できない夫は崩壊世界で掃除をする様です その6

8398 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:06:46 ID:mwaXWGiI
では、人、いますか?
(前の話で出た三人の中の一人、文香との過去話か、すすめるか悩んで)
(とりあえず今度過去話をやって今日は安価少し前まで進めます)
8399 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:08:24 ID:MTogy7Vw
8400 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:12:58 ID:nKwjEWP2
8401 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:15:56 ID:mwaXWGiI
マ、マウスが壊れましたが初めて行きたいと思います
8402 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:16:46 ID:mwaXWGiI

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::::....../| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  / ::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/:::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |;;;:;:;;;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |______||  |______||  |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |;;|______________________|.|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  | |______| |______||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ┌―┬―┐   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  i.|.i  |   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::|  |        ..:||  |  ..|  ..|  ..|   .|  |  |  |  |  ||  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  とある寂れたビル
┃  三階建てで、一階は喫茶店。二階に何の看板も無いがオフィスらしきモノがあり
┃  三階は全くの無人
┃  外側は悪戯書き等は無いが薄汚れている
┃  だが、外側だけであり、この世界の建築物にしては内部は清潔に保たれていた
┃  今、驚きと戸惑いと共に、この二階を借りている男性 小野できない夫に導かれ
┃  一名の男性と二名の女性、一人の少年、一匹の突然変異種に一機の侍女が続く
┃  彼らを待合室を超え、オフィスに入れると、少年にシャワーを貸し与える
┃  薄汚れたその格好ではいけないと詭弁を言い、束の間の大人の時間を作る
┃  少年は突然変異種を抱き上げると、共に入ると言い、その個室から出て行った
8403 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:18:23 ID:mwaXWGiI

             /         /  /      /   |  |:l ヽ:、:. ヽ \
             / /| /∨   /〃/√/ / /  / .:| l :|:|::. |lハ:::: ヽ::ト\_
             ,' |//    ///  / /.../  .::i .:/| |! :|ハ::|l:::}l::::. |、:!
            ,゙    ー=´イ 〃 .:l :l.::/ l |.;;|:⊥|_l_リ  }:|!:::}::::|::| j:|
             l         | /:{  .::|.:|::l /|':|::|:l:! l{:‐`マ十|::::}:/}::| j!
            |     ..::::/⌒:| .:::|::l:| / ! |:{_;!__{__ー{, ノ:从ソ ノリ
           │  .....::::::::://´r | ::::|::l:l.{   |{`''、_ノ_,~`  {((
          ,..ィイム:::::::::::::::::{〈_ ((\:::l::l:|::|   ヾ        \
       / \ミミヘ::::::::::::::::\_‐\_V|::l:|::|             >          ・・・・・・・・・・・・
     /    ..::::V少ヘ:::::::::::::::::::;}`ー、ヘ\::|           r´
   /     ..:::::::/   ∨::::::::N/   ヽ|:::ト|          _、‐ーーーー.#
      ..:::::::::::/       }:::ljハ|       |:::l::|        ´ r ' ̄ ̄ ̄ ̄~
     .:::::::::::::/        レ'!     ∧  |:::l::|ヽ、        !
     .:::::::::::::::;i        |:       \\|:::l::|  _>- 、 _ ノ
   .::::::::::::::::::i       j;/   /⌒>\!::l::|/_\  |::::l{
   ::::::::::::::::::|        〃,.r==ヘ::::く  ヾヘ:\三、\|:::f|
   :::::::::::::::::|       //二ニヽ \::ヽ :::\:::{\  +++
   ::::::::::::::::|       /〃、-─‐ヾミー≧}、_!:.ヾ}:::{;\z/'';
    ::::::::::::::::|     i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\j|:.゙V/   ,.;..
    ::::::::::::::::|     {{;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ;;;;;;;;}/  /三三
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  その中の一人の女性2級スカベンジャー・・・レヴィ、「二丁拳銃」、「殺し屋」、「糞喰い」
┃  様々な名で呼ばれる一流である彼女は睨む。この部屋に居る全てを
┃  ドブ川の濁り切った目で。禁煙だと言われても握り拳で無理やり納得させ
┃  部屋に居る全てを気に食わないと言うかの様に

┃  「鬼神」と言われる目の前の甘ちゃんスカベンジャー協会の男が目に入る。気に食わない
┃  この男が居るせいで、雑魚共が下手に長生きし、あまつさえ徒党を組み力を付けた
┃  自身の獲物を奪われる最大の原因となった男。
┃  根性も気に食わない。まるでこの世に善意があるかのように思っている脳足りんな顔が

┃  だが・・・それよりも気に食わないのは。
8404 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:19:24 ID:mwaXWGiI


       ./__r''./:::/::::::::/::::::::::::::::::::ハ::ノヽ:::::::::`ヾ    ノi!
      / / /::::::/::::::::/:::;:::::::/:::::i::{`゛ヾ}:::::::::::::i::::ヾir'///,!
     ./ヽ/,.:'::::::/::::::::;'::::/::::;イ::::::ハ::!   !::::::::::::|:::::::';:V///
    /__./ i!::::::;':::::::::::|::/i/::{ヽ:::/ }!   ;::|::::::::::!::::::::', `ヾ
    .ム/ i:::::::i:::::::::::::|rfミ、 !/     _/::i:::::::::;':::::::::::i  \
    /::::\ >::!:::i::::|:::|ゞソ ゙      /イ`:::::/:::::::::i::::|  /
    !::::::::::::乂::|::::!:::|:::|          r弍/:::::イ:::::::::::;:::::! ヾ
     ';:::::::::::::::::|:::ハ- く     '    ヾソ イ:::::::::::::/::::::!  !
     ゞミ:::/::!人::::::::〉  _ _      /:::::::::/::::/::| ン
      ./:::::/i::::| ̄ 、  ` ´    <;;;;;;;;::イ/:::::/ ,リ
    /::::::/  ;::::;  } ヽ. __  .. イ::::/:::::/:::::ノ /
   /::::::/  ./::::ハ三ミ:.、 ,.i 、ー-、/:::::/::/´
   ::::::/   /::::/  }゙ヽ:::::::\:::!!ヽ /イ::::',/ ̄ {
   :/    /::/! /   ー-、:::/ !   ヽ:::ヽ / ヽ
      /::/ , i:',        \. { ー '' \:::',   }
     ,:::::::/  / ,!::;        ∨     ';:::! =≦ァ
    ./::::::/ ,ノ /::::}     ー- .、     ` <:!   {
    ::::/ /ィ::彡′         \     \  ノ
   ///´                 ヽ      ∨!
   ///{′                  ',      ∨
   /,'{:::!                  !      !
   '/,}::!  _          . : : : : : : . . ,: .      ハ:、
   /,'|::K    `ヽ   . : : : : : : : : : :/: : : . . . : : イ::Vハ
   ./,'i::!∧__    ', . : : : :,;.: : -=-≦、: :_ : .:イハ::::::∨}
   //|::!/∧ `ー- }-==≦/三三{ __i ‘ー/,'//∧::::::ヽ
   '/ハ::V/∧ー- '      i    i!  !  /,////,∧:、:::::\
   //∧::ヽ/ヽ }         l   .i!  |__////////}:::ヽ::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  間抜け面したアホの後ろにお行儀良くしている機械女
┃  まるで当たり前だと言う様にそこに居座り、自身の居場所だと、静かに間抜け面と話している
┃  その肌も服も。見た事が無い程に美しく学が無い自分でもソレがどういったモノか分かる
┃  何処で手に入れたのか。歩く札束。いや札束でさえ買えない遺物の中の最高峰
┃  自動人形を睨む
8405 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:21:33 ID:mwaXWGiI

              ..ィ≦:.:. ̄ ̄ ̄   ミx、
.             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.'.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:\
         /:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:.:..
        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. .i|:.:.:.:.:.:.:. '.:.:.:.:.:.:.:.:.
       ':.:.:.:.:.:.:..::.:.:/|!:.:: : :i|:.:.:.:.:.:.:.:.: i|:.:.:.:.:.:.:..: '.:.:.:.:.:.:.:..
       i. . i|:.:.:.:.:.:.:.' i!.i:.:.:.:.:i|:.:.:.:|!:.ハ:. |ト、:.:ハ:.:.:.:.:'.:.:..:.:.:.:.:.
       |::.:.i|:.:.:.:.:.:..'  .|:.. . .i|:.:. !|! i!.!. | '.:.i.|:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.:i|
       |::.:.i|:.:.:.:..:.i|  i|l:.:.:.i|:.:. !|! i! |:.|  |:i.|:.:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.i|
       |:.:ハ:.:.:.:.. i|ィ斧苡:.:.:i|:.:. !|i i! ィ斧苡 |:.:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.i|
       |:.」 |:.:.:.:.:.| 乂rソ i:.::i| : :!|i i! 乂rソ i|.:.:.. . .i|:.:.:.:.:.:.i|
       |:.| \:.:.:.::.,.   \i:.:.:i|!j      |:7:.:. .i|:.:.:.:.:.:.i|:,
       |:.|   \:.:.__,_____.  '         |:.:.:.:.:.':.:.マ: . .i|:.:.,
       |:.|    |  / , ゝ-、_.        |:.:.:.:.':./∨:.:i|:.:.:.,
       |人    | ノ /´ / /ー――---イ_:.:./  .7l:..:i|:.:.:.:.,
       |:.:. \  l      l        /:.' ̄ ̄ /ノ.i!:.:.:.:.:.,
       |:.:.i|:./.\ハ.      |        .イ.'   イ:.イ. .i|:.:.:.:.:.:.,
       |:.:.i|:.:i|:.:.:≧゚,.     |     ././  _/:.:/ i:.:.:i|:.:.:.:.:.:.i
       |:.:.i|:.:i|:.:./|:.:.l     l- ______./:::.:.'≦ --.、_.ノ:.:.:.i|:.:.:.:.: :|
       イ ̄≧---.7.    /.   / /:.:.:.:.'イ    7¨ヽイ:.:.:/人__
   __/   ィ ̄ ̄≧ 、  ハ____i::.:.:.:'    /   」---二二二i
.  /ニニ≧._  |.      ノ_./.      |:.:.:.:i   /._ ≦ニニニニニニニニニ.゚,
 /ニニニニニ≧._〉    /  \     i.___i|  _.≦ニニニニニニニニニニニニニi
./ニニニニニニニ.〈 |  /    l    ィ‐、 >〈_. .-、ニニニニニニニニニニニニ |
ー―――-- ∧」_/   / .〉二 /\ ヽ   \:::∨ニニニニニ二二二二i
ニニニニニニニニニi|       .イ、  r 、.       \∨ニニニニニニ----≧!
ニニニニニニニニニ.゚        | \イ\         .,:∨ニニニニニニニニニニム
ニニニニニニニニニ゚      , ≦_ ≦:::::::::\       」__∨ニニニニニニニニニ7
ニニニニニニニニ. ゚      /ニ」::::::::::::::::::::::::::\  ,.イ  ̄ヽ  ∨ニニニニニニニ/
ニニニニニニニニ ゚      i 〈  マ:::::::::::::::::::::::::::::Y        ∨≧ニニ _ニi|
ニニニニニニニニ.゚.      |.∧.  マ:::::::::::::::::::::::::/         ∨ニニニニニ\
ニニニニニニニニ゚      |ニ.∧  マ::::::::::::::::::〈           ∨ニニニニニ/
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  だが更に気に食わない存在が居た。
┃  先程と同じく美しい服を着、肌色良く。旧時代の雑誌にでも出てきそうな少女
┃  自身とは全く生きる場所が違う少女だ。この少女をこの街では知らない者は居ないだろう
┃  「鋼鉄の姫」「泥糞のお嬢様」「老害の姫」・・・etcetc
┃  一時期、酒場ではこの少女の名前が出ない時が無かった程の有名人
┃  生きたIAI製プラントを持つ大資本家にして軍事産業「ジョースター商会」のお姫様
┃  文字通り、住む世界が違う、超上流階級の人物
┃  元元下町に住んでいたが、現在の当主の祖父が妾に産ませた
┃  年齢差50歳の親子。この世界の覇者とも言える地位に付いている少女である
┃  この建物の主と懇意である。という噂を聞いた事はあるが事実だと今知った。
┃  だがその少女は。ガラス越しにしか見たことの無い美しい布を杜撰に扱う様に座り
┃  少女は何も見ず、唯この場所の主を見つめている
8406 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:22:30 ID:MTogy7Vw
待てやその飛行機に乗るとことごとく墜落しそうな祖父w
8407 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:24:17 ID:mwaXWGiI

               / ̄ ̄\
            /   「   \
             |    ( ●)(●)
             |       | |    ふぅ~さっぱりした。
             |     __´___ノ    来客中にすみませんでした。
             |     `ー'´}
             ヽ        }     流石にあの格好で話す訳にも行かなかったので
           ヽ     ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::|
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  気に食わない。気に食わない
┃  同じ芥籠の中の人間なのに、穏やかな顔が出来る男が
┃  洗浄用極小機械郡のスプレーを付けただけで血の匂いが無くなる間抜けな男が。
┃  何度も銃火を交え、罵倒し、その体に何度血を流させたか分からない
┃  だが一度も曲がらなかったこのクソ野郎が気に食わない

8408 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:27:53 ID:mwaXWGiI


                             ///           /~ヽ
                         ///          ////}
                          |//!         /////!
                         r、_!//!          //////
                       ∨//,!       __ノ/////
                        {ヽ  }///|       .}////r''´ ,,..r≦ア
                       !/ハ_ノ///!     /////,乂_ノ///
                     _∨/////,|___////////////
                ____r'==== 、_/___   }///////⌒'
                マ三>..:´:::::::::::::::`ヽ_ _,.へ/\///乂__,,.. --―ァ   緑茶が無く、湯呑はある。
                 >.:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::::::\__ ` 7///////////    飲み物は珈琲粉のみ・・・
               ヽ/:::::::/:::::::::::::::::::::/ヽ,ヘ:::::::::::::\ ヽ////////彡 ´      (主様は案外ズボラだと認識します。問題ありませんが)
              /::::-/---:::::::::::/:_/_ ~゙`';:::::::::::::::::', \}ヽ ̄ ´
                /:::::::::/:::::i::::::::::::::::/:::/     }:::::::::::::::::::.   ヽ           「い、いやお客さんなんて此処まで来たこと無いしね」
                 〈::::/::::Tー|:::::::::::::/ {/_____j/:::::::::::::::::}    \
              V::::::::|弐三三リ   弐三三リ |:::::::::::::::::;    /         ・・・後でお話を
              {::::::::::i弋三沙′  弋三沙′,:::;::::::::::::/__   (
                  ヽ:::ト::!             /::/::::::::::/::::::/`⌒′         「う、うん・・・」
                 |::ト ,,   △       ´7_:::ィ::::/
                  |:::! ≧== --- == ≦-ーァ.|:::::| ̄
                    |:::|   } / У  r'  乙_)::::::|
                 ,:::::!    r===ォ、__ノ//|_r''./:::::::!
                   /::::::;   r} ---{__ノ//,'| /::::::::;
               /:::/:::!  ,N_-_⊂!, V//!./::::::::/
                 ヽ/--' //! / /∧ ヽ//:::::r-'
                 ∠__乂__{ {//∧  `ー
                       ` ̄ ̄` ー-- ’
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  目の前のこの札束をまるで人間の様に扱い
┃  自身の友か家族の様に。当たり前の様に扱う事が気に食わない
┃  そう、まるで・・・

8409 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:30:00 ID:mwaXWGiI


            /イ:: |:::::::: |:::|:::::::::|i::::|ヾ∨イ::::::::::::∨::::::::::::ヾ\               j
           /:::::|:::::::: |:::i!::::::::リ::::!   /!:: i:: l:l:::|:::::::::::::::ハ               /   /
            /:::::/!::::::::リ::从::: ハ:::!   |::::|:::|:|:::i/: |:::i::!::::!ヘー―‐---ー―<´   /
          ハ:/ハ:::::::::|从!_∨ ̄ヾ、   リ八ノノノi:::::!: |::!::/       /          /
            |::::i{{, ∨::::!<弋歹     ィ弋テゝイ:ノ!リ//     /        /
            |::/:ヽ、 ∨小、             イ:|ノ| /   /           /
           /:.:::::::ヽハ:! \     {、      /::!:: !   , ′           /       ・・・・・・んでだ、早速だが
.           /:.:.:::::::::::|:八!         `"      /::: !:: ! /               /
           /:.:.:.:.::::::::::|:::::::\      __,、    イ:::::::|/                 ′       できない夫いt「売りませんよ。彼女は」
        /:.:.:.:::::::::::::::|:::::::::l| \   ´ \\∠:::!:::::::|                , ′
.        / :.:.:.:.:::::::::::::::!::::::::ij}) `   __ イ\,>く !::::ハ.            /           ・・・・・・ぁ”?
        /:.:.:.:.::::::::::::::>∨:::::|::へ :     ハ Ⅵ|::::::ハ         /
      ハ:> " ´マム ∨::ハ⌒) :     /   ヾ∨::::∧     /
     , '´    ヽ.、  マム.∨:ハ       {    , ∨::::::i    /
.    / ____  ノ:ノ   マム∨:i` ー-- 、 ヽ  ノ  ∨:::::!    /
.    ,'´ ::::::: `::::く.     Ⅴハ∨、、     ヽ   /     ∨::!≧.、/
   l/  ̄ ∨::ト::::ヘ    Ⅴ////≧r、、       ,イ: j/////,ヽ、
   |     }:::} ヽ:!    Ⅴ/////////≧=ー--=≦!レ'////////,ヽ、
   |  ヽ__ノノ   ;j  j   Ⅴ/////////////////////////////ハ
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  善人であるかの様に振舞うこの間抜け面が
┃  こんな札束の塊を好き好んで。置いておく事を
┃  聞こうとする前に返答等知っている。
┃  この糞男が何度、こういった選択をしたのか。知っているから
┃  金よりも大事なモノがある。と古臭いコミックの一節の様な事を言う事を

8410 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:32:58 ID:mwaXWGiI

         -==≧ ,\ヽ
        , ≦//////≧z\
       /////////////////≧x
      ,イ/////////////////////\
      ム//////////////////////ム
      / ,イ//癶、//////////////////i
        ハ∧込リ//////////////////ム
          〉-‐’//‐-=、////////////_ソ
          ヽ       ヽ乃ュ////////Ⅵ
          i、       ////>、///リ
         ト ヽ _,    /イ>´ i//
         l      _,x、≧二ンハ
        ` ̄ 于三シ   リ///
             _iz≦ニニニ/ニソ≧、
       z≦三三三三三三 /三三{
    , <三三三≧≦三三三三三三≦、
     >≦三三≧zx三三三三三三三x_
    /三三三三三三三ヽ三三三三三三三>、
  /l三三三三三三三三i三三三三三三三三ヽ
/三:iニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニ)
 ̄ )ムニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニ(ヽ
.  /三iニニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニム
 /ニニ}三三三三三三三三|ニニニニニニニニニニノ
 〉ニニiニニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニし,
./ニニニ!ニニニニニニニニニiニニニニニニニニニニニi
三三三ヽニニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニム
ニニニニ\ニニニニニニニ|ニニニニニニニニニニニニニム
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  その答えを聞き、何処か満足そうに頷く隣のもうひとりの間抜けも気に食わない
┃  まるで自身がおかしい。と言いたいかの様に綺麗事を並べる奴らが
┃  どう見ても売ったほうがノーリスクであろうに
┃  まるで目の前の自動人形が可愛そうだとでもほざくつもりなのだろうか?
┃  理解できない。気色悪い
┃  銃弾を膝にでも叩き込んでやりたくなるが
┃  既にできない夫に数発撃ち込んだ事があるのに、この1発で変わるとも思えなかった
┃  弾丸の無駄だと心の中で唱え、冷静を装う
8411 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:36:54 ID:mwaXWGiI


              __ ,.、<´ ̄∨ ̄ヽ<ヽ、、
             /::::〃〃::::::::ヾ/::}:::!::::ヾ:ヽ\
            ,:′〃〃:::::::::/ヾメヘ:::/::::::イ::::}:::ヘ
             //:::::::::::::::i::::::::!    !/ !::/ j::/:::::::::ヘ
              /イ:::::::::::::::::ト、::::|_,ノ /ムj/ー/ハ::}::::::::ヾ、
          ¦i::: |:::i:::!ヘ√∨ヘ    ,/ /`リソノ::!::} ヽ
           |::::|:::トリ_リ廾ヘミ    ゝ_/__/_/イ:::::/     あー・・・・・・偽善者
           ヾリ::::ヘ ゝ__f;j__    __f;j__ゝイ:::/      返答は大体分かりきってるが
            { |::::! \     j       j:::!}     知り合いの縁で聞いてやる
             `|::::',              /!:::!
                !:::::ト、             / j::::!      何でだ?
                !:::::| ゝ   r ── 、  ,' リ:::|
             !::::|/:>、´  ̄ ̄ ` イ  j:::j
           ___ノj:::|::::::::::レi> 、  イ;;;;l   !/
                /;イ::::::::ノイ  ヾ;;;;;;;;;;;;i、 /
             /´/::::>ソノ ノ八     /   ヽ、、_
                ////ノ    ゝ  <    ヽ:::::::::::`ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 レヴィ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  段々と呆れがにじみ出る。もう怒り等湧かない。
┃  故に、忠告として再度確認として聞いてやる事にする
┃  貸しも借りも腐る程ある相手だ
┃  商売仇ではあるが一応利用出来る相手でもある
┃  それが馬鹿な真似で使えなくなるのを放置するのも惜しい
┃  煙草を乱暴に灰皿で消すと新たな煙草を取り出しながらできない夫に問う
8412 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:39:53 ID:mwaXWGiI


                   ..-‐ ‐- 、
                   /       ヽ
                     / .,  ,、_      i
                l`´    ̄     |
                | (;:) ( (::::)    i
                     |  /      u. l        どうもこうも無いよ、レヴィ
                    l 丶       l          彼女の主に俺はなった
.       `ヘ`ー ‐=─-‐‐-.l  - --       ヘ.
        、           ,、       .// !、       その証拠に依頼中に助けてくれたし
.       ';.           / `≧ =´l /  l ヽ      今もこうして共に行動すると決めた
.         ∧           /_._ ', }   /  l  \
.        '≧ ‐-<._   ´  \' .γ´∨  /    ヽ、  俺も彼女を受け入れたし
.         ∨/////`≧    ヾ;;;}/〃 ∧/        ヽ  何より、俺の感情的に無理だ
.         ∨//////,'    〈;;;;;;;;〉         ,      ヘ
       > ´_∨/////{      〉;;〈         ,
      >  ´ ヽ、////.',    /;;;∧       !
       |      l/////}.    |;;;;;;;;;|        }
       i  、 、 ! トァ///.}   |;;;;;;;;;|        |
.      ゝ ヽ_乂i |;;;」// ∧   l;;;;;;;;;l
              ゝ ̄////.}   l;;;;;;;;;l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  若干顔の強ばりを感じる
┃  何度か同じような問答をし、毎回頬に熱い1発か、鉛玉を叩き込まれたり
┃  何度か頭突きを叩き返したりした記憶が蘇る
┃  この世界で迷いも情けも邪魔にしかならない。
┃  それを掛ける相手にとっても自分にとっても
┃  気を抜けば死ぬ世界でこの感性は狂っていると自分でも自嘲する
┃  それでも気に食わず頭を下げ生きられない理由も確かに自分にはあった

8413 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:42:06 ID:mwaXWGiI

           _ .....::::-‐´`ー'ヽ_ ,ヘ_,
        ,...:::::´::::....:::....:::::::::/:|/!´!::..'ー-、
.      //}:::::::::::::;::;::::::/,,ミ彡}:::}::::::....;.`.、
      ///:;:::::::::::/}|!::/   ゙"./::/::::::::::/::::...`-、
.    {i. /:::::/!::::::::/-リr/‐-、  /:::/!:;:;:::;/!::;::::::::::::!
      !::::/ |:::::::/r‐セ:::.ァ、 ゙ ノ/`l从{:! ソ}:::::::::::|      数千、いや下手すると万単位か?
      |:/,...!_:::i|i `ー`‐'-´ ´  y=ニ._j!ヽ|i:::::::::::::}      ヘイヘイ、ダッチワイフには高級すぎるぜ?
     ,..::´:::::::::::::|{ "゙"   /.   `ヾ:::}゙ッ リ::::::::;::/      チェリー
   /::/::´::::::/f|    ,   '::.     ̄ /:::::/ ソ
 //;'´;::::::::::::/ヽj   |`ー-、 _    /:::::/         素直に札束とコンセントにでも粗末なモン突っ込んでろよ
.{ {! /::::::::/  !   `ー-  、 j`!ァ ∠ィ::::::/ノ
`::ー'/::::::/-‐‐:::´::ヽ    ー、   ´  /,:::::/´
::::::::::|:::::/::::::::::::::::::::|、\        //::::/
::::::::::|::::|:::::::::::::;;ノ::;:|iiム ヽ _ , ....::::::´:/:/,.:-‐ ヽ
----|::{ー‐‐_..'::::ノ !i{ '   .:::::::::/:/´/      \
=ニ::{!ニ二 '´_ノ}ゝi}   /:::/:/==/        \
      ,.ィ=ニフ´-ー'‐、 -'.::/:/{゚|=={          `i
 ,.zr‐jiii/=/|_ミ}ii}    ,{/-‐//!圭ヽ            !
/r='、`,/==///,ー--‐‐, //´//////\==ヽ          .{
ii{iiiii}/|ニ///////////////////////ヽニ!         ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  案の定嘲りの言葉と笑みが浮かんだ。
┃  正直に言えば例外を除けば他の街人でもそうであろう
┃  というかこれから集られる覚悟も、泥棒をされるの覚悟もしている
┃  詰まる所、金塊がギッチリ詰まった宝箱を拾った様なモノだ
┃  鹿角を売れば数世代は優に遊んで暮らせる額が手に入るか分からない
┃  ならば人間。大抵の事はする
┃  それをできない夫も知っており、レヴィはできない夫がそれを理解している事も知っている

8414 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:44:57 ID:LYPRGJEk
いつものことか
8415 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:44:58 ID:mwaXWGiI
レ、レヴィとぬ~べ~の口調が合ってるかが不安です・・・




/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
;:::イ:::i::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/リ、:::::::::::::::,'
.Ⅵ:::i|::::::::::::::/_ヽへ:::::::::::::::::::/:::::,イ   ム:::::::::/
  i从ヘ::::::::t==ニ≧zx、:::::::::/i//≧ニ三=t三/
      i べト 弋て_ナ≦、::リx彳で_ナツ ∥゙`i       レヴィ・・・早急すぎだ
      VTム          冫          ム.ソ i       もう少し掛ける言葉程度あるだろう・・・
      ヽ≧,         /.|       Ⅶ /       あぁ、いや・・・そういう奴だったなお前は
        <       〈i         /‐'
         ハ     ____     /′
           ト、    ー― ´   イ'
         ,イ  \      / l
       ,ー彳',   > 、__/   ハー、
      /ニ/ \         / Ⅶム__
   /二ニニ|   \       /    Ⅷムニヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  隣から、例外が口を出す
┃  お菓子を手元で弄りながら、口を開く
┃  確かに忠告は大事で確認も大事だが
┃  自分達はまだ何も分かっていない。
┃  できない夫に何があり、何を思い、何故決めたのかを聞くべきだ。と
┃  そう言った彼の言葉にできない夫が咳を数度し場を改めると
┃  口を開いた
8416 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:47:48 ID:noxlMFn.
高級自動人形の戦力はその厄介事をしっかりおもてなし(物理)できるのだ
8417 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:47:50 ID:mwaXWGiI


                / ̄ ̄\
                 「   ヘ   \
                (●)(● )   |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   |       .|
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{


       [―重要な依頼内容は伏せ下水道に居た理由を説明中―]


             /         /  /      /   |  |:l ヽ:、:. ヽ \
             / /| /∨   /〃/√/ / /  / .:| l :|:|::. |lハ:::: ヽ::ト\_
             ,' |//    ///  / /.../  .::i .:/| |! :|ハ::|l:::}l::::. |、:!
            ,゙    ー=´イ 〃 .:l :l.::/ l |.;;|:⊥|_l_リ  }:|!:::}::::|::| j:|
             l         | /:{  .::|.:|::l /|':|::|:l:! l{:‐`マ十|::::}:/}::| j!
            |     ..::::/⌒:| .:::|::l:| / ! |:{_;!__{__ー{, ノ:从ソ ノリ
           │  .....::::::::://´r | ::::|::l:l.{   |{`''、_ノ_,~`  {((
          ,..ィイム:::::::::::::::::{〈_ ((\:::l::l:|::|   ヾ        \
       / \ミミヘ::::::::::::::::\_‐\_V|::l:|::|             >
     /    ..::::V少ヘ:::::::::::::::::::;}`ー、ヘ\::|           r´
   /     ..:::::::/   ∨::::::::N/   ヽ|:::ト|          _、‐ーーーー.#
      ..:::::::::::/       }:::ljハ|       |:::l::|        ´ r ' ̄ ̄ ̄ ̄~
     .:::::::::::::/        レ'!     ∧  |:::l::|ヽ、        !
     .:::::::::::::::;i        |:       \\|:::l::|  _>- 、 _ ノ
   .::::::::::::::::::i       j;/   /⌒>\!::l::|/_\  |::::l{
   ::::::::::::::::::|        〃,.r==ヘ::::く  ヾヘ:\三、\|:::f|
   :::::::::::::::::|       //二ニヽ \::ヽ :::\:::{\  +++
   ::::::::::::::::|       /〃、-─‐ヾミー≧}、_!:.ヾ}:::{;\z/'';
    ::::::::::::::::|     i/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\j|:.゙V/   ,.;..
    ::::::::::::::::|     {{;;;;;;;;;/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヾ;;;;;;;;}/  /三三
8418 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:50:09 ID:mwaXWGiI
いくら有名スカベンジャーとは言え、自動人形の戦力何て知らないのでは・・・?
と思っています。まぁ、これからこの街の住人は嫌でも知るハメになりますが



                / ̄ ̄\
                 -‐'  ヘ   \
                (ー)(ー )    |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   |       .|
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{


           [―死にかけた時のことを説明中―]


       ..__
       ゞ` -..___ i` -.. _
     __ヾ`゙゙゙::::::::::::::::::::::::::::::::`-._|ヘ!i
   .-":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`´:i
  ,-"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ,", ","::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 ' / ./!::::::::::::ノハ::八::::::::ノ:;ハ::::::::::::::::i
  i/ i / =-、、 ≧=|||=≦、、-=::::::::::::i
  " i ! ゝi 、 ̄ , ~ 、  , i:::::::::::i
    ヾヘ ! iヘ ゝ-´    `~',,、 i /ヽ:/
        i i       ~ ,  iοi/
        ゝi       i, /`´ i
         ヘ       ∠ ノ .!i、
    V__.V、.-'''"ヘ_,.- _,∠ / /  ヽ
   (`‐-、i.i二! , ///~i ゝi"  /
   二---ゝ⊃ //|| ,.!.| /llllヘ /
  ./〉---ヘヘヘ∨/||_ !ヾゝlll/Y / /
 ,/ ヽ二匚ヘヘlllllll三冫ヘ|llll| ノ /
//  /   ̄ ̄フ ̄´.| |lllll|  /---‐‐
||  i'     /≧ ̄ ! .|llllll|´ | /
!、ヽヽ_____....-'、 ∈|  | .|lllllll|  |/
8419 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:52:01 ID:mwaXWGiI

              、、 ヽ
             _...-ゝ` ゙:::::`ゞ゙゙゙::::...、、.
           ..-'"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
           "~~フ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i/
           .-'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
          ,'"ゞ::::::::::::::::ノハ:::::::::::〃八_..;::::::::i
          ' /::;i::::≦二ニ=.ヘ:::/ =≠ニヾ:::::::;
            i:i .i:::::::::〈 /´`、`´ /´ヽ .i::::::;
           ゛ ヾ゛ゞヘ,;;  ,    ,;;,, ノ,ヘ
                ヽ!;  `    ./_ノ
                 .ヽ-' ⌒ヽ/i/
                  /i `ゝ‐'´ ,ノヘ
         ,---------‐ヾ `ヽ .、_.-'"  〉`、...........-- 、
        ;'i       |'i .ヘ   /llll,、  i  i     i ヽ
       i i.       .:.. ヘ  /llllll;ヘ  i .i      i )
       ,レ, |       ヘ ヘ/ヘlllll/ ヘ,/ //      i .!ヽ
      :'" /i i     i   ヽ ヘ .illlll|   /       .i i i
      | / i.i      i   ヽ ∨lllll|/ / /      |i  i、
     i /./i.i      i .ヘ  ` illlllll|/  __....-‐'''"´i ii / i
    i´レ ./ i   i    i ヘ   illlllllll|  i~´      .i i // i

          [―鹿角との出会いを説明中―]

    /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::ヽ::::::::´丶::::::::ヽ:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::\
.  /::::;;::::::::::::: :::::::::;::::!::::/:::::ヘ:::::::::::::ヽ::::::::!、:::::!:::::::::::::::::::::::::::::::_\
∠::- /:::::::::::: ::::::/! ゙|::::ミミミミミ彡゙:::;;;;;;|::::::|''}:::::!、::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ
.  /::::::::::::::::: ::::::| ||. |::::!゙゙゙゙゙゙゙"´ ,.. -+:::| +:::::| ヽ:::::::::::::::::::::::::::::!
  /::::::::::::::::::::..;::::::|´|!¨!::::!ヽ       |::::} '!:::/`丶!::::::::::::::::::::::::::::|
. /::::/.::::::::::::/!:::::| { ヽ:{        !:/-}/   }::::/f:::::::::::::::::::|
/:::://:::::::::::::/ {::::{ _ -‐-、、     フ´/r‐ ソー-:、/;:::/ }:::::::::::::ハヘ
|::/ /::::;:::::/::!  :ゝ-\`ヽ          '/      'ノ}/ / }::、- 、!
{| !:::/!k::::::!  i!             '  (・)    /i!   !!、:ト、 ヽ
  !:/ !| 〉、:|  |   (・) :               /   ,i!∧:i ! .}
  {  ゙l /ヽ} :ヽ、  _ ッ   :;     ¨ ‐- ..__ /    ヽハ:!,!./
     i レ//! :::::. ̄     /     yvw        ,ク}!/__....-‐-...... _
     /y:/t|  /VV     |::.               j,/ ,ィi´::::::::::::::::::::::::::::二:::丶
     / |/\|         `              rt‐彡ヲ::::::::::::::::::::::::::::`ヽ `ヽ!
.    | |!  ゚、                      /:/ヾノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
.     | i!   ヽ                    /::{ }iヽ:::::::::::::ヽ ::::::::::`ヽ::::::::\
    |  i!    \    -=-‐──=ニ二!   /::::::::::ヽ !| ヽ::::::::::ヽ!:::::::::::::::::\_:::::ヽ
    |  {      ヽ             /:::::::::::::::::ノ\  }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`ヽ!
    |   ゙        `          /::::::::::::::__:∠ .. __\|::!:;:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
    `            `>、‐-‐..:::´::::::::::: ::/       ̄,へ::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::i
          ____.. ,-‐ァチ/}..   :::::::.  /            \::::: ヽ::::::::::::::::::::|
        /ii' ;iiii''''゙´,ii/ / ';:      /                 ヽ::: !::::::::::::::::::/
8420 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:53:35 ID:MTogy7Vw
まあ、匹敵するのだと現状本社のsfさんか雪モグラのサクラーズやグリゴブさんの相方くらい…意外と多いし噂が広まってそうなのもいるな(汗
8421 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:55:00 ID:mwaXWGiI
本社のsf様の活躍をこれからも心より楽しみにしています。
(私のできない夫と鹿角はあくまでイチャ付き目的だから・・・・・・)



                / ̄ ̄\
                 「   ヘ   \
                    [lilil] [lilil ]    |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   | }|||||||}   |
                l. ̄ ̄  ./_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l   
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{   ←半分ヤケ


       [―戦闘後の帰り道について説明中―]


                 ,.-――― - .
               . ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
             . ':..,.-―-.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.            /:. /      ` 、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            /:.:./           i|:.:.::i|:.:.:.:.:.:.:
.           /:. 7´¨  -  .   i|:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.
          /i:.. i|:.:.:.:.i|:.:.:.:.:.:.:.::.:¨.- i|:.:.::i|ヽ:.:.:.:.:.:.
         〃.| : i|λ: i|:.:.:.:.:.:.:j|::.:.:.: `i|:.:.:.i| |:.:.:i|:..:.:.
.           | : i|:! ヾi|:.:.:.:.:.:/.}::.:.:.:.:.:i|:.:.:.7 |:.:.:i|:.:.:.:
.           | : i|:l  \:/ |.::.:./:.:/: . ハ|:.:.:i|:.::.:.:
.           | : i|ム.      |// :.:../ノ:.:.:. i| .:.:.:i
.           | : i|:.:.ヽ '     ノ:.:.:./:.:./. : ::i|.:.:: :|
.           | : i|:.:.:.:. 、`   _. .〃:/ L/:.:.:./:.:.:: :. |
.           | : i|人_ノ `¨ l  i|:.:,  /:.:.:.:ハ:.:.:.:: :.:|
.          八:.i| |../. /    i|:.l /:.:.:.:/ |:.:. :.: :|
.            ヾ.j/  /  __ノ り ,:.:. . '.イ ハ::.:. 八
.             /  /.        i:.:./  / 〉i|:.|
             /.| i         .ィ/ ¨¨¨¨´∨:|
.            i i.八  .. :  / リ      .|从
          ≦八 ヽ`ー‐‐‐≦___.ノi      /
8422 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:55:26 ID:BVjBqXtE
本領軍士官には量産型やろけど自動人形が副官役で付くらしいし、案外ハイスぺ仕様もあったんやろね……
8423 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:56:42 ID:mwaXWGiI

                       ─-ミ
                   / 、_   ヽ
                    ー)  (ー)
                      / /        i
                 /        /
           r‐ぅ__      l   ̄ `               以上です・・・
.        (⌒ 厂      八       イ
         ` ´          アニ<// 〉、__ __
                ,./ /\  /_ < : : : > : :\
             _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
           /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
          ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
           { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
         / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
        、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
       / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
      / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
     { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
     ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  呆れ声、溜息、心配される合いの手
┃  様々なモノを受けながら説明が終わる。
┃  数時間の出来事だとは思えなかった
┃  自分自身そうなのだから・・・

8424 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 21:58:11 ID:mwaXWGiI

                    _ 、
              _...r‐---‐´ . !ヽ ..ヘ
           ..:::´:::/. .: ..:|:. :;.::|:::::´::::::::.
.          /:::::::::::::. ...::..::;::;{:::|゙|:!ミ彡:::::::::',
           /::::::::::::::::::::::::::::/!:! |::!{l`゙゙゙"ヘ:::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::;:::/´|!¨!ヘ`   |;、::::::::::ヽ
        !::::::::;: 、::::::::::::|i::Ki叨`ヾ   /ヾ、}:::::::ヾ、!
          !:::::://fヾ::::::::;:i !:i  ̄´     瓧i |:::::::;::! i!
         !::::{ ' k' |::::::::i{ !|      , 〉´ !::::/|:! '
       .ヽ:::::\ヽ!:::::::i!|        '  }:::/ リ
      /{{:::::::::::ヽ::::::::i`     r_‐r  /ル'
    /:::::::::/i:::::/ !:::::::l         /
  ./:::::::::::::/ ./  li;ヽ::::ヽ      /;:!
  /:::::::::::::::::{_/   ,_'iii__ヽ::::ヽ r‐--‐..::::::|リ
. /::::::::::::::∧:| _,. z'csニ三ゝ:´  ̄iiiiii`ヽ::i
/:::::::::::::::::|ニヽ二二二二/''!lll;'lii; ,,,,'',iiiiiiii,,、
::/!::::::::::::;:|二二二ニニ/lliiil' liiiiiii!; liiiiii':; '''ilヘ
::! |:::::::::::||i二ニニニ/iiiii;''''`,ii:''iiiii' ,,; ,iiiiii:;,,,,i|
!|=|::::::::::|_i!__二二二{iiii',  ´ ,iiiiiii;'' ,iiiiii;‐'';iii|
`´ヽ:::::::|////`i=cs=|''''''' ,,,;iiii;''',,i  ,iiiiiii,  'ii{
////////////}ニニヽ  、  ,iii,,,,,;iiiii'iiiiiiiiiliiiiiiヽ

      「明日には死ぬ ぞ(んじゃないか) お前」

       ヾ、             ヽ 、  !
    ゞ   ヽ`‐、._           `、ヽ. l.i
     ヽ`‐、__..ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、 i il/
  ヾ` 、_.ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゞ レ
   \  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ.
__...........-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
 `==≧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノj:ノ/ハ:::::::::::::::::::::i
   / /i:::::::::::::::::ノハ::ヽ:::::::::ノj:ノ:/ハ::≧ニ三ゝ::::::::i
  // 〈::::::::::::::≡ニ=ミメ、ヘ:::/ ヾニr ハロYフ.i ..-. リ
  〃  i::::::::::::≦ ヾ,代叭`ヽ   ` 下ニ´ i l≧i リ
     i /! Y  _ミー "´ |        ! ノ! ノ.i
     ヾ i ヽ . i ヘ    〈i.        レ-'/ i        , -、
       ゙  ヽヽヘ    `_..... 〟   /i ´/        ,ュ心ヽ
           ゙ .ヘ.   \.  ノ   ,/ .i./        .illllll|. |
              ヽ、  `´  /  .ト、       .illllllll |
              _.i ` .、_ , :'   _. '' ヘ       illllllll .l
              /ヘ   ´  ...‐'"´    ト-、     !llllllll l
           __...;'   ` 、__.-'"       i   i‐---.....!llllllll i___
      __....-‐'''"i 〈    /ニ\       ノ  ;     !lllll ヘ /`ヽ、
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  こうである

8425 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:58:12 ID:hKWbubYc
噂に聞く程度だとほとんど信じないんじゃないかなあ。
自動人形=人間っぽい警備機械程度の認識だと戦闘力を侮るのも無理は無い。
それでも充分手強いんだからそれ以上は想像もつかんやろ、教育もろくに受けてないんだから想像力も、だろうし。
8426 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 21:59:11 ID:Dn9C5OXY
ああ、なんか麻雀で天衣無縫上がった人のような言われ方してるw
8427 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:00:27 ID:xGbBzjzk
デスヨネー
8428 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:01:03 ID:mwaXWGiI
大体、現状はそうだと思って頂ければ>>人型っぽい警備機械
様々な事が出来、高度なAIと柔軟性を持つ警備機械。
人間で足りるのを金を払って見栄を張る金持ちの道楽。という程度ですね


                   i:::::::::::マ:::::::::i > < i::: : /::: : i
             个 、       マ::::::::: マ .r ニ    ヽ ./: : ,イ       _ -‐
           { ≧ェニ __   ヽ:::::::::::マ∨_ ,,...,, _ / /::: : {    > ´:::::::::::}
            八::::::::::::::::::::ゝ、<´¨ニマ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-  ヽ、イ:::::::::::::::::: /
            ゝ::::::::::::::::::::ム>: : ¨¨: : <:.:.:.:.:.: ニ/  \\\::::::::::: /
              ` <:: > ´: : > ´ : : : : : : `´.: : : :.` <\\> ´
                /: : >´ : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : :ヽ >
               /: : /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : マ ハ
                   ヽ、/ : : : : : : : : ,'.: : : :. :./`Yマ: : ハ: : : : マ: : :',∨
               /: : :.,'.: : : :. :.,'.: : : :. :.,'   ', : : ハ: : : : マ: : : ∨
               ,'.: : :.,': : : : : : i: : : :,': :      |: :i: :ハ: : : : ',: : : ',       人生4輪廻分の幸運かと
                 : : : : i.: : : :.i: : l: : : :i: .:      |: :|: : i |: : : :}: : i .',
                  : : : : |.: : : :.l: : |ニェL.!      |__|ニ.l |: : : :i: ::l  ,       確率的に、良く生きてましたね
                 | : : : : : : : : {: :,ィ==ミ_|     lィ==ミ: : : : :l: :l   i
.                ,'ゝ.: :',.: : : :. :.{乂r汐      乂r汐 |: : :.;: :,'   :|
             ,'  _`¨マ: : : :', ',     |        /,イ: : /|¨rヽ_彡
             ≧´ マヽマ: : :.ヽゝ          Z/ |: :/:: ¨: : /
                    ゝ:: \:_:_∧    _ _      .: : ヽ´: : : :ノ
                  ,'> |: : 个 、       イ |: :.|≦、´_ ニ -‐┐
         -‐─ ´ミ ミ <  {'//,|: :.|  ! |\    /|ハ:. |: :.|//ハ >== ‐- = 、
         ,'       ヽ l///,|: :.|:. ム マ .`ニ´ ,イ.イ : |: :.|///|            ',
.         {           l///,|: :.|:. : :ム マ   ,イ.,イ:.:. : |: :.|///| ニ=‐- .       :}
        _`ユ== -‐ ¨   l'//,'ム:.,':.:.:.:.: ム ヽ ,イ.,イ:.:.:.:. : {: :.{///|      ` < ,イ
       ´           l///ム:,':.:.:.:.:.:.:. ム,イ ,イ:.:.:.:.:.:. : iマム// |            `
      ',           l//,ム:,'}マ:.:.:.:.:.:.: ヽ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l マム//|   ` <        ム
       マ _ > ´     :l/,/:.,' {:. マ:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ゝマムイ      \    _ノ
.            .<´     ゝ:.:,'_.仆 、マ /:.:.:.:.:.:. : > ´ ゝニマム ∨       \/
         {.           /:/ ` < > 、> ´   > ´ ∧マ ∨\      .>
           \       /     マ ´    > ´      ム     .\   /
           ヽ-‐   , '        マ> ´            ',   く ヽ ´
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  従者からもこうである
┃  人間ならともかく電子存在である彼女からも言われる時点で相当だ
┃  宝くじを3つ同時に当てた様なモノである。当たり前だ
┃  それに対し彼女の主は頬をかき、もう二度と味わう予定は無いよ。と呟く
┃  唯、そんな中
8429 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:02:14 ID:mwaXWGiI

       
             /    \
            /        V
           ./           V
           '
           l    で   .  l
           |     、    |
           |    で     .|
           |    も       |
           |    ・     .|
           |    ・     .|
           |    ・     .|
            '          '
            ヽ       /
              \   /
               ><
8430 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:04:34 ID:mwaXWGiI

                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___``丶、
                    _.:.:.:.:.:.:.:.:.:._ -=ニ[⌒¨¨⌒}k_:..
                  .:´:.:.:.:.:.:.:.:_-⌒ア⌒廴≠彡'⌒>、
                /.:.:.:.:.:.: .: _-少'^/:.:.「:~ ̄|「``く⌒>,
                 ,′ .:.:.:.:.:.:.:「辷/il .:.:.:| :.:.:.:.||:.:.__:.\ン′
                 .′ ...:.:.:.:. |.:|_ア:i|_|[:.:.:.:| :.:.:.:.|「.:.:.:.`:.:|\}
                  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.|:.:.|:.|| 「 .:.:.:| :.:.:.:.||j)托㍉|{℃
              :.:.| .:.:.:.:.:.:.:._|:.|:.:.|_j抖芥/| :.:.:.:.|イ7/j} |八:.|
               i.:.| .:.:.:.:.:.:.:.「: l:.:.冰7/j} イ| :.:.:.:.リ Vタ /.:.:.: |{
                l:. | .:.:.:.:.:.:. 圦|:.:.:..Vタ'’ |/}/:,  ' ' 'ア.:.:.八  ・・・できない夫さんなら・・・・・・
                 |:. | .:.:.:.:.:.:. |ヽ|i:.:./〉' ' ' '         /}:/:||  ・・・・・・納得・・・できます・・・
                  |:.:.| .:.:.:.:.:.:. |:.:.|l,:.:.:.∧.    -‐ ...:イ:i| :.:. ||
                  |:.:.|:.:.:.:|:.:.:.:.廴||〉:.:.:./〉うぅァ‐-r<⌒刈 :.:. ||
                  |:.:.|:.:.:.:|.:.:.:.:|....|{ ∨:.:ハ ,/ 〉∧............}| :.:. ||
                  | 圦 :. |\ :|...八 Ⅵ:.:.}  / }/∧ ...... }| :.:. ||
                  |(二\|ニニ`、... \}i∧|   ,ノ///,....... リ :/.:リ
                  |ニニニニ\ニニ`、 .. リ≧==彡' ..../....〈/|:/|/
              ニニニニニニ)二ニ`、....-_............... /.... ‘,. | /
              ニニニニニニニ|iニニニ`、... ≧===彡....... ‘,
.                ニニニニニニニ||ニニニニ`、.\............}...........‘,
.              _ニニニニニニニニ||ニニニニニ`、 ..\__/................}
.             ニニニニニニニニニリニニニニニニ`、.... [] -=ニ¨⌒ヽ
           ニニニニニニニニアニニニニ=-‐ “¨  _,,. -=ニ三 ||
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  今まで静寂を守り続けた少女が、オドオドしながら呟く
┃  先程から目を誰とも合わせていなかった少女が真っ直ぐ見つめながら
┃  その言葉は、此処に居る者達の野次が止む何かを彼女は持っていた
┃  美しく、可憐な深窓のご令嬢然とした少女は漸く声を出した
┃  机の下で、小さく白い手を握り締め、彼らに対して言った
┃  
8431 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:07:41 ID:j8dbCLgk
(有名っていうか有力なスカベンジャーだったら人形持ちいる、ってか人形いるから有名になったりしたのもいるんじゃ……いやよそう。俺の勝手な(ry
人形持っててもスペック差はあるだろうしね
8432 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:08:37 ID:.v1KPbzw
ジェネラルバスターは上方修正って意味でスペ差あるしな
当然下になるのもおるわな
8433 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:11:39 ID:mwaXWGiI

                   . ., -ー……‐-  .
                  / -ー……‐-.  \:.\
.                 i/:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\. \:.:ヽ.
.                /:.:.:.:.:.:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧ ∨:..
               /:.:.:.:.:.:.:.:.:i|:.:.:.:::.:.:.:.::.:.:.:.:i| ∧ |:.:.:..
               .':.:.:.:.:.:.:.::./i|:.:.:.:.i|:.:.:.::.:.:. /:.: ∧.| .i|:.i
               |:.:i|:.:.:.:.:./|jハ:.:.:/:.:.:.:/:.:./:.:.:.i|:.Y:.:.i|:.i
               |:.:i|:.:.:/笊ミ∨:.:./i:/|:: : .i|:.:i|:.:.i|:.|
               ノ i|:.i| Vzリ }/ イ笊ミ、:. .. i|,.ミ:.:.:i|:.|   逃げなかった事も・・・
              / . .i|:.ミ    ,    Vzリ |:.:.:.:/ノ:.:.:i|:.|   助けようとした・・・事も
.             /::.:.:.:.:.:.:ヽ          j:.:.:./7:.:.:. i|:.|   ・・・危なくても・・・帰ってくる事も・・・
            ,:.:..什`ー‐イ\ `    イ::.:.,イ:/:.:.:.:.:i|:.|
            ,:. : } i| |  ./ヽ `ー‐    /: /. \i|:.:.:.:i|:.|   できない夫さんなら・・・
            i:.:/i. i| |  i  i  ---、_./:.イ    i|:.:.:.:i|:.|   納得・・・でき・・・ます・・・
            |:.iノ  | 八_... --イ /'  _ ―/:.:.:./ノ
            |:.|.   |    ___ - ≦._ ≦:.:. /i|
           .'レ.    |≠./      . /ニ /: /ニi!
.            i    |./        /ニニ.//ニニ/
           _ハ   ij        ./ニニ./'ニニニ./
          |ニニ≧、.V        イニニニニニニ 7
          |ニニニ.i| ゚,      ./ニニニニニニニ Y
          /ニニニ i|  ゚ , ___ ≦ニニニニニニニニニニ|
.       _. ≦ニニニニニハ.____/.ニニニニニニニニニニニニニ|
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  少女はそう言った。
┃  無意識に言ったかの様に。その後ハっとする様に静かに顔を俯かせる
┃  ご、ごめんなさい・・・と小さな蚊の泣く様な声で返答を返して・・・
┃  彼女の声に迷いも何も無く自分の中の事実を言ったのだと誰もが分かった
┃  彼女が半分飲んだその湯呑の中の黒さと建物外の濁りにも負けない
┃  彼女が評価した男性はそういう人物だと。彼女はそう評価した
8434 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:13:15 ID:HQw8rNj.
>>8431
そもそも自動人形販売店はあるしなあ・・・
8435 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:14:21 ID:mwaXWGiI
この作品の、というかこの都市の自動人形の扱いについては次話で説明しますね

  /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/廴彡'≠⌒寸}i\:.:.:.:.:,
 /.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:./廴_彡'⌒Y⌒廴/∧ :.:.:.:,
./:.:.:.:.:.:′:.:.:.:. / _]ニ=-‐ァ7フ'⌒゚≪∧ .:.:.′
{:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.:.:.///:.:.:.:. : |:.:.\|i:.:.:|
}:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:. |/:./ : .:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|       わ、私も・・・そうやって・・・・・・助けてもらったか
.,:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.jI斗 ァ|:.:.:.:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|
′.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:|^´.:.:. |//|:.:.:.:.:.:.: 八:.:.〕iト:.:|{ ⌒)   (つ、つい言っちゃった・・・・・・)
.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:|ィ托笊㍉| :.:.:.:/イ托笊㍉:.:八
.:.:.:.:.:i{|:.:.:.:.:.:l:.:ヒ-r少^}:/}:/  ヒr少ソ||:イ   つ
.:.:. : 八|:.:.:.:.:.:.:|//////// ||:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:l// -‐=======ミ .リ:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:| /〉 /////////∧イ:.:
.:.:.:.:.:.:. |:/|:.:.:.:.|〈 //∧//////////∧:.:.|
:.:.>…|{^|:.:.:.:.|. Ⅵ /∧/////////___〉_|_
ア....... . |:八:.:.: |.....〉'" ̄ ̄う/////と⌒Y...〕iト._
......................\ |....′   ニニつ,////ア⌒Y.........`_
.......................... ゚|....}     ー‐<////└'「 |.............`_
................................/   从⌒´-‐……‐-r|\...........`_
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  己の過去。
┃  一番困った時、庶民だった時祖父と祖母以外で
┃  唯一味方をしてくれた青年の姿を自分は知っている
┃  古本屋だった母方での実家。そこに通っていた常連客
┃  一角を貸出て古本を読む場所と珈琲を出しただけ、唯それだけで
┃  人見知りな自分の家族以外の唯一の話相手も
┃  用心棒代わりも、厄介毎も、いつも頼らせてくれた優しいちょっと頼りない自身の英雄
┃  それは、強い人物だと彼女は譲れなかった
8436 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:15:17 ID:mwaXWGiI
ミス

  /:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:/廴彡'≠⌒寸}i\:.:.:.:.:,
 /.:.:.:.:.,:.:.:.:.:.:.:.:./廴_彡'⌒Y⌒廴/∧ :.:.:.:,
./:.:.:.:.:.:′:.:.:.:. / _]ニ=-‐ァ7フ'⌒゚≪∧ .:.:.′
{:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|/:.:.:.:.:.///:.:.:.:. : |:.:.\|i:.:.:|
}:.:.:.:.: : |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:. |/:./ : .:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|       わ、私も・・・そうやって・・・・・・助けてもらったか
.,:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.jI斗 ァ|:.:.:.:.:.:.:.:.|{:.:.:.:.||:.:.:|
′.:.:. : |:.:.:.:.:.:.:|^´.:.:. |//|:.:.:.:.:.:.: 八:.:.〕iト:.:|{ ⌒)   (つ、つい言っちゃった・・・・・・)
.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:|ィ托笊㍉| :.:.:.:/イ托笊㍉:.:八
.:.:.:.:.:i{|:.:.:.:.:.:l:.:ヒ-r少^}:/}:/  ヒr少ソ||:イ   つ
.:.:. : 八|:.:.:.:.:.:.:|//////// ||:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:l// -‐=======ミ .リ:.|
.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:| /〉 /////////∧イ:.:
.:.:.:.:.:.:. |:/|:.:.:.:.|〈 //∧//////////∧:.:.|
:.:.>…|{^|:.:.:.:.|. Ⅵ /∧/////////___〉_|_
ア....... . |:八:.:.: |.....〉'" ̄ ̄う/////と⌒Y...〕iト._
......................\ |....′   ニニつ,////ア⌒Y.........`_
.......................... ゚|....}     ー‐<////└'「 |.............`_
................................/   从⌒´-‐……‐-r|\...........`_
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  己の過去。
┃  一番困った時、庶民だった時祖父と祖母以外で
┃  唯一味方をしてくれた青年の姿を自分は知っている
┃  古本屋だった母方での実家。そこに通っていた常連客
┃  一角を貸出て古本を読む場所と珈琲を出しただけ、唯それだけで
┃  人見知りな自分の家族以外の唯一の話相手も
┃  用心棒代わりも、厄介毎も、いつも頼らせてくれた優しいちょっと頼りない自身の英雄
┃  それは、強い人物だと彼女は譲れなかった
8437 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:17:17 ID:mwaXWGiI
わ、私も・・・そうやって・・・・・・助けてもらったから
で脳内補完を・・・・・・!




              / ̄ ̄\
             /    (ヽ(`_
            .|  U   rヽ`ヽ、`ヽ
               |      i i_)   〉    (違う、俺は違うから・・・)
              _|_____.   ヽ     ト__
         ---イ――--.、ヽ ヽ _ / ::::::: ',
     /:::::::::::::::::::::::::::/⌒ヽ.´_ノ〈:::::::::::::::: ',
    /:::::::::::::::::::::::::::/ ::::::::::`ヽゝ V:::::::::::::::: ',
  /:::::::::::::::::::::::::::/::::/::::::::::  ヽ  V:::::::::::::::: ',
  /:::::::::::::::::::::::::::::/::::::/:::::::::::::::_ __ヽ-ト、::::::::::::::: ',
 /::::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::::''''''''""::::::::::::::\:::::::::::::::: l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  それに対しその評価元は頭を抑える
┃  そう思われた事への照れとまるで騙しているかの様な罪悪感
┃  こんな評価を下される存在ではないと。
┃  目立たない様にするかの如く顔を隠す事が精一杯だった
┃  真っ直ぐな彼女の瞳がとても眩しかった
8438 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:18:24 ID:noxlMFn.
庶民から一代で富豪か、ジョースターさん流石やな
8439 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:21:01 ID:mwaXWGiI
>>8438 (ちょっと複雑な関係があります。投下終了後に文香についてのみ軽く触りますね)

            ニニニニニ/iニニニニニニニニニヽ。ヽ
              ニニニニニ/  |ニニニニニニニニニニムノ)
            ニニニハ_/__iニニニニ二二二二二ニニ〈
               ,イニニiー――ヘリⅦ_/二/ハニニニニニi
               リrzⅣ  , '⌒゙i  i/,へk'、  iニニニニニリ
             { (/            ヾzxハ二ニニニi
             Ⅴ,             '⌒ヾiヽ二ニニニニニ     まぁ冗談は置いといて
                 y      '        リ 〉ニニニ/     無事で良かった良かった。
               i  i´>- _           /_=xニ/
                  ム.  ∨     ‐-  ュ  /,-ュ )        できない夫が無事で何よりだ
              ∧  ヽ       ノ/ニニニ≧zx       それだけでも儲けものだって!
                ゝ、 > -  ‐≦ニニニニニニⅣ_      
              ノ  i ヽ、_  ,-≦二二二二ニニⅣ `ヽ
 ________,ク   ヽ  ¨¨iニニニニニニニ> '  , ⌒,
/  ,'            |     ∨  ',ニニニニニ> ´  /    ',
   ,            |   _ノー≦ニニニニニソ    /
.  i           |   / |ニニⅦニニニニ)    ハ       i
  |          i | /  |ニニニ〉i     |   /  ',     Ⅴ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  その言葉に表情を崩し、彼はそう言った
┃  金になる話を、まるで聞いていなかったかの様に・・・いや、そう聞いていなかったのだろう
┃  鵺野は満面の笑顔と、ほっとするかの様に頬杖を付きながらそう言った
┃  おせっかいなこの人物にとって、かけがえのない友人が無事であった以上の
┃  この話の感想は無いんだろう
8440 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:22:07 ID:j8dbCLgk
まあ自動人形の発掘量が少ない世界線ってこともありえるしね
そして逆玉ですよできない夫さん!
8441 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:23:30 ID:mwaXWGiI

            __...ノ∨´::ヾ"´ ̄ヽー::、__
           /::::::/:::::jヘ::::::\:::::::::\::::::\
          /:::::::::/::/ヾ/ヘ\::::ヽ、::::::::::::::::::::`\
.        //:::::::::¦ハj   ∨ヘ:ヘ \:::::::::::::::::::::::\
      ¦l::/::::::::トレヘ   ',i⌒リ ̄`ヽ\:::::::::::::\`ヽ
        |:i:::|、:::i´ヤx、\ リイ必アゝ}::::\::::::::::トヽ
        リ∨ヘ::!{弋ヌ    ゞー ′/イ::::ノ\リノ  }    まぁ、死んでたらこの話も聞けなかった。
           ∨ヘ\  /       / /イリヽヘ       そう取っておくぜ、ガンマン
          ヾ;:::! ヽ `    ____,     ∨:::::ヘ       儲け話をありがとよ
             ;'八   ヤ二三_ア    こV::::::}
             !::::::ヽ            イ!:::::l:::::::j
             ∨::∧\       / ト;:::::!::::::>ー一
         __ ヽ:::∧ iヽ __ <:::::::: l ',:::!\::::::::>.、、
       /((ノ)>\ヽム        !\:l::::::\::::::::::::::ヽ、
      /丿ノムノ<}:\ヽ           リ<::::::∨:::\ヽ::ヘ
       /イノヽゝソ⌒ヽ}:::(:)ゝ、ー-、丿ム─ゝ\:>.∨、_::::::j::ノ
.      /⌒)八(ゝ(⌒/::::::::ハ:ヽ、       ソ::ヽ:(:)::ヘ `ソ::ノ
     /つ厂(⌒)ゝヘ/::::::ノ:::::::::::::`:ー------ー′:::::\::::}  ∨
.   /⌒)ノノ>ノ /::::<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽj   l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  対照的に目の前の彼女はそう言った。
┃  あっけらかんと。屍拾いらしいその言葉を掛ける。
┃  文香は多少その物言いにムスっとするが
┃  できない夫と鵺野は僅かに苦笑いをする
┃  彼女がこう言う自体が稀なのだ。十分好意的。と言えた
8442 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:25:18 ID:mwaXWGiI

              / ̄ ̄\
             /    へ  \
                (⌒ )(⌒ )   |
                 |  |       |    まぁ・・・成り行きが分かった所で、その・・・・・・
              | ___`___     |    もう少し話がありまして・・・
                  | `ー '´    |
             ヽ      /
                ヽ     /
            _,,,,ノ|、 ̄//// \、
        _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
        /     /  |  /\  / /    / ヽ
       ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
       {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  沈黙を守り、影に徹していた鹿角は思考する。
┃  さて、目の前のこの人物達・・・
┃  関係性も何も鹿角には分からない。
┃  親しい人物だという事しか。
┃  だが、できない夫は此処に連れてきて、こうして話をした
┃  話の内容的に話をする事自体愚かである。
┃  が、主は抜けていても愚かではないとコレまでの行為から従者は思っている
8443 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:27:17 ID:mwaXWGiI


              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \
           l .l/ // ∠___ |
           l / / / _、,,.ノ |    力を貸してください
          r      /___   |
          /     /    u.|
         /     ノ     /
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  詰まる所・・・・・・話を通すべき相手である。
┃  又は話を通すことが現在の状況に対し有効であると知っている事となる
┃  そう、目の前の主はこの人物達を知っているのだ
┃  頭を下げ、そう言った主は確かに心の中で知っているのだ
┃  事実、彼は知っている。目の前の人物達のことを
8444 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:32:37 ID:mwaXWGiI



         -==≧ ,\ヽ   . lヘ ハ  メ::/// :/三フ
        , ≦//////≧z\ . .ヽミヘ /ミ:レ://从/三三ニ==
       /////////////////≧..ヘミヘlミ乂三三ミl从从从心
      ,イ///////////////////// .乂彡三三三ミl从从从从ミ
      ム////////////////////..弋冫三三三三l从从从从从心
      / ,イ//癶、////////////// ..冫l三三三三/|从从从从从从',
        ハ∧込リ///////////////.从',三三三/lミl从从从从乂弋从',
          〉-‐’//‐-=、////////..l:乂冫三三/ノ/|从从从从从ミ ゝ心
          ヽ       ヽ乃ュ//////.ァェョヨミ弋三乂三|从从从ミ心弋ミ 弋冫
          i、       // _____ム三三\ミヽ/三/ヘ从从从从心弋ミ |ミ:l
         ト ヽ _,    /./三三三二ニ==、ミヘ/三三>从从ミ:心弋', lミノ|
         l      ./´三三三==ニ二三ミヽ./三三三三三`ヽ从l レ .レ
        ` ̄ 于三 l三三三ミミl三二ニ=弋 冫==ニ二 l三三|从l
             _iz≦ 弋三乂三ミ:l三三三三三三三三三 |三三l从从ミ
       z≦三三三三.ヽ/三三ミ/三二ニ==弋乂=Ξニ二l三ミ弋从ミ心
    , <三三三≧≦三 ::心三三:/三三二ニ=乂弋==ニ二|三三心从从弋
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  過去に、とある事から下水道に落ちたせいで肉体、精神共に変異し
┃  悍ましい変化と精神汚染を受けながらも自我を保った男
┃  できない夫と共に過去に起きたエルクゥ事件に携わり、変異治療法を模索した男
┃  友人にして、戦友
┃  何より、元エルクゥ「鵺野鳴介」
8445 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:34:35 ID:mwaXWGiI

                 ___  __/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::、
               _.,∠::::::::::` ̄`ヽ:イ:::::::::__::::::::::::::::::::::::::::::`:::、
            /´ /:::::::::::::::::::::::::::::l::::/:::::ヽー-::、:::::::::::::::::::::::ヘ         r-、
                /::::/:::::::::::::::::::::::;イ∨:/::::::::::::::::::>¬ー:、:::::::        __,,>;;;;ヽー:...、_______
                 /:;イ:::::::::::/::::/:::/ヘ∨/:: イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::\_,,,,_    //:;:、<//:::::_:;:、;;;;;;、:`ヽ、
             /:/ !:::::::::/::::/:::/     j /:;イ::::::::::::::::::::::::::::__/ // ̄ ̄/::/:::::/:::::::/::/::::::;ム㍊㌶㍊℡;::ヽ
               レ′ ハ:::::l::::/ X      ///ハ::::::::/:::::::::::::::/∧//==/::::i::::::{:::::::::i::::i:::::/㍊㌶㍊㌶㍊ト;::::;
          _,,,,、r― 、、_ j∧:::::!:K`|r。、   ///  |::::/!:::::::::::::: {、∨/::::::::::::/::l、::::i:::::::::l::::l:::::{㍊㌶㍊㌶㍊㍊}:::}
      // (( _)) >!:::::::::::ト `ーヘ  メ-/ー/::/丁//::::::::::/:イiiiii:::::: !:::::::::!!::∧:::::::!:::i:::::ヘ㍊㌶㍊㌶㍊;/:::;
     // ミミミ  ノ⌒))<ヾj         < ̄/えアゝ/::::::::::/:::: ||||||::::: |:::::::::||:::::::ヽ;:::ヽヘ;::::ヾ、㍊㌶㍊㍗::::ノ
    く/ ミミ/____(_ _ノム三三ゝ、__/     /  ̄´ム-ー─<ヽ||||||::::: |:::::::::||:::::::::::::`>ヽヽ、::`二ニ二少'
   / ,、<>   ノ⌒Y¨ヽ、_  >)::;)      /          ∨γヽ、:|:::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::: ` ̄:|´ ̄
 //´>く二¬。./ 7´` 7_ _/ //イ、,....ュ.__,/     / ⌒ゝj゚从乂::o>、ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
<ソ ル二ヾ;⌒))/  /  /  ///::::⊂⊃:://       (    ヘ |::::___::::::::::::::||`ヘ::::::::::::::::::____::::::i
二  人⌒`ヽノ:::イ  i  j  jミj:::i::::::::::>/;::イ        ヽ /  )ヘ|:::|:::l:i:ヽ;:::::::i|::::::|:::::::::::γ::::::::`ヽ
´ ̄ ̄__ヽi::´::::/ゝーに二に二ゞ=;;;>ー((_:イi        ヘ / ノ|:::|:::l:iコ:|::\j::::::|::::::::::::{::::::::::::::::}
/´¨(__ノ´ ̄     `ー`ー‐'''"´   /三三三ヘ     i     `ー イ L;∨´ i|::::::::ト、:ヘ::::::::::乂:::__::;:イ
                    ,'      ,'三三三三ヽ   l       {{__ 从 i |:::::::::|  >ヽ、:::::::::::::::::::ノ
               /        ;三三三>'"\  l       {´  ̄ヽ丶ー、:::::::i ̄ヽ:::::`:j ̄ ̄´
                 /        ;三彡"´::.:.:.:.._ム>i、       >、__ j  ヽ--ー ! j/;:j
             /       l:/:. .:.:  ム三、::ヘ      {´  i`ヽ────イ::::/ j
               /           l:.:.: .:.:...:∠三三iヘ;:::ヘ     ヽ  j         i::::レ'
           /         i.:.:.:.:.:.:.イ三三三三ヾ;;;;>,、_______(`ヽ_____ノノノ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  この街の全ての裏組織とコネがあると言われている一大裏組織「ホテル・モスクワ」
┃  その秘密構成員でありベテラン実力派スカベンジャー
┃  何度も銃撃と拳を交え、お互いを否定しながらも今の今まで付き合いがある
┃  二丁拳銃の異名で知られている。単独でも裏社会のバランスの1つとなる「レヴィ」
┃  
8446 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:36:17 ID:mwaXWGiI

                    _ =‐…‥ ‐= _
                   ∠  ̄ ̄ ̄ \:.:.:.: \
                /   ___.  ゚,:.:.:.:.:.: \
               /  ≧:..:.:.::.:.:.:.:.:.: \i:.:i、:.’.,:.:.:..
               | /|:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.: ゚,:.iト、:.:.’,:.:.:.
               |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:: |!.|!ト、:.:.:.:.:゚, l⌒l:.:.’,:.:.:.
               |:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:. |!.ィ泛ミ、:.:.゚,|9 |:.:.:.:’,:.:..
               |:.:.:.:.:,ィ泛ミ、: |!. 辷リ.|:.:.: i|_. ノ:.:.:.:. ’,:..
               |ト、:.:.:.i.辷リ .}ノ.     |イ:.:.ハ:.:.|:.:.:.:.:.: i:.:.i
               i| l:.:.ム    '    ./ i:.:,゚ i : |:.:.:.:.:.:.:|!:.|
                  !:.:.∧    _ ,   .|:,゚ l:. |:.:.:.:.:.:.:ハ !
                 |:.:.:.:.:.: 、    イ..|'  .iハ|:.:.:.:.:. 7、i|
                 |:.:.:.:.:.:.:.::≧.-  、 !  .イ:.:.:.:.:. ,゚  |,
                 |:.:.:.:.:.:.:.:._/  イヽイ i| |:.:.:.:. /   .i
                 |:.:.:.:.:.:.:.i / ハ イ 八/ij:.:.:.:./    |
                 |:.:.:.:.:./ .!--、_____/ /i|:.:.:/    .ヽ
                 |:.:.:.:. | ヽ ___ イ  ノi:..i|.      i
                 ゚,: ト、 |ノ {!./      i:/      |
                  ゚,:| /  ハ.         |   _ - 、
.                   /    V         ,゚  イニニニニ\
.                 /     !         / /ニニニニニニニ. ヽ
.                 l    .人         /./ニニニニニニニニニ i!
                 ヽ.     ` .、_______ イ ./ニニニニニニニニニニ i!
                  ` ‐--- '        /ニニニニニニニニニニニム
.                     iY        ./ニニニニニニニニニニニニ ム
.                     |.|      _ .イニニニニニニニニニニニニニニム
                     { 7     /ニニニニニニニニニニニニニニニニニ.i!
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  企業でありながら、この都市を含み
┃  大都市に対して大きな影響力を持つ祖父、兄を持ちながら、彼らに意見出来る
┃  大企業のご令嬢にしてできない夫の純粋な友人
┃  「文香=J=鷲沢」
┃  
8447 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:38:26 ID:mwaXWGiI

                  , -‐‐- 、
                _, ‐γ        ヽ
    _ r-「: ̄¨{ ̄´   ′__   _ i
  / /  ヘ  .ヘ  _ ィ l´_ 、 ,_ `.!
 /        マ__>´ `ゞl´ ゞ' }  .ゞ'` |
 \   イー<       l    l _  U.l      (良かった様な悪かったような・・・・・・)
   \       .>、   .人   __ , ′
..    `\     .「`Yヽr.ヽ、ー‐ ',イ、
.        \,    |′ヘ',  ̄ / ヽ_
          \」   | l  .∧__,イヘ  /|> 、
             l  .| | / ,ヘ / :} / !    > 、
           l  .! ∨  Y  ノ' l !   / /l
               ;  i |   }    l l      |
              }   ! .|   {    l l  ;     .l
              }   ! .|   }    l l  l     .|
             l  .}={   l    }={   !   イ
             l  l l     i   l l  .|    |
           /  l !    .}   l l   !     |
             /  l |    l   l l   !     |
             〉  | !   .|   l l  .{     .}
            ]二_[__]二_〔二〕二[__]ニ:}===={
           〈///////////////////}   l
          ,' ////////////////// |
            l////////////////////|
.            ,'////////////////////|
.            l/////////r ‐r////////.!
.            l/////////|  ! ///////|
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  三者三様に、今の現状をどうにか出来る力がある
┃  
┃  ・鵺野はスカベンジャー、マーセナリーへの牽制とエルクゥ対策、治療について
┃  ・レヴィはスカベンジャー、マーセナリーへの牽制とルルーシュの依頼について
┃  ・文香はIAIプラント経由の企業の為自動人形の相談と行政関係について
┃  
┃  己は幸運と共に運命の乱流に巻き込まれる人物な様だ
┃  だが、選択肢は大いに越した事は無い
┃  選択は何時でも己のモノだ。せめて後悔しない選択をしたいモノである
8448 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:42:02 ID:mwaXWGiI

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
.        /: :,'     {              ∨:ム/      {////////`777777}、
.         /: : {     ',                ∨:ム_ ノ ̄ ̄∨{///////////////,'
       ,': : :圦      ヽ              ∨:ム        {//////////////∧
.         ,': : : i 个     ヽ  >‐<_ ___ Ⅷ:ハ   / ̄ /{//////////////,'∧
      ,': : : ,'  {//≧=--=≦     ゝ_      Ⅷ:ハ¨´   //{////////////////∧
      ,': : : :{   |////∧_/-‐==ニ  7ニ77777.Ⅷ: } ̄ ̄///}/////////////////ハ
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  それを見続ける彼女は
┃  己のせいで厄介事を抱え込もうとする主を見、自身への不快感と
┃  己の為にこうして厄介事を抱え、解決しようとする事への愛おしさが広がるのを感じる
┃  それは己に植えつけられた倫理プログラムなのだろう
┃  それを知りつつ、その感覚を受け
┃  唯無表情でその話し合いを見つめ続ける
┃  己の主に対し出来る事は、主の最善をスペックの限り行う事だけだからだ



今日はこれまで。お疲れ様でした
8449 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:43:26 ID:XHREUlOo
というか主人登録されているIAI製自動人形の売却なんて無理じゃ?

登録解除する設備なんぞないも同然だし、できない夫が死んだらほぼ確実に自壊するし。
8450 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:46:11 ID:l4ZbbBHM

いや木山女史クラスの設備有れば行けるでしょう
割と大都市にはありふれてると思うな
8451 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:47:20 ID:mwaXWGiI
まず、前回の最後の安価ですが
ボーナス安価です。
高好感度の、現在の状況に対する特効藥となるキャラ達でした。
他二名は初対面となり、後日何らかの形で出会ったり
そのイベントを進行していく事となる予定でした。


で、文香について。後日また改めて過去話は行いますが

①元元母方の祖母、祖父の家で古本屋として静かに庶民として暮らしていた
②できない夫が街に住み着き、古本屋の常連客に。祖母、祖父に気に入られ迎え入れられる
③そうしているとジョースター家がその家に突然接触。妾の子である彼女を引き取りたいと願い行動開始
④一悶着が起きる。その際、できない夫が鷲沢家族に頼られ、解決の一助に
⑤結局鷲沢はジョースター家に行くが、それからもできない夫と文香の関係は続き
ジョースター家自体にも受け入れられる
8452 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/17(日) 22:48:19 ID:BVjBqXtE
8453 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/17(日) 22:50:14 ID:mwaXWGiI
自動人形ですが
作中に書いた通り。IAIのプラントを持つジョースター家が掌握しております
その為、自動人形の研究所。等はジョースター家以外には無く
又、自動人形自体が「数千~数万」のモノとなっています。

この世界線では自動人形は本領にはあるが地方では稼働している自動人形なんておとぎ話レベル
だと思って下さい(本社の描写を見る限り都市に数機あるとは思えない為)
スポンサーサイト



できない夫は崩壊世界で掃除をする様です その5

2210 : ジャッカル ◆iPZ3/IklKM [sage] 2015/05/06(水) 17:02:05 ID:hi.UAPZQ

  \//>x __      ト、
ト-- 、 ⌒V////> 、  |人
` < ////////////\トミ/> 、
    ` ー─=ミ //////\}///∧
          \r‐ミ/>ヘ>=┴-ミr‐ァ─-ミ
   >>─‐=≦\_r─}し ´        ´   7  ヽ、
   ∨//////_,厶ア´     /     /r 、 く
     \//≧=- 、{ / /   / :/    /'ヘ   ヽ \
      >─=ミ/∨ /    { /   :イ ′| | ト  ヽ
      /⌒>//// ′.′ { 仄¨⌒刈 :′ | | | ヽ__j
.     /⌒>////, ′   :i守示ミト jト{ //^ソ l }ハ
    /⌒>///   i |  i| トnぅ    仏ヘ / ハ ,
   \/^゙く_,、_/| |  i| |       {h_jY^   } }
      { 、__,.  トミト廴__ト{       ヽ 7   // /
.    八     ,   |  |          ′  /⌒′
       丶 -=彡'   |  |        ‘’  人_/
        ` ‐--‐< |  | \     ,.ィ |
      _      |  |   ` ト  イ ||
    > ⌒>\r‐=≦ |  ト、   :|:     ||
   (     人   ヽ _|  |_ 〉  |:_   ||
==ァう >──<⌒)ヘ八 ∨77V〉 ∧ 人 、
  `ーァ′   、   ア´ \ヘ V///∧ 〉ーヘ マ ヽ
 _ {       ヽ(      ヘ V////〉{    ヽ\}
┏━━━━━━━━━━┓
  前回のあらすじ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  ・漸く見つけた敵を殺し尽くす。
┃  ・できない夫主体の視点多めな戦闘(後日。鹿角から見た戦闘風景もやってみたいなと思います)
┃  ・ルルーシュの救助を素早く済ませる
┃  ・ルルーシュ漏らす
┃  
2213 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:08:54 ID:hi.UAPZQ

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___            主
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨    「分かってる。大丈夫」
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
.        /: :,'     {              ∨:ム/      {////////`777777}、
.         /: : {     ',                ∨:ム_ ノ ̄ ̄∨{///////////////,'
       ,': : :圦      ヽ              ∨:ム        {//////////////∧
.         ,': : : i 个     ヽ  >‐<_ ___ Ⅷ:ハ   / ̄ /{//////////////,'∧
      ,': : : ,'  {//≧=--=≦     ゝ_      Ⅷ:ハ¨´   //{////////////////∧
┏━━━━━━━━━━┓
  鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  泣きじゃくる子供の頭に手を起き、汚れる事も厭わず膝をつく己の主、それと同時に彼女も膝を曲げ控える。
┃  主がそうしているのに立っている訳にはいかないと言う様に。だが彼女は主の耳元で呟かなければいけない理由がある
┃  そう、此処は遺跡なのだ。それも特上のレッドゾーンだと先程の生体反応で分かっている。
┃  アレらが来る前に。すぐに逃げなくては行けない
┃  
2216 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:15:17 ID:hi.UAPZQ

          /  ̄ \
         l       l
          |      |
.          !       .!
             〉:-:ー:-〈
          , .-:´ :  ̄: : `:- 、
.    r: : ´: : : : : : : : : : : : : : :`.: :t
    l:l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l:l
.    l::l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l::l
    {: :l : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: }
    }: :.lィ: : : : : : : : : : : : : : : : : :.l: :|
    | : :ii: : : : : : : : : : : : : : : : : :.l: : !
    l : ヾ!:、: : : : : : : : : : : : : : : {: : l
.    l: :シl: :`: : : : : : : : : : : : : : l: ソ
    ヽ={: 、: : : : : : : : : : : : : : |´
      リ: :`:ー: =:--:= -: : ´: :.|
       i: : : : : : : : : : : : : : : : : :i
     i: : : : : : : : : : : : : : : : : : :i
┏━━━━━━━━━━┓
  前回のあらすじ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  所詮唯のミンチメーカーの自分であるが
┃  それでも、師匠を見て、その紛い物なら出来る自身がある。
┃  できない夫は、泣きじゃくる少年の頭を撫で、優しい声音で話し始める
┃  
┃  問題:漫画「血界戦線」の語り部 レオナルド・ウォッチが周囲の人間の視界をごちゃまぜにする技の名称は?
2217 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:19:05 ID:CYPSUFN6
視野混交
2218 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:19:12 ID:.IJpxkEY
視野混交(シャッフル)
2219 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:19:14 ID:ry/VKaAk
平眼球ども 俺に 従え
2220 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:20:02 ID:t7G.aQG2
>>2219
間違ってないけどwww
2222 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:21:46 ID:hi.UAPZQ
あ、25分まで、としようとしましたが、既に答えが出てたので続けます
ちなみに。答えは:視野混交・(シャッフル)ですね


                             -――-
                           /        丶
                              /             ヽ
                         /               |
                         | `ー゙  丶__ -   |
                         | ,r=ミ   ィ==ミ  .|
                         |     ´    wW |      もう、大丈夫だよ。
                         |    |         |      もう大丈夫。さぁ、帰ろ?
                         !    ヽ        |
                         \  _ _ ,  /       あぁ、その前にお風呂も入らなきゃね。
                             ヽ          /
                          / ̄ ̄ ハ    > "´  ヘ、    上に行ったら、お風呂入って、ちょこっとご飯食べたら家に帰ろうね。
                    /--─ 、   ハ.  /\    ///ヘ、_
                         ′  . .< /ノ  /   ヽ  /        ̄>≪
                     、、イ7:.:.:/ i'  /       ヽ′      /    ヽ
                     // / :.:.\ ノ/            .:.i  / :      l
                  イ/      /o    /7       .:l /   :      l
                    |:j      / /   _/:/         :l:.|!:.   :      l
                    |:i       o '    //二ニ=─    l |!.:.   :      l
                    リ      / /    /         / l |!:.:.   :       l
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  できない夫がそう優しく言い続ける。まるで街角で出会ったかの様に。
┃  少年は何度も涙混じりに頷く。己にとっての最も恐ろしい一日が終を告げたのだと
┃  糞尿を出しながら、だがそれさえ気にならない程の安堵と再度の恐怖の濁流
┃  少年に対して、何度も根気よく。日常に帰れる。と強く言い続ける。ゆっくり染み込ませるように
┃  大人であれば、安堵し恐怖がくれば下手すれば更なるパニックになるだろうが
┃  子供は違う。ある意味子供の方が心は強いのだ
2223 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:25:26 ID:hi.UAPZQ

                    -――-
                     /        丶
                  /             ヽ
                   /               |
                   | `ー゙  丶__ -   |
                   | ,r=ミ   ィ==ミ  .|
                   |     ´    wW |                  ___
                   |    |         |               /   }   でも、もう少しだけ勇気をだして。
                   !    ヽ        |                /    /
                   \  _ _ ,  /                 /    /    君が泣いてちゃお家の人も心配しちゃうよ。
                 ヽ          /                  ∧   ./
              / ̄ ̄ ハ    > "´  ヘ、             /    :′    さっ、そろそろ行こう?
              /--─ 、   ハ.  /\    ///ヘ、_      /{     i
             ′  . .< /ノ  /.... r‐…‐-<..      ̄ /       |      「は、はい・・・」
         、、イ7:.:.:/ i'  /.   人_ -‐ァ   Y´ ̄ ¨  く    __ :∧
         // / :.:.\ ノ/.     ( `_ 、   {  __   .`Y´    `ヽ ',
.         イ/      /o    /7 . \一 \ └‐'一' 、   {  r ノ   i
        |:j      / /   _/:/     \  \     \  ヽ ィ⌒ヽ   }
        |:i       o '    //二ニ=─. \  \      \      _ノ
        リ      / /    /          \  \    ..ヽ     /
        /:!    / /   /         /  :.\  ヽ      ._ . :ャ:'..i
         |: !    .′   /         /   .:...i:\   . :<:ノ /  .!
        !:.|   i.oi   |           /    .:{ 、  ̄  ` ̄ /   .ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  少年の嗚咽がゆっくりと収まり肩の震えが穏やかになってきた頃に
┃  できない夫はそう言うと手を伸ばす。
┃  少年は何度か瞬きをし、小さく頷き。よろしくお願いします。と震えた声で言うとその手を取った。
┃  
┃  人間心理学に基づく、最良のタイミングで、少年の勇気を引き出す事で
2224 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:30:03 ID:hi.UAPZQ

             -――-
          /        丶
.          /             ヽ
         /               |
         | `ー゙  丶__ -   |
         | ,r=ミ   ィ==ミ  .|
         |     ´    wW |
         |    |         |             さぁ、もうひと踏ん張りだ
         !    ヽ        |
         \   __ , /
          \       7 ̄`> ‐― 、
          〉 ぃ     /  /      `T.:ヽ
          /l  〉ハ   人  V´  ̄ ̄   l.:.:.:.',
        ,. イ / ,.イ .i l/ //ト、/ , -─‐   l::::::::',
   ,. . : : : : ////ヽV // l: : :〈       jト、:.:.::',
  /: : : : : : ://: : :/ 「 ̄`7  l: : : :(´ ̄ ̄  ノl  ヽ:.:ヽ
  /: : : : : : ://: : :/  l  /   l: : : : :ヽ ̄`  //    〉.:.:〉
 {: : : : : : //: : :/  /⌒1   l: : :// ̄`ヽ /   /.:.:./
  l: : : : : : \ヽ:l  /   l   l: :/ /: : :\ ,.イ   /.:.:../
 」: : : :i: : : :〃: l /    l   l: : \\: : : V: :\ /.:.:.:./
/: : : : : l: : : l l: : l/      l  l: : : :./ /: : : : :.:.:.:.:.:`ーイ
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  最初は鹿角の重力制御に任せようかと思ったが、相手はエルクゥ
┃  いくら弾丸が効くとは言え、自身の反応速度を超えるミュータントなのだ
┃  ならば、自身の自動人形に護衛を任せ、最短で元きた道を戻ったほうが良い
┃  少年を抱き上げると、服が汚れているが、彼は何も気にせず背中をなでた
┃  もうそんなことを気にする世界ではない
2225 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:34:09 ID:hi.UAPZQ

        ゞ圭ゝ、ニヽ  /ニゝ圭ノ
         `ー圭:ニ!_|二圭i´
      !^ニ=、_>圭ニト-イニ圭ノr=三ノ
       `ニ三彡>=、,.-..、ミ/三シ
          /<´"::::::::::::v::::::::\ヽi
       //:::;:::::;::::::::i^ヘ:::ヽ::::ヽヽ          ―――testament.
        < i:::::l:::::|::::::::| 」:::::|::::::l ヽ        (この方はよくこの世界で生きてこれたものです)
       \┤:::!三`i! 、三,l::::::l!/
         ヾ:::l;ゝ  !  〈::::::/
      i⌒i\_T个 、 -  イTT/⌒ヽ
        )(___ !::|: :|\/:|: !::l ̄ /ヽ7
     ( i:|  //\'//;'ー|::|==ュ:::l(
       i|:>'´//, \/ノ.  |::l  (::::::!7
      〈l:\//  </    ヾヽ´:::::|'
        ノ:::://   i       l:::|:::::::l
      ヽ//ゝ、 !、      ,l::::|::::::|
      /':/::::::ムニニ ̄ニニ彡!:::|:::::|
        |::::l::::::::::ム!ノ  |  | !/::|:::|::::イ
        l::::|::::::::::::ム  !   r::::|::::|:::i:|
      ヾヽ::::::::::::ム  i  /.:::/::/:::|::|
     /|\\:::::::::i  | /:::::/::/:::::::::|\
    /  |:::::::^':::::::::_| | /:::::::`'`:::::::::::|  \
  /    !::::::::::::::/⌒Y⌒\::::::::::::::::::|   \
./      i'::::::::::::/  ,y'    ヽ::::::::::::::|    |
        |::::::::::::|  ,イ 〈⌒ヽ  |:::::::::::::::|     !
┏━━━━━━━━━━┓
  鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  静かに控えていた侍女は。己の主の期待を理解し、頭を小さく下げる。
┃  主が立ち上がり少年を抱き上げながら歩き出すその3歩後ろを追従する
┃  己の奉仕者は予想以上に奉仕しがいがある方の様だ。
┃  思考領域でそのことを噛み締める毎に。彼女の胸の中は僅かに喜びの色で満ちる。
┃  主の意外と広い肩幅を見つめながら、侍女は巨大なブレードを追従させながら思った
2226 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:39:00 ID:hi.UAPZQ


                -‐ -
               ,  ´      ` 、
            /             ヽ
            .′              i
              ,   ___   -‐ 、:
          {   ´          }
              (● )  : (● )|
                   {    i
            :        _ }     :
            、       __   /
             .、} \  ¨ ‐ ` /
          ∧\ ヽ、_  /
         /ニム  ヽ      |}マニ=- _
    _ -=≦ニニ|ニニム   ` ┐_〈  ト、ニニニ≧-
    ≦ニニニニニニiニニニム   :i:::::::.、 }ムニニニニニ
    ニニニニニニニ|ニニニム、 .' ー‐'::. !ニムニニニニニ
    ニニニニニニニ ニニニニムヽ ::::::::::::.'ニニ=マニニニニ
    ニニニニニニニニiニニニニム \::::/ !ニニ7ニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  さてはて・・・それはともかく。己の命を賭けたもう1つの財産がある
┃  目の前に転がる仏様6つ。どうする?(散弾銃等だけは自動で回収します)
┃  
┃  ①余り嵩張らないモノだけ持って帰ろう(鹿角に拾わせ、自身の懐にキープ)
┃  ②装甲スーツって高いよな・・・(鹿角に剥がせて、重力制御で持って行かせる
┃  ③その他(常識フィルター入ります                   下3
2227 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:40:03 ID:ti9iS/OQ

威嚇にもなる・・・といいな
2228 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:40:14 ID:5itgVBFM
2229 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:40:37 ID:Da/bqsFM
2231 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:45:20 ID:hi.UAPZQ

                             __   __
                ,,,_________,イ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
               {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
             _廴:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
          ( ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、
          ..`ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と_
             ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、
             {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
              ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  ̄ 廴::::::::::::ー''''''::::: ̄::::::::;;;;; ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  血の付いたままのそれを、鹿角が重力制御を用い、丁寧に剥ぎ取り己の主の財貨へとする
┃  こんな世界で、綺麗事だけではやっていけないのだ。
┃  中から転がった頭がない仏様に頭を下げそうになる衝動を抑え。踵を返す
┃  その時、一度、鹿角に問題ないか聞くが
┃  鹿角からは、特に戦闘行動に支障はありませんので。と軽く言われ改めてハイスペック差を改めて知る
┃  だが・・・まぁ持って帰れれば自身のモノだ。高価なコレは是非持って帰りたかった
2232 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:52:10 ID:hqCIunAs
お金で買える安全くらいは買っておきたいもんね
2233 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 17:53:27 ID:hi.UAPZQ

           /.::.::.::.:/.:::.::.::.::.:./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.|
          /イ:.,.::./.::.::.::.::.::. /.::.::.::.:/.:,:.:.::,:..::.::.l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l.::.::.::|
         ,/.:,/./.:l.::.::.::.::.::.:/.::.::.::./.::.:./.:.イ.::.::.: /.::.∧.::.::.::.::.:、.::.::.::|.::.::.::|、
         // /.::.:l.::.::.::.:,.:/.::.::.::,/.://://.::.:/l.::.:/ ',.:ヽ.::.l.::.:l.::.::.::.|.::.::.::| ヘ
       / /  l.:::.::l.::.::.::l./.::.::.://,/ // /.::./ l.::/  ',.:lヽ.::.l.::l.::.::.::|.::.::.::ト  ヘ
       / /   l.::.::.:l.::l.::lリl.::.:,. / /i:i /.:/ _/:/   ゞ;ヽ.::.:l.::.::.:リ.:::.::.:lヾ  ヘ
     /     リ.:i.::l.:l.:::.l.:|:. ;/ --‐''´リ/.:/ '/  `' ー‐-ハ,.::.l.::.::/i.::.::ト:ヽ ヽ ヘ
   /      ,/ l.::.::.i:l.::.::l.:l.ヽ ィ≠ぅz、| / /' ィ≠ぇz '゙ /.::.::./lノ.::.::| ヽヽ  ヘ
  /       / `-:.、:ハ.::.::.:ト   o= ' /´  ,    ゞ='o '"/イ.:/リ.::.::.、::l  `ヽ  ヘ
. /            `、ヽ.::.:lヾ、      i         /リ:/:./.::.::.:ト.:l      ヘ
. /              ヽヽ、 ゞ、     __       イ/ ,'  ̄`´ `      ヘ
  ̄ ̄ ゙゙̄-- 、          l. .ヽ     '   `    イ /. l            /
         `-、        l: : :.ト >   ̄  , <, l. : : :l            /
        リ   `-、      l: : :.l 、ヽ `--' "  /l: : : :l          / l
       /     `-、     l: : :.l  / /  l ',/  l: : : :l         /   |
       |        `、   l: : : l /. /  l ',   l: : : :l     , ィ '"      |
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  走りはしないが、歩けるほど余裕もない。少年も声を出さない様に務める。賢い子供なのだろう。
┃  それに応えるのが自分の仕事だ、何時曲がり角に来るか分からない敵を前にできない夫と鹿角は早足で歩く
┃  鹿角の頭部にある多目的センサーを使用する事を示す瞳の変色を起こし
┃  鹿角のナビゲートを受け最短距離を歩く。
┃  崩れた場所も多いが、警備室のモニターにはそれさえ移っていた。
┃  改めて自身の豪運に感謝しながら地上を目指す
┃  
┃  ①若いエルクゥが曲がり角に
┃  ②廊下先にある上階へと繋がる梯子の近くに衰えているエルクゥが・・・
┃  ③エル・・・クゥ・・・?                  下3
2234 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:54:34 ID:Da/bqsFM
2235 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:54:50 ID:CYPSUFN6
2236 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 17:54:51 ID:6a9jMl3U
地雷かもしれんが気になる……
2238 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:00:37 ID:hi.UAPZQ

                           }/////,∧       ///{
                       }ヽ  〈///////{ __     ///ノ .ィ
                        |//〉 ∨>--=_{_  \  ///(__ノ/
                        {//乂ノ rf>.:´::::ミー...、 }ノ///////
                     ∨// /:::::::::::::::::::--、::`:.<////
                     ∧ / /::::::::::::::/::::/ィヘ::::',::::::::ヾ( .ィ
                      ∧ / /:::::::::::::/::_:/  }:::::';:::::::::::∨{
                 〈 / ,::i:::::::__/!:::::{`ヽ .|::::::}:::::::::::::∨
                     V  {:::|:::::::マf弐ミ、  j::-/!-:!::::::';::',
                  ハ __}::|:::i::::| ヾツ  ィ=ミ、|::::!:::::::|ノ    主、前方10m、直系50cm程のダクトに生命反応
                     {::::::::::::トヘ::{     { 込ソ.》、j__;ィ
                  ';::::::::}:::::::::i         /:::::::ト:::|     「来たか・・・」
                   >-|::::::::ノ 、 - 、   ィ::::::>'´{
                     __ノ>."~´/{  ゝ-- ≦:::/"´  / ヽ    おまかせ有れ、何であろうともお守り致しましょう
                   //::/  /ニ、 __ ノ/: : :{/ __{ -‐N!
               { 〈--'_r≦ニ!ニ/ニニ/:_:_:/{    ∧  {
             >-=彡〈 __ヽ ニ/ニニニ/   >-、`ヽ{/∧ レ!
              /   __ ∠ --―― r'_ ノヽ/   >、/∧  {
             /   /  ≠         /   ////,ヽ/ハ. (
         ,:  r ´   /          ,. --{    ///////\乂
         {:.   !           /: :/ハ__ィ//////////\.ヽ
           ハ: : . .', . . : : : : . . . . . . ./_:_ / /  /////////////,\\
           {⌒ヽ: : ヽ: : : : : : : : : : : :{   i /  ////////////////,\,ヽ
           、  ≧=- ⌒ ー-==≦!  | 〈  〈//////////////////,ヽ
          ヽ__ }=-- ―‐ -- ===ヽ__,r.ハ  ∨//////////////////
                ,|{        | |///// ',  ∨/////////////////
            /,i!          .| |////{.___ .,  ∨////////////////
              //,|!   i     :| |////: :./{ ',   ∨///////////////
┏━━━━━━━━━━┓
  鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  主に1言、そう告げ、二人は停る。
┃  
┃  目の前。小さなダクトにある小さな反応
┃  できない夫の首に回されている少年の手に怯えるかの様に強く力が篭る
┃  できない夫の足に力が篭る。
┃  来ます。そう言った鹿角はできない夫の前に出、ブレードを構え迎え撃とうとする
┃  
2240 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:03:59 ID:hi.UAPZQ

           _ェ------‐ニ ̄_/
       ,ハ ' ´:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ
     /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、_____
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐‐‐=´
   ./::::●::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ、
   /- 、::::::::::::::::::::::::::::●:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  Y'---'::::::::::::::::::::::::::::::::ッ-- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    エル・・・クゥゥ・・・?
  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ--~:::::::::::::`ィ---、::::::::::|
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   :`ヽ. i
    `Y'`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V´      `
    ./::::::::|‐------------‐‐‐‐'ヽ
   又::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::',
   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::i
    .i:::::::::::::::::::::::::::::::::心---::::::::::::::::::::iェヤノ
    Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ペターン
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/  
       i二>::::::::::::::::::::::::::::::::/     ピョコ
          ̄ ̄弋二ノ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  そしてピチャーン!と滑るように落ちてきたソレは床に転げ落ちると
┃  何度かもがき、水気を飛ばすとピョコ!と立ち上がる
┃  エルクゥに見えるが・・・どうにも丸っこく。なにより小さかった。
┃  尻尾の様な何かをブンブンと振る様は犬の様で愛嬌があった。
┃  それは此方を見コテーンと首をかしげて見ている
┃  
2241 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:04:28 ID:hqCIunAs
あらかわいい
2242 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:05:26 ID:Da/bqsFM
かわいいなー
親出てきたら怖いけど
2243 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:09:19 ID:hi.UAPZQ

        __∧
        i「 ̄
        .》    / ̄ ̄\
       ≪   / `ー    \
.         (○) (○ )   |    エ、エルクゥ!?
          |  |         |
          l___`___   u. |    「生体構造を見る限り、筋肉組織に他個体程の発達は見えません」
          |   i      |
          {´ ̄ `    /     いや、う。うん丸いけど・・・
          __\     /リ 厂`'‐- .._
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ  「・・・いえ、コレは・・・・・・」
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  鹿角の眼が更に変色し目の前の異形を見る。
┃  脂肪の様に丸っこいそれの内部には恐らく流れてきたゴミらしきモノが入っていた
┃  自身の主が言う様に、鹿角にはこの個体が
┃  多少主の生物分類とは違うとしても・・・コレは・・・
2244 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:13:32 ID:hi.UAPZQ

                                                /ハ
                                                  ///
                                      k         ///
                                      }ハ      /// ,、
                                      }/}     //く//}
                                   . '´    }/}   ,ノ// //
                                   / ′    }∧ハ //////,ノ}
                        ,/      ,_//      {//斗ゃ//////
                         }/{         ノ (         ,r{/{/⌒てミ{⌒´
                   〈 し     ' ,、ハ 〈   ,,ァ い ヽ `'くヘ. `ヽ
                       }/   ,  , / } }} { / /  Y´ } ,ハ  ハ \∧
                 ____           / // _,' リ '′ィ 、_人 ノィ刈   }、 、,>ヘ
          , ≠-‐…‐-ミ: .    ノ(_ノ/ ノ ィ xっ (   {_‘ア   /Lノ}ノ、〉 '⌒V〉      …主、ご用命を
          //          ヽ丶   `ヽ ′{ _,レ / ′   {八 , 、   人 乂_ア´
       / .′        ', i    }_ il ∨ /    {「}ミメ、个<⌒>' 、 `ニ〔く}xヘ、
       .′ i            |     } ||  }ノ   ノ ア⌒'く| }、/≠´ ̄`ヽ} `'<,_
       i  _{             | |     ィトミ_彡1   {/⌒ヾW 八/ ,≠´ ̄}`ヾ´ ̄`ヽ、
       |_;´            | |   /i:i|⌒ア:},  /    //ア'⌒ヽ    ;  ニ´ ̄`ヾ、、
                        | |   ,:i:i:i:|ア:i:i:i}/    //ニ7 _/⌒i   .′ Ξ     }, \
                        , l   /i:i:i/:i:i:i:i/^丶、 /∠ィニ7_/   |   /  Ξ    ノ} ヽ\
                     イ ,  /:i:i/:i:i:i:i:i:/  / 〉 , ニ7⌒〈 {/}_∠二≧=≠=- ___/ },  \\
                     / }/ .′,:i:i:i:i:i:i:/  / / /ニ7   ∨_{〈∨∧    ̄`'く_}_人     ヽ \
               /  / _i{_/:i:i:i:i:冫   }∨ /ニ7     ーヘヘ∨∧     ',  l‐    \     、 ヽ
               /  /-‐:i:i:i:i:i:i:i:i:冫   ム′ ,ニニ7         V}}/ハ         lニ=-    ヽ   ',  〉,
.            /  /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:冫     /ニ|  ニ7         ,〈////}     }   lニ=-  /∧   }  /}
.          __/  ∠:i:i:i:i:-=ニニニア´     /=ニ|! |ア        ,, ´ ̄∨/     ;  `マニ=-  /∧ ノ⌒V
      ,,i:ア  ,∠ニニニニニニニア´   _ -=ニニニ|! {      /   __, -〉      ヘ    マ⌒ヽ   /∧   /
     /:i:iア   ,仁ニニニニニニア´   _ -==‐ ̄ 八_、    {\/へ,__/         ',   ∨⌒}   /∧

┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  人間の幼児だ。しかも、変異が然程でも無い事から最近の。
┃  この先は何も言わない方が良い、己の主の心は暖かく、だが必要な事ならば選択出来る
┃  侍女の指の動きに合わせ、先程振るったよりも小ぶりなブレードが動く
┃  自身を見つめる無垢な眼をした異形はチョコチョコと此方へ歩いてくる
2245 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:16:39 ID:hi.UAPZQ

              ________
           /) / .)  \
           / ./::/ ./:::/ ) \
           l .l/ // ∠___ |
           l / / / _、,,.ノ |
          r      /___   |
          /     /    u.|
         /     ノ     /
       _∠⌒ヽ  j 'i, _、___ ィ/|\____
     / ...::::;;;:::ヽV;;;;l フiiiiく  /.:;;:l;;;;;:::´´''' 、、、 _
   / ...:::::;;;;;;;;;;;;:: 〉;;;;;:l/ iiiii \/.:;;;::l;;;;;;;;;;;;;::::::::..... i::..\
 / ...:::::;;;;;;;;;;;;;;;;:: /;;;;;;;;:::ヽ llllll /..::;;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::: l;;;;;;:: l
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  分かっている。分かっている。今は仕事中だ。
┃  それに何よりこの異形について何も分からない。
┃  鹿角が言うには今は無害だ。と言っているが・・・
┃  異形が鹿角の寸前にまで近づく
┃  この小さな異形の無垢な瞳を見る度に心がザワめきながら彼は・・・
┃               どうした?        下3
2246 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:17:45 ID:9/5eIzaw
男は度胸、なんだって拾ってみるもんさ
2247 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:18:49 ID:hqCIunAs
拾ってみて、中身はかせられないかためす
2248 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:19:10 ID:5itgVBFM
とりあえず拾っておこう
2249 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:29:10 ID:hi.UAPZQ

                       ─-ミ
                   / 、_   ヽ
                    ー)  (ー)
                      / /        i
                 /        /
           r‐ぅ__      l   ̄ `
.        (⌒ 厂      八       イ
         ` ´          アニ<// 〉、__ __     (生まれてきた命に罪はない・・・か)
                ,./ /\  /_ < : : : > : :\
             _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶  (俺が言えるセリフでは無いけど、心の中だけなら思っても良いよな・・・?)
           /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
          ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|   鹿角さん・・・、その子もお願いできるかい?
           { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
         / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ   連れて帰ろう。
        、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
       / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}    普通に理性のあるミュータントだって居る。
      / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}     今は俺には、判断出来無い
     { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l     「tes.望みのままに」
     ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  頭の中の理性と胸の熱い何かが交差し、熱さが体を包む
┃  クゥゥン?と鹿角の足をペチペチ触るこの小さな異形が
┃  できない夫には、助けを求め縋り付く様に見えてしまった。
┃  鹿角はそのミュータントを抱き上げると一撫でする
┃  撫でられたミュータントは片目を瞑り、何処か気持ちよさそうに。鹿角の腹部に頬を擦り付けた
┃  
2250 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:30:29 ID:9/5eIzaw
あらやだかわいい
2251 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:33:00 ID:hi.UAPZQ

        _-ーーーーーーニ=‐
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
      /:::○::::::::::::::::::::○:::::::::::::::::::::::::\
    ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\     エル・・・クゥゥゥ・・・ン
   <///::::::::::::::::::::::::::::///:::::::::::::::::::::::::::::::\
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ル-=ーヾ
    ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ
     /~~~ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
      /::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      |:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ::::::::::::::::::::::|
      |::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::|
     ゞ:::::::::::::::::::::::::::::ゝ---::::::::::::::::::|
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  目の前のエルクゥは、あっけなく。怯えもせず
┃  暴れもせず。鹿角の中に収まった。
┃  抵抗や逃げるかもしれない。そう思ったできない夫に比べ鹿角は特に反応はしなかった
┃  優しく撫でられるエルクゥは何度か目を瞬きさせ。しっかりと鹿角に抱きつく
┃  子供が母を見つけたかの様に。手を差し伸べられたソレに縋るように
2252 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:35:48 ID:hi.UAPZQ

.            \/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ',   ヽ.../////// /
.         ____,′::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ',.ヽ、/////,/ ̄
.         \// ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', /ヾ / /
____     \i ::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::: /ミ彡、:::::::::::: : i.::::::::::::::::::::::::::: i/   \|
: : : :: ∠::\___ :::::::::::::::::: i :::::::::::: /.:::::::::::::::: /    `、:::::::::: i::::::::::::::::::::::::: : l    i
: : : : : :: :: :: :: :: ::{ :::::::::::::::: i::::::::::: /.:::::::::::::::: /.       `、::::::: i:::::::::::::::::::::::::::::|.     |
:: :: :: :: :: :: :: :: ::  :::::::::::::::: i::::::::::: | :::::::::::::::: |.        }::::::/|::::::::::::::::::::::::::: |.    |
: : :: :: :: :: :: :: :: :: i::::::::::::::::: ∨ ::::: |:::::::::::::::::: |       |::::/. |:::::::::::::::::::::::: : |ト.    |
:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::. :::::::::::::::::: \: : |::::::::::::::::::::|.       |:./_|:::::::::::::::::::::::: /:: i..   |
:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::: :.:::::::::::::::::::::::\|___ . |.      "|/.   |从斗孑仆_/ ::: |.     |       良い子・・・ですね。
: : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :',:::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::丶|.       /   ′_   | :::::::::::: |.    |
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ∧::::::::: ∧:::::::::`丶 ̄''\|         ノ===="` |::::::::::::: |  i  |
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::  :::::::::::: \/.  _  ,,                  | ::::::::::: |  i.. |
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ∧:::::::::::::::: \ノ==='"                  ::::::::::::: ,'.  |_|
.:: :: :: ::/ : : : :: :: :: :: :: ヘ/゙\::::::::: \                     ,':::::::::: /.__|: |
: :: ::/ .:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヘ:: \__\      i            /::::::::: /: |::::::::::: リ
: :V :.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::ヘ::::::::::: \ ̄`       `         /__/| : |:::::::::::/
: : | : :: ::/:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :} /\::::::::::..        ー - ‐ ′   ./   |::: |::::::/
: : |.:: /:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::!∧  \:::::::::>           /     l: : | ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄\
: : ∨::.:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :丿.::|____ . 丶、:::::::::: >        /      |:::::::\/          \
: : ::| : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::'////, ̄ ̄\ 丶:::::::: : ><.        |.:::::::::: \        :.:.:.:|
: : ::| : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|////////// ' ::::::\.:::::::::::::::: ∧     |∨:::::::::: : \.     :.:.:.:.: /
: : ::| : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|⌒Y.//////// ', ::::: \::::::::::::::::∧―─┤ ∨::::::::::::::::::\ :.:.:.:.:.:.:.:.彡/ヽ
: : ::| : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|  ´ヽ,.,'/////,',} ::::::::: |:::::::::::::::::∧____|_,∨:::::::::::::::::::::\        }
: : ::| : : : : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::|     i|///////,! ::::::::: |::::::::::::::::: ∧'//////,'∨::::::::::::::::::::::::\    :. : :ム
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  小さく、口元が緩む鹿角を見たできない夫は。きっとコレが正しかったのだと思った。
┃  未来は分からないけれど。確かに今自分は後悔していない。
┃  一人拾って、二人目を拾ったのだ。もう一人位拾ったってバチは当たらないだろう
┃  最初来た時より3名増えた帰り道にできない夫はそう思った
┃  
2253 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:38:05 ID:VJnQbZ6.
大所帯になったもんだ
2254 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:39:46 ID:hi.UAPZQ


         / ̄ ̄\
        /   ノ  \
        |    ( ⌒)(⌒)
        |       | |
.        |       ___´___ノ      さ、目の前だ。帰るとしよう。
        |         }   
        ヽ     ヘミ|       鼻が曲がりすぎてもう匂いを感じないよ
        /,` 、` -`,--` ,
  __,---/;;;;;`  `-,-/ニニ |
 /;;;;;::::、:::::::::|、_ ,>、 /::l,_l・ ,<、__
ノ;;;;;;;;;;;;:::|::::::::::<:::::::ヽ``l::::|  |`l,::::ヽ
|;;;;;;;;;;;;;;:::::|:::::::::::::ヽ:::::::\|:::|`-‐'/::ヽ::::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;:::::::::::::::::::-、:::`;:ヽ;-';;;;;:::ヽ::l
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;:::::::::::::::::::::`、;`l;;;;;8;;;;;::::`ヽ
;;;;;;;;;;;;/、;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::;`l;;;|;;;;;;;;;;;::::: `l|、
;;;;;/'  `,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::|;;;::l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::l
;;;く   ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  襲撃が来るかと思えば来ないのを思考するが・・・―――
┃  まぁ、肉があれば目の前の肉に喰らい付いているのかもしれない
┃  そう、他の個体がやってきたのを待ち伏せして殺せば更に肉が手に入るのだから
┃  物騒な思考をしながら、見えてきた梯子を前に微笑みそう冗談を言う。
┃  もしかしたら、同行者全員にとって、忘れられない濃い一日になっているかもしれないな
┃  そんな事をふと思いながら
2255 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:41:34 ID:2RUr.9MU
フラグか
2256 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:43:34 ID:hi.UAPZQ

 :..   . :.  .. .                        . ... . . .::..  :.   .. . .:.:.. . .   .....  .. .      ....  ::.. . .
      .,.;:;::'''""""''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,      . ... . . ....  . .  ..            ... .  .. .. .
  _...:;;:''"'"     ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…   ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,      . ...   ..  ... . .. .:.. .  .. .. .  .::.:.....
 .,;: _...       .,.,;:;:;:,.,.,_                 ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .    ::...    . :..   . :.  .. . :.:.
    .....,,,,,;:;'''"'''"             ....,,_,,,...;:;::''""''''"    ..  ... .  .. .. .      ..  . . . . .. .. . .     .. .::...
,.,;:;:;:;:;'''""""""         ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..  . . .. .. .. . .            ,,.,,,...,.,.,,_,,,,,,,,,...;;;
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..  . .      _,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.. ..  . .     """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                            ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
                     ..  ... .  .. .                           ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
                                   . . . . .    .: ..  . .
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  できない夫はルルーシュ少年を降ろし安全の為に先に登る。
┃  マンホールの一部を上げ、目だけ出すが
┃  どうやら、路地裏の様だ。
┃  だがそのすぐ鼻の先に人通りの多い道が見える。
┃  運が良い・・・・・・、本当に。
┃  できない夫は下に居る鹿角に小さく頷くと、ルルーシュ少年に登ってくる様に伝えた。
2257 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:46:47 ID:hi.UAPZQ

           /.::.::.::.:/.:::.::.::.::.:./.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.|
          /イ:.,.::./.::.::.::.::.::. /.::.::.::.:/.:,:.:.::,:..::.::.l.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::l.::.::.::|
         ,/.:,/./.:l.::.::.::.::.::.:/.::.::.::./.::.:./.:.イ.::.::.: /.::.∧.::.::.::.::.:、.::.::.::|.::.::.::|、
         // /.::.:l.::.::.::.:,.:/.::.::.::,/.://://.::.:/l.::.:/ ',.:ヽ.::.l.::.:l.::.::.::.|.::.::.::| ヘ
       / /  l.:::.::l.::.::.::l./.::.::.://,/ // /.::./ l.::/  ',.:lヽ.::.l.::l.::.::.::|.::.::.::ト  ヘ
       / /   l.::.::.:l.::l.::lリl.::.:,.ィ≠ミk_i:i /.:/ _/:/ィ=≠く ヽ.::.:l.::.::.:リ.:::.::.:lヾ  ヘ
     /     リ.:i.::l.:l.:::.l.:|:.代〃 :ハヾ /.:/ '/ f〃下:ハ>ハ,.::.l.::.::/i.::.::ト:ヽ ヽ ヘ
   /      ,/ l.::.::.i:l.::.::l.:l.ヽ Vヘ:::j.| / /' |rヘ:::::j.リ '゙ /.::.::./lノ.::.::| ヽヽ  ヘ
  /       / `-:.、:ハ.::.::.:ト  ゝ-‐' /´  ,   ゝ‐-‐' '"/イ.:/リ.::.::.、::l  `ヽ  ヘ
. /            `、ヽ.::.:lヾ、      i        /リ:/:./.::.::.:ト.:l      ヘ
. /              ヽヽ、 ゞ、     ___     イ/ ,'  ̄`´ `      ヘ
  ̄ ̄ ゙゙̄-- 、          l. .ヽ    ゝ   /    イ /. l            /
         `-、        l: : :.ト >  `¨´ , <, l. : : :l            /
        リ   `-、      l: : :.l 、ヽ `--' "  /l: : : :l          / l
       /     `-、     l: : :.l  / /  l ',/  l: : : :l         /   |
       |        `、   l: : : l /. /  l ',   l: : : :l     , ィ '"      |
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  笑顔で、まるでアスレチックで遊ぶ子供の様に、勢い良く梯子を登ってくる。
┃  己の日常へと続くその梯子を上り詰めると、先に登っていたできない夫の手を借りて
┃  外に出ると深呼吸をする。普段なら臭いとしか思わなかった路地裏の匂いでも
┃  下水の中に比べれば澄んだ綺麗な空気に感じ、また涙ぐぬ。
┃  できない夫が背中を摩り、鹿角がそれに続き登ってくる
┃  
2258 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 18:52:31 ID:hi.UAPZQ

       ./__r''./:::/::::::::/::::::::::::::::::::ハ::ノヽ:::::::::`ヾ    ノi!
      / / /::::::/::::::::/:::;:::::::/:::::i::{`゛ヾ}:::::::::::::i::::ヾir'///,!
     ./ヽ/,.:'::::::/::::::::;'::::/::::;イ::::::ハ::!   !::::::::::::|:::::::';:V///
    /__./ i!::::::;':::::::::::|::/i/::{ヽ:::/ }!   ;::|::::::::::!::::::::', `ヾ
    .ム/ i:::::::i:::::::::::::|rfミ、 !/     _/::i:::::::::;':::::::::::i  \
    /::::\ >::!:::i::::|:::|ゞソ ゙      /イ`:::::/:::::::::i::::|  /
    !::::::::::::乂::|::::!:::|:::|          r弍/:::::イ:::::::::::;:::::! ヾ
     ';:::::::::::::::::|:::ハ- く     '    ヾソ イ:::::::::::::/::::::!  !
     ゞミ:::/::!人::::::::〉  _ _      /:::::::::/::::/::| ン
      ./:::::/i::::| ̄ 、  ` ´    <;;;;;;;;::イ/:::::/ ,リ       「はい、捕まって」
    /::::::/  ;::::;  } ヽ. __  .. イ::::/:::::/:::::ノ /
   /::::::/  ./::::ハ三ミ:.、 ,.i 、ー-、/:::::/::/´           お手を失礼します。主
   ::::::/   /::::/  }゙ヽ:::::::\:::!!ヽ /イ::::',/ ̄ {
   :/    /::/! /   ー-、:::/ !   ヽ:::ヽ / ヽ         「・・・・・」
      /::/ , i:',        \. { ー '' \:::',   }
     ,:::::::/  / ,!::;        ∨     ';:::! =≦ァ       ・・・?どうかしました?
    ./::::::/ ,ノ /::::}     ー- .、     ` <:!   {
    ::::/ /ィ::彡′         \     \  ノ        「い、いや何でも無いよ(や、柔らかい・・・)」
   ///´                 ヽ      ∨!
   ///{′                  ',      ∨
   /,'{:::!                  !      !
   '/,}::!  _          . : : : : : : . . ,: .      ハ:、
   /,'|::K    `ヽ   . : : : : : : : : : :/: : : . . . : : イ::Vハ
   ./,'i::!∧__    ', . : : : :,;.: : -=-≦、: :_ : .:イハ::::::∨}
   //|::!/∧ `ー- }-==≦/三三{ __i ‘ー/,'//∧::::::ヽ
   '/ハ::V/∧ー- '      i    i!  !  /,////,∧:、:::::\
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  侍女である己にも手を伸ばし、引き上げるできない夫に恥をかかせず手を取りされるがままに登る
┃  ピョコン!と寸前で胸の中のエルクゥが外に飛び出しクゥン、クゥンと周囲をキョロキョロする。
┃  彼女が外に出、引き上げてマンホールを締めようとした時―――――
┃  
┃  問題:血界戦線の登場人物「ザップ・レンフロ」の技を3つ答えよ。武器の精製ならばその武器名を
┃                                      下3
2259 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:54:01 ID:5itgVBFM
刃身ノ壱・焔丸
形状は太刀。
神性存在をも切断する鋭い斬撃「大蛇薙」を放つ

刃身ノ弐・空斬糸
形状は糸。 攻撃よりも捕縛に向いており、対象に絡み付けて動きを封じる「赫棺縛(かくわんばく)」を使える

刃身ノ四・紅蓮骨喰
形状は大剣。 身の丈ほどもある巨大な刀身が特徴で、峰の部分を発火させることで振りを加速し非常に高い威力を発揮する
2260 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 18:56:34 ID:hvXzvG2U
刃身ノ壱・焔丸
形状は太刀。
神性存在をも切断する鋭い斬撃「大蛇薙」を放つ

刃身ノ弐・空斬糸
形状は糸。
攻撃よりも捕縛に向いており、対象に絡み付けて動きを封じる「赫棺縛(かくわんばく)」を使える

刃身ノ四・紅蓮骨喰
形状は大剣。
身の丈ほどもある巨大な刀身が特徴で、峰の部分を発火させることで振りを加速し非常に高い威力を発揮する
2261 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 19:02:55 ID:mVpRyL2o
止まってるので 上1で
2262 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:02:58 ID:hi.UAPZQ

下3まで、と時間制限も入れるべきですね。
正解!です


                                     |   .|   .l
           ../ -、                   |   !   .l
           /    ゙'-、                    !   .i!   ..lニ二二二二二二ニニニニニニニ====
          /       .\,               ,   l   l l.   .゙ト、         _,,,,,,.... --―'''''''"゙ ゙̄/
           /           \        _..-‐" .!  !   .l゙._.l    l┴¬''''^゙ ̄゛   _,,,.. -ー'''゙フ  /
          /      ./       \、._.. ‐'"     l  .!  .` ̄  l    .ヽ . _,,,,, -ー''''"´      /  .l゙
      ./      ./ ゙'-、    . _..-'"´        l .!    . _,,,,.ゝ    リ-.  \          l゙  /
     . /      ./    .゙>‐'″            ! .l-‐'''"´   .l,    l,\  \          l   l
    /      ./  ._..-''"                l            l,    . l \  .\.     /  /
   /      ,iシ'"´               _,, ‐r'"    l             l     l.  \.  .\,  ./  /
  /   ,.. -'"゛             _,, -''''゙~-、  l     .|         ..l,    ヽ  .\   .\/   l
 /             _,, ー''"´       ゙''-,|     .|゙'-、           l    ..l,   \.   ヽ  !
ゞ        _,, -'''"゛             │     !  `'-、         l    .ヽ    .\    l
   ._,,, ー''"゛                      |     !    .\,      l     .l.     \.  !
-‐''"                            !     !、,     \     l     ヽ     `'ゞ
                           │     |  \     \,   .l     l
                               !     |   `'-、    `'-、 .l,     .l,
                               |     .l     `'-、    .\.l     .ヽ
                            !     .l       `''-、   \     ヽ
                            }     .!         `'-、           l
                               l      |            `'-、     .ヽ
                             !      l              `'-、    ..l
                                _l      .!                `'-、   ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l      !                  `'-、 .l,
                                |      !                    `'-.|,
                                       l
                                    l
                                  __,,,.... --"
                    _,,,,.... -―'''''''^ ̄´
               -―'''''''"゙ ̄゛
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  ソレ、は全くの偶然だった。
┃  銃撃音が聞こえず。唯獲物を徘徊していた一匹のエルクゥが
┃  喜びのままに登っていたルルーシュ少年の梯子を登る音に気づいたのは・・・
┃  何も聞こえない静かな場所だからこそ。その音は響き――――――
┃  とある片田舎に置いて鬼“エルクゥ”と言われる伝説の化物の名を持つソレが駆けた。
┃  それはまさに。人外の動きで
2264 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:04:06 ID:hi.UAPZQ

                     iヽ
                     i/|
         |ヽ           l/|   ,
         V∧         ノ/」 r=イj
          ∨/\       i//ゝイ//
        __ ヾ__/≧、     |/|//イ
        ヾ//≧ュ_)//∧     !/|//l|
         `ー=ニミヾ/∧  _j/|///    __,,イj
              ヾ≧/r'´   j// ̄`Y77///ノ
               `ゞ=ヽ-、 -'--- 、」ィ=‐'´
          ヾ==彡=!, ィ´:::::::::l:::::::::ハ:::::::ヽ\`ー-- _
           >''´/::::::/::::::::::l::::::;::::';:::::::::::ヽ\     7
        r ´   /;::::::;イ::::/:::;::::/'´j:|:::::ハ:::::::::::ハ ヽ    r'         ・・・!生体反応・・・!
        ヽ  /::/::::::/::::::;':::::ハ/  i:j:::斗チ:::::::::::}ヽ ヘ V
         〈  7、::::/::::::::i:::::::!-!、 リノxィtテ::::::::!|   ∨
         ヽ_   Y:::l:::::::|::::rヘTケ^  '´フ:::::::ノリ ,,ィア
         ノ \l:::::i:::::::|:::::ヾ¨´  ! イ:::::::/、ィ´   -ァュ、
       / ̄ ̄`ヽ!ト、::!、:::|ヽ:::::ゝ.  , - 7T´   ) ,, ィ´  Y {
       !     ∧:::>、ゝ  ヾアl/>::´イ   /´     l   !
       }   _./::::X__{   rイ_/イ::/ /  /l  ,, ィイ  j  l,ィヽ
       L__ /::::/_ ゝニ彡 :; ィ,,イ/{   (/// j__ノ  __ゝ'  \
         ∨:::イ __ /イ:; ィ´ノ//>ハ__ノj  < ̄ / ヾ´     j         __ -――--  _
        /:/-=ニ=-''  | j>‐'´  ´`ー イヾーヽ、l   \ ̄`ー'    _ -―             )
      イ-;::彡V      |'_,, ィ        ハヽ / !     ヽ _ -‐  ̄          _ -=ニ二=-''
   _,, -≦ ア   /     /          / ヘ\{ //  ´ ̄            _ -=ニ二=-''
-≦ ィ:::/    {    /           〈  ヘ V彡-=  __      __ -=ニ二=-''
  /::/     ゝ、  (            人  ヘソ          _ -=ニ二=-''
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  鹿角は己の失態に思考領域の中で自己を罵倒しながら敵戦力を再計算する。
┃  余りに速い。骨格の発達から計算していた速度を遥かに超えるその速度
┃  壁と床、天井。全てを駆使し悍ましささえ感じる起動。
┃  ――――閉める、愚か。却下
┃  ――――弾丸の精製・・・時間足りず
┃  ――――刀身の再構成・・・許可
┃  多重思考による戦略プログラムが高速で数百以上の戦略とその結果を生み出す。
2265 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:08:58 ID:hi.UAPZQ

                    ___
           _ェ------‐ニ ̄_/
       ,ハ ' ´:::::::::::::::::::::::::::::::/ヽ
     /´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ 、_____
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-‐‐‐=´
   ./::::○::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ヽ、
   /- 、::::::::::::::::::::::::::::●:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
  Y'---'::::::::::::::::::::::::::::::::ッ-- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ--~:::::::::::::`ィ---、::::::::::|    クゥ・・・クゥゥ・・・エルゥ・・・
   ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ   :`ヽ. i
    `Y'`ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V´      `
    ./::::::::|‐------------‐‐‐‐'ヽ
   又::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::',
   i::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::i
    .i:::::::::::::::::::::::::::::::::心---::::::::::::::::::::iェヤノ
    Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
     \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
       i二>::::::::::::::::::::::::::::::::/
          ̄ ̄弋二ノ ̄プルプルプル
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  できない夫は、彼女が気付くその前にとある異変に気づいて居た。
┃  飛び出してきた、幼児のエルクゥ?が震え、己にしがみつく事に。
┃  それに対し背筋に氷を入れた様な怖気が走る
┃  己の中の本能が叫びをあげる。同時に鹿角からその裏付けの言葉を聞き――――――
┃  即座にウェストホルダーのリボルバーを抜く
┃  
2266 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:14:45 ID:hi.UAPZQ

                                     ___
                                       │i||i  i|
                                       │i||i  i|
                                       │i||i  i|
                                       │i||i  i|
                                       │i||i  i|
                                       │i||i  i|
                                       │i||i  i|
                                       │i||i  i|
                    ..=                       │i||i i⌒}_
            .: ´     ヽ                       │i||i |. i} ̄i|
              /         ヽ                     i|ニニ|. i}-、i|
.             l  ,/ _  ‐   ヽ                  │  i  ´ ̄マ      ――――ッ
.             ヽ (● )    . ヽ               ノヘべ      マ
             ヽ         ヽ                    !、   /´ヘ_   
.              └、 /   /   ィ=ゝ、                     〉- 、|{、__ノ
                ヽ´  ィ./ィ::´ ̄:ヽ<`ヽ              /:`ヽ、_`7
              /⌒ヾ─´--‐'´ ̄:::::ヽ::::::\         /::::::::::::::o:〉
               /::::::::::::::.. l:::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::<_        /::::::::::::::o/
             _/::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::ト-、     /:::::::::::::o/
          , -':::::::::`丶、:::::::::!:::/::::::::::::::::::::/|::::::::::!::::::\    /::::::::::::o/
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::j/:::::::::::::::::::/:::!::::::::::ヽ::ヽ::::`ヽ,く::::::::::::::/
     ,..-‐'::::::::::::::::::::::::::::::;:-‐'´::::::::::::::::::::/:::::::/ヽ::::::::::::::::ヽ:::::::::i:::::l::::::::l
`ー:.ー':::::::::: ̄ ̄ ̄:::::;:- ´! ::::::::::::::::::::::/::::::::::/   `丶、::::::::ヽ::::::l:::::::::::/
:::::::::::::::::::`ー::::::::;: ‐ ´  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         `丶:::::::::::!:::::::/
::::::::::::::::::::::::::; ‐´      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::/           `丶、_/
─---、__ ‐'       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::〈
             ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::/
            (:::::::::::::::::::::`丶、::__;:`ヽ、   ___
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<.-‐'' ´:::::::::/⌒ヽ
            {:::::::-‐':´ ̄ ̄`> 、:'´::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::|
            |ヽ:::::::::::::::::::/:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::l ̄`丶-ゝ
            |::ヽ:::::::::::/::`ヽ、:::::::::|─:、─---┘
            |::::::\/:::::::::::::::::`ヽ、{::::::::::\
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  隣に居る鹿角が何時もの動作で手を振る事に気付く
┃  だが、音は近い―――――化物の気配を目の前に感じ。できない夫は覚悟を決める
┃  
┃  問題:漫画「血界戦線」より、主人公「クラウス・V・ラインヘルツ」の流派は?
┃                               下3まで 19:20までに
2267 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 19:16:08 ID:vNzjUf1E
ブレングリード流血闘術
2268 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 19:16:52 ID:2RUr.9MU
ブレングリード流血闘術
2269 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 19:17:18 ID:8XUbVe/U
ブレングリード流血闘術
2271 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:18:38 ID:hi.UAPZQ
正解です!

                              {`ヾ_ソ  /  /ヽ
                          弋´  X  ./ニニヘ
                               `¨´ .i∨二ニニニヘ
                                  |l.∨二ニニニヘ
                                | ∨ニニニニ:ヘ
                                    }ニニニ:ニニヘ
                                i二二二二ニヘ
                                 |二二二ニニニ∧
                                  {ニTニニ> ′ヘ
                                ゝ二二ニ{ニニニヘ
                                 ,...<l|ニニニニ〈ニニニニ
        .廾                    X二二ニ|ニニニニヽ/ ̄|「ニ\
         |:| 从从从从从从从、     ./二二二/\ニニニ/l|    !\ニ\
           |::| .从从从从从从从从从.____/⌒|l ̄ ̄| ., '.\ニ:/ |      ',ニ|
        |::/二从从从从从从ミ./ニニニ.',.ニ|ニニ.|,'ニニ/         .',ミ|
          |/二二二从从从从/ニニニニニ,ニニニニニ/l|          刋
        {二二二二从从ミ./ニニニニニ,ニニニニニ./   |
        i二二ニニ二从从〈ニニニニニニニニニニ !
        i二二二二二/从{ニニニニニニニニニ/从
          .V二二二二ソ:ニ:∧ニニ,ィ:、ニニニ., 'ニ/从从
       .   V二二ニニ/二二∧/ニニニヽ、, 'ニ.X从从从
         \二二Vニニニニニニニニニ\/.从从从从
           \ミミ/ニニニニニニニニニニl从从从从从
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  追い縋ってきた化物「エルクゥ」が梯子、直前でブレーキを一発で掛け。慣性を無視するが如く・・・
┃  いや、そのスピードの侭に膝のバネを利用し、梯子等使わず。己を覗き込む奴らへと
┃  獲物へと、目にも止まらぬ速度で跳躍する。5m前後はあるそれをまるで当たり前の如く
┃  
2272 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:24:14 ID:hi.UAPZQ

               r―‐i,
               |\ ̄ \
               |  \   \
                    _|`/'"ニニヽ´
               ,}',イ i'´ .゙、  ゙̄、゙i
               / l .;' 、  .゙、   ヽ、
             | l´.゙、l 丶  ゙、    ヽ.
            ,r''.i゙ `-`゙i     ゙、   \
           { ミ゙i、!、_| | 、     ゙、 ,.-、....r、ニ、
               ゙、'"ヽ'ji ̄ ゙、      ゙、_゙、,ヾ二L
             、'-'| `i''''''゙、       `------!:、
             /i/,ニヽ||   ゙、      ,.. -─--.、 ゙ヽ、
              //^{ l'"}、   ゙、    / ,..-''''''''''-、゙ヽ、.|
            //ヽ `¬' ̄¬''''|゙、 ./ / ,-''"""`ヽ`、 ゙l|
             /./ |iー-゙i   /--、 | ;' .i      l ゙l |
           〈 {、 !_゙ー-二ニ-''"´'、| | .|      j j .|
             \ \ ̄`''''''''''" / ,,ヽ  .ヽ    ,ノノ ノ
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  だが飛び上がり出口を見たエルクゥの瞳に映ったのは。ひょろ長い男が此方を見、鉄のソレを持っている光景。
┃  今まで見たことのあるソレ、よりも大きいモノを“片手で”
┃  正確には、逆の手を、ソレの背部へと添えて
┃  化物「エルクゥ」は何度か見た事があるソレをフラッシュバックする。
┃  アレはそう―――直線に・・・
2273 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:29:15 ID:hi.UAPZQ

.              /                |
                !              、/
     | ̄ ̄ ‐ '─ !_           `ー-、_
     |::::::::::::::::::::::::::::::`‐ _      `ー-
      |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、_   /
 _ -‐' ̄`‐- 、_::::::::::::::::::::::::::::`‐ <    u
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-、_:::::::::::::::::::::::::::>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ_:::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐、/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ‐-、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  此処で言っておくができない夫が習った技術。
┃  その中でも戦闘技術は大きく「格闘」「銃撃」
┃  である。その中でも。特に練習したモノがある
┃  だがその技術はまず、真っ当な戦闘では使わず
┃  また、使う時も覚悟無しには出来無い。イロモノであった
2274 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:30:41 ID:hi.UAPZQ
        、,                      ,.
        ヽ.                   _,.='/
___       `=、,     ! . ,      _,.=-≠
 `=、ヽ._     ヽ._ 、ィ'l_t|.みソ.、. .! _rィ´/
     `\.,、__ `ヽ=、キ=サf=イヾ`=ィy/_             _. __ _
         `ヽ.f´ソモtifr'=、メキッサメf-'      __─
          ___jiキモイ    }チif井♯[二 ̄   ̄
        _,. -='ニサヤハ.___ /ィf´<`'..-、
  ,.=-─'  ̄丁´≠攵辷ケモケモナ匕冫   \
  '     ,.ィ´メ´ヘ/メ/幵f|^´ヽ!、/\    \
    ,.r' '´ /     ..\   ヽ,            ',   .Y     /'´          /   _,,。=-ー''"´
  ,.-'≠  ,. /,. -    ..`"''ー─-ゝ。,,,,___    、  .',   |    イ          _,,ィ=ー''''"´
/   ,  ィ^     /              \   .ヽ, ',   |   ./         ,ィ''´イ
   /  / /     l               .\、  .ヽ,.',. ..|  /  ./    _。イ ./
                          __ヽ\  ヽ ./ ./.i./  _。イ  ./
                       `''ー=。_  \\ 、〈i|//イ ._。イ_,,。-ー''"´
                            `"''ー-=ゞミゞ''ヾ彡ー''"´
                             >。-ーミi,  ノ三≡=───
                   _,,,,,,,。=--ーィ''""´ ̄.\イシシマ}`ゝゝ、__
                        /    /  .|/  i{.',    `"''ー-
                      ,.ィ'´    ./   ./    | .',
                   ,.ィ'´     ./         ゞ、}i
                 ,.ィ'´      ./           ヽ,i
              ,.ィ'´                      i.〉,
    _,,,,,,。=-ー'''"ゞ´                         .i |
         ,.ィ'´                           .i |
       .,.ィ'´                               |
    .,.ィ'´                                  .|
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  そう
┃  右手1本で持ち、左手を銃の撃鉄に乗せ、発射直後に撃鉄を下ろし直後に再射する
┃  通称“ファニング”と呼ばれる曲芸撃ち等マグナムでは以て外である筈なのだ

2275 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:32:03 ID:hi.UAPZQ

           _
.         /    ` 、
        ./        ’
        l         u  !
        | \  /   .!_
      /|(●) (● ) ///!         
      /./∧   /     ///《        ン・・・ガァ―――――ッ!!!
   //////∧ _   . / ∨/∧
.  /////////ヽ_ ./ヘ / ∨/∧
  ./:////////////ヽノ┐、  ∨/∧
 .///////////////∧.ヽ \ l://∧
 |//////////////ハ∧ \ \///i
 |///////////////ハ/∧ .\  \|
. ∨///////////////ヽ/:i  l/\  ヽ
   i////\///////////ー 、∨/ハ  i ー─ ヽ 、
    i//////\///////////`> 、i   |///////ハ
.    i/////////<////////////`>ヽ//////丿
    i///////////` <////////////`> 、/     _
.    }/////////////:` <///////////´ / -. 、_ .>::\
.     |//////////////////' <//////  /        \:::::\
    |///////////////////二` <//>-"`ヽ       ヽ:::::::\
    ヽ/////////////////二二二`Y二\ {:::\  、  ヽ_ )) 、::::::\
      Y//////////////二二二二二二ニ\ヽ:_:.>_ッ " ` ´\:::::::\
      \////////// /二二:i二二二二二ニ\             \::/
        \////////二二二i二二二二二二ニ\
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  それを行った青年が行った事は単純である
┃  反動で銃が持ち上がる力を利用し、タイミング良く二射目を放つ、それだけだ。
┃  常人並の彼が行えたのは、慣れによる覚悟と単純な技量である
┃  曲芸撃ちとは、芸であって、少なくとも実用出来る存在を彼は自分と師以外に知らない
┃  馬鹿げた行為は最良の結果を引き起こし、彼の勝率を高める。
┃  叩ける内に最大火力で叩く。そうしなければ死ぬのは自分だ。
┃  リボルバーの銃身から凄まじい煙が沸き立ち
┃  マズルフラッシュの光が化物を一瞬のみ明るく照らす。
┃  薬莢から臭う火薬の匂いができない夫の鼻腔をくすぐる
┃  集中力が意識を加速させ、周囲を停滞させる。そんな錯覚を起こさせる最後の鉄火場

2276 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:36:52 ID:hi.UAPZQ

    _                                /|                            __
    |三三二ニ=- _                      r、 |∧                       _  -‐=ニ二三三/
    |三三三三三三\                  マム〉∧                     /三三三三三三/
    |三三三三三三三.\                 r 、 ∨//,|                /ニ三三三三三三/
    |三三三三三三三三 \              マ≧x_マ/ム- 、 _...-ァァァァ77    / 三三三三三三三/
    |三三三三三三三三三=\         _ 」-‐:::::::`ァ-、>ク////(二ニ_´  ./三三三三三三三三/
    |三三三三三三三三三三 \      ,く::/:::/:::ハ〈::::::::ヽ `ヽ‐=-‐ ´  /=三三三三三三三三/
   ¨ -=ニ三三三三三三三三三ニ\     ヽ/:/::/_//》、:::::::∧/z、_   /三三三三三三三三三/
        ¨ -=ニ三三三三三三三三|. fTヽ 7l:::l::|ftッ〈::/::::/:::::}≦Z/ /三三三三三三三三ニ=- ¨
            ¨ -=ニ_ .....-==¬ =- _|.| 《ヽ{::{:::八 ' 子v、:r'´_>  /三三三三三三三ニ=- ¨
             /:; -‐ ¨ 三三ニ〉 r、〉、 `> \-、ヽ'r'⌒ヽム::::ノ   /三三三三三ニ=- ¨
              /:/    ¨ -=ニ三{ ` ヽ、_ 、_ノ\\:::::::::∨´   /| ̄ ̄Lニ=- ¨
            /:::/          ̄   /´ス::::::`:::::マヘ:::::::::\_ 〈:::ヽ
         |:::/                〈 {/ハヽ:::::::::::マヘ:::::::::::_::::二三二ニ=- 、
         `                 >::/_、 _\`ー_=ヽ`二  -‐  T::弋 ニ=-、 \
       ______         /::/ |´Τ`T´:::::/::::::::\  _/:::::::::::》 \::::\_>  ______  -‐  ̄7
     /  _         `\         {::{ _ム | /o::::(ヽ:::::::::::::: ̄::::::::::: 〃    ̄ _/ _ -‐  ̄       _/
    /-‐ ´/二>-  _    \       マ∨::/ } ヽ::::::/_>‐- 、::::::::::::::://    // /           _ ィ´
  /   /         ̄ - _┴-¬ ´  >;\ |  ∨ _/:::ヽ  ヘ::::: _ /    // / ̄  -‐ ⌒ヽ _/
/    /              ` ー-‐ ´  〉、:\_∠//:::::::::|  ヘ ̄´┌- /   /             ´
  ┌‐ ´          _ -=ァ____     /  \:\ /:::::::::::j\   \-‐ ´  _ - ´
  /       _ -=ニ三三三三三三 _ - ´_ -‐ 〉::〉:::::::::::::/  \__\ /三三ニ=- _
/   _ -=ニ三三三三三三三三 / _二__ -r '´::::::::::::::/       丁三三三三三三ニ=- _
_ -=ニ三三三三三三三三三_ - ´ //::://: /: :|:::::::::::::::::/        \三三三三三三三三三ニ=- _
三三三三三三三三三三 /    / //::::/: / : : |:::::::::::::/               \=三三三三三三三三三三|
三三三三三三三三三.イ     / /´:::::::/: /: : : :.∨::::::〈                 \ 三三三三三三三三三|
三三三三三三三三//     / /:::::::::/: ; |: : : : :,ィ∨::::::\____         \.三三三三三三三三|
三三三三三三ニ/  {      { {::::::::// |: : : : :ヽ、∨::::::::::`:::‐-、::::::\          \三三三三三三三|
三三三三三ニ/   ∨   ム. ヽ:://   /\: : :r 、:`∨:::::::::::::::::::::〉::::::::l             \ニ三三三三三|
┏━━━━━━━━━━┓
  鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  そんな中、唐突なお客様に対し、主であるできない夫が行った歓待に対し
┃  侍女である己も続かなければいけない。何しろ主が時間を作ってさえくれたのだから
┃  そう、相手が満足出来る様に。侍女足るもの、万全の準備で。
┃  
┃  化物「エルクゥ」が、脳天に大穴を開け、速度を落とし落下する瞬間見えたソレは
┃  巨大な杭を4本生み出した。柔らかそうな、汚れ1つ無い雌が手を振り下ろす瞬間であった

2277 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 19:39:13 ID:2RUr.9MU
さようならエルクゥ
2278 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:40:22 ID:hi.UAPZQ

       .l;;i′      /     .!圭/ .イ、圭圭圭/ |圭/       ィ幺才     ,イ゙ .,〃      ィ幺才
       .|/       ノ      .l圭!  l圭圭圭ゝ !Ⅳ           ,,ilr'"     ,i'./        ,ィ幺才 .,.
       :l゙                 | !  /圭圭Ⅳ  /Ⅳ         '″      .,l./        ,,ノ才  ィ幺圭
              _,,          !゙.,,.,i圭圭Ⅳ  .iУ                             ,i'㌢ rィ幺圭圭
   .i}′        / Ⅳ .,      /圭圭Ⅳ   .l″            ,ν         /Ⅳ_ィ幺圭圭圭圭
   `           i"Ⅳ /      /圭圭Ⅳ                il l′         ィ幺圭圭圭圭圭才㌢
           lⅣ  ."、    /圭圭Ⅳ             _    ,,i!!″     . ィ幺圭圭圭才㌢ー'″
          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
     .,i''l   .,〃    .〃 /  ./圭圭Ⅳ     .,.     _ /″           ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 ./  ,/圭圭/     ./     ,r'./     .,    ィ幺圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
   .〃   ./l   、〃 ,ir /圭圭/    .,〃    .,ノン′  .,,ir'"  ィ幺圭圭Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン"   ,ii'" .,..-'イ圭圭Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
  .il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,-/'" ,.. ;;/!"._.刈圭圭圭Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''/...-彡 '',゙..ィ幺圭圭圭,ィ幺圭才"'"
// 幺圭圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐才ンィ幺゙‐'゙圭圭圭圭才゙‐'''^゙゙''″         _..i
/幺;圭圭〃圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭込ィ幺,iテア´圭圭圭圭圭圭才"      _,,,...i;;;;iv=ゞ´
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才  __..;;メ`-ー'"゛            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭i彡ィ幺圭才               ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'´             _..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才″_____.圭圭彡''彡丞'"゛        ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才_,,ィ幺圭圭圭圭才 ゙゙゙̄‐'"゛
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才㌢ ̄,,
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭才 '" ̄゛ . _..yrー''“''''"    . _,,.. -;;ニニコニ;;r‐
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭_.-‐'' 二ニ  ―ニニ`-'”'"゛     .,_iiir=`-''''"´
┏━━━━━━━━━━┓
 エルクゥ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  全身を貫き、それでも威力が落ちないその杭は、化物を地面に縫い付ける
┃  化物が悲鳴をあげようとするが、声帯等、既に巨大なコンクリート杭により
┃  粉砕されている。
┃  化物は、手も足も、顔も何も動かせられず
┃  上で、ぽっかりと円形に空いていた場所を見つめながらゆっくりとその生命活動を終えた

2279 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:42:54 ID:hi.UAPZQ

                     /\
. /                   /   \
/                       /
             _,,,,..,,_
          ,. -''"´    `゙''-、       .
        ,."          `ヽ.  ヽ\  .
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ●       l  i         /.:.:.:.:. . . . .    ―――――ビ
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
       丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .      i.:.:.:.:.:.:.:. . .
             `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
                                     ゝ.:.:.. . .
.                        /
                         /,
                           /.:.:.:. .
                       /:.:.:.. . .
                      ゝ .:



                     /\
. /                   /   \
/          U           /
             _,,,,..,,_
          ,. -''"´    `゙''-、       U
        ,."          `ヽ.  ヽ\
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ◎       l  i         /.:.:.:.:. . . . .
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
       丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :     ビビった・・・
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ        .i.:.:.:.:.:.:.:. . .
             `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
                                     ゝ.:.:.. . .
.                        /
                         /,
              l                /.:.:.:. .
            U               /:.:.:.. . .
                      ゝ .:
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  だが、少なくとも、頭上に居る男の寿命を3年は削りきっただろう。
┃  できない夫は汗を垂れ流し、腕が外れて無いか確認しながら、尻餅をついた

2280 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 19:43:56 ID:ry/VKaAk
狩猟用拳銃で演ってよく骨が折れてないもんだw
2281 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:50:45 ID:hi.UAPZQ
折れます。普通折れます。というか『何度も折っていました』
そう言った意味での慣れ。ですね


                        /!   /:://:::://:::::/    ///:::::/   /::/
                          /::{  /::::{///::::::/   // ,:':::/____,,.ィ:::::::/
                      /::::::ー'7´ ̄`ヽ:::r--'' 、  /::/ /::::::::::::::::, ィ:::::/
                     ,/--― ゞ=--、 У...,,   ヽ:::::i´::ィニ二二彡::::/
                     > ´         ヽ::::...ヽ  /::/::::::::::::::::::> ´
              > ´               ー-ミ   ̄`ヽ ̄ ̄´
             /              /       ̄`ヽ  >
            / /  /  /         /               V//:::ー- ..、_______,,..イ
           ー/  /  /       /            V:::::::::::::::::::::::::::::::::/
              /  .:′ ,     /, ィ ハ             ',:::::::::::::::::::::> ´
         ,.:'    ,:'  /      .// /,,i',,..:!       i   i    ',  ', ̄ ̄ ̄´
         /   /  /    \/ ; /   |      |   |   |  i    }
         ./  ,,.:/  /    ,,..__/ヽ/    j|      |   |   |  |ヽ  ,′
        ´ ̄  ,:  /,,.. ィ´{i {:::ヾ、    /_|      |   |   |  |. ∨           ご無事で何よりです。
             .:      | !  V;ソ     j ー- ,, ,:   |   |  |   ∨
            .i      / |     ,   ,.ィfニミ;.、 /     !   !  !              「いやぁ・・・肝が冷えたよ」
              |  >./  !    /      iJ::::::!ヾ:、     !    ;  j
              レ´  /  八          ゞ=ソ ソヽ.  ;    ;/ V             先程私が言った言葉は覚えていますか?
              }   /  /:::::'.,              /   \/   / ミ、}
             ノ   /  /:::::::::::..   、    /   /    /   ソ ,. -ァー-、       「えーと・・・・・・・・・」
          ヽ.__/___/:::::::::/.:ヽ.. ___ ,,...∠   /    / > ´ ̄) }    )
       > ´      `ヽ } } /:::::::i!    > 7´/  __,,.. // (   ノ⌒!   ` ̄ ヽ
      /          ノソ /::::::::::| ヽ,..ィ´/::::; /ィ´::::::::::/ ___ノ /::`ヽ  /     ヽ
    /           { { /:::::;;:>ー-- /:::::::;  ,::::::::__ノ {   /::::::::::::::ヽ        }
   .,           > ´  ̄      {::::::::::i  i/    !  /::::::::::::::::::::::,  ー- r-''
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  侍女も、己の主の隣に膝を付き、彼の体を労わり、肩を撫でる
┃  痛覚を僅かでも誤魔化す為に。良くぞ折れて居ないモノだ。
┃  だが、自愛しろ。と言ったのに無茶をするこの主に対し何処か非難気に見ていた。
┃  彼女の主は冷や汗を流しながら、彼女にゴメン、ゴメンと何度も謝罪する
┃  主であるのだから、そこまで腰を低くされてしまっては困ります、と一言言うが
┃  それでもペコペコ謝るできない夫に。仕方無い主ですね・・・と
┃  先程した主への奉仕のし甲斐さを更に上方修正する。
┃  ご無事で何よりです。そう肩を撫で、もっと彼を見なければと彼女のデータ内
┃  奥深くに厳重にプログラムを掛け。決意に似た処置を施した
2282 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 19:51:15 ID:SlZVLmNc
今すぐの命の支払いをツケに出来たかw
2283 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 19:58:29 ID:hi.UAPZQ


                  , -‐‐- 、
                _, ‐γ        ヽ
    _ r-「: ̄¨{ ̄´   ′__   _ i
  / /  ヘ  .ヘ  _ ィ l´_ 、 ,_ `.!
 /        マ__>´ `ゞl´ ゞ' }  .ゞ'` |
 \   イー<       l    l _  U.l
   \       .>、   .人   __ , ′
..    `\     .「`Yヽr.ヽ、ー‐ ',イ、
.        \,    |′ヘ',  ̄ / ヽ_            大丈夫、大丈夫だよ。
          \」   | l  .∧__,イヘ  /|> 、
             l  .| | / ,ヘ / :} / !    > 、      何度もやった事あるし、慣れてるから
           l  .! ∨  Y  ノ' l !   / /l
               ;  i |   }    l l      |      「肩をお貸し下さい、支えますので」
              }   ! .|   {    l l  ;     .l
              }   ! .|   }    l l  l     .|      大丈「お貸しください膝がカクカク言ってますよ」
             l  .}={   l    }={   !   イ
             l  l l     i   l l  .|    |      ・・・お願いします
           /  l !    .}   l l   !     |
             /  l |    l   l l   !     |
             〉  | !   .|   l l  .{     .}
            ]二_[__]二_〔二〕二[__]ニ:}===={
           〈///////////////////}   l
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  隣から見ても凄まじいフラッシュを巻き起こす44口径マグナムに
┃  ルルーシュは心配げに自身を見ている事に気づき
┃  チビエルクゥはその爆音に驚くも、逃げずにそろそろと己に近づき
┃  膝をツンツン突き、無事なのかと聞いている様に感じた
┃  できない夫は、チビエルクゥの背中を撫でてやると最後に笑い。立ち上がる
┃  己の従者が肩を貸すというのに、そっと断りを入れるがダメージを見抜かれ
┃  承諾する。すると、彼女が自身に体を寄せ、できない夫を支える。
┃  豊満な母性の象徴が、できない夫の体にぶつかり形を変えるが
┃  肩の痛みでそれどころでは無いできない夫はリアクションは無かった
2284 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:00:01 ID:Da/bqsFM
なお、人の多い道の近くである
2285 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:04:41 ID:2RUr.9MU
事案
2286 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 20:07:14 ID:hi.UAPZQ

l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .             :                '.

             ,              '        ;                . :
_________________________________________
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         :    '      .             '                :   '
┏━━━━━━━━━━┓
 systm
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  支え合う二人と小さな子供。そして後ろを歩く小さな愛玩用に見えるミュータント
┃  一体何処の大道芸人なのか。といった一行は路地から出ると周囲の注目を集める
┃  一人はズタボロで右手にはバカデカイ44口径マグナムリボルバーを握り締め
┃  一人は生まれてから一度も見た事の無い程の美女であり何故か侍女服を着ていた
┃  又一人は普通のだが何処か賢そうな青年であり
┃  一匹・・・?は黒く。ぷにぷにしたくなる4足歩行の生き物である
┃  そんな一行に声をかける珍しい人物が居た
┃ 
┃  その人物は持っていた紙袋を落とし、駆けつける用に走ってくる
┃  鹿角のセンサーに反応し静かに臨戦態勢になるができない夫は親しげに声をかけた
┃ 
┃    ①片手に黒い手袋をした、幸薄そうな男性
┃    ②刺青をしている、何処か粗野な女性
┃    ③良い服を着ている、数名連れ立っている少女
┃                                   下3~5までで多数決
2287 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:07:55 ID:DpQS4HPo
2288 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:08:10 ID:ti9iS/OQ
2289 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:08:11 ID:vNzjUf1E
1
2290 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:08:12 ID:fTZ/b/MI
2291 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:08:15 ID:Gp4tdWDs
2
2296 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:08:59 ID:vNzjUf1E
3~5だと綺麗に割れた?w
2297 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:10:10 ID:2RUr.9MU
つまり全部だな!
2298 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 20:11:07 ID:hi.UAPZQ
(ビ、ビビった・・・一瞬で・・・)

しょ、少々お待ちください
2299 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:13:32 ID:SH2EYIRE
多数決安価は均等に割り振った時1余る様にするのがポイントやで!
2300 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 20:17:32 ID:hi.UAPZQ

///////////////////////////////////////∧
////////////////////////////////////////∧
/////////////////////////////////////////ム
//////////////////////////////////////////ム
///////////////////////////////////////////ム
/////////////////////////////////////////// ム
.////////////////////////////////////////////ム
://///////////////////////////////////ハ///////
:://///////!/i|///////////////////////// Ⅴト、ムⅧ
///////Ⅴi/ |Ⅵ///////////////////////  Ⅶ 〉≦/
///////≧zx ⅥⅦ//////////////////// ,x≦ニニニ/
///////////≧xⅧⅦ.//////////// // ,z≦三三>=ヽ    うぉぉぉぉぉ
/i////.∧ー=≧x/≧、Ⅵ///////i/ '´ //≦>==='´  〉
i Ⅷiヽ./∧`ヽ  i o≧xム///i// i| ,zx≦ィ o  ! '´   /    できない夫ぉおおお!
| .Ⅴi  〉 ハ   込=シヽヘⅥ リ≦三シ  ゝ-イノ     ∥
'  Ⅵ / Ⅶム    ̄ ⌒ヽi|::::::::::::::::::::´ ̄ ̄¨´     i!     凄い音がしたと思ったらお前だったのか!
  ヽ|  ヽ∧ ´      .:,イ!  ⌒ヽ:::,::::ゝ`           Ⅷ
   i'    ヾ     .::::::i|                     ハ     てか・・・ってか・・・・・ど、どうなってんだ!?
  ,'     ハ    :::::i:i|  ゝ                 /ノ
  ‘     / ム     、し‐、               //     と、とりあえずこっちに来い!
  i    , / ヽ   、_`ー≦_  - ‐=、、       , '∧
  |   ,:'   .'    \  ゝ‐-      ーノi     イ / }     「ちょ、肩に触らないでイタタタタ!!」
  l   /   '    i ヽ  ̄¨__ ̄ ̄ ̄     / イ   ヽ
     .'    i     :,  \          〃 /    /
    ,'    |    ヽ    ’、       ,‘ ./    /
   ,’    |     ‘,    \__  <_,,=''"     /
    i      |      i      /三三≧x    /
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  そう言いながら、インスタント拉麺の袋を落とし駆けつけて来た男性。
┃  名前を「鵺野鳴介」。
┃  この街は、スカベンジャー支援がしっかりしており
┃  彼も、街のスカベンジャー協会でうだつの上がらない者達にレクチャーする職員である
┃  左腕が変異しており、当初は様々な問題があったが
┃  彼の人徳と、その実力によって今では彼に恩義を感ずる者も多い
┃  街の顔役とも言える人だ。
┃  できない夫自身、スカベンジャーでは無いしろ、仕事上の関係で出会い
┃  友人と言える間柄であった
2301 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:19:20 ID:Da/bqsFM
おー、鬼の手変異か
2302 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:20:13 ID:vNzjUf1E
やっぱぬーべーだったか
2303 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 20:24:32 ID:hi.UAPZQ

 / /   :/    :/  / i|  i | `    .´| ハ  i   i     i
 !/   :/     :i|  / \、  i|  `  ´ i/ |: ハ:   i   |i:  i
 i   :|    /:ハ :/  -=ミヽ    〉 〈   _イ:i i:  i   |i  |
 |  .i ヘ   :ハ:|  i:|/    ヾ`ー=ノ  v/ |ハ !:  i   | i |
  !  i  ヘ  i. i|  く  tッ _ 〉-‐べ.  v´rッ  i}| /i:  i| ! | i
  |i |    :i :ハ.  __`二ニ二ノ´     ヾー- ´ |/ :|  i |i /
  .i  /´ヽ i| i        _ -  ィ  /  ̄  | /: / |i
  .i :i r 、∨  i    _ -        ´ ヽ.   i//         そこの[ピー]大根!
   \| r ' i:   i   / / ̄ ̄  ー―- __ `!  }           頭に蛆でも湧いてんのか!?
    人  /:   |  ´/   i          .〉! ハ           大道芸人か、スクラップか、なりたくないなら
_ - ´  ゝ/:    i  /、 v ーヘイ`  ̄ ̄ ` ヘ ィ ノ  / i          理由は後で聞いてやるから行くぞ!
  _ /:    /  i                |i /:  ヽ
/ /:./     ,ヘ  ヽ      _     i !イ    ヘ        おいテメェら!!見てんじゃねェッ!
 /:.://   // ヽ;\ 、`ー 二 ̄-―- 二 - ノ | ';    ヘ
-‐ニ' i  //_   ヘ:\  ̄         ァー´  ヽ; ト、:  ',
--z -| /- ニ二_-=、 i:.:.i` 、       /      ` ヽ  i
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  ほとんど同時に走ってきたのは、「二丁拳銃」と異名で呼ばれる程の2級スカベンジャー
┃  名を「レヴィ」。
┃  一度ならず何度も仕事中に出会い、共闘したり争ったりし続けている女性であり
┃  馬鹿だ、アホだ、甘ちゃんだ。と何時も罵られながら付き合いの長い人物であった
┃  数発空に拳銃を撃ち、睨んでいたチンピラは彼女とその銃声に
┃  驚き、慌て、散っていく。
┃  周辺の一般人は唐突な銃声に蜘蛛の子を散らす用に逃げていった。
┃  少し空いた空間に、滑り込んだ彼女はできない夫の首筋を掴み
┃  隣から肩を掴みながら叫んだ鵺野を睨み
┃  小さく舌打ちをする
2304 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:26:10 ID:2RUr.9MU
ほんとに全部でるのかw 作者さんパワフルだねw
2305 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 20:29:09 ID:hi.UAPZQ

.            |:.:ム ,,,   '     ,,, j:.:.:.:.:.lノ| :.:.:.:.:::.|
.            |:.:|:.:.          ,イ:.:.:.:.:./: | :.:.:.:.:::.|
.            |:.:i!:.:\   __    / i:.:.:.:./:.:. | :.:.:.:.:::.|
.            |:.:i!:.:.:.:.:\   `  イ ,:.:.:.:.i |:.: | :.:.:.:.:::.|
.            |:.:i!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:-- .   ,:.: /./:|:/----.、:.|       できない夫・・・・・・さん・・・・・・?
.            |:.i!|:.:.:., ------| _ ./: /77/ニニニニニ.ム
.            |:.i!|_./  コ- ⌒  /7:.ノニニニニニニニニニニl
            /   |   /ニニニニニニニニニニニニニニ.i|
.          / |! |  .∧ ./ニニニニニニニニニニニニニニニニi|
          /  |! | ___/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ|
.         /   ィ//.イニ/ニニ<ニニニニニニニニ/ニニニ.i|
.       ,ィ-、ハ7  /ニ/ー――――――‐ ´ニニニニニ7
       /_ノ| |/ /ニ/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニi|
.      / 、l./   l__/ )ニニ\ニニニニニニニニニニニニニニニニi|、
     /  7       /|ー―--- _ニニニニニニニニニニニニニニヽ
.    /  /_l_ ----.、/ニ .∧       ¨ X _ニニニニニニニニニニ.i|
    i  〈      〉ニニニ∧.       /   \ニニニニニニニニ7
     j  ノ    / ∨ニニニ.∧.     /.     \ニニニニニニ/
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  最後に、数名の屈強なボディーガードを連れ、隣の鹿角に負けず劣らずの
┃  綺麗な服を着た見目麗しい少女が、小さく一歩を踏み出す。
┃  誰も近づかないその空間にそれでも一歩踏み出した彼女の存在感は大きく
┃  その場に居た誰もが。彼女を見
┃  そして、一般大衆と下級スカベンジャーはそっと目を逸らした。
┃  彼女が目を合わせては行けない。獲物にしてはいけない存在だと知っているから
┃  レヴィも、鵺野も、できない夫一行も小さなか細い声に振り向いた・・・
2306 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:30:20 ID:ojkXRAEw
お、おう…つまりマジで全部か、やるなあ
2307 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:31:07 ID:DpQS4HPo
その胸は豊満である
2308 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 20:31:23 ID:ry/VKaAk
文香ちゃん?
2309 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 20:33:24 ID:hi.UAPZQ

.          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.        / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.\
.      / ..;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.. \
.    /   ;:::: \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::;   \
    │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
    │ _____::::::::::::::::::::::::_____   !     (な、何が起こっているんだ・・・)
    │ │::::::::::::::::│ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: │::::::::::::::::│  |
    │ │::::::::::::::::│ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: │::::::::::::::::│  |     えーあー・・・そのー・・・
    │  ヽ::::::::::::::::ノ :;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ::::::::::::::::ノ  │
    │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  |     とりあえず、事務所近いのでそっちに行きましょうか・・・
    │  ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |
    │  ;::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::: U   !     (誰か・・・助けて)
    │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
    │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
    │  .;::::::::::::::::::  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::;   |
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  一般人だとしても、数奇な運命に出会い
┃  それを乗り越えた力を持つ存在は
┃  ある一定の力を持つ者達にとっての玩具となる
┃  彼はそう言った運命の持ち主なのかもしれない
┃  彼は驚きと痛みと周囲に注目される羞恥心で冷や汗をかいた
┃  
┃  注目度が1ランク上昇し 
┃  スキル  裏の顔役(知られる所では知られてる存在。勢力に対しメリットとデメリットが発生する



今日は此処まで、長時間ありがとうございました!
2310 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 20:34:27 ID:hi.UAPZQ
キャラが薄くならないように、ある程度まで書き上げて行こうと思います。
恐らく次の投下は明日かあさってです。
なるべく毎日やる様にしますので、次もよろしくおねがいします

お疲れ様でした!

できない夫は崩壊世界で掃除をする様です その4

2125 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 08:51:42 ID:hi.UAPZQ
9:00から、此処をお借りして、やっていきたいと思います
2126 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:07:03 ID:hi.UAPZQ

                                   |   i      ::ヽ    /             : : l
    、    ./|  ,                         l  /       ::ヽ  i       , 、-  : : |
  _ | \iヽ/  |/ |/|                      l    _     ::i | V、  ,rー n´  i  : : : ! _
  ヽ`'          レイ__                   l   ̄/  ,.、 <_//__ヾ: : : !_  ¨  ,/// : : :: ´〃
 ̄ `              '-―‐                   l    !  ゛"  ノ、: :  \: : :_ ̄¨´   . : : :_
>                 ーヤ               , - 、i  ヾ乂_  〃//  |       ̄    : : : :',: :
    /             <_             i . .ナ        彡    '   . : : : .     . : : l :ノ:
-/ / // /  ./|ヽ   .ト }   <              |  . ./          ,       }: .    . : : :i:!/: :
/ / //リ /レ / .| ./ヽ .! V ヽ 彡´             !  : く ',       . :i r-、. . .r'` -'     . : : : :i: : :
 /  //メ_|/  |/  | i |   \,ー――、        {{、  ` ,: .                  . : : : : :l ̄
./ヘ /〃-┬-7  二¨i从', |  _\     `、        {{、 : :', : .        _  -―――- 、: : : : : l>、
. ',kV! "`¨       ’`  リ',ヽ ', ir-、―‐,--、 !         {{ゝ-ヽ    / , -__´_      ー-- }i: : : : :l: : :
フ ヽ !      i.:    "/ /  ト'ril!`’ .| ’´ il!'       _/  ∧    {_¨_  -―     ̄: : : :/l: : : :
/| ∧             /ノ !\i .,ヽi ,,  ,,  i7、     //      ∧  ヽ    __ _  `: : : / : i : : : :
―从∧ ニ==-   / ∧|___从∧/二ヾ /ミ   , <//        ',\  ` ´ ´       . : : :./: : : :i: : : : :
//// .∧      /从〃 ̄ //{  `ー‐ '   ,<//// |       . : : i  >        . : : /: : : : : :i: : : : :
/ r': : : i: :ヽ   /// ∧ i   \ミ 、__rー‐'/////// |     . : : : : :ヽ  : : :> . ___ /: : : : : : : : : : : : :
//!: : : :!: : : : ̄: :∧/////>ー-、 /   | //////////∧   . : : : : : : : :i   : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
//!ー: :、: : : : : .  ∨/////////     |////////////\ . : : : : : : : : : :     : : :: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :
//i: : : : : : ::  , ー |////////      |//////////////\: : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
//|ー―――――‐|///////           |////////////////>、: : : : :          : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
 前回のあらすじ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  武装を入手し、正体不明の音の在り処、ミュータントの正体も分かった。
┃  自身の仕事である《誘拐された少年の救助》。
┃  少年の居場所も分かり敵戦力も把握した。
┃  後は、行動あるのみだ
2127 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:07:27 ID:hi.UAPZQ

                  , -‐‐- 、
                _, ‐γ        ヽ
    _ r-「: ̄¨{ ̄´   ′__   _ i
  / /  ヘ  .ヘ  _ ィ l´_ 、 ,_ `.!
 /        マ__>´ `ゞl´ ゞ' }  .ゞ'` |
 \   イー<       l    l _  U.l
   \       .>、   .人   __ , ′
..    `\     .「`Yヽr.ヽ、ー‐ ',イ、
.        \,    |′ヘ',  ̄ / ヽ_
          \」   | l  .∧__,イヘ  /|> 、
             l  .| | / ,ヘ / :} / !    > 、
           l  .! ∨  Y  ノ' l !   / /l
               ;  i |   }    l l      |
              }   ! .|   {    l l  ;     .l
              }   ! .|   }    l l  l     .|
             l  .}={   l    }={   !   イ
             l  l l     i   l l  .|    |
           /  l !    .}   l l   !     |
             /  l |    l   l l   !     |
             〉  | !   .|   l l  .{     .}
            ]二_[__]二_〔二〕二[__]ニ:}===={
           〈///////////////////}   l
          ,' ////////////////// |

【名前】小野=できない夫  【年齢】23  【性別】男性  【所持金】???

【能力】
 筋力:C+ 体力:B- 俊敏:B 知能:B 運勢:B 注目度:C (街の掃除屋)

※A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

【スキル】
  街の掃除屋:スイーパーとしての技能。野外ではなく街中で役立つ。
   銃器取り扱い 隠密行動 罠技術 ハッキング 格闘術 交渉術 が全てLV.B相当

  掃除人の心得:過去にあった事件から、時たま何らかのヒントを得る
[装備]
 ・44口径マグナム・リボルバー:連射力は自動拳銃に負け、威力は近世武器に負ける中途半端な拳銃 
                    但し、できない夫が所持している限り一定条件でのみ補正がかかる

 ・閃光手榴弾:言わずとしれた非推奨武器。応用が聞きやすい
 ・非殺傷用電磁手榴弾:生身の相手に対して、地面を電流が走り、感電させ、気絶させる武器。簡単な機械なら1発で壊せる
ショットガン (散弾と対装甲スラッグ弾*5)
2128 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:09:20 ID:hi.UAPZQ

                           ///////    //////////|
                           }/////   //////////// !
                       ,,.. -= ミ//ム___ ///ムム////////    ,ィ
                    ,..ィ:::::/:::::::ミ、}:::::::::::|::::::::::∨ハハ∨(⌒ ´,r-==.彡/
                     //:/::::::/:ミ、i;!::::::::::i::::::::::::::Vハハ∨ミ=彡//////
                  〈:/:::::/::::/:::/''"´  |::::::::::!:::::::::::::::∨ィ''//////////
                    /:::::/:::::;:::::;      !::::::::;::i:::::::::::i:::|', ∨/////> ´
                  ,::::::;::::::::i:::::i    _|::!:::/::|:::::::::::!:::|::', ∨/厂 ∧
                  {::::;:::::::::i!:ハ!   ´,.:リ::/_|::!::::::::::|::::!:::! V Vハ ,∧
                     ヾ|i::::::::|;j__`     イ沙ア:::::!::::::::::!彡  ';:::Vハ' ∧
                     |j::::イ 迩)       /::::::|:::::;:::ハ i   ';::::Vハ' ∧
                   ,::::::::i  〈      〃;:::::!:::/-'  i!   〉::::V>=∧
     _,.へ、              i::::::::::.       / /ィ:<::::ハ  {ミ/:::::::::}/////〉
     {_、 ヽ \          |:::::::::ハ     __    ,::::::::::∧::! /:::::::ヽ;;:::ハ/彡'
   、⌒ヽ}     .>-= ミ      レイ::::::ヽ ´     /::::::::/、::::レ':::ミニ=::::/
    ヽ.   / >=--ヽ       ,:::::::::/ \ __  .イ,::::::::/ i>==-- 彡
     > ../  ./ニ/ニ.>ミ=-- ./::::::::/ __,,.ィ/} ,..:i:::::::;77///////ハ
        i  iニ/ニニ/ニニニニニ./::::::://///////!///!:::::i///>'' 二ミ、 }  _
        |  |/ニニ:i!ニニニニニ/:::::/i///{ ̄ ̄ ////!:::::|' /     ` ̄ __ノ
        |  |ニニニ{ニニニ ./::/__ハ___,, /´ ̄ヽ ̄ |:::::| /   ー-- ==<ニ', ヽ
          .!  !ニニニ!ニニ/ ̄i ̄///>''´      |:::::| {           \!  )
        i>''´  ̄      ,}>''´             |:::::! ,  ___        } .イ
       r''´         /               |:::::|. ',     ー- 、 ノ´
       !             /                 ;::::::! /ヽ _     く       _
     ,          ,                     ';::::::.ニニ}ニニ≧=:..  ノ   r-、 ´ __ \
【パーソナルネーム】 鹿角 【稼働年数】0年 【制作】1000年前 【型番】実験機の為型番無し

【能力】
 頑強性C 破砕力A(D) 精密性B+ 俊敏性A(B+) 応用性A
※重力制御により、能力値に補正が入っています
 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

【特性】
 実験機AI:実験機である為遊びが多く、通常のAIに比べ思考への縛りが薄い
 生体自動人形:蛋白質で構成される肉の身体を持った自動人形。生体部品で修理可能
 自動人形:パッチを当てることによってスキルの習得や成長が可能

【スキル】
 通常奉仕LvA:家事炊事などに長ける。和食であればさらなるご奉仕を
 白兵戦闘LVA:状況によっては人型戦車であっても対応可能
 ハッキングLvB:ハッキングを行える
 無垢:まだ殆ど精神に手が加えられていない。貴方好みに調整できます
 重力制御LvA:IAI製自動人形標準搭載機能。重力に干渉することが出来ますが彼女の場合戦闘型の為
          通常の自動人形よりも強力に、精密な重力制御を可能とする
【装備】
 AIA製乙種侍女服:汚れなどを自動で分解し、ある程度の防弾性能を持った侍女服。9mm口径弾までならストップする
 零式重力崩壊指:指先20cm程に軟球程のマイクロブラックホールを数秒のみ産み出し触れるモノを消滅させる。彼女の切り札
2129 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:10:23 ID:hi.UAPZQ


       ./__r''./:::/::::::::/::::::::::::::::::::ハ::ノヽ:::::::::`ヾ    ノi!
      / / /::::::/::::::::/:::;:::::::/:::::i::{`゛ヾ}:::::::::::::i::::ヾir'///,!
     ./ヽ/,.:'::::::/::::::::;'::::/::::;イ::::::ハ::!   !::::::::::::|:::::::';:V///
    /__./ i!::::::;':::::::::::|::/i/::{ヽ:::/ }!   ;::|::::::::::!::::::::', `ヾ
    .ム/ i:::::::i:::::::::::::|rfミ、 !/     _/::i:::::::::;':::::::::::i  \
    /::::\ >::!:::i::::|:::|ゞソ ゙      /イ`:::::/:::::::::i::::|  /
    !::::::::::::乂::|::::!:::|:::|          r弍/:::::イ:::::::::::;:::::! ヾ
     ';:::::::::::::::::|:::ハ- く     '    ヾソ イ:::::::::::::/::::::!  !
     ゞミ:::/::!人::::::::〉  _ _      /:::::::::/::::/::| ン
      ./:::::/i::::| ̄ 、  ` ´    <;;;;;;;;::イ/:::::/ ,リ      着きました。主
    /::::::/  ;::::;  } ヽ. __  .. イ::::/:::::/:::::ノ /       この曲がり角です。お気を付けを
   /::::::/  ./::::ハ三ミ:.、 ,.i 、ー-、/:::::/::/´
   ::::::/   /::::/  }゙ヽ:::::::\:::!!ヽ /イ::::',/ ̄ {
   :/    /::/! /   ー-、:::/ !   ヽ:::ヽ / ヽ
      /::/ , i:',        \. { ー '' \:::',   }
     ,:::::::/  / ,!::;        ∨     ';:::! =≦ァ
    ./::::::/ ,ノ /::::}     ー- .、     ` <:!   {
    ::::/ /ィ::彡′         \     \  ノ
   ///´                 ヽ      ∨!
   ///{′                  ',      ∨
   /,'{:::!                  !      !
   '/,}::!  _          . : : : : : : . . ,: .      ハ:、
   /,'|::K    `ヽ   . : : : : : : : : : :/: : : . . . : : イ::Vハ
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  足音1つ立てず、汚れ1つ着けず。静かな口調で呟く傾国の美女
┃  ・・・いや、自動人形である彼女が仕事の現場へと案内する
┃  既に覚悟は決めている。主が小さく頷き足音1つ立てず指の動きだけで指示を出す
┃  二人はまるで亡霊の様に隣の部屋へと入っていった
2130 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:14:32 ID:hi.UAPZQ

                       ─-ミ
                   / 、_   ヽ
                    ー)  (● )
                      / /        i
                 /        /
                  l  マ _)            (頼んだよ、鹿角さん)
                    八       イ
                     アニ<// 〉、__ __     「(お任せを・・・)」
                ,./ /\  /_ < : : : > : :\
             _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
           /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
          ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
           { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
         / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
        、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
       / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
      / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
     { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
     ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  さて、入ったは良いが地下下水道の壁だ。
┃  流石に超硬度とは言わないが、それでも十分頑丈な作りで作られている。
┃  だが・・・此方には純古風式侍従自動人形「鹿角」
┃  遺物とさえ言われる力を持つ自動人形。そのワンオフ機である彼女が居る
┃  隣で下衆な笑いと苛立つ様な声が聞こえる中、彼女は静かに手を振る
2133 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:24:00 ID:hi.UAPZQ
                               }////> .
                                                _        \ ,,、 ////////> .
           _,ヘ_       )=) ._         ,|!!| ///////////> .
           ヽニ==、ニゝ、 )=しノ,、____ ,! ト //////////////> .
              <≡=⌒ヽ≡ゝ≡彡!___     〉_っ\///////////////>.
                ヾ三ゝ、ノ´三二ニゝヘ/∧  >'     \////////////////
              ⊿彡⌒´ ,  、≧i/> ´         \//////////////
              ///, /  ,/ヽ、ヽミヽ.            \////////////
                └L{ ! {  伝ミ.('L〉ヾ_ソ              \//////////
              l∠.ゞミ ミ´ ,' ノ{_リ. 〉               \////////
              ゝミ_彡<ミー '(三'〉'__                \//////
   _            / ̄ ̄`ヾ、TT ̄ ̄、  ̄ミ、、          \////
  ∨  `ヽ            >ニ,ニミ-仁ヾ、 /   }、   ヾ ヽ           \//
   ∨    > .        /ソー(_ソニ) 〈/}}    ノ 1    l l i!           \/
   ∨       \     〔彡///∧〈   ,!l!  /'∧'   川 }               \
    ∨       \   」ノ/////y〉_/,/_.ノ `Vi _ ヽ リ
      \        > . イ////〈 /,/ヽll   ! ヾ、 ヽ .ソ
      \       ノ///// ノ .,/‐<_ヽ  ヽ Lニ!
        \___ /////// ̄レ'-\_ \  l  ソヽ
             /////////  ̄ _  i \彡'   l   イ
      _     / ////// //l   // ,!     ミ 、レ'   |
   ///// ̄///////// //l /^'/  {ゝ.          |
   \\//////////>─、ノ_///.   ゝ/> .   \   イ、
     \\ _> ´ __ノ//// ///\////> ヘ  |/\
       <_> ´/  r'////' ////////> 、///ヾ ∨//\_
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  壁に手を振れ、その手に宿った光が壁を照らす
┃  彼女が触れた箇所、その箇所の外に40cm程の箇所に青い筋が一瞬で入り・・・
┃  ブオンッ!と言う音と共に生み出された円内部の壁が
┃  一瞬で厚さ数mmの超硬度のブレードへと変貌を遂げた
┃  その奥で、眠っていた小銃を抱えている男が静かに此方へ背中から倒れてくる
┃    
┃  問題:映画「バイオハザードⅢ」で主人公のアリスが使用していたナイフの種類は?
┃                                                     9:28まで
2134 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 09:27:21 ID:OYZHgatg
ククリ
2135 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:33:06 ID:hi.UAPZQ

                   __ _ __ __
               _ - "´ ̄´          ~´ヽ,
               「   、 ヽ  l       / / / ハ
           l    、 ヽ トヽ l  i | | i  / / /∧
             ト 、_\\ ヽヽヽ l | | ||/ /ノ/ ハ
          三二 Y冖┴--ヽ.」⊥⊥L∠ -ーヾオ
           } ィ彡≦{                   }ミ!
           レ'///ハ               i!|
           |/////   _,.       、._     !
           レ'〃// r''"´ , -┐   r-、_  ``  |
           /`ヾ /,′r‐rニニ∠‐ヽ,_ノ_へニニ‐┐l   へ・・・ふぇ・・・
            | ^>、マ={| _ ィニニミ├‐十Kニニヾ、.|=}
           l 、 (〉i} └ ¨´──‐┘  !ー──`┘|
           ヽ ーく            |         l
              \__         、 _イ       ′
              } ヘ      ,.,.,;;;';;i_l`;;,,..,,    /
           _」  ゙、    r─一ー¬ーァ   /
          /   `丶、ヽ    ヽ ̄ ̄ ̄`マ  , ′
           /   _  ``\   \二二/ /
      ,.、-‐'"´ ̄    ̄`丶\  `ー一'’/
    ./              弋ル州リカ″ _
  /                _ >-'一"´   `丶、 -‐-- __
 /           --一 ''"´            /        ̄ ァ─-- , --  _
/                               /           /   /
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  僅かに、倒れてきた男が身動きするかの様に眉を動かし声が漏れる・・・
┃  だが、その瞬間には。工業製品として生み出され
┃  主の為なら一切の躊躇いもなく、又もう躊躇えない世界となったこの場所で
┃  侍従は今生み出したばかりのブレードを脳天に振り下ろす、
┃  重力操作にて加速された十分な威力を持つコンクリート製の超圧縮ブレードが
┃  男を左右対称に、真っ直ぐ切り裂く
2136 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:35:36 ID:hi.UAPZQ

              __,....--、       _ ./{::::::
          __,. -'"ヽ.  `、  :゙;     .;'"´ /  ゙、:::
       ,..-''"^ヽ、 ヽ、 ゙、  ゙; l |ヽ.  ,.-''|  |     ヾ
     ,.-'" ̄``ヽ、.  ハ.゙、 ト,   l.j :}.-|.  |  |
   /ニ"--_,,..__,,..ヽノ 川 ハ. || / ,r'| .|  {..:::::\
 _/二ニシ'〃 ./'" ``ー-)、jj / / .| ,|..:::::`ヽ、',))   _,.
'"==='"チ 〃_,,/;;;,,,,,,,,,,__`ヽ `ヾ、(-::!、:::``ヽ:、_).)’ ,.-'"
,. -一'''",シ "、 `二三;一;=-''    ,rヽ''))ヾ、リ._,.---'-
一''"_,,r'    <.._゙=-^j     {{^l :`、__,.r'" ::::::::
'''"/^'l         :::    ,:',,_', ヽ_ ':::  ヽ    _,.、..._
,-( j;'              ヾヾヽ、_ニr、-、.. -┬i"|
 ,゙、イ               \ |    |ハ:   | |/          ・・・・・・?・・・!?
〃,`i      、'       -=' ,, ,:' |   / ゙i:  ,!. /
 / ;'゙、     `ー-- 、 ..._;;    ,!  ./   ;' ,:' '
'" ;' `、        :::-.、  ̄`ー''/ /  ,/ /
彡イ  ::ヽ、          ::: ,:'   ,..:' '"
. /;.|   ::::\         /
,/:|、|   : :::::\      :/|
 :|ヾ:、   : : :::`ヽ、::...  /; :|
、 ゙、、    : : ::::::::::,.>ー' ; : |,
ヽ ゙、\   : : :::::::/:: ;';' ::   :|ヽ.
 ゙、゙、 ゙、  :: : ::::/、::;  :: .  | ゙、\
\ ヽヽ ヽ.  :.:/;;゙、ヽ ::   |ヾ、 \
  \ヾヽ  ゙ヽ、./ `''ヾヽ、::  .| ト、  \
. ,.,,、 \    \ヽ-、`:; `l  |、 `、`ヽ、 >-- 、   _,rー-
、ゞ:'  ヽ;   ,. -'\ `'"ヽ\ ゙、`ヽ=--`-     ̄ /
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  眠そうにしていた男が此方と目が合う、が動けない。誰が予測できようか
┃  食事していた男は片付けていたゴミ袋を落とす
┃  が、カードをしていた男達にいたっては此方に気づいてさえ居ない
┃  偵察装甲スーツの男は、まだ透明化をしている様だ・・・動きが分からない
┃  
2137 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:35:51 ID:hi.UAPZQ


                 .. ‐‐ 、
             /      ヽ
         ィ'''~/         .|~"'''‐ 、,,,.,.,,,,.,,.,,
.          彡  | \,  、/    | : :ヽ        ミ
         ン.   ( ●)( ●)   ! : : :}       ソ
        ミ   [{ニ}ュ |        | : :/        ミ
.        マ  ,-|,-‐-、|`___    //          ミ        ・・・!
.        ソ  |__l {◎}l|} _}   /        __f` ト、       (おいおいおい・・・!)
.      ミ   《===》._ /        .、‐-く    ! ヽ
      ≧、 l| __ |l}Kfゞ、    _≦ ̄ ´   ヽl  ´ |
       |丶`‐| [r‐‐ュ]|'´ ヽ`ゞ´/ /        |  /
        l ヽ ,r〉/.皿 l.|   ト´、/メ    _   |_/
      |  r‐,Υ⌒_〈|ノ⌒ヽ_! | _ ニ  ̄    ,|____
      rヾ、 ,〉 ','´-ヽ{  r |i _ -      / !ヽ、 _, -`=ー-- 、
      / __ l `y‐ゝ(::)y'`´ r/lヽ -ー-    /  !   ヽ、       `ヽ、
    rゝ‐ /l  ヽ、`_´ _.ノ l l`ヽ、   ,〈 ゙,'      \        \
    {  '  |  l T` ´_ / |  !   / ヽヽ                 \
     \     l  ヽ ヽゝ- /  l     / οl l        l ̄`ー- 、      ヽ、
      >、  ゝ‐-ゝ‐-‐'´  /    , <ヽ_ ノ /_       |     |        ヽ
    / \ ,'   l ̄l`ーく  _ , <  ヽ - '   ` ー- 、 l     | \       ヽ、
   <_  / \ __ /i `ー- ' ´  | \ ` 、       /     l   `丶、      ヽ
    /`´/   イ  l_| ir=、i rー-l `ヽ\  、     /      /     ヽ、      l
    /_‐ '´ , ' ´!   |  l !_! | |___|\ ゝ〈\ 丶、 <´      /        i      |
  /  , '´   ゝ_ l‐ヽ `i`T‐' l  |  l\_j \    `丶、  /         !     |
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  だが、この青年にとっても想定外だったのだ。
┃  此処まで素晴らしい能力である。という訳でなく
┃  自身の考え違いが1つあった事に
┃  それは己にとって何ら不利益では無いけれど・・・
┃  
2138 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:43:16 ID:hi.UAPZQ

               │                      / : : : : l
                {                  /: : : : : :.|
              ノ                     /: : :\、: ::|
             /                 /:u: i{\li|: :l
.             /        .: : ∧.       u / : : :. 、○ヘ j
       .----- '- 、     : : /: :}       . : : : : : ::`^: r'´
.      /:: :: :: :: :: :: :\     :/: :/       /: : : : : : :ij : :|    (人類の奉仕者である自動人形が・・・)
     /::_::_::_:: :: :: :: :: ::\   /: : {   u /: :_:_.:.:.: : : : : ::.、    (躊躇いも無く人を殺した?!)
    /:: :: :: :: \:: :: :: :: :: ::\{: : :∧:   /: :{(⌒ 、 : : : 、::./
  ∠::__:: :: :: :: :: \: : : : : |:.:.:\//∧:  /: : : :\ヽ\_/`´
  /:: :: : 二ニ=-:: :: :: :: :: :: ::.|::.:.:.:.:.\/∧/: : : : : 、: }⌒´
/:::∠二二二ニ=- 、:: :: :: :: |:.:.:.:.:.:. : Χ∧: :u: : : /´
:::/::/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:: : : |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.、 : : /
:: :::/::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : \:::| .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Χ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  自動人形とは、人類の奉仕者だ。人類の繁栄の為の存在だ
┃  それは、人類への奉仕こそを喜びにする。というプログラムがあるからだ
┃  だが同時に侍女であり、主を定め。奉仕する存在でも侍従である
┃  故に、戦闘行動を許可する事も分かる。彼女たちには倫理が分かるからだ
┃  だが・・・それでも主の命令1つで人を殺す
┃  そこまで機械的である筈が無い。もしそれが可能であるのならば
┃  前文明は地獄になっていただろう
┃  己がいくら既に地獄の中に居るとは言ったとしても、いくら自由な思考が出来る
┃  そうは言おうが、人を容易く殺すとは思わなかったのだ
┃  自分は・・・その為に彼女に少年の保護を命じたのだ
2139 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 09:48:15 ID:hi.UAPZQ

                 .. ‐‐ 、
             /      ヽ
         ィ'''~/         .|~"'''‐ 、,,,.,.,,,,.,,.,,
.          彡  | \,  、/   u.| : :ヽ        ミ
         ン.   ( ●)( ●)   ! : : :}       ソ
        ミ   [{ニ}ュ |     U | : :/        ミ            鹿角さん、ちょっと後で話が・・・
.        マ  ,-|,-‐-、|`___    //          ミ
.        ソ  |__l {◎}l|} 二.〉 ./        __f` ト、           「tes・・・」
.      ミ   《===》._ /        .、‐-く    ! ヽ
      ≧、 l| __ |l}Kfゞ、    _≦ ̄ ´   ヽl  ´ |
       |丶`‐| [r‐‐ュ]|'´ ヽ`ゞ´/ /        |  /
        l ヽ ,r〉/.皿 l.|   ト´、/メ    _   |_/
      |  r‐,Υ⌒_〈|ノ⌒ヽ_! | _ ニ  ̄    ,|____
      rヾ、 ,〉 ','´-ヽ{  r |i _ -      / !ヽ、 _, -`=ー-- 、
      / __ l `y‐ゝ(::)y'`´ r/lヽ -ー-    /  !   ヽ、       `ヽ、
    rゝ‐ /l  ヽ、`_´ _.ノ l l`ヽ、   ,〈 ゙,'      \        \
    {  '  |  l T` ´_ / |  !   / ヽヽ                 \
     \     l  ヽ ヽゝ- /  l     / οl l        l ̄`ー- 、      ヽ、
      >、  ゝ‐-ゝ‐-‐'´  /    , <ヽ_ ノ /_       |     |        ヽ
    / \ ,'   l ̄l`ーく  _ , <  ヽ - '   ` ー- 、 l     | \       ヽ、
   <_  / \ __ /i `ー- ' ´  | \ ` 、       /     l   `丶、      ヽ
    /`´/   イ  l_| ir=、i rー-l `ヽ\  、     /      /     ヽ、      l
    /_‐ '´ , ' ´!   |  l !_! | |___|\ ゝ〈\ 丶、 <´      /        i      |
  /  , '´   ゝ_ l‐ヽ `i`T‐' l  |  l\_j \    `丶、  /         !     |
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  だが、もう遅い。
┃  もう過ぎた事だ。今は集中しろ、1分1秒、1刹那が尊い
┃  できない夫は空いた穴から先へと既に狙いを付けている。
┃  散弾銃を構え、敵を見定める・・・
┃  
┃  問題:ゲーム「アサシンクリード(無印)」で使用されている
┃  暗殺したターゲットの血を拭い、暗殺の証拠に使われているモノは?
┃                              9:55分まで
2140 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 09:52:24 ID:pyBOPeJk
羽根
2141 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 09:54:12 ID:OYZHgatg
鳥の羽
2142 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:00:56 ID:hi.UAPZQ
正解!。ホモタイムやら何やらと私の友人は謎の罵倒をしてますが
私はあの瞬間が大好きですね
...,,、            `''-_ヽ`'-、;;;;;;;;;.;_;;;;;ヽ,  ゙'ヘ   . l;;;丶;;;;} `  .,;;ソ゛               ´  /゙;;;;;;;; /
ー 二゙゙ヽ ,,、         `'!‐ `'-,;;;{. `'-、;゙!、    .l-'、.l.;;;;;;;;;.!  .,il″               _,, -'";;;;;;;;;;;`¬
..,,..........フ;;;;;;;;`''‐ ,,、             ,゙li/、  `'、.l,    .`'/'./ ;;;;;l゙゙ ./               , r二-''''" ̄ ̄´゙''y;;;;;
^゙゙゙゙゙゙'''''".'''''.'''ヽ-..;,゙ニ_        `゙゙''''>x, ゙ ll、    .!、/.l;;;,! i'               ''"          `-¬'''
             `'''`-ヽ,,       |、`''ニi几     ″|;;'!
..,......xi,            `'''ミ;;x、    ´   .` l、     l、;.lz'ア   .,i;;|lrl!!!!¨'″   ,,,
  ̄  ..,,u..-..、          `''スッ、  y ..、   !li     `l/ l/   ..il′       ,,il'"´
:ニニ;;;;ュix..,,,,,_. .`'s、           ゙''く、 |;,_}   .ゝ    .″,l′.,,         .,.″ .=  .r!″ '.ly
      . `''-゙二;;;;`゙''''、             ゙" ″          iリ.,〃          , .` j,i′         l!
___,________i;;;;;;;;;;;;"― ..,_                       l;;リ"  i、    .,ij" _,/.l_、 ,,irー     .∧ ._.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.xッ----`-=- ..               i|'" -`--ミヽ、..,,ノ;フ'"゙'-ぃ〈 ̄.コ;;-、___,.. -";;;;;~゙ィ
.,ン;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,..一'''''''ー、,;;;;;;;;`'ー- ..,,、                 ゛      `'.lミ,゙゛      \;;ヽ \ ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;./       `くv-¬'''"゙゙´                      !.i''~lュi,,、     ヽ,,,,゙' \ ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i‐′                                      !;ヽ   `'L     ゙".! ! `ぃix,;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;/       : _,i〟                _..〟              |;;;;;;;゙''-、、.リi    !>   ゙'i lヽ.;;
;;;;;;;;;;;;./      ,..r/「″         ,,rj″     Y''フ'´  .▽       ,i";;;;;;;;;;;;;;.l'!ミiv 、   ,.l|x,    ヘ.l.ヽ
;;;;;./     .,r彡'"           '!レ'"      .//   .,r、           f'"`''./ ;;;;;;;;\.゙'-、''-..,,,};;;;;ヽ    l"l,.
/       ´            、     ,ノ;/    ¨゛     .,,〟    .ヽ;;;;;;;;.l゙'!)i、`\;;;/'''''-\,  ∨
                  ,,、   ,,〃   .,..;;ニi /              ´       ヽ;;;;;;;゙;;、 `   ゙'ミ、   ゙゙'ニ;;、
             ,i彡   /│    ″.,〃   .,i;;    .,-、   .i;;;;;i     .l.;;;;;|..゙'|l、   ゙'li、    ゙'ミ
               ,iク゛    l";!I ., ―--グ  .n /゛    l/     .゙‐'"     .l;;;;;.l .゙'f、   ゙.lx    ゙'
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  ぼうっと寝ているかの様に座っていた男の顔面に散弾が直撃し
┃  その頭の中に数発の弾丸が押し入り、中を蹂躙し圧迫し虫食い穴を開け
┃  いとも容易く、一人の頭をザクロの様に、破裂させる
┃  唯の散弾銃ではあるが部屋内部であればミンチメーカーだ。
┃  これで2人。此方を見て食事をしていた男が寄声をあげ、全員が直後に動く
2143 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:03:04 ID:hi.UAPZQ

       \    \                              /    /
        \    \                        /    /
         マ    \                        /     /
          マ     \                   /     / l
      , ┬‐- ..,,マ        ム    ,il|    |li       ,  '´   /l l
      l l//////マ        ム.   il|l    |l|    /       / .! l/)
     マム////// マ       ム  ゙゙!|li、__,;ll|!"' /        /,// /_っ    駆けます!
        マム///////>; , ,..   ム ''llii||l|三i|ll,,ill'/  , - ── '//// / 
      とマム/////////// >- 、\ー==ー/ /////> - ──'       「援護する!」
        `マム/> ー-─‐ {    >‐ヽ、⌒{〈'´> ´
          `´        ゝ- '/'´////////ヽヾ、、
                     , '/  l//////Y////∧ ` `‐、、
               /    l//////∧/////l     `゙ヾ 、、
              _,. '´     l/////////////l       `゙
             ´          l/////////////l
                         y/////∧/////l
                      //,l//////∧///,イ
                     /////l///////∧ //l
                      ////>ト.///////∧/,ト 、
                  ////   マ∨//////∧,|//ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  己の主の気に障る事をしてしまった。それが彼女の中の完璧である
┃  というプログラムを静かに揺らす。
┃  だが、己の主からの命令が彼女を動かす。主の無事、の次の優先行動を果たさねば
┃  そう誓いを立てた彼女が重力制御による高速移動を行いながら部屋に飛び込む
┃  一瞬遅れ、できない夫も新たなる散弾を発射可能な状態に持ち込み部屋に飛び込む
┃  部屋の中では
┃  
┃   床に置いていた拳銃を拾うカードをしていた二人の男
┃   既に此方に拳銃を構え泡を吹きながら寄声をあげ続ける食事後の男
┃   そして・・・
2144 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:09:53 ID:hi.UAPZQ


                  ,--、_
             /´ヘ ヘ ヽ
             lュ_____ヽ
             ト i――――.i
             l ヽ'´ ̄l l ̄`i
             / u /\ヽ ,        おいおい・・・女・・・?どうなって・・・
           ,--、ヽ i (0)只(0)ノ ̄ ̄ヽ、
           / /;;/  i     iヽ     ヘ
          //;;;;;;i  |      ヘ;;;;;;ゝ---丿
          / \/  l     ヘ;;;;ヽ   \
         /   i''''、-‐´`'‐‐‐、 / ゙iヽ/´`\/ヘ
         /  ヘ  `‐‐'´ ̄(( ̄ ̄∟巛巛 ̄ ̄ ̄ ̄'―´ ̄ ̄―‐、
         iソ――ヘ'´ヘ  ---、__ ((二二((三三三三三三匚´
         ヘ   ヽ'´l巛EBソ| ̄|ノ `――、__三三三三三/Θヘ
          \_iヘ ヘEEB凵|_|∩∩∩∩    `――、__ヽ__/
             `'''─'''''''    ヽ___/
               |ヘ     /    |
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  鹿角の眼にのみ。多少汚れている元は白かったのであろう装甲スーツが写っていた
┃  その人物の小さな呟きが聞こえる、だがそんな事よりも
┃  ソレが握る突撃銃の銃口が己の主に向いている。その事実に彼女の何かが加速する
┃  彼女の手が青く光る、突撃銃の引き金に置かれた指に力が入る。全く同時であった
┃  
┃  問題:ゲーム「アサシンクリード」において敵か味方かを識別する能力の名称は?
2145 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:13:26 ID:hi.UAPZQ
おっと、時間制限。18分までで
2146 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 10:17:24 ID:WhqBMzeY
鷹の目
2147 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:19:23 ID:hi.UAPZQ

       /〉    __
         `´    /!  {_
           // ̄ 7´                               ,. ┐
        //   /                             ,、   ,//」
       j,/    /                               `    ´ ̄
      く、  /
        \/ ,.、                                      ,.r 、         /
           `´                                ///|          / /
    トj                                        | [,-┘     ,/ /
    ´                                           ̄        / /  /
.         __,.、                                            / ,∠、 ,/
       /{  ,> , 7、                                        / ,.イ´_,.-〉´
        ヽにノ '´ [,-1                          /|ヽ    /,. '´ /‐'´ ,/        「盾を―――」
          ノ / / ,ト、                         '-―'´   //  r'    |
         く∠-┘ '‐ '                                 ,//  /`丶、  !
          __                                    //_, ‐'´    _,.>!
      l´\/         ,」 -―≦、 _                    // ̄|    _,.-'´
        ̄        ∠-― ¨ ‐- 、 ヽ                  / /   !   /
 ̄ ‐- 、 _           / _,. ---- 、 _ ヽV Y              / , 1   |_,ィ´
       ̄7¨ヽ、     f,'´r‐ァ¨¨」`‐ 、ヽ !! }           ./ / └ ァ┘/
,. -―‐ ¨  ̄ヽ  r'    { r' '- '´    .i } ||_j        / /  /、マ´
        ,ヘ/     ,>‐ ´ ̄`丶、  | |  >'        / /  /  N ,. 、  ,.ヘ
      ,/ >'´     |_,. - 、  ヽ | | /     / /   ,<}     `´ / | \
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  一瞬で敵わずか1mの壁が粉砕され、捲れ。再構成するかの様に動く
┃  振り下ろした手、引いた引き金。刹那の差で振り下ろした手の方が速い。
┃  壁の向こうでマズルフラッシュの激しい光が部屋を満たす。
┃  後ろで主の驚きの声が聞こえる。
┃  だが、まだだ。己の主の命令である。少年の保護の為に―――――
2148 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:25:17 ID:hi.UAPZQ


                                   |   i      ::ヽ    /             : : l
    、    ./|  ,                         l  /       ::ヽ  i       , 、-  : : |
  _ | \iヽ/  |/ |/|                      l    _     ::i | V、  ,rー n´  i  : : : ! _
  ヽ`'          レイ__                   l   ̄/  ,.、 <_//__ヾ: : : !_  ¨  ,/// : : :: ´〃
 ̄ `              '-―‐                   l    !  ゛"  ノ、: :  \: : :_ ̄¨´   . : : :_
>                 ーヤ               , - 、i  ヾ乂_  〃//  |       ̄    : : : :',: :
    /             <_             i . .ナ        彡    '   . : : : .     . : : l :ノ:
-/ / // /  ./|ヽ   .ト }   <              |  . ./          ,       }: .    . : : :i:!/: :
/ / //リ /レ / .| ./ヽ .! V ヽ 彡´             !  : く ',       . :i r-、. . .r'` -'     . : : : :i: : :        ガキィ掴めェ!!!
 /  //メ_|/  |/  | i |   \,ー――、        {{、  ` ,: .                  . : : : : :l ̄
./ヘ /〃-┬-7  二¨i从', |  _\     `、        {{、 : :', : .        _  -―――- 、: : : : : l>、
. ',kV! "`¨       ’`  リ',ヽ ', ir-、―‐,--、 !         {{ゝ-ヽ    / , -__´_      ー-- }i: : : : :l: : :       何だありゃぁ女ァッ?!
フ ヽ !      i.:    "/ /  ト'ril!`’ .| ’´ il!'       _/  ∧    {_¨_  -―     ̄: : : :/l: : : :
/| ∧             /ノ !\i .,ヽi ,,  ,,  i7、     //      ∧  ヽ    __ _  `: : : / : i : : : :
―从∧ ニ==-   / ∧|___从∧/二ヾ /ミ   , <//        ',\  ` ´ ´       . : : :./: : : :i: : : : :      「―――追加発注!」
//// .∧      /从〃 ̄ //{  `ー‐ '   ,<//// |       . : : i  >        . : : /: : : : : :i: : : : :
/ r': : : i: :ヽ   /// ∧ i   \ミ 、__rー‐'/////// |     . : : : : :ヽ  : : :> . ___ /: : : : : : : : : : : : :
//!: : : :!: : : : ̄: :∧/////>ー-、 /   | //////////∧   . : : : : : : : :i   : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : :
//!ー: :、: : : : : .  ∨/////////     |////////////\ . : : : : : : : : : :     : : :: : : : : : : : : : /: : : : : : : : :
//i: : : : : : ::  , ー |////////      |//////////////\: : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
//|ー―――――‐|///////           |////////////////>、: : : : :          : : : : : : : : : : : : : : : : : :
┏━━━━━━━━━━┓
 鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  それを妨害する無粋な輩が居る。
┃  怒声が轟き、立ち上がる音。同時に少年へ駆ける粗野な輩に対し
┃  彼女の手が其方へと振られ
┃  新たに生み出された、妨害を目的とした数本の柱が突如男達の進行通路を妨害する
┃  それに肉体をぶつけ、男達の行動が遅れる
2149 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:32:44 ID:hi.UAPZQ

                     /\
. /                   /   \
/                       /
             _,,,,..,,_
          ,. -''"´    `゙''-、       .
        ,."          `ヽ.  ヽ\  .
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ●       l  i         /.:.:.:.:. . . . .      (これが・・・自動人形!)
       ',               ,'  i.        /.:.:.:.:.:.. . . .
       丶             /  j      {.:.:.:.:.:.:.. . . :        鹿角さん・・・!すぐにこっちに!
       ヽ            ,.'    ハ       i.:.:.:.:.:.. . . .
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .      i.:.:.:.:.:.:.:. . .          パァン!!
             `゙''ー-‐'''"´   イ         V.:.:.:.:.:. . .
                                     ゝ.:.:.. . .
.                        /
                         /,
                           /.:.:.:. .
                       /:.:.:.. . .
                      ゝ .:

┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  できない夫はそれに絡め取られなかった食事後であった男へと散弾を構え狙う
┃  だが、鹿角を見、驚き戸惑っているその男は此方への反応は何も無く・・・
┃  酒も飲まず、煙草もやらないできない夫の手に握られた“ソレ”は
┃  ブレもせず。真っ直ぐに敵の胴体。防弾素材でも何でもない数銭程度の古着に狙いを定め
┃  真っ直ぐに迷い無く引き金を引く
2150 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:35:25 ID:hi.UAPZQ

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,|!;;;;| !;";;;;;;i゙、;;;;;;.!!;;/.!;;;;;;‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;;;l.|;;;;;;|,!;;;;;;;;;;;;;;!.l゙;;;;!!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i、;;;;;;
!;;;|l;;;;;;;;;ケ;;;;;;;;;;;;;;;;;.! .!;;;;;;;;;;;;;;;;;,!|;;;;;|:!;;;;;;;;;;.!.!;;;;;;;l|;;;| l;;;;;;;;;;;.;;;;;;;;;|!;;;;,!;;;;;;;;;;;;|.|;;;;;;;;;;;;';.;;;;;;;;!l;;;;;;|!;;,l|;;;;;;;;;;、;;; ネ;;;;;;;
;;;;;|.!;;;;;;|l;;;;;;;;;;;;;;;;i、! l;;;;;;r‐i;;;;;;! !;;;;゙|;;;;;;;;;;/ |;;l゙};|!;;;! !;;;;;;;;;;||;;;;;;;;ll;;;;;li;;;;;∥;.!,!;;;;;;;;;;;;i!|;;;;;; ネ;;;;;;"/.|;;;;;;;;ili.!;;;";i;;;;
;;;;;}l;;;;/.|;;;;;;;;;;;;;;;|i.! .!;;;;;| l;;;;;;! l;;;;;|!ノ.!;;;;.! |;/,!;|.!;;.l|;;;;;;;;;;| !;;;;;;l゙|;;;.!|;;;;l゙|;;;;!.!;;;;;;;;;;;.! |;;;;;;;";;;;;;;l゙ .l;;;;;;iリ;||;;;;;;l!;;;
;;;;;.!.l;;;l゙ |;;;;;;;;;;;;;/.|;.l .|;;;;| .|;;;;;;!.|;;;;;;! .|;;;;;} !;|,!;;;l !;;;lv、;;;;;l !;;;,! .!;l|/;;;;|:!;;;|.l;;;;;;;;;;;;| .|;;;;;;;;;;;;.;;;;|, ,!;;;;;|.!;||;;;;;;ミ;;;
;;;;;/.l;;,! .|;;;;;/l,;;;{ .!;;.! !;;;.! |;;;;;;| |;;;;;;l  ,!;;;! !;l.!;;;;}!;;.! .|;;;;;l゙ !;l  '".|;;;;;[|!;;l |;;;;;;;;;;;;.! .l;;;;|L;;;l|;;;;'ヘ;;;/!;,l!;;;;;;;;;;;;
;;;/ l;;l .:!;;r;{ .!;;.! |_;l゙|;;;;} |;;;;;l゙.l;;;;;;;.! !;;;;{ .゙.!;;;;;l l;;;} |;;;;;| .!,!   l;;;;;;;|:ゞ .!;;;;;;、;;;;} l;;;|.|;;;;.!.!;;;;;;;;;;;l゙|;;l";;;;;;;;;l
;;;| .|;;} |;;;;;} .!;;.!  !;;;;| .|;;;/ .!;;;;;;;;.l..!;;;;} !;;;;;.!.!;;;} .!;;;;;.! /.!   !;;;,;;;;|  .|;;;;/ .!;;".!;;.! !;;;;.! l;;;;;;;;;l |;;./ ;;;;;;;;|
;;;! |";| |;;;;;;.! |;;;;!  .|;;;;;|  l;;l゙ /;;;;;;;]、゙";;;;! |;;;;;;.!.!;;;l ,!.!!;;}/;;.!  !;;;l゙''"  .|;;;} !;;! !;;;! |;;;;;}/.i|;;;;| .!;,ll;、;;_;;;;}
;;;.! l;;;;l.!;;;;;;;! |;;;|  .ト;;;;;.!  !.! .!;;;;;;;;;! l;;;;;;;! l;;;;;;゙l.|;;;.!l;.!.!;;|.l;;;;;|  !;;;!   l;;;;|  l;;.!.!;;,! .!;;;;|l゙/l;;;;,! :!;.!T` !;;;.!
;;;;.! !;;;||;;;;;;;| ,!;;l  l;;;;;;;} !;! l;;;;;;;;;;! l;;;;;l゙ ゝ./ .l;;;,!!;! l;;.!|;;;;;.!  |;;;;|   !;;;l゙  .!;;|`゛ .l;;;;;;/ .!;;;;! .|;;{  .!;;;;|
;;;、| l;;;〔;;;;;;;! |;;,!  |;;;;;;;| l;,!.!;;;;;;;;;;|  !;;;;.!    `. l;}.|;;;゙;;;;;;} .|;;;;!   .|;;;;|  |;;;|  !;;;;;| l;;;;,! .|;;.!  .l゙;;;;|
;;;;゙;| !;;;;;;;;;;;! .!;;l  .!;;;;;;l ,!,!.|;;;;;;;;;;.!  !;;;;;.!     .彳|;;;;;;;;;;;l  .!; !   .|;;;;}  .|;;;.!  .|;;;;;;l !;;;} .|;;}  |;;;;;l
、;;;;;| :!;;;;;;;;;;;l .|;;.l  ヽノ゛./.! .l;;;;;;;;;;}  |;;;;;|      !;| |;;;i.l;;;;;}  ″   |;;;;|  l;;;;,!  |;;;;;;;| .ゞゞ |;;;l  .|;;;;;|
l;;;;;/ l、;;;;;;;;}.!;;.!    .l゙;.! |;;;;;;;;;;|  .|;;;;.!      !;| |;;;| `'"      .|;;;;|  |;;;;l゙  !;;;;;;.!   l;;;,!  .!;;;;;!
.゙‐'  l、;;;;;|゛.|;;;.!    .i!;;l゙ .|;;;;;;;;;,!  .|,,/      .|;;! l;;;|        ヽ!  l;;;;.!  l;;;;;;;l゙   /;;;,!  ゙ー'゙
     !;;;;;l l;;;;l    l;;;l゙  .l.;;;;;;;,!          l;;! .!;/              !;;;;l  .!;;;;;;}   ,!;;;;l
     .゙'i;;.! l;;/   .l;;;;l   `'''″          !;|                |;;;;|  l゙;;;;;;;!   .l;;;;,!
      `'゙ .!;;.!、  l;;;;|                |;.!                ゙''"  .!;;;;;;;l   `"
        l;;;;l   ゙''"                  l;;;!                 l;;;;;l゙
        `'"                   :!;;.!                 `''"
                             !./
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  胴体に直撃し、壁に叩きつけられたその男は、壁に己の背面よりも
┃  広い範囲に血飛沫を撒き散らし壁を赤く染める
┃  男の呻き声と、突如生まれた壁の奥で光るマズルフラッシュ
┃  鹿角が少年の肩に触れたのが見える
┃  
2151 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:40:38 ID:hi.UAPZQ


                       _..... ------ _
                , -‐:::´¨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉
        /∧:::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l     「捕まってください」
    ∠i l /::::::::::::::///  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|  
     | |l:::::::::::::::く / ̄ヽ、|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::il     は、はい!!
     | |    |  =ヽ、ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     |  l| ∧ | ´lノトヾ \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|i|     「tes・・・良い子ですね」
      ヽ、|ヽ| い  |::| |ト  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ヽ
          y ゞ/   iソ ll /::::::::::::::::::/lヘ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
           く    `¨´ //:::::::::::// ) 〉::::::::::::::::::::::::::::∥:|
           \        /:::/l::::// /::::::::::::::::il:::::i:::::八ヽ、
             ゝ    ////  7::::::::::::/|:::::/|:::::/|
                \ ____ -,_-┐  l/´/:::i入/ヽ
                  ∠  〈 |ヽ//  V.
           イ´  / l /::: | /´  /
           |  l  /::::  ヽ、/
           l  | / ::::::    |  /
           | /  ::   ___ム-┘
           〉\  :  、´
┏━━━━━━━━━━┓
 ルルーシュ・ランペルージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  少年は既に諦めていた。
┃  街中ではいくらでもある話だ。誘拐など
┃  先程、一人の男性が此方を見て、誘拐犯に撃ち殺されたのを見それは加速する
┃  正義が勝つ等と少年は既に甘い幻想は卒業していたが
┃  僅かな希望を奪うにはその事実は余りに大きすぎた
┃  誘拐された者が戻ってくる。等という話はいくらも無いのだから
┃  そう、己ももう終わりなのだ・・・そう確かに思っていた
┃  が、それは突如知らぬ乱入者により崩れ落ちていく
2152 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 10:42:40 ID:UJs.5RCQ
そして、幼心に自動人形フェチが植え付けられるんですね
2153 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:47:01 ID:hi.UAPZQ

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ              良い子ですね
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _                    フワッ
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___       「う、うわっ!?」
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  少年は年齢以上に賢かった
┃  この助けこそが最後の己の命綱だとすぐに気づいた。
┃  飛ぶ様に此方へ駆けた。そう、古い雑誌の中でしか見たことの無い様な
┃  美しく調和の取れた美貌と侍女服を来たのを見、即座に手を伸ばす様に体を伸ばす
┃  目の前に来た彼女は少年の手に振れる
┃  失礼を、という小さな単語が1つ少年に聞こえ、抱えられた訳でも無いのに
┃  女性の近くへと己の体が浮かぶ。不思議な浮遊感が少年を覆い
┃  目の前の美しい女性は直様、元きた道を帰っていく。自動人形、その単語が少年の頭をチラつく  
2154 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 10:53:50 ID:hi.UAPZQ

            /|
         /! |    チ                  へ                
          ! ! |     ャ   ト、ト-~'''‐-‐-─-、    ヘ            
    -──|┼|─‐-  ッ ト、」 ! !  !  l  i! !`‐'7 :            
  /  -─┼|┼‐-、 \ ト、   !  i  l i  i //!      ,-‐-- 、   .
./ .// ̄ ! ! |`ヽ ヽ ヽト、\!レルレノノノノ/イハト、 /イ     //`彡ヽ\  .
  / .      ! ! |      ト、\ヽ!          |// 7    / / /´`´\\ヽ 
    r‐-、 |┴|      `ト、i i ,─-、__ 、__,-─ |ノノ7   / / /__  ___\l| |        テ、テメェ!!死んだ筈だろうがァッ
    ト-イ /^Y´\    `ミ、|Y -‐┰┐┌┰‐ァ |^! イ   | ///___,`i'____ ト、!、
    |-‐!/o/´\o\    .`┤|   ̄7! f  ̄    | | ノ    | |、/  ゚ `i´゚  |/`!       や、やっちまえ!!
    入 /o/   \o\    | |    L | | 」    |ノ/    i||lト、  ヽ、|, - ///
   _( /\/\    入o\  ∨  、ィ㎜㎜㎜_,   レく-──ァW|\ -==',イ/ヽ、_
  (  \__)/`ァ─‐' /\/__/|\  ` ̄ ̄ ̄  /| \__/ /!  `'ー─' |人_ノ!   ̄ヽ、
  (`ー-r'ヽ /   r‐' ̄ ̄/ |   \ ____/   ト、 \ ̄`ヽ^Y^Y^!__|_____   \
  `r‐‐'     _/   /   ト、           / ∧  \   \ |├┴┬──‐'´ニ」/ノ ヽ
  /\    /        ト、\         // !       `ヽつ |(`´Y!   プト、) !
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  チンピラ共は、その時。まだ頭が追いついて居なかったが
┃  敵が居る。という事だけは理解していた。
┃  己の左手に拳銃を構え、訳も分からず抜いているナイフを手に前方で起きている事を睨む
┃  不思議な光景であった。己たちが誘拐した子供が宙を浮く
┃  というか、何故下水道に侍女服を来た美女が居るのか。という現実にだけは
┃  鉄火場。という事だけは理解していた脳がアドレナミンを湧き出させる事で気にさせなかった
┃  そう、目の前に走ってくる一人の・・・・・・己たちが殺したはずの男が飛び込んで来るのを見たから
┃  
┃  問題:ゲーム「サモンナイト2」において、召喚出来る召喚獣の世界の名称は?3つ答えよ
┃                                                        11:00まで
2155 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 10:59:36 ID:gH8s4tLo
メイトルパ
サプレス
ロレイラル
シルターン
2156 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 11:00:29 ID:UJs.5RCQ
機界・ロレイラル  霊界・サプレス  幻獣界・メイトルパ
2157 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:05:28 ID:hi.UAPZQ
正解!。最近のサモンナイトでは増えたんですかね・・・?

                               / ̄ ̄\
                              / _/   \
                              (●)(● )    |    _,,,、,へ__ __ _
.    ─二ニニ==____   _r 、._|  |        |__,, -::::::::::::::::::::::::::三三三二三    まずは・・・そっち・・・ッ!!!
       ==ニニ二二三三三::::::::::::::::::::::l___`___     |:::<:::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;三三三
            ̄ ̄ ̄==≡三:::::::::::::::::∧       j :、::::;>:::::::::::::::::::゙ー---ァ  _
                 ──ニニ::::::::::::::::ヽ.      /| \7::::::::::::::::::::::::::::::::(   ̄ ̄
               --  ----─ニニニ ̄ ヽ.     ,小!   \;;;;;::::::::::::::::;:;;;;ノ;;;)__
                    _ ____  `ーァ'<≦ZZZZΖΖΖΖΖ/_/ / >
                        ─‐ ── /:::|:i:::::::|::::;ヘ:::il::i|:l:i|!       ̄
                                  /:|:::::::::i::::;iく ゙i;:lll!::::|||!
                              i::::::i::::::|;ィi|liリ  l::ii|:i:lil!
                              ゙-|--イilliil/   |||:||:|:l
                                    ゙ー!´    ll:::i||:|!
                                         |:|::l:!|
                                          |:||!!:
                                           l iil!
                                           ||i!
                                            |l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  己に戦闘技術を叩きこんだ者からの教えが
┃  己の中に刻まれた鉄火場の中の記憶が
┃  己の血の中に確かにある。生物としての闘争本能が伝える
┃  
┃  散弾ではダメだ。鹿角が産み出し、妨害の為に生み出した柱の中では邪魔になる
┃  格闘、拳銃。それが選択肢に上がる。敵は二人。超近距離。銃口の穴さえ見える距離だ
┃  拳銃を抜く暇も惜しい・・・ならば格闘・・・蹴り却下。投げ却下。拳突。
┃  自動人形であるならば高速思考と多重思考によるソレを。生物である証である
┃  不確かな本能というソレが。取得選択を起こし、実行に移す。彼我距離が遂に1mまで迫る
┃  左手1本で散弾銃を握り、右手を卵でも握っているかの様に優しく握る
┃  直後、1歩で射程に入ったナイフをふり下ろそうとする男に対し
┃  できない夫の左手が柱に絡まる敵に肉薄し顎をスナップ気味に強く打つ
┃  僅かで良い・・・顎を打つ打撃。それはそれ単体で強力な打撃技である
2158 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:10:43 ID:hi.UAPZQ

   }/////////ゝ       |  ノ    )//////////////////////////////
   f////////   .`\     |イ     ////////////////////////////,/
  〈,//////,i   , ヾ/V    |     ////////////////////////////,/         「失礼――!」
   i/////i´   `);;;;;;;;;;V       ./ ̄>、///////////////////////
   |/////i    /;;;;;;;;;;;;;;i     __/;;   `丶\/i/////////////////,/           グッフゥ!?
   |/ ̄`i´   ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;i、   /´#;;/  ;;; ; # ` 、 `ヽ/////////////<
  /;;ヾ  .ヽ   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ ̄´  ヽ。   \ /   ゝ、/////////////\
  /;;#;;;;,, i、i   ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ /  \ヾ   /       ̄ ̄\/////////,\
. ( i i i { `    \;;;;;;;;;;;;;;;.ソ,,,  ##; r---´            ヾ//////////\
  ヽヽ` ノ      `\;;;;;;;;;;;;;;;彡 > <                 ̄\////////\
              ゞー--ゞrー                   / ̄//////////
                                      .ノ////////////
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  拳が直撃し膝から崩れ落ち様と倒れ込んできた男の首筋を空中で右足が捕らえ
┃  地面に踏み絞める様に叩きつける。ゴシャッ!という耳に良くない音が聞こえる
┃  死んでは居ないだろうが気絶はしているだろう。気にしてられない。まだ一人居る。
┃  敵が此方に振り返り、ナイフを突き出してくる。
┃  視界の隅にそれが入ってきたのに対し。できない夫は半身をずらす
┃  
2159 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:18:50 ID:hi.UAPZQ


    /            /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    /         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  ,
    /           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
.  /.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ,    ,ヘ
.  /.          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/         ´,
           ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
 ′     イ.   _`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              ・,
         iY¨へ:::::\::::::::::::::::::::_,,.。s≦ニ:/            '
         从 ゝ‘>、ゞヾ :::: _,イニニニニニニ/.   ..\ ,,_人、ノヽ
=-、        ¨==-`::::::::::: /ニハ‘ノ.从=/.    ノ .)ヽ    ( .〃
ニニニ\ム    ,'::::::::::::::::/::::,'ニニニニニニ.イ    - <       >
ニニニニニ=-.   ,':::::::::::::::,' .::::,ニ{/ニ.イ.     l|´. . )     て `,
ニニニニニニニ=- ,'::::::::::::::、:::::::::,'ニニア:/ニニム.     i ../^⌒`Y´^\ 冫,
ニニニニニニニニ=-:::::::::::::::::ヾヽ'ニア゙ .イニニニニム、   ヽ           ノ
ニニニニニニニニニニ=-:::::::::::::::::::::::/ニニニニニニ.ム心、.        : "
ニニニニニニニニニニニ=ヾ:::::::::::,イマニニニニニニニニムニ\         !
ニニニニニニニニニニニニニニヾイ///∧ニニニニニニニニムニニ\..   '´
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  己の右数cmをナイフと汚い格好の男の腕が通り過ぎ、己の肉体にぶつかる
┃  敵が拳銃を此方の腹に押し当てる前に。敵の自動拳銃のグリップ底を散弾銃の銃底で殴る
┃  拳銃の構造上、どうしても離れてしまう事を利用し、そのまま拳銃がはじかれる。
┃  敵が付く悪態とできない夫が通り過ぎた男の腕を掴むのは同時であった
┃  
2160 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:26:01 ID:hi.UAPZQ


                  ,.-'", ィ"´:::::::::::::::::Y^ヽ , ‐:''"::::::::::`丶、
                 / /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::V:::::::::::::::::::::::::::::::
               , '′,ィ'::::::::::::::::::::::::::::::::: {::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::
                ,:' ,:':::::::::::::/::/::::::/:,:=、 l::::::::::l,:=:、:::::::::::::::::::::::
             /  /:::/:::::::/::/:::::::::::,イ'ミミl:::::::::l彡ミヽ、::::::::::::ヽ:
              /  /:://:::::/:::/::::/::,r'""~゙゙'i::::::::l'""゙゙`丶、;::::::丶',
               ,'/ /:i/ //::::/:::://    l:: ::l   .:.:.:.:.`ヽ:::::',',
                i′,':::l l ,'' .:/イ/::/      l:  :l   .:.:.:.:.:.:.:.:.:',::::::
                |  i:::l.:l l / /.::/       l:. .:l  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:::::      まさか貴様の様なクズに打撃戦等
                |  |:::l:l  / /.::/       ',::::l  .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:::      望む程、私も暇では無い。
                |  l:::::ll  / /:'-―‐‐- 、、  ',:::l  ,, -‐.:''"´ ̄',::
                l  ,!:::|l  l l //     _ ``  ',:l  .'´: __,, .:.:.:.:.:.',:      だが安心するが良い。ゴミ虫以下の腕力である
            l /l::::|ll .::ll::::,' _,, ===ミミヽ  ',:! ,':.:.:,彡==≡ミ、      貴様でも出来る事を教えてやろう
           / /| l::::|||::::ll::,' '´     ``   ,リ l;, .:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
           /イノ! ',:::l|l:::::l:,'          /  |;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      古臭い、吾輩には余り必要無いモノであるが
         /´,ノ/! ',::|::::::,'                 |;;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.      貴様にはお似合いだろう
            / l ,l::::::::::l、              |;;;;, :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
            _,ノ_/}',::::::::lヽ               |;;;;;; :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            |_/l八::::::ト'ゝ、         ノ '" :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             リ ノ  ',::::lWハヽ、  、_     .:.:.:.:.:.:.:.:_, .:.:.:/
                 l::::l▽/`>、 丶'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ン´.:イ^'
                 |::::|イ  〈::l \ `丶 ___ ,. '´//!:〉:.:
                 |::::|   ヾ  丶、   、,,_,,   /.:./:l/:.:.:
               /{`>   丶、   丶、__/.:.:.:/:.:/.:.:.:
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  師の言葉がフラッシュの様に思い出される  ”掴んだままに、自身は相手に背を向ける”
┃  腕力は人より僅かに優れた程度。       “自身の腰で相手を浮かせる”
┃  顎を狙ったのも、そのせいだ。           “相手を自身にもたれ掛からせ”
┃  故に、己が磨いたのは打撃より組み技。    “腕を引けばそれが加速する”
┃  更に言えば。プロレスやら、軍隊格闘といった、筋力を必要としないモノ
┃  つまり
2161 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:38:31 ID:hi.UAPZQ

           /  /// /:::::::::::::::/:::::::::オ /  l:::::/     ,,. へ::::::::、:ヽ:::::::::::l l l リ  ,/r――――┐ ',
          /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::::::/:/:::::://,/   ,l:::/    ,: '´ _ _,ヾ:lヾヽli、',トi::l l l / / ィ/ |      |  l
          /,.|        |ili:/ /:::::ィ/ノ    li:,'   / ,ィ'彡',ニ=゙l::li '、ヾイl l'li l l/ / / /.|..  覚  ..|  l
           ,ノ,ィ|   こ   .! / /'゙/l! -――-、!l    /,ィ'´ ,':::;;;;;:i,::l, l    ll!リ// ,イ|l, |    え .  .| i  !
       /ィ彡!         |  / /,lト、 -,.zェ,l:ト、   '" -ゞ==l:}   i  ,:リ,ノ.イ! ,l ,' |    て   | | ,'
          " ´ |   れ   |   ,'/l l', ィf゙,r=ミ|:ト ',          l::l il| |li/ィ'/| ,l /l// |    お ...|', i′
┌──────┘        | l i il!/,l l i、 ,、廴:::!lッ l          }::l,l l| j;ムイ! l ル',l/ィ' |    け  .| N
|                が    | |ll|ll!/,i / l,',`゙゙"´,リ ,!         / |:lリlj::::::/l/ ,'ノ /゙″,|_____,|,/ト.',
|     古      ______|li,i|::::| ,/ / / ',  / /        / !:::::l,l::/ / /  /r 7´//  / / /ノ l, l ヾ
|          . |,/ ,ィシケノi ',:::lil:::::l/l / /,/ハ / /        /  l:::::::::/ '      / /イイ  / / /,イ ハ l
|    流  .   |/'" /イ/ ,l:::::::::::l//} / /' '、  `丶、        ,!:::::::/ ,     /  '´/' /l //ィ,」_l_ ',!
|          .|  ./ //'!:::::::::,' /!/l ,'丶       _,,.. -,=,':::::::/'´    ,.イ  ,//  l /リ|l>/ ゙
|      武   .  .|    /'′,'::::::::/ ,/,イ /,ィ //,'丶  、,__,z='"‐' "´ /::::::/    /::  /   ト-<,. 下''――--i
|             |     ,/:::::::/イ´ト</ l l l/ ,ィ丶    ,_  ,,..:.:.:/:::::/'´   /::::       ,|_/  ゙'     `ー┐
|     術      |    ,ノ::::/   ,l,ィ" ト、/イ/! li,ゝ、   :.:.:. /::::/   ,/::::::::      / ゙:、           ア'―
└───────'__/|,´- '"    ノ   lイ ,/,ィ-< |l丶、   ,'::::/  , ィ"::::::::::      /      , ィ'"´    ,/:.:.:.:.:.
           /´/_」        /    |j  / l/ ,l!   \,_,l:::/, ィ":::::::::::::::: , -‐ァ '"     ,,.:.:./     /:.:.:.:.:.:.:.:
          ノ                   l!      、-'‐'ァ  ヾ:::::::::: / /´     ...:.:.:.:./     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  最後に見えたフラッシュは、倒れた自分を見下ろした師  “大の男が容易く己の背中で転がる”
┃  軽くやっただけであるのに顔が歪む程に脳が揺れた    “自身の視界には強化コンクリートの床”
┃  その感触を覚えている。初めて習った自身の格闘技    “敵が頭から真っ直ぐに高速で床に接近し”
┃  男の悲鳴が聞こえる。己がされる事が遂に分かった様で  “力でなく。技で敵を地面に叩きつけた”
┃  
┃  直後、余りに形容し難い。肉が壁に叩きつけられ潰れる音が聞こえた
2162 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 11:39:43 ID:6a9jMl3U
殺すための技術だ
2163 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 11:40:32 ID:2RUr.9MU
これが平安の世を闇から支配した技術……カラテだ!
2164 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:46:48 ID:hi.UAPZQ

                                    r´ ヽイ`ー--ァ
                                   〉:ー': :ー―:':`ー:ァ
                                 }: : : : : : : : : テヾ"ァ
                                      j : : : : : : : ノ   ̄
                                   j: : : : :__,..イ∧ー、
                                 , : fヾ -=======ハ
                                   イ_ノ/八-=ニニニニニノ
                                       〈、-=ニニニニ/
                                 ,..イ 入_-_-_-_ノ
                             _.,.イ-=ニニニニニ/
                            /  -=ニニニニニニ/
                               イ-=ニニニニニニ>"
                             {{ -=ニニニ>:":.、
                               {-=ニニニニニニニニ 、
                        __ ∧ ̄∧ -=ニニニニニニニニニ\
                     /    ∨-∧ .-=ニニニニニニニニニニ〉、
                    /      ∨-=\-=ニニニニニニニニニニム
                 {        }_-=ニ>.-=ニニニニニニニニ∧    ガチャン!!
                    l   ;;;◯;;    } .l:::::::::{ -=ニニニニニニニニ∧
                     八  ;;;;;;;;;; { ̄,イ>リ:::::::: } .-=ニニニニニニニニ∧
                      >‐==ゞニ}__-=ニ≧ 、r'-=ニニニニニニニニニニ∧
                       / .-=ニ/     ≧x -=ニニニニニニニニ',
                       / .-=ニ/         `ヽ .-=ニニニニニニ',
                   /.-=ニニ/               .',-=ニニニニニニ',              ____
                    ノ-=ニ, イ               } -=ニニニニニニニ',          ,。≦ニニニニニニニニ
               <.`  ;イ〉                ノ-=ニニニニニニニニ\      ,。≦ニニニニニニニニニニニ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ > >                   r'-=ニニニニニニニニニニハ   ,.ィニニニニニニニニニニニニニニニ
          -=ニニニ> ´ `.´イ                   f-=ニニニニニニニニニニニ`ー'-=ニニ三三三三三三三三三
     -=ニニニ> ´                            〉-=ニニリ ニニニニニニニニニニニニ//////////////////,
 =ニニニ> ´                            イ -=/i=i ニニニニニニニニニニニニ{///////////////////
 > ´                              j -〃/'l=l ニニニニニニニニニニニニ∨/.////////////////
                                    /-/ニ`ゞ 、 ニニニニニニニニニニニニニ}//////////////////
                                   /-=/ニニニニ>.、<=〃ヘニニニニニニニl//////////////////
                                   /-=ニ '::ニニニニニニニ\_/ニニ\:ニニニニニl//////////////////
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  男は倒れ、首がネジ曲がり、数十秒で息を停るだろう、そして体も動かない
┃  死ぬ事も理解できず。最後の足掻きとして僅かに動く腕でナイフをできない夫の足に突き刺そうとするが
┃  ほとんど聞こえない耳に。無機質な鋭い金属音と、頬に冷たい何かが押し当てられる感触がした
┃  
┃  問題:ゲーム、ダークソウルⅡで使用される武器種別を5つ答えよ
┃                                             11:50まで
2165 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 11:49:23 ID:2RUr.9MU
短剣 / 直剣 / 大剣 / 特大剣
曲剣 / 大曲剣 / 刀 / 刺剣
斧 / 大斧 / 槌 / 大槌
槍 / 斧槍 / 鎌 / 突撃槍
両刃剣 / 鞭 / 爪 / 拳
弓 / 大弓 / クロスボウ
2166 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:52:23 ID:hi.UAPZQ
正解です。こ、此処まで詳細に書かれるとは思いませんでした








                パァァ…………ンンン!!!







┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  全くの0距離で押し付けられた12ゲージショットガンが、放り捨てる事を知られながら引き金を引かれ
┃  できない夫の手から反動のままに弾け飛ぶ。だが仕事は果たしながら・・・
┃  
┃  0距離で放たれた散弾銃は敵の頭を大バウンドさせ、もう一度地面に縫い付ける
┃  床に一瞬で血のカーペットを引きちらしできない夫の頬にも血が着く
┃  仕事は終わらない。即座にできない夫は拳銃を引き抜きながら駆け抜けていく
┃  
2167 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 11:54:51 ID:OYZHgatg
ゼロ距離は水平射撃では
2168 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 11:55:31 ID:2RUr.9MU
(ま、間に合ってよかった…)
2169 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:55:41 ID:hi.UAPZQ

,. '"´ ̄``ヽr´ ̄ `"ー-、
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
:::::::::::::::r-‐ーヘ:::::::::ト、:::::::::::::::.:.::ヽ.
::::::::::::/     ヾ:::::l  ヾ::::::::::.:::. :.゙',
::::.:.:::/      ',::.:l   ヾ:::::::. :.:. ',
:.:.:.::,'       l:.:.l    ':,:.:.:.  .:.',
  ::!       l:..l   ,.ィ^ト,:.   .:.l
  :l-―==ミヽ l:.:l ィ':::.:.:.:liト、 .:.:.:.:i     特にこれはカテゴリ的には古流柔術に入る。
. :!  __、_ ゙'′l:::! l:::, =、v!l l},.:.:.:.:.:.:|     柔道等スポーツ化したモノもある。が名前は変わろうが
:..::lィッ'´,'iJヾ`'ミ  lリ l' lJ::l,}!l lハ:.:.:.:.:.i     つまり、如何に効率良く敵を地面に叩きつけるかの技術だ
::.:.l '、 '::::::::l   l'  ゞ='イ:!l リ l:::::.:i
::::::l 丶`ニ"‐'  l   ヾ:::.:.lリツ l:.:.:.|      さァ。もう1セットだ、立て。できない夫
::::::l         l    \ !j ,l:::::| 
:::::::l         '、   ,.ノ,! ノ::::/
::::::::l           '" ,' /:::::/
、:::::::l       __,,.. -‐wァ,!/::::/
 、::::l  ヾl7Tブ´    ̄`ソ/ l::::,'
丶〉::l   丶、、___ /,/,-|:::l
 `l:::ト 、、     --‐' ,!/:.、‐ァ
 r'‐'┐:.:.:`` ーァ---一'7ニ'yリ
 ヽv/  :.:.:.:.:/
三ミリ-、、 :.:.:l
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  即座に立ち上がる事だけは自身がある。
┃  己が行う動作は詰まる所、それだけされてきた動作だ。
┃  己の師の楽しそうな声が。何度も聞いた投げられた後の声が聞こえた気がした

2170 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 11:57:24 ID:hi.UAPZQ
地面に頭から叩きつけられた男の頭に垂直に散弾銃を押し付けて接射。という状態ですね。
描写が不味くて申し訳ない
2171 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:02:01 ID:ry/VKaAk
>>2170
いや、普通に分かったから別に描写が変では無いよ
2172 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:02:32 ID:hi.UAPZQ

                  ,--、_
             /´ヘ ヘ ヽ
             lュ_____ヽ
             ト i――――.i
             l ヽ'´ ̄l l ̄`i           ウワァァァ!?
             / u /\ヽ ,
           ,--、ヽ i (0)只(0)ノ ̄ ̄ヽ、     どうなって・・・!
           / /;;/  i     iヽ     ヘ
          //;;;;;;i  |      ヘ;;;;;;ゝ---丿    楽な仕事だと思ったのに・・・!
          / \/  l     ヘ;;;;ヽ   \
         /   i''''、-‐´`'‐‐‐、 / ゙iヽ/´`\/ヘ
         /  ヘ  `‐‐'´ ̄(( ̄ ̄∟巛巛 ̄ ̄ ̄ ̄'―´ ̄ ̄―‐、
         iソ――ヘ'´ヘ  ---、__ ((二二((三三三三三三匚´
         ヘ   ヽ'´l巛EBソ| ̄|ノ `――、__三三三三三/Θヘ
          \_iヘ ヘEEB凵|_|∩∩∩∩    `――、__ヽ__/
             `'''─'''''''    ヽ___/
               |ヘ     /    |
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  生まれた壁から逃れたこの装甲スーツを着た人物は不運と言えた。
┃  彼は少年を雇った後に、チンピラの雇い主から雇われた傭兵である。
┃  チンピラが子供におかしな真似をしない様に見張り
┃  又、敵対する者が居たら殺す。という契約であった
┃  
┃  綺麗か汚いか。そんな事、気にしない。仕事である。金は金だ。そう思っていたのに・・・
2173 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:06:37 ID:hi.UAPZQ

    _                                /|                            __
    |三三二ニ=- _                      r、 |∧                       _  -‐=ニ二三三/
    |三三三三三三\                  マム〉∧                     /三三三三三三/
    |三三三三三三三.\                 r 、 ∨//,|                /ニ三三三三三三/
    |三三三三三三三三 \              マ≧x_マ/ム- 、 _...-ァァァァ77    / 三三三三三三三/
    |三三三三三三三三三=\         _ 」-‐:::::::`ァ-、>ク////(二ニ_´  ./三三三三三三三三/
    |三三三三三三三三三三 \      ,く::/:::/:::ハ〈::::::::ヽ `ヽ‐=-‐ ´  /=三三三三三三三三/
   ¨ -=ニ三三三三三三三三三ニ\     ヽ/:/::/_//》、:::::::∧/z、_   /三三三三三三三三三/
        ¨ -=ニ三三三三三三三三|. fTヽ 7l:::l::|ftッ〈::/::::/:::::}≦Z/ /三三三三三三三三ニ=- ¨
            ¨ -=ニ_ .....-==¬ =- _|.| 《ヽ{::{:::八 ' 子v、:r'´_>  /三三三三三三三ニ=- ¨
             /:; -‐ ¨ 三三ニ〉 r、〉、 `> \-、ヽ'r'⌒ヽム::::ノ   /三三三三三ニ=- ¨
              /:/    ¨ -=ニ三{ ` ヽ、_ 、_ノ\\:::::::::∨´   /| ̄ ̄Lニ=- ¨
            /:::/          ̄   /´ス::::::`:::::マヘ:::::::::\_ 〈:::ヽ
         |:::/                〈 {/ハヽ:::::::::::マヘ:::::::::::_::::二三二ニ=- 、
         `                 >::/_、 _\`ー_=ヽ`二  -‐  T::弋 ニ=-、 \


                           バ                    丶
               / ̄ ̄\                         `
              /      \            ッ           !  '
                  |          |                        / /
                 | 、__   ノ    |            _....-‐:::::::::::-..._/ //
                | (●) (●)  |/ー'´ヽ_....-‐:::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::' :ヽ/
              l     |    / ̄:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::://
              \ __´__  //\::::/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::/
              /:::`ー- /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::/
              ||\∧/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_.../:::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               ヾ<ヽ\::::::::::::::::::::::::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
              /:::::::\\\::::::::::::::::::::::::::/_-‐::::: ̄ ̄`ヽ:::::::::/
             /:::::::::::::::::ヽ×::::::::::::::::::::::<r、/  :::::::::::::、ヾ:::/
            ,ヘ:::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ:::::::::::::/ ̄ /       /_V
           /:::::::ヾ:::::::::::::::/〉::::|:::::/,ヘ   |__/、/ / /
         /::::::::::::::::::::::::/ /::::::///  `>〉、ノ/`^~´:::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::/  /::::::/  \_// ̄:::::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::::/  /::/  // ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  殺した筈の男が、メイド・・・?を連れ数時間後に殺しにやってくる。
┃  等、悪夢以外の何でもなかった
┃  
┃    1or2で選んでください                  下3
2174 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:07:23 ID:ry/VKaAk
2
2175 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:07:35 ID:0KVXiaWY
1
2176 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:08:41 ID:2RUr.9MU
2177 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:14:29 ID:hi.UAPZQ
1だと鹿角さんのターン。2だとできない夫のターンでした。




                   ,-‐‐'''ヘヘ、
                  /辷_____゙ ゙ヽ
                 ji  l二==、\ |           _∩∩
                 「 リ ヽ、 _ |,'^│        ---二三(◎)    クソッ
          __,, ― 、_ r/ ノ  '''''"'''ヽ/  _j'エ゛ ̄::~'''::::::-::'::::::□
         /     `': ト、__i_ (O) 只 ヘy‐''"::::::::::.._/二⊃_ --‐"            カチャンッ!!
         ./‐‐--、_ ヽ、ヘ 、"'//(O)、__..-/^/     lノ'´
         {::::_..r'´l   \,,\,;;;;「 ,---‐' ̄ '" l__,./
         弋′   ,-‐‐">--‐ニ.回口田田,-‐"´
         ./ヘコ 、 :(::::::::::ノ /::::|       /  ヽ、
         ノ ?U  `'''ゝ、ノ  ヘ::::ヘ  _ .,-‐'´ヘ .. ../ヘ、
        │ '、     〈   ヘ::::ヽ-ム......__,, l'´::::::::::::〉
        ││       ´"''''‐‐‐‐iク′     `''─‐′
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃   男の銃口が鹿角でもできない夫でも無く、少年に向かうのにできない夫は気づいた
┃   抜いたばかりの44口径マグナムリボルバーのずっしりとした重さを感じる
┃   自分は・・・・・・――――――

┃   ①敵の後頭部を撃ち抜き、確実に殺す (判定・中)
┃   ②敵の胴体を撃ち抜き、殺す   (判定・易)
┃   ③敵を無力化する  (判定・高)                   下3
2178 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:15:14 ID:UJs.5RCQ
2179 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:15:20 ID:2RUr.9MU
2180 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:15:57 ID:Cpmm6imw
1
2181 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:19:10 ID:hi.UAPZQ
                   __
                    |i  i|
                    |i  i|
                    |i  i|
                    |i  i|
                    |i  i|
                    |i  i|      バァァアアアアンン!!!!!!
                    l>// / ̄ ヽ
                  iニi'´' ' { `7i     i
                 /三\'.xベミ三三彡'ヽ
                   、≧7777〃ニニニニニニ∧
                    ヽ////iニニニニニニニニ!
                      ̄`}ニニニニニニニ/
                     〈.ニニニニニニ〃         __
                     /ニニニニニニ}′_ -=====ニ二二二二ニ
                __r‐イニニニニニ/,イニニニニニニニニニニニ
           _ . . .-―iニニ|ニニ\ニニニニ/∨ニニニニニニニ,=- '"´ ̄ `
         /: : : : :x-=|ニニ∨ニニニニニニ彡ニニニニニニ/
        /: : l_: : : :___∨ニヽニニニニニニニニニニニ/
      /: : : i_/  ̄    }ニニニ}ニニニニニニニニニニ./
     /: : ;,;>'"        iニニニiニニニニ=-<ニ=- /
   /: : : ;,;/          ノ.ニニニ|ニニ./.∨::::∧` 、/
  /: : : ;,;,;,/         ∨ニニ.∧_/   ∨::::∧
/: : : ;,:,:,/           ∨ニニ/´     ∨::::∧

┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  44口径マグナムリボルバー。それの本来の用途は戦闘用ではない
┃  できない夫もそれを知っている。少なくとも近代の銃撃戦で使用されるモノではない
┃  何故なら・・・44口径マグナムとは
2182 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:19:28 ID:hi.UAPZQ


  .∠二二Z_                       ________八
  ├――――`―――――――───―‐―──′ ___・_ | ||     __
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __)| ̄ ̄ ̄凸|λ⑦レ^ー´⌒
  └───────────────、   | こコ||―‐‐、  |^ヘ \ (
                          \   |λ①.|l―‐‐´  |」 \_> ̄⑦7
                           \,| 〈o〈 ||___凸|      , ´⌒`\
                          `( \O)(⑦_ ①     (       \
                               ̄`V´  ̄~ ̄)ノ`ヽ/´⌒ヽ;;...     ヘ
                                 ||    ノノ  ||    ヘ;;:::     λ
                                 ヾ== .____ノノ     |;:      λ
                                       ̄ ̄       |;;:      λ
                                                   |;:       λ
                                                  |;:       λ
                                                |;:       λ
                                                /;;;:::       ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃           中型~大型の獣を狩るのに使用される
┃               狩 猟 用 拳 銃 
┃                 なのだから
┃  
2183 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:24:36 ID:hi.UAPZQ

                 (⌒ヽ
                {⌒ヽ  ヽ
                ヽ  ヽ_}
             / ヽ ヽ   ト__
               〈    \  ̄ / l
             \   \/  l
          =ニ;:;:;:;:;:;:; \     /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       三;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\    〈;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     ‐==;:;:;:;:;:;:;:;: '´    \  \`   ,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
     ニ三;:;:;:;:;:;:;:'          \  〉   ' 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
_ ≦三二==─フ  ̄ ̄二丶   ̄  __ _ __________
/ /    '´  //三≠  ̄ ̄  ̄ ̄ 〈 ヽ/\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i 三──   //三/ Ξ         \    ヽ
  | 二二二ミヽ| |三  ≠         r‐'   ∧  l
  | 三 ̄Ξ=i| |三 ≡=         \  { `ー'
  乂 三三  ヘヘ乂 ヾ           `ー'
_ 三=─-   ヘ人≧ ___ ________\\______
  三=───≧─三二二ラ'    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,:':;:;:;:;:;\\;:;:;:;:;:;≧ ̄ ̄ ̄
 =三三三三;:;:;:;:;:;:'、                ,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\;;:;:;:;:ニ─
    ニ三;:;:;:;:;:;:;:;:;:` ,,             ,,, ;:;:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\Ξ=‐
     =ニ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\\
        三 ,:,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:三二\\
           =‐ =                            `ー'
                                            (⌒ ヽ  _
                                            \_)/ l
                                                    /   |
                                               |   |
                                               ゝ─'
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃    問題:漫画「東京喰種」において、作中でとあるネタが挟まれて居る事が噂されている
┃    それはタロットであるのだが、主人公「カネキ」に与えられているタロットの意味は?
┃                                           12:30まで
2184 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:27:38 ID:Cpmm6imw
吊るされた男 犠牲 困難
2185 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:28:30 ID:2RUr.9MU
ハングドマン 犠牲 困難
2186 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:32:15 ID:hi.UAPZQ
お見事!私も驚いて本当か確かめに行きました


           _
.         /    ` 、
        ./        ’
        l         u  !
        | \  /   .!_
      /|(●) (● ) ///!          鹿角さんっ!!!
      /./∧   /     ///《        (腕が・・・・・・ちぎれ・・・そうだ・・・ッ!)
   //////∧ _   . / ∨/∧
.  /////////ヽ_ ./ヘ / ∨/∧
  ./:////////////ヽノ┐、  ∨/∧
 .///////////////∧.ヽ \ l://∧
 |//////////////ハ∧ \ \///i
 |///////////////ハ/∧ .\  \|
. ∨///////////////ヽ/:i  l/\  ヽ
   i////\///////////ー 、∨/ハ  i ー─ ヽ 、
    i//////\///////////`> 、i   |///////ハ
.    i/////////<////////////`>ヽ//////丿
    i///////////` <////////////`> 、/     _
.    }/////////////:` <///////////´ / -. 、_ .>::\
.     |//////////////////' <//////  /        \:::::\
    |///////////////////二` <//>-"`ヽ       ヽ:::::::\
    ヽ/////////////////二二二`Y二\ {:::\  、  ヽ_ )) 、::::::\
      Y//////////////二二二二二二ニ\ヽ:_:.>_ッ " ` ´\:::::::\
      \////////// /二二:i二二二二二ニ\             \::/
        \////////二二二i二二二二二二ニ\
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  いくら偵察用装甲スーツとはいえ、多少の防弾性能はある。
┃  だが、幾ら何でも大型獣にさえ有効なハンドカノンを相手にする事は想定されていない
┃  というより、後頭部。という人間の弱点に対し、もし防弾性能が有効であったとしても
┃  首の骨はへし折れ中の人間は死ぬ。
┃  それさえ防ぐのならば既に軍が使用する支援制圧用の大型機である
┃  間違いなく傭兵は不運であった。敵が常識的な9mm等の拳銃でない事は・・・
2187 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:37:54 ID:hi.UAPZQ

                          __,--、__
                           /´││    ヽ
                     /  └┘    i
                      /_         |
                      /____―――‐|
                    i__,-‐‐, ,‐‐、 ̄~l  |
                     |ヘ   ●l  `'-l/ ]〕
                    l )  ヘ   /  ||
                   /丿/   \ (_-- ||
                    l         \  ヘヘ
                   |  i ■ ,'   ヽ  ノ       ガシャァァン
┏━━━━━━━━━━┓
  system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  まさか、傭兵も目の前の殺人人形に殺される訳でもなく
┃  背後から巨人のサッカーボール代わりにされた様に頭をもぎ取られ
┃  反対側の壁に叩きつけられる等思っても居なかっただろう。
┃  だが即死できた。それだけは幸運であったのだろうが・・・
┃  壁に叩きつけられ、地面へと落ち砕けたヘルメットの音を最後に。部屋に平穏が戻った・・・
┃  まぁ・・・だが、いくら驚いたとは言え。マズルフラッシュを焚きあげた直後に大声で喚く。自業自得だろう
2188 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:41:18 ID:i6ukd2dQ
頭もぎ切って、オモチャにしてやる!!
2189 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:42:07 ID:OYZHgatg
ロシアとか大きいの好きよね
2190 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:45:13 ID:hi.UAPZQ


      /イ .:::/    .::/. .:::/.::;.イ.::://.:ハ::::. ::::::!::. :. ::.:  i
.      / j.:::/ :! .:::/.:.::::/// /.:://.:/_,」::::|::.:::|::. :: :::.:. |
      /' ,:゙:/.  :l .:::/.::::::///V.::://イ斗-ヽト、:::!: .::. .:::.!.¦
    i{ /.:イ.:: : .:|:,イ{::::::/7ム }:,:゙/ /  __ ヽヾ:.:::. .::.:|::.|      「私もこの子も大丈夫です。お手を煩わせ申し訳ありません」
     Vィ::::!:::. ::リ/ハ::::l_」`  |:i {. ーァ'´二,`㍉|::.::. .:::::ハ{
    / !:,イ:::::. :::i/ァキ::{ニiミ、 |:|  〃んii::::}  }!::::.::::::/.::::!      「いやいや良いよ。元元俺の仕事だしね、」
       |:! !.:::::ト、{ i{ {r':ii:_}  リ::::::. 、゙竺タ_,ノイ.::::::::/.::::::ト、
       |:! !.:::::|:::ヘ. 、_゙竺シ′j     `^ ̄´ 〃: ィ´}::::::::| ヽ    「侍女として恥ずべき事ですので・・・それよりも、御身はもう少しご自愛を」
      l{ リ.::::|::::::ト、 ̄´    `       //ノ /.:::::i::ド、
        |.::::|!::::{ヽ\    rァ==ヘ  /  /_ノ|:::i:::|::|  \    「俺一人で戦う予定だったし、この位「ご自愛を」・・・は、はい・・・」
       イ:::/ ト、:ヽ,_、    }L.. -‐′  /i::::::::|:::|::Ⅳ
         }/  |:::ト、:、:`r:....   ` __ .∠L:::ハ::::::|::ハ!
       ノ   ,ノ' |:!:::}:::|::::::::> .  ト、     {ノ二,リ -‐‐─‐‐,、
            /  从イ_/}__::「 |L}  | !    7  /      /
                 /| V   ! !    /  /      /
┏━━━━━━━━━━┓
 ルルーシュ・ランペルージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  そんな中侍女の背後に移され、弾丸から守られていたとは言え、
┃  少年の眼に映った数秒の地獄は。確かに少年に衝撃を与えた。
┃  今しがた銃口に狙われた事実。それを脳が処理するまで少年は動けなかった。
┃  己を守ろうとした侍女が自身を降ろすまで少年は何度か口を金魚の様に開け閉めし続けた事も仕方なく
┃  恐怖による生理的現象を起こしてしまっていたのも。まぁ仕方ない事である。
2191 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:46:11 ID:UJs.5RCQ
液体か物体か、それが問題だ
2192 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:47:29 ID:0KVXiaWY
白いのか黄色いのかの方が気になる>液体
2193 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:51:48 ID:hi.UAPZQ

                  , -‐‐- 、
                _, ‐γ        ヽ
    _ r-「: ̄¨{ ̄´   ′__   _ i
  / /  ヘ  .ヘ  _ ィ l´_ 、 ,_ `.!
 /        マ__>´ `ゞl´ ゞ' }  .ゞ'` |
 \   イー<       l    l _  U.l
   \       .>、   .人   __ , ′
..    `\     .「`Yヽr.ヽ、ー‐ ',イ、          それより・・・え、えーと・・・
.        \,    |′ヘ',  ̄ / ヽ_
          \」   | l  .∧__,イヘ  /|> 、      その、君を助けに来ました。スイーパーのできない夫です
             l  .| | / ,ヘ / :} / !    > 、
           l  .! ∨  Y  ノ' l !   / /l    お、遅れてゴメンね・・・?
               ;  i |   }    l l      |
              }   ! .|   {    l l  ;     .l
              }   ! .|   }    l l  l     .|
             l  .}={   l    }={   !   イ
             l  l l     i   l l  .|    |
           /  l !    .}   l l   !     |
             /  l |    l   l l   !     |
             〉  | !   .|   l l  .{     .}
            ]二_[__]二_〔二〕二[__]ニ:}===={
           〈///////////////////}   l
          ,' ////////////////// |
            l////////////////////|
┏━━━━━━━━━━┓
 ルルーシュ・ランペルージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  少年が辱めを受けてしまった原因の50%はそう言って先程の行動は嘘の様に
┃  後ろ頭をかき、頭を下げ、優しい声音でそう自己紹介をする。侍女は黙したまま静かに青年の後ろに控えた。
┃  彼らが生み出した血のカーペットとは打って変わって、両名は汚れておらず、少年に恐怖は与えずに済む
┃  その姿を見、静かな部屋を感じ。少年は、そこで漸く・・・緊張の糸が切れ、年相応に涙を流し始めた
┃  



今日は此処まで。皆様長時間お付き合いいただきありがとうございました。
もし余裕があれば。今日またやるかもしれません。
2194 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:53:18 ID:OYZHgatg
2195 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:54:48 ID:i6ukd2dQ
おつでした。
2196 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:56:08 ID:6a9jMl3U
お疲れ様でしたー
2197 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/06(水) 12:58:53 ID:hi.UAPZQ
初心者の為描写やAA選び、合成等がマズイですが
これからも定期的に続けていこうと思います

これからもよろしくお願いします
2198 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/06(水) 12:59:42 ID:Lsrtt9Bw
おっつおっつばっちし☆

できない夫は崩壊世界で掃除をする様です その3

9762 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 21:33:17 ID:Nhzy0UOQ
では開始していきます

              ̄   、
          ´        \
     /             ヽ
    /           ヽ   ヽ
   '                  -‐'' ヽ
   l                  ヽ
..  l                 ィ=≠≡ l              ・・・・・・
.  l                       |
  l                        |          ./7 ̄i=、_
  l                       |      ._ ,イヽ.,'  .l  !`ヽ
  l                        ゾ      ! V l  〉  丶 l  |ヘ
  !              ___/      /  !ノ ,'      丶i
 ,'                    _/       V 〈  l        |
 `ー -                   /        V |             |
      `  、            /            V l          ,'
.:.:.:...        、     /             ,┤ `ヽ        .,'
:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ _           .r'´ 〉、_l__     .,'
                 ヽ、_.         !  r'´    `ー-、.,'_
                    \      ,'  ,'             ヘ
                      `ヽ、 /   ,'           ヘ
                         i <   /               ヘ
                         | lV〈                 ヘ
                         | | ヽV ̄`ー-、           !
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃  
┃  死者から拳銃を剥ぎ取り、弾丸を入れたその黒い暴威は彼のモノとなった
┃  だが、それに何も言わず、最後に一度手を組み祈る。
┃  だが、そこまでだ。それ以上はしない。自分はスイーパーなのだから
┃  さぁ、仕事の前準備をしよう
┃  
┃  ①まずは武器を探そう   (ガンロッカーを見る。判定無)
┃  ②人質が心配だ・・・一旦敵を探そう (ハッキングによる探査。判定有)
┃                               下3
9763 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:35:03 ID:ubqDjjV2
1
9764 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:35:14 ID:gBPgRBF6
9765 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:35:47 ID:aN7Bymh2
9766 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 21:43:19 ID:Nhzy0UOQ

                                             _-= ̄                ||
                                         _  i-= ̄                 ||
                                    _ -=  ̄|| ||                  ||
                             _ -==  ̄      || .||                  ||
                     ___ _ -=  ̄              .||  ||                  ||
     ____    -==     ̄ ̄|| ||                  ||  ||                  ||
    || ̄ ̄                  || .||                  ||  ||                  ||
    .||                  || ||                   ||  ||                _」|
     ||                   || .||                   ||  ||          _..  -=  ̄
     .||                     ||  ||                   ||  ||    _ -= ~~ ̄  _ -=#
     ||                       ||  .||                 _||  ||_..-=~ ̄   _ -= ~ ̄   .||
     .||                   ||  ||      __.. -==   ̄ ̄   _..  -= ~ ̄           ||
      ||         ______.」|  #==-‐   ̄   ___.  -==||  ||                      ||
      .#==―      ̄ ̄ ̄ ̄____  _   -==   ~~ ̄      .||  ||                      ||
      #======―     ̄ ̄ ̄ ̄|| || ̄                     ||  ||                      ||
      ||                    || ||                       ||  ||                      ||
      ||    -―-ミ           || ||                       ||  ||                      ||
      ||  ./::::::::::::::::::ヽ   _      || ||                       ||  ||                      ||
     | ̄ ̄`┴----―r  ̄    |_     .|| ||                       ||  ||                      ||
     |   /      、     | `ー=''"{__.ィ                     ||  ||                      ||
     |           、     .| ̄ノ _、、 {/ {、                ||  ||                    _||
     ∨ .i        丶、   |ー< ̄ノ」 r vへ  `ァ -====       # ||_ ..    -=====      ̄ ̄
      .∨ l             |    ̄ ̄ ,〕」こ^l {  | ̄| | |百「|朋| ̄| |[]| ̄| ̄| ̄| 「| ̄||叮| ̄|
        ∨               .辷=--  ≦ /二) { |旦| | |日l |朋|  | |o|  |Ξ|┌┐|:|  ||昨| 冂
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  そっと白骨死体を退けようとすると、後ろの鹿角がそっとその死体を退けた
┃  何も言わずとも彼女の中のプログラムは
┃  己の主となったできない夫の行動を助ける最善を求め続ける
┃  そうして彼女が引いた椅子に、できない夫が座る、少し居心地が悪そうだ
┃  そうしている隣に鹿角が立ち小さく補助すると伝える
┃  できない夫は礼を言うと6枚のモニターの1つとコンソールに意識を集中した
┃  
┃  問題:映画「ゴジラ」に出演したゴジラ以外の怪獣を5種答えよ
┃                                   21:48まで
9767 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:44:13 ID:cato30pI
キングギドラ、
ビオランテ
9768 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 21:44:16 ID:Nhzy0UOQ
ああ タイトル「ゴジラ」ではなく。ゴジラ系列の映画で、です
9769 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:45:51 ID:la6RgAnA
モスラ
キングギドラ
ビオランテ
ガイガン
ショッキラス
9770 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:47:41 ID:efe.51GU
モスラ
モゲラ
アンギラス
キングギドラ
メカゴジラ
ミニラ
エビラ
ガイガン
9771 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:47:46 ID:UsjGPuQA
モスラ
バトラ
キングギドラ
ガイガン
ビオランテ
9772 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:48:05 ID:gBPgRBF6
スペースゴジラ
9773 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 21:48:14 ID:efe.51GU
デストロイア
スペースゴジラ
9774 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 21:52:48 ID:Nhzy0UOQ
成功です。やはり怪獣モノは素晴らしいと思いますね。
ホラーでなく純粋なモンスターパニックものは日本のモノが最も好きです


        / ̄ ̄\
      /   「   \
      |    ( ●)(―)
      |       | |    さっきはゴメンね、急に。
      |     __´___ノ    緊急事態なのに時間掛けちゃって。
      |     `ー'´}    
      ヽ        }     「tes. 主の望みのままに。それこそが私達の願いですので」
       ヽ     ノ
      ノ      \     ・・・ありがとう
.    /´         ヽ                           カ
    |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l     カ   タ
    ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
    ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
      ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
   ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼はそう小さく先程の弔いに謝罪する。死者への愚弄でも無く
┃  己が説明したこの世界の現状に対して何と甘く無駄な行為なのかと。
┃  だが、それに対し侍女は淡々と答え彼の行動を補佐する。
┃  ハッキングとも言えない簡単な行動だ。
┃  パスワードが必要な場所もあるが、即座に鹿角がそこに割り込み
┃  プログラムが画面に溢れそれをできない夫が即座に処理する。
┃  自身がしようとする行為を即座に的確に渡してくる事にやりやすさと
┃  同時に一般市民感覚から、驚きが生まれる。
┃  だがそれは嬉しいサプライズだ。予想より速く終わるだろう
9775 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 21:59:17 ID:Nhzy0UOQ

          / ̄ ̄\
        /   「   \
        |    ( ●)(●)
        | u.     | |
        |     __´___ノ
        |  U    ´}
        ヽ        }   ___________
         ヽ      ノ    | |             |
     ___/.    く    | |             |
     | | /  .,      ヽ   | |             |
     | | /  /       |  | |             |
     | | |  丶nnn   ¦  |_|___________|
      ̄ \_、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|_|__|_
            カチ
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  数分後見つけた警備システムの掌握が終わり、即座に生物探知に映るが・・・
┃  どうやら自分達と犯行グループといった唐突なお客様の他に
┃  原住民が居るらしい・・・しかもかなりの数が
┃  7人の生体反応がある場所を確認し、その前にそれ以外の反応を確認する
┃  目の前。とは言わないが近い距離に1つの反応が・・・
┃  特殊音波による個体識別機能を使い大体の形を確認するが・・・明らかに人ではない
┃  手に汗を握りクリックし、実際の姿を確認しようと画面が新たなモノとなる
┃  
9780 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:09:16 ID:Nhzy0UOQ

                   _,r´フ /从\/三三Ξ二二冫===ゝ´
            ,、 r-‐ニニミ/ /从从从=\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /|        ///ミ/`    /´从从从从从从 \r三三三三三三二===、___
 |.;|    ///.;ノ/ミ/    /从从从从从从从从从从从从从从从二二===、
 |=|   /ミ//三:|/ミ/   ./从从从从从从从从从从从从从 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |=ヽ,  |=∥从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从二===____
 `l=|  ./从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从二==、_
  |=冫/从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从ヲ-、____  ` ̄´
  \从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从ミ\ヽ三ミミヘ、_____
、____/从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从= ヽ  ヽ三三三\
、从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从=冫       ̄
ヽ__从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从|
   \从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从ミヽ_____
     `l从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从从\
      {从从ミ/`l从从从从从从从从从从从ミ/`ヽ从从从从从从从从从从从从从从从从从ヽ
      ヽ从/  イ三ム´\从从从从从从 ヽ     ヽ从从从从从从从从从从从从从从从从从
     _r-‐´三三ゝl\     ヽ-、从从从从ヽ      冫从从从从从从从从从从从从从从从
   Y从/l从l´ ̄  \ \     ヽ从从从从 ヽ     冫从从从从从从从从从从从从从从从
    |从/ ゝヾ、___/从ミ|      ヽ-从从从从ヽ r-‐´~从从从从从从从从从从从从从从从从
   ヽ从从从从从从从=冫      \从从从从Y从从从从从从从从从从从r---、从从从从从
    ヽ从从从从从从/         `l从从从从从从从从从从从从从从/    \从从从从
     ヽ从从从从从从====、____ヽ从从从从从从从从从从从从从ヽ
         \从从从从从从从从从从从从从从从从从从从/ヽ从从从|
           `ゝ‐--、从从从从从从从从从从从从从从从/  |从从从|
                  \从从从从从从从从从从从Ξ/   \从从=ヽ__
                   \从从从从从从从从从从/    r-、冫从从从从 ヽ
                     |从从从从从: /         |从从从从从从/
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  膨れ上がる様な、まるで貧者の様に骨がくっきりと浮かび上がっている姿が映る
┃  だがそれは突然変異による恩恵の様だ。
┃  何せ、まるで義体の様に筋肉が盛り上がっている。
┃  その証拠に、まるで己の得物であるかの様に警備ロボの頭を持っている
┃  首がまるでねじ切られた様になっているが・・・・・・素手でねじ切ったのだろうか?
┃  そうだとすればかなりの怪力である
┃  
9781 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:10:04 ID:Nhzy0UOQ

      \、                 ,/
        ヾ:、  ヽ   ;!  ,.    ,ィ'/
         ヽ\ ヾ:、、,/l ,ノ/ , ノ'/
         ヽ:ヾ:゙:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゙:':;:':/
         ヽー-゙:、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/,_,...ィ
        ,>-::::::::::::::::::::::::::::::::::<_
       _ノ´::::::::::::::iゝ、 ,ノi::::::::::::::::::`ヽ、
    ,ィ'´.::.::.::.::.::.::.::.::``..:..~´::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ、
    ;'::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.!
    i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i
   ,'.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.゙、
  ,:': : : : : :iヽ.: : : : : : : : : : : : : : : : : :ノi: : : : : : :゙:、
 ,:'.: : : : : : :! `ー、: : : : : : : : : : : : :r'´  ゝ.: : : : : :゙;
 ;. : . : ., - '    ゙; . : . : . : . : . : .;'    ``、.: . : .゙;
. ; . : . i'         ; : . : . : . : . : . :;         ゙!: . : .゙:、
,'. . . . .';       ; . . . . . . . . . . . ;      ;' . . . . ;
:,. . . . ;'      ;'. . . . . . . . . . . . . ゙;     ;' . . . . ;'
.: . ..:     ,.'. . . . . . . . ゙、    ,' . . .,'
.:. . .:     .'. . . . . . . . . .゙:.   .:. . .:'
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  だが装甲部位、といったモノは無い。通常の生命体と比べればタフそうではあるが
┃  だが、少なくとも44口径マグナムならばこの化物の皮膚を貫き肉塊に変えるだろう
┃  だがそこでできない夫は不意に何かが頭をよぎった
┃  
┃  問題:マンガ・破壊魔定光が初めて遭遇し戦った流刑体の名前は?
┃                                 22:15まで
9782 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:10:15 ID:cZ0IHntc
出会ったら即死しそう(こちらが)
9783 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:11:25 ID:efe.51GU
撃針
9784 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:11:47 ID:cZ0IHntc
撃針
9785 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:12:28 ID:UsjGPuQA
撃針
9786 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:14:29 ID:gBPgRBF6
ポンコツのデザインが秀逸だった
9787 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:16:23 ID:Nhzy0UOQ
掃除屋の心得 成功:あの漫画の戦闘シーンは素晴らしいと何度も読み返しています
    変身後の姿も凄くGOODでした



                                / ,/
                             ノし'(//
.          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    .ー-ミ  て
.        / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.\      .ヾ  そ__
.      / ..;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';.. \    } γ´ ̄
.    /   ;:::::: \:::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::;   \  / ゝ
    │   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::;   | /ィ´
    │ /=≡==、、\::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、 !        あっ! コイツエルクゥだ!
    │ //      ヾ、 :;:;:;:;:; ツ 〃       ヾ,|
    │       ◎ ......:;:;:;:    ◎      │
    │ ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;゛ ゛ー=====彳 .!
    │  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  │
    │  ;::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   |
    │  ;::::::::::::::::::::_____::::::::::::::::::::: U   !
    │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
    │  ;::::::::::::::::::::|        |:::::::::::::::::::::::;  |
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  過去、自身も住むこの街で起きた一種のバイオハザード
┃  本来は義体の亜種ともライバルとも呼ぶべき人体改造術
┃  強化人間“ブーステッド・マン”の失敗作。その突然変異である。
┃  通称:エルクゥ
9788 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:17:51 ID:cZ0IHntc
痕とかなつかしっ!?
9789 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:24:23 ID:yDq6o6mQ
懐かしい…そうなんだよな…もう懐かしい作品なんだよな…
9790 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:25:48 ID:Nhzy0UOQ

                       __/////_ ///////r            ,ィ|
                      /二二二 }////////{_    ____,ィ//}
                   ,ィ{_zィf  /ムイ´`\//|__ヽ,ィ/////////////
                 /-': ‐:―:―: : : - - . ._   }////////////////////
             . : : : :<: : : : : : : : : : : : : : : : : : :>: . /////////////////
           ,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.、////////>-'´
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.. ̄ ̄ ̄ `ヽ
          /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::. /     ヘ
        /: : :/: : : : : : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.、`ヽ   ∧
      / : : : / : : : : : : : : : :/`´`ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::: ∨  ゝ  ∧    知っている生物ですか
       `ヽ: :/ : : : : : : : : : : |    ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ∨   Y  ∧ 
        /: : : : : : : : : : : :l!    l}: : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : l.  ∨  `   }   「うん・・・俺自体は最後まで関わっては居ないけど・・・」
       ; : : : : : : : : : : : : :!    l!: : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : :   ∨   /   「それでもコイツ相手は嫌だなぁ・・・」
       |: : : : ; : : : : : : : :l|    .!: : : :-:_―_:_-l|::l: : : : : : : : : :::    .∨ムイ
        ̄ ̄ ̄ヘ:_:_:_:_:_:_} -   |:_;-'´ zr-―‐ァ| : : : : : : : : : ;    ∨: |
              ∨: : :∧-r‐zs、    代::::::::/ l: : : : : : : : ::リ    r'´: : |
             ∨: : :∧ 弋::}        ̄ / リ: : : : : : :/  | _/ : : : リ
                 ∨: : : ヘ  ノ         /_:_/: : : ィ  _}-': : : : :/
               ∨: ;、:ヘ                ム: : :l |>'´: : : : :/
.                `´ ヽ: ヘ   ‐‐        | |: :|-:_:_:_:_>'´
                   | : \       イ.    | |: :|
                   |: : :| > _  ヘ.       | |: リ__
                  /: : ム- ― ― | ,.- ― ―/:/    ヽ
               , --γ´ ̄ - ― ― /    ./:/――> '⌒ヽ
             γ´   /__/   ム ./___/:/ </     {- ―― 、
             ゝ.  ∧      /   ヘ.    /:/   ゝ、-―- 、    }
               } /: ∧    /|   ヘ   /:/     /     Y   丿
          γ⌒丶./: / >-'´ |ムイ   〉 _/:/r― 、 /      |   r'__
           {.    /: / ノ   \        /´  /ー―'         |   ∨   ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  その事件とはは肉体強化の為の薬品の違法廃棄によって起きた事件だ
┃  下水に住むホームレス達が変異したらしい。
┃  それが突然地上に現れ、数ヵ月に渡り街を人知れず蹂躙した
┃  最終的にマーセナリーが焼き払い事件は収束した。
┃  その時に戦った事はある。何匹か殺しても居る生物だ。
┃  そう、小銃でも殺せる突然変異なのだが・・・
┃  動きが早すぎて真っ当に弾丸等当たらない。
┃  特別感覚器官に優れる訳でないが暗い場所に特化している眼がある程度だ
┃  だからといって、弾丸を避ける様な相手と戦いたいとは思わない。
┃  
9791 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:27:56 ID:UsjGPuQA
原作よりも大分マイルドに為ってて良かった!
9792 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:28:51 ID:cZ0IHntc
ハザード起きたのか
9793 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:33:37 ID:Nhzy0UOQ
原作verだと自動人形と死闘を繰り広げられそうですね・・・



          ∨//////\ /:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ : : : : :\: :}////////./
          .∨///////{>--、 __::::::::::::::`''<__ヽ////////
           \//>.:´::::::::::::':::::::::::::::\::::::::::::::::::\ } } }_⌒_´    _
            ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::、>--- = }///ー=≦///
              /::::::::::::::::::::::,:::i::::::;::::::i::::::::::::::::::ヽ:::\    `ヽ///>'' ´
            /::::::::::::::::::::::/ミ、:/i:::::::|:::::::::::::::::::::',::::::ヽ    ∧¨´
            ,::::::::::::i::::::::::./ミミi彡|:::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::',   く  ',
         i:::::::;:::::|::::::{::{ 、   ;:::::::ハ::::::::::::::::::::!::::::::::::∨  .∨ :,
         |:::::/::;::|:::::::N  \ ./:::::/_.メ、::::::i:::::/:::::::::|:::::∨  } }
         j::/::/:::|::::::|i卞芋ミ、:/  .ィ武ハ ア::::::::;::::i::::::::V / /      ご安心を、私がおりますので
        //、:::::;::::::',   マツ }    ゞツ/::::::::/:::::}:::::::::∨/
         /::/   }:::ト、:::\   ′     ./:::::::/:::::::ハ:::iヽ{         「えっ・・・ん。あっ・・・そっか。鹿角さんもいるんだもんね」
          j:/   /::∧::::ト--        ∠::::イ:::::/  >--ォ
           /::/ ヽ::{ :込、   _   /  `i:::/> ´    }        tes.  我が身は貴方の剣でもありますので
         //   }/    >   ` {   .{イ    , -、= 乙
        //   rー--<´  >=≦:,   .i!   ./   i    {       「うん・・・もしもの時はよろしくね?」
      //    i     >イ//__,ィハ   ∨、_i   }  (
     //      ,   / //////∧   {::::::::{   i    \     tes.  我がスペックの全てを尽くして
    /::::/     厂 ̄ ̄ /'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧  ',  i   {_  / ,. -、
   ,::::::{     /    /,,. -‐  ''´ ̄ ̄ ̄ :、  ` ̄ ',  }`ヽ> ´  ./
   {::::::::ー->=- '' ア´             〉        ´   , イ、
    ー= / ,   "´ ,                、  、 _,. : ー <////ー-- ..__
     / /. . . .              __   ノ        、   `ー ァ////
    ./. :/ : : : : : : : / . . . : : : : : : : . . > ´ `¨´          アー― ´/////
    ,. : ′: : : : : : :,.: : : : : : : : : : : : :/     _,,.. --==--  <//∧ ∨////
    {: :{ : : : : : : : :{ : : : : : : : : : : : : ゝ-<´ ̄/:.:.:.:.:.{   ∨///////∧ ∨///
    :、: :、.: : : : : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {, -- 、:!    ∨///////∧ ∨//

┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼女にこの生物について話すと、僅かに眉をあげそう言われる
┃  そう、彼女こそ出雲社が誇る量産機等とは訳が違う自動人形「鹿角」である。
┃  たかが過剰薬物の投下と事故的な薬物合成による強化等恐れる筈が無い
┃  軽く彼女が手を振ると6枚のモニター画面が代わり施設内のほかの生命体を見る
┃  ・・・見た事無いタイプも居るが紛れもない。エルクゥである
┃  だが先程とは違い声の震えは弱まった気がした
9794 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:35:44 ID:cZ0IHntc
さて、武器を調達せんと
9795 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:40:33 ID:Nhzy0UOQ

                                             _-= ̄                ||
                                         _  i-= ̄                 ||
                                    _ -=  ̄|| ||                  ||
                             _ -==  ̄      || .||                  ||
                     ___ _ -=  ̄              .||  ||                  ||
     ____    -==     ̄ ̄|| ||                  ||  ||                  ||
    || ̄ ̄                  || .||                  ||  ||                  ||
    .||                  || ||                   ||  ||                _」|
     ||                   || .||                   ||  ||          _..  -=  ̄
     .||                     ||  ||                   ||  ||    _ -= ~~ ̄  _ -=#
     ||                       ||  .||                 _||  ||_..-=~ ̄   _ -= ~ ̄   .||
     .||                   ||  ||      __.. -==   ̄ ̄   _..  -= ~ ̄           ||
      ||         ______.」|  #==-‐   ̄   ___.  -==||  ||                      ||
      .#==―      ̄ ̄ ̄ ̄____  _   -==   ~~ ̄      .||  ||                      ||
      #======―     ̄ ̄ ̄ ̄|| || ̄                     ||  ||                      ||
      ||                    || ||                       ||  ||                      ||
      ||    -―-ミ           || ||                       ||  ||                      ||
      ||  ./::::::::::::::::::ヽ   _      || ||                       ||  ||                      ||
     | ̄ ̄`┴----―r  ̄    |_     .|| ||                       ||  ||                      ||
     |   /      、     | `ー=''"{__.ィ                     ||  ||                      ||
     |           、     .| ̄ノ _、、 {/ {、                ||  ||                    _||
     ∨ .i        丶、   |ー< ̄ノ」 r vへ  `ァ -====       # ||_ ..    -=====      ̄ ̄
      .∨ l             |    ̄ ̄ ,〕」こ^l {  | ̄| | |百「|朋| ̄| |[]| ̄| ̄| ̄| 「| ̄||叮| ̄|
        ∨               .辷=--  ≦ /二) { |旦| | |日l |朋|  | |o|  |Ξ|┌┐|:|  ||昨| 冂
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  とりあえず、あの危険生命体については地上に出次第信頼出来る場所に報告だ
┃  自身の仕事をまずは片付けなければ。
┃  先程見つけた犯罪グループの居所らしき場所に焦点を向ける
┃  どうやら誘拐された少年は無事な様だ。
┃  ほっと一息をいれると、その場所について調べ始める・・・
┃  どうやら元倉庫の1つだったらしい。そこまで広くは無いが
┃  入口は1つ。その背後と両隣に部屋がある様だが扉で繋がっている訳ではない。
┃  鹿角が迷宮の様なこの施設の地図に現在の生体反応を記録する
┃  どうやらカメラが1つだけあるらしい・・・運が良い、どうやら壊れて居ない
9796 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:41:59 ID:j6LY799Y
武器がナイトね
9797 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:45:19 ID:UsjGPuQA
鹿角さんがいれば後ろからダイナミックエントリーできるな
9798 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:54:56 ID:Nhzy0UOQ

           ,    ̄
       /          ヽ
      /                                                  lヽ 、
.      ′     、   /   :.   i        /i/i/i/i ,                   i\ | ヽ!ヽ
.      l  ==、 〉iliく ,==    l     、 .|`: : : : : ; : : : ' i              ヽ 、_|  `
.      l    ’彡ハ三ミ,’ "   i-、     !ミミ´゛゛゛""""ヾ彡',              \
     ,ヽ!                =リ   、i: :ミ 、_ _,_ ミV/            ヽ ̄
     {k     ノ`-=-'ヽ   / k/    ヾr////.几////ュ'             <      、 ヽ
     `戔          、 r-'     .r-i  ̄ ,  ̄  ト              ∠   リヽ |/,。-
       .i  ー===ニニ` '.: i       .マ !       ,!ノ              ノ从-!-ャV
       \         /        `', ー==-‐`,                  ハ  i
       _i \____/ト、         \    ィ                    ヽ `   _/
      < !         /  > 、._    _ !: :`. .´: :!_         ,,-――ー、      \ー彡 /
-―‐く  . : : :        . . . . .  ///>, </ : : : : /: |/ヽ       .////彡三ミ`ヽ_      ヽ_/
/////\   : : _ヽ ..  /_: : : :///////     ヽ  _ノ///`ー、    .从彡/¨´_メヾヾ       //ゝ  ///
l///////> 、_ .`    '_, </////// . . .    ∨/////////`ー--、[///]-[///]i!i!`      ///   ///
.l///////////////////////////////: : : : : : : .   }//////////////∧ ̄ .'  ̄´ ,ノi!  _////`ー―////
..l//////////////////////////////: :  : : : : : :   i///////////////∧ー==‐ ' ィ/   ///////    ////

┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  中を見ると自身が見たチンピラ達の姿が映る
┃  それぞれ、隣の部屋とのあいだの壁に寄りかかり眠る男。
┃  入口に一番近い場所でカードをし、偶に怒鳴る様にして騒ぎ合う2人の男。
┃  後ろの壁に寄りかかりながら食事を取っている男に・・・
┃  眠たそうにボケっと座り込んでいる男が居る・・・。
┃  全員、拳銃を所持している様だが、寝ている男に限り小銃を持っている・・・
┃  
9799 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 22:58:51 ID:Nhzy0UOQ

          _冖___
.          / | |  ヽ
       /   | |   ヽ
.         |∪      └|
.         ( ニニニニニ l
.         〕l l-‐‐i i‐‐--l〔
        . (  ヽ .,,,,ll,,,.. / )
.     / ̄ト、  ヽ   ,'  /--、
.    /  ,'|  i\(0)只(0)// ̄`ヽ、
.    |__/ | ヘ__/  |      ヽ、
.    |\_|   ,'     |\     ヽ
.    |   |   i     ヘ \―----'゙
.    |   |   |      \|     |
  ..| ̄ ̄ヘ ̄ ´`''‐‐----,'  ヘ     |
.   |    |ヽ          ヽ __--i
.   〈 へへl/___,----、      ヘ´___   |
.    |\\\| ̄|i i i i`ニニ_//\ \ |
.    |へ\\\ |冂冂|  |冂 /   /ヘl
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  だが気付く。あの偵察用の装甲スーツを着た奴が居ないと。
┃  そう思うと、鹿角が手を振り画面を変える。複数の探査領域に切り替えていく。
┃  3個目で見つけ、画面が拡大される。どうやら今戻った所らしく座り込んでいる。
┃  男は一人、部屋の中心に居た。小銃らしきモノと散弾銃、拳銃らしきモノもあった。
┃  どうやら装甲スーツ自体に隠密用の電子迷彩機能があるらしい
┃  少なくとも肉眼や普通のカメラには映らない様だが・・・困った顔をしていると
┃  鹿角から「tes. 私ならば感知できます」というありがたいお言葉を貰った。
┃  自分が戦うというのであれば一工夫しなければ攻撃は当たりづらいだろう・・・
┃  そう考えながら最後に少年の状態を確認する
┃  殴られたのか血が微かに見えるが壁に寄りかかり丸まっている。
┃  大丈夫、絶対に助ける。小さく呟いたその言葉を侍女は「testament」と小さく返した
9800 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 22:59:51 ID:cZ0IHntc
厄介な敵だな
9801 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 23:07:47 ID:Nhzy0UOQ

                ̄   、
            ´        \
     /             ヽ
      /            __ヽ
    '             /    ヽ
    l                / .,.....ヽ
.   l                l {::::::} l    ・・・・・・もう、大丈夫だ
.    l                 ` ー‐ |
   l                     |    「tes. ナビゲートは勿論お任せ下さい」
   l                    |
   l                        ゾ    ・・・あぁ、最後の支度をしたら行こう。
   !               `ー―/
   ,'                      /      「tes. 何処までもお付しましょう」
 ̄ `ー -                   /
        `  、            /
:.:.:.:.:.:...        、     /
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      .:.:ヽ _ ´
ー- :.:.:.:.:.:.:.:..   ..:.:.:.:.:.:ヽ
    ` 、:.:.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
       ..:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
      ..:.:.:.:.:.:.:.`:.:、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  そう言い、静かにモニターの椅子から離れガンロッカーへと近づいていく
┃  そっと開けると、中には複数個の規格が同じ小銃と複数個の小物がある
┃  対したモノではなく、弾を探しても非殺傷のモノばかりだった。
┃  鹿角が重力操作でその中から、実弾を重力制御で主に手渡す。
┃  数は少ないが、それでも構わない。これ以上撃つ事等まず起きないだろう
┃  
┃  
┃  ①破片手榴弾or閃光手榴弾or非殺傷電磁手榴弾 (好きなモノを2つ。重複可能)
┃  ②5.56mm小銃(5.56mm マガジン*3)
┃  ③2ゲージショットガン (12ゲージショットガン 弾薬*10)
┃  
┃  この中から2項目選んでください。同じモノを選んでも構いません
┃                                      下3
9802 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:09:10 ID:aN7Bymh2
ksk
9803 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:10:16 ID:ukKpvEqg
1と2
9804 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:12:05 ID:ubqDjjV2
閃光手榴弾&電磁手榴弾
ショットガン 散弾と対装甲スラッグ弾*5ずつ
9805 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:17:03 ID:Afd99DRs
2ゲージじゃなくてダブルバレル?
9806 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 23:20:06 ID:Nhzy0UOQ
12ゲージです。消えていた様で申し訳ありません。

又、電磁手榴弾は、恐ろしく簡単なタレット程度ならオシャカにします
警備人形や自動人形には目くらまし程度ですが



        r‐-ミ   __
    ___⌒゙   ゙':J |
    `ーっ     |__                            /⌒  、
    `¨¨`ヽ   /⌒\                          /        ヽ
.         `¨/     \                       ,           ,
          {         \___                  /
           \      (⌒`                       /
                \          `¨¨¨⌒> ¨¨⌒≫ _j\_}/      / ____________
               \                 ___\_∠二二>'"⌒¨¨ `ー┐ヽ   `丶
               丶          /          ^¨⌒丶└┐ __/   ノ  }       \    あ、あれ。何時作ったの?
                     ゙'   .,     _j   |:          \乂__)-─く___,ノ-‐…‐-  }
                     >…・'’    |i                \}:.:/    ⌒ヽ       /   「tes. どうやらお持ちでない。もしくは破損した様ですので」
.         ___________-‐==≠          |い   _/__      |.:.:.′     丿    /
      ,  ⌒´        `` {i {    /   ! ___/⌒¨¨  ``   ;:.::        /      いや、時間も材料も無いはず・・・
    /⌒¨⌒丶           \、  /         厂        _j }   ′::.   / __,.  "
              \      丶 __    ___     /      ___,ジ丿/:.:.:.:.:.  /¨^´          「モニターを弄りながら行っておりました。お手をあげてください」
               )-‐…・・ァ'"⌒``       /        ノ¨¨¨´ ,.:′:.:.:.:.:.._j
                 <⌒"  -‐……━・・・・'’     /    /:.:.:.:.: .:.:.:.:./             お、俺付けるから大丈夫ですよ
               /        -‐………━・・'‘´__,,.. イ:.:.:.:.:.:.: :.: .:.:
              /^⌒)  /⌒¨¨¨´              丿:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′             「侍女ですので。お気になさらずに」
              /_____/_/ 、                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{
            `¨¨¨¨¨¨´    \             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,              
                        \        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                        \       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉
                         \____/ |〕 ‐-========-‐_彡〈
                                  | ^¨¨` 冖宀冖 "¨¨^  〉
                                  /              __ ∧
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  ドレスコートは済んだ。即興の自身の武装を持ち
┃  できない夫が苦い顔をしながら手榴弾の類をベルトに差し込もうとすると
┃  何時の間に作ったのか鹿角があるモノをそっと出し、着衣の手伝いを申し出る
┃  鹿角がガンベルトと後ろ腰に付ける
┃  マグナムリボルバー用のウェストホルスターであった
┃  奉仕の断りを入れようとすると、再度申し込まれ、そのまま受けてしまう
┃  誰かの好意を断る事が出来ず、照れくさそうにされるがままに。
┃  
┃  閃光手榴弾&電磁手榴弾
┃  ショットガン 散弾とスラッグ弾*5 を入手
9807 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 23:29:58 ID:Nhzy0UOQ

                  , -‐‐- 、
                _, ‐γ        ヽ
    _ r-「: ̄¨{ ̄´   ′__   _ i
  / /  ヘ  .ヘ  _ ィ l´_ 、 ,_ `.!
 /        マ__>´ `ゞl´ ゞ' }  .ゞ'` |
 \   イー<       l    l _   .l          「tes. 良くお似合いかと」
   \       .>、   .人   __ , ′
..    `\     .「`Yヽr.ヽ、ー‐ ',イ、          ピッタシだし・・・うん。動きやすいよ
.        \,    |′ヘ',  ̄ / ヽ_         ありがとう鹿角さん。
          \」   | l  .∧__,イヘ  /|> 、      
             l  .| | / ,ヘ / :} / !    > 、   「主の衣服の管理も侍女の仕事ですので」
           l  .! ∨  Y  ノ' l !   / /l    「勿論、死地へ行くのも」
               ;  i |   }    l l      |   
              }   ! .|   {    l l  ;     .l    それって侍女の仕事かなぁ・・・
              }   ! .|   }    l l  l     .|
             l  .}={   l    }={   !   イ    「主の居る場、行動。それの補佐でございますので」
             l  l l     i   l l  .|    |
           /  l !    .}   l l   !     |
             /  l |    l   l l   !     |
             〉  | !   .|   l l  .{     .}
            ]二_[__]二_〔二〕二[__]ニ:}===={
           〈///////////////////}   l
          ,' ////////////////// |
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  手をあげたり、各部の動作確認を行うと、とてもしっくり来る装備だと分かる
┃  何処から糸や針を?と聞くと。秘密だとはぐらかされる。そのほうが浪曼だと。
┃  そういうものなのか・・・?と疑問が沸くが言わない。
┃  世の中には自分には分からない事ばかりだ。特に天才の考えることは。
┃  そう考え。そっとこの場所の電気を消す。白骨死体については悩むが
┃  何時か、何時かまた此処に来て外に出してやろうと思い電気を消した。
┃  外の扉を開くと、変わらない形容できない臭いと恐怖を掻き立てる光景。 
┃  自分が選んだ居場所へと帰っていく。自身を一度殺した相手の居場所へ。
┃  そう考えると僅かに手汗を握る。歴戦の勇者は怯えない、怯まないというが
┃  彼は今まで一度たりとも鉄火場で緊張しなかった事がない男であり
┃  彼の従者は一目見、気づくが何も言わず。後ろ2歩後ろを静かに歩き続けた
9808 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 23:35:50 ID:Nhzy0UOQ

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \         主
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ   「うん・・・鹿角さん・・・君は・・・」
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  彼女の案内の元、ひたすら汚い下水を歩き続け
┃  不意に足音が遠ざかっていく音に僅かな怯えを感じつつ
┃  元来た道を戻っていく。
┃  確かに自身が歩いた道もあり、徐々に近づいていくのが分かる。
┃  数十分歩き通し、自身の考えを纏めた・・・
┃  
┃  ①正面突破。油断したやつを二人いっぺんに倒せる。
┃  ②後ろの部屋から攻める、壁は鹿角さんに頼むよ
┃  ③横から攻めよう。壁破壊と同時に小銃持ちを倒せる。
┃  
┃                        下2~下8まで。一番多いモノ
9809 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 23:36:20 ID:Nhzy0UOQ
ぐぬぬ・・・・・・エルクゥ登場ダイスを振っていますが中々来てくれませんね・・・
9810 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:37:26 ID:.FayFRZY
2
9811 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:37:37 ID:ukKpvEqg
3
9812 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:41:37 ID:T0MGOgHw
9813 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:43:30 ID:YUthBg/k

9814 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:45:27 ID:efe.51GU
3
9815 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:47:20 ID:/wNfro8Q
3
9816 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 23:48:02 ID:Nhzy0UOQ

もう少し範囲を縮めるべきですね。確定なので続けます


                           }/////,∧       ///{
                       }ヽ  〈///////{ __     ///ノ .ィ
                        |//〉 ∨>--=_{_  \  ///(__ノ/
                        {//乂ノ rf>.:´::::ミー...、 }ノ///////
                     ∨// /:::::::::::::::::::--、::`:.<////
                     ∧ / /::::::::::::::/::::/ィヘ::::',::::::::ヾ( .ィ
                      ∧ / /:::::::::::::/::_:/  }:::::';:::::::::::∨{
                 〈 / ,::i:::::::__/!:::::{`ヽ .|::::::}:::::::::::::∨
                     V  {:::|:::::::マf弐ミ、  j::-/!-:!::::::';::',
                  ハ __}::|:::i::::| ヾツ  ィ=ミ、|::::!:::::::|ノ
                     {::::::::::::トヘ::{     { 込ソ.》、j__;ィ
                  ';::::::::}:::::::::i         /:::::::ト:::|
                   >-|::::::::ノ 、 - 、   ィ::::::>'´{
                     __ノ>."~´/{  ゝ-- ≦:::/"´  / ヽ
                   //::/  /ニ、 __ ノ/: : :{/ __{ -‐N!
               { 〈--'_r≦ニ!ニ/ニニ/:_:_:/{    ∧  {
             >-=彡〈 __ヽ ニ/ニニニ/   >-、`ヽ{/∧ レ!
              /   __ ∠ --―― r'_ ノヽ/   >、/∧  {
             /   /  ≠         /   ////,ヽ/ハ. (
         ,:  r ´   /          ,. --{    ///////\乂
         {:.   !           /: :/ハ__ィ//////////\.ヽ
           ハ: : . .', . . : : : : . . . . . . ./_:_ / /  /////////////,\\
           {⌒ヽ: : ヽ: : : : : : : : : : : :{   i /  ////////////////,\,ヽ
           、  ≧=- ⌒ ー-==≦!  | 〈  〈//////////////////,ヽ
          ヽ__ }=-- ―‐ -- ===ヽ__,r.ハ  ∨//////////////////
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  相手の火力をたたける内に叩く。戦場であれ鉄火場であれ変わらない事実だ。
┃  さぁ、今回は彼女がキーマンだ。何をしてもらおう?
┃  
┃  ①装甲スーツの駆除を最優先
┃  ②雑魚倒しを最優先
┃  ③少年:ルルーシュの確保を最優先
┃                           下2~5の間で
9817 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:48:54 ID:YUthBg/k
9818 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:50:02 ID:ukKpvEqg
3
9819 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:51:01 ID:efe.51GU
3
9820 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:51:33 ID:bbSErpMQ
3
9821 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/02(土) 23:56:21 ID:Nhzy0UOQ

             _
            /   \
           i 「   ヘ .i
           l (● ●) l......._
           l   l   l::::::::: ヽ
         .: ´:i:\ ー /::ヽ::::: : }
      .-:' : : : l: : ',、 ̄_./ i::/:: : :/、      なら俺がほかの排除だな。
    r:": : : : : : :l: : : ', ム;ク''i: `l: : i:/
   ,r.!: ヽ: : : : : : ー:y:∨ i;;! l : i: : :i
  ,.:.!ヽ: : :i: : : : : : :./: : ヘ .l;;;i.i: :i: : :l
./: : : : ヽ: :i: : : : : : : \: : t;;;;i: /: : :|
{: :、__: : ::::::;;::i:: : : : : : : : :\:∨/: ::::/
ヾ:ー::=::::::< .》:;: : : : : : : : : : : i/: : :::ヽ
. ヽ: : : ´:::::〉: :ヽ: : : : : : : : : :l: : ::/:::::ヽ
  ヽ: : : : i: : 、:`:; : : : : : : : :l: : : : :::::::}
   \: _{: : : :ヾ: : : : : : : : λ: : : ::::/
.    " ヽ: : : : :ヽ: : : : : : /::ヽ: : :/
       \: : : : : : : : /:::::::::Y."
.        |、\: : : :/:l::::::::::::::!
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  彼女には最も大事なモノを守ってもらおう。あの子が死んだら何も意味がない
┃  そして・・・なら自分の動き方も変わってくる。自分がアタッカーだ
┃  優秀なデフェンダーに負けないように頑張るとしよう
┃  
┃  ①装甲スーツの駆除を優先(相手の存在を探知する手段も)
┃  ②チンピラの対処を最優先
┃  
┃                       下3
9822 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/02(土) 23:59:51 ID:bbSErpMQ
2
9823 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/03(日) 00:04:16 ID:U2rBToTs
2 雑魚といえどもチャカ持ち
  ニンジャといえども銃で撃たれれば実際死ぬ
9824 : 名無しの工員さん [sage] 2015/05/03(日) 00:04:20 ID:R5a3gz7s
1
9825 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/03(日) 00:05:07 ID:JPaHDHg.
①の場合、方法も書いてください(常識フィルター入りますので無理そうなら下にズれます)

再度  下2
9827 : ジャッカル ◆iPZ3/IklKM [sage] 2015/05/03(日) 00:17:39 ID:JPaHDHg.
人が居ない様ですので。此処で切ります

               __
             /    \
.            |      |
.            |      |
.            |   _,..-┴、                         __
             X´:::::::::::::::::∧_______________|  /
             」__,..-‐'´ ̄ ̄´\、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| ||l三 `i__
        r‐'´:::::::::::::::::∨::::::::::::::ヽ,-―――――――――‐‐'.|l __|i_|i_)_____
          |\ ::::::::::::::::::::∨:::::::::::::::|                    |___|ii|______i|i|
          |::::゙\:::::::::::::::::::| ::::::::::::::|               /|___|ii|______i|i|
.        /::::::::::/::::::::::::::::::|::::::::::::::/                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.         | :::::::/} :::::::::::::::/ ::::::::::::|
..      / :::::/ 〉:::::::::::::::| ::::::::::::::|
        |::::::::|  |:::::::::::::::゙|::::::::::::::∧
.      |::::::::| / :::::::::::::::|゙:::::::::::::::::|
.       / :::::::| / :::::::::::::::::|:::::::::::::::::::|
     |::::::::::|「:::::::::::::::::::゙|:::::::::::::::::∧
     |二.X/ ::::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::∧
.      {,l,l,l,l ,ゝ:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::∧
     ` ̄´l__, -―┴―-- 、__:∧
          /::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::::`了
.         /::::::::::::::::::::::/ .∨ :::::::::::::::∧

┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃  無言でリボルバーを引き抜き、僅かに手を振り感触を確かめる。
┃  自身が使っていたモノと同じその拳銃はなぜかとても手に馴染み気に入った。
┃  では薬品の匂いがしみつくこの場所を硝煙の匂いで塗りつぶすとしよう
┃  
┃  ※今日は此処まで、お疲れ様でした
┃  
9828 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/05/03(日) 00:18:42 ID:JPaHDHg.
最後にポカをしてしまいましたが。此処で終とします。
長時間お疲れ様でした。
出来れば戦闘までやりたかった所はありますが・・・もう少し速く進める事を今後の課題とします

できない夫は崩壊世界で掃除をする様です その2

できない夫は崩壊世界で掃除をする様です その1
8576 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:00:32 ID:EG7xXpYo
では、お粗末ながら初めて行こうと思います。
8577 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:01:05 ID:EG7xXpYo

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ   まずは御身の治療をさせていただきます
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }   横になれる寝台を出しますので少々お待ちを
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨  
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
.        /: :,'     {              ∨:ム/      {////////`777777}、
.         /: : {     ',                ∨:ム_ ノ ̄ ̄∨{///////////////,'
       ,': : :圦      ヽ              ∨:ム        {//////////////∧
.         ,': : : i 个     ヽ  >‐<_ ___ Ⅷ:ハ   / ̄ /{//////////////,'∧
      ,': : : ,'  {//≧=--=≦     ゝ_      Ⅷ:ハ¨´   //{////////////////∧
      ,': : : :{   |////∧_/-‐==ニ  7ニ77777.Ⅷ: } ̄ ̄///}/////////////////ハ
┏━━━━━━━━━━┓
  鹿角
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  鹿角と名乗った自動人形は、説明を求めようとしたできない夫の手をそっと取り
┃  背中を支えながら、近くの壁まで誘導する
┃  不意に鹿角の手が青く発光すると、壁が横にスライドし中から寝台が飛び出す
┃  混乱するできない夫が寝台に乗る様に優しく補助する彼女と
┃  混乱しながら 乗ろうとしたら痛みが・・・ と目を閉じる彼。
┃  自動人形の完璧な補助の前に痛みなどある訳が無く
┃  乗せられたできない夫は、パチクリした目のまま
┃  棚から引っ張り出した治療キットらしきモノを広げる彼女を見続けた
8578 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:12:55 ID:EG7xXpYo

       __
     /二二\
   / ヽ/ / \
   | ヽ/ / )(●)   いや・・・あの・・・
.   | ゙ー‐'′  | |
    |   u. __´___ノ   「何でございましょうか?」
   .l^l^ln   `ー'´}
.   ヽ   L    }    これ極小機械郡の治療キット・・・
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \    「ご明察の通りであります、数分もすれば完治するかと」
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  目の前の自動人形は敵ではない。それだけしか情報が無い
┃  が、それでも自動人形。というモノは文明崩壊前に作られた至高の一品だ
┃  それが目の前で完璧に作動して、自身の治療をしている・・・しかも鉄火場で
┃  それがどうにも現実離れしていて、彼は何から聞くべきかを思考した
┃  




  \//>x __      ト、
ト-- 、 ⌒V////> 、  |人
` < ////////////\トミ/> 、
    ` ー─=ミ //////\}///∧
          \r‐ミ/>ヘ>=┴-ミr‐ァ─-ミ
   >>─‐=≦\_r─}し ´        ´   7  ヽ、
   ∨//////_,厶ア´     /     /r 、 く
     \//≧=- 、{ / /   / :/    /'ヘ   ヽ \
      >─=ミ/∨ /    { /   :イ ′| | ト  ヽ  「えーと鹿角さんの持ち主は・・・」
      /⌒>//// ′.′ { 仄¨⌒刈 :′ | | | ヽ__j
.     /⌒>////, ′   :i守示ミト jト{ //^ソ l }ハ   私は出雲社が重力操作技術の搭載の為に
    /⌒>///   i |  i| トnぅ    仏ヘ / ハ ,   IAIに引渡された実験機です
   \/^゙く_,、_/| |  i| |       {h_jY^   } }   とは言いましても、この度が初回起動となります
      { 、__,.  トミト廴__ト{       ヽ 7   // /
.    八     ,   |  |          ′  /⌒′  先程言いました通り
       丶 -=彡'   |  |        ‘’  人_/      私の状態保存用の極小機械郡が経年劣化で作動しない為
        ` ‐--‐< |  | \     ,.ィ |         そして、何より貴方様の安全の為、起動致しました
      _      |  |   ` ト  イ ||
    > ⌒>\r‐=≦ |  ト、   :|:     ||
   (     人   ヽ _|  |_ 〉  |:_   ||
==ァう >──<⌒)ヘ八 ∨77V〉 ∧ 人 、
  `ーァ′   、   ア´ \ヘ V///∧ 〉ーヘ マ ヽ
 _ {       ヽ(      ヘ V////〉{    ヽ\}

┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  気が遠くなる程昔に起きた事だ。
┃  だからこそ、その昔の技術が眠る場所を【遺跡】と呼ぶ。
┃  そこにお宝が眠っている事も知っている・・・が
┃  だからといって、納得は出来ても理解は難しい
┃  
8579 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:21:39 ID:EG7xXpYo

             / ̄ ̄\
            / `ー    \
.         (●)(● )  u. |  (数千円はするぞこの治療キット・・・)
          |  |    u  |
          l___`___     |   鹿角さんは・・・えー、その・・・・・・
             {         |    現在の外の状況は分かっているかい?
          {      u. /    それと・・・その。これからの事も
          __\     /リ 厂`'‐- .._
      / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
       | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
      | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
      | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  まず1つ。聞くべき事だろう事を聞く。
┃  文明は崩壊し、世界は分裂し。今世界は世紀末状態だ
┃  そうした世界で。彼女はどうするつもりなのだろうか?
┃  彼女を作った本社は無く、彼女の帰るべき場所も何も無くなってしまった
┃  その不安は痛いほど理解できる。だがそれ以上に辛い場所に彼女は居るのだ


                     _          /ニニニニ/
                    ,<::::::::::::ヽ-―- <  `ヽニγ´ ̄
                    /:::::::::::::::::/:Y:::::::::::::::::::::ヽ\\/≧=-=≦二二ニ7
.                /:::://:::::::/:∧/V::::: ::',::::::::::::':,:::, ト、二二二二二/
             /::::/:::/::::/:/:/   ∨:|:::::',::::::::::::ハ::::,   ',二二二>´
.             /:::::::/:::/::i!::::i!::l::i     }::|:::::::}:::::::::::::::i::::,  ',¨¨ T´
            `7::::/:::::i!::::i!::l::|  -=TT==-:::::::::::::l::::}  :l、  V
               ,::::/::::::::i!::::i!::l::|   /,ィf芹芋ゝ:::::::::l:::{    l〈  ∨     大凡の検討は付きますが不確定の為ご容赦を
                {:::;::::::::::::i.,ィ芹ミ     r__ン ´:::::::::::l:/    l/   V   
               ト:{::|:::::::::ヽ廴ン         ,::::::::::::::::/|  :i_  {ヽ  _}
              }::|:::::::::ハ  /       /::::::::::/,イ./}_|└:::ナ´
                八:l:::::::::::ハ         7_:::::::/イ::::::::::::::::::/
                ̄{:::::::::ヽ   r ,      /:::::/::::::::::::::::::::::/
                `7:::::::::\       /:::::/|::::::::::::::::::イ
                   }::::::}ヽ::::\  /./:::::/ :|`¨¨¨¨´       , -‐ r 、´ ̄/`ヽ
              _      j::::::l _`¨¨|   /:::::/,イ´ ̄ ̄ ̄ヽ   >''´   /. . .}. ./. . . .‘,
.         r'´      `ヽ ,:::::::jilililililili,'|  ,'::::://ililililililililililili∧/    /. . . ._,.ゝ . . . . . .}
        ′       ,::::::,'ililililil/ i ,::::::;'/ililililililil厂 ̄/      (-‐=''. . . . . . . . .
       {. . . . . . . . .   ,::::::,' ̄/////,::::::::l:{`¨¨¨¨´ r'´ ̄       `ヽ. . . . . . . . . .ノ
       `¨} _,,.. -‐  ,::::::,' //////,:::::::::l∧    /            }/ヽ-‐―. r'
.        >''´       ,::::::,'ー|///// |:::::::::l/`¨¨¨´      /`ヽ_ >´//ハ. . . . .{
      Y´        /,:::::::j  :l,'//////|:::::::::|     ノ \    /ヽ//////////,|. . . . .ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  そうして、彼女の口から出た言葉はまさしく現状のこの世界の状況だった
┃  世界大戦による甚大な被害。それは長く世界に爪痕を残した
┃  もし、それが起きなければ自分も、彼女ももう少しマシな状況に居ただろう
┃  できない夫が偶に補足を入れながら話は一段落ついた
┃  
8580 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:24:43 ID:EG7xXpYo

                 ∧                  ∧
                  ∧ム                ∧ム
                {'//{                 }'//}
                ∨/ム              ///,'
                     ∨/ム          ////
                _ ゝ、/ヽ          ノ/γ_
                   ゝ、 _`゛///ヽ     ////'´//ノ
                 }/////ハ     ,'//////厂
                     }/////.ハ    }//////
                    ゝ、////r==‐==、///ノ
.              人`゛ー-、 /心//,'ゝ-‐-= ,ェ≦_ヽ、 -‐=''´ノ
              ヽ////>: :´.: : : :.`゙: : ´: : : : .<///,‘
                `/: :/.: : : : : :. :.Y.: : : : : :. :.ヽイ      「ええっと・・・その・・・」
               ヽ, ': : : : : : : : :.,'  マ: : :', : : ハ ',∨
               /.,' / : : : : : : /!;   |: : : :', : : ハ ',∨
                 / ,' /: :!i: : :.,イ { i!    !: : : :}: : :.ハ :',∨
                 ,' {_{: : :|! ─{:Ll     :リ― :}: : : ::}_:} ∨    ・・・・・・・・・
                i: : : ;ィ芹云ミ   ,ィ芹气 : : : :}  _/
                `¨'、_l : : : i ゙ー゚     ゙ー゚ i : : : i彡'
                  !l::`ー-゛      i       '-‐=;
               八::::::::::::.     _._    ,イ:::::::::,'
                ゝ::::::::::ゝ      イ:::::::::ノ
.           γマ`゙<   .`l:::}=‐ 个. 、_, イ{‐-‐}::::|      -‐=.、
           {  マ  `゙< !::| r 、 }    :{,、r=|::::!-‐ ´     /:}
.         γヽJ  ,'      ,:::} }///ヽ   //:| |::::{       ,' . ト、
        ,'_    { _____   ,':::;¨}∨///y'////:ト !:::::ト、    {  レ' }
       圦  γ´ゝ ,,...=.,'::::;' >、 /// .<ゝ';:::::', ``    }ハ  ,'
        ゝ ,'///,:}   ,'::::;' `゙ <>< > ´.ハ::::',   `,イ /}〈
.          {  {///,圦  ,'::::,'   {´  > ´     ハ::::',ヽ  } //l }
.        ヽ i/////:ゝ,'::::;'   γ ´.          ハ::::', `ノ///__」
┏━━━━━━━━━━┓
  できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼女の現在の状況を分かりやすく言えば
┃  目が覚めたら家の周囲だけが白亜紀になっていた様なモノだ
┃  これからどうするか?という問いに対して、鹿角は何も言わず
┃  唯、大間抜けな男を見つめ続けた
┃  
8582 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:38:56 ID:EG7xXpYo
                           ヽ////{         ///!
                      /ハ    }//,'〈        ////
                      {/∧  〈////      __,,ノr''"´ _ノi
                   ____∨/ミ ̄ }//{ ̄`ヽ. /////ー=彡//
                 }> ´ >.:::>.:´:::::::::`ヽ__`__У////r====彡'
                く---/::::/:::::::::::/:::/:::::i::::::::`V==<  _ ノi{
                rーミ/::::/::::/:::/::/::/:::::::::}:::::i:::::∨   ∨/////
               乙/:::::::/:::::::/:::/::/::/"´`~/::::::}::::i::∨ ///厂´
               /:/::::/::::::::;:::::i::::i::::{    ,:::::::/:::::;::::i<//,ハ
                 〃i::::::i:::::::::i!:::::|::::i!::;   j:::::メ、:::/:::::| } ̄i: : ,    あぁ・・・・・・貴方は・・・・・・
                  /  ト:/{:::::::ハ::::::!:::|ヾ!  ./イ__ヽ:/:::::/_.ノ   }: :i    いえ、仕え甲斐がありますね
                 /ヾ/:::::ヾ:::N!  ,   ´赱メ::::イN.    !: :|
               /::::::/:::::::ハ    __    ノ::::::/,N i   |: :|    「えーと、どういう・・・」
              /:::::::::/´ ̄ヽ \  ゝ- '  ヾ::://.N }   j: :!
           ,.ィ/::::彡イ.{   厂  ヽ _ r≦く::::/~~i ヘ.__ ノiH    貴方様のお名前をどうかお教えくださいませ
           ノ::/´     〉  .乂__r-ノ .//⌒ヽ/  "´  ̄`i
          /:/::/     r''´ ̄ ヽ /ニ{/ニニ〉==/ ー 、r'⌒V       「俺は小野できない夫だけど・・・」
        /::::/:::/    /{_   ノ j/ニニ彡'  {    ノ.、 /
     ./:://:::/ __ /ニニ}>'' j/ , --、__,,.ィニ彡´ニニ∨
   /::/  {::::{ /ニ//::::> ´  ´  ノ  __{  ヽニニニ\ニニ乂__
  ./::::/    ';::/ニ//::/  /   ,/(_ イ´__.メ.  \ニニニ\ニニニニ}
 ./:::/      ./ニ//::i′  /    ./   {_j 〈 r\   \ニニニヽニニニ!
  {::::{     ./ニ., ,:::::!   ,:    i     i. `´   ヽ  ヽニニニニニニミ!
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  そう呟いた彼女と、ゆっくりと体を起こした彼は向かい合う
┃  そっと彼女は白魚の様なと形容すべき白い両手を前に重ね
┃  小さく頭を下げ・・・
8583 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:39:09 ID:EG7xXpYo

                     }从:::::::::::::::,             /:::::::::::::/   〉
                /  {::::::::::::::::,            7:::::::::∧ィ-‐
                 }_   }::::::ハ::::::ゝ             /:::::::::/:::::,'_{
                     ∧:::: :}:::}:::::..        .イ {::::::::::::/
                    ゝ、.}:::}:::::::::::ト 、   イ  {ィ::::/´- 、       -‐ 、       純古風式侍従自動人形「鹿角」
                          ,'::,'‐-=ハ  `´    _{.}:::{: : : : ,}  ,. ' ´     ゝ、
                           ;::;'´ ̄ ¨¨}    イ///}:::{-‐-=.レ' ´. . . .   -‐=='''´ ̄   小野できない夫様を主と慕い
               -‐-==....,, ,'::,': : :/¨人ヽ ////// }:::{   }-‐. .
             _/_       ,'::,'-‐- {////..///////}:::{   ,'. . . . . . . .           貴方様の血と瞳に誓い
          /          ,':∧    }////////>''´.}:::{`¨¨ヘ‐-
           ,イ          ,':;' 7ー='`゙'<//>''´ >''´';:::,    ヘ. . .              我が身朽ちるその日まで・・・
       r'. . . . . . . . . . .     ,':;'゙´/   \>''゙´ >''´    ';::::,  八. . .             
       {. . . . . . . . . >''´  ,':;'./  r''゙´ >''´         ∨ヽ   \. . . .\. . . . .       貴方にすべてを捧げます
          ゝ、 ,.>''´    /:/    />''゙´             ∨::ヽ   `ヽ . . \. . . . . . .    
           }       ,イ,'::;'    /                  ∨:::ヽ    ',. . . . . . . . . .    
         斗       / ,'::;'   /                  ヽ::::ム     ',. . .
       r'´         ,' ,'::;'    i                  ∨::ム     }. . . . .

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼できない夫の瞳、手に付着した血から生体情報を読み込み
┃  彼を絶対の主へと自身の最上位存在に書き込んでいく
┃  本来、機械的に行われるその作業と文字の羅列さえ
┃  彼女を生み出した者達の妥協なし姿勢により
┃  絶対の忠誠の誓いの言葉へと変換された
8584 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:47:11 ID:EG7xXpYo


                / ̄ ̄\
                 -‐'  ヘ   \
                (ー)(ー )    |
                 |  |      |
               |__`___    |
                   |       .|            ・・・・・・・・・
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  彼女は自動人形であり。誰かに仕える存在である
┃  だが、仕える存在は無く、又彼女を本来管理する人間さえ死に絶えている
┃  だからこそ、初回起動をした自分を主としたのだろう。
┃  理解は出来る。納得もした・・・
┃  が




                / ̄ ̄\
                 「   `ヽ  \
                (≡)(≡ )   |
                 |  |    u. |         えっと・・・その・・・よ、よろしくね・・・
               |、`__ ,    | 
                   |       .|
                l       /_.{
                アニニ<//〉、__ __
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  全く自身が仕えられる。という事に対し自信が持てなかった
┃  だがそれでもそう口に出たのは。彼女を起こしたのが自分の責任であり
┃  何より・・・起きて何もかも失った彼女にこれ以上何かを失わせる事に
┃  抵抗があったからだ。
┃  
8585 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:47:47 ID:EG7xXpYo
        ゞ圭ゝ、ニヽ  /ニゝ圭ノ
         `ー圭:ニ!_|二圭i´
      !^ニ=、_>圭ニト-イニ圭ノr=三ノ
       `ニ三彡>=、,.-..、ミ/三シ
          /<´"::::::::::::v::::::::\ヽi
       //:::;:::::;::::::::i^ヘ:::ヽ::::ヽヽ
        < i:::::l:::::|::::::::| 」:::::|::::::l ヽ
       \┤:::!三`i! 、三,l::::::l!/
         ヾ:::l;ゝ  !  〈::::::/
      i⌒i\_T个 、 -  イTT/⌒ヽ      tes.・・・
        )(___ !::|: :|\/:|: !::l ̄ /ヽ7
     ( i:|  //\'//;'ー|::|==ュ:::l(
       i|:>'´//, \/ノ.  |::l  (::::::!7
      〈l:\//  </    ヾヽ´:::::|'
        ノ:::://   i       l:::|:::::::l
      ヽ//ゝ、 !、      ,l::::|::::::|
      /':/::::::ムニニ ̄ニニ彡!:::|:::::|
        |::::l::::::::::ム!ノ  |  | !/::|:::|::::イ
        l::::|::::::::::::ム  !   r::::|::::|:::i:|
      ヾヽ::::::::::::ム  i  /.:::/::/:::|::|
     /|\\:::::::::i  | /:::::/::/:::::::::|\
    /  |:::::::^':::::::::_| | /:::::::`'`:::::::::::|  \
  /    !::::::::::::::/⌒Y⌒\::::::::::::::::::|   \
./      i'::::::::::::/  ,y'    ヽ::::::::::::::|    |
        |::::::::::::|  ,イ 〈⌒ヽ  |:::::::::::::::|     !
        !::::::::::::l  iヘi´   i  l::::::::::::::::|     !
      |:::::::::::::|  | !|   i|   !::::::::::::::::|    |
       |::::::::::::::l  | /u_!」ノ.|  i::::::::::::::::|    |
       |::::::::::::::|  |'  | ヽヽ  |::::::::::::::::|    |

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  目の前の彼女を迎え入れる事はきっと良いことだ
┃  だがそれ以上の厄介事は確実であろう
┃  それでも迎え入れたのだから・・・
┃  そう思う彼は間違いなく間抜けであり
┃  損得感情より先に違うモノが動く人間であった
8586 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:48:08 ID:yLACjINY
その辺を歩いてただけの男を軽々とマスターにしてしまう自動人形…
スカベではよく見る光景だが、それに違和感を覚える主人公は斬新だな
8587 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:49:17 ID:9QKcwZec
へたれな感じだが、だからこそ仕え甲斐があるのだろう
8588 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 20:55:32 ID:EG7xXpYo


                         / ̄ ̄\
                         / 「   へ  \
              _           | (● ) (⌒ )  |
             | !        |     |       |   と、言う訳で出来ればこの中で待っていて欲しいんだけど・・・
             | !        |   __`___   |
             | !   ,.-,    |   `ー'´    |   「ご安心くださいませ、私単騎で最新鋭戦闘車両3機程度であれば撃破しましょう」
           _,ノ ┴、/ ,/       ヽ       /
          r `二ヽ ) i      ヽ _ _ ,  ト   ・・・・・・・・・何それ怖い
           |  ー、〉 /     _,,,,ノr  `   /i\,,,,_
            |  r_,j j__,,.. r''''"/::;| \`'/   ,'::;;;r;;;;;;;;;;;;:: r ‐-、
            |   ) ノ ::::::::;;;;;;;/::;;;;|  /\  /::;;; l;;;;;;;;;;:: ::;;;;;;;:: ヽ
          ノニ-、 ,/::;;|:::;;;;;;;;;>::;;|/(::::ノ \/::;;;く;;;;;;;;;;;;:: i::;;;;;;;;;;;:: }
       √..:::;;; ヽ、〉;:;;|::::;;;;;;;;{ ::;;;;;|  "::く  /:::;;;;/;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;:. ノ }
        /..:::::;;;;;;;;;;;;;;;〉;;;;|::::;;;;;;;;;:{ ::;;;;| |:::::::| /:::;;;:/;;;;;;;;;;;;;:: |::;;;;;;;;;;;;;;;;:: }

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  自身の状況の説明をしてから。もう一度最後に後悔しないか聞くと
┃  予想の斜め前方100m先の答えが帰ってきた。
┃  が・・・それでも戦力は戦力だ。どうやら連れて回れそうだ・・・
┃  この下水道の全貌を知っているらしいので
┃  外を案内して貰う前に。聞くべき事は急いで聞いてしまおう

┃  何か聞きたい事があれば      21:00まで
8589 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:58:21 ID:lr/avm7A
特に弱点といえるものはあるのか?
また”色々と有名な”IAIは君に何を設置したのか?
8590 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 20:59:30 ID:Jm491TcU
武器や装備のある場所
8591 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:03:16 ID:JE.l41CY
他に君のような娘がいる場所に心当たり有ります?
8592 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:03:42 ID:PAjS4o5A
鹿角は Jud. じゃない?
8593 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:06:11 ID:EG7xXpYo
つ IAI
8594 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:08:19 ID:EG7xXpYo
スカベンジャーwikiを見る限り出雲とIAIは別会社とされていますので
IAIのsf様を見習いtesとさせていただきます

                 /: : i: : :i: : :|∨: : : :.∨: : ム: :ハ   ∨ム. ‐-r   ヽ
                  ,': :i: :l: : :{: :.:|: ハ: : : : :.Ⅷ: : i: : :}    ∨ム\ゝ..,,.イ>
              i: : l: :{: : lマ:.:|: : ハ: : : : :Ⅷ:.:.l: : :i∨  r‐∨ム: .ヽイ´
               |: : l: :{: :.l Ⅵ: : :.}:l : : : }: : :.l: : :l .∨__{: : : : : : : :}
               |_{:_」マl  `}: : :,':.l: : : :} : : :}: : l: : : : : : : : : : : : :i
                 `¨}¨ }  'ー,': :l: : : : : :__,'}: : >: : : : : : : : : : :ノ
                      { ノ     レ' }=-‐ ´ ヽ レ´‐-===-‐: ;イ    _         (モラルの崩壊した世界で尚、この姿勢・・・)
                  └ヽ     ,': :,'    ヽ :ヽ: : : : : : 才   >´   \       (自動人形を一個人として見る方は大勢おりましたが)
                    `ヾ)   {: :.{      `マ‐--‐´  >´ /      ',___     (それでも、現情勢でそう考えられる器がある・・・)
                         ∧  {: :.{   __,,... -‐== ヽ>´   \      ト、,イ `ヽ
                  ,-‐,' ゝイ: :.{゙´∨  ___/       \          }  (幸運・・・というべきなのでしょうね)
                     /  ;: :r'´:{: :.{/,'  /   _,イ    __ ,,,..    /,        ∨ (そして何より、仕え甲斐がある主の様です)
             { ̄ ̄ ̄ ̄,': :/ /{: :.{//{__ ノ  ./ { > ´   /__ヽ ノ/ム       }  
               {      ,': :.{-‐'/{: :.{//ヽ、_ / r'´     //////////ハ    _ ノ  jud.データベースには侍従の嗜みだと書かれております
               >-‐==/: : ∧.//{: :.{ -‐      ∧ \  ,'///////////ハ    {
             /       , ': :, './{才∨ム         ∧   \ ト、///////////}    ≧x  「えーと出雲のIAIの?」
              ,'      ,イ: :,イ/-‐= ∨ム         }    ``゙‐-∨//////,'!      ,'
             ‐-  才才 ´/     ∨ム       ヽ      /////////!     ./   両方で御座います。
            | /   /        ∨:ヽ       ヽ    //////////| `゙</
            , '    /             ∨ム   γ´ ̄ マ   {、/////////|、 ./      「お、おう・・・」
.          //     ,'               ∨ム  ./       マイ//≧ュ、/////.}<
.        /: :,'     {              ∨:ム/      {////////`777777}、
.         /: : {     ',                ∨:ム_ ノ ̄ ̄∨{///////////////,'
       ,': : :圦      ヽ              ∨:ム        {//////////////∧

┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  >>8589 現在機体情報を開示します
┃  
┃  >>8590 jud・・・警備室が御座います
┃  元元この地下はIAIが買取工事予定で御座いましたので
┃  それに伴い、各場処の生体データと音声データを収集していた場所です
┃  IAI機体かIAI職員でなければ開きませんので荒らされて居ないかと
┃  
8595 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:10:21 ID:PAjS4o5A
ああ、なるほど了解です
8596 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:17:10 ID:EG7xXpYo

                           ///////    //////////|
                           }/////   //////////// !
                       ,,.. -= ミ//ム___ ///ムム////////    ,ィ
                    ,..ィ:::::/:::::::ミ、}:::::::::::|::::::::::∨ハハ∨(⌒ ´,r-==.彡/
                     //:/::::::/:ミ、i;!::::::::::i::::::::::::::Vハハ∨ミ=彡//////
                  〈:/:::::/::::/:::/''"´  |::::::::::!:::::::::::::::∨ィ''//////////
                    /:::::/:::::;:::::;      !::::::::;::i:::::::::::i:::|', ∨/////> ´
                  ,::::::;::::::::i:::::i    _|::!:::/::|:::::::::::!:::|::', ∨/厂 ∧
                  {::::;:::::::::i!:ハ!   ´,.:リ::/_|::!::::::::::|::::!:::! V Vハ ,∧  
                     ヾ|i::::::::|;j__`     イ沙ア:::::!::::::::::!彡  ';:::Vハ' ∧
                     |j::::イ 迩)       /::::::|:::::;:::ハ i   ';::::Vハ' ∧
                   ,::::::::i  〈      〃;:::::!:::/-'  i!   〉::::V>=∧
     _,.へ、              i::::::::::.       / /ィ:<::::ハ  {ミ/:::::::::}/////〉
     {_、 ヽ \          |:::::::::ハ     __    ,::::::::::∧::! /:::::::ヽ;;:::ハ/彡'
   、⌒ヽ}     .>-= ミ      レイ::::::ヽ ´     /::::::::/、::::レ':::ミニ=::::/
    ヽ.   / >=--ヽ       ,:::::::::/ \ __  .イ,::::::::/ i>==-- 彡
     > ../  ./ニ/ニ.>ミ=-- ./::::::::/ __,,.ィ/} ,..:i:::::::;77///////ハ
        i  iニ/ニニ/ニニニニニ./::::::://///////!///!:::::i///>'' 二ミ、 }  _
        |  |/ニニ:i!ニニニニニ/:::::/i///{ ̄ ̄ ////!:::::|' /     ` ̄ __ノ
        |  |ニニニ{ニニニ ./::/__ハ___,, /´ ̄ヽ ̄ |:::::| /   ー-- ==<ニ', ヽ
          .!  !ニニニ!ニニ/ ̄i ̄///>''´      |:::::| {           \!  )
        i>''´  ̄      ,}>''´             |:::::! ,  ___        } .イ
       r''´         /               |:::::|. ',     ー- 、 ノ´
       !             /                 ;::::::! /ヽ _     く       _
     ,          ,                     ';::::::.ニニ}ニニ≧=:..  ノ   r-、 ´ __ \
【パーソナルネーム】 鹿角 【稼働年数】0年 【制作】1000年前 【型番】実験機の為型番無し

【能力】
 頑強性C 破砕力A(D) 精密性B+ 俊敏性A(B+) 応用性A
※重力制御により、能力値に補正が入っています
 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

【特性】
 実験機AI:実験機である為遊びが多く、通常のAIに比べ思考への縛りが薄い
 生体自動人形:蛋白質で構成される肉の身体を持った自動人形。生体部品で修理可能
 自動人形:パッチを当てることによってスキルの習得や成長が可能

【スキル】
 通常奉仕LvA:家事炊事などに長ける。和食であればさらなるご奉仕を
 白兵戦闘LVA:状況によっては人型戦車であっても対応可能
 ハッキングLvB:ハッキングを行える
 無垢:まだ殆ど精神に手が加えられていない。貴方好みに調整できます
 重力制御LvA:IAI製自動人形標準搭載機能。重力に干渉することが出来ますが彼女の場合戦闘型の為
          通常の自動人形よりも強力に、精密な重力制御を可能とする
【装備】
 AIA製乙種侍女服:汚れなどを自動で分解し、ある程度の防弾性能を持った侍女服。9mm口径弾までならストップする
 零式重力崩壊指:指先20cm程にマイクロブラックホールを数秒のみ産み出し触れるモノを消滅させる。彼女の切り札
8597 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:19:23 ID:Jm491TcU
零式重力崩壊指がやべえ…
8598 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:20:13 ID:JE.l41CY
AIA製だと!?メイド服の専門的企業なのか?
8599 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:27:36 ID:EG7xXpYo


                  , -‐― ‐- 、
                      /    u   ヽ
                    _'  u        i
               < _ \          i
              <__ \ \     u  i    こ、これ何・・・?
             <__ \ \ ヘ /⌒/  ./
           └--ミ ヽ、\ - \ |  ./    「文字通り、触れればあらゆる存在を消滅させられます」
             /   丶  -       〉/
         ,.-/|     ( \   u  !       侍女に必要でしたっけ・・・?
       / | \ヽ    \_ヽ     {
     ̄<   !  `\   、ヘ   u ..> 、     「浪曼かと」
    _ \   !    > ー-- イ\  .∠/ヽヘ
    !  ̄ ̄ ヽ /{  )\ | ..\(⌒)   ノ \
           \ /⌒\ 〉   ヾ、 /     \
             \ い /    \/ \(
              \ /     / \
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  重力崩壊指・・・その性能とはつまる所
┃  重力崩壊を局地的に起こし、その被害さえ重力によって抑える。単純である
┃  それを起こす為だけに彼女の全能力は割り振られており武装も与えられていない
┃  何せ、超質量で無い限り彼女が触れたモノは無かった事になるのだ
┃  最強の矛であるが・・・そんな都合の良いモノがあるとは
┃  街の掃除屋をしていた彼には思えなかった
┃  


           / ̄ ̄\
.            ノ  `ヽ  \
         (●)(●.)    |
.           |  |       |
            l __`___  u. │       デ、デメリットは・・・?
              l _ ノ     {
            、______ .ィ-ート、      「直系10cm程の為、盾として使用できず対大質量には向きません」
            V/_:_ュ:-:-: ヽ
            {ャ< : : : : : : : : :.     重力制御での防御は・・・?
           /ー-、: : : : : : : : : :'.,
   「r'、     / : : : : :`、 : : : : : : : : :'.,   「専念すれば戦車砲、通常戦闘時には個人火気ならば防げるかと」
   } r'、 ヘ、 / : : : : : : : : : : : : : : : : : : i
   i/ ム、} .{ i : : : : : : : : : V : : : : : : : : |   こ、攻撃は。そのブラックホール発生装置以外には・・・
   { い、{  Y : : : : : .\ : V: : : : : : : : |
   \  ヽ {|V : : : : : : \V: : : : : : : :|   「通常戦闘においては・・・」
     \  ノ|:.V: : : : : : : : :〉 : : : : : : :|
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  聞けば聞く程、異常なスペックである。何と戦うつもりだったのだろうか
┃  重力制御の実験機である為、惜しみない金額を投与された彼女は
┃  他機体とは頭1つ抜けた防御力、制御能力を持っている事は分かった
┃  此れならば戦闘でも相棒としてやっていけるだろう
┃  足手纏いにはならないとは思うが・・・
┃  
8600 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:29:04 ID:yLACjINY
彼女が1000年前に起動していれば世界の崩壊は防げたのでは
8601 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:32:25 ID:qt4x8gas
いや狂ったこいつらが暴れたんでは
8602 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:33:36 ID:Jm491TcU
物量には勝てません、
8603 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:33:37 ID:EG7xXpYo
あくまで、20cm前方の10cm球を消滅させるだけの為、爆風等も防げません。
何より、数秒のみしか使用できません。

                             /i{!
                                 /ニニ|        ノi{
                         __  {ニニi!        /ニ/
                         ヾミ、 )ニニ!     __ノニ/
                          }ニ=ニニ{   /ニr''  ,ィニ>    大質量の物質を超圧縮し武装化します
                    r.、__   `ヾ、ニ/´ ̄ `くニニ≧='ニ/
                     ヽニ≧-r'>.:--==ミ、 __{_r--<⌒´      又、重力操作による遠距離攻撃手段にもなります
                     _>,彡::::;:::::::::;::::;.ヘvi:::::::::\ _メ-≦ニニニフ
                  i´ ̄>''::::::/::--/{::/ --`i:::i:::::::',::ヽ⊿\ニ彡 '
                  {__ ヽ/::::ト/:::::/ .レ    j::ハ::::::}::::::∨  `ーァ
            -‐=≦三三ニ} /::/::::::伝f弐    伝f弐 ァ-'::::|::::i  /
      -‐=≦三三三三三三三 く:::j:::::i::乂_.ツ    乂_.ツ,.::::::::::!::::!  {
  /三三三三三三三三ニ>''二>、{:::::iヽ! ' ' ' , 、 ' '/::::::::::::/イ__.ノ
  /三三三三三三三三三>、:::::::::::r::彡::::::≧=- _ -=>--- '::::::::} }
. /三三三三三三 > ''"´   __,,..-=彡'    ( У  /::/イ:::::::::::ノ ノ
 ヽ三三三> ''"´    ,.ィ:::彡"´  -――ミv }ミ==/::/ < {手二.イr- 、__
   \>"´         乂_{    /   {~´{ハ / 〈. {::::::{´ ̄´ r--、__ノ三三三≧=-- ,,  ベキベキベキベキ
                   /    }  レ'Y ゝヽ::::\   \三三三三三三三三≧=-- __
                      /    /  ハ. {  /::i.ヽハ}ー-''´ \三三三三三三三三三三三!
                 /__ /    {:::jヽ/、::::::::} 乂__ .ノ  \三三三三三三三三三三!
                         /// ハ__ト-ヘ__ ...イ     \三三三三三三三三三|
                           `¨¨  ゝ'                \三三三三三三三三!
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  勝手に扉が開くと、外の装甲板が弾け飛び、瞬時に変形。
┃  彼女の前で人間大の程の鉄板・・・いや剣へと代わり停空する。
┃  これも重力操作能力の恩恵らしい。
┃  重力崩壊指はかなりのエネルギーが必要らしく、通常時はこの様にして対処する
┃  そう言う彼女に対し、思わずできない夫の頬が引きつったのは仕方なき事だろう・・・
┃  
8604 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:37:51 ID:LPVBDskY
ほぼ原作準拠!
8605 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:37:57 ID:EG7xXpYo

                   i:::::::::::マ:::::::::i > < i::: : /::: : i
             个 、       マ::::::::: マ .r ニ    ヽ ./: : ,イ       _ -‐
           { ≧ェニ __   ヽ:::::::::::マ∨_ ,,...,, _ / /::: : {    > ´:::::::::::}
            八::::::::::::::::::::ゝ、<´¨ニマ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ-  ヽ、イ:::::::::::::::::: /
            ゝ::::::::::::::::::::ム>: : ¨¨: : <:.:.:.:.:.: ニ/  \\\::::::::::: /
              ` <:: > ´: : > ´ : : : : : : `´.: : : :.` <\\> ´
                /: : >´ : : : : : : : : : : : {: : : : : : : : : :ヽ >
               /: : /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : マ ハ
                   ヽ、/ : : : : : : : : ,'.: : : :. :./`Yマ: : ハ: : : : マ: : :',∨
               /: : :.,'.: : : :. :.,'.: : : :. :.,'   ', : : ハ: : : : マ: : : ∨
               ,'.: : :.,': : : : : : i: : : :,': :      |: :i: :ハ: : : : ',: : : ',
                 : : : : i.: : : :.i: : l: : : :i: .:      |: :|: : i |: : : :}: : i .',
                  : : : : |.: : : :.l: : |ニェL.!      |__|ニ.l |: : : :i: ::l  ,
                 | : : : : : : : : {: :,ィ==ミ_|     lィ==ミ: : : : :l: :l   i     この施設はあくまで予定地でしたので
.                ,'ゝ.: :',.: : : :. :.{乂r汐      乂r汐 |: : :.;: :,'   :|
             ,'  _`¨マ: : : :', ',     |        /,イ: : /|¨rヽ_彡     私の研究施設と、警備室。
             ≧´ マヽマ: : :.ヽゝ          Z/ |: :/:: ¨: : /
                    ゝ:: \:_:_∧    _ _      .: : ヽ´: : : :ノ        後は地下の特殊貨物庫以外は何もございません
                  ,'> |: : 个 、       イ |: :.|≦、´_ ニ -‐┐
         -‐─ ´ミ ミ <  {'//,|: :.|  ! |\    /|ハ:. |: :.|//ハ >== ‐- = 、
         ,'       ヽ l///,|: :.|:. ム マ .`ニ´ ,イ.イ : |: :.|///|            ',
.         {           l///,|: :.|:. : :ム マ   ,イ.,イ:.:. : |: :.|///| ニ=‐- .       :}
        _`ユ== -‐ ¨   l'//,'ム:.,':.:.:.:.: ム ヽ ,イ.,イ:.:.:.:. : {: :.{///|      ` < ,イ
       ´           l///ム:,':.:.:.:.:.:.:. ム,イ ,イ:.:.:.:.:.:. : iマム// |            `
      ',           l//,ム:,'}マ:.:.:.:.:.:.: ヽ,イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l マム//|   ` <        ム
       マ _ > ´     :l/,/:.,' {:. マ:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |ゝマムイ      \    _ノ
.            .<´     ゝ:.:,'_.仆 、マ /:.:.:.:.:.:. : > ´ ゝニマム ∨       \/
         {.           /:/ ` < > 、> ´   > ´ ∧マ ∨\      .>
           \       /     マ ´    > ´      ム     .\   /
           ヽ-‐   , '        マ> ´            ',   く ヽ ´
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  さて・・・頼りになる相棒は手に入れた
┃  自身の武装のメドも、敵の情報も手に入る。
┃  後は行動のみだろう
┃  
┃  ①警備室に(武装、及び敵現在地が分かります)
┃  ②その他(常識フィルター入ります)
┃                           下3
8606 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:39:31 ID:Jm491TcU
8607 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:40:10 ID:SPtd437w
1
8608 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:40:24 ID:BMocfcAU
8610 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:45:12 ID:EG7xXpYo

                   _
.            /     \
.             i        i
            _.l          .l._
       ,. . .、:::::::l  「   ヘ   .l:::::::;: : : . .、
      ィi: : : : ',::::::  、__,  、__,   ::::::/: : : : : iヽ
.      i: : i: : : : :',:::::\  !   /::::::/: : : : : i: : : !
     i: : : i: : : : .〉::::i  `二´  i::::〈: : : : : :i: : : : !
.     i: : : : i: /:::::::::i./{;.;.;.}\i:::::::::\: : :i : : : : i     怪我もお陰で治ったよ。ありがとう鹿角さん
     i: : : : : i: ',::::::::::::!. i;.;.;.;.!. !:::::::::::/: : :i: : : : : :l
.     l: : : : : i::::',:::::::::::!. i;.;.;.;.;i !::::::::::/: : ::i: : : : : : l    「鹿角で結構です」
.      l: : : : : :i : :',::::::::::! i.;.;.;.;.;!!::::::::/: : : :i: : : : : : :.{
     l: : : : : :,、: : :',:::::::::!l.;.;.;.;.;!::::::/: : : : :t、: : : : : ::l    ぅ・・・呼び捨ては慣れないなぁ・・・・・・
.     i : : : : : | l: : : :',:::::::!;.;.;.;.i::::::/: : : : : :| } : : : : : l
.    {: : : : : ´v: : : : :',::::::!;.;.;.!::::/: : : : : : :l/:`: : : : :|    「主でありますが故」
    ヽ: : : : : ∧ : : : : ',::λ/::/: : : : : : : ./: : : : : : :l
     ∨: : : : ∧: : : : :.',::l:::/: : : : : : : :/: : : : : : :/     
      ∨ : : : :.∧: : : : : :i/: : : : : : : ./: : : : : : :/
.      ∨ : : : : :ヽ : : : : ; : : : : : :./: : : : : : : /
       ∨ : : : : :ヽ : : : ;: : : : : /: : : : : : : :/
.         ∨: : : : : :ヽ: : ;: ; -、/ : : : : : : : /
         ∨ : : : ノ` ヽ<   \: : : : :/
         ヽ 'i    ヘ     ./` -
.             \    ヽ__/
             ヽ 、ヽy-"
                ̄
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  ベットから起きあがり軽く体を動かす
┃  先程の死体っぷりが嘘の様だ。
┃  部屋自体に撒かれている状態保全の極小機械郡達が血と汚れを落とし
┃  自分自身の服も鹿角が軽く服に手を触れると弾け飛ぶ
┃  完璧とは言えないが、不潔さは無くなった
┃  
┃  そう思い、頭を下げてしまう。人間、慣れしんだ性格は抜けないモノである
8611 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 21:47:01 ID:JE.l41CY
なんでスイーパーに為った?礼儀正し過ぎだろw
8612 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:49:11 ID:EG7xXpYo
スイーパーに関してのみ、師匠や多少の交友関係は決まっていますので
今日終わりましたら、スイーパーの師匠について、出しましょう
                     __
                      ./   \-一ヽ、 __r‐- 、
                     ./   ノ  \ 7    7 } : : : :\__
                  |   ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、__
                  | U     |  |‐-─≦/ : : : : : : : : : : : : : : : : :丶、
                  |     __´__ |    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                  |          |         `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : }   (その主ってのがピンとこないんだよなぁ)
                  } 、      /        _,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                  ハ、 `  ─ ィ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
              _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
           _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
       , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
        /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
      f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!/  ̄
      ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l
       j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  どう思おうが、結果は結果である。
┃  彼女は自分の従者となり、彼はスイーパーだ
┃  彼女が望む限り、彼が受け入れる限り
┃  詰まる所茶々さえ無ければ永遠に二人は共に居るのだ
┃  
┃  どうしようもなく、一般人な掃除屋は声に出さないまま後ろ髪をかき
┃  部屋の扉を潜り、汚い下水へと降りていった
8613 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:59:07 ID:EG7xXpYo

    ////////////\==ァ ´ ̄ `<//////
    \////////////{´   _  ∨///
    /\////////厂 ア::::ア:::::::::ミ__}//,{
    ト..,,___ ` ̄ フ///./::/:::/:::::::>:、:.<
    ∨////ー-'///:/::/:::::::/:::::/:::::/iミ::ヽ
    ::\////// ∨:::;::::::::/::::/::/:::/`ヾ}::::';:::',
    :::::::::> ´/  /i::::i:::::::/ーr'-'ミ::{   !:::::i::::i
    >´/ ./   ハ|::::|::::::i  i! 伝ミヾ  |:::::|::::!
    { く  ム ∧_|::::|::::::|   `ゞ'   ,.|::::::;:::|  主、失礼を
    :ゞ´乙{ ハ/::::::|::::!::::::!      (赱:;;;!イ
    ヽ:::::::::::三三彡|\!:::::|        ′i::::::!   「ん・・・?えっ・・・?」
     .>:::;;;;;;,:::イ |::i:::|ー'   -- 、  /|::::::|
    -=ミ三≦/   !::|:::! ヽ       .イ:::!::::リ   重力操作にて、コンマ数mmのみ浮かしました
       ', ヽニヽ. |:::|::|   >:. __/:::|:::|¨´
       __}  \ニト|:::|::! /´  ̄  {{::::::!:::!    「あ、ありがとう」
    /rー’  ハ ニ|:::|::! ト.ニニ\人:::::|:::|
    : : 乂_r=、ヾミfハ:::';:∨: :}ニニニ}´ ̄ }:::!    tes・・・そのお言葉があれば
    : : \: : : :}  ヽハ::::::',: :.トニニリィ⌒ヽ::|
    : : : : V^ソ   }\:::::∨´ ̄ハ、__..二::!
    : : : :.:{  二二)ー ';::::∨ //       ヽ
    : : : : ハ_/>、   ) >::::',-―- ..       \
    : : : /: : :r≦} =く /  ';::::',     `ヽ     ',
    : : /: : : ハ   __.)  ';::::', \      ∨  .i
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  彼女と下水道を歩く。
┃  今、文明が崩壊したとはいえ、様々な科学薬品と
┃  あらゆる汚染物質が撒きちらかされ続けているこの場所は
┃  既に、一種の地獄である。
┃  様々な匂いが混ざり合い、川には訳も分からない生き物が浮かんでいる
┃  自分はともかく、和服メイドの絶世の美女が此処を歩いている事が
┃  異常な光景であるが、何処か怪しい雰囲気を醸し出していた。
┃  彼女の案内に従い、何度か道を曲がり、歩き、水路を渡り・・・・・・
┃  すると、行き止まりの場所で彼女は止まった
┃  
8614 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 21:59:21 ID:EG7xXpYo


                     /{           }ヽ
                     {/!        !/,
                         |'ム         |//,
                     !//,       .!//!
                   __  !/ム        }//しイ}
                     \≧__)∧     ノ////
                    \///'ハ    i////!
                        }///∧   }///ノ .ィ
                      `Y///}, --く///__ノ/}
                   }≧x..__ノ--く ___ 〉- ― - 、
                   `ヾ//  /::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
                       / У:::::::/::::::::::::}::::::::ヽ::::、/
                      ./  /::::/::::':::::::::::i::/^ヘ::::::::',::::ヽ\
                    〈  /.{:::/:::::i::::::i:::::|:{   }::::::::}:::::::〉 〉
                    乙. V::::::::{:::ー-:从 斗:::!:::」{´ /
                     {ヽハ::::::::マ茫ナ  泛ソ/::::::| /  --、
                     {:::::::ヘ:::::::ヽ    {  /:::::::::!イ/   ',       此処です、お下がりを
                 __  ゝ::::::\;;;;::> _ _ .イ从:::::」     r _
               / _    `''<:i:iハ::', ヽ. _ イ {::::::{/   ,  ´ ̄  ヽ
              ∠ / Vニノ --乂:i:i',::',--、/'ハ ',:::::V         }
          i^ヽ    __ノ ′ V/ヽ-へ  }  ,:::ヽ////} ',::::::.、    _   ノ
        :  マ   i  i!   iニニニ} .ハ i:::::::',//  ヽ::::::ヽ、--   匚
          ',  ヽ { /:{    !ニニ{ソ __ ヽ}::::::::i  /  `''<:ミz_   }
           ,   \ニニ,   |ニニ ゞ'ニ/ ,::::::::::}イ`ヽ      ヽヾミ///、
     _,, ≦ニヽ   ヽ--',  !=ミニニ/  ,:::::::::∧        ',//////\
  rー-= ニニニニ\         ヽ \V  /:::::::/  ,        }////////\
  ゝ.             --    ', }:{/:::::/   }       /、//////////≧z.__
   > .. _ .. -   /       ー --<    ノ .ィ:. _ イ  マ//////////////≧
    -=   /   j     入 _ 、      \-=≦三三ヽ.__ 」  .∨//////////////
 <     /   .イ≧=-=≦ニ>  >-   __ .イ--イ   i  }::}    ∨/////////////
    > ´  イ __ -=ニ>          }///}:::::}    |  .|:::!    V/////////////
  __ =` -=≦ニニニ>            /////!::::!   !  .!:::     i/////////////
                           //////:::::;     |:::j     }////////////,
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  鹿角が軽く手を振ると、レバーが現れるでなく。唐突に彼女を光が覆った
┃  それを見、できない夫が思わず手を出し、彼女の手を引こうとするが
┃  そっと鹿角はそれを手で制する
┃  生体証文式特殊解析光が彼女を何度か往復すると唐突に消える
┃  できない夫はその間、心配げに彼女を見続ける
┃  数秒後、ゆっくりと扉が開いたのを見、できない夫は安堵の表情をした
┃  そうして開いた先は暗闇であったが・・・
8615 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:08:14 ID:EG7xXpYo


                                             _-= ̄                ||
                                         _  i-= ̄                 ||
                                    _ -=  ̄|| ||                  ||
                             _ -==  ̄      || .||                  ||
                     ___ _ -=  ̄              .||  ||                  ||
     ____    -==     ̄ ̄|| ||                  ||  ||                  ||
    || ̄ ̄                  || .||                  ||  ||                  ||
    .||                  || ||                   ||  ||                _」|
     ||                   || .||                   ||  ||          _..  -=  ̄
     .||                     ||  ||                   ||  ||    _ -= ~~ ̄  _ -=#
     ||                       ||  .||                 _||  ||_..-=~ ̄   _ -= ~ ̄   .||
     .||                   ||  ||      __.. -==   ̄ ̄   _..  -= ~ ̄           ||
      ||         ______.」|  #==-‐   ̄   ___.  -==||  ||                      ||
      .#==―      ̄ ̄ ̄ ̄____  _   -==   ~~ ̄      .||  ||                      ||
      #======―     ̄ ̄ ̄ ̄|| || ̄                     ||  ||                      ||
      ||                    || ||                       ||  ||                      ||
      ||    -―-ミ           || ||                       ||  ||                      ||
      ||  ./::::::::::::::::::ヽ   _      || ||                       ||  ||                      ||
     | ̄ ̄`┴----―r  ̄    |_     .|| ||                       ||  ||                      ||
     |   /      、     | `ー=''"{__.ィ                     ||  ||                      ||
     |           、     .| ̄ノ _、、 {/ {、                ||  ||                    _||
     ∨ .i        丶、   |ー< ̄ノ」 r vへ  `ァ -====       # ||_ ..    -=====      ̄ ̄
      .∨ l             |    ̄ ̄ ,〕」こ^l {  | ̄| | |百「|朋| ̄| |[]| ̄| ̄| ̄| 「| ̄||叮| ̄|
        ∨               .辷=--  ≦ /二) { |旦| | |日l |朋|  | |o|  |Ξ|┌┐|:|  ||昨| 冂
┏━━━━━━━━━━┓
 system
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  中に入ると一人でに電気が付き中の様子が目に入った
┃  周囲にはガンロッカーや荒らされている棚等がある
┃  そして、何より目に付いたのは・・・椅子に座りこんでいる白骨死体だった
┃  遺跡では良くある事だ。文明崩壊時、何とかシェルター等に逃げ込んだが
┃  出るに出られず、食料も付き絶望し自害する・・・
┃  鹿角はそれを一瞥し、できない夫に視線を戻す。
┃  
┃  ①まずは武器を探そう   (ガンロッカーを見る。判定無)
┃  ②人質が心配だ・・・一旦敵を探そう (ハッキングによる探査。判定有)
┃  ③少し待ってて・・・・・・(白骨死体を探す)      下3
8616 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:08:56 ID:eH4xeM62
8617 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:10:14 ID:eH4xeM62
8618 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:10:28 ID:JE.l41CY
3
8619 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:15:33 ID:EG7xXpYo


                -‐ -
               ,  ´      ` 、
            /             ヽ
            .′              i
              ,   ___   -‐ 、:
          {   ´          }
              (● )  : (● )|
                   {    i      (・・・・・・俺は本当に間抜けだ・・・)
            :        _ }     :
            、       __   /
             .、} \  ¨ ‐ ` /
          ∧\ ヽ、_  /
         /ニム  ヽ      |}マニ=- _
    _ -=≦ニニ|ニニム   ` ┐_〈  ト、ニニニ≧-
    ≦ニニニニニニiニニニム   :i:::::::.、 }ムニニニニニ
    ニニニニニニニ|ニニニム、 .' ー‐'::. !ニムニニニニニ
    ニニニニニニニ ニニニニムヽ ::::::::::::.'ニニ=マニニニニ
    ニニニニニニニニiニニニニム \::::/ !ニニ7ニニニニニ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  感傷等愚かだ。彼のような人物が世界に何万人居たか
┃  それどころか彼はまだ幸運だっただろう。死に方を選べたのだ
┃  だが、そうだとしても自分は、彼がどうしようもなく切なく見えた
┃  理屈ではなく。感情で。彼が哀れに見えた
┃  誰も知らぬ暗い部屋の中で誰も来ない施設の地図だけの世界で
┃  唯死ぬか何もせずに生きるかの二択を与えられた彼が・・・
┃  そっと、白骨死体のだらんと下がった手を握り合わせる
┃  自身が何人撃ち殺したか。それさえ知ってる癖に。これを行う愚行。
┃  彼はそれを正しく知りながらそうせずに居られなかった。
┃  ふと、彼の椅子の下に何かが落ちているのに気付く
8620 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:22:33 ID:EG7xXpYo

  .∠二二Z_                       ________八
  ├――――`―――――――───―‐―──′ ___・_ | ||     __
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ __)| ̄ ̄ ̄凸|λ⑦レ^ー´⌒
  └───────────────、   | こコ||―‐‐、  |^ヘ \ (
                          \   |λ①.|l―‐‐´  |」 \_> ̄⑦7
                           \,| 〈o〈 ||___凸|      , ´⌒`\
                          `( \O)(⑦_ ①     (       \
                               ̄`V´  ̄~ ̄)ノ`ヽ/´⌒ヽ;;...     ヘ
                                 ||    ノノ  ||    ヘ;;:::     λ
                                 ヾ== .____ノノ     |;:      λ
                                       ̄ ̄       |;;:      λ
                                                   |;:       λ
                                                  |;:       λ
                                                |;:       λ
                                                /;;;:::       ヘ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  それは、自身も愛用しているマグナムリボルバーだった。
┃  火力として、別に優れて居る武器があり、連射力は低く
┃  中途半端。そう周囲から言われている拳銃。
┃  彼は好事家だったのだろうか、こんな拳銃を持っていたのは・・・
┃  普通の拳銃や小銃でなく、コレで自害したのは・・・きっと苦しく無いからだろう・・・
┃  そっと拾い上げると、静かに確認する
┃  部屋の状態保全の極小機械郡が動いてるからだろう
┃  奇跡的に無事だったその銃を分解し、確認するが問題無く組み立て治す
┃  弾丸は床に散らばっていたのを拾い集め
┃  そっと1発1発装填していく
8621 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:24:00 ID:JE.l41CY
マグナムなら一撃必殺だしな
8622 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:28:50 ID:EG7xXpYo

       ./__r''./:::/::::::::/::::::::::::::::::::ハ::ノヽ:::::::::`ヾ    ノi!
      / / /::::::/::::::::/:::;:::::::/:::::i::{`゛ヾ}:::::::::::::i::::ヾir'///,!
     ./ヽ/,.:'::::::/::::::::;'::::/::::;イ::::::ハ::!   !::::::::::::|:::::::';:V///
    /__./ i!::::::;':::::::::::|::/i/::{ヽ:::/ }!   ;::|::::::::::!::::::::', `ヾ
    .ム/ i:::::::i:::::::::::::|rfミ、 !/     _/::i:::::::::;':::::::::::i  \
    /::::\ >::!:::i::::|:::|ゞソ ゙      /イ`:::::/:::::::::i::::|  /
    !::::::::::::乂::|::::!:::|:::|          r弍/:::::イ:::::::::::;:::::! ヾ
     ';:::::::::::::::::|:::ハ- く     '    ヾソ イ:::::::::::::/::::::!  !
     ゞミ:::/::!人::::::::〉  _ _      /:::::::::/::::/::| ン
      ./:::::/i::::| ̄ 、  ` ´    <;;;;;;;;::イ/:::::/ ,リ
    /::::::/  ;::::;  } ヽ. __  .. イ::::/:::::/:::::ノ /
   /::::::/  ./::::ハ三ミ:.、 ,.i 、ー-、/:::::/::/´
   ::::::/   /::::/  }゙ヽ:::::::\:::!!ヽ /イ::::',/ ̄ {             ・・・・・・・・・
   :/    /::/! /   ー-、:::/ !   ヽ:::ヽ / ヽ
      /::/ , i:',        \. { ー '' \:::',   }
     ,:::::::/  / ,!::;        ∨     ';:::! =≦ァ
    ./::::::/ ,ノ /::::}     ー- .、     ` <:!   {
    ::::/ /ィ::彡′         \     \  ノ
   ///´                 ヽ      ∨!
   ///{′                  ',      ∨
   /,'{:::!                  !      !
   '/,}::!  _          . : : : : : : . . ,: .      ハ:、
   /,'|::K    `ヽ   . : : : : : : : : : :/: : : . . . : : イ::Vハ
   ./,'i::!∧__    ', . : : : :,;.: : -=-≦、: :_ : .:イハ::::::∨}
   //|::!/∧ `ー- }-==≦/三三{ __i ‘ー/,'//∧::::::ヽ
┏━━━━━━━━━━┓
 できない夫
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  
┃  主を見つめる完璧な従者の目に
┃  その行為が、何れ程の事よりも、。とても大事な儀式に映った
┃  唯、死体を慰め。その死因を見つめて
┃  真剣に人を量産的に殺す為の準備をし続ける
┃  それを理解しても苦悩しながら進む主が
┃  彼女にどういった変化をもたらすかは・・・これから決まる事である

┃  44口径マグナム・リボルバー を手に入れた


ほとんど進みませんでしたが。これにて切ろうと思います
8623 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:29:53 ID:EG7xXpYo
二日目。おっかなびっくり続けている初心者をお見守りしてくださりありがとうございます
今回は安価は少なめでしたが。次からは多くなると思います
長時間。お疲れ様でした
8624 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:30:00 ID:JE.l41CY
乙でしたー!
神父が似合うなできない夫…
8629 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:38:56 ID:EG7xXpYo
スイーパールートの師匠枠はこの二人です。
ちなみにネウロは魔人形態にも変身出来る特殊なミュータントです

        ,. -- 、、    __
      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.      スイーパーではなく、できない夫の
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ      初めての上司①
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !        半ミュータントであり重サイボーグを捻り上げる身体能力
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽      
     _/    '´_∠ ┴z_    '′       それ以上に恐ろしいのは
    /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人            彼は、あくまで本来はEMP持ちの
  ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、          頭脳特化型ミュータントである事
. | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
. リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
. / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
/  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
  ,:'l::/⌒!:.:.:.:.:.:.:.:/:,. - '´ ̄):.:._,. :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ


          / /::/           、、   ヽヽ
           ' {:/ ι  / l i   |  | l   i i, l `
             | /     / l ィ!  l 、|ト、 l 、l ト、
             | 'イ   / /ィ/!/ lト、 ! ハ トl!ヽ トト、.| ヽ
             ', i!  ,'//サトil、__lヽ | | l !_l|-t lTヽ.ト、、
          l'i ll   l l lィキテiミz{`丶l | ',!,zキ士ミK'| 、',
          lハ/!i l ,i l{、l ・ l`'   ヽj  '´ l ・ l イ!/ト、      できない夫の初めての上司②
            ト、l ハ,ノ ゞ=' '       `'='′/,りト、      立場は彼女が経営している探偵事務所の(お飾り)所長
              ヽ∧             u '/イ、|       独特の交渉術と価値観を持つ
               Nトi、ι     、_       /,i |     
               l八ゝ、  、____,,  /l/リ        唯の人間であり、拳銃も撃てないながら
                l小j\ ` ‐--‐ ´ ,.イ`'′          それでもできない夫が昔居た街の重鎮であった
                   rョ}丶、`"´. イ |トヽ           できない夫の尊敬する人物
                , -:/ 〈!      l/ ヽ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   , ==≦_ヲ   ヽ     / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |_,.. /,-- 、_r三ニ==. 、、  / |          |
  |    無    | //ⅩⅩトfミヽィっ‐- 、_`ヽ.. |    お    |
  |          | /Ⅹイ,'-、 }ィ^i彡'ⅩⅩⅩⅩ}ヽ、|          |
  |          |/Ⅹ∨し//`7vⅩⅩⅩⅩi/三_|    金    |
  |   い    |<Ⅹ/  // /-イ、ⅩⅩⅩ/ニニ.|          |
  |          |Ⅹ/  // /  し!ⅩⅩl /|ト、ミミ|   が    |
  |_____|、/  //,,, /  / l、_Ⅹj/N|ミlミトJ!       |
          /  〈/ "/  /  ノ―イ 川川}/.|_____|
8630 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:40:39 ID:EG7xXpYo
間違えました!
EMP→ESP能力
        ,. -- 、、    __
      /, .:'"⌒ヾーァty'´::`ヽ
   -‐ァ'/::::::::::,ィ:、:Y;.::|;、:::::::::::',、
   /' /::::::::::/ ̄`リ::/`''i::::::::::l ヽ
  ,イ ,ィi:.:.:.:.:./_     l:ノ   !::::::::::l ハ
z彡ィ'/ !  /、`ヽ /,..-―|::.:.:.:.::!  |
 イ/ ,j|:.:.:.ィ;ミiヽ`//.:,==l: :.: .:!.  ':、
 /l ,イ,'::::/ ̄´/ ,'   、fti   /// r\
 ´レイlノ:::/     ;.:.   `7:.:.:.:/,'./イ :.  ヽ
  彳lメ:ノ     丿:  /:::::::イ//彡| ∧
 /l/イト、 ヽ――- 、_ /:::/l// /イル'!ヾ:.      スイーパーではなく、できない夫の
△イ「l/リl>、 `` ニニ ‐ シ//,イイハ从 | リ      初めての上司①
  ▽ /ル'|i\ ゙"゙ /:/,.ィfテ八l>/レヘ !        半ミュータントであり重サイボーグを捻り上げる身体能力
    ▽ リ| ` ―△'´/|▽    ▽      
     _/    '´_∠ ┴z_    '′       それ以上に恐ろしいのは
    /く彡'´Lr‐ '´ __,、   人            彼は、あくまで本来はESP能力持ちの
  ,-‐{/|   /_,. - '´  ,. -'´:.:.:ゝ、          頭脳特化型ミュータントである事
. | // / ,'_,. -彡'":.:.:.:.:/:.:.:.:` ̄`` 丶 、
. リ ,' /i  !::::, -'´:.:.:.:.:.:./、_:.:.:.:.:.:.:.:.:.,. -‐ヽ
. / / ,/::| ,l/:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:`>‐ '"´:.:.:.:.:.:.'、
/  ,'/::::l/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:, - '´:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ


          / /::/           、、   ヽヽ
           ' {:/ ι  / l i   |  | l   i i, l `
             | /     / l ィ!  l 、|ト、 l 、l ト、
             | 'イ   / /ィ/!/ lト、 ! ハ トl!ヽ トト、.| ヽ
             ', i!  ,'//サトil、__lヽ | | l !_l|-t lTヽ.ト、、
          l'i ll   l l lィキテiミz{`丶l | ',!,zキ士ミK'| 、',
          lハ/!i l ,i l{、l ・ l`'   ヽj  '´ l ・ l イ!/ト、      できない夫の初めての上司②
            ト、l ハ,ノ ゞ=' '       `'='′/,りト、      立場は彼女が経営している探偵事務所の(お飾り)所長
              ヽ∧             u '/イ、|       独特の交渉術と価値観を持つ
               Nトi、ι     、_       /,i |     
               l八ゝ、  、____,,  /l/リ        唯の人間であり、拳銃も撃てないながら
                l小j\ ` ‐--‐ ´ ,.イ`'′          それでもできない夫が昔居た街の重鎮であった
                   rョ}丶、`"´. イ |トヽ           できない夫の尊敬する人物
                , -:/ 〈!      l/ ヽ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   , ==≦_ヲ   ヽ     / | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |          |_,.. /,-- 、_r三ニ==. 、、  / |          |
  |    無    | //ⅩⅩトfミヽィっ‐- 、_`ヽ.. |    お    |
  |          | /Ⅹイ,'-、 }ィ^i彡'ⅩⅩⅩⅩ}ヽ、|          |
  |          |/Ⅹ∨し//`7vⅩⅩⅩⅩi/三_|    金    |
  |   い    |<Ⅹ/  // /-イ、ⅩⅩⅩ/ニニ.|          |
  |          |Ⅹ/  // /  し!ⅩⅩl /|ト、ミミ|   が    |
  |_____|、/  //,,, /  / l、_Ⅹj/N|ミlミトJ!       |
          /  〈/ "/  /  ノ―イ 川川}/.|_____|
8631 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:42:36 ID:2DSoxbfQ
なんというコンビwwwそりゃ
できない夫は謙虚になるわw
8632 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 22:50:41 ID:EG7xXpYo
そういえばお聞きしたいのですが
ペース的にはどうでしょうか?
又、皆様はどれくらい一日に投下していますか?
8633 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 22:55:35 ID:KO9RkfrY
>>8594
Jud.かTes.かどっちや!と混乱したが、Tes.でいいのね

あと郡じゃなくて極小機械群だと思う群体的な意味で
8635 : 名無しの工員さん [sage] 2015/04/29(水) 23:00:31 ID:LPVBDskY
人によるとしか
道筋が決まってるなら書き溜め有りで早いでしょうし

確かどこかでやってたやる夫スレ講座では書き溜めて投下
スタイルは一分~ぐらいでの投下で80レスぐらいと(一時間半とか)

安価は長くなりがちなんで正解が判りません
安価でも分岐点位までは書いておいた方が展開早くて助かるかもですね
(自分で投下してて痛感しました
8636 : 初心射 ◆nA.J2eAL26 [sage] 2015/04/29(水) 23:06:25 ID:EG7xXpYo
>>8633
グッフ、間違えてjudと行っていますね。申し訳ない。

そして、文字のミスが多い・・・!失礼を。


>>8635
・・・ああ、確かに・・・。
色々やってみて分かる事だらけです