情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その2

5806 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:12:33.32 ID:kQt+nEvQ
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
5807 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:13:40.33 ID:kQt+nEvQ
         _ ‐∧∨:::::i::::::::l:ム:::::::::::::::::::\::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\:::\
          イ/:::∧∨:::|:::::::l:::::ヘ::::::::::::::/:::::ヾ:::::::::::::::::::マ`:::::::::::::ヾ仆丶、
.       /'/::/::/::::ハ::Vト:::::::リ、:::::\:::::/ヾ::::::::::ムヾ::::::::::::マ::::`ヽ::::刈ヽ   ……さあ、明日は地獄の始まりだ。
       /::::ア:::/:::/::::iヾ:V::::::ハ ヽ::::::/ ,ィfチ`ヽ:::::::\ヽ:::マ‐、::::\::::',
.       //:::::/::::从:::|:::::i\:::从   `/,ィf仞′   \ヾ::ヘ'ヾ:::ハ\::::ハヽ
.      /' /:::::::i::::::::i:::i::ト::::i//ヽヾ 、   マ_ソ      ヾハ:ヽ/ヽ':::::i\:i
.        /:::::::/i::::::::i:::l:::::::ハヽ/ム              刈}イ::::::::i  __
.      '::::::,  |::::::/}:::ヘ:::::::刈//〉             ,ヘ从::::/::::::::::::::::::::::::ヽ  ―――    __
.      i:::::/  .l::::/ .|::::从:::::ヾハ〈             / ヾ /:::::::::::::::::::::::::::::::/  //           `>-
.      |::/   l:::i  l::::::| ∨::::∧    _-‐_ 、      ,     /:::::::::::::::::::::::::::::::/  //
.      l/     V  ヾ::l  ∨:i ヽ   `ー‐'          /i::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ | |
.      |      |i    `|  Vi      、      /   イ:::|:::|::::::::::::::::::::::::/     } l
           |        i|      >_イ_ イ::::::|::::|:/::::::::::::::::::/       i !
                           /::::::::::::::|:::::|::::|:::::::|::::|'::::::::::::::::::/        ! l
                     /i::::::::::::::ム:::::|::::|:::::::|::::|:::::::::::::::::::}       丶、
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それはあるフジノミヤの一日。
| 下層区にある酒場『逆さ十字』で働くシャナの目の前に、一人の客が現れる。
| それはフジノミヤで働く、士官学校のかつての同期で、今は憲兵の若手士官、トーマ。
| 彼は去り際に、「あの人」という謎のワードを残して帰り……そして、翌日。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>5583

      好感度一覧        >>5587

5583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:48:00.70 ID:/Re2g0gY
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 291 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮    Lv:1……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
.                 Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
5808 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:14:46.73 ID:kQt+nEvQ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5809 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:14:57.28 ID:kQt+nEvQ
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:.:/[]   /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:.:.:/。  ./.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.:.:.:./    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : |.:.::.:/    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/  ┳
: : : : : : : |.:.:./ []  /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
: : : : : : : | ./    /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
: : : : : : : |/ []  ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄''/ ̄    /.:.:.:.:/        /       /.:.:.:/
:::::::::::/  □   /.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/
:::::::::/      ./.:.:.:.:/         /       /.:.:.:/   ┳
:::::::/ □  /:.:.:.::/        /       /.:.:.:/
:::::/     /..:.:.::/         /       /.:.:.:/
.::/     /...:.:.:/         /         /.:.:.:/
::____/.:..:.::/         /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:.:.:::/        /         /.:.:.:/  ┳
|: : : : : : :|.:.:::/          /         /.:.:.:/
|: : : : : : :|..:./       /        /.:.:.:/
|: : : : : : :|.:/         /        /.:.:.:/  ┳
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          /.:.:.:/
                        /.:.:.:/
_____________/.:.:.:/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |.:.:/  ┳
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |,/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ下層区の大衆酒場、『逆さ十字』
| つい昨日からシャナが働くその店内に……
┗───────────────────────────────────────┛
5810 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:18:06.20 ID:kQt+nEvQ
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /           |  おいお前、どういうつもりだよ……  |
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨            ゝ________________,乂 客A
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'     i:::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈  .ヽ z==彡|:::::i、il:::::::::::::::::.               γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |::il::::::::::::::ム=彡,        i:::::l|:::::::::::::::::::::l|                   |  どういうもこういうも、言った通りだ。   |
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|               |  今日の酒代、お前が奢るって…….   |
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ^  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|               ゝ_________________,乂 客B
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',           |  はぁ!? 覚えねえぞおい!!    |
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.           ゝ________________,乂 客A
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',   (これは……どうしたものかな)
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 極めて当たり前だが、シャナの姿があった。
| 服装は昨日と同じ給仕服。昼前の騒がしい店内で、
| その一角から響く声に、難しい顔をして頭を振る。
┗───────────────────────────────────────┛
5812 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:22:39.32 ID:kQt+nEvQ
             /|  /|  /|
        /! ///|///|///,|
       /| |.|//// .///  /// |/|
      /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ
     /! | | | ! l l //ヽ.///   / |
.     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!
.    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|  俺はすっかりその気だったから、財布持ってねぇぞ(本当は持ってるけど)
    l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .|
.   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.!  ほら、お前先週……依頼でがっつり金入ったってよお……
.   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
   !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l                             はあ、言ってねえよ!
    `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!                  依頼の金だって次の日に使い切ったし > 客A
      l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l
      ! ゙-‐           ,.lト‐'   l    はあ? お前バカじゃねーの。
.     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!
       !、 ___     /   ヽ,.‐'´\
       ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\              (客同士のトラブル……それも金銭絡みか) > シャナ
        ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、
         ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','
               |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','
           /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
          /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
            //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 響く声というのは、なんでもない、客同士のトラブル……
| 今日の支払いについて、どうするのかというよくある言い争いだ。
| ただ、今問題なのは……
┗───────────────────────────────────────┛
5813 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:27:48.16 ID:kQt+nEvQ
           ___    _
           >ー:::::::`´:::::::::;Z._
        ∠:::::::::::::::::::::::::::::::::<
         /:::::::;ィ::ィ ;ハヽ;::::、:::::ヾ   ば……ばかとはなんだお前!
.        1:: ノフjメ._v _>ヘ「ハ. :↑
        h.ヒr',ニヽ_r'ニ.ヽ.〕r|   人に酒と飯たかろうとしてたくせに……!
         |f|| い)-゚ノーペ-t)丿||f|
.        ,ゞ|:u  ̄〈_ _ _〉 ̄ u |K                         だから、お前が奢るっつったんだろうが! > 客B
    _,, -‐''7::: | )(二ニニニつ( |:::ヾ''‐- 、._
‐''"´:::::::::::::::i:::::::ヽ._   ‐一  _.ノ ::::::i:::::::::::::::`'''‐ 俺は言ってない!
::::::::::::::::::::::: |::::::::::ト、 `:ー─‐''´, |:::::::::::|:::::::::::::::::::::::
:::::::::::r',二Yヘ ::::::::ト、` ‐---‐'´ノ|:::::::::r'Y二.ヽ::::::::::  しまいにはてめえ……
::::::: {. -ー{_ノ:::::::::| ` ‐-‐ '´  |:::::::::し}ー- }::::::::
:::::::; ヘ. ',二j )‐''フ|          |く⌒(〈こ¨ 人:::::::
:/:{:::::ヾ=イ::::::|oレ;:====、、 |o|:::::::ヾー''´:ノ:`ー
:::::::::`::ー::フ′:::|:::|´∠二二\ヾ;|:::|::::::::::‘く´::::::::::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 問題なのは、二つ。
| 今にも乱闘でも起こしそうなほど、客が激昂していることと……
┗───────────────────────────────────────┛
5814 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:30:06.36 ID:kQt+nEvQ
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨  (こういうトラブル、どこまで首を突っ込むかは、)
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'     i:::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈  .ヽ z==彡|:::::i、il:::::::::::::::::.   (店によって違うから……勝手に処理するわけには)
      |::il::::::::::::::ム=彡,        i:::::l|:::::::::::::::::::::l|
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|   (……マスター、早く戻ってこないかな)
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、 r つ 。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|
          r'⌒ヽ. 彡.s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.
          (´    `).、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',
         ゝ,___,ノ´__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それを止めるなりなんなりと、さじ加減を決める店主が不在であること。
| 生憎とこの店で働いてまだ二日目のシャナには、どうしてよいものか……
| 例えば実力で両者を制圧するか、喧騒はつきものと放置するのか、軽い注意だけ済ませるのか、
| そう言った対応はどこまでやってよいものか見当がつかないのだ。
| 確か、マスターは奥で調理の手伝いをしているとのことだったが……
┗───────────────────────────────────────┛
5815 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:34:37.86 ID:kQt+nEvQ

三三三三三三三三三三ニニニi}、  `寸三三三三込、
三三三三三三三三三三ニニニニi}    '守三三三三込、   A < ここでお前、ぶっ飛ばすぞこら
三三三三三三三三三三三.ニニノ      '守三三三劣イ
三三三三三三三三三ニi}三三ム、      '守ニ_ィ劣/¨丶、
三三三ニニ   ニニ三三ノ二二二{         トミ=-'    ヽ              (いきり立ち、立ち上がって握り拳……) > シャナ
三二ニ‐‐  ―==ニニ三三三三三}       i            :
三二    ==二二三三`ヽ三三个:.、     { .:.    .:.      ト.
\    ‐=二三三三三三三ム三三三:.、   l i l   ヽ   :.、  }
三三三≧=‐  ニ二三三三三三三三三:.、   ヾト、 .:.、  :.、 i}¨′
三三.ヽ三三三三三三三三三∧三三三三:.、  `ヽ \_ノ¨′  ガタッ
三三三∨三三三三三三三三ニi}三三三三ニ:.、    `ー

              / : ::::::::::::∨ |:::::::::::ヽ::::::i: .:.   / :| : :::::/:: : i:::/::::::::: : ‘,
               / : :::::::::::::::::〉 |::::::::::::∧:: ト、 .:. .   .:|:::::::/:::: : Ⅳ:::::::::::::::::‘,  B < なんだお前、俺とやろうってか?
                / :::::::::::_::斗" /::::::::::::::::‘,::|: : :     :| :::/::::::::: | ∨:::::::::::::: ‘,
.              / :::::::::::⌒Y   !::::::::::::::::::::ハ|: : : .  : :!::/:::::::::::::| 〈::::::::::::::::::::‘,  B < だったら……
           ‘;:::::::::::::::::::‘, /::::::::::::::::::r=x!:    . : : :/::::::::::: : | `≧=x:::::::::‘,
.              ‘; ::::::::::::::::::∨ ::::::::::::::::::::::::: .  . /.::::::::::::::::::::〉ノ´::::::::::::::::: /
.              ‘; ::::::::::::::/マ》 : :::::::::::::::::. ..  /:.: .::(ツ:::::::::::::j':::::::::::::::::::::: /           (それでこっちはポケットに手を……)
                 ‘;::::::::::::′// ::::::::::::::r=xi: ..  . .. .::::::::::::::::>:::::::::::::::::::::::/                  (店でナイフでも抜く気か?) > シャナ
               ‘、::::::| //::::::::::::::::::::::: ! : .     .::::::::::《マ丶:::::::::::::::::::::/
                  \ハ// :::::::::::::::::::::::: : : . . : :.:/::(ツ:::∧ 、 ヽ:::::::::::::/
                /:《/ ::::::::::::::::::r=x: : : : : : :/:::::::::::::::∧ 、 }::: : /
                 〈 :::::::::::::::::::::::::::::::/>-ャァ'::::::::::::::::::::∧∨ヘ::イ  スッ
                >::::::::::::::::::::::::::/: : : : i 〈:::(ツ::::::::::::::::::∧》::::: |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| などとシャナが頭を悩ますうちに、どんどんと二人の言い争いはエスカレートし、
| 遂に二人が席を立ち、傍目にも臨戦態勢と分かるそれに移行する。
| よってここで、もう放っておいて事態が改善するということはありえないとはっきりした。
┗───────────────────────────────────────┛
5816 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:36:13.24 ID:kQt+nEvQ
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨   (仕方ない、いつまでも静観はしてられないし……)
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'ィ.仍爿〉i:::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈´心ヽ  乂ソ |:::::i、il:::::::::::::::::.    (何がしかのアクション、起こそうか)
      |::il::::::::::::::ム.ゞソ,      i:::::l|:::::::::::::::::::::l|
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ^  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 今のシャナは店員であるのだから、流石に店内での乱闘や
| 刃傷沙汰を黙って見過ごすわけにはいかない。
| あの二人組をどうにかするとしよう。
| ……で、具体的にはどうしようか?
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 選択安価 ↓1~3 1D100を添えて、最も数字の大きい選択肢

   1) 穏便に二人組に声かけ注意
   2) マスターを呼びに行く
   3) その他自由記述

5817 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 21:40:13.97 ID:nk9uFd+X
1
5818 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 21:40:38.61 ID:nk9uFd+X
っとダイス忘れてた【1D100:9】
5819 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 21:40:42.10 ID:IEV/LIXW
2
【1D100:46】 
5820 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 21:40:47.84 ID:itzWiyjL
1
【1D100:61
5821 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:43:37.19 ID:kQt+nEvQ
                 _....-‐‐ヽ::ヽ,.≦:フ_
                ,...‐´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
               ,,´ィ:´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
.              /:::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ                                  お客様方 > シャナ
.               /:,イ::::::::::::::::/マ:::、:::、::、::::::::::::::!
              |//:,ィ:/!::/!/  ヘ:',ヽ::、:::、::::::::::}  ああ?
               l/.l/,,i/=!ミ、__,ヘi=ヽl、、ヽ__:::!
                 i!| =ニ゙=i!二i!=゙ニ= i!''|ヽ',:|  なんだ、こっちは今取り込んで……
                  lヾ ___,イ' ̄ ゞ _ ノ' !´j.!|
                 ,,〉!   L   _|       |ノ:::|ヽ                   その取り込みについて少々…… > シャナ
.              ,,/´. .l  rェェェェェェェェr   | ` i. . ',、
           。s≦´./. . . .i ,}────{、  .!  .! . . ヘ.≧. .s。
        。s≦ . . . . /. . . . .l   ====     _ノ   ! . . . ヘ. . . . . . .≧.s。
    。s≦. . . . . . . . ./. . . . . .!`ー 、     ノ ̄   ,,,i. . . . . ヘ . . . . . . . . . . ≧s。
     . . . . . . . . . . . ./. . . . . . |ミ,、   ̄ ̄    ,,イ;;;! . . . . . ヘ. . . . . . . . . . . . . . ≧、
    . . . . . . . . . . ./ . . . . . . |ヾミミー-===-‐彡;;;;/|. . . . . . ..ヘ. . . . . . . . . . . . ./ . ∨
      . . . . . . . . . /./\. . . |  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;; '''''''   i. . . . . . . . ヘ. . . . . . . . . . ./ . . . . ∨
     . . . . . . . . / '. . . . .\. !      ̄ ̄ ̄     l. . .,、. . . . . .ヘ . . . . . . . . /. . . . . . .∨
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあどうも金銭トラブルの様だし、マスターを呼びに行く間に、食い逃げでもされては面倒だ。
| 軽く声をかけて制止を促すくらいはやっておいた方がいいだろう……
| というわけで、シャナは二人組に声をかけ、
┗───────────────────────────────────────┛
5822 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:48:57.29 ID:kQt+nEvQ
                ,.. -   ̄ ̄   、
               ,  ´             `ヽ、
             /       ,.-、-i⌒Y⌒¨¨`}、
          {     , -く _八_}__- //⌒Y
             rく ,ィ´::::,:::::::::::::::::`::< 、/>‐、
                >:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::ヽ\ _{ヽ     他の皆様の迷惑になりますので、
               /'::::,::::::::{:::::::::::::::{::::::ヽ::ヽ::\}´_ 〉::.
           / /::::/:::/:∧:::|:::::::∧::::::∨:∨:::\「::::::     喧嘩でしたらお勘定の後店の外で……
           { .':::/:::/:/,l-l、:l:::::::|´\:::::∨:∨:|:::ヽ::::{
             |:::{::::|:/{/__}∧:::::|   \ヽ:::}:::|ヽ::}::::l                           うるせんだよガキが! > 客A
             {:∧::{:|イ斧刈从:{  ´斧刈Y::/:_:::リ::::{                /〉
   / 〉           ` {从 ヒzV  `\ ヒzV /イ::{ }:::::::::|               | //|                落ち着け安藤、
  ,: /          /::ム :.:.:.:. '     :.:.:. ,、_|:::|':::::::::::l               l~~~^|    その『ガキ』に八つ当たりする気か? > 客B
 / ⌒-、         /:::/:人   、  ,   ム::|:::|:::::::::::::.     「 ̄ ̄}=;_|:::::::::|__
 {   ⌒Y     /::::/::::::/:>     ィ::::::::::|:::|:::::::::::::,.ィ二二二二二二二二__二二         どういう意味だおい…… > 客A
 |   /´      ,:'::::/::,--- 、r-、::`l¨ ´  乂:::「/::/⌒\:::\___r-、____,.ィフ/_ノ
 |  ,       {:::/::/: : : : /_〉--_'   _ /^/::/: : : : : \:::.    〉 `¨ ¨´ ´イ
 |   {    _,从{´: : : : : /_フ   `  ´  ∨::/: : : : : : : : \    乂 j   ,ィ'
    :.   「: : : : : : : : : :r、「_r-、__r-、_r-、_r、/::/|: : : : : : : : : : : `ヽ  /  /
  :.  ',  _|: : : : : : : : : : 〉-r― r--r---r-r:{:/-|: : : : : : : : : : : ,: : } /  /
  '.   ∨人: : : : : : : : : { /  |  :'   |  从l'八: : : : : : : : / : 〃   /
    ,  ∨ `r- -、 : : : | '            /:|: : : :、__/ : : ∨   ′
   ∧   ヽく: : : :\: :八    :.      イ:.人: : : :/: : : : :__,:´   /
  /::∧    ヽヽ: :r; }、:_:}:`: :ー-、r: -: : : :´: : : :/:::` ̄\{):/ /    /
  |:::|  、   イ乂イ::::〈: : : :_ィ介=___: : : 〉----、::乂_、 {   ,′
  {从   `ー::´:::::::::/:::::::_} ̄  ´ '___  rー'    |::::::::、:\_,∧
  /  /:::::/:::::/::::::「 (  ̄ ̄     /⌒Y    /::::::::::\:::::::::::::\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 飲食店の店員らしく笑顔で対応に行ったのだが……ああ、
| どうやら一方は相当頭に血が上っているようだ。
| 平静を取り戻したもう一人がたしなめるも、
| それすら挑発と取っていかりのボルテージを貯めていく……
┗───────────────────────────────────────┛
5823 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 21:54:56.43 ID:kQt+nEvQ
             /|  /|  /|
        /! ///|///|///,|
       /| |.|//// .///  /// |/|
      /| | | .! ! ! ///  ///   .!,.ィ
     /! | | | ! l l //ヽ.///   / |                ああ、俺はガキ以下の青二才だってか? > 客A
.     /|.|./\! | l l /    ヽ/  ///!
.    il |/   `'-‐'´      ヽ/// .|  誰もんなこと言ってねえだろ……
    l||/        ,,. -─‐  ヽ./   .|
.   l/ ̄`ヽ  u r'"´      / ___.!  あーわりいな嬢ちゃん、こいつ落ち着くの、
.   =====、--,:=======〒:f‐、─‐l
   !:::::::::..  / ̄l::::::::::::::::..  ノ |;;|-、}  ̄l   もうちっと待ってくれ……
    `iー--:/    `ー----‐'´ │!-、! ニ!
      l  /  __ )    u   |;l‐' !.─l                                   はあ…… > シャナ
      ! ゙-‐           ,.lト‐'   l
.     l ⊂ニニニニニ⊃   / 'ヽ三三!
       !、 ___     /   ヽ,.‐'´\
       ヽ  ̄ ̄   /    , ‐'´;;;;;;;;;;;;;;;\
        ヽ、   ./  .,.‐'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::ゝ、
         ヽ/|   /;;;;;;;;;;;;: -‐''"´ ̄',',',',','
               |/;;;;;;; ‐'"´,',',',',',',',',',',',',',',','
           /;;;;;:‐'´',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
          /;;;;/,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
            //,',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',','
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| サングラスをかけた方の客は、それなりに落ち着いた態度で、
| 店員であるシャナに対応するのだが……その横では、よほど酔いが回っているのか、
| 激昂した客が絡むように声を上げ……
┗───────────────────────────────────────┛
5824 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:03:33.80 ID:kQt+nEvQ
  l:.:.:.:.:l´l://l/ ̄ ̄`l/ヽ        / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ヽ:.:.:.:.l
  l:.:.:.:.:l '/____.'  ヽ      /  ______ ヽ .l:.:.:.:.l
  /`i、_l \__  `‐'`ゝ、 l―――‐l 、-'`‐´ __/  .l_/ ̄ヽ
 .l / l:.:l l    `‐‐-‐'´  /―――‐l  `‐-‐'´     l l:.:l ヽ .l  アチカラギぃ……それにそっちのガキも、
 .l .l .l:.:l .\        /      .\         / .l:.l .l l
 .l l l:.:l    \_____/l        l .\___/   l:l  l l   年長者様無視してダベってんじゃねえぞ。
  ', .ヽ.l:.l          l        . l          .l:l _/ ./
  ヽ `',l           l         . l          l´ _/                  ああ、すみません…… > シャナ
   `l:.:l            l        .l          l:.l´
    .l:.:l          ヽ__    __,.'          .l:.l      誠意がねえなガキ。
    _l:.:l       i_/i ̄i ̄i ̄i ̄i ̄i\ i      .l:ト
  /: l:.l      /< ̄ ̄ ̄ ̄i ̄ ̄ ̄ ̄ >',      l:l: ヽ
../: : : :l l      ./  `―――――――‐'  .',      ll: : : ヽ
': : : : : :.l .l                           . l': : : : : ヽ
: : : : : : :l .l         ー―――――         . ll: : : : : : : ヾ、_
: : : : : : :.l .\                        /.l: : : : : : : : :!: :\
: : : : : : : l  \                     /  .l: : : : : : : : : : : : :\




.             / ̄ ̄ \        ヽ._
           / ̄ ̄ ̄\   「}厂 {  |   \ ̄ ニ=-  ._
.          /        \:|八__ノ\|:   ___>      \
.    ,. -─=ミ       \ 「 ̄\\/\ \   -─-   ,   こちとら年単位で遺跡潜ってるベテランだ……
    /       \\     /\廴 __」 |//∧   ̄\    ′
.    ′           \\_/   \l \|  /∧      ∨/  l   なめてんじゃねーぞおい。
    |       -─==ニ ̄ ̄ ̄\   |__ .. -─‐ ',     ∨/ l
    |         -==ニ二 ̄ ̄/       ',     ∨/ ト                 (年単位でやって未だに五級なんだろうが) > 客B
.   ,               /         ∧     ∨ |  `
    ′                       / ∧      ∨|     \                 (あの腕の動き、袖の震え……) > シャナ
.    \_ _                      / ∧     } |         \
.      マニニ==──--==ニ___      __,//∧     } |         丶
       マニニニ==─     ∧  ̄ ̄ ∨//////∧   / :|           \
.         マニニ=─       / ∧     ∨//////∧ /  |<             } __
         \    /      / ∧     ∨///// /∨  |\` <_       ,/    __\
.           \ /        ,/ /\     ∨//////:|       \   `丶 _/  _ニフ\〉
              {            \__∨/////,|       \      ー ′
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| なんとか穏便にことを済ませようと苦心するシャナと相棒をよそに、
| 一人でどんどんエスカレートしていく。
| 遂には自分の懐に手を入れ、まるで何かを探るように腕を動かす……
┗───────────────────────────────────────┛
5825 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:09:12.66 ID:kQt+nEvQ
      /::::::/:::::::: |:::::::::::::{::::::::::::::::|::、::::::ヽ\::::::::\:::::::::::\::::::::::::::::::::::.
      /:::::/::::::::::: |::::::::|:: |::::::::::::::::|::{\::::::∨\::::::::\:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::.
      '::::::':::::::::::::::|:::: ∧::ト,::::::::::::::|\ \:::::}/\::::::::\:::::::::∨:::::::::::::::::.
       |:::::{:::::::::::::: {:::: | {:! ∨:::::::::{  \ /,.---、\:::::::ヽ::::::::}:::::::::::::::::::             こいつはちっと、教育が…… > 客A
       |::, !::: !::::::::: Ⅵ:ト 、   \:::::::.  /イ,.ィテ㍉ヽl:、:::::::∨:::|::::::::::::::::::::
       |/ |::/|::::::: |::|Ⅵ== ミ、_ \::::.ー'   {r、::::て} |:::\::::ト.:::!::::::::::::::::::::                だから落ち着けっておい > 客B
       {  ::! {::::::: |::| {/ 斥㍉   \}    比し刈 |:::::::::Ⅵ∨::::::::::::::::::::i
       {:| ∨:::|ム   比jム          ゞ゚-‐'  ;:::::::::::::j〉}:::::::::::::::::::::::.  (……財布を出して、)
          マ:{Ⅵ:ヽ   マz_〉             ,:::::::::::::;'イ:::::::::::::::::::::::::.
            ∨ Ⅵ::::..     、            /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::.  (穏便に済ませようってものじゃない)
               }:::::ム      、、        /:::::::::::/≧-、___:::::::::::::::::::i
               |::::::|込、            ,.:/:::::::://´ ̄  `ヽ、::::::::::::.  (手首をひねらせて、)
               |::::::|   {>  . _   ィ /:::::///          \:::::::ヽ
               |::::::|   ヽ:::::\:::::::::::::::∨::////          ヽ::::::::.  (内ポケットのホルスターに吊るした……)
               |::::::|     \:::: ーイ´/:::/: ///               ∨:::::.
               {:::::ム     ` ー{イ/:::/: ///             ト、:::::.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 冷静な客が相方を諫める間も、ずっと懐をまさぐり続ける男。
| その動きは、シャナに危険な未来を連想させ……
┗───────────────────────────────────────┛
5826 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:11:51.09 ID:IEV/LIXW
酒場でやったらどうなるかもわからないバカだな。
サングラスの相棒はチーム変えた方がいいぞ
5827 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:13:16.42 ID:nk9uFd+X
所詮安藤か…
5828 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:14:59.82 ID:kQt+nEvQ
.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |           必要なん……!? > 客A
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''
====┐ .||/ .| | |l.      | | |               |  | | |    |   < 失礼する!!
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 拳銃を抜くという未来が、現実に移る間際……突如として、酒場のドアが、開かれる。
| それも力強く、勢いを付けて……来訪者が、己の存在を知らしめるために。
| それに酒場に居た一同は、喧嘩も何も忘れて、ふっと視線を動かした。
┗───────────────────────────────────────┛
5829 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:20:28.21 ID:kQt+nEvQ
                          _____
                      . . : : ´ : : : : : : : : : : : `: : : .
                    / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                   . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l : : : : : :ヽ   歓談中の方々は、すまない。
                 / : : :/: : : : : : // : : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : ,
                  . : : : / : : : : : : ': : : : : : : : : : : : :│ : : : : : : : : : : : ,  自分は皇国軍人だ、怪しいものではない。
                  : : : : : : : : : : :│: :| : : :イ : : : : : :│: :/: : : : : : : : :ト\
                │: : : : : : : : : : :|: 廾/‐トミ: : : : : :| :/ |:/: : : : : : : |                                  ぐ、軍人!? > 客A
                | : : i : ヽ: \ : :|:八 弌ラト∨ : : : |云二:∨ : : : : :
                | : : |: : / \l\|   ` ¨  /ノ}八ノ└'ノ /: :ノ:ハ :/    一つ訪ねたいのだが、
               ノ | : |:ノ{ /:::{               〉   // / .}/
                    |:ハ: : :ゝ_ー           /    从/       『逆さ十字』という大衆酒場は、この店でいいのかな?
                /⌒}\/⌒} 入               ,
            ┌─/  /‐ァ  ./ァ⌒ :┐   ⊂二7   / :─:─:┐                              あ、はい……そうです > その辺の客
            i./^ヽ / ./  / /  / :::ト.        /  ̄ ̄ ::/:|                           /⌒l /⌒}
            / / / ,  / /  /| |:::| ニ=-     /     ./::/ :|     そうか、ありがとう。         /  / /  /   /ヽ
            / / /./  / /  /:::| |:::ト .. __` [:.       /::/|:::|                           /  / /  /  / /
            / / //   { /  /l::: |_|:::|.........../::/ ハハ::.     /::/ |:::|                           /  / /  / / //ヽ
            / ノ        / .|::/  〉........./::/./77ハ:.   /::/ ::::|                           /  /ノ  {/ // /
              ′ .::{:::::::::::::::::::.. {::/  /:::i...../::/ ∧///|::   /::/  i:::|                     / /^ 》    // /
     __,.. -=i    }       i    ハ:::::}../::/ / . ∨/:|::  /::/─‐:::|                     //  / .       /
┌=ニ.  ̄    |   .j           ∠二;;;{ ̄ ̄..........∨」\/::/ ̄ ̄=- ..__                    /   /::::::::::::::..  '
│    \   r|            /    ∧ ................. |∧ .. Yニ=ー ....__  ̄ ニ=:、              ′  |:::::      /
. ィ==ミ、 \ .八   : ー=rニ二´      ∧..................|/∧ ..|        ̄ ニ=┐ | |            i    |     /
│    ヽ   / ::\  ::|:: ::|\::\       ∧ ............ |//∧.|         |::| | |            |     |      /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そこに立っていたのは、一人の青年。
| 皇国陸軍の平服を身に纏い、首元には士官……大尉の階級章を付けた、男。
| 登場の異質さはさておき、彼は極めて平穏に、入り口近くにいた客に、
| この店の名前を問いかけ……
┗───────────────────────────────────────┛
5830 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:23:51.49 ID:IEV/LIXW
え?
5831 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:28:07.11 ID:kQt+nEvQ
.           ,:  . . . ...:..:.i..:.:.: |:i::.:i |::.:|:::i :|::::|:::i::|::: |::i::|:| :::;::::
           ′ . . . .i..:..:.|.:.: : |:i ::| |::.:|:::||::|:::i::|:::::|::i ::|:::|∨)::i
            i : :| ..:.i_」ニ|:::-‐|:i¬ |::|:::| |¬:‐-|::ニLj ::|:::[_,〉::::|
            |:|i..:.| ..:.:.i: j.斗r‐‐ト、┴└‐ ┘ 斗r‐-ミ」:|i__|:::|)::::::::|  いかがでしたか、お兄様?
            |八⊥ -‐ヘ〔 {:::し(_          {:::し(_ 八:i:| :: i::::::|
.            i .:.:.i小   V^ン           V^ン   i::: | :: | :.:.|              ああ、深雪。この店で合っているようだ > 青年
.             | .:.:.|::|∧ 、、、、     ,      、、、 、 /|::: |∨|:::..:.
           |..::..:|::i :∧               /个i::|〉〈|::.:..i  まあ、それは良かったですわ。
            | ::.: l :::: i∧      _   _       / : |::i::|∧|::::::|
             |..::.::.::.::.::| :::::...._    `  ´     ...::::::: |::i: |∨|::::::|  あとで中尉殿にはお礼を申しておかなくては。
              |.::.::.:i..::.:.|.::.: / ニ- .         . イ\ ::: |::i:::|〉〈|::::::|
.            |.::.::.:i ::.::.| ::/ /\ >‐-   ´/   `'く|::i:::|∧|::::::|  それでは……
          | ::.::_l ::.::.|:/ ∧   丶、___,.  '′ ∧  ::::i:::|<|::::::|
      _,..  -=ニ二| ::.::.|   i \   /∧   / i  i:::::::|ニニ‐-  _
.       '´{ニ=-‐   |.::.:jノ   |\ \,///∧/ /]  |:::::::|    ‐-ニ_^ト、
     i  、       |: /    |  \_∧/0/∧/  |   |:::::/       / }
     |   \      |八    l       〉ー〈       |   |::/      / /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 青年が問いの答えを得るのにわずかに遅れて、『逆さ十字』にもう一人、
| 少尉の階級章を付けた、軍服の少女が現れる……どうも青年とは兄妹らしい。
| 彼女は兄に店の名前を聞くと、開いたドアから外に向かって小さくうなずく。
┗───────────────────────────────────────┛
5832 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:28:17.92 ID:nk9uFd+X
あ…
5833 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:31:32.44 ID:kQt+nEvQ
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'     i:::',∨ヽ∨:::::.   な、何故あの二人がここに……
      |:::|:::::::::::::〈  .ヽ z==彡|:::::i、il:::::::::::::::::.
      |::il::::::::::::::ム=彡,     u i:::::l|:::::::::::::::::::::l|   目の前で銃を抜かれるより、嫌な予感が……
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、 r つ 。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|                        ……嬢ちゃん、知り合いなのか? > 客B
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',   ええ、まあ……
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.   お客さん、相方さんに、すぐに銃をしまうよう伝えてください。
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',                                     ……え? > 客B
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 情報部の人間だから、というわけではないが、シャナはその兄妹……
| 司波達也と司波深雪の姿に見覚えがあり……彼らがそろってこの場にいるということに、
| 言いしれない不安のようなものを感じて、深雪の視線の先……ドアの外へと気を配る。
┗───────────────────────────────────────┛
5834 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:37:28.69 ID:kQt+nEvQ
            ,....-r::r‐:::-...
           〃.:::::l:::|:::::::::::::::ヽ
              ii::::::::::l:::L.:::::::::.、:::.
              jj, -‐'::ー', =ミ::.\',        先導ご苦労、大尉、少尉。
              /〃⌒i}::::{、_:::)::}:::.\
            ;:::i{ゝイ::Y^Y::::::::/.::::::::::.ヽ      おかげで昼前には到着できた。
           ;::::::.〈:::://l l l\/.:::::::::::::::::.ヽ   ___
           ::::::::::∨=-‐==7ヽ::::::::::::::::::::〉  {::::::::.\                    勿体ないお言葉です、准将 > 達也
          i|:::::::::::.\/////.:::::::>==ミ:/   \:::::::::.\
           乂::::::::::::::.∨///.:// ̄/⌒>‐- >...:: ̄::`丶、                   ああ、やっぱり…… > シャナ
           `¨¨フ777.:://.::,=ミ/.:::::/.::::::::::::i{::::::::::::::::::_:::}
            _ . イ:::::/:/:/.:://.::::{::::::.\/.::::::::::::::::/ヽ.二ニ≠::::::/
        /  //.:::/:/:/.:://.:::::/\::::::.`ァァ‐-<::::i{:::::::::::::`:::く
.       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/\::::::::::::::::::::::::::ヾー-::::::::::::::i
       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/.:::::::}ー--:、:::::::::::::::::`¬:::::::::::|
       \//.:::/:/:/.:://.:::::/:::::斗==:{:::::::::::}:::::::::::::::: ___フ.:::::|
        /l/.:::厶::-‐==≡i|゙::::::::|:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: i(:::::::::::::::::::|
.        /.::{:::::i|⊂⊃ [].:[].:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::.\:::::::::::::::::ヾニニ=-:::ノ
       /.::::{:::::i|⊂⊃ . . : :.:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして、扉をくぐって姿を現したのは……ああ、予想通りというべきか。
| 皇国本領軍において、左官以上にのみ配備される屋内戦闘用装甲スーツを纏った、男。
| 全身を覆うそれの為に容貌は知れず、しかし外部マイクから聞こえる声は、
| シャナにとって耳慣れたもの……
┗───────────────────────────────────────┛
5835 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:40:32.13 ID:8RkTtSIA
うわあwww
5836 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:44:35.19 ID:kQt+nEvQ
                        ィ ´ l!  l! `  .
                          /    l!  l!   ` :.
                         /      .l!  l!      ヽ
                     /        l!  l!        :.
                       /       l!  l!         l!   フジノミヤの憲兵隊詰所で、
                        / ___   .j  :l         l!
                     /.:´     `ヽノ  弋  ____  l!   アヴェニール中尉に聞いたのは、この店だったな。
                 /   ィ==≧_ .∨ .∨イ´   `ヽ{
                   / ./::::! {   ヽ ∨∨ _ ィ´ ̄j`ヽ ∧                          え、何装甲スーツ……? > 酒場の客
               /_/::::::::ハ  \___ ゝY<___ノ リ:::ヽ∧
               ー──‐‐l! `ー‐‐  ..:::: `ー-==/::::::::ハ∧                      同伴の人も軍人さんだし…… > 酒場の客
              _     ∧ ̄ ̄`:.  .:::::  r‐‐- ./、__ハ」、
           ィ ´: : : :..`><  ト、 /  :.x==x ∧. /イ: : : : : : :.j:::::\               でも家宅捜索って様子じゃないよね? > 酒場の客
        ィ ´: : : : : : : : : : : : : :`ヾ∧  /----ll  //l: : : : : : :.リ:::::::::::\
     ィ≡彡-===≧: : : : : : : : : : :.:.:.∧ ./:l:l:l:l:l:l:ll //ノ!: : : : : : /`ヽ::::::::::::\       まあ聖十郎さんだし、犯罪と科はないだろうしね > 酒場の客
  -≦´:::::::::::::::::::::::::>’` <: : : : : : : : : :..∨===、// 丿: : : : / ヽ \::::::::::::>.
  ::::::::::::::::::::::: /´ ̄ `ヽ   `ヽ` <: : : : : : ヽ________ イ {_/l    l r''-≧.::::::::::::::`>、  さて、この店のどこにいるのか……
  :::::::::::::::::::/      \       ̄'' - ,,__う       l l   У  l l  ̄`'' - ,,:::::::\
  :::::::::::: /         ∧         \ \          l l   /    l l      ’'' -             ふむふむ、人探しか…… > 酒場の客
  ::::::::/______   ∧       ∧ ',          l l   j   / /
  :::イ´          `\∧__     ∧ ',       .l l   l   / /
  -=--、             !  ヽ      ∧ ',      l l /l ̄ ̄`'' - ,,_
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 突然の乱入者を前に、酒場の客たちがひそひそと会話を始める……
| その注目の的は、なんといってもそう、散々幕間外伝ではっ茶けた姿を見せてきた御仁……
| 畿内第一独立混成旅団の団長にして、シャナの養父……
┗───────────────────────────────────────┛
5837 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:44:51.97 ID:IEV/LIXW
来ると思ったw
5838 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:46:52.96 ID:8RkTtSIA
せっかく作ったカバーがwww
5839 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 22:47:03.01 ID:nk9uFd+X
来ちゃったよw
5840 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:49:18.13 ID:kQt+nEvQ
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨  ……何でここにいるんですか、准将!?
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'ィ.ィヽ  〉::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈´ yヽ   Vタ ノ|:::::i、il:::::::::::::::::.                              おお、そこにいたのか、シャナ!
      |::il::::::::::::::ム.ゝ' ,   ¨¨  i:::::l|:::::::::::::::::::::l|                  昔のように、お義父さんと呼んでくれていいんだぞ! > 准将
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、 r つ 。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|   今はそういう話してるんじゃないです!
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',                                        え、准将? > 酒場の客
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.                                     おとうさん……? > 酒場の客
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',                    なに、シャナちゃんっていいとこのお嬢様? > 酒場の客
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',                       育ちがよさそうだとは思ったけど…… > 酒場の客
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                      通称、『准将』である。
┗───────────────────────────────────────┛
5841 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 22:55:40.72 ID:kQt+nEvQ
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
        /:::::::/::::::::::::::::::::::::/l::::l  /:::::ト,::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::l
        /:::/l:::::::::::::::::::::::/ l:::l  l:::::/ l::::::::::::::l:::::::l::::::::::::::i
        /:/  l::::::::::::::::/  /:/  l:::/ /{:::::::::::::l::::::::l::::::::::::八   ふぅ、ようやく料理の仕込みが終わった。
       //  /:::::::::::::::/__   i/  l:/ l 入:::::::/:::::::/::::::::l::::::::ト
       {i  /:イ::::::::::::l  ` =l   l:{_ /  7-/::::::/:::::::::::}::::::::i、  あとは恵理子に任せても、
         // l:::::::::::::l、   li    {:i _   ,ィ::::::/::::::::::::::/}::ハゝ-
        // l:::::::::::八`  ̄ヽ   l:i   ̄ /:::ィ::::::::::::::/       今日のお昼は……うん?
        {:l  V:l:::::::::::::ゝ      ヾ   /::/ {::::::/:::::{
        i::l  ゝ,:::::::::::ノ   i      {:ハ >:::l::::::::ト、                           はっはっは、久しぶりだなぁ……
         ゞ:.、  }:ハ:::{    ヽ '       / {::i\::::::::::::::.....、                        どうだ、背は伸びたか、シャナ? > 准将
             // V\   、_ __,  /ト, 、ヾ ヽ:k:::::::::::::::::ヽ
             / / /ハ\       / /: l ヘ、  }:lヽ::::::::::iハ:::l           まだ一月も経ってないのに急に伸びるわけが……
            / l: :l: : :., \  /  /: ::l:i   ,=- _l  }:::::::::} l::l           というか准将、もう一度聞きますが何故ここに…… > シャナ
          イ   l: ::l: : : : .、 ¨   /: : l: l   ヘ   -/l:::::/ ノ
      _    /    l: : l: : : : ::ヽ   /: : : : :l: :l   ヘ    `^ 、                     親が娘に会うのに、理由などない! > 准将
         /    l: : l: : : : : :入 /<: : : : : ::l:: :l    ヘ       =- _
  /      /     l: :l: : : / ニVニニ\: : : l: :/ -=、  ヽ         =- _      ……理由が必要な立場だと思いますが、准将は > シャナ
        /    / V:l: /ヽイニニニニ>'\l::/    \/             、
        \ /   ': : : : : Vニニニニ/: : : : /       \            /
         /     i: : : : : : 〉==〈: : : : :/          >         /l  おやおや、今日もシャナちゃんにお客さん、か……
        /       ',: : : : /=ニニム: : ::/         /        /  l
       \         ,: : :/ ニニニム: /        /        /     l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、精鋭揃いの本領軍でも、更に指折りの最精鋭を率いるとあって、またネタ的な濃さもあって
| 色々な意味で恐るべき男が登場したところで、丁度マスターもお店の奥から姿を現し……
┗───────────────────────────────────────┛
5842 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:01:41.59 ID:kQt+nEvQ
                 _,,,,,,,,,,,----,-,,,,,,,,,,,_、
            ,,,-'"゛      `ヽ `ヽ: `''ー、、
             ,/`          │ ゙l   ‘'i、
         /               ゙l  ゙l    `i、
           ,i´             ゙l  |、    ヽ
        丿              ゙l  |      ゙l   ふぅむ、しかし参ったな。
       丿      ,,,,,,,--―'-、,、  :|  ゙l  .,,,,,,,,,i、,.゙l
       ,!    _,,-'"`    ._,,,,,,,`゙'ー、|  .レ": _  `'゙l  私は本当に、ただシャナに会うために
       | .,,/″  _,,-‐''''"`  ゙゙'''ー⊥ .《/゙,. ゙゙̄''‐,゙l    ここ
       .|‐'^   .,/゛           、 :!`'',i´ ,/---、,、 .ヽ  フジノミヤに来たのだが……
      .,i´   ./   _,,- _,,,,,,,,,,,,,,,,,.゙''i、'l | .,,彡‐"゙゙ミ,`  ゙l
      .,i´   ,i´  _,-,/r'"^,  i、 `,!/.,|,,゙l._,,)   ゙、  ゙l                             ……そうですか > シャナ
     .l゙   丿  、//: l゙  .l゙   `''''" `.--:      "   ゙l.
     .,i´  .丿   .,,,゙''‐ミ,,,_ ."  _,,,-‐ .!  ヮ-,,,,,,,-    │          ああ、失礼。シャナちゃんのお父さんですか? > マスター
    : ,i´  丿    .゙l"ヽ,、`゙゙゙゙゙゙゙゙` ._,-`l゙  ゙l.、、   ._、、  .゙l
    ,l゙  ,/      ヽ、`゙"'―'ニ二―‐|.r'"゙゙ヽ,二ニ,,_ |   ゙l  の、様なものだ。
   ,l゙  .,/       ..,..,/┬''''"゙`  .,,-‐`|   │    `}   ゙l
   ,l゙  丿     ,,,,,--∧ ゙l、      .,/ |゙゙|.'-,ヽ   │ `'i、 ゙l  この子の父親は、私の戦友でな。
  / /    ,lー、,へ、_ \ ゙l-、    .,/ l ゙l ゙l |`ュヽ ー‘  .l.│゙l
  .゙lィ,_、 .__,l゙  `゙',!-ミヘ,,ヽ!、   .,/.| ゙l ゙l ゙l | .|`j,ヽ  r‐ー―''″  一時、我が家で預かって父親代わりを……
      ̄ ̄ │   .│ `゙''-i、彡. .,/{ l゙ l゙." l゙."_|,,|,゙‐' ,,,゙l
      .._,,,〃    ヽ、   `'''-(,,゙l,ニニニニニ┴ー'ァニニ┴        あなたは店主殿かな?
,,,,,,,,--‐''"゛ |、      `''-、            ``  `゙'''''¬――、
          ゙ヽ      .,/ \、.._,,,,,,,,,,,----、                                      ええ、なるほど > マスター
        `-,、   ./   `゙″
          `\、 ./             ,、            おおそうか、邪魔しております。して、何用かな?
            `゙゙゙'''―-----,,,,,,,.  .,,-‐″
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ということで、ギャグ時空に片足突っ込んでた幕間から来ただけあり、
| シャナを相手にも無茶なことを言っている、装甲スーツを着込んだ軍のお偉いさん。
| そんな准将に向けて、帰って来て早々マスターは声をかけに行き……
┗───────────────────────────────────────┛
5843 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:06:05.80 ID:kQt+nEvQ
              ,..ィ::::-=,::::::::::::::::::\
            /:::八::::,,,:i::::i:::::ヽ:::::::::ヽ
            /:::::/::::从~ }:::ハ:::::::i::l:::ヘ::\
          //:::/::::ノl:} /:/_,ト ,:::l::l::::ハ::::::ト.、
         ///:::/::::,イ-{、// __ , l:::l:i::::::}::::l ヾ    ええ、まずはご注文をうかがいに来たのと……
         V {::::{::::::i __ ,, ヾ、   l:::l;:::::::l:::リ
          ヽy::::::::ハ  、    {;イ ゝ::l:从                                  来たのと? > 准将
            }::{::::ム  _  - '   /l:::::人
            ゞ乂::::>、 ''   ,.イ l:::::}ヾ   __ 店内では過度の武装は厳禁となっております。
               ソ __\_ イ__|ゞソ:::::::::::::::::::::::::::::::.....
                ハ }  ∧   ト 、  ̄ ヾ:::::::::::::::::ヽ 装甲スーツに関しましては、
           __  -=/ ヽ l__/  ヽ  /  i --  _}_ヽ::::::::ハゝ、
             / l  イ//ム/ \/   l       >、:::l  装備を外したうえでご入店くださいとご注意を。
       /    /  l  {///   / \-- ヘ     /  l:::ノ
       i     {    l ,ィ-=/  /     〉     /                          ……………… > 准将
           l   l ////  /    /      /    l
      l  l    i   l////}/    /
      l  }    l   {///    /       l
      l {    ヘ  V/    /         l     l
       } l     ヽ/   /                l
        l     /  /
      / il     l /              l      l
      / i     l ^               l      l
     l  l     i ○               l      l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ためらいなく、武装解除を申し入れた。
| 相手が軍人とか、装甲スーツの威力とか、そういうものを、一顧だにせず。
┗───────────────────────────────────────┛
5844 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:10:16.46 ID:kQt+nEvQ
                  .,,,--'r''''''r‐―-、,,、       .- 、
             ,/`  l゙  |     `'.ゝ-、 │  |
            : ,i´    |  l゙       .|  l  |  │  /⌒ヽ
            .l゙     |  .|        |  │ |  |  /  /     ……おお、これは失敬!
            |:   : :   |  | : _,,,,,,,,,,,,_...|  l |  |  /  /  ____ 
              | ,,-,,,, ゙゙̄''イ  ゙l゙,,,,,,-、,,,,`''.|  l .l  l /  //  _,ノ いやはや、親心が先走ってしまいました。
              |l"",,,-ニニニ--''゙,―ー-,," .|  l」  `´     /
          .,i´| .j|`   `| : |`    .i゙l: .,.|           {                 ご理解いただき、ありがとうございます > マスター
          │ .゙l:|゙'-,,,,,,,,,ri,l゙"'トrii,,,,,-,彡",l゙:|            |
         │  ゙li"二,,,,,,,,,,|/ii;|,,---ヽ,,,‐,i´..|            }\   うむうむ、では一度、
         │   'lレ、  ,,/,|,,,,゙l゙lヽ、、 ,l゙,/._ノ           ∧ ヽ
         :|    .゙レ゙l, , |i|'|| ||.|'|._, ゝ─'´         , -─'´ }  }   基地にて脱着してからまた伺いましょう。
         l、    .`ミ||r},|,|,|,.(´       _    _ノ    /    ヽ   
         `゙'―---rr゙'": :=ニ'.ゝ、__,._-‐''´ '人 ̄ ̄      / / / ハ  ではなシャナ、数分で戻るぞ。
             _,,,,/: :)    `'''"   .,,-‐゙   ヽー- 、__/   シ′/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、それに対する准将の対応は極めて紳士的で、
| マスターの指摘ではっと気付いた様子になると、大人しく注意の通り、
| 店の外へ向けて歩いて行く……
┗───────────────────────────────────────┛
5845 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:16:02.76 ID:kQt+nEvQ
     /         ∧   ::   :::\
     /      / /| /:: | |     ::::\
.     /::  ::  / | /:| /:::: | |::| |\:   ::ゞ                ……おおそうだ、帰る前に一つ。そこな御仁 > 准将
    /:::  /|./─|/ :|/:::   _|_|─\  :::ゝ
.    |  :/::/__ ̄ U    __ \:: ::| ……な、なん、です?
     | _|_/__\___/__\_|_::|
..   l⌒| | |.( ̄ ̄o .|   |. o ̄ ̄.)| | |⌒l                      己の言葉には責任を持つことだ。
..   || :||:|: \──/ ̄ ̄:\──/ :|:|:/ |                  それと、銃を抜く時も、よくよく選ぶよう > 准将
.    |δ||  v ̄ ̄ /  v::::|:  ̄ ̄ :::::||:6:|
...   | :)|      /   ::::: |:    U ::::|:( |  は、はいぃ……
     ゝ_|       (_ :::::_)     :::::|_ノ
.   /:: |    )( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)(  :::::| ::\                        では、今度こそ行ってくるぞ > 准将
... /::::::::::|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     :::|::::::::::\
/::::::::::::::|\      ──      ::::/|::::::::::::::\__                        お供します、准将 > 司波大尉
:::::::::::::::::::| ::\            ::/:: |:::::::::::::::::\:::::::
: ::::::::::::::::|   ::::: ̄ ̄──── ̄ ̄:::::   |::::::::::::::::::::\::::
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| その去り際、一瞥して状況を察した准将が、
| 彼がやってくるまで酒場で暴れようとしていた客に、釘をさすように言いつけ……
| 今度こそ、青年の部下を連れて酒場を出て行った。
| 言葉に責任を持て、とは……彼の怒鳴り声が、外まで響いていたということだろう。
┗───────────────────────────────────────┛
5846 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:23:01.54 ID:kQt+nEvQ
              _...-‐≦ ̄ ̄≧‐..._
           _.-≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.                      ……俺、金払って帰るわ > 客A
       /   : /:::::::::::/:::::/:::::::::::|::ヽ::::::::::::::::::::::::.
      ,: .:':: :/::/::::::/::/:::|:::|::::|:::|:::::゙.:::゙.::::::::::  ゙.                       お、おう……そうだな > 客B
      |:|:::|:::::|:::|_/!:::!:::::!:::!::::l:::|: ::::|::::|::::::|::.. |  l
      |:|:::|:::::K:|:::/|:|:::::|゙、:≧‐-:|:::|::::|::::::|::::::::*::|  お久しぶりですわ、シャナさん。
       ヽ从ヽ:kチ≧ミヽヽ::ゝヽ_:::::从::!: :|:::::ハ::::*::l
          |ヽ| 込ソ`    牛茶トミ_::::/:/※::::,'  お変わりないかしら?
          |::::;;          込ソ ノ' }:::,':/7´:::::,'
        ,'::::;;;;    ′       ,':::::/イ::/:::::l                        ああ、まあ……久しぶり。
        ,:::::;;;;;;;;,、  、      ,'::::/:/V::::::::l                       司波少尉は、いま旅団に? > シャナ
        ,:::::;;;;;;;;;;;;;\   ̄  _...イ/:::/:/ヘ7:::::::l
       ,'::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,-:::≦_..-ァ:::/::/ヘ7 :::::::|   まあ、司波少尉なんてよそよそしい。
       ,':::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;//イ ><  /:::/ Yヘ7 :::::::::|
       /..::|;_>‐≦// /|/;;;;;ヽ /::::,'  |ヽ{ :::::::::::|    姉さまか、昔みたいに深雪お姉ちゃんって……
.     /|..:::|  |   ///  |;;゚;;Уア::::|. //  ≧-、|
    / :|..:::|  |  ':/  /;;;/ /,':::::| //     >、                        呼んでない、呼んでない! > シャナ
.   / : :|:::::|  |、/'   /;;;;/ ./ .l::::::|//     /   ハ
   | /: :!:::::! /   /;;;;;;'. /  |::::::|.'   /  .ィチ≧'  あ、マスターさん、メニューをいただけるかしら?
   /.: : |::::::Y    /;;;;;;;' /   .|::::::|─‐/   //_|ヽ/
.  /: : ::::ヽ:::::ヽ.   ,';;;;;;;;' .|  |::::|─/   //>─7                                 はいはーい > マスター
.  ,':/:::,' :::::ハヽゝゝ,';;;;;;;;;i  ヽ  V从※   ヽヽイ/
  l/|::::|::::::::| ヽ.   |;;;;;;;;;;|     ヽ У    /7f::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、後には元々店にいた客とシャナの他には、兄と共に准将の随伴としてやってきた深雪、
| それに店の奥から出てきたマスターが残される。
| シャナの見張り、というわけではないだろうが、一人残された深雪は、
| のんびりシャナと話しながら、数分後に二人が返って来るのを待つつもりらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
5847 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:31:22.73 ID:kQt+nEvQ
               / ` --ー─ - 、
            _ -':. :. :. :. :. :. :. :. :. .: .: .: \
           / フ:. :. .: .: .: .: .: .: .: .: .: . :. :. :. .:ヽ
          l/:. :. .: .: .: .: .: .:\.: .: .: .: .: .:\:. :. .`、
         / /:.,/:. .:/:. :. :. :. .: .: \:. :. .: .: .: .:\:. .;、
        / /:. /:. ://:. :. :. :. : /:. :. .ヽ:. .: .: l.: .: .: ヽ:.\
       l ;/{:. l / /:. :/:. l:. :/ l:. :. /:.l:. :. .: l:. .:ハ:. .:ヘ ハ  それでは少尉さん、ごゆっくり。
       l/ ノ:./ /:. /:. :/:/  |:. / l/_ヽ\l:. :. :l:. :. .: .l{
       { /イ //:. :/_/_ /l:/  |:/ /  _ゝl:. :. :}:. :. ノ.:,ハ  にしても、昨日のトーマ君といい、
       l/:. i// Y:. :.{./ l`_ヽ {  ,ィ_莎ノ l:.从/:. :/ }/
       {:. / {:. :八:.从弋_恣 ' i      l//}:. ./      千客万来だね、シャナちゃん。
        Y:. l:. {:. :.ゝ:. .ヽ    '      {/ノ:.イ:ノ
        l:. i、l 〉、lハ,:.}     、,    /l:/                          昨日も今日も予想外です…… > シャナ
         V^ Y人:.ゝ人:.>.、 、 _ -‐ ' / l/l
    __         >=- 〉ム`:...、    / / {        はは、人とのつながりはいいものだよ。
 /. :. .: .:: ̄:. ::. ー--/:. :./l  \   - <   /  〉 、
 :. :. .: .: .: .: .: _,,. -ー->- / li   \    /  /  {  _    昨日今日で普通の接客は完璧だし、着替えておいで。
 /-ー ⌒        /  li    r-=ヘヘ  /   \    -= _
             /   li    { [三]  V     \        -- せっかくお父さんが来たんだ、
        _   <       li\ _ノ ニニ   }      /          }
   _  -‐     \     li    ニニ   /    /            l ちゃんとお話ししなきゃ。
  {           \    li   ニニニ  /  /
  /             \  li  ニニニニ /   \             /                        はあ…… > シャナ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、マスターはマスターで、初回の注意に大人しく従った准将に悪い気はしていないのか、
| 昨日に続いて今日も、シャナに帰っていいと声をかける……
| まあ、元々普段は彼一人で店内を回していたから、回そうと思えば回せるのだろうが……
┗───────────────────────────────────────┛
5848 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:34:46.15 ID:kQt+nEvQ
.    ,。o==≡==y--Y⌒ヘ⌒ヽ
   /       __( 。r≦二≧s/⌒ヽ_
.  /        斗≦:::::::::::::::::::::::::::\ノ、≧、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::\∨::ヽ  /
       ,イ::::::::::::::|:|::::::ハ:::',:::::::、::ヽ::::::::ヽ::::::::∨ /
       //:::::::::::|::ハ:::::::::|ヽ仆、:::ヽ::ヽ::::::∨::::::∨ /
      〃::::::::::::i!f i!::::::::i ___ヽ::',::ヽ::::∨::::::∨  ……いいんですか、それで?
      i:::i::::::::::::::| _ マ:::::,'ィ.仍爿〉i:::',∨ヽ∨:::::.
      |:::|:::::::::::::〈´心ヽ  乂ソ |:::::i、il:::::::::::::::::.                        まあ、本番は明日からだしね > マスター
      |::il::::::::::::::ム.ゞソ,      i:::::l|:::::::::::::::::::::l|
      ',:i.マ::::ハ:::::ム        !::::l|::::::::::::::::::::::l|  はぁ……じゃあ、上がらせてもらいます。
      'j ヾ从 ヾ::::〉 、  ^  。ri!::::l|::::::::::__:::::::::i|
           /:::/ i:::≧s <__.l|::::l|::::://ヽ、::::::.                   ではシャナさん、お待ちしてますわね > 深雪
            /:::/ .!y、<〃  i:::::|/ ノニニi::::::',
         /:::/  ノ__i//ノ-.i!:::::|孑'ニニニ!:::::::',  ……はい、司波少尉。
           /:::/ ./(  (ソ、  ノi!:::::i'ニニニニi!::::::::.
.          /:::// >イ/ i ヽ´ノ:::::::iニニニニニヽ:::::::'
         /::::,'ニニ/、/__ へ=イ |::::::::|ニニニニニ∨::::',
.      ,':::::,'、ニ/        |::::::::i!__>、ニニニニ)::::::.
      .:::::,'ニ≧i        i:::::::::iニニ \、ニ,:'::::::::::',
      ':::::::iニニ.|          ハ:::::::ムニニ/=- ´:::::::::::::::',
     i::::::::i >''f___。 ry‐/!::::::::',ニニ':::::::::::::::::::::::::::::',
     |::::::::|´ニニニニニ/;;/  .マ::::::::',;,':::::::::::::::::::::::::::::::::',
.    /i!:::::::|ニニニニニニi!;;i  ノマ::::::::',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    ゝ.マ:::::!三三三三ニニ',;ィ‐´,'ニマ::::::::',:::::__ >-====
        マ::::.´ /    `ヽ/コ .v.ニニマ::::::::<´
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 人手不足を理由に、急遽代役を頼まれたシャナとしては、釈然としないものを感じながら……
| 厚意に甘えて、今日のところは仕事上がりにする。
| ……きっと、准将たちは後数分もしないで戻って来るだろうし。
┗───────────────────────────────────────┛
5849 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:35:08.29 ID:kQt+nEvQ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 一旦ここまで

5850 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/12/31(土) 23:36:48.01 ID:kQt+nEvQ
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′ はい、というわけで……
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|  スレ主は年越し蕎麦(蕎麦とは言ってない)を食べに行くので、
       /// ハ  |""      ""}i |
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |    いったん投下はここまでです。
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:    戻ってきたら、続き投下するかな……?
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \  眠気に負ける可能性もあるかもですが!
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ  ともあれ皆さん、よいお年をー
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八
5851 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 23:39:10.01 ID:nk9uFd+X
良いお年をー
5852 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 23:45:14.51 ID:IEV/LIXW

良いお年をー
5853 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 23:46:33.81 ID:itzWiyjL
乙乙
良いお年を
5854 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2016/12/31(土) 23:52:55.84 ID:kE5iGB53
乙、よいお年を
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2864-4131fae7