情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その5

6034 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:13:51.00 ID:utRClKaU
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
6035 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:14:31.76 ID:ja/8wpy9
間に合った!
6036 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:14:32.32 ID:utRClKaU
                             __ }\}、
                       _ ィニ¨ ̄     ⌒\}八
                       /  {  {   丶  \ 、
                      イ/  /{  { 从\\   ヾ   いつの世も、子供の想いというのは、凄まじいものだ。
                  _厂\   _从 _彡从  {  { \ \\ ハ
               \   ヽ /{_   ( {\{\{尤 \ \\ j|   なあ、そうは思わんか?  /{ __
     _    (\    \ __ }从二  \ 八     }_ 〉}/}/}/}                  (      \
     )__>  \)            /乂厂  ̄ ̄≧=、 -‐ /                      \ ___)
           __          ./ニニニニニニニニ=\`/
          〈    \       _ =ニニニニニニニニニニニニ≧=──────── - _
             \      _ /ニニニニニニニニニニニイ  ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
                \        ̄ ̄>ニニニニニイニニニニニニニニニニノ⌒>ニニニニニニニニ_∧
.              、 ___ /.-=≠¨ ̄ニニニニニニニニニニニニ⌒二ニニニj厂\二二ニ∧
                   ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ⌒¨¨ニニニニ=∧
                    |ニニニニニニニニニニニニニ=_ イニニニニ_-=≦ ̄ ̄∨ニニニニニニ=∧ <⌒\
   <⌒\                 ∨ニニニニニニ_ -=≦ ̄ニニニニニニニニニV∧    Vニニニニニニニl∧  \_(⌒
     \ _>             \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_V∧    Vニニニニニニニニ!      }\
                      ト、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニV∧    Vニニニニ_八     ノ  \
                      |ニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }    } ̄ ̄ ̄ ̄  }   <_    \
                      |二∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} }     }_____.ノ<´:i:i:i:i:i:i`¨¨V⌒
                      |二=∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ~} }  _厂 / __ノ__ノi:i:i:i:i:i:> ´
                      |ニニニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }⌒)i:i:i:i{  (  _i:i:i:> ´
                      |二ニニ∨ニ/ ) ̄ \  ̄ ̄ ̄ ̄[ ̄[ }<´i:i:八_ )_)_)_ノ
                      |二二ニ}/ニニ¨¨>⌒≠======[ニ[ }//}_i:i:i:i:i:i:}/
                      乂ニニニニニ>ニ´ニニ二二/⌒¨¨¨フ ]//⌒)⌒}_}
                        ̄> ´ニニニニニニニ∠___ノ] }ニ>´
            _____    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }ニ:!
.             ニニニニニニニニニニ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} /ニ|             ノ{
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤにある自然公園にて、准将に剣の稽古をつけてもらうことになったシャナ。
| まず手始めにと全力で仕合をすることとなり……
| 見事、彼に傷を負わせることに成功するのだった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>5583(補足:技能【刀剣】Lv10)

      好感度一覧        >>5587

5583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:48:00.70 ID:/Re2g0gY
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 291 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮    Lv:1……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
.                 Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
6037 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:16:27.42 ID:utRClKaU
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6038 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:16:42.50 ID:utRClKaU
                           只 只
                            | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
                |  []  []  []  []  []  []  []  | ロ
                |                        |  |
        ┌―――|  []  []  []  []  []  []  []  | ロ___________
    ┌―|      |                        |  | = = = = = = = = | || | | || |_
三三三三三三三三三三三] ]   []  []  []  []  []  | ロ = = = = = = = = | || | | || |┴┐―┐
 __________|                   |  |______=_|_||_|_|_||_|  |  |
                     | ]  []   ┌―――――――┬―――┐_ | ∩ ∩ ∩ ∩ ll  |  |
               |         |              |二二ヽ二二ヽ 三三三三三| ̄ ̄|   |   _____
      ,..――――,.┬ 、   []   [|              |||冂l_g|_ _|g ∩ ∩ ∩ | 「| 「||   |/´ ̄ ̄ ̄//
      /_____/__ |_|_l´|__  |             _|||_| |     |_|_|_ ∠7エヽ_|_|」|_/        //
    |]    _    [[|i ,-、 | | 「_|-、f|==={叮 六‐r┬┬┬‐f7六ヘ _ヒl__ヒ!=== ‘=“0-( 匚〕'_____ //_
 ――|ェ_____ェ|_| l |_|_|_|_,|.l |_l    └ヽ゚ノノ┴宀┴乍{ヽ゚ノノー┴――┘  _ ....-‐ ''"´ |           | |
    ` ー'     ー'´ ー'     ー'                              /┐         |       = | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ここは皇国本領、フジノミヤ。
| 秘境フジ樹海に挑む、スカベンジャー達の最前線基地。
| 本領にありながら、未だに新たな遺跡が見つかり、
| 警備ロボットや装甲スーツといった出土品も、決して珍しくはない夢と機械の町。
┗───────────────────────────────────────┛
6039 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:20:54.65 ID:utRClKaU
             -―――ュ
         ノ'":::::ノ ̄ ̄ ̄ ̄}=ミ ̄::::\
         {:::ー':::::::::/ ̄ ̄   \:::::::}
        ' |:::::|::: / '  :| ||  |  (``丶、        ふぅ、回路ショートでこの前のバグ、再現できた。
       /  L_:.|:./ | |  :|_j|_|   :| \:::::\   _
            |:::::|'  | |  :|八 /|i` :|ヽ \::::>'"::::::ヽ   それじゃあ次は、機体に負荷のかからないレベルで、
       i   |:::::| /| |  :|==ミ   :| 十  i:/  ̄ ̄\
       |   l'⌒V Lノヽ从V^ソ \人/  | ||:\,,.. -‐::: ̄ヽ  任意に使えるよう技術的に落とし込みを……
       |   |∨ハ}           以 ト< 从::::::::::://///
       |   |∧八  ノ;;>     / } | \:::::::// ̄ 、    ほら、リミッター限定解除! とかロマンだし……
       |i    };,;込 /;;;;/    _ 、 ;/八  \彡ヘ    `、
.       八    ∨  \;;;;、     イ '  \     `、   `、   実際、奥の手にあるといざという時使えるしね。
    /イ   :| {    :`:.r  .,__ /∧  /'⌒ヽ      `、   `、
        |    人 、   : :|    / j '             }
     ノ  /\:\{\  :|\_彡イノ-―‐- _  -‐ '"ヽ    }
    /  " \  \_ ヽ  /、  \    /         /
   /      ',  `、  \ '  `、  \        ,,..   ´
  ,        ',   、       `、   `丶、  >'"
  i          ',     \      ハ     \
  |    /     } /   `  -- '       /  }
  |      ノ   V                 '
  |      /   {  、        {   }    /{
        '⌒ヽ  ;     ̄ ̄ ̄{   }  イ  i|
 ,      /    \} 、       ノ      、 八
 i     ,      、 トーー=≦/    \     、
 |     i      \     :/       :\    `、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| だからこの街には技師の類も多いし、生の出土品を調べる機会にも恵まれることから、
| 若年であっても凄腕と呼べる者も、探せば見つかる。
| 多くの遺跡が白骨化しつつあるこの本領において、遺跡でも街中でも、
| 高みを目指し、それに実際届き得るのがフジノミヤ。
┗───────────────────────────────────────┛
6040 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:23:13.93 ID:ja/8wpy9
ロマンはすべてにおいて優越する!
6041 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:25:09.93 ID:utRClKaU
j___|__|___|: : : : : |..................... |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
二ト、       | \: : :|..□......□....|  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
___l ト、────|.   丶|..□......□....|  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. γ ⌒ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
___l、 \,ト、...: : : :. |: \  |..................... |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: i     i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
___l  、 \ ト、 ─ |、 : \|..................... |  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ゝ ___,ノ/^h________ :.
___l  、丶 \|!   | \: : :| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | |           | :.
___l  、丶\ |!─ |.   \| iコ  iコ  iコ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | | Г」  Г」  Г」| :.
___l  、丶\ |! : : | :\  |______|___「..〕   ____:.:.:.:.:.:.:. : :___  | l───‐.| ̄ ̄ ̄ ̄
___l  、丶\ |!─ | : : :丶| 「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄「 ̄||:::l、≪/ ̄ `ー′::::::::: /──┴‐| | Г」   「|::::::::::::::::::::::
___l  、丶\ |!__|\: : : |┴‐┴‐┴‐┴‐┴‐ ||:::| /:::::::::::::::::::::::::: : /¨l______/「 ̄| l───‐.| ̄ ̄ ̄ ̄
___l  、丶\ |! : : |   丶:|._________||:::|′::::::::::::::::::::::::::::::::| l「「「/_,|_,| | Г」   「|::::::::::::::::::::::
___l  、丶\ |!__|\: : : | 「 ̄「 ̄「 ̄「 イトfk、|:::|__::::::::::::::::::::::::: | l ̄ l/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄
___l  、丶\ |!   |   丶:|┴‐┴‐┴‐ 从j爻ハ|:::| ̄`ー'  __::::::::::::: | l /「」.|二二二二二二|::::::::::::::::::::::
___l  、丶\ |!─ |、 : \|从   イハヘノ爻k爻ヘ|:::|:::::::::::::::: | |__/| |「」 ィ´|            | ̄ ̄ ̄ ̄
___l  、丶\ |! : : | \: : :|リ人 ノ从iノリ从爻ミノ|:::|_____.| ̄ ̄ ̄|r| |ィ´「」 |二二二二二二|::::::::::::::::::::::
___l  、丶\ |!__|.   \|ノ爻ト从ヘk从ミノリ从iミ|:::||............| |!     i| | |「」 ィ´|            | ̄ ̄ ̄ ̄
___l  、丶\ |!   | :\  |リ爻ハリ爻トfノ戈Yイ从|:::||............| |!     i| | |ィ´「」 |二二二二二二|::::::::::::::::::::::
___l  、丶\ |!─ | : : :丶|从ソヘ乂爻jノ乂ヘメノリ|:::||............| |!     i| | |「」 ィ´|            | ̄ ̄ ̄ ̄
___l  、丶\ |!__|\: : : |イ─‐ `ヘ /´‐‐Yif´ |:::||............| |!     i| | |ィ´   |二二二二二二|::::::::::::::::::::::
ニlニニニニ|! ̄ ̄ ̄ ̄|:i|───}i{──}i:{‐ |:::| ̄ ̄ ̄ ̄``~、、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``~、、 ̄ ̄
二二二≧‐气_r≦二二〕_:_:_:_:_:_:_:_:/ : : }i:{ : |:::|           ``~、、                  ``~、、
二。s≦_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_/: : : : : : : :..|:::|\i|            ``~、、
_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_ /:..: : : : : : : : :..|:::|\|!                ``~、、
────===冖ニ二三 ̄ : : : : : : : : : : : : : |:::|\|!                    ``~、、
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあそんな対外的で、表面的なことはシャナも知っている。
| 今日初めてフジノミヤに来た、准将や司波兄妹でも知っている。
| この場でわざわざ語るべきは、きっと……
┗───────────────────────────────────────┛
6042 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:30:58.94 ID:utRClKaU
                        /l.:l
                     , -‐…‐-//|.:l  _
                    ...:::::::::::::::::::::::::i'::::i.:|ヾ':::::::::::≧ュ、.
                 ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:.|::::::::::::::::::ヽ ̄`\
                  /:::::::::/:::::::/::::/::::::::::::ソ:::::::::::::::\::::.    はぁ、もう少し踏み込んだ、
               l::::::::::':::::::::l:::::ハ:::::i:::::::l从__i:::::|:::::::\:ヽ
               |:::i:::::l::::::::::iィ示―i:::::::iイ::i:::|ヽ|::::::リ:::ム::i   フジノミヤの街並みや、実情……ですか。
               l:::i::::::|::/::|:::::从/i::::/i|,ィ=、::|:从::i:::i `i
              V::::ィヽ::ヾィ'爪芥ト'/  i_ノ::ハ}/::i:::i::N                      うむ、観光案内くらいの、軽いものでよい。
                   、:i  マ、:::乂..ツ   ゞ=' |'}:/Viソ                 中尉の知るフジノミヤを、私達に教えてもらえんか? > 准将
               `ヽ≧ヽ u     '  ノ-― 、
                     ヾ:ム   、 _っ /`ー 、 \     ……と、言われましても。
                   __ノ__ > ―イ_     〉 `ヽ、
                /::::::i::::}:「::i::「::i:::|:::::::`ヽ‐y' /  i‐ 、
               /::::::::::::ヽ::|:l:::l::|:::i::イヘ::::::::∧、/ / i:::::∧
             _ -<、:::::::::::::::::\¨iヘi::l:::iィfヘ::::::::::}fメイ_iヽ/:::::::::}、
          /⌒ヽ   \::::::::::::::::丶::|::|::i: :::/}::::::/ゝ― イ::::::::::/ l
            /     ヽ   丶、:::::::::::l` ー '/.| ‐'`ヽ::::::::::::::::/  i
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| きっと、そこで車のハンドルを握ってる、憲兵中尉に向けられた無茶振りのような……
| もっとずっと踏み込んだ、町で暮らしているからこそ分かる具体的な情報だ。
| しかし困ったことに、このターン紹介する予定だった故買屋は、前のターンで出してしまっている
┗───────────────────────────────────────┛
6043 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:32:32.94 ID:ja/8wpy9
ちょw
6044 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:36:52.93 ID:utRClKaU
            \     _. . .-.-.-.ミ
          、    ヽ: ィi〔: : : : : : : : : : :〕ト、
          \>イi: ヽ:(: : i: : : : : : : : : : :ハ
            /: : : : : ∧ヽ}: : : : : :i :Y: {: :|::|ヽ うーん、わざわざ言うべき程のことというと……
              イ: : : : : /: |: :リ: |:_: |: :|: :!:.:ト、: i
          /.i〕∥∥ {: : |!: : :リィ笊抃ノ リ }リ   治安は、傭兵やスカベンジャー同士のいざこざでもなければ、
           i〕{{: {{: ハ^笊、:ノ .乂:ノ ル'゛_.イ
           i〕ハ∧\i 沁   `´  ノi:.〔|    基本スラム以外は安全ですね。
           '  ヽ ` ヽ ` ,. , ,イi〔 マ| /
              `   〕iト .,_/: : ::, ∨≦ニ、  この辺の中層区は、警備隊の見回りも厳重ですし……
                 ,.。r≦=ir:、: : :/,. っイニニ〕iト
             ,.r≦ニニ\.ノ ノ/,ィチ:_‐_=iニニニニニ\  逆に開拓途中のスラムの辺りは、半ミュータントを受け入れるための土壌にもなってますし、
             ∥ニニニニ7 /  `'" r=ニ'ニ〕ニニニニ=>‐.ミ
            ∥ニiニニニ!     "_¨"つニ}〕ニニニニニニ7⌒} 警備隊の目が届かず……まあ、無法地帯的な側面があるのは、否めません。
                ∥ニニマニ√{i    __`‐-っ,∧ニニニニニニ,/‐_ノ
               ∥ニニニマ {: : :\_ /ニニニ/ ∧ニニニ/: : : \  と言っても、あの辺に踏み込む事態はそうそうないのですが。
           ,Aニニ/ノ: : : : :/ニニニニ./‐=\ニ<: : :     \
              ,  "'/ \:_:_:_/ニニニニニニニ/ヽニ>、:     \                        ……ほう? > 准将
             , ィi〔    ./ニニニニニニ>‐ ミ  `   ヽ      ヽ,
             ∥     ,〃ニニニニニニニ7 ,ィミ 〕iト -ミ.,_ >'"     Y
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| というわけで、当初の予定ではお店紹介とかする予定だったのを変更して、
| トーマ中尉による、フジノミヤについての簡単な講座である。
| フジノミヤは下層区でもそこそこ安全。けれどスラム化した場所となると保証はない、と。
| まあ足を踏み込む事態はそうないだろう
というフラグまで完備である。
┗───────────────────────────────────────┛
6045 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:38:23.11 ID:ja/8wpy9
やだい! 半ミュのカワイ子ちゃんと仲良くなるんだい!(駄々っ子
6046 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:42:56.29 ID:utRClKaU
                        _ -‐    ̄ ̄ > 、
                     ,. </////////////////>、
                     ,.イ////////////////////////\
               //////////////////////////////ヽ   中尉は憲兵だからそうなのでしょうが、
               ////////////////////////////////,ハ
              ,イ//////////////////////////////////ハ   警備隊や依頼を受けた傭兵、
.             //////////////////////////////////////,!
.           /イ///////!//////////////////////////////!  それにスカベンジャーなどは違うのでは?
               ////////l////////ト、'////////////////////l
               l//!////!/!V//////,l \/ハ\/////////////ハ!               うーむ、確かに、一概に否定はできませんが…… > トーマ
               l//!////l/l. ヽ'////∧-‐''\! _.ヾ////// ∨/!/l ',
             l'ハ////l/ー r.l//´ )、ゝー'"´  |/////ソ.///l/!
               V//ハ`"ノ/ /、      l//// ' イ///lリ
              V,!.>'/ ./ヽ       /イ/ / V/// '
               / /  . ,.'   /         ./_.  -‐    ̄ ̄',
              ,    ,::     /.!_        l ̄ ',          ,
              ,       ,.:  ! .}   -    | ',  ',
             ,       /  ./ /    / ,..l ',  ',        '
           /         ,   /、   イ ./ l  ',  ',         '
             /           /  丁vi'"´   l  l.',  ',         ',
        ,‐- _         ./   r==,     .| .!. ',  ',         _,.L_
          /     > 、  ./ ',    lニニニ,    .! l  ',  ',  _ -=ニニニニニ=‐-_
.      _/        >'、 ', ',  .,イ!二二ハ   .! l  ', _ -‐      ̄ ‐=ニニニニニニ=-_
    /=ニ/             \,  / lニニ/ ',  ./>‐- __              ̄ ‐=ニ=―‐-
  / /  /             \  /ニニ/  '"/ ̄ ―-ニニニニ=‐-__         /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、そんなトーマの話に、横の助手席に座った司波大尉が口を挟む。
| スカベンジャーを一泊置いて話に混ぜる辺り、何を、というか誰を心配しているのか、
| 実にあからさまである。
┗───────────────────────────────────────┛
6047 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:46:17.77 ID:topiyq07
おにいさまは心配性
6048 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:49:33.06 ID:utRClKaU
                   _____
                 ..:.:´.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.`:..:...
               ,...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...
.              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::..
             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
             .:.:.:.:.:: :i|.:.:.:.|.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..   そうそうシャナさん、
            ′.:.:.:.:.:i|.:.:.:.|i.:.:|:.|i .:.|j | '..:.:.:.i|.:.:.:._
            |.:.::..:.::.:.i|.:.:.:从.:|:.| |.:.{ i|. }.:.:.:.j{.:.:´ /    先日キョウトで素敵なカフェを見付けまして……
            i∧.:.:.:. { x斧ミ、    ィ斧ミ、}:.|- ′
              {`¨¨| Vzり     Vzり 从.:.:.:.:.:..    キョウトに帰ることがありましたら、
              |.:.:.:∧     ,      .′fY.:.:.:...
              |.:.j{.:.∧      ,    ,.:λへ.:.:.:...    是非一緒にお茶しませんか?
.             ,.:.:从.:..:,:.:...、  `    イ.:/Y } }:.:.:.:...
            /.:.:.:.:.j{.:.:’.:.:.:.>=-  <r.′| /  八:.:.:.:.:...                   まあ、機会があれば…… > シャナ
           ,..:.:.:.:.:.:.:i|.:.:.{/八 `¨¨´ /._ ―――-、:.:.:.:...
          ..:.:._:.:. :. . i|.:.:.|  /「 ̄ ̄ ̄|.:{        ∨、:.:...
.          ..:.:.:.「’,    i| i.j|. /.ノ´ ̄ ̄アi|:.|       λ  :.:.....
        .:.:.:.:.:.:|、. ,  从ノ.,      r-'j|.:|―――-- 、/:..  ’,.:....
.      ..:.:.:.:.:.::..| }.  ’,. /` 〈      r- ′|      /:.:.:....   ,:.:...
      ..:.:.:.:.:.:.:.:..| |.   7   `  __  - ′j{      ′.:.:.:..   ′:.:.
     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:./V   /       7ニニ, i|.      八:.:.:.:.:...     ,:.:.:..
    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:. }.  /\      /{ニニ′i|     / {:.:.:.:.:.:.:..    ’,:.:...
    ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.′.:.| .′  `  __ / .|ニニ , |.    /  从.:.:.:.:.:.:...    ′:..
.   i.′.:.:.:.:.:.:.i|.: . | /.       ,...|  ニニ′.    ′/{.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    i|.:.:.:..
.   i|  |.:.:.:.:.:.i|.:.:.,i|       /.. |  ニニニ八    / .′.:.:.:.:.:.:.:|    |.:.:.:.
.   i|  |.:.:.:.:.:.i|..〈.      /..........|  ニニニ,...`ー‐≦_{:.:.:.:.:.:.:.:.:: |    |:.:.:八
.    j|  |.:.:.:.:.::i|.:∧     ,.}................|  ニニニ′.........{.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:|    |:./
.      从.:.:: :i|.:.:.:`ー―.7:.|........... .. |   ニニニニ,....... |:.:.:λ.:.:.::..:.:: :|.    /
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
|            タツヤ                                 シャナ
| ……ちなみに、兄と一緒の席でなくなってしまった深雪だが、代わりに妹分と同じ席の為、
| 割と楽しそうに過ごしているということを追記しておく。
| 席が離れて駄々をこねる陸軍少尉なんていなかった。
┗───────────────────────────────────────┛
6049 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:51:00.07 ID:yZc4UZ0x
なにこの幸せ家族(偽)感…
6050 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:53:05.82 ID:0ZKtNQbN
血が繋がってなくても良い家族やなあ
それに比べてディ○アは…
6051 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 21:57:42.10 ID:utRClKaU
         __   _ .-‐…・・・…‐-. . _
       <: : : : -‐ァ : V: : : : : :、: : : : : : : : 〕iト
        <   /: V: : V: : : : : :V : : : : : : : : : : `、
           \: : : :V: : V: : : : : :V: : : : : : : : : : : :V  先にも言った通り、スラムに指定されている一帯は、
         /: \: : V: : V: : : : : :V: : : : : : : : : : : :V
          {: i: : i: : iV⌒V、 : : : : : : : : : : : : : : : : :  半ミュータントなどの受け皿になってるんです。
          {: |: : |\|ィ笊7 i\: :i/⌒Y: : : : : : : : : :
           N\j\:! V     V: / /: : : : : : : : ::/   つまり、はみ出し者たちの自治区のようなもの。
           ` ` ノ       r :: : : : : : : : ::/
             `、      . :\i:: :: :: :: ::i/     彼らが外の人間に物を頼むことは稀有なことで、
               ヽ‐   . : : : : : ヽi: : : /
                 ` 。o≦: : :_.: -‐…〈       だからこそ、依頼人に会うためにスカベンジャーが踏み入ることもめったにありません。
                    r≦j : -‐===≧s、
                  ,ィi(ニニニニニニニ=\   あるとすれば、スラムの外から、中になんらかの働きかけがあった際か……
                    /ニニニニニ===---  --==Y
              _ -‐⌒ ア^       V   \ よほど切羽詰まった事態か、ですね。
          _ -<   _ -‐           V     \
         /     >、                      V 半ミュータントは、純粋な人間より高い身体能力を持ってますし。
           /     /  V                        /}
        /‐=ミ /   V              i    //..}
          {: : : : :Y     \   i         |     i[  }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 閑話休題。
| というわけで、達也の質問に対して、トーマが整然と、
| スラムの中と外が関わらない理由を告げる。
| 半ミュータント蔑視の色が強い本領において、彼らの居場所を作るには、
| 行政側からはあまり干渉できず、彼らもまた、干渉してこないのだ、と。
┗───────────────────────────────────────┛
6052 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 21:59:59.75 ID:C4k2sU5K
つまり仮に知り合う機会があるとしたらそれはめっちゃ厄ネタという……
や、やったろーじゃねーか!(震え声
6053 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:05:27.13 ID:utRClKaU
                \
                `、:\∟ニ∟L」_
            ___、丶`、∧: : : : : : : : 〕iト
          ィi(: : : :ア: : : `、 : : : : : : : : : : : ::\
        ィi: /: : :/: /: : : `、: : : : : : 、: : \: : `、  取り敢えず、最低限この街で過ごすなら、
       /: :/: : :/: / /: : : : ∧: : : V: :`、 : : `、 : :
.      /:/: : : : : : : : : /i : i :i : ∧: : : V: : `、: : : V: :  スラムに住民以外が過干渉は禁止、とだけ覚えておけば。
     //: : : : : : : : : : : :|_:_| :| : : ∧_: -:V _: } : : : }: :i
      .: :i :i i: :i: : : :/: ! : ! :!`: i: ∧ : : }: : :}ヽ.: .:}: :|  彼らは大体の場合、中で物事を循環させますし……
        i.:.:| :| |: :|: : :i: :,.ィi笊ミト\|\:ィi笊ミト、:八: j: :′
        |/, | |: :|\:|:、ヾ乂vノ  \ 乂vノノ/ i/:/   外に出てくる場合、そういう事態に日頃から慣れた人がいますし。
.        N.:|: :|: ( \`            ,′jノ7
.           N\、: }h。、       `    u 'ィi{:/                                    ふむ、例えば? > 達也
           \⌒V:、    __ _    ,.: //
               V }h。  (: : : ) .ィi /       それこそスラム出身のスカベンジャーや傭兵や……
                 ,ィi{ア{〕iト ., ィi{_:_|}iト、
                _/ニ{: j :i :i :i :i :i :i{ニニ\_      あと、スラムの外に出稼ぎとか屋台とかやってる人もいますね。
         _ -‐ アニニ[八_|_:| :| :|_:|_八ニニ\‐- _
     _-‐7    アニニニ[: : :]:.:| :| :|: [: : ]ニニニム   ‐- _ 中だけで立ちいかなくなった場合、彼らが矢面に立って、
    /   _{ ‐=≦7ニニニ 八: :]:.:| :| :|: [: :八ニニニハ=- _ i  `ヽ
.   /  /⌒V  i{ニニニ/:i:i:i:≧=- : :-‐=≦iニニニニ}    ⌒ヽ   V 行政側と交渉したりします。
   ′./   {   ⌒7⌒{. Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|⌒i⌒⌒    i V   V
  ′ ′\:.{        i |.... ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  |         | ∧                                 なるほど > 達也
    ′  `i______| |、.. . ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  |         |i/  V  i
   {   ‐= ̄ ̄厂^ :| |:ム. . ⅵi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  L____|′  }
   {    i}   i}   | |:i:i:ム/ ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|  | ̄ ̄厂 ̄ |='   }
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、スラムについては大体こんな感じである。
| まあ先にトーマが言っている通り、スラムと関係する、ましてや中に入っていくことなんて、
| そうそうあることではない。まあ例外があることもちゃんと話してもらったし
| そんな気を張る必要はないだろうと
フラグ管理もばっちりである。
┗───────────────────────────────────────┛
6054 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 22:06:29.03 ID:/Ce5f/xA
白文字ぃ!!w
6055 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:14:21.48 ID:utRClKaU
                 / _ , -=ニ二ニー
                i // // /∠二二ニ=ー
                ∨:{/ __...............__    ̄`ヽ
           ∠二ヾ     :.         二ニ \    なるほど……参考になった、中尉。
               //  :ハ、   :..     \ \  :`ヽ\
             / /イ:ハ ヽ   ヽ    \ \ ヾ\   時に、ふと一つ気になったのだが……
.            /:/ /:  小ヽ:.ヽ\ \ \  \ ヽヾ\
            ′ //: /ハ∧ヽ:.\\ \_\   ヽヽヽ\                      なんですか、准将閣下? > トーマ
                /// /ハ | ̄ゝ_ヽ:.\\_\_\  \ヾ
           //イN∨ヘ ー='' |\\=ーヘ/ Υミヾ    この街に刀匠はいるのだろうか?
                _,ゝ:ヘ      !:  `\ ム,ノ⌒
               ⌒ゞ小    ^'^     /ミヘ        それも単分子刀や機械仕掛けの品ではなく、
                   r‐| ヽ  ´  ̄ `  イ |-ュ
                    |=iト、 \ `´ /_,,イ=|        純粋な刀をこさえる鍛冶師は。
               /ヽ=「三ミ_ー‐_イ三 i:|=ヘ、
             _//ヽノi:| 三ミ!:::::::::イ三 :|:iく.:.ヘゝ、_              ふむ、刀鍛冶……少し覚えがないですね > トーマ
       ___ ,,, .:-.:.:.´:.:ヽ/ : :_ノ:.ーュ |:::::: : j  r‐:.ヽ、: : /.:.:.:.`:.:.:.:-:. ,,, ___
     :.:.:.l l .:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <´⌒\\::://⌒`>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l l.:.:.:.:. そうか。いや、邪魔をした。
     .:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:. <:.:.:`Y´:.:.:>.:´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.
     :.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., ´___`ヽ|/´___`   、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://:..:..: : | | |:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l l.:.:.:.:.
     :.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.:.:.:.:.//:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:. \\.:.:.:.:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
     .:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.://:..:..:..:..:..:..: : | | |:..:..:..:..:..:..:..:. \\:.:.:.:.:.l l.:.:.:.:.
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな風に、スラムについての話がひと段落着いたところで、
| 後席から准将がトーマに声をかける。その内容は刀鍛冶を知らないかという問い。
| けれどなまじハイテクの街と化したフジノミヤでは、逆にそういうものの話は疎い。
| ましてや、単分子刀でも、放熱機構も持たない純粋な刀匠となれば、なおの事。
| トーマが知らないと声を返すと。准将はただ頷いた。
┗───────────────────────────────────────┛
6056 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 22:17:44.16 ID:/Ce5f/xA
登場フラグか!?
6057 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:21:44.74 ID:utRClKaU
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::} ……准将も、やっぱり刀は気になりますか?
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ                  まあ、私も軍人であるのと同時に剣士だ。
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/      無理に名刀を振るいたいとは思わぬが、良い刀には興味がある > 准将
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /    やはり、そういうものですか。
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '     :.:.:.:.:. }::/|
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|  :.:.:.:.:.:         、      八::!                     シャナさんは、そういう名刀が欲しいとかは? > 深雪
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧     正直、あまり……私は侍ではないですし。
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!    剣術にも、それ自体に思い入れがあるわけでは……
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////     (ただ、准将と思い出があって、得意というだけ)
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !////{
┏────────────┓                  (戦場で刀その物に拘る理由は、ない)
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな准将の様子を眺めて、シャナがぼそりと疑問の声を漏らす。
| 准将との思い出はさておき、剣術そのものはあくまで技術として見るシャナには、
| それほど名刀を追い求める感情というのは湧いて出ない。
| 実用においては、頑強でさえあれば【縮地】でどうとでもなるから、なおの事。
┗───────────────────────────────────────┛
6058 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 22:22:50.76 ID:/Ce5f/xA
うーんこのサムライ娘にあるまじき回答…
6059 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:25:05.46 ID:utRClKaU
                          r‐、__..........._
                 _ -‐:.:.:∧:.:.,ィ:.:.:.:.:.:.:.`ヽ
               /ア.:.:./:.:..:.∧i:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.ム
                 /':.,:.:,ィ::.:.:.:./:::.ヾ::.:..:ト、:\:.:.:.:.l   ……っと、そろそろ、目的のガンレンジですよ。
               /:./:./:.i:.:|::/::.|:.i:.:.` 、i从:.:.i:.:.:.i:|
                i从/|:.:.|:.:.r示心\} .ィ示t:从:i:|   刀鍛冶については、同僚にも一応聞いてみますので。
                   レNイi {辷リ   ` {辷ツ/:イ}'
                      マハ     ,     トメ′                         そうか、すまぬな > 准将
                         ヽ  、 フ  ,イ/
                 __    _ト、 __ イ_''       いえ、お気になさらず。
               _,ィ/////イ::::::::i::|::|::|::|:::iヽ::::`ヽ
             ノ⌒ヽ///i::::::::::/、:|::|::|::|::,|,′:::::::厶
            /i ヽ ∨‐|::::::::::i::i::ヽ::-/:i:::::::://  `> 、
            r〈 ヽ、ヽノ/丶:::::::i::i::|:厂i::|::|i:://    `  ., i
             ,'::リ_`ヽ ア‐'   ヽソ::i::l≧≦i:|iソ |   ヾ  / i |
              i::::i ノ⌒メィ′ _| |/////////| |― :::__Y /i .、
              }:::ムf///i/┬   | l./////////i .i   '::i i/ 丶 |
              i::::::弋//i .i   | i∨///////ハ i    ::| |  .i l
          ,ヘ::::::::::::::i .|   , i ∨/////./i ハ    | |   i l
             |  `=‐ィ  '   l i∧ ∨////./i iム    、 、  | |
             |      /    , |/∧ ∨///./i |/ム    i i  | |
             i     ,' i   ,  ハ/∧ ∨////i i`ヽi   | | .i i
             ヽ   イ     i  |///∧ ∨///|  l     、 、 i i
            ̄ ,  '   }  i////∧ ∨//ハ .i      | | i i
                / /     l  |/////∧ ∨//| .}    | | | |
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな語らいや説明に区切りをつけて、トーマの運転する車が停車する。
| 到着地点は、特になんということもない小さなガンレンジ。それ自体はどうでもいいのだ。
┗───────────────────────────────────────┛
6060 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:29:24.33 ID:utRClKaU
                              ,,ィ====-ミ
                            /::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                           /:::::>:<:::::::::::::::::::::::::',
                           ,'::/:::::}:::}:::>'、::::::::::::::',       ふむ、無人の、持込限定のガンレンジですか。
                           |::ト、:::::::}:::ト、:::>:::',:|:::::::::::',
                                {:::从',::Ⅵ,ィイiア`从/〉::,'`       注文通りです、助かりました中尉。
                              }:::::',伐}ヾリ    'ァ{:::ト
   ____ ,,........ -‐─ ''  " ¨¨二ハ     ソヾ从 }    r───-ミ                    まあ、今日の俺の仕事はこれなので > トーマ
  /   \//// ,,.... -‐ ''  "  ∨/∧_        >.` ─ Vヘ   ___∨≧ ̄\
  | . ',',  ',¨¨¨         ==‐¨ニ=〈__      Vヘ>、/∨ヘx≪''" / Yニニニヽ では返礼は、明日の仕事でお返ししましょう。
  ∧ . ',',  ',                 |ニ',::/  ヽ  ィ==ニ',/∧..ハヽ.〉//.   ' V{ニニニハ}
  ∧ . ',',  ',          >-/ヽ', {__ノイヽ┴=ミ ヽ∨イ:::://ニニニニニハ.  乂ニニニリ                            ……仕事? > シャナ
   ∧ . ',',.  ',     >////≫、イソ、`=〉、 }', }} {i{ニ//:::レ    ,イ,イ=/   》≪}
   ∧ . ',',.  ', .>////≫''" ∧--‐''"´.  〉 { ', }} |ニ/::/ニニニニ,イ,イ  }    }} /
    ∧. ',',  |//.≫''"    ヽ_ _、 ,-''" 〉Y _ }} V|::/   // ,イ,'  __ ///
     \__.>''"         }      ,人/  ヽ,{{.l/ // _, -‐''"   ヾ.,'
                   ゝ 、ー-''"  /  イ/ ヽ¨¨¨ ̄ ヽ:::ヽ     ∧/
                     ゝ____,,,ィ〈__ノ   ハ     }:::|    ,z///
                          r‐ 、',=/.   ,ィ { }     |:::| ,zニ彡" ,イ
                         Y´ ̄ ̄  _/.  },リ     ,':::,'=''"  イ,イ
                      ̄ヽ、 ̄__ / /    /:::/_。r≦:::://
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただ、司波兄妹が、戦闘前に調子を見たかっただけなのだから。
┗───────────────────────────────────────┛
6061 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 22:29:45.81 ID:/Ce5f/xA
なんや厄ネタか!?
6062 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:36:27.25 ID:utRClKaU
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ,'::::::::::::}::::::::::::::::::::,:::://::::::::::::::::,:::::::::::::::i::::',::::ヽ
    }::::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::,:::::/:::|::::::',:::::::,::::..
    /::::::::/:::::::::::::::::::/::/:::/::::::::::::::::/::::/:::/!::::}::::::::|::::::::.Ⅵ:.
.   ′:::/:::::::::::::::::::/::/:::イ::::::::::::::::/::::/__/_}_/:::::::: |::|::::::. マ}  ……やはり、何か軍務がありましたか?
    '::::::/:::::::::::::::::::::|:/:´ _|:::::::::::::,ィ::::/!::/ /イ ト、 :: |::|:::: | }|
  ,:::::::/:::::::::::}:::::::::::l::::::::{ |::::::::::/::{::/ |/圷斥/:::::::/:::|::::リ  |             ああいや、そういうわけじゃないんだが…… > トーマ
. /:::::/:::::::::::/:::::::::::j!:::::: 乂:::::::/::::|/|   メソ {:::/:/{::/!::/
../:::::/:::::::::::/:::::::::::::|::::::__|:/|/::::: ::::|   ヾ /イ:/ / j/     いえ、秘匿義務があるなら、
,':::::/:::::::::::/:::::::::::::: |//////≧ー――-ァ    ヽ /
::::/:::::::::::/::::::::::::::::: |////////////////    r '        別に話さずとも……
:/:::::::::::/:::::::::::::::::::: |///////////////   ´´ノ
':::::::::::/:::::::::::::::::::::://≧ 、//////////、._//>、                                と、いうわけでも…… > 深雪
:::::::::/:::::::::::::::::::::://>―‐> 、/////|::::|////////\
::::::/::::::::::::::::::::::/イ//////////\/{::::,:::{/////////
:::/::::::::::::::::::::::::{/////////\///\:::Ⅵ_///, ´
/:::::::::::::::::::::::::::|//////////∧////〉::|====!/_
:::::::::::::::::::::::::::: |///////////∧///{!::|ヽ: : :|、/ム
:::::::::::::::::::::::::::/|//////////// }///|:::|\:Ⅵ/\|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ただ銃を撃ちに来ただけではない司波兄妹の様子に、シャナが微かに眉を顰める。
| やはり軍務があったのかと。自分が足を引いてしまったのではないかと。
| ならば早々に立ち去った方が良いかとも思考したところで……
┗───────────────────────────────────────┛
6063 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:40:45.98 ID:utRClKaU
              _...-‐≦ ̄ ̄≧‐..._
           _.-≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::≧、
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       /   : /:::::::::::/:::::/:::::::::::|::ヽ::::::::::::::::::::::::.
      ,: .:':: :/::/::::::/::/:::|:::|::::|:::|:::::゙.:::゙.::::::::::  ゙. いえ、ただ現在、フジノミヤの近辺に、
      |:|:::|:::::|:::|_/!:::!:::::!:::!::::l:::|: ::::|::::|::::::|::.. |  l
      |:|:::|:::::K:|:::/|:|:::::|゙、:≧‐-:|:::|::::|::::::|::::::::*::|  宇宙ゴキブリが巣を張っているとのお話でしたので……
       ヽ从ヽ:kチ≧ミヽヽ::ゝヽ_:::::从::!: :|:::::ハ::::*::l
          |ヽ| 込ソ`    牛茶トミ_::::/:/※::::,'                           ちょ、司波少尉!? > トーマ
          |::::;;          込ソ ノ' }:::,':/7´:::::,'
        ,'::::;;;;    ′       ,':::::/イ::/:::::l   その殲滅任務に、わたくしとお兄様もご一緒しようかと。
        ,:::::;;;;;;;;,、  、      ,'::::/:/V::::::::l
        ,:::::;;;;;;;;;;;;;\   ̄  _...イ/:::/:/ヘ7:::::::l    トーマ中尉の憲兵隊も、
       ,'::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;;,,-:::≦_..-ァ:::/::/ヘ7 :::::::|
       ,':::';;;;;;;;;;;;;;;;;;;//イ ><  /:::/ Yヘ7 :::::::::|    そちらに人手を取られているとのことでしたので。
       /..::|;_>‐≦// /|/;;;;;ヽ /::::,'  |ヽ{ :::::::::::|
.     /|..:::|  |   ///  |;;゚;;Уア::::|. //  ≧-、|        いや、いくら身内とはいえ、そのGについての話は…… > トーマ
    / :|..:::|  |  ':/  /;;;/ /,':::::| //     >、
.   / : :|:::::|  |、/'   /;;;;/ ./ .l::::::|//     /   ハ            いや、此度については構わぬはずだよ、中尉 > 准将
   | /: :!:::::! /   /;;;;;;'. /  |::::::|.'   /  .ィチ≧'
   /.: : |::::::Y    /;;;;;;;' /   .|::::::|─‐/   //_|ヽ/
.  /: : ::::ヽ:::::ヽ.   ,';;;;;;;;' .|  |::::|─/   //>─7
.  ,':/:::,' :::::ハヽゝゝ,';;;;;;;;;i  ヽ  V从※   ヽヽイ/
  l/|::::|::::::::| ヽ.   |;;;;;;;;;;|     ヽ У    /7f::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| あっけらかんと、深雪が言った。  バケモノ
| 折角だから現地軍に協力して、宇宙ゴキブリの巣を壊してくると。
| 軍務、というよりはボランティアに近い行動の様だが……しかし、最悪のミュータント、
| 宇宙ゴキブリの名前を出したことに、元々話を持って行ったトーマが慌てる。
| それをやんわりと准将が制止し……
┗───────────────────────────────────────┛
6064 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 22:44:29.83 ID:LuCVOe4h
その情報元目の前のサムライガールです(小声
6065 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:45:21.11 ID:utRClKaU
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}                   なあ、そうだろう、シャナ > 准将
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム  ええ、まあ……第一次偵察、私がやりましたし。
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|  Gの存在は元々知ってました。
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|                             まじかよおい > トーマ
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨    ……しかし、一体どこでそんな話を?
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i             1を聞いたら、10を調べねば長は務まらんよ > 准将
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i      はぁ……
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| だってまあ、今更宇宙ゴキブリを怖がる理由もないというか……
| 最初に存在を確認してきたのが、他ならぬシャナなのだから。
| 今更、その存在を秘匿する、意味がない。
┗───────────────────────────────────────┛
6066 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:50:36.84 ID:utRClKaU
                    /_  -―‐,__
                     / / /           \
                 /V / -―――      \
                    { { {/ ――=ミ  :\   \     しかしそうか、大尉たちは
                 >   、      \  :\    \
                /   :、  \  \ /、  \    \  そちらの手伝いに行くか。
                i /   {\--\  ィセッフ\へ ―<⌒
                |ハ  从:rtッ' ハ\ ー   } しV⌒>                 止めよ、というならば、即座に辞退しますが > 達也
                |  V ∧    { _     ミV / /
                   V ∧    ^    >  ミイ /       いや、構わん。好きにせよ。
                   \彡  -  こ     八:|''
                     \ji、        /:. :.|        だがそうだな……私も折角、装甲スーツを持ってきたのだ。
                      ヽ:\      ノ: } ハ_  -―‐
                       } 个ー< : : : /-=ニニニニ\ それも巣穴、閉所戦闘とあらば、ベイダータイプの本領だ。
                ___ /_  へ⌒ヽ-=/-=ニニニニニニ=\
        ____/-=ニニ /  ̄ \  \ \{-=ニニニニニニニニヽ
      /   /-=ニニニニニニニ \ノ>- '-=ニニニニニニニニニニ }
      {     /-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ/-=ニニニニニ:
     人 \_,/-=ニニニニニニニニニニニニニニニ /-=ニニニニニニ:|
    /-‐≦三≧ -=ニニニニニニニニニニニニニ:/-=ニニニニニニニ ,
   /-=ニ=/-=ニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /|
  '-=ニ/-=ニニニニニ=- -=ニニニニニニニニ===------―――=≦ニ|
 ノ-=≦ -=ニニニニ=- /-=ニ=- -=ニニ=-‐ -=ニニニニニニニニニニ:/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| と、シャナによる事情説明が終わったところで、ふと、准将が大尉たちの行動に興味を示し……
| しかもちょうど持ってきた装備がそれに適しているとかいろいろ言い出して……
| ……あれ、なんかいやな予感が。
┗───────────────────────────────────────┛
6067 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 22:52:16.17 ID:kS+kcA4g
パパの良い所見せてやる!(吐血
6068 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 22:55:59.34 ID:utRClKaU
                         __ }\}、
                   _ ィニ¨ ̄     ⌒\}八
               /  {  {   丶  \ 、
               イ/  /{  { 从\\   ヾ  ……ふむ、中尉、後で作戦本部に案内してはもらえないか?
            _从 _彡从  {  { \ \\ ハ
             /{_   ( {\{\{尤 \ \\ j|                           え、構いませんが……理由を聞いても? > トーマ
            从二  \ 八     }_ 〉}/}/}/}
              /乂厂  ̄ ̄≧=、 -‐ /      いやなに、折角なのだ、私も作戦に加わろうかと思ってな。
               /ニニニニニニニニ=\`/
            _ =ニニニニニニニニニニニニ≧=──────── - _                本領軍の高官が何言ってるんですか!? > トーマ
.            /ニニニニニニニニニニニイ  ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニハ
           /ニニニニニニニニニイニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ=∧  先の戦闘では、砲弾を斬る以外に、
.          {ニ_ -=≠¨ ̄ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニl∧
             ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ∧  およそやることもなかったのでな……
             |ニニニニニニニニニニニニニ=_ イニニニニ_-=≦ ̄ ̄∨ニニニニニニ=∧
             ∨ニニニニニニ_ -=≦ ̄ニニニニニニニニニV∧    Vニニニニニニニl∧  少し、腕が鈍ったのではないかと。
.            \ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_V∧    Vニニニニニニニニ!
             ト、ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニV∧    Vニニニニ_八                   砲弾切るって何事ですか!? > トーマ
             |ニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }    } ̄ ̄ ̄ ̄  }    <´}
             |二∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} }     }_____.ノ<´i:i:i:i:i:i:i}
             |二=∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ~} }  _厂 / __ノ__ノi:i:i:i:i:i:> ´  おお、そうだシャナ。
             |ニニニ∨ニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }⌒)i:i:i:i{  (  _i:i:i:> ´
             |二ニニ∨ニ/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ [  ̄[  }<´i:i:八_ )_)_)_ノ                                  はい? > シャナ
             |二二ニ}/ニニニニ≧≠======[二[[_ }//}_i:i:i:i:i:i:}/
              乂ニニニニニ>ニ´ニニニニニニニニニ⌒] ]//⌒)⌒}_}
               ̄> ´ニニニニニニニニニニニニニニ_] }ニ>´
   _____    /ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ} }ニ:!
.    ニニニニニニニニニニ≦ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ_} /ニ|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……ほらやっぱり言い出したよ作戦の参加志願!
| 勝手に参加せず、ちゃんと了承取りに本部に行く辺り自重はしてるんだろうけどさぁ!
| もうちょっと自分の立場考えてください!?
| ……と、副官の織斑大尉が居たら、きっと叫んでいることだろう(白目)
| 
| まあでも、彼が参加するとなれば、きっと失敗する方が難しいのも、事実だ。
| 「だからこそ頭と胃が痛い」by織斑大尉
┗───────────────────────────────────────┛
6069 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 22:57:50.14 ID:Q9R50c07
イッチーェ…
6070 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:01:02.98 ID:utRClKaU
〕iト,,_
!: :./. 7´:i〕iト ,__
!: :i!: :i:i:i:i:/_/:7⌒7=-..,,_    >== ,,_
!: :|!: :!:i:i:i!{: : :!:i:/.i:i/´:/. :ァ,, / ´ ̄, =、ヽ
!:_:|{⌒!{_{、ヽ:.|/.i:i:/. :/. :/. // / ) _ {  '; ';
ミヾ{r=、,ィ゙ー'i!\/. :/. : :!:// /::/ /....〉ァ,,_ }: }
ー‐ァ=、/ ヾ゙/ 7 \{: : : ii.: ,'!:::i /...//i:i:i:i:i:〕iト
 /.i:;' \/∧' ̄^` ゙ー- !i i !:::! {....!i!:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト
 !:i:i{    iVA      i ! .!\,{ ヽ_{i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト
  ̄     !:iVA     '; ';  }  fフミ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト
        !:i:i:VA      ヽ _¨  彡'    〕iト i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト
        |:i:i:i:VA         ̄          〕iト i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト
       i__,,} ̄                        〕iト i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト
                                    〕iト i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:〕iト
                                         〕iト i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕iト、
                                          〕iト i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i///´ }
                                              〕iト i:i:i:i:i{ ' ,'  ,!
                                                   〕iトx{__/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ふと、思い出したように。
| 准将は腰の軍刀を鞘ごと外すと、それをシャナに向けて差し出し……
┗───────────────────────────────────────┛


          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\  ……あの、おもむろに差し出された、
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::. この軍刀は一体……
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::.                    餞別だ、受け取ってくれ > 准将
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }! いや、ちょっと何言ってるんですか准将!?
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ     イ|::::::|:::|
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……将官用の高級モデルであるそれを、シャナに譲るとか、言い出した。
┗───────────────────────────────────────┛
6071 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:03:06.60 ID:v3NWhP8P
ヤバイってそれぇぇぇえ!!
6072 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:03:37.31 ID:VMIqnrBA
そんな高級品渡されても、悪目立ちやら、刀目当てで不穏な輩に目をつけられそうだから!!
6073 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:08:22.77 ID:utRClKaU
                    /_  -―‐,__
                     / / /           \
                 /V / -―――      \
                    { { {/ ――=ミ  :\   \   元より、零式は、私用の刀を持たぬまま、
                 >   、      \  :\    \
                /   :、  \  \ /、  \    \ 将官に上ったものが自費で購入するものだ。
                i /   {\--\  ィセッフ\へ ―<⌒
                |ハ  从:rtッ' ハ\ ー   } しV⌒>  官給品とはいえ、正真正銘私の剣だ、問題あるまい。
                |  V ∧    { _     ミV / /
                   V ∧    ^    >  ミイ /                       いえ、問題はそれだけでは……!? > シャナ
                   \彡  -  こ     八:|''
                     \ji、        /:. :.|        形ある何かを、受け取ってほしいと思うのも、
                      ヽ:\      ノ: } ハ_  -―‐
                       } 个ー< : : : /-=ニニニニ\ 親の性なのだ、受け取ってくれ。
                ___ /_  へ⌒ヽ-=/-=ニニニニニニ=\
        ____/-=ニニ /  ̄ \  \ \{-=ニニニニニニニニヽ                           いえ、でも…… > シャナ
      /   /-=ニニニニニニニ \ノ>- '-=ニニニニニニニニニニ }
      {     /-=ニニニニニニニニニニニニニニニニ/-=ニニニニニ: ……ふむ、では先程、私から一本取った、
     人 \_,/-=ニニニニニニニニニニニニニニニ /-=ニニニニニニ:|
    /-‐≦三≧ -=ニニニニニニニニニニニニニ:/-=ニニニニニニニ , その褒美ということにしてはどうか?
   /-=ニ=/-=ニニ=- -=ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ /|
  '-=ニ/-=ニニニニニ=- -=ニニニニニニニニ===------―――=≦ニ|                        いやいやいや…… > シャナ
 ノ-=≦ -=ニニニニ=- /-=ニ=- -=ニニ=-‐ -=ニニニニニニニニニニ:/
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| あまりに突発的かつ、厄ネタじみたことを言い出す准将に、思わずシャナは反論するが……
| けれど准将はどこ吹く風。
| のらりくらりと理由を付けては、シャナにその刀を渡そうとする。
| その性能は、現在シャナが使う数打ちと比べれば上位互換。
| 刀に興味のないシャナも、養父の使っていた者ならばと愛着も湧くが……とはいえ、物が物である。
| 必死に制止しようとするのだが……
┗───────────────────────────────────────┛
6074 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:15:45.69 ID:utRClKaU
      /:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::/::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::|::::::::::::゚。
   ./:/::/::::/:::::/:::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::\:::\::::::::::::::|::::::::::::::::.
   |:/:: |:::: |::::/:::/::::::::/:/:::::::::/::::::::::::::::::\:::゚。::::::::::|::::::::::::::::|
   |{!::: |:::: |::::|::::|:::/::::|::|:::::: /|:::::|:::::::: |:::::ハ |:::::::::::|::::::::::::::::|  見る者が見れば、凡百の数打ちとは違うと分かる刀身。
   |小::|:::: |::::|::::|: |:::/|::|:::::: | |::: |:::::::: |:::: |: |:|:::::::::::|::::r、f叺:!
    从{廴|::丁:T::|‐| |::|:::::: | |::: |:::::::: |:::: |: |:|:::::::::::|^》^》^^|  けれど鞘や柄の拵えは、見た目質素に、
       |::::丁芹ぅミ{ |_ハ::::::| |`::ト-::::」_::::|: |:|:::::::::::|¨》_》{::::‘
       |::::::|.{ {::::ハ   `¨ `¨z竺竺ミ〕::|:|:::::::::/く》:::::::::‘  士官用の軍刀と同程度……
       |::::::|  乂リ        ん::::ハヽY^!::::::::| }:::::::::::‘
       |:::::::.               乂__ソ j/ /:::::::/ /::::::/::::|    刀身につきましても、刀匠が銘を与える真打に比べれば流石に劣る。
       |::::::::.     i           |:::::::::|イ、:::/|::::::|
       |:::::::圦               /:::::::::|:| У,.!::::::!    ええ、これならば過不足なく、シャナさんにぴったりな贈り物です。
       |:::::::|:::|\   _         ,|:::::::::/ |' ∧:|::::::|
       |:::::::|::ム:::_\   `      < |::::::/::: |〈:: /|::::::|    流石ですわ准将!
  , ィニニj::::::::::|zzzァ ,\__   。<>   /::::::ハ:::::|y.∧|::::::|
  //ニニニ!:::::::/ ア/  /冫r≦     .|:::::::| .}}: |./У|::::::|                          え、ちょ……司波少尉!? > シャナ
 { {¨ ̄ ̄/::::::/ 7/   / /^i        ,/:::::: | jト \' ./!:::::::.
 |∧   |:::::::| //   /{,イ'/∧   //::::::::///ニ\\}::::::::.
 V∧   |:::::///   ./  /'//∧>/ /::::::::///\ニニ\\::::}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……が、そこに装備科随伴整備小隊を率いる、軍でもとりわけ装備を見る目に秀でた深雪が、
| 准将に向けて援護射撃……シャナの反論する隙間を潰し、
┗───────────────────────────────────────┛
6075 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:16:24.04 ID:utLXe/ca
止めてよぉ!!w
6076 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:20:09.79 ID:utRClKaU
        /              l                ヽ
        /              l
           /           l                 l
       ,'   /            l                 l  ……衛宮さん、深雪の選定眼は確かだ。
                 l      li  /        l
          l    l   /V     li /    }i   l  l    l il  准将の事ですから、グレードを上げることはあれど、
     /   , l   l_l___,/_ V lト、   li/ヽ   /< _  l--l   / l
     / /l l l  l-l /___≧=-__V   ∧ _厶斗≦_ヽ l_V   / l l   衛宮さん一人が意地を張っても、引くことはないかと。
    //  l l l  l l,/ 弋_:ツ Vヽ〉 / ∧  l ./弋_ソ_Vlィl    /V lハ}
       l lV N. .l   ` ̄ ̄ //\トヘ l/ ´ ̄  V l // /ハ}                      ぐ、つまり…… > シャナ
      /ヽ Vl            l \         l/ / イ/
     /    ヽヘ,ハ         .::l           / /リ ヽ    ええ、是非受け取って差し上げてください。
    /-、     ,Vハ         :l              / ./
   ///∧      Vヘ        ___         ' /      V> 、
   |//li/∧      Vヽ      .| i ヽ      ///      ///////
/// l//N/∧      Vl \   -‐l   }‐-   //V/     //// l////
//// l//l V∧      l \\    l  .i   // .|      ///l//l <//
//  l//l  V∧      |   \\ l   | .//   l     /// l//l
    l//l   V∧     il    \,`l   | /    .l    ///  l//l
    l//il   V∧    |    // l   .l  Vヘ   l   ///   l//l
    l// l   V∧    l   //  l   |  Vヘ   l  ///∧  l//l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そして兄の達也の方は、直接シャナの説得にかかる。
| まあ確かに、最高級の逸品だと、傍目にわかる一振りではない……
| 准将が自ら引き下がることもないだろう、というのも想像がついた……
┗───────────────────────────────────────┛
6077 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:22:16.06 ID:4Z0GmnLD
ま、まあここまで保証されているんだ
刀の価値ばれからまずい展開になることはまずないのだろう…… ないよね?(震え声
6078 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:26:36.07 ID:VMIqnrBA
銘あり真打ちには劣るってことは一応分類は数打ちの中での上等品か影打ちの一本って感じか
6079 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:27:39.68 ID:utRClKaU
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::} ……分かりました。
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ じゃあ、ありがたく、いただきます。
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/                    おお、受け取ってもらえるか > 准将
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '     :.:.:.:.:. }::/|      はい。
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|  :.:.:.:.:.:         、      八::!
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\              イヽ:::|     (……准将の、刀、か)
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……だから、言われた時点でもう、シャナには受け取るしか選択肢は、残されていなかった。
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ アイテム『零式軍刀』を獲得しました。
      以後、特に指定がない場合、量産軍刀に変わって装備します。

6080 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:28:04.97 ID:utRClKaU
 【アイテム解説】

  零式軍刀 ……養父であるゼンガー准将から譲り受けた軍刀。
               銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高レベルで両立している。
               耐酸、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。

6081 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:28:28.52 ID:utRClKaU
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 本日ここまで

6082 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:32:16.68 ID:7IrMRWBE
乙ー
刀に耐ビームコーティング……何に使うんじゃろな(すっとぼけ
6083 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:32:19.14 ID:gi9g8Ouq
乙ぅーー!!
刀も遂に更新されたな!(震え声
6084 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:32:59.71 ID:utRClKaU
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーはここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',      はい、第二段階クリア報酬、零式軍刀を無事ゲットです。やったぜ(白目)
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     まあとはいえ、こいつが折れるイベントは想定してますが、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  今のところ価値バレからの厄ネタ展開は考えてないですねー。
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ  あ、零式軍刀は5th Turnで正式にステータスに加わったら、
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li 多少解説文変わってるかもー。いつも通り、下方修正はなしで行きますが!
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ ……しかしおかしい、今日は短く終わる予定じゃなかったか?
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ   あと三十分で日付変わるぞ……
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
6085 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:34:10.87 ID:gi9g8Ouq
筆が乗ってしまったんだなw
6086 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:36:25.71 ID:0ZKtNQbN
乙です
お父さんのプレゼント、大事にしなきゃ
6087 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:39:39.13 ID:utRClKaU
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ともあれ皆さん、お疲れさまでしたー。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  次回投下は……金曜か土曜の夜?
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !  どっちにしろ、多分また週末の夜になると思います!
         | V        ̄` /    |    ト
         | 人          7   |     〉  軍刀の耐ビームはあれだな、ビームサーベルと切り結べるぞ!
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \   あと、多分ビームライフルを刀で防ぐとかも(並外れた力量さえあれば)可能だぞ!
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }      まあ性能的には切れ味向上&耐性増で地味に強化されただけですんで!
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /        でもシャナちゃん的にはお義父さんにもらった刀だから大事な一振りなんだぞ!
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、      あとスレ主的には、量産軍刀が予備に回ったおかげで、
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ   イベントとかで『軍刀が折れちゃった……』した時に、
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
                                    一時しのぎの予備が確保できるからそういうイベントが起こしやすい(ぁ
6088 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:41:33.25 ID:gi9g8Ouq
ヤメテ! 貰ったプレゼントさっそく壊すとか(震え声
6089 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:45:17.46 ID:utRClKaU
                ___
               /       ` ,へ
              / /ヽ          |
.             / /       :i  ヽ  ヽ
              |   |  |  | | i  ,  大丈夫、そういうイベント起こしやすくなったってだけだから!
          |  | 斗 -‐:|  |ハ ‐-| |  ′
            /|  |  i| ハN  / |/Ⅵ ,  |  やるとしたら多分かなり後半!
          // ./i|  i|x===∨ x== }/ |∧|
       /// ハ  |""      ""}i |     こう、銘有り真打『贄殿遮那』の獲得イベントの前振りとかになる感じ!
.        /// /∧ {ト 乂 フ  ≦ | |
      /  . -=ニヽ ∧|=-〈丶/=- /: |     というかあれですよ、装備更新して早速壊すとか、
    八{  fニ〈     \}} ∨{ | 〉〉レ:
   / \  Ⅵi{   | 《レr=ミ Ⅵ |,//  八     んなクソバランススレ主もいやです!
  /   /   ,∧ニi    ∨》'⌒ /》=|〉〉 丶  \
  \ {  《  Ⅵi   Ⅵ㍉∧{  {{ \ \  \  ましてや目標値3桁の判定成功で手に入れた武器なのに!
    〉 r=У\}ニi    ∨'’| }{__∧ {.\ \ ,ハ
.   / / \  :}ニi     ‘,:| ¨¨´ ‘,\_}  〉 }
  / /:.:.」:「\ :}ニi     }!    }}  /  / 八  ……あ、ちなみに初期目標値の80って、
                               准将が刀で攻撃する時の固定値です(ぇ
6090 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:49:26.11 ID:utRClKaU
                   _
            /`¨  ̄ ¨´ ',、
              //, ,' i , i ., l ',
          / { ,抖、Ⅵ.,弌`! ! ,l     こう、あれだぞ、【刀剣】Lv10に特化技能【示現流】Lv10(!?)
.            ,  i;'弋ノ  弋ノ` ! i
        /i 从"    " '! .,'ヾ;、__,二_  で、(3×10)+(5×10)=80の固定値が付くという……
.        {〃! i /,> ,_^_ ィ,' ,' ヽ ミ、  ,}
        }ゞ リ//i!⌒¨¶¨λ}/⌒》  )} i{_,  ……なんであの人特化技能までLv10まで育ってんだよ(震え声)
         〈 〃〃 .》 ト 禾,H ,,;i!/} i(( 《_
.        ,{ ゞ 巛 i! .li棗/゙ .,il/´ ; `ゞ } )
.       〃 X}.}{∧i!  !,./ .,ili;、`ヽlー-、ヽ'   ……なお、実際の判定時は別技能の【体捌き】とか、
       ゞ{ ソ(〃,,i1  i'  ,;ilil;、)ヽ }ヽノノ }
      /M    ヒ三7iニミ!ililiヾ! ソ,=彡¨',   特性の【斬鉄(真)】とかの補正も別途乗るから、
        {`r ∫ _二>ゝ'ム=ミニ:」、Z  、 -、!
       ̄フ ̄':::::::::::::;/!::::::::i:::::`i-、_ ии {_   固定値だけで三桁出すんだぞ!
  〃⌒ヽ,,/´ レi::>i::::!,':::::,、/!__:、' , `¨--"
  ヾミ::,ミ、ミヽ,: : : : : : : ;'i´レ: :,'三ニ, : ,        何こいつ頭おかしいんじゃねーの(震え声)
   ヾミゞ〃!>_: : : : /.i: : : :i三三;、: ',
    ゞ-=-′  ¨ー' ′-‐.〕ニニ〔  ̄
                 廷_シ
6091 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/09(月) 23:52:39.21 ID:b2+caGPY
乙でしたー
固定値だけでかなり詰むなぁw
6092 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/10(火) 00:03:15.51 ID:epNH7udS
おつ
流石親分…
6093 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/10(火) 00:10:14.49 ID:SbG3j3+D
乙、刀の価値わかるの、やる夫とほむほむ、それとスカサハさんぐらいかね。
6094 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/10(火) 00:10:43.68 ID:9vyjd0cI
                        |
                  .___   |
       コソー     .イ^ x ´       .イ`|
           /           .‘   |  知ってるかスレ民。
            /              |
                        |  准将の兵種は歩兵じゃなくて、機械化装甲兵……
          i!      .j   i i ト、 、 |
          |     ハ   i. ハノ/≧.|  ……装甲スーツ兵なんやで。
          .i|    /ト、\ !Ⅵ'´〒¨´|
         j{   ノ==キ`   廴.ノ|  マジモンの戦争とか戦闘だとダイゼンガーの性能やら、
         ガ   |.i廴.ノ      ,⊂ニ|
         / j{   |⊂⊃ ーく⌒´}  .!|  織斑大尉の持ってた様な操縦系技能も更に乗るんやで。
        ./  j{   .ゝr‐ヘ,、 `ー ′イ.|
       /  ≠ミ、 }Yヽ  }辷,<.ー-..|  ……設定とシステム擦り合わせてみるとマジでこいつチートだ。
      ,ィ´       「^ー ´  i|-|i   |
     ノ'        j{/j{  ヘ .|y|   .|  まあ某英雄伝説でも親父は最強属性の一つって言われてるし、
              ヘ/i[  ノ._」_i!  .!|
    j{          ¨ー― イ ‘ー-.!|  主人公の養父なんだからこれくらいふつーふつー
    ヘ            }   ,    |
               「 i ̄ ̄ ̄ ̄.!|
       \      /  |////////i!|
6095 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/10(火) 20:09:18.54 ID:DvtqvwnW
普通とはいったい!?
主人公の親父はどうしても追う背中として大きくなってしまうよなぁ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2867-2a70fc1e