情報部シャナのスカベンジ日誌 3rd Turn 「ハイエナ」その12

5029 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:11:14.76 ID:htONS18x
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                3rd Turn 《ハイエナ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
5032 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:12:11.16 ID:htONS18x
                           __
                         '" ̄   ̄ヽ>―- 、
                     /       \`く⌒     \
                       //  /  /   l ヽ \       \
                      // / / /  ∥ l  }  ゙、 ヽ        ヽ
                      / /  /__/ /  /j  l  j  い  、        、
                   j{ j  /_,,,,「/ / {   l ハ   } l  l         、
                     ノ从lY゙x芍/l /  ! l\/ }   }  }         l
                   // {/{;ン { {   j,,j,,j/\j  /  j }  l  l   l  主人公が敗北したターンの新キャラ……
                    ///|/ `"       ,xfj价く, ト、/ // j  | l    l
               {{ { Y:;:; "      {:::゚::ノ }}/ / // ,   l |   l  それも最後に一コマ顔出し登場してからの幕引き……
                   ヾ い{  _      `=-   个 / / /         l
                  ヽ l `ヽ    :;:;:;:;:; ー=彡'" / /l         l   これはヒロイン、行ける……!?
                   } l         x''"  彡   / l        八
                      从ト..._  r- / / /   / /          ゙、
                    〈 二{ /// /   // / l  l    }  l ト\                何言ってんだかこの子は > リッカ
        r{ヽ         _ /く {_//- j /  / / / l l  l     j  } }
        { い\    └tュこ/: : : { {~{ { /=彡 //{ { l  }l  / / ノノ
      f>┴、__lr-ミ、      r-/ o: : : 八,,>: 人{   ̄// 从 ハ ノ }ノ/⌒
      /    l     }   __} l: : l: : : : : : : : : :ヽ⌒ヽメ、     )/〉
   _ )ヽ  >'" ̄ ̄\ (//{: : l: : : : : : : : : : : :Y: :`~⌒不~ミノ
  /  \  / : : : : : : : : : \/: l: :o: : : : : : : : : : : : l : : : : 〃lハ\
  └ト、 У: : : : : : : : : : : : : /: : } : l: : : : : : : : : : : : :l: : : :∥ jj ヽ ヽ
   } \/: : : : : : : : : : : : : : :{: : :l: : l : : : : : : : : : : : ノ : : ∥ ∥  }} }}
/⌒\ / : : : : : : : : : : : : : : : l : :l: : l: : : : : : : : : : : / : : : {廴/  込シ
{    j: : : : : : : : : : : : : : : : :弋 l: : l: : : : : : : : : : :}: : : : : : /
乂_ / l: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`l: :o: : : : : : : : : :/: : : : : ∥
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 相変わらずの遅筆進行の中、どうにかフジノミヤへ帰還した三人。
| スカベンジャー組合で適当に報告を済ませた後、機械工房『アナグラ』へ赴き、
| 警備ロボットとくず鉄を売り、いくばくかの金銭を得る。
| 残る発掘品をどう捌こうかと頭を悩ませる一行の前に、見知らぬ少女が現れて……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>4052 (補足:手榴弾(チャフ)は消費済み)

      同行者:クーデリア   >>3820  ヴィルヘルム >>3822

      好感度一覧        >>3823

      このターンの遺跡   >>3798 【おもち屋遺跡】

4052 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/27(土) 16:57:53.15 ID:VQe/CCRl
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 208 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを装備・保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトであるが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕、チャフ 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:4……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:4……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。

 【特性】
  ESP【縮地】……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
            これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
            移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
               根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員……時には身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
              現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
3820 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:42:30.95 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../

  クーデリア・フォイエルバッハ 5級スカベンジャー

 最近フジノミヤにやってきた新人スカベンジャー。
 新米ゆえ粗削りではあるものの、短期間でスカベンジに必要な技術を身に付けつつある。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  45口径リボルバー拳銃 ……中折れ式の旧式リボルバー拳銃。クーデリアのお気に入り。
                    アクセサリを装備できないが、造りが単純で頑丈。格闘武器としても使用可能。
  5.7×27mm.拳銃 ……貫通力の高い5.7×27mm.弾を使用する拳銃。装甲目標に対してもある程度有効。
                 ロングマガジンを装備。
  ハンドグレネード(破片・煙幕 各1個)
  小型工具セット ……スカベンジ中の解体に便利な小さな工具セット。
              

  銃器    Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術・知識。
               拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  投擲    Lv:3……物を投げるうまさ。グレネードなどに使用する。
  機械操作 Lv:3……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的な技能は含まない。
  機械解体 Lv:3……停止した機械を解体し、パーツ取りする技能。
               起動しているものを解体したり、停止させることはできない。
  機械修理 Lv:3……壊れた機械を修理・整備する技能。
3822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:44:02.19 ID:xlHI+v0i
  【NPCステータス】

                         / //   /    ヘ ヘ \
                        /  //    /  │  l/ ヘ   ヘ
           .            /  / /  / /   /  /  │  ヘ
                      / /  /  / /    /ヘ l l   l  l l l
                 .    / /  /  / /    l l ll l   _l lヽ li
                    / /  / /  / /.   │_li l l  _/ l  l
                   │ / /    丶l    l l 弋リノ  〉 ヽヽ/ /
                    // l l l    l   l ∨ヘ< _ノ   ヽ ソ
                   /  ll l  /  i   l  / ヽ      /l
                   / l /   ./ l l    l ヘ    _ ==ニ7l
                  ゝ l /  / l /    lゝ     ` 一´/
                    l /  /丿へ ヘ   l  ヽ      /
                    l / ///   ヘ ∨/      > ト
                      ///.\    \     ∧ヘ l
                    //////.ゝ     へ  / ∧ヘ/>
                  /////./////\      /∨ //ヘヘ////>
                 /////.//////ヘ/.\ .  /   / il   ヘ //////\
             /──///,ヘ;;;;;;;;;;ヘ/ ヘ//.\ /へ //ヘl ヘ  ヘ///////
            ///////////ヘ;;;;;;;;;ヘ   ヘ//.\ \::::/ l    ヘ///./ l
           //////.\////ヘ;;;;;;;;;ヘ  ////..\ ヘ:::ヘ l      ヘ///.l
         ///////////.\//ヘ;;;;;;;;;;;ヘ >/ ̄>\l:::::〉l///.\  l//,l
        〈//////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;;ヘ  /////.\:::::///////ヘ ∨/.l
         l///////////////ヘ//ヘ;;;;;;;;;ヘ//////////.////////ヘ//////
        ////////////////ヘ///ヘ;;;;;;;;ヘ/////////.//////////∧////

  ヴィルヘルム・エーレンブルグ 4級スカベンジャー

 フジノミヤで活動するソロのスカベンジャー。全身を戦闘用義体に換装した戦闘機人である。
 戦闘能力に限って言えば等級不相応に高く、本人の気質としても遺跡潜りより荒事を好む。
 ……なんでこいつマーセナリーじゃないんだ。


 【装備・技能 一部のみ抜粋】
  近接型戦闘用義体 ……近接戦闘に高い適性を示す義体。
  ┃                   極めて頑強で、素手で金属板を殴った場合、相手が一方的にへこむか折れるか穴が開く。
  ┗???       ……詳細不明。義体に搭載された内蔵兵装。本人曰く『奥の手』
  45口径短機関銃

  格闘術  Lv:10……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  銃器    Lv:5 ……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術や知識。
                拳銃、短機関銃、突撃銃、軽機関銃を使用可能。
  重火器  Lv:3 ……重機関銃や機関砲など、生身の人間単独では使用できない武器を使用できる。
3823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:47:06.61 ID:xlHI+v0i
 【好感度一覧】

   クーデリア..  ……B-   (また、一緒にどこかに行きたいな)
   やる夫.     ……D    (格好悪いとこ見せちまったお)
   ヴィルヘルム ……B-   (見込み通りみたいだな)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎.     ……D-   (初めての依頼、がんばれ)
   スカサハ.    ……D    (長い付き合いになりそうだ)
   リッカ.     ……D    (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ.       ……D-   (出来る人かぁ、ちょっと格好良い……)
3798 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/08/19(金) 23:12:31.87 ID:xlHI+v0i
《仕事一覧》
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 大口の遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  車両ごと中に入れそうな大きな入り口と通路が特徴の遺跡。
  既に探索の終わっている範囲を見るに、恐らく旧文明における車両倉庫か、
  その類型だと思われる。
  内部にはまだ稼働状態の警備ロボもいるようだ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 おもち屋遺跡 四級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  スカベンジではメジャーな店舗型遺跡。
  看板と思しきものには確かに『おもち屋』と書いているのだが、
  餅はおろか食料関係はほとんど見つかっていない。
  内部には人形のような小物が転がっているが、機械品は大概掘りつくされた後の様だ。
  五級遺跡への降格も噂されているとか。
  故買屋の宛でもあれば、小物も玩具店などにサンプルとして流せるのだろうが……

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【遺跡情報】

 【名称】 郊外のガラクタ山 五級指定

 【探索条件】 等級の他に規定なし

 【解説】
  フジノミヤ郊外にあるガラクタの山。
  瓦礫や廃材、良くて壊れた機械くらいしかないが、落ち穂拾いはできるだろう。
  想定される脅威としては、警備ロボットはまずいないだろう。
  だが不調を起こしたタレットくらいは転がっているかもしれないし、
  ミュータントが住み着いている可能性もある。

  なお、比較的近場のため送迎車は出ておらず、しかし歩いて通うには確実に遠い、
  という絶妙な位置関係により、5級にも非常に不人気な場所である。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 【依頼情報】

 【名称】 郊外警備

 【依頼人】 フジノミヤ警邏隊

 【受諾条件】 マーセナリー、4級以上のスカベンジャー、または組合から推薦のある者

 【報酬】 30円

 【解説】
  現在諸事情により警邏隊の手が足りていない。
  そのため、有志にフジノミヤ郊外の警備任務を手伝ってもらいたい。
  ミュータントが出現した場合各自の判断で交戦してもらうことになるが、
  それ以外ではこちらの指示に従って、待機してもらうだけでよい。
  報酬は交戦の有無を問わず一律。余程の事態でなければ増額はしない。

 【備考】
  他チーム・警邏隊との共働有り

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
5033 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:13:10.85 ID:htONS18x
          -―- _ -――=ミ
       /   ̄ )//,}:. :\      \
      _/ {_ イ////:.//人  ̄ ̄  \_
   /⌒人///// 彡ヘ:. :V : : :. > 、:/   }  ``丶、
  /'/ }/ | r-‐  ̄:. :. :. :><:. /:. /:. \  人       \
  { { ////:/ ̄ ̄ ̄   \   丶、/:.\         ヽ
    Y //: |     \   _\   \:./\ |
   乂/:i:i| :i|     、メ      ヽ   }ヽ:./:ヽ       ヽ:i フレームの駆動系以外は、
     \| 八   、 \ィf示ミー   |) }ヽノ:.i      ハノ
       人  < | \ { vf )ソ ∨   | / ∨:|   从 /   意外と使えそうな回路とかも残ってるね……
        \{ x=ミ     ´    i   |' __彡 'ヾ^ー=彡
         \ vf:〉      |   |  \⌒          ……うん、これなら手間はかかるけど、何とか黒字になるかな。
            ハ _、         |  人___`  _
        _ノ7::::::}::ヽ , -  / ̄ ̄ ̄ ̄\丶、 \ 、    改造の幅も広げれそうだし、面白い教材だった。
       _{:::{::::{::::::〈:::::个ー /         \ \ __) \
         {:{:::{:::::( ̄::\::::ヽ ,            `   ̄ \ 、
        \ー 'ハ::::::::::::::::{               '      ヽ
          ー:::::::::::::::::::::,              }        `、.
           }\:::::===/      /_      }       ',:.
           {\====/      /       ,           ',:.
          人:::=== ,       ハ     /      -―‐ ::\
            \::::::,      /  `¨¨¨¨´    ´        :i::::.
              ̄,      , i       /         }:|:::::::.
              /      / {     /               ,:|::::::::.
               /      , 人    ,             /: |::::::::::.
              ,        /   i≧=--、           /:::::|::::::::::::.、
┏────────────┓      この後の舞台裏リッカちゃん
│ 今回の成果
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット『KWG』(大破).           ×1 売却済み
| 警備ロボット『KBT』(中破)          ×1 売却済み
| 人型ロボット用近接アーム(スタンロッド) ×1 売却済み
| 魔法瓶                          ×1
| くまのぬいぐるみ                   ×1
| ガンプラ『ベアッガイ』                 ×1
| ゾイドのミニチュア人形            ×2
| くず鉄?(車の玩具).                ×3
| くず鉄                         ×3 売却済み
| 
| 現在の売却額小計:203円0銭
┗───────────────────────────────────────┛
5034 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:13:43.63 ID:htONS18x
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5035 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:14:13.92 ID:8sJFuXzJ
主人公がヒロインなんだよなぁ…
リッカちゃんの確かな技術力
5036 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:14:15.17 ID:htONS18x
                         '" ̄ ̄""⌒`ヽ、
                 / //      \  \
                 / /  /        \  \
                   / / /  /    l い  `、  ヽ
               / / /  j  {   l l l   l   、
              / l  /   l  ハ   l l   l   l  lい
              /  l  l  j !l l l  l l l_|l  }  l  !
              l   l  l-十TT| l トj| ̄トl j l l  l  あ、いたいた。
                 j{ 八 l  トl-‐トl   Vレ }ノl从イl ! l l  l
              ハ い、|从l__,,,_     云=x,,_从! ハ l  l  ちわわー、リッカ。元気してたー?
            /l::::、 ヾヽ ァ冖⌒  .::.     ,,,,,`` j / }  l
      fヽ       / !:::l:ヽ ∧ '''   "        ///j  |
  r 、   l l     ノ/ l:::l::::ハ い    -―- 、    // /ノ  l
{`乂\  l l     { l l::l::::l::} l l\   `ー-‐   /!/ // /人 !
 \\ \} l  f | 弋{ l八:j;;! j }  l`ト、    イl )∥ / / /  \
 r 、\\  ヽノ l  乂|  ノノノノ ノヽ廴 ̄r-、ノ} { // _
  \\)   /  l     /イ( >"  弋〈廴j/ / 人(  ̄ 7ニ(〉
   \   {  }     辷/      ト、>く_//      ノ\ノヽ
     ヽ    /    /)-l     l j|   /       〈ヽ__}: :l:!
      \ / l    /: :「ニl       入jl! /       ノヽ(: : : o}
          l   l┐  j : : `)圦   斗-、Y/‐- 、   /ミr、ノ: : : :ll
     / l   ∨ヽ「: : : 弋-Y/l:l:l:l  o  j:l:l:l:\メ`r、ノ: / : : o}
    /   l   V }: : : : {`ノ: : :{:{:{{  ll  l:l:l:l: : : `┘: :/: : : :/!:}
    弋-、 |    V/ : : : : l: : : : : l:l:l:! o  l:l:l:l : : : : : l:/: : : :/ jイ
  r~、ノ \|   Vーヘ: 人: : : : }:}:}l  ll {:l:l:l: : : : : 〈 :/ : :/: :o:}
  /   \ )l    V  } / ∨: : :j:j:j:! o }:l:l:} : : : : : Y: : : : : : l:l
 {     / {      }、 人〉 ∧: : {:{:{:l {{ {:l:l:{: : : : : : :l : : : : : : !l
 /⌒ ~ ノ  八   /⌒ノハ水人 〈〈〈  o  〉l:l}: : : : ハj: : : : : : : o}
 {  __乂 ー人 __辷(: : : } )水(ヽ}:}jト-ll -〈い}: : : :水l: : : : : : : :lト、
 Y⌒\   ⌒廴 У  ノ : :/`弋ハ水(/: : o: : :j)水(:)水( l : : : : : : : l }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 夕刻の機械工房『アナグラ』。その門扉を開いて、一人の少女が現れた。
| 無邪気に朗らかな笑顔が特徴的な少女だ。
| どうやら、店主であるリッカの知り合いの様だ。
| 馴染みの客……という様子ではない。プライベートな友人だろうか?
┗───────────────────────────────────────┛
5037 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:17:28.17 ID:htONS18x
                   r‐‐v‐v‐vヽ
              ,z=┴‐┴〈__ノ{ ∨
        ,  -‐/{ミニ彡´  }__|¨`ヽ∨
       /   { ` ̄  /  \ノ. ∨
.      /  -‐   〉-ッ-‐= ´  .!  ヽ  }
.   ,-‐/       / /.! !  /|  |/|  .}  |
   //.{  \ / / | | ./! |‐- 、|/}/   !_  はいはいちわわー。久しぶり愛歌。
  ,/ ! ,    / /  .! ! { ! ,ィf¨ ' {/     }
  | │ ∨ \.{  {- 、,| | | | ヾノノ ヽ ,_   ∧  一応今来客中なんだけど……どしたの?
  | │  ヽ │ !  | | | |   ,     {   ∧
  | │   |\! .|\, |リ | | 彡'     ,'     ,ィ  またバイト先クビになった?
  | │ヽ  !.  ヽ.!ミヾl .! |.      i ニニニ彡'∧
  // / | }ヽ},   }   ヘ│| _,. -‐ '       ィ∧                      なってない、なってないよ!
. /' |∧/ノ/      /    ヽゝ/  _  /ニニニニ彡'/              むしろ新しい勤め先見つけたとこだから! > 愛歌
.    '     ∠-- 、   !"´  ヽ` ー┬‐ '´ ∨
.         /ミニニニニ\  !ヘ.   ゝ .,」      ∨ あ、そう。
        /   `ヾニニ∧  ヾ',     ヘ    ∨
          {     ∨ニ∧\ヾ',       ゝ    }  で、新人店員の愛歌君は、うちのお店に何か用かな?
          {     .{∨ニ∧ ` - 、_           }
        ∧.     i ∨ニ∧     \` ‐- , __ ノ
.         ∧     ',彡三 }   -‐―ヽ
          ∧.     ∨==/        }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 飄々と話すリッカと、愛歌と言うらしい少女の会話を見るに、どうやら予測は当たりらしい。
| 砕けた調子で交わされる二人の言葉に、何の気なしに耳を傾ける。
┗───────────────────────────────────────┛
5038 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:20:05.47 ID:8sJFuXzJ
崩壊世界でフリーターって結構すごいな
5039 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:20:57.41 ID:htONS18x
                      /                \
                     /                 \
                                     \   ヽ
                 /  /                  ヽ
                   /  /   /    |        l   い l  i
                            |  f|       l      l   l
                j ∥ l   |   l  | い | l  |ヽ }   } |  l
                     l    l   |   | {|`、 ト. |T |冖ハ  l| l  そうそう、今日はお店の宣伝に来ててね。
                     || l  | |斗 |T ト|   ヽい,,xぅ笊ミx} ノノ .l) i
                    八l  |  |_,,,x云ミ、     弋::゚::ノノイ |  |    万事屋さんで、機械の部品とか色々扱ってるから……
                 从 |::\|<(弋::゚:::}       '''"´  l   |l  い
                 | \::::( ヽ ー''"   {::.     '' ''  |  | l ! l:l i リッカんちでも、欲しいものがあれば今度来てほしいなーって。
                 | |::::::::l:\ヘ '' ''       -┐    /j  l j| !:l }
                 | トl::::::::l:::::|::::\   ‘   ノ  /:::;     l lノjl                          へぇ……で、店の名前は? > リッカ
                 | {::::::::::|:::::|:::::::l::> __    イr{:::/ / / j丿丿
                     い_ j__t---ミ~t ̄ riJシ/ /}/ 丿    えっとぉ……
                 //{ ̄r--―-ミ \/^Y/彡イ}/`ー--―-y"⌒
                   / / \ て ―- \ \ : : : //        ノf^)ノ                               ……だめじゃん > リッカ
                     / / \}  ̄ ̄ \    ヽ//      〔__う : :
                 {   j'^Y /ト-弋ー--┘     ∨       ( (: : : : :  だ、だめじゃない! ちゃんとメモ取ってきた!
                    ∧  ヽ(/ {    ̄「 \       ∨     ノ ⌒〕: : :
               /: ハ      }   八 j!\    ∨    { て" : : :  ……そ、そう、雑貨屋『ディスワード』!
                 /: : : :}   }/      ヽj!/ `~.  ∨ r-く__丿 : : : :
              / : : /   /)       ヘ}{ヘ   l   ∨ ^( : Y : : : : : :                 ……ま、覚えとくよ。案内はまた今度ね > リッカ
            / : : : /   /イY   / 丿  ヽ  !    Vイ: :{ : : /: :
               /: _ /   /: :rイ乂// /}    ∧ l    V}: : :)/ : : : :
          r- r-(ア"   /|: :└しイ : {  V  ./  てl    { V/ : : : : : :
          //(/    ./八: : : : : } : :} o}  {/⌒ .l  /⌒ }\--― : :
      / / /       ./   Y: : : ノ: : l    八    l  {      ヽ/ : :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 『勤め先の店名を、別段長くもないのにメモを取るなんて……大丈夫なのかこいつ?』
| そんな内心を声には出さず、けれど半眼に歪められた視線に込めて、愛歌を見つめるリッカ。
| その一方で、
┗───────────────────────────────────────┛
5040 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:23:28.76 ID:htONS18x
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}  機械とか色々、か……
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/  買取もやってないか、訊いてみる?
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'                    そうねぇ……査定だけならただだし > クー
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                               俺はどっちでもいいぜ > ベイ
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.     なら、訊くだけ訊いてみよう。
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方で、発掘品の捌き先を探しているシャナ達からすれば、
| 彼女の到来は奇跡的なタイミングだ。古い宗教に詳しい者なら、福音と呼んだかもしれない。
| 少々、少女の振る舞いは不安材料ではあるが……まあ彼女は店主ではなく、
| 雇われ店員なのだから、ここで引くのももったいない。
┗───────────────────────────────────────┛
5041 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:24:24.02 ID:8sJFuXzJ
ほんとに大丈夫かぁ…?w
5042 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:26:36.58 ID:htONS18x
               -  ―  - 、
            /    ,-  ⌒  、 \
           /          、       \
             /          ヽ、
         /    ,      /  ! ヽ       i
           /     i      /| ∧! -и!     |
        l |     !  /、/ !,/ ノ  ,ィ示ヘ,ノ、 |                                       あの…… > シャナ
        l |   | レ、/|,ィ芹芍´   弋゚ノ |、l |
         ,    !   |〈(弋゚::ノ        l,ノ| あ、ごめんなさい。
          /   |   l!         '     l |/|
       イ /   l!   |心     r ,   /  人  リッカは来客中だったっけ。
          レ'丶、 |、 | !、}->、     /-/、 `
           \_\ゝ、\ 、 >t― '   丶ゝ  どうぞどうぞ、お姉さんの用事は終わったから!
              〔ニ/   \ヽー┴― 、
          〔ニ l            \                        いえ、こちらももう、買取は済んでるので
         / 〕ニ!         / >、_ \                         それより、貴方に訊きたいことが…… > シャナ
           / |ヾニ>、____ノ {-': 。:ヽ)_ ゝ
.          /: : :|: ;⌒ー、l_ハ_l_,-、_ノ´: : l : !     なんと!
         /: : : :|/: /|: :|: : : : /: : : : : : : 。 : |
      /: : : : :|Y´: l:ノ: : : : l: : : : : : : : l : :l
.     /: : : : : :|:|><|: : : : !: : : : : : : :。 :/
..    /: : : : : : :|:|><|: : : : |: : : : : : :/ /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、リッカと愛歌の会話がひと段落したところで声をかけてみる。
| やや口調にテンションの高さがにじみ出ているが、すぐに謝罪の言葉が出た辺り、
| 頭のネジが全て吹き飛んでいるような惨状ではないようで、一安心。
┗───────────────────────────────────────┛
5043 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:27:43.66 ID:8sJFuXzJ
ひっでぇ評価www
5044 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:29:20.72 ID:htONS18x
             -―――-
         '"           `ヽ、
       /     /    ヽ    \ `<_ノ
      /     {∥   l  Y、 ヽ  ヽ  `く
     /       l{    l   } ゙、 Y い  い
     /  ノ{     !     l   ! ! 斗十-}  } }
     {  ノ{ 八  い_,, -十‐ ノ  } ノ}ノ} ノl ノノ  なんと、よそのお店で女の子に声をかけられてしまったわ!
     }   ゙、  \乂ゝ _j,,,_/   /x气くノイ八
     j    `、   \,,xf气⌒    弋リ:}j! l \  やっぱり私からは、年下少女を引き付ける、
    /       ヽ    乂沙),,    、`冖|    \_,
    /       \   `く'"        l     \  お姉ちゃんオーラが出ているのね!
  / / /{   {     \   \ ,,x=冖!   八\乂  \
 /// /l い ゙、 \  ヽ  ト}乂_.ノ  /ト、\    ̄ ̄
 {( {/ 八l \ \  ヽ ハ  }ー-   /人l   ̄                            え、えぇと…… > シャナ
    {   ⌒ `~  ̄ }ノ-}ノミこ弋┐
     r‐-< ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : : 弋ィ }                        いや、そうじゃなくてですね…… > クー
__/⌒~  >x、    \: : :ニ0}く
\  \__x~ミ_  \_    ̄\ハ  ̄`⌒\-‐"⌒ヽ
: : ヽく 〈⌒\  }      ̄~--、 __ ト  (   Y- }   Y                  ヘ
: : : :Y`⌒: : / ニへ    `:::::::/^ハ乂 圦 )〉 { l::/:::::. {~L _   ノ } _///)
: : : : 乂: : : :\j^\  \   ∧い∧示ミ狄斧=乂l{::TlTく`< ̄  }-f"  ̄   < /}フ
: : : : : : \: : : : : : : }    >くいい::::辷^>狄xz、 ノ:::::} l l  ヽ ̄ ̄乂⌒\   ノ j
⌒ヽ : : : : : : 二ニ弌  /: : : : \~ミ⌒ヽ狄^j{/::::/ノノl   ∨-‐ ノ-‐< _/
: : : :_ -‐''" }^ヽ癶\/: : : : : : : `ミ~、:\\j!{:::〈//j     〉_ {: :Y_  〉
 ̄ ̄`~⌒ー'゙// l`ト: : : : : : : : : : :ヽヽヽ l:::jヽY:Y/: ノ人 /    ̄〉 \ {
         // ノノ 乂_: : : : : : : : :乂ヽ弋{:::::ソ::}∨く: : ⌒\  /: : : : :ヽ ̄ヽ
        / /辷彡   l lヽ ̄: : : : : : : : } :} j }::::{:://ノ \: : : : : \ノ: : : : : : : }   }
     〈_/   ̄     L! Y: : : : : : : : :j: ノ{ l:::::}:ノ/   \: : : : : : : : : : :x<>-┘
               r-辷_: : : : : 弋 い l::::l::{ 廴   `t-ミ__,,癶  \
              {: : : : : : : : : : : : :〉:〉}:} ::l、ヽ⌒}   ⌒乂_入  ノ`~┘
             ノY∨乙ハ: : : : : : / /:j l  } }:{ ∥         ⌒
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……と思ったが、その認識は改めた方がいいだろうか。
| 彼女の方に用があると伝えると、突然お姉ちゃんオーラだなんだと、
| 訳の分からないことを言い始めてしまった。
| ……全部でなくとも、何本かは頭のネジが緩んでいるのかもしれない。
| 思わず口ごもるシャナを見て、隣からクーデリアが助け舟を出す。
┗───────────────────────────────────────┛
5045 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:29:54.50 ID:8sJFuXzJ
Oh… これはひどいw
5046 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:32:46.89 ID:htONS18x
                         -─-
                     /     ,'   `ヽ、
                     // / 7  ̄\ ヽト、_, ヘ
              l≧l/|  /   |レ 、  ヽ  〉;{}=〈
               ∠∧/  / /{!   \ {  l/l ̄ヽ
             / ノ{  r \     /ヽ   |!   \
            /   / } l  .| ,ィチ≧  ィニ≧ ∨ .ト、   (_
            丶 ( リ |  | 弋ソ   弋ソ /、 } `ー、_ ヽ その、雑貨屋さんについて
          、  ) V: ; ∨ヘ    '    /ノト、ヽ、    `, )
             .)`‐' ノ ,'  ∨ヘ、  r─、  ノ  .ヘ ヽ `ー 、  lノ  ちょっと訊きたいことが……
        , -‐´_ , ' ,. ' fヽ.∨ヘ.≧_ー '< '., ' ,ヽ \ _.ヽ
       ( /, ‐´≧∠ニヽ ヽヾ ヘ \. ト- ≧、_ ゙.: :>ニ=、〉)                    ちっちゃい女の子がもう一人!? > 愛歌
          .) )/   /二コ´.} `ー-、_ヽ_ ノヽ \. : : : :\(〈
       〈/(  /./ .〉 .ヽ .〉  , -‐-f∧ ◇ {ニ=≧7: : : :) ヽ  ちっちゃいってゆーな!
         ′〉 .〈 {  ,ヘニ='-テi´ミ〈  ノ∠ヽニ==ゞ≧ミト\/ノヽ\
         ノ人 {!l  {   / .ノ  ミヽ ゙ -、ヽ {' ゙`´\   ≧ミヽ ) ノ 15歳だしまだ伸びるわよ!
          ( (   〉トゝ、` ‐-=イ   ミ≧、ノ/ !:    ヽ /ミf/ \{
.          ヽ) (.,' ヽ  ̄〈-、 ヽ    {  ( (  }‐-、_,≦} /ミ/   .\                    ……クーデリア、話が逸れてる > シャナ
             ソ   `ヽ .) ) .}〉   ⑪ ヽミ:、|i:i:i:Xxi:i:|{ミ/_      ヽ
                }./≦ノ l   l    ヾ}i:i:i:xx:i:i:lレ ト-ミヽ  / うぐっ、そうだった……
               (/    .ノ   /   ー {:i:i:i:i:x:i:i:i:!´ト-、. ヽヽ 〉
                  /   {     |i:i:i:iノ\:i:| .|   `、≧ノ
                    /   ⑪      .ト ‐'   ヽ{ .ト 、  ∨
                      /    .}    ー }       | {. 〉 /
               /      /     /      .| `〈)、/
           rー -く       ⑪      ./       ヽ .y
.             く_/ _≧、  /     /        }  ヽ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……助け舟を出す、のだが。
| 愛歌の天然具合が悪いのか、それとも身長に対するクーデリアの過敏さが悪いのか―
| ―恐らくは両者だ――話はあっさり脇道へそれる。
┗───────────────────────────────────────┛
5047 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:34:43.29 ID:8sJFuXzJ
あぁ^~ かわいいんじゃぁ^~
5048 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:36:20.56 ID:htONS18x
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.  愛歌さん、でしたか?
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.                そうそう。フルネームだと、沙条愛歌っていうの
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ             けど、お姉ちゃんとかって呼んでくれてもいいのよ? > 愛歌
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /  ……それで愛歌さん。
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                                おふ、華麗にスルー……
   |::::::::::::::`¨}:::::::i         `     八::|:::|                                   それで何かなお嬢さん? > 愛歌
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     - -    イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|    雑貨屋に勤めてるということだけど、
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/     そこって、遺跡の発掘品取り扱ってる?
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ       場合によっては、買取をお願いしたいんだけど。
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで。
| 結局交渉はシャナが受け持つこととなり、愛歌のお姉ちゃんオーラ(自称)を無視して、
| 端的に訊きたいことだけ訊くことにする。
| ダメならダメで、話を切り上げる理由付けにはなる。
┗───────────────────────────────────────┛
5049 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:38:11.65 ID:8sJFuXzJ
スルー残当w
5050 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:39:34.97 ID:htONS18x
         /  ー-ミ                \
         /         `ヽ、             ヽ
      /              \           \
     ./i  \      \ \  ヽ  \         ミー--‐ノ
      / { {  \\  _\ ヽ   :::.  \          <
        い ト  Y'" ̄ } _ヽ}\}::    \         \
    j     ゙、\}/シ"斤気”  丿\      \:... \::... :::...\)  え、あ、もしかしてスカベンジャーさんかしら。
    {    {\\ " 乂ジ     \      ヽ::.... ヽ::}廴:::ヽヽ
       |、 \__  ̄   '"         \    \::::. }ノ  )⌒)ノ それなら大丈夫よ。
     八l l\癶ヽ              ∧ ヽ ヽ   ヽ}/
      \ 个:.ソ     _          /  Y^Y }\ }ト}        ジャンクから作った日用品から、
       | {{ ::::\ く   }       /r~J/:}ノ  )ノー- __
         い゙、\:::.... \ノ      _つ} //: }     { {⌒Y  遺跡で見つかる嗜好品まで、
       人:::::\\:::\     イ (   / : : : /     _ノ  ̄〉:
          \.{^i\ r 、::::ーく 廴f⌒ {/ : : : : /       (γ⌒: : :   『ディスワード』さんちは買取やってるわよ!
            いヽ| ト}⌒f^\乂 / : ノ / /        トミ气: : :
         __ .∧ V| | _)  }: :O : / /        丿  }: : :   ……まあ、本気で価値のないものを買うことはないそうだけど。
         弋\ ∧ V| | ( / j /\ : /       〔 (⌒''": : :
        ./ )\ヽ_.} ヾ ∨ /   {  |  ∨        个⌒ヽ: : :
      / // ∧   .::. \    l j|| /     __   丿: : :                        そう……ならよかった > シャナ
       /__ノ⌒ ┘ {:.    } / ̄ \     /: : : : : :  ̄: : : : :
     /└‐⌒\ ヾ      V     )ー<: : : { / : : : : : : : : : :
    }      ∧     /⌒        Y : }: : : : : : : : : : :
  ~/      /\     { __       |rく\: : : : : : : : : :
   {    ー<|  _>ー<: : : : : : `~、_  /: : \: : : : : : : : :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とぼけたような天然少女だが、真面目な話となると察しはいいらしい。
| 話題からこちらの職業を適切に察して、望んだとおりの回答をよこしてくる。
| 価値のないものは買わない、ということは、
| 店主の鑑定眼はそれなり程度にはあることだあろう。
┗───────────────────────────────────────┛
5051 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:40:52.45 ID:8sJFuXzJ
よすよす
5052 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:46:52.17 ID:htONS18x
                  ,  ´ ̄ ̄__> 、
                 /    / ,  - 、 \
               / /  /   /     ヽ ヽ
             ;  '  _,/   /  / ,、 ∧ ',
            / /_//   /__/ イ \∧ .
            「∨ノ,イ   / -- 、   , - } |
           「: :ー:イ7'   | ィテ≧、  ,ィ≦、 ,'、_  じゃあ実際に売るかは値段次第だけど……
           |:_介、:/ l  | Vzリ     Vリム ∧:ノ
           / | }' ∧ 从      ,   八 {:. ヽ  その『ディスワード』っていう雑貨屋さん行ってみようか。
            ,  / , / .:}   ト、   ー ‐ イ  ∧:. }
             { .:,' / ,:' .:∧  |  `  r‐く__/ ,' }:. |   愛歌さん、案内頼めます?
             | / .' {  「∧ }    |、::::从 { 从
             l { {/ 乂{::::| :、_  }\:::ヽ }ヽ }:!                          はいはーい、二名様ごあんなーい > 愛歌
          从/ .......乂|::::乂 ∨ヽr-くノ∨:| |フ...、リ
          // .........乂{:::::「 ∧∨_乂_)、_,l: | |\.∧   じゃあリッカさん、私達はこれで帰りますんで。
           ,.............乂/:「乂/ヽ}、\/ l∧| |\⌒{\
        _/___......乂Y_,/::::::::リ::∨- イ∧j:::::乂_(..∧                                はいよ、また来てね > リッカ
       //X<>/X>乂 \::::::::::::::::::', ̄l´ }:::::/__('X∧
       /::::::7` <X<>/乂_,\::::::::::::::}  :  |:::/__ノX/::ヽ、
        ,::::::::/::::::::::::::`<X<>乂,\::::::::|  |  }/__(Xイ:::::::::::::::.                                    ……おい > ベイ
     /:::::::/::::::::::::::::::::/ |`::ー-乂_\∧  , _|__(::{::::/:::::::::::::::::',
      ,:::::::::/:::::::::::::::::∨ {:::::::::::::::/:乂\}Tイ 「|/:::::∨:::::::::::::::::::::}
      {:::::::::、:::::::::::::::::{   j:::::::::::(__)::::::ー|  |_{ |::::::::::}:::::::::::::::::::::,
     ∨:::::::∨::::::::::::∧ {::::::::::::/ ::::::::::: |  |_{ |:::::::::::}-、:::::::::::::}
     }:::::::::::::ヽ::::::::::::∧ノ:::::::::::{ ::::::::::::: |  |_{ |:::::::::::∨=\:::::/
     、::::::::::::::::∨::/ ∧:::::::::: |::::::::::::::::|  |_{ |=:::::::::::∨ミ...∨
      \___/ / /\::::(__):::::::::::::| /人}::::::::::::::::∨../
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ということで、『アナグラ』からは一度辞して、その『ディスワード』とやらに向かうことにする。
| クーデリアの方から案内を頼むと、愛歌は笑顔でそれを了承し、
| シャナとクーデリアに先行して玄関から出ていく。 あれ、二名様……?
┗───────────────────────────────────────┛
5053 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:48:10.22 ID:8sJFuXzJ
ベイ完全に存在は無視されてるなw
5054 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:50:46.84 ID:htONS18x
              /                   \
            .//  ,.、 r,             ヽ  ヽ
           ./ ./    爪 从  ',       ',     ヽ  ',
          ,' ,'    i'´ヾ´`}  ',          !       i
          ,'   , .f  l    i , ',  !     l       .i  おいこら俺のことは無視かよ。
          ,'   ,' !  {    j /', ', l     .l         i
          ,' ,'  .'  !  .',   ノ'  } l l  l    l           i                   えっ > 愛歌
        { ィ  i  i ト、',     l l≦弍!   .リ        iヽ
         Ⅵ  i   jィ≧、   ィ} / ヾ'’ !)  /         .i  i
          l   ヽ (ー`'’)=( j/` ̄ ,ィ  ./  ,'       ./ ./
            ',  ∧ ∧ー''  } ` ̄ ̄´ i ./  ,'       ./ ./
           \ .',:::',{:::'.,   j        イ /   / .    ,' A /≧.、
           ./ヽi::::::::::::'.,  、....、     l/   /     ,'ノ/j/////〉ヽ
           i  V::::::::::::\ 、ー- 、.,'   /  .,'   ,'///////./ /\
           l   V::::::::::::::::\ ̄´ ̄ ,'  ./   ,'   ,'////////! .l///\
           .〉、  V:::::::::::://`:.  /彡イ .,.ィ / . ,'/////////! .i/////\
          /: : ヽ、 V::::////i  `./ヽ、 j/ i ./. //////////.! !///////ヽ
     _,.--v'´: : : : /! .\V/////∧ /三三≧、 .i/.|///////////.! !/////////\
   .//l:::::::∨ィ彡': :l l//////// .Vヾ三三/ )_./////////////.! !/////////./\
   }//∧::::::::i!: : : : : l l//////{      〉ミシ  ノニニ二ミ .<////.! !////////////,\
   l///∧__ノi!: : : : :l l//////∧    /ニニ',  //////////.\\//.! !//////////////,.\
   l////∧:::::i!: : : : ! j///⌒ミヾ、 /ニ二ニレ'/////////////\\j i////////////////∧
   l//////ーイ: : : : i! レ'/三≧z Vニニニ/////////////////ヘ、///////////////////∧
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そういえば、愛歌が店に入ってからほとんど口を開いていないが、この男がいた。
| 愛歌とは全く言葉を交わしていないせいで、彼女からすれば意識の外だったようだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5055 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 21:55:11.45 ID:8sJFuXzJ
DQNへのあまりの拒否感から存在が視野から消えていた…?
5056 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 21:58:06.64 ID:htONS18x
                          _
                     ,   ' ´    `ヽ=- .,
                       , '"                `ヽ
                 /                   ':,
                〃  ,.:'´         `ヽ     ::.
                /  ,:'               ';      :.  えーっと、あの、その……
                  /  /   /    .i          i     ::,
              /  /   ,'    /!     i   |     i  何かゴヨウデショウカ?
                /    i :i !  / :|  i  i ト、 l       !
             /   i  LムA.、/  l ,ム;-:A〔 ! /       i |                   ご用っつーか、そっちの二人の連れだよ > ベイ
                /    l |∧|: ∨  |/  |/ リ lイ      | |
             /  , /  :ゞkf斧芸x u  z斧芸ミ!   !    ! !  うっそだー(素)
          厶イ /   ハ`'弋ソ   U   弋;とつ   i     ゝ
            | / !   i  i!  u   ,    u  /  / ,'   ト 、ヽ
            !′|i  ハ 八u       u   /  / / i |  ) ノ
                 lハ | |/  > , u ∠ニヽ. , イ /イ /| ハ, | ´
                ゝ!      { >:.. ..:<ノ/イ  |/ ノイ !ノ
                      辷ヽ<フ7ソ: :.|、
                   ,. -‐ ' ´ {: : 0,: : : : :/ `ー- .,
                y'´    ‐- .,∨i!|:_; ∠ -‐'    `ヽ
                /       _   ヽl!'´               Y
                 l      `'ミt、,fi| ,.rfラ"        |
                 |   y    |iij fij!,ィiij′       ,i    |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 結果、突如チンピラにしか見えない長身の男に急に声をかけられ、
| 脂汗を流しまくっている自称お姉ちゃんオーラの持ち主、愛歌。
| それでもヴィルヘルムがシャナ達の仲間だと言った時、
| フランクに返事した辺り余裕はまだまだありそうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5057 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:05:36.09 ID:htONS18x
                  __
                  , '       ` `丶、
                  /  /_    ヽ  ヽ \
              / , '   丶   \_ ゝ  \
                / /  ,、_   `、   ヽ\,へ _レヘ
               ,'  l ./   ̄`ーヽ   ヘ-}≧{}=〈
             {  ! |-‐'    ー-ヽ   | ヽ/弋´   あーその、マジで連れです。
              ,ヘ  {         l ├v'人  \
           /  )  l ≠=  ≠=.|  レ' : l.ヽ   ヽ 遺跡じゃかなり世話になったし。
.            イ  .八 ヽ   '     u.| / : :l: :i : ヘ  }
.            .{  / / ヽ ト、  rっ ./l /\: :ヽ 、: :ヽ |                 あ、ひょっとしてクーデレアちゃんのお兄さん? > 愛歌
.           l /ノ : : } l/≧ イ   | { 〉 ヾ;、: ',: : :} /
           V/:.{:_;x( (  /〉 //./  ∨ト、): :イ  クーデレじゃなくてクーデリアです!
             /:/〈X  ) )/  i / / /   ∨〉:i\:ヽ
           /ywW≧V / {.  ◇./ /wy、 __〉〉:i:i:iヽ 〉 あと兄でもありません!
.         /: : ミ∧  / / {{    〈 ( ヽミ〉Wヤ〉i:i:i:i:i\
.         ) / ミ∧ ( 〈  {Vwvw/l 〉  ≧w/:i:i:i:i:i:i:i:i:\                               あ、やっぱり違ったか > 愛歌
       /   ミ∧ l/ .{ニニ=./ 〈/ ,--ミfi:i:i:i:i:i:i:i/ ̄ 〉                   クーデレよりツンデレって感じだもんね > 愛歌
      /       ミ∧  /   /  ./≦ イ:i:i:i:i:i:i/   /\ 
ほっといてください
.    ./        lミ〉./   / ./≦ イ ̄ ̄ ̄   /   ヽ
     |    ___| ミ〉≪≫|/≦ イ` ー┬─┬<        〉
     |  / -─/. ∨ 〈 〉 トyィ´ ⑩  ./  /  丶     /
.      \//  _/  /i:iヾ〈〉i:i|/      { /、        〈
        〉  / l  /i:i:i:i:i}{:i:i:i:!       ∨\ \_ ___/
.        L/ /ヽ人i:i:i:lハl:!i:i|   ⑩ /〈   ヽ____/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、今度はヴィルヘルムに……なのか、それとも愛歌になのか……
| ともあれ、再度助け舟を出そうと声をかけるクーデリア。
| けれど再び愛歌の天然攻撃に惑わされて、話題が微妙に逸れてしまっている。
┗───────────────────────────────────────┛
5058 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 22:08:33.12 ID:8sJFuXzJ
なんなんだよもぅw 振り回されっぱなしww
5059 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:11:39.52 ID:htONS18x
                         -―――-
                        / ⌒>―-ミ    `ヽ、
                      /               \
                     /            ヽ    \    ヽ
                 /  /  l   |     ゙;   \Y
                      | / {   \}  Y ヽ     \  やーごめんごめん。
                 {  l |  /| j  l    \ l  } \   ト. \
                     | | 'T⌒|  乂\}⌒トヽ}  j   \ } ヽ})〉 それじゃあ目つきの悪いお兄さんも加えて、
                  人 {/从{ _    丿)ノ__)ヘノレ   \ \.ノ__ノ
                  从 ∧ '"⌒`    '~⌒ヾ }  \\ヽ Y__ノ 改めて三名様、ごあんなーい。
                   / / ハ    .::.      八 乂 ヽ ) Y }
                    /{|八   _.......__    / 込   ̄\ .}ノ    じゃあねリッカ、また今度ー!
                   j {八乂 \  `  "  /うく^Y  ̄ ヽ
                  从 \__)〉个::...__. イrJノY ⌒ヽ⌒〉 丿                 はいはい、次は先に連絡入れてね > リッカ
                 {     r‐ソ て ヽ__rシ: : : :}     l'"〔\
                      丿/   }: : Y: : : : ∥    l  〕: :ヽ
                   /:}/    { /\ //      }┴、 : : \
                    /〔/      |     /     j- ノ : : : : \
                  /:ζ.__   l ∥ /       ハ {: : : : : : : :\
                  }: :フ : } :⌒ト l/(/ -‐- _ /ーr┘ : : : : : : : : \__
                  //: : :{: : : j ヽ}/ j: : : : : : :  ̄⌒: /\: : : : : : : : : :o :`ヽ、
                     / : : : : : l: : : {  .o   l: : : : : : : : : : : : !  \: : : : : : : : :\: : :`ー--――-<⌒)_
               __/: : : : : : 八: : :l  {{  {: : : : : : : : : : : :{    \: : : : : : : : :\ー---ミ: : : : : : : \  )
       />-<: : : : /: : : : : :/: ∧: :ハ o  l: : : : : : : : : : : 人☆    ヽ: : : : : : : : : :o    `ー- : : : : \へ
    r―/    r―/: : : : : : : : :/  V: :} ll  l : : : : : : : : : : : : )☆    Y : : : : : : : : : `<          ̄下  〉
    {  ) >''" ̄: : : : : : : : : : : /   V :{ o  l: : : : : : : : : : : : :☆\    V : : : : : : : : : : : : :o、     \  l  〕
    「 /: : : : : : : : : : : : : : : : :/    ☆}: ヘ ll  V: : : : : : : : : : ☆: : : :\  ∨ : : : : : : : : : : : : : \     \}-气
  / ̄./: : : : : : : : : : : : : : : : : :/   /☆: : ハ .o  V: : : : : : : : :☆: : : : : : :\ ∨: : : : : : : : : : : : : : : \     Y  }
  {  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : _ /: : : ☆: : :} ll  ∨: : : : :☆☆ : : : : : : : : : : ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : o、  ノ f"
  )-{: : : : : : : : : : : : : : : _/ (: : : : : : : :>☆☆ o  ☆☆☆く: : : : : : : : : : : : : : ∨ : : : : : : : : : : : : : : : : : \/⌒┐
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……けれどもまあ、最初に結論を言ってしまったのが功を奏したか。
| ヴィルヘルムが二人の仲間だというのは無事に伝わったようで、
| 改めて愛歌が三人を先導して『アナグラ』を後に、一路雑貨屋『ディスワード』へ向かう。
┗───────────────────────────────────────┛
5060 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 22:15:58.45 ID:8sJFuXzJ
こんな売り子で大丈夫か…?
5061 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:19:30.37 ID:htONS18x
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5062 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:20:45.07 ID:htONS18x
       | |
       | |
ニニニニニニニ{
        | |!
____|_|ト、
三三三i = }|
rfzrfzrく=くj::{
ルルル{リイ!|                     __
 ̄ ̄ ̄ ̄| | {_______________}K}
        | | {三三三三三三三三三三三三三三{乂,イ
        | | {玄! 雑 貨 屋               }文{イ
        | | {rfi{      《ディスワード》     }fマ{
        | | {セi_____________忙リ
====<| | {り>≦i{     __ ノノ
        | | {爿辷之}    .// ̄ ̄
        | | {k八K{   //
        | | {=彡ゞ=彡゙
        | | |i
====<| | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i
        | | |i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そういうわけで、天然少女愛歌に案内されて、三人が辿り着いたのは、
| 下層区の表通りからそこそこ離れた、中層区にほど近い一件の雑貨屋。
| 店の外観は、元はちょっとした屋敷か何かだったものを、それらしく改装してみた、という感じか。
| 立地から見ても、店主は多少なりと裕福そうだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5063 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:26:05.29 ID:htONS18x
                         '" ̄ ̄""⌒`ヽ、
                 / //      \  \
                 / /  /        \  \
                   / / /  /    l い  `、  ヽ
               / / /  j  {   l l l   l   、
              / l  /   l  ハ   l l   l   l  lい
              /  l  l  j !l l l  l l l_|l  }  l  !
              l   l  l-十TT| l トj| ̄トl j l l  l  はいはーい、お姉ちゃんが帰りましたよー。
                 j{ 八 l  トl-‐トl   Vレ }ノl从イl ! l l  l
              ハ い、|从l__,,,_     云=x,,_从! ハ l  l  あと、買い取り希望のお客さんも一緒だよー。
            /l::::、 ヾヽ ァ冖⌒  .::.     ,,,,,`` j / }  l
      fヽ       / !:::l:ヽ ∧ '''   "        ///j  |
  r 、   l l     ノ/ l:::l::::ハ い    -―- 、    // /ノ  l
{`乂\  l l     { l l::l::::l::} l l\   `ー-‐   /!/ // /人 !
 \\ \} l  f | 弋{ l八:j;;! j }  l`ト、    イl )∥ / / /  \
 r 、\\  ヽノ l  乂|  ノノノノ ノヽ廴 ̄r-、ノ} { // _
  \\)   /  l     /イ( >"  弋〈廴j/ / 人(  ̄ 7ニ(〉
   \   {  }     辷/      ト、>く_//      ノ\ノヽ
     ヽ    /    /)-l     l j|   /       〈ヽ__}: :l:!
      \ / l    /: :「ニl       入jl! /       ノヽ(: : : o}
          l   l┐  j : : `)圦   斗-、Y/‐- 、   /ミr、ノ: : : :ll
     / l   ∨ヽ「: : : 弋-Y/l:l:l:l  o  j:l:l:l:\メ`r、ノ: / : : o}
    /   l   V }: : : : {`ノ: : :{:{:{{  ll  l:l:l:l: : : `┘: :/: : : :/!:}
    弋-、 |    V/ : : : : l: : : : : l:l:l:! o  l:l:l:l : : : : : l:/: : : :/ jイ
  r~、ノ \|   Vーヘ: 人: : : : }:}:}l  ll {:l:l:l: : : : : 〈 :/ : :/: :o:}
  /   \ )l    V  } / ∨: : :j:j:j:! o }:l:l:} : : : : : Y: : : : : : l:l
 {     / {      }、 人〉 ∧: : {:{:{:l {{ {:l:l:{: : : : : : :l : : : : : : !l
 /⌒ ~ ノ  八   /⌒ノハ水人 〈〈〈  o  〉l:l}: : : : ハj: : : : : : : o}
 {  __乂 ー人 __辷(: : : } )水(ヽ}:}jト-ll -〈い}: : : :水l: : : : : : : :lト、
 Y⌒\   ⌒廴 У  ノ : :/`弋ハ水(/: : o: : :j)水(:)水( l : : : : : : : l }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そしてそんな雑貨屋の玄関を開いて、堂々愛歌が店内へ入っていく。
| お姉ちゃんというのは……まあ、どうせ自称お姉ちゃんオーラの関係だろう。
| ここの雇い主は、なかなか心の広い人物らしい。
┗───────────────────────────────────────┛
5064 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:33:03.28 ID:htONS18x
             /
              /:/   , <´  ̄ ̄ ̄ `> 、
             Y::::::{  /              \
          人:::::',/                  \``: ヽ.、
         ,. ィ"::>、:ヘ                    ヽ: : : : : :>、
     __,, ィ.´: : : : /  ヽ\  ハ  。  。 ノヘ`        ',_:,:,:ィ:´:./
     l : :`:`:‐:‐:./  , ィ `oノ::::::ヽ、_゚_,,...ィ::::::::::\。o ヽ、.   ',: : : : /
     \: : : : :.,' イヽ___,,./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ..、_ノ、\  ',: : :/
       \: : /o゚/:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚o  ',/
        ヽ}_ノ:::::::::::::::::::::::: |:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-ヘヘ
         /ソ:::::::::::::::::::::::::::::|ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::ヘ。、  やっと帰ってきたのですかこのボンクラは。
        /ノ::: ::::::::::::::::::::::::: | ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::: |:::::::::::::::::ヘヘ
        /ハ::::::::::::::::::::::::::::::: |=-|:::::::::::::::::ハ::::::|l:::::/テ : |:::::::::::::::::::::ヽ  知り合いの店を二、三件回る程度で夕方までかかるとは……
       〈/.|::::::::::',::::::::|:::::ヘ:::|  ||、:::::::::::::| |::::ハ:/ .ハ::|:::::::::::::::::::::|}
       /::||:::::::|::::',:::: |`,  `-  リヽ:::::::::l {::/,  -  、 |::::::::::::::::::::{{ヘ   荷車を引く牛の方が、お前よりよほど足が速いのです、このダイコン。
       ||::||:::::::',:::::',::::| ー─t_ッー, ;:::::ハ| ,リr‐t_ッ─ァ|:::::::::::::::::::::{{}}〉
       ヘノl:::::::::',:::::',::|.`  ー  '  ∨   `' ー ´ |::::::::::::::::::::::∨{
         ||`}}:::::::::::',::::::.ヽ                   |:::::::::::::::::::::::||:}}  しかもいい年して赤の他人にお姉ちゃんなどと……
    .  ,'}}::::::::::::::::::',:::::::|、          ,          /:|:::::::::::::::::::::::0:0
       ,':0::||::::::::::::::::',::: |.ヘ.                ∠:::|::::::::::::::::::::::::::::::',  頭の中のネジが何本か締め忘れてるのではないですか?
      ,':::::::0::/::::::::|:::::ヽ|/::{.ヽ       _ _    //::::::|:::::::::::::|ヽ|、::::::::::',
     ,::::::::::ィ .|:::::: |:::::::::|{:::ヽヽヽ>..、   , <ィィ::::::: |:::::::::::::|:..:|: :人::::::',
     ,:::::/ノ .ノ:::::,'.|::::::: |ヽ:::::::::::``::-.._""__, ィ´::::::::::::::>|:::::::::::::|: :.{: : : : 〉:::',
    ,:::/::::<_,イ::::::/ヘ:::::::::|/ヽイ>:::::::::::::::||:::::::::::::::::::<ヽ〕 !:::::::::::::!: : ヽ: : ノ::/:ヽ
    ,::::ヘ ヽ=ノ:::ノ  Y : |〕〕` =<::::::::::::::》:::::::::::>'":.〔〔.|:::::::::::::|: : : :ヽ/::/: :/
   ,::::::::ハ-'"´     ',:::::{l 〕-、、_``""""""ィ/: : : : :>〕〕::::::::::::ヘ_;,;/:::/: :/:|
   ,::::::::/ ヘ    >': :',:::::|ニ〕〕ニ、ニ=────‐∠>イ〉〉:',::::::::{ヽ、:::::/: :/:::::|
  .,::::::/__〈,,. ィ´: : : : : ',::::',<<|____| || |___ニ<: : :.',:::::::|: :  ̄: : ノ}:::::::|
  ,:::::::ヽ: : : : : : : : : :ヽ:|: ',::::', Y ◎ <>‐}}.}}.}} ‐<> ◎.|: : : :',::::::|: : : : : : :/:::::::::|
  !:::::::::::\: : : : : : : : :Y: :.,:::::, ∨ミ   { { {     ミ .|: : : :}::::::}: : : : : : /:::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……と、思ったのだが……その……なんだ。
| シャナ達が続けて店内に踏み込んだ時に聞こえたのは、辛辣な言葉の数々だった。
| 愛歌の他には、カウンターに腰かけ、分厚い本を眺める幼い童女がいるばかり。
| 罵詈雑言の主は、恐らく彼女だろう。
┗───────────────────────────────────────┛
5065 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 22:35:50.81 ID:8sJFuXzJ
残当なんだよなぁ…
5066 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:42:25.49 ID:htONS18x
                  __  _
                '" ̄       ⌒`ヽ、
               /     / /        \
           /      / /            ヽ
             /   /  /  /    / l j l  l   `、
         /  / /  /  /―- / l j l l }  l   い
         /  / /l  l  /   // j /l / jハ  l  |i  相変わらずツンツンしてるなぁ、だりにゃんは。
        /   l / l  人/{从/{/ // j/ / lヽ l   }|
        /    !∥ l  {,〃x'゙汽ヽ     _从ノ:l  j }                              誰がだりにゃんですか! > 童女
         //   j| l  l 弋:゚::ノ      x气Y } / /
        //    j/}  l  l  `冖     {::゚丿j}///イ  あ、みんな紹介するね。
      //  / !::j   l  l '''''      " ``゙ / l  l
       // ∥/l::ソ   }  }    f ̄:::::..、 ''''' ハ l  l   この子が『ディスワード』の店主のダリアンちゃん!
      ノ∥ ll /;;l/ / /l  j   乂::::::ノ   ノ::::l ! 八
        弋ト{( イ/ ノソ /ハ\      ,,x</:::ノl|  トゝ   それでダリアンちゃん。
         `   ⌒ //~く^Y>ー<   `く::} j l j
        r~-、_  ノ: : : : \_r厂7       ノノノjノ    こっちのみんながさっき言ってたお客さんだよ!
      〈⌒/r' \  ゙̄、: : : : : : o: : l气r-ュ
      (/: : :勹二 }  `、: : : : :癶: :} \⌒)          あ、その目つきの悪い人も、くーちゃんのお兄さんじゃないけど
      /:O : : :{ ̄ ヽ   \/ l Ⅵ   ヽ_)
     /:/ : : : : `勺⌒} __\ jl! }    Y つ\       一緒に遺跡に潜った仲間だって。
     /:/: : : : : : : :>''"     ̄ ̄`く/    l_〉: :ヽ
    /:O: : : : : :/ /             \~-ミ}_): : : ゙、                                  誰がくーちゃんよ! > クー
    / {: : : : :/ /              __ヽ : : : : l: : : : : ヽ_
   〈 :O: : : :/ /         ノ )  // ゙、: : : }: : : : : : ~ミヽ
   / :l: :\/ /   r~--/ ̄ ̄∨/ /ノ Y : : j: : : : : : : : : : :  ̄\
  /O⌒~/ / rノ~ /       Y //ノ |: 人: : : : : : : : : : : : : : `ヽ
 {: : {: : : : :{ / ̄ -‐   __   { //   ! / {\: : : : : : : : : : : : : l \_
 >ナ―/У               ̄ヽつ   }/   \\: : : : : : : : : : : :l: : :Yミ~-、_
 { : }>'"/                      }   jl    ト :ヽ: : : : : : : : : : l: : : }  ̄`<  ̄>x、
/ :/  /            ____ノ   ハ     V: : ゙、: : : : : : : : :l: : \     \: : : : >、
: : : l / :            ー- __ (    ハ: l    ∨: :`、: : : : : : : :l: : : : ヽ  ヽ  \: : : : : \
: :l : Y  :.                      ヽ / : : : l     V: : :゙、 : : : : : : l: : : : : }   ゙、   `~-、 : \
: :l: : ト、 :::..                 }/: : : : : :l    V: : : : : : : : : : :l: : : : /    ヽ ,,x<ヽ \: :ヽ
: :l: : :l:: ̄⌒\           ー-ミ__ノ: : : : : : : ハ    ∨: : : : : : : : : :l: : : /  \   (   ⌒`く⌒): :}
: :l : : :い::::::::::::\             ノハ: : : : : : )水(   ∨: : : : : : : : : : : :/    \   }  ヽ  \: :/
、 l: : : :l::ヽ::::::::l:::::>,,,_      癶__厂 )水( ハ: : r)水(>     ∨ : : : : : : : : : /  ゙、   _人   }   乂
: `l: : : :}:::::\:::l::::::::::::::::::弋~气_ 厂: :l: :Y )水( )水(こ>    V: : : : : : : : :/     ヽ /   \  l   ヽ-┘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| けれども、そんな苦言を受けた愛歌に特に堪えた様子はなく、
| ただ朗らかな笑顔で店内の人間を紹介するばかり。
| ただのバカなのか、それとも性格的に大物なのか……少々、判断はつきかねる。
┗───────────────────────────────────────┛
5067 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:51:39.15 ID:htONS18x
                __
        ,イ´ 。s< ,      ≧x /\
        {:!Y_ >:::¨Y 、     ;'_)::}\:i:i{
         >::´::::::::::::::`≧x‘   ‘ヽ/:i:i:i\ヽ
         }:::{:::::::::‘:,ヽ::::::ゝ、    _ノ!:´:i:i:i:i::i:{
        .':::::!、::::::::|‘,:!\::::八_  _):∨:i:i:i:i‘,ム
         !::::::|_ヽ:::::|´}' ̄ ヽ:::::::} `ヽ::}:i:i:i:i:i::}ム  ふん……まあそこのダイコン足の
          jハ:ハ `ヽ:l  イ笊芋:/、  「、ゝ-:ri:´‘,ム
           ∧::::芹! }    ゝ '|::}!:::::Y´::}!::::::l:i:i:i:i:{´  牛モドキについてはどうでもいいのです。
         ∧{:バ 、     /';:::ゝ:r'`r::'::::::::}/i!´
           ヽ|ヽ  、   /:::::::/}!::}!::::::::::::::::::|                        ちょっとだりにゃん、乳牛呼ばわりはひどいよ! > 愛歌
.              |:::::≧- イ,:::::/:::o':o:::::::::::::::: |
                |:/´: :≧s。/::::::::/:::::::::::::::::::::: |   誰もそんなことは言ってないのです!
                |:!: : :ヽ: : : ヽ¨ ´j!::::::::::::::::::::::::|
                |ハ: : : : \ : ‘:,`j!:::::::::::::::::::::::::l    お前は黙って門のあたりでも掃除てればいいのです!
                |ノ、: : : : : :ヽ : Y:::::::::::::::::::::::::::i
                |〉: :\: : : :./ : :|:::|::::::::::::::::::::::::|                               あ、お掃除だねー、おっけーおっけー > 愛歌
           /: : : : : : : :∧: : |:::|::::::::::::::::::::::::'                                                        バタン
              /: : : : : : : : :{:.:.:.:/|:::|:::::::::::::::::::::::::',
          ヽ: : : : : : : : { : /:i:|:::|::::::::::::::::::::::::::',    ……ようやく口うるさいのがいなくなったのです。
           У: : : : :イ`ヽ}:i:i!:::l:::::::::::::::::::::::::::',
              /: : :。s≦:i≧s。i!:::|::::::::::::::::::::::::::::',ヽ  で、お前たちが買い取り希望の客ですか。
          /: : 「:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i!:::::::::::::::::::::::::::::::::‘,:i:i〉
          , : : : ∨:i:i:i:i:i:i:i:i-:、i!::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,/
         ,': : : : :.∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
         ,': : : : : : :ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
        ,': : : : : : : :ハ:i:i:i:i/:イ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
.          ; : : : : : : : :|└≦:アi:i:i:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 愛歌の評価はさておき、彼女がいては話が進まないと判断したか、
| 店主として紹介された童女……ダリアンは適当な用事を言いつけて彼女を店から追い出す。
| そうして邪魔者のいなくなったところで、改めて鋭い視線を三人に向けてきた。
┗───────────────────────────────────────┛
5068 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 22:57:15.10 ID:htONS18x
                       /         ヽ  /           ヽ
                      /           ヘ、/ l           ヘ
                     / l /           l‐ヽ- _ i        ヽ   l
                     / l/        l     l    l lヘ        l  l
                    /  l      ∧   l    l l l lヘ      l  l       そこの無駄に背の高い男は、義体使いですか > ダリアン
                    /        l ヘ  l、    l l l l ヘ      l  l
                     //l        l入 ヘ ヽ、   l/,斗/´ヽ     ヘ  l  あ? わかんのか?
                  // l  i      l乍弋卞ヘ`   l/ /彳ヘ     l  l
                      // l  l      l ` ̄ ヘ\  / 卞毛夂l     l   l                この程度は当たり前なのです > ダリアン
                 l l /  l      l      丶 ´       l l    l   l l
               -‐ ‐ ‐ ,゙ソl      l               l /    lヘヘ l
            , / ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/{     lヘ              //    l;:;:ヘヘ< 、
           /;:;:;:;:;:;:;:;:/ ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ ゙ 、__   `´      /ノ   l  l;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:ヽ
          /;:;:;:;:;:/     ヽ、_ . ´  ヽ ヽ ヘ- 、     イ l   l l l;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
         /;:;:/`;:;:‐ヽ  ヽ          \ \/ヽ  `  / /  l  /l /;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
       ///;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ヽ, 、        \   〉/l/、   イ /  /  / //;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;:;::;:;:;:
      / //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ´ ヘ 丶‐-‐ ´ へ / / /´、,`´. <´   / / /;:;:;:;:l>;:;:、;;::l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
     / /\;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ l;:;:;:;:;:;:;:ヽヘ/_>/´ ヽl ∨ \    / /;:;:;:;:;:;:;:;:llllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
  //;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽノヽ;:;:;:;:;:;:;:;:;:丶l   / ヽ l ノ\  //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:lllllllllllll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
/ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:\ \;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/  ヘ- ニ二ニヽl  /ヽ/ ̄ ヽノヽ  /二ニニヘ;:;:`llll、ll;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;::;:;;:
/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ;:、\;:;:;:;:;:;:;:;:;:/、;:;:;:ヘ´;:_;:;:_;:;:;:;:丶l;:/  l;:;:;:;:;:;:l  \/;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;:;:;:;:;;::;:l;:;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;::;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ ヽ;:;:;:;:/;:;:;:ヽ;:;:;:ヘ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘ    ヘ  /  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヘヘ;:;:;:;;:;:;:;:l l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;::;:
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最初に視線を向けられた相手はヴィルヘルム。
| 品定めするような目で彼の体を見回すと、身長にコンプレックスでもあるのか、
| やや棘の混じった言葉でヴィルヘルムが義体であることを指摘してきた。
┗───────────────────────────────────────┛
5069 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 23:03:58.88 ID:qzmydC4S
ほんとに余所から見るとヴィルヘルムだけ場違いだよな。キャラ的にも身長的にも
5070 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 23:06:37.55 ID:htONS18x
                            ____
                    ,. ':´ ̄/. : . : . : .`:ヽ
                 /. : . : ./. :-- .、 : . : . : .\_
                /. : . : ./ . : . 、: . : .`丶. : .へ:_:Xル}
                   /. : . : ./. : . : . : . \. : . : \:}≧f寸ツ
                  f . : . : /. : . : .,ヘ. : . : \: . : .ヾ´.;}!: .ヽ                       で、そっちのチビ二人は…… > ダリアン
                   | : . : . | . : . :/  \. : . :ヽ. : . :ヘ: リ : . :\
               ,イ. : . : .l. : . :/     `X : .ヘ. : . :∨ヘ . : . :ヽ いや、あんたも人のこと言えないと思うけど
             /. :!: . : . | 、/    ./ _, ≧、ヤ. : .fヽ丶 : . 、:ヘ
              f. : :.| : . : .{/ ` ̄    / {l以リ !. : . }jリ: :}、. : .ヽヘ                               黙れチビ > ダリアン
              |: : : l: . : . { /下≧       `ー' |: . : レ: . :| \ : ヘヾ
               l: . : .リ: . : .lヽ 乂ソ   ,       .!. : . | : . |、  ヽ:.ヘリ{ だから、あんたも……
              |: . : .|`、: . ヘ:ヘ            /|. : . } . : {:.\  ヾ}ヾ
              リ : l.リ ヽ : .ヽ :ヽ、   r っ  イ: .}: . /. : . ル : ヽ  リ  っていうか、あんたの方が背低いでしょうが!
            ノル/}j   )ヽ: .\: . :> ‐- '´ .{≧!: .{、_: . /: . : . l
            ' }/ f  ノリ: .ヘ : ヽ/::::::/}    〉::l. :|ヽヘ`ー、 . : |                      落ち着いて、クーデリア。
                 リ   /: /: / ノ}: . }:::::/     リ:::ヽヽ`、ヘi:i:i:i\}                        平常心、平常心…… > シャナ
                /   ノト : ,'/i:i:y :/:::::ト=、_,.-‐=7::::::;{: .〉-ゞ〉i:i:i:i:i:ヽ
             、__,ルリ: ,/i:i:i:/:/≧イ`fリ-'´゙'゙ト≦fl :{ヤ'i:f:i:i:i:i:i:i:i:i:ヘ  むぅ……そうね、相手は子供だもんね。
               _ ノ. :/i:i:jヤl:.{:::::::/  ′  ./:::ヾヘ):):i:i:i:i:i:i:i:i;i:i-‐‐ヘ
              /. ; 'ノヽifヘ::::):):::::lヽ'´ヽハ.,/::::::`ー='、ヘi:i:i/      ヘ
                /:/}:/  `、;ヘ::リ:::::リ. . . . . . .}:::::::::::::::::::〉≧   _, -┬'゙
            j/ fリ〉、.    ヾヘ::::::/ . . . . . ./::::::::::::::// __ /:::::::::::|
            {! j {::::\   ヾヘ:/. . . . . . /::::::::::://-‐':::::::::::::::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 続けて、15歳ながら140cm前後しかない二人に視線を向けるダリアン。
| けれど彼女が何かを言うより早く、チビ呼ばわりされたクーデリアが口を挟む。
| それでも最初は控えめな口調だったのは、ダリアンを子供と見て自制していたのだろう。
| けれども、身もふたもないダリアンの返答に、結局は声を上げ、
| シャナにたしなめられるのだった。
┗───────────────────────────────────────┛
5071 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 23:21:18.27 ID:htONS18x
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}      見たところ金髪のチビは技術屋モドキ……
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|         ああ、つまりスカベンジャーなのですね > ダリアン
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/                   で、真っ黒くろすけは…… > ダリアン
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ / (ダリアンも人の事は言えないと思うけど……)
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!               随分その刀、使い古しているのですね > ダリアン
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧  まあ、剣術は父に習ってたから。
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|:////:. (下手に形見がどうとか言うと、面倒そうだ)
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;                   なるほど、そういうことですか > ダリアン
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、クーデリアが口をつぐんだことで、改めてダリアンの人物評が再開される。
| 真っ黒くろ助と、いわれのない中傷(?)を受けたシャナだが、そこを黙して流したのは、
| クーデリアをたしなめた手前か、それとも人格的な余裕か……まあ九割九分九厘後者だ。
| 腰の軍刀の柄を眺めて、ダリアンが使い古していると評したのに、
| あえて形見であることに触れないでおく。
| あるいは彼女なら、形見と言うにはシャナ以外の癖が
| 残っていないことに気付くかもしれなかったからだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5072 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 23:31:18.71 ID:htONS18x
ホ 〈::::/::::::::/ /::::/::/::::〃::::/  |::::::|:::::|:::::::|::::| ,
、ノ:::/:::::/7:フく::/ ,::; イ:::::,'   !::::i!:::::|:::::::|::::|。{
.i::/::/ ,::/,::/`,.:;く、,'::::/    |:::ハ::::::!:::::::!::::!c}
. i::/|マ芋圭ミx..:/  >:::/     .|:::| |::::|:::::::|::::|o }
:i i:::::|  { {三三}}ヾ、 //    __L:|_L::!::::::/::::| ノ
::i i:::|  .込ーニタ   /      |:::! |::`:::/:/:/´
ニノ:::|  ' ̄`ヾく        zぅ≠ミ!:::::/:/}/  軽く見たところ、三級四級あたりの、
::::::::|                 ハニタ 〃:::::/:/イ′
::::::::|             込ツ /::::// ′  磨きの甘い玉石集団というところですか。
:::::::|               ノ   /イ i i |
:::::::|         "¨ ヽ    .イ| i.! |ニノ
.....::|ー―‐ミ         ィ:::::| i i |       ……ほら、早く売るものを見せるのです。
:::::::|   ノ ト、     . イ |::::::::| i | |
:::::::|   マニう ><つ | .|::::::::!.i | |          売るか売らないかはお前たちの勝手ですが、
:::::::{.   / /ヽ\ __`ヽ| .|::::::::!i |i {
::::::::ヽ≠z{ {、 ヽハ_}/⌒\!:::::::|i |} {        まずは値段をつけなければ話にならないのです。
ヽ:::::::::ヽ. { { ヽ、 { }イ⌒ヽヽ\::|i i.{_}
、 ム:::::::::ヾ i  i }¨{、\ヾ /./::i! |                                  は、はぁ…… > クー
/ヽソ⌒ヾ::::}.ハ_}.}.ハ ヽ ノ¨{. {:::::! |
. /    }ヾハ ',:. ノ ハヽ.} } ./ /:::::! |               ほら、クーデリア。大人しく見せるだけ見せよう > シャナ
/    }  }', ゞ_ノ | |`、ニィ |::::::| |、
     ,'  .}マ-'ハ. ! |  } } |:::::| |ハヽ、                           あ、うん。そうねシャナ > クー
    ,'    } ';::::::| | |  ヽヽ|:::::! | ', ヽ、
    ,'   / }:::::} | |   ヽヽ::| |.  ',__ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最後のシャナ達の現時点での等級分けは完全に見誤っていたが……さておき。
| それを除けば苛烈な物言いのこの童女、人にせよ物にせよ、見る目はそれなりに確かな様だ。
| 急かされるまま、シャナとクーデリアはずた袋から、
| 『アナグラ』で売らなかった分の発掘品を取り出し、カウンターに並べていく。
┗───────────────────────────────────────┛
5073 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 23:34:16.50 ID:bF2nNacw
りざるとだー
5074 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 23:36:59.83 ID:htONS18x
     ..,  -=ニ二 ̄ =-
    ∠ /   /       ><`_
.   /  ./   /          i  i
   .,      ,       , ,   | !|
  ,          \ /i /i   i  |
. /      |   | | ./ヾリ_|  i!i|  |                ……お前は出すもの、ないのですか? > ダリアン
../       i|   |i .|/乂ゞ.i| /.リ  |
 ..,イ     |   |i i|    i|ム | .i!| あ? ああ……
. / .j   |i!  |   |ハi    '  ゝハ i|
イ /人 | .   | |i |..|   ,- _ /  | i 生憎俺は戦闘専門でな。
.| /'  ヘ',  |ヘ. !|i ト.ト、    ̄ / |!リ
. '  /::ハ ∧ ゝムi ヾ≧=- 'ハ ハ   デカブツはもう工房で捌いてんだよ。
 ../i| |:::: ヤ:∧     ∨n/ノ '√
::”:: : i| |i ̄ ̄|∧   /ヘi|:::`ヽ                     (つまり小物を探す目はないと……)
:::::イヽ |i   人::ヘ ./ヘ::::::キ:::::::::ヘヽ              (スカベンジャーならランク一つ落ちるのです) > ダリアン
::\ニニ`ヽ-イイハ ヽ  ヘ:::ハ,´’<j:::’>,_
::::::::’<ニニ’>, />゙, ヘ:::ヘ'::::`ヽ':::::::/::/
:::::::::::::::::`ヽニニ.ヘ:::::::::`ヽ .ヘ:::i::`:::::\ /::,'
::::::::::::::::::/,.ヘニ/ヘ::::::::::::`ヽ,::::::::: : 〉.〉:::j
:::::::::::::::〈 《;;;;:::i、_/',::::::::::: /::::::::::, ' /::: j{
::::::::::::::::::≧s。` 、:ヘ/ ̄ヘ:::/:::::::::,  イ:::::::iイ
::::::::::::::::::::::::::::≧x。ヘ /ヘ:::::://:i|:/イ}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘニニニヘ',イ::::::::{/i;i;i;|
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヘニニニヘ:::::ヘ/;i;i;i;i;i;ij}
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ イヘニニイヘ::::ハi;i;i;iイi;i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ::ヘ//ヾハ::::iイi;i/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハハ::::\ヽ;;;イ.,イ:::i
┏────────────┓
│ 今回の成果
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 警備ロボット『KWG』(大破).           ×1 売却済み
| 警備ロボット『KBT』(中破)          ×1 売却済み
| 人型ロボット用近接アーム(スタンロッド) ×1 売却済み
| 魔法瓶                          ×1
| くまのぬいぐるみ                   ×1
| ガンプラ『ベアッガイ』                 ×1
| ゾイドのミニチュア人形            ×2
| くず鉄?(車の玩具).                ×3
| くず鉄                         ×3 売却済み
| 
| 現在の売却額小計:203円0銭
┗───────────────────────────────────────┛
5075 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/10(月) 23:40:18.10 ID:qzmydC4S
ドキドキ
5076 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 23:45:08.30 ID:htONS18x
             /
              /:/   , <´  ̄ ̄ ̄ `> 、
             Y::::::{  /              \
          人:::::',/                  \``: ヽ.、
         ,. ィ"::>、:ヘ                    ヽ: : : : : :>、
     __,, ィ.´: : : : /  ヽ\  ハ  。  。 ノヘ`        ',_:,:,:ィ:´:./
     l : :`:`:‐:‐:./  , ィ `oノ::::::ヽ、_゚_,,...ィ::::::::::\。o ヽ、.   ',: : : : /
     \: : : : :.,' イヽ___,,./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ..、_ノ、\  ',: : :/
       \: : /o゚/:::::::::::::::::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ゚o  ',/
        ヽ}_ノ:::::::::::::::::::::::: |:,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-ヘヘ   一つを除けば、潜った遺跡の
         /ソ:::::::::::::::::::::::::::::|ヘ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: i::::::::::::::ヘ。、
        /ノ::: ::::::::::::::::::::::::: | ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::: |:::::::::::::::::ヘヘ  分かりやすい出物なのです。
        /ハ::::::::::::::::::::::::::::::: |=-|:::::::::::::::::ハ::::::|l:::::/テ : |:::::::::::::::::::::ヽ
       〈/.|::::::::::',::::::::|:::::ヘ:::|  ||、:::::::::::::| |::::ハ:/ .ハ::|:::::::::::::::::::::|}   子供向けの玩具屋か、
       /::||:::::::|::::',:::: |`:::|___|__ リ ヽ:::::::::l {:/,,ィリ__、}リ::::::::::::::::::::{{ヘ
       ||::||:::::::',:::::',::::|イハ//ハミ、ヽ ',:::::ハ| ,リィハ///ハハ|:::::::::::::::::::::{{}}〉  それを内包する大型商店の遺跡ですか。
       ヘノl:::::::::',:::::',::ヘ ○ョソ:リ `  ∨   人::モョ○/::::::::::::::::::::::∨{
         ||`}}:::::::::::',::::::ヽヽ`==''::::..      ..:::`==''ィ .|:::::::::::::::::::::::||:}}               おもち屋、らしいわよ > クー
    .  ,'}}::::::::::::::::::',:::::::|、                 /:|:::::::::::::::::::::::0:0
       ,':0::||::::::::::::::::',::: |.ヘ.        , ,       ∠:::|::::::::::::::::::::::::::::::',               や
      ,':::::::0::/::::::::|:::::ヽ|/::{.ヽ       _ _    //::::::|:::::::::::::|ヽ|、::::::::::', ああ、店舗を意味する屋と、
     ,::::::::::ィ .|:::::: |:::::::::|{:::ヽヽヽ>..、   , <ィィ::::::: |:::::::::::::|:..:|: :人::::::',
     ,:::::/ノ .ノ:::::,'.|::::::: |ヽ:::::::::::``::-.._""__, ィ´::::::::::::::>|:::::::::::::|: :.{: : : : 〉:::', 玩具の小さいやをかけたというわけですか。
    ,:::/::::<_,イ::::::/ヘ:::::::::|/ヽイ>:::::::::::::::||:::::::::::::::::::<ヽ〕 !:::::::::::::!: : ヽ: : ノ::/:ヽ
    ,::::ヘ ヽ=ノ:::ノ  Y : |〕〕` =<::::::::::::::》:::::::::::>'":.〔〔.|:::::::::::::|: : : :ヽ/::/: :/  頭の悪い命名なのです。
   ,::::::::ハ-'"´     ',:::::{l 〕-、、_``""""""ィ/: : : : :>〕〕::::::::::::ヘ_;,;/:::/: :/:|
   ,::::::::/ ヘ    >': :',:::::|ニ〕〕ニ、ニ=────‐∠>イ〉〉:',::::::::{ヽ、:::::/: :/:::::|  名づけたスレ主の頭の程度が知れるというものなのです。
  .,::::::/__〈,,. ィ´: : : : : ',::::',<<|____| || |___ニ<: : :.',:::::::|: :  ̄: : ノ}:::::::|
  ,:::::::ヽ: : : : : : : : : :ヽ:|: ',::::', Y ◎ <>‐}}.}}.}} ‐<> ◎.|: : : :',::::::|: : : : : : :/:::::::::|
  !:::::::::::\: : : : : : : : :Y: :.,:::::, ∨ミ   { { {     ミ .|: : : :}::::::}: : : : : : /:::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして陳列が終わると、カウンターにならんだぬいぐるみなどといった玩具類を眺めながら、
| シャナ達が潜った遺跡について簡単に考察しているようだ。
| 物を考えるのが趣味なのだろうか。
┗───────────────────────────────────────┛
5078 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/10(月) 23:52:42.43 ID:htONS18x

             _
          ,.ィi〔::_≧x  __
          '´     ';:::!´      `   、
            ィ ´ }/_   _     \-s。
          .ィi〔i:/ ォ'´::::≧=≦、_、     ヽ_:i:i≧s。
        ‘,:i:i://::::::::::{::::::::\::::::`ヽ     Y:i:i:i:i:i:/
           ヽ.'´::::::::::|:::‘,:::::::::::‘,、::∨‘,ゝ_  ,}∨:ir'
          .':::::::::{:::i|ヽ_:\::::::::|_}:::ハ:::}:::ゝ, ヽ∨  まあ、遺跡の名前なんてどうでもいいのです。
          , イ::::::‘,::{:::i!´ \::ヽ::::| Ⅳ ヽ|:::::::{_, Y!
        /' |::!:::::‘,∨ヽ  `ヽハ:{x笊㍉|:::::::::::}_ノ:{   さっさとこの玩具共の値段を付けていくのですよ。
        }! /::ハ:::{::::‘,笊㍉     r' :り|:::::::::::|从ヽ
         ヾ.':::' }\、::ヽ vり     `¨,,, |:::::::::::|Yノヽ)
         .'::::{ j!::::::}ハ`..   、      '|:::::::::::|:|!:::|!|   ……取り敢えず、そこのすすけた車の模型は一つ五円なのです。
       .':::::{ /::::::/::::介s。   、  .ィ, 、|:::::::::::|:o:::o|
       .':::::::{.'::::::/:/:::|:::_r-≧≦-.'=.ァ|:::::::::::|_::::::::!   その手の遺跡では割とよく見つかりますが故に。
      .':::::::::!:::::/:´:::::::::!:|三三Y:三三:j!:::::::::::i: : : :≧: .、
      .j!:::::::;'::::;'::::::::::::>:{r;!}三i{三三 j!::::::::::::' :, : : ´: :/ まあ玩具店にサンプルとして捌いたり、
       .j!::::::;'/:::::::::::/  {r;!}` ーー‐イj!:::::::::;': : : : : : :/
      j!::::/::::::::::::::::::}   Yニニニrニニヽ,'::::::::/: : /: : イ   発掘品に拘る蒐集家に捌いたりもできなくはないので、
       j!::/::::::::::::::::::_>:≦|ニニ 「ニニニ/:::::::/: : /: : : : :‘,
     j!:/:::::::::::::::::∧.::. .: :.|ニニ }.ニニ .':::::::/ ヽ: :` : : 、: ‘,   円単位で値を付けてやるのです。
     j!/::::::::::::::::::/::∧ヽ: {r;!}ニ.{ニニ./::::::/: :./‘:,: : : : : : :‘,
     /::::::::::::::::::::::::::::::/: ‘{r;!}i:i:i:i:}〈/:::::;イ: : : : :∧: : : : : : ‘,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それはさておいて、玩具を目の前に並べた童女が、一つずつ手に取って見ては、
| それらに値段を付け始める。
| ……そこはかとなく、子供のごっこ遊びじみて見えるのはご愛敬。
| ほら、お客さんもちっちゃい子だし……  ちっちゃいゆーな! > クー
| ともあれ、まずは一つ目、車両の玩具三点セットは、一つ五円で、合わせて十五円になった。
┗───────────────────────────────────────┛
5079 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/11(火) 00:07:44.46 ID:o+FCr109
________________________________
|                 _                            |
| ガンプラ          /   `ヽ                         |
|.               イ 〃⌒ヽ } . ─ 、 __ f´  ̄ `ヽ              |
|              ', {   /´  `ヽ  ヽ\ヽ r=ミ ハ             |
|              \ x ´     |!    l::l!::l \ノ /            |
|               /         :|!   l::l!::l  V             | ダリアン < で、次のこれは……ガンプラですか。
|                       _l!__  :|::l!::|   ,              |
|.               {       〃 〃ハ  |::l!::| 〃ハ             |    クー < 知ってるの?
|                      乂弋_ノ 〔::О::〕弋_ノ|            |
|               |              xr==ミ   !            | ダリアン < 雑貨屋なのだから当然なのです。
|               └=ミ  三   ./ ∧三三ハ  .′.          |
|                 /  \≧ュ、   .′|. r─‐┐|_/            | ダリアン < 観賞用としては組み立てが面倒なのですが……
|               _/`ヽ    \三三二ニ 廴__./ノ`ヽ          .|         一方で根強いファンがいるのも事実なのですが……ふむ。
|           f´⌒ヽ\∧ 〔l〔l ` -=ニニ= ´ l〕l〕 }\           |
|.          /_   ∨ハ∧                /   \.         | ダリアン < すぐには捌けそうにないので、十五円というところですか。
|          /´__`ヽ∨.| ∧              /}    ,        |         一部には人気であっても、人を選ぶ品ですが故。
|          /´x==ミ } | .l .∧            //  x─=ミ.      |         何、不満なら他所に売ればいいのです。
|.          {.イ  / ̄ ̄ ̄ ̄ > ──=ニ=─イ./、 ./      \   |
|         V /      /   \ ____//  ∨  ___.ハ  .|    クー < 誰も不満なんて言ってないわよ!
|         ∨        /   (⌒ヽ (ヽ |  |  //   .| / Y⌒Y ハヽ  |         取り敢えず15円ね、覚えておくわ。
|         |      ′   \_丿.Ⅵ ̄ ̄//、   |′ 乂.ノ {_ノ :|  |
|          、     l  x‐=ミ  r‐/ ̄ .///.∧  、 { 丿     rイ.  |
|           /\     | 弋__ノ  lV  ̄ /// ∧   r=ミ _ /´.  |
|        _/   /` <八      /  ̄ //     ∧   ̄  ̄       |
|.      〃/   ト、    ̄ゝ─<ノ二二イ/    r=ミ           |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 続けて、箱に収められたガンプラ『ベアッガイ』を手に取るダリアン。
| 箱を開け、中の説明書と小袋の部品を数分間見比べた後、欠品がないと判断したか、
| 買い取るつもりらしく値段を付けてくる。
| 値段は一つで15円……先ほどの車両の玩具三つ分と同額である。
| 人気だと言う割に値段が控え目なのは、好事家を探すのが手間だから、
| その分を差し引いて、ということか。
┗───────────────────────────────────────┛
5080 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/11(火) 00:19:27.96 ID:o+FCr109
                                                 , .:*‐…‐*==ミ、
                                               _/: :__:_: : : : .: .: :ヽ___
                                           ,, r=//: :乂乂_人トミ__: : : : ハ;i:i:i:\
   で、これは……ふむ、自立装甲車『グスタフ』と、          〃 X:i:i/,‘7 /   \ ̄廴_:_: : :ハー /
   警備ロボット『モルガ』のミニチュアですか。             {{ ∧:i// /_|/Иiノ,斗ミ て: : : : i:i:/
                                             〉イ  斗ミl li|l| __|li│ 廴:_:ノ}く
   劣化は問題にならないレベルなのです。               乂  | /l:杙リ.从|ィ_笊ト、  lirL :トミ
                                              И从  ,  `ー_'’/ 从_」 |  ∨
   ただ、玩具としては可動域ゼロの完全観賞用……           //八|心、、  ⌒7/./ /人/i:.
   車両玩具以下なのです。                         /// i l l ノヽ。 .n:i〔 /./,_ /从',i:i:i:i:.,
                                           \∨/| lノ |{_,,} Y´ ̄/./: : V/   ′i:i:i:>
   とはいえ警備ロボット、それもT.トミー社製品の玩具となると、   / Xr‐━≦rヘ}{_:_:/.〃斗<ミト、  ',_/
   人気はそれなり程度にはあるはず……               r匕 { ̄ ̄/: : ̄\ {  |.: : : : : : :丶 ′
                                          |l    /: : : : : : : :|l{. N : : : : : : : :∧ ',
   一つ十円。両方合わせて二十円まで出すのです。         L,,_  /: : : : : : : : : :|l{ i| : : : : : : : : : :∧ ,
                                         / : : : 〈.: .: .: .: .: : : : :| {八: : : : : : : : : : : :〉 ′
                           .                |.: .: .: :∧.: .: .: .: : : : :|{ { :\.: .: : : : : :/  ′
                           .                |.: : : : : :心,: .: .: .: : : :} 〉.: .: : : :_/l   i
                           .                |.: .: : : : :/∧.: .: .: .: : :}/: : : ¨¨¨7´ | :|    |
                           .              \: : : ://  V: : : : : : }.: .: .: .: :/ i |    |
                           .                    |ー'′   .∨.:/.: : : : : : : : :/7ー‐ミ、 . 从
       _                                 __|      ∨.: .: .: : : : : :/: {:i:i:i:i:i:i:i\{
     □φ□―-、                           /:i:i:i:|     __\: : : : : :/: : :\:i:i:i:i:i:i:i:\
     | |∥| |\/ ̄|        __,,,-‐===、           /:i:i:i:i:/Y´ ̄ 三三_,`ー‐< li|.: .: : : :\:i:i:i:i:i:i:i:\
    | ̄ ̄|\ |/ ̄|   ドォォオオゼ◎辷_j          ∧:i:i:i/.: .: : : ̄/ ̄ ̄|.: .: .: : :} li|.: .: : : : : :丶:i:i:i:i:i:i:i:i\
  ,--,"-,  |  ○_ ̄__|_|二二二二二|_|二二二二二|      }/: : : : : : : :/     .|.: .: .: : :} li|: : : : : : : : : :\:i:i:i:i:i:i/
  '--'-'◎-‐‐‐ooo―oo ◎◎ ◎◎  ◎◎ ◎◎       < : : : : : : : : /      |.: .: .: : :} .从.: .: .: .: .: : : : : :\:i:i/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 車、ガンプラと来て、次は警備ロボットのミニチュア人形。
| 手のひらに載るサイズのそれを手に取って、あらゆる角度から眺め、表面を撫で、
| それがまさしく人形として、動かぬ玩具であることを確認したうえで、値段を提示してくる。
| その額20円。ガンプラや車両より高めの値段は、それだけ彼女も捌きやすいということか。
┗───────────────────────────────────────┛
5081 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/11(火) 00:28:00.13 ID:o+FCr109
     ,>'¨¨¨㍉ _  ,ィ:.:,ニ,:ヽ
    _/:./   _ヽ:゙:.:.:.:.:.:.`<  ,}}
    ]:.:.L/:.:.:.:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:i:.`<ノ
    ,〉:.:'′:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:,:.:.:^,   ダリアン < それで次は……
    j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:●,.,.....,,,●:.:.:.:l           ………………………………
    }:.:.:.:.:.:.:.:.:.; '"   tァ ゙ヽ:.:.:.'
    〕,:.:.:.:.:.:.:.:;    _人  ;.:,:'                          あれ、どうかした……?
     ヽ、:.:.:.:.゙、      /イ              シャナ、確かあれ、シャナが拾ったわよね? > クー
      ≧=-->--r┬<
    ., '´:.:.:.:.:.:.:.Y  ,」「ヽ_[、\            うん……特別傷とかはなかったと思うけど…… > シャナ
    /:.:.:.:.:.:.:.:i/辷_/^ヽ_r┘:,:.:.、
   .':.:.:.:.:.:.:.:.:l         ゙,:.:ヽ
    ':.:.:.:.:.:.:.:.: l.           ,:.:.:'、
   l:.:.:.:_,:.:.:.:l  _,,.,,,,,.._    l:.:.:.>――-、
   レ'":.:.:.:.:.ヾjイ:.,:.:.:.:.:.:.:.ヽ   ,:'":.:.:.:.:.:.:.:.:.':.:.:'.
   ヽ:.:.:.:.:.:.:.ノ:.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.: l  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.;.:.:.:.: ,′
     ̄〔:.:.:.:.::.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,. イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:/
      `''<:.:.:、:.:.:.:.:.:.:,'′ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´
         ` ̄ ̄ ̄´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| これまで順調に値付けをしていたダリアンが、止まる。
| 手に取っているのはクマのぬいぐるみ。シャナが拾う時に手に取ったが、
| 特に傷や劣化はなく、生地などが特別だった覚えもないのだが……
| ダリアンはそのぬいぐるみを手に取り、ただじっと、物言わぬクマを見つめている。
┗───────────────────────────────────────┛
5082 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/11(火) 00:30:25.11 ID:/uNwHfpc
お、高く買ってくれるかな
5083 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/11(火) 00:32:49.50 ID:o+FCr109
ホ 〈::::/::::::::/ /::::/::/::::〃::::/  |::::::|:::::|:::::::|::::| ,
、ノ:::/:::::/7:フく::/ ,::; イ:::::,'   !::::i!:::::|:::::::|::::|。{
.i::/::/ ,::/,::/`,.:;く、,'::::/    |:::ハ::::::!:::::::!::::!c}
. i::/|マ芋圭ミx..:/  >:::/     .|:::| |::::|:::::::|::::|o }
:i i:::::|  { {三三}}ヾ、 //    __L:|_L::!::::::/::::| ノ
::i i:::|  .込ーニタ   /      |:::! |::`:::/:/:/´
ニノ:::|  ' ̄`ヾく        zぅ≠ミ!:::::/:/}/  お前たち、このクマについてなのですが……
::::::::|                 ハニタ 〃:::::/:/イ′
::::::::|             込ツ /::::// ′
:::::::|               ノ   /イ i i |
:::::::|         "¨ ヽ    .イ| i.! |ニノ
.....::|ー―‐ミ         ィ:::::| i i |
:::::::|   ノ ト、     . イ |::::::::| i | |
:::::::|   マニう ><つ | .|::::::::!.i | |
:::::::{.   / /ヽ\ __`ヽ| .|::::::::!i |i {
::::::::ヽ≠z{ {、 ヽハ_}/⌒\!:::::::|i |} {
ヽ:::::::::ヽ. { { ヽ、 { }イ⌒ヽヽ\::|i i.{_}
、 ム:::::::::ヾ i  i }¨{、\ヾ /./::i! |
/ヽソ⌒ヾ::::}.ハ_}.}.ハ ヽ ノ¨{. {:::::! |
. /    }ヾハ ',:. ノ ハヽ.} } ./ /:::::! |
/    }  }', ゞ_ノ | |`、ニィ |::::::| |、
     ,'  .}マ-'ハ. ! |  } } |:::::| |ハヽ、
    ,'    } ';::::::| | |  ヽヽ|:::::! | ', ヽ、
    ,'   / }:::::} | |   ヽヽ::| |.  ',__ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして、数分か、十数分か……確かなところは分からないが、
| 少なくとも秒単位でない時間が経過してから。
| はっと我を取り戻したようにダリアンは顔を上げ、口を開く。いやに神妙な面持ちだ。
| やはり何か問題でもあったのだろうか……
| まさか遺跡に居たクマーが関係しているとも思えないが……
┗───────────────────────────────────────┛
5084 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/11(火) 00:34:46.63 ID:o+FCr109
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

5085 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/11(火) 00:35:04.05 ID:o+FCr109
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……スレ主が眠気を覚えてきましたので、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       ちょっと意味深な引きをして、
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      本日のスカベンジャーはここまでです。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ    おかしい、今回で換金は全部終わって、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  フリーパート初回の行き先まで決める予定だったのに……(デジャヴ)
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  ぐぬぬ……大体天然愛歌の暴走が悪い。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li 
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
5086 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/10/11(火) 00:38:03.29 ID:0ayzMpiO
乙ー
何であれ高く買ってくれそうな感じやな…
5087 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/10/11(火) 00:38:40.26 ID:o+FCr109
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′  
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  むぅ、本当に、今日で換金終わる予定だったのに……
         | V        ̄` /    |    ト
         | 人          7   |     〉 あと一応、換金ラストでどれを売るか、
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ みたいな安価が入る……かもしれないので、
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    時間が遅いと人がいないかなーという心配も一応……
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /     日付変わったあたりから反応まばらだったし……
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、   ま、まあもう換金パートに入ってるから、流石に次回で換金は終わるだろう!
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \ 
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ ……多分。
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2821-8bde67f7