情報部シャナのスカベンジ日誌 3rd Turn 「ハイエナ」その4

4252 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:35:03.60 ID:jtS/PBqz
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                3rd Turn 《ハイエナ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4253 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:36:20.12 ID:jtS/PBqz
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´   あのバカ力で考えなしのバトルジャンキー……
                   ,ヘ  {. __     _ l ├v'人  \
                /  )  l '⌒゙  ´ ̄ ゙ |  レ' : l.ヽ   ヽ  あれがいわゆる脳筋ってやつね。
                   イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 4級遺跡【おもち屋遺跡】を訪れた三人。
| 薄暗い遺跡に潜り、その入り口傍の広間を漁ると、幾ばくかの玩具を見つけられた。
| それらは全て、旧文明のものと思われた。
| 戦闘中毒のヴィルヘルムに急かされ、探索もそこそこに切り上げた二人は、
| 今度はがれきに埋もれた扉を調べに、店の奥へ進むのだった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>4052

      同行者:クーデリア   >>3820  ヴィルヘルム >>3822

      好感度一覧        >>3823

      このターンの遺跡   >>3798 【おもち屋遺跡】

4052 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/27(土) 16:57:53.15 ID:VQe/CCRl
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 208 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを装備・保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトであるが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕、チャフ 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:42:30.95 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

  クーデリア・フォイエルバッハ 5級スカベンジャー

 最近フジノミヤにやってきた新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  45口径リボルバー拳銃 ……中折れ式の旧式リボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                    アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃 ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                 ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              

  銃器    Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲    Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。
3822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:44:02.19 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば等級不相応に高く、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃                   極めて頑強で、素手で金属板を殴った場合、相手が一方的にへこむか折れるか穴が開く。
  ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
  45口径短機関銃

  格闘術  Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器  Lv:3 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間単独では使用できない武器を使用できる。
3823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:47:06.61 ID:xlHI+v0i
 【好感度一覧】

   クーデリア..  ……B-   (また、一緒にどこかに行きたいな)
   やる夫.     ……D    (格好悪いとこ見せちまったお)
   ヴィルヘルム ……B-   (見込み通りみたいだな)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎.     ……D-   (初めての依頼、がんばれ)
   スカサハ.    ……D    (長い付き合いになりそうだ)
   リッカ.     ……D    (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ.       ……D-   (出来る人かぁ、ちょっと格好良い……)
3798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:12:31.87 ID:xlHI+v0i
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 郊外のガラクタ山 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないだろう。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  なお、比較的近場のため送迎車は出ておらず、しかし歩いて通うには確実に遠い、
  という絶妙な位置関係により、5級にも非常に不人気な場所である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 郊外警備

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【受諾条件】 マーセナリー、4級以上のスカベンジャー、または組合から推薦のある者

 【報酬】 30円

 【解説】
  現在諸事情により警邏隊の手が足りていない。
  そのため、有志にフジノミヤ郊外の警備任務を手伝ってもらいたい。
  ミュータントが出現した場合各自の判断で交戦してもらうことになるが、
  それ以外ではこちらの指示に従って、待機してもらうだけでよい。
  報酬は交戦の有無を問わず一律。余程の事態でなければ増額はしない。

 【備考】
  他チーム・警邏隊との共働有り

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4254 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:36:38.42 ID:jtS/PBqz
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4255 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:36:55.63 ID:jtS/PBqz
戈/リ   戈____
∨!_|三≧=三二戈!.::|戈_
/i ̄\       |>! =<≧=― 、____
\|二≧ト、    弍_人_ノ: : : : : / / / ̄:|戈_l弍_
__人∧  ∨ ̄!                  ∧ノ≧-<二>,=ァ  ベイ < おうおう、こりゃひでぇな。
 \! \_/ ̄!.| ̄\            . : : ::|: : : : : : |:::ト==_/
≦二 ̄i i .:戈≧≦ ̄>、       . . ::::::|: : : : : : |:::|戈/  シャナ < そうだね……扉なんて、欠片しか見えない。
戈≧イ ̄\_!_人_>' \ ̄\   ..: : ::::::::|: : : : : : |:::||/l|
 ̄\/ ̄ _!全ァ、  ̄≧==-、_∧_: : : :::::::|: : : : : : |:::|У|
\  \_./ // / ̄ ̄\`ヽ!≧ァ、__>、::::::|: : : : : : |:::|_|
 ∧__/./__ノ  ! ̄\∧.人_| ̄》>< ̄∨\三二≦三\!__
 ̄ ̄ ̄\! \ノ ̄ ̄ ̄|!\  ∧_∧_!/ ̄>、 \.,、三三,、::::\
      \ |     ./  ∨  /.> \`ヽ  ||ーく .〉:i:i:i:i:i:i:\_!
___      \    / \   \〈:::〈   ≧ノ  ∧| ̄ ̄!\≧、:i:i|:i:|
    >、    \./   |\   \_>―イ  |/\/>夕三∧戈!
  /   :\    /   .∧_≧、_>〈 ̄>、リ   >!夕\三\:\
_/ ̄ ̄!__ >、./     l∨\  /`ヽ,人__∧―<_,.人./\三:∧:::\
\___.>'´   \  ,,,,人_/ ̄〈   .|  \\ \__>/|   \三\::::>、
/  | /     .......∨     >、 . \人   \\::::::/   \  /\三:\!_∧
_   人 \_...::::::::::::.〈         >、|\\   \\|:::::....  >――\三;≧、\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 所々に転がった瓦礫や、倒れ崩れた棚を踏み越え、扉をふさぐ瓦礫の前へ。
| それは天井まで埋め尽くさんばかりに積み上げられた山となり――その天井が崩落して
| 山を形作っているのだが――隣室へ続く扉は完全に埋められている。
┗───────────────────────────────────────┛
4256 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:39:01.28 ID:jtS/PBqz
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}  これは……広間から扉を通っていくのは、
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  難しそうかな……
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'                             そうねぇ…… > クー
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ガレキの山を眺めながら、ぽつりと呟く。
| 如何にここに人間重機がいるとはいえ、この量のがれきを取り除いて、
| 扉までの道を拓くというのは……少々、非現実的な考えだ。
| もっと人手や機材があれば別だろうが、現状では丸一日以上かかることだろう。
| 爆薬でもあれば、手っ取り早く吹き飛ばせたかもしれないが……手榴弾では火力不足だ。
┗───────────────────────────────────────┛
4257 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 21:39:14.88 ID:384TVAfu
重力制御とかがあればこの瓦礫どかして探索とか可能なんだろうけどナぁ…
4258 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:41:59.07 ID:jtS/PBqz
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´  これだけ瓦礫に溢れてると、
                   ,ヘ  { _   ┌┐} ├v'人  \
                /  )  l弋リ    弋ソ l.  レ' : l.ヽ   ヽ 方面だけ取り除いて扉に行っても……
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、 ─  /l /\: :ヽ 、: :ヽ |                      開かないし、通れない、ね > シャナ
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   うん……どうしたものかしら。
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 瓦礫の上を進むか、隙間をくぐるかして扉まで近づいても、
| 部屋を隔てるドアは、瓦礫に押しとどめられている。
| 瓦礫を見た時点で半ば解っていたことだが、正面切って扉から奥に向かうのは不可能だ。
┗───────────────────────────────────────┛
4259 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 21:42:53.91 ID:384TVAfu
縮地でどうにかは… ならないよねぇ…
4260 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:44:04.10 ID:jtS/PBqz
>縮地でどうにか
無理ですねぇ……視界が届いてませんから。
仮にできても、シャナ一人で突っ込んでそこに強い敵がいたりしたら……おお怖い怖い
4261 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:45:17.59 ID:jtS/PBqz
                  _ ,r ´ ̄`
                 /  ` i!´ヽ `ヽ \
               /   ∧/ !   、  .  ヽ
                  /   /彡"゙!  ト、       .
              /   /   //'i i二ヽ       .  うだうだ言ってねぇで、
                /  .  !-‐_、'/ i´セァ/i  i    !
            /  i .i´rセア/″ ̄  li、  、   !  瓦礫の山ぁひっくり返しゃいいんじゃねぇか?
              / / .: i、i ̄  , 、   l. i !:.   !
           / / ! .::.:'.:.ヽ    -‐ 、 li i !i.:.i   i、  道ができんならそれでよし、ダメなら別の道さがせばよし
           ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ご -‐- ' リ'/リ.:.i!.  !リ
           i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、 ´`   /'::'!.:.i !  /′
               ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/                    すごく頭悪い発想ねそれ……まあでも、
      , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ               瓦礫からいいものも見つかるかもしれないし…… > クー
     /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _
     {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _                       やるだけ、やってみようか > シャナ
     }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧
      /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
..     /ニニニニiニニニ∨/ ノ迅ニ\!  i/=〈  べ、'ニニニニニ/ニi
   /ニニニニニiニニニ∨∧_三ニ=-‐、三ニ / ノ>ーヽ ニニニ/ニニヽ
..   /ニニニニニ{ニニr=ニ二ニニニニニ. こ/.ノ ,.::ニ=iニ´ニiニニニニ‐-
  〈ニニニニニニ}ニ∧=ニニニニニニi  ごィ/ ,ィ‐ iニニニニニ=-ニニ}
.. /ニニニニニニ/ニ´ニニ.=ニニニニニニi   に_/ 二_ 〉ニニ=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、いつまでもガレキの山を眺めていたって、事態は好転しない。
| 道を拓くため……というより、クーデリアの言う通り、拾い物の為に瓦礫を漁ってみよう。
| 無論、瓦礫の山以外で、奥に進む道を探してもいいだろう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 探索安価 1D100+観察眼(15) 目標値:70

   ↓1~3 三人の探索について自由記述。道探しでも、遺物探しでもご自由に。
   ↓3    ダイス採用

4262 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 21:49:08.53 ID:sszuDzNf
上の階から落ちてきたものが転がってる可能性もあるが…
だが、道探し

【1D100:77】
4263 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 21:49:32.45 ID:384TVAfu
【1D100:42】
シャナの身のこなしなら瓦礫の山に登るぐらいは分けない 高所から見れば動かすべき瓦礫の判別や、目に付く発掘品に結びつきそうな残骸(棚など)が見つかりやすいはず
ヴィルヘルムなら些細な傷などものともせず瓦礫などを動かせるだろう
クーデリアは後方警戒で…
4264 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 21:49:36.83 ID:g7F+kbBR
【1D100:75 裏口とか探す
4265 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 21:50:49.59 ID:384TVAfu
>>4264
ヒューッ♪ ナイスダイス!
4266 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:52:32.87 ID:jtS/PBqz
ふむ……皆さん瓦礫漁りがメインか……壁が怪しいとかって言い出す人はいなかったか……
よろしい。

そして判定そのものはダイスオンリーで成功ですね。
ではちょっとお待ちを……
4267 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:56:54.03 ID:jtS/PBqz
  ダイス【75】+安価【15】+特技【15】 > 70 成功!

     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }| それじゃあ、手分けして探していこうか。
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/    私が上から山を見てみるから、
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /     ヴィルヘルムは教えた瓦礫を動かしてみて。
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ                                   オーケー、任せろ > ベイ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\                           私はどうするの、シャナ? > クー
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´       後方警戒。瓦礫漁り中に奇襲されたくない。
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム                                オッケー、任されたわ > クー
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 上からガレキの山全体を俯瞰してみれば、
| 怪しい場所や商品のありそうな場所もわかるだろう。
| 瓦礫には相応重いものもあるだろうから、その撤去にはヴィルヘルムを、
| その間の周辺警戒はクーデリアに任せることにする。
┗───────────────────────────────────────┛
4268 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 21:57:59.23 ID:384TVAfu
> 壁が怪しいとかっ
ファッ!?
4269 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 21:59:04.02 ID:jtS/PBqz
いやまあ、侵入ルートの選択肢ににここが追加されるだけで、別に調べなくても奥の攻略はどうとでも…
4270 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:05:26.95 ID:jtS/PBqz
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧  さて、それじゃあ上に……うん?
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\                     , -.、
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\             __    ノ  ノ
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\           (  >´ ̄`<
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ             ̄ヽ     ヽ_
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)          _)  , -(・)‐ 、)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //          (__>( ・ ・ ) 
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/                 (__)-(__)
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 乱雑に積まれたガレキの山。
| その中でも比較的しっかりした足場を選んで上っていく。
| 迷いも危なげもなく、順調な登山の途中、ふと足元を見るとなにか、
| 形を保ったままの物が落ちているのに気づく。。
┗───────────────────────────────────────┛
4271 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:06:16.87 ID:384TVAfu
ぬいぐるみか… 機械部品とか使ってないかな?
4272 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:10:17.96 ID:jtS/PBqz
     ,>'¨¨¨㍉ _  ,ィ:.:,ニ,:ヽ
    _/:./   _ヽ:゙:.:.:.:.:.:.`<  ,}}
    ]:.:.L/:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:i:.`<ノ
    ,〉:.:'′:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:^,   シャナ < ……ぬいぐるみ?
    j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:●,.,.....,,,●:.:.:.:l
    }:.:.:.:.:.:.:.:.:.; '"   tァ ゙ヽ:.:.:.'                         おいシャナ、どうした? > ベイ
    〕,:.:.:.:.:.:.:.:;    _人  ;.:,:'
     ヽ、:.:.:.:.゙、      /イ    シャナ < いや、何でもない。ただの拾い物。
      ≧=-->--r┬<
    ., '´:.:.:.:.:.:.:.Y  ,」「ヽ_[、\            そうかい、んじゃさっさと拾って指示してくれや > ベイ
    /:.:.:.:.:.:.:.:i/辷_/^ヽ_r┘:,:.:.、
   .':.:.:.:.:.:.:.:.:l         ゙,:.:ヽ
    ':.:.:.:.:.:.:.:.: l.           ,:.:.:'、
   l:.:.:.:_,:.:.:.:l  _,,.,,,,,.._    l:.:.:.>――-、
   レ'":.:.:.:.:.ヾjイ:.,:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ,:'":.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:'.
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.: l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.: ,′
     ̄〔:.:.:.:.::.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:/
      `''<:.:.:、:.:.:.:.:.:.:,'′ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
         ` ̄ ̄ ̄´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 足元に転がっているそれを手にすると、長い事埃をかぶっていたはずなのに、
| もこもこと柔らかな感触がする。
| くまのぬいぐるみだ。重さと質感からして、中には綿か何かが詰まっているのだろう。
| 予想以上に状態がいい。ただのぬいぐるみにしても、好事家辺りに売れないだろうか?
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| くまのぬいぐるみ  ×1
┗───────────────────────────────────────┛
4273 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:11:20.80 ID:384TVAfu
普通のか… ワンチャンテディベアとかならコレクターズアイテムの可能性が…
4274 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:13:10.70 ID:hQLBtu0u
もしかしたら中にカメラとかあるかもしれない(
4275 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:15:09.50 ID:384TVAfu
ストーカー用かよw
4276 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:16:28.01 ID:jtS/PBqz
        /: : : /: : : : ′: : : \: \: : : : : : : : ヽ
        , .: : : : : : : : ヽ.: : : : : \: \: : : : : : : ヽ
     /: : : {: : : : i!.: i!ヽ: : :: \: \: \: : :: \: \
      从: : : |:.. : : : ヘ: : : \/斧云ア ヽ: : : : ヽ.: ∨    さて、収集品らしきものは見付けたけど、
        i! 八: : : ィチ汽   \廴刈 | \iヽ: : : : : : : ∨
          ヽ |  廴i          |: : : |/: : : : : : ヽ: ∨   もう少し売れそうなものは……ん?
           ∧    ′     |: : : |三三ヽ: : : : : \
            / ∧   ー      |: : : |三三 \: : : : : :\
..            / /   >  _  ィ三.|: : : |三三三三ヽ.: : : : : \
            / / 三三三三/ /三|: : : |三三三三三ヽ: : : : : .\
        / /三三三三/ /三.|: : : |三三三三三三ヽ..: : :...: \
          / /三三三/=={三三.|: : : |三三三三三三三三三三三
.         / /三三/㍉/ ̄\三三|: : : |三三三三三三三三三三三三
      / /{   \_/   /.\三|: : : |三三三三三三三三三三三三三
       / / ヽ 冫i {    ,   \|: : : |三三三三三三三三三三三三三三
.      / /三{   /ー ヽ 丿     i\ |三三三三三三三三三三三三三三三
    / /三 ヽ,ィ              i   | ヽ三三三三三三三三三三三三三三
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、ヴィルヘルムに急かされるまま、瓦礫の山を昇り詰める。
| その頂上から辺りを見下ろしてみれば、ああ。どこもかしこもガラクタだらけ。
| ただ見下ろしても、価値あるものを見つけるのは難しそうだが……
| ふと、視界の端に不穏なものを発見した。
┗───────────────────────────────────────┛
4277 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:17:22.23 ID:384TVAfu
不穏とな…? 糞とか死体とかか?
4278 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:22:20.13 ID:jtS/PBqz
                  / //   /    ヘ ヘ \
                 /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
    .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
               / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
          .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
             / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l                   ヴィルヘルム、そこの壁際。
            │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /               棚が転がってる辺りを、掘り返して > シャナ
             // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
            /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l   あいよ、お仕事、待ってたぜ。
            / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
           ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/     ……この辺りか?
             l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
             l / ///   ヘ ∨/      > ト                                 うん、任せた > シャナ
               ///.\    \     ∧ヘ l
             //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>     あいよ、任されたっと!
           /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
          /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
      /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
     ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
    //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
  ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
 〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
  l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
 ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそれ自体が危険な品というわけでもないし、売ればおそらく金になる。
| ヴィルヘルムにポイントを教え、瓦礫をどかすよう指示を出す。
| はて、ここはおもちゃ屋か、さもなくばおもち屋ではなかったのだろうかと、
| 微かに首を傾げながら。
┗───────────────────────────────────────┛
4279 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:31:31.54 ID:jtS/PBqz
               ___
                 }二=―{  ベイ < よいせっと……
                 }─二={         おうこいつか、探し物は?
  ___/エエ二二コ      }=─二{
</,>{: : : : : :三三}======}圭圭圭{                               うん、そうみたい > シャナ
} Y    ̄ ̄7 ̄ `ヽ、   }―=二{
' ノ      〈_/⌒ 、 ,i!   }=二―{                        何か見つかったの、シャナ? > クー
            `´    }二―={
                 ̄ ̄ ̄   ベイ < 一応掘り起こしたのは俺なんだがなぁ……
┏────────────┓       ほれ、警備ロボの腕だ。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| うずたかく積もる瓦礫をどけ、ヴィルヘルムが掘り出し物を手に右手を掲げる。
| そこに握られていたのは、警備ロボットの腕部パーツ。
| 五本指のマニピュレーターと、電磁警棒を装備した、軽装近接型の様だ。
| 装備から見て、売り物ではなく、店の警備を担当していたものと思われる。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 獲得品
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 人型ロボット用近接アーム(スタンロッド)  ×1
┗───────────────────────────────────────┛
4280 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:32:19.49 ID:384TVAfu
おおお?? 悪くない出物だけど…
これ先に入ったスカベがぶっ壊したヤツじゃなければ…
4281 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:36:27.19 ID:g7F+kbBR
本体がいても片腕ならいけるやろ(フラグ)
4282 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:38:28.24 ID:jtS/PBqz
                /⌒\
                ({
                >.....----......、
              ,..::´::::,.:-、:::::::::::::::::::`ヽ、
             .::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            /:::::/::/::::/:::::::::::、::⌒\:::::::::'.
            .':::::/::/::/:{::::::::::}::::V::ヽ::::\::::l
              .::::/::/{-l、∧:::::∧,-}--::\::::\   ヴィルヘルム、クーデリア、ここは一旦切り上げよう。
          .'::::/イ::|ィ雫ミ从{ ィ雫ミ、::::、\`}l
           /::イ|(|::从Vzリ  \ Vzリ |::::|\〉   警備ロボットがいるとなると、
           ,:::::/ | |::圦    '    ム::::|:|:::::::{
        /::::/イ´{:::::个   ´ `   个l::::}\:::::|   この山は戦闘になった時雪崩が怖い。
         /::イニニ:::::::{ニニl≧=≦|ニl} l::::|ニ>、
       ,:::::イ >、ニ}::::}ニニrノ     乂ニ} l::::}/⌒!
        // /:::::::>::::|ニ{ ´ ̄ ̄`/ }ニ}::::|- 、::::|                        わかった……じゃあ、場所を変えましょうか > クー
     /'   /:::::/ニ|::::|ニ|: :∨= ∨: :|ニl::::|ニム::
         ,:::::::ムニl}::::}ニ}、: :∨∨: : |ニl::::|ニニム:|                      おういいぜ。そんじゃ、次は二階でも見に行くか > ベイ
          {:::::/ニニ|::::{「 ̄`ヽr--r<⌒ヽ::}ニニ:}
          |:::,ニニニ|::::|乂 -=乂_」=-  ノリ!ニニ:
          |::〈ニニニl从::}ニ乂_ノ |: :|\/ \}ニニ}
          |::::}ニニ}ニリニニ|\ }:\   /⌒>ニ
          |::::|ニニ}ニニニ} ` | : : |\{ニニ∨ニム
          |::::|ニニ|ニニニ|\_」: :()}ニニニニ\ニ}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 比較的瓦礫のない場所を目がけて、瓦礫の山から飛び降りる。
| 腕がここに落ちていたということは、少なくとも昔はこの近辺に警備ロボットがいたということだ。
| 既に討伐された後かもしれないが……少なくともそんな話は聞いていない。
| 念には念を重ねて、足場の不安定なガレキの山からは離れておくことにする。
┗───────────────────────────────────────┛
4283 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:41:55.35 ID:jtS/PBqz
      【MAPデータ】

   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |                    |
   |                    |   ;;;;;;=瓦礫
   | ̄;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;3            |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;            |
   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;      1     |
   | ̄|                 |
   |階\                |
   |    \              |
   |段  2  ̄            |
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ̄

            ■ 0 ■

  0.送迎車発着場
    標識が立っているだけ。帰りはここで送迎車を待つことになる。
  1.おもちや広間
    入り口を抜けてすぐの広間。倒れた棚や瓦礫などがあちこちに散乱している。
  2.おもちやの二階
    入り口の傍にある階段を上って行ける二階部分。一階の天井を見る限り、床が抜けている場所も多そうだ。
  3.ガレキの山 【現在位置】
    崩落した天井や瓦礫が奥への扉を塞いでしまっている。扉を抜けて進むのは無理そうだ。

┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ひとまずガレキの山の周囲を探り、奥の部屋への道を探してみたが……
| どうにも、ここから進むのは無理そうだ。
| 代わりと言っては何だが、警備ロボットの腕が見つかったのは、情報的にも大きい。
| ここにはまだ、稼働中のロボットがいるかもしれないというわけなのだから……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 未探索の為、自動的に2へ向かいます。

4284 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:45:50.93 ID:384TVAfu
EMPグレ投げる準備しておかないと…
この戦力なら1体程度なら軽く制圧できそうだけど
4285 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:46:56.20 ID:jtS/PBqz
|  |  | |   _√      #  '   メ : .     .':
|  |  | |  ';'    .,   ;,'      ":
|  |  | |    ._______          .':          .',';:
|  |  | |    |    ___    ||  i'`'i
|  |  | |    |    |ゝ::::::ζ\ ;||   |;`;| # _ '   ;'; : .   ',          '.;.
|  |  | |    |    |\;;;; \';、\.|  :|':i;;|           ',      #;.
|  |  | |    |     ̄ ̄ ̄ \';、.\|;';;;|:. ゚ ;゙ ゚v-=-    :::
|  |  | |    |             .\';、\;|    「;.':"            ";ゝ]
|  |  | |    |          ,/ ̄. ̄'\';、\、_,_,_,_,_,_,_;.',;: >
|  |  | |    |          |\___\';、\..:::::::./|  <  '  .':"" : . #;.
|  |  | .ヽ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\|__;_;_;_;_;!─\';、\,_;l/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  |_|/ ゞ;;:_ノ ;;:゙´    ゝヾ       "~''ヽ/           _
  _,,    "" ;;  /ヽ                    ∂    :l;;;;;;ニii :: ⊂∵⊃
  ヽ/  _       ̄';;;          ;;:    "`
     //                    lゝ
                    ::'' ;,            :' ;
        ,,;' :.,;;:
                      ._r'"゙'、         ____
                      --'''"゛
                            ____      ........_
                          /__,.:;/||
           ;:.,.;:                ||  __||_||
                              ||/__||/||
                      :'' ;, ; ...  ||___||  |
 .                          ||      ||
                              :. :.:..
                               ヽ、...`
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 入り口の傍にあった階段を上り、二階を目指す。
| そこにあったのは、一階とどちらがマシかと首をかしげる荒廃した風景――二階の方が
| いくらかこざっぱりしているが、それは床の穴が原因なもので――と……
┗───────────────────────────────────────┛
4286 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:47:18.85 ID:384TVAfu
出たか?
4287 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:49:51.33 ID:jtS/PBqz

   ▼ ???判定 1D100(素振り) 目標値:70

      ↓1~3 最も大きいダイスを採用
4288 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:50:03.61 ID:sszuDzNf
【1D100:19】
4289 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:50:06.73 ID:384TVAfu
【1D100:47
4290 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:50:57.65 ID:g7F+kbBR
【1D100:16】
4291 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:51:18.27 ID:384TVAfu
おおぅ… 出目酷いなw
4292 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:51:52.60 ID:sszuDzNf
Oh・・・
4293 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:51:54.57 ID:jtS/PBqz
Oh....
4294 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:53:11.30 ID:jtS/PBqz
  ダイス【47】 < 70 失敗!

             ∩___∩
             | ノ      ヽ
            /  ●   ● | クマ──!!
            |    ( _●_)  ミ
           彡、   |∪|  、`\
          / __  ヽノ /´>  )
          (___)   / (_/
           |       /
           |  /\ \
           | /    )  )
           ∪    (  \
                 \_)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一匹の珍獣……いや、ミュータントがそこにいた!
┗───────────────────────────────────────┛
4295 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:54:05.08 ID:384TVAfu
ロシア人だ、○せ!(誤訳感
4296 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 22:56:34.92 ID:jtS/PBqz
             ∩___∩
             | ノ      ヽ/⌒)
           /⌒) ●   ● |  |
         / /   ( _●_)  ミ./
         (  ヽ  |∪|  /  ウォオオオ、クマ─────!!
         \    ヽノ  /
          /       /
         |       /
         |  /|  /
         | /  | /
          ∪   ∪
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてそいつは、シャナ達の誰に気付かれるよりも早く、
| 物陰から飛び出すと、【1D2:11シャナ 2クーデリア)に飛びかかってきた!
┗───────────────────────────────────────┛
4297 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 22:57:19.40 ID:384TVAfu
シャナなら近接可能だしマシな方だな  たぶん
4298 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:01:49.61 ID:jtS/PBqz
     \///////        ∨////         ∨/////
      \////          ∨//             ∨//
.         \/            ∨            ∨

           _,......::::´:: ̄ ̄:::`:::::::::、  `\
       ,...:::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶  .::\
    _,...::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ヽ::::',
_,.ィ´::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:〉::::}
:::/::::::::::::::::::::,::::´:::::_,.:::::´:: ̄::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::<.
´::::::::::::::::::::/::::,:::::´,..:'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ ヽ、
::::::::::::::::/::::/イ/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::}!:::::::::、::::::ヽ `\
:::::::::::, ´::::/::::/:::::::::::,::::::::::::::::,./:::::,./:::::::/ハ::::::.::::ヽ::::::.  `
:::::/:::::::::::::/,:::::::::/::::\,.イ/::/イ/:::::::/  !::::|::::::::'.:::::}
/::::::::::: ,../::/:::::///_/、イ,/ /:::::::/ ,. /!:::::i::::{::::!::::::.   しまった、ミュータン……
_,.::::'::/::/イ::/^!::::/,ィチ笊≧、ヽ   '::::://_/ |::::':::::|:::|::|、::',
:::::/:::::::'::::{/ ,.∧.:::::| 比j刈   // ィチ仆 〉/:::::/|i::|::| \!
:::::::::::::::/::,.ハ  ( |::::i:| 込zィ   /  比J/ '{イ:::://!/.∧
-、::::/イ {/`ヽ、.|::::l:|    /    ゞ-゚'  /|::/{'::/{/::::.
`二二、イ二二ニ|::::l:|      _   '     ト /\ニヽ::::::|
二`ヽ二\二二j:::::/\   /-...、Y      ム\::::\:::::::|
二二Y二 ∨ニ/::::/二 ト、 マ:::::ノ    イ二二 \::::\j!
二二j!二二 /::::/二ニ! > _ .....</|!二二二二 \::::\
二/`ゝ:::::::::::彡'二ニニ,| {\二二/ニ|!二二二二/:::::ヽ:::::ヽ
二二二 二二二二ニニ|-、! : \ニ{二∨ニ>二二/::/  ヽ:::::ト、
二二二 ,/二二二二二\|: : : :∨二二>::´:::::::::/     }::::リ:}
二二二/二二二二二 //: ://:/ ̄: }: :ヽ::::::::.イ        从'
\二/二二二二二イ: / イ'/: \: |: : : ∨
二二二二二二 /|`ー'- イ- 、:/: :ィry: : : :.
二二二二二 /  |  /、 \  \:乂ノ: : : ::.
二二二二 /   / T '  \ `¨¨´/: : : : : : :}

                   ∧            ∧
  ∧           //∧         //∧          /\
//∧           .////∧        ////∧       ////\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そいつの身のこなしは動物らしいしなやかさと素早さに溢れ、
| シャナが反応するよりわずかに早く、大きな口を開けて少女に近寄り……
┗───────────────────────────────────────┛
4300 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:09:13.57 ID:jtS/PBqz
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |   ∩___∩
  |     ( _●_) ミ   | ノ     ヽ
 彡、   |   ` ヽ    /  ●   ● |
/ __   ヽ   |   |    ( _●_)ミ 可愛い女の子ペロペロするクマ――――!!
(___)  |   l  /     |∪|/
 |       |l    ̄       ヽノ
 |  /\ \______/
 | /    )  )  ※ 心の綺麗な人には普通の舌に見えます
 ∪    (  \
       \_)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……舐めた。
| 
| 攻撃の為に噛み付くでも、捕食の為にかじりつくでもなく、シャナを舐めた。ペロペロした。
| それはもう人間が猫かわいがりしている対象に過剰なスキンシップを取るかの如く、舐めた。
┗───────────────────────────────────────┛
4301 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:09:43.79 ID:384TVAfu
ファッ!!?
4302 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:10:48.39 ID:384TVAfu
コイツ、クマーじゃなくて
海外の掲示板で有名なペドベアーの方じゃないか!?www
4303 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:11:43.04 ID:g7F+kbBR
それは予想できんかった
4304 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:12:12.32 ID:jtS/PBqz
>>4302
え、そんなのありますん?(無知)
4305 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:14:03.56 ID:384TVAfu
偶然かよww
4307 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:17:30.05 ID:jtS/PBqz
なんとなくクマー!という鳴き声でアホな事する生き物にして出そうかなーと思っただけで……
全くの偶然ですはい(ペドベアーググリ中)
4308 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:20:15.07 ID:jtS/PBqz
     |::::| |:::::::| |::::|i::::| |:::::::|‐=-子ヘ |:::::|:::::::::::|:::::::::::::::::::::::∨
     |::::| |:::::::| |::::|ノ.| |:::::::| __  ヘ}ヘ:::|:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::∨
     |::::| |:::::::| |::::|ヘ{  ヘ:::::|  x==ミヘjヘ:::::::.|:::::::::::。゚::::::::::::∨
     八::j ヘ:::::| |::x==  ヘj       ゚。。\:j:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ       ぶっ、ちょ、なに、こいつ……!?
         ヘ::.| ヽ{// ,  ヽ  ////\{::::::::::::::::::。::::::::::::::::::::::\__/:..
            /{'     丶           ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       /:::::::::::八   ー  ヽ       'ー'><::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               だ、大丈夫、シャナ!? > クー
..         \:::::/:::: ヘ   ∨ ̄ヽ      ' { ノ∧  ><__:::::::::::-‐""
          /::::/:::::::::ヘ ヽ_ノ   <::::::::::::::::::::ヘ
       /::::/ \:::::::::::::::> _ <::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
        // /:::::::>::::::::::://  ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
       \./::::/:::::::::.::::/ .// \∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨
      \ |::::{::::::::::::::::::/\ | /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::{
         ヽ:::::ヽ:::::::::::::/.: : : /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{
        /::::::::::::::}.:::::::/.: : : : ヘ:::::::::::/:::::::< ̄>、:::::::::::::::::{
     /::::::::::::::::::::ヘ::::/..: : : : : ∧::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..:::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 特に唾液などに毒性があるようには感じない。
| 少なくとも、触れた場所が瞬時にかぶれたり、しびれを感じることはない。
| が……なんというかしつこい。
| 変に害意を感じないから、抵抗もしづらく、また獣の膂力はそれなり以上に強い。
| はじめは呆気に取られていた仲間たちだが、ひとまずシャナから引きはがそうと考え……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、数字の最も大きい選択肢
      クマーを引きはがそうとしたのは?

   1) ヴィルヘルム
   2) クーデリア

4309 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:21:01.51 ID:sszuDzNf
 2) クーデリア
【1D100:17】
4310 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:21:22.58 ID:384TVAfu
これは迷う…
とりあえずロリッ子で
【1D100:16】  2) クーデリア
4311 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:23:24.51 ID:kpCkksg+
【1D100:100
2)ヴィルヘルム
4312 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:24:17.59 ID:384TVAfu
ここでヴィルww しかも100www
4313 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:24:23.05 ID:sszuDzNf
自分のダイスに失望してからの・・・
ファーwwwwww
4315 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:24:34.28 ID:jtS/PBqz
ぶっ……www
低レベルな争いしてるかと思ったら、いきなり100ぶっこまれた!ww
4316 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:24:55.13 ID:jtS/PBqz
オーケーオーケー、ベイですね、了解です。
4317 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:25:35.37 ID:hQLBtu0u
ダイスに愛されてるな、チンピラw
4318 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:25:52.99 ID:384TVAfu
ダイス振る甲斐がある出目だよなぁw
4319 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:27:54.14 ID:g7F+kbBR
クーデリアもなめられるに期待
4320 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:28:03.52 ID:jtS/PBqz
    厶イ≧<二二>ー、
..ニニ\/     ⌒ヽ  ー、
ニニニ>`    /〃//ハ iミヽ `ー=ミ
ニニ>    / / イ/イ  V/i Vゝー、
>`  .//   ′ /1:!  ゙:.:ハ  \   おうこらケダモノ野郎、
7厶イ/   /  /|! !   从.イi ヽ、_丶
ニ二     イ i: /≧=:-、イ:f。:'i! |      俺の仲間に何してやがんだ、ぁあ!?
ニニУ    ム!.:| `ゞ゚"` 乂 从:|
ニニ! 厶イ≧=i ||:.、_ _..:::ァ/ !ヘ!
ニニ!/ニニニニニニ亦アラ厶>゙/
ニニニニニニニニニニニニニ〃ニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニ,イニニニ≧=-
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ≧=-
ニニニニニニニニニニニニニ≧=-ニニ-‐=ニ ¨ニニ≧=-
ニニニニニニニニ≧=--‐=ニ 三三三三三三三三三三≧=-
≧=--‐=ニ ¨  ̄ -‐=ニ  ̄ ニ=‐-三三≧=-二二二二二二≧=-         -、
ニニニニニニニニ-‐=ニ  ̄ ニニニニニニニニー=ミ二二二二二二二二二≧=-  >
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>、ニニニニニニニニニニニニニニニニ>         \          ≧=-
ニニニニニニニニニニニ≧=-⌒ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ7                    /     \
ニニニニニニニ≧=-        ̄ ニ=‐-ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ>             YニニニY          i
ニニニニニ≧=-イ          \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、          リニニニニ        イ
ニニニニニニニニム            <ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ、        -‐=ニヲ__
ニニニニニニニニ /              `<ニニニニニニニニニニ≧=-───-‐=ニニニヽ、_       ̄ ´  `     i
ニニニニニニニニ !                      `<ニニニニニニニニ|          ヽ、ニニヲ     i|
ニニニニニ≧=-                    `<ニニニニニN            `-‐=ニ _  l||          i
ニニニニニ≧=- ̄ ヽ、_                  `<ニニニニニ、_                    リ          |
ニニニニニニニニニニニニニニ                   `<ニニニニニニニニ≧=-                  ∧
ニニニニニニニニニニニニニ/                     Vニニニニニ/                ヽ、_____ニニ7
ニニニニニニニニニニニニ./                      Vニニニニニ                 ≧=-ニニニ<
ニニニニニニニニニニニニニニi                      Vニニニニ、       厶               i
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-                      Vニニニニニ≧=-─、
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ-‐=ニ ̄                  Vニニニニニニニニニ7                 /
ニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニ≧=、           ̄ ̄ ̄ ̄|       >≧=--‐=ニ ¨  ̄
ニニニニニニニニニニニニニニ≧=-、ニニニニニニニニニニニニニ=‐-              、___/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 身動きの取れないシャナを見かねて、ヴィルヘルムが動き出す。
| 戦闘用義体の膂力を余すことなく発揮し、掌底を繰り出す。
| 生物はおろか、軽装甲のロボットすら貫く必殺の拳。
┗───────────────────────────────────────┛
4321 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:32:12.89 ID:jtS/PBqz
                    ∩___∩
                    | ノ      ヽ (つ )
                   /  ー   ー| |  |
              /\  |    ( _●_) ミ  /  そんな攻撃当たらないクマー!
     ___   /   \彡、   |∪| ノ  /
     ___  (  ,/\       ヽノ _/   (※ 人間には単に『クマー』としか聞こえません)
             `´   /       /
    ___        |      /
    ___         ヽ     ̄ ̄)
          ___  / \_ / /
          __  /   / (  \
        。      |  /   \_)
         (´⌒;   | /
      (´⌒;; (´⌒  ∪
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 人間相手であれば、回避も防御もままならず、容易く吹き飛ばしたであろう一撃を、
| しかし野生の勘によるものだろうか、クマーはシャナから離れ、あっさりとその攻撃を回避した。
┗───────────────────────────────────────┛
4322 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:32:55.25 ID:384TVAfu
クマーTUEEEE!?
4323 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:35:45.58 ID:jtS/PBqz
                         -- 、
                    -''" \  \     ____,,.、、 -
                     l''"ヽ  \  ',  ', \,-''/ ,、--、  /_|_
                 | トx''"  |  ヽ /::::::://    ノ /::::::::::::::::::::`''-、
                    | |〉ソ ',   |  ト|::::::::::/ { | ,、 //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\   んなっ、避けやがった!?
                    ヽ<_,、-'| l |  |ソ::::::::|  `'''''´ /:/:::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::',
                   '、''´レ || ノ;;|、 |___|,、/::::-''":::::::::::::::::::::::::::::::::::}   面白れぇ、ならこいつも躱せるかケダモノ野郎!
                    `-''"/| / |,、-''"::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
                     |从レ k::::::::::||,、-''''- 、_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/|
                          ゝ, -''"::::::`''::-:、, ̄`''-、,:::::::::::::::::::::// |
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`''-、, ヽ-、_-''":::::| |
                      , -'', -''"\:::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::/::::::::::::::/ ||
                /ヽ  /:/ /二二 \::::::::::::::::::::::::/::::::::/_::::::::::/ /::|
            - 、.,,_/ }  `~ ^ "/>ー t>\:::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::::/ /::::\
             /    `~ ^ " '´    |>| ,、-''|| ∨|\:::::::::::::::::::::::/-''" /::::::::::::::\
          /  / __  _    ∨∧ `‐´ / |/ \>::::::-''"::>--'´-、,\::::::, -''
          /  / /  | />  /   <ニ―ニ>/   \|>´::::::::::::::::::\:::>ユ:ヽ
         〈 -''"、   /           ̄ ̄ー---''":::`''-、,:::::::::::::::::::::::::::::\::::::ヽ
          `''-、, ) /    /ヽ        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''"::::\
             `/    /  /    〉 `''〈:::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::`''-、
          ,、-''"',ヽ  _ /  /    ∧/  〉:::::::::`''-、,::::::::::::';::::::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::
    _,,. - ‐::''::^´:::::::::::::',__/ /y     //    /::::::::::::::::::::`''-、,::::::::,、-''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈 <   λ''''/  /::::::::::::::::::`''-、,::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _/:::::\_/::::::::::::::::::::::::::::::::,、-ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,、-''":::::::::::::::::::::> ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/ー''"    ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::>        ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 確かにとらえたと思った一撃が、むなしく空を切る。
| 一瞬それに驚愕したヴィルヘルムだが、即座に再度攻撃態勢を取り、
| 二階を駆けまわるクマーに向けて拳を振るう。
┗───────────────────────────────────────┛
4324 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:36:28.56 ID:384TVAfu
遺跡壊さないでよぉー!!
4325 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:37:47.36 ID:g7F+kbBR
無駄なせんとうは避けるべき
4326 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:39:04.28 ID:jtS/PBqz
               ,,,──-____
           _/´-         \
          / /  ./ヽ  `ヾ     ヽ
        /  /  |∩|    彡\   |  ふっ、そんなものクマー?
        |  ミ  ( ● )   | ヽ  ).  |
        |  | | ●   ● / / /   .|                   こいつ、また避けやがったぞ!? > ベイ
        (_/ ヽ       /| (_/\  |
            ∪ ̄ ̄_|U⌒´|.   |  |
               .(___)   |`⌒´|_
     ──────── ┻┻   .(___)
            ──────── ┻┻
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| が、再度空振り。
| 油断なく、慢心なく、万全の戦闘義体から繰り出された拳は、
| クマーの毛を数本かすめ取りながらも、しかし肉には届かない。
┗───────────────────────────────────────┛
4327 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:39:29.03 ID:384TVAfu
なんだこいつ!?(ガチ
4328 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:44:58.37 ID:jtS/PBqz
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \                            おら待てやぁ! > ベイ
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈                          こっちだクマー! > クマー
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´
                   ,ヘ  { r=、   イ乏) l ├v'人  \
                /  )  l弋ソ    ヾ-' .|  レ' : l.ヽ   ヽ まったく、何やってんだかあの脳筋は……
                   イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ | 大丈夫、シャナ?
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ                      う、うん……多分……
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ          一応、顔とか舐められただけだから…… > シャナ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\  ちょっとべとついてるわね……
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉 タオルで拭くから、動かないで。
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ              ……ありがとう、クーデリア > シャナ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     / いいのよ、気にしないで。
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな、ヴィルヘルムとクマーが楽し気に鬼ごっこをする部屋の隅で、
| 謎のミュータントから無事解放されたシャナを、クーデリアが手当て……手当て?している。
| まあ少々舐められただけなのだから、別段被害はないと言えばないのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
4329 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:45:52.99 ID:384TVAfu
セクハラですよ! 24しなきゃっ!
4330 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:50:14.55 ID:kpCkksg+
朽ちた遺跡で大暴れとか嫌な予感しかしないw
4331 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:51:04.46 ID:jtS/PBqz
..  〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
..    |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
..    |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
..    |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|  うぅ……まだべとべとする。
..    |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|
..    i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::::|   /::::::::::|::::::::::::::::::|                  大丈夫、シャナ? > クー
       |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|
             ヽ                /::::::::::::::::::|_ ::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::.|   うん、まあ……実害はないし。
                ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::.|                               ふっ、さらばだクマー! > クマー
             丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
            /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|::::::::::::::::::|         いったい何なのかしらあれ…… > クー
              //////.ハ    |ヽ//////////////////////|::::::::::::::::::|
          ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|::::::::::::::::::|   さあ……私は知らないな。
          |//////// : : : : : ///i/////////////////////i::::::::::::::::::i                              あ、こら逃げんじゃねぇ! > ベイ
┏────────────┓
│ システムメッセージ                                                           クーマクマクマクマクマー! > クマー
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして一通り顔や体をぬぐうのに数分。
| ヴィルヘルムとクマーの追いかけっこもそのまま数分。
| それだけの時間が経過してから、クマーは壁に空いた穴からまんまと逃げおおせ、
| シャナとクーデリアは気を取り直し、二階部分の探索を始めることにするのだった。
┗───────────────────────────────────────┛
4332 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:51:34.14 ID:jtS/PBqz
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

4333 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:53:30.06 ID:jtS/PBqz
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       奇妙な生物がいなくなったところで、
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      本日のスカベンジャーはここまでです。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    クマー……一体何者なんだ……()
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  やる夫が同行者だった場合、彼の統合知識で
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ   きっと正体が発覚していたことでしょう。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li  まあクマーなんてかなりどうでもいい単発キャラなんですがね。
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
4334 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:53:36.24 ID:sszuDzNf
乙!
4335 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/03(土) 23:57:36.29 ID:jtS/PBqz
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′  
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  いやー、このイベント(クマー)をどう処理するかで
         | V        ̄` /    |    ト
         | 人          7   |     〉 ヴィルヘルム編は結構悩んでたんですが……
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \. 無事ギャグイベントで終わってほっとしています。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  / ともあれ次回投下ですが……さてどうしよう。
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {   明日の午後はフリーダムに過ごしたいしなぁ……
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \  ひとまず保留で、明後日9/5の夜までにはご報告します!
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l   ということでここはひとつ。
4336 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/03(土) 23:58:23.05 ID:384TVAfu
乙乙! クマー… 一体なにベアーなんだ…(棒
4337 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/04(日) 00:04:35.27 ID:RzZDIx06
4338 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/04(日) 00:05:15.71 ID:fYJEkJdx
乙でしたー
本当にここ5級落ち予定の遺跡なんやろか
4339 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/04(日) 00:09:34.84 ID:CIOnmJZy
乙でした。
4340 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/04(日) 00:19:49.91 ID:CS67bbWO
>本当にここ5級落ち予定の遺跡なんやろか

         ___ -‐……‐- /⌒ヽ
.        /   \     ___    .
    //   /          `     ,
   / /   /            \′
     :          /     :.    ヽ
  i         /  /i   | │     :. 四級、五級遺跡は、遺跡のセキュリティが死んでる分、
  |  i   |   7⌒/ :|   ト |⌒ | i |〉∧
  |  |   | i、 |斗=ミ   /:|x=ミi/ :| |/`、 上位遺跡よりミュータントが住み着きやすいという話がありましてですね……
.     /|   | |:〃h/ハ  \{ hハ }} /|/
   V |   | ト 乂_ソ     ゞソ {∧ ∨/ i え、警備ロボの腕? さ、さあ何のことでしょうか……?(目線逸らし)
  / !   k\: : : : .    ' . : : ハ }\  :|
.'’ /   ’  { \    、  v   人|/  } :|
 /     ∧  {__  `⌒ヽ    イ  ∨, /  ,
./ / //∧ ∨/ ̄) ノ T爪r‐〉i  //」  ′______
,/    //∧ ∨/{ ̄{{_}}=|{ | ̄{ (   | ./         \
     -=ニ∧ ',ゝトミ ___ :|{   i`¨¨ミーァ  ‐=≦⌒>   〉
  / /ニア /∧ ー‐ミ  ) >=- |   ノ/   /)-,    /⌒ヽ
/./ニア´     \\ノ/¨´V く__ /´ __ /// ____     }
 /ニ/        >.〈}}〃⌒vr‐{{>' ノ´  _ ̄つ-‐ぅ/〉   八
./ニ{        {(___\ ({  V   ´ ̄ ̄。o≦ ./<¨´/  /  \___
.≧=-  __    /`¨¨¨^´}}`/,    斗< r‐===彡マ∧/ /ー=≦     ヽ
 }/ 7 V∧=-‐      Ⅵ|//  ./  \ニハ     V∧=‐- .  `7    /
/  〈  \\     //|i:   /    ハニ|       /ニ/     〉/   /
⌒ア  \  \\  /{ |::|i  /   ′ }iニ|≧=-  /}  〉 /./  /
/     `¨¨¨ \{ /   :|::|i: /       ノニノ=ニニア´}ノ ./ /  ′/
4341 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/04(日) 00:20:15.95 ID:nmDukqUR
遺跡のセキュリティが死んでる(死んでない)
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2758-6ddce923