情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その3

5872 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 21:39:13.24 ID:0u6v1sR7
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
5873 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 21:40:22.86 ID:0u6v1sR7
                __ヾ:.vz __
             , . : : : : : : : : : : :\
            7: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈             中佐、フジノミヤの諜報員から、報告が…… >
            7.: :/: : : : : 从ハ: : : _: : {
            ≧:}レノイ'´    `゙` }rく    ……准将とお付きの士官だろう。
          /.::}从>=、__彡==ミr゙ .':.\
         /.::::::∧ミ乂__.ノ⌒ゝ. __ノノイ.::::::. \  供回りの人数は?
      ,..:::´::::::::::::::::::ハ  厶_ji_   〃::::::::::::::::.`:::.、
     /.:::::::::::::::::::::::::::>'´rー==ミ:、':::::::::::::::::::::::::::::::\                           二人です >
    /.::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄ミz  ` <:::::::::::::::::::::::::::.
   ,:::::::::::::::::::::::/    r彡´二ユ     `ヽ::::::::::::::::::::::,  そ、そうか、二人組……例の兄妹か……
   ,::::::::::::::::::::::∧   r<::〉> ´ <=ミ    ∧::::::::::::::::::::,
   }:::::::::::::::r-く\`フ´::::::://,`´///∧:::::::.>彡/ ヽ:::::::::::::::;  まま、まあ想定の範疇だ、放っておけ(震え声)
.  {:::::::::::::/.\///,7.::::::::::\//,>´ |::::::::::::.∨///イ ∨:::::::::}
.  /.:::::::::://::::\〃:、:::::::::::::///ハ  .|:::::::::::厶斗く:.\∨:::::ム
 /.::::::::::/´.::::::::::::::`::.ノ .::::::::〃//,∧ .{::::::::::::{:::::::::::::::::::::`∨:::::ム
./.::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.::::::::::://////∧|:::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨:::::ム
::::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::{///////ハ.!:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨::::::ハ
         【同時時刻:キョウト近傍、某所にて】
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                       准  将  現  る  。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>5583

      好感度一覧        >>5587

5583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:48:00.70 ID:/Re2g0gY
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 291 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮    Lv:1……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
.                 Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
5874 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 21:41:43.77 ID:0u6v1sR7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5875 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 21:41:55.99 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

                          ィ ´ l!  l! `  .
                            /    l!  l!   ` :.
                           /      .l!  l!      ヽ
                       /        l!  l!        :.    会いたかったぞ、シャナ!
                         /       l!  l!         l!
                          / ___   .j  :l         l!                  なんであなたがここにいるんですか > シャナ
                       /.:´     `ヽノ  弋  ____  l!
                   /   ィ==≧_ .∨ .∨イ´   `ヽ{   父が娘に会いたいと思ったからだ!
                     / ./::::! {   ヽ ∨∨ _ ィ´ ̄j`ヽ ∧
                 /_/::::::::ハ  \___ ゝY<___ノ リ:::ヽ∧
                 ー──‐‐l! `ー‐‐  ..:::: `ー-==/::::::::ハ∧
                _     ∧ ̄ ̄`:.  .:::::  r‐‐- ./、__ハ」、
             ィ ´: : : :..`><  ト、 /  :.x==x ∧. /イ: : : : : : :.j:::::\
          ィ ´: : : : : : : : : : : : : :`ヾ∧  /----ll  //l: : : : : : :.リ:::::::::::\
       ィ≡彡-===≧: : : : : : : : : : :.:.:.∧ ./:l:l:l:l:l:l:ll //ノ!: : : : : : /`ヽ::::::::::::\
    -≦´:::::::::::::::::::::::::>’` <: : : : : : : : : :..∨===、// 丿: : : : / ヽ \::::::::::::>.
    ::::::::::::::::::::::: /´ ̄ `ヽ   `ヽ` <: : : : : : ヽ________ イ {_/l    l r''-≧.::::::::::::::`>、
    :::::::::::::::::::/      \       ̄'' - ,,__う       l l   У  l l  ̄`'' - ,,:::::::\
    :::::::::::: /         ∧         \ \          l l   /    l l      ’'' -
    ::::::::/______   ∧       ∧ ',          l l   j   / /
    :::イ´          `\∧__     ∧ ',       .l l   l   / /
    -=--、             !  ヽ      ∧ ',      l l /l ̄ ̄`'' - ,,_

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| これはつい先ほどの……ほんの数分前の出来事。
| 情報部の潜入任務の一環として、フジノミヤで暮らし、スカベンジャーに身をやつす傍らで、
| 大衆酒場『逆さ十字』で働くことになったシャナのもとへ……准将こと、養父が、現れた。
┗───────────────────────────────────────┛
5876 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 21:44:25.39 ID:ekZ9COF5
軍属なのに任務をなんだと考えているんだwww
5877 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 21:45:56.95 ID:0u6v1sR7
        ,. -‐:'.:.::.:.::.:.:.:;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..、
       /.:.:/:.:.; :.::..:::.:.:.:.':,:..:..:..:..:.:.:.: :ヽ
      /:.:/.:.;'、.::.!.:.::::.:::::.:.::.:.';.:.:.:.:.:.:...  :..ヽ
    /:/j─-- ::_、:._:::::::::..::::.:.';:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:',  急に来るなんて、准将は一体何を……
    レ/        ` ‐- :._;_:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. i
    ', `、   _           `!::.:.:.:.;.:.:.:.:.|  中佐が黙認している以上、特に問題はないのだろうけど……。
.     ',. ヽ   `、ー‐,─r─---!;:::.:.:.;.:.:.:.:.|
      ', ',.     丶 ノ.:.:j ゝ::::::::::!:;::::.:.;.:.:.:.:.|  ……まさか、何かしらの追加指令?
.       ',. ',      `、:.:/' j::::::::;:r!::;:::.:.;.:.:.:.'.|
         ',. ',.     ∨  ';: '´ i:::'::::.;.:.:.:.':.|
        ', 、       \ i   !:::'::::;.:.:.:':. !
        '、丶      \!   |:::;:::::;.:.:.':.:.|
         丶 〉、  :...    ヽ. !:::;:::::;::::::::::|
          ヽ.:::ヽ :.:、:..    '; |::::;:::::;.:.:.:.:..|
          {.:::::!rヽ:.:i.:.:.:.  j |:.::;::::::;.:.:.:.:..l
          /!.;.::ll ヽ:':.:.:.: /j│::;::::::;.:.:.:.:. !
.         ,:'  l:ハ:!l  :.:.:.:// !.|:.::;::::::;.:.:.:.:. |
        {    `ll  :.:// ! |::::;::::::;.:.:.:.:...|
           !      \.:ノ/  ! |::::;::::::;.:.:.:.:.:..!
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな養父の到来に対して、シャナが思うのは再会に対する歓喜より、
| 何かしらの問題があったのではないかという心配や疑念が強い。
| 10代半ばの少女にしては……いやだからこそか、既に情報部と、某所に思考が染まっている。
┗───────────────────────────────────────┛
5878 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 21:46:17.96 ID:KDM8ngs+
潜入任務なのにwww
5879 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 21:48:07.22 ID:ekZ9COF5
工作員だもんね… なお養父とそのお付(ry
5880 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 21:51:06.28 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

                     、、 ノ)ノj______
                 `ヾ三≧ゞムム彡三≦、、
               __..,,、<≧ミヾ彡ミ彡ミ彡ミ彡イ
                >彡彡彡ミミミミミミミミミミミイソ
              ∠彡彳爪爪从从ミ彡ミ彡ミ彡′
              _,ノハ从ノ爪!ヘ川i|i|i|i|トミミミミミえ
               ノノ爪从ハ Ⅵリ川i|/^ヾノノノノ)、、
                 ``<≦ノ从メくア リノハ ,ノノ巛巛《く
                ∠≦ルハヾ      ノ从巛《ヾ、
                    `" ノ__  __   .:′ノハⅣハ!
                          `´、 ..,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、
                     ////////\////////|/////!/∧
                        l//////////∨//////|/////i///
                        l///////////l//////イ///////{
                         ,イ///////////!//////!////////7
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!
                  _Ⅵ////////////j///////∧!///////!
                  j//////////////イ//////く  Ⅵ!/////j
                 ///////////////j!////////>〈///////l
                   【在りし日のシャナの父、衛宮切嗣】

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 衛宮遮那という少女は、その生まれや育ちといった下地からして、
| 情報部という皇国軍の澱に適合している……
| 顔を覚えてすらいない彼女の父、衛宮切嗣は、生前情報部に所属する諜報員であった。
| 生前の最終階級は大尉。
| その後任務中に殉職し、澱の情報部員でありながら、皇国の為に多大な貢献をした軍人に
| 死後与えられる名誉勲章……傷付いた獅子章と二階級特進を授かり、中佐となっている。
| 母は、シャナを生んですぐに亡くなったらしい。
┗───────────────────────────────────────┛
5881 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 21:51:34.92 ID:NGOQjC5O
何かあったにしても普通は准将自ら行くってないぞ?w
5884 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 21:57:29.98 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

               , ィ ´ ̄ `丶
              /    __ _ヽ
             l_ -  ̄  r= 、l!_            久しぶりだな、シャナちゃん。
             /      / ー ') )
               /__ ___ >_//´!            今日から君は、私の娘だ……と言っても、君はまだわからないか。
           /′ノ \    ̄`7\l!
            У´     \   /-‐t-            r┐ 健やかに育ってくれよ、シャナ。
          /       \./__ノ      i`i   ノ ノう
         /         「 `:.           l ゝ‐'' ./' ノ
       /             l!  ',     __,,,,r ト    /
       /           l!\__,,, x ´    ヽ  /
        /             l! /     \      Y
      ./               l!        \  /
     /                ',      _ ,, X´
    ,'               ヽ_ ,, -''
    l                  \j!l
    ※ 都合によりAAでは装甲スーツを着用しています。

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|                                シャナ
| 父を亡くし、母は元より居らず、そんな身寄りのない幼子を引き取ったのは、
| 当時はまだ左官であった准将……
| 情報部に居た父切嗣と、畑違いの皇国陸軍に居ながら、長く付き合いのあった、戦友だ。
| そして高級士官の習いとして、彼は当時から、情報部ともつながりは持っていた。
┗───────────────────────────────────────┛
5885 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:04:39.70 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

         `、.、
           `、.、
             `、.、
               `、.、
                 `、.、
                   `、.、        ,-─- 、
                      `、.、     j  i  t    おお、筋がいいな、シャナ!
                      ` 、、    / ,、 _, t
                        .` 、、 /,-'ー'V-'ヽ.t    今のように、勢いよく木刀を振り下ろしてだな……
                         . ` 、t ヘ/i.i.i∨_;
                        ∠二=j  `i、-└--、_                         はい、お義父さん! > シャナ
                       /./  y  rヾ、ヽ | || ヽ丶
                      i /-ー'/  .j`─--─ 'ヽ__ヽ ヽ        子供に何を教えているのでありますか、大佐 > 使用人
                      j  | /ヽ、/ |..| ̄=┐| |、 ヽ
                     ノ   i   /  | |I Ⅲ j.i | ヾ  ヽ ヽ
                    ノ   ゝ_/i   t└--」 i.|  ヾ  ヽ,、
、                 /        t/ ̄/-  、j i|   ヽ ノヘ
 ゛ `ー─---__     , ノ           i二  ̄ ー、〔 I`i    ヽ ,ヽ、
i           ` ー‐'            ノ / ヽ   ` ヽ-'     `|.( )
.i                         /  /   ヽ__/ ji       ソ/─----- ── -  、
 t                       / /'        i i       `ゝ- '  ̄      ヽ   >
 `- 、                    ///    )    .I i                  ヽ/
    ゝー──── 、         ノ /./    /     j i                   /
              ヽ 、     /  / /    / j     |.i                 /
                ヽ、 r    / 、_   ノ i     | i                /
                  >    / ノ  ` ー  /     | i              ノ
               ,/´     / /ヽ  /  /ヽ、 /´iゝ             く
             /       /  y.  7  j     ノ                )
            ヽ       /  ./   /   t   r´               /
             ヽ、  _ノヽ   /  /   j   /               (
                ̄    ゝ /  /   ノ__ノ/         --─ー- 、ノ
                      /  /ヽ ノ/   ゝ、 ̄ ゝー'` _<
                     / ⌒j     `ヘ___ヽ
                     (    )
                      ー-'

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……情報部の実父からは、シャナ特に何も教わっていない。
| 教わる前に、育つ前に、彼は死んでしまったから。
| 陸軍に所属する無骨ものの養父には、彼の得意な剣術を習った。
| はじめは、ただの親子の遊びと、その延長として……
┗───────────────────────────────────────┛
5886 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 22:11:05.90 ID:ekZ9COF5
教えるんだったらもうチョイ系統だった剣術をしっかり(ry
5887 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:11:11.36 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

           ,x==一
          /     -―――- 、
         /./  /          丶
         {.:{_,/              : 、
         `7¬  . :{  ヘ   ヽ 丶   ',
         ,イ"/ // : |  ヾ  、: : ヽ: ハ   l   では准将、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。
        〃l :l l ト、:∧  ! \,ヽィ:l : :ハ:   |
.        {! | :l | N ,ヽハ: l '´_ヽ\、!: : : . : : :|   ……しかし、旅団の方はいいのですか?
         | :lヘl∧代ヽ\! イi丁ヾ ル : :L: : : :|                                        きたえ
         ヽリヽ ハ V;j   V_;ソ,/ ア: }シ: : : |                  書類にサインをするのと、大事な娘を守るのとでは、
            .Y:ゝ"  _  " ノ; : ;7:/: : : : |                                私はいつでも後者を選ぶよ > 准将
            / ̄> `.'_, .ィ´リー、リ: : : : : :|
            |      \ム/  \: : : : : |   はぁ……
             ',    __, 〉     〉 : : : |
 |\          \_ 7´,-‐、>'ヽ.r‐-、_/: : : : : |
 ', ! ` 、,         `〉\  \ |   !、: : : : : |
  '.,\   ``'' ー- ..,,___く   ヽr-、_ヽ _| \: : : : |
.  \ `'' ー--        ̄ ̄]] |r'∩_)⊃:\: : |
    `'' ー-------─ァ::::'''::7"´l_」-イ:::O::',::::::::::::ヾ、
           r<:::::::::::/::::::::::::::::::!:::::::::::',::::::::::::::::〉
           \::::::::::/::O:::::::::::::::|::::::::O::',::::::::/
            / ヽ::/::::::::::::::::::::::」::::::::::::::::: ,. ヘ.
           ,ヘ、__`アー----、__/‐く   ',
          ., '   , ´            ヽ.  ',
         /  /               ':, ',
        ./、_/                 ∨ハ
        /ヽイ                   ノ- ハ
       〈___)                 (____j

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やがては、幼くして情報部で働くシャナを、生かすために。
| そこにあったのは娘に無事であってほしいという親心であったり、
| 昔遊んだのと同じ事をやりたいという親心であったり……
| まあともかく親心が主成分ではあるが、傍目にはただ質実剛健なばかりの家庭。
┗───────────────────────────────────────┛
5888 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 22:11:52.83 ID:ekZ9COF5
親バカである
5889 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:18:35.23 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

           , -=‐、_
            ( d.r‐d  馬鹿者め、衛宮……よりにもよって
.             _Y、ヘ_r'
          /‐-`=i   最後の実地任務で倒れおって。     __
          Y⌒,'//|                                .ヘヽ
             {  '///i                            | .|||
             | ','////i                               | .|||
.            { '////.!                           | .|||
            ト './//ハ                               | .|||
            ||_|//∧                           | .|||
          ~i7 V//'''                           | .|||
           ,`=’./i                                | .|||
              i  '/i                            | .|||
           〉 '/j                                | .|||
           / ,/ィ                             | .|||
             i .'//|                   、 。.        | .|||
              |. '//|                  ,=ヨ@@,.     | .|||
           } ''/イ                 x'´  `ヨ@^_二ニ!=-!―=¨¨¨ ̄
 ー―--==ニニ__{,,,//、           _二ニ=-―=¨¨ ̄
            ̄ ̄ ̄¨¨¨¨¨¨¨ ̄ ̄ ̄

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 衛宮遮那と、衛宮切嗣の身近な人間、というならば、もう一人……
| 同じ情報部に所属する切嗣の同期であり戦友、そして今のシャナの上司、碇ゲンドウ中佐。
| 情報部に巣食う、一角の澱である。
| シャナを引き取りこそしなかったものの、切嗣との仲は、決して准将に劣るものではなかった。
┗───────────────────────────────────────┛
5890 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:27:40.88 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

             /::::              、:\
          //::::             :::\:ヽ
           イ::/:::::.......       ,    .::::\:ヽ!  ……そうか、衛宮の娘がESPを。
         i/:::/::,::::::::::::......../ ,ハ.',...:\::::::::ヽ!
            イ〃/://,::, ::://::/::/:,!l、ヽ\:ヽ::ヽト                    ……ご存知ですか、少佐? > 当時の部下
         i;イ/:;.イノイ/jハ/ l/ノ ' j;ハヾjヾ}::_ミ゙
          ハヘィ       、 ,.      ヽ.}fハ   昔の同期だよ。今は下がってよい。
          ', ハf{、,>=ヮ‐、j_i_rr=ヮ<__/ij、 j
           Λ ミj {::`ーァ7´〉ヽ:`ー‐':ノ,. iリ ∧                                    は > 当時の部下
           /:::::7ヾ,`フ´./ ./`! ` ̄´ ' jfイ:::::\
       _,. -〈::::::::「`Y´ // ノ‐'^ _  ,イ! j::::::::::::|\     (転移絡みのESP持ちとあっては、)
  _,, -‐''´::::::::::::', ::|/ ./ /  /―ァ'´ 〉ィチ'' /::::::::::: j::::::`ヽ、_
゙´::::::::::::::::::::::::::::: ヽノ,' ノ /  /.,,/ ,.ィfjル''/:::::::::::: /::::::::::::::::::`¨ (正規軍の左官程度では止めようがないか……)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   '′ 〈/ .,.イ屮‐'´|:::::::::::::::,.'::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::i        r' ̄   ,|:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::  (つくづく恨むぞ衛宮。お前が生きてここにいれば……)
:::::::::::::::::::::::::::::::::::|          /_ _, ‐' |_,/:::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.        /        「::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| やがてシャナが成長し、後に【縮地】と銘付けられる、自己転移に類するESPを発症した時……
| 配属が半ば強制的に決まった情報部で、彼女の身柄を部下として引き取ったのが、
| 当時から某所にオフィスを持っていた、この碇中佐だった。
┗───────────────────────────────────────┛
5891 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 22:31:57.39 ID:ekZ9COF5
手元に置けたのが不幸中の幸いだ
5892 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:37:57.28 ID:0u6v1sR7
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :

                __ヾ:.vz __
             , . : : : : : : : : : : :\
            7: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
           /. : : : : : : : : : : : : : : : : :〈  久しぶりだな、などと言っても、
            7.: :/: : : : : 从ハ: : : _: : {
            ≧:}レノイ'´    `゙` }rく   君は覚えていないだろうが……
          /.::}从>=、__彡==ミr゙ .':.\
         /.::::::∧ミ乂__.ノ⌒ゝ. __ノノイ.::::::. \                   前に会ったことある……んですか? > シャナ
      ,..:::´::::::::::::::::::ハ  厶_ji_   〃::::::::::::::::.`:::.、
     /.:::::::::::::::::::::::::::>'´rー==ミ:、':::::::::::::::::::::::::::::::\  君がまだ赤ん坊の頃だ、忘れていい。
    /.::::::::::::::::::::::::> ´    ̄ ̄ミz  ` <:::::::::::::::::::::::::::.
   ,:::::::::::::::::::::::/    r彡´二ユ     `ヽ::::::::::::::::::::::, とはいえ、私は知り合いだからと言って、
   ,::::::::::::::::::::::∧   r<::〉> ´ <=ミ    ∧::::::::::::::::::::,
   }:::::::::::::::r-く\`フ´::::::://,`´///∧:::::::.>彡/ ヽ:::::::::::::::; 悪戯に贔屓をするつもりはない。
.  {:::::::::::::/.\///,7.::::::::::\//,>´ |::::::::::::.∨///イ ∨:::::::::}
.  /.:::::::::://::::\〃:、:::::::::::::///ハ  .|:::::::::::厶斗く:.\∨:::::ム これから君はここで、
 /.::::::::::/´.::::::::::::::`::.ノ .::::::::〃//,∧ .{::::::::::::{:::::::::::::::::::::`∨:::::ム
./.::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.::::::::::://////∧|:::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨:::::ム よく学び、よく育ち、よく働きたまえ。以上だ。
::::::::::::/.::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::{///////ハ.!:::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::∨::::::ハ

     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :: ... .,..,.     ''"''"'" ;:. :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| かくして、10歳に満たない幼子は、旧文明における基礎教育を満了するより早く、
| 大人の世界である軍部、それも底に沈んだ澱である情報部にやってきた。
| 幼く柔軟な脳は、当時少佐だった碇中佐の言う通りに、よく学び、よく吸収し、よく育った。
| 育ち切っていない体格故に正面切っての荒事には向かなかったが、
| 逆に隙間に潜り込むには便利な小柄な体躯と、視界さえ届けばどこにでも行ける【縮地】、
| それに幼い時分から仕込まれた技術から、多くの潜入任務をこなすことができた。
┗───────────────────────────────────────┛
5893 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 22:38:54.07 ID:ekZ9COF5
ハードやなぁ
5894 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:44:00.02 ID:0u6v1sR7

/:/  /; ' / .:::::://  ::;'::;'!:::::/|;;;;/ ';:;;{ ヽ;::. ト、::::....  ';::::}
:;'   '  ' ::::: :/!{::;; -‐''''´  ̄/7ヽ ';::!`>--ーーー---' ,,,,___
{     ,'::;;; -‐''´      // ,> ''' ´              ヽ、
   , -‐''´       _,,,,,/,.'ニヽ、                  !
  /       , -‐'´       ヾ;、                ,l  (情報部が陸軍の将官を使うなんて、普通ありえない)
  !       ,,'  i  ,  ,   ,  __,}}               / }
  ',      /{!  j: j  j  /-<´ : }}           ,    ' :;'  (けどだからこそ、中佐や准将ならやりかねないとこだけど……)
  ',  - ,,_/ ,'`i‐'‐-'--'、_,,>、ヾ', :}}     , --‐、='T''''    /
   ',    / ' /::    `ヽ,,_,ミヾヾ;ハ , -=ニi {   V{    , /    (追加指令や支援要請はない、というのが中佐の指示だった)
   ヽ ';'  j j::  _,,, ,-‐'´{ { i ̄´`''''´  ノヘ',   ',ヽ、 / /}
     V  j j;/ j'´j   ト、ヽ、_ ,,,, // :',.',    ', X,ノ' }    (それがどうにも気にかかる……)
    /   jノヘ,  ノ    ! ` ー--- ‐''´ , ' :';.',   ','   j
    ,'/   ,ハ,  V     :',      , ':, '    ';.',   ',  l /
    !  // :ヽ/ /           :/     ';.',   ', !'
    !  ,'.,'::  V                  ';.',    !
    ! :{ {::   :{  ,      ;'             :';.';:   }
    ', { {:::   {        :::!    ,       .::;ハ ;   j
     ヽ,, ';   ::',       :{          .:::/ :}.}:  ,'
      ヾ、  ::',、      ::;        .:::::::/  }.}  /
       \ ::;'    !     ;:     ..::::::::;'{  :j.j ,'
         ヽ,{   ::j      ';:     ..:::::::::;' ! //ノ
          !  ::::;'      ';::   ..:::::::::::::::{ //'
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| とまあ、衛宮遮那という少女の半生は、こんなものだ。
| 血筋からして澱の人間、育った過程は、質実剛健な軍人の家や、明らかな澱の情報部……
| この生まれ育ちで、天真爛漫な普通の少女に育てと言う方が、土台無理な話だ。
| ……だから、ただ養父が会いに来たという状況に、まず軍務や情報部の事を考えてしまう。
| それが、衛宮遮那という人間で……
┗───────────────────────────────────────┛
5895 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:51:45.89 ID:0u6v1sR7
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|  ……それともまさか、
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/    本当にただ私に会うためだけに、
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /      畿内からここまで……?
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '     :.:.:.:.:. }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|  :.:.:.:.:.:         、      八::!                        シャナちゃーん、お父さん達来たよー? > マスター
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧        あ、はい。もう出ます!
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!       (……あながち、ありえないとも言い切れない)
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !///{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 最近になって、こんなことも、考えられるようになったのが、今のシャナなのだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5896 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 22:54:51.14 ID:kXhTO3sk
にやにや
5897 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:58:17.94 ID:0u6v1sR7
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5898 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 22:58:28.86 ID:0u6v1sR7
                     _ -   - ._
                 , <///////////>,、
                  //////////////////,ヘ
                ///////////////////////ヽ
            /////////////////////////ヘ   
              ,イ//////////////////////////ハゝ
            -'"イ///////////////////////////l   しかし、こう日に何度も全力疾走を繰り返すと、
.            l///////////////////////////,l
.             l////////V///////lV,ト、///////リ   流石に多少は疲労を感じますね。
              lV///// ーV、/////-Vlー\'/////
            l.V///,ト、_,.! ヾV// '、_ヾ_,.イ////                     なに、シャナに会えたことを思えば、この程度 > 准将
.       /,     Vl.V小  ̄´  ,イヾ!    ̄ ノ从ハ{
       / ,.'      ` V 、    :、       /リ      流石です准将。
.       / /   rー、. , 、 ./ヽ          イ .l
.      ,'   r‐ノ.  ' { l/   ,. 、 r―-、 //.! .; l=-_
.       / '.、  :. .l} .!、  .l \ 二 イ / .l./| lニニー-_
.       ,' ヽ 、   .!  l.ト、  、 \.__/   ' l l  ̄ ―=ニニ-_
    ,.-={. 、        ハ \ヽ  ./::::::',  / .}/         ̄‐==ヽ
    i.  ヘ         / .l / ヽ\.{l::::::::ト /!  '     /   __` !
    ト 、 ヽ     __L l/__-=!  }:::::/  /=_   { /   ./ __ヽl
    }::l l   \   ./   ヽ   _l  !::::l  /  ̄-ニ-j/  / /::::::::', !
    ';:| | ヽ ', ヽ/      .Vニニ', .|:::::| ./-_   /   ,' /:::::::::::::j.!
     }l j   \!./        ヽ´   V::::::l/ ̄ニ7  j   .! l::::::::::::::/
.    j'./     /      /,l\  V::::/ .,イ=7 /.i.     V ヽ::::::::/
.    |´    .\    ', // .l.  \.V/ .iニr"/,..-ノ    `ー ニ/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、着替えを終えたシャナが店の奥から帰ってきて、店内に足を踏み入れた時……
| マスターから声がかかった通り、本当に准将と司波大尉の姿が店内にあった。
| ……全力疾走とは、まさか上層区にある駐屯軍本部からここまで、
| 徒歩で往復してきたとでも言うのだろうか。それも、たった数分で。
┗───────────────────────────────────────┛
5899 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:07:18.95 ID:0u6v1sR7
              _...-‐≦ ̄ ̄≧‐..._
           _.-≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       /   : /:::::::::::/:::::/:::::::::::|::ヽ::::::::::::::::::::::::.
      ,: .:':: :/::/::::::/::/:::|:::|::::|:::|:::::゙.:::゙.::::::::::  ゙. お疲れさまですわ、准将、お兄様。
      |:|:::|:::::|:::|_/!:::!:::::!:::!::::l:::|: ::::|::::|::::::|::.. |  l
      |:|:::|:::::K:|:::/|:|:::::|゙、:≧‐-:|:::|::::|::::::|::::::::*::|  マスターさんがハーブティーを入れてくださったので、
       ヽ从ヽ:kチ≧ミヽヽ::ゝヽ_:::::从::!: :|:::::ハ::::*::l
          |ヽ| 込ソ`    牛茶トミ_::::/:/※::::,'   是非お飲みください。
          |::::;;          込ソ ノ' }:::,':/7´:::::,'
        ,'::::;;;;    ′       ,':::::/イ::/:::::l                おお、私達の分も注文しておいてくれたのか > 准将
        ,:::::;;;;;;;;,、  、      ,'::::/:/V::::::::l
        ,:::::;;;;;;;;;;;;;\   ̄  _...イ/:::/:/ヘ7:::::::l                                 ありがとう、深雪 > 達也
       ,'::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,-:::≦_..-ァ:::/::/ヘ7 :::::::|
       ,':::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;//イ ><  /:::/ Yヘ7 :::::::::|    いえいえ、この程度はなんとも……
       /..::|;_>‐≦// /|/;;;;;ヽ /::::,'  |ヽ{ :::::::::::|
.     /|..:::|  |   ///  |;;゚;;Уア::::|. //  ≧-、|     シャナさんもすぐ、着替えを終えて戻ってきますわ。
    / :|..:::|  |  ':/  /;;;/ /,':::::| //     >、
.   / : :|:::::|  |、/'   /;;;;/ ./ .l::::::|//     /   ハ
   | /: :!:::::! /   /;;;;;;'. /  |::::::|.'   /  .ィチ≧'
   /.: : |::::::Y    /;;;;;;;' /   .|::::::|─‐/   //_|ヽ/
.  /: : ::::ヽ:::::ヽ.   ,';;;;;;;;' .|  |::::|─/   //>─7
.  ,':/:::,' :::::ハヽゝゝ,';;;;;;;;;i  ヽ  V从※   ヽヽイ/
  l/|::::|::::::::| ヽ.   |;;;;;;;;;;|     ヽ У    /7f::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 当然、准将たちの歓談する席には、店内で待っていた深雪の姿もある。
| 疲労を見越して、先にお茶を注文しておいたようだ……
| しかしこの店、酒場の癖にハーブティーなんてものも出てくるのか……
┗───────────────────────────────────────┛
5900 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:15:14.83 ID:0u6v1sR7
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ                              ほら、噂をすれば…… > 深雪
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧  お待たせしました。
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|  ……相変わらず、准将も大尉も、足が速いですね。
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|                      なに、本気の衛宮さんには劣ります > 達也
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(    だといいんですが……
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、               ふ、まったく固いな、シャナは。ここは軍ではないし、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\            身内しかいないのだ。お義父さんと呼んでいいのだぞ? > 准将
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\  いえ、そういうわけにも……
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ戦艦ヤマトパフェなんて出てくる店なのだ、『逆さ十字』は。
| 今更見た目優雅なお茶やお菓子が出てきたくらいで、驚くのも無粋だろう。
| ともあれシャナもすぐに准将たちの席につき……
┗───────────────────────────────────────┛
5901 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:20:03.64 ID:0u6v1sR7
.   \      \ \     | ,,,--''''' ̄  | //_,,,,,,--┐ ..| /  _,,,...---
.       || ̄ /l‐|、-/l...\┌' ̄|    _,,,,-ゥ/i`ヽ、   .|ィ-ァ| | 「 ̄   .|
.       ||  ./,' | | |、| ̄''''ー-____,,--''''',,,-'''~/  \|.. .// | | |    |
.       || //==| |=|/ー-< ̄__,--''  ̄   /.     //.|  | | |    |
―--,,,___||_// ┌| |‐---,,,,__ ̄| | |    .     //  |  | | |    |   < ああもう、案内するって言ってるのに、
___ .||l /| | 'l |     | | |         /'''~.     |  | | |_,,,,--|--''''   引き留める間すらなく……!!
====┐ .||/ .| | |l.      | | |               |  | | |    |
    ||  ||/ .| | '!      .| | |               |  | | |    |
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |    |
――||―||  | |         | | |               |'.―|‐.| |-,,,,,__ |_,,,,
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |--'''' ̄|'''''--
    ||  ||  | |         | | |               |  | | |‐-,_____|
    ||  ロ(()==|       .| | |             \|  | | |    |`''--
    ||  ||  | |.      / .| | |               |\..| | |    |
    ||  ||  | |./  /   .| | |             \|  \ |,,,,....--- |----
    ||  ||  |/  /..   .| | |               |\..| \   ___|,,,,,,,,,,


      /: : : : : : : : : : : : : : :. :./: : : : :. :./ : : : : : : :|
.     |: : : : : : : : : : :. :. :./: : :|: : : : : :./: : /:.:. : :.|
.     | イ: : :/: : :. :. :.//.:.:. :.|: :|: // /∨: : :. :.|     ほう、このハーブティー、中々……
.      / | : /: : : : : :/ |i : :. :.|: :|  / 廴__ ∨:.:.:/:|
        |:./: : : : :. :.{  从: : : | /     ̄`///: :|      マスターか厨房の料理人か知りませんが、
.      j/|: : : : : : : \  \: |      / ∨:.从
         |: : : : : : : : /   \        ∨       よほど腕がいい様だ。
   ┌―――――――――‐┐        ┘
   |              |i:|    ー‐ 」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}                 大抵の場合、お茶や飲み物は
   |              |i:|:       ∧                         マスターがカウンターで入れてますよ > シャナ
   |              |i:|〕ト  .,___/  ',          /
   |_________     |i:| ‐┐ |i:i|.   \       /} なるほど……いい店だ。
. /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\.  |i:|ニニ|  |i:i|   |: ≧=====≦ く
 / ̄/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ \i:\. |i:|ニニ|  |i:i|   〈   / ̄ ̄   }
.   /‐=¬冖冖¬=-  \i:\|ニニ|  |i:i|   |   (_,, -‐…‐ |
               \  \i:\=|≧s。〉,_┌〈  〔___   '
               \ ┘i:i:iハ¬==ミ |\\     ゝ/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| それと同時に、荒々しく店の扉が開かれる……本日二度目の出来事である。
| ちなみに一度目の下手人は、そこでハーブティーをすすっている正規軍大尉殿だ。
┗───────────────────────────────────────┛
5902 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 23:20:53.76 ID:kXhTO3sk
誰かな?
5903 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:29:14.49 ID:0u6v1sR7
        _ ‐∧∨:::::i::::::::l:ム:::::::::::::::::::\::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::\:::\
         イ/:::∧∨:::|:::::::l:::::ヘ::::::::::::::/:::::ヾ:::::::::::::::::::マ`:::::::::::::ヾ仆丶、
.      /'/::/::/::::ハ::Vト:::::::リ、:::::\:::::/ヾ::::::::::ムヾ::::::::::::マ::::`ヽ::::刈ヽ                       やあ、いらっしゃいトーマ君 > マスター
      /::::ア:::/:::/::::iヾ:V::::::ハ ヽ::::::/ ,ィfチ`ヽ:::::::\ヽ:::マ‐、::::\::::',
.      //:::::/::::从:::|:::::i\:::从   `/,ィf仞′   \ヾ::ヘ'ヾ:::ハ\::::ハヽ   ああマスター、丁度いいところに。
.     /' /:::::::i::::::::i:::i::ト::::i//ヽヾ 、   マ_ソ      ヾハ:ヽ/ヽ':::::i\:i
.       /:::::::/i::::::::i:::l:::::::ハヽ/ム              刈}イ::::::::i  __ 今人を探してるんですが、この店に……
.     '::::::,  |::::::/}:::ヘ:::::::刈//〉             ,ヘ从::::/::::::::::::::::::::::::ヽ  ―――    __
.     i:::::/  .l::::/ .|::::从:::::ヾハ〈             / ヾ /:::::::::::::::::::::::::::::::/  //           `>-
.     |::/   l:::i  l::::::| ∨::::∧    _-‐_ 、      ,     /:::::::::::::::::::::::::::::::/  //
.     l/     V  ヾ::l  ∨:i ヽ   `ー‐'          /i::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ | |
.     |      |i    `|  Vi      、      /   イ:::|:::|::::::::::::::::::::::::/     } l
          |        i|      >_イ_ イ::::::|::::|:/::::::::::::::::::/       i !
                          /::::::::::::::|:::::|::::|:::::::|::::|'::::::::::::::::::/        ! l
                    /i::::::::::::::ム:::::|::::|:::::::|::::|:::::::::::::::::::}       丶、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、今回扉を荒く開いたのは、またしても軍の青年士官……
| 正規軍とは違う、憲兵隊のブレザータイプの制服を纏った若い男。
| 昨日シャナと再会したばかりの元同期、トーマ・アヴェニール中尉である。
┗───────────────────────────────────────┛
5904 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:37:35.83 ID:0u6v1sR7
                         __ }\}、
                   _ ィニ¨ ̄     ⌒\}八
               /  {  {   丶  \ 、
               イ/  /{  { 从\\   ヾ                   銀髪の、壮年くらいの男性が…… > トーマ
            _从 _彡从  {  { \ \\ ハ
             /{_   ( {\{\{尤 \ \\ j|
            从二  \ 八     }_ 〉}/}/}/}    む、その声はアヴェニール憲兵中尉だな。
              /乂厂  ̄ ̄≧=、 -‐ /
               /ニニニニニニニニ=\`/         どうされた、探し人か?
            _ =ニニニニニニニニニニニニ≧=──────── - _
.            /ニニニニニニニニニニニイ  ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニハ   ええ、ちょうどそこの人みたいな……って > トーマ
           /ニニニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=∧
.          {ニ_ -=≠¨ ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl∧
             ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∧
             |ニニニニニニニニニニニニニ=_ イニニニニ_-=≦ ̄ ̄∨ニニニニニニ=∧
             ∨ニニニニニニ_ -=≦ ̄ニニニニニニニニニV∧    Vニニニニニニニl∧
.            \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_V∧    Vニニニニニニニニ!
             ト、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニV∧    Vニニニニ_八
             |ニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }    } ̄ ̄ ̄ ̄  }    <´}
             |二∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} }     }_____.ノ<´i:i:i:i:i:i:i}
             |二=∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ~} }  _厂 / __ノ__ノi:i:i:i:i:i:> ´
             |ニニニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }⌒)i:i:i:i{  (  _i:i:i:> ´
             |二ニニ∨ニ/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ [  ̄[  }<´i:i:八_ )_)_)_ノ
             |二二ニ}/ニニニニ≧≠======[二[[_ }//}_i:i:i:i:i:i:}/
              乂ニニニニニ>ニ´ニニニニニニニニニ⌒] ]//⌒)⌒}_}
               ̄> ´ニニニニニニニニニニニニニニ_] }ニ>´
   _____    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }ニ:!
.    ニニニニニニニニニニ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} /ニ|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 慌てた様子で『逆さ十字』にやってきて、マスターに探し人が来ていないかと尋ねるトーマ。
| そんな彼に対し、ハーブティーを飲んでいた銀髪で壮年くらいの男性が、
| テーブルに立てかけていた軍刀を手に立ち上がって声をかける。
| 手伝えることがあれば、すぐに出よう、という姿勢だろうが……
┗───────────────────────────────────────┛
5905 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 23:40:07.81 ID:7OLzZYKM
親分かー中身親分だったかー
5906 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:41:58.97 ID:0u6v1sR7
                 / _ , -=ニ二ニー
                i // // /∠二二ニ=ー
                ∨:{/ __...............__    ̄`ヽ
           ∠二ヾ     :.         二ニ \
               //  :ハ、   :..     \ \  :`ヽ\                  あなたのことですよゼンガー准将!!
             / /イ:ハ ヽ   ヽ    \ \ ヾ\      何でもうここにいるんですか!? あと装甲スーツは!? > トーマ
.            /:/ /:  小ヽ:.ヽ\ \ \  \ ヽヾ\
            ′ //: /ハ∧ヽ:.\\ \_\   ヽヽヽ\ 何故、と訊かれてもな……
                /// /ハ | ̄ゝ_ヽ:.\\_\_\  \ヾ
           //イN∨ヘ ー='' |\\=ーヘ/ Υミヾ   今日町に入る際に、言っただろう。娘に会いに来たと。
                _,ゝ:ヘ      !:  `\ ム,ノ⌒
               ⌒ゞ小    ^'^     /ミヘ                                  いや、だから…… > トーマ
                   r‐| ヽ  ´  ̄ `  イ |-ュ
                    |=iト、 \ `´ /_,,イ=|       移動手段の事ならば、中尉にも立派な足が二本生えているだろう。
               /ヽ=「三ミ_ー‐_イ三 i:|=ヘ、
             _//ヽノi:| 三ミ!:::::::::イ三 :|:iく.:.ヘゝ、_    街中では、車よりよほど機動力が高い。
       ___ ,,, .:-.:.:.´:.:ヽ/ : :_ノ:.ーュ |:::::: : j  r‐:.ヽ、: : /.:.:.:.`:.:.:.:-:. ,,, ___
     :.:.:.l l .:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <´⌒\\::://⌒`>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l l.:.:.:.:.               (車より走った方が早いって、)
     .:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <:.:.:`Y´:.:.:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.      (やばい、この人思ってた以上に無茶苦茶だ) > トーマ
     :.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ´___`ヽ|/´___`   、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:..:..: : | | |:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.
     :.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.//:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.://:..:..:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:..:..:. \\:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……その男性こそ、トーマの探し人。
| そしてシャナの養父であり、ベイダー型装甲スーツの操り手。
| 畿内第一独立混成旅団団長、ゼンガー・ゾンボルト准将、その人である。
| さらっと人間離れしたことを言ってのけてる辺り間違いない。
┗───────────────────────────────────────┛
5907 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 23:42:05.42 ID:ekZ9COF5
ベイダー卿親分かよぉwww
5908 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:49:53.38 ID:0u6v1sR7
.               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
.              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.             /:. :. : : : : : : : : : : :\:. :. : : : : : :\.: : : : : : :.
             |: : : : : : : : : :.\: : : : : :\: : : : : : : : ∨:. :. :. : |
             |: : : : : : : : : : : :丶:. :. :. :. :. : : : : : : : :.|:. : : : : :|   これは中尉殿。
             |:.:.:. :|: : :|:. :.|: : : :| : : : : : : : ∨.:. :. :. :.|: : : : : :.|
             |/:.:.:.|: : :|:. :.ト : : |: : : : : :. :. :.|:. :. :. :. :|:. : : : : :|   先ほどは情報のご提供、ありがとうございました。
           /イ:. :.|: : :ト 斗-\ト:. :. i: : : : : |:. :. :. :. :|: : : :∧:|
.          / |:. : |:\| ⌒笊_ァ゛}: :|l: : : : :/\: : : : | : : / 丶   おかげで速やかに衛宮さんと合流することが叶いました。
.            从∧/       }: 八:. : :/ }〉/: : : /: : /: > ̄}
              /       j/  \/  /: : : /_:.:.‐^~    |                             は、はあ…… > トーマ
              ゝ           厂_  ‐          |
                          r‐ 、              人
                丶ー ‐      |i:i:ト:iヽ          /i:/\__
                /⌒^ \__  r≦^|i:i:| |i:i|       / -‐…‐-
.               { ̄ ̄ ヽ   \ /|i:i:| |i:i|     /         \
            ( ̄ ̄´    \   \ |i:i:| |i:i|    //
           / ̄ ̄´       ',   ∨i:i:| |i:i|_/i:/    _____
           〈/⌒\           ∨ | |i:i:i:i:i:i/|  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
         /      |\           ∨ :|i:i:i:/  |   |i:i:| ̄ ̄ ̄ ̄|:i:i:|
     ____/        し´\    ___∨厂~    |   |i:i:|        |:i:i:|
.    /    〔≧=------イ〉|i:|\ /i:i:i:i:i:i:i:i:\     :|   |i:i:|____|:i:i:|
   |    〔 :.:.:.:.:.:. ,.。r< { |i:|  〉i: / ̄ ̄ ̄\    |  \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、その横では席に座り直した准将にならい、テーブルに肘をついた陸軍大尉が礼を言う。
| ……どうやら、シャナが『逆さ十字』にいるという情報は、トーマから仕入れた物の様だ。
┗───────────────────────────────────────┛
5909 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/02(月) 23:56:36.96 ID:0u6v1sR7
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ  (……昨日トーマの言っていた本業って、これか)
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::}
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/  (軍上層部の人間が急に来るって、そりゃ応対に憲兵が回される)
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从   (多分今も、案内役兼運転手兼監視役やるために……)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|   ……トーマ・アヴェニール。
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|                              ……なんだ、衛宮? > トーマ
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|    心中、お察しする。
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{.//`ヽ ……それと、准将がごめん。
      ///..,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////}
     {////,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////|                 いや、別にお前が謝ることじゃ…… > トーマ
     |////∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     /./////} :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////{
     ,///////| :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|./////',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあなんとなく、これで昨日トーマが忙しそうにしていた理由がわかった。
| ただでさえ宇宙ゴキブリ殲滅作戦の為に、駐屯部隊の人手が割かれているところに、
| 急遽来訪することになった軍の高官……憲兵隊は、てんてこ舞いだろうとは容易に想像がつく。
| 身内の自分を思っての行動とあって、思わずシャナも謝罪を口にしてしまった。
┗───────────────────────────────────────┛
5910 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/02(月) 23:59:30.79 ID:ekZ9COF5
気遣いのできる義娘だこと…
5911 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:01:44.13 ID:opFyUctK
                    /_  -―‐,__
                     / / /           \
                 /V / -―――      \
                    { { {/ ――=ミ  :\   \     しかしまあ、元気そうで安心したぞ、シャナ。
                 >   、      \  :\    \
                /   :、  \  \ /、  \    \  いざとなれば強権でも武力でも使って、
                i /   {\--\  ィセッフ\へ ―<⌒
                |ハ  从:rtッ' ハ\ ー   } しV⌒>   家に引き戻そうかと思ったが……
                |  V ∧    { _     ミV / /
                   V ∧    ^    >  ミイ /                            ちょ…… >> シャナ&トーマ
                   \彡  -  こ     八:|''
                     \ji、        /:. :.|       見たところ、その必要はなさそうだ。
                      ヽ:\      ノ: } ハ_  -―‐
                       } 个ー< : : : /-=ニニニニ\ (ゲンドウのやつに、無理を言った甲斐がある)
                ___ /_  へ⌒ヽ-=/-=ニニニニニニ=\
        ____/-=ニニ /  ̄ \  \ \{-=ニニニニニニニニヽ
      /   /-=ニニニニニニニ \ノ>- '-=ニニニニニニニニニニ }
      {     /-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ/-=ニニニニニ:
     人 \_,/-=ニニニニニニニニニニニニニニニ /-=ニニニニニニ:|
    /-‐≦三≧ -=ニニニニニニニニニニニニニ:/-=ニニニニニニニ ,
   /-=ニ=/-=ニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /|
  '-=ニ/-=ニニニニニ=- -=ニニニニニニニニ===------―――=≦ニ|
 ノ-=≦ -=ニニニニ=- /-=ニ=- -=ニニ=-‐ -=ニニニニニニニニニニ:/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな娘とその同期の会話をさておいて、うむうむと一人満足そうにうなずく准将……
| さらっと怖ろしいことを言っているが、彼は本領でも最精鋭である第一独立混成旅団の長だ。
| そして、こうして娘の様子を見にやってくる親ばかでもある。
| ……シャナやトーマからしてみれば、軍をかき回してでもやりかねないと、笑えない冗談だ。
┗───────────────────────────────────────┛
5912 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 00:03:01.68 ID:UG6BGW8G
ゼンガー親分以外の皆様お疲れ様です…
5913 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 00:05:24.32 ID:nn58lCG1
ヒェッ
5914 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:08:35.66 ID:opFyUctK
         /::::::: : / |  ', ヽ、 ,:::::.
        .::::::::/ i: i i|i::i::::i:::::}::} }亙}
        {:{:i:i:{::_|__:|{Li::::}::込:| |_::|
        圦:i:k忙沁   '印フ|::|: }|   お気持ち、よくわかりますわ、准将。
         /∧ ー'    ¨ | |iメi{、
         //|圦   _,   / }iメ{                              うむ > 達也
        ./ /ハヽ:〕i 。    イ/ /iメ{
       //:ハi:i:iヾー} /Ж「// {:i:^;i{∧   私もシャナさんが見知らぬ土地で
      /ム斗ヤ}i圦  |:i:i| {/:/i⌒¨^ヽ
    /:i:i} i   / } }| |i:i| ∧/{ / {菊}ト 、 苦労しているのではないかと心配で……
  /ィ:/ /:}_  r--く- く /i:i{ } ∧ト、 ´⌒`マミ、
 〃 .: : :i : :マ) \  \_ `く圦〕iト<>)____\
   { { {:{ : ; :>、 ^ゞー_'___} 乂三二ニニニニ=トz_
   ヽN| |i{`} Y´ : : {三}    ¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`y
        } .{: : : . :/ `Y_________/
        {  }: : : /     |: : : `←…*
       / :} .ハ: : {     /: : : : : :`←…*
      ./: : )/: |: : :.\   /: : : :、:  .`←…*
| | | i jレ'´.: く:!: :{::: : }  :{ : : : :` 、: : : `ー----=-ニニ三
| i レ'´. : : : :..::}:i:l:}: : : \ }: : : : : \: : : : : : : : :
レ'´. : : : :.: : :}i:|l}     ハ \: : : /⌒::): : : : : : : : :
: : : : : : }i:|l}: ; : : : : ',  \/ ヽ /: : : : : : : : :
: : : : : : :}i:|l} ;: : : : : :',     く: : : : : : : : : :
: : : : : : }:|l}: i: : : : :  ',     `く: : : : : : : : :
: : : : : :|;|l} : i : : _ :  i       `:、: : : : : : :
: : : : : : ̄  :i( i:.....  ̄ヽ.J   /   ヽ: : : : : : :
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……訂正。頷いているのは一人ではなかった。
| 旅団の誇る歩兵戦闘の最強スペシャリストと、
| ブラコン&シスコン戦術兵器も同調するように頷いている。
| もうやだこいつら…… byトーマ
┗───────────────────────────────────────┛
5915 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:17:48.86 ID:opFyUctK
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\                           ですが……ふふ > 深雪
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨', どうしました、司波少尉?
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ            ですから、お姉様かお姉ちゃんと…… > 深雪
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ / 呼びません。
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /                (良い表情を、するようになった) >>>
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ     イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| で、そんな一人でも軽く軍隊を相手にできそうな人間たちを前に、
| シャナは困ったような表情になって……その顔を見て、彼らはまた満足そうに胸裏で頷く。
| ……念の為言っておくが、別に、困った顔をさせて喜んでいるとか、そういうわけではない。
┗───────────────────────────────────────┛
5916 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 00:18:46.15 ID:nn58lCG1
せやろか…?
5917 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 00:19:44.94 ID:UG6BGW8G
ほんとぉ?
5918 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:25:10.11 ID:opFyUctK
                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ    ――情報部に所属するようになってから数年で、
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ      ――心からの表情をすることが少なくなったが……
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧    ――今は本当に困った、良い顔をする。
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|             そうだシャナさん、こちらでお友達などはできましたか? > 深雪
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|    仕事仲間、って部分も強いけど……
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(    まあ、できました。
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、                            まあ、やっぱりそうだったんですね > 深雪
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\   はあ、やっぱり、ですか。
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)    ――これは、まったく僥倖だった。
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただ、情報部で無くしたと思っていた、心からの表情を取り戻していることに、
| 安堵や喜びをかみしめているのである。
| 任務のための、演技や、仮面のようなそれではない。シャナの心のままの表情を。
┗───────────────────────────────────────┛
5919 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 00:26:03.92 ID:nn58lCG1
おおぉぉぉ?
5920 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:36:29.56 ID:opFyUctK
                 / _ , -=ニ二ニー
                i // // /∠二二ニ=ー
                ∨:{/ __...............__    ̄`ヽ
           ∠二ヾ     :.         二ニ \
               //  :ハ、   :..     \ \  :`ヽ\   さてシャナ、何かスカベンジャーをやる上で、
             / /イ:ハ ヽ   ヽ    \ \ ヾ\
.            /:/ /:  小ヽ:.ヽ\ \ \  \ ヽヾ\   困っていることなどはないか?
            ′ //: /ハ∧ヽ:.\\ \_\   ヽヽヽ\
                /// /ハ | ̄ゝ_ヽ:.\\_\_\  \ヾ    あまりあからさまなことはできんが……久しぶりに会ったのだ。
           //イN∨ヘ ー='' |\\=ーヘ/ Υミヾ
                _,ゝ:ヘ      !:  `\ ム,ノ⌒       独立混成旅団の准将ではなく、お前の養父として、
               ⌒ゞ小    ^'^     /ミヘ
                   r‐| ヽ  ´  ̄ `  イ |-ュ         父親らしいことをしてやりたいのだが……
                    |=iト、 \ `´ /_,,イ=|
               /ヽ=「三ミ_ー‐_イ三 i:|=ヘ、                               困っていること…… > シャナ
             _//ヽノi:| 三ミ!:::::::::イ三 :|:iく.:.ヘゝ、_
       ___ ,,, .:-.:.:.´:.:ヽ/ : :_ノ:.ーュ |:::::: : j  r‐:.ヽ、: : /.:.:.:.`:.:.:.:-:. ,,, ___
     :.:.:.l l .:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <´⌒\\::://⌒`>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <:.:.:`Y´:.:.:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.
     :.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ´___`ヽ|/´___`   、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:..:..: : | | |:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.
     :.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.//:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.://:..:..:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:..:..:. \\:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ともあれ、准将たちとしては、特にシャナの活動に口を出すことはないようで……
| けれどもやはり親心が、なにかしら力になってやりたいと准将の口を動かす。
┗───────────────────────────────────────┛
5921 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:45:00.40 ID:opFyUctK
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}  急に言われると、少し困ります。
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ                      おお、中々うまい返しだ > 准将
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/     あ、いえそういうつもりでは……
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '     :.:.:.:.:. }::/|                              ふむ、そうだったか。
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|  :.:.:.:.:.:         、      八::!                   思いつかぬのなら、軍刀でも渡そうか > 准将
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧                          将官用軍刀『零式斬貫刀』
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.                    腰のそれよりは良いものだと思うが > 准将
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;      そんな希少品受け取れません。
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !///{                                    む、そうか > 准将
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 傍からすればもうこの状況が困ってますというところだが、
| 例え思ったとしてもそんなことを言うはずもなく……
| 急に父に問われた言葉に、シャナは一人黙考する。
| ……元々、普通に親に頼るという機会が滅多になかったから、なおの事。
┗───────────────────────────────────────┛
5922 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:49:07.19 ID:opFyUctK
        /              l                ヽ
        /              l
           /           l                 l
       ,'   /            l                 l                     ……あ、ひとつ、思いつきました > シャナ
                 l      li  /        l
          l    l   /V     li /    }i   l  l    l il  ほう。
     /   , l   l_l___,/_ V lト、   li/ヽ   /< _  l--l   / l
     / /l l l  l-l /___≧=-__V   ∧ _厶斗≦_ヽ l_V   / l l  必要ならば、俺や深雪も手を貸すが……
    //  l l l  l l,/ 弋_:ツ Vヽ〉 / ∧  l ./弋_ソ_Vlィl    /V lハ}
       l lV N. .l   ` ̄ ̄ //\トヘ l/ ´ ̄  V l // /ハ}           いえ、准将に……義父さんに、頼みたいことです。 > シャナ
      /ヽ Vl            l \         l/ / イ/
     /    ヽヘ,ハ         .::l           / /リ ヽ    ……そうか。
    /-、     ,Vハ         :l              / ./
   ///∧      Vヘ        ___         ' /      V> 、
   |//li/∧      Vヽ      .| i ヽ      ///      ///////
/// l//N/∧      Vl \   -‐l   }‐-   //V/     //// l////
//// l//l V∧      l \\    l  .i   // .|      ///l//l <//
//  l//l  V∧      |   \\ l   | .//   l     /// l//l
    l//l   V∧     il    \,`l   | /    .l    ///  l//l
    l//il   V∧    |    // l   .l  Vヘ   l   ///   l//l
    l// l   V∧    l   //  l   |  Vヘ   l  ///∧  l//l


                                                ......::::::¨ ̄ ̄¨:::::.......
                                             ....:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`:::...
                                           ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                                          ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::.
                                          /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|::::::::|:::::::::゚。
   達也 < だそうだ深雪。                       .:::::::::/:::::::::/:::::::::/ ::::: |::::::::| ::::::: |::::::::| ::::::::: i
         頼れるお姉ちゃんは、またの機会だな。        |:::::|::|:::/::/::::::/:::!::::::::::|::::::::| ::::::: |::::::::|:::::‰::|
                                         ||:: |::|:::|:::|::::: i!::::|:::::::|::|:::::::ハ::::::|::|::::::::|Y》':::: |
                                         .从::| 〕:T::i!ー-|匕!::::: ハ|`:::TT¨丁|::::::::|叺》::: !
                 もう、茶化さないでください、お兄様!   `Tハ¨¨ `¨¨   ̄  `¨¨ `¨^^|::::::::h⌒:::: |
                                           |:∧ ≧=ミ      ィ≠≦.|::::::::|リ:::::::: |
                                           |::::ハ              |::::::::|V|:::::: |
                                           |::::圦       '          |::::::::|ハ|:::::: |
                                           |:::::::|:ゝ.     r 、    .ィ/:::::::/Vj::::::::|
                                           |::::::ハ::::::>.   ー '   イ |:|::::::::|>ハ|:::::: |
                                           |:::::} {:::::::::::::r〕  _ 。<> '^|::::::::|∧:! :::: |
                                        ,.rzzz|:::::トL:::::::// 况´    /::::::/〉.ハ! :::: |
                                       .//´ ̄j :: |`¨ア/ハ /i∧   ,./.|:::::::|/7ニニニ≧ュ
                                       |..|......../::::/...//..../ V|iiiii∧_//...|:::::::|/............../  ̄`ヽ
                                       |..|....../::::/..//...,/  /⌒{   /......|:::::::|............./....r≦≧i.}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そうして数分の黙考の後、シャナは父に頼みたいことを思いつき……
┗───────────────────────────────────────┛
5923 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:52:02.70 ID:opFyUctK
                                 __ }\}、
                           _ ィニ¨ ̄     ⌒\}八
                           /  {  {   丶  \ 、
                          イ/  /{  { 从\\   ヾ                   γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                      _厂\   _从 _彡从  {  { \ \\ ハ                   | 久しぶりに……稽古を、付けてください。 |
                   \   ヽ /{_   ( {\{\{尤 \ \\ j|                    ゝ__________________,乂
         _    (\    \ __ }从二  \ 八     }_ 〉}/}/}/}                  (      \
         )__>  \)            /乂厂  ̄ ̄≧=、 -‐ /                      \ ___)
               __          ./ニニニニニニニニ=\`/
              〈    \       _ =ニニニニニニニニニニニニ≧=──────── - _   ……ほう、そうか。
.                    \      _ /ニニニニニニニニニニニイ  ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
                    \        ̄ ̄>ニニニニニイニニニニニニニニニニノ⌒>ニニニニニニニニ_∧  (例え一時でも、強くなりたい理由が、できたか)
.                  、 ___ /.-=≠¨ ̄ニニニニニニニニニニニニ⌒二ニニニj厂\二二ニ∧
                       ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⌒¨¨ニニニニ=∧  いいだろう、どこか、広い場所に、行かなければな。
                        |ニニニニニニニニニニニニニ=_ イニニニニ_-=≦ ̄ ̄∨ニニニニニニ=∧ <⌒\
       <⌒\                 ∨ニニニニニニ_ -=≦ ̄ニニニニニニニニニV∧    Vニニニニニニニl∧  \_(⌒
         \ _>             \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_V∧    Vニニニニニニニニ!      }\
                          ト、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニV∧    Vニニニニ_八     ノ  \
                          |ニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }    } ̄ ̄ ̄ ̄  }   <_    \
                          |二∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} }     }_____.ノ<´:i:i:i:i:i:i`¨¨V⌒
                          |二=∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ~} }  _厂 / __ノ__ノi:i:i:i:i:i:> ´
                          |ニニニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }⌒)i:i:i:i{  (  _i:i:i:> ´
                          |二ニニ∨ニ/ ) ̄ \  ̄ ̄ ̄ ̄[ ̄[ }<´i:i:八_ )_)_)_ノ
                          |二二ニ}/ニニ¨¨>⌒≠======[ニ[ }//}_i:i:i:i:i:i:}/
                          乂ニニニニニ>ニ´ニニ二二/⌒¨¨¨フ ]//⌒)⌒}_}
                            ̄> ´ニニニニニニニ∠___ノ] }ニ>´
                _____    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }ニ:!
.                 ニニニニニニニニニニ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} /ニ|             ノ{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 昔から父にしてもらっていたそのことを、頼んだ。
┗───────────────────────────────────────┛
5924 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:52:22.34 ID:opFyUctK
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

5926 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:55:53.48 ID:opFyUctK
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……キリもいいところですので、
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      准将の正体発覚、示現流の使い手ゼンガー親分でした!
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     ……まあ、ベイダー卿時代に色々親ばか成分が暴走したせいで、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  ほとんど親分成分残ってないですが!
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  ちなみに以前お話ししてた、准将の専用装甲スーツはダイゼンガーです。
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li ちゃんとナノマシンと液体金属の応用で生まれた、三式斬艦刀も完備だぞ!
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
5927 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 00:59:57.74 ID:opFyUctK
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  次回投下は例のごとく未定! 取り敢えず明日は雑談スレやるのでなしですよー。
         | V        ̄` /    |    ト
         | 人          7   |     〉 うーん、確定ではないけど、今週金曜か土曜の夜かな?
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \ 前日にはここと雑談スレで連絡するので、お待ちください。
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }     ……予定では今回で准将に稽古付けてもらったり、
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /       准将の部下お二人がお仕事に行ったりって場面もあったんですが……
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、   大体スレ主の筆が鈍いのが悪い!
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
5928 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 01:03:50.48 ID:UG6BGW8G
おつー
今後シャナが刀振るう度に「チェストオオオオオオ!」とか叫びだす可能性が…?
5925 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 00:53:04.53 ID:wKF5Xo5+
乙です
これは成長のチャンス?
5930 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 01:04:47.26 ID:opFyUctK
>これは成長のチャンス?

                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,  はい、チャンスです。しかも確定チャンスです!
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |  取り敢えず次回で【刀剣】技能がLv1は成長します。
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|
       /// ハ  |""      ""}i |    で、実は次回の稽古、准将相手に【刀剣】判定をやるのですが……
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |    これが成功した場合、更に何かボーナスを付けようかなーって、
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八    なんとなくこう、ふわっと考えてます。
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \ ボーナス内容はどうしようかな……【刀剣】をLv10にするか、
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 } 零式斬貫刀(将官用軍刀)をもらえることにしようか……悩む。
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八
5931 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/03(火) 01:09:57.35 ID:opFyUctK
                     __          ___   ´ ̄ ヽ
                   /    `ー ´ ̄          ゚。
                   / ,               ヽ      \
                   / /                        '. ヽ     シャナのチェストー! は多分ないです!
              ,   ,       /    ヽ       ゚。    i  '.
                 /  /       ;      '.__j_       l、  !     准将さんがシャナに仕込んだのは示現流ではなくて、
             /  /   / / / i        i   'l '`ヽi     i \ i、
               /   ,   /  ' , -,―       l / l/'│ ,!.    ト、 `ー ミ   あくまで剣術の基礎という設定なので!
           /   i  ,  / イ /.!. ハ      'ィ斧ミ、| /j    ,   ミ=- 、∨
.            ,     !.  ! ,.   l / j/  .    / 仡/沁 》 ,    / `ー 、У /'   だからシャナちゃん、【刀剣】の特化技能で【示現流】とか持ってないでしょ?
            ;.    ∧ i j/  j'i ,.仡心.\ / 匁. ノ /   /  _,. -‐ く
                 / ∧ l     ハ《 ∨//i. /       /ィ  /≦/   ヽ. )    まあ准将からしたら普段使ってる流派なので、
              i   ' /∧ /  /iハ 夊ノ    ̄ ヽ´ ,.。≦///    ヽ ノ- 、
              l   ;/  '' У / ノ  !     {    ,.。 ≦/}}__/'//j  r-`ヽ'≦三≫ 、 指導に影響がないとは言いませんが……
                 ハ 乂.//´    人   ≧≦//>’/:::/'/// ̄ ≧≪/⌒ヾ/∧
           '.  i  7‐v'  r―≦_z= ≧=7/>’   ,.::::;////'  /////〃`ヽ  i//≧=― 、 特化技能は今後のコミュとか成長の時に、
             l. { {/ f´    f7777≫' ´     /:////,   .////Y/     \!`ー ´j///!
           ム |_,У 乂   ハ`ー ´     /://///   /////人/ ,   j   ////  【示現流】以外を修得しますとだけ!
         γ´ rヘ! /iγrヘ ヽ く      /://///    ///イ//! ゝく /ノ  ,////
           {  f´ /  ヘ! У  i  ,l    ,.:::: /////     ///ハ//!   ゝ'  ////'
           乂 l '  ィ //  イ / .!   /:::::////'      .////_八/{     イ////'
          / /./イf⌒Y´∧f'  !   ,::::::;////     ////{  }:::}≧==≦/////
.         // f / ヽ.,_ ヘ.{ ノ ィ≫  !::::::!//f     /////≧f:Y_` </> ´
          ''   乂!) ) /≦く  ` ≫> :∨/!    ,/////:::::::::i:::::::::!:::ヽ \
           ≦ イ、く f  }i /     ` <ー‐≦///:::::::::::::;:/::::j::::::::..  \
               j ヽ Y'  /         /::::≧=≦::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::::.     ヽ
              / / / /         ,.::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::/::::::::::::::::.
                 /イ /У      /'  /:::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/:::::/:::::::::::::::::::::. i{    ゚。
                j/ /       /  ':::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::;::::::::::::::::::::::::::'.ヾ     '.
                   /     /'   /:::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::/::::::::i:::::::!、::::::::::::;:::::! i{     i
               /       j{   /Y´(:ィ::/(ノi:::::::::::::::;::::::::::::!::::/ Y:::/{:::::l j{     |
               ,         ′  , 丿 /}'   ヽ::f´(:::::i::ノi:::/f´  /:く  Yイ /'    |
5932 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 01:22:00.81 ID:UG6BGW8G
ホッとしたような残念なような…w
5933 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/03(火) 22:57:26.06 ID:HMagotuR
遅ればせながら乙!!
ここで物品や金要求しないところがシャナだなぁw
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2865-f5e4343e