情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その1

5720 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/12(土) 15:04:15.73 ID:YtmFkR7Z
         ___ -‐……‐- /⌒ヽ
.        /   \     ___    .
    //   /          `     ,
   / /   /            \′
     :          /     :.    ヽ
  i         /  /i   | │     :.
  |  i   |   7⌒/ :|   ト |⌒ | i |〉∧  おいすー。
  |  |   | i、 |斗=ミ   /:|x=ミi/ :| |/`、
.     /|   | |:〃h/ハ  \{ hハ }} /|/     取り敢えず官営武具店の目録、
   V |   | ト 乂_ソ     ゞソ {∧ ∨/ i
  / !   k\: : : : .    ' . : : ハ }\  :|   微修正済んだので仮公開します。
.'’ /   ’  { \    、  v   人|/  } :|
 /     ∧  {__  `⌒ヽ    イ  ∨, /  ,    一部四級向けの商品も追加されてるんで、
./ / //∧ ∨/ ̄) ノ T爪r‐〉i  //」  ′______
,/    //∧ ∨/{ ̄{{_}}=|{ | ̄{ (   | ./         \ お買い物の参考とかにしてもいいのよ。
     -=ニ∧ ',ゝトミ ___ :|{   i`¨¨ミーァ  ‐=≦⌒>   〉
  / /ニア /∧ ー‐ミ  ) >=- |   ノ/   /)-,    /⌒ヽ
/./ニア´     \\ノ/¨´V く__ /´ __ /// ____     }  ……あと、こういうアイテム追加して欲しいとか、
 /ニ/        >.〈}}〃⌒vr‐{{>' ノ´  _ ̄つ-‐ぅ/〉   八
./ニ{        {(___\ ({  V   ´ ̄ ̄。o≦ ./<¨´/  /  \___ 説明内容こういう内容のが良くない?とか、
.≧=-  __    /`¨¨¨^´}}`/,    斗< r‐===彡マ∧/ /ー=≦     ヽ
 }/ 7 V∧=-‐      Ⅵ|//  ./  \ニハ     V∧=‐- .  `7    / アドバイスありましたら教えてください
/  〈  \\     //|i:   /    ハニ|       /ニ/     〉/   /
⌒ア  \  \\  /{ |::|i  /   ′ }iニ|≧=-  /}  〉 /./  /
/     `¨¨¨ \{ /   :|::|i: /       ノニノ=ニニア´}ノ ./ /  ′/
5721 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/12(土) 15:05:59.16 ID:YtmFkR7Z
 《官営武具店 目録》(仮公開版)
――――――――――――――――――――――――――――――
 【武器】

  9mm.拳銃       5円 【サイズ:S】
  9mm.短機関銃  15円 【サイズ:M】
  > 威力の低い9mm.拳銃弾を使用する拳銃、及び短機関銃。
     短機関銃はフルオート射撃が可能。

  45口径拳銃       7円 【サイズ:S】
  45口径短機関銃  20円 【サイズ:M】
  > 威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃、及び短機関銃。
     短機関銃はフルオート射撃が可能。

  5.56mm.突撃銃   30円 【サイズ:L】
  5.56mm.軽機関銃 40円 【サイズ:L】
  > 標準的な5.56mm.ライフル弾を使用する突撃銃,、及び軽機関銃。
     短機関銃より射程・威力に優れるが、携行性は劣る。軽機関銃は100発以上の弾丸を装填可能。

  7.62mm.突撃銃  35円 【サイズ:L】
  7.62mm.狙撃銃  40円 【サイズ:L】
  > 大威力の7.62mm.ライフル弾を使用する突撃銃,、及び狙撃銃。装甲目標には効果が薄い。
     狙撃銃はセミオート、もしくはボルトアクション式であり、連射力に劣る。
     どちらもアンダーマウントレールは備えていない。

  5.7×28mm.PDW  70円 【サイズ:M】
  > 貫通力の極めて高い、5.7×28mm.高速弾を使用するPDW(短機関銃の類似品)
     装甲目標に対してもある程度有効。

  12.7mm.重機関銃  120円 【サイズ:LL】
  > 大口径の機関銃弾を使用する重機関銃。重量や反動の問題から、生身の人間単独では運用できない。
     銃座などに据え付けて使用する場合、突撃銃、もしくは軽機関銃が使用できるなら運用可能。

  50口径対物ライフル  200円 【サイズ:L】
  > 単装式。威力は高く装甲目標に対しても有効だが、戦車相手には力不足か。高性能光学スコープを標準装備。

  50口径対物ライフルII  240円 【サイズ:L】
  > 五連装マガジンを装填する。威力に関しては無印と同様。高性能光学スコープを標準装備。

  各種アタッチメント  一律5円
  『アタッチメント』
  拳銃用:サプレッサ(減音器)、ロングマガジン(装弾数増)、
.         レーザーサイト(命中率UP・発見のリスク発生)、フラッシュライト(暗所を照らせる・発見のリスク発生)
.         ※ レーザーサイトとフラッシュライトは一度に片方のみ装備可能。
.         (拳銃・短機関銃・PDWに適用)

  ライフル用:サプレッサ(減音器)、ロングマガジン(装弾数増)、高性能光学スコープ(命中率UP)、バイポット(二脚安定脚)
..            レーザーサイト(命中率UP・発見のリスク発生)、フラッシュライト(暗所を照らせる・発見のリスク発生)
..            ※ レーザーサイトとフラッシュライトは一度に片方のみ装備可能。
..            (突撃銃・軽機関銃・狙撃銃に適用)

  ハンドグレネード各種(破片・煙幕・閃光・チャフ・EMP)  5円
  > 投擲して使用するグレネード。和名で手榴弾。
     【装備制限:爆発物】に該当し、いずれも一つにつき一枠使用する。

  対戦車携行ロケット砲  40円 【サイズ:L】
  > 単純な構造の対戦車ロケット砲。いわゆるRPG。携行には軽機関銃が装備可能か、【重火器】技能が必要。
     砲弾は一発10円。また、【装備制限:爆発物】に該当する(一発につき一枠消費。本体は該当せず)

  単装グレネード投射器  25円 【サイズ:M】
  > 専用のグレネード弾を発射できる装備。単装式であり、一発撃つごとに装填が必要。
     アンダーマウントレールに装備可能で、その場合当武器のサイズ制限は無視可能なものとする。
     使用可能な弾頭は破片弾と煙幕弾。どちらも一発5円。また、【装備制限:爆発物】に該当する(二発につき一枠消費(端数切り上げ))

  テーザーガン  20円 【サイズ:S】
  > ワイヤーを使用する射撃可能なスタンガン。一度の充電で5回使用可能

  テーザーガン用予備バッテリー  5円

  単分子ナイフ  1円~ 【サイズ:S】
  > 大抵のものは斬れるが、強度はお値段相応。工具用なら10円品で実用に足る。

  コンバットナイフ  5円 【サイズ:S】
  > 頑丈さが売りのナイフ。戦闘・工作に使用できるが、単分子カッターではない。

  投げナイフ用ポーチ  10円(10本セット) 【サイズ:S】
  > 投擲用の小さなナイフ。柄が小さく、近接戦闘や工作には向かない。また、単分子カッターではない。
     回収して破損がなければ再利用できる。料金を追加すれば、その分大きなポーチを買える。
     ナイフを破損・損失した場合、補充は幕間にオートに行われる。

  軍用スコップ  3円 【サイズ:M】
  > 塹壕戦最強と噂の近接武器。誰がどう見ても近接武器である。工具ではない。いいね?
     頑強であり、打撃・斬撃どちらの用途にも使えるが、嵩張る。また、特にコーティングはされていない。
     あ、ついでに穴掘りとかにも便利だよ。

  軍用マグライト  5円 【サイズ:S】
  > 本来は暗所を照らすための携行ライトであるが、非常に頑丈で警棒代わりになる。
     サイズも控え目で、携帯は容易。フジノミヤ警邏隊の夜間標準装備でもある。

  携行爆薬(小/中)  40円/60円
  > 壁や床などに設置し、遠隔操作で起爆する爆薬。主にトラップや扉などの爆破に使用する。
     【装備制限:爆発物】に該当し、小は一枠、中は二枠使用する。


 【防具】

  防刃シャツ  10円
  > 通常の刃物では切断不可能な衣服。銃弾や衝撃には無力で、単分子カッターも防げない。

  防弾チョッキ  35円
  > 45口径拳銃弾までを防ぐ。ライフル弾は防げず、刃物、衝撃には無力。

  コンバットアーマー  70円
  > セラミックプレート入りのボディアーマー。
     7.62mm.ライフル弾までを防ぎ、破片や刃物に対しても防御性能を発揮する。衝撃を逃がすことはできない。

  耐衝撃コート  25円
  > 体当たりや吹き飛びなどによる衝撃を緩和するコート。銃弾、刃物に対しては無力。

  暗視スコープ  150円
  > 夜間や室内など、暗所での視界を確保するスコープ。突発的な光に対する防御機能有り。
     暗視以外の特別な機能は有していない。


 【PDA】
  低性能PDA  15円
  > 性能は低いがまだマシなPDA。メール以外にも簡単なハッキングや情報閲覧、カメラ機能が備わっている。

  中性能PDA  80円
  > 基本性能が低性能品より全体的に底上げされている。特に機能の追加はない。防水、耐衝撃。

  高性能PDA  200円
  > 基本性能が中性能品より全体的に底上げされている。特に機能の追加はない。防水、耐衝撃。


 【ソフト・プログラム】

  自動マッピングソフト  250円
  > 屋内、屋外を問わず、歩いた周辺の情報をマッピングし、地形を記憶する。フジ樹海に行くならほぼ必須。
     導入には中性能以上のPDA必須。一度購入すれば複数のPDAで使いまわせる。

  標準ハッキングソフト  100円
  > PDAの初期ハッキングソフトより優秀。ただし遺跡探索用で、現代のプロテクトに対しては無力。
     中性能PDA以上への導入を推奨。一度購入すれば複数のPDAで使いまわせる。


 【その他】

  ロープ10m  1円
  > 物を縛ったり移動に利用したりなど用途は多彩。料金を足せばその分長いロープが買える。

  応急手当キット  3円
  > 包帯やばんそうこう、消毒用アルコールの詰め合わせ。あくまで応急手当て用。医療系の技能がなくとも使用可能。
     使用した場合、補充は幕間にオートで行われる。

  救急キット  20円
  > 応急手当キットに加え、痛み止めや傷薬などが入った救急キット。医療系の技能がなくとも使用可能。
     傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。

  保存食  1円50銭
  > 三食セット(一日分)。かなりフレーバーな存在。

  懐中電灯  1円~
  > サイズはペンライトからがっちりしたものまで様々。太陽電池採用。
     大きいほど値段は高く、一番大きいもので3円。

  発煙筒  3円
  > 二本セット。煙を炊き、緊急時に自分の居場所を教える用途に使われる。煙幕としては使用不可能。

  スカベンジャーセット  12円
  > ロープ10m、懐中電灯、発煙筒、応急手当キット、三日分の保存食の入ったリュック。


 【特殊加工】(一つだけその場で実行可能)

  耐酸コーティング  1品1円 対象:精密機械(銃含む)以外の携行装備すべて
  > 装備に耐酸コーティングを施す。
     ミュータント等の酸を受けても溶けなくなる。

  防弾加工  1品40円 対象:防弾チョッキ・コートなどの一部の衣服。
  > 衣服の要所に金属プレートを挿入するなどして、防弾性能を向上させる。
     対象が元々防弾性能を持つ場合、7.62mm.ライフル弾を防ぎ、手榴弾の破片に耐えるようになる。
     元々防弾性能を持たない場合、45口径拳銃弾を防げるようになる。
5722 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/12(土) 15:11:25.21 ID:YtmFkR7Z
           -‐…・・・‐-   、
.          ´/ ̄`      / ∧
       /  /            ∧
           ′ /             ,  :.
      i      i   /   i __|  ′ :
      |   |  |  -‐ /|   ハ /|` |   ……と、ご覧のように、各種武器に【サイズ】という
      |   |  | i 斗‐=|  / 圷ミ   :|
..     八 :|  〃7 J |/  トJ:ムイ  |  表記が追加されていると思います。
    /ノ  ∧  :| 乂ソ     ゞ' |Ⅵ
.  //  ./ .∧ | ""   , ′ イ::::.| /:  以前からお話している、シャナ達の装備制限を
.  ′  / / ,∧:|¨¨{{. ‘-=≦〉≫x:|./ \
. /     __ ‐= ∧ {{ゞ='Ⅵ´  -=/、 }  〉 もっと見やすくしようという試みです。
   /   -=ニ7´   ≪、.:::..∧ |/   〉ニ〉/
. 〉 .′ .∨ニ    { 《 」:r' 《!   ,.ニ/ { }   併せて、ステータス側にも下記のような記述が追加されます。
/ {    ∨ニ__/  マ´}}、:r=ミ{「|  \ 」  \
  \    Ⅵニ=‐  Ⅵ }:{ ヾ:}}  -=ニ{  ∧ 丶 【装備制限】はキャラクターごとに違う感じですねー。
    }  /_「ニ     ∨=‐==}} | /ニ ′′ \ 〉
./ /  `7=ニi     ,  /=彡 ニi|\L   / サンプルはシャナのものです。
  〈     ′ ニi    ‘  {: :|    ニ|   /
    )   {  ニi    ‘, V.   ニ|  {   \

 【装備制限】
  軍刀を固定装備する。
  他に【サイズ:L】の装備を一つまで装備可能。また、爆発物は合計六枠まで携行可能。
5723 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/11/12(土) 21:45:19.93 ID:Qkk3X4tF
軍刀はMサイズなんかな?(スコップ見て
5724 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/12(土) 22:06:35.46 ID:YtmFkR7Z
>軍刀はMサイズなんかな?

                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ ですです。
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  本来MとL一個ずつの装備枠があるんだけど、
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    Mは軍刀固定装備で埋まってる感じ。
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    逆にくーちゃんは固定装備なしの予定なので、
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  同じ体格だけどMとL、両方銃が装備できたりする……
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ もちろんくーちゃんにライフルとスコップ持たせたり、
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八 ってのも有りですが。
5738 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:10:13.43 ID:tqetCP70
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
5739 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:10:37.43 ID:tqetCP70
         , -==ニニ三=- _
        /ニニニニニニニニニニ=- _
        /ニニニニニ// ニニニニニニム
        /ニニニニニ/\ニニニγヽニニゝ_,
      ´ニニニニニ_ニニニ\ニニ ヽ ノ ニ〉
      l __ニニニヽ` ヽニニ八ニニ}-=彡、   うーん参ったなぁ。
      ', ニニニニニ Y-、}i/  lニ/ イニニ}
      ヽニニニ}ヽイ芍} i   V (iハ/ l \   お祭りの時期にキル子ちゃんのお仕事だぶってしまうとは……
       マニlニl^ハ¨´       ハ ___l  ヽ
        ゝニミニ=-   //;/ \  ヽ l  今年は四四八も仕事忙しいらしいし……ホール回るかなぁ?
         `¨ i=l=-- ´  / / }   l i
           ゞ、    /    /  / l
                \   /  /   {
                 l  -<_>-、_,イ
                 l      ,  |
                 l    イ   l
                    /  ヽ  l
                 lzz/    〉ク
┏────────────┓
│ 3rd Turnのあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 同じ5級スカベンジャーのクーデリア、それに4級のバトルジャンキーヴィルヘルムと共に、
| 初の4級遺跡『おもち屋遺跡』に出向いたシャナ。
| そこにくすぶっていたリミッターの壊れた警備ロボットとの戦闘に倒れながらも、
| 二人の仲間の奮闘により勝ちを拾う。
| スカベンジャーに身をやつして以来初の敗北に、今より強くなる必要性を胸に刻むのだった。
| 
| そして翌日、夕食を摂りに酒場『逆さ十字』を訪れて……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>5583

      好感度一覧        >>5587

5583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:48:00.70 ID:/Re2g0gY
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 291 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮    Lv:1……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
.                 Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
5740 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:11:52.62 ID:tqetCP70
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5741 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:12:02.92 ID:tqetCP70
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:/[]   /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:/。  ./.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:./    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.::.:/    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/  ┳
: : : : : : : |.:.:./ []  /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : | ./    /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
: : : : : : : |/ []  ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄''/ ̄    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
:::::::::::/  □   /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
:::::::::/      ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/   ┳
:::::::/ □  /:.:.:.::/        /       /.:.:.:/
:::::/     /..:.:.::/         /       /.:.:.:/
.::/     /...:.:.:/         /         /.:.:.:/
::____/.:..:.::/         /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:.:.:::/        /         /.:.:.:/  ┳
|: : : : : : :|.:.:::/          /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|..:./       /        /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:/         /        /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          /.:.:.:/
                        /.:.:.:/
_____________/.:.:.:/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.:.:/  ┳
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |,/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ下層区にある大衆酒場、『逆さ十字』
| スカベンジャーやマーセナリーに対する仕事の仲介所としても機能する、
| 日中、夜間を問わず、客足の絶えない食事処。
| 
| シャナが遺跡で手痛い敗北を喫してから、数日後のこの酒場に……
┗───────────────────────────────────────┛
5742 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:16:12.78 ID:tqetCP70
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨   注文を繰り返します。
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'ィ.仍爿〉i:::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈´心ヽ  乂ソ |:::::i、il:::::::::::::::::.    ビール大ジョッキ一点、ミルクをボトルで一点、
      |::il::::::::::::::ム.ゞソ,      i:::::l|:::::::::::::::::::::l|
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|    クラッカーと枝豆を一皿ずつ……以上でよろしいですか?
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ^  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.                           おう……あいや、やっぱビールは特大ジョッキで! > 客
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',    かしこまりました、ビールは特大ジョッキですね。
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'    では少々お待ちください。
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナの姿が、あった。
| 服装はいつもの厳つい軍用コートではなく、柔らかな印象の給仕服。
| 脇に抱えた銀色は、血や脂に濡れた軍刀ではなく、透き通るように磨き抜かれたトレイ。
| その服装、行い共に、あからさまに客ではなく、店側のそれ……
┗───────────────────────────────────────┛
5743 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:20:23.48 ID:tqetCP70
              ,..ィ::::-=,::::::::::::::::::\
            /:::八::::,,,:i::::i:::::ヽ:::::::::ヽ
            /:::::/::::从~ }:::ハ:::::::i::l:::ヘ::\
          //:::/::::ノl:} /:/_,ト ,:::l::l::::ハ::::::ト.、         マスター、3番テーブル、ビール特大ジョッキ、ミルク1瓶、
         ///:::/::::,イ-{、// r_rッ l:::l:i::::::}::::l ヾ                       枝豆とクラッカーを一皿ずつです > シャナ
         V {::::{::::::i _筏 ヾ、   l:::l;:::::::l:::リ
          ヽy::::::::ハ  、    {;イ ゝ::l:从        はいはい、そのセットならすぐ用意できるよ。
            }::{::::ム  _, __-_ァ  /l:::::人
            ゞ乂::::>、     ,.イ l:::::}ヾ   __   じゃあシャナちゃん、その間にこっちの料理を、
               ソ __\_ イ__|ゞソ:::::::::::::::::::::::::::::::.....
                ハ }  ∧   ト 、  ̄ ヾ:::::::::::::::::ヽ 窓際一番奥の席に……
           __  -=/ ヽ l__/  ヽ  /  i --  _}_ヽ::::::::ハゝ、
             / l  イ//ム/ \/   l       >、:::l                   9番ですね、分かりました > シャナ
       /    /  l  {///   / \-- ヘ     /  l:::ノ
       i     {    l ,ィ-=/  /     〉     /      ……記憶力いいねぇ、ホント。
           l   l ////  /    /      /    l
      l  l    i   l////}/    /               それじゃ、頼むよ。
      l  }    l   {///    /       l
      l {    ヘ  V/    /         l     l
       } l     ヽ/   /                l
        l     /  /
      / il     l /              l      l
      / i     l ^               l      l
     l  l     i ○               l      l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、そんな彼女に対して、酒場のマスターこと聖十郎はと言えば、
| さも当然と言うように注文を聞き、料理を渡し、店員として接している。
| ……まあ、それが答えというわけだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5744 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 21:20:54.61 ID:0a9cB0UL
バイト中?
5745 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:24:31.72 ID:tqetCP70
                ,.. -   ̄ ̄   、
               ,  ´             `ヽ、
             /       ,.-、-i⌒Y⌒¨¨`}、
          {     , -く _八_}__- //⌒Y
             rく ,ィ´::::,:::::::::::::::::`::< 、/>‐、
                >:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ\ _{ヽ    お客様、クリームソーダとベリーパイ、
               /'::::,::::::::{:::::::::::::::{::::::ヽ::ヽ::\}´_ 〉::.
           / /::::/:::/:∧:::|:::::::∧::::::∨:∨:::\「::::::   お持ちしました。
           { .':::/:::/:/,l-l、:l:::::::|´\:::::∨:∨:|:::ヽ::::{
             |:::{::::|:/{/__}∧:::::|   \ヽ:::}:::|ヽ::}::::l                              あら早いわね、ありがとう > 客
             {:∧::{:|イ斧刈从:{  ´斧刈Y::/:_:::リ::::{                /〉
   / 〉           ` {从 ヒzV  `\ ヒzV /イ::{ }:::::::::|               | //|           (うーん、初日なのに思わぬ即戦力だ) > マスター
  ,: /          /::ム :.:.:.:. '     :.:.:. ,、_|:::|':::::::::::l               l~~~^|    (何日かかけて慣れてもらおうと思ったのに……)
 / ⌒-、         /:::/:人   、  ,   ム::|:::|:::::::::::::.     「 ̄ ̄}=;_|:::::::::|__
 {   ⌒Y     /::::/::::::/:>     ィ::::::::::|:::|:::::::::::::,.ィ二二二二二二二二__二二
 |   /´      ,:'::::/::,--- 、r-、::`l¨ ´  乂:::「/::/⌒\:::\___r-、____,.ィフ/_ノ
 |  ,       {:::/::/: : : : /_〉--_'   _ /^/::/: : : : : \:::.    〉 `¨ ¨´ ´イ
 |   {    _,从{´: : : : : /_フ   `  ´  ∨::/: : : : : : : : \    乂 j   ,ィ'
    :.   「: : : : : : : : : :r、「_r-、__r-、_r-、_r、/::/|: : : : : : : : : : : `ヽ  /  /
  :.  ',  _|: : : : : : : : : : 〉-r― r--r---r-r:{:/-|: : : : : : : : : : : ,: : } /  /
  '.   ∨人: : : : : : : : : { /  |  :'   |  从l'八: : : : : : : : / : 〃   /
    ,  ∨ `r- -、 : : : | '            /:|: : : :、__/ : : ∨   ′
   ∧   ヽく: : : :\: :八    :.      イ:.人: : : :/: : : : :__,:´   /
  /::∧    ヽヽ: :r; }、:_:}:`: :ー-、r: -: : : :´: : : :/:::` ̄\{):/ /    /
  |:::|  、   イ乂イ::::〈: : : :_ィ介=___: : : 〉----、::乂_、 {   ,′
  {从   `ー::´:::::::::/:::::::_} ̄  ´ '___  rー'    |::::::::、:\_,∧
  /  /:::::/:::::/::::::「 (  ̄ ̄     /⌒Y    /::::::::::\:::::::::::::\
.   /:::::/::::/「⌒∨  \       /    Ⅵ、 {::::::::::::::::::\:::::::::::::\
  /:::::/::::::/::/\'/   、____/      }_〉\ノ\:::::::::::::::::\:::::::::::::ヽ
  ,:::/:::::::::イrく_/                 |{_: : ヽ_ \::::::::::::::::\:::::::::::::.
 /:'_,. -:=:≦{   /                      |__ノ: : : }: :`: : : . 、::::::::::::ヽ::::::::::.
ー: ´: : : : : : :_〉-{                      / 〉: : : : : 、 : : : : \:::::::::::,::::::::::}
{: : : : : : : /{ _,∧                 /_∨: : : : : : :\ : : : : : \:::::|::::::::/
、: : : : :/: : : 〉 _,\_________,.イ、__/: : : : : : : : : : : :、: : : : : ヽ:}:::::/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| シャナは現在、逆さ十字でウェイトレスとして働いている。
| 理由は何故かといえば、まあそれも簡単なもので……
┗───────────────────────────────────────┛
5746 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:28:42.45 ID:tqetCP70
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨   (テーブルナンバーやメニューを覚えるのは、)
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'     i:::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈  .ヽ z==彡|:::::i、il:::::::::::::::::.    (パスワードの暗唱と同類……むしろ規則性がある分覚えやすい)
      |::il::::::::::::::ム=彡,        i:::::l|:::::::::::::::::::::l|
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|   (客の注文もだって、即席の合言葉のようなものだし……)
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ^  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.   (そもそもこういう店員、任務の一環で、経験してる)
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',  (やってやれない道理は、端からない)
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'  (……まさかスカベンジャーになって、)
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.  (その経験を役立てる日が来るとは思わなかったけど)
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 人手が足りなくなると、マスターに手伝いを頼まれたからだ。
| 取り急いで別の仕事も無し、今後もフジノミヤで活動する以上、
| 顔の広いマスターに恩を売る……とは言わずとも、親交を深めるのは悪くない。
| そういう表面上の打算と、頼みに応えるだけの能力があったから、というだけの良心。
| それが今、シャナがここで働いている理由。
┗───────────────────────────────────────┛
5747 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:32:53.80 ID:tqetCP70
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::/l::::l  /:::::ト,::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::l
        /:::/l:::::::::::::::::::::::/ l:::l  l:::::/ l::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::i
        /:/  l::::::::::::::::/  /:/  l:::/ /{:::::::::::::l::::::::l::::::::::::八    うんうん、この様子なら、
       //  /:::::::::::::::/__   i/  l:/ l 入:::::::/:::::::/::::::::l::::::::ト
       {i  /:イ::::::::::::l  ` =l   l:{_ /  7-/::::::/:::::::::::}::::::::i、   お祭り当日も十分回りそうだ……
         // l:::::::::::::l、   li    {:i _   ,ィ::::::/::::::::::::::/}::ハゝ-
        // l:::::::::::八`  ̄ヽ   l:i   ̄ /:::ィ::::::::::::::/        ウェイトレスの経験とかあった?
        {:l  V:l:::::::::::::ゝ      ヾ   /::/ {::::::/:::::{
        i::l  ゝ,:::::::::::ノ   i      {:ハ >:::l::::::::ト、                           まあ、少しだけ > シャナ
         ゞ:.、  }:ハ:::{    ヽ '       / {::i\::::::::::::::.....、
             // V\   、_ __,  /ト, 、ヾ ヽ:k:::::::::::::::::ヽ  なるほど、そうか。
             / / /ハ\       / /: l ヘ、  }:lヽ::::::::::iハ:::l
            / l: :l: : :., \  /  /: ::l:i   ,=- _l  }:::::::::} l::l じゃあもう少ししたら、今日は上がっても大丈夫だよ。
          イ   l: ::l: : : : .、 ¨   /: : l: l   ヘ   -/l:::::/ ノ
      _    /    l: : l: : : : ::ヽ   /: : : : :l: :l   ヘ    `^ 、                      はい、マスター > シャナ
         /    l: : l: : : : : :入 /<: : : : : ::l:: :l    ヘ       =- _
  /      /     l: :l: : : / ニVニニ\: : : l: :/ -=、  ヽ         =- _
        /    / V:l: /ヽイニニニニ>'\l::/    \/             、
        \ /   ': : : : : Vニニニニ/: : : : /       \            /
         /     i: : : : : : 〉==〈: : : : :/          >         /l
        /       ',: : : : /=ニニム: : ::/         /        /  l
       \         ,: : :/ ニニニム: /        /        /     l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| およそ半日間、そんなシャナの仕事ぶりを眺めていたマスターは、
| カウンターで満足げに頷いている。
| 元々、半分以上研修が目的の今日の仕事において、シャナはメニューをそらんじるどころか、
| すぐさま現場に出て、十分な仕事ぶりを見せたのだから当然だ。
| 荒事への対処能力も、彼女が初めて店に来たとき、既に確認済み……
| であれば、短期バイトとしては十分だと、そう判断したわけだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5748 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:38:21.91 ID:tqetCP70
            \     _. . .-.-.-.ミ
          、    ヽ: ィi〔: : : : : : : : : : :〕ト、                     カラカラ
          \>イi: ヽ:(: : i: : : : : : : : : : :ハ
            /: : : : : ∧ヽ}: : : : : :i :Y: {: :|::|ヽ  ふぃー、ようやく引き継ぎ終わった……
              イ: : : : : /: |: :リ: |:_: |: :|: :!:.:ト、: i
          /.i〕∥∥ {: : |!: : :リィ笊抃ノ リ }リ   やれやれ、大掃除にうちから戦力供出するのはいいんだが、
           i〕{{: {{: ハ^笊、:ノ .乂:ノ ル'゛_.イ
           i〕ハ∧\i 沁   `´ u ノi:.〔|     その状況で本業にもお鉢が回ってくるなんてな……
           '  ヽ ` ヽ ` ,. , ,イi〔 マ| /
              `   〕iト .,_/: : ::, ∨≦ニ、                   やあトーマ君、珍しいね、こっちでお昼かい? > マスター
                 ,.。r≦=ir:、: : :/,. っイニニ〕iト
             ,.r≦ニニ\.ノ ノ/,ィチ:_‐_=iニニニニニ\    ああマスター、ちょっと外縁の警備と打ち合わせがね。
             ∥ニニニニ7 /  `'" r=ニ'ニ〕ニニニニ=>‐.ミ
            ∥ニiニニニ!     "_¨"つニ}〕ニニニニニニ7⌒} 午後はフリーだから、軽めの何かを……
                ∥ニニマニ√{i    __`‐-っ,∧ニニニニニニ,/‐_ノ
               ∥ニニニマ {: : :\_ /ニニニ/ ∧ニニニ/: : : \
           ,Aニニ/ノ: : : : :/ニニニニ./‐=\ニ<: : :     \
              ,  "'/ \:_:_:_/ニニニニニニニ/ヽニ>、:     \
             , ィi〔    ./ニニニニニニ>‐ ミ  `   ヽ      ヽ,
             ∥     ,〃ニニニニニニニ7 ,ィミ 〕iト -ミ.,_ >'"     Y
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やがて、酒場のドアを開けて、一人の青年が入って来る。要は客だ。
| 年の頃は20前後。服装は皇国本領軍のそれとは似て非なる黒のBDUで、
| しかしよくよく見れば、首元には階級章が見て取れる。……中尉。
| 年齢を考慮に入れれば、士官学校を卒業して、最近ひよっこ少尉から抜け出した、という頃か。
| 入り口にほど近いカウンター席に座り、マスターと親し気に声を交わしている。
┗───────────────────────────────────────┛
5749 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 21:42:45.31 ID:smkbfexB
ひゃっはー! 遅れたがやってるぅー!
明日休出だができる限り追うぜぇー!

メイドシャナprpr
5750 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:47:00.46 ID:tqetCP70
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、
                  / /:::::::::::::::::::::r-=-w:::::::::/:::::::::::i l
                 / /:::::::::::::::イ:/   /::::::::/:::V::::::::i l   はいはい、軽食セットだね。
                 イ::::::::::::::::/_,/   /::::://ヽ::V:::::::ハl
              /:::::::::::::::::::::/ ̄\ ,..:::/ ィ  ̄ Y::::::::::::::..   ブレザーじゃないってことは、今日は訓練か何かの後だろうし、
             , イ:::::::::::::/::::::/< 芯_>:イ   ィ込ヽ/l:::::::l::::::::l
            / i:/::::::::,ィ:::::::::/:ハ   / ; l     /:::k::::l::::ハ:;}   飲み物はコーヒーじゃなくてお疲れ系のお茶にしようか。
            { /:::/:::/ Vl:::::/ ヾ:.、   , 、   /:::/ l::l::/l ;:
            {::::::::::{  l::::::ヽ ノ::}  、__ _   /:::ノ/_ /::/:::l  il                            その辺も任せる > トーマ
             lヘ::::ヽ lヘ::::::/::イ,  ` ‐- --`/ ' _,,rイ:::::::ノリ
      __       ヾ:.、 ゝハ::::::ゝ       f,.ィ::::::://     うん、了解。
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...-...::::::::::ヘ \    , イ/=-' _/
  /:::::::::::_, --===≦_ _ > -= _::::::::::::i  `  ´ _l
 /::::::::::/                /.∧   /\......\
/::::::::/               / {........lミ....V...../ミ、....lY\- _
/::::::/               /   l\/ミ/三≫彡.....V./  \  - _
 {::::l            _ - /   _ イ..........V-=ミ/.........../ \ _\    =- _
 ゞ::.、       _ -=  / -=/   l...........l ニニi........../    \          l
   ヾ、    r        /    \.....lニニニi....../      \       /l
         }、      >       ヽ l ニニニi../       /     /  i
         /ヘ        \      V ニニニ/       /      /
       / ∧         \     Vニニ/      /       /     l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 珍しい、などと言っているが、しかしマスターが彼と交わす言葉は、
| 親しい友人間のように慣れた様子だ。
| 入店してすぐ挨拶もしているし、頻度は少なくとも馴染みの客、ということか。
| そして、軍人然とした彼にかかる、服装にまつわる言葉……
┗───────────────────────────────────────┛
5751 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 21:49:06.15 ID:smkbfexB
階級持ちってことは何かしらの組織の人間ってことだろうけど…
5752 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 21:54:21.74 ID:tqetCP70
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ / (……首の階級章は間違いなく皇国軍のそれ)
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'ィ.仍爿〉i:::',∨ヽ∨:::::.   (けれどBDUのデザインは本領軍のそれと違い、)
      |:::|:::::::::::::〈´心ヽ  乂ソ |:::::i、il:::::::::::::::::.
      |::il::::::::::::::ム.ゞソ,      i:::::l|:::::::::::::::::::::l|   (平時の服装は、三軍の詰襟じゃなくブレザー……)
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ^  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|          じゃあシャナちゃん、恵理子からサンドイッチもらってきて > マスター
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',   わかりました、マスター。
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.   (ここまで揃えば、所属はすごくわかりやすい……)
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',                                   ……シャナ? > トーマ
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| テーブルとテーブルの間を行きかい、注文を聞き、届けながら、
| 同時にシャナはマスターの言葉と、新しい客の分析をする。
| その答えが出るのとほとんど同時、マスターからシャナに声がかかり、
┗───────────────────────────────────────┛
5753 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 21:55:31.19 ID:smkbfexB
士官学校生…?
5754 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:02:08.71 ID:tqetCP70
                \
                `、:\∟ニ∟L」_
            ___、丶`、∧: : : : : : : : 〕iト
          ィi(: : : :ア: : : `、 : : : : : : : : : : : ::\
        ィi: /: : :/: /: : : `、: : : : : : 、: : \: : `、
       /: :/: : :/: / /: : : : ∧: : : V: :`、 : : `、 : :   マスター、今厨房に入った子って……
.      /:/: : : : : : : : : /i : i :i : ∧: : : V: : `、: : : V: :
     //: : : : : : : : : : : :|_:_| :| : : ∧_: -:V _: } : : : }: :i                       うん、どうしたんだい?
      .: :i :i i: :i: : : :/: ! : ! :!`: i: ∧ : : }: : :}ヽ.: .:}: :|                       ひょっとして一目ぼれとか…… > マスター
        i.:.:| :| |: :|: : :i: :,.ィi笊ミト\|\:ィi笊ミト、:八: j: :′
        |/, | |: :|\:|:、ヾ乂vノ  \ 乂vノノ/ i/:/   いや、昔の知人が、同じ名前だったから……
.        N.:|: :|: ( \`            ,′jノ7
.           N\、: }h。、       `    u 'ィi{:/     あの子、苗字は?
           \⌒V:、    __ _    ,.: //
               V }h。  (: : : ) .ィi /                  エミヤ、って言ったね。字はちょっとわからないや > マスター
                 ,ィi{ア{〕iト ., ィi{_:_|}iト、
                _/ニ{: j :i :i :i :i :i :i{ニニ\_        エミヤ……衛宮遮那……?
         _ -‐ アニニ[八_|_:| :| :|_:|_八ニニ\‐- _
     _-‐7    アニニニ[: : :]:.:| :| :|: [: : ]ニニニム   ‐- _ (それって……)
    /   _{ ‐=≦7ニニニ 八: :]:.:| :| :|: [: :八ニニニハ=- _ i  `ヽ
.   /  /⌒V  i{ニニニ/:i:i:i:≧=- : :-‐=≦iニニニニ}    ⌒ヽ   V                   おや、知り合いみたいだね > マスター
   ′./   {   ⌒7⌒{. Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|⌒i⌒⌒    i V   V
  ′ ′\:.{        i |.... ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  |         | ∧
    ′  `i______| |、.. . ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  |         |i/  V  i
   {   ‐= ̄ ̄厂^ :| |:ム. . ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  L____|′  }
   {    i}   i}   | |:i:i:ム/ ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  | ̄ ̄厂 ̄ |='   }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 一方で、マスターの呼んだ名前に、青年の方もピクリと反応する。
| 皇国でもあまり耳慣れないシャナという名前。
| 単に似た名前と片付けるには独特で、
| もしやとマスターに確認を取れば、その苗字にまで覚えがある様子。
┗───────────────────────────────────────┛
5755 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 22:06:30.38 ID:smkbfexB
知ってしまわれたからには… 消さなきゃ!
5756 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:11:51.33 ID:tqetCP70
                ,.. -   ̄ ̄   、
               ,  ´             `ヽ、
             /       ,.-、-i⌒Y⌒¨¨`}、
          {     , -く _八_}__- //⌒Y
             rく ,ィ´::::,:::::::::::::::::`::< 、/>‐、
                >:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ\ _{ヽ    恵理子さん、サンドイッチセットひとつ。
               /'::::,::::::::{:::::::::::::::{::::::ヽ::ヽ::\}´_ 〉::.
           / /::::/:::/:∧:::|:::::::∧::::::∨:∨:::\「::::::    若手軍人さんだけど、軽めがいいらしいです。
           { .':::/:::/:/,l-l、:l:::::::|´\:::::∨:∨:|:::ヽ::::{
             |:::{::::|:/{/__}∧:::::|   \ヽ:::}:::|ヽ::}::::l                              あら、トーマ君かしら。
             {:∧::{:|イ斧刈从:{  ´斧刈Y::/:_:::リ::::{                /〉   じゃあ、そっちの棚の三段目のをお願いね > 奥さん
   / 〉           ` {从 ヒzV  `\ ヒzV /イ::{ }:::::::::|               | //|
  ,: /          /::ム :.:.:.:. '     :.:.:. ,、_|:::|':::::::::::l               l~~~^| わかりました。
 / ⌒-、         /:::/:人   、  ,   ム::|:::|:::::::::::::.     「 ̄ ̄}=;_|:::::::::|__
 {   ⌒Y     /::::/::::::/:>     ィ::::::::::|:::|:::::::::::::,.ィ二二二二二二二二__二二
 |   /´      ,:'::::/::,--- 、r-、::`l¨ ´  乂:::「/::/⌒\:::\___r-、____,.ィフ/_ノ
 |  ,       {:::/::/: : : : /_〉--_'   _ /^/::/: : : : : \:::.    〉 `¨ ¨´ ´イ
 |   {    _,从{´: : : : : /_フ   `  ´  ∨::/: : : : : : : : \    乂 j   ,ィ'
    :.   「: : : : : : : : : :r、「_r-、__r-、_r-、_r、/::/|: : : : : : : : : : : `ヽ  /  /   (……この夫婦、よく人を見て覚えてる)
  :.  ',  _|: : : : : : : : : : 〉-r― r--r---r-r:{:/-|: : : : : : : : : : : ,: : } /  /
  '.   ∨人: : : : : : : : : { /  |  :'   |  从l'八: : : : : : : : / : 〃   /    (それにしても、平服にブレザーを着用する皇国軍人……)
    ,  ∨ `r- -、 : : : | '            /:|: : : :、__/ : : ∨   ′
   ∧   ヽく: : : :\: :八    :.      イ:.人: : : :/: : : : :__,:´   /     (……憲兵、か。平時はともかく、潜入任務では会いたくない相手だ)
  /::∧    ヽヽ: :r; }、:_:}:`: :ー-、r: -: : : :´: : : :/:::` ̄\{):/ /    /
  |:::|  、   イ乂イ::::〈: : : :_ィ介=___: : : 〉----、::乂_、 {   ,′
  {从   `ー::´:::::::::/:::::::_} ̄  ´ '___  rー'    |::::::::、:\_,∧
  /  /:::::/:::::/::::::「 (  ̄ ̄     /⌒Y    /::::::::::\:::::::::::::\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな風に、青年がシャナの名前に思いを馳せる頃、
| 店の奥ではシャナも彼の正体を読み解く。まあ、それほど考察が必要な話でもない。
| 皇国軍の憲兵は、その正体を明らかにするために、
| 一般の将兵とは違う、ブレザータイプの制服を着用するのだから。
| 表と裏の違いはあれど、シャナの所属する諜報部とは、
| 軍内部の監査担当という点で同類ともいえる。……故にこそ、顔は合わせにくい。
┗───────────────────────────────────────┛
5757 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 22:13:01.30 ID:smkbfexB
半分同業者だったのね…
からんできたらどうすんねん!
5758 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:19:24.66 ID:tqetCP70
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /  ……どうぞ、サンドイッチと紅茶です。
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'     i:::',∨ヽ∨:::::.    (とはいっても、憲兵との対立や共同任務は出張ってない……)
      |:::|:::::::::::::〈  .ヽ z==彡|:::::i、il:::::::::::::::::.
      |::il::::::::::::::ム=彡,        i:::::l|:::::::::::::::::::::l|   (畿内ならともかく、この辺りの末端士官相手なら、)
      ',:i.マ::::ハ:::::ム     ,   !::::l|::::::::::::::::::::::l|
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ̄  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|    (自然に振る舞えば……)
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',                        ああ、ありがとう……ところで、さ > トーマ
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.   なんですか?
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とはいえ、シャナの視点からしてみれば、彼の姿はただの憲兵。
| 某所の傍で働く相手ならばともかく、一士官相手なら、顔名前が知れているわけはない……
┗───────────────────────────────────────┛
5759 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 22:20:51.59 ID:smkbfexB
フラグ乙
5760 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:24:23.89 ID:tqetCP70
              __
                 {/^\
           __     _\-┴‐‐ -
       /⌒> ´. . . . .\ . . . . . . `. .
      / /. ., . . ./. . /. . .\ . . .ヽ. . . ',
        ' . . /. . ./. . ィ. . i . . . Ⅵ. . ',. . .   ……衛宮、だよな、君?
.       /. .ィ. '. . . 「. ./.ト. .{. . . 斗Ⅵ. }. . . }
      // { {. . . .{ ィチ示八. .「示ミⅥ. . .    4年前、士官学校で会った。
.      /'   |八 . . Ⅳ Vツ  ヽ{ Vツメ}/}. .,
        八 . .、. .乂     '     /ノ/                            ……え > シャナ
         \{\.圦  r ‐‐、 u '/
               __  >、  ー‐'  ィ{^_ _____             へぇ、士官学校。そういえば、
.           ィi〔ニ|〕iトト-≧≦ニニ}{ニニニニ=->         シャナちゃん、畿内出身だったっけ > マスター
         <-=ニニ|i:i:i:i}ニ[ニニ]ニニ八ニ=- ィi〔
          __>-イ/-=ニ} }ニニニ=-> ¨¨ ァ --- 、  ああ、やっぱり!
         /  ///{-=ニニ//ニニ=-//////
.      ,     /////〉-=//ニ=-「///////: .        ',
     /   /////-=//ニニ=-〕iト////{: : .
      /    ∧//-=ニ//ニニニ=-/^\ニハ: : : .
.   ,r{    //∧-=ニニ{ {ニニニ=-/////'\',: : .
   /ニ>、 '///∧-=ニニ| |ニニ=-///////⌒\: : : .     }、
.  /ニニニ〕i{////{-=ニニ| |ニニ=-{/////{/////}',: : .  /ニ',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 知れているわけはない……はず、だったのだが……
| ……どうやら、ばっちり知られているようだった。
┗───────────────────────────────────────┛
5761 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 22:24:57.91 ID:smkbfexB
カバーストーリーはどこまで持つのかっ!!
5762 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:34:34.93 ID:tqetCP70
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨  ええと、無礼を承知で聞きますけど……
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'ィ.ィヽ  〉::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈´ yヽ   Vタ ノ|:::::i、il:::::::::::::::::.    ……誰ですか?
      |::il::::::::::::::ム.ゝ' ,   ¨¨  i:::::l|:::::::::::::::::::::l|
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|    (士官学校……経歴づくりのために、一年だけ在籍した間か)
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ^  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.    (この短期間に憲兵に抜擢される人間が、同期にいたとは……)
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',                             トーマ・アヴェニール。
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.                        ほら、軍隊式剣術とかで…… > トーマ
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',   ……ああ。 (……いたね、そんな名前の人)
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',   ええと、きっと話は多いので、詳しくは後で
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',  ……あまり、吹聴はしないでもらえると助かります(小声)
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',                            ああ、分かった > トーマ
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ということで、取り敢えず今は仕事中なのでと逃げながら、
| カバーストーリーに齟齬ができないよう、昔話はしないでくれと釘をさす。
| ……彼にどういって聞かせるかは、このバイトが終わるまでに考えねばなるまい。
┗───────────────────────────────────────┛
5763 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 22:36:03.72 ID:smkbfexB
いやぁ~ 過去が追い付いてきていますねぇ…
5764 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:42:09.87 ID:tqetCP70
               / ` --ー─ - 、
            _ -':. :. :. :. :. :. :. :. :. .: .: .: \
           / フ:. :. .: .: .: .: .: .: .: .: .: . :. :. :. .:ヽ
          l/:. :. .: .: .: .: .: .:\.: .: .: .: .: .:\:. :. .`、
         / /:.,/:. .:/:. :. :. :. .: .: \:. :. .: .: .: .:\:. .;、   やっぱり二人とも知り合いだったんだね。
        / /:. /:. ://:. :. :. :. : /:. :. .ヽ:. .: .: l.: .: .: ヽ:.\
       l ;/{:. l / /:. :/:. l:. :/ l:. :. /:.l:. :. .: l:. .:ハ:. .:ヘ ハ  じゃあシャナちゃん、今日はもう上がっていいよ、着替えておいで。
       l/ ノ:./ /:. /:. :/:/  |:. / l/_ヽ\l:. :. :l:. :. .: .l{
       { /イ //:. :/_/_ /l:/  |:/ /  _ゝl:. :. :}:. :. ノ.:,ハ  ああ、ついでにシャナちゃんのご飯も用意しておこうか。
       l/:. i// Y:. :.{./ l`_ヽ {  ,ィ_莎ノ l:.从/:. :/ }/
       {:. / {:. :八:.从弋_恣 ' i      l//}:. ./                               ……いえ、今日はいいです > シャナ
        Y:. l:. {:. :.ゝ:. .ヽ    '      {/ノ:.イ:ノ
        l:. i、l 〉、lハ,:.}     、,   _, /l:/       そうかい?
         V^ Y人:.ゝ人:.>.、 、 __ -_ヲ / l/l
    __         >=- 〉ム`:...、    / / {        欲しいときは、遠慮なく言っていいからね。
 /. :. .: .:: ̄:. ::. ー--/:. :./l  \   - <   /  〉 、
 :. :. .: .: .: .: .: _,,. -ー->- / li   \    /  /  {  _
 /-ー ⌒        /  li    r-=ヘヘ  /   \    -= _
             /   li    { [三]  V     \        --
        _   <       li\ _ノ ニニ   }      /          }
   _  -‐     \     li    ニニ   /    /            l
  {           \    li   ニニニ  /  /
  /             \  li  ニニニニ /   \             /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……と思ったら、マスターがさっそく気を利かしてくれたよ、わーい。
| これは考え込む時間が無くなったと嘆くべきか、
| それとも監視する時間が短くなったと喜ぶべきか……
| 少なくとも、マスターを責めることはシャナにはできず、大人しく店の更衣室へ向かうことになった。
┗───────────────────────────────────────┛
5765 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 22:44:45.02 ID:smkbfexB
店主ェ…                        ノゾカナキャ!
5766 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:49:52.90 ID:tqetCP70
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

        ,. -‐:'.:.::.:.::.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
       /.:.:/:.:.; :.::..:::.:.:.:.':,:..:..:..:..:.:.:.: :ヽ
      /:.:/.:.;'、.::.!.:.::::.:::::.:.::.:.';.:.:.:.:.:.:...  :..ヽ
    /:/j─-- ::_、:._:::::::::..::::.:.';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:',
    レ/        ` ‐- :._;_:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
    ', `、   _           `!::.:.:.:.;.:.:.:.:.|
.     ',. ヽ   `、ー‐,─r─---!;:::.:.:.;.:.:.:.:.|
      ', ',.     丶 ノ.:.:j ゝ::::::::::!:;::::.:.;.:.:.:.:.|
.       ',. ',      `、:.:/' j::::::::;:r!::;:::.:.;.:.:.:.'.|
         ',. ',.     ∨  ';: '´ i:::'::::.;.:.:.:.':.|    『シャナ着換え中』
        ', 、       \ i   !:::'::::;.:.:.:':. !
        '、丶      \!   |:::;:::::;.:.:.':.:.|
         丶 〉、  :...    ヽ. !:::;:::::;::::::::::|
          ヽ.:::ヽ :.:、:..    '; |::::;:::::;.:.:.:.:..|
          {.:::::!rヽ:.:i.:.:.:.  j |:.::;::::::;.:.:.:.:..l
          /!.;.::ll ヽ:':.:.:.: /j│::;::::::;.:.:.:.:. !
.         ,:'  l:ハ:!l  :.:.:.:// !.|:.::;::::::;.:.:.:.:. |
        {    `ll  :.:// ! |::::;::::::;.:.:.:.:...|
           !      \.:ノ/  ! |::::;::::::;.:.:.:.:.:..!
5767 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:50:16.38 ID:tqetCP70
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム   で、久しぶり、と言えばいい?
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|   それとも、昔とは違うし、
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|    軍人さんには敬語で話した方が?
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨                           変わらないな、衛宮。
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.                               ちょっと、安心した > トーマ
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.       ……安心?
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、数分後。
| シャナは父の形見ということになっている軍用コートに袖を通し、
| 青年……トーマはサンドイッチをさっさと食べ終え、ここは既に酒場の外。
| 士官学校時代の知り合いだというのなら、妙な取り繕いはせずに、
| 平素の通り、あっさりとした口調でシャナはトーマに声をかける。
┗───────────────────────────────────────┛
5770 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 22:59:19.86 ID:tqetCP70
                          r‐、__..........._
                 _ -‐:.:.:∧:.:.,ィ:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
               /ア.:.:./:.:..:.∧i:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.ム
                 /':.,:.:,ィ::.:.:.:./:::.ヾ::.:..:ト、:\:.:.:.:.l   ああ……ほら、衛宮、俺らより年下だし。
               /:./:./:.i:.:|::/::.|:.i:.:.` 、i从:.:.i:.:.:.i:|
                i从/|:.:.|:.:.r示心\} .ィ示t:从:i:|   変わらない様子で、元気そうでよかったって。
                   レNイi {辷リ   ` {辷ツ/:イ}'
                      マハ     ,     トメ′              ……昔の学友なんて、赤の他人だろうに > シャナ
                         ヽ  、 フ  ,イ/
                 __    _ト、 __ イ_''       ああ、そこも変わってないのか……
               _,ィ/////イ::::::::i::|::|::|::|:::iヽ::::`ヽ
             ノ⌒ヽ///i::::::::::/、:|::|::|::|::,|,′:::::::厶    変わりないと言えば、養父のオヤジさんもか。
            /i ヽ ∨‐|::::::::::i::i::ヽ::-/:i:::::::://  `> 、
            r〈 ヽ、ヽノ/丶:::::::i::i::|:厂i::|::|i:://    `  ., i                        まあ、准将はね > シャナ
             ,'::リ_`ヽ ア‐'   ヽソ::i::l≧≦i:|iソ |   ヾ  / i |
              i::::i ノ⌒メィ′ _| |/////////| |― :::__Y /i .、 その呼び方も相変わらずか……
              }:::ムf///i/┬   | l./////////i .i   '::i i/ 丶 |
              i::::::弋//i .i   | i∨///////ハ i    ::| |  .i l なんつーか、色々懐かしいな。
          ,ヘ::::::::::::::i .|   , i ∨/////./i ハ    | |   i l
             |  `=‐ィ  '   l i∧ ∨////./i iム    、 、  | |
             |      /    , |/∧ ∨///./i |/ム    i i  | |
             i     ,' i   ,  ハ/∧ ∨////i i`ヽi   | | .i i
             ヽ   イ     i  |///∧ ∨///|  l     、 、 i i
            ̄ ,  '   }  i////∧ ∨//ハ .i      | | i i
                / /     l  |/////∧ ∨//| .}    | | | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それでお互い、この後は特に予定が詰まっているわけでもなく、
| 数年ぶりに再会した知人ということで、「変わりないな」と、躱されるのは定番のような会話。
┗───────────────────────────────────────┛
5771 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 23:09:04.66 ID:tqetCP70
                        /l.:l
                     , -‐…‐-//|.:l  _
                    ...:::::::::::::::::::::::::i'::::i.:|ヾ':::::::::::≧ュ、.
                 ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.|::::::::::::::::::ヽ ̄`\
                  /:::::::::/:::::::/::::/::::::::::::ソ:::::::::::::::\::::.
               l::::::::::':::::::::l:::::ハ:::::i:::::::l从__i:::::|:::::::\:ヽ   まあぶっちゃけると、あのオヤジさんには、
               |:::i:::::l::::::::::iィ示―i:::::::iイ::i:::|ヽ|::::::リ:::ム::i
               l:::i::::::|::/::|:::::从/i::::/i|,ィ=、::|:从::i:::i `i   もうちょい落ち着いてほしいんだが……
              V::::ィヽ::ヾィ'爪芥ト'/  i_ノ::ハ}/::i:::i::N
                   、:i  マ、:::乂..ツ   ゞ=' |'}:/Viソ                           それは、憲兵的な警告? > シャナ
               `ヽ≧ヽ u     '  ノ-― 、
                     ヾ:ム   、 _っ /`ー 、 \      いや、単に仕事の手間がな……
                   __ノ__ > ―イ_     〉 `ヽ、
                /::::::i::::}:「::i::「::i:::|:::::::`ヽ‐y' /  i‐ 、      ――トーマ・アヴェニール
               /::::::::::::ヽ::|:l:::l::|:::i::イヘ::::::::∧、/ / i:::::∧
             _ -<、:::::::::::::::::\¨iヘi::l:::iィfヘ::::::::::}fメイ_iヽ/:::::::::}、     ――士官学校に在籍した一年、席を並べた学友。
          /⌒ヽ   \::::::::::::::::丶::|::|::i: :::/}::::::/ゝ― イ::::::::::/ l
            /     ヽ   丶、:::::::::::l` ー '/.| ‐'`ヽ::::::::::::::::/  i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 本領軍の憲兵などと、エリートらしい出世コースに乗った、
| けれど困ったように頬をかく姿は、とてもエリートに見えない元同期。
| 彼を前にして、シャナは適当に話をしながら、対策に必要な情報を記憶から拾い集める。
┗───────────────────────────────────────┛
5772 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 23:20:05.17 ID:tqetCP70
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}                にしても衛宮、よく俺が憲兵だって…… > トーマ
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  | ブレザーの軍服、そうマスターが言ってたから。
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/                     ……相変わらず頭の回転も速いな。
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /         途中退学したのが悔やまれるよ。いい士官になったろうに > トーマ
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ         当時、ようやく10代に乗った小娘だ。
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\      在籍してたのがおかしいんだよ。
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_      (一年次の成績はともかく、現在は本領憲兵隊に回される才人)
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
:::::::::::::::::::::::::::/|//////////// }///|:::|\:Ⅵ/\|     (在学中に使ったカバーストーリーは……情報部以外は、そのままだ)
::::::::::::::::::::::::/:::|/////////////!// |:/イ⌒ヽ、/_|\_
:::::::::::::::::::::/::::::|////////////////{' {` ー '介 、 \〉  (彼が私について知ってるのは、私の実父がいないこと、)
::::::::::::::::::/:: //|/////////// {////|: |   イVヽ \ }
:::::::::::::::/::::///|///////////Y////|: ∨   ∧    ヽr、  (養父に第一独立混成旅団の准将がいること)
::::::::::::/::::////j/////////// !////j!: : \/ | }\___/ {Ⅵ〉
:::::::::/://///|/////////// |////|: : /   /: |   ヽ ゞ'  (それらと今のカバーストーリーを、違和感なくつなげばいい)
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 要するに、目の前の彼……数年前、シャナが士官学校にいたことと、家庭事情を知るトーマに、
| 現在の「父を亡くし、親族に家を追い出された衛宮遮那」というカバーストーリーを、
| 乱されなければいい。突発的で、少々面倒な事態ではあるが……闇に葬るほどでは、ない。
┗───────────────────────────────────────┛
5774 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 23:28:22.23 ID:tqetCP70
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::} (それで多分、そろそろ……)
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ                     ああ、ところで衛宮。
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/                 お前、なんで中部に来たんだ? > トーマ
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /    (ほら、来た)
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|              、      八::!    四年前で11。今の私は、何歳?
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧                                   15、だな > トーマ
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!   そう、皇国では仮にも、成人だ。
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、細々と話す間に、シャナは説明のひな形を作り上げ、
| 丁度タイミングよく、トーマが、問いを投げてきた。
| 彼が他人に過去を語って聞かせても良いような、カバーストーリーを、与えやすい問いを。
┗───────────────────────────────────────┛
5776 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 23:38:22.94 ID:tqetCP70

.       /::::::::::::::/:::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::/:::::::::::`ヽ、::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y
      / ,'::::::::::.':::::/:::::::::/:::::::|::::::::::::::::|:::::|::::、:::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::}
.     / /::::::::/:::::/:::::::::/|:::::::::|::::::::::::::::|:::::{::::::::\:::::::::\::::\ :::::::::::::::::::::::|                  えーと、つまり独立? > トーマ
    / イ::::::::/::::/:::::::::∧!::::,|::{i::::::::::::::::|!、::∨::、:::::ヽ:::::::::::ヽ::::ヽ:::::::::::::::::::::|
     |:::::::::::::::!:::::::::::| |、/|::|マ::::::::::::::|{ i\\\::::∨::::::::∨::∨::::::::::::::::::{   ……させてもいい、と思ったんだろうね。
     i:::::::::':::::|:::::::::::| |::\.|::∨::::::::::| リ  \}/\}ト、:::::::}:::::〉::::::::::::::::::::、
     { :::::::|:::::|:::::::::::|{ {/_\::::.:::::::::|    /,..ィ芯下ヽ:://::/ :::::::::::::::::::::ヽ  衛宮の家が。
      Ⅵ::i|:::::{:::::::::::|圦 {ら気、:.:::::::|   ,イら__rメ} /|::|/::イ/}::::::::::::::::::::::::::::.
       {从{从i:.:::::::::ト、   比j刈 ∨::{     比j刈   }::|::{// |:::::::::::::::::::::::::::::.         それ、実のオヤジさんの……? > トーマ
          八:::::::| ム   込ソ  \〉     ゞ-゚ '  /イ{::|// !:::::::::::::::::::::::::::::::
              ∨::j!:::ム        ,        /// リ///::::::::::::::::::::::::::::::::::.  親戚。准将じゃなくそっちに追い出されて、
         _,ィ//∨|:::::人       __       ///////// |__:::::::::::::::::::::::}
         ///////リ:::::::::{>    ゝ-`     {///////// ///////`ヽ、:::::::::|  今はこのシズオカで、屍肉喰らいをやってる。
      /////イ/// |:::::::::|/////>     イ |//////// //////////∧:::::::::|
        {/////////{|:::::::::|//////////「 ´  {//////// {///////////}:::::::::                 ……なんだそれ > トーマ
       ////////// |:::::::::|//////|/// |\__|////////////////////|:::::::::::|
      , ///////////|:::::::::|//////|///ム    j!////////////////////!:::::::::::!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 当初想定していたカバーストーリーとは、実父の死亡時期が前後することになるが……
| なに、どうせいつ死んだのかは、まだこの街の誰にも語っていない。
| 「父が死んですぐ追い出された」のではなく、「その後の居場所からも追い出された」
| そう、シャナの頭の中にだけあった歴史が書き換わっただけだ。
| 
| ……今回の様に修正が上手くすり替えれるよう、
| 実際の過去と符合するようなカバーストーリーを用意した碇中佐には、感謝しなければなるまい。
┗───────────────────────────────────────┛
5777 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 23:48:43.12 ID:tqetCP70
                 . . . . ¨¨¨¨ . . . . .
               . .´. . . . . ./. . ., . . . . .\   /}7
                . . . . . . . . . '. . ./. . /. . . . . .<⌒/
             /. . ./. . . . / . . '. . . . '. . ./. ./ . . `/、
                '. . ./. . . . /  /. . . /i. . .メ、 /. . . ./. . \
              {. . .'. . . . .'- 、'. . . ./. {. /}. ././ . . . . . . ',\
             . . .i. . . . .{/^ {. . . '.{. Ⅳ笊ミ'. ./. . . . . . .}  いや、おかしいだろそれ!
                Ⅵ{. . . . 乂 八. /}八{ vリ/. ./. . ./. . .'. ,
                 Ⅵ . . . . . . ハ )'      ノ Ⅵ. . .イ . イ../  親戚だか何だか知らねえけど、
                Ⅵ. i. . .イ/: :. ノ (      〉/ノ/ }/
            「ニ「ニ=-V}/^: : : : 、⌒ ( y ´        今まで赤の他人のオヤジさんに預けておいて、
           \ニ=-^ 〕iト  _: : : :\  /
         ___ _ __\ニニニ=-ヘ-==/´ ¨            成人したらそこからも追い出す……!?
     /i:i:i:i:i:/⌒\-=〕iトニニ=-}ニニニ〕iト,
    ,:i:i:i:i:i:i:i:i/    Ⅵ///\=-/ニニ「ニ/           ……まさか、学校の退学、いや、ひょっとして入学も……
.   /i:i:i:i:i:i/     Ⅵ////Ⅵ-=ニニ{ニ〈¨ヽ
.  ノi:i:i:i:/  -=-   }/////Ⅵ-=ニニⅥ∧ ',                           そこまでは、流石に知らないな > シャナ
/⌒¨´   ⌒¨¨    ///////^ Ⅵ-=Ⅵ∧ }
          _ . : : :' //////-=ニニⅥ-=Ⅵ-V         ッ、そうか。悪い、俺が声荒げちまって……
         イ\ __//r<-=ニニニニⅥ-=}}=-Ⅵ_
       / }///Y⌒Y-=ニニニニニニV-=}}=-「ニ}                                    いや、大丈夫 > シャナ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、そんな哀れな少女の物語を語って聞かせれば……予想していた反応のひとつ、
| 赤の他人の為に、激昂する青年の姿がここに。
| そういう反応を返されては、慣れているとはいえ心が痛む。
| 気にせず流してくれればよかったのだが……それは少々贅沢か。
┗───────────────────────────────────────┛
5778 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/24(土) 23:55:15.00 ID:aFSiMmnn
これ憲兵隊にその親戚調べられちゃう流れか?
同期の不当な扱いに怒りを抱いてくれるのは嬉しいが
余計な事にならなければいいんだが……。
5779 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/24(土) 23:56:28.27 ID:tqetCP70
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧  あまり気にしないでいい。
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧ ……それより、憐れまれる方が、少し困るかな。
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|                    あ、ああ……そうか > トーマ
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|   うん、だから人にも、言わないでほしい。
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(   ……なんだかんだ言っても、私はもう成人で、
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、     仮にも士官学校なんて見てきた人間だ。
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\   心配する必要はないよ。
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ                       ……そうか > トーマ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //  うん、そうだ。
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 父が死んでいるのは事実。自分の意思に関係なく生まれ故郷を出たのも事実。
| 事実に嘘を混ぜる、よくある嘘吐きの手法をやっておきながら、気にするななんて言う。
| ……我ながら、大した悪女ぶりだと内心嘆息するシャナ。とはいえ……
┗───────────────────────────────────────┛
5781 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/25(日) 00:06:46.58 ID:U53zDQHU

  〃::::::::::::::::/:::::::|:::::::::::|::::| 斗\:::::::.|  ∨::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::::::/:::::::::::|:::::::::::|::::| |厂  \::|  ∨:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |:::::::/|:::::::::::.从:::::::::|::/ 〃云弍゛X}ア   ∨::::::::::|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|  (ともあれ、これで第一関門クリア)
    |::::/ |:::::::::::/ N:::::::|    iレ i  /   ∨:::::::.|::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
    |/  |:::::::/  .ヽ::::|     込/      ∨/.|   ..ヽ:::::::::|::::::::::::::::::|  (中佐の事だから、親戚の件は実物の虚像を用意してるだろうし……)
    i!   |::::/      ヽi                /:::::::::::::|   /::::::::::|::::::::::::::::::|
       |/    ,ィ'             /::::::::::::::.|b 〆:::::::::::::|::::::::::::::::::|  (念の為あとで、情報部用の秘匿コードでメールを入れておこう)
             ヽ                /::::::::::::::::::|_ ::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::.|
                ヽ               /::::::::::::::::::::.|:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::.|             ああ、そういや衛宮 > トーマ
             丶ヘ         /::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
            /  ̄\     ー――――――――――,ィ'|::::::::::::::::::|  何か、まだあった?
              //////.ハ    |ヽ//////////////////////|::::::::::::::::::|
          ////////ヽ  .斗/ヽ/////////////////////|::::::::::::::::::|
          |//////// : : : : : ///i/////////////////////i::::::::::::::::::i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 少なくともこれで、目先の問題は解決。
| 仮に彼がシャナの知人にこのことをぼやいても、改めて説明すればことは済む。
| もし軍部に掛け合って、キョウトの衛宮家について調べれば……そこはもう、澱の本領だ。
| 水面から眺めて軍を取り締まる憲兵では、水底から軍を探りかき回す情報部はうかがい知れない。
| この手の事態の為に、ダミー用の情報部員とて少なくない数存在するのだから。
┗───────────────────────────────────────┛
5782 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/25(日) 00:17:39.79 ID:U53zDQHU
                \
                `、:\∟ニ∟L」_
            ___、丶`、∧: : : : : : : : 〕iト
          ィi(: : : :ア: : : `、 : : : : : : : : : : : ::\
        ィi: /: : :/: /: : : `、: : : : : : 、: : \: : `、
       /: :/: : :/: / /: : : : ∧: : : V: :`、 : : `、 : :   今は屍肉喰らい……スカベンジャーなんだよな?
.      /:/: : : : : : : : : /i : i :i : ∧: : : V: : `、: : : V: :
     //: : : : : : : : : : : :|_:_| :| : : ∧_: -:V _: } : : : }: :i                        うん、なりたての、5級 > シャナ
      .: :i :i i: :i: : : :/: ! : ! :!`: i: ∧ : : }: : :}ヽ.: .:}: :|
        i.:.:| :| |: :|: : :i: :,.ィi笊ミト\|\:ィi笊ミト、:八: j: :′  じゃあなんだって逆さ十字に?
        |/, | |: :|\:|:、ヾ乂vノ  \ 乂vノノ/ i/:/
.        N.:|: :|: ( \`            ,′jノ7    定期でバイト入れてるとか?
.           N\、: }h。、       `      ,'ィi{:/
           \⌒V:、    __ _    ,.: //                 いや、人手が足りないっていうから……
               V }h。  (: : : ) .ィi /                                いまだけ、しばらく > シャナ
                 ,ィi{ア{〕iト ., ィi{_:_|}iト、
                _/ニ{: j :i :i :i :i :i :i{ニニ\_      (困ってる人のために本職外の仕事を……)
         _ -‐ アニニ[八_|_:| :| :|_:|_八ニニ\‐- _   (いや、遺跡漁りより確実に金稼げるってのもあるだろうけどさ……)
     _-‐7    アニニニ[: : :]:.:| :| :|: [: : ]ニニニム   ‐- _
    /   _{ ‐=≦7ニニニ 八: :]:.:| :| :|: [: :八ニニニハ=- _ i  `ヽ  そうなのか……ともあれ、
.   /  /⌒V  i{ニニニ/:i:i:i:≧=- : :-‐=≦iニニニニ}    ⌒ヽ   V
   ′./   {   ⌒7⌒{. Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|⌒i⌒⌒    i V   V じゃあしばらくはあそこで働くんだな?
  ′ ′\:.{        i |.... ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  |         | ∧
    ′  `i______| |、.. . ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  |         |i/  V  i           一週間後にはやめてるだろうけど > シャナ
   {   ‐= ̄ ̄厂^ :| |:ム. . ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  L____|′  }
   {    i}   i}   | |:i:i:ム/ ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  | ̄ ̄厂 ̄ |='   }    そうか。
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、シャナとしては話に一段落着いたところで、トーマが問いをだす。
| 今度は別段身構えることはない。嘘偽りなく、今の身分を答えればいいだけの質問。
| まあ士官学校で、少なくとも一年の進級試験は突破した元同期が、
| 社会の底辺ともいえる5級スカベンジャーや、まるで士官教育とかかわりのない給仕をしていれば、
| 思わず問いかけたくなる気持ちもわかる
┗───────────────────────────────────────┛
5783 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/25(日) 00:24:44.38 ID:U53zDQHU
         __   _ .-‐…・・・…‐-. . _
       <: : : : -‐ァ : V: : : : : :、: : : : : : : : 〕iト
        <   /: V: : V: : : : : :V : : : : : : : : : : `、
           \: : : :V: : V: : : : : :V: : : : : : : : : : : :V  まあ、今日は話せてよかったよ。
         /: \: : V: : V: : : : : :V: : : : : : : : : : : :V
          {: i: : i: : iV⌒V、 : : : : : : : : : : : : : : : : :  色々、合点の行くこともあったし。
          {: |: : |\|ィ笊7 i\: :i/⌒Y: : : : : : : : : :
           N\j\:! V     V: / /: : : : : : : : ::/                    ……そんなの、あった? > シャナ
           ` ` ノ       r :: : : : : : : : ::/
             `、      . :\i:: :: :: :: ::i/    うん、まあ個人的にな。
               ヽ‐   . : : : : : ヽi: : : /
                 ` 。o≦: : :_.: -‐…〈      取り敢えず、明日明後日もやってるなら、
                    r≦j : -‐===≧s、
                  ,ィi(ニニニニニニニ=\  用事が入らなきゃ俺また行くよ、逆さ十字。
                    /ニニニニニ===---  --==Y
              _ -‐⌒ ア^       V   \  (……多分、あの人も、だろうなぁ)
          _ -<   _ -‐           V     \
         /     >、                      V          まあ、止める権利は私にはない > シャナ
           /     /  V                        /}
        /‐=ミ /   V              i    //..}
          {: : : : :Y     \   i         |     i[  }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、それなりにシャナが(真偽の混じった)昔のことを語り、
| それに一人、トーマが得心の言ったように頷く。
| 合点がいったとは、一体……
┗───────────────────────────────────────┛
5784 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/25(日) 00:30:48.86 ID:U53zDQHU
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧        本当、そういう物言い、昔と一緒だ。
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧               それじゃあ衛宮、また > トーマ
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :. ……うん、また、トーマ・アヴェニール。
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|  (……憲兵が何かしら、動いている?)
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(   (入店の時にも、本業に鉢が回ったと言っていた……)
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、    (こっちに何か嗅ぎ付けたわけじゃないといいけど)
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| また会おう、懐かしむ言葉と共にそう挨拶を交わして、
| トーマはシャナと別れ、フジノミヤの雑踏に溶けていく。
| けれどシャナの胸裏では、先にトーマから言われた言葉が、魚の小骨のように引っかかり……
| その懸念が、思い過ごしだと知るのは、もう少しだけ、あとのこと。
┗───────────────────────────────────────┛
5785 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/25(日) 00:31:08.99 ID:U53zDQHU
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

5786 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/25(日) 00:33:17.56 ID:U53zDQHU
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       日付も変わってしまいましたし、
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      本日のスカベンジャーはここまでです。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     いやぁ、お久しぶりな感じですが、うん、書いて投下していけば、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  しっかり感覚覚えてると実感できます。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  相変わらずシステムメッセージさんが時間食うな!
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li  ともあれまずは、フジノミヤの軍人さんと邂逅、ですね。
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ  彼の残した合点とは、本業とは……その言葉の意味は、待て次回!
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
5787 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/25(日) 00:36:13.13 ID:xMUtjgr9
おつかれさまでーす
5788 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/25(日) 00:36:29.69 ID:KXARiq2Z
5789 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/25(日) 00:37:39.19 ID:b+J5sytg
乙ー
5790 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/25(日) 00:40:26.41 ID:U53zDQHU
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  次回投下は……うーん、未定! 明日はお出かけあるのでなし確定。
         | V        ̄` /    |    ト
         | 人          7   |     〉 でも遅くとも、来週土曜までにはもう一回やりますよー!
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 前日にはここと雑談スレで連絡しますんで、どうかお待ちを。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }    次回はトーマ君の言う「あの人」登場ですね!
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /     その結果シャナやフジノミヤは……ど、どうなるんだろう(困惑)
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、   まあ投下すればわかるさ!
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l   ということでスレ主はもう寝ますん……皆さん、おやすみなさい。
5791 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/25(日) 00:50:23.91 ID:KXARiq2Z
おやすみ
5792 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/25(日) 02:59:37.04 ID:Vd41e+6C
5793 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/25(日) 03:26:00.48 ID:Q4XxShy4
乙でしたー
5794 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/25(日) 21:36:28.11 ID:5kG3ooZV
乙でしたー! トーマ以外にまだなにか厄介ごとが!?
次回も楽しみ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2863-078dab7b