情報部シャナのスカベンジ日誌 3rd Turn 「ハイエナ」その6

4430 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:14:50.60 ID:x56a6GFx
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                3rd Turn 《ハイエナ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4431 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:15:14.74 ID:x56a6GFx
                       /         ヽ  /           ヽ
                      /           ヘ、/ l           ヘ
                     / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                     / l/        l     l    l lヘ        l  l
                    /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l  壁が邪魔で先に進めねえ?
                    /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l
                     //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l レベル
                  // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l 腕力を上げて物理で殴れ。
                      // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l
                 l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
               -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l              え、なにその力技…… > クー
            , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
           /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
          /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
         /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
      / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  //;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
/ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:
/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ついに【おもち屋遺跡】の最奥(と呼んでいいのか知らないが)奥の部屋への道を開いた三人。
| その過程でヴィルヘルムが一人で二階から飛び降りたり、鉄柱で壁を殴り壊したり、
| いかにもな脳筋ムーブを見せたりしたが……まあ、それはそれ。
| まだ見ぬお宝や強敵を求め、三人は閉じられていた部屋へと向かうのだった……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>4052

      同行者:クーデリア   >>3820  ヴィルヘルム >>3822

      好感度一覧        >>3823

      このターンの遺跡   >>3798 【おもち屋遺跡】

4052 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/27(土) 16:57:53.15 ID:VQe/CCRl
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 208 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを装備・保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトであるが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕、チャフ 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:42:30.95 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

  クーデリア・フォイエルバッハ 5級スカベンジャー

 最近フジノミヤにやってきた新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  45口径リボルバー拳銃 ……中折れ式の旧式リボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                    アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃 ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                 ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              

  銃器    Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲    Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。
3822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:44:02.19 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば等級不相応に高く、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃                   極めて頑強で、素手で金属板を殴った場合、相手が一方的にへこむか折れるか穴が開く。
  ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
  45口径短機関銃

  格闘術  Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器  Lv:3 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間単独では使用できない武器を使用できる。
3823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:47:06.61 ID:xlHI+v0i
 【好感度一覧】

   クーデリア..  ……B-   (また、一緒にどこかに行きたいな)
   やる夫.     ……D    (格好悪いとこ見せちまったお)
   ヴィルヘルム ……B-   (見込み通りみたいだな)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎.     ……D-   (初めての依頼、がんばれ)
   スカサハ.    ……D    (長い付き合いになりそうだ)
   リッカ.     ……D    (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ.       ……D-   (出来る人かぁ、ちょっと格好良い……)
3798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:12:31.87 ID:xlHI+v0i
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 郊外のガラクタ山 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないだろう。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  なお、比較的近場のため送迎車は出ておらず、しかし歩いて通うには確実に遠い、
  という絶妙な位置関係により、5級にも非常に不人気な場所である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 郊外警備

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【受諾条件】 マーセナリー、4級以上のスカベンジャー、または組合から推薦のある者

 【報酬】 30円

 【解説】
  現在諸事情により警邏隊の手が足りていない。
  そのため、有志にフジノミヤ郊外の警備任務を手伝ってもらいたい。
  ミュータントが出現した場合各自の判断で交戦してもらうことになるが、
  それ以外ではこちらの指示に従って、待機してもらうだけでよい。
  報酬は交戦の有無を問わず一律。余程の事態でなければ増額はしない。

 【備考】
  他チーム・警邏隊との共働有り

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4432 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:15:44.46 ID:XpqAawkM
さて… ボスは一体…
4433 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:16:19.75 ID:x56a6GFx
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4434 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:16:46.57 ID:x56a6GFx
       |    /                  !       i      ,イ
       |  _/                   !    i  |   / l|
       |_/                        !   .||:.  |  /
 `、    仆                       !   ||:.:. |/.:.:::i
   \   l                          \ l|::.::.   .:.:::|i   /
    \/                           ヽ|::.:.:   .:.:::|| /
   ̄ヽ<                              j|:.:::   .:.::/
     /                            〈ミ、:.    \  カラカラ……
 \,、 /                             {ミゝ .:i    \___    ∩
    \                             | .:|i       丶\ / |
        〉                            ! ::||     ,ィ'YY⌒yV! F|
     /                              | ::.!|  , イヽ,ケ'^^〉_/77
      /                              | :.j|| ,イ  |>'´  /  //
\  /                               | .:.l,ィ >'´   _,/  //
.  `K                                   i| 、--一 '¨´ ̄/   ,.イ/
   ト、                                ||/\     / /.:/
´                                  ソト、V    //.:.:.:/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ガラガラと音を立てて、崩れ始める外壁。
| その崩壊は人ひとりが通れる程度の穴をあけたところで終わり、
| 今まで閉じられていた奥の部屋へと口を開いている。
┗───────────────────────────────────────┛
4435 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:19:18.81 ID:x56a6GFx
    /::::/:::::::/::::/:::::::/:::::::::::::::|:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
   /:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::ヽ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|::::::::::::::::::::从::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::|             うし、道はできたぜ、シャナ。
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::::::::|八|i∧:::::::| \:::::::::::::|ヽ::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|                  さっさと乗り込もうや > ベイ
    |:::::::::|::::::::::::|:::::::::|:::::/..! リ |:::::::|   \:::::::|::::ヽ:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|
    |:::::::/从:::::::|:::::::::|/  .i! .\|:::::::|    .\::i/ .i::::∧ ::::|:::::::::::::::::::::::::|  いや、その前に……
    |::::/  |:::::::|:::::::::| ≦ミ云气㍉\:|    / ェャ云≧ミ ::::|:::::::::::::::::::::::::|
   |ノ    |:::::::|:::::::∧ ヘ トィ::::从  i!    〃トィ:::::爪  ヽi::::::::::::::::::::::::::|  誰から中に入ろうか?
       |:::::/ヽ:::::|∧  儿し勹           ヘし勹   ∧::::::::::::::::::::::::|
       |::/  ヽ::| ∧     ̄           ̄   ∧::|:::::::::::::::::::::|  ヴィルヘルムの勘の通りなら……
       |ノ    i! ∧        i          ∧ ::::|:::::::::::::::::::::|
              /|.: : : ヽ                ∠:::::::::::|:::::::::::::::::::::|  あの中、警備ロボットが居るんだよね?
          /.;..;.;|.: : : : : 丶     ′ `       ィ' ::/:::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
        |.;.;.;.;.;.;|: : : : : : : : : : : ト  _    孑..:::::::/::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|                     あ?あー…… > ベイ
        |.;.;.;.;.;.;|.: : : : : : : : /ノ       し\/::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| いざ征かん、まだ見ぬ遺跡の奥地……と意気込むヴィルヘルムに対して、
| しかしシャナは制止の声をかける。
| 内部に警備ロボットがいたとしたら、交戦は免れないし、先手も取られるだろう。
| そして開いた穴は一度に人ひとり通るのが限度……
| 最初に入る人間はリスクが高い。なあなあで済まさず、きちんと相談すべきだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4436 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:22:24.47 ID:x56a6GFx
     ..,  -=ニ二 ̄ =-
    ∠ /   /       ><`_
.   /  ./   /          i  i
   .,      ,       , ,   | !|
  ,          \ /i /i   i  |
. /      |   | | ./ヾリ_|  i!i|  | 俺はどっちでも構わねぇぜ、
../       i|   |i .|/乂ゞ.i| /.リ  |
 ..,イ     |   |i i|    i|ム | .i!| トップバッターでも、後詰めでもよ。
. / .j   |i!  |   |ハi    '  ゝハ i|
イ /人 | .   | |i |..|   ,- _ /  | i 実力的にも、前衛張ったって不足はねぇ。
.| /'  ヘ',  |ヘ. !|i ト.ト、    ̄ / |!リ
. '  /::ハ ∧ ゝムi ヾ≧=- 'ハ ハ                          うーん、実力を言われると、私は…… > クー
 ../i| |:::: ヤ:∧     ∨n/ノ '√
::”:: : i| |i ̄ ̄|∧   /ヘi|:::`ヽ
:::::イヽ |i   人::ヘ ./ヘ::::::キ:::::::::ヘヽ
::\ニニ`ヽ-イイハ ヽ  ヘ:::ハ,´’<j:::’>,_
::::::::’<ニニ’>, />゙, ヘ:::ヘ'::::`ヽ':::::::/::/
:::::::::::::::::`ヽニニ.ヘ:::::::::`ヽ .ヘ:::i::`:::::\ /::,'
::::::::::::::::::/,.ヘニ/ヘ::::::::::::`ヽ,::::::::: : 〉.〉:::j
:::::::::::::::〈 《;;;;:::i、_/',::::::::::: /::::::::::, ' /::: j{
::::::::::::::::::≧s。` 、:ヘ/ ̄ヘ:::/:::::::::,  イ:::::::iイ
::::::::::::::::::::::::::::≧x。ヘ /ヘ:::::://:i|:/イ}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘニニニヘ',イ::::::::{/i;i;i;|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘニニニヘ:::::ヘ/;i;i;i;i;i;ij}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ イヘニニイヘ::::ハi;i;i;iイi;i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ::ヘ//ヾハ::::iイi;i/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 先頭はリスクがあるとなれば、身心共に向いている人間が先陣を切るべきだろう。
| ヴィルヘルムならば、義体の優れた身体能力と、戦闘好きの性格から、その点は問題ない。
| 一方クーデリアは、彼と比較して能力に劣ることを自覚しているようだ。
| 膂力、頑健さ、場合によっては反射神経も、生身が義体に劣るのは仕方のないことだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4438 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:25:20.66 ID:x56a6GFx
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ                シャナはどう? いけそう? > クー
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ} 私も問題ないよ。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  咄嗟の判断力とかは自信がある。
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'    それに、逃げる手段にも心当たりはあるし。
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                     ほぅ、なら俺かシャナの二択だな。
|::::::::::::::|                     人:::::i                                   どうすんだ? > ベイ
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i     そうだね……
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方で、シャナはクーデリアと同じく生身であるが、この手の事態は慣れている。
| 潜入任務で気配察知の感覚は身に着けているし、反射神経や判断力にも自信はある。
| ないとは思うが、例え飽和射撃を食らっても、【縮地】で逃げる余地はある……
| ヴィルヘルムとは別に、事前に危機を回避するタイプだ。
| 
| とはいえ、目の前にあるのはおもち屋の遺跡。どちらが行くべきか……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、数字の最も大きい選択肢
      奥の部屋への突入で、先陣を切るのは?

   1) シャナ
   2) ヴィルヘルム

4439 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:26:50.19 ID:XpqAawkM
【1D100:68】
2) ヴィルヘルム

先手取られてもいいように…
4440 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:29:06.75 ID:kGjb/4D8
【1D100:70】
2 ヴィルヘルム
4441 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:31:34.18 ID:MxgoWZCQ
【1D100:78
2) ヴィルヘルム
4442 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:33:12.36 ID:x56a6GFx
ふむふむ、満場一致でヴィルヘルムか……しかも出目が安定して高い。
4443 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:34:07.53 ID:x56a6GFx
                 ,.. --- .. _
               /    r-   ` ..、
              /         ` :.. \
             /    ,     \  ヽ:. 丶
             .l  , / /ミx、/ヘ  \  ヽ:. ',                     ヴィルヘルム、任せる > シャナ
             l  i .,' {ミシヾ从ハ '., ',  V ',
            .l .i l i! i      '., .', iミ、 V .} おし来た。
            j ノ! li!:i! l       .i ハ .lタミ、 l
            ノ,i|  .i:::i ≧.,,__、 ,__,ィ≦il}fヾ \ {  こっちは勝手に暴れっから、
           ノ:/i  .ハノ、::::::::::}=={:::::::::jiノ ノノ∧、ヾ
          {//:|  i!  {  ̄ ̄   ̄ ̄ /´/// }\≧ 後詰めは好きなときに好きなように来いや。
        /⌒i/∧ l ∧    、_ ,   ///////l//\
    ,...、-イ::::::::///∧ { .{  \`ー-一´/.!//////.レ///.\
   rヾ:::ヽ::::::::/:V///∧jヽ   ` 、_,,. '  .////////!//////≧=-..._
  ノ/∧::::ヽイ: : :l|V/////∧  ////∧ ∧///////!///////////∧
 ////∧:::::}..i : : ,il/V/////∧ ./V////.V////////l////////////∧
//////∧__:l..i ̄: il//V//////〈  }三{ ///////////////////////∧
/////////∧i : : :il//三三三ニV二ニV三三三\/////////////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 敵の襲撃を真っ向から受ける可能性を考えれば、
| やはり義体のヴィルヘルムに任せた方がいいだろう。
| シャナから先陣の役目を頼むと、彼は嬉々として壁の穴をくぐっていった。
| ……そして、数秒後。
┗───────────────────────────────────────┛
4444 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:34:20.02 ID:XpqAawkM
これは揺り戻しが(ry

ヴィルも本来の願いがかなえられそうだな
4446 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:39:01.90 ID:x56a6GFx
                ,、
          //  |亅
       / /   | |. /l
       / / /1 ||| |
      .7 / | | | l |/ ,-‐─¬
      / /   l | |ノ  `"7T7/  l\_____                         __
      / /    l |     // レ    ヽ_____ \                / \   / /
      / /     l |     |/             / /                 ヽ、_/ / /
     /_/     レV゙                  \ヽ_______        __/ /
                                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´  / ̄ ̄__/
                   _______                ̄ ̄ ̄
                 ,..::´               `丶
               /    _ -─  フ  ̄     \ て
              /     /   /  \      \ そ
             /     / _, -/ヘ     丶    ヽ  丶
            /   / |/   fl /{     }    |   |  今の銃声……シャナ!
           /   / /|    |! li ∨    .|     l   ト、
          /   /∠_ l    l  リ ヽ     l    l   | ヽ
          |   / { イ≧、   丶    \   |     |  .|   |                私から行く。クーデリアは後から!
          |   { /斥/    、_____ヽ 〉    l   !  .|              ……それとこれ、チャフ。上手く使って > シャナ
          |.   / 弋ソ         _     `7    リ  ./  /
          |  /          ´ ィ≦ヽ   /   /  {  冫 ……わかった、援護は任された!
          .i | {   ′      / 斥寸} ./     ,' ,へ |_ , ヘ
          `| ∧           弋二ソ  /    ,' .}_≧{}≦_{
           丶∧  {`丶        /    , ヘ.  l_/ ト、/
             } 丶 ヽ ノ        ./   ∠ ノ// |  ヽ
            .ハ   ト ‐┬ ー─ -∧  /-' ´   .!   {
            ノ  ) / _ ! _ -─./  ./ .,'    l  |     |
             ./ / ./  ̄   / /|lヽ |     l   !    ヽ
             ( 〈/,. -─-´_ ≦圭fリ i/!     |  丶     \
             ヽ∨ rー ':T:T:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!7  ;  .!    \     ヽ
            /:i∠ ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/  ,'   l    {.ヽ、   `ヽ
           /:i:i:i:i:i::i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:!/  ,'    リ     \. \    ≧
          /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!/∧     ./        ' , `--ミト
          ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!( (i:i:)   /          ',      ヽ
         ∧i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i) )/   (          ;       )
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルヘルムのくぐっていった穴から、一発の銃声。
| 生憎と遺跡の中は薄暗く、中の様子は判然としないが……放っておくわけにはいくまい。
| クーデリアと数言言葉を交わし、手榴弾の一つを投げ渡してから、
| シャナも壁の穴へと飛び込んでいく。
┗───────────────────────────────────────┛
4447 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:39:28.40 ID:XpqAawkM
wkwk
4448 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:45:58.99 ID:x56a6GFx
           _          ィ──‐、
         イ´::::::\       /:::::::::::イ´`i
        イ `i::::::::::::\     イ::::::::::::::::::ヽィ|
        .|、_ノ::::::::::::::::::\  イ::::::::::::::::::::::::::::/
        ヽ::::::::::::::::::::::::/`.´ヽ:::::::::::::::::::::/
         `ヽ──‐‐ヽ   イ ̄ ̄ ̄´、
            /´  ィ.|__ィヽ     ヽ
           ./   /ヽヽ _/ / ヽ    .ヽ      ィヽ     ベイ < ようシャナ、早かったじゃねえか。
          /   /  .ヽ_/  ./     ヽ    // .ヽ             予想通り、可愛い警備ロボがお出迎えだ。
  ──、     |    \   .|  /  イヽ  |  // /ヽ ヽ
イ::::::::::::::::ヽ    |  /´l` \__.|_/ / | /  | // ヽ-、::::::ヽ ヽ
..|:::::::::::::::ィ─、   ヽ  ヽヽ__ゝ─イ_/_/  /イ /   ヽ:::::ヽ冫 シャナ < 扉が塞がって、ここでずっとくすぶっていたわけか。
..|:::::::::::::/   `ヽ、 ヽ ヽ`ヽ────イ  /__./     .|:::/ /─、       怪我は?
..ヽ::::::::/       `ヽ  /        入イ/イ二ヽ\  / ヽ/:::::::::|
  ヽ/         冫イ /\__/  / |イ´  ヽ| \´ イ´:::::::::::| ベイ < んなもんねぇよ。
   .|`丶、      /  ./  |ヽ─イ / \ 、ヽ__ノノ   \:::::::::::::::::::|      いくらカスタム済みだろうが、ゴム弾一発じゃぁな。
   冫、  `丶─‐イ────、__/ _.\──´イ´二`ヽヽ──イ
   イ´ ̄ ̄ ̄`イ´ ィ─、 イ´::::::::::::ヽイ  ヽ \  |イ´  ヽ.|/
   |       ヽ | / |  ヽ__イ─、   `ヽ \ ヽヽ_イ/
   |       ヽヽ‐イ /`//   ヽ/   ヽ \` ̄´/
   |─────‐イ─‐イ  / |    /ヽ /  ヽ  \_/
   \       .|   ヽ  \ヽ_/  .∨  / |  /
     \____|__入  ヽ  .ヽ─イ ヽ/ /イ
             ヽ  ヽ  ̄ ̄` ̄  イ二/´
           イ´ ̄ ̄`ヽ───イ ̄ ̄`ヽ
         /    /ィ─、     ィ─、ヽ  \
        /    / .|   |     |   | ヽ   \
       /  / ̄/  ゝイ      ゝイ  ヽ ̄\ ヽ
      ./ ./   .|               |   .\ ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして、穴の中に飛び込んだ瞬間、視界に映るのは二つの人型。
| 一つは腰を深く落とし、戦闘態勢に入ったヴィルヘルム。
| そしてもう一つは、部屋の奥で腕部搭載の銃器を構えた警備ロボット。
| ……自作農睦美邸でも見た、重装射撃型のKBTタイプだ!
| 実際に撃たれたヴィルヘルムによれば、どうやらゴム弾を使用しているらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
4449 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:47:04.11 ID:XpqAawkM
制圧できれば美味しいが…
刃物での破壊と銃弾での破壊だとやっぱ刃物の方が買い取り額高いかな?
4450 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:49:58.71 ID:V7n3nXLo
銃弾だと何発も必要になりそうだし刃物で首を落とすのが
買取的にはいいでないだろうか
4451 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:52:58.11 ID:x56a6GFx
             /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、       /
    ___     ,:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_≧== '´
 ,.ィ//////> 、/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ、                   一体だけなら、制圧も難しくないけど……
 \//////// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、:.:.:.:.:.:.\__r--- 、-、_,.--=--、,.....__
   ∨///// イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.、:.:.:.:.`ヽ:.:.:.、:.\//`ヽ、/∧    ,. -―'                どっちが仕留めるか、賭けるか? > ベイ
.    ∨/////|:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.|:.:.:.、:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.\:.:.:.:.:.':,:.:.\:.∨///}//ム __..._`ヽ
     ∨////|:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.:..:/:.:.::/!:.:.:.:.\:.:.:.:.:.::.:.\:.:.:/:.:.',',:.} `、∨//|///}´    ¨´   賭けとか、言ってる場合ではないかな。
      }/////':. |:.:/:,イ:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:./ ∨:.:.: 、:.:.:.:.:.: |:.i /、:.:.:.:.:}:.:.}:.:|//}/> ´ ̄                   ,....:::
      |////:.|:.::|/イ:.':.:.:.:.,:.:.:/:-:.:/-、 \:.:. ト:.:.:.:.:.:| }/,.ィミ>:.:.:.ト、:i:.:|//                       ,....::::´:::::::
      |///:.:.':.:.:|:.:.:.:|:.:.:./:.:// {:/ _\ヽ:.| ∨:.:.:|リィ刈 / }ヽ:.!:.:从!´      __   __       ,...:::´::::::::::::::::::::
      }/:.,./:.:.:.{:.:.:.:{:.:/:.:./ト  ィチ羊≧ミ、} ∨:.:}イヒjリ  ハ:.:.:|:/リ ゝ  , ´     >:::xィ:、  ,....::::´:::::::::::::::::::::::: :
   /:.://:.:.:.:.:マ:.:.∨:.:/{:.:.:\< 比j刈    }:/ 之ソ  {∧:./:.:.`ヽ、/      / `ー'..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::,   ´
  /:.:,. ' /:.:.:.:.:.:.:.マ:.:.:Ⅳ ヽ:.:.:.:ヽ弋こソ    /     ;//\_:.:.:./`丶、___/,....:::::´::::::::::::::::::::::::::_..   ´
/:.:/  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.\ー-\:.:.:}           '   人/////.:.:.:.:.:.:.:.:.:>::::´::::::::::::::::::::::::::_   ´
:.:/  ,.::':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:',:.:.:.:ヽ///≧- 、__    ,._ィ  ///////{:.:.:.:.:.::>:::::::::::::::::::::::::::::_,   ´
´  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//ム:.:.:.:.::.∨////////\   /////////」>:::´:::::::::::::::::::_   ´             _,.... -
,..イ:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:////}:.|ヽ:.:.:.∨/////////}`i¨´:::\///>::::´::::::::::::::::_    ´           _..    ´
:.:.:.:.イ:.:.:.:.:.:.:.,.ィ//////://∧:.:.:}/二,.ィノ⌒\-!:::::}i/>::´:::::::::::::_    ´           _..   ´
 ̄:.:.:.:.:.:.:.:/// ̄ ̄`ヽ///}:./ /ィ⌒!{  マム>::::´:::::::::::,..  ´          _,.. r  ´
__:.:///////////r‐ ´ ̄/ /}(_ノi 人>//:::_.. -  ´        _,...  -rr≦///\
     /////////_,ノ   / /r- , / //// '´        _,.   ≦----、//////////\
     {////////ノ  、  Ⅵ { {/ノ { i{// {   _,...  ≦ ´--= ´       \/////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| KBTは人型警備ロボットでは、極めて頑強な装甲を有している。
| シャナの持っている45口径程度では、豆鉄砲にしかならないだろう。
| 腰の軍刀を抜き放ち、背後に視線を向けながら走り出す。
┗───────────────────────────────────────┛
4452 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 21:59:00.79 ID:x56a6GFx
                                   ___
                               , -‐´       ̄ ` 、
                            /ヽ/}    ,.--7ヽ    ヽ
                         /≧f/=./ ./   j  \   ヘ
               __    , -─ヽヘ,/ /   /リ{   `,    ヘ  シャナ、中はどんな感じ?
.                ´ヽ、 ヽ_ ノ  __ /ノ,ィ  ,.x' ´  ' ヽ.   ヘ   l
          __ノ`ー-、_,ゝ _ ノ´ z,/ .lfj|;ィテミハ      ヤ   } .,へ/!             警備ロボット確認。ファイブセブン用意! > シャナ
           ´フ      __    /  _,ィ:ヘ/ 弋巧リ  , -‐┤  リ〈≧{}〈{
_   、  ノ  ̄__,. -、─ヾ:i:i`i:-┴ 、/ .ムノ l   `    ィ云ミ|   / /∨ヽ/ だと思ったわ!
:::::::\    ̄`ヽ./:::::::::::::::::ヽ:::::ヘ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i;≦ニヘ   _ ,   ヾ乏ソl / .,' ノ リ
:::::::::::.ヽ___l______≧i:i:i/´X. __人 '、_ヽ__ノ二ノ ./  ./
:::::::::::fr≠ヽ  rェ、______≧/ ̄~   `ー'==,. ヘ::::::::ヾi:i:ヽ ./
::::::::::l{l:::::::l } l > 、ヽ. : . : . : . : . /  _ _,ィ       \ヽ:::::::\i:i}'´
:::::::::::ゞ≠〃 /  r‐, l i: . : . : . >'、 /~..::/   /   ハ   } }::::::::;:_}:i|
::::::::::::::::><, x、_゛ノ ノ__ ― <;_:  ̄ ̄i|  〃  / /  /ム:::;:;:;:/i:ソ
/ ̄ \::::::::;>イ  ̄     __/:: ̄ ̄ゝ_ノ.{  / /  /: : /::::://
  , =≦  ̄´        _,. <:::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::~:.:f _ ,へ、/:.:.:/
/             ./:::::::::::::::::::::::::⑪::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
           /ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
         ノ::::::::::::::::::⑪::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 走るシャナの視線の先、壁の穴からはクーデリアが姿を現す。
| 手に拳銃を構えており、応答からするに、対装甲目標用の5.7×27mm拳銃のようだ。
| 意識は完璧に銃声の源……シャナ達の正面、KBT型警備ロボットに向いており……
┗───────────────────────────────────────┛
4453 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 21:59:38.52 ID:XpqAawkM
伏兵が居そうだな
4454 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:03:36.00 ID:x56a6GFx
                         _         ._
                      , イ:::::/       /:::::|
                   , .イ´::::::::::/      /:::::::::::|
       .∧       .∧イ´:::::::::::::::::::/     /::::::::::::::/
      / 丶     / ヾ::::::::::::::::::/     /:::::::::::::::::/
      /  .丶    イ   ヾ:::::::::/     イ:::::::::::::::::::::/
     /   ゝ    .|:ヽ  | ̄´___    |ヽ──イ/
     |   /     ヾ|  .|─/:::::::::::|─、  ,ゝ:::::::::::::/
     ヽ  <      /  / .|:::::::::::::|  ヽ/:::::::::::イ
      \ ヽ───く、  /    ̄ ̄´   .|,イ´ ̄´
        /´/ ̄ ̄ ̄\ヽ ィヘ、  _ ,   |                  ……待ってクーデリア、正面! > シャナ
     /`/_/      ヽ|、 | |\`´ ィ、ゝ─イ
     \  \      イ-ヽヽヽ| |/// ̄´ クー < ……え?
      \_|     |´   ヽ`ヽ-イ//イヽ
         |     ト、__ゝ二二`ヽ__/
         | __ |\_イ´| ヽ  \|
         `ヽ:::::::イヽ=、::::::::::| .|──ゝ
           ` ̄´   ヾ─イ/ /K´
                 `,ゝ─-ィ'´
               / ̄ ̄| ̄ ̄く
             ./     .| \  \
            ./      /.|  \  |ヽ
           イ|      ノ .|   .\ \Y
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 彼女自身の正面……物陰から姿を現した、隻腕の警備ロボットへの反応は、
| 少々遅れ気味のものとなっていた。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 対奇襲判定 1D100(素振り) 目標値:???

   ↓1~3 最も大きいダイスを採用

4455 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:04:13.17 ID:kGjb/4D8
【1D100:41】
4456 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:04:40.53 ID:uyKANAUN
【1D100:73
4457 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:05:00.08 ID:V7n3nXLo
【1D100:44】
4459 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:05:33.40 ID:XpqAawkM
73なら結構いいはずだが?!
4460 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:06:49.28 ID:x56a6GFx
ふむ、73か……前回までなら成功だったが、さて。
4461 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:07:42.97 ID:uyKANAUN
なんか不穏!?
4462 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:11:33.29 ID:x56a6GFx
                        __
                   ,. -''"   `゙''-、
               /   ∠´      ヽ
                   /  /    `ヽー 、   ヘ
                / ./  , イ\   \ ヽ : ヘ
             / ./ / リ   ゙ヽ   :} ,へ __,ヘ   く、この……ロボットが奇襲ってずるいわよ!
              |  l./     / `ヽj }≧{.}=〈
               |. 7ー-、  /xr‐zv, } ヽ/l ̄{´
               { < x┬z     父:j  } l| |  \
                 ヽ∧ 父j         / :リ 人   \ _ .., --ー- 、
              } 人   _    ./ ム==ミ                )
.               |  >-. _`_ イ  / ___\-ー──‐- 、  (
               j  /,' : : /} /  // __ `\ `ヽ _  \ ヽ
                 j ,≧=、/{,_/  /{ /_ -─‐ <    `ヽ  ) ノ
.               / /| : : ,' ⊿ /  / :У´  _γ⌒ヽ_\     丶{/
                ノ /:〈', :.∧_./ ./; ; ;{_/_〈   {  `ー-- 、 }
              ( .{ :〈', /ミ;イ| /; ;._,/.:⌒ヽ三';.   ';.   ',  .l | (
            ヽl : :{;/  .l/__;//三〉、_}三f_  ,.ム   .〉 | |三}
               .|: :/Xxx/:. : : : : |三三三\三\_三) ./  .j .!三}
             |: :|i:ixxi:l: :‐ : : : |/ ̄ ̄`ー==_`ヽ /  / ,/‐ <
              |: :|:i:ixi:i:| : : : : : { γ⌒ヽ   r ¬ `} >'''゙"´
             /: :j:i:ix:i:i:}: .ー. : :.{ λ__ノ    ̄_.ノ
           /: :/´ ̄`7 : : : : : 乂__ .. <
          /: :/    ./: : ー.: : : : : : ; __: : : : : `: .
          /: : :/      .|.: : : : : : : : : : : : : :\ : : : : ヽ
       ∠、_:/       |: : : : : : : : : ; -─‐ヾ ̄ ̄ ̄丶
       /  ,'  {        {__,. -─'   ',   \   ヽ  \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナの声を聴いてから、クーデリアの反応は早かった。
| 正面に向かっていた足の運びを変え、手にした拳銃の銃口は、KBTからKWGへ。
| その反応、その対応、どちらも決して間違ったそれではなかった。
┗───────────────────────────────────────┛
4463 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:12:29.47 ID:XpqAawkM
クーちゃん!?
4464 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:13:53.07 ID:kGjb/4D8
クーちゃんがんばれー
4465 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:16:41.51 ID:x56a6GFx
  ダイス【73】 < 90 失敗

                      , ィ─,
                  ,  イ´:::://
                イ´::::::::::::::/:::イ
  _            /::::::::::::::イ:::::/      /|
 |  | ` ヽ 、      /:::::イ:::::::::::::/      /:::::/
 |  |    ヽ     /:::::/:/ ̄ ̄      /::::::://
 |  |    ヽ     |::::ヾヽ        /:::::::::イ/
 | ̄ヽ    ヽ    ヽ::::ヾト´ヽト 、   |:::::::/::|/   .         _________  クー < まず、間に合わ……
 ヽ ヽ    .ヽ   ./|:::::/   .|:|::::ヽ,___|::::/:::::/ __..       /ヽ_______/
  ヽ ヽ    .ヽ  |_  ̄. ___\:::::::|::::ヾ/:/∠/  |ηη ./ / ヽ        / ,、-,
   ヽ ヽ  _ ヽ  /  イヽ  \`´.| ̄.´ .///フ..__∥// /  / ̄`\__/´.// |
    ヽ V / \ ヽ ヽ| 石\__/二| ..// //_ι ./ /  /        ∠/.  /
     レ´|`|    \ ヽ_ト、─、〆///   |_ ∠__∠_イ         //   /
     ヽi;i;ヽヽ    |ィ─i`ヽ-イ/─ヽ_ イ´ \∠イ──ヽ\       _/´/ . /
      ヽi;i;ヽ_ヽ_.|::::) .| |_|__ィイ     イ        ヽ\  _イヽ/. /
        `イ\ヽ-ゝ/ レ|       イ´            | //  イ |./
         ´ |\ヾ ィ/::::|___イ´              | /  イ   ./
           ヽ ヽイ:::/                   ∠丿 ̄ ̄ ̄
            γ:::::::|                   /
          __ゝ::::::::\___________イ
        /  / ̄ヽ─-ヽγ
      ∠__// ̄`ヽ|  |   \
 ___ゝ─イィく    /|  |     l
|´|:::::::::::::::|ニl .八 ヽ   //|  ゝ、  .|
` ̄ ̄ ̄ | /  ヽ ヽ/入´/  ─イ
    , -イ_/、__ヽ冫/、 ヽ─── イ\
    (◯)ヽ-ヽ─イ ̄ヽ、Υ/| ̄´ .` Yヽ
 ,─ィヽ/(◯)       ̄  .\ イ─、ヽ
 | \ / ̄ ̄|            .\|(◯)/´(
..∧ /`──|              /`─く´ヽ
/ .冫──-イ              ヽ──ヽ /
 /  /                  \─´ |
/  /                     ヽ  .|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……間違ってはいなかった。
| いなかったが、ただ一点。最初の反応速度だけが、足りなかった。
| 足を止め、銃を向けたその時には、もう高機動型の警備ロボットは接近を終え、
| 右腕のスタンロッドを振るい始めたあとであり
┗───────────────────────────────────────┛
4466 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:19:51.19 ID:XpqAawkM
アバーッ!?
4467 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:21:54.30 ID:x56a6GFx
                     ____
                    ,..-'''" ̄    ゙゙̄''''ー ,,,
                  /゛        _,,..........,,_ .`'''-..、
              /            /     `゙'ー ,,, ゙ヘ、
             /゛           :′         `''-、.`'-、
               /          l              `'-、. \
              /             |                `'-、.\
           l          │                  `'-、\、
           /              |                       \ \
           l            l                      \.\
           !               l                          \\
           !               !                           \\
           !                l                            \\
           |                 l                           ゙'、ヽ.
           1                l                              \ヽ
              |              l                               ヽヽ
           l               l                                ` |'、
              l                  l,                              ヽ
           │                    l
            !               ヽ
               !                   l,
             |                   l,
             !                      l
                !                 l
              }                    ヽ
              !                  ヽ
                 !                  ヽ
              │                  ヽ
               !                      ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 避けられない、止められない。
| あの高電圧の棒を防ぐには、兎角時間が足りていない。
| それが、クーデリアには理解できた。
┗───────────────────────────────────────┛
4468 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:22:01.65 ID:kGjb/4D8
シャナ、カバーできる?
4469 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:25:30.50 ID:dx7YLp5z
こっちも非殺傷系武器か?
4470 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:28:45.50 ID:x56a6GFx
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三二ニ=-――-=ニ二三三三三三三三三三三三三三三三三ili!
三三三三三三三三三三三三三三三>・'"´:/`.:.:.:..::.:.:./   .:.:.`゙・<三三三三三三三三三三三三三三il!
三三三三三三三三三三三三三ァ '´.:.:.`.:/ 、 .:.:.:/.::/   .:.:.:. /.:`.:| `':マ三三三三三三三三三三三三三
 _〉.;.//.; く.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:N .:.:// .:.:.:.:.:/ .:.:./.:.:.:/` :.:.:.:/| .:.:.:| :.:./ .:.:.:.:.:. i:.:.|.:.:.:.:|;、;、;、;、/
;、任抂抂L/;、;ヾ、 .::.::.::.::.::.::.:.| .: /|.:.:.:.:.:./.:.:.:Х/.:./| .:.:.:.:/  j .:.:/.:.:∧ :.:.:.:.:.:,' :.:|.:.:.:.,';、;、;、;、ヽ___
_片「゙ヽ爿;、;、;、;'^⌒ー/⌒\.:レV.::| .:.:.:./.:.:./≧ヘ/ │.:.:. /   /.:./|.://', .:.:.:./ .:.:.|.:.:/;、;、;、;、;、;、;、::::::
、;、;'⌒´ ̄ ̄ ̄ ̄/ :::、;'、;/ ̄ ̄! .::./.:.:;ハ! {{ト弘 │:.:./   /.:./x':.:≧k |.:.:./ .:.:.:リ.:/::::;、;、;、;、;、;、;、;、:      (シャナ、ごめん……ドジっちゃった) > クー
、;、;'、        {:: /:、;、;'/::::::::::::::::|.:./:|:.ハ  V::::小、| :.,'  /.;イ升i:.か㍉|”/}.:.:.:.火:::::::::;、;、;、;、、;、;、;、
 、;、;'、      ∨::;、;'、:!:.>'"´:.:.∨-!;小   込リ ヽ{    f圦:::ン  /イ/.:.:/)ノ:::::::::::;、;、;、;、;、;、:/
ー‐=< ___  \_;>.'".:.:.:. -=:/::::/:::ハ    ̄         `=≠   ' ///イ:::::::::::;、;、;、;、;、;、;、;、
:::::::::/::::::::::::::::::::\/.:.:.:.:./::::{::::/:::::::::/:::::ゝ     '             〃.:.:./ :::|::::::;、;、;、;、;、;:::::/|
:::/:::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.: /::::::::::∨:::::::::::::::::::::::l\   - 、       .イ :.:.:./l::::::|`;、;、;、;、::::;、;、;、;、l|
:::::::::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:/j :::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::|  ヽ、      -=≦※.:.:.:./:/::::/;、;、、::::::::::::::/::::::::||
:::::::::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:,:'::::::: {::::/:::::::/::::::::::::::::::::::::〈     |`ア ;、;、;、/:::/ .:.:.:../::::;〃、;、::::::`::::::/:::::::::::||
三三三三三三三三三三三三三三ニ丶 ̄ ̄ ̄乙フl     //;、;、;、;イ 三三三三三三三三三三三三三三ili
三三三三三三三三三三三三三三三三 > //   |ヽ  /.:.:.:.:.<´三三三三三三三三三三三三三三三三i
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 瞬間、シャナの姿が脳裏に浮かんで。
| クーデリアは、地面に倒れた。
┗───────────────────────────────────────┛
4471 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:36:52.60 ID:x56a6GFx
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´   ……って、あれ?
                   ,ヘ  {         l ├v'人  \
                /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ  倒れた背中は痛いけど、
                   イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |  当たった場所はそんな痛くない……?
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ                      ……大丈夫、みたいだね >
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 倒れた。倒れたが……不思議と、クーデリアは痛みを感じていなかった。
| 確かに体に何かがぶつかり、そして自分は床に倒れ込んだはずなのに、
| 床にぶつけた背中以外、特に痛みを感じていない。
| ……そのことを不思議に思っていると、すぐそばから、声がした。
┗───────────────────────────────────────┛
4472 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:37:39.60 ID:XpqAawkM
ヒューッ♪
4473 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:45:32.32 ID:x56a6GFx
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::| 間に合ったみたいで、
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|
        /:::::::::::乂_|i |      /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/ まずは良かった。
       ,:::::::::::::_从 |_         , ゞ゚' /|/::/ /}::/
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/                           え、シャナ、なんで!?
      /::::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '                    さっきまで、KBTの方にいたはず…… > クー
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.   説明は、悪いけどあとで。
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|::::.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{:::::.   取り敢えず、ESPを持ってるってだけ、伝えておく。
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::.                                       ESP!? > クー
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.                うぉいシャナ! なんでお前そっちにいんだよ!?
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.                   いきなり消えるからちょっとビビったぞおい! > ベイ
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|
┏────────────┓         ヴィルヘルムも、あとで話すよ。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 声の源に視線を向ければ、そこにはクーデリアにのしかかるような体勢のシャナがいた。
| スタンロッドが当たる直前、シャナに押し倒されて九死に一生を得た様だ。
| シャナの方にも、特別傷を負った様子はない。
| しかし、先ほどまで離れた位置にいたシャナがどうしてここに……?
| その問いに対する【縮地】という答えは、ここでは本人だけが知っている。
┗───────────────────────────────────────┛
4474 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:46:14.33 ID:XpqAawkM
そういや見せてなかったな
4475 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:47:44.91 ID:x56a6GFx
口頭での説明じゃない、格好良いお披露目ができてちょっと満足。
くーちゃんが判定失敗した時は、スレ主ガッツポーズしてました(ぉぃ
4476 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:48:45.36 ID:XpqAawkM
ドSw
4477 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:50:30.96 ID:uyKANAUN
90以上という鬼畜難度の理由はそれか!www
4478 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:53:14.10 ID:x56a6GFx
  ∨: : : : : : : : : 〉           \: : : : :l
.   ∨: : : : : : : /     __ 。― 、}: : :/
    ∨: : : : : /  _ 。r≦ /    ./ /         ベイ < は、そんじゃあ楽しみに待ってるぜっとぉ!
    ∨: : : K__ / /: : : :{    `ヽソ                   ……そこそこはえぇが、まだ捕まらねぇぜ。
     ゝ_: : : ::/ , : : : : : }        !
         ̄.7  {: : : _>′       !
         |    ̄ l     __   .}-=         _ 。r≦≧ュ。._
         ` -.。__|_ __/ 7:ノ}  /:_: `Y    ._ 。r≦///////////
            ヘヾ=-`ィ  人/\ 二=- ミ≦///>  ///////
          _ 。r≦> _ /、\_; '     Y<    イ/////
         < } \      }/∧./       .!__ 。r≦/////
    <       > Y_ 。r≦|//         リ//////> ' ´
 /     ><   `¨`ヽrrt!       _ノ / /_ 。r≦
/    >     \ _ 。r≦:八    r  ,イ /    \
 ̄ ̄ ̄           弋:_:>--=彡ー‐仆.    /
                  \  |ト    .イ| \/<: \
                   \!ゝ-=彡 !     〉: : :\
                      `<¨-弋  ___/  ヽ/__
                       {    Y ∨:} } }ト: : /
                        \__八 ---イ}   Y
                            ゝ __ノ  /
                                 ` ー.′
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、声で言葉を交わしながら、シャナとクーデリアが立ち上がる間、
| 敵も何もしないわけがなかった。
| 隻腕のKWGはひとまず倒れた二人を放置し、ヴィルヘルムのもとへロッドを振りかざしてと跳ぶ。
┗───────────────────────────────────────┛
4479 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 22:58:40.05 ID:x56a6GFx
           _          ィ──‐、
         イ´::::::\       /:::::::::::イ´`i
        イ `i::::::::::::\     イ::::::::::::::::::ヽィ|
        .|、_ノ::::::::::::::::::\  イ::::::::::::::::::::::::::::/
        ヽ::::::::::::::::::::::::/`.´ヽ:::::::::::::::::::::/  でーたりんく・あくてぃべーと。
         `ヽ──‐‐ヽ   イ ̄ ̄ ̄´、
            /´  ィ.|__ィヽ     ヽ   標的ニ対シ、面制圧射撃ヲ開始シマス!
           ./   /ヽヽ _/ / ヽ    .ヽ      ィヽ
          /   /  .ヽ_/  ./     ヽ    // .ヽ
  ──、     |    \   .|  /  イヽ  |  // /ヽ ヽ        ……っておい、味方が居んのに乱射かよテメェ!? > ベイ
イ::::::::::::::::ヽ    |  /´l` \__.|_/ / | /  | // ヽ-、::::::ヽ ヽ
..|:::::::::::::::ィ─、   ヽ  ヽヽ__ゝ─イ_/_/  /イ /   ヽ:::::ヽ冫
..|:::::::::::::/   `ヽ、 ヽ ヽ`ヽ────イ  /__./     .|:::/ /─、
..ヽ::::::::/       `ヽ  /        入イ/イ二ヽ\  / ヽ/:::::::::|
  ヽ/         冫イ /\__/  / |イ´  ヽ| \´ イ´:::::::::::|
   .|`丶、      /  ./  |ヽ─イ / \ 、ヽ__ノノ   \:::::::::::::::::::|
   冫、  `丶─‐イ────、__/ _.\──´イ´二`ヽヽ──イ
   イ´ ̄ ̄ ̄`イ´ ィ─、 イ´::::::::::::ヽイ  ヽ \  |イ´  ヽ.|/
   |       ヽ | / |  ヽ__イ─、   `ヽ \ ヽヽ_イ/
   |       ヽヽ‐イ /`//   ヽ/   ヽ \` ̄´/
   |─────‐イ─‐イ  / |    /ヽ /  ヽ  \_/
   \       .|   ヽ  \ヽ_/  .∨  / |  /
     \____|__入  ヽ  .ヽ─イ ヽ/ /イ
             ヽ  ヽ  ̄ ̄` ̄  イ二/´
           イ´ ̄ ̄`ヽ───イ ̄ ̄`ヽ
         /    /ィ─、     ィ─、ヽ  \
        /    / .|   |     |   | ヽ   \
       /  / ̄/  ゝイ      ゝイ  ヽ ̄\ ヽ
      ./ ./   .|               |   .\ ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| KWGの一撃は、しかしヴィルヘルムは義体の身体能力で躱す。
| けれど直後に、未だ射線上にKWGがいるというのに、KBTが、腕部の機関銃を連射し始めた。
┗───────────────────────────────────────┛
4480 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 22:59:41.98 ID:XpqAawkM
そ、そっちもゴム弾だよな…?
4481 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:06:58.24 ID:x56a6GFx
          ト、        |`ヽ、
          |::::\      ヾ::::::::ヽ
          |:::::::::::ヽ     ヾ::::::::::::\
          ヾ::::::::::::::\   ヾ::::::::::::::::|ヽ
           ヾ::::::::::::::::`l   ヾ::::::::::::|:::ヽ
       ィ─-、 ヾ::::::::::::::::|    `ヾ__/:::::::ヽ
       ヽ   \\::::::::::ヽ、ィ─── ゞ:::::/                         ち、何発か避け損ねたか……
        ヽ    \ `ヾ:::::ヽ `ヾ::::::ヽ\/ィ             ゴム弾でも数喰らうとまずいんだが……ってはぁ!? > ベイ
          \    >、 /ヾ/   |::::::::::|ヽ /
            ゝイ |`ヽヽ   _ヾ:::::// /       りんく・あくてぃべーと。
           /_/   `ヽ  /ヽニゞ-イ´
           `ヽ、`ヽ、 /|ヽィヽニニ// ̄ ̄ ̄\   接触回線おーぷん。収集でーたノ最適化ヲ実行シマス。
              `|:::::|´_|_|ィ ̄ヽイ ,, ィヘ    ヽ
             イ|::::/    ̄ヽ イ___/ ̄ ̄ /
          イ´  .ヽ|       |  ,_____/                    うそだろおい、避け切りやがった > ベイ
         |─、   .ィヽ___//ィゝミ/ ̄|
         |─、\/ |__ク   ̄ `ヽ ミ/○/             な、なにあの動き、人外狂いのロクショウより…… > クー
      ,, イ´ゝ、 .`´  /   `ゝ─く ̄ ̄`く○/
     ヽイ´ ィ|´ヽ、_/-、  ヽ-、_冫-イ´                          うん、速いね。KBTの方も、相当だ > シャナ
        l´ ヽ-ィ_  |─イ
     /イ_ィ─´イ / /
   ィ-lィヽ、 /   . ̄ヽイ
  _/、   ̄ヽ/
 く_/    |
  |  _イ
  ヽイヽ/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ヴィルヘルムが身をよじり、ゴム弾の雨を回避する。
| 高い身体能力をもってしても、その回避は万全ではなく、数発の被弾は免れ得なかった。
| ……だが、同時に弾丸の雨にさらされた、KWGはどうだ?
| 如何に高機動型とは言え、それだけでは説明のつかない機動性を以って、
| ただの一発も、掠ることさえもなく、弾丸の雨を泳ぎ切り、KBTの隣に着地した。
┗───────────────────────────────────────┛
4482 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:08:21.36 ID:XpqAawkM
ファー!!?
4483 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:13:08.97 ID:x56a6GFx
   |  /  / /   /| |     l | ヽ
   |  /  / /   /::| ハ  | |   ヽ
   | /  l /   ハo\;;;リ  | 丶   |
   |/|   //   ト;;;ヽ ゝ;;ノヽ|;;ヽ V   |
   | | |  |  |  | ヽ=彡V;;;;/ | l  |
   | | |  |  | l |      V | |ノリ おいこら待てや、KWGつってもあんな動きは普通しねぇぞ。
 外 |ヽ| | |   |__|リ    _ , 〉 | ||
   | | |  |  |\"=‐- 、 / | / |    しかもあいつ、万全どころか腕もげたり明らかに
 壁 | | |  |  |  `ー´/ | /
   |\ヽ| 丶  |   ./ /   /      整備不良の状態だろ。
   |ミミ\| ヽ  |   / | | |
   |ミミミ\', ヽ |ミ´ |ノ| /り                                整備不良、だからじゃないかな? > シャナ
   |ミミミミミミ\|ミミ| ノ|/
   |, -'', ―――-、ミミ、           あ?
   |/`~^"::-三三三、\,,_
   |三三三三三三三三三=>、
   |三三三三三三三三三/|ミ\
   |三三三三三三三三/三|ミミ|
   |三三三三三三三/三三|ミミ|
   |三三三三三三/三三三|ミミ|
   |三三三三三/三三三三/ミミ|
   |三三三三/三/三三三/ミミ|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 二機の動きが、ほんの一時、静かになる。
| けれどそれは嵐の前の静けさにすぎず、また嵐は手を出せば即座に到来する。
| そんな状況で、ひとまず元の穴の位置まで後退した三人は、
| 敵戦力について打ち合わせを始める。
┗───────────────────────────────────────┛
4484 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:13:48.96 ID:kGjb/4D8
2台で情報共有してるのかな
4485 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:19:48.37 ID:x56a6GFx
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}  あの跳躍、機体の捻り、
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  明らかにフレームの構造や強度を無視して動いてる。
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'     多分、経年劣化でリミッターとか自己保全回路とか、
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.        そういうのが吹っ飛んでるんだ。
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i                             おいおいマジかよ……燃えるじゃねぇか > ベイ
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\                                              えぇ…… > クー
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\ それに、装甲も劣化して一部剥がれてる。軽量化もばっちりだ。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 数合打ち合った……訳ではないが、ほんの数秒間とはいえ、戦闘を行って見えたものがある。
| 二機とも、長い年月放置されたせいで機体はボロボロ。
| その分なら性能が損なわれてもおかしくないところだが、劣化によってリミッターが外れ、
| 本来なら制限のかかる無茶な機動、無茶な出力が発揮され、今現在の惨事となる。
| それに、どちらも装甲が一部剥がれているせいで、身のこなしはより軽快になっているようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4486 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:21:07.05 ID:XpqAawkM
なんという偶然のコンボ…
4487 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:21:57.44 ID:x56a6GFx
早い話が、ボスキャラ補正というやつになります(メメタァ
4488 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:24:47.10 ID:XpqAawkM
か、代りに体(耐久)力が低いんでしょ!(震え声
4489 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:28:22.12 ID:x56a6GFx
                      __
                      , '       ` `丶、
                      /  /_    ヽ  ヽ \
                  / , '   丶   \_ ゝ  \
                    / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                   ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                 {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´  装甲の劣化って、
                  ,ヘ  { _   ┌┐} ├v'人  \
               /  )  l弋リ    弋ソ l.  レ' : l.ヽ   ヽ 強度的にはどのくらいかしら……
                  イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.                .{  / / ヽ ト、 ─  /l /\: :ヽ 、: :ヽ |                KWGは元々脆いし、多分45口径でも通じる
                 l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /                             ……当たれば、だけど > シャナ
               V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ
                  /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ 当たれば、かぁ……
               /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
               /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\ KBTは、やっぱファイブセブンじゃないと
               ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
           /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉 きついかしら?
          /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
          ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ                  多分。あとは、近接戦も十分有り > シャナ
         |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
         |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     / なるほどねぇ……
.          \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
            〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
            .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 装甲が劣化している分、銃器の効き目は多少なりと良くなっている。
| KWG相手なら、45口径も十分使い物になることだろう。
| 一方、KBTは腐っても重装甲型。ライフルならともかく、短機関銃の45口径は厳しいか。
| とはいえ、あくまで数秒間の戦闘が元の考察だ。この辺りが把握できる限界だろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
4490 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:32:15.43 ID:XpqAawkM
KWGはクーちゃんにシャナの短機関銃で相手してもらって
ベイに足止めしてもらったKBTを刀で首チョンパで制圧 とかが理想かな?

KBTの方が多分売値高いんじゃないかね?
4491 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:35:07.63 ID:x56a6GFx
                    .... _
                ´ ̄ , 、ヽ ` .、
                 , ´.,.',、 .ソi! .ヽ ヽ  \
              / / 从Ⅵii| i    '.,  '., ヽ
               ,' / i レ´ ̄`| .li .ト、  .'.,  '., i  つまりまとめると、こうなるわけだ。
             .,' i! ilj     レ' l.il__リ i .i  i i
           ,' /l  |≧=.、   ィリェェァ.) l   .!   KWG:どの攻撃でも通じるが、アホみたいに速い。攻撃は近接オンリー
         .,'. /l l i f<>'`)=ゝl!-一'll.l l    .!
         / ./ l:l从j`  ̄  ,...、   .j!.リ !、 .! .i  KBT:5.7*27mm.拳銃か、俺かシャナの近接戦だけ有効。弾幕要員
        ./ ./l l! l:::::::',   ,. -== 、  l / :i ! .ヽ
       // .l ll.!:::::::::ヽ └─-一’  ,.j/:l .l l ト} 一応、全員どっちも対処はできんな。
      /   ヽヾ:∧:::::::>.、  ̄  / {;;;:j/l l /
           )ノi} ヾ/,ィ ≧ - ≦  ソ} } ./
     _ _     _,. イ/{  .\   r= ''´  l-.K、
   _/ミ, ヽ-〈 ̄ : {/////l  .l! l  / l!   //////>.、
  //77ヽノ/∧: : : V///∧  .l、`V  l   ///////.//>.._
  l/////////∧: : : V///∧ヽi≧==≦l/.//////.///////>.._
  l//////////∧: : : V V/∧ ヾ三/ ////ヽ/.///////////≧:.,
 .j///////////∧: : ヽ V/∧ |三|///// /.///////////////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 敵二体の情報については、ヴィルヘルムが口にした通り。
| こいつら二体をどう処理するか……すこし、作戦を考えるべきだろう。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 相談時間を取ります(23:50まで)

      この後ボス戦の作戦を募集しますので、それに向けて相談してください。
      質問・延長希望等、あれば受け付けます。

     各キャラステータス
     シャナ >>4052   クーデリア >>3820   ヴィルヘルム >>3822

4492 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:36:12.11 ID:XpqAawkM
ワイは自案の>>4490を…
4493 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:39:45.77 ID:x56a6GFx
ちなみに戦場についてですが、>>4413のマップにおける、4、もしくは5を選ぶことが可能です(特に記述がない場合4)
5にする場合、特に方法を選ばずとも誘えば向こうから追いかけてきます。
4494 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:40:51.61 ID:XpqAawkM
狭い方がKWGの動きさえぎれるし 4がいいかねぇ…
4495 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:42:49.87 ID:V7n3nXLo
KWGはKBTの斉射を躱してるからクーちゃん一人はやばいでしょ…
ヴィルヘルムに壁を砕くときに使った机を盾にしてもらえないかな?

質問 相手は殺傷兵器は装備してない?
4496 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:45:56.00 ID:x56a6GFx
>殺傷兵器は装備していない?
はい、相手の装備は『本来』非殺傷の以下の装備となります

KWG:スタンロッド(電流)
KBT:腕部機関銃・腕部単装ライフル(どちらもゴム弾仕様)

……ただし、リミッターがぶっ壊れているせいで、武装の出力が本来より向上している可能性があります。
4499 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:48:33.36 ID:V7n3nXLo
チャフやEMPはヴィルヘルムへの影響は考えなくてもいい?
4502 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:50:44.99 ID:x56a6GFx
23:55まで延長

>チャフやEMPはヴィルヘルムへの影響は考えなくてもいい?
EMPは所持していませんが……EMPに関しては一切問題ありません。
チャフについては、若干射撃制度は落ちますが、誤差の範疇です。
4503 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:53:37.35 ID:XpqAawkM
とりあえずこんな感じ?

クーデリアがチャフを投げるまでシャナは援護
ヴィルは現状維持

その後クーデリアにシャナの短機関銃を渡しKWGを二人でできるだけ速やかに撃破
 KWG撃破後3人でKBTを集中攻撃で撃破
4505 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/09(金) 23:58:26.33 ID:x56a6GFx
                         _ ,. - ==──- 、
                  , '   _  ` ヽ   ヽ
                  / >'´ ̄   `ー 、  \  \
                  / ., '/ ,' 〈.       ヽ.  ヽ  \   ,.r
              / / l {/{fヽ- 、 ___  ヘ  ヘ  {`ヽ、__/ (
                 / / .| /` ヾ   ──-ヽ、_ヽ  l ヽ> {}≦ゝ  そうねぇ……
              {  l  |i /        _ _  }  {  }/} ヽ`ヽ、
               .l  l   r'       ,ベ泛リ≧!  レ=; リ l  ',   ヘ その辺の情報を踏まえると、
                |. l  .| .,ィ=≦f     ヽニ'  .|  .}|jノ/ ヽ  ヽ  .}
                `..!  l/ 弋ソ  ,       |  リ´/:{   丶、_二=`ー 、 作戦としてはこの辺りかしら?
                  ヾ{  ヽ            リ .jノ:.l:.ヽ         ヽ丶 \
                 .)ヽ  \    -‐    .イ  /:{:.:.ヽ:.ヘ       ',. ヘ  )
                ノルリヘ   .ト 、       .//  /f:.ヽ:.:.:.ヽ:.\_      { リ /
          ,. -≦二 彡/  〉  !.:〉.:}≧‐-< .! ./圭ヽ:〉ニ==、ヽ:.:`ー‐--、ゞ;/
       / ,-_´ノ/ リ / 〉 .}:/:/.f≦}     { .l:≧ニリi:i:i:i:i:i:i:\ヽ:.:.:`ー‐∨
        .{ // ,.-_'- 、( ( / .ノ=ニ≦ヾ   .ノ| .l=ニソ≧、i:i:i:i:i:i:iヽ:.\:.:.:.:.:ノ
        ノ_ ノr'〉 } .l .} }-─┐:ヾlヽ,≧彡=ヘ ヽ:::::::::::::::\i:i:i:i:i:i\:.ゝ.:/
        ./|    ̄ヾ_ルリ/ ̄   |:::::::| f圭リ  {::冫 〉::::::::::::::::::〉i:i:i:i:i:i:iヾ.:.:{
.      / l   作戦概要    |::::::ト、`゙´  ,|:::{ /::::::::::::::::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:!:ノ
      ル'´l             |.::::リ. .  ̄ ̄/:::/冫::::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:冫
         |             |.::/ . . . . . . |:::::リ:::::::::::::/i:i:i:i:i:i:i:i:i;}≦リ/
.         .|             |.:|. . . . . . . .|:::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ _ノ
         |             |.::!. . . . . . ./::::::::::/─ '´ ̄ ̄ ̄   {
         |             |
        └──---、____」
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 情報は出そろい、多少なりと議論もできた。
| ……そろそろ警備ロボット達も動き出す。作戦を決めなければ……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 自由安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の大きい安価
      シャナ達がとることにした作戦は?

4506 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:58:58.61 ID:XpqAawkM
>>4503 【1D100:70
4507 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/09(金) 23:59:33.94 ID:uyKANAUN
>>4503

【1D100:55】
4508 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/10(土) 00:01:36.68 ID:ddJNj8re
>>4504
【1D100:62】
4509 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/10(土) 00:02:54.22 ID:eewHWdp+
ふむ、KBTはベイ任せになったかぁ……むむぅ……
あい分かりました。
4510 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/09/10(土) 00:04:09.19 ID:mQgni19a
( ゚д゚)(やっちまったか?という顔
4511 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/10(土) 00:05:29.27 ID:eewHWdp+
スレ主想定ルートとは外れましたねぇ……ちょっと難易度上がるかも。
あと各種判定作ってないので、あと1、2レス投下したら今日はおしまいですー
4512 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/10(土) 00:09:50.32 ID:eewHWdp+
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ ヴィルヘルムがKBTを押さえて、
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}  その隙に私とクーデリアでKWGを仕留める。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/   ……うん、分かった。                 おう、こっちもいいぜ > ベイ
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'     KWG相手なら、クーデリア、短機関銃貸そうか?
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                         そうね……今回は借りておくわ > クー
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.       よし、じゃあ……突撃は、クーデリアのチャフと同時だ。
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 作戦会議が終わり、改めて視線を二体の警備ロボットへ向ける。
| どうやら、奴らのデータリンクも完了したようで、それぞれ活動を再開した様だ。
| これから本番……第二ラウンドが始まる。
┗───────────────────────────────────────┛
4513 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/09/10(土) 00:11:24.30 ID:eewHWdp+
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2764-f00d2020