情報部シャナのスカベンジ日誌 2nd Turn 「スカベンジャー」その12

3742 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:00:55.45 ID:xlHI+v0i
    ハ,_,ハ,
   ;゙ ・ω・;,/^l
,-‐-y'"゙"''゙゙"´  |
ヽ、,;'   ・ ω ・ ミ  さてさて、そろそろお時間だが……
 ミ====[==]=l==ミ
 ミ  ヽУ ̄ ̄/;;   だれぞ人はおるかー?
 ';,.   /点呼/ ミ
  ;;,,    ̄ ̄ ,;;゙     三人いれば投下するぞー?
   ∪"゙'''"゙∪
3743 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:01:42.20 ID:3RCYrez0
3744 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:04:17.19 ID:xGc82c6A
3745 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:04:24.30 ID:Q2yDtwGZ
ノ 案ヲカンガエルノハニガテダガー
3746 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:04:40.60 ID:DPyoTcMB
3747 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:05:08.20 ID:xlHI+v0i
           ┏  ━ゝヽ''━.,,ハ,_,ハ,.━.从〆A!゚━━┓。
╋┓“〓┃  < ゝ\',冫。’  .;゙ ・ω・ミ/^l  ∠ _ ,'´ゝ.┃.       ●┃┃ ┃
┃┃_.━┛ヤ━━━━  ,-‐-y'"゙"''゙゙"´  | ..━━━━━━━━━ ━┛ ・ ・
       ∇  ┠─へ ヽ、,;'.  ・ ω ・ ミ 冫そ _'´; ┨'゚,。
          .。冫▽ ,゚'<  ミ∩===[==]=l==つ;; 乙 / ≧  ▽
         。 ┃ ◇> ミ         ; 、'’ │   て く
           ┠─ム┼. ';,          .ミ ゙》⊿∠─┨ ミo'’`
        。、゚`。、    i/ ;;,        ,;⊃ o。了、'' × o
       ○  ┃    `、,~ "∪"゙''''''''''"゙ .ヽ◇ ノ 。o┃
           ┗〆━┷ Z,' /┷━'o/ヾ。┷+\━┛,゛;

                待 た せ た な ! !
        こ れ よ り 投 下 を 開 始 す る ! !
3748 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:05:26.92 ID:xlHI+v0i
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              2nd Turn 《スカベンジャー》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3749 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:06:00.49 ID:xlHI+v0i
             ____
      r----<____ r<__>`丶、
     _{ト====彡三三ニ{=======彡人 \
     ト======イ:. :. :. { ========彡ハ   ヽ
     {:. :. :. :. : / ̄ ̄\:. :. :. :. :. :Y⌒ヽ   `、
     '^¨¨¨ 7 /'    :| ヽ  ̄ ̄ \:. i
   /     '         :|  `、       \
           i  :|   :|   ハ:|  :|    ヽ   i
   i   |   i_i|_|___:|   :l -―――:ト|   :     |  ところでベイさんや。
   | :|i |   l i| | :j|   :|  /  | /||   }i   {
   | :|| |   |八| 八  :| ,    |'  |||   ハ  :八   あんないい子、
   | 八|   ィf===ミ 、 { / ィf==ミト|  '⌒:   ',
   |'  、 `、 { 乂__ソ  /   乂__,ソ/从/{,,こ}    ',  一体どこで引っ掛けたんだい?
   |    \:∧            / }/ イ ノ     ',
        } |込::,;/   '       .;;\   }i |    |: ',                         人聞きわりぃこと言うなや!
      / |  、        ,   ヾ;;/ 八 |   / ハ i                         酒場だよ、逆さ十字の > ベイ
     /イ | / \  `      /  / /| 人 /  }j
.   ⌒  i :|  / | 心 ___,,...       / / :| /  \ ノ'  あー、聖十郎さんとこか。なるほど。
.       l :| :/ _,|_i 「ハ       / イ /i|'  ̄ ``丶、
.       | /| ,      >ー }     /  | |ノ        今度休みの日にまたパフェ食べに行こうかな。
        / :/   / /     _ ,,... | |:         i
      ,    /___イ    _/     / '          |
       i   ,__/{::::::{へ          '  { :}       |
       |   /{::::::',::::::',:::::.       /   V
       |  __{::、::::::::、::::::、::::、     /     }       '
       |/:::}::::\::::::\::\:\=彡'     /        /
     ノ::::::ノ: \:::\:::::`::::::`::::ヽ      /        /
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 数日前に買い取りに訪れた工房アナグラに、どんな商品があるのか聞きに言ったシャナ。
| そこで思わぬ知り合い、ヴィルヘルムと会うことになりながらも、
| 順調に商品の説明を受けることができた。
| まあその結果、しばらく値段的に手は出せそうにないとわかったのだが……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>1976 (補足:閃光手榴弾消費、戦闘用単分子ナイフ追加)
                        (所持金: 208 円 0 銭)

      好感度一覧        >>1598
                   (補足:クーデリア B-  やる夫 D  ヴィルヘルム B-  スカサハ D  リッカ D)

3750 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:06:22.30 ID:xlHI+v0i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
3751 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:06:53.18 ID:3RCYrez0
リッカさんがウワサ好きのお姉さんみたいにw
3752 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:08:20.24 ID:xlHI+v0i
                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| アナグラの狭い路地を抜け、大通りへ。
| そこからさらに歩いて十数分ほどすると、組合事務所が見えてきた。
| 無意識に足が向いてしまったが……もののついでだ、アリスと何か話でもしていこうか。
| ……そういえば、昨日の変異種はどうなったのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
3753 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:09:29.42 ID:3RCYrez0
アリスおb…  おねいさぁーーーん! お話しましょ!
3754 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:10:30.45 ID:xlHI+v0i
               , =----ミ
              { / ̄ > Y⌒ヽ___
            /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                 //   ,          \} .}
.            /  / .// / ./   ,        .∨
          /  /. /   / ./   /   i
.          /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!
          :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i: 最近は大御所さんが大人しくて、
       i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂
       |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i  仕事が楽で助かりますね。
       |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ
       |   \_             `=′/i                        そうですねー、せんぱい > 受付嬢
       |      \       '       .|
       :         |\   `  '   .イ i |     まあ、この静けさもあと数日だけなのですが。
        i       /Yi          イ i  |
        /    / .\    T手   :    |     っと、おや。
.       /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |
    / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ
   /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて何を話したものかと考えつつ、組合事務所の扉を開ける。
| 早朝の嵐の前な時間は終わり、今は朝。出勤ラッシュがあってもおかしくない時間帯だが……
| その割に人はまばらで、アリスが隣の窓口の受付嬢と談笑しているのが見えた。
| ……どうやら、彼女もこちらに気付いたようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3755 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:11:28.19 ID:xlHI+v0i
>>3753
アリスちゃんさんは年齢不詳なだけだから……
ひょっとしたら年齢一桁の頃から働いてるだけで、シャナより年下の可能性も!

実際の年齢? さあ……
3756 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:11:51.04 ID:3RCYrez0
えっ なにその如何にもこれから何かあります的な前振りは…

>>3755 やっぱり…w
3757 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:12:14.21 ID:xlHI+v0i
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.  おはよう、アリスさん。
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!              ええ、おはようございます、衛宮さん > アリス
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/                今日はどうしました、またお仕事で? > アリス
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|       では、ないかな。
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、      ー ‐     イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|        近くを通ったから、寄っただけ。
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/        ……そういえば、例の査定、どうなったかな?
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ                 ふむ……じゃあまた談話室いきましょうか > アリス
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 楽しげに話をしているところに割り込むのは気が引けるが、
| 見付かってしまった以上引き返すのも不自然だ。
| 大人しく空いている窓口に向かいながらアリスに挨拶してみると、
| 彼女の先導で談話室に向かうことになった。
┗───────────────────────────────────────┛
3758 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:14:13.97 ID:xlHI+v0i
              |
              |      _______
              |       || トェェイトェィl   ||                   lニニニニニニニニニニl
           ...____|_      || |ォ ォ|rェ ェl    ||                  | |┌‐┐ ┌‐┐| |     ゞ亥彡
         .:./     /|      ||  >¨ ,ト、¨イ   ||                  | |└‐┘ └‐┘| |    彡爻巛
      .::/____/  |      || ( フ「 |:: :∨:ヽ   ||                  | |┌‐┐ ┌‐┐| | 圖  勿水<
    .:./     / |   [l       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                | |└‐┘ └‐┘| |      》
   .:./     ///|  |_ _____ __ __ ___ ___________| |┌‐┐ ┌‐┐| |____ _}}______
 .:./___/|___|_ _|   [|__ ______ ________________| |└‐┘ └‐┘| |___[ニニニ]____
  |      |//|, |/|   |                       , ―――,        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        |_____|:.:...
  |      |  l/l/|  /     _              _{ ̄{ ̄ |__|          _            .:.:.:.::.:.:.:.::...
  |      |/l/∠l|/      / , }___       /{ ̄{ ̄//|     _/../l
  | ̄ ̄ ̄|/∠l|      / /}__}___|      「 .| 二二 「 .|/     / / / |  アリス < さ、どうぞ座ってください。
  |      |/       / /}/}/./|    / ̄ ̄  ̄ /|    / / /   |          私も好きにくつろぎますので。
/|___|       :| ̄} /}/ / ..|  /      //」   / .{ ̄|     /:.::..
_/             .:.:|  ̄ ̄ ̄ 「 ./   | ̄ ̄ ̄ ̄|/    「 ̄ ̄ ̄ |   /:.:..:..:  シャナ < はぁ……
             .:.:.:.|  ̄  ̄  |/      |」^^^^^^|_l      「  ̄ ̄ ̄ 」_/:.:.:.:.:.:..
                ̄ ̄  ̄                     ̄ ̄  ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、やってきたのは以前アリスがソファを絶賛していた談話室。
| 昨日、変異種の死体を持ち込んだ部屋とは別のものだ。
| 実物は、既に研究所かどこかに運び込まれた後なのだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
3759 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:15:29.27 ID:3RCYrez0
これは話が長引きそうだな
3760 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:16:48.35 ID:xlHI+v0i
                   _
                イ _  `ヽ 、
               / イ¨ゝ,>ニ‐-ハ
              / /   ハ/ |\>ハ
             ハ ハ ,' ,'       i.ハ
            /  トィ=z,' i ハ .  |  }  さてさて、昨日提出いただいた
            i i { 它iゝハ<ィ==z  l /
            | ハゝ     佗}イゝ .イ   変異種についてでしたね。
            |  ハ 、_,    イ  {
           _j  / ゝ-  =≦     |   とはいっても流石に昨日の今日では、
         ///ハ≦   ハ  \   ハ レ
        //////ハ ///ハ  /≧=‐-_     正直解析も何も全然進んでいないのですが……
        ///////////// ハ///////ハ
        ∨///////////////////////.}                                あ…… > シャナ
        ゝニ_///////////////////く
         /   >/////////////ヘ_>
        r /  /≧=―------、_|  |
       { .ハ /              |  |_
       し  人_______.|  l }
       /   ////////////////ハ  V
..        /  //////////////////ハ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さてと、ソファに腰を落ち着けたアリスが口を開く。
| それは受付で話をした変異種の死体についてだが、告げられる内容は芳しいものではない。
| ……考えてみれば、未知の生物を研究材料にするのだ。
| たった一日で何か成果を得られるはずもなかったか。
┗───────────────────────────────────────┛
3761 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:19:35.76 ID:xlHI+v0i
        〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
          |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
          |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
          |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|  すみません……
         |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|
         i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::::|   /::::::::::|::::::::::::::::::|  少し、考え浅かったようです。
           |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|
                 ヽ                /::::::::::::::::::|_ ::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::.|
                    ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::.|          いえいえ、上に行こうという
                 丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|           その意欲は大事ですから > アリス
                /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|::::::::::::::::::|
                  //////.ハ    |ヽ//////////////////////|::::::::::::::::::|   それに、まったくの無駄足でもないですよ > アリス
              ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|::::::::::::::::::|
              |//////// : : : : : ///i/////////////////////i::::::::::::::::::i  ……どういうことです?
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 組合にきたのは物のついでだが、もしこれを目当てに来ていたなら無駄骨もいいところだ。
| それに、仮にもアリスは仕事の途中だったのだし、その邪魔をしたようで気が引ける。
| そう考えて微かに気分が沈むが、しかしアリスの話にはまだ続きがあるようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3762 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:20:08.06 ID:3RCYrez0
!?
3763 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:26:22.78 ID:xlHI+v0i
                      , ‐- 、
                ィ{ {⌒≧=-rーz、__
                 /≠ -‐   ¨¨  ̄`ヽ¨¨` ヽ
                /// /          \//
          r ―≠イ /,   /    /      ヽ
         `¨¨´ ′ // / _/{   /    }
          /  , =ミW___/从`メ{   〃  /   }
          :′ { ヘ {{  '斧ミメ ー-〈 ⌒/ i :/ 研究や解析データはまるで出ていませんが、
          :   乂ハリ  込りノ    r芹ミY从′
          :     `ト  ""      辷ン/!    仮にも検体として研究所が引き取るような代物だった、
          :        \   、 '  "/ |
          リ     r} 丶    ´ イ :|     ということは証明されたわけです。
         /     ノ \  ` r< | {
.        /  _彡 ´: : \ `ーzく  } :`: .、 、    これは上級スカベンジャーなら功績として弱いですが、
           /⌒ヽ: : : : : :\/〃トヽj: : : { \ \
      / / /: : : : : :. : : : : : : {{,ノ、}}: : : :ゝ: : :.、 、  5級なら十分功績として評価されるでしょうね。
     / 〃/: : : : : : : :. : : : : : : : }j }j : : : : : ヽ : }_  ニ=-
 ー=彡 / {: : : : : : : :八:. : : : : : : : : : : : : : : .::} ノ \   お二人の戦闘映像も見せてもらいましたし、
    /  八 : : : : : : : : }:: :. .. __ .. .:: :: :.. .. .: ::/ \ 丶
  /   /   ヽ__  -‐┤:: :: :: : : : : : : : : : : : {     \ 戦闘能力の評価もできます。
./    /   ∧゚ -‐ ニ{:: :: :_   -――― 、ノ__      \
イ     /   / ∧{    `Y´         {  ノ    _  ニ=- 昇格、そう遠くないんじゃないですか?
/   /   /    ゝ-   }             く         ∧
    ′  .′  :{    /           } 〔        ∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| つまり、役立つデータが取れるかは分からないが、
| その可能性を提示した時点で5級には十分だと。
| ついでに、睦美氏の提示してくれた映像データが実力の保証として、昇級に役立つと。
| ……今度、ヴィルヘルムにはまた改めて礼を言った方がいいかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
3764 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:27:15.74 ID:XwFLG60W
級は伸びても背は伸びないがね、HAHAHAHAHAHA!
3765 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:27:26.28 ID:3RCYrez0
おっしゃおっしゃ!
3766 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:32:00.42 ID:xlHI+v0i
            _
        /     -=fヽ
       /イ≫=====-―ソヽ`
      / z           ゝ ヽ
     / シ     i      ヾ }
     { ル  i    |    |  ヽ、ゝ |
    i  V  |  i  人   |  i ) } i
    |  Y i | |_|  L_ iLLL、/  }  さて、どうです?
    i  i L ̄       x==ミ ))  ヽ
    ヽ |イ  x==ミ    //// ノ从  i ここは一つ、昇級前の景気付けに、
     { jゝヽ////   i      |    }
     } ゝ    、___    r―  、 ぱーっと実入りのいい仕事を……
   _/  ` ヽ、  ヽ__/   イ//////}
    {///////ゝ \       /ゝ//////i                       いえ、結構です > シャナ
   ソ///////f      ―   ト///////|
  ノ/////////シ      ∧  ハ/////人 おや、それは残念。
  {///////////リ、   / ∞ヽ_〃//////〃
  ヽ//////////// 从 Ⅵ ゝゝ///////
   ヽ/////////////////////////ir― 、
_―――Y ト//////////////////イ/////ヽ
/////////i  ヽ/////////////// ////////ヽ
/////////ヽ  ゝ――――一´  ソ/////////人
//////////ゝ            イ///////////ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そう朗報を告げた舌の根の乾かぬ内に、お約束のように"いい"仕事の話を振って来る。
| 初めての時から、あからさますぎて引っかかる気にはならないが……
| 雰囲気に流されないかを見ていたのだろうか。
| やはり彼女には過保護な一面があるように思える。
┗───────────────────────────────────────┛
3767 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:32:32.48 ID:3RCYrez0
毎回毎回あきもせずにw
3768 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:40:37.55 ID:xlHI+v0i
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|                 ともあれ、例の変異種については
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |                           こんなところです > アリス
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/ 今回もありがとう、アリスさん。
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '                          いえいえ、お気になさらず。
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ                     他に聞きたいこととかはないですか? > アリス
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\                 私としては、もう少しこのソファに
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////                           座っていたいのですが > アリス
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_     訊きたいこと……
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なんにせよ、これで当初の目的、変異種の査定に関する話は聞けた。
| アリスはもう少しここで雑談を続けたい様子だが……さて、何を話したものだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓21:55まで

      アリスに聞きたいこと、話したいこと、スカベに関係ない雑談でもいい。
      質問、延長希望等あれば受け付けます。

3769 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:47:41.88 ID:3RCYrez0
最近のスカベ関連のウワサ
ドコノチームがどんなブツを発掘したとか、壊滅したとか
ミュータントの分布とか

>>3754で小耳に挟んだけれど今の状況って嵐の前の静けさなんですか?
3770 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:54:18.10 ID:LKsp4WCC
生活用品がらみでお勧めの店を尋ねる。
パン屋さんとかでも。
3772 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 21:56:35.22 ID:xlHI+v0i
(人数少ないん……)
自由安価の時はみんな本当に自由に書き込んでくれていいのよ?
それこそ、「アリスさん何歳なんですか!?」とかネタっぽい内容でも。

マイナスにしかならないような内容はスレ主側ではじくようにするし。


ともあれ、続きを書きますので少々お待ちをー
3773 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 21:57:43.86 ID:3RCYrez0
年齢ネタはタブーだと思ってこういう質問安価の時は倦厭してた…
3774 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:01:28.81 ID:xlHI+v0i
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}| 受付をやっていて、何か噂とか聞きませんか?
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                               ふむ、噂ですか? > アリス
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨    ええ……例えば、なんだか
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i      今は嵐の前の静けさみたいなこと、
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i     受付で言ってましたし。
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\                               ああ、あれですか > アリス
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、素直にここは仕事に関する話を振っておこう。
| 数日後には大御所が動き出す、というようなことを受付で言っていた。
| なんとなく予想がつかないではないが、あれはいったいなぜなのか、とか。
┗───────────────────────────────────────┛
3775 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:08:36.46 ID:xlHI+v0i
               , =----ミ
              { / ̄ > Y⌒ヽ___
            /  .`ー=====彡' ̄ 'ミ、ヽ--、ヽ
                 //   ,          \} .}
.            /  / .// / ./   ,        .∨
          /  /. /   / ./   /   i      軍の編成も終わり
.          /  / ./  _/_./   /i!   i!   i i!
          :   {i /i__./i!/「ミヽ i|   i |  i .从i: 近々、シャナさんの写真を撮ってきた
       i!  Y⌒Ⅵ ̄ィzzzx--' 乂___从‐= .//乂
       |  { iゝ i}  `Yir'斧ヽ     .xzzミイ//i  あのミュータント……宇宙ゴキブリの
       |  ∨     双ツ     イr'斧ア//iノ
       |   \_             `=′/i    殲滅作戦が開始されるんです。
       |      \       '       .|
       :         |\   `  '   .イ i |     その準備や予定合わせのために、
        i       /Yi          イ i  |
        /    / .\    T手   :    |     今のところは皆さん仕事に出てない、と。
.       /    i/i:i:i:\   ̄ ̄八  |i:i:ミ=、  |
    / , -'"i:i:i:i:i:i:i:i:i: \  /乂\}i:i:i:i:i:i:}ミ、ヽ     あれはただそれだけですよ。
   /  /i:i:i:i:ヽ.i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\{/Ⅵ\冫i:i:i:i:乂i Ⅵ\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 返ってきた答えは、やはりというべきか、宇宙ゴキブリが原因だった。
| スカベンジャーの中でも主力となる面々は、
| 殲滅作戦に備えて一時的に活動を自粛しているのだという。
| なるほど、あれの殲滅作戦について、抜かりはないようで一安心。
| 軍と組合の先達たちには、是非とも張り切って奴らを殲滅してほしいものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
3776 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 22:10:33.84 ID:3RCYrez0
最初のアレかぁ
3777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:13:49.13 ID:xlHI+v0i
            _
        /     -=fヽ
       /イ≫=====-―ソヽ`
      / z           ゝ ヽ
     / シ     i      ヾ }
     { ル  i    |    |  ヽ、ゝ |
    i  V  |  i  人   |  i ) } i
    |  Y i | |_|  L_ iLLL、/  }  どうです、衛宮さんも
    i  i L ̄       x==ミ ))  ヽ
    ヽ |イ  x==ミ    //// ノ从  i 4級に上がれば同行できますが……
     { jゝヽ////   i      |    }
     } ゝ    、___    r―  、 軍との共同依頼、武勲を上げるのに絶好の機会ですよ?
   _/  ` ヽ、  ヽ__/   イ//////}
    {///////ゝ \       /ゝ//////i                           いえ……正直気乗りしないです > シャナ
   ソ///////f      ―   ト///////|
  ノ/////////シ      ∧  ハ/////人 なら、やめたほうがよろしいかと。
  {///////////リ、   / ∞ヽ_〃//////〃
  ヽ//////////// 从 Ⅵ ゝゝ///////  刀でやり合うのはリスクが勝ちすぎますから。
   ヽ/////////////////////////ir― 、
_―――Y ト//////////////////イ/////ヽ
/////////i  ヽ/////////////// ////////ヽ
/////////ヽ  ゝ――――一´  ソ/////////人
//////////ゝ            イ///////////ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、いつも通りの甘い誘惑……なのだが、今回は断ると素直にそれを後押しする言葉が続く。
| それだけ、やばい仕事だとアリスも理解しているということだろう。
| まったく……止めるくらいなら初めから言わなければいいものを。
┗───────────────────────────────────────┛
3778 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 22:16:01.89 ID:3RCYrez0
さすがにアレ相手はなww
3779 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:20:51.17 ID:xlHI+v0i
.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{  ふぅ……アリスさんに仕事の話を振ると、
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ すぐにああいうネタに飛ばすんですから……
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::.              あれはもうくせになってますね。
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::          安心してください、相手は選んでます > アリス
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::} 選べばいいというものでも……
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::| もう話を変えましょう。
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 思わず愚痴のような言葉をこぼしてしまったが、アリスはそんなものどこ吹く風、
| 開き直ったように笑いながら言われ、ため息が漏れる。
| 今日のところは、彼女に仕事の話を振るのはやめておこう。
| さて、では何の話題を振ったものか……
┗───────────────────────────────────────┛
3780 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:21:59.10 ID:xlHI+v0i
【速報】
アリスさん、住民枠でありながらスカベキャラにため息を吐かせる大金星
3781 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 22:22:24.56 ID:3RCYrez0
草wwww
3782 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:32:26.67 ID:xlHI+v0i
                   _
                イ _  `ヽ 、
               / イ¨ゝ,>ニ‐-ハ
              / /   ハ/ |\>ハ
             ハ ハ ,' ,'       i.ハ
            /  トィ=z,' i ハ .  |  }                       えーと……どこか生活品関係で
            i i { 它iゝハ<ィ==z  l /                        おすすめの店とかないですか? > シャナ
            | ハゝ     佗}イゝ .イ
            |  ハ 、_,    イ  {                           パン屋とか、食料品関係でも > シャナ
           _j  / ゝ-  =≦     |
         ///ハ≦   ハ  \   ハ レ  うーん、おすすめと言っても
        //////ハ ///ハ  /≧=‐-_
        ///////////// ハ///////ハ  生活水準で変わりますしねぇ……
        ∨///////////////////////.}
        ゝニ_///////////////////く   食事については、自分で作るのでもなければ、
         /   >/////////////ヘ_>
        r /  /≧=―------、_|  |     いい外食店知ってますよ。
       { .ハ /              |  |_
       し  人_______.|  l }     『逆さ十字』という酒場なんですが……
       /   ////////////////ハ  V
..        /  //////////////////ハ                                   そこ、知ってます > シャナ
┏────────────┓          おや、これは意外な。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スカベンジに関係ないことで、自分の糧になるものと言うと……
| 今の生活をどうするかということか。
| ひとまず生死に直結する食料品に関して尋ねてみるが、返事はそれほど色よいものでもない。
| 紹介された外食店、逆さ十字は一応顔見知りの店であるし。
| とはいえ、わざわざおすすめされるくらいだ。今度は純粋に食事目的で行ってもいいかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
3783 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 22:34:38.98 ID:3RCYrez0
あんなパフェが商品として成り立つレベルだからなぁw
3784 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:38:01.19 ID:xlHI+v0i
                      , ‐- 、
                ィ{ {⌒≧=-rーz、__
                 /≠ -‐   ¨¨  ̄`ヽ¨¨` ヽ
                /// /          \//
          r ―≠イ /,   /    /      ヽ
         `¨¨´ ′ // / _/{   /    }
          /  , =ミW___/从`メ{   〃  /   }
          :′ { ヘ {{  '斧ミメ ー-〈 ⌒/ i :/ 仮にも定職の組合職員と、
          :   乂ハリ  込りノ    r芹ミY从′
          :     `ト  ""      辷ン/!    下級スカベンジャーでは収入は一緒ではないですし、
          :        \   、 '  "/ |
          リ     r} 丶    ´ イ :|     生活レベルのお店では力になれそうにないですね。
         /     ノ \  ` r< | {
.        /  _彡 ´: : \ `ーzく  } :`: .、 、     可愛い小物のお店とかなら、
           /⌒ヽ: : : : : :\/〃トヽj: : : { \ \
      / / /: : : : : :. : : : : : : {{,ノ、}}: : : :ゝ: : :.、 、    安くていいとこもあるのですが。
     / 〃/: : : : : : : :. : : : : : : : }j }j : : : : : ヽ : }_  ニ=-
 ー=彡 / {: : : : : : : :八:. : : : : : : : : : : : : : : .::} ノ \                          それは興味ない、かな > シャナ
    /  八 : : : : : : : : }:: :. .. __ .. .:: :: :.. .. .: ::/ \ 丶
  /   /   ヽ__  -‐┤:: :: :: : : : : : : : : : : : {     \  おや、それは残念。
./    /   ∧゚ -‐ ニ{:: :: :_   -――― 、ノ__      \
イ     /   / ∧{    `Y´         {  ノ    _  ニ=-
/   /   /    ゝ-   }             く         ∧
    ′  .′  :{    /           } 〔        ∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 言われてみれば、日給数円単位がほとんどの5級スカベンジャーと、
| 安定した収入のある組合職員では生活水準が違って当たり前である。
| 今回のような、三桁の収入など、5級のうちはそうあるものでもないのだし。
| 彼女にそういったことで世話になるなら、もっと級をあげてからか。
┗───────────────────────────────────────┛
3785 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 22:41:30.06 ID:3RCYrez0
チッ

やはり地力で開拓するか、それとも同じレベルの先達に案内してもらうべきか…
3786 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:49:09.44 ID:xlHI+v0i
                  _
              ___/ )}
              f ̄>=ミ   \
             /´      \∧\ _
          /|   l  }l  }i  } } ⌒ヽ}
           /} i{ }/ 川i!ゝミx⌒/ヽ
           V  ∧沁  拠7   ノ }   さ、ほかに聞きたいことは……
              } ゛ _ , ゙゙ ,:<   . |
              , > _ ィ . {:、                        せんぱーい、ちょっとヘルプお願いしますー! > 受付嬢
               /,ィ: :/(_r</`: .、、
            _//::;: /i)ヾゝ': : : : : : ヽ\  っと、あらら、時間切れのようです。
       ,ィ彡 ,:::/: :/L/: : : : ::/: : : : ,\ 、_ノ
        ./ ): : : : : : : : : : /: : : :: ::}  、 ̄ すみませんが衛宮さん、続きはまた後日に。
       ./   {: : : : : : : : : : :}== 彡'    \
   __ ノ  / ~´} ̄ ̄  ミx/⌒.7      \                  わかった。今日はありがとう、アリスさん > シャナ
      /     ) ,       {  :{       ⌒ヽ_ノ
   .  ,   ,  ゝ一   -=: ::∧ . /        いえいえ、言うほどお構いできず申し訳ない。
    /   {  //: : : : : : : : : : : :∨:、 、       }l
    {     //: : : : : : : : : : : : : : ::∧ \ 人 .,′
    i    , '/: : : : : : : : : : : : : : : : ::∧  \ )/
    レ⌒/ .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧   \
     ./  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧  r⌒
     ⌒ {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :} V
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、まだまだアリスは談話室のソファに居座るつもりだったようだが、
| 生憎と扉の向こうから声がかかる。
| 声の調子からすると、アリスと雑談していた受付嬢だろうか。
| アリスは素早く立ち上がるとスカートのしわを直し、部屋を出ていく。
┗───────────────────────────────────────┛
3787 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 22:51:21.41 ID:3RCYrez0
頼られてんなぁ… 熟練パートさんみたいな(ry
3789 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:59:05.02 ID:xlHI+v0i

            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/ さ、私もそろそろ帰ろうか。
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '   入り口は、確かこっちの方。
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、別段話の途中だったわけでもないし、この中断にシャナとしても異議はない。
| アリスに数秒遅れて、シャナも談話室を後にして事務所の玄関へ。
| そのままにわかにでき始めた人ごみをすり抜けて外へ出る。
| ……人が増えた甲斐あってか、遺跡の話を耳に挟めたのは僥倖だったか。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 遺跡情報【おもち屋遺跡跡】を入手しました。

     アリスの好感度がC-に上がりました。   (昇級間近かな、おめでとうございます)

3790 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 22:59:27.27 ID:xlHI+v0i
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3791 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:02:09.63 ID:3RCYrez0
はれいつのまに…?
3792 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:03:07.38 ID:3RCYrez0
小さい「や」が取れたのかこれwww
故買屋はアナグラでじゃ無理そうかコレ?
3793 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:03:56.55 ID:xlHI+v0i
3789の一コマのうちに、人ごみの中から遺跡の話を盗み聞きしたということで……
け、決してスレ主が眠くてキンクリしたとか描写忘れたとかそういうわけではなくてですね(目線逸らし)
3794 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:04:44.84 ID:3RCYrez0
おおそういうことね
3795 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:05:36.61 ID:xlHI+v0i
                       カァ             カァ
                               ⌒T⌒    ....::;;;;;;;;;;;;;;;;;::....
㌔㌔                ⌒Y⌒             ...:;;;;;'''''     ''''';;;:::...
    ⌒Y⌒          キル!!           ..............:::;;;'''         ''';;::::...
              ⌒T⌒ ...............................:::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;'            ';;;;;;;
 ....................................::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 :::::::::::::::::::::::::::::::: _____::::::::::::::::::::::「|:::::::::::::::::__:::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::
./三三三\   |-_.__=_ __=| /三三三\    |FF|ニ|   |!_____i|   /⌒\
| ̄同 ̄同 ̄|  |= |+| |+| |+| |  | []_[]_|  /二二ニ,ハ /=‐::::::::::::::::::: ∧ ]皿皿[
|==/\==\_ | _ ‐=‐   =-| ./[Atelier.C]ヽ |E E E|日|  | ̄田 ̄田 ̄| | /≡≡≡
                 ____
/ ̄ ̄∧ ̄ ̄ ̄ ̄∧ ̄\ /_____ヽ i|三三三三三三三三|i |二二二二二! /
| | 田|「| 田 田  |「|[[[!| | ロ ロ ロ ロ ロ | .|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|::[]::|:|. |ロ ロ ロ ロ ロ ロ| |:::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その後もなにくれとなく街を歩き回りつつ、
| 今日耳に挟んだ二つの遺跡について情報を仕入れられた。
| そうして気付けば、既に太陽が西に沈みつつある。
| アリスに逆さ十字の食事を勧められたが、今日のところは家の作り置きを片付けることにして、
| 大人しく家に帰ることにする。
| ……そろそろ、次の仕事も決めておこうか。
┗───────────────────────────────────────┛
3796 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:08:45.21 ID:3RCYrez0
遺跡情報は
>>3555
>  【名称】 大口の遺跡 四級指定
>>3790
>  【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

だな どっちも4級だからやる夫かベイどちらかは誘わないと
ベイ希望だから大口かなぁ? 警備ロボいるらしいし
3797 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:11:19.49 ID:xlHI+v0i
                /⌒\
                ({
                >.....----......、
              ,..::´::::,.:-、:::::::::::::::::::`ヽ、
             .::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::/::/::::/:::::::::::、::⌒\:::::::::'.
            .':::::/::/::/:{::::::::::}::::V::ヽ::::\::::l
              .::::/::/{-l、∧:::::∧,-}--::\::::\  ただいま、と……
          .'::::/イ::|ィ雫ミ从{ ィ雫ミ、::::、\`}l
           /::イ|(|::从Vzリ  \ Vzリ |::::|\〉   ……やっぱりこの家、一人には広い。
           ,:::::/ | |::圦    '    ム::::|:|:::::::{
        /::::/イ´{:::::个   ´ `   个l::::}\:::::|  明日はまだ仕事でいいけど、
         /::イニニ:::::::{ニニl≧=≦|ニl} l::::|ニ>、
       ,:::::イ >、ニ}::::}ニニrノ     乂ニ} l::::}/⌒!  家の整備とか街の確認とか、また時間を取らないとな。
        // /:::::::>::::|ニ{ ´ ̄ ̄`/ }ニ}::::|- 、::::|
     /'   /:::::/ニ|::::|ニ|: :∨= ∨: :|ニl::::|ニム::
         ,:::::::ムニl}::::}ニ}、: :∨∨: : |ニl::::|ニニム:|
          {:::::/ニニ|::::{「 ̄`ヽr--r<⌒ヽ::}ニニ:}
          |:::,ニニニ|::::|乂 -=乂_」=-  ノリ!ニニ:
          |::〈ニニニl从::}ニ乂_ノ |: :|\/ \}ニニ}
          |::::}ニニ}ニリニニ|\ }:\   /⌒>ニ
          |::::|ニニ}ニニニ} ` | : : |\{ニニ∨ニム
          |::::|ニニ|ニニニ|\_」: :()}ニニニニ\ニ}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 誰もいない家に帰って、ぽつりとつぶやく。
| 今のところは目立った不便もないが、なあなあで済ませるわけにもいくまい。
| ともあれ、今は明日の仕事だ。
| 一体どこに潜ろうか……
┗───────────────────────────────────────┛
3798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:12:31.87 ID:xlHI+v0i
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 郊外のガラクタ山 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないだろう。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  なお、比較的近場のため送迎車は出ておらず、しかし歩いて通うには確実に遠い、
  という絶妙な位置関係により、5級にも非常に不人気な場所である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 郊外警備

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【受諾条件】 マーセナリー、4級以上のスカベンジャー、または組合から推薦のある者

 【報酬】 30円

 【解説】
  現在諸事情により警邏隊の手が足りていない。
  そのため、有志にフジノミヤ郊外の警備任務を手伝ってもらいたい。
  ミュータントが出現した場合各自の判断で交戦してもらうことになるが、
  それ以外ではこちらの指示に従って、待機してもらうだけでよい。
  報酬は交戦の有無を問わず一律。余程の事態でなければ増額はしない。

 【備考】
  他チーム・警邏隊との共働有り

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
3799 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:12:33.53 ID:3RCYrez0
やっぱり同居人は必要っ!
3800 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:13:29.81 ID:3RCYrez0
…紹介状書いてもらった手前、郊外警備を放置し続けるとなにかデメリット発生する??
3801 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:15:25.09 ID:xlHI+v0i
>>3800
ありませんよー。
精々時限で郊外警備の依頼が消失するくらいですが……
別にこれが特別なフラグになってるということもないですし、
別の警邏隊の仕事が出てくるんじゃないでしょうか?(予定は未定)
3802 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:15:43.03 ID:3RCYrez0
把握 遠慮なく…
3803 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:22:34.00 ID:xlHI+v0i
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }| 今のところ下調べが終わってるのはこんなところ……
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/    四級の遺跡に潜るなら、
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /       やる夫かヴィルヘルムに声をかけないと……
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ         でも、二人とも呼ぶのはまずそうかな?
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\      クーデリアだけなら、呼んでもよさそうだけど……
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナ自身の等級は5級である以上、4級遺跡に行くには
| 上の等級のスカベンジャーに同行してもらわなければならない。
| けれど『自分より上の等級の人間が複数人いる』というのは、
| 少々報酬などで問題が出てきそうだ。
| その辺のメンバー編成も考えながら、次の仕事を決めるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の大きい選択肢

      次に遂行する仕事は……

      1) 遺跡【大口の遺跡】 四級
      2) 遺跡【おもち屋遺跡】 四級
      3) 遺跡【郊外のガラクタ山】 五級
      4) 依頼【郊外警備】

3804 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:25:34.38 ID:3RCYrez0
【1D100:10】1) 遺跡【大口の遺跡】 四級
3805 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:26:42.18 ID:7PVLG5GL
【1D100:20】

1) 遺跡【大口の遺跡】 四級
3806 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:35:09.24 ID:xGc82c6A
【1D100:22
2) 遺跡【おもち屋遺跡】 四級
3807 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:35:49.12 ID:7PVLG5GL
決まったか…
・・・・・・出目ひっく!?
3808 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:36:16.97 ID:xGc82c6A
低レベルな争いに草
3809 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:36:28.80 ID:xlHI+v0i
ふむ、おもち屋になったか……
故買屋のあてないけど、いいのかなー……ともあれ了解。

しかし……特にダイス目が大きい必要はないがなにこの出目腐り……
今日判定あるような本編だったらまずかったな!
3810 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:36:36.65 ID:3RCYrez0
今日のダイスは機嫌が悪いようだwww

さておもちゃ屋になったか 同行者はやる夫かなぁ?
3811 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:37:25.10 ID:xlHI+v0i
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ} 次の仕事は【おもち屋遺跡】の探索にしよう。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  ……となると、やる夫かヴィルヘルムに、
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'    空いてる日付聞いておかないとな。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 次の仕事は大口の遺跡に潜ることにした。
| 今日のところは早めに休んで、明日から正式に的を絞った準備を始めるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
3812 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:37:36.13 ID:3RCYrez0
ど、同行者に聞けばワンチャン……?
3813 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:38:01.79 ID:xlHI+v0i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

3814 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:38:53.45 ID:3RCYrez0
乙ーー
3815 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:39:51.41 ID:xlHI+v0i
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
              2nd Turn 《スカベンジャー》

                                       END.
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■







□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                 3rd Turn 《ハイエナ》

                             In The Near Future...
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
3816 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:40:07.61 ID:7PVLG5GL
乙です!
3817 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:40:22.25 ID:xlHI+v0i

       《ステータス更新》
3818 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:41:21.33 ID:xlHI+v0i
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 208 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにフラッシュライトとレーザーサイトを保有。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  ハンドグレネード(煙幕)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3819 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/19(金) 23:41:52.60 ID:3RCYrez0
> 注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい
ちっちゃくないよ!(棒
3820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:42:30.95 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

  クーデリア・フォイエルバッハ 5級スカベンジャー

 最近フジノミヤにやってきた新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  45口径リボルバー拳銃 ……中折れ式の旧式リボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                    アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃 ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                 ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              

  銃器    Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲    Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。
3821 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:43:37.14 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                          / ̄ ̄\
                        /  /    ,\
                         (●)     \
                        (人___)       |
                        |!ilili!|      入
                         `<!レ'´ニ ̄``''ーl.||
                    _,,..、-''"^丶、丶、 ̄三!L、
        __,,.. -ァ''" ̄`「´`ヽ丶、      ヽ.  i  ̄|ヾ!
  ⊂ニ" ̄     i |                /  |  | |′
     \   >ー-ゝ、__           /   |/||!
       `ー'´      _  ̄ ̄ ̄ ̄| ̄\ / ヾ 、 l三_| |
              /  _ヽ    _/__r「丁丁x!   rェ 工_
          .  / ヾ/_  ̄ ̄ | if !二エニ´  l  `7 ) )
          /./ へチ、_`ヾ、 _| 」 ||| |_x]  j  l/・/./
          `</ ` ̄`<Yナ''´ ト| rィT T x]  i’ i ̄厂!
                      |_∟フ 天_ └=ァュノ
                      下-‐"__ ̄`"''f_

  入即出やる夫 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー
 戦闘能力や工作技能に特筆するほどのものはないが、経験豊富で技術は幅広い。
 気質は善良で、新人スカベンジャーの指導を買って出ることも多い。

 ※ 前作の短編主人公と同一人物ですが、技能の追加・仕様変更が起きているため、
   全くの同一ステータスではない事に注意。

 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  5.56mm.突撃銃URカスタム ……5.56mm.突撃銃にアンダーマウントレールを追加したカスタム品。
                      フラッシュライト、ロングマガジン、高性能光学スコープ装備。
  単装グレネード投射器    ……専用のグレネード弾を発射できる装備。
                      アンダーマウントレールに装備可能で、上記5.56mm.突撃銃に装着中。
  工具用単分子ナイフ
  ハンドグレネード(破片・閃光・煙幕・EMP・チャフ 各2個)
  グレネード弾(破片 2発)
  携行爆薬(小)

  銃器    Lv:6……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  投擲    Lv:5……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:5……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:5……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  統合知識 Lv:7……遺構知識、機巧知識、生物知識の複合技能。
               遺跡や自立機械、突然変異を含む生物に関する知識を持ち、考察できる。
3822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:44:02.19 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば等級不相応に高く、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃                   極めて頑強で、素手で金属板を殴った場合、相手が一方的にへこむか折れるか穴が開く。
  ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
  45口径短機関銃

  格闘術  Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器  Lv:3 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間単独では使用できない武器を使用できる。
3823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:47:06.61 ID:xlHI+v0i
 【好感度一覧】

   クーデリア..  ……B-   (また、一緒にどこかに行きたいな)
   やる夫.     ……D    (格好悪いとこ見せちまったお)
   ヴィルヘルム ……B-   (見込み通りみたいだな)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎.     ……D-   (初めての依頼、がんばれ)
   スカサハ.    ……D    (長い付き合いになりそうだ)
   リッカ.     ……D    (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ.       ……D-   (出来る人かぁ、ちょっと格好良い……)
3824 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:48:20.63 ID:xlHI+v0i
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      無事2nd Turnも終了し、次回から3rd Turn。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    次は4級遺跡ということで、これまでより難易度も上がっていくかも?
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  シャナ達の冒険はどうなるのか、乞うご期待、
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  というところですね!
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2735-75532ff0