情報部シャナのスカベンジ日誌 3rd Turn 「ハイエナ」その11

4907 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:11:18.00 ID:RRGXoB6W
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                3rd Turn 《ハイエナ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
4908 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:11:48.00 ID:RRGXoB6W
                       __
                       , '       ` `丶、
                       /  /_    ヽ  ヽ \
                   / , '   丶   \_ ゝ  \
                     / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
                    ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
                  {  ! |,. - 、   , --、  | ヽ/弋´   ねんがんの けいびロボットを てにいれ……
                   ,ヘ  {. __     _ l ├v'人  \
                /  )  l '⌒゙  ´ ̄ ゙ |  レ' : l.ヽ   ヽ                     ……売るよ? ぼろぼろだし > シャナ
                   イ  .八 ヽ   ' __   | / : :l: :i : ヘ  }
.                 .{  / / ヽ ト、 丶-' /l /\: :ヽ 、: :ヽ |  ですよねー。
                  l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
                V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   誰だってそうする、私だってそうする。
                   /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
                /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
                /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
                ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
           /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
           ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
          |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
          |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.           \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
             〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
             .L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 遺跡最奥の一室で警備ロボットを下した後、その一室の探索をする一行。
| ぼろぼろになった二体の警備ロボットに加えて、魔法瓶やミニチュア玩具を戦利品に加え、
| 一路、フジノミヤへと帰還するのだった。
| 
| ……一回の投下量が少ないと、あらすじの内容に本当に困るな!
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>4052 (補足:手榴弾(チャフ)は消費済み)

      同行者:クーデリア   >>3820  ヴィルヘルム >>3822

      好感度一覧        >>3823

      このターンの遺跡   >>3798 【おもち屋遺跡】

4052 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/27(土) 16:57:53.15 ID:VQe/CCRl
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 208 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを装備・保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトであるが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕、チャフ 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:42:30.95 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

  クーデリア・フォイエルバッハ 5級スカベンジャー

 最近フジノミヤにやってきた新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  45口径リボルバー拳銃 ……中折れ式の旧式リボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                    アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃 ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                 ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              

  銃器    Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲    Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。
3822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:44:02.19 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば等級不相応に高く、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃                   極めて頑強で、素手で金属板を殴った場合、相手が一方的にへこむか折れるか穴が開く。
  ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
  45口径短機関銃

  格闘術  Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器  Lv:3 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間単独では使用できない武器を使用できる。
3823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:47:06.61 ID:xlHI+v0i
 【好感度一覧】

   クーデリア..  ……B-   (また、一緒にどこかに行きたいな)
   やる夫.     ……D    (格好悪いとこ見せちまったお)
   ヴィルヘルム ……B-   (見込み通りみたいだな)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎.     ……D-   (初めての依頼、がんばれ)
   スカサハ.    ……D    (長い付き合いになりそうだ)
   リッカ.     ……D    (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ.       ……D-   (出来る人かぁ、ちょっと格好良い……)
3798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:12:31.87 ID:xlHI+v0i
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 郊外のガラクタ山 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないだろう。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  なお、比較的近場のため送迎車は出ておらず、しかし歩いて通うには確実に遠い、
  という絶妙な位置関係により、5級にも非常に不人気な場所である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 郊外警備

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【受諾条件】 マーセナリー、4級以上のスカベンジャー、または組合から推薦のある者

 【報酬】 30円

 【解説】
  現在諸事情により警邏隊の手が足りていない。
  そのため、有志にフジノミヤ郊外の警備任務を手伝ってもらいたい。
  ミュータントが出現した場合各自の判断で交戦してもらうことになるが、
  それ以外ではこちらの指示に従って、待機してもらうだけでよい。
  報酬は交戦の有無を問わず一律。余程の事態でなければ増額はしない。

 【備考】
  他チーム・警邏隊との共働有り

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
4909 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:12:07.46 ID:5y5nWobw
仕方ないね…
4910 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:12:09.18 ID:RRGXoB6W
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4911 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:12:24.93 ID:RRGXoB6W
        γ──0> 0> 0>───┴─┴─┴──────┴─┴─┴───────-、
.          0_[〔|2|市外送迎〕]_0_γ==============================================ミ =
        lγ:───:┬───‐┬、||..____ 〔二二〕 ____..ii─ii─ii 〔___〕.〔___〕 〔_ヽヽ .|
        |:;|  ∧∧...│       ,| ||| ||  ||  || ii─ii─ii ||⌒||⌒|| ||  ||  || | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄| ||│
        |,|  (゚Д゚,,) ,|.       ,|  ||| ||  ||  || ||  ||  || ||  ||  || ||  ||  || |    | |    | |    | ||│
        ||_,⊆⊇⊂._|____|_ノ|| ||_||_|| ||_||_|| ||_||_|| ||_||_|| |__| |__| |__| ||│
   /ニニニニニiニニニニニニiニニニニニヽ二二二二二二二二二二||二||二||!二二二二二二二二二二二二二:|
  0)___━━___,0)_━_,|_     乗合  =<      ||⌒||⌒||   組 合 事 務 所        |
 〔00〕ニニノ・ゝニニ〔00〕.・ __ ヽ         )二).    ||  ||  ||                   │
 0= `─────´ 0=__/   ヽ_.|______<____\__.||_||_||__γ ⌒ ヽ____________.|
 [二二二[二二]二二二二]l|||  ∴ | ||_______________||_||_||_=|  ∴  |            |〕
  ||||!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|l|||  ∵ | ゙゙────┐       . ||_||_||_/'|||||  ∵  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゞゝ__ノ         ゞゝ__ノ           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ゞゞゝ___ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 夕刻、あるいはそれより幾ばくか前の時間帯。
| フジノミヤ市街と、その外にある遺跡をつなぐ送迎車が、あぜ道を行く。
| 車内詰め込まれた人影のほとんどは、遺跡探索や依頼を終えたスカベンジャー達だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4912 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:15:16.74 ID:RRGXoB6W
                 _.. -, '  ̄ =-- 、
                 /     /´   }´,、 ヽ
                  ./     ./  i  liミi!  `、
                  / /     i   .i!.  l  リ  i }
               / /  / ,' !  .i!.!, l  .l i! i'  しかしまあ、遺跡でも言ったが、
            / ;'  /  ,'  !  i二l_リ_  ,}ム.!:l
           ノイ  ./  .,'  l l i lェテァj }´ヾ_jリ }   今日はなかなか面白い戦だったぜ。
           j:,' |       !:l i l`ー-''’ ` 、.l:リ
          ,.イl !   リ    トヾ`      ´ !l    また機会があれば呼べや、楽しみに待ってるぜ。
         {( !} .l   / ,, i   .!   `ー=二ヨ’ !l
          `j! ノ  ./:/ .i!ヽ i: :!`    __    !j
           ({ ./i、   i!iリ、   ,-'i_ij ̄
           r´///∧     \  j\V>..._
         //⌒,////\     .',/ /i!.V///>..._
       __.l/ / V/////∧   //〉 /∧V//////〉
      /,-==ミノ∧: : V V///∧/',/〈 .〈//∧V/////
    ////∧///∧: : '., V///∧  V∧ .}//∧V///l
  .///////.∧///∧: : ',/ 二ニニヽ }/∧レ.ニニヽV//l
  {//////////} ///∧: : V////∧V///i.|///∧///l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その中には、当然のようにシャナやクーデリア、ヴィルヘルムの姿もあった。
| 少女二人はさほど大きくないずた袋を、ヴィルヘルムは剥き出しの警備ロボット二体を、
| それぞれ腕に抱え、社内の片隅に壁を背にして立っている。
| ……相変わらず、ヴィルヘルムは戦闘の余韻か、楽しそうな様子だ。……もっとも。
┗───────────────────────────────────────┛
4913 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:18:21.55 ID:RRGXoB6W
                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´   こぉのバトルジャンキーめ……
              ,ヘ  { _   ┌┐} ├v'人  \
           /  )  l弋リ    弋ソ l.  レ' : l.ヽ   ヽ  別にあの戦いを懐かしむのはいいけど、
.            イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.            .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |  その手の警備ロボット、少しは隠す努力しなさいよ。
.           l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ   絶対それ、悪目立ちしてるから。
             /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
.         /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\                            あ? いいじゃねぇか別によ > ベイ
.         ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
.    ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| もっとも、彼の連れ……クーデリアの方は、そうではないようだ。
| ……というよりは、無頓着に警備ロボットをさらす様に気が気ではないというところか。
| いかに警備ロボットの出土が多いフジノミヤとはいえ、それが高級品であることに違いはなく、
| また高価な品が、スカベンジャーという意味ではない、
| 気質的な意味でのハイエナにとって、魅力的な獲物なのも変わりはない。
┗───────────────────────────────────────┛
4914 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:19:25.91 ID:5y5nWobw
だがこのチンピラに面と向かってたかれる あるい意味根性のあるハイエナがいるだろうか…
4915 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:21:24.12 ID:RRGXoB6W
  _                                      _  _        _
`     `ヽr '',.Z.._            _ヽ`Y ,Z._    , -─- 、  ,>  `´  '‐z    ≦-` `' ¨ Z_
        ′∠.._  ,. -─- 、  > `    \. 〃^''ー-‐uヘヽ .7 ,ィr=、,.=ヽ、ヾ   >,.ィィィィィィ_`ヽ お、おい……あれ……
          <  〃^''ー-‐へヽ/ィ   ,.イハ i、  ゝ.|{ ‐-、  , -‐ }| 1/‐-、  ,.-‐i. |   ´7‐-、  ,.-‐ 7 .|  警備ロボット……だよな?
       ,イハlヽ. ヽ. |{.‐-、  ,.-‐ }| レlイ/_ヽ  ゝ!ヽ. | nTこ・lニl・つフhn|. -, .- }h    r|:=。  。= 7n!
    ,イヘ.`7 ハ|ヽ!r!| こ・  ・つ |h n| ´_0i i 0_` |hL|v ̄L_.」 ̄u|ノL|ur |__| 、v|レ    l_L ̄L_」 ̄_, |レ| ああ、人型の……それも二体……
   r' ==f ,, /    L|.u /_ヽ  |リ Ll v r'_'ァ .u ル' .|: :-──- : | /l ! -─‐- l |ヽ    | (三三三) :N、  売れば、結構な額に……!
r'ニl.| ` ー-  \   l -──- |  l -──-  l _ハ : : : ̄: : : ノヽ_ l\.  ̄ , イ | `'ー-⊥._  ̄ _,,. イ/ |`ー
|.|-||. ijv   r __ \‐'ハ\  ̄ ,.イl`iー/l\.  ̄ ,.イヽ l |` ー─‐ 1| | `ー-.二_/|  |     ハ ̄  // |  や、やるか……? やれるか……?
ヽニ|.  ──r-ゝ ´.| l\、二/レ‐''| ヽ. `ー ' /l |` ー- 、__.ノ|⊥_|      /ヾ ̄      l l ̄/_ ̄\|
  .ハ.u  ┌;┘   l/ヽ. l .ハ´   |_.⊥ヽー/ _⊥._|    /ヽ |_       .l  ヽ       |  l./
  | ヽ v lハー-  _    ゚ヽ/ .l        ゚∨`         l  l. |        |  ∧ r─┐| /l         お前ら……やめておけ。もうすぐ……市街だ。
  .|   \._」. ヽ    ` ‐ 、/ヽ |       |   r──┐| /,!|_    lニ。ニl |  / ∧ト 。イ |. /l°   lニ。ニl   それに相手は、"あの"義体使いだ……
ト、 l  /, /   l      /ヽ\|         | 。   ト 。 イ | / ヘ    |   | |  /  〉_| L_, イ   |   |   俺達の装備じゃ、束になっても……勝てない……!
|ヽW-‐'〃|⊥. |     /  l\|         |    |    | |   ,.イ    ̄ ̄ |   _,.イ   |   |。    ̄ ̄

                 ヽ>、
                  V::Λ
                   L、:ハ               _
          __            、ハ              イ  ヽ
          V:::<,_       ヽ::、         /`ヽ、 |` ̄/
              '<:::::L__      |::!        イ__/ヽ-イ ̄|\    ,_        ほら見なさい、変な連中に目を付けられてるじゃない > クー
            >=--,.>'"'.<>'、|            `ヽイノヽ |  .\ /  ヽ
            f○.|!!!「'.ト.---゚ト' oハ             |ヽ/ _`イ_/イ   /
 r―――――r=-、| γ'二ェト,_r.、_ノr、__ノ         __  .ゝ-イ_ゝ|/ヽ \/                      どうせ、互助会の連中だろ?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ {彡 {Lて< ̄ ヽー'甘´"         イ彡ゝ ヽ_冫´ | ヽ__| ̄ィゝ、                    あいつら程度じゃ、どうもねぇよ > ベイ
          '.´       7::ミ ::::r=          ヽ_イ二二イ二/人_ィ`|巛《|/ヽ
                      `ェ==<ェ          ヒ|___/ゝイ ゝ´\ヽェェ|/
               /ヘ'ケ┐r、┘r=.、          // ̄ ̄|イ´\
             ///ヽ,:::U::7´ \.\\       /ヽ_/ |三| |_\ィ-ヽ、
              ,>'.//∠/ヽ/\r'にヽ,\\     | / \__/ |`Y´ ̄`ヽ
           {ィ ィ /       」 V' >ー'    イヽ|   ヽ\ィ| ヽ __ヽ
          _>,ィ-‐'        r=ムト、       /   |____冫 |  ヽ |  ヽヽ
        f´ー.7          」 'ー<       `─イ       \ .| イヽ ヽゝ
      _,>'ー‐ウ         └<,_X_>                   ̄ヽイ─イ
     ムム>ー'´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして事実、ヴィルヘルムの抱える二体の警備ロボットは注目の的であり……
| 中には、あれを奪えないものかと、仲間内に相談の声を漏らすものまでいる始末。
| 件の集団は、まともな判断のできる一人が押さえつけているようだが……
| どの道、あの連中では蛮勇に振舞う勇気も足りず、
| 指をくわえて見ているしかできないだろうというのが、ヴィルヘルムの見解の様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
4916 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:22:02.38 ID:5y5nWobw
NDK? NDK?
4917 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:24:12.25 ID:RRGXoB6W
                 ,.. --- .. _
               /    r-   ` ..、
              /         ` :.. \
             /    ,     \  ヽ:. 丶
             .l  , / /ミx、/ヘ  \  ヽ:. ',  俺からこいつらを奪うような、気概や実力を持ってりゃぁ……
             l  i .,' {ミシヾ从ハ '., ',  V ',
            .l .i l i! i      '., .', iミ、 V .}  今頃、綺麗なハジキ抱えてまともに遺跡に潜ってるさ。
            j ノ! li!:i! l       .i ハ .lタミ、 l
            ノ,i|  .i:::i ≧.,,__、 ,__,ィ≦il}fヾ \ {  ま、その気概を見せんなら……相手くらいしてやろうじゃねぇか。
           ノ:/i  .ハノ、::::::::::}=={:::::::::jiノ ノノ∧、ヾ
          {//:|  i!  {  ̄ ̄   ̄ ̄ /´/// }\≧
        /⌒i/∧ l ∧    、_ ,   ///////l//\                                     ヒッ >>> 互助会
    ,...、-イ::::::::///∧ { .{  \`ー-一´/.!//////.レ///.\
   rヾ:::ヽ::::::::/:V///∧jヽ   ` 、_,,. '  .////////!//////≧=-..._                 だから……言っただろう……! > 互助会リーダー
  ノ/∧::::ヽイ: : :l|V/////∧  ////∧ ∧///////!///////////∧
 ////∧:::::}..i : : ,il/V/////∧ ./V////.V////////l////////////∧
//////∧__:l..i ̄: il//V//////〈  }三{ ///////////////////////∧
/////////∧i : : :il//三三三ニV二ニV三三三\/////////////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 故に、ヴィルヘルムは歯をむき出しにして笑う。
| 傍からはサングラスに目元の表情は隠されているが、その口元は紛うことなき猛獣の笑み。
| 僅かに顔を傾け、視線を傲慢な臆病者に向ければ……
| 気配や視線に気付いたわけではないだろう。
| ただ、自分たちの視線の先にいる男が、凶悪な表情を取ったのを見て、臆病者は息をのんでいた。
┗───────────────────────────────────────┛
4918 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:27:22.55 ID:RRGXoB6W
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ                ……シャナの方から言うことは? > クー
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|  おおむね、クーデリアの意見に賛成、かな。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|   まあ、どうせ動こうとすれば事前にわかるし、
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ::::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨    それから斬り捨てるなり、制圧するなりでも対処はできる。
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i                                 ああ、そう…… > クー
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして最後に沈黙を保っていたシャナの意見は、
| クーデリアと同意見だがヴィルヘルムの判断も容認する、というもの。
| まあ実際、戦闘機人のヴィルヘルムから何かを奪うのも、
| 元諜報員で【縮地】を使えるシャナから逃げ切るのも、並の人間にできる事ではない。
| トラブルは御免だが、こだわりすぎて仲間内に不和を呼ぶのはもっとごめんだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4919 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:28:57.79 ID:5y5nWobw
クーちゃんだけ一般人…(´・ω・`)
4920 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:30:29.65 ID:RRGXoB6W
                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´   まあ、シャナもどうにかなるって思ってるなら、それでいいわ。
              ,ヘ  {         l ├v'人  \
           /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ  そこのバトルジャンキーどうにかするのは無理そうだし(説得的な意味で)
.            イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
.            .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |                    (おっ、そうだな(物理的な意味で)) > 互助会リーダー
.           l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ                        まあ、そうだね(両方の意味で) > シャナ
             /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉
.         /: : ミ∧  / / {{    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\          ……なんか微妙にバカにされてる気がするぞおい > ベイ
.         ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉 気のせいよ、気にしないで。
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\
.    ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ (なんだかんだで、戦闘絡みじゃ二人とも別格だわ)
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、良識派のクーデリアには、すまないが我慢してもらうことにする。
| 戦闘バカのヴィルヘルムと違い、彼女の方が話が分かる分、割を食うことになるが……
| クーデリア自身、シャナが言うのならと納得している節もある。
| 諦めたような口調の中に、取り残された様な哀愁が混じってもいるが……それはさておき。
┗───────────────────────────────────────┛
4921 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:31:28.00 ID:5y5nWobw
おい互助会リーダーさらっと混じるなw
4922 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:33:24.45 ID:RRGXoB6W
   / まもなくー フジノミヤ市街地にー 入ります \

                        / まもなくー フジノミヤ市街地にー 入ります \

           / スピードを落としますのでー ご注意ください \

                 †‡
      /\       / ̄\                                /\
    /∩ ∩\  _]三∧三[_                        /l^l l^l \        ……そろそろ、終点か。
    lニlニlニlニlニlニl || | | 口 | | ||`                         lニニニニニニニコ       二人とも、荷物を確認して > シャナ
    || 田 | 田 ||. || | | 口 | | || |                        ___ |  ロ  |ロ ||
    || 田 | 田 ||三三\   .| | || |                 ////\,   |ロ ||   ヴィルヘルムじゃないんだから、
    || 田 | 田 ||    「    | |/二ヾ | ̄l\,      /| ̄|   | ̄ ̄ ̄| 田 |   |ロ ||       忘れ物なんてしないわよ > クー
  ̄~` ̄~ ̄~` ̄ ̄` ̄"' ̄ ̄ ̄'`⌒ ̄|  |゛ ,|      | ,"|  |` ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄~` ̄ ̄ ̄` ̄
           =コ        ェ=    |  |  |      |  |  |  =ェ           =コ-  おいこらどういう意味だちびっ子 > ベイ
      =ェ         -           |  |." | ̄ ̄ ̄|  ト= |         =ェ
 _z____,__z___、___z____, _|_|/  ,     \|_|z____,__z___、___、_     ちびっ子言うな戦闘狂! > クー
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 送迎車は特に問題を起こすこともなく、フジノミヤ市街に到達する。
| 街中に入ったことで車両は徐々に速度を落とし、窓の外には少なくない人間の姿が映る。
| 終点……スカベンジャー組合の事務所は、もうすぐそこと言ったところだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4923 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:36:14.32 ID:RRGXoB6W
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4924 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:36:25.46 ID:Y3wSExgv
まぁ、実際問題クーデリアは目をつけられると一人じゃ対応しきれないって問題もある
からなぁ
4925 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:36:26.31 ID:RRGXoB6W
                               /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                            /  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                          /    | |          |||||||  |||||||
                          |    | |
                , ――――――┴――――――――――――――――――
              / .|
             /  .|     llllllllll          llllllllll
           /    .|    ______   ________
          /        |   |:::::::::::::::::... .. .i|   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
        /    /|  |   |:::::::::... ... . ' ..|   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |
       /    /:::: |  |   |::::... .. . ''    |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  |
     /    /...........|  |   |__..,        |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_|
    /     , 1.|..,;;;, .,;;;,|  |   |;;.i|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||
  /    /:::| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; | ;;;;;;;;;||
  |.  ,,;   |......i| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц  γ |~ヽ
  |  /|  .| . ...| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |  |  |  ヾ;ゞ
ヽミゞ;;  |  .| . .| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||    |  |  ヾゞ:;ヾ
ミ ゞ;;ミゞ;;.. ;. |  ..| | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||    |_|_| ヾ;/ゞ
ゞソミゝミゞ;;ヾ;:;;: . | | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄||        ;ヾ ゞ;
ヾ;:;;:ヽミゞ;;ソゝミゞ;;. | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||      ヾ;;;ゞ ;;ゞ
ヾ;:;ミヽミゞ;;ヾ;:;   | |;;;| |;;;||  |   |;|::|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| Ц   ヾ;;; ;;ゞゞ:;ヾ
;ゞゝヽミ;ソミゝミゞ;;,| | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||     ヾゞ:;ヾ ::ソゞ
ミゞ;;;:;ソソミヾ;:;;:   | | ̄ ̄.|  |   |~''|      |   || ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|| ゞ:;ヾ  ゞゞ:;ゞ:;ヾソ
iソ ヾ;: ;;:ヽ_;:ゞ   | |⌒l⌒|  |   | . |      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;;;;; ||   ゞ:;ヾ;ヾ ゞゞ:;:ゞ;;
 ;i;:ヽ_;:ゞミゞ |    | |i.__|___|  |   |__,|      |   ||;;;;;;;;; |;;;;;;;;; |;;;;;; ヾヽ::ヾソ;;;: ;ヾ ゞゞ;.;:ヾ
;ゞil|;;;;;ヾヾヾゞ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;:: ;;:ヾゞ ゞ;
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、ぞろぞろと団体で揃って、無事に組合事務所まで帰ってきた。
| 件の互助会の連中は、結局手出しをしてくることもなく、報告に残ったリーダーを除き、
| さっさと宿舎に帰っていったようだ。
| ……まあ、面倒事も人混みも、どちらも回避できるなら、それに越したことはない。
| 彼らのことは放っておいて、さっさと遺跡の報告を済ませるとしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
4926 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:39:26.15 ID:RRGXoB6W
/   {                                  |    |
.    l                                       |    |
    l                                   |    |
    ,'                                      l.    l
  l { , -‐  ‐-                        , -─ ''''' <   |   l       >‐ -- ‐‐ 、
  /        \                 i´ _       \ }   ',      /        ヽ
 /             _ }                ∨ {  _       .!l.    |     ヽ         ∨  ベイ < あーやれやれ、やっぱ夕方は人多いなおい。
 }          /Yノ-}'                     } ゝ'iヘ∨     l|     !      ト_r.、       {        二人とも、はぐれんじゃねぇぞ。
 {       l {   {                ノ   К'       l|     !      } 9}         ,'
_人        jゝ┘ /    γ´  ̄ `ヽ     ∧   `乂.   / l _  | ̄ ヽ { └{      /    クー < 別に子供じゃないんだから……
  ∧___ ノ   /       /        ∨ /   l   ノ   ー-イ/   \!    l ∧ l ヽ     /'          ヴィルヘルムこそ、ロボット、すられないでよ。
 /     ̄ ー-‐}     /          ∨ /   ゝ-r '´  ̄ ̄∨⌒ヽ  ∨‐-/!  ∨  `ー-イ
. ∧_, --- - 、  /      /         ∨   , -┴─ ' ⌒ ̄⌒ヽ     }ニr ┬''' ト ,,,,,,,,, -ヘ ___  ベイ < ハ、誰に言ってやがる。
          ` ー 、.   | |      i     } /                }  / /^Y              卜ト
            \  ヽL|       川ノ'´/             i     /  }∨               卜j `ー
.              /⌒    __`7ー─ i´__ / \   ∨         |    / _∧{       l   l    卜j   
  i |       /   ∧/ 、` ー─ ´ィ/   \ ∨         |   /  ハ/     ,  ∧    ∨!  
  | |       /{     ∧     ̄ ̄   /      i }        |   / / Y     /    ∧    (  
  | l        |      ∧         /__     / / '′           / /   ト    /      ∧    /  .
  | ヽ        l       ∧      / \   / /           / /    .|    /          /|    l
      ∨       l     __r       /     ヽr-┘     /     | ヽ   |           \}!   .|
              ∨「 ̄  '/,     /     / j      ̄        |  \ `ー, 、           /|   .|
         / └ハ   '/,   ∧     ヽ乂         ,.ヘ_/     ヽ、r-、二ニ=ニ.,, -‐- イ. |    l
         /   |∧   '/      \    ∧rく[]二ニ[]ニニ[]ニ[{__ゝ..,_   `  }──┴'──┴ |   j|
ヽ,ィー┬L_,..../__,...__ノ] }   ∨       >、   ゙ }  rー─┐ l r‐¨′ | >、  r'゙__  |  ___∨  ∥
 }┴─i──┴─‐iヘ.] |    '/      `゙r、 iノ    ̄ ̄   ', ¨'/ |   |,..ィ    | ||     |.',. ∥
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 事務所の中は、流石の夕刻というべきか、帰宅ラッシュの時間帯だけあり、客足は多い。
| ……ざっと見まわしてみたが、窓口に馴染みのアリスの姿はないようだ。
| 別段彼女にこだわる理由も無し、適当な列に並ぶことにする。
┗───────────────────────────────────────┛
4927 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:39:55.93 ID:DwNbbOuN
でもベイがいなかったら実際はぐれそうなw
4928 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:42:13.69 ID:RRGXoB6W
              >: : :´ ̄ ̄ ̄``:|v/,,    `ヽ
           //|``\ー-: : : ,,: : : : : : : : :`ヽ__
           .//: :.:|: : : : : : : : : : : :``: :,,: : : : :/γ´`ヽ
           /: : :.:.:.|: : : : : : : : : : : : : : : :\: : :{ .{////∧
       ./: : : : : :/|: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.\入∨///∧
      , : : : : : :.:.∥ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,:.\ヽ,//∧
       /: : : : : : : :_{_. ∨\: : : __: : : : : : : : : : Y|: :\ヽ//}   はーい、次の方どうぞー、
      .{: : : : : :/Ⅳ  .∨', \: : : : :ヽ}`ヽ: |: : : : : }|: : :.:.\ヾ}
     .|: : : : : : : :〃㍉, ∨',ノ `,ィ≠ミ、: :.:./: : : : :/: :,: : :.:.:.:ヽ}    っと、おお!
    ..八: : : : : : :.《 ん.Y `ヾ  .ん 心》:/: : : : :/: : :.',: : : : : :{
      \: : : : : :八 J}     .{r' w'リ /: : : : :/: : : :.:.',: : : : : ',
        ヾ}从ゞ=-¨´ ,     ー ''゙./: : :.イ/: : : : :.:.:i',: : : : : ',                       ……? > シャナ
        〃: : 入           /:/: :リ': : : : : : :.:| ',: : : : : ',
        /:{ハ: : : /\ `  ´   イ´: : : :/: : : : : : : : | ',: : : : : ',
       ./: : : {: :ノ: : : >  <´ /{: : :/: : : : : : : : :.:| ..',: : : : : ',
      /: : : :/´: : : : : : :|`ヽ ./〃''゙ ´:/__: : : : : : :.:.:.:| 沁,: : : : : ',
     ./: : : :/: :____.|ヽ:}/::/::::::::::::::::__ヽ__: : : ',  沁,: : : : :.∨/
    ../: : : ://:::::::::::::::γ⌒ヽ_:::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:',  .沁,: : : :.:.∨/
   /: : :.:.//::::::::::::::<ミ.乂__ノ-=、}::::::::::::::::::::::::::{、::ノ}',:\:',  沁,: : :.:.:.∨/
  /: : :.:.:.://ノ:::::::::::::/} /: ̄`::::::::::::::::::::::::::::入<r、>::::::} ',   沁,: : : :.∨/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 少しずつ、少しずつ、混雑の列は前へと進み、やがてシャナ達の番がくる。
| 受付の窓口に座っていたのは、一人の少女。
| 外見からすると、シャナ達よりはいくらか年かさだろうか。
| 彼女は三人の姿を見て、小さく驚きの声を上げる。
| シャナは面識はないが……クーデリアか、ヴィルヘルムの知り合いだろうか?
┗───────────────────────────────────────┛
4929 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:43:28.16 ID:5y5nWobw
ご来店中のスカベンジャーの皆様に迷子のお知らせをいたします。
クーデリアちゃんの保護者の(以下略
4930 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:47:19.59 ID:RRGXoB6W
                    .... _
                ´ ̄ , 、ヽ ` .、
                 , ´.,.',、 .ソi! .ヽ ヽ  \
              / / 从Ⅵii| i    '.,  '., ヽ
               ,' / i レ´ ̄`| .li .ト、  .'.,  '., i
             .,' i! ilj     レ' l.il__リ i .i  i i
           ,' /l  |≧=.、   ィリェェァ.) l   .!                      ヴィルヘルムさん!?
         .,'. /l l i f<>'`)=ゝl!-一'll.l l    .!                 昨日いきなり、遺跡に行くとか
         / ./ l:l从j`  ̄  ,...、   .j!.リ !、 .! .i       天変地異の前触れを起こしたヴィルヘルムさん!? > 受付嬢
        ./ ./l l! l:::::::',   ,. -== 、  l / :i ! .ヽ
       // .l ll.!:::::::::ヽ └─-一’  ,.j/:l .l l ト} おうこらピアニィ、いい度胸じゃねぇか。
      /   ヽヾ:∧:::::::>.、  ̄  / {;;;:j/l l /
           )ノi} ヾ/,ィ ≧ - ≦  ソ} } ./    表出るか? 喧嘩なら言い値で買うぞおい。
     _ _     _,. イ/{  .\   r= ''´  l-.K、
   _/ミ, ヽ-〈 ̄ : {/////l  .l! l  / l!   //////>.、
  //77ヽノ/∧: : : V///∧  .l、`V  l   ///////.//>.._
  l/////////∧: : : V///∧ヽi≧==≦l/.//////.///////>.._
  l//////////∧: : : V V/∧ ヾ三/ ////ヽ/.///////////≧:.,
 .j///////////∧: : ヽ V/∧ |三|///// /.///////////////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……どうやら、少女――ピアニィはヴィルヘルムの知り合いらしい。
| この軽口の叩き具合からすると、それなりに面識はある間柄の様だ。
| シャナにとってのアリスのような、馴染みの職員、と言ったところだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
4931 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:47:23.88 ID:X5qbRl+D
あれ?えーと・・・このAAだれ?知らないなぁ。。。
4932 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:48:25.15 ID:X5qbRl+D
4930>>ああ、それで阿蘇山が噴火したのか・・・(ぇ
4933 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:48:33.88 ID:DwNbbOuN
>>4931
殺意様 で調べるといい
「神官から殺す、ピィ、覚えた」とか言っちゃうお姫様(ガチ)
4934 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:50:46.71 ID:5y5nWobw
……似たもの?w
4935 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 21:53:58.62 ID:RRGXoB6W
                   _   , ────/ニニニニヽ
                   /ニ>''" : : : : : : : : : /ニニニニニニニヽト、
                     '/: : : : : : : : : : : : : : {ニニニニニニニニム: :ヽ
                  /`ヽ/ ̄ ̄ ̄ ̄\  ゝニニニニニニニニ}: : : :ヽ
                    /.: : : :.{: :ヽ: :ヽ: : : :`ヽ >、 >=ニニニニニソ.: : : :. :.ヽ
               ,': :/: : :.r、: : :.ヽ: :ヽ.: : : :.',: : : :ヽ. : : : : : : ',ヽ.: : : :. :. :. :.ヽ  いやーだってあのバトルジャンキーの、
              ,' /.: : : :.{ ‘,: : :.`ト>ヘ ̄ ',: : : : :.∨.: : : :. :.',: :ヽ.: : : : : :. :.ヽ
              { {.: : : : :.{  \/ トィ斧芯ト}: : : : : :∨.: : : :. :.ヘ  ',.: : : : : :. :.ヽ  マーセナリーやってないのがおかしいあのヴィルヘルムさんが、
              从.: : : :从-ミ、 >゙イ 乂ソ }.: : : : : : }.: : : : : :. :.ヘ } }ヽ.: : : : : :.',
                  ヘ.: :{. 从芯        /.: : : : / : : : : : : : : : ヘ} }. ',.: : : : : : ',   格下の5級連れて遺跡行くなんて言ったら……ねぇ?
                      ヘ{乂 ヽゞ' ,     ,イ: : : :イ彡: : : :/: : }.: : : :.,' ,'`'}.: : : : : :.ハ
             ,, -''≦ニノ‐ァ┐_  、 ' /: :/ イ.: : : :/.: : ソ: : : :,' ,': :/.: : : :. :. :. :.}ー< ちょっとおかしいなーって思わない、お二人さん?
        >''"´: : :./, --イイノ´ィ ┴>、_/イ___>''": :イ イ: : : :/ /: :/.: : : : : :. :. :.}.: : : :.ヽ
       /.: : : :.イ: : :.∧ ,‐‐- __>"/,'´::::::::::::::::::::::`-===ヘ: : : : :.// イ.: : : : : : : : :./.: : : : : :.ヽ
        ,'.: : : : : :. :. :.{ヽ/∧  __,,イ. /≦´ ̄ ̄ ̄`ヽ:::::::::::::\// イ: : : : : : : : : : : イ..: : : : : : : :.',                 え、私達? > クー
.       {.: : : :. :. :. :.}` //∨7´   /:::::::::::::::>=-.: : : :. ̄ ̄¨  イ: : : : : : : : : : : : : イ : : : : : : : : : : ',
        } : : : : : : /::::::::::::::::::ノ   ,イ´ ̄.: : : :.___: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ: : : : : : : : : : : : : i  そうそう。
      ,'.: : : : : :.,':::::::::::::::::イ--‐=≠-''"´「::::::::::::::::::::::::::::::>==----<.: : : :. :. :. :.イ.: : : : : : : : : : : : : : :.ト、
     {.: : : :. :. :.}::::::::::::::::::}:::::ァ''"      :',::::::::::::::::::::/:::::::::::::::ヾ:/: : : : :./ イ.: : : : : : : : : : : : : : :. :. :.∨}  ……まあ、否定はできないかな > シャナ
     ヽ.: : : : :.〈:::::::::::::::ノ:::::,'         ヽ:::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::\: : :.,' /.: : : : : :. :.`ヽ: : : : : : : : : : : : :゙ヽ
.       \: : : :\¨¨''''''''''''' {      >=ゝ─く::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\{ {: : : : : : : : : : : : :.',: : : : : : : : : : : : : ',         おいこらシャナァ! > ベイ
        \: : :.\    ヘ   , イ:::::::::::::::::::::::::/:::ヽ:::::::::/==:::ヽゝ.: : : : : : : : : : : :.i: : : : : : : : : : : : : }
          ヽ: : :.ヽ    ゝイ /:::::::::::::::::::::/::::::::::::::/>":::::::::::::::::::::〉: : : : : : : : : : : : :}: : : : : : : : : : : : : }
           ',: : ハ.',    ,'≠''/:::::::::::::::::::::イ::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : :,': : : : : : : : : : : : : :}
          __ノ .イ . ソ   ,'.  /:::::::::::::::::イ::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/: : : : : : : : : : : : : :.,': : : : : : : : : : : : : : :}
         `ー''".      }≠,':::::::::::::::::::::::::::::::::,イ:::::::::::::::::::::::/.: : : : : : : : : : : : : : :.イ.: : : :. :. :. :.,イ: : : : : :}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 二人の掛け合いを眺めるに、どうもヴィルヘルムの戦闘狂ぶりは、
| 組合職員の方でも知られているらしい。
| シャナとしては引率された身ではあるものの、嘘は付けない。
| 素直に、肯定の答えを返しておく。
┗───────────────────────────────────────┛
4936 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:54:01.03 ID:X5qbRl+D
アリアンロッド・リプレイ・サガのPCなのか・・・ルールは買ったけどリプレイは未読だったから
4937 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 21:56:05.82 ID:5y5nWobw
残(念でもなく)当(然)
4938 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:01:33.09 ID:RRGXoB6W
                  >=ニニ==<
                /  ミイi \ヽ.\
                /  / /≧イ }! } ∨ ∨
               ,'  ,' .,'   } .}.\ i  .∨
               i i { .i_ ノ从==}./ノ .i|  ちぃっ、シャナの野郎、
               | i ∨;;;;;;〕~゚ゝ==/イ{  i|
               | i | ̄´ヽ}-、  从リ .i}',   昨日今日と随分弄るじゃねぇか……
               | i:i |、,  ,  -=、 ノ 从ヾ、
               | i:i |::::}is。 ´ `, ::{ //リ、,_  __                    別に、弄ってるつもりはないんだけど…… > シャナ
               | i、从ヽ::}:i:.≧彡:.リ/i{≧s。 /:i:i\
               {:i:i:i:i:i>.}::',:.:.:.:. /乂:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i\ 素かよおいこの天然野郎!
                  __Ⅵ:i/{ :::i ',:.:. ,'  }!,:i:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
         _>''~:i:i:i:i:i:Ⅵ{ ',:.:.:.', ', .,' :.:.:.:リ:i:i:i:i:リ\ i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\        あのー、それでバトルジャンキー? 略してジャン? > ピアニィ
        从:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ、.',`ヽ:.:、 i/''∥ノ:i:iノ:i:i:i:i\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
        ∥∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: Ⅵ} \、`~  /'.∥ア:i:i:i:i:i:i:i:i:∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\ おう変なとこで略すんじゃねぇ。
       ∥:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヾ{、  ヽvvイ' ./イ:i:i:i\:i:i:i:i:i: ∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
       ∥:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i◯:i:、≧s。Ⅵ。s≦':i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧ 別人の名前になってんじゃねぇか。
      ∥:i:i:i:i:i:i:',:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\ニニニニア´:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ:i:i:i:iヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i }
       .∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽニニ/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥‐====ニニ二ニ=イ 立体起動装置なんて使えねぇぞ
     .∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i◯ 、∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∥
     ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/                            
え、義体の癖に使えないの? > ピアニィ
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ .∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∥{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
    /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/  }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{(){:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i: {               
義体だからだよ! 重量制限!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今までは真面目な話ばかりだったというのに、
| 今日はやけにシャナからも弄られるとヴィルヘルムは首をかく。
| 小さくぼやく彼に向けて、相変わらずいじりながらではあるが、
| ピアニィが後ろを指差しながら声をかける。
| ……夕刻だけあって、後ろにはまだ人だかりが残っている。早く済ませろと言うことだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
4939 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:02:47.91 ID:DwNbbOuN
???「カカカカカカ―ーーーー!!」
4940 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:02:51.12 ID:5y5nWobw
ジャンってそれ死に急ぎやろうっていう方じゃねーかw
4941 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:05:33.16 ID:5y5nWobw
料理人の方・・・ だと?
4942 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:10:04.12 ID:RRGXoB6W
                       /         ヽ  /           ヽ
                      /           ヘ、/ l           ヘ
                     / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                     / l/        l     l    l lヘ        l  l
                    /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l  あーで、報告だったな。
                    /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l
                     //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l  つっても殆ど出涸らしだ。
                  // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                      // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l  妙な熊が一匹いたのと、
                 l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
               -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l  遺跡にリミッター外れた警備ロボが二体いたくらいで……
            , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
           /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ      リミッター外れてるって、なにそれたの……
          /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ                  じゃなくてこわい > ピアニィ
         /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
      / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;   ……ねぇ、今楽しそうって
     / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:      言いかけてたわよね?(小声) > クー
  //;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
/ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:   ……まあ、そう聞こえたかな(小声) > シャナ
/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあわざわざ声をかけられて、後ろ(に向けて)指さされてわからないほど、
| ジャン……もとい、ヴィルヘルムも鈍くはない。
| 遺跡の報告では特筆事項を告げることになるが、彼の中で特別な事態というほどの物はなく、
| 適当に流そうとして…… 戦闘狂仲間
| しかし、スカベンジャー組合の職員の耳には、ちゃんと特筆事項が残ったようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4943 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:10:59.69 ID:5y5nWobw
ベイの同類か… ジャンキー(ボソッ
4944 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:11:51.23 ID:X5qbRl+D
同類なのかぁ・・・そりゃあ、ベイと気が合うな
4945 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:11:58.26 ID:DwNbbOuN
流石殺意様やでw
4946 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:15:02.23 ID:cajOZztU
同類かあ
4947 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:18:57.50 ID:RRGXoB6W
                    __
                r'´ ̄     ̄`
                \    , -――-、
                __r 、> イー- 、   ヽ
              ,ィN   ヽー---、 \  '
        , ィ´ 7ァ'´/ イ     \    ヽ ヾlィ ̄`ヽ
      r={  /   ハ      ヽ   \ \   ノァ、
      ハハ /,'  ,'  ! ',   ヽ       ',  | 丿/ ヽ
      | ヾ〉 /  i   |  ',    ',  _ヽ_     !彡'   l
      | ノ i  j  , ィ、Tヽ ハ   i ´   ハ`メ、  |     !   よーしヴィルヘルムさん……もといバッキー。
      j/ | i|  ハイ | ソ__ヽ', ヽ  j     ',    l      !
      !'  ', ハ   ',  レr、=ュ、\ ヽ,、ミ、_ }  j i|       l                         おうだから変なあだ名やめろや > ベイ
     ,イ   ', ト   ',、.| ト':tj:j| ` メ  r==ミ j  / ハ      l
    / {   ヽ ',\ ヽ ゞ- '        /  / ハ      ',   ちょっとそのあたり、詳しくお話聞かせてもらいましょうか?
   ,'   ',   / ヾ、 ヽ、ゝxxx    '  xxxノ / /  l      ,
  '    ヽ_ /_, ハ    ヽ    ` ゚´ イィ   /   l      ',   ロボットの実物は、その手の中にあるやつよね?
        /  / |`ト     ≧ 、 __ ィ /    イ   l
        , '  /  ! l ヽ   ', ヽ|   {    /     !         別に提出しろなんて言わないけど、ちょーっと検査機とか、
            / _i !_j ヽ  } j> <!   /=ー-- _
   /    イ ̄r-、l |  `ー} リ ハor-,o)ヾ、 |>      `ヽ       写真撮らせてほしいなーなんて。
  /     ,'_r‐'、  ', ヽ  j/L/ /ゝ=イ、\_j          l
      イ 、 ヽ (_`ーヽ '   ,イ/////rヽヘー、_          j                           俺は別にいいが……お前らは? > ベイ
    / !ーヽ_ゝ'` -' j  ,イ//////ハ、 ヽヽ } 〉      /ヽ
   /   ',ヽ  ヽ ノ  ,イ////////j_) `  / rュ、   ノ  \                                私は別にいいわよ? > クー
  ' __,, -=ュ「'ソヽ  イ  j ヾ/////// `ー-イ'l ゞミ=ュ、 }     ヽ
  <///'  j    ノ  /   ヾ///l    /  !   `ヾミ=ュ、                        私も。昇級の足しになれば儲けものだ > シャナ
  彡' /  /    !  /    j///| __ ィ、    !     `ヾミ=ュ
  イ   /    ! /    ///|´j   l、    !       `ヾ、   はーい、それじゃあ向こうのドアから奥に入ってねー
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんにせよ、幸運にも今回の功績は組合職員の目に留まり、
| 苦労させられた警備ロボットは昇級の糧となるやもしれない。
| 彼女に誘導されるまま、人ごみをかき分けて、事務所の奥へ向かうことにする。
┗───────────────────────────────────────┛
4948 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:20:39.11 ID:5y5nWobw
やったぜ
4949 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:22:44.78 ID:X5qbRl+D
AIはっ無事なのかね?ベイがジャンクにしちゃったけど
4950 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:23:41.97 ID:5y5nWobw
頭部壊して無力化していたような…?
4951 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:30:47.24 ID:RRGXoB6W
                            く>
                   ┌────┐ く>
                   └──┬─│
                       ┌┘┌┘
                       │┌┘
                       │└┐
                       └─┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それからおよそ二分半後、カップ麺ができるより短い時間が経った頃。
| 
| ……ちなみにカップ麺とは何であるか、ピアニィが不用意に言った言葉の、
| ヴィルヘルムとクーデリアに対する補足は、シャナがすることになっていた。
┗───────────────────────────────────────┛
4952 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:31:04.65 ID:RRGXoB6W
              >: : :´ ̄ ̄ ̄``:|v/,,    `ヽ
           //|``\ー-: : : ,,: : : : : : : : :`ヽ__
           .//: :.:|: : : : : : : : : : : :``: :,,: : : : :/γ´`ヽ
           /: : :.:.:.|: : : : : : : : : : : : : : : :\: : :{ .{////∧
       ./: : : : : :/|: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.\入∨///∧
      , : : : : : :.:.∥ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,,:.\ヽ,//∧ はい、検査と写真撮影おしまい!
       /: : : : : : : :_{_. ∨\: : : __: : : : : : : : : : Y|: :\ヽ//}
      .{: : : : : :/Ⅳ  .∨', \: : : : :ヽ}`ヽ: |: : : : : }|: : :.:.\ヾ}  報告書には、皆さん全員の名前を書いておきますので―。
     .|: : : : : : : :〃㍉, ∨',ノ `,ィ≠ミ、: :.:./: : : : :/: :,: : :.:.:.:ヽ}
    ..八: : : : : : :.《 ん.Y `ヾ  .ん 心》:/: : : : :/: : :.',: : : : : :{  ……あ、そうそう、バトルジャンキーことジャッキーさん。
      \: : : : : :八 J}     .{r' w'リ /: : : : :/: : : :.:.',: : : : : ',
        ヾ}从ゞ=-¨´ ,     ー ''゙./: : :.イ/: : : : :.:.:i',: : : : : ',                          ……いい加減飽きねぇかそのネタ? > ベイ
        〃: : 入           /:/: :リ': : : : : : :.:| ',: : : : : ',
        /:{ハ: : : /\ `  ´   イ´: : : :/: : : : : : : : | ',: : : : : ', 昇進の功績ということで一つ伝え忘れていたことが。
       ./: : : {: :ノ: : : >  <´ /{: : :/: : : : : : : : :.:| ..',: : : : : ',
      /: : : :/´: : : : : : :|`ヽ ./〃''゙ ´:/__: : : : : : :.:.:.:| 沁,: : : : : ',                                      無視かよおい > ベイ
     ./: : : :/: :____.|ヽ:}/::/::::::::::::::::__ヽ__: : : ',  沁,: : : : :.∨/
    ../: : : ://:::::::::::::::γ⌒ヽ_:::::::/:::::::::::::::::::::::::ヽ:.:.:',  .沁,: : : :.:.∨/
   /: : :.:.//::::::::::::::<ミ.乂__ノ-=、}::::::::::::::::::::::::::{、::ノ}',:\:',  沁,: : :.:.:.∨/
  /: : :.:.:.://ノ:::::::::::::/} /: ̄`::::::::::::::::::::::::::::入<r、>::::::} ',   沁,: : : :.∨/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 旧文明の利器というのは素晴らしいもので、
| それらしい機械のベッドに、二体の警備ロボットを寝かせると、
| あっという間に検査も写真撮影も終わってしまった。
| 二分半という時間は、大体が三人からの事情聴取に費やされた時間だった。
| そしてそんなごく短い話の後で、思い出したようにピアニィがヴィルヘルムに声をかける。
┗───────────────────────────────────────┛
4953 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:32:25.72 ID:5y5nWobw
二人はカップ麺しらないのか…
4954 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:33:53.50 ID:RRGXoB6W
一応旧文明の遺産……ということになってるんです(多分)
4955 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:35:02.00 ID:5y5nWobw
つまり崩壊世界では日清のカップヌードルが食べられない… だと!?
4956 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:37:20.09 ID:DwNbbOuN
たぶんプラントあるからw
大阪あたりにw
4957 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:40:39.73 ID:X5qbRl+D
千年もののカップめん・・・・・・スーパーとかの遺跡から出てきたとして食えるんですかね
4958 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:41:56.25 ID:5y5nWobw
保存ナノマシンが生きていれば普通に…
でなければ……
4959 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:42:53.01 ID:RRGXoB6W
                        _ ,r ´ ̄`
                       /  ` i!´ヽ `ヽ \
                     /   ∧/ !   、  .  ヽ
                        /   /彡"゙!  ト、       .
                    /   /   //'i i二ヽ       .  んで、俺に伝える事ってなんだよ?
                      /  .  !-‐_、'/ i´セァ/i  i    !
                  /  i .i´rセア/″ ̄  li、  、   !         今日から始まった組合の会議で、昇級が決まったそうですよ!
                    / / .: i、i ̄  , 、   l. i !:.   !                正式な通達は、改めて後日、ということになりますが > ピアニィ
                 / / ! .::.:'.:.ヽ    -‐ 、 li i !i.:.i   i、
                 ! /  }.:.:.:.:.:.:.、 ご -‐- ' リ'/リ.:.i!.  !リ  ほう……つーとあれか、
                 i'   j.:.:.:i、.:.:.:.i 、 ´`   /'::'!.:.i !  /′
                     ´リi.:.i ヽ<! ヽ _...::::::::::::::iル' l/    ようやく俺も、三級に上がれると……?
            , 、_rュ_.ィー-‐ 、_.ィニ/  `r、   rt ´  |ニヽ
           /三ニマム∨//∧ニニ!   ! i   ! i   'ニニ=- _                                  ザッツオールライト! > ピアニィ
           {ニヽニ竺ニ∨/ ∧ニニ \/ヽヽ. /ノ! , ニニニニ/≧ _
           }ニニ.ニニニ∨/ ∧ィヘニ `〈 ̄冫´`/ニ/ヽニニ./ニニニ≧ そいつはいいな、めでてぇ話だ。
            /ニニニ.ニニニ∨/ ∧Z{ニ.  〉^{.  /=/ ‘,〉ニ/ニニニニニ冫
             /ニニニニiニニニ∨/ ノ迅ニ\!  i/=〈  べ、'ニニニニニ/ニi そんじゃピアニィ、正式に通達来たらすぐ教えろや。
         /ニニニニニiニニニ∨∧_三ニ=-‐、三ニ / ノ>ーヽ ニニニ/ニニヽ
           /ニニニニニ{ニニr=ニ二ニニニニニ. こ/.ノ ,.::ニ=iニ´ニiニニニニ‐-                                あ、ちょ >
        〈ニニニニニニ}ニ∧=ニニニニニニi  ごィ/ ,ィ‐ iニニニニニ=-ニニ}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ぞんざいに問いかけながら、機械のベッドに寝かせられた警備ロボットを回収するヴィルヘルム。
| そんな彼に伝えられたのは、今日の探索を差し置いても、三級への昇進がなされたという朗報。
| 三級スカベンジャーともなれば、文句なしに一人前、一線級の、
| 有用な人材と認められたということ。
| これまでよりも、彼にとって楽しい仕事が受けられることだろう。
| しかし小さく笑みを浮かべながら、ヴィルヘルムはさっさと出て行ってしまい、
| ピアニィにしろシャナ達にしろ、祝いの言葉をかける暇もなかった。
┗───────────────────────────────────────┛
4960 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:47:05.22 ID:5y5nWobw
ウキウキしてるなw
4961 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:49:40.05 ID:RRGXoB6W
                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! ト 、_  / ̄ヽ   | ヽ/弋´   あんのバトルジャンキー……
              ,ヘ  { _   ┌┐} ├v'人  \
           /  )  l弋リ    弋ソ l.  レ' : l.ヽ   ヽ                       略してルーキーですね! > ピアニィ
.            イ  .八 ヽ   '       | / : :l: :i : ヘ  }
.            .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |  ルーキー……浮かれて一人で行っちゃって……
.           l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ                             (乗るんだ……) > シャナ
             /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉  すいませんピアニィさん、あいつ追いかけるんで、
.         /: : ミ∧  / / {    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
.         ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\  私達もこれで。
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\      はいはーい、またのお越しをお待ちしてますねー > ピアニィ
.    ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 碌な(楽しい)仕事がないと以前酒場で管巻いていたヴィルヘルムだ。
| よほど、三級に上がったのがうれしかったと見える。
| さっさと出て行ってしまった彼を追い、シャナとクーデリアも、ピアニィに挨拶をして組合を出る。
| ……次は確か、収集品をさばきにアナグラへ行く予定だったはずだ。
┗───────────────────────────────────────┛
4962 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:52:29.84 ID:5y5nWobw
さてどんな額になるやら
4963 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:54:59.86 ID:X5qbRl+D
次からベイは3級遺跡で大暴れかぁ・・・・・・破壊しすぎて組合に怒られないかぁw
4964 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:57:33.11 ID:RRGXoB6W
ベイ「お、三級以上限定で○○の依頼があるな……受けるか」
※ ○○にはお好きな戦闘依頼の内容を入れてください(例:『野盗殲滅』『奪われた装甲車奪還』『危険種ミュータント撃破』)
4965 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:57:45.94 ID:RRGXoB6W
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
4966 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 22:58:07.02 ID:RRGXoB6W
.: .:::.. ... :. .::.. ....: .: ... .. . .                 ll               .   .. .:...:... .. . .  ... ....:::::.
: .:::.. ... .:... .. . .                    , -┴- 、                    .... ...:.:.::::..... ...:::.
 ..::::. ...::                     /-──‐-ヽ                    .:...:... .. .:::::.:.
\\::...                         (.   (  ,)   )                       .... ...:.::..
:.. \\::::...                     ̄      ̄                           /
..   \\::...                                                   /   おうリッカァ、売りもん持ってきたぞ > ベイ
/ ̄ヽ  . \\                                              /
l:.  .|    .\\_____________________________,/
l:::..  |      \\.________________.| |                . ||    .    /
`丶、.|.   | ̄| ̄| \\                          | |二二二二二二二二二二||      /
`丶、`丶、|  |  |   .\\        アナグラ          | |                 .||.    /|
    `丶、`丶、 .|   / ヽ.\\____.__________| |                    ||  /.  |: ・ .,,
. l^l.    `丶、`丶、l::. |   \,l    .                 | |                    |/    .:l ,,-''
/ ヽ        `丶、`丶、 ̄ ̄.|.  _________,    :| |              /  :l: ・ ,,-''
|::.  |   l⌒l      `丶、`丶、|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |_______    / |   :|,, -'' : |: ・   ,,
`'' ー- 、|..,:;l . l⌒l    `丶、|  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::: :::::::::::::: :::|   |l :l:・,,-''l: ・ ::| ,,,-''"
`'' ー- 、`'' ー- 、.:,:|..|  ̄ ̄ ̄ |  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||    :| |:::::: ::::::::::::::::::::: |   |l,,-|'   l  ,,-'''|
 ̄| ̄l  `'' ー- 、`'' ー- 、| ̄| |  || ̄ ̄|| ̄ ̄|| ̄ ̄||    :| |:::::::::::: :::::::::: :::::|   |l :|: ・,,-l'"  .:|: ・
  |  | . / ̄ヽ  fl''' ー- 、`''ー|  ||_,━_,||_,━_,||_,━_,||   . | |::: ::: ::::::::::::::::::::,|   |l,,-|'"  :|: ・  | __,,-‐''
_|  | l:..   |.. / ヽ''──`''ー|  || ̄ ̄__. ̄||_,━_,||    :| |::::::: :::::: :::::::/ |   |l :|: ・ :l__,,,-‐''"
_  ̄`""ー-- 、|_|| | ̄| ̄| |  |l_,・ l || l_||_,━_,||    .| |:::::::::::::::::/   .|   ||__,|-‐''"|    |: ・
   ̄`""ー-- 、 ___ ̄`""''ー|  || ̄ l__||_,ゞ| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|,,| |:::::: :::/     |   |l :|: ・ :|. ・ _,,|_,,,, --─
r‐''┬‐r‐‐、 ───┬─`""ー|  ||_,━_, .|l___ iー_' ̄- 二_ ,| ̄`|::::/      |   |l_,,,l--─'''' ̄ . |
|::. . | .|::. . | | ̄| ̄|.|┌┬‐┐|_||_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     |   |l :| ・ |: ・  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:     |                  i____,|   || ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、下層区表通りにある小さな機械工房『アナグラ』へやってきた一行。
| 今日のところは、一応警備ロボットも持ってきたのだし、
| 店主にも喜んでもらえる買取になると思うが……さて。
┗───────────────────────────────────────┛
4967 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 22:58:42.26 ID:5y5nWobw
犯罪者スカベンジャーチーム討伐…
4968 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 23:07:45.42 ID:RRGXoB6W
             -―――ュ
         ノ'":::::ノ ̄ ̄ ̄ ̄}=ミ ̄::::\
         {:::ー':::::::::/ ̄ ̄   \:::::::}
        ' |:::::|::: / '  :| ||  |  (``丶、
       /  L_:.|:./ | |  :|_j|_|   :| \:::::\   _  はいはい、ベイ、今行くよ……っと、
            |:::::|'  | |  :|八 /|i` :|ヽ \::::>'"::::::ヽ
       i   |:::::| /| |  :|==ミ   :| 十  i:/  ̄ ̄\ シャナちゃんやクーちゃんもいっしょなんだ。
       |   l'⌒V Lノヽ从V^ソ \人/  | ||:\,,.. -‐::: ̄ヽ
       |   |∨ハ}           以 ト< 从:::::::::::///// いらっしゃい。
       |   |∧八  ノ;;>     / } | \:::::::// ̄ 、
       |i    };,;込 /;;;;/    _ 、 ;/八  \彡ヘ    `、
.       八    ∨  \;;;;、     イ '  \     `、   `、 ……チンピラと小さい子が二人って、
    /イ   :| {    :`:.r  .,__ /∧  /'⌒ヽ      `、   `、
        |    人 、   : :|    / j '             }     すっごい犯罪臭のする組み合わせだね。
     ノ  /\:\{\  :|\_彡イノ-―‐- _  -‐ '"ヽ    }
    /  " \  \_ ヽ  /、  \    /         /
   /      ',  `、  \ '  `、  \        ,,..   ´                    おうこらどういう意味だリッカ > ベイ
  ,        ',   、       `、   `丶、  >'"
  i          ',     \      ハ     \         言葉の通りだよ。
  |    /     } /   `  -- '       /  }
  |      ノ   V                 '          それで、買取だっけ?
  |      /   {  、        {   }    /{
        '⌒ヽ  ;     ̄ ̄ ̄{   }  イ  i|            ……ちょっとリッカさん、小さい子ってどういう意味よ!
 ,      /    \} 、       ノ      、 八                        あとクーちゃんはやめてってば! > クー
 i     ,      、 トーー=≦/    \     、    あーごめんごめん。
 |     i      \     :/       :\    `、   リリィから移ったクセがまーだ抜けなくて。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 店の扉をくぐり、中に入ったヴィルヘルムが声をかけると、
| 奥から馴染みの店主兼技師、リッカが顔を出す。
| どうやらクーデリアとも知り合いらしい彼女は、三人の姿を認めると、率直な感想を漏らした。
| ……まあ、言わんとすることはわからないでもない。
┗───────────────────────────────────────┛
4969 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:08:44.78 ID:5y5nWobw
残当  このロリコンチンピラめ!<●>
4970 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 23:15:53.85 ID:RRGXoB6W
                ___   __
              _{/////////Y////人
             人≧======≦:Y===≦ヽ
             {:.≧=------=:.人:. :. :. :. }
            /⌒7:. :. :. :. :. :/    ̄ ̄ ー――ァ
             |―/ー―=≦       \  \_彡'
          / |―l i|   {    |   \   >
         / /| |―i l|  ∧    |   :\ `、¨´
         '  / :| |―/从 / ̄、 ̄  |\  ̄:{i\、  まあとにかく、今日のところはお客さんだね。
       /     | ∨ハ ⌒ ィぅ示㍉ 、 ィ示八 )
         i /|  八 ゝ  乂 ソ \ vソト ヽ  ベイは両手にロボットを抱えてるわけだけど……
          j' |i   ヽ  、,;;;;;;,       八
         / 八  \ }  \   r ___' イ  \  お二人さんからは、他に売るものあるのかな?
          /:\ ノ    ト  _/-、 `¨¨⌒
          / ̄ヽ `、 ___    、/| i   }                      まあ、一応……リッカさんに見てもらう? > クー
        ,     i  ',  `  '  } |__/
        /    |   、     ,  {///                         くず鉄とかも、一応あるし、その方が > シャナ
         /      :|     \ __ ノ/ }//
.        /    / j    \  ̄ ̄/  |/       ありゃりゃ、やっぱくず鉄込みの査定か
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ここはあくまで機械工房であって、なんでも取り扱う故買屋ではないことは百も承知だが……
| まあ、見せるだけなら損はなし。
| 買い取らない品は、あとで別の店を探すことにして、取り敢えず今日遺跡で見つけた品々を、
| シャナとクーデリアは取り出していくことにした。
┗───────────────────────────────────────┛
┏────────────┓
│ 今回の成果
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット『KWG』(大破).           ×1
| 警備ロボット『KBT』(中破)          ×1
| 人型ロボット用近接アーム(スタンロッド) ×1
| 魔法瓶                          ×1
| くまのぬいぐるみ                   ×1
| ガンプラ『ベアッガイ』                 ×1
| ゾイドのミニチュア人形            ×2
| くず鉄?(車の玩具).                ×3
| くず鉄                         ×3
┗───────────────────────────────────────┛
4971 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:16:41.63 ID:5y5nWobw
上3つ以外はどうなんだろうなぁ?
4972 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:17:43.26 ID:X5qbRl+D
意外と「ベアッガイ」が高値とか、好事家に売れそうだ
4973 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 23:22:47.32 ID:RRGXoB6W
                   r‐‐v‐v‐vヽ
              ,z=┴‐┴〈__ノ{ ∨
        ,  -‐/{ミニ彡´  }__|¨`ヽ∨
       /   { ` ̄  /  \ノ. ∨
.      /  -‐   〉-ッ-‐= ´  .!  ヽ  }
.   ,-‐/       / /.! !  /|  |/|  .}  |
   //.{  \ / / | | ./! |‐- 、|/}/   !_  いや、そりゃ出すだけただではあるけども……
  ,/ ! ,    / /  .! ! { ! ,ィf¨ ' {/     }
  | │ ∨ \.{  {- 、,| | | | ヾノノ ヽ ,_   ∧                  買い取れないものがあるのは、百も承知です > シャナ
  | │  ヽ │ !  | | | |   ,     {   ∧
  | │   |\! .|\, |リ | | 彡'     ,'     ,ィ うん、そりゃよかった。
  | │ヽ  !.  ヽ.!ミヾl .! |.      i ニニニ彡'∧
  // / | }ヽ},   }   ヘ│| _,. -‐ '       ィ∧ 取り敢えず、クマのぬいぐるみと、
. /' |∧/ノ/      /    ヽゝ/  _  /ニニニニ彡'/
.    '     ∠-- 、   !"´  ヽ` ー┬‐ '´ ∨ ロボットのおもちゃ辺りはしまおうか。
.         /ミニニニニ\  !ヘ.   ゝ .,」      ∨
        /   `ヾニニ∧  ヾ',     ヘ    ∨ あと、車のやつも、うちで鉄くずにするよりは、
          {     ∨ニ∧\ヾ',       ゝ    }
          {     .{∨ニ∧ ` - 、_           }  ちゃんとした質屋に流した方がいいよ?
        ∧.     i ∨ニ∧     \` ‐- , __ ノ
.         ∧     ',彡三 }   -‐―ヽ                それじゃあ、リッカさんが言ったのはしまっておくわね > クー
          ∧.     ∨==/        }
            |ヘ    ∨={      ,
            | ∧.     ∨{、       ,   __  ___,r‐- 、  あと魔法瓶は一応中見るけど、
            l. ∧    ∨{  _,. -ャム"´  `´    ∨
            |_/=∧   , -‐', マム マム      }=} ∨ 動くようなら他所で流した方がいいかなー。
            /ニニニ∧     ', マム マム   _ヾ= }=}  〉
        /ニニニニ ∧      ', マム マム ノ´ ヽ, ゞ  '}
        ヾニニニニ=∧-‐ '´, ', マム "´    `ー‐‐ '
            /ニニニニニニニニ}‐-\/ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、ここで査定を受けるのは警備ロボット二体と、もげたロボット用アーム、
| 魔法瓶とくず鉄三つということになった。
| 卓上に並んだ玩具を眺めて、ちょっと困ったような笑みを浮かべたのが印象的だった。
┗───────────────────────────────────────┛
4974 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:26:15.99 ID:X5qbRl+D
Lとライトの店が閉まってしまったのがやはり惜しいな
4975 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:30:37.55 ID:5y5nWobw
ほんとになぁ…
まあでもあいつらだとめっちゃ高値で買い取って赤でそうだしw
4976 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 23:33:17.11 ID:RRGXoB6W
                                    |三三三三三三三ニニ7: : :
                                   |三三三三三三三ニニ7: : : :
                                  |三三三三三三三ニ7: : : : :
                                |三三三二ニ=-‐7: : : : : :
                                    ̄         >、: : : :.::
                                           _/: : :\.:::::
                                          /:\: : : : : : :.\
                                      / : : : \: : : : :.:/
                                _, -―────/. : : : : : :.\:_:_/
                       , : ´: : : : : :/、.:: : : : : : : .:/: : : : : : : : : ;':::::7
                         /: : : : : : : :/: :.\: : : : : : i: : : : : : : : : .;':::::/
                           /: : : : : : : :/: : : : : \:. : : :|: : : : : : : : .;':::::/
                       /: : : : : : : :/.: : : : : : : :.\ : |: : : : : : : ;:':::::/  リッカ < それじゃ、早速本職のロボットから見ていこっか。
                         /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :`.|:. : : : : .;:':::::∧
 ‐ニ三三ム               /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : \:. : .;:'::::::/::::i  リッカ < ……とはいえ、ひっどい損傷具合だねぇ……
 三三三ニム             /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :..\':::::::/:::::::!        どっちも装甲ずたぼろ、綺麗にAIチップは吹っ飛ばされてるし……
 三三三三ム          /: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/:::::::::i
 三三三三ニム           /: : : : : : : :/: : : : : : : : :_: : : : : : : : : : : : : .::::::::::::::i  リッカ < うーん、修理はかなり手がかかりそうだなぁ……
 三三三三三ム        /.: : : : : : :.:/: : : : : : : :/.:://7iz,:、:_ : : : : : . ::::::::::::. i
 ニニニ三三三ム__    /.: : : : : : : :/: : : : : : : :/.:://///////7zzzzzz;::ァ.: ::!                                 ……直るんですか? > クー
 三三7: : : : : : : : : :/\ 〈ー:‐:‐:‐:‐: 〈: : : : : : : :/.::////////////////// : : :!
 三ニ/: : : : : : : : :.:/.: : :.\ \::::::::::::::::.\: : : : :/:::/`<//////////////..: : :/   リッカ < 全部見ないことには、なんとも。
 マ//.: : : : : : : : .:/: : : : : : .\ \::::::::::::::::.\: : :\\  `'<///////7,/.: : :/
  ∨.: : : : : : : : :/ : : : : : : : : : \ \::::::::::::::::.\: : :\\   ` ー-一 ´ '. : :/:-:-::―:.¬,
  /.: : : : : : : : :/.: : : : : : : : : : : : .\ \::::::::::::::::.\: : :\ >     , , -‐'. : :/: : : : : : : :./ |
 ': : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : \ \: : : : :_:_:\/     ,   \:_:/.: : : :_:_: : :/.: :|
 : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\ ̄ ̄>三三ニ=‐-----ニ三/: :  ̄ : : : : |.: : :|
 : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ̄ ̄ ̄|: : : : : : : : : : | ̄ ̄\: .: :.:. : : :.|: : ::|
 : : : : : : :/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :./     |: : : : : : : : : : |      \.:.: : : :..|: : ::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、本職技師のリッカが、KBTとKWG、二体の警備ロボットの解体、解析を始める。
| 取り敢えず外装を付けたまま、外から見た限りでは……シャナ達の見立て通り、
| ひどくぼろぼろで、このままでは使い物にならないらしい。
| それでも、AIを吹っ飛ばされても修理できるというような口ぶりは、流石というより他ないが……
┗───────────────────────────────────────┛
4977 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:34:20.32 ID:5y5nWobw
さすリオッカ
4978 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:34:39.39 ID:dHJhcGji
部品取りにしかならないと思ってた
4979 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 23:40:05.31 ID:RRGXoB6W
: : : /  , ´: : : : : : : : : : : : /´> ∨: : : : : :>
: : く .//: : : : : : : : : : : : /   / : : : : /
\: : //: : : : : : : : : : : : /   ィ: : : : : :<
  `//: : : : : : : : : : : : /   /: : :>'´  `Y
  //: : : : : : : : : : : : /   ゞ-´       リ
. マ: : : : : : : : : : : : /            / リッカ < ……わーお、こいつはひでぇ。
.  ∨ : : : : : : : : >            /
   ∨: : : _ >    _ 。-ミ     /                                あ、どした? > ベイ
   ∨¨´   _ r<::::::::::::{ \   /
    ト>ュr<::::::::::::::::::::::イ.   } .,   リッカ < 外の皮一枚めくってみればあら不思議。
    }ト==-ヽ::::::::::::::::://  //          内部フレームが致命的なまでに歪んでるよこれ。
、   _ヾ   `  ̄ ´  く__/. .{            一部は亀裂や磨耗もひどい。
.`ー´ ィ. .\ _ _ 。r≦::::::/. . . ゝ-ミ       _ r≦
. . . .Y. . . . . ./:::::::::::::::::/. . . . -=彡. >----ァ´                              あー…… > シャナ
. . . .ノ. . . . .(::::::::::::::/. . . . . . . . . /. . . . />、
. . . . . . . . . . `¨¨¨´. . . . . . . . . / . . . //   \_ リッカ < ここまでメインフレームにガタが来てると、
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . イ. . . . . /  \   ーヘ        部品取り用にしかならないかなぁ……
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……とはいえ。
| AIや外装、サブフレームの損傷ならそれらを交換、修理して再利用もできただろうが……
| どうやら、機体の基礎、中枢とでも言うべきメインフレームまで、相当な損傷が出ているらしい。
| 修理にはコストがかかるとかそういう話ではなく、修理はまずできないというレベルで。
┗───────────────────────────────────────┛
4980 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:46:13.65 ID:5y5nWobw
手ごわかったのになぁ
4981 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/08(土) 23:49:27.98 ID:RRGXoB6W
                -―‐  、ー-===ミ、
            ' -===ミ=≦二乂_ ノ/ハ
          /〈//(_  ノ/// ̄{ ト-=彡 /|
         '  /\___彡イ/  ̄ ``丶、/|
        /   /////////////        ヽ
          { へ////////          ',  冗談抜きにひどいよこれは。
       i    'ー7//>'<
       |   |―//  | 、 \    \―'\   |  中の配線も見たけど、こりゃ各パーツの稼働制限無視してるし、
       |   |___i'' |  |  |\/  \ \ 斗ミ }
       |   |__|  |    < ` \ \|ィ刈人/   動力炉も転換機もリミッター吹っ飛んでる。
       l   、|_|⌒|  \x=< ⌒ヽ _{ゞソ {
       人   \ |{ 人   《乂^ソ       ;     多分、AIの方も自己保全回路とかイカレてたねこれは。
      {  | 、   、  > -=二=-、    , ゞ,
      人 人 \ _ -=ニニニニニ|\    /                                   わかりますか > シャナ
       >---<=ニニニニニニl∨}  _  '
    -=-< \/\ ヽ-=ニニ /ー, ノ/, /        ……あ、これ君ら倒したんだ。倒せたんだ。
  {///\= \ \/\_}----<_/{/ ノ¨´ 、
  >'⌒ヽ\= \ノ// } ̄ \`¨¨¨´ ¨´ーへ ー、     ちょっとリミッター外した程度の魔改造じゃこうはならないよ。
/     ∨////// ヽ   ト _     _〉、  \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてどうやら、その原因は戦闘前のシャナの見立て通り、リミッター系の破損が原因らしい。
| それも、いくつもあるリミッターが、全て吹っ飛んでいるようなレベルの。
| リッカの言う通りならば、相当な奇跡の産物の様だが……しかし、奇跡はロボットを強化しても、
| その売値を高めることはない。むしろ劣化させ、下げているようだった。
┗───────────────────────────────────────┛
4982 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/08(土) 23:50:27.64 ID:5y5nWobw
あがががが
4983 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:02:46.55 ID:Wy1bpBbY
    / ̄ >    ̄ ̄ >-r- 、___
     /⌒V::〔 ̄ ̄ ̄〕::::::::人_ 〕  i
   /     ::::::ニ=-‐    ̄ `ー 、\ |
.   '     i/     |  |    \}
   i |         |  |      ∨
   | {      ',   iヽ j|  l  ' | /
   | ;      ',  ̄厂从     斗-   i うーん、商品の価値としては、
 〈:人 i     i ∨=ミ  、  /从|
  i: : :.     : {v^ソ   ヽィf7 人 /  そっちのもげた腕も含めて百……二、いや三……
  |:\:.     :. | ,,     ,¨´ 彡'' ,
  {:. :. :.     i Vソ       人     大まけにまけて、百五十円くらいかなぁ……
   、: :. :     ',从  -一   イ  /
   \:.i    { ∨`   _/ /  /                            お、おぉ…… > クー
     |    |  、_  { -<  ,
            Vヽ _ { \ヽ     けどま、技術屋として、
      、     ヽ V人、    ヽ``丶、
             、: :\ ー`<     ヽ ちょっと面白い壊れ方見せてもらったし……
        \     } : : :.\   T      i
         ヽ   { ',: : : :.\ , 、    ノ それも込みで、全部売ってくれるなら二百円だそっか?
          \ 人 ',: : : : :ノ ----〈、_
             {:\   r--<: : : : :====ノ{                   え、い、いいの!? > クー
            、: :\ノ: : : : : >: :}_/:人
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、簡単に解体も済ませて、内部構造の見分を済ませたリッカが査定額を告げる。
| 純粋な商品代の時点で大分色を付けてくれているようだが、
| そこに技師としてのリッカの目から、更に増額してくれたらしい。
| こちらとしては有り難い話だ。値段を聞いたクーデリアが、驚いたように他の二人を振り返り、
| シャナとヴィルヘルムも黙して頷く。
| 警備ロボット二体と近接用アーム、合わせて200円也
┗───────────────────────────────────────┛
4984 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 00:09:58.01 ID:WWPQfm1w
一人66円か これはウマい
とそろそろお休み…
4985 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 00:10:29.73 ID:4azZa03l
おぉ!ポンッと5万円相当をおまけしてくれるとは太っ腹やな!
4986 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:12:04.50 ID:Wy1bpBbY
   < ̄ 7 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l
     \ i                      ├─ - 、
       |                        |    ∧
       |。. _                     _ .。 | ̄ ∨∧
       |    ̄  二ニ=─=ニ二   ̄   |   ∨∧  リッカ < で、お次はこの、温冷自在の魔法瓶ね……
       |                        |    ∨∧
       |                        |    ∨∧                               知ってるの? > シャナ
       |                        |     l  l
       |                        |     l  l  シャナ < ま、生体パーツ使わない機械は、一通りね。
       |                        |     l  l           最近はそっちも手を出してるわけだし……で、電源は、と……
       |                        |     l  l
       |                        |     l  l
       |                        |____.∧∨
       |                        |    >'’
       |                        |  ̄ ̄
       |                        |
       |                        |
       |                        |
       |。. _                     _ .。 |
       |    ̄  二ニ=─=ニ二   ̄   |
       `'<. _                _ .>'’
              凵 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄凵
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                               バックヤード
| 続けて査定に取り掛かるのは、シャナが遺跡の奥の部屋でみつけた魔法瓶。
| 車両と警備ロボットの専門店だと言うが、技師であるリッカ自身の技術は大分幅広いらしい。
| 卓上に置かれた魔法瓶を眺め、軽く操作し、電源を探って……
┗───────────────────────────────────────┛
4987 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:18:50.18 ID:Wy1bpBbY
                   r‐‐v‐v‐vヽ
              ,z=┴‐┴〈__ノ{ ∨
        ,  -‐/{ミニ彡´  }__|¨`ヽ∨
       /   { ` ̄  /  \ノ. ∨
.      /  -‐   〉-ッ-‐= ´  .!  ヽ  }
.   ,-‐/       / /.! !  /|  |/|  .}  |  シャナちゃん、クーち……デリアちゃん。
   //.{  \ / / | | ./! |‐- 、|/}/   !_
  ,/ ! ,    / /  .! ! { ! ,ィf¨ ' {/     }  つかぬことを聞くけども、これ、どこにあった?
  | │ ∨ \.{  {- 、,| | | | ヾノノ ヽ ,_   ∧
  | │  ヽ │ !  | | | |   ,     {   ∧                                なんで俺を省く > ベイ
  | │   |\! .|\, |リ | | 彡'     ,'     ,ィ
  | │ヽ  !.  ヽ.!ミヾl .! |.      i ニニニ彡'∧ どうせ見つけたのは二人のどっちかでしょ。
  // / | }ヽ},   }   ヘ│| _,. -‐ '       ィ∧
. /' |∧/ノ/      /    ヽゝ/  _  /ニニニニ彡'/                    どこ、と言っても……遺跡の床。
.    '     ∠-- 、   !"´  ヽ` ー┬‐ '´ ∨                      更に捕捉するなら、机の下 > シャナ
.         /ミニニニニ\  !ヘ.   ゝ .,」      ∨
        /   `ヾニニ∧  ヾ',     ヘ    ∨ ……机の下? 棚じゃなくて?
          {     ∨ニ∧\ヾ',       ゝ    }
          {     .{∨ニ∧ ` - 、_           }                                   机 > シャナ
        ∧.     i ∨ニ∧     \` ‐- , __ ノ
.         ∧     ',彡三 }   -‐―ヽ        ……その遺跡は、きっと夢や奇跡の宝庫だね。
          ∧.     ∨==/        }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ざっと配線や電源周りを確認し終えたリッカが、
| シャナとクーデリアに魔法瓶を拾った場所を問う。
| 質問の意図は分からないが、特別隠す必要もないのだからと、
| 抗議の声を上げるヴィルヘルムを無視して回答すると、なにやらリッカは微かに驚いた様子だ。
┗───────────────────────────────────────┛
4988 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 00:22:16.82 ID:bFMUGOn9
夢や奇跡の宝庫? どういう意味だ?

リアルでも温度を自在に設定できるポットとかできねーかなぁ
4989 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:28:34.82 ID:Wy1bpBbY
             ____
      r----<____ r<__>`丶、
     _{ト====彡三三ニ{=======彡人 \
     ト======イ:. :. :. { ========彡ハ   ヽ
     {:. :. :. :. : / ̄ ̄\:. :. :. :. :. :Y⌒ヽ   `、
     '^¨¨¨ 7 /'    :| ヽ  ̄ ̄ \:. i
   /     '         :|  `、       \
           i  :|   :|   ハ:|  :|    ヽ   i  ……これはお二人にお返ししよう。
   i   |   i_i|_|___:|   :l -―――:ト|   :     |
   | :|i |   l i| | :j|   :|  /  | /||   }i   {  ナノマシンの生きてる保存用の棚や箱に入っていた、
   | :|| |   |八| 八  :| ,    |'  |||   ハ  :八
   | 八|   ィf===ミ 、 { / ィf==ミト|  '⌒:   ',  そう言われた方が納得できるような美品だよ。
   |'  、 `、 { 乂__ソ  /   乂__,ソ/从/{,,こ}    ',
   |    \:∧            / }/ イ ノ     ',  内蔵電源の電池を入れるなり、
        } |込::,;/   '       .;;\   }i |    |: ',
      / |  、        ,   ヾ;;/ 八 |   / ハ i  外部電源のコンセントをつなぐなり……
     /イ | / \  `      /  / /| 人 /  }j
.   ⌒  i :|  / | 心 ___,,...       / / :| /  \ ノ'   とにかく電源を確保すれば、今すぐにでも動くからね。
.       l :| :/ _,|_i 「ハ       / イ /i|'  ̄ ``丶、
.       | /| ,      >ー }     /  | |ノ         ちゃんとした質屋に流すか、自分で使いなさい。
        / :/   / /     _ ,,... | |:         i
      ,    /___イ    _/     / '          |
       i   ,__/{::::::{へ          '  { :}       |  なんでそんな美品が無造作に床に転がってたり、
       |   /{::::::',::::::',:::::.       /   V
       |  __{::、::::::::、::::::、::::、     /     }       '   魔改造もかくやって状態の警備ロボットがいたりするのやら……
       |/:::}::::\::::::\::\:\=彡'     /        /
     ノ::::::ノ: \:::\:::::`::::::`::::ヽ      /        /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうやって告げながら、そっと、魔法瓶を手渡してくるリッカ。
| 受け取ったクーデリアは、はあと小さくうなずきながら、成果物を入れるずた袋にそれをしまう。
| 異様なまでにリミッターの外れた警備ロボットや、1000年経っても美品状態で床に転がる精密機械……
| リッカの言う通り、確かに奇跡的な遺跡だったと言えるかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
4990 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 00:33:59.79 ID:bFMUGOn9
そんなにいい物だったのか…
これ、やる夫と一緒に行ってたらもっといい物見つかったかな?
4991 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:38:36.55 ID:Wy1bpBbY
                -―‐  、ー-===ミ、
            ' -===ミ=≦二乂_ ノ/ハ
          /〈//(_  ノ/// ̄{ ト-=彡 /|
         '  /\___彡イ/  ̄ ``丶、/|
        /   /////////////        ヽ
          { へ////////          ',
       i    'ー7//>'<             それでまあ、あとはそのくず鉄三つだけど……
       |   |―//  | 、 \    \―'\   |
       |   |___i'' |  |  |\/  \ \ 斗ミ }  鋳溶かして使うのに、そのサイズなら全部で三円だね。
       |   |__|  |    < ` \ \|ィ刈人/
       l   、|_|⌒|  \x=< ⌒ヽ _{ゞソ {    細かく考えず、金属の純度と量だけだから、これは計算が楽だ。
       人   \ |{ 人   《乂^ソ       ;
      {  | 、   、  > -=二=-、    , ゞ,
      人 人 \ _ -=ニニニニニ|\    /  と、いうことで……
       >---<=ニニニニニニl∨}  _  '
    -=-< \/\ ヽ-=ニニ /ー, ノ/, /     警備ロボット二体と、そのもげた腕、鉄くず、全部合わせて
  {///\= \ \/\_}----<_/{/ ノ¨´ 、
  >'⌒ヽ\= \ノ// } ̄ \`¨¨¨´ ¨´ーへ ー、   203円だ。
/     ∨////// ヽ   ト _     _〉、  \
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最終的に、アナグラでの買取は200円強……
| この時点で、五級、四級のスカベンジャーとしては結構な稼ぎになった。
| 単純に三等分して67円と少し……等級が上のヴィルヘルムの取り分には、
| 少し色を付けるべきだろうが……それでも十分な黒字になりそうだ。
| あとは、玩具や魔法瓶を売れる故買屋が見つかればいいのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
4992 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:46:30.77 ID:Wy1bpBbY
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧  ありがとう、リッカさん。
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :. いろいろおまけしてくれて、助かる。
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/                いやいや、どういたしまして > リッカ
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧      __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|  で、残りの収集品だけど……
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込            /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、     二人は、どこか質屋とか、心当たりある?
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\                        あ、ねえよんなもん > ベイ
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\                    威張って言うことか!
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ              ……まあ、私もないんだけど > クー
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ // そっか……どうしよう。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 商品を引き渡し、その代金を受け取る。
| 細かな分配は後にして、残りの成果物を売れる店がほしいのだが……
| 生憎と、クーデリア達も心当たりはないようだった。
| とはいえ、今から指針もなく、故買屋を探すのは時間が心配だ……
| いざとなれば、現物を適当に三人で分けることも視野に入るが……そんな時。
┗───────────────────────────────────────┛
4993 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:51:09.39 ID:Wy1bpBbY
                -―――-
               / ⌒>―-ミ    `ヽ、
             /               \
            /            ヽ    \    ヽ
        /  /  l   |     ゙;   \Y
             | / {   \}  Y ヽ     \  ちわーっす、三河屋……じゃ、なかったわね、今のお店。
        {  l |  /| j  l    \ l  } \   ト. \
            | | 'T⌒|  乂\}⌒トヽ}  j   \ } ヽ})〉 えーっと……と、ともかく、リッカちゃんいますかー?
         人 {/从{ _    丿)ノ__)ヘノレ   \ \.ノ__ノ
         从 ∧ '"⌒`    '~⌒ヾ }  \\ヽ Y__ノ
          / / ハ    .::.      八 乂 ヽ ) Y }
           /{|八   _.......__    / 込   ̄\ .}ノ
          j {八乂 \  `  "  /うく^Y  ̄ ヽ
         从 \__)〉个::...__. イrJノY ⌒ヽ⌒〉 丿
        {     r‐ソ て ヽ__rシ: : : :}     l'"〔\
             丿/   }: : Y: : : : ∥    l  〕: :ヽ
          /:}/    { /\ //      }┴、 : : \
           /〔/      |     /     j- ノ : : : : \
         /:ζ.__   l ∥ /       ハ {: : : : : : : :\
         }: :フ : } :⌒ト l/(/ -‐- _ /ーr┘ : : : : : : : : \__
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナ達の背後、工房の玄関が開かれて、一人の少女が入って来るのだった。
┗───────────────────────────────────────┛
4994 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:52:18.45 ID:Wy1bpBbY
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

4995 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:54:01.91 ID:Wy1bpBbY
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……今日はもう時間もおそいので、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       何やら新キャラが登場したところで、
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      本日のスカベンジャーはここまでです。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    おかしい、今回で換金は全部終わって、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  フリーパート初回の行き先まで決める予定だったのに……
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  ぐぬぬ……大体スレ主の遅筆が悪い。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li 
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
4996 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 00:57:59.96 ID:4azZa03l
乙ー
新キャラ登場か、月みたいに高値出してくれればいいけど…
4997 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 00:58:34.20 ID:Wy1bpBbY
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′  
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  いやー、やっぱりアイテムに売値付けるのは大変ですね……
         | V        ̄` /    |    ト
         | 人          7   |     〉 ある程度の指標は探せても、
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 最終的にそれっぽい値段を付けるのは自分ですから。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    いかにもな値段の理由も語らんとならんしな!
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {   それはともかく、次回の投下日時についてですが……
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \ ふぅむ、どうしよう……明日(というか今日)やるのは確定だけど……
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l  昼にするか夜にするか……早く進めたくはあるけれど、無理せず夜にしておこう。
4998 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/09(日) 01:01:26.70 ID:Wy1bpBbY
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ というわけで、次回の投下日時は、
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  本日10/9 21:00開始予定でございます!
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    久しぶりの連日投下……
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    お暇な方はぜひお越しくださいませー
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \ ……と次回予告もしたので、スレ主はお布団行きます!
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 } みなさん、おやすみなさい。
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八
4999 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 01:07:38.69 ID:bFMUGOn9

換金まで終わってよかったよかった
商人との会話パートがはいる以上。長くなるのは仕方ない
この辺バッサリ切ってる余所の所は早いんですけど、それはそれで味気ないしなぁ

値段付けるの大変なのは良くわかります(元リサイクル定員
でも、その土地や店ごとに値段は上下しますし、時には何かの事件があってロボットの値段が下がったり
するものですから、値段はあんまり悩まないほうがいいですよ。
失敗して高くしちゃったな、と思ったら「あの時は、ちょうど在庫がなくて」とでも言っとけばいいのです

5000 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 01:50:23.11 ID:AbjaHcXZ
5001 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/09(日) 18:17:57.80 ID:n70hH7uv
乙乙ー!! 冷温自在ポットすっげぇ!?
そしてまさか新たなる質屋は… マナカちゃん!?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2820-1c841f50