情報部シャナのスカベンジ日誌 3rd Turn 「ハイエナ」その3

4174 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:23:41.95 ID:oL3fULhe
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                3rd Turn 《ハイエナ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4175 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:24:07.08 ID:oL3fULhe
              ,..ィ::::-=,::::::::::::::::::\
            /:::八::::,,,:i::::i:::::ヽ:::::::::ヽ
            /:::::/::::从~ }:::ハ:::::::i::l:::ヘ::\
          //:::/::::ノl:} /:/_,ト ,:::l::l::::ハ::::::ト.、
         ///:::/::::,イ-{、// __ , l:::l:i::::::}::::l ヾ  あの様子だと、あの子たちの中で、
         V {::::{::::::i __ ,, ヾ、   l:::l;:::::::l:::リ
          ヽy::::::::ハ  、    {;イ ゝ::l:从    未来のチームリーダーはシャナちゃん、かなぁ。
            }::{::::ム  _  - '   /l:::::人
            ゞ乂::::>、 ''   ,.イ l:::::}ヾ   __
               ソ __\_ イ__|ゞソ:::::::::::::::::::::::::::::::.....
                ハ }  ∧   ト 、  ̄ ヾ:::::::::::::::::ヽ
           __  -=/ ヽ l__/  ヽ  /  i --  _}_ヽ::::::::ハゝ、
             / l  イ//ム/ \/   l       >、:::l
       /    /  l  {///   / \-- ヘ     /  l:::ノ
       i     {    l ,ィ-=/  /     〉     /
           l   l ////  /    /      /    l
      l  l    i   l////}/    /
      l  }    l   {///    /       l
      l {    ヘ  V/    /         l     l
       } l     ヽ/   /                l
        l     /  /
      / il     l /              l      l
      / i     l ^               l      l
     l  l     i ○               l      l
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 主に世話焼きなちびっ子スカベンジャー、\ちっちゃいってゆーな!/
| クーデリア説得の為、顔合わせに酒場へ集まったシャナ、クーデリア、ヴィルヘルムの三人。
| 最初こそ見た目チンピラのヴィルヘルム相手に警戒心丸出しのクーデリアだったが、
| シャナや酒場のマスターの説得によって、彼への評価を改める。
| 
……不審者から、残念な人へ。
| なんにせよ、これで探索の準備は整い、
| シャナとクーデリアは初めての四級遺跡へ向かうのだった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>4052

      同行者:クーデリア   >>3820  ヴィルヘルム >>3822

      好感度一覧        >>3823

      このターンの遺跡   >>3798 【おもち屋遺跡】

4052 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/27(土) 16:57:53.15 ID:VQe/CCRl
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 208 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを装備・保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトであるが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕、チャフ 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:42:30.95 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

  クーデリア・フォイエルバッハ 5級スカベンジャー

 最近フジノミヤにやってきた新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  45口径リボルバー拳銃 ……中折れ式の旧式リボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                    アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃 ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                 ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              

  銃器    Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲    Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。
3822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:44:02.19 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば等級不相応に高く、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃                   極めて頑強で、素手で金属板を殴った場合、相手が一方的にへこむか折れるか穴が開く。
  ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
  45口径短機関銃

  格闘術  Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器  Lv:3 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間単独では使用できない武器を使用できる。
3823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:47:06.61 ID:xlHI+v0i
 【好感度一覧】

   クーデリア..  ……B-   (また、一緒にどこかに行きたいな)
   やる夫.     ……D    (格好悪いとこ見せちまったお)
   ヴィルヘルム ……B-   (見込み通りみたいだな)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎.     ……D-   (初めての依頼、がんばれ)
   スカサハ.    ……D    (長い付き合いになりそうだ)
   リッカ.     ……D    (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ.       ……D-   (出来る人かぁ、ちょっと格好良い……)
3798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:12:31.87 ID:xlHI+v0i
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 郊外のガラクタ山 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないだろう。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  なお、比較的近場のため送迎車は出ておらず、しかし歩いて通うには確実に遠い、
  という絶妙な位置関係により、5級にも非常に不人気な場所である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 郊外警備

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【受諾条件】 マーセナリー、4級以上のスカベンジャー、または組合から推薦のある者

 【報酬】 30円

 【解説】
  現在諸事情により警邏隊の手が足りていない。
  そのため、有志にフジノミヤ郊外の警備任務を手伝ってもらいたい。
  ミュータントが出現した場合各自の判断で交戦してもらうことになるが、
  それ以外ではこちらの指示に従って、待機してもらうだけでよい。
  報酬は交戦の有無を問わず一律。余程の事態でなければ増額はしない。

 【備考】
  他チーム・警邏隊との共働有り

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4176 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:24:38.64 ID:oL3fULhe
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4177 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:25:25.84 ID:oL3fULhe
        γ──0> 0> 0>───┴─┴─┴──────┴─┴─┴───────-、
.          0_[〔|2|市外循環〕]_0_γ==============================================ミ =
        lγ:───:┬───‐┬、||..____ 〔二二〕 ____..ii─ii─ii 〔___〕.〔___〕 〔_ヽヽ .|
        |:;|  ∧∧...│       ,| ||| ||  ||  || ii─ii─ii ||⌒||⌒|| ||  ||  || | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| ||│
        |,|  (゚Д゚,,) ,|.       ,|  ||| ||  ||  || ||  ||  || ||  ||  || ||  ||  || |    | |    | |    | ||│
        ||_,⊆⊇⊂._|____|_ノ|| ||_||_|| ||_||_|| ||_||_|| ||_||_|| |__| |__| |__| ||│
   /ニニニニニiニニニニニニiニニニニニヽ二二二二二二二二二二||二||二||!二二二二二二二二二二二二二:|
  0)___━━___,0)_━_,|_     乗合  =<      ||⌒||⌒||   組 合 事 務 所        |
 〔00〕ニニノ・ゝニニ〔00〕.・ __ ヽ         )二).    ||  ||  ||                   │
 0= `─────´ 0=__/   ヽ_.|______<____\__.||_||_||__γ ⌒ ヽ____________.|
 [二二二[二二]二二二二]l|||  ∴ | ||_______________||_||_||_=|  ∴  |            |〕
  ||||!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|l|||  ∵ | ゙゙────┐       . ||_||_||_/'|||||  ∵  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞゝ__ノ         ゞゝ__ノ           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞゞゝ___ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……翌朝。
| フジノミヤ郊外を走る組合送迎車の中に、三人の姿はあった。
┗───────────────────────────────────────┛
4178 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 21:26:42.42 ID:PjRkNf4s
福本モブ(事案チームっ!?)
4179 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:28:34.31 ID:oL3fULhe
    /::::/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::从::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|八|i∧:::::::| \:::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::/..! リ |:::::::|   \:::::::|::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|  眠い……
    |:::::::/从:::::::|:::::::::|/  .i! .\|:::::::|    .\::i/ .i::::∧ ::::|:::::::::::::::::::::::::|
    |::::/  |:::::::|:::::::::| ≦ミ云气㍉\:|    / ェャ云≧ミ ::::|:::::::::::::::::::::::::|                 大丈夫、シャナ?
   |ノ    |:::::::|:::::::∧ ヘ トィ::::从  i!    〃トィ:::::爪  ヽi::::::::::::::::::::::::::|               私が立とうか? > クー
       |:::::/ヽ:::::|∧  儿し勹           ヘし勹   ∧::::::::::::::::::::::::|
       |::/  ヽ::| ∧     ̄           ̄   ∧::|:::::::::::::::::::::|  いい。
       |ノ    i! ∧        i          ∧ ::::|:::::::::::::::::::::|
              /|.: : : ヽ                ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::|  座ったら、本当に寝そうだから。
          /.;..;.;|.: : : : : 丶     ′ `       ィ' ::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
        |.;.;.;.;.;.;|: : : : : : : : : : : ト  _    孑..:::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
        |.;.;.;.;.;.;|.: : : : : : : : /ノ       し\/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| この日、家を出てからすでに十数分は経っているのだが、シャナの眠気は醒めていない。
| 昨日の夜は暑く、少々寝苦しかったのが原因だろうか。
| 目の前では、座席を譲ったクーデリアが、場所を変わろうかと問いかけてくるが……
| まあ、体を動かせばじきに目も醒める。
| 体調不良と言うほどのことではないのだから、探索に支障もない。
┗───────────────────────────────────────┛
4180 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 21:29:27.55 ID:PjRkNf4s
千年後も猛暑なのか…w
4181 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:31:46.07 ID:oL3fULhe
                 ,.. --- .. _
               /    r-   ` ..、
              /         ` :.. \
             /    ,     \  ヽ:. 丶
             .l  , / /ミx、/ヘ  \  ヽ:. ',
             l  i .,' {ミシヾ从ハ '., ',  V ',  なんだお前ら、朝っぱらから情けねぇ。
            .l .i l i! i      '., .', iミ、 V .}
            j ノ! li!:i! l       .i ハ .lタミ、 l  出涸らしとはいえ、これから楽しい戦じゃねぇか。
            ノ,i|  .i:::i ≧.,,__、 ,__,ィ≦il}fヾ \ {
           ノ:/i  .ハノ、::::::::::}=={:::::::::jiノ ノノ∧、ヾ
          {//:|  i!  {  ̄ ̄   ̄ ̄ /´/// }\≧                         バトルジャンキーの、
        /⌒i/∧ l ∧    、_ ,   ///////l//\                     義体使いと一緒にしないで > シャナ
    ,...、-イ::::::::///∧ { .{  \`ー-一´/.!//////.レ///.\
   rヾ:::ヽ::::::::/:V///∧jヽ   ` 、_,,. '  .////////!//////≧=-..._                  え、こいつ義体なの? > クー
  ノ/∧::::ヽイ: : :l|V/////∧  ////∧ ∧///////!///////////∧
 ////∧:::::}..i : : ,il/V/////∧ ./V////.V////////l////////////∧  ああ、そうだぜちb……
//////∧__:l..i ̄: il//V//////〈  }三{ ///////////////////////∧
/////////∧i : : :il//三三三ニV二ニV三三三\/////////////////∧ クーデリア。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方、シャナと同じくがらがらの車内に立ったヴィルヘルムは、
| そんな二人を眺めて楽しげに笑う。
| 機械制御された義体ならば、眠気とは無縁なのだろうか……少しだけ、羨ましいと思った。
┗───────────────────────────────────────┛
4182 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 21:32:20.60 ID:qCW/0SKM
眠いときはいっそ10分くらい寝た方が頭もすっきりするがな
4183 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:34:25.93 ID:oL3fULhe
/ 次は~おもち屋遺跡~おもち屋遺跡ー \

     .     _______||\
     ___{{_________\
     ||               |:P:|「  o  ベイ < っと、そろそろ下車時間だ。
     ||                      ̄||┬┤       気合い入れろよ、お前ら。
     || ┼ ヽ ニ|ニ  ー/- ーレっ ||┼┤
     || d⌒)  し    つ    |  ||┼┤ クー < 言われなくても。
     ||                 ||//         行くわよ、シャナ。
      ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ ̄|
           || |        || |      |    シャナ < ……まだ、車止まってないよ。
           || |        || |      |
        _|l |_ _  _|| |_  _|_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんにせよ、目的地の遺跡が見えてきた。
| ヴィルヘルムに促されたからというわけでもないが、気合いを入れるとしよう。
| 今日の仕事場は、すぐそこだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4184 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:37:49.01 ID:oL3fULhe
      【MAPデータ】

   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |                    |
   |                    |   ;;;;;;=瓦礫
   | ̄;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      1     |
   | ̄|                 |
   |階\                |
   |    \              |
   |段     ̄            |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄

            ■ 0 ■

  0.送迎車発着場 【現在位置】
    標識が立っているだけ。帰りはここで送迎車を待つことになる。
  1.おもちや広間
    入り口を抜けてすぐの広間。倒れた棚や瓦礫などがあちこちに散乱している。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……車内アナウンスから数分が経過した。
| 組合の送迎車を降りた三人の目の前には、一件の建物……遺跡がそびえている。
| 周囲に建物はなく、恐らくは経年劣化や自然、あるいは人の手によって瓦礫と化したのだろう。
| ひとまずは、正面の入り口から中に入っていこうか。
┗───────────────────────────────────────┛

   ▼ 選択肢が一つだけの為、自動的に1に向かいます。
4185 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 21:39:46.76 ID:PjRkNf4s
瓦礫の中やその向こうが狙い目…?
いやまあ漁られているとは思うが
4186 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:41:41.03 ID:oL3fULhe
ノl!\:::::>.、                       ィ全ェ全ェz.、 `ヽ
下`ゞ!三!三\                      !////r==xト!ト!トi!                     j|
.リ  ∨!三!三ゞ!ヾ               ̄∨/弍_ノト!ト/                         j|
 ̄! `戈n!三 シ  ` : .            /` ̄ ̄ ̄                         j|
―――ノく ――――――――――――――――――――――――――――――――― .l| ――――――
     ゞイ    ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;' ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';'`:,゙;:, ,゙;:,;'`:, ,;'               _l|_ ;'`:,゙;:,, ,;'  , ,;';
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ.r=ァ ニニニニニニニニニニニニニニニニ ∨ ニニニニニニ
 r  、       ` : .、    /l!>、 l ニニiニニニニ∨j!≡≡!ニ/ニ/            r_,.ィ|ト、,,,, ;! ベイ < さて、中はどうなってんのか……
 |   l lr= - 、  l!――――‐.i木i ―――――――. 木 ―――――――――――― l! _  .ノl ! |   |!       おうおうこりゃひでぇ。
 i  i |!三三i l l! r=r= - 、!ヾ__________l::!__________,,  _´_j!  l |__.! |   li
 i  ; |!    i | ! .! :| i≧! :! |  |       |: : : : : : : : : : : :|― :|r==i  r==i |_   l ::l!  |r=====!:!   ! シャナ < ……流石、出涸らし。
 i  l |!    | ! .j! |..:| i   | j .:|  l三三l  |: : : : : : : : : : : :|   :|l三:l  |_:!..:|::!  |  j  .||---r=:|:|   l!       見た目は五級とそう変わらないね。
 | ||=l!==l!======l!=l!=   ! l ::l  l三三l  |:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:|   :|l三:|   |  :!..:|::!  | .:l  :||=u=| =|:|   l!
 | || :l!  li  .| ! .j! |..:| .|   .!=:l==|==l ̄ ̄l  | ―――――.:| ―:|l三:|― |―:!.::|::!:―:| 、::!  jj==j :|:|_ _j! __
 | || :l!/l! ̄:!;| ̄! ̄!_!,,=―――――――――――――――――――――― - 、 ::!  ||: : : |: ::|:|
 | ||/l!  l! ..ノ大,,≦     ____                               ≧: .、: :.::|: ::|:|
 | ||ノ;[;, ,≦.       ,,≦: : :.::.,,<||    l´`l                  ______.  ≧弍__!;!
 |, ,≦           || ̄ ̄ ̄||   ||  r=r==!               r=x... ̄ ̄||: : : : : : :|.      ≧: .、
´                 ||      ||.     l! l! l j  : : : : : .   . :     ヾ::::!     ||: : : : : : :|          ≧: .、
                  ll.               , ,;';'`:,゙;:,      7:`ヽ,゙_||:_:_:_:_:_:_:|            ll ≧:
                   |   |!  /  , ,;';'`:,゙;:,;'`:, ,;',゙;:,,゙;:,, ,;';'`:..     l: :\/                 |   |!  /
                   ト=.イく_/       ;'`:,゙;:,, ,;'               `/\       マ  .マ       ト=.イく_/
                  ヒニ!/.    ,゙;:,, ,;';'`:                       マ  l!  マ.    ヒニ!/
                                                    マ ノ===:ヾ
                                                    ∨: : ::/__\
                                                     ̄ \: : : :ヽ
                                                         `ー=イ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 5級への降格が噂される、4級遺跡【おもち屋遺跡】
| 扉も何もない入り口をくぐり、入り込んだその中は、ひどい荒れようだった。
| 床には無数の瓦礫が転がり、それにかぶさるように、あるいは埋もれるように、
| 店舗であった頃の名残である商品棚が転倒している。
| ……見れば、天井の一部も既に崩落しているようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4187 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:44:46.72 ID:oL3fULhe
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´   ダメよシャナ、油断しちゃ。
                   ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \
                /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ  見た目は一緒でも、
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、  - /l /\: :ヽ 、: :ヽ |  4級なら警備ロボットがいるかもしれないんだから。
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   私達は初めてなんだから、くれぐれも慎重にね。
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉                         大丈夫、分かってる > シャナ
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その荒れ様を観察して、ポツリ、まるで五級遺跡の様だと声が漏れた。
| けれどそれを耳にしたクーデリアは、シャナを戒め、注意の声を上げる。
| 大丈夫、分かっている……いや、分かっていない、と言うべきか。
| 四級遺跡のことなどわかっていないのだから、油断はしたくともできそうにない。
| 警戒しつつ、まずはこの広間を調べることにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
4188 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 21:50:20.40 ID:PjRkNf4s
さすがにこの辺りは期待できるものはないだろうなぁ
4189 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 21:52:35.49 ID:gp5XJ2hs
マイナーな人気のおもちゃでもあれば
4190 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 21:54:07.74 ID:oL3fULhe
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧                         ま、なんでもいいさ。
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧                  さっさと警備ロボでもさがそうぜ > ベイ
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/ 待ってヴィルヘルム。
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|    まずは、この広間から探索しないと。
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込              ./):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、                    あ? 見るからになんもないだろ > ベイ
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\    小さい電子部品とか、
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\ 鉄くずとか……そういうのも、売り物になるんだから。
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)              あー、そういやそうだったか……
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //                性に合わねぇんだがなぁ…… > ベイ
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}             (探索大丈夫なのかしらこいつ……) > クー
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……と思ったら、敵がいないとみて取るや、ヴィルヘルムはさっさと奥へ行ってしまおうとする。
| 生憎警備ロボットの存在が確信できない以上、それを収入に数えることはできない。
| 彼を引き留め、今度こそ"クーデリアと"周囲の探索を開始することにした。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索安価 1D100+観察眼(15) 目標値:70

   ↓1~3 シャナ、クーデリアの探索について自由記述 (ヴィルヘルム? ああ、うん……書いてもいいんじゃない?)
   ↓3    ダイス採用

4191 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 21:58:51.62 ID:PjRkNf4s
【1D100:46】

物陰や瓦礫の影など・床、天井をライトで照らす
高い音をたててその反射音で見えづらい地形を把握する
重そうな瓦礫は義体のヴィルに運んでもらおう
崩れた天井なども確認しよう 背丈の高いヴィルにシャナとクーデリアのどちらかを肩車などしてもらうのもいいだろう

4192 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 22:01:57.37 ID:gp5XJ2hs
【1D100:98】 転ばないように足元に注意、倒れた商品棚から状態のいいものがないかチャック
箱入りの説明書なども残ってるのは高く売れそう
4193 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 22:10:24.47 ID:oL3fULhe
15分経過につき、スレ主が判定ダイスを振ります。
【1D100:38
4194 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 22:11:15.56 ID:PjRkNf4s
アイエエエエ!最低値!? 最低値ナンデ!?

ダイス振るだけでもいいから振って、ドウゾ
4196 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 22:13:16.06 ID:oL3fULhe
えっと、38+15で53で、安価補正が付いて、目標値が70……ふむ。
4197 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 22:14:14.06 ID:PjRkNf4s
ギリセェーフ?
4198 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 22:17:11.09 ID:oL3fULhe
  ダイス【38】+安価【20】+特技【15】 > 70 成功!

          __
       ./`>夊__!_j____
      / ァ‐-、 `r―-r》》》、___               __  シャナ < じゃあクーデリア、瓦礫の影とか、
       / i f⌒i !  i   i_i i_jii  i`¨¨`¬‐ュ-、____r'⌒fー'´ 》        注意してみてみよう。
     ./  弋__久.  i        i      L;;::..__》!「`゙ー--《
    /          _j____     i                  _ノム  シャナ < ライトとかは持ってる?
     >k、.    / fソ` ̄`ーfソnnnm.r--、  , , ,,,,,,,,f_rkノ         無ければ、マグライトとかあるけど……
      `>≧-、,イ______////////____ _  ///,',',双7
    _,fFv仗_    i三三化イ‐ニ¬・…'7, / ̄7r' ̄7/ ̄/ /__   クー < 小さいのなら持ってるわ、大丈夫。
  ., '´   `ヽ. \  j三三!L「´ f^!__  ヽ/ r-'《`ー'// ,斗く.....:.:.\
 / ,r'⌒ヽ. マ  .i} i`ヽr--'ハ `ヽ.ノ  /´ `ヽ、  /ヘ、 ハ....:.:.:∧クー < (シャナの銃、ライト付けてる……)
 | .i|    !  i   i} i__/ _,,,,... . . . ....}/.._八   .f^ヽYr‐-、 ヽ i....:.:.:.:∧     (あれなら敵が出てもすぐ攻撃できるのね。覚えておこっと)
 l  弋_ノ  ,'  y'=-―・…‥'''''フ",r'⌒`ー-下、人`ヽ_j_,ノ....:.:.:.:.:.:.〉、
 ヽ.、 _ _/ /_____,斗'   { ヽ、_     `T¨´............:.:.:.:/.:.:.\
   `¨¨¨¨¨ ̄ ´            〈ゝ、   `ー-、____ノ....:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:\
    ※ 心の綺麗な人にはライトを装着した短機関銃に見えます
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 入り口脇に立ち、シャナはコートから45口径短機関銃を取り出す。
| その銃身下部に暗所を照らすためのライトをセットしながら、クーデリアにも声をかける。
| 流石にこういう探索には手慣れているのか、
| 彼女はリュックからシャナも持っているペンライトを取り出して見せた。
| さて、いいものが残っていればいいのだが。
┗───────────────────────────────────────┛
4200 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 22:30:31.83 ID:oL3fULhe
   ※ ミニチュアです   |   r‐-、 ._._ ,_,_.,_.,_.,__.,_.,_.,_.,_.,__.,_.,
         ./_____|l.,__ (⌒i,,| l_l_|..|□|_i|_i|_i|_i|_i|_i|_i|_i|_i|_i|
        /(_(:::[・・[(:::(_(__)二ii二ii二ii !==i====|i ̄l====.;=;=========|i ̄l===`i  シャナ < さて、くず鉄でもあれば……
   .   .,i二二二二二二二i二|_|___|_|:|~ii二二ii二二ii二二ii二二ii二二ii二二ii_|__
    ,_/´------------ ,'´----------ヽ...|‐''"~i   ====        ===='''"~_,..-'E||‐' シャナ < ん、これ……金属製のミニチュア玩具?
    ,|  i ._/@二ヽ . Of ̄~i.f ̄ ̄'i.| i ̄ ̄i .|..|   | .       _,,.-‐'''"~  _,..-''U   ||
   [;;] ! (・∀・ )  |[;;] |.|    ,!|.|__| .| |~| .| ._,,.-‐'''"~   _,..-'''C        .|l  シャナ < 形は何であれ、金属に変わりはないし……
    ヽ| っ⌒'と )  l[;;]_! !-‐'''"~ | ,,.-''" .| | ! ''"~    _,..-'''S             |ニ:        一応、持って帰っておこう。
     i ̄ ̄ ̄* ̄ ̄ ̄'i.| i'''"~フ,,='!"   .=.| ||    _,,.-''"E                |ニロ
   _|、_li三=(-)=三il_∠l..:'ー'~‐''ニ|___|_!!_,,.-''"R._____シズオカ消防  _|].l |._
   |‐-.,lfrl.iニiニニ,.-‐y ̄il_//⌒ヽ;;;i二iー―|i ̄= ̄ ̄ ̄ ̄= ̄i.=//⌒ヽヽ=.i ̄= ̄i‐'-'il |
    ! ̄日.[二].日 ̄~   !二|」i ($)i;;;l二|..。ロ.||           . | ,|ii ($).i;;;| |   ..|_/|__|
     ̄ ̄ ̄ゞ;三ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞ_,ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞゞ;三ノ ̄ ̄ ̄ ̄ゞゞ,_ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 入り口すぐの広間だ。
| 目につく場所には流石に、碌なものも残っていないだろうと物陰を中心に探索を開始する。
| 崩れた棚の影を覗くと、瓦礫に紛れて掌サイズの車両の玩具が落ちているのを見つけた。
| 手に取ってみると、その質感からして軽い金属製らしい。
| 小さくて量がない分、売値はあまりつかないだろうが……
| 金属には違いない、見付けた分を収集品用の袋にしまいこむ。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| くず鉄?  ×3
┗───────────────────────────────────────┛
4202 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 22:32:15.46 ID:gp5XJ2hs
おもちゃとして売れるといいなあ
4204 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 22:33:34.79 ID:bzqatfzT
マニア向けの需要ありそうだけど…買ってくれるかな?
4205 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 22:39:51.29 ID:oL3fULhe
                      ____
              ,. ':´ ̄/. : . : . : .`:ヽ
           /. : . : ./. :-- .、 : . : . : .\_
          /. : . : ./ . : . 、: . : .`丶. : .へ:_:Xル}
            /. : . : ./. : . : . : . \. : . : \:}≧f寸ツ
            f . : . : /. : . : .,ヘ. : . : \: . : .ヾ´.;}!: .ヽ   ぐ、この……
            | : . : . | . : . :/  \. : . :ヽ. : . :ヘ: リ : . :\
         ,イ. : . : .l. : . :/     `X : .ヘ. : . :∨ヘ . : . :ヽ  棚の下に、何か箱が見えるんだけど……
       /. :!: . : . | 、/    ./ _, ≧、ヤ. : .fヽ丶 : . 、:ヘ
        f. : :.| : . : .{/ ` ̄    / {l以リ !. : . }jリ: :}、. : .ヽヘ 手に取ろうにも動かない~~!!
        |: : : l: . : . { /下≧       `ー' |: . : レ: . :| \ : ヘヾ
..        l: . : .リ: . : .lヽ 乂ソ   ,       .!. : . | : . |、  ヽ:.ヘリ{                        どうかした、クーデリア? > シャナ
        |: . : .|`、: . ヘ:ヘ            /|. : . } . : {:.\  ヾ}ヾ
        リ : l.リ ヽ : .ヽ :ヽ、   --  イ: .}: . /. : . ル : ヽ  リ いや、この棚に下に、ね……!
      ノル/}j   )ヽ: .\: . :> ‐- '´ .{≧!: .{、_: . /: . : . l
      ' }/ f  ノリ: .ヘ : ヽ/::::::/}    〉::l. :|ヽヘ`ー、 . : |   箱が! 落ちてる、から!
..         リ   /: /: / ノ}: . }:::::/     リ:::ヽヽ`、ヘi:i:i:i\}
..        /   ノト : ,'/i:i:y :/:::::ト=、_,.-‐=7::::::;{: .〉-ゞ〉i:i:i:i:i:ヽ  ……取ろうと!!
       、__,ルリ: ,/i:i:i:/:/≧イ`fリ-'´゙'゙ト≦fl :{ヤ'i:f:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ
         _ ノ. :/i:i:jヤl:.{:::::::/  ′  ./:::ヾヘ):):i:i:i:i:i:i:i:i;i:i-‐‐ヘ ……ぜぇ、はぁ……してるのに、動かないの。
        /. ; 'ノヽifヘ::::):):::::lヽ'´ヽハ.,/::::::`ー='、ヘi:i:i/      ヘ
        /:/}:/  `、;ヘ::リ:::::リ. . . . . . .}:::::::::::::::::::〉≧   _, -┬'゙
      j/ fリ〉、.    ヾヘ::::::/ . . . . . ./::::::::::::::// __ /:::::::::::|
      {! j {::::\   ヾヘ:/. . . . . . /::::::::::://-‐':::::::::::::::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方、シャナとは少し離れた位置に居るクーデリアはと言えば。
| 棚と瓦礫と床の間にできた隙間に、何やら箱が落ちているのを見つけた模様。
| けれど箱を直接取るには場所が悪く、だから棚を動かそうとしているのだが……
| 生憎と、小柄な彼女では持ち上げられずにいるようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4207 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 22:46:51.74 ID:oL3fULhe
                 ,.. --- .. _
               /    r-   ` ..、
              /         ` :.. \
             /    ,     \  ヽ:. 丶
             .l  , / /ミx、/ヘ  \  ヽ:. ',                わかった、なら私も…… > シャナ
             l  i .,' {ミシヾ从ハ '., ',  V ',
            .l .i l i! i      '., .', iミ、 V .} いや、下がっとけシャナ。
            j ノ! li!:i! l       .i ハ .lタミ、 l
            ノ,i|  .i:::i ≧.,,__、 ,__,ィ≦il}fヾ \ {  お前もな、ちびっ子。
           ノ:/i  .ハノ、::::::::::}=={:::::::::jiノ ノノ∧、ヾ
          {//:|  i!  {  ̄ ̄   ̄ ̄ /´/// }\≧                  ちびっ子言うな! > クー
        /⌒i/∧ l ∧    、_ ,   ///////l//\
    ,...、-イ::::::::///∧ { .{  \`ー-一´/.!//////.レ///.\  重くて動かねぇってんなら、
   rヾ:::ヽ::::::::/:V///∧jヽ   ` 、_,,. '  .////////!//////≧=-..._
  ノ/∧::::ヽイ: : :l|V/////∧  ////∧ ∧///////!///////////∧ そいつは俺が動かしてやるよ。
 ////∧:::::}..i : : ,il/V/////∧ ./V////.V////////l////////////∧
//////∧__:l..i ̄: il//V//////〈  }三{ ///////////////////////∧ 伊達に義体使いやってんじゃねんだよ。
/////////∧i : : :il//三三三ニV二ニV三三三\/////////////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、シャナが今度は二人がかりで棚を動かそうとクーデリアに近づくが、
| それをヴィルヘルムが片手を上げて制する。
| 代わりの様にクーデリアの傍へ歩いて行ったヴィルヘルムは彼女も追い払うと、棚に手をかけ
┗───────────────────────────────────────┛
4208 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 22:49:40.94 ID:PjRkNf4s
さっすが男の子!!
4209 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 22:53:28.91 ID:oL3fULhe
                         -- 、
                    -''" \  \     ____,,.、、 -
                     l''"ヽ  \  ',  ', \,-''/ ,、--、  /_|_
                 | トx''"  |  ヽ /::::::://    ノ /::::::::::::::::::::`''-、
                    | |〉ソ ',   |  ト|::::::::::/ { | ,、 //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                    ヽ<_,、-'| l |  |ソ::::::::|  `'''''´ /:/:::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::',   動けやオラァ!
                   '、''´レ || ノ;;|、 |___|,、/::::-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                    `-''"/| / |,、-''"::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   ってなんだよ軽いじゃねぇかおい。
                     |从レ k::::::::::||,、-''''- 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|
                          ゝ, -''"::::::`''::-:、, ̄`''-、,:::::::::::::::::::::// |                ちょ、そんなあっさり!? > クー
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、, ヽ-、_-''":::::| |
                      , -'', -''"\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::::/ ||              まあ、戦闘用義体だろうしね > シャナ
                /ヽ  /:/ /二二 \::::::::::::::::::::::::/::::::::/_::::::::::/ /::|
            - 、.,,_/ }  `~ ^ "/>ー t>\:::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::/ /::::\  ほれ、場所は空いたぞ。
             /    `~ ^ " '´    |>| ,、-''|| ∨|\:::::::::::::::::::::::/-''" /::::::::::::::\
          /  / __  _    ∨∧ `‐´ / |/ \>::::::-''"::>--'´-、,\::::::, -'' もの探すなら早くしろや。
          /  / /  | />  /   <ニ―ニ>/   \|>´::::::::::::::::::\:::>ユ:ヽ
         〈 -''"、   /           ̄ ̄ー---''":::`''-、,:::::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ           わかってるわよ。けど、ありがと > クー
          `''-、, ) /    /ヽ        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''"::::\
             `/    /  /    〉 `''〈:::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::`''-、
          ,、-''"',ヽ  _ /  /    ∧/  〉:::::::::`''-、,::::::::::::';::::::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::
    _,,. - ‐::''::^´:::::::::::::',__/ /y     //    /::::::::::::::::::::`''-、,::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 <   λ''''/  /::::::::::::::::::`''-、,::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _/:::::\_/::::::::::::::::::::::::::::::::,、-ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''":::::::::::::::::::::> ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ー''"    ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::>        ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 僅かに腰をかがめた次の瞬間、軽々と棚を持ち上げていた。
| 恐るべきは戦闘用義体のパワーと言うべきか。
| 棚のサイズ故に両手を使っているが、重量なら片手でも平気そうなほど涼しい顔をしている。
| ヴィルヘルムはその手の棚を脇へ適当に放ると、クーデリアを呼び、箱とやらを探せと言う。
| さっさと先に進んで、戦闘をしたいということか。
┗───────────────────────────────────────┛
4210 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 22:55:42.66 ID:PjRkNf4s
単に脳筋なだけかwww
4211 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 23:08:46.66 ID:oL3fULhe
________________________________
|                 _                            |
| ガンプラ          /   `ヽ                         |
|.               イ 〃⌒ヽ } . ─ 、 __ f´  ̄ `ヽ              |
|              ', {   /´  `ヽ  ヽ\ヽ r=ミ ハ             |
|              \ x ´     |!    l::l!::l \ノ /            |
|               /         :|!   l::l!::l  V              |  クー < えーと、確かこの辺に……
|                       _l!__  :|::l!::|   ,              |        あ、あった、これだ!
|.               {       〃 〃ハ  |::l!::| 〃ハ              |
|                      乂弋_ノ 〔::О::〕弋_ノ|            | シャナ < ガンプラ……?
|               |              xr==ミ   !            |        この絵のクマみたいなのが入ってるの?
|               └=ミ  三   ./ ∧三三ハ  .′         |
|                 /  \≧ュ、   .′|. r─‐┐|_/              |  クー < えーと……うん、そうみたい。
|               _/`ヽ    \三三二ニ 廴__./ノ`ヽ          |        ただ、クマがそのまんま入ってるんじゃなくて、
|           f´⌒ヽ\∧ 〔l〔l ` -=ニニ= ´ l〕l〕 }\            |        中の部品を組み立てて作るみたいよ。
|.          /_   ∨ハ∧                /   \       |
|          /´__`ヽ∨.| ∧              /}    ,        |  シャナ < へぇ……じゃあ、それも持っていこうか。
|          /´x==ミ } | .l .∧            //  x─=ミ     |         わざわざ箱に入ってるみたいだし。
|.          {.イ  / ̄ ̄ ̄ ̄ > ──=ニ=─イ./、 ./      \   |
|         V /      /   \ ____//  ∨  ___.ハ  .|
|         ∨        /   (⌒ヽ (ヽ |  |  //   .| / Y⌒Y ハヽ  |
|         |      ′   \_丿.Ⅵ ̄ ̄//、   |′ 乂.ノ {_ノ :|  |
|          、     l  x‐=ミ  r‐/ ̄ .///.∧  、 { 丿     rイ.  |
|           /\     | 弋__ノ  lV  ̄ /// ∧   r=ミ _ /´.  |
|        _/   /` <八      /  ̄ //     ∧   ̄  ̄       |
|.      〃/   ト、    ̄ゝ─<ノ二二イ/    r=ミ           |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なんにせよ、ヴィルヘルムの怪力のおかげで、箱を押し隠していた棚はなくなった。
| 早速元の場所に戻ったクーデリアがライトを照らすと、
| クマのような、ロボットのようなイラストの描かれた箱が見つかる。
| これも前文明の玩具だろうか……
| 箱に目立った傷はなく、中には説明書や部品なども入っている。恐らくは完品、のはずだ。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ガンプラ『ベアッガイ』  ×1
┗───────────────────────────────────────┛
4212 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:09:57.52 ID:PjRkNf4s
ベアッガイだぁーー!! Ⅲじゃない方がレアリティ高そう!
4213 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 23:18:10.94 ID:oL3fULhe
                    .... _
                ´ ̄ , 、ヽ ` .、
                 , ´.,.',、 .ソi! .ヽ ヽ  \
              / / 从Ⅵii| i    '.,  '., ヽ
               ,' / i レ´ ̄`| .li .ト、  .'.,  '., i
             .,' i! ilj     レ' l.il__リ i .i  i i  なあお前ら、それらしいもんも見つかったんだろ?
           ,' /l  |≧=.、   ィリェェァl i l   .!
         .,'. /l l i i<>'`ヽ  l!   ll.l l    .!  もうそろそろ先に進まねぇか?
         / ./ l:l从j    .,...、    j! リ !、 .! .i
        ./ ./l l! l:::::::',   ,. -== 、  l / :i ! .ヽ                           探せばまだありそうだけど……
       // .l ll.!:::::::::ヽ └─-一’  ,.j/:l .l l ト}                        そうだね、先の状況も確認しておこう > シャナ
      /   ヽヾ:∧:::::::>.、  ̄  / {;;;:j/l l /
           )ノi} ヾ/,ィ ≧ - ≦  ソ} } ./                                            ええー > クー
     _ _     _,. イ/{  .\   r= ''´  l-.K、          
   _/ミ, ヽ-〈 ̄ : {/////l  .l! l  / l!   //////>.、             安全だってわかれば、本腰入れて瓦礫漁りもできるから > シャナ
  //77ヽノ/∧: : : V///∧  .l、`V  l   ///////.//>.._
  l/////////∧: : : V///∧ヽi≧==≦l/.//////.///////>.._                  うー……まあ、大きい遺跡じゃないし、
  l//////////∧: : : V V/∧ ヾ三/ ////ヽ/.///////////≧:.、                      シャナがそう言うなら…… > クー
 .j///////////∧: : ヽ V/∧ |三|///// /.///////////////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その後もいくらか瓦礫をひっくり返してみたり、棚の影なども探索してみたが……
| 見付かるのはくず鉄(真)程度で、これといった成果はなかった。
| やがて現状に焦れたヴィルヘルムに急かされ、収集品探しはいったん切り上げ、
| 他の場所も見回ってみることにした。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| くず鉄  ×3
┗───────────────────────────────────────┛
4214 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:20:40.28 ID:PjRkNf4s
さて次のエリアは…
4215 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 23:27:36.01 ID:oL3fULhe
      【MAPデータ】

   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |                    |
   |                    |   ;;;;;;=瓦礫
   | ̄;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;3            |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      1     |
   | ̄|                 |
   |階\                |
   |    \              |
   |段  2  ̄            |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄

            ■ 0 ■

  0.送迎車発着場
    標識が立っているだけ。帰りはここで送迎車を待つことになる。
  1.おもちや広間 【現在位置】
    入り口を抜けてすぐの広間。倒れた棚や瓦礫などがあちこちに散乱している。
  2.おもちやの二階
    入り口の傍にある階段を上って行ける二階部分。一階の天井を見る限り、床が抜けている場所も多そうだ。
  3.ガレキの山
    崩落した天井や瓦礫が、なんの偶然か奥への扉をふさいでしまっている。扉を抜けて進むのは無理そうだ。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 取り敢えず、今の位置から把握できる遺跡内部はこんなところか。
| 取れる選択肢は、二回を捜索するか、瓦礫の山を漁ってみるかというところ。
| さて、次はどこへ行ったものか……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も高い選択肢

   2) 階段を上り、二階へ向かう
   3) 一階にあるガレキの山を漁ってみる。

4216 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:30:11.07 ID:PjRkNf4s
素直に 2 で
【1D100:64】
4217 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:30:45.68 ID:Mo0RuPzv
【1D100:68 3 扉がダメでもなんかあるかもしれん
4218 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:31:49.39 ID:XtpWdIJ/
【1D100:59】
2) 階段を上り、二階へ向かう
4220 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:33:37.08 ID:PjRkNf4s
やはりマップは全部調べてから移動しろとダイスさまが…
4221 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 23:37:15.00 ID:oL3fULhe
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}  それじゃあ、そこの瓦礫の山を見てみようか。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/                                  は、ガレキ? > ベイ
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'     うん、奥への扉をふさいでる。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.        もし奥まで行ければ……バックヤードに、
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.        稼働してる警備ロボとかいるかも。
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ                         おし、気合い入れて道探すか > ベイ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ                                 (単純……) > クー
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まずは目の前の瓦礫を漁ってみることにした。
| 奥の部屋がどうなっているのかはわからないし、
| 少し瓦礫を弄っただけで道が開くとも思えないが……まあ、収集品探しのついでだ。
| 狙ったわけではないが、ヴィルヘルムも乗り気になってくれたようだし。
┗───────────────────────────────────────┛

   ▼ 次回、瓦礫の山を探索します。
4222 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 23:37:39.67 ID:oL3fULhe
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

4223 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:38:24.41 ID:PjRkNf4s
乙ーー!
4224 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:38:59.06 ID:grT6Bseb
4225 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/30(火) 23:39:51.58 ID:oL3fULhe
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……ちょっと早いですが、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      ヴィルヘルムがなんかすっごい脳筋みたい……
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    まあ、原作絡みでも脳筋扱いだし、いっか。
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ 
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
4226 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:40:12.06 ID:Mo0RuPzv
乙ー!
4227 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/08/30(火) 23:40:22.68 ID:XtpWdIJ/
乙-
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2757-80dda4cd