情報部シャナのスカベンジ日誌 4th Turn 「フジノミヤ」その9

6341 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:10:24.09 ID:x3IugtkO
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 やる夫はスカヴェンジャーのようです二次創作

            情報部シャナのスカベンジ日誌
                4th Turn 《フジノミヤ》


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
6342 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:10:36.39 ID:x3IugtkO
:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::\::::\::::::::::\::::::::\
::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::|:::::.:::::::::ヽ:::::ヽ:::::ヽ:::::::::::::\::::::::ヽ
::::'::::::'::::::::::::::::::::::::::::|i::::|::::::::::::∨:::::∨:::∨\:::::::::ヽ、:::::',
/::::/::::::::::/::::::::::::::::::':::::|i:::::::::::::|、:::::::!:::::::}、:::::\::::::::.\::}
::::::'::::::::::/:::::::/:::::::/:::::.::::::::::::::::|::ヽ:::!.ヽ./::::、:::::\::::. ヾ 【縮地】が強力で利便性が高い? 当然だ。
::/:::::::::/::::::::/:::::::/:::::::::|::::::::::::::|:::::マ{/::::|::::::ヽ:::::::ヽ.ム                 ここ
:':::::::::::|:::::::::':::::::/i|:::::::∧:::::::::::::':::::,イ|:__ヽ}、::::::::.::::::::|:マ}  でなければ今、私は情報部にいない。
|i:::::::::!i:::::::,|::::::/ |::::/  ∨:::::/:::/ }/斥ヽァ∨:::::.::::::|::}|
|:::::::::,!ー /|-/― }/ー '  |:::::'.   ,イr ,ら i} ∧::::|:::::!:/
|:::::::/!::::/ ,.ィテ笊芯ヽ |::/    比刈  ハ|::/:::::|
|:::::::'::|::/ ,イ/ 忙_-、ら  j/      込ソ ::::::|ハ:::::'
|::::/::::{ハ Y  比し'刈  /           {:::::| ∨
{Ⅵ:::::::::{    込_z斗       、       |::::::.
|::::::::::::::|                     人:::::i
ム::::::::::::::.            ,. v   /  :.::::::.
,∧::::::::::::ム                イ___|_::i
i/∧:::::::::::::', ̄ ̄\      //////////|:ヽ
///::.::::::::::::.∨/////| ̄ 7  - '///////////i!::::.\
///∧:::::::::::::∨////|   ト、//////////////|:::::::::::.ヽ
////∧:::::::::::::∨///|  |: :\/////////// /\::::::::::::.\
┏────────────┓
│ 前回のあらすじ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| スラム街の小さな通りへやってきたシャナ。
| 【縮地】を利用した上空偵察の後、早速一人、ターゲットの腕を斬り落として確保する。
| 居合わせた警邏隊の四四八にその身柄を引き渡し、テロリストにとらわれていた少女、
| 未来を、スラムの中にある彼女の家まで送り届ける事になるのだった……
┗───────────────────────────────────────┛


   ▼ 現在のステータス   >>5583(補足:技能【刀剣】Lv10 アイテム追加『零式軍刀>>6080』)

      好感度一覧        >>5587

5583 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:48:00.70 ID:/Re2g0gY
              《ステータス》

                                    /⌒≧=‐- 、 、
                                      \\
                       -:.:.:.¨¨  ̄ ̄:.:.:.``丶       }:.:.ヽ
                        /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.丶 __ノ:.:.ノ
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\ ̄
                  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                     //:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/:.:/:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧
                /:.:.:/:.:.:.:.:/:.:.:/:.:/// /:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.:.: ',:.:.:.∧
                /:.:.:.:./:.:.:.:.:/:.:.:/:./ // /:.:.:.:.:.:./:.:.l:.:.:.:.:.:.',:.:.:l∧
                /イ:.:.:.:.:/:.:.:.:./:.: /.:,ィ芋ミx、 //:.:.:.:.:./ トx:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| :.
           ///:.:.:.:./:.//:.// 《 {::J:::リヾ /:.:.:.://zz/ |:.:.:.:.:.:.:l:.:.:| |:|
            // /:.:.:.:./ ':.: /:.:.:. /   V__ン  /:.://}てハ抃:.:.:.:.:./:.:.:.| l/
       //  /:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.∧  .:::::::::: __彡' / ヒ_ソ ノ》:.:.:.:/:.:.:|:.|
       //    /:.:.:.:./:.:.:/:.:.:.:./、__、        ,  `¨  /:./{:.:.:/:.:|
.     //     /:.:.:.:.-=≦:.:.:.:./:.:.:.込           ..:::::: /):.:.l.:.:∨ ヽ(
  //   -=≦ ̄:.:.:.:. -=≦:.: |三三三三三|  っ     /:|:.:.:.:{:.:.:.、
.// /:.:.:.:.-=≦ ̄:./:.:.:.:.:.:.:. /ニニニニニニ|、   _,.. イ.:.:|:.:.:人:.:.:.、
   (:.:.:.//:./:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニ|  /ニニニニニ≧く:.:.|\:.\
     ヽ(:.:人(:.:.:.:. /:.:.:.: /ニニニニニニニ=|  トニニニニニ/ニ}:.:.|  ヽ:.:.\
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ニニニニニニニニニ|___ヽニニニ=/ニ/|:.:.|   }:.:.:ヽ\
.   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /ニニニニニニニニニニ\---∧ニニ/ニ/ .|:.:.|   /:.:.:.:.)\ヽ
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニニニニニニ\- ∧ニニニ{ :|:.:.| //):.:.:/  ):.)
...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : {ニニニニニニニニニニニニニ/___}ニニ>:} |:.:.|彡' /:.:∧ //
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:乂ニニニニニニ}ニニニニニニ/---∨ニ/=| 乂\__/:.:/ ∨/
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ニニニニニニニノニニニニニ/-----∨∧=| /:.>―<   }:.}

――――――――――――――――――――――――――――――

 【名前】 衛宮シャナ 【年齢】 15 【出身】 キョウト

 【身分】5級スカベンジャー

 【能力】(人間準拠)
  筋力:C+  体力:B-  俊敏:B+  知能:B+  運勢:B

  注目度:D- 小さい割には腕のいいスカベがいるらしい

 A以上=一流 B=人並み以上 C=人並み D=苦手 E=諦めたら? F=子供並み

 所持金: 291 円 0 銭

 【所持品】
 ・武器
  量産軍刀 ……父の形見ということになっているシャナの軍刀。頑強ではあるが切れ味は今一つ。
               数打の量産品であり、軍士官の武装としては少々心もとない。
               対単分子コーティング、耐酸コーティングが施されている。
  45口径短機関銃 ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する短機関銃。
                     アクセサリにロングマガジン、フラッシュライト、レーザーサイトを保有。
  45口径拳銃    ……威力の高い45口径拳銃弾を使用する拳銃。
                     アクセサリにサプレッサーを装備。
  戦闘用単分子ナイフ ……戦闘用のある程度丈夫な単分子ナイフ。
                    戦闘用の中では低級品で、単分子カッターと切り結んだり、乱雑に扱うのは危険。
  軍用マグライト .     ……本来は暗所を照らすための携行ライトだが、非常に頑丈で警棒代わりにもなる。
  ハンドグレネード(破片、閃光、煙幕 各一個)

 ・防具
  特種防護コート ……防弾、防刃、耐衝撃と、物理攻撃に対し高い防御性能を誇る。
                   銃弾は7.62mm.ライフル弾まで防御し、通常の刃物や破片は防ぐが、単分子カッターには無力。
                   耐酸コーティングが施されている。
  登山ブーツ    ……底が厚く、滑り止めの付いたブーツ。特別な加工や補強はされていない。

 ・その他
  最低性能PDA  ……ウジ虫に広く流通するPDA。性能は極めて低く、簡易なメール機能しかない。
  傷付いた獅子章……多大な功績を残して殉死した皇国軍人に贈られる勲章。
                シャナにとって、紛うことなき父の形見。
  警邏隊推薦状  ……組合から発行される推薦状。実力ではなく人柄を保証するもの。
                    これを所持していれば、警邏隊から簡単な依頼を受けられる。一回限りの使い捨て。
  救急キット ……包帯やばんそうこう、消毒用アルコール、それに痛み止めや傷薬などが入った救急キット。
                医療系の技能がなくとも使用可能。傷薬・痛み止めを使用した場合、補充には10円必要。
  ペンライト ……小型の懐中電灯。太陽電池採用。

 ・拠点
  住宅:中層区にある庭付き一戸建て。
.       付近の治安はよく、鍵類のセキュリティは十分。警備ロボットやタレットなどはいない。
.       一人で住むには広すぎるくらいで、それなりの人数を迎え入れられるだろう。

 【技能】
  格闘術  Lv:5……素手や小さな武器を使った接近戦能力。
  刀剣   Lv:8……常識的なサイズの刀や剣を扱う技術。
  銃器   Lv:5……拳銃や小銃、あるいはそれに準じた火器を使用する技術。
                  拳銃、短機関銃、突撃銃を使用可能。
  軽業.    Lv:5……戦闘における身のこなしや、狭い足場での立ち回りのうまさ。
  潜入.    Lv:5……隠密・気配察知の複合技能。自身の気配を隠し、他者の気配を察知するのに長けている。
  観察眼.  Lv:5……周囲の状況と照らし合わせ、不自然な箇所をあぶりだす技術。
  聞き耳  Lv:5……微細な音を拾い、情報として獲得する聴覚・技術。
  機械操作 Lv:4……PCなどの機械全般を操作する技術や知識。極端に専門的なものは含まない。
  電子技術 Lv:4……プログラミングやハッキングなど、機械の内面を弄る技術。
  軍事知識 Lv:7……軍そのものや軍人、使用される装備などに関する知識。
  指揮    Lv:1……状況を確認し、他人に指示を出すことに秀でている。
.                 Lv1は知り合い同士におけるちょっとしたまとめ役相当。


 【特性】
  ESP【縮地】.……空間を切り嗣いで割り込み、彼我の距離を一瞬で詰める。一種の空間系テレポート。
  ┃.         これを高精度で、かつ連続して行うことができるのがシャナの最大の武器である。
  ┃.         移動には重量制限があり、重装備では使用できない。
  ┗斬鉄(偽)……ESP【縮地】の応用により、通常の刀剣類で金属装甲を斬り裂くことが可能。
.             ESPの使用できない状況や、高速機動する対象、乱戦では使用できない。
  軍人の遺児……皇国軍人の忘れ形見。
.             根無し草のスカベンジャーであっても、社会的にそれなりの扱いを受けられる。
  情報部員  ……時に身分を隠し、偽り、軍で暗躍する情報部の一員。
.             現在その権限や支援は利用できないが、そこで得られた技術や知識は健在である。

 ※スキルレベル参考基準
  1.覚えたて  3.慣れてきている  5.一人前  8.プロ級  10.その分野でのトップクラス
6080 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/09(月) 23:28:04.97 ID:utRClKaU
 【アイテム解説】

  零式軍刀 ……養父であるゼンガー准将から譲り受けた軍刀。
               銘有りの真打や単分子刀にこそ劣るが、切れ味と頑強性を高レベルで両立している。
               耐酸、対単分子、耐ビームコーティングが施されている。
5587 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2016/11/03(木) 00:49:46.00 ID:/Re2g0gY
 【好感度一覧】

   クーデリア.   ……B+   (お泊り会……ちょっと楽しみかも)
   やる夫.    ……D+   (なんとも強い子だお)
   ヴィルヘルム ……B     (次は本気を見せてくれよ)

   アリス       ……C-   (昇級間近かな、おめでとうございます)
   聖十郎     . ……D     (無理はしないでいいんだよ)
   スカサハ.    ……D+   (大きな器に育ててやりたいな)
   リッカ.       ……D     (結構いい子だな、常連になるといいけど)
   リリィ       ……D     (シャナちゃん、ガンバ!)
   ピアニィ.     ……E+   (お、大物新人ね……(震え声))
6344 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:14:54.20 ID:x3IugtkO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6345 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:15:08.62 ID:x3IugtkO
                    __
                    /∧:、
                  //i:i:i∨ヽ、              __,,. -=ニ¨ハ
                  //i:i:i:i:i:∨: :`ヽ、 _,,..  -=   ̄: : : : : : : ,ヘ :|i,
               _,//i:i:i:i:i:i:i:i∨: : : j{ ̄: : : : : : : : : : : : : : : : ::,イ:i:i:, :|i,
          / ̄ ̄: :.:::://i:|二二゙|i:iV:::::j{: : : : : : : : : : : : : : : : : __/i:iト.:i:, :|i,
        / : : : : : : :::://i:i:i|:|::: : |:|i:i:i:V::j{ : : : :_:_:_:,.   -=ニ二「i:i:i:i:i:ト.||i:, :|i,
       /: : : : : : : : : ://i:i:i:i|:|==::|:|i:i:i:i:≧=ニ「i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|::゙||i:i:, :|i,
     /_:_:_:;;; --─=彡i:i:i:i:i:|:|::: : |:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i|`'||i:i:i:, :|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:|zzェ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:i:i:ト.||i:i:i:|__|i,
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i__jjIIL 。。 --|- 、i:i:i:i:i:i:i:i:|
       |jjIILi:i:i: 。。  ---───…  '''  ̄ ̄   _,,,....... ⊥..,__|``''ミ+s。.,
       |-- ┬r─‐┬─…tt====ュTTTTT::/||~ ̄ ̄ ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:::::::::::::``''ミ+s。.,_
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:| ̄:::|:|i:i:i:i:i:iii:iノ::||zzzzェェ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:| ̄~ |:|: : : ::::|`''ミs。     . . : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|  :|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|::: : ::|:|: : : ::::|:;:;:;:|丁 . . : : : : : : : : : : .
       |i:i:i:i:i| | : : : :||i:i:i:i:i:i|:|:|,,,,_/|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||  l  | ||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : : ::::|::::;::|│.: : : : 、: : ∨i/: : ::.
''^''^''^''^''^|i:i:i:i:i|_|__||i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|i:i:i:i:i:i:i:i:|:::||_|___|_||i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|:::;;;;|│{ : ://\/ /{__ノ
ーーーーーー |i:i:i:i:i:TTTTTi:i:i:i:i:i:i|:|:|ニニ|:|v-‐'""└─── ┘i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: : ::: ::|== |│\|i'"  `Y|'^'ー
゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙゙|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:洲洲i:i:i:|:|:|ニニ|:|ーrーrーi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/二二|i:i:i:i:|:|:|:::: : :|:|: :: :; ::|::;:::;|│゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:゙:
:, :.. .:: ,:|_ ̄”“'' …─‐‐-=====⊥_;_;_;_;_;i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|i:i:i:i:|:|zzzzz|:|:::: : :: |:::::::|┤ .:  :  :  :
:, :,  :.. .:: : : : l ̄ 二ニ=- ...,,___ _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 丁 ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄|:|:::::::|丁 .: : ,: :. . ,:
:, :, :, :, :, :, :: :, ,:  :,  :. ..: :..  .::   :.l二二二二二二丁 ̄「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|,.。o≦ :,  :.. ,: : ,:
.: :  .. ., :. ^ .: ′ .::  :., .:  :.,  ..:  :..  :, :  :.  ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .: ┌───┐ :: ,:
.: :, ,, .  .:  ,:  :..  ;: '^ .:  ,.:  :..  ,..:  .:  :..  :..,   ..:  ..:  :,  :.. :.. └───┘:, :,
:, ,: ..:  ,:  :'  ..:   ,.:  :..,  :,  :,  ,.: ..:  :., :.  :...,  .:: ,.: :.. :, :..    .:  :,   :,
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| フジノミヤ下層区、スラム街。
| 狭くとも整然と居並ぶその居住エリアの先に、一件の住宅があった。
| それは廃材で組み立てたのか、小さな、古ぼけた印象の家だ。
| 建材ゆえに耐久性に難はありそうに見えるが、それでも丁寧に組み立て、
| よく整備されていることがわかる。この辺り一帯の住居は、どれも似たようなものだ。
┗───────────────────────────────────────┛
6346 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 15:15:51.39 ID:K24zpFBT
スラムの中でも真っ当な人らの住居かねぇ
6347 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:19:26.46 ID:x3IugtkO
              _____
           ,、丶`:::::::::::::::::::::::``~、、
       _..斗rく:::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::\__
    ィi〔 /::::::::::,、丶`:::::::::::::::::::::::::::⌒ヽ::/, \
   /  ,/:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\/,_/
.  ∧  /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \(
   ∧/{:::::::/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::|::::::}}
  / {::乂: ′::::::/::/:::::::::::/:::::::ハ::::\::::\:: |::::::}}  ……あ、ここです。
.    ト,:::::::{::::::::::'::/::::::::/}::::::/  `、:::::\::::`、::::::八
.    |:::\:|:::::::::i/::::/⌒ ::::/    `~、\:::}:::〈   ここが、私の家……
.    }::::::::i|:::::::::|ィi〔   /         ア:: ∧
   /::::::::: |:::::::::| ,イ笊云ミ      イ云ミx ,.::::}:::/,                    おー未来、帰ったかー > 家人
   ,.::::::::::::i|:::::::::{〈{ ん,ハ      んハ }〉:::: |::::::}
.  /:::::::::::::::}:::::::::/,  ,)/リ         )/リ /:::::::}::::::/, あ、ただいま、お兄ちゃん。
.  {:::::::::::::::,'::::::::::::..  V少         V少/:::::::::ハ:::::: }
. 八::::::::::::{::::::::::::::/,        '     ,.:::::::::::::}::::::八
    ):::::::从::::::::::::::::}        _      {::::::::::::::从ノ
   }:::\:∧:::::::::::: }介s。        。s介::::::::::/:::{
.  ‐=彡 \:\:::::::/⌒( ≧=―=≦:ハ:::{:::::::/\:{
       )/__〉ノ\ \_  /\{ Ⅵ::::(
     ィi〔二≦/,...... \  〉⌒/, /``~\
    /‐=ニニ二:{:::/,........ア}i:i:i:i/\../::(ニニ=‐_
   ,‐=ニ`、ニニ二)::ゝく /二二二V二二二=‐_
   /ニニニ∧ニニニ}::::}___i |   i| i二ニニ=‐,∧
  √ニニニ∧ニ=!rーf } r‐===ミ} |ニ=‐∧ニ=‐∧
  ,‐=ニ二二∧={ } { r――‐ `~、ニニ∧=/=‐_
  ∨ニニニニニ{ゝ‐=≦)二二)     }二=‐}/ニニ}
.   }‐=ニ二二r{    {――     Ⅵニニ}ニニ,(/
   ,‐=ニニニrアi:i乂  __)K}〕iト,    /i:寸,从ニ=‐,
   {,‐==二/=入i:i:i:i辷彡/i|i:i:i:i:\_/i:i:i:i:i}入/=‐ ハ
   ‐=ニニ/,‐=ニ≧=‐=≦} |i:i:i:i:i(<i:i:i:i:i:i/ニ∧ニニ=‐
   ),ニニ/‐=ニ二ニニ=‐,/ i|i:i:i:i:i:i\i:i:i:/‐==‐\ニ=‐
  /‐=ニニ二ニニ=‐/  |i:i:i:i:i:i:i:|{‐=ニ二ニ=‐,\ニ}
  {‐=ニ二二ニ=‐/:::|   |i:i:i:i:i:i:i:|/,‐=ニ二二二ニ=‐}
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そここそが、シャナと、彼女と連れ立った少女未来が目指していた場所。
| ……未来の家である。
| 未来が家の前で立ち止まり、シャナに声をかけるのと同時、窓から見えでもしたか、
| 中から人の声がかかる……男性のものだ。未来の言葉によれば、兄らしい。
┗───────────────────────────────────────┛
6348 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:25:13.18 ID:x3IugtkO
            /:::::::::::/::::/:::/\/::/}:::::::/:::::::|:::::'!:::::',
        /:::::::::_/::::/ イ≧ュ、/ヽ ':::::/ }:,'::::!:|i::| |_,ハ
         ':::::::,ィ |::./イ 比i狩   /::::/ ,ィ∧:|:i::::| |:::::|
       /:::::::::{ {/ |  込)ソ  // ィrxォ、|/:}::::| |:::::|  お兄さん……家の人、居たんだ。
        /:::::::::::乂_|i | ::::::::::::. /   ム孑イ|!:/::/iリ::::/
       ,:::::::::::::_从 |_ ;;;;;;;;;     , ゞ゚' /|/::/ /}::/  なら、ひとまずは安心、だね。
        ,::::::::::::///////rヽ   、 _    /{/{/   i/
      / :::::::::::{////// i!/ト、      ィ{:::::|   '           うん……ここまで、案内ありがとう、ございました > 未来
     ,::::::::::::,∧//////|/{  {`¨´/\∧|:::!{
     /:,.ィ7/// \////|/|  |//////}/l{::::|:::.      別に……後ろについて、歩いてただけだ。
.   ///////ヽ///>- '/\ }\// // i::::|:::::.
   {////////∧//////// \: :∨/ {/ム::{::::::.      礼を言われることじゃない。
   |///////// }//////////}r‐r\///}::|/}::|
   |///////// |//////////|{ Y、  `ヽ|::!/|::                                   それは…… > 未来
   |///////// |//////////| 、_ノ   /j!{/j!:::.
   //////////∧/////////i| / \__/}/リ/|:::::.                          なんだ、未来、お客さんか? > 家人
  {////////////}/////////|'      |/ |/{::::::.
  |////////////|/////////|   l   |/ |/ム::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな未来と彼女の兄のやり取りする声を聞きながら、
| ひとまず目的を達成できたことに、シャナはほうと息を吐く。
| 兄が一緒にいるのなら、無理にこの場に留まる必要もなさそうだ。
| 四四八には家まで送ってくれと頼まれたが、その必要もなかったかもしれない。
| だからまあ、例は必要ないと告げたのだが……未来は少し、困った様子に口ごもる。
┗───────────────────────────────────────┛
6349 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 15:25:50.77 ID:K24zpFBT
まさかの兄貴が……
6350 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:30:57.64 ID:x3IugtkO
                        _
                    ___ /::::::`ヽ
                 _,..ィ'´   /::::::::::::::i ̄ヽ
                /:::ヽ  ヽ' |:::::::::::::::::ト  ノ あ、うん……お客さんっていうか、
                |::::::ハ  ,イ::::::::::::::::::|_  i
                |::::::i::::Vィ´V::::::::::::::L__ノ  助けてくれた人っていうか……
                |: ::::iゝ:/:| /:::::::::: : ヽヽ
                |::i:::/`ヾ::´i::!::i::::::: :i、:ヾ'                       うん? まあおいらもそっちいくから待ってくれ > 家人
                !:ハ::i\__,`ニ=iニ、:::::i:|ヾ!
                 ヾヾ___∠__ ,---ヾリ    うん、わかった。
                 /  、       `ヽ
                 ノ   ヽ     i  , .!  ……あ、お兄ちゃん、濡れタオル、あったら持ってきて。
                ,'    /  ,   l  |. |
               /    /:: /   l  |:. !                                 タオルか? うん、わかった > 家人
               /    /: /    l  |:.  !
              /    ,イ       l  |  .|
         _,. - '´    / |         .l  |   |
      r- <\    .:::/  |        l  |  ノ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 少し遅れて、ああ言い方が厳しかったかもしれないと思い直したが、
| その頃には未来は家の中の兄との会話に移っていた。
| もう、ここに留まる必要はないかもしれないが……折角だ、二人から話でも聞いてみようか。
┗───────────────────────────────────────┛
6351 : 隔壁内の名無しさん [sage ] 2017/01/29(日) 15:32:47.84 ID:bnKuy+Jm
そういや返り血浴びてましたね
6352 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:36:05.69 ID:x3IugtkO
             ヽ、 l         / ,/´
          `ヽ'⌒iヽ!   _.-、_ト、 、/_/ /
            | \l',_j-` ̄:..:..:..:.`/:./冫´、  _,,. -‐:.'´- ̄ヽ
           /i'ヽ }ヽl!:..:..:..:..:..:..:..l|:.l!:':..:..:..:.`'´:..:./ ` ヽ   }
           ,' ヽ,r'j}:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..,.-‐:、:..:..:..:..:,ヘ   二'‐  {  ほら、タオルだ。
             { r{llllリ:..:..:..:..:..:..:..:..:.,イ0lllli.}ヾ :..:..:!、 ヽ.  〈`   !
           ヽ. ^'^ ,r〃''イ:..:..:.. 'ヾllllllllァ;ノ  :..:..:冫/   ヽ  }  お客さんようだと思って、出来るだけ綺麗な、
          イ´ , (    、     `~´´    :..:ヽ.'  ,. -' /
          /_,,./   ヽ '´     ',      .:..:.l__:.ヽ-_.,/    新しい奴出してきたぞ。
        ,,.-'i´_,l     |      ''-!、,    :..:.l:.「`~´
      ,. '´ ,,;ベ j.    人.   ヾ:、ヾ:}、 `ヽ、 :..:i;..l                         ありがとう、お兄ちゃん > 未来
    /  ,.r'  /ヘ.ヽ-イ   `ヽ、   ヽノ ヽ、   `ヽ:.ノ:..l
    , '  ,/   /   `ゝ、ヽ、,,_   `~´  ヽ  \..;.‐'^ヽ:.l                           (半ミュータント、か) > シャナ
  /   /  /    /           -< ̄ ヽ:..:..:..:..\
  /   /  /    /             ',  :.:.ヽ:..:..:..:..!ヽ
 i    ,'  ,'    /               ', :..:..:ヽ:..:..:..i, ヽ
    i   l   /                    i .:..:..:..:.ヽ:..:..:l ヽ
      !  `  /                 l:..:..:..:..:..:.ヽ:..:l
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| ……そうしてすぐに姿を現したのは、一言で言えばネズミだった。
| ただし、人間ほどの大きさのある、巨大な。
| しかしその口から出てくる声は明らかな理性を持った人間のそれで、
| 未来もいたって普通に、そのネズミを兄と呼び慕っている。……半ミュータントだ。
┗───────────────────────────────────────┛
6353 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 15:38:00.56 ID:DeuuARV2
ファッ!!?

そりゃぁこの場所居るんだからそういうことだよな…
ちょっとカワイイ
6355 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:46:03.57 ID:x3IugtkO
         /::::::::::::::::'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::ヽ::::::::::: \
      /:::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::∨ ̄ __,.ヽ\
        '/}_:::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::::::|:::::::::::::::∨ ̄__|..:::ヽ::::::::ヽ:::.
      {  ,_ ̄/ ̄  _:::::::|::::::::::::::::|__ ̄_},.ィ::: |:::::::::',:::::::,::::.         ん、スラムじゃ見ねえ顔だな。
       |:::::::::::::'::::/:::::::::/  ̄| ̄_ ̄|_l:::::::::: |::|!:::::|:::::::::::|}:::::::|,:::}         軍のコートとか着てるし、外の人か? > ネズミ
       |::::::::::::|::/!:::::::: |::::::/}:::::::/;:::: |:::::i::::::::::::}::|!:::::}ヽ:::::::|!:::::::|マ:|
       |::::::::::::i/::|::::::::::|:::://:::ト、/:::/|:::/::::::::::/イ}:::/_ マ:::::i:|::::::; リ 博識ですね。
       |::::::i::::::::: |::::::::::Ⅳ/:::/ }:\_,}/ |:::::::/ }/ィチヽ〉|:::/::|::::/
       }::::::|:::::,.ィ|::::::::: |/ィチ笊ミ、 /  ;::::/ ´ヒ刈  /:イ::/}:/   はい、スカベンジャーです。
      ,::::::::|:::::{ (,!::::::::::圦 比J刈    /::/   込'   ':::::/ /
     /::::::::|:::::乂|:::::::::::|  込)_ソ   / '         }::/|      スラムへは元々、別件で。
     ,:::::::::: | ::::::: |:::::::::::|  ::::::::::::::::::      、      八::!
    /:::::::::: |::::::::: { :::::::::|\ ;;;;;;;;;;;;;         イヽ:::|                ほー、未来より小さいのに……
    , :::::::::::: |:::::::_八::::::: | } >       ´   イ::::::|//∧               ああ、そういや名乗ってなかったな。
   ,::::::::::::イ´ ̄///}::::::{ |    `    _...イ: .:|:::::::|////:.                   未来の兄の、小日向楽俊だ > ネズミ
.  {:::::::::::{////////|::::::|: \        /   j: : |:::::::| ////!
   |::::::::://///////|::::::{\: :\     _,..ィ/: : :|::::::リ'////;     改めて、スカベンジャーの衛宮遮那です。
   |:::::://////////|::::::|//\: :.\イ  ̄ ∨: : : :!::::/{/////
   |::::::{//////////!:::::|////ヽ: : \   }: : : : |::/ !////{
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、別段驚くことでもあるまい。
| もともとこのスラムは、通常の住宅街に住みにくい、
| 彼ら半ミュータントの為に用意された一面もあるのだから。
| 未来がここに住んでいるのも、兄や、他の家族と一緒に移住してきたのかもしれない。
┗───────────────────────────────────────┛
6356 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 15:46:13.27 ID:DeuuARV2
一二国記のネズミかぁ 賢そうだな
6357 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 15:53:34.26 ID:x3IugtkO
                         ,'    , ,、-、
                   | .   l   //:..;', ヽ
   ,、-‐―-...、,,        ,、zl.、-ァl..-‐:/‐-..、/ ヽ ヽ  ,
   l ⌒ `r'‐、:..:..:.`':...、,  ,.ィ:.':.´:..';..:..:.|:..:./:..:..:..:..:.`'..、. |/ ,、-  にしても、シャナはあんま驚かねえんだな。
   l  /   \:..:..:..:..:`':..:..:..:..:..:..:.',:..:.l:..:i.:..:..:..:..:..:..:..:.`':.'、r'´_,,,,,
  l  ヽ /   \:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..';..:'.:.゙:..:..:..:..:..:..:..:..;..;.、;.ゞ、,    スラムの人間でも、たまにミュータントの大ネズミと勘違いして、
.  l     /      ヽ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.,、---.ニ.、;..:.  ```'``'` _,`z,、,
  l   〈       /:..:..:..:..:..:..    ´ ̄‐``''      ニ´   ハ おいらの事食おうとするのもいるのに……
  ヽ   '、    /:..:..:..:..:..:             ,、       `'' '′ ',
   ヽ   7  {:..:..:..:..:..:..:..; -ァ‐‐ 、 _,,,..、-!--        ,.   ',       え、ええと……まあ、ハーフのことを、知らないわけではないので > シャナ
.    \  \  〉:..:..:..:./ / ,r‐‐‐〒----!---       l    ,'
      ヽ--r.:'´:..:..:..r'  .,、=7 ,r ‐‐‐!``'''''''マ'‐-       /   /ヽ おお、そうか。
          |:..:..:..:..:.,レ',r',r'"Y ,、-‐‐l.     ヽ、      ,. '゙''^7T´゙、
        .!:..:.;、rィ.//  └‐'''ノ       ` '''''' ´   /. ', ゙、  ああ、これ、未来に言われたタオルな。
    , -‐、,'ィ゙///    ,.. -''´         /     ,.ィ'´.   ', ゙
   / ./,.r'゙/ /  ,r<;..:..:.:...     ,、. ',...----..、;,,|_    ',    顔とか血すごいから、これで拭いてくれ。
. / ./!'´ / ./  ./:..:..:..:..:`:'':ー――',´-'"::::::::::::::::::::::::::::l    l
i     |/ / .,ィ''ー‐.、;,.:.__:..:.:__:..:,.r:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈     l                                 ありがとうございます > シャナ
l ,   /| / /.:|::;:r‐‐‐i´:::;>'゙:::::7ー‐-::、:::::::::::::::::::::::::::::--'、,,_    l
ヽ!    ,l.' /.:.:.:.:|'::::::::/l;::::::::::::/、丶:::::::::ヽ: ̄::::::::::::::::::::::::::::::|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 本人はさらりと言っているが、同じスラムの住民に食われそうになるって……
| 街中などにも広く生息する大ネズミは、確かに貧困層を中心に食用に狩られることはあるが……
| やはり流石はスラムというべきか、中々、ハードな生活をしているようだ。
| 受け取ったタオルで返り血をざっとぬぐいながら、その生活に頬がひきつる。
┗───────────────────────────────────────┛
6358 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 15:54:29.69 ID:DeuuARV2
ひぇぇぇぇ…
6359 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:03:02.87 ID:x3IugtkO
        / /:/: : :!:/: : i: : :| 、: ヾ、: : : 、: ::!
        /  !:.!: : : !: : : :/!:::| ヽ:.:ヽ ゝ:、:::::!
        \_, !: : : : !: : :/ |:/    ̄` ̄ ヾ!                              ところで、彼女は…… > シャナ
          !:: :!: : |::::/ ,/     ,ィr=、= (……お兄ちゃんとも普通に話せてる)
          /i::、:!: : ::|/  ___,      {iJ |!
          | |::ヽ: : :::|  ,ィcミ`     ゝ' .!                  ああ、未来はちょっと人見知りするんだ。
           |: :!: : : iヽ ヾ Y_り      |     そういや、シャナは未来を助けてくれたんだったな、ありがとう > 楽俊
   じーー.    |: :|: i: : {i ゝ、 ´    `    !
           |::!: :i: : :::`ヾヽ、    '´  イ  うん……銃を持った人に、捕まって……
           !::: : !: : :::::::: :::::`:..... --  '´ !
           !ヽ: ト:::::ハ:! V`ー',人 ` ー r:!   シャナちゃんが助けてくれなかったら、どうなってたか。
              ,V  , -=ニミヽ/\_,}::!
               /―-、ニニr>X _,.ハ|                             ええ、そうなのか!? > 楽俊
               | ニニ\ニヽヾ::ヾヽ、!
               .!.ニニニ\ニ\:.:ヾ,!
               .!ニニニニヾヽニ、:.:.!|
               ヽニニニニニ=- Vr|
                 ヾニニニニニ=!Y|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| そんな風にシャナと兄が話す様を、ここまで案内した未来は、
| ただただじっと見つめていた。口数が少ないのは、楽俊の言う通り人見知りなのだろう。
| 彼が声をかければ、自然とシャナに救われたときのことを思い出しながら、
| ぽつりぽつりと話し始める。
┗───────────────────────────────────────┛
6360 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:14:23.95 ID:x3IugtkO
          , '´ ̄ ̄ `ヽ
        /
      {!      _,....:::::―――::::...._
       \__,...:'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ               ああ、本当にありがとうな、シャナ。
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::::::::::::::ヽ、             ひょっとしたら、未来がいなくなってたんじゃないかと思うと…… > 楽俊
     ,:':::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::;:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::\
.    /::::::::::::::/:::::::::::::::/::::::::;::,:|::::::::∨::::::ヽ::::ヽ:::::::::ヽ
   '::::::::::::::/::::::::::::::::::/:::::::/:/::!:::::::: |:::,:::::,::∨::∨::ヽ::::.  いや、そんなに気にしないでも……
   |::::::::: /::,:::::::::::::::/__/_/::::|::::::::::|!::|:::::|:::∨:::',::::::∨',
   |::::::::/::/::::::::::::ィ:::::::/〃 i:/|::::::::::}イ⌒iヽ:|:: |::',::::: |、::. 依頼のターゲットを捕らえるついでだったし。
   |:::::::|::/|:::::::;::::/!::/ / / |::::::::/ }:i Ⅵ|:::}:: |:::!::::: ! マ
   |:::::::{/::|:::::::|:/,ィチテ芯ヽ  |:::::/ィチ芯ヽ|/|::::|:リ:::::::| }!                 だとしても、おいらからすれば妹の命の恩人だよ!
   |:::::::'::ハ!::::/|:圦 比j刈   }::/ 比刈   ,|::/:::|:!:::リ /    その、スカベンジャーの依頼について、何か手伝えることとかあれば…… > 楽俊
   |::::::::::{ |::/::::::. 弋こツ  /'   弋zソ  ム:/:Ⅵj::/
   |::::::::人!'ハ::::::::.             {:::::|:::.リ /    (本当に、そんな感謝されることでもないんだけど……)
   |::::::::::::::`¨}:::::::i           `   u  八::|:::|
   |::::::|::::::r7∧:::::::.、     r   っ     イ|::::::|:::|      じゃあひとつ訊きたいんですが……
   |::::::|::::::|/// ̄>、>   __,. ィ//>|::::::|:::|
   |::::::|:::://////////rrハ  |//////イ/l|::::::l::リ                                     おお、何でも訊いてくれ! > 楽俊
   |::::/::/-<///////|//| ,ト、//// //リ:::|::|/
   ,:::::'/////\/////!//!,.‐: 、\/ ///:: /::|
.  /:///////// \//ム/ |:, -- Y:∨//:::/:: リ
  {//////////////\{//∧: : : :|: :} /:::イ::::∧
  |////////////////////ト,: : :!: :|'///::∧/}
  |////////////////////|: i: /: : |/,イ::////|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 銃と、捕まる。そんな明らかに危険なワードを聞いて、目の色を変えたのは楽俊だった。
| 背景事情を知らない未来の説明では、半ミュータント解放戦線のことなどわかるべくもないが、
| ただその言葉だけで、妹が攫われるか、最悪殺されるかしていただろうとは簡単に想像がついて、
| ぺこりぺこりとしきりに頭を下げる楽俊。
| もふもふとした大きなネズミがそれをするのは何ともコミカルだが、
| 依頼のついで程度に助けたシャナには、その多大な感謝が妙に肩に来る。
┗───────────────────────────────────────┛
6361 : 隔壁内の名無しさん [sage ] 2017/01/29(日) 16:16:49.90 ID:bnKuy+Jm
感謝されるのに慣れてないのかな
6362 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 16:18:46.96 ID:If320q4h
肩を凝らさないように色々情報貰おうぜ!
6363 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:25:12.29 ID:x3IugtkO
                /   `ヽ 、
               /        {ハ ′          __
           .′  /\: : : :' ',       ハヽ
.            {   /.: : : : : : :-! }        丿 〉:}            ごく最近、スラムで見ない人間を見かけてないですか? > シャナ
              }   ヽ.: : :/ム-┘└…─-<  (: :|
              ',   ,ノ : :/(           ヽ `'マ/     ふむ、スラムの外の人間か……
           ,ゝ \,厶ィ    ─-       '  ハ
           _7'´ ̄.:..:..:.:,:       `丶、 }. /  ,. -‐  ひょっとして、未来を捕まえた奴の仲間……
          彡ィ .:..:..:.::'     ,.、  __    ′ ',.-─-
          / 爻ァ.:.:.:.:.     _;′`゛ム(;;;ハ     ト、                     黙秘します……というのは、実質答えか > シャナ
          _,ハw( イky.:.. :..  ;'      込ryタ      ノ ヽ
        フ^~{    父人ノ{ ':.     `¨~ ゙ ': ..  ':.     むむ、となるとちょっと真剣に思い出さんとな……
       イ.:..:..:..}     ヽ从 ,ゝ         `ヽ;,,:,
      r/…¬{ ,:       ヽ`';..  -‐…r‐- .,     }    近所にゃあ、銃見せびらかしたり、
.      〉 /ノ)'        'vト、ヽ _,ゝ -‐      )ヘ
       // 厶.ャ'′        〉 >wヘrく /ー-ーrヘ. ',   あからさまに不審な奴はいなかったと思うけど……
     「厂  ″       . : .:..:://  弋_ノソく      | |  l
   //          .: .: ..:..:../  rク / l/  ハ     | |  i   未来、お前はどうだ?
  く  {      ..: .: ..:..:..:..:.:.:./  ´ /  《.  リ     ! i
   ヽ.}   .: .: ..:..:..:..:.:.:.:.:::人   /   \/     j                                   わ、私も、全然…… > 未来
.     {  .: .:...:..:..:..:.:.:.:.::/   \/      `ト、
┏────────────┓                 ふむ……あ、いや待てよ。
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| まあ、折角相手が恩を感じてくれているのだしと、これ幸いに聞き込みをすることにする。
| スラムの住民以外が急に姿を見せるようになっていないか……つまり、例のテロリストの残党が、
| どこにいるか知らないか、と。
| スラムの兄妹はうむむと首をひねらせ……ふと、思い出したように楽俊が声を漏らす。
┗───────────────────────────────────────┛
6364 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 16:26:44.52 ID:6hyhNKnr
ktkr!
6365 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:36:03.90 ID:x3IugtkO
             ヽ、 l         / ,/´
          `ヽ'⌒iヽ!   _.-、_ト、 、/_/ /
            | \l',_j-` ̄:..:..:..:.`/:./冫´、  _,,. -‐:.'´- ̄ヽ
           /i'ヽ }ヽl!:..:..:..:..:..:..:..l|:.l!:':..:..:..:.`'´:..:./ ` ヽ   } ここからはちっと遠いんだけども、
           ,' ヽ,r'j}:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..,.-‐:、:..:..:..:..:,ヘ   二'‐  {
             { r{llllリ:..:..:..:..:..:..:..:..:.,イ0lllli.}ヾ :..:..:!、 ヽ.  〈`   !  テント村っていう、まあ名前の通り、
           ヽ. ^'^ ,r〃''イ:..:..:.. 'ヾllllllllァ;ノ  :..:..:冫/   ヽ  }
          イ´ , (    、     `~´´    :..:ヽ.'  ,. -' /  家じゃなくて、テントで暮らしてる小さな地域があってな……
          /_,,./   ヽ '´     ',      .:..:.l__:.ヽ-_.,/
        ,,.-'i´_,l     |      ''-!、,    :..:.l:.「`~´                          そこに、不審者が? > シャナ
      ,. '´ ,,;ベ j.    人.   ヾ:、ヾ:}、 `ヽ、 :..:i;..l
    /  ,.r'  /ヘ.ヽ-イ   `ヽ、   ヽノ ヽ、   `ヽ:.ノ:..l       いんや、逆だよ。めっきりその辺の人を見なくなったんだ。
    , '  ,/   /   `ゝ、ヽ、,,_   `~´  ヽ  \..;.‐'^ヽ:.l
  /   /  /    /           -< ̄ ヽ:..:..:..:..\      これじゃあ不審者っつーか、不審スポットだけども……
  /   /  /    /             ',  :.:.ヽ:..:..:..:..!ヽ
 i    ,'  ,'    /               ', :..:..:ヽ:..:..:..i, ヽ     思いつくのはこのくらいだ。どうだ、役に立ちそうか?
    i   l   /                    i .:..:..:..:.ヽ:..:..:l ヽ
      !  `  /                 l:..:..:..:..:..:.ヽ:..:l                                ふむ…… > シャナ
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 続けて、楽俊が語ったのは、シャナの訊いた不審人物の情報ではないが……
| あるいは、場合によってはそれ以上の情報だ。
┗───────────────────────────────────────┛
6366 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 16:40:19.82 ID:0D0tbTay
拉致られたのか…?
それとも移動を制限された…?
6367 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:42:35.85 ID:x3IugtkO
                 ,..-―-- 、
               /
                 {{
             ',
              {|_____
              ,..:'´:::::::::::::::::::::::::`ヽ、
              /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::.
            ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::::ヽ  (居住地や活動拠点の確保、)
        /----------- イ::::::::::::::|:::::::}
          {        _ノ:::::::::::: リ:::::/   (あるいは目撃者の口封じか、)
          |::::....i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::イ
          |::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|从    (それともまとめて同志にしたか……)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::}/
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|     (まるごと人が消えたとなると、)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|      (用途や過程も多岐にわたる)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|      (……そして、それが十分あり得る相手だ)
          |::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|__
        ,イ{::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::{.//`ヽ
      ///..,:::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////}
     {////,:::::リ:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     |////∨ ::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////|
     /./////} :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|/////{
     ,///////| :::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::|./////',
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| 急に住民の見えなくなった一区画……殺すなりして場所を奪ったか、
| 住民を"引き抜いて"戦力化したか……あるいは、全くの偶然か。
| 相手がテロリストである以上、何をしでかすかわからない。故にどんなパターンもあり得る。
| 楽俊の教えてくれたその情報は、実地を調べるのに足る有益な情報で……
┗───────────────────────────────────────┛
6368 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 16:52:32.35 ID:C8VMmVg1
不審者って聞いてるのに真逆の情報提供できるのも有能よねぇ
6369 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:53:15.05 ID:x3IugtkO
   /://: : : : : : : : :、: : : : ;.: : : : :.,: : : : : : : : : :\: : : : :':,
.  /:// : , : ,: ,: ; : ,ハ : : : {: : :,: : :{ : : : : : : : : : : : ':,: : : : }
  ∨,' : /.:./:/: {: :{  }: : : :|: : {: : : ', : : : : : : : : : : : :} : : : |
.   {: ::{: /:::{: ;ハ.:.} .{: : : :|\:\: : \: : : :、 : : : : :|: : : |  ……うん、十分だ。
.   |: ::|.:{::::::V__}/\ \: :|: :,'\:\: : ',: : : | : : : : : | : : :|
.   |: ::}.:|::::::::【 ̄`ト、ヽ }: }V, '"\}\}ヽ: :} : : : : : | : : :|  ありがとう、楽俊。おかげで調査に動けそうだ。
.   |: /り:::::::::| 抓ノ|  |;ノ  ,. イ¨゚゚翔ミッ∨\ : : : | : : :|
.   {/  |: : : :|. 弋,リ        f爪;ノ:| / } : : \: :} : : :|                             おお、それはよかった。
        |: : : :|         弋__夕   ,': : : : : Ⅵ : : : |             ちょっとまっててくれ、テント村までの地図用意する > 楽俊
        |: : : :|     {              ,': : : : ::::::::| : : :|
    -‐…|: : : :|\                /: : : : ::::::::::| : : :|  ……重ねて、ありがとう。
.   \::::::|: : : :|::::::\ ' -   ___/_,,,,...  -‐ァ : : |
      \|: : : :|::::::::::::\   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : |                       いんや、このくらいなんともないさ > 楽俊
        |: : : :|::::::::::::::::::`¨¨「 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::|: : : :|
        |: : :り、::::::::::::::::::::::::|T!:::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::'; : : :|
        {: : :}:::::\::::::::::::::/;';':::::::::::::::::::::::::::::::;:::::-―-、 : |
      ',: :,'::::::/ ̄::::;:'|:::;'/:_:_:_:_:_:_:_;;::::::'"::::::::::::::::::::::ヽ|
        ∨::::::{::::::::::::/:::!:;':{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}|
┏────────────┓
│ システムメッセージ
┣────────────┻──────────────────────────┓
| さて、これで一つ、有力な調査対象ができた。
| 住民の消えたテント村……これでただの偶然だったなら笑えないが、さて。
| 次のアクションには、よく気に留めておくことにしよう。
┗───────────────────────────────────────┛
6370 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:53:44.08 ID:x3IugtkO
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ▼ 一旦ここまで

6371 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 16:54:26.94 ID:C8VMmVg1
たんおつ
6372 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 16:55:35.51 ID:afZY8RaP
一旦乙ーー!
やはり情けは人のためんらずだな
6373 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 16:56:41.37 ID:x3IugtkO
                  , 、_  -ヘー―,イ´. ヾ 、
.              /   ,>匕ィ、_ `フ    ヽ ヽ
.             /  >'ー'´__二ニフ ',.   ヽ \
         /ァ=ァ'    _  -ーヲ  iト,  '., ヽ ` ,
.          ,イ/  i′   , -ー  ̄ ´ i、 i! i! '.,.  ', ',  ',       はい、というわけで……
       ,イ! l!ニ i! _, イ i i! !、   |マ | |. '.,  i! i  i
     ,イ三i| l!ニ i!;';';  | ||斗ヤ| ∨ ´「 マ¬ー-ト i i!  i!       本日のスカベンジャーは一旦ここまでです。
   ,イ三三ヲ! i!ニi!;';';  i个!i ! ', i! V  i メ/|マ  i!', i! i!  i!,
.,イ三三ヲ'´. ! l!ニi!;';';   i !| !| ',.|  ∨ | ,!∧! マ | ', |. |.  i',       続きは21:00から投下予定ですよー。
ニ三ヲ'´    | l!二i!;';'  i!. i!| ` ヽ!   V.!==ェュマ ! i! ! i ', ',ヽ
ヲ'´    ,'  i l!二i!;';.  i、|,ィ=≡ゞ  ヽ!       /. | |  | ヽ , ヽ     夜の投下はあれですね、どこの調査に向かうか的な、
     ,'   i l!二i!;.   i!ヘ|              //! |  i! ヽ\`\
     ,'    i!. l!二i! ,イ!\'、  _,.-‐   ̄ ̄i /'  ,'i! i!. | !  、\',  \  そういう安価からスタートになるかとー
    ,'     マ i!. 爪,ノi| ト、ヽ V   ´  - ′  / !| i!  ! iト、 \l\   `ー
             ゝ.ヾ二,ハ  ',、  `          <ト,i|.i,'  |',i=ミヽ  ヽ、`ヽ    ……ということで、投下前に言ってた通りスレ主一回寝ますん!
.            ,ィ <ミミミト,. ∨>-   _ , <ミミゞュ !  l i!  ! ヽ、  `ー=、
_  ー   =./     ヾミミi!ヘ ∨ill  ℡ミゝ_ィニ彡 「il彡  i!',}  | i  !ヽ、   li  いやまあ、投下やってるうちに頭痛はマシになってるんですが……
                   ヾ! !ミゝill. |!   |    i| ill |,ィ―'――i ,'  /i  /
                  /j | i! ill         illl i'  ゝ、_  ∨、 / !/  ,ィ 夜しっかり投下できるよう、念の為
.              /   ,' / ,ィij           ,illl、>'´ ̄´    l!ニト\/ ,イ/
                 ノイヲ',==ュ、. i|i  ,ィ==ュ</|イ ̄ ̄ ̄  l!三i|ミ!ヽノ
  ゛'' ‐-  ,,_.      、  ヽ )>/ゝ¬ミヽ!|i,ィヲ'¬ヾi/li| ゝ――  i マニ!ミ!. ト、
- .....,,,,__         \  ) >ニ>   `.|ll|゙´  ,ィ//メ、 ゝ- て´  マiミ! | \
6374 : 隔壁内の名無しさん [sage] 2017/01/29(日) 16:57:13.42 ID:/uX10U6Z
お大事に-
6375 : ◆RD3CAnAM9Y [] 2017/01/29(日) 17:03:43.82 ID:x3IugtkO
                ___
            〃`<    __ `
          _/ __        __  ヽ  \
.           // /:           ,  ′  ヽ
         // /    .!        ′  ,      ちなみに調査対象は以下の三つが現在判明しております。
           ′′ i__/| ! ト   ',  ,   ′
        i | i ´| l.¨! :| :| ¨',‐-.| i   |   i  どこから調査するか、考えておいてくれていいのよ……?
        | l | 小.! Vヽ i  ', ト .|   |    |
          И i .i ==   ` __.V .リ:   |    !    1) テント村(楽俊情報)
         | V        ̄` /    |    ト.    2) 武装した二人組(上空偵察)
         | 人          7   |     〉.   3) 天幕の張られた建物(上空偵察)
            ,|   > _ ー '  ィ'|         、/
        /:i/\  |  :i≧r  //  / /      \  進行によっては全部回る可能性もありますし、
             ヽ | /├|==/ / / |/    ヽ   ヽ
        \  /.` / :├|*/{ 'イ: : : : ヽ   i }     その前に依頼が完了する可能性もあります。
.            ヽ { i l : :├|/yヽ  ヽ/: : i  /  /
            } V、 | i: :.|。!/: : }  }: : : : | /       追加情報ゲットだったりターゲットと戦闘だったり、
         /   ゝ: !: :|。!: : /イノl: : : : :i     {
        /     !: :|: :|。!: : : : : : i ノ: : :!    、    行き先によって結果が違う感じですねー。
           イ  |: : l :|。|: : : : : <.: : : : :i      \
       i / !  ′ :V.-! : : /: : : : : :人  i    ヽ   というわけで、スレ主寝ます! 皆さんおやすみなさい・・・・
.        V    /: : : : V、>/: : : : : :/ 〉  :l   l
                                  ……あ、質問とかあれば、書いておいてくれたら
                                  起きた後投下前に回答しますよー
6376 : 隔壁内の名無しさん [sage ] 2017/01/29(日) 17:06:10.33 ID:bnKuy+Jm
一旦乙
関連記事
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://yarucha.blog.fc2.com/tb.php/2935-06816832