情報部シャナのスカベンジ日誌 3rd Turn 「ハイエナ」その2

4122 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:17:47.38 ID:a0MtWUjk
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                3rd Turn 《ハイエナ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4124 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:18:26.76 ID:a0MtWUjk
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  { _   ┌┐} ├v'人  \   シャナったらもう……何か面倒事に
                /  )  l弋リ    弋ソ l.  レ' : l.ヽ   ヽ
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }  巻き込まれてるんじゃないでしょうね……
.                 .{  / / ヽ ト、 ─  /l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /   まったく……
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 4級遺跡【おもち屋遺跡】探索の為、着々と準備を進めるシャナ。
| 官営武具店でグレネードや拳銃の購入を行い、
| 街で偶然出会ったヴィルヘルムから、遺跡への同行許可を取りつける。
| そしてもう一人の同行者、クーデリアとヴィルヘルムの顔合わせのため、
| 一度三人全員の合流を目指すのだった……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>4052

      同行者:クーデリア   >>3820  ヴィルヘルム >>3822

      好感度一覧        >>3823

      このターンの遺跡   >>3798 【おもち屋遺跡】

4125 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:18:48.13 ID:a0MtWUjk
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4126 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:19:29.28 ID:a0MtWUjk
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:/[]   /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:/。  ./.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:./    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.::.:/    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/  ┳
: : : : : : : |.:.:./ []  /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : | ./    /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
: : : : : : : |/ []  ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄''/ ̄    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
:::::::::::/  □   /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
:::::::::/      ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/   ┳
:::::::/ □  /:.:.:.::/        /       /.:.:.:/
:::::/     /..:.:.::/         /       /.:.:.:/
.::/     /...:.:.:/         /         /.:.:.:/
::____/.:..:.::/         /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:.:.:::/        /         /.:.:.:/  ┳
|: : : : : : :|.:.:::/          /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|..:./       /        /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:/         /        /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          /.:.:.:/
                        /.:.:.:/
_____________/.:.:.:/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.:.:/  ┳
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |,/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナがクーデリアにメールを送ってから、そしてそれにクーデリアが返信してから、
| およそ三十分ほど経過した頃の事。
┗───────────────────────────────────────┛
4127 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:22:10.53 ID:a0MtWUjk
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、
                  / /:::::::::::::::::::::r-=-w:::::::::/:::::::::::i l
                 / /:::::::::::::::イ:/   /::::::::/:::V::::::::i l
                 イ::::::::::::::::/_,/   /::::://ヽ::V:::::::ハl   はい、みんな、
              /:::::::::::::::::::::/ ̄\ ,..:::/ ィ  ̄ Y::::::::::::::..
             , イ:::::::::::::/::::::/< 芯_>:イ   ィ込ヽ/l:::::::l::::::::l   注文してた、飲み物だよ。
            / i:/::::::::,ィ:::::::::/:ハ   / ; l     /:::k::::l::::ハ:;}
            { /:::/:::/ Vl:::::/ ヾ:.、   , 、   /:::/ l::l::/l ;:  それじゃあ僕はカウンターにいるから、
            {::::::::::{  l::::::ヽ ノ::}  、__ _   /:::ノ/_ /::/:::l  il
             lヘ::::ヽ lヘ::::::/::イ,  ` ‐- --`/ ' _,,rイ:::::::ノリ     注文とか何かあれば、気軽に声をかけてね。
      __       ヾ:.、 ゝハ::::::ゝ       f,.ィ::::::://
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...-...::::::::::ヘ \    , イ/=-' _/
  /:::::::::::_, --===≦_ _ > -= _::::::::::::i  `  ´ _l                                 ありがと、マスター > クー
 /::::::::::/                /.∧   /\......\
/::::::::/               / {........lミ....V...../ミ、....lY\- _
/::::::/               /   l\/ミ/三≫彡.....V./  \  - _
 {::::l            _ - /   _ イ..........V-=ミ/.........../ \ _\    =- _
 ゞ::.、       _ -=  / -=/   l...........l ニニi........../    \          l
   ヾ、    r        /    \.....lニニニi....../      \       /l
         }、      >       ヽ l ニニニi../       /     /  i
         /ヘ        \      V ニニニ/       /      /
       / ∧         \     Vニニ/      /       /     l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナ、ヴィルヘルム、そしてクーデリアの姿は、
| フジノミヤ下層区の酒場『逆さ十字』にあった。
| メールでのやり取りの後、そのまま合流して顔合わせをすることにしたのだろう。
| 三人はカウンター近くのテーブルを囲み、そこにマスターがジュースを運んでくる。
┗───────────────────────────────────────┛
4128 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:23:57.76 ID:kr3B1byA
ジュースが似合う少女達に混じっていかついチンピラが(ry
4129 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:25:13.68 ID:a0MtWUjk
                     _ ,. - ==──- 、
              , '   _  ` ヽ   ヽ
              / >'´ ̄   `ー 、  \  \
              / ., '/ ,' 〈.       ヽ.  ヽ  \   ,.r
          / / l {/{fヽ- 、 ___  ヘ  ヘ  {`ヽ、__/ (
            / / .| /` ヾ      /゙ 、_ヽ  l ヽ> {}≦ゝ   ……それでシャナ。
          {  l  |i `ヽ、    ‐' _ _  }  {   }/} ヽ`ヽ、
           .l  l   r'    `     ,ベ泛リ≧!  レ=; リ l  ',   ヘ  そっちの白髪の人が、
            |. l  .| .,ィ=≦f     ヽニ'  .|  .}|jノ/ ヽ  ヽ  .}
            `..!  l/ 弋ソ  ,       |  リ´/:{   丶、_二=`ー 、 メールにあった4級の人?
             ヾ{  ヽ            リ .jノ:.l:.ヽ         ヽ丶 \
             .)ヽ  \    r-、   .イ  /:{:.:.ヽ:.ヘ       ',. ヘ  )                      そうだよ > シャナ
            ノルリヘ   .ト 、    ̄ .//  /f:.ヽ.:.:.ヽ:.\_     { リ /
      ,. -≦二 彡/  〉  !.:〉.:}≧‐-< .! ./圭ヽ:〉ニ==、ヽ:.:`ー‐--、ゞ;/
   / , -´ノ/ リ / 〉 .}:/:/.f≦}     { .l:≧ニリi:i:i:i:i:i:i:\ヽ:.:.:`ー‐∨
   .{ /, -_'- 、彡'{ ( / .ノ=ニ≦ヾ   .ノ| .l=ニソ≧、i:i:i:i:i:i:iヽ:.\:.:.:.:.:ノ
   )ヽノr≦三7 ,-ト |{ 〈 ::::::::ヾlヽ,≧彡=ヘ ヽ:::::::::::::::\i:i:i:i:i:i\:.ゝ.:/
..  ./ //ヽ/.ノノ ノ ヽヽ::::::::::| f圭リ  {::冫 〉::::::::::::::::::〉i:i:i:i:i:i:iヾ.:.:{
  / /_ノ   .//i:( 〈:::::::::} l::::::::::ト、`゙´  ,|:::{ /::::::::::::::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:ノ
 ル'    ノ/ /i:i:iノリヽ::::ヽヽ::::::リ. .  ̄ ̄/:::/冫::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:冫
      {ノ .,{i:i:i:i:i:i:i:i:i':;::::〉}::::/ . . . . . . |:::::リ:::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i;}≦リ/
          リi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:':ル'::::|. . . . . . . .|:::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ _ノ
         .{≧ニ=i:i:i:i:i/ヽ:::!. . . . . . ./::::::::::/─ '´ ̄ ̄ ̄   {
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうしてマスターがカウンターに帰っていくなり、開口一番クーデリアが問いを発する。
| その表情はどこか険しく、ヴィルヘルムのことを警戒していますと言わんばかり。
| いや、むしろそういう表情をすることで、威嚇しているつもりなのか……
| なんにせよ、あまり好印象と言うわけではないようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4130 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:26:05.00 ID:kr3B1byA
見るからに…ね…
4131 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:28:46.61 ID:a0MtWUjk
                  / //   /    ヘ ヘ \
                 /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
    .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
               / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
          .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
             / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l  よぉ、ご紹介にあずかった、
            │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
             // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ   4級のヴィルヘルム・エーレンブルグだ。
            /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
            / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l     シャナの頼みなんでな、
           ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
             l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /       今回、おめぇとシャナと、遺跡に潜ることになる。
             l / ///   ヘ ∨/      > ト
               ///.\    \     ∧ヘ l         ま、よろしく頼むわ、ちびっ子。
             //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
           /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
          /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\                          ちっ…… > クー
      /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
     ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
    //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
  ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
 〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
  l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
 ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方、そんなクーデリアの威嚇を受けるヴィルヘルムはどこ吹く風。
| ひょうひょうと名乗りを上げながら、本人は友好的だと示すつもりなのだろう、
| 「ちびっ子」と愛称のつもりでクーデリアに話しかける。
┗───────────────────────────────────────┛
4132 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:29:50.01 ID:kr3B1byA
逆効果です…(震え声
4133 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:31:12.18 ID:a0MtWUjk
                         -─-
                     /     ,'   `ヽ、
                     // / 7  ̄\ ヽト、_, ヘ
              l≧l/|  /   |レ 、  ヽ  〉;{}=〈
               ∠∧/  / /{!   \ {  l/l ̄ヽ
             / ノ{  r \     /ヽ   |!   \   誰がちびっ子よ!
            /   / } l  .| ,ィチ≧  ィニ≧ ∨ .ト、   (_
            丶 ( リ |  | 弋ソ   弋ソ /、 } `ー、_ ヽ 私にはちゃんとクーデリアって名前がああるの!
          、  ) V: ; ∨ヘ    '    /ノト、ヽ、    `, )
             .)`‐' ノ ,'  ∨ヘ、  r─、  ノ  .ヘ ヽ `ー 、  lノ あと、もう15だから!
        , -‐´_ , ' ,. ' fヽ.∨ヘ.≧_ー '< '., ' ,ヽ \ _.ヽ
       ( /, ‐´≧∠ニヽ ヽヾ ヘ \. ト- ≧、_ ゙.: :>ニ=、〉)   子供扱いされる年齢じゃない!
          .) )/   /二コ´.} `ー-、_ヽ_ ノヽ \. : : : :\(〈
       〈/(  /./ .〉 .ヽ .〉  , -‐-f∧ ◇ {ニ=≧7: : : :) ヽ                    へぇ、そうかい。そいつは悪かったな > ベイ
         ′〉 .〈 {  ,ヘニ='-テi´ミ〈  ノ∠ヽニ==ゞ≧ミト\/ノヽ\
         ノ人 {!l  {   / .ノ  ミヽ ゙ -、ヽ {' ゙`´\   ≧ミヽ ) ノ ぐぬ、こ、こいつぅ……
          ( (   〉トゝ、` ‐-=イ   ミ≧、ノ/ !:    ヽ /ミf/ \{
.          ヽ) (.,' ヽ  ̄〈-、 ヽ    {  ( (  }‐-、_,≦} /ミ/   .\ シャナ、ちょっとこっち来なさい、
             ソ   `ヽ .) ) .}〉   ⑪ ヽミ:、|i:i:i:Xxi:i:|{ミ/_      ヽ
                }./≦ノ l   l    ヾ}i:i:i:xx:i:i:lレ ト-ミヽ  / 話があるわ!
               (/    .ノ   /   ー {:i:i:i:i:x:i:i:i:!´ト-、. ヽヽ 〉
                  /   {     |i:i:i:iノ\:i:| .|   `、≧ノ                           (先行き不安だ……) > シャナ
                    /   ⑪      .ト ‐'   ヽ{ .ト 、  ∨
                      /    .}    ー }       | {. 〉 /
               /      /     /      .| `〈)、/
           rー -く       ⑪      ./       ヽ .y
.             く_/ _≧、  /     /        }  ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……ヴィルヘルムとしては友好的な態度だったのだろうが、完璧に裏目に出ていた。
| 気にしている身長をちびとはっきり言われたクーデリアは額に青筋を浮かべ、
| ヴィルヘルムと数言言葉を交わした後、席を立ってシャナの手を引き、テーブルを離れる。
| 噛みあわない様子に、シャナはこの二人を組ませるのは失敗だったかとわずかに考える。
┗───────────────────────────────────────┛
4134 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:31:50.45 ID:kr3B1byA
アカンなぁ…
4135 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:34:13.43 ID:a0MtWUjk
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ                          シャナ、あの人……! > クー
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ} 言いたいことはわかるけど、落ち着いて。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  何度か会ってるけど、少なくとも、悪人ではないよ。
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'    腕の方も、戦闘力じゃ優秀だ。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.      ヴィルヘルムも互助会嫌いな辺り、目も確か。
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.      他に何か、懸念事項はある?
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、テーブルを離れてカウンターの辺りまでやってきた二人。
| ちびっ子発言と、わざわざ五級と組む四級という怪しさに警戒心丸出しな
| クーデリアをなだめながら、ヴィルヘルムの信用できる点をこんこんと話すシャナ。
| まあ見知らぬ人間からしてみれば、あのチンピラは警戒に値する人間だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4136 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:37:37.67 ID:a0MtWUjk
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈  シャナの目を信用しないわけじゃないけど、
                  {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \  その見立てが正しいのかどうか!
                /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  } 特に、戦闘力とか実力じゃなくて性格的な部分!
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} / シャナ、騙されてるとか利用されてるとか、
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ  そういう可能性はないの?
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけでシャナの口から説明を行ったのだが……クーデリアの表情は険しいまま。
| まあ、年若い少女としてはこのくらい慎重な方が、スカベンジャーをやっていくのに正解だろう。
| その慎重さを、自分だけでなく友人の為にも発揮する辺りも好ましいが……
| 今この時に限って言えば、それは厄介な障害の様だった。
┗───────────────────────────────────────┛
4137 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:38:26.63 ID:kr3B1byA
まぁなぁ… 遺跡で仲間が待ち構えて… とかありそうだもんなぁ
4138 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:41:19.74 ID:a0MtWUjk
              ,..ィ::::-=,::::::::::::::::::\
            /:::八::::,,,:i::::i:::::ヽ:::::::::ヽ
            /:::::/::::从~ }:::ハ:::::::i::l:::ヘ::\
          //:::/::::ノl:} /:/_,ト ,:::l::l::::ハ::::::ト.、
         ///:::/::::,イ-{、// r_rッ l:::l:i::::::}::::l ヾ   そうだねぇ……
         V {::::{::::::i _筏 ヾ、   l:::l;:::::::l:::リ
          ヽy::::::::ハ  、    {;イ ゝ::l:从     まあ、悪い子じゃないってのだけは、
            }::{::::ム  _, __-_ァ  /l:::::人
            ゞ乂::::>、     ,.イ l:::::}ヾ   __ 僕から保証できるかなぁ。
               ソ __\_ イ__|ゞソ:::::::::::::::::::::::::::::::.....
                ハ }  ∧   ト 、  ̄ ヾ:::::::::::::::::ヽ                           マスター? > クー
           __  -=/ ヽ l__/  ヽ  /  i --  _}_ヽ::::::::ハゝ、
             / l  イ//ム/ \/   l       >、:::l 彼もうちの常連でね。
       /    /  l  {///   / \-- ヘ     /  l:::ノ
       i     {    l ,ィ-=/  /     〉     /      性格は言うなら……『良くも悪くも喧嘩好き』かな。
           l   l ////  /    /      /    l
      l  l    i   l////}/    /               真っ直ぐな性格だし、人をだましてどうこうとか、
      l  }    l   {///    /       l
      l {    ヘ  V/    /         l     l    そういう知恵を働かすタイプじゃないかな。
       } l     ヽ/   /                l
        l     /  /
      / il     l /              l      l                       おいこらマスター!
      / i     l ^               l      l                おめぇ今人を馬鹿にしただろ! > ベイ
     l  l     i ○               l      l
┏────────────┓                   おや、聞こえてしまったか。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、どう説得したものかと頭を悩ませていると、横合いから声が降ってくる。
| カウンターの中に立つ酒場のマスター、聖十郎だ。
| 真っ直ぐな性格……その言葉の裏に単純バカとか考え無しみたいなニュアンスを含めた
| 言葉でヴィルヘルムを平然と評し、それを聞いたヴィルヘルムが声を上げる。
| ……まあ、マスターは聞こえるように言っていたようだし、バカと言われれば気にも障るか。
┗───────────────────────────────────────┛
4139 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:42:10.66 ID:kr3B1byA
マスターの判断なら安心だろ
4140 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:46:17.66 ID:bfmJoYoW
マスターの保証なら安心だ
4141 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:47:23.26 ID:a0MtWUjk
.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{  ……とまあ、性格についてはマスターの言う通り。
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ ここではじめて会った時も、
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::. 互助会の連中を真っ向から殴り飛ばしてたし。
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::}            ……酒場で何やってんのよ、あいつ > クー
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::| ま、まあ悪いのは互助会の側だったし……(震え声)
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| クーデリアに連れられて行ったカウンターで、思わぬ援護射撃を得られた。
| ついでに初対面の時の行動などを教えてみると、クーデリアのヴィルヘルムに向ける目が、
| 不審な人物を見るものから、バカなんじゃないかと頭を心配するようなそれに変わった。
┗───────────────────────────────────────┛
4142 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 21:48:20.07 ID:kr3B1byA
大分改善されたな!(棒
4143 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 21:55:03.50 ID:a0MtWUjk
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈  あーもう、シャナもマスターも言うなら、
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  {         l ├v'人  \  ひ と ま ず は 信用するわ。
                /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ
                   イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  } 腕についても、仮にも私達より上の等級なんだし、
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} / まあ悪くはないでしょうし。
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ                       随分人を疑ってかかるじゃねぇか > ベイ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\ 生憎と、せせこましく底辺を生きてる身だからね。
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なんにせよ、二人がかりの説得が功を奏したか、
| ため息を吐きながらもテーブルへ戻っていくクーデリア。
| 今回だけは信じてみる……というか、監視や試験のつもりで同行してくれるつもりのようだ。
| まったく、このお人好しめ……
┗───────────────────────────────────────┛
4144 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:03:42.21 ID:a0MtWUjk
                        _ ,r ´ ̄`
                       /  ` i!´ヽ `ヽ \
                     /   ∧/ !   、  .  ヽ
                        /   /彡"゙!  ト、       .
                    /   /   //'i i二ヽ       .
                      /  .  !-‐_、'/ i´セァ/i  i    !  ま、良いぜ。
                  /  i .i´rセア/″ ̄  li、  、   !
                    / / .: i、i ̄  , 、   l. i !:.   !  こんだけ慎重に人間見る奴なら、
                 / / ! .::.:'.:.ヽ   __ ィ li i !i.:.i   i、
                 ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ヾ二ニ ' リ'/リ.:.i!.  !リ  シャナが言う通りバカじゃねぇんだろ。
                 i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、      /'::'!.:.i !  /′
                     ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/    及第点だ。
            , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ
           /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _
           {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _
           }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧
            /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
             /ニニニニiニニニ∨/ ノ迅ニ\!  i/=〈  べ、'ニニニニニ/ニi
         /ニニニニニiニニニ∨∧_三ニ=-‐、三ニ / ノ>ーヽ ニニニ/ニニヽ
           /ニニニニニ{ニニr=ニ二ニニニニニ. こ/.ノ ,.::ニ=iニ´ニiニニニニ‐-
        〈ニニニニニニ}ニ∧=ニニニニニニi  ごィ/ ,ィ‐ iニニニニニ=-ニニ}
         /ニニニニニニ/ニ´ニニ.=ニニニニニニi   に_/ 二_ 〉ニニ=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、___
        /ニニニニ=‐ニニニニニニ、=ニニニニニiー、-rt〈/丿 '/iヽ´:i:i:i:i:i:i' /A\ 、i:i:ii:i:i:i:}
     /,ニニ/´ニニニニニニニニヽ=ニニニニニ}ニ{`ヾ- ´  /ヽ!ニ\:i:i:i:.<<£>> i:iii:i:i:i{
    /二/ニニニニニニニニニニニ}=ニニニ=‐'ニニヽ  ー   / !ニニ=r、:..\V/ .:i:i:ii:i:i:i}
   /ニ/三ニニニニニニニニニニマニi=ニ=‐t´ニニニニ`ヽ_ / iニニニ=ニヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iiii:i:i}
   〉ニニニニニニニニニニ/ニ==ヽヘ////,}ニニニニニi三ニヽ/ニニニ=ニニヽ-=ニ‐--t=″
  /ニニニニニニニニニ=‐iニニニ==ニニi////!ニニニニニ{三/ニニニ=ニニニニ、ニニニ、
 {ニニニニニニニニ=‐   }ニニニ==ニ ヽ///,ヽニニニニ=ヽニニニニ=/ニニニニニ\ニニニヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方、ヴィルヘルムからクーデリアの評価はと言えば、
| 元々相手が五級ということで期待はしていなかったのだろう。
| 実力は度外視、邪魔をするかしないかで判断して、合格点を出す。
| まあ、比較対象が互助会の連中だとすれば、別に嬉しくもない当然の結果であるが……
┗───────────────────────────────────────┛
4145 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:10:51.83 ID:kr3B1byA
彼女シャナとのコンビニ^ネーションは目を見張るものがあるのにwww
4146 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:15:14.24 ID:a0MtWUjk
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.                         そういうわけ(よ/だ)、シャナ >>
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ 臨時チーム結成、だね。
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ / 今日は一日準備に当てて、
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /     遺跡に行くのは明日でいい?
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、      ー ‐     イ|::::::|:::|                        おう良いぜ。で、どこの遺跡行くんだ? > ベイ
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ                    ……あんた、それ聞かずに行く気だったの? > クー
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|                     うるせぇ四級遺跡程度どこでも一緒なんだよ! > ベイ
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧       ……二人とも、落ち着いて。
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|       これ、遺跡について集めた情報だから。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんにせよ、無事双方の同意を取りつけ、一日限定のチーム結成は成功した。
| ヴィルヘルムに乞われ、明日行く予定の遺跡について、
| 分かっている限りをまとめた紙を卓上に差し出す。
| その過程でクーデリアがヴィルヘルムに向ける視線がさらに残念なものになっていったが……
┗───────────────────────────────────────┛
4147 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:19:22.61 ID:kr3B1byA
格闘センスや(義体)パワーで押し通るタイプだから…(震え声
4148 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:25:12.29 ID:a0MtWUjk
                       /         ヽ  /           ヽ
                      /           ヘ、/ l           ヘ
                     / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                     / l/        l     l    l lヘ        l  l
                    /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l  あ? なんだよ行き先は
                    /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l
                     //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l  出涸らしみてぇな遺跡か……
                  // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                      // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l      私はむしろ、背伸びしすぎないとこが好感ね > クー
                 l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
               -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l   まあいい、明日の朝で、
            , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
           /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ 送迎車予約入れとくぞ。
          /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
         /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
      / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  //;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
/ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:
/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナのまとめた情報を眺めながら、明日の動きについて軽く打ち合わせをしていく三人。
| これも、事前にクーデリアが顔合わせをしておきたいと言ってくれたおかげか。
| とはいえ、行先は五級に落ちる頃かと言われている四級遺跡。
| それほど長々と話し合うことはなく、適当なところで切り上げ、
| また明日組合前に集合でと言ってそれぞれに店を出ていく。
| 送迎車は、四級のヴィルヘルムが手配するようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4149 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:26:10.59 ID:kr3B1byA
一応リーダーはヴィルになるのかねぇ?
4150 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:30:54.52 ID:a0MtWUjk
強いてリーダーをあげるなら、シャナかな……?
ベイもくーちゃんもシャナの為に集まったメンバーだから、真ん中にはシャナがいるわけだし。
4151 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:32:48.63 ID:kr3B1byA
ああいや組合や送迎者の手続き上の話で…
特にそういう制限はないか

心情的にはシャナが中心なのは理解できる
4152 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:34:19.57 ID:a0MtWUjk
手続き上は、ベイが組合で「明日五級二人連れて四級遺跡いくから」と言って終わるだけかなー。
特に手続きとか書面上のチームリーダーとかはない感じ……?
4153 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:34:40.21 ID:kr3B1byA
ほうほう 把握
4154 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:37:40.62 ID:a0MtWUjk
..  〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
..    |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
..    |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
..    |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|  ふぅ……
..    |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|
..    i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::::|   /::::::::::|::::::::::::::::::|  何とかまとまった……
       |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|
             ヽ                /::::::::::::::::::|_ ::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::.|             お疲れ様、シャナちゃん。
                ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::.|           ジュースもう一杯、どうだい? > マスター
             丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
            /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|::::::::::::::::::|  ……いただきます、マスター。
              //////.ハ    |ヽ//////////////////////|::::::::::::::::::|
          ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|::::::::::::::::::|
          |//////// : : : : : ///i/////////////////////i::::::::::::::::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルヘルムとクーデリアはそれぞれ準備があると言って『逆さ十字』を出て行き、
| 一人残ったシャナは深く椅子に腰かける。
| クーデリアへの説得は、予想以上に骨が折れた。
| 気を利かせたマスターがテーブルまでジュースを運んできてくれたので、ありがたくいただく。
| ともあれ明日は四級遺跡だ。こちらも調整を終えておくとしよう。
| ジュースを飲み干し、代金を支払って店の外へ。まずはガンレンジで銃の調子を見ておくか。
┗───────────────────────────────────────┛
4155 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:38:15.28 ID:a0MtWUjk
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

4156 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:38:35.71 ID:kr3B1byA
シャナの45口径が火を噴くぜ!
豆鉄砲かも知らんが
4157 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:38:49.44 ID:kr3B1byA
乙でしたーー!!
4158 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:39:24.29 ID:bfmJoYoW
乙乙ー
4159 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/28(日) 22:39:34.46 ID:a0MtWUjk
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……ちょっと早いですが、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      まさか二回投下しても遺跡にたどり着かないとは……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    シャナが銃の調整をやるように、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  スレ主は遺跡の調整があるのです。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ 
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
4160 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:40:48.02 ID:DRAkS40R
乙です
4161 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:41:10.35 ID:kr3B1byA
トイザラス辺りに取材に(ry
4162 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:41:43.55 ID:DRAkS40R
>>4156
45口径(フォーティーファイブ)が豆鉄砲なわけないだろ!(アメリカ海兵隊並感)
4163 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/28(日) 22:41:54.49 ID:Q/Hx+o61
乙です
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2748-4e2cc13e