `  ´   イ   ,;     V  ,
     ,     /l  |  >  _  イ _ |   / V    V
    /    / l   -- V∧   // l  /  〉\   ヽ l
    /   / ̄/ ̄|  V∧////l / /|  \  \
   /   l    〈    |   V////  l / ´  |    \  ヽ
   / ___ |     〉  |    V/   /「 ̄ ̄      > 、 \
  / / V |    |   |   /   /  |         /\ |   \



    /.::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::〈\:::::::::::::::::::::::::::::::::゚。::\ :::∧
  ./.:/::::::::::::/|::::/.:::::::::::::::::::::::::::\:::::::.. \::::::::::::::::::::::::::::::゚。‐=ミ、∧
 〃::,′::::::::::::l|::,′::::}::::::::::::::::::::::::: \ ‘, /\::::::::::::::::::::::::::┌ 、∨∧
.厶イ:::::::::::::::{::l|:′::::::}::::::::::::::::: ::::::::::::}\}i,′ ‐=ミ:::::::::::::::::::}__ノ V::∧       -=ニ二二
  .,′:::::::::::::|::l|!:::::::::::}::::::::::{、:::::::::::::::::}   {/     \:::::::::::::}_  }-=ミ、 _ . \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从_从人_人/
 .,′:::::::::: :::|::::::゚,::::::}\:::::} \::::::::::::}、_乂 f¨_¨}  }l∧:::::f{ }::::::j`ノ_ニ=} ト、_ノ` ≧                             <
. /.::::::::: :::: :::|:::::::::゚,:::T~゙ヽ:}、 \:::::::}!八 `ゝ-' 乂 ∧::{∨ ̄ /、,\/_ -=ニ  つ き あ っ て も 死 ぬ だ け だ !  ≦
/.::::::{:::::::::::::::l::::::::::::゚,:|f'¨¨¨¨}ミ、}l\::l|  \_./  u 乂}  rく:乂    \ 〕ト≧                             ≦
::::::::::{::::::::::::::::。::::゚,:{ヽ|    r_┐  `┘    ̄´       _{、 ∨>。、.  \/Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒WW⌒Y\
/´~{:::::::::{::::::゚,:::゚。{ 乂   ゞ  /}  _            {、 \}二ニ∧.   ∨/i}.   ト、
    {:::::::::}::::::::゚。::::゚{\ \__/:/  |::.\   / ̄`ト、 。 \  \ニニ∧.   ∨i}   .乂
   ::::::::::{\:::::゚。:∧ \        ̄         /丿 r‐く \/: \ニ∧.   ∨
   乂:::::}  \::゚:,:\_`\u     _,                }_ノ ∨ \  \∧
      \}    \:\〈ニ{ニ\    {、_        __    /}  ∨二\  `ヽ
           }―k〉‐{二ニ\  乂__/  ∠::ノ   /八   \ニ=\
      f¨¨\ { ,,}∨{二二ニ〕o。、__     /   \   `゙'-=ニ〉
     __ :|__,,} }.|  :}_{二f¨\二二二ニ{ `ヽ ̄         \_
   / ∧ |:  |:|    }_乂l|`¨¨'V二ニニ乂  \          ∨ニ=-
8332 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:49:21 ID:kxFgdv8M
どちらかなら生きれる正しい選択肢ではなく、どちらで死ぬからどう死にたいという選択肢
つらいわ
8333 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:50:18 ID:WhE5LO1x
付き合っても死ぬ。付き合わなくても死ぬ。だったらせめて生き残れる目がある方にいくだけよ。
8334 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/01(月) 23:53:16 ID:hDpiVnAZ

                        _ -─…─- _
                      _、<⌒ ̄ ̄ ̄~^''  ̄ニ=- _
                  /    _、-─…・・・…\  \
                    /    // / : :ヘ : \ : : \  \
                     |   / :/ : /: : : : :',: :.\ : :/,    ヽ    ……アンダーファング=サンの言う通り
                     |  . : : :/ | : : : : : : :.:',.: : : : : :/,
                    ,: : : : : :| : : : : : : : : |: : : : :}: :.:/,   ‘,   ラオモトは、自分以外は全て使い捨ての
                     l : : : |: :| : : : : : : :-─-ミ:.:} : : :/,    ‘,
               /   l: : : :.|_、-''~ : : : : : 人∧ /} : : : :/,      駒としか思ってない。今は気持ちよく
                 l : :{: :|  \ : : :.:/ jI斗=ミk  : : /,
                  l :八 jI斗=ミk      ヒrツノ : : : :| /,     扱って貰えるかもしれないけど、
                /     l : : : 込ヒrツ  '       | : : : :|: :/,
              /    l : : :{八       _       厂: :.:.:| : : :\  \   全部アイツの胸先三寸。
            /       l: : :.:{ 公、   ´       / : /: :.:| : : : : :\  ヽ
           (         l: : :.:{: : :个 : .      .ィi〔 :{/:.:.: :.| : : : : ) }   ノ
            \      .八.:.: :{ : : / : ⌒≧=≦⌒: :.:.{:.:.: : :.| : : / / /
              \   /∧: :.{ : / : : : ノ:i:i:i:i:i:i:i:i乂 : :/: :.:.:|:/ / /
                \  /∧ : Y : : :イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>- : : : ノ  / /
                  >=- .\\_/⌒\:i:i:i:i:i/{ / : /_⌒\
                / 「 ̄ ̄ < :〈 : 〉-────-< : Y:〈:::::::: ̄~^''
            /  |:::::::::::::/\}: :〉i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〈 \/ 〉::::::::::::::::| \
              /   .|::::::::::: 乂:人'i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ }/\::::::::::::/   V/



´        _、 '~         ``~、、       V/
        _、 '~                ``~、、    V/
     _、 '~                      ``、、  V/
  _、 '~                          ``、、 V/   私は、アンダーファング=サンに従う。
、'~            _ -ニ ̄ ̄ニ- _             ヽ
       _ -ニ ̄:. :. :. :. :. :. : ̄ニ- _               同じ気持ち、だから。
      /{(:. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.l:. : ̄ニ- _
     /:. :.{ V/ :. :.゚,. . . . . . . . .ノi:. :. :l:. :. :.lヽ          ┏                               ┓
.  /:.|:ゝ : :. V/: : : ゚,: : : : : : :/ノ: : :ノl: : :λ:. \          パイライトには、チームメンバーに明かしていない
. /.:. .:.|. |',.:i \',.:.:゚,: : V/: : : .:/:::l:/ /::|.: : : :\
':. :. . : .:|: |:::\:::::::::` <:\.: :V/_/:::::::ノ/:::::|: : : : : : \       秘密がある。彼女の本名は、ラオモト・ナオ。
.: : :l.: .: .:.:ト、.:::::::::::::::::::::::::::::\(::::::::::::::/:::::::::::l: : : : : : : .:|\
.: : :|: : : : :iぃ"~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~^八: : : : : : .:l        ラオモト・カンの娘であり、『ヨクバリ計画』の
.: : :|: : : : :|i:.:.>、                ∠:|: : : : : : : /
',(:l: : : : : l:.:. ⌒>     ` '    .イ.:. .:.|: : : : : : /         一部として人工的にニンジャソウルを憑依された
 Yi、.: : : : :l:. : /: : : ⌒>  __  < : 丶: : :|: : : : /ヽ
. |:! \: : : l: /: : : : : : : .:「)>─‐<]{: : : : : :\l: : /: : : :}        テストケース。つまり、不用品として扱われた
. l:|: : : \.:.〈: : : : : : : : .:jニニニニ「: : : : : : : : i∠_: : : : .:} ,,.
\l:i: : : : : ¨⌒: : : : : : :ノ \ニニノ、: : : : : : : /: : : : : : ノ^. <      過去があるのだ。
  >、: : : : |.: : : : : :/. . . . . ><. . .).: .: .: .:./: : l: /⌒( <       ┗                             ┛
8335 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:53:28 ID:7NM/WnTr
ニンジャになったからには好きに生きて好きなように死にたいね
全てがインガオホーだというのならその因果は自分で編むべき
8336 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:57:09 ID:kxFgdv8M
ラオモト=サンへの不信が元々高かった、そこに追加の不信が重なったか
8337 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/01(月) 23:58:48 ID:7NM/WnTr
ラオモトには実際沢山の養子がいるらしいね
その頂点がご存知、ラオモト・チバ=サンだ
8338 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:01:54 ID:/YyaMjzp

                         |ヘ
          /                 | ∧
       / |        ---   _   | ∧
       / | ,  ´    _      `   ';  ∧
      ,'  /        \       V  ∧
      ,  /                   V  ∧
   |\ /                  \ ̄ ----∧        ですがっ、です……が……
   |  ヽ:/                   \      } ___
   \ /   ,'                l  ` ト- / ̄ /
 __〉{    :|  l  l       |  |   }    V   /    ┏                                       ┓
 \  从    | _l_ l _     , lーl-.- 、/    /-< ̄   、    カレンデュラにとってソウカイヤは、居心地の良い組織だった。
   > -〉   |\|\ |ヘ` l  // |/-|/| /    /     /
  \  人 、人 _ -==ミVヘ // ァ≠=ミ/  // |Y^Y_ /      彼女の外見を揶揄する者はいなかった。過去について
   \,,/| \\ 从"           ///イ } || |_|l
     | | |_|ヽ|ヽ       '       |   |_ノ    ,        深く詮索する者もいなかった。不要者と扱われた事も無かった。
     |_|    | 心     __    |   |    V  '
     l     l  ト    `  ´   イ   ,;     V  ,       葛藤するのは、当然の事だった。
     ,     /l  |  >  _  イ _ |   / V    V      ┗                                      ┛
    /    / l   -- V∧   // l  /  〉\   ヽ l
    /   / ̄/ ̄|  V∧////l / /|  \  \
   /   l    〈    |   V////  l / ´  |    \  ヽ
   / ___ |     〉  |    V/   /「 ̄ ̄      > 、 \
  / / V |    |   |   /   /  |         /\ |   \



                        ___
                    ...:.:'".:.:.:.:.:.:.:.:.``:.:..
                    _-_'" ̄ ̄]ニ=- _:..:.:.:.:.ヽ
                      /-_-_____-_-_-_\:.:.:. ‘,     別に残っても構わないと思いますよ、アッシュ=サン。
                  /_/ |.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.\.-_-_|.:.:.:.:.‘,
                    {/:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.:.\.-|.:i:.:.:.:.‘,    ……ああ、いえ、私も別に抜けるとかは今考えてる
                   ′.:.:.i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:}i:.:.:.:.:.:.寸:|.:.:.|.:.‘,
                { .:.:.:,八.:.:.:.:.:.:.:.ア\.:.:.:.:. |.:|.:.:.|.:.:.‘,    わけではないですが。……ただ、まあ。
                 ‘,.:.:.抖s\.:.:.:.}^抖気.:.:.:.|.:|.:.:.|.:.:.:.‘,
                  |∧:〈 Vヅ ヽjノ  Vヅ〉.:.:|.:|.:.:.|.:.:.:.:.‘,   倒せぬ者のあるものかとは思ってはいますが。
                   |.:.:.:.i{    '       .}.:.:|.:}.:.:.|i:.:.:.:.:.:′
                    |.:.:.:从          /イ.:|ノ.:. 八:.:.:.:. i
               |.:.:|.:.:.:.:...   ^    . :|.:|.:.|.:/.:.:.:.:.:.:.:.|  ┏                                ┓
                |.:.:|.:.:.:.:.:.:〕iト   < ||.:.|.:.:.:.: /.:.:.:..:.|    キックオウガにとっては、ラオモト・カンもカラテで
                 |.:.:{.:.:.:|{.: 〕i| -‐}    .|.:|.:.|:.:.:.:/.:.:.:.:.イ;
                  |.:.:|{:.:.:| Y^リ  ノ   .|.;|.:.|:.:./ .:.:.:./ |′    倒すべき相手だった。四人の中で、一番シンプルに
                  |.:.:|乂:| i{ ̄    . .-=ニi|.:.|:/ .:.:.:./.、|
                   | 八  ) ≧==≦.:-=ー: :|.:.|′.:.:/二ヽ      狂っているのは彼女である。正確に言えば、
                   | : :;{ 〈: : __,,. : :-=こ /i| ノ.:.:/二二 ,
                  /: :、`乂_____,,.. .: .: .:/ 二|:./二二二-′     ただただカラテの事しか考えてい長故の
              / :、`: : : : .: .: .: .: .:、`-ニニ|二二二二- {
               _/:_j{ : : : : : : : : : .:、`二二二二二二二二 {      結論なのだが。
             /-二i{: : : : : : : : :、`二二二二/ニ二二二二‘,   ┗                                ┛
          , 二二j{___: : : :、`..二二二二/ニ二二二二二}
            //    _}: : : : -=二二二二,xく二二二二二二}
8339 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:02:42 ID:/YyaMjzp
誤字 考えていないが故の
8340 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:04:40 ID:UZBv2o+v
狂人はブレない。
8341 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:11:08 ID:/YyaMjzp

                      _,..>::::::::::::::::::::::::::乂_
               __.....:‐:::::":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...、_
               `¨` ー‐ァ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::斗''⌒   ┏                                   ┓
                   /..::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..゚:。      アンダーファングは考える。仲間の安全、シマの安全、
                 /..:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::‘,::::::::::::::::::::゚。
                   /.:::::/...:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。:::::::::::゚:。::::::゚     ラオモト・カンの支配からの脱却。生きて、これらすべてを
              /.::::/.:::::::::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゚。::::::::::::゚。:::::゚
               /.::::/.::::::::::j{::::::::/{::::::::::::::::::::::::::{::::::::::::}::::::::::::: }i::::::}     乗り越えるにはどうしたらいいか。自分たちが強くなる
                {::::::{:::::::::::::l{::::::/゛゚。::|::::::::::::::}:::f{ :::::|::::}::::::::::::: }}i::::::.
                 厶イ{:::::::::::::l{:: /`ヽ{:_ト、:::::{::::{j:八:::::ト、:}::::::::::::: }i}ト、::\   だけでは足りない。ラオモトの領域にたどり着けるかすら
                  }:|::::::::::::ハ;/   人:}‐}::::`T{/゙ \} {:::::::::::::/i}厂 ̄
                  }:|::}::::::∧ f芹¨¨ミ}从:::/{/斧=芹}ー}::::/}::/}:/       分からない。もっと戦力がいる。強い戦力が。
                    从;ト、:::{.f} └=┴  ∨ { ┴=┘ {::/ {/ 八     ┗                                  ┛
                   乂rへ、     ,          {/___,,〈 j}
              __,。/ /八  }i   _,/┘ ⌒ヽ、、u /}八///\__
             /゛\__,〈 〈///}  >'"   _,。-―-、_〉'/.:{///    `゙ヽ、、     ……ニンジャスレイヤー=サン。
                  ∧i:∧.∨/{        _,,  ┬/..://i:i/\__     \
             {   /i:i:}i:i∧乂l{         ,。イ´:.:. :.{ 厂i:/二二二二ニ=/i  ’。
              {   /i:i:i:乂{i:i\_{        / /.:.:/.:.:.{ .厂i/二二二二ニ=/∧  ゚
              {  i{i:i:i:i:i:i:i∨i:i:i:i}        / .:.:.:/.:.:.|厂/二二二二ニ=/i:i:∧  :}



                     ___    --=ミ::.....,,
                  /ニニ=---    ヽ::::::\
              //ニニニ=---     ;::::::::::\
                 /::/ニニ>''~ ̄ ̄~^''<  '::::|::::::::::\      ダメですね。確かにニンジャスレイヤー=サンは強いですが、
             ...::::/;ニア|:::::|:::::::::::: |::::::::|: \j::::l:::::::::::::::\
          ...:::::/::::::|ア::::::|:::::|:::::::::::-|―-|ミ:::::|::::|::::::::::::::::::::     かつての私たちと外部勢力で倒せました。
.        /:::/:/::::/ |::::::イ⌒|:|::::::|::: x==ミ|::::::|::::::::::::::|:::::::::::::
.       /:::/ /::::/::: |::::::xf笊|:|::::::|::人(ヒリ)::::::|::::::::::::/:::::::::::::::    ナラクニンジャはともかくとして、ニンジャスレイヤー=サンは、
.     /:::/   /::::/: /::|::::::| {ヒリ|八リ    ̄|::::::::/::::::/::::::::::::::::::: 
    /.     /:::::::::/:::::|::::八  ´        |:/::/::::::/:::::::::::::::::::::|    シックスゲイツより強いとは思えません。
     {     /::::/::/::::::人::::ハ           /::/::::::/:::::::::::::/:::::::ノ
       /{:: /::/::::/::/|::\込  '  ` ///:::::::::::::::::::/:::::/
      / !::::/::::/:::::::/⌒∨}:>.... _// /:::::::/::::/:::::/
        人{ {::::::::┌く\\〕:::/:::/::::|/ /:::∠,,..ニ=--<                 ドラゴンドージョーと、ニンジャスレイヤーと、俺たち>
           ∨Γ| | |/ |:/ ̄ |/:::/      _ノ
.       ___人 )ー7   /{  //:::/:/    /   `\
     /⌒~:::/::::::|  /   ノ  / //::::/    /            それも難しい。
    (    /:::/ |    /   //|:::::/   /  {/     }
.        /::/ { ̄ノ   /__)   /  |::/ /  /      }
       {:(  ノ  ̄{___ノ     {  人{    /        /
.        //    /    /〉  \   /          /::}
8342 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:14:41 ID:UZBv2o+v
ニンジャスレイヤー=サンは後に三ニンジャ組織を壊滅させる強者となるが
今の彼らには預かり知らぬこと……
8343 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:17:09 ID:/YyaMjzp

                 _
                  `ヾ``: 、 __
             . :'"´: : : : : : : : ``: 、
            ∠: : : : : : : : : : : :. :.∧``   ……よし。仕事はする。でも、ドラゴンドージョーの人員は、なるべく逃がす。
            /: : : : : : : : : : : : : : :∧
             | : : : : : : : : : : : : : : : : |   ┏                                             ┓
             |/|: : : : : : : : : : : : : :.}、|     彼は結論付けた。今は勝てない。逃げられない。だからその為の力を
             |/{: : : : : : : : : : : }ソ
               V: : : : : : : : : /       貯える。差し当たっては、ドラゴンドージョー。かの勢力を倒したように
             , -ニ二二ニ- 、
              {jI斗――  、}        見せかけ、逃がす。その為に使える道具は、今彼の手の中にある。
              /二二二二二\
.           /ニニニニニニニ二\      バンザイ・ニュークで吹き飛ばした場所を、わざわざ調べに来るものは
            /二二二二二二二二二∧
        /二|二二二二二二二二|-∧     いない。豪快過ぎる、証拠隠滅方法。
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|  ┗                                            ┛
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|



               /:::::/::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::∨:∧
              /:::/:::,′:::::::::::::::::::{::::::::::::::::::::::|i:::::::|:::::::::: ∨:∧     ┏                                 ┓
                /:::/:: ,′::::::::{:::::::::/{:::::::::::::::::}::::{::::::::|::::::::::::::Ⅵ::::,      アンダーファングは、サイタ・シバザクラは決意した。
            /::::,’:: {::::::::::::j{:::::::,’l{::i::::::::::::::}::八::::::}:::::::::::::: }::::::乂
              厶斗::::::{:::::::::::{j{ トメ、 {::{:::::::::::/}:}! _∨:ト、::::::::::::{i:::::、::::ヽ     ソウカイヤを抜ける。裏切る。その為にソウカイヤの
              {::::::j{:::::::::::八{::{ `{A:::::::::,}::}'´  }:八∨:::::::::}::::::{`ヽ}
              {:/{l::::::::::{,,芹竿芋ミ∨ /乂芹竿芋ミ{/:::::}:::ト、::{       中で力を蓄える。獅子身中の虫になることを。
               ´  {l:::::::{ ` 爪:::::{) ∨  (爪:::::} ‘∨:::l}:::} `    ┗                                 ┛
                   八:::::∧   ̄         ̄  八:::八}
                 ∨{j∧       i       ,′{/
                       {:∧              /{:::/
                  {_/\     --     イ人{
                 __`乂}o。_       .イ_`
          r‐=ニ二  ___  } ` .-  { ̄   ̄  ニ=―
          {-==ニニ二二二二}  }     ,{ /二二二ニ=- ―
          ∨ニ二二二二ニニ}  }       {l {二二二二二二二
             \二ニ=‐ -=ニ二}  {、    八.:{_,-=ニ二二二二
8344 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:18:32 ID:UZBv2o+v
ゲコクジョである!
8345 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:21:49 ID:/YyaMjzp

           /,′_____
         _ ,'.:.:.レ´.:.:.:.:.:.:.:./
       ,イ.:.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 、.:.\
.         ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', ̄   アッシュ=サン。ソウカイヤについていくなら、
       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
      ノ:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ,.:.|     ここで俺を殺せ。裏切り者だからな。
       ∨、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人リ ヾ
         ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,'      ┏                                ┓
        ,,..イニl∨.:.:.:.:.:.ハ:/ | .イ __ト、     その為に、まずは最初のケジメを付けることにした。
      ヽ、_`>ト',ハ/_,,..-‐'' ̄.―/
       _〉::::::::::>―――<:::::::::::イ、      仲間に対して、誠実であろうとした。そうしなければ、
    /:::::::::\:::::::::::::::::::::::_,,..-‐''::::::::::::`<
   /:::::::::::::::::::::::二ニ=‐''":::::/::::::::::::::::::::::::::',   ソンケイが廃るのだ。
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::l                                 ┛
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}



                           -―====- 、
                            ,.::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::ヽ
                       /:r< ̄:::::::::::::::::::\:: ̄:::::\_
                       {/:::::/:::::::::::∧:::::::::::::ヽ::::::::::::::ヽ
                        /:::::/::::::/::::::::::::: ::::: ::| ::::::::::::::::::::V
                     /:::::: !:::::::/: :: :::: !::: ::::|::::::|:: :::|::::|:::::}:::
                   -―ハ::::::|:::::::|::::::|::::::|: |:::::|::::::|::::: |::::|:::/::::|
                    「   |::::::::: |:::::::_ノ:::::::: |:::::::::ヽ_:」:::::/:::::::|\_
                     \/jレ:::::::::|:::ヽ{::ハ::::::::::|:::::::/::zzzz::::::::::::/   _]  あっ、あちし、あちしは……
                    /〃 {::::::::::::::|Lんソノ\|:::ノLんソノ:::::::::::,___/
                  {ハj   ハ::::::ヽ| {八(        j「 ̄}::::::: :/「「「「   こっ、コワイ……ラオモト=サンとも、
                    /::::::::\:::L  )j   '   。 '::::::/| |」 |」   
                       /:::::::::::::::|:::::>、。 ゚ r 、 。 ノ:::イ::::::|      ソウカイヤとも戦うのは、コワイ……
                    /:::::::::::::::::::::::::八 >   ̄  イ:::::|::::::::::::
                  /:::>-‐  ̄八:::::::ハ:\   }i:j八「 レ::::::}:::\
                     /::/...、.. .. ...........!: ::::::|ハ:ヽノi:///V......|:::/..\::::ヽ     ┏                      ┓
                   /::/............ .............|ハ::::!//ヽi:i:////.........j/...........ヽ:::::\    カレンデュラはクナイダートを生成し、
               /::/...................................Ⅳヽ//ハ「////}...........................\::::::ヽ 
                  /::::'................ヽ............................∨Ⅳ//Ⅳ............../................∨::::::V  アンダーファングの首元に
               /:::::{......................}..............................∨//Ⅳ...............{......................V::: :∨ 
             ノ::::::/....................V..............................八/V...................V......................L::::::::V  突きつけた。
             /:::::::/......................V..............................ハ/V........................V.....................ヽ::::::.                      ┛
            _/::::::「 /........................{ .. ..........................ハ//V..................... ..!.......................}:::::::.
        /:::::::: V '...................... ..「\_...........ノヽ_....{///ソ、..........., 、........h......................| :: ::::|
          /:::::::::::Vノ......................... |ニニヽノニニ\j/ニニヽイニヽノニ}.....................」:::::::::|
8346 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:23:03 ID:EZ1Xc34o
フジキドは、時系列的にはまだ、ニュービーと変わりなんだっけか?
強すぎるからベテランみたいだけど
8347 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:26:55 ID:tGnBQHWB
ドラゴンゲンドーソーにインストラクション受けてないときのフジキドは弱い
8348 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:27:00 ID:/YyaMjzp
実は、小説版とTRPG版は若干時系列が違う。この時点でインストラクション済なんだ……。

でも、アンダーファング達はまだ知らない。
8349 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:30:55 ID:/YyaMjzp

                           ',k
              、、____>===ミ',:.:.`<
                  ゝ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ__
                     ,ィ'":.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ:.\     俺も怖い。でも死にたくないなら、やるしかない。
              /イ:.:.:.:.:.:.:.:.,'.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.\
             >'゙:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.::lヘ´    ソウカイヤから抜けるっていうなら、俺が責任を取る。
          ー--==:/:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.|、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.',
                 l :.:.:.:.:.:.:.:|:.:/ |:.|:.:.:.:.:.:.| ヽ:.l、:.:.:.:.:.:|:.:.',    最悪、逃げる。ドサンコ、岡山、中国地方、
             l:.|:.:.:.:.:.:.,'|:/ |:.|:.:.:.:.l:.|  ヽ|ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ
               /:.:|:.:.:.:.:./ |' ̄.|ハ:.:.:/ }'_" ̄  ',:.:.:.:}:.:',ゞ   キョート。どこでも、なんでも。
              ,イイ.|.:.:.: /<"う芯 V  ィ丐T゙7 l:.|:.|\',
                |/|:.ハ.   Vン     匕リ  ハIV      でもそれは最後の手段。まずはギリギリまで、
                |ハヘ       ,     /ィ'!
                   Vヽ   _   _   イV         寄生して力を蓄える。俺たちは、生き残るぞ。
               _ -―',:.>、     ,.イ/__
            Y<::::::::::::::::::::::|  >―<. |,':::::::::::::::::>x    アッシュ=サン。
              {_ ̄ ̄~^''―┐.      |:::::::::_::::::::::斗)
              __',: 二ニニ―┐ ',      `''<:/ 二 ―/
         >''´: : : : : :  ̄\:.\ ヘ.       / /: : : : :ィ‐<
         ,イ : : : : : : : : :\ : : : : :,ィ==ミx.   <ィ=ミ: : : : : : : : ∨ /
       /: : : : : : : : : : : : :.\_ 乂k___>>O<__>>: : : : : : : ∨ /
.      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :./`''ナ'´ ', |`ー<', : : : : : : : :∨ /
      /.: : : : : : : : : : : : : : : :. :. :./ ,イ   \_/ ', ',: : : : : : : : ∨ /
.     /                 ,イ ./    /l lヽ  ', ',.: : : : : : : :.∨




.            /|  、丶` ̄ `¨¨¨¨¨ ヽ   |',
           /‐| / ./          ヽ |∧
.          /ニ∨ /      ―  \.  |‐∧
         /ニ//⌒           \|ニ∧
         」ニ/            \  |ニニ‐}
      ,ィニ/  l.    ,/      ヽ  ヽ ∨ニニ}!       うっ、うっ……。
      `'寸   l.   ∥       ',  Vニニ‐廴
         {   |  | i!    |     l}  /ニニニア´       ┏                                      ┓
         {ハ |  | i!    |      l}  /ニ>''´∨ /        奥ゆかしさを重点する元キョート貴族的には、今すぐ
          | ∧ヘ | i!    | ./} ,ィ / /ァ'<   ∨ /
          |/ \、|ヽ{ヽ  |/ .レ' V /  ハ `''< ∨ /      アンダーファングの首をラオモトに持っていかねばならぬと
        /  { ∧.   `r┘    /イ.  } |    ヽ.∨ /
.        /!   {   )h、 _ ___  ,ィ    .} |      ',∨ /     分かっていても、手が動かなかった。ソウカイヤへの恐怖、
       /.|    {   {: :)h、 _ ,ィ./: :}   } |      ',.∨ /
.      / |   ∨ヽ.{∧   ∨//  .}  ハ/ .|      ', ∨ /    ラオモトの圧倒的な存在感。しかし、それらが背中を蹴ろうと
     /  .|   |   |   ∧   ∨  // | │       }! ∨ /
     /  .|   |__|.   ∧. /   /  | │∨     ハ ∨ /   してもクナイダートは動かない。
.   /    | /_ _ヽ.    ∨   /.   | │ ∨.   /  l  ∨ ┗                                      ┛
.   /    |< / _,、  V、.  /   /    | │   ∨ /   l.   '/
   {   /  | 〈_,,、 ‐   V≧x: : :./: : : : :./| │   ∨     |   }!
  .从./  /  └‐ 、   V ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ | │   |     │ 从
.   /  /  / /:.ヘ、   } \         | │   |     │ /
   {  /  / /: : :.ア¨¨ }.  \     | │   |    iV
.   从/  / /: :/: : : : |}.     ヽ   | │   |    | ∨
  /     / //: : : : : : :l}           | │   |     |  ∨
8350 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:37:30 ID:/YyaMjzp

              /  _,,..              ..,,_    ',V
           / ,  ´                 、  ', V
         / //                   \', V
        /  /,>ァ        l         ヘ、. i   V
       '   イ" /         ll   l      ヘ.ヾ、.  ヽ
     /     /  /  l i  /  l l   l     i .ヘ `丶 .V
 .     V.  7 ,′ ,'  l i  ∧  ||  |  小 ji   ヽ     i    ,
  、   V /^   i  | :i /_,ム イ:l  lト ,/.」_,ハl  | ト   ノ-‐ ´ ,'    あちし、あちしはぁ……。
   \ `"ヾーV    |  十ナ7´   V| ハ  八/  |/´"T ‐ l       /
    \.   ', ',  i   | x:==ミ   ', /  ===ミx l: : / i  , -‐<
    , ´``ー  ', l  ',: :〃 '゚ :::::ハ     V   ;'゚:::::::ハ ヾ/ ,'      `、  ┏                              ┓
  〈´   , 、,ヽ ', l  \{{ V::::: i         i::::::: リ }}/: ,'ー´`-‐''"´     そして、クナイダートは彼女の手から落ちた。
   `ヽ 、/,' i   \',  ',  Cつ-‐''゚//////``''Cつ ,' ,' |     ',
      i,'    | ',   o  ///////////_/o:  i     ',     生き残る。その言葉は確かに彼女のニューロンに
      ,'      |   ○ i' ,                 ⌒ア°  '     ',
      ,'    ,′'   ',  :  ` 、   r~‐~ー、  ,、く i   〇,'       ',     届いたのだ。
      ,'       ',  ! i    >、,_ ̄⌒ ̄..ィ´  i    ,        ',  ┗                              ┛
     ,'       '  '',i ',    _ }  `"  ´ {   ,' ,',  ,       ',
    ,'        ', ,',..',', -‐'' V∧      ∧V ''‐,'-', ,'        ',
    ,'       / ',',', ',: : : : V∧     ∧V: : : :,': : i/,'  \     ',
   ,'       i∧   ', ',: : : : : V∧   ∧V: : : : : : : ,'   ∧i     ',
   ,'       、 i:::::'    ',: : : : : : V∧  ∧V: : : : : : : :,'   , '::::',  , -,   ',
  ,'       i `ト::,:::::',    ',: : : : : : V∧∧V: : : : : : : :,'   ,':::::::y´  ,'    ',
  ,'       i     \}    ',: : : : : : V∧V: : : : : : : :,'   '::::/   ,'     ',



           /,′_____
         _ ,'.:.:.レ´.:.:.:.:.:.:.:./
       ,イ.:.:,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       ̄/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 、.:.\   ごめんな。怖い思いをさせて。
.         ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:', ̄
       l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   ┏                                      ┓
      ノ:,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ハ,.:.|     カレンデュラの手を握りながら、アンダーファングは謝罪した。
       ∨、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人リ ヾ 
         ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,'        ここに、危ういながらもチームの意思は一つとなった。
        ,,..イニl∨.:.:.:.:.:.ハ:/ | .イ __ト、
      ヽ、_`>ト',ハ/_,,..-‐'' ̄.―/      困難な道である。危険な道でもある。それでも彼ら彼女らは
       _〉::::::::::>―――<:::::::::::イ、
    /:::::::::\:::::::::::::::::::::::_,,..-‐''::::::::::::`<   選択したのだった。
   /:::::::::::::::::::::::二ニ=‐''":::::/::::::::::::::::::::::::::',                                      ┛
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,イ::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
8351 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:38:02 ID:/YyaMjzp
以上! 次回、「サプライズド(しない)ドージョー」編!
8352 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:38:38 ID:EZ1Xc34o
忍者は子が作れないから、ラオモトの子は全員人間の時の子供なんだよな
8353 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2024/01/02(火) 00:39:08 ID:/YyaMjzp
イチャイチャしているように見えるかもしれませんが、二人の間にフラグは立っていません。
8354 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:40:02 ID:UZBv2o+v
オツカレサマドスエ
ああチーム一体感。アンダーファング=サンにソンケイが出てきた
8355 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:40:29 ID:EZ1Xc34o
オツカレサマドスエ

戦力的にはそこそこか
8356 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:40:40 ID:PWyLVZuK
パイライト「ハグでもすれば落ちるんじゃない?」
キックオウガ「そんな甲斐性はないでしょう」
8357 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:50:46 ID:zRdzsVDU
オツカレサマドスエ
8358 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 00:53:20 ID:7S7LReM1
オツカレサマドスエ
雨降って地固まる
8359 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 06:16:01 ID:ZcMVEUp5
オツカレサマドスエ
8360 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2024/01/02(火) 07:47:20 ID:xGYIfb7/
オツカレサマドスエ

インタビュー・ウィズ・サンシタ6

7958 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 21:45:25 ID:kTOWr5LC

            ., '" ̄¨丶、                 イ ン タ ビ ュ ー
      ノ}ノ} /__     }   .ト--_::::――=ミ┐__
   _、‐'´´ ノ ::::::::::: \        .>'´:::::::::::::::::::::::::::{::::::::二ニ=‐   ウ ィ ズ
  / r/ (_ ,,::::::::::: l:::::ヽ  -=ニ彡::/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::’,
  {  '  、‐''゛::::::::::: l:::::::::..、  ./.::/:::::::::::::::{::::::::::::|::::::{:::::::\‘,       サ ン シ タ 6
  /-r-‐'/ ̄|\:::::/\ノl :::!  /.::/::::::}::::{:::::}::::::::::::|::::::{::::::::::::}::::,
..< |/ | |    乂   |:::| ./.::/.:::::::{::/}::/{::::::::{:::ト、:::} ::}::::: }::::廴
 ,::::: /| | 三三  三三 ::: ム /{::{::::::{/`}メ∧:::::ハ大};人_}::::: }::::‘,
..ム:::::V::::ト       从:::| 厶{::{:: /f斗┰∧:::} 斗┰ァ.{::::::从:::::\
../ ,::::::l::::从≧ー- ―≦:::::::l ...{人:ト、 `⌒ ∨ `⌒' {:::/}{  ̄ ̄           ◆ いまさら前置き ◆
, ,:::::::::/ ,. ´、  :! , ヽ |::::::.、  // /¨_,つ  ノ      〈イ乂}
, ,::::::::l γ.:.:.:.:\l//.:ヽ:::::l ...{ { .{ {    __     /:/      ◆ この物語は仲間内でやっているニンジャスレイヤーTRPG ◆
l l:::::: l l、;,;,;,;,;ノ_/、;,;,;,;,;,ノ:::::|  .\  \  ⌒゙`  ィ:{/\ 
                  __,。rf\  `ヽ。-< .从}i:i:i:iト、            ◆ そのプレイメモめいた何かである ◆
               /_______人}i:i:i\    }   ∨i:i:i:/___>___
                  {__\ _____∨lr┴ミ、_{   __,}//___________\      ◆ リプレイではない。編集もされている ◆
             {______`\_{,,_∨/////,〉 '" {/_______}_}
             {__\__、∨:///////{____,{ _____________/__}    ◆ TRPG外の創作も含まれる。むしろ多い ◆
             {___\__、∨//////_{:::::::::::{_____}/__/___}
             {____`.乂///////,{::::::::::,′{    }_{__/_人    ◆ NM(GM)の許可は取っている。ご安心ください ◆
                〉、____/////////_/}:::::::/_{   {___{/____}
7959 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 21:49:02 ID:3vmMpAiV
ニンジャ!
7960 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 21:49:53 ID:coyQ8uVZ
キター!
7961 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 21:52:30 ID:nRuIt1z2
ニンジャ真実はモータルにはショックすぎるので編集はエライ
7962 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 21:53:08 ID:kTOWr5LC

.  |                          /''ー-  _
.    |                        /      ´ "'' ー-  __
   |                      /               ´"'' ー-  _                         __ -=ニ
     |                    /                _、 ''` _、 ''`                   __ -=ニ⌒
.    |                  /二ニ=ー‐   __       _、 ''`,,、 ''`                 __ -=ニ⌒
.      |                   ̄  ¬ー=ニ..._¨二ニ=r''"_,. '′            __ -=ニ⌒
     |                             ̄””¨¨¨´         __ -=ニ⌒
.     ├‐--   ..._                             __ -=ニ⌒              __
  ||`、  |____|     ̄  ''   冖¬…‐--    _   __ -=ニ⌒               ┌iT| ̄|| | | ̄|
  || `、┗━…─┘                       ̄|             __   --┐    _|」⊥=-┴…宀冖
  ||   | | ..:|  | ̄””¨^““":ii''' 冖宀¬┯━…─‐‐┬---'        ┌__二 ̄--‐ '' "||     ̄`   __
  ||   | |   |: |: : : : : : : : : :||: : : : : : : : ||: : : : : : ::.:| | ..:|          ||::::::::::::::::::::::::: ||       !TT「「「| | | || ̄|
  ||   | |  ||: : : : : : : : ::||: : : : : : : : || : : : : : : : | :|  |     _   ||::::::::::::::::::::::::: ||  |¨「| ‐┴─…¬¬宀冖f
  ||   | |  .|: | : : : : : : : : : ||: : : : : : : : ||: : : : : : : ::|| V     |::::|  ||::::::::::::::::::::::: ||  |: |:|        , ─ァァ
  || _ ┘ |   | |: : : : : : : : : ::||: : : : : : : : || : : : : : : : 卩 Vi:V     |::::|  |┗……‐‐‐‐ー┘|  |: |:|  _n凸_/_//_
  ´   :|   にi=======||: : : : : : : : ||: : : : : : : ::| | Vi:i:V   |__,|  ´´´´ ̄ ̄¨¨¨¨"" .:| :|:| ^^"''冖¬…‐'‐=¬  只只
    ./l: |   |: |: : : : : : : : : :||: : : n: : : :.||: : : : : : : ::||_j_j_j    |__」:  冖''¬┬‐ ┐.:只只 |: |:|     〈ヽ,/¨ヽ _  .| |:::|
  ...:://゙|_|__|__|: : : : : : : ::, ´ ̄(__) ̄п``丶__|_,|_|i:i:i:i:|    :|:|   |::::::::: : |:::: : | | | l |¨「|    __,,乂|  |))__|-‐|,_,|-'
  ::::|¨|.::|二二二LL.===¬ゝ .._______,,ノ二 ̄:.:.:.:`¨¨⌒ニ=- |」  ´"'' …┴…=ニ|,_,|,_,|-‐ '' " ´    `¨¨´__,,,... --‐‐
.   __|_,|__|______',┌…¬|:|¨¨|:| ̄ |」  |:|   `丶、::::: .:.:.:.:.:.:.:.: ̄.:.:⌒ニ=-  _ i ̄二ニ=-  __,,..  -‐ __二¨-‐…::::T ¨ ̄
  ¨゚|¨|゚//¨¨¨¨¨¨¨~| |',`、  |」  |:|     |」     `丶、 : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| ̄¨" ''冖¬┬¬冖¨ ̄:::::|::::::::::::::::::::::|::::::::::
  ::::|: //¨¨¨¨¨¨¨¨~| | | `、    .|」              `__ : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:.|: : : : : : : : : :.:|:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::|::::::::::
.   __|//_______| |_|. `、         __    -‐     ̄   : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.::|: : : : : : : : : :.:|:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::|::::::::::
 ::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´| 「   `、__  -‐   ̄     : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :|: : : : : : : : : :.:|:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::|::::::::::
 ::://::::::::::::::::::::: :::.... .|_|                 : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .:|: : : : : : : : : :.:|:::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::|::::::::::

 ┏                                                              ┓
   夜のネオサイタマ。外は重酸性雨が降り注いでいる。遠くからはネオサイタマ警察のパトランプの音。

   今日もマッポーの世に犯罪の種はつきまじ。ブラッドカタナ・ヤクザクランのシマのなかにある、

   比較的マシなマンション。その最上階が、アンダーファングの部屋だった。元は、ヤクザオヤブンだった

   キヨシの持ち物である。かのクランをソウカイヤが乗っ取った時に、その財産もまた奪い取った。

   この部屋もまた、ソウカイヤのものである。自由にしてよい、というお墨付きがあったので、

   アンダーファングはこの部屋に住んでいた。正確には、押し付けられていた。
 ┗                                                              ┛
7963 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 21:55:43 ID:pGjzGWuy
エライ人はエライ場所に住んでないとソンケイが得られないからね
7964 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 22:00:52 ID:kTOWr5LC

        ,ィ   __
        Y.::{ィ≦::::::::..<     ガチャッ
      ,―'、..:::::::::::::::::::::::::::.ヽ、
     '",`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
       i.::::::::::::::::::::i::::::/:::::ハ::::::ホ、   ただいまー。あー、疲れた。
      オ::::::::::::::::::::i::::/:::::/ー、マ::}ヾ
.     '´ヽ::::::::::::::::{"i:::::/ マ歹i ソ
        マ::::::::::::ヽjヽi    }   ┏                                            ┓
        从/ヽ/i j ヽ   , ィ     仮にもクランのオヤブンである。相応の場所に住まなくてはいけない。
         {ニニニニニニ≧ォ
        /三三三三.∥      だが、この部屋は彼の趣味には合わなかった。高級な美術品は売って
       イ ニニ ィ´ニニヽ
      /ニニニ/彡 ニニ=、}      クランの運用資金にした。使わない家具には、白いシーツをかけた。
      iニニニニニニニニi
        iニニニニニニニニニi      使わない部屋も同じように。寝室、トイレ、バスルームだけシーツがない。
      .iニニニニニ,ィ´ニニ i
        iニニニー´ニニニニi      部屋には、サップーケイが広がっていた。
      iニニニニニニニ, =彳    ┗                                           ┛
      iニニニニニニ〃   i
      iニニニ,≧ =彳i    i



                 _
                  `ヾ``: 、 __
             . :'"´: : : : : : : : ``: 、
            ∠: : : : : : : : : : : :. :.∧``   寝よ。風呂はトコロザワピラーで入って来たし。
            /: : : : : : : : : : : : : : :∧
             | : : : : : : : : : : : : : : : : |  ┏                                         ┓
             |/|: : : : : : : : : : : : : :.}、|    着替えて、アンダーファングことサイタ・シバザクラはフートンに
             |/{: : : : : : : : : : : }ソ
               V: : : : : : : : : /      滑り込んだ。肌触りは良い。鍵を渡してあるスズリ=サンが
             , -ニ二二ニ- 、
              {jI斗――  、}       シーツを洗ってくれたに違いない。彼女がいなければ、この部屋は
              /二二二二二\
.           /ニニニニニニニ二\    埃まみれになっていた。サイタに日常生活を気にする余裕はない。
            /二二二二二二二二二∧
        /二|二二二二二二二二|-∧   今日は、シックスゲイツ二人と模擬戦をしてきた。
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ| ┗                                         ┛
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
7965 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 22:01:52 ID:3vmMpAiV
豪華なメンターだなw
7966 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 22:08:40 ID:kTOWr5LC

         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、
       ,'//////////////////////\           ┏                                       ┓
     ////////////////////////、ヽ            大事なミッションのためのテストである。ソウカイシンジゲートの
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙ 
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ           首領、ラオモト・カンはそういってアンダーファングのチームと
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i           シックスゲイツの二人、アースクエイクとヒュージシュリケンの
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ 
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l           模擬戦を命令してきた。アンダーファングは慄いた。
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、       なにせ、ラオモト=サンから直接名前を呼ばれたのだ。
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /            サンシタニンジャを自認する彼からすれば恐れ多い事
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l             この上なかった。
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/           ┗                                     ┛
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \



               _
             /:i:i:i:i:ヽ、          ┏                                           ┓
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i';            この差配には、ソニックブームもかかわっていた。彼はスカウト部門の
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:',
            ,':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!           責任者である。使えるニンジャを上に報告するのも彼の仕事である。
          ._|ッ"7;ヽ三彡==i:i!
          .!|;'.  `  .ノ  ';/,           加えて、それが良い結果を出せば彼の評価にもなる。
          .リ .=。=,: 、_, /リ
     ___..ノ´r―、"゙__ ぺ、゙./ヽ、           尖ったニンジャをまとめ上げるアンダーファングは、他のものよりも
--===':´: :::/::::::::} 、 ヽ/ >'´ ̄!:::::::ヽ_
::::::|:i:i:i:!:::::::/::::::::::{  X__メ ./.|::::::::::ヽ、ヽ、_      評価に値した。実情はどうあれ。
:::::::!:i:i:i!::::/:::::::::::::|ヽ、,-゙-゙,.゙ ノ |::::::::::::::::ゝ:i:i!`   ┗                                           ┛
::::::┌┐<::::rヘ:::::::|、', ヽ==''"   |:::;:::::::::::/i:i:i:i!::  
::::::::!ニ」!:ヽ::i/ヽ:::::|、 ヽ ノ    ./:/:ヽ::::/「 ̄l!::
::::::::!:i:i:';::::}/:::::::';:::!    '´  ./:::}::::::}:/::!ニニ」::
::::::::|i:i:i:!::::':::::::::::';::',.  |;'  -‐./:::/:::::::´::::{i:i:i:i:|::
::::::::|:i:i:i!::::::::::::::゙::`::ヽ. i   //::::::::::::::::';i:i:i:i:|::
::::::/ヾi:i::::::::::::::::::::::::::\ /:':´:::::::::::::::::::::::ヾ:i:i:!く
::::/  ヾ::::::::::::::::::::::::::::::/´:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:リ
::/   }::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::://
    .!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´::::{
7967 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 22:19:05 ID:kTOWr5LC

                            /^ヽ 
                              /rュrュヽ                      ┏                         ┓
                         _(/ヽ- -/ l)≦≧_                  ビックニンジャクランのアースクエイクは
                    -=≦ニニニニ≧――≦ニニニニニニ≧=-ニヽ
                -=≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧=-          強大な相手だった。高い体力と防御力。
              /ニニニニニニニニニニニニニニニヽニくニニニニニニニニニニニニニニニニ \
            /ニニニニニニニニニニニニ/ニニニニニニニニ\ニニニニニニニヽニニニニニニ 〕       そして攻撃力を備えたビックカラテ。
           ,ニニ/ニニニニニニ__ニニニニニニニニニニ_ニニニ  ̄)ニニニニニ.|ニニニニニニ |
           |ニ´ニニニニニニ从ニニヽニニニニ/ニニ|ニニ\ニニィニニニノニニ从ニニニニニ八       カレンデュラのスリケンを弾き、
           /ニニニニニニニ从乂ニ八ニニニ´ニニニニニニニΥニニニ´ニニニ/ニニニニニニニニ\
          ./ニニニニニニニニ〕ニニニニノニニ/ニニニニニニニニ|ニニニ/ニニ从ニニニ/ ̄ ̄ ̄ヽ     キックオウガのカラテを受け切り、
         / ̄ ̄\ニニニニニ\ニニ/ニニ,:ニニニニニニニニニ|ニニニヽ/⌒ヽ/  \   L
        ,     /\ニニ/^\ニ/ニニニニニニニニニニニ从ニニニニ\   、 \      |    アンダーファングのジツを意に返さない。
        |    ,     ̄/  /ニニニニニニニニニニニニニ/ニニ/ニニニニi   \   ,,    ヽ
        |        /   ,ニニニニニニニ\ニニニニニニニニ,ニニニニ 八    ヽ  ヽ     ,   これで、手加減していたのだから
       /      f    ./ニニニニニニニニニニニニニ/ニニ/ニニニニニニ \   |   \
     ,       :: |   ,:'ニニニニニニニ\ニ|ニニ|ニ/ニニニニニニニニニ\  、     /    凄まじい。
     |         |   ,:'ニニニニニニニニニニニリニニニ∨’ニニニニニニニニニニニヽ  \   r斗   ┗                        ┛
     |   / ̄ ̄\ ,'  /ニニニニニニニニニニニfiニニニニ|ニニニニニニニニニニ\ニニ,  \rニニ|
     ,   |    /  ./ニニニニニ/ニニニニニニ||ニニニニ |ニニニニニニニ\ニニニ ヽニ|    ヽニ从



              lilililililililililililililililililililili!
                lilililililililililililililililililililili|               ┏                                        ┓
.               lililililililililililililililililililililil!                 故にチームは、狙いをヒュージシュリケンに絞った。何をやっても
             lililililililililililililililililililililil!
             |ililililトlilililililイlilil;lilililili!                  倒せそうにないアースクエイクとは違い、彼には隙が多かった。
.               liliハil| ∨il/.lili/.lVilil/
.      _  -‐ \ ヘ!/ V  V .l/ l l//、 / `ヽ              高い回避力、移動力。実際それは見事なものだった。
     l    .l::::::..',:!l、- _、  , __,ノ,イ.' }´..::::/   `- _
.       l      l:::;:‐ヽ|ヘ``ヽ 、'゙'.´イ/l'/、-‐/     .}            しかし体力と精神力はそれほどでもない。そしてなにより、
       !    .l//{'/,!=\.::! /ニニ.l'////     ./
       l      .l////lニニヽ,.イ二二ニl////      ./、            彼の代名詞といえる巨大なスリケン。扱い辛いこれに対して、
.    /ハ     l////!ニニニニニニ!///      .///\
  ///,ハ      V//ハ二二二ニニ////     //////\         アンダーファングのコブラ・ゲン・ジツが見事に刺さった。
 〈//////ハ     V//ハニニニニ////     /////////\
  ∨/////ハ     V//∧二ニニ////     /,l//////////,\      相手の攻撃を惑わすジツと、狙いを定めるのが難しい武器。
  ∨////ハ.      V//∧ニニ,イ///     //,l////////////
   ∨////ハ.      V//,ハニイ'///     //!/l'/////////,/       本来ならば複数目標を攻撃するヒュージシュリケンのそれは、
   ヽ////!ハ.      V//,jア///,/      ///!/,l/////////
.     ∨/,l//ハ.      V///////      ////!'/,!///////         ほぼ無力化されていた。
     V///lハ.      V/////     /ハ///!//!/////       ┗                                       ┛
       j///j'/∧      V//,.'     ///l///l//,l'///
7968 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 22:27:13 ID:kTOWr5LC

                           __
                      _,. '^`  ヽ  イヤーッ!
                        ,.<        ヽ
                       {./: :ヽ        ∨           ┏                                        ┓
                     i': : : : :\      .∨            パイライトの決断的突撃からのミリタリーカラテが見事に刺さった。
                     |'; : V |ノ=\      \
                    i: ::ヘニニ((:.:.>.,      ヽ           一瞬の攻防の後に、ドージョーに倒れ伏したのはヒュージシュリケン
                    iヽ:ゝヽ<>iii:.:.://:>--, /
                    | ヽ:.}::::} ./イ/<i´/ ヽ            だった。ギリギリで、勝ちを拾ったというのがアンダーファングの
                   .ゝ<</ニニ>}ニ</i   ∨
                   /: :i マニ/ .|:ヽイ  i ̄,イ/ i.,          感想だった。それほどまでに、アースクエイクは強敵だったのだ。
                 ,.イ: :/ /ニニニi: : : ヽ  l   >ii>∨/     ┗                                        ┛
                     i: :// /ニニニニ,: : : : ',  .l  .// ii∨/
                     |/ィ i ./ニニニニム: : : ::i  |   >ii>∨/
                 |ニ./.ニニニiiニニニ>:,:|  |     イ ii.∨
                  |ニ' >---'ゝ-----V  |',   .>ii., iヽ
                   |ニ ,'   i    .ヽ  V  | 'i     .ii ヽ >-- .、
                    |ニ i   ’,    .ヽ .V...i .|    ==iii=====.'ミh.,
                ,<ニ ./ i   .ヽ     ヽ∨i ヽ     iii ヽ i  i
              .ィニニi/ .i     ヽ    .ヘヽi .ヽ--<./V>一'  h



         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、
       ,'//////////////////////\          ┏                                        ┓
     ////////////////////////、ヽ           ラオモト=サンは機嫌よく、アンダーファング達のチームを
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ          重要ミッションに使用すると宣言した。気前よくファイトマネーすら
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i          支払った。ひたすら、機嫌を損ねないように頭を下げた。
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l          ラオモト=サンの視界の中にいることが、只々恐ろしかった。
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l       ┗                                       ┛
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \
7969 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 22:29:07 ID:pGjzGWuy
ラオモトは反ブッダ
7970 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 22:37:01 ID:0uBclisM
>>7969
つまりほぼほぼブッダだ。
7971 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 22:37:48 ID:kTOWr5LC

                        __
                      \:::::::`ヽ          ┏                                        ┓
                      ,....:::´ ̄ ̄::\ヽ}-‐~、        アンダーファングは、サイタ・シバザクラは一人の男を思い出す。
               ,...::::´:::::::::::::::::::::::::::::}:/::::::::::__>
             <_::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈         グレーターヤクザ・キヨシ。己がセップクさせた、ヤクザオヤブン。
                /..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,
                /...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’,       正直な所、キヨシが切腹するとは思ってなかった。
          /..::::乂::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         ´ ̄ ̄{:::::::::::{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     確かに追い込んだ。周囲をニンジャで囲んだし、相手は
                 {:::::::::〈\::::::ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::{::::::乂_爻
                 {::::::::::::〉 ‘,:}:::\::::::::::::::::::::::::::/}::/         ニンジャリアリティショックを発症していた。それでも、無様に
                 {:::{!::::,′}:.{`{:::::::::`ヽ、:∧::::::/::::/
             乂}l:::{ 乂/}::∧:::::::::::::`::::乂/::::::{_         命乞いをする。そう思っていた。しかし結果は違った。
                {从   ,{/' ’,::::::::::::::::::{::::ト、〉i:i:i:i:i〉、
                   \      \{`ヽ、/乂} {i:i:i:/ }      キヨシはセップクした。クランと、自分のソンケイを守ったのだ。
               __ \__,、   /_,,,=‐''"´ _,。〈{
               〈i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:‘,{ ̄    _,,。oi〔______}      あの男にミスはあった。立派とはいいがたいヤクザだった。
               ∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i,r} {   〔_____{
               ∨i/〈i:i://   }   {__/-=ニニ=ミ{、     それでも、確かにソンケイはあった。サイタのニューロンに、
               }〈、/}/ /rfニ{  /く__________}
                 {/_/}/〈/-{_,/____________八     彼の最後が今も残り続けているように。
                  /_〈/{、::::∨__________∧  ┗                                      ┛
              {____/ / }\/___________∧
              {_/ ∧.{  }___/}_______________∧



         _= = 、ヽ、 ヽ 、
       イ/////////////////\、              ┏                                            ┓
       ,'//////////////////////\              それを踏まえて。ラオモト・カンにソンケイを感じたことがあっただろうか?
     ////////////////////////、ヽ
    ,///    ///三ミヽ\`、l', l//二 ゙             彼から受ける印象は、只々恐怖である。機嫌を損ねれば殺される。
    /      ////≧`ヽ゛;ヽl'〉// ニ、ヽ
    '/      '///,/ 。\、〉i'/ヘi/,,_,,、 `''            ミスをしたら処分される。損害を出したら重い処罰を受ける。
    ,'  ,,._、、l/,  '//≧ニニシ`ヽ` K 。ヽ,),i
   ,// ィニ ヾ/  '__>_`_ ゝ≦三ニ今ヽ            覚えられたくない。サイタはただそう思った。今もまだそう思っている。
   /l l',∧ l/' ̄ 二ニ====ヾ" } \`\  l
    'l l l/,l_l,,l/////二二ノ〉i- ,,_ィ'、_;ヽ `''l            彼は、組織のオヤブンとしてどのように振舞っている?
 /ハニ二 ̄  _  ; -― ァ ー= /'n l/ィ '=―ニニニ= ,,、
〈///iー ,  ィ''"l l l//-、―、 '''''l' -,- 、`ー;- 、= _  ` 〉      リーダーシップは? 経営理念は? 未来へのヴィジョンは?
 ヾニ‐/ソ'lヽ ヽ'l l;、 \- + ,l -‐l―'l 、l /〉 /
   ,/〈l//ト//l l/\ ー'-=' _l  l l`//  l             遠すぎて見えない、という話ではない。今まで二度、フェイストゥフェイス
   l/\ヾl、l/li l////ヽ、 \_ ` ー ''オ, ,l
  /l l////、ヽ',l/ lヾ    ヽ\ー  -イ/ l,,/             する機会があった。しかし、全くそういったものは感じなかった。
,///ヽ、ヾ/// \ lヽ \  , イ/ヽ   l/i  li
/////ヽ ヘ \ \' ,///////ニ、\ヽ'l l/'l/、             ……やはり、ラオモト・カンからソンケイを感じたことはない。
//////、/ヽヘ\\ \ヽ//'    ヾ'//////,ヽ\         ┗                                           ┛
ヽ l////ヽ\ ヘ \ ヽ\      ヾ''/////ヽ\
/、 ',////ヽヽ ヘ′′′ ー- -- イ/////\/ヽ \、
 ヽ ' /////ヽ ヘ i/\\`ー-、/////// ゞヽ \  \
7972 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 22:40:37 ID:kTOWr5LC

                 _
                  `ヾ``: 、 __       ┏                                   ┓
             . :'"´: : : : : : : : ``: 、      ほどなくして、サイタは眠りに落ちた。ニンジャ耐久力が
            ∠: : : : : : : : : : : :. :.∧``
            /: : : : : : : : : : : : : : :∧       睡眠を欲していた。ニューロンにこびりつく、嫌な予感。
             | : : : : : : : : : : : : : : : : |
             |/|: : : : : : : : : : : : : :.}、|       特別なミッションへの不安。夢は見ないだろう。ただ、
             |/{: : : : : : : : : : : }ソ
               V: : : : : : : : : /         決して心地よい眠りにはなりそうもなかった。
             , -ニ二二ニ- 、      ┗                                  ┛
              {jI斗――  、}
              /二二二二二\
.           /ニニニニニニニ二\
            /二二二二二二二二二∧
        /二|二二二二二二二二|-∧
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
         |二 |. . . . . . . . . . . . . . . . | ニ|
7973 : ババコンガ ◆Ff7nWZGtso [sage] 2023/12/23(土) 22:43:05 ID:kTOWr5LC

                          . ´  ⌒ヽ
                          /  ト   }
                        〃   } ∨ jI斗─=ニ
                       ⌒ヽ ノ≫ ´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ` ≪         ◆ NM(GM)が「ケンドーソー先生がとても強いので」と ◆
                       》 /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ⌒\i:i:i:i:i:i\
                         {: /i:i:i:i:i:i: ′i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:\i:i:i:i:i:iL _      ◆ ショートシナリオで成長の機会を与えるために ◆
                         L′i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:i:i:i:《 /i:i\  }}
  .〈\                        |i:i:i:i:i:|i:i:i|i:i:i:i:i人i:i:i:i:i:i:i:i:i:《/i:i:i:i:  }}   ◆ 今回の戦闘をやった。シックスゲイツは強敵でしたね! ◆
   \\                      |i:i:|i: ハi:i:|i:i:i:i:i√\i:i:i:i:i:i:i 《/i:i:i: ヤ'
     \\ ┌ _               |i:i:|i:i:i:zxi:i:i:i:/允禿|i:i:i:i:i:i:i:}}i:i:i:i:i:i∨ /
      _\\ \ \           八:i:'/:iハ⌒X     |i:i:i:i:i:i/ |i:i:i:i:i:i: ∨ /
     ┌=ハ\\ }  \           \》i:个  ー ′ 小::::::/ .|i:i:i:i:i:i:i: ∨ /   オツカレサマドスエー
     ⌒ └=-〈 ゝ  ヽ           ./i:i:/ `ぅ爪 .ノノ/{   |i:i:i:i:i:i:i:i: ∨ /
         ⌒ 〉ヽ   ∨ /    -=ニ∠/ : :     }:〈/  乂 |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨
            ∧   乂   //  / :/          : : \i:i:i:i:i:i \i:i: /,
            / ∧   }、 〈 :/   -=彡   `ヽ          : : `ヽ、i:i:i:i:i\i:/,
                〉:  /: :┌┘⌒ : :       ´ ̄        : : ∨i:i:i:i:i:i:i ∨ /
              / }: :/: ィi〔 / : :                /,     : :|i:i:i:i:i:i:i:i:i ∨
              ./ i{У:/: :| { : :      ノ        : : }     : |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i |
            ./  | / ′::| { : :     /           : |   : :├┐ i:i:i:i:i: |
           ,   :/: :{: :.:.| 乂 : :              : : |   : :∧ノi:i:i:i:i:i:i:i|
          /   .′八: : /,  . :   ′              : : L   -=彡i:i:i:i:i:i:i:i: 乂
       ./  :/ |: : : : 、: :/, 、: : {          : : -=ニ二      |i:i:V/i:i:i:i:i:i:i:i\
       ≫=- /   :|: : : : : :〕ト \ \       : : -=ニ /⌒ ニ=-     |i:i: V/i:i:i:i:i:i:i:i:i \
       ⌒/ ,イ :|: : : : : : : : : :⌒マ=───=ニ   ィi〔 : : 八: : : : : : 〕トi:i:i:i V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
       / / / ハ: : : : : : : : : : : : : \ ──=ニ : : : : : : /: : : : : : : : |i:i:i:i:i:i:i V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
      /-≪ / ノ |: : : : : : : : : : : : : :|-〕ト : : : : : : : :ィi〔/: : : : : : : : :八i:i:i:i:i:i: V/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
7974 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 22:47:25 ID:c1IAieEf
オツカレサマドスエ
実力はマスター位階に近づきつつあるのかな
7975 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 22:47:37 ID:D45Alwdj
オツカレサマドスエ!
7976 : 梱包済みのやる夫 [sage] 2023/12/23(土) 22:49:33 ID:pGjzGWuy
オツカレサマドスエ
ラオモトサンは真っ黒な太陽めいて強大な影響力を持っている
近寄るものを燃やし、彼一人だけが輝き続ける在り方